青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「浴び~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

浪人~ ~浮い 浮い~ 浮かん~ ~浮べ 浮べ~ ~浮ん 浮ん~ 浮世~ ~浴び
浴び~
~浴衣 浴衣~ ~海 海~ 海上~ ~海岸 海岸~ 海底~ 海軍~ ~消え

「浴び~」 1538, 15ppm, 7558位

▼ 浴び~ (1043, 67.8%)

32 いた 16 いるの 14 いる 13 立って 10 ゐた 7 ゐる 6 いると 5 いるよう, 居る, 身を 4 坐って

3 [17件] いるうち, いるその, いるところ, しまった, 一杯ひつかける, 上に, 居た, 帰って, 彼の, 悠々と, 日の, 来て, 歩いて, 汗を, 港を, 紅に, 輝いて

2 [65件] あとへも, あやめは, いずれも, いたこと, いない, いなければ, いるが, いるこの, いるばかり, うつらうつらと, きらきらと, しまったの, すくっと, その上, それが, それは, つっ立たなければ, へんに, みたが, ゐます, ゐるその, ゐるの, ゐるやう, ゐる椎, バタバタと, 一杯ひつ, 一杯や, 乳色に, 二た, 出て, 土神が, 声も, 大きな影, 天鵞絨の, 嬉々として, 嬉しげ, 家路を, 居りますが, 彼は, 恐ろしく長い, 晩食を, 書斎へ, 来ようか, 来るから, 歩くの, 洛陽の, 火事の, 炎々と, 男も, 白地の, 眼が, 私の, 紅斑, 縁側に, 自分の, 落ち葉の, 薄い煙, 走って, 踞んでうつくしい, 部屋へ, 銀色に, 雪の, 青白くて, 風に, 馬を

1 [745件 抜粋] あえなき血, あかあかと, あなたの, あなたは, あらゆる薬草毒草, あらわれるの, いかにも快, いかに肉体, いたから, いただろうか, いたの, いたほう, いたものの, いたら巡査, いた乳牛, いた女, いた気持, いた背, いた黒鹿毛, いて, いないこと, いない全身, いなかったとも, いました, いますよ, いやが, いらっしゃいな, いるお, いること, いるしずか, いるであろう, いるでは, いるに, いるには, いるはっと, いるらしい響き, いる三人, いる丘, いる光景, いる城門, いる姿, いる布, いる春, いる時, いる漁夫, いる甃石, いる翁, いる者, いる足利, いる順二郎, うつらうつら眠っ, おいであれ, おきますから, お出でに, お膳, かがんで, かっかっと, きて, きなよ, くぐり戸, くつろいだら三人, ぐっすり寝る, けるかも, こうし, こうといふ, ここを, こちらへ, こないか, この火, さし入る, さつ, さながら血まみれ, しきりに鳴き, しっとりと, しどけなく座っ, しまったが, しまったという, しょんぼりと, じっと動かない, じッ, すてられて, そこから, そこに, そこらの, そして窓, そとの, その前, その娘, その底, それからそれ, それこそ, それを, たたずみながら, たのしんで, ちぢれ髪, ちょうや, ちょろちょろと, ついとどこ, つい朗らか, ところどころ鼈甲, とても悲しい, とろとろ, ないじゃ, なお狂奔, ながくその, なんとなく神々しい, はじめて疑問, ひそひそと, ひとり歓喜の, ひらひらと, ぶらりと出, ほんのりと, ぼんやり立つ, まぎれも, ますます縁遠く, またそこ, まだら, まつし, まぼろし, まるでダイヤモンド, まるで首, みじめに, ものすごきまで, やつて, やるの, ゆくす, りんりんたる, わしは, ゐた小柄, ゐないその, ゐますですから, ゐるい, ゐること, ゐると, ゐるのに, ゐるん, ゐる上, ゐる他, ゐる心持, ゐる様子, ゐる風景, カラーなし, キラキラ輝く, クロクロ島の, ホクホクし, ユカタに, 一つ一つの, 一つ時間が, 一円の, 一年中で, 一方侵すべからざる, 一本傾け, 一杯引つかける, 一羽雪の, 一角は, 上衣の, 下に, 世評の, 丘の, 並んだ女郎屋, 並んで, 中庭へ, 主水正, 了ふ, 二人が, 二艘の, 云った, 井沢判事の, 人に, 人家の, 人込みの, 今でも, 仰向けに, 伯爵は, 佇んで, 体を, 何か, 來た, 來て, 例に, 俄かに, 停車場の, 働いて, 元気よく, 光と, 全く人間, 全身の, 八五郎の, 八五郎は, 冷したいと, 冷たく輝く, 凉しい, 凋むだやう, 出かけて, 出たが, 前途の, 勇戦し, 千浪は, 午前七時名残惜しい, 半狂亂, 半面が, 卓を, 参りましょう夜, 又八は, 叫絶一声ついに, 可惜命, 同じ兜, 命を, 咲き輝い, 哀れな, 喉笛は, 嘉門は, 四郎は, 囲炉裡の, 坐つてお出で, 垣根の, 城の, 堤の, 夕膳の, 夕食いまその, 外に, 多摩川の, 大地の, 大変だ, 大變, 太十, 好い心持, 妙に, 宅助は, 宮川茅野雄から, 宿屋の, 富士市の, 寝台上に, 寝転びながら, 小肴, 小舟を, 少しばかり, 居るが, 居るん, 居る其水溜, 居る畳, 居る筈, 山木勢は, 山桜が, 岩を, 崖伝いに, 巌の, 巍然として, 左右の, 己を, 帰ったとき, 帰る, 帰るの, 年中可愛い, 年季らしい, 床へ, 座席の, 庭樹の, 延びて, 影を, 影絵の, 御覧と, 御霊所の, 心地よさ, 心臓形の, 忙しく行き交う, 快い光, 念入りに, 忽ちに現われ, 急いで, 急ぎ足で, 恐ろしいシルエツト, 恰度油絵の, 悠歩する, 悠然と波上, 愈々靜寂, 愕か, 慧鶴は, 戦死し, 房, 打っ仆, 描いたよう, 摺れ違うと, 散歩に, 數知らぬ, 新富座の, 明るい若草色, 明眸皓歯二十ばかりの, 星月夜も, 暖かい黄, 最前よりは, 朝めし前には, 朝食炒り, 木の葉の, 本を, 村道に, 来いっ, 来たところ, 来たよう, 来た左膳, 来た男, 来た矢代, 来なくては, 来なさい, 来ます浅い, 来るが, 東義一が, 板の, 枝も, 枯草や, 格子の, 桶中に, 植木の, 樹の, 櫟林の, 次第に噴き, 正面は, 此の, 武蔵相模で, 歩きながら, 歩き出したら突然, 歩くので, 死のうと, 死んだやう, 毛多, 気味の, 水晶の, 水溜りの, 永遠に, 汗は, 江戸へ, 汽車から, 沈丁花が, 没落する, 泥を, 洗濯ものを, 浪の, 浮き上る, 海が, 淋漓たる, 淺ましい, 清水へ, 渓流を, 湖畔を, 湯檜曾の, 漆の, 潟の, 濃淡の, 濡れながら, 火に, 火の粉の, 灰色の, 焔が, 焼け野原と, 爐辺に, 物憂く見える, 物捕り, 狂人の, 狗児の, 獅子は, 玉崩れを, 現実の, 琥珀色に, 瓦は, 瓦屋根に, 生れき, 生白く見え, 甦るよう, 田も, 田舎醸り, 甲板に, 画学生達が, 疲れ休め, 病菌を, 登場した, 白い括, 白い蔵, 白くな, 白く乾い, 白く反射, 白く立っ, 白木造りだった, 白粉の, 皺襞の, 目をと, 眞白に, 真夏の, 真紅に, 眠って, 眼を, 着替えを, 睡くて, 石女に, 砂埃や, 砂浜に, 碧い, 神田の, 私と, 私は, 空を, 突っ立っ, 立ち上がったので, 立った, 立った時, 立つて, 立つても, 立つユングフラウ, 立つ沮洳地, 笑いながら, 笑った, 精進し, 精進を, 紫色に, 細身に, 緑の, 緑り, 縮こめた, 總ての, 美しかった, 美しく光り, 羽虫を, 耕地から, 背戸の, 胸から, 自分は, 自殺しよう, 自転車の, 興奮の, 色さまざまの, 色よい, 花やかに, 花房を, 莚の, 菖蒲の, 落ちる, 葉の, 薄暗がりの, 薔薇色に, 蟷螂の, 蠢く人々, 行く二人, 行った, 街中を, 街路には, 被入るでせう, 見えた, 見せる空勇気, 見物の, 読書, 護摩壇へ, 象牙の, 赤い鼻, 赤く光つて, 赫つと, 走った, 起きた, 起ちあがつたこと, 踊って, 身共を, 軽く食事, 輝かしき人造人間戦車隊, 輝き渡り, 辻講義, 追ッ, 遂にゴルゴタ, 部屋に, 酉刻少し, 金盥を, 針鉄の, 銅器の, 銅色の, 鎧の, 長い影, 門の, 闘うところ, 陸へ, 露店の, 青光り, 青葉が, 静息として, 非業な, 頂きの, 顔も, 顔中に, 風の, 飛び出すかの, 飛ぶの, 香ばしい汗, 香りや, 駒を, 騒ぐの, 魂の, 鮎子の, 黄金の, 黒い七子, 黒い服装, 黒く凄く光っ, 黒煙を, 黙って, 黙然と腕組み

▼ 浴びながら~ (261, 17.0%)

4 歩いて 3 遊んで

2 [11件] せつせ, てんでに弁当, 一人の, 二三人の, 二人づれの, 団子坂の, 塔の, 店, 本でも, 聳えて, 自分の

1 [232件] あさひは, あたりを, あぶみ, いい気, いい気持, いつまでも, うまい飯, おのれの, おもわずうめき声, お座敷の, お茶を, かがやいて, かなり堅く, かわるがわる滑走, がやがやと, この大, この少年飛行兵, この庭, この頃, こんなこと, しきりと, ずんぐりした, その上, その何処かしら, その窓, その通り, それを, そろそろと, ただもう, だろうル・リベテエル社, である, では呼べ, どこへと, どんすの, なおかつ隠忍自重, につこと, はるばるフエカン, ひきしまった威, ひとり静かに, ひどく薄汚い, ひるまず屈せず勇敢, ほうほうの, まぶしそう, まるであの, まるで蓄音機, みんな一斉に, めいめいつばさを, ゆっくりと, ゆつくり, ウトウト眠っ, クルクル回る, トホンと, ボンヤリと, マンと, モネス探偵と, リエージュの, 一寒村に, 一心に, 一緒に, 一齊に, 三木と, 上州平野を, 上野の, 下宿へ, 中央正面の, 乾いた風, 二た, 二人の, 二人は, 今まで, 今内務大臣, 伊平の, 伸子が, 何の, 何もかもが, 何んだ, 何時間も, 促し顔, 健康に, 兄妹は, 八五郎と, 六兵衛は, 内部の, 出勤した, 切れ目の, 剣舞とも, 十遍ばかり, 卓子灯に, 原生樹林の, 叔父ちゃんが, 吹いて, 咲いて, 啼いたところ, 四畳半の, 土下座を, 堤の, 塔婆を, 夜露や, 夢の, 大汗, 大福餅を, 天願氏は, 女が, 女は, 嬉々として, 嬉しそう, 室を, 寢ころん, 居眠りを, 展開された, 巨大な, 帰った, 幹部休憩所の, 庭先伝いに, 庭園の, 庭葢の, 引込んで, 影の, 影絵の, 彼の, 彼は, 彼女は, 往っ, 得意の, 忙しそう, 悠々と, 憂鬱の, 懶そう, 我劣らじ, 手製の, 振り返りも, 新らしい, 明らかな, 時々それとなく此方, 暫らく話し, 朝っぱらから, 木戸を, 案内を, 梅田十八と, 横を, 橋廊下の, 檣に, 歌ふ, 歌を, 歓談笑発し, 此処を, 歸つて來た, 水沫を, 汗を, 沖へ, 法水は, 洋館に, 洗濯の, 洗濯を, 海の, 海岸の, 清澄な, 満水し, 演壇に, 演壇を, 激しく震えた, 瀑を, 無念の, 無細工, 熟と, 熱帯樹の, 狭いまっすぐ, 玄関口を, 王阪を, 甲板の, 疲労れた, 病みあがりらしく, 相變ら, 真つ, 眼前に, 石の, 石油ランプに, 石神堂の, 碧羅の, 秀吉以下の, 私が, 私の, 私は, 秋山要, 積る, 窓際の, 筆を, 粛々と山, 精一杯に, 絶えず水蒸気, 綱を, 緑の, 羽ばたきを, 羽蟲の, 老公も, 肩を, 臂を, 舞台の, 艶子が, 芳魂を, 草を, 蒼白な, 蓆を, 蔵書の, 薔薇色に, 袿姿で, 裏の, 西を, 見て, 責めるの, 買換えに, 足を, 足掛け五年の, 追い縋る敵, 透き通るよう, 部屋の, 野中に, 野薔薇の, 釣り竿を, 長々と, 門の, 闘って, 雑踏の, 青い顔, 青空を, 静かな, 静かに, 韋駄天と, 顔を, 風と, 騒ぎ廻る, 鼬の

▼ 浴びつつ~ (22, 1.4%)

1 [22件] いかにも悠々たる, この浦塩, やおらふたたび庭先, やがて州橋, 一列に, 事を, 今しも, 多くの, 夜を, 帽子も, 我々が, 或もの, 水に, 登る, 白泡立て, 睡つた, 自分も, 落ち着きの, 走りいるなり, 踏段の, 阿蘇山の, 高田の

▼ 浴び~ (21, 1.4%)

2 行った

1 [19件] いったり, いらっしゃいました, なって, なりますと, なると, 出かけて, 出て, 来た, 来るもの, 行くこと, 行こう, 行っただ, 行ったと, 行ったん, 行って, 行つた, 行つた須世理姫が, 行つて歸つた, 鼠坂から

▼ 浴びたり~ (17, 1.1%)

3 して

1 [14件] した, するの, 体操の, 句を, 合長屋の, 書いたり, 汗くさい, 石ころの, 羽の, 血は, 行水を, 袂の, 追いかけっこ, 高音に

▼ 浴びてから~ (9, 0.6%)

2 三十枚近くかいた 1 だが, はじめて神前, よけい殺伐, 一杯ひつかける, 彼は, 次の間の, 部屋で

▼ 浴びては~ (6, 0.4%)

1 いても, すぐ二階, ぽか, 偶, 妓たちが, 陽に

▼ 浴び乍ら~ (5, 0.3%)

1 この娘, 促し顏, 時には岡, 次第に是方, 眩しさうに

▼ 浴びそう~ (3, 0.2%)

1 なが, な事実, になった

▼ 浴びその~ (3, 0.2%)

1 なかには, 地方の, 度毎に

▼ 浴びても~ (3, 0.2%)

1 その外輪, 費用を, 頬が

▼ 浴びすき~ (2, 0.1%)

2 とほる

▼ 浴び~ (2, 0.1%)

2 押に

▼ 浴び台所~ (2, 0.1%)

2 の椅子

▼ 浴び~ (2, 0.1%)

1 のちまた, を浴び

▼1* [137件]

浴びあるときは, 浴びあれよというま, 浴びいと華やかな, 浴びきのう下げて, 浴びきょうは雲漫々, 浴びすこし午前中勉強らしい, 浴びそこに来, 浴びそしてようやくヤスリ掛け, 浴びそれを払おう, 浴びてさ野つ, 浴びてぞ突進する, 浴びてでもいるよう, 浴びてということに, 浴びてな金も, 浴びてばかりゐた, 浴びながらでもそしてまた闇, 浴びながらも私は, 浴びにこにこして, 浴びぶらぶら歩いて, 浴びづ鉄砲玉の, 浴びまたあるとき, 浴びやがて着かえて, 浴びわが将兵の, 浴びやって, 浴びサッパリと身仕度, 浴び一団の紅塵, 浴び一歩も他, 浴び七へん飯を食う, 浴び三十分程仮寝, 浴び世評もお, 浴びにはもう, 浴び乍ら信州訛でやれ, 浴び乍ら八五郎を促し, 浴び乍ら屋外で仕事, 浴び乍ら巡査や医者, 浴び乍ら洛邑の厚い, 浴び乍ら蒲團の中, 浴び乍ら行はれて, 浴び乍ら錢形平次は斯, 浴び乍ら静かに帛紗, 浴び仁王のよう, 浴び令嬢の紀久子, 浴び仲間からは粗末, 浴びを拭きこすっ, 浴び元気になった, 浴び全身を冷水, 浴びやっこい, 浴び初めて大きく息, 浴びの稍, 浴び剣それ以外に何もの, 浴びのいい, 浴び双手自らその頭, 浴びの半身, 浴び同時に耐えきれぬ眩い, 浴び氣を, 浴び大雨疾風を冒し, 浴び太腿を露出, 浴びに虚脱, 浴び寝所へはいった, 浴び対岸へ斬りこん, 浴び岩壁の裾, 浴びから市, 浴びを燃え立たせた, 浴び常住に消え, 浴び幼い黄色に, 浴びへ出, 浴び強烈な香気, 浴び当時の大, 浴び微かに洩れる, 浴び心身をきよめ, 浴び手拭を絞つ, 浴びの銃手, 浴びれたる, 浴び新しい晒布の, 浴びが足りない, 浴び日本の浴衣, 浴びに映じ, 浴び朝わたしがまだ, 浴び桜色に色づいた, 浴び横顔へ平手, 浴びをそめ, 浴び水夫は, 浴び臭い着物, 浴び浴衣になっ, 浴び清らかな空気, 浴び清衣に着かえ, 浴び温泉に身体, 浴びをつこう, 浴び瀬戸物市場では小鉢, 浴び無駄話して, 浴び熟睡して, 浴び玉露に濡れた, 浴び玻璃に覆はれ, 浴び甘き露を, 浴び白刃に青き, 浴びで揃っ, 浴び真赤になっ, 浴び眠りの足りた, 浴び短い脚で, 浴び砲煙をく, 浴び社会的動乱の前, 浴び神々しい半身裸体の, 浴び空腹を抱, 浴びの寝台, 浴び紅蓮の大波, 浴び紫陽花色に輝い, 浴びを掴みあう, 浴びいたへ, 浴び腹の中まで雨, 浴び自ら駭くらく水精姑, 浴び自分の部屋, 浴び自己の内部, 浴び若芽を眺める, 浴びも柔, 浴び華奢な寛衣, 浴び落葉をしい, 浴び藤次は狼狽, 浴びりに, 浴びの群れ, 浴びくなっ, 浴び起臥にも風の音, 浴び足蹴をうけ, 浴び迷信の霊境, 浴び通しで体, 浴び野バラの実, 浴び銀色に輝く, 浴びに濡れ, 浴び青々とした, 浴びをシャワ, 浴びも手足, 浴びにそよぐ, 浴び食事をし, 浴びを焼い, 浴び鬼畜の如く罵られ, 浴びの方, 浴び黄金の色, 浴び黄金色に輝く