青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「眠り~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

真相~ ~真赤 真赤~ ~真面目 真面目~ 真黒~ 眠~ ~眠っ 眠っ~ ~眠り
眠り~
~眠る 眠る~ 眸~ ~眺め 眺め~ ~眺めた ~眺める 眺める~ ~眼 眼~

「眠り~」 2244, 24ppm, 4802位

▼ 眠り~ (646, 28.8%)

70 落ちて 30 落ちた 20 ついた 18 入った 16 入って 14 ついたの 13 陥って 9 おちて, 沈んで 8 落ちようと, 陥った 7 ついて 6 おちた, 就いて 5 ついたが, つこうと, なって, 落ちました, 陥ちて 4 つく前, はいった, 入ろうと, 就いた, 陥ちた 3 つくの, つく時, なりましたか, 入ること, 包まれて, 就いたの, 就くこと, 就くと, 落ちたと, 落ちる

2 [31件] おち, おちいるの, ついたと, ついたとき, つくと, なりました, なれるの, 入ったの, 入ったらしい, 入つた, 入らうと, 入らんと, 入る, 入れり, 墜ちて, 就いたもの, 就きました, 就くとき, 就く前, 就く時, 就こうと, 落ちたやう, 落ちた時, 落ちるとき, 落ちるまで, 落つること, 行った, 陥ちました, 陥りました, 陥ること, 隱ろひぬ

1 [275件] ある来, いざないときたま, いざなうよう, いらざる間, おそわれて, おちいる, おちこんで, おちたが, おちたらしい, おちようと, おちるとともに, かかった, きたよう, すぎぬ, その眼, ついたかと, ついたその, ついたばかりの, ついたらしい, ついた後, ついた時分, ついた様子, ついた隠居, ついてからの, ついてからも, ついてる死, つかないで, つかなかった, つかなければ, つきお, つきかねて, つきそう, つきたい, つきながらの, つきました, つきます, つき少年, つき白河, つき眼, つき自分, つき馬, つく, つくかも, つくが, つくこと, つくころ, つくそして, つくという, つくべき小屋, つくまで, つくよう, つくを, つけないよう, つけぬの, とりかかろうと, なったもの, なったらどう, なった気, なつたらい, なつて, なやましい, ならないから, ならなかったん, ならぬよ, なりすぎます, なりましたかしら, なりますか, なり御, なる, なること, なるでしょうか, なるので, なるよう, なる為, なれて, なれない御, なれぬ夜, なれませんでしたか, ねむりかけながら, はいったかの, はいったから, はいった気, はいつて, はいられた翌朝, はいりかけた, はいりこもうと, はいりながら, はいりながらも, はいろうと, ひきこまれた, ひたっては, まかせた, また静か, ゆだねるの, よく似, 似た憩い, 似て, 來る, 入ったかの, 入ったけれ共, 入ったもの, 入ったよう, 入った様, 入った証拠, 入った頃, 入った額, 入つたの, 入らせたと, 入りかけた, 入りかけた頃, 入りかけて, 入りて, 入りながら, 入りました, 入りゆく, 入り夜ふけ, 入り眠り, 入り興奮, 入り馬鹿げた夢, 入ると, 入るの, 入るまえ当然, 入るよう, 入る一寸前, 入る事, 入る刹那, 入る前, 入る真, 入れそう, 入れよ, 入れる詩人, 入ろうとして, 取られて, 圧倒され, 執念し, 堕して, 堕ちて, 墜ちた, 寝室へ, 導いた, 導いて, 導くため, 就いたあの同じ, 就いたが, 就いたこと, 就いたところ, 就いたよう, 就いたらしい中, 就いた翌朝九時頃眼, 就かうと, 就かずほのぐらき, 就き, 就きしも, 就きたかったの, 就きて, 就きぬ, 就きましたが, 就き夜半すぎ, 就くという, 就くに, 就くに当たり, 就くの, 就くので, 就けなかった, 就こうとして, 就し, 就た, 帰つて来た, 帰るばかり, 引ずり込まれて, 彼は, 彼女は, 忘却の, 成った所, 捕えられた, 捕はれたの, 捕縛される, 日を, 来たり, 来ると, 来る啄木鳥, 気を, 気使い, 沈み入って, 沈むかと, 沈むの, 沈んだ, 沈んだが, 沈んだやう, 沈んだよう, 沈んだ大膳亮, 浸って, 浸つて, 深く落ち, 現はれ, 眠りこけて, 移る本人, 耽って, 至るやは, 落ちかけようと, 落ちしに, 落ちそれ, 落ちたかと, 落ちたとき, 落ちたの, 落ちたので, 落ちたらしい, 落ちたを, 落ちた二人, 落ちた哀しみ, 落ちた彼女, 落ちた息づかい, 落ちた時分, 落ちた父, 落ちてからに, 落ちては, 落ちながら, 落ちます, 落ちやう, 落ちると, 落ちるの, 落ちる犬, 落ちる直前, 落ち入ったまま, 落ち公園, 落ち去る少く, 落ち日, 落ち様と, 落ち次, 落ち込んで, 落ち部屋, 落つるまで, 落つるよう, 落つる事, 落込んだ, 行きつけ, 行くの, 行く見るも, 行く道連れ, 覆われて, 誘い込むよう, 誘うが, 誘うため, 誘うよう, 誘ったの, 誘ひこもうとして, 誘ふが, 誘ふの, 誘われた, 誘われて, 誘われる, 誘われ日, 負けず夜通し, 近いもの, 重たくな, 閉された化石, 附いたじゃ, 陥いって, 陥ちたの, 陥ちるの, 陥ったと, 陥ったの, 陥ったまま, 陥つた, 陥らなかった, 陥る, 陥るまで, 陥る頃, 陥入, 陷つたと, 陷つて居た, 飢えて, 飽きつ, 驚いて, 驚かされたのみ

▼ 眠り~ (325, 14.5%)

6 さまして 5 して, むさぼって, 眠って 4 とって, とる間, 続けて 3 さました, つづけて, とること, 継ぐの, 誘ふやう

2 [23件] さまさないよう, さまさぬよう, さまされた, さましたの, さまたげるの, 借りて, 呼びさ, 妨げては, 妨げまいと, 妨げられること, 妨げるの, 得ようと, 急いで, 欲しない, 求めて, 減らして, 眠りつづけて, 眠れ, 破ること, 繼ぐのである, 装うて, 見すまして, 貪って

1 [231件] あやす階音, いちどに, いっそう深く, いろいろの, うかがいそして, うかがって, うまく眠らせ, こんなに度々妨げる, さそったの, さまさせないため, さまさせるため金米糖, さまさないやう, さまされて, さましたふう, さました野猪, さましぬ, さましましたペルリ, さますの, さますまいと, さます者, さまたげたい気, さまたげたの, さまたげまいと, さまたげられて, さまたげられてから, さまたげるよう, したの, しの, し出したし, し始めた, し恐ろしい, じゃまする, すすめ劉備, するか, すると, つ, とった, とった後, とった玄竜, とった直ぐ後, とった程度, とつて, とるべくこの, なさず晝, へらして, ますます深く, むさぼつ, むさぼり五時頃, むさぼる, もたなければ, もとめること, れり, わすれて, 一層長引かせた, 与えて, 与えないの, 与えよ, 与えよと, 中斷, 乱したの, 促しきたり, 促すよう, 借さば, 催う, 催させる術, 催しければ, 催しつい, 催して, 催すよう, 催起する, 全然失った, 分ち合うその, 切って, 取るべき人, 取ろうと, 味つてゐる, 和らげまた, 執り適度, 墜ちて, 失ったとき, 妨げその, 妨げた上, 妨げないわけ, 妨げぬこと, 妨げは, 妨げようと, 妨げられるはず, 妨げる, 妨げんと, 妨る, 守るため, 守護る, 安らかに, 希望する, 引きのばすこと, 彼に, 待つのみの, 得たの, 忘れしこと, 忘れ手, 忘却を, 快く爽やか, 思いおこします, 思ふ時, 恐れた, 意味する, 愕か, 成さなかつた, 手荒く揺り動かし, 拒んで, 振りきるよう, 授け給え, 揺りさ, 揺り覚ましその, 揺り起した, 摂ったあと, 摂る間, 梟が, 楽しみ魂, 欲するまでに, 欲りする, 求めたが, 求めようと, 求める, 求めるなどという, 求める乞食, 求め候ひき, 求め得ない悪霊, 深くする, 牛の, 物語るの, 甘きもの, 眠ったので, 眠っては, 眠らしめよ, 眠られよ, 眠りはじめました, 眠ろうと, 睡つて, 知らない賑わい, 破った, 破られそれ, 破られた, 破られた武蔵, 破られても, 破りました, 破りも, 神が, 突然覚ます, 粧って, 結び得ざるは, 続けた, 続けられること, 続ける, 考えたの, 脅かしたそう, 脅かす程, 表わして, 表現した, 装った, 装って, 見守らせて, 見守りながら, 見定めて, 見護つた, 覚しくれでは, 覚し芽, 覚まさした, 覚まさないよう, 覚ました, 覚ました不思議, 覚まして, 覚まし気分, 覚ますもの, 覚ます程, 覚まそうとして, 言ふ, 許さない, 許さないという, 許さぬ程, 誘いぬその, 誘い夢中, 誘うこと, 誘うため, 誘うに, 誘うふだん, 誘うよう, 誘うアンダンテ, 誘う催眠秘術, 誘う子守謡, 誘う宇都宮, 誘おうと, 誘はれながら, 誘ひさ, 誘ひます, 誘われて, 護ってるらしかった, 護衛し, 貪った, 貪った頭, 貪っては, 貪つた, 貪つて, 貪ぼらないと, 貪り荷揚げ波止場, 貪ること, 貪るの, 貪ろうとして, 逃がさないため, 邪魔を, 醒されたという, 醒し一大飛躍, 醒すこと, 醒すの機能, 醒まさせないで, 醒ましたの, 醒ますの, 醒ますばかり, 醒ます先駆, 防げないだろう, 顏に, 飾って, 馬の, 驚かして, 驚かすか, 驚かすの, 驚かすは, 驚かすもの, 驚かすよう, 驚かす一群, 驚かせしなり

▼ 眠り~ (217, 9.7%)

22 中に 10 なかで, なかに 8 うちに 7 中で 6 深さ 5 中の 4 ために 3 やうな, ような, 森の

2 [12件] あるだけ, なかの, 中には, 城, 夢さめ, 底に, 後に, 織手, 術が, 術に, 覚めしごと, 間にも

1 [112件] あいだじゅう再び, あいだに, あるもの, うちの, うら, ことより, ことを, さなかでも, さまを, さめきらぬらしい口ごもったよう, さめ切らぬよう, じゃまに, そこから, その中, ためでは, ための, なかでも, なかへ, ひそまりに, ひまひまに, ふかくなる, ほとりに, まださめず, まださめぬ, まも, やうに, やや不足, よき友, よろしさ, んで, 一つの, 一種なる, 上に, 不足な, 不足の, 世界の, 中から, 中だ, 中へ, 人と, 唇の, 国へ, 場所である, 境いの, 外に, 夜だった, 大きな翼, 奈落で, 安, 安けらしき, 安らかなる, 居場所が, 幕が, 幕は, 床から, 底から, 庫に, 快さ, 快を, 快楽よりも, 息を, 悦びを, 戀歌を, 成らぬを, 時, 時が, 時に, 時代に, 時間を, 最中にて, 楽しい時, 死都と, 殘つてゐる, 気に, 永久に, 浅い時, 海を, 深いこと, 深いの, 深い冬, 深みに, 淵から, 清浄を, 為めに, 甘美さに, 皆目覚め, 眼覚め, 秘密を, 秘術長助の, 空虚な, 耳に, 落ちつく先, 術でありました, 裏に, 誘ひ, 調が, 足らないやう, 足らない眼, 足らぬ足, 足りた薔薇色, 足りない気分, 足りない疲れた顔, 足りない青い, 退羽, 連続だつた, 邪魔に, 邪魔を, 醒めないという, 長引くの, 間の, 間も, 静けさ実に

▼ 眠りから~ (153, 6.8%)

8 さめて 6 醒めて 5 覚めて, 覺めた 3 覚めた, 覚めたの, 醒めたよう

2 [15件] さまされたの, さめた, さめたばかりの, さめたよう, 目ざめた, 目を, 覚まされた, 覚めたやう, 覚めたよう, 覚めた時, 覚めては, 覚めても, 覚めると, 覚めるとき, 醒めようと

1 [90件] いつの間とも, いま目が, いま醒めた, うごかなかった, お覚め, さまさせようと, さまされた, さめかけた, さめきらず半ば悪夢, さめきらないかの, さめきらない庸三, さめたこの, さめたの, さめたばかり, さめたやう, さめた小さい, さめた時, さめた第, さめた許, さめないで, さめぬ大江戸, さめました, さめますまで, さめる時, さめる暇, はみ出る, ふと眼, ふと醒め, まだ全然抜けきれない, めざめた人, よみがえった, アマーリアの, パッと, フランス音楽を, 丁度玉葱, 今眼, 今薄々, 今覺めて, 今醒めた, 呼びさ, 呼びさまされたよう, 呼び帰しに, 呼び覚まされたアフロジテ, 彼を, 彼女が, 早くさめ, 本当に覚された, 浮上する, 目が, 目さめた, 目ざめる, 目ざめるやう, 眠りへ, 眼が, 私はけた, 突然たとえ, 突然眼, 自分を, 蒙古, 蒸し暑さ, 覚まして, 覚めそう, 覚めたくらい, 覚めたばかりの, 覚めた笹村, 覚めないと, 覚めないよう, 覚めなかった, 覚めようとして, 覚めるまで, 覚める気色, 覺めて, 醒されたが, 醒されたの, 醒まされて, 醒まされなければよ, 醒めずに, 醒めたとて, 醒めたるごとく頭脳, 醒めた快い, 醒めた瞬間, 醒めてからも, 醒めないで, 醒めないよう, 醒めなかった, 醒めぬ間, 醒めやらぬ前, 醒めると, 頭を, 驚かして

▼ 眠り~ (86, 3.8%)

5 徐かに 2 ただその, 浅かった, 私の, 醒めなかった

1 [73件] あさ, あった, いたしません, いたしませんが, いつさめる, いつも深い, いわば日中, さめなかった, さめやすい, しかく我, したが, しだいに濃やか, しない, しないさ, しないと, しなかった, するが, すれど, だれにも, ついに醒めなかった, つかの, できるな, とれないの, どちらも, ないか, なおさ, なかなか来なかった, ふかい, まだこの, むかしと, もっと強く, よい仲間, 一人の, 一時間と, 不健康な, 不安で, 不整だった, 久々ぶりに, 何かしら厳かなる, 何よりも, 信仰の, 健康な, 僕の, 円かであった, 円では, 再び来る, 却て, 夜が, 安らかだった, 安らかなる, 容易に, 山村も, 得られない, 快適だ, 忽ちどこ, 昼でも, 最大の, 概ね中断, 死よりも, 決して得なかった, 深かった, 深淵の, 深谷が, 無いか, 眠ったの, 短い, 終って, 続いて, 聖礼である, 覚めなかったに, 覺めて, 醒まされたろう, 間もなくしきりに軽く

▼ 眠り~ (78, 3.5%)

2 たりなくて, やって来る, 彼の, 来た, 私に, 襲って, 足らないの

1 [64件] ありしか, あるよう, あるわけ, うっとりと, さめきらないよう, さめた今, さめて, すぐに, ぜひとも必要, その証拠, たかった, たりなかったの, ときどき僕たち, とれて, とんと今, のこって, はじまったとき, はじまるの, はっきりと, はつきりと, また余り, まだ瞼, まぶたに, もっとも楽しく, やんわりと, わしの, クリストフを, 三人を, 不足では, 乱されよう, 何より親しい, 來た, 催して, 参ります, 始まつた, 小さな子供, 尽きて, 彼を, 彼女を, 彼等に, 忍び寄って, 快い戯れ, 暗鬱に, 来ず, 来るよう, 気に, 浅いの, 疲れた神経, 眠った, 秀吉の, 私を, 纏りつい, 翌日に, 蒲団を, 襲うて, 覚めかかって, 覚めると, 訪れたかと, 調子を, 足りないだけ, 足りないもん, 銘々を, 静かに, 非常に

▼ 眠りながら~ (63, 2.8%)

3 歩いて 2 歩くという, 私は

1 [56件] うと, うるさいこと, お千代, お泣きなさいまし, その夜私, つぶやいた, ほとんど夢中, ゆく, 一緒に, 三度四度續けて, 不思議な, 仕事の, 何か, 働いて, 再び聞け, 冥府に, 十二日の, 呼吸を, 嘆息し, 坐って, 坐つて, 夢に, 夢の, 夢中に, 失うた恋, 家へ, 年月は, 彼は, 彼女の, 微笑む, 或は眼, 捜し合う素足, 数珠を, 時々微笑ん, 本能的な, 来たもの, 歩く事, 歯ぎしりを, 流れる夢, 白夜の, 白虎太郎は, 看護を, 眼を, 睫毛の, 私を, 笑って, 答える, 考えた, 考えて, 聞いて, 聞く人々, 舌で, 苦しげ, 藤吉は, 話したり, 驅けたほど

▼ 眠り~ (52, 2.3%)

6 しないで 3 せずに 2 して, しなかった

1 [39件] さすがに, しなかったが, しなかったのよ, しなかつた, しなければ, しまいが, しません, すりゃア, するお, せずまだ, せず土下座, せず意中, せず戸, せず物, せず看病, せず見まもって, せず際限, せず食, その溢れる, とらずすぐ, ひと, ふかく拝, また成り, やらずに, やらずグッタリ, やらず二百畳, やらず待つて, やらず徹夜, やらで, 不足で, 与えなかった, 与えぬならやがて, 冷酷なる, 摂ったと, 深し笛, 破れなかった, 足りて, 靜だ, 食べ物も

▼ 眠り~ (30, 1.3%)

3 今朝は

1 [27件] あらんこと, あるならむ, あれか, あれば, ざぶとの音だにも, ひとり千歳を, よりすぐ夢み, ゐるも, 二十年を, 來れる, 夜は, 夢み眠り覺, 天蓋に, 廚さむく, 彌望, 応えなし, 料らずも, 春老いん, 暮るる, 物も, 知らざりしなり, 知れるは, 而し, 貧苦多, 過しけり今日, 静に, 頭やや

▼ 眠り~ (23, 1.0%)

1 [23件] なりうっかり, なりました, ほした, ほしてから, 争ってるよう, 云う意味, 云う英語, 云われて, 健やかな, 勝負を, 取り違えたの, 夢胃腸の, 思い違えて, 戀とは, 格闘し, 現の, 現実の, 眠りとの, 老衰とに, 連れ立って, 酔いとが, 醒覚との, 食べ物こそは

▼ 眠り~ (23, 1.0%)

2 の原因

1 [21件] が出た, が出来る, が四年来, が大, が流行って, が近代, じゃあるまい, だ, ですか, で研究, という, になれ, の, のせい, の惨禍, の正体, の死都, の病原体, の病菌, の発病, もない

▼ 眠りには~ (17, 0.8%)

5 いって 2 いる前, ひつて 1 いられる, いるそう, つけなかった, ひつた, ひること, 彼も, 打ち勝ち難く, 母が

▼ 眠りがたい~ (13, 0.6%)

3 夜が 2 夜の 1 あまりに彼, というの, ままに, 一夜を, 僅かの, 夜に, 躰には, 追懐の

▼ 眠り~ (11, 0.5%)

5 あつた 1 きよめられたかれの, 夢とも, 明るくなった, 疲れた頭, 苦しさ, 補うという

▼ 眠り不足~ (10, 0.4%)

1 で怖し, で栄養不良, で鼻血, と過労, なの, になっ, のまま, の眼, の素子, の重い

▼ 眠りでは~ (9, 0.4%)

2 ない 1 ありましたが, ありません, なかった, なかったらしい, なかつた, なく六時, 夢は

▼ 眠りながらも~ (8, 0.4%)

2 何の 1 うつら, しだいに毬, たがいに, まだ何, 前進した, 泣いてると

▼ 眠りについて~ (8, 0.4%)

1 その眠り, まっくら, 今朝に, 夜を, 少しばかり, 理智が, 翌日明倫館に, 階子段の

▼ 眠り~ (7, 0.3%)

1 が夢, てし, てダニーロ, て帰ろう, て父, て身体, 間に

▼ 眠りそう~ (7, 0.3%)

2 になる 1 な様子, にした, になった, もない, やって

▼ 眠りその~ (7, 0.3%)

1 ぐっすりさ, のち幾夜も, ま, 上に, 向うに, 次は, 虚偽を

▼ 眠りという~ (7, 0.3%)

1 ことすら, なりと, のだろ, のは, わけで, 奴だ, 現象だけが

▼ 眠り~ (7, 0.3%)

1 がある, が作用, が池, でも呑ませない, の覺め, を呑まない, を要求

▼ 眠りつつ~ (6, 0.3%)

1 あったとき, ある当人, 太平楽を, 幾度と, 艶や, 衰えて

▼ 眠り人形~ (6, 0.3%)

1 が眼, だから, でこれ位の, のよう, はめったに, を返し

▼ 眠りさえ~ (5, 0.2%)

3 すれば 1 いつも安らか, した

▼ 眠りたり~ (5, 0.2%)

2 ないよう 1 けれ, ないのに, ない気

▼ 眠りとの~ (5, 0.2%)

2 戯れの 1 あの快い, 戯れを, 間に

▼ 眠り入っ~ (5, 0.2%)

3 ている 1 ていた, てしまった

▼ 眠り~ (5, 0.2%)

2 になる 1 は一定, は四時半, は爽快

▼ 眠り~ (5, 0.2%)

1 が覚める, のとろ, の夢見, をさました, 醒しが

▼ 眠り難い~ (5, 0.2%)

1 ものと, やうな, 一夜で, 一夜であった, 夜を

▼ 眠りかた~ (4, 0.2%)

1 が却って, だった, などし, へに紅頬

▼ 眠りについても~ (4, 0.2%)

1 ちらついて, 何度か, 寝て, 或者

▼ 眠り~ (4, 0.2%)

1 しない, その方, 栄養や, 疲労を

▼ 眠りより~ (4, 0.2%)

2 醒めて 1 覚すもの, 覺めて

▼ 眠り通し~ (4, 0.2%)

1 そうして今, ている, て六時半, て起き

▼ 眠りそして~ (3, 0.1%)

1 夢を, 彼が, 朝の

▼ 眠りついた~ (3, 0.1%)

1 のは, ばかりの床, ブラウンの

▼ 眠りでも~ (3, 0.1%)

1 したらたいへん, 捜し当てたからには, 私は

▼ 眠りにくい~ (3, 0.1%)

2 夜を 1 のでもう

▼ 眠りにも~ (3, 0.1%)

1 抵抗せず, 焼けた鏝, 考えずには

▼ 眠り乍ら~ (3, 0.1%)

1 寝衣, 思ったの, 話した

▼ 眠り~ (3, 0.1%)

1 て案ぜし, ひしが, へばうつ

▼ 眠り同じ~ (3, 0.1%)

2 伝説に 1 灰の

▼ 眠り~ (3, 0.1%)

1 に不思議, の世界, をみる

▼ 眠り工合~ (3, 0.1%)

2 が妙 1 がちがっ

▼ 眠り~ (3, 0.1%)

1 に対して明治末年, をきざむ, を見

▼ 眠り眠り~ (3, 0.1%)

1 ここを, ては食べ, のなか

▼ 眠り~ (3, 0.1%)

1 はざりしと, ふ時, へる帝室評議員アントン・フオン・ヰツク殿

▼ 眠り~ (3, 0.1%)

2 眠れよ 1 眠れ

▼ 眠り足りない~ (3, 0.1%)

1 で工場, 人が, 顏の

▼ 眠り音波~ (3, 0.1%)

1 が唸り出す, が着々, として作用

▼ 眠りがたく~ (2, 0.1%)

2 させた

▼ 眠りこくっ~ (2, 0.1%)

2 ている

▼ 眠りこの~ (2, 0.1%)

1 方が, 種の

▼ 眠り~ (2, 0.1%)

1 へすれ, ほどの意見

▼ 眠りしばらく~ (2, 0.1%)

2 たつて

▼ 眠りそれ~ (2, 0.1%)

1 が考える, に浸され

▼ 眠りたりた~ (2, 0.1%)

1 感じであった, 気持ちで

▼ 眠りたる~ (2, 0.1%)

1 墓は, 眼は

▼ 眠り~ (2, 0.1%)

1 つたそして, と思ふ

▼ 眠りつい~ (2, 0.1%)

1 ていなかった, て居りました

▼ 眠りては~ (2, 0.1%)

1 覺め覺めては, 食べ

▼ 眠りとを~ (2, 0.1%)

1 ほとんど同一視, 一種の

▼ 眠りながらの~ (2, 0.1%)

1 自然死, 言葉だった

▼ 眠りなどには~ (2, 0.1%)

1 なじめない, はいりきれなかった源氏

▼ 眠りにくかっ~ (2, 0.1%)

2

▼ 眠り~ (2, 0.1%)

1 入るよう, 落ちて

▼ 眠りやがて~ (2, 0.1%)

1 熟し切った無花果, 舟の

▼ 眠りよい~ (2, 0.1%)

1 子だ, 子の

▼ 眠りよく~ (2, 0.1%)

1 勉強した, 動きながら

▼ 眠りをも~ (2, 0.1%)

1 さまさなかったの, 忘れて

▼ 眠りブー子~ (2, 0.1%)

1 をやっ, をやります

▼ 眠り~ (2, 0.1%)

1 の顔, は定まっ

▼ 眠り居り~ (2, 0.1%)

1 候, 候空は

▼ 眠り~ (2, 0.1%)

1 が眠ってる, は祈っ

▼ 眠り心地~ (2, 0.1%)

1 で心, は

▼ 眠り悩ん~ (2, 0.1%)

1 でいた, でゐた

▼ 眠り或は~ (2, 0.1%)

1 仕事仲間と, 時勢の

▼ 眠り~ (2, 0.1%)

2 は起き出る

▼ 眠り~ (2, 0.1%)

1 はみつからぬ, を眠る

▼ 眠り時々~ (2, 0.1%)

1 太い滑稽, 手足の

▼ 眠り死ぬ~ (2, 0.1%)

1 ことは, ということ

▼ 眠り獅子~ (2, 0.1%)

1 の歌, の髯

▼ 眠り~ (2, 0.1%)

1 だと, という題

▼ 眠り翌日~ (2, 0.1%)

2

▼ 眠り~ (2, 0.1%)

1 まされ, むれば日

▼ 眠り足らず~ (2, 0.1%)

1 寒い気分, 幾分過敏

▼ 眠り足らない~ (2, 0.1%)

1 目の, 自分を

▼ 眠り足らぬ~ (2, 0.1%)

1 がごとし, 顏を

▼ 眠り足り~ (2, 0.1%)

1 てぽっかり, 何ぞ新正

▼ 眠り~ (2, 0.1%)

1 を安楽, を置く

▼ 眠り~ (2, 0.1%)

1 のよう, の中

▼1* [240件]

眠りあとはあけ, 眠りあらんことを, 眠りあるいは羽搏つ, 眠りいよいよ本当に眼を, 眠り互ひ, 眠りおなかがすいた, 眠りそちなら, 眠りかけている, 眠りかけてるような, 眠りかつて病気に, 眠りかと思って, 眠りがけに読ん, 眠りがたいかして, 眠りがたい蒸暑に襲, 眠りがたかった, 眠りがちな時計, 眠りけむかも, 眠りここを歩行, 眠りごこちを砦, 眠りさうなのである, 眠りさうにない末, 眠りさて目ざめてから, 眠りさむる人にひとしき, 眠りさめし後象徴によりて寺院, 眠りざまであろう, 眠りじゃそれを, 眠りじゃぞえ, 眠りじゃと横に, 眠りそしてただ真っ直ぐに, 眠りそしてまた乗り合は, 眠りそちらへ出かけ, 眠りそのまま所謂大, 眠りそのものの中, 眠りそれから後は, 眠りそれでもおくれ七時すぎ, 眠り安からむ, 眠りたまえと言い言い, 眠りたりけり春の, 眠りだけだ, 眠りちょうど今眼, 眠りついて行くのです, 眠りつかないうちに, 眠りつかれずにいた, 眠りつま恋ふる凡, 眠りつま戀ふる凡, 眠りつるは覚めよ, 眠りづらかったでございましょう, 眠りづらく彼は, 眠りてばかりいて, 眠りても人の, 眠りであったろうかなどと云う, 眠りであると心, 眠りであるらしかつた, 眠りでございまして迷途覚路夢中行, 眠りでございます眠りの, 眠りですか, 眠りとおしている, 眠りとおしたって八時, 眠りとともに逃げ去り暗い憂, 眠りとに誘われて, 眠りと共に不思議な, 眠りなさいましたか, 眠りなさりませんでしたので, 眠りなさるのかと, 眠りなされたか, 眠りなすったようね, 眠りなすったらどう, 眠りなすつたらしいところを, 眠りなんの不幸, 眠りにくくて九時, 眠りにたいするいらだたしい反抗, 眠りについてからまた, 眠りにつき午前三時頃に, 眠りにてあれよ, 眠りになつて, 眠りにをちいりました, 眠りに対する激動だった, 眠りねえおまへ病気, 眠りのみ好む, 眠りふと目が, 眠りふところ手をし, 眠りほうけている, 眠りほとんど想像も, 眠りまでなるが, 眠りもう一人の, 眠りもよほす, 眠りやすいというわけ, 眠りややさめて, 眠りようの平和さ, 眠りよく薄暗くして, 眠りゐし處, 眠りをばさましました, 眠り一つは今お, 眠り一人でこういう, 眠り三昧の境地, 眠りぼる月見, 眠り上手のこつも, 眠りは靜, 眠り乍ら其処に座つて, 眠り乍ら羽織袴を着け, 眠り乍ら落葉の焼ける, 眠りの子, 眠り人々も眠り, 眠りれて, 眠り今宵は路ば, 眠り今朝もおそく, 眠り他人と説, 眠りに気, 眠り余念もなく, 眠り働いていた, 眠りも横, 眠り先生が見え, 眠り克子は希望, 眠りつてゐる, 眠り入った後の, 眠り入ることは, 眠り八時を過ぎ, 眠り其盾は頭, 眠り判断力がにぶり, 眠り勝ちで昼間, 眠り十一時までぐっすり, 眠り十一時間眠りとおしたって, 眠り十二時頃目を一寸, 眠り十時頃目を覚した, 眠り千金にも値する, 眠り午後も眠り, 眠り半ばは確乎, 眠り博士も眠っ, 眠りには微笑, 眠りは去つた, 眠り呆けたのに, 眠り四四本丸の怪城, 眠り場所と落着けない, 眠りはわが, 眠り夜駕籠客を待つ, 眠り大変充実した気分, 眠り大雪山は言う, 眠り天然の水, 眠り如何に嵐, 眠りが使い, 眠りは父, 眠り家事の手伝い, 眠り寛一郎一人がうつらうつら, 眠り小さい手が, 眠りい, 眠り彼らの生活, 眠り後れた意識は, 眠りに食, 眠り心淨く, 眠り必ず一人は, 眠り快く起床, 眠り怠け者になつ, 眠りが勃発, 眠りる時, 眠り戦闘が暇, 眠り抱えの馭者, 眠り揺籃の中, 眠り日頃のたしなみ, 眠り昼間は大方, 眠り暫くすると, 眠り暮して周囲, 眠り朋輩は胡桃, 眠り朝飯と午餉, 眠りを附ける, 眠り果てぬ眠りを, 眠りから森, 眠りの一番てっぺん, 眠り次女は醒め, 眠り正木のす, 眠りにとでもいう, 眠り残ってい, 眠り母上と妻, 眠りの向いた, 眠り気分もよく, 眠り水辺に浴, 眠り深い眠り身を, 眠り湖水の底, 眠り溶けさせることが, 眠り潜んで居た, 眠り燦爛の, 眠りの親, 眠り物質の奥底, 眠り住みし此渓間, 眠り猫同然じゃな, 眠りであつ, 眠りを相手, 眠り男みたいに使いまわし, 眠り疲れてあるいは, 眠り疲労を癒し, 眠り病眠り病で研究, 眠り痴れた肉体が, 眠り盛りの次八, 眠り眠り飯田さんのこと, 眠りをさました, 眠り短い春は, 眠り石上を枕, 眠り砂漠の月, 眠りもまた, 眠りあらんこと, 眠りならず夢魂半夜誰, 眠り義妹がぽつねんと, 眠りる朝眼, 眠り翌日一日下って, 眠りも跣足, 眠り聖母を夢み, 眠り肉体も精神, 眠り苦しくほとほとと, 眠りの後, 眠り落ちてしまったらしい, 眠り落ちた短夜の, 眠り葉書一本書くの, 眠り蟀谷の, 眠りは次第に, 眠り覺めて後, 眠り覺めしアキレウスのおどろき, 眠り言葉ずくなの, 眠りをおびた, 眠りの手, 眠りは寝, 眠りの三角, 眠り足つたのである足り過ぎて, 眠り足らず銀子の膝, 眠り足りたスポンジの, 眠り通したその心地よ, 眠り遊ばし無宙, 眠り遊ばしたきりでございまする, 眠り過ごしてしまわれ, 眠りざる事, 眠り難きに旗野, 眠り領主も眠る, 眠り食堂で夕食, 眠り飯田さんのこと, 眠りをかたげ, 眠りに変じ, 眠り驚く鳴子かな, 眠り高見順の, 眠りがさえずる, 眠りは一籠, 眠りまでかいた, 眠り龍宮の夢