青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「真赤~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

真似~ 真剣~ ~真実 真実~ 真暗~ ~真理 真理~ 真白~ 真相~ ~真赤
真赤~
~真面目 真面目~ 真黒~ 眠~ ~眠っ 眠っ~ ~眠り 眠り~ ~眠る 眠る~

「真赤~」 1741, 19ppm, 6093位

▼ 真赤~ (975, 56.0%)

211 なって 139 して 70 なった 27 なつて 22 染めて 18 なつた 15 なりました 12 充血し 11 した 10 なる 9 しながら 8 なりながら 6 なるの, 咲くに, 燃えて, 酔って 5 成って, 染めた, 熟して 4 上気し, 焼いて 3 したが, なったの, なった顔, なるほど, なるまで, 充血した, 咲いて, 怒って, 染めたの, 見えた

2 [20件] し眼, するほど, なったお, なったが, なったこと, なったと, なったよう, なり, なりそれ, ほてって, 咲いた, 枯れて, 染まって, 染められて, 焼けて, 焼け爛れて, 熟した柿, 興奮し, 血を, 顔を

1 [306件] いきり立って, いきんだ顔, おこって, お染め, さして, し, したという, したな, したので, した大きい, した洋装, した眼, した自分, した金三, した鉄, していう, してまで, してる私, しぱっぱと, しふところ, しました, しましたが, しましたけれども, しクンクン狸, しワア, し口, し呼吸, し彼, し汗, し腹だたしい, すると, すんか, その中, そめた, ただれた肉, てらされる, なさいました, なさつて, なったかと, なったぐらいの, なったとは, なったまま, なったよ, なったり, なったわ, なったわたし, なったガラス棒, なった七顛八倒, なった両手, なった二つ, なった兼, なった将曹, なった山口, なった手, なった時, なった田宮氏, なった白襦袢, なった空, なった耳, なった鼻, なっちゃったの, なってと, なっての, なっても, なってるじゃ, なってるの, なってるのに, なってるん, なつたままで, なつてる, ならした, ならなくたって, ならなくとも, なりがっかり, なりしが, なりそれから, なりたい位極り, なりたり, なりまごついて, なりましたが, なりまして, なりますでしょう, なりやたら, なりポケット, なり又, なり強いて, なり微笑んだ, なり感動, なり憤怒, なり泣きだした, なり火の粉, なり物事, なり真実, なり眼, なり肉, なり顔, なり鼻, なるおま, なること, なるし, なるじゃ, なると, なると共に, なるほどの, なるよう, なる処, なる夫, なる心地, なる性質, なる情報, なる筋肉, なる迄, なツ, ぬり南洋, ぬれて, はれ上ってね, はれ上つたの, ひかる, ひつくりか, ふくらんだ顔, ふくれ上った首, ほてった, ほてった二人, ほとばしって, やいて, やけた向こう, やけるの, ゆでたこう, りきんで, キラキラ輝い, ニジミ出した, メラメラと, ルージュを, 一面の, 上気させ, 上気した, 下を, 付きましたから, 俯向く, 充血させ, 充血する, 光って, 光る, 光る松明, 円くなっ, 凝縮し, 口を, 口紅が, 咲いた日比谷公園, 咲き連なる, 咲ける鶏頭, 喰い酔うた金襴, 塗った唇, 塗った壁, 塗った籐椅子, 塗った顔, 塗って, 塗られて, 塗りつけたかを, 塗りつぶされた画面, 塗りつぶして, 塗り立てそれ, 夕映え, 夕焼けした, 外見えない, 天を, 宙を, 廻転し, 彩られて, 彩られ大きな, 彩りその, 心の, 怒つて, 憤って, 憤りが, 憤慨中の, 成つて了つた, 日が, 日焼けし, 昇り出ずる陽と, 映った, 映って, 枯れたので, 枯れた状, 染った木の葉, 染った白布, 染って, 染まった, 染まったハンカチ, 染まつた紅葉, 染まつて, 染まり血, 染まる程, 染まろうと, 染み丸髷, 染めた厚い, 染めた商人体, 染めた男, 染めた酔払い, 染めました, 染められた頬, 染め一枚, 染め出し私, 染んだの, 染んで, 栄えた赤土, 残つてゐる, 汗ばんで, 泣きはらした眼, 泣きはらした顔, 泣きはらして, 泣き腫らして, 流出し, 海に, 溢れる, 滲み出る毒血, 濡らして, 火の, 火照らせて, 灼けただれて, 灼けた煖炉, 灼けてるわ, 焼いた鉄, 焼かせて, 焼けたストーブ, 焼けた岩, 焼けた石, 焼けた石炭, 焼けた金, 焼けた鉄, 焼けた鉄片, 照りかがやき, 照り映えて, 煮えくり返ってるん, 煮熱した尺, 熔けた岩漿, 熟したの, 熟した林檎, 熟しつつ, 熟れた柿, 熟れて, 熱して, 燃えさかって, 燃えた, 燃えた陽, 燃えました, 燃えるころおい, 燃えるの, 燃える前, 燃える焔, 燃えニューマティック・ハンマー, 燃え絨毯, 燃やして, 燒けて, 爛れて, 現れると, 目に, 目立った看板, 真赤に, 瞬く, 立腹し, 筋張らせて, 紅葉した, 紅葉を, 肥った脂肪, 脹らして, 腫れ上つて, 腰を, 致して, 色づいて, 色彩られた, 色染めたる, 茹だったマングローブ蟹, 茹られた, 茹る, 血だらけ, 血に, 血走ったまま, 見える, 見えるが, 見える神棚, 見える頃, 輝いて, 輝けば, 逆巻く渦, 透き通る径五分, 酔うたる顔突き出し, 酔った, 酔っぱらった美人玉乗り, 酔っ払った源次郎氏, 酔は, 酔ひ熱つてゐる, 酔払って, 重く垂れた, 錆ついた, 錆て, 錆びた鉄, 錆びた鍵, 錆びて, 錆びてるぜ, 錆び蝕, 開けては, 陰気に, 項羽の, 鮮血に, 黒くなっ

▼ 真赤~ (694, 39.9%)

59 顔を 13 口を, 血が 9 色を 8 真赤な, 腕章 7 唇を, 花が, 顔に 6 火の, 血の 5 お天道さん, 嘘だ, 花の 4 嘘, 太陽が, 着物を, 花を, 血に, 雲の, 顔は 3 のも, 火が, 焔が, 舌を, 色に, 血を, 顔が, 顔し, 顔で

2 [54件] えんえんたる, けしの, のが, のを, ものが, んです, チューリップが, 偽りで, 光が, 光線が, 刺繍を, 号泣を, 唇の, 唐辛子が, 嘘であった, 嘘です, 嘘を, 土が, 地に, 夕焼が, 夕焼雲が, 夕陽が, 大鋏, 太陽の, 布団の, 帯を, 恐ろしい天狗, 日が, 泣声が, 火に, 火の手, 火柱が, 焔の, 焔を, 熔岩の, 猿の, 眼で, 眼を, 硬い藻, 空気の, 美しい血, 肉が, 胸の, 脣は, 色の, 花は, 血のりが, 血潮が, 襦袢一枚に, 酒の, 頬を, 風船玉を, 鶏頭, 鼻の

1 [373件] いもりの, うそだ, お天道様が, お椀帽子, お祭り, お羽織, かおを, くらいこまかく, ぐみの, しずくが, そして涙, その花, ちゃんちゃんこに, てんとう虫を, ところまで, にせものであった, のでした, のや, の二つ, ばら, ぶよぶよの, ぺらぺらした, ほうずき, ほりものに, まま道路で, まる顔, もので, ものを, やつを, ゆも, んで, アカグマ国の, アジサイの, シャツを, ズボンに, ズボンを, トレードマークが, トロンと, ヌメヌメと, ネッカチーフで, ハンドバックを, ハンドバッグを, ピラピラ着物に, ヘルメット帽である, マホガニイの, メリンスの, モンペを, ランニング襯衣で, リボンの, レンコオトを, 一本橋に, 三日月を, 三角の, 上にも, 上機嫌に, 下着の, 丘だ, 両手を, 中へ, 人の, 偽, 偽り, 偽りな, 偽物だ, 偽物である, 偽物です, 傷口に, 光では, 光に, 光明を, 光線を, 兎を, 入日の, 冷たい地平線, 切口に, 切口真白な, 刺叉で, 刺激は, 半幅の, 半身を, 厚い唇, 口と, 口などが, 吐息の, 唇からは, 唇と, 唇笑う, 嘘か, 嘘じゃわ, 嘘で, 嘘であっ, 嘘である, 嘘でござる, 嘘でない, 嘘な, 嘘も, 嘘よ, 嘘吐き, 土耳其帽を, 地図を, 地獄絵の, 塊が, 塗胴で, 声を, 夕日が, 夕日の, 夕焼は, 夕焼空に, 夕焼竜巻に, 夜会着の, 夜道を, 大きな火事, 大きな火箸, 大な, 大天狗, 大戦舟を, 大輪が, 大陸が, 天狗の, 天鵞絨の, 太い人絹, 太陽, 女が, 女は, 宝石の, 実なぞ, 実藍萌黄とも, 富士を, 小布団, 少女だった, 尻尾に, 尾灯を, 山の, 山百合の, 岩も, 布の, 布団に, 帆, 帯が, 帯締めを, 帽を, 帽子を, 帽子をか, 幅の, 幕が, 幻想の, 影は, 彼の, 往来の, 後頸を, 手と, 手を, 振袖, 掻練を, 斑点に, 斑点は, 旋律を, 旗が, 旗の, 旗を, 日に, 日にあたり, 日の, 日の丸が, 日の丸の, 日も, 明るみが, 星だ, 曼珠沙華その, 曼珠沙華松の, 月が, 月の, 服で, 服を, 木の実が, 林檎が, 林檎などの, 林檎の, 柿の, 桜炭の, 椿の, 楕円形の, 歇私的里の, 歯ぐきを, 残り血が, 毛氈を, 毛糸は, 水慈姑青々, 洋傘が, 洋服か, 洋服を, 洲浜形に, 海老茶色に, 消防自動車が, 消防自動車だった, 液体が, 渦巻の, 湯文字を, 火で, 火の手の, 火を, 火柱の, 火焔に, 火焔ひっきりなしの, 灯の, 炎, 炎が, 炎に, 炎の, 炎を, 炭火の, 無実だった, 焼け鉄を, 焼石である, 照明を, 熱い血, 燃えさしを, 燠に, 燠にな, 燠を, 爪は, 物が, 狐拳, 珊瑚の, 瓜を, 瓦斯織の, 生々しい血潮, 生々した, 生なましい血, 田町の, 男の, 画を, 痣が, 白人の, 目で, 目を, 相手の, 眼, 眼から, 眼が, 眼の, 眼は, 眼無, 眼球肉が, 砂漠の, 硝子に, 硝子玉で, 禅入を, 稲妻の, 空では, 空映, 竜が, 童顔も, 筋が, 筋を, 箱に, 箱枕に, 箱枕を, 糸が, 紐奇怪な, 紙片を, 絨毯を, 絵に, 絹の, 絹天の, 絹張りの, 緋房では, 線を, 緞子の, 耳朶に, 肉を, 肩掛けを, 胡蝶の, 脈を, 脣その, 脣を, 腰巻が, 腰巻と, 臙脂の, 舌な, 色だ, 色という, 色は, 芍薬を, 花に, 花束が, 花火が, 苺の, 荷を, 落葉は, 葡萄酒へ, 蔦紅葉の, 蕃椒が, 薄い脣, 薔薇を, 藁灰の, 虚言その, 虹を, 蛇, 蛇が, 蜻蛉が, 蝋燭の, 蝋燭を, 螺旋の, 蟹が, 血だ, 血で, 血です, 血潮を, 血痕だった, 血飛沫が, 行列を, 衣服に, 衣裳の, 袖無しを, 袴を, 装甲自動車が, 装甲車の, 裸を, 裸身に, 褌一つで, 襦袢との, 言葉を, 贋物宛事も, 足と, 足袋を, 躑躅が, 躑躅や, 輝きが, 輪であった, 道化役の, 道化服を, 達磨が, 酒で, 酒を, 金箔付の, 長襦袢と, 長襦袢の, 閃光に, 閻魔の, 雑誌を, 雛罌粟の, 雲が, 電灯が, 霧風が, 霰, 靄が, 青木の実, 頬つ, 頭を, 額を, 顔だった, 顔であった, 顔と, 顔泡を, 風の, 髑髏首も, 高い頂, 鬼の, 鮮血が, 鮮血だった, 鮮血も, 鰭へ, 鳥の, 鶏頭を, 鸚哥が, 鸚鵡が, 麻の葉模様の, 鼻が, 鼻とを, 鼻を, 鼻先を, PULL

▼ 真赤~ (15, 0.9%)

1 [15件] おかめ, これが, ごちゃごちゃし, さあ, しようがない, ド・エスコバアルは, パチパチという, 堅いねえ, 晃, 猪八戒に, 美しう御座います, 艶が, 頑丈で, 頭の, 額が

▼ 真赤~ (8, 0.5%)

1 から魚, が薄暗い, ぞ, つたと, ど, よ, わ, 蓋し酒

▼ 真赤なる~ (7, 0.4%)

1 が出, この木瓜, 大達磨, 心の, 神秘の, 空を, 顔したる

▼ 真赤にな~ (5, 0.3%)

2 つて 1 つてゐた, つて広い, ッても

▼ 真赤~ (5, 0.3%)

1 ビロードの, 太陽の, 実を, 贋物で, 雲の

▼ 真赤な光り~ (3, 0.2%)

1 が輝き出し, を放ち, を放っ

▼ 真赤ないつわり~ (2, 0.1%)

1 彼こそは, 耳の

▼ 真赤なひきずる~ (2, 0.1%)

1 やうに, ように

▼ 真赤~ (2, 0.1%)

1 の花, を呈し

▼1* [23件]

真赤だったのだ, 真赤やない, 真赤であって湖辺, 真赤であり或る, 真赤でくもった額には, 真赤でございますよ彼方, 真赤ですよ先刻, 真赤でない場合に, 真赤いっても, 真赤ないつわりであった, 真赤なしかけを, 真赤なひなげしの, 真赤なまんりやうの, 真赤ならしむるような, 真赤な掴ませものであろう, 真赤な滴りがポタリポタリ, 真赤な裂け口に, 真赤にはぢきれた, 真赤血が, 真赤洋服ヲタノミマシタ, 真赤え狂う, 真赤紅色に颯と, 真赤のよう