青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「真暗~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

真~ ~真に 真に~ ~真中 真中~ ~真似 真似~ 真剣~ ~真実 真実~
真暗~
~真理 真理~ 真白~ 真相~ ~真赤 真赤~ ~真面目 真面目~ 真黒~ 眠~

「真暗~」 1051, 11ppm, 9599位

▼ 真暗~ (569, 54.1%)

20 中に 17 中で 14 中を 10 闇の 9 夜の 6 家の 5 塊り, 室の, 穴の, 部屋の 4 ところに, ところへ, ものが, 処で, 奥の, 空の

3 [11件] ところを, なかに, のだ, 中から, 中へ, 二階の, 夜に, 庭の, 森の, 空に, 雨の

2 [46件] なかで, ような, ヴェランダに, 入道雲の, 処に, 土の, 地獄の, 坑の, 場所に, 墓穴の, 夜だった, 夜と, 夜を, 夜道を, 大樹巨木の, 天地に, 孔の, 室に, 巌窟の, 底から, 底の, 底へ, 底を, 座敷の, 廊下に, 廊下を, 所に, 杉の, 林に, 梯子段を, 洋上で, 深海の, 牢屋の, 玄関へ, 空は, 空へ, 空を, 細い廊下, 谷底へ, 路地裏から, 部屋に, 部屋へ, 部屋を, 闇が, 闇に, 階段を

1 [324件] あたりを, あなぐらの, あやめも, うえに, うちに, うち一番の, おもて, お庭, ことに, ことばが, この田舎, しいんとした, ため店頭に, つめたいところ, つめたい階段, ときどき打ちしぐれ, ところから, ところであった, なんにも無い, のである, のです, のでその, ので侍達, ので犬, ので眼, ので誰, ので身体付き, のどうしても, のにかかわらず, ばかりだった, ばかりです, ものに, ものを, やうな, ようでした, よみじの, わけね, んでございましょう, んでしょう, んです, シルエットが, ジャリジャリする, トンネルが, トンネルの, トンネルを, ベンチの, リノリウムの, ロンドンの, 一つの, 一室へ, 一家を, 三坪ほどの, 上り口で, 上り道が, 上空を, 中での, 中でも, 中の, 中廊下の, 中廊下を, 丸の内へ, 二つの, 二階へ, 井戸の, 人通りない, 低い空, 倉庫の, 公園には, 内を, 円天井が, 処を, 前庭を, 半球が, 原っぱで, 原っぱであった, 口を, 古井戸, 台所の, 吹鞘場に, 咫尺も, 商館街に, 四畳の, 図体の, 土窖の, 土間に, 土間へ, 地の, 地中を, 坂へ, 坂を, 坂路を, 坂道を, 坑内を, 場内の, 場所でありました, 場末の, 境内に, 外に, 外には, 外へ, 外を, 夜が, 夜で, 夜一列に, 夜中に, 夜中にでも, 夜出, 夜田圃の, 夜空から, 夜谷地で, 夜路を, 夜道の, 夜降る, 大な, 大藪の, 大通を, 大雨の, 天井から, 天空と, 太陽の, 奥から, 奥在所へ, 妙に, 孤独地獄の, 宇宙において, 客席で, 室で, 室内に, 室内の, 宵闇に, 家々の, 家に, 密室の, 寒い座敷, 小さなガラス箱, 小屋の, 小窓, 小舎の, 居酒屋の, 屋上に, 屋内めがけ, 屋根裏へと, 山の手の, 山を, 山腹な, 山谷の, 山道を, 崩れ懸った, 川ッぷちを五ノ, 工場に, 巨口を, 広々した, 広い河面, 広い空地, 広い道, 広い部屋, 床の, 底に, 店の, 座敷です, 庫裏の, 庭に, 廊下で, 建物の, 彼の, 彼方の, 往来である, 往来へ, 御簾の, 心の, 戸棚の, 所で, 所へ, 手答えの, 教室に, 星も, 時, 時間が, 晩だ, 晩だった, 晩でした, 晩な, 晩に, 晩には, 暁を, 曠野を, 木影には, 木立に, 木立の, 木立怪物の, 本堂の, 杉に, 村へは, 東京を, 松並木を, 松原の, 板の間であった, 林中に, 格子戸を, 森で, 森と, 森を, 森蔭を, 植込みが, 構内の, 横坑に, 橋の, 次の間へ, 死が, 気が, 気持ちに, 気持で, 気持です, 水面を, 汽車の, 沈黙せる, 沖の, 沖を, 河岸縁を, 河岸通りに, 泥海時代が, 泥路よく, 泥路を, 洞穴の, 洞穴を, 洞窟を, 流れを, 海に, 海にも, 海上の, 海上はるかに, 涯の, 深い穴, 深夜と, 淵だ, 渚から, 湿地の, 漆桶の, 無線室の, 煙の, 片隅に, 狭い螺旋形, 玄関に, 玄関を, 田舎路に, 町だ, 町の, 眼を, 石段道も, 破風の, 穴が, 穴で, 穴である, 穴へ, 穴蔵だ, 空から, 空と, 空には, 空間を, 窓を, 窖が, 窮屈な, 納屋ん, 納戸へ, 絶望とだけ, 網の, 縁にも, 而も, 舞台前景の, 舷側から, 草原で, 落し穴に, 虚無と, 蚕棚式の, 行燈部屋で, 街道には, 裏山から, 裏長屋の, 谷間の, 路地の, 軒下に, 通路を, 道が, 道だ, 道の, 道路の, 邸宅の, 部屋が, 部屋で, 部屋でも, 部屋などが, 部屋や, 部屋部屋を, 都会と, 野原の, 野道や, 鏡面を, 長いひだるい悲しい夜, 長いびだるい, 長いもの, 長い田舎路, 長い長いどこ, 門へ, 門内へ, 闇だけ, 闇と, 闇にも, 陥穽から, 陰鬱な, 階段おどり, 階段の, 隣の, 隣室に, 隧道に, 隧道の, 隧道内の, 雨風の, 雲が, 雲の, 霧の, 露路から, 風の, 館外に, 黴臭い四角

▼ 真暗~ (222, 21.1%)

45 なって 28 なった 9 なつて 8 して, なる 7 なりました 5 なつた, なると 4 暮れて 3 なったの, なってから, なりそう

2 [11件] したの, なったから, なったよう, なったり, なった時, なった気, なり一時, なるの, なるほど, なるよう, 割れて

1 [72件] した, した上, した応接間, しなお, せずには, なったかと, なったが, なったけれど, なったせつな, なったと, なったまま, なった上, なった中, なった午後六時, なった天, なった床下, なった日, なった時代, なった林, なった様, なった田舎道, なった薬戸棚, なった路, なった車室, なった軒下, なった門先, なってまで, なっても, なりすぐ, なりほとんど, なりましたから, なりましたよ, なりますと, なりもう, なり前後, なり男, なり盆, なり置きざり, なり髪の毛, なるが, なるやがて, なるん, なる土間, なる様, キリギシが, 三寸ばかり, 凄くなつた, 思える省内, 思はれ出し不安, 思われて, 成った様, 成って, 成つた, 戸を, 曇った晩, 曇った空, 曇って, 曇つた晩で, 曇りかけた入梅, 桜草が, 消えたの, 消されて, 消ゆ, 濡れて, 為て, 砂や, 聳えたの, 茂った深い, 見えた控室, 見える木立, 遠く広く眼, 陰って

▼ 真暗~ (123, 11.7%)

8 あつた 3 なにも, 何も 2 はある, シーンと, 遠くの, 雨の

1 [101件] いかぬのう, いつも変, おののいて, かいもくわからん, ござります, さっぱり訳, しめっぽいこの, じつに胸苦しい, すぐ目, そうして静か, そこに, そこには, そして雹, その先方, その石, たしかに自分, ちっとも分らん, どこまで, どの家, なんにも見えない, はあった, はあるし, はございます, は何, は殆, ひっそりし, ほんのりと, まだ戸, まるで姿, まるで悪魔, まるで深い, もう寝た, わかりませんので, わずかに, 一二度呼ん, 一体どこ, 一寸先き, 事実上の, 些とも, 人っ子一人いなかった, 人の, 人通りは, 今まで, 今夜にでも, 今時は, 仕様が, 何にも, 何の, 何んだ, 僕は, 其深, 処どころ雨雲の, 分らないが, 参木の, 只ホール, 台所の, 四辺は, 困ったが, 土蔵の, 外で, 夜が, 夢中に, 妙な, 寒かった, 寝るし, 嵐を, 心細いったら, 恐かつ, 晴曇の, 暫くは, 東の, 桂川の, 横梁と, 気温は, 水の, 海風で, 漁火一つ見えぬ, 灯一つ置かない, 炉の, 焚火が, 焚火も, 物の, 物凄い景色, 玄関際の, 町も, 自分の, 蒸暑い退屈, 見えないから, 訳が, 誰だ, 誰のだ, 通りに, 陰気くさい, 陰鬱な, 雨は, 電燈を, 風が, 風は, 飛び込んでさ, 黎明らしい, 黒白が

▼ 真暗~ (34, 3.2%)

2 が山の端, ね

1 [30件] からちょっと, からどこ, からなあ, から分らない, から見えねえ, から親父, がどうやら, がよく, が奥, が此, が渦, けど我慢, こと牢へ, しその, し単調, し月, そうです, その闇, つたから, つた竹藪の, といいました, どうする, な, ものだ, よそれ, わ, んべ, 余は, 天窓が, 私が

▼ 真暗~ (19, 1.8%)

2 中で, 中に

1 [15件] ところを, なかだ, まま走っ, ように, 一階を, 中を, 便所の, 処に, 処へ, 夜を, 室の, 朝の, 水に, 湯殿に, 部屋の

▼ 真暗~ (8, 0.8%)

2 になる, の中 1 に逆落し, の室内, の松原, の深夜

▼ 真暗だった~ (7, 0.7%)

1 が私, ので容易, のに屋根, わ, んです, 室内へ, 目の

▼ 真暗であった~ (7, 0.7%)

1 がお, がだんだん, が彼, が町, けれど横手, 窓の, 竜之

▼ 真暗~ (5, 0.5%)

1 だった, だと, で所々, な中, な畑中

▼ 真暗三宝~ (5, 0.5%)

1 しかも家, です, に乳, 駆け出した, 駆下りましたでこちら

▼ 真暗じゃ~ (4, 0.4%)

3 ないか 1 ありませんか

▼ 真暗です~ (4, 0.4%)

1 から, から頭, ね, ねえ

▼ 真暗である~ (3, 0.3%)

1 が真中, が霧, のみならず

▼ 真暗~ (3, 0.3%)

1 いうほど, 云うには, 見えて

▼ 真暗から~ (2, 0.2%)

1 ジワジワと, 声が

▼ 真暗であっ~ (2, 0.2%)

1 たりし, て且つ

▼ 真暗でなく~ (2, 0.2%)

1 ちややれない, 明るい

▼ 真暗にな~ (2, 0.2%)

2 つてし

▼1* [30件]

真暗がたがた廊下の, 真暗がり思わず崖, 真暗が永久, 真暗だっさ, 真暗やね, 真暗であり彼を, 真暗であろう藻の, 真暗でしたが, 真暗でしんとし, 真暗でも外が, 真暗で止むかと思う, 真暗とんと夢の, 真暗無理はねえ, 真暗より仄明るい, 真暗らしかつた, 真暗中で, 真暗ン中でも見える, 真暗三宝韋駄天でさ, 真暗三方という形, 真暗に逢わなけれ, 真暗全身鳥肌立って, 真暗北風はピウ, 真暗洋燈はその, 真暗はいつの間にか, 真暗眼玉を白黒, 真暗蚊帳は漆, 真暗見透しがつきません, 真暗足許見えぬも, 真暗闇何が何やらさっぱり, 真暗闇稲田を撫でる