青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「真実~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~真 真~ ~真に 真に~ ~真中 真中~ ~真似 真似~ 真剣~ ~真実
真実~
真暗~ ~真理 真理~ 真白~ 真相~ ~真赤 真赤~ ~真面目 真面目~ 真黒~

「真実~」 5465, 59ppm, 1946位

▼ 真実~ (1306, 23.9%)

25 ことを 18 事を 10 姿を 8 愛を 7 ところを, 意味で, 道を 6 ように, 意味を, 生活が, 生活は 5 ことは, 心は, 愛が, 教である, 魂の

4 [11件] もので, 事だ, 事は, 人間を, 価値は, 処を, 動機は, 幸福に, 心を, 愛の, 血で

3 [35件] すがた, ために, ものだ, ような, 世界に, 世界を, 中に, 事か, 事実を, 仏教を, 兄の, 光の, 喜びは, 声を, 富を, 幸福は, 形に, 心から, 心の, 恋を, 意味が, 意味に, 愛は, 愛も, 愛情が, 時間, 母さんは, 母の, 生の, 生活である, 生活の, 生活を, 目的と, 美しさ, 言を

2 [108件] あること, うちに, ことが, ことだ, こととは, ことの, こもったもの, ところが, ところは, ものであろう, ものは, ものを, よりどころ, キチガイ, 一片すら, 一面である, 下手人を, 世界が, 世界であった, 事で, 人間である, 人間へ, 人間的懊悩を, 人間自我の, 代償を, 価値ある, 価値として, 価値の, 価値を, 保証を, 像, 円相を, 利益である, 前に, 力を, 動機を, 友と, 友達として, 叫びを, 名は, 告白を, 国際語が, 報酬は, 声は, 大地へ, 妖怪と, 姿だ, 姿との, 姿には, 娘の, 娼婦は, 子の, 幸福を, 心が, 悲鳴を, 愛に, 愛を以て, 愛幸福な, 懊悩には, 描写が, 教と, 教は, 教を, 教養の, 文化が, 文化は, 文学は, 文学的懊悩人間的懊悩を, 新らしき, 時間という, 母だ, 母と, 母として, 涙が, 涙を, 深さ, 激しさ, 理解が, 璧の, 生を, 生命血も, 生活であり, 生活とは, 生活や, 相であり, 相を, 砂金を, 秘密を, 罪は, 自分とは, 自己は, 自己を, 自我の, 自我文学の, 自由は, 自足に, 花を, 親の, 親子であり, 親方の, 言葉を, 話を, 認識である, 誕生と, 身分を, 道義や, 驚きという, 魅力は

1 [810件 抜粋] ありさ, あるところ, ある人, ある男女, ある眼, うごきは, お力量, お心, お母様を, お話として, かねあいの, こと, ことか, ことがね, ことだつた, ことである, ことな, ことも, こと妾は, こもったふかい, こもったやりとり, こもった単純, こもった親切, そして高度, ためでは, ところこの, ところでは, ところ嘘一つ吐けない, ところ庸三の, ところ私の, ところ見なおした, どちらに, ない東京, ない男, はたらきを, ふてぶてしい顔, まえに, まとに, もの, ものが, ものであった, ものであったろう, ものと, ものによって, ものらしい, ゆたかさと, ようでも, ようにも, わが子に, イデヤを, カラクリによって, ゲルマン民族では, テーマである, パラドックスである, プロレタリア演劇として, マヌエラだ, ヴェールを, 一切を, 一部を, 一面また, 上に, 下落であろう, 下落においては, 不安固, 世界, 世界だ, 世界的普遍性を, 中にこそ, 中国への, 予言で, 争闘で, 事と, 事ならもつ, 事に, 事も, 事実談である, 事情には, 事柄を, 二人に, 交際の, 人口増加は, 人生であり, 人間と, 人間に, 人間同士の, 人類への, 仏心に, 仏教に, 仏法興隆である, 休息を, 伯父さんよりは, 伯父でございます, 伴侶で, 何かしら多少, 作品たる, 価が, 価格騰貴を, 保証では, 信仰は, 信念を, 信者を, 修養な, 個人の, 側に, 偽りなき, 像を, 償いが, 兄が, 兄さんに, 兄であるらしい, 兄でございます, 兄妹が, 兄弟である, 兄弟にまで, 兄弟も, 先端を, 光が, 光を, 光我々の, 全体を, 全貌を, 共感が, 内容から, 内容に, 処能の, 処蔵元屋は, 刀の, 分量の, 切なさ, 利得者は, 利益の, 利益も, 前では, 前には, 力であろう, 力に, 力において, 力量が, 努力が, 努力を, 労力が, 動因が, 勝利の, 勝頼公の, 化方を, 区別は, 博士である, 危険と, 原理と, 友は, 友正義潔白の, 反省でありまし, 反省と, 叔母さんに, 叔母で, 叔父さんだ, 口話の, 句だ, 句も, 同感や, 名に, 名前から, 名誉よりも, 告白であった, 告白の, 味いは, 味を以て, 味方に, 呼吸ぬかし, 唇よ, 唯一の, 啓示である, 困難によって, 国民的困難が, 土であり, 在りかたは, 基礎に, 基金を, 報恩である, 墓たり, 声が, 声で, 声である, 変貌では, 外道祈祷書を, 大本を, 大菩薩, 天分なり, 天子と, 天才なれ, 天皇の, 夫であろう, 夫婦愛が, 女の, 女性が, 好きな, 妖術書と, 妹だ, 妹とも, 妹に, 妻として, 姉と, 姉の, 姉様か, 姿が, 姿さえも, 姿では, 姿という, 姿な, 姿は, 威厳とは, 婦人参政権の, 子では, 子や, 子供ででも, 子供な, 存在を, 孤高の, 学説を, 安らいを, 宗教である, 宗教的決意が, 宝玉が, 実在な, 客観的構造を, 害悪は, 家臣では, 富と, 富は, 富彼らの, 対象として, 尊敬を, 尺度は, 屍体であれ, 山の, 崇拝に, 差違が, 市井人であり, 年齢を, 幸不幸が, 幾部分かずつを, 広さ, 弟でも, 強いほど, 強き刺激には, 形には, 影は, 影響である, 影響をも, 役者が, 彼を, 彼女を, 後嗣を, 御声, 御心, 心だ, 心に, 心音あの, 思いなら, 性格は, 性格も, 恋か, 恋人は, 息子である, 悲喜を, 情を, 意味での, 意味における, 意味にて, 意義においては, 意見即ち, 愛と, 愛よ, 愛子を, 愛情を, 愛慕が, 感じで, 感動を, 感情が, 感情を, 感覚でなけれ, 感銘である, 憫み, 懴悔を, 我身よ, 所を, 所私は, 手本を, 批評が, 批評なく, 把握といふ, 拠り所が, 掘出物, 探求への, 探求純粋な, 提携は, 政治それを, 救済をも, 教真実の, 教養を, 文書を, 文章を, 新しい希望, 時刻は, 時日と, 時間と, 暗示が, 暴力が, 書とは, 有効な, 未来の, 朱点を, 根を, 根柢だ, 構造を, 標準である, 機会を, 欠けた愛, 欲求であっ, 歌声は, 正しさ, 武士道が, 母さんに, 母で, 母でも, 母としてかの, 母子でなかったら, 母生の, 母胎によって, 母親なれ, 水, 水呑百姓, 求道者が, 汗と, 決心も, 浄土図である, 浅い思いつき, 涙の, 深切誠意誠心の, 減少は, 溝の, 火花に, 為めに, 熱火に, 父が, 父な, 父子なら, 父母が, 父親を, 物として, 特殊の, 犯人であったら, 犯人を, 犯罪程, 独りぼ, 独身に, 現われたもの, 現在に, 理想家の, 理由は, 生命が, 生活, 生活で, 生活へ, 甥だ, 男で, 男性と, 病中には, 病人を, 発展の, 発展を, 発見に, 白い鳥, 皮を, 目的が, 目的は, 相で, 相貌であっ, 真面目に, 着衣や, 知性は, 知慧と, 知識であり, 知識は, 研鑽に, 社会性は, 社会的責任は, 神隠しである, 私の, 科学を, 科学知識によって, 秘密, 稀な, 立場から, 立法者は, 筆蹟らしい, 精神は, 精神を, 精神統一に, 精魂を, 納税者では, 経過を, 経験な, 結婚は, 結婚を, 罪人に, 美から, 美が, 美と, 美の, 美は, 義を, 肉体が, 腕では, 自分である, 自己の, 自由自由人は, 良人を, 色が, 花との, 芸術は, 苦しみに, 藍丸王様が, 蛍光を, 行真実の, 表現, 表現だ, 表現と, 表現を, 裡に, 要求であるでしょう, 要求と, 見られ易い, 見方だ, 親であっ, 親と, 親として, 親は, 親を, 親子, 親子でない, 親子でなけれ, 親密という, 観念的な, 解らん人だ, 解答を, 言だろう, 言葉が, 言葉です, 言葉に対しては, 記憶として, 記録として, 記録を, 話に, 話は, 認識と, 誤謬乃至, 調和である, 諸原理, 謬られむこ, 豊富さへの, 負けること, 財本の, 責任者では, 資本を, 賞賛に, 足場が, 軍部批判と, 転末を, 農には, 述懐を, 追求の, 通商も, 通用しない, 過食の, 道な, 道の, 道心に, 道心の, 適度の, 遺言を, 里方でない, 重要性を, 金勘定でない, 鎖国家に, 闇が, 阿父, 隠蔽の, 青い鳥, 面で, 革命の, 音楽は, 響が, 響を, 願いだ, 願望と, 驚きといふ, 高価という, 魂を, 黄金に

▼ 真実~ (691, 12.6%)

9 して 7 愛して 6 真実に 5 生きて, 私は, 近いもの 4 立って, 自分の 3 つまらない, ふれて, 信じて, 私の, 近い, 近いこと, 近いの

2 [37件] しても, それを, ちがいない, なる, みたされて, 世話を, 串談じゃ, 人の, 今の, 仏教を, 仕方が, 何か, 何だか人生, 内の, 可愛がって, 向って, 妙な, 子供が, 宗蔵の, 宣言する, 幸福な, 彼女の, 心の, 教えて, 於て, 森彦さんには, 橋本さんは, 没頭する, 私を, 能く, 自分を, 自己を, 苦しんで, 見下ろされたる櫓下, 貴方は, 迫るもの, 違いない

1 [551件 抜粋] あっけないもん, あの人, ありませんよ, あるとか, あるの, いいん, いけ好かない人, いだいて, いま彼女の, いるの, うたって, うたれた, うちかてなかった, うっちゃって, うなずくの, おすま, おっかない人, おどろく如く嘘, おまえは, おもわれる物凄, お久し, お仕合せ, お俊ちゃん, お前は, お前達には, お父さま, お窶れ, お葉, お鶴, からだの, くれ, こういうところ, こうおもう, この衝突, さうだつ, さへ, さやう, しかざること, したがって, した上, しっかりおや, しないから, しないで, しないのよ, しましょうよ, すること, せかせかした, せつにし, そういう所帯, そうです, そうなりたい, そうよ, そうダンベイ, そう思う, その方, その秘密, その聖なる叡智, その苦痛, それは, ただひとり, ただ平伏し, たよりそれ, ちかい言葉, ちが, つきあい夫婦とも, つくの時, とんだこと, どうした, どうな, どうにかしなけれ, どこかおわるい, どれ丈よく, なすって, なったの, なつたらしい, ならず文学的, ならないこと, なりは, なりました, なる個人主義, なれば, はまごころが, ふれたいと, ふれた報道, ふれた言葉, ふれては, ふれること, ふれ事物, ふれ得て, ふれ得る創作態度, ぶつかったとでも, ほとんど善良, まあ昔話, まさる真実, みちた表現, もう旦那, ものを, やめるかな, やりきれや仕ない, やれこれ, やれたこと, ようご, よかった, よく被入, よりそえ, より光, わたしが, わたしに, わたし恁うい, イタズラで, エジプト人の, ギリシア人の, サ, ネーお大, ネーか, ハッキリ自得, ボンヤリし, ロシアに対して, ロシアの, 一〇〇〇磅を, 一人の, 一人ぼ, 一切を, 三吉さんなぞは, 不思議な, 不足でも, 世が, 世の中は, 事えて, 事を, 云つ, 些細な, 交わること, 人生を, 人間らしい生活, 人間仲間の, 今朝ほど, 介抱を, 仏教修行に, 仏祖の, 仕へる, 仰しゃって下, 仰しゃるんですか, 何から, 何が, 何とも申, 何にも, 何の, 何を, 何処までも, 何時の間にかに, 何物も, 価格を, 俺の, 候は, 倚凭れる, 僕を, 兄さんは, 充たされる時私たち, 児童だ, 全人類, 其一晩で, 具体的な, 冷く, 分けて, 切れては, 剥がしますよ, 力強くすばらしく専念, 勉や, 動かされました, 勝って, 勝手が, 勝間さんよ, 十分に, 卑怯です, 厭だ, 厭で, 厭な, 去って, 反映されるべき, 反省し, 叔母さんは, 叔父さんにでも, 取って, 受けて, 受けると, 受け容れる事, 可愛い表情, 可愛がるので, 可笑しい, 可笑しな, 可羨し, 同情の, 同時に見た, 君どうか, 君を, 吾人に, 吾子の, 味方する, 命ある, 唯平伏し, 喫驚した, 喫驚しました, 喰ひ詰めた, 回顧し得る, 困つちま, 困つちまうよ, 困りますよ, 困りますわ, 困るねえ, 困ツ, 地を, 地面に, 坊さんらしい, 堅い家, 士族扱ひされた, 変だ, 変動した, 夢の, 大丈夫だ, 大森氏に, 奨励を, 女子といふ, 好い姉さん, 好い御方, 好い心持, 好かつた, 好かんよ, 好きな, 如何したら, 如是お, 娘, 嫁ぐの, 嬉しいと, 嬉れしう御座います, 子供たちの, 存在し, 学生や, 安逸を, 宗旨更へを, 宜いのう, 家の, 寂しい思, 寂しかった, 富むもの, 富む性, 対ひたる, 尊いもの, 小諸を, 山が, 希望する, 弱い人, 強い文化的基準, 強きもの, 強く接しました, 後悔し, 後生を, 御存, 御帰りなさる, 御役, 御酔い, 徹しない, 徹しよう, 徹する, 心からビックリ, 心から溶けた, 心細い, 心配し, 心配し出した, 忠実である, 念仏を, 怒ったから, 怒ったわ, 怒って, 怖くは, 思えて, 思し立って, 思って, 思われた, 思想を, 恋愛を, 惘れたもん, 惚れて, 惜しいと, 愚に, 愛し合って, 愛せられること, 感ぜられて, 慰めるという, 懲りなければ, 我から, 打たれた心持, 打たれた面持, 打たれるの, 打出すの, 打驚き, 探り入る糸口, 接近する, 描かなければ, 描写した, 敬礼を, 斯んな, 新ちゃん, 於ての, 於ては, 日本軍の, 景気の, 暮らさせたまえと, 書けば, 有ったよ, 有り難そう, 有る物, 有難う存じます, 有難く思わなく, 未だ児童, 来て, 柳屋へ, 柳沢が, 楽しいと, 正太さんは, 此処は, 此死刑に, 死んだもの, 死んだよう, 死んで, 殉じた戦士, 母親さんの, 気を, 気味が悪いわ, 気絶し, 求めなければ, 求められて, 汝アせ, 河淵湖沼の, 油断が, 沿うて, 泣いっちまうぜ, 泣いてばかり, 泳ぎつくかも, 消されはじめた, 涙を, 淫逸な, 深い仲, 深く激しいもの, 深切よ, 混淆し, 溢れて, 演じようとは, 無いと, 焼き棄てるの, 熊本を, 燃えたった情景, 父様の, 父親さんの, 物が, 独立の, 現わし, 現世を, 理解された, 生かして, 生きさせよ, 生きた女性たち, 生きねば, 生きよ, 生きようと, 生きようとして, 生きること, 生きる人間, 生意気な, 生活する, 生活を, 申しますもの, 男を, 疑を, 病死と, 癒って, 発達させ, 皆さんは, 目ざすところ, 直面する, 相場師ばかりは, 相手に, 相答える, 相違ない, 眠られるという, 眼が, 知らないの, 知らないやう, 知り得るの, 祈ったこと, 祝つて戴かれます, 神と, 神の, 私ほど, 私ゃ嬉しい, 私的な, 租税を, 稲垣さんは, 立った詩, 答えしむ, 絆されて, 経験せず, 結構な, 緑に, 繁ちゃんの, 罪が, 罪の, 耳を, 聞いて, 肉迫しうる, 脱俗し, 腹から, 自己の, 自己肯定を, 自然に, 自覚しなく, 致しますこと一通り, 芸術として, 芸術的だ, 芸術的であり, 苦労という, 落着く, 蘭学を, 行われたか, 行政の, 装備された, 要を, 見分るやう, 覚えが, 親の, 親子の, 親達は, 解けなかった, 解らないもの, 触れて, 触れやう, 触れようと, 言う気, 言って, 証明された, 誰かと, 諫言を, 豊かでありとうございます, 豪胆独立の, 貧の, 貴下は, 貴姉, 贅沢な, 起つたといふ, 踊りだす, 身を, 近いが, 近いはず, 近いよう, 近い仮説, 近い姿, 近かった, 近くなる, 近く表現した, 近づいたとき, 近づいて, 近づかんと, 近づくこと, 近づけたと, 近づけて, 近づこうと, 近よる, 近代思想を, 近附い, 迫ったもの, 迫った人物, 迫った人間感動, 迫った気持, 迫つて尤もらしく語られる, 迫りつつ, 述べるです, 追掛けられて, 逢うこと, 遊ぶという, 過せば, 道を, 道元の, 達雄さんの, 遠いもの, 遠い様, 遠からぬ, 遣付けようかと, 還す程, 還元し, 金持に, 長く育った, 難有, 面白うござんす, 頼るより, 顔色が, 食うや, 飢ゑて徒らに, 馬鹿に, 高瀬さん私も, 鶴ちゃんも

▼ 真実~ (625, 11.4%)

10 もって 8 語って, 語ること 5 真実として 4 探求する, 求めて, 表現する, 顔に 3 意味する, 愛し正義, 愛し真実, 知ること, 知る者, 言は, 語るもの

2 [42件] いって, うたふ, つくさなければ, 主張し, 他に, 伝える喜び, 吐露す, 含んで, 告白し, 守って, 強調する, 愛して, 感じて, 打ち明けて, 持って, 掴みそこねては, 掴んで, 文学の, 明らかに, 暴露せず, 書いて, 発見し, 知ったから, 知ろうと, 示して, 竭し, 見ること, 見真実, 言って, 話して, 語っても, 語らない, 語るに, 語るの, 語るべし, 語る涙, 語れば, 語ろうと, 説くこと, 追求しよう, 追求する, 逸しがち

1 [473件] あばき出そうと, あばくと, あらは, あらわして, あらわしていう, あらわし幾たび, ありありと, ありのままに, いいたい, いう, いうて, いう良臣, いえば, いおうと, いった者, いっても, いとしく思う, いふと, いわさずには, いわぬ法, うたつた作である, うらぎるやつ, おおい隠すあの, おもて, お話しします, お話しなさい, かくす理由, きいて, こうしてねじまげる, この世に, こめて, こめ濃い, こめ鋭い, こわして, さえも, ささげて, しんから, じゃまに, そのままうけとっ, そのままお伝え, その素朴, たしかめよ, たしかめられつつ, たじろがずに, たてに, だ慾望, ちょっぴり暗示, つかまうと, つかみ出したからの, つかみ得るもの, つくしたか, つくして, つくす櫛巻, つくりださうと, つたえて, つば元まで, どんな人間, のべて, はっきり見, ひっぺがしてやろうとする, ふみつけに, ふわけ, ぶちまけて, もぎとって, もっとよく知っ, もつて, もとめる人間感情, もとめる方法論的根拠, もとめる根柢, やっと理解, よく理解, よりまぜた, より高き, わきまえて, わたしに, わたしは, レアリスチックに, 世界に, 丸出しに, 主張した, 主張する, 久し振りに, 予言した, 二重に, 云いは, 云い当てたの, 云い当てて, 云えば, 云ったと, 云ば, 云わせたもの, 今後の, 以って, 伝うること, 伝えたもの, 伝えて, 伝えなくは, 伝えようと, 伝えること, 伝えるため, 伝えるという, 伝えるの, 伝えるもの, 伝える意味, 伝へ得たらそれで, 体面よりも, 体験する, 何故母, 信じきってる, 信じたの, 信じること, 信じるだろうし, 信じる寂し, 信じ所信, 信ずること, 俳句として, 傾け尽して, 儚か, 公表する, 冒しては, 写さない風景画, 写し得たりと, 写すという, 写す作品, 写生した, 創り出す, 助長させる, 十分な, 受け取り真実, 口走って, 吐くもの, 吐く勇気, 吐く相手, 吐こうと, 吐露し合っ, 否定する, 否定せん, 含むほど, 含んだもの, 呈供するでしょう, 告げずに, 告げて, 告げます, 告げるならば, 告げるん, 告白する, 味わうこと, 味わって, 命打込ん, 哲学的偽, 問いつめる権利, 問は, 喋ろうとは, 喝破し, 嗅ぎ分ける能力, 嘘だ, 回避しよう, 固守する, 基準として, 堪えること, 売ろうと, 失いまるで, 女が, 好まれないの, 学び取ったの, 学び得るで, 守りし事, 守り民主的, 守り虚飾, 守ること, 守る我が, 守ろうと, 実行した, 実証した, 専ら社会, 尊ぶ傾向, 尊べ, 尊敬した, 尊重する, 少しの, 少しも, 尽した, 尽したの, 尽して, 尽すが, 崇拝し, 幻の, 弄びつくすの, 強いられると, 強いる必要, 強ひられる, 彼女に, 彼女は, 徒らに, 御信認, 忘れないよう, 忠告する, 怖れた, 思うと, 恐れず直視, 悟られたが, 悦ぶもの, 悲しく誇り, 想う男, 愚弄した, 愛し執拗, 愛し守る良人, 愛し愛すべき好人物, 愛し求め抱きしめること, 愛し迷信, 愛すという, 愛するが, 愛する精神, 愛そうと, 感じずには, 感じず夫, 感じた, 感得する, 感情を, 慕うおの, 打ち明けたこと, 打ち明けようと, 打ち明けるべき時, 打ち開けた, 打開ける, 把握し, 抜きに, 抱いて, 拾い出して, 持たせたいから, 持ったもの, 持つかの, 持つこと, 持つて, 捕えて, 探しあてる外, 探したり, 探して, 探りあてること, 探究する, 掴みながら, 掴み出して, 掴み出そうと, 掴み得るもの, 掴み損ねたやう, 掴み損ねたよう, 掴み損ねた手違, 掴み損ねた手違い, 掴むこと, 掴もうと, 掴んだと, 描いた漫画映画, 描いて, 描かない読物, 描く, 描くこと, 描写する, 損ずること, 攫まうと, 教えないよう, 数え上げること, 料理し, 断ずるに, 明かすよう, 暗示する, 暴露させよう, 曲げずに, 曲げた嘘, 書いた場合, 書かうと, 書きさえ, 書きました, 書き残して, 最後の, 有た, 材料に, 検討し, 欠いても, 歌つてゐる, 歪めたり, 歪めるよう, 殺すもの, 母夫人に, 民衆に, 求むべきである, 求むる人々, 求めたの, 求めつつ, 求めてる一個, 求めながら, 求めること, 求めるの, 求めるので, 求める心, 求める日本人, 求める精神, 求め真実, 決して育てる, 深く信じきっ, 無視する, 物語ろうと, 率直に, 現わ, 現わし, 現実に, 理解しない, 理解し得る, 生かしあうそれほど, 生かしたという, 生かして, 用いて, 申したの, 申しのべました, 申立てる, 疑いさえ, 疑いましたが, 疑うこと, 疑つたやうに, 発きたてるよう, 発明する, 発見した, 白状し, 目ざすの, 直感し, 省みさせられる, 真実と, 瞥見した, 知った場合, 知った後, 知つてそれを, 知らしむる, 知らしめること, 知らせようと, 知らせるよう, 知らなければ, 知られること, 知りたいと, 知りたいの, 知りたいん, 知りたがって, 知りたがりその, 知る, 知るはず, 知るもの, 研究する, 確実に, 確認する, 示しあって, 示してこそ, 積極的に, 究めまた, 答えた平静さ, 答えれば, 籠めた, 籠めて, 素裸に, 綴って, 美しく語る, 考えて, 聞きたいから, 聞きつけたという, 聞き真実, 聴く, 肯定した, 肯定しよう, 肯定せず, 胸に, 臆面なく, 自分に, 至上と, 蔽い隠す最も, 蔽ひ, 蔽われて, 虚偽の, 行って, 衝いて, 表現し, 裏づけるよう, 見いだすこと, 見えなくし, 見きわめず或, 見きわめること, 見せられた場合, 見せること, 見た, 見たくて, 見たる上, 見て, 見ぬこう, 見ようと, 見られなくなるか, 見る, 見る眼, 見出しがちだ, 見出して, 見出し得るよう, 見出すこと, 見出そうと, 見分けること, 見分けるには, 見失う虞, 見定めるほか, 見極めそれ, 見破ろうと, 観照し, 解く暗示, 触知, 言いたいばかりに, 言い張っても, 言うこと, 言うため, 言うと, 言うのに, 言えば, 言ってるの, 言はせる, 言ふと, 言わないにも, 言わなかった, 言わぬ, 記述する, 記録した, 訴えようと, 証明し, 証明する, 詠じたい, 試さむと, 話しても, 認めた, 認めて, 認めないわけ, 認めない人間, 語った, 語ったと, 語つてゐない, 語つてゐる, 語らずば, 語らなかったら私, 語らんと, 語り, 語りうるといふ, 語りうる時, 語りそして, 語りたること, 語り得るの, 語る, 語るか, 語るため, 語るだけの, 語るならば, 語るを, 語る言葉, 説こうと, 買った, 込めて, 述べて, 述べること, 述べると, 追い求めて, 追求し, 追究する, 通す時, 過ちの, 避け加工, 開かれて, 闡明する, 闡明に, 隠し続ければ, 隠そうが, 離れて, 露出し, 面に, 高く捧げ

▼ 真実~ (292, 5.3%)

10 のである 9 のか 8 のだ, んだ 7 ものが 5 のです 4 ことは, のは, ものである, ものを 3 ことを, もので, ものと, ものは, 愛の, 愛を, 生活を

2 [12件] ものとして, ものに, ものの, ものよりも, んです, 一つの, 人で, 人間の, 形に, 感情を, 点が, 生き方を

1 [184件] あらわれが, お方だ, ことが, ことだ, ことで, ことと, こととは, ことに, ことばに, ことも, さとり, そのひとこと, ただ一つ, の, のえ, のかしら, のかと, のかといった, のかな, のかも, のでございませう, のでしょう, のよ, のよと云う, のを, ぼんやりした, みごとな, みちづれをみ出し, もっと純, もの, ものたら, ものだ, ものであります, ものであるなら, ものでございます, ものには, ものも, ものや, もの偉大な, もの共に, もの心の, もの真実な, んでございませう, エッダ, プロレタリア, モラルが, レーニングラードの, 一文筆者として, 一点の, 一瞬に, 一般的原理なりと, 万人を, 事じゃろう, 事だ, 事です, 事実な, 人が, 人に, 人間である, 人間生活の, 人間生活圏境の, 人間的生活に, 仕事である, 企画が, 伴侶である, 何等かの, 作家に, 価値と, 価値を, 俚伝である, 出来事でなけれ, 力の, 動作を, 卒直な, 印象とを, 原理と, 友は, 友情が, 友情を, 取り扱い方を, 叫びの, 合理的な, 問題が, 嗜好を以て, 困難な, 国民の, 堪えがたい苦しみ, 声であろう, 夢を, 女, 女と, 女に, 女性で, 希望が, 希願を, 幻像は, 強健な, 形態は, 徳義を, 心が, 心として, 心な, 心理そのものの, 思いが, 性格に, 恋を, 悩みを, 悲劇まで, 意味での, 意味に, 意味の, 愛が, 愛のね, 愛も, 愛情が, 愛情に対する, 感じが, 感動を, 感情には, 感情にも, 態度かも, 憂慮が, 成長の, 批判を, 描写が, 描写を, 教育上に, 文化人芸術家たちは, 日本を, 時代的感情という, 本質性が, 様子で, 欲が, 正義と, 歴史的小説で, 比率も, 気もちを, 気力も, 気持という, 気持を, 治平の, 深い意味, 深い相愛生活, 無産者の, 物語が, 現象の, 理論的思考は, 生活からの, 生活そのものが, 生活の, 生活味と, 男で, 男であり, 発展を, 真っ赤な, 知力の, 短篇を, 簡素の, 精神および, 経験は, 者じゃ, 者と, 芸術を, 若者なら知っ, 行動を, 行為に, 要求としては, 要求を, 親睦である, 角度を, 記事を, 証左に, 詩が, 詩人だつた, 認識は, 調子で, 豊かな, 質問は, 軌道に, 道であった, 適確な, 面持で, 騎士の, 魂の

▼ 真実~ (182, 3.3%)

8 ある 7 こもって 5 あると, あるの 4 あった, 含まれて, 籠って 3 あつた, なければ, 語られて

2 [11件] あって, あるわけ, その中, ふと分りかけた, 分らなければ, 失われて, 彼の, 欠けて, 潜んで, 突きとめられ語られて, 身に

1 [114件] あったか, あったと, あったとしても, あふれて, あらう, あらわれて, ありこれ, ありさ, ありと, あり下等, あり人様, あり実録, あるかも, あるだろう, あるといふ, あるとは, あるばかりの, あるよう, いひたい彼, ここに, このことば, このなか, この淫, こぼれ出すの, こめられて, こもつて, こんな無残, すこしも具現, そう短い, その真実, とどかずには, どんなもの, ない, ないから, ないという, ないといふ, ないとか, ないの, なくては, なほかつ, まだ何程, よくわかる, わかったと, わかりさえ, 主人公の, 人々に, 伝えられて, 伝わらぬと, 何にも, 信頼を, 偽りで, 八橋に, 刃物と, 分って, 分らなくなる虞, 分るの, 判っただろうがな, 勝つ目前, 可愛かった, 吐かれない, 堂々と, 多数の, 存するという, 存在する, 実現する, 少くなっ, 届くやら, 屡々偽られ, 感ぜられた, 感ぜられるに, 把握せられる, 掴めなくなったり, 暴露する, 最も大事, 有り得ようか, 樹明的手法で, 次郎の, 欲しいんでさ, 歪めて, 混って, 独り科学の, 現われて, 生れる, 生れ二二, 生れ出ましょう, 疑わしい, 真実としての, 知れてから, 知識階級から, 示されて, 私には, 私の, 私を, 稀に, 籠つてゐない, 終始一貫生かされ, 自分でも, 表現される, 見え透いて, 見られるよう, 見出され美, 解らない, 解る, 証明された, 語られその, 購えるの, 軽蔑される, 輝いて, 輝き溢れて, 逃げて, 野々宮に, 長いこと自分, 隠され暗示, 頑強に

▼ 真実~ (154, 2.8%)

2 ある言葉, もはや向いた, 何物でも, 常にはりさける, 持つに, 行為だ

1 [142件] ありません, あるか, いえないじゃ, いつぱし画家, いま私の, うすれます, おもて, お俊, かえって嫌う, かたまって, こ, こうしていま梶, この世には, この瞬間, さうでは, すぐお, すべてでなけれ, ずっとうそ, そうお嬢さん, その人, その動向, その反対, ただちに卓一, つかめない, ともかくとして, どういうもの, どこに, どんなもの, ない, なんらかの形, やっぱり刀, やはり昔, よく分った, わが所念, ストーンや, ロシアにばかり, 一つしか, 三十な, 事実という, 云いあらわされない, 今日子供たちでも, 仏作仏行である, 伸子が, 何であろう, 何よりも, 作者の, 個人の, 僕も, 冷い, 分らず, 切れきりでは, 別に面白い, 刷新カルメル教会派な, 十円の, 古典的な, 各民衆, 同じである, 哲学の, 商業上に, 嘘によって, 土方殿が, 在るが, 地上から, 売られて, 売りたがって, 好意に, 如何に僅か, 守, 実体, 実践的な, 家庭に, 家庭の, 巫女の, 常に一つ, 常に逃し, 幼少の, 後宮であっ, 必ずしも事実, 必ずしも悉く公表, 必ずしも真実, 忘れません他, 思いに, 恐らく, 悲しいの, 悲しいん, 意の, 慈悲深く, 懸命に, 押し潰せませんよ, 掘り下げなければ, 日本の, 普通に, 暗黒裁判である, 未来に, 栄えない, 此雪に, 死の, 気が, 源氏も, 無し, 無惨な, 焼かずに, 物の, 現在が, 生きた社会, 生きた血, 生れない, 生活的事実から, 病気では, 皆死ん, 直接に, 真実では, 真実として, 真実犯人は, 真理は, 知る人, 確かに, 社会の, 神だ, 私が, 私の, 私は, 純粋な, 結局紙の, 結局誰か, 自分にも, 自分自身の, 舞台に, 色よりも, 行つてない, 言つ, 認めては, 語るに, 貴いもの, 返せる筈, 遂に死, 部分的に, 間抜の, 陳腐だ, 音楽学校の, 顕わに, 高利も

▼ 真実~ (145, 2.7%)

5 すれば 3 なる, 信じて 2 なった, 愛が, 虚偽との, 虚偽とを, 見做, 道義と

1 [122件] いうものの, いうもののね, いえば, いって, したらどう, して, し坂下鶴吉, するかは, すると, するならば, する目的, すれあ, そこに, そっくり同じ, とりは, なって, なりました, なり得るの, なるだけ, なる所, ひとしくほんとに, わかった, 一通り掛役人にて, 云う事, 云つ, 云ふ, 代って, 何の, 作品の, 作為とを, 信じたという, 信じた事, 信じましたけれども, 公平との, 労働と, 合致する, 呼び得るもの, 呼び直せば, 呼んで, 命を, 嘘が, 嘘との, 嘘を, 嘘偽との, 多くの, 実感が, 心得伯父に, 思いあなた方, 思いこんで, 思います, 思い込む性癖, 思い追求, 思うこと, 思う人々, 思って, 思ってるの, 思ひ込んで, 思わないの, 思わねば, 思召し, 悲壮と, 愛によってのみ, 愛情とが, 愛情に, 技巧が, 文学の, 断ずること, 方便本務と, 有効目標と, 有効目標とを, 条件つきの, 正義とが, 正義とを, 正義に対する, 浄土方便との, 溶けあって, 潔癖の, 現実について, 生きがいを, 盲信せられ, 直覚, 真実とが, 真実の, 確信し, 純愛とを, 純粋さとを以て, 結ばれて, 美しさ, 美と, 美の, 美のより, 考えなくては, 自信と, 芸術とに, 苦痛とが, 英邁と, 虚偽, 虚偽という, 虚偽とが, 虚偽は, 虚偽を, 虚偽罪と, 虚構, 虚構との, 虚構の, 虚飾との, 虚飾とを, 見せかけの, 言いますか, 言ひきる, 誇張との, 認めて, 認めます, 認められて, 認められるので, 認めるの, 認定でき, 認識し, 誠実とを, 違った話, 面と, 響く期待

▼ 真実~ (127, 2.3%)

4 がある 3 を持つ, を認めた

2 [12件] があります, である, とその, と信憑性, のある, のため, の乏しい, も信じ, を帯び, を持った, を疑っ, を認め

1 [93件] があり, がない, がグッ, が云われた, が否定, が存する, が強い, が往々, が描かれ, が籠っ, が著しく, でありつきつめた自己反省, というもの, といふもの, とか誠実性, とは絶対, とをもたらし, と共に完膚, と正気, と興味性, などに対し漸く, などは保障, などは問題, については皆様, には欠陥, にふれた, にわれら, に乏しい, に内心驚喜, に動かされた, に引きつけられ, に関わる, のない, のみが彼ら, の中, の少ない, の希薄, はあった, はうたがえない, はびく, は人間, は即ち, は希薄, は思想, は感覚, は減殺, は自然, は著しく, は釈尊, は顔, への反撥, もあり, もあるべきである, もない, もほぼ, や力, をおび, をこめ, をつかみ出そう, をである, をともなっ, をます, をもう一度, をもっ, をもった, をもって確認, をもつ, をもつだろう, をもできる, をクッキリ, を信じ, を備, を全部裏書き, を加えた, を厘, を取失い, を呼び起される, を喚び起し得るであろう, を守った, を尊重, を帯びる, を持たせる, を損なう, を昂揚, を有っ, を決定, を確かめた, を証する, を証明, を認める, を認め得る, を駆逐, 諸証人

▼ 真実である~ (121, 2.2%)

18 ことを 4 かどう, ということ 3 か, ことは, にし, ように, 事を 2 かもしれない, かもしれぬ, かも知れない, とすれ, と思う, のか, よりも奇怪, 世界は, 事は, 時にのみ

1 [60件] かが分り兼ねる, かと, かといへ, かとも思われる, かどっち, かどの, かの如く思はれ, かは判っ, かも知れぬ, かを疑わなけれ, か僕, か厳密, か否や, か無い, か見当, がことに, が娘, が真実, けだし資本, ことも, こと善良である, そして帝展, という, というの, というよう, という我々, といふこと, とお, とおりそれは, ときまって, としてもこの, としてもしかも, とする, との確証, との証明, とは思っ, と主張, と疑わなかった, と確信, と私, と肩, と認定, にすぎなかった, に対し他, に相違, に過ぎず, に過ぎぬ, のだ, のに母, のを, ような, よりはむしろ, ミレーは, 京都で, 人間の, 他の, 句を, 時も, 私の, 限り

▼ 真実~ (86, 1.6%)

9 とすれ 3 ということ, といふ, とする, と思, と思っ, と思った, よ 2 としたら, と思います, と思われる, などと考え, わ

1 [46件] かもしれない, からいへません, からおこり, からだ, から謂えません, かわからない, か皮肉, か知らない, か錯覚, がそんな, つた, といわれ, とかそういう, とか正義, とします, とは僕自身言, とは思われなかった, とは誰, ともさ実際, とも云い得る, と吐き出し, と唱導, と思いこむ, と思う, と思え, と思ってる, と思つたの, と思つておいで, と思はれる, と思ひ込む, と思ふ, と思へ, と申しました, と繰返し, と考える, と自分, と言っ, と認むる現実相, なと思, のと, よ決して, よ真実, わねえ, ワ, 最う堪らぬ, 真実だ

▼ 真実~ (62, 1.1%)

7 ござりまする 3 あらう, どこまでが 2 ござりましょう, ござります

1 [45件] あつた, あつたなら, あつたらう, あの時持ち逃げ, あらうが, あらうと, あらうところ, あらねば, ありうる, ありうるという, あり得ないの, あり得る, いずれが, おもしろい, げす本当に, ごあん, ござりますやろ, さらに実際的, せうか, つねに真面目, はござりましょうか, はござりまするが, まぎれも, キキイは, 上の, 今後もし, 国民の, 小ぢんまりした, 強固な, 成り立った謎, 易介が, 有る余, 歯向かうほか, 母可懐く, 無かつ, 無駄の, 直截で, 真剣で, 真理そのものだ, 粗相が, 美しいと, 美しく純粋, 華麗で, 言ふ, 誰かの

▼ 真実なる~ (60, 1.1%)

6 ことを 4 ものの 2 もの, ものと, ものは, 内容のみを, 姿は, 恋は, 道徳と

1 [36件] がため, と一般, ものによって, ものの苦し, ものへ, ものを, もの美しき, やも知れぬ, をたしかめえた, を確め, 二三の, 何物が, 利益を, 国王ある, 夜へ, 子供の, 尺度が, 幻と, 性格の, 恋を, 愛を, 新時代, 概念を, 永久に, 生命の, 生命を, 発展を, 矛盾である, 自己, 表情と, 表現の, 言葉を, 記録は, 謀叛である, 輪廓を, 願いを

▼ 真実~ (49, 0.9%)

3 がある 2 のほか, をもっ

1 [42件] う感じた, がなけれ, が何より, が古藤, が底, が根深, が求められた, が生れる, が落, が見なおされた, が証明, が読者, であるに, でその, で手紙, というもの, とそれゆえ, とは芸術, と頭脳, にある, にかけては秀吉以上, にはマン, には胸, にも彼ら, に打たれ, に涙, のある, のほとぼり, は判る, は失われる, は減じ, ほどの衝動, も彼, や虚偽性, をより, を余りに, を有, を疑う, を示し, を表現, を認めた, 闘って

▼ 真実では~ (43, 0.8%)

15 ない 4 なかった 3 ないか 2 ないの

1 [19件] あった, あったが, あったけれど, あっても, あるところ, あるまいかと, あるまいかという, ないかと, ないから, ないこと, ないと, ないという, ないといふ, ないので, ないよう, ない真理, なかろうか, 御座いますまい, 無かった

▼ 真実なら~ (41, 0.8%)

2 それを, んと

1 [37件] あしたは, この景色, しも泣かされ, それが, それでもう, ばわれ, ばグリーン家, ば人, ば実に, ば形, ば必ず, ば急, ば惜しみ, ば浮い, ば現代文学, ば真実, ば精霊, ば自分, ば蟹, むしろこん, め, もう既に遭難地点, ゆうべの, ん, んも, 主食代りに, 他方は, 何う, 何か, 場所を, 大した利益, 実に驚くべし, 尚お, 己れ, 彼の, 有難い話, 片時も

▼ 真実~ (38, 0.7%)

3 どうか 2 どうかは, 嘘か, 虚偽かと, 虚言か

1 [27件] お前は, それは, どうかわかりません, キリストか, 何う, 何だ, 保証する, 円道右に, 分らなかつたが, 判らない, 判らぬところ, 区別が, 否かの, 否かを, 嘘かは, 圓道右に, 存じませんが, 明日子の, 知ら, 知らないが, 知らぬが, 空説か, 竹槍の, 第三者の, 虚伝かは, 虚偽か, 詐りか

▼ 真実価格~ (36, 0.7%)

4 なる語, の騰貴 2 の定義, は資本, またはそれ, を騰貴

1 [20件] がより, が不, が極めて, すなわちあらゆる, すなわちそれ, すなわち労働価格, という表現, との相違, なる言葉, の原因, の増加, の変動, の正しい, はある, はそれ, は引上げ, も名目価格, も引上げ, を低下, を囘復

▼ 真実価値~ (29, 0.5%)

2 の騰貴, はその, は他, ほどには変動, または他

1 [19件] が評価, であると, と考える, において下落, において騰貴, における騰貴, によってすなわち, に対する全, のある, の下落, の下落ごと, はある, は下落, は労働, または生産費, を刻印, を印せられ, を得るであろう, を有っ

▼ 真実です~ (28, 0.5%)

132

1 [13件] え, かい, かそりゃ, かそれ, かと尋ねました, から, からね, とはもう, ね, ね何故, ものねえ, よねえ, よ奥さん

▼ 真実らし~ (28, 0.5%)

9 さを 43 さが, さは 2 さの, さも, さをも 1 さに, さによ, さによって

▼ 真実であり~ (27, 0.5%)

3 たまえ 2 そして日本, 三成も

1 [20件] いずれの, かたは, しかも互いに, すなわちもし, そして実際, その表現, というタイプ, 一を, 両方同時に, 人間的愛を, 俳諧の, 制作の, 実に, 実体である, 必然である, 智慧の, 無条件的な, 真理である, 而も, 賞讃を

▼ 真実という~ (25, 0.5%)

6 ものは 5 ものが 2 言葉は

1 [12件] ものから, ものだ, ものの, ものを, 困難な, 実験室の, 客観的な, 形式を, 括弧に, 言葉が, 言葉とを, 資格を

▼ 真実とは~ (24, 0.4%)

1 [24件] ちがうこと, ともすれば遠のき, ほとんどかかわり, まるで正反対, ディフォーメイションであるだろう, 一つしか, 云えないだろう, 何か, 何ぞや, 何でありましょう, 信じがたい, 受けとれない, 常に仰っし, 彼に, 思って, 思はれません, 思わないが, 思われぬわい, 殆ん, 聞かれぬ, 自己との, 言葉を, 調和し, 非常に

▼ 真実~ (24, 0.4%)

1 [24件] からの敬意, から人, から私, だ, でお参り, というもの, とそれに, と見るべきです, に後悔, のあらわれ, の底, の念仏, の象徴, は通います, ばかりが澄みきっ, をもっ, を以て守り, を以て御, を以て相, を尽し, を得る, を思う, を発露, を見せ

▼ 真実でない~ (23, 0.4%)

5 ことを 2 ことは, ということ

1 [14件] お銀, かもしれない, からおそらく, からである, ことまったく, ところが, とはいへまい, などと云う, ものを, やうに, 事は, 感情や, 知識を, 記事事実を

▼ 真実として~ (21, 0.4%)

1 [21件] あなたに, そういう感じ, まともな, 主張する, 主張せられる, 作品中に, 保ち得なかったの, 信ぜざるべからず, 受けいれる勇気, 口に, 存在しなけれ, 批評の, 描き出す可能, 現われるよう, 生き上るだろう, 私が, 肯定し, 虚偽は, 闘えば, 響く, 鵜呑みに

▼ 真実らしい~ (19, 0.3%)

2

1 [17件] かは終末, からだ, その嘘, ぞ, ところが, ものが, ものである, ものの, 何ものかが, 嘆息に, 思いが, 態度で, 根拠が, 気は, 浅黄に, 話も, 面魂の

▼ 真実には~ (18, 0.3%)

2 打たれない

1 [16件] あらゆる方法, いじらしい立場, さつし, 下落し得ないであろう, 不安が, 人間の, 仏が, 体系, 単に八, 多くの, 怒りきれなかった, 映じないであろう, 暗い岡本かの子, 耐えきれるもん, 達しませぬな, 遠って

▼ 真実~ (17, 0.3%)

2 あること

1 [15件] あって, あり, あり錯誤, このことば, わかります, 区別は, 向上心も, 思い当る, 性に, 戦争強行の, 所詮は, 批評用の, 然しいい加減, 目に, 真実誠も

▼ 真実その~ (15, 0.3%)

1 [15件] お志, ようか, ような, ように, 侏儒だ, 技を, 時私の, 朝ちゃんだけが, 物の, 男の, 病人が, 者の, 艇長が, 苦学の, 金庫の

▼ 真実であるなら~ (14, 0.3%)

2

1 [12件] ばあの, ばそして, ばその, ばそれ, ばどんな小さな, ばなぜ, ば政治的価値, ば植民地, ば穀価, ば結婚比率, ば逸見氏, 貴族的な

▼ 真実から~ (13, 0.2%)

1 [13件] した事, して, その規定, ほど遠いところ, 世間並みの, 出発し, 区別する, 料理の, 溢れた大局, 逃げ廻る, 遠ざかった文章, 遠ざかるなんて, 遠のくこと

▼ 真実そう~ (13, 0.2%)

2 思って

1 [11件] であること, なの, な顔, に, にスラスラ, に彼, に想い込む, 信じて, 思うの, 思った, 思ったこと

▼ 真実であった~ (13, 0.2%)

2 ことは

1 [11件] かが問題, かとさらに, かも分らない, ことが, のか, のが, のだ, のだろう, のです, のを, 事を

▼ 真実~ (13, 0.2%)

1 [13件] 実在は, 実感は, 文学的な, 真味は, 真理という, 真理の, 真面目な, 縁側の, 美くし, 美しいもの, 美は, 閉された真実, 静かな

▼ 真実よりも~ (13, 0.2%)

1 [13件] ある場合, うそから, はるかに, むしろ感情, 一層真実, 信じたい, 優れた美, 甚しい, 真実だ, 真実に, 自分の, 虚偽を, 遥かに

▼ 真実~ (12, 0.2%)

2 の心, はこの 1 と彼女, に心, の感じた, の耳, はあの, は再, は蜻蛉, も良寛和尚

▼ 真実との~ (11, 0.2%)

2 全ての, 累々たる, 複雑な 1 一つの, 両極端が, 再誕, 外見を, 籠つた彼の

▼ 真実~ (11, 0.2%)

2 をだし 1 があった, がない, と同じ, や性格, をかもしだそう, をもって追求, を与える, を漂わす, を肉薄

▼ 真実そのもの~ (10, 0.2%)

2 であること 1 が社会的歴史的, といふもの, に対する洞察, の光り, の慶賀, の社会的内容, までが犠牲, を愛し

▼ 真実だった~ (10, 0.2%)

1 か, けれどその, こととを, ことを, として夷岐戸島, のか, のでございます, のは, のよ, ようだ

▼ 真実仏教~ (10, 0.2%)

2 の光輝 1 の普及, の発揚, の真面目, の這入ったる, の道理, の面目, を信じ, を紊

▼ 真実だけを~ (9, 0.2%)

2 くみとつて, りつぱに 1 凡庸者どもに, 理解する, 申し上げる, 言うの, 語りたい

▼ 真実でも~ (9, 0.2%)

2 ありうること 1 あらうが, ありえない, あると, ない, ないから, ないし, 差支は

▼ 真実労賃~ (9, 0.2%)

2 によって左右 1 が低い, すなわち生活, なるもの, に労働者, の騰貴, はそれ, は漸次

▼ 真実~ (9, 0.2%)

1 が茲, であった, であろう, に徹し得る, に徹する, に端的, に親しむ, の寂光, は映らない

▼ 真実この~ (8, 0.1%)

1 人は, 女白浪に, 家の, 流れを, 王国の, 社会に, 老母まで, 阿賀妻を

▼ 真実であっ~ (8, 0.1%)

1 てその, ても以前, ても将来, ても情熱, て何と, て偽り, て写す, て彼ら

▼ 真実であろう~ (8, 0.1%)

21 かという疑問, がこれ, とした, ともそれ, と男, な

▼ 真実といふ~ (8, 0.1%)

4 ものは 2 ものから 1 ものには, 悲しい虚偽

▼ 真実への~ (8, 0.1%)

1 ただ一つ, 姿でも, 愛である, 愛は, 火を, 熱望と, 観照, 関心を

▼ 真実とが~ (7, 0.1%)

2 ともにその 1 いっしょに, こもって, どれくらい, 接触する, 籠ってるもの

▼ 真実により~ (7, 0.1%)

3 貧しからしめる 2 富ましめる傾向 1 低廉に, 富ましめるもの

▼ 真実らしく~ (7, 0.1%)

1 いろいろと, かつ楽, こう言っ, 丈夫の, 申立てた, 申立裁判所へ, 薫が

▼ 真実基金~ (7, 0.1%)

3 の増加 2 はほとんど 1 は何, を減少

▼ 真実~ (7, 0.1%)

1 が私, が織田家, の考え, の胸, は殺された, を救, を救う

▼ 真実かも~ (6, 0.1%)

1 しれぬ, しれぬぞ, 分らぬが, 知れないと, 知れないの, 知れぬ

▼ 真実それ~ (6, 0.1%)

1 が怖, が悪魔, が満, が生命, にひかれ, をねがった

▼ 真実たる~ (6, 0.1%)

1 ことは, ことを, の勇気, を証言, 所以イデオロギー性が, 純潔そのものを

▼ 真実とか~ (6, 0.1%)

1 区別する, 史料の, 普遍という, 真理とか, 真理とかいう, 虚偽とかいう

▼ 真実~ (6, 0.1%)

4 れ悩んで 1 れて, ろしい

▼ 真実だろう~ (5, 0.1%)

21 か, かどう, と思っ

▼ 真実であれ~ (5, 0.1%)

1 ばある, ばいい, ばこんな, ばぼく, ば柏木

▼ 真実でございます~ (5, 0.1%)

21 が, ね, よお

▼ 真実に対する~ (5, 0.1%)

1 ヘドニックな, 愛の, 敬虔な, 絶望が, 興味の

▼ 真実~ (5, 0.1%)

21 気嫌にでもな, 真実による, 虚です

▼ 真実孤児~ (5, 0.1%)

2 の道 1 なの, のゆく, の幸福

▼ 真実自由~ (5, 0.1%)

1 なるもの, なる生活自体, な女, な涅槃海, を許され

▼ 真実ある~ (4, 0.1%)

1 のみである, よりも彼, 交渉の, 人々が

▼ 真実お前~ (4, 0.1%)

1 が旦那, に惚れ, に惚れた, のよう

▼ 真実こめ~ (4, 0.1%)

1 ていった, てそう, て書けない, て見送

▼ 真実でしょう~ (4, 0.1%)

21 な, ね

▼ 真実でなけれ~ (4, 0.1%)

2 ばならない 1 ばならぬ, ばわし

▼ 真実とを~ (4, 0.1%)

1 もてすべし, 味い知った, 崇んで, 織り交ぜた弁口

▼ 真実なお~ (4, 0.1%)

1 ことばには, ことばに対して, 人だってね, 人だの

▼ 真実なりと~ (4, 0.1%)

1 しよう, すれば, 仮定しよう, 欺かれる

▼ 真実なんて~ (4, 0.1%)

1 ありゃしない, ありやしない, 往来へ, 爪の

▼ 真実にたいする~ (4, 0.1%)

1 奉仕の, 敬虔峻厳な, 至純な, 追求の

▼ 真実について~ (4, 0.1%)

1 どこまでも, 学ぶの, 話が, 語って

▼ 真実めかし~ (4, 0.1%)

2 て実は 1 て, て話す

▼ 真実より~ (4, 0.1%)

1 すなわち個性, 出る故, 真実だ, 金の

▼ 真実をも~ (4, 0.1%)

1 おのずから陶冶, 否定し, 嘘らしく見せかけ, 憎む

▼ 真実を以て~ (4, 0.1%)

1 お答えする, 交はる者なれ, 皆共に, 迫って

▼ 真実~ (4, 0.1%)

1 さても, であること, によつて, に実

▼ 真実人間~ (4, 0.1%)

1 にし, のま, の救, の苦悩

▼ 真実愛し~ (4, 0.1%)

2 ている 1 ていた, てゐる

▼ 真実愛する~ (4, 0.1%)

2 人を, 女を

▼ 真実~ (4, 0.1%)

2 妄の 1 妄なる, 妄細大備具せざる

▼ 真実自分~ (4, 0.1%)

1 がニッケルマン, の心, も攘夷, を愛し

▼ 真実かという~ (3, 0.1%)

1 ことが, ことについては, 議論に

▼ 真実からの~ (3, 0.1%)

1 きびしい叱, 愛でなけれ, 礼心であろう

▼ 真実そんな~ (3, 0.1%)

1 でも, 夢を, 空想に

▼ 真実たらん~ (3, 0.1%)

1 とする, と努めた, と欲する

▼ 真実とも~ (3, 0.1%)

1 いわれない, 思えないもの, 思ったし

▼ 真実なれ~ (3, 0.1%)

1 ばほんもの, ば吾輩, ば私

▼ 真実にも~ (3, 0.1%)

1 ふれて, 増加する, 探り入る糸口

▼ 真実らしき~ (3, 0.1%)

2 文章の 1 表情や

▼ 真実らしく見える~ (3, 0.1%)

2 のである 1 のは

▼ 真実仕事~ (3, 0.1%)

1 と生活, をよく, を好く

▼ 真実~ (3, 0.1%)

2 を切りたき 1 を切りたき思ひなり

▼ 真実報土~ (3, 0.1%)

2 のこ 1 の往生

▼ 真実彼女~ (3, 0.1%)

1 の妖気, は寒心, を刺し殺し

▼ 真実正銘~ (3, 0.1%)

1 のラシャメン, の漢儒, の親心

▼ 真実~ (3, 0.1%)

1 が現代社会, はいらぬ, はゐ

▼ 真実~ (3, 0.1%)

1 に謝する, の子, を感じた

▼ 真実自身~ (3, 0.1%)

1 か, がパラドックシカル, が逆説

▼ 真実騰貴~ (3, 0.1%)

2 ではなく 1 が生ずべき

▼ 真実あの~ (2, 0.0%)

1 家庭に, 殿には

▼ 真実ありがたく~ (2, 0.0%)

1 思って, 見えて

▼ 真実いとしい~ (2, 0.0%)

1 ものが, 人だ

▼ 真実からは~ (2, 0.0%)

1 なれすぎた素朴, ズレて

▼ 真実こめた~ (2, 0.0%)

1 女性の, 言葉で

▼ 真実すぎる~ (2, 0.0%)

1 から特に, 不幸

▼ 真実だけ~ (2, 0.0%)

1 だ, である

▼ 真実だったら~ (2, 0.0%)

1 この時節, この朦朧

▼ 真実だらう~ (2, 0.0%)

1 か, ね

▼ 真実つながる~ (2, 0.0%)

2 関係が

▼ 真実であったら~ (2, 0.0%)

1 この村, 如何なされます

▼ 真実である如く~ (2, 0.0%)

2 父に

▼ 真実でなかった~ (2, 0.0%)

1 と人, のだ

▼ 真実でなく~ (2, 0.0%)

1 てはならず, てはならん

▼ 真実としては~ (2, 0.0%)

1 受け取って, 殆ど想像に

▼ 真実なぐさめ~ (2, 0.0%)

2 てくれる

▼ 真実なし~ (2, 0.0%)

1 かも間歇的, と世

▼ 真実などという~ (2, 0.0%)

1 むずかしい言葉, ものは

▼ 真実などは~ (2, 0.0%)

1 問題では, 求めても

▼ 真実なりや~ (2, 0.0%)

1 否やという, 訝かれば

▼ 真実にたいして~ (2, 0.0%)

1 もっとも心, 無私であり

▼ 真実によ~ (2, 0.0%)

1 つて人を, つて永久に

▼ 真実に対して~ (2, 0.0%)

1 神を, 良心的な

▼ 真実のみが~ (2, 0.0%)

1 もつ厳粛さ, 残って

▼ 真実のみに~ (2, 0.0%)

1 人は, 固執する

▼ 真実ばかり~ (2, 0.0%)

1 だ, 述べ合

▼ 真実~ (2, 0.0%)

1 向かって, 近づかん

▼ 真実めかした~ (2, 0.0%)

1 オモチャに, 当筒砲

▼ 真実めかす~ (2, 0.0%)

1 か垢, ために

▼ 真実ゆたか~ (2, 0.0%)

2 なの

▼ 真実~ (2, 0.0%)

1 しからぬ事情, しからぬ点

▼ 真実らしく思われ~ (2, 0.0%)

1 てきた, て恐ろしく

▼ 真実わが~ (2, 0.0%)

1 胸を, 腹痛めた

▼ 真実わし~ (2, 0.0%)

1 はそ, もそれ

▼ 真実~ (2, 0.0%)

1 真実トスルコト, 顕ハサズ

▼ 真実一路~ (2, 0.0%)

1 ですの, を読みました

▼ 真実一身~ (2, 0.0%)

1 で道筋, の道楽

▼ 真実下落~ (2, 0.0%)

2 でありそして

▼ 真実世帯~ (2, 0.0%)

2 に疲れる

▼ 真実交換価値~ (2, 0.0%)

2 の正確

▼ 真実以上~ (2, 0.0%)

1 の点, の真実

▼ 真実低廉~ (2, 0.0%)

2 によって富ん

▼ 真実~ (2, 0.0%)

1 あつて, の悔恨

▼ 真実何ん~ (2, 0.0%)

2 なもの

▼ 真実信心~ (2, 0.0%)

1 と言われる, について何事

▼ 真実~ (2, 0.0%)

1 されたもの, するの

▼ 真実~ (2, 0.0%)

2 はなつかし

▼ 真実同志~ (2, 0.0%)

2 よと叫ぶ

▼ 真実同情~ (2, 0.0%)

1 に堪えぬ, を寄せる

▼ 真実困っ~ (2, 0.0%)

1 ていたらしい, ているなら

▼ 真実~ (2, 0.0%)

1 と国, を憂い

▼ 真実~ (2, 0.0%)

1 のやう, のよう

▼ 真実子供~ (2, 0.0%)

1 がない, の将来

▼ 真実少し~ (2, 0.0%)

1 ばかりの酒, 卑しい恨み

▼ 真実~ (2, 0.0%)

1 とった母親, も若し

▼ 真実幸福~ (2, 0.0%)

1 であり得るよし, をもとめうる

▼ 真実従来~ (2, 0.0%)

2 の生活

▼ 真実必要~ (2, 0.0%)

1 とするなら, な言葉

▼ 真実感心~ (2, 0.0%)

1 したね, せしか或は

▼ 真実我が~ (2, 0.0%)

1 日本国家の, 母に

▼ 真実所得~ (2, 0.0%)

1 すなわちその, は外見的労賃

▼ 真実~ (2, 0.0%)

1 と間違えた, は法華経

▼ 真実欲する~ (2, 0.0%)

2 女を

▼ 真実死にたき~ (2, 0.0%)

2 思いなり

▼ 真実~ (2, 0.0%)

1 になろう, の老体

▼ 真実~ (2, 0.0%)

1 にまさる, を潤ませ

▼ 真実現実~ (2, 0.0%)

2 の哲理

▼ 真実~ (2, 0.0%)

1 で最後的, なもの

▼ 真実~ (2, 0.0%)

1 銘この, 銘浦和から

▼ 真実真実~ (2, 0.0%)

2 でご

▼ 真実真面目~ (2, 0.0%)

1 で誠実, に古

▼ 真実知っ~ (2, 0.0%)

1 ていない, ていなそうである

▼ 真実社会~ (2, 0.0%)

1 に現存, のため

▼ 真実突き~ (2, 0.0%)

2 とめて

▼ 真実籠めし言葉~ (2, 0.0%)

1 をわざとごくごく, を態と極

▼ 真実~ (2, 0.0%)

1 とも名, の著しい

▼ 真実~ (2, 0.0%)

1 を犯さぬ, を犯した

▼ 真実~ (2, 0.0%)

1 にはあらず, を解かん

▼ 真実~ (2, 0.0%)

1 だからねえ, なら私

▼ 真実血肉~ (2, 0.0%)

1 こもる信念思想, の思想

▼ 真実貴方~ (2, 0.0%)

1 であるか, の空骸

▼ 真実追求~ (2, 0.0%)

1 に関するそういう, の執拗さ

▼ 真実露見~ (2, 0.0%)

2 致したの

▼ 真実~ (2, 0.0%)

2 に顕

▼ 真実高貴~ (2, 0.0%)

2 なの

▼1* [482件]

真実あてにならぬ, 真実あなたのお, 真実あふるるごとき所為を, 真実あふれて左近, 真実あり丈智慧ありた, 真実ありのままを白状, 真実あれは眼, 真実いふと, 真実うらめしそうに, 真実うりますには閉口, 真実うれし涙であろう, 真実うれしゅう思う, 真実おしめしある, 真実おれはあのお, 真実お前たちの間, 真実かいそれあ, 真実かくのごとき, 真実かけた恋ばかりは, 真実かさえも分らぬよう, 真実かつ窮極的規制は, 真実かと聞いた鼈, 真実かは解りませんが, 真実からも全く独立, 真実はしくいへ, 真実くるし過ぎた一夏, 真実こもって心, 真実ございましたかどう, 真実さう云ふ, 真実さう思はねばならない, 真実さえ皆から, 真実さえも私は, 真実さほか持たないの, 真実さまでも, 真実さ矛盾の率直さ, 真実さ自然さ裸さゆとり柔みの感じを欠い, 真実しかつたえないもの, 真実すらあるひ, 真実すらも私の, 真実そういう永遠性は, 真実その道わが道, 真実それほどまでにこの, 真実それらの真実, 真実たって御不承知, 真実たのしく待たれます, 真実たり得ようか, 真実だけが目的である, 真実だけでも書き残す事, 真実だけは訴えて, 真実だすともう, 真実だつたら何う, 真実だの乱雲だ, 真実ていうもん, 真実つかない場合には, 真実つくしてたの馬鹿らしい, 真実であったろうかそれ, 真実でありたいと思っ, 真実であり得なければいけない, 真実であるごとくに頻繁, 真実でございましょうか, 真実でないならば存在価値, 真実でなかったら求めて君臣, 真実でなくなることは, 真実で御座いませねばその, 真実としての厳粛さを, 真実とで娘の, 真実とに生きようと, 真実とについて抱いて, 真実とはなんて興覚めな, 真実どうあっても, 真実どっちにし, 真実どんな心持で, 真実どんなにでも, 真実なありかたの, 真実なかなかよい見ごたえ, 真実なさぬ仲であるならば, 真実などいふもの, 真実などといふものは, 真実ならしめんが, 真実ならしめることを, 真実ならずとせん, 真実ならぬこと事実ならぬ, 真実ならんことを, 真実なりけりよく聴き, 真実なりとも忌むべく憚, 真実なんの権威, 真実なんかと云うもの, 真実な思ひ遣りさうい, 真実にだけ生きて, 真実についての物語の, 真実についても私は, 真実にとっておもしろい現実, 真実になつてない, 真実にね清さんが, 真実にねえこれまでに, 真実にまで溯源せしめられ, 真実による価値の, 真実に対しては目を, 真実に従って自由に, 真実に関する限り結局ほんとうの, 真実多くの, 真実のちからが伸展, 真実のみのお友達, 真実のみを血まなこで, 真実ばかりの嘘, 真実ひらきてぞ, 真実ほっといたしました, 真実ことの, 真実また貴様の, 真実まったく山へ, 真実まぶしい陽を, 真実みちたソネット, 真実むくれている, 真実めいた色街の, 真実もって存ずる, 真実やら清岡は, 真実やり切れぬ嬢さまで, 真実やれどという, 真実ゆえ伊之助も悪から, 真実汝を, 真実よるどころない, 真実よろこばしげに, 真実らしくいわれもし聞かれ, 真実らしくしやうと, 真実らしくしようとする, 真実らしくなろうとすれ, 真実らしく受けとってくる, 真実らしく受けとつてくる, 真実らしく感じる所から, 真実らしく感ぜられたしそれ, 真実らしく感ぜられるというよう, 真実らしく死んで見せる, 真実らしく聞えたがその, 真実らしく見えてゐる, 真実らしく話して彼女, 真実らしく語り伝えて夜, 真実わが身にひき添えた, 真実わたしたちの心, 真実わるいと思っ, 真実われら働く者, 真実をこそ文学に, 真実をと早速の, 真実エゴイストでないといふ, 真実オフィリヤにまいっ, 真実コレコレでございと, 真実チビキの石, 真実チベット仏教のため, 真実チベット文字を創造, 真実アル, 真実存在ガアリ僕ト妻トガタダ二人ココニ立ッテ相擁シテイル, 真実ヒックリかへす, 真実ヘテイを愛した, 真実モルモットが可愛かっ, 真実ラシャメンになりきっ, 真実一人は堪へ, 真実一人一人の日常, 真実一元観に達する, 真実一大事にございまする, 真実一寸ともない, 真実一度眠りに陥ちる, 真実一致はし, 真実一貫したモティーヴ, 真実三野村という男, 真実不思議そうな顔, 真実不能者かどう, 真実丑松をいた, 真実世間の人々, 真実の真実, 真実事ここにいたった, 真実事実実際まったく断然俄然, 真実事業の為, 真実二途なし, 真実ひ寄るやう, 真実五尺であつ, 真実亭主の病気, 真実人格を養う, 真実人生を愛し子, 真実人生死は仏, 真実人間的に尊氏, 真実人類的な美しい, 真実の世, 真実今にも喚き出そうふう, 真実今日の生活, 真実仏徒の名, 真実仏陀のごとく見せかける, 真実以外のもの, 真実仲よくして, 真実てもつかぬ, 真実体面を汚した, 真実何と考え何, 真実何処かの会議室, 真実を嫌っ, 真実価格以上に騰貴, 真実価格自然価格を騰貴, 真実俊ちゃんが好き, 真実修行を為し得るなら, 真実の子, 真実偽りがあろう, 真実傾城上りさ, 真実僧侶のご, 真実兄弟のため, 真実先生の性質, 真実光栄とする, 真実公平聡明謙譲廉直であった, 真実共に持ったもの, 真実を生き通るなら, 真実其実力で天下, 真実其許が荊州, 真実内徳なうし, 真実内情の噂, 真実内部からの変貌, 真実冷酷と云, 真実切ないものを, 真実切なかった筈, 真実切支丹に相違, 真実別離の感, 真実利得に加え, 真実利潤の一部分, 真実剰余生産物または耕作者, 真実労働価値すなわち自然価値, 真実労働価格の変動, 真実勉強するから, 真実動いている, 真実勝頼公が世, 真実千代重は非, 真実卓一を刺し殺し, 真実即ち文学的現実と, 真実及び大衆的幸福が, 真実友人の信頼, 真実収入は事実上増大, 真実叔父を気の毒, 真実可愛いと思う, 真実司馬懿の筆, 真実吉岡一門のため, 真実同感して, 真実が正気, 真実呼吸を断つた, 真実命びろいの喜びを表わし, 真実和尚さんに暗, 真実をし, 真実喋ったもので, 真実喧嘩をおっ始め, 真実て居た, 真実困つたやうに, 真実地代に対する租税, 真実垂跡の神, 真実堀田の両, 真実報償はそれ, 真実報恩者の偈, 真実報酬は引続き, 真実外国干渉の患, 真実夜通し話をする, 真実大いなる限定を, 真実大事に思へ, 真実天下の為め, 真実天下一の瀬戸, 真実天分ある者, 真実天狗の化身, 真実であ, 真実女子に生まれた, 真実女房に持っ, 真実好意を以て我国, 真実という感じ, 真実妹聟の長政殿, 真実姉妹のよう, 真実嬉しゅうございますわ, 真実嬉し涙を流し, 真実学事の視察, 真実学問上の真理, 真実安楽なる皇居, 真実実感リアリティーを作品, 真実実業家の植村俊平, 真実家族的に大事, 真実寂しき花ゆゑに一輪草とは, 真実富子さんを愛し, 真実寧そ私が小, 真実寧子が好き, 真実封じうるまこと, 真実封建武士の机, 真実小さく見えるなあ, 真実小さなコメツキ虫が, 真実小式部さんが歌舞, 真実小説の腹案, 真実少なくも主観的真実を, 真実尺度であると, 真実尽すぞ, 真実を土中, 真実左様に存じますれ, 真実れを, 真実希望するところ, 真実平一郎を天野, 真実平板な虚欺, 真実平等区別なし疑わん, 真実幽霊となつ, 真実広大なる慈悲, 真実さも, 真実形勢が悪い, 真実彼らは孤児, 真実彼奴はそう, 真実同情申上げる, 真実御前が鼠小僧, 真実徳川の人, 真実心配さうなを, 真実心配そうなを, 真実忘れ難い人, 真実怒るのか, 真実怖い事も, 真実思いもよらず, 真実思ひますよ, 真実思合うての, 真実性そのものの表現, 真実性人間としての善意, 真実性直接性の如何, 真実怪訝そうな眼付, 真実恐ろしさに, 真実悔いてもおる, 真実悔い改めた様子で, 真実悔悟してを, 真実悪事でも働いた, 真実悲しい境遇に, 真実悲痛なこと, 真実情けないことで, 真実惚れていた, 真実惚れたからじゃ, 真実愁いに沈みし, 真実愛国者であ, 真実愛敬のある, 真実感謝して, 真実憂いていっ, 真実いて, 真実れに, 真実価の, 真実を支配, 真実の無い, 真実打ち込んでいる, 真実打解けて親, 真実打開しようと, 真実を折つて数, 真実探偵社会の一員, 真実探求の欲望, 真実接触した追憶, 真実提調時代の二葉亭, 真実改心する気, 真実放恣なるもの, 真実故郷に帰, 真実文化の背後, 真実文明の名, 真実文明国の土地, 真実文章上の骨董的, 真実の通り, 真実日本の文学者, 真実日本人の見た, 真実日本人同士ならばこそという, 真実旦那の気性, 真実暮しも徐ろ, 真実曝露である, 真実書かずにはゐられぬ, 真実書きたいと思, 真実有難く思いそれ, 真実木村重吉への多少, 真実本位のレアリスチック, 真実根本の価値, 真実正しい者で, 真実正気なの, 真実正直の旨, 真実の土地, 真実此女の誠心, 真実をきめた, 真実死ぬほど思いつめた, 真実残念そうにため息, 真実母子二人の者, 真実が違った, 真実水火も辞, 真実没頭すること, 真実淋しいものである, 真実深い意味の, 真実深き評言を, 真実済まぬきっと済みませぬ, 真実温順しいの, 真実溢れた両眼, 真実として存す, 真実無上の美, 真実無二の生活, 真実無常を誘う, 真実無益な話, 真実無言丸で取付端, 真実煩悩も真実, 真実犯人は犯人, 真実に化かされた, 真実を大神, 真実が嫌い, 真実珈琲から珈琲, 真実生きている, 真実生きた子供の, 真実生る楽しみは, 真実生涯見棄てぬ末, 真実生産費には何ら, 真実申し分のない, 真実男性の要求, 真実はしい, 真実百パーセントとして聞い, 真実的写意をあり, 真実目的の犯行, 真実相似たもの, 真実真味のけは, 真実眠っている, 真実知恵の発現, 真実確かめたものは, 真実私たちには生活, 真実私一人の発意, 真実私自身を洗練, 真実程度が大抵, 真実空事取りまぜて, 真実立派になる, 真実竜樹の化身, 真実籠めて頼み入りました, 真実籠めし艶書を贈り, 真実籠るものが, 真実素人のよう, 真実絶望を知らざる, 真実緒方の家, 真実蝮の, 真実考えに耽っ, 真実考えたのでありました, 真実聴かれると信ずる, 真実の痛み, 真実自尊自大の一, 真実自我を見つめる, 真実自然の真実, 真実至誠の者, 真実で歌, 真実芝居して, 真実芸術に志, 真実若い時に, 真実苦手であつ, 真実苦難も真実, 真実落胆したれども, 真実藤吉郎の沙汰, 真実蘇ったのであろう, 真実の如く, 真実虚栄心をくすぐられる, 真実を流し, 真実行く手の困難, 真実行った仕事では, 真実覆い難い慾望, 真実親しさうに長い, 真実親愛の情, 真実親身なればこそ, 真実訂正する実力, 真実も誠, 真実だ, 真実豊田にもどこ, 真実貴様を兄貴, 真実資本を借入れ, 真実賢人だと, 真実賭けたるところの, 真実についた, 真実けない, 真実農村の, 真実農民の幸福, 真実過ぎた介抱が, 真実道是無上道是清浄道是安楽道と信じ, 真実道程は力強き, 真実違犯である, 真実遠征に賛成, 真実還ってくれるなら, 真実に酔つて, 真実里虹にほかならないであろう, 真実重吉の幻滅, 真実間違いもない, 真実曾麻呂が, 真実に会う, 真実霊妙なる霊地, 真実面目なさそう, 真実食べることの, 真実馬耳東風に素知らぬ, 真実驚いているらしい, 真実驚倒した, 真実高松以来初めての, 真実も消える, 真実に仕え, 真実鳥獣なるが, 真実鳥瞰図の一個所