青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「真剣~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~眞 眞~ ~真 真~ ~真に 真に~ ~真中 真中~ ~真似 真似~
真剣~
~真実 真実~ 真暗~ ~真理 真理~ 真白~ 真相~ ~真赤 真赤~ ~真面目

「真剣~」 1774, 19ppm, 5991位

▼ 真剣~ (620, 34.9%)

88 なって 14 考えて 10 なつて 4 なった, なれば, ものを 3 なったの, ならざるを, 怒って, 愛して, 私の, 自分の

2 [31件] きいて, して, しなければ, なさる方, なっても, なってるの, なつた, ならねば, なりそう, なりました, なります, なること, なると, なるといふ, もつと, 取組んで, 大真面目, 心配し, 成って, 生きて, 眼を, 研究し, 考えた, 考へ, 考へて, 考慮する, 聴いて, 苦しんで, 詰問され, 講究しなけれ, 首を

1 [416件] あなたに, あなたを, あわて出したとたん, いい合って, いうても, いって, おこらしては, おこり出したよう, お二人, お君, お恨みすべきでない, お聞き, お雪ちゃんは, お駒ちゃん, かかって, かけ値, かれら, くみうつ女性, くみとるべき態度, こういう努力, こみあげて, こんなに喧嘩, させる, したので, しつこい, しらべて, じっと坂田, すぎる身, そうおもう, そう云う, そう云うらしい, そう信じ, そう思った, そう考えてる, そう言っ, そして熱烈, その不言実行, その教え, その気持, その能力, それぞれの, そんな事, そんな馬鹿気, たずねられます, たずねる, ためを, だますつもり, つきつめられて, とりあげはじめて, とりあげられなさ, とりあげる人間, とりあつかわれるべきこと, とるがね, なぐりこみを, なったこと, なったじゃ, なったので, なった平次, なった時, なった様子, なつて反対, なにか考えた, なやみとうとう, ならうとしても, ならずに, ならなかつたで, なりすぎたため, なりだしたわけ, なりだして, なりて, なります早, なりませう, なりむき, なり地謡, なり過ぎたらしく, なる, なるくらいの, なるであらう相手, なるの, なるべき時, なる場合, なる時分, なれやう筈, なれる人, なれ切れると, なろうと, なんかなりません, なんなさるかも, ねらう以上, はじまった, はじめるの, はたらいたあと, ひきしまって, ひたと私, ひとしい, ぶっつかりあう, まかり間違ったら殺されても, まごつき出した, まじめに, またマジメ, まもるん, みっちり勉強, やって, やつて, やりましょう, やりよるのう, やる, やるつもり, やるの, やるべきもの, やる気なら, やろうじゃ, ジッと, ハラハラしだした, ムッと, ロイヒテンフェルトの, 一途に, 与えられた材料, 主張し, 主張した, 乗り出したという, 事を, 云った, 云つた, 人格的自由と, 人生の, 人生を, 仕事を, 代えて, 仰言, 伝蔵を, 何か, 何事か, 何度帰る, 作つた, 信じて, 働いて, 働きかけながら, 働きたいと, 働きたいという, 働き出した様子, 働くこと, 働く殊勝, 働く真面目, 僕の, 兄と, 先生に, 先生の, 全世界, 写って, 刀を, 刃の, 切り合うより, 劇作家と, 力を, 助けて, 努力し始めた, 勉強し, 動いて, 動き出した時, 勝負を, 協力し, 友交を, 反省しなかつたなら, 取りあげたこと, 取りあげられずやう, 取りあげられつ, 取り組み甘い, 取り組んで, 取扱って, 取組み合わなければ, 受けて, 受け取られて, 受信する, 古沼, 句を, 叫び出したかも, 叫んだ, 叫んで, 同じよう, 向って, 商業に, 問いかけて, 問いはじめたの, 啜るの, 喋って, 喧嘩を, 喰い付いた, 嘘を, 困りきって, 場馴れて, 声明の, 夢中に, 大切に, 大変な, 大逆を, 女に, 女中を, 娘の, 嫌がって, 子女の, 学ばなければ, 学びとらなければ, 実行する, 実践する, 実際に, 寄って, 対立し, 対策を, 尊敬し, 尋ねる以上, 工夫を, 引き緊, 彼を, 彼女との, 彼女は, 後嗣の, 後悔の, 従事し, 御労作, 心の, 心配した, 心配し出した, 念を, 怒った, 思いこんで, 思いつめた, 思いを, 思うよう, 思ひを, 恋を, 恋愛一途に, 恋文を, 恪勤した, 惚れて, 惚れぬいて, 惚れるならそのもの, 想ひ描い, 愛したと, 愛し愛される恋人, 慌てた, 憂えて, 懊悩推敲する, 戦って, 手を, 打ちこんだ態度, 打込ます丈, 扱うこと, 批判し, 振舞う方, 振舞ふ, 挺身した, 掻きくどく, 描き出されて, 提出した, 提出する, 救護に, 教練する, 文学の, 文学を, 料理道を, 映って, 時代の, 暑くなる, 書いて, 構成され, 機械の, 正しく明るく, 武装した, 死がいに, 死ぬ気, 気に, 沈み入り気重に, 泣いて, 渡り合いやっと, 潜入し, 照代が, 熱を以て, 狼狽した, 生きること, 生涯の, 申し上げて, 申し込んで, 痛切に, 発言し, 目を, 相対峙, 相手に, 相談し, 真面目に, 知って, 知恵を, 研究する, 研究せね, 研究を, 社会について, 社会主義社会の, 祈った, 神を, 窓の, 立ち合って, 等しい, 結婚を, 絵を, 翻訳する, 考えこませる問題, 考えこみましたね, 考えこんだ, 考えこんで, 考えさせられた, 考えすぎたなと, 考えそして, 考えたか, 考えたくなる, 考えたこと, 考えたとき, 考えた挙句, 考えなくちゃ, 考えなけりゃならん問題, 考えなければ, 考えはじめしかめつらしい顔, 考えはじめどうして, 考えられたの, 考えること, 考えるの, 考えるよう, 考える事, 考える人々, 考える必要, 考える時, 考えれば, 考えを, 考え真実, 考え耽ってる様子, 考へても, 考へなければ, 考へにや, 考へはじめどうして, 考へられねば, 考へる作家, 耳を, 聞きとがめた, 聞くよう, 聞くん, 聞く奴, 肚の, 腕組みを, 腰を, 自分という, 自己の, 自己を, 自殺を, 自覚しなけれ, 色を, 芸道から, 苦しむこと, 英語の, 荒々しく時代, 荒れ出されては, 落着き払って, 蒔付労働に, 血の気が, 行われ始めたの, 見える目, 覚えの, 言い争ッ, 言ったつもり, 言って, 言っても, 計画し, 訊いて, 訊ねた, 訴えると, 話しあって, 話して, 話し合うの, 話を, 誓い固めた約束, 語ろうと, 誠実に, 誠意を, 読みつづけて, 読む, 談判を, 談合し, 質問する, 身を, 近づいて, 返事を, 迫りつ, 追究し, 逃げ廻って, 通過し, 進められる事, 道を, 道夫に, 邸内を, 部屋を, 鍛えられて, 鎬を, 開かれなかったこと, 闘いはじめた, 闘つた, 闘へ, 階級的任務として, 雑俳研究に, 鞭撻し, 頭に, 頭を, 頷いて, 頼むので, 顔を, 騒いで, 騒ぎ出した, 騒ぎ出して, 鬼ごっこを

▼ 真剣~ (546, 30.8%)

26 顔を 13 ものが 12 んだ 9 色が 8 顔で 7 顔に 6 態度で, 顔つきに 5 ところが, んです, 顔つきで, 顔付に 4 のだ, ものだった, 努力が, 表情に, 表情を, 調子に, 顔つきを

3 [14件] のです, のよ, ものだ, ものである, ものを, 努力を, 声で, 方が, 気持が, 気持に, 表情で, 話に, 調子で, 顔付を

2 [41件] お芝居, ことは, のである, ので少し, のは, ふうに, ものと, ものに, ものの, んで, ガラッ八, 人たちの, 問題が, 問題である, 問題として, 問題な, 心づくしに対する, 心持が, 悲痛な, 愛を, 態度が, 態度を, 所が, 気持で, 注意の, 準備を, 生活の, 生活を, 異性の, 眼付きに, 眼付で, 眼付に, 言葉に, 話です, 話を, 語気に, 調子だった, 輝きに, 面持ちに, 面持で, 顔付で

1 [287件] あらたかな, いわば生死, お仕事, お願いを, かおで, かけひきに, ことだ, しかし一寸, そして険しい, だけにいちばん罪, だけにおれ, だけに嘘, つもりであっ, ところの, ところを, の, のか, のかと, のが, のじゃ, のであっ, のでこの, のでそれ, のでひどく, ので僕, ので後, ので思わず, ので浮雲, ので皆, ので私, ので自殺, ので部屋, のに, のにうたれました, のにお, のにすっかり, のに似ず, のに気, のに職場, のに驚かされた, のを, ほろりと, ものであった, ものであるらしい, ものでなけれ, ものな, ものは, ようすに, ようすを, ようである, モラリストは, 一大事な, 一種悲壮な, 不安に, 不幸こび, 且つ歴史的, 世界な, 事には, 事を, 事実な, 事柄である, 事業であっ, 事業や, 人である, 今日の, 仕事, 仕事に, 仕事の, 仕事場でも, 何時もの, 作品を, 作家の, 作業に, 修業の, 俳優であれ, 個性に, 働きな, 働きの, 働きを, 光を, 処が, 処を, 利害を, 力さえ, 力強い負けじ魂, 努力に, 努力に対しての, 努力を以て, 労働は, 勉強を, 勉強家が, 十の, 原始力は, 反省と, 叮嚀な, 命を, 問だった, 問題であるらしく見え, 問題に, 問題を, 囃子方狂言方等は, 執着が, 声が, 声を, 大芝居, 女遊び, 姿に, 存在だった, 存在であれ, 容子に, 宿題として, 対局であった, 小声と, 平和建設の, 建設の, 当事者一同の, 形に, 彼女の, 御様子, 御質問, 心の, 心もちを, 心地だった, 心持ちに, 応対を, 応援団が, 応援団と, 応援団は, 怖れ, 思想者は, 怪しい気持, 恋だ, 恋だつた, 恋など, 恋を, 恐怖が, 情熱から, 情熱といふ, 意味で, 意味を, 意気組みも, 意義の, 意義は, 意義も, 愛, 愛が, 態度であった, 態度と, 態度に, 態度は, 態度ばかり, 憂慮が, 懊悩さ, 懊悩の, 懊悩ぶりが, 懐疑は, 懐疑乃至, 或は非常, 戦いに, 戦闘が, 手紙を, 救済を, 文章を, 文芸思潮の, 新人によってのみ, 時に, 時は, 暴力沙汰それが, 本場所で, 本能の, 様子だった, 様子を, 横顔に, 欲求を, 歩行を, 殖産興業等の, 気ぶりに, 気勢に, 気合が, 気持では, 気持の, 気持は, 気持を, 気散じを, 気脈が, 気魄が, 気魄には, 気魄にも, 注意で, 洒落ものだ, 活動を, 深い怨み, 深い愛情, 激しいもの, 熱情を, 玄人は, 現実追求を, 生命を, 生活戦だった, 産業擾乱陰謀についての, 由々しいもの, 申出だ, 男女の, 目いろ, 目だけ, 目づかいで, 目を, 目付に, 目的は, 目附で, 省察や, 看護を, 真に芸術, 眼が, 眼つきで, 眼つきであった, 眼つきに, 眼を, 眼付を, 眼差しに, 瞬間であり, 研究と, 積極的な, 空気が, 競演は, 筆を, 緊張した, 繰り返しを, 美しい顔, 老ハウス・キイパア, 膝づめ談判であった, 自分の, 自己反省と, 良い演奏, 良心が, 色を, 芸術の, 芸術論に, 苦しい思い, 苦悶に, 血相を, 表情か, 表情だけが, 襲撃でも, 視線を, 覚悟が, 言葉で, 試みを, 話し合いの, 話と, 話など, 話にも, 語気だった, 読者である, 調子な, 講義に, 追求と, 途を, 道楽が, 関心は, 闘いの, 闘争の, 面を, 面持ちだ, 面持に, 音が, 音だ, 音楽の, 響きの, 響きを, 題目です, 顔が, 顔だ, 顔だった, 顔だろう, 顔つきでした, 顔付が, 顔付きで, 顔付きに, 顔付であった, 顔付にな, 顔色で, 顔附き, 願いごとが, 願いごとを, 馬鹿者であり, 魂の

▼ 真剣~ (116, 6.5%)

65 があった 3 が溢れ, が籠っ 2 がある, が足りない, であった

1 [93件] があっ, がありました, があります, がいっそう, がちがっ, が何より, が女性, が宿っ, が少し, が浮ん, が現われ, が籠つて, が見え, が見える, が顔, だったから, である, でそこ, で平和, で恥ぢる, で抵抗, で私, で続けた, で蛇, で見られる, とある, というもの, といったら, とうまれぬ, とはかつて, とをもっ, と云ったら, と心, と熱心さ, と聡明さ, と遊戯心, なくし, などとはその, にうたれ, にうたれた, には浦上, にも尊敬, に伸子, に信吉, に城太郎, に引入れられます, に感じた, に感動, に打たれ, に気, に気附, に溢れ, に溢れた, に硬, のすぐ, のため, のない, の威光, の溢れた, はいつ, はかえって, はじっさいたいへん, はやがてふわふわ, は全く, は凄味, は分る, は判った, は牧師, は生, もそうした, も見, も買っ, も閃い, やまっ, をみる, を一時, を以てやっ, を以て国家, を加えた, を小さい, を感じる, を有, を欠いた, を理解, を用, を笑う, を経験, を興, を見せ, を見る, を見出されない, を覚えた, 少し華奢

▼ 真剣~ (92, 5.2%)

2 勝負に, 勝負を, 恋を, 手合せを, 気が, 立合を

1 [80件] いろが, お稽古拝見, お立ちあいを, お話で, ことが, つもりで, ところを, はずみで, ようで, ようでした, ような, ように, 争いであった, 争いに, 仕合いじゃ, 修業に, 修羅場を, 切り合いを, 創, 創か, 創であろう, 努力を以て, 勇者では, 勝負とは, 勝負などを, 勝負無駄声も, 同志, 味は, 呼び名である, 場を, 場合に, 場所へは, 場数を, 境地を, 実験を, 愛に, 愛を, 手合せ, 打明け話, 掴み合いや, 斬合いを, 時の, 時は, 有様が, 果し合, 果し合いである, 果し合いな, 果し合いに, 果し合いの, 果し合いを, 気の, 気を, 気合が, 気合談論風発シャンソンどれ一つとりあげ, 決戦を, 決闘そんな, 滅茶振りは, 生活を, 用意に, 白刃交ぜ, 真面目で, 真顔である, 眼を, 眼付きで, 立ち廻りだ, 立会いを, 立合いと, 立合で, 立合では, 筈だ, 色が, 色を, 荘厳に, 証拠にも, 試合に, 話です, 話の, 話よ, 話を, 鋩子より

▼ 真剣勝負~ (87, 4.9%)

73 をしよう, をする 2 だと, であった, である, に徹した, のそれ, の心構え

1 [62件] が一つ, この意気, さっそく御, だから, だけ考え, だぞ, だろうと, であって, であっても, でしたから, です, ですね, でなければ, でもし, というもの, という態度, という自分, とおなじ, とくと拝見, となる, とはそういう, とは何, とは申せ, などの際, にはうとい, には及ばねえ, にひとしい, に判定, に対して固く, に於い, に相, に立ちあう, に立ちあった, のやう, のよう, のマジメ, の剣客, の剣術使い, の大, の意味, の意気込, の白刃, の立会人, の食う, は彼, は止め, は見, をした, をしらない, をやっとる, をやる, をやろう, を思うたら, を拒, を挑ん, を挑んだ, を望むなら, を約し, を行, を開始, 仕る可, 面白い

▼ 真剣~ (55, 3.1%)

6 あつた 2 はない

1 [47件] ありすぎる, いくらも, いたしても, いった又八, かつ賞讃, そして凄まじい, その闘志, その顔色, はあらう, はなかっ, はなくなる, リングに, 一人は, 不思議であった, 且つ純真, 先生に, 全心的, 凄まじくさえ, 切実な, 切実に, 厳粛で, 型を, 大真面目, 実際その, 後では, 必死だった, 恐ろしいと, 悲しかった, 敵を, 斬り込まんと, 有った, 気魄が, 浅く一, 深刻で, 熱心で, 熱烈でした, 生死知らずに, 眉は, 真実な, 真赤に, 真面目で, 立迎う, 緊張し, 苦しそう, 記憶の, 試合ましょう, 顎へ

▼ 真剣~ (31, 1.7%)

3 を帯び

1 [28件] があります, がこうして, がなくなっ, が含まれ, が抜き取られ, が湧い, が片目, が窺われ, が籠ります, が見え, が高潮, でいる, において天地, につりこまれ, に打たれ, のこもつた, のない, はありません, や至誠, よりも僕, をま, をまし, をもっ, を以て響いた, を吉原氏, を極度, を知った, を露

▼ 真剣~ (20, 1.1%)

2

1 [18件] かどう, からそう, から徹し, から気味が悪い, から男, から笑われ, から自然, か分らない, か或は, があの, し笛, ずっと寄ん, とも, とも思われなかった, とも皮肉, と言う, と言った, な

▼ 真剣~ (20, 1.1%)

2 受留めは, 持って, 渡して

1 [14件] ぬいて, ふるって行う, 上杉先生が, 上段から, 手に, 把る, 抜いて, 抜き放った, 抜くだろうかという, 持たせて, 提げて, 装って, 顔に, 颯然と

▼ 真剣~ (12, 0.7%)

1 [12件] いい驚異, なって, なると, 云う事, 切結ぶやう, 切結ぶよう, 実戦に, 火を, 真剣でない, 真剣とで, 真剣との, 責任の

▼ 真剣だった~ (10, 0.6%)

1 から, からたまらない, ぞ, のだった, のでお, のです, のでツイ, ので俺, ので恐く, ので江馬兄妹

▼ 真剣そのもの~ (8, 0.5%)

2 である 1 だった, であった, で福松, といった顔つき, の姿, の顔

▼ 真剣である~ (8, 0.5%)

1 から何となく, ことを, ために, という一事, とはいわれない, のだ, のを, 怖ろ

▼ 真剣なる~ (8, 0.5%)

1 ことアトラスの, 命令でありました, 態度等々何もかも, 方々から, 準備に, 研究が, 軍刀と, 関心を

▼ 真剣です~ (6, 0.3%)

31 からな, とも, よ先生

▼ 真剣でない~ (5, 0.3%)

1 からという, ことの, と云っ, ものとに, 雑多の

▼ 真剣でも~ (5, 0.3%)

1 あった, あり必死, ある感激, かまいませんから, 明日は

▼ 真剣なら~ (5, 0.3%)

1 ざるを, ば判りましょう, もう大丈夫, 光子さんも, 真黒い眼

▼ 真剣らしい~ (5, 0.3%)

1 ていう, ので彼, ものに, 眼つきで, 顔付に

▼ 真剣すぎる~ (4, 0.2%)

1 のだ, やうな, 恋だ, 様に

▼ 真剣であり~ (4, 0.2%)

1 その成績, 御当人, 思い決し, 熱心である

▼ 真剣には~ (4, 0.2%)

1 なれないの, なれなかった, 取合わないから, 耳を

▼ 真剣にも~ (4, 0.2%)

1 なれるが, ひとしいもの, 劣らず人, 劣らない

▼ 真剣~ (3, 0.2%)

1 おなじこと, 木刀も, 真剣

▼ 真剣らしく~ (3, 0.2%)

1 またそっと, 上目がちに, 半分は

▼ 真剣じゃ~ (2, 0.1%)

1 そうな, ぞ

▼ 真剣そう~ (2, 0.1%)

1 に声, に小さく

▼ 真剣であっ~ (2, 0.1%)

1 てもなく, ても対手

▼ 真剣であった~ (2, 0.1%)

1 せいか, 様子や

▼ 真剣であるべき~ (2, 0.1%)

1 かを知らされる, ように

▼ 真剣でし~ (2, 0.1%)

2 てなあ

▼ 真剣でなけれ~ (2, 0.1%)

1 ばほんとう, ば分からない

▼ 真剣とは~ (2, 0.1%)

1 何だ, 全く別物

▼ 真剣~ (2, 0.1%)

1 今夜が, 覚悟の

▼ 真剣をもって~ (2, 0.1%)

1 教導いたし, 見参つかまつりたし

▼ 真剣~ (2, 0.1%)

1 でお, になれねえ

▼ 真剣以上~ (2, 0.1%)

1 の捨身, の真剣

▼ 真剣勝負専門~ (2, 0.1%)

1 の一手, の構え

▼ 真剣白刃取り~ (2, 0.1%)

2 を奉書

▼1* [65件]

真剣かのように, 真剣さ必死の構え, 真剣しかるにこっち葵ご, 真剣そのもの必死の気魄, 真剣だったら信姉さんと, 真剣だつたが, 真剣であるならばその, 真剣であればいつ, 真剣でいっとるんだ, 真剣でかかればかかる, 真剣でございます命がけで, 真剣でしたことか, 真剣でなくっちゃあ, 真剣で突っ込まなくてはならない, 真剣で見ている, 真剣とで立ち向っ, 真剣との立合その間に, 真剣ともつかぬ挨拶, 真剣ならしむる我利物欲, 真剣ならしめる推進機である, 真剣なんぞを持って, 真剣な光りで眼を, 真剣な呻き声も, 真剣な憤りを現, 真剣な掴み合といふ, 真剣にからかひたくなる, 真剣ぶりと来たら, 真剣めいた作家らしい, 真剣白刃を, 真剣よりも本当に仕合い, 真剣らしさが, 真剣らしく聞えたので, 真剣らしく見えるのでしょう, 真剣仕合いをいどめ, 真剣勝敗に見えた, 真剣勝負之時平日之稽古, 真剣勝負手を出し, 真剣勝負最初に拙者, 真剣勝負生命を賭けた, 真剣勝負用のもの, 真剣勝負的な競演, 真剣七郎は, 真剣味ガ乏シイワ, 真剣味以上に高潮, 真剣命がけの仕事, 真剣命掛けであったから, 真剣専門の稽古, 真剣必死というもの, 真剣態度の人, 真剣抜打の応酬, 真剣敢闘汗は流れ, 真剣斬新な広告法, 真剣沙汰と何, 真剣白刃のそれ, 真剣白刃勝負の場数, 真剣真面目で現実, 真剣の心, 真剣精励たりうる, 真剣純さと玄人, 真剣美そのものの現われでなけれ, 真剣至極であり益々, 真剣試合が行なわれ, 真剣誠実に実施, 真剣過ぎる超自然的な, 真剣に切りだした