青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「生れた~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

生じた~ ~生ずる 生ずる~ ~生まれ 生まれ~ ~生まれた 生まれた~ ~生れ 生れ~ ~生れた
生れた~
~生れる 生れる~ ~生んだ 生んだ~ ~生命 生命~ 生存~ ~生徒 生徒~ 生死~

「生れた~」 3518, 36ppm, 3192位

▼ 生れた~ (394, 11.2%)

46 である 17 では 1613 だと 11 です 9 だから 7 であった 6 か, だが, だそう, だろう, であるが 5 であろう 4 がお, であります, ですが, でも, はその 3 であるから

2 [19件] かよ, がそもそも, だった, だという, だらうと, であって, であると, であろうか, でした, でしょう, ですよ, は今, は女の子, は盛岡, は自分, も国, も天命, を振り出し, んでしょう

1 [179件] かしら, かしらどうも, かそれとも, かときき糺した, かなあ, かまた, かもしれない, かを知る, かバラック式, か私, か記憶, があの, がこの, がイヴァン・ツルゲーネフ, がヘルミオネ, が一太郎, が不幸, が十年, が即, が吉夢, が娘, が幾勢, が恨めしい, が抽斎, が既に, が晃, が此尾薄, が母, が男の子, が自分, が葺屋町, が賀美郡賀美村, が遅かっ, が野村, が銀座髷, この子, さ, じゃなと, だからと, だからね, だけど, だけれど, だとか, だとも, だよ, だらう, だらうか, だろういっそ, だろうか, だろうかという, だろうが, だろうという, だ祖父, であったが, でありますから, でありますが, であること, であるという, である貞元釋教録, であろうかと, であろうが, であろうと, であろぉか, でございましょう, でございますから, でした或, ですから, ですけれども, ですもの, でないから, でなく却, で御座いましょう, で御座います, と武田, なら男らしく, にはそれ, は, はお, はおもしろい, はこう, はそれ, はそれから, はまったく, はめでたい, はもう, はやっと, はイギリス, はツーロン, はヘロデ, はヘンリ航海者, は一七五三年三月二十六日, は一八二八年, は丁度, は三月, は不思議, は不運, は乳母, は事実, は事實, は二人, は今私, は仙人, は何故か, は信全, は信州安曇郡穂高村, は俺達, は偶然, は僕たち, は全く, は八年, は単なる, は参, は君, は四年前, は大きな, は大阪, は天保五年, は天保五年十二月十二日, は天和元年, は太陽, は寛文七年, は巴里, は幾分, は廿八日, は弘化四年四月十五日, は当然, は徳川時代, は恐らく, は文化九年, は文政九年忠琢三十歳, は文明十六年, は明治十九年, は明治十二年, は明治四年, は東京府庁, は東北, は果して, は歓び, は正に, は此日, は河童, は無, は父, は父母, は狩谷氏, は神樣, は神田, は私, は稲葉山, は第, は紀元元年, は自然主義的心境, は船, は薬研堀, は表現派的心境, は讃岐, は長男, は麹町平河町, もそれ, もまた, も偶然, も決して, も矢, をうれしく, をお, をその, をどんなに, を以てむしろ, を兼家, を同じ, を嬉しく, を惜しんだ, を殺しちゃう, を深く, を笠, を見, を養父平八郎, んが, 聖霊に

▼ 生れたもの~ (223, 6.3%)

26 では 9 である 6 であると 54 だと, であること, のよう 3 であった, であらう, であるが, なの

2 [16件] かどう, だから, だけに道, で, であ, であって, であるに, であろう, ですよ, でないもの, として噂, など数, ならば, に違い, はおの, は生れ

1 [121件] かと悔む囁き, かはもとより, か何とも, か現代, か私, がいかにまだ, がお前, がその, がなに, が仮令, が僅少, が即, が幼少の, が罪人, が許す, だが, だけで内閣, だけに人間, だった, だね, だのう, であったこと, でありそこ, でありそれ, であります, でありますならば, であり一般識者, であり従って, であり慶応仏文科在学中, であるかという, であるかの, であるそれ, であるという, であるなら新しい, であるらしかつ, です, です何, でないこと, でなくて, でなく一つ目, でなく作りだしたもの, でなく幽界, でなく従来, でなければ, でも, でやすやす, で京浜地方, で仏様, で他, で何でもかでも, で地方, で声, で急, で恰も, で汽罐車, で総て, で足ぶみ, で近頃, で運命, で過去, といえよう, として自然, として説明, とする, となる, とは自然, と今日, と信じ, と思う, と思はれる, と思われる, と見, と見える, と見る, ならたとへ, なれば, なればのう, にそういう, にとつ, には違, に外, に対する一般, に幸, に当然, に過ぎないだろう, に違, に食べさせねえ, のみが親, はおのれ, はかうなる, はさぞ, はその, は何と, は其の, は口, は少ない, は心, は憂鬱, は成身, は損ぢ, は昼間, は死ぬ, は死ぬる, は甚だ, は田舍, は當, は祖父, は終生, は肉, は肉丈, は自, は自分, は観念, ほど自由, も無く, をお, を一生, を並べ, を素直, を誤らない, 否この世

▼ 生れた~ (144, 4.1%)

3 から死ぬ 2 からか, からもう, から今, から持っ, から知っ, に初めて, のこと, の儘, は老人連, は難産

1 [121件] お祖母樣, からあの, からある, からこうして, からこの, からこぼしぬい, からさう, からさだまっ, からそれ, からつい, からつめたかっ, からのキチガイ, からの売女, からの宿命, からの戸籍名, からの日蔭者, からひよわい, からチャン, から一度, から一生怒り, から世, から人, から何, から使っ, から使つて來, から倉三, から十歳, から口, から堯, から実話書き, から将来教育費, から弱く小さく, から彼, から悲恋, から持たぬ, から持つ, から掌, から掏摸, から掴ん, から数, から既に, から曲っ, から正直, から母, から潜ん, から父, から知つて, から私, から絶えず, から自分, から自由, から西洋, から見てる, から見馴れた, から足, が, がすでに, が出発, くれろと, この児, この兒, この子, その命名, とは心理, と同様, と子, にその, にちゃんと極, にはすでに, にはその, にはそれ, にはもう, には両親, には今みたい, には六斤五両, には其の, にゃア此様, に一ぺん勘当, に三人, に先代, に文学, に死んだ, に母, に知, に祝っ, に私ども, に紫, に限定, ね, の事, の季節, の星象, の産髪, の記憶, はこんな, はちゃんと, はほとんど, はもう, は三十一歳, は下二番町, は京子, は俺, は同じ, は大きな, は桑, は薄紫, もそれから, もやはり, も喜んだ, も死んだ, も知っ, も知つて, よく自分, よりの大道, を思い出さしめ, を間違, 亡くなって, 弱々しかった, 既に本妻, 若い元気, 阿父さん

▼ 生れた~ (115, 3.3%)

42 であ, です, では子供, なの, の庭さき, の方, も墓

1 [97件] から出る, から見る, があった, がある, がちら, がつい, が四谷, が在る, が小, が近所, じゃねえ, すなわち寺, すなわち豊田, だでのう, だと, だとして, だッ, でありながら, でありました, であるという, でもなく, でも足踏, でわが, で暮し, で母, で肖像, で育っ, というの, となれ, と子供, と晩年, と町, には太助, には誇るべき, にも両親, にも無い, に行かざる, の, のある, のこと, のすぐ, のなか, のやう, の一間, の前, の在り, の家風, の庭隈, の柱, の焼けない, の直ぐ上, の跡, の門, の附近, はご, はその, はどの, はもう, は上野, は今, は勿体なく, は北国, は古めかしく, は堺筋, は摂, は熊本在, は私, は舊本陣, は都会, は都會, は長安, へかえし, へは泊れず, へ一年ぶり, へ帰っ, へ帰った, へ帰りたい, へ戻りました, もこの, もその, もどこ, も丁度, も思いだした, も死んだ, も母, も疾うに, も相応, も随分, や気だて, や過去, をで, をわらう, を思い出す, を自慢, を見た, を見たく, を訪れる

▼ 生れたこと~ (91, 2.6%)

53 になる, を心から 2 があろう, と死んだ, になっ, を話した

1 [72件] からもさう考へられる, がくやしい, がこの, がほんとに, がウソ, が原因, が有難かっ, が私, が秋, が貴女, こそ彼, その女, だけは明白, だらう, だらうと, であらう, である, でしょう, とかぼく, と同様, と照, なぞは忘却, にし, に感謝, の方, の矜, の罪, はいささか, はたしか, はもう, は不幸, は事実, は俳優, は分っ, は如何, は或いは, は申す, は確実, は自然, は面白く, もわかつ, も亦, も知らなかった, をくやむ, をこそ誇っ, をこそ誇つ, をもっ, をや, を事實, を今更, を何, を併記, を又, を否定, を喜ぶ, を喜ん, を嘆, を思ひ浮べた, を悔むや, を感じ, を有難く, を果報, を欣, を知っ, を示し, を端厳, を聞い, を記した, を誇り得る, を通知, 云うと, 生きてること

▼ 生れたばかりの~ (81, 2.3%)

3 女の, 赤ん坊の, 赤ん坊は, 赤ん坊を 2 ような, 嬰児も, 嬰児を, 子供を, 小さいひき, 秀頼を, 赤ん坊であった, 赤ん坊に

1 [53件] いたいけな, この雑草, ころは, ときで, ところだった, とんぼ, ひよわな, ものである, ものの, ように, ワーリカ, 一子と, 二歳である, 仔どもの, 仔犬の, 仔猫が, 仔羊, 兒を, 卵の, 坊やである, 子が, 子供までが, 孩児で, 小さい姪, 小さな色, 幼児を, 新鮮さと, 時この, 時で, 時であった, 時突かれ, 犬の, 独創満々たる, 私の, 総領を, 總領を, 赤さんな, 赤ちゃんの, 赤ん, 赤ん坊である, 赤ん坊といふ, 赤ン坊が, 赤ン坊を, 赤児を, 赤坊と, 赤坊の, 赤坊も, 赤子が, 赤子に, 達枝と, 風守が, 鯨の, 鶏の

▼ 生れた~ (77, 2.2%)

4 すると, 言ふ 3 すれば, 思えば, 謂は 2 いうので, いって, いふ, したならば, 云ふ, 信じて

1 [48件] あります, いいますから, いうごとくその, いうだけの, いうより, いえるの, いふので, いふんで, いへるので, ききました, さ, したらどうしても, したらどんなに, したら先生, します, しよう, するもの, どうして考え得よう, みゆる, 云い人身, 云うばかり, 云う事, 云っても, 云つたのにより, 云ひ伝へられる, 仮定します, 仮定すれ, 保さんが, 同じ事, 彼女の, 思つた罪が, 知つたら, 知るから, 知ること, 知ると, 称し得る国, 稱する, 考へられるもの, 聞いても, 致します, 見えられるの, 見るの, 見るべき理由, 覚悟を, 言うので, 言つても, 謂はれ, 謂われる娘

▼ 生れた~ (64, 1.8%)

3 だと, は豹一 2 が可愛く, である, ではない

1 [52件] があつ, がそう, が二つ, が皆, が親, だから, だが, だの, だ将来, です, でね, で此景次, で母, と倶, には夫人, には自然, に命名, に後, に焼印, に違, のこと, の上二人, の運勢, の運命, はあり, はいづれ, はどうしても, はなるべく, はよい, はガラス, は修学, は呉祐, は女, は弱い, は母, は父母, は男の子, は虚弱, は隨分粗末, は黴毒, もよく, も死に, をおんぶ, をたった, を可愛い, を吾が, を慈氏, を殺し, を育て, を養子, を養育, 鉄という

▼ 生れたので~ (55, 1.6%)

4 あらう 2 策略だの

1 [49件] あつた, あつて, いわばスモッグ, お祖母さま, こうした夜道, この希望, これを, ござります, その時代, その瞬間, その神田橋, その言葉, たのもしを, つまり八岐の, まだ半年, わたしは, 名も, 夫の, 子供の, 家来の, 小児の, 小林虎三郎氏の, 幻香水子は, 幼い時, 必死に, 忽ち当時, 思うよう, 思ふやう, 急に, 恁うし, 或る, 早速名づけ, 正夫人, 母は, 海を, 無いといふ, 然るべき大, 父母が, 生活は, 眉目秀麗で, 祖母さんが, 祖母にも, 私は, 米つぶを, 自分では, 自分の, 西瓜は, 間に, 頼政滅亡の

▼ 生れた子供~ (55, 1.6%)

2 は毎日, を殺し

1 [51件] がありました, が母, が男, が骨格軟弱, こそその, だけあっ, だつて男, だもの, であったか, であるさ, でこの, です, でもなく, なら私, に宙一, に対する態度, に対する父, に相, の, の上, の体内, の性質, の素質, の話, はいまごろ, はじき, はぢき死ん, はどこ, はまるで, は一旦, は丈夫, は京都, は大人, は市内, は幸, は男の子, は育児院, は自分, もいた, をその, をのこし, を仕込む, を充分, を取違える, を愛す, を懐, を手分け, を男, を見, を連れ, を鳥獣

▼ 生れた~ (46, 1.3%)

42 である, であろう

1 [38件] かのよう, が百五十里, だから, だったから, だと, だろう, だネ, であった, であったと, であつ, でこの, です, ですか, ですから, です子供, でその, でちょうど, でもある, で古い, で幸福, で権現様, で砲兵, で考え方, とする, とはこれ, と世話, なの, に參政權, に相違, の中, の好, の心理状態, はこれ, は夜, は夢, は絵, は誰, ほどいたましい

▼ 生れたという~ (45, 1.3%)

4 ことに 3 ことが, ことは 2 ことです

1 [33件] ことから, ことだけで, ことだけは, ことも, ところだ, のだった, ふうに, ような, よろこびと, んです, ハリソンの, 一事で, 不平さに, 事よりも, 事を, 伝説が, 偶然を, 劣等感が, 嘆も, 土地な, 報を, 意義を, 所の, 村の, 点で, 男の子が, 知らせが, 笛ふきカルム・ダルの, 話だけは, 話で, 説は, 運命に, 過去からの

▼ 生れた土地~ (45, 1.3%)

3 の言葉 2 で芸者, の金木町, へ帰っ, ももう

1 [34件] がこ, が此処, だもの, ですもの, で先祖, で生産, で聞く, というもの, といふの, と聞く, なの, にだけイノチ, にはひそか, にゐ, のこと, のみのつまらぬ, のみんな, の下敷, の土, の地續きだ, の城, の歴史, の米, の記憶, の近く, の風習, はクリツサ, へ妻子, へ戻っ, ほど狭苦しい, も共に, を去る, を捨て, 或は幼年時代

▼ 生れた~ (45, 1.3%)

2 であった, は成女戒

1 [41件] があっ, がいつ, がこんな, が十年二十年世, が田舎, が訪ね, が迫害, だから, だけがよく, であったであろう, でありやすが, でご, でございますが, でも, で無い事, とそう, ととつ, とは同じ, と大正時代, には感じ, には高貴優雅, にも似合わぬ, のため, の半数, の子孫, の心, の生れ性, の身体, はいずれ, はねえ, は十五歳以上, は家老, は日本国民, は江戸, は特に, は素人, は自, は誰, は足軽, は餓死, も幾人

▼ 生れた~ (43, 1.2%)

63 です, ですもの 2 だか, だから, だぞ, だな, だよ, だろ, だろう, でしょう, ですか

1 [13件] だお釈迦様, だけれど, だそう, だらうね, だろうと, ですかな, ですが, ですけどねえ, ですけれど, ですつて, ですね, ですよ, どっせ

▼ 生れたから~ (36, 1.0%)

3 である

1 [33件] あゝなった, いけないん, お父さんも, こうして大学, その手づる, だ, だと, です, でなく昆布, ほんとの, ミイが, 一度此地, 一度此肉躰此精神と, 一度男, 亀井家領内の人君は, 人間が, 仙台様の, 伸で, 天下が, 尾州城下の, 年が, 年を, 彼も, 文士に, 日本が, 東京っ子である, 楽で, 浮世絵の, 烏と, 生れた時, 神様の, 能く, 運が

▼ 生れた~ (34, 1.0%)

2 後に

1 [32件] あの仁, この木曾, この貧乏, これは, これも, すぐ死んだ, そのとき, その発達, それを, ために, ちょうど大きな, どれも, なかでもルュニェポオ, 下町に, 両手を, 二歳に, 今は, 其年月を, 其月日を, 初文章, 因果, 因果なら, 如何に, 学問が, 得という, 新潟市に, 武家は, 江戸へ, 決してわし, 父は, 父祖の, 爾来既に胸

▼ 生れたところ~ (34, 1.0%)

1 [34件] から来た, から殊に, がある, だった, であった, でよく, で変り, なん, にいうべからざる, に生命, に遠く, のすべて, のぼく, のよん, の人たち, の奴, の米沢城, の自己, の風土, は, はいず, はそれほど, は北新道, は安芸, は山, は日本アルプス, は滋賀県, は雪国, は青森市, へ泊り合せ, も浦和, らしい八阪, を捉えた, 必ず自然

▼ 生れた~ (34, 1.0%)

1 [34件] がいちばん, だから, だとかいう, です, ではもっともっと, で自分, というの, といふもの, にいる, には犬, に住み, に帰つて, に留っ, に臨んだ, のアノ白沢屋, のアノ白澤屋, のス山, の入口, の名, の名前, の方, の普通, の歴史, の生活, の田甫, の祭, の隣村, はいい, は先祖代, は背戸, へ, まで行く, を一歩, を見捨て

▼ 生れた~ (30, 0.9%)

2 からすでに, だとか, の事, は明治四十二年

1 [22件] が大雨, が惡日, が鉛筆, だけしか彼, であったり, ですか, といふもの, とこんなに, とこんなにピッタリ, なの, なん, なんか思ひ出そ, にだけしか彼, にはお, に亡くなり, に當つて, に鯛, のその, の星座, の次頃, は四月二十二日, を記憶

▼ 生れたとき~ (29, 0.8%)

2 から死

1 [27件] からあれ, からさう, からずっと, からそういう, からどう, からの狂人, からもう, から与えられ, から其那注意, から十一二, から風守, こしらえた大, だ, にお父さん, には既に, には有頂天, にもよろこん, に一ばん出世, に誰, のうれしかっ, のこと, の産, は久木さん, は父親, もまず, 既にある, 既に自分

▼ 生れた人間~ (26, 0.7%)

2 にとつ, に始めて, の一対, の宿命

1 [18件] があんなに, が多い, が浮世, じゃない, じゃなく, だとの, だとは, でありますから, ですからね, ですもの, として一口, なので, になり, のやう, のよう, のわがまま, はただ, は既に

▼ 生れたまま~ (23, 0.7%)

2 の幼い, の自然発生的

1 [19件] でいれ, なの, に生き, の人間, の唄い, の姿, の姿態, の微笑, の浅黒い, の田舎冠者, の男女, の百姓, の精神そのもの, の素, の美しい, の自分, の荒っぽい, の裸体, の顔

▼ 生れたよう~ (22, 0.6%)

1 [22件] だ, なもの, なわけ, なガラッ, な人, な候補者, な子供, な心持, な暢気, な気, な男, な盗癖, につやつや, にも思われます, に卑しい, に喜ん, に嬉しく, に美奈子, に親, に説明, に資本主義的, に風

▼ 生れたからには~ (20, 0.6%)

2 こう云う, 恁

1 [16件] あますところ, いちどは, いつ肉身, この光源氏, しかたが, それでいい, みんな歴と, やはり日本人, 享けた一命を, 人間と共に, 何とかし, 女として, 戦わば, 戦場の, 百世に, 若干うちこん

▼ 生れた~ (20, 0.6%)

2 から青年期

1 [18件] からさ, からずつと一ト月, から今日, この家, であります, である, どういふ, には新築, には駿三, のこと, の作, の家, はいな, はすでに, はその, はそろそろ, は赤貧, も今

▼ 生れたばかり~ (19, 0.5%)

2 であった

1 [17件] だ, だから, だと, で, であったろう, でございます, です, ですから, でつまり, でもう, で力, で当年, で徳富蘇峰氏, で戸籍, なんだ, 呼吸し, 子守を

▼ 生れた~ (19, 0.5%)

5 は健か 2 はお

1 [12件] が其の, であること, にはそんな, は一八九〇年ブサンソン, は実際, は容儀, は常に, は幼少, は方角, は父, は石, は荒い

▼ 生れた~ (18, 0.5%)

2 であらう, です

1 [14件] がある, がね, だ, だから, だけあ, でございましょう, でした, で四十, として受け取, と結婚, なので, のよう, の便り, の婿

▼ 生れた~ (18, 0.5%)

2 である, の名

1 [14件] から三里, が世界, だから, であり, での見聞, で暮し, とは大分間, には川, のはなし, の側, は停車場, へ帰つて, へ度々, を日本一

▼ 生れたといふ~ (17, 0.5%)

2 ことは

1 [15件] ことが, ことに, ことも, ことを, それにも, のであります, のです, 出生の, 因縁で, 安産とは, 村の, 物語りです, 理由で, 葉書み, 話が

▼ 生れた~ (17, 0.5%)

1 [17件] から, すなわちアメリカ, である, と金, に帰っ, のこと, のなか, の乏し, の事, の女性, の愛蘭, の象徴, は, へ帰る, も暖, をさまざま, を基本

▼ 生れたこの~ (16, 0.5%)

1 [16件] われを, 人の, 単純な, 古い家, 土地については, 子は, 小説に, 早い足, 村の, 無常の, 爪だ, 男への, 眠たげな, 私に, 納所めを, 紙に

▼ 生れた~ (16, 0.5%)

1 [16件] から数, たつた一枚, であつ, である, と足羽山移住, なぞが書い, なので, にあった, には弱冠二十一歳, に十六歳, に市野迷庵, に母, のエト, は何, は明治元年, は父

▼ 生れた~ (16, 0.5%)

2 の弟

1 [14件] がある, です一生懸命, との間, と同い年, には母, に多少, の友達, の長女, の長男, は人間, は幼い, は当然, は普通, も共に

▼ 生れた~ (15, 0.4%)

1 [15件] お母さんは, それは, とんと見当, どうかは, なぜ現代, 何故自分, 数えられないほど, 知つてる, 知らない, 知らぬが, 知らねえ, 知りませんが, 美を, 聞いて, 見てくれと

▼ 生れた~ (14, 0.4%)

3 の児 2 ではない, で僕 1 であつ, である, でした, です, でない以上, で龍馬, と見

▼ 生れたその~ (13, 0.4%)

2 日に

1 [11件] 土地を, 子, 年の, 怪物は, 愛である, 日より, 時から, 生れた時, 百姓女には, 翌年に, 身は

▼ 生れたものの~ (13, 0.4%)

1 [13件] わしの, 半数は, 大部分, 心に, 心にのみ, 感じること, 無言の, 眼には, 結婚以外には, 貰われて, 身体に, 通有する, 顔を

▼ 生れた~ (12, 0.3%)

1 [12件] がある, でしたが, ではない, として真弓, と呼ん, と見, にはその, に婿, のよう, のロザリー, の知識, や息子

▼ 生れた文化二年~ (12, 0.3%)

1 [12件] には七歳, には三十七歳, には二十歳, には五十一歳, には僅, には八歳, には四十三歳, には独美, には甫め, には重, に西側, は艮斎

▼ 生れた~ (11, 0.3%)

1 [11件] か何, だけは確実, である, にし, の有難, をつく, を呪, を忘れ, を忘れた, を記した, を難

▼ 生れた故郷~ (11, 0.3%)

1 [11件] が戀, ではない, で聞える, とかねて, なの, に帰っ, の家, はそれぞれ, は興教大師, へ帰っ, 当然どこ

▼ 生れた~ (10, 0.3%)

1 が一途, であるから, です, とが一つ, なの, には何, は必ず, は思つた, は海, も強健

▼ 生れた性分~ (10, 0.3%)

2 で阿波 1 だから, だけの道, ではしかた, で安心, で当り前, で理屈, というもの, として彼

▼ 生れた時代~ (10, 0.3%)

1 から常識的, でありプレハーノフ, であるから, でさえ後人, のイギリス, のシュミット一家, の不安, よりも更に, を物語, を知る

▼ 生れた甲斐~ (10, 0.3%)

2 がございません, はない 1 あったと, がありません, がない, がねえ, には東京, には気丈

▼ 生れた赤ん坊~ (10, 0.3%)

2 を迎え 1 が顔半分, とをかかえ, なの, に一ヶ月近く, の順子, を入れ, を拝もう, を殺す

▼ 生れたため~ (9, 0.3%)

1 かそう, か父男爵, その才能, ではない, にそんなに, に死ななけれ, に減少, に若, に醜く

▼ 生れたわけ~ (9, 0.3%)

2 である 1 じゃねえや, だ, だけれども, です, では, なの, になる

▼ 生れた~ (9, 0.3%)

1 からは何十年, だ, だという, である, とをその, の子供, はそうした, は申しますまい, 又はここ

▼ 生れた~ (9, 0.3%)

2 の名 1 がルンミー, さえ知らず, だから, ですけれど, に半分, は大阪市南区内安堂寺町二丁目, は空気

▼ 生れたのに~ (8, 0.2%)

1 それを, まだ若い, エスキルという, 弟に, 父は, 生命の, 違いありません, 違ひ無い

▼ 生れた以上~ (8, 0.2%)

1 さう, なんとかし, は, は不完全, は働き, は生き, は誰, 死んで

▼ 生れた時分~ (8, 0.2%)

1 にはその, には三日, には僧侶, の家, は小さな, もう半身, もう農奴制そのもの, 既に結核

▼ 生れた自分~ (8, 0.2%)

1 がいま, だらう, には殆, の子, の本性, の決心, の身, は自国

▼ 生れた芸術~ (8, 0.2%)

2 であり句 1 が自己, だといふ, でそれ, というもの, とは全く, についても云

▼ 生れた~ (7, 0.2%)

1 すゑの, すゑは, つやという, 七という, 互ひ, 國の, 燕の

▼ 生れた~ (7, 0.2%)

2 しても, 違いない 1 してからが, 就ては, 拘はらず劇作

▼ 生れた女の子~ (7, 0.2%)

1 に乳, の名付親, の眼, の運命, は男, も一人, を見

▼ 生れた根性~ (7, 0.2%)

2 でドングリ共 1 から色欲二道, がムクムク, でどうしても, ばかりで, をおれ

▼ 生れた男の子~ (7, 0.2%)

1 が泣き立て, と一緒, によってアンネット, に八島士奴美, のため, の久禄, は允男

▼ 生れた~ (6, 0.2%)

1 あは, これで, またより, またアンドレ, また生れ得る, 丹絵は

▼ 生れたせい~ (6, 0.2%)

1 かその, か小さい, か彼, か生れ, か自分, であろうが

▼ 生れたとは~ (6, 0.2%)

2 何を 1 いうものの, 気が付きませんでした, 決して考へる, 考へられなかつた

▼ 生れた場所~ (6, 0.2%)

1 その階級, と時代, に対する自然, はそんな, は南ドイツ, も親

▼ 生れた性質~ (6, 0.2%)

1 か又は, がその, で喋る, なん, の上, は仕方

▼ 生れた~ (6, 0.2%)

6 りの

▼ 生れたかと~ (5, 0.1%)

1 いへば, 思うて, 思うと, 思うほど, 思ふほど

▼ 生れたかも~ (5, 0.1%)

1 明かには, 知らずまた, 知らぬが, 知れない, 知れないし

▼ 生れたからは~ (5, 0.1%)

21 せめて外國征伐, 何人にも, 己が

▼ 生れたころ~ (5, 0.1%)

1 には百円紙幣, の事情, はあなた, はもう, は芝神明

▼ 生れた~ (5, 0.1%)

1 が今に, こそ真っ先, の家, の弱, の弱気

▼ 生れた~ (5, 0.1%)

2 は勿論 1 などの不平, にも一生, の頭

▼ 生れた因果~ (5, 0.1%)

1 かも知れませぬ, であるし, で寒月, とでも申しましょう, と見る

▼ 生れた地方~ (5, 0.1%)

1 の言葉, の隅々, は中国地方, は大変本願寺派, も他

▼ 生れた当時~ (5, 0.1%)

1 であった, に溯っ, の, のまま, の松岡家

▼ 生れた~ (5, 0.1%)

1 が美しい, でありましょうが, である, と思います, の美し

▼ 生れた日本~ (5, 0.1%)

1 のもの, の國, の歴史, の男, の詩人

▼ 生れた~ (5, 0.1%)

1 であって, についた, のふしよう, の冥加, の怪しい

▼ 生れたお家~ (4, 0.1%)

1 がありました, ではせまく, では自分, もお

▼ 生れたからと~ (4, 0.1%)

2 いって 1 いつて, 云って

▼ 生れたそう~ (4, 0.1%)

1 だし, だな, だね, ですが

▼ 生れたもん~ (4, 0.1%)

1 だが, でな, でゲス, なん

▼ 生れた一人~ (4, 0.1%)

2 としてここ 1 でこんな, ですから

▼ 生れた作品~ (4, 0.1%)

1 であった, です, は, はリュリ

▼ 生れた~ (4, 0.1%)

1 に全然, の俺達, の本, の眞直

▼ 生れた固有~ (4, 0.1%)

1 な姿, のもの, の仮説, の假説

▼ 生れた~ (4, 0.1%)

1 の事, の方, の日光, を心

▼ 生れた大阪~ (4, 0.1%)

1 の家, の方言, の町, の言葉

▼ 生れた~ (4, 0.1%)

1 なん, に性質, は一匹, は罰当り

▼ 生れた子供達~ (4, 0.1%)

1 がどう, です, には南国, は出来る

▼ 生れた~ (4, 0.1%)

1 なら判るだろう, にひよつこり, のお母様, まで祖父さん

▼ 生れた東京~ (4, 0.1%)

1 で死にたかった, という都, の土地, の苦しみ

▼ 生れた~ (4, 0.1%)

2 二の 1 三女だ, 三子である

▼ 生れた言葉~ (4, 0.1%)

1 が偶然, だが, であろう, でやっ

▼ 生れた郷土~ (4, 0.1%)

1 である, でよい, の品物, の特色

▼ 生れたあの~ (3, 0.1%)

1 男の, 若様は, 鹿児島の

▼ 生れたかい~ (3, 0.1%)

2 がある 1 があらア

▼ 生れたからにゃ~ (3, 0.1%)

1 たったひと晩, 女の, 末代まで

▼ 生れたかを~ (3, 0.1%)

1 よく存じ, 考究する, 自ら語つてゐる

▼ 生れたけれど~ (3, 0.1%)

1 あそこらは, 欧羅巴が, 江戸を

▼ 生れた~ (3, 0.1%)

1 うだ, うである, うです

▼ 生れただけ~ (3, 0.1%)

1 あって, あつて, なの

▼ 生れたばかりに~ (3, 0.1%)

1 お君, 不愉快な, 直に竈

▼ 生れたやう~ (3, 0.1%)

1 な男, に美奈子, に言

▼ 生れたわし~ (3, 0.1%)

1 が畳代え, などが詩書礼楽, などは御

▼ 生れたわれわれ~ (3, 0.1%)

1 が日常, には十分, の感情

▼ 生れたんで~ (3, 0.1%)

1 げす, せう, はじめ何も

▼ 生れた一種~ (3, 0.1%)

1 の専制的演出, の気位, の社会

▼ 生れた~ (3, 0.1%)

1 に世間的, に養父母, は

▼ 生れた~ (3, 0.1%)

1 がもつ, も最早, をまた

▼ 生れた出生~ (3, 0.1%)

1 がその, とほぼ, を調べ

▼ 生れた場合~ (3, 0.1%)

1 にあんた, にそれ, はそれ

▼ 生れた小石川~ (3, 0.1%)

1 から飯田町, には崖, をば

▼ 生れた年月~ (3, 0.1%)

1 と運命, やおの, を繰っ

▼ 生れた~ (3, 0.1%)

1 の方, は弱い, や妹たち

▼ 生れた彼女~ (3, 0.1%)

1 が十四, の性情, を愛する

▼ 生れた性格~ (3, 0.1%)

1 と今日, の相違, は仕方

▼ 生れた我々~ (3, 0.1%)

1 の湖州, はその, は五六十年前

▼ 生れた才能~ (3, 0.1%)

1 で人生, と言つて, を押しつぶし

▼ 生れた~ (3, 0.1%)

2 坊は 1 英蘭は

▼ 生れた新しい~ (3, 0.1%)

1 こころもちの, 作家こそ, 恋愛に

▼ 生れた~ (3, 0.1%)

1 が幸福, で全く, を兄

▼ 生れた最初~ (3, 0.1%)

2 の日 1 の二人

▼ 生れた月日~ (3, 0.1%)

1 が八月, とその, の下

▼ 生れた桃太郎~ (3, 0.1%)

1 とまでなり, は鬼, へ一矢

▼ 生れた気象~ (3, 0.1%)

1 と聞い, なら致方, は屈する

▼ 生れた~ (3, 0.1%)

1 があった, は俺, は親

▼ 生れた用心深~ (3, 0.1%)

2 さで 1 さや

▼ 生れた田舎~ (3, 0.1%)

1 で死んだ, の土地, の安土村

▼ 生れた~ (3, 0.1%)

1 がきざし, というやつ, は仕方

▼ 生れた~ (3, 0.1%)

21 なん

▼ 生れた~ (3, 0.1%)

1 だと, である, に過ぎない

▼ 生れた美しい~ (3, 0.1%)

1 仕事の, 夢でなけれ, 虚妄の

▼ 生れた者ゆゑ人間~ (3, 0.1%)

3 の男

▼ 生れた若い~ (3, 0.1%)

1 化学者, 方も, 雌鶏などは

▼ 生れた赤坊~ (3, 0.1%)

1 の発育状態, を一番奥, を抱い

▼ 生れた部落~ (3, 0.1%)

1 では祭, でも久しい, でも或

▼ 生れた長男~ (3, 0.1%)

1 の求太郎, の義龍, を負っ

▼ 生れた~ (3, 0.1%)

1 だから, と顔, はいろいろ

▼ 生れたいささか~ (2, 0.1%)

2 の生命

▼ 生れたかという~ (2, 0.1%)

1 ことさえ, ような

▼ 生れたかといふ~ (2, 0.1%)

1 ことなど, 問題は

▼ 生れたかの~ (2, 0.1%)

1 ように, 如き口吻

▼ 生れたからこそ~ (2, 0.1%)

1 自然は, 陪臣で

▼ 生れたためし~ (2, 0.1%)

1 はない, は滅多

▼ 生れただけの~ (2, 0.1%)

1 女な, 米は

▼ 生れたって~ (2, 0.1%)

1 ことが, 気違じみ切っ

▼ 生れた~ (2, 0.1%)

1 え話, 変な

▼ 生れたとき私~ (2, 0.1%)

2 の身体

▼ 生れたとしても~ (2, 0.1%)

1 すでにそこ, 先生自己の

▼ 生れたについては~ (2, 0.1%)

1 その点, 四つに

▼ 生れたひとつ~ (2, 0.1%)

1 の明るい, の生命

▼ 生れたやつら~ (2, 0.1%)

1 とちが, とちがう

▼ 生れた~ (2, 0.1%)

1 さが, 生れたよ

▼ 生れたれこ~ (2, 0.1%)

2 の水

▼ 生れたわたし~ (2, 0.1%)

1 は何時も, は雪

▼ 生れたんだいお母さん~ (2, 0.1%)

2 からだらう

▼ 生れたジッコさん~ (2, 0.1%)

2 を頼んだ

▼ 生れたランダ~ (2, 0.1%)

2 の性

▼ 生れた一つ~ (2, 0.1%)

1 の演劇様式, の芸術上

▼ 生れた一人娘~ (2, 0.1%)

1 なので, のお

▼ 生れた一個~ (2, 0.1%)

1 のめ, の異常

▼ 生れた一切~ (2, 0.1%)

1 の出生, の男子

▼ 生れた一粒種~ (2, 0.1%)

1 だから, の青年

▼ 生れた三村屋~ (2, 0.1%)

1 が恋しく, が戀

▼ 生れた上方~ (2, 0.1%)

1 こそは日本, の人

▼ 生れた下総~ (2, 0.1%)

1 には海, の豊田郷

▼ 生れた中国~ (2, 0.1%)

1 のある, の村

▼ 生れた五月~ (2, 0.1%)

2

▼ 生れた人格~ (2, 0.1%)

2 の代表

▼ 生れた人生哲学~ (2, 0.1%)

1 だけにそろ, というの

▼ 生れた~ (2, 0.1%)

1 がもう, をちやん

▼ 生れた任侠~ (2, 0.1%)

2 の性質

▼ 生れた作家~ (2, 0.1%)

1 とその, の小

▼ 生れた作者~ (2, 0.1%)

1 にとっては何, は八王子

▼ 生れた~ (2, 0.1%)

1 がある, は甚だ

▼ 生れた俳句~ (2, 0.1%)

1 に至っ, や文章

▼ 生れた儘何ら~ (2, 0.1%)

2 の工み

▼ 生れた~ (2, 0.1%)

2 は独立

▼ 生れた八犬士~ (2, 0.1%)

1 がえ, の身体

▼ 生れた冥加~ (2, 0.1%)

1 この上, ぞ

▼ 生れた利益~ (2, 0.1%)

1 だ, だけを物質的

▼ 生れた~ (2, 0.1%)

1 を一括, を収めた

▼ 生れた可愛い~ (2, 0.1%)

2 赤坊の

▼ 生れた品々~ (2, 0.1%)

2 である

▼ 生れた~ (2, 0.1%)

1 であって, は過去

▼ 生れた器用さ~ (2, 0.1%)

1 から趣味, と自分

▼ 生れた~ (2, 0.1%)

2 なの

▼ 生れた~ (2, 0.1%)

1 のからたち, の持つ

▼ 生れた大きな~ (2, 0.1%)

1 欣びもあるのではあるまいか, 貝の

▼ 生れた天保六年~ (2, 0.1%)

1 には壽, は蘭軒

▼ 生れた女子~ (2, 0.1%)

1 はその, は名

▼ 生れた姿~ (2, 0.1%)

1 があれ, である

▼ 生れた家庭~ (2, 0.1%)

1 の欠陥, はひた

▼ 生れた家族~ (2, 0.1%)

1 はこの, は長い

▼ 生れた寿命~ (2, 0.1%)

1 だと, を自分

▼ 生れた~ (2, 0.1%)

1 供の, 猫に

▼ 生れた~ (2, 0.1%)

1 との間, とナポレオン

▼ 生れた幸福~ (2, 0.1%)

1 を感謝, を考へず

▼ 生れた弱気~ (2, 0.1%)

1 に煩わされ, を出し

▼ 生れた~ (2, 0.1%)

1 の作用, の毒

▼ 生れた思想~ (2, 0.1%)

1 をもっ, を彼等

▼ 生れた悪い~ (2, 0.1%)

1 病が, 道楽が

▼ 生れた感情~ (2, 0.1%)

1 じゃない, はそれ

▼ 生れた所以~ (2, 0.1%)

2 である

▼ 生れた文学~ (2, 0.1%)

1 である, への反撥

▼ 生れた新潟~ (2, 0.1%)

1 では寸, の家

▼ 生れた新潟市~ (2, 0.1%)

1 と秋田市, はこれ

▼ 生れた時以来~ (2, 0.1%)

1 そして百五十俵, 受けた印象

▼ 生れた時何物~ (2, 0.1%)

2 をも持つ

▼ 生れた時間~ (2, 0.1%)

1 は分らない, を呪う

▼ 生れた最も~ (2, 0.1%)

1 素性の, 美しい工藝品

▼ 生れた最高~ (2, 0.1%)

2 のもの

▼ 生れた~ (2, 0.1%)

2 の男の子

▼ 生れた本人~ (2, 0.1%)

2 が本人自身

▼ 生れた~ (2, 0.1%)

1 から嫁とり, なあでやかさ

▼ 生れた様々~ (2, 0.1%)

1 な情熱, な感想

▼ 生れた次女~ (2, 0.1%)

1 のトシ子, も少し

▼ 生れた~ (2, 0.1%)

1 か, にでもなら

▼ 生れた気質~ (2, 0.1%)

1 でさ, で自分

▼ 生れた~ (2, 0.1%)

1 が牡牛, ではない

▼ 生れた~ (2, 0.1%)

2 の子

▼ 生れた生粋~ (2, 0.1%)

1 のパリジャンヌ, の大阪もの

▼ 生れた画家~ (2, 0.1%)

1 です, の遺した

▼ 生れた當時~ (2, 0.1%)

1 その當時, の儘

▼ 生れた~ (2, 0.1%)

1 だけに平気, に男

▼ 生れた美声~ (2, 0.1%)

2 を頼り

▼ 生れた翌年~ (2, 0.1%)

1 は上野, 不図行方

▼ 生れた~ (2, 0.1%)

1 が伝統的義侠, ととも

▼ 生れた行為~ (2, 0.1%)

1 とを区別, と愛

▼ 生れた~ (2, 0.1%)

1 には川, の一角

▼ 生れた親切~ (2, 0.1%)

1 にし, や同情

▼ 生れた計り~ (2, 0.1%)

1 に栄養不良, の女の子

▼ 生れた~ (2, 0.1%)

1 じゃねえ, では

▼ 生れた詩人~ (2, 0.1%)

1 と一緒, の一人

▼ 生れた赤子~ (2, 0.1%)

2 の頭

▼ 生れた趣向~ (2, 0.1%)

2 であつ

▼ 生れた身体~ (2, 0.1%)

2 が一つ

▼ 生れた辻川~ (2, 0.1%)

1 の家, よりもむしろ

▼ 生れた近代世紀~ (2, 0.1%)

2 の幸福

▼ 生れた長女~ (2, 0.1%)

1 が死んだ, はひ弱く

▼ 生れた雄弁~ (2, 0.1%)

2 で中国

▼ 生れた雑誌~ (2, 0.1%)

1 から療養所文芸, の挿絵

▼ 生れた風格~ (2, 0.1%)

2 に他

▼ 生れた鹿児島~ (2, 0.1%)

1 の市街, の平

▼1* [761件]

生れたわれな, 生れたあとをうけ, 生れたあらゆる演劇の, 生れたある性質それは, 生れたいいところは, 生れたいらだたしい感情は, 生れたうえに新, 生れたうちでございます, 生れたうまや新道, 生れたおりから死, 生れたおれも四十俵, 生れたお喋りが止み, 生れたお節介をやめる, 生れたかとも想われるよう, 生れたかなしさに, 生れたかは第二, 生れたからにや東京にでも, 生れたからの名である, 生れたからばかりでは, 生れたけれども野蛮地に, 生れたこういう風俗の, 生れたことあすこに見える, 生れたこと一生職業的文芸家とならなかった, 生れたこと終葛は葛飾郡, 生れたこまかな内容, 生れたこればかりは私, 生れたじゃあるめ, 生れたすべての子供, 生れたすみ子と云, 生れたそこに強味, 生れたその大きな家へ, 生れたそもそもの初め, 生れたそれぞれの性格, 生れただけに僕たちは, 生れただけによ上々の, 生れたやありません, 生れたっきり知らない姉, 生れたては皆な, 生れたせう, 生れたとかその子, 生れたとき御前の御, 生れたとき成長して, 生れたとき祝に貰つた品々, 生れたところがこの城, 生れたところ角の菊屋, 生れたとたんにもう, 生れたとでもいふので, 生れたとなつてあります, 生れたともいわれる位, 生れたどうにもならぬ遙, 生れたどの豪傑よりも, 生れたどんな男な, 生れたなと言わねば, 生れたなにがしか, 生れたなりに金の, 生れたなんて西洋人も, 生れたのみならずこれ, 生れた当然だらう, 生れたつかりの, 生れたばかしの子供を, 生れたばかりという気持でありました, 生れたばっかりにこんな騒ぎ, 生れたひとに對, 生れたふるさとを幼少, 生れたほんものの腕, 生れたまひて吾が, 生れたまま手数をかけず, 生れた一つの, 生れたもしくは首無, 生れたもとをた, 生れたもの一言でいえ, 生れたもの禅によってそれ, 生れたもみじ山御殿そのものでありとすれば, 生れたよいところわるい, 生れたより新しいより, 生れたわが少年の, 生れたわが家が冷たく, 生れたわたくしは常, 生れたわたしたちにとって門, 生れたアグネスがカリフォルニヤ大学, 生れたアラインゲンガーがある, 生れたアントワープの町, 生れたイギリスの經驗論, 生れたイタリア人だという, 生れたウチナーグチがふと, 生れたオノレ・ド・バルザックの全, 生れたカイミアラと闘おう, 生れたカンシャク玉が承知, 生れたカンボジヤ華僑であった, 生れたガキではない, 生れたクリストたちの彼, 生れたクレタ人のこの, 生れたコソ泥根性は抜けず, 生れたゴーリキイの初期, 生れたショパンのこと, 生れたジェームスという, 生れたタガンローグの町, 生れたダヴィンチのモナリザ, 生れたテーマでなければ, 生れたデリケエトな誰, 生れたドイツの軍需成金, 生れたニージュニ・ノヴゴロド市について見よう, 生れたハワイの家, 生れたバカの性根, 生れたバーカムステッドという小さい, 生れたヒダの国, 生れたビアスは南北戦争, 生れたピカソがパリ, 生れたフランスの婦人作家, 生れたブッキラ棒の吾輩, 生れたプロレタリア文学はない, 生れたモルモットです, 生れたリイケの赤ん坊, 生れたロマンチシズムの花, 生れただらうからね, 生れたヴヰーナスの像, 生れた刻もじつとしては, 生れた一ばん下の女の子, 生れた一人子息が今, 生れた一人息子で相手, 生れた一人物になりきっ, 生れた一女性は小, 生れた一子藤之介, 生れた一生を抛たう, 生れた一番の倖, 生れた七夜の日, 生れた三名の子供, 生れた三多摩地方は皆殆, 生れた三次元の生物, 生れた三番目が姉, 生れた下曾根さんは夙に, 生れた不器量な娘, 生れた不肖だと, 生れた不自由さもある, 生れた中華であったが, 生れた主人などは小さい, 生れた争闘性から身分不相応, 生れた事ハルピンへ來, 生れた事情とは全く, 生れた事生年月日を知っ, 生れた二人の子供, 生れた二月のむす, 生れた二歳の庶子某, 生れた五百人の力士, 生れた人々が澤山, 生れた人たちから飽かれる, 生れた人なつこさや, 生れた人ゆえ少い時, 生れた人徳だろうな, 生れた人情道徳を排斥, 生れた人柄です, 生れた人民生活の価値, 生れた人物こそ真, 生れた人道主義と感傷主義, 生れた人間ぢや無え, 生れた人間一人が貴方, 生れた人間的人気がある, 生れたの場合, 生れた今一人の兄弟, 生れた仔猫の貰われ, 生れた仕事でないの, 生れた仕合せにゃ誰, 生れた以上ソヴェト社会の嫡出子, 生れた以上他を幸福, 生れた以上何かしなけれ, 生れた以前から舊, 生れた以外なんの修行, 生れた伝説のお姫様, 生れた伝馬町からの突き当り, 生れた伯父自身にとっては極めて, 生れた伸子に日本, 生れた体験は駒井, 生れたとも云え, 生れた何ものかで永い, 生れたから見る, 生れたは生, 生れたの胤, 生れた価値がある, 生れた保吉はまさか, 生れた信仰は決して, 生れた信念ではなくし, 生れた信雄の方, 生れた俳優は声, 生れた個性がそこ, 生れた倫理上の不, 生れた偉い詩人の, 生れた健脚を利用, 生れた健鬪の子, 生れた傳説のお, 生れた傾向が時代, 生れた優しい金髪の, 生れた元禄の時代, 生れた兄弟でも, 生れた先天的のもの, 生れた光子という美しい, 生れたの仔, 生れた八百屋お七だつて, 生れた其日より今日, 生れた其許がどうして, 生れた兼子の浮き沈み, 生れた冒険心を適度, 生れたの朝, 生れた出版社やそこ, 生れた分別ある紳士, 生れた初めからさ, 生れた剛胆の気象, 生れた剽軽な性質, 生れた劇団が今日, 生れた力これを自分, 生れた力量というもの, 生れた助平根性は齢, 生れたをあらゆる, 生れた動物はいざ, 生れたのよ, 生れた化身の候補者, 生れた北威爾斯と此方, 生れた十七歳のニューラ, 生れた十三人の嬰児, 生れた十匹の木虱, 生れた十四年以降の劇界, 生れた千万人の若い, 生れた紅毛人, 生れた協力であるには, 生れた博士であるぞよ, 生れた即ち眠り産で, 生れたをその, 生れた軍国主義文学である, 生れた反感はさ, 生れた作品に, 生れた古い畫家の, 生れた古今伝授の大がかり, 生れた古渡城から移し, 生れた句空の句, 生れた叫びである, 生れた各種各様の婦人会, 生れた合理主義的な傾向, 生れた同じ鎌倉かしら, 生れた同年の者, 生れた同数の子供, 生れた同胞も皆, 生れた同胞達が皆, 生れた名称であり軍事学, 生れた名称たるに外, 生れた名聞に信玄, 生れたは知らない, 生れた吶弁で, 生れた呱々の声, 生れた咽喉で持っ, 生れた品格というもの, 生れたですな, 生れた四つの世界記録, 生れた因縁は一々, 生れた国伊太利亜である, 生れた国柄のおかげ, 生れた土地そのものに触れた, 生れた土地シェイクスピアの骨, 生れた土地的のもの, 生れた土着のもの, 生れた圧倒的な微笑, 生れた坊さんであります, 生れた坊やのこと, 生れたが寺, 生れた場処で無い, 生れた壓倒的な微笑, 生れた壮年であった, 生れた夏子は六つ, 生れた夕霧女は明石上, 生れた多くの類話, 生れたのなか, 生れた大久保だ, 生れた大抵の者, 生れた大方の女性, 生れた大正四年には先生, 生れた大阪弁をそのまま, 生れた天分の大小, 生れた天性がある, 生れた天正年間はすでに, 生れた天然の愛嬌, 生れた太郎兵衞の娘, 生れた女どもは秀吉, 生れた女らしかった, 生れた女亭主の仇, 生れた女体いつまでも消えず, 生れた女児を男児, 生れた女史は両親, 生れた女性の一方, 生れた女性たちであった, 生れた女梅を娶る, 生れた奴隷は飢饉, 生れた古癖に, 生れた好い男であった, 生れた好奇心のため, 生れた妖しい毒血の, 生れたの利ちゃん, 生れた姉妹がじつ, 生れた姉娘のこと, 生れた姉弟ですけれども, 生れた婦人作家として独自, 生れた婦人団体というもの, 生れた嫉妬の心, 生れた嬰児の顔, 生れた子どもの名, 生れた子供全体の一般平均, 生れた子女は女, 生れた子等はついに, 生れた子血の信じられない, 生れた季節に感じ, 生れた孤児であった, 生れた孤島の都市, 生れた学者は安積艮斎, 生れたが私たち, 生れた孫逸仙等を除け, 生れた學問はなく, 生れた學者で有名, 生れた実感という風, 生れた実業家の手腕, 生れたはところ自慢, 生れた家柄なりを考えさせる, 生れた容貌や才能, 生れた宿世のありがた, 生れた宿命にあやつられ, 生れた宿業の尽きぬ, 生れた寂心であるから, 生れたを省みる, 生れたさ有難, 生れた尊大の気性, 生れた尊崇の絶対表現, 生れた小人は愉快, 生れた小児時代に多い, 生れた小吉が勝家, 生れた小才で世の中, 生れた小柄を恥ぢる, 生れた小泉の家, 生れた小石川金富町の父, 生れた小鳥のよう, 生れた少女の運命, 生れた少女魅力を備え, 生れた少年だから, 生れた少数の人々, 生れた尾崎紅葉とは二中, 生れた屋敷跡に建てた, 生れたの農婦, 生れた山地の方, 生れた山村の方, 生れた山桃の花, 生れた山河なの, 生れた岡見は成功, 生れた島崎藤村氏や吉江孤雁, 生れたを火, 生れた市街の場末, 生れた幇間根性に変り, 生れた平々凡々式で万事, 生れた平和な性, 生れた平民の文化, 生れた平民宗教の一つ, 生れた平馬の根性, 生れた年代でも今, 生れた年半年余り滞在して, 生れた年月日が書い, 生れた年月日時によつて人, 生れたであった, 生れた幼なじみの菊之丞, 生れた幾多の兄弟姉妹, 生れたはまた, 生れた度外れの気位, 生れた庶子で, 生れた康正元年に出家, 生れた康頼王は時平, 生れた廉価な工藝, 生れた延喜の頃, 生れた建築やいくさ, 生れた弁慶橋の家, 生れた弘化四年には三女棠, 生れた張則民さんと云, 生れた当人のため, 生れた当座吾家の者, 生れた当時口ににじませた, 生れた彦七と云, 生れた役目はそれ, 生れた彼一流の正義観, 生れた後味それによってこそ行進, 生れたはたのしみ, 生れた御器所の家, 生れた御蔭でこれ, 生れた徳川氏の政府, 生れた必然世界に社会主義, 生れた忠君愛国の一念以外, 生れた忠琢の次男宗琢, 生れた男兒である, 生れた思いがけない解放感, 生れた性情を尽す, 生れた性根というやつ, 生れた性質周囲の事情, 生れた怪物だ, 生れたであるため, 生れた息子は尊族卑族, 生れたの華, 生れた悪性で餓鬼, 生れた悪戯気分がむらむら, 生れた悪漢でございました, 生れた悪運から解放, 生れた悲しい運命な, 生れた悲劇は中国, 生れた惣吉は小網町, 生れた意義とか現実, 生れたである, 生れた愛嬌笑いをニッコリ, 生れた愛情でもなし, 生れた憂鬱症をなほす, 生れた我々さへ少時, 生れた我輩の一つ, 生れた戯曲は概ね, 生れた所ダヴィンチボッカチオマキアベリジオットシマブエセリニ皆この街, 生れた手法で壺屋, 生れた手越の里, 生れた才一郎はこの, 生れたの話, 生れた押しの太, 生れた搾取時代の民器, 生れた播磨ではチュンチュン, 生れた放浪的な哀調, 生れた政元は生れぬ, 生れた父渓石深, 生れた故国であるが, 生れた教区で十人, 生れた文人で今, 生れた文化十三年には文晁, 生れた文学者も甚だ, 生れた文政七年は西暦, 生れた新聞の代表者達, 生れた新聞社は百数十社, 生れた日本橋の家, 生れた日本橋通油町というの, 生れた日柄によって名, 生れた旦那の性分, 生れた明治六年はまた, 生れた明治十八年という年, 生れた明治十六年に亡くなった, 生れた明色の髪, 生れたによって運命, 生れた春千代を養子, 生れた昨年の旱魃, 生れた昭和二十一年四月は私, 生れた時お祖父さんが, 生れた時これが死んだ, 生れた時さへはつきり, 生れた時わしはほんとに, 生れた時わたしはもう, 生れた時二十九歳で本郷真砂町, 生れた時信家を軽蔑, 生れた時分農奴制そのものは廃止, 生れた時十一歳であった, 生れた時唖じゃない, 生れた時四十一歳であった迷庵, 生れた時岡西玄庵が胞衣, 生れた時智者横井は四十歳, 生れた時東方の国, 生れた時父信階は年三十四, 生れた時父正久が何歳, 生れた時瑞英は二十七歳, 生れた時祝に貰つた品々, 生れた時私の名前, 生れた時章斎は十五歳, 生れた時美奈子が某, 生れた時葉子は自分, 生れた時迷庵はもう, 生れたの空模様, 生れた智的所産とも云, 生れた智能や容貌, 生れた暗い強い気分が, 生れたに新しい, 生れた書店です, 生れた最大の権利, 生れたと日, 生れた木曾の山家, 生れた本性であるらしい, 生れた本来の意味, 生れた本能のあらゆる, 生れた李白はかつて, 生れた東北地方の歴史, 生れた東北系の人, 生れた松岡の家, 生れた果報にもいろ, 生れた果報者でもなかっ, 生れたのところ, 生れた棒組根性このまま, 生れただ, 生れた極めて樂天的な, 生れた楽器である, 生れた楽天的な広い, 生れた樵夫あがりで魯鈍, 生れたから四五碼, 生れた機敏な才能, 生れた欲望が烈しく, 生れた歌人斎藤茂吉氏の歌碑, 生れた歓びを知った, 生れた正直さ朗らかな子供, 生れた正直一途からどの, 生れた此弟が四つ, 生れた武郎は幼時, 生れたの腹, 生れた民藝といかに, 生れた民謡が多い, 生れた気狂いという意味, 生れた気負い肌が侍, 生れた気運ではない, 生れたの弱い, 生れた水の泡が円く, 生れた水野仙子のよう, 生れた永徳が生れ, 生れた永田氏が東京, 生れた江戸ッ子であったの, 生れた江戸時代にはこの, 生れたの水, 生れた法典村が一年おき, 生れた泥棒癖が再び, 生れた注射文学に外, 生れた流浪人だらう, 生れた浮浪人さえ此世, 生れた深川の家, 生れた混血児だと, 生れた混血獣でありだが, 生れた清造は十歳, 生れた漁撈農耕の豐饒, 生れた漂泊性を飽満, 生れた漂浪性が発揮, 生れた漢学の嗜好, 生れた瀬戸内海の浜, 生れたを打つ, 生れた炉端で前後不覚, 生れた初めて結婚入籍, 生れた為四十近くまで処女, 生れた無名無形の剣, 生れた無性者の根性, 生れたの子, 生れた熱情と生一本, 生れた爲め敏感なる歐羅巴, 生れたを持ち, 生れた父さんは特別, 生れた物数奇から来た, 生れたの子, 生れた犬どもは小首, 生れた狂人は幸福, 生れた狡智戦略政策にかけて人並以上, 生れた狷介と懶惰, 生れたの子, 生れた伯爵貴族院議員柳原義光氏の, 生れた現代日本の劇作家, 生れた理想を憧がれ, 生れた理由は, 生れた理窟つまり銘々, 生れた環境の解明, 生れた瓜子姫子など, 生れた粹の, 生れた生き甲斐のある, 生れた生地のま, 生れた生涯の幅, 生れたの中, 生れた田舍は美濃, 生れた田舍人と同じく, 生れた由緒もある, 生れた甲州やその, 生れた甲斐性にはたと, 生れた男の子たち佐藤さんのは稲ちゃん, 生れた男の子後の少将滋幹, 生れた男兒がメルリン, 生れた男女に於菟, 生れた男子は無, 生れた町内の如き, 生れた畸形物のくせ, 生れた病気です, 生れた痼疾のよう, 生れた癇の虫がジリジリ, 生れた發足からその, 生れた白痴なの, 生れた百万キロの電力, 生れた百八星中の一つ, 生れたばかりという手袋, 生れた看護婦第一号以前, 生れたなし鰻, 生れた瞬間から八方, 生れた短気の生れつき, 生れた破鐘声で話す, 生れた社会主義の鼻祖, 生れた社会現象を現実的, 生れた祖国というもの, 生れた神坂村も驛, 生れた秀頼をいつぺん捨子, 生れた私たちはかかる, 生れた私達には想像, 生れた市は, 生れた稟質によるもの, 生れた空想を一層, 生れた立派な得意, 生れた章三は貴族, 生れた競争本能で横, 生れた笹部準之助の息子, 生れた箇所であるため, 生れた篁村は三十五歳, 生れた築地小劇場の事業, 生れたか知らん, 生れたと云う, 生れたロシア風の, 生れた純情多感な自然児, 生れた純真味を形, 生れた素朴な平民, 生れた素材が表現, 生れた素質を最も, 生れた経験がない, 生れた統帥力は全校八百, 生れた総領のお, 生れた総領娘なので, 生れた縹緻美しと, 生れたでかえって, 生れた美しさで, 生れた美作の山々, 生れた美女であるなら時に, 生れた美貌が仇, 生れた義氏以来同じ領地, 生れた義胆と侠骨, 生れたる年バルソロミウ, 生れた翌翌年とく子は五度目, 生れた習癖ではない, 生れた老人達が澤山, 生れた老婆の利枝, 生れた者ゆえ人間の男, 生れた者帰化したもの, 生れた聖者は頭, 生れた聡明さで平次, 生れた聰明さで平次, 生れた背景には前, 生れた胎児を彼, 生れたの限り宙, 生れたぶしでも, 生れた臆病な性質, 生れた臆病さから来たらしい, 生れた自然の性質, 生れた自由では, 生れた自由主義よりも一歩, 生れた舞台は或は, 生れた船場や島之内あたり, 生れた芝居に就, 生れた芭蕉は寛文, 生れた芳正君の運命, 生れたではあり, 生れた芸術上の不, 生れた芸術家の魂, 生れた芸術界の鬼ッ子, 生れた若者たちこそいたましい, 生れた苦しい混乱した, 生れた英傑の一人, 生れた英雄の話, 生れた茅葺屋根の家, 生れた草雲はひどい, 生れた藩士の根性, 生れただ, 生れた虚弱兒だ, 生れたは翅, 生れたかと思う, 生れた表情なの, 生れた西村という家, 生れた西洋人の子, 生れた西荻窪の家, 生れたの家, 生れた親ゆずりの鼻, 生れた親友はまるで, 生れた親爺は一生涯麦飯, 生れただが, 生れた証拠であ, 生れた詩人的氣禀の爲め, 生れた詩魂の呻き, 生れただと, 生れた誇張というもの, 生れた語り物が説経, 生れたを確かむる證據, 生れた諧謔味が空気, 生れた豁達さが返っ, 生れた豐後の地, 生れた貞操といふもの, 生れた負けじ魂が縮ん, 生れた負けずぎらいの気性, 生れた貧乏ひまなしで, 生れた貴い勇気も, 生れた貴婦人ではなかつた, 生れた貴婦人たちは銭, 生れた貴族趣味のもの, 生れた資格としてわり, 生れた賜物である, 生れた質素な下谷御徒町, 生れた赤ちやん誰, 生れた赤ちやんだよ, 生れた赤ン坊がもう, 生れた赤ン坊千人のうち毎年三百人近く, 生れた赤毛の娘, 生れた越後の野, 生れた身の上だったが, 生れた軽薄を果敢ない, 生れた農村から半, 生れた近所では誰, 生れた追憶や思い出, 生れた通人病や粋人癖, 生れた速足さえ無けれ, 生れた過剰な愛欲, 生れた過去のお話, 生れた過激にし, 生れたの, 生れた道具のうち, 生れた道綱も大きく, 生れた達也自身も決して, 生れた遠い町から, 生れた那覇人で沖縄流, 生れた郁太郎でこの, 生れた郊外の方, 生れた部屋その隣り, 生れたの土, 生れた郷里だ, 生れた郷里作州吉野郡讃甘村大字宮本, 生れた釈迦と同じ, 生れた里子は直吉, 生れた野育ちの途方, 生れた釧路の方, 生れた鈴木牧之が天保年間, 生れた長兄が下総布川, 生れた長塚節は水戸中学, 生れた長子手白の猿, 生れた間延びのした, 生れた闊達な氣象, 生れた阿佐ヶ谷の家, 生れた陶画の美, 生れた階層の常識, 生れたに非常, 生れた雄々しい若者, 生れたと美, 生れた雑草の如き, 生れた有さに, 生れた雨神に外, 生れた霊獣を思い出し, 生れた露たっぷりな葡萄, 生れた静枝は直江津, 生れた頃父が一時母, 生れた須賀川といふところ, 生れた頓作ではない, 生れたの質, 生れた頽廃趣味に陥っ, 生れた風貌についてみだりに, 生れた食意地の張った, 生れた食物のよ, 生れただそう, 生れた馬喰町の一丁目, 生れた馬鹿者やいと言うところ, 生れた駒次郎はこの, 生れた騒ぎに猫, 生れたが兎角, 生れた高尚な良い, 生れた鬼子であるから, 生れたとか根性, 生れたと鮒, 生れた鴎町一丁目の家, 生れた黄泥巷は極楽, 生れた黒い土地それが, 生れたっ欠け