青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「生れ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

生じ~ ~生じた 生じた~ ~生ずる 生ずる~ ~生まれ 生まれ~ ~生まれた 生まれた~ ~生れ
生れ~
~生れた 生れた~ ~生れる 生れる~ ~生んだ 生んだ~ ~生命 生命~ 生存~ ~生徒

「生れ~」 6658, 69ppm, 1644位

▼ 生れ~ (2892, 43.4%)

96 始めて 59 初めての, 来たの 56 はじめての 50 來た 47 来て 41 はじめて 38 くる 33 始めての 32 来る 29 来るの 25 いる 23 くるの 22 來る, 来たよう 21 いるの 20 間も 16 来たん, 来るもの 15 きたの 14 このかた, 來て 13 ゐるの, 初めてだ, 初めて見る, 来た, 来たもの, 来ること 11 いた, くるもの, 一度も 10 ゐる, 来た人間 9 きて, くる子供, 来たやう, 来ない 8 くること, 初めてな, 来ても, 来なければ 7 ゐた, 育って

6 [11件] きたよう, こない, それが, 以来の, 來ない, 来たか, 来たという, 来ます, 来ると, 来る子供, 東京に

5 [13件] はじめてと, はじめて見る, まの, ゐると, 一足も, 初めてだった, 初めて見た, 初めて見ました, 最初の, 来たと, 来た以上, 来るか, 来るん

4 [22件] いたの, いて, いること, いると, きた, きたもの, くるわけ, くる者, はじめて見, 以来まだ, 出て, 初めて, 初めてで, 初めてでした, 居る, 来たこと, 来たので, 来た甲斐, 来ようと, 来るよう, 来れば, 東京で

3 [39件] いたか, いない, いました, きたわけ, これが, しまった, そこに, っから, はじめてだ, はじめてだった, はじめて心, はじめて海, みなければ, やっと, ゐること, 二月にも, 今まで, 以来初めて, 切なく鳴き続ける, 初めてこの, 初めて人, 初めて感じた, 初めて知る, 初めて聞いた, 初めて酒, 土に, 始めてな, 日本の, 来そう, 来たばかり, 来た人, 来た男, 来ないとも, 来ない方, 来なかった, 来るかも, 横町に, 男女二人の, 育つた家

2 [137件] いたら, いまだ一度, いるか, いるとは, いるはず, いるもの, いれば, きたか, きたかを, きたこと, くると, くるとき, くるよう, くる人々, くる子, くる美, このかた一度, この国, この方, この方こんな, こよう, し, しまいましたし, しまつ, じきに, すぐに, そして死ぬ, それを, だ, はじめて友だち, はじめて手, はじめて本州北端, はじめて見た, はじめて親切, はじめて都会, まだまっか, みると, やくざ者に, やつと, よかった, より今, より以来, ゐたか, ゐて, ゐても, 三つの, 三ツほど, 三十何年かに, 三十何年以上にも, 三十何年間いや, 三十何年間といふ, 三十何年間どの, 三十何年間色が, 三日目に, 人の, 今日まで, 今日死ぬ, 仏教を, 以来始め, 以来始めて, 以来聞いた, 何も, 何らの, 來さうな, 來ます, 兄が, 切なく鳴き續, 初て, 初めてこんな, 初めてであった, 初めて会った, 初めて何, 初めて恋, 初めて教鞭, 初めて男性, 初めて知, 初めて知った, 初めて紹介状, 初めて腕車, 初めて自分, 十八に, 參りました, 吉原の, 夕に, 大正五年に, 太陽を, 奇妙に, 始て, 始めから, 実質的な, 家督を, 居るの, 山に, 幼少の, 後の, 摩訶不思議な, 来たかを, 来たが, 来たといふ, 来たとか, 来たばかりに, 来た子供, 来た小さな, 来た者, 来た訳, 来ないこと, 来ないと, 来ないという, 来ないの, 来ないほう, 来なかったの, 来なかったん, 来ません, 来るという, 来るといふ, 来るので, 来るもん, 来る子, 来る子供たち, 来る筈, 来る若い, 極めて虚弱, 死んだ浦島, 気位も, 江戸で, 波に, 父と, 直ぐ死ん, 神田で, 立派な, 米の, 育った家, 自然に, 草角力の, 誰か, 身に, 間もなく死んだ

1 [1321件 抜粋] あくまで之, あの谷底, いくらも, いたこと, いたづら, いたと, いたならば, いたならもっとも, いたらあるいは, いたらな, いたら少く, いった, いないだろう, いないという, いないわけ, いなかったかも, いは, いましたら, いまでは, いも, いるかしらとも, いるから, いるだろうと, いるところ, いるのね, いる不幸, いる彼女, いる石像, いる高輪, おいでに, かかる言, きあらゆる, きたかと, きたから, きたと, きたといふ, きたワケ, きた形式, きた正子, きた菩薩, きます, きや, くるが, くるし, くるため, くるだろうからね, くるに, くるのに, くる以前, くる尊き, くる粉飾, くれば, こ, こないこと, こないに, こなかったほう, このかたこれ, このかた覺, この二字, この寺, この方この, この方一度も, この方経験した, この方誰も, この時, これほどの, こんな故事, ござつたといつて, さみしい事, しかもこの, しばらくの, しまえば, しまって, しまわなければ, すぐ引, すぐ死ぬ, すでに成人, ずっと学校, そこから, そこで少年, そして幾十年, そのとき, その子, その日, その盛, そもそもの, ただやすやす, つまらないわ, どうして国, どんな町, はじめてお話気違い, はじめてそう思った, はじめてである, はじめてね, はじめてほ, はじめてらしい, はじめて二千, はじめて人工呼吸, はじめて動物園, はじめて友情, はじめて味, はじめて地下室, はじめて孤独, はじめて怖, はじめて接する, はじめて本当, はじめて気がついた, はじめて海岸, はじめて海水着, はじめて画料, はじめて知った, はじめて知らされた, はじめて穿く, はじめて縮んだ, はじめて肌, はじめて舌, はじめて警察, はじめて迷児, はじめて鍬, はじめて靴, ふたたびこれ, まことに働きがい, まだお, まだ五十余日, まだ千兩箱, まだ記憶, まも, みた上, みんこと, もはや風守, ゆくこと, より七十餘年, より壯, より未だ一度, わがさき, ゐたならば, ゐない, ゐないといふ, ゐない自分たち, ゐなかつたに, ゐましたから, ゐるおめでたい, ゐるなどといふ, ゐるみんな, イと, クウフリンが, ハワイの, ヒンダスの, 一つの, 一ヶ月ぐらい, 一ヶ月經たぬ, 一年たたない, 一度か, 一月しか, 一歳の, 一番閉口した, 七カ月である, 七十幾年多くの, 七歳道法ことごとく, 三十七年のんべんだらり, 三十余年, 三十四年伝法に, 三十日から, 三年経っ, 三度とも, 三歳に, 三歳五歳までは, 上品で, 下女には, 不幸という, 不足なく, 世過ぎに, 中年から, 九年十ヶ月という, 事実は, 二タ月目位だ, 二人の, 二十三年に, 二十二年を, 二十八日に, 二年目に, 二月ぐらいに, 二月とは, 二月にしか, 二百日くらいから, 五六か月過ぎた, 五十年, 京洛を, 人がましく行, 人間に, 今の, 仕える主, 仕舞つた, 以來數, 以来あの, 以来かくの, 以来かよわき, 以来これほどの, 以来ずつと, 以来みた, 以来一度も, 以来人に, 以来使っ, 以来叱られる, 以来嘗て, 以来応接間という, 以来最初である, 以来熊に対して, 以来竹刀を, 以来胸に, 以来鉄拳を, 伸子の, 何よりの, 何歳に, 來かけ, 來たわけ, 來なけれ, 來やうといふ, 來活き, 健康が, 僅に, 八十億年その間に, 八年といふ, 六七月に, 六歳の, 兵隊さんに, 其事に, 再会の, 出たお, 出ながら, 出ろと, 初めてあなた, 初めてここ, 初めてださうで, 初めてであり, 初めてでございました, 初めてで御座いました, 初めてと, 初めてぴったり肉, 初めてまとまった, 初めてベーコン, 初めてラムネ, 初めて井戸, 初めて他人, 初めて何者, 初めて全身, 初めて原稿料, 初めて土足, 初めて外科, 初めて妾, 初めて当面, 初めて御用聞, 初めて感ずる, 初めて成, 初めて握った, 初めて日本, 初めて書いた, 初めて本当に心から泣きました, 初めて気がついた, 初めて泣き, 初めて海, 初めて牡蠣フライ, 初めて町人, 初めて真心, 初めて種蒔, 初めて経験, 初めて羽二重, 初めて耳, 初めて肉欲, 初めて草鞋, 初めて蓴菜, 初めて行う, 初めて貴女, 初めて踏んだ, 初めて金策, 初めて顕微鏡, 初めて食った, 初めで, 労せずし, 十の, 十七丹脣常に, 十二ヶ月以上も, 十八まで, 十六年不孝のみ, 十年たたぬ, 十日目に, 半年ばかりの, 半年位かしら, 半時も, 南米で, 去年の, 友達といつても, 口が, 同じく定命, 名を, 君恩に, 呉れたらう厭, 唯の, 善く之, 四十三年, 四歳に, 土を, 地方の, 変に, 夕べに, 大きくなつたら, 大変苦労し, 天台座主慈恵大僧正の, 太棹を, 奈良市にも, 女の, 如何ばかり, 始めてと, 子爵家でも, 安楽な, 宗家を, 家業である, 寺に, 小さく育ち, 少女の, 少年時代を, 居て, 居られるです, 居るその, 居る現実, 山ん, 岩倉公に, 已に二十余年, 市中に, 平安朝に, 幸に, 幾らにも, 彼女は, 後父の, 御覧傍から, 必然の, 性皆相近し, 成長する, 戦を, 戦場に, 手藝つたはらず, 持つて, 教育も, 数ヶ月しか, 文學者であり, 斉善の, 日に日にその, 日数の, 旦那として, 早くから水商売, 昨日の, 暖かい家庭, 最も東京風, 最高の, 木に, 村中の, 来さうな, 来ずに, 来たあはれ, 来たかの, 来ただけの, 来たとは, 来たのに, 来たも, 来たるの, 来たわけぢ, 来た事, 来た他国, 来た使命, 来た勝れた魂魄, 来た女, 来た子, 来た幸せ, 来た彼女, 来た文芸, 来た様, 来た社会, 来た肉体, 来た言葉, 来た賦税, 来つつ, 来ないうち, 来ないん, 来ない時代, 来なかったこと, 来なかった為め, 来なかつたならば, 来なかつた友達, 来ぬが, 来ました, 来ますが, 来られない, 来るいろいろ, 来るかと, 来るが, 来るだらうと, 来るであろう, 来るとは, 来るべきである, 来るやう, 来る人間, 来る余地, 来る創作, 来る女, 来る愚, 来る時, 来る根本, 来る気分, 来る理由, 来る端的, 来る訳, 来る赤坊, 来る青年, 来る鹿の子, 来生きて, 東京麻布の, 楽園に, 欲しいと, 正法大に, 此方一度も, 武, 武士の, 歴史を, 死の, 死んで, 母の, 毎月の, 江戸に, 津軽で, 消えるだけの, 清元の, 満一年, 滅多に, 炭焼きしか, 熱海と, 父の, 父母の, 狐が, 猿っ, 生きて, 生母を, 生長する, 甲斐の, 町の, 疾を, 百五十日ほどに, 百姓仕事を, 百日も, 百日目という, 盛なら, 直ぐ母, 相会す, 真実に, 瞳の, 祖先の, 福慈岳の, 私は, 秋なかばからの, 第一, 粗野なりけれ, 継承しなかつた, 美しい盛り, 老人にな, 聖代の, 育ったつましい, 育ったチャキ, 育った人々, 育った少年時代, 育った津軽, 育った郷里, 育つた燕, 育つて, 腹一杯悪い, 艱難を, 英国で, 草上に, 落つきどこ, 行くこと, 西風に, 見ると, 覚えの, 評議は, 詩人でない, 誤解と, 貧しきが中, 貧に, 跛なりしかば, 身体の, 軍人の, 遅配に, 都会に, 釋迦の, 間が, 間もなく勘当, 間もなく母, 間もなく病死, 闇へと, 隠遯者, 非常に, 頭が

▼ 生れ~ (438, 6.6%)

4 女の 3 人が, 人の, 婦人は, 方は, 癖に, 者で, 若い女, 農夫は

2 [25件] お葉さん, わたしにも, アンデルセンが, 五歳の, 人で, 人間が, 人間には, 作家が, 女である, 女を, 娘が, 宿命を, 彼は, 河童で, 浅草育ちで, 由である, 私には, 私は, 細君が, 者と, 者も, 自分には, 訛を, 長野が, 魔法使が

1 [360件] ある女, いい孤児, いやしかった, いわゆる浜ッ子, いわゆる第, おばあさん野原の, お前の, お化, お嬢さん達が, お松と, お爺さん江戸鮨の, お花さん, お菊, お長, お雪, お鹿さん, ことなどを, この人, この商人, この御曹子, この敏腕, この煤けた, この重役, しんせつな, そしてドイツ, はなしの, ひとりの, ほんとうは, ぼくなどにとっては, ぼくは, ものが, ものには, やうな, やくざ者人肉を, よくない, わたしなぞが, アメリカ婦人である, エリザを, エルアフイは, オリガ・フォルシュは, ゲーテが, シャギニャーンが, ジャファル・アル・ソフィ, ジャン, セパードを, チヤキチヤキが, テナーで, ニコライさん, ピアノ弾き, フロラと共に, プリマドンナでした, マドロスさんが, マル児は, ヤアシヤ・ハイフエツツといふ, ユダヤ婦人で, ロシア人で, ヴァイオリンの, ヴアイオリンの, ヴィクトル・アリ氏が, 一不良学生に, 下町の, 丸山の, 丸年である, 乙女が, 乙松といふ, 九州育ちの, 二世の, 二人の, 交りつ氣の, 人々で, 人々は, 人かと, 人だった, 人であっ, 人である, 人であれ, 人とやら, 人な, 人にでも, 人には, 人は, 人別の, 人達な, 人間の, 人間は, 今年二十五歳だった, 今年八十四歳だ, 仏蘭西の, 仏蘭西人, 伊達ものには, 伴天連だった, 低い頭, 佐野に, 作家である, 俊敏な, 偉人は, 傳教士が, 僅か二十年足らず, 僕ぐらゐな年齡の, 儒者で, 兄は, 兇悍冷血なる, 兩親と共に, 兵士達の, 兵隊の, 別嬪が, 刻印, 力士で, 力持が, 労働者がたん, 十三の, 十八世間並みの, 十四歳の, 又次郎は, 友人に, 古河市兵衛などに, 可愛い男の子, 同僚の, 名高い僧侶さん, 名高い天文学者, 名高い提琴, 唄では, 商人が, 商人と, 商人は, 喜兵衛も, 四十五歳位の, 四女陸が, 四男幻香同, 国を, 地を, 埠頭場主の, 士族なれ, 大きな婦人, 大三郎, 大人物で, 大声で, 大工上りとかいう, 太郎である, 女が, 女で, 女と, 女などに, 女には, 女は, 女中が, 女中であった, 女中と, 女中との, 女中は, 女伝道師, 女優が, 女児, 女医さんを, 女性が, 女性で, 女性であった, 女批評家ミス, 妓が, 娘の, 娘は, 娘を, 婆さんは, 婆様から, 婦人でも, 嫡男専之助という, 子だつた, 子供の, 学生だ, 学生であった, 学生には, 宗彭沢庵と, 宣教師が, 家に, 将軍や, 将軍綱吉が, 小人物, 小母さん, 小犬の, 小舎人, 小蟹, 小雀だけ, 小雀も, 少女ありし, 山の, 山川捨松は, 年老たる, 年輪どおりもっとも, 廿三運を, 彼をも, 従ってことし四十三歳, 御三, 御婦人, 忍の, 怠け者街頭の, 性といふ, 悲しさ, 愛しきピピヤス, 愛国者で, 愛嬌者だけに, 手品師までが, 批評家シェストフ, 抒情詩人だ, 探偵は, 支那人で, 故か, 故郷, 文化的職業家の, 新知識, 方だろう, 方で, 方には, 旅廻りの, 日本人だ, 日本人を, 日本青年は, 旦那は, 書生が, 書肆は, 有名な, 木田と, 末の, 朱弦舍濱子も, 東京そだち, 東京住居である, 栴陀羅が, 桑子は, 棲家に, 機械工の, 檜垣の, 櫻内は, 正直者の, 武士であった, 武家侠客で, 歯の, 気前は, 氣の, 氣質を, 水の, 水夫長パナマ運河コロン市から, 水銀売りだ, 水馴れた, 江戸っ, 沖縄人一般に, 波蘭猶, 派手な, 浅原八郎父子と, 混血児です, 火夫とでも, 熱心な, 父を, 牛丸少年が, 物理学者であった, 独断家においてのみ, 猩々が, 猶太, 猿の, 生徒を, 生粋の, 男であった, 男でありまし, 男は, 画家と, 画家パヴロ・ピカソと, 画家ピカソに, 画家詩人科学者などの, 相手方水兵に, 眉目秀麗な, 知識婦人であった, 碧眼の, 神父たちは, 私と, 私なぞには, 秘密を, 立派な, 筈であります, 米国人であった, 米庵が, 給仕男が, 美しい少女, 美丈夫ふと, 美人を, 美女巧雲の, 老人が, 老人の, 老婦人, 老遍路さん, 老骨は, 者が, 者であっ, 者でなけれ, 者には, 者にや, 者は, 者を, 者一人を, 背の, 自分として, 舞姫で, 舞踊家である, 舞踊家イサドラ・ダンカンの, 般若三藏は, 艇夫で, 良い婦人, 色の, 色白な, 花売娘を, 芸者が, 若いユダヤ人, 若侍, 荷馬車曳き, 藤陰が, 蛮カラだった, 西洋女と, 西鶴は, 見物衆は, 親たちが, 親達は, 言葉使いの, 証拠を, 詩人の, 詩人作家の, 豆太郎は, 貧しい水夫, 貧乏人である, 貴からざる, 貴婦人は, 赤坊を, 踊り子を, 踊子に, 身長の, 軍人の, 軽騎兵, 農夫が, 遊人で, 遼子が, 都会っ子の, 醜婦ばかりを, 野蛮人な, 金成マツ婆さんが, 金毛犬と, 金髪の, 金魚コメット・ゴールドフィッシュさえ, 銀弓の, 陳秀峰と, 陶器である, 青年で, 青年ミラノフは, 音楽家ヴヰクトル・ヘルバルトといふ, 頬ペタの, 頭大, 養母は, 馬には, 高齢者である, 髭の, 鯨ゆえ江戸の, 鴈治郎と, 黄姓で, 黒人である, 黒人の

▼ 生れてから~ (276, 4.1%)

12 一度も 9 まだ一度 7 見たこと 6 今日まで 5 死ぬまで 4 まだいちど, 今まで, 今日に, 今日までの 3 はじめてです, 始めて, 死ぬまでの

2 [16件] この時, こんな辱しめ, まだこんな, 三十七年間あの, 云つた事の, 今に, 今までに, 今日一日ほど, 初めて拳銃, 十九の, 後も, 未だ世の中, 百日くらいしか, 知らぬ滿足, 聞いたこと, 身体を

1 [180件] あのよう, あんなに人, あんなに怖い, あんな恐し, あんな重, あんまり食った, いちども, いまだかつてこんな, いまだかつて馬, お舟, こっちこんな, こっち手前は, この, このかた, この同じ恐れ, この家族, この年, この方私は, これが, これほど, こんななさけない, こんなに体裁, こんなに腹, こんなに體裁, こんなひどい, こんな凄い, こんな恐ろしい, こんな愉快, こんな気持, こんな滑稽, こんな無念, こんな経験, こんな赤恥, ざっと五十年, したこと, ずっと曲馬団, ずっと海浜, それ迄, そんな立派, そんな顔, たった一つ, たった一度, たつた一度, だとも, ついぞ月代, ついぞ見た, どういふ, ないこと, はじめてだ, はじめてであった, まだただ一日, まだ一遍, まだ乗った, まだ劉備, まだ十月, まだ南アフリカ, まだ玉突, まだ笑った, まだ見た, まだ間, まだ顔, まつたく郷里, マダ試みた, 一年と, 一度だって, 一昼夜泣かなかった, 一遍に, 一遍も, 七転びで, 三月ばかり, 三里以上歩行いた, 世界が, 二十年たった, 二十時間たった, 二十歳頃まで, 二十歳頃までずつと, 二度目に, 五十にしか, 五歳で, 人と, 人を, 今までの, 今夜ぐらい, 今川を, 今日の, 今日までに, 今日ッて, 今日日まで, 今朝み, 今迄に, 以來毎日身に, 以来第, 以来食った, 何不足なし, 俺目違いを, 出家し, 初めてこれ, 初めてである, 初めてです, 初めての, 初めて二の足, 初めて受, 初めて斬, 初めて母, 初めて聞かされた, 初めて草双紙, 初めて見, 初めて見た, 初めで, 十七年同じ, 十三四年の, 十二年の, 十八年あらゆる, 十四の, 十四歳の, 十年目に, 十年近くを, 十月位にも, 又夜八時間, 四十五年ここへ, 始めてこんな, 始終死といふ, 婦人帽という, 嫁入を, 彫刻で, 後にも, 後の, 快活な, 恁麼得意を, 恁麼酷い, 手酌に, 挟すばかり, 日に, 是迄に, 時計を, 暗い海, 最初だ, 朝鮮京城の, 未だいちど, 未だ一度, 未だ加留多, 未だ歌留多, 東京以外に, 此那にも, 此那場所で, 死ぬまでを, 死ぬるか, 死ぬる迄, 殆ど一度も, 殺した子, 殺すよりも, 江戸の, 決して豫感, 油を, 泥坊を, 涙は, 済まぬ事, 満十七年, 満足した, 滅多に, 演説といふ, 物心が, 生活は, 石の, 程なく余病, 経験した, 經驗した, 經驗の, 老父の, 自分の, 芝居という, 若いお天道様, 若殿附に, 読んだこと, 重荷を, 間も, 間もなくの, 随分心細く, 隨分心細く, 飲みなれた水

▼ 生れ~ (210, 3.2%)

10 あつた 4 父は 3 本名は 2 あつて, それが, ね, もともと貧しい, 字を, 家は, 留さんが, 竹山は

1 [177件] いざと, こういうこと, このとき丁度七歳, この地, これは, ござります, さうし, さすがに, そうです, その名, その年少十四, その隣り, その頭, それも, そんなに諸国, ただもう, ちょうど六十二, ついこの, どこから, どんな経歴, な古馴染, ね小さい, ひげ, ぼくの, またの名, まだ苦労, もとは, もと兼山の, れっきとした武家出, アムンセンより, カフカより, クリコウの, 丁度十九の, 七人きょうだい, 下町で, 両親とも, 両親は, 中学校も, 中學を, 二十八歳でした, 五年前に, 五行の, 亡なった, 人魚の, 今でも, 今は, 似たやう, 何處其處と, 信州では, 兄が, 其土地の, 其處で, 出羽某とかいう, 初めての, 初夏の, 前身が, 勉強したく, 北条の, 十七八歳即ち, 十七年前に, 十歳で, 又大阪, 叔父の, 名を, 周瑜字を, 唯の, 圭齋が, 堀切の, 大の, 大へん親切, 大阪に, 女の, 如才なく, 始めで, 始めは, 子供の, 字は, 孤兒だ, 孤子だ, 宇治の, 家へ, 審配字を, 小學校, 山田と, 年は, 幼い時, 幼少な, 幼年の, 弥坂勇造という, 彼と, 徐晃字を, 戸石君は, 才能が, 抽斎に, 数え年四十三, 文久から, 斯んな, 日本流に, 春月より, 昭和六年に, 暁星中学三年まで, 曉星中學の, 曹操字は, 有名な, 朝鮮にも, 本当の, 李逵とは, 東京に, 東北なまりが, 松平家の, 梁山泊へは, 楠の, 次男坊なる, 欧州大戦, 武家奉公などは, 死ぬまで, 歿年は, 気短だ, 水泳の, 水軍に, 沼津の, 泳ぎも, 浜辺か, 清作と, 渭南に, 湯は, 無懶, 父親は, 牛飼い, 現内閣, 現在は, 現在渋谷の, 生れたところ, 生れつき悧発で, 相当の, 真澄自身の, 矢張り帝大を, 祖父は, 私は, 立派な, 竹見太郎八という, 綱宗と同年品は, 綱宗より, 繭の, 美人でも, 美貌で, 義雄が, 聞分が, 胡夷の, 脚夫を, 苗字は, 苗字も, 若くて, 董昭字は, 西班牙人の, 親しい先輩, 親の, 親は, 親も, 言葉は, 許, 賑やかな, 賢くて, 越中高岡へ, 趙雲字は, 踊り子の, 辛抱強いのに, 通臂猿という, 遊学の, 運平さんという, 那覇市は, 郷里の, 青少年の, 馬に, 高いところ, 髪は, 黒旋風の

▼ 生れ故郷~ (179, 2.7%)

53 のこと, の村, の東京

2 [17件] から消え去っ, が詳らか, であって, とその, と全く, のオーデンセ, の事, の四日市, の土, の日本, の末期, の氏神さん, の水, の江戸, の訛り, へ帰っ, を逃げ出すべき

1 [131件] から何, から出, が, が懐, が救, が東京市, ぐらい美人, だな, であ, でありそして, である日本, である東上州, でしたやう, です, ですから, では, ではある, でもない, でも広い, で御岳講, とあっ, というところ, としてこちら, とする, とするであろう, との往復, とを記入, と殆ど, と申, なる東邦, にあたる, にある, にたどりついた, にもつながり, に対して殆, に帰つたの, に於, に来, に歸つて, に疎開, のあの, のたより, のコネティカット州, のフランス, のポルトガル, のメーン州バンガー, の丁抹, の不知火, の両親, の中国, の人たち, の伊勢, の博多, の四周, の国, の国土, の土地, の土臭い, の地, の地名, の城下町弘前, の場面, の墨田川, の大平村, の大阪, の家屋敷, の寝心地, の小野, の尾張, の市, の恋し, の播州, の新潟, の景色, の月, の村役場, の根拠, の此島, の沓掛宿, の浅草, の渓谷, の瀬戸うち, の物語, の王城, の生活, の石田村, の神社, の福岡, の空, の自慢話, の英国, の西湖, の誰彼, の遠い, の金木, の関川, の隣国, の隣村, はここ, は出羽, は勿論, は当時田原村辻川, は東, は海, は瀬戸内海, は英吉利, へもう, へ参る, へ向う, へ帰った, へ帰つて, へ帰る, へ立寄っ, へ行く, へ送り返される, まで持出し, みたよう, も何, や両親, よりもずっと, をきくで, をその, をなつかし, を出, を忘れない, を恋し, を捨てさせた, を探しあぐねた, を見限っ, を逃げ出し, を離れ

▼ 生れながらに~ (151, 2.3%)

63 して 4 持つて 2 やありけん又, よきキリスト, 人を, 持って, 目上の, 筆硯的感覚を, 醜くおしつぶされた

1 [70件] いちじるしいから, かがやいて, これを, ずるくッ, そう定められ, そう考え, そこに, なす所業, めしひたり, もって, 一個の, 一生光君さまの, 一疋だけの, 世に, 両親を, 享けて, 何か, 光りかがやき黄金, 全く階級, 全ての, 具は, 冠って, 即して, 取り落して, 受けたのみ, 各個人, 呪はれたる, 唯一絶対の, 喧嘩を, 図太いもの, 夢見勝ちな, 天稟の, 女神たる, 奴隷であり, 孤独の, 実らない糠, 封じ込められて, 左の, 後家さまの, 微密, 徳義を, 怖ろ, 慣れた発声法, 戯曲家では, 所有する, 手と, 授った, 智勇兼ね, 武将の, 清雅な, 発達し, 目しひなる子, 眼を, 知って, 知つてゐた, 知つてゐる, 知りぬいて, 社会奉仕を, 秘められた純情, 能役者, 自信を, 自分等の, 色の, 血も, 行き詰つた己, 貴い姫君, 身に, 醜い含羞, 頭の, 鼻あらず

▼ 生れながらの~ (140, 2.1%)

2 もので, エゴイストとが, 愛の

1 [134件] おデコ, お百姓ぢ, ご自尊, ままの, ものの, ものを, ツンボで, プロ野球人だ, ルンペンな, ヴァガボンドである, 丈夫な, 三千石の, 下劣性ある, 不具者は, 不敵な, 不束さを, 不用意と, 主として尊敬, 主君であり, 主従であった, 乞食では, 住家の, 俺は, 傍観者では, 傍観者と, 優しい気品, 労働者である, 北京ッ子だった, 半病人, 古典人だまっ, 善人の, 坂東骨, 夢を, 大盗心, 女王の, 女神たる, 奴隷, 娘で, 娘の, 嬰児の, 孤児である, 孤児性が, 孤独好きを, 官能に, 定めを, 家門や, 宿なし, 宿命によって, 宿命を, 小野の, 山男だ, 差別が, 己れ, 幼い者, 彼の, 忍術使いだ, 性も, 性格だけは, 性格は, 悪で, 悪人では, 悪人な, 悪魔であった, 悲しい運命, 成人である, 才分や, 技巧である, 持病でし, 支配者統率者である, 教育家と, 敵である, 新たな, 新聞記者で, 智者では, 有の, 東洋人であり, 業病を, 権利と, 殿樣である, 民話の, 気分っ子である如く, 活氣と, 清白なる, 港町で, 物語作家に, 物貰いじゃ, 犠牲者だ, 猶太婦人, 王で, 王者で, 現人神である, 田舎育ちなら, 町人な, 病弱で, 病弱も, 病弱者とて, 百姓の, 目上と, 盲, 盲人が, 私生児の, 筈で, 精気として, 精気五体に, 素質は, 紳士だ, 美しい娘, 美人なら, 美質は, 美醜感覚という, 習性だった, 職工では, 腕力と, 色好みじゃが, 芸術家な, 若竹の, 虚弱で, 血も, 詩人なりき, 調停派と, 讐同志だった, 貞節な, 身と, 軟派である, 運命だった, 運命に, 運命を, 道徳家だ, 金庫の, 鈍根だ, 關係に, 陰謀癖と, 頑固で, 魂を

▼ 生れ~ (137, 2.1%)

5 どこだ, 何處だ 4 しない, 大和葛上郡 3 何処だ, 越後の 2 したが, どこだい, 下谷で, 何処, 四国の, 大和でも

1 [101件] いちごな, この近村, しないけれど, しないだらうね, しなかったが, しまいか, せぬ, せぬかと, どうあらう, どこ, どこか, どこじゃ, どこでござん, どこです, どこな, にっぽんそれで, やっぱり江戸, イギリスという, インディアナの, ジュネーヴで, ニューヨーク, ボストン, 上方だ, 上総の, 上總の, 京都の, 京都府葛野郡朱雀野村である, 伊勢の, 何でも, 何事にも, 何処かと, 何処だい, 何處な, 信州高遠の, 備中の, 傳通院前で, 八重山で, 兵庫県キノサキつまり, 北国の, 北海道お年は, 同じ市, 四月四日で, 土佐, 土百姓の, 城外味鋺村の, 士族である, 奄美大島だ, 如何でも, 寅歳で, 小石川の, 山にて, 山形県です, 岡山の, 岩手と, 岩手県と, 川越在, 希臘だ, 忍の, 愛蘭で, 愛蘭土で, 房州の, 日本橋の, 未の, 東京な, 東京の, 東京近在の, 東北の, 東国だ, 松前とか, 栃木県の, 横浜で, 武家方で, 江中の, 江戸じゃ, 沛国, 河原町の, 深川, 潁川です, 生っ粋, 由緒正しい, 百姓です, 相州の, 相模の, 矢張りこの, 神宮寺名は, 福島県の, 秋田で, 秋田市の, 義陽, 芝の, 薊州の, 行徳で, 西の, 貧乏だ, 越後じゃ, 違いますが, 都で, 阪もんや, 雪国の, 雪深い, 高唐州

▼ 生れながら~ (119, 1.8%)

2 なる弱き心, 何という, 小さい子供達, 必然に, 武門の, 百姓という

1 [107件] あるいは日本語, いま陥った, おちかは, お鍋はなんて, この世の, この母, こんな田舎, しかも子供, すでに名匠, する事, そう云う, そなわった品, その百分の一, そんな卑怯, ついに正式, どうした, ひ弱く育った, ひ弱く育つた, まるで倫敦, まるで異, もち合わせた, 一城の, 一種の, 不器用で, 不幸に, 世禄に, 丸で, 主体性理想性叡知良心責任感を, 乃公は, 人生に, 人間には, 今の, 位が, 体が, 体も, 何の, 全体の, 其を, 具備し, 劇作家でなけれ, 受けて, 吾, 困難に, 女の, 定まった宿命, 封じられて, 少くとも, 少しも, 弁えて, 弓馬の, 弱いせゐ, 後足が, 微賤, 徹頭徹尾旧, 忘れて, 忠孝の, 悧発な, 悪と, 惠まれた, 意気地も, 愚かしさ, 愛嬌を, 慈悲の, 戯曲家である, 持って, 持つた名工, 持つて, 新婚旅行なんて, 既に非凡, 日本の, 日本を, 時々は, 暗い運命, 有明の, 機謀に, 気随気ままに, 泳ぎを, 深窓の, 灯台下暗し, 物事を, 猪狼に, 王者の, 生胆取り, 町人では, 白い靄, 目が, 祖先に, 神の, 私には, 虚弱な, 蛮国に, 親讓の, 誰をも, 負って, 財宝の, 貧苦も, 身に, 身について, 身分ちがいの, 軍職と共に, 農民の, 野僧なども, 非常に, 非業な, 風邪を, 高が, 鳥類にも

▼ 生れ~ (90, 1.4%)

4 ちから違ふも, という 3 ということ, と云 2 から, と云う, と云つた職工長

1 [70件] からあまり, からいい, からこうした, からこの, からアマ, から何だか, から十三, から年づよなのよ, から御, から急, から明治, から私, から蛮人, かわし, か本当, か育ち, が, がこの, がそれでも, がフランクフルト, が中年, が他, が天保八年, が家, が恐山, が晶子, が案外, が農村, が遺産, が金銭, けれど人間, さ, そうじゃが, そうだ, そうで, そうですね, ちからの, ちから縁が, ちから苦労を, ちから違う, ちのものは, ちの氣風も, という小さな, という意味, といった, といふ, といふ十六娘, といよいよ, といわれ, とかアイツ, とか聞きました, とさえ吹聴, とすれ, とだけはおさな, とフランス人, と云っ, と云った, と本人, と聞い, と聞いた, と聽, と自称, と覚え, と言, と言った, なんて吐かした, なんて怪しい, もの, よ, ッた

▼ 生れ~ (59, 0.9%)

6 なつた 4 なったの 2 して, し汝, なって, なりました, なりましたけれども, なるまでに

1 [37件] あらず万乗, し, しかたは, なったから, なったが, なったという, なったのに, なったん, なった年, なった日蓮聖人, なった時, なった月日, なった翌年, なつたんです, ならないズット以前, ならない以前, なられたお子様, なりその, なりながら, なりましたの, なり通親, なるか, なるでしょう, なると, なるので, なる以前, なる都度, なれば, 似合は, 化けすまし, 当るから, 来たといふ, 来ると, 来るといふ, 相違なかっ, 違いない, 附随した

▼ 生れ出た~ (59, 0.9%)

2 のである, もので, ものである, ものな, ような, 使徒である

1 [47件] がそして, こういう系脈, ことは, ことを, この世において, この悪魔, ともいえる, のが, ので, のであります, のです, のは, ばかりの嬰児, ばかりの生命, ばかりの赤ん坊, ふたごの, ものであったらしく, ものであり, ものでなく, ものでなけれ, ものには, ものは, やうな, わが子へも, わが子を, 一種名状すべからざる, 人間は, 古代芸術の, 國である, 土地で, 妄想を, 子女が, 平林たい子が, 後を, 意義の, 新しい作家, 明治時代の, 時既に, 書である, 物は, 犬種では, 甲斐には, 社会的環境の, 翼の, 者にとって, 説明の, 陽気で

▼ 生れつい~ (57, 0.9%)

8 ている 2 てのお, てのオッチョコチョイ, ての放蕩者, ての浪人, てゐる, て居る, て来た

1 [35件] ていない, ていないらしい, ていまい, ておる, てから刃もの, てくれる, てそれ, てどれ丈人, てのバカ, てのバクチ打ち, ての人相, ての俊敏, ての卑怯者, ての大阪人, ての惡筆, ての懐疑家, ての朗, ての氣重, ての河原者, ての浮気もの, ての浮気者, ての独断家, ての盲目, ての腺病質, ての臆病, ての野猪的本領, ての馬鹿, て一本気, て呉れた, て女らしい, て居ません, て性格技能, て日本語, て甚だ, て臆病

▼ 生れ~ (51, 0.8%)

4 て来る, で 3 て来た 2 ている, て生きた, でたる, でたる桃太郎

1 [32件] てこうして, てそれぞれ, ても一歩文語体, ても生れ, てゐる, て多く, て始め, て晴やか, て来, て来ない, て来なけれ, て空想化, でかくして, でざれと, でし, でしま, でしもの, でし女神, でし詩, でし赫夜姫, でたり加, でたるもの, でたる新た, でたる者, でな, でプロテスタニズム, で目, で虚無, で途中真珠, ながら年三十有余, ながら結局, はしなかった

▼ 生れ付き~ (47, 0.7%)

2 でこんな, で男前, の善人, の性質, の臆病者

1 [37件] かあるいは, かもしらん, がちがう, だから, であったの, ではありません, ではない, で気象, ながら更に, によって武勇抜群, に定まっ, に持つ, のもの, のナマクラ, の下戸, の中, の女, の察し, の悪党, の惡黨, の方, の旋毛曲り, の柔順さ, の片, の瘠せ, の百姓, の素質, の美し, の虚弱児童, の雄, の飲酒癖, の馬鹿, は何猫, ひどい腋臭, 御病身, 情深い女, 抜けて

▼ 生れ~ (46, 0.7%)

5 つかぬ片 3 賤しい 2 つかぬ不具者, 育ちも

1 [34件] あり嬋娟, したので, し育ち, せぬ日, せねば, つかない目, つかない眼, つかぬこんな, つかぬびっこになってしまう, つかぬ三眼, つかぬ不具, つかぬ低能児, つかぬ傷, つかぬ兎唇, つかぬ刻印, つかぬ大, つかぬ左きき, つかぬ巨人, つかぬ形相, つかぬ明盲, つかぬ浅間, つかぬ盲人, つかぬ盲目, つかぬ跛犬, つかぬ醜い, つかぬ黒い, つかねえ片, よかった, 付かぬ不具, 付かぬ不具者, 付かぬ松皮疱瘡, 付かぬ欠口, 付かぬ賤, 出でねと

▼ 生れても~ (45, 0.7%)

2 ゐなかつた長男, 仕方が

1 [41件] あれに, い, いいの, いい頃, いつかは, いない, いなかったし, このまま, この二つ, この通り, こんないい, その忝, その性格, それは, みんな死ん, わしは, ゐなかつたし, 乳が, 五百生中常に, 人には, 例えば梅毒, 俳句が, 刻苦し, 古くから, 女が, 孤児の, 家が, 日本人の, 母親が, 気に入らんから, 決して大名貴人, 流石に, 無関心, 病気と, 私は, 自分以上に, 輪廻まぬがれ, 迷えば, 非文化的, 食うため, 高山彦九郎ぐらいの

▼ 生れ~ (30, 0.5%)

2 はりか, よくて

1 [26件] いいとか, いいので, お生れ, じまる, どうだ, はりであら, はりである, はりに, 何せ脆弱い, 多数を, 好いから, 悪いと, 悪いの, 明治六年だ, 晩いから, 泡盛の, 流れ流れて, 生れだけに, 異なる故, 米沢で, 聖護院八ツ橋で, 記憶が, 違うという, 違うよ, 雑多に, 靄深く

▼ 生れたり~ (28, 0.4%)

5 死んだり

1 [23件] して, しを, し女子, し時, するかも, すると, するの, それが, できたり, 個人として, 刺違たり, 君トロイアに, 寝るため, 彼れ, 我は, 故に働く, 汝の, 活きたり, 生まれて, 生れかけ, 矣, 自然と, 階級的な

▼ 生れたて~ (27, 0.4%)

3 の赤ん坊 2 の嬰児, の小さな, の玄米パン, の赤児

1 [16件] からこんな, のほやほや, の人間, の仔羊, の嬰, の子供, の幽か, の汽船, の海, の私, の赤ン坊, の赤子, の鷄卵, は小さな, は気, は誰

▼ 生れである~ (27, 0.4%)

5 ことを 2 が両親, が新太郎

1 [18件] かということ, からこの, から今年, から子供, から山, から数え年二十二, から此, が七つ, が咫尺, が深堀家, が長く, ことであった, ことは, とこ, どうしてその, のでフランス, や否や, 点美男子で

▼ 生れその~ (25, 0.4%)

2 現象において

1 [23件] ほかの, ま, 中には, 中の, 二年目に, 兄ダミアーノの, 嘲蔑, 地方が, 大勢に, 子供に, 子玉から, 家で, 年十一月三日に, 御諭, 推理眼は, 時五十七歳に, 時代を, 殆ど全, 翌年また, 翌年伊達捷平夫婦が, 肌の, 頃は, 齢歌麿より

▼ 生れ代り~ (25, 0.4%)

2 だ, で大量殺人, どす

1 [19件] かと訊く, かわ, か自分, だっせ, だと, であろうと, ということ, としか思えませぬ, と信仰, などとは余り, なん, にわたらせられ, のお, の説, みたいな, やから, らしいの, 明の, 陽明先生の

▼ 生れ~ (24, 0.4%)

5 んだ 3 んです 2 のだ, ば

1 [12件] のか, のでございます, のです, のでちょうど, ので周瑜, ので昔, ので晩年, ので最も, のよ, ば牛, んだろう, んで

▼ 生れ乍ら~ (23, 0.3%)

4 にし

1 [19件] に水潛, に足, の不, の厭世詩人, の善人, の女たらし, の性質, の武家, の物貰, の狂女, の獨, の理想主義者, の町人, の白痴, の盲目, の精氣五體, の美し, の美男, の質

▼ 生れては~ (22, 0.3%)

1 [22件] いないし, いなかったであろうか, いるが, うっかりお, くれないから, ゐないが, ゐなかつた, 北条家の, 大変だ, 子守歌なく, 富士の, 来ないから, 来ないの, 来るの, 死し死しては, 死に, 死に生れては, 死ぬるけれども, 死んだ, 死んで, 消えして, 消え生れては

▼ 生れついた~ (21, 0.3%)

2 身の

1 [19件] ぎまん者の, その樫, といふの, のらくらもの, ままの, よい行儀, ようにしか, わが身の, 境界ば, 性分であろう, 片輪, 美しい両脚, 美人の, 美貌は, 者で, 者には, 色が, 量を, 門地の

▼ 生れ~ (20, 0.3%)

2 自認し

1 [18件] あるから, いうから, いうが, いふから, つただ, はっきりと, みえる, 名乗って, 存じ上げる, 早生れの, 比較し, 申しまするの, 聞いた, 聞いて, 聞けば, 自ら名乗りし, 見ゆ, 言われたが

▼ 生れ~ (20, 0.3%)

2 つて, りという

1 [16件] ったかの, ったよう, った身, ってくる, って参りまし, って見, つたつて, つたやう, つた氣, らしたらどう, りたる如く, りだ, りました, りました元, り同士, り給

▼ 生れ~ (18, 0.3%)

2 はりし樣

1 [16件] かつてゐる, その男, その荒い, はらう朧月, はらば, はり, はりし様, はりたる如くなりき, はりの, はること, はる形である, 北国の, 存じませんが, 手ざはりの快い, 知りませんが, 非常に

▼ 生れつつ~ (17, 0.3%)

3 あつた 2 あったの, あるの, 水に 1 ありました, あります, ある, あること, あるそれ, あるんぢ, ある作品, またその

▼ 生れ~ (16, 0.2%)

1 [16件] もつ傷めつけられ歪められて, らば, 何よりの, 問えば, 嫌う迷信, 思い知らされ恥ずかしく, 思はせるやう, 思わせた, 日本の, 本場と, 知ってるの, 示す嫋, 聞定めよう, 自慢し, 自慢に, 自覚し

▼ 生れ~ (15, 0.2%)

3 つたやう

1 [12件] つた, つたつて, つたつもり, らしたなど, りたらむ樣, りたるやう, りだらうといふ, りで, りで福徳圓滿, りで金, りと, り見たいな

▼ 生れ~ (14, 0.2%)

2 にあらざる

1 [12件] と云う, と傳, ながらの睡み, による, は一二六五年, までは, まではそ, を恥辱, を然, を説く, 場父祖の, 日は

▼ 生れです~ (13, 0.2%)

1 [13件] か, から, からまだ, から今年, から女芸万般, があれ, が親, し父祖, ね, のよ, よ, よわたし, ナ

▼ 生れ~ (12, 0.2%)

3 だから 1 が訣つて, と月日, のちがい, は勿論, は知れない, も同じ, も御存知, をたずね, を享

▼ 生れ~ (12, 0.2%)

2 なの 1 かと見れ, だ, だそう, でございますもの, ではあった, とはいい, とみえ, とみえる, に合っ, は生れ変らぬ

▼ 生れ~ (12, 0.2%)

1 [12件] いとあきらめ, いとはよういえた, いめが, いよ, い何, ないかも, ないでも, なひ, なひで, ひ, ひぢ, ひですから

▼ 生れ出る~ (11, 0.2%)

1 [11件] ことと, ことの, ことは, ために, のにいろ, ものでなけれ, ものには, や否, 婦人民主新聞の, 支度を, 月を

▼ 生れ~ (11, 0.2%)

1 [11件] 七〇年父に, 七三年十月アクイスグラヌム, 七八年父の, 七六年アラゴンの, 九四年に, 五一年ローマで, 八五年皇帝ハインリヒ六世の, 八六年に, 六三三年メヂナに, 四七九年七十四才で, 藩青木某の

▼ 生れそれ~ (10, 0.2%)

2 が又 1 がああ, に従って常識, に附随, の把握, は最も, を, をどう, を潤飾

▼ 生れ~ (10, 0.2%)

6 くない 1 こないか, こないの, こないめ, こないよ

▼ 生れでは~ (10, 0.2%)

2 あるが 1 ありません, ありませんか, あり殊に, ないか, ないが, ないやう, なかった, 無かった

▼ 生れそして~ (9, 0.1%)

1 ここに, そこで, その同人山田田鶴子さん, 一九二三年十二月十二日に, 全ての, 思いがけぬ地歩, 成長し, 育ったニージュニ・ノヴゴロド, 育つた浅草

▼ 生れだった~ (9, 0.1%)

1 かいのう, からである, がその, がやはり, けれどよりによって, そうだ, そうです, と見える, のが

▼ 生れ付い~ (9, 0.1%)

2 て居ない 1 てのノウ天氣, ての器量, ての田舎者, ての見栄坊, て慳, て知っ, て賭勝負

▼ 生れ在所~ (9, 0.1%)

1 があり, だからと, である, の西多摩郡, は天竜川, は霧, も村, やさだ九郎, より更に

▼ 生れ立て~ (9, 0.1%)

1 から十五六, の子, の純情, の羚羊, の職業婦人たち, の赤ん坊, の赤ン坊, の赤子, の馬

▼ 生れ~ (8, 0.1%)

1 が非常, たしょうが, てもお, であった, でね, とも思はれる遣, とも思われる遣, みたよう

▼ 生れ土地~ (8, 0.1%)

2 の高 1 から尾上山, で地盤, の関西, はどこ, は知りまし, を知らない

▼ 生れ変り~ (8, 0.1%)

2 のよう, の如く 1 だっていいました, でいつもニコニコ, でいらつ, に過ぎない

▼ 生れ東京~ (8, 0.1%)

2 で育った 1 では山の手, で育つた, で育てられた, に育ち, に長, の育ち

▼ 生れかは~ (7, 0.1%)

3 つたやう 1 つたら別に, つてな, つてゐる, つて小鳥たちの

▼ 生れこの~ (7, 0.1%)

1 人も, 家門に, 市に, 方面に, 民草の, 生物に, 都會に

▼ 生れそう~ (7, 0.1%)

1 だ店賃, なん, な力, になる, に思われない, もない, もなく

▼ 生れそこ~ (7, 0.1%)

1 で死ぬ, なひは, にさまざま, に洗練, に生き, に育つた, へもっ

▼ 生れにて~ (7, 0.1%)

1 あたかも妙齢十七, フランスポアチエの, ボルドー, 先祖は, 十七歳の, 妻の, 相当の

▼ 生れ~ (7, 0.1%)

4 の宝石 1 が來, は, までが明らか

▼ 生れ~ (7, 0.1%)

2 も霞ヶ浦 1 となり, のやう, のよう, はレオ小右衛門, も最近

▼ 生れでございます~ (6, 0.1%)

1 からこれから, から一族郷党, から前橋, から当年, な, ねえ

▼ 生れでも~ (6, 0.1%)

1 あれば, したよう, したら困りは, すくなくも皆さん, ない素姓, ない者

▼ 生れ~ (6, 0.1%)

1 た故人, た身, て元, て生後六十日目, ませし, るであらう小さな

▼ 生れ出でた~ (6, 0.1%)

1 のである, のも, ものである, イネ帝国の, 子供たちは, 書店である

▼ 生れ同じ~ (6, 0.1%)

1 様に, 母の, 無想から, 由来を, 育ちの, 郷士の

▼ 生れであった~ (5, 0.1%)

1 がいたって, が猟, と思われます, コネリイ・モルの, 父は

▼ 生れなれ~ (5, 0.1%)

3 ど姉 1 ばこそ初めて, ばこの

▼ 生れまた~ (5, 0.1%)

1 これが, 或る, 時としてそれ, 滅びる思惟, 現在の

▼ 生れ代つて~ (5, 0.1%)

1 又明らか, 同じ所, 来たらわ, 来ますさかいな, 来る

▼ 生れ~ (5, 0.1%)

2 のため 1 か一つ, か犯罪, の幸

▼ 生れ~ (5, 0.1%)

2 はせた 1 はさなかつた, はせ, はせて

▼ 生れ日本~ (5, 0.1%)

1 で育った, で育つた, の歴史, の言語, の鎌倉期

▼ 生れ替り~ (5, 0.1%)

3 にはあるまじ 1 が立つ, だと

▼ 生れ~ (5, 0.1%)

2 を離れ 1 では左, の役場, の父親

▼ 生れ江戸~ (5, 0.1%)

1 で商人, で栄えた, に入, に長, へ出

▼ 生れ生活~ (5, 0.1%)

2 し死んで 1 がのんびり, と一緒, のうち

▼ 生れ立ち~ (5, 0.1%)

1 からし, から宮廷, で御, のため, の奇瑞

▼ 生れ難い~ (5, 0.1%)

1 かまた, この人生, ほどの凍結, 人間と, 身と

▼ 生れ~ (4, 0.1%)

1 乳も, 夏と, 嬢さまとも, 燕という

▼ 生れ~ (4, 0.1%)

2 うして 1 うだ, うだと

▼ 生れずし~ (4, 0.1%)

1 て大坂, て終った, て自由党, て自由黨

▼ 生れたる~ (4, 0.1%)

1 ことを, アズミ氏だ, 朝なりき, 赤子は

▼ 生れだけに~ (4, 0.1%)

1 あの女, 武士魂を, 馬鹿みたいに, 鶴雄は

▼ 生れであっ~ (4, 0.1%)

2 てこの 1 て他人, て名

▼ 生れでない~ (4, 0.1%)

1 から発音, ことだけは, こと他国で, と芸者

▼ 生れという~ (4, 0.1%)

1 のである, わけで, 事, 珍らしい

▼ 生れ~ (4, 0.1%)

1 がったか, がったらひねって, 生い立ちによる, 育ちの

▼ 生れよう~ (4, 0.1%)

2 としてゐる 1 がない, に難易

▼ 生れ合せた~ (4, 0.1%)

1 この時代位, もので, 幸福を, 悪縁じゃ

▼ 生れ~ (4, 0.1%)

1 が女, と生れ, ながらも仇, ながらも敵討

▼ 生れ~ (4, 0.1%)

1 がある, が普通, をした, を母胎

▼ 生れ来る~ (4, 0.1%)

1 のである, ものと, 者も, 雪の

▼ 生れ~ (4, 0.1%)

3 ぬる人 1 といふもの

▼ 生れ~ (4, 0.1%)

1 と年, の最も, はその, は草

▼ 生れ變つて~ (4, 0.1%)

1 も中屋貫三郎, も色男, も酬い切れない, をる

▼ 生れ變つて來~ (4, 0.1%)

1 させるより, たら奧さん, ても氣性, て居る

▼ 生れあった~ (3, 0.0%)

1 という今上後醍醐, のが, 親の

▼ 生れあの~ (3, 0.0%)

1 お母さんに, 深い森林地帶, 辺は

▼ 生れかへ~ (3, 0.0%)

2 つてき 1 つてきた

▼ 生れからの~ (3, 0.0%)

1 恋慕流しか, 盲目では, 野差刀では

▼ 生れかわり~ (3, 0.0%)

2 に相違 1 だなんて

▼ 生れしかも~ (3, 0.0%)

1 女の子は, 帝系の, 最初に

▼ 生れたりと~ (3, 0.0%)

1 いえども, さへ, 云ふ

▼ 生れたれ~ (3, 0.0%)

1 ばあつ, ばこそこの, ば多く

▼ 生れてからの~ (3, 0.0%)

1 カン境による, 一人息子では, 一切を

▼ 生れてからは~ (3, 0.0%)

1 お婆さんの, 大みな, 幼い時

▼ 生れてを~ (3, 0.0%)

1 つたのであります, らぬ, ります

▼ 生れであり~ (3, 0.0%)

1 ながら東京錦絵風景, 拔手を, 現に両親

▼ 生れでした~ (3, 0.0%)

1 が一代, ね海岸, の

▼ 生れとか~ (3, 0.0%)

1 おっしゃったな, で小さな, 数奇を

▼ 生れどころ~ (3, 0.0%)

1 が悪かっ, の解らない, を知らねえ

▼ 生れなすった~ (3, 0.0%)

2 んです 1 しナスカヤ姫

▼ 生れなら~ (3, 0.0%)

1 ばつとに, ば雪, 柳沢出羽守も

▼ 生れ~ (3, 0.0%)

2 さむ 1 さむ吾御子益荒男

▼ 生れむ子~ (3, 0.0%)

2 のこと 1 を思ふ

▼ 生れやう~ (3, 0.0%)

1 がご, とする, と結婚

▼ 生れらしい~ (3, 0.0%)

1 威厳を, 実直な, 怪しげな

▼ 生れ~ (3, 0.0%)

1 のやう, のよう, をした

▼ 生れ出で~ (3, 0.0%)

1 て, て來, て立去りあへず

▼ 生れ~ (3, 0.0%)

1 其処で, 拡張した, 遊里が

▼ 生れ合せ~ (3, 0.0%)

1 だと, と観念, やら自分たち

▼ 生れ合わした~ (3, 0.0%)

1 それぞれの, という幸運, 人民の

▼ 生れ合わせた~ (3, 0.0%)

1 ということ, 境遇の, 明治という

▼ 生れ~ (3, 0.0%)

1 はとう, もない, 知らぬ高山植物

▼ 生れ~ (3, 0.0%)

1 の安全, の薬, を抱え

▼ 生れ幼少~ (3, 0.0%)

3 の折

▼ 生れ~ (3, 0.0%)

1 の胎, は社会, は鷲見氏

▼ 生れ民衆~ (3, 0.0%)

1 に役立つ, の清潔, の生活

▼ 生れ~ (3, 0.0%)

1 ひて, ふと共に産湯, ふ日

▼ 生れ遊ばした~ (3, 0.0%)

1 としたなら, のでございます, のは

▼ 生れ附き~ (3, 0.0%)

1 乱を, 内気な, 立派な

▼ 生れかと~ (2, 0.0%)

1 そのとき, 聞くから

▼ 生れから~ (2, 0.0%)

1 して, 云つても

▼ 生れがい~ (2, 0.0%)

1 もある, をそこ

▼ 生れがわり~ (2, 0.0%)

1 で御座いました, といったよう

▼ 生れけむ~ (2, 0.0%)

1 かも, われは

▼ 生れける~ (2, 0.0%)

1 かと驚き, に夏子

▼ 生れここ~ (2, 0.0%)

1 で育った, に育った

▼ 生れこれ~ (2, 0.0%)

1 が又, を飽くまでも

▼ 生れさうな~ (2, 0.0%)

1 のだ, 気が

▼ 生れさえ~ (2, 0.0%)

1 すりゃ誰, すれば

▼ 生れそうして~ (2, 0.0%)

1 あの尾張名古屋, 物心つく

▼ 生れそこで~ (2, 0.0%)

1 一生を, 働きそこで

▼ 生れたつい二年前~ (2, 0.0%)

2 は秀吉

▼ 生れたとい~ (2, 0.0%)

1 どのよう, へるなら近代

▼ 生れたりとて~ (2, 0.0%)

2 われも

▼ 生れだけ~ (2, 0.0%)

2 あって

▼ 生れちゃ~ (2, 0.0%)

1 事で, 来ないん

▼ 生れ~ (2, 0.0%)

1 や, やあねえか

▼ 生れついては~ (2, 0.0%)

1 婦人の, 男子に

▼ 生れてからとで~ (2, 0.0%)

2 経験しました

▼ 生れでなく~ (2, 0.0%)

1 丹波の, 噂に

▼ 生れとは~ (2, 0.0%)

1 思はれないと, 気づかぬであろう

▼ 生れなされ~ (2, 0.0%)

1 さへ, てもう

▼ 生れなすつた~ (2, 0.0%)

1 ので六ヶ月前, んでせう

▼ 生れには~ (2, 0.0%)

1 ちと解し, 幸田君の

▼ 生れにも~ (2, 0.0%)

1 ない片, 似ず筆蹟

▼ 生れのけ~ (2, 0.0%)

2 高さ

▼ 生れむをりの事~ (2, 0.0%)

2 をも頼みおきぬ

▼ 生れらしく~ (2, 0.0%)

1 丸ポチャの, 色の

▼ 生れロンドン~ (2, 0.0%)

1 で新聞記者, で育ち

▼ 生れ一方~ (2, 0.0%)

1 においてキュービズム, は

▼ 生れ七歳~ (2, 0.0%)

1 の時, までカランド

▼ 生れ且つ~ (2, 0.0%)

1 住んで, 育つた

▼ 生れ~ (2, 0.0%)

1 の生涯, よりは家

▼ 生れ人い~ (2, 0.0%)

2 の眠り

▼ 生れ人間~ (2, 0.0%)

1 の寿命, の礼節

▼ 生れ付き腕~ (2, 0.0%)

2 が鈍く

▼ 生れ代る~ (2, 0.0%)

1 といわれ, ような

▼ 生れ代ろう~ (2, 0.0%)

1 とし, とする

▼ 生れ~ (2, 0.0%)

1 はむずれ, べし

▼ 生れ出ずる~ (2, 0.0%)

1 ことの, のである

▼ 生れ出たる~ (2, 0.0%)

1 に似, 刹那より

▼ 生れ出づる凡て~ (2, 0.0%)

2 の創造

▼ 生れ出ない~ (2, 0.0%)

1 で何, 前の

▼ 生れ出ぬ~ (2, 0.0%)

1 以前から, 物は

▼ 生れ又は~ (2, 0.0%)

2 活動せられた

▼ 生れ合した~ (2, 0.0%)

1 という, んでよけい

▼ 生れ合わせ~ (2, 0.0%)

1 が生活, にもっ

▼ 生れ変わった~ (2, 0.0%)

1 ように, 新九郎の

▼ 生れ~ (2, 0.0%)

1 に死す, に死する

▼ 生れ多く~ (2, 0.0%)

1 の人, の家臣

▼ 生れ~ (2, 0.0%)

1 伝馬の, 才の

▼ 生れ大阪~ (2, 0.0%)

1 に成長, に育っ

▼ 生れ子供~ (2, 0.0%)

2 の時

▼ 生れ~ (2, 0.0%)

1 は, は相当

▼ 生れ小さい~ (2, 0.0%)

1 時から, 時に

▼ 生れ少年時代~ (2, 0.0%)

1 から人, を北上川

▼ 生れ~ (2, 0.0%)

2 つ尾

▼ 生れ年月~ (2, 0.0%)

1 で運命, の如何

▼ 生れ彼自身~ (2, 0.0%)

1 も大人, も烈しい

▼ 生れ~ (2, 0.0%)

1 コロラドの, 京都に

▼ 生れ~ (2, 0.0%)

1 る人, 者には

▼ 生れ~ (2, 0.0%)

1 った様, り悪業

▼ 生れ新しい~ (2, 0.0%)

1 モラルの, 女といふ

▼ 生れ~ (2, 0.0%)

1 たった子, ていく

▼ 生れ無い~ (2, 0.0%)

1 前から, 婦人である

▼ 生れ熊本~ (2, 0.0%)

1 で成長, に移り

▼ 生れ甲斐~ (2, 0.0%)

2 があった

▼ 生れ空間~ (2, 0.0%)

2 を究め

▼ 生れ育つた~ (2, 0.0%)

1 国である, 日本といふ

▼ 生れ自分~ (2, 0.0%)

1 も軍人, より六つ年長者

▼ 生れ若い~ (2, 0.0%)

2 時から

▼ 生れ~ (2, 0.0%)

1 でのみ育つた, へ出

▼ 生れ~ (2, 0.0%)

1 に消えゆく, に消え行く

▼ 生れ~ (2, 0.0%)

1 の容貌, の縮毛

▼ 生れ附いた~ (2, 0.0%)

1 人間の, 女子なら

▼1* [639件]

生れひたる世, 生れあそばしたのに, 生れあっていらい, 生れありながら, 生れある場合には, 生れいい主の, 生れいささかこの国, 生れいづる事は, 生れいでた主意がた, 生れいでたる白玉の, 生れいま彼らはドイツ, 生れおまけに雲浜自身病気, 生れおれのよう, 生れお父さんは山形, 生れお祖母さんに育てられた, 生れかえられ高められたようには, 生れかかる雰囲気に, 生れかくの如く成長, 生れかけたりし, 生れかさねがさねの天祐, 生れかっと燃立つ, 生れかつ諸関係, 生れかつては人, 生れかなので色々宅, 生れかもしれない, 生れからも環境からも, 生れきた通人粋子に, 生れこうして発達した, 生れこそ一の, 生れことし三十二しかもなお逆境, 生れこれらを手近, 生れさうに思はれますつて女, 生れさすがに現実家, 生れさむらいの道, 生れざらんには如かじ, 生れしばかりの露, 生れじゃないん, 生れずっとそこに, 生れそれぞれの時代, 生れそれで全集も, 生れただ武士道に, 生れたちがそう, 生れたまふ也, 生れたりといふ感を, 生れたりとの一条は, 生れたりなどするの, 生れだいなどと話, 生れだちより悪き, 生れだちで弱いの, 生れだつたがある, 生れだのいや会津, 生れだろうと思う, 生れちやつたらどう, 生れついたる美しい脚, 生れついてさう, 生れついには公, 生れつかなかつたのが, 生れつこねえ, 生れてかの星ぞ, 生れてからでも五年なにごとも, 生れてさえまだあんな, 生れてなそいで, 生れてなどと悔やむ気, 生れての欣びを, 生れてほどなく川, 生れてよ間者に, 生れであったら疾うにゆうべも, 生れでありまして私, 生れであるらしかったが私, 生れであろうともいっこう, 生れでござんして, 生れでして, 生れでなければ村, 生れでねえんでございます, 生れで御座いますもの, 生れというは大学に, 生れといふばかりで社会, 生れとしてぜいたくす, 生れとだけで両親, 生れとて此ままに, 生れとでも云うん, 生れとには不足が, 生れとのみ郷里を, 生れとも聞かぬが, 生れどこから来, 生れどの位い, 生れないにかかわらず, 生れながらか或は期, 生れながらともいふべき孤独さ, 生れながらにも及びつかない, 生れながらもかく宗教上, 生れなくば, 生れなさいましたので結構, 生れなすつた日が, 生れなったのでした, 生れなりしがフランス王フィリップ三世, 生れなるをしら, 生れにくいということ, 生れについてはいろいろ伝説, 生れになつた形を, 生れにはなど變り, 生れのちに岡山, 生れはじめてゐたの, 生れいいなあ, 生ればかりなので, 生れへその緒を産婆, 生れほととぎすに転身, 生れぼくは二月生れ, 生れまさずば, 生れませる子の, 生れまだ何の, 生れまで言われて, 生れまるで畑違いの, 生れむとする幼な児, 生れもしくはそういう不倫, 生れやがてその男子, 生れやがてまた生る, 生れやすくまたそれ, 生れやはり和蘭通詞の, 生れやら乃至は, 生れやわか中国四国九州ぐらい, 生れゆえとても然うい, 生れゆえそこへ帰ろう, 生れゆえそれで自社, 生れゆえ故郷へ立ち回る, 生れよい環境の, 生れよくその生活, 生れより一身に, 生れろくに学校生活も, 生れわたしはそ, 生れアイヌ語の中, 生れカエサルの殺害, 生れゲッティンゲンではリッター, 生れゴーリキイは生粋下層民, 生れサラマンカ大学に二年在学, 生れシナへ攻めこんだ, 生れタイベリアス帝の時, 生れデンマークをいつ, 生れトロヴァドル派の詩人, 生れハワイ育ちと, 生れパリに學び, 生れフェーンという財産家, 生れフランスに眠る, 生れプロレタリア文学の理論, 生れペルシア戦争後アテンに移った, 生れマルクスの, 生れモオの高等学校, 生れヱネチアに歿, 生れは白菊, 生れ一〇九三年イギリス王の知遇, 生れ一一六〇年に死す, 生れ一一六四年パリ大學, 生れ一三一一年兄アルポイノとともにヴェロナ, 生れ一三一五年フランス王ルイ十世に嫁, 生れ一三三七年フィレンツェに死す, 生れ一九二〇年に歿, 生れ一九四九年十月には中華人民共和国, 生れ一二九〇年ハンガリアの王冠, 生れ一二五八年より同, 生れ一二五六年フランチェスコ派の長, 生れ一五〇五年二十四五歳でダルメイダ, 生れ一人の兄, 生れ一代の研鑽, 生れ一個の社会, 生れ一八五〇年に歿, 生れ一文の金, 生れ一昔まえの, 生れ一生を美食, 生れ一見楽天家らしい, 生れけあっ, 生れ三九八年コンスタンティノポリスの大僧正, 生れ三年たつと, 生れ三歳の折爐, 生れ三百年来直接に徳川, 生れ上方で教育, 生れ不幸にし, 生れ不良少年時代には主膳, 生れ不遇に育った, 生れをおくれる, 生れ世上に隠れなき, 生れ世間的にはい, 生れ両方が競争, 生れ両統合体の成った, 生れ両親はなく, 生れ中国で幼年, 生れ中央アジアを経, 生れに民間, 生れ乍ら商賣は, 生れ乍ら弱かつた, 生れ乍ら私には許され, 生れ乍ら種々のレンズ, 生れ乍ら轉婆娘でそんな, 生れ九月二十三日に夭, 生れ九歳にし, 生れ九百五十匁でまことに, 生れ乞食同然の少年時代, 生れ二二が五, 生れ二人の全能, 生れ二十六日に夭, 生れ二十歳前後の青年文学者, 生れ二日に死した, 生れ二月に柔ぎ, 生れ二月三日に死んだ, 生れ二月十七日に夭, 生れ二百七十四年に死した, 生れ五つ位のとき母, 生れ五一〇年ローマのコンスル, 生れ五人きょうだいのなか, 生れ五十九歳で没しました, 生れ交ってどれ, 生れ享保五年七月九日五十七歳で卒, 生れ享和元年に十六歳, 生れ京都暮しの女性, 生れ人々を教化, 生れ人死し地球, 生れは遠く, 生れ今川治部大輔殿に仕え, 生れ今日重ねて, 生れ付いたる手長猿この世に, 生れ付きおしゃべりで朝, 生れ付きお話が大好き, 生れ付きがちがふんだ, 生れ付きコンナ醜い恰好, 生れ付きヒネクレたもの, 生れ付き乱暴なこと, 生れ付き剛気の男, 生れ付き好きなこと, 生れ付き学問に不向き, 生れ付き左利きで御座いましたが, 生れ付き文才があり, 生れ付き智恵や勇気, 生れ付き本能の同型, 生れ付き殺風景でもあるまい, 生れ付き消極的な性質, 生れ付き男子の如く, 生れ付き目先が見える, 生れ付き真直ぐか内股, 生れ付き虚弱な上, 生れ付き表現の途, 生れ付き金持ちの跡取り娘, 生れ付き頑固な上, 生れ付き頭が悪い, 生れ付き馬が嫌ひで, 生れ付き鼓をいじる, 生れ付ゆえ否だと, 生れ付凝り性の上, 生れ付心配性な彼, 生れ付理解の好い, 生れつたもの, 生れ代って来, 生れ代ったように, 生れ代つた東京の今日, 生れ代つた様に落ち付い, 生れ代つた樣に眞面目, 生れ代つて來なければ, 生れ代らして貰, 生れ代らなければ自分, 生れ代りたくはない, 生れ代りなる梁山泊の, 生れ代りましたように, 生れ代りみたように, 生れは中, 生れ伊賀で育つた, 生れ似非虚僞の神, 生れ何年何月何日の何時何分, 生れの母, 生れ佛蘭西風の見方, 生れ作品に新しい, 生れ作家となり, 生れ來つた者である, 生れ來つてそして其の, 生れ信孝の方, 生れ信長が生れ, 生れだち二人, 生れ個性から出た, 生れ倏忽と空, 生れ候私は私ら, 生れ元治元年七十九歳を以て歿, 生れ先斗町に育ち, 生れ八七三年頃バグダードで死んだ, 生れ八十余歳まで生きのびた効いあっ, 生れ八歳の時, 生れ公卿でも藤原一族, 生れ公卿侍の子, 生れ公家の手, 生れ六歳で寺小屋式, 生れ共同体の中, 生れ其処に育つた, 生れ其大勢を鼓吹, 生れ其為でしょう僕, 生れ其神の威力, 生れ凡俗に死すでしょう, 生れをお, 生れ出ずべきものである, 生れ出ずる悩みがあった, 生れ出づべき器量であった, 生れ出づべき子供の将来, 生れ出づべき生命を永久, 生れ出づる子の美し, 生れ出でんことを, 生れ出なかったものだ, 生れ出なければならない, 生れ出ようとしてゐる, 生れ出るべき時期に, 生れ初めは僧侶, 生れ初めて居た, 生れつたぞ, 生れも無く, 生れ動機というもの, 生れ動物はやはり, 生れ北海道に育ち, 生れ十一月九日に死んだ, 生れ十七歳の時, 生れ十三人も出来た, 生れ十三年の後, 生れ十三歳より将棋, 生れ十二まで育つた, 生れ十六世紀に盛ん, 生れ十六歳の時, 生れ十月二日に妻威能, 生れ十歳の時, 生れ千八百七十五年三月一日午後十時同所で死ん, 生れ千八百五十九年七月二十三日巴里で死んだ, 生れ半生軍人であったが, 生れ半着でこれ, 生れ厚く介抱を, 生れ去年のこと, 生れ反対のばあい, 生れ古人開拓の田地, 生れ合わして幾多, 生れ合わしたる身の, 生れ同時に宿命人間の, 生れ含章が死んだ, 生れい得る最後, 生れ嘉永六年十一月十五日に五十二歳, 生れ嘲笑からは悲憤, 生れ四つまで生き, 生れより文字, 生れのなまり, 生れ国際ペン倶楽部日本支部と名乗る, 生れの生む, 生れ在り場所生き, 生れ在所四五丁ゆけば, 生れ圭齋は文化十年生れ, 生れに生き, 生れ地の利と人, 生れ増したところへ, 生れ外舅小林の歿, 生れ多少新しい芸術的教養, 生れ大学を卒業, 生れ大正三年二十六の十月, 生れ大陸に活動, 生れ大黒様の申し子, 生れ天下の執権, 生れ天保八年六月十八日に歿, 生れ天和元年に十二歳, 生れ天嶮と沃地, 生れ天文六年八十三歳をもって薨, 生れ天津にいる, 生れ太閤秀吉が出, 生れ女児は非常, 生れ女房も神田上水, 生れ好い敵を, 生れの道子, 生れ威嚇からは憂愁, 生れ婆羅門種であつ, 生れ学才もあり, 生れ学生時代から夙に, 生れれの, 生れ安政の末年, 生れ安政中に歿, 生れ安政六年即ち千八百五十九年, 生れ安政六年十月国事犯罪人として江戸, 生れ安政四年に柏軒, 生れ家庭で教育, 生れ家男谷との間柄, 生れ容姿花のごとき, 生れどしの, 生れ寛保元年に八十三歳, 生れ寛延三年十二歳にし, 生れ寛政七年十月十二日に七十五歳, 生れ寛政三年十六歳にし, 生れ寛政六年六十で死んだ, 生れ寛文十年十二月二日に七十六歳, 生れ寛永年間九十三歳で死んだ, 生れ審さに生活, 生れ専ら僕は, 生れ小学中学高等学校と二十年間, 生れ小学校へ通っ, 生れ壯の, 生れ少年の頃, 生れ屋号を油屋, 生れで育った, 生れ山中猿山中猿と呼ばれ, 生れ岸田俊子といった, 生れ川向うの叔母, 生れ左柳高次は讃州志度, 生れ巴里うまれであったこと, 生れ希望の力, 生れ帝位に即, 生れ帰って来た, 生れ幼い時両親に, 生れ幼くして, 生れ幼名は於次丸, 生れ幼名才助と申候, 生れ幼時だけにしろ, 生れ廖化と称し, 生れ延宝二年六月十六日に五十四歳, 生れ弘化三年に五十八歳, 生れ弘化元年に六十八歳, 生れ弟アルフレッドは一八三三年, 生れ当代の名優, 生れ当年五十八歳とは思へない, 生れの蔑み嫌う, 生れ彼女一人だけが義雄, 生れ後者から文学的, 生れ徐庶字を元, 生れ従ってその時代, 生れ御新造と云われた, 生れとも思えない, 生れ徳川の家, 生れ心配でも何でも, 生れけなく, 生れ意識の環境, 生れにより, 生れ愛らしい女の子も, 生れ慶応明治大正と社会的, 生れ慶長十二年二月二日に六十七歳, 生れ成長しいろんな, 生れ成長ニ及まで家兄, 生れ我々が追憶, 生れ戦う場合は, 生れ戯曲が作られ, 生れひ未だ, 生れがその, 生れ批評家はこれ, 生れ損いを産んだ, 生れ損つて出るの, 生れ損ないの足, 生れ損ひと思つてお前に勝手, 生れ改造された明治前後, 生れイの, 生れ故郷子供のころ, 生れ故郷富山に向つた, 生れ故郷東上州から眺め, 生れ故郷田原の西, 生れ故郷百丈村にもはや, 生れ教会はもちろん, 生れ教育のあった, 生れ文久二年閏八月十八日に八十一歳, 生れ文化六年五月七日に五十二歳, 生れ文化十三年丙子九月六日に歿, 生れ文化十二年乙亥に王位, 生れ文化十年三十六歳で死ん, 生れ文学の性格描写, 生れ文学的流派に囚, 生れ文彦が生れ, 生れ文政十年六月三日に父, 生れ文明の灯, 生れ断乎たる行動, 生れの山国, 生れ新橋堂書店に長, 生れ新潟で中学教育, 生れをし, 生れ旅役者の子, 生れ旗下中の鏘, 生れ日頃からまた, 生れ早くよりバグダード, 生れ明日はきょう, 生れ明治と共に老い, 生れ明治七年十二歳にし, 生れ明治三十五年五十五歳を以て東京, 生れ明治二十九年一月十三日に五十七歳, 生れ明治十一年九月二十七日に八十四歳, 生れ明治十年に十五歳, 生れ易つた様に自在, 生れがわるく, 生れ普遍性が生れる, 生れ暗き夜も, 生れ更つた様になつ, 生れ更つてからも癩病, 生れ更に二年後に, 生れ更らなければ, 生れ更ろうとし, 生れては人, 生れ替らせたとは云う, 生れ月日の下, 生れに那須, 生れ木屋町で豆腐屋, 生れ木津家といふ豪家, 生れ未だ死せざるさき, 生れ本名はお, 生れ来しをさ, 生れ来つた近代劇が, 生れ来ぬぞ, 生れ来り死後いず, 生れ森田の家, 生れ楽進字は文謙, 生れの梢, 生れ次いで長男安雄が, 生れ次に師匠に, 生れ次男であった, 生れ次郎はこの, 生れ歌舞伎が生れ, 生れ応二年に, 生れ正義の剣, 生れ武家には育ちました, 生れ武門に死ぬるさだめ, 生れに女, 生れ殿上に仕え, 生れ民衆生活に無関係, 生れの弱い, 生れ水商売もやつ, 生れ永田なかというの, 生れ永祿八年に十五歳, 生れ江戸神田小柳町に住んだ, 生れ津右衛門の喜び, 生れ津軽に育ち, 生れ活動し死んで, 生れに生きる, 生れ淺草に育つた, 生れ君主の, 生れ無垢の一生, 生れ無限の不満, 生れ熱いところで, 生れ物わかりのよい, 生れ犢鼻褌腮でしめ, 生れ独り死に独り, 生れ独特の国民性, 生れ猿若も亦, 生れへる君, 生れ王修字を叔治, 生れ王双あざなは, 生れ王家に育ちたる, 生れ現に暖い, 生れ現代生活を如実, 生れ現在モスコーに住む, 生れ現実の悲哀, 生れ生れつきの経済家, 生れ生れ茄子のまじないだ, 生れ生家は兄, 生れ生長し老い, 生れれ落ちた嬰児, 生れる栄華, 生れ痴愚者に生れ, 生れなその, 生れ皇国の皇国, 生れ皇朝の恩, 生れ直せぬことも, 生れ社会人情の何たる, 生れ神界から霊界, 生れ秀吉が生れた, 生れにはもう, 生れ秩父に老いたる, 生れ窮苦の何物たる, 生れ立派な父君, 生れ笑顔一つ覚えぬま, 生れ繼ぎて築きて, 生れに育ち, 生れの権威, 生れ美術劇が生れ, 生れ習慣を掟, 生れ聖人はみな外国, 生れ育った家父母の, 生れ芝桜田小学校から日本中学校, 生れ芸術家の文化戦士, 生れ苗字を武, 生れ若くして沓を, 生れ苦しい少年時代を, 生れ苦しみするの, 生れ英語塾で教育, 生れ茄子のまじないだ, 生れるとから, 生れの焼串, 生れ装飾をもっ, 生れ西は蘇格蘭, 生れ西の丸のお膝下, 生れ西印度諸島やその他諸方, 生れ西欧諸国に発達, 生れ西洋人の要求, 生れ要求がおこるなら, 生れ観念は更に, 生れに劇, 生れ詩人劇が生れ, 生れ變つたといひ, 生れ變つた樣な喜び, 生れ變つた氣になつて, 生れ變つてお出でよ, 生れ變つて家に歸, 生れ變らねば, 生れ變りつちんでも, 生れ變ツたの, 生れ豊かにのびのび, 生れ貧乏で育つて, 生れ貧乏人の中, 生れ貴女の友達, 生れ貴族の子弟, 生れ賤しき一巡禮者なり彼レーモン伯, 生れ赤ん坊のまま両親, 生れて十五日, 生れ跡目に成る, 生れ軍人の子, 生れ農村の事, 生れ近年までその, 生れ返って来なけれ, 生れ返ったように, 生れ返りよ, 生れ追求が集中, 生れ逆境に育ち, 生れ通詞の家, 生れ遊芸を嗜み, 生れ道光八年に僅か, 生れ道化味が湧き出る, 生れ道頓堀に近く, 生れ都会的な遊び, 生れであつ, 生れ金持の家, 生れ売りなど, 生れ鉄砲鍛冶の父祖, 生れじて, 生れ長兄には英傑, 生れ長子常太郎, 生れ長寿を保っ, 生れ闘争に生き, 生れ附きでございますのとで, 生れ附き飛び離れた食辛棒な, 生れ陶工として死ん, 生れ隠喩も発生, 生れの渋民村, 生れ難くされて, 生れ電気劇機械劇などまでが生れよう, 生れ衛生的な, 生れ音曲が生れ, 生れ音楽を解し, 生れ額蔵が育った, 生れ顕栄の位地, 生れ風車で揺れる, 生れ香港五つの時, 生れへ鯒