青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「真に~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~看板 看板~ 看護~ ~看護婦 県~ ~眞 眞~ ~真 真~ ~真に
真に~
~真中 真中~ ~真似 真似~ 真剣~ ~真実 真実~ 真暗~ ~真理 真理~

「真に~」 3378, 36ppm, 3188位

▼ 真に受け~ (75, 2.2%)

42 てお, てこれ, て何

1 [65件] お前には, その耳学問, たりし, ちゃいけない, ちゃ大変, ちやいけない, てあたい, てあたし, てあの, てあわて, てい, ていい, ている, てくれませんでした, てここ, てこんな, てさっそく, てしまっ, てじっと, てすべて正面, てその, てたまる, てにわかに, てはいけません, てはいませんでした, ては駄目, てもよい, ても受けねえで, てや, てりん, てゐたら, てゐる, てアルプス倶楽部, てテッキリ, て上陸後四日間, て今にも, て仙台くん, て初め, て夜ふけ, て尼, て帰っ, て御, て早く, て時刻, て書, て来た, て此処, て疑る, て盗み出した, て私, て私たち, て考えつづけ, て自分, て行く, て許婚, て貰, て青く, て非常識, て飛び出し, て鰈, ながらまるで, もしなかった, らるる, 怖れ, 最初の

▼ 真に迫っ~ (35, 1.0%)

11 ている 5 ていた 2 てい

1 [17件] ています, ていよいよ, ております, てかけ, てつかまれ, てはいけない, て一同, て並ん, て出来る, て実物, て彫っ, て悲哀, て来る, て洛中洛外, て湧い, て訴え, て話す

▼ 真にその~ (32, 0.9%)

3 名に 2 肉体から

1 [27件] ひとの, 一人だった, 一瞬でありました, 中で, 中を, 人が, 仕事の, 仲間と, 作品を, 君を, 地方の, 差別の, 建国精神を, 思想家の, 情熱を, 成果を, 批判が, 日その, 時刻こそ, 本質的な, 欲する, 活き動く関係, 状態は, 理を, 精神を, 通りに, 養いと

▼ 真に美しい~ (31, 0.9%)

4 ものは 2 藝術を, 鯖色の

1 [23件] かを見分ける, ところ哉, のだ, ほとんどすべて, ものが, ものである, ものと, ものとは, ものまた, ものを, もの無上に, 一刻である, 人の, 人間の, 作が, 作を, 品たる, 器である, 工藝品で, 形のを, 心とを, 流露感が, 食って

▼ 真に近い~ (30, 0.9%)

4 とすれ 2 であろう, ように

1 [22件] か, かと思います, かは疑問, ことの, だらう, であろう勿論, ということ, と仮定, と信ずべき, と思われる, と考える, と考え得よう, と言っ, ならば, のは, ものだったろう, ものであった, ものであるなら, ものと, ものとは, ようである, 考察が

▼ 真にうけ~ (29, 0.9%)

4 ている

1 [25件] そうだ, たりした, ちゃア, て, てあたし, ていい, ていられない, ておられる, ておりました, てお母さま, てこんな, てしたい, てたちまち, てにわかに, ての話, てはせっせと, てゐる, て何, て千代子, て女, て帰ら, て手紙, て来る, て着物, 独立したい

▼ 真に迫った~ (26, 0.8%)

3 ものであった 2 ものが, 傑作であった

1 [19件] お芝居, からかれ, しぐさばかり, もまことに, 人切りの, 出来栄えである, 半身の, 名画と, 地獄の, 心持に, 息絶え絶えの, 手紙や, 殺し場を, 演出に, 演劇を, 筆の, 絵が, 説明付きで, 首吊り女が

▼ 真に受ける~ (25, 0.7%)

3 奴が 2 訳には

1 [20件] といふ, とは, と同時に, と馬鹿, なよ, な何, には及びません, のでございます, ので大, のも, はずない, ものか, ものは, ような, 人も, 奴は, 愚人も, 打棄, 男女が, 癖が

▼ 真に人間~ (21, 0.6%)

2 を恋し, を愛する

1 [17件] としてなすべき, としてのすなわち, としての徳, として芸術家, として願うべき, に対して客観的, の世の中, の力, の命, の心, の更生, の母, の魂, をし, を救い得る, を救う, を殺した

▼ 真に~ (20, 0.6%)

2 の微妙

1 [18件] ある人々, と肉体, にふれる, のかたい, の中, の奥底, の平和, の底, の渇き, の独立, の癖, の秘奥, を一つ, を動かし, を奪, を痛めました, を豊か, 淋しかった

▼ 真に偉大~ (19, 0.6%)

3 なる哲学 2 であるならば, なもの, なる哲学者 1 であること, なる力, なる効果, なる民, なる演劇, な包括的, な天才, な未来, な独創, な者

▼ 真に理解~ (18, 0.5%)

5 して 2 すること

1 [11件] されるの, しその, しなければ, し偉大, し同情, し得たと, し愛し且つ, すると, するもの, する為, であるため

▼ 真に~ (17, 0.5%)

1 [17件] が学問的, でありしたがって, にとつて, に似つかわしき, のよう, の生命, の生活, の肉体, の血, はお前, は可愛い, は寝, は蘇生, も一人同様, も骨折甲斐, を愛し, を知っ

▼ 真に~ (16, 0.5%)

2 の命令, の子

1 [12件] に仕え, に謝, のよう, の名, の如く, の愛, の救, の栄誉, の語らぬ, を信ずる, を見, を見ずし

▼ 真に自分~ (15, 0.4%)

1 [15件] と合一, にのこされた, に実力, の個性, の復活, の意慾, の禍い, の素性, の胸, の言葉, をつくる, を優位, を慕っ, を知っ, を見出させる

▼ 真にこの~ (14, 0.4%)

2 宇宙を

1 [12件] ことだ, ことである, テーマが, 一戦の, 事である, 事を, 像を, 名に, 恵まれたる自然, 案を, 熱的死に, 需要を

▼ 真に自己~ (14, 0.4%)

4 に内在的 2 のもの 1 が生きる, の内, の声, の生涯, を形成, を愛する, を自覚, を説明

▼ 真に自由~ (14, 0.4%)

3 な人 2 になる 1 であると, で美しい, ならんこと, なるフランス人中, なる人, な民権, な階級, の中, の叫び

▼ 真に人生~ (13, 0.4%)

1 [13件] に意義, に目覚め, のわかった, の不幸, の勝利者, の可能, の宝玉, の本道, の途上, を保つ, を慰め, を観察, を通訳

▼ 真に自己自身~ (12, 0.4%)

4 に内在的 2 から動く, によってあり 1 によって働く, によって動き, の中, を知る

▼ 真にこれ~ (11, 0.3%)

2 ありと 1 が坤竜丸, で助かった, を了解, を実行, を感じ, を文明, を求める, を理解, を重要視

▼ 真に~ (11, 0.3%)

1 [11件] にまさる, に勝ち, に接し, の意表, の賢不肖, をつくる, を恐れ, を悩殺, を救う, を斬る, を見

▼ 真に~ (11, 0.3%)

2 を愛する, を憂うる, を憂える 1 のため, の将来, の憂い, へ報じる, を愛し

▼ 真に~ (11, 0.3%)

1 [11件] が火, が理解, こそ稀代, に与えた, の事業, の大, の耐えうる, の胸, の謁見, は虎痴, や天下

▼ 真に新しい~ (11, 0.3%)

2 ものは 1 ものとして, 作品は, 可能性を, 女として, 意味と, 本質に, 気持で, 発見であっ, 社会性を

▼ 真に日本~ (11, 0.3%)

2 の土, を愛する 1 が米国, のみが果し得た, の国, の文化, の母性, の特徴, を愛し

▼ 真に迫る~ (11, 0.3%)

1 [11件] かの如く語ろう, がこの, こと一倍である, こと光線の, ということ, のじゃ, ので観客, ような, を通り, 力が, 時だ

▼ 真にある~ (10, 0.3%)

1 かのごとき, がまま, ことを, はずの, ものか, ものでなけれ, ものは, 事を, 意味において, 男を

▼ 真にうける~ (10, 0.3%)

2 者は 1 かも知れない, ことは, のは, ほど劉表, 人は, 人間が, 女子は, 奴が

▼ 真に価値~ (10, 0.3%)

3 あるもの 2 のある 1 ある人々, ある功献, ある苦しみ, をもっ, を発見

▼ 真に愛する~ (10, 0.3%)

2 ものを 1 といふ気持, に価する, ものが, ものの, ものは, 少女を, 所以では, 者は

▼ 真に~ (9, 0.3%)

4 て確実 1 て不変, て且更, て信, て寂, て柳橋

▼ 真にそれ~ (9, 0.3%)

1 が恨み, にふさわしい, に相違, は世界史的, は惜しい, を内容, を民衆, を活かす, を生かす

▼ 真に受けた~ (9, 0.3%)

2 のは 1 だけであっ, ので, のです, ばっかりにこんな, ものか, 俥夫の, 地方人民の

▼ 真に必要~ (9, 0.3%)

2 ならば 1 だと, であるもの, なこと, なる問題, な仕事, な問題, に逼

▼ 真に歴史的~ (9, 0.3%)

2 なもの, に見る 1 なモメント, な意味, な発展, には生きぬ, に描きつくした

▼ 真に生き~ (9, 0.3%)

3 ている 2 ていた 1 ていたい, 作品を, 地獄に, 真に成長

▼ 真に驚くべき~ (9, 0.3%)

2 ものあり, 美の 1 は生れる, ものが, 事実に, 幾多の, 理知的な

▼ 真に~ (8, 0.2%)

1 うけに, みよの, 使いの, 怨めしけれど, 紺婆の, 臍で, 負けなし, 雪を

▼ 真によき~ (8, 0.2%)

1 世話にて, 仕事への, 作は, 例を, 出発を, 宗教や, 心がけと, 道場と

▼ 真に人類~ (8, 0.2%)

3 の幸福 1 と他, のそれ, の思想信仰, を恵み得る, を愛する

▼ 真に~ (8, 0.2%)

1 い得た刹那, い得るところ, い得る人, えてこそ, はへる, はむと, ふには, を解し

▼ 真に国家~ (8, 0.2%)

1 と個人, に積極的, のため, の前途, の大, の将来, を思わい, を憂える

▼ 真に強い~ (8, 0.2%)

1 という, もののみが, ものは, 人である, 国は, 土台に, 者や, 自信を

▼ 真に~ (8, 0.2%)

4 ろしい 1 るべき予言, るべき砂粒, るべしちょっとした, ろしく

▼ 真に愛し~ (8, 0.2%)

3 てゐる 2 ていた 1 ている, ているなら, 彼女も

▼ 真に文学~ (8, 0.2%)

2 を愛する 1 から独立, として分散, と演劇, に生き, の発展, らしい形

▼ 真に民主的~ (8, 0.2%)

1 であり得ないこと, な人民, な政党, な文化国家, な本質, な精神, になろう, に自立

▼ 真に秀子~ (8, 0.2%)

1 が助かるなら, が夏子, が死んだ, が毒薬, は其の, を何, を愛するなら, を救い

▼ 真に芸術~ (8, 0.2%)

2 を愛する 1 であるならば, としての自主的, の使徒, の殿堂, らしい解剖, を否定

▼ 真に~ (8, 0.2%)

1 にかなう, の一, の上, の体得者, を愛し, を求めよう, を求める, を行わん

▼ 真によく~ (7, 0.2%)

2 人の 1 この日本的感情, その品, 観鋭く, 解放せられ, 部落を

▼ 真に不思議~ (7, 0.2%)

2 なる御 1 であった, なの, な出来事, な陣備え, にも悽愴

▼ 真に人民~ (7, 0.2%)

1 としての洞察, のいのち, の意志, の政治家, の文学者, を救う, を服する

▼ 真に信頼~ (7, 0.2%)

2 すべき立派 1 しうべき, して, し得て, すべきもの, のできる

▼ 真に~ (7, 0.2%)

4 なるもの 1 から働く, から美しい, に超越

▼ 真に幸福~ (7, 0.2%)

1 がみち, であった, なる家庭, なる活計, な事, になる, に仕

▼ 真に愉快~ (7, 0.2%)

3 である 1 であるという, に堪えない, の観念, を感じた

▼ 真に~ (7, 0.2%)

2 れ稗史 1 が本当, れ一, れ帝王, れ無, れ青史

▼ 真に正しい~ (7, 0.2%)

1 と自認, ものであれ, プロレタリア的方針の, 工藝を, 有ち, 道によ, 道義を

▼ 真に科学的~ (7, 0.2%)

1 では, なそして, な心理考察, な核心, な部分, にこの, にその

▼ 真に~ (7, 0.2%)

1 なる人間性, なる物, によって義, の保障, の発展, の見える, を追う

▼ 真に自然~ (7, 0.2%)

2 の死 1 な雑, に真, に還つ, の仙境, の寵児

▼ 真に誠実~ (7, 0.2%)

2 なる人生, な人間的懊悩 1 であらんと, にその, に文学

▼ 真に~ (7, 0.2%)

1 にならない, ぶるひするやう, も浮く, を以て示す, を以て道, を入れ, を投げた

▼ 真に迫つて~ (7, 0.2%)

1 ゐて, ゐなくては, ゐるところ, ゐるので, 切なさうだつ, 湧いて, 響いた

▼ 真にうけた~ (6, 0.2%)

1 ことなど, にしろ, のが, のである, ものであろう, 顔し

▼ 真にせまった~ (6, 0.2%)

1 一匹の, 叫喚, 名演技と, 生き生きした, 蝋人形なんて, 贋物であった

▼ 真にわが~ (6, 0.2%)

1 一心を, 国家の, 心の, 知己なりとして, 股肱と, 霊の

▼ 真に具体的~ (6, 0.2%)

1 でなく却って, なもの, なるもの, な真理, な知識, な絶対性

▼ 真に国民~ (6, 0.2%)

1 に対し軍部, の利害, の味方, の感情, の父, の特質文明

▼ 真に孤独~ (6, 0.2%)

1 で, であった, なお方, になっ, になる, の味い

▼ 真に学問~ (6, 0.2%)

2 を好む, を楽しむ 1 をする, を愛し

▼ 真に客観的~ (6, 0.2%)

2 なもの 1 な方向, な関心, に徹, に見る

▼ 真に幽霊~ (6, 0.2%)

2 ありと 1 が地上, とすべき, と認めざる, の現れたる

▼ 真に~ (6, 0.2%)

1 串戯もので, 奉行様が, 心配下さいまし, 生憎で, 賢察のほど, 骨折を

▼ 真に徹底~ (6, 0.2%)

1 したとは, したる観照主義, した居所攻め, した殲滅戦争, せる愛, せる模範

▼ 真に意義~ (6, 0.2%)

1 あらしめるやう, あるかが, あるもの, ある人生, 深いもの, 深く生かす

▼ 真に~ (6, 0.2%)

1 がなく, のシンボル, の人, より発する, を人生, を求め

▼ 真に民衆~ (6, 0.2%)

1 が日本, のもの, のカッサイ, の友, の大学, の理想

▼ 真に演劇~ (6, 0.2%)

1 の, の光輝, の愛好者, を愛し, を愛する, を解する

▼ 真に生きる~ (6, 0.2%)

1 ことは, には都会文明, 域に, 者は, 道だ, 道を

▼ 真に生命~ (6, 0.2%)

2 を犠牲 1 あり活気, の極, の長, を愛する

▼ 真に生活~ (6, 0.2%)

2 を楽しむ 1 する限り, たらしめて, とた, の苦労

▼ 真に芸術的~ (6, 0.2%)

1 たらんこと, であり得るため, な価値, な雑誌, な面白, に体得

▼ 真に貴い~ (6, 0.2%)

2 ものは 1 物で, 物であった, 瞬間の, 諧謔は

▼ 真に~ (6, 0.2%)

1 ったもの, っても本物, って観る, つたもの, り白紙, るを

▼ 真にわれわれ~ (5, 0.1%)

1 が自由人, に属する, に幸福, の日本語, の法律

▼ 真に偶然~ (5, 0.1%)

1 である, でした, なるの, に相違, に迷い込ん

▼ 真に優れた~ (5, 0.1%)

1 上演者で, 天才的直感力を, 戯曲が, 文化とは, 舞台芸術を

▼ 真に受けない~ (5, 0.1%)

1 から, で下さい, のである, ものだ, やうな

▼ 真に~ (5, 0.1%)

4 なるもの 1 に物

▼ 真に尊敬~ (5, 0.1%)

1 すべき人, すべき何, するに, に価する, に値する

▼ 真に平和~ (5, 0.1%)

2 や愛情 1 な美, の裡, を望む

▼ 真に彼女~ (5, 0.1%)

1 といっしょ, と自然, は女, を保護, を動かす

▼ 真に恐るべき~ (5, 0.1%)

1 はかうした, ものが, 破局を, 結果を, 謀叛人だった

▼ 真に感動~ (5, 0.1%)

2 して 1 させたこと, しました, すべきであるに

▼ 真に我々~ (5, 0.1%)

2 に対して与えられた 1 の意志的自己, の魂, を驚歎

▼ 真に~ (5, 0.1%)

1 なる水, な生活, らしい恋愛, らしい社会, 生産物な

▼ 真に有難い~ (5, 0.1%)

1 と心得, 仕合せである, 健康を, 口で, 方便である

▼ 真に~ (5, 0.1%)

1 うで, り君, り孝孺, り真に然, り而

▼ 真に現実的~ (5, 0.1%)

1 であり我々, なそして, な自己, になり得る, に社会的意味

▼ 真に社会~ (5, 0.1%)

1 としての社会, に善事, の, の実情, を救う

▼ 真に科学~ (5, 0.1%)

1 の名, の大衆性, の如く, を愛し, を構成

▼ 真に突如~ (5, 0.1%)

3 とし 1 右門の, 意外な

▼ 真に立派~ (5, 0.1%)

1 なもの, な仕事, な成熟, な服飾時代, な覚悟

▼ 真に純粋~ (5, 0.1%)

1 なる直感, になる, に芸術, の意味, の詩人

▼ 真に表現的~ (5, 0.1%)

2 なもの 1 になり得る, になる, に顕

▼ 真に~ (5, 0.1%)

1 であるため, というべき, と言わるべき, らしい詩, を愛する

▼ 真に超越的~ (5, 0.1%)

4 なもの 1 な言葉

▼ 真に驚異~ (5, 0.1%)

2 である 1 すべき作, だと, の念

▼ 真にせまっ~ (4, 0.1%)

2 ていた 1 ている, ても魂

▼ 真にそう~ (4, 0.1%)

1 だその, だろうか, だネ, でしたッ

▼ 真にそれ自身~ (4, 0.1%)

2 の線 1 によってあり, によってある

▼ 真になっ~ (4, 0.1%)

1 て, て嬉し, て打, て言った

▼ 真に~ (4, 0.1%)

1 のため, の師弟, を思う, を憂える

▼ 真に事実~ (4, 0.1%)

1 が如何, でありそして, であるなら, として取るべき

▼ 真に人間らしい~ (4, 0.1%)

1 伴侶として, 心持で, 情感の, 本音を

▼ 真に今日~ (4, 0.1%)

1 の事, はお, を知らざる, を知れる

▼ 真に~ (4, 0.1%)

1 かを始める, の咎, をなし得る, を知っ

▼ 真に~ (4, 0.1%)

1 と秀子, の一命, の心, の益友

▼ 真に作られた~ (4, 0.1%)

3 ものから 1 ものが

▼ 真に~ (4, 0.1%)

2 であり面白く, なるもの

▼ 真に先生~ (4, 0.1%)

1 に彷彿, の為, の賜, らしい先生

▼ 真に其の~ (4, 0.1%)

1 事を, 後悔という, 悲しみという, 通りと

▼ 真に受けなかった~ (4, 0.1%)

1 し物, にしろ, ようです, 程だった

▼ 真に~ (4, 0.1%)

2 の生活 1 が男, を思

▼ 真に子供~ (4, 0.1%)

1 の幸福, の為め, らしい, らしい子供

▼ 真に孔子~ (4, 0.1%)

1 が, の人物, の語, を聖人

▼ 真に存在~ (4, 0.1%)

3 するもの 1 しないの

▼ 真に実在~ (4, 0.1%)

2 したためし 1 さるべきもの, 即当為

▼ 真に尊い~ (4, 0.1%)

1 ものであるべきである, 事であります, 人である, 厩戸の

▼ 真に~ (4, 0.1%)

1 よくそれ, 男子だ, 男子である, 美なる

▼ 真に感じ~ (4, 0.1%)

1 たり想っ, 味わって, 真に動かされた, 真に考え

▼ 真に挙国一致~ (4, 0.1%)

1 ですべて, で国, で愛国心, の精神

▼ 真に断腸~ (4, 0.1%)

3 の想い 1 の思

▼ 真に日本的~ (4, 0.1%)

2 な, なもの

▼ 真に最も~ (4, 0.1%)

1 便宜である, 信頼する, 悲惨である, 親しき者

▼ 真に本質的~ (4, 0.1%)

1 な区別, に自由詩, に詩, の美

▼ 真に梅花~ (4, 0.1%)

2 は仙人, を観る

▼ 真に正しく~ (4, 0.1%)

2 押しつめること 1 整然たる常識人, 面の

▼ 真に~ (4, 0.1%)

1 の塔, の如き, の現実, の男

▼ 真に涙ぐましい~ (4, 0.1%)

2 ものが 1 程の, 程貴く

▼ 真に深い~ (4, 0.1%)

2 幸福を 1 愛情と, 理解に

▼ 真に独立~ (4, 0.1%)

1 すること, である, になった, を確保

▼ 真に現実~ (4, 0.1%)

1 なの, にたえる, を把握, を遊離

▼ 真に~ (4, 0.1%)

1 済まない余計, 許した関係, 許し力を, 隔つ

▼ 真に美人~ (4, 0.1%)

1 が粧い, で無く, の相, を知れり

▼ 真に言いたい~ (4, 0.1%)

2 ことつまり 1 ことを, ところの

▼ 真に貴重~ (4, 0.1%)

2 なもの 1 な宝庫, な科学

▼ 真に高貴~ (4, 0.1%)

3 な意見 1 な日本的

▼ 真にこういう~ (3, 0.1%)

1 失敗の, 所を, 状が

▼ 真に~ (3, 0.1%)

1 もっともさまで, 武運の, 自身の

▼ 真にすぐれた~ (3, 0.1%)

1 ラジオ, 学者が, 戯曲である

▼ 真にせま~ (3, 0.1%)

1 つた身ぶりに, つてみえた, つてゐた

▼ 真にせよ~ (3, 0.1%)

1 その時, 人の, 偽に

▼ 真に~ (3, 0.1%)

1 乏しい, 父の, 研究し

▼ 真によい~ (3, 0.1%)

1 処も, 品を, 議論が

▼ 真にプロレタリアート~ (3, 0.1%)

1 の利益, の立場, の解放

▼ 真に一つ~ (3, 0.1%)

1 の世界, の体験, の矛盾的自己同一的現在

▼ 真に主体~ (3, 0.1%)

1 が環境, となる, の主体性

▼ 真に主観的~ (3, 0.1%)

1 な感情, な豊富さ, の態度

▼ 真に仕事~ (3, 0.1%)

1 に献身的, の良, はできません

▼ 真に何事~ (3, 0.1%)

1 かをなし得る, かを為し得る, の知識

▼ 真に作者~ (3, 0.1%)

1 がああ, がさう感じ, を発展

▼ 真に傑作~ (3, 0.1%)

1 であり値, でふき出しました, といえる

▼ 真に切実~ (3, 0.1%)

1 なる存在感, な関心, にし

▼ 真に~ (3, 0.1%)

1 に思っ, のあった, のある

▼ 真に勇気~ (3, 0.1%)

1 と人間らし, に満ちる, もあり

▼ 真に協力~ (3, 0.1%)

2 の世界 1 し得る場面

▼ 真に受けられ~ (3, 0.1%)

1 ては困ります, ては大変, て極り

▼ 真に~ (3, 0.1%)

1 が信用, のごとき, の歓び

▼ 真に~ (3, 0.1%)

2 を祭る 1 を欺かない

▼ 真に国民的~ (3, 0.1%)

1 なる演劇, なる芸術, な郷士的

▼ 真に~ (3, 0.1%)

1 でなければ, 彦命の, 怪物と

▼ 真に天下~ (3, 0.1%)

1 の乱, の偉観, の奇才

▼ 真に学者~ (3, 0.1%)

1 として恥, と称すべき, の本分

▼ 真に実力~ (3, 0.1%)

1 ある方法, ある者, のある

▼ 真に実証的~ (3, 0.1%)

1 であること, な範疇, に

▼ 真に実践的~ (3, 0.1%)

2 な規定 1

▼ 真に~ (3, 0.1%)

2 に在る 1 の棟

▼ 真に工藝時代~ (3, 0.1%)

2 であったと 1 の現出

▼ 真に当時~ (3, 0.1%)

1 の残忍, の気合, の社会的欲求

▼ 真に役立つ~ (3, 0.1%)

1 ということ, ような, 除雪車は

▼ 真に彼ら~ (3, 0.1%)

1 の感激, の趣旨, を愛し得る

▼ 真に彼等~ (3, 0.1%)

1 の命, の理性, の生きよう

▼ 真に彼自身~ (3, 0.1%)

1 であるところ, になった, の弱

▼ 真に恋愛~ (3, 0.1%)

1 と名づけ得る, を味わう, を解し

▼ 真に恐れ~ (3, 0.1%)

2 を知る 1 て居る

▼ 真に恐ろしい~ (3, 0.1%)

1 人間の, 生存である, 秘密事件が

▼ 真に悲しむべき~ (3, 0.1%)

1 こととして, ことを, 結論に

▼ 真に情ない~ (3, 0.1%)

2 感じが 1 訣だ

▼ 真に感じた~ (3, 0.1%)

2 自分の 1 ことが

▼ 真に成長~ (3, 0.1%)

1 しぬけて, する者, 出来ないもの

▼ 真に我が~ (3, 0.1%)

2 生き方の 1 社友と

▼ 真に或は~ (3, 0.1%)

3 自然に

▼ 真に文化~ (3, 0.1%)

1 の育成者, の記念碑, を守ろう

▼ 真に新ら~ (3, 0.1%)

3 たな

▼ 真に日本人~ (3, 0.1%)

1 としての幸福, の心, らしい頼もし

▼ 真に時代~ (3, 0.1%)

1 を洞見, を生き, を画する

▼ 真に有効~ (3, 0.1%)

1 で論証力, ならし, な負債支払

▼ 真に気の毒~ (3, 0.1%)

1 と思います, と思う, なる人間

▼ 真に~ (3, 0.1%)

1 も洩らさぬ, も洩らぬ, も漏らさぬ

▼ 真に求め~ (3, 0.1%)

1 つつある, ている, て居る

▼ 真に満足~ (3, 0.1%)

1 して, すべき生産生活, せしめるに

▼ 真に無数~ (3, 0.1%)

1 でありそれら, に存在, の例

▼ 真に無限~ (3, 0.1%)

1 な存在, の改良, の興味

▼ 真に~ (3, 0.1%)

1 について物, を知る, を遣れる

▼ 真に独創的~ (3, 0.1%)

1 な思想, にし, に表現

▼ 真に生きた~ (3, 0.1%)

1 と云, 世の中を, 愛情という

▼ 真に~ (3, 0.1%)

1 うる具眼者, がある, に仕える

▼ 真に発展~ (3, 0.1%)

1 させよう社会的, させられるところ, するため

▼ 真に~ (3, 0.1%)

1 に活きる, の大, を有

▼ 真に知る~ (3, 0.1%)

1 ことが, ということ, 者は

▼ 真に確実~ (3, 0.1%)

2 にし 1 なるもの

▼ 真に稀有~ (3, 0.1%)

1 だと, な人格, な直観

▼ 真に突然~ (3, 0.1%)

1 でありました, にその, 意外な

▼ 真に~ (3, 0.1%)

1 なき雑話, の意識, 無き雑話

▼ 真に~ (3, 0.1%)

1 く侯, く夏子, く彼

▼ 真に自ら~ (3, 0.1%)

2 の角度 1 釣りしと

▼ 真に自身~ (3, 0.1%)

1 が感心, の老, をあわれむ

▼ 真に良き~ (3, 0.1%)

1 ものなら, レコードを, 仕事や

▼ 真に良心的~ (3, 0.1%)

1 であるとは, にかつ, に悩ん

▼ 真に芝居~ (3, 0.1%)

1 の, のやう, の難所

▼ 真に~ (3, 0.1%)

2 を楽む人 1 を解する

▼ 真に蛇足~ (3, 0.1%)

1 であるに, の感, を書き添える

▼ 真に~ (3, 0.1%)

2 湧き肉 1 を吐く

▼ 真に迫り~ (3, 0.1%)

1 て露伴, 疑念を, 神韻の

▼ 真に過去~ (3, 0.1%)

1 と未来, に生き得た, の生活

▼ 真に重大~ (3, 0.1%)

1 である, なこと, な人物

▼ 真に驚く~ (3, 0.1%)

1 の他, ばかりである, 程の

▼ 真に驚嘆~ (3, 0.1%)

1 すべき着想, すべき革新, すべしダーウィン

▼ 真に~ (2, 0.1%)

1 われに, われを

▼ 真にあさましい~ (2, 0.1%)

1 ものどもであります, 香であったろう

▼ 真にあの~ (2, 0.1%)

1 罪の, 青銅像は

▼ 真にあり~ (2, 0.1%)

1 とする, 難けれど

▼ 真にいい~ (2, 0.1%)

1 歌は, 考えが

▼ 真にいわゆる~ (2, 0.1%)

1 懦夫を, 神経衰弱であった

▼ 真にうまい~ (2, 0.1%)

1 ものであったです, もん食いたかったら

▼ 真にうらやましく~ (2, 0.1%)

1 思う, 思われるもの

▼ 真におどろくべき~ (2, 0.1%)

1 ことは, 実力を

▼ 真におもしろい~ (2, 0.1%)

2 物真に

▼ 真にかく願~ (2, 0.1%)

2 ひ奉る

▼ 真にすべて~ (2, 0.1%)

1 のそれ, の物

▼ 真にせまり~ (2, 0.1%)

2 かつ美辞麗句

▼ 真にそこ~ (2, 0.1%)

1 にあるごとく, にある如き

▼ 真にはや~ (2, 0.1%)

1 困って, 大分とろり

▼ 真にみずから~ (2, 0.1%)

1 が何, 欲するもの

▼ 真にフランス的~ (2, 0.1%)

1 であったから, なもの

▼ 真に一体~ (2, 0.1%)

1 となっ, にはなっ

▼ 真に一国~ (2, 0.1%)

1 になっ, の首府

▼ 真に一格~ (2, 0.1%)

2 の創造

▼ 真に~ (2, 0.1%)

1 姙であったなら, 安心な

▼ 真に不可能~ (2, 0.1%)

1 と考え, なるもの

▼ 真に不意~ (2, 0.1%)

1 に愛子, に駅夫

▼ 真に与えられた~ (2, 0.1%)

1 ものが, もの真の

▼ 真に世の中~ (2, 0.1%)

1 と絶縁, の怖い

▼ 真に世界史的~ (2, 0.1%)

1 な意味, な課題

▼ 真に世界的~ (2, 0.1%)

2 になる

▼ 真に主体的~ (2, 0.1%)

2 になる

▼ 真に了解~ (2, 0.1%)

1 した者, し得られないの

▼ 真に~ (2, 0.1%)

1 に遭遇, ヲ謀ルハ人

▼ 真に人類的~ (2, 0.1%)

1 なるもの, な目的

▼ 真に~ (2, 0.1%)

2 を好む

▼ 真に~ (2, 0.1%)

1 歳は, 直遣る

▼ 真に何たる~ (2, 0.1%)

1 かを深く, 偶然の

▼ 真に修道~ (2, 0.1%)

2 に応わし

▼ 真に俳優~ (2, 0.1%)

1 の演技, らしき俳優

▼ 真に個人~ (2, 0.1%)

1 にも民族, の生活

▼ 真に個性~ (2, 0.1%)

1 の何たる, や価値

▼ 真に値する~ (2, 0.1%)

1 のは, 所は

▼ 真に健全~ (2, 0.1%)

1 なる, な文化

▼ 真に健康~ (2, 0.1%)

1 に立派, の意義

▼ 真に働く~ (2, 0.1%)

1 もので, ものの

▼ 真に児童~ (2, 0.1%)

1 の世界, を知る

▼ 真に~ (2, 0.1%)

1 感的に, 日本人の

▼ 真に八紘一宇~ (2, 0.1%)

2 の大

▼ 真に~ (2, 0.1%)

1 の問題, の声

▼ 真に~ (2, 0.1%)

1 寒を, 涼な

▼ 真に出来~ (2, 0.1%)

1 が悪う, のよかりし

▼ 真に創造的~ (2, 0.1%)

1 な婦人作家, な思想家

▼ 真に功績~ (2, 0.1%)

2 の著しい

▼ 真に労働者~ (2, 0.1%)

1 が必要, の医者

▼ 真に動かし得ない~ (2, 0.1%)

2 朝鮮固有の

▼ 真に勝つ~ (2, 0.1%)

1 ものに, 武器は

▼ 真に千古~ (2, 0.1%)

1 の恨事, の遺憾

▼ 真に単純~ (2, 0.1%)

1 であって, なる独立

▼ 真に危機一髪~ (2, 0.1%)

1 という時, のもの

▼ 真に危険~ (2, 0.1%)

1 が存するなら, だと

▼ 真に叔父~ (2, 0.1%)

1 にとつて, の言葉

▼ 真に受けぬ~ (2, 0.1%)

1 ぞ, ように

▼ 真に受けます~ (2, 0.1%)

2

▼ 真に古今~ (2, 0.1%)

1 の名人, の名士

▼ 真に古銅~ (2, 0.1%)

2 からの音転

▼ 真に~ (2, 0.1%)

1 を成す, 薬では

▼ 真に名状~ (2, 0.1%)

1 すべからざるもの, すべからざる寂寞

▼ 真に向う~ (2, 0.1%)

1 て一歩, て進む

▼ 真に向っ~ (2, 0.1%)

2 て進む

▼ 真に吾が~ (2, 0.1%)

1 家に, 師我に

▼ 真に~ (2, 0.1%)

1 を愛, を賭け

▼ 真に命がけ~ (2, 0.1%)

2 の冒険

▼ 真に咄嗟~ (2, 0.1%)

2 の間

▼ 真に哲学的~ (2, 0.1%)

1 な, 又文学的

▼ 真に問題~ (2, 0.1%)

1 として理解, になる

▼ 真に四民平等~ (2, 0.1%)

1 である, の楽天地

▼ 真に国粋的~ (2, 0.1%)

1 なもの, な人物

▼ 真に~ (2, 0.1%)

1 と消え去りたれ, の如き

▼ 真に大きな~ (2, 0.1%)

1 利得を, 問題な

▼ 真に大丈夫~ (2, 0.1%)

1 である, の俤

▼ 真に大事~ (2, 0.1%)

1 だという, を志す

▼ 真に大切~ (2, 0.1%)

1 なこと, なもの

▼ 真に大家~ (2, 0.1%)

1 と称, の業

▼ 真に大衆的~ (2, 0.1%)

1 と言われるべき, な

▼ 真に~ (2, 0.1%)

1 れ自身, を思い

▼ 真に妖怪~ (2, 0.1%)

1 なるもの, の巨魁

▼ 真に存する~ (2, 0.1%)

1 ものに, ゆえんを

▼ 真に~ (2, 0.1%)

1 に志さん, の尊

▼ 真に学ぶべき~ (2, 0.1%)

1 ところは, 君主である

▼ 真に安全~ (2, 0.1%)

1 だが, にし

▼ 真に完成~ (2, 0.1%)

2 した日

▼ 真に宗教的~ (2, 0.1%)

2 なもの

▼ 真に宸襟~ (2, 0.1%)

1 を安, を安め

▼ 真に察し~ (2, 0.1%)

1 て貰い度, て貰い度い

▼ 真に寤め~ (2, 0.1%)

2 ず寐

▼ 真に対抗~ (2, 0.1%)

2 し甲斐

▼ 真に尊崇~ (2, 0.1%)

2 すべきもの

▼ 真に尊重~ (2, 0.1%)

1 さるべきなにもの, するなら初め

▼ 真に~ (2, 0.1%)

1 と崖, を理解

▼ 真に工藝~ (2, 0.1%)

1 に帰る, の美

▼ 真に~ (2, 0.1%)

1 れも, を知り

▼ 真に徳行~ (2, 0.1%)

1 ある人, の人

▼ 真に心から~ (2, 0.1%)

1 底から, 望まれたの

▼ 真に必死~ (2, 0.1%)

1 の人間, の相手

▼ 真に忘れ~ (2, 0.1%)

1 ていた, 難い印象

▼ 真に怒る~ (2, 0.1%)

1 ことを, 時には

▼ 真に思い~ (2, 0.1%)

1 もかけなかった, も設けない

▼ 真に恋し~ (2, 0.1%)

1 たの, て居れ

▼ 真に恋人~ (2, 0.1%)

1 からの便り, が出来た

▼ 真に悟らね~ (2, 0.1%)

2 ばならぬ

▼ 真に悩み~ (2, 0.1%)

2 又は突き

▼ 真に悩む~ (2, 0.1%)

2 ところの

▼ 真に悩むべき~ (2, 0.1%)

2 を悩む

▼ 真に悲しい~ (2, 0.1%)

1 おはま, かなだ

▼ 真に惜しい~ (2, 0.1%)

2 ことである

▼ 真に想う~ (2, 0.1%)

1 ても云出し兼, 者は

▼ 真に愚か~ (2, 0.1%)

1 な, なりや

▼ 真に愛した~ (2, 0.1%)

1 のは, 女は

▼ 真に感情~ (2, 0.1%)

1 が動き, で書いた

▼ 真に~ (2, 0.1%)

1 でなければ, を忘れ果てた

▼ 真に戯曲~ (2, 0.1%)

1 としてその, らしき戯曲

▼ 真に所有~ (2, 0.1%)

1 し得る面積, の要求

▼ 真に才能~ (2, 0.1%)

1 ある人々, ある戯曲作家

▼ 真に打ち解けた~ (2, 0.1%)

1 交わりを, 気持ちで

▼ 真に指導性~ (2, 0.1%)

2 をもつ

▼ 真に掘出し~ (2, 0.1%)

2 をする

▼ 真に政党~ (2, 0.1%)

2 を基礎

▼ 真に政治的~ (2, 0.1%)

1 な価値, な意識

▼ 真に教育~ (2, 0.1%)

1 のため, を理想

▼ 真に文学的~ (2, 0.1%)

2 なもの

▼ 真に新しき~ (2, 0.1%)

1 婦人と, 婦人との

▼ 真に新奇~ (2, 0.1%)

1 な, な型

▼ 真に~ (2, 0.1%)

2 を味

▼ 真に日本言葉~ (2, 0.1%)

2 のなつかしい

▼ 真に有機的~ (2, 0.1%)

1 な一翼, な分類

▼ 真に朝鮮~ (2, 0.1%)

2 の国宝

▼ 真に朝鮮とわ~ (2, 0.1%)

2 が故国

▼ 真に末世~ (2, 0.1%)

1 の奇特, の観

▼ 真に楽天主義~ (2, 0.1%)

2 なるもの

▼ 真に欲する~ (2, 0.1%)

1 ことは, 事のみを

▼ 真に武士~ (2, 0.1%)

1 の戦場, らしい武士

▼ 真に~ (2, 0.1%)

1 という, を見る

▼ 真に民子~ (2, 0.1%)

1 は可哀相, は野菊

▼ 真に民族的~ (2, 0.1%)

1 なもの, になる

▼ 真に~ (2, 0.1%)

1 が迫られる, の合った

▼ 真に~ (2, 0.1%)

1 であるの, として我

▼ 真に法師~ (2, 0.1%)

1 であったの, である限り

▼ 真に消滅~ (2, 0.1%)

1 すること, する道理

▼ 真に深刻~ (2, 0.1%)

1 なる人生味, にその

▼ 真に済まない~ (2, 0.1%)

1 と思う, と思ふ

▼ 真に滅する~ (2, 0.1%)

1 にあらずし, ものでない

▼ 真に漢朝~ (2, 0.1%)

1 の忠臣, を守り立てしめ

▼ 真に漫性胃病~ (2, 0.1%)

1 であったか, であつ

▼ 真に烈しい~ (2, 0.1%)

1 啖呵を, 推移でありまし

▼ 真に熱情~ (2, 0.1%)

2 の人也

▼ 真に物凄い~ (2, 0.1%)

1 場所でした, 殺気であった

▼ 真に狐狗狸様~ (2, 0.1%)

2 があっ

▼ 真に独断~ (2, 0.1%)

2 に過ぎなく

▼ 真に独歩~ (2, 0.1%)

2 である

▼ 真に王道~ (2, 0.1%)

1 に依っ, を行なえ

▼ 真に~ (2, 0.1%)

1 くる根本的態度, の意義

▼ 真に生かす~ (2, 0.1%)

1 ものは, 組織でなかった

▼ 真に生きよう~ (2, 0.1%)

1 という人, とする

▼ 真に生きん~ (2, 0.1%)

1 がため, とする

▼ 真に生ける~ (2, 0.1%)

1 が如く写す, 現実と

▼ 真に異例~ (2, 0.1%)

1 であった, の精神

▼ 真に異常~ (2, 0.1%)

2 なもの

▼ 真に発揮~ (2, 0.1%)

1 するの, せしめようと

▼ 真に皇室~ (2, 0.1%)

1 の藩屏, を護衛

▼ 真に相手~ (2, 0.1%)

1 の, を説

▼ 真に真に~ (2, 0.1%)

1 お怨めし, 思いも

▼ 真に真理~ (2, 0.1%)

1 のため, の愛求者

▼ 真に~ (2, 0.1%)

1 を白黒, 覚ましいもの

▼ 真に矛盾的自己同一~ (2, 0.1%)

1 とならない, の世界

▼ 真に矛盾的自己同一的~ (2, 0.1%)

1 な歴史的社会的世界, に与えられる

▼ 真に研究~ (2, 0.1%)

1 されるの, するには

▼ 真に社会的~ (2, 0.1%)

1 な意味, な見方

▼ 真に~ (2, 0.1%)

1 なるもの, を得

▼ 真に秀吉~ (2, 0.1%)

1 の意, を観

▼ 真に~ (2, 0.1%)

2 な現実

▼ 真に積極的~ (2, 0.1%)

1 となる, になり得ない

▼ 真に~ (2, 0.1%)

1 に徹した, を諦め

▼ 真に~ (2, 0.1%)

1 ふに, ふべき也

▼ 真に純白~ (2, 0.1%)

1 な蓮, の花弁

▼ 真に経験~ (2, 0.1%)

1 すること, は尊い

▼ 真に結構~ (2, 0.1%)

1 だ, な案

▼ 真に統一~ (2, 0.1%)

1 した近代民族国家, のある

▼ 真に~ (2, 0.1%)

2 のよう

▼ 真に美しく~ (2, 0.1%)

1 いつも懐しく, はあり得ない

▼ 真に美味しい~ (2, 0.1%)

1 ビフテキを, 料理は

▼ 真に考え~ (2, 0.1%)

1 らるべき, 真に味

▼ 真に聰明~ (2, 0.1%)

1 でありまめ, な洞察

▼ 真に肉身~ (2, 0.1%)

2 の兄弟

▼ 真に肝要~ (2, 0.1%)

1 なところ, なるは

▼ 真に能くした~ (2, 0.1%)

1 神仙で, 神仙であった

▼ 真に~ (2, 0.1%)

1 からの, 已の

▼ 真に自分たち~ (2, 0.1%)

1 のため, の正当

▼ 真に自分自身~ (2, 0.1%)

1 を理解, 其の詩想

▼ 真に自然そのもの~ (2, 0.1%)

2 の意志

▼ 真に自覚~ (2, 0.1%)

1 ある作者, すれば

▼ 真に興味~ (2, 0.1%)

1 がある, を惹かれる

▼ 真に般若~ (2, 0.1%)

1 の道, を行

▼ 真に芸術家~ (2, 0.1%)

1 たらんと, らしい独自

▼ 真に行為的直観的~ (2, 0.1%)

1 となる, に働く

▼ 真に西洋~ (2, 0.1%)

1 の書, を感じる

▼ 真に見た~ (2, 0.1%)

1 のは, 者を

▼ 真に見上げた~ (2, 0.1%)

1 ものである, 臨終で

▼ 真に親切~ (2, 0.1%)

1 にし, に批評

▼ 真に解する~ (2, 0.1%)

1 ことは, ことを

▼ 真に言語~ (2, 0.1%)

1 に絶する, を使

▼ 真に評価~ (2, 0.1%)

1 した文章, する為

▼ 真に論理的~ (2, 0.1%)

1 ということ, になる

▼ 真に貴方~ (2, 0.1%)

1 の力, は瀧川様

▼ 真に貴方がた~ (2, 0.1%)

2 の淋し

▼ 真に近き~ (2, 0.1%)

1 を取るべきである, 理由をも

▼ 真に近代的~ (2, 0.1%)

1 であったこと, に装備

▼ 真に~ (2, 0.1%)

1 さだ, 美を

▼ 真に重要~ (2, 0.1%)

1 なの, な部分

▼ 真に階級的~ (2, 0.1%)

1 では, な文化闘争

▼ 真に雄大~ (2, 0.1%)

1 なもの, なる事業

▼ 真に~ (2, 0.1%)

1 の様, を験する

▼ 真に~ (2, 0.1%)

1 をひらく, を掴む

▼ 真に革命~ (2, 0.1%)

1 し再建, の健児也

▼ 真に音楽~ (2, 0.1%)

1 の解つて, を愛する

▼ 真に頼み~ (2, 0.1%)

1 がいある, がいなき

▼ 真に~ (2, 0.1%)

2 の髄

▼ 真に骨肉~ (2, 0.1%)

1 の兄弟, の親子

▼ 真に魅力~ (2, 0.1%)

1 ある理想, のある生きた

▼1* [1414件]

真にあっけなく手ごたえが, 真にあったであらうか, 真にあぶなッかしい, 真にあらざるを知り, 真にあり得べからざる玄妙の, 真にあゝ云う人, 真にあッと言う, 真にいかなる価値を, 真にいたましい悲劇を, 真にいっせいにいままで, 真にいとわしい事である, 真にいまだ先覚者の, 真にいやなの, 真にいるものか, 真にうけかねてバカ, 真にうけないのを, 真にうけられないんだ, 真にうらやましさに, 真にうれしい事である, 真にうれしく力づよく感じました, 真におそるべき人間性の, 真におそれおほくただ烈日, 真におとよに同情, 真におのれを虚, 真にお前さんは好い, 真にお気のどく, 真にかがやく世界の, 真にかくの如き, 真にかなしみの日, 真にきびしく真にゆるす, 真にくちおしい事で, 真にこっそりと夜泣き, 真にこれからの家庭, 真にこれ白昼の大公盗, 真にう信じ, 真にさもそうかも, 真にさらに明証的に, 真にしかあらしめたまえアーメン, 真にしっかりした心, 真にしなやかによく, 真にすっきりとはし, 真にすばらしい科学的な, 真にせまれるものあり, 真にそうしたものに, 真にそして人類の, 真にその道の上, 真にそんな気が, 真にたとうべくもあらぬ, 真にたとえるにもの, 真にたましいを, 真にたまらないのであります, 真にたまらなかった, 真にたわいないものばかりを, 真にちがいない, 真についに到達した, 真につかむのは, 真につながるか否, 真につまらないものだ, 真にどうも有難うござんした, 真になさけない有様です, 真になんじらに, 真にぬきさしならぬ, 真にはかなきしばしの, 真にはじめてのこと, 真にはればれしくいきいき, 真にひそかに為政者, 真にふしぎな話, 真にほのかな藪茗荷, 真にほめるに値する, 真にまじめなる懐疑, 真にまたと見る, 真にみがかれることが, 真にみじめなもの, 真にむずかしいのは, 真にむっつりとおし黙っ, 真にもう一度全部を, 真にもっと新しいもの, 真にもの静かな大家, 真にもり立てようとする, 真にゆくべき道を, 真にゆるすことなく, 真によりひろい視野, 真によろこばしいそして敬服, 真にわかるものが, 真にわが家に在る, 真にわたくしの気持, 真にわたしの, 真にわれながら鬱々, 真にわれらを理解, 真にわれ独りなりと嘆ずる, 真にアクチュアルな体系, 真にアメリカを支え, 真にアメリカ人の模範, 真にイソップ物語に感激, 真にインタナショナルなる事件, 真にインテリゲンツィアたらんと, 真にインノセントな意識, 真にウォーズウォルスを読んだ, 真にエタの子, 真にオアシスを見出した, 真にカイホウする者, 真にカルチベートされた人間, 真にカントを離れる, 真にキリストの意志, 真にギセイ的奉仕が必要, 真にクラシカルな哲学, 真にコソコソと庵, 真にサモアを救う, 真にサラー夫人がその, 真にスパイであったなら問題, 真にゼーロンの怨み, 真にソクラテスの姿, 真にダンコとして, 真にチベットへの本道, 真にバッハを尊敬, 真にヒューメンな現代, 真にピアノの魂, 真にピカリと名人, 真にフランスの悲劇, 真にフローレンスから来, 真にプロレタリア的な基礎, 真にボルシェヴィクらしい前衛作家, 真にマオリ人の身, 真にユニイクな芸術創作, 真にユニックな芸人, 真にユニークな作者自身, 真にラジオ的とはいえない, 真にラヂオ的とは云, 真にリアルであるため, 真にリズミカルに堂々, 真にレアリズムに徹底, 真にロシヤの民衆, 真にから多, 真に一二の人, 真に一人一人の人間, 真に一介の武人, 真に一代の妖姫ジュリア, 真に一個の神話, 真に一場の戯言, 真に一大工の子, 真に一宗の開拓, 真に一店の主人, 真に一時は案じた, 真に一歩というところ, 真に一番になった, 真に一瞬の後, 真に一種の運動遊戯, 真に一笑に堪えた, 真に一般日本人の常識程度, 真に一色なもの, 真に一視同仁でなくては, 真に一触即発の形勢, 真に一雄作である, 真に一髪の危機, 真に丁寧な略図, 真に万民翼賛の名, 真に万邦無比の存在, 真に上人の法, 真に下層社会の悲惨, 真に不二の法門, 真に不仁を悪, 真に不利なもの, 真に不安になり出した, 真に不幸とは思わないだろう, 真に不忠不義の臣, 真に不憫なもの, 真に不景気知らずと云っ, 真に不様な風, 真に不浄観を成就, 真に世に処する妙法, 真に世界一を誇り得た, 真に世界人として世界人類, 真に世界史を画すべき, 真に世界文化の水準, 真に世界最大の宝, 真に世界歴史に見なかった, 真に世界的文化の母胎, 真に世紀の胎動, 真に世話して, 真に世間の人々, 真に両々相当るが, 真に中国の民, 真に主人の恩恵, 真に主君を敬する, 真に主義政見を同, 真に久しぶりのこと, 真にれ絶世, 真に乗り越すには決意, 真にに此書面, 真にふ自分, 真に争う自分の, 真に二つが一つ, 真に二人の働き, 真に二国が衷心一致, 真に二束三文の棄値, 真に二階へ入, 真に憎き意見, 真に五色五彩眼も眩む, 真にを絶たん, 真に人々を信仰, 真に人世に忠実, 真に人事と天文, 真に人情世故に通ぜしめ, 真に人格を以て克つ, 真に人格的尊厳というもの, 真に人民中の人民, 真に人民生活の向上, 真に人物中の人物, 真に人生問題の一部, 真に人跡未蹈, 真に人跡未到と思われる, 真に人間らしく女らしく生きようとして, 真に人間味のある, 真に人間品性に対する係蹄, 真に人間平等の道理, 真に人間道徳の学, 真に人類文化は破滅, 真に人類文明の中心, 真に人類解放を目標, 真に今夜の様, 真に今日日本の現実, 真に今晩のやう, 真に仏国に決戦, 真に仏教を研究, 真に仏教国でその, 真に仏法への体得, 真に仏門に帰し, 真に仏陀たらしめたもの, 真に仕事そのもののため, 真に仕合わせにしてやる, 真に他人を愛する, 真に仙境と称す, 真にへる惧, 真に代表的なもの, 真にて此, 真に伎倆ある政治家, 真に伐つべきものは, 真に休養の恩典, 真に会得すること, 真に伝えるものだ, 真にれて, 真にぶべし, 真にたり, 真に住民の富源, 真に体現したもの, 真に体認された智慧, 真に何人かよく, 真に何年ぶりで月, 真に何気なかりしと, 真に何物たるかを, 真に何百分の一に足らぬ, 真に余儀なさそうに, 真に余念もなく, 真に作るものと, 真に作品の深, 真に依拠すべきです, 真に価する唯一の, 真に便利なそして, 真にを天下, 真に信じられなかったのであります, 真に信じるものは, 真に信奉する事, 真に信実な感情, 真に修法する者, 真に俳句を理解, 真に俳諧の趣, 真になれば, 真に個中の消息, 真に個人的自己となる, 真に個別的なるもの, 真に個物的では, 真に個物相互限定の世界, 真にせに, 真に倫理批評を絶, 真にに下る, 真にきく計り, 真に偉い学者が, 真に偉くもない, 真に偶像破壊と云う, 真にれた小説, 真にを見るなり, 真に僅少の兵力, 真に優れている, 真に優秀なそして, 真に優良美味な食品原料, 真に儲からない話である, 真に充実した生活, 真に光つて来るか, 真に光りいづべき縁あり, 真に光秀の本心, 真に克つ者は, 真に克服し得るもの, 真にされたの, 真に児女子の風, 真に党勢を拡張, 真に入神の技, 真に全体なるもの, 真に八陣の様, 真に公共の利益, 真に公平を保つ, 真に公憤を発した, 真に公的なもの, 真に六脚あるに, 真に共に楽むべ, 真に共鳴する政党内閣, 真にを加えん, 真に兵法の秘法, 真にが不思議, 真に其事あらんや, 真に其積りで強, 真に其言葉通り婿にした, 真に典型的な武人, 真に内部的な連関, 真に円ければ向, 真に再建し得るもの, 真に写実の何, 真に写実的に描く, 真に冤枉者として見れ, 真に冤罪ならこんな, 真に冷静で良, 真に凄い怖いというよう, 真にたる男児, 真に凡人離れをした, 真に凡庸のありふれた, 真に処刑として絞殺, 真に出かけた時と, 真に出現すとも, 真に出離の人, 真に分かれば絵画, 真に分るもので, 真に分ろうとしない, 真に切迫はし, 真に利根川の水源, 真に利用し得る識見, 真に到着すれば, 真に刻苦する人ぢ, 真に前進的な勤労大衆, 真に剛健質実の気象, 真にも道, 真に剣道へ精進, 真に創作の境地, 真に創造力をそなえた, 真に劇的のもの, 真に力づけられたのである, 真に力作して, 真に力強くわれわれ, 真に力量ある活動力, 真に助かった再び此, 真に努力して, 真に労働して, 真に効果的な実役, 真に勇ましいくらいの右門流, 真に勇敢な気持, 真に動かされた事実であったなら, 真に動きつつある, 真に動き得なかったのか, 真に動くにあらざる, 真に勝負なぞはどう, 真に勤労者の幸福, 真に勤労者生活を描い, 真に区々まちまちよろしく上手, 真に千僧の供養, 真に千古末だ見ざるの, 真に千年も眠りこけた, 真に千載一遇である, 真に単一者であるならば, 真に博物家と称すべき, 真にいの, 真に危うい勝敗であった, 真に無常金口説偈の, 真に原品に比, 真に原因そのものなりや否や, 真にであった, 真に厳しい眼にとって, 真に厳粛なもの, 真に反省して, 真に反逆し得るという, 真に叔父死して, 真にて大, 真に受けかかったが真弓, 真に受けまいとする, 真に受けやがって頼み, 真に受けるいうのん, 真に受け出して本当に, 真に受け継いだ者は, 真に叙情詩であるか, 真に口先ばかりであった, 真に口角泡を飛ばし, 真に口語律の推移, 真にギリシアの, 真に古めかしい物語の, 真に古典も力, 真に古典的なもの, 真に古典的価値ある書, 真に古山お酉, 真に笑そうに, 真に可笑しそうに, 真に可能であるか, 真に合体し得なかったの, 真に合理的なもの, 真に合祀を行なわん, 真に一人である, 真に同じものを, 真に同心一体肝胆相照すといふ趣き, 真に同志と呼, 真に同情するもの, 真に名人たるゆえん, 真に名生の城, 真に名菓と呼ん, 真に名誉心にとどまっ, 真に向上させる方向, 真に君国に捧げ, 真に君子の名, 真に君子的になる, 真に否定さるべきもの, 真に否定的批判であり得る, 真に否定的自覚に徹したであろう, 真に吹雪の精, 真にの意中, 真に味わい得た人こそ, 真に味わうところが, 真に味わうべき言葉だ, 真に味わえてこそ近く, 真に味感すること, 真に和解させるもの, 真に咲き実った女の, 真に咲くようにと, 真に哲学者らしく徹底的細密, 真に商道に忠実, 真にをお, 真に善きもの美しき, 真に善人に成りました, 真に善政であるとは, 真に喜び勇んで元, 真に喜んで泣く, 真に嗤うに堪えぬ云々, 真に嘆かはしく, 真に嘔吐を催す, 真にをまじえない, 真に噛みわけた人生の, 真に四角なもの, 真に四辺を払う, 真に団三郎がいるなら, 真に団結して, 真にツ了ふも, 真に固めあう者の, 真に固有な思惟方法, 真に国事に尽す, 真に国体を明徴, 真に国家国民を思う, 真に国民大なる思想家, 真に国民生活の強化, 真に国民道徳顕現の源宗, 真に国語を以て国語的発想, 真に国際的の活躍, 真にの民衆, 真に土地を貧しく, 真に土着して, 真に在らざる不安それが, 真に在りたい深いね, 真に在るものは, 真に在れども無, 真に地上の物質的富, 真に地方の田畑, 真に垂直に近い, 真に基督の弟子, 真に堂々と反対, 真に堅いからあの, 真に堅忍にし, 真に堪らなく退屈さうに舌を, 真によりも軽く, 真に墨壺の範疇的, 真には士, 真にとせね, 真に変化したの, 真に外界のわずらわし, 真に多数者の利害, 真に夢中となつ, 真に大岡越前守の業績, 真に大御心を, 真に大臣級を動かし得る, 真に大菩薩峠の作意, 真に大衆政治的な正道, 真に大観である限り, 真に大計がお, 真に大逆の企, 真に天下タイヘイにご, 真に天下一品として王羲之, 真に天下無敵と信ずる, 真に天下無比であると, 真に天下読書の種子, 真に天尊様の御利益, 真に天成の革命家也, 真に天才的な科学者, 真に天然の完全, 真に天真なもの, 真に天真爛漫更けるほど, 真に天質的な詩人, 真に失恋者の境涯, 真に失礼しました匆卒貴様, 真に奇妙な子, 真に奇想天来です, 真に奇観なり, 真に奇蹟とし, 真に奇蹟的である, 真に奥底まで入り込ん, 真に奮い立って起き上る, 真に女らしき女を, 真に女わらべの知る, 真に女子になっ, 真に女王は彼, 真に位置を, 真に好い人であった, 真に好個の武将, 真に好戦的だったらああ, 真に好運の緒, 真に如才の無い, 真に妖術使ひの, 真に妨げなきものとして, 真に妻子を助けたい, 真に威風堂々とは, 真に娼婦型の女人, 真に婦人の生活, 真に嬉しそうな, 真に嬉しい難有いが, 真に孔夫子を知る, 真にせざる道理, 真に存在そのものを, 真に学び信じた者は, 真に学ぶに足る, 真に学問的な方法, 真に学芸を尊ぶ, 真に守ってくれた, 真に守ることを, 真に守ろうとする, 真にんじ, 真に安らかに永眠, 真に安定すれば, 真に宗教上の感情, 真に宗教家の信念, 真に官軍の将軍, 真にの箱, 真に実りある内容, 真に実在的なれば, 真に実学を勉強, 真に実現されたので, 真に実際に取除く, 真にとして歓迎, 真に室内は沈黙, 真に宮崎氏の超, 真にとした, 真に寄与すること, 真に密接な関係, 真に密集部落と呼ぶべき, 真に寝食を忘れ, 真に寥々晨星であった, 真に審美観から来た, 真に寸毫の私, 真に寺院の実景, 真に対象を素直, 真に将来を託, 真に尊き亀鑑を, 真に小作人と地主, 真に小町の作物, 真に小説よりも奇, 真に小野の道場, 真に少しでも延長, 真に少数なる読書階級, 真に屏禁せられる一年前, 真に山彦の精, 真に山気の生動, 真に崇厳な光明, 真に工合の好い, 真に工藝品に愛, 真に左文のこころ, 真に巧いもので双六, 真に巨大な男, 真に差別が撤廃, 真に差向いで話しする, 真に市校に心, 真に希望とよろこび, 真にの冤罪, 真に帯びている, 真に常識的なもの, 真に平凡な普通, 真に平和修好の使節, 真に平和極楽の黄金世界, 真に平氏の好敵手たる, 真に平民主義な貴族, 真に幻想的な詩題, 真に怪な, 真に幽かな蕭寥, 真に濶なる, 真にに徹した, 真に底抜けの妙諦, 真に度しがたいものであっ, 真に廃帝の皇子, 真に弁証法的となれ, 真に張り交ぜ屏風を, 真に強き力である, 真に強く掲げられたヒューマニチイ, 真に強みのある, 真に強固にし, 真に強烈に得たい, 真に当代の盛観, 真に当惑の色, 真に当惑面で答えました, 真に形容詞か, 真に形式的なもの, 真に形成的でない, 真に彫心鏤骨の名, 真にも日向, 真に往生をおもう, 真にに来る, 真に後悔して, 真に易くない, 真に得意さうに虎のやう, 真に得難い甘美な, 真に御身を助け得る, 真に復讐の情熱, 真にを会得, 真に徹した生活を, 真に徹底的なる気質的, 真に心得のない, 真に心情から感動, 真に心持の佳い, 真に心服なした, 真に心細い次第である, 真に心胸の深, 真に心配で, 真にしもそういう, 真に志士の天職, 真に快い物であった, 真に快刀乱麻を断つ, 真に快活楽天なる国民, 真に念頭に塵一つ, 真に怒つてゐる, 真に怒髪天を衝く, 真に思い至らぬ青二才だ, 真に思う事のみを, 真に思って居る, 真に思ったから云った, 真に思ひ切つたる豪胆無比の, 真に思意的なもの, 真に怨む者の, 真にみがいある武将, 真に恃むものは自力以外にない, 真に恋する同志には, 真に恍惚として掌, 真に恐る可きである, 真に恒久的任務であるかさえ, 真に恥ず可きの至り, 真に恥ずかしくなりました, 真に恥ずべきは文学的労作, 真に恥知らずの極, 真にを与えた, 真にがつまる, 真に息詰るような, 真に恵まれたる勇者である, 真に悔恨已む能わざるなり, 真に悟り得ている, 真に悟る迄長生, 真に悟道の眼, 真に患者の為め, 真にむべきものだ, 真に悪かったと, 真に悪くいふこと, 真にみくれ候, 真に悲しめる者は, 真に悲むべきであった, 真に悲惨の極, 真に悲痛を極めた, 真にの有り, 真に情熱の趣, 真にむべき, 真に惜しみなく発散, 真に想いがけない, 真に愍むべきである, 真に意味するところ, 真に意外なる来訪者, 真に意外と思われる出来事, 真に意表に出, 真に愕然として色, 真に愚鈍とその, 真に愛されるものと, 真に愛す可く尊う, 真に愛すべきところが, 真に愛するならば隠れ, 真に愛すれば愛する, 真に愛せる人, 真に愛嬌の泉, 真に愛想を盡, 真に愛着に価する, 真に愛育すること, 真に愛読するという, 真に感ぜられた時人間の, 真に感奮せしむるものは廃墟, 真に感得し得た者, 真に感心さそれもお前, 真に感情的になる, 真に感興をもっ, 真に感謝の念, 真に慄然たるもの, 真に慈善の意志, 真に慟哭すべき場合, 真に慨嘆に堪えない, 真に慰むるものは, 真に慶安中に作った, 真に憂えてくれ, 真に憂国の大, 真に憎い奴という, 真に憎かった, 真にむべき, 真に憐むべし彼等, 真に憐れむ可き, 真に憐愍に値する, 真に憚りのない, 真に憤るだけの心, 真に憤懣に耐えぬ, 真に憾めしさうに光つたぞ, 真に懐疑の名, 真に成つて聞かれるに, 真に成る鼎扛ぐべし, 真に成功した確信, 真に成学したる者, 真に物を, 真に戞然と高い, 真に戦うならば本国, 真に戦ふ国民としての, 真に戦後の生活, 真に戦慄すべきもの, 真に戯曲的なもの, 真に戯談は除け, 真に戸籍なくし, 真に所由のある, 真に所謂神経衰弱であつ, 真にの裡, 真に手前嬉しいと, 真に打たれたことは, 真に打ちこめる仕事を, 真に打ち融け合った一家族の, 真に打解けてよい, 真に打解けたものいい, 真に批評に対し困難, 真に技術であること, 真に技術的となる, 真に抜き足差し足という言葉, 真に持たない人間は, 真に持っていない, 真に指折り数ふる位きり, 真に挙国一致全力を挙げ, 真に探し求めている, 真に描いている, 真に描かねばならぬ, 真に描かれるにはこの, 真に攘夷家もあり, 真に改心する気, 真に改悛したもの, 真に改革が必要, 真に鬼の, 真に政宗が頼み切った, 真に政府を一新一洗, 真に政府首脳部の覚醒, 真に政治上の文化的スローガン, 真に政治小説中の快, 真に故主の遺言, 真に故国を文明国, 真に故旧に会, 真に救い得ないではない, 真に救ってくれる, 真に敗らるること, 真に教学としての神道, 真に教育家なら笑っても, 真に教養されたと, 真に散じたるにあらざれ, 真に敬意を表し, 真に敬服しました, 真に敬虔なるおもい, 真にへる程, 真に数ヶ月の間, 真に数年前善光寺辺で末娘, 真に敵対的な態度, 真に敵意を持っ, 真に敵視すべきは, 真に文化国となる, 真に文化的な助言, 真に文字通り芳ばしい最期, 真に文学上発展させるモメント, 真に文学者と呼ばれる, 真に文界の前途, 真に文章をよく, 真に文芸的に, 真に文豪の器, 真に断乎として党, 真に断種すべきもの, 真に新しく其の人, 真に新しく美しいものを, 真に新開地的な真に, 真に新鮮なメロディー, 真に日々の生活, 真に日本アルプスである, 真に日本出来の纐纈, 真に日本橋といい, 真に日本民族に固有, 真に日本画の伝統, 真に日本皇帝の書, 真に日本軍が散, 真に旧藩地一般のため, 真に旨いのを, 真に明々白々にて此上, 真に明るく生き生きと, 真に明治維新の大業, 真にのまれびとの, 真に春一を思っ, 真に是非曲直の鉄鎖, 真にの運, 真に時そのものになった, 真に時局的なリアリティー, 真に時節到来の感, 真に普遍的になる, 真に智仁のお, 真に智的生活の何事, 真に更新されるの, 真に更生の喜び, 真にを読む, 真に書きたいものから, 真に最後の倫理的理想教, 真に最高のもの, 真に月世界の大, 真に有られもない, 真に有りうるでしょうか, 真に有害無益の長物, 真に有徳の君子, 真に有意義なる道, 真に有用な生産物, 真に有益なる事業, 真に有能な職工, 真に朋友としての交誼, 真にが社稷, 真に朗らかだ, 真に望ましいものである, 真に望んでいる, 真にから晩, 真に朝飯前に僕, 真に未曾有難遭の時代, 真に未来の綜合的, 真に未開の天地, 真に本当の神, 真に本気になっ, 真に朽果つると云う, 真にを憂うる, 真に東京の文化, 真に東洋永遠の平和, 真に東洋画特に南画中, 真に果敢無き少時, 真に栄誉ある時, 真に根本の大きい, 真に格好の地盤, 真に棄身になつて, 真に森厳にし, 真に植民的精神の溢, 真に極めて人口稠密である, 真に楽しそうだ, 真に楽しい日を, 真に楽しかったと, 真に楽しみ何に, 真に概念構成の名, 真に榛門に移つた, 真に構成さるると, 真に権威あるもの, 真に欠いている, 真に欠くべからざる恒久兵備の, 真に欠点のない, 真に欧化であるか, 真に欲している, 真に欽仰畏敬の念, 真に欽慕すべきは, 真にを知らう, 真に正しき形而上学的要求に, 真に正気の沙汰, 真に正直な人, 真に正確で啓発的, 真に此時まで斯く, 真に歴史の意味, 真に歴史小説家ならば, 真に歴史的研究であって, 真に死せし者なり, 真に死ぬほど心, 真に死物狂い式なもの, 真に死生の間, 真に死者の霊, 真に死骸だと, 真に殖産工業の発達, 真に殺さんと覚悟, 真に殺し兼ねざる決心の, 真にが子供, 真にされたの, 真に比較出来ないほど, 真にの功名, 真に民主の国, 真に民主国となり, 真に民族の将来, 真に民衆性を有っ, 真に民謡が活き, 真に気味の悪い, 真に気持が好かっ, 真に気高い蓬莱の, 真に気魄をもっ, 真に永遠なるいのち, 真に永遠不滅な絶対統一的, 真に求むる者に, 真に求められている, 真に汗牛充棟も啻, 真にらは, 真に江戸中期つまり元禄時代, 真に沈毅にし, 真に沖縄を救う, 真に沙汰の限り, 真に治績の挙, 真に法律家らしい生活経験, 真に泣き出しそうな, 真に泣き悶えて合掌, 真に泪ぐましい人間史を描きださう, 真に泰然自若とは此, 真に泰西のリベラール論派, 真に洗練された文学的技術者, 真に活かさない人です, 真に活かされるために, 真に活きた庭園の, 真に活溌なもの, 真に活躍したる哲学的精神, 真に浪漫的な天才, 真に浮浪の生活, 真に浮浪生活を続け, 真に海濤の勇士, 真に涼やかに身神, 真に深山の面影, 真に深山幽谷の趣, 真に清浄な生, 真に渇くんだ, 真に温泉を楽しもう, 真にたる存在, 真に満堂割るる許, 真に滋養豊富な餅米, 真に演劇それ自身の芸術的完成, 真に演劇芸術の孤城, 真にの高祖, 真に潤沢になり, 真にかに一ヵ月, 真にを見る, 真に火花を散す, 真に灯下の秋, 真に烈女というべし, 真に烹調の理, 真に内容な, 真に無いものじゃ, 真に無効ならしめるもの, 真に無双の境, 真に無比の要害, 真に無産政党に止る, 真に無用のぜいたく, 真に無邪気で見るからが, 真に熊本市外の写真, 真に熱中するの, 真に熱意の無い, 真に燃える力を, 真に燃え立つような, 真にに火, 真に物すごいような, 真に物語めかしい左様, 真に特色あるもの, 真に犠牲的精神から発する, 真にに霊妙, 真に独りなるひと, 真に独立的では, 真に独逸武人らしく立派, 真に狼狽させたもの, 真にを愛する, 真にの心, 真に献げきった一つ, 真に此裟婆界に, 真に獅子吼の雄弁, 真に獲得して, 真に獲得者が之, 真に玉松である, 真に王国であり王国, 真に玲瓏たる美し, 真に珍しいといえる, 真に珠玉的な完成感, 真に現代を新しい, 真に現代人の救ひと, 真に現在に生きよう, 真に現実といわるべきもの, 真に現実主義と言うべき, 真に現時の絵画, 真に理屈を了解, 真に理科の進歩, 真に理論的な意識, 真に環境に没入, 真に甘んじ得る伝統なら, 真に生かさんとする, 真に生ききれる力量が, 真に生きこされ得る時代を, 真に生きたる芸術である, 真に生きねばならぬ, 真に生き得るといふ悟道, 真に生き物のよう, 真に生き甲斐ある生命, 真に生まれて余り, 真に生まれたときから, 真に生れたる英雄であり, 真に生命的な恐ろしい, 真に生徒に有益, 真に生死を賭し得る, 真に生活的な力, 真に生温い思想を, 真に生物学によって研究, 真に生物学的なもの, 真に生甲斐ある生活, 真に生長させ文学, 真に用いらるる, 真に用事のある, 真に用美相即である, 真に田園の静寂, 真に田家の楽しみ, 真に甲州へ絹, 真に兼ねましたが, 真に申しわけのない, 真に申訳ない事, 真にを愛し, 真に男らしさ男の, 真に男らしい男の, 真に男らしき男男なら, 真に画中の人, 真に画期的のもの, 真に畏敬すべきは, 真に畢生の弁舌, 真に疾風迅雷の早, 真に絶稀に, 真に痛切に感ずる, 真に痛感したの, 真に発展的一歩を与えられた, 真に発狂して, 真に発病の原因, 真に発見的であること, 真に発言の時, 真に発達させるには, 真に白鳥そのままの, 真に百雷の一時, 真に的確なる目的, 真に盗賊の挙動, 真にな時代, 真に目的とする, 真に目覚たいま, 真に目覚しいものであっ, 真に目覚ましいものであった, 真に目覚めて其後, 真に直接に与えられた, 真に相互の国際, 真に真犯人であるらしい挙動, 真に眠っていた, 真に眠ってるようである, 真に眼前に迫る, 真に眼近にA子, 真に矛盾的対立であれば, 真にも楯, 真に知っている, 真に知らずに来た, 真に知らない男な, 真に知り得ざるものだ, 真に知り得るのでありましょう, 真に知れる人は, 真に知仁勇の徳, 真に短いから袖, 真に破滅させられたの, 真に確かめそして, 真に確信ある行動, 真に磊落であり洒落, 真に社会的意義を有する, 真に社会組織を知る, 真に社稷の臣, 真に祖先に対するの敬虔, 真に祖国は嘆くであろう, 真に神仏のなす, 真に神仙だ, 真に神品たる処女, 真に神妙な早業, 真に神聖なる樹, 真に神通力を得, 真に神道を体得, 真に禅宗の思潮, 真に私どもの生ける, 真に私共の結婚, 真に私自身も亦, 真に私達の詩的興味, 真にを讃, 真に科学者であるため, 真に秘蔵すべき品, 真に称讃すべきもの, 真に稀世の勇士, 真に程度の低い, 真に空中戦が主体, 真に空虚な生活, 真に突いて蒐, 真に竿で釣り, 真に笑うことが, 真に笑つて瞑するの, 真に符合せりと伝うる, 真に第一歩であって, 真に精根を傾け尽し, 真に精神的な形, 真に糾弾の挙, 真に純一の詩, 真に純潔に伸び伸び, 真に純良なる弟, 真に素早い行動である, 真に素晴らしい御金持, 真に細民部落と呼ぶべき, 真に終局的な実在認識, 真に組織的成果と云えぬ, 真に経済を学ぶ, 真に経済学に導き入れた, 真に経済的価値は起らない, 真に経験的であること, 真に結び付き得る処に, 真に結び付くためには, 真に結婚がある, 真に絶対に帰依, 真に絶対的なもの, 真に絶待的の無, 真に絶望したとは, 真に総意的な流行, 真に縋るべき何か, 真に縹渺たる詩情, 真に罪悪といわるべきもの, 真に美しき世界が, 真に美しく逞しい夢は, 真に美味であるといふ, 真に美味い料理それは, 真に美徳たるため, 真に美貌に執するなら, 真に美麗な花, 真に羨ましい極みである, 真に羨望に堪え, 真にの為, 真に考えたことも, 真に考えるところが, 真に考え込んでいる, 真に考へたことや, 真に考証の正確, 真にを聾せ, 真に聖なる信仰を, 真に聞きしより立優り, 真に聴きものだった, 真に職業に忠実, 真にを裂き, 真に肉薄しようという, 真にも潰れる, 真に肝胆を披, 真に肯定して, 真に肺肝から出, 真に能働的に物, 真に脱兎の如く, 真にを立てた, 真に腹蔵を吐露, 真に自信に欠けた思ひ, 真に自家証得底の見解, 真に自己本来のもの, 真に自律的になる, 真に自然科学に対立, 真に自由主義として否, 真に自由人として討議, 真に自由党の実際, 真に自由自在の世界, 真に自由詩であり何, 真に致命的だつた, 真にの醒めた, 真に舞台に求める, 真に良人を愛した, 真に色彩を眺め取る, 真に芸術三昧であり表現, 真に芸術品でありまた, 真に芸術的効果を齎す, 真に若い世代を, 真にも荷, 真に苦しみに堪えた, 真に苦しゅうは御, 真に苦痛を免れる, 真に英国穀物に対する需要, 真に英雄である, 真に英雄的だった人物, 真に茂太郎の眼, 真に荒廃したという, 真に華族をし, 真に落ちつける唯一の, 真に蒙昧愚劣憫殺すべきの, 真にの遠, 真に虎口を脱した, 真にしからずである, 真に虚心坦懐に事, 真に蜘蛛を養う, 真に融和を希望, 真に血みどろの真剣勝負, 真に血涙を絞りました, 真にわるべからざる, 真に行われるのです, 真に行動の中, 真に行為と結び付く, 真に表現作用的でない, 真にを絞っ, 真に差別者の, 真に被告人を恋し, 真に裁判の純正, 真に裸一貫の輩, 真に要望されるの, 真に見えざる背景に, 真に見えすいた計略です, 真に見ものであります, 真に見んことを, 真に見得であったならばついぞ, 真に見得ることが, 真に見揚げたとまで言い掛けた, 真に見直そうとする, 真に覚った者には, 真に親しみ易い人, 真に親御さん方の御苦労, 真に物だった, 真に解放された女性, 真に解決しよう真に, 真に解脱によって得られる, 真に解釈するには, 真に触れたい希望から, 真にひたいところ, 真に言い得るのは, 真に言うも気の毒, 真に言うべからざるものが, 真に言はんとする, 真に言葉通り徹底的に引っくり返された, 真に言行一致の人, 真に計る可から, 真に詩人らしい詩人, 真に詩的と感じ, 真に詩的精神を有する, 真に詩的表現の何物, 真に誇って然るべき, 真に認識すること, 真に誓いのこもった, 真に語感のぴったり, 真に誠意の現われ, 真に服するには, 真に説得的な文学的活動, 真に読むことを, 真に読者の肺腑, 真に諒解して, 真に論敵である, 真に論理的機能を果させる, 真に諸方を遊歴, 真にる事, 真に譴責を享けつ, 真に讃仰せざるを, 真にな人間生活場, 真に豊富な一世界, 真に象徴して, 真に貞潔の条件, 真に貧乏な恋愛, 真に貧乏根治の必要, 真に責任の主体, 真に貴公の妻, 真に貴女が殺さぬ, 真に貴婦人の如く, 真に費されたものと, 真に資本主義社会の生活, 真に賓客としての待遇法, 真に賞味出来るの, 真に賞美するには, 真に赤松氏利根川図志の記, 真に起つた事実と, 真に起死回生の解脱, 真に常識の, 真にがあります, 真に踏み切ってはいない, 真に身の毛も竦, 真に軍人の事, 真に軽薄の小人, 真に輝かしい生命の, 真に輝くばかりの美し, 真にの真下, 真にえない, 真に農村の人々, 真に儒が, 真に近く本式の芸術的鍛錬, 真に近く芸者末社もそれ, 真に近ごろ奇特なこと, 真に近づいて真, 真に近づくことが, 真に近寄り難い青, 真に近所へ極, 真に迫ったもがき様で, 真に迫つた怖ろ, 真に迫つた動作で, 真に迫つた情景を舞台, 真に迫つた歌をうたつた, 真に迫つた真似で嘔吐, 真に迫つた矛盾の痛手, 真に迫つた行列だ, 真に迫つた表情をする, 真に迫つた顔をし, 真に迫つて滑稽だつた, 真に迫つて言葉通りな表情, 真に迫つて訴へて来ます, 真に迫らない気が, 真に迫りすぎている, 真に迫りましたよ, 真に迫り行くのが, 真に迫り過ぎた名優振りには, 真に迫ればこそ冤鬼, 真に迫ろうとし, 真に迷霧が覚める, 真に迸り出る言葉が, 真に追うに足りる, 真に追従を許さない, 真に追求するため, 真に退歩的な運動, 真に送迎に遑, 真に逆説的なもの, 真に透徹した明晰さ, 真に途方に暮れ, 真に通じるものは, 真に進歩的な又, 真に進退ここに谷まった, 真に遊びになります, 真に過剰になる, 真に道徳を念, 真に道徳的な実践家, 真に道徳的感情の純, 真に道鏡に媚び, 真に達する者なり, 真に達人の達観, 真に達見ではない, 真に遠い所を, 真に遥かにいっそう, 真に適切に表現, 真に遺憾だが, 真にの実, 真に邪悪であり有罪, 真に邪道であり罪, 真に部下を愛し, 真に部落の歴史, 真に都所の大別当, 真に釣り得し物とのみ, 真に鉄製の意志, 真に銀河の九天, 真に銚子屋に預けられ, 真にの歯, 真に鎖国を以て已むべ, 真に鎮静せしめること, 真に鑑賞すること, 真に閃電のごとく, 真に開国家もあり, 真に閑静に住ん, 真に間髪を入れない, 真に闘うプロレタリアートと共に, 真に闡明せられるの, 真に降伏したもの, 真に陛下を敬愛, 真に階級性を持った, 真に随喜の涙, 真に隣人と悦び, 真に有い, 真に難事にし, 真ににも劣っ, 真に霊怪というべけれ, 真に霊猫と思うであろう, 真に霊魂の成長, 真に霹靂の一声, 真に青年を恋し, 真に青春の時, 真に静かな場所, 真に面会した, 真に面白いと思う, 真に面目次第もありません, 真に革新と名づけられる, 真に革新主義的な音楽, 真に鞏固な根深い, 真に韻文価値を有する, 真に領民から土下座, 真に頼むべきはただ, 真に頼朝という人間, 真にを蹙むる間, 真に願うところは, 真に風流を楽しむ, 真に風雅の骨髄, 真に颯爽とし, 真に飛ぶが如く, 真に飽きれ果てた話だ, 真に飽満しまたは, 真に首肯きたもうお方, 真に香しい露の, 真にのやう, 真に駘蕩たるもの, 真に驚嘆敬服に価すべき, 真に驚天動地の大, 真に驚愕すべき魔力, 真に驚歎すべき事実, 真に高い演劇を, 真に高めてくれる, 真に高価な, 真に高燥な大気, 真に高調され感じ, 真に魅することは, 真に鮎食いの食い, 真にを食べた, 真に麒麟児だね, 真に黙会した現代の