青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「生まれ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

生きた~ ~生きる 生きる~ ~生じ 生じ~ ~生じた 生じた~ ~生ずる 生ずる~ ~生まれ
生まれ~
~生まれた 生まれた~ ~生れ 生れ~ ~生れた 生れた~ ~生れる 生れる~ ~生んだ 生んだ~

「生まれ~」 1846, 19ppm, 5995位

▼ 生まれ~ (915, 49.6%)

21 はじめて 20 いる 18 くる 17 くるの 16 初めての, 来て 15 きたの 13 来たの 12 来るの 11 来る 10 いるの, 始めて 9 このかた, はじめての 8 來た, 来た, 来たよう 7 きたよう, くるもの, 来たもの 6 いた, きた, きて, 来るもの 5 初めてこんな, 来ない 4 きたと, きたもの, くること, くるという, はじめてだ, はじめて見た, 始めての, 来ないの, 生の

3 [11件] いたら彼, いれば, おいでに, きたかい, きたん, くるか, 来たと, 来た人, 来は, 来るよう, 生きて

2 [42件] いたの, いない, いなかった, いるが, いるので, きたか, きたこと, きたに, きた子, きました, きます, くるとき, くるに, くれば, こなかったの, こなければ, この五月, はじめてお, はじめてであった, はじめてである, はじめてと, まだ一度, まだ見た, まも, みると, 人間の, 初めてだ, 初めてわたし, 初めて見た, 初めて見る, 日本人の, 来そう, 来たかと, 来たん, 来た人間, 来た己, 来ないだろうと, 来なかったの, 来なければ, 来ること, 東京市内に, 神田で

1 [486件] あっという, あの娘, あれから, いいで, いずその, いたかも, いたという, いたとしても, いたので, いたらしい, いたら周辺, いたら柊林あたり, いた単語, いっしょに, いて, いないから, いないこと, いないでは, いない前, いなかったよう, いなかった昔, いながら, いなくとも, いました, います, いますが, いまだいくばくならざる, いまだ十分, いまなほつづい, いやしくも学者, いるかも, いるだけに, いるはず, いる中, いる事, いる必然, いる時代, いる男女, いる罪, いる身, おいでだろう, おかあさんの, おります, おりますところ, おり江月和尚, かかる事, かつて日本, かわいそうな, がっかりする, きそう, きたかったなあ, きたから, きたでしょう, きたばかりに, きたやら, きたり, きたりしも, きたろう, きたろうと, きた事情, きた以上, きた唯一, きた子供, きた当時, きた探偵小説, きた新興文芸, きた時, きた疑問, きた自分, きてから, きながら, きは, きやがて, きょうが, くるが, くるし, くるだらうと, くるだろう, くるだろうと, くるでしょう, くるといふ, くるところ, くるとは, くるならなぜ, くるので, くるよう, くるわ, くる世界, くる場合, くる子供, くる年, くる時分, くる最後, くる産物, くる真理, くる筈, くる赤ん坊, くれなかったらこんなに, こずあの, こずに, こなかった, こなかったか, こなかったろうかと, こなかったろうと, こなかったろうな, こなかったん, こねば, このかたただ, このかた決闘, このやや, この人, この地, この方この, この方こんな, この方こんなに, この方ずっと始終, この方ただの, この方ついぞ, この方一口も, この方一度も, この方洗礼を, この歌集, この独占, この瘤, この祈り, この野原, これが, こんな馬鹿気, こんに, しあわせな, しかもかく, しまうの, しまった, しまったの, しまったん, すでに七日, すなわち気, すべての, そこここと, そこで雨, そだったの, その冷めたい, その字, その家, その幼い, その盛ん, それから, それから七夕, それが, それとともに, ただちに乳, たった一度, たぶんは, だんだんと, ちょんきりの, とたんに死ん, どうしてコンナ, どこで, はじめてあじわう, はじめてこういう, はじめてこんな, はじめてじゃが, はじめてたべる, はじめてだった, はじめてな, はじめてのった, はじめてクン, はじめて兄, はじめて写真, はじめて化, はじめて口, はじめて接した, はじめて映画, はじめて歩く, はじめて決闘, はじめて海, はじめて生ずる, はじめて聞きます, はじめて自作自演落語, はじめて芝居, はじめて見る, はじめて責任, はじめて郊外, はじめて雪, はじめて魚, はじめて鼻, はじめと, ほしいと, ほとんど東京, まいりましても, まいります, またその, まだ一年, まだ乗っ, まだ六月, まだ幾代, まだ数え, まだ来た, まったく平等, まもなく母, まるでいや, ゆかなければ, ゆく, よりいまだかかる, よりいまだかばかり, より今日, より以来, より死する, ゐたつて, ゐたと, ゐました, ゐる, ゐること, エレクトロンの, フロリスト・ウィリアムと, ランカを, 一七二九年に, 一人一人に, 一人失う, 一代で, 一年ばかりで, 一度も, 一昼夜泣かなかった, 一時は, 一月にしか, 丁抹乙女憧れ, 万年筆という, 三四カ月くらいの, 三年たらずで, 三日ぐらい, 三日間土に, 不具と, 不正な, 世の中の, 世を, 両眼, 両親を, 乞食す, 乳の, 二十億年に, 二十八年の, 二十日くらいから, 二度目か, 五月に, 人の, 人間としての, 今が, 今の, 今は, 今日死ぬ, 仏の, 以來彼は, 以来しみじみ, 以来今日まで, 以来第, 以来米を, 以来葉子は, 何とかする, 何ひとつ不自由も, 何世かの, 余り経験, 來なかつた, 八つの, 六月目に, 六月目の, 出たとは, 出たわけ, 出た世の中, 出なかったこと, 出家した, 初めて, 初めてお目にかかる, 初めてそんな, 初めてだったでしょう, 初めてである, 初めてなん, 初めてエックス光線, 初めてミル, 初めて人間, 初めて今, 初めて会う, 初めて吐いた, 初めて囁かれた, 初めて恋, 初めて月給, 初めて東京魚河岸, 初めて江戸, 初めて洋服, 初めて無数, 初めて真, 初めて眼, 初めて知る, 初めて終日, 初めて自分, 初めて袖子, 初めて見合い, 初めて親, 初めて辞令, 初めて飛行機, 初めて食べた, 初めは, 十三年早く, 十五年の, 十五日その, 十八歳の, 十日目に, 半歳ばかりにしか, 去年の, 名前を, 周囲には, 四十余年来自分の, 四十日目に, 四年目で, 四歳の, 土に, 土まみれの, 地上に, 坐しし時, 夕方死ぬ, 大事がっ, 大坂以外に, 天下を, 天子すら, 天明三年に, 天皇陛下の, 妻は, 家に, 家業を, 尊王を, 居なかったの, 居るから, 居るが, 市中に, 幼い頃, 彼が, 後は, 御家庭, 心身を, 成道し, 成長し, 手芸つたはらず, 救いの, 数年後には, 数月なる, 文字を, 日暮れ方に, 早々母親, 晩に, 暗へ, 最幼き, 朝の, 来えないか, 来たいよう, 来たか, 来たかい, 来たかという, 来たからとて, 来たかを, 来たこと, 来たに, 来たらおまえさん方, 来たニヒル, 来た子供, 来た文芸復興, 来た時, 来た男, 来た画家, 来た行事, 来た観, 来た醜い, 来ないから, 来ないし, 来ないだけ, 来ないという, 来ないとは, 来ないん, 来ない前, 来ない方, 来なかった, 来なよ, 来べきもの, 来べき女, 来まいとの, 来ました, 来まして, 来ますし, 来や, 来ようと, 来るか, 来るかも, 来るから, 来るかを, 来るが, 来ること必定, 来るさ, 来るだろうと, 来ると, 来るとも, 来るもん, 来るらしい, 来るん, 来る人間, 来る伝馬所, 来る動因, 来る子, 来る律動, 来る時期, 来る暗い, 来る百円近く, 来る筈, 来る者ども, 来る良い, 来る論理, 来れなかったもの, 来れるもの, 東京で, 栄華に, 棄てられ豹, 森の, 様々の, 正式の, 此の, 死するのみ, 死せざること, 死に, 死ぬる, 死んだこの, 残念です, 母親の, 毒竜と, 毛なく, 気あり, 水の上に, 水火空気の, 活きて, 海へ, 煩悩に, 熱心なる, 父母の, 王侯と, 現在では, 生きなければ, 生きること, 生まれながら富貴, 生まれながら貧賤, 生まれの, 生まれるとから, 生みの, 生活を, 田園の, 田舎の, 男は, 異あり, 異才あり, 発達した, 盛んなら, 神仏を, 第一回目, 筆を, 維新の, 育ったので, 育った故郷, 育った村, 育つた麻布, 育てかねて, 育てられた故郷, 自然に, 良師, 芸術上の, 苦しみ居る故, 萱葺き, 行かなければ, 行く時, 行ったの, 親の, 貧しいため, 酔生夢死ほど, 間の, 間も, 間もなく実母, 間もなく解体, 革命の, 顔を, 飛んだの, 食わぬ者, 高い教養

▼ 生まれ~ (101, 5.5%)

2 いいこと, 少年が

1 [97件] ある身分, いい外国人, おめでたい識者, お互い同士の, すこぶる怪しい, ために, ねむり人形, はじめを, へちゃ, ままに, ものに, ものには, よいりっぱ, よい見識, よさ, アドロ彗星だ, イェルヴァ, インテリで, キューピーが, テナー・ウラジミール・ロージンは, フランス人や, フランドル人となりパリーでは, フリードリヒ・メルゲルは, ブリキの, ラグランジュという, ルソーの, ヴァイオリニストで, 一ユダヤ人に, 一鍛工の, 七十三歳本因坊は, 三重采女という, 世帯くずし, 二つでも, 人々が, 人であります, 人でない, 人の, 人間である, 今年六十六で, 仲間の, 低い男, 作曲家今は, 例の, 八つです, 剛気で, 勘蔵という, 十九です, 大莫連, 夫人の, 女です, 女の, 女を, 女中の, 女性であった, 妻よりも, 家庭教師の, 小さなユダヤ人, 少女が, 少年の, 少年らは, 岩崎長世この, 巽小, 帰化人の, 彼は, 情婦が, 教養ある, 方が, 旧弊人との, 歯医者が, 母上の, 気の, 水原という, 漁夫国後であった, 独逸医学博士仏蘭西文学博士オルクス・クラデル氏が, 王仲祥という, 男だ, 男娼揚がり, 百十四歳の, 私が, 私にすら, 私は, 私も, 空想家の, 美人であった, 者が, 者だった, 者も, 若い医者, 若い商人, 話し上手, 貴族の, 道化人形は, 鄭永慶という, 青年で, 馬関寅だった, 鰻公が, 鼻の

▼ 生まれ~ (80, 4.3%)

24 なりました 6 なったの, なつた 5 なって 3 なった 2 なったこと, なった女一, なりいちばん, なろうと

1 [28件] なったお, なったお姫様, なったお嬢さん, なったから, なったと, なったとか, なったので, なったばかし, なったもの, なったジェズス・キリスト, なった多芸志耳命, なった後, なった方, なってから, なってからは, ならなかったの, なりその, なりましたから, なりましたが, なりましたよ, なりました方, なります, なるさっそく, なると, なれば, 似合は, 相違ない, 違いない

▼ 生まれてから~ (69, 3.7%)

5 一度も 4 まだ一度 2 これが, はじめてだ, 今日に, 初めて新富座

1 [52件] おせい様, かかる冷淡, かつて一枚, このかたわたし, この日, この自分, こんなうまい, こんなにせいせい, こんなに遠く, こんな高い, さらに進歩発達, すぐに, ずっといっしょ, はじめてくつ, はじめてでした, はじめての, はじめて見た, ひと月に, まだかつてこれ, まだこんな, まだなに一つ社会, まだ一ども, まだ二タ月, まだ二十日, まだ新しい, まだ汚い, まだ見た, プラーク市内の, 一層性格, 七八十歳で, 人と, 以来第, 八十億年も, 初めてきのう, 初めてこれ, 初めてこんな, 初めて俳優, 初めて劇場, 初めて江戸, 初めて見た, 夢にも経験, 始めて, 始めての, 戦いという, 日数の, 曽て, 死ぬまでが, 死ぬまでの, 江戸の, 知らぬ満足, 若い男, 間が

▼ 生まれ~ (58, 3.1%)

2 子供の

1 [56件] あしかけ, ある中流, いらせられる, おじいさんも, ことし二十一それだ, ことし二十六お歌は, ことし六十九歳である, ござります, そこで枝切り職, そこには, その二十一歳, その年, はなはだ不謹慎, ふだんから, まだ健在, まだ木曾, やっぱりお, ようは詠まれぬ, アメリカを, アンジェの, イエズス会に, カクラという, ローズ騎士の, 三代目中村歌右衛門の, 享年六十六歳である, 以前は, 健実な, 前年の, 十七八歳すなわち, 去年の, 土地で, 多少スペイン, 女中奉公を, 小学校の, 少年の, 山中の, 師の, 幡多なまりの, 年は, 年頃は, 応永時代の, 戌年では, 早く亭主, 明治二十二年, 明治十七年の, 横浜でも, 気立の, 水墨の, 牢屋とは, 玉の, 由緒は, 私の, 笙を, 自由な, 親代々の, 鹿兒島の

▼ 生まれ~ (40, 2.2%)

2 しない, 上方で, 生まれだ

1 [34件] あの大, この町, しないかという, しないだろうか, しませんよ, どうも宇都宮あたり, どこだい, どこです, やはり江戸, イギリスの, バダホース, フーゼール, ロシア人である, ローマ教徒であり, 三留野で, 丹波の, 争えません, 京都だ, 仙台気仙村父忠左衛門の, 何処だ, 地主階級だった, 堅気じゃ, 川越で, 御当地, 数えるほど, 新潟県だ, 本所二ツ目の, 柬甫塞国プノンペン市, 江戸で, 江戸の, 西でございます, 越後新発田で, 野州宇都宮在で, 鳥取県の

▼ 生まれ~ (27, 1.5%)

4 という 3 そうです 2 そうで, ということ

1 [16件] かあいまい, かよく, から, からか, からなり, から七十八歳, がなにしろ, けど小さい, そうだ, てえ, とかいうの, とか聞きました, と女衒, と聞いた, なあ, 土地が

▼ 生まれ出た~ (22, 1.2%)

2 ものと

1 [20件] この方言, この花, と思う, のである, のは, のを, ばかりであった, ものである, ものでなく, ものに, ような, んだ, 一個の, 事である, 何かの, 原則や, 地面から, 文芸とは, 時期を, 書である

▼ 生まれ~ (18, 1.0%)

2 でたるもの, でよう

1 [14件] てからまだ, てから一番最初, てくる, てくれなかった, てそれ, て快楽, て来た, て生きる, でざる証拠, でたりとも, でたるごとくこの, でたる者, で内心, で長

▼ 生まれである~ (17, 0.9%)

2 ことを

1 [15件] かを聞き, か誰, がその, が今, が年, が明治四十年, が江戸ッ子以上, ことは, ということ, とお, ところから, と云った, と信じさせなく, と観念, 因縁から

▼ 生まれながら~ (13, 0.7%)

1 [13件] この姉妹, しかもはなやか, その頃, どうしておまえ, どうしてそんな, なじまない父, なぜか, なつかしき母, 奥さまぶった, 彼の, 昔の, 自分は, 衣服や

▼ 生まれ付き~ (13, 0.7%)

1 [13件] おとなしくまず, かあるいは, かとにかく, が含まれ, が荒い, じゃで, であるので, である上, でやっ, でわたくし, なり能, のこと, 小才覚

▼ 生まれては~ (12, 0.7%)

4 いるけれど 1 ならない, また消え, ゐない時分, 山崎の, 来ないだろう, 死に生まれては, 死んだ人間, 消え消えては

▼ 生まれても~ (10, 0.5%)

2 結局は 1 ただ, みんな死ん, 下品下生の, 妻は, 小さんは, 弱くなる, 種属の, 草や

▼ 生まれかわり~ (9, 0.5%)

2 だと, のよう 1 であったの, であろうか, と信じられ, の説, みたいな

▼ 生まれです~ (9, 0.5%)

21 からよく, から一向, から蛋白石, がまだ, が道楽, ね, よ

▼ 生まれ~ (9, 0.5%)

2 気質も 1 しない赤ん坊, つかないあさましい, つかない不具, つかぬいざりに, つかぬ不具, つかぬ躄者, よく婦人

▼ 生まれ生まれ~ (9, 0.5%)

4 生まれて 3 て生 1 して, て生まれ

▼ 生まれ出る~ (8, 0.4%)

1 ために, と間もなく, にキリスト, もの, わけだ, 子に, 子供に, 雰囲気を

▼ 生まれ~ (7, 0.4%)

1 ちがう火星人国, よい, 同じ東京, 村の, 生まれだけに, 確かでなけれ, 葉茶屋の

▼ 生まれそう~ (7, 0.4%)

4 になりました 1 かえ, にない, に思われる

▼ 生まれその~ (7, 0.4%)

1 中から, 内に, 抱負を, 煙とともに, 王が, 矛盾によって, 詩人の

▼ 生まれそれ~ (7, 0.4%)

1 が後代, が最高, が現代, が病身, への責任, へ名所名物, を軍

▼ 生まれ~ (7, 0.4%)

3 んです 2 のか 1 のである, ので若年

▼ 生まれつつ~ (6, 0.3%)

1 あった, あった時代, ある, あること, ある処, ある女性

▼ 生まれでは~ (6, 0.3%)

1 ございますが, ないでしょうか, ないもの, なかった, なくことに, 有ると

▼ 生まれ~ (6, 0.3%)

1 いうから, いっても, なって, 云って, 教養とを, 書き直して

▼ 生まれ~ (6, 0.3%)

2 を知っ 1 の寅, の干支, はちょうど, をとり

▼ 生まれ出ない~ (5, 0.3%)

1 うちに, が高麗時代, こと今一つは, のだ, 栄三郎の

▼ 生まれ~ (4, 0.2%)

1 て私, に因り, や今年, より仮に

▼ 生まれそして~ (4, 0.2%)

1 この雰囲気, 国王に, 彼岸へ, 死んだ

▼ 生まれ~ (4, 0.2%)

2 こないさ 1 こないが, こないは

▼ 生まれたり~ (4, 0.2%)

1 する, また生命, 又は学士, 教訓が

▼ 生まれだけに~ (4, 0.2%)

1 おそらく混血児, どこと, 年より, 弓矢を

▼ 生まれだった~ (4, 0.2%)

1 ことから, と伝う, のでその, ので革命

▼ 生まれまた~ (4, 0.2%)

1 それらの, それを, 死ぬる, 省みられなかった事柄

▼ 生まれ~ (4, 0.2%)

2 は苦しみ 1 の情け, は死ん

▼ 生まれ出よう~ (4, 0.2%)

1 とし, とする, ともがい, などということ

▼ 生まれ合わせ~ (4, 0.2%)

1 だと, ていた, て来た, はほか

▼ 生まれおちる~ (3, 0.2%)

1 からのそろい, からの江戸っ子, から火事

▼ 生まれから~ (3, 0.2%)

1 して, 言っても, 野で

▼ 生まれかわった~ (3, 0.2%)

1 ように, 元気な, 気持で

▼ 生まれたる~ (3, 0.2%)

1 もの必ず, 年によって, 時日に

▼ 生まれてからは~ (3, 0.2%)

1 その家, 私の, 私共には

▼ 生まれであり~ (3, 0.2%)

1 ながらお, 小劍, 田舎なまりを

▼ 生まれどこ~ (3, 0.2%)

1 かは古戦場, から来, から渡っ

▼ 生まれらしい~ (3, 0.2%)

1 カロリーナ・イワーノヴナという, 悪ずれ, 節々が

▼ 生まれ~ (3, 0.2%)

1 がお, の運, を見せ

▼ 生まれ変っ~ (3, 0.2%)

1 ている, てスタート, て来

▼ 生まれ~ (3, 0.2%)

1 ではそう, なの, ならいたし方

▼ 生まれ~ (2, 0.1%)

1 はりでは, シベリヤの

▼ 生まれかわっ~ (2, 0.1%)

1 てきた, て来る

▼ 生まれこれ~ (2, 0.1%)

1 が協和, が社会的

▼ 生まれしかも~ (2, 0.1%)

1 まだ小娘, 敗退し

▼ 生まれだけ~ (2, 0.1%)

2 あって

▼ 生まれであった~ (2, 0.1%)

1 が植物, ので彼

▼ 生まれでも~ (2, 0.1%)

1 なかった, 草の

▼ 生まれという~ (2, 0.1%)

1 ことが, もんで

▼ 生まれとか~ (2, 0.1%)

1 でいつから, 人の

▼ 生まれなされた~ (2, 0.1%)

1 おん若君様今は, ベルナール

▼ 生まれなすった~ (2, 0.1%)

1 ときこの, ので父君

▼ 生まれひとり~ (2, 0.1%)

1 で生長, 死ぬもの

▼ 生まれ~ (2, 0.1%)

1 ない, 地位に

▼ 生まれ合せ~ (2, 0.1%)

1 だったと, らしかった

▼ 生まれ同じ~ (2, 0.1%)

1 土地に, 年ごろであり

▼ 生まれ在所~ (2, 0.1%)

1 の外, は勾当

▼ 生まれ変り~ (2, 0.1%)

1 で身, 苦しむところ

▼ 生まれ~ (2, 0.1%)

1 がまるで, はその

▼ 生まれ来た~ (2, 0.1%)

1 甲斐あり, 責任を

▼ 生まれ来ぬ~ (2, 0.1%)

2 この世なり

▼ 生まれ東京~ (2, 0.1%)

1 に育ち, も京都

▼ 生まれ~ (2, 0.1%)

1 のあい性, を吟味

▼ 生まれ父母~ (2, 0.1%)

1 に死なれ, 怖れ

▼ 生まれ生まれ生まれ~ (2, 0.1%)

2 生まれて

▼ 生まれ~ (2, 0.1%)

1 の実家, は彼女

▼ 生まれ~ (2, 0.1%)

1 ったにも, って眞人間

▼1* [218件]

生まれあちらと思え, 生まれあるいはひとたび死し, 生まれいづる者を, 生まれいやしくも愛国の, 生まれお父さんは野球気ちがい, 生まれかつ育った境遇, 生まれかわらなければ回復, 生まれぐいぐいと大きく, 生まれここの高札場, 生まれことに目に, 生まれこの年の, 生まれうだと, 生まれしかばその力五, 生まれじゃで眼, 生まれそうして地の, 生まれそこで育ち, 生まれそこないのふさ, 生まれそれからこの自分, 生まれそれ以来王女はかうし, 生まれだれに頼る, 生まれちょっぴり肩書なども, 生まれついで三番目の, 生まれてからというものこの, 生まれてからの丸部春子です, 生まれてさえいたらこの, 生まれてだにこんなだ, 生まれてほどもない仔牛, 生まれでございまして十七, 生まれでございますしこれ, 生まれでない人も, 生まれとはいいながら, 生まれどの道かの, 生まれどれだけの区域, 生まれどんな素敵な, 生まれなかツた, 生まれなさいましたね, 生まれなすってね, 生まれについて一つの, 生まれになつた神の, 生まれはじめから工業的, 生まれまたはその家, 生まれもしくは旅を, 生まれようとしてゐる, 生まれようはずのない, 生まれ知って, 生まれとする, 生まれアミーバと三葉虫, 生まれイングランドで育ち, 生まれコルテスよりは数年, 生まれチャイコフスキーの音楽生活, 生まれドイツで数学, 生まれバッハの音楽, 生まれファラデーの時代, 生まれベートーヴェンが, 生まれ一七三八年歿した役者, 生まれ一八七八年に法位, 生まれ一種のデカダン, 生まれ七十四歳で歿, 生まれ七日をもって臘, 生まれ且つ成長した, 生まれ両方の目, 生まれ久しく中島歌子女史を, 生まれ乍ら二人は性, 生まれ二月にその, 生まれ京都で二十年, 生まれ京都学習院の徴士, 生まれ人間の中, 生まれ今日の状態, 生まれの体部, 生まれ付いて駱駝流, 生まれ付いた無性人で, 生まれ付き弓矢の名人, 生まれ付き素ばしこい, 生まれ代りの羽子, 生まれ代わって正しい, 生まれ代わったつもりで, 生まれ代わりました御覧なさい, 生まれ代わり今は又, 生まれよりも母親たち, 生まれ侍るには困じぬれ, 生まれ偉大な伝統, 生まれ先身の時, 生まれ光明氏もやはり, 生まれじゃよ, 生まれ八万劫の長い, 生まれ八万四千大劫, 生まれ公条よりも三歳長, 生まれ出し頃には父君, 生まれ出ずるもとは産霊大神, 生まれ出ずる割合なれば, 生まれ出ずる運命を担っ, 生まれ出づるかを考えられたい, 生まれ出づるものではないことを得心して, 生まれ出づる余地は無かっ, 生まれ出づる訳では無く, 生まれ出でてより, 生まれ出でたものに, 生まれ出なかったであろうと云う, 生まれ初めは私, 生まれ初めてこの地上, 生まれ初期茶人のよう, 生まれ利根川の水, 生まれ十六歳で海賊, 生まれ千九百六年五月二十三日七十九歳で同, 生まれ口語体は文章体, 生まれ誤訳から, 生まれ合わせた社会と, 生まれが育てられた, 生まれ呱々の声, 生まれ四つ年上の姉, 生まれ四十年配の勝気, 生まれ団結も生まれる, 生まれ地下に堕する, 生まれ報国の心, 生まれかと思われる, 生まれ変った協会にこそ, 生まれ変つたのを見, 生まれに死ぬ, 生まれ大事がられて, 生まれ天上で終っ, 生まれ天武時代にその, 生まれ奮闘して, 生まれ好きこそもの, 生まれ妖艶にし, 生まれは穂積, 生まれ存在し生存, 生まれ宗教は無論, 生まれの坤竜, 生まれ少女時代を東京, 生まれ少年の頃, 生まれ崇拝され続けて, 生まれ平和の願い, 生まれ年上の友人ブロート, 生まれ年月をいっ, 生まれ幼名を善日麿, 生まれ幼少にし, 生まれ引き潮時に魂, 生まれの七郎兵衛さん, 生まれ当分親懸り因って, 生まれ彫刻などいう, 生まれの別荘, 生まれ彼自身が自作, 生まれにおいおい, 生まれに死し, 生まれ忍従やアキラメ, 生まれ性夏はいつ, 生まれ悪しき者にたいするが, 生まれ意気沮喪した思想, 生まれ成長した, 生まれ戦争からスポーツ, 生まれのよかりし, 生まれから興隆期, 生まれを折っ, 生まれ排他的になっ, 生まれ揺籃のまま, 生まれないの, 生まれ損うたものといい, 生まれ損ないでなければなりませぬ, 生まれについて夢中, 生まれ日本の代数学, 生まれ早く両親を, 生まれの願力, 生まれ昭和二十二年九月二日に死んだ, 生まれ更らせて, 生まれ最近になっ, 生まれ有明海も青い, 生まれ木曾ぶしの, 生まれ李玄石と名, 生まれ来しぞ, 生まれ植物が好き, 生まれ極楽へ行く, 生まれ次第海に投げ込んだ, 生まれ正木で育った, 生まれの如き, 生まれ江戸で育ち, 生まれ浄土へ行っ, 生まれ清まりにある, 生まれ清まわりと呼ん, 生まれ漢字まじりの, 生まれ熊谷行田弥勒羽生この狭い, 生まれの大工, 生まれ特殊の実験, 生まれはる, 生まれ生もうとする, 生まれ生活の苦闘, 生まれ生長して, 生まれを持った, 生まれ社会の内, 生まれを受けん, 生まれ立ちじゃで, 生まれ立ての馬, 生まれ童話が生まれ, 生まれが芽ばえた, 生まれ職業軍時代の病根, 生まれ肇国以来一体となつ, 生まれ育ちましたのは, 生まれ能能衣しょう漆器, 生まれ芭蕉が現われ, 生まれ花咲き消え失せるの, 生まれ芸術は育つ, 生まれ芸術工芸の理解, 生まれ落合一雄という男, 生まれ變ツたやう, 生まれ貧女故捨てん, 生まれ販売される音楽, 生まれ賢善と名づけ, 生まれ轆轤も絵, 生まれ近親にはユーカラ, 生まれ返り新しい世界, 生まれ追放令を受けた, 生まれ還らねば成らぬ, 生まれじてからは, 生まれ附きで今まで, 生まれ蔵と, 生まれ随意に美男美女, 生まれるれば, 生まれ青年時代にデンマルク, 生まれをもちたら