青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「県~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

相談~ ~相違 相違~ 省~ ~眉 眉~ ~看板 看板~ 看護~ ~看護婦
県~
~眞 眞~ ~真 真~ ~真に 真に~ ~真中 真中~ ~真似 真似~

「県~」 3563, 38ppm, 3018位

▼ 県~ (1145, 32.1%)

10 方に 7 或る 6 山の, 方へ 5 ある村, 人で, 山中に, 方で, 管轄に 4 一部には, 南の, 田舎の, 田舎へ, 間を

3 [14件] 世良田事件の, 九戸郡では, 傾斜を, 北の, 北部から, 北部で, 北部では, 各郡, 境に, 山中で, 方の, 方針で, 東の, 西の

2 [64件] ある小学校, どこかで, ものが, もので, ものとしては, ものと共に, 一部, 一部で, 一部では, 一部にまで, 一部の, 人が, 人には, 人は, 人民が, 今泉という, 佐伯部が, 何某が, 例の, 制度と, 南に, 南部, 厚狭郡では, 吏は, 地主に, 地図を, 大部分, 官吏に, 寄宿舎であった, 尉に, 小学生を, 山中の, 山奥から, 役人など, 役所へ, 技師に, 政治は, 方から, 方には, 村, 東部で, 東部では, 林野局の, 某も, 港, 漁師の, 片田舎で, 片田舎に, 犬上郡でも, 状態を, 狐狸談, 田舎などでは, 町に, 百姓の, 県令に, 県農会に, 真女児, 知事が, 花輪町で, 衛生課長も, 西部, 警察に, 警察本部まで, 顕官勲位の

1 [901件 抜粋] あたりまで, ある古い, ある女学校, ある山村, ある新聞, ある町, ある郡役所, あれこれに関する, うち一六県では, お役人, ごとく昔, しみったれ役人, ためにも, ため続い, どこかの, なかに, ひとであった, ほうから, ほうで, ほうへと, ほぼ中間, ままごと方言は, ものである, ものとして, やうに, ように, エイギュイユ城の, オバコは, ギョギョウシもしくは, サンバイ地域の, ソフロン・イワーノヴィッチ・ベズペーチヌイという, トゥスカリという, ネブタの, バスガールが, フョードル・フョードロヴィッチ・ペレクローエフの, ラザレフ岬との, 一人の, 一寒村から, 一寒村三方山に, 一部とで, 一部または, 一部を, 一部分岡山県広島県山口県と, 七つに, 三喜山養殖場へ, 三浦半島の, 三県が, 三養基郡などでは, 上北部では, 上田市に, 上空に, 下に, 下五島久賀島佐賀県では, 下志津原である, 下永事件の, 不幸が, 中でも, 中央なる, 中学で, 中学の, 中立委員として, 中部では, 主な, 久喜に, 久慈川では, 九十九里浜という, 事務官や, 二府五県に, 五戸附近では, 交通全部が, 人じゃ, 人たちは, 人今は, 人口の, 人口は, 人夙に, 人間だ, 今津近くの, 仕事で, 仙北郡および, 代議士, 代議士の, 令と, 令を, 令張某, 伊島などでは, 伊那に, 住所も, 佐野栃木県の, 何とかいう, 併合あり, 例では, 係の, 保田の, 保険課からは, 修錬農場が, 傾斜に, 党類を, 全体が, 全寺院, 八代の, 八戸地方で, 公園に, 典獄に, 分だけでの, 分水嶺である, 刑事部長か, 別府温泉の, 利害上互に, 利根川べり取手界隈では, 制度の, 劉備玄徳が, 功績を, 加須や, 労働組合の, 北の方の, 北二十里, 北海岸地方から, 北部あたりらしく, 北部などでは, 北部地方以北は, 北部雪沢村の, 十三潟の, 十和田湖畔の, 千万長者の, 南半分で, 南条郡には, 南端に, 南部で, 南部熊本県の, 占拠まで, 厄に, 参事官に, 友人から, 友人の, 取締方針に, 古河か, 史跡調査会は, 史蹟調査について, 司法当局のみ, 司法当局も, 各地で, 合併は, 吉川藩の, 吉野地方その他処々の, 名が, 名は, 名も, 名物の, 名物は, 吏人な, 吏章を, 周桑郡では, 呼子か, 和田山という, 唯一の, 喜界島には, 国分寺の, 国府, 国民軍に対する, 国清寺を, 国警に, 土木費は, 土湯は, 土蜘蛛田油津媛を, 地と共に, 地主マクシーモフという, 地主君ヘルソン県の, 地図が, 坂戸町に, 坪村だ, 城内へ, 城長の, 堂守殺しの, 堺を, 塩谷那須芳賀の, 境鹿角の, 壮士と, 多額納税と, 夜の, 大井町へ, 大島で, 大書記官, 大津などで, 大石田, 天狗話の, 太平洋地帯では, 失政は, 女学校に, 女学校教師である, 女房の, 妻を, 婦負郡長岡村でも, 学務に, 学務課長加藤次郎氏と, 学務課長落合済三氏を, 宇和島人で, 宇都宮在で, 安寧を, 安達ヶ原の, 官公吏を, 官吏の, 官吏らに, 官舎で, 宝島と, 宝飯郡額田郡また, 実測に, 家だ, 宿屋の, 富士郡という, 富山には, 富豪と, 寒村に, 将棋大会という, 尉が, 尉たる, 小さな村, 小城の, 小牛田に, 小邑, 小高い丘, 尹氏の, 属官に, 山々が, 山を, 山中へ, 山中一帯を, 山奥の, 山奥まで, 山村で, 山村の, 山脈と, 山野自生の, 山間部山形県の, 岩淵地先まで, 岬の, 島々では, 島々を, 嶮に, 巡察に, 巡廻医師, 工芸品陳列会へ, 市中に, 師範学校を, 平と, 平市附近の, 平潟へ, 庄内平野へ, 当局の, 当局者は, 役人なども, 役人なんて, 役人は, 役人五六人に, 役所や, 後輩といふ, 御堂村という, 御方々, 志士が, 恵那の, 慣行の, 成田の, 或るさびれた, 戦に, 手を, 技師を, 技手の, 支庁も, 政治も, 教師だ, 教育当事者が, 教育方針で, 教育課長視学官に, 数ヶ村を, 斎藤女, 新任の, 新城つていふ町に, 新聞に, 方々が, 方だって, 方にも, 方へでも, 方面にて, 日本海に, 日間賀島などでは, 旧士族, 旧奥羽街道, 暖いところです, 書記官の, 書類丈を, 最上川も, 最南端の, 有力者が, 有志達で, 本山盛徳が, 本署から, 杉山部落の, 村を, 東北に, 東北部二戸郡福岡町附近の, 東半分から, 東南部すなわち, 東山や, 東海岸越後佐渡にまで, 東牟婁郡で, 東能代まで, 東部でも, 東部を, 東部地方が, 析鈴五十鈴宮に, 某地にかけて, 某家では, 某市, 某某工場, 柳井では, 根津の, 格別の, 桜山の, 椎葉村等では, 楼桑村, 楼桑村は, 楽堂下ノ, 権判事が, 横手も, 横須賀から, 母御の, 毛布が, 民選知事を, 水う, 水戸の, 水郷日田町に, 氷見郡から, 沼沢地方または, 津軽半島へ, 派出官は, 海の, 海岸では, 海岸の, 海岸一帯から, 海岸地方にも, 渋民村辺を, 温海温泉で, 漁夫の, 漁村などには, 漁業の, 瀬戸沿海でも, 炭坑地である, 熊野伊豆の, 片山津という, 牡鹿半島の, 特高課に, 玖珂郡秋中村大字秋掛などでも, 球磨, 甑島などでは, 生まれであった, 生れです, 生れ故郷に, 生家から, 生徒に, 産業組合党設立準備に, 田川郡でも, 田舎では, 田舎と, 田舎には, 甲賀地方にかけて, 界へ, 病院へ, 療養所を, 白東会の, 盛岡で, 監獄に, 目に, 目にも, 相模川に, 県人会あ, 県令の, 県庁は, 県庁を, 県知事を, 県誌編纂主裁内村義城氏は, 真珠王が, 知事から, 知事に, 知事スッバ・ハルカマンを, 石地蔵が, 磯部大, 祖父の, 祖谷山という, 神主の, 神崎向こう地が, 禄を, 福島出張所に, 秩父更に, 移民団体が, 種子島に, 競馬場でも, 管下に, 管理で, 管轄区域は, 米沢に, 粕壁川越東京府へ, 経済的文化的単位は, 結城が, 綾部八幡という, 織物については, 群山西に, 者さえも, 者だ, 者であった, 者で御座います, 能美郡なども, 自宅の, 自治講習会に, 良人の, 花巻と, 花輪町の, 若松藩だ, 英彦山の, 草の根を, 菅原という, 菰田の, 蕪嶋が, 蜂起する, 衛生課へ, 被害民等は, 裏口から, 製糸所の, 西ノ谷から, 西南三十里, 西南隅布川という, 西端の, 西端霧島山の, 西部の, 西隅でも, 規則で, 観光課とか, 許可あ, 試験の, 誕生する, 諸を, 謝端は, 警察から, 警察署も, 議員なんかを, 谷へ, 豊浦郡でも, 豪農の, 負債せる, 足利や, 農奴で, 農家で, 農村で, 農村に, 農村の, 農村地方を, 農民の, 農民道場に, 近衛公と, 迷信としては, 連合経営の, 道路工事だの, 選出代議士某氏は, 那覇市の, 那谷駅までの, 郷里に, 酒田公会堂で, 里の, 重罪裁判所に, 重要人物らしい, 野島の, 長浜の, 長者町で, 開成山に, 間で, 間には, 阿南君が, 阿蘇山中の, 陪審官でも, 陸城亭侯に, 雄物川すじから, 雪に, 霞ヶ浦の, 顔を, 顕官が, 食店へ, 養成所を, 館山湾に, 香取神宮の, 馬, 駅が, 駒ヶ岳山脈に, 高札を, 魚野川へ, 鮫川に, 鮫川へも, 鷹の, 鹿沼や, 鹿角地方で, 鹿角地方などにも, No1は

▼ 県~ (184, 5.2%)

4 行くと 3 於て 2 すれば, ついた, 入ると, 属して, 属します, 成上の, 移住し, 空襲警報が

1 [161件] あっては, あまねく布令, ありまして, あります, ある, あるの, ある土地, ある時, ある有名, ある色々, いたはず, いたよう, いた人, いる親戚, おいでに, かく似たる, こんなところ, すべしと, せねば, それが, できたし, なって, なります, なり福岡市内薬院, まして人口, まじめな, またがるこの, またがる水郷地方, またがる那珂川, ゆくと, ブラブラし, 一つ宛位中学校が, 一歩踏み込め, 一種の, 一足這入れ, 三年越し住ん, 之も, 亘って, 亘ること, 亙り九ヶ国, 任じ開業, 住んで, 佗年月を, 併せられたの, 先だちて, 入っては, 入らない土地, 入ります, 入りますと, 全国最多数の, 分ける新, 分ち福岡県, 分れ県, 到る即ち, 到達する, 割り当てられるという, 加わって, 労働兵卒ソヴェトを, 化けて, 及ばぬの, 及ぶべし, 合併せし, 合祀の, 含まれます, 四五人くらいの, 土民生活を, 変わらざるを, 夏の, 多い移民, 大饑饉, 宛平県より, 宿ろうと, 寄贈した, 寝て, 居る代物, 居る実, 居る自分, 属するその, 属する絹村, 属する道, 峰を, 師範学校が, 師範学校という, 帰して, 帰ったとき, 帰りました, 広く遊行, 当然御, 急廻状, 戒厳令が, 招いて, 接近し, 散るなる柳絮, 新らしい, 於ける権成者, 日本風な, 春野神社という, 来て, 来ますと, 来るよう, 来る事, 死し潘忠, 水も, 洪水あり, 流れて, 渉り, 渡って, 父が, 狸と, 生まれた, 生れ学生時代, 疎開し, 着いたが, 知り合いが, 移しましょう, 移って, 移つてし, 移りける後, 移ります, 移管せられた, 移転し, 立ちましたよ, 竜葬の, 続いて, 而家禄奉還金御, 聞き及ばず, 聳え立って, 股引の, 至る太平洋岸, 蛟窟あり, 行かされた, 行つた, 行なわるる合祀, 行われたミサキ, 行われて, 視察に, 試み今日, 護送せられる, 貞女峡という, 赴いて, 赴くこと, 赴任した, 赴任する, 起こった一大怪事, 身分証明書及び, 農民道場なる, 近づくにつれて, 送られて, 通ずる幅, 遷されて, 銀行紙幣の, 附し以, 限って, 限つた, 限らないの, 限られて, 隣接し, 鞭打たれたこと, 飼育場を, 首が, 馳け

▼ 県~ (108, 3.0%)

2 の, の山林, 第一

1 [102件] から召喚, から呼び寄せた, から徴用女工, だけでもかなり, だという, です, ですわ, ではまだ, では数カ所, では文化講演会, では牧草, では諸, では邑楽郡, では那覇, でも名高い, でも宇和島, でも庄原, でも犬, でも遙, で一番, で二人, で同じ, で女学校, で文化, で最も, で立派, などで大変, なら汽車, なること, にある, において全農支部, におけるオサキ, にはいっ, にはまだ, にホド, に一万五千人, に三万余人, に出張, に十五万人, に只一人, に名, に於, に籍, に起つた, に運ぶ, に避難, のある, の中小工業者, の丸円町, の八俣村, の凶作地, の出来事, の出身, の利島, の動静, の史蹟調査, の地方問題, の多数, の大垣町, の大島村, の天草, の小さな, の山林三千七百町歩, の山男, の岩磐二州会, の島々, の工場, の工芸学校, の幽霊談, の或, の持村, の政党人たち, の某, の河川, の温泉山, の田舎, の発光路, の美術, の葦北郡辺り, の農家, の郡山, の部落名, の銀行, の養魚場, の鮎, はこの, は大体, は常設館, は支流, は木曽, は殆, は西谷田村大字除川字大巻, へ踏み込ん, へ連れ, へ遊説, へ顕れた, へ馳, もまた, を四週間, を廻り, 旧穏坊部落, 某村

▼ 県~ (82, 2.3%)

2 の下, の劉泌, はその, はどう, は大きい

1 [72件] からも幾らか, から侍, から御, から登用, から西郷, から視察, が熱心, が赴任, であった, であった三島通庸, でこの, ではない, とかもよく, とか高崎岡山県令, としてマリヤ, として関門, などであった, などで官権党, にせまっ, には聞こえ, には見えない, には誰, に報告, に寄せた, に対してもさほど, に建議, に招かれ, に挙げられ, に撰抜, に申, に薦めた, に訊いた, に転任, に願っ, の, の出発, の夫人, の奥様, の明察, の更迭, の民権主義, の眼, の職, の臨場, の褒美, の計画, の部下, の随行, の顔, はさて, はすぐ, はなく, は一度, は下役ふたり, は厭, は李白, は漢学者, は疑った, は置かれない, は苦々しい, は苦吟, は苦心, は蛇, は野村盛秀, もこの, も内務省, も同志社, や告諭, や諸, や高知, をし, を以て

▼ 県では~ (80, 2.2%)

2 これを, それを

1 [76件] あるが, ある時代, こうした場合, この夢, その取り締まり, その小形, その遺蹟顕彰会, それが, それで, だるまやの, どうなっ, のろは, イモナ, キリクチと, コウセンクヮあるいは, コエバシアゲ新潟県に, コブレまたは, シャヴァイユ村の, シヴリユーの, ツバメもしくは, ツメコと, ネッキという, ハマリギモンハマルという, ホトホトまたは, 一八〇二年ないし, 一般にこれ, 三十日の, 上総の, 中山丹次郎横尾輝吉早川忠吾等十九名の, 二九乃至, 二尺玉も, 人口は, 停止的である, 全県, 公娼廃止即ち, 内房地方, 凍った雪, 十分の一トボルスク市では, 十日に, 南津軽の, 厳木の, 吉野郡野迫川村北今西の, 土地の, 壮年人口は, 大事な, 妊婦と, 宿でも, 小此木君の, 小絵馬, 尾白渓谷の, 山に, 愛国婦人会が, 旅人の, 昔は, 最上の, 次郎の, 法律に, 減少し, 渡瀬村の, 特に目標, 現にただ, 現在は, 県の, 石城郡の, 菅野丹治群馬では, 蘆峅寺黒部峡谷等である, 行われて, 豆粟粳米等を, 近年まで, 道ばたに, 閉伊郡の, 飛騨の, 馬肉を, 高田関山田口小千谷辺に, 鼠娶, 鼠忌と

▼ 県~ (70, 2.0%)

2 かけて, 入って, 出かけ郡会長, 参りまして, 帰って, 来て

1 [58件] いって, いっても, お帰り, かけては, この来書, だす国民健康保険報酬請求書類, でかけ少年助手, でたいと, ゆくの, 一足這入つ, 事務を, 交渉し, 入ると, 入れば, 公用で, 兵を, 出かけて, 出したの, 出て, 出張する, 出発した, 参りました時, 向って, 呼びかけて, 報告しよう, 奉還金為受取未明より, 嫁入っ, 巡回する, 左遷され, 帰されて, 帰り二年, 帰ろうと, 帰ろうよ, 引継いで, 往って, 急いだ, 急に, 打った電報, 抜ける五箇山, 招聘された, 招聘した, 掛けたいの, 攻め来りそう, 材木の, 照会する, 疎開した, 移るについては, 行くからね, 行くのに, 行こうと, 行った, 行って, 視察に, 許可を, 訴えた, 赴く途中碇泊, 追払われや, 這入って

▼ 県~ (66, 1.9%)

2 なった際, なります, 九州の, 海を, 群馬県の, 茨城県に

1 [54件] いたしましては, いたしましても, いっても, します, し国司, し此処, せられた, でありますが, なし同年九月府県廃合, なった時, なった界, なってか, なるん, まじりあった政体, まだそのままの, ハ単に, マルセーユ附近が, 中国西半の, 二ツに, 別れて, 各地を, 同様である, 名札に, 呼ばれ今に, 地球全体とを, 埼玉県では, 埼玉県の, 境を, 大分県との, 奈良県では, 奈良県の, 学務の, 宮城県との, 富山以西の, 岡山県の, 島根県と, 改称せられた, 新潟の, 東京府の, 東部静岡県とを, 武蔵の, 決まって, 沂水県の, 申すよう, 神山県と, 筑摩県との, 群馬県とにわたり, 自宅の, 言うとこ, 越後の, 長野県とに, 長野県の, 霧島山の, 鳥取及び

▼ 県から~ (62, 1.7%)

2 出て, 水電会社への

1 [58件] この村, その許可, であろうビール, どっさり補助金, やって来たらしい歩兵将校, パリーの, 主として海, 二人の, 仕入れるという, 他の, 何とか云, 入ってるか, 再び戻っ, 出します, 出版し, 勉強する, 北では, 北の, 南は, 参りました柳沢, 取ると, 地方人民が, 埼玉茨城あたり思わぬ, 大露西亜, 娶ったの, 宮崎県にわたる, 岐阜県である, 帰ったと, 帰って, 帰郷した, 役人が, 役人の, 徒歩で, 徳島県香川県広島県などでは, 手紙が, 普通の, 杉の, 来たもの, 来て, 来とるん, 来るの, 泰山の, 滋賀県京都府へ, 熊本県にわたる, 王党派代議士として, 茨城県へ, 菜種を, 貢士を, 赴任し, 迷って, 追放された, 達示が, 選ばれた, 長久保へ, 陽都, 陽都へ, 集った材木, 集って

▼ 県~ (62, 1.7%)

1 [62件] あえて出迎え, かつて廃娼論, かねて, この時, それが, とりわけ雀, どうなっ, どこか, ないまでに, ひとりで, ほとんと, ほとんど山姫, みずから起き, もっと窮迫, もともと甲斐犬, より低い, 一つ一つ絵馬を, 一大区から, 一般に, 主として鳥取県, 九月から, 今でも, 今の, 優れた絹糸, 全国で, 勿論仙台, 南の, 古墳の, 各郡, 各郡市, 土地々々で, 大いに治まっ, 大区ごと, 妙に, 富んで, 小仏, 岡山県の, 川の, 幼いいたずら時, 幾度も, 広島山口岡山島根の, 御米, 戦争中の, 日本の, 有数な, 東は, 樹の, 殆どその, 特色に, 申すに, 石見と, 確かに, 私の, 窓を, 紙漉の, 自分ながら, 草に, 行乞押売すべての, 讃岐国をも, 遊廓が, 遠江と, 隅々まで

▼ 県~ (58, 1.6%)

3 あつた 2 二三万石は

1 [53件] あつて, あらうか, いちばん小さい, たいへんあざやか, できて, はれつき, まごまごし, ケンズイという, タビスズメ近畿地方で, ダイヤメまたは, ダフラモッペ・ガフラモッペもしくは, デボンシイルの, ヒオコシ竹という, ミカンの, メダシの, 三軒と, 上野から, 他の, 伊達捷平と, 余計者に, 出来た, 出版した, 力を, 地蔵遊びといった, 堅い商人, 始め中学の, 家系は, 彼女と, 心配すれ, 思い出した, 文部省の, 旧他藩, 旧知の, 昔は, 昨年十一月までに, 最初に, 死んで, 比較的様々, 江藤党が, 由緒古き, 石川県の, 私の, 立てたの, 立候補した, 第一, 第二番目, 自由民権の, 行ふと, 送ったの, 都は, 開催される, 開聞岳を, 雛買いという

▼ 県~ (50, 1.4%)

3 廃し 2 代表し, 総嘗めに

1 [43件] おくこと, すぐる頃, つとめて, はなれるの, 一巡せし, 中心に, 二度犯さない, 仰がん, 侵し東京府下, 包みそれから, 北に, 去る六十里, 合併せらるる, 圧倒し, 巡回せし, 巡視し, 後に, 成します, 指定し, 撰んだ, 攻略され, 東へ, 横断し, 歩く人, 略し兵, 知れりし時, 立てんと, 経て, 置き前記, 襲つた大, 視察した, 訪れて, 語ったが, 越した南, 通って, 通らなかった, 通過し, 通過した, 過ぎて, 過ぎると, 限りと, 除きその他, 飛出したところ

▼ 県会議員~ (47, 1.3%)

2 の長男, をし, をやっ

1 [41件] か何, が, がわざわざ, が当選, だったそう, だったので, である当主, ですってね, でもし, で素封家, というところ, などに選ばれ, にという推輓, になりました, になる, にもなった, にもなりました, によって仲裁会, に出, に推挙, に誓うた, のそして, の佐伯, の候補, の動静, の川島治平, の息子, の荒川, の選挙事務所, はその, は私, までした, や同地, や国会議員, や市会議員, や郵便局長, や郷先生, をした, をやめ, を侮辱, を辞した

▼ 県には~ (35, 1.0%)

2 ある, いって

1 [31件] ありまたは, いなかつた筈, いるか, その原料, またカネトリギモン, まだ徒歩連絡, まだ方々, わたくしの, カクチという, ワカを, 三陸の, 今なお, 今一つ伊自良の, 僅か三四寸, 全く見当りません, 妖気が, 届きません, 屯田学生制度による, 幇匪の, 従来胡燕多く, 新政を, 是より, 有名な, 未だ県立師範学校, 犬神説大いに, 相当盛ん, 県令は, 秋田県へ, 米穀県外移出禁止という, 跨って, 野生し

▼ 県~ (33, 0.9%)

1 [33件] が公娼設置, が建議案, が畢, が谷中, だつたかの, ではこの, では荒川高三郎, でも折田知事宛, で可決, で時々, で警察当局, と彼, には井上安五郎君, には民政党公認, に出た, に勧奨, に於, に臨め, に野心, に限られる, のうち, の副, の方, の有力者, の決議, の花, の視察旅行, の議長, は該地方融資銀行, は開け, も, や郡長, を召集

▼ 県~ (31, 0.9%)

2 は焼かれ

1 [29件] からすこし, から早打ち, とそして, に住まわせ, の中, の南門衛, の外, の市, の布令, の方, の方角, の西, はたちまち, はない, へたてこもった, へまで送り届けん, へ向った, へ引, へ直接, へ走らせた, へ迫った, へ進軍中, も焼きつぶせ, を取返さん, を守っ, を攻め落し, を焼かれ, を預かっ, 指して

▼ 県当局~ (31, 0.9%)

2 で認可, のご, の歓迎宴

1 [25件] から来た, から歓迎, がいくら, ではまだ, では残酷, でも万一, という大きな, とし, としても自分たち, とに一杯, と対立, と談合, によつて編纂, に対して万事, に対する憤懣, の公開状, の意志, の政治的, の警戒, は何, ほど楽観的, もそれ以上, もまけ, も大いに, より日本主義転向

▼ 県でも~ (30, 0.8%)

1 [30件] ここからは, これに, ダンブリ花また, 中学と, 北秋田郡の, 北隅の, 南の, 南部の, 同じ言葉, 和紙の, 大館市だけ, 大館市という, 奄美大島の, 新潟県でも, 有名な, 本島は, 東方は, 猪苗代湖から, 玖珠郡の, 男鹿半島では, 秋田犬は, 稀れ, 美作の, 色恋の, 西の, 見ましたが, 酒井家の, 金沢だけに, 雪靴という, 露草を

▼ 県~ (27, 0.8%)

4 警戒警報に 2 宙返りを

1 [21件] あり狐, ある, おかれて, かえってどうかしない, ここの, この木曾, ひどい, 一水を, 埼玉県と, 多かった, 廃せられて, 廃止される, 成立し, 朝倉教諭に, 浦和県と, 災害から, 置かれただろう, 誇るもの, 誕生した, 追縋る, 長く伸び

▼ 県にも~ (27, 0.8%)

1 [27件] あって, あるの, あるのに, この種, そちこち, またシカシカなんぼ, また佐渡, カラガラスという, トトクサという, 不思議な, 元は, 同じ名, 同一の, 唐沢山が, 土地によって, 少くない, 接近し, 教育協会と, 日向に, 秋田県にも, 色々の, 蜂起し, 行は, 見られますが, 近来何匹も, 釣り場は, 香川県にも

▼ 県~ (22, 0.6%)

1 [22件] がという合壁, が上京, が居りました, そして宿, だお, であった, である実例, ですが, で向こう, で彼, で拓銀, というの, に芹川得一, の久米邦武, の恥辱, の春季懇親会, の田中, の羽左衛門, ばかりのため, や佐賀県人, や宮崎県人, を数人

▼ 県郡山市開成山~ (20, 0.6%)

20 より

▼ 県~ (17, 0.5%)

2 出抜けて

1 [15件] ともに口, どの辺, また平地, 一般に, 二つの, 全く世界一色, 初等教育と, 南の, 愛媛に, 承諾した, 津軽と, 浦和から, 相当の, 肩に, 鳥取県に

▼ 県あたり~ (16, 0.4%)

2 とか聞いた

1 [14件] からつん, がいい, ではイモガラボクト, では郭公, でモクタリ・ムクタリ・モクズレ, で採れる, なら農奴, にヒジヤ, の地区細胞, の岩石, の灰色, の酌婦, を何やら, 迄だつた

▼ 県~ (15, 0.4%)

2 市の

1 [13件] 兵庫県にも, 北海道方面からの, 宮崎県では, 岩手県にも, 政府や, 清凉里へ, 神奈川県は, 秋田県の, 群馬県の, 農会やなどから, 郡から, 郡という, 郡の

▼ 県出身~ (14, 0.4%)

1 [14件] だとかいう, で御座いまして, とある, なので, のめしたき, の仕立屋, の厳格, の女給さん, の攻撃, の旧友, の男, の白砂, の興梠二曹, の若き

▼ 県島田~ (14, 0.4%)

14 より

▼ 県~ (13, 0.4%)

1 [13件] というそれぞれ, などに任, などに為したまう, などの多く, など勢力, のうち, の世襲, の称, はすっかり, は多く郡, は既に, は皇室, 猿大海奏し

▼ 県~ (13, 0.4%)

1 [13件] が宿直, で九等出仕某, などを擒, の側, の我, の椅子, の赴任, は松山, もひどい, やらの非道, を広島, 常に臘, 常に臘除夕

▼ 県などでは~ (12, 0.3%)

1 [12件] この事, この鳥, みんな折目節目と, オチフレまた, コジャという, ネコバナ・ネコグサなどと, ハシボソガラスの, フルチガヘシ・フルチボーまたは, 伊達政宗に, 各町村, 旧十一月, 歳神が

▼ 県~ (12, 0.3%)

2 一区から 1 一だい, 一中学校長に, 一岡山中学校政経部宛, 三区, 三区からは, 三区の, 三区より, 三区青年団体の, 二の, 二区の

▼ 県などは~ (9, 0.3%)

1 かえってこの, たしかにそれ, ほとんと, むしろ新しい, ガンドウチという, 一円に, 広い区域, 村, 離れ島が

▼ 県より~ (9, 0.3%)

1 一まわり広い, 九九八十一疋の, 天井の, 小さいもの, 更に台湾, 来る学生, 東京へ, 陜西の, 順天府に

▼ 県~ (9, 0.3%)

1 と議員, にはそんな, には十五等出仕松本甲子蔵, に密訴, の権勢, の間, へ訴え出られたら, をよべ, を代表

▼ 県まで~ (8, 0.2%)

1 やって来た, 人を, 参らなければ, 帰ります, 引き還して, 来ると, 行き身寄り, 西は

▼ 県会議長~ (8, 0.2%)

1 としてこの, として憲法発布式, となっ, の外, の某氏, は拝観, や実業家, をつとめ

▼ 県北部~ (8, 0.2%)

1 ではキツネノカミソリ, でムジナバタキ, などで麦, などの烏, のよう, の或, の村, の登米郡その他

▼ 県地方~ (8, 0.2%)

1 には他国, に最も, の, の人々, の名産桜桃, の有権者, の蝦夷, は村

▼ 県~ (8, 0.2%)

2 のまわし者 1 がき, が攻め, のいる, の隊, はきっと, も賊

▼ 県です~ (7, 0.2%)

1 か, しそれ, ね, ねたしか, のよ, よ, よほんとう以上

▼ 県~ (7, 0.2%)

2 を越えた 1 の山脈, まで押し, を越える, を越した, を跨ぐ

▼ 県視学~ (7, 0.2%)

1 であつ, となっ, に聞達, の令嬢, の眼, はかなきもの, も内々

▼ 県農会~ (7, 0.2%)

2 などでも大いに, に依頼 1 の事務所, の会議, の会頭

▼ 県からの~ (6, 0.2%)

1 報告に, 報告における, 報告の, 小学卒業生たちが, 布告の, 通知が

▼ 県という~ (6, 0.2%)

1 ところに, ところは, ところを, のは, ように, 広汎な

▼ 県との~ (6, 0.2%)

2 境に 1 二つに, 境の, 境を, 境近くに

▼ 県にて~ (6, 0.2%)

1 地震の, 東京方面より, 死霊生霊の, 聞いたが, 聞きたる話, 聞くに

▼ 県上林温泉~ (6, 0.2%)

6 より

▼ 県~ (6, 0.2%)

2 の国 1 のこと, をかね, をはじめる, を主張

▼ 県南部~ (6, 0.2%)

1 などのミアリ正月, においてもナンバンドリ, の喜界島, の大空, の県道交叉点, の農村

▼ 県政治~ (6, 0.2%)

1 が始まっ, が行なわれ, のあらわれ, の始まった, の当局者, の時代

▼ 県~ (6, 0.2%)

2 の神官 1 ぐらいの低い, であるが, ともちがい, に過ぎない

▼ 県にては~ (5, 0.1%)

1 この状態, もっぱら狐, 古来三大, 地震の, 柴天と

▼ 県にわたって~ (5, 0.1%)

1 もう百五十年, 数多く存在, 県庁所在地人口山の, 膝ぬり, 賛成者を

▼ 県~ (5, 0.1%)

1 のたいへん, の同僚某, の書生, の竹山, の農家

▼ 県~ (5, 0.1%)

1 といえ, の任, の印綬, の玄徳, を呼べ

▼ 県楼桑村~ (5, 0.1%)

1 の生れ, の者, の草莽, へそっと, までは百里

▼ 県選出~ (5, 0.1%)

2 の代議士 1 の三隅哲雄氏, の国民党代議士池田寅次郎氏, の政友会

▼ 県および~ (4, 0.1%)

1 群馬県にては, 茨城県における, 豊前の, 長野

▼ 県~ (4, 0.1%)

1 きょう午後講堂で, てい, て能, て見る

▼ 県~ (4, 0.1%)

1 からね, から巡査, という, ということ

▼ 県などの~ (4, 0.1%)

2 在方では 1 コビリ飯と, 例で

▼ 県においては~ (4, 0.1%)

1 この棒, この比率, 一般に, 県会議員市においては

▼ 県よりも~ (4, 0.1%)

1 一まわり広い, 一周り広い, 広い村, 聞き及ぶ

▼ 県出仕~ (4, 0.1%)

1 になっ, の典獄, を命じた, を命ぜられ

▼ 県~ (4, 0.1%)

2 を予告爆撃 1 で熱病, へ送られる

▼ 県愛媛県~ (4, 0.1%)

2 が警戒警報, に空襲警報

▼ 県時代~ (4, 0.1%)

1 に権, の出張所, の権, の福島出張所

▼ 県~ (4, 0.1%)

1 のある, の中, の政事海, を布き

▼ 県~ (4, 0.1%)

1 から役人, にもきこえた, のまえ, へ行っ

▼ 県英田郡讃~ (4, 0.1%)

2 甘村大字宮本, 甘村宮本

▼ 県~ (4, 0.1%)

1 から四, となった, の吏員, の知事

▼ 県銑吉~ (4, 0.1%)

1 がいざ, です私, の言う, の話す

▼ 県~ (4, 0.1%)

1 との招宴, に激しく, の, の推薦

▼ 県随一~ (4, 0.1%)

2 の富豪 1 の多額納税, の富豪菰田源三郎

▼ 県~ (3, 0.1%)

1 トゥーラ県かで, 栃木県の, 知らんが

▼ 県~ (3, 0.1%)

1 当局からの, 当局との, 当局とも

▼ 県さん~ (3, 0.1%)

1 ですか, なん, 頂いてだけ

▼ 県した~ (3, 0.1%)

1 がこの, が何, 事を

▼ 県その他~ (3, 0.1%)

1 ではオゲンゾウ, でオミャトリ, で自警団

▼ 県だけ~ (3, 0.1%)

1 で少し, で近畿, らしいが

▼ 県とは~ (3, 0.1%)

1 いいその, ずっと離れた, 言ひ

▼ 県とを~ (3, 0.1%)

1 包囲し, 朱と, 除いては

▼ 県において~ (3, 0.1%)

1 オオヒトといった, テテポポまたは, 平地に

▼ 県上閉伊郡~ (3, 0.1%)

1 の一部, の私, の鱒沢

▼ 県~ (3, 0.1%)

1 の名士, の政治, の沿岸

▼ 県主催~ (3, 0.1%)

1 のもと, の歓迎会, の講習会

▼ 県~ (3, 0.1%)

1 から大利根, にある, の日足

▼ 県全体~ (3, 0.1%)

1 に一時, に亙っ, 程あった

▼ 県凡杯~ (3, 0.1%)

1 は, ははじめて, は兎

▼ 県制度~ (3, 0.1%)

1 か封建制度, であると, を布き

▼ 県~ (3, 0.1%)

1 などをしらべ, の編纂, や飛騨誌

▼ 県~ (3, 0.1%)

1 郡下田町, 郡同村同姓花二十三年と, 郡同村大字五料と

▼ 県宮城県~ (3, 0.1%)

2 も出抜け 1 を一巡

▼ 県尉玄徳~ (3, 0.1%)

1 です, ではない, の部下

▼ 県山口県~ (3, 0.1%)

2 が警戒警報 1 となります

▼ 県方面~ (3, 0.1%)

1 からは糸魚川街道, からは黒部鉄道, にては犬神

▼ 県東桜島古里温泉場~ (3, 0.1%)

2 だなんて 1 となっ

▼ 県船橋~ (3, 0.1%)

1 の土地, の映画館, の町はずれ

▼ 県~ (3, 0.1%)

1 に向っ, に起った, の新聞

▼ 県長者町~ (3, 0.1%)

2 より 1 に暮し

▼ 県からは~ (2, 0.1%)

1 この山, 二三の

▼ 県ごとき~ (2, 0.1%)

1 は一方, は五千円

▼ 県する~ (2, 0.1%)

1 事に, 際ちょうど

▼ 県である~ (2, 0.1%)

1 がこちら, が西牟婁郡

▼ 県での~ (2, 0.1%)

1 文化運動の, 毛利氏研究には

▼ 県といふ~ (2, 0.1%)

1 あたりは, 名も

▼ 県~ (2, 0.1%)

1 のだ, ので勿論

▼ 県などが~ (2, 0.1%)

1 アイの, 最も適当

▼ 県などで~ (2, 0.1%)

1 ユブシマすなわち, 今も

▼ 県などに~ (2, 0.1%)

1 やりて, 有るが

▼ 県における~ (2, 0.1%)

1 合祀の, 地方人民の

▼ 県にわたる~ (2, 0.1%)

1 九州脊梁の, 県境いであります

▼ 県のみ~ (2, 0.1%)

1 でなく青森県, ならず群馬県

▼ 県までは~ (2, 0.1%)

1 六十里半ほど, 数百里も

▼ 県中学校長~ (2, 0.1%)

1 に任, を免ずる

▼ 県主等~ (2, 0.1%)

1 の所領, の私田

▼ 県二本松町~ (2, 0.1%)

2 の近在

▼ 県五島~ (2, 0.1%)

1 の故郷, の親元

▼ 県人会~ (2, 0.1%)

1 のみがない, よりの帰途

▼ 県令以下~ (2, 0.1%)

1 の祝, の職員

▼ 県会津~ (2, 0.1%)

1 のある, の農村

▼ 県会議事堂~ (2, 0.1%)

1 で釈宗演師, などが建っ

▼ 県会議員たち~ (2, 0.1%)

1 の宿所, もそれぞれ去就

▼ 県会議員荒川高三郎~ (2, 0.1%)

1 を伴っ, 同大塚源十郎

▼ 県会議員選挙~ (2, 0.1%)

1 に立候補, の依頼状

▼ 県~ (2, 0.1%)

1 の為, の領分

▼ 県八代郡~ (2, 0.1%)

1 などにも見いだされる, の海辺鏡村

▼ 県公署~ (2, 0.1%)

1 としての機能運転, の玄関

▼ 県出張所~ (2, 0.1%)

1 から筑摩県, の官吏

▼ 県~ (2, 0.1%)

1 にし, に束ねる

▼ 県博多~ (2, 0.1%)

1 の人, の名所

▼ 県史蹟調査委員~ (2, 0.1%)

1 たる上田三平君, となっ

▼ 県各地~ (2, 0.1%)

1 のネブタ, の市町村長

▼ 県和歌山県~ (2, 0.1%)

1 なり, の三県

▼ 県国府津~ (2, 0.1%)

1 の海岸, 前羽村字前川中條内

▼ 県地先~ (2, 0.1%)

1 の日本海, を通る

▼ 県外移出禁止~ (2, 0.1%)

1 というよう, とかで手

▼ 県外輸出~ (2, 0.1%)

1 がむずかしく, を禁じ

▼ 県大会~ (2, 0.1%)

1 が行われた, の予選

▼ 県安芸~ (2, 0.1%)

2 の国

▼ 県~ (2, 0.1%)

1 といふもの, の域

▼ 県~ (2, 0.1%)

1 が来る, に言つて

▼ 県師範学校~ (2, 0.1%)

1 に又, に赴任

▼ 県平町附近~ (2, 0.1%)

2 の村

▼ 県庄内~ (2, 0.1%)

1 にて起こった, の大山善宝寺

▼ 県新庄~ (2, 0.1%)

1 にあった, に設けられ

▼ 県新田郡~ (2, 0.1%)

1 という処, の岩松村

▼ 県~ (2, 0.1%)

1 金庫の, 金庫より

▼ 県東桜島~ (2, 0.1%)

2 です

▼ 県東部~ (2, 0.1%)

1 の山村, の災害

▼ 県栃木県~ (2, 0.1%)

1 って呼ぶ, の人民

▼ 県権令~ (2, 0.1%)

1 の名, の富岡敬明

▼ 県~ (2, 0.1%)

1 の案内, はその

▼ 県津市~ (2, 0.1%)

1 に転, の監獄

▼ 県海岸~ (2, 0.1%)

1 の勝地, の大槌

▼ 県熊毛郡岩田村~ (2, 0.1%)

1 である, の難波

▼ 県熊毛郡島田村~ (2, 0.1%)

2 より

▼ 県生れ~ (2, 0.1%)

1 だと, の女

▼ 県由利郡~ (2, 0.1%)

1 などの荘内, 及び雄勝郡

▼ 県病院~ (2, 0.1%)

1 に入院, の施療病室

▼ 県~ (2, 0.1%)

1 と並ん, などにも色々

▼ 県~ (2, 0.1%)

1 や村税, より補助

▼ 県~ (2, 0.1%)

1 でこれから, にも一般

▼ 県~ (2, 0.1%)

1 の土中, の屋根

▼ 県西~ (2, 0.1%)

1 と南, は熊本県

▼ 県西部~ (2, 0.1%)

1 の出雲方言混入, の海近く

▼ 県警察~ (2, 0.1%)

1 の怠慢, の手

▼ 県警察部~ (2, 0.1%)

1 から退去命令, は本年夏頃

▼ 県足利郡筑波村~ (2, 0.1%)

1 なる或, に於

▼ 県農会当局~ (2, 0.1%)

2 の談

▼ 県通史~ (2, 0.1%)

1 にも記載, に拠れ

▼ 県郡八幡村~ (2, 0.1%)

1 におもむいた, に赴いた

▼ 県高岡郡佐川町~ (2, 0.1%)

2 ですが

▼1* [696件]

あるものは, 県かで小川で, 県からも人が, 県がぞッと, 県がも少し私, 県こそ少年が, 県これで四ヶ国, 県ごとに八十一疋, 県させそれから私, 県されたが在京中, 県さんほんとうの小, 県さん女が女, 県さん浴衣に襟つき一枚何, 県さん私知って, 県さん観音様と明神様, 県さん足が上, 県ざかいのあの鹿取山さ君らもあの, 県じゃなかったの, 県ぜんぶにわたって一つ, 県ただ一人の時, 県だけでもおよそ九万人, 県だけをとおって, 県だった師範学校のね, 県って呼ぶよ, 県ついで三春藩の微, 県東京の, 県であって雪, 県でありましてその, 県でありますがこの, 県であろうが相, 県でないのか, 県でなかつたところを, 県とかの患者の, 県とが高天原の, 県として直接皆さんの, 県とに分かれた信濃, 県とにわたり東は, 県とも言わるる時代, 県と共に第四, 県などでもそうし, 県などと似て, 県などにおいては農夫は, 県などにはカラスカラスとばかり, 県などにもひろまって, 県なども村の, 県なにがしが赴任, 県なにがし村に出没, 県ならば河童, 県なんかにはいやしない, 県なんて上方だ, 県にかの児らの, 県については田村栄太郎君が, 県にても市子口寄せを, 県になつてゐた, 県になどやって, 県によっては早速やめ, 県にわたり十二カ所の, 県のちには栃木県, 県のみは現在は, 県のみを知って, 県ばかりでは, 県へでも行かぬと, 県への郷村の, 県へはいくら侵入, 県へも督郵が, 県または組合が, 県までへも問題に, 県までも行く, 県もしくは武蔵野の, 県をも呼び込まなければ, 県イワノヴォ・ヴォズネシェンスク市ハリコフオデッサペテルブルグ市その他ではナポレオン侵略, 県キノサキつまり神戸牛, 県ソヴェト債が四月一日, 県ソヴェト選挙の結果, 県ニ其害を及ぼす, 県生レ, 県須らく自, 県ハ独立して, 県ボオヌ駅より列車, 県マリエンベルグ村狩猟区監督ウルリッヒの三女, 県ヨリ大蔵省ヘ御, 県ヴァール県上下両アルプ二県, 県を訪ねた, 県一市七町村奈良県九町村石川県六町村三重県十二町村となつ, 県一帯の山中, 県一紙主義で統制, 県一道の為政者, 県七戸町の北方, 県七郡へ発送, 県三井村の出身, 県三保海岸にある, 県三宅正一は新潟県, 県三島町の北園弓子, 県三輪らしいね, 県三重県和歌山県の三県, 県三重県滋賀県の二府, 県三養基郡綾部八幡社に毎年風神, 県上下両アルプ二県, 県上伊那郡龍丘村青年会のため, 県上北郡三沢村石場寅次郎の母, 県上山町に行き, 県上海市ださうだから, 県上総の土気辺, 県上総鳥取県因幡のある, 県上諏訪町の書店, 県上野国利根郡水上村の境界, 県上野市の久保文雄氏, 県上閉伊郡松崎村字ノボトに茂助, 県上閉伊郡栗橋村字古里という所, 県上閉伊郡釜石町板沢某という家, 県上閉伊郡青笹村字瀬戸二十一番戸伊藤万太の宅, 県上高井郡仁礼村字米子の住人, 県下仁田というところ, 県下伊那郡の小, 県下八幡市に不良少年団, 県下利根川の水源地, 県下壱岐島のある, 県下新川郡に跨り, 県下栃木町開業医某のもと, 県下水内郡桑名川へ行った, 県下水内郡水内村森宮の原, 県下町は気候, 県下都賀郡で生れ, 県下野国上都賀郡足尾銅山より流出, 県下野守の一陣, 県下高井郡上林温泉せきや方, 県下高野村の東大寺, 県不動岡岡安迷子居, 県不可達の地, 県公と, 県両侯の調和者, 県中カンバラはアガ, 県中郡秦野地方の習慣, 県中部以外に木曽, 県中部地方に頑張っ, 県中魚沼郡の山間, 県が口, 県丹沢山と塔ガ嶺, 県丹生郡越廼村蒲生津は日本海沿岸, 県主のとそれぞれ昔, 県主家に譲った, 県主神社の神様, 県乃至関東平野全域ぐらいに, 県久保某氏より報知, 県久喜居住の四丁鼻先生, 県久慈郡下小川村市毛雪氏より報知, 県を救, 県九町村石川県六町村三重県十二町村となつ, 県九連山山中に少林寺, 県二三ヶ国を代表, 県二区から立候補, 県二戸郡大野村などでは大, 県二郡九カ町村の被害民有志, 県五島沖合にある, 県五県中の沿岸, 県京都府へかけ, 県京都郡真崎村小川三四郎二十三年学生と正直, 県人まん中に茨城県人, 県人副田欣一に十年, 県人口の概算, 県人四十三戸百八十五人ヒラギシには士族平民取り, 県人四十余の細作り, 県人左部彦次郎を助手, 県人志賀直道に名義, 県人某君はこの, 県人菊池某とて当時耶蘇教伝道師, 県人角藤定憲が, 県今市附近に国太郎, 県今立郡の平野中, 県付近を往来, 県仙北郡に大, 県仙鶴観毎年九月二日の夜道士一人天, 県代議士の鈴木錠蔵氏, 県令あてに木曾谷山地官民有, 県令十号の十三条, 県令千葉の柴原県令, 県令時代に俗論, 県令藤川為親は渡良瀬川, 県令関氏のおとしだ, 県以北ではチンチン, 県伊具郡川張村山本氏より寄せられたる, 県伊達郡小国村で出来る, 県会ハ夜半密かに秘密会議, 県会国会等いう議員, 県会最後の日, 県会議員一同の連名, 県会議員三十三名が全部, 県会議員久保田某なるもの, 県会議員塩谷道博小峰新八郎の両, 県会議員川島治平山口信治玉生嘉寿平の三名, 県会議員市においては市会議員, 県会議員市内の有力, 県会議員常置委員たりし, 県会議員横尾輝吉川島治平天海浜吉をなか, 県会議員荒川音三郎ほか六名被害民総代弁護士新聞記者等五十余名が会合, 県会議員荒川高三郎大塚源十郎飯塚春太郎栃木県会議員関口忠太郎藤沢友次郎の五名, 県会議員関口忠太郎群馬県会議員荒川音三郎ほか六名被害民総代弁護士新聞記者等五十余名が会合, 県会議員関口忠太郎群馬県会議員荒川高三郎同大塚源十郎, 県会議員関口忠太郎藤沢友次郎の五名, 県会議員難波作之進君, 県会議長その他県下の名士, 県会議長席は, 県会議長達を説き, 県但馬の村, 県佐川村で吏党派, 県佐賀県長崎県熊本県大分県宮崎県鹿児島県とします, 県佐野町でささやか, 県何村何番地とか大正何年何月何日, 県何町の何某, 県信夫郡平野村医王寺境内にある, 県倉橋島の南方一里半, 県倶伽羅村の, 県備前国津高郡井原村土井敬一これをもらい受け, 県備後の疫隅宮, 県先生もはや大丈夫, 県先生我ら血路をひらきます, 県光市の顕治, 県光市上島田より, 県光政寺の磬石, 県児玉郡であるから, 県入間郡高麗村ですが, 県全市の図, 県八戸地方の苗, 県八戸市の新聞, 県八戸町石場亀吉の母, 県八戸附近の口碑, 県八郡の町村長数十名, 県公会堂で大, 県公債証書買上代御渡相成, 県公園課といふところ, 県六日町小林区署よりも同じく, 県六町村三重県十二町村となつ, 県六百三十万の民, 県内閣に反対, 県出張中なる威三郎方, 県出身者で南部同郷会, 県出身軍人の会, 県出雲崎のあたり, 県だけである, 県判事の家内, 県別府の温泉客舎, 県利害を一, 県利根川べりの取手, 県利根水源へ藤原, 県利根郡からその, 県利根郡新治村の最も, 県制施行にきまっ, 県加茂郡下河津村の谷津, 県を摂, 県勝浦郡にもあった, 県北佐久郡御影新田村若林時次郎の妾某, 県北佐久郡沓掛近くの追, 県北埼玉郡新郷村漆原亮太郎氏の門, 県北安曇郡と富山県下新川郡, 県北安曇郡北城村の四ツ家, 県北安田に其寺, 県北巨摩郡穂坂村の疎開先, 県北巨摩郡穴山村の栗原信近, 県北津軽郡というところ, 県北津軽郡金木町に生れた, 県北海道などではヤマベ, 県北甘楽地方では十月十日, 県北葛飾郡東京府南葛飾郡にまで鉱毒, 県北設楽郡段嶺村大字豊邦字笠井島の某, 県北足立郡中野村青木氏の報知, 県北部農村のイネマヂン, 県北都留郡一帯は花崗岩, 県北陸一帯または山陰地方, 県北魚沼郡川口村で信濃川, 県区裁判所金木町登記所々長の長男, 県医師会評議員眼科の, 県十三万人の労働文化協会, 県十二町村となつ, 県十四等出仕を命ぜられた, 県千葉町の郊外, 県千葉県埼玉県茨城県栃木県群馬県の七つ, 県南会津郡大戸村の雨乞, 県南佐久郡川上村字梓山でもらいうけ, 県南北を通じての一様, 県南方の島々, 県南海の奄美大島, 県南海岸のネリゲ, 県南都留郡中野村平野寿徳寺に永眠, 県南都留郡中野村平野長田源長氏の離れ家, 県南魚沼より一線, 県印旛沼の附近, 県印旛郡でコウジバナ, 県参事官の新, 県及利根水源に接し, 県双三郡八幡村を同じ, 県と同じ, 県史六巻の第, 県史蹟名勝天然紀念物の調査会, 県史蹟名勝天然記念物調査委員会の開会式, 県司法当局と九大, 県各区勝手な取締り, 県吉田町の, 県吉野郡掖上村茅原に茅原寺, 県吏どもの申告, 県に封ず, 県吾妻郡応桑村北軽井沢の一匡村, 県に見つめ, 県和歌山県三重県滋賀県の二府, 県営林局ならびに同, 県嘉穂郡漆生村に平山, 県四万三千七百町余に及ん, 県因幡のある, 県土木技師の設計監督, 県土木課の冷淡苛酷, 県にい, 県地図と笹, 県地方裁判所の所管, 県地方開発の沿革, 県城内の旧, 県城城内へ足, 県城外の新, 県埴科郡松代在清野村が彼女, 県埼玉県栃木県地方に最も, 県埼玉県茨城県栃木県群馬県の七つ, 県境町に至る, 県境町地先世良田村平塚から尾島町前小屋地先, 県士族当四十七年, 県士族佐野常三郎の女, 県士族山本勘介大江山退治の際一泊, 県士族島田一郎ら仰いで, 県士族島田一郎等叩頭死昧仰いで, 県士族武市熊吉以下八人のもの, 県に出, 県多摩郡下仙川村浅尾兼五郎の家, 県多治見町で興行中, 県多額納税者中にも屈指, 県属木村新八郎暗殺の, 県大分県宮崎県鹿児島県とします, 県大原町といふ名前, 県大和の国高市郡金橋村雲梯, 県大川郡の会員田中正夫君, 県大弐の撰, 県大弐三千人の門下, 県大村市孤島の大, 県大湊要港を占拠, 県大田原小学校の天井, 県大里郡内に妻沼, 県大野郡また山口県阿武郡, 県大野郡東大野村の出身, 県大間々町で麻生久, 県大館の畜犬商, 県大館市のある, 県大鰐の婚礼, 県太田町へ通ずる, 県太田町前島某氏の報知, 県奈良県和歌山県三重県滋賀県の二府, 県の別館, 県学生のうち, 県安積郡日和田町の東方, 県安芸郡でこの, 県官呉林塘という人, 県官急に租, 県官民の沈着剛毅, 県官羊を殺し, 県宝塚と書い, 県客中に聞いた, 県宮城県北海道などではヤマベ, 県宮城県山形県福島県となります, 県宮城郡多賀城町市川岩切駅の東一里, 県宮崎県の端, 県宮崎県鹿児島県とします, 県宮崎郡田野村にて村長, 県宮崎鹿児島琉球等のみである, 県すなわち吏属, 県富士郡元吉原村, 県寧波の大金満家, 県射水郡下村の加茂神社, 県将校等皆寇を失う, 県小倉高等女学校のため, 県小坂鉱山の私, 県小松島町に至りし, 県小田原町である, 県小笠郡六郷村字小澤の永田家, 県小豆郡苗羽村に生れた, 県小郡町仏師田坂雲斎氏の甥, 県参事だの, 県山口小林区署よりもまた, 県山形県福島県となります, 県山武郡片貝村の南方一里足らず, 県山県郡は加計, 県岩出山町在の中農, 県岩手県宮城県を一巡, 県岩手県秋田県宮城県山形県福島県となります, 県岩手県等でこれから, 県岩手郡の玉山村, 県岩瀬郡白江村の農, 県岩美郡元塩見村栗谷, 県川俣清音は秋田県, 県川崎の警察署, 県川崎町に起こる, 県巡回中に出逢った, 県巡査という肩書, 県巡講中に直接, 県工業会の役員たち, 県市川市からあまり, 県市町村に民選, 県市部の長, 県市都へと熱病, 県師範学校教諭渡辺千吉郎氏が利根川水源, 県師範学校長和田兼三郎氏のいる, 県幡豆郡横須賀村であるが, 県平附近の例, 県広島県などではこの, 県広島県山口県となります, 県当局並に日本軍幹部, 県当局主催の時局問題講演会, 県当局父兄新聞社など強力, 県当局者も充分御存じ, 県当局警察当局同校職員総動員の下, 県後藤寺の宿屋, 県忍氏で県氏, 県のほか, 県愛国党の暴動, 県愛知郡某村の小学校長, 県扁柏林の好評, 県技師の雲, 県技手の話, 県政界の大立物, 県教育会が主, 県教育局で目下編纂中, 県新治郡田余村栗また四ヶ上郷, 県新潟県には相当, 県新潟県秋田県と各地, 県方言辞典を見る, 県方言集には坂田東浅井, 県旅行中同郷の者, 県旗川村小中の実家, 県日田郡は野生茶, 県日詰が私, 県早良郡姪の浜一五八六呉ヤヨ方母屋奥座敷より発火, 県早良郡姪の浜町一五八六番地農業呉八代の養子, 県の南部藩, 県最上郡豊田村に沓澤仁蔵, 県有数の事業家, 県有林だった, 県朝倉郡の造酒屋, 県木更津にこの, 県木曽川の岸, 県本庁の方, 県本庄在八斗島, 県本庄町在の八斗島, 県本庄町裏の広場, 県本部と小湊地区署, 県来民町に至りし, 県東京府の役人たち, 県東八代郡花鳥村竹居の疎開地, 県東松浦郡の山村, 県東牟婁郡七色方面まで遡れ, 県東莱へひそん, 県東葛飾郡埼玉県北葛飾郡東京府南葛飾郡にまで鉱毒, 県東諸県郡内にて光村某, 県東郷侫神記を引用, 県松浦郡の五島, 県板野郡長岸の観音寺, 県駅に, 県某氏より幽霊, 県栃木県地方に最も, 県栃木県群馬県の七つ, 県栗原郡地方にあった, 県栗原郡高清水附近の産, 県桐生市という赤城山麓, 県桐生町から茨城県境町, 県森戸崎の沖, 県榛沢郡新会という村, 県はやっぱり, 県権令永山盛輝の名, 県権区長の職, 県籍に, 県水山村湯山の北御門氏, 県水戸市外に狐, 県水産試験場南鮮の各, 県永井某氏より夢, 県江沼郡橋立村では死者, 県河内郡豊郷村では会葬者, 県河辺郡のネリガユ, 県治下は峡江, 県治局長を伴っ, 県沼田の山野, 県沼田小林区署は利根水源林道, 県沼隈郡草戸村の小林重道, 県洋州は今, 県洛帯村に郭二, 県の城主, 県津久井郡千木良村に伝わる, 県津山市で生れた, 県津島町は昔, 県浅虫村に一大怪事, 県海岸地方の地蔵遊び, 県海草郡有功村大字六十谷及び同, 県海部郡なる日和佐町, 県海部郡肥前の千々岩, 県涌谷町の呉服屋, 県添上郡の柳生寺, 県清水市入江町元追分, 県渥美郡泉村江此間の海岸, 県湊町の鮪船, 県湯浅村の故郷, 県滋賀県の二府, 県滞在中に聞き込みたる, 県漢中の西, 県漫遊の際, 県潮岬南方百キロの海上, 県烏山の上流箒川, 県焼津町署から調査, 県熊本県大分県宮崎県鹿児島県とします, 県熊毛郡光井村にすん, 県熊毛郡周南町上島田より, 県熊谷地方ではネム流し, 県熊谷市から群馬県太田町, 県熊谷市付近の人々, 県物産展覧会というの, 県特殊部落調を引い, 県特殊部落調中の, 県犬養連三千代と云い, 県玉造郡一栗村字池月の池月神社附近, 県玖珠郡の山村, 県生まれの少年, 県れの, 県産品陳列会が特別, 県産米は大, 県田村郡某町長, 県田辺町の南方熊楠氏, 県由利郡院内村陽山寺山門の仁王尊, 県甲府のまちはずれ, 県甲府市のまちはずれ, 県町村の計画, 県町立田部病院の院長, 県界石が立っ, 県界石標が立つ, 県界道は何だか, 県な貢士, 県監獄の表門, 県知多郡新舞子である, 県石城郡のタケスカナ, 県石川郡には虎杖, 県石川郡石川町にもこれ, 県石川郡石川町字下泉鎮守の古び, 県石巻などでも元, 県砂防協会の第, 県磐田郡上阿多古村, 県磯城郡桜井町某寺, 県磯崎に, 県社乙剣の宮, 県社後者は郷社, 県から本, 県神野村の時枝茂左衛門, 県福地載五郎氏, 県福島県となります, 県秋田県と各地, 県秋田県宮城県山形県福島県となります, 県秩父郡内を巡講, 県稲敷郡と鹿島郡, 県稲田出生の小林三郎, 県稲藪郡平田の新利根川, 県筑後にて聞いた, 県管下筑摩郡神坂村字馬籠である, 県米沢地方にては人, 県粕川村月田の親戚, 県糸島郡出身彫塑家津上昌平氏の献身的努力, 県紀州の熊野地方, 県一円, 県統計書の山岳部, 県管所, 県総持院で顕仁助順淵聖広徳王, 県美作国真島郡下方村妹尾与一郎氏方にて一, 県群島県東京府の役人たち, 県群馬県の七つ, 県羽咋郡富永村では死者, 県老公もまた, 県耶麻郡熱塩村に五峰山慈眼寺, 県聯合の共進会, 県能美郡片山津の直, 県能義郡荒島村の出身, 県船橋市に疎開, 県船橋町に転地, 県船橋町泥の海, 県花巻の, 県花巻町の生れ, 県芳賀郡上三川町地先の鬼怒川, 県若松市の村岡籠月君, 県英語学校の準備, 県茅ヶ崎の野中家, 県茨城県栃木県群馬県の七つ, 県荘内地方では他, 県荻野町に着し, 県葉栗郡でマンガ, 県葉栗郡浅井村に数十年前, 県藤津郡でトテッポッポ, 県行徳村藤原の徳願寺墓, 県衙門のある, 県西北隅の田舎, 県西牟婁郡北富田村庄川に牛屋谷, 県西金の久慈川, 県西頸城郡を抱い, 県見付の町外れ, 県角館中学校の校歌, 県設小屋の上, 県試験の年頭, 県誌編纂主裁内村義城氏は新聞紙, 県諏訪市ですが, 県警察局長とかいた, 県警察当局とを未曾有, 県警察部臼杵病院を手玉, 県警察部長の談, 県議案も進捗, 県議院殿大居士, 県甘郡宮本村, 県豊浦郡豊田町西市の中野盛紀氏, 県賀茂田方二郡の村落, 県赤魚月丸鯖小次郎お小夜, 県越ヶ谷新兵衛新田, 県越後国北魚沼郡湯之谷村と群馬県上野国利根郡水上村, 県足利地方の史蹟歩き, 県足利郡久野村の村長稲村與一, 県足利郡地方の村, 県足柄上郡に属し, 県軽井沢間島様方としてあります, 県農事指導員川合壮六海尻は大工喜助, 県農村のさま, 県に多い, 県連合会南部地区西南部小地区, 県遊寓中に聞いた, 県に面した, 県道中の詩, 県道庁の区別, 県道後近在を通過, 県道端の立派, 県道筋について町め, 県州某氏の, 県遠くして, 県遠田郡涌谷村字黄金迫の黄金神社附近, 県選出代議士某市市長, 県選出代議士無所属政見は明瞭, 県選出衆議院議員何誰と恐ろしく, 県邑智郡の一読者, 県邑楽郡では地元渡瀬村, 県邑楽郡海老瀬村松本英一氏へ向け, 県邑楽郡渡良瀬村の村長谷富三郎, 県邑楽郡西谷田村大字西岡字神明西の堤防, 県那賀郡山崎村大字原では昔, 県那須郡那珂村にて聞く, 県那須郡黒羽町北滝字御手谷, 県那須野ヶ原に本郷定次郎氏夫妻, 県郡町村でもただ, 県郷土史研究会の会員, 県都窪郡清音村の題目石, 県酒田の富豪本間氏, 県金沢に死す, 県金沢市の浅野町, 県金瓶在住中熱海磯八荘なる永見徳太郎, 県金瓶村で僕, 県金華山沖百七十海里でとれた, 県銚子のさき, 県鎌倉町長谷二〇三となっ, 県長以下が祝賀演説, 県長専属の通訳, 県長尾村の植木屋, 県長岡郡豊永郷の葬儀, 県長崎県熊本県大分県宮崎県鹿児島県とします, 県長者町江場土中條内より, 県長野県などにもひろまっ, 県を見ず, 県閉伊郡田鎖の領主, 県関山でもと, 県関山村に起こった, 県阿哲郡の禅僧某, 県阿武郡のタケスイバ, 県阿田和の村社, 県阿蘇神社の眠流祭, 県附近には敗残兵, 県青木氏の報知, 県青果出荷統制組合発表青果物関係公定価格表を一覧, 県静岡県等にも一般, 県の沖, 県須坂町山丸組製糸会社のため, 県須賀村に川島奇北, 県飽託郡大仁村四百一番地とある, 県香取郡飯塚村寺本氏の報知, 県香取郡香取町に鎮座, 県香川県広島県などではこの, 県高岡郡の奥, 県高崎市檜物町に起こった, 県高座郡に疎開, 県高座郡葭苅の在, 県高知県和歌山県なり, 県鶴岡の出身, 県鹿児島県とします, 県鹿島町の辺, 県鹿島郡鹿島町に鎮座, 県鹿島郡麻生町の一青年某, 県鹿角郡生出を駕籠