青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「眉~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

相当~ 相応~ ~相手 相手~ ~相談 相談~ ~相違 相違~ 省~ ~眉
眉~
~看板 看板~ 看護~ ~看護婦 県~ ~眞 眞~ ~真 真~ ~真に

「眉~」 5134, 55ppm, 2091位

▼ 眉~ (2426, 47.3%)

205 ひそめて 139 ひそめた 106 顰めて 71 しかめて, 顰めた 57 ひそめながら 51 あげて 48 寄せて 43 よせた 37 しかめた 33 寄せた 27 ひそめたが 26 顰めながら 23 ひそめました, よせて 21 開いて 19 ひそめ 16 しかめながら, して 15 ひそめたり 13 ひらいて 12 ひらいた, 圧して 11 顰めたが 10 あげた, ぴくりと, 動かした, 動かして, 顰め 9 ひそめるの, よせながら, 昂げて, 落して, 顰めました 8 ひそめたの, ひそめる, 寄せる, 皺めて 7 しかめるよう, ひそめるよう, 顰める 6 しかめたり, つり上げて, 上げて, 寄せながら, 開いた, 顰めたの

5 [11件] くもらせて, しかめたが, つりあげて, ひそめたまま, 垂れました, 寄せたが, 曇らして, 曇らせた, 皺めた, 蹙めた, 蹙めて

4 [12件] あげながら, くもらせた, しがめ, ひそめると, ピクリと, 剃って, 垂れるの, 歪めて, 逆立てて, 顰めつ, 顰めつつ, 顰めると

3 [40件] あげ, あげる, あつめて, うごかして, おひそめ, しかめ口, つり上げた, はね上げて, ひそめずには, ひそめただけ, ひそめた表情, ひそめぬ, ひそめられた, ひそめること, ひそめるやう, ぴり, よせました, 上げた, 剃つて, 動かしたが, 動し, 吹いた, 垂れて, 寄せ, 寄せたり, 寄せるに, 張って, 持った女, 挙げた, 掠めて, 描いて, 攅めて, 曇らせたが, 曇らせて, 深く寄せ, 示した, 落としたり, 顰む, 顰めずには, 顰めたり

2 [93件] あげるよう, うごかし, お顰めなされました, くもらせながら, しかめ, しかめたまま, しかめたよう, しかめました, しかめるの, しかめるやう, しかめ目, した, しわめた, つりあげながら, はね上げ口, ひそめさせたの, ひそめさせるだけ, ひそめたいらだたしい, ひそめたといふ, ひそめたほど, ひそめた途端, ひそめつ, ひそめましたが, ひそめる人達, ひそめる者, ひそめ何, ひそめ合って, ひそめ途方, ひらくよう, ふかく顰め, もじゃもじゃと, もって, よせ, よせたが, よせるよう, キリキリと, ピリ, 一寸顰め, 一文字に, 上げながら, 仰ぐと, 八の, 内から, 動かし, 動かしながら, 吊りあげて, 垂れます, 壓する, 寄せました, 寄せるよう, 寄せ唇, 心持ひそめ, 払って, 挙げて, 振る物凄, 揚げ, 揚げて, 昂げていう, 暗くした, 曇らせます, 横に, 正した, 歪めた, 濃く引いた, 皺むる折も, 皺めながら, 示して, 萃めた, 落させたり, 落し, 落した内儀, 落し歯, 落すの, 落として, 落とし歯, 見ず, 見た, 見て, 軒げ手を, 開けば, 陰らせた, 顰めさせて, 顰めさせるほど, 顰めしが, 顰めずに, 顰めては, 顰めは, 顰めます, 顰めるもの, 顰めるよう, 顰め再び, 顰め口, 高くあげ

1 [738件 抜粋] あかるくし, あげさ, あげたとたん, あげたの, あげた幼い, あげた空, あげゐたるに, あげ卓子, あげ少年, あげ玄蕃允, あつめたるは, あつめる, あらためた, いからせて, いふの, うかがって, うごかしたが, うごかしも, うずめて, うち顰め, おとして, おひらき, おほ, おもむろに高く, かいた細君, かくした者, かくして見, かくせる, かすめて, かぶッ, かるく動かし, きっとあげた, きゅっとあげ, きらめかす中老, きり, くしゃくしゃと, くつきりと, くもらすの, くもらせずに, くもらせると, くらくし, こう描く, このとき, さかだてて, さか立てた, さつぱり, しかめお, しかめさ, しかめそのまま, しかめただけで, しかめたので, しかめた形相, しかめても, しかめてると, しかめひどく, しかめまた, しかめる, しかめるかと, しかめること, しかめるほど, しかめテーブル, しかめパラフォス将軍, しかめ怒ったよう, しかめ手, しかめ白い, しかめ立ちあがって, しかめ苦し, しかめ静か, しかめ顔, しきりに指, しじゅうぴりぴりと, した丸顔, した元, した男, しながらも, しわめたまま, しわめたり, すこし皺めた, すっかり胡粉, すぼめて, すりつけたりなんぞ, そって, そっと御, その額, その髪, そよがせて, そろえて, た, たて新しい, たて歯を, ちょっと吊りあげ, ちょっと微笑, ちらと, ちらりとひそめ, つぶして, つらせ一種独特, つりあげ団栗眼, つりあげ額, つり上げるよう, つり上げ二人, つり上げ横目, つり上げ眼, とって, なでつけた, のべて, のんびりさせる, はげしく揺り動かす, ひいたり, ひいた洋装, ひきあげた, ひきしめて, ひき唇紅, ひき緊め, ひそむるを, ひそむる妻, ひそめいやしき, ひそめお, ひそめさ, ひそめさすいや, ひそめさせた, ひそめさせた程, ひそめさせるもの, ひそめざるを, ひそめしむるにたるあらゆる書物, ひそめしめた頃, ひそめしめるよう, ひそめそして, ひそめそれ, ひそめたか, ひそめたかと, ひそめたそれ, ひそめたまま手, ひそめたよう, ひそめたらしいけ, ひそめた儘, ひそめた好, ひそめた彼女, ひそめた教授, ひそめた病的, ひそめた眼付, ひそめた顔, ひそめつくづく, ひそめてから, ひそめてとか, ひそめても, ひそめてるかの, ひそめてるのに, ひそめない人, ひそめながらも, ひそめなるほど, ひそめぬ者, ひそめはじめた, ひそめましょう, ひそめやがて, ひそめやがておもむろに, ひそめやしねえか, ひそめら, ひそめられること, ひそめられるまでも, ひそめられ殺せとは, ひそめるお, ひそめるだろうか, ひそめるであろう, ひそめるなか, ひそめるまでの, ひそめる事件, ひそめる人, ひそめる代り, ひそめラシイヌ, ひそめ不, ひそめ出すとき, ひそめ口, ひそめ土瓶, ひそめ安き, ひそめ度い, ひそめ怖し, ひそめ杯, ひそめ澄みきつた眼, ひそめ生唾, ひそめ用, ひそめ窓, ひそめ紳士連, ひそめ自己, ひそめ蒼白く, ひそめ足下, ひそめ道, ひめて, ひらいたよう, ひらいた友松, ひらいた色めきだった, ひらいた長政, ひらき, ひらきながらも, ひらくもの, ひらく風, びく, びくびくさせ, びりびり目, ぴくつかせて, ぴくぴくと, ぴくりぴくり顰め, ぴりっとさせ, ぴりぴりさした, ぴりぴりさせた, ぴりぴりさせる, ぴりッと, ふさ, ふさぎ悶々, ふつさり揺る, ふるはせつつ, ふるわせられたが, ほぐす者, みただけ, みて, もぐもぐさせ, もたげるので, もち上げ, もち皮膚, やや昂げ, やわらげて, よせただけ, よせたまま, よせた事, よせられた, よせるの, よせ口, よせ目, よせ舌打ち, わが額, グット引寄せながら, ヒクつかせ, ビリビリさせ, ピクピクさせ, ピリピリさせおった, ピリピリッと, モクモク動かせた, 一寸の, 一層頓狂, 一度にこの, 上げ, 上げし事, 上げたり, 上げつつ, 上げると, 上げ下, 上げ大きい, 上げ昂然, 上と下大きな, 上の, 仰いで, 仰向けに, 伏せたト顔, 伏せるよう, 伸べて, 何日掃ひ, 作って, 傾けて, 僕らの, 優しく斜, 八字に, 凝らして, 初めてひらい, 剃ったあと, 剃ったり, 剃らざる風俗, 剃りそして, 剃り落した慈愛, 剃り落して, 剃り落として, 剃るらむ, 動かしたお, 動かしたり, 動かしては, 動かし他, 動かし目, 動かすの, 動かす紐, 動かせたきり, 動かせば, 吊って, 吊らせて, 吊りあげ頬, 吊り上げお, 吊り上げた彼女, 吊り上げて, 和ませた, 唇を, 垂れると, 垂れ甚太郎, 壓し, 変えまぶた, 大切に, 嬉しそう, 子細らしく皺めた, 寄せたきり, 寄せたの, 寄せた昔, 寄せた時, 寄せながらも, 寄せられた, 寄せると, 寄せるのに, 寄せ紅い, 寄せ脇の下, 寄せ顋, 寄た, 少し動かした, 少し皺めた, 展いた, 展く, 展ベ, 帽子の, 引く女, 引っ張った, 張った, 強く寄せ, 強て, 彩り衣装, 心もちひきつる, 心持寄せ, 忙しく伸縮, 思案に, 急にに, 悲しくしかめ, 悲しませて, 想うたび, 想像した, 憂げに, 戦かせただけで, 払つて年紀の, 押しつけたよう, 持ち学校, 持ったこの, 指先で, 挙げては, 挙げながら, 挙げ加減, 挙げ彼, 掠めた, 掠める雲, 接して, 接しての, 描いた, 描いたり, 描きて, 描き鼻, 描く手つき, 揚げた中, 撫でるわい, 撫でる鼻, 擧げます, 攅めたる, 攅め目を, 改めて白拍子, 昂げたる, 明るく屹, 晴れしめるに, 曇らしたが, 曇らすの, 曇らせキッ, 染めること, 歪め手, 毛抜きで, 沈めて, 深く彫, 火と, 灼きそう, 焦がすほどな, 焦く所, 焦すばかりに, 焼いて, 照らして, 燒い, 画くこと, 畏る, 痛々しくしかめ, 癇性らしく動かし, 癪だ, 皺せた, 皺めさせるよう, 皺めました, 皺め眼, 皺め頬, 真平に, 研いだ, 硬めた, 示し合った, 私の, 窄めたが, 窺った, 立て眼, 竜髭の, 笑み動かして, 細くする, 綺麗に, 縮めた, 縮めて, 翳らせて, 聳か, 臆面なく, 落させると, 落しかねを, 落したばかりと, 落した年増, 落した華魁, 蔽うた, 蔽うて, 蜀営の, 被ふ, 見せた, 見せて, 見てさえ, 見て取って, 見上げながら, 視ること, 調ふる, 跳ねては, 跳ね上げて, 軒げて, 輕く, 逆立てたまま, 逆立てる演技, 重たげ, 釣りあげた, 釣り上げたが, 釣り上げると, 釣り上げ唇, 釣り上げ眼, 釣上げ, 釣上げながら, 長くひいた, 長く伸ばし, 開かれたよう, 開きました, 開けるなり, 降りしきる雪, 険しく寄せ, 険しく御, 隠した背, 隠すきぬぎぬ, 隠すため, 險しく, 集めさらでだに, 雪風に, 霧に, 青く剃落した, 面影に, 額へ, 額を, 顰ませ, 顰むるが, 顰むる人だに, 顰むる瀧口を, 顰むれ, 顰めいぶかし, 顰めさしました, 顰めさせたの, 顰めさせます, 顰めさせるので, 顰めさも, 顰めしめ警察官, 顰めその, 顰めたこと, 顰めたそう, 顰めたまま, 顰めたまま三, 顰めたも, 顰めたるのみ, 顰めた事, 顰めた口許, 顰めた小宮山, 顰めた新九郎, 顰めた私, 顰めた者, 顰めてから, 顰めてでも, 顰めなければ, 顰めぬ, 顰めましたが, 顰めましたや, 顰められたと, 顰めるにも, 顰めるの, 顰めるばかり, 顰めるほども, 顰める少年, 顰める工合, 顰める樣, 顰めわざと, 顰め乍ら, 顰め先ず, 顰め嘲り笑い, 顰め壯者, 顰め胸, 顰め落ちつかな, 顰め鼻, 馬春堂へ, 高く挙げた, 高く額, 黒く見せる

▼ 眉~ (836, 16.3%)

71 間に 41 下に 26 上に 23 あたりに 19 あたりを 13 あいだに, 間を 11 下から 10 間には, 間の 9 下の 8 あとの, 上の 7 下で, 根に, 根を, 間から 6 あたりが, 上で, 剃りあと, 跡の 5 あたりには, ような, 上まで, 上を, 間へ 4 ところに, 根が, 濃い眼, 痕の, 跡も, 跡青々 3 あとが, 上には, 上へ, 下には, 濃い顔, 跡が, 辺に, 間が, 間と, 附根を

2 [38件] あたりから, あたりは, あたりへ, あとも, うえに, つき方, はずれに, 一部分と, 上, 上から, 下では, 下なる, 下へ, 下より, 中に, 中には, 前へ, 太い眼, 女の, 強い眼, 形の, 毛の, 毛も, 毛を, 濃いの, 濃い一人, 濃い唇, 濃い浅黒い顔, 濃い目, 眼が, 継目を, 美しさ, 辺りに, 辺を, 迫った眼, 間にも, 間まで, 顰む時五間ばかり

1 [367件] あいだが, あいだの, あいだへ, あげかた, あたりなぞも, あたりにも, あたりの, あたりや, あたり何となく, あたり打ち霞ん, あとを, あまり濃く, ある上眼窩弓, うごきは, うすい, うすいうけ, うすいひどく, うすい造作, おそろしい般若, お兄さんつて, お公卿さん, お宮をば, か, かかりは, かかり婀娜めいて, かかり目つき, かくれるくらいまでに, かげに, きりりとした, くくり頤, くっきりした, くもりは, こいその, こい三角形, ごと雲居に, さがり目, すれすれに, ちよん, つけ根が, つけ根を, つんとした, できる人間, ところが, ところへ, ない男, ない顔, なかばから, はじまりの, はずれから, はずれには, はずれや, ひきかたを, ひきかた剃り, ひさしが, ひそまる様, ひらきよう, びくびくと, へんや, ほくろの, ほとりに, ほのかに, まだ黒い, まわりに, まんまる, むずかしさ, やさしい頬, やや濃い, やや迫った, ゆめひた, ようだ, ように, よしあしを, よせ方, わきへ, ニュアンスの, 一を, 一片を, 上からは, 上が, 上ったの, 上なる, 上下を, 下からは, 下くっきり, 下まで, 下を, 下燃え, 下耀く, 下鼻隆く, 両山, 両方を, 両端を, 中から, 中なる, 付根を, 優い, 優しい二十四五, 優しい口許, 優しい容子, 優しい歯並, 優しい生, 優しい純, 優しい誰, 優しい額, 優しさ, 元に, 先が, 先へ, 先端が, 内端, 凛々しくつまっ, 凜と, 凝結に, 切れが, 切れの, 初々しい若者, 判然した, 剃方, 剃跡, 前に, 力んだ右, 力んだ女, 動きでも, 動くさま, 匂やかな, 半分に, 可愛い眼, 右を, 右上に, 吊り上ったこの, 和やかさを, 哥薩克さん, 墨と, 外れに, 外れの, 大きい口, 太い, 太い二皮, 太い住職, 太い勘作, 太い大柄, 太い学生, 太い引緊, 太い弟, 太い怒り鼻の, 太い男, 太い立派, 太い精悍, 太い細面, 太い赫ら顔, 太い陽, 太い頬, 太い鼻, 太く長い眼, 太さ, 女房は, 如き最も, 姿ただ一枚でも, 婦人を, 媚めかし, 尾のみが, 展びたまゝ瞬も, 常よりも, 弓なりの, 引き方, 形いい, 形で, 形とで, 形まで, 形容である, 形細き, 彫りが, 彭山県, 影鬢の, 思へるまま, 恰好が, 意気で, 愛くるしい若い顏, 愛くるしい若い顔, 憂鬱な, 手入れを, 描き方, 方まで, 昂った清葉, 明るい秘蔵子, 曇ったの, 曲線や, 曲線黒い, 柔しい, 柔な, 根には, 根の, 根も, 根ピクリ顰めつ, 様子, 横の, 毛が, 毛ふれる, 毛一本動かそう, 毛一筋だって, 毛深い白, 気味の, 気高さ, 沈着いた, 濃いいくらか, 濃いがっしり, 濃いきり, 濃いその, 濃いそれでも, 濃いと, 濃いバリ, 濃いモデル, 濃い九州地方特有, 濃い二十八九, 濃い人, 濃い元気, 濃い口元, 濃い大きな大きな, 濃い女, 濃い娘, 濃い子供達, 濃い男, 濃い眼元, 濃い眼尻, 濃い眼玉, 濃い竹村, 濃い者, 濃い肩幅, 濃い若い紳士, 濃い血色鮮, 濃い見る, 濃い里子, 濃い面長, 濃い頬, 濃い髪, 濃い鳥打帽, 濃い鼻筋, 濃きにや, 濃く太いの, 濃く髯, 濃さ, 猛者すなわち, 猿眼の, 瓜実顔の, 生えた所, 男らしく力んだ, 男子皆, 痕が, 痙攣に, 白い人, 白い和尚, 白い老, 皺, 皺も, 目の, 相を, 相違が, 真ッ向, 真白な, 眼も, 眼差の, 秀いで, 秀でし少年, 秀でたただ, 秀でたの, 秀でた知的, 秀でた美男, 秀でた面長, 稲妻, 細いそして, 細い一寸美, 細くて, 細長く曲っ, 緑の, 緑りなる, 美しい児, 美しい十八九, 美しい可愛い色, 美しい女, 美しい悧発そう, 美しい色, 美しかった, 美を, 翳だけ, 翳だった, 翳りを, 般若の, 色の, 艶が, 若女房, 若武者だ, 若者の, 蔭から, 薄い目尻, 薄い色, 薄い頬, 薄い顏, 薄きは, 表情である, 賊が, 跡, 跡頬の, 蹙められる, 辺が, 辺まで, 辺ピリピリ, 迫ったその, 迫った感じ, 迫った渋色, 迫った痩せぎす, 迫った目, 迫った精悍, 迫った頬, 迫った額, 迫つた感じに, 逞しいみる, 邊まで, 長いそして, 長い唇, 長い女, 長い瓜実顔, 長い眼, 長い睫, 長い笑靨, 長い老, 長く眼もと, 長さ一尺六寸, 門は, 開いた悪戯, 間で, 間や, 間やや, 附け根, 附根に, 陰のみは, 隠るるまで, 雛, 霞んだ八重歯, 霧は, 青い丸まげ, 青い人, 青い剃り, 青い女房, 青い路, 青ずんだ, 面が, 面正しく, 顔は, 顰むが, 顰むのをどうすることも出来ませんでした, 顰む不安も, 顰め方, 顰んだ, 風習が, 高さ, 高さあたり, 鬼女の, 魂を, 鮮かさ, 鮮かな, 鮮かな目附に, 鮮明な, 麗しさ, 麗は, 黒い娘, 黒い粋, 黒子の

▼ 眉~ (243, 4.7%)

5 動いた 4 ぴくりと 3 ひそんで

2 [18件] つりあがって, ほのかに, ほんのりと, ピクリと, ピリッと, 両方から, 太く眼, 少し解けた, 曇った, 濃くて, 薄くて, 見えて, 迫って, 長くて, 開く, 険しく眼, 霞んで, 顰む

1 [195件] あがった, あざやかだ, あった, ありこめかみ, ある部分, いかにも判然, いかにも重苦しく, いつに, いつもより, いつも自分, いぶかりを, おどろくほど, お冬さん, お房, かがみの, きりっとあがっ, きりりと寄る, きれいであった, きれいに, くしゃりと, くもる, ぐりぐり動く, けわしく唇, こういうとき, ここに, ことに美しく, この不思議, さもさ, しかめられた, しらから, しらを, すこし難しく, すばらしい, そこから, そっと近寄っ, たくましい, だんだん陰っ, ちょっと曇った, ちょっぴり下る, ちらと, つり上った, ですよ, ともすると針, なくなったこと, にわかに尾端, はじめて顰む, はっきりと, ひくひくと, ひそむ, ひそめられしばらく, びくとも, ぴくぴくと, ぴくんとうごいた, ぴくんと動いた, ぴくんと動く, ぴり, ぴりっと動いた, ぴりぴりと, ぴりぴりふるえた, ぴりぴり動い, ふかい針, ほとんど米, ほとんど黒い, ほんとに気むづかしさうに眼, まえよりも, また少しく, また長く, みさ子の, みな晴れた, やや気色ばんだ, よせられて, キツパリと, ヒクヒクと, ピクピクと, ピンと, ボーッと, ボーツと, 一人手に, 一寸美しく, 一層際立っ, 一文字に, 一際引立, 三日月形に, 上に, 下って, 二三度ぴくぴく, 仕上げの, 似て, 何う, 余りにも, 余計に, 保寿官眼が, 優しい, 八の, 八文字に, 凜と, 凜として, 前髪に, 動いたけれども, 動いて, 半分欠け, 取ってつけたように, 垂直に, 太くて, 太く接続, 太く自身, 女房の, 寄った, 寄って, 寄るの, 少しく寄りあう, 少し曇りました, 屹と, 弓なりに, 引ける鼻, 引釣り, 張り心持, 得心を, 心持ち寄りあった, 心持悲しく, 心持顰みます, 快活に, 意気で, 憂たげ, 戸沢の, 房, 拝される, 曇つた, 曇るの, 歪んだ, 毛蟲の, 波打って, 活きて, 浮くよう, 漂うて, 潜められたが, 濃いそして, 濃かつ, 濃くおもな, 濃く口元, 濃く太く高い品, 濃く短く光り, 濃く迫っ, 無い, 熱情的で, 片眼, 生え際に, 痒うて, 眞珠色に, 真中で, 真直に, 真黒で, 眼の, 硬ばる, 秀で骨格, 細くきれ, 緊った, 美しい八, 美しく鼻梁, 美事で, 脣が, 脹れた, 芬と, 花明りに, 苦しそう, 薄い腰, 薄く眼, 薄く鼻, 虫の, 見えたが, 見えたらたちまち, 見えない, 語って, 逆立ちを, 逆立ち額, 透き鼻筋, 釣上り, 鏡の, 長く唇, 長く目尻, 長く見えた, 開いて, 開くばかりな, 阿波人形の, 附き割り, 陰気に, 陽を, 雨に, 雲の, 露に, 非常に, 顰めら, 顰んで, 高い額, 高く挙がった

▼ 眉~ (240, 4.7%)

13 皺を 10 唾を 5 八の, 手を, 迫って 4 あらわして, 火の 3 あてて, 険を

2 [11件] あらわした, かざして, せむ, 一寸勝平, 深い決心, 深い皺, 現れて, 眼に, 近い樹, 迫るほど, 逼る

1 [166件] あつめて, あふれた, いかな稲妻, いたっては, いと, うれいの, おのづか, おやかに, かかる柳, かがやく忍びあし, かたく下, きょろりと目, こころひかれき, しその, したの, して, しみ, しわを, すぐその, せっして, せまって, せまりし朝, せまるほど, せまるよう, せまる賤ヶ嶽, せまる阿弥陀ヶ峯, そっくりだった, そつくりな, その霧, たたえ, たたえて, たたえながら, ただよって, ただよわせたが, たっぷり唾, たまらない魅力, つばを, とっさに, なった眉, なって, なつた, なると, なるなどは, にじませて, のび来しひたい髪, ふと愁い, みせた, みなぎらせた, ややひらい, わが唇, シワを, 一つの, 一抹の, 丁度ふさわしかっ, 中つ, 二寸ばかり, 似た月, 信念の, 儼然と, 光るやつ, 八字の, 其神魂を, 凡ならぬ, 切り結ぶ火花, 切れ長の, 剃りを, 力みありて, 勇壮の, 反撥し, 口を, 唇に, 唾し, 唾した, 唾すべき, 唾する, 唾す可き, 唾つけ笑っ, 唾でも, 唾ばかり, 唾液を, 喜びの, 垂らして, 大い, 妖しき色香, 宿して, 寄せながら, 小皺を, 左の, 希望が, 心配の, 思い沈める風, 思わず後ろ, 急に, 悲壮な, 感じるの, 懸げよう, 抱いて, 持って, 接しただけでも, 接しないこと, 接すること, 描く小婦, 斉しくした, 日本女性の, 時代の, 晴れがたき, 柔かい鼻筋, 柔かな, 殃の, 残して, 毒々しい頬紅口紅, 求めた, 江山の, 浪を, 深みの, 漲らして, 火が, 無念を, 焦, 煤でも, 留まると, 疲れを, 皺よせ知恵を, 真剣な, 知って, 示しはや, 秀でた額, 立った, 立つかげろふの, 筋肉に, 美と, 翳し, 翳すよう, 翳るニヒル, 色を, 落つると, 見える, 見せて, 見得, 読む, 走らせた, 起筆の, 軽く墨, 返事を, 迫つて乳ヶ崎の, 迫り節, 迫るの, 迫るよう, 迫る伊吹山, 迫る大山岳, 迫る晩秋, 逼って, 重って, 針を, 釣り上った, 長短の, 陰が, 険しいもの, 険しい色, 険しい針, 階級を, 集めて, 霞引く, 風を, 飜るであらう, 飜るであろう

▼ 眉~ (210, 4.1%)

3 明るかった

2 [15件] ふと曇った, また皺められた, 吊り上り, 山羊の, 急に, 柳の, 毛虫の, 深い憂慮, 濃く眼, 秀でて, 落したが, 釣り上がり唇, 釣り顎, 集つて來て, 集つて来

1 [177件] あがって, あがり好奇的, あがり髪, いっそうくっきりと, いよ, いよいよ陰った, かなしみに, きっと上がった, きり, きりりとした, くもらざるを, くるしげ, この君, すぐその, ずっと高く, そのよう, ただ重げ, たちまちピリピリと, たちまち暗かっ, たとえて, ちやうど, つねそのまま, つねに明る, てらさざるに, どんなだつたえ, なくして, なるたけ高く, ぬっぺり, はっきりそういう, ひしと真中, ひそみました, ひそみます, ひそめど, ひそめられたの, ひそめられ眼, ひときわ秀で, ひらきながらも, びくびくと, ぴくぴくと, ぴくりと, ほとんど見られない, まさに仏菩薩像, むしろ険しかっ, むだ口ひとついわせなかった, めちゃくちゃに, もとより海狸, もはやあの, やはり手, やや尻, やや迫っ, キリキリと, ビリ, ピリッと, ピリリと, 一文字にぞ, 一方だけ, 両方から, 久しぶり明るい, 人一倍あおあお, 今朝の, 付け眉みたいに, 何か, 何やらいたいけ, 依然として濃い, 全部これ母の, 八字に, 円く優しかった, 動かずなりして, 動きも, 動き口, 動けり, 動じない, 反射的に, 吊りあがり瞳, 向って, 吹き研がれたかの, 單温順に, 地藏さまの, 墨を, 多いもの, 太くかつ, 太く眼, 女の, 子にとって, 子供が, 宗吉の, 少しく寄りあっ, 少しひそめられた, 少し手, 峨眉山の, 左がはに, 常に苦渋, 平静であった, 幽かに, 弔つてゐる, 微かに, 心持八の, 心配そうに, 思いなしか, 悦びの, 悪鬼の, 惑って, 慈父の, 憂はしげに, 憂わしげに, 憎しみを, 戸に, 昂然と, 明るかつ, 明るくなった, 星月夜の, 時々無意識, 晴々と, 曇つてゐた, 最前から, 有ると, 栄螺を, 植えたもの, 植えたものみたい, 植毛手術で, 止め度なく, 正しく描いた, 歪み眼, 死以上の, 毛虫を, 決してもうあかるく, 深くひそん, 深く鎖し, 澄みきつた栗色, 濃く唇, 濃く長く眼, 濃く頬, 烈しくひそん, 無いに, 焦だった, 焦だって, 発止と, 白くなり, 白雪さながら, 皺み, 盛んに, 目や, 瞋恚の, 神経質に, 秀で唇, 立ちあがつて, 粗で, 細い鉛筆, 細く剃り, 美しかつ, 臥蚕という, 自から, 若い柳, 茫然と, 落さぬ束ね髪, 落さぬ束ね髮, 落して, 薄く眼, 薄く顔つき, 薄く鼻, 蟲に, 迫ったすすき尾花, 遠山の, 釣り上がれり, 釣り上げられて, 釣り上り, 長くこまやか, 長く唇, 間を, 集って, 雪かと, 青く動いた, 額は, 鮮麗に, 黒いから, 黒く太くまるで, 黛で

▼ 眉~ (150, 2.9%)

20 眉の 14 眉との 6 眼の 5 眼との 4 目との 3 眼と 2 一重瞼の, 眉とが, 眉とを, 睫の, 美しい鼻筋, 長い睫毛

1 [86件] いい手脚, いひこの, お眼, くっきり長く, しまった, しわがれた声, その眉, それから, なだらかな, なると, なる五, ひきむすんだ唇, また違った, まばらな, やわらかな, アネモネの, 下位の, 二重眼瞼と, 云い領巾, 云ふ, 俟って, 口との, 口とを, 口隅を, 口髭である, 同じという, 呼びたいもの, 唇で, 唇に, 唇を, 唇元だけを, 大きく一文字, 心持ち黒目の, 惨たる, 慚愧の, 指との, 整正な, 決心し, 決意を, 澄みきった奥深い, 生え際が, 生え際を, 皺の, 目が, 目の, 目のあたりが, 目は, 眉が, 眉を, 眼が, 眼で, 眼は, 眼元の, 睫を, 睫毛が, 睫毛とを, 睫毛は, 睫毛を, 瞳を, 空く凝せる目, 紅を, 素晴らしい眼, 細い目, 細めの, 美しい眼, 耳とは, 肉の, 酒を, 険しく大きい目と, 頬の, 頭の, 頻りに瞬き, 額と, 額の, 顔半分の, 高氏の, 髪とを, 髪には, 髭と, 髯が, 魚の, 黒く澄んだ, 黒豆の, 鼻が, 鼻とが, 鼻との

▼ 眉~ (127, 2.5%)

11 動かさずに 8 眼も 4 口も, 目も 2 動かさなかった, 動かさなかったが, 齒も

1 [94件] あでやかに, いつか糸の, うごかさずに, うごかさず黙って, うごかさない落ちついた態度, うごかさなかった, おとなしくなっ, からだじゅうどこに, ことごとく白い, これが, さも温順, すでに白い, せまって, そのいずれ, その唇もと, それを, ちらりと泛ん, なかだ, ぬけ歯ぐきがくさってそこからくさい血, ぱらっとして覗き鼻の, ひき口唇, ひとつに, また同じ, また同様, まつ毛さへも, 一様普通の, 何も, 剃らず歯, 動かさないで, 動かさなかつた, 動かさぬ, 動かしては, 動かす彼女, 厚く上, 可笑しくない, 唇も, 大きい眼, 太すぎます, 女性の, 左の, 平凡眼も, 引き方, 引き立って, 必要以上に, 息も, 恰好がよ, 惡く高い, 日頃の, 曇り溜息, 柔かく通った, 歯も, 残さず面, 浮出, 深く刻み陰気, 清純な, 濃く生際, 焦さず焼けど, 爽やかだった, 生やして, 白い, 白っぽい目, 皆白く, 眦も, 眸も, 眼じり, 眼の, 眼尻も, 睫毛も, 秀て, 綿頭巾も, 美しいには, 耳の, 胸も, 自らのびる, 落さず身裝, 落さず鐵漿, 落さず齒, 落さないの, 薄い口髭, 薄く眼, 薄し, 長い睫毛, 雪の, 青赤鼠色の, 顔だち, 顰めたま, 顰めたまわず目金越, 顰めながら, 食い入るばかりに, 髪も, 鮮麗に, 黄色である, 黒く濃い, 黒く目

▼ 眉~ (51, 1.0%)

3 眼の, 鼻や 2 凋びた口の, 唇を, 少し脅え, 目の, 眼や, 頬の, 鼻が

1 [31件] こき前髪, はき君, はらかに, ヒゲから, 口に, 口の, 口元などに, 口許や, 唇に, 唇の, 憂いを, 濃い睫毛, 目や, 眞つ, 眸を, 眼ざし, 眼などを, 眼を, 睫毛に, 笑いそこねた様, 節の, 額が, 額の, 顎に, 顎の, 髪さえが, 髯の, 鬢を, 鼻の, 鼻を, 鼻毛に

▼ 眉~ (51, 1.0%)

7 にかぶっ 4 に冠 3 にし 2 な笠, にかぶった, にかぶり直し, に黒い

1 [29件] かにおろし, なお十夜頭巾, な人, な編笠, な黒, に, にかつぎ, にかぶ, にかぶつ, にかぶり, にこの, にした, にそれ, にふせ, に両手, に冠せた, に冠つた, に結んだ, に被, に被っ, に被った, に被り, に質素, に身, に頬冠, に頭巾, に風通, に鳥打帽, の顔

▼ 眉一つ~ (46, 0.9%)

10 動かさずに 9 動かさなかった 2 動かさず, 動かさない

1 [23件] さえ動かさなかった, しかめず怺, の動き, も動かされず, ゆがめずやさしく, を動かさなかつた, 動かさうとは, 動かさず凝乎, 動かさず子路, 動かさず徐々に, 動かさず最新式大型拳銃, 動かさず黙って, 動かさず黙つて, 動かさないで, 動かさないの, 動かさないポオル叔父さん, 動かさぬけれども, 動かさぬ春日, 動かされずそのまま, 動かされず済まし切って, 動かすこと, 動かそうとも, 及ぶ者

▼ 眉にも~ (30, 0.6%)

3 眼にも 2 頬にも

1 [25件] あったの, あらわれて, うらみが, こんどは, すぐあらわれ, ぴりっとうごいた, ほっとした, 一層な, 動かしながら, 唇にも, 容子にも, 怒りを, 毛らしい, 汗が, 活, 涼しい目もと, 漲って, 睫毛にも, 脣にも, 衝きあげられる感傷, 見え唇にも, 見せて, 言葉にも, 資朝の, 霜の

▼ 眉から~ (25, 0.5%)

3 眼の 2 口尻へ

1 [20件] さらにいちばい, 口へ, 右の, 左の, 憂いのかげ, 柔かい頬, 目と, 眼から, 眼にかけて, 瞼にかけて, 瞼へ, 頬にかけて, 額にかけて, 額の, 額富士額の, 黒い口髭, 鼻から, 鼻すじは, 鼻口元と, 鼻色には

▼ 眉には~ (25, 0.5%)

2 憂愁あり

1 [23件] あきらかに, きびしき決意, さっと不安, それらを, ただならぬ不安, どことなくそうした, まだ少しも, まだ御酒, みる, もう日頃, やはり不安, 何んと, 実にかつての, 実にきびしい, 年来胸, 悲壮な, 愁いが, 死の, 眩しいよう, 神経質らしい, 話して, 身近い, 黒も

▼ 眉香子~ (24, 0.5%)

2 の魅力, はその

1 [20件] が長襦袢, です, と青年, の両手, の中, の真正面, の眼, の笑い顔, の腕, の膝, の顔, はさすが, は平然, は立ち上っ, は軽く, は追いかける, は非常, も丹前, も声, を見上げた

▼ 眉との~ (19, 0.4%)

4 間に 3 間を 2 間の, 間へ 1 あいだに, あいだは, ある老, 下に, 遠いの, 間が, 間には, 顔全体に対する

▼ 眉間尺~ (19, 0.4%)

3 のよう 2 の首

1 [14件] がくるくる, がクルクルクルクル, だ, であり轆轤首, と呼ばれ, の三ツ巴, の如く, の死骸, の画, はすぐ, はその, は家, は正直, は身

▼ 眉ひとつ~ (18, 0.4%)

3 動かさずに 2 動かさず, 動かさなかつた

1 [11件] うごかすまい, ひそめるでも, 動かさず彼女, 動かさず聴いて, 動かさず身じろぎ一つ, 動かさない, 動かさなかった, 動かさなかったの, 動かしも, 動かそうと, 見せた例

▼ 眉~ (17, 0.3%)

1 [17件] いがくり頭で, 再度そうだ, 力味を, 受け口で, 口は, 廉子が, 抑えて, 抑えられる, 柔かい鼻筋, 目を, 眼は, 睫毛が, 覗くやう, 覗くよう, 角谷と, 迫った, 鼻が

▼ 眉~ (16, 0.3%)

2 に小さな

1 [14件] から瞼, が心持ち下り, にある, にかなり, には黒子, に一寸皺, に墨子, に豌豆, に黒子, の上, の下, の下っ, をなお, を下げ

▼ 眉~ (11, 0.2%)

1 [11件] かけた淋し, かけての, 八の, 彩色を, 手を, 来て, 皺を, 突きあたる蝿, 触るの, 触れそう, 迫って

▼ 眉深く~ (11, 0.2%)

3 冠って 2 して, 被って 1 かぶったお, 冠り直した, 帽子の, 熊谷笠に

▼ 眉~ (10, 0.2%)

2 と考へ 1 だが, であるが, ですぞ, としても少なくとも, な心地, な話, のもの, もん

▼ 眉とが~ (9, 0.2%)

1 ある, あるので, かれの, きれいで, はなれて, 人の, 淋しいほど, 神経質を, 顔全体の

▼ 眉~ (9, 0.2%)

3 おもほ 1 に, のお, のよう, の月, の童, 結ばれた大きな

▼ 眉~ (9, 0.2%)

1 うるしの, から察, さえ見せ, の下, の捨て, もうごかさない, も凡, をたたえた, を変えた

▼ 眉だけは~ (8, 0.2%)

1 おそらく千言万句, はっきりおちつい, ぴくりと, ほっそりした, まだ何やら物, 時代風に, 濃く張っ, 真黒いの

▼ 眉まで~ (7, 0.1%)

1 かぶって, 前髪が, 影を, 植えまして, 沈める民, 白く長かった, 被って

▼ 眉太く~ (7, 0.1%)

2 眼の, 眼は 1 どんぐり目口大きく, 眼円に, 鼻隆く

▼ 眉~ (7, 0.1%)

2 の附いた 1 とすれ, にあたってはね折れた, に痣, を俯, を凝視

▼ 眉~ (7, 0.1%)

1 から敵方, にちりばめ, にてかてか, に手, の下, の剥げた, をうつむけ

▼ 眉濃く~ (7, 0.1%)

1 外眦の, 目いきいき, 眼光は, 耳許より, 背丈すぐれ, 黒目勝の, 鼻の

▼ 眉~ (7, 0.1%)

3 に迫れる 1 に迫り来りし, に迫る, はピン, は眼

▼ 眉あつめたる~ (6, 0.1%)

5 美人かな 1 美人を

▼ 眉つばもの~ (6, 0.1%)

1 だ, だぜ, である, です, と思われる, の全体

▼ 眉とを~ (6, 0.1%)

1 はっきりと, もって, 接するお, 接する思ひに, 行く先に, 順吉は

▼ 眉~ (6, 0.1%)

1 だと, で擦っ, で詩, というの, は中国, を棚

▼ 眉深き~ (6, 0.1%)

6 いとほしみ

▼ 眉~ (5, 0.1%)

1 と言った, びのくくれ時には, 侍女かと, 美女と, 風あり

▼ 眉つき~ (5, 0.1%)

1 とか口もと, になっ, をし, を破っ, を見

▼ 眉をも~ (5, 0.1%)

1 動かさずかたわら, 動かさないの, 悲壮に, 掃いて, 袖をも

▼ 眉秀で夢見る~ (5, 0.1%)

3 やうに 1 やうな, ように

▼ 眉すこし~ (4, 0.1%)

1 ふくれ気味, 薄し, 迫つて容貌も, 開いた脣

▼ 眉ずみ~ (4, 0.1%)

1 の巧み, をした, をつけ, をつける

▼ 眉だけ~ (4, 0.1%)

1 かいて, ピリピリさせ, ホンノリと, 挙げる人

▼ 眉~ (4, 0.1%)

3 が高く 1 の下

▼ 眉秀で~ (4, 0.1%)

1 て口元, て鼻, て鼻筋通り, 目には

▼ 眉~ (4, 0.1%)

2 に皺 1 の邊, を衝き上げ

▼ 眉~ (4, 0.1%)

1 の下, の高い, は隆, を打った

▼ 眉こそ~ (3, 0.1%)

2 青々と 1 しかめたが

▼ 眉さえ~ (3, 0.1%)

1 動かさない, 白い老齢, 白き父親

▼ 眉~ (3, 0.1%)

1 て, て云った, て頬ぺたのよこのところが

▼ 眉その~ (3, 0.1%)

2 下に 1 唇その

▼ 眉それ~ (3, 0.1%)

1 に肩幅, は言, より何より

▼ 眉とともに~ (3, 0.1%)

1 ひきつって, 動くに, 歪んだと

▼ 眉~ (3, 0.1%)

1 のだ, のである, 微笑に

▼ 眉~ (3, 0.1%)

1 まだうらわかき, やつれし, 眼と

▼ 眉刷毛~ (3, 0.1%)

1 であろう, をつかい, を水

▼ 眉~ (3, 0.1%)

1 からも雫, 刀を, 深々と

▼ 眉山人~ (3, 0.1%)

2 と云 1 であるとは

▼ 眉~ (3, 0.1%)

1 と呼ばれる, はどう, 近い第一線

▼ 眉~ (3, 0.1%)

2 は大きく 1 ざしを

▼ 眉輪王~ (3, 0.1%)

1 はそれ, は大臣葛城円, を焼き殺した

▼ 眉近く~ (3, 0.1%)

1 に見出した, 聳えて, 迫れる痛切

▼ 眉長く~ (3, 0.1%)

1 瞳黒く, 顳, 鼻秀で

▼ 眉面つき~ (3, 0.1%)

1 でござるゆえ, はありし, を見た

▼ 眉高い~ (3, 0.1%)

1 筋の, 鼻いつも, 鼻少し

▼ 眉~ (3, 0.1%)

1 が杉, の声, の雄

▼ 眉あげ~ (2, 0.0%)

1 てパトロクロス, て敢然と

▼ 眉あざやか~ (2, 0.0%)

2 に瞳

▼ 眉あと~ (2, 0.0%)

1 と共に洗煉, の目立つ

▼ 眉~ (2, 0.0%)

1 て一時余, 人づきあひ

▼ 眉これ~ (2, 0.0%)

1 は此節, もペロリ

▼ 眉そして~ (2, 0.0%)

1 滅多にない, 考へ

▼ 眉だけが~ (2, 0.0%)

1 植えたよう, 辛じ

▼ 眉だけを~ (2, 0.0%)

1 ひそめた, 険しく寄せ

▼ 眉つば~ (2, 0.0%)

1 だという, ねえ

▼ 眉です~ (2, 0.0%)

1 が大きい, 次には

▼ 眉でも~ (2, 0.0%)

1 しかめようもの, 剃り落とす日

▼ 眉にさえ~ (2, 0.0%)

1 刺されるよう, 熱さ

▼ 眉~ (2, 0.0%)

1 がき, すこしくうち

▼ 眉のみ~ (2, 0.0%)

1 描く八十, 秀で凄き

▼ 眉ひそめ~ (2, 0.0%)

1 て気, て物語

▼ 眉~ (2, 0.0%)

1 かにかぶった, かに沈め

▼ 眉よりはよ~ (2, 0.0%)

2 かつたとい

▼ 眉をけは~ (2, 0.0%)

1 しくよせた, しく茶

▼ 眉一筋~ (2, 0.0%)

2 にしろ

▼ 眉~ (2, 0.0%)

1 に釣り, ノ翆

▼ 眉二段~ (2, 0.0%)

2 に畳まれ

▼ 眉千切れ~ (2, 0.0%)

2 絶え眥

▼ 眉厚い~ (2, 0.0%)

1 唇の, 鼻角張つた顎に

▼ 眉~ (2, 0.0%)

1 の異常, 大きく鼻

▼ 眉大きい~ (2, 0.0%)

1 眼鼻筋の, 表情的な

▼ 眉子山房~ (2, 0.0%)

1 のあの, も真紀子さん

▼ 眉渓駐在所~ (2, 0.0%)

1 がある, を襲っ

▼ 眉澄みきった~ (2, 0.0%)

1 瞳を, 黒目餅の

▼ 眉~ (2, 0.0%)

1 なれば, を言

▼ 眉~ (2, 0.0%)

2

▼ 眉白く~ (2, 0.0%)

1 まことに徳, 皮膚は

▼ 眉~ (2, 0.0%)

1 いで眼, で

▼ 眉~ (2, 0.0%)

1 と何れ, まで続い

▼ 眉薄く~ (2, 0.0%)

1 頬骨の, 鼻は

▼ 眉豹身~ (2, 0.0%)

1 の気, の美丈夫

▼ 眉~ (2, 0.0%)

1 ませだが, み唇

▼ 眉香子未亡人~ (2, 0.0%)

1 が静, は今一度

▼1* [243件]

から顔, 眉あおき風情に, 眉あるを見ん, 眉て来, 眉いずれが花, 眉いそぐといふ事, 眉いっぱいにたたえ, 眉いつしかとけて, 眉うつくしく色あざやかに, 眉うるみを持った, 眉うれしけれ冬鏡, 眉かく岸の額, 眉からはもはやあの, 眉からもなんとも言えない, 眉かれて荒き, 眉がへの字で, 眉きれあがった大きな眼, 眉ぎわまでかぶった夫人との前, 眉ぎわよりはえだした濃い縮れ, 眉くぼんだ小さな眼, 眉くもらせて何, 眉けんのあたり, 眉ことにつぶらな, 眉この突き出た頬, 眉しにじろ, 眉したたをやめ, 眉するどい目高い, 眉ずみはずゐぶん, 眉ずみ口紅を揃え, 眉たゆきなり, 眉のの, 眉だったがべつ, 眉だに動かさず, 眉だの黒子が, 眉つきレンズに向けられ, 眉つくり幅びろの帯うれし, 眉つくるちさき, 眉つば物だそう, 眉であると言っ, 眉ではない, 眉というのは, 眉とか肩とを, 眉とは犯罪性を, 眉とも称うべき, 眉とをかなぐり棄てた生地, 眉と共に全軍, 眉ながい睫毛の, 眉なす根ろは, 眉などの色合いが, 眉などはふざけて, 眉などを顰めて, 眉なんか塗りつぶして, 眉なんぞ真白に, 眉についていろいろの, 眉になつて行つた鳥羽の, 眉にまで白砂糖の, 眉ぬくをり, 眉ぬれて, 眉ばかばかしく広い上瞼それに, 眉ひいでたる若うど, 眉ひきの国, 眉ひらけて見えさせられし, 眉びきのごと, 眉びさしからも小雨が降っ, 眉びさしから眸を向け, 眉びさしに陰って, 眉びさしに霰を打ち, 眉びさしの下から前方, 眉ふとく鬚の, 眉へも火が, 眉ほそく眼すずや, 眉ほど目や, 眉ほどな月が, 眉まことに古い形容, 眉まつげにいっ, 眉みそらに昂る, 眉みたいに房, 眉めだちて濃し, 眉やや大きな口光澤, 眉よい妹君を, 眉よく通つた柔かい, 眉より上に, 眉よりはずっと幅広く長く, 眉アア僕は薄い, 眉ギラギラと死, 眉スッキリした白い, 眉ズミなんかで, 眉ズミちよいと貸し, 眉ツバの点, 眉ツバモノだと, 眉トハ目ノ上ニ生ジタル毛ナリ, 眉ニ黛瞼ニアイ・シャドウヲ着ケフォールス・アイラッシュデ附ケ睫ヲ着, 眉ハ漆ニテ百入塗タルゴトクニシテ, 眉ビクリ動きつ帯, 眉ビリと動く, 眉ムッと高い, 眉剃リ歯, 眉一つさへ動かさなかつた, 眉一目人を幻, 眉上げて大, 眉上擦った眼食いしばった, 眉眼瞼の, 眉丹唇をむすん, 眉丹鳳の眼, 眉付媚かしく生々として睛, 眉余り濃からず, 眉の黄, 眉先づ差覗いて, 眉円い眼, 眉処女揉上処女髪だった, 眉切れ長の眼, 眉切長で涼しく, 眉初々しい半弓形の, 眉立ての, 眉や籠手, 眉動き沈みたる眼閃, 眉有不, 眉厚く鼻の, 眉口唇などの言葉, 眉口唇耳腹股踵などについ, 眉口等が無量, 眉口紅を拭き直し, 眉口許はつきりした輪郭, 眉吊り上つた眼隆い, 眉唇裾八口の色, 眉唾者だが, 眉垂れうなづきて, 眉を塗った, 眉大きな目デップリと, 眉は北条氏, 眉太き青年旅行家が, 眉太男を守らなけれ, 眉太陽のよう, 眉女子にし, 眉如何で見分, 眉の, 眉の美しい, 眉射るがごとき, 眉少し鋭い智恵, 眉尖った頬骨殊に, 眉尻下りになった, 眉山子が例, 眉しく熬, 眉の見透せぬ, 眉の内, 眉い眉間, 眉引く姿を, 眉引のをさ, 眉引面影にかかりて, 眉弾力に充ち, 眉の月, 眉微かに動い, 眉急迫性の急, 眉意志のつよげ, 眉意志的な大きい, 眉打ち顰めたる老, 眉揚り眼鋭く, 眉新造のお仙, 眉暗く洋燈の, 眉の横山辺ろ, 眉を砕く, 眉柔かい鼻筋細, 眉を剥いた, 眉涅歯も唯, 眉涼しそうなる, 眉深い編笠を, 眉激情にそよぐ, 眉かに插秧, 眉濃からずして, 眉みがち, 眉犬牙の荒武者, 眉して, 眉狭い額太い, 眉生けるが, 眉理智的に美しい, 眉生えぎわどこともない, 眉ける唇, 眉白い頬に, 眉白き船頭の, 眉白銀の如き, 眉皓齒恰も河貝, 眉目口鼻みな備わりて, 眉目鼻口等確かに描きしごとくそなわっ, 眉の下, 眉眦髪のさき, 眉眼くちびるに至る, 眉眼尻でしばしば, 眉眼頬はふっくり, 眉の間, 眉睫毛物いうごと, 眉秀でた一人の, 眉秀でたる妹あら, 眉な山裾, 眉程には弔つてゐない, 眉程の山裾に, 眉をまた, 眉ばかりに手間どっ, 眉細い目始終, 眉細く口大きく, 眉細長く水平に, 眉美しき一人の, 眉美しく目の, 眉仏の, 眉や厚い, 眉皆意味, 眉たけく霞むの, 眉菊水の黒紋付, 眉古の, 眉の口, 眉に投げ付けられたで, 眉な頬, 眉豊頬ゆったりと, 眉象牙を刻んだ, 眉赤い唇ぶ厚い, 眉まれる, 眉蹙めて四分珠, 眉輝いた厳しい大胆, 眉輝いてる眼のんきな, 眉輪王等とともに雄略天皇, 眉近く逼るの, 眉迫って鼻, 眉重くうなずいた, 眉鋭い眼それでいて, 眉長い腮髯鬘被布ふくみ綿すべての, 眉長い濃い睫毛品の, 眉隆鼻ハイカラのクリスチヤン, 眉雁来紅の青み, 眉の老, 眉青く前髪より, 眉静かな口, 眉のあたり, 眉額耳など一通り道具, 眉の造作, 眉です, 眉香子さんだけある, 眉骨隆く口, 眉高くはある, 眉に至る, 眉黒い瞳赤い, 眉黒き方目耳尋常左り, 眉を濃く, 眉の下, 眉鼻口は人並