青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「省~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

相対~ ~相当 相当~ 相応~ ~相手 相手~ ~相談 相談~ ~相違 相違~
省~
~眉 眉~ ~看板 看板~ 看護~ ~看護婦 県~ ~眞 眞~ ~真

「省~」 1350, 15ppm, 7662位

▼ 省~ (355, 26.3%)

8 の家 6 はもう 4 さア, との関係, の事, の顔, はその, は深田 3 が深田, の心, はお, はようやく, は今, もおと, も今, を思う

2 [27件] がよく, とお, とおと, との間, と自分, に対するおと, に手紙, に逢う, のため, の噂, の手, の話, はおと, はしばらく, はだまっ, はとうとう, ははっと, はまた, はまだ, はもとより, は今日, は例, は俄, は腹の中, は自分, もようやく, も母

1 [239件] いくら仕事, いとしからわいた, からおと, から小言, が, がいったい, がいま口, がいよいよ, がお, がおと, がそこ, がそりゃ, がはいった, がまず, がまだ, が一人, が一筋, が下手, が世間的, が二つ, が出た, が四挺, が婿, が家, が恋しく, が気まま, が永く, が片肌, が目, が自分, が花役者, が見える, が鮓, ぐらい出来, さあさあ, だってこれから, だって婿, だって悪い, だって身上, で行きたい行きたい, というもの, という人, とてお前, とでもいおう, との噂, と一緒, と並ぶ, と並ん, にからかわれる, にすり寄っ, にはあまりに, にはもちろん, に不徳義, に伝わらず, に別れ, に向っ, に対して口, に対し決して, に対する動作, に挨拶, に気, に気に入らん, に着せる, に話し, に身上, に近寄りたがる, に逢いたくなった, に逢っ, に進め, のいる, のおちつかぬ, のこと, のスガイ, のスガイ藁, の人柄, の今, の便り, の便所, の兄, の右手, の声, の居間, の左手, の悪口, の手もと, の手紙, の暢気, の村, の柄, の母, の湯, の無分別, の目, の精神, の縁談, の繩, の考え, の肩, の背, の胸, の胸中, の脱いだ, の膝, の袂, の近く, の野郎, の関係, の離縁話, の頭, は, はあまり, はあらん, はあわて, はいくじ, はいくら目, はいよいよ, はおとよ, はかえって, はからだ, はきっと, はこう, はここ, はこの, はこれ, はこんな, はそう, はそれ, はたしかに, はただ, はちょっと, はともかく, はなお, はなに, はなんだかにわかに, はにこり, はひとり思い, はへとへと, はまるで, はもうただただ, はもちろん, はもと, はろくろく, はわざと, はわれ自ら, は今年十九, は何, は何事, は元気, は全く何がなし, は六尺大, は出し, は出たく, は出立前十日, は到底, は取りあえず, は夜, は天性あまり, は奥, は妻, は子供, は小座敷, は庭場, は御免, は感, は戻っ, は手ぬぐい, は手水鉢, は振り返っ, は新た, は昨日, は本, は歯ぎしり, は決して, は泣い, は無意識, は無造作, は無頓着, は玉, は田植え, は百姓, は相変わらず, は眠, は知らず知らず, は立った, は笑い, は素足, は緩, は考え, は考えた, は考えまい, は胸, は茶, は表口, は起こされず, は足腰, は長い長い, は非常, は頭, は風呂場, は養子, への義理, へはちら, もいくら, もいったん, もいよいよ, もこう, もずる, もそろそろ, もねころん, も一人前, も一生懸命, も一生懸命弁解, も人, も今日, も何と, も兄, も出, も家, も心, も思わず, も涙, も深田, も話下手, らしく暢気, をすかし, をつくづく, を一人, を励ます, を動かす, を待つ, を憎む, を手, を東京, を深田, を睨む, を見, を負かそう, を迎えた, 起きたか

▼ 省~ (279, 20.7%)

4 と位 3 お役人

2 [16件] 一地方で, 參知政事, 学校を, 宋哲元だ, 官長にて, 属官を, 役人が, 悪玉であった, 手で, 曲阜縣の, 書記を, 書記官に, 獄中で, 獄司犬養善嗣を, 紹興に, 許可を

1 [240件] ある局, かただろう, ことは, はずれの, ひとつ刑部省の, まえまで, ものな, やり口に, エティンゲルに, トルメカイで, ドクトル居ない, パスを, ホテルが, 一吏員で, 一吏官に, 一官吏なる, 一小, 一部に, 一部分あり, 下役の, 中書左丞, 主催で, 主催に, 主席を, 主管に, 人々の, 人々見物と, 人間です, 仕事な, 住民を, 何かの, 先に, 全機構, 全部と, 全面積, 八つの, 公卿百官が, 兵よりも, 内庭に, 内秘, 内門へ, 准判任御用係とな, 出で, 判任官に, 前まで, 北境に, 北邊を, 北部は, 医務局長室で, 協議に, 南部チベット境を, 参事官に, 参事官の, 収入が, 古い官僚, 同意を, 名前において, 命で, 命令によって, 命令により, 商人が, 商人で, 嘉魚縣附近で, 四部書の, 地である, 地を, 地方長官は, 地震には, 埋立地に, 場合の, 外廓に, 大きな広告, 大臣だ, 大臣であり, 奥で, 学術探検から, 安価な, 官人たちだけが, 官吏が, 官吏だった, 官吏である, 官吏でした, 官吏に, 官吏にも, 官吏を, 官命に, 官宅も, 宣伝ビラの, 宣伝映画を, 宣賓一つは, 將校に, 局長と, 局長や, 属官が, 属官で, 山口肇少佐の, 岡野昇氏と, 工夫が, 工夫で, 工夫を, 幕僚でも, 平安を, 平木中佐殿, 建物が, 建物を, 役人中条直一と, 役所へ, 後押しが, 後援による, 応接室で, 意見では, 所管事項は, 技術官連が, 支配の, 敷地に, 敷地の, 新しい試み, 新設の, 方から, 方だけに, 方で, 方の, 方へ, 方へと, 方を, 方針も, 方面の, 時刻を, 曠原と, 書記官福沢氏は, 材木の, 東境日本の, 東部に, 松井中佐から, 松島中佐を, 松溪県から, 案文が, 機関区長どころだろう, 次官と, 武氏祠の, 水産局から, 法規なぞには, 泰山の, 浮梁という, 游民が, 潮安縣, 牢で, 特許を, 獄で, 獄司で, 獄司犬養の, 獄屋へ, 獄舎から, 理想案が, 理想案である, 生まれである, 留学生夏目が, 発行する, 発表に, 発電所, 白竜山と, 監察官あたりを, 督弁呉俊陞氏の, 石狩役所そして, 禮を, 立派な, 第一会議室, 等外を, 管轄と, 米山は, 組合員の, 総督の, 編輯書記外国語学校の, 老婆心や, 考証課という, 腰辨は, 自動車や, 舞獅子の, 船舶職員試験に, 花時錦帳の, 蓋平, 被管で, 製図に, 西側の, 西南地方, 西南部, 西安へ, 西安府, 規則が, 記者は, 記者クラブで, 設置を, 試験に, 認可を, 調べでは, 諸雄, 警察署長の, 議案に, 豊富な, 賛成が, 賢さ, 軍人が, 輔に, 辞令を, 農民に, 連中が, 連中来り, 連絡機関であるらしい, 遍都, 道は, 遼陽である, 鄒邑といふ, 配慮する, 金庫の, 鉄道会員としても, 銭塘で, 長官から, 長官たる, 長官と, 門の, 門を, 門内に, 闇と, 雇ひと結婚し, 雇員に, 電信技手とか, 青島に, 青年技師利根川保君が, 鞍山の, 首府である, 首府の, 首府や, 首都斉斉哈爾と, 首都斉斉哈爾に, 高地から, 高等官であった, 高等官とかを, 高級官吏生田是則は, 魔の, 黄岡縣に

▼ 省~ (75, 5.6%)

4 属して 3 出仕し 2 ある, 似せて, 奉職し, 産した人材, 至ては, 通勤し

1 [56件] あろうが, いて, いるん, して, せよ省, つとめたが, つとめる技術者, まわろうと, ヤマザクラが, 一体どれ, 一切その, 不作が, 仕へて, 付而者御, 値するもの, 入つたの, 入り大, 入り濡須, 入れば, 出て, 出入する, 出頭し, 出願し, 到達した, 割当を, 勤めた小, 勤めて, 勤めてる下っぱ, 台州, 名ばかりの, 向かったという, 向ったという, 命じて, 寄付し, 対応する, 属せしめて, 属せし工科農科, 当る北地, 投書した, 於ける農民暴動, 王気立ち, 用うる, 申し出て, 竇州, 花の, 著作の, 請いて, 赴いて, 身を, 転じ鉱山, 迫り山県近衛都督, 遍くし, 野飼ひする, 関係の, 限られて, 類するもの

▼ 省~ (48, 3.6%)

2 ことなく, に語るべき, のである, 時に

1 [40件] がいい, が可, ことその, ことによ, ことを, こと自分が, ための, たよりとは, だけの余地, とあながち, とこの, とこれ, ところが, ところなく, ところ多い, と何処, と儂自身, と勤先, と外, と時代, と質, と銘々, に如く, に足らない, のが, のだった, ものが, ようには, 人が, 今日の, 余裕は, 所あらしめ, 時代へと, 時沢庵は, 時私は, 暇が, 根柢的な, 考へは, 色の, 遑なき

▼ 省~ (39, 2.9%)

3 之を

1 [36件] この決定, ごたごたしとる, 七略に, 三十万円ほどの, 上奏文を, 全国民, 初め極めて, 協議を, 厳重な, 去年あたりから, 司法省と, 各駅間の, 天子の, 天子を, 如何に阿, 官吏の, 封駁の, 工場農村の, 批評家と, 放送事業法案を, 教部省と, 文部省と, 杭州の, 東大に, 海軍省と, 湧くよう, 満州を, 滅ぶ無し煩ら, 現在の, 神祇局の, 自身の, 薩長二派に, 見事に, 軍部の, 近頃その, 郵便物の

▼ 省さん~ (30, 2.2%)

2 の心

1 [28件] いけないでしょう, があんまり, がお隣, が一人, が五百, が出た, が悪い, が東京, さあさあ蛇王様, なで深田, にあげ, に二つ三つ, に相手, の方, はあんな, はどう, はほんとに, はわたし, は先, は憎い, は深田, ほんとに憎い, もう上がった, も御, を置きたかった, を諦められない, を負かし, 刈りくら

▼ 省~ (29, 2.1%)

2 参謀本部の, 同様に

1 [25件] いへば, それを, なった, なつた, なにか, なり神祇省, シャン国の, 位づけする, 共同し, 内務省とが, 大蔵省政府と, 府の, 折衝し, 改まつた, 改められ同, 放送局とに, 相並んでる, 称するなり, 自發, 西蔵との, 言った一つ, 赤門茗渓両派の, 赤門茗溪兩派の, 重要な, 黒竜江省との

▼ 省から~ (22, 1.6%)

2 差廻しの

1 [20件] この開拓使, その資源, だれか, わざわざやって来る, 今後ニュースの, 仙台の, 借りられるだけの, 内蒙, 内閣に, 吹いて, 安南地方, 差止めを, 平木中佐が, 徴兵検査用の, 来て, 率いて, 英国の, 行た, 選抜され, 雲南貴

▼ 省~ (19, 1.4%)

2 して, めぐる限り, 撤退する

1 [13件] お建て, たづね, やめて, 中心と, 二つに, 包含する, 去ろうと, 席捲する, 担任し, 横断し, 置き閣員中, 聞かせても, 驚駭させる

▼ 省~ (17, 1.3%)

2 奉職した

1 [15件] 一年纔に, 具状すべき, 出そう, 出るには, 出稼ぎに, 出頭する, 手を, 提出された, 献納しよう, 移住した, 行きましたが, 行って, 行つた, 貢馬した, 頼み推薦

▼ 省~ (16, 1.2%)

1 [16件] ある, それに関する, つまり解放, 伏せてるから, 公衆電話にて, 出来たので, 出来ましたかね, 初めて風船, 利用し, 放送を, 文部省へ, 案を, 沈黙し, 神祇省と, 繞らすに, 鉄造船を

▼ 省作さん~ (12, 0.9%)

1 [12件] おぬるい, がいれ, ちっとお話, ちょっと手ぬぐい, ですかい, におごらねけり, に気, はおごる, は仕合せ, もおごるなら, もこう, 流しましょうか

▼ 省~ (10, 0.7%)

2 ば人間, ば脚 1 ばあの, ばこの, ば必ずしも, ば怖し, ば汗顔, ば私

▼ 省~ (9, 0.7%)

1 その新聞社, 共産軍と, 出来た英文, 図書課なる, 字は, 定められた方針, 建てた工部学校, 描いたもの, 車掌に

▼ 省~ (9, 0.7%)

1 兵部省の, 内務省等から, 外務省の, 大蔵省の, 放送協会の, 甘肅省あたり, 貴衆, 農林省や, 陝西省その他からも

▼ 省~ (8, 0.6%)

2 亦河北省 1 ありまた, あり刑部省, 一般に其の, 之を, 廃せられて, 手いっぱいだ

▼ 省~ (7, 0.5%)

2 もなく 1 の有る, も取らず, も持っ, をその, 可被下候

▼ 省~ (6, 0.4%)

1 てみます, に上る, 如何に, 婆は, 更に厳島, 自ら薬餌を

▼ 省という~ (6, 0.4%)

2 ものも 1 名で, 所で, 観念だ, 賑やかな

▼ 省~ (6, 0.4%)

1 任務, 其レニ與フルガ如キヲ生ズベシ, 勞働者ノ, 投資ニ伴フ海外鑛業, 註ニ述ベタルガ如シ, 預金ニ不安ナシ

▼ 省作お前~ (6, 0.4%)

1 あの家, そんなこと, はなおと, は無論, は鎌, も鮓仲間

▼ 省~ (6, 0.4%)

1 がひっきりなしに, に飛び込み自殺, の初発, の通り魔, の音, を越え

▼ 省する~ (5, 0.4%)

2 ことを 1 と云う, 日が, 為には

▼ 省~ (5, 0.4%)

1 いられなかった, 下宿へ, 慚愧に, 退歩せる, 選者たる

▼ 省では~ (5, 0.4%)

1 あのショーマレー, これの, その批判, 役所の, 満蒙自衛移民の

▼ 省まで~ (5, 0.4%)

2 移りて 1 出かけて, 出掛けたいと, 辿りつこうと

▼ 省~ (5, 0.4%)

2 の魔力 1 に大, のもの, の一地方

▼ 省~ (5, 0.4%)

1 に対応, の一堂, の警察官, は十年前坪二円, は故障

▼ 省問題~ (5, 0.4%)

2 が一段落, やチャハル問題 1 は軍部

▼ 省作おと~ (4, 0.3%)

2 よの二人 1 よさん, よの恋話

▼ 省~ (4, 0.3%)

1 が駄目, にも絶対不賛成, の成立, は之

▼ 省あたり~ (3, 0.2%)

1 でも何故, の同僚, の官吏

▼ 省した~ (3, 0.2%)

2 時栗の 1 のである

▼ 省その他~ (3, 0.2%)

2 の宣伝 1 からも石器

▼ 省でも~ (3, 0.2%)

1 画家の, 畫家の, 設け一等憲法学者

▼ 省とかの~ (3, 0.2%)

1 仕事で, 情報少佐で, 技手を

▼ 省との~ (3, 0.2%)

1 境界に, 打ち合わせが, 方針に

▼ 省~ (3, 0.2%)

1 の三家, の日本画, を加

▼ 省当局~ (3, 0.2%)

1 の意見, はこの, は云っ

▼ 省~ (3, 0.2%)

2 雇いとしての 1 雇いとして

▼ 省用地~ (3, 0.2%)

1 との間, に沿, の北

▼ 省あり~ (2, 0.1%)

2 と謂

▼ 省および~ (2, 0.1%)

1 チベットモンゴリヤ等の, 法務府最高裁判所の

▼ 省さんわたし~ (2, 0.1%)

1 は嬉しい, もそう

▼ 省~ (2, 0.1%)

1 とある, やうに

▼ 省せざる~ (2, 0.1%)

1 こと幾時なる, ものの如くであった

▼ 省~ (2, 0.1%)

1 かの煉瓦, からホン

▼ 省での~ (2, 0.1%)

1 あわた, 話だった

▼ 省とも~ (2, 0.1%)

1 に大官, 言ひ

▼ 省などの~ (2, 0.1%)

1 國の, 建物と

▼ 省には~ (2, 0.1%)

1 二人の, 何とかいつた

▼ 省より~ (2, 0.1%)

1 発表され, 秋風ぞ

▼ 省られ~ (2, 0.1%)

1 ああもう, て彼

▼ 省りみる~ (2, 0.1%)

1 と天, も厭わしい

▼ 省るべき~ (2, 0.1%)

1 ことである, よき機会

▼ 省るべきだ~ (2, 0.1%)

2 と思います

▼ 省~ (2, 0.1%)

1 犧牲トシテ或, 設ケ國家生産及ヒ個人生産ニ雇傭サルル一切勞働者ノ

▼ 省~ (2, 0.1%)

1 から正面, の顔

▼ 省主催~ (2, 0.1%)

1 のこの, の観光団員

▼ 省~ (2, 0.1%)

1 ヲ決定ス, ヲ裁決ス

▼ 省~ (2, 0.1%)

1 のあたり, をまわっ

▼ 省思すれ~ (2, 0.1%)

1 ば叔母, ば彼等

▼ 省所管~ (2, 0.1%)

1 に入った, もまた

▼ 省政府主席~ (2, 0.1%)

2 と第

▼ 省方面~ (2, 0.1%)

1 の翻訳, の閣僚

▼ 省~ (2, 0.1%)

2

▼ 省済南~ (2, 0.1%)

2 の東

▼ 省系統~ (2, 0.1%)

1 との別, と広東省系統

▼ 省續編~ (2, 0.1%)

2 到四庫闕書目

▼ 省西安府城學習巷~ (2, 0.1%)

1 の清眞寺, の清眞寺内

▼ 省~ (2, 0.1%)

1 で私達, の龍雲閣下

▼1* [203件]

傭の, 省どこかに, 省かの官吏である, 省からのでございますよ, 省からも揚子江からも, 省さまという人, 省さまわたしはこの, 省さんあとから手紙, 省さん今夜は二人, 省さん今日はきっと, 省さん暢気なふう, 省さん蛇王様はなで, 省すべきところだ, 省すれば福, 省せず應用の, 省せられんことを, 省その資金を, 省それからまた上野へという, 省てすら同じ醜, 省ても莊之助の, 省である見識を, 省とか睡眠大臣という, 省としては之は, 省ないという一種, 省なすって, 省などに於ける放送協会, 省などは何は, 省なるものあり, 省にかけて生ずる常緑, 省にて毎年費やせる, 省にとっては年毎に, 省にも起りつつ, 省にわたる要人達からの, 省に対しドーヴァダンジネルハリッチの, 省ばならない, 省ばかりの同伴者である, 省けた, 省への勤め通いに, 省みたせゐではない, 省もしくは軍令部へ, 省やのお役人達, 省られず徒らな, 省られないであらう, 省られなくてはならぬだらう, 省りみて全校, 省りみないのは, 省りみなかつたのである, 省りみられたのである, 省り見ますれば, 省トノ對外能力ヲ考フル時, 省ニハ殊更ニ投, 省ミルナキモノ是レ臣ノ黙止スルコト能ワザル所ナリ, 省一帯地区の支那軍隊, 省且御家禄之内御, 省中何人の手, 省主計寮大蔵省宮内省大膳職内膳司主膳監等式又見, 省共吾等樂晩年之間適也, 省事務当局が一生懸命, 省二萬餘の士子此一試場, 省亭画伯が住ん, 省亭筆蜆の画幅, 省人事局補任課に奉職, 省他部の吏道, 省付きの権, 省会議を開き, 省作えい加減にし, 省作えい湯だど, 省作そとはまっ, 省作今お前に戻っ, 省作今夜はお前, 省作君などはおと, 省作好きになる, 省作省作さあさあ, 省作省作えい湯だど, 省作省作そとはまっ, 省作自ら気が引け, 省保定の南方, 省側関東庁側の排撃, 省の名義, 省全部と熱河東部, 省其の他から, 省で二人, 省務一切を管理, 省医務局長に補せられ, 省十二門のうち, 省南半の府縣, 省南部諸山中有勝概奇絶, 省及び江蘇, 省叔及上に見えた, 省にひらかれた, 省とせんさん, 省告示はそんなに, 省命令航路の郵便船, 省商務省国家動力委員会のそれぞれ, 省喪礼の条, 省嘉魚県の南岸北岸, 省在官時代に我我, 省地方の地名, 省の面影, 省の諸, 省境あたりから迎え, 省境一帯地区の支那軍隊, 省大膳職内膳司主膳監等式又見, 省大蔵省あるひ, 省奉職の日, 省官府の制, 省に送られた, 省己嫌厭の不安, 省幼児の哺育器具材料, 省に時々, 省廃止案さえ提出, 省役人であること, 省と見え, 省復興局などの門, 省復興局それ等の門, 省恤兵金係りへ国防資金, 省慮することなし, 省所属の原, 省所轄の中央放送協会, 省敦煌の雷音寺, 省文書課慶応義塾図書館書肆一誠堂編輯部其他に勤務, 省文部局ということ, 省旅客課あたりから登山者, 省曰く中書省曰く門下省である, 省曰く門下省である, 省曲阜県当時の魯国昌平郷陬邑, 省書記官正何位, 省来り駄目を, 省杭州府に居つ, 省某州附近の十余県, 省栄河県の雪, 省桂林県洋州は今, 省案放送協会案以上四通りの草案, 省この上, 省次官どの家, 省武功に属する, 省から, 省江漢道陽新縣, 省沂水縣附近に生れた, 省河南府靈寶縣に在, 省治安維持会を組織, 省洋県であつ, 省海寧縣の住宅, 省海州に生れた, 省海軍省の記者, 省なり, 省漢中と西安, 省漢口の上流, 省灯台局直轄の三等灯台, 省為北氏或称喜多, 省特許局発行の広報, 省珠江の河口附近, 省生れの美しい, 省して, 省百官の制, 省的政策以外に思想, 省直轄の学校, 省のよふ, 省督軍の呉俊陞, 省社寺局のごとき, 省福州府浦田県九連山山中に少林寺, 省一の, 省約されている, 省紹興府に就い, 省統一の犠牲, 省総裁のホーレス・ケプロン, 省腹案に較べ, 省蘭本で嘉慶中, 省行政のうち, 省西南部一帶の地, 省西康省西蔵東麓地方から発し, 省西方からいわゆる, 省西湖に集結, 省西蔵東麓地方から発し, 省を失う, 省記者クラブ式なジャーナリスト, 省設立を提案, 省許州より洛陽, 省証券割引率が極めて, 省地方には, 省諸国馬牛牧式を見る, 省貯金局あたりでやっ, 省州省其の, 省の将官刀, 省に非常, 省進出事件などは全く, 省に, 省銀行はつぶれた, 省錢塘道杭縣即ち唐時代, 省長閣下はどう, 省へ入る, 省關中道の長安縣, 省附属の工場, 省附近にお茶, 省の前, 省になり, 省電各駅下車の乗客分類, 省電気試験所東京電気株式会社や日本放送協会, 省霊丘県に行かされた, 省靫負庁の主, 省の風潮, 省饒州府の浮梁, 省鳳翔府管下の人