青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「津~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~洋服 洋服~ 洒落~ ~洗 洗~ ~洗っ 洗っ~ 洗濯~ 洞~ 洞窟~
津~
津田~ 洩れ~ 洪水~ 洲~ 活~ ~活動 活動~ 活字~ 派~ 派手~

「津~」 1624, 16ppm, 7191位

▼ 津~ (413, 25.4%)

53 国屋の 28 国の 21 国屋へ 8 国屋は 7 国屋では 5 国に, 國の, 守の, 御統 4 国人は, 国屋に, 國屋お, 宮の, 茅原は 3 人の, 人は, 国人の, 国屋, 国屋という, 国屋を, 守坂の

2 [20件] くにの, 三味線, 人も, 国で, 国は, 国を, 国屋から, 国屋でも, 国屋と, 国屋には, 国須磨の浦に, 城の, 堤に, 子らが, 守坂へ, 師匠の, 檜橋より, 河原や, 港へ, 濱に

1 [195件] あたり途崖流れを, いうと, お城, お師匠さん, ことなんか, ために, つま櫛に, とつぜんの, なきがら, なまぐさい汝, ぬしなき舟, ほかに, むかしの, ゆくえが, ゆくえ不明である, よろこびそう, をとめ, オコナイという, トルレスの, トルレスは, 一族柳営にさえも, 一水を, 上で, 事を, 人と, 会が, 会で, 作兵衛有馬の, 作者も, 全湾, 公儀御座所を, 司諸君鞍男が, 名人大倉六蔵それには, 名取りでした, 名物ふぐ汁を, 図を, 国から, 国からの, 国には, 国にまで, 国人と, 国人どちらかが, 国兎原の, 国土なれ, 国屋が, 国屋さんで, 国屋さんと, 国屋さんとは, 国屋さんは, 国屋さんへ, 国屋だって, 国屋で, 国屋とに, 国屋にも, 国屋ばかり, 国屋まで, 国屋よりも, 国屋一家に, 国昆陽の, 国難波の, 國ならね, 國のは, 國へ, 國今の, 國造を, 國遠く, 地に, 地を, 地名あり, 城から, 城に, 城下を, 城主であった, 城主三十二万三千九百五十石の, 塚越といふ, 墓にも, 女の, 子ら, 字が, 守から, 守が, 守で, 守なる, 守にも, 守へ, 守坂に, 守坂を, 守坂下あたりまでも, 守横丁荒木横丁忍原横丁地蔵横丁お, 守阪を, 守阪下から, 守附近, 宮でも, 宮と, 宮に, 家は, 山へ, 川の, 川べりの, 川べり一帯の, 川原に, 川岸で, 川波は, 差出す手, 師匠を, 年忌は, 年忌を, 年忌一週間のばそう, 後山中を, 御島へ, 御頻, 意味に, 戦では, 援兵二萬人といふ, 新しい幟, 新らしい, 方でも, 方を, 昔から, 時或は, 時節或は, 朱の, 村ざとにいれば白い, 村の, 村也, 条に, 東勝寺に, 橋, 橋の, 檜橋と, 歌さえも, 歌それから, 死, 死は, 死骸は, 河原へ, 波打際に, 浜の, 浜や, 浦に, 浪即ち, 海に, 海まで, 海岸に, 海岸寄りの, 渡し場に, 渡で, 港で, 港でも, 港に, 澪標が, 父も, 父親は, 父親も, 発達と共に, 目に, 相当に, 眞賢木を, 矢に, 称念寺へ, 笈さがし, 総芸頭, 義民を, 肺病娘の, 臣が, 臣の, 茅原の, 茅原も, 藤堂も, 藤堂家の, 藩中に, 藩主と, 蘆辺の, 街道へ, 観音堂の, 角べ, 軍いかで, 軍道路にも, 連弾の, 郷村也, 野に, 野の, 野を, 長崎称念寺には, 間の, 隅々にまで, 静かな, 領主で, 頭海中に, 顔の, 駅, 駅では, 驛前の, 鯛飯山北の, 黄土の

▼ 津~ (150, 9.2%)

8 と村井 4 はその, 彌平次 3 の母, は自分 2 に取っ, のところ, の声, の方, の顔, はスマトラ, は例, は未だ

1 [112件] がこの, がこれら, が知り得た, が私, が表, が附, だけは好き, だった, だったん, って宇太郎, でなくじつは, とでもいひ, との再会, とはドキッ, と三人, と云う, と伝七, と僕, と別れた, と大野, と私, と轟, なんか何, に, にし, にたいする態度, にはずゐ, にはちやん, に反し, に大野, に応待, に限る, のいた, のおやじ, のかけ, のこと, のスマトラ時代, の人柄, の兄, の前, の勧誘, の名主, の奥さん, の家, の家庭, の志, の持ち出した, の控邸, の松倉藩, の気持, の父, の猿, の甚右衛門, の生き, の癖, の目, の祖母, の笑顏, の肩, の親戚, の話, の足, の長い, の顏, の駄弁, は, はおとなしく, はかつて, はこの, はこれ, はそう, はそこ, はそれら, はそんな, はだまっ, はなつかし, はひと, はふと, はむしろ, はケチ, は事, は二三度上京, は人間最高, は今, は唸った, は声, は実は, は少し, は待ちくたびれた, は急, は東京, は殆, は母, は油単, は癇癪, は祖母, は車夫, は頭, への礼儀, もまだ, も星田, も私, も見覚え, を介し, を促し, を待っ, を思つて, を見やり, を見較べ, を陽氣, 出て, 彌平次出づ

▼ 津~ (60, 3.7%)

2 会堂を, 於て, 着いて

1 [54件] ありける古き, ありと, ある足利義昭, いた吉備津采女, いるため, かかりやがて, こしらえて, この街, ついた, つきます故, つづく大藩, なった, やろうと, トルレスを, 付属し, 出て, 出張中の, 到りけり當所, 半日ほど, 向う勃海使, 向った, 居所を, 帰ったが, 帰って, 帰りそこ, 引き上げざるを, 御滞在, 御船泊てぬ, 泊て, 滞船, 病んで, 着くまで, 着した, 移り地所家屋, 立ちて, 結びつけたの, 而午支度, 舟を, 船が, 船つきし, 船を, 船乗りせ, 蕨村居士といふ, 行, 行ったが, 見た, 見つかった, 設立した, 赴いた, 返した, 遊ぶ岩田川, 重点を, 集る船, 頼んだの

▼ 津右衛門~ (52, 3.2%)

5 の二十一周忌 3 の霊 2 が必死, の死

1 [40件] から世間, がのたうち, が倒れ, が指さし, が暗示, が死ん, といえ, なきあと, などと名前, には蚊, には言葉, のこと, のオジイサン, の先妻, の命日, の喜び, の妻, の妻女, の寡婦千代, の席, の幽霊, の必死, の指す, の断末魔, の棋力, の死にゆく, の死んだ, の死後, の言いたい, の身代り, の長女さ, はすでに, はのたうち, はドン, は五年前, は千代, は尚も, は甚八, は笑った, も満足

▼ 津~ (51, 3.1%)

3 の家 2 はわたくし

1 [46件] がこうした, がわたくし, が同時に, が殺意, が申します, が自分, であった, であるらしいこと, とお, との関係, とは夫婦同様, と虎七, のこと, の一件, の姿, の師匠, の病気, の自白, の言う, はおふくろ, はきのう, はことし二十七, はその後, はやはり, は一旦, は何, は入口, は千生, は取分け, は呆れた, は待ちかねた, は情なく, は日本橋, は皮肉, は繰返し, は蒼ざめた顔, は頼む, は顔, は黙っ, もその, もよろこぶ, も千鳥, も食った, をいろいろ, を助け, を脅迫

▼ 津~ (42, 2.6%)

3 来て 2 出た, 流され菊亭殿, 渡った

1 [33件] いま着いた, お着き, ついた, つばさを, まわる由, 上がる, 上陸し, 上陸った, 出て, 出ようと, 出向いた, 向うた, 向は, 差送る, 帰りとうて, 廻し先, 御著, 抜けて, 持ち帰り候, 持明院統の, 泊るん, 洗礼を, 渡らせ給, 着いたところ, 着くの, 興行に, 行く便船, 行ったが, 赴き二週間斗, 逃げて, 逃げ下ろうと, 途中焼酎屋で, 馳せ向った

▼ 津~ (40, 2.5%)

27 女は 5 女の 2 女が, 女に, 女には 1 女から, 女はかぶりを

▼ 津多子~ (38, 2.3%)

2 を, を除外

1 [34件] がしかも, がそれ, が入口, が古代時計室, が行った, だけにはけっしてそう, です, ではない, という女, ならば, に, に至る, に訊, の夫, の故智, の方, の行動, はすっかり, はそれ, はやや, は云い返した, は全然, は当時階下, は気勢, をここ, をこの, をさておい, を呼ぶ, を喚ん, を斃, を殺害, を犯人, を発掘, を鎖

▼ 津~ (31, 1.9%)

1 [31件] いかにも城下, この一座, せいぜい二十四五, そういわれ, その弟子, それを, とうとう知らずじまいじゃ, なんで, やっぱり戦争, 交州の, 人気役者で, 今度の, 伊勢, 坊さんの, 堅い女, 大和の, 室の, 師匠の, 年も, 文字吉に, 日本海沿岸の, 昔風の, 死出の, 泣いて, 津の, 清い水, 立ちえなかったに, 肯かない, 諸国の, 青い柿, 鮫津である

▼ 津~ (31, 1.9%)

2 の方

1 [29件] で歿, とはもと, とは昔, にゐた, に一月, に疎開中, のはて, の三地方, の凶作地帶ゆゑ, の口語, の名, の國境, の地方, の大, の山, の山地地方, の時計師九戸藤吉, の津, の海, の開拓, の鼻, はその, は今, は廣, は所謂都加留蝦夷, まで屆, を渡つてひとたび北海道, を知らない, 及び北海道

▼ 津~ (28, 1.7%)

1 [28件] いだき舟行, うずめ陸上軍, さしてまとも, その所領, たいへん贔屓, つなぐ航路, ひかえ淀川, ふり返つて, まだ山かつら, まつった, 一せいに, 今よりも, 出して, 出て, 咽む間も, 始め諸国の, 廻り松坂, 想像し, 文字吉が, 昼の, 殺した罪, 渉る, 發船し, 経て, 絞め殺して, 自分の, 離れて, 飲みながら

▼ 津~ (23, 1.4%)

2 あつた

1 [21件] かこまれた菊池, もう明く, 下りた時, 並んだ女, 催した宣教師会議, 冬越しを, 半月余を, 夏を, 宣教師会議を, 御船が, 持つと, 持つ津, 捕へられた, 狼藉者を, 純友, 終るの, 腫物を, 避暑し, 降りよと, 降りる, 高麗青磁の

▼ 津~ (19, 1.2%)

2 いふ, いふにて

1 [15件] いいここ, いえば, なり氷柱, よめるは, 同い年の, 和泉の, 平戸, 書いたの, 書き大里郡明戸村大字明戸, 照之助は, 言います, 言うに, 言つ, 言はずに, 言ふ

▼ 津~ (19, 1.2%)

3

1 [16件] がサクラ子, との激論, はた, はたちまち, はガバ, はニヤリ, は不意, は別れる, は悲し, は瀬戸, は縁側, は育児係り, も, も何やら, を挙げる, を軽蔑

▼ 津多子夫人~ (19, 1.2%)

1 [19件] が横たわっ, が現われた, にはどこ, に対して云うべきでしょう, に当然, に纏わる, の予後, の告白, の在所, の姿, の恢復, の死体, の自由, は昨朝, は未だに, は生死, は遠く, を凝然, を風精

▼ 津~ (19, 1.2%)

5 はやはり 4 に絡んだ 3 と弟猾 1 があった, と乙猾, に弊, の社, の神, は簑笠, は蓑笠著

▼ 津~ (18, 1.1%)

1 [18件] いつもほし, したがって家, そういえ, なくなると, もって, やめずに, 人一倍に, 回復された, 思いだされたの, 思いちがいを, 本願寺附属の, 浜に, 生まれたとき, 用いられた唯一年, 目的で, 絞め殺されて, 自分への, 野に

▼ 津~ (18, 1.1%)

16 の神 1 と申します, は恥じ入っ

▼ 津から~ (14, 0.9%)

1 [14件] その地方一帯, トルレスが, 一人は, 一変した, 來て, 北上し, 小浜までは, 志岐に, 来て, 江戸に, 渡辺橋の, 瀬戸の, 蒲原まで, 藩の

▼ 津~ (14, 0.9%)

7 老人は 1 と云, 老人が, 老人と, 老人に, 老人の, 老人も, 老人を

▼ 津~ (13, 0.8%)

3 和泉の, 和泉も, 見えそめて 1 また死ん, 大きくなっ, 文字吉に, 絶えない折

▼ 津~ (13, 0.8%)

1 [13件] です, と, とうち, にさく子, には何, に近い, のみが感じ得る, のやう, の方, の服部小平太, の祇園祭り, はまだ, は一人

▼ 津~ (13, 0.8%)

7 の神 2 の前 1 だ, の埼, の本性, を

▼ 津まで~ (11, 0.7%)

1 [11件] おいでに, 九里息津から, 來る, 出て, 攻め入って, 来て, 来ると, 積み出された, 見送り船, 逃げて, 電車

▼ 津~ (11, 0.7%)

1 [11件] 大和に, 室, 小豆島を, 島原が, 村の, 松阪や, 浦に, 照之助についても, 白良の, 竹葉亭大黒屋などが, 越後の

▼ 津公園~ (11, 0.7%)

7 の方 2 であるが, を過ぎ

▼ 津~ (10, 0.6%)

7 賣の 1 賣, 賣またの名, 賣五柱

▼ 津輕蝦夷~ (10, 0.6%)

1 が更に, が石器使用, として本州, と連合, なりとの余, は北海道本島, は更に, をこ, 即ち日の本, 即ち日の本蝦夷

▼ 津輕海峽~ (9, 0.6%)

2 を越え 1 に達し, の霧, の青々, をぬけ, を四時間, を渡つて, を渡る

▼ 津上氏~ (8, 0.5%)

1 から古賀得四郎氏, が自弁, の感激, の感激振り, の素志如何, の誠意, は古賀氏, は帝展

▼ 津日神~ (7, 0.4%)

1 が安宅先生, である, といひ, と言うた, における, を潜まし, を見出します

▼ 津輕地方~ (7, 0.4%)

2 にありし 1 にもいま, のインテリゲンチヤたち, の生活, の農村, より北海道

▼ 津さん~ (6, 0.4%)

21 のその, のそれら, の生活, は即ち

▼ 津多子様~ (6, 0.4%)

2 の御 1 が電話室, は再び, は絶対, を一番

▼ 津~ (6, 0.4%)

1 が苦戦, だとか, と顔, はいくらか, は立腹, は翌日

▼ 津という~ (5, 0.3%)

1 名を, 浜へ, 港は, 男が, 里である

▼ 津その~ (4, 0.2%)

4 津に

▼ 津より~ (4, 0.2%)

1 たしか一つ上, 中国へ, 西國に, 運び来に

▼ 津多子さん~ (4, 0.2%)

1 が最, にほかならん, の姿, をお

▼ 津~ (4, 0.2%)

1 と曰, の杖, は単に, を殺した

▼ 津山川~ (4, 0.2%)

1 の下流, の方, の水面, の河原近傍

▼ 津~ (4, 0.2%)

1 には信州戸台, の北, の頂上, を経

▼ 津時成~ (4, 0.2%)

1 などが伊予, などで, の四人, もまた

▼ 津~ (4, 0.2%)

1 が木づたふ雨, とにあり, をふくんだ, 足らざる者

▼ 津輕藩~ (4, 0.2%)

1 があつ, にも箱館出兵, に於ける, は表高僅か四萬六千石ぐらゐなもので

▼ 津~ (4, 0.2%)

2 を教 1 に達す, に頭首

▼ 津香木~ (4, 0.2%)

2 あらん 1 の上, 及び井中

▼ 津~ (3, 0.2%)

1 か何, つたのである, 口

▼ 津ちゃん~ (3, 0.2%)

1 から手紙, がね, がねとつぜん

▼ 津である~ (3, 0.2%)

1 あとは, が此港, ゆえに

▼ 津上昌平氏~ (3, 0.2%)

1 がこの, の感激, の献身的努力

▼ 津主武甕槌~ (3, 0.2%)

2 を載せる 1 の両

▼ 津右衛門どの~ (3, 0.2%)

1 が息, の死んだ, の霊

▼ 津右衛門殿~ (3, 0.2%)

1 なきあと, の霊, は息

▼ 津大神~ (3, 0.2%)

1 といふ, とま, と申します

▼ 津~ (3, 0.2%)

2 がたった 1 の名

▼ 津日子訶惠志泥~ (3, 0.2%)

3 の命

▼ 津民谷~ (3, 0.2%)

1 で獲れた, で獲れる, を離し

▼ 津~ (3, 0.2%)

1 椿, 椿の, 賢木

▼ 津~ (3, 0.2%)

1 との間, の六百余人, の藤堂家

▼ 津見神~ (3, 0.2%)

1 に咲耶媛, の娘, はたいそう

▼ 津軽信順~ (3, 0.2%)

1 が抽斎, に近習, の下

▼ 津輕外~ (3, 0.2%)

1 が濱, が濱西, の濱

▼ 津輕郡~ (3, 0.2%)

1 あり福島郡, の郡農會, は面積

▼ 津~ (3, 0.2%)

1 の伝承, の場合, を残された

▼ 津~ (3, 0.2%)

3 の長老

▼ 津あたり~ (2, 0.1%)

1 にもあっ, に時

▼ 津からは~ (2, 0.1%)

1 毎年盆に, 陸路近江に

▼ 津ちや~ (2, 0.1%)

1 んお, んこつち

▼ 津ちやん~ (2, 0.1%)

1 の友達, の方

▼ 津でも~ (2, 0.1%)

1 いけない, 遊女たちを

▼ 津といふ~ (2, 0.1%)

1 漁村で, 船着場が

▼ 津とは~ (2, 0.1%)

1 称えないわけ, 称へ

▼ 津とも~ (2, 0.1%)

1 言ったそう, 違つておちついた

▼ 津とを~ (2, 0.1%)

1 かけ持ちする, 廻って

▼ 津なら~ (2, 0.1%)

1 ばいざ, んと

▼ 津なり~ (2, 0.1%)

1 ければ, しに

▼ 津にて~ (2, 0.1%)

1 津軽領外ヶ浜に, 貴賤

▼ 津には~ (2, 0.1%)

1 トルレスの, 小さい苫船

▼ 津までの~ (2, 0.1%)

1 切符を, 間平原然

▼ 津までは~ (2, 0.1%)

1 舟行し, 船より

▼ 津~ (2, 0.1%)

1 と武甕槌, の神

▼ 津会議~ (2, 0.1%)

1 で万端, で日本

▼ 津公儀御座所~ (2, 0.1%)

1 といふは義昭将軍, に参上

▼ 津公園裏~ (2, 0.1%)

2 の土手

▼ 津即ち~ (2, 0.1%)

1 今の, 堺であろう

▼ 津右衛門さん~ (2, 0.1%)

1 が死ぬ, の幽霊

▼ 津右衛門長女さ~ (2, 0.1%)

2

▼ 津右衛門長女さだ~ (2, 0.1%)

1 その下, は明らか

▼ 津~ (2, 0.1%)

1 へ寄る, を脚下

▼ 津多子以外~ (2, 0.1%)

1 にはない, に旗太郎以下

▼ 津大磯~ (2, 0.1%)

1 から江の島, それから江の島

▼ 津太夫~ (2, 0.1%)

1 に見こまれ, や孫太夫

▼ 津~ (2, 0.1%)

1 に通う, の処

▼ 津姫以下~ (2, 0.1%)

1 の数神, の諸

▼ 津川子~ (2, 0.1%)

1 と共にエイヤエイヤ, と同着

▼ 津川崎屋~ (2, 0.1%)

1 にて昼食, へ上陸

▼ 津~ (2, 0.1%)

1 に転, の監獄

▼ 津師比~ (2, 0.1%)

2 賣の

▼ 津年魚目目~ (2, 0.1%)

2 微比

▼ 津志王~ (2, 0.1%)

1 との姉弟, などは全く

▼ 津志王丸~ (2, 0.1%)

1 と名, の歌言葉

▼ 津旗垣幡~ (2, 0.1%)

2 がある

▼ 津日子根~ (2, 0.1%)

2 の命

▼ 津日高~ (2, 0.1%)

1 なりと云い, にませり

▼ 津~ (2, 0.1%)

1 だった, というの

▼ 津~ (2, 0.1%)

1 に倚, の上

▼ 津~ (2, 0.1%)

1 にて事落着, の上中追放申付

▼ 津~ (2, 0.1%)

1 ですか, の停車場

▼ 津~ (2, 0.1%)

1 の沖, の神社

▼ 津~ (2, 0.1%)

2 を知らず

▼ 津~ (2, 0.1%)

1 から長崎行, の海賊

▼ 津爪櫛~ (2, 0.1%)

1 に取らし, を引き

▼ 津目山~ (2, 0.1%)

1 より約半, を鴨山

▼ 津石村~ (2, 0.1%)

1 に走りつき, をとどろき揺る

▼ 津石根~ (2, 0.1%)

2 に宮柱

▼ 津~ (2, 0.1%)

1 じゃ, とし

▼ 津~ (2, 0.1%)

2 芸頭と

▼ 津~ (2, 0.1%)

2 の命

▼ 津~ (2, 0.1%)

2 の堤

▼ 津~ (2, 0.1%)

1 と呼ばれた, の方

▼ 津雲さん~ (2, 0.1%)

1 になめられちゃっ, の応手

▼ 津電車~ (2, 0.1%)

1 の揺れ, の終點

▼ 津~ (2, 0.1%)

1 にあ, の主人

▼1* [162件]

および分院, 津からの早馬も, 津するや千田平助氏, 津その他の港, 津たりしこと, 津だけが命を, 津だの天草下田大江などと, 津ちゃん荒木の郁さん, 津っていうので, 津でないことを, 津では港屋の, 津といふは今の, 津とか問屋とかの, 津として知れわたりたる地, 津との事に, 津とやら聞いて, 津など十五カ所位の, 津などの漁村には, 津なら聞いております, 津においでなされ, 津にもただ四日留まった, 津ものなはり, 津ゆゑ苦勞はない, 津よりも住吉津即ち, 津を語らひ, 津らしいところが, 津スギ橋ヲ, 津三位中将って渾名, 津三君はどうやら, 津三彼もまた, 津与河池二君別余輩経若狭入丹後, 津中學校を卒業, 津主命即ち伊波比主命, 津主神を奉, 津久居彦七等の地方有志, 津久居彦七蓼沼丈吉湧井藤七関口忠太郎川俣久平寺内清次島田雄三郎新井保太郎藤沼友次郎板橋六郎川島治平青木清蔵吉岡耕作天海浜吉内田卯三郎栗原喜蔵岩下喜右衛門等の百余名いずれ, 津助と, 津の大井村, 津侯舊津輕侯の屋敷, 津保見三十四番に於知母, 津公園ニ一ケ所水道ノ出, 津公羽州最上にあらせられし, 津勘兵衛の旨, 津右京を仰天, 津右衛門一人なみだよ, 津の止むる, 津和郎さんの, 津和郎氏が, 津四十万石加藤式部少輔明成の家士, 津城主藤堂家領地に起った, 津多子さんそこにいた, 津大体に今, 津大垣の兵, 津大村と伊予, 津太夫らなりし, 津太夫大隅太夫呂太夫の錚, 津太夫小竹浜の茂七郎, 津妃命は正, 津妃命長子たる速瓶玉命の靈場, 津姫神は空海, 津婦良の沼, 津婦良沼又はツウラ沼, 津子さんがほか, 津小浜等十数ヶ村の庄屋三十数名, 津山口等等とよく, 津山喜内と云う, 津師匠の文字房, 津平阪に八つ, 津庄南郷の内, 津廻って常陸, 津彦命が三己, 津彦母君葛城の高額姫, 津待根の神に娶ひ, 津上陸に, 津は法華経, 津日前で探湯, 津日化生の形代, 津日子神が, 津日曲事などのマガ, 津是日宿戰平風雨終夕今自臨川, 津時成紀秋茂大伴曾良伊予道雅などといった顔ぶれ, 津木さんには口, 津木ピン助や福地キシャゴ, 津末羅天草葛津の國造, 津村字臺方なれども, 津村小説家星田の順, 津の宮, 津松坂などの町, 津枝さんにおまえ, 津たり, 津樂市の説, 津歌沢狂言テニス氷辷り等, 津の箱, 津毘古が倭武天皇, 津毘売の懼悚心愁, 津がその, 津民川の流れ, 津に衝突, 津を生む, 津海原ほしとびわたる, 津液血脈の六者, 津清元といふやう, 津港宛の説教聴聞, 津へ著船, 津にかくまった, 津潮来のよう, 津潮騒すべりゆく舷近く, 津といふ友人, 津田翁にわし, 津由玄蕃が玄叔, 津はその頃村, 津町藤橋を渡り, 津白浪さにつらふ, 津百人金沢五百二十五人和歌山二百五十六人郡山八十八人大聖寺八十三人であります, 津皐月と申す, 津石湯の行宮, 津磐村の如く, 津神山之神海之神, 津神社の境内, 津福島繁太郎氏などの古, 津の外樣大名, 津粉浜までほとんど, 津絶えて市中酒, 津綿津見の神, 津良飛騨桂というあたり, 津蒲原と来る, 津の冷凍船, 津の上, 津街附近の上空, 津豆満江から露領沿海州, 津の稽古, 津軽信牧の時, 津輕びとの性格, 津輕一統志の該記事中, 津輕兩藩兵二百數十をもつ, 津輕半島を圍む陸奧連山, 津輕地方語には濁音, 津輕女も草履, 津輕女性の地方性上, 津輕家の御, 津輕家祖先の甲胃, 津輕富士の岩木山, 津輕岩木川村の丘, 津輕平原を北, 津輕平賀郷に關, 津輕平野で去年, 津輕民謠でこの, 津輕海峽以北の各地, 津輕男も林檎喰, 津輕蝦夷其黨多種幾千人たるを知らず, 津輕蝦夷許多を諜, 津輕越中守樣ぢや, 津輕郡内の小, 津速瀬をむすび, 津は一大窯業地, 津郡山彦根の四藩, 津間和歌山の島田幸安等, 津陽門の詩中, 津陽門詩に於, 津雲八段の指した, 津迄下り坂, 津齋彬公のお歌