青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「為~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~灰色 灰色~ 災難~ 炉~ 炎~ 炬燵~ 炭~ ~点 点~ ~為
為~
~為め ~烈しい 烈しい~ 烈しく~ 烏~ 烟~ ~焔 焔~ 焚火~ ~無

「為~」 16269, 161ppm, 643位

▼ 為~ (6660, 40.9%)

25 私は 20 これを, 彼は, 自分の 18 生きて, 身を 17 私の 16 彼の, 此の 13 するの 12 して 11 なること 10 ならんぞ, 何か, 命を, 生れて 9 あるの, 人を, 働いて, 多くの, 来たの 8 するところ, 書いて 7 なる事, 之を, 僕の, 力を, 斯う 6 わざ, 他の, 出て, 容易に, 死んで, 私に, 自分を, 草を

5 [23件] ある, あるか, それが, どれ程, ならねえ, ならねえぞ, 何の, 何度も, 候, 出来て, 右の, 多少の, 少しも, 彼が, 彼らは, 彼女の, 我々は, 日本の, 来て, 泣いて, 自分は, 自殺する, 非常に

4 [32件] こんな事, さうし, したの, する者, そこに, それを, どうかする, わな, 三千代を, 二人の, 作つてゐる, 先生の, 兵を, 其を, 却て, 外ならない, 妨げられて, 家の, 彼等の, 或る, 折角の, 時間を, 残して, 気を, 生命の, 種々の, 自然と, 色々の, 道を, 集って, 非ず, 顔が

3 [102件] この事, する所, それは, そんなこと, そんな事, では, ならないぞ, ならないと, ならないよ, ならねえぜ, ならんと, なるまいと, なるよう, なるん, よくない, わしは, 一日の, 一旦は, 世間から, 之れ, 人の, 人気の, 今度は, 他から, 何だか屋敷, 何でも, 作られたもの, 俺は, 僕は, 其様な, 凍上が, 出来る丈, 別に家, 努力した, 危い, 各種の, 君は, 吾, 地名と, 地獄に, 執行猶予中の, 外ならなかつた, 大に, 如何に, 娘を, 少しは, 尽したこと, 尽して, 山に, 山尋ね, 幾分か, 彼を, 彼女は, 彼等は, 心配し, 心配する, 必要だ, 必要な, 志を, 惜まざる, 我は, 新たに, 暇を, 書いたもの, 書かれたもの, 本の, 村の, 来た, 東京の, 死す, 殺されるの, 殺人を, 気が, 熱心に, 犠牲に, 生活する, 用意せられた, 登山する, 皆な, 目を, 相違ない, 石を, 秀子の, 私が, 私を, 自分から, 自然に, 自然の, 舶来の, 芸術を, 茲に, 蝋燭を, 蠢いた, 費して, 走るの, 身狭, 部屋の, 都の, 酒を, 金を, 頭を, 魂を

2 [428件] ああした, あなたに, あなたは, あの夫人, あらず, あらゆるもの, あらゆる苦痛, あるものみたい, あるよう, いいと, いつか自然を, いつと, いつも三番, いろいろな, おのづか, お出でにな, お前らの, お父様, お蝶, お話を, かう云, かう言, かぶるので, こう云う, ここに, この世の中, この残酷, この部屋, こんなこと, こんなところ, こんなもの, こんな悲劇, こんな物, ござります, しばらく旅行, すと, するなり, するもの, する事, せざれば, そこを, その存在, その犠牲, その男, その身, それ等の, た, とまること毎年, ともすれば飛び散り, どの位妻, どれだけ, なされたアントニオ, ならない, ならないやう, ならない本, ならぬと, ならねえから, ならねえよ, ならば, なりますか, なりませんから, なりませんよ, なる, なるか, なるという, なるとも, なる仕事, なる様, なる話, ひどい目, ふっくらした, ほかならぬ, もう一度繰り返せ, やって, やって来たの, やつと, やるの, ようべの, よく無え, わたくしの, われわれは, ムザ, ワザと, 一つの, 一世の, 一人で, 一命を, 一変し, 一寸骨を, 一抹の, 一時は, 一生を, 一種の, 一行に, 一言広告します, 一身を, 万丈の, 三吉は, 上の, 上陸した, 不思議な, 世に, 丸亀に, 主人の, 主人は, 云って, 五人の, 五十年の, 京都へ, 人に, 人にも, 人一人を, 人生に, 人間が, 今では, 今でも, 今まで, 今日は, 今迄, 他人との, 他人の, 仮りに, 何を, 何ん, 何処かへ, 何枚かの, 余は, 余儀なくされ, 余裕を, 余輩の, 作つてあつ, 作られた女, 作者の, 使用される, 使用する, 供養し, 俺が, 倒れ歓喜, 借りた家, 停車場前の, 健康を, 傭書, 傷けられた, 働くの, 働くもの, 働らく事は, 働らく事を, 充分話を, 先づ, 先生が, 兎に, 児を, 全身が, 全軍, 其ほどに, 其処に, 其名を, 内出血, 出家し, 出来たもの, 出来るだけ, 判なぞを, 判を, 刺し殺されて, 努力する, 動かさせるの, 動かされて, 南画らしい, 又下流階級, 口を, 可なり, 同情する, 名高けれども, 君の, 周旋した, 呼び出された時, 呼吸を, 四条の, 圧せられて, 圧迫せられ, 地面に, 堕落する, 夙に津頭, 大体において, 大切な, 大声を, 大苦痛, 大金を, 天下の, 天才の, 天才を, 奪われて, 婆さんも, 存するもの, 宜いか, 家を, 密に, 寺の, 封筒の, 少くとも, 少しく風邪, 尽さなければ, 尽すには, 尽力し, 山の, 山を, 峨眉山の, 師を, 席を, 平岡が, 平岡の, 平岡を, 幼い子供, 幽霊塔へ, 幾分でも, 幾度も, 床を, 店の, 度々僕, 度たび信輔に, 建てたので, 弁じて, 弁解し, 当時の, 役立って, 彼に, 彼らも, 往々彼女, 待って, 後悔し, 徐ろに, 従順そのものに, 御座候, 心から予, 心なき, 必要と, 志賀直哉氏の, 忙殺され, 忠勤を, 急に, 急用として, 悃苦たる, 悪いよう, 悪い事, 悲願を, 愛されないの, 慰安の, 懲罰と, 成るよう, 我我の, 或は又, 或時, 戦ひつづけた, 戸の, 戻って, 手に, 手を, 手紙の, 抑留され, 政府は, 政界の, 教育を, 文部当局の, 斯様な, 旅の, 旅行する, 時には又, 時を, 暗く人, 暫らくは, 書いたの, 書く, 書くの, 最も適当, 最後の, 最後まで, 有益なる, 材料を, 来れり, 松の, 林檎を, 梁から, 棚が, 様々の, 横に, 機を, 止むを, 歩ける俺, 死すという, 死を, 死んだこと, 死んだの, 殺したの, 母屋の, 毒薬を, 水を, 汚されない内容, 江戸へ, 法網を, 泣き得るもの, 泣く事, 涙を, 湯を, 無暗, 無残の, 無理に, 焼死しける, 熟語の, 熱狂した, 燃え乍ら, 燐寸を, 父が, 父と, 片手に, 特に, 独楽を, 狼毒を, 生き延びようと, 生くる, 生じたもの, 生まれ落ちた時, 生れたの, 生命を, 生涯を, 用ふ, 用ゐ, 用意された, 申込んだ結婚, 病院へ, 発狂した, 登山した, 相当の, 相手の, 知遇の, 硅化を, 社会に, 神に, 秀子が, 秀子に, 称した家名, 種々な, 筆を, 筒をも, 糸を, 経を, 絶えず僕, 置いて, 美しさ, 老人の, 耳を, 聖衆降臨の, 聞いて, 胸を, 能く, 臨時に, 自分で, 自己の, 自殺を, 自然を, 良心の, 艶書の, 苦しまなければ, 苦しんで, 苦労する, 茶を, 荊棘と, 虫眼鏡などを, 蝸牛を, 行くの, 街頭の, 衝突の, 衰退し, 袂から, 親や, 言葉が, 計ったこと, 訪ねて, 話して, 語部の, 説明の, 誰か, 誰よりも, 諸国を, 諸藩, 謀りて, 貧く, 貯へ, 買は, 起つたもの, 起つて, 起るか, 足が, 跡なく, 車寄せの, 軽率にも, 逆上し, 通俗化する, 造られたもの, 進んで, 遂には, 遅れて, 運動するで, 過去に, 道具に, 遺憾と, 酌み一杯, 鉄の, 鉢の, 銀座の, 鐘は, 陸軍当局の, 隣に, 雑誌を, 雨の, 電話を, 霊魂を, 静かな, 非常な, 鞄を, 題詠の, 顔も, 顔を, 食事の, 養育される, 駅の, 骨を, 骨身を, 鼻の

1 [4865件 抜粋] 〇・七五の, あつて, あの辺, あらゆる悲惨, あるべし, あれも, あゝやっ, いって, いつも我々, いろいろ新しい, うとうと居睡り, およそ主, お出向きなされた, お尽しあらね, お茶を, かうした機運, かくは, からだを, こうした不安, ここばかりは, ことなく, この伊香保, この文, この穴, この驚く, こんなに傷つく, こんな字, こんな難儀, さうするか, されようと, した事, しめっぽく火, すっかり番狂わせ, するので, せか, そう呼ばれる, そのレンゲ, その光, その夜, その患部, その活躍, その身体, それから口, それに, そんな姿勢, たった今家, だん, ちょっと顔, つかふと, つぶれるかの, ですね, とったまがりくねった経路, とりおや, どうしても死因, どの位結搆, どんな類, なにかする, ならない事, ならねえこと, ならんの, なりやしないかね, なるったって, なるまいことい, なる結搆, にせ札, はか, ひしゃげて, ほとんど我, また再び神道, まつ赤, もう一度さがし, もちろん国家, やって来た見物人, やむをえず世人, ようやく立, わが理想, わざわざあの, わざわざ頼まれ, われわれに, インカ帝国の, クッションの, コロップの, ズックの, トロイと, ハラ, フト取上げ, ベツレヘムの, ミクリなる, ワナワナと, 一二年遅れた, 一夜づまと言ふ, 一寸上京した, 一年一生懸命に, 一応の, 一時仮, 一生懸命な, 一臂の, 一部少数の, 三井物産会社の, 三悪道に, 上からの, 下からは, 下駄の, 不明である, 世が, 丙種だった, 中央郵便局の, 主婦が, 乱心せし, 予め家, 事情の, 二十五日の, 二条へ, 互にこの, 五十弗も, 亡ぼされたり, 人いちばい厚ぼったい, 人形とか, 仆る, 今一度この, 今日この, 今朝は, 他人に, 仮に病人, 休むの, 伝録し, 何, 何れ丈市内労働者の, 何時までも, 余儀ない結婚, 作った花環, 作られた歌, 使ったこと, 依然として付近, 保留し, 俳優としても, 倒れるの, 偃松が, 催眠薬を, 働きました, 働ける人, 優勝の, 先ず民間探偵, 先生等身の, 入り込んだ筈, 全国の, 公益を, 其の二つ, 其の輪廓, 其儘全体の, 其後を, 其話を, 内藤と, 再び言, 冷罵し, 凡百の, 出られません, 出来ました画学校, 分れて, 別に失意, 利用される, 刺激き廻され, 前田父子二千を, 力一杯鍬, 助太刀し, 労働し, 動も, 北上川に, 十分御, 半座, 博士は, 却って観客, 原稿の, 又と, 又自ら其為, 反動運動者には, 取越苦労を, 口籠つた, 可厭, 合, 同じ意味, 名を, 向うから, 告発する, 呼ばれアサマ山, 咒詛の, 唯一の, 善い意味, 喜び同時に, 嘘を, 四国西国を, 図つて忠なる, 国情を, 土足の, 地上の, 地面が, 埋もれて, 場末の, 声を, 夏は, 外出した, 多少にも, 夜の, 夢中で, 大きく言, 大事な, 大学を, 大抵物が, 大返し, 天皇の, 夫婦間に, 失踪したらしい, 奥さんが, 女子一人を, 好き仏の, 妨げられた為, 始まつたもの, 姓を, 子供が, 孟買に, 学者に, 官学に, 実を, 宮中に, 家産が, 寄せた護詞, 寝ないで, 将た, 小児は, 小説じみた, 少し身, 尽すと, 居心地よい, 山の手の, 嵐一門は, 左支右吾の, 已を, 帰らんかと, 常人の, 年と, 幸福かも, 幾台かの, 広室, 座頭を, 建てて, 弁じようと, 引いて, 弥縫と, 当てには, 当番の, 彼らの, 彼等に, 律文式発想を, 後人を, 得の, 御尽力, 御話, 徳子の, 心力を, 必ず毛皮, 忘れようと, 忠一さんを, 怒って, 思ひ出される事, 急衰, 恐しい涜神, 恩人の, 悪いそう, 悪所絶所を, 悲境を, 惜んで, 意外の, 感謝す, 態と無茶, 憂鬱, 憧れ死, 成ること, 我が国家社会, 或は公平, 戦い疲れた, 戦ふよりも, 戸を, 手拭を, 払い去られなければ, 折角な, 招宴を, 挨拶が, 捧げたの, 捨てるもの, 採用した, 損はれ, 改めて見たい, 政友会を, 救われたという, 敢て, 数万浬彼方の, 斃された, 文章的でなけれ, 斯うい, 新しく会員組織, 新進気鋭俊邁の, 旅を, 既に罪, 日本アルプスを, 早く年, 星氏を, 是処に, 時々は, 晩餐会を, 暴され, 書いた小説, 書くわけ, 最初に, 月に, 朝鮮に, 本多子爵を, 朱雀門の, 条件を, 来る人々, 東京での, 板を, 枯れ果てるであろうと, 梟に, 植込みの, 権力の, 欝を, 欧州の, 歌謡, 此のみ, 此処へ, 此店へ, 此等の, 歩いて, 死し又, 死なずともすん, 死ねたら幸福, 歿り, 殉教者の, 殪れ, 殺されました, 殺害せらる, 毎日の, 毛剃, 気の毒な, 永い憂ひ, 汝等の, 沢の, 泉原は, 泣かうと, 泣ざるを, 洗つたやうにな, 派生した, 海部の, 深い傷, 深夜までも, 減殺せられる, 満洲, 滞留に, 漢統ようやく, 潰しても, 灰や, 無くなつたが, 無限の, 焼け爛れたやう, 熱中と, 父の, 版にも, 特に好都合, 特に道中, 犯罪を, 猫を, 玉み, 甚く, 生きます, 生じた結社, 生れたるを, 産れ, 田に, 申し上げて, 畔に, 畸形の, 痛惜に, 登山を, 百尺の, 盆の, 盡します, 直ちに彼, 相違ありますまい, 真赤に, 眼窩を, 石の, 破局が, 社長の, 祝詞が, 神格即, 禁欲生活を, 私と, 私達は, 稍も, 穀も, 空費し, 立ちよるの, 立てた趣向, 端を, 筋が, 精一杯の, 糸魚川の, 素朴な, 組み伏せられて, 絵を, 続き具合, 縁を, 罪の, 美濃, 老夫婦, 耶蘇教の, 肉体的にも, 背後にまで, 腐蝕されつ, 自らの, 自ら願っ, 自殺した, 自省と, 船の, 色眼鏡を, 若々しく元気, 苦しみ種々, 苦むのも, 苦戦し, 茶話会を, 落葉を, 蒐集し, 薫陶せられゐたる, 虚談想像談で, 行ったの, 行事も, 衰耄した, 裏の, 西海に, 見えなかったが, 見様によ, 親父の, 言ふべき, 計る者, 訣らなくなり, 設ける訣, 詛は, 話の, 説いて, 誰を, 諸国行脚なさる, 謀害せらる, 警視庁と, 財産を, 貴い犠牲, 買った, 費せし金額, 赤ちゃん御, 赫耶姫は, 起った停電, 起る弊害, 身も, 車はずるりと, 軍隊は, 辞せない人, 近代の, 追善供養を, 途中に, 造つた, 遂に仲間, 遊芸を, 過去の, 違ひなかつた, 選ばれること, 部屋に, 都会の, 里人に, 金でも, 銀貨入を, 長い留守, 長野へ, 開路の, 闘うこと, 降らせるの, 階級という, 隠忍し, 離反し, 雨風の, 電燈を, 青虫を, 非常なる, 頗る其の, 頼んだ某, 類似の, 飜訳され, 飲んだのさ, 馬車を, 高い価, 鯉鮒山と, 黒い覆

▼ 為~ (2947, 18.1%)

4233 になる 32 にその 28 に私 27 である 22 に自分 20 なり 17 だと, にする 15 の演劇 13 にならない, に或は 11 だ, であった 9 ではない, にこの, にそれ, の芸術 8 に心 7 にし, に僕, に其の, に必要, に生活, のみ, ばかりで

6 [14件] だから, です, ではなく, にあらゆる, にお, にこんな, にだ, には私, に学問, に尽す, に最も, に殊更, に犠牲, に生れ

5 [12件] であらう, にそんな, に今, に何, に多く, に大, に存在, に彼等, に特に, に用意, に非常, の

4 [33件] とあれ, なの, なれば, にここ, にこれ, になら, にならねえ, にもう, に之, に云, に人, に今日, に作られた, に働い, に先ず, に力, に努力, に却って, に大きな, に女, に尽し, に弁解, に彼, に御, に我々, に手, に新, に昔, に特別, に自己, に茲, の労力, を思っ

3 [61件] かそれとも, でございます, ではなかつた, でもある, と云, ならどんな, ならば, にあなた, にあの, にした, にせん, になりません, には先ず, には随分, には非常, によく, に一切, に一時, に人間, に何処, に作品, に利用, に危険, に口, に可, に大いに, に小, に少し, に屡々, に彼女, に心血, に悪い, に或, に戦う, に折角, に書いた, に書く, に最後, に歌, に此, に死, に死ぬ, に死んだ, に気の毒, に涙, に生きる, に申, に祈祷, に神, に粉骨, に罪, に自殺, に色々, に苦労, に金, のもの, の手段, の準備, の金, もある, を思ふ

2 [179件] か, かひどく, か身体, だとも, であ, であるらしい, でした, でしょうか, でもありません, とあら, とは云い, と云う, ならん, にあげた, にあらず, にことさら, にさ, にじよらう, にた, にとうとう, にとて幕政, にと答える, にどれ, にならぬ, にならん, になり, になりました, になりませぬ, にのみ存在, にはその, にはどんな, にはならない, には互に, には余程, には即ち, には実に, には彼, には特に, には自分, には重大, にまた, にまだ, にもなり, にもなる, にもまた, にも一つ, にわざわざ, にカフエ, に一つ, に一本, に一身, に一週, に二三, に二人, に人心, に今度, に仕事, に他人, に何人, に余儀なく, に便利, に借りた, に僅か, に働く, に全, に全身全霊, に出かけた, に出た, に創作, に功徳, に労苦, に十分, に又, に同情, に味方, に命, に唯, に善き, に国会, に国民, に外出, に大きく, に失敗, に女房, に娘, に子供, に宜, に宝石, に少しく, に尽された, に尽した, に尽力, に己, に帰郷, に平凡, に弁護, に強い, に惜しむ, に態と, に我等夫婦, に戦死, に払, に持つ, に掠奪, に操縦, に敢, に文, に斯, に旨く, に時, に更に, に書中, に来た, に枝, に欠損, に此処, に気, に決して, に泣き, に泣く, に海岸, に消耗, に深夜, に狂気, に甚, に白色, に真, に矢張り君, に石, に祝福, に空しく, に節, に職, に肉体, に自滅, に良人, に若しくは, に苦しん, に苦め, に苦学, に蜂, に見張り, に言, に諸君, に謀り, に貞操, に起った, に起つた, に足, に身, に身心, に農場, に追, に這, に造られ, に進ん, に遂に, に配偶者, に門前, に門戸, に閣下, に闘う, に難渋, に面白く, に頭, に顔全体, に高い, のいい, の一個, の仕事, の写生句, の努力, の戦ひ, の新しき, の職業, よく人, を思い, 少しの, 書かず

1 [1736件 抜粋] ああで, えから, かだんだん, かと思, か主人, か何店, か先生, か君, か或は, か灰色, か経帷子, か表, ことに依る, こんな事, その一端, だからね, だらうあまり, だろう, つまり這麼, であった事, でありましょう, であろうか, であろう箕島刑事, ですが, ではある, では御, でもあった, でもあり, でもなく, とかいうわけ, とか教師, とでも云, とは思へ, とや, と夕暮, と思ふ, ならずや, ならむと, なら外側, なら或は, なりと云う, なりと雖ども, なるにや, なん, にあまり, にあらずや, にい, にいたく, にいろ, にお前たち, にお話, にかく, にかりに, にがちがち顫, にこし, にさいなまれなけれ, にされた, にしよう, にすなる, にせられたる, にそして, にちょっと, につけた, にでせう, にとて生等, にと云つた処, にと立, にどれほど, にな, になつたの, にのみ保存, には, にはあらずし, にはお前, にはさ, にはせめて, にはてんでに, にはならなかった, にはハツピー・エンデイング, には一倍, には一念三千, には二人, には何とも, には何事, には僧院内, には先方, には利益, には医師, には厭, には可愛い, には和蘭, には大切, には天涯, には如何にも, には娘, には少く, には居留地制, には役立つ, には必ず, には恰も, には手形, には新, には是非さうし, には最も, には朝鮮征伐, には此日, には母, には流暢, には玄人, には監督, には神, には第, には美しい, には艀, には誠に, には軽重, には間違, には非, にひどく, にふんだん, にみんな, にもしくは, にもならず, にもなるだろう, にもケチ, にも人類, にも先生, にも大気, にも彼等, にも男, にも運命, にやっ, によき, にアウグスチヌス, にガラス戸, にシルヴィヤ, にセルギウス, にパスカル, にフッ, にプッつり, にルナアル, に一二, に一大傷痍, に一年間, に一時其姿, に一杯, に一生懸命, に一種, に一般, に一雫, に三年前, に上京, に不利, に不思議, に両, に中津, に主義, に乳母, に予め, に二つ三つ四つ五つ, に二十本, に互にどう, に亜典, に亦, に亭主, に仄か, に今夜, に仕立屋, に仮令, に伐る, に伴われ, に何もの, に何年, に何等, に佛罰, に作り上げる, に使い処, に例年, に侯, に俳句, に候, に倶楽部, に備えられ, に働かせよう, に働きました, に充てられ, に兎, に全力, に八重子嬢, に六艘, に其去就, に其女, に其疲労, に具体的対立, に冤, に凡俗, に出し, に出来てる, に刀気, に列車, に別, に到頭, に前後不覚, に動かされ, に動悸, に匕首, に医師, に十八名, に十年もの間, に即ち, に却つて室内, に反っ, に取った, に古い, に只, に叱られる, に同乗, に吐く, に吾人, に周旋, に呼吸促迫, に善良, に噴火, に四十日, に困りぬい, に在, に塾舎, に変じ, に夏, に外遊費, に多年精神統一, に大きい, に大層, に大阪, に夫婦子供, に奉公人, に奮発, に如上, に妨げられ, に姑蘇台, に子, に安らか, に宝物, に家庭, に寄附, に寒冷, に将来, に小児, に小説, に尠, に尽さん, に居る, に左右, に帝国軍人, に年取, に幾万, に広き, に序文, に建てたる, に張つて, に役に立つ, に往々, に後ろ, に従つて中途半端, に心痛, に心身一, に忍び込む, に忙しい, に念, に恐れる, に悩まされ, に悲しむ, に悲む所, に悶えね, に惨殺, に愛する, に感情, に憐, に成りません, に戦った, に戸板, に手紙, に批評家等, に持ち込まれた, に捕えられ, に捲き上げられ, に採らざる, に揺られ, に操さん, に支那街, に政治上, に教育, に斃, に文学そのもの, に斬, に断絶, に新聞紙, に施し, に早世, に是, に時間, に普通教育, に暗し, に書い, に書き, に書物, に月下氷人, に有益, に本多忠勝, に村, に杜鵑, に東海道, に枯れた, に極めて, に構造, に櫛, に欲しい, に止む, に此挙, に死せるなり, に死ん, に残念, に殿様, に毒薬, に水流, に永眠, に決闘, に没頭, に法華八講, に泣かう, に洗礼, に浦島子, に清国領事, に清透, に準備, に滝, に濡れ仏, に無実, に然, に熊襲征伐, に熱く, に牧場, に狂言, に王冠, に現時, に生, に生ぜし, に生存, に生涯托氏, に田中, に申し, に畔道, に病, に発した, に発狂, に白鳥, に益, に相手, に真剣, に眼界, に知識, に祈りつ, に祝宴, に神秘, に私ども, に私自身, に種々, に空間性, に立, に競争, に精神, に紛れ込む, に経済的, に結構, に続い, に編まれた, に罪過, に義務, に老, に考へ出した, に職業, に胸, に腰, に自然, に自然決心, に良心, に艶妾, に芸術そのもの, に苦しむ, に苦しんだ, に英吉利, に荒された, に著述, に蕨, に蟻集, に行った, に衛生上, に表面, に西鶴, に見る, に言う, に計, に設けられ, に註文, に認識, に語らん, に誦経, に課長, に謀叛, に講談小説, に議院政略, に豊沃, に貴, に買っ, に費さなけれ, に費した, に質問, に起き上った, に足尾, に蹴押され, に軽々看過, に近く, に途, に造り事, に遁, に過去, に遣わされし, に選ばれる, に邁進, に郵便配達, に釣る, に錯迷, に長歎, に開かれざる, に附記, に険しいさびしい, に離, に難, に青い, に頓挫, に風, に食つたの, に飢死, に飲食, に首尾, に騒動, に鳴り, に黙示, のお伽話, のみさり, のみなれ, のみに非, のみ能力, の不断, の住居, の使命, の儲け, の劇場, の勇敢, の城, の大切, の巣, の幾本, の悪口, の探偵小説, の方便, の旦那衆, の楽隊, の生存, の男親, の結婚, の芝居, の規約, の詩的修飾, の道, の長屋, ばかりでなく, もあつ, やや遅れ, や金, を思え, を謀る, 入ること能, 其の後, 分れてか, 又一同, 又先人, 売れなかつたの, 大飛躍, 少しばかりの, 居りませぬ故, 御書面昨日, 悪く影響, 折々は, 最も必要, 溜めて, 生れて, 聊か用, 見すて, 闘いましょう

▼ 為~ (555, 3.4%)

9 名である 8 もので, ものである 3 名で, 染料が, 様に, 結婚を, 資格を

2 [38件] である, ものいみ, ものでなく, ものと, ものとも, ものは, 一念の, 世間話だ, 代作である, 働らき, 名と, 名に, 啓蒙を, 回向にも, 尊い捨石, 弁論でも, 手段では, 手段に, 方便だ, 棚で, 武道の, 演劇, 灯の, 用意であった, 窮余の, 策略では, 糊塗策とは, 罪障消滅の, 舞踊を, 船だ, 芸術は, 苦痛だ, 薬を, 衣に, 詩禅一致だ, 踊りで, 金を, 高踏廻避と

1 [439件] あやまちでは, あらゆる手段, いるところ, うしろへ, おしゃべりを, お迎, お願いでは, かけは, ことであり, ことほぎを, このよう, この横丁, その場, そばへ, それだけの, だと, だな, つけ髭だった, ない愛, はし, ふたりな, ふるま, ぷらんを立て, ものであった, ものであるらしい, ものとして, ものとしては, ものらしい, やはり叡明, よい友人, ような, ように, わすれ草を, カルシウム分も, キャスチングボートとして, コンチェルトエグモント, スプリング・ボオドを, ツチと, モーターポンプが, ヨード剤位に, 一つの, 一助に, 一心に, 一枚を, 一生だ, 三人, 上げ蓋に, 下に, 不平が, 不面目を, 予祝で, 争ひとも, 事務を, 五ヵ年計画は, 人殺しの, 人生問題研究である, 人間である, 仕かけ, 仕事だ, 仕業である, 休息室食堂職業組合の, 会合と, 伝承の, 低き枕, 何に, 余地を, 余興なる, 作業が, 作業を, 供物が, 便利をは, 促進運動で, 修飾部だけを, 借字, 兄の, 兇行とは, 先端の, 先覚者でございましょう, 其である, 具として, 内国へ, 写生句, 凶事を, 別屋である, 制作の, 刷毛の, 刺戟を, 前置きに, 加役が, 加薬に, 助力者試金石として, 努力で, 努力であった, 努力でも, 努力は, 努力を, 労働者クラブは, 勇気を, 勤めである, 原稿と, 参詣と, 友ぞと, 友に, 反抗語を, 収入を, 叙景詩中の, 口上家伝いゑもち, 古代ギリシア生活展覧会が, 台に, 名であり, 名であろう, 名として, 呪ひであつ, 呪物を, 呪術である, 呪術と, 呪言が, 唯一つの, 商品であり, 商法と, 嗜惜む可きの士なりと, 嘘であった, 嘘に, 嘘偽と, 国民的祭礼が, 土まで, 士分の, 声だった, 大恩人, 天意であった, 奴隷村と, 妣が, 娯楽の, 媒介物であります, 学で, 学問, 学問でなく, 安息所で, 完全な, 宗教は, 官符の, 宝船が, 実感を, 宴と, 家として, 家集を, 寄宿舎等が, 対句から, 小さな炉, 小説を, 山の神は, 山人の, 山入りの, 山籠り, 崇高で, 崇高でも, 巧言などでは, 巨大な捲, 巫女である, 平和だ, 座標軸は, 引札が, 弟元, 役を, 後を, 御出府, 御嶽拝所さへも, 御嶽拝所を, 御心, 御殿では, 御薪, 必然の, 必要条件の, 忙しさ, 忠に, 念仏では, 念仏に, 思想でも, 思想人生の, 悔悟だらう, 悲劇です, 悲痛である, 意味が, 意味の, 愛では, 慈善演芸会か, 慎しみを, 懺悔の, 成女戒を, 或る, 戦争では, 手段が, 手段なら, 手足纏ひと, 打開策を, 技術の, 挿入助辞の, 捧げもの, 擬態と, 支那の, 改作は, 改作を, 放浪, 数字に, 文学は, 斎みだ, 新しい呪言, 新嘗, 方へ, 方便とか, 方便の, 方便も, 旅行と, 旅行或は, 時ハ今, 時間は, 最上の, 最善根, 朔北に, 木ひさごでした, 木曾路なぞに, 本が, 材木が, 条件は, 条件法を, 板であろう, 梃子台であった, 業と, 標の, 横匝線が, 機を, 歌式, 歌詞で, 歎き, 正当防衛である, 武器が, 武道伝襲に, 死である, 死の, 殺人, 殺人である, 毛坊主商売な, 気の, 水たまりを, 水では, 汝なれ, 決心の, 注意には, 流離だ, 深慮も, 済まなさ, 湯, 源氏物語研究などが, 準備で, 準備に, 準備を, 準備期間だ, 潔斎である, 火が, 火を, 火傷死でしょう, 灰に, 無意義の, 焦慮当時の, 熟語格を, 燈の, 物と, 物の, 物忌みである, 物忌みと, 犠牲か, 犠牲今度は, 玉の, 生活を, 生産が, 生産や, 産院寄附金募集には, 用心と, 用意である, 用意として, 用意な, 用意に, 由です, 痴愚と, 発展力を, 登山等が, 白骨だ, 皇子尊よりも, 皿では, 目には, 研究が, 破壊である, 碁な, 社会組織は, 祈願の, 祝ひ上出来の, 祝宴を, 神の, 神人である, 神人を, 神人団としては, 神器であり, 神女であり, 神学言ひ, 神宝な, 神秘な, 神聖なる, 神部として, 祭りを, 祭事である, 禁欲である, 禁欲生活の, 禊ぎの, 禍である, 私の, 私部の, 科学でも, 科学な, 秘かな, 秘法の, 稽古から, 空似かも, 立派な, 競争が, 竹を, 筋や, 策, 策謀と, 篝火が, 紅絹の, 索引を, 細工じゃ, 組織さ, 綿密な, 緊張であった, 繰言, 美術品という, 群集舞踏に, 聖なる資格, 職を, 胸に, 脚本であります, 臨時公演として, 自己慰安として, 舞踊である, 芸廻しとも, 芸術, 芸術である, 芸術でも, 芸術将, 荷前を, 莫大な, 蕗で, 蕗や, 融通資金より, 行事として, 行事は, 行為だけが, 衝突とも, 衣服の, 裁縫を, 装置は, 複雑な, 褌が, 解説の, 言うの, 言葉すらも, 言訳めいた, 計画から, 訓喩めいた, 訓諭が, 記録ともし, 詞を, 詞曲を, 試みを, 詩的精神の, 詭計で, 誇張した, 語では, 語新しく, 誡めなり, 誤であろう, 誤算で, 誤解から, 誤解で, 読物である, 調和の, 論議として, 譬喩序歌である, 讃美歌, 象徴に, 賀寿に, 資料として, 資金は, 賞金と, 贖罪あが, 趣向で, 趣味趣味に, 踊りが, 踊りに, 身に, 身体と, 身体上の, 身和魂の, 軌範として, 辞と, 連れの, 進行の, 道具に, 遣繰なるべしと, 部民である, 酒宴に, 金具まで, 鍵であろう, 鎖だろう, 長い創作, 長い引, 長方形の, 闘ひとも, 闘争, 闘争組織が, 附会に, 陣痛期にな, 陶器, 雇人の, 雑誌を, 雲助突如, 霊の, 静止期間で, 面白い設備, 鞄ぢやあない, 題材の, 食品も, 食物に, 食物を, 食饌を, 高い台, 魂を, 魂結びの

▼ 為には~ (553, 3.4%)

4 日常の, 自分の 3 どんな事, 天の, 少くとも, 私は

2 [38件] あらゆる結合, これも, どこかへ, まづ, もつと, やはり又, アキレスの, ペチシオ・プリンシピイの, 一つの, 一命を, 一国民の, 一時代の, 予期しない, 予自身を, 人間から, 何と, 何よりも, 何万億哩の, 何物も, 出来るだけ, 前時代, 勿論節倹, 団十郎の, 多少の, 大義の, 如何なる手段, 帳台の, 彼の, 彼は, 御灯を, 指一つ動かす, 普通の, 本を, 決して利益, 百里の, 臨時に, 親子の, 読みすぎるほど

1 [457件] あちらこちらのを, あの十三両二分, あまりに痕跡, あまり有り難く, あらかじめ少額, あらざるも, あらざれ共, あらずお, あらたな, あらゆる祝福, いかなる方法, いかなる難儀, いつでも, いつの, いつも特別気, いやでも, お互, お互に余程, お兄様, お鉄, かうした新渡, かなりの, かの憤, けだしやむをえぬ, こういうところ, この三つ, この上, この上ない良い地盤, この手近, この指環, この方法, この高砂屋, こよない機運, これまで, これ等の, こんな文章, さうし, すべてよく, すべて必要なる, ずい分かがまね, せめて東京, ぜひネパール, そこで地顔, その中, その区画, その土地, その誕生, それが, それぞれの, それは, それよりも, それを, そんなもの, ただちに朝鮮関係, ただ一つ, ただ単に, ただ誠実, たった一人, ぢつ, つきり云, つぎこそ, つみ捨てられた国語, どうした, どうしても一つ, どうしても之, どうしても本当, どうしても満潮, どんなにかお志保, どんな大きな犠牲, どんな犠牲, どんな苦労, なったと, なったろうと, ならず退却, ならない, ならないし, なりませんが, なんです, なんとか一, ほとんど一人, まことに結構, まず以, まず此処, まず福運, まず自己弁護, また甚だ, また自己権力, まづ東京, まづ脳髄, まづ自己弁護, もう少し動き, もう決して手, やっぱり多少の, やっぱり姉さん, やはり常闇, やはり湖南, やりくり算段例の, よい先生, よっぽどかわった, われわれは, アルフレッド王に, セラピスや, タケノコ料理の, トリックが, ヱス基督だ, 一人や, 一入熱心, 一字を, 一度も, 一応意識, 一方の, 一点に, 一生の, 一種の, 一身を, 一通りの, 万物生成の, 上述の, 不便極りなかつたら, 不孝の, 世間の, 両様に, 之は, 事情が, 云えまする, 五十五と, 五月幟風の, 人的人の, 今こ, 今まで, 今も, 今一つを, 今夜は, 今後何処で, 今後日本内地から, 今日迄, 今直ぐ, 仕合せである, 仕方が, 他に, 以外の, 伯母に, 伯父君なる, 何と云, 何の, 何よりの, 何を, 何ん, 何事かが, 何処まで, 何度隣郡の, 何日でも, 何物をも, 何等かの, 余りに不完全, 余りに形式, 余りに散文的, 余生を, 便宜の, 俳優に, 個人の, 借金まで, 偏見が, 偽証罪を, 傷が, 働かぬが, 働けないかも, 僕の, 充分の, 先ずここ, 先ずこの, 先ず僕自身, 先づ何か, 先づ此例題を, 先村, 全く気質, 全く自分, 全で, 全世界, 全然幕, 全然轆轤, 全財産, 六韜三略虎の巻たる, 其に, 其心芽を, 其方が, 内庭を, 凡人たらざる, 出来ない相談, 出来るだけの, 出来る丈, 刃物も, 別に, 制さなければ, 功徳を, 動かないが, 勢ひ, 勿論裁判所, 卵の, 原則としては, 原詩の, 厭う処, 又こんな, 又同時に, 取り分け最も多感, 叙事詩を, 古くから, 各団体, 各大学, 否丸部一家, 吾肱をも, 命でも, 命を, 唐松の, 唱門師の, 善知識なり, 四十人五十人の, 固い黒縮緬, 圧倒せられず, 地平線的思想の, 地方文化が, 地獄を, 基礎に, 外在の, 多助は, 夜中の, 大の, 大事の, 大和の, 天才の, 夫ぢや, 夫婦を, 夫婦離反し, 女の, 女戸主が, 女自身が, 好きな, 好と, 如何なる主義, 如何なる事, 如何なる恥, 妙子の, 妥協の, 姉の, 始終酔, 定った, 宜からず, 実の, 実は普通, 家を, 少くない, 少しでも, 少しは, 少しも, 屍を, 屡々仮面, 山陵の, 山陽道を, 差し出しまする, 帝京に, 帳台が, 幸いにも, 幸せな, 幸にも, 幸運の, 幾人かを, 幾人もの, 幾十万の, 幾千円の, 幾歩を, 幾許の, 廻合も, 弱き事の, 強制的又, 当年政治界の, 彼等の, 彼等は, 往々手段, 律文でなけれ, 後立を, 得策だらう, 御燈, 微妙に, 徳川内府の, 必ずその, 必ず其間, 必ず彼ら, 必定御, 必死の, 必要だ, 忽ち兄弟, 思想までを, 恐ろしい誘惑, 悦ばしい事, 悪人である, 悪人を, 悪魔を, 惜い, 惜しみなく, 意旨の, 成年式を, 成年戒を, 我慢せね, 或は余りに, 或期間, 或異常, 或種, 手脚も, 技術が, 技術上少く, 数万人が, 数名の, 文楽を, 文芸的素質が, 断たねば, 新らしい, 方便として, 旅券は, 既に鎮魂祭, 日本管理に, 日本音楽文化協会の, 日雇取りにも, 早く他, 是非共サッフォの, 是非錠前の, 時々叱られる, 時に巧妙, 時に賤業, 時計を, 晶子歌の, 曙覧自身の, 更に密, 替えられないこんな, 最も便利, 最も善良, 最も穢, 最も誇張的, 有てる, 有望な, 東京の, 極めてよい, 極めて適切, 模倣する, 権右衛門の, 歌の, 此まで, 此処の, 此方法は, 此物忌みを, 此見馴れない, 死の, 死んで, 母なる, 気の毒千万なる, 決して計, 沖縄語は, 法律規則にさえ, 洗滌の, 渡りに, 温泉地よりも, 游離魂を, 炭が, 無之, 無二の, 無心の, 照応すべき, 父の, 物事が, 物騒なる, 特に米栂, 犠牲者の, 現在の, 現実にまで, 生きる為, 生命を, 甥で, 男子といふ, 異腹の, 百個の, 目の, 盲進も, 直線的の, 相違ない, 真実の, 眼を, 矢張り或, 石に, 破局をも, 神さま, 神を, 私が, 種々の, 立役畠に, 端席を, 粉骨砕身を, 精神的欲望も, 紅茶を, 純粋に, 絶えず彼, 絶えず病人, 絶対必要であっ, 義父なれ, 胤違いの, 自ら新しい, 自分で, 自然と, 色々の, 色々気紛れ, 芭蕉の, 花屋でなく, 苦しい中, 苦痛を, 菰田夫人の, 菰田家の, 血統の, 西の, 西側を, 見て, 親だ, 親の, 言語は, 訳も, 語源論的研鑚の, 読者は, 誰か, 謂ゆる, 谷崎氏の, 貴公様は, 買収される, 赤い襟飾り, 身を, 身軽である, 運命を, 道ばたの, 違ひない, 遠く原因, 邪げと, 邪魔が, 都合上門人とも, 金に, 金銭的補助は, 錫の, 随分なっ, 随分働き, 随分甚, 隠すをば, 非ず, 非常に, 順応型の, 須く, 頗る都合, 食禄を, 餓死せん, 馬鹿に, 馭者までも, 魔術の, 鶏肉を

▼ 為~ (273, 1.7%)

111 がない 18 が無い 15 なしに 12 がなかっ 9 がありません 8 がなかつた 6 のない 4 の無い 3 がねえ, はない 2 があつ, があるまい, がなし, が御座いません, である, で防ぐ外, のなかっ, を教えた

1 [68件] がありますまい, がある, がございません, がなかなか, がなく, がなくなっ, がねえと言っ, がア, が個人帰化, が大事, が殺風景, が然し, ござらぬが, だ, だと, であった, であっただろう, であつ, であり社会連帯性, です, で不親切, で他, で水, で防ぐ, とお, とがあつ, とが先ず先ず, とには何かしら, とは思ふ, と少し, と私自身, ないから, ないの, なく, なく一首, なく毎日貰い乳, なしいきなり, なの, なんぞは極まっ, にや困, に両様, に賛成, に違つた要素, のない心安, の分からぬ, の歌, の緊密, の誰か, はなかつた, は今, は増長, は次, は自然, は隣, もある, もございません, もない, も入り用, も好い, をし, を慍つて, を細か, を見, を話し, 又今日, 御座いません今度, 無く逃げた, 無さ

▼ 為~ (191, 1.2%)

5 いた 3 いるの, 了つた, 居るの 2 あるの, いる, いると, いるん, お呉れ, 居るので, 居るん, 貰は

1 [161件] あると, あるのに, あんな訳, いたかと, いたところ, いたもの, いた処, いながら, いました, いますが, いるか, いるとは, いるのに, いるもの, いるよう, いる故, いる職業, える内, おくれ, おこうと, お出なさる, お目, お鬱ぎ, くれそれ, くれた, くれたって, くれと, くれないよう, くれなくても, くれれば, くれん, この上, この東京, ござらつし, しまい是非, しまったから, しまった事, たもったと, ますわ, みたくなる先生, みるの, もらひたかつた, やったが, やったのに, やって, やつて, やらねば, やりたく路用, やりとうございます私, やる事, やろうと, ゐた, ゐたか, ゐたん, ゐた阿母さん, ゐるか, ゐるの, ゐるもの, ゐるんぢ, サ増長させ, ズラかる, ドツとばかり, 上げます, 下さい, 下さるな, 下さるん, 了ふからさ, 仕方が, 仕舞ふて, 他人の, 何う, 何を, 使い込んだと, 借金だらけに, 傍ら物を, 働いて, 出ます, 勝れた優つた, 口を, 可い処, 呉る, 呉れたなあ, 呉れと, 呉れる筈, 喚んだ, 坊様を, 小松を, 居たとやら, 居たの, 居た時分, 居て, 居ます, 居ますから, 居ますが, 居られるのに, 居らん, 居りまして, 居ります, 居る, 居るお, 居るか, 居るけれども, 居るぞ, 居るだアーい, 居るであらうかといふ, 居るでは, 居るやう, 居るを, 居るんで, 居る丑松, 居る事, 幽に, 底の, 廻わっ, 御恩返し, 忠告が, 怖く成つた, 恥とも, 手伝つて見事に, 拵えた借財, 来た事, 来ない人, 来ましたよ, 来るの, 橋の, 段々借金, 無いし, 畚の, 目前へ, 置いて, 置かなけりや, 置きたかつたの, 置きながら, 聞せたり, 聴かした, 自分は, 行くの, 袖を, 見い, 見いお, 見せて, 見たい, 見たい受け合つて, 見たくなって, 見ると, 見ろよと, 見ろ明日ア天日, 言ふ, 責め苛む笞, 貰いたいよく, 貰ってるサ, 貰はねい, 遣つて, 遣らうでは, 遣りたい, 遣るだが, 遣るのに, 遣る事, 雨, 頂いて, 顔を

▼ 為~ (175, 1.1%)

41 あつた 33 あらう 6 あらうか 5 せう 4 あつて 3 あつたらう, でも 2 あらうが, ござりましょう, ござります, 有る

1 [72件] あは, あらうし, あらうそれ, あらう暫らくそこ, あらう私, かくする, かす勇気, ここでは, これは, ござりましたら, せうが, そうなった, その事, その出版界, その外, それが, それを, そんな名称, なるほど有り, まれびとのする, クレオパトラの, 三月の, 上人の, 事実この, 五六歳頃に, 人間の, 元は, 夫に, 実は真, 富士が, 当時としては, 彼女は, 後世の, 従って大, 従来河原者と, 御座らし, 必ずしも限定的, 我国の, 押付けられたる貫一, 数多いと, 是に, 智恵子等の, 有っただろう証跡, 有ったとも, 有ったに, 有るまいかと, 有ろう, 有ろう余, 有ろう叔父, 有ろう爾, 本縁, 此点から, 此考へ, 毒薬は, 決して充分, 無くて, 無智, 爪を, 病気に, 磯の, 神が, 神嘗用であり, 私も, 聴きゐたり, 表面上性慾問題とは, 袋を, 視て, 譬へば雷, 遂に大, 醒めたる後, 高い所, 高松の

▼ 為にも~ (175, 1.1%)

3 ならないと 2 なろうと, 予の, 余りに模範的君子, 少からぬ, 暴力は, 神の, 私自身の, 若干の, 違ひなかつた

1 [154件] あなたの, ある期間魂牀, いい, いいし, おそらく自決以外, おもしろからぬ, お前の, お前は, こんな事, せよ人間, その事, その自我, それで, つまらぬ嘘, なった, なって, ならず, ならずまた, ならないの, ならないよう, ならぬ, ならぬこと, ならぬと, ならねえ, ならねえこと, ならん事, ならん宜いか, なら無え, なりひいては, なり申さぬ, なり申さぬと, なり自分, なる, なること, なるであらう忘れない様, なると, なるという, なるといふ, なろう, はた又, また政子, みじめな, もう一度丈夫, やはり平岡, よいでしょう, よいと, よからう, よかれと, よくない, よくなかった, よく働い, よろしくない, よ程, わしという, わしは, わたしの, わたしは, わるかろう, 一服は, 三吉は, 不仁の, 不幸であります, 不為じゃ, 中央の, 之から, 今の, 今度こそ, 仕合せだ, 他人の, 何かと心構, 何れだけ, 余りに悲惨, 僕の, 先方の, 兎に, 其の後此, 其処で, 其女の, 利を, 十分名誉を, 又わが, 又天一坊, 双方に, 同じ峰, 同様の, 名誉な, 呪はれ, 哭いて, 喜ばれるであろう, 国家の, 多少の, 奇蹟に対する, 奥津城に, 好い, 好い片腕, 好かろう, 学問として, 宜しかろう, 寧ろあの, 尽くすぞ, 市民の, 幸福, 広い地面, 役立つこと, 彼は, 彼女を, 彼女自身の, 御便宜, 御同慶, 必要である, 思わしくないと, 悪いやう, 悲しみます, 惹いては, 成ってるけれども, 成ませう私, 成らないとか, 成りませんやね, 折々釘, 損に, 日記を, 早川さんや, 早証拠蒐集等, 是非ほんとうの, 曖昧な, 書いて, 残念な, 気の毒であった, 気の毒である, 涙が, 深く心, 清三は, 烈しく相, 猿を, 甚だ便利, 生かしては, 畢竟我々自身, 矢張り平岡の, 矢張り敵な, 私は, 種々雑多, 考へて, 膳を, 至極好い, 良からう, 見て, 諸君は, 赤ちゃんの, 迷惑であり, 過去の, 遺憾千万な, 酒を, 長く待つた, 頼まれると

▼ 為~ (175, 1.1%)

6 と藤助 4 の頭 3 とお, とおし, の顔, は答えた, は自分 2 が眼, の妹, の嫁, の村, は始め, は尋ねました, は暫く, は縁側, は蒼く

1 [132件] がい, がここ, がついにいきなり, がはじめ息子, が六十, が占領, が変, が夜なべ, が妙, が帰る, が彼等, が徳利, が悲鳴, が流暢, が神戸中, が貰った, だけだった, であった, であったこと, というひょうきん, という二人, という男, とは話, と米搗き, にだけは親切, にとって海, には機関, にもそういう, にも割合, のサカモト, の傍, の傷, の前, の口, の問, の坂本新太郎, の場合, の姿, の子供, の手首, の方, の死骸, の父, の父はか, の父親, の眼, の耳, の菜葉洋袴, の言葉, の頬桁, の鼻, は, はうつむい, はぎょっと, はぐったり, はこれから, はそう, はどういう, はどこ, はなお, はひどく, はぴたり, はふと, はまた, はまだ, はシンタロ・サカモト, は一心, は一歩室外, は不服そう, は不自然, は二十一, は何故か, は其の, は再び, は冷静, は刑事, は別に, は刻一刻, は叫んだ, は呆然と, は呶, は四谷, は奥, は奥炭庫, は妹, は寝台, は寝苦しい, は微笑, は心, は思った, は息まい, は戸外, は朝飯, は来ない, は機関室, は死んだ, は水夫一同, は水管, は熱心, は眼, は瞬きし, は竈, は立, は納屋, は美しい, は自信, は舳, は血気ざかり, は見て取った, は読め, は身, は釜, は高い, は黙っ, は黙った, も土地, も子供, も既に, よりも一, をなじった, をばっさり, を呼ん, を小突こう, を戸口, を扶, を指した, を権田原, を殺らす, を無性に, を羨し, を見やった, を誘い出し

▼ 為~ (172, 1.1%)

2 何の, 僕の, 此の前来た, 私の, 金銭には, 顔を

1 [160件] あの頃, あらぬか, あるじもうけの, いくらか, おれも, これもう, すっかり禿げ, その上, その傷口, その苦, その辺, それが, それとも全く, それとも根, それとも談判, それとも身, それとも陽気, それは, それも, そんな用, だんだん初め, である, とにかく彼, ともすれば不信, どうかは, どう言, どちらかで, ならば, にげて, ひっそりと, まだ九兵衛, まとまらず, もう黒吉, もっと迫った, ゆっくり歩く, よく物理, わたしは, アーメンは, キユッと, 一向わからなかった, 一向わからなかつた, 一層深い, 不思議な, 両手首, 二た, 人通りは, 人造人間の, 今では, 今日は, 以前程には, 何か, 何かで, 何も, 兎に, 其頃南区二つ井戸に, 勿体なや, 半ば昏睡状態に, 又は僕, 又は積悪, 口の, 君の, 吾家に, 周子が, 図らずも, 大した年月, 大入補助出切る, 大変顔色が, 大層宜, 存じて, 宛も, 家へ, 家を, 容易に, 富岡は, 小さいは, 少しのどかさ, 少しも, 少し痩, 工事は, 左右の, 彼は, 彼女は, 心なし, 念仏の, 忽ち形, 怎し, 思い直した様子, 思つたより, 急に, 或いは他, 或いは情熱, 或はその, 或はそれ, 或は又, 或は又其意義, 或は少し, 或は普通名詞, 抑も, 改つた叮嚀な, 斯も, 方向を, 明に, 明子の, 昔は, 昨夜は, 時々おれ, 書けば, 未だに記憶, 未だ一度, 本堂の, 案じて, 殿さま俄かに, 氏の, 気持で, 河の, 流石の, 渋団扇が, 漢学が, 瀑壺に, 為に, 父の, 狙ひ, 田舎の, 町で, 白状する, 目を, 相手を, 眼が, 知らないが, 知らないけれども, 知らなかつたが, 研究的ない, 私は, 秋の, 空を, 突然眼, 窓の, 立ちつ居つ身, 署長は, 職業的環境によるか, 肝心な, 自然に, 興行成績は, 苦患でございまし, 英語を, 蒼い顔, 藤原氏の, 虫が, 行文の, 話頭を, 赤く皮膚, 赤裸な, 身体が, 鉄の, 随分出ます, 頤から, 頭も, 顔も, 髪を, 黄金舎の

▼ 為~ (152, 0.9%)

7 言ふ 5 すれば, 信じて 4 一つは, 確信し 3 あれば, す

2 [11件] あって, あらば, 云って, 号し, 寅に, 思えば, 思って, 見えたるは, 解釈した, 言うよりも, 言ひ

1 [99件] あつて, いう, いうと, いうので, いうよりは, いって, いっても, いて, いふには, いふべきで却つて反対, いわれるよう, きちゃあ, こじつけ漸く, この三人, すべきこと, すまぬ心, するの, する信仰, する考, せば, それからこうした, たくさんな, なり小さく, コラムは, 一つには, 万一を, 丑相手が, 予め今年一年, 云々, 云い乍ら自分, 云い思い乍ら, 云うても, 云うので, 云うより, 云う下心, 云う事, 云う冠履顛倒, 云う口実, 云う者, 云ったッ, 云は, 云はれぬ, 云ふ, 云ふ動かす, 云われては, 仰しゃれば, 俺を, 判明した, 勘太が, 又既に, 呪言の, 四五人の, 存じます, 存じ仕り成し, 存候, 実地を, 寅が, 寅の, 寅は, 寅を, 寅部屋頭この, 心得て, 思い込んで, 思つ, 思つたから, 思はれる, 思ふ, 思へり, 思へバ, 思わず顔, 思われるが, 思切つて其金を, 披露した, 断定した, 漠然たる区別, 称して, 系図には, 美奈子が, 考へ, 考へても, 考へる, 聞くからに, 見える饗宴, 見なければ, 見る外, 親の, 解して, 解するの, 解釈する, 言い乍らドス, 言は, 言はむ, 言はれぬ, 言ふこ, 言ふも, 認め難い, 身にとっては, 部屋頭の, 金峰山以西の

▼ 為~ (123, 0.8%)

5 と思う 4 と云 3 という, と云っ, と言

2 [12件] けど君, といい, というの, と医者, と思っ, と思ふ, と考へ, と解する, ね, もの, よ, よお前

1 [81件] え, か, かどう, からと申し上げる, から世間, から丹誠, から仕方, から充分, から我慢, から泣く, から爾, から知っ, から自分, から非常, から鳥巣庵, か何, か分りませんでした, か少し, か知らぬ, か訳, が二つ, し次, すぐ高飛び, ぜいや, そんなこと, ぞうまく, つたかも, つたで, つたに, つたので, つたらしい, という噂, といっ, といふ, といふかもしれません, とかいふこと, とかう, とか年, とか或いは, とする, とまあ, とも言, とも説明, と云い, と云います, と云う, と云った, と好意, と思いました, と思います, と思いまする, と思え, と思った, と思つたの, と思つて, と思はれる, と私, と答えた, と考える, と考へ直し, と見た, と解釈, と言った, と言つて, と言われる, と説明, と謂, なぞと云い, ねえ, のと, ものう, わ, 云々という, 仕方が, 兄は, 取分け朋輩衆, 尽力すべし, 広の, 秀子の, 若殿様が, 輪田夏子なら

▼ 為~ (121, 0.7%)

5 事を 4 ことを, 事が 3 ように 2 ことが, ことだ, ことの, のか, のだ, のは, のを, ものか, 人は, 様に

1 [85件] かも分らねえ, からと云つて, から私, か見, がお前, がの考え, がまあ, が何分, が前, が夜半, が忽ち, が目, が面, けれどこの, こと, ことで, ことである, ことなぞを, ことは, ことも, こと考えた, ためしは, だけの処分, つもり然し, ということ, ところで, と云, と云われた, と人, と信じ, と思う, と思うたら, と思ったら, と思ふ, と言, な, な知らない, に汝, に相違, に違, ねえ, のかしら, のだろう, のぢ, ので, のである, のでした, ので自分, のねえ, のも, ばかりでせう, もので, ものに, よ, ようである, わい, んだらう, んです, 上身を, 事, 事かと, 事だ, 事だらう, 事に, 事には, 事の, 事今日忘れ, 坊主が, 増田甚兵衛の, 娘を, 彫像が, 手口も, 方がよか, 日は, 時分にも, 曲者が, 爺が, 美い, 者の, 肩を, 覚えは, 許に, 訳なら, 身が, 通り何か

▼ 為では~ (98, 0.6%)

29 ない 6 なくて 5 なかった 4 あるまいか, ないかと, なかつた, なかろうか 3 ないか 2 ないの, なく母, 有るまいか

1 [33件] ありませんでした, ないが, ないで, ないであろう, ないとの, ないらしい, ない余り, ない折, なかったであろう, なかったろうか, なかつたかと, なかつたらう, なからう, なかろう余り, なくこの, なく余りに, なく全く, なく却って, なく取扱う前, なく古本, なく実は, なく寄席, なく我々, なく火, なく牧師, なく男, なく私, なく話, 損と, 有りません自殺, 有るまいかと, 無かった, 無くて

▼ 為よう~ (82, 0.5%)

4 とする, ものなら 3 か, がない, とした, と思う, と思っ 2 かな, という事, と云う, と思え

1 [51件] え, かとこそ, かと思つて, かと思ッ, か世帯, が早く, が遅い, こと無し, じゃない, じゃないです, その船, たって, でも, という人, といっ, といふもの, といふ質, とかアヽ為よう, とか云え, として怪我, とそれ, とて為, とは, ともしなかった, とも思, とも思わず, とも為, とも為ず, と云うなら, と云った, と仰し, と企てた, と何, と僕, と勧めました, と己, と幸三郎, と思い, と思ふ, と思へ, と智恵子, と焦つ, と考, と致しまする, と言, と試みた, のという訳, はない, は無い, もない, もなし

▼ 為でも~ (73, 0.4%)

12 ある 6 ない 5 あろうが 4 あった 3 あろうか 2 あつた, あらうか, あり一つ, あるが, 宜う

1 [33件] あったの, あらう, ありお嬢さん, ありました, ありましょう, あります, ありますよ, あり先生, あり又, あるか, あると, あるの, ある様, あろう, あろうと, あろう顔, お前さんは, ないん, ない人間, なく八戒, なく名誉, なく玄奘, なく病, なければ, 人の, 何でも, 侍に, 有ろうが, 有ろうけれど, 無いの, 無かつ, 無く神霊灼乎, 猶太鼻

▼ 為~ (70, 0.4%)

2 はもっと, は千蔵, を知っ, を知り

1 [62件] おほ, がない, が現われ, であったから, でどう, についてここ, について死因, にも芸風, に就い, に感動, に見る, の一面, の世, の為, の自ら仄か, の裡, の見どころ, の高低, は, はだんだん, は大いに, は小さい, は決して, は純粋無垢, もなけれ, もまた, も善し, も平時, も知らない, よりは余計, をお, をすぐ, をよく, を問え, を好まず, を孫権, を尋ね, を常に, を悪, を愛, を愛で, を感じた, を憶, を景慕, を現す, を理解, を甲府, を知つて, を知りし, を知る, を称し, を聞いた, を聞き, を表す, を見ぬいた, を見る, を言うた, を語った, を説明, 不忍, 全く, 拝みけり

▼ 為ない~ (60, 0.4%)

2 がけあな, ぢや, であろう, でも済む, ということ, のが

1 [48件] か, かと存じます, かと貴方, から対手, かを占, か私, がよい, が二百両, けれども僕, し, じゃない, で, ではいられない, でも好い, でも打明け, でわざ, で一ヶ月以上, で宜, で居ます, で帰っ, で身体, とチャン, と今度, と遅く, と限, にし, のだ, ので, のであります, のでなけれ, ので仕方, ので終, のに幾多, のに警察, のは, ものは, やうな, よ, ように, らしい, んぢや, 代りに, 前から, 所以が, 方が, 是までは, 時は, 程の

▼ 為~ (60, 0.4%)

8 思って 3 思うから, 思ふから, 計って

1 [43件] うたって, うながして, おもう家臣ども, おもって, おもへ, したん, しながら, みせ物, 以前から, 存じ成し仕り, 希い和子さま, 心得るから, 念ふからで, 思いあなた, 思いすぎる, 思いすぎるつて, 思うて, 思うてじゃ, 思うならば, 思う処, 思う私, 思う者, 思ったこと, 思つて, 思つてあなたと, 思つて君を, 思つて居る, 思はないならお前, 思ひますじやに, 思ひ静, 思へばこそ, 思わる, 思われてながら, 想うから, 知るべき事実, 考えるとね, 考へ, 計ったこと, 計らふやう, 計らふ場合, 計る積り, 謀らうとして, 非常に

▼ 為~ (57, 0.4%)

3 の, の女 2 と為兼, はそれ

1 [47件] が, がいう, がつづい, が例, が八十九, が用語論, である, と次第に, と為教, と袂別, なども切に, にかわっ, については嫡家, にはこの, に対する反撃, のため, の世, の側, の向う, の嘘, の女為子, の孫たち, の態度, の手, の撰集, の時代, の為, の独擅場, の生活, の立場, の薨, の言説, の門, の高足頓阿法師, はこの間父, はさらに, はまさに, は何, は出家, は四季それぞれ, は晩年, は末子為冬, は老衰, は自分, は自己, は自足, を外祖父

▼ 為~ (49, 0.3%)

2 の耳, の詞, はそう, は顔

1 [41件] が仕事, が棟梁, であった, とお, と源吉, には中, に伴, の傍, の家, の悴, の感激, の手, の翁, の頭, の顔, の鼻, はあわて, はお詫び, はそのまま, はそれ, はとり乱した, はまた, はもう, は何, は前, は囲炉裏, は女一人, は孫, は平, は庭前, は徳利, は怖い, は源吉, は盃, は箸, は縁側, は舌打ち, は非常, は飯, もそのまま, をなす

▼ 為~ (48, 0.3%)

32 である, と貞盛

1 [41件] がいっ, が指揮, が発言, で, でも, という者, とそして, との父子, と貞盛等, などはどこ, なの, にいわれ, にせよ, に訓, に語っ, の下, の口遊, の憤怒, の父子, の軍兵, の陣前, の顔, はすぐ, はそれ, はぴりっと, は予期, は充血, は兵, は功, は大いに, は常陸, は文官, は暁, は物見, みだりに公威, もきかぬ, や貞盛たち, を抱きこみ, を教, を追い, 偏に公威

▼ 為である~ (47, 0.3%)

4 という 3 かも知れない 2 ということ, と聞かされる

1 [36件] かそれとも, から, がわたし, が人間, が此意味, が轡川, ことが, ことは, ことを, し仙台, と, という事, とうなずかれた, とうまく, とかない, とも伝えられ, と云つて, と云われ, と伝えられた, と信じ, と史家, と察せられた, と思います, と思う, と思った, と聞い, と解せられる, と説得, にちがいありません, にほかならぬ, に相違, のか, 事は, 夫は, 相だ, 誰も

▼ 為ばかり~ (43, 0.3%)

23 では 2 ぢや, でも

1 [16件] しても, だとも, です, でない確, でなくいろいろ, でなくこの, でなくまったく, でなくファシスト, でなく一種, でなく屍, でなく職人たち, でなく野犬, でなし, で勇気, ならまだ, 籌るで

▼ 為~ (42, 0.3%)

9 であった 4 の知れない 3 の知れぬ 2 の知れねえ, を見

1 [22件] お百姓ども, が分らない, が分りませぬ, して, であ, であったから, である, で一向, といい, には怖, に呆れ, に眼, のしれない, のわからない, は一体どう, は三綱五常, は何, は唐船出入, は日本人, は水漂草, も知れん, をさすが

▼ 為~ (41, 0.3%)

2 は遂に, を家

1 [37件] からの簡単, が収監, と奥, と横柄, と源右衛門, と警官, にその頃さ, に会, に渡し, に秘密, のこと, の公判, の妻, の姿, の嫌疑, の安否, の或, の振舞, の特赦, の眉間, の話, はこの, はそれ, はそれどころ, はふう, は再三, は太い, は家, は帰つて, は必死, は流血, は源右衛門, は猛獣, を取巻い, を庇護ひたい, を引致, を罵る

▼ 為合せ~ (38, 0.2%)

6 な事 32 だと, です

1 [25件] かも知れない, が向い, が好かつたら, そうにも, だった, だつたの, だろうが, である, であること, でございます, でせう, といふもの, とその, な, なんぞと云う, な人, な奥様, な要約, にあの, になっ, になる, に存じます, に耳, のため, もの共

▼ 為~ (37, 0.2%)

2 に, の上

1 [33件] から為氏, が父定家, が相続, には関東, に勅命, に反対, に和歌, に学んだ, の, のこと, の中, の傑作, の反対派, の女, の室宇都宮頼綱女, の後妻阿仏尼, の御子左三代, の晩年頃, の歌学, の門人, の門弟, の風体, は二十四歳, は二度後嵯峨院, は判者, は庸物, は後鳥羽院, は承, は細川庄, をよく, を不快, を動かした, を立てた

▼ 為~ (36, 0.2%)

8 のだ 4 のです 3 のだろう, のである, んだ 2 けりや, のかも

1 [11件] のが, のだらう, のであつ, のでございます, のでございませんでしょう, のでしょう, ので初め, ので旧い, ので細工物, んだす, んです

▼ 為~ (36, 0.2%)

4 ある 3 あらう, あろうが 2 あらうが

1 [24件] あったが, あったでしょうが, あったの, あつたらう, あつて, あらう浄瑠璃, ありと, あります, あるが, あるだろうけれども, あるであらう, あるの, ある訣, しがみついた, しなかった, そのほか, ないこと, 一つは, 何も, 决し, 勘太も, 少しで, 幾らかあ, 確かだつた

▼ 為であろう~ (34, 0.2%)

52 と半, と思う

1 [25件] から恐らく, か余り, か若し然, が男, けれど日本, ぞ, と, ということ, と主人, と吉五郎, と存じます, と思います, と思った, と思われる, と想像, と槇原, と解せられる, と解釈, などと極めて, 併し, 木は, 紅白の, 自分は, 遭難する, 長五郎の

▼ 為~ (34, 0.2%)

1 [34件] あたり構わぬ, ありったけな, いかなる卑怯, きかない, しかねて, しないかと, しまいし, しませんわ, しません余り, すぐ足, せんけれど, とたんに草むら, はずみを, ぶっきら棒, また頓狂, わざと大げさ, 仕ませぬか, 勘太に, 勿論一般, 唾を, 奥様の, 屋外へ, 彼の, 息を, 文化六年十一月二十四日七十二歳で, 暫く問はず, 浪人者の, 為す無く, 為ても, 独歎を, 狭くや, 脅かされて, 草原の, 鼻づら

▼ 為なら~ (33, 0.2%)

2 ばほか

1 [31件] さて更め, どんなこと, ばお, ばこの, ばどんな, ば一週間, ば三十六歳, ば人間, ば何時犠牲, ば兎, ば地鶏, ば屋根, ば生命, ば私, ば縄目, んか, んのみ, んや, ん而れ, 世界の, 二人は, 人情は, 仕方が, 何とか思案, 奈何な, 寧ろ餓え死ぬ, 恥も, 暖かい日, 白汗百回する, 私なんか, 私達を

▼ 為です~ (28, 0.2%)

54

1 [19件] から, からな, から伊勢屋, から我慢, か昨晩, が僕, が千島唐太, が決して, が第, ぜ, それに又, と弁解, ね, もの嘘吐き, もの素直に, よ貴女, 依頼者は, 私し, 貴方の

▼ 為なかっ~ (28, 0.2%)

232 たか 1 たが, たと, たので

▼ 為~ (27, 0.2%)

3 祝儀御

1 [24件] 万人の, 不為に, 励みのほど, 土産御酒御, 安行ヲ, 引越午後御, 慈悲の, 本陣氏政公からの, 注意まで, 看病出府被, 看病東京へ, 看病東京府出府被, 祝, 祝儀両, 祝儀殿様若殿様に, 祝金二百疋被成下, 稽古参上可然, 舎弟様を, 褒美今般知事様へ, 褒美金二百疋被成下候旨被仰渡, 褒美金五百疋被成下候旨関半, 見廻当所, 迷惑かけ, 遺物金二百疋被成下候趣三富氏より

▼ 為~ (26, 0.2%)

2 であった, の為, の腹

1 [20件] がすでに, がそれ, がもう少し, が最も, が訊いた, が鉱毒事件, のお腹, の君, の妹小大納言, の嫉妬, の父, の看護, の話, はだんだん, はとうに, はほか, は幸い, は後醍醐, を疑っ, ノ君

▼ 為来り~ (24, 0.1%)

3 になつて 2 は大抵, もやはり

1 [17件] ある行事, が今, が反対, が細部, とがあつ, として決っ, とをふり替える, とをふり替へる, と考へられる, になっ, になつ, に外れる, に過ぎない, の上, を他, を神群行, を非常

▼ 為さん~ (22, 0.1%)

4 とする 2 が川

1 [16件] が湯, が無事, が用足し, が言った, と欲, によろしく, に相談, に逢っ, に頼ん, の妹, はベロリ, は忌々し, は生き, も一緒, をここ, を悪い

▼ 為たい~ (22, 0.1%)

3 事を 2 事は

1 [17件] からの事, ことは, というは此, とか内儀, と云, と思うなら, と思ふ, と思ッ, と恥, と考へ, ならん, にも知つて, はそこで, ものだ, やうな, 仕事が, 為せず

▼ 為であった~ (21, 0.1%)

2 かもしれぬ, ことは, と解せられる, のであろう

1 [13件] かと思う, かも知れぬ, が収支, ことを, という, としても正に, と明記, と見える, と解せられます, のだろう, 不束ながら, 事が, 総ての

▼ 為~ (21, 0.1%)

5 アがる 3 アがって

1 [13件] うし大事にも, がつて, がる, がるから, がるとは, がるばかりに, しない, はりますやら, よつて, アが, アしません, アせん, 体の

▼ 為やう~ (21, 0.1%)

3 がない, が無い 2 とする

1 [13件] かとも思つて, から, が有さうな, といふは日本人, とすれ, とも思はない, と図り, と思つて買つた采, と我, は無い, は知る, もありませう, よアハヽヽ

▼ 為かも~ (18, 0.1%)

5 知れない 2 知れないと, 知れませんよ 1 しれない, 僕には, 知れないの, 知れない座敷, 知れなかつた, 知れぬ事, 知れません, 知れませんからね, 知れやせん

▼ 為にのみ~ (18, 0.1%)

2 あるもの, 平岡の

1 [14件] ある, ある生命, ふえて, 使う不埒, 数へ, 斯くし, 来て, 生きて, 生れて, 産れんや, 自己の, 若くは, 蒹葭堂主人を, 配合的に

▼ 為~ (18, 0.1%)

32 だった, です

1 [11件] が, だろうがな, でございます, でしょう, な子, にし, の気分, はあなた, を勧めた, を御覧, 過ぎたの

▼ 為木音也~ (18, 0.1%)

1 [18件] といふ見る, とはどう, に話しかけた, の眼, の顔, の首, はぐつと唾, はそれ以来, はまだ, はペコリ, は吾妻養狐場, は四国, は報告, は夫博士, は家畜小屋, は眉間, をこの, を連れ

▼ 為~ (18, 0.1%)

3 だと

1 [15件] か, だ, だあ, だという, である, であるから, であるだらう, でござるぞ, でもあるまい, といっ, なら同, なるぞ, にちがい, は明晰, は狂人

▼ 為とは~ (16, 0.1%)

1 [16件] いえ古い, いえ易々, 云いながら, 云う者, 云え入るの, 云え平生, 云え貴方, 妾も, 思いますけれど, 思はなかつた, 承知し, 申しながら, 申せ余り, 申せ見真似, 言えよく, 言え今日

▼ 為めで~ (16, 0.1%)

9 あつた 2 あつたろう 1 それは, ちょっと思う, つまり私, 又どれ, 第三

▼ 為~ (16, 0.1%)

1 [16件] から, が撰, などたくさん, に下され, に勅命, に命ぜられた, の四条, の家, の許, の門, は, はうちけし, は後, は抜け, は為藤, もすでに

▼ 為~ (16, 0.1%)

1 [16件] が丹精, が合, が少し, が手, が馳, の同族祖先, の故郷, の為, の瞳, の神経組織, の肖像, は代表, は非常, へだけそっと, より後藤, を信用

▼ 為~ (16, 0.1%)

1 [16件] があり, が斬られ, といいました, にも同じ, の嫡男, の所, の罪, はたいそう, はもう, は新院, もうるさ, ももう, も困りきっ, も朝議, を免職, を見殺し

▼ 為たり~ (15, 0.1%)

2 するもの

1 [13件] けれど竟, されたり, しが, した, したこと, して, してを, する, すること, するの, する事, 恐怖を, 貌にも

▼ 為にと~ (15, 0.1%)

2 云って, 思って

1 [11件] いい掛けると, いうより, 出精し, 女中を, 思つて拵へ, 思ふ疲労, 明暮を, 曲げさせた上, 書いて, 自分で, 言ふ

▼ 為かと~ (14, 0.1%)

2 いうに

1 [12件] いうと, 二人は, 存じます, 存じますそれとも, 存じます併, 思います, 思ったら全く, 思ふが, 手前勝手に, 自嘲したくなった, 言へば, 話して

▼ 為~ (14, 0.1%)

1 [14件] いった, しなだれかかろうと, たじろいで, ふと訊いた, ふりむいて, 主客図の, 先であった, 大土瓶, 大声を, 最近に, 毎年お, 自分の, 薪を, 蹴とばしたので

▼ 為でなく~ (14, 0.1%)

2 人に

1 [12件] この聖者, ていや, ば何, 冷たい乍ら, 外の, 妙な, 彼自身の, 御自分, 死の, 無頼漢の, 自然の, 諸君の

▼ 為だった~ (13, 0.1%)

2 のだ, のです 1 かとも思われる, かもわかりません, かわからない, か何様, か夜中, とも云っ, のか, のじゃあ, んです

▼ 為つて~ (13, 0.1%)

1 [13件] あんな弱い, しまつ, は下さらない, は呉れない, ゐるの, 下さるか, 呉れるな, 居たかと, 居たといふ, 居る重, 焼け死んで, 見なくつちや, 頻りにそれ

▼ 為とか~ (13, 0.1%)

2 天下の, 景気の 1 あるいは学校, あわてさ, 不快を, 云えば, 思って, 思召しましょう, 愛されて, 申し鐘楼, 若い役者

▼ 為~ (13, 0.1%)

2 の向側, の奥 1 があるいはすなわち, がし, がつく, つてあつ, ということ, とする, の中, の北口, まで御足労

▼ 為~ (13, 0.1%)

2 と響け

1 [11件] とし, とひび, と響き, と響くなり, などという, の妙境, の幽, の法, の涅槃, の虚無思想, の途

▼ 為せる~ (12, 0.1%)

1 [12件] が明治九年以来当地, ことは, ところを, ところ夜は, 事に, 仕業に, 体なり, 害は, 業では, 業とは, 残刻を, 汚辱と

▼ 為であっ~ (12, 0.1%)

2 てその 1 てその他, てそれ以外, てどこ, てはならない, ても俗, て大楠公, て彼, て恐らく, て谷グク, て風流

▼ 為なけれ~ (12, 0.1%)

2 ば成らない 1 ば, ばいかない, ばならない, ばならなかった, ばならぬ, ばならねえ, ばならん, ばなるまい, ば済まない, ば私

▼ 為なり~ (12, 0.1%)

2 しや 1 しかと疑い初めたる者, しに, 世間或は, 是を, 永久の, 片手にて, 而し, 而る, 血を, 須臾も

▼ 為ません~ (12, 0.1%)

21 お寺様へ, か, から引摺, から貴方, が, が神棚, でも家, とも, ので可, 只遊び一方

▼ 為十郎~ (12, 0.1%)

2 に注がれた 1 がアッ, が真実, だけが一人安全圏内, だと, というど, となっ, なん, の口, の姿, の趣向

▼ 為~ (12, 0.1%)

1 [12件] が聞い, にその, の処, はこの, は三十三歳, は専修念仏, は手, は法然, は浄勝房, は深く, は生年十八歳, は驚い

▼ 為さむ~ (11, 0.1%)

5 とする 1 こと世に, とし, とア, と欲, と欲す, と欲する

▼ 為だろう~ (11, 0.1%)

21 ぜ, と云い, と勧め, と医者, と察せられる, と思った, と新聞, 彼は, 誰とても

▼ 為ても~ (11, 0.1%)

1 [11件] おもしろく何, お聞かせ下さい, きつと, 可う御座います, 宣いが, 必と, 思切れぬ, 抱茗荷は, 極端にまで, 構わんか, 皆な

▼ 為とも~ (11, 0.1%)

1 [11件] ある例, いえるの, なく吻ツ, なく女教師, なつて, べつに, わからずただ, 書いて, 考えて, 考へたが, 考へられる

▼ 為なく~ (11, 0.1%)

1 [11件] ちゃあならぬ, つちや, てはいられない, てはならぬ, てはゐられない, てもよから, ても立派, て宜, とも好い, に, ツても

▼ 為なれ~ (11, 0.1%)

1 [11件] ど一ト, ど又, ばこそ斯様, ばせんなし, ば也, ば其貨幣, ば区々, ば医事, ば格別, ば縮売, ば諸人

▼ 為のみ~ (11, 0.1%)

5 では 1 であるから, でなくその, ならず一般大衆, ならず財産, ならんや, 而も

▼ 為~ (11, 0.1%)

21 に付, 候へ, 候へば, 候哉, 候而且蘭科御, 候而何卒, 可然, 奉存候, 難有事

▼ 為じゃ~ (10, 0.1%)

1 ありませんかな, え, くどいこと, このまま, ないかしらと, なかろうかと, アねエ, 主君への, 有るまいけれども, 殿様が

▼ 為~ (10, 0.1%)

1 が, が父, と右衛門, に男女, のふたり, の弟, の恋愛譚, は引っ返し, は病弱, も文章博士

▼ 為~ (10, 0.1%)

1 か, であろう, ならわし, に加えた, の朝比奈様佐藤様等, の死ん, の策士等, の者, の重立った, も悪い

▼ 為たら~ (9, 0.1%)

1 その棄てられた, 何うだろう, 同時に君, 奈何かね, 奈何だらう, 好さ, 好さそう, 宜かろう, 私は

▼ 為にか~ (9, 0.1%)

1 ありけむ, はる, 君顔を, 多くの, 彼は, 忍び込んで, 悠々たる, 汪, 粧い急

▼ 為自分~ (9, 0.1%)

3 の家 1 で測定, のこる, の方, の武道, の為, は心

▼ 為しうる~ (8, 0.0%)

3 ことは 2 最大の 1 ところでは, のは, 唯一の

▼ 為という~ (8, 0.0%)

1 ことに, のが, 名目の, 女の, 目的だけ, 目的を, 結果も, 若者それに

▼ 為~ (8, 0.0%)

1 やと心, 人はしるまじ, 何を, 則ち, 彼の, 彼等は, 我は, 理に

▼ 為~ (8, 0.0%)

1 から薪, だよ, っていっ, にみられ, のはかり, は子供, をつかまえ, 書いたばかりの

▼ 為たる~ (7, 0.0%)

1 もあれ, ものは, も可, 事の, 仕事が, 後姿の, 覚なし

▼ 為つた~ (7, 0.0%)

21 けれどまだ, ことも, ならば, のであつ, ので段々

▼ 為であり~ (7, 0.0%)

1 その必然, 主な, 他には, 又常世, 又幸福, 木綿は, 此原因に

▼ 為にばかり~ (7, 0.0%)

2 でなく貴女自身 1 では, 勿論生まれ, 成つてゐ, 書いて, 歪められるよう

▼ 為のみに~ (7, 0.0%)

1 あらざりき, あらず一つ, あらず真面目, 快楽のみを, 所謂久遠の, 有するもの, 量を

▼ 為ばかりに~ (7, 0.0%)

1 するの, 三寸か, 何時も働き, 使はれた, 保存せられ, 奪って, 殺そうと

▼ 為右衛門~ (7, 0.0%)

1 じろりと十兵衛, ずかずかと, せっかくわずかに, と扇屋上総, にこの, も少し, より門番

▼ 為向け~ (7, 0.0%)

1 てくれる, てそして, て置いた, は寧同感, も疑え, をする, を受け

▼ 為~ (7, 0.0%)

1 があった, と阿仏, の子, はあまり, はかえって, はその後五年目, よりはるか

▼ 為~ (6, 0.0%)

1 こと無し, ずるようも, その子, とは情, と合点, や我が

▼ 為~ (6, 0.0%)

1 それとも分かぬ, にはいられない, には宗蔵, に夜, に済みました, 身動き一つ出来ず

▼ 為~ (6, 0.0%)

41 やて, やない

▼ 為ては~ (6, 0.0%)

1 いかんよ, ならぬ, ならぬ事, 可かん, 恐しくも有, 行かんよ

▼ 為なりと~ (6, 0.0%)

2 いう 1 いふ, するも, 云ふ, 人豈

▼ 為ねえ~ (6, 0.0%)

1 かぢ, かの, か知ら, が大事, ことは, 彼処へ

▼ 為ます~ (6, 0.0%)

1 から, からそれでも, が余程宜, が是, それで, 悪い跡

▼ 為また~ (6, 0.0%)

1 お前の, 不名誉なる, 娘を, 忠房の, 社の, 私共の

▼ 為~ (6, 0.0%)

1 か, が前, が無言, といふ, の, の別

▼ 為或は~ (6, 0.0%)

4 訓練の 1 一種の, 皇子の

▼ 為~ (6, 0.0%)

1 の旨く, の歴史劇, の装置, も好い, も無く, をし

▼ 為損じ~ (6, 0.0%)

1 てはならない, て心, でも致し, の無い, をした, をどっと

▼ 為来りで~ (6, 0.0%)

3 あつた 1 は万葉, 本当に友達, 祝ふ

▼ 為~ (6, 0.0%)

1 の余, の土地, の屋敷, の様, の者, も一つ

▼ 為立て~ (6, 0.0%)

1 て其, て客, で年, の歌, の物, 堅苦しい程

▼ 為この~ (5, 0.0%)

1 ように, 二階へ, 年の, 薄氏と, 隔離が

▼ 為でしょう~ (5, 0.0%)

1 あなたは, か, 其の様, 後頭部の, 格子が

▼ 為とて~ (5, 0.0%)

2 越後に 1 御国より, 硯の, 私は

▼ 為とで~ (5, 0.0%)

2 それらしい 1 ついに明治三年末, 御岳へ, 斯う

▼ 為にこそ~ (5, 0.0%)

1 ここには, 仇なら, 動くよう, 後年鴈治郎は, 必要な

▼ 為~ (5, 0.0%)

1 は無し, トルストイ家の, 事し, 彼は, 男で

▼ 為上げる~ (5, 0.0%)

2 と言 1 のだ, 積りうまく, 迄待っ

▼ 為~ (5, 0.0%)

1 など公卿色, など声, の観念, は親王, を愛し

▼ 為右衛門様~ (5, 0.0%)

1 から五重塔, にもそう, の御, も定めし, も胆

▼ 為吉兄妹~ (5, 0.0%)

1 について訊きただした, もおなじ, も付い, を引き取っ, を金右衛門

▼ 為~ (5, 0.0%)

1 の劇中, の為, は毎日顔, は淀橋, は直ぐ

▼ 為組み~ (5, 0.0%)

1 が複雑, には出来る, の濃厚, も小さく, を入れた

▼ 為込ん~ (5, 0.0%)

2 で来た 1 であ, である, で置い

▼ 為~ (5, 0.0%)

1 である, で抽斎, で終事院, は寛保元年正月十一日, は登勢

▼ 為~ (4, 0.0%)

1 勢の, 国表から, 夏実在説が, 糸さんに

▼ 為~ (4, 0.0%)

1 すらむ, そりゃア, そりや, で置くべき

▼ 為ざる~ (4, 0.0%)

1 ところなれ, にやあらん, は勇, 可から

▼ 為すった~ (4, 0.0%)

1 あの先刻, ことを, んです, 捜査の

▼ 為その~ (4, 0.0%)

1 ような, 手を, 時期に, 段も

▼ 為たっ~ (4, 0.0%)

1 て不可, て五円, て仕様, て然

▼ 為たん~ (4, 0.0%)

1 だから, だよ, だ何, では無い

▼ 為つたの~ (4, 0.0%)

1 だと, である, は事実, は未だ

▼ 為つた事~ (4, 0.0%)

1 が有る, のある, も事実, も其方

▼ 為といふ~ (4, 0.0%)

1 ことは, 中心点より, 噂も, 昔の

▼ 為ながら~ (4, 0.0%)

1 其の男, 常にこの, 気抜の, 濠の

▼ 為ならず~ (4, 0.0%)

1 とせむや, とせん, ばあらず, 肉の

▼ 為なる~ (4, 0.0%)

1 か余, は何人, 事は, 可し

▼ 為め私~ (4, 0.0%)

1 と姉, の部屋, は又, 共芸術

▼ 為~ (4, 0.0%)

1 吾身は, 梅喜さん, 自家だ, 那裏で

▼ 為よりも~ (4, 0.0%)

1 寧ろ矢島さん, 彼女らに, 自分の, 衰弱の

▼ 為らしい~ (4, 0.0%)

1 がさて, と管理人, のです, 併し

▼ 為れる~ (4, 0.0%)

1 が如し, のは, を知る, 事なれ

▼ 為わざ~ (4, 0.0%)

3 ではない 1 とかやう

▼ 為~ (4, 0.0%)

1 てけし, 之ヲ写, 今シバらく借用仕置候間, 御辺ガ主家ニ得タル罪ト

▼ 為~ (4, 0.0%)

1 の宮戸座, は覚悟, は親族, 茲に

▼ 為俊卿~ (4, 0.0%)

1 であった, はその, も心, をも恨めしく

▼ 為~ (4, 0.0%)

1 が出, が為, に固有名詞, を海

▼ 為切っ~ (4, 0.0%)

1 てある, ていた, てその, て拵え

▼ 為~ (4, 0.0%)

1 イニ成スアランコトヲ誓イアッタ友ダッタ, 永三年に, 瀛水, 詐欺師扱に

▼ 為~ (4, 0.0%)

1 の世界主義, の世界形成, の世界的世界形成, の理念

▼ 為家以後~ (4, 0.0%)

1 の二条伝統, の歌, の詠み, を高く

▼ 為~ (4, 0.0%)

1 について学び, も四年前, をたすけ, を推し

▼ 為~ (4, 0.0%)

1 がをし, とて才有, の邸宅, は今

▼ 為時々~ (4, 0.0%)

2 苦しい思 1 かう言, 五番の

▼ 為~ (4, 0.0%)

1 に教, の甥, も京, をむしろ

▼ 為立物師~ (4, 0.0%)

2 の家 1 の隣, も己

▼ 為~ (4, 0.0%)

1 の中, は外, は矢島, をした

▼ 為~ (3, 0.0%)

1 て申した, 一人前の, 為いしたら

▼ 為いろいろ~ (3, 0.0%)

1 な不便, の禍, 面倒を

▼ 為かとも~ (3, 0.0%)

1 思うが, 思われる, 解せられる

▼ 為かの~ (3, 0.0%)

1 ように, 多面体の, 泥水や

▼ 為こういう~ (3, 0.0%)

1 有様です, 策を, 齢に

▼ 為しばらく~ (3, 0.0%)

1 の間, 可懐しい, 身を

▼ 為すべき~ (3, 0.0%)

1 ことだ, 仕事が, 無しここ

▼ 為せし~ (3, 0.0%)

1 悪戯我々を, 所は, 過は

▼ 為それ~ (3, 0.0%)

2 が又 1 を武器

▼ 為だけでも~ (3, 0.0%)

1 あらまし吾家の, 浮, 貴方は

▼ 為だらう~ (3, 0.0%)

1 が如何, が強い, 彼は

▼ 為でした~ (3, 0.0%)

1 か, がもう, のです

▼ 為でない~ (3, 0.0%)

1 ことは, のは, よ

▼ 為でなけれ~ (3, 0.0%)

2 ばならぬ 1 ば何

▼ 為なくっ~ (3, 0.0%)

1 ちゃア不可, ちゃア可, ちゃ生きてる

▼ 為なるべく~ (3, 0.0%)

1 又時として, 或は説明, 砂糖水を

▼ 為にだけ~ (3, 0.0%)

1 崩されて, 生きて, 生きようと

▼ 為にでも~ (3, 0.0%)

1 あった, あるよう, 本当の

▼ 為~ (3, 0.0%)

1 え悪党揃, ばならぬ, ばなりませぬ

▼ 為ねろ~ (3, 0.0%)

3 かも

▼ 為~ (3, 0.0%)

1 い, いさ, い為

▼ 為べき~ (3, 0.0%)

1 この悲し, 事で, 事の

▼ 為まい~ (3, 0.0%)

1 し名誉, ぞ地獄, にな

▼ 為ませう~ (3, 0.0%)

1 か, といふ, 日向様

▼ 為むすべ~ (3, 0.0%)

1 のたどき, を無, 知らに

▼ 為めと~ (3, 0.0%)

1 て国々, て在, て本

▼ 為~ (3, 0.0%)

1 ている, て親, 放して

▼ 為メニ~ (3, 0.0%)

1 恐ロシキ呵責, 誤ラルヽヲ悔イ, 騙セラル

▼ 為~ (3, 0.0%)

1 の目, は肝腎, ほど奮

▼ 為入れ~ (3, 0.0%)

1 てそれ, て持つ, の三文判

▼ 為其の~ (3, 0.0%)

1 周囲の, 宝へ, 細君の

▼ 為~ (3, 0.0%)

1 によつて, の態度, は歌

▼ 為切った~ (3, 0.0%)

1 南隣の, 空間が, 道に

▼ 為~ (3, 0.0%)

1 と云, を当て, 斎木文礼御

▼ 為~ (3, 0.0%)

1 小さくは, 此を通して, 自分達の

▼ 為合者~ (3, 0.0%)

1 ですね, になった, の

▼ 為~ (3, 0.0%)

1 将兮奮匈奴, 将道避痾方, 築金屋

▼ 為~ (3, 0.0%)

3 の為

▼ 為好い~ (3, 0.0%)

2 閑な 1 事か

▼ 為家薨去~ (3, 0.0%)

2 の建治元年 1 の翌

▼ 為少し~ (3, 0.0%)

1 だが, やせ神経質, 前に

▼ 為尽し~ (3, 0.0%)

1 て晩年, て行き, て見た

▼ 為憲等~ (3, 0.0%)

1 が軍, の在処, は此等

▼ 為~ (3, 0.0%)

2 を取り 1 を遣っ

▼ 為~ (3, 0.0%)

1 といふ男, のこと, のやつ

▼ 為~ (3, 0.0%)

1 から百円紙幣一枚, となっ, はそれ

▼ 為派崩れ~ (3, 0.0%)

1 に刑死, に加担, を口実

▼ 為着せ~ (3, 0.0%)

1 の白服, を呉れる, を着

▼ 為立物~ (3, 0.0%)

1 の師匠, やらいたします, をさせる

▼ 為~ (3, 0.0%)

1 からも, は去った, も断れ

▼ 為~ (3, 0.0%)

1 に下った, の兄為道, は五十歳

▼ 為~ (3, 0.0%)

1 で走る, やなぞ, を駐

▼ 為~ (3, 0.0%)

1 さんこそ, さんという, さんを

▼ 為~ (3, 0.0%)

1 の補足, をし, を受ける

▼ 為~ (3, 0.0%)

1 と名, の十世, 卿の

▼ 為難い~ (3, 0.0%)

2 所に 1 我慢も

▼ 為電車~ (3, 0.0%)

1 はきかない, は止らなかった, は此処

▼ 為馴れ~ (3, 0.0%)

1 てゐる, て身, 為壊した

▼ 為あの~ (2, 0.0%)

1 時に, 被風を

▼ 為いい~ (2, 0.0%)

1 じゃあねえか, ところへ

▼ 為かう~ (2, 0.0%)

1 した形を, 意気地が

▼ 為かけ~ (2, 0.0%)

1 ている, てふたたび

▼ 為かは~ (2, 0.0%)

1 知らぬが, 知らねども

▼ 為ざらん~ (2, 0.0%)

1 ほどを目, や

▼ 為ざりし~ (2, 0.0%)

1 が間, は誰

▼ 為しとげる~ (2, 0.0%)

1 ことで, ことであろう

▼ 為すっ~ (2, 0.0%)

1 ても御, て下さい

▼ 為する~ (2, 0.0%)

1 の二大, より廿四万石

▼ 為せり~ (2, 0.0%)

1 彼れ, 渠を

▼ 為~ (2, 0.0%)

1 それ子を, 行政区劃の

▼ 為ぞと~ (2, 0.0%)

1 怜悧しき思案, 思はるるや

▼ 為たつ~ (2, 0.0%)

1 てつまらん, て仕様

▼ 為たと~ (2, 0.0%)

2 て何

▼ 為たま~ (2, 0.0%)

2

▼ 為たれ~ (2, 0.0%)

1 ど膠, 保証大した

▼ 為だけの~ (2, 0.0%)

1 せいであり, ように

▼ 為だって~ (2, 0.0%)

1 何だって, 欺かして

▼ 為だつた~ (2, 0.0%)

1 かも知らない, か私達

▼ 為ちゃ~ (2, 0.0%)

1 アならん, ア僕も

▼ 為てさ~ (2, 0.0%)

1 うお鬱ぎあそばす, う窮

▼ 為てる~ (2, 0.0%)

1 ことを, 積りか

▼ 為でありまし~ (2, 0.0%)

1 てかく, てそれ

▼ 為とい~ (2, 0.0%)

2 へり

▼ 為とうとう~ (2, 0.0%)

1 それなりにな, 風を

▼ 為としか~ (2, 0.0%)

1 思われぬ爾, 思われません夫

▼ 為として~ (2, 0.0%)

1 一応は, 食べては

▼ 為としては~ (2, 0.0%)

1 これこの, 少し念

▼ 為どう~ (2, 0.0%)

1 云う解釈, 云ふ

▼ 為なさる~ (2, 0.0%)

1 なと云, なドウ

▼ 為ならずし~ (2, 0.0%)

1 て, て湯治

▼ 為なるべし~ (2, 0.0%)

1 と, 太西洋の

▼ 為にせる~ (2, 0.0%)

1 に出, 福音書

▼ 為にだけでも~ (2, 0.0%)

1 生きて, 私は

▼ 為につけ~ (2, 0.0%)

1 加へれ, 易へる

▼ 為にて~ (2, 0.0%)

1 候は, 多時門

▼ 為にとて~ (2, 0.0%)

1 上人の, 拾い上げしなれ拾い上げて

▼ 為にとり~ (2, 0.0%)

2 あへず

▼ 為にべ~ (2, 0.0%)

1 んが, トべ

▼ 為により~ (2, 0.0%)

2 苦痛を

▼ 為による~ (2, 0.0%)

1 勢力より, 枕木の

▼ 為のみには~ (2, 0.0%)

2 あらず

▼ 為のみの~ (2, 0.0%)

1 実在と, 用途を

▼ 為ばかりじゃ~ (2, 0.0%)

1 ない, ないの

▼ 為ばかりにでも~ (2, 0.0%)

1 彼は, 私は

▼ 為ぼく~ (2, 0.0%)

1 は反対, も警察

▼ 為ましょう~ (2, 0.0%)

1 から, と云

▼ 為まだ~ (2, 0.0%)

2 良心を

▼ 為~ (2, 0.0%)

2 を恐み

▼ 為めだつた~ (2, 0.0%)

1 のだ, のです

▼ 為めブラツク・フラヤス寺院~ (2, 0.0%)

2 の不用

▼ 為め一~ (2, 0.0%)

1 と言, には目前逆流洪水

▼ 為め上京~ (2, 0.0%)

1 した杞陽君, して

▼ 為め人~ (2, 0.0%)

1 にも解るまい, 恋うは

▼ 為め今~ (2, 0.0%)

1 まで払底, も私

▼ 為め何~ (2, 0.0%)

1 の理屈, も生えませぬ

▼ 為め切腹~ (2, 0.0%)

2 をする

▼ 為め夜半~ (2, 0.0%)

2 に結束

▼ 為め娘~ (2, 0.0%)

1 の為め, は何

▼ 為め学資~ (2, 0.0%)

1 が続かない, の仕送り

▼ 為め町~ (2, 0.0%)

1 が内訌, へ出

▼ 為め自ら~ (2, 0.0%)

1 を俎上, 進んで

▼ 為め菅~ (2, 0.0%)

2 の実採り

▼ 為もう~ (2, 0.0%)

1 いつ退院, 一算

▼ 為らしく~ (2, 0.0%)

1 それが, 惜しげも

▼ 為われ~ (2, 0.0%)

2 死なん

▼ 為~ (2, 0.0%)

1 各同ジカラズト雖ドモ, 貴客ハ則嬬人侍女

▼ 為セルガ~ (2, 0.0%)

1 故ニ, 故ニ河身

▼ 為~ (2, 0.0%)

1 不在中妻ハ死去シ是, 在米英国大使館ハ

▼ 為一つ~ (2, 0.0%)

1 には自分, は世間幾多

▼ 為一層~ (2, 0.0%)

1 傷けられ, 疲れるの

▼ 為一方~ (2, 0.0%)

1 に於, の謂

▼ 為一頭~ (2, 0.0%)

1 はクラリモンド, は彼

▼ 為三浦~ (2, 0.0%)

1 に渡御, の横須賀

▼ 為~ (2, 0.0%)

2 乏矣

▼ 為世間~ (2, 0.0%)

1 に短歌, も早く

▼ 為~ (2, 0.0%)

1 の心境, 接賓

▼ 為~ (2, 0.0%)

1 という人, の首

▼ 為了せ~ (2, 0.0%)

2 なんだ荒び

▼ 為予定~ (2, 0.0%)

1 の一つ前の, の時間

▼ 為二人~ (2, 0.0%)

1 で縁側, を島抜け法印

▼ 為仕事~ (2, 0.0%)

1 を妨げよう, を見出した

▼ 為仕度~ (2, 0.0%)

1 奉内, 奉願上候以上

▼ 為~ (2, 0.0%)

1 の神主, の語

▼ 為以前~ (2, 0.0%)

1 の様, 見たその

▼ 為以外~ (2, 0.0%)

1 に応用, に蠕動

▼ 為何もかも~ (2, 0.0%)

1 打ち出, 無茶苦茶の

▼ 為~ (2, 0.0%)

1 の趣味, や其方

▼ 為倫敦~ (2, 0.0%)

2 へ行く

▼ 為~ (2, 0.0%)

2 と父

▼ 為~ (2, 0.0%)

1 候哉, 込候哉も

▼ 為~ (2, 0.0%)

1 を傷つけ, を率い

▼ 為再び~ (2, 0.0%)

1 幽霊らしい, 金庫を

▼ 為冬卿~ (2, 0.0%)

1 が武士, はお

▼ 為~ (2, 0.0%)

1 の女, の養子

▼ 為危く罪人~ (2, 0.0%)

1 とならう, となろう

▼ 為~ (2, 0.0%)

1 て偉大, て感激

▼ 為却って~ (2, 0.0%)

1 奥ゆきと, 知って

▼ 為友人達~ (2, 0.0%)

2 は元々

▼ 為合わせ~ (2, 0.0%)

1 な, な奥様

▼ 為吉さん~ (2, 0.0%)

1 か, も呼べ

▼ 為吉君~ (2, 0.0%)

1 の報告, をはじめ

▼ 為向けた~ (2, 0.0%)

1 と言, 物を

▼ 為向ける~ (2, 0.0%)

1 事が, 事であり

▼ 為大事~ (2, 0.0%)

1 な理性, に面し

▼ 為大抵~ (2, 0.0%)

1 の国々, の天候

▼ 為大阪~ (2, 0.0%)

1 の為, へ帰っ

▼ 為~ (2, 0.0%)

1 の実家, の志

▼ 為子腹~ (2, 0.0%)

1 の宗良親王, の尊良親王

▼ 為~ (2, 0.0%)

1 ナル蒸気ナリ, 冊子

▼ 為帰省~ (2, 0.0%)

1 した, しぼく

▼ 為~ (2, 0.0%)

1 が丁年, は私立大学

▼ 為彼女~ (2, 0.0%)

1 に対しては実に, は方向

▼ 為彼等~ (2, 0.0%)

1 の標語, は暗室

▼ 為必ず~ (2, 0.0%)

1 この仇, 口を

▼ 為悪かれ~ (2, 0.0%)

1 と思っ, と思わん

▼ 為憲どの~ (2, 0.0%)

2

▼ 為成山下鉄~ (2, 0.0%)

1 之輔, 之輔あたり

▼ 為手軽~ (2, 0.0%)

2 に実現

▼ 為~ (2, 0.0%)

2 御遣し

▼ 為掛け~ (2, 0.0%)

1 てある, てゐる

▼ 為損じたら~ (2, 0.0%)

1 あれ程, ば内匠頭

▼ 為日想観~ (2, 0.0%)

2 に最

▼ 為~ (2, 0.0%)

1 に下った, は四十四

▼ 為~ (2, 0.0%)

1 の事, はこの

▼ 為~ (2, 0.0%)

1 くらい聞かせ, へ金才覚

▼ 為暫く~ (2, 0.0%)

1 お慎みくださらぬ, 洛陽に

▼ 為~ (2, 0.0%)

1 宜かれと, 爾既徳行

▼ 為本堂~ (2, 0.0%)

2 に於

▼ 為~ (2, 0.0%)

2 みを

▼ 為~ (2, 0.0%)

1 が亀嵩, という公家

▼ 為~ (2, 0.0%)

1 な常葉, な弥

▼ 為~ (2, 0.0%)

1 の財産, は面目

▼ 為特に~ (2, 0.0%)

1 云々すべき, 深い印象

▼ 為~ (2, 0.0%)

1 はざりし, ひて

▼ 為王氏~ (2, 0.0%)

1 の俳句会, の寿町

▼ 為破廉恥漢~ (2, 0.0%)

2 の非難

▼ 為~ (2, 0.0%)

1 は陸, 退

▼ 為立屋~ (2, 0.0%)

1 の為事, は縫っ

▼ 為~ (2, 0.0%)

1 をとつ, を揮

▼ 為~ (2, 0.0%)

1 の儀, を取り計らっ

▼ 為筑前~ (2, 0.0%)

2 へ下る

▼ 為~ (2, 0.0%)

1 せれば, へた

▼ 為組んだ~ (2, 0.0%)

2 もので

▼ 為~ (2, 0.0%)

1 はぬ, ふ右

▼ 為総て~ (2, 0.0%)

1 が, の者

▼ 為義父子~ (2, 0.0%)

1 もその, や右馬

▼ 為自ら~ (2, 0.0%)

1 招いた失敗, 見なん

▼ 為色々~ (2, 0.0%)

2 入費が

▼ 為~ (2, 0.0%)

1 だが, も言草

▼ 為蒙仰~ (2, 0.0%)

1 候御, 候旨廻状到来

▼ 為~ (2, 0.0%)

1 という後, は家

▼ 為~ (2, 0.0%)

1 が初め尼子義久, の長男頼母助為基

▼ 為虚偽~ (2, 0.0%)

2 の自白

▼ 為西国~ (2, 0.0%)

2 にい

▼ 為見る~ (2, 0.0%)

1 に忍び, に見兼ね

▼ 為~ (2, 0.0%)

1 の為, は渡良瀬川

▼ 為誰肥~ (2, 0.0%)

2 と諷諫

▼ 為込んだ~ (2, 0.0%)

1 円形の, 刀の

▼ 為~ (2, 0.0%)

1 のむす, の子

▼ 為~ (2, 0.0%)

1 に撰集, は五十歳

▼ 為都人士~ (2, 0.0%)

2 に歓ばれた

▼ 為采女~ (2, 0.0%)

1 としての浄さ, の嬪

▼ 為附添~ (2, 0.0%)

2 として一所

▼ 為~ (2, 0.0%)

1 の妻, は定家出生

▼ 為~ (2, 0.0%)

1 今不知, 覆手雨

▼ 為~ (2, 0.0%)

1 の小間使, を見られず

▼1* [1306件]

ぁひとの傘, 為あげてま, 為あたしの健康, 為あなたの御, 為あらゆる漢書和本を, 為ある時期の, 為いかに駒を, 為いかんとも為様, 為いくら考えても, 為いしが曾, 為いしたらあれでも, 為いっそ憎い仇, 為うちが肝, 為うっ血して, 為思って, 為お前の髪, 為お腹が人並, 為かうかう思ひまするけれども成行, 為かけた欠伸を, 為かけますと其時, 為かすつかり元気, 為かなりの費用, 為かについて行った, 為かや今は, 為から出て, 為奮迅の, 為きょろきょろ見まわしたが, 為きり上げられて, 為くんだ演戯であった, 為けん必ず入来, 為けんめいに努力, 為こしらえたものだ, 為こそ思え人, 為こなした筈だ, 為こわがって居る, 為こんな淫乱の, 為さいとか図, 為さうなことで, 為さえすれば, 為さんようをながめ, 為ざらんその, 為ざりけるが世間, 為ざる所なり, 為て吾誰, 為しとげてゐる, 為しとげた仕事の, 為しらべが生活律, 為しるしを曲げ, 為やない, 為じゃあないか, 為じゃと虫を, 為つかり障子, 為すぐ後の, 為すっかり茫然として, 為すなきと我が, 為すべての身体的表情, 為すみやかに大, 為す無き也と, 為ずして立住りつ, 為ずっと右を, 為せずには居られない, 為せる如き袁, 為そうとする, 為そちらに行きたく, 為たいことして美しい, 為たい様にふる, 為たがる慾じゃと, 為たくってお父さん, 為たくもねえが何, 為ただ生きる為, 為たであらうか, 為たなら怖いから, 為たまはず鼈甲縁の大き, 為たらうか, 為たらしい艫に, 為たりとや漫笑を, 為たりなどよろずに, 為たる業をお, 為だけのせゐであり常に, 為だけにでも愛すであろう, 為だちつとや, 為だのハムレット王家の, 為だ書いたものだけ, 為まッ, 為ちやをられん, 為ちよつと応接間, 為ちらした鴉の, 為つけて居ります, 為つた大俣の惣七, 為つつ蕭索に, 為つて七年も八年, 為つて下ださる, 為つて始めからで, 為つて幅で大, 為つて御覧遊ばしました, 為つて是れには, 為つて病院へ入, 為つて賭博を打つ, 為づくしである, 為てい放題を為てえ, 為てから半時も, 為てけツかる, 為てねそれから丹子, 為てをつても, 為であったらこれほどの, 為であったろうけれど私, 為であらふと考へる, 為でありましょうぞ, 為であるまいか, 為であるらしい高湯山, 為であるらしく何者にか, 為でか歯も, 為でございましょう一と, 為でございまするか, 為でしかないと, 為ででも有ったの, 為でなく居つく為の, 為というくらいのところで, 為とげられるだけの発達, 為とこそなれ, 為とだけ思つてさへ, 為とでもして, 為とにある, 為とにてこの間違ひ, 為との誤りであろう, 為とのみ思いたる, 為とばかり考へられないこと, 為とるのう, 為どころの略され, 為どちらを見, 為どれ丈け多数, 為どんな努力を, 為なかむずかし, 為なかつたけれどそれ丈, 為なかつたならば僅か, 為なかろな, 為なきゃならんような, 為なけりゃアなら, 為なすつたか, 為などで水口の, 為などと言つても, 為などには殊によく, 為などは帰り途で, 為なども腰を, 為なにか惜しからむ捨て, 為ならおいぼれの命, 為ならずだが平作, 為ならもつと何, 為なら喜んでいのち, 為なら死んでもいい, 為なりしなり, 為なりとも云ふ, 為にかへつてお, 為にけなばを, 為にしか動いて, 為にぞある, 為にだけでもも少しどうにか偉く, 為にということは, 為になどというのは, 為になんぞなるもの, 為にもかへつて宜しく, 為にもてまえの, 為にをのづから支配, 為ねえからせえて, 為ねえで起きろ起きろ横着な阿, 為のみと有之, 為ばかしぢや, 為ばかりにも日本へ, 為ばかりを考えますから, 為ひとつ決死の兵千余騎, 為ひと一倍他人の視線, 為ひどいひどい人で, 為べからざる乱脈の, 為ほく事を, 為ほんの膝被いの, 為ぼくたち日本の知識階級, 為さね, 為ましたから誰方, 為まするお話一寸, 為まず裸体に, 為ませぬが, 為ませんでは腹, 為まるで氷砂糖でも, 為やすみ所, 為みしろぼを家名, 為むこと亦, 為むずかしいものは, 為むやうあり, 為めお母さま似の, 為めこれだけのこと, 為めだったのです, 為めだったろうと附, 為めだつたかつて事, 為めだと分ッ, 為めでなく操さんの, 為めとならば, 為めななめに陰られ, 為めばつかりにわざわざ朝, 為めゆうべその足跡, 為めアメリカから輸入, 為め一つには日清戦争, 為め一二名宿泊すること, 為め一人の飢ゑた者, 為め一先屋敷へ這入る, 為め一寸お盃, 為め一時病気を起した, 為め一言断って, 為め一部落がすっかり, 為め一階の事務室, 為め一首一首に独立性, 為め万一郷里に伴, 為め万年橋から入水, 為め下へ下, 為め丑満まで此処, 為め世人をし, 為め世界中から狙われ, 為め丙ですけれども, 為め中絶して, 為め主人と私, 為め九州炭山坑夫の為め, 為め亀井戸までゆき, 為め予等は旧道, 為め事に掛れ, 為め二つ三つ撲られたが, 為め五十路近くやうやう, 為め五日の予定, 為め京師より罷, 為め京都に流, 為め人殺しの罪, 為め人道に利益, 為め仁王門を過ぎ, 為め今一度繰り返して, 為め今一度承知して, 為め今夜は港外, 為め今年は母屋, 為め今度も恋し, 為め今度学校を開いた, 為め今日ここを通る, 為め休業中は一日十五法以上, 為め何千年とか何万年, 為め余の働口一時, 為め保養がてら, 為め信者と誤られ, 為め傍聴をし, 為め働き金も大半無, 為め光栄これに如く, 為め入港を遅らせた, 為め八月十日二人共に松本監獄, 為め其後撤去した銅像, 為め其意を果さず, 為め内閣と議会, 為め再々規律に反, 為め出張致しました, 為め別紙電車運転系統図を添付, 為め勉強の人, 為め化物屋敷の異名, 為め十五日にしましょう, 為め十分に掃除, 為め千篇一律の著述, 為め博奕を開き, 為め占領されました, 為め却つて感じを小さく, 為め双方に看護婦, 為め反対党の爆裂弾, 為め取次店から強談判, 為め召喚せられし医師, 為め可なり我儘, 為め吉野に参廷, 為め同行したので, 為め吾家の血統, 為め困難が生ずる, 為め国の為め, 為め国民は不安, 為め地理の視察, 為め外套の領, 為め多くの家庭, 為め大塩平八郎を題, 為め大層咽が乾きまし, 為め大抵は或, 為め大阪名物の一つ, 為め天幕のきれ, 為め天成の美, 為め太陽より逃れん, 為め失敗せしもの, 為め女の死体, 為め女人はどうしても, 為め女男に草々, 為め妹の為め, 為め妻たるその, 為め安宅先生は内心ひそか, 為め客間の縁側, 為め家といふ形骸, 為め家財を蕩尽, 為め将来独立して, 為め小倉の女流達, 為め小坂鉱山に参り, 為め小屋から出した, 為め小田原か大磯, 為め小県郡の方, 為め小網町辺へ行っ, 為め小鳥少なく二十歳以下, 為め工場で過っ, 為め左程にも無, 為め市中に広大, 為め平水の節, 為め幾何ばかりの悲哀, 為め強姦されしや, 為め当時彼地の模様, 為め彦根へ立, 為め彼が容易, 為め彼女の隣人, 為め御召出しの運, 為め御覧の通り, 為め心臓を打った, 為め必要な現金, 為め愚な人間, 為め愛の敵, 為め成金になる, 為め手を振っ, 為め改元をした, 為め新家の家, 為め日本に対する他国, 為め普通閲覧室内に大書函八個, 為め暗殺されたの, 為め書物も読まなけれ, 為め月朧なる利根川, 為め本年度点呼不参者の一人, 為め本署勤務を命じられた, 為め某氏に紹介, 為め栄誉の為め, 為め構内車夫等は私, 為め歟その見る, 為め此の身, 為め此上なきこと, 為め武芸偵察戦争の駈, 為め死後の名, 為め殆ど発狂するばかりに, 為め気が転倒, 為め気の毒なりしと, 為め池上の旧, 為め浅井の武威, 為め清新の趣味, 為め渠はいつも, 為め湯へ浴, 為め湯気で伸し, 為め煩悶もし, 為め熊頭を木, 為め熱誠之を迎え, 為め父の官職, 為め父祖の業, 為め牛馬が多い, 為め独逸に居た, 為め現在のそれ, 為め瓦解に逢, 為め甚しき醜, 為め産出過多加ふるに, 為め申上候好文木は遠から, 為め男は遂に, 為め番号札は読めなかった, 為め番頭の悪, 為め疑惑に充ちた, 為め目に負傷, 為め目下の処, 為め祝宴を開い, 為め神は備, 為め私共の汽車, 為め私達はホテル, 為め秘密室秘密梯子等を特に, 為め竜陽の交わり分桃, 為め細川の為め至極良縁, 為め経費募集のこと, 為め結婚誓約を必然, 為め絶好の機会, 為め翁と政府, 為め自分を恋, 為め自叙伝の草稿, 為め自家の為め, 為め自我の為め, 為め自然仏蘭西人の前途, 為め至極良縁だと, 為め船客の親族, 為め良匠の精力, 為め芋が取れませぬ, 為め苦めるにや, 為め英国の学術上, 為め萩原新三郎の為め, 為め蓄妾の悪事たる, 為め蓋が開けられる, 為め行人をとらえ, 為め解剖を拝見, 為め訥子に対する片手落ち, 為め謹で自ら退席, 為め足留めをくひ居れり, 為め身を暗ました, 為め迎に遣りたる, 為め近所の大騒ぎ, 為め進退せらるるか, 為め遂い急性, 為め遼東半島を支那, 為め野に鼠, 為め銀行が締, 為め鑵詰を出し, 為め長兄は鹿児島, 為め長野の遊廓, 為め隠れ家を持つ, 為め雇人として働き, 為め雨の降る, 為め露西亜の為め, 為め静かに独, 為め非常措置がとられ, 為め頓死で御, 為め顔が一変, 為め飄然として清国漫遊, 為め飯田町で小さな, 為め養父相川とも申し合せ, 為め首里に於, 為め騒ぎとなり, 為め高価を惜, 為め鳥渡作の味, 為め黒表にのっ, 為め鼎沸の如き, 為もつと痛切, 為ものなり, 為やうあれかこれ, 為やしまいし又, 為やすし加担人は, 為やって斯, 為やめてしまふ, 為やら用語や, 為やれと云う, 為ゆゑ男に無用, 為ょうがねえなア冗談じゃア, 為ようぢやない, 為ようつて言んだから, 為よう周玄さんが, 為よう学者に為, 為よかれとお守り, 為よったじゃア, 為よほど狼狽した, 為らしくなってきました, 為わが中の, 為わざとそれと共に, 為わざわざ国元印度から, 為わしの力, 為をも思っていう, 為をようく考え, 為アメリカの文明, 為イエルサレムへ行く, 為インドにいる, 為オートミールでもあれ, 為ギリシアテキストから訳した, 為サザルニ在ラズンバアラズ, 為サザルベカラズコレ彼等ノ耐, 為サズ下ハ乞児ニ伍シテ辱ト為サズ, 為サズ優游シテ以テ歳ヲ卒ルベキモノ唯我ガ技, 為サズ反覆討尋其正ヲ得, 為サネバナラヌ心ニ思ハヌ事ヲモ枉ゲテ行ハネバナラヌナドト, 為サレ新中納言知盛, 為サントノ決心ヲ致シ, 為サント欲スルニ在ルヲ以テ, 為サンヤ敢テ所思ヲ告白シテ是, 為ザラザラと船べり, 為ザル所ニテ豈文明, 為シテ強奪ヲ恣ニシ, 為シ一世ヲ睥睨スル者世其人ニ, 為シ仏家ハ大蒜小蒜, 為シ十年以下ノ懲役ニ処ス, 為シ国ヲ破, 為シ得ベキ資格ヲ喪失スルト同時ニ, 為シ得ル限リノ手段ヲ取, 為シ火之元, 為シ独ダ一ニ書ヲ是レ信ジテ, 為可シ, 為スアラバ即チ, 為スコトヲ書面ヲ以テ明示スルニ至リテハ, 為スニハ其家ニ在ル父母, 為スノ弊タルノミ如此クナラザル者ハ之ヲ心ニ考, 為スハ蓋シ勝軍利ノ義ニ, 為スモノト雖ドモ悉ク之ヲ渉猟閲読スル, 為スモノノ決シテ欠クベカラザル者ニシテ繁密錯雑ナル我植学ニ在テモ資, 為スーツケースの中, 為ス参巧, 為ス巴モ亦蕉, 為ス所ヲ異, 為ス所以ノモノハ洵ニ国家生民ノ為ニ図リテ, 為ス所以ハ則チ新花, 為ス此レ本朝式ニ所謂平栗子耶或ハ曰ク搗栗ハ脾胃ヲ厚クシ腎気, 為ス甜瓜西瓜是レナリ菜ニ供スル者ヲ菜瓜ト為ス, 為ス等都テ独立国ニ行フベキ事件ハ我国ニ於テモ之ヲ施行スルノ全権アリ, 為ス者ニ非ズシテ, 為ス言フコヽロハ其功ノ補スルコト人参, 為ズシテ書ヲ友トナスノ益ニシテ, 為ッ国の為ッ, 為て後で, 為テ心了セザルコトヲ僧ト為テ心了セバ総テ僧ニ輸セン, 為テ心了セザルコトヲ私は若い, 為テ心了セバ総テ僧ニ輸セン, 為ニハ入用ナレバ一枝ヲ採, 為ニハ其ノ名, 為ニユツと両手, 為ニ今の勢, 為ニ元原ノ表出, 為ニ力を尽す, 為ニ国を出, 為ニ女の道, 為ニ妻子ヲ故郷ニ残シテ, 為ニ完シ嗚呼公瑾今ヤ永ク別ル, 為ニ官民協力諸般ノ施設, 為ニ形態豊満ニシテ男子ニハ筋肉腱骨ノ強大ニシテ挺起スルガ為ニ其形態稜, 為ニ恐怖シ村役人共申合登山トシテ見分ナスニ中央ノ拝所ト唱ヘル場所ヨリ凡三四十間上ノ方ニテ竪二百間余, 為ニ日々血ヲ吐イテ止マズ, 為ニ試シ斬リヲ行フコト珍シカラズ, 為ニ讐ヲ復スルヲ以テ, 為ニ野狐ヲ脱, 為夏季保健静養地実費提供, 為マーシャが変, 為メカ例年ハ池畔ニ僅ニ其形骸ヲ現, 為メキシコに動揺, 為メコヽニ会同シテ州内良民ノ名, 為メニ其必要ナル程度ニ於テ借財ヲ為シ以テ一家, 為メニ勤労シ吾レハ汝ニ頼テ衣食スルコト茲ニ満三年ニシテ, 為メニ始メテ俗累ヲ遠, 為メニ戦フト云ヒ我ニ自由ヲ与, 為メニ更ニ転生シテ第四, 為メニ蘇生シ今後続々出版スルコトヲ得ルニ至リ秋風蕭殺, 為メ事務所トシテ日ノ出家ニ実物, 為メ尽シタルコトハ誰一人知ラヌ者ナシ然ルニ栗山国四郎如キ者, 為メ日本ニ輸出卸値ト同様多少ニ, 為メ明治二十九年十二月三十一日マテ其施行ヲ延期ス, 為メ正論ヲ唱ヘズ, 為メ談笑シテ胡沙ヲ静メン, 為メ遺憾ニ堪ヘス, 為ユウトピアを作ろう, 為彼方が, 為リタルガ故ニ, 為リ琵琶ヲ, 為ルヤ第二期議会, 為ル瑞応図ニ云ク芝草ハ常ニ六月, 為存ジ可訴出候ワバ疑, 為一つ一つをたん, 為一両日の中, 為一人だけ天国, 為一人村から離れ住ん, 為一同を起立, 為一寸した阪路, 為一年の三分の二, 為一思に死ん, 為一新の世直し, 為一日も遊ん, 為一日以来の東京, 為一昨年の日記, 為一時はひどい, 為一時昏迷した, 為一村の男総出, 為一枝ものや山水, 為一槍むなしく突き, 為一生の用意, 為一生惨憺たる修行, 為一等を減じ, 為一見腹膨れらしく見える, 為一詞章であ, 為一部の人々, 為万歳だ, 為万難を排し, 為でも是非召, 為三人を載せた, 為三味線や御, 為三宅やす子奥むめおその他と集っ, 為御政道, 為上がり次第行きたまえ, 為上げて居る, 為上げられて見る, 為上げれば幾ら, 為上京したまま, 為上杉家の内, 為上海もまず, 為上野へ行く, 為下々の為, 為下りて急, 為不自由あらせじ憂き, 為丑二人を合せ, 為世にも言葉の, 為世一人に下され, 為世一派の, 為世人も怪, 為世時代の宗匠, 為世界万国の為, 為中門口を言う, 為主人の外出, 為乃木はまた, 為久しく此風は, 為に加, 為之と之を, 為乍ら是方を振返る, 為乍ら父の死, 為乗り出して下さる, 為也氏方の書生, 為なん, 為事件がかく, 為二つ積んでは, 為云うまいと決心, 為云って聞かせる, 為云つて聞かせるが, 為五百円送付候に付, 為五貫目玉五十丁撃の大業成就, 為井上様の伝書, 為井戸に入れた, 為亡友高君子融小祥期矣, 為京都の里, 為亭主の敵罰当り, 為人ニ従ツテ為ス所ヲ異, 為人也択乎中庸得一善則拳拳服膺而弗失之矣, 為人完くかつ, 為人強力軽捷なり, 為人気頗る宜しく, 為人沈退実著愛間好学不敢入城都, 為人竜顔にし, 為人英邁不群, 為今一つは久しく, 為今後上記権利書に関する一切, 為今日も何, 為の為, 為仔細あって, 為仕切りだけに設けた, 為仕度段存寄之通可被仕, 為の浮世, 為仮託したもの, 為などいう, 為仲間はずれになっ, 為伊達正男早川辰吉両名, 為ヲ破, 為会社を止め, 為と戸令, 為伝統継承者のない, 為伺川崎宿迄被, 為伺御機嫌今五日四時より九時, 為住家を出る, 為の歌, 為体竜も雲, 為か他, 為何となく青味が, 為何ら自分を, 為何故に堀, 為何等の金銭上, 為佗有であっても, 為余購得之於書賈英平吉, 為作老人もお前, 為の如く連帯者, 為依然として黒暗々だ, 為信仰上の中心, 為候尤も御霊屋御用御大切, 為偶然見出した書籍館書目, 為至元, 為についてはいかが, 為先冥加以正直為本, 為先生も時に, 為光線は何処, 為に角軍鶏, 為入れたま, 為入右御供致当五月十一日, 為入屋がある, 為入御容体書於御家従詰所拝見, 為生存が, 為全く其の義侠, 為全然子供を, 為じゃねえ, 為公方様の為, 為其かばねである事, 為其便利な用語例, 為其反動の余勢, 為其在所が分った, 為其夜は立談, 為其学風を移した, 為其後舞踏の催し, 為其発想上の曲節, 為其等の社寺, 為具体的にし, 為兼ねない男だ, 為見万一, 為内容以上に文飾, 為再検視をした, 為をすすぐ, 為冬祓への条件, 為だ, 為そうと, 為出さうと出精, 為出したことで, 為出しました何ともはや申し, 為出向いている, 為出来さずに終る, 為出来してくれた, 為出来したのであらう, 為出来すかわからん, 為出演を断念, 為切ってないと, 為切にした白木, 為切りあり, 為切れなく成つたから物, 為にお, 為初めて結婚入籍の, 為別段唐桟御, 為到頭死を, 為制止せられたり, 為に記した, 為前後も知らず寝, 為創作態度を自覚, 為劇的な動作, 為助けねえか, 為助山寺三二郎小島鶴之丞, 為勇ましく戦い命に, 為勘太そのほか, 為勘定に財布, 為勘当した, 為勤勉を抜, 為ましき事, 為北氏或称喜多, 為医学士の這入り得ぬ, 為十三日以前に行, 為十二日風呂へ行く, 為十二月にあるべき, 為十二月興行と謂つた形, 為千里満洲客, 為午前二時より以上夜更し, 為ヲ破, 為即刻転役仰せつけられた, 為しかりしも, 為参上仕候, 為参候て海山, 為参殿の事, 為参考人銀之助を取調べた, 為又は互の, 為反って正直, 為収生或為整骨, 為叔父の首, 為受取未明より人力車, 為が合つて, 為詞章を, 為古代研究の基礎, 為同十一日, 為かりし演説, 為右衛門これは鍵タ, 為右衛門二人が計, 為右衛門仔細らしき理屈顔, 為右衛門左に朗円上人中央, 為右衛門普請諸入用, 為右衛門様円道様が連れ, 為右衛門汝がただ, 為右衛門腹には我, 為其由る, 為各地を転々, 為各自一個の定法, 為吉ひとりを殺す, 為吉らは生まれ, 為同じ様に, 為同情をよんだ, 為同胞の為, 為同門友一朝接清規, 為を略した, 為名代尚差出, 為を受け, 為向けられ教へ, 為向けられるような, 為周囲を見廻した, 為周章は全, 為呼んでも声, 為呼吸を引, 為すてるに, 為和等もあり, 為啓明会の書籍, 為即進之, 為嗣さんに迎えられ, 為の電報, 為四人にし, 為四十近くまで処女, 為図るところあるべし, 為固有の仮面, 為国人の為, 為国家奉企望候頓首, 為国家老の長大隅守, 為国府津より帰京, 為在大慶至極奉, 為在来の面, 為在氷餅之湯, 為地上の様子, 為地方へやった, 為坐視はできません, 為型変りの優人, 為城氏敏樹氏の両, 為候為御, 為基これは系図, 為基定基の弟, 為基定基兄弟の母, 為の底, 為堅く結びし唇, 為塵梅未開非君誰肯顧蒿莱, 為壊した部分を, 為夏子が牢死, 為外国行きの事, 為外国貿易を奨励, 為外界の事象, 為多摩墓地の赤土, 為夜半の二時頃, 為大いに努力したい, 為大きい落付きに, 為大体には二様, 為大元と大聖院, 為大分の臼杵, 為大嵐の為, 為大急ぎで巴里, 為大瀧叔父上の博士, 為天皇の為, 為天部神の梵名, 為太郎といふ子, 為夫婦の縁, 為失したりと貫一, 為奇雲群在側使人頻拭老眸, 為奈良の盛時, 為奉公して, 為奥座敷に面した, 為女中の小女, 為好く眠り込んだ婆, 為如此登詔雖直猶其悪態, 為妻女山への食糧, 為始めで為, 為始めた人が, 為姪孫今嗣菅氏, 為故結末及之, 為子みなこの世の人, 為子供に読ましめ居ります, 為子孫の為, 為子鮎沢元子臼井柳子児島亀江という東京, 為は子温, 為季氏宰問政子曰, 為学校の生徒一同, 為学術の為, 為安物を買った, 為宋乾道中人呉為元至, 為定さまの古い, 為定どのはとうに, 為定らとはつねに, 為実は此の, 為実家の姓, 為客已三週風雨凄凄気, 為宮尾城へ入った, 為害物体を保有, 為家いずれも作者, 為家主が怒っ, 為家人はす, 為家以後二条家に生れた, 為家以後頓阿までを立てる, 為家出とすれ, 為家卿がうたわれました, 為家建久九年に生れ, 為家族全部を調べ, 為家橘は招, 為容色が衰える, 為宿ヲ外浜町村屋清蔵ニ, 為寂しい一本道を, 為寅駕籠部屋から駕籠, 為寒中慰労生牛一疋兵隊へ頂戴, 為将帥者不可不服膺, 為尊敬する人, 為尋常無間之人, 為小さくは甲賀世阿弥, 為小数の尊貴, 為少くも闘争, 為尹薨去の年, 為局口御玄関, 為居る奴は, 為居候は如何なる, 為居候やう今は世, 為江戸や, 為山人の木霊, 為山姥の怒, 為山陵すら白峰, 為岐阜に至り, 為岡本楼主人之嘱, 為控え御, 為差出候類有之, 為差要用なしと, 為市議動坂三郎氏より痛烈, 為帰りが遅れた, 為帰国しては, 為平民社の出版物, 為幽霊塔へ入り込ん, 為に出, 為の, 為続の, 為弔礼家来添差遣仕候処途中, 為弖牟志太夜伊幣爾久太佐牟也, 為の為, 為ゐて, 為当人たちの為, 為当地にき, 為当時横浜の古物屋仲間, 為の美し, 為形勢は逆転, 為彼女等よ花苑, 為征討発向ノ処嘆願, 為後日に改作, 為後日証文依而如件, 為徐に物象を, 為徒に平素憂悶の, 為なかッた, 為得ぬが如く, 為御機嫌御伺御出, 為御見舞御使者, 為御見舞東京へ早打, 為徳川氏旧属, 為心中祈願成就円満乃至法界平等利益所, 為心柄の為, 為心臓麻痺を起した, 為の先途, 為念従者ラジック・シャアナルモノハ殿下御看護ニ際シ感染本日午後一時三十分死去水葬, 為忽ち心臓に, 為忽風邪ひきしにや, 為思いきって一羽頂戴, 為に東京, 為急いで二人, 為恰も偽尊者, 為恰好な形式内容, 為悪しからむやう, 為悪しくは計らふまじ, 為悪し早く帰られたが, 為酷に, 為愛想を盡, 為では経典, 為慣れた組織立った仕事を, 為慰労御酒四合づつ御肴代金一朱, 為憲以下の者, 為憲明に貞盛, 為憲貞盛合体して, 為懸けてあつ, 為成り得るのか, 為成り得んのか, 為成候はんとは誰, 為成卯之上刻御差, 為成敗は遊ばしません, 為成長してからは, 為我が為不自由あらせじ, 為る小さい, 為或いは今以, 為戸台より入り, 為房総の屏風浦, 為なる俳優, 為手習ひに, 為手近に枯木, 為であると, 為をする, 為扮装にも挙止, 為抜いてゐる, 為押し入れ毛皮の, 為押入れを捜し, 為を見, 為掛けた悪い奴, 為掛けだつたのだらう, 為探る方が, 為接近いて, 為推移するもの, 為換相場はその, 為損じるような, 為損じれば男, 為損ずるから宜しく, 為放さんのだ, 為放肆な雑談, 為政見発表の途, 為と拙, 為敏捷を欠い, 為教三十七為相十三である, 為教兄弟のとき, 為教授の後, 為数年まへ, 為数週間芝の血清注射, 為整然とし, 為敵地を脱し, 為文事にいと, 為文学者経を説, 為に老中松平伊豆守信綱, 為新撰組が七八百人, 為新野祭りの晩, 為方如何によ, 為方話で分からせる, 為ヲ破, 為旅行して, 為旅行中背広に関してはいつも, 為既に死は, 為日夜尽力罷在, 為日本の国, 為早速やって来たという, 為昨夜私のまね, 為昨日と今日, 為時には些か, 為時間が少し, 為ければ, 為普通の文, 為るるを, 為更に祝福の, 為書きとめて置かな, 為っと醜く, 為朝鮮から安東県, 為未来永劫にわたり幽霊船, 為本営列戦艦於函館港分遣諸隊於松, 為本日の市会, 為を中心, 為来られず今日まで, 為来りだつたのが, 為来りなんで, 為来るアカシアの, 為来朝して, 為東京へ出かけた, 為東奔西走しつつ, 為東海道第一, 為東郷云々右の狩集, 為林田は早川辰吉, 為果ては自分, 為梅田の停車場, 為棄てられた妻であり, 為植村へ入籍, 為業何かよい, 為様々の蜘蛛, 為欠席のやむを得ざる, 為の宮森氏, 為次々にここ, 為欲満足六波羅密勤行布施心無悋惜, 為歌柄を変, 為正月が盆, 為此上なき事, 為此処に十九世紀浪漫主義, 為此神は陰, 為此隔離が世間並, 為と石田周三, 為武吉田洋一佐久間鼎吉岡修一郎佐藤信衛早川庚弌の諸氏, 為歩いて来る, 為なば, 為死に後れて為方, 為死ぬまで立派, 為死んだ愛犬の, 為死刑を一等, 為死去された北白川宮成久王, 為殆ど記録も稀, 為殊に古代文法を, 為殊更私は, 為残している, 為段々章句が, 為毎日マリエからアピア, 為永福寺に御, 為没交渉の父, 為法官も出来る, 為泣き惑ひ, 為注意を惹かなかつた, 為注意深い優しい姉の, 為であらう, 為泰入道等覚の門人, 為洛陽の帰途, 為活す様になる, 為派奸党のふところ刀, 為派鎮圧のため, 為流石の実業界, 為浦賀造船所へ納め, 為海万畳雲濤露一峰と詩, 為海岸に遠い, 為れんの, 為清卿の息女, 為清音が四十七, 為渡唐せしめ給, 為渡来の儀差し許し候, 為湯治にも遣, 為湯漬を出し, 為滅多に先生, 為漢字を仮名, 為漸く其の神経, 為炉端で火, 為無かった, 為無自覚の偽善, 為無邪気にも余り, 為者吾一日立千五百産屋是以一日必千人死一日必千五百人生也, 為熊本へ持っ, 為燐燵を手探り, 為父親は一番末, 為牛小舎に入っ, 為に入れられた, 為物斎みを, 為犠牲となるべき, 為独乙大使グラアフ・レツクスよりアルント, 為という人, 為王楽堂と雑談句作, 為理想とか絶対, 為瓦胴という銘, 為甚だ主観的にも, 為生き詮な, 為生きる為と, 為田舎の家, 為甲斐がある, 為甲軍の陣営, 為申して置きます, 為申す勿, 為の節供, 為の人々, 為町方へ罷, 為留られたな, 為畢竟自分に, 為疲れるのを, 為病気を起し, 為痛みとれ鼻の, 為登場人物を知りし, 為百木長故呼梓為木王, 為の庭石, 為的結合から生ずる, 為皆金の心配, 為盗んだ品を, 為盛さま右馬権頭頼茂さまなども京, 為直ぐに怪我人, 為直させるぞ, 為直しのない, 為真に欠くべからざる恒久兵備, 為真心からの愛, 為真黒く切嵌めた, 為を用いし, 為知申上候事に御, 為短鬚無雨宿, 為祈るほど幸福, 為祝儀若殿様え組合目録, 為神経衰弱だの, 為生きたる者, 為禍害之藪, 為秀卿の歌, 為秀吉を怒らし, 為私腹を立てる, 為私達は念, 為の成長, 為まで思い出す, 為種々仕度を, 為空気中に巨大, 為空腹で言葉, 為の方, 為立てあげて来た, 為立てさせて一同, 為立てた訣な, 為立て直して貰っ, 為立て直した連獅子, 為立居も不自由, 為立派にその, 為築地路地裏の家, 為米国の方, 為粉末になっ, 為精神病院にさえ入った, 為精進当郷百日在郷諸願成就皆令満足候事也, 為素質の優れた, 為終せさせたと思はれる, 為組まれたりし, 為組んで見せよう, 為組服装などの点, 為絶望して, 為続けなさるが好い, 為続行ありたき旨, 為綱綿打ノ入道ら, 為緊張して, 為総べてをみこ, 為編書或入, 為縒り合せねば, 為居残被, 為纏磯貫一郎藤田松軒御差越し, 為の無い, 為置きにでもいたさう, 為美人の誉, 為義はじめ兄弟たちは残らずつかまっ, 為義妓王妓女と仏御前, 為義義朝という, 為義義朝父子などみな去就, 為義論致しまじハ, 為翌日中碇泊するので, 為老婆心を一言, 為而已でない事, 為はざる, 為脆く破れた破れたと共に, 為脊椎カリエスの男の子, 為臣伯爵自ら編纂した, 為臣氏はその後戦争, 為臨時に緯棒, 為から此, 為自分桜木さんのところ, 為自然敬意を離れ, 為自然高輪田長三の物, 為致すが甚, 為致候儀は堅致間敷候, 為致候処右届之通相違無, 為致度奉存候, 為致度念熾に起り, 為臼歯は何, 為舞台上の刃傷, 為は船足, 為艦長の能う, 為良きものを, 為芸道の廃れ, 為若し甚く, 為苦痛の為, 為菊五郎の牡丹燈籠, 為葉子の好意, 為蓮太郎の著した, 為蔵書や刀剣, 為蕉門俳句をし, 為薔薇の花, 為藤本林太郎という縁家先, 為は征矢, 為蛇虫之霊発菩提也, 為か, 為行かず仕舞いに, 為衣嚢を引っ, 為に入れ, 為の上, 為西鶴再生而余素愛曲亭才学故前聯及之, 為見舞可罷越趣堀, 為観念が行動, 為不好参考宋元明清諸家, 為つて, 為言い開きは立たず, 為言わば犯罪者の, 為りに, 為がまるで, 為ツテ範高ノ, 為読み返す間が, 為も負傷, 為論理の遊戯, 為諸国を廻つて, 為謹慎を命じられ, 為という若い, 為貞節を尽候趣聞召, 為貧乏な中, 為貴公は生命, 為賈豎射利之挙, 為購買力が無くなっ, 為非吾事, 為赤沢君の村, 為起き上ったりする, 為を運ぶ, 為足袋を袂, 為跡方も無く, 為身体大に疲労, 為ヲ破, 為軍法会議に附せられました, 為軍艦に召され, 為を有, 為転倒して, 為つむりの, 為といふ人, 為輔川村三助の両人, 為込まれてしまっ, 為近頃は奥さん, 為返しをし, 為送りをし, 為送る義務を, 為速報した, 為進発せしむ其外, 為進退軽々しき心持候, 為るの, 為道さんを迷わせた, 為道術により, 為道長はあさましく, 為遠方からでも十分区別, 為遣されたのだ, 為遺した事も, 為邦家御自重, 為邸内に入っ, 為部屋中の空気, 為都講因撰昌平志廿巻献之幕府大有恩賜云, 為配当つかは, 為の為, 為金沢から信越線, 為金額は不, 為の上, 為鎌倉中騒動, 為間敷船行伏見に上陸, 為関守はその, 為陣服料金三両宛被成下, 為随分苦労し, 為随時発散を心がけ, 為離婚法は女, 為難ければせめて, 為難しとする, 為難波を離れ, 為雨為雲今不知, 為にし, 為静かに壮重, 為非常に好都合, 為さえ立てね, 為音楽をききたい, 為頓死しました, 為に布, 為頭巾を離せぬ, 為風頽再築功成復化灰遺恨禍源猶未, 為食うには困らず, 為食料を送る, 為飯島様のお家, 為養生温泉行御聞済, 為付けた, 為馳氏や同校, 為駄馬に乗った, 為骨身をくだき, 為高利か可, 為高良の大, 為高麗国在陣之間敵味方閧死軍兵皆令入仏道也, 為高麗国在陣之間敵味方鬨死軍兵皆令入仏道也, 為髪毛が立った, 為鳥打帽を買い, 為鶴岳八幡宮に御, 為鶴岳宮に参り