青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「相~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~直し 直し~ ~直ちに 直ちに~ ~直に 直に~ ~直接 直接~ 直観~ ~相
相~
相互~ 相対~ ~相当 相当~ 相応~ ~相手 相手~ ~相談 相談~ ~相違

「相~」 5339, 58ppm, 1996位

▼ 相~ (560, 10.5%)

13 現わし 12 呈して 10 示して 8 して 6 あらわして, 帯びて, 持って, 現して 5 もって, 現じ, 見て 4 なして, 具へて, 見る, 見ること 3 おびて, 云ふ, 備えて, 具えて, 具へ, 尽して, 観るに

2 [27件] あらは, うつして, そこに, はなれて, 与えて, 作す, 個物的なり, 備えた若い, 呈しましょう, 呈する, 忘ぜ, 拝する, 指すの, 暗示する, 浮べ密やか, 漂は, 現は, 盡し, 示した, 示し不動, 示す, 茶碗という, 見せて, 見つめ自分, 観るの, 説明する, 読むこと

1 [387件] あたかも春秋, あたかも道中, あらわしたが, あらわしプイ, あらわす気, あるが, いうので, いつた, いふと, くずして, くりかえしくりかえし書き続けて, くりかへ, ここに, この時代, こんなふう, ご覧に, さへ, したもの, した経験, した聖母, した色, した面当, しませうかね, し半, するの, する者, そなえた一, そなえた魚, そのままに, そのまま彼女, たしかめ疑ひ從つていよ, たたえて, ただならぬもの, たつぷり持合, ちが, つかされたところ, つかされる程, つかされる程目, つかして, つかし真面目, つかみ出すの, つかむまで, つかむ事, つかんで, つく, できるだけ精細, とった, なすとき, なせり, はつきり知つてゐたなら, はらいたいと, ぶちまけた, まざまざと, まぬがれぬこと, みるに, もち読むあ, もった人, もった大河, もっとよく知ってる, やや細面, やわらげるけれども, よく, よそに, ハッキリ知る, リアルな, 一層険悪, 一層險惡, 与えたの, 主領と, 乙彦も, 了解した, 云った, 人相と, 人類の, 仔細に, 他の, 他人から, 仮現, 仰ぎ見ようと, 伝えること, 伴なった, 何か, 作りそれ, 作り示すと, 供えなか, 保持し得た, 偵知の, 傅へる, 備えたるもの, 備へて, 兆わした, 全体の, 共に交, 其儘現は, 具うる, 具え現実, 具現し, 兼具せざる, 写し出すという, 写し留められたこと, 凝らし脂汗, 凝視しつづけ, 凝視する, 出ないという, 刻んだこと, 前に, 剣の, 副会長, 助長する, 反映し, 反映する, 取り来, 受けては, 同族から, 呈しかけた機, 呈した, 呈したとは, 呈したの, 呈したるか, 呈しだすの, 呈しはじめる, 呈し世辞, 呈し決して, 呈すること, 呈するでしょう, 呈するので, 呈せざる, 告げたかと, 哀しみ生死, 問いまた, 喚び返そうと, 嗅ぎ出すさ, 国相と, 地上に, 変えさせたと, 変えなかった, 変え振払って, 変へる, 失いもと, 失って, 學ぶに, 定め相生, 實と, 寫す, 寫すもの, 寫取る, 尊む, 尽かさずに, 尾と, 山陽は, 崩しながら, 帯びさせて, 帯びた半, 帯び一目, 帯び出した妻, 弾劾した, 形づくると共に, 彼の, 後ろから, 後世にな, 得たるもの, 心の, 怒らせて, 怖れる如く, 悉くす, 悠然と廊下, 想わせて, 想像する, 意味すべきで, 愛の, 感發し, 打仰ぐ, 把握する, 持ちかりに, 持ち気まま, 持ち顎, 持った一人, 持つ人, 持つ者, 挙げて, 捕えること, 捕來, 採って, 探り究める工夫, 探る女, 掲げてから, 掴みよく, 描いた茶掛, 描き出して, 描き出すこと, 提供しなけれ, 握ること, 摘抉する, 撥無, 明かに, 明るみに, 映して, 書いたもの, 有して, 有する羅漢, 来して, 根拠に, 根源的體驗にまで, 案ずる, 業と, 横目で, 歌って, 正しく彼具, 正視する, 正面より, 残して, 殺さんと, 法律の, 洞察する, 洞見させる, 漂わしその, 物の, 玩索する, 現しこれ, 現し死しては, 現す, 現すこと, 現ずること, 理想に, 理法的なり, 生きること, 生じて, 生滅せし, 留むるの, 発見した, 白眼んだ, 直ちに全体, 直視しなけれ, 看破し, 看破した, 看破する, 眺めて, 眺めながら, 眺め護るいわば, 眼で, 瞬間に, 知らざる者也, 知らないのに, 知らば, 知り居らぬが, 知り得たの, 知り拔, 知ると共に, 知るに, 知れる者, 研究する, 示さなければ, 示しながら, 示すとき, 示すらしい, 示現し, 示現する, 社会に, 移すので, 究め又, 穿つたもの, 突きとめる爲, 突止めて, 窮めやう, 立てたるは, 笑いの, 結ぶ手, 結んだもの, 線に, 纒って, 罷めて, 考えて, 聽い, 背景として, 自分でも, 自識, 舞台といふ, 舟の, 色濃く写生, 芽ざし, 蔽ひ, 表に, 表は, 表わして, 表わす, 表現した, 表現する, 表示し, 裏付けて, 覆ふ霧, 見せよと, 見せられたいと, 見せられた気, 見せる, 見せるの, 見たこと, 見つめたこと, 見つめつ, 見つめつづけて, 見ないこと, 見なかった, 見るが, 見ると, 見るに, 見るの, 見るよう, 見る時, 見る者, 見れば, 見入った, 見入って, 見出すこと, 見極めたいよう, 見極めんとして, 見究め得たならば, 見窮めるため, 覚るこの, 観きわめたいと, 観じる, 観ずるには, 観ずるまで, 観て, 観る余地, 観る寺, 観る目, 観察する, 観得なかった私, 觀ずる悟者に, 觀その, 言うの, 言った, 言つたに, 言ふ, 訊ねました, 認めた, 認め合って, 認め難し, 認識せし, 語って, 語るかに, 語るとき, 語るの, 語る二人, 誤るの, 誤解し, 誤解する, 説明した, 誰かは, 論じて, 諦観しない, 識別す, 變ぜ, 象に, 象耳に, 貫く諸, 起しはじめた, 身に, 軽ん, 週期的に, 過つなり, 選ばしめる, 酌取る, 開けて, 開放し, 闡明する, 除いて, 隱蔽しなけれ, 離る, 離れたる空しき, 離れなんぞ, 離れ名字, 離れ心縁, 離れ畢竟, 露せる, 露わにする, 露呈し, 非想, 音階に, 頽さん夫のみか, 顏に, 顔に, 顕ずるとか, 顕せる, 顕わしたちまち, 顕わし大喝一声する, 顯した, 驚異的に

▼ 相~ (493, 9.2%)

18 して 9 なるの 8 いつた 6 なつた, 見て 5 なって, 眼を 4 したが, 見える石垣 3 あたりを, しては, なった, なる, 云つた, 對する, 見える, 訊く

2 [37件] いった, お定, この村, すぎないので, するの, なります, なるという, ゆらついて, 二人を, 分ち顕われ, 前で, 唇の, 変って, 家に, 對し, 左の, 心を, 思はれた, 思はれる, 思ふ, 思われます, 恁う, 息を, 成った, 成つた, 桑の, 申しあげて, 眺めて, 瞬く, 聞えた, 肩を, 胸に, 草の, 視入りながら, 訊ねた, 身を, 顔を

1 [330件] あつた, あります, いう, いたるまで, いつて, いるもの, うめき入りながら, おつぎ, お前は, ぐつたりとする, けろつと, この女, こんなこと, したの, した時, しても, しました, しましたが, すさまじい殺, する所, そこだけ, そっくりである, それを, たべた, ついて, つまんでは, どよめいた, どんな心, ない, ないなぞを, ない連中, なさけない顏, なすであろう, なったもの, なった事, なった千代子, なった東京地図, なった起居, なっては, なつて, なりつつ, なりますから, なります善行善意, なりませうが, なり命, なり斯ん, なるだらうね, なると, なる人, なる土手, なる蕎麥, なる身体, にやりと笑つた, ふくれ上って, ふるまって, ふれつつ, またたきしたが, みて, めでて, もう一歩, もじもじし, やっとそれ, ゆがめて, よい結果, らしく答, わななき, ア爾, グラついた, サ余の, ニコニコし, ニッコリ笑っ, パチパチやっ, メッセージを, 一層青年, 一抹の, 下を, 且つ刄, 世を, 両親を, 並べ替えて, 乗合の, 乘合の, 云いましたけれど, 云った, 人間の, 他の, 低くた, 低く成つて棒, 傾いて, 光つてゐる, 入って, 入つて, 其の本, 其周圍を, 其等の, 出掛けて, 分れて, 分化した, 別れみな兼, 動かしては, 動く雲, 勝ちたる主, 勝ち叙事詩, 卯平の, 卯平へ, 危まれた, 去らなくても, 取り変って, 口を, 叶って, 同情する, 吐き出すよう, 呑み乍ら, 味到し得る, 呼吸を, 哄笑って, 唄ふ, 噛んだ, 因んで, 坐って, 売れるん, 変えた, 変つ, 変貌せしめ, 大きく目, 大く, 大層傷, 大真面目, 夫では, 如かざること, 妻は, 姉ようと, 娘が, 封じられたいという, 封じられたとの, 尋ぬるも, 尋ねた, 小三さん, 少し躊躇, 就て, 尾を, 居るの, 属する仕事, 席を, 帰する, 平三, 店の, 庫裏の, 引つ抱, 彼の, 彼處此處と, 復帰し, 微笑んで, 徹し得る丈, 徹すること淺, 徹する時, 思えたので, 思える, 思はれない処, 思はれ出した, 思へるならすぐ, 思われる, 怯えながら, 悲しい顏付, 想はれる, 感ぜられた, 慄へて, 懐中し, 懐中鏡を, 成るので, 成る首, 我等の, 戸を, 戻す, 戻る訳, 手づか, 手と, 手を, 手傳つて居た, 手毬を, 打ち消した, 打棄, 抱いては, 抱へて, 持つた, 持つては, 挿して, 捕われ無駄, 攀縁し, 斯う申しました, 服し給うこそ, 枕を, 枕頭を, 構えたけれど, 横から, 歌ふ, 止まらぬ境地, 武村兵曹の, 歩いて, 歩き出した, 歩き廻つて, 歪んだ笑い顔, 気候の, 没入し, 泣き出した思えば, 注目した, 深く透, 無い, 無いから, 然しながら周圍, 照って, 燐寸を, 爺さんは, 物語るの, 用心の, 申込んだ会見, 痩せこけた顔, 目を, 目覺めしめる, 眉へ, 眩惑される, 眺めたり, 睨めそれから, 睨めた, 石奢, 私の, 移るまでの, 立ち枯れる若木, 立って, 立つて, 端的に, 竹の, 笑った, 笑つた, 笑ひ出し, 笑語くもの, 答えしよう, 答えた, 筵の, 紙を, 緊張した, 縁遠いの, 置き山本安英君扮, 聞いた, 聞いて, 聽い, 育ち卑しき, 背馳する, 胡坐を, 胡座を, 胡蝶花の, 自分の, 至っては, 至つては, 至ては, 興奮し, 舌を, 莞爾と, 葉の, 蒼ざめたり, 見えた, 見えたから, 見えたが, 見えた秀子, 見えはじめた, 見えましたから, 見えますね, 見えるが, 見えるでは, 見えるの, 見えるので, 見える家, 見せた, 見たばかり, 見つめて, 見るので, 見る様子, 見渡して, 覗いた, 覗き行かぬ, 親しむ日夕, 言うと, 言った, 言ったので, 言って, 話して, 語らい行くに, 謁し, 象るは, 赤ん坊は, 躊躇し, 身體を, 車の, 軟げられ, 迎合し, 近い, 近かった, 近づいて, 迷わされない評, 透徹せ, 通ぜず妄念, 過ぎざるなり, 過ぎぬ, 道を, 違うと, 適切に, 部屋の, 金起さん, 門口の, 開いたり, 震える指先, 露骨に, 青年と, 青物を, 青脹れ, 靡いて, 鞭でた, 頬笑み, 頭を, 顎を, 顏に, 顏を, 顕われる, 飛び立った, 首項垂れ, 驚かない訣, 驚かない訳, 驚きぶる, 麻の, 黙つて

▼ 相~ (321, 6.0%)

27 顔を 13 気が 12 顏を 6 事を 4 ものだ 3 場所を, 道理が, 顔で

2 [15件] それで, のだ, のである, のです, もんぢや, ッて, 事だ, 容子が, 容子を, 様子で, 氣が, 目で, 眼眸を, 者だ, 表情を

1 [220件] あの人物, あの偉大, あの哀れ, あの弟, いやに, いろいろな, うめき声を, お札の, が同じ, ことでした, ことです, ことを, この人世, ごく簡単, その姿, ただならぬ暗い, だらしの, ね, のかも, のが, のでね, ので何故, ので徳松, のは, のや, のろさ, もである, ものじゃ, ものです, ものな, ものは, もんで, んです, キキイを, ヌエが, パン菓子を, メロディは, 一つの, 一曲やらん, 一間が, 上さんが, 上さんの, 上眼づかいで, 下駄を, 中年の, 丸顏に, 丸顔に, 主人は, 主題伝襲を, 事である, 事です, 事件に対する, 事柄では, 事柄を, 二人の, 人が, 人で, 人を, 仕事に, 便宜に, 兄さんな, 光景は, 凄い顔, 出来で, 剪を, 勢で, 半九郎夫婦, 半裸体, 口吻で, 口調で, 叫び声を, 呼吸を, 場合を, 境目を, 声で, 大きな束, 大樹が, 女が, 女は, 奴等だ, 好奇心の, 妹の, 姉, 娘です, 婦人な, 宝物を, 容子である, 容貌で, 小さな玉, 小児の, 岩石が, 布留を, 年増で, 廣介を, 延大な, 御立腹, 御馳走が, 微笑を, 心持ちが, 恋愛闘争, 所が, 手で, 手に, 手もとで, 抜目の, 拔け, 指の, 文句で, 文章と, 断末魔の, 明りでは, 景色, 有様と, 本の, 板の, 林である, 果敢ない姿, 柄です, 梁や, 極く, 楽天的な, 様という, 様子を, 欠伸を, 毛布を, 気さえ, 気運に, 氣も, 渋面と, 渋面を, 温和しい, 無花果である, 熟した, 爪先で, 物云い, 物分りの, 特色を, 狩島右門と, 獲物を, 琉球本島では, 男が, 男だ, 男である, 男でした, 男な, 男の子の, 皺の, 目を, 目付を, 目生, 目附で, 目附を, 眼つきを, 眼を, 瞳の, 石段を, 石田, 磨きが, 程御, 程美しい, 空を, 空氣です, 立派な, 笑いを, 笑声が, 笑聲が, 笑顔は, 筋だ, 築城法である, 粉飾に, 繃帶で, 羽を, 老女である, 者が, 者である, 聲だ, 職業は, 肉附も, 若い男女, 葬式の, 蒟蒻の, 蒼い顏, 血の, 親爺である, 言ひ, 言葉だ, 言葉を, 調子である, 豊艶な, 赫らめた, 足縄投げ, 身ぶりも, 身を, 身體を, 輪郭を, 返事, 返事である, 退屈を, 退屈屋の, 遊人風の, 遊戯だ, 階律の, 隙間を, 音が, 頬骨の, 頭の, 顏付を, 顔し, 顔つきを, 顔色を, 顔附き, 顔附を, 風を, 風呂敷包を, 首を, 體へ, 體躯を, 鱗雲が, 麗しい顔, 默つた表情

▼ 相~ (261, 4.9%)

7 手を 5 ような 4 中で, 間を 3 つもりで, よかった

2 [19件] おゆるし, ことだ, ない大理石, もとにおいて, よくない, 下に, 中に, 僕を, 児だ, 図を, 変化は, 奇峭は, 好い微笑, 子か, 完全な, 山の, 手で, 手に, 美に

1 [197件] あさましさ, いい刀, いい青柳, いえない方, お下知, お使い, お手, お言葉, ことに, ごときは, その中, つねに出, どこか, ない表情, なかに, なかには, ほうが, ままなやみ, むかしが, もと武士, やうに, わかれ目は, シエクスピイヤが, モスクワ会談に, 一つその, 一つとして, 一つに, 一つも, 三国ざかいがここ小さな, 三国ざかいこの, 上に, 上位に, 不安に, 世の中の, 世界から, 世界が, 中では, 中にも, 中の, 事, 二つある, 互に亡び, 人物は, 仏さまだ, 位を, 作者に, 個想を, 備わって, 全部を通じて, 写真が, 凝視解剖並びに, 出処進退にも, 出處進退にも, 初歩だ, 別を, 北條と, 區別が, 反感と, 同じいもの, 名で, 名を, 名を以て, 名残なく, 名馬を, 告文を, 命で, 命を, 命令である, 図の, 国境山脈を, 地が, 変化であっ, 変化応接に, 大敵である, 好い師匠, 好い言葉, 好い顏, 妻も, 姿が, 子みたいじゃ, 字は, 宜いの, 客として, 家すなわち, 家すらも, 宿で, 寂光を, 密命を, 小天地を, 尽きた世の中, 山から, 山が, 山で, 山とも, 山に, 山にも, 山は, 山まで, 山も, 山第, 山茶店で, 山谷に, 己に対しては, 建議によって, 弱々しい淋しい彼女, 徒の, 循環する, 微塵でも, 徴候であった, 怪奇さに, 悪い犬殺し, 悲しき歌, 悲しみは, 惡い, 意樂により, 意見を, 感得を, 手の, 手弾く, 持った時代感覚, 持主で, 挂冠と共に, 捉へ, 摩尼の, 文を, 方は, 旧友だ, 昔, 晏平仲の, 晴曇によって, 書には, 最美, 有る人, 有無に, 本体を, 李厳も, 根本である, 椅子は, 標本だ, 歴史を, 歸國を, 死を, 浄土を, 浪士達にも, 深遠な, 物を, 理法は, 理解に, 直觀, 相と, 眞歸である, 瞭然たる, 知遇を, 研究が, 示揚された, 禅門から, 空に, 窟を, 篇が, 肝胆屡, 花衣幻翳空華解脱し, 荒くれ武士物をも, 蓋に, 見えられるまで, 見ゆること, 見るに, 見事な, 觀察を, 詩は, 誘惑だった, 説明であります, 調査, 豊頬に, 象字と, 象徴として, 起る所以, 近国でこそ, 連山を, 道徳もっ, 道理, 選択という, 邸には, 部分は, 郷土を, 野郎の, 鋭くし, 門に, 間から, 間に, 隱蔽は, 雲井喜三郎如何に, 面に, 頭が, 顔が, 顔とが, 首を, 麗わしさ

▼ 相~ (234, 4.4%)

8 ありません 7 變らず 6 變らぬ 5 すさまじいには 4 変らず 3 ない 2 ないこと, ないの, 変らずニタニタ, 変らず同じ, 変らず酒, 変らず頭

1 [189件] あった, あります使者, ありませんので, かわらずの, かわらずひと, かわらず澱粉, かわらず穴, かわらず落ちつき, かわらず貧乏, かわらぬ俳優, かわらぬ黒紋付, そのかげ, つれるに, とらない境地, とるもの, ないから, ないし, ないそう, ないと, ないな, ないのみか, ない事, ない人物, ない滑稽至極, ない縁談, ない話, なかった, なくて, なく三輪, なく親父, みな頼もしゅう, 一応は, 上皇としての, 之によ, 何も, 併せ持って, 向ひ, 変らずいつも, 変らずお, 変らずしゃくるよう, 変らずそんな, 変らずのほほん, 変らずのんびり, 変らずよ, 変らずクサリクサ, 変らずゴトンゴトン, 変らずニコニコ, 変らずノッソリ, 変らずハッキリ, 変らずハッタ, 変らずヒッソリ, 変らずベッド, 変らず人, 変らず今, 変らず仰天, 変らず何やら, 変らず例, 変らず先, 変らず八股文, 変らず前, 変らず前額, 変らず卒塔婆, 変らず古今, 変らず嘲笑, 変らず団子坂, 変らず夜ごと, 変らず大きな, 変らず奇瑞, 変らず奇矯, 変らず寄せ手, 変らず巷, 変らず忠実, 変らず悠々, 変らず慇懃, 変らず料理談, 変らず日本固有, 変らず暢気至極, 変らず書立てて, 変らず柳, 変らず椿, 変らず極端説, 変らず歯, 変らず水の手, 変らず泣いて, 変らず浮き立つ福松, 変らず淑やか, 変らず清国留学生会館, 変らず渋紙色, 変らず灰, 変らず無, 変らず物音一つ聴, 変らず猛烈, 変らず猛者ぶり, 変らず甲高い, 変らず皓々, 変らず盛ん, 変らず真白, 変らず竹藪, 変らず紙屑, 変らず絹糸, 変らず肥え太りながら, 変らず自慢, 変らず茶の間, 変らず茶色, 変らず落着き, 変らず薄暗かっ, 変らず衒気, 変らず衣裳, 変らず裸松, 変らず話好き, 変らず謹聴, 変らず近江屋, 変らず遊廓, 変らず遣瀬, 変らず郵便, 変らず間, 変らず雑具, 変らず霧, 変らず青く, 変らず領土慾, 変らず頭部, 変らず食糧, 変らず高雅, 変らず黄いろい, 変らず黙々と, 変らないの, 変らぬ, 変らぬうずくよう, 変らぬお, 変らぬつまらぬ連中, 変らぬは, 変らぬアイロン, 変らぬシドニーさ, 変らぬ中二階つき, 変らぬ低劣浮薄, 変らぬ凄, 変らぬ唄, 変らぬ大, 変らぬ怪しげ, 変らぬ戯れよ, 変らぬ手, 変らぬ暗い, 変らぬ暢気, 変らぬ枯木林, 変らぬ気色, 変らぬ無, 変らぬ爪さき上がり, 変らぬ自己欺瞞, 変らぬ芸無し猿, 変らぬ藤十郎, 変らぬ語呂, 変らぬ謙遜, 変らぬ退屈さ, 変らぬ運, 変らぬ長談義, 変らぬ静か, 変らぬ駄洒落, 変らぬ黄色, 変わらず両, 変わらず仰向きに, 変わらず例, 変わらず信じやす, 変わらず垂れ籠め, 変わらず夢中, 変わらず婿君, 変わらず常連, 変わらず彼, 変わらず憎々し, 変わらず放縦, 変わらず肥えに, 変わらぬ, 変わらぬノソッ, 変わらぬ仏文, 変わらぬ気休め, 夢物も, 太, 年内には, 悉皆崩れ, 拝辞そして, 持たないのに, 漢の, 無いこと, 無い様子, 無かつ, 生じたがる株杭, 組織も, 蔵相も, 見えませんでしたが, 見て

▼ 相~ (195, 3.7%)

14 あると 13 ある 3 ありありと, あるの, 出て, 変って 2 あったの, あらわれて, その麓, よろしくない, 浮んで, 現れた, 現われて, 見えて

1 [140件] あって, あっても, あらわれ出した以上, あります, ありますそれ, ありますよ, あり社会組織, あり道, あり面, あるいや, あるから, あるぞ, あるという, あるといふ, あるとか, あるとして, あるに, あるわけ, あるルンペン, ある故, ある職業, あろうとも, い, いい, いかにも汪, いつしか空虚, いつのまにか姿, うがかはる, からくも, かりそめ, きびしかつ, きらめいて, ここに, この一首, これで, これへ, ご自身, すべて懺悔の, その儘, その頃, その顔, それ自らとして, つきたよう, つきまして, どうして人間, どんなもの, ない, よかった, よくなかった, わからない, わからないので, わからぬので, わかるもの, ハッキリと, 一つの, 一列一体の, 一歩ごとに, 一瞬若い, 一緒くたにの, 丁度弟, 上品でも, 五万円の, 人間肉体の, 伴う, 何やら急, 何等の, 保てるの, 偶然の, 児童を通して, 全然ちがっ, 出来俳優, 判つた, 判るやう, 区別される, 変ったの, 変る, 変わって, 大きくなる, 大に, 女子学習院の, 如何にも柔和, 家中の, 少くとも, 少しも, 尽きて, 尽きる子, 展開され, 感じられる, 成立つこと, 拡がる様, 挂冠した, 書きのこされた巻中, 有りましたよ, 村びとには, 極端に, 極端まで, 欠けて, 次第にわかつ, 消えて, 澄んで, 熊野詣り, 特務部長に, 特殊化されれ, 玉笛を, 現はれ, 現れて, 現れるの, 現れ悪事, 甚だ平凡, 発達し, 目に, 真実であり, 私たちの, 窺は, 立ち上ったの, 統制の, 美しいからと, 聯想された, 芸術の, 苦心もっ, 茲には, 萌したよう, 著しく対照, 虚偽である, 表われ, 見えなさらぬの, 見えると, 見えるの, 見ゆる, 見られるの, 観られるもの, 観察され, 角張り蜘蛛, 解つた, 解つて居ない, 言つ, 誤ま, 誤られは, 足利尊氏の, 顯はれた

▼ 相~ (140, 2.6%)

129643 が確か 2 から, から多分, という, といふ, と思っ, な八

1 [94件] あの椿三千麿, からとか何とか, からと仰し, からと言, からな, からま, から直ぐ, から私, から連れ, がある, がお, がお上, がこれ, がする, がそれ, がどうも, がね, がまだ極めて, が今, が何, が何となく, が何處, が余り, が僕等, が兎, が其, が其餘波, が大層, が妙子, が悪魔様, が打, が此秋あたり, が毎晩家, が滿谷, が船, が間もなく, けれどそういう, けれど俺, けれど幽霊, し, しかも裸体, し見失うまい, ぜ, その場所, それから自分等, それに近々の, と, というの, といふやう, といふ樣, とかどの, とでもいう, と云, と亭主, と思いました, と思え, と思つた, と思つて線香, と申しおりました, と誰か, なお前, なきり, なア, な人一人, な松平, な自分等, ねちよい, ね今度の, まア辛抱, もう大勢, もう少し見張, よ他, よ若菜, よ都合, アね, スルと, 一体お前, 主人金兵衞の, 事は, 代議士に, 何となく気味, 何となく滑らか, 俺がなあ, 其後では, 夏子は, 天然に, 忽ちの, 根西夫人も, 無論世界地圖, 爾し, 藤井は, 警察の, 跡で, 鎌倉町へ

▼ 相~ (132, 2.5%)

2 實に

1 [130件] あたかも福原, ありません, いかにと, いかにも醜, いたましいご, いつまでも, いまおいででない, いよいよハッキリと, おなじ體, かえってますますはっきりと, かれが, この一すじ, この子, この帷子, この通り, こび申候, これ煽がずし, こんどの, すでにインド伝来, すでに鋭く, そのま, その煤けた, そんなこと, どうした, どうだ, どう変ろう, どこかに, どこに, どこにも, ないと, なれ軛, なんの, まことは, もう魏王, ようやくここ, よくない, よく分る, よけいに, わしの, ロベスピエールに, 一つでない, 一点一画と, 万代不易の, 上機嫌で, 下, 両面から, 之なり, 人心を, 仮相に, 何れの, 何等の, 個物的ならず, 到底捉, 到底理會, 十分判らぬ, 即日あらたまろう, 又と, 又同年七月八日, 口を, 唯影, 変ずるで有りませう, 外法の, 大変宜しい, 天地間を, 女体の, 如何か, 宜しくありません, 尽きないかい, 帯びて, 平氏の, 年少の, 彼にとって, 彼の, 彼らとは, 心から出る, 心を, 必ず燒物, 成り立たない, 我の, 或は墨子, 掴めない, 掴めません, 描かなくても, 支倉に, 支那の, 数は, 文を, 文字どおり乱麻であった, 斷乎として, 日本文化の, 明かに, 映らない, 暴風雨の, 更に妖しい, 来迎の, 次第に判らなくなる, 死人の, 氣滿の, 沒却作家即, 消えぬ, 漢族の, 無いの, 無定, 猿猴めき, 理法的ならず, 生の, 生物と, 異っ, 皮膚の, 盲目の, 知り難い, 確証には, 福禄の, 私たちの, 聖人の, 自分の, 自若として, 草間が, 蕭何, 虚妄と, 被害地を, 見えた, 賢を, 野伏乞食の, 霧の, 非實, 馬だ, 馬の, 魔王と, 鼻の

▼ 相~ (122, 2.3%)

7 あつた 3 私の 2 一生懸命つい, 居て, 私は

1 [106件] あつしも, あとで, あらねば, いつでも, いて, お行儀, お道具, がんす, この三つ, これは, しかも人参色, その上雨戸, その前後, その日, その筋, その邊, その間に, それが, それに, どうも外, なあ, ならなくなりました, まことに相, もう一度は, もう棺, やつて, よくもやる, われわれの, ゐて, 丁度その, 三十年も, 不思議に, 並大抵でない, 人間は, 今だに, 今では, 今の, 今其美, 今日の, 会社へ, 何か, 何んで, 何時まで, 侵攻を, 其内の, 其船脚も, 半刻近く, 叔父さんと, 叔父は, 取亂, 四邊の, 土用干といふ, 夕方から, 多分御, 大騷ぎをして, 夫ゆえ伯父を, 失礼しました, 嫁の, 子供などには, 尤も余の, 尤も養, 川面は, 左の, 巴屋の, 彼女は, 心配し, 恋の, 恐らく突い, 手の, 持參金もし, 控へて, 書いて, 本妻が, 本當, 椿三千麿は, 残って, 氣に, 決して笑う, 深川生れの, 無類の, 片付けては, 特に王朝時代, 現に七郎兵衞, 現はれる, 現われるには, 生命でも, 生濕, 画も, 発揚された, 白梅屋敷は, 私も, 給仕の, 考へて, 背の, 膽を, 葬ひも濟んでしまつた, 身體は, 躾け, 近頃で, 錢形の, 鐵磨きです, 階段から, 頭の, 飛んだこと, 食べ物を, 飮む打つ

▼ 相です~ (103, 1.9%)

2773 が, がそれ 2 から, がお, がその, が今, が生憎, が自分, が誰

1 [49件] あのお客, からお, からそれ, から勉め, から當分江戸, から私, がだ, が二三日前, が二年前, が二度, が亥刻頃, が信心氣, が兎, が其の, が利, が叔母, が大, が御存じ, が晝, が暗く, が母親, が無論, が爾, が眼鏡, が知識年齡, が素より, が誰か, が證據, が近所, けれど私, し二人, ぜ, ぜ親分, ぞ, と自分, よそれ, よ小判, よ尤も, よ岩見重太郎, よ親分, ネ犯人, 三十兩の, 十年も, 南さんと, 嘘ぢや, 多分それ, 大分醉つてゐた, 目を, 綺麗で

▼ 相~ (80, 1.5%)

4 なって 2 いっても, 云ひ, 反比例し

1 [70件] あり或, ある通り, いい直しても, いうと, いうべからず, いって, いふと, おっしゃったの, したと, しなければ, し有, すこれ, するに, する為, する風今, すれば, その生活刻々, それに, それを, なったとき, なった時, なつた, なり政事一変, なり處, なるの, またそれ, プロレタリアートの, 三宅治忠の, 両方ある, 云い, 云い地獄, 云えば, 仰しゃって, 其動機とが, 剣難より, 吃相, 同じである, 同じ系統, 女相と, 実相の, 彼との, 思って, 思召し, 思召すなら, 性格との, 感と, 慈愛とを, 接触し, 接触を, 方とは, 日本全体が, 暇を, 正反, 残虐性亢奮とは, 没落の, 異なるところ, 盗心の, 称する, 能感の, 致しましょう, 見て, 見ても, 見ら, 語って, 論じたこと, 謂つても, 追ひゆく, 金森法制局長官とを, 降を, 高き音聲

▼ 相~ (60, 1.1%)

3 である, の笛 2 であった, になる, のよう, をし, をした, をする, を見

1 [40件] から抜け出した, が通じた, ぞと知らざる, だ, だから, だった, でございませうランプ, で佐田やす子, と共に立烏帽子, と承わり, にある, にちょっと, には, には気, に使, に対して赤い, に従って一斉, のごとく見えた, のベル, の世界国ノア, の号砲, の火, の状, の花火, の鈴, は敵, は舟, もせず, もなく, も号令, やそれ, をしました, をちらりと, を受け, を受けた, を待っ, を思い出した, を極彩色, を知らざる, を返す

▼ 相通ずる~ (55, 1.0%)

14 ものが 4 ところが 3 ところの, ものの 2 に至れ, 名人魂が, 所が

1 [25件] がゆゑ, ことが, ということ, といったよう, といふ便宜, ところに, と大変, のである, ものある, より自ら富士山, わけであります, わたくしの, をも徹視, 何ものかによ, 何物かが, 意味さへ, 意味である, 意味での, 所あらしめた, 所ある, 気持であり, 火夫長と, 設備は, 辺において, 音便によって

▼ 相~ (54, 1.0%)

2 に盡

1 [52件] しいしそして, したもの, じ四境清平, する人, する物, ずるやう, だけには勞作, でどこ, といふこと, なむくいを, なもの, な仕事, な智慧, な苦勞, な謙遜家, な金, に一々, に佛, に女, に氣苦勞, に溌剌, に硬い, に與, に評判, に馬鹿力, のもの, の出世, の品位, の國, の威嚴, の小さな, の希望, の彫刻, の恰好, の愛嬌, の政治, の文化, の洗面場, の皺, の着物, の義憤, の考, の能力, の記憶力, の話, の話し, の謙遜, の躰格, の都市生活, の階段, の飼養上, はしく

▼ 相~ (38, 0.7%)

2 より一等輕

1 [36件] えらい人, と見えます, な不味い, な心配, な文化, な文筆, な晴衣, な會話, に四人, に幅, に異, に荒れました, に面白い, の値段, の刑罰, の印紙, の報酬, の學説, の年輩, の年配, の年齡, の意味, の敬禮, の皿, の禮, の紙數, の繁劇, の罰, の聯想, の苦痛, の褒美, の賃金, の資産家, の身分, りて, ると

▼ 相変らず~ (32, 0.6%)

1 [32件] ありがとう存じます, うまし, お元気, お茶を, かね, くさり演, さ, の下向き加減, の深酒, また小遣, も一種悪質, イカンヨかな, クサリ演, ニヤニヤ笑, 主人の, 人懐し, 大口を, 実隆邸で, 御元気, 御機嫌, 斜めに, 書物標本を, 机にも, 沢田氏の, 紫インクの, 美しいの, 美しゅうございます, 貴方の, 資本主義社会の, 長椅子の, 飯も, 駄金魚を

▼ 相~ (26, 0.5%)

6 して 3 しました 2 の事實

1 [15件] した暫時, し奮戰, し正に, し此等, し相爭, する時, する部, すれば, と云, なる衆理想, の象, の關係, ひて, ひ立ち夕凪, を根本假定

▼ 相である~ (25, 0.5%)

1 [25件] から宮, が今度, が今日, が何れ, が北満, が巌下四五尺, が支那人, が祖国, が英国, けれど甲斐, ことに, しその, とこんな, と同時に, と思った, と憚り, と承知, 丁度桜花, 偉人の, 提灯二つが, 春も, 正直其物の, 為め自然仏蘭西人の, 生前は, 隅の

▼ 相~ (24, 0.4%)

2 して, をした

1 [20件] あそばさせ樂隱, いて, がしたいなら, きて, き劒, き水師, した人, するさ, する方, ですから, といふ封建的, にからまる, にもお, の屆, の有, は何とも, は大した, をしました, を願, ヲ機トシテ國家ガ收得

▼ 相~ (23, 0.4%)

5 はらずの

1 [18件] たらふさ, はらずトルコ兵, はらずプチブルボツチヤン, はらず仲よく, はらず冷, はらず唸つて, はらず暑い, はらず来月十九日納会相催し候, はらず煮え切らない小言, はらず父様, はらず父樣, はらず突, はらず鉄, はらず降つて, はらず面白し, はらず颯々, また一相, ハらず

▼ 相公閣下閣下~ (22, 0.4%)

4 の内閣 2 が星亨氏, と伊藤侯, と同, にし, の内閣時代, は或は, は星亨氏 1 が属僚, が屬僚, と自由党, と自由黨

▼ 相半ば~ (21, 0.4%)

4 して 3 すと 2 するという, するもの 1 したが, したもの, したるが, す, するところ, するの, するも, する書, する風景, せし俳句

▼ 相では~ (20, 0.4%)

5 ない 3 あるが 2 なくて 1 ありません, ある, あるまいか, ない春の相, なかつた, なかろうか, なく不二, なく無, なしに, 一部の

▼ 相合し~ (18, 0.3%)

3 て生ずる 2 て人

1 [13件] ている, てこの, てよく, て下り, て中, て作用, て大, て始め, て小, て文明, て明日, て生活現象, て起こる

▼ 相として~ (17, 0.3%)

1 [17件] やむをえざるもの, ようやく一地方, ゐるの, 一切を, 主人が, 失敗したる, 居る, 挙げられて, 描かれて, 敗れたり, 期待し, 無時間的存在, 現わし, 現出し, 示されて, 許されまじき相, 重要な

▼ 相~ (17, 0.3%)

2 ってここ, って進む

1 [13件] たなければ, ってぎょろりと, ってその, って作者, って全く, って品格, って国家, って始め, って木, って無上, って玉砕, って糜爛, って自己

▼ 相~ (17, 0.3%)

8 して 1 した, したもの, した夫婦, した訳, してという, し始祖アダム罪, せずして, せずその, せるを

▼ 相~ (17, 0.3%)

1 [17件] にあの, にされる, にしん, にちょろちょろ, にはちんちくりん, には覚られない, には高笑, にもアストラカン, に兄, に初, に巧み, に慌しく, に板屋, に絶えず, に話し相手, の退, を見

▼ 相という~ (16, 0.3%)

2 のは, ものを

1 [12件] ことが, のが, のであろう, ものだ, ものは, ような, んだろう, 名主の, 字は, 所から, 程でありません, 言葉だけ

▼ 相公閣下我輩~ (16, 0.3%)

4 の見る 2 の記憶, は曾, は特に, は閣下 1 が憲政党内閣, が憲政黨内閣, は閣下頃ろ辞任, は閣下頃ろ辭任

▼ 相~ (16, 0.3%)

2 て言葉

1 [14件] てたちまち, てより, て敢, て相, て茫然, の時, へ候, へ申候, 今故清道飾館, 候に, 共相語去年痴僧又, 婦人不, 残念至極に, 眼ナリ

▼ 相よく~ (15, 0.3%)

1 [15件] お世辞, ふるまって, もてなしながら, 取做, 挨拶し, 答へ, 茶も, 補い互に, 言つた, 言つたもの, 言つて父と, 言葉を, 訊いた, 迎えて, 迎へる

▼ 相並ん~ (15, 0.3%)

1 [15件] で, でいる, で写真, で存在, で市街, で正面赤毛布, で満, で狹, で窓, で緑衣, で聳立, で行なわれ, で西帝東帝, で進ん, で颯々

▼ 相容れざる~ (15, 0.3%)

2 の関係

1 [13件] に到る, の中, の關係, もの, ものあり, もので, ものと, ものに, ものの, 宗敵なりと, 思想が, 思想と, 者の

▼ 相から~ (14, 0.3%)

1 [14件] さし向けられたこの, さようなお, すれば, み相, もう一段, 密書を, 常に考えさせられ, 水火の, 流れ出た時代感覚, 消え隠れて, 至るところ, 観ると, 言えば, 離れないが

▼ 相~ (14, 0.3%)

2 するなり

1 [12件] いぬ, する, するあたり, するところ, するも, する席, すれば, せざる可, ぬこと, ふ, ふこと, 送春

▼ 相会し~ (13, 0.2%)

2 て酒

1 [11件] てかつて, てここ, て互いに, て大小, て平和会, て春, て永久, て粛然, 候得バ加七が, 次第, 種々さまざま

▼ 相~ (12, 0.2%)

1 [12件] ニューアンスの, バング蔵相来朝中の, 三宅治忠の, 厳しさ, 大石次官に, 大蔵大臣ベテレヘム製鋼会社社長らとの, 徒食し, 敦子や, 死の, 膿爛相を, 陸相でも, 體や

▼ 相公閣下~ (12, 0.2%)

2 今や我輩, 若し夫 1 世に伝, 世に傳, 凡そ立憲国, 凡そ立憲國, 既に政党内閣, 既に政黨内閣, 看來, 看来れば

▼ 相~ (12, 0.2%)

3 して 1 したもの, し其歓楽, す, するは, する有, せし俳句, である本書, の批評, バスル気持ヲ

▼ 相照らし~ (12, 0.2%)

2 てしまった 1 この疑問, ていた, ている, ているで, て二週間, て曹操, て瑣談繊話, て終に, 忽ち二君, 紛々たる

▼ 相食む~ (12, 0.2%)

1 [12件] の事実が, の惨, の愚を, の畜生道は, ような, 修羅を, 地獄図の, 悲しみ, 戰ひだから, 野蛮な, 闘争を, 類の

▼ 相には~ (11, 0.2%)

2 あらねど, 最早他 1 ありません, ちがいない, 女に, 思われぬ, 相違ない, 聲も, 親しく貴公

▼ 相対峙~ (11, 0.2%)

7 して 1 す, するに, するよう, する事

▼ 相通じ~ (11, 0.2%)

1 [11件] しかも彼我相, ている, てよい, てゐる, て急場, ようでは, 交際相親しみ, 問答自由なる, 密使互に, 調諧相應ずる, 長短相補う

▼ 相といふ~ (10, 0.2%)

2 ものあり, 名を 1 ことを, ものが, もので, 語が, 諺が, 類である

▼ 相同じ~ (10, 0.2%)

3 ければ 1 きものが, けれどもどうも多少, でげす, という恰好, とでもいう, と為すなり, と爲

▼ 相接する~ (10, 0.2%)

1 がため, ところあり, にも賓客, の修羅, の危険は, 場合においては, 所は, 様に, 處は, 隣藩のみ

▼ 相照らす~ (10, 0.2%)

1 とかことば, とはまさに, と云う, のであつ, のも, ものが, を得ず, 場合が, 心の, 間柄に

▼ 相~ (10, 0.2%)

2 である 1 から附会, といふこと, といへ, の術, はし, ふとは, ふやう, ふ匂

▼ 相集まり~ (10, 0.2%)

2 てこれ 1 その間に, て一国一社会, て濠, て精神作用, て読書倶楽部, コックリ様の, 働きおるの, 連檣林立幾百艘なる

▼ 相にも~ (9, 0.2%)

1 あれ何, せぬ宛, そのままである, ない, ない笑い, 心情は, 思はれません, 無い, 自然その

▼ 相~ (9, 0.2%)

1 はり, はりずつと, はり濃淡相, ふ, りたり, り茄子, ること一日, るを, る感情

▼ 相~ (9, 0.2%)

1 するもの, のいかめしき, の嚴重, の手文庫, の手法, の本, の江戸兒, の黒檀, 之書籍也

▼ 相~ (9, 0.2%)

3 れて 2 之実景 1 かるる, と見分, に一圖, るるは

▼ 相応じ~ (9, 0.2%)

2 て風 1 ておれ, てその, て一, て一斉, て亜細亜大陸, 刀の, 前後相照らし

▼ 相~ (9, 0.2%)

1 たせ二者, ち, ったの, つかすでに, つひたごころ童, つ凄まじい, つ妖, つ白骨, つ血戦

▼ 相~ (9, 0.2%)

2 して 1 ししか, したよ, し合う立体的関係, すの, す底, す間柄, の作用

▼ 相~ (9, 0.2%)

2 ゐて 1 きひて, てこの, て仮, て堕落, ひて, ひ相, ゐての

▼ 相~ (9, 0.2%)

2 ること 1 ちまた, ること九十度, ること二十余歩, るもの, る三十里, る事, る遠から

▼ 相~ (9, 0.2%)

5 して 1 う因って, したもの, し棉, せずと

▼ 相でも~ (8, 0.1%)

1 あった, ありません, ある, して, 下手人を, 好いじゃ, 管仲の, 表れて

▼ 相なら~ (8, 0.1%)

2 んと 1 この下, ざらんや, ん, んでおった, んでその, んなどと

▼ 相会議~ (8, 0.1%)

1 という閣議内, に於い, に於ける, の内容, の発表, は之, は内政国策会議, は終結

▼ 相~ (8, 0.1%)

1 りて, り相, るべき國, るよう, る二つ, る好, る樽, る間柄

▼ 相呼応~ (8, 0.1%)

6 して 1 するもの, する大

▼ 相憐れむ~ (8, 0.1%)

1 というよう, という奴, といふやう, のか, の心を, の心をば, の念いよいよ, 気持の

▼ 相求め~ (8, 0.1%)

2 同類相集まる 1 てこの, て佳境, て友, 一地に, 君の, 幾人かの子を

▼ 相通じる~ (8, 0.1%)

3 ものを 1 ところの, ものが, ものであった, 処の, 道を

▼ 相間相間~ (8, 0.1%)

1 にあの, にちょろちょろ, にはちんちくりん, には覚られない, に兄, に巧み, に板屋, に絶えず

▼ 相であり~ (7, 0.1%)

2 日本史の 1 人間即, 半面は, 又戦争中, 實際である, 幸運第

▼ 相とは~ (7, 0.1%)

1 お思い, そこで軍民離間, どうしてもその, まるでちがっ, 両立する, 感覚的の, 申されぬ

▼ 相とも~ (7, 0.1%)

1 いうべき要職, なり慟哭, に皇帝ハインリヒ七世, に談, 世を, 見られ三千年, 観るべくまた

▼ 相伝え~ (7, 0.1%)

1 てついに, て今日, て兎, て美, て風, なば, 某が

▼ 相~ (7, 0.1%)

1 が妻, が手, が趙, となっ, の賦, は武帝, を慕

▼ 相~ (7, 0.1%)

1 ある者, だね, については云う, の知覚, の自覚, は, よりはまた

▼ 相續人~ (7, 0.1%)

1 が被相, といふもの, として居る, として明日, となります, なんざあ外, を造る

▼ 相~ (6, 0.1%)

6 やない

▼ 相において~ (6, 0.1%)

1 人生を, 好色は, 学び取ろうと, 永遠不滅なる, 見つむること, 見ること

▼ 相にな~ (6, 0.1%)

1 つたのは, つては, つてよ, つてツイ剃刀で, つて歸つて來たんだ, つて自分等の

▼ 相より~ (6, 0.1%)

1 しを, ほかは, 協議の, 時には怖しく, 精猛の, 豫算編制に

▼ 相並び~ (6, 0.1%)

1 てこの, て卓, て福岡, て突起, 助けて, 又湧出

▼ 相携え~ (6, 0.1%)

1 てやたら, て他, て民族平等, て私, て雄飛, て高

▼ 相~ (6, 0.1%)

2 偏に御蔭 1 不申候, 初メシカ, 御儀, 深奉

▼ 相許した~ (6, 0.1%)

2 二人が 1 というもの, ものと, 相手に対して, 親分の

▼ 相變ら~ (6, 0.1%)

1 ず情容赦, ず植木, ず財布, ず貧乏, ず長椅子, ず鬼

▼ 相~ (5, 0.1%)

1 ている, て居りました, て附け狙っ, 厭符や, 婚礼が

▼ 相じゃ~ (5, 0.1%)

2 ありませんか 1 ない, ないか, 宜しい百八十五円

▼ 相との~ (5, 0.1%)

1 二つの, 二大別が, 問題であり, 平均を, 調和を

▼ 相への~ (5, 0.1%)

1 おとり, 叡智が, 堕落を, 痛切な, 讃嘆でなけれ

▼ 相を以て~ (5, 0.1%)

1 すえなお, はっきりと, はつきりと, 家を, 表わして

▼ 相争う~ (5, 0.1%)

1 という, 不思議な, 悲劇であり, 浅ましい戦い, 限り彼らは

▼ 相~ (5, 0.1%)

1 が当, して, に, を促す, 出来るので

▼ 相~ (5, 0.1%)

1 にめぐりゆく, に現在, に立つ, に退いた, の契約

▼ 相共に~ (5, 0.1%)

1 単純を, 多数の, 天国に, 広言し, 異色を

▼ 相~ (5, 0.1%)

1 が多年, が花見, が非道, の然, は折柄

▼ 相~ (5, 0.1%)

1 が言った, の一言, の予言, またこれ, をポールトレート・ペーヌタル

▼ 相~ (5, 0.1%)

2 に興味 1 には思わず, に強い, を崩し

▼ 相~ (5, 0.1%)

1 いて, い情感, した旺ん, の世界, の御

▼ 相~ (5, 0.1%)

1 けて原著, けて葬儀その他, け各, け相, け輔車相倚

▼ 相接し~ (5, 0.1%)

1 その數, て一山唯, て自, て自分, 空翠愈

▼ 相~ (5, 0.1%)

1 へて北京, へて大, へて愛宕山, へて散歩, へて行き

▼ 相擁し~ (5, 0.1%)

1 ている, て呼吸, て泣いた, て泣く, て踊っ

▼ 相~ (5, 0.1%)

2 して 1 する所, ふとき彼, ふの

▼ 相果てた~ (5, 0.1%)

1 といふこと, と大, のです, のも, 妻に

▼ 相混じ~ (5, 0.1%)

1 てこれ, てしかと, 合する, 屋根は, 相調節し

▼ 相異なる~ (5, 0.1%)

1 が故に, ところ葉未だ悉く, や日本人種, よりし, 意をも

▼ 相結ん~ (5, 0.1%)

2 で直ちに 1 で人, で仲間, で日本民族

▼ 相~ (5, 0.1%)

1 に亀, の作つた蘭軒, の作る, は古島, は福山藩

▼ 相連なり~ (5, 0.1%)

1 いまだ一, て其數三千, て凡そ四里, て長, 園中に

▼ 相集っ~ (5, 0.1%)

1 てかけ, てここ, てさまざま, て盛ん, て談笑

▼ 相~ (5, 0.1%)

2 わって 1 りて, るの, わりそれ

▼ 相こそ~ (4, 0.1%)

2 何かしら新しい 1 不思議で, 現わる

▼ 相~ (4, 0.1%)

1 半ばせり此れ, 半ばの, 手に, 手の

▼ 相交わる~ (4, 0.1%)

1 と俄, の形, ように, を見

▼ 相依る~ (4, 0.1%)

2 の今日 1 の風, 心は

▼ 相償う~ (4, 0.1%)

1 こと尠きがゆえに, や否, ように, を得ず

▼ 相~ (4, 0.1%)

2 うもの 1 はして, わず

▼ 相加わり~ (4, 0.1%)

1 ておどりだす, 候処如何, 宛然三伏を, 次に避け

▼ 相助け~ (4, 0.1%)

1 てますます, て以, ながら共に, よくても

▼ 相~ (4, 0.1%)

2 より来書 1 から私, といふ支那人

▼ 相~ (4, 0.1%)

2 の所謂氣 1 の術語, の言

▼ 相~ (4, 0.1%)

1 なお命脈, の定, へ戻っ, を辞し

▼ 相待っ~ (4, 0.1%)

1 てはじめて, て渾然, て火花, て進ん

▼ 相~ (4, 0.1%)

1 み手, み死相捐, み自分, んでいる

▼ 相戦う~ (4, 0.1%)

1 の酸鼻, 保元の, 若い者, 調停の

▼ 相接近~ (4, 0.1%)

1 したので, したる自由党, したる自由黨, する傾向

▼ 相~ (4, 0.1%)

2 の小野 1 で引手茶屋, と武藏

▼ 相~ (4, 0.1%)

21 るの, 伐歴年無主

▼ 相~ (4, 0.1%)

1 しこれ, には實, の所謂氣, の氣

▼ 相照らした~ (4, 0.1%)

1 というわけ, 仲であり, 次第で, 訳だ

▼ 相~ (4, 0.1%)

1 ひて, ふとき母親, ふの, へる一局處

▼ 相率い~ (4, 0.1%)

1 ていわゆる, てチャールス王, て東軍, て立派

▼ 相~ (4, 0.1%)

1 ひ申すべく喜び入り候, ゐざれば, ゐ候事, 之願

▼ 相用候儀~ (4, 0.1%)

3 御制禁 1 御禁制

▼ 相知る~ (4, 0.1%)

2 の額 1 のを, 間を

▼ 相~ (4, 0.1%)

1 ぶ, んで其形巨船, んで坂, んで壯大

▼ 相~ (4, 0.1%)

4 ひを

▼ 相等しい~ (4, 0.1%)

1 ことを, 価値から, 律動また, 資本について

▼ 相見る~ (4, 0.1%)

1 ことを, に及ん, の最後, の機が

▼ 相触れ~ (4, 0.1%)

1 てざわ, て之, て膝, て陰陽

▼ 相許す~ (4, 0.1%)

1 に至つて, ものに, 一対の, 仲なれ

▼ 相迫り~ (4, 0.1%)

1 つつ蛍狩, て高く, 互に近く寄, 劍ぬかんずる

▼ 相追随~ (4, 0.1%)

2 した人 1 して, するが

▼ 相~ (4, 0.1%)

2 ない 1 せらるべく候, 可申候

▼ 相~ (4, 0.1%)

21 つ矛盾, ふもの

▼ 相集まっ~ (4, 0.1%)

1 て力, て団体, て暮らす, て茫

▼ 相集り~ (4, 0.1%)

1 て二個, て涙, て禾本科中, 主家の

▼ 相顧み~ (4, 0.1%)

1 て, て唖然, て愕, て打ち

▼ 相~ (3, 0.1%)

1 団欒し, 消却し, 識らざる

▼ 相さん~ (3, 0.1%)

1 からもどうして, から久しぶり, がよかろ

▼ 相であった~ (3, 0.1%)

1 し視覚, のが, 運転手は

▼ 相であろう~ (3, 0.1%)

21 かと青嵐

▼ 相でない~ (3, 0.1%)

1 が西洋, まるで畜類, 廃物である

▼ 相とか~ (3, 0.1%)

1 云う風, 水難の, 第三

▼ 相などを~ (3, 0.1%)

1 書くうち, 知るはず, 見ても

▼ 相なりと~ (3, 0.1%)

2 いふ 1 いう

▼ 相なる~ (3, 0.1%)

1 を満, 大茸, 直情性や

▼ 相をも~ (3, 0.1%)

1 亦公, 人柄をも, 併せ持って

▼ 相~ (3, 0.1%)

1 シテ白イ光ルモノヲモッテ私ニ馬乗リニナッテイマス, ツラツラ觀ズルニオホヨソハカナキモノハコノ世, 見ル

▼ 相~ (3, 0.1%)

1 に徒役, に立て, 親

▼ 相互いに~ (3, 0.1%)

1 優しきを, 無遠慮狼藉なる, 親愛恭敬し

▼ 相交錯~ (3, 0.1%)

1 して, するので, するもの

▼ 相~ (3, 0.1%)

2 して 1 った歴史

▼ 相~ (3, 0.1%)

1 うて居る, はざるもの, ふ所

▼ 相即ち~ (3, 0.1%)

1 イデアは, 無相, 肖像を

▼ 相~ (3, 0.1%)

1 し葢, じきに, 之大略也

▼ 相和する~ (3, 0.1%)

1 ところの, にあたりては即ち, の意

▼ 相~ (3, 0.1%)

1 み船舷相, んで彼處此處, んで来援

▼ 相変ず~ (3, 0.1%)

1 まづい, よく笑, スマートでい

▼ 相容れぬ~ (3, 0.1%)

1 二ツの, 敵, 異族

▼ 相対立~ (3, 0.1%)

1 させて, し互いに, し人生

▼ 相~ (3, 0.1%)

1 が, の止揚, の説盛ん

▼ 相~ (3, 0.1%)

1 し發發相, せざるが, せず四種

▼ 相引く~ (3, 0.1%)

1 が如き, の道に, 者を

▼ 相憐む~ (3, 0.1%)

1 という僕自身, の念, の間柄

▼ 相~ (3, 0.1%)

1 になった, になる, のつもり

▼ 相抱い~ (3, 0.1%)

1 て周章狼狽, て死する, て高い

▼ 相~ (3, 0.1%)

1 でなければ, になっ, になつ

▼ 相~ (3, 0.1%)

1 した, して, しては

▼ 相映じ~ (3, 0.1%)

1 てすさまじい, て大いに, て相

▼ 相比較~ (3, 0.1%)

1 して, し人間, せざれば

▼ 相求むる~ (3, 0.1%)

2 三人が 1 徒党を

▼ 相求める~ (3, 0.1%)

1 三人の, 人に, 人達と

▼ 相済まぬ~ (3, 0.1%)

1 がどうか, ような, 儀と

▼ 相済まん~ (3, 0.1%)

1 が此, 事なれ, 何う

▼ 相~ (3, 0.1%)

1 で駕籠, の水, までは山駕籠

▼ 相煩引込~ (3, 0.1%)

3 罷在

▼ 相競う~ (3, 0.1%)

1 ていたずらに, と至って, 間を

▼ 相笑い~ (3, 0.1%)

2 をし 1 して

▼ 相等しく~ (3, 0.1%)

1 この園, てかつ, 且つ運動

▼ 相見ん~ (3, 0.1%)

2 の願 1 ことを

▼ 相親しみ~ (3, 0.1%)

1 古代の, 欣然日々, 飲食衣服の

▼ 相親しむ~ (3, 0.1%)

1 ということ, の情, の情を

▼ 相~ (3, 0.1%)

1 などは毘陀, のさふらふら, を著

▼ 相謀り~ (3, 0.1%)

1 てポナパルテ, て我, 席を

▼ 相譲らざる~ (3, 0.1%)

2 二大 1 功労が

▼ 相~ (3, 0.1%)

1 りその, りたま, る時

▼ 相通じた~ (3, 0.1%)

2 芸術的双生児である 1 という

▼ 相逢う~ (3, 0.1%)

1 て唯, 姿を, 状態を

▼ 相~ (3, 0.1%)

1 りて, んで中軍, 略無

▼ 相~ (3, 0.1%)

1 みて, み忽然と, んで東上

▼ 相闘っ~ (3, 0.1%)

1 て城, て干戈, て疲れる

▼ 相集まる~ (3, 0.1%)

2 と云う 1 の筆法

▼ 相雲客~ (3, 0.1%)

1 の或は, 或いは六条, 或ひ

▼ 相あり~ (2, 0.0%)

1 怒りあり, 髯あり

▼ 相かさみ~ (2, 0.0%)

1 助力は, 難渋罷りあり

▼ 相さえ~ (2, 0.0%)

1 ある天魔太郎, 帯びて

▼ 相しか~ (2, 0.0%)

1 現はれぬ, 現われぬし

▼ 相すみません~ (2, 0.0%)

1 ことを, ものね

▼ 相たる~ (2, 0.0%)

1 に止まり, 印綬を

▼ 相つれ~ (2, 0.0%)

1 て一目散, て帰路

▼ 相であります~ (2, 0.0%)

1 がその, これを以て

▼ 相でした~ (2, 0.0%)

1 ね, 穴の

▼ 相としての~ (2, 0.0%)

1 御意見, 恋愛であり

▼ 相なかば~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 相などとは~ (2, 0.0%)

1 きまりきったこと, きまりきつ

▼ 相にまで~ (2, 0.0%)

1 祟るの, 突き入った

▼ 相に対する~ (2, 0.0%)

1 愛から, 限りなく深き

▼ 相ひく~ (2, 0.0%)

1 ときや, と言われ

▼ 相~ (2, 0.0%)

1 押しつけおおせた泰軒, 降服の

▼ 相むかふ~ (2, 0.0%)

2 ひとときに

▼ 相もか~ (2, 0.0%)

1 はらず人生, はらず此処

▼ 相よりも~ (2, 0.0%)

1 大きく力強く現実, 文豪の

▼ 相わかり~ (2, 0.0%)

1 申候, 申候間弥憤

▼ 相ロペルトピール~ (2, 0.0%)

2 に比する

▼ 相~ (2, 0.0%)

1 に見える, の

▼ 相不変~ (2, 0.0%)

1 うまい, にやつ

▼ 相~ (2, 0.0%)

1 て居る, で東西

▼ 相並行~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 相争っ~ (2, 0.0%)

1 てやまざれ, て一方

▼ 相交っ~ (2, 0.0%)

1 て世界, て纏繞

▼ 相交わり~ (2, 0.0%)

1 五月には, 相害する

▼ 相交歓~ (2, 0.0%)

2 し乍ら

▼ 相交流~ (2, 0.0%)

1 が川, が河

▼ 相~ (2, 0.0%)

1 との関係, へ多く

▼ 相伝わり~ (2, 0.0%)

1 ダブリンの, 一般にその

▼ 相似る~ (2, 0.0%)

1 ものが, も尽く

▼ 相~ (2, 0.0%)

1 に於, に賞め

▼ 相~ (2, 0.0%)

1 の意義, 完圏模大地一周一万里還

▼ 相俟つて~ (2, 0.0%)

1 その艶, 始めて

▼ 相信じ~ (2, 0.0%)

1 とありました, 子女膝下を

▼ 相催し候~ (2, 0.0%)

1 ついては貴殿, ま

▼ 相催す~ (2, 0.0%)

1 と次第に, 年頃に

▼ 相働く~ (2, 0.0%)

1 ので, のである

▼ 相償わぬ~ (2, 0.0%)

1 からと市, 愚策だ

▼ 相~ (2, 0.0%)

1 と同, の孫娘

▼ 相公閣下世~ (2, 0.0%)

2 には閣下

▼ 相公閣下今日~ (2, 0.0%)

1 若し政党内閣, 若し政黨内閣

▼ 相公閣下幸福~ (2, 0.0%)

2 なる閣下

▼ 相公閣下閣下頃ろ~ (2, 0.0%)

2 某貴族院議員

▼ 相公閣下顧~ (2, 0.0%)

2 ふに

▼ 相~ (2, 0.0%)

1 という吉相, 不並侵

▼ 相分太平~ (2, 0.0%)

2 やら不

▼ 相~ (2, 0.0%)

1 る, るる歌

▼ 相別れ~ (2, 0.0%)

1 て各自, 申し候

▼ 相加わる~ (2, 0.0%)

2 こと多けれ

▼ 相助けず~ (2, 0.0%)

2 ば彼ら

▼ 相~ (2, 0.0%)

1 三人は, 始終御

▼ 相勤め~ (2, 0.0%)

1 がたきあり, 兼ねまするにより

▼ 相勤体~ (2, 0.0%)

1 無御, 無御座候

▼ 相去る~ (2, 0.0%)

1 こと未だ, はなはだしきもの

▼ 相及ん~ (2, 0.0%)

2 で後

▼ 相反撥~ (2, 0.0%)

1 する, する外

▼ 相叶う~ (2, 0.0%)

1 ている, てゐる

▼ 相合したる~ (2, 0.0%)

2 に過ぎざる

▼ 相呼ん~ (2, 0.0%)

1 でぐるぐる, で新劇

▼ 相和す~ (2, 0.0%)

1 けれども若し, 部分も

▼ 相哀れむ~ (2, 0.0%)

1 ゆえんであろう, 心から私

▼ 相國清盛~ (2, 0.0%)

1 の平家一門榮華, の食生活

▼ 相媒介~ (2, 0.0%)

1 すること, するとのみ

▼ 相~ (2, 0.0%)

1 り候得バ, 祝賀会という

▼ 相~ (2, 0.0%)

1 るるもの, るる能わずし

▼ 相容れざりし~ (2, 0.0%)

2 ものなり

▼ 相容れず~ (2, 0.0%)

1 三十年十一月進歩党提携を, 冷熱並び存しない

▼ 相對峙~ (2, 0.0%)

1 して, し相

▼ 相對性原理~ (2, 0.0%)

1 に在り, を發表

▼ 相對死~ (2, 0.0%)

2 と云つた情死

▼ 相引き~ (2, 0.0%)

2 に引く

▼ 相当り~ (2, 0.0%)

1 こうでございます, て相

▼ 相往来~ (2, 0.0%)

1 したり, するが

▼ 相~ (2, 0.0%)

1 と申, 之殷

▼ 相待て~ (2, 0.0%)

1 地方の, 智力を

▼ 相心得~ (2, 0.0%)

1 不罷, 風俗を

▼ 相忌む~ (2, 0.0%)

1 という, ところより

▼ 相思ふ~ (2, 0.0%)

1 の心, の極

▼ 相~ (2, 0.0%)

1 の一大助, ひ相

▼ 相~ (2, 0.0%)

1 て共, でて

▼ 相憫む~ (2, 0.0%)

1 てえ諺, の致す

▼ 相~ (2, 0.0%)

1 ひて, ふ

▼ 相投じ~ (2, 0.0%)

1 てゐました, て交際

▼ 相掛け~ (2, 0.0%)

1 なんとも申訳, まことに御

▼ 相提携~ (2, 0.0%)

1 して, もしよう

▼ 相敵し~ (2, 0.0%)

1 たりといえ, 家を

▼ 相望み~ (2, 0.0%)

1 て氣競, て鶏犬

▼ 相望鶏犬声相聞民至老死~ (2, 0.0%)

2 不相往来

▼ 相~ (2, 0.0%)

2 せずして

▼ 相果て~ (2, 0.0%)

1 てしまった, 幸吉の

▼ 相果て候~ (2, 0.0%)

1 はば他人, 迄には是非

▼ 相楽しむ~ (2, 0.0%)

1 というなまやさしい, との噂

▼ 相活平等相~ (2, 0.0%)

1 などにてや, の別

▼ 相渡すべき~ (2, 0.0%)

1 ものと, ものなり

▼ 相~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 相爭つて~ (2, 0.0%)

1 ゐる時代, 居つた其時代

▼ 相牽く~ (2, 0.0%)

1 ところの, 力だ

▼ 相生じ~ (2, 0.0%)

1 候, 候節は

▼ 相疑ひ~ (2, 0.0%)

1 同族相戮した, 山に

▼ 相発し~ (2, 0.0%)

1 て情景相具, 候儀も

▼ 相~ (2, 0.0%)

1 述, 述一律八絶句瑤韻

▼ 相立たず~ (2, 0.0%)

1 いかにも無念, 自害致し

▼ 相立つ~ (2, 0.0%)

1 とも会所, と思う

▼ 相立候~ (2, 0.0%)

1 得ば, 程なれ

▼ 相策應~ (2, 0.0%)

1 して, せば

▼ 相~ (2, 0.0%)

2 粹客體の

▼ 相経ち申し~ (2, 0.0%)

1 候だらう, 候という

▼ 相結び~ (2, 0.0%)

1 て, て圓

▼ 相結合~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 相續願~ (2, 0.0%)

1 の直前, の直後

▼ 相~ (2, 0.0%)

2 ひて

▼ 相~ (2, 0.0%)

2 なる

▼ 相聯合~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 相背き~ (2, 0.0%)

1 主客相対立し, 難く存じ

▼ 相~ (2, 0.0%)

1 のやう, の姿

▼ 相若く~ (2, 0.0%)

1 ときは, ものなり

▼ 相融合~ (2, 0.0%)

1 して, するには

▼ 相~ (2, 0.0%)

1 じゃったよ, は呂后

▼ 相衝突~ (2, 0.0%)

1 し壞滅, するに

▼ 相袁元服~ (2, 0.0%)

1 の項, の項參看

▼ 相襲い~ (2, 0.0%)

2 で一家

▼ 相見え~ (2, 0.0%)

1 て一, 多少とも

▼ 相見ざりし~ (2, 0.0%)

1 はわが, 骨肉の

▼ 相見し~ (2, 0.0%)

1 ことある, 児ゆゑ千たび歎きつ

▼ 相見ぬ~ (2, 0.0%)

1 間に, 間を

▼ 相見ゆる~ (2, 0.0%)

1 の形, の日

▼ 相~ (2, 0.0%)

1 して, て驚き

▼ 相解脱~ (2, 0.0%)

2 に遊ぶ

▼ 相~ (2, 0.0%)

1 の場, 置き候事

▼ 相誘い~ (2, 0.0%)

1 てその, て雪中

▼ 相調~ (2, 0.0%)

1 ひ候上, へて献上

▼ 相譲らない~ (2, 0.0%)

1 のです, 有様で

▼ 相~ (2, 0.0%)

1 いであらはれたが, いで堕

▼ 相近い~ (2, 0.0%)

1 ものが, 様に

▼ 相近き~ (2, 0.0%)

1 より安産, を以てなる

▼ 相通世間~ (2, 0.0%)

2 の不公平

▼ 相~ (2, 0.0%)

1 ふことは, ふの

▼ 相重なり~ (2, 0.0%)

1 廊下の, 数世相伝わり

▼ 相重なる~ (2, 0.0%)

1 二つの, 山々の

▼ 相開き~ (2, 0.0%)

1 一覧致候処本葬云々之, 右人員ことごとく

▼ 相闘う~ (2, 0.0%)

1 こと鎌倉以来の, ている

▼ 相隔つる~ (2, 0.0%)

1 といえ, とも一舟

▼ 相隔て~ (2, 0.0%)

1 て幽明別, て見たてまつる

▼ 相~ (2, 0.0%)

1 ひ, ひて

▼ 相願度~ (2, 0.0%)

1 と存候, 奉存候

▼ 相類似~ (2, 0.0%)

1 し豆, する所

▼1* [916件]

つまつて葬式を, 相あたため心と, 相あらず心時に, 相あるもその, 相いずくんぞ種あらん, 相い成るやにも承る, 相おくれ申訳これなく, 相お待ちなすつて, 相かけ候と, 相かと人人が, 相かなはせた歌, 相かなしくもある, 相かもしれない, 相からも書きたい, 相からんで戸別を, 相かわらず随分睦まじく, 相かわらず働いている, 相きざし候折から, 相きしるように, 相ふ身, 相これでは生命, 相となっ, 相し得た真実相が, 相すなわち人が, 相すまぬと思っ, 相すら知られて, 相せまって草木, 相せめぐの誹り, 相はざる, 相そこに今, 相その渓を, 相そのままが人間, 相そのものをあらわし, 相それから甲州, 相そろった模範的美人に, 相をやめ, 相たずさえて遊興, 相だけつかまえる事, 相だけが大坂方の, 相だけでも釈尊の, 相だったが高, 相だの諸国の, 相だろうか, 相気の, 相つづき無慘, 相づかしを云ふところ, 相てらしたと称し, 相てらしたらしい友人的存在は, 相であってまた, 相であるすすめて休ませた, 相でがすね, 相でございましてどうも, 相でしかなくなって, 相です窺って居る, 相でと突つ込む, 相でなかったらできないことであった, 相で御座いますよお, 相といふも誣言に, 相とかということが, 相とが一環と, 相とては少しも, 相ととのへ度心を, 相とどきかこい内は, 相とに分れて, 相ともに柏木氏に, 相とを眺めて, 相なお噺を, 相ながらも威厳を, 相などというものを, 相などといふものを, 相などは亀井貫一郎代議士に, 相なりしと, 相なりともいはせじと, 相においては異なって, 相にかへり自分たち, 相について教わって, 相にと思って, 相にねえ貴, 相によってである, 相に対し励精以て, 相に対してそんな口実, 相に関しては何等の, 相のみで乞, 相のみを写したるもの, 相はからつて魯戎が, 相ひいておれ, 相ひとしくまぐろの, 相ひらき中土より, 相合って, 相ぶりにその, 相ぶろの人, 相まさに唖羊僧たるべし, 相まじる披講の, 相また天象など, 相まで変えようとは, 相まみゆるの, 相だる, 相みずからこれへ参る, 相みずから征して, 相めでて住める, 相ものかも, 相やめ江戸引払い, 相よくこういうので, 相よりはずっと勢力, 相らしい辞を, 相わからず候段在所表より, 相わからぬうちは, 相クレメンスキーが呼ばれた, 相ゲッベルスは文芸, 相スム迄国元ニ蟄居シ, 相ツギテ死シ今ハ, 相ニ通ズル者ヲ以テ直接ニ法官ト對セシムル能ハズ, 相ニ逢フ応ニ是秋胡ヲ想フベシ, 相諸源氏ヲ語ラヒ, 相として情慾, 相一たび世間に暴露, 相一つ云はぬ, 相一致するとしても, 相七兄爪謁気吾瀬子之射, 相三公を出し, 相三国の戦, 相上段に振上げ, 相下らざる書生放談の, 相下らずして龍闘虎争, 相下らず闘って明日, 相下るといつた, 相不動の本体, 相世間で同情, 相の御歌, 相丞鄭雍の甥, 相軍の, 相両立するもの, 相並ぶ学問の, 相並馳して, 相に寝, 相中將たりし, 相中島久万吉氏は或, 相觀の, 相乖離して, 相り尊卑序, 相乱れて落ちぬ, 相乱入の折, 相乱錯相飛躍相蟠居相, 相れ群がり寄, 相争い諸臣, 相争い一進一退す喊声天, 相争い親戚陰に謀り, 相争うごときことは, 相争ったわけだ, 相争ウヲ嘲, 相二国の同盟, 相二氏の下策, 相互いの附, 相交つて居る行司, 相交つて地勢の儘, 相交わり死すればすなわち, 相交互する, 相交叉して, 相交幕府並相州御第警巡頗嚴密云々, 相交感して, 相熱心なる, 相人意を悦ばしむ, 相るるの, 相とし, 相付居申所此度棟付御取調, 相以下所謂三家者の賤民, 相伊豆半島から駿, 相会うのを, 相会した時の, 相会百万の兵馬唯意, 相伯仲して, 相伺い御礼に, 相伺候可然御, 相ている, 相何ぞ種あらん, 相何んぞ種, 相依られたがいに相, 相依り懽少なく, 相依存して, 相侵すことなき, 相保証するの, 相俟つて全体的感銘の深く美しい, 相俟つて男性の好奇心, 相俟つて達成せらるべきであるが, 相俟チ愈々光輝ヲ発シ, 相信じる事さえ, 相信ぜぬ國は, 相候はずの御事ニ候, 相に水星天, 相側防し合うよう, 相偽り申上候罪お詫申上候, 相催し次第に朝夕, 相催し候処其許には相, 相催し候間同日午後一時より御, 相催し申候や否, 相催候處愈以御壯剛, 相傳授而實解悟無, 相傳的に傳, 相傳者少, 相くる者, 相傾け痛涙相, 相働き屋敷方奥向並長局金蔵等に, 相僧侶の方々, 相償い平均し, 相償って利益, 相元老がその, 相を交し, 相八代氏の実兄尾藩磅, 相公同音相通ず, 相公閣下自由党を惑乱, 相公閣下自由黨を惑亂, 相公閣下道路伝ふる所, 相公閣下道路傳ふる所, 相兼任を伝える, 相円満の自分, 相分ってしまっ, 相分り候とよろしく, 相分り申候故ニ, 相分れ一は, 相分レテ英國艦隊ヲ本, 相分由申出候, 相列座の中, 相判りましたゆえ召捕らせ, 相前後しつつ, 相前後シテ生レタラシイガ前者ハ毛筆ト和紙ニ対シ適合性ヲ持ツテイタタメ今日マデ愛用サレタニ, 相へ元利共, 相が打っ, 相助けねばならぬ, 相助けるといふ精神, 相助けんことを, 相助け協力一致して, 相励ますの誠, 相動きて姿艶, 相に因り, 相募り遠足遊山を, 相ひて, 相勤むるは大洞の妻, 相勤めたんです, 相勤める人達の, 相勤め候儀につき, 相勤め候心得にこれ, 相勤め居候ところ瑞雲院様その頃, 相勤め嶮岨の丁場日, 相勤候に付, 相勤候儀無覚束, 相勤候儀難相成者勿論又, 相勤置程に相, 相勵拙者共において先, 相包むべくもあらず, 相匹敵したと, 相十人の連署, 相協はず因て病, 相協同して, 相去来遠, 相及ぶといふの, 相及活平等相なりといふ, 相反対の方向, 相反目して, 相受け今日に, 相受け申さず候間尊攘の, 相く世界, 相叶い候様共に, 相叶わず久しからぬ, 相叶わずして相, 相叶わない一事だ, 相叶候ヘバ私においても日数, 相叶候事なれバ, 相叶候品何なり共被, 相するとき, 相合うて売買, 相合したように, 相合し相加わりて, 相合すといふ, 相合っている, 相合同して, 相と相談, 相同じく孰れ, 相同盟したとき, 相ひしかく, 相向い言辞一類にし, 相含んで布哇, 相告何太遅, 相呑噬して, 相呼ぶで知合ったのが, 相呼應して, 相和し相合し, 相哀れむで似たやうな, 相啓発するの, 相喚ぶものである, 相喜怒もろともに幻翳, 相喰む内乱や功臣連, 相嘗祭とあっ, 相噛むと申します, 相四ヵ国の山猟師, 相四十三人を陟, 相四十余人の官職, 相囲まば先づ其外, 相國寺がある, 相の学, 相均しき場合に, 相増し候えども, 相増し候ところ皆々様おそろいますます御, 相増候得共先々頑健罷在, 相ノ曰, 相声明を公表, 相変らずでいやがるよせばいい, 相変らずなのかしら, 相変らずはいたままでした, 相変らず揃うてお, 相大薬の妻毘舎, 相太極の地, 相奇挺黒白短なく肥痩所, 相奏で釈然と醒めきたれ, 相好くづしていそいそと出たま, 相妖異のつら, 相妨ゲズ以テ一身ノ幸福, 相始候処諸君奇講甚面白し, 相ぬる, 相娯ムヲ得レバ吾徒復タ何ゾ汝ヲ怨ミ汝, 相する者, 相婚父子兄弟相鬩ぎ骨肉互いに啄もう, 相嫉視するを, 相のテクニツク, 相守り自己の, 相守稽古半に而相止申間敷, 相安院清頓の下, 相定め申し候, 相定め置たり, 相い幕, 相容れずして世間, 相寄つて心許りの, 相寄つて枕の上, 相寄つて譯したもの, 相寝るということ, 相察すべしと去る, 相實相と追, 相対照して, 相ぬるが, 相尋ね候へば, 相尋候処五七日内には出, 相對性の最も, 相對比して, 相對照して, 相對立するを, 相小国は小国, 相就き二人も, 相就くこと其波の, 相居士ト号ス則チ文ハ宮ノ御, 相居士ト石文アリ此ヨリ此沢ヲ参河沢ト唱, 相属し発発相及ん, 相属ス蜉蝣ヲ天地ニ寄ス, 相りて, 相已下参向せらる可, 相布陣して, 相師いわくこの児善徳無比, 相師これを見, 相けて功, 相干さざるを装え, 相平均して, 相平等相なりと, 相幾百の院, 相府西八条の一郭, 相府都市の警兵, 相延申候よう決行致し候, 相廻十四五人上陸いたし候由風聞有, 相弁候上は仮令, 相するばかりの, 相弔うというその, 相弔すとも申すべき, 相の因果, 相引かしむるの, 相引かんとする, 相当り燕の驍将李斌, 相当るが為め, 相彩る格子に, 相影響する詩人, 相の方法, 相往來した間柄, 相待ちてはじめて, 相待て始めて其功, 相へ隣村, 相心得賊徒共金銀押借に罷, 相が好い, 相じ物, 相忘却でした両方, 相応じ去二月中遥々, 相忠平は父, 相忠臣勇士貴嬪, 相念君臣相聞のこの, 相思帶と云, 相怠り調練行き届かざるが, 相悦者即爲婚, 相惹き相結ぶ, 相感ぜざるがごとくなる, 相感心なすつて, 相感通するという, 相可罷, 相へる年少男女, 相慕うの情, 相慰將至家中延留供養とあり, 相憐むとはいう, 相憐むといつた風で尺八老, 相憐むに出でたる余, 相憐む中であるので, 相憐む心から私, 相憐れむっていうものよなにしろ公爵, 相憐れむべきであるが其二階, 相憐んで来た, 相憐愛し長者, 相憐態とあるの, 相應シテ中部支那以南ノ割取, 相應給スルコト能ハザルニ在リ, 相懸絶せる品, 相の二字之, 相に付, 相成仏の姿, 相成侯へども未だ, 相成様尽力被下度為国家, 相成義出來可申哉と深く, 相成者勿論又, 相つた, 相戦い双方多数の負傷者, 相戦って東支, 相戦った手記である, 相戦つてゐたもの, 相戦ひ暁に, 相戦わざるを得ざる, 相した仇, 相戯れて形, 相房総沿岸を巡検, 相打って国技, 相打てる冬の, 相扞格して, 相扶陣だ, 相承けて無窮, 相投じた達雄は, 相投じたる結果にも, 相投ずるを待っ, 相抜群の誉れ, 相て水, 相抱いた姿が, 相抱かむとする奇觀ある, 相抱き慰さめ, 相抱く如く相憐れむ如く, 相抱合して, 相抱擁して, 相還相, 相振舞之間八人方よりは不, 相捜候得共外に疑, 相り, 相排び狭長で尖鋸歯, 相排斥するの, 相掛け候者これ有り, 相掛け申さず床の間の, 相掛られし事承り, 相掛り右者, 相掛り候得ば, 相掛候事なれば, 相掛候而度々前件, 相掛過分に存候, 相せざれば, 相接ぐ九百余艘, 相接したえて離, 相接続して, 相罷在, 相推而明生焉寒往則暑来, 相はざる, 相揃差上候こそ相, 相携遊于八瀬受博士之饗應於平八茶屋, 相摩すきしみを立て, 相摩するばかりなる, 相摸守高時の為め, 相したまま, 相支候て半分, 相支吾すること, 相かうと, 相改むべきこと, 相改め新製を加, 相改可然儀者大方致吟味, 相攻め迫れば, 相攻争して, 相攻撃が多少, 相の如き, 相ふは, 相救い死生を, 相救うこと能わ, 相相骨相, 相愛せられ両者相対, 相整重畳愛度奉存候, 相せず, 相敵視して, 相し合う戦争, 相断候趣を以て, 相施し申さず候えば迚, 相既にかくの, 相明媚な利根, 相紅, 相映じ心ゆくばかりの景色, 相映ずるところやや, 相暮し易いところ, 相曇らす戦争と, 相曹丞相と降, 相替らず延続けだ, 相會於洛北一乘寺之遂志軒因主人金子君之發意, 相之雨夜葉, 相望み漁歌相答へ名, 相望めども相聞えず, 相望ミ舟ヲ門前, 相期許焉先生時猶在, 相未だ判然せず, 相たり相, 相東京の出版屋中, 相松平定信の名, 相松平定信林家中興の林衡, 相松平越中守が旗本八万, 相果たし申すべき所存の, 相果てるかも知れない, 相果て候事かと諦め, 相果て候後短刀を記念, 相果て候由を承り, 相果シテ如何ナリシカ未ダ明言スル事能ハズト雖モ, 相果候由おもひも, 相果申候此度は其恨, 相染川と称す, 相森羅万象人畜草木悉皆朕, 相極め候面々は御, 相極め居候御深, 相極楽いや天国変態, 相楽しんでいる, 相構害スルノ弊往往有, 相横柄な方, 相止候依之横目中, 相武信の境, 相歴々だ, 相殿には何とか, 相比し来て而後, 相に致し, 相永遠が流転, 相求むとは昔, 相求むる者たちとひざ, 相求めた結果の, 相求候程なれ, 相求申度と申入候間, 相活差別相即活平等相なりといふ, 相注して, 相海岸の如く, 相れども, 相混じた汚物を, 相混ぜざるはいかなる, 相混交して, 相添う如く君勇の, 相添え病弱の, 相添届出候ニ付直ニ官員差遣シ, 相添此段御達申上候, 相せられたり, 相済まずという, 相済まねえわけの, 相済みませぬ, 相済みますればさっそく, 相済み候ひて, 相済み埋葬せしあと, 相済み市川村へ御成り, 相済んだつもりで, 相済ウベクイタズラニソノ勇ヲノミ恃ムベカラズ, 相済フ一名ヲ棍ト曰フ, 相済ミ候者水振廻, 相済候は, 相済候趣欣賀す, 相済八月十九日引廻し之上, 相済帰東仕候えど, 相済申迄五人, 相済近日帰藩可致旨, 相渉論ならば, 相湊リ南流シテ北原ヨリ牧平ニ出ヅ上流ヲ漆川ト云, 相漠河の橋数ヶ間, 相みませんが, 相濟候迄御, 相濟候儀を申解候, 相濟可申奉存候, 相で火化, 相無邪気な顔, 相照すといふ趣き, 相照すようになり, 相照らしただろうになあ, 相照らしましたな, 相照らすべき機会が, 相照暎シテ爛然異彩ヲ放, 相煩わすことなく, 相煩候而者船中病用相勤候儀難相成者勿論又, 相煩歩行相成兼其上甥鎌作儀病身, 相煩申候故重而可, 相に会っ, 相片づき候えば御, 相牽掣する, 相犯さざる善隣の, 相犯サザル各自ノ自由, 相率ヰテ本邦ニ留学シ今後益々其, 相現在性現在體現在力現在作等の壞, 相用い候ゆえに, 相用候程之, 相用候樣可被致候, 相用申度奉願上候, 相の多く, 相のうち, 相異なつた色彩の, 相異なるべきは実に, 相當名の聞えた, 相當官ぐらゐにはなつて見せるぞ, 相當廣い庭, 相當意地つ張り, 相當氣が引ける, 相當笑はされ, 相當資産ありて, 相當高名の僧侶, 相發言を求め, 相皆色を失った, 相して, 相直面して, 相である, 相相相である, 相省き專ら書生を, 相眉目の間, 相看るばかりしばらく, 相睦むといふ話, 相知らずして, 相知らなければなりません, 相知り合うということ, 相知れ不申候, 相敗の, 相破れ屍を原野, 相確執せる二名族, 相社会があった, 相を保ち, 相るの, 相立たずそうろうことと, 相立ち候うえ御, 相立て居き候処, 相立て候よう仕りたき事, 相立候ニ付不届ナガラ訴人, 相立候儀猶豫無, 相立候向は無, 相立候時は必ず, 相立候樣御受可, 相立候訳にて更に, 相立候間追て, 相立儀に付, 相立子弟之教育, 相立旨被仰, 相立申べしとの, 相立申候段重々不相済, 相竢つて始めて, 相端厳仄かに円光, 相ふもの, 相競いて兵備, 相五を, 相等しい高さで, 相へ名, 相答え候には, 相答候へば獨逸抔, 相に括, 相糺し食糧薪水等乏しく, 相をたもち, 相約して先立ち, 相りて, 相終候上は最早, 相終始セントス, 相組織を建立, 相経ち申候, 相得鮮花香裡, 相結ばりて功徳, 相結ばんと慾, 相結び相闘って, 相結ぶ形を, 相結ビテ彼等ノ土地, 相結合スル上ニ在ルナリ, 相結合スル所以ヲ知リ, 相結晶せざるは, 相絵巻の一場面, 相經下に, 相継して七世, 相縁りて暗流横溢, 相繆ヒ鬱乎トシテ蒼々タリ此レ孟徳ガ周郎ニ困メラレシトコロニアラズヤ, 相繼ぎて保護政略容易に實効, 相繼之然者飽帶官職欲擧家名云々, 相續八千五百石を相違, 相續制ハ家長的中世期ノ腐, 相續權を廢除, 相續濟んだ上, 相續策を畫, 相續者らしく見えるから, 相はり, 相罵る時には, 相羸劣にし, 相老臣の三宅治忠, 相へ候, 相聚娯し稱, 相聞えついに筑前国, 相聞こえ民おのおの, 相聞こえ候えども新規発明, 相聯合軍の陣, 相聯關する二つ, 相よりも仰せ, 相職朝臣仰せの旨, 相候わば, 相背くような, 相背候はば如何様, 相自身が来年, 相に, 相舟師絵師験者持経者等々の道, 相であった, 相花文もある, 相苦笑して, 相英太郎今村次郎の速記, 相と花喰鳥, 相華勝曼華が透, 相萬楼に登り, 相董卓は殺され, 相可申候也, 相蔽われている, 相にご, 相蘆葉達磨などこの, 相居相怪異相趺坐相相相である, 相術等となる, 相衝くの患を, 相補う如くせねばならぬ, 相補おうというの, 相補わない道理は, 相似兵師, 相見え豊年なれば, 相見ざる間に, 相見みゆる時, 相見舞はず風の便り, 相視るだけのそれ, 相仮成, 相み上下和睦, 相親しみたいまあ, 相親しむべきものと, 相親しんだらばこれ, 相親むの交, 相を送る, 相観不浄観を以てし, 相の畫, 相がおでん屋, 相角逐しまた, 相解つたであらう, 相流新井仁助を, 相触るるの動乱, 相討たばわが, 相討つ危険が, 相記し申し候, 相設け講述いたすべく, 相許し意気相投じたる結果, 相誅殺當時殺千餘人, 相誉迎月大姉と云う, 相認め候えどもこの, 相認先日元, 相語っている, 相語つて日出雄少年の愛らしき, 相語り相助けよく, 相語去年痴僧又今, 相調べということ, 相調候ため渡來之異船而已, 相調和し整然たる, 相調節して, 相調謔して, 相談ずるうちに, 相論わん我をな見給い, 相謀ってこんど, 相謀リテ此記念碑ヲ帝國圖書館ニ建ツ小倉右一郎コレガ彫刻設計, 相謀リ其忘ルベカラザルモノヲ明カニシ併テ仰慕, 相議して我らいたずら, 相議シテ湖ヲ環, 相譲らず永い間議論, 相譲隠居奉願含, 相の海, 相豆房総数箇国の町村, 相種あらんや, 相けて, 相起こり申し候, 相起候由いづれ天下, 相起幾度繰返し灸治いたし候得共, 相越候間得其意早々下田港, 相越吉元帥と宰相, 相足相にまで突き入った, 相趺坐相相相である, 相距ル事遠シ, 相み刀戟相, 相躍るはその, 相軋轢し禍亂, 相転じついに慶応三年徳川内府大政, 相し甲乙相照, 相くるの, 相辨候所永井曰ク然レバ, 相送し, 相近づくにぞ手, 相近似して, 相近接して, 相君亦, 相送り候に付, 相送り候共一切受申間敷幼年之者など何心, 相逐うの勢い, 相逐うごとし他の, 相通うてをる, 相通ずで生産者, 相通ずれば斯く, 相通ぜざる社会中心の, 相通ぜざれば双方, 相通ぜしことは, 相通ぜしめしものなるべく, 相通ぜず自然隔離の, 相通ぜぬ厳粛な, 相通ぜるは不思議, 相通ジタル觀念ヲ以テ結合スルコト能ハズト, 相通化せざるを, 相通問せざること, 相通用しその, 相通説から脱却, 相逢いて傾蓋旧, 相逢うべき機会も, 相逢った時の, 相逢諸星方寸億劫且暮待来者之折衷, 相逢道路逡巡入草, 相連なる所虹霓半弓を, 相連れだつて君臨, 相連ナリテ殆ンド水ナキガ如シ蓋シ天下第一, 相連女人被髮屈, 相連絡して, 相連而無縫頭亦無冠, 相遂げず余命を, 相という爻, 相遇い老実貞良の, 相遇わば氷塊, 相達して今年, 相達し候て妙解院殿, 相達候間御覧に入, 相達拝見仕候, 相達申度何時ニてもよろしく, 相達願之通, 相適ヘリ唯無, 相遭うといっ, 相み申し付けられ候よう, 相くまた, 相邇近したりとは, 相郡岩鍋の地, 相重って兇器, 相重なって律動的旋律的和声的, 相重りて葭簀, 相重りわけの分らぬ, 相重畳して, 相鉄道へ乗, 相銜白影波間泛近看, 相り濃淡相, 相長座を致しまし, 相を通り, 相閃爍く猛, 相間わり状射候のごとし, 相関係するが, 相闘い目まぐるしい凹凸, 相闘い食肉流血ルーザの死後, 相闘わせ相呪わせる, 相闘諍す, 相防ぐ能は, 相院頓譽淨圓居士である, 相陸相外相の三相, 相隔つれども一片の至情ここ, 相隔りたる一杯, 相隔離すべからずといふ, 相して, 相隣り壁を, 相隣りするの地と, 相隣接し国土, 相集つて社界を為す, 相集まり同気相求め一地, 相集め暇さいあれ, 相集る別懇の, 相集未曾有之盛事, 相る, 相離れて死したる, 相離れず法を以て, 相離れたる図に, 相離れ候ては君臣, 相響かしめることが, 相頼み候えども, 相頼り互に相, 相頼乍然雨天なれば, 相顕著故これ, 相ひ奉り候, 相願い妙解院殿の, 相願い候上の事ト, 相願候を約し申せ, 相願候一件御承引不被下候はば不, 相願候間商法の事ハ陸奥, 相願出崎の, 相願出崎仕度此儀も相不, 相願度其かわり何ぞ御, 相類する者連歌の, 相類凡そ三巻を作る, 相をはじめる, 相食み相重りわけの, 相食んだ鎌倉史の, 相は後, 相飲まむ酒ぞ, 相馳せるを見る, 相駿三箇国の田圃, 相驅逐して, 相體力なの, 相鬩ぎ骨肉互いに啄もう, 相鬩ぐにあらずその智恵, 相鬩的な争闘, 相へるを, 相鬪ぐ樣な家庭, 相鬪ふさまは, 相の如き, 相鮑信字は允誠, 相に, 相自許理云々