青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「直観~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~直ぐ 直ぐ~ ~直し 直し~ ~直ちに 直ちに~ ~直に 直に~ ~直接 直接~
直観~
~相 相~ 相互~ 相対~ ~相当 相当~ 相応~ ~相手 相手~ ~相談

「直観~」 1627, 18ppm, 6490位

▼ 直観~ (179, 11.0%)

3 力を, 概念を, 立場において, 鏡の

2 [15件] ように, 公理とは, 前に, 力で, 多様な, 多様を, 形式である, 所有者である, 極限と, 概念では, 現実を, 立場が, 統一によって, 資格を, 鋭さに

1 [137件] うちに, うちにおいてのみ, ことであっ, ことであり, ことな, このディアレクティッシュ, この区別, この表象, この関係, もつ特殊性, ようには, コンポーネントと, システム, 一つの, 一定形態を, 一種の, 一致に, 三次元を, 三次元性とは, 三次元性に, 三次元性は, 与えられた多様, 世界の, 世界は, 事実である, 人眼の, 人間で, 人間として, 体験に, 働きである, 働きを, 先験的制約を, 公理, 公理と, 公理とを, 公理の, 内に, 内容は, 内容を, 内容所与からの, 判断であっ, 判断の, 制約である, 前には, 創造である, 力によ, 力によって, 区別を, 単なる内容, 単なる形式, 単なる形式以上, 同語反覆的, 否定と, 問題が, 喜びに, 喜びの, 喜びや, 地盤を, 基礎が, 基礎に, 基礎を, 多様が, 多様は, 契機を, 完全に, 対象, 対象でなけれ, 対象と, 尊さ, 形で, 形式, 形式だ, 形式であっ, 形式でなけれ, 形式では, 形式なる, 形式に, 形式によって, 形式に対する, 形式の, 形式は, 形式以上の, 形式的直観たる, 性質として, 性質に, 性質に対する, 意味である, 持主であった, 未だ客観化, 未だ対象化, 材料である, 根本的な, 概念に, 欠乏が, 欠乏は, 欠如といふ, 次元が, 次元とは, 段階に, 渇望を, 点, 特徴が, 特徴は, 現実から, 現実が, 稀薄であり, 稀薄は, 稀薄を, 空間は, 立場から, 立場に, 筈である, 純粋形式, 結び付き得るもの, 美が, 能力に, 自由に, 衝動による, 表現では, 規定である, 規定として, 観念を, 触角なく, 論理は, 論理を, 諸公理, 謂であっ, 質的な, 逆証明, 連続に, 過程たるを, 過程という, 過程に, 鋭さが, 鋭さを, 電光, 面目を

▼ 直観~ (178, 10.9%)

13 に物 11 なもの 7 に我々 5 に実在 4 なる所, な性質, に与えられた, に与えられる, に把握 3 である, なるもの, な自然, に即ち

2 [13件] では, な事物考察, な内容, な推理, な端緒, に, にそう, にポイエシス的, に世界, に見られる, に見る, に起る, の推理

1 [84件] たる経験, でありそのもの自身, であり個物, であるとか, でなければ, で或, で調べ, とか概念的, となる, なこれら, なそして, ならぬ春, なるかぎり, なる形成作用, なる核, なる歴史的身体的社会, なポイエシス的過程, な世界, な人体, な位相, な又, な姿, な姿それ自身, な尤, な形, な影像, な思惟, な思想, な捜査局長, な方法, な歴史的形成作用, な洞察力, な省略方法, な考え, な考え方, な考へ方, な表象, な識別力, な象徴, な連想, にかなり, にこれ, にしか過ぎず, にその, にで, にはきわめて, にわれ, にわれわれ, に一つ, に不可, に云う, に今日, に何処, に個人的自己, に働く, に判定, に制作的身体的, に創造的, に外, に客観界, に感じた, に持っ, に描こう, に明白, に春, に歴史的創造, に歴史的身体, に津田, に現, に真実, に確実, に祖国, に絶対矛盾的自己同一, に能, に自己自身, に製作, に要約, に言, に認識, に識別, に豊富, に迫る, に飛躍, のもの

▼ 直観空間~ (146, 9.0%)

4 の三次元性 3 に於, の規範, の規範そのもの, はユークリッド的, は幾何学 2 から由来, と幾何学的空間, の内, の内容規定, の平面性, はこの, はカント, は三次元, は感覚, は曲率

1 [107件] からは区別, から区別, から完全, から抜け出し, から独立, から運動系, がそのまま, がユークリッド的, が如何, が幾何学, が必然的, が成り立つ, が計量, が質的, だけが空間, であったから, であっても, である, であること, ではなくなる, とからどう, とか幾何学的空間, との区別, との関係, とはその, とは如何なる, とは独立, とは異, とは直ちに, とは空間自体, と区別, と同じ, と幾何学, と感覚, と絶対的, と考えられた, と考えられる, と解釈, と論理, と関係, なるもの, にはこの, によって成り立つ, に任意, に何, に基く, に対して仮構, に対して自ら, に就い, に数学的思惟, に極めて, に求められ, に相当, に私, に過ぎなかった, に関しては, の, のこと, のそれ, のユークリッド性, のユークリッド的性質, の内面, の分析, の単なる, の原理, の外, の実在認識, の性質, の所謂ユークリッド性, の所謂無限性, の本質, の直線性, の直観, の立場, の結合, の規範性, は, はそのまま, は三次元的, は例えば, は即ち, は唯一, は如何, は少なくとも, は平面的, は正に, は独り質的結合, は空間, は空間自体, は経験, は規範, は規範性, は計量的空間, は論理, は質的, を, をそのまま, をなす, をばそのまま, をば空間, をユークリッド的, を人間生活, を以て他, を幾何学的空間, を立ち入っ, を絶対的空間, 故に空間

▼ 直観~ (122, 7.5%)

4 このよう 3 他の, 空間直観に 2 一種の, 定義に従って, 思惟に, 意識に, 感覚を, 正しかった, 直観であり, 表象の

1 [96件] いいわね, この点, じつに認識作用, すでに構想力, すでに統一, そういう変革, そういう意味, その形式, その文字, その限り, それが, それ自身に, それ自身常識水準をば, ただの, ただ幾何学, とりも, ない, ないある, まず何, まだ, まちが, もはや直観, カントが, 三次元性を, 三次元的であっ, 上に, 主観であっ, 事実を, 云わば, 何故に, 例えば色, 依然視覚, 信念と, 信念を, 個々の, 全く受動的, 全身心, 凡て感性的でなけれ, 凡て感覚を, 単なる直観, 単に, 単に感覚的, 即ち私, 即今に, 原理上一般の, 受容的である, 向に, 外延量, 天分にも, 如何に, 始めから, 定義される, 対象化された, 少くとも, 幾何学, 形式的直観の, 彼において, 心理的作用に, 必ずしも感覚, 必ずしも狭い, 思惟とは, 思惟に対する, 悟性概念, 意識には, 感性に, 感性的である, 抑, 拭われた立場, 明析と, 概念では, 概念との, 概念に, 概念に対しては, 概念的知識に, 歴史的な, 決して単一, 消えて, 無限の, 生産的構想力と, 畢竟主観的, 直接であり, 直接的な与えられた, 直覚的な, 直観される, 直観する, 直観としても, 直観形式として, 私達に, 空間直観である, 第一, 純粋直観に, 経験的直観では, 経験的直観の, 自分が, 自由なる, 規範的でなけれ

▼ 直観~ (107, 6.6%)

7 反省 3 直観形式との

2 [13件] である, なる, 呼ぶの, 定義する, 射影幾何学並びに, 幾何学との, 幾何学的直観との, 未だ対象化, 概念との, 理性との, 理性とは, 直観形式としての, 空間直観との

1 [71件] あくまで区別, いうと, いえども, いえば, いって, であると, なって, なり啓示, なり自ら, なる時, 一致する, 予兆とだけで, 云い得るかという, 云う外, 云う時それ, 云えば, 云ったね, 云つた奴が, 何の, 例えば色, 全く同一, 内省とが, 内省との, 別でなけれ, 区別される, 卓越した, 同一である, 同一の, 名づけよう, 呼ばねば, 呼ばれて, 呼ばれるもの, 呼ばれる必然性, 呼ばれ得るという, 呼びたいならば, 呼ぶ, 呼ぶこと, 呼んだの, 呼んで, 夢とは, 定義しよう, 思惟との, 思惟とを, 悟性を, 情緒との, 感性的直観との, 概念とが, 概念とを, 理性とが, 理性とを, 直観の, 直観形式, 直観形式とは, 直観自身とが, 知覚との, 空間直観と, 純粋直観との, 純粋直観とを, 結ばれない限り, 結合する, 考えられねば, 行為とは, 見る代り, 解する, 解釈出来るなら, 質的幾何学との, 選ぶ処, 量的幾何学との, 鑑賞とに, 鑑賞とを, 離れずそれ

▼ 直観~ (106, 6.5%)

7 於て 5 於ては 3 与えられたもの, 基く, 基くか, 基くこと

2 [11件] 与えられた多様, 外ならない, 外ならぬ, 属する, 属すること, 属すると, 帰する, 思惟が, 拠らなければ, 相当しなけれ, 結び付くこと

1 [60件] あやまりは, ぞくする, ならぬ, なるの, 与えられた内容, 依って, 依らねば, 依るの, 依存し, 制約され, 制約される, 即ち世界, 基くもの, 基く美的価値, 基づくもの, 存するよう, 学問的解釈を, 対比された, 対立し, 就いての, 属して, 従つて時には, 従へば, 或る, 敬服し, 数概念が, 於けるその, 於ける感覚, 於ての, 於てのみ, 根ざして, 根ざすの, 根差すべきなの, 極めて近い, 止まって, 止まらないで, 止まるの, 気付くこと, 求めたに, 求めなくては, 浸れも, 現われないから, 現われない関係, 現われる内容, 現われる関係, 現示される, 由来する, 由来するであろう, 発足し, 私見は, 結びつくもの, 自信を, 色の, 規範性が, 触れるもの, 訴へ, 豊富な, 躊躇は, 較べると, 頼らない第

▼ 直観~ (95, 5.8%)

5 なければ 3 主観の, 吾 2 ユークリッド的である, 潜んで

1 [80件] あたかもギリシア人, あった, あったこと, あって, あつて, あると, あるの, あるばかり, あるよう, いかに曖昧, かく形式的直観, こういう能動的, この茶碗, すぐれて, そこまでの, その基礎, それ自身の, ただ経験的, ではなくし, とりも, またまさに, もっと具体的, 一般に, 三次元である, 世界観という, 之なくし, 人為的に, 人間生活から, 働いて, 元来人間, 先に, 先験的に, 凡て空間表象である, 出て, 含まれて, 基礎を, 失われるとすら, 始めから, 宗教を, 実はいつも, 山崎に, 彼にと, 彼等の, 必要である, 思惟を, 意識に, 感覚の, 感覚を, 成り立つため, 成り立つの, 所謂, 概念と, 横たわって, 歴史によって, 歴史を, 民器に, 無限である, 益々これら, 直接に, 直観の, 直観形式とは, 示して, 神の, 神は, 私に対して, 稀薄に, 空間直観な, 空間直観に, 経験から, 経験的直観で, 統一された, 統一という, 統一の, 置かれて, 美しいと, 美の, 起つて, 遠慮なく活躍, 重んぜられるの, 閃くの

▼ 直観~ (63, 3.9%)

2 信じた, 充分に, 基ける

1 [57件] つねに信じる, つねに疑う, はめこむ知識, まず何, もって, 三重に, 与へず単に, 事実持つ, 云い表わして, 人々の, 人間悟性の, 供しない, 信じたまえそう, 信じて, 修飾する, 借りずに, 働かす機縁, 働かせなければ, 先天的と, 力説し, 含んで, 周到厳重な, 基けて, 媒介する, 媒介と, 導き出すこと, 得たやう, 得ねば, 得るの, 思惟に対する, 意味する, 感性的, 感性的直観と, 成り立たせるレーゲル, 持って, 指す, 措いて, 新鮮に, 最後の審判者と, 概念, 概念にまで, 用いること, 知的直観と, 研こう者, 確信させられた, 示して, 示すこと, 第一, 結果する, 要しさらに, 許しても, 詠んだの, 重ねたアゲク, 重要視し, 離れた時, 離れた歴史, 順序に

▼ 直観である~ (46, 2.8%)

5 ことを 4 ことが 2 ということ, と云う

1 [33件] か, かどう, かも知れない, が故にそしてただ, ことから, ことその, ことによって, こと従って, という, というの, という事情, という事情そのもの, という向, という新しい, という点, という結論, として直観, とはその, と仮定, と同時に, などと云う, にせよ, に反し, のに対して, ばかりでなく, 世界観も, 他ない, 以上かかる, 処の, 即ち世界, 所以は, 糞鳶の, 限りに

▼ 直観形式~ (39, 2.4%)

3 との対立 2 である, としての純粋直観, とは区別

1 [30件] が例えば, が形式的直観, たる時間空間, でありカント, である処, ではあり得ない, ではない, ではなかっ, というも実は, としてこの, として主観, とその, となった, とは如何なる, とは直観, と云う, と区別, と純粋直観, と考えられる, なの, にあて嵌め, に属する, のみである, の一つ, の概念, は又, は名, も亦, 乃至純粋直観, 即純粋直観

▼ 直観という~ (34, 2.1%)

7 のは 3 ものが, ような 2 概念は, 概念を

1 [17件] ことが, ことと, ことに, ことは, ものに, ものは, ものを, もの自身が, 哲学的範疇は, 如きは, 定義に, 概念とかの, 概念の, 概念内容に, 概念自身が, 言葉は, 言葉を

▼ 直観~ (27, 1.7%)

1 [27件] があつ, がある, が殆, が生んだ, って奴, である, でどんな, で他人, とで歴史, とを兼ね備えた, と綜合性, と鋭い, と鑑識力, による生活理想, に依っ, に思ひ到らされる, に無限, の大切さ, の弱い, の浅, の深, も才能, を幸い, を必要, を持っ, を示した, を示す

▼ 直観する~ (26, 1.6%)

3 ことは 2 ことを, ということ, のである

1 [17件] ことによって, こと即ち, その理由, とは直観, と考える, のであっ, のみである, ものが, ものでなけれ, ものと, ものの, アプリオリの, 一面と, 一面も, 側面であり, 傾向と, 形式である

▼ 直観とは~ (26, 1.6%)

1 [26件] ならない, 云うこと, 云えない, 何処までも, 作用が, 例えばキツツキ, 全体が, 別な, 単に受働的, 唯我々, 大いに異, 定義によって, 実はすでに, 実は形式的直観, 少くとも, 必ず結び付い, 我々の, 或る, 本能的とか, 物が, 異って, 直観する, 科学的実験という, 純粋経験に, 結び付くこと, 行為的直観において

▼ 直観主義~ (18, 1.1%)

2 に立脚

1 [16件] がこの, であるの, でもない, でも決められない, との対立, とを直接, に到着, のよう, の主張, の代り, の神秘説, は一応, は世界観, は云わ, は形式論理, は数学的存在

▼ 直観では~ (17, 1.0%)

6 なくて 5 ない 2 なくして 1 あり得ないの, ないで, なくても, なくアプリオリ

▼ 直観から~ (16, 1.0%)

1 [16件] ものを, 一定の, 与えられると, 出発し, 区別され, 多くの, 始まる, 始まるという, 学ぶの, 来るか, 生まれて, 生成し, 由来する, 直観へと, 統一された, 美しいと

▼ 直観~ (16, 1.0%)

4 ている 2 ていた 1 てこの, てさて, てしまう, てしまった, てすぐ, てそれ, ての或, て伝統的精神, 又は直観, 意味それ自体を

▼ 直観との~ (16, 1.0%)

3 間に 2 間の, 関係を 1 一般的な, 区別に, 区別を, 協定を, 対立に, 対立は, 対立を, 異同は, 綜合であり

▼ 直観される~ (15, 0.9%)

2 ということ, ものは, 処の 1 ことである, ということ以外, とはかく, と云う, のに外, ものの, 一面とが, 側面と, 賎俗な

▼ 直観でなけれ~ (15, 0.9%)

10 ばならぬ 5 ばならない

▼ 直観~ (12, 0.7%)

1 [12件] とかいうもの, とは一つ, とギリシア文化, と抽象性, の主張, はどうか, は例, は幾何学的空間それ自身, を入れ込む, を全く, を愛する, を有

▼ 直観そのもの~ (11, 0.7%)

1 [11件] がユークリッド的, が成り立っ, としてさえ把握, としては次元, と直観, には前後, のうち, の内, の立場, は総て直接, を軽

▼ 直観として~ (11, 0.7%)

2 検証される 1 そう思う, でなく実践的, 取り扱われる, 始めて, 従って空間概念, 性格づけられる, 現われると, 理解する, 直観に

▼ 直観によって~ (11, 0.7%)

1 [11件] これを, 与えられるもの, 予定された, 代表される, 公理が, 分析, 成り立って, 把握出来る, 数を, 物を, 直接に

▼ 直観~ (10, 0.6%)

2 ベルグソンの 1 ボーアの, 意味充実作用の, 感情に, 概念や, 波動の, 知覚に, 空想は, 美意識から

▼ 直観自身~ (10, 0.6%)

4 として表象 1 がもはや, が自己矛盾, では不可能, とが再び, とは特に, の力

▼ 直観~ (9, 0.6%)

1 あるならば, うつして, きつと, そう見た, 不具な, 押して, 暮しを, 解いては, 透視した

▼ 直観内容~ (8, 0.5%)

1 が生じる, であり且つ, であるならば, でなくても, でなければ, は思惟, を云い表わす, を含む

▼ 直観であり~ (7, 0.4%)

1 その限り, ながら幾何学, 且つ純粋直観, 思惟は, 更に感性的直観, 第二, 純粋直観が

▼ 直観された~ (6, 0.4%)

1 ものが, ものである, ものとが, ものを, 二つの, 空間を

▼ 直観としての~ (6, 0.4%)

1 世界観の, 意味を, 特質を, 空間とは, 空間を, 純粋直観と

▼ 直観には~ (6, 0.4%)

1 一般に, 客観化された, 時間が, 物を, 発達した, 直観する

▼ 直観~ (5, 0.3%)

3 のである 1 のだ, のであり

▼ 直観において~ (5, 0.3%)

1 いきなり一掴み, でなくその, 我々に, 物が, 重要性を

▼ 直観~ (5, 0.3%)

1 すでに概念, その一方向, 実はこの, 感情も, 持って

▼ 直観~ (5, 0.3%)

1 がもはや, という資格, と考えられる, などは凡て, に訴える

▼ 直観した~ (4, 0.2%)

1 ところは, ので, のでした, 時の

▼ 直観し得る~ (4, 0.2%)

1 のである, ものは, ように, 図形からの

▼ 直観とか~ (4, 0.2%)

1 所与とか, 所与とかについて, 直観的悟性とかいう, 範疇的直観とかいう

▼ 直観とを~ (4, 0.2%)

2 持つ朝鮮 1 区別し, 単純に

▼ 直観なる~ (4, 0.2%)

2 ものの, ものは

▼ 直観とが~ (3, 0.2%)

1 互にフレムト, 同一の, 同一線上

▼ 直観なき~ (3, 0.2%)

1 形容詞が, 歴史に, 理論こそ

▼ 直観においては~ (3, 0.2%)

1 一々の, 両者は, 観ること

▼ 直観にまで~ (3, 0.2%)

1 到着する, 変化する, 自己を

▼ 直観をば~ (3, 0.2%)

1 之に, 感覚を, 概念から

▼ 直観即ち~ (3, 0.2%)

1 世界観は, 世界観も, 感性が

▼ 直観的精神~ (3, 0.2%)

1 が天才的, として規定, は多様

▼ 直観空間そのもの~ (3, 0.2%)

2 の下 1 に固有

▼ 直観だけ~ (2, 0.1%)

1 であると, では

▼ 直観といふ~ (2, 0.1%)

1 ものは, 精神の

▼ 直観とに~ (2, 0.1%)

1 共通な, 同一では

▼ 直観なし~ (2, 0.1%)

1 にできよう, の推理

▼ 直観なら~ (2, 0.1%)

1 ばつまり一個, ば実は

▼ 直観によってのみ~ (2, 0.1%)

1 可能である, 知ること

▼ 直観による~ (2, 0.1%)

1 のだ, 諸学問

▼ 直観に対する~ (2, 0.1%)

1 思惟の, 甚大な

▼ 直観より~ (2, 0.1%)

1 さらに確実, 発したという

▼ 直観主義者~ (2, 0.1%)

1 であった, の内

▼ 直観以外~ (2, 0.1%)

1 にはあり得ない, に見方

▼ 直観体験~ (2, 0.1%)

1 から直ぐ, 及び世界観

▼ 直観及び~ (2, 0.1%)

1 方法そのものの, 生産の

▼ 直観~ (2, 0.1%)

1 あるいは構成派, がある

▼ 直観~ (2, 0.1%)

1 の稀薄化, は荒れる

▼ 直観的性質~ (2, 0.1%)

1 は全然, を鋭く

▼ 直観的悟性~ (2, 0.1%)

1 とかいう言葉, もしくは知的直観

▼ 直観的方法~ (2, 0.1%)

1 やその, を欠い

▼ 直観的洞察力~ (2, 0.1%)

1 をしばしば, をもっ

▼ 直観的空間~ (2, 0.1%)

2 のアプリオリ的構造

▼ 直観的表象~ (2, 0.1%)

1 に統一, への統一

▼ 直観的要素~ (2, 0.1%)

1 が極めて, の勝った

▼1* [105件]

直観あなどるべからずかな, 直観あるいは宗教的直観によって, 直観からは作られないであろう, 直観こそ最も能動的, 直観されたるもの即ち, 直観されねば直観, 直観され得るものである, 直観せねばならない, 直観せらるるものでなけれ, 直観せられた古来の, 直観せられる様に, 直観せる姿において, 直観それが今, 直観それ自身の, 直観たる所以が, 直観という言語学上, 直観だけからも又単に, 直観だけに信頼する, 直観だけのことだ, 直観であって手軽, 直観であったからし, 直観であったればこそ始め, 直観できるものでなけれ, 直観でない処の, 直観でもなければ, 直観というの外は, 直観とかいうテルミノロギーから, 直観とかの直観形式とは, 直観とかは本来の, 直観とから造形し得る, 直観としても僕は, 直観なくしては, 直観なすったところじゃ, 直観においてのみ正当に, 直観にしか見えないの, 直観にとっては無縁な, 直観にも一種の, 直観に対して持つこの, 直観に対しては問題が, 直観に従って使われて, 直観に関しては常に幾何学的, 直観のみである, 直観結び付くこと, 直観へと移り行く, 直観への否定は, 直観へはひらねば, 直観ほど純粋な, 直観もしくは直観的懐疑, 直観をもって研究し, 直観一般の多様, 直観乃至直観の, 直観何ものか心線, 直観像モデルが成り立たない, 直観のこの, 直観内容そのものを云い表わす, 直観又は直覚と, 直観寧ろ概念, 直観宗教的直観によってのみ知る, 直観な解釈, 直観感覚を含まない, 直観根本事実である, 直観概念がもし, 直観濃厚の時節, 直観状態はなく, 直観をあこがれる, 直観的イメージを伴っ, 直観的リアリズムの最高, 直観的世界の底, 直観的具体的なもの, 直観的内容を引き去っ, 直観的創作力に著しく, 直観的基礎をもつ, 直観的契機が含まれる, 直観的思考の上, 直観的手段を不可避, 直観的批評家と彼女, 直観的把握と高貴, 直観的明証が真理, 直観的煩雑性を克服, 直観的独断ではあります, 直観的現在を中心, 直観的現実をヒポケーメノン, 直観的知識というの, 直観的経験の上, 直観的肯定を如何, 直観的能力を必要, 直観的自己が何処, 直観的良識をアラン独特, 直観的英知によらね, 直観的要約が世界観, 直観的解説の仕方, 直観的認識を働かす, 直観的論理の跳梁, 直観的豊醇であったり, 直観的象徴風の肖像, 直観的過程において一々, 直観空間自身から来る, 直観素材だと, 直観能力の要素, 直観自体の中, 直観芸術家的制作的な想像力, 直観観照であるなら, 直観資料の知識, 直観道学はそれ, 直観には現われない