青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「直に~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

目的~ 盲目~ 直~ ~直ぐ 直ぐ~ ~直し 直し~ ~直ちに 直ちに~ ~直に
直に~
~直接 直接~ 直観~ ~相 相~ 相互~ 相対~ ~相当 相当~ 相応~

「直に~」 2172, 23ppm, 4947位

▼ 直に~ (51, 2.3%)

5 還りに 3 島は 2 つぎの, 借り申, 屋敷へ, 島の, 暇を

1 [33件] きんより, りゅうの, 上りを, 借り申しまする敷金, 呉ンなと, 品の, 嫁入を, 宅へ, 寝という, 島に, 店でございます, 引きなすっ, 後から, 後を, 指図なさる, 時婆あ, 暇しやす, 発足遊ばし, 目が, 目に, 目にか, 目通りを, 種の, 竹の, 答を, 葉の, 藤を, 身受に, 通りを, 連れ申し, 隅の, 頭たる, 頭巾召せ

▼ 直にその~ (35, 1.6%)

2 人の, 手を

1 [31件] クラリモンドな, 不均斉, 中に, 二人は, 名を, 啼く声, 家の, 屋号の, 広場に, 恐ろしい意味, 所謂, 手拭で, 文を, 日を, 本の, 本軍をもって, 気に, 温泉場の, 湯を, 甚だ優しい, 由を, 男の, 画像を, 目的の, 眼鏡を, 羽衣を, 背に, 進行を, 道徳的反省に, 道路へ, 鼻の

▼ 直に~ (24, 1.1%)

2 全快に, 案内致します, 父さんに

1 [18件] 主人に, 二階へ, 出を, 出席に, 出張を, 出発に, 同道しろ, 実行あり, 手伝ひする, 次ぎの, 武家が, 渡し被, 目玉を, 神体と, 袍に, 許容に, 話しますから, 辞儀は

▼ 直にそれ~ (22, 1.0%)

1 [22件] が通じる, ときまる, と分った, と察せられたらしい, に應, に應ずる態度, に賛成, も飛び去っ, を乾かし, を予, を内的, を噛ぢ, を外崎さん, を思い出した, を是, を炉, を直す, を立証, を背負っ, を自然, を話題, を道

▼ 直に~ (19, 0.9%)

2 れに

1 [17件] と対抗, に乘, を世上, を以て甲乙二県ハ独立, を内務当局者, を婦人, を快諾, を懺悔, を掲げ示す, を擧げ, を納, を絶つ, を見る, を許可, を輕信, を開封, を頭

▼ 直に~ (14, 0.6%)

2 侮蔑が

1 [12件] お迎い, 他愛なく, 共鳴せざる, 其浅草の, 出立致します, 去つた, 反對, 彼等も, 東京より, 法律にも, 船に, 醫者へ

▼ 直に~ (13, 0.6%)

2 から行く

1 [11件] から出かけやす, から参ります, から巻い, から往きます, から往く, から来る, から行きます, の言辭, へ吐き出し, を跟, を追掛けました

▼ 直にこれ~ (11, 0.5%)

1 [11件] に感じ, に接する, へ, を以て疑, を再, を利用, を口, を承諾, を東圃君, を輕信, を雲

▼ 直にまた~ (11, 0.5%)

1 [11件] しまって, 二人を, 伊丹へも, 其の金, 和睦する, 四番目サ, 尻っ, 悲痛な, 持って, 本流に, 自ら自然林から

▼ 直に~ (11, 0.5%)

2 を言 1 と看, に取り掛る, に目, は消え, を放下, を聞く, を自分, を開封, 如何なること

▼ 直に其の~ (10, 0.5%)

1 人の, 代物を, 場で, 家へ, 晩の, 次の, 病を, 福を, 空隙に, 蝋燭屋の

▼ 直に~ (10, 0.5%)

2 の内, を出 1 に帰り, の中, の事情, の建っ, へ駈け, を去つ

▼ 直に~ (10, 0.5%)

1 と當時, に会った, に奔, の云おう, の目, の胸, をし, を疲労ら, を疲勞, を除名

▼ 直に~ (10, 0.5%)

2 は逃げます 1 が共鳴, が言つて, の品性, の心持, の身, はその, は元日, や子供

▼ 直にこの~ (9, 0.4%)

1 事を, 呼吸を, 城の, 手紙の, 手紙を, 紅が, 規範性である, 話を, 頭が

▼ 直に自分~ (9, 0.4%)

1 の云, の云う, の前, の子, の背, の裏戸口, の身, の頑強, は本家

▼ 直に行っ~ (9, 0.4%)

1 ておく, ておくれ, てくれ, てみる, て会っ, て掛合っ, て来ます, て見ました, て見る

▼ 直に~ (8, 0.4%)

2 て往, て来 1 ていた, てまいりまし, な直に, 來たる

▼ 直に分る~ (8, 0.4%)

2 のだ 1 ことだ, てえます, のサ, ように, 事なり, 事ゆゑまあ

▼ 直に帰っ~ (8, 0.4%)

1 てくる, て下せえ, て参りましょう, て来, て来た, て来ます, て来る, て来るだろう

▼ 直に丑松~ (7, 0.3%)

2 の顔色 1 の眼, はこの, は姫子沢, は学校, は畳

▼ 直に~ (6, 0.3%)

1 お前の, ちと話し, 告らず, 声に, 癒らなかつた, 知らないの

▼ 直に~ (6, 0.3%)

2 を延し, を眼前 1 が這入っ, を引っ張っ

▼ 直に~ (6, 0.3%)

2 はぬ 1 はざれ, はむと, ひかたらふ若い, ふまでに

▼ 直に~ (5, 0.2%)

2 の家内 1 に陳べた, を見, 議を

▼ 直に動顛~ (5, 0.2%)

5 した心

▼ 直に~ (5, 0.2%)

1 へ帰っ, へ帰つて羽織, へ帰りましょう, へ帰ります, へ連れ込もう

▼ 直に~ (5, 0.2%)

2 って参ります 1 って来い, って返し, って連れ

▼ 直に~ (5, 0.2%)

1 たぐづり, た国, た感覚, た汗じみるから, た靜まつ

▼ 直に我が~ (5, 0.2%)

2 國に 1 洋袴の, 皇の, 見た所

▼ 直に日本~ (5, 0.2%)

1 が四角, の公認, の歌, の經濟界, らしき純粋

▼ 直に~ (5, 0.2%)

2 れ憲法政治 1 から帰り給, れ否運, を開い

▼ 直に~ (5, 0.2%)

1 ります, りますから, るが, るて, る宜

▼ 直に立つ~ (5, 0.2%)

1 て後, て車夫, とおかしい, 積りだ, 訳には

▼ 直にさつと~ (4, 0.2%)

4 眉の

▼ 直にもう~ (4, 0.2%)

1 お中食, 死んだよう, 鉄瓶を, 高鼾

▼ 直に二階~ (4, 0.2%)

1 のある, の書齋, へ上っ, へ通る

▼ 直に~ (4, 0.2%)

1 ふが, ふならば, ふ可ら, へ

▼ 直に~ (4, 0.2%)

2 を命じ 1 を南, を飛

▼ 直に~ (4, 0.2%)

1 に去, の家, へゆく, へ行く

▼ 直に坐つ~ (4, 0.2%)

4 て居る

▼ 直に~ (4, 0.2%)

1 に懸り, の翠, や岡, を聯想

▼ 直に~ (4, 0.2%)

1 ともなつ, にする, の首, を討ち

▼ 直に~ (4, 0.2%)

1 に換算, のこと, の衣服, を藥舖

▼ 直に~ (4, 0.2%)

1 が付いた, の附く, は挫け, 荒く罵った

▼ 直に~ (4, 0.2%)

1 にし, を取, を採, 執りしもの

▼ 直に連れ~ (4, 0.2%)

2 て来た 1 て来, て歸

▼ 直にあちら~ (3, 0.1%)

1 でも口まね, の事, へ行く

▼ 直にあの~ (3, 0.1%)

1 作に, 晩を, 話を

▼ 直にお前~ (3, 0.1%)

1 の噂, の恋, を任命

▼ 直にこれから~ (3, 0.1%)

1 出掛けて, 宇都宮へ, 尋ねて

▼ 直にそんな~ (3, 0.1%)

2 ものに 1 事が

▼ 直に~ (3, 0.1%)

1 いって, 云う訳, 答へて

▼ 直に一緒~ (3, 0.1%)

1 になつて, に成つて, に来る

▼ 直に二軒目~ (3, 0.1%)

1 でございますがねえ, に明家, の明家

▼ 直に~ (3, 0.1%)

1 の肉声, を疲れさせた, を走せ

▼ 直に仕事~ (3, 0.1%)

2 にかかれる 1 に突

▼ 直に会っ~ (3, 0.1%)

1 て今度, て聞きたい, て話したい

▼ 直に~ (3, 0.1%)

1 うつて, ても來, るやう

▼ 直に~ (3, 0.1%)

1 にありました, へ外れ, へ寄っ

▼ 直に~ (3, 0.1%)

1 は彼, は此者, を遣

▼ 直に~ (3, 0.1%)

1 に行く, に開いた, のかた

▼ 直に地名~ (3, 0.1%)

1 とし, となりし, を取っ

▼ 直に~ (3, 0.1%)

1 に出た, の者, へ入らっしゃる

▼ 直に~ (3, 0.1%)

1 胯に, 野心が, 馬路の

▼ 直に~ (3, 0.1%)

1 兒を, 烏帽子岳に, 親に

▼ 直に~ (3, 0.1%)

1 をはずし, を移さざる, を離れ

▼ 直に帰ります~ (3, 0.1%)

1 それから彼処, よねえ, 心得で

▼ 直に彼女~ (3, 0.1%)

1 の一家, の涙, は椅子

▼ 直に彼等~ (3, 0.1%)

1 とも友達, に娯樂, を動かし

▼ 直に御飯~ (3, 0.1%)

1 が参りますです, にいたします, をたべる

▼ 直に忘れ~ (3, 0.1%)

1 がちな, ていた, て仕舞う

▼ 直に手紙~ (3, 0.1%)

2 を認め 1 の返事

▼ 直に持つ~ (3, 0.1%)

1 てしきりに, て参ります, て来

▼ 直に本所~ (3, 0.1%)

1 にまいり, へ行つて, を出

▼ 直に東京~ (3, 0.1%)

1 に出, へ引返し, へ急行列車

▼ 直に機嫌~ (3, 0.1%)

1 が出, が変りました, が直

▼ 直に此処~ (3, 0.1%)

1 へ来う, へ来られる, を立ちたい

▼ 直に此方~ (3, 0.1%)

1 の娘, へ, へと奥

▼ 直に~ (3, 0.1%)

2 り來ん 1 りたき心

▼ 直に~ (3, 0.1%)

2 に飽きる 1 が眼

▼ 直に~ (3, 0.1%)

1 上げたからと, 上げねえかっと, 上げます

▼ 直に皇帝~ (3, 0.1%)

2 に謁見 1 の位

▼ 直に~ (3, 0.1%)

1 が着きます, に映る, を醒まし

▼ 直に~ (3, 0.1%)

2 印するの感 1 圖の

▼ 直に~ (3, 0.1%)

1 三楽章への, 二回招集状の, 四の

▼ 直に縛られ~ (3, 0.1%)

1 てしまい, て田町, て行っ

▼ 直に翌日~ (3, 0.1%)

2 は何 1 から春

▼ 直に聯想~ (3, 0.1%)

1 して, する, するの

▼ 直に自己~ (3, 0.1%)

1 の氣力, の真情, の胸臆

▼ 直に~ (3, 0.1%)

1 つたので, て欲し, も正

▼ 直に~ (3, 0.1%)

1 は纏, をし, を別

▼ 直に話す~ (3, 0.1%)

1 から構, から構いません, ほど間近

▼ 直に~ (3, 0.1%)

2 将を 1 書を

▼ 直に貴方~ (3, 0.1%)

1 に会う, の方, はそれ

▼ 直に~ (3, 0.1%)

1 をかえし, を兵卒, を返した

▼ 直に~ (3, 0.1%)

1 に上りぬ, に乗, を狭斜

▼ 直に通つて~ (3, 0.1%)

2 ゐる 1 ゐるから

▼ 直に進ん~ (3, 0.1%)

1 で自ら運命, で行, で行った

▼ 直に食べる~ (3, 0.1%)

1 ことも, ので, もので

▼ 直に~ (3, 0.1%)

1 で三津浜, に乘, の乗

▼ 直にいう~ (2, 0.1%)

1 とこれら, と自己

▼ 直にいえ~ (2, 0.1%)

1 ばそれ, ば諸君

▼ 直にここ~ (2, 0.1%)

1 からトモ・リンチェンガン, のお座敷

▼ 直に~ (2, 0.1%)

1 うなるであらう, ア来なさい

▼ 直に~ (2, 0.1%)

1 うつと, ツと

▼ 直にそう~ (2, 0.1%)

1 かと合点, だ

▼ 直にそこ~ (2, 0.1%)

1 の混迷, を去りました

▼ 直にたのまれ~ (2, 0.1%)

1 て人妻, て海上

▼ 直に~ (2, 0.1%)

1 たって何ん, たって大騒ぎ

▼ 直に~ (2, 0.1%)

2 つてゐる

▼ 直に~ (2, 0.1%)

1 ゐりまするつもり, ゐ上りて

▼ 直に~ (2, 0.1%)

1 発ちたかったが, 立去ろうと

▼ 直にもと~ (2, 0.1%)

1 思ったん, 思つた

▼ 直にわかる~ (2, 0.1%)

1 ことでありませう, ことである

▼ 直にわたくし~ (2, 0.1%)

1 が身の上, を叱し

▼ 直にダージリン~ (2, 0.1%)

1 から西, の地方長官

▼ 直に一角~ (2, 0.1%)

1 の前, の隠れ家交遊庵

▼ 直に上っ~ (2, 0.1%)

1 て参りまする, て来

▼ 直に上る~ (2, 0.1%)

1 から, と斉

▼ 直に世界~ (2, 0.1%)

1 に知れ渡る, の局面

▼ 直に~ (2, 0.1%)

1 へ這ろう, 僧小僧を

▼ 直に主人~ (2, 0.1%)

1 が風懐, に話した

▼ 直に人々~ (2, 0.1%)

2 と懇意

▼ 直に人間~ (2, 0.1%)

2 の不死

▼ 直に~ (2, 0.1%)

1 の吾人, の青年

▼ 直に~ (2, 0.1%)

1 の極端, の部門

▼ 直に他人~ (2, 0.1%)

1 に頒, の生命

▼ 直に~ (2, 0.1%)

2 助に

▼ 直に代官所~ (2, 0.1%)

1 へ持つ, へ訴

▼ 直に以前~ (2, 0.1%)

1 の如く目, の詰所

▼ 直に~ (2, 0.1%)

1 う斯, か表現

▼ 直に~ (2, 0.1%)

1 に同情, の言

▼ 直に~ (2, 0.1%)

1 に對, の眞意

▼ 直に価値~ (2, 0.1%)

2 が低く

▼ 直に保さん~ (2, 0.1%)

1 の住所, を牛込

▼ 直に~ (2, 0.1%)

2

▼ 直に停車場~ (2, 0.1%)

2 の方

▼ 直に入り~ (2, 0.1%)

2 て玄關

▼ 直に其後~ (2, 0.1%)

1 の顛末, をつけた

▼ 直に其閣員~ (2, 0.1%)

1 を党籍, を黨籍

▼ 直に内閣~ (2, 0.1%)

2 の不信任案

▼ 直に内閣大臣~ (2, 0.1%)

1 の実際, の實際的責任問題

▼ 直に再び~ (2, 0.1%)

1 現われて, 部屋へ

▼ 直に冷淡~ (2, 0.1%)

2 にし

▼ 直に出し~ (2, 0.1%)

1 て下さい, て泳ぐ

▼ 直に出掛け~ (2, 0.1%)

1 てっ, て来

▼ 直に出立~ (2, 0.1%)

1 いたしますから, 致して

▼ 直に分っ~ (2, 0.1%)

1 てしまう, て決して

▼ 直に分ります~ (2, 0.1%)

1 から, よ昨夜お前さん

▼ 直に別室~ (2, 0.1%)

2 に入り

▼ 直に前進~ (2, 0.1%)

1 して, と敵

▼ 直に~ (2, 0.1%)

1 と成っ, の美

▼ 直に勅許~ (2, 0.1%)

2 を得

▼ 直に十仙~ (2, 0.1%)

2 の金

▼ 直に~ (2, 0.1%)

1 つて以て, て以

▼ 直に取っ~ (2, 0.1%)

1 てさぞ, て押えられる

▼ 直に~ (2, 0.1%)

1 となる, の価値

▼ 直に~ (2, 0.1%)

1 のよう, の通

▼ 直に右左~ (2, 0.1%)

2 の調べ

▼ 直に向う~ (2, 0.1%)

1 から近づい, が下矢切村

▼ 直に~ (2, 0.1%)

1 の長い, を奉ぜぬ

▼ 直に圖案家~ (2, 0.1%)

1 と柄, と染問屋

▼ 直に坐っ~ (2, 0.1%)

1 ている, て居る

▼ 直に外務省~ (2, 0.1%)

2 に入り

▼ 直に大きな~ (2, 0.1%)

1 穴が, 自然の

▼ 直に~ (2, 0.1%)

1 に向, をぞ射せる

▼ 直に~ (2, 0.1%)

1 へ引込ん, へ来

▼ 直に~ (2, 0.1%)

1 の前, の口々

▼ 直に~ (2, 0.1%)

1 の様子, の言葉

▼ 直に家主~ (2, 0.1%)

2 の家

▼ 直に~ (2, 0.1%)

1 ている, に就く

▼ 直に射す~ (2, 0.1%)

2 日に

▼ 直に~ (2, 0.1%)

1 を捨て, を聯想

▼ 直に帰れ~ (2, 0.1%)

1 その方, と云う

▼ 直に~ (2, 0.1%)

2 の中

▼ 直に~ (2, 0.1%)

1 取って, 取るの

▼ 直に引返し~ (2, 0.1%)

1 て舳, 春日に

▼ 直に役所~ (2, 0.1%)

1 へ引い, へ通っ

▼ 直に往つて~ (2, 0.1%)

1 来るにや, 観た

▼ 直に御機嫌~ (2, 0.1%)

1 が直っ, 伺ひに

▼ 直に御覧~ (2, 0.1%)

1 あそばさないで, の通り

▼ 直に復讎的姿勢~ (2, 0.1%)

2 を取

▼ 直に~ (2, 0.1%)

1 に浮んだ, に移し

▼ 直に思想~ (2, 0.1%)

1 の變態性, を吐露

▼ 直に悪縁~ (2, 0.1%)

1 だと, だ悪縁

▼ 直に意思~ (2, 0.1%)

1 と認め, と認めた

▼ 直に~ (2, 0.1%)

1 に示し, は捧げんず

▼ 直に~ (2, 0.1%)

1 を明け, を開け

▼ 直に戸外~ (2, 0.1%)

1 へ, へ逃げ出す

▼ 直に承引~ (2, 0.1%)

1 き先方, されぬから

▼ 直に~ (2, 0.1%)

2 かうと

▼ 直に持っ~ (2, 0.1%)

1 て来, て行きましょう

▼ 直に~ (2, 0.1%)

2 で戸

▼ 直に支度~ (2, 0.1%)

2 は出来た

▼ 直に支那~ (2, 0.1%)

1 の語言文字, を聯想

▼ 直に~ (2, 0.1%)

1 かになるであらう, との和平交渉

▼ 直に~ (2, 0.1%)

1 を出しました, を取

▼ 直に更迭~ (2, 0.1%)

2 すと

▼ 直に~ (2, 0.1%)

1 を作つて答, を載し

▼ 直に書物~ (2, 0.1%)

1 を楽しん, を樂しん

▼ 直に書面~ (2, 0.1%)

1 を二通, を以て寫眞

▼ 直に~ (2, 0.1%)

1 の年寄役, の若い衆

▼ 直に根則~ (2, 0.1%)

2 より出

▼ 直に~ (2, 0.1%)

1 っ倒しに, へ伸び

▼ 直に歩け~ (2, 0.1%)

1 ば人, ば徠

▼ 直に死ぬ~ (2, 0.1%)

1 と聞い, のも

▼ 直に殺人~ (2, 0.1%)

1 の嫌疑, の現場

▼ 直に~ (2, 0.1%)

1 に翼, の大病

▼ 直に~ (2, 0.1%)

1 が家, の身受

▼ 直に洋行~ (2, 0.1%)

1 した, でもしたい

▼ 直に~ (2, 0.1%)

1 が出, が出る

▼ 直に深い~ (2, 0.1%)

1 眠りに, 谷で

▼ 直に満足~ (2, 0.1%)

1 するもの, をする

▼ 直に~ (2, 0.1%)

1 の家, の跡

▼ 直に父親~ (2, 0.1%)

1 に話, を歿

▼ 直に~ (2, 0.1%)

1 うる時, に立たなくなる

▼ 直に用意~ (2, 0.1%)

1 が出来た, の白木

▼ 直に申します~ (2, 0.1%)

1 があなた, よ

▼ 直に疲れ~ (2, 0.1%)

1 て病気, て病氣

▼ 直に病気~ (2, 0.1%)

1 だ, に罹る

▼ 直に登城~ (2, 0.1%)

1 した, して

▼ 直に白く~ (2, 0.1%)

2 凍る朝

▼ 直に皆掻~ (2, 0.1%)

2 消えて

▼ 直に~ (2, 0.1%)

1 に浮ぶ, に浮ん

▼ 直に知れます~ (2, 0.1%)

1 があれ, よ

▼ 直に~ (2, 0.1%)

1 つ立ちながら, 留めますお

▼ 直に~ (2, 0.1%)

1 を別, を焚い

▼ 直に~ (2, 0.1%)

1 を引いた, を語る

▼ 直に経っ~ (2, 0.1%)

1 てしまった, て了

▼ 直に続い~ (2, 0.1%)

1 ていない, て山部赤人

▼ 直に羽生村~ (2, 0.1%)

2 だと

▼ 直に~ (2, 0.1%)

1 を揃, を立て

▼ 直に自動車~ (2, 0.1%)

1 で伯邸, に乘つて山上

▼ 直に自然~ (2, 0.1%)

1 について探るべく, は自然

▼ 直に行く~ (2, 0.1%)

1 から, ことに

▼ 直に行こう~ (2, 0.1%)

1 と云います, と云う

▼ 直に~ (2, 0.1%)

1 つ立つて, 騰る勢

▼ 直に~ (2, 0.1%)

2 へ出た

▼ 直に裏口~ (2, 0.1%)

1 から上っ, へ通り抜けられる

▼ 直に解る~ (2, 0.1%)

2 のである

▼ 直に~ (2, 0.1%)

1 はれざりし, ふ事

▼ 直に言う~ (2, 0.1%)

1 ことが, と彼

▼ 直に警察~ (2, 0.1%)

1 へ引立, へ電話

▼ 直に貫一~ (2, 0.1%)

1 が胸, の心

▼ 直に買っ~ (2, 0.1%)

1 てくれた, て来

▼ 直に走っ~ (2, 0.1%)

1 て来た, て翁

▼ 直に走つ~ (2, 0.1%)

2 てゐる

▼ 直に起き上っ~ (2, 0.1%)

1 てホームズ, て紙燭

▼ 直に起る~ (2, 0.1%)

1 と殊, 多少の

▼ 直に~ (2, 0.1%)

1 づくろ, を伏せ

▼ 直に~ (2, 0.1%)

1 はない, ひの

▼ 直に~ (2, 0.1%)

1 に換えなけれ, を送れ

▼ 直に~ (2, 0.1%)

1 に入れる, の蓋

▼ 直に間近~ (2, 0.1%)

1 だったから, だつた

▼ 直に閣下~ (2, 0.1%)

2 の内閣

▼ 直に陸軍部内~ (2, 0.1%)

2 の指導者

▼ 直に非常~ (2, 0.1%)

2 な饒舌家

▼ 直に~ (2, 0.1%)

1 に打っ, の批評

▼ 直に飛ん~ (2, 0.1%)

1 で参り, で歸つて

▼ 直に飛出し~ (2, 0.1%)

1 て往こう, て歸

▼ 直に駈出し~ (2, 0.1%)

1 て両手, て小田原

▼ 直に骨董屋さん~ (2, 0.1%)

1 へ廻っ, へ廻つて世間

▼1* [1257件]

直にあらはさむと, 直にあらねば恋, 直にあらわしている, 直にありのままをきかせ, 直にあるはず一口に, 直にいい下している, 直にいうならばそれ, 直にいさぎよく自首し, 直にいって参りまする, 直にいっぱい食ったあの, 直にいつもの仕事, 直にいらしやる筈で, 直にうんと得心の, 直においでを願いましょう, 直におうと答えた, 直におとなしくなって, 直にお上んなすっ, 直にお供をお, 直にお前達の領地界, 直にお客が附く, 直にお目見え仰せ付けられるが, 直にお答えになっ, 直にお話をし, 直にかうした皆の, 直にかく曰へり, 直にかけかえる手数は, 直にかへしました, 直にくらせる場所へ, 直にくる事に, 直にぐんぐん駛らせる, 直にこう云う事実, 直にこたつに引き直した, 直にことづかった品物が, 直にさっと眉の, 直にて敗れ, 直にしくじる内聞に, 直にじっと足袋を, 直にすっかり忘れて, 直にすっぱ抜きをし, 直にするため数月間土人用の, 直にせるのは, 直にを棄て去りし, 直にそして正確に, 直にそっちへ廻し, 直にそれほどの魅力, 直にそれらの軽快, 直にたたみかけてきた, 直につと突出, 直につけられた大路を, 直にどなりつけられ二の句も, 直になかばとじた眼, 直になされた方が, 直にならうとして彼, 直になり鋼線は, 直になりませんなつかま, 直になり居るま, 直にこ, 直にのばしてゐた, 直にのべた手の, 直にのぼる山乃勝山なり, 直にびかふ剣太刀古へ, 直にひき還す者が, 直にひよこりと, 直にひろげて二ページ, 直にびしょびしょ消えて, 直にぶちまけて見給え, 直にぶつかって云, 直にせしぶ, 直にまさに天下を, 直にまとまつて何だか, 直にまア野暮な, 直にもがりと言, 直にものをうけとれなくなった, 直にやったのか, 直にやつたの, 直にと申す, 直にゆるして呉れまし, 直によう申して, 直によくなりますよ, 直にりりしき祭壇を, 直にわかろうではない, 直にわしの物語, 直にわたしの方, 直にわれわれにも伝わっ, 直にイエスに来り, 直にイドメネーゲレーニャ騎將に向, 直にインドの方, 直にカフェーの中, 直にコックス家を訪ねた, 直にサラット居士と共にグンパール, 直にサラット師の別荘, 直にシバへ帰れ, 直にソレイランが嘘, 直にチベットに行く, 直にチョェテン・チェンボという, 直にツネは元, 直にナイルの岸, 直にハンケチに結玉, 直にパイレットの函, 直にパチパチと琺瑯, 直にパラメントヒルへ馳, 直にベルナルドオにわたしつ, 直にペンを下, 直にボンベイに行かれた, 直にボートを見, 直にメネルーの身体, 直にモリエエルやグリック, 直にヤクの糞, 直にユーストン駅よりリバプール港行, 直にヨワン・シローテの死んだ, 直にラフアエル前派の峰, 直にヴァッヘルを送らし, 直に一つに観じる, 直に一人前の男女, 直に一億円以上の財産, 直に一処にし, 直に一刀を取っ, 直に一切の利害, 直に一句とした, 直に一同の言, 直に一番の勝負, 直に一膳めしの看板, 直に一致し難い, 直に一般の男, 直に一茶独造の乾坤, 直に一言云ったもの, 直に一身の安危, 直に一部を蘭軒, 直に一部窮乏せる国民, 直に一集団の本能, 直に万葉を師, 直に万葉ぶりだと, 直に三尺の壁, 直に三日目に帰つて, 直に三服の吸付莨, 直に三百石を食み, 直に三角点に達する, 直にへあがら, 直に上野迄行かう, 直に上陸して, 直に下って代り, 直に下流農村の破滅, 直に下着一枚になっ, 直に及宅心得に, 直に不安は襲う, 直に不死不滅といふ題, 直に不言不語, 直に与えられたる輪廓の, 直にを歩け, 直に世人がどういう, 直に世子の居間, 直に世間の目, 直に丘下に到り, 直に中世のヨオロッパ, 直に濃を, 直に主査会に提出, 直に主題に入りかね, 直に乃公の処, 直に乙點に移す, 直に乱暴な放蕩三昧, 直に乱箱の中, 直に乱雑混乱不体裁と従つて不便, 直に予等を引い, 直に事大思想を連想, 直に二人のあいだ, 直に二条城に登城, 直に二氏と別れた, 直に二畳の上り口, 直に云いあらわしては駄目, 直に云うとまずこう, 直に云えば官吏服務規律, 直に云つて仕舞ひたいの, 直に互いの胸中, 直に五万や八万, 直に五十になる, 直に五重の塔の工事, 直に亡くなって檀, 直に京橋鍛冶町の小間物屋孫兵衞方, 直に人口の減少, 直に人形身で示した, 直に人格について批評, 直に人蔘やカブラ, 直に人間性で逆, 直に人類学の書物, 直にから一里餘, 直にの花, 直に仏国の旗艦ジヤンヌ号, 直に仏蘭西滞在中及び帰航, 直に仕度をし, 直に代る者それは, 直に代作の馬脚露見, 直に代行させて, 直にて春信独特, 直に仰ぐ喜びに, 直に伊之助さんがに献, 直に伊沢氏の伝, 直に伊藤を推薦, 直に伏見迄参候, 直に休憩を宣, 直に会計にそう, 直に伯母の方, 直に伯父の処, 直に伴藏は羊羹箱, 直に佐太郎のわき, 直に何ごとをか言い出さん, 直に何ともいえぬ朗, 直に何ら害心の, 直に作者頭取部屋にし, 直に使節罷在, 直にの男, 直に侮蔑の念, 直に俗受けのもの, 直に信ず様に, 直に俳画になり得べき, 直には五十, 直に倹約を好み, 直に健やかな眠, 直に健康では, 直に党撲滅の, 直に僞黨撲滅の題目, 直に償金を払い渡し, 直にの方, 直に兆象が顕れる, 直に先夜の曲者, 直に先月或雑誌, 直に先生の手, 直にされたが, 直に免職となった, 直に児童と握手, 直に党則改正の上, 直にて主, 直に入らしったお方が, 直に入れるやうに, 直に入門したと, 直に全部聞くよう, 直に兩商え賜, 直に八幡様だ, 直にありて, 直に六部のこと, 直に共鳴して, 直にを間米山, 直に其中に横, 直に其作者の感激, 直に其場より修羅, 直に其奴を引掴, 直に其子が立つ, 直に其宿に入込みし, 直に其御主人が古く, 直に其心裏に反撃, 直に其意を破り, 直に其所に行こう, 直に其手を取り, 直に其手拭で泥足, 直に其斜面に移った, 直に其無效を主張, 直に其話が出る, 直に其足で蓮太郎, 直に其跡を追って, 直に其非を述べ, 直に其題材を捉, 直にてかかっ, 直に内部へ浸透, 直に内面の要求, 直に營された, 直に再度の質問書, 直に再興させて, 直に写して松山, 直に出かけて行, 直に出かけたが間もなく, 直に出懸けるから, 直に出掛けられるばかりに用意, 直に出来ますことで, 直に出来るから, 直に出来るだろうが今日一日, 直に出発して, 直にッて, 直に分りましょう支那人の, 直に分るであろうとそう, 直に分解して, 直に切りぬいて柯月園氏, 直に切るよ, 直に別荘へ出かけました, 直に利益をうける, 直に前代未聞と吹聴, 直に前記各國人, 直に前非を改める, 直にを按じ, 直に劇場の楽屋, 直に劇壇に一つ, 直に助教授に挙げられ, 直に労働者となった, 直に勝手の方, 直に勤労大衆のうち, 直に包物を持っ, 直に北平を擣, 直に北斎の画題, 直にとなる, 直に十二箇の柩, 直に半袖の薄い, 直に南側の谷, 直に厭気がさして, 直に去る初冬の, 直にりますと, 直に双眼鏡をとっ, 直に取って返しお助太刀, 直に取り巻いてくれる, 直に取り計らふ件, 直に取れますそうして後, 直に取消されてしまった, 直に受身になり, 直にが開い, 直に口答へだ, 直に口述して, 直に古いと考, 直に只見川を渉, 直に上ると, 直に召し捕れと部下, 直に台所へ出る, 直に右隣の画室, 直にを両方, 直に吃驚して, 直に各地に伝播, 直にはせ, 直に同所を出発, 直に同校の土堤, 直に同行を承諾, 直に名優となる, 直に名残惜しさが, 直にへる尾津, 直に向かつている, 直に向き合う訳に, 直に向き合ったような, 直にに宛て, 直に吹き拂はれた, 直に吾児の方, 直に告げるだろう事大主義文化と, 直に告白出来ないの, 直に呶鳴つた, 直に呼びに遣った, 直に呼んでまいれ, 直に呼んだら宜かろう, 直に和む古代人らしい, 直に和睦して, 直に咸宜観に来た, 直に唐鍬持つて, 直に問い糺して, 直に啜り尽したが他, 直に善人だから, 直に喬介を置い, 直にはう, 直にだと, 直にの種, 直に四万へ追掛け, 直に四五人出来た, 直に国民の風俗, 直ににとつ, 直に垣根を乗越え, 直に城中こぞつて, 直に城址の方, 直に堕落の証, 直に堤下に至る, 直に堪らぬ厭味を, 直に報告の処置, 直に墓場から駈, 直にになつて畢, 直に壮健そうな好く, 直に変化したの, 直に外国人の中, 直にを籠め, 直に夜景を思い浮べし, 直にのよう, 直に大の字をか, 直に大事を惹起, 直に大天井岳に向っ, 直に大島司法主任の面前, 直に大通の真中, 直に大門ですか, 直に大門町にいる, 直に大阪へ行く, 直に天上界の無心, 直に天下を対手, 直に天下一の禅師, 直に天気の変る, 直に天父の意志, 直に天鵝絨の括, 直に太陽へ登つて行, 直に夫人を促し, 直にしたので, 直に奈々子を引取, 直に奥仙丈や雁坂等, 直にへ來, 直に奧州の方, 直に女中が案内, 直に女鳥の王, 直に始まるであろうからしばらく, 直に姨捨に登つた, 直に姫だるまの圖案製作, 直に子供等は入, 直に子爵の厚意, 直に遠を, 直に学校から献納, 直に安田一角の処, 直に宗助から相当, 直に官吏登庸法全廢, 直に官吏登庸法全廃を主張, 直に定家卿という, 直に宜しくないとは, 直に宜山へ遣し, 直に実生活に吸収, 直に実行したの, 直に宣命に聯, 直に宮川へ駈付ける, 直に家人は勿論, 直に家令を呼ん, 直に家庭と社会, 直に家業経営の衝, 直に家長自身が他, 直に宿の勘定, 直に宿舎に入り, 直に密使を朝鮮軍, 直に寝ると斯, 直に寝台から飛下り, 直に寝床からとび出した, 直にかされた, 直に寤めてそのまま, 直に實行に移し, 直に寶徳寺の門, 直にへ連れ, 直に対象の動作, 直に対面をされた, 直に専らに道, 直に射し掛ける日光が, 直に射てることに, 直に射殺するつもり, 直に對岸にか, 直に小さな姪の, 直に小増に遣わし, 直に小春が客, 直に小野田が被服廠, 直に小麦を積ん, 直に少々立込んで, 直に少しあけツ, 直に尾崎学堂を聯想, 直に尾崎學堂を聯想, 直に局長の邸, 直に居なくなッ, 直に居睡をし出した, 直に屋敷へ引取, 直に属僚に命じ, 直に屬僚に命じ, 直に山越して逃げよう, 直に岡田であると, 直にの中, 直に岩代の檜枝岐, 直に岩面に沿う, 直にり落して, 直に崩れ立つところだ, 直に川崎まで往かれます, 直に川田氏を尋ね, 直にの方, 直に左様怒るから, 直に差支はない, 直に市ヶ谷刑務所在監支倉喜平, 直に市邑村落を掠略し, 直に市電気局に当時, 直に希臘哲学の二つ, 直に帝国党の政綱, 直に帝國黨の政綱, 直にを出し, 直に帰つて来るもの, 直に帰り途に, 直に帰りなますの, 直に帰りまして万年町, 直に帰りましょうまことに飛んだ, 直に帰宅す, 直に帰朝した彼, 直に幕屋の中, 直に穩と, 直に平身低頭して, 直に的が, 直に庭で, 直に澄んだよう, 直にをつぶし, 直に府立の中学, 直に座敷へ坐, 直に廃物となる, 直に引つこんで了つた, 直に引取っても差支, 直に引合致さざるため日本字値段, 直に引抜いて見ましたなれ, 直に引換るという, 直に引見されぬの, 直に引返えした, 直に引返すやうな, 直に強奪って持っ, 直に当てはめることが, 直に当時の人心, 直に当期議会を怠慢, 直に彗星のよう, 直に形式になる, 直に影響すべしと, 直に役員會が開かれ, 直に彼奴が持っ, 直に彼方へお, 直に彼等人民に接する, 直に往かうとした, 直に往かないんだ, 直に往かれますそして追風, 直に往けばい, 直に後で甘, 直に後悔する, 直に御寝なられますと, 直に御膳を持つ, 直に復興し始むべ, 直に徳蔵おじはお, 直に徹底する事, 直に心付く処なるべし, 直に心内の苦悶, 直に応じて年内, 直に応戦し敵, 直に怒り直に和む, 直に思い出したのは, 直に思ひ復へ, 直に思ひ当られることと, 直に思ひ浮んだのは, 直に急峻なる登り, 直に恐しい夢, 直にを引取つて了つた, 直に悪事が露, 直に悪魔式鼻の表現, 直に情なくなる, 直に想い起すものは, 直に想像する事, 直にの隠るる, 直に愛されるというその, 直に付いた, 直に感じ得るはずである, 直に感ぜざる者なかるべし, 直に感嘆の声, 直に感得すべく文字, 直に感染するという, 直にるよ, 直に懇意に成れ, 直にじた, 直に成り備は, 直に成長した, 直に我が国のく, 直に我牧塲を立退け, 直にる既成, 直に戰爭を可, 直に戻って来る, 直に所轄の, 直にから掌, 直に扇町へ帰んなまし, 直に才覚して, 直に打ちこむひしこ漬, 直に打つの斫, 直に承わりましてご, 直に承認を迫る, 直に承諾さるべき事態, 直に抒情の作, 直に投げ出すような, 直に曲って, 直に折る須し, 直に折れるよ裾, 直に抜打に御, 直にいて, 直に披読しその, 直にの鳶頭, 直に押しか, 直に抽斎を訪う, 直に拍子木を持っ, 直に拘留状を発した, 直に拝借を願う, 直に拷問に掛け, 直に拾って来, 直に挑んで来るなら, 直に捉え来って一幅, 直に捕まります捕まって打, 直に捨てて顧みず, 直に排日の運動, 直に掘出しを命じた, 直に採上げて是, 直に探りを初め, 直に探査し報告, 直に接する上は, 直に控訴の手続, 直に推想が出来る, 直に掻き消すが如く, 直に消せば, 直にて呉れよ, 直に提灯の光景, 直に揚州に趨, 直に揚足を取る, 直に握られし事も, 直に握りしなるべく或, 直に損ずるで有らうからさ, 直に播きつけしが百日草, 直に改易に成っ, 直に改革して, 直に放下しなどし, 直に放火して, 直に放逐と宣告, 直に政党を組織, 直に政府に抗せ, 直に政綱の言, 直に政黨を組織, 直に故郷へ帰るだ, 直に救世の利劔, 直に教員に為る, 直に教頭まで打ち明けました, 直に散髪になった, 直に敬之進の忰, 直にを草せ, 直に文台に従学, 直に文書の意味, 直に文語とならない, 直に料理屋へ廻らせる, 直にに田圃, 直に斬って下さいまし, 直に斬立てようというの, 直にう声, 直に斯様な真似, 直に斯部屋を片付ける, 直に新しい俵へ, 直に新劇の好況時代, 直に新場の夜鰹, 直に新富座に赴かん, 直に新年の意味, 直に新橋へ現れた, 直に新聞記者たちの幾台, 直に方位上の錯覚, 直に旅立の支度, 直に日曜学校の生徒, 直に日本堤の下, 直に日本服に着換え, 直に日本橋の妓, 直に日本画よりも洋画, 直に旦那の手箱, 直に旧交が尋め, 直に早く行は, 直に明治三十四年と五年, 直に明瞭なること, 直に昨夜の山の芋, 直に是生の, 直に昵近になった, 直に晴れようかと存じまし, 直にに訴, 直に暖簾を分け, 直に曇つて来る, 直に書いた別の, 直に書かねばならぬ, 直に曾根さん曾根さんだ, 直に最後まで完全, 直に最終まで読み通した, 直に會計に然, 直に木暮さんへ行こう, 直に木灰と熱湯, 直に事件の, 直に本宅へ電報, 直に本所側に上っ, 直に本文に取りかかる, 直に本郷の崖下, 直に本郷山が側, 直にに向, 直にてくれ, 直に来ます一日遅れぐらいで, 直に来るから, 直に来れと命, 直に東停車場の荷物, 直に東北に出, 直に東海道線の貨物列車用, 直にを成す, 直に松葉屋へ這入る, 直にの下, 直に枯草に交, 直に柄杓で水, 直にの宿, 直に柳田典藏の処, 直に栄耀の餅, 直に校長は勝野文平, 直に根岸の御, 直に根津の村中, 直に桃色の襷, 直に桑名川村へ調べ, 直にの多い, 直ににある, 直に梯子段の下り口, 直にに行つて, 直に棺桶の葢, 直にを拭っ, 直に検視を願っ, 直にに上るべき, 直に楼梯を上っ, 直にな身, 直に横臥して, 直に機関車を停めたる, 直にを執り, 直に權六を呼び, 直に歌うものでなけれ, 直に歓喜の生, 直に止りて厭, 直に正しい見方だ, 直に正確な譜, 直に此場で飲め, 直に此家の一室, 直に此等の言語遊戯, 直に此話をした, 直にを駐, 直に歩き出す浅井君の, 直に歸國して, 直にを意味, 直に死なねばならぬ, 直に死にますぜ, 直に死ねという, 直に死んでも宜, 直に死んだ人の, 直に死人のま, 直に殺されるか刺違え, 直に殿様のお, 直に母校に行く, 直に毒瓦斯部隊で取り囲ん, 直に氏名を改めて, 直に民族主義の武器, 直に気がかりな畑柳邸, 直に気分的に思はせる, 直には挫け, 直にを臨む, 直に水の上の日, 直に水道町の花屋, 直に汚物は地, 直に江戸演劇の舞台, 直に池田全安, 直に決して幸であった, 直に決定した, 直に決心し慌しく, 直に汽車に乗っ, 直に沢田が退座, 直に河水の水面, 直に治るといいました, 直に法泉寺さまへまいりまし, 直に泣いたりおこっ, 直に泣き出すだ親孝行な, 直に泣くだが併, 直に活きて居る, 直に活動をはじめた, 直にに迫る, 直に流れこんで来る, 直に流れ出すような, 直に浄写す, 直に浅井氏に示す, 直に浜町一丁目の花屋敷, 直に浪費する癖, 直にに入る, 直に海水面の變動, 直に海洋まで逸し去らん, 直に海老瀬村の消長, 直に消えて此筆, 直に消滅して, 直に入する, 直に渡してくれる, 直にに泛ん, 直に湖水の絶景, 直にに入りますれ, 直に準備を命じ, 直に溪流で狹, 直に溶けるから病人, 直に滴るものは, 直に滿五十歳になる, 直に漢字排斥論者の主張, 直に潮流の上, 直に澤山の原書, 直に激し顫える, 直に激しい熱度を, 直に瀑布の形, 直に灑ぐ一飛一躍出で, 直にが這入ります, 直にになつて, 直に炊けるものだ, 直にを俵, 直に無条件で其許たち, 直に無関係と極めて, 直にう取, 直に棄てて, 直に焼くがいい, 直に煤煙の前半, 直にが高く, 直に父母から離し, 直に牛乳の様, 直に牢屋へ行く, 直に物皆凝凍收縮, 直に特別扱にされます, 直に犯行を自供, 直に独りで往く, 直に獵人を食, 直に玄奘に就い, 直に玄機が尋常, 直に行きて, 直に現代人でない事, 直に現場を空, 直に現実から逃れ, 直に理想そのものと理想家, 直に理解せられるであろう, 直に瑞仙の子, 直に生食をなさい, 直に生麦酒を杯, 直に用言の語根, 直に用言語尾に接し, 直に田圃の方, 直に田圃道へ出た, 直に甲武信から旅, 直に申しまするが名前, 直に申し上げた方が, 直に申し上げりゃあお上, 直に男部屋へ参る, 直に町奉行所へ出, 直にになる, 直にきて, 直に異分予を奈何, 直に當期議會を怠慢, 直に疑いを受けます, 直に疑深いの神経質, 直に疲れはてて了, 直に病院へ連れ, 直に痛くないよう, 直に痛みて痙攣, 直にる禁厭, 直に癒つてしまつ, 直にがつい, 直にり念, 直に発令所へ集合ッ, 直に発売を禁ぜられ, 直に発見される, 直に發表される, 直に發音的に寫され, 直に白洲へお, 直に白状するだろう, 直に百度に上り, 直に盗みの話, 直に盜賊を聯想, 直に目的を語り, 直に相手を斥, 直に相談が出来ます, 直に眉宇に迫っ, 直に県公会堂で大, 直に眞四角に切, 直に眞着手の處, 直に真似をする, 直に真剣な産業擾乱陰謀, 直にに沈ん, 直に眼前の卯の花, 直に眼鏡を掛け, 直に眼鏡連の土間, 直にて帰っ, 直に着手したねエ, 直に着物を脱い, 直に瞭然たり, 直に知ってしまう, 直に知らせてくれる, 直に知れちまい世の中に, 直に知れるだろうと思ってた, 直に石狩の平原, 直に研究して, 直に壞壓制を, 直に破れたので一旦, 直に硝子窓だった, 直に硯箱を取出し, 直に碓氷峠のはね, 直に確定したが, 直に示して居る, 直にをする, 直にへ通じた, 直に祖父ヶ岳に連, 直に神原兄弟は頭預け, 直に神名でよぶ, 直に禁止させたの, 直に禅宗坊主の真面目, 直に禍津日の本性, 直に禍端乱階となり, 直にを失ふ, 直に福草履を穿い, 直に私たちに馬鹿気, 直に私部の家, 直に秋晴の天, 直に科擧の效能, 直に秘密警察隊を動員, 直に移して代々木青山, 直に移る時間を, 直に移転になります, 直に穹窿より流れ来り, 直に空想の所産, 直に突き殺しても, 直に突當つてと云, 直に立ちますゆえ此処から, 直に立ち上らうとした, 直に立ち出で候, 直に立って裁判長, 直に立った矢が, 直に立上って自分, 直に立直つて來る, 直に竿を立て, 直にを負, 直に筋向なる深川亭, 直に筋違橋内戸田能登守の家来野澤源作, 直にへられる, 直に答えてやった, 直に答弁するか, 直に箪笥の中, 直にの中, 直に米国の大西洋, 直に精神に感應, 直に精神状態を快適, 直に糊口にも差支える, 直に紅くなる頬, 直に紐主にまかれる, 直に細かに認め, 直に細君の用事, 直に終って余り, 直に終吉さんに手紙, 直に結納を取交せる, 直に結論だけを申, 直に絶巓に登る, 直に続かぬ坂道を, 直に続きを申, 直に続く様に, 直に綱宗の枕席, 直に綱曳で入らし, 直に緑野のべ, 直にをひい, 直に練馬の豊島園, 直に縁側の日当り, 直にに掛っ, 直にはれて, 直に置いてあった, 直にが当った, 直に美しいと考へる, 直に美しく生ひ立ちたる, 直に美代ちゃんのお, 直に美女ヶ原を後, 直にを起訴, 直に老中の調印, 直に老人の手, 直に考量作爲を要する, 直に耕して食, 直に耕作を済ます, 直に聳えるらしくその殆ど全部, 直にや毛孔, 直に肯定するに, 直に背後から抱き縮めた, 直に脇差を抜い, 直に腕車に乗る, 直にを立てし, 直に腹心の近習, 直に膏薬を塗, 直にを持出, 直に自ら白状したる, 直に自国の優秀, 直に自害をする, 直に自家薬籠の中, 直に自己現在の周囲, 直に自殺するし, 直に自滅せよと, 直に自由の本, 直に致帰国右手当向併, 直に臺所に入り, 直に舞い上り能わぬ, 直にをこぎ, 直にと陸, 直に艀舟に乗った, 直に良い衣類を, 直に芝居に仕組まれ, 直に芝白金の支倉喜平, 直に花嫁を連れ, 直に芸術ときめ, 直に若い女に, 直に若干兵を開城, 直に若旦那の手, 直に若葉を詠じたる, 直に苦しい所帶の, 直に英武のヘクトール頭, 直にに不, 直にの良い, 直に茶屋をしくじり, 直に茶臼岳に上る, 直に荷船に下し, 直に菩提所へ参りまし, 直に華族に列せられ, 直に萎れてしまいます, 直に萩原を居間, 直に落ちてしまう, 直に落ちるから早く, 直に落着て何所, 直にの衰, 直に葛飾を訊問, 直に蒲團へくるまつ, 直に蒸発して, 直に蓮華寺を出, 直に蕪村の, 直にを三服立付け, 直に藻西太郎の宅, 直ににじ, 直に蚊取線香を連想, 直に蚊帳のなか, 直に蛇目傘と答, 直に蜂須賀村の小, 直にを放し, 直に螢籠をぶらさげ, 直にさせよう螫, 直にが上っ, 直に血反吐を出す, 直にを導い, 直に衆議院議員の辞表, 直に行える心得を, 直に行き詰らせられるのであります, 直に行けば出, 直に行動に移ります, 直に行進を始めた, 直に街上に押, 直に衝立ちながら, 直に衣服を着換えよう, 直に表現すること, 直に裁可を得た, 直に裏窓を覗く, 直にを端折っ, 直に複雑多岐な暴力, 直に西の方陰陽町, 直に西安の景教碑, 直に要るものは, 直にツけて, 直に見えまするあの, 直に見受けられ候趣にて, 直に規則規則だ, 直に親子の差合いも, 直に親日の氣運, 直にて朝夕, 直に観察しても, 直にて朝夕, 直にかること, 直に解りませうでは御座いません, 直に解党して, 直に解剖臺の傍, 直に解義する, 直に解黨して, 直に言い知れぬ恐怖の, 直に言えばぼく, 直に言おうとする, 直に言つて上げて, 直に言ふよりほか, 直に掛かろうと, 直に記して信平さん, 直にるもの, 直に許されて私, 直には分らう, 直に訴えて仕舞え, 直に証人を呼びかけた, 直に評価する風習, 直に詩以外のもの, 直に詩眼を以てその, 直に話したがそんな, 直に話頭を相手, 直に認めざるを得ない, 直に認めなければなるまい, 直に認めねばならぬだろう, 直に認容すること, 直に説明して, 直に説経を唱, 直に読むような, 直に読んで仕舞ふから, 直に読者の眼, 直にでも火傷, 直に調べて御覧, 直に調合に着手, 直に調子が分ります, 直に調査にか, 直に談合しようじゃ, 直に論理的にはたらきかけた, 直に論証して, 直に諸君に奉, 直に證明される, 直に警察官を呼び, 直に警察署へ訴え, 直に警視庁に通報, 直に議会へ空軍充実, 直に谷中へ行っ, 直に貰った着物を, 直に軍の, 直に貴く王これを, 直に貴様は侍, 直に買収にか, 直に費しはたす, 直に資本家云々と騷ぎ, 直にのあと, 直に賛同の意, 直に賛成した, 直に賤ヶ岳に上った, 直に質問した, 直に購い帰って耽読, 直に贊意を表する, 直に贊成する譯, 直に赤いオートバイを, 直に走り行く足音の, 直に起ってそこ, 直に起つて同じく, 直に越前屋へ行きました, 直にるべき筈, 直にが附く, 直に足利へ連れ, 直に足止めを食う, 直に足駄を脱ぎ飛ばした, 直にから遣っ, 直に踏出したそうである, 直に身受をするだろう, 直に身振りや表情, 直に身構へた, 直に身請と云, 直に軍二万を率い, 直にに至る, 直に迎い僧を勤め, 直に返書を出し, 直に迫つてゐる新, 直に迯げて来, 直に述べようと思っ, 直に述べることを, 直に懸けて, 直に追出して了, 直に追分を右, 直に追掛けて行った, 直に退出した, 直に退化し始めるの, 直に退職の敬之進, 直に逃げてしまいます, 直に逃げなくっちゃア, 直に逃げようじゃア, 直に逃げる訳でしょう, 直に逍遙子が言, 直に這入って行く, 直に這入つてしまふ, 直に通わない山の, 直に通行券を与える, 直に吸の, 直に逢ってみる, 直に逢ったので, 直に逢つたのでは, 直に連想に訴え, 直に進むだら楢や, 直に進歩発達の道, 直に逃し或は, 直に遊びに遣こす, 直に遊仙ヶ岡の碧潭, 直にぐるとも, 直に過ぎるほど卒直, 直に道徳の形容詞, 直に道徳的功過に結びつける, 直に遠い上代の, 直に遣って下さい, 直に遣りますか, 直にに想, 直に選擧された, 直に邪慳な母親, 直に邪推だ, 直に部将井上九郎光盛をし, 直に郷里の秋田県, 直に附せられた, 直に配置につけッ, 直に酔いますなア, 直に酔ってしまっ, 直に野生めが持つ, 直に金儲けにならぬ, 直にから盛っ, 直に鈔物の時代, 直に鉄砲で撃殺, 直に鉄蓋の上, 直に鉱業を停止, 直に銀之助の頼母, 直にを差し向け, 直に銃殺しても, 直に銚子がつけられ, 直に錆び腐つて用, 直にになる, 直にを杖, 直に鎮魂祭が行, 直に門前へ出まし, 直に門口に現れた, 直に開戦に及ぶべし, 直に関所へ駈け付け, 直に関東の大, 直に阻むような, 直に陀仏だ, 直に降る雨は, 直に降下るもの, 直にれまするさ, 直に隅田川と中川, 直に隊形を整え, 直に隣室に勉強中, 直に雄大な中ノ岳, 直に離縁の理由, 直に難儀した事, 直に電報の意味, 直に電話が掛った, 直に電話帳を繰っ, 直に電車か汽車, 直に震災に遭, 直に露呈するという, 直に露顕しますから, 直に青い空を, 直に頂上を指し, 直にに手, 直に頼朝に応戦, 直に題詩の処, 直にを擧げ, 直に顏色を變, 直にを皺める, 直に顔色を変, 直に顕真術先生の胸中, 直にはれん, 直にで起される, 直に風呂敷の結び目, 直に風速何十メートルで計算, 直に飛行機で広東, 直に食べられるおいしい蜜柑, 直に食物と露営, 直に飯坂だ, 直に飲むことを, 直に飽きて了, 直に養母が迎い, 直に餘所へ越した, 直に餞別とする, 直に饂飩饗つてよこすとう, 直にを俛, 直に馬ア引いて, 直に馬車屋に附纏, 直に馬首を東, 直にけ付けた, 直に馳せ参ずることと, 直に馴染みまして取附い, 直に駅夫が飛ん, 直に駈けて来い, 直に駈け出してお, 直に駈つけた三宅君不良少女の, 直に駈ん出して惰, 直に駕籠に乗っ, 直に高柳利三郎と知れた, 直に高知へ向, 直にへ, 直に鬱勃崛起して, 直にを奪われた, 直に鰻屋の半纏, 直に鳶頭を呼び, 直に鴎外の, 直に鶴城の中, 直に麋爛し尽くすであろうこと, 直に麹屋から慥, 直に麹町のお, 直に黄色を帯びたる, 直に黒くなり風, 直に黨則改正の上, 直に龍頭に至る