青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「火事~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~濟 濟~ 濠~ ~濡れ 濡れ~ 濡れた~ 瀬~ ~火 火~ ~火事
火事~
火星~ ~火鉢 火鉢~ ~灯 灯~ ~灰 灰~ ~灰色 灰色~ 災難~

「火事~」 2587, 26ppm, 4537位

▼ 火事~ (482, 18.6%)

16 ように 10 ために, 時に 9 ことを, ときに 8 あつた 6 ような, 遠照り 5 光が, 光は, 時は, 煙が 4 やうに, 光を, 半鐘が, 時には, 話を 3 あった時, さいに, ときには, 中に, 光で, 現場へ

2 [35件] あとで, あとの, ある予感, ときなど, やうだ, 光に, 危険性の, 噂を, 好きな, 如き光象, 娘が, 後の, 心配を, 恐ろしさ, 折から, 方を, 明りを, 時などに, 晩と, 晩に, 様に, 様子を, 渦巻が, 火で, 火の, 為に, 煙だ, 煙の, 研究を, 話が, 起こったの, 進行を, 際に, 音とに, 騒ぎの

1 [280件] あかりで, あかりに, あかりの, あったあと, あったこと, あったとき, あったの, あった前年, あった場所, あった府県, あった日, あった次, あった竪穴, あった翌日, あった頃, あとには, あとは, あとみたいな, あと一月ほど, あること, あるとき, ある時分, ある森, おかげです, お話らしい, ことが, ことだ, ことなどを, ことに, ことには, ことは, ことも, ことらしい, ころまでは, ごとく赤く, ごと騒ぐ, しずまるを, それかの, ぞんざいな, ためだった, つぎの, ときおなかの, ときまた, とき火を, とき自分の, とき逃げ場を, ところで, ところは, なかに, なりゆきを, はなしが, ほうが, まえに, まくらが, まくらは, まねを, やうな, よう, ようです, ようには, シーズンである, ポスター見, 一番多い, 中から, 中でも, 中へ, 中何処に, 予防や, 事が, 事情を, 人出の, 位置と, 余焔を, 備えも, 光と, 光も, 光りで, 光りに, 凄じい紅, 出た日, 前お, 前なども, 前後の, 危険であった, 危険な, 危険も, 危險も, 卵の, 卵を, 原因が, 原因に, 原因は, 口火めいた, 句数句を, 唸りを, 噂が, 報知が, 場合である, 場合と, 場合なぞは, 場合に, 場合における, 場合の, 場合は, 場合を, 場所から, 場所と, 場所を, 場面が, 声を, 夕方に, 多いの, 多い時節, 夜に, 夜の, 夢を, 大小は, 天を, 如きあるいは, 如き天災非常, 如く対岸, 如し, 実験かいと, 害と, 少い所で, 少い長崎などでは, 少ないの, 少ない土地, 屋根へ, 年忌を, 度に, 延焼の, 当時の, 影に, 後家を, 後片付けの, 後複写を, 後間もなく, 心配がの, 心配も, 心配や, 怪我人であろう, 恐しい, 恐しさ, 恐怖が, 恐怖に, 手伝いから, 手伝ひ, 打撃に, 拡がるよう, 揚句が, 放火犯人といふ, 数は, 方が, 方に, 方角が, 日の, 明りで, 映って, 時お, 時から, 時だって, 時はね, 時丁度, 時以来ひびが, 時刻に, 時急いでした, 時椎の, 時此の, 時死ん, 時深川を, 時火の, 時火を, 時焼失しました, 時馬にて, 晩から, 晩ちょうど, 晩非業に, 最中で, 最中に, 最中一人の, 最中怒鳴った, 最中窓格子を, 最中雑所先生袴の, 最初の, 條下に, 模様などを, 模様を, 次の, 段と, 混乱まぎれ, 混雑なら, 混雑の, 激しさ, 火だ, 火とは, 火元でも, 火元まで, 火元を, 灰の, 災いが, 災害に, 災害の, 災害を, 災難を, 炎の, 為其の, 烟が, 烟の, 烟を, 焔, 焔の, 焼け抜いた抜け裏, 焼け跡の, 焼跡から, 焼跡に, 煙, 煙かも, 煙ただならぬ, 煙である, 煙と, 煙に, 煙は, 煙りは, 煙を, 熱は, 燃料それに, 現場に, 用心に, 直前の, 真っ赤の, 知らせる早鐘, 研究が, 禿げあと, 空の, 紅色は, 経過が, 経過を, 絵に, 絵を, 翌る, 翌年にも, 色かな, 蔓延を, 處も, 虞は, 見当を, 見物など, 見物も, 見舞ひ, 記憶から, 話は, 話も, 話もてた, 調査まで, 警報が, 起こる事, 起ったらしいところ, 起らない先, 起るの, 起る直前, 越年を, 跡, 跡に, 跡の, 跡仕, 跡始末が, 遠照, 鐘を, 階段に, 際の, 隣に, 非常線まで, 頻度が, 顛末が, 飛火が, 騒ぎで, 騒ぎに, 騒音の, 黒烟が

▼ 火事~ (373, 14.4%)

19 あって 12 起って 10 あつた, あると 6 あった, あつて, ありました, ある, 出て 4 あってから, あるんで, 起こった 3 あったが, あっても, あるの, はじまったの, 起つて

2 [31件] あったこと, あったと, あったの, あったり, あったん, ありましてね, あるから, あるさ, あれば, いて, おこったの, おこって, ございました時, ございます, 出た, 出たとか, 出ると, 勢を, 多いから, 多くなる, 多過ぎる, 大きいの, 大きくなる, 始って, 始まる, 来たって, 江戸の, 起きて, 起こったの, 起った, 起つたり

1 [203件] あったけれど, あったその, あったでしょう, あったという, あったとき, あったとしましても, あったな, あったね, あったので, あったよ, あったよう, あったらしいから, あったら半鐘, あったら小母さま, あったろう, あった事, あった場合, あってねえ, あつたら駆け附け, あぶねえから, あらわれはじめた, あり, ありその, ありましたが, ありまして, あります, ありますから, あり仲見世, あり小田原, あり山崎屋, あるか, あるかも, あるが, あるし, あるぜ, あるそう, あるであろうとの, あるよう, あるん, ある一条, ある筈, あろうが, いい, いく何処, いく何處, いずれも, おきて, おこりましたね, おこれば, おさまって, こう続い, この辺, こわいこと, こんなに多い, ございました, ございましたでしょう, ございましても, ございませんが, さらに一時, しばしばあっ, すっかり済ん, すむと, すんでから, その証拠, つづいた, つづくなどとは, でて, でないよう, でる心配, でれば, ところどころに, どうして起こった, ないから, なかった, なかったら, なくなった, なくなるだろう, なければ, はっきり手, はるか霧降りの, まだ蔓延, わかるくらい, われわれの, イタリする, 一応消し止められる, 三度も, 三方から, 下火に, 中風の, 二度あった, 伝統的に, 伴うはず, 出かかった時, 出そう, 出たとき, 出たの, 出たら人, 出たら真先, 出ましたなどと, 出ましてね, 出るか, 出るとも, 区切りを, 十数箇所から, 千駄が, 厳密に, 取り持つ縁, 多いと, 多いとか, 多く強風, 大きくなっ, 大きくなった, 大きくなれ, 大変だ, 好きかい, 好きだった, 好きで, 始っ, 始まった, 始まったかと, 始まったん, 始まつた時, 始まると, 始まるとは, 崩壊を, 度々ある, 心配に, 怖ろ, 恐ろしかつ, 打始ら, 拡がったらしい, 拡がって, 擴が, 救えない, 数回あった, 日本橋から, 日本橋にも, 曇った空, 曰くつきな, 有り宿屋, 本式と, 水戸様石置き場の, 氷って, 流行る, 消えた, 消えたとき, 消えて, 消える, 済んだあと, 済んで, 済んでも, 濟んで, 火の手を, 無ければ, 燃えうつつて, 燃えて, 燒け, 発見され, 発見された, 百姓を, 目当てを, 私の, 科学的研究の, 突発する, 終わりを, 続きそう, 翌日の, 行くと, 行く火事, 見えた, 見えたと, 見る見る燃え拡がる, 起きたとて, 起こって, 起こりました, 起こるであろう, 起こると, 起これば, 起ったこと, 起ったの, 起つた, 起つたの, 起つたので, 起りました, 起りまして, 起り風, 起る, 起るかも, 起ると, 起るという, 起ると共に, 起る死人, 起れば, 轟々凄惨の, 近いこと, 近いと, 近くて, 近づいたという, 近づいて, 追掛けて, 鎮った, 飛火した, 駆け出し広場は

▼ 火事~ (227, 8.8%)

8 江戸の 5 どこだ 3 どこだい, 大きくなる

2 [12件] なかった, まだつづい, 何処だ, 別だ, 大事に, 放け火, 毎晩だ, 消えたと, 消しようが, 消防隊が, 燈明皿よりも, 誰の

1 [184件] あやまちから, あやまちであったという, あるべきもの, あれも, いまから, いよいよ盛ん, うちです, おさまりかけたのに, おりからの, お宅, お家の, お屋敷うち, お邸町, お驚き, こいつじゃ, こうまで, こっちだ, これで, こんな大きなこと, すぐ近い, すっかり消え, そうでなかった, そのあつ, その速, それつきり, そんなにひどく, ついにしずまった, どうなった, どこ, どこい, どこか, どこぞ, どこでございましょう, どこでしや, どっちの, なんだか非, なんとか片づく, はるか南の, ひろがった, ほんとうに, まかさ来まいと, まだまださかん, まだ盛, まだ終っ, よそに, わたしたちを, アンタの, ウチの, 一つばんで, 一ヵ所ばかり, 一区内に, 一夜で, 一度の, 一時四十何分かに, 一箇所と, 丁度火柱, 七日の, 三マイルにわたって, 下へは, 下妻の, 不可抗力でも, 両国だ, 中学校四年生の, 二時間ぐらいで, 人家の, 人工的災害であっ, 付け火を, 低い家, 何事も, 何処に, 何處だ, 余が, 俺の, 倉です, 倭文子を, 停車場の, 先ずそれ, 全くなかっ, 全焼とまでは, 出さなかった, 前申, 加速度に, 北棟の, 十一時頃から, 半分に, 厚い麦藁葺屋根, 合羽橋の, 四つの, 四方へ, 地震や, 変な, 夕方五時まだ, 大きいほど, 大きかった, 大きくなった, 大きくなったらしい, 大きな風, 大分燃広が, 大塩の, 大塩平八郎の, 大工の, 大火と, 好きだ, 好きだった, 室町屋から, 家を, 容易に, 寒い暑いに, 幸ひ, 後の, 御免です, 我が家我が家には, 或る, 手古林であった, 支倉の, 放火だ, 政治漫画を, 斯う, 新玉町, 日本の, 日比谷で, 旧幕時代でも, 明くる日の, 曉方近い, 更に衰, 更に衰え, 曾根様の, 本宅な, 本当に気の毒, 杵太郎さんと, 案外僅か, 構わぬが, 止まない, 正月十八日に, 毎晩です, 毎晩の, 江戸人の, 沼の, 浅草三軒町から, 消えず新築, 消えて, 消えるもの, 消せますか, 渋江村って, 渋江村ときや, 渋江村剣術大名司馬さまの, 滅多に, 漸次大きく, 灰に, 然程, 物質の, 異様の, 疑いも, 疑えば, 益々大きく, 益々燃え拡がった, 盛ん, 盛んに, 眞夜中に, 私たち鄰家二三軒が, 精神的な, 翌る, 螢澤の, 裏通り大分遥かに, 見物に, 諸君の, 谷から, 起こりは, 起こるの, 近頃あんまりは, 近頃の, 近頃起つた, 遠いよ, 遠うごぜ, 遠くない, 鎮まったけれども, 隣家を, 離屋を, 雷が, 雷門の, 青山の, 駿河台の, 驚いたでござろうな, 麹町から

▼ 火事~ (218, 8.4%)

13 見て 6 出して, 見に 4 見物し 3 機会として, 見たり, 見るよう, 起し全焼

2 [13件] ながめて, みて, よそに, 何よりの, 出した竪穴, 呆然として, 想像する, 拵へ, 消しに, 消すこと, 眺めた, 見物する, 避けて

1 [151件] あおり春, あとに, おこして, かかえて, こわがったん, こわがってるもの, ごらんまあ, しでかすところ, たきつけ夏, だしたおり荷物, でかすと, はさんで, はやく消さない, ぼんやり眺め, ますます大きく, やること, 不安そうに, 使ふ, 傍看した, 免れたる家, 写したもの, 出さないよう, 出さない用心, 出さなかったの, 出しかけた, 出しそう, 出しそこね, 出したおかげ, 出したという, 出したの, 出したらしいよ, 出したん, 出した火元, 出した痕跡, 出しやがった, 出すか, 出すこと, 出すとか, 出すなどという, 出すの, 出すよう, 出す都合可愛想, 出す騒ぎ, 喧嘩を, 地震火事と, 幸いいっそ磯五さん, 幻想させる, 引き受けること, 引受けること, 待つの, 後に, 心得て, 心配した, 怖れ, 怖れたであろう, 恐るること, 恐れたこと, 恐れる子供, 恐怖した, 想わせるよう, 感心し, 拵えた下手人, 救いに, 教えて, 最初に, 望むよう, 望む如き光, 望見する如き, 江戸の, 江戸川辺かと, 消したよう, 消して, 消し止めて, 消すため, 消すに, 消す手使い, 消せないとな, 焼き出そう, 照り返した空, 申すの, 発すること, 発見なすった, 發見した, 直接詠ぜず, 眺めさせて, 眺める気持, 眺める群集, 眺め入, 眺望した, 知ったの, 知らした, 知らせに, 知らせる半鐘, 知らせる鐘, 知らせれば, 知らなかった, 知りまして, 立小便で, 考え得なかったの, 見た, 見たが, 見たの, 見たまえ, 見つけて, 見なせえ何千軒, 見ねば, 見まもって, 見ると, 見るの, 見る人, 見る様, 見る機会, 見る渡舟, 見付けて, 見届けるため, 見物しよう, 見物に, 覚悟しなけれ, 賞める, 起こしそう, 起こしその, 起こしたあの, 起こしたは, 起こして, 起こし彼ら, 起こし蔓延, 起さなかったの, 起さぬ用心, 起しかけたの, 起したこと, 起したらしいぞ, 起したり, 起して, 起しやすい, 起し全, 起し易い, 起し蔓延, 起す, 起すか, 起すから, 起すはず, 逃が, 逸はやく, 遠く望んだ, 遠ざけるという, 遠方から, 避ける人, 重大視した, 重大視した如く, 防ぐから, 馬鹿に

▼ 火事~ (214, 8.3%)

13 なって 6 しても, 遭って 4 あって 3 なつた, なりました

2 [15件] あった瀬戸物屋, あつて, して, なったの, なっても, なる, なるかも, なると, まぎれて, 古い帳面, 就ては, 焼かれて, 焼けて, 逢って, 遇つたから

1 [149件] あいまして, あい両親, あうぞと, あったとき避難, あったの, あっても, あつた, あつたらしい荒れた, あつて質屋, あひま, あわないいくつ, いい親類, おびえた村, かかりまったく, かこつけるため, こりて, しろ何, そなえて, その一本, つれて, なったこと, なったと, なったという, なったとき, なったので, なったよう, なったら大変, なったり, なった例, なった方, なった時, なつたら, ならないうち, ならぬ燃料, なり, なりかかったの, なりそこねたため, なりましょう, なりわたし, なり混雑, なるか, なること, なるぞと, なるの, なる光景, なろうが, まぎれある, よるとも, わざと火, アンマが, ポンプは, 不思議に, 京都において, 付き物の, 会って, 備へる, 全焼と, 出くわした, 出会したやう, 分家の, 利害を, 四日市の, 大道一筋を, 姪の, 對し, 幼い心, 慌てながら, 慣れないもの, 攻められれば, 會は, 村の, 構へる, 死傷あり, 母親に, 気を, 水を, 決まって, 浅草の, 浜屋敷は, 消防に, 淺草見附の, 焦がされたり, 焼き払, 焼けたあと, 焼けたらば, 焼けたん, 焼けた家, 焼けた当家, 焼けちまえば, 焼けてから, 焼けるから, 焼け出されて, 焼け出され彼方此方迯, 焼け黒ずみまた, 照らされて, 燃えて, 燃える家, 燒けた, 燒けて, 疑いを, 目も, 脅かされた一種, 藤原の, 身代を, 近く位置を, 追いつかれは, 追われたカヨテ, 逃げるたあ, 途を, 逢いました, 逢いやした事ゆえ, 逢う, 逢ううち, 逢ったお, 逢ったもの, 逢った時, 逢つてお隣に, 逢つてゐない, 逢つて移つて来, 逢つて麻布白金台に, 逢ひました, 遇つた後は, 遇つてバラや, 道を, 遠そう, 遭いましたけれども, 遭いまして, 遭うて, 遭うとか, 遭うの, 遭った, 遭ったの, 遭った事, 遭つてこの, 遭つて丸燒に, 遭つて折角集めた, 遭つて焼けた, 遭つて重ね, 遭わせたくないと, 関係が, 関心を, 靈岸島は, 非ざる, 顛倒し, 類焼し, 類焼した, 飛び出したん, 馴れ切って, 駈けつけるん

▼ 火事~ (156, 6.0%)

30 火事だ 976 という 43 ぞ, といふ, よう, ッ, ッと

2 [11件] あ火事, という声, といっ, と思つて, と私, なと私, のという, よゥ, アーッと, ツ, 火事火事

1 [63件] から逃げろ, が, が理学部, そうだ, ぞそれにしても, て, てえと, という叫び声, という咄嗟, といったん, といふさわぎ, とかいうもの, とか泥棒, とさわぎました, とすれ, とわかった, と云, と叫び, と叫ぶ, と叫ん, と合点, と呼び, と大声, と天井, と彼ら, と怒鳴っ, と怒鳴った, と怒鳴らせ, と思え, と気が付いた, と男, と知っ, と聞い, と聞きつける, と聞く, と言っ, と言ってる, と言ふから, と言われた, と電話, と駆け廻っ, と騒い, な, なんてどうも, みんな知らない, よ火事, わ, んべ, ァよ, アと, アとばかり, アッ, アッと, ア火事だ, ツ飴屋さんの, ナ三島, ーッ, 何処だ, 出火だ, 山火事だ, 火事だって, 火事です, 空襲だ

▼ 火事~ (136, 5.3%)

9 焼けて 3 焼けた, 焼けるの 2 ござります, 不思議な, 入道さまが, 焼けました, 燒けて, 相撲で, 行かえない

1 [107件] あまりの, あわてて, あんたの, いっしょに, おしんさんと, おっ母さん, お困り, お懲り, こげは, ここの, この因縁, すっかり焼い, すっかり焼け, そういう実例, それだけの, たずねて, ただ一つ, だいぶんに, だいぶ様子, でも, どうなった, どんなにさわいだ, な, なえ灰, なくなって, はござりませぬか, まる焼け, みじめに, もだしたの, プッジングの, 一遍火は, 下谷一帯から, 丸焼けと, 丸焼けにな, 二軒の, 亡くなりました, 住宅が, 倒され焼き尽されるもの, 吉原が, 向うの, 壁画が, 大半焼けた, 大名小路あたりから, 女を, 娘を, 家が, 家宝や, 屋根へ, 忘れて, 懲りて, 有名な, 此処らは, 死んだん, 死んだ以上, 江戸中丸で, 済ましちゃいられなくなりそう, 烏有に, 焚き出されたかの, 焼いたって, 焼かれたであろう, 焼き払われたあと, 焼けたが, 焼けたこの, 焼けたの, 焼けたので, 焼けたまま, 焼けたり, 焼けた熊笹, 焼けた跡, 焼けてから, 焼けましたから, 焼けるかも, 焼け出されたり, 焼け出されて, 焼け出され母親, 焼け出され深川櫓下, 焼け失せた, 焼け死ぬか, 焼け死んじまったそう, 焼け死んだと, 焼け死んだという, 焼け死んで, 焼け残った, 焼亡し, 焼死んだ, 燒い, 燒いた, 燒かれ, 燒き出された, 燒け, 燒失し, 真紅に, 祖父の, 穴が, 空が, 空谷子の, 肝の, 茸が, 菓子の, 蔵前の, 蔵本が, 裏門との, 見受ける最も, 道を, 金庫が, 鍛冶橋の, 陽炎が

▼ 火事~ (96, 3.7%)

5 病気を 3 なって, 聞いて

2 [12件] いうと, 喧嘩が, 喧嘩は, 地震の, 大きい火事, 女出入は, 女出入りは, 明和の, 洪水と, 聞くと, 落書の, 間違えて

1 [61件] いうので, いえば, いへば, きいて, ききつけまっさきに, さへ, すると, である, なった, なったので, ならずに, なりある, なりて, なる, なると, なるとも, なれば, はいっても, みて, 云うもの, 云う意識, 云ふ, 厳寒と, 同様予想以上に, 同行を, 呼んで, 喧嘩と, 喧嘩ア江戸の, 地震が, 夜店の, 安心し, 師走どろ, 弥次馬は, 思うと, 思ったそう, 怪しい潜水艦, 戦いとが, 放れ馬とで, 暴風と, 来たらそれ以上, 氣の, 物盗り, 物盜り, 申して, 空襲とは, 結びついて, 考へられる, 聴いて, 聴くと, 血だらけな, 見えて, 見ゆ, 見ると, 言った, 誤認し, 赤児の, 較べて, 違う, 重い葛籠, 野猪, 間ちがえ

▼ 火事でも~ (42, 1.6%)

3 あると 2 消す事, 起ったの

1 [35件] あったの, あったらその, あったんで, あって, ありそう, あるよう, あるらしい, あれば, いろんなウカツ者, おこって, ない, ない樣子, ねえのに, 出さなきや, 出されると, 出されるの, 出したか, 出来されちゃあ, 出来たら大変, 地震でも, 始った, 始まったよう, 始まっちゃ, 始まつたやう, 映すよう, 有りゃア, 燃え出しさ, 見るよう, 起こったよう, 起こって, 起したらどう, 起すやう, 起ったよう, 起れ, 起れば

▼ 火事装束~ (41, 1.6%)

5 の五人組 2 の一団, の五人

1 [32件] がズラリ, が刀影, が猫, だぞ, ででも出掛けなくつ, で町内, とともに住ん, とやらの五人組, と刃, に包まれる, に奪い去られた, に鼻, のお, の一隊, の人影, の四人, の四闘士, の士四名, の新手, の武士, の武士たち, の武士達一丸, の消防手, の着込み, の註文, は今, らしい姿, をし, をした, をつけ, を着け, を置いた

▼ 火事~ (28, 1.1%)

1 [28件] おこしかねない, こ, こっちが, こめて, じつはぼく, その頃, ないの, ないのに, なかった, みんな我々の, やっぱり行きついた, よくある, 一と, 中, 出ずさ, 十里を, 宗三郎あぶない, 少なかった, 彼等の, 心配では, 春らしいけむりひろがる, 沢の, 消えたので, 火事一瞬に, 相当の, 私の, 自然ただの, 鎭まりしかば

▼ 火事騒ぎ~ (25, 1.0%)

1 [25件] から座頭, があった, がおさまっ, が始まりました, が無けれ, じゃ橋, でした, ですからね, で動きまわっ, で興奮, で通りかかった, とかのいきさつ, に散らかった, に火付け, のあった, の中, の時, はともかく, は少し, は年代記, は私, もピタリ, をやっ, を拵え, を起させ

▼ 火事には~ (23, 0.9%)

1 [23件] いろいろうたがい, こりて, そんな例, ならぬ, なんともなかっ, むしろこの, リレーする, 一番覚え, 不断出た, 二三度も, 人先に, 付きものの, 会っても, 会つても, 南西風に, 困る, 延燒し, 相違なかっ, 誰か, 銭を, 非ず, 類焼る, 馴れて

▼ 火事見舞~ (21, 0.8%)

3 に行く 2 に来た

1 [16件] かなんぞの様, と焼跡, と燒, ながら講釈師, に來, に握飯ごと, に来, に町内, に行, に行った, に貰った, に遣る, の支度, の給与品, はつい, を言い

▼ 火事です~ (19, 0.7%)

3 か, よ 2 たいへんです, 火が 1 ぜ, って, ってのにあの, ね, ね砲兵工廠, よ火事, 旦那, 消防署へ, 火事です

▼ 火事じゃ~ (16, 0.6%)

2 ないか, ないかしら, ないかな 1 ない, ないかと, ないかという, ないだろう, ないだろうね, ないでしょうか, ないよ, ない迷子, 火事じゃ, 火事だ

▼ 火事では~ (16, 0.6%)

4 ない 2 ないか 1 ありません人, ござらぬ, ないらし, ない強盗, なさそう, 大変だ, 毎日の, 留造夫婦と, 開墾に, 鯉や

▼ 火事~ (14, 0.5%)

2 地震の

1 [12件] 創ある, 喧嘩そのものを, 喧嘩や, 地震より, 天明の, 山火事の, 暴風が, 江戸の, 泥棒とが, 泥棒や, 疫病で, 電光や

▼ 火事という~ (13, 0.5%)

2 ものは, ものを 1 ことから, のも, ものに, ものの, 名が, 声は, 奴は, 活, 風に

▼ 火事~ (12, 0.5%)

3 喧嘩か 2 大地震 1 どろぼう, もしくは急, 何かの, 借金取か, 消防自動車の, 火事では, 盗賊か

▼ 火事から~ (12, 0.5%)

2 小は, 江戸は 1 あとの, こっちずいぶん, この妻恋坂, もう腑, 三日後の, 九ヶ月目秋も, 十日しか, 縁を

▼ 火事にも~ (11, 0.4%)

2 焼かれずに 1 その年, ほろびなかった, 滅びなかつた, 無事に, 焼け残ったので, 逢はず維新の, 逢や, 逢わずに, 限らずこれ

▼ 火事かと~ (10, 0.4%)

1 おもわれましたが, 御覧なさる, 思うほど, 思うよう, 思ったが, 思って, 思つてピユーピユー四方から, 思つて見る, 思はれるばかり, 騷ぐと馬だ

▼ 火事~ (9, 0.3%)

52 や世 1 ゃあたいしたこたあねえ, や野

▼ 火事見物~ (9, 0.3%)

1 が一雪崩, にお, にでかけ, にでかけた, に出かけ, の帰り, の弥, の最中, の気分

▼ 火事頭巾~ (9, 0.3%)

1 が必要, だの襦袢, でくりだす, とばれん, の内側, の如き, の残り裂, を冠, を被っ

▼ 火事とは~ (7, 0.3%)

1 うますぎる, 別物である, 呼ばれるさ, 思われず風評まちまち, 東京人の, 正月晦に, 訳が

▼ 火事なら~ (7, 0.3%)

2 ば寧ろ, んと 1 たいへんだ, ば大勢, まあ蓋

▼ 火事にでも~ (7, 0.3%)

2 ならないかしら 1 あったあと, あったよう, なったとき, なっては, 焼けたやう

▼ 火事よりも~ (7, 0.3%)

1 この方, なお非常, 勇んで, 大島爆発の, 恐ろしくない, 空軍よりも, 雷よりも

▼ 火事早い~ (7, 0.3%)

2 江戸に, 江戸の 1 よ, 江戸だ, 江戸で

▼ 火事~ (7, 0.3%)

2 に雪 1 に来, へ駈けつけた, や水鳥, をさし, 荒しに

▼ 火事騷ぎ~ (7, 0.3%)

1 が始まりました, としては尤も, に火付け, の中, は少し, は年代記, もピタリ

▼ 火事~ (6, 0.2%)

2 んです 1 のか, のである, んざあどうでもいいいよいよ, んだ

▼ 火事沙汰~ (6, 0.2%)

2 がある 1 が少なかっ, でその, のない, の多い

▼ 火事見舞い~ (6, 0.2%)

1 でござい, にでむい, にも来, に行っ, のよう, は当時

▼ 火事だって~ (5, 0.2%)

1 いうと, なんぼ私ら, 一年も, 呶鳴る, 騒ぎでしょう

▼ 火事だろう~ (5, 0.2%)

1 いや炭焼窯, か, かと思った, と利用, と泥棒

▼ 火事~ (5, 0.2%)

2 やあるまい 1 やありません, やございますまい, やない

▼ 火事とか~ (5, 0.2%)

2 饑饉とか 1 一生に, 地震とか, 大地震

▼ 火事なんか~ (5, 0.2%)

1 ありません, ありゃしません裏, ひき起した, めったにありません, 放って

▼ 火事らしい~ (5, 0.2%)

2 火事は 1 が見えない, ぞッ, ナ

▼ 火事などの~ (4, 0.2%)

1 ある場合, 場合に, 起こるはず, 起った場合

▼ 火事に対しては~ (4, 0.2%)

1 このよう, むしろ今, 恐ろしく神経質, 申しぶん

▼ 火事以来~ (4, 0.2%)

2 である 1 焼けた部分, 黙ったまんま

▼ 火事息子~ (4, 0.2%)

1 という言葉, といふ言葉, のやう, のよう

▼ 火事あと~ (3, 0.1%)

1 の水たまり, の落葉松林, へ直ぐ

▼ 火事かの~ (3, 0.1%)

2 ように 1 為に

▼ 火事さわぎ~ (3, 0.1%)

1 がしずまります, がやや, で無理

▼ 火事でした~ (3, 0.1%)

2 わね 1 が風

▼ 火事といふ~ (3, 0.1%)

1 ものは, ものを, 全く偶然

▼ 火事など~ (3, 0.1%)

1 ちょっと振り向く, 余り経験の, 種々大火

▼ 火事なる~ (3, 0.1%)

1 ことが, ものは, 自然力を

▼ 火事にな~ (3, 0.1%)

1 つても, つて燃えつい, ッちゃ

▼ 火事~ (3, 0.1%)

2 火事よ 1 お父さま

▼ 火事よと~ (3, 0.1%)

1 近邊大, 駆けつけ, 騒ぎ立てて

▼ 火事より~ (3, 0.1%)

1 せわしい, 急だろう, 都合が

▼ 火事~ (3, 0.1%)

2 の雨 1

▼ 火事装束五人組~ (3, 0.1%)

1 との対策, と弥生豆太郎, の隠れ家

▼ 火事きち~ (2, 0.1%)

1 がい, がいと

▼ 火事ぐらいに~ (2, 0.1%)

1 考えて, 身ぶるいを

▼ 火事そのもの~ (2, 0.1%)

1 でなくて, に機械

▼ 火事だけでも~ (2, 0.1%)

2 三つその

▼ 火事って~ (2, 0.1%)

1 いうけれど, えの

▼ 火事であった~ (2, 0.1%)

1 が山, と云います

▼ 火事である~ (2, 0.1%)

1 ための, と云つて俄

▼ 火事でございました~ (2, 0.1%)

1 がこれ, ね

▼ 火事でございます~ (2, 0.1%)

1 ね, 早くお

▼ 火事でござる~ (2, 0.1%)

1 か, ぞお

▼ 火事でない~ (2, 0.1%)

1 ことを, と解る

▼ 火事として~ (2, 0.1%)

1 安穏に, 知られた明暦

▼ 火事とでも~ (2, 0.1%)

1 いひたげに, 云おう

▼ 火事どころ~ (2, 0.1%)

1 のさわぎで, の話

▼ 火事などは~ (2, 0.1%)

1 何十年有らう, 眼の

▼ 火事なりとして~ (2, 0.1%)

2 はせつけ井中

▼ 火事なんぞの~ (2, 0.1%)

1 心配は, 時荷物を

▼ 火事なんて~ (2, 0.1%)

1 いつあつ, ことも

▼ 火事について~ (2, 0.1%)

1 神経質に, 語りだした

▼ 火事については~ (2, 0.1%)

1 いろいろまだ話, 町の

▼ 火事にゃ~ (2, 0.1%)

1 上が, 火事です

▼ 火事に対する~ (2, 0.1%)

1 準備が, 種々の

▼ 火事に関する~ (2, 0.1%)

1 問題を, 若干の

▼ 火事に際して~ (2, 0.1%)

1 使用する, 見受ける勇気

▼ 火事~ (2, 0.1%)

1 かけだすところ, 眼を

▼ 火事まで~ (2, 0.1%)

1 おこさなくても, 知って

▼ 火事みたい~ (2, 0.1%)

1 に, にポンポン

▼ 火事よけて~ (2, 0.1%)

2 飛んで

▼ 火事今年~ (2, 0.1%)

2 の正月

▼ 火事好き~ (2, 0.1%)

1 と違っ, と違つて

▼ 火事教育~ (2, 0.1%)

1 の絵本, をきれい

▼ 火事気違い~ (2, 0.1%)

1 ですよ, の仲吉

▼ 火事氣違~ (2, 0.1%)

1 ひですよ, ひの

▼ 火事沙汰等~ (2, 0.1%)

2 も無御

▼ 火事知らず~ (2, 0.1%)

1 か何, と申しまし

▼ 火事装束五梃駕籠~ (2, 0.1%)

1 の頭首, の首領

▼ 火事~ (2, 0.1%)

1 めえて, 櫓とが

▼ 火事親爺それ以上~ (2, 0.1%)

2 に怖い

▼ 火事~ (2, 0.1%)

2 を避ける

▼ 火事~ (2, 0.1%)

1 が良, の良

▼ 火事頭巾あれ~ (2, 0.1%)

1 を出しまし, を出しましょ

▼1* [121件]

火事ありと思い, 火事ありし日の, 火事ありしやと問え, 火事い出来したかえ, 火事うつる夜寒かな, 火事うとくなりにたる, 火事おこすんです, 火事かしらとすぐに, 火事かもしれねえな, 火事からは思いがけない毒まんじゅう, 火事がはア毎晩の, 火事ぐらいで三人が, 火事これは皆様方, 火事ごっこだよ, 火事へ知らず, 火事さえ知らずに, 火事じゃあねえ竜巻だ, 火事じゃと駆つけた居士, 火事その二は, 火事そのため宗春を, 火事それに続い, 火事だけあって, 火事だけですめば, 火事ださうな, 火事だっさ火事, 火事だったの, 火事だの泥棒だ, 火事だらうと思つた, 火事火事っ, 火事っていう奴さ, 火事つづきじゃありません, 火事であって禍根, 火事でさえも一応は, 火事でしてね, 火事でなければ出ないだろう, 火事といったような, 火事とが連絡が, 火事としても小さからぬ, 火事とでワルシャワの, 火事との關係によ, 火事ともなれば, 火事と共に大納言の, 火事どれを持っ, 火事なあありゃあ東京, 火事ながら大ちがい, 火事なしが名物, 火事なぞどうでも, 火事なぞに掛けては, 火事などが過ぎて, 火事などには間に合いません, 火事なんぞだったら尚更, 火事なんぞは無いだ, 火事にさえちっとも人間, 火事についても一つ疑っ, 火事にて驚きたりと, 火事にてもこの男, 火事になどはならないとも, 火事による突風が, 火事やりでは, 火事までが狂言だ, 火事までちゃあんと, 火事やつたら炎, 火事やら大風やら, 火事よという声で, 火事よとて起き出でて, 火事スペクタクルとしては, 火事と聞い, 火事ッきりどこへ行った, 火事ドロ根性を忘れなかった, 火事ドロ的合戦の時, 火事ニ焼ケテ裏店ヘハイッテイルト聞イタ世ノ中, 火事ヤレ地震といふ時に早速, 火事一瞬にし, 火事以上の非常事, 火事以來母屋に移つた勘兵衞, 火事以來江戸市民を恐怖, 火事以前の雷門, 火事以来どこへも姿, 火事以来江戸市民を恐怖, 火事を措い, 火事の笹家, 火事其外ツイエアル故也, 火事具足で登城, 火事午年の火事, 火事纒を, 火事半鐘のやう, 火事半鐘木綿半丈, 火事喧嘩さては富士筑波, 火事多しか, 火事安政大地震, 火事だつたら先づ纏持ち, 火事或は佐久間町の, 火事にする, 火事提灯とを持つた, 火事には人間, 火事の一年間, 火事注意の警報, 火事火事っ, 火事無用じゃ, 火事の怖き, 火事てみっちゃく, 火事盗難という物, 火事目黒行人坂の火事, 火事直後急拵, 火事も始め, 火事きぢ, 火事袢纏を着, 火事装束いま血戦の最中, 火事装束一味のまわし者, 火事装束草鞋掛で十文目筒, 火事裝束にて相, 火事見るとし, 火事見回りに行く, 火事見舞仏事などにはあまり, 火事警戒の赤い, 火事退治をし, 火事電光及び高圧線, 火事頭巾火消目付の緋, 火事馴れぬお百姓衆, 火事騒ぎ以来いつかの打撲傷, 火事騷ぎでもあつた時の用意