青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「盲目~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

監視~ 盤~ ~目 目~ 目下~ 目前~ ~目標 目標~ ~目的 目的~
盲目~
直~ ~直ぐ 直ぐ~ ~直し 直し~ ~直ちに 直ちに~ ~直に 直に~ ~直接

「盲目~」 1280, 14ppm, 8043位

▼ 盲目~ (403, 31.5%)

6 ように 5 女の, 眞似 4 ひとが, 二人は, 眼が 3 おばあさんは, くせに, 乞食に, 娘と, 小せん, 小法師, 方が, 男が, 老婆が

2 [32件] おばあさんが, お婆さんに, お婆さんは, お婆さんを, ために, ひとの, ひとは, 人が, 人でありました, 人は, 先生を, 剣術の, 太助の, 夫の, 女師匠, 尊敬が, 尊敬では, 尊敬とでも, 少年は, 恋を, 情熱は, 按摩を, 星は, 母の, 母は, 母を, 琵琶背負に, 真似を, 老乞食, 蟋蟀の, 衝動による, 身で

1 [284件] あるかぎり, うちにおいては, うなだれて, おじいさんは, おばあさんから, おばあさんの, おふくろを, ことです, こととて, ことゆえ, ごとし, さすらい人の, せいも, その子, それゆえに, ばらの, ひとたちには, ひとに, ひとを, ふりを, ままに, やうな, ようだった, ようである, わかき女, エディプの, エベレストに, オリオンと, トオカルでは, マアチン老人と, ラザルスは, ロシア詩人エロシエンコに, 一歩手前を, 三味線弾は, 不便より, 世界がど, 世界にまで, 主人, 乞丐等また, 乞食, 乞食を, 亀よ, 二人に, 人だ, 人で, 人であった, 人である, 人とは, 人の, 人以上暗い, 人達, 人達は, 仏を, 使途である, 侍だけが, 俳士あり, 偉大な, 僻みも, 兄, 兄と, 兄の, 兄は, 先生とを, 先生に, 先生は, 先生はな, 分際で, 刑罰よ, 剣人, 剣客, 剣客ことに, 剣客と, 力, 力で, 力に, 力は, 力を, 力運命の, 功名心の, 勝梅さんの, 十ばかりに, 叔父さんが, 哀しさ, 唖の, 唱導者が, 国に, 土の, 坊さんが, 坊さんを, 坊主頭の, 垣覗きといった, 垣覗きより, 執着を以て, 墨塗, 大入道も, 大坊主, 大虫, 太助から, 夫は, 女が, 女である, 女に, 女の子を, 女よ, 女按摩, 女親, 娘, 娘さんが, 娘は, 娘を, 婆さんでも, 婆さんも, 婦人である, 媼継母寄合身上で, 子供が, 子供と, 子供を, 学者が, 学者の, 宝石商人, 客が, 客を, 家へ, 家を, 小僧さんだ, 小坊主ながら, 小娘を, 小孩, 小按摩, 少女が, 少女の, 少女は, 巨人インゼンスの, 巨大な, 巫女が, 巫女土地によっては, 希ひ, 庶民はい, 弟には, 弟の, 弟は, 弾琴家は, 彼は, 彼一人には, 御身で, 性慾は, 怪人は, 恋だったら, 恋の, 恋人を, 悲しさ, 情熱が, 意志とでも, 愛からか, 愛が, 愛であり, 愛です, 愛情を, 手引を, 手探りを, 持主は, 指先の, 按摩が, 按摩遊芸の, 春琴と, 春琴の, 春生が, 景清である, 景清の, 望みは, 染物職人に, 様な, 機械師の, 歌うよう, 武士という, 武士の, 武士幽霊の, 母が, 母と, 母に, 母親の, 法師が, 法師な, 洞穴である, 浄瑠璃の, 浪人者が, 浪人者を, 浮世丸と, 涙腺から, 淵その, 淵の, 激情を, 無智, 父かうし, 父に, 爺さんが, 爺さんたちを, 爺さんと, 片意地と, 物賣り, 状態に, 狂暴に, 独り歩きが, 琴手, 琴手は, 生の, 男と, 男の, 男の子が, 男は, 男女が, 男女しゃがれた, 病人は, 目が, 目を, 眼だ, 眼の, 眼を, 祈りであった, 祖父は, 私が, 私に, 秋, 竜之, 箱屋は, 紛れ当りと, 絶対の, 美人に, 美女に, 美女の, 群の, 義勇兵にも, 翫賞家, 老亡命者, 老人が, 老人であった, 老人と, 老人と共に, 老人に, 老夫, 老婆の, 老父には, 老王, 老王アルヅ・ダアル, 者でございます, 者の, 自分には, 自我が, 船頭に, 蛙, 蛙かいろくく, 蟋蟀という, 血を, 衝動ある, 衰え易い, 見馴れぬ汚い, 覚一を, 親父は, 誇りが, 譲歩, 谷博士と, 谷博士は, 谷博士を, 象の, 身, 身であり, 身と, 身には, 身東夷東条の, 道徳醒めない, 野郎が, 野郎げ嫁世話される, 量見, 銀子に, 阿呆陀羅坊主が, 青年が, 青年北田三木雄に, 面を, 顔を, 驕慢あり, 魚が, 鳥を, 鴉, 鼠だ

▼ 盲目~ (173, 13.5%)

22 なって 9 して, なつて 4 なつた, なるの 3 されて, なった, なったの, なってから 2 した, すること, する気, なったと, なったり, なった彼, なると, 成らなければ

1 [97件] あらずして, あるいた, おなりなされ, おなん, かくれて, された上, され暗い, しあるいは, しそれなり, したこと, した事, した書院風, しては, しようと, し人, するつもり, すると, するもの, するやっかいもの, する厄介もの, その運命, ちかい重い眼病, なして, なったおり, なったか, なったこと, なったこの, なったという, なったもの, なったよう, なったらという, なったらどんなに, なったん, なったバッハ, なった女, なった日, なった染物職人, なった箱屋, なった結果, なった芸者, なってからの, なってからは, なっては, なってまで, なつたらしい, なつたり, ならずに, ならない深雪, なられてからは, なりかけてるの, なりがち, なりこの, なりたい教会, なりたくなかったら裁縫, なりながら, なりました, なりましたので, なりますよ, なり切って, なり切ること, なり得ない一面, なり手足, なり生きながら, なり見る影, なる, なるか, なるかと, なるかも, なること, なるほどの, なるまでは, なるもん, なれば, なろうと, ひとしい心構え, ひとしい自分, 似て, 唖に, 在って, 帰ること, 恋に, 恟ッと, 成つたん, 成つた自分の, 成ろうとして, 斬りつけるだろう, 本能的に, 気づいても, 流されて, 満足し, 相違ない, 等しかった, 衝突たりや, 近い彼, 近かった, 近くな, 違いありません

▼ 盲目~ (87, 6.8%)

6 んだ 3 のだ, 力の 2 のか, 人の, 民衆の, 私を

1 [67件] ことが, ことも, ためである, ために, ところが, のかも, ので, のであらう, のである, ので当面, のに同情, のよ, もの, ものの, ものも, んです, スペイン人の, 事を, 人である, 人では, 人間の, 偶然な, 公衆の, 利己心を, 力が, 力に, 力によ, 力も, 力を, 力感という, 勇に, 反抗いにすぎません, 唐僧の, 女は, 妻で, 尊王攘夷連だけ, 崇拝の, 彼女でも, 恋が, 恐怖が, 情欲のみ, 憎みもしくは, 戀を, 手が, 掟の, 時間が, 暴力を以て, 暴戻さを, 本能と, 民衆も, 活動の, 為政者だ, 熱烈な, 獣こそ, 獣心は, 王子が, 生の, 生命の, 社会経済学の, 絵かきの, 群集を, 肉体な, 肉体は, 興奮に, 衝動から, 魔獣の, 點では

▼ 盲目~ (47, 3.7%)

3 なって 2 無力という, 醜悪とを

1 [40件] いうよりは, お聞き, すべきもの, する蛮力, なされて, なし加, なったであろうほどの, なった可憐, ならうと, なり, なりたり, なりぬ, なりました, なり候もの, なり忰虎蔵, なり性来, なり検校, なり無, なり零落, なるところ, なるの, みえて, 同じやう, 忘我とを, 思うか, 思うてな, 思うとる, 成さへに, 断じた, 暗黒の, 無力の, 申しますが, 称する, 見たか, 言われて, 足弱を, 違って, 醜悪とが, 醜悪とに, 醜悪とによって

▼ 盲目~ (43, 3.4%)

3 あつた, 聾である

1 [37件] ありすぎます, あり得ないという, いて, いながら, いらっしゃいましたところで, おまけに, そうして辻斬, その上, ちっとも動き, なんの, また八乞食, また耳, 不自由な, 何の, 作曲家に, 叩きの, 在ながら, 坊主頭の, 外部が, 多分その, 女の, 如何とも, 学者に, 帰ること, 感が, 敵意に, 斯うい, 独身であれ, 白髪の, 聾だ, 聾で, 聾唖であったら, 腰が, 視神経の, 賭け碁まで, 跛の, 鼻は

▼ 盲目~ (29, 2.3%)

1 [29件] からいかん, からかえって, からと云う, から悪い, から見る, から面倒, が, が上品, が何と, けれど剣気, この坊さん, しいい加減, ぜ, そうだ, と, という, という諺, とかいうの, とか昔, とも言う, と思, と思っ, と思つて欺, と思つて油斷, と知っ, ね, もの目鼻立見べ, 俺の, 誰かに

▼ 盲目~ (27, 2.1%)

1 [27件] あり怠惰, あれが, いうた, するよう, どうしてこの, 前に, 反つて物, 取りみだして, 多い, 多く盲目, 天辺まで, 居た, 床几に, 感じるの, 提灯を, 杖を, 歎息を, 気に, 盲目の, 盲目を, 相連れ, 自ら謡ふ, 見えましたり, 見え唖, 跋扈する, 錢叩いつ, 開く躄

▼ 盲目滅法~ (27, 2.1%)

1 [27件] である, でしたが, な射撃, な追跡, にアガキ, にパク, に出かけ, に射込んだ, に廻転, に快走, に押しまくっ, に振り廻した, に掘った, に掴みかかった, に歩きまわる, に逃げ, に逃げ出した, に進む, に野山, に闘っ, に飛ん, に驀進, の対抗, の捨鉢, 無茶苦茶に, 駆けずり廻つて, 驅けずり

▼ 盲目である~ (26, 2.0%)

3 のを 2 ことに

1 [21件] か, かのよう, かをたしかめ得た, か又は, か無作法, か空疎, ことは, ために, と, ということ, というの, という事, とは信じない, とは知らなかった, と共に死, にかかわらず, のか, のが, 場合が, 弁信には, 結果は

▼ 盲目~ (22, 1.7%)

5 の筒袖 2 の袷

1 [15件] に赤い, の, の前垂, の半纏, の単, の手甲, の海鼠襟, の真黒, の着物, の筒袖一枚以上, の股引, の腹掛, の足, の長, をしっとり

▼ 盲目なる~ (21, 1.6%)

2 ファナチシズムの, 哉地上の, 本能の

1 [15件] 世眼を, 人の, 人間の, 儘に, 内容では, 動搖が, 君主は, 器械と, 情熱に, 手引よ, 狂熱の, 群衆とは, 者の, 辛労が, 鉄馬に

▼ 盲目であった~ (14, 1.1%)

1 [14件] から自分, ことは, そうでございます, そして妹, とは思えない, と申す, のかと, のだ, ので, のであります, のに目, 一人の, 余輩は, 竜之

▼ 盲目~ (14, 1.1%)

1 [14件] かいたよう, です, もって, ゆるせゆく春, 一層醜い, 利用する, 告白した, 導いて, 殺したと, 用いた名残, 証拠立てて, 証明する, 起させるかと, 駆り立てるが

▼ 盲目~ (13, 1.0%)

1 [13件] カンが, 不自由でいけない, 何を, 光を, 如何にも僞, 形ある, 彼の, 盲目に, 相手に, 祓への, 見るを, 遂に向島, 邪宗門徒探索の

▼ 盲目では~ (12, 0.9%)

2 ないが 1 あり得ない, お役に立たない, ないから, ないよう, ない病人, なかった, なかつた, なく眼, 何の, 思いも

▼ 盲目であっ~ (11, 0.9%)

4 ていい, てはならぬ 1 たり唖者, てその, ても陶土

▼ 盲目でも~ (11, 0.9%)

1 [11件] いざりでも, ないこと, ない限り誰, なんでも, 早くから信仰, 歩くよ, 眼が, 聾でも, 自分の, 行かれる楽, 話し相手の

▼ 盲目にな~ (11, 0.9%)

2 つてし 1 つたのかも, つたのを, つた人の, つた後の, つてから, つても, つてゐた, つて了へ, つて小説が

▼ 盲目結び~ (10, 0.8%)

2 にする 1 であつ, で石, にし, にした, になつ, の方, の癖, の秘密

▼ 盲目~ (8, 0.6%)

1 に自分, のすわってる, の名, の実は, はやや, は立ち上がった, は編み物, やクリストフ

▼ 盲目物語~ (8, 0.6%)

1 がある, の資料, よりも自分, を成し, を書き上げた, を読み, を読む, を読ん

▼ 盲目でない~ (7, 0.5%)

1 か否, ことだけは, ことは, とお, 普通の, 證據は, 限りは

▼ 盲目であり~ (6, 0.5%)

1 ながらよくも, ながら洞察, 俳優の, 勘の, 唖であり, 茂太郎は

▼ 盲目千人~ (6, 0.5%)

2 の世 1 だ山陽, に何, の世の中, の世間

▼ 盲目~ (6, 0.5%)

1 である, では困る, とは何たる, の杖, の背, を一匹

▼ 盲目さん~ (5, 0.4%)

1 だって言う, でで, でニヤニヤ, の物識り, は泣いた

▼ 盲目です~ (5, 0.4%)

1 あとについて, あなたは, がどういう, 情炎の, 目明きの

▼ 盲目でなけれ~ (5, 0.4%)

4 ば尋ねる 1 ばならない

▼ 盲目なら~ (5, 0.4%)

2 仕方が 1 しむるものにあらずして, んと, 造作ア有りません

▼ 盲目にも~ (5, 0.4%)

1 できらあな, なって, なり情熱, なるよう, やはり段々

▼ 盲目同然~ (5, 0.4%)

1 であった, である, ですなあ, どうする, よ

▼ 盲目~ (5, 0.4%)

3 に怖じず 2 におじざる

▼ 盲目じゃ~ (4, 0.3%)

1 この鶏, ございませんぜ, ないかと, アあるまい

▼ 盲目とは~ (4, 0.3%)

1 いえこの, 云え箸, 思はれないやう, 思われないほどに

▼ 盲目なれ~ (4, 0.3%)

1 ど強き, ばこそ痛苦, ばこそ眼あきの, ばとて口惜

▼ 盲目~ (4, 0.3%)

1 あい, あい按摩針, 醜悪についての, 醜悪を

▼ 盲目意志~ (4, 0.3%)

1 でありそして, の展開, を完全, を滅却

▼ 盲目探り~ (4, 0.3%)

1 で進ん, に転がっ, の状態, の真っ

▼ 盲目突き~ (4, 0.3%)

2 ではありません 1 ではない, にされた

▼ 盲目~ (4, 0.3%)

1 が目, の外, は別, は目

▼ 盲目~ (3, 0.2%)

1 不敵か, 改め遣る笠, 気狂いの

▼ 盲目~ (3, 0.2%)

1 がはいっ, で私, を惧

▼ 盲目でございます~ (3, 0.2%)

1 から何, この通り眼, よ病人

▼ 盲目という~ (3, 0.2%)

1 ところに, ので, 言葉を

▼ 盲目同様~ (3, 0.2%)

1 であるから, になった, に部屋

▼ 盲目~ (3, 0.2%)

2 の袷 1 の無

▼ 盲目按摩~ (3, 0.2%)

2 の二十 1 でないと

▼ 盲目探し~ (3, 0.2%)

2 に探し廻つた 1 に近所

▼ 盲目~ (3, 0.2%)

1 で伝馬牢, に抛り込ん, の中

▼ 盲目から~ (2, 0.2%)

1 さめた唯一, 解放された

▼ 盲目さぐり~ (2, 0.2%)

1 に, の焦だた

▼ 盲目だった~ (2, 0.2%)

1 し文学, 自分の

▼ 盲目~ (2, 0.2%)

2 やない

▼ 盲目でなかったら出~ (2, 0.2%)

1 て来い, て来いやい

▼ 盲目といふ~ (2, 0.2%)

1 のは, ものは

▼ 盲目とか~ (2, 0.2%)

1 人生の, 醜悪とか

▼ 盲目とに~ (2, 0.2%)

2 なること

▼ 盲目なりし~ (2, 0.2%)

1 と, 事に

▼ 盲目には~ (2, 0.2%)

1 富豪が, 成りきれなかった

▼ 盲目~ (2, 0.2%)

1 わしが, 有繋お袋

▼ 盲目~ (2, 0.2%)

1 がいっそう, でなくなる時

▼ 盲目少女~ (2, 0.2%)

1 に教へた, の手

▼ 盲目法師~ (2, 0.2%)

1 のお喋り, の弁信

▼ 盲目滅法界~ (2, 0.2%)

1 に人さま, に飛出した

▼ 盲目~ (2, 0.2%)

1 であった, はきょろきょろ

▼ 盲目~ (2, 0.2%)

2 に突いた

▼ 盲目~ (2, 0.2%)

1 が半分, のよう

▼ 盲目飛行~ (2, 0.2%)

1 でも全く, の中

▼ 盲目~ (2, 0.2%)

1 の遊び, をやっ

▼1* [104件]

盲目あたりに真っ向, 盲目あつかいにした, 盲目かい盲目の, 盲目かも知れんまた, 盲目こそうれしかりけれ, 盲目ことも忌, 盲目さかげんは驚異, 盲目さんたちがコチコチ, 盲目さんオイ其処へ往く, 盲目すべもなく, 盲目そのものに生き, 盲目だって看破っちまわア, 盲目だのなんだの, 盲目づれらし曲りて, 盲目でこそあれ真影流の, 盲目でございまして僧, 盲目でなかった頃は, 盲目でなくて死人, 盲目といったのは, 盲目とかいう不具者あるいは, 盲目としか見えない小坊主, 盲目としてゐるけれど, 盲目とでもいうところ, 盲目とまでなった事, 盲目とも思っては, 盲目ながら他の, 盲目ながらに人の, 盲目ながらも根強く働い, 盲目などを斬って, 盲目ならざるを尊ぶ, 盲目ならしむるものだった, 盲目ならしめるところの, 盲目ならずとも自分, 盲目な憤りのうち, 盲目にさえ明瞭な, 盲目のみなる兵, 盲目ばかりでも, 盲目ひとりで困っ, 盲目ぶりはチョット, 盲目ほど気の毒な, 盲目めこれんばかり働い, 盲目め声を知っ, 盲目もう口を, 盲目ゆえ迚も仇, 盲目よく為し得べきや, 盲目らしく見せるために, 盲目乞食とまで成り下る, 盲目二疊で風呂場, 盲目俳人は又, 盲目は之, 盲目を振るっ, 盲目を押し, 盲目千人目明一人の世の中, 盲目同士の夫婦, 盲目同様気がつかない, 盲目坊主おんなじ家が判らない, 盲目だったから, 盲目ではない, 盲目弾き唖と, 盲目必然の傀儡, 盲目がその, 盲目悪い心でした, 盲目愛国主義の其後, 盲目或は癩を, 盲目戦闘狂乱の中, 盲目扱いにした, 盲目捜しに足, 盲目探り同然だ, 盲目りに, 盲目数名に煙草, 盲目の脚絆, 盲目根性と云っ, 盲目格子がシーン, 盲目次のが三十五, 盲目沙汰だ, 盲目活動だなどと, 盲目物語一巻後人作為の如くなれ, 盲目状態に於, 盲目狂暴な行為, 盲目相應の出世, 盲目は開かず, 盲目確実な力, 盲目競走および大人, 盲目結びになつてゐるがあの瓶, 盲目結びになつてゐるのは面白いぢ, 盲目縞一枚で足, 盲目縞長ばんてん, 盲目縞長袢纒に首, 盲目老婆でさえカヤ小舎, 盲目者流の為め, 盲目で気, 盲目聾唖の信者, 盲目のよう, 盲目蛇物に怖じず, 盲目である, 盲目覗きではある, 盲目評家はその, 盲目詩人のダンチェンコ, 盲目詩人エロシンコ君が彼, 盲目身の程知らずといわれ, 盲目連中には到底, 盲目野郎だったん, 盲目青年の上, 盲目青年北田三木雄の頼り