青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「理由~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~現象 現象~ 球~ ~理 理~ 理屈~ 理性~ ~理想 理想~ ~理由
理由~
~理窟 理窟~ ~理解 理解~ ~理論 理論~ 琴~ 瑠璃子~ 環~ ~環境

「理由~」 10611, 110ppm, 969位

▼ 理由~ (2067, 19.5%)

209 ある 193 あるの 78 あった 64 あって 55 あったの 45 あると 40 あつた 36 なければ 31 なくては 30 ない 26 あるから 25 あるん 23 あつて, あるに 21 あります 19 どこに 16 あるので 14 あること 13 あるわけ 12 ないと 11 あっての 10 あるよう, なかった, わからなかった 9 あろう, ここに 8 あるか, あるもの, 何処に 7 あったに, ありそう, あるという, ないこと, ないでも 6 あっても, ありました, ありません, あるだろう, そこに, ないの, 出て, 私には 5 あるであろう, あるらしい, なくて, ほかに, わかった, わかって, わからない, わからないの, 分らない

4 [15件] あったから, あったこと, あったもの, ありは, ある事, ある以上, あろうとも, ないのに, ないよう, なかつた, 何である, 十分に, 少しも, 有るの, 無いの

3 [34件] あったわけ, あらう, ありそして, ありまして, あるが, あるだらう, あるだろうと, あるであろうが, ある筈, あれば, あろうか, ないから, ないじゃ, ないで, ないという, ないもの, ないわけ, なくは, わかったの, わからぬ, 之である, 二つある, 何か, 何ん, 充分に, 分った, 分らないので, 分らなかった, 判る, 存し, 存するの, 明かに, 潜んで, 無くては

2 [78件] あったが, あったので, あったばかり, あらうと, あらうとも, ありますか, ありますが, ありまた, あり私, あるかも, あるでは, あるとも, あるならば, あるにも, あるもん, あるよ, あろうが, いくらも, ございます, ざっと数え, そこには, ちょっと分らなかった, つきましたね, どうしても, ないぢ, ないつて, ないはず, ないやう, ない筈, なかつたの, なくとも, なくなって, なくまた, なくも, やっと判明, よくわかっ, よくわからなかった, わからなかったが, わからなかったの, わからなかつた, わかりません, わかる, 一つある, 三つも, 之だ, 伏在し, 何處に, 分って, 分つたやう, 分るから, 分るよう, 判つた, 判らない, 大いにある, 大に, 大地主, 少しでも, 彼の, 忘れられて, 成立する, 明白に, 有って, 有つた, 朦朧として, 横たわる, 武蔵には, 無い, 無かった, 然う被, 理由に, 生じて, 発見された, 示される, 立派に, 自分に, 解らない, 解らなかった, 訣らぬ

1 [565件 抜粋] あったけれども, あったため, あっただろう, あっただろうが, あったでしょうが, あったと, あったという, あったとしか, あったにも, あったのに, あったのよ, あったよう, あったらしい, あったらしいこと, あったらしいの, あったろう, あったろうが, あったろうと, あったん, あったテーブル, あった筈, あってか, あってな, あってね, あつたの, あつて余り, あつて旅, あまりにはっきり分かっ, あまりにめめしく, あらうが, ありある, ありうるの, ありうるわ, ありうるわけ, ありここ, ありと, ありましたそのいわゆる, ありましたの, ありましょうか, ありましょうな, ありますとも, ありますね, ありますので, ありますんで, ありもし, あり十如是, あり吾, あり多岐, あり従って, あり得よう, あり朴水, あり此事, あり猶, あり男, あるいはこういう, あるかしら, あるかと, あるかは, あるけれども, あるし, あるそれ, あるぞ, あるだお, あるだが, あるだらうか, あるだらうと, あるだらひっぱたいて, あるだろう云わなければ, あるであらう, あるであろうか, あるであろうと, あるであろう歟, あるでしょう, あるでしょうね, あるでせうか, あるでせうが, あるとき, あるとして, あるとは, あるならとにかく, あるならともかく, あるのに, あるはず, あるべきはず, あるやう, あるらしいが, あるらしいこと, ある今度, ある其の, ある場合, ある怖い, ある本, ある沢正君, ある然し, ある訳, ある限り, あればこそ, あろうと, いくらでも, いけないと, いちばん痛い, いよいよわからなくなっ, いろいろ他, うすうす彼自身, うなづけるの, おあり, おありだろう, おありな, おしげに, およそわかっ, おわかり, お分り, お有りでせう, かいもくわからなかつた, かえって忘却, かくして無下, き, げせない, こ, ことごとく逃げ去った, これらの, こんな処, ございましょう, ございましょうな, ございますか, ございますが, ございません, そこで分った, そつくり, そなわって, そのま, その人々, その存在, その容貌上, その辺, それ以前に, そんなだ, そんなわけ, ただ汽車, だなあ, ちがう, ちっとも分らない, ちっとも見つからぬ, ちょっと分らぬ, つかないと, つけて, つけ加つて来た, てんで判らなかった, どうしても判りません, どうしても呑み込めなかつた, どうもはっきりしない, どうもはつきり, どこかに, どんなに完全, ないこと慥か, ないし, ないだろう, ないであろう, ないので, ないばかり, ないん, ない持っ, ない樣, ない限り違法, なかったであろう, なかつたで, なくして, なくって, なくても, なくなったか, なくなったの, なくなったので, なくよくばり, なく又, なにかある, なりたたないじゃ, なんだ, なんである, のみこめないから, のみこめないで, はっきりと, はっきり分かった, はっと胸, ひそんで, ぼんやりし, ぼんやり分る, まことにモットモ千万, まことに薄弱, ますます貧弱, またもう, またよほど, また実に, まだなけれ, まだハッキリと, まだ存在, まだ續, まるで分らなくなった, もう一つ, もはやなく, もはや余りにも, ようわかれ, よくのみこめなかった, よくわからん, よく分りました, よく抵抗, よく解らない, よく訣, よく貧民窟, よほど希薄, りっぱな, わかったと, わかったならば, わかったものの, わかったよう, わかったわい, わかった気, わかつたよ, わからずに, わからずマゴマゴ, わからず度, わからないなりにも, わからなかつたが, わからなくては, わからぬこと, わかり, わかりそんな, わかりました, わかりませぬ, わかりませんでしたので, わかるか, わかるくらい, わかること, わかるだろうと, わかると, わかるやう, わかる話, わかる重大, わかれば, サッパリわからない, デモクラシー乃至, ノッピキが, ハッキリわかっ, ハッキリ判明, 一つ, 一つそれと, 一つは, 一つも, 一にか, 一向にわからん, 一時により, 一番自然な, 一眼で, 七兵衛には, 三つ在る, 不明だ, 与えられる, 了解されよう, 了解出来なかった, 人々が, 今あった, 今に, 今与えられた, 今日ほど, 今更加奈子, 他に, 他にも, 伸子には, 伺ひたいの, 何う, 何ぞある, 何であっ, 何にも, 何んであった, 何処かに, 僕たちに, 僕に, 僕の, 充分でございます, 先ず一つ, 先生の, 全く分からずし, 共同作用を, 内在し, 出來, 分からぬ, 分かるだろう, 分かるにつれ, 分ったと, 分ったの, 分つた, 分つて, 分らずに, 分らないな, 分らないの, 分らなかつた, 分らなくな, 分らねえ, 分らねえじゃ, 分らねえよう, 分らねえ恨, 分らん, 分らんから, 分らん私, 分りました, 分りませんから, 分るか, 分れば, 初めて自分, 判ったね, 判ったよ, 判って, 判つたろう, 判らないという, 判らなかったが, 判らなかつた, 判らぬが, 判らんじゃ, 判りません, 判りませんの, 判り出したと, 判るじゃ, 判るよ, 判明らんじゃ, 判然したらう, 判然った, 判然と, 別に, 力を, 勢ひ, 匐い込んだ, 十分だの, 十分成り立つ, 単に口, 可笑, 含まれて, 唐突な, 在って, 在ると, 多々ある, 多少は, 如何に, 始めて在る, 存しない, 存すること, 存するやう, 存在し, 存在する, 存在に, 実に薄弱, 実在した, 察せられる, 審査員不首尾の, 小田先生の, 少しは, 少しばかり, 少なかった, 強いの, 当局の, 彼に, 彼には, 彼らには, 彼らの, 彼女にも, 必あつ, 必然と, 必要な, 忘れられた後, 思想性の, 想像できぬ, 想像できるであろう, 想像出来た, 意外に, 成り立たない, 成り立つ塩, 成立つ訳, 我々の, 我々共には, 戦争と, 戦争を, 承りたい, 抑も, 提供された, 損失を, 改めて考へられる, 数えられるであろう, 日本の, 日本は, 日本一に, 明かなこと, 明らかだ, 明らかと, 暗黙の, 書いて, 最早お, 有ったの, 有ったはず, 有ったらしく眼近く相対, 有りうるだろうか, 有りましてね, 有り得るであろうか, 有る, 有るから, 有るんぢ, 欲望の, 正当であるなら, 此方に, 残って, 残つてゐる, 毛織物製造業者を, 氷解した, 浪子の, 海から, 無いこと, 無いじゃ, 無いぢ, 無いでも, 無いと, 無いよう, 無いん, 無えうち, 無ければ, 理由だ, 理解されず, 理解される, 理解し, 理解出来る, 瑠璃光には, 発見されない, 発見出来なかった, 知られるであろう, 知りたいの, 知りたければ, 知れぬの, 知れる, 私が, 私の, 私らには, 立ちます, 立派な, 簡単に, 納得出来ぬ, 考えられないそれゆえ, 考えられないの, 考えられます, 考えられるか, 考えられん, 聞いて, 肯けない, 肯定せられる, 背景と, 自分たちに, 自分でも, 自分には, 自分の, 色々と, 若し単なる, 茲に, 薄弱だった, 薄弱に, 要ろう, 見いだせなかった, 見つからない, 見つからないと, 見つからねば, 見出されなかったので, 見出されようか, 見出せないから, 見出せないだけに, 解ったよう, 解つたすべて世間師は, 解らずもしや, 解らないではな, 解らないらしく口, 解らなくな, 解らぬところ, 解りました, 解りゃしない, 言われる位, 記して, 訣つて来る, 訣る, 認められそれ, 認められて, 説明され, 説明せられず, 説明で, 説明できない, 説明出来, 誰にも, 近ごろ段々, 述べて, 通って, 通るはず, 進退を, 重なって, 鉱山の, 附与せられる, 離婚の, 面白い, 頓と

▼ 理由~ (2049, 19.3%)

94 ない 36 ないの 22 少しも 21 ないと 19 ある 16 なかった 15 そこに 14 ありません, ここに 13 ないから, ないが 11 どこにも, 何処にも 10 どこに 9 いろいろある, 何も 8 あるの, 次の, 無い 7 こうである, ただ一つ, ないん, ない筈, 後に 6 あるが, ほかに, 一つも, 前に, 彼の, 私には 5 これを, ないよう, なにも, ほかでも, よくわからない, わからぬが, 全然ない, 分らないが, 私の, 簡単である

4 [17件] あつて, あり得ない, ございません, すこしも, ただそれ, ちっともない, ないし, ないであろう, ないよ, わからないが, 十分に, 外でも, 如何, 左の, 彼が, 私が, 簡単だ

3 [30件] あった, あつた, ありませんから, あるので, あるまい, いうまでも, いくつも, これで, それが, ないで, ないので, ないはず, ないもの, なんだ, はっきりし, まず第, 一に, 何か, 何でも, 別として, 容易に, 直ぐに, 知らないが, 確かに, 私にも, 第一, 簡単です, 簡単な, 自分には, 自然に

2 [115件] あったの, あっても, あとで, あらず, ありましょうが, ありませぬ, ありませんけれど, あり得ないであろう, あるもの, ある可, いふまでも, いろいろと, お麗さん, かうである, こうだ, ここにも, これだけ, これまで, さう, さらにない, すこぶる簡単, そのへん, た, たぶん父, どう考え, ないこと, ないただ, ないという, ないわけ, ない訳, なくなるわけ, なぜだろう, はっきりしない, まさに, またまさに, まだない, もう一つ, よくよく考え, よく分らない, わからない, わからないの, わからなかった, 一つには, 一ツも, 上に, 下に, 不明である, 二つある, 云うまでも, 云は, 人間の, 今は, 今までの, 他に, 以上の, 何だ, 何にも, 何ひとつない, 何よりも, 作品の, 僕が, 充分に, 全くない, 分りませんでしたが, 判然しない, 別にある, 別にない, 前にも, 古池の, 君が, 吾, 唯輿論, 国の, 奈辺に, 女だ, 女と, 実にこれ, 専らその, 少しだって, 布局の, 彼らが, 彼等の, 後で話す, 明治十年度から, 明白である, 最近作が, 根本的には, 極めて簡単, 極めて薄弱, 此に, 殆ど解すべからず, 毛頭ないので, 毫もない, 氏が, 法律が, 消滅する, 温度の, 申すまでも, 知らなかった, 私に, 私を, 簡単で, 納得出来なかった, 絶対に, 自分にも, 自分の, 茲に, 見出しがたい, 話せない, 認められる, 語らないこと, 説明する, 誰にでも, 長い長いもの, 非常に

1 [1189件 抜粋] あげられるが, あったので, あなたの, あのひと, あの十七文字, あの晩, あまりに多く, ありえない, ありませんが, ありませんわね, あり得ぬから, あり過ぎるほど, あるだらうが, あるであろう, あると, あるまいかに, あるまい引金, あるわけ, ある様, あれだろう, あんまりみじめ, いかなる過去, いくらでもあります, いくらも, いくら聞い, いったいどういう, いづこ, いと明らか, いへなかつた, いまだに全く分らない, いやしくも朝倉先生, いろいろあらう, いろいろあるだろう, いろいろあろう, いわずに, いわば政治家達, おくびにも, おそらくこんな, おそらく彼ら, おれが, お催しもの, お父さんの, かうした治外法権式, かうだが, かくの, かなり強い, かれ初め, きわめて簡単, けだしその, こ, こういう次第, こういう風, こうして説明, こうな, ここでは, こちらに, ことに彼, この事件, この人たち, この姫路, この定義, この感服, この本, この汽船, この点, この福引, この花, この薯, この頃, これこれだ, これだけの, これである, これまでは, こ奴, ご城主様, さきに, さも幽霊, しばしば論理的, すぐに, すぐ判明, すぐ解けた, すでに私, せんじつめれば, そちの, そのとき, その与える, その北町奉行, その国, その点, その言動, その青年, それから, それだけです, それは, それより, それらが, それァ, そんな単純, たいてい遠い, たしかにあった, ただいま, ただやりきれない, ただ女, たれにも, だいたい新聞, だこれ, ちつとも, ちやんと, つかめなかつたん, つねに新, つまり何故, つまり言っ, とくにしるさなく, とにかく方法, ともかくとして, ともかく第, どういふ, どうしても, どうで, どうでしょう, どうにでも, どこからも, ないがね, ないそれ, ないでしょう, ないでも, ないやう, ない二人, ない返辞, なお不明, なかったであろう, なからう, なかろうと, なく, なくただ, なくてよ, なくなり消散, なくまた, なく半年位, なにか仕事, なんだって, なんにも無い, はっきりわかっ, はつきりとして, ふとした聞きかけ, ほかでは, ほとんどない, ほぼ察し, ほらこれ, まあ私, まだちっともお, まだ不明, まだ何処, まだ少しも, まったくべつにある, まづ, みっちゃ, もうどこ, もし吾, もし退学処分, もちろんなかっ, もちろん殺人, もちろん薄弱, もっと外, もっと直接的, もとより簡単, やっと勘定, やはり同一, やはり薬種, よくわかりません, よく分っ, よく話したでしょう, よそへ, より大, わかって, わかつたとしても, わからないに, わかりますが, わかりませんが, わし如き, われわれにとって, アリバイの, ゴーリキイが, タッタ一つ, ドキュメントの, ニーナと, ポーランド国境の, リックマン氏の, ロレンスという, 一つござる, 一層ない, 一応考へ, 一般に, 一般民に, 万葉の, 不意に, 不明だ, 不用である, 丙午の, 中国引っ返し, 主に, 之である, 之までの, 二三に, 二人の, 二通りだけ, 云ふまで, 云わずに, 亦復, 人が, 人を, 人間知力の, 今に, 今までに, 今もっ, 今判らない, 今度の, 今日では, 今日は, 今申, 仏像は, 他社の, 伏せて, 伯父が, 住民の, 何かと急, 何だった, 何であった, 何である, 何に, 何ら認められなかった, 何人も, 何故だ, 何時でも, 何等の, 依然として存する, 個人には, 假り, 僕絶対に, 元来何処, 充分であった, 先に, 先帝の, 先生は, 全くあっち, 全くなかつた, 全く了解, 全く死に伴うた, 全然分らなかった, 其で, 其処に, 内務省から, 凶作の, 出来たという, 出生と, 分らない, 分らなかつたが, 分らぬだろう, 分り難い, 分るでせうと, 初版, 判つた, 判らなかつた, 判断しかねる, 別になに, 別に存するであろう, 別の, 別問題, 到底見出すべからざる, 労働に対する, 勅使饗応の, 勿論自分たち, 北沢自身が, 十分あった, 十分じゃ, 十分認められます, 半ば消失した, 単にフロイト主義, 単に又, 印籠そのものよりも, 又別, 反幕府的, 只名人, 各三角点, 各社の, 同劇場, 同国における, 同時に内宮, 呪言の, 商品的な, 啻に男女相思, 国々の, 國を, 地上の, 外に, 多々挙げる, 多くは, 多般, 大したもの, 大体神父たちを, 大坂と, 大概料理人の, 天鬼様を, 女の, 如何に, 始めは, 存せざるなり, 学問が, 実にその, 実はさ, 実際どこ, 家へ, 家慶さまの, 寧ろこれから後, 対話敬語としての, 小説という, 少なかったであろう, 山部, 川口氏が, 常世神の, 平面的の, 幾何学の, 当つて, 彼に, 彼らの, 彼女は, 後で云う, 後刻申し上げます, 後述する, 従来の, 微動だ, 心理学を, 必ずしも政治, 思想が, 性根の, 恐らくただ, 恐らく不慣れ, 恐らく実験, 恰もここ, 想像に, 愛情ばかり, 成り立たないよう, 成る程七輪, 我々には, 我国の, 戦争の, 手紙自身が, 折から, 持たないと, 持って, 挙げてない, 推測する, 教師に対する, 数え上げるだけ, 敵へ, 文章上の, 方法概念の, 既に私, 日吉の, 日本鉄道会社大宮工場の, 日記日記ならず, 日露戦争の, 明かでない, 明らかだ, 明白です, 昔山王台から, 是が, 時間つぶしだ, 曖昧だ, 書かずに, 月光の, 有る, 期してか, 未だよく分らない, 本当にそんな, 来世, 東北一帯には, 栞という, 根本的に, 椋原孔明氏の, 極めて單純明白, 極めて正, 極度の, 歌の, 歐文なら, 正木一家にも, 正造よく, 此矛盾此壓迫此イゴイズムに, 死亡に関しては, 母の, 毛頭ないし, 毛頭考えられない, 民間の, 決してない, 決して唯一, 決して道徳的, 法学士だ, 泥棒に, 消滅し, 漢字と, 無いよ, 無かった, 無くなる, 無く誘惑, 無論存在, 無論木曾川, 燭台なんか, 父の, 特殊な, 現にこうして, 球の, 理論上で, 産業発達の, 田舎の, 申し上げたくございませんの, 男女同権論とか, 略想像が, 百姓の, 目下の, 直接的である, 相手の, 瞬後に, 知らぬが, 知りません, 社大, 神仏に対して, 神西清氏の, 私たちが, 私などが, 私は, 稀薄に, 種々である, 立派に, 第二, 簡に, 簡単であった, 糞でも, 経済学的討究に, 結局勢力の, 絵を, 義務教育に対する, 考えて, 考へ, 聞いたかしら, 肉交は, 腐らないから, 自らその, 自ら察せられる, 自然科学では, 良い学校, 色々あるであろう, 若き時代, 菊池寛の, 蒔絵の, 薄弱である, 虎船長に, 行抜けの, 表裏二面あります, 表面は, 要するに彼一己, 要らなかったの, 見いだせない, 見出さないと, 見出せないと, 見当が, 親爺が, 解つてゐる, 解らぬが, 解剖の, 解釈が, 言って, 言ふまで, 言わぬが, 訊かないで, 訣りませう, 証拠不充分, 話して, 認められません, 説明しなかった, 説明し得られぬ, 読了後に, 誰の, 誰れ, 足掛三年間の, 農家戸数から, 近代人の, 過去帳別本の, 道家で, 違約金十万円という, 郷里の, 酒でも, 金博士は, 長い海外旅行, 雜誌, 雲仙では, 静かに, 音樂が, 願に, 食物の, 魂を

▼ 理由~ (1477, 13.9%)

35 もって 18 説明する 17 持って 16 つけて, 有って, 説明し 13 持つて, 知って, 私は, 聞いて, 聞くと 12 話して, 説明した 11 明らかに 10 見出すこと 9 もつて, 述べて 8 有つ, 知ること 7 吾, 少しも, 明かに, 発見する, 訊くと 6 有た, 発見し, 訊いた, 話した 5 挙げて, 考えて

4 [12件] きくと, なして, 十分に, 尋ねると, 持たない, 書いて, 発見した, 知つてゐる, 知らずに, 聞きましょう, 訊いて, 述べた

3 [23件] なすもの, 与えるもの, 云って, 会得する, 具体的に, 問うこと, 問えば, 尋ねた, 尋ねようと, 彼は, 明白に, 次の, 申して, 知らない妻, 知らなかった, 知るに, 私に, 立てて, 糺すと, 考へて, 語ること, 説明しよう, 質問し

2 [85件] あげて, あげること, いうて, いって, いふと, お話しする, きいた, ここに, こしら, つけては, つければ, のべて, ますます強く, まずこう解釈, もつ, よく知っ, 与えられては, 与えること, 並べて, 了解し, 云わなかったが, 伝えて, 何処にも, 僕は, 告げて, 呟いて, 問ふ, 失いつつ, 弁明し, 得て, 忘れて, 想像し, 打ち明けた, 有して, 有しない, 有するの, 有せず, 正直に, 正確に, 獲得する, 理解し, 理解する, 申上げます, 発見しない, 發見した, 知つた, 知らうと, 知らず, 知らないながらも, 知らないの, 知る者, 知れるが, 研究し, 私の, 簡単に, 考えようと, 考へても, 考へなければ, 聞いた, 聞かせて, 聞きだすこと, 聞くこと, 肯定する, 見て, 見ること, 見出して, 見出すならば, 見出そうと, 言って, 訊せ, 訊ねて, 訊ねると, 認めて, 語らねば, 語らむ, 説いて, 説明するで, 説明すれ, 説明せず, 誰も, 調べて, 質した, 述べんに, 述べ自動車, 附して

1 [859件 抜粋] あげ, あげなければ, あげる, あなたは, あまりもっ, ありあまるほど, あれこれと, いえ, いつもの, いはなかつた, いろいろな, いろいろ考, いわなかったが, いわんか, うけたまわりたい位, おのれの, おはなし, お話しくださる, お述べ, かたく信念, き, きいても, きかれるもの, きき愕然, きく必要, きわめてひたむき, くみ取って, くわしく報告, こう云っ, こう説明, こしらえて, こしらえなければ, こしらえ出す, このランゲ, この子供達, この本, ごくぼんやり, さとらず井, さへ, しっかり人類, すぐに, すこしくは, すべて失う, すべて奪われ, そこに, そこは, そのこと, その仕事, その寅之助, それで, それ自身に, たずねずただ, たずねて, たずねられると, ただした, ただして, たてて, だわ, つかむ気, つかんでも, つきとめては, つけたつて, つける, つけるつもり, つけるならば, つまびらかに, であり愛したすべて, とくと考え, どうしても考え出せない, どこに, どこにも, なじった, ならべてるで, なるほどと, のべた, のべます, のべる必要, はかり兼ねて, はっきり感じた, はっきり説明, はつきりさせなけれ, はつきり告白し, はなした, ひっくるめての, ひとつ訊かせない, みいだすの, みずから追究し, むかし殺戮された, もたない, もたなかった, もちながら, もちません, もち出した, もち自壊, もったが, もってたにも, もっと深く, もつもの, もつ説, もはや察したであろう, ゆったりと, よく承知, よく話す, わきまえず単に, わたしは, アリョーシャは, グレゴール, プロレタリア作家各人の, 一々専務, 一々挙げ, 一つも, 一と, 一言し, 一言申し上げ, 一言附け, 一遍に, 不問の, 与えて, 与え得るという, 並べ, 主張し, 主張し得られる, 事々しく自問, 云いかけたが, 云い現しかねて, 云い開こうと, 云うと, 云えば, 云おう, 云っても, 云つ, 云はずに, 云ふ, 云れ, 云わない, 云わなかった云えなかっ, 今でも, 今日の, 今述べた, 付けました, 仰せられい, 仰せ聞かせ下さい, 仰っしゃってください, 伺うん, 何人にも, 何所にも, 作者側の, 使う気, 信じて, 備えた請願, 儀規に, 充分お, 充実し, 公表する, 六ヵ条に, 具し, 判事さまがたの, 別に問わなかった, 到底理解, 十分もつ, 反問した, 叔父さんに, 取りたい, 受け取るの, 告げず年鑑作品集, 告げようと, 問いただして, 問い隣家, 問うたところが, 問うと, 問はれ, 問ふと, 問へる, 問われても, 問題に, 固執し, 国民が, 堂々と, 外に, 多く見いださん, 多少勘定, 大衆的な, 失うだろう, 失うて, 失うもの, 失った, 失った今日, 失わねば, 如何の, 学ぶすべて, 家庭の, 審かに, 尋ねても, 尋ねら, 尋ねるに, 尋ねるべく沈着, 尋ね得なかった, 尚早な, 巧みに, 幹部達だけは, 弁明したる, 強いて, 彼も, 彼女の, 彼自身で, 待たなくても, 得るの, 御知り下さっ, 御話, 必ずしも持たない, 忘れ最初, 快楽を, 悉く反駁, 悉皆娘, 悟つた, 意味する, 感じようとは, 感づいて, 打ち明けること, 打明けて, 打明けないと, 抗弁し, 抜きに, 持たない代り, 持たなかった所, 持ちませぬ, 持ち出して, 持つこと, 持つやう, 持つよう, 持つ殆, 指摘する, 挙げたり, 挙げますなら人, 挙げること, 挙げるの, 挙げ得るで, 捜し求めては, 探したかったの, 探す狼狽, 推測し, 推考する, 提供し, 提供する, 改まつ, 教えて, 数箇条に, 新たに, 日頃から, 明さ, 明瞭に, 明示する, 是非にも, 時代が, 暗示し, 書いた, 書き下してさ, 書くこと, 最も多く, 最も適確, 有する, 有すること, 有するよう, 有せられるであろうと, 有ったの, 有ったわけ, 有った哲学, 有つであろう, 有仰つ, 本人の, 根掘り, 根柢に, 案出し, 概括すれ, 構成しない, 檢討し, 正当に, 母に, 求めて, 求めないわけ, 求める時, 決定しなけれ, 決定的に, 沢山見い出さるるでありましょう, 深くは, 演べ, 演説した, 無視する, 物々しく解説, 理解した, 理解し得るであろう, 用意し, 申しましょう, 申し上げて, 申し上げましょう, 申し上げますから, 男子側の, 画家は, 痛感します, 発表し, 発見しません, 発見し得なかった, 発見する能わず, 發見する, 目的物の, 看過し, 知ったが, 知つ, 知つてゐるらしく, 知つて居る, 知らず婦女, 知らず自分, 知らない, 知らないながらに, 知らないので, 知らない女房ら, 知らない彼, 知らなかったし, 知らなかつた, 知らぬだけに, 知らぬ村人, 知らんかね, 知りたいです, 知りたかった, 知りたがり次に, 知りたくて, 知るの, 知ろうと, 知悉した, 短気に, 研究すべき, 破壊せん, 確めて, 示さないと, 示すこと, 祖先が, 神秘に, 私共は, 種々思い迷った, 種々挙げ, 突き止めたと, 立派に, 簡單に, 糺した, 素直に, 繹ね, 纏めよう, 置く, 考えその, 考えてから, 考えること, 考えるよりも, 考え出します, 考え出す努力, 考え出そうとしても, 考え廻して, 考へずには, 考へた, 聞いたところ, 聞いたり, 聞いてからに, 聞かして, 聞かせるの, 聞かぬうち, 聞かれたよう, 聞かんと, 聞きたいと, 聞きとると, 聞きに, 聞くところ, 聞こうと, 聞こうとして, 能くも糺さず, 臆面なく, 自分に, 自分の, 色々と, 芝居は, 芸術論的に, 表面に, 要しない, 見いだすなぞ, 見いだせば, 見つけた, 見つけたのに, 見つけたらいい, 見て取って, 見ると, 見れば, 見出さない, 見出されなかったし, 見出した, 見出したからの, 見出し得ない, 見出し得なかった筈, 見出すこと能, 見出すであろうのに, 見出すの, 見出す余裕, 見当たらないでは, 規定し, 覚ったが, 覺る, 解きかねて, 解すること, 解せずして, 言うて, 言うに, 言え, 言はず, 言へば, 訊いたこと, 訊かないでは, 訊かぬ昨日, 訊かれたので, 訊きたがる樽野, 訊けば, 訊し, 訊ねた, 訊ねたが, 訊ねようとも, 訊ねられると, 許す宗教, 証明される, 証明した, 詰問される, 話したって, 話したり, 話しだした, 話しながら, 話しましたら鼓, 話します, 話し出した, 話すと, 話すよう, 話せ, 詳しく書き, 詳しく証明, 詳しく話し出した, 認めうるか, 認めた, 認めないなぜ, 認めないの, 認めなかった, 認められ第, 認めること, 認めるに, 語って, 語りぬ, 語りました, 語り藩用, 語るべき我が, 語る前, 語ろうと, 説かん, 説きもって, 説くこと, 説得しよう, 説明される, 説明したら, 説明しだした, 説明しましょう, 説明し得る, 説明す, 説明するであろう, 説明せね, 説明できる, 説明は, 読みきかせられた, 誰にも, 調べたかったから, 講述すべし, 警察に, 讀者よ, 貴下は, 質されました, 質すと, 質せば, 質問する, 載せて, 述ぶべし, 述ぶるであろう, 述べたいらしい気色, 述べたもの, 述べる, 述べること, 述べるよう, 述べる代り, 述べろと, 述べオリエンタル, 述べ尽して, 追求する, 追窮し, 逐次に, 釈明する, 闡明せん, 附し裁判, 陳ずるに, 非常に, 順序も

▼ 理由~ (857, 8.1%)

36 なしに 30 ないのに 24 ない 18 ある, あるの 15 ないの 13 なかった 12 ここに 10 そこに 7 あった, あろう, なく 6 あって 5 ないが, ないので, 何も

4 [11件] あつた, あるが, ないから, ないん, なく私, 事情も, 出て, 分らずに, 原因も, 私には, 訣る

3 [13件] あったが, あらうが, ありは, ありません, ないし, ないただ, ないと, ない事, なくお, なくただ, なく彼, なければ, 無しに

2 [54件] あったこと, あったの, あります, ありませんから, あるけれど, あるけれども, あるに, あるん, ある拙者, いわずに, こ, ここから, これで, すべて同時に, ないこと, ないに, ないやう, ないよう, ない道理, なくこの, なくそれ, なくは, なくまた, なく不愉快, なく人, なく何, なく又, なく唯, なく子供, なく暗くなる, なく此村, なく突然, なく顔, また除き去られる, よく分った, わかって, わからずただ, 一つは, 亦ここ, 何にも, 充分に, 口実も, 彼女には, 必要も, 有しない, 根拠も, 無い, 無いのに, 目的も, 知らずに, 知らないで, 知れる, 示さずに, 糸瓜も

1 [448件] あげて, あたしに, あったかと, あったかも, あったけれど, あったし, あっただろうが, あったであろうが, あったので, あったよう, あったろう, あっての, あらうけれども, ありことに, ありました, ありましたろが, ありましょう, ありましょうが, ありませうが, ありませんでしたので, ありゃしない予告, あり得ない, あり得ないであろう, あること, あるだらうが, あるだろうが, あるであらうが, あるので, あるべく一, あるべく必ずしも, あるまい, あるまいが, あるもの, あるらしいが, ある次第, ある程, ある説, あれど, あれば, あろうが, あろうし, いつまで, いまは, いろいろ複雑, いわず百, うしろに, うなずかれるであろう, うなずけるの, おそらくそれ, おのずから理解, お分り, お君, かういふ処, かぞえられるが, きかず涙, きかせず犬, このへん, これから説明, これである, ございました事, ございませぬが, そういうところ, そういうドイツ, そのごつい, そのへん, その一つ, その他の, その以前, その後の, その突然, それで, それですっかり, それと, それに, そんなところ, たずねませんでした, たださずに, だが, ちょっと解し, つきますが, つけずに, とどまるべき因縁, どこから, ないずる休み, ないだろう, ないで, ないとも, ないゆえ, ないわけ, ない不満, ない人, ない全く, ない危惧, ない国, ない差別標準, ない怒り, ない憂鬱, ない懸念, ない歓喜, ない海難, ない混乱, ない男, ない筈, ない聞く, ない行事, ない訳, なかつたの, なかつた長男, なからう, なかろうと, なき, なきに, なきわが, なき御, なき怒り, なくあわて, なくいきなり, なくうら悲しい, なくお金, なくかえって, なくかの, なくさ, なくさつぱりとこの仕事, なくして, なくその, なくた, なくて, なくどうして, なくなった, なくなって, なくなるの, なくぱっと, なくぱッ, なくひょいと, なくむかし, なくむらむら, なくもう, なくシクシク, なく一, なく一朝, なく三人, なく不意, なく不機嫌, なく久慈, なく乱雑, なく互に, なく他, なく他人さ大金, なく佐渡, なく体, なく偶然, なく其許, なく勝利, なく友達, なく口, なく口惜しきか, なく古いもの, なく只, なく叫びだし, なく否, なく喧嘩, なく因縁, なく国法, なく増大, なく大学, なく奇妙, なく嬉しいの, なく少し, なく帰るなんて, なく年老いた, なく幼い時, なく幼年時代, なく広々, なく廣島, なく往來, なく心, なく必要, なく応援団, なく急, なく急激, なく恐らく, なく恥ずかしいもの, なく恥ずかしくお, なく悲観, なく惨殺, なく憎まれ, なく打倒, なく折角, なく故意, なく斉魯河間九篇, なく断って, なく新来者, なく日, なく死なう, なく殴られたので, なく殴られ得る下, なく殴りつけられた, なく殺され, なく母, なく母親, なく気, なく気負わせ, なく流れだした, なく渋滞, なく減つて, なく源氏, なく漢中, なく漫然と, なく無しやう, なく癇癪, なく矢代, なく緊急, なく繰りかえされ通された, なく義夫, なく胸, なく自殺, なく見詰められた, なく責任, なく赤鼻, なく起っ, なく通りすがり, なく通関検査中, なく進みたくなる, なく鈴岡さん, なく震えだした, なく高飛車, なくS, なしお, なしと, なしまた, なし何で, なにも, なにもかもわからず, ねえのに, はっきりとは, はっきりわかった, はつきりし, はつきりわからない, ひとつには, ほかに, ほぼうなずく, ほぼ了解, ほぼ見当, ほぼ解った, ほぼ読める, またこの, またこれ, またない気, また別, また実に, また消滅, また複雑, まだ暫らく, まだ立たない, もうお, もたなかった, もって, もっては, やっとわかりました, やや明るく, よく判らず, よく呑み込める, よく諒解, わかった, わからずこれ, わからず暗雲, わからないし, わからないの, わからなかった, わからぬ, わかりませんが, わかる, わかるが, わかるし, わかるであろうから, わきまえぬ身, わしには, ハッキリ納得, パリーが, 一切曖昧の, 一言し, 不要, 両三日前, 云はずに, 云わずフラフラッ, 亦, 亦おのずから, 亦その, 亦之, 人間と, 今の, 今は, 他に, 仰せられず勘当, 伝わらぬ思案, 何だか了解, 何もかもすっかりこれ, 依然として不可解, 全然不明, 出る, 分つたか, 分らぬの, 分ります, 判るまい, 判明する, 別にありません, 動機も, 勘づかれ面倒, 単なる口実, 去年と, 又そこ, 反ばくしよう, 可なり, 同じ由来, 同時に判明, 同様で, 吾, 告げず縛らせて, 問はず絶対に, 土牛神格化の, 大いにある, 大いに肯ける, 大体分った, 大概わかる, 失って, 妾は, 存在し, 存在しない, 存在する, 実はここ, 実はそんな, 家来の, 容易に, 察せられました, 察せられます, 察せられるが, 少しは, 幾分か, 形も, 彼には, 彼女自ら語らぬ, 彼等六人の, 従って, 従って不明, 御存じでしょう, 必然性も, 恐くはた, 恐らくこんな, 想像が, 想像されぬ, 想像も, 想像出来る, 感じとられなくは, 成り立たないでは, 成り立たぬこと, 成立たぬもの, 持たない, 持たなかったし, 持って, 探ぐれず此處, 数へ, 新に, 明らかである, 明白である, 明示しなけれ, 時間も, 時間的な, 書く事, 有た, 有たなかつた, 有たん, 様々に, 汲めず百姓, 決してない, 消えるわけ, 源三郎が, 無いから, 無いままお互い同志, 無い口惜し涙, 無かった, 無くあたかも, 無く女房等, 無く平気, 無ければ, 燃えない仔細, 爰に, 生じて, 生じるといふ, 申すまでも, 申上げず, 発見出来ない, 皆さんが, 眼中に, 知つてゐる, 知らず単に, 知らぬが, 知ること, 知れぬ葉子, 知れること, 知れるであらう, 知れるの, 知れる事, 確かに, 私の, 稍明るく, 稍解る, 立つが, 簡單に, 経験せず, 経験も, 考えて, 考えられた, 聞いて, 聞かない, 自ら明かに, 茲に, 見いだされなかつたの, 見いだせないので, 見つからないらしかった, 見わたすところ, 見出し得なかった津田, 見出せなかった, 見出せなかつたある, 見当たらずじまい, 見附から, 解せなかった, 解らなかつたし, 解らぬの, 解るだらう, 言わずに, 言わないで, 言訳も, 訊さず, 認められないの, 説明し, 説明せず, 説明せずし, 読めたと, 読めて, 讀めて, 述べずに, 追, 通る場合, 道理も, 隠さなかった, 頷けた, 首肯できた, 駈落ちの

▼ 理由~ (740, 7.0%)

19 あつた 8 私は 5 あらう, もって, 私が 4 これを 3 しかもかう書い, せう, それが, それを, 他の, 彼は, 此の, 私の, 私を, 自分が

2 [23件] あつて, あらうと, いちど途中で, これは, それ自体が, もし私, わたしを, 僕は, 僕を, 同じよう, 容赦なく, 彼が, 彼に, 彼女が, 急に, 担がれたもの, 普通の, 淋病は, 發光しなく, 破談に, 自分は, 説明が, 金を

1 [618件 抜粋] ああし, あえて玄奘三蔵, あたえられた城内, あの問題, あの被害者, あらうが, あらうけれども, ある部分, あんたが, あんな悪魔, いい加減な, いちどの, いつまで, いとも親切, いろはの, おかみさん, おたより, おやめ, お前たちを, お名前, お熊さん, かいろんな, かかる土地, かその, かの処刑, かは分らぬ, かまわない装, かよは, か家, か戦時中, ぐるりと, けなすもの, こき下して, このごろは, このよう, このブレシントン, この不快, この千載一遇, この名, この場合, この大柄, この差額, この支那人, この点蕪村, この病院, この脚本, この輸入, この間まで, これからど, これに, これも, これをも, こんどの, こんな眼, ござります, さだ子の, さだ子をか, さも博大, しよう, しりぞけるという, すぐに, すぐ切り取り, すらない, する戦争, ずいぶん意味, ずっと学校時代, そういう作家達, そうお, そうなった, そうも, そう思った, そこに, そしてアメリカ水夫, そのとき政府, そのほか, その家, その小説, その席上, その影, その生家, その男, その職業, その進歩, それから益々, それで由次, それと, それにたいして, それや, そんなこと, そんなに陰鬱, そんなもの, そんな物, たった一人, だいたい神妙, だか, だから私, つけたの, つれに, どうして人, どの道外部, どんな村人, どんな気持, なお躊躇, なかなか本質的, ならともかく, ならどう, なりたいの, はっきりと, はつきり答へる, まお待, まことに申しあげ, まだひとり歩き, もう自分, もつて, もとは, やけっぱちで, やったの, やるの, よろしくない, わたしが, わたしは, アメリカ政府当局または, アリオストも, ウールジーの, ガスケル氏の, クビに, コレラと, スタジオを, ストライクには, ソホーの, タイピストにまで, テーマの, ドヰと, ハルクハー氏は, ヒヤリと, ヒロイツクを, ファラデーは, フォルベルクと共に, レーゼ・ドラマも, ロマンチストたちの, 一人だけが, 一人は, 一旦は, 一時ごろ, 一緒に, 一躍商業新聞, 一門一家はじめ全, 三人の, 上演不, 上演不向きな, 上級の, 不思議な, 世の, 世界の, 世界観は, 中学にさえ, 中等学校の, 主観的と, 久しい間, 九等官な, 予約者と, 事実が, 二人が, 五十円の, 亭主が, 人は, 人生を, 人間の, 人間像を, 今は, 今まで, 今夜は, 今日の, 今頃あんな, 仏文学をか, 仕事に, 他人に, 他殺説を, 伊達家ほどの, 休むだろう一年, 伯父側の, 何の, 何人に, 何分おくれ, 何年も, 依然啓蒙, 保健人民委員を, 修理見合せ, 俺と, 停止を, 偶然その, 僅に, 僕が, 僕達の, 兄が, 充分科学的, 免職に, 入ってから, 入れなかつたもの, 入学出来なかった, 兵役免除, 兵役免除に, 其柱も, 内部から, 円滑に, 再三拝辞, 凡てを, 処刑された, 出されたの, 出すこと, 出来たか, 出来なくなれば, 出来るかも, 出版された, 切腹まで, 刈取技術, 刑部省の, 別々の, 別れたの, 前の, 勝手に, 十一月から, 十分な, 博多は, 又もらいます, 又嫉妬心, 友人たちには, 取払われたもの, 古式によって, 叱らない方針, 同村長, 向うの, 君が, 君の, 否応なしになすりつけ, 咎めない中学校, 哲学的時間, 唯一晩の, 問題外だ, 善なりと, 国老職を, 国造と, 国際組織から, 場所の, 外出した, 多くの, 夜盗が, 大事を, 大統領の, 大角豆畠へ, 天国に, 太陽に, 夫の, 奥さんを, 奴の, 如何なる動機, 如何なる順序, 妻を, 婦人に, 孔子伝の, 存在し, 官憲に, 実際は, 宦官の, 家の, 家来の, 寄宿生一同を, 富美子さんに対する, 少年は, 尚いっそう, 山に, 岩形氏の, 巡査の, 差戻されたの, 帰ったの, 帰って, 帰らなくなったの, 帰郷した, 平常より, 年代の, 幽霊を, 広く観念論, 延ばして, 延ばすの, 当時ベストメンバーを, 当節出る, 形は, 彼女は, 彼女をか, 彼等の, 後世文学史家の, 後者は, 従来用い, 復讐の, 徹底的な, 思わずはっとした, 思わず私, 恋愛的雰囲気に対して, 恨みを, 悪魔的である, 感動した, 成立し, 成立しなかった, 戯曲として, 所有し, 手間取つては, 投票破棄に, 抱きはじめたかについては, 拒絶した, 持つて, 採用に, 控へ, 掲載を, 支線へ, 政江を, 故障あるいは, 敵には, 文学の, 文部省から, 斬ったの, 断られたの, 断られましたので, 断わった, 断わるん, 新聞広告も, 日本における, 日本出版協会は, 日本名風に, 早められたこと, 昔から, 時間を, 暗殺された, 書いて, 有り得ようか, 有名な, 朝早くから, 朝臣の, 未知であった, 本書には, 束髪が, 来ませんでしたので, 来ると, 東方西方東洋西洋など, 松浦頼母に, 某氏の, 棄却された, 検挙され, 歐洲へ, 止さなければ, 正史に, 此れ, 此海岸に, 此語が, 此語だけが, 死刑を, 死罪, 死罪遠島に, 殺したか, 殺すため, 母を, 母親の, 比較的餘裕, 民主的評論家の, 水深左程, 永続的により, 江戸御, 汲取券の, 泣いて, 流会と, 流罪に, 海賊船が, 涌谷とも, 淡島屋の, 淫祠だ, 湖水の, 漂流し, 演劇は, 爪楊枝けずり, 父親と, 物に, 特にさし上げる, 特別な, 特別に, 特殊の, 理論的に, 生じたもの, 生徒たちは, 生涯を, 町から, 留置した, 畸人化され, 発売を, 白人達の, 白浜温泉へ, 白熱的な, 目白に, 直ちに春曙抄本, 看守から, 真に権威, 真理だ, 眼が, 研究的な, 社会思想前史とも, 禁酒を, 私に, 私服警官の, 秦の, 突然検挙, 立ち入って, 籍を, 粂之助が, 粋を, 糞威張り, 紛失し, 紳士荘に, 結婚を, 結婚生活が, 結局は, 維新当時の, 縁組解消を, 縮れ毛の, 罰せられたという, 翻訳されなかった, 老人の, 老酒は, 聊か無理, 胃の, 脳味噌を, 自分から, 自分たちを, 自分だけとしては, 自分の, 自分を, 自殺した, 自殺しよう, 自然と, 自由法曹団の, 航路を, 船を, 花田中尉は, 苟くも敵に, 苦しさ, 苦痛を, 英国公使サトウに, 落ちついて, 落選した, 蔑視し, 蜷川夫人は, 表の, 表面上本国との, 褒美の, 見て, 親と, 親父の, 解されるもの, 解説を, 訓導の, 訪問は, 許さるべきで, 認識の, 読者は, 諸侯以上にも, 警察の, 譴責し, 貧困だ, 貧困な, 責めたくない, 貴方の, 資本家と, 賤しむ, 賭博が, 赤ン坊を, 起きて, 起訴され, 起訴された, 辞職する, 農事の, 追及され, 逮捕された, 遥かに, 郊外生活を, 郵便屋さんに, 都会に, 醍醐の, 重ねて, 野菜が, 長い間, 間もなく香水商, 闇に, 陸軍の, 離婚は, 非紳士的行動, 革命前の, 願書を, 馬造と, 馬鹿に, 駅頭に, 髪を, 魯迅が, 黙つて

▼ 理由~ (688, 6.5%)

74 あること 50 ないこと 36 一つは 35 下に 21 ために 19 もとに 10 一つには 8 一つとして, 第一 7 ある事, ない事 6 一つであった, 外に 5 あつた, 一つである, 一つであろう, 一つでも, 無いこと 4 一つに

3 [16件] あるはず, あるもの, いかんに, うちに, ない圧迫, ない恐怖, ほかに, 一つ, 一つだった, 一つとしては, 一は, 一半は, 如何に, 為に, 許に, 説明は

2 [35件] あったこと, あるなし, あるの, ないところ, ないもの, ない不安, ない弾圧, ない憤怒, ない救助, ない羞恥, ない限り, なかには, ように, 一つかも, 一つでは, 一ツは, 一端を, 上に, 下にも, 中に, 中には, 中の, 二つ, 如何を, 方が, 最大の, 無い反抗心, 爲めに, 発見に, 知れない決闘, 第三, 第二, 解らぬ煩悶, 訣らぬ, 説明に

1 [254件] あった事, あった訳, あらざるを, あらましである, ありそう, あるこの, あるごく, あるという, あるところ, あるべきはず, あるやう, あるよう, あるわけ, ある事柄, ある他, ある失敗, ある希望, ある常識的概念, ある必要, ある怪談, ある意見, ある感情, ある所, ある時, ある特色, ある理窟, ある筈, ある自己満足, ある衝突, ある身の上, ある間, いかなるもの, いかんを, いろいろと, うちで, うちには, うちの, うち最も, おも, かげに, ことごとくが, すべてである, その半分, ためそれを, ためであろう, ためでは, ためには, ためらしい, つかない理由, つかめないこの, つけようが, ところは, ない, ないき, ないつまらない言いがかり, ないの, ないわけ, ない不透明, ない世間, ない主張, ない二朱, ない人, ない喜ばしさ, ない嬉しさ, ない季節, ない寂しさ, ない干渉, ない後悔, ない復讎, ない怪談, ない惧, ない愛情, ない感情, ない慣習, ない憂い, ない憎悪, ない方, ない概念, ない獨斷, ない筈, ない自殺, ない良心, ない苦痛, ない行爲, ない見識, ない言草, ない誹謗, ない躊躇, ない迫害, ない遠慮, ない金, ない首, ない駄々, ない鬱憤, なかった, なかつた訣, なかに, なさそう, はっきりした, はっきりしない, ひとつは, ほうが, また此土地, まつたく事実, もとで, ものか, やうに, ようであった, わかった人, わからない, わからないこと, わからないさき, わからない可笑し, わからない悔恨, わからない白日, わからない身悶え, わからぬこと, わからぬ怒り, わからぬ戦慄, わからぬ気まずい, わからぬ気持ち, わからぬ波, わからぬ熱病, アイマイさの, 一つだ, 一つだろう, 一つで, 一つでありまし, 一つであります, 一つでした, 一つと, 一つな, 一つにな, 一つにも, 一つの, 一つも, 一つを, 一である, 一として, 一も, 一を以て, 一ツが, 一ツである, 一ツでしたろう, 一也, 一半が, 一部を, 一部をも, 一面である, 三つ, 不明と, 了解に, 二也, 代りに, 何のって, 催促を, 全部が, 全部である, 分からずに, 分からぬ事, 分らない不安, 分らない悲しみ, 分らない焦躁, 分らない羞耻, 分らない腹立たし, 分らない詰問, 分らなかった朝, 分らなかった自分, 分らぬ樣, 分らぬ血汐, 分らん奴, 分りません人, 判らぬ憤怒, 動かすべからざるもの, 半ばは, 半ばをだに, 原理が, 在るところ, 埒外に, 基に, 多くある, 多くを, 大いなるもの, 大きく深い根源, 大きなもの, 始りで, 存しない, 存するあり焉, 存するところ, 存するとして, 存在する, 存在せぬ, 宗教的關係に, 察せられるもの, 尋常でない, 少しも, 希薄な, 強弱に, 後には, 成り立たないこと, 成立が, 或もの, 故である, 方向へ, 是非は, 最も大いなる, 最も大切, 最も著しい, 有ること, 有る事, 有相な, 本体については, 根強さ, 欠乏を以て, 欠如より, 正当さを, 正邪は, 残酷な, 深さ, 為でない, 無いこの, 無いの, 無い一字, 無い不愉快, 無い憤怒, 理会の, 生じない前, 眼目に, 知れないはにかみと, 知識でなけれ, 稀薄と, 立たぬ態度, 立つこと, 第四, 筈だ, 結婚なら, 総てを, 薄弱な, 見付け方には, 解らないの, 解らぬ囈語, 解ろう筈, 解釈に, 証明である, 説明が, 説明として, 説明としては, 説明などは, 説明を, 説明無い, 追求が, 通りで, 重大さは, 電話を

▼ 理由から~ (440, 4.1%)

22 して 18 である 14 では 9 であった 8 私は 5 だ, だった, です, なの 4 であろう, でも, 云って, 出たおなじ, 旅に 3 それが, であつ, であります, 自分は

2 [15件] さほど明瞭, だと, だろう, でございましょう, でなくただ, 今日では, 出て, 問題と, 声高く, 彼は, 彼等は, 最初の, 来たもの, 来て, 罰せられた

1 [287件] あなたが, あの確約, あるいはいっそう, あるいは私, いつでも, いつも不純, いなくなったか, いわゆる散歩, おしの, おそらく今日, お金が, かう短く, けっして満足, こう形勢, ことごとくエタ, このいやらしい, このよう, このカッフェ, このグループ, この事件, この仕事, この王子, この花, この説, これに, こんな事, しても, じゃ, すべてを, すると, すれば, そういう区別, そういう男, そう呼ぶ, そう言える, そこに, その, そのグループ, その下宿屋, その後非常に, その研究, その移行, その自然民, その詩形, その面, それは, それを, たといほんとう, たとい手紙, たとえば遠方, だか, だが, だったとも, だったに, だつた, だよ, ちょうど独逸, であ, であったろう, であるか, であるかも, であるが, であると, であろうか, でしたら息子, ですか, ででも, でなくとも, でなく女, でなく無論, で少し, で昼間, どうしても武家, ならおそらく, ならば, なれば, なん, なんとなく出来上った, はぶいたが, ひとによって, みても, むざんなことにもこの井戸へ, むしろ當然, むやみと, もう全然助け, やはり非人, やはり黙っ, やめるの, わたくしは, わたしの, われわれの, イデオロギーと, イースト, ウードレーが, エロチックな, オスカア・ワイルドの, グラスを, シュピネル氏が, ジャーナリズムや, ドイツ語や, フランスを, プラトンは, ワグネルの, 一しょに, 一まとめに, 一人の, 一切之を, 一般に, 三人ともに, 三食の, 不満である, 不理, 之を, 予は, 二十一歳で, 云うの, 云っても, 云つても, 互に相談, 互に説, 五つの, 人の, 人民戦線の, 人間の, 今でも, 今度ばかりは, 仏者に, 仕事と, 仲, 何かについて, 作家として, 例の, 俳句を, 個人の, 偶然な, 傲慢で, 僕に, 僕にとっては, 僕は, 元来熱心, 兄を, 先づ始めた, 全く行きつまっ, 全労作, 六円五十銭の, 其即位の, 出たの, 出た鎖国政策, 出来て, 出草, 初めて女子, 前巻, 労働法規を, 千恵は, 卑しめられる様, 単に, 危うきに, 即ちそれ, 古語であり, 司教は, 同じく勝手, 同じく非人, 同人雑誌合同を, 唄えるよう, 問題に, 喧嘩の, 困つて, 固く米飯説, 国元へ, 国家に, 土地を, 夏の, 外務省の, 夙に消滅, 天の, 太陽が, 太陽内部の, 夫, 失敗した, 奏功した, 奴婢を, 妊娠を, 始めて, 孝子夫人の, 学校を, 実証的と, 実証科学が, 室生犀星氏と, 家庭には, 少しずつ, 少年は, 居留守を, 工科を, 左内と, 市中で, 延期され, 彼にたいして, 彼の, 彼女の, 往々に, 得た名, 念入りに, 恐ろしくみじめ, 想像される, 愛して, 憎むの, 成立つて, 或程度以上, 拙者を, 指が, 探文, 推して, 支店長の, 故ら, 数理経済学の, 文句を, 新聞以外には, 日ごろの, 日本の, 日本支部が, 是非とも, 普通民と, 最初一寸触れ, 本場の, 来る, 松浦頼母に, 桃, 植物性の, 様々の, 此方側が, 殆ん, 気を, 永年一般に, 決定を, 満足し, 満足に, 無論根本的, 照ちやんの, 父が, 物理学的思想の, 物議を, 現代の, 現実に, 生ずるの, 生まれて, 生れたの, 由来する, 當てにはならなかった, 當然の, 疳癪玉を, 発生する, 白色の, 真理への, 眠り薬を, 矢張り論理と, 社会主義によって, 私どもを, 私の, 積極的もしくは, 立退きを, 糠漬の, 紙が, 結婚は, 結婚を, 聴講を, 肯定の, 脱して, 自然に, 船の, 行われた学生ストライキ, 裁判官たちの, 西洋音楽を, 見て, 言っても, 訣る, 話の, 説得した, 識見ある, 貧しい私, 近づくこと, 違つて居る, 釣瓶で, 非国教徒, 馬車を, 高山彦九郎を, 鶏を, 鷲の

▼ 理由~ (327, 3.1%)

24 して 18 よりて 11 なるの 9 なって 8 よる, 本づく 5 ならない 4 於て, 非ずや 3 しても, ならない理由, ならぬ, 依つて, 基くの, 基づいて

2 [29件] しようと, すぎないの, する, ならぬ理由, なりそう, なろうとも, はなつて, もとづくもの, よった, よると, よるべきか, 依りて, 因るもの, 基いて, 基く, 基づくこと, 基づくの, 基づくもの, 外ならない, 對し, 就いて, 就て, 就ては, 彼を, 挙げて, 気の, 由り大, 禁止された, 至りては

1 [160件] あらざる理由, あらずして, いかん, いきなりロマンティック, いたって, いづれも, いろいろ想像, いわく一週間で, うまく断わった, かかる変化, かかわらず厳罰, かこつけて, こばみます, した, しましょう, しろ, しろ壊して, しろ東京, すぎない, すること, するん, せよそう, せよ人, それを, そんなこと, とった, どっちの, なった, なったが, なったの, なつて, ならないかつ, ならないね, ならないばかりか, ならなくて, ならぬこと, ならんが, なりさ, なりましょう, なりませんよ, なり得るだろうかと, なる, なるが, なること, なるさ, なるだけで, なるならすでに, なるよう, なるわけ, なる譯, はなつても, はねつけて, ふれて, ほかならないこと, ほかなりません, もとづいて, もとづき意, もとづく, もとづくの, やっと気がついた, よったの, よらぬ理由, よりて所謂国民性, よります, よるだろう, よるだろうか, よるので, よるらしかった, 三日で, 上衣を, 中途から, 二つの, 今しも, 他は, 何人かの, 依りこの, 依るの, 依ツ, 偽って, 先生が, 出づる, 出でるか, 出獄させられない, 到達し得よう, 副ひ得る, 加うる, 勿体を, 又奪い合い, 右の, 合点が, 名を, 因つて或は, 因て, 因り大, 因るの, 因るので, 困って, 基いては, 基き試驗, 基くか, 基くところ, 基くん, 基づいたもの, 基づく, 基づくであらうか, 基づく一種, 外なら, 外ならず, 外ならなかつた, 夫の, 学校を, 就いては, 就ても, 帰する, 帰せられ得る, 帰国を, 帰着する, 廻状が, 御座候, 思ひ当, 成らぬとて, 我から, 手酷く反, 手酷く反対, 押し消さうと, 拒絶した, 拠り鑑定, 持って, 文部予算を, 曰くここは, 曰く同じ, 本づい, 正月から, 気付いた, 気附かぬらしく, 氣の, 水害の, 照し, 由らねば, 由り後醍醐天皇, 由り長慶天皇, 由り長慶皇, 看破した, 着眼せず, 絶望する, 考え及ぶと, 自分の, 至っては, 興味を, 袁術の, 裁判を, 製作中止した, 軽蔑し, 辞任した, 近い恐怖, 過ぎないの, 過ぎぬので, 關し, 附加されるであろう, 限られて

▼ 理由~ (165, 1.6%)

12 するところ 10 なって 6 して, なるの 5 なつた, 申しますの 4 する所 3 なる 2 されて, したもの, す, なった, なつて, 同じ理由

1 [102件] いうばかり, いうべきもの, いうほどの, いうよりは, いえるかも, いきさつだけを以て, いって, いっては, いっても, いつて, かれの, させて, されるところ, した, したそう, したの, してるところ, し苟くも絶對性, すぐあなたにおわかりになるどんな方法, するとは, するに, するよう, する乎, する内乱, する劇場, する諸種, する限り, その方法さ, それからあの, なさんと, なったの, なりうる, なりうること, なり得たはず, なること, なるであらう, なるであろう, なるもの, なる諸, なろう, はなつても, ほとんど変更, まだ晴れない, もしそれ, プロセスが, 一緒に, 九分通りまで, 事情が, 事情とが, 事情とで, 事柄とが, 二重の, 云うの, 云うは, 云えば, 云つても, 云へば, 何れだけ, 価値とは, 価値とを, 信念が, 全く同じ, 動機を, 化しつひには, 原因という, 原因とは, 原因を, 召されたもの, 可能と, 同じよう, 名義の, 実力とを, 形態とを, 彼女に, 思われるの, 意義も, 日を, 日本の, 更にまた, 根本的な, 正当な, 歴史は, 申すは, 申上げる, 畑地の, 目的が, 結果とに, 結果とを, 自分が, 自由を, 衝動とに, 覚しいもの, 訴権とを, 認めて, 説いたが, 論理を, 責任が, 資格とを, 関係なく, 関聯が, 関連は, 離れては

▼ 理由として~ (123, 1.2%)

3 あげて 2 それを, 健康な, 考えられるの, 近々実業界

1 [112件] あの人, ある職業, いかなるもの, お言い, かなりハツキリ, このたび, この思想, この書物, これらの, これを, すぐに, そう云っ, その娘, その根源性, その罪, その翻訳, たとへばむかし, つかわれた, とにかく不自然, ぼくの, まだ互, まつたくこれ, わたしは, アメリカから, キサマの, ジョルジュ・サンドが, ナターリヤ・ヴァシーリエヴナが, マルクス主義を, リンゼイの, 之を, 二人の, 二十年を, 伊予の, 何人も, 何度も, 俳優を, 俺が, 個人主義は, 働いて, 其の場, 出来る丈, 却下される, 参加を, 古墳前期には, 右平が二人を, 吾, 命ぜられた献金, 哲学の, 外来語の, 契約に, 女性に, 姑は, 尊い法主, 少し宅, 帝は, 帝国芸術院が, 当然未, 彼女の, 従来文学に, 恐らく人々, 恐らく永遠性, 愚かにも, 慶長年間に, 或る, 抗弁し得ないであろう, 拒む, 挙げたる七箇条, 挙げて, 挙げねば, 挙げられて, 挙げられる, 挙げる処, 損害賠償金の, 擧げて, 政府は, 数えられる, 新聞紙上に, 日本の, 日本人の, 暗示し, 有力だ, 此の, 歴史の, 深い懷, 無いところ, 父と, 現行家族制との, 生活的な, 男が, 直にツネ, 看過し, 福沢諭吉は, 私は, 管仲が, 自分が, 自分は, 自己の, 舌を, 藤原氏の, 行動それ自体を, 解釈に, 言つたのは, 語り伝うる, 説明せられ, 論理的に, 諸説紛起した, 資本家階級の, 踏歌の, 連衆の, 運動の, 遮二無二米国, 非常に

▼ 理由によって~ (122, 1.1%)

2 このよう, 他の, 必ずしも明らか, 私は

1 [114件] あらゆる時, いずれも, かえって有害, かかる推定, かような, きわめて軽視, この七十一議会, この上一刻, この場合, この建築物, この直観形式, この衝動, すべて国家についての, そういう点, そういう高等生物, その前半, その姿, その存立, その訳, その身, それが, たといまた, たとえ役人, である, とめの, なされたかを, ひとりが, また崩壊, まだ若干, われわれ読者は, カンキン状態に, スペイン宣教師の, 一介の, 一八〇一年の, 一度は, 一般の, 万年不平に, 主張せられた, 人々は, 人を, 人間に, 人間は, 今日出ぬ, 但し重大, 何等かの, 余は, 作家センチメンタル時代です, 価格において, 先生は, 入れられた, 再三精密解剖, 出来ない, 利潤の, 半年の, 単に捕鯨, 取去った一本, 合意の, 君を, 否定しよう, 呼起された, 哲学を, 土地で, 大学に, 失業保護を, 如何に, 妖怪という, 子爵が, 審判官に, 幾何学に, 当時の, 心理的刺激という, 必要であれ, 感官と, 感情の, 成立しない, 我が国では, 文字では, 文芸が, 早婚と, 早婚に対する, 明るく笑い, 最も古い, 来たの, 概念と, 死ななければ, 決定され得るなら, 海面は, 生じうること, 盤石の, 私かも, 私が, 種々の, 穀物の, 結成された, 総花を, 肯くこと, 自分の, 自然の, 自然弁証法の, 自然科学に, 自身の, 致命的な, 芸術の, 覚醒され, 説明される, 警察に, 讃嘆し, 象が, 資本の, 起訴された, 逼塞を, 陪審官諸氏は, 非難されね, 飛騨の

▼ 理由には~ (88, 0.8%)

20 ならない 4 ならないの, なりません, なるまい 3 ならないと, ならぬ 2 なりませんよ, 相違ない

1 [46件] いかないつての, いつも矛盾, かう云つて, ここの, このよう, それだけの, ただ単に, どうしても, どうしてもゆかない, どれだけの, ならずいはんや, ならないで, ならないのみ, ならない日本, ならなかった, ならなかったが, ならぬが, ならぬと, ならんが, ならんだらう, なりさ, なりさうに, なりっこ無い事, なりませんな, なる, なるの, まだこの, 何か, 何人も, 僻んだり, 充分な, 内容が, 勿論階級闘争, 実はもう少し, 寸毫の, 小寺家の, 少しも, 当然な, 時代が, 次の, 毫もならない, 目代の, 直接には, 考え及ばなかった, 腑に, 顧みて

▼ 理由なく~ (72, 0.7%)

15 して

1 [57件] おちついて, お断りに, お斷, しては, それを, ただ子供, ては反対, とも今, も追いつかれる, ゴボウ剣で, ホッと, ママを, 中国の, 休んだ場合, 侮蔑的な, 侮辱する, 傷け, 傷んだり, 叱られたの, 叱りとばされて, 国会や, 大兵を, 娘の, 嫉妬される, 尻ごみを, 引き起されまいと, 彼を, 後陣へ, 拒否する, 改廢した, 改惡される, 放火殺人傷害強盗強姦を, 断わるの, 昔の, 村の, 楊志を, 殴ったという, 母に, 水の, 泣けて, 測ること, 焦, 牛若の, 申込まれ私, 盛子を, 直にマアテルリンク, 私の, 私も, 自分を, 苦しめられた, 見ること, 誤訓, 貰って, 貴様を, 起るもの, 野望の, 顔を

▼ 理由による~ (63, 0.6%)

15 のである 4 ので, ものか 3 のだ, ものである 2 のだろう, ほかは, もので, ものであろう, ものと

1 [24件] ことだった, ことな, せいだ, せゐだと, ためであります, のか, のであろう, のでしょう, のです, のでなく, ものだろう, ものであったろう, ものにて, らしい, んだ, 事と, 停滞の, 光の, 反感ばかり, 場合は, 死, 死でございましょう, 者にや, 親子の

▼ 理由なし~ (52, 0.5%)

32 にただ, によく, に全身, に新しい, に泣, に自分

1 [37件] にいと, にかかった, にこの, にこんな, にそう, になぐられ, にはやつ, には対立, にソンナ事, に三行, に八頭, に単に, に咬み合い, に唆, に圧迫, に夜, に大, に嫉む, に家宅捜索, に彼, に怖, に感じ, に拗ね, に改竄, に東西, に湧く, に烏, に熱かっ, に禁止, に種子, に絶対的, に腹, に臣民, に自然, に踏みにじられ, に離縁, の退会届

▼ 理由~ (49, 0.5%)

4 と思う, よ 2 とすれ, と思ふ, と述べ

1 [35件] かはっきり, からと返答, からサザンカ, から秋以後, かわからなかった, か皆, か自分, か薩張理由, か青い, が, がそれ以上, がもう一度, がも一つ, が婆, が狸, が私, けれどもこの, し君たち, そうだ, そうである, つたのです, ということ, といっ, とされ, とし, とぶちまけた, と役僧, と思います, と思はない, と思ひません, と思われる, と理解, ね, んだ, 尤も其の

▼ 理由では~ (47, 0.4%)

5 ない 4 ないの 2 あるが, あろうが

1 [34件] あまりに浅薄, あらうが, ありません, ありませんでした, あるまいか, あろう, ぐらかされてしまつたと云ふ, ことわりにくい, ないか, ないかと, ないこと, ないぜ, ないでしょうか, ないはず, ないん, ない他, ない何, ない生活感情, なかった, なかつたかと, なかつたが, なかつたの, なからう, なくして, なく僕, なく御都合主義, なく近く, まだ不十分, 今日でも, 兆二郎を, 娘を, 民衆に対する, 無い, 無く複雜

▼ 理由でも~ (46, 0.4%)

6 あるの 4 ある 3 ない 2 あった, あったの, あると

1 [27件] あったら私, あつた, あつて, あらうか, ありますまい, ありません, あり同時に, あり彼, あり楽しみ, あるか, あるという, あるならわたくし, あるので, あろう, おあり, ございませんが, ござるかな, ちょっと歌っ, ないが, ないらしい, なくこの, なければ, 在るの, 御座いませぬ, 掏られた, 明瞭な, 潜んで

▼ 理由~ (45, 0.4%)

9 のである, んだ 5 のだ 4 んです 3 のです 2 ので, のであった, のであります, んで 1 けれども石, のか, のが, ので彼, のと, んでげす, 侮辱が

▼ 理由である~ (44, 0.4%)

3 ことを, のか 2 か, かも知れない, がそれ, と同時に

1 [30件] かというお尋ね, かの前日松平伯耆, かはわからぬ, かもしれない, かも知れません, からどうも, から古典学者, から生存競爭, か万一, か明瞭, がほか, が稲, が製品, こと, し日本人, すなわち, ということ, という意味, といっ, といふ風, と主張, と云おう, と云われ, と知り, と賢しげ, には相違, に違い, はずだった, やうに, んで人

▼ 理由なき~ (40, 0.4%)

7 ことで 2 にあらず, ものと, 優待を

1 [27件] ことです, ことを, では, に似, に冷笑, に非, の暗合, もので, ものであります, ものである, を論じ, 不遜の, 孤高を, 憎しみと, 成りゆきに, 抗議は, 拷問を, 放火よ, 次第を, 焦躁に, 理由な, 破壊, 笑い, 罷免に対する, 腕力を, 誤解が, 謬想で

▼ 理由~ (36, 0.3%)

4 知らぬが 3 知らないが

1 [29件] あの金子, あまり賞賛, あらん何で, いわゆる婦女子, きっかけの, さアそれ, そこを, その夜, それを, よくは, わかりませんが, エビス・ビールを, 一寸判らない, 僕には, 分らないが, 女子の, 女王は, 好く解らなかつた, 存じませんが, 彼女は, 我々どもを, 或は大陸, 故郷に, 末起に, 沈んだふう, 知らねど, 知んねえ, 聞かして, 莞爾

▼ 理由としては~ (33, 0.3%)

2 そこに, 何が

1 [29件] いくつかの, いろはの, この盗難, この詩集, その御内室, ただカラザースさま, どうもあまりおとなげ, もうこれ以上, 丁度今, 不十分だ, 二十一日の, 何の, 僕の, 全体を, 初めから, 山が, 彼女が, 彼女の, 彼女は, 所謂天閹で, 政子自身が, 次の, 歌合せ, 現在の, 直ちに例, 船頭の, 花山院御, 言語上の, 辰之助の

▼ 理由とは~ (32, 0.3%)

10 ならない 2 ならなかった, ならぬ, なりません

1 [16件] ならず四季, ならないけだし, ならないもの, なりませんでした, なり得ない筈, なり得るの, まつたく別々, 一つの, 何か, 全く反対, 受け取り難い, 同級生の, 私の, 認められなかった, 違った別個, 闘ふ

▼ 理由ある~ (31, 0.3%)

2 のん, ものとして, ものなりき, を認めざる, 所以を

1 [21件] が故に, が為め, ことで, ことと, ことなし, ことに, ことにて, ことを, にあらざる, にあらざれ, による, に非, もいまだ断じて, ものの如し, や, 一物なる, 事にて, 判断なる, 場合と, 新語作製, 時には

▼ 理由によ~ (27, 0.3%)

2 つてみづか, つて私が

1 [23件] つてかう考へ, つてすら, つてそこには, つてそれを, つてたと, つてなり, つては, つて一人の, つて人間は, つて何等かの, つて場面は, つて採, つて既に, つて明かであります, つて易々と, つて此書の, つて此權利を, つて演劇の, つて福建, つて自由詩の, つて表面に, つて西暦七百九十一年若く, つて長助夫婦は

▼ 理由という~ (25, 0.2%)

14 のは 4 ものが 2 のが, ものは 1 ことも, のを, ものを

▼ 理由により~ (22, 0.2%)

1 [22件] ある友人, おそらくその, おそらく耕作, かかる自然的原因, この人, そのまま適用, その所得, またこの, 五箇年間の, 人道なる, 例えばこの, 全ての, 北支那人は, 各結婚当り, 君位の, 女子人口も, 少くとも, 気候温暖に, 私は, 科学者たらん, 自家の, 進退を

▼ 理由だけ~ (21, 0.2%)

6 では

1 [15件] であんなに, でいつたい何時, でここ, でこんな, です, でたくさん, でなく一般, で低廉, で作者伊東氏, で松園氏, で相, で私, で群衆, で迫害, で金

▼ 理由であった~ (21, 0.2%)

2 のだろう, ように

1 [17件] かと思う, かに思われる, かはほんの, かも知れない, がそれ, が厳格, が実際, が庄平, が母, ことである, そしてその, とも速断, と見られる, にちがい, のか, のだ, のである

▼ 理由~ (21, 0.2%)

1 [21件] かいあれへん, また人, 何かを, 余りに分かりきった, 力によって, 動機が, 原因と, 原因などの, 原因を, 古来の, 如何, 感情が, 方向や, 次郎と, 理屈を, 目的によ, 相当の, 私が, 自分の, 迷惑そうに, 途中の

▼ 理由にも~ (19, 0.2%)

3 なるの 2 ならぬとも, 色々と

1 [12件] あるが, いろいろある, せよ, せよ共犯, なつたであらう, なつたの, ならない, ならぬの, なるわけ, 似て, 基づくなるべし, 行くまいから

▼ 理由あり~ (15, 0.1%)

1 [15件] いまだ全く理由, そうに, てか紀州, て汝, て異なる, て起こり, とする, と信ず, と観測, と認め, やとの事項, 且つ現, 気な, 然れ, 花ちらす

▼ 理由なんか~ (15, 0.1%)

2 ないじゃ

1 [13件] ありません, ありゃしねえ, ある筈, どうで, どこにも, ないよ, ないわ, 一つだって, 一つも, 何も, 無いと, 無いの, 私には

▼ 理由を以て~ (15, 0.1%)

1 [15件] これを, その引渡し, ヨブを, 切腹させられた, 判断し, 君を, 外國船舶の, 大学の, 妾の, 彼等は, 無視される, 現象と, 留めろ, 神楽岡辺側の, 菱川を

▼ 理由づけ~ (14, 0.1%)

1 [14件] が無, たりし, ていた, ている, ては白昼, て力説, て行く, でいかにも, で作品化, なしに, にならぬ, も出来るでしょう, ようとして, 根據づけ

▼ 理由について~ (14, 0.1%)

1 [14件] あまり無, いえば, いへば, いよいよ文書, その青年, なんらかの糸口, 一体どう思ふ, 何か, 彼は, 想いを, 筒井氏の, 考える, 自ら顧る, 話し話すうち

▼ 理由については~ (14, 0.1%)

1 [14件] あなたと, くどく訊ねられた, なぜか, 一言も, 今日に, 何の, 僕も, 前に, 彼か, 果して正当, 深く知らない, 県として, 繰り返し述べた, 色々の

▼ 理由からか~ (13, 0.1%)

2 ひどく声, 判らないが 1 その後は, どうか, 今は, 彼には, 彼の, 知らないが, 総出で, 頭が, 鶴子を

▼ 理由だった~ (13, 0.1%)

2 のである, のであろう, ようです 1 かその, かも知れない, か惜しい, が今, が雪子, すなわちただきらい, のだ

▼ 理由とも~ (13, 0.1%)

1 [13件] いうべきもの, なったの, なつて, なるが, なるべきもの, 亦なる, 分らずまた, 分らないので, 気が付かず唯, 氣が, 相成申可候, 知らず唯, 解らなかったが

▼ 理由らしい~ (13, 0.1%)

5 ものを 4 ものが 1 が今, ものは, 理由が, 理由なんか

▼ 理由~ (13, 0.1%)

1 [13件] がいつも, と共に提出, に, には, にはなんと, には現行議員, の中, の朗読, はいかが, は如何, は惨状, をか, を提出

▼ 理由ない~ (12, 0.1%)

2 ことで 1 ことであった, のんで, ものであっ, んだ, んです, 卑屈さや, 嫉妬の, 日頃の, 確執も, 遠慮を

▼ 理由であろう~ (11, 0.1%)

31 かともう一度, がどうして, が今, が彼女ら, という意味, と思います, と思う, と想像

▼ 理由をも~ (11, 0.1%)

1 [11件] おもにレツシング, もっては, 云つてよこさない, 効果をも, 持って, 持つて, 有せず, 理解する, 見た, 見ないでは, 説くに

▼ 理由だけで~ (10, 0.1%)

2 自殺する 1 なしに, やられるらしかった, ゆずるべきところ, 出来るだけ, 反対する, 滅多に, 男子の, 私たちの

▼ 理由あっ~ (9, 0.1%)

2 てのこと 1 ての事, ての話, て世, て所見, て自害なんど, て阻む, て飛んだ

▼ 理由かと~ (9, 0.1%)

2 思う 1 いふに, 問ふと, 尋ねて, 彼は, 思うの, 繹ぬる, 言ふ

▼ 理由であり~ (9, 0.1%)

1 あるいは重, また, また世界人類, フランス, 一日も, 事実この, 子どもは, 従って又, 真実であり

▼ 理由などは~ (9, 0.1%)

1 ございません決して, それから打ち明け, どうで, なくとも, なくなって, 全く根拠, 問わず遮二無二, 後で問え, 毫もない

▼ 理由さえ~ (8, 0.1%)

2 あれば 1 あった, あったの, きかして, わかれば, 正しくば, 解せられぬただ

▼ 理由づける~ (8, 0.1%)

2 ことが 1 ためには, ための, ところが, 何ものも, 何ものをも, 卑屈さも

▼ 理由です~ (8, 0.1%)

51 がもう少し, よ, 基督と

▼ 理由といふ~ (8, 0.1%)

2 のは 1 ことを, のが, ものが, ものに, ものは, ものも

▼ 理由はと~ (8, 0.1%)

2 いうと 1 いふと, たたみかけられて, 云へば, 尋ねると, 村長が, 随所に

▼ 理由からでも~ (7, 0.1%)

3 あった 2 そんなあまり 1 あつた, 他人を

▼ 理由とを~ (7, 0.1%)

1 張飛に, 書き子供, 東京公園課長の, 求める前, 示して, 統計上より, 見出し得ない如くこの

▼ 理由など~ (7, 0.1%)

1 かまわずとにも, ございますもの, なにも, 一つも, 全くなかっ, 糺して, 述べないの

▼ 理由ばかり~ (7, 0.1%)

4 では 1 であの, であるから, です

▼ 理由よりも~ (7, 0.1%)

1 それが, もっと有力, よりいっそう訳者, 何よりも, 堂々と, 感情上の, 生理的生理的よりも

▼ 理由からに~ (6, 0.1%)

1 すぎなかった, 外ならない, 外ならなかつた, 過ぎない, 過ぎなかつたの, 違いない

▼ 理由からも~ (6, 0.1%)

1 かわった人, 何故女, 小山いと子という, 当然であった, 来て, 門番は

▼ 理由だけは~ (6, 0.1%)

1 ないとも, ほぼ明白, 後日処刑された, 最後まで, 見つけて, 訣る

▼ 理由なら~ (6, 0.1%)

1 いくらでも作れます, なぜ七月, ばなぜ, ばわたしたち, ば別に, 幾らでも

▼ 理由より~ (6, 0.1%)

4 して 1 起こったと, 身を

▼ 理由~ (6, 0.1%)

1 以テ他ノ, 以テ彼等ハ自国ニ住ムコトヲ極度ニ圧迫セラレタルヲ以テ故国ヲ, 発見シ得ザルモノナリ, 発見スルコトガデキナイ, 発見セザルヲ以テ公告スベキモノト決定セリ, 解シ僕ニ同感

▼ 理由あれ~ (5, 0.0%)

1 しませんや, どもダンテ, ばである, ばとて斯, ば格別

▼ 理由かも~ (5, 0.0%)

1 う彼, 忘れて, 知れない, 知れないけど, 知れないと

▼ 理由って~ (5, 0.0%)

1 あなた, いったい何, ただそれ, のは, のを

▼ 理由であったろう~ (5, 0.0%)

1 が同時にまた, とは思われない, と云う, と思います, と推測

▼ 理由なんて~ (5, 0.0%)

2 ないん 1 あるもの, ない, 考えるの

▼ 理由まで~ (5, 0.0%)

1 しらべなければ, ぶち明けた, 彼女に, 物語った, 申すと

▼ 理由~ (5, 0.0%)

2 で呼び止められる, にう 1 で十分

▼ 理由不明~ (5, 0.0%)

1 つかれか, で駒込署, のまま, の不在, の畏怖嫌忌

▼ 理由以外~ (5, 0.0%)

1 にどこ, になにか, にもう, に特殊, の理由

▼ 理由からだけ~ (4, 0.0%)

1 だったの, でなく祭典的, では, なの

▼ 理由からばかり~ (4, 0.0%)

4 では

▼ 理由だけでも~ (4, 0.0%)

1 あるまいが, かの女, 私は, 突きとめようと

▼ 理由だろう~ (4, 0.0%)

2 と思う 1 と思われる, と聞い

▼ 理由~ (3, 0.0%)

2 つての 1 ってか多く

▼ 理由あるべき~ (3, 0.0%)

1 もその, もまずは, も邪視

▼ 理由からだけでも~ (3, 0.0%)

1 この一群, 入ること, 裁判所には

▼ 理由からで~ (3, 0.0%)

2 あらう 1 せうか

▼ 理由しらぬ~ (3, 0.0%)

3 人は

▼ 理由じゃ~ (3, 0.0%)

1 ありませんよ, ないだろう, ないわ

▼ 理由それ~ (3, 0.0%)

1 ととにかく, は決して, は野村自身

▼ 理由であっ~ (3, 0.0%)

1 て打ちひしがれ, て自分, て難

▼ 理由とては~ (3, 0.0%)

1 ございませぬが, ないの, 無いの

▼ 理由などを~ (3, 0.0%)

1 毛頭考えず, 研究し, 説き文明

▼ 理由なる~ (3, 0.0%)

1 ものは, や予, 生命の

▼ 理由無し~ (3, 0.0%)

1 にこんなに, に引き止め, に王

▼ 理由通知書~ (3, 0.0%)

1 が来た, であったの, を机

▼ 理由あらん~ (2, 0.0%)

1 や, やぢ

▼ 理由あるべし~ (2, 0.0%)

2 といえ

▼ 理由かで~ (2, 0.0%)

1 ふと春満, 三崎丸の

▼ 理由からかも~ (2, 0.0%)

1 知れない, 知れぬ

▼ 理由からのみ~ (2, 0.0%)

1 では, 出発した

▼ 理由からよりも~ (2, 0.0%)

1 むしろこの, むしろ超

▼ 理由こそ~ (2, 0.0%)

1 まず考え, 知りたけれ若き

▼ 理由しか~ (2, 0.0%)

1 なかった, 考えられませぬ

▼ 理由その~ (2, 0.0%)

1 観念の, 過程の

▼ 理由そのもの~ (2, 0.0%)

1 が私, を根柢的

▼ 理由だけが~ (2, 0.0%)

1 あいまいで, 不明だった

▼ 理由だけを~ (2, 0.0%)

1 知りたい, 述べて

▼ 理由だって~ (2, 0.0%)

2 あとから

▼ 理由だらう~ (2, 0.0%)

1 と存じます, と思ふ

▼ 理由~ (2, 0.0%)

1 やこつちの, やね

▼ 理由づけられ~ (2, 0.0%)

2 ている

▼ 理由づけられない~ (2, 0.0%)

1 ていの, 災難に

▼ 理由づけられる~ (2, 0.0%)

1 ことなく, その根拠

▼ 理由でした~ (2, 0.0%)

1 がそれ, のか

▼ 理由でなく~ (2, 0.0%)

1 二人は, 自分の

▼ 理由とか~ (2, 0.0%)

1 憎悪とかいう, 方則とか

▼ 理由とが~ (2, 0.0%)

1 はっきりと, 記されて

▼ 理由としての~ (2, 0.0%)

1 哲学が, 哲学の

▼ 理由とても~ (2, 0.0%)

1 ないのに, なく

▼ 理由と共に~ (2, 0.0%)

1 はつきりと, 検討に

▼ 理由なけれ~ (2, 0.0%)

1 ばなり, ば諸島説話

▼ 理由なぞは~ (2, 0.0%)

1 ない, 滅多に

▼ 理由において~ (2, 0.0%)

1 我が政府, 特殊の

▼ 理由についての~ (2, 0.0%)

1 推断を, 涙まじり

▼ 理由についても~ (2, 0.0%)

1 命令の, 彼自身から

▼ 理由にな~ (2, 0.0%)

1 つてゐた, つて居た

▼ 理由にまで~ (2, 0.0%)

1 入って, 遡って

▼ 理由によるかと~ (2, 0.0%)

1 いうと, 考え出しては

▼ 理由のみ~ (2, 0.0%)

1 で職田二町, 立てられて

▼ 理由への~ (2, 0.0%)

1 対策を, 明察と

▼ 理由までも~ (2, 0.0%)

1 わかるかも, 説明した

▼ 理由もしくは~ (2, 0.0%)

1 動機, 意義を

▼ 理由をば~ (2, 0.0%)

1 私は, 自分の

▼ 理由~ (2, 0.0%)

1 一ハ己レ自, 第二ハ

▼ 理由事情~ (2, 0.0%)

1 なくし, を以てする

▼ 理由人間~ (2, 0.0%)

1 の価値, も家賃

▼ 理由~ (2, 0.0%)

1 でもその, の商売

▼ 理由又は~ (2, 0.0%)

1 口実が, 趣意を以てか

▼ 理由如何~ (2, 0.0%)

1 といはるれ, の問題

▼ 理由欠乏~ (2, 0.0%)

2 の原理

▼1* [189件]

理由あったのん, 理由ありましょうか, 理由あるやろか, 理由な現われなけれ, 理由いい換えれば, 理由いかにと尋, 理由いまだ明らかならざる, 理由雪の, 理由およびそれについての, 理由お話しくだされぬそう, 理由かくかくと述べける, 理由かしらないが, 理由からとしたならこれ, 理由からにもせよ測量技師, 理由からは何も, 理由がねえと俺あ, 理由がねえというのか, 理由がもひとつある, 理由ぐらいでクルリと, 理由こそは関東軍が, 理由へわかれ, 理由さえも見失いただ, 理由すこしも分りませぬ車代賜, 理由すでにかくの, 理由すなわち課税が, 理由たとえば久米島の, 理由たるや否や, 理由だけからでは, 理由だけからでも映画によって, 理由だけしか無い, 理由だけなりとも言うよう, 理由だけに過ぎない, 理由だけにてまったくこの, 理由だけを以てこの句, 理由だつたかどう, 理由づけたんです, 理由づけようとする, 理由でありましてと勝逓相, 理由でありますが春, 理由であり得ようか, 理由であるごとくに弁解, 理由であるまいか, 理由であればある, 理由でござるからなにとぞ, 理由でたツた, 理由でだけ出版する, 理由でと仰っしゃるのですか, 理由でなかったならなぜあなた, 理由でなければならぬ, 理由でのみ説明しうべき, 理由で無ければならぬ, 理由といったような, 理由といふほどの理由も, 理由とかいうものを, 理由とかにて実物を, 理由とだけをめぐって行われました, 理由とで成ること, 理由とによって役に立たなくなって, 理由とやらは仰しゃってくださらないでも結構, 理由ない我慢強さの, 理由なきおかしさが, 理由なくぽっこり自殺, 理由なく嬉しかったの, 理由なぞ考え出せなかった, 理由なぞがありませんよう, 理由なぞを洩しそう, 理由などに疑いを, 理由などまで語り出される頃, 理由なども聞こうとは, 理由ならびに真の, 理由なり然るに余, 理由なりやと云, 理由なんかも考えられますね, 理由なんぞになるもの, 理由なんぞにはなりません, 理由にて計画は, 理由にのみよるもの, 理由によってだけなの, 理由によってのほか他の, 理由によっては否と, 理由によってはと開き直りそう, 理由によっても死体の, 理由によつたものか, 理由によるか古來, 理由に対する作者自身の, 理由に関して十分我々を, 理由に関する質問が, 理由に関すると私は, 理由のみで拒絶する, 理由のみにあらずして, 理由のみによって交換価値において, 理由のみを述べんと, 理由はたして相違なく, 理由はちよつと, 理由はね普通の, 理由ばかりは思い出されないの, 理由ひとつだけで結ばれ, 理由ほどかんたん, 理由またあの遺言書, 理由または原因として, 理由までが丸で, 理由まではいわなかった, 理由までをひっくるめて, 理由やら人知れず苦しい, 理由ゆえ道具係という奉公人, 理由よくわかる, 理由よりはかねてふたり, 理由らしきものに, 理由らしく見えるけれど実はただ, 理由を以てか容易ならぬ, 理由タル虐待云々ノ意味ニ, 理由てない, 理由トシテ奈良唐招提寺金堂ニ安置シ奉ル千手観音立像ガ四十臂, 理由トシテ著作権ノ侵害, 理由トナスヲ以テ其レヲモ廢止スルガ故ニ, 理由ナキコトハ相續者則, 理由依ル, 理由ニヨリテ後者タル自耳義ヨリ合理的ナリト言フ能ハズ, 理由ニヨリテ日本國民タル國民權ヲ最初ニ且ツ完全ニ賦與セラルルヲ明カニスル者ナリ, 理由ニヨリテ資本ガ私人生産業限度ヲ超過シタル時ハ凡テ國家, 理由第一ニ登校兒童ノタメニ毎朝母, 理由ハアタシニハヨク分ラナイガオ爺チャンコソ何カシラ感ヅイテイラッシャルノデハナイデショウカト乙ニ絡ンデ云ウ, 理由ハ佛壇ニ頭ニ綿帽子ヲ載, 理由ハ國家ガ國家ノ兒童ニ對シテ, 理由ハ國家トシテ不合理ナル所有ニ對シテ賠償ヲナス能ハズ實ニ其資, 理由ハ在郷軍人團ナル好適ノ機關ナク, 理由ハ幼童ノ純白ナル頭腦ニ口腹, 理由ハ彼女ガドンナ場合ニモ僕トノ情交ヲ拒マナイ, 理由ハ既ニ移住シ居住スルホドノ者ハ大體ニ於テ優秀ナルヲ以テナリ, 理由ハ智力單素ナルヲ以テ知覺スベキ關係ハ夾雜組織セル者ニ相應給スルコト能ハザルニ在リ, 理由ハ未婚婦人ガ純潔ヲ破, 理由ハ東西文明ノ融合, 理由ハ社會主義ガ其ノ建設的理論ニ於テ, 理由ハ農業地ノ如ク所有者, 理由一モ存スル事無シ, 理由乃至原因を, 理由云わなんだら, 理由付けるのに, 理由以上のハッキリ, 理由何ものか隣近所, 理由事件が, 理由公表中に不穏文書, 理由具体的に夫, 理由具足の原理, 理由内状のほど, 理由処女にし, 理由判明して, 理由に既に, 理由動機というもの, 理由即ち社会の, 理由原因もあっただろう, 理由な存在, 理由問いたるに何ゆえ, 理由因縁を仄めかし, 理由固定された原理, 理由如何なる露国の, 理由実例論が残っ, 理由帰結の関係, 理由に從つて, 理由れ人とも, 理由或いは原因の, 理由何とか返事でも, 理由故意に引延, 理由ならざるに, 理由明かしてとらせる, 理由明白なり, 理由昼夜の長短, 理由及び處等, 理由の盈虚, 理由未来派の手法, 理由条件が具備, 理由次第では頼もしい, 理由死んだ人には, 理由毒薬の入った, 理由無二の理由, 理由発表場面狭隘の苦痛等, 理由相当の学力, 理由等しく正当な, 理由等詳細に正直, 理由絶対の理由, 理由縁起も分明, 理由聞かまほし, 理由肉体的な理由, 理由見つかれへんここで, 理由趣旨を明言, 理由明らかに, 理由都民税が大した, 理由を施し, 理由とすべき