青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「盤~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~盛 盛~ 盛り~ ~盛ん 盛ん~ ~盡 盡~ 監獄~ 監督~ 監視~
盤~
~目 目~ 目下~ 目前~ ~目標 目標~ ~目的 目的~ 盲目~ 直~

「盤~」 1327, 14ppm, 7780位

▼ 盤~ (357, 26.9%)

33 上に 26 前に 10 上を 7 中に 6 ところへ, 上の, 上へ, 前へ 5 ような, 上で, 上には 4 下に, 方へ 3 ほとりに, 中の, 目は, 裏に

2 [14件] うえの, へりに, まえに, やうに, 一つだ, 一本の, 中には, 中央に, 亀裂と, 側へ, 向うで, 縁に, 銘に, 面を

1 [194件] ある処, ある芝生, うえに, うしろから, うちに, きれめ, こまでも, ごとく清く, ごとし, さかな箸を, そばで, そばへ, つまみを, つめたいまるめろ, とがった針, ところで, ところに, どのあたり, なかでの, なかにの, なかへ, は一・三三・一六・二四, ひねり様一つで, ひびきに, ほかに, ほかには, まえの, まなか, まはり, まわしかた, ようでございます, ように, キイの, キイを, クレーマンに, ケースを, シュワルツを, スイッチを, スウィッチを, パデレフスキーも, ファーラーが, ファーラーに, ファーラーの, メルバは, メンゲルベルク指揮, レコードで, 一つであった, 一つ一つは, 一様式を, 一種と, 上は, 上り下りが, 下の, 中央には, 中心に, 事は, 付いて, 停止点を, 側に, 側の, 傑作集は, 八十一の, 内部である, 内部は, 円芯の, 前で, 前では, 前や, 前方にかけて, 動き方の, 動くと, 動くと共に, 動くの, 動くを, 北と, 半月, 厚さ, 右の, 右手は, 右隅に, 向うに, 向う側から, 周りを, 周囲で, 周囲に, 周囲は, 周囲を, 四隅から, 回転は, 回転を, 圖を, 坑夫や, 坑夫達が, 坑木に, 声価を, 外に, 大礼という, 如く太陽, 如しさ, 定法だ, 小頭が, 小頭に, 小頭は, 小頭達へ, 広さ, 底の, 廻って, 廻りには, 弄ぶ物, 彼方に, 後を, 後方に, 後方は, 必勝法には, 意義を, 所へ, 所を, 振動による, 揺く, 摺り切れた蓄音機, 操作法と, 数字には, 文字板に, 方を, 暗号まで, 最初の, 札くらいは, 格みたいに, 格子の, 梃に, 梃を, 横から, 横に, 機能が, 歩を, 歯車の, 水が, 水を, 沈下が, 注文を, 清水を, 炭車の, 無数の, 物々しくも, 状の, 生活よりも, 番だ, 異動は, 発見は, 白熱, 目の, 目を, 真白い大理石, 石, 石は, 突当りに, 突端までに, 細刻, 縁で, 縁を, 縦震動の, 置かれた指揮室, 背後には, 胎児, 胎児は, 血を, 表面に, 表面の, 裏の, 計器の, 許に, 豆ランプが, 象牙玉に, 速度計に, 遙か, 選択は, 針座の, 銘にも, 開閉器を, 間隙に, 附近に, 隅の, 隅へ, 隙間が, 靜かに, 音きこ, 頭蓋などに, 香を, 駒が, 駒を, 魚に, 魚や, 鳴る石, 黄いろの

▼ 盤~ (231, 17.4%)

6 持って 4 うごかして, 廻して 3 まわすと, 出して, 前に, 据えて, 睨んで, 見つめて

2 [14件] うごかした, かこんで, にらんだ, まはす, まわした, まわして, もって, 叩いて, 合わせて, 真中に, 眺めた, 睨む, 見つめる, 見詰めたが

1 [171件] あけて, あてて, あやつると, いくつか, いくども, いじって, いつ迄, うごかすの, おいた, おいて, おしさげる胴, お廻し, かかえて, かくすよう, かしがせようと, かたづくる, かぶせて, きいて, きくまあ, これへ, さがしまわって, ささげて, しきりに右, しきりに合わし, しきりに合わせた, しきりに気, しずかに, じっと見すえた, その間に, たたき潰した勢, たたんだとき, だして, つきつけた, とって, とつて, とりはずし他, なすったこと, にらむが, にらんだ益穂, にらんで, のぞきながら, のぞき込む, はじいて, はずして, はずしなか, ひとつずつ, ひと目見る, ひねって, ひろげて, ひッ, へだてた泰軒, まもった, まわしても, まわしました, もう守吉, わきへ, わずかばかりしか, エレナの, カチヤリと, グルグルまわしました, パチパチたたき, ピンセットの, 下ろさしめた, 中に, 人生と, 使って, 備えて, 傾けてや, 出せと, 分捕って, 前後へ, 動かして, 動かすのみ, 取りおろして, 取りに, 取り出した, 取り出して, 右に, 右や, 吊りあげて, 売り出し当初, 外しこれ, 太陽の, 奥へ, 守って, 害ねる, 寄贈し, 左の, 床脇へ, 廻しはじめた, 廻すと, 手にとり, 手放しで, 打ち叩いて, 打って, 打つやう, 押し割り, 押し退けながら, 持ちだす, 持ちだすの, 持ち出したが, 持出して, 指した, 指して, 振り返りながら, 挾んで, 据えた越前守, 据ゑさせてこつち, 探って, 斜て, 本部の, 枕に, 横へ, 櫓の, 止める, 正常な, 沢山かせぎため, 洋装の, 潜って, 特に借り, 狼藉なら, 直すと, 眺めさて, 眺めたって, 眺めた伊香保, 眺めて, 眼鏡に, 睨みはじめた, 睨んだ, 睨んだり, 瞼の, 磨きゐる傍, 空裏に, 納めたと, 繞れる, 置いたもの, 置いた連珠屋, 置いて, 置かせ決算, 置く, 舐め廻しながら, 蔽ふて, 要す, 覆うて, 見たり, 見つめては, 見る, 見ると, 見わたしても, 見渡して, 見詰めたまま農婦, 覗いて, 覗き込んだり, 読んで, 調整した, 買ふつも, 追いかけまわして, 追うて, 運んだ, 配って, 配電盤を, 鉄函の, 開けて, 開けに, 開放しなく, 陳ね, 離れた, 離れると, 離れるの, 頭上に, 齎して

▼ 盤~ (121, 9.1%)

7 向って 3 向つて, 載って 2 かぞえられるもの, して, なって, なる, むかいて, 書いて, 眼を, 花を

1 [92件] あけて, おおいを, かけながら, かじりついて, こぼれました, こまかな, したがって, その意思, とびついて, なり, のせそれ, のせて, のぞむといった, のぼりて, はいった頃, はめこんで, ぱっぱっと監視灯が, ほうりなげて, むかいませんので, むかった, むかって, むかひて, むきあって, めりこますよう, もるが, ゆるぎわたった, クライスラーと, ゴドフスキーの, ティボーの, バケツで, プレスした, 上せて, 上って, 亘って, 似たる諸種, 使う百法, 使われたよう, 入って, 刻んで, 割れ目の, 化して, 向う, 向うと, 向うの, 向うや, 向かって, 向かひ合つて将棋, 向かふと, 向った, 向ったの, 向ったらしいの, 向つた, 向つて研究, 向ひ, 坐つたはじめ, 坐つて, 堆かく, 対しました, 差俯向い, 己の, 巻いて, 布くや, 引つ付いて, 当てた左, 手を, 打って, 折衝將軍信帝あり, 映じたの, 暗号でも, 比較する, 洗顔の, 湯を, 満て霊前, 瓜を, 異動は, 異様な, 白檀そへて, 盛って, 盛られて, 盛り自ら, 盛り血, 相談し, 莓を, 落つ, 落としあるいは, 見入って, 載せたの, 載つて, 近い椅子, 近づき傍人, 進みよるなり, 面ししかるのち

▼ 盤~ (103, 7.8%)

16 ある 3 あり

1 [84件] あった, あったが, あつて, あとかたも, ありある, ありそれ, あり雄蕊, あるわけ, かたりと, すえられサクラ号, その上, その燈火, それに, ちょうど映画, ついて, ないからと, なく塔上, ひっくりかえり駒, まわって, みんななくなっ, パイロット, 一個腹を, 一尺動く, 三面行儀よく, 二つある, 二座その, 五つ六つ置い, 人の, 人生の, 今でも, 出て, 出ました, 出る, 出来たので, 出来て, 動き出し其の, 動くかと, 匂ふ, 半分ばかり, 含んで, 周囲から, 四つ優美な, 塞がって, 左転右転を, 帰ったため, 広い手, 廻される以前, 廻るとき, 廻転し, 徐々に回転, 徐々に廻っ, 微かな, 据って, 掘り返されて, 揺くの, 旋り出した, 日本へ, 朦朧と, 木に, 武器とは, 残って, 気に入って, 沈下する, 灰皿ぐらいに, 無事だった, 無数に, 現れては, 現われて, 皆開い, 真白な, 糸を, 組立てたまま, 置かれその, 置かれて, 脱れ, 船の, 西側の, 運ばれて, 鉄を, 鉄工場の, 雪を, 青色で, 頭の, 高過ぎる

▼ 盤~ (45, 3.4%)

1 [45件] あるか, いったいなん, いつもの, たらいだ, ついに騎士, ほこりの, まわって, ペリカンの, モーツァルトの, 一時中古市場の, 三たび床上に, 三度び床上に, 上に, 仲, 余の, 僅かに, 元の, 全く鉄壁, 再び動いた, 動いた手, 古くなっ, 古道具屋から, 唯土地, 幾個も, 後戻りを, 故吉左衛門, 是だけしか, 時計の, 暗くて, 比較的新, 澄み, 無事クウ・デタは, 特権の, 直径一メートルほども, 綺麗に, 老境の, 自然に, 藤原氏の, 逆転された, 逆転を, 透明な, 重い此, 陳ねられたれ, 音の, 高さ八インチ

▼ 盤~ (30, 2.3%)

3 神話の, 説話は 2 の生長, の神, 神話と, 説話と

1 [16件] が天地, の樹木, の生れし, の生物, の身長, 其中に, 極長後, 生れし後, 生其中, 神話との, 神話に, 神話にも, 神話も, 説話なる, 説話も, 説話を以て

▼ 盤得尼~ (26, 2.0%)

2 が云った, の云う

1 [22件] から浄善, が出, が去っ, が自室, が錠前, と浄善, と頃合, に云った, に問うた, に微笑み掛けた, の切髪, の手紙, はただ, は五十, は妙, は屹然, は左, は怒り, は正面, は油時計, は透かさず, を振り向い

▼ 盤~ (25, 1.9%)

2 の入口, の前

1 [21件] から抜け出る, に停, に抜け出た, に確か, に設けられた, のどこ, の一層, の中, の出入り, の奥, の空気, の途中, の鉄扉, の隅, の電気, は東西何丁通り, へはいっ, へ飛び込む, まで出掛け, を中心, を奥

▼ 盤~ (20, 1.5%)

1 [20件] お酒一瓶, なった固, なった時, なれば, やら云うね, 一二枚の, 一緒に, 十手で, 機械が, 瓶, 白石, 睨めっこして, 自動式操縦ボタンとが, 血潮と, 見做, 角を, 言ふ, 賭面には, 輝いて, 駒を

▼ 盤~ (18, 1.4%)

2 重たげ

1 [16件] おっぽ, なければ, ろとも, ポーンと, 出て, 動き得ぬ筈, 塞がった余, 大戦前, 実はない, 宿からの, 崩落も, 特別誂へ, 皆動く, 石も, 開いて, 駒も

▼ 盤~ (16, 1.2%)

2 吹込みの, 掩う

1 [12件] ようやく手, シャフトに, 三通りも, 二十五歳の, 亡くなりましたので, 慟哭的な, 打りならし, 指して, 掻き混ぜて, 洗濯を, 碁を, 5から

▼ 盤には~ (12, 0.9%)

2 馬鈴薯が 1 ひ上つて電線, 今日その, 四角に, 埃の, 毎夜三更の, 犯人が, 百個に, 結構なる, 金剛石の, 鰐の

▼ 盤~ (12, 0.9%)

1 [12件] そのほか複雑, ボーリングマシンや, 坏に, 坏は, 把手などに, 棚の, 無線装置も, 玉ころがし, 瓶は, 瓶を, 祈祷机を, 針や

▼ 盤~ (10, 0.8%)

1 おしつけられ服, おとして, ひとつ印を, 引っ掛かったの, 手を, 打って, 眼を, 置くとき, 近づけて, 駒を

▼ 盤から~ (9, 0.7%)

2 眼を 1 かすかな, こぼれ落ちるまでに, 始まって, 自分の, 離して, 離れて, 顔も

▼ 盤~ (9, 0.7%)

1 から藤壺, のほう, の女房たち, の婢女, の手つだい, の雀, へそっと, へ来, を源氏

▼ 盤~ (9, 0.7%)

3 第三集 1 から出, にある, には同じく, にギーゼキングの, にワルター, に入っ

▼ 盤~ (8, 0.6%)

3 のよう 1 と思った, に襲いかかる, の化け物, の化物, の精虫

▼ 盤車娘~ (8, 0.6%)

1 かネ, ってあんた, というやつ, の曲芸, の物語, の踊り, もたくさん, を御存知

▼ 盤~ (7, 0.5%)

1 にならん, にのこつた, にはテンヤワンヤ, にひかへ, に坐っ, に控え, を離れた

▼ 盤蛇谷~ (7, 0.5%)

1 のふところ, の上, の内, の裏, へ孔明, へ導いた, をさして

▼ 盤外作戦~ (6, 0.5%)

1 ということ, にひっかかっ, にひっかからない, にひっかかり, にひっかかる, をやらない

▼ 盤投げ~ (6, 0.5%)

5 の選手 1 をし

▼ 盤時代~ (6, 0.5%)

1 にわれわれ, にゼンブリッヒ, にパデレフスキー, のパデレフスキー, のファーラー, の歌手

▼ 盤~ (6, 0.5%)

2 の畔 1 からだいぶ, の橋畔, へつかわし, を挟ん

▼ 盤河橋~ (6, 0.5%)

2 をこえ 1 の一筋, の崖, をふみ渡れ, を踏まえ

▼ 盤~ (5, 0.4%)

1 なる松脂環飾, に横, に落ち, の火, の肉飯

▼ 盤次郎~ (5, 0.4%)

2 の生れた 1 が神田岩井町代地, の名, は此

▼ 盤~ (5, 0.4%)

1 がその, が死んだ, と名づけ, は一人, は畜類

▼ 盤~ (4, 0.3%)

1 からどんな, が質, が電気以後, としても第

▼ 盤渉調~ (4, 0.3%)

1 にし, に笛, を上手, を半分

▼ 盤~ (4, 0.3%)

1 にころがる, の片方, の肩, は何處

▼ 盤とを~ (3, 0.2%)

1 置きたるは, 見比べながら, 見較べて

▼ 盤みたい~ (3, 0.2%)

1 なところ, な市松模様, に四角

▼ 盤屈し~ (3, 0.2%)

1 ている, て或いは, て街道

▼ 盤~ (3, 0.2%)

1 しばらくも, す, するだろう

▼ 盤~ (3, 0.2%)

1 か鐘, をもつ, を叩く

▼ 盤~ (3, 0.2%)

2 ちゆうに 1 卷きか

▼ 盤珪禅師~ (3, 0.2%)

1 は, は人々, は播磨

▼ 盤~ (3, 0.2%)

1 にとて危急, は僅, を給せし

▼ 盤だけが~ (2, 0.2%)

1 ボンヤリと, 眼の

▼ 盤である~ (2, 0.2%)

1 がこの, ためかなとも

▼ 盤という~ (2, 0.2%)

1 のは, 恐しき

▼ 盤とか~ (2, 0.2%)

2 形容する

▼ 盤として~ (2, 0.2%)

1 双六を, 挙げたい

▼ 盤~ (2, 0.2%)

1 地に, 心情の

▼ 盤なぞを~ (2, 0.2%)

1 とりだし黒焦げ, 出して

▼ 盤など~ (2, 0.2%)

1 一寸やっ, 總て

▼ 盤などを~ (2, 0.2%)

1 持出して, 載せ張子

▼ 盤一杯~ (2, 0.2%)

1 にあたかも, に何とも

▼ 盤~ (2, 0.2%)

1 につか, を飾っ

▼ 盤安去年中文学出精~ (2, 0.2%)

1 に付, 之段達

▼ 盤得沙婆~ (2, 0.2%)

1 と号する, のこの

▼ 盤~ (2, 0.2%)

2 して

▼ 盤梯山~ (2, 0.2%)

1 が破裂, の雄姿

▼ 盤~ (2, 0.2%)

1 にする, のもの

▼ 盤臺面~ (2, 0.2%)

1 でいささか, の非凡

▼1* [129件]

あり差出す灯の, 盤投扇興でも, 盤かの老媼茶話に, 盤がわりになる, 盤きいた失望した, 盤きく思ったよりはい, 盤きわめて少数に, 盤これは今日, 盤そのほかこまごま, 盤それを挟ん, 盤だけでしたら三十噸位, 盤だって狂人でしょう, 盤だの瓶だ, 盤であったが吹込み, 盤ですか, 盤でなく円形の, 盤では突当りの, 盤とかはもとは, 盤とて隠れなき化物, 盤とで劃って, 盤とにちなんで, 盤とのなかに, 盤とも見るべき後圃, 盤とやらがないと, 盤とやらでもてなす, 盤とやらをめぐって争奪の, 盤と共に廃盤に, 盤なども出されて, 盤なんか絶対に, 盤にがちゃんとぶつかった, 盤にたいして烏鷺を, 盤についてぬッ, 盤にと浸します, 盤にのしか, 盤によって波濤重畳の, 盤によりかかったまま, 盤に対し金子八段が, 盤に対して堂々と, 盤へのしか, 盤ほどもある金, 盤また薬研が, 盤までが金色を, 盤はどんなに, 盤やら監視机や, 盤大きなこと, 盤らしいものだけ, 盤一席の, 盤をととのへよ, 盤を以て斬るは, 盤ニ水ヲ加フルガ如ク彰, 盤如シ太陽ニ随テ回転ス如シ日ガ東ニ昇レバ則チ花ハ東ニ朝ヒ日ガ天ニ中スレバ則チ花ハ直, 盤マッコーマックのティパレリー, 盤有シ, 盤一つさし上げたるがその, 盤一基ずつを据える, 盤二枚制を廃, 盤五人を追廻す, 盤以来三度も吹, 盤何時も見馴れた厳か, 盤八枚にわたり吹き込まれた, 盤にいる, 盤へ馳, 盤口舌を悦ばす, 盤古日に一丈, 盤古氏之死也, 盤古氏天地万物之祖也, 盤古氏夫妻陰陽之始也, 盤すれば, 盤回して上る, 盤坊大山伏の扮装, 盤等で, 盤坑道の終点, 盤の言動, 盤は柏軒信重, 盤居つて居ます, 盤居まってい, 盤屈し群小蛇これを繞, 盤屈三千里上に金鶏, 盤山の上に安坐, 盤して, 盤の一生, 盤巾結帶分兩邊と云, 盤にした, 盤な顔, 盤に接すれ, 盤弾きをする, 盤弾棊の具, 盤得尼のは階段, 盤念佛の音, 盤打つことに, 盤として閭門, 盤を指す, 盤をあつかふ, 盤を一順, 盤を見せ, 盤河橋畔の一亭, 盤にめぐる, 盤渉調黄鐘調といったよう, 盤片手にそれ, 盤狼藉としていた事, 盤狼藉歌ふもあれば, 盤のよう, 盤環呪持すれば, 盤禮彦かみの, 盤を指し, 盤の特殊, 盤こそまことに, 盤脚一は盤底, 盤臺桶布巾などありつ, 盤蛇谷三万の焚殺, 盤で三分刈, 盤において氷雪, 盤記度似棋, 盤車娘踊の舞台, 盤車類に四五種, 盤輪棒羯麿馨架雲板魚板木魚など余, 盤辟再四して, 盤通りに四枚, 盤亙数千里間, 盤過花, 盤鉄管へ連結, 盤鉦木鼓しめやかなり, 盤長鎗投げ飛ばし或は, 盤を盛り, 盤陀付けで小さい, 盤附属の氷片, 盤駅路山颪浪音そこへ噺, 盤龍山東鷄冠山の中間, 盤龍山鷄冠山からも砲弾