青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「監督~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~益々 益々~ ~盛 盛~ 盛り~ ~盛ん 盛ん~ ~盡 盡~ 監獄~
監督~
監視~ 盤~ ~目 目~ 目下~ 目前~ ~目標 目標~ ~目的 目的~

「監督~」 1761, 19ppm, 6032位

▼ 監督~ (333, 18.9%)

31 下に 5 前に 4 任に 3 もとに, 役所が, 教師は, 眼に

2 [19件] ために, ところへ, ような, ケンも, 先生が, 先生の, 前を, 地位に, 大艦長, 役所の, 役目を, 為に, 生徒が, 眼を, 突撃隊が, 突撃隊を, 言葉の, 顔が, 顔色が

1 [243件] あとから, いる方, おじさんは, おだやかな, お松と, お爺さんから, お爺さんに, お許しが, かなり得意な, きめた船員, ことなど, すぐ耳もと, その役宅, そばに, それとか, ただ一つ, なかでは, ほうが, ほうへ, まわりへ, みじめさが, みちびきかた, もとで, やうな, やつは, ようすを, ようだ, アントワンが, オヤジから, ケノン少佐が, ケンが, ケンは, シュネイデロフが, シュネイデロフ氏は, ジャック・フェイダーの, スタッフカメラマンの, セオリイこの, ソ軍下士官は, ドスを, ピストルを, ペコペコした, モンノーは, 一人に, 上に, 上司へ, 上山草人で, 上手下手を, 下で, 下の, 下士官に, 下手な, 不思議な, 不破の, 不行き届き恨む, 不行屆, 不行届と, 不行届を, 両役人, 中心は, 中館公一郎と, 主要な, 九十パーセントを, 乳母を, 了見が, 事に, 云ふ, 人によっては, 仕事に, 作った映画, 作品だ, 作品に, 侍が, 俸給どの, 傀儡, 傍によっても, 優れた趣味, 先生たちは, 先生に, 先生にも, 先生も, 全知全能ぶりには, 兵を, 冷たい目, 前で, 前へ, 助手にでも, 助手を, 助言は, 北村悦三と, 厳重な, 双肩に, 叔父さんから, 叫ぶ声, 台帳即ち, 各教師, 吉川氏から, 吉川氏が, 同志であっ, 名に, 名は, 名を, 名人だ, 名前であった, 命令で, 哄笑が, 堀大尉は, 報酬として, 奇智だ, 実際は, 家へ, 小さい, 小役人は, 尼さんが, 屍体, 山上紀夫に, 広江先生に, 弊を, 形式と, 影も, 役に, 役を, 役人たちが, 役所だけ, 役所に, 役所によって, 役所も, 役目は, 後に, 御機嫌, 復仇的な, 必要が, 思う壺, 悩みが, 想意に, 意向は, 意味で, 意図では, 意図など, 意志が, 意志のみによ, 意見に, 所謂, 手で, 手は, 手へ, 手を以て, 手柄には, 手法の, 手腕と, 手腕を, 技倆によ, 技倆も, 技倆や, 技倆を, 持って, 指図を, 指揮いかんに, 指揮に従って, 操縦によ, 教師に, 教師を, 新しい理論, 方が, 方に, 方へ, 方法は, 早田は, 暇には, 机に, 松吉が, 案内で, 棍棒, 椅子に, 椅子を, 権限が, 機転で, 武士と, 母親や, 気に, 気に入るまで, 満足そうな, 準備は, 瀕死体の, 熱心さ心くばり, 狭山氏と, 猿股など, 由, 男だ, 番である, 目から, 矢野だった, 神様達も, 窓硝子から, 竜神さんである, 第一, 筆致で, 老嬢が, 考え一つに, 耳目に対して, 職能は, 腕が, 腕と, 腕に, 腕一つで, 腕前は, 腹を, 自由である, 花房一郎が, 蓄音機だった, 西博士が, 言う事, 言葉で, 言葉を, 許に, 詰め所の, 話だ, 話の, 話を, 談義が, 責任が, 責任に, 責任は, 責任者が, 資格を, 身に, 身体は, 重加, 野郎この, 野郎なかなか, 鋭敏な, 長兄に, 門が, 阿見も, 需に, 鞭と, 鞭を, 頭が, 頭の, 頭次第で, 頭脳と, 顔を, 駄目な, 鼻ッ面を

▼ 監督~ (193, 11.0%)

3 いった, 言った 2 そう言っ, その能, 自分の, 鶏冠を, 黙って

1 [177件] あらためて一男少年, あわてて, いって, いつもの, きいたが, きき机, きさくに, きわめて事務的, きわめて愛想, この文楽, この新しき, これで, これでは, こんな危険, こんな場合, さすがに, しきりに五郎造, しつこく廻っ, じろりそれ, すぐに, すぐ仕事場, すなお, そう思った, その半生, その某国, その職分, それからあの, それで, たずねそう, たずねた, ただいま申しました, たちまちの, だめだ, できあがつて, とうとう来なかった, どうだ, どこに, どこまでも, なおさらうごき, なかなかいい, なほさらうごき, なるほど, びっくりした, びつくりした, ますます音痴, また半時間, まるで私, もうずいぶんの, もう今, もとより近く尾州, ものも, よろしくない, ドロシー・アーズナーと, ブリブリし, ポケットから, マッチ箱を, マーシャルを, 一切受けない, 一寸考え, 一座の, 一応手, 一抱えも, 一本の, 一男が, 一男を, 三つの, 三人や, 上等の, 主人が, 事務所の, 人一倍優れた, 仕事を, 他人の, 低い声, 何やら次, 何度も, 再び少年少女達, 出来ん, 別に断わり, 前に, 十五場や, 厳しく急ぎます, 参つたらうが, 又これ, 口を, 同郷の, 周章て出した, 命じられて, 喉の, 地団太を, 大体において, 大写しの, 大声が, 大胆の, 学者とか, 実は今朝, 巡査で, 工場内の, 工手の, 工手を, 強ひ, 弾を, 待つほども, 応じて, 念を, 急に, 恐縮し, 手下を, 振り返ると, 日本の, 日本人じゃ, 日本語で, 最初同郷人の, 桶一杯に, 棍棒を, 次の, 此の, 残り惜しそう, 毎日お湯に, 気の毒さうに言つた, 注射薬と, 海水浸入の, 然し今度, 片手に, 狼狽て, 猫が, 理由が, 畏まって, 目的にしか, 直ぐ海, 相伴なし, 眼を, 矢部の, 神保さん何しろ, 神様では, 私を, 立ち上がると, 笑った, 答えた, 素直に, 絶えず無線電信, 続けた, 綾子花井が, 脚を, 腕組を, 舞台の, 船長室で, 良い管理人, 芸人の, 苛立たしく呶, 落付い, 蛇に, 表面現場の, 見ない振り, 言い何本マッチ, 言って, 誰よりも, 質問の, 赤布で, 路面の, 輪に, 近くに, 通常の, 酔いざめのくさめを何度, 酔うと, 闇の, 防火扉の, 雑夫や, 電話を, 項垂れて, 頭を, 顔色を, 顫える, 馬に, 駐在所の, 高等官の, 鮭殺しの

▼ 監督~ (142, 8.1%)

3 入って 2 乗り出して, 何か, 叫びました, 息を, 言った, 防火扉を

1 [127件] あたりを, あつた, あまりに行き届き過ぎる, ある予想, いたら試み, いない, いまお, いら, うわさに, かなり厳しかっ, きて, ここへ, このあと, このよう, この場, こみ合う尻, すわって, そういう魔術, その空虚, それぞれに, それを, たいへん厳重, てらに, てら計算, とめた, どれほど, どんなに思い, どんなに骨, ないと, ない限り著作, なくても, ぶっ倒れる, またそれ, また彼, むずかしいの, やってきて, ゆびさした, よくない, よければ, ゐる, アセリ出した, ハッと, ブン殴り合っ, ロープの, 一度に, 丁寧に, 三分の天文の, 上に, 上を, 不正な, 不行屆, 不行屆きだ, 二人ゐ, 云いました, 云った, 人に, 何時でも, 作者の, 出て, 出来ても, 劇場主が, 厳しかった, 厳重に, 又怒鳴る, 及んでは, 口笛を, 周章てて, 呶鳴った, 呼んで, 唯一の, 喙を, 土方の, 大な, 大衆の, 小言を, 少しく弛む, 尻上りの, 市長殿からと, 序に, 弛んだこと, 彼の, 彼女を, 必要らしい, 怒鳴って, 怠けて, 急が, 悪いから, 戸を, 折角そういっ, 振って, 教師の, 整備運営の, 文学者である, 映画に, 更迭し, 横板と, 気取って, 沢山居る, 漁夫の, 爪の, 父の, 甲板を, 白い垂幕, 石油の, 確りし, 祖母さんで, 立ち上がってからは, 竹簀へ, 第一, 答えた, 箍を, 算盤を, 約束の, 脚本演出の, 膳を, 行き届かなかったから, 親しく笑っ, 言うくらい, 訪ねて, 訴えを, 諸事情, 起して, 身体を, 風呂は, 飛び込んで, 首を, 馴れて

▼ 監督~ (140, 8.0%)

17 して 4 した, したり, はじめました 3 やって, 受けて, 必要と 2 お頼み, かねて, しながら, するの, する傍, やるよう, 先頭に, 兼ねた校中, 受けながら

1 [84件] いま終えた, うけつつ, おいて, お願いしよう, さした, さし招くと, さし細君, させエドナ, されるとの, したが, したといふ, しないと, しなお, しなければ, しひじょうに, するだけで, する健康, する年寄, する権利, する甲板番, すれば, せずに, たたきのめす, たのむなどと, なしそうして, はじめ板張の, はなれて, ひどい事, まともに, もって, やめて, やめると共に, やられたり, やる, やること, ハラハラさし, 中央に, 中心に, 他の, 仰せつかって, 便ならしめ, 免職に, 兼ねない以上, 加えようと, 厳にすべきであろう, 厳重に, 受くる, 受けること, 受ける身分, 受持つた, 各官庁まちまち, 名として, 呼びますから, 呼ぶ, 呼ぶと, 呼んで, 問題と, 引き受ける, 引受けた時, 忘れること, 怠らぬのみか, 怠り重大, 急ぐ然るに, 批評し, 敬遠する, 数本試みる, 早くすまし, 為る積り, 立てたいもの, 置いて, 見た, 見つけ出さなければ, 見るの, 見出し養成, 見失ったの, 誹謗し, 附けて, 離れて, 離れるので, 離れ総長, 頼まれたから, 頼む, 駆逐し, 驚かしたの

▼ 監督~ (106, 6.0%)

14 ていた, ている 3 て居る 2 てい, ておられた, てそんな, てゐる

1 [67件] たりし, たりまた, たり心配, たり猛烈, て, てあげる, ていまし, ています, ていよいよ, ているらしかった, ておられる, ておりまする, てお前, てくれ, てなさる, てまちがい, てみよう, てもそこ, てもへた, てもらいたい, てもらう, てもらおう, ても時雄, てやった, てゆかなけれ, てゐ, てゐた, てゐなかつたら, て下さい, て京都, て作りあげ, て働らくこと, て呉れた, て夜昼, て居られる, て左団次一派, て手綱, て材料, て植ゑて, て歩い, て水, て組立中, て育て上げる, て蕎麦蒔, て行く, て行った, て貰いたい, て貰った, て鋳造, て開墾, て非常, ながらブラブラ, ながら女中一人, ながら自分, 一意牛乳の, 何人をも, 例の, 允許を, 危險視する, 実際の, 廃寺保存の, 彼等は, 我々は, 或る, 時々行状, 激励し, 激励する

▼ 監督~ (90, 5.1%)

2 して, 引率され, 当って

1 [84件] あたる日, いってるん, きわめて平静, こう言った, ここへ, すこぶる多忙, すっかり憤慨, すべてを, ぜひひと通り, そう云われた, そう云われる, その話, つけて, つれられて, とられないよう, なった, なったつもり, なったらしい, なったわけ, なってからも, なつた, ならんばかりの, なりたいひと, なる, なるやう, はらまされて, はるかに, やってきた機関大尉フランク, やってくるの, ゆくの, よく話, わたされ医務監督, シャツ一枚に, 云いつかって, 任じた, 任せて, 任せると, 会った, 出かける途中, 出て, 参った, 合せる顔, 名案が, 向きなおって, 向けて, 向って, 委ねる, 就いてさえ, 就職した, 帳簿を, 廻って, 当たり助手五人, 当たるの, 当った, 当ったシドニー, 徹夜で, 忙しい間, 据えようと, 暇も, 来た夫人, 残ったの, 殺される, 気を, 清水という, 知らせた, 礼を, 移したです, 笞打たれる, 精出して, 置て, 背を, 背中を, 行くん, 行つてた, 要求しなさい, 説明した, 談じ, 身を, 逢うつもり, 連れられて, 附いて, 面会した, 頼もうと, 頼んで

▼ 監督~ (70, 4.0%)

3 の眼 2 とも付かず, なしに

1 [63件] および番頭支配人, からお, がどんなに, が五ヶ所, が居る, が王龍一家, が逃亡, たり僧正, たるベルリン, たる各, たる奥さん, たる尊長, たる父母, たる行政官庁, たる行政官廳, だ, だとは, であつ, であらう, である威厳, であろうも, でなければ, ではない, といふ者, とがあべこべ, としての役目, としての態度, としての自分, と云います, と同, と被, と見, なる姉夫婦, になっ, になつて, にはなる, には随, に交渉, に待たなけれ, に手紙, のため, のよう, の事務室, の命, の地位, の家屋, の手, の暇, の無, の私, の責任, の資格, はいない, はレーニングラード, は利いた, は要するに, は飯田心美氏, まで付い, も先ず, を一人, を亡, を得なけれ, 及び小

▼ 監督する~ (54, 3.1%)

4 ために 2 ことに, を得可, 地位に

1 [44件] ことが, ことで, ことであった, ことです, ことなんか, ことは, ことを, ためでも, ため毎週二三度は, だけだ, といふ中, にし, には人數, のだ, のは, の責任, は大人, ものの, ものは, ようにと, わけだ, 一方に, 一方俳優相互の, 事と, 事は, 事も, 人入れの, 勘解由使宮中に, 場所である, 外は, 役に, 役人は, 心とも, 政治であり, 様な, 権能を, 気力も, 為めに, 生徒が, 男が, 署長さんと, 舞曲の, 荻沢警部なり, 餘裕が

▼ 監督~ (42, 2.4%)

3 なって 2 俳優とは, 名の

1 [35件] いっても, くっつきやがった挙句, ぐるで, します, なった, なった翌年, ならんで, なりリーダー, なり彼女ら, なり震災, なること, 一緒に, 三役の, 並んで, 二人の, 云う人, 五六人の, 人夫頭と, 作者とを, 作者を, 俳優との, 分かると, 助手こっちから, 口醜く, 同等の, 呼ばるる第一人者たち, 平漁夫の, 思われる服装, 把頭の, 来たらてんで, 監視人たちが, 監視人たちとが, 衝突し, 警官に, 騒ぎまわること

▼ 監督~ (38, 2.2%)

1 [38件] が出張, が新設, が検査, が這入っ, とかいう連中, としてはおそらく, とその, なれば, にあらず, について規定, には何, に嫌味, に渡し, に渡した, に申出る, のところ, のダンスさん, の厳重, の徴税, の暴虐, の相図, はさ, はその, はつかつか, はまた, は余, は出来る, は命令, は巡査, は応じない, は時に, は真面目, は硬く, は降参人, もいる, を派遣, 云う, 及びその

▼ 監督~ (36, 2.0%)

2 灰いろ, 雑夫長も

1 [32件] おそらく彼, かねて, これに対して, して, し働かせも, する献立, せず無, なかつたらしくた, まさか其処, まだ来, フィルムを, 一様に, 亦徒ら, 人知れぬ, 今度は, 何も, 劇場経営者も, 勿論大した, 厳重だ, 受けず自ら適当, 大に, 彼の, 怪しいもん, 懐旧の, 来て, 止めて, 痩せ検事, 糞も, 脚色者ヨアキムソンも, 自分だったろう, 芝居を, 誰も

▼ 監督として~ (19, 1.1%)

1 [19件] すぐれた人, たいしたやつ, ロシアに, 下女を, 今度はじめて, 仰がれて, 出発に, 割り込む仕掛け, 北京に, 名前が, 寄宿生正岡子規に, 将又, 拙者が, 新しく生きる, 極めて多忙, 特異な, 知つてゐた, 聞えたダヴィッド・ベラスコ, 自分の

▼ 監督~ (17, 1.0%)

1 [17件] あつた, その舞台面, もさうです, 一足先き, 仕事は, 出る猿楽, 大物を, 小学校教授細目を, 小學校教授細目, 居る事, 川端康成君作の, 指導者の, 林君村田君等が, 発声映画に, 荷下ろし, 間が, 養われたが

▼ 監督~ (17, 1.0%)

1 [17件] 主事を, 人夫の, 仕切りを, 俳優が, 巡査と, 工夫が, 干渉を, 技師に, 技師や, 把頭が, 拘束から, 監視人たちに, 編輯者の, 船長と, 衛兵を, 雑夫長などは, 雑夫長は

▼ 監督ケン~ (17, 1.0%)

2 の立っ

1 [15件] がたずねた, がにが笑い, がダビット技師, が一同, が今, が岩, が注意, が玉太郎, が首, の声, の指導, はそう, はどこ, は残念そう, は穴

▼ 監督さん~ (12, 0.7%)

31 から説教, がその, がわるい, と呼ん, に会っ, に尋ね, の安着, はこの, まだこっち

▼ 監督官庁~ (12, 0.7%)

1 [12件] が気づかなかつた, が負うべきだ, でありいじめられたもの, である逓信省, である通商局, と警察, にその, の官僚, の役人, の設置, の適当, へは毎日庄司署長

▼ 監督した~ (10, 0.6%)

2 のである 1 がそこ, ことが, ことも, ものだけ, もので, 一技師が, 生徒が, 穢多村の

▼ 監督~ (10, 0.6%)

1 に束縛, に顔, の所有者, も支配, や付属地行政警察権, をもった, を与えられた, を持たなかった, を持っ, を認めた

▼ 監督との~ (9, 0.5%)

1 協力によって, 問題でも, 恋愛事件の, 感化で, 話を, 醜関係, 間に, 間の, 頭脳的協力と

▼ 監督としての~ (8, 0.5%)

1 それよりも, チャップリンに, 位置と, 才能そのもので, 気が, 自分に, 自分は, 責任を

▼ 監督~ (8, 0.5%)

1 いろいろ条件つき, が常に, が自分達, との一切, のすべて, は一切山吹社中, は下手, をし

▼ 監督から~ (7, 0.4%)

1 これを, 市の, 徴税代弁人に, 懇切な, 更に下女奉公, 某俳優, 解放される

▼ 監督らしい~ (7, 0.4%)

2 のが 1 人が, 仕事も, 役人が, 男が, 髭の

▼ 監督~ (7, 0.4%)

2 にある 1 とは云, にあった, にでなけれ, に移し, に置いた

▼ 監督~ (7, 0.4%)

1 から厄介, といふの, におさまっ, の技師, の調査, の長官, へもっと

▼ 監督され~ (6, 0.3%)

1 ていた, てゆく, て勉強, ながらおとな, 批評される, 教師には

▼ 監督という~ (6, 0.3%)

1 一寸面倒くさい, 口実の, 役を, 職掌柄こんな, 職業は, 言葉を

▼ 監督~ (6, 0.3%)

1 あてて, 云った, 報告の, 電話が, 顫え, 駈け寄った

▼ 監督には~ (5, 0.3%)

1 できない, なって, 今でも, 勿論仕, 珍しく顔

▼ 監督~ (5, 0.3%)

1 とかを務めた, として彼, と定められた, の体, を置き

▼ 監督たち~ (4, 0.2%)

1 はまだ, は新しい, は設備, もほっと

▼ 監督たる~ (4, 0.2%)

1 ヘル・プロフェソルは, マネーヂヤーは, 大あむしられ, 水蔭は

▼ 監督~ (4, 0.2%)

1 からな, といつ, なんぞと大きな, ね

▼ 監督でも~ (4, 0.2%)

1 して, なく化育, やつて, 一人の

▼ 監督とは~ (4, 0.2%)

1 いうものの, よい組織者, 事務所の, 何か

▼ 監督不行届き~ (4, 0.2%)

1 からで, であると, として罪, なの

▼ 監督俳優~ (4, 0.2%)

1 だけは立派, などの過半数, の責任, を不徳義

▼ 監督突撃隊~ (4, 0.2%)

1 が出来た, へは全, を支持, を組織

▼ 監督~ (3, 0.2%)

2 何か 1 議長みた

▼ 監督せる~ (3, 0.2%)

1 公立小学校を, 沼津兵学校に, 海軍の

▼ 監督である~ (3, 0.2%)

1 ことを, 中館公一郎に, 必要は

▼ 監督とか~ (3, 0.2%)

1 世話役とか, 威張って, 照明など

▼ 監督によって~ (3, 0.2%)

1 仕切られた家庭, 適当なる, 選ばれたいろいろ

▼ 監督に対する~ (3, 0.2%)

1 時と, 父の, 訴訟と

▼ 監督~ (3, 0.2%)

1 出来ん, 御心配, 見るに

▼ 監督不行届~ (3, 0.2%)

1 と怠慢, と母親, な両方

▼ 監督助手~ (3, 0.2%)

1 が駄目, として出勤, はその

▼ 監督将校~ (3, 0.2%)

1 が首, たる, の堀大尉

▼ 監督~ (3, 0.2%)

1 と一緒, は漁夫等, は間もなく

▼ 監督かたがた~ (2, 0.1%)

1 仮住居, 大参事

▼ 監督される~ (2, 0.1%)

1 ことを, 大工や

▼ 監督すれ~ (2, 0.1%)

2 ばいい

▼ 監督それ~ (2, 0.1%)

1 にカムサツカ, に属する

▼ 監督だけが~ (2, 0.1%)

1 どうにかせね, 芸人の

▼ 監督だった~ (2, 0.1%)

1 ことも, んだ

▼ 監督だって~ (2, 0.1%)

1 買って, 駆逐艦に

▼ 監督だの~ (2, 0.1%)

1 トゥルハチェーフスキイだの, 振りつけ照明

▼ 監督であり~ (2, 0.1%)

1 俳優でなけれ, 座長であった

▼ 監督です~ (2, 0.1%)

1 かな, 芸術家です

▼ 監督でなけれ~ (2, 0.1%)

1 ばならない, ば駄目

▼ 監督とが~ (2, 0.1%)

1 いたため, 鼎座に

▼ 監督とを~ (2, 0.1%)

1 して, 兼ねた一つ

▼ 監督~ (2, 0.1%)

1 ので総領息子, んだ

▼ 監督なし~ (2, 0.1%)

1 でこれら, に森

▼ 監督なりが~ (2, 0.1%)

1 定員の, 直接見物に

▼ 監督にでも~ (2, 0.1%)

1 叱られたやう, 話して

▼ 監督による~ (2, 0.1%)

1 モダーン県道を, 撮影技巧も

▼ 監督に対して~ (2, 0.1%)

1 あらゆる質問, 責任を

▼ 監督ばかり~ (2, 0.1%)

1 して, では

▼ 監督または~ (2, 0.1%)

1 補助に, 補助を

▼ 監督シテイルツモリカモ知レナイガ~ (2, 0.1%)

2 実際ハ木村

▼ 監督ジョルジュ・ピトエフ~ (2, 0.1%)

2 の手

▼ 監督万能~ (2, 0.1%)

1 の時代, の風潮

▼ 監督協会~ (2, 0.1%)

1 の他, の成立

▼ 監督厳重~ (2, 0.1%)

1 で嘗て, にし

▼ 監督官室~ (2, 0.1%)

1 とかいう札, とかいふ札

▼ 監督官舎~ (2, 0.1%)

2 におりました

▼ 監督~ (2, 0.1%)

1 で偶然, の隣

▼ 監督指導~ (2, 0.1%)

1 に当らなけれ, の下

▼ 監督~ (2, 0.1%)

1 な立場, な能力

▼ 監督者気取り~ (2, 0.1%)

1 で優越感, で納まっ

▼ 監督~ (2, 0.1%)

1 なんて位置, の椅子

▼ 監督自身~ (2, 0.1%)

1 がルーペ, の企図

▼ 監督詰所~ (2, 0.1%)

1 では居, に駆け込むで

▼ 監督警部~ (2, 0.1%)

1 の所, は軽く

▼ 監督鼓舞~ (2, 0.1%)

1 しなければ, すべき任務

▼1* [183件]

監督あれも暇人, 監督いたし万手落ちの, 監督およびその感化力, 監督かたがた伝法院の許し, 監督こそやめたれ前, 監督さえすれば, 監督させてある, 監督させることを, 監督されてる始末な, 監督されとうはない, 監督されなけりゃならないのかい, 監督さん梅監督さんと呼ん, 監督さん竹監督さん梅監督さんと呼ん, 監督さん自身も人, 監督しか期待出来ない, 監督したい装置したい, 監督してやれば可, 監督してるんだろ, 監督しないととかく, 監督しようと思う, 監督し合い技術を, 監督し合えばいい, 監督という, 監督すべきことは, 監督するそいでもまさか, 監督せしむる等すべて学校の, 監督せしむ本木庄太夫始て, 監督せしめる様な, 監督せずに投, 監督せねば一大事, 監督せられていた, 監督せんければならん, 監督それらのもの, 監督たり劇場支配人たり, 監督だけして, 監督だけは何処に, 監督できるように, 監督でしたがその後軍, 監督では物足らない, 監督というも名ばかりで, 監督といったような, 監督とかいふ映畫, 監督とても及ばず醜, 監督どもがみんなペタペタ, 監督なさらないと何, 監督なぞをし, 監督などがすぐに, 監督などは一度, 監督なども参っちまったらしい, 監督などを手伝わされて, 監督なら色々逃げ, 監督ならびに編集者の, 監督なり楽長なりを, 監督なる時雄が, 監督なんぞ迚も, 監督にて候ものは, 監督になんぞなりは, 監督にまで上ったけれど, 監督にも云って, 監督によつて建造された, 監督に対し少しの, 監督に対すると同時に厳格, 監督のみに負は, 監督のみを職務と, 監督はいぎりす産に, 監督はじめこの仕事, 監督はもうずゐ, 監督ばかりを攻めたところ, 監督またそれを, 監督まで僕の, 監督みたいな汚, 監督やってる人です, 監督らしいしゃれたハンティングを, 監督らしくなく局長の, 監督かたがた墨壺墨さし矩尺もっ, 監督をもしなくなつ, 監督アウグスト・ジェニーナは人間, 監督ウルリッヒの三女, 監督エイゼンシュタインが新しい, 監督エレーナ・アレクサンドロヴナを母さん, 監督ス二下名ハ如何ナル場合ニオイテモ決シテ妻ヲ離縁セズ, 監督ダビットは撮影技師, 監督ダン氏と一緒, 監督チヤールズ・フロオマンは恐ろしい厳し, 監督ディートリヒ主演の映画, 監督デユヴイヴイエが単に, 監督ニ従事仕候間此段, 監督フランクリンがそれ, 監督ブリなの, 監督ブルウグラムの護法論, 監督プドフキンによって映画化, 監督万能主義を支, 監督万能論はかく, 監督上ゆだん, 監督上私が非常, 監督上都合の悪い, 監督行屆である, 監督並びに装置である, 監督主任をし, 監督以上に理解, 監督を勤めよう, 監督使用するもの, 監督係製図工および監察員, 監督俳優並に舞台装置者, 監督僅少の月給, 監督僧正ドンネが急死, 監督兼主役の吾輩, 監督兼作者となった, 監督兼教師は, 監督協会創立当時そのほう, 監督受持教師は松岡先生, 監督右側に居る, 監督がその, 監督唯一人となる, 監督地域であった, 監督報告等の事, 監督委員たちは一体, 監督委員会へ持ち出しなさい, 監督の初め, 監督は寄宿舎, 監督守衛等によって監視, 監督もしくは一劈士果抜宗, 監督官みたいに勿体ぶっ, 監督官谷野せつ氏が公表, 監督官香港太守等の劇職, 監督専用の見, 監督将校必要なるべけれと, 監督局給仕を拜命, 監督局長南挺三の名, 監督川島及び僚友, 監督川島不在の時, 監督工場代表などのムキ出し, 監督当局たる文部省学生部, 監督となつ, 監督役人のいる, 監督役宅に住, 監督怠ってたいう綿貫の, 監督技術をもっ, 監督招聘の必要, 監督指令するの権, 監督指揮にも当たり, 監督振りがまずい, 監督教会の教師, 監督教師が一度, 監督日々の教案, 監督日記の或, 監督書記にもあすこ, 監督最もうまくいっ, 監督東京府技手恩田岳造と固く, 監督検閲は内務省, 監督次第でどう, 監督溝口が全, 監督とスコア, 監督牧師に願い出させた, 監督牧師伝道師等に無き, 監督畑中蓼坡氏の決定的功績, 監督監督と騒ぎまわる, 監督突撃隊組織とその, 監督等敗戦国の今, 監督範囲ぢやから, 監督範圍ぢやから, 監督の生徒, 監督編輯者のそれ, 監督の竣工認可, 監督署費である, 監督署長のそれ, 監督署長採掘に就, 監督者側の人, 監督舞台美術家などがそれぞれ困難, 監督苦心の産物, 監督の傾向, 監督術等を聴講, 監督装置家道具方といふやう, 監督課谷野せつ子氏の調査, 監督運輸方面を活溌, 監督部屋の方, 監督関係ではそういう, 監督附きなんだ, 監督雑夫長が待っ, 監督離れたかていつ, 監督風情が頭, 監督食事中この報, 監督NGキャメラNGといふさわぎ