青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「盛~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

皺~ ~皿 皿~ ~盃 盃~ 盆~ 益~ ~益々 益々~ ~盛
盛~
盛り~ ~盛ん 盛ん~ ~盡 盡~ 監獄~ 監督~ 監視~ 盤~ ~目

「盛~」 3256, 35ppm, 3327位

▼ 盛~ (848, 26.0%)

18 なって 16 行はれ 14 して 10 なつた 6 なる, 行はれた 4 なってから, なると, なれば, 云って, 支那の, 行はれる, 行われて, 行われる, 降って

3 [15件] これを, しなければ, なったの, なりました, やって, 出て, 喋って, 書いて, 活動し, 流行した, 行は, 行はる, 行われた, 開く, 鳴いて

2 [36件] し交通, すると, ちがいない, なった, なったこと, なったので, なった為, なつて, なりつつ, なる時, よくも羽, 人肉を, 作られて, 作られます, 作り続けられて, 使用せられた, 出入りする, 咲いて, 噴煙し, 山を, 彼は, 活躍する, 煙が, 煤煙を, 用ゐられ, 発散し, 研究され, 話すの, 論じて, 議論を, 起りました, 輸出した, 遣つて, 降つて, 雪の, 食ふ

1 [625件 抜粋] あったもの, あらはれて, あれを, いいつけて, いろ, いろんなこと, うつしたり, うわこと, お辞儀の, お遊び, かまけて, くりかえすの, ここの, この傾向, この語, こぼす, これから湧い, これが, さいそくの, したい, したこと, したもの, した小, した氷, してあつ, しても, しないうち, しはじめては, しばたたき口, しまい, する, するが, すること, するため, するだけの, すると共に, するにも, するも, する現代的, せよ信長, せんこと, そそのかされて, その方面, その日, その辺, それと, たかれて, つかわれて, つたえれば, つっつきそして, とびかいその, ともされる, とれて, どこからか, ないて, ながれた, なったお蔭, なったこれ, なったため, なったため西洋鍋, なったであろうと, なった僧侶, なった堺, なった尊王論, なった模造品, なっても, ならって, ならないの, ならなかったの, ならなかった頃, ならぬ時代, ならぬ間, なりさ, なりその, なりましたが, なりまして, なりオンタケ, なりスタンレー賭博団, なり其術, なり内容, なり勅命, なり古文, なり清朝, なり至る所, なり遂に, なるにつれて, なるばかり, なるばっかり, なる訳, なろうと, のむ, はしゃいで, ひつそりとして, ひらく, べくという, ましますのに, もがいた, もり上げました, やつて, やらせたもの, やられたらしい様子, やる, ゆばの, よんだ, オテテコテンテンと, カチャンカチャンバタバタを, ケシかけられ, ゲイシャチブチブチブ, サ, シェストフを, ジャージャー使われる, ステッキや, チョルト, テニスをや, ヒューヒューやられる, ピョンピョンやりはじめた, フットワークよろしく, フツフと, ベルや, ロマンティックな, 一任した, 一時は, 三益と, 三鞭酒を, 上を, 上方に, 上演され, 中央の, 主人側の, 之を, 云ひ, 交通した, 享楽事業を, 仮托, 仲間を, 会った, 作られそして, 作られその, 作られてこそ, 作りました, 作ります, 作る行平, 使用される, 使用した, 例の, 信濃の, 催される気運, 催進したる, 働いたみんな, 働いてるところ, 働き続けるであらう, 働く爲め, 先生に, 兎角云, 其の教義, 其製作を, 出して, 出す, 出合って, 出版される, 切って, 制帽と, 動いて, 動かしながら, 動かし茶, 動し, 博覧会が, 印刷され, 卵の, 又帰還兵, 取り入れたため, 取り入れられ染料, 取り用, 取入れが, 取入れましたから, 右党の, 吠える, 吠え出したので, 吹きまくる, 吹くので, 吹く日, 吹出して, 周旋し, 呶鳴った, 呼応し, 命じて, 咲きて, 咲き満ちた見事, 咲競ふ, 哲学書を, 唱えられたのみ, 唱導された, 唸りつつ, 商売を, 啼いたもの, 喋くる, 喋りはねくりまわる太郎, 喋り愉快, 噂し合った, 噂は, 噴出したる, 噴出せる, 四方を, 団簇した, 固有の, 国際的要素が, 土を, 在る事, 地方色の, 執筆し, 増長す, 壯士と, 声援した, 売れて, 売出して, 大きな水甕, 大掃除, 奨励し, 始められた, 嫉妬を, 子供を, 孔子の, 実行し, 客の, 家の, 家庭改良を, 対面した, 尊王攘夷説を, 小乘, 小刀細工を, 尾を, 屈伏した, 山稼ぎに, 岩石の, 左の, 巴里郊外の, 市に, 帽子で, 年寄と, 廻って, 弁じ立てた, 引きあひに, 弾幕を, 彼一流の, 彼等と, 往来する, 御座候而驚目申候, 復活し, 心に, 思いつめたお, 感歎の, 慾ばっ, 成りましたが, 手招きし, 手管を, 手紙の, 打毬, 批判した, 投げつけ昔, 抗議し, 押寄せる, 拍手した, 招待券を, 持つて, 持て囃されて, 挨拶の, 採集する, 探偵小説を, 探偵小説界を, 揚げて, 搬び來て, 摘んで, 撮して, 擔ぎ上げられた, 收賄し, 放り出した死蚕, 文学の, 斥候が, 新聞で, 新語を, 日本の, 日本製の, 映畫化, 暗から暗へ, 曳込ん, 書いたよ, 書き寒月露伴, 書き立てたそう, 書くが, 書論を, 本当の, 来る, 東京府下に, 果樹観賞木を, 格闘し, 植える杓子菜, 樂げつ, 樂げて, 横行したらしい, 歩いて, 殖民政策を, 殺伐な, 江戸名所を, 沸き上り, 油の, 洩つた, 活動しはじめ, 活動せる, 活飛した, 流れ込み始めた, 流宣, 海上交通を, 消極的威嚇を, 深刻強烈な, 温泉が, 游泳し, 湯気を, 満を, 漉かれます, 漉くの, 濁水を, 濛々たる, 火を, 火星兵を, 火藥を, 炭焼が, 煙の, 煙草の, 煮上って, 熔岩を, 燃えあがりて, 燃えた, 燃えよ古い, 燃え出した, 燃え始めた, 燃き, 燃ゆる, 燃焼し, 独立運動を, 献酬し, 獨逸哲學を, 獲れるそう, 瓦斯を, 甘味を, 生物線が, 生産する, 甥の, 用いた, 用いら, 用いられた, 用ひられた, 用ひられる, 用ゐられる, 田舍に, 町を, 画の, 発育し, 登ったもの, 皆から, 盛られて, 盛り上げた皿, 目の玉を, 研究された, 研究されつ, 研究を, 社会党鎮圧を, 神経の, 神話の, 私の, 私を, 積まれつつ, 積んだ蜜柑, 立ちのぼりつつ, 立憲論を, 笑って, 笑は, 米国の, 素樸に, 縁起を, 縄を, 織られたと, 而珍しく, 聲樂を, 肉食を, 育雛用にも, 能楽と, 興つて某会某社と, 興業熱を, 舞踏します, 舞踏会を, 芽を, 芽出度がった, 若芽を, 苦行を, 蒸して, 蒸気を, 蔓る, 蔭言を, 蕪村や, 藍草を, 蜻蛉を, 螢を, 行くの, 行わるるを, 行われたこと, 行われたの, 行われたらしく遂に, 行われた十八世紀, 行われた土地, 行われた時代, 行われつつ, 行われる英吉利, 行われん, 行われ殊に, 製造する, 襤褸の, 西洋の, 西洋風を, 要求され出した, 見せる, 言いまくるの, 計らえと, 記録に, 話して, 話題に, 誘惑され, 説き廻って, 読み出した, 読者の, 談じ, 談笑し, 論ぜられて, 論議された, 謝まる, 豐後より, 貢上せられた, 販売される, 買収政略を, 賛成, 賞讚し, 賣出して, 質問を, 起った, 起って, 起つた時代, 起り官庫空, 起る, 越されたわけ, 跳って, 踊った, 軍備を, 輸入せられた, 轡虫が, 迫った, 追, 逆宣伝, 通り給ひ, 通信を, 達し国民, 遙か, 遣って, 遣る事, 遥か遠く, 邪魔を, 配給食の, 酒宴を, 醸成され, 釜包み, 長紅舌, 開いて, 開けるが, 降りしきって, 降り出して, 降る, 陶磁器を, 集まつた, 集団運動を, 雨に, 青年を, 音楽舞踊文学の, 頭を, 頼朝は, 顫動を, 風紀を, 飛行機が, 食う, 食ひ, 飮んで, 飾り立てた箱, 餌を, 高説を, 鳴いた後, 鳴き立てるが, 鳴き立てるの, 鳴く沈静, 鳶口を, 鶏の, 麦酒をの, 鼓吹し, 鼠が

▼ 盛~ (300, 9.2%)

5 妻は 4 許へ 3 上に, 歌である, 衆生を, 飯を

2 [14件] 中に, 前を, 妻も, 子供を, 方へ, 日を, 時は, 書簡の, 町の, 肚を, 路を, 陣へ, 首に, 首洗い池の

1 [251件] あつかいで, お席, お菓子を, こと, ことだ, ことばを, ごとくに外から, すがた, ために, ともがらは, はかない情, ほうへ, まえには, やつが, ウソと, ゴチソーだ, 一座が, 一日が, 一行が, 一角を, 一通が, 一隊と, 三杯を, 上において, 上は, 上告文の, 上告文を, 下知に対して, 不撓不屈を, 両将, 中を, 主人は, 主従が, 事, 事も, 二人の, 二将を, 二軍に, 五六年前に, 今の, 仕度を, 仲間には, 侍に, 侍臣牛浜忠太が, 光を, 兵を, 冷然たる, 出家に, 分別でも, 力の, 北の方が, 北陸に, 十三回忌に, 午後四時ごろ, 卿, 卿に, 卿行盛の, 去った直後, 叔母婿で, 受取状を, 叛あり, 口から, 可い, 名すら, 名を, 四品を, 地方事情の, 城跡巨巌重畳断崖聳立山中に, 域に, 報告や, 塚のみ, 墓包み降る, 壮佼が, 外道その, 夢を, 大名と, 大敗を, 大隈取り, 女云々, 女白百合の, 妻, 妻が, 妻と, 妻に, 妻の, 妻や, 姉は, 姑夫たる, 姿も, 娘顔に, 嫁に, 子という, 子に, 子を, 子六代, 子小, 子清宗, 子阿闍梨祐円は, 家で, 家と, 家とは, 家に, 家人や, 小増止せ, 居どころが, 居所を, 帰洛の, 年を, 年頃なりし, 幽霊が, 幽霊に対して, 幽靈, 店で, 店頭に, 弁舌ぶりを, 弁論に, 引島城, 弟, 弟丹波の, 弟達の, 後の, 後継ぎに, 後裔に, 従兄と, 心を, 性格と, 悲痛が, 情は, 態度が, 所在を, 所行でも, 所領の, 手から, 手で, 手にも, 手簡を, 手足が, 揚句これから, 支族で, 方々, 方が, 方で, 方に, 方ばかり, 日から, 早具足, 昔の, 時だった, 最中で, 最中でした, 末弟宗実, 杞憂を, 来意ばかり, 柱の, 根気の, 案内で, 椀, 極を, 櫻を, 次弟, 次男, 此の, 死骸を, 歿後は, 母公にも, 浮繪などの, 涙ぐましい談, 滝太一人行儀を, 滞在中興世王も, 父の, 牡丹の, 物を, 物静けさ其の, 狡る, 理を, 生年は, 生涯も, 用意の, 用意を, 由, 男が, 男であった, 男に, 画策に, 白い飯, 百ヵ日に, 真夜中に, 眠りを, 瞼は, 知ったこと, 砂糖が, 私たちが, 秋と, 筆である, 筆の, 筆蹟と, 答えに対し, 答えるところ, 策と, 縁者では, 義仲を, 者と, 胤では, 臣塩田陸奥守惟賢で, 自嘲し, 舎弟佐久間左京, 舟へ, 船手勢も, 色, 若い時, 藻の, 蚯蚓で, 血を, 行動だ, 行動でも, 行方は, 言も, 言を, 討死した, 訴えが, 訴えに, 訴えも, 訴えを, 説明に, 讒訴であり, 身は, 返事には, 連合軍も, 進退だった, 運の, 郎従は, 郎従長田真樹だ, 部下が, 隈は, 隊らしかった, 集を, 雲の, 電車道には, 霊でも, 霊の, 頃で, 頃の, 頃は, 頃何処へ, 頃拂下げに, 顎は, 顔が, 首洗の, 首秀郷の, 驚きは, 鼓を

▼ 盛~ (173, 5.3%)

2 ここに, その日, やがてその, やがて都, 将門の, 杯を

1 [161件] ある夕べ, あわてた, いっこうに積極的, いますぐ, かえって揶揄, かつて追, かねて, きかない, さきに, さぞと, さとった, しきりと, しばらく外, すぐ立った, すずや, せきこんで, そう叫ぶ, そう聞い, そのとき, その左, その為, その約束, それに, それほどに, それを, たいそう大事, ちぬの, つかつか通っ, つぶさに見まわし, どういう考え, どうした, どうしたろう, なおこれから, なおも官符, なお咳, なお多門, なくとも, べつな, まさにその, また向き直っ, みすみす眼, もうとくに勧学院, もう決死, もう網, もう誰, ゆたかな, ゆるやかな, よく通っ, わしの, ニベも, 一室へ, 一応は, 万事妾の, 三十九歳の, 上から, 世にも情けない, 主君の, 乱闘に, 享保十四年九月十九日に, 京上りを, 今日はじめて, 例の, 俄に, 傲語し, 兄として, 兄重光の, 兵を, 初めの, 勢いを, 匆々に, 卅六歌仙の, 参議に, 反省せず, 吾子だ, 四郎勝頼の, 国庁の, 国香の, 地方官として, 声を, 夢の, 大反対, 大童に, 大薙刀, 奥州の, 字を, 宝永三年に, 寝坊した, 将門追, 小宴を, 常陸から, 庭上から, 従五位下を, 従者の, 微髭, 心外らしく呟き, 必死に, 急に, 息を, 惨憺たる, 意識的に, 愛知郡山崎で, 感動させられる, 憂いに, 憤怒した, 押領使秀郷が, 明答した, 是に, 昼間から, 時あり, 権大納言に, 歓待された, 死んだが, 水夫や, 渋谷の, 焦躁から, 王を, 相変らず, 眼を, 矢の, 矢張りその, 知って, 答えて, 素直に, 経基の, 絶えず宗盛, 綺麗でした, 総大将, 群衆を, 考えこんだ, 背を, 自分の, 良兼には, 良兼追, 若, 若鶏, 裁きに, 見下げたよう, 親王様に, 誘いな, 赤面した, 足ずりし, 辛くも逃れ, 近親の, 追捕, 途中訪うべき, 通称を, 過ぎたのに, 道中で, 遠くから, 遠く関門海峡, 長上の, 長年の, 降人となり, 陣頭に, 面白く咲きほこる, 頭を, 馬に, 馬の, 馬を, 馬上から, 鵯越え

▼ 盛~ (133, 4.1%)

9 のは 4 拍手が 3 もので 2 ことは, ころは, のに小間使, ものであった, ものであります, 所で, 時の, 蝉の

1 [101件] こと, ことその, ことで, ことのみを, ためか, ためである, ためです, だけに組方, ところである, ところを, のが, のであります, のでじき談判, のです, のですっかり, ので暫らく散歩, のと, のに対し, のを, はたらきを, は馬, ものだろう, ものでありました, ものです, やうです, ように, ジェステュアを, 中を, 人と, 人出で, 人渦の, 仕事であります, 仕事ぶりを, 元気の, 光景に, 区の, 商いでありました, 商売の, 喝采に, 喝采を, 国であった, 地方では, 声が, 売行を, 大師は, 好尚を以て, 宴を, 工藝時代であった, 市であります, 市日さえ, 意気には, 感じでは, 成績を, 所だ, 所であります, 所です, 手古奈の, 手真似を, 時で, 時である, 時には, 時代, 時代である, 時代は, 時分二三人居た, 時期それから, 時期と, 時節の, 様子を, 歎賞の, 歓楽の, 此国では, 気分や, 活動が, 焚火が, 生産地であり, 男では, 男達の, 當時に, 祭は, 立派な, 競争を, 競馬は, 精神に, 翼の, 處だ, 處を, 討論が, 身振りを, 農民も, 遊を, 酒宴を, 青春の, 青葉の, 頃には, 頃にも, 頃を, 饗宴を, 駄菓子屋の, 麦酒店でも, 黒烟を

▼ 盛~ (124, 3.8%)

12 して 3 過ぎて 2 した, しました, はじめた, 極む, 見たが, 見て

1 [97件] ああいふ, あなずる者ぞ, いうの, いろ盛, さし出して, しじゆうやつ, した一箇所, した時, した盤, した部屋, しては, しよう, しようと, すぎた一匹, すぎて, する, その下, つけ廻し折, つとめた, つとめ舛蔵, なさいました, なして, なすったこと, なすって, ねぎらい老熟, はじめていらつ, はじめる, やった, やったあげく, やりなな, やる事, 一つそれから, 事とも, 何様の, 催し酔った振り, 兵隊に, 出迎えて, 初めとして, 劇しい, 力づけた, 助けるため, 取ること, 召して, 召し抱えた信政, 可く, 合わせて, 向けたこと, 呼んで, 大将として, 始め平家, 尋ね出せ, 少し過ぎた, 平らげてから, 幸に, 幻燈で, 彼は, 悪く思ふ, 扶けて, 捕えんこと掌, 擁して, 散歩した, 松並木の, 極めた, 極めたの, 極めた帝王, 極めた連歌, 涙ぐませた, 清水金太郎この, 焦らして, 病人の, 白く吐く, 眺むるやうな気持で, 致して, 見するならずや, 見せた, 見せ給, 見ながら, 見ること, 見るとき, 見息子, 言ふも, 訪いその, 評して, 豊かに, 越したよう, 追っかけて, 逃がすまいと, 透して, 通り越して, 過ぎてほほけている, 過ぎるまで, 過ぐ, 過すこと, 遣って, 遣るに, 開いて, 開き始めた

▼ 盛~ (116, 3.6%)

2 この地方, 常陸に

1 [112件] あった翌日, あとの, あるという, ある折, いいさと, いおうと, いつの, いつも愛顧, いよいよたけなわ, いる, かわゆそう, こう罷り出, この国庁, この態, この高閣, これだけの, して, すかさず質問, そう思う, たけなわの, とうから, どう取った, どこへ, なお図, はじまって, はじまりました, びっくりし, ふたたび追いかけよう, まだこの, 三十に, 両者を, 二つ出ました, 二千余人を, 京上りを, 伯円種として, 來る, 兵を, 其事を, 出來, 出張し, 協力を, 受け持って, 右大将に, 呂公や, 嘗て式部卿敦, 堂上衆を, 夜を, 始まった, 始まつた, 始まるまでは, 始末する, 家人の, 将門を, 居合せたこと, 常陸で, 年の, 廊下の, 当然うけ継ぐ, 往来なかで, 忠平に, 急に, 意図した, 戦い半ばに, 戦死した, 抽斎五世の, 拠って, 推挙の, 推薦した, 来て, 東国の, 此の, 此時加担し, 江上から, 洲股へ, 牒者を, 田沼を, 留守屋敷に, 目録の, 秀吉の, 秀衡を, 突然帰省, 突立上る, 立ち廻って, 立って, 答えた時, 終ったので, 老年に, 能衣裳の, 自己の, 自認し, 舞ったり, 舞を, 若年から, 菊から, 蒼白な, 行われすべて, 表向きの, 襲って, 覚えて, 訪ねて, 訪れたという, 訴えたと, 証人に, 詠じたやう, 誓紙を, 車から, 迎えに, 連れ立って, 都の, 長ばかまを, 雷鼓し, 髪を

▼ 盛~ (80, 2.5%)

32 と大野九郎兵衛, のふたり, の兄弟, の方, は兄, は忠勇

1 [65件] いらいの, がこれから, が出, が去ろう, が太刀, が後ろ, が怪しん, が駈け降りた, で, でござる, では, というがさつ者, と聞いた, どうした, などは腹, などは見え, にはすぐ, の怒り, の物語, の眼, の罪, の腕, の首実検, はいと, はおかし, はことば, はさし俯向, はそう, はその, はとうとう, はとび乗っ, はどう, はぶ, は上がれ, は下げる, は今日, は今朝, は何, は何気ない, は兄弟四人, は千秋楽, は呟いた, は塵, は感服, は振向いた, は止めた, は物事, は率直, は答え, は自分, は赫怒, は釣竿, は馬前, は驚いた, も同じく, も末, を促し, を勤める, を呼びよせ, を外, を気取っ, を演, を見やり, を遣はせる, を顧みた

▼ 盛なる~ (74, 2.3%)

2 ことは, 時に

1 [70件] かな眞白, が故に, ことが, ことなり, こと天地と共に, こと成人に, こと驚くべく, とともに廃止, と共に正, なり魄, にい, につれて儒葬行, に及び, に及ん, に当, に当っ, に従いかの, に至り, は八文字屋以後, は当時, ものが, も鳴, や唐土, をあら, を以てかかる, を以てした, を想, を欽慕, を表, を見, を觀, ハ二丁目赤づら, マルカ・トリヴィジアーナの, 中に, 事なり, 事にて, 事ニて, 人と, 傳道が, 光景つ, 処また, 勢この, 古来特にこの, 哉此言や, 哉炎暑の, 國なれ, 声援の, 大名は, 子供達は, 實に, 所の, 拍手, 方に, 時なれ, 時は, 時代と, 枝我に, 武人の, 活躍が, 活躍を, 煙の, 生存の, 祭のけ, 美なる, 者との, 者に, 集會の, 青春の, 青書生の, 頃なれ

▼ 盛~ (70, 2.1%)

5 の軍

1 [65件] かなこれ, から再三, がいあわせ, が勝豊, が執ろう, が晴着, が経, が采配, だった, であった, では, とてもと, との意見, と一手, と力, と勝敏, と相談, などからも余り, なり, にこの, に委せ, に譲る, のこと, のほか, の使, の宿所, の戦, の敗軍, の新手, の方, の注進, の策, の袖, の陣中, の陣所行市山, の陣所近く, の陣立, の鼾声, はあざ笑った, はその, はまだ, は勝家の子権六, は大, は富山, は得意満面, は投降, は直ぐ, は秀吉, は腹, は荒々しい, は馬上, もそれ, もはや, も仰天, も奮戦, をかえりみ, を先鋒, を始め, を惜しん, 今更何, 及び養子伊賀守勝豊以下, 大いに怒っ, 少し力, 従う者, 怒って

▼ 盛つて~ (61, 1.9%)

5 ゐる 4 あるの 2 あるでは, ゐたが, ゐた仙薬

1 [46件] あつた, あつて, ありました, ある, ある細工, かねて露伴氏, くれたくれやう, くれたり, こんなもの, たつた五銭, は喰, は居らず, も盛つて, も親爺, やらうと, やりたいやう, やるつもり, やると, ゐた, ゐたけれど, ゐたもの, ゐた僧等, ゐた柘榴, ゐるか, ゐるでは, ゐるところ, ゐる夏草の根, ゐる大, ゐる筈, ゐる馬酔木, 出されたお菜, 出した, 出て, 喫すると, 持たせて, 持ち出された, 持つて, 据えられた, 来た, 覆盆子, 見せる感覺, 贈る風, 送つて, 運んで, 附けた, 食べろと

▼ 盛~ (55, 1.7%)

2 丁奉, 将門とは

1 [51件] あがめたり, いうに, いうのに, きくと, して, なしたる図, なった, なって, なつた, なつて, なりけるが, なりしは, なりし彼, なり佛教, なるや, なる即ち, なれり, 一碗の, 三つも, 云うもの, 云う人, 云う時, 云えば, 云ふ, 云ふも, 云べし, 人は, 会って, 俊寛中幕で, 別れて, 協謀し, 号した, 呼ぶ, 大久保忠世の, 安土との, 対決された, 将門との, 彼とが, 志を, 忠太だけ, 手を, 歌留多遊を, 為憲は, 申すもの, 知って, 空に, 行き会うこと, 衝突した, 見たので, 讀む, 黒田官兵衛とは

▼ 盛~ (50, 1.5%)

14 あつた

1 [36件] あつたの, あつた氏, あつた玉器, ありましたけれど, おざる, この国, やった, よければ, 一部一部については, 主人真蔵が, 先祖島村弾正が, 其結果, 動も, 又その, 太陽は, 宗祖一遍自身は, 家の, 居るわけ, 島を, 川水も, 手仕事の, 明代の, 昼飯を, 時に恋愛的, 普通の, 村の, 楽器作りにも, 無い国, 特に七戸, 狐を, 猴も, 田舎は, 隣りの, 面白いこと, 飯を, 麻布十番の

▼ 盛~ (46, 1.4%)

2 ぜひなく, 首を

1 [42件] あわてて, こうした身, こんな急, さきに, さとって, しまいには, その先, その方面, その結果, そんな意見, ちょっと御, ついには, つい答え, べつに一手, また平然と, また都上り, 丁奉, 共に腰, 参会した, 吾が女房, 女達も, 娘盛だ, 小次郎の, 帰って, 思ひ設けぬでは, 恁うし, 悪四郎, 慌て出して, 明智光秀も, 武井夕菴も, 決して無為無策, 為すこと, 盛だ, 相当強く, 繁盛も, 聞いて, 舳に, 行け, 行け資盛, 諒として, 譲歩せざる, 都人らしい

▼ 盛上っ~ (29, 0.9%)

7 ている 5 て来る 4 ていた 2 てい

1 [11件] てあたり, てそれから, てゆき, て一つ, て乱れ, て四肢, て明るい, て白い, て眼, て綺麗, て見える

▼ 盛~ (27, 0.8%)

1 [27件] からその, からです, から炎天, けれども, けれど腹, し四季咲, し牛, つたのか, つたのです, つた佐渡に, つて今に, とお, とか甘煮, とて王家, と云, と云う, と云つて, と吹き出す, と思う, と思われる, と津田, な, のに, のにその, よ, 三味が, 人別を

▼ 盛春館~ (27, 0.8%)

14 の女 2 に下宿

1 [11件] で訓練, などとは違つて障子, に居た, に歸, に知らせたら, に行つて禮, に頼ん, へも參, へ案内, も先月末, を訪問

▼ 盛~ (24, 0.7%)

2 の家来

1 [22件] がこれ, がやって来, が落ち, とは, な二つ, な形, にかけつる, になみなみと, にむね, のこと, のことば, のところ, の二銘刀, の暗示的, の門, の頬, はあの, はその, はまた, は五大院宗繁みたい, は鎌倉, も祐定

▼ 盛にな~ (23, 0.7%)

4 つたのは 3 つて來た 2 つて來て

1 [14件] つたで, つたのである, つた彼の, つた後には, つてから, つてからは, つてその, つてどうしても, つて來ました, つて協力一致の, つて居ります, つて暫く, つて来た, つて遣りつける

▼ 盛~ (23, 0.7%)

7 の詩集 3 の詩 2 の頃

1 [11件] ですらも, と謂, に生れしめな, の文化, の時代, の時分, の様式, は一つ, を貶し, 中唐, 即ち玄宗皇帝

▼ 盛~ (22, 0.7%)

6 して

1 [16件] させれば, したお, した姿, した艷, した若い, した踊り子, せられて, せる幾十, で一隊, で參詣, に比べ, の人達, の以, の姿, を凝し, を見上げた

▼ 盛なり~ (18, 0.6%)

1 [18件] しかど, しかど一生, しかど実際, しが, しと, しに, しも騎士等, し牛ドン, といふべき, としてある, とは聞ける, と云, と言, 八幡の, 同十時噴火大, 矣と, 英国富む, 蘭の

▼ 盛つた~ (16, 0.5%)

2 大きい皿, 大籠, 小さい盆 1 お粥, か判れ, とする, と云, ばかりだ, もので大衆性, 小さな食器, 御綱栢, 美しい籠, 重いこの

▼ 盛上った~ (14, 0.4%)

1 [14件] ところは, のも, ような, ライスカレーへ, 上唇を, 上膊に, 二つの, 机掛, 果物の, 海岸に, 背中の, 蛆虫が, 鎮守の, 黒い瞳

▼ 盛~ (14, 0.4%)

1 [14件] がじき近所, で二銭, と宮戸座, における和好, の二階, の出身, の方, の舞台, の芝居, の裏, の観客, は浅草, へいわゆる, よりここ

▼ 盛どの~ (13, 0.4%)

1 [13件] が仰せ, が官辺, しっかりし, ですか, では, にはまっ先に, には都, にもどうかよろしく, は私, もそこ, も御, も早くから, をもっ

▼ 盛~ (13, 0.4%)

3 の子孫 1 ってどんな, であ, に伺うた, の大使, の市街, の方, の議事堂, は皆さん, へ態, を通っ

▼ 盛さま~ (12, 0.4%)

2 の御 1 が十八日, が珍, でも, に披露, に父君, はその, は出家, は武家, も宇治, を連れ

▼ 盛なりし~ (12, 0.4%)

1 [12件] が篠田, ことは, といふ事實, との二点, とは, フィレンツェの, 一事は, 侠客道なり, 時には, 時代に, 頃, 頃までに

▼ 盛であった~ (11, 0.3%)

1 [11件] かが分ります, が其後別, ことが, ことは, し無産階級, とか口々, と記録, のに突如, のは, のみならず, 頃小木の

▼ 盛~ (11, 0.3%)

1 [11件] 人を, 人間は, 備中守師盛たちは, 刺身や, 忠盛や, 所替, 扶の, 良兼や, 董襲の, 資盛も, 長束正家なんかが

▼ 盛つたの~ (10, 0.3%)

1 があつ, がマッチ, が処, が若旦那, は, はデュマ・フィス, もどうせ, を卓, を見た, を順次

▼ 盛~ (10, 0.3%)

3 の御 1 があの, が浄土宗, それと重, だ, も一家中, やら重, を拝見

▼ 盛~ (9, 0.3%)

2 のしたぬれ, を見 1 がし, して, の気分, をし, を積ん

▼ 盛父子~ (9, 0.3%)

1 が近江篠原, のほか, の追放, はいわゆる, はここ五年, は生ける, へこれ, へ下った, や平

▼ 盛である~ (8, 0.2%)

1 おまえとは, かがわかる, かが想, ことを, ため獅子頭や, といえる, にかかわらず, のでそれ

▼ 盛です~ (8, 0.2%)

2 とも 1 か, かい, から倹約, こと, な, ね

▼ 盛~ (8, 0.2%)

2 奉の, 奉は, 奉を 1 奉, 奉など

▼ 盛~ (8, 0.2%)

1 から語らせよう, が云い終る, なる一将, の子, の感情, の最期, は一子一致, 全

▼ 盛から~ (7, 0.2%)

1 右の, 城内へ, 帰国の, 聞いても, 親の, 話して, 離れて

▼ 盛という~ (7, 0.2%)

1 その男, ような, 人間に対しての, 者が, 者を, 賢くて, 食わせ者

▼ 盛~ (7, 0.2%)

1 こう質問, 三千の, 他は, 報らせ, 申し渡して, 送らせ, 酌し

▼ 盛上る~ (7, 0.2%)

2 ような 1 のに, 大川こそ, 尻を, 感情って, 蘭類

▼ 盛~ (7, 0.2%)

1 と來河, と鉄鉉, の軍, は初め耿炳文, は歴, を大将軍, 防ぐ能わず戦艦

▼ 盛~ (7, 0.2%)

1 に国俊, の一刀, の創建, の唯一, の鯉口, を出せ, を引抜い

▼ 盛つたもの~ (6, 0.2%)

2 だかうした些細, を手 1 が一つ, に間違

▼ 盛では~ (6, 0.2%)

2 ありません 1 あるが, ない, ないか, なく蘆

▼ 盛には~ (6, 0.2%)

1 ひつて, 団扇車で, 意外だった, 相違ない, 針魚の, 飽くまで気

▼ 盛たち~ (5, 0.2%)

1 は旅装, は泣きまどう, は自分たち一門, もまだ, も戦備

▼ 盛でも~ (5, 0.2%)

1 ありまた, それぞれ一個の, ないの, 一門の, 冷い

▼ 盛などは~ (5, 0.2%)

1 まだまだ青, 今日まで, 名倉池や, 営外まで, 目立たない人

▼ 盛上つて~ (5, 0.2%)

2 痩せた人 1 ゐた酒, ゐる, ゐるやう

▼ 盛次郎~ (5, 0.2%)

1 が五歳, が十五歳, と伯父留二郎, は四十五歳, は新た

▼ 盛した~ (4, 0.1%)

1 あと船中残らず, ためも, 和歌漢詩新体韻文の, 松や

▼ 盛する~ (4, 0.1%)

2 ことによ 1 ことなし, 必要が

▼ 盛なれ~ (4, 0.1%)

1 ども此地, ばあるいは, ば他国, ば必ず

▼ 盛~ (4, 0.1%)

2 に自由交通 1 に国民議会, に國民議會

▼ 盛よりも~ (4, 0.1%)

1 むしろ気心, 数等上の, 烈しくひろ, 烈しくひろびろ

▼ 盛~ (4, 0.1%)

2 がつて 1 にしたる, の必然性

▼ 盛~ (4, 0.1%)

1 にあ, にあっ, の佳話, を想起

▼ 盛二杯~ (4, 0.1%)

1 だけ水, とそれ, を一合, を一合五勺

▼ 盛以下~ (4, 0.1%)

1 の一門, の将兵, の最初, の金銀桂香

▼ 盛~ (4, 0.1%)

1 には信長, へ伺っ, へ近づい, へ逃げこん

▼ 盛~ (4, 0.1%)

1 だ, には背, はとく, は大抵

▼ 盛~ (4, 0.1%)

1 といつか, は躍り上がり, へ窃か, も左右

▼ 盛~ (4, 0.1%)

1 と心, の軍, は潜伏, をし

▼ 盛~ (4, 0.1%)

3 と内務省 1 がこと

▼ 盛こそ~ (3, 0.1%)

1 いたか, 怪しからぬ, 適任であろう

▼ 盛~ (3, 0.1%)

1 てあくる, ている, てゐる

▼ 盛つた皿~ (3, 0.1%)

1 が備, が持つ, を六つ七つ竝

▼ 盛つた頃~ (3, 0.1%)

2 には一二丁 1 であつ

▼ 盛つてそれ~ (3, 0.1%)

1 に火, に赤い, を同じ

▼ 盛~ (3, 0.1%)

1 本式に, 来た, 百鬼立食

▼ 盛であっ~ (3, 0.1%)

1 ていずれ, ても其型式, て紛々擾

▼ 盛との~ (3, 0.1%)

2 訴訟の 1 馬の

▼ 盛とは~ (3, 0.1%)

1 俺の, 切っても, 叔父甥仲だ

▼ 盛などの~ (3, 0.1%)

1 諸大将, 諸将, 追跡隊は

▼ 盛なら~ (3, 0.1%)

1 んと, んとして, 洋燈を

▼ 盛ならしめ~ (3, 0.1%)

1 またたちまち, んと, 総べての

▼ 盛にて~ (3, 0.1%)

1 候を, 四百六輌, 外夷を

▼ 盛~ (3, 0.1%)

1 がちゃんと, がまた, を生け捕る

▼ 盛~ (3, 0.1%)

1 が馬, の政府, は問題

▼ 盛一杯~ (3, 0.1%)

2 加えて 1 の割

▼ 盛上り~ (3, 0.1%)

1 でありそこ, に外, に対して新盤

▼ 盛丸山~ (3, 0.1%)

1 とのコル, の登り, は地図

▼ 盛~ (3, 0.1%)

1 だの通盛, の平軍, の頭

▼ 盛~ (3, 0.1%)

1 座と, 座の, 座高砂座開盛座を

▼ 盛先生~ (3, 0.1%)

1 と話, の結論, はそういう

▼ 盛~ (3, 0.1%)

1 じゃわいやい, は名所, へは

▼ 盛~ (3, 0.1%)

2 蔵両 1 蔵が

▼ 盛山学部長~ (3, 0.1%)

1 が裁決, の手許, はこの

▼ 盛文堂~ (3, 0.1%)

1 ではこの, で原稿用紙, という店

▼ 盛~ (3, 0.1%)

1 が少い, の佗田真樹, は西洋風

▼ 盛綱様~ (3, 0.1%)

1 っ, はどこ, へお告げ

▼ 盛~ (3, 0.1%)

1 が形, というもの, の子

▼ 盛頓会議~ (3, 0.1%)

1 がない, と軍備制限, と軍備縮限

▼ 盛~ (3, 0.1%)

1 して, せる海, せる革帯

▼ 盛~ (2, 0.1%)

1 二人の, 掛を

▼ 盛かん~ (2, 0.1%)

1 に, に其地

▼ 盛こそは~ (2, 0.1%)

1 八ツ裂き, 年来相馬殿

▼ 盛じゃ~ (2, 0.1%)

1 ありませんか, 散らすは

▼ 盛つた毒~ (2, 0.1%)

1 のこと, を意地汚

▼ 盛つた藥~ (2, 0.1%)

1 に砒石, に違

▼ 盛つた青春~ (2, 0.1%)

2 の火盞

▼ 盛つた食餌~ (2, 0.1%)

2 を捧げる

▼ 盛つて煙草盆~ (2, 0.1%)

2 の側

▼ 盛であります~ (2, 0.1%)

1 がそれ, が材料

▼ 盛とが~ (2, 0.1%)

1 ここ数ヵ月にわたって, 揃って

▼ 盛として~ (2, 0.1%)

1 これは, 得意中の

▼ 盛とて~ (2, 0.1%)

1 こうなれ, 差当り用無く思ひ

▼ 盛とても~ (2, 0.1%)

1 左様な, 彼は

▼ 盛とも~ (2, 0.1%)

1 ある歴乎, 熟談した

▼ 盛など~ (2, 0.1%)

1 到底この, 皆飛ぶ

▼ 盛にも~ (2, 0.1%)

1 万夫不当の, 白銀の

▼ 盛のや~ (2, 0.1%)

1 しきに, しきは

▼ 盛~ (2, 0.1%)

1 もあり, 進様が

▼ 盛也魄也者鬼~ (2, 0.1%)

2 之盛也

▼ 盛入道~ (2, 0.1%)

1 が八坂, が法然

▼ 盛切酒一杯買~ (2, 0.1%)

2 ふだア

▼ 盛~ (2, 0.1%)

1 などの戦, の子息

▼ 盛~ (2, 0.1%)

1 で歯みがき, はそう

▼ 盛太郎平野義太郎小林良正等~ (2, 0.1%)

2 の有力

▼ 盛~ (2, 0.1%)

1 して, せる姫

▼ 盛~ (2, 0.1%)

1 に催馬楽, は甥

▼ 盛~ (2, 0.1%)

1 といふもの, といふ者

▼ 盛座時代~ (2, 0.1%)

2 からである

▼ 盛~ (2, 0.1%)

1 は蕎麦屋, は藪系統

▼ 盛庸等~ (2, 0.1%)

1 と勢, のごとき

▼ 盛~ (2, 0.1%)

1 というもの, の長

▼ 盛憤然~ (2, 0.1%)

2 として四姓

▼ 盛政兄弟~ (2, 0.1%)

1 の大, の陣所

▼ 盛~ (2, 0.1%)

1 という西洋料理屋, の娼妓小万

▼ 盛泰寺~ (2, 0.1%)

1 に引き取られた, の日道

▼ 盛~ (2, 0.1%)

1 から出でた, は俵藤太秀郷

▼ 盛為憲~ (2, 0.1%)

1 は兵, を追い

▼ 盛為憲等~ (2, 0.1%)

1 の在処, は此等

▼ 盛~ (2, 0.1%)

1 の蓋, を開け

▼ 盛~ (2, 0.1%)

1 に入れ, を見る

▼ 盛綱陣屋~ (2, 0.1%)

1 で小四郎, の段

▼ 盛綱高綱~ (2, 0.1%)

1 など兄弟たち, の兄弟三人

▼ 盛罪悪~ (2, 0.1%)

2 深重

▼ 盛自身~ (2, 0.1%)

1 が矢表, にも後ろめたい

▼ 盛~ (2, 0.1%)

1 しこれ, であるべきもの

▼ 盛~ (2, 0.1%)

2 不見

▼ 盛~ (2, 0.1%)

1 であつ, とはいへぬ

▼ 盛~ (2, 0.1%)

1 はこれ, は山羊

▼ 盛~ (2, 0.1%)

1 衡など, 衡等を

▼ 盛~ (2, 0.1%)

1 といふ記事, 贈主人

▼ 盛頓府~ (2, 0.1%)

1 に達する, を始め各州

▼1* [412件]

あげた一点は, 盛ありとはとうに, 盛あれよ光栄, 盛うどんを食べる, 盛うどん屋の立額, 盛かけが八厘, 盛からの上表であった, 盛かり散って萎れる, 盛これを見, 盛こわしたのは, 盛ごときをよき, 盛さまさへこの, 盛さま内藤知親さま東の重胤さま, 盛さま右馬権頭頼茂さまなども京, 盛さんに乞う, 盛しとる頃は, 盛じゃと言えば, 盛すし天プラ印形青物なぞ何, 盛その人である, 盛そも天喜康平以來九十年の, 盛そら米の, 盛それにつづき, 盛それから身分は, 盛侍が, 盛だけは穏やかに, 盛だったと聞い, 盛つたやうな気品, 盛つたカップよ, 盛つたギヤマンの室, 盛つたリアリズムといふ点, 盛つた一杯の水, 盛つた丼とを卓子, 盛つた人間の目星, 盛つた供物と共に精霊棚, 盛つた円形花壇と緑, 盛つた味噌もその, 盛つた器で脚, 盛つた土を直ぐ, 盛つた土器を置き, 盛つた大衆時代劇は演じ得まい, 盛つた奴を調べなき, 盛つた存在でこんな, 盛つた宝石を食つて, 盛つた宝頂が即ち, 盛つた容器の類, 盛つた小皿を掌面, 盛つた当世風のもの, 盛つた杏の枝, 盛つた果物屋の車, 盛つた桃の木, 盛つた桜は彼, 盛つた植木鉢へコスモス, 盛つた樣にかき重ねた, 盛つた汁粉の出店, 盛つた火が残つて, 盛つた理髪店のマダム, 盛つた申分ない釣合, 盛つた皮嚢のやう, 盛つた盆が供, 盛つた硝子の容器, 盛つた硝子器があつ, 盛つた窪坏や高坏, 盛つた籠を携, 盛つた芋の葉, 盛つた花瓶を中, 盛つた茄子へ振り掛けた, 盛つた袋のやう, 盛つた豐けさを眺め, 盛つた跡でこつ, 盛つた軍医のやう, 盛つた道具だと, 盛つた野だん, 盛つた闊達明朗な風俗, 盛つた鼻つぱし, 盛つてすゝめらるやう, 盛つてそこに白熱, 盛つてはくひ五杯六杯, 盛つて主人の前, 盛つて佛壇に晝, 盛つて來た, 盛つて供へてもらひたい, 盛つて其処へ置く, 盛つて出し酒は熱燗, 盛つて卓子に並べた, 盛つて右の手, 盛つて将軍家の前, 盛つて布巾を添, 盛つて平七の前, 盛つて引き戻ると, 盛つて日本独得の憲法, 盛つて河井さんと余, 盛つて献らねば, 盛つて老父にすゝめ, 盛つて行つた沙山の辺, 盛つて金屬製の棒, 盛つて銚子をつけ, 盛つて隱さうと, 盛つて飮み他, 盛つぶすのは, 盛てはいけねえ赤い, 盛であり従って色々, 盛でありました時代に, 盛であろうはずは, 盛でしてね先生, 盛でしたがね, 盛でなければなるまい, 盛で御座いますが旦那, 盛といふ人が, 盛とか日吉の, 盛とかいう男の, 盛としてはその廟議, 盛としても官符を, 盛どの常陸へ帰れ, 盛どの森可成どの, 盛どの白髪を染め, 盛なぞを並べ立てた, 盛などが何か, 盛などと顔見知りに, 盛などといふ人が, 盛などよりはるかに, 盛などを武将として, 盛ならざりし時代の, 盛ならしめた者は, 盛ならびに公雅公連秦清文等に, 盛なり国香なりの一まき, 盛なり醒めて驚く, 盛なるべき見込ある, 盛なんざ洒落れて, 盛なんぞ暢気らしく, 盛について彼から, 盛にとってはさきの, 盛によつて拒否せらる, 盛はつねに貴公子, 盛はやく使いに, 盛への申し渡しには, 盛ほどめずらしいもの, 盛また変若, 盛もうふたたびこんな我儘者, 盛やら従兄弟の, 盛らしい人柄が, 盛りうづむ石の臼杵, 盛た, 盛テ以テ珍ト為ス此レ本朝式ニ所謂平栗子耶或ハ曰ク搗栗ハ脾胃ヲ厚クシ腎気, 盛ニユイケンのわる口, 盛ニ行ハレタル時代有リシ事ハ古ヨリ人, 盛リカケテイタノガソノ飯ヲパット飯櫃, 盛リダカラ七月末マデ居ロトイウ故世話ニモナッタカラ, 盛リデモ彼女ハ大概足袋ヲ穿イテイル, 盛リナンカモ上手ニヤッテ行キマスヨソウ云ウ才能ノアルコトヲ僕ハ見抜イテルンデス, 盛リノ駄々ッ子ニ返ッテ止メドモナク泣キ喚キ出シ, 盛リーイ行きす, 盛リ上ッテイル部分カラ土蹈マズニ移ル部分ノ継ギ目ガナカ, 盛リ上リヲ見, 盛リ上リニ唇ヲ当, 盛念トスル軍事當局スラ此, 盛ンナルコト忍耐力ノ強, 盛ンナ句ノヤウニ思フタノデ今日迄古今有数, 盛ンニ出ル高サ七, 盛一つ十銭だぞう, 盛一ぱいのせて, 盛一升の一口茄子, 盛一名となりました, 盛一昨日の防戦, 盛三位中將知盛を初め, 盛三成が威, 盛三杯の飯, 盛三郎茂呂近助, 盛上つた黒い船体, 盛上つたところを見, 盛上つた上唇を衝き, 盛上つた力を十分, 盛上つた坂の上, 盛上つた女の膝, 盛上つた小鼻を一段と, 盛上つた浦子の掌, 盛上つて來る, 盛上つて女中が細い, 盛上つて流動して, 盛上らそうと, 盛上りかたなどと周到, 盛上り保叔塔らしい影, 盛上り色は異, 盛上細工である, 盛世碑碣の厄, 盛筆の, 盛校友会雑誌の, 盛丹羽長秀の二将, 盛丹羽長秀池田信輝羽柴秀吉滝川一益など, 盛などはその, 盛久しき躑躅の, 盛之進を呪殺しよう, 盛二つずつ出た, 盛二杯半入れて, 盛二杯新鮮なクリーム二合, 盛五六杯食って, 盛五杯それへ玉子, 盛彼を, 盛京将軍増祺との間, 盛京將軍増祺との間, 盛京省の東部, 盛人民の智能, 盛以上古い事実, 盛以下三草山の東麓, 盛以下二十人ばかりの小さな, 盛以下城兵一千余はもちろん, 盛以下平家が油断, 盛以下評議の末, 盛以外の幕将たち, 盛以来わたしはこの, 盛伊兵衞北田忠之丞中村右助皆八戸住, 盛に之, 盛但馬守平経正等を主将, 盛侍従忠房その他の公達, 盛俊能登守教経などの平家軍, 盛に煙ヂウ, 盛信一同へ話せ, 盛信一致の父子, 盛信全は蘭軒, 盛信山岡景隆長谷川秀一多賀秀家らの部隊, 盛信崇であつ, 盛信父子へ伝え, 盛入れてやった, 盛八漆間八郎右衛門の両人, 盛公法名淨蓮三位中將維盛年二十七歳壽永三年三月十八日和歌, 盛六杯へ二合, 盛其聞甚だ胤長, 盛冠花鬚一きわ装って, 盛は筆, 盛出家事郎從等走歸本所, 盛をひっかけた, 盛加わるこれを, 盛も来た, 盛の余沢, 盛卿小船に乗つ, 盛合わせた土器の, 盛合わせ皿には燻製, 盛合体して, 盛のこと, 盛に関してはおおいに, 盛否國の貧富, 盛唐中唐晩唐と無理, 盛唐幾多の作家, 盛唐様式の輸入, 盛唐縣の塚原, 盛唐諸家の什, 盛唐頃に一大變化, 盛唐風の詩, 盛国自身は壇ノ浦, 盛で二十五円, 盛器気馨香, 盛坂井右近木下藤吉郎などいた, 盛を看る, 盛なる時, 盛夕菴光秀の三人, 盛大夫敦盛十人と云う, 盛大谷刑部の三奉行, 盛太郎の出迎, 盛太郎小林良正山田勝次郎大塚金之助服部之総羽仁五郎それから猪俣津南雄, 盛太郎平野義太郎を始め, 盛太郎氏を神様, 盛姫つまり将軍家定の叔母, 盛は一渓, 盛学校の運動会, 盛偉なる, 盛宣旨を蒙るによつ, 盛であるの, 盛寿司を売り出した, 盛山県三郎兵衛昌景内藤修理昌豊小幡信定小山田備中守などの譜代, 盛常殿じゃ, 盛の短刀, 盛へ運ばれ, 盛庵万屋山吹藪がある, 盛庵池の端, 盛庸兵を出し, 盛庸右都督陳暉等と力, 盛庸平安の衆, 盛庸潘忠楊松顧成徐凱李文陳暉平安等に命じ, 盛庸等之を破る, 盛庸等大同の守将房昭, 盛庸等海舟に兵, 盛庸鉄鉉牛を宰, 盛する由, 盛て再び, 盛なり, 盛心館とし, 盛忠度資盛などの諸, 盛忠房も同, 盛恐らくその心事, 盛を示す, 盛聴経遂請留門下, 盛の妻, 盛が十六文, 盛換えするも, 盛政一言もなし, 盛政不破彦三などの奇襲戦, 盛政例によって大, 盛政勢の背後, 盛政君がいた, 盛政喜んで勝家, 盛政徳山五兵衛尉を呼ん, 盛政毛受勝介みな討死して, 盛政等を落延びさせん, 盛政血気に逸っ, 盛政越前大野の金森長, 盛教盛重衡, 盛教經の二人, 盛文堂機山閣寺町の南北社, 盛の寺, 盛のさま, 盛春社として私, 盛替えのお, 盛であつ, 盛の胡僧, 盛にあり, 盛板倉周防小堀遠州, 盛業盛の方々, 盛を極めた, 盛様以下城とともに悉く, 盛様石田様さえ襲われた, 盛次いで立つ, 盛次に為憲な, 盛次上總五郎兵衞忠光惡七兵衞景清なんど名だたる剛者, 盛次郎右衛門とて隣町, 盛武蔵守知章蔵人大夫成盛大夫敦盛十人と云う, 盛殺したのは, 盛殿が中央, 盛殿斎館祓殿祝詞屋直殿宿直所厩屋権殿遙拝所の十八建築, 盛氣取でもあるまい, 盛を宗, 盛池田庄三郎信輝滝川左近将監一益丹羽長秀なんぞの勇将, 盛浅野長政の三人, 盛を忌む, 盛溢れるほど持っ, 盛に一念発起, 盛を致し, 盛に照ら, 盛を好ん, 盛相飯は後, 盛石田三成大谷吉継以下約二万, 盛石田治部少輔三成, 盛と祭典, 盛福寺鐘文永十一年甲戌四月九日, 盛であったが, 盛秀郷等に討たれ, 盛し且又三神山, 盛立てたエリザベス女, 盛の数え, 盛紀氏から寄せられた, 盛せようと, 盛組大高組三井物産その他の中, 盛組等の小頭, 盛経盛業盛の方々, 盛は, 盛維盛忠度敦盛など一門, 盛綱お詫びせい, 盛綱めも今朝, 盛綱わしらふたりの配所奉公, 盛綱加藤次景廉, 盛綱四郎高綱の四人, 盛綱様アっ, 盛縁類といふこと, 盛も同じく, 盛繁盛兼任伯父良兼の子, 盛がお, 盛の氣行, 盛という若い, 盛良兼の子, 盛良正等の力, 盛華院清阿妙浄善大姉三回忌仏事献立控, 盛董襲などの呉軍, 盛董襲なんどの雄, 盛薩摩の守忠教但馬守経政若狭守経俊淡路守清房尾張守経貞備中守師盛武蔵守知章蔵人大夫成盛大夫敦盛十人, 盛薬館一二を掛売, 盛多き秋, 盛衞君は予, 盛を着, 盛裝喧噪して, 盛裝姿を見, 盛論者に其極盛, 盛障蔽うこと, 盛も通れぬ, 盛だったの, 盛の名, 盛を一皿, 盛を忻び, 盛ぐらし藤浪の, 盛邦近年神道を興す, 盛都合その勢四万余騎, 盛都紅塵ノ中, 盛酋長から桔梗色, 盛長束正家等の嫡子, 盛開乃折数枝贈菅先生, 盛開云是先人竹亭先生遺愛之種, 盛開遂攀樹折花誤墜園中, 盛な字象, 盛に遇う, 盛好雪片, 盛雲寺には新門辰五郎, 盛革命軍の軍鋒, 盛頓州のある, 盛頓市のWI, 盛頓電報で移民法案, 盛頼盛教盛重衡, 盛食器也とあっ, 盛にそなえた, 盛には今, 盛を供, 盛は一とわ, 盛高く低い森を, 盛高一尺四寸の小刀, 盛高脇差は備前祐定, 盛黒髮かたしく雪