青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「盃~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

皮~ ~皮肉 皮肉~ ~皮膚 皮膚~ ~皺 皺~ ~皿 皿~ ~盃
盃~
盆~ 益~ ~益々 益々~ ~盛 盛~ 盛り~ ~盛ん 盛ん~ ~盡

「盃~」 2829, 31ppm, 3828位

▼ 盃~ (1621, 57.3%)

45 手に 28 持って 26 下に, 重ねて 23 傾けて 21 挙げて 18 取って 16 置いて 15 さした 14 受けて 13 口に 12 あげて, 取った 11 唇に 10 干した 9 して, 嘗めて 8 あげた, さして, 持つて 7 下へ, 傾けながら, 取り上げた, 差した, 重ねた 6 ふくんで, 傾けた, 口の, 口へ, 持った, 挙げた, 置いた 5 あげながら, さす, 取り上げたが, 取上げて, 唇の, 挙げながら, 重ねながら, 額より

4 [17件] あけた, さ, さしながら, 代助, 伏せて, 出した, 動かして, 取り上げると, 取ると, 受けた, 受けながら, 含んで, 執って, 差して, 持ったなりに, 挙げました, 返して

3 [26件] いた, おくみ, すすめた, とって, とつて, なめて, ほして, やって, やりとりし, 上げて, 二つ持つ, 出して, 前に, 取り上げて, 取り上げながら, 唇へ, 宙に, 干して, 手から, 持ったまま, 持った手, 指して, 擧げて, 突き出した, 膳の, 舐めながら

2 [73件] あおって, あげること, いただいて, うけた, おいた, おき, おつ, おろして, かえさせ今, したの, だした, つき出した, つまんで, とつた, とりあげて, なめながら, ふくみながら, もって, わたしに, グイと, グツと, 一つ私に, 上げた, 下において, 下にも, 乾して, 乾すと, 仰いだ, 伏せる, 傾ける毎, 前へ, 卓子の, 取りあげた, 取り出して, 受取つて盃洗に, 右肱の, 執つて, 執りあげて, 差出した, 市子に, 干し, 干したが, 彼の, 懐紙に, 投げつけた, 拭いて, 持ちながら, 持ち出して, 持つた儘, 持て, 挙げ, 探したが, 握つて, 欲しさうに, 甞めて, 甞め續けた, 畳の, 私と, 膝の, 自分と, 與へ, 舐めて, 見た, 辞退し, 重ねるの, 重ねる中, 隣へ, 頂くの, 順平は, 飲み干して, 高くささげ, 高くさし上げた, 鼻に

1 [880件 抜粋] あおった, あけてる彼, あけました, あけるが, あげしほの, あげよう, あげるかに, あげるから, あげるほどの, あげる名人, あげレニエー, あげ再会, あちらこちらへ, あふりつけるので, あらためて, いきなり甲斐, いただいた半, いただきたいもの, いつくしんで, いつて, うくれ, うけること, うまそう, おあげください, おかなかった, おくと, おさめた阿賀妻, おし頂いた, お上げ, お出しなされ, お師匠さん, お投げ, お持ち帰り, お時, お酌, かえして, かかえたまま愉快そう, かさねたけれども, かちあわした, からりと, かわかさずに, かわし大分, くださいよ, くみかわすの, くりかえした, くれよう, くれるか, くれるぞ, くれる民助兄, ぐいとやる, ぐっとほした, ぐっと乾し, ぐっと飲みほした, こっちへ, これへ, ささげて, さされると, さしあって, さしたの, さしだした, さしつけた, さしつけたもの, さしてから, さして行く, さしどうぞ, さしぬ, さし出したもの, さし湊, さし自分, さし醉, さすと, さす戯れは, させること, させるの, させ夫婦, さらつて菊次郎の, したところ, したものの, した親友, しやんした其の, しようじゃ, しようという, し公儀, じっと見た, すすめること, すっとあけ, すましたあと, するとか, するわけ, する間際, すゝめました, そそぐ, そのやう, たてどう, だまって, つかわすほどに, つきつけて, つくりその, つけて, つっかえして, つと貫一, つまみながら, とらす, とらする, とりあげた, とりあげた頃, とりかわさせて, とりだした, とりながら, とり上げた, とり直させられたり, とり直して, とるより, とれば, どうする, なされたと, なすって, なめては, なめるが, なめ始めた, のせて, ぱっと彼女, ひったくって, ひったくる, ふくみました, ふくむと, ふくんだが, ふくんだ事, ほしたまえ, まだ嘗め, まわしながら, もう一杯, もつ手, もらった, もらひながら, やりとりした, やりとりする, やる, やろう, ゆすいで, ゆすぐ杯洗, ゆっくりと, われに, カチあわせた, カチリと, グッと, チビチビ嘗め, ベレロポンテスわが, 一つやりました, 一と, 一息で, 一杯享, 一氣に, 丁度口へ, 三つばかり, 三つ四つ重ねる, 上ぐる役を, 上げしが, 下さいな, 下さる頂戴, 下すっ, 下すって, 下ろした, 与えそして, 与えます, 与える場合, 与へ, 並べて, 乾させて, 乾した, 乾した彼, 二つのせ, 二つ三つ載っけ, 二つ捧げ, 二つ玉子を, 五つ六つばかり, 交させようと, 交した, 交したいが, 交したもの, 交し合, 交し湯, 交すの, 交わしこの, 交わして, 交わすぐらい, 享け, 享ける, 仰いで, 伏せた, 伏せてからは, 伏せ給仕, 何杯も, 作る者, 使うなどは, 傍に, 傾けそして, 傾けては, 傾ける, 傾けるまね, 傾けわが, 傾け続けて, 充たして, 兩手に, 兵馬の, 兼ねさせて, 出します, 出すと, 出す手先, 出せ酌, 勇仙めがけ, 勝豊に, 勧めた, 勧め乍ら, 包みあらためて, 半分くらい, 卓の, 取ったり, 取つた, 取つたの, 取らうと, 取らせるぞ, 取りあげ, 取りあげて, 取りかわすなんて, 取りに, 取り上げ, 取り上げようと, 取り上げようとも, 取り交したから, 取り來, 取り戻した, 取り手酌, 取り落しさうになつ, 取り返して, 取ること, 取れよ, 取上げた, 取上げました, 取上げられたの, 取上げるの, 取上げ無造作, 取出せば, 取落とす者, 受け, 受けしばらく, 受けたら, 受けとったが, 受けながらも, 受けなんとなく, 受けました, 受ける, 受ける間もなく, 受けろと, 受け取って, 受け取り一口, 受取って, 受取り気持ちよく, 口へまで, 口元まで, 叩きだした, 叩きつけるよう, 台の, 含みお, 含みます, 含め, 呉れた, 呑みも, 呷って, 呷り付けて, 啣み, 嘗めつづけて, 嘗め乍ら芸者, 嘗め続けた, 噛みながら, 固めの, 執った, 執らうと, 執りあげるの, 執り上げると, 大切さうになめ, 太郎の, 奪いとると, 奪い取り蛇, 奪へり, 女中が, 妓に, 寄せる人, 少々遠慮, 少しずつ, 少し待っ, 差されるの, 差しました, 差し出した, 差し出して, 差し女, 差す斯, 差出しましたが, 差突けた, 干してから, 干しますが, 年上の, 幾つも, 床の, 廻したらいい, 廻しては, 引いたが, 引きお, 強いて, 強ひられ, 御前へ, 御嶽山の, 御挙げ, 急に, 恭しくいただかね, 懐中し, 戴いたこと, 戴きます私, 手で, 手にとって, 手酌で, 打ち合わせた, 把って, 把り, 投げたが, 投げられて, 投げ棄てて, 投り出し, 抛って, 抱えながら, 押しつけられ進退谷, 押戴いた, 押戴き, 拒んだ, 拒否した, 拭く, 拳げた, 拾い有難く, 持たせ, 持たせようと, 持たせ自分, 持ち左, 持ち汽車, 持ったままあんぐり, 持ったままメラメラ, 持ったまま簀の子, 持った右, 持つたま, 持つたまま, 持つた若者, 持つ場合, 持とうとは, 挙ぐるに, 挙ぐるを, 挙げざりき人々, 挙げたまま, 挙げてる祖父, 挙げよう, 挙げようという, 挙げること, 挙げるの, 挙げるもの, 振り動かせながら, 捧げつ, 捨て, 探し索め, 措いて, 握った右, 握つて店, 握らせた, 播磨が, 撮むだつもり, 擧げたもの, 擧げました, 擧げるの, 擲げて, 改めてごらん, 改めて御, 放さずに, 放さなかつた, 放って, 斯う, 松島に, 横井に, 汲み合うて, 洗つて赤井主水に, 洗ひ, 添えて, 清葉が, 渡した, 渡し掛けて, 渡す邦夷, 満たした, 濯ぐこと, 火鉢の, 片手に, 献じました, 献じ彼女, 献そうと, 獻ずる, 王に, 甲斐に, 申つけられ, 申付けられ, 百尺竿頭に, 盃洗の, 盗みくれん, 目の, 相手に, 眺めながら, 睨み詰めて, 睨んで, 破るだろうよ, 私が, 空けた, 突きつけた, 突きつけるよう, 立てつづけに, 納めた唐櫃, 納る, 索める, 続けざまに, 続けながら, 続けよう, 置いたが, 置きうつむいて, 置きながら, 置き息, 置き耳, 置き静か, 膳に, 自分が, 自分の, 舐めたり, 若草から, 薊に, 薦めて, 見ると, 触れあわせると, 誘めて, 請けよかし, 貫一に, 貰うた兄弟分, 貰ってから, 貰つ, 貰は, 賜り御馬, 賜わるという, 贈らうと, 起して, 返させましたが, 返され鶴見組, 返す, 返すか, 追うて, 逃げ逃げ後退り, 速やかに, 進めた, 進めようぞ, 進め酒礼, 運むでゐる態度に, 運んだ, 遣ったり, 遮ろうと, 酌み交し辞世, 酌み脇差, 酌人に, 重ぬべく, 重ねおり候, 重ねたあと, 重ねても, 重ねはじめた, 重ねるにつれて, 重ねる八五郎, 重ね始めた, 銜むのを, 降しおかる, 雛壇から, 離さずに, 離したと, 電力遮断の, 頂いては, 頂いてる, 頂きたいもの, 頂戴いたさせましょう, 頂戴する, 頂戴なさい, 頂戴致し, 頭から, 額まで, 飯の, 飲みほすと, 飲み乾した時, 飲み干し暗い, 飲め, 首を, 高く持ち上げ, 鳰鳥の, 黙って, 鼻先に

▼ 盃~ (260, 9.2%)

21 酒を 14 中に 7 縁を 6 中へ, 遣り取りを 5 数を 4 やりとりを, 中の, 底に, 手を, 縁に 3 なかに, やりとりが, 上に, 中には, 前に, 献酬を

2 [15件] お酒, まわって, やうな, やうに, やりとりし, やりとりも, やり取りが, 一つも, 中にも, 列んだの, 台の, 在所を, 持ち手, 花押し分け, 重なるにつれて

1 [133件] あること, いちばん小さい, うちどちらに, うち一つの, うち一つは, うち毒の, うち貴公は, お客が, くるまでの, ことは, これ在る, ごとし, さいそくな, しずくを, すまねえうち, たくさん並んだ, ところを, なかを, ねばる酒, ひまには, ふちで, ふちみたいな, ふちも, ふちを, へりが, ほうに, ものを, やりとり, やりとりといふ, やりとりなどを, やりとりにまで, やり取りしたい, やり取りなし, やり取りは, ような, ように, んだ, ウィスキイを, 一つは, 一つや, 上げ下ろしに, 上へ, 下に, 中から, 中ほどに, 中を, 二つばかりに, 五分の一も, 交換が, 交換も, 交換を, 代りに, 側を, 内に, 内側に, 冷き, 取やりを, 取りやりを, 取り交しに, 口に, 口を, 合間には, 唄, 夢の, 小さいの, 席へ, 底から, 底にも, 度を, 影を, 役目を, 後で, 必要も, 持ち方, 搖れる音, 数いく, 数ばかり, 数も, 數をは, 方は, 時骨細い, 有所を, 梅の, 歌, 歌を, 歓びも, 毒酒にや, 水の, 水を, 滿悦境を, 焼酎に, 献酬が, 献酬なども, 献酬は, 生命がけ, 由緒と, 由緒を, 男が, 相手が, 相手に, 相手には, 相手を, 糸底ほど, 絵三島の, 縁から, 縁が, 縁は, 色, 話は, 豪の, 辞として, 辭に, 近くへ, 運びが, 酒が, 酒さへ, 酒に, 酒に対するも, 酒の, 酒は, 酔の, 銚子の, 間にも, 間柄等々といった, 間際を, 雨が, 雨を, 音も, 飛ぶ乱戦, 飲みものに, 首が, 麦酒に, 麦酒まことに

▼ 盃~ (187, 6.6%)

20 酒を 5 手を, 注いで 4 なみなみと酒, 受けて, 唇を, 注いだ 3 カチリと, 口を, 波, 触れる, 酌を 2 して, つがれた, 一昨日注いだ, 一杯ずつ, 入れた水, 手が, 散り来, 泡盛を, 浸して, 葡萄の

1 [106件] あけて, あふれた, あふれるその, あふれる程, うけて, うつして, お酌, くみわけられた灘, さても, さわる, したり, するという, その火酒, ちょっと唇, ついだ, ついて, ついで, ついでから, ついで呉れた, ついで行きました, つがれた酒, つぐの, つめたくな, どろっと, なお君, なさいよ, なみ, なみなみ注い, ならねえじゃ, なりましては, なり親族, ビールが, 一杯注がれ, 三つほど, 三杯の, 並べて, 丹尾は, 二三杯か, 二輪の, 交互に, 伸びましたが, 何處かの, 入れたの, 出して, 口つけする, 吐くため息, 啜り象徴, 在る呑み残り, 変わって, 威勢よく, 少人, 己で, 常春藤の, 干し, 当てた唇, 往復せり, 応じ女, 恋の, 投り込ん, 投入るる, 拝を, 指先を, 掬んで, 擬した抱, 放り込んで, 新しい酒, 日光の, 映った火影, 残りすくな, 殖えるので, 毒を, 気が付くと, 注がれた三鞭酒, 注ぎそれから, 注ぎながら, 流し込んだ, 浮いた泡, 浸酒, 満たなかつた, 溢れる熱い, 灌酒しつ, 琥珀色の, 白い泡, 盛って, 盛つてそこに, 盛る苦き, 目を, 眼を, 私の, 移された, 菓子を, 落ちて, 葡萄酒を, 覺え, 触れる最初, 觸れる, 豊潤な, 載せ後, 透いて, 酌みとりて, 酒が, 酒の, 酒六盃半を, 酔って, 降って, 黙って

▼ 盃~ (93, 3.3%)

2 あった, あつた, ひッくり, 唇に

1 [85件] あって, ありました, あり海苔巻き, ある, お館, かわかないよう, さ, さされたので, しづかな, すぎて, すむか, すむと, つき出された, とりかわされ記念写真, ぬつと, ばらばらと, また涙, まだ卓子, めぐって, ガタガタ慄えた, 一盃と, 一順廻った, 三つ組五つ組に, 不足とか, 不足なら, 乾いて, 二つ, 二つおい, 二つ出, 二つ張番を, 二ツ三ツあった, 二ツ座上に, 二側に, 交された, 俄かに, 光りを, 八ツでなけれ, 出る, 割れて, 厭なら, 取り出され巴ヶ淵, 天井から, 巡廻り, 差出された, 廻りはじめる, 廻り出した, 廻り銚子, 廻るの, 廻転した, 往々甚だしく, 急に, 所望じゃと, 所望な, 挨拶として, 梭の, 毒の, 気に入らねえという, 永久に, 済んだ後, 渡されて, 物々しく飾られ, 狼藉として, 生物の, 用いられそれ, 空に, 終ると, 絨氈の, 絶えた機会, 胸の, 自動的に, 舟ばた, 落ちて, 蔵いある, 転がり出して, 載せられるので, 運ばれた, 運ばれて, 重なるにつれて, 重なれば, 集つて來る, 集つて来る, 頂戴できる, 飛ぶお, 飛ぶよう, 飛んで

▼ 盃~ (70, 2.5%)

2 一緒に, 幾巡りか

1 [66件] いなまれず家, うんとあったでしょう, おそらく祖先, お机, お隣へ, かれの, さっさとのん, しなくとも, そのうえに, 一つだけが, 一回毎に, 一盃と, 一羽の, 三河守の, 下に, 五口にも, 交互に, 今御, 内に, 円筒形にて, 冷たい酒, 即座に, 受けたほう, 受けぬという, 受けません, 台の, 否応なしに飲まされます, 大ぶりで, 天に, 女たちによって, 嫁に, 小さな台, 尚グルグル, 差し上げますまい, 床の, 廻されその, 彼の, 後から, 後ろに, 快く飲みました, 投げたかも, 数十年以前に, 新郎新婦へ, 最後に, 李白の, 死んだって, 殿の, 淵の, 清めて, 済まして, 満ちる, 無礼講の, 無量の, 甘かりき, 箸と共に, 納められて, 素焼の, 紫色の, 美事な, 膳の, 貰わねえよ, 長吉の, 門出に, 頗る可, 顔の, 飲めない

▼ 盃~ (52, 1.8%)

2 チビチビ飲む, 享けたのだ, 酒を

1 [46件] あつた, あつたらう, あを, いただかせて, お酒, かわりを, がぶがぶ飲み乾した, この世に, ごわす, さいつお, せう仕度, ちびちび一級酒, ちびちび飲み, なるたけ立派, のむの, ぽつと, よくああ, チビ, チビチビと, チビチビ二合くらい, チビチビ飲ん, ヴォトカを, 一座の, 一杯ぐっと飲ん, 一杯どうです, 三三九度を, 三杯飲んだ, 二三杯でも, 傾けようかと, 傾け様, 友情を, 呑むが, 呑めと, 大樽一箇分以上, 始めから, 御神酒が, 時々ぐっとあおりました, 汲めや, 無茶苦茶に, 琥珀色を, 直径六インチあり, 葡萄の, 飲まされる白酒, 飲みましても, 飲る, 飲んだ

▼ 盃~ (43, 1.5%)

15 酒を 2 唇を, 手を, 酌を

1 [22件] ついで果物を, なみなみと注いだ, また注ぎかけた, キュラソウを, 一パイに, 入れた者, 半ばほど, 口を, 女は, 往った, 手酌で, 次々と, 水を, 油壺の, 注ごうと, 紅で, 落しました, 酌いで, 酌ぎながら, 顔を, 麦酒を, 黄色の

▼ 盃~ (36, 1.3%)

1 [36件] いうより, いえる大尽云々, いこう, し宝蔵, なると, はんだい, はんだいと, みなして, やりますかな, カチあわせ, ソーダ水の, 云わぬばかりに, 会話とを, 出掛けたの, 剣を, 同様に, 塩からの, 帯と, 御祝儀, 徳利とが, 料理の, 柄杓落さぬ, 燐寸から, 白葡萄酒の, 盞を, 短冊とを, 花の, 行こう, 見たてるなど, 讀むの, 酒の, 酒壺を, 重なれば, 銚子が, 銚子とを, 黄金の

▼ 盃~ (33, 1.2%)

3 をする 2 がすむ, だけでもさせ, をし, をしよう, をやる

1 [20件] いたしけり, がしたい, が濟, が終る, したどもなあ, に移ろう, の初まる, の支度, の濟ん, の眞, の調べ, まですんで, も形, や御馳走, をさせた, をさせる, をすました, をすませ, をすませる, を済ませ

▼ 盃~ (26, 0.9%)

1 [26件] くだけそう, くれず大和守, した, だん, まわしその間, みな玉から, 一向面白く, 交さずただ, 仕兼ねない程, 会話も, 出したところ, 取り交した間柄, 小杉さんの, 手に, 手向かな, 持つてないか, 普通一樣の, 気に入らぬか, 皿も, 盤も, 相当に, 私は, 笑つた, 腰に, 見る度, 酒も

▼ 盃~ (22, 0.8%)

1 [22件] がある, がその, が出ました, が無数, が運ばれ, と血潮, には結構, の中, の後, の選択, は特権, は陳, をかたづくる, を備え, を前, を振り返り, を挾ん, を狼藉, を直す, を要す, を陳, を齎し

▼ 盃~ (12, 0.4%)

1 [12件] いろんな食ひも, ないしか, ろうじゃ, ジャムの, 受けんチウタラ, 塗盆を, 御羽織, 徳利が, 掛物に, 箸などを, 茶呑茶碗で, 開いた缶詰

▼ 盃から~ (11, 0.4%)

1 [11件] ほんの上澄み, グッと, ピチャピチャいわし, 冷酒を, 卓上演説まで, 啜る, 柚子は, 猪口へ, 緑毛亀盃まで, 顏を, 顔を

▼ 盃でも~ (9, 0.3%)

1 いただこうじゃ, かわそうと, して, どちらでも, 乾すさ, 伏せたよう, 取らすわけ, 受ける, 受け兼ねまじき真剣さ

▼ 盃には~ (8, 0.3%)

2 酒が 1 いって, お手ずから, 家や, 汁が, 眼も, 限って

▼ 盃~ (7, 0.2%)

3 の酒 1 に宿老, の水, の蛇影, の趣

▼ 盃~ (7, 0.2%)

1 の勢, は一合近く, をたま, を給はるの間, を賜り, 将忘味, 忽焉として

▼ 盃飲ん~ (7, 0.2%)

1 でお, でくれ, でくん, で今日, で呉れ, で居た, で往け

▼ 盃~ (6, 0.2%)

2 てゐる 1 てくれる, て少し, て誰, 多忙である

▼ 盃~ (6, 0.2%)

2 の禿, の薔薇 1 に丸めた, をした

▼ 盃機嫌~ (6, 0.2%)

1 だから, で市中, で彼, で怒鳴り込ん, で舁く, で談判

▼ 盃という~ (5, 0.2%)

1 のが, やり方を, わけで, 楓樹が, 道具が

▼ 盃などを~ (5, 0.2%)

1 して, 出して, 天井に, 宮は, 置きながら

▼ 盃~ (5, 0.2%)

1 が置かれ, にし, の朱塗り, は柳箱, を卸し

▼ 盃ごと~ (4, 0.1%)

1 が終った, をすませ, をする, を始める

▼ 盃~ (4, 0.1%)

1 が一先づ其所, のを, わね疾, 硝子盃

▼ 盃だけでも~ (4, 0.1%)

2 済ませるつもり 1 取って, 急に

▼ 盃にこそ~ (4, 0.1%)

2 つぐべけれ 1 注ぐべけれ智恵, 注ぐべけれ智慧

▼ 盃より~ (4, 0.1%)

1 先に, 小さい侍, 成る, 滴れど

▼ 盃する~ (3, 0.1%)

1 のであった, よ, 目的で

▼ 盃だけ~ (3, 0.1%)

1 一つ受け, 持って, 済ませるなら今夜

▼ 盃だけは~ (3, 0.1%)

1 全部飮み, 残るよ, 済ませて

▼ 盃とを~ (3, 0.1%)

3 持って

▼ 盃にも~ (3, 0.1%)

1 ちよつと, 手が, 親しんだが

▼ 盃まで~ (3, 0.1%)

1 かわして, したお前, 三通り合計七升を

▼ 盃みたい~ (3, 0.1%)

1 なちつぽ, なもの, な形

▼ 盃やっ~ (3, 0.1%)

1 ている, てよっ, て居た

▼ 盃一盃~ (3, 0.1%)

1 は李白, また一盃, をいつ

▼ 盃~ (3, 0.1%)

1 上りましよ, 上ると, 上れ

▼ 盃~ (3, 0.1%)

3 なきが

▼ 盃持つ~ (3, 0.1%)

1 妓女が, 手の, 手を

▼ 盃~ (3, 0.1%)

1 ったな, で帰る, ると

▼ 盃飲む~ (3, 0.1%)

1 が宜, のが, のだ

▼ 盃飲んだ~ (3, 0.1%)

1 きりで, のでしょう, 時の

▼ 盃あれ~ (2, 0.1%)

1 に限る, ば結構

▼ 盃いする~ (2, 0.1%)

2 ッてえ

▼ 盃したい~ (2, 0.1%)

1 と思います, のです

▼ 盃です~ (2, 0.1%)

1 よ, わ

▼ 盃といふ~ (2, 0.1%)

1 寸法にな, 時にな

▼ 盃とが~ (2, 0.1%)

1 並んで, 置いて

▼ 盃など~ (2, 0.1%)

1 いくら持っ, 一通り飲み干した

▼ 盃などが~ (2, 0.1%)

1 あるかと, 各自の

▼ 盃なら~ (2, 0.1%)

1 もうすこし考えさせ, よもや厭

▼ 盃のみ~ (2, 0.1%)

1 づから, 欠かけず

▼ 盃ほし~ (2, 0.1%)

1 て, ながらトロイア城

▼ 盃やる~ (2, 0.1%)

1 ときつ, より外

▼ 盃やろう~ (2, 0.1%)

1 と云う, と皆

▼ 盃をば~ (2, 0.1%)

1 ツーッと, 梅子に

▼ 盃をも~ (2, 0.1%)

1 仕兼ねない父母, 挙げ得ないの

▼ 盃一杯~ (2, 0.1%)

1 に拡がった, に肴

▼ 盃上げ~ (2, 0.1%)

1 て, やう

▼ 盃二三杯~ (2, 0.1%)

1 で跡形, 這入る小さな

▼ 盃取り~ (2, 0.1%)

1 て相, なほし

▼ 盃四つ五つそれ~ (2, 0.1%)

1 が全然, が悉皆

▼ 盃~ (2, 0.1%)

1 へ登った, また西方

▼ 盃~ (2, 0.1%)

1 下賜という, 腹召され

▼ 盃片手~ (2, 0.1%)

1 にしつ, に将棋

▼ 盃遣らない~ (2, 0.1%)

2

▼ 盃~ (2, 0.1%)

1 いでやろう, の間

▼ 盃酌い~ (2, 0.1%)

1 で呉れん, で呉ん

▼ 盃飲み~ (2, 0.1%)

1 ながら松五郎, 又向う

▼ 盃飲め~ (2, 0.1%)

1 と旦那さま, なア

▼1* [171件]

あがっておく, 盃あげて勞らひつ, 盃ありがとうぞんじまする, 盃いけるちうものだ, 盃いすれば斯ん, 盃うけて衆, 盃とそを, 盃まあ機嫌, 盃かと手に, 盃からはハッキリした, 盃ぐいとやりながら, 盃ぐらいは合を, 盃ぐるみてまえ, 盃ぐるみ頂戴して, 盃この透明で, 盃これでお, 盃させて下さい, 盃したのが, 盃しねえ奴は, 盃じゃとこのよう, 盃すすめつつ泣か, 盃ずつウイスキーばかり, 盃その物を, 盃その他や黒い, 盃それを見せぬ, 盃だけには毒が, 盃だけをして, 盃だの会談など, 盃つねに前に, 盃ではありませんでしょうね, 盃とか椀や, 盃としてはどうだ, 盃とは事かは, 盃とも上げ酌などとも, 盃とりあげて, 盃とりぬ紅頬の, 盃とるを, 盃なぞがそこへ, 盃などと大形な, 盃などの方から, 盃などはもちろんありません, 盃などもいつの間にか浅い, 盃なればぜひ, 盃にさえ触れぬあの, 盃にと一晩酒を, 盃に対してそれほど嬉しい, 盃のむと途方, 盃はじめたところです, 盃はもうちやんと, 盃ばかり飲みました, 盃ばかりをあげて, 盃ひとつ差しても, 盃また一盃と, 盃めでたく戴きまする, 盃もとに納, 盃やら皿やら, 盃やらかしたもうに, 盃やりたい人たちが, 盃やり始めたのよすると, 盃よごさないえい糞面白ぐもなぃ, 盃わたせおの, 盃をかへす, 盃をかはすみんな気持, 盃をかへして, 盃をがちゃんと台, 盃をはふるやう, 盃だかと, 盃イタヤハツシモなど云う, 盃ニ千金ヲ費ヤシ反故紙ニモ劣ル偽其昌贋徴明ナドニ流涎シテ, 盃侑ム, 盃ヲヨウヨウ取ッタラ, 盃がいい, 盃一つその昔, 盃一ぱいの酒, 盃一杯分ばかり残し, 盃一盃三四杯続けさま, 盃一盃復タ一盃とは事, 盃万寿無彊盃, 盃三四杯続けさま, 盃三杯ばかり続けざま, 盃上戸といふ奴, 盃丹頂鶴盃など一通り, 盃九谷の小皿, 盃事祝言の礼, 盃の手, 盃代りの茶呑茶碗, 盃傾けて話し出した, 盃出したるよろずの, 盃切りだよ, 盃をのみ, 盃三杯とつ, 盃又は鎌倉繁榮時代の, 盃又一と筆, 盃つて松島に, 盃取り上げてグウーツ, 盃く靜夫, 盃受けてくれい, 盃召し上がってひとまずいそいそ, 盃召し上れなすっかり, 盃台花瓶油壺などの写生, 盃をする, 盃含み目を閉ぢ, 盃呑めるがおい新米, 盃呑んだらきかぬとある, 盃哀傷の涙, 盃の何人, 盃太夫も心置き, 盃差したる三谷, 盃引出よと祝, 盃さして, 盃復タ一盃とは事, 盃ぎたまへど, 盃戴こうか, 盃にとりぬ, 盃持ちて門出, 盃指すなんて生意気バイ, 盃擧げてトロイア, 盃擧げし約束と, 盃朝鮮渡来の玉盃, 盃未だ火焔に, 盃を投げ, 盃のもの, 盃に眼, 盃という池, 盃と称する, 盃注いで貰, 盃深酒過花, 盃添えものは襖, 盃済ましたるま, 盃にかけた, 盃白幣御神燈, 盃のところ, 盃盃又一と筆, 盃盤狼藉としていた事, 盃盤狼藉歌ふもあれば, 盃盤闇を盛り, 盃を易, 盃目八分に捧げ, 盃という岩, 盃筆墨箋たばこ入をいただき, 盃絵雪洞桃のよう, 盃続けて召, 盃緑毛亀盃丹頂鶴盃など一通り, 盃畫讚などとともに, 盃致した上は, 盃のわき, 盃へ慰め, 盃に送り, 盃の喰った, 盃見たような, 盃を海老瀬村, 盃親分子分の盃, 盃さざめ言, 盃が起こった, 盃責めにされる, 盃て見る, 盃のところてん, 盃頂戴と斯, 盃飛び散って儀式乱脉, 盃はせられた, 盃食わせられたのである, 盃飲まうか, 盃飲まされたのです, 盃飲ませろよ雨, 盃飲まんか, 盃飲むだかなど, 盃飲めなせえお前今日, 盃飲めよと云う, 盃飲んだら宜かろう, 盃香炉最う目貫縁頭, 盃馳走に成ろう