青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「泊っ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~油断 油断~ 治~ 治療~ 沼~ ~沿う 沿う~ 泉~ 泊~ ~泊っ
泊っ~
泊り~ ~法 法~ ~法則 法則~ 法師~ ~法律 法律~ 泡~ ~波

「泊っ~」 1402, 13ppm, 8216位

▼ 泊っ~ (1303, 92.9%)

39 いた 29 いるの 20 いて 18 いたの 15 いる 12 おいで 11 いるん 10 いたが, いる宿屋 9 いたこと, ゆくこと, ゆけと, 行けと 8 いらっしゃい, いると, いるという, 行って 7 いっても, いました, いること 6 いって, いる宿, 下さい 5 います, いらっしゃいな, いるから, しまいました, しまった, ゆくが

4 [14件] いく, いたと, いても, いるので, いる人, いる筈, いる間, いれば, おります, くれと, 明日の, 来ても, 来ること, 行っても

3 [25件] いたという, いた宿, いた旅館, いた時, いった, いるうち, いるだろう, いるところ, いるに, いるはず, いる御, いる部屋, くるかも, くれた, くれて, くれれば, 待って, 明日は, 来たん, 行かないか, 行く, 行くこと, 行くと, 行くよう, 行ったこと

2 [82件] いくこと, いくの, いくよう, いけって, いけと, いけよ, いたあの, いたか, いただくこと, いたので, いたり, いたん, いたホテル, いた客, いた家, いた宿屋, いた筈, いちゃ, いったが, いったらどう, いては, いないか, いらっしゃいと, いらっしゃいね, いらっしゃいよ, いるあいだ, いるが, いるこの, いるし, いるそう, いるよう, いる上, いる下宿屋, いる事, いる内, いる旅館, いる時, いる由, いる男, いる留学生, いる若い, いる限り, おいでよ, お出, きたこと, ください, くれるよう, その翌日, それから, って, ゆく, ゆくか, ゆくの, ゆくよう, ゆこうと, 三日目に, 居た室, 居る, 居るの, 居るよう, 居る所, 帰って, 明くる, 明朝早く, 来たり, 来るかも, 来ると, 来るの, 来る事, 来る筈, 次の, 翌日は, 翌日立とう, 翌朝早く, 行きねえ, 行きませんか, 行くの, 行くん, 行く事, 行けの, 行った, 行ったの

1 [707件 抜粋] あくる日, あくる日湯本の, あげること, あしたの, あしたゆっくり, あした早く, あんまを, いいと, いかがな, いかなかった, いかれました, いきましょうね, いきます, いくって, いくわね, いけったって, いたいの, いたお, いたかの, いたがる心持, いたくは, いただいて, いただきたいただ今, いただくよう, いたとき, いたところ, いたよう, いたらああ, いたら言葉, いたオーディトリアム・ホテル, いたギュイヨーム・グランヴィル, いた一間, いた七ツ, いた中屋, いた二, いた今井, いた六十あまり, いた十一番, いた土方, いた場所, いた子供, いた小さい, いた従兄弟, いた慶応, いた支那人, いた時分, いた本郷, いた槇君, いた渋谷, いた病院, いた粋, いた若い, いた草心尼, いた見ず知らず, いた訳, いた農家, いた郷士, いた野武士たち, いた面々, いた麾下, いったと, いったりなんか, いな, いないの, いないよ, いなければ, いなさる宿屋, いねえん, いましたよ, いらしたこと, いらして, いらっしゃいまし, いらっしゃいますの, いらっしゃいませ, いらっしゃるお, いらっしゃること, いらっしゃるだろうって, いらっしゃるん, いらっしゃる寝室, いられたもの, いられない, いるお, いるお松, いるか, いるかを, いるって, いるです殿さま, いるには, いるひと, いるやつ, いるよしみ, いるらしい, いるらしかった, いるわけ, いるんだい, いるアパルトマン, いるスタンレイ・ランドルフ大尉, いるブラウン, いる三日, いる上方下り, いる上野公園裏, いる事務所, いる京, いる人物, いる以上, いる侍, いる元ウラジーミル大公, いる友達, いる吉岡伝七郎様, いる同じ, いる四, いる城太郎少年, いる夫婦者, いる宝塚ホテル, いる客, いる家, いる宿先, いる宿所, いる小屋, いる山本, いる島民, いる帆前船, いる志保田, いる所, いる折, いる日本人, いる木賃, いる本陣, いる桔梗屋, いる様子, いる武者修行, いる武芸者, いる気, いる汚らしい, いる河野, いる海岸, いる潮田又之丞, いる狛家, いる猿曳, いる男衆, いる私たち, いる糊屋, いる者, いる者六人, いる船, いる芸者, いる荒井, いる行者さん, いる角屋, いる部屋あたり, いる錦織, いる静か, いる頃, いる駅館, いろいろ考えた, おいでで, おくれやすえ, おけば, おった, おられて, おられまして, おられること, おられんじゃったもの, おられ豊国, おりこれ, おりました, おりますから, おりまする筈, おるもの, おれと, お出でよ, お貰い申したら, お金もうけ, かない, かないか, からだを, きたいと, きたかね, きたきり, きた男, きのう同所で, きましょうか, きまりが, くるが, くること, くるって, くるつもり, くるという, くるよう, くるん, くれい, くれたの, くれたまえ, くれという, くれまいか, くれますが, くれよと, くれるだろうネ, くれるの, くれ手, このさき, こられたこと, これより, しかもその, しまいましたよ, しまったと, しまったの, しまったん, しみじみ東京, すっかり休ん, せめてこの, そこから, そして一杯, そのさびれた, その怪物, その翌日ハムフンギチュ, その荷物, それから東京, それが, ったって, ったらどう, つかわすが, つかわそう, どこそこから, ひそびそと, ほかに, まいって, またむっと, みた, みたいと, みたん, みては, みましょうよ, みようじゃ, みるが, みるという, みろ於雪, もらいたいが, もらいたいと, もらいたいとも, もらいたいの, もらえるん, やったもの, やるから, やろう, やろうか, ゆかれない体, ゆかれました, ゆきまた, ゆくさ, ゆくという, ゆくに, ゆくん, ゆけという, ゆけ泊って, ゆっくりと, ゆっくり休ん, ゆっくり休息, ゆっくり相談, よく寝る, らっしゃいよ, ゐて, ゐる大西以外, スキーの, スキーを, バルナバスを, ブラリブラリと, 一時頃神田の, 上機嫌で, 下さいな, 下さいましたでしょう, 下さった, 下さらなきゃア, 下さるでしょうな, 下さるでしょうね, 下すった, 下すって, 久しぶりで, 久振りに, 二千両盗った, 二度ながら, 亭主に, 今日三月十七日熱海を, 今朝帰った, 仮面を, 会堂建築の, 何んにも, 侍の, 俺は, 入らっしゃって, 入らっしゃる, 其次の, 凱旋門を, 出来るだけ, 十一円であった, 十八日の, 半ちゃんに, 半分腐れか, 博覧会を, 可愛がっ, 呉れると, 国境で, 土地の, 城下へ, 夜中の, 夜中比に, 大散財, 天狗原乗鞍あたりで, 女の子達と, 女中の, 子供達が, 宜いか, 宿屋の, 寝られる夜, 寿江の, 少しばかり, 居たに, 居た所, 居ったです, 居ったラマ, 居っても, 居ないで, 居ました, 居らるるかも, 居られましょうね, 居りましたが, 居りましても, 居りますが, 居りますの, 居ります茅屋, 居るから, 居ること, 居ると, 居るよりは, 居るパルポ商人, 居る主, 居る僧侶, 居る客人, 居る家, 居る巴屋, 居る物置, 居る舎, 居る間, 居る間例, 居れば, 峠を, 巖本さん安藤さん野上さんあの, 川手氏の, 市河君は, 帰った, 帰り再び, 帰る, 帰ると, 帰るん, 帰ろうと, 常磐神社に, 幼稚な, 彼を, 彼処の, 往きな, 往きなまし, 往きねえ, 往くならな, 往くよう, 往けと, 往こうと, 待機し, 御送り, 忘れて, 感得した, 所々を, 据膳さげ, 新年を, 新航路開発, 旨い物, 明かした, 明くる日村はずれで, 明けがた目を, 明る朝, 明日ゆっくり, 明日早々にでも, 明日病人と, 易々と, 昨日青森まで, 是非とも, 晩酌に, 朝の, 朝は, 朝七ツ前に, 朝手水を, 朝早く, 木枕に, 来い, 来たけれども, 来たって, 来たらいい, 来たらよかっ, 来たら宜しい, 来た男, 来ちゃ, 来ねえの, 来ます, 来ますから, 来ます病院, 来る, 来るが, 来るがらうな, 来るなんて, 来るん, 来る予定, 来る積り, 欲しいと, 段々話, 毎日大阪劇場へ, 毎日待ちわび, 河口より, 洛中洛外を, 湯に, 満員朝鮮人が, 火の元や, 牛を, 猶さ, 田舎へ, 町年寄福田某に, 畳の, 療す, 短い, 私の, 私は, 細君と, 終った, 経験した, 翌る, 翌二十三日, 翌日もう, 翌日ポートサイドへ, 翌日出発した, 翌日出船した, 翌朝お, 翌朝小船で, 翌朝房総線の, 膳を, 自分たち夫婦の, 自分で, 茶代を, 荒神風呂で, 行かっしゃい, 行かっせ, 行かない, 行かなかった, 行かれるよう, 行きな, 行きなさいと, 行きなさい野宿, 行きました, 行きましたの, 行きます今宵, 行き給え, 行くか, 行くからと, 行くが, 行くさ, 行くし, 行くって, 行くなら泊っといでよ, 行くわ, 行く方, 行けとは, 行け明日, 行こう, 行こうと, 行ったが, 行ったがね, 行ったらどう, 行った吉岡つゆ, 行っては, 行水を, 見えて, 見ただけの, 見たところが, 見よう, 見ようかという, 見るつもり, 見るの, 見物した, 語り明かした, 誰が, 貰うのよ, 貰う人, 貰おう, 貰わんならん, 遊んでから, 酒を, 酒宴を, 雨では, 雨に, 非道い, 食事は, 高平へ, 黙々と働き出した

▼ 泊っても~ (43, 3.1%)

2 いいん, 宜え

1 [39件] いい, いいだろう, いいです, いいね, いいの, いい位, いい時刻, いきなり上段, かまわないの, かまわないよう, ちっともいい, やり度い, よい覚悟, よく容子, よく寝られなかった, よろしい, 中二階へ, 優に一ヶ月, 味噌汁の, 喰物だけは, 四晩泊れる, 変名を, 宜い, 宜いかえ, 宜いと云うた, 宜しゅうございます, 寄っても, 居られません又, 差支えないの, 庄吉にも, 明日は, 朝梅干を, 来るって, 構わないでしょう, 構わないわ, 狼狽しない, 背後の, 近所の, 食事し

▼ 泊ったり~ (25, 1.8%)

6 して 4 すること

1 [15件] した, したが, したもの, しなさっても, するの, するよう, するん, する者, でバラバラ, なさったの, また五円, 休んだり, 弁次郎さんが, 東京に, 真紀子が

▼ 泊っては~ (13, 0.9%)

1 [13件] いけないの, いないかな, かえって都合, くれまいか, どうか, ならない一人, 下さらぬか, 入れ交わって, 叱られるから, 女を, 姉さんに, 山へ, 草の

▼ 泊っちゃ~ (3, 0.2%)

1 いましたよ, どうかと, 何うです

▼ 泊ってから~ (3, 0.2%)

1 およう, 一週間ほどの, 帰って

▼ 泊ってからの~ (2, 0.1%)

2 私は

▼ 泊ってでも~ (2, 0.1%)

1 いて, ゆく時

▼ 泊っ~ (2, 0.1%)

2 うきやす

▼1*

泊ったりなんかしたの, 泊っちゃあいられねえたしかに, 泊ってさ考えて, 泊ってさえ来たという, 泊ってぜが非でも, 泊ってやがるよう