青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「漠然と~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

滝~ 滞在~ ~滿 滿~ 漁師~ 演出~ 演劇~ 演奏~ ~演説 演説~
漠然と~
漢~ 漱石~ ~漸く 漸く~ ~潜ん 潜ん~ 潜水~ ~潮 潮~ ~激しい

「漠然と~」 1021, 10ppm, 10569位

▼ 漠然とした~ (422, 41.3%)

9 もので 8 不安を 5 ものである, 不安が 4 ことで 3 ものの, 一つの, 不安に, 不安の, 嫉妬を, 形で, 恐怖の, 恐怖を, 感じを

2 [34件] おそれ, ことを, しかも強い, ものが, ものながら, ものを, 一種の, 不安と, 不安な, 不安は, 不安や, 不足を, 共産的憧憬を, 勘によって, 哀愁は, 左翼的態度や, 幼稚な, 形の, 怖れ, 恐怖, 恐怖に, 悲願直接に, 感情が, 態度で, 曖昧な, 疑いを, 疑惑が, 自分の, 自己保護本能その, 苦しさ, 言葉で, 言葉を, 頼りない, 願望に

1 [296件] あこがれの, あすの, うわさとしてしか, お答えでは, けれど性急, ことしか, ことすぎる, ことでなく, ことな, ことばかり, さらに激しい, しかもしだい, しかも固定, しかも抜く, すべての, そういうちぐはぐ, そして瑣末的, その事実, その教育方針, その日, その曲全体, そらおそろしさ, たよりない, だが重い, だが非常, つまりこの, ところも, ものだ, ものだった, ものでした, ものです, ものでなけれ, ものな, ものなりに, もののなんらかの, ものは, ものぼやけた, ようで, ような, テレた, ロシアの, 一人の, 万一の, 不信用, 不安, 不安から, 不安でも, 不安も, 不安感が, 不定な, 不幸を, 不思議な, 不気味さに, 世間の, 予想の, 予感の, 予期を, 事しか, 事柄に, 人世観の, 人生への, 人道主義に対して, 仮面の, 会話を, 何とも知れない, 佗びしさの被, 併し, 信仰を, 信用と, 信頼を, 全体の, 共通な, 処が, 分類の, 刺戟の, 前路, 動機は, 勝手な, 印象である, 印象と, 印象に, 印象より, 危懼が, 危懼を, 友情よりも, 反対意見を, 反感なら, 反感の, 反抗の, 反抗的な, 反撥心を, 名古屋からの, 名目なき, 哀愁憤懣などは, 噂, 噂が, 国家生活という, 壁画を, 声で, 変り易い, 大きな希望, 大きな輪廓, 大地と, 大體, 失意感敗北感寂寥で, 好もしさ, 好奇心が, 好奇心期待が, 嫉妬心に, 嫌悪の, 季節の, 安逸な, 山山の, 希望に, 希望の, 希望を, 帰心とでも, 年月だつた, 幸福の, 幻に, 広やかな, 延長の, 弱い不充分, 形である, 復古主義でしか, 復古主義な, 復讐の, 心の, 心持ちだけで, 心持で, 心持に, 怖さ, 思いが, 思いの, 恐れを, 恐怖なんか, 恐怖なんかじゃ, 恐怖漠然と, 息苦しさ, 悪い予感, 悲しみと, 悲しみに, 悲哀が, 悲愴な, 情緒は, 想いだった, 想像を, 意味が, 意味に, 意味を, 意識で, 愕き, 愛と, 感じが, 感じに, 感じの, 感じより, 感じ方であった, 感傷的な, 感情を, 感慨が, 感慨と, 感銘を, 憤怒漠然と, 憧憬の, 懐疑を, 或る, 所に, 抽象的な, 推測が, 提議の, 故障は, 敗北感や, 敵であった, 新人なる, 斷片的な, 方向を, 方角から, 方面では, 明るく寂しい巴里, 明瞭でない, 暖さに, 曖昧さを, 最低線を, 期待で, 期待と, 期待は, 期待を, 未来を, 本質を, 杞憂が, 概念から, 概念の, 概念を, 概念的の, 欲望に, 死滅の, 気分だけの, 気持だ, 気持で, 気持の, 氣分が, 氣持は, 沈思に, 深い憂愁, 満足を, 無意識の, 無關心さ, 無限に, 焦慮に, 焦慮等を, 焦燥でしか, 焦燥に, 焦躁から, 然しもっと, 然し可, 物足らな, 物音が, 甘い眠ったい, 用語を, 畏怖の, 當てども, 疑念を, 痛みが, 目的も, 眼を, 瞳で, 知識が, 社会主義的平等の, 社會主義的平等の, 空の, 立像だった, 結論が, 緑色がかった, 考えから, 考えしか, 考えに, 考えの, 考へが, 考へで, 耻ぢる, 職業選定の, 自己完成のみを, 自己尊敬の, 自覚が, 自覺, 興味ごく, 若い時代, 苦々しさ, 苦悶を, 表示以外には, 要求を, 見通しで, 親しみを, 親密な, 親愛感は, 観念しか, 観念で, 観念を, 言ひ, 言明は, 言葉が, 言葉でも, 言葉と, 言葉に, 計画を, 記事です, 記憶が, 記憶に, 記憶を, 記録によって, 話だけ, 請願でなく, 變り, 豫期を, 質問には, 身振りを, 返事しか, 透徹した, 遠い心, 遠景の, 邪推に, 重苦しさ, 間歇的なおののき, 関係を, 関心興味ある, 階級意識から, 雰囲気と, 雲の, 青い輝き, 非現実, 面白さ, 顔の, 顔を, 類推の, 驚きが

▼ 漠然と~ (59, 5.8%)

28 ている 9 てい, ていた 3 ており 1 ています, てしまいます, てしまう, てしまっ, てただ, てなんら, てわれ, てわれわれ, て信じ, また村ごと

▼ 漠然と感じ~ (20, 2.0%)

7 ていた 4 ている 2 てゐた 1 それは, てはいた, てはゐた, て不安そう, ながらずんずん, ながら終に, なまぐさいよう

▼ 漠然と~ (15, 1.5%)

12 はある 1 はあった, はあらう, はあろう

▼ 漠然とながら~ (13, 1.3%)

1 [13件] こう考えた, これを, その娘, 円朝を, 孔子及び, 実際の, 彼にも, 思って, 思つてゐた, 浮かんで, 用意された, 男に, 迫って

▼ 漠然としか~ (12, 1.2%)

1 [12件] しらずしかも, わからなかったが, 事情を, 分らなかった, 思い出せませんでした, 書きませんでしたから, 概念されない, 気付かれないもの, 理解できない, 看て, 言わなかったけれど, 語ること

▼ 漠然と考え~ (11, 1.1%)

9 ていた 1 てこれ, まわされるの

▼ 漠然とその~ (8, 0.8%)

1 うまさ, 内容を, 友に, 方向を, 景色のみを, 状態の, 要求を, 足りない一銭

▼ 漠然とそんな~ (8, 0.8%)

3 ふうに 1 事を, 心づかひも, 感慨に, 気が, 考えを

▼ 漠然と~ (8, 0.8%)

1 が司教, にも想像, のその, の意識, の瞳孔, の胸, の頭, はおそらく

▼ 漠然と自分~ (7, 0.7%)

1 が其処, の下, の心, の身の上, はただ今, よりも年, を取り巻く

▼ 漠然と考へ~ (6, 0.6%)

2 てゐる 1 てゐました, て居た, て来た, て見ます

▼ 漠然としかし~ (5, 0.5%)

1 半ば明確に, 噛みつくよう, 強く感じた, 深くそれ, 鋭く夫婦

▼ 漠然と~ (5, 0.5%)

1 かが起つた, かを待つ, か女, か自分, のモデル

▼ 漠然と~ (5, 0.5%)

1 に出来, に描いた, に浮べ, を惹かれる, を躍らせた

▼ 漠然と想像~ (5, 0.5%)

3 して 1 すること, するだけ

▼ 漠然と~ (5, 0.5%)

2 に湧く 1 に秘めつ, の拡がる思ひ, を震

▼ 漠然とこれ~ (4, 0.4%)

1 が, だけの景色, を義務, を要求

▼ 漠然とそれ~ (4, 0.4%)

1 に惹かれた, を感じた, を感じる, を知っ

▼ 漠然と~ (4, 0.4%)

2 して 1 想像し, 言い得るに

▼ 漠然と~ (4, 0.4%)

1 で考え, に残, に殘, に浮べた

▼ 漠然とこの~ (3, 0.3%)

1 図の, 地域の, 托児所に

▼ 漠然と不安~ (3, 0.3%)

1 だつたが, なの, を感じた

▼ 漠然と彼女~ (3, 0.3%)

1 のこと, の感情, を考える

▼ 漠然と思い~ (3, 0.3%)

1 そのこと, を馳せたであろう, 耽って

▼ 漠然と暗示~ (3, 0.3%)

1 されたの, されて, を与える

▼ 漠然と~ (3, 0.3%)

2 のよう 1 の樣

▼ 漠然と~ (3, 0.3%)

1 をながめ, を見, を見上げ

▼ 漠然と結婚~ (3, 0.3%)

2 の相手 1 は一生

▼ 漠然と考えられ~ (3, 0.3%)

1 ていた, ている, 支那人の

▼ 漠然と~ (3, 0.3%)

1 てかういふ, てゐた, て居りまし

▼ 漠然とある~ (2, 0.2%)

1 小説なら, 恐怖に対する

▼ 漠然と~ (2, 0.2%)

1 もつて, 千代の

▼ 漠然としすぎ~ (2, 0.2%)

1 ている, ており

▼ 漠然としたとりとめ~ (2, 0.2%)

2 もない

▼ 漠然とした憧れ~ (2, 0.2%)

1 で田舎, 生活の

▼ 漠然とそう~ (2, 0.2%)

1 云い慣わして, 思った

▼ 漠然と~ (2, 0.2%)

1 が, がいつも

▼ 漠然とどこ~ (2, 0.2%)

1 からともなく, か春

▼ 漠然とながめ~ (2, 0.2%)

1 ながらさっき, ながら唇

▼ 漠然とまた~ (2, 0.2%)

1 こういうこと, 不思議に

▼ 漠然とわかっ~ (2, 0.2%)

1 ていた, てきた

▼ 漠然とわが~ (2, 0.2%)

1 國特有とも, 脳中に

▼ 漠然と予感~ (2, 0.2%)

1 されて, した

▼ 漠然と~ (2, 0.2%)

2 の一生

▼ 漠然と信じ~ (2, 0.2%)

1 ていた, てゐた

▼ 漠然と~ (2, 0.2%)

2 の外皮

▼ 漠然と微笑~ (2, 0.2%)

2 するだけ

▼ 漠然と思い起す~ (2, 0.2%)

1 ことの, のは

▼ 漠然と思っ~ (2, 0.2%)

1 ている, て我々

▼ 漠然と意識~ (2, 0.2%)

1 したその, して

▼ 漠然と感じた~ (2, 0.2%)

1 まま通りすぎ, 古い上衣

▼ 漠然と感じられる~ (2, 0.2%)

1 ような, 或る

▼ 漠然と感じる~ (2, 0.2%)

1 十二の, 象徴の

▼ 漠然と慕っ~ (2, 0.2%)

1 ていた, ている

▼ 漠然と~ (2, 0.2%)

1 る不安, る方向

▼ 漠然と拡がりゆく~ (2, 0.2%)

2 空しさ

▼ 漠然と残つて~ (2, 0.2%)

1 ゐても, ゐるばかり

▼ 漠然と~ (2, 0.2%)

1 の越える, を見入っ

▼ 漠然と潜ん~ (2, 0.2%)

1 でいた, で居る

▼ 漠然と~ (2, 0.2%)

1 はし, はれて

▼ 漠然と眺め~ (2, 0.2%)

1 ている, てゐた

▼ 漠然と~ (2, 0.2%)

1 で追い, をあげた

▼ 漠然と瞬間~ (2, 0.2%)

1 を利用, 全く偶然

▼ 漠然と~ (2, 0.2%)

1 の心, の言葉

▼ 漠然と表象~ (2, 0.2%)

2 されて

▼ 漠然と西洋詩型~ (2, 0.2%)

2 に生命

▼ 漠然と見当~ (2, 0.2%)

1 をつけ, をつける

▼ 漠然と語られ~ (2, 0.2%)

2 ている

▼ 漠然と~ (2, 0.2%)

1 をつかむ, を敷きつめ

▼1* [283件]

漠然とあらわれず何か, 漠然とあるいていた, 漠然といい作品を, 漠然といくらか大ざつぱに, 漠然といだいてゐた, 漠然とかなしむべしおそるべし, 漠然とかれの敬礼, 漠然とけれどもおもくるしく感じられた, 漠然とこうして, 漠然とこういう抽象的な, 漠然とこんな孤独を, 漠然とさういふ考へを以て, 漠然とささやいたリュクサンブールに, 漠然とさしたのであっ, 漠然とさす語の, 漠然とさながら雲を, 漠然としかして居ない, 漠然としかも動かし難い, 漠然としすぎるから日常生活, 漠然とした憤りと恐怖, 漠然とした憧れであったのか, 漠然とした探しもので, 漠然とした満たされない感じが, 漠然とした焦だたしさを, 漠然とした考へ方である, 漠然とした表し方で, 漠然としりごみした, 漠然とし過ぎてゐます, 漠然とし過ぎた言葉である, 漠然とそういう考えを, 漠然とその道から来る, 漠然とそれらの印象, 漠然とそんなふうにのみ解釈, 漠然とただ揶揄された, 漠然とでも予測が, 漠然ととりあげていた, 漠然とどう思うという, 漠然となって話, 漠然となりとも正鵠, 漠然とほうつき廻って, 漠然ともしかれら, 漠然とやつぱり内地へ金, 漠然とわからないと思う, 漠然とわだかまるある想念が, 漠然とウェルテルとリュシアン, 漠然とサン・ドゥニ街までき, 漠然とディーニュ付近の広野, 漠然とバランスのこと, 漠然とリトロスペクテイブに空想, 漠然とロマンティックに描かれ, 漠然とかたまりにな, 漠然と一つが頭, 漠然と一湖を描ける, 漠然と万一の用意, 漠然と上記三つの大, 漠然と不快の念, 漠然と不親切と云う, 漠然と与えられたのであった, 漠然と並列させて, 漠然と中国の統一国家, 漠然と中央の都市, 漠然とを呼ん, 漠然と乍ら既に誰人, 漠然と予期されて, 漠然と二つの影, 漠然と云ったので, 漠然と云わずかたらずかぶせられる負担を, 漠然と人力以上のもの, 漠然と今夜からの寝床, 漠然と仲よしで一組, 漠然とへ聞い, 漠然と体験して, 漠然と余裕をつくる, 漠然と使はれて, 漠然と使われている, 漠然と俗説真説の両方, 漠然と信じたものだ, 漠然と信長の外護, 漠然と傳はる小唄になつて, 漠然と充満して, 漠然と公安を乱す, 漠然と其人を想像, 漠然と冠した名であろう, 漠然と出来ていた, 漠然と出版事業と映画事業, 漠然と分離散在して, 漠然と判斷されて, 漠然とのこと, 漠然と前提されて, 漠然と動いている, 漠然と動揺して, 漠然と十三世紀頃のもの, 漠然と又は余儀なく辿る, 漠然と反映して, 漠然と取りつき場も, 漠然との講演, 漠然との感じ, 漠然と名前を知ってる, 漠然と名状し難い, 漠然と呑みこんで, 漠然と咄嗟に感じた, 漠然と善しといひ, 漠然と外国的な血, 漠然と夢みていた, 漠然と天下に名, 漠然と天床や壁を見, 漠然と奈良朝に出来た, 漠然と姿を現, 漠然との上, 漠然と宗教にこがれ, 漠然と富子の上, 漠然と寧ろ風土的に, 漠然と導いたのである, 漠然と己惚れていた, 漠然と希望して, 漠然と幻滅の予感, 漠然と広い範囲で, 漠然と庄谷の気持, 漠然と店土間の方, 漠然と引き緊った, 漠然と彼女等の存在, 漠然と微笑みながらバネ, 漠然と心機一転を求めてる, 漠然と心配というの, 漠然と志向して, 漠然と忘れて了つたの, 漠然と耽って, 漠然と思い出しそばの, 漠然と思い耽りながら社, 漠然と思い込んでいた, 漠然と思うのである, 漠然と思つてゐるだけ, 漠然と思ひ出を, 漠然とやかされて, 漠然と恋愛や女性, 漠然と恐れている, 漠然と恐怖を感じた, 漠然と恰も魔力に, 漠然と悟っていた, 漠然との誓, 漠然と感じおそれてゐた, 漠然と感じつづけていた, 漠然と感じられていた, 漠然と感じればそれで, 漠然と感じ得られた時運命に, 漠然と感じ得られる若干の, 漠然と感ずる同感の, 漠然と感ぜられた疑問は, 漠然と感ぜられるのである, 漠然と感ぜられ出していた, 漠然と憂鬱を感じ, 漠然と憎らしくまた嫉ましい, 漠然と憤慨して, 漠然と懐しささえ, 漠然と懐抱したが, 漠然と戦いてゐた, 漠然と房一を自分, 漠然と抱いていた, 漠然と抱かせてゐた, 漠然と押し立てる方に, 漠然と差された方角, 漠然と指したそのずっと, 漠然と捉えどころは, 漠然と掴んでゐた, 漠然と描いておい, 漠然と支店長代理が立ち上がる, 漠然と支那的性格という, 漠然と放心しきつて, 漠然と整理したり, 漠然と文科へ入った, 漠然と文章を作る, 漠然と新しい生活と, 漠然と日ごろの想念, 漠然と日常の世界, 漠然と旧い修身は, 漠然と明るく澄んで, 漠然とからの伝, 漠然と映っている, 漠然と映つてゐる, 漠然と映るのみで, 漠然と時間の問題, 漠然と曖昧であったり, 漠然と望み得るからである, 漠然と期待して, 漠然と未来が遠く, 漠然とを煮やす, 漠然と極めたことは, 漠然と横目を流した, 漠然と止め度もなく寂しい, 漠然と歩きだしていた, 漠然と死に場所を求め, 漠然と殆ど雲のやう, 漠然と気兼ねして, 漠然と気味わるがった, 漠然とぶくれが, 漠然と江戸中に擴, 漠然と江戸中期になっ, 漠然と決まりかけていた, 漠然と決めきつてゐ, 漠然と浮世のしがらみ, 漠然と添えるだけのこと, 漠然と湧いて来た, 漠然と満たしている, 漠然と火鉢の縁, 漠然と照らし現在の, 漠然と父母兄弟がその, 漠然と現代の社会事情, 漠然と理想的人格の価値, 漠然と瓦斯のごとく残っ, 漠然と生きさせ生きぬこうとさせた, 漠然と生じ來つた不安と, 漠然と生じ来った不安と, 漠然と生れた形である, 漠然と生活の方向, 漠然と用向きを想像, 漠然と田舍の夏, 漠然と画面の全体的雰囲気, 漠然と疑いをかけ, 漠然と矛盾を感じ, 漠然と知つてゐたが, 漠然と知るやうに, 漠然と破滅のうち, 漠然と確実に執拗, 漠然と社会科学と呼ばれた, 漠然と神様がある, 漠然と突っ立って, 漠然とへ返した, 漠然と答える時には, 漠然と造は, 漠然と紛乱して, 漠然と絶滅したよう, 漠然と緊張した気もち, 漠然と考えたがその, 漠然と考えつづけていた, 漠然と考えるに過ぎなくなった, 漠然と考へつづけてゐた, 漠然とも不断, 漠然とに聞い, 漠然と聞こえていた, 漠然と自分自身に笑いかけ, 漠然と自然に包まれ, 漠然と自由な一人っきり, 漠然と興奮して, 漠然と花田中尉のこと, 漠然と芽生えて居た, 漠然と若い人達ばかりと, 漠然と行き渡っていた, 漠然と表現の魅力, 漠然と要約して, 漠然と見えていた, 漠然と見るだけでも瑤泉院, 漠然とというもの, 漠然と解する限りは, 漠然と話してい, 漠然と話したところみんなから, 漠然と話すつもりだった, 漠然と話題に上せ, 漠然と認めらるる, 漠然と認め得るのである, 漠然と語りまたその, 漠然と読書ということ, 漠然と誰かが死んだ, 漠然と豫期しながら, 漠然と貝十郎はいった, 漠然との国, 漠然と輪郭だけができかかっ, 漠然とひながら, 漠然との奥, 漠然と道徳的でない感じ, 漠然と遠くない過去, 漠然と郊外でも歩く, 漠然と際限もなく, 漠然とになる, 漠然と青江を突っぱなす, 漠然と青野の行衛, 漠然と響いて呉れれ, 漠然と頭脳に描い, 漠然と頭腦に描い, 漠然と願っていた, 漠然と飛躍を期待, 漠然と驚きを感じた, 漠然とをながめ, 漠然と黒谷村を彷徨