青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「皿~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

皇帝~ ~皮 皮~ ~皮肉 皮肉~ ~皮膚 皮膚~ ~皺 皺~ ~皿
皿~
~盃 盃~ 盆~ 益~ ~益々 益々~ ~盛 盛~ 盛り~ ~盛ん

「皿~」 3561, 38ppm, 3023位

▼ 皿~ (757, 21.3%)

78 上に 77 ように 30 上の 23 ような 22 やうに 20 中の 18 中に 14 上で 13 上へ, 中から 12 中へ 8 なかの, ものを, 中を 7 上には 6 やうな, 中には, 料理を 5 音が 4 ごとく, ふちに, 上から, 中で, 代りに, 物を

3 [11件] ついた自動車, なかで, なかに, 上にの, 上にも, 上を, 底には, 数を, 方へ, 柱が, 柱を

2 [27件] うえに, ために, ところへ, 上, 下へ, 中や, 傍へ, 前に, 割れる音, 如きもの, 底の, 数が, 料理と, 料理は, 方に, 方は, 水を, 白さ, 破れる音, 箱を, 粥を, 縁の, 肴が, 肴を, 音は, 音ばかり, 骨は

1 [272件] あいだで, あくの, あたりに, あとが, ある怪しげ, うえの, おおい, おしんこ, おは, お菜と, かけが, かけらを, こと, ことで, ことまる, ごとく大きく, そとにも, そばで, そばの, そばへ, そばまで, ついた燈火, つもりで, とけあった色, となりに, どつ, なかが, なかでなけれ, なかへ, なかを, なぜ問題, はいった一つ, はたを, は南京豆, は昨日奥さん, ふたを, ふちの, ふちへ, ふれる音, ほうへ, まず胡粉の, まま放りあげられ, まわりに, まわるが, もその, もので, も大きい, やうで, やうなお, ようだ, ようだった, りんごは, わきに, わきへ, カステラが, カチリと, カツレツの, カナリアの, キャナッペを, コール, デセールを, ハムを, バイも, バイを, マグソダケ, ライス, 一二枚割っ, 一枚が, 一端に, 上だの, 下に, 下にでも, 中, 中からは, 中が, 中につつ, 中にも, 中のの, 中ばかり, 中まで, 中一枚を, 中央に, 中少し, 予定だ, 事が, 交った形, 交換価値が, 仕度に, 代を, 余りに白し, 例に, 価十銭が, 信仰の, 側に, 側面から, 入った箱, 内に, 内容全部を, 内面に, 分量を, 前で, 前の, 前へ, 包みを, 包を, 半バイ, 半分だけしか, 半月形に, 取手は, 右に, 名は, 向うの, 味噌, 和蘭の, 四五枚は, 図, 在る中, 地と, 変るの, 外に, 外までも, 多くを, 大小手あぶり, 大根を, 女より, 如き彼ら, 如くその, 妖しく焙られた, 定食が, 寿司の, 小料理を, 小魚, 平面が, 底から, 底に, 底面に, 形さえ, 形と, 形を, 後に, 微小画を, 心像が, 手前に, 手品を, 持ち主を, 据ゑ様を, 提手に, 数に, 数の, 数は, 數ほどの, 料理が, 料理の, 方を, 明りが, 本当の, 来る間, 林檎から, 林檎の, 果物だけ, 染附に, 柱も, 様で, 様に, 模様へ, 樣な, 樣に, 横に, 正餐, 残りが, 残り汁まで, 毀れる気遣い, 毀れんよう, 水が, 水で, 水は, 水ばかり, 水も, 水や, 汁とを, 油と, 油火はを, 洋食が, 海を, 渋い釉薬, 湯の, 灯が, 焼鳥の, 煮魚, 燈心は, 燈明は, 燈芯が, 燈芯の, 牛乳と, 物が, 物など, 物や, 特色である, 狼藉たるを, 玉子焼きいずれも, 珍味の, 用意をとと, 皮が, 眞中には, 破片で, 破片や, 科で, 箱をか, 米を, 粽を, 紫蘇の, 細い焔, 絵は, 絵具の, 絵式の, 縁に, 縁を, 罪, 置いて, 美は, 翳に, 耀きに, 聯想の, 肉を, 肉類には, 肉饅頭が, 肴には, 胡粉が, 臭ひ, 色に, 艶とが, 芋を, 芯を, 茶を, 華美な, 葱の, 覆れかかったの, 見込に, 話も, 豆に, 豆腐を, 車海老に, 載るよう, 部分と, 酒を, 野菜と, 量が, 銘の, 間を, 隅に, 隠れて, 青いもの, 音, 音に, 音の, 音も, 音を, 音沢庵の, 響きが, 類な, 類なり, 類の, 類は, 食品を, 香気の, 高低を, 高臺, 魚は, 魚を, 鮪は, 鮭の, 黒い蒲鉾

▼ 皿~ (737, 20.7%)

26 持って 17 運んで 13 持つて 9 出して, 手に, 見て 7 出す, 置いて 6 とって 5 もって, 取って, 洗ったり, 洗って 4 置いた 3 二つ持っ, 割ったの, 取り上げて, 投げて, 掌面に, 運んだり

2 [44件] いきなり庭石, おいて, かかえて, こわしたり, ちゃらちゃら, つついたの, ひきよせて, わったり, テーブルの, 両手に, 伏せて, 出した, 出しと, 刀の, 前に, 勧めながら, 取り出して, 取上げて, 床に, 引寄せ, 意味あり, 持つ事, 捧げて, 掻きながら, 提げて, 数へる, 洗いな, 洗う, 洗うこと, 洗ふ, 眺めおろして, 眺め眺める, 私の, 箱に, 置きながら, 落したり, 見まわした, 見よ如何なる, 見られよ, 見ると, 見れば, 譲つては, 載せて, 食卓に

1 [504件 抜粋] あけて, あつらえた, あらったり, あれか, いかにも美味し, いろいろと, うけ, うけ取って, お使, お出し, お重, かえしに, かえしサーヴィエット, かえぬ, かざして, かぞえて, かちかち鳴らし, かって, かぶせ余った煮豆, こっちに, ことごとく割る, こわしやしないかと, さかさに, さげて, ささげ, ずっとわたし, ずらりと卓, そつと, そなえてる古い, その上, その前, それぞれ徹底的に, たたいて, たたきながら, たたく, たたく火, たたく者, たたく音, たづね, たづねゆく, ちやぶ, つきだした, つき出した, つけるという, つッころ, とつて, とりあげて, とりあげると, とりかえさせなかった, とりに, とりよせようとして, ながめて, ならべながら, のせたお, はこんで, はね下りて, はるか下に, ひきよせた, ひっくり返さないよう, ひつくりかへ, ふいて, ふせたやう, ほされた河童, まは, まへに, まわすよう, みつめたまま, もうすこしで, もち上げた, もち片手, もったローリイ, もった手, もった母親, もってるし, もつた手, もつて, もらったまま, ろくに見, わったの, わって, ジイーと, ダニの, チャブ台に, テンピへ, ナフキンに, 一つか, 一つ一つまた, 一つ一つよごし, 一二枚お, 一度数多, 一時に, 一杯空, 一枚ずつ, 一枚だしました, 一枚もち出し, 一枚一枚大事に, 一枚出し, 一枚壁に, 一枚打ち毀し, 一枚毀し, 一枚毀した, 一枚毀す, 三つばかり, 三人べつべつに, 三枚やい, 三角戸棚の, 上げて, 下げに, 下へ, 下女に, 下目に, 並べたり, 並べたテーブル, 並べつづけた, 並べて, 並べるもの, 主客の, 二十枚砕く, 二枚床の, 二枚画室から, 二枚立てた, 二枚重ねる, 二重に, 今一応, 代え乍らそれでも, 伏する, 伏せる合間, 何の, 何枚か, 佛壇から, 作つてまた, 供えて, 借して, 倹約し, 傷つけた科, 傾けるの, 僕の, 元の, 充し, 入れた戸棚, 入れて, 六つ七つ竝べて, 再び佛壇, 冠って, 出さうと, 出しかけて, 出しまして, 出しますの, 出す前, 出す音, 初めに, 前において, 割った, 割った女, 割つたといふ, 割りました者, 割り四壁, 割ると, 割るの, 割れば, 動かして, 勝手の, 包むの, 卓の, 卸して, 取つて, 取りあげた, 取りあげて, 取りだして, 取りて, 取りのけると, 取りまいて, 取り上げると, 取り出しお, 取り出し美事, 取り出す, 取り寄せた, 取り換えたので, 取り縁, 取ろう, 取出させて, 取出して, 取寄せて, 取扱ったこと, 取替えて, 取次いで, 取落したと, 取落すほど, 受取つてなかを, 叩いたり, 叩いて, 叩きつけたと, 叩きながら, 叩き出した, 叩き出す, 叩き壊したの, 只の, 叮嚀に, 向うへ, 君には, 吟味し, 唇へ, 啄ついた, 啄つき出した, 喫しおわりて, 喰べ, 囲んで, 土蔵の, 垂れた秤, 壁へ, 壊したの, 売って, 変えた, 大皿の, 奥の, 奮発すれ, 好んで, 始末させたら, 子どもの, 子猫の, 守る侍女, 安坐を, 宝物の, 客の, 小さな古びた, 小竹さんに, 小脇にか, 少しずつ, 少しも, 左の, 差し出した, 差し出したが, 差し出したり, 差し出した時, 差し出す檀那, 差出しながら, 巻いたよう, 常連の, 平げて, 平らぐ, 平らげて, 幾つも, 床から, 床の, 床へ, 庭の, 廃品回収業者に, 廻したり, 廻す芸当, 廻わして, 式台の, 弔つた緒を, 引きさげ今度, 引きよせて, 引き出して, 引き寄せて, 引き寄せる, 引き将, 引出して, 引攫って, 引起こす, 彼が, 彼に, 彼の, 待つ中華料理, 後世の, 従卒に, 思い出して, 急いで, 急に, 恭, 悉皆打毀し, 悉皆打砕いた, 惜しがった, 惜しむの, 憐れむ心持, 懐に, 手元へ, 打ち割られて, 打割った, 打割りました, 打壊したり, 打毀して, 打毀す, 把って, 投げつけるガチヤンガラガラ, 投げ附けられ頭, 投っ, 折り残った紙, 抜身の, 抱えたが, 抱えたまま, 抱えながら, 抱え込んだ, 押し返した, 押遣り, 拒絶する, 拭いた, 拵えさせて, 持ちその, 持ちだしながら, 持ちて, 持ち上げた時, 持ち出して, 持ち去らうと, 持ち左, 持ち立, 持ったお, 持った女, 持った姐さん, 持った手, 持つたままぼんやり口, 持つた女, 持出して, 持出し来る, 指さして, 指した, 振る奴, 挽く者, 捧げたまま, 捧げた小僧, 捧げもち, 掃除に, 掌に, 掌の, 掛けて, 描いて, 描きはじめたでしょう, 提供し, 損じた, 損じたの, 損じましたと, 支えて, 支度し, 放りだして, 数えるとも, 数へるらしい, 數へる, 斜めに, 易介が, 景品の, 景氣よく, 暖めたん, 暖めて, 更える, 枕に, 架けその, 次郎の, 正面に, 此処へ, 殘した, 毀したから, 毀したの, 毀したもの, 毀したん, 毀した者, 毀すと, 毀損する, 求めに, 注文し, 洗いそれ, 洗いながら, 洗い出した, 洗い始めた, 洗い小声, 洗い荷物, 洗うかわり, 洗うため, 洗う女, 洗った, 洗った湯, 洗ってから, 洗つ, 洗つてゐる, 渡した, 渡しながら, 渡し物, 澤山作り天地の, 灌ぐとて, 焼いて, 煖炉棚から, 燒いた, 爪は, 片つけ, 片づけて, 片付けて, 片付けながら, 片付ける音, 片手に, 片方へ, 片附け, 独逸, 玄関番は, 珍らし, 現す小さな, 用意し, 白眼んで, 白菊と, 皆んな打砕い, 盗んで, 直ぐ綺麗, 真中へ, 眺めた, 眺めて, 眺めると共に, 眼で, 破った, 破って, 破つたから, 破られたん, 破りました, 破り飯櫃, 私に, 積んで, 空しゅうし, 突きつけた, 突つきながら, 窃みそれ, 窓へ, 立てて, 端まで, 箱ぐるみ搗摧き, 箸で, 紙で, 置かないと, 置き情, 置くと, 肩へ, 膝に, 膝の, 膳へ, 臥て, 自分の, 自慢で, 落して, 落すの, 蓋に, 衝き出すの, 袱紗に, 覆い背, 覆して, 見たいといった, 見たばかり, 見た事, 見つめて, 見つめるよう, 見なおしながら, 見ながら, 見なさい, 見まわしたり, 見られよ全く, 見るなり, 見下して, 見付けて, 見出すであろう, 見詰めるよう, 覗き込んで, 言ふ, 註文した, 調べながら, 貰ひ集めた, 貴下の, 買い残り, 買い重い, 買えば, 買おうと, 買おうなんぞという, 買ったの, 買っても, 買は, 贋物と, 超え汝, 足蹴に, 載せた白木, 載せた盆, 農家の, 近づけ念入り, 返した, 返して, 運びながら, 運び加代子, 運ぶの, 遥か下に, 那奴の, 配って, 銀盤で, 雪花石膏の, 頂いて, 頤の, 頭へ, 風呂敷に, 食べなければ, 食べ椀, 食卓の, 食卓へと, 餽る, 高くもちあげ, 鳴らさずに, 鳴らして, 默つて差上げます

▼ 皿~ (480, 13.5%)

24 して 21 盛って 16 入れて 11 のせて 7 した 6 載せて 5 のって, 分けて, 手を, 盛られて 4 入って 3 それを, つけて, 取つて, 移して

2 [18件] ついて, ぶつかるスプーン, 一寸した, 乗って, 代へた竹, 体裁よく, 入れること, 山盛りバイを, 残って, 浸ると, 盛つたものだ, 盛りて, 盛り来る, 箸を, 肉を, 転がる林檎, 附いて, 鯛のさ

1 [323件] あけては, あった, あつた, あつめて, あるてんぷら, ある焼餅一枚, ある白地鳥, ある細い, ある薄, いれると, うけて, うつして, おいしいおいしいご, おいてるけど, おかずやら, おがくずを, お漬物, かがみこんで, かけた布, こぼれて, ごちそうを, さうめん, さし, されるの, しこたま冷や, したが, しても, すてると, する興味, その盆, それぞれ箸を, たとえると, ちいさな皿, ついたの, ついたソース, つける, つけ飯, つまらぬ菓子, つめたく, つるされた魚蝋, とうすみ, なしサイサイサイ, なつて, のせず畳んだナフキン, のせたもの, のせた乾葡萄菓子, のせた匂, のせた婚礼麺麭, のせられたチーズ, のせられつつ, のせられて, のせるだけ, のせると, のせる丈, のせる事, のせ漆, のせ砂糖, のっかってるぎりでカラン, のったまま忘, はめた黒い, ぴちゃぴちゃと, ぶっかけるの, ぶつかける, ぶつかつ, ぶつかる乱暴, ほごして, まき羊羹, まっかな, もっと山盛り, もられたこのみ, もられた女王, もりました, もり上げさじ, もり見むと, ゃあといた絵具が, よそって, よそつた, よそふ, わけて, わけるの, インキ様の, カチリと, カンヅメの, ギー, クラッカーと, コップを, コツ, サーヴする, シガレットを, スプウンの, ハムを, バイを, パンを, 一つごろりと, 一ぱい盛った, 一ぱい盛つて附けた, 一対の, 一尾ずつ, 一山ずつ, 一杯です, 一杯盛っ, 一杯食い, 七匹の, 上絵を, 並べて, 乗せて, 乗つて, 乗る, 乘せ, 乾山に, 二切を, 二十プロセントの, 代って, 似た禿, 何が, 余る尺, 便利な, 僕の, 充ちて, 入った油, 入つた海苔卷鮓, 入れそれ, 入れた時, 入れた時間, 入れた鷄肉, 入れないで, 入れる頓馬, 入れ上端, 円形で, 出て, 切って, 刺身の, 刺身を, 割けて, 匙を, 及ぶさまざま, 取って, 取つた, 取りざんぐりと箸, 取りつけて, 取りますが, 取りわけ, 取り分けながら, 同じ重, 向いながら, 向いぬ, 向った, 向って, 吸わせて, 堆くサンドウィッチ, 堆し, 夢の, 大山も, 妙な, 宝探しを, 宝石を, 容れて, 小さく裂き, 小さな灯, 小形小刀の, 小指くらいの, 少しばかり, 少し分け, 就いて, 就いても, 山と, 山も, 山盛の, 山盛りに, 山盛りの, 山盛り配られた, 当って, 当る音, 影響し, 御馳走を, 復されたるなど, 思想を, 愚かしく積まれ, 手が, 拡げた一側, 拾銭玉一ツ入れ, 持って, 持つて, 掬い上げ熱心, 描かれたる女, 描かれた一五四〇, 描くの, 敷かれて, 新しい野菜, 曲ったフォーク, 棲んで, 横たわり蹴爪, 残ったもの, 残った汁, 残つた今, 残れるカステーラ, 殘る, 気がつくと, 水の, 水滴が, 油は, 油も, 泛べた, 注いだ, 添えて, 湯気の, 溶いたり, 濁り酒, 濁酒などを, 焼肴とか, 燃えて, 牛肉が, 牛酪を, 瓜の, 男の, 盛ったちょっとした, 盛ったの, 盛ったカレーライス, 盛った二鶏, 盛った山家, 盛った牡丹餅, 盛った物, 盛った真紅, 盛った精進日, 盛った肉, 盛った食事, 盛つたお, 盛つた軍医の, 盛つてある, 盛つて送, 盛つて運ん, 盛られたまま, 盛られたまま晩食, 盛られたナンキン豆, 盛られた百虫, 盛られた真紅, 盛られた裸像, 盛られた青い, 盛られた魚, 盛られると, 盛り, 盛りあげて, 盛りそれ, 盛りたるもの, 盛りたるマルボントース, 盛りたる西洋独活出, 盛りながら, 盛りわけて, 盛り上げたの, 盛り上げて, 盛り上げコップ酒, 盛り上った翡翠, 盛り分けて, 盛り小物, 盛り新, 盛り滴る樣, 盛るだけしか, 盛るべく命じて, 盛るサラド, 盛る際, 盛ろうと, 目が, 相違なかっ, 眼を, 砂の, 移し, 移したもの, 移しながら, 移すと, 移ると, 積んでの, 穴を, 箸つけに, 米を, 紅の, 紅梅の, 紫の, 組立てた, 結びつけた, 絵を, 置いた, 置かれしさま, 置かれてる塩鮭, 置きうつむいて, 置きます, 置きコップ, 美しく鷄肉, 肉塊を, 至っては, 茄子の, 落しながら, 落ちる, 葡萄を, 葱と, 薄暗い明り, 装って, 視線を, 触れる音, 赤いいちご, 赤壁の, 赤裸の, 足を, 載せ, 載せたの, 載せた一片, 載せないで, 載せられも, 載せられるやう, 載って, 載つて, 近附いた, 過度の, 金を, 開いて, 青く輝いた, 頬を, 頭を, 餌が, 鮎の, 鯛が, 鶏肉の, 麪麭を, 麪麭一片を

▼ 皿~ (210, 5.9%)

8 出て 5 置いて 4 あった 3 あって, ありその, おいて, 運ばれた

2 [13件] ある, あれば, お膳, ならんで, 一枚, 一枚あつ, 一枚なく, 世間に, 並んで, 眼に, 落ちて, 運ばれました, 順々に

1 [155件] あつた, あり片側, あるそう, あるだろう, あるでしょう, あるとか, あるの, いわば鉋屑, うごめくよう, おさじ, おどったほど, お目, きれいだ, さがると, ずうっと, ずらりと並列, そこに, そのままに, た, たくさんの, ついた膳, ついて, できるとさ, とんだり, どうも贋物, ないから, なくな, なければ, ならびそれ, のせて, はげて, ひっくりかえった, ぶら下って, また光っ, みんな損じる, よんでも, われて, カチカチと, カラに, ペッタリと, 一つあった, 一口に, 一揃いその, 一枚出, 一枚床板の, 一枚損じました, 一枚高貴な, 三十枚あります, 三四分ごとには, 三枚私たちの, 不潔であったら, 不足し, 並べられた, 並べ立てられた, 乾くと, 二つも, 二つ置かれ, 二ツながら, 二三枚重なっ, 二枚, 二枚しか, 二錢で, 五つマグロの, 五つ六つ並ん, 今でも, 健啖家の, 備へ, 光る, 光るホーク, 兜の, 入って, 八千円の, 内へ, 出たとき, 出ても, 出ましたので, 出る, 割れたと, 割れた様, 動いて, 十二枚そろっ, 十二銭五厘飯が, 可哀想であった, 合さつて, 周囲に, 四つコップが, 土と, 増したこと, 大方空, 天井迄, 嬉しかった, 客の, 小さくても, 帳場の, 幾つか, 幾つも, 幾らか渇, 廃れかけたの, 引込んで, 往来へ, 微塵に, 悉く割れた, 惜しさ, 投げすてられ大きな, 拡張すれ, 持つて, 換って, 政治を, 文久二つで, 暑い日, 来る黄色, 棚には, 権衡を, 横木に, 次から, 次ぎ次ぎに運ばれる, 此処の, 残って, 毀れたり, 毀れて, 毀れると, 比較的明瞭, 浅いところ, 済んで, 漸く運ばれ, 片付けられる毎, 現はれた, 現われる頃, 畳の, 當てられ, 白い煙, 盃に, 盗まれる, 目に, 私たちの, 竝んで, 紅玉釉薬の, 置きッ, 落ちてないか, 薄くそれ, 行列し, 見えて, 見つかると, 赤玉白玉, 転がり落ちて, 輪を, 運ばれて, 運びだされた, 重ねられその, 重り合つて, 降って, 際限も, 飛ぶもの, 飛ぶ徳利, 飾られて

▼ 皿~ (117, 3.3%)

2 すべりて, その中央, 家の, 小判の, 年齢により, 言って

1 [105件] いうに, いくら食い荒らされ, いずれも, いつさら, いつの間にか新しき, いづこ, おおむねたいらげられ, お母さんが, お譲り, これ迄に, こわれ易い, さっさと始末, すべすべなめ, そこに, そちが, そのままに, たくさんあります, とくゆり落され, ところどころ欠けた, どうかお, どっさりあった, ない, ないの, なかつたが, はいこんな, ひどいわよ, まことに暗示的, まだいっぱい, まともに, まア何で, みんなこんな, もう井, もとよりりっぱ, わったり, ヒラ, ルイ王朝時代の, 一円といふ, 一分立たぬ, 一寸の, 一応検め, 一枚欠け, 一皿が, 上らないよ, 下で, 中川君から, 主人の, 二個三個からからと, 人の, 今まで, 伏せられて, 何んだ, 余程お気, 使は, 冷えて, 別の, 十枚あった, 古びも, 周囲に, 天に, 実に結構, 実は向側, 富みの, 少年の, 幾枚あり, 庭の, 引込まされて, 彼が, 恭一の, 手が, 投げられた, 昔から, 昔の, 普通, 更にまじまじと, 最上等, 最後に, 有名な, 東山家伝来の, 横に, 次々と, 決してとりかえたくない, 注ぎたり, 涙で, 深淵の, 漆器である, 片端から, 牛丸の, 生きものであった, 皆きれいで, 竹だつた, 素焼だ, 紫が, 職人に, 自然に, 至って, 芥子坊主の, 若いチャック, 若いチヤツク, 誉める人, 跳つて小刀は, 飛ぶ, 食べず早く, 食われぬ, 高畠家の, 髪の毛の

▼ 皿~ (104, 2.9%)

13 盛って 9 入れて 4 バターを 3 入れます, 載せて 2 とって, 出して, 少し湯, 移して

1 [64件] あければ, あんまり一杯, うつすという, こぼして, つけた, とったそう, ともすあの, とりわけようと, とりわけるにも, とり分けられてから, にじり寄って, ぱちつとフオクを, ぶちまけると, もりわけるの, よそひ始めた, ザーッと, スープや, スープを, ヤマベを, 丁字が, 並べたもの, 並べた時, 並べます, 入れた時バター, 入れる, 入れる時, 入れる時玉子, 其豆を, 加えられる, 匙を, 卵を, 取って, 取りこんだ, 取分けて, 團子が, 墨汁を, 妻は, 山盛り持つ, 当てカチンカチン音, 御馳走を, 手を, 投げこんで, 投げ込んで, 指を, 掬い取っても, 料理の, 本能的に, 湯を, 溢れ出ますから, 玉子の, 盛ったの, 盛った食物, 盛る時, 盛る時それ, 眼を, 移した, 置いた, 羊羹の, 落ちる, 装込むだ, 載せるの, 載せナイフ, 酒を, 黒いスープ

▼ 皿~ (103, 2.9%)

7 小鉢を 4 パンの 3 鉢が 2 ナイフの, フォークを, 亭主お前とこは, 小鉢や, 洗ひ, 茶碗を, 鉢を

1 [75件] お酒, しきで, そのほか, コップが, コップなどを, コップの, ナイフなぞが, ナイフや, ナイフを, ナイフフォークも, ビールや, フォークの, ホークの, 丼などを, 丼の, 丼を, 何かを, 凡ての, 匙を, 古画等, 大事な, 天鵞絨を, 寒気と, 折り畳んだナフキン, 敷物に, 暖気に, 杯の, 椀の, 椀側には, 様々な, 汚れ器を, 洋燈を, 深皿, 湯婆粗末な, 火鉢を, 盃を, 砂糖を, 硯や, 碗が, 空に, 笊を, 糸や, 給仕人や, 罫紙の, 花瓶は, 花瓶や, 茶碗でばかり, 茶碗と, 茶碗などを, 茶碗の, 菓子皿や, 葡萄酒や, 行灯皿, 西瓜だの, 酒なども, 酒壜や, 酒徳利を, 酒瓶が, 酒盞しか, 醤油の, 重箱の, 鉢など, 鉢などは, 鉢の, 鉢は, 鉢ものが, 鉢や, 銚子を, 鍋でも, 鏡の, 食ひ, 食器を, 飯の, 飲物などが, 高坏に

▼ 皿~ (100, 2.8%)

3 ナイフと 2 お茶を, スプウンの, ビールを, 一緒で, 一緒に, 水さしと

1 [85件] いっしょに, いったら殆ど, がたがたする, この皿, したが, その側, それらの, それを, なったが, ならぬごとく分解的研究, はたきと, まるで乾いた, カンヅメを, カーテンが, クワス一本を, グラスを, ナイフフオクを, ナマ一杯で, バケツ一杯の, フォウクだけに, フォウクを, フオークお盆の, フライの, ブルンビアなる, ベッド, 一壜の, 一本の, 一杯の, 並べて置い, 並んで, 云うの, 云ったよう, 五円札とを, 伴ふて, 例の, 入れ違, 刷毛を, 匙に, 取り替えた, 取換えようと, 古い小さい油壺, 同じ匙, 同じ高, 壺を, 大きな乳入れ, 大きな飯匙, 大皿で, 完全に, 対照した, 小さな壺, 徳利とが, 拡大鏡とを, 擬した, 料理に, 新らしい, 普通の, 替えて, 木皿に, 果物とは, 灰落し, 牛乳の, 王さまが, 皿の, 盛方は, 笊に, 箸を, 綺麗な, 老い増さる, 茶盆とを, 茶盆を, 茶碗を, 葡萄が, 言うても, 言へば, 足の, 透きとおった薄手, 鉢に, 銚子と, 銚子を, 鍵が, 限られて, 飯を, 香の, 高価な, 鵞鳥の

▼ 皿小鉢~ (95, 2.7%)

3 の音, の類, を洗う, を洗っ 2 といっしょ, の触れ合う, や椀, を一

1 [75件] から下駄一足, から箸茶碗, がきたない, がこてこて, がずら, がむやみ, が乱脈, が光っ, が出る, が散らされ抛り置かれた, が暗い, が滅茶, が落ち散った, が衣類, が躍る, が音, ぐらいちょこちょこ, じゃ, だの火, だの飲み, でお姫様, と調和, にどんな, に箸, のいくら, のよう, の割れる, の始末, の散乱, の日本的, の洗い, の甲高, の行列, の類い, は仕舞い, は粉々, は落ち, ばかりで, までめちゃめちゃ, まで一, まで叩きつける, やテーブル, や倒れた, や徳利, や鍋, をうごかす, をがちがち, をさげ, をふい, をガチャガチャ, を並べ, を入れる, を出し, を十幾枚, を卓, を叩きはじめました, を寄せる, を引出物, を手早く, を打, を投, を抛っ, を洗った, を満す, を片, を片づけよう, を片付け, を片付ける, を病人, を破したらしい, を積んだ, を老婢, を食卓ごと, を鳴らし, 睨め廻すは

▼ 皿~ (66, 1.9%)

3 三皿も, 茶碗も 2 ある

1 [58件] あった, ありそれぞれ, うちつづいた野菜料理, うまい, お代りした, かなり並ん, そうな, そのままいろり, それが, ですか, ない, なにも, ならび鰊, なんにも汚れてない, ひきずって, カーテンの, 僕の, 八千代サンが, 公爵夫人の, 共に俗, 出して, 出たりなんぞ, 出て, 半額だ, 参りましょう, 口を, 固まらないやっと, 固まらないやつ, 小皿も, 差置いたが, 平も, 平らげるという, 料理を, 新公, 梵語幡も, 油も, 洗って, 洗つてあります, 満足に, 父の, 用意し, 白魚の, 皆な, 皆二人前, 皆黄, 盃も, 碗も, 箸も, 脚も, 自分の, 重ねて, 鎌と, 青年一人で, 食って, 食ひ, 食べたこと, 食べたの, 食べに

▼ 皿から~ (44, 1.2%)

5 眼を 2 その小さい, 血を

1 [35件] うたいだす二十四匹, おろしこんど, お副食, こぼれ落ちたスープ, すこしずつ, つまみあげられた一片, とりだして, なんでも, はみ出しそう, カリフォルニヤの, リンゴを, 取って, 取り上げると, 口の, 始まるらしいの, 成る夜食, 手づかみで, 捻るやう, 摘んで, 普通食の, 残品を, 氷菓と, 浚ったか, 湯気の, 燃えゆらぐ小さな, 牛肉を, 物を, 畳鰯を, 直接飲もう, 私を, 肉をと, 自分の, 葛ざくらの, 顔を, 食物を

▼ 皿には~ (40, 1.1%)

1 [40件] いつも虫, きつと, じやが, その湖水, つけないもの, なんと南洋, ませこけた小, まだ眞赤, やや薄, クロチョウ貝を, コロッケと, デコレーションの, 一と, 一撮みの, 一驚, 三角な, 何れだけの, 刺身一つの, 各別種, 大きな骨, 大根を, 山盛の, 御存知の, 昔は, 昼でも, 残って, 水っぽい新鮮, 水を, 清らかな, 焼き肴, 燈心の, 燻製の, 相対した, 細かく刻ん, 菊の, 西京の, 読者も, 野菜と, 鶏の, 鶫を

▼ 皿~ (27, 0.8%)

2 あつた, 要求に

1 [23件] あらうと, おかわり, おさえて, おめ, かずは, がすもの, ごちそうを, そう度胸, それも, は腹, もさうである, パイ缶を, 充満された, 彼らと, 成程, 欠けたり, 満足だ, 犬に, 白痴を, 美人が, 色は, 野菜を, 食事を

▼ 皿~ (26, 0.7%)

2 の山の手, の荒物屋, 鴉に

1 [20件] かけて, とやらのお, の, のお, の仙太, の仙太郎, の仙太郎親方, の化物屋敷, の家, の寺, の杉崎先生, の某, の親分, の長, へ声楽, へ帰っ, までは行きますまい, まで一時間, まで往復, を引き払っ

▼ 皿~ (26, 0.7%)

2 の最後, への唄, への妖怪

1 [20件] がで, のきまった, のふんだん, の多い, の多少, の少い, は少く, は青紫蘇, へに最適, への化け物, への唄一個, への形, への文句, への方, へをする, へ唄, をつける, を並べ, を胡麻化, を重ねる

▼ 皿屋敷~ (25, 0.7%)

4 のお

1 [21件] か, があっ, があった, が誰, だ, だの思わず, であるとか, などの声色, なんかよりその, にきま, のよう, の井戸, の侍女, の凄味, の幽霊, の故実, の菊, を偽装, を利かせる, を演じ, を見せ

▼ 皿~ (17, 0.5%)

6 あるいは丼鉢 3 丼鉢へ 2 二皿かを 1 ずばかり, 三皿誂え, 何か, 何かを, 出たが, 四皿です

▼ 皿まで~ (13, 0.4%)

2 舐れと

1 [11件] じゃ, もと住職, 代えて, 勘定書に, 嘗めて, 噛ろうという, 彼は, 彼奴帰れ, 舐れだ止むを, 舐れで, 舐れもう

▼ 皿~ (12, 0.3%)

2 のと 1 と心得, と批評, どれも, のいふ, のが, のは, ものそれほど, よ野菊, わ, クソドシドシ

▼ 皿にも~ (12, 0.3%)

2 手を 1 あくどい色, フグ料理は, 一パイに, 丁字が, 乾果物の, 塵が, 殆どこれ, 溢れて, 現像の, 載せがたき

▼ 皿などを~ (11, 0.3%)

1 [11件] こっそり廃品回収業者, のせて, 並べて, 乱雑に, 借りに, 叩かんで, 庭に, 洗って, 用いられて, 逆樣, 飾り上手

▼ 皿子台町~ (11, 0.3%)

3 にいる 2 の荷足 1 じゃア, でございますが, ですから, の侠客, の宅, の者

▼ 皿~ (10, 0.3%)

2 を洗っ 1 が昇っ, について史家, に対して持った, のこわれる, の系統, を取, を見廻し, を選んだ

▼ 皿とを~ (9, 0.3%)

1 もって, テーブルに, 与えて, 乞食に, 予の, 吸い着けて, 幾つか, 澤山に, 鷲掴みに

▼ 皿でも~ (8, 0.2%)

1 あるいは外, いいから, ようございます, 其土地の, 構いません, 洗つてゐたらしい, 石皿で, 蓋が

▼ 皿ばかり~ (8, 0.2%)

2 食って 1 でなく水瓶, でなく水甕, やりながら, 焼いて, 覗いて, 食べて

▼ 皿までと~ (8, 0.2%)

1 云うよう, 云ったよう, 云って, 云つた, 収賄し, 度胸を, 無抵抗な, 表へ

▼ 皿~ (8, 0.2%)

2 を持つ 1 には菠薐草, のシチウ, のバイ, のビフテキ, は日本風, を所望

▼ 皿だの~ (7, 0.2%)

2 茶碗だの 1 分銅だの, 卷物だ, 珈琲茶碗だ, 筆だの, 軽石だの

▼ 皿子坂~ (7, 0.2%)

2 の中腹 1 の上, の下, の崖, の途中, はひどく

▼ 皿それ~ (6, 0.2%)

2 に味噌 1 でさえ御馳走, にビール, に白牡丹, もよし

▼ 皿~ (6, 0.2%)

1 に結んだ, のもの, のボルタメーター, の頭, の飛空機, を成し

▼ 皿だけ~ (5, 0.1%)

1 お添えしやす, たべて, です, 見せる相, 高く差し上げ

▼ 皿との~ (5, 0.1%)

1 写生である, 外を, 外見は, 注文が, 間に

▼ 皿などが~ (5, 0.1%)

1 すべって, カチンカチンチヤラ, 並べられて, 寺の, 足の

▼ 皿なども~ (5, 0.1%)

1 あって, いつ用意, 一二枚は, 用意し, 磨き立てて

▼ 皿よりも~ (5, 0.1%)

2 出る物 1 ずっと大きかっ, もっと軽々と盛り上がっ, 浅い

▼ 皿一枚~ (5, 0.1%)

1 が五分間, といっ, に一杯, に換えよう, をさげ

▼ 皿ぐらい~ (4, 0.1%)

1 ありそう, あるの, お代りを, 出て

▼ 皿だけが~ (4, 0.1%)

1 不思議な, 机の, 残されて, 荒らされて

▼ 皿である~ (4, 0.1%)

1 から信助, ことは, と云いました, 種の

▼ 皿とか~ (4, 0.1%)

1 壺とか, 或は人物, 手燭とか, 鉢とかは

▼ 皿より~ (4, 0.1%)

1 パインアップルの, 退き彼, 鉢の, 飛び出で遁げ

▼ 皿~ (4, 0.1%)

1 割ったそう, 割っただ汝受人, 割っちゃ, 毀したからって

▼ 皿~ (4, 0.1%)

1 がうたい, がどんぶり, がドン, というもの

▼ 皿~ (4, 0.1%)

1 ひか何, ひにな, ひを, まで五人

▼ 皿洗女~ (4, 0.1%)

1 としゃべった, はやせた, は云った, は真面目

▼ 皿~ (4, 0.1%)

1 のかち合う, のふれ合う, を砕く, 飛んだ騒動

▼ 皿食っ~ (4, 0.1%)

1 て一時, て七銭, て又, て茶代

▼ 皿かの~ (3, 0.1%)

2 料理を 1 皿が

▼ 皿ごと~ (3, 0.1%)

1 とりか, ひっくり返して, 廻って

▼ 皿ずつ~ (3, 0.1%)

1 こしらえて, 召上ったら, 置かれて

▼ 皿つい~ (3, 0.1%)

1 てあたり, ていた, て四十銭

▼ 皿という~ (3, 0.1%)

1 奴は, 組合わせ, 貝殻が

▼ 皿ほどの~ (3, 0.1%)

1 半円を, 料理を, 眼で

▼ 皿までという~ (3, 0.1%)

1 ことが, 料簡に, 気に

▼ 皿みたい~ (3, 0.1%)

1 なもの, な物, に揺れ

▼ 皿をも~ (3, 0.1%)

1 心して備えたい, 有せしが, 置けり

▼ 皿一杯~ (3, 0.1%)

3 の水

▼ 皿八銭~ (3, 0.1%)

2 の秋刀魚 1 のフライ

▼ 皿~ (3, 0.1%)

1 と一碗, を取る, を白く

▼ 皿盛り~ (3, 0.1%)

1 がタップリ, が取れる, の御飯

▼ 皿茶碗~ (3, 0.1%)

1 など買うたりき, の疵物, をがちゃがちゃ

▼ 皿からは~ (2, 0.1%)

1 なれても, 温かそう

▼ 皿かを~ (2, 0.1%)

1 取つてビール, 執って

▼ 皿じゃ~ (2, 0.1%)

1 あない, そりゃない

▼ 皿その他~ (2, 0.1%)

1 変ること, 色々コーヒー

▼ 皿だけは~ (2, 0.1%)

1 下って, 残りました

▼ 皿だけを~ (2, 0.1%)

1 取りよせて, 提供し終る

▼ 皿では~ (2, 0.1%)

1 あるが, なく皿

▼ 皿~ (2, 0.1%)

1 かまは, のです

▼ 皿など~ (2, 0.1%)

1 見る目, 重ねて

▼ 皿などとは~ (2, 0.1%)

1 全然手, 全然手ざわり

▼ 皿などに~ (2, 0.1%)

1 自分の, 達者に

▼ 皿などは~ (2, 0.1%)

1 じつになんとも風變, 数には

▼ 皿によって~ (2, 0.1%)

1 あいつは, 支えられるの

▼ 皿のうへに~ (2, 0.1%)

1 もられた兎, 眼を

▼ 皿ばかりの~ (2, 0.1%)

1 軽い食事, 酒の

▼ 皿へでも~ (2, 0.1%)

1 あるいは丼鉢, 最初に

▼ 皿へは~ (2, 0.1%)

1 ちっとも手, 大きいの

▼ 皿ほども~ (2, 0.1%)

1 あるがんもどき, 精気の

▼ 皿~ (2, 0.1%)

2 はし

▼ 皿または~ (2, 0.1%)

1 破損した, 経木の

▼ 皿までが~ (2, 0.1%)

1 そこへ, 染んで

▼ 皿みな~ (2, 0.1%)

1 われて, 割れて

▼ 皿やら~ (2, 0.1%)

1 椀なぞを, 椀やら

▼ 皿やを~ (2, 0.1%)

1 おいて, 片寄せて

▼ 皿マイセン焼~ (2, 0.1%)

2 の陶もの

▼ 皿一つ~ (2, 0.1%)

1 でない事, 落とさず汁一滴

▼ 皿三スー~ (2, 0.1%)

1 のデザート, の野菜

▼ 皿二円~ (2, 0.1%)

1 のあやし, の鯛

▼ 皿五円~ (2, 0.1%)

1 のおでん, の天婦羅

▼ 皿~ (2, 0.1%)

1 では胃, は独り占め

▼ 皿喜捨~ (2, 0.1%)

2 して

▼ 皿~ (2, 0.1%)

1 の上, へ置いた

▼ 皿~ (2, 0.1%)

1 ともいい, の事

▼ 皿~ (2, 0.1%)

1 にし, の眼

▼ 皿子あたり~ (2, 0.1%)

2 の貧乏人

▼ 皿子台~ (2, 0.1%)

1 から海, の方

▼ 皿小鉢跳~ (2, 0.1%)

1 り出すや, り出すやちんからり

▼ 皿巻き~ (2, 0.1%)

2 をし

▼ 皿持っ~ (2, 0.1%)

1 て上っ, て来た

▼ 皿持つ~ (2, 0.1%)

1 て來, て態

▼ 皿朝夕~ (2, 0.1%)

2 に同じ

▼ 皿注文~ (2, 0.1%)

1 した, するでなく安い

▼ 皿~ (2, 0.1%)

1 が高く, にあまり

▼ 皿~ (2, 0.1%)

1 で此見, になっ

▼ 皿~ (2, 0.1%)

2 茶碗などが

▼ 皿~ (2, 0.1%)

1 の重量, は先

▼ 皿~ (2, 0.1%)

1 は床格子, をとり

▼ 皿見た~ (2, 0.1%)

2 ような

▼ 皿註文~ (2, 0.1%)

1 したら鰯, して

▼ 皿~ (2, 0.1%)

1 ひ眼科, ふ

▼ 皿~ (2, 0.1%)

1 のテリ焼, の乾肉

▼1* [233件]

あたりへ仕切っ, 皿あつたつて, 皿あらゆる破片の, 皿ありつきな, 皿あるいは盆あるいは, 皿いっぱいの酢, 皿いづれも工, 皿うらなつて思ふ, 皿せったいし, 皿おいてある, 皿お菓子果実フランスボンボンそして食卓, 皿かざり棚と本棚, 皿かと尋ねましたら非常, 皿からへつって, 皿がたの花, 皿がちやんと, 皿きりでも構わない, 皿くい四回も, 皿くださいな, 皿くつてお, 皿ぐらいの肴を, 皿ぐるみ手元にとってとう, 皿けろりと食べて, 皿こしらえようと考えた, 皿これだけで二人共満腹, 皿ごと床に叩きつけ, 皿さえ無ければ, 皿すすり込んでしまう, 皿すでに洗いおわり, 皿そっくりである, 皿それから菓子を, 皿たちがいっせいに, 皿だけしか食べませんでした, 皿だって打砕けば, 皿やがいも一皿, 皿づつ出して, 皿でなければならない, 皿といふものや, 皿とがあるが, 皿として二つの, 皿なぞを順にそこ, 皿などで北陸産の, 皿などのあろう筈, 皿などまで並べて, 皿なべし蕗の, 皿なる鰯冰れる, 皿なんか洗って, 皿なんぞが載って, 皿にあたる音が, 皿にかけて捧げグイ, 皿にくッつけ, 皿にだけ向けられて, 皿についてもいうこと, 皿にでも盛って, 皿にね帰りがけに, 皿にのつけて, 皿にのみ花鰹節が, 皿にはをどる肉さかな, 皿に対して湧き起るの, 皿のうへで甥の, 皿のせてもち, 皿のみを見詰めて, 皿ひとつひとつにそれぞれ, 皿まだ飯一椀私に, 皿までといふ風な, 皿までの心理で, 皿までも舐める男, 皿めぐんでやっ, 皿もらってようございますか, 皿深い大きい壺, 皿わられるな, 皿をがちょうの, 皿をねかうひよつと, 皿をのつけて, 皿をはひ浴衣, 皿をもってする式, 皿ア打挫いて, 皿ウイをのむ, 皿コップなどを客室, 皿コップ室内の装飾等, 皿シャンペン一本スシ十人前それにサービス料二割, 皿タコ二十八人前マグロサシミ二十五人前果物五皿シャンペン一本スシ十人前それにサービス料二割, 皿ナイフフォークなどが乱雑, 皿ナイフフォークスプーンなどという必需品, 皿ナンカニ載セナイデ, 皿一方ニ片寄セテ, 皿ペン置きコップ, 皿ヶ峰は特殊, 皿一つ茶碗一つない, 皿一ツである, 皿一円のカレーライス, 皿一本燈心の明り, 皿一枚兎に角自分, 皿一枚周匝に扇形, 皿一点というところ, 皿一皿良人の口, 皿一面に並べ, 皿七銭と書い, 皿三方などを折ッ, 皿三枚エハガキなど買った, 皿に白蛇, 皿下さつた今日の, 皿を見つめ, 皿主人が取次ぎ, 皿利息相加へ, 皿二つを捧げ, 皿二フランの肉, 皿二十カペイキのサラダ, 皿二枚とスープ, 皿二皿喫ってビール, 皿二皿喫つてビールを一本, 皿五厘でそれ, 皿五圓なり, 皿五枚を入れたる, 皿五銭丼メシをシロ, 皿何人前と箱書き, 皿何人前膳何人前などと箱書き, 皿つて, 皿八枚を置いた, 皿六皿から始まるらしい, 皿出してあげたい, 皿分天降ったらすぐ, 皿初茸汁したし物, 皿割る罪や, 皿十三枚男女名取中の寄附, 皿十円も二十円, 皿十枚を加えろ, 皿十銭のおこわ, 皿取って食べる, 皿茶器装身具文具など, 皿古きがゆゑ, 皿同じフォークで, 皿向付香炉観音像などが生干し, 皿けて, 皿ってビール, 皿喫つてビールを一本, 皿ふ, 皿四つに好, 皿四皿の小料理, 皿土瓶などを見かけます, 皿の中, 皿多く加えること, 皿子二本榎猿町白金辺を持場, 皿子台上の汐見坂, 皿子坂月の岬住人, 皿子高輪まで燃えぬけ, 皿ばち, 皿小皿というよう, 皿小鉢丼鉢椀がある, 皿小鉢何枚かの盆, 皿小鉢大皿までお, 皿小鉢林立する徳利, 皿小鉢油燈等を置き, 皿小鉢茶を入れたる, 皿小鉢銚子を運ぶ, 皿小鉢鐵瓶火箸見境もなく, 皿屋敷朝顔屋敷とかくに, 皿山越えゆかん道, 皿干柿鰺の乾物, 皿平らげてしまっ, 皿平らげたといふ豪傑, 皿形樣の火山彈, 皿彼等の生活, 皿御馳走して, 皿徳利などの物, 皿徳利片口など多く, 皿忽ちにして, 皿或は盆或は, 皿投げを試みた, 皿持ち来たりて士官次室, 皿持てこ汁飲ましょって, 皿振舞っておく, 皿握りが七ツ八ツ, 皿支那ソバのどんぶり, 皿数オムレツカツレツビフテキ等々見るからに, 皿数千円もする, 皿検めの時, 皿油壺斯ういふ, 皿油皿油壺斯ういふ, 皿洗ひまでさせられ, 皿炭等々を買, 皿とチキンパイ, 皿焼酎二杯の自, 皿燈明台供物台等は多く, 皿燭台花瓶木刻金色の蓮華, 皿状花冕を据え, 皿独楽のよう, 皿瓶酒盃水入れのよう, 皿皆十圓なり, 皿盛寿司を売り出した, 皿破片全部別送仕候あいだ, 皿碗土瓶徳利口附片口擂鉢水差何でも揃える, 皿磁器陶器土器金銀細工物銀の器具, 皿である, 皿に飾つて樂, 皿端書亜鉛板鉄葉鉛の銃弾, 皿筆おき刷毛毛氈の類, 皿粉挽の鉢, 皿結びといっ, 皿という小説, 皿置いてある, 皿の甲羅, 皿良人の口, 皿茶わんのかけら, 皿蒸魚が一皿, 皿蕎麦一椀朝日一袋一切合財で一円四十銭, 皿袋入りのバター, 皿誂えて妾たち, 皿調理されて, 皿貰うて来ました, 皿貰つたが, 皿買ったり牛肉屋, 皿買つて來て下さい, 皿赤色燈それだけは, 皿越しに突然, 皿よこ, 皿迄と我が突殺, 皿道具鳴る中, 皿酒一本それだけでまことに, 皿鉄瓶バケツその他いろんな瀬戸物類, 皿鉢盃洗猫足膳などを手当り次第, 皿鉢等を選び, 皿鉢行灯といった世帯道具, 皿銚子を二本, 皿鍋釜箸などを洗う, 皿の間, 皿食うときばかりは, 皿食ったかその, 皿食べたところで, 皿食べたらそれが, 皿魚肉雲雀酒盃而して, 皿鰊皿であらう, 皿の耳