青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「皺~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

皆んな~ 皇~ 皇帝~ ~皮 皮~ ~皮肉 皮肉~ ~皮膚 皮膚~ ~皺
皺~
~皿 皿~ ~盃 盃~ 盆~ 益~ ~益々 益々~ ~盛 盛~

「皺~」 2403, 26ppm, 4496位

▼ 皺~ (669, 27.8%)

125 寄せて 63 よせて 26 刻んで 15 伸して, 伸ばして, 寄せながら 14 のばして 13 寄せた 10 よせた 7 よせながら 5 つくって, 延ばして, 見て, 額に 4 寄せたが, 寄せたり 3 よせるよう, 作って, 刻みながら, 寄せる, 深めて, 湛えて, 眉間に

2 [22件] きざみこませ口, きざんで, のばす, もう額, よせました, よらせて, 伸ばしながら, 作ったり, 努めて, 寄せぬ, 寄せました, 寄せる癖, 寄せ口, 寄せ歯, 延ばしながら, 描いて, 殊更深く, 沢山寄せ, 深くし, 眉根に, 織り込ませて, 顔に

1 [273件] あつめて, あの晩, うかべて, うごかして, うまくまねる, えがいて, かくきれい, かくした顔, かくしてを, かぞえること, きざませた, きざみ最初, きざみ白い長い, きざんだ兄, くすぐったげに, くすぐつたげに疊ん, くぼませて, ぐっと深く, こさえて, こさえ瞳, こしらえただけ, こしらえて, さも嬉し, そのままに, その両端, そらおぼえに, たたいて, たたえて, たたみ込まれて, たたんだ, たたんださざ波, たたんで, ちょっと刻んだ, つくった, つくったり, つくつて, つくりながら, つくり落涙, つくる, つけて, つけ飾り立て, とらえた, なおしアンナ・リヴォーヴナ, なお深く, のぞきますので, のばさう, のばしかねないさわぎなん, のばした, のばした一通, のばした紙, のばし手習帳, のばし筋, ひっぱって, ひょうきんな, ふかめた日本, ぽんぽんと, みせた, みて, もった広い, もつ顔, ゆつくりのばし, よせ, よせその, よせそれ, よせただけ, よせたり, よせた影, よせなまり, よせむずかしい, よせる, よせるに, よせるの, よせギュッ, よせ不自然, よせ久美子, よせ斜, よせ時々, よせ眼, よせ苦し, よせ血眼, よせ軽侮, よせ鼻腔, よらせさも, よらせた, よらせふくらませて, よらせ片手, わざとちぢめる, ジワジワと, パラパラと, ピクリとも, 一本たたん, 丁寧に, 二三本もりあがらせ, 二本よせ, 二筋深く, 伝う幾条, 伸しちや何ん, 伸しながら, 伸しました, 伸すよう, 伸ばします, 伸ばしブラウス, 伸ばし手巾, 伸ばす, 伸ばすため, 伸ばすよう, 伸ばすアイロン, 何十万年と, 作つてゐた, 作つて眞白の, 作りたいの, 作りながら, 作りベタベタ, 作ツて, 入れなければ, 全身に, 六ヶ敷相に, 再び眉間, 出して, 刻まして, 刻まれ焼き固められてるかと, 刻みつ, 刻みつつ, 刻みましょう, 刻みます, 刻み歯, 刻み消え失せて, 刻み満面, 刻み痩腕, 刻むこと, 刻むそよ風, 刻むの, 刻んだ口, 刻んですご, 勘定し, 口と, 口に, 口の, 口べりに, 叮嚀に, 唇に, 増して, 増やして, 大きく揺りうごかした, 寄する如くである, 寄せ, 寄せただけ, 寄せた儘, 寄せた器量, 寄せた覆面, 寄せた途端, 寄せつ, 寄せつつ, 寄せてに, 寄せてるその, 寄せまして, 寄せます, 寄せること, 寄せると, 寄せるの, 寄せるよう, 寄せる競技, 寄せる者, 寄せ上唇, 寄せ下, 寄せ乍ら, 寄せ仕事, 寄せ合ったり, 寄せ唯一, 寄せ尚, 寄せ尻尾, 寄せ相好, 寄せ石, 寄せ立ちあがつて, 寄せ脣, 寄せ部屋, 寄せ頬, 寧丁に, 小鼻の, 展べて, 左右に, 巧く, 延したり, 延して, 延しながら, 延ばした, 延ばし或は, 延ばすの, 廻って, 引伸す, 引伸ばし, 彫んで凝つと, 思い出すと, 手で, 打つたとき, 払って, 拵へて, 拵らえて, 持たない, 持って, 摘んで, 歪めて, 殖す, 気に, 法水は, 波打って, 泥色した, 浮かべる, 海草の, 深くほくほく, 深くよせ, 深く刻ん, 深く刻んだ, 深く額, 深めたいつも, 湛えつつも, 溜めて, 澤山寄せ, 無気味に, 熨した, 熨しはじめた, 熨すよう, 狭めて, 生じその, 生じて, 田畑を, 畳みナイヤガラ, 畳み煤色, 畳み頬, 畳んだ, 畳んだが, 発したが, 皮下に, 目のあたりに, 直して, 直し乍ら, 直す, 直すこと, 直すと, 眉に, 眉の, 眺めながら, 知らずに, 示して, 私は, 立てて, 立て強く, 笑わせて, 織り込ませた, 莞爾, 落して, 製造する, 見せた, 見せた燒, 見せ男, 見つめて, 見のがさなかつた, 見やりながら, 見るの, 見る時, 説明する, 足の, 蹙めて, 軽く刻み, 逆さに, 醜く流れた, 険立たし, 隠すやう, 集めからだ, 集めて, 頬に, 顔中に, 鼻す

▼ 皺~ (389, 16.2%)

18 寄って 14 よった 13 よって 9 寄った 8 刻まれて 6 出来て 5 れた声, れた響き 4 あって, ある, きざまれて, 出来た, 深く刻まれ 3 寄つた, 幾筋も, 無数に

2 [23件] あつて, あるけれど, きざまれた, きざみ込まれ小さい, それを, ひどいから, 出来る, 刻まれた, 多い, 寄りその, 寄り眼, 寄る, 寄るの, 幾本も, 怎う, 日一日と, 日南に, 横に, 消えて, 現れて, 目立って, 眉の, 見えた

1 [236件] あった, あったので, あとに, あらわれたと, ありその, ありそれ, あります, あり六十以上, あり眼, あるけれども, あるん, いくつも, いっぱいあった, いっぱいたたまれ, いつの間にか一年間, うかんだ, うすく綟, おおかた平ら, おさまって, かすかながら, かたまりついてしまつ, きざまれ細く小さい, きざんで, ぐっとあり, ございました, たくさんあっ, たたまれて, たたまれ風, たたみ口元, だんだんに, だんだん深く, ちりちりと, ついて, できた, できて, でき蓬, ない, ないの, ないばかり, なくなって, なよなよと, なんともいえない, にこやかに, のこって, のびて, はっきりあらわれた, ひくひくと, ぴりぴりと, ふえたなあ, ふえたよう, ふえて, まざまざ目立っ, みな負けん気を, みんな集まっ, よった彼, よっては, よりおまけ, よりなにか, より唇, より坐って, より埃, より目差しが, より陽, より額, より鼻翼, よる, よるだけ, れた肩, わからないので, カラアの, ムクムクと, モクモクと, 一つあっ, 一つ二つよけいに, 一パイに, 一層深く, 一時に, 一本一本書い, 一杯よ, 一緒くたにな, 三四筋刻んだ, 三本くつきりとして, 三本も, 下で, 二つ三つ這っ, 二つ刻まれ, 二三本も, 二本寄っ, 五六本ふえ, 人間の, 伸びて, 作られ勿論, 優しい, 入り乱れて, 全く取れ, 出て, 出來, 出来たが, 出来たの, 出来るでしょう, 出来母性, 出来頬, 分明に, 刻まれ眼, 刻まれ顔色, 刻まれ鬚, 刻みこまれた, 刻み出されて, 刻んで, 刻込まれ, 動いて, 和やかに, 四五年前から, 四十二歳という, 垂れ下がる, 増えて, 増したこと, 多いので, 多いん, 多かった, 多くかつ, 多くなった, 夜更けの, 大変いやだった, 寄ったかと, 寄ったから, 寄ったが, 寄ったり, 寄ってるじゃ, 寄ってるには, 寄ってる額, 寄つたから, 寄つても, 寄つてゐます, 寄つてゐる, 寄つて一と, 寄つて何んと, 寄つて来る, 寄つて白い, 寄つて眼の, 寄つて飛んだ, 寄りこんなに, 寄り何とも, 寄り曇ってる同じ, 寄り目, 寄り老婆, 寄り胸, 寄り荒く短い, 寄り黄色く, 寄るが, 寄るので, 寄るほど, 寄るよう, 少しできた, 展びる, 山脈の, 幾う, 幾きれ, 幾条も, 幾筋と, 延びないと, 彫刻された, 彼の, 思ひがけ, 打ちはじめて, 揉上って, 描かれた, 揺っては, 明かに, 次第に消え, 次第に深まり, 歯の, 段々繁く, 波打つよう, 浪の, 浮紋の, 消えかかって, 消え眼つき, 深々と, 深くことに, 深くどす黒くガラス窓, 深くなっ, 深くなった, 深く映っ, 深まつ, 漣の, 無く艶, 現われた, 生じどうやら, 生れた, 畳まれて, 畳んで, 疊まれだし, 白粉の, 目立った, 目立つのに, 目立つ年, 真黒な, 瞭然残っ, 絶えず動い, 絶えず相互, 綟れこんだ, 網を, 緊張し, 縊れるかと, 縦に, 縦横に, 罫線の, 美しい眉根, 苔でも, 若松屋惣七の, 表面に, 袷の, 裂けるかと, 見えそして, 見えて, 見える, 見えるに, 觸らなくなりました, 走った, 走つて, 這入った, 重くたるん, 重なり合って, 隅田川の, 隈取りの, 頬に, 頬には, 頬の, 額の, 顔に, 顔を, 餘計に, 黒く寄っ, 黝むのだつた, 鼻翼から

▼ 皺~ (283, 11.8%)

13 中に 8 間に 5 ように, 中から 4 ような 3 なかに, 多い顔, 寄った顔, 波が, 波を, 間から

2 [20件] ある大きい, ある彼, ふかい顔, やうな, 中の, 中へ, 多い筋肉, 多い蒼顔, 多い額, 寄った額, 尠い, 幾条の, 数が, 数を, 汗を, 深い顔, 深くなる, 深さ, 走つた顔, 間へ

1 [190件] あいだには, あとを, あらわれた金五郎夫婦, ある, あること, あるところ, あるの, ある下, ある切株, ある厚い, ある壁紙, ある声, ある太い, ある小柄, ある巨大, ある御, ある手, ある歪み, ある賤, ある足, いのち, うちに, うちには, おのおのは, おびただしくたたまれた, きざまれたの, だが皺一つ, だらりと, できた短い, どの部分, ないの, ないもの, ない一人, ない大きな, ない微笑んだ, ない札束, ない滑らかさ, ない紙, なかから, なかの, はいった因業, まじった眉, みぞに, やうに, ようにも, よったあ, よったお袋, よったたった, よったやせた手, よった唇, よった小さな, よった帯, よった手, よった皮膚, よった赤い, よった靴先, よった頬, よった額, よった鳶, よらざるを, よらざる女一人有, より工合, より方, よるよう, よる眼, 一つにも, 一つや, 一つ一つが, 一つ一つの, 一つ一つは, 一筋一筋が, 一筋長く, 上に, 上には, 下に, 両側に, 中には, 事を, 五六條と, 入つた赭顔, 出たしなびた赤坊, 出来るところ, 出来るの, 切れ込んだ眉間, 刻み込んだ丈夫相, 動きに, 口を, 古瓦, 合間合間には, 問題と, 垂れた脚, 多い古, 多い古い合服, 多い小さな, 多い山, 多い横顔, 多い肉, 多い胡麻鹽頭, 多い面長, 多い顏, 多い髪の毛, 夥しく多い黄疸色, 夥多しい, 太い顔つき, 奥から, 奥まで, 存じた霜降, 寄せ方, 寄ったこの, 寄ったざらざら, 寄ったもん, 寄ったよう, 寄った上衣, 寄った小鼻, 寄った痩せた顔, 寄った眼, 寄った顔貌, 寄ってる変, 寄つたもんだけ, 寄つた女郎なんか, 寄つた爺いさん, 寄つた白い, 寄つた背広を, 寄つた頬を, 寄つた顏にも, 寄つてゐる, 寄つてを, 寄らないの, 寄らない心, 寄らぬうち, 寄り具合え, 寄り方, 寄る, 寄る原因, 寄る年, 少い色, 少い頬, 幾筋も, 底から, 底で, 底の, 底を, 延びたる, 彫りが, 想わるる手, 手を, 手巾で, 折れ方, 数と, 模様を, 殖えたソバカスだらけ, 波から, 波がめつ, 波の, 波酒染の, 流れ工合で, 浪立て騒がしき, 深いこと, 深い口, 深い手, 深い普段, 深い胸, 深く刻まれた, 深く刻み込まれた, 深まって, 深みに, 潜むよう, 無いと, 痕がちやん, 痙攣が, 皮が, 目立たぬ面長, 目立つ絹物, 立ち渡った, 立ち渡つた沼の, 織り込まれたの, 美は, 自来也, 表情を, 走りかたまで, 部分を, 重くたれた, 重なって, 重なり合った上, 重なり合った中, 間々に, 集まった両, 静けさ, 頬に, 顔の

▼ 皺だらけ~ (209, 8.7%)

22 の顔 8 にし 7 な顔 6 になった, の手 4 になっ 3 の面, の頬, の額, の顏

2 [16件] で三十, で大きく, な体, な蚊帳, な醜い, な顏, になつ, になり, に笑い出し, の大, の手の甲, の手帛, の老婆, の腕, の首, の黄色い

1 [112件] だ, だが, だった, だったが, だつた, でくしゃくしゃ, でこれ, です, でどこ, でひからび, でまるで, で小さい, で暮, で永年洗い, で痩せた, で皮膚, で眼, で草臥れ, で蒼, で見る, で貧弱さ, で赤く, で足, で静脈, で黄色, な, なそうして, なの, な力, な古着, な手, な札, な深刻, な満面, な滿面, な目尻, な笑い, な老, な自分, な薄い, な言葉, な足頸, な頬, な頸, な額, にてボタン二つ, になった寝, に巻くれあがっ, に成っ, に成つた手袋, に泣き, に痙攣, に笑っ, に笑った, の, のお, のお上さん, のからだ, のくせ, のところ, のもの, のわざと, のイイ, のフロツクコオト, のマントウ, の一塊, の中老人, の人, の体, の傷, の原稿紙, の口元, の咽喉, の咽喉仏, の夜会服, の婆さん, の婆さんエステル, の小さい, の小さな, の平手, の惨めさ, の指, の新聞, の札, の案内人, の機嫌, の渋紙, の白い, の白髪, の白髮, の皮, の瞼, の私, の筋張った, の紙幣, の絶壁, の美, の老, の老人, の老人藤波金三郎, の肌, の腰, の若旦那, の蒼白, の薄い, の血, の衣裳, の貧相, の醜男, の長大, の馬, の鬼婆

▼ 皺~ (96, 4.0%)

7 して, なって 5 なつて 2 なるの, 刻まれて

1 [73件] いつもの, えがいて, かこまれた灰色, かこまれ眼, きざんだ, されたり, しおった, しちゃあ, し悲痛, するよう, たたまれた鋭い, なった, なったはがき, なった千代紙一枚, なった反故紙, なった封書, なった数枚, なった新しい, なった新聞紙, なった紙包み, なった紬, なった薄, なった革嚢位, なってさえ, なっとる名刺, なつたり, ならずそのうえ, ならないよう, ならぬよう, なりくさった, なりけばだったの, なりましたが, なると, なれる敷島, はかに, ひきつけて, ひそむにぶい, ほかならない, まだ雪アリ, みんな一条何か, ピンを, 一きれ, 不覚ながら, 不覺, 人間的な, 出来た大小, 吹落し, 囲まれた唇, 埋まったよう, 夕映が, 寂び黴, 寄せて, 幼時の, 引掛つてさうし, 強く刻んだ, 後年の, 惡相を, 日が, 明白であった, 棲むもの, 汗を, 沿うて, 涙の, 溝を, 現して, 畳み込んで, 白い斑点, 目撃する, 相違なかろ, 細い糸, 纒って, 見えたという, 隠れて

▼ 皺くち~ (50, 2.1%)

12 やになつ 8 やにし 4 やになつて 3 やになつた 2 やの一人, や婆

1 [19件] ゃになってはいっていたゝめ順平に, やにされ, やにした, やになりました, やのハンカチ, やのフロックコート, やのフロツクコート, やの半紙, やの坊さん, やの手紙, やの敷布, やの汚れた, やの老婆, やの金, やを, や婆さん, や婆め, や婆ア, や老婆

▼ 皺~ (48, 2.0%)

2 ただ一つ, どうやら彼, ない

1 [42件] あまり見えず, かなしく, その疎密, たてぬ湖面, ついて, つかぬ平常着, ないその, ないただ, ないのに, ない全く, なくそして, なくその, なく島山, なく皮膚, なにかいやらしかっ, ひとつの, ひとりでにひらい, ふえのど, よせる, よってなかった, 一分の弛みも, 一時に, 人を, 動かさず, 半白の, 寄せず脂ぎって, 寄せるの, 寄らない逞しい, 寄り鬢, 平凡眉も, 明らかに, 晴れやかに, 消え返答, 湯か, 私は, 筋も, 自ら伸び, 襞も, 見えなかった, 見えませぬので, 近頃は, 雪の

▼ 皺~ (47, 2.0%)

1 [47件] あくまで強情, あったが, あなたが, あるが, いかにも興, いつそう, いや意識, いよいよ深く, さながら後光, しばしば恐るべき, すなわち一つ, なくギッシリ, にわかに生き, ますます深く, もとの, より歯, 一と, 人々に, 伸びよう, 低声, 何か, 僕の, 刻み込まれたよう, 四十を, 園には, 奇妙な, 宙に, 寄って, 小さな天窓, 少しも, 嶮しく, 常よりも, 幾筋にも, 思慮と, 所謂, 残って, 深くなっ, 濡れた紙, 生理的の, 目が, 眼に, 窪まった, 紐の, 繁くし, 老齢では, 観察力による, 黄色い軸

▼ 皺枯れた~ (38, 1.6%)

7 声で 4 声が 3 声を 2 老婆であった, 聲で

1 [20件] そのくせ血色, アルトです, 中にも, 先代團蔵の, 咽喉が, 声, 声まで, 大声に, 年輩ものの, 弱い声, 毒々しい調子, 父の, 臆病想な, 語韻で, 調子, 調子で, 返事を, 錆た, 音声で, 高笑いこの

▼ 皺くちや~ (37, 1.5%)

7 な顔 2 な媼さん, な掌面

1 [26件] なこの, な人形遣, な何, な古, な坊さん, な執事, な夫人, な女, な手ひとつ, な手帛, な掌, な新聞紙, な歯, な注, な浴衣, な番附, な病人, な皮膚, な紙包, な紙片, な背広, な藹山, な頸, な鼻, な鼻先, の老人

▼ 皺枯れ~ (32, 1.3%)

8 声で 4 ていた 3 声の, 声を 2 声が, 声に 1 そして今や, て, ておった, てをりました, て咽喉, て居りました, て彈力, 声だ, 声だった, 聲を

▼ 皺~ (30, 1.2%)

3 なって

1 [27件] いいどこ, いい一面, いぐちの, いっしょに, しぼんだ乳房, ただ一枚の, つぶった眼瞼, キョロリと, 一緒に, 云うほどの, 口角とが, 同伴で, 哄笑とを, 太い眉, 弱々しい眼, 彼が, 毛髪だけ, 毛髪だけで, 皺との, 眼尻に, 縦筋と, 角膜に, 足の, 雀斑だらけの, 高く怒った, 鬢の, 鼻唇線の

▼ 皺~ (21, 0.9%)

1 [21件] いぐちの, しなび上つた馬鈴薯, たるみが, 上瞼を, 吹出物の, 廣い, 活, 漁舟白い, 煙草入の, 白髪の, 突起や, 窪んだ骨, 筋が, 繃帯の, 襞までも, 襞をもの, 襞折の, 襦袢の, 豊かに, 陰欝な, 鼻の

▼ 皺~ (19, 0.8%)

1 [19件] その中, ひきつったよう, ほとんど鼻, よれよれに, 一ぱいに, 何か, 充たされると, 古手拭, 埋まって, 就中最も, 微笑し, 悪かったら, 殆鼻と, 烈しい気性, 烈しい氣象, 短く一分刈, 笑って, 苦笑し, 飾られ又は

▼ 皺一つ~ (15, 0.6%)

4 よせぬ美しい

1 [11件] ない張り切つた, ない海面, ない百円札, なかつた, なく懷紙, にも威厳, の目, の襞, よらない美しい, よらない衣裳, 寄せなかつた

▼ 皺~ (15, 0.6%)

2 の錯綜

1 [13件] という襞, と対立, については従来, に似, の分明, の意匠, の甚, の陰影, の高み, はするりと, や裂罅, を作り, を具

▼ 皺嗄声~ (13, 0.5%)

3 の男 1 が聞えた, して, で, で聞く, の如何, は卒然, は問, を振搾り, を振絞っ, を聴く

▼ 皺嗄れた~ (11, 0.5%)

2 声で 1 喉を, 声, 声が, 声しか, 声や, 声を, 殆ど聴取れない, 聲で, 軍歌の

▼ 皺寄った~ (11, 0.5%)

1 [11件] でこぼこの, 大きな額, 小さな手, 拳を, 眼瞼と, 穿鑿的な, 赤味がかった, 赤黒い顔, 鋭い眼, 額閉じた, 黄色い小さな

▼ 皺苦茶~ (11, 0.5%)

1 [11件] だ, な紙, な黒木綿, になった破れた, に寄せ, の一円札, の婆さん, の手紙, の扮装, の紙幣, の赤い

▼ 皺~ (10, 0.4%)

52 む象の 1 とヨ何, と私, み垂

▼ 皺まで~ (10, 0.4%)

2 はっきりわかる 1 つくって, 一つ一つ丁寧に, 一つ一つ現, 三年前そのまま, 同一の, 御覧なさろう, 描かねば, 見たとは

▼ 皺~ (9, 0.4%)

1 が窓, で雪, に呼吸, に白く, に顔, をかけた, を合わせ, を当て, を膝

▼ 皺~ (9, 0.4%)

1 あ突出, が墓地下, つくり涙, で鼻筋, に仇, に小判, ばかりが燭, を出した, を灰

▼ 皺から~ (7, 0.3%)

1 彼の, 感じられる子供, 成り立ったもの, 手の, 押立てた, 放出され, 無数に

▼ 皺にな~ (7, 0.3%)

1 つたのが, つても, つてゐた, つて波立つ, つて眞ん中の, つて隅つ, ッた

▼ 皺のよ~ (7, 0.3%)

1 つたそして, つた小鼻を, つた角封筒である, つた貧しい, つた顏と, つた顔とが, つた鹽鹸いものに

▼ 皺ばん~ (7, 0.3%)

1 だと, だ口辺, だ瘰癧, だ着物, だ細長い, だ鉛色, でずつと縮めた

▼ 皺嗄れ~ (7, 0.3%)

1 てい, ていた, ている, てしまっ, て滅多打, 声が, 声を

▼ 皺立つ~ (7, 0.3%)

4 てゐる 2 丘陵を 1 て車輛

▼ 皺~ (7, 0.3%)

1 が背, を伸ばし, を前, を振っ, を振りうごかした, を捻じ切る, を突出

▼ 皺~ (6, 0.2%)

2 て肋一つ一つ 1 とんと夜会, に残る, 其眼斜視に, 深く物

▼ 皺よせ~ (6, 0.2%)

2 たりともかく 1 つつ前日, て笑ひつ, て筆先, ふふふと

▼ 皺~ (6, 0.2%)

2 をあら, をあらわした 1 や割れ目, や断層

▼ 皺枯れたる~ (6, 0.2%)

4 御声 1 凄まじき声, 眉に

▼ 皺という~ (5, 0.2%)

1 ものが, ものは, 皺に, 皺襞という, 背も

▼ 皺にも~ (5, 0.2%)

1 ならないで出て, 曇つた眼にも, 腕や, 見える, 贅肉にも

▼ 皺がれ声~ (4, 0.2%)

1 が木枯らし, でさ, で何, をしぼった

▼ 皺~ (4, 0.2%)

2 へ立てぬ 1 へも寄つて, へ太い

▼ 皺とが~ (4, 0.2%)

1 ある, わからないかい, 少しくずれかけた, 消えると

▼ 皺とを~ (4, 0.2%)

1 呼び入れるもの, 持つところ, 盛り上げる, 除くと

▼ 皺~ (4, 0.2%)

1 だ眼尻, だ禿げた皮膚, だ袋, だ頬

▼ 皺寄る~ (4, 0.2%)

2 沼の, 見ゆ

▼ 皺深い~ (4, 0.2%)

1 横顔の, 老人じみた, 顏で, 顔の

▼ 皺がよ~ (3, 0.1%)

1 つてゐる, つて今にも, つて居る

▼ 皺くちやで~ (3, 0.1%)

2 腰も 1 はあつ

▼ 皺づら~ (3, 0.1%)

1 とを見くらべ, に力, の御

▼ 皺では~ (3, 0.1%)

1 ない, ないこと, なくて

▼ 皺には~ (3, 0.1%)

1 恐ろしい苦悩, 涙が, 黄花の

▼ 皺~ (3, 0.1%)

1 みながら, み碧, むのでした

▼ 皺~ (3, 0.1%)

1 たたみこんで, 皺を, 縦筋が

▼ 皺少し~ (3, 0.1%)

2 あり 1 垂れた魚形

▼ 皺~ (3, 0.1%)

2 っ声 1 た声

▼ 皺枯声~ (3, 0.1%)

1 が誰, が風, で叫ぶ

▼ 皺深く~ (3, 0.1%)

1 すぐに, 下頤, 刻んだ頬

▼ 皺~ (3, 0.1%)

1 の満身, の滿身, をのばす

▼ 皺ある~ (2, 0.1%)

1 をみる, 面に

▼ 皺うんと~ (2, 0.1%)

1 寄って, 寄つてらば

▼ 皺くた~ (2, 0.1%)

1 の, のまくり手

▼ 皺その~ (2, 0.1%)

1 土地の, 眼口つきその

▼ 皺それら~ (2, 0.1%)

1 の上, は少し

▼ 皺だった~ (2, 0.1%)

1 幹焦げた, 額足が

▼ 皺として~ (2, 0.1%)

1 彫られた線, 解すべきもの

▼ 皺とに~ (2, 0.1%)

1 埋められた醜い, 支へ

▼ 皺との~ (2, 0.1%)

1 対照が, 間は

▼ 皺などから~ (2, 0.1%)

1 五十二三には, 年齢が

▼ 皺などを~ (2, 0.1%)

1 惹起する, 直した

▼ 皺によって~ (2, 0.1%)

1 突然見, 運勢までも

▼ 皺のせゐ~ (2, 0.1%)

1 かもしれない, であらう

▼ 皺のばし~ (2, 0.1%)

1 が出来る, をし

▼ 皺ひとつ~ (2, 0.1%)

1 なく彼女, 目立たない身

▼ 皺びたる顔~ (2, 0.1%)

2 に深く長く

▼ 皺びた婆さん~ (2, 0.1%)

1 が, が一人

▼ 皺ませ~ (2, 0.1%)

1 てさながら, てれ隠しに

▼ 皺までも~ (2, 0.1%)

1 伸び若がえりさえ, 真似て

▼ 皺み込む~ (2, 0.1%)

2 底の

▼ 皺むる折~ (2, 0.1%)

2 も折

▼ 皺よった~ (2, 0.1%)

1 厚ぼったい顔, 広い額

▼ 皺一本~ (2, 0.1%)

1 ひげ一本, 違わずに

▼ 皺~ (2, 0.1%)

1 と云い, と云う

▼ 皺寄せ~ (2, 0.1%)

1 て笑う, て苦し

▼ 皺寄っ~ (2, 0.1%)

1 ていた, ていました

▼ 皺~ (2, 0.1%)

1 をひとし, をひとしお

▼ 皺~ (2, 0.1%)

2 は深刻

▼ 皺~ (2, 0.1%)

1 となり, を君

▼ 皺~ (2, 0.1%)

2 吹けば

▼1* [114件]

あれば実際, 皺かく老の, 皺きっと結んだ口元, 皺くしゃになっていた書ものに見入った, 皺こそ多いものの, 皺この横へ, 皺これがある, 皺さえ見えそう, 皺それから伏せた瞼, 皺たるみそしてかさかさ, 皺だけが黒く眼, 皺だけは恨みが, 皺だっておそろしい旋回, 皺だらけ帯も紐, 皺つかして頬, 皺とか或は凸凹, 皺とではや人, 皺とはその外見上, 皺のだ, 皺なんか一本も, 皺なんぞは昔は, 皺にさえも閑雅で, 皺にまで現れて, 皺のべて心, 皺のみが唯一の, 皺ばかり氣に, 皺ばかりにして, 皺ばった教主のくら, 皺ばった頬のうえ, 皺びた大きな手, 皺びたいぼいぼのある, 皺びた上へ手拭, 皺びた両手で茶, 皺びた店で榾同然, 皺びた空気枕が仰向いた, 皺びた翁の彫刻, 皺びた腕を伸ばし, 皺びた雑草を雨後, 皺びた頬へ下げた, 皺びた顏の筋肉, 皺びた馬面に大きな, 皺びて痩せた喉, 皺びて突張って兀斑, 皺ふかき父の, 皺ふかく見ゆ, 皺かい顔, 皺ほどの管弦楽の, 皺ませるとまるで, 皺までが手に, 皺まれて行く, 皺みくぼんでいる, 皺みたれど膚, 皺みの口吻に香, 皺み病み倦んずる者, 皺む壁の罅, 皺む度にたよ, 皺む池の面, 皺よせ知恵をしぼっ, 皺よりてすべなき, 皺よると枕詞, 皺をよするとき, 皺クチャに成っ, 皺クチヤになれる, 皺ぽいたるんだ, 皺数マデモ知リ悉シテイル, 皺ムヲ待テ内チニテ鳴ル時, 皺一目見ただけでも, 皺一筋ほくろ一つ見極めるの, 皺伸機を, 皺ハ潔白ニシテ堅シ其味ヒ極, 皺の周囲等, 皺嗄れたる声し, 皺夕立ちはれて, 皺シ故, 皺太き鼻逞ましき, 皺奴黒有之髪毛白斑奴, 皺寄ってる唇へ, 皺寄つた眼尻はうつ, 皺小鼻のあたり, 皺常には見えぬ, 皺幽かに青木立神さ, 皺延ばしの太平楽, 皺張った老婆が, 皺断じて俺は, 皺枯れ荒んだ声で, 皺枯聲で叫ぶ, 皺の蔭, 皺を倣っ, 皺涸れた細い声, 皺白い頬ひ, 皺白膩紅凋謝の後, 皺百歳過ぎた古, 皺がえみ割れ, 皺のまわり, 皺眼手上品な痩せ方, 皺眼鼻立は立派, 皺稍動物的な感じ, 皺立ち霧な, 皺立っている, 皺立ててある, 皺をよく, 皺縦皺を海草, 皺をとりしぼっ, 皺苦茶だらけの婆さん, 皺苦茶婆さんに頭, 皺苦茶苦茶で人間, 皺荒い眉毛と, 皺の殆ど, 皺褪せた歯齦を, 皺の赤膚, 皺よく見え, 皺長い鼻そして, 皺へ垢手拭, 皺の曲り