青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「皮膚~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

皆~ 皆さん~ 皆んな~ 皇~ 皇帝~ ~皮 皮~ ~皮肉 皮肉~ ~皮膚
皮膚~
~皺 皺~ ~皿 皿~ ~盃 盃~ 盆~ 益~ ~益々 益々~

「皮膚~」 2474, 27ppm, 4363位

▼ 皮膚~ (752, 30.4%)

34 色が 33 下に 24 色は 21 上に 18 色の, 色を 15 色も 13 色と 12 ように, 下から 10 上を 8 下には, 色や 6 白さ, 色から 5 下の, 美しさ, 色にも 4 うえに, ような, 一部を, 上へ, 下で, 中に, 底に, 色で, 色に 3 すきとおる青年たち, やうに, 上の, 下まで, 感覚が, 滑らかな, 色には, 表面へ

2 [26件] ざらざらした, にほひ, 一部が, 上で, 上にも, 不思議な, 中から, 冷たさ, 外には, 外の, 延長だ, 感じが, 感じも, 感覚を, 抵抗力を, 綺麗な, 股を, 色さえ, 色まで, 色沢も, 艶は, 艶も, 蒼白さ, 表面は, 表面を, 跡が

1 [387件] あちこちが, あらゆる毛穴, ある特徴, あれて, あれに, あれゆるんだ, いくらか, いやな, いろなどを, いろにも, いろの, いろは鶏の, いろまで, いろも, いろや, うちに, うちの, うぶ毛の, お化, かさ, かたい両, きたない狐, きたない芸者ふたり, きめに, くすりとして, ことしか, ことで, ことを, こまか過ぎる, こまやかな, したに, しっとりした, しびれを, しわを, すきとおる患者たち, すべてが, すべてを, すみずみ, すれ合いが, それとは, ために, たるんだ平凡, たるんだ脂肪気, たるんだ頬, たるんだ頸, たるんでるよう, たるんでる頬, だだ白, つやが, つややかささえ, つややかな, つや足達者な, ところどころが, ところどころすなわち, ところどころに, どこかに, ない大, なめらかな, ひとと, まのびた, まはり, むしろ平凡, もとに, ものとか, やうな, やさしい感触, やまいを, ゆるみで, ゆるんだ, ようで, ようであった, よく見る, よろこびだ, よろこびは, よわい子でありました, エフェクトを, カラカラした, キメを, ツヤツヤした, ハダです, フか, マッサージに, 一つ一つの, 一角で, 一部です, 一部でも, 一部な, 一部の, 一部も, 一部や, 一部分へ, 上っ面が, 上には, 上皮層と, 下が, 下では, 下にだけ, 下にも, 下へ, 下を, 下側を, 下全体, 下緊張した, 下髪の, 不潔や, 中では, 中にて, 中へまでも, 乾燥した, 五十がらみの, 何処かが, 傷が, 先の, 光沢は, 光沢や, 光沢を, 光澤などは, 全感覚, 全部を, 全面に, 全面を, 六十パーセントの, 内側には, 内部に, 冴え方が, 処々が, 処女色は, 凸凹が, 出て, 切口から, 到る所, 動きが, 匂いに, 匂に, 匂ひ, 匂を, 印象からか, 厚い感じ, 厚ぼったい手先, 吹出物だけを, 呼吸が, 垢から, 垢を, 塗料を, 外のみ, 外側を, 外部から, 大部分, 奥までを, 女と, 女は, 如く居れば, 実感性など, 小さなゐもり, 少年だった, 少年だつた, 局部では, 工合すこし, 工場が, 工場は, 幾倍もの, 底から, 底の, 建築ニヒリズムの, 弛んだ口元, 弱いひろ子, 弱い者, 弱くなる, 弱さ, 張りつめた頬, 張りを, 弾力が, 性質さらに, 愛慕を, 感じ体温その, 感覚から, 感覚に, 感覚についてのみ, 感覚の, 感触が, 感触の, 感触みたいな, 感触位嫌な, 所有者だ, 手ざはりと柔かい, 折目, 抵抗力も, 持ち主, 指先を, 捻れ工合い, 接合部に対する, 接触によって, 摩擦まで, 擦りむけたあと, 擦り破れ方, 放散する, 敏感さが, 敏感さについて, 断面に, 新たな, 新陳代謝を, 新鮮を, 方へ, 明晢さに, 枯燥を, 柔かさ, 柔らかさ, 柔らかな, 桜色した, 様相を, 模様, 模様実に, 樣子などから, 毛根を, 毛穴や, 気孔などから, 水つ, 汚ならし, 汚点や, 汚点を, 沢なく, 油で, 波が, 活気で, 浅黒い東洋人的, 淡黄, 清潔さと, 渦紋と, 湿潤だけは, 湿疹は, 滑かな, 潤沢, 澄んだぼて, 澤なく, 焦けと, 焦げる何, 焼かるるを, 爛れるよう, 王子を, 瑞々しさ, 痛みかたましひ, 痛みに, 白いこと雪, 白いすべすべ, 白い人間共, 白い陶器, 皺などから, 皺や, 相色であった, 眉間に, 研究が, 硬つ, 神経が, 神経は, 筋を, 筋肉の, 粗密に, 純白さと, 純白さを, 細かい, 細かく滑らか, 細やかさなどの, 細やかな, 細孔から, 經營, 緊張した, 緊張と, 緊張の, 美が, 美しい人, 美しい顔, 美では, 美を, 肋骨の, 背中から, 脂に, 脂気と, 脂肪に, 脂肪ッぽい, 腫物とが人知れぬ, 臭気が, 臭気に, 色, 色この, 色ざし, 色その, 色だけ, 色だけは, 色だの, 色でした, 色です, 色とが, 色として, 色とに, 色とは, 色などを, 色によっても, 色ぶ, 色までが, 色までも, 色を以て, 色ザラザラ, 色何かを, 色合では, 色吸う, 色唯黄にて, 色図抜け, 色姿までが, 色沢が, 色沢の, 色潤っ, 色胡麻塩の, 色脂の, 色艶が, 色艶つまりは, 色艷から, 色血の, 色血痕臭気に, 色褪せたペルシヤ人, 色褪せた波斯族, 色骨格身長など, 色高い, 艶, 艶や, 芯まで, 若々しさ, 荒い人, 荒い手首, 荒さ, 荒れて, 蒸発を, 蒼白い手足, 蒼黄色い, 薄いすき, 薄いの, 薄いやわらかい唇, 薄い小さいまま, 薄い滑かさ, 薄い頬, 薄い顔, 薄弱と, 薄皮の, 薄紅, 虫取り薬です, 血液を, 血管の, 血行とともに, 表から, 表が, 表には, 表にまで, 表面が, 表面で, 表面に, 裏に, 褶紋を, 要求と, 見える男の子, 触感位情ない, 触覚を, 豊かさ高貴さと, 赤いインヂアン, 赤くなる, 赤茶けた土人, 赤黒い大工, 跡を, 軟かさ, 透きとおるよう, 通りな, 違ふ, 部分だけを, 部分によって, 間から, 陰影が, 隅から, 青白いせい, 青白いの, 青黒い心, 静まり切ったふくらがり, 面に, 香柔らか, 黄ばんだいたいたしい, 黄色いこと, 黄色い民衆, 黒い人間, 黒さ, 黒ずんだ土人達

▼ 皮膚~ (339, 13.7%)

30 して 5 つんざいて, もって 3 持つて

2 [17件] ひんむかれて, 丁度灌木, 刺すが, 刺すの, 少しでも, 持って, 撫でて, 汚して, 流れて, 犯して, 痛々しく見せ, 眺めて, 自分の, 見ると, 見るよう, 透して, 鳴らす毛

1 [262件] あわれみ夜裸身, いじって, いためる木, いよいよ冴えた, かきむしつて, かきむしられるやう, かすって, かぶせだれ, きたえん, きつくつねっ, ぎゅっぎゅっと拭い, くしゃくしゃに, くろずませる, こえた部分, こすって, こすられるやう, こするの, こするよう, こわばらせて, ごそ, さすし, さすよう, しかな, したしなやか, したニューラ, した仏蘭西人, した健やか, した動物, した外国人, した大きな, した女, した子, した彼, した敏捷, した浮浪者, した男, した知識人, した芸者, した若い, した賢母, した青年たち, した顔, しみじみと, すかすやう, すがすがしく赤らませ, すこしぴりぴりさせる, すべって, すれすれに, そなえて, そのままに, その時非常, そんな処女, たるまして, ちくちく刺しつづけた, ちぢめて, ぢり, つきと, つけたまま髷もろ, つけて, とりかこみ撫で尽きぬ物語, なでた, なま白く, にぶく光らせ, ぬらして, のぞかせて, はいでしまった, はがして, ひきしめ霞, ひつ張る, びりびりと, ふれあいおたがいに, ほころばした, ほしいまま, ほてらして, ほんのちょっと, ぽっと赭らめ, みたとき, むきだしに, むき出して, もち鬼, もった人間, もった好人物, もった好機, もった断髪, もった神経質, もつて, やいて, やぶられた百姓, やぶるには, やや紅く, クッキリと, シッカリと, ヒン剥いた, ビリビリ慄わせ, メスの, 一層白く, 一皮むいて, 与えたの, 与えて, 代えるの, 伝って, 侵す病, 健康の, 傷つけたの, 傷つけて, 全うし, 冒して, 出して, 切って, 切り取って, 切り破っ, 切ると, 刺き, 刺して, 刺し彼, 刺し貫く, 刺すこと, 刺すに, 刺すよう, 刺す寒気, 刺戟し, 刻んで, 剥いて, 剥がれたよう, 剥がれた赤肌, 剥き出して, 剥ぎそられ何処, 剥ぎ取られて, 剥して, 動す, 包む癖, 包む皮膚, 叩いて, 右の, 吸い着けさせた, 噛みくだいて, 塗つぶし, 売りなど, 変える, 大事に, 害するという, 害する殊に, 寒気立たした, 差伸べた, 幾囘も, 引き緊め, 張り切らせた, 徹して, 思いきり抓った, 恥じるから, 恵まれて, 惜しげも, 想い浮べると, 想はせる, 愛した国語, 愛するため, 愛情の, 感じながら, 或る, 打って, 抉りとるの, 抓りあげた, 抓るよう, 押して, 押し始めた, 拭い終わると, 持ち肉, 持ち軟, 持ったレディー, 持った人々, 持った彼等, 持った沙丘, 持った痩せた男, 持つた六十あまり, 持つマネキン人形, 持つ肉体美, 持つ赤裸, 摺り剥いた, 撫でても, 撫でながら, 撫でられて, 撫でられながら, 日光に, 暴風の, 有して, 有つてゐた, 棄てて, 検するに, 毳の, 河風に, 洗い最後, 洗い流すと, 洗刷する, 流れた, 流れるやう, 浸した, 浸蝕する, 清潔な, 滅茶滅茶に, 滑らかな, 漂白する, 澄ませ物悲しい, 灼かなければ, 灼き夜, 焦がした, 焦きヘタ, 焦して, 焼いた, 焼くという, 燒かれる, 燒きつける, 爛らし, 爪で, 獣医の, 痛めないやう, 痳痺させる, 白靴下の, 真っ赤に, 真赤に, 破ぶって, 破られて, 破りあるいは, 破るの, 破れば, 突っぱった喉骨, 精一杯緊張, 美しいと, 翳らせて, 舞台いっぱいに, 荒されるの, 荒した, 蔽って, 薄紙の, 蝕すため, 裸で, 襲い出した, 襲撃した, 覆う一重, 見ざるに, 見せまいため, 見て, 見る度, 赤くし, 赤くした, 赤く染めた, 蹴破って, 軽くおさえ, 輝や, 辷る危ない, 透かして, 透く血, 鍛えしむるよう心, 陽なた, 隈なく, 雨に, 鞣す音, 顔と, 養つてくれた, 馴らされた作家, 黄濁させ, 黄色い花粉, 黄色に

▼ 皮膚~ (310, 12.5%)

5 たるんで, 破れて 3 擦りむけて, 赤くなる

2 [15件] いやに, とろとろとして, ひきつって, やたらに, ゆるんで, ピリ, 爛れて, 痙攣る, 癒着する, 白くて, 美しく冴え, 荒れて, 薄く透い, 赤くな, 黒ずんで

1 [264件] あさ黒く毒々しい顔, あまりにも, あらびましてな, あらわに, あるだけ, あるの, あれあの, あれません, あれるばかり, いくらか蒼ざめて, うすあかく匂つて, うすく襞状, うす黒くなっ, おのずから緊張, お好き, かさかさに, かたくざらざら, かれの, きみの, きれて, くずれて, こちこちに, これほど, さつ, しきりに隆まり, しっとり潤う, しびれるよう, じかに物, すっかり透明, その印象, その毛, その肉附, その表情, その間から, たえがたくかゆくなった, ただれて, たるみ酒焼け, たるんだり, たるんでるよう, だんだん役に立たなくなり, つ, つやつやし, つやつやしく輝い, つよくない, できたやう, できてから, とかく眸, ところどころみみず, どうしても愚かもの, のぞいて, はりきって, ばかに, ばさ, ひやっと, ひりひりする, ひんむかれるよう, ぴかついて黒縮緬の, ぴかぴか光っ, ぴくぴくと, ぴんと湯, ぶちぶちといふ, へんに, ほのかに, ほれぼれと, ぼーっと上気, まだ厚ぽ, まるで乾, まるで見えない, みがきようによって, みな耳にて, むせかえるよう, むづむづするのを忘れ, ものを, よごれるよ, よろこびを, カサぶたにな, カサカサに, カラーの, キネマスコープで, ズルズルと, ゾワゾワと, パッと, パリつきます, ヒリヒリし, ビリビリと, ポッポと, 一層白く, 丁度皮を, 不健康な, 不自然に, 世にも滑, 乾いて, 乾き切るまでに, 乾しかす, 今は, 以前は, 似て, 何かの, 余り広く, 僅に, 僕の, 優雅な, 光って, 冷たくさえ, 冷たくなり, 冷たく骨, 凋み額, 切れて, 初夏の, 剥けて, 南国の, 厚くなった, 厚く凝り固まった, 厚く強いが, 参って, 味わうと, 固化した, 垂れて, 垢だらけに, 変に, 外界と, 大きくべろりと, 好きだった, 好きであった, 妙に, 定めしそこ, 少しの, 少しばかり, 少し弱く, 少し青ざめ, 少なすぎる, 巖骨の, 平らに, 引きつりその, 引き緊, 弱い, 弱いと, 弱いの, 弱く蚊, 弱く醜くなった, 弱って, 張りきって, 張りつめて, 張り切って, 張力を, 愉快に, 感じて, 感じる湯呑, 我々に, 或程度刺戟, 所謂皮膚呼吸と, 拡がって, 揺れ動く焔, 搖れ動く焔, 擦り破れて, 救われるなら筋肉, 教える, 斑らに, 方々痛かっ, 日光に, 時々口許, 暑い日, 更り, 柔らかで, 桃色であり, 桃色眞珠の, 次第に或, 次第に肥厚, 殊に丈夫, 気味の, 水に, 求めて, 浮び上るやう, 渋紙色に, 湯気に, 滑か, 滑べこ, 潰瘍する, 澄んで, 濡いを, 濡れて, 火照るほどの, 無心に, 無数の, 無知覚, 焦げて, 焼けつくやう, 焼け爛れてる頭蓋骨, 熱病の, 燈火に, 爪で, 犯されるか, 甘やかされて, 生きた表情, 生れて, 痛々しくさえ, 痛み真, 痛むよう, 白いこと, 白いのでかへ, 皮癬の, 盛り上って, 目の, 真白な, 破れさ, 破れたばかり, 破れるかと, 破れ肉, 硬いから, 硬ばっ, 硬張つて, 私には, 紫が, 緊張する, 総毛立ち髪の毛, 総毛立ったよう, 練絹の, 美しくなる, 美しく透い, 老衰に, 脂じみた, 自由な, 臭い匂い, 艶, 若々しいの, 荒い, 荒れるの, 荒れ三十, 蒼く荒ん, 蒼白く透き通っ, 薄くそして, 薄くなった, 薄赤く, 蝋色に, 裂けて, 褪めた色, 覆って, 覆ひひたひは, 見えて, 見えないよう, 豆腐みたいに, 赤黒く焼かれる, 赧らみ強ばった, 赭土色に, 軟かくて, 透いて, 透き通って, 透明な, 醜く荒れ, 鉛色に, 錻力の, 長いこと戰爭, 陥入ったもの, 青く艶, 青白く滑っこい, 非常に, 魅力を, 鮮かな, 鳥肌に, 黄色いこと, 黄色いの, 黄色い限り, 黄色に, 黒く顔

▼ 皮膚~ (257, 10.4%)

3 心もち細つて見える, 手を

2 [16件] じかにふれ, まと, 傷を, 刺が, 少しも, 徴候が, 擦過傷が, 映えて, 柔軟かな, 根を, 泌みた, 痒み, 白い額部, 粟が, 色素が, 触れると

1 [219件] あたるよう, あてると, あらわれかけて, あらわれた日本人独特, ある一点, いら, うごめく雑沓, うごめく雑踏, うす桃色, おおわれたこの, かつきり, からみつくよう, きわだって, くっつきそう, くつつい, くつつく, くらべて, この頃, こびりつきひと, これほど, ごく薄く, ささって, さわって, さわられるの, ざらざらの, したいと, しのびよる初老, しみついて, しみとおる風, しみ入って, しみ込んで, じかにそれ, じかにふれん, じかに接触, じっとりと, すぐ近く, すりこまれて, すりこむこと, そのあり, たまる老廃物, だんだんに暗い, ぢーんと, ついて, つく, つややかさを, とざされた袋, とりついて, なりました, なること, なんだか血色, にじみ出る青春, ぬり髪, のって, のんきに, ひやりとし, ぴたぴたくっついてくる, ふれて, ふッ, べっとりくっつい, べとつくやう, べとつくよう, ほのぼのとある, まといついたジュニヤ好み, まといつく, もう小皺, もとの, もりあがる血管, やけどを, よみがえらせること, シヤンペンの, メスを, ラジウム灼け, 不思議な, 不気味な, 与えて, 代え眼, 伝えた, 伝ふ, 伝わって, 似た或, 光沢が, 光沢を, 光澤が, 冷たい筆, 刀を, 切れる皸, 刺さること, 刺は, 刺繍した, 包まれた地蔵肩, 包みながら, 包んだ瀬戸, 厚くたまる, 原色が, 受けたの, 合体した, 吹きつけたもの, 吹きつけると, 圧触し, 壊死を, 壊疽が, 変って, 妙に, 寄生する, 對する, 少しでも, 少しばかり, 少し細つて, 少年期の, 嵌め込まれたその, 弛みが, 弾力の, 彩色せられた, 彼女の, 心もち細っ, 忍びこんで, 快かった, 意識を, 感じた, 感じたこと, 感じて, 感じながら, 感じました, 感じます, 感じられた, 感じられるくつろぎは, 感じると, 感性の, 手触, 手觸を, 押しつけるよう, 拷問の, 擦り着けた, 斑点の, 染みついたもの, 横に, 正しい輪廓, 残った鞭痕, 残って, 毛穴の, 水銀膏を, 汗を, 汚い斑点, 沁通って, 油絵の具の, 泌みる, 渡世の, 溜った老廃物, 滲み入, 滲んだ, 濃い睫毛, 火傷を, 点々小豆色の, 特別ポンプが, 珠や, 現れはじめつのる嘔吐, 瓶の, 生じて, 甦って, 異様な, 痛い, 白い薬, 白い黒いは, 白粉を, 皺が, 皺の, 真黒い眼, 眼の, 私の, 突き刺し血液, 窓ガラスの, 端麗な, 笑いを, 粘着性が, 紅味を, 繁殖させ, 翳りが, 老廃物が, 能衣裳ほど, 脣だけ, 興奮した, 般若の, 色艶が, 艶が, 蒼白の, 蔽われた肋骨, 血の気の, 親しき, 触つた, 触れたならば, 触れた時, 触れるといった, 触れれば, 触れ合, 近い色, 近く突き進ん, 迫って, 透けて, 這いずって, 酸つ, 金色の, 鋭い齒, 鋭く当った, 閃光的な, 開かしめ犬, 開口せしめ, 隙間なく, 隠退してる, 雪の, 雷紋の, 青い脂肪, 響くが, 顔を, 風を, 髯だらけの, 黄斑が, 黒い房, 黒い斑点, 鼻に

▼ 皮膚~ (227, 9.2%)

4 非常に

2 [14件] すぐに, すこし重た, たるみ眼, 乾燥した, 土色に, 少女の, 張切つて, 瀬戸物の, 白くて, 腐って, 艶や, 裂けて, 頑丈で, 馬の

1 [195件] あんなに易々, いちめんに, いま海から, うすくて, うるおいが, おのずから青, かさかさし, かさかさに, かなり鋭い, かの女, きたね, きっと冷っこい, くすんだ眞珠色, くろがねにも, こうやっ, さすがに, さっぱりお湯, じいわり滑り抜け, すさまじくめざめ, そのままで, そのまま残る, ただま, ただ無数, たるみを, たるみ目, たるみ頭髪, つまんだら剥げそう, とうてい人生, とてもこの, どうだ, なかなか回復, なんだか横文字, ぴいんと張っ, ほの, ますます烈しい生白, まだ原子爆弾直後, まだ水蒸気, まったく活色, まるく張り切, むき出しに, むっちりとして, もう自分, もう蚊, もえるよう, やはり薄い, やはり顔, やぶれて, やや赤味, スコールの, テカテカ蝋色に, ドス黒く, 一人一人に, 一体に, 下の, 下膨れの, 五年越しの, 他人の, 伸び拡がり, 何か, 何よりも, 先天的に, 光沢と, 冴えて, 凍てた地, 出血斑で, 到るところ, 剥いたゆで卵, 南蛮鉄の, 単純に, 厚くなり, 厚化粧を, 友の, 古いメロン, 同じ人種, 土気いろ, 垢と, 垢を, 場所柄に, 夕日に, 外方に, 外気に, 大仰な, 大仰な言い, 女の, 小田原蒲鉾に, 常に太陽, 弛緩し, 弱いと, 弾, 恰も熱湯, 憤怒の, 所々破れ, 押し詰った群衆, 擦りむけて, 擦り破れて, 擽られ肉, 斑に, 新陳代謝を, 既に土, 既に死色, 日ごろから, 日に日に蒼ざめて, 日光を, 明るい廊, 晒したよう, 枯れて, 栗色で, 桃花の, 極めて精巧, 樹の, 次第, 気候に対して, 気味悪いほどに, 氣に, 決して山野, 波打って, 泥や, 浅黒いながらも, 浅黒くて, 浅黒く強靭そう, 浅黒乃至, 深く静まり返った, 清げな, 渋紙の, 渋茶で, 濃い茶色, 無気味な, 焼けただれたか, 熱くしびれた, 熱を, 瑞々した, 生々した, 生地から, 生白くつて光澤, 産毛ばかり, 男の, 病妻の, 痛々しく秋風, 痛みが, 白くなり, 白く柔, 白皙であり, 白粉や, 白血病に, 目に, 砲身の, 破れて, 破れ肉, 破れ腸は, 硬く張り切り, 私に, 粗硬, 素焼の, 緊張し, 総毛, 総毛立った, 美しかった, 脂を, 脂気を, 脅えて, 脆弱で, 腐らずアレース, 腫脹と, 臭くって, 色艶の, 苦行の, 荒れて, 荒れ男たち, 蒙古, 蒼白に, 薄くて, 薄膜の, 薄黒く, 處女を, 蚤虱にも, 蝋の, 蝋燭の, 血の気を, 褐色, 見るからに, 赤銅色を, 赤黒と, 透きとおる程, 速やかに, 酔つた, 金属性に, 銅色がちの, 限りも, 雨に, 青銅色に, 魚の, 黄色に, 黒いし, 黒い方, 黒褐色に

▼ 皮膚~ (77, 3.1%)

3 のよう 2 とチンバ, なの, に特効, に罹った, の人, の模型

1 [62件] あらば, かでしょう, かの名残り, がはじまった, が多い, が孤独, が猛烈, が非常, くらいに思っ, だか, だけはとても, だったん, であらう, である, です, ではない, ではなく, でホータイ, として取り, とにかかっ, と見え, なんかになる, なんての, にだけはなりたくない, になり, には縁, にも塗れ, にやられちゃった, に冒された, に取付, に悩まされた, に悩まされ出した, に用い, に罹, に罹れ, のかさぶただらけ, のせい, のやう, の中, の名, の検診, の汎称, の病原菌, の薬, は一日一日, は山代, は癒え, までうつされた, も内地, も痼疾, らしい人, をこさえ, をこすらせる, をやり, をわずらいだした, をわずらっ, を併発, を発生, を診, 殊に狼瘡, 殊に疥癬, 特に伝染性

▼ 皮膚~ (68, 2.7%)

53 筋肉との 2 労働者に, 同じ色, 神経に, 野蛮人の

1 [52件] いい一つ, いうと, いひ骨格, そして三十女, その上, その皮膚, ちぎれたボロボロ, なり肉, 些少の, 佛前の, 信念に, 僕の, 同じ灰色, 同様に, 地並な, 子供の, 平行に, 服の, 根強い生活力, 毛髪とは, 漆の, 漆を, 潤いを, 生きの, 痩せた肩つき, 白粉と, 皮膚が, 皮膚の, 筋肉とは, 筋肉とを, 筋肉の, 肉とを, 肉の, 肉付の, 脂肪とを, 脊柱が, 艷やかな, 茶色の, 血液が, 言う奴, 象牙の, 近東風な, 離れて, 靈は, 頭髪が, 風土に, 骨組みとを, 髯武者の, 鮮かな, 黒い皮膚, 黒い瞳, 黒ずんだ血

▼ 皮膚~ (49, 2.0%)

2 筋肉も

1 [47件] あぶらぎって, うすく日焼け, きたなくなった, さっぱりせず, すっかり爛れ落ち, そそけ立って, それの, だいたい革, つやつやし, どこやら, なにか肌面, なんだかしきりに痒く, のびるよう, やぶれて, サラリとした, パリの, 上品に, 中央や, 乾いて, 人並より, 今と, 他の, 光る目, 屈強に, 幾分か, 息づくの, 悉く皹赤ぎれ, 拭うよう, 柔かい砂, 死魚の, 残されて, 焼け食欲, 白く肌理, 真っ黒で, 眼が, 破れるであろう程, 美しく子供, 肉体も, 若い, 荒い方, 薄い感じ, 薄黒く, 西洋人と, 見えない顔, 見違えるほど, 透して, 黄いろく髪

▼ 皮膚には~ (40, 1.6%)

2 濃かな

1 [38件] うす紫, こまかい汗, こらえる汗, ざらざらした, しみついて, つやつやと, どこか, なんだか血色, ぼりぼり引っかいた爪あと, みるみるみみず腫れ, もう少女, キリストの, 一滴の, 一種の, 人間の, 健康らしい, 具足病とでも, 効果が, 憧憬の, 戦場焦, 汗が, 汗の, 汗腫に, 淋しい影, 深い皺, 滑らかな, 白粉の, 眼で, 確かに, 精悍な, 脂が, 脂ぎって, 艶が, 血の気が, 遠いノスタルジア, 面皰や, 香気ある, 黒い汗

▼ 皮膚~ (32, 1.3%)

2 端正な

1 [30件] ちぢれた耳, 一枚一枚暗い, 世帯や, 人造肉や, 体つきが, 内臓や, 動作を, 口から, 国宝阿修羅王の, 容貌や, 彼の, 怪しい光, 桜貝の, 歯や, 爪に, 白髪に, 目尻の, 瞼毛の, 筋肉が, 筋肉とは, 筋肉に, 精神が, 考の, 血液の, 頬の, 頭髪の, 骨柄の, 髪の, 髯の, 鼻孔や

▼ 皮膚から~ (30, 1.2%)

1 [30件] すべり落ちて, そうなっ, そして心臓, たと, たといその, はたへ, むき出る歯, わがモスク, キラキラと, 一寸位いも飛出し, 一日増しに, 体内の, 入って, 剥がして, 噴火した, 弾き戻されて, 感じて, 手足まで, 抜けきらなかった, 放たれて, 水分を, 考えても, 聞いた, 胸へ, 脂肪を, 萠える, 血が, 血の気が, 離す目的, 靈魂の

▼ 皮膚~ (21, 0.8%)

2 の人, の医者, へ寄り

1 [15件] じゃ耳鼻科, ではなく, では診察後幸子, ともう, にも及ばない, の件, の六〇六, の屋上, の崎田君, の待合室, の方, の権威, の診察, へ, へ寄る

▼ 皮膚~ (16, 0.6%)

1 [16件] あつた, いひ知れぬ匂, それが, もって, 一そう男たちの, 云って, 以て, 呼吸する, 小鼻が, 帰って, 感じた, 感じられたの, 瘢痕蟹足腫を, 知って, 聞き心頭, 蔽われるに

▼ 皮膚にも~ (12, 0.5%)

1 [12件] いくらかかすり, その蒼白い鈍, つたわる良人, なかった, もう膠, 人間の, 似た一枚, 何んの, 光沢が, 厭わしく考え出される, 同じ膏脂, 蔽いきれない嫉妬

▼ 皮膚~ (11, 0.4%)

1 [11件] こすりつけた, ぢかにつき, 出来た時針, 当る初秋, 感じる程度, 汗の, 油汗が, 激流の, 熱の, 疵を, 脂肪が

▼ 皮膚~ (10, 0.4%)

2 に滲み出た 1 が抉った, にあらはれ, につく, にとどまり, に粘着, に起る, に響き, の変質硬化等

▼ 皮膚とを~ (9, 0.4%)

2 持って 1 お幸, よく知っ, 射るよう, 比べて, 目に, 見た, 見ながら

▼ 皮膚とは~ (8, 0.3%)

2 似ても, 反対に 1 いい均整, それだけ感度, ちがった手ざわり, まるで違っ

▼ 皮膚では~ (6, 0.2%)

2 ないよう 1 じきとばし, つきり, ない, なかつた

▼ 皮膚感覚~ (6, 0.2%)

1 が倫理, と暴力, の囲み, ばかりの現に, をとり戻し, ノ麻痺モ激シクナル

▼ 皮膚からは~ (5, 0.2%)

2 きめの, 垢と 1 血が

▼ 皮膚感触~ (5, 0.2%)

1 だけを信じ, なの, の過敏, をもてあまし, を触発

▼ 皮膚など~ (4, 0.2%)

1 そっくり鞴, つややかに, 岩吉は, 茶渋を

▼ 皮膚でも~ (3, 0.1%)

1 ない感官, 蒼白い皮膚, 逞しい肉塊

▼ 皮膚との~ (3, 0.1%)

2 間に 1 利害の

▼ 皮膚にまで~ (3, 0.1%)

1 この社会, 碧緑さが, 達しようと

▼ 皮膚~ (2, 0.1%)

1 眼か, 背骨に

▼ 皮膚さえ~ (2, 0.1%)

1 剥けて, 匂わしく感じられるの

▼ 皮膚そのまま~ (2, 0.1%)

2 のもの

▼ 皮膚そのもの~ (2, 0.1%)

1 が紙, の露骨さ

▼ 皮膚それ~ (2, 0.1%)

1 がやや, にも拘はらず生き

▼ 皮膚だけは~ (2, 0.1%)

1 一人前に, 綺麗であった

▼ 皮膚である~ (2, 0.1%)

1 ことを, のに洋服

▼ 皮膚とが~ (2, 0.1%)

1 ちらちらと, 斑に

▼ 皮膚まで~ (2, 0.1%)

1 接近した, 栄養が

▼ 皮膚より~ (2, 0.1%)

1 外に, 秋立ちに

▼ 皮膚~ (2, 0.1%)

1 の板, ノ脂肪富贍ナルガ為ニ形態豊満ニシテ

▼ 皮膚~ (2, 0.1%)

1 體が, 體の

▼ 皮膚及び~ (2, 0.1%)

1 眼胞の, 骨格から

▼ 皮膚大きい~ (2, 0.1%)

2 ギラギラする

▼ 皮膚泌尿科花柳病科~ (2, 0.1%)

1 という看板, といふ看板

▼ 皮膚~ (2, 0.1%)

1 な表面, に男

▼ 皮膚~ (2, 0.1%)

1 が少し, のつり

▼ 皮膚科専門~ (2, 0.1%)

1 で院長, のお

▼ 皮膚組織~ (2, 0.1%)

2 の上

▼1* [133件]

皮膚をきみ寺, 皮膚いちめん妙な腫物, 皮膚およびその面, 皮膚かも知れない, 皮膚からも人間の, 皮膚がほどよく冷い, 皮膚ぐるみ鬘のよう, 皮膚その二つが, 皮膚その他の抵抗力, 皮膚たるみのない, 皮膚だけかえるところ, 皮膚だけで手首が, 皮膚だけをそれだけは, 皮膚だったということ, 皮膚つきである, 皮膚であったその上, 皮膚であればこそそれ, 皮膚であろうと言う, 皮膚でさえ目に, 皮膚ですよ, 皮膚とか色の, 皮膚ともなり山それ自体, 皮膚と共に品位は, 皮膚どんよりと灰色, 皮膚なぞというものは, 皮膚などで患者達は, 皮膚などの配列状態がねぇ, 皮膚なめらかにクレオパトラ, 皮膚なら羞かしくない, 皮膚にさえもうるさく感じる, 皮膚についても皮膚が, 皮膚にでも男に, 皮膚にとッつい, 皮膚にのつて若々しい, 皮膚によって営まれて, 皮膚に対して糜爛性の, 皮膚に対する彼女の, 皮膚に従って闘い出す, 皮膚のうへを平べつ, 皮膚のせゐで實, 皮膚のみならず彼, 皮膚はかぐはしくぬくもりきたり, 皮膚ばかりに刺さるよう, 皮膚ふっくらした耳, 皮膚へも息苦しく伝わっ, 皮膚までが生きかえったよう, 皮膚までも売払って, 皮膚みな鳶色して, 皮膚らしい弾力が, 皮膚をとほして, 皮膚ガン悪性貧血慢性白血病肺硬化不妊などである, 皮膚少シノ疵モシミモ附ケズニ来タモノヨ, 皮膚純潔サダッタ, 皮膚一孔に一毛旋, 皮膚一面に現, 皮膚に筋肉, 皮膚以外何等の表情, 皮膚何となく知識的な, 皮膚全体が汗, 皮膚其ものである, 皮膚凝脂が銀, 皮膚前額に乱れかかった, 皮膚剥離を伴う, 皮膚半白の髪, 皮膚厚い唇よく, 皮膚又は非常に, 皮膚呼吸と称し, 皮膚声遣い気質感情を持った, 皮膚変化を見た, 皮膚小さいけれども明確, 皮膚のやう, 皮膚山のはひつ, 皮膚強くして, 皮膚形骸の破, 皮膚惹くエキゾチシズム, 皮膚患者のよう, 皮膚感覺が倫理, 皮膚感觸をもてあまし, 皮膚排出を抑止, 皮膚支那めいた服装, 皮膚放心したやう, 皮膚枯木のよう, 皮膚横臥して, 皮膚櫻色の頬, 皮膚泌尿科を麗々しく, 皮膚洞ろな眼, 皮膚かに苦味, 皮膚滑らかに苦味, 皮膚を起こす, 皮膚生活が枯れきった, 皮膚病がなほるが, 皮膚病天狗が手, 皮膚病嫌惡の小説みたい, 皮膚病学の泰斗, 皮膚病患者のよう, 皮膚痩狗そのままに, 皮膚白き者を, 皮膚瞬間に燃え立っ, 皮膚瞳これが人造, 皮膚科外科のレントゲン技手, 皮膚科專門といふ看板, 皮膚科産婦人科の四つ, 皮膚科病院の一室, 皮膚科眼科歯科と数, 皮膚をあら, 皮膚筋張った手足一癖あり, 皮膚純粋で血行, 皮膚細い手足險しい, 皮膚美的に均整, 皮膚の脹らみ, 皮膚脂肪層筋肉層を開き, 皮膚脆弱というよう, 皮膚自身はそれ, 皮膚をし, 皮膚色素の移行, 皮膚蒼白の前駆症, 皮膚薄い下り眉毛, 皮膚薄汚い襞, 皮膚薔薇色の顔色, 皮膚血肉をもつ, 皮膚赤い唇ばら色の, 皮膚赤く髪白く, 皮膚軍帽に練, 皮膚州縞の, 皮膚障害のほか, 皮膚青白い細い手足肋骨の, 皮膚青白き洋館の, 皮膚鞣革の手, 皮膚から鼻, 皮膚顔面の色, 皮膚骨張つた身體何んとなく, 皮膚は恋し, 皮膚黄色き異国情調を