青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「皇~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

白髪~ 百~ ~百姓 百姓~ ~的 的~ ~皆 皆~ 皆さん~ 皆んな~
皇~
皇帝~ ~皮 皮~ ~皮肉 皮肉~ ~皮膚 皮膚~ ~皺 皺~ ~皿

「皇~」 1211, 13ppm, 8424位

▼ 皇~ (130, 10.7%)

3 勅, 御敵

2 [12件] あはれみ, お立場, ために, 三年に, 位に, 勅に, 御代に, 時から, 時に, 末孫といふ, 醜の, 院宣を

1 [100件] いわゆる愛妾, うばい返し, おあと, おあはれ, おやつれ, お若い, ごときもしくは, それに, それを, ための, ついて, ときに, めぐみにて, もとへ, 一人庖犠氏が, 七年八月に, 万感の, 不器量な, 世に, 主義も, 九年に, 二十六年に, 位置は, 侍從であり, 傳を, 六年庚申までを, 典籍を, 内政の, 前だ, 前に, 劇場で, 勅頭に, 勤勉細心なる, 南方經略によ, 名と共に, 四年十一月蘇我赤兄に, 夢に, 失政として, 女です, 如き革新的色彩, 姫である, 字を, 實父と, 巡遊ぐらいに, 後に, 後ろに, 後醍醐と, 御世に, 御代でありました, 御代には, 御代越の, 御所へ, 御歌に, 御製であろう, 御製では, 御製を, 御顔, 心は, 怨敵たらん, 應號である, 承応三年, 攘夷拓地を以て, 政策が, 日繼, 日繼と, 日繼とも, 時であります, 時代である, 時代に, 時代の, 時代も, 時王道平という, 時長, 暴戻を, 望は, 末孫か, 末孫だ, 末孫で, 武威隆盛の, 民浦島の, 治世時代いわゆる, 焚書によ, 爲に, 皇女である, 皇子にも, 第一囘遣日使節, 統治の, 署名入りの, 老いの, 良人アルバート親王並びに, 葬式は, 評に, 談話七百語の, 車が, 遠謀による, 遣日使節, 邊にこそ, 銅像前の, 院宣も, 驪山の

▼ 皇~ (123, 10.2%)

9 のお 3 のご, のため, のもと, の二夫人 2 がこの, にはこの, の夫人, の義弟, よ, をお迎え

1 [90件] か, から拝領, が, があろう, がお, がおい, がなんで, が名実とも, が弟臣, が成都, が曹操, が楽しん, が許都, が試み, こそ民, そして今, だにお, であると, でいらせられる, でしょう, とあなた, というお方, とお, とこの, とご, とてもよも異存, とによって契られ, との誓い, とは血, ともある, とをご, と主従, と兄弟, と劉, と呉妹君, と盟, と親しく, と関羽, なりなどと僭称, にあたられる, にあたる, にお, におわさずや, にお目にかかりましょう, にご, にし, にすすめ, にておわす, にとってもわが国, にとって大吉, には, にはともあれ, にはべつに, には三顧, には今どこ, には出迎え, には荊州, にもいかばかり, にもお, にもふたたび時に, に仕官, に居, に愍, に進上, に附随, の一臣, の上, の兵, の命, の家, の居どころ, の御名, の御許, の本軍, の正室, の消息, の精鋭, の領せられる, はかりそめにも, は当代, は河北, は漢室, へおすすめ, もすでに, も供, をしたわれ, をもっ, を汝南, 改まって, 決しておだてる

▼ 皇~ (48, 4.0%)

2 神に

1 [46件] いままでの, さきに, しょせん本, そのうえちんば, たと, だれの, もう年, 一日丞相李斯の, 不面目を, 之に, 之を, 仙にも, 側で, 儒教の, 儒生を, 先づ南に, 全くエライ, 六國を, 初めていい, 又世人, 多勢の, 天下の, 宗室大臣の, 官吏を, 實に, 山陰へ, 年五十長生とは, 方士に, 更に北の方匈奴, 最初より, 李信に, 東の, 楚を, 殿を, 燕齊の, 爾後諡法を, 直に之, 石を, 確に, 笑って, 細心である, 細心に, 街の, 西暦五百八十一年乃至, 遂に死んだ, 金を

▼ 皇~ (32, 2.6%)

2 うらめしい

1 [30件] お立ちに, その三十七年, のち貴, 不老の, 使つた衡の, 儒學を, 即位され, 君に, 大きな鯉, 天下の, 天下を, 孔孟仁義の, 實際の, 山を, 崩くなられ, 後ろを, 御代々, 御悩重らせ給いし, 書を, 望ましいもの, 果斷の, 泊まった昆陽, 法術に, 海内一統の, 異俗, 自ら宮中に, 舒明天皇の, 親から, 贈ったブローチ, 齊の

▼ 皇~ (30, 2.5%)

10 天皇の 2 天皇, 天皇紀に

1 [16件] の重祚, 天皇で, 天皇に, 天皇は, 天皇二年に, 天皇二年の, 天皇二年斑鳩宮焼打ちの, 天皇弐年の, 女帝の, 孝徳斉明三天皇を, 孝徳斉明三帝の, 帝の, 帝四年四月, 朝の, 紀, 紀の

▼ 皇~ (29, 2.4%)

2 の安泰, の歌

1 [25件] ぞ豐葦原, になく, にむかつ, に至る, に隣接, のため, の一民, の俗言, の前途, の勢力強大, の勢力範圍, の古道, の天, の學, の心, の盛大, の神風, の興廢此一戰, の萬歳, の軍人, の間, は日, への御, をおも, 本來

▼ 皇~ (28, 2.3%)

5 の御歌

1 [23件] か間人連老, が斉明天皇, が紀伊, が間人老, が間人連老, すなわち皇后宝皇女, でありながら, との関係, と出し, と同じ, にしたがわず, に従わざりし, に從, の威, の役に立つ, の御, の資格, は不明, は前言, は未詳, は舒明天皇, を奉じ, 御尊

▼ 皇~ (25, 2.1%)

6 神宮の 4 神宮を 3 神宮 2 神宮に, 神宮境内に, 神宮大 1 神宮との, 神宮にも, 神宮御, 神宮所在地の, 神宮由來は, 神宮神主

▼ 皇正統記~ (25, 2.1%)

2 が大

1 [23件] から大, という日本精神, といふ風, となり, などに, などを見ます, による, に所謂忠孝, に於, の一番眞先, の中, の思想, の理論, の神代巻, の第, の筆者, の記事, は前, は實, も唯, やなぞ, を御, を著わし

▼ 皇~ (22, 1.8%)

1 [22件] お慕い, なぐさめえずして, ケニルウォースに, 五帝の, 唱へる, 始め祖先, 尊び公, 御位, 思い出したの, 慕って, 拝した, 祀り左, 祭ったもの, 称するに, 立てんと, 見るいかん, 見ると, 評し去る, 誹謗し, 誹謗せん, 起源と, 輕重する

▼ 皇産霊神~ (20, 1.7%)

2 とはまた

1 [18件] とのお, とのご, とはあれ, とはさっそく, とはそれ, と言つて, にお, にすっかり, のお, は, はその, は大物主神, は蚶貝媛, は雲の上, も人間, を中心, を感じる, 即むすび

▼ 皇~ (19, 1.6%)

1 [19件] いえども, その夫, なさんと, 一生の, 云い人皇, 云い彼, 会って, 先帝との, 小走りに, 爲り, 申し上げました, 皇との, 示現し, 祭り上げられた, 禹との, 称して, 称し偽, 立てられるの, 謂つて皇の

▼ 皇~ (19, 1.6%)

2 の守護

1 [17件] がある, が一夜, といひ, にし, に入れる, に還り給う, の中, の京, の北部, の地, の守備, の正南門, の空, の門外, まで直, を下, を中心

▼ 皇~ (19, 1.6%)

3 の死んだ 2 のジョセフィヌ, の出自, の死 1 であった, として隠然たる, と云っ, にいと, にて在す, になれる, に入れる, に差出す, に貰う, に関するもの

▼ 皇~ (19, 1.6%)

2 でなければ

1 [17件] ではありません, と称する, にのっとり, には八紘為宇, には八紘爲宇, に基づき, に目, の何たる, の大本, の正しき, の精神, をもっ, を思ひ奉つた, を行き, を説き, 即ち王道, 第一主義

▼ 皇~ (17, 1.4%)

1 [17件] ついで即位した, なられた御方, ましますかと, 上奏し, 二人の, 仕へ, 体の, 叛き, 問う, 恋い慕われて, 至つて天下の, 至つて自ら皇帝とも, 謁した, 謁見を, 贈ったという, 身を, 選挙し

▼ 皇~ (14, 1.2%)

1 [14件] いまだ衰えず, が中国, にかかわります, にまつろ, に及ぼす, に服さぬ, の海外発展, の畏, の發展, を発揚, を耀かした, を藉, を輝かした, 御更張

▼ 皇~ (14, 1.2%)

2 であったという, であったとしても, であるという 1 たること, たる清原姓, だとて, であること, であると, と列べ, の身分, を称し

▼ 皇~ (14, 1.2%)

5 を扶翼 2 の扶翼 1 こそ天地, の下, の挽回, は果してしかく, は絶対, を挽回, ヲ挽回シ

▼ 皇~ (13, 1.1%)

2 の命

1 [11件] その志, などとも皇天上帝, に感謝, のもと, の下, の不公平, の召, の国, の特恩, の祐, 又何心

▼ 皇~ (13, 1.1%)

2 と最も

1 [11件] すでに自由政体, と直接, に上古胞衣, の存亡, の長子, へ御, を危く, を率い, ノ徴税ニ對シテ其, 御陵墓, 重らせたまえば

▼ 皇~ (13, 1.1%)

2 の起源説話

1 [11件] が, がある, でありました, でない, となしつ, のあった, のある, の物, はあった, は一大都会, は皇室

▼ 皇甫嵩~ (12, 1.0%)

2 の両 1 と朱雋, なども道, にも兵, のふたり, のほう, の前, は部下, も賊軍, や李粛, を車騎将軍

▼ 皇~ (11, 0.9%)

2 に浴 1 がこの, に染む, に浴せしめる, の九州地方, の及ばざる, の曁, は九州一円, を宣, ヲ萬國ニ輝カサン爲ナリ

▼ 皇~ (11, 0.9%)

1 [11件] に於い, に阿倍比羅夫, の万歳, の例, の命, の威力, の御, の恩, の末期, の正使, を没落

▼ 皇~ (9, 0.7%)

2 孫, 孫尊に 1 孫の, 祖乃御霊多, 神も, 軍に, 軍の

▼ 皇大神~ (8, 0.7%)

1 と言われる, の使ひと考, の幅, の掛物, の神符, の魂, は本地大日如来, を中心

▼ 皇大神宮~ (8, 0.7%)

1 でない紀州, として鎮座, と皇居, に向, に指圧療法, に祈, 八幡大, 御遥拝

▼ 皇太孫~ (8, 0.7%)

1 となり, となる, と定められたる, に對, の位, の大, は如何, 立つに

▼ 皇~ (8, 0.7%)

2 の陳留王 1 かその, が笊, であつ, の車駕, も浅ましき, を乗せた

▼ 皇~ (8, 0.7%)

1 というべきだ, と国恩, などという舞, に御, に酬ゆ, のあまねき, を思ひ, を祈る

▼ 皇道精神~ (8, 0.7%)

2 に基く 1 が之, の宣布, の涵養, の発露, の顕現, を世界

▼ 皇~ (7, 0.6%)

2 の御, は憲法調査, 特に憲法紀念館 1 早く宮眷

▼ 皇道主義~ (7, 0.6%)

1 こそだ, というもの, とか純正日本主義, に要約, の多少, の狂信的, を経

▼ 皇~ (6, 0.5%)

1 に依, に出, の上氏, の名家, の首, より出

▼ 皇後醍醐~ (6, 0.5%)

1 とともに軍事, とのご, のご, のむね, へ直接, をさがし

▼ 皇~ (5, 0.4%)

1 から本章玉歴章, が之, が授, と太清, に授け

▼ 皇~ (5, 0.4%)

21 が戦死, に殉じた, 及び諸

▼ 皇~ (5, 0.4%)

1 が何, のこと, へ往復, をスカイ, 高薙

▼ 皇道会~ (5, 0.4%)

1 という団体, の理由, もまた, も全く, や新

▼ 皇には~ (4, 0.3%)

1 余りにかえりみる, 多少刻薄, 弓を, 敵わ

▼ 皇典講究所~ (4, 0.3%)

1 では神職, にのち, に後, の講師青戸波江翁

▼ 皇十九年~ (4, 0.3%)

3 を囘暦 1 は西暦五百九十九年

▼ 皇~ (4, 0.3%)

1 のうえ, の臣, をみだし, を踏みしめ

▼ 皇~ (4, 0.3%)

1 と結婚, をめとり損なった, を人質, を皇后

▼ 皇~ (4, 0.3%)

1 の義, の風, を囓, を起さん

▼ 皇~ (4, 0.3%)

1 に移つたの, の交渉, の呪, の関係

▼ 皇~ (4, 0.3%)

2 の大 1 は無限, を扶翼

▼ 皇陛下~ (4, 0.3%)

1 だから, と呼ばれる, の電話, は御

▼ 皇~ (4, 0.3%)

1 の散, はあばかれ, やまた, や神社

▼ 皇にも~ (3, 0.2%)

1 いっこうわけ, 内々には, 御体面

▼ 皇~ (3, 0.2%)

1 亦豪華, 帝も, 處置に

▼ 皇典論派~ (3, 0.2%)

1 の大意, もまた, を略説

▼ 皇円阿闍梨~ (3, 0.2%)

1 の許, はこんど, は粟田関白四代後

▼ 皇國民~ (3, 0.2%)

1 として是非愛誦, の心, はただ

▼ 皇城内~ (3, 0.2%)

1 の兵部, の生活, の鴻臚寺

▼ 皇~ (3, 0.2%)

2 を振起 1 を永久

▼ 皇太弟~ (3, 0.2%)

1 である, とは御, をお

▼ 皇太神~ (3, 0.2%)

1 である, は即ち, を奉安

▼ 皇日継~ (3, 0.2%)

1 だけに当てた, と言, に通用

▼ 皇極二年~ (3, 0.2%)

1 に何, に山背大兄王, に当っ

▼ 皇産霊尊~ (3, 0.2%)

1 が随うた, はどうしても, を代表

▼ 皇甥擁立派~ (3, 0.2%)

2 を突 1 の密旨

▼ 皇甥李光明~ (3, 0.2%)

1 がどんな, と結びついた, を押し上げよう

▼ 皇禮砲~ (3, 0.2%)

1 とどろ, の下, はと

▼ 皇から~ (2, 0.2%)

1 もみゆるし, 英皇へ

▼ 皇~ (2, 0.2%)

1 お会いしたくなった, 御話し

▼ 皇への~ (2, 0.2%)

1 御訪問, 捧呈文付き

▼ 皇万歳~ (2, 0.2%)

1 だの王城, っ

▼ 皇~ (2, 0.2%)

1 の傳教, の女

▼ 皇五帝~ (2, 0.2%)

1 も徳, を兼ね

▼ 皇内閣~ (2, 0.2%)

1 の権力, の權力

▼ 皇~ (2, 0.2%)

1 の許, は叡山杉生法橋皇覚

▼ 皇国本~ (2, 0.2%)

1 は程本, 第一

▼ 皇城外~ (2, 0.2%)

1 の宣陽坊, へ出る

▼ 皇~ (2, 0.2%)

1 に贈る, はこれら

▼ 皇弟陳留王~ (2, 0.2%)

1 こそは学, はわりあい

▼ 皇惑死~ (2, 0.2%)

1 を避, を避け

▼ 皇政復古~ (2, 0.2%)

1 のこと, は皇国本来

▼ 皇~ (2, 0.2%)

1 みて, んで西皇帝

▼ 皇極四年~ (2, 0.2%)

1 である, ならば

▼ 皇~ (2, 0.2%)

1 だと, と恐れ

▼ 皇武合体~ (2, 0.2%)

1 を唱うる, を唱え

▼ 皇甥派~ (2, 0.2%)

1 と新た, の軋轢

▼ 皇甫公子~ (2, 0.2%)

1 であった, に書物

▼ 皇甫冉秋夜会稽~ (2, 0.2%)

2 の厳維

▼ 皇~ (2, 0.2%)

1 にはまれ, のうち

▼ 皇~ (2, 0.2%)

1 を立て, を続

▼ 皇胤名流~ (2, 0.2%)

1 であったとしても, であっても

▼ 皇裔神胤~ (2, 0.2%)

2 の後

▼ 皇~ (2, 0.2%)

1 に対しての呪言, の尊長者

▼ 皇譜神代文字~ (2, 0.2%)

1 之卷, 之卷大臣紀氏竹内平群眞鳥宿禰書寫眞筆

▼ 皇道日本~ (2, 0.2%)

1 の教育, は皇室中心

▼ 皇道派~ (2, 0.2%)

1 ですね, の二派

▼ 皇道経済~ (2, 0.2%)

1 に立脚, の名

▼ 皇~ (2, 0.2%)

1 使当時の, 方士徐福將童男女數千人入海求蓬莱神仙不

▼ 皇開山~ (2, 0.2%)

1 とも書かれた, は笄山

▼1* [239件]

いなる上帝衷を, 皇いまのマリア・フェタロヴナ, 皇およびドイツ皇帝の, 皇からの贈り物である, 皇こそ百代に, 皇さえ嘆いて, 皇たちは皆にこにこ, 皇たる輿馬情何んぞ, 皇と讃め, 皇入らせられたかも, 皇である天尊である, 皇とか隋の, 皇とまで云われた平将門, 皇なく始皇の, 皇など如何にも從來, 皇ならねど円本, 皇なり儲位明らかに, 皇なりと云うは, 皇による院宣降下の, 皇やがて沙丘に, 皇よりも咸陽を, 皇ら御国の御, 皇アメリー陛下がパリ, 皇ウヰルヘルミナがまだ, 皇エドワード陛下は今度新た, 皇クレオパトラが敵, 皇ニ陪シテ栄ト為サズ下ハ乞児ニ伍シテ辱ト為サズ, 皇上天照臨下土集地之霊神, 皇上権奸を誅し, 皇中云々の文句, 皇二代を経, 皇二十四帝にまみえる, 皇二十年を囘暦紀元, 皇二十年倭王姓阿毎, 皇二年帝病あり皇弟皇子等豊国法師, 皇五年の処, 皇を司どれ, 皇て舟, 皇以下ことごとくその, 皇以來の馬鹿, 皇以後のこと, 皇の論語義疏, 皇高圉, 皇聖武親, 皇元始天尊とも云, 皇元年の条, 皇元年辛丑となるらしい, 皇兄五瀬命は敵, 皇兄早良太子の轍, 皇兄稲飯命と三毛入野命, 皇六年頃に繰り上がる, 皇典保守論派とも言うべき, 皇典科は藩地, 皇典科洋典科医療科算数科という, 皇別上に阿, 皇別佐伯直の条, 皇別吉田連の祖鹽乘津彦命, 皇別諸氏との間, 皇ノ余沢僻隅ニ澆浩シ維新以降, 皇をひっさげ, 皇勅願の寺, 皇化東漸以前に大陸, 皇十七事と云, 皇即位の初, 皇叔あなたも蜀, 皇叔さまに従っ, 皇叔とこなたとは, 皇叔ココニ到リテヨリ地ニ枯田ナク天ニ, 皇叔一個のご, 皇叔一族も惨澹, 皇叔以下われわれ臣下はかの, 皇叔劉備字は玄徳, 皇叔外にあっ, 皇叔方丈へもどっ, 皇叔朕がそば, 皇叔様へ, 皇叔此方もまた, 皇叔死し給えり, 皇叔玄徳の名, 皇吾睦神漏伎, 皇呼爲半仙戯とある, 皇命尊戴夷狄攘斥之御, 皇命時代の御作, 皇嘉殷富達智の四門, 皇國世界における日本, 皇國日本の母, 皇國民一般の心理, 皇國海軍の無敵大捷, 皇國精神の母性愛, 皇土皇天の国, 皇夢中に見る, 皇皇后宮大夫源俊明永久二年薨, 皇大国の忠士, 皇大神さまだ, 皇大神はじめ奉り八百萬, 皇大神以来の神国, 皇大神宮その他に関する管理法制, 皇大神宮右に湯武, 皇大神宮外宮には四十末社, 皇天ことにわれ, 皇天上帝旻天上帝維皇上帝天帝などとも名付ける, 皇天后土に帰すべきである, 皇天后土彼は今朝, 皇天后土祖宗の明霊, 皇天尊未來金闕玉晨天尊が居た, 皇天憐を垂れ, 皇天皇土に育まれ, 皇天皇室を憐, 皇太一といふ星, 皇太夫人は百済王家, 皇太孫九龍口に於, 皇太弟大海人はその, 皇太神宮と阿弥陀仏, 皇奉幣の古社六つ, 皇妃といへるも, 皇妃コスタンツァの孫マンフレディ, 皇妃コンスタンツェの事, 皇妃ニ交リ歌ノ御, 皇妃マリアナが建てた, 皇妃リヴィア・アウグスタで彼女, 皇妃十八歳のマリア・ルイザ, 皇妃皇族から諸, 皇妃皇族たちの車駕, 皇妹和宮様が御, 皇威四方に発展, 皇威夷域に及び, 皇威発展の真相, 皇子宮の舎人, 皇孝宗に對, 皇学中心の運動, 皇学尊重のふう, 皇学所の監察, 皇学所監察に進み, 皇学新興の力, 皇学派に刺戟, 皇学館の図書目録, 皇宣下の議, 皇家無二の忠臣, 皇将相が熊野, 皇将門を助成, 皇山河上穀の霊, 皇崩ず八十余歳, 皇師大挙して, 皇師数々屈して, 皇年代に於ける, 皇年間より隋, 皇年間囘教東漸説の起源, 皇広大恩徳謝しがたし, 皇の文字, 皇まで行く, 皇弟ミヅハワケの命, 皇弟皇子等豊国法師を引い, 皇弟豊仁親王は践祚, 皇弟醇親王が日本, 皇後宇多の世頃, 皇後嵯峨の崩御, 皇御国の大道, 皇徳奉賛会の本, 皇恩浩蕩とも書い, 皇を垂れ, 皇慶律師などに使, 皇慶甫めて叡山, 皇慶高山寺の明恵, 皇戴冠式を奉迎, 皇推古天皇すなは, 皇措置を失したる, 皇政復古運動の進展, 皇政維新がおこなわれた, 皇に極めつくし, 皇とする, 皇継がおなじ, 皇時代には大抵, 皇朝分類名家絶句の事, 皇朝分類名家絶句等に其作, 皇朝医史には此人, 皇朝廷に随, 皇朝經世文編初續, 皇未だ天下を, 皇本紀がこの, 皇本紀二十六年及び陳渉世家等, 皇武合体二つのもの, 皇殿四御殿など皆槐, 皇というもの, 皇なれば, 皇民奉公会の主, 皇民教育を授ける, 皇に浴, 皇海袈裟丸武尊を始め小野子, 皇清經解とか續皇清經解, 皇の高祖, 皇焚書後の漢代, 皇のご, 皇が主人, 皇産霊の裔, 皇産霊二神の中, 皇産霊尊威霊を神, 皇産霊神たちを申し, 皇産霊神神産霊神のお, 皇を登極, 皇甥李光明一派から密旨, 皇甥李光明擁立派は皇帝, 皇甥殿下であらせられる, 皇甫姓の者, 皇甫嵩将軍は功, 皇甫謐の, 皇皇上天照臨下土集地之霊神, 皇睦神ろぎなど言, 皇礼砲とどろ, 皇立学士院という文字, 皇統一羅馬統一以後の若く, 皇胤たるの間隙, 皇を賞す, 皇の弟子, 皇覚寺に入り, 皇覚法橋の弟, 皇親征とあ, 皇親神漏岐, 皇をいただき, 皇の三字, 皇足穂命神社である, 皇輿たちまちに, 皇を開い, 皇運扶翼のため, 皇運末になり, 皇道そのものではなく, 皇道主義的労働組合設立振りと云い, 皇道主義軍国主義の合理化的宣伝, 皇道会その他のハッキリ, 皇の浦賀, 皇都脱出の挙, 皇長女御母, 皇はその, 皇開山烏帽子岳ノ中央ヨリ発シ, 皇隴西北地を巡り, 皇霊殿の設けられた, 皇靈神御帝河内交野私市師師, 皇靈祭で晴れたい, 皇靈義隱信等の文字, 皇洽六合