青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「皆~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

白状~ 白粉~ 白雲~ 白髪~ 百~ ~百姓 百姓~ ~的 的~ ~皆
皆~
皆さん~ 皆んな~ 皇~ 皇帝~ ~皮 皮~ ~皮肉 皮肉~ ~皮膚 皮膚~

「皆~」 20050, 217ppm, 455位

▼ 皆~ (1387, 6.9%)

13 皆まで 8 それに, 心配し 7 笑った, 集まって 6 云う, 自分を 5 一緒に, 大きな喚び, 寄って, 帰って, 揃って, 知って, 私を, 驚いて 4 ドッと, 一度に, 一斉に, 出て, 同じよう, 夢中に, 手を, 私の, 黙って

3 [16件] それを, どっと笑った, よく働い, 一時に, 声を, 変に, 心を, 思って, 疲れて, 相談し, 私に, 立って, 自分の, 閣下と, 集って, 非常に

2 [76件] いった, いふよ, これを, こんなこと, そう言う, そこに, その鳴, たべて, ついて, ふしぎに, へんな, みんな蛮声の, 一様に, 一生懸命に, 一種の, 云った, 云って, 云つてゐる, 云ふ, 人の, 体操場で, 侮る黒坊, 僕の, 公然に, 口々に, 君の, 喜んで, 困って, 壺を, 大騒ぎを, 妙な, 妙に, 寝るまで, 帰った後, 彼を, 彼女に, 彼女を, 彼等の, 待って, 心配した, 快活に, 思はず笑, 急に, 折角待つてる, 教会堂へ, 止めるの, 泣いて, 湯から, 申して, 皆そう, 皆完全に, 目を, 硯箱に, 笑い出した, 笑って, 笑ふ, 笑ふから, 箸を, 義兄を, 自分に, 舌を, 行儀よく, 見て, 言うので, 言った, 言って, 訊くと, 評判する, 話を, 豚を, 静かに, 食卓に, 饑饉で, 馬車に, 馬車の, 騒ぐの

1 [1056件 抜粋] ああやっ, あぐらを, あたらしく見え, あっけに, あの人, あやうい綱, あわてる, いいあわ, いい気, いうの, いきいきと, いくつか, いじめる, いっしょの, いつでも, いつまでも, いますぞ, いるのに, いろいろな変わった, うすうす知つてる, うの目たかの, うましうましと, おし黙つて, おらこと, お前の, お店, お菓子を, お雇いな, かえって来たら, かねての, かわいがるよし, がやがやいい, きざになつてゐるせゐだらう, きれいな, ぐずぐずし, こちらを, この時上機嫌, この車, これに, さ, さも面白, さわぎだして, しばらく口, しょんぼりする, すすめた, すすめるの, すでにその, するよりも, せかせかし, そういい出した, そういう習慣, そうしてぱッ, そうだった, そうである, そうな, そう云う, そう思った, そう言っ, そこで, そのお, その下, その場, その条件, それが, それぞれに, そろいも, そんなこと, ぞろぞろと, ただ無言, たんぼに, だまる事, ちやほや言ふし, つぎつぎと, つまらないこと, つめかけた, とった写真, とり巻いて, どういう噂, どうしてああ, どっと笑い出し, どなる時, どんなにちやほやする, どんなに苦労, どッ, なしてるよう, ならなければ, のこした生菓子, はり切って, ひきあげ風呂, ひったり, ひまを, ふざけたので, ぶつぶつ呟い, ぼくを, まずいと, また好奇, また面白, みて, みなお互いに, みな何よりも, みな走り, みな頭から, もう出, もう良人, もてあまして, やって来ては, やはりそこ, やめると, やる, やるん, ゆうべここへ, よかれと, よくなれ, よく喋り, よく心, よって, よろこぶ, らんと, わい, わっと, ゐなくなつ, ガヤ, クサカに, ザワザワと, ダニを, トントントンと, ナムアミダを, ハワイでの, パチパチと, ムヅムヅムヅとして, ワーツと, 一つづ, 一つ家族の, 一人, 一学期か, 一寸手を, 一日も, 一杯ずつ, 一番いい, 一眼で, 一間に, 一體どんな, 万国公法を, 上へ, 下げて, 不審がります, 不思議がりました, 不思議な, 丸太棒の, 乗り気に, 予期し, 事の, 二ヶ月も, 二階の, 云うから, 云う通り, 云ふてた, 互ひ, 人間通有の, 仕事に, 仕舞いかけると, 代る, 代る代る乘, 仲よく一座, 休まずきて, 何かしら歯を, 何を, 何処か, 何物かを, 作つた, 使う権利, 來る, 便宜を, 俺を, 働いたもの, 先生に, 入った, 入牢する, 其に, 其方にばかり, 其處へ, 冬野の, 出かけると, 出入し, 出立した, 切腹か, 別々に, 別れ別れに, 助かるか, 助命された, 動くにつれて, 勝手な, 勸める, 十分認め, 危ながっ, 厭がる, 反対説を, 口に, 口先で, 叫ぶ前, 可哀そうがって, 吃驚し, 吃驚するであらう, 合槌を, 同じ態度, 同一心, 吹き出した, 呆れはてて, 呼びましたの, 哄笑った, 喜ぶかと, 喜ぶの, 喫う, 嘘を, 囃します, 国府津へ, 地球を, 垣根の, 壁にも, 夢中で, 大いに慌て, 大げさに, 大さわぎである, 大合同, 大声を, 大変尊敬し, 大騒ぎし, 失って, 女王蜂だ, 妙だ, 嫌がると, 嬉しそう, 安心しきってる, 実験を, 寄りそって, 寄合って, 寝しづまるのを待ち私, 寝られないで, 寝床に, 寝静まつて, 少し尻込み, 尻込みを, 山を, 岩波とは, 工場を, 希望し, 帰りかけた, 帰ると, 平然と話し, 幾歳に, 床へ, 度度腹這, 庭園へ, 引っこんだ, 弥次, 強い印象, 当に, 彼に, 待ってるでしょうから, 後ろから, 得意の, 御迷惑, 心づくよう, 心持よく, 心細がっ, 心配する, 必死に, 忙しさ, 思いやりなく, 思つてるらし, 性に, 怪しみ驚いたよりも, 怪訝な, 恐れげなく, 悟りを, 惘然と, 愛して, 感嘆し, 感心した, 感染し, 憂慮っ, 憎がる, 手拭で, 打ちそろつて, 承知しない, 折々僕, 拍手を, 持ってるから, 持場を, 挨拶する, 振向いて, 揃つてゐ, 揉みあ, 提案に, 握手する, 撃てぬと, 散々いたずらの, 文ちゃんの, 新たに, 新進作家として, 日本美食を, 早速五日, 昨宵, 時計を, 普段からの, 書いて, 會費疲れを, 服の, 本気で, 机の, 来るまで, 来る時分, 枕頭を, 案内者として, 椅子から, 楽しくひととき, 楽しみに, 檜垣を, 歌ったその, 歎いた, 正三君の, 歩き出した, 死ななくちゃ, 死ぬべきとき, 殺された時, 母さん母さんと, 気を, 気味悪くなっ, 気違に, 決議権を, 沖の, 浅草の, 消して, 渡りきると, 満足しきっ, 澄まして, 火を, 無理に, 然うで, 煙草を, 熟睡する, 熱電堆から, 物々しく心配, 狂喜し, 猫の, 王様に, 生ける夜叉, 生れてからの, 田へ, 申し上げて, 申し合わせて, 町に, 留めたけれども, 疲れた手, 病気な, 発つとき今松, 登校する, 皆いつの間にか, 皆お, 皆かつい, 皆この, 皆こんな, 皆で, 皆の, 皆ほんとでも, 皆一緒, 皆今の, 皆協力, 皆大方は, 皆女, 皆寄つて群つて, 皆恩, 皆懐手で, 皆既に, 皆東京, 皆満, 皆私は, 皆結婚, 皆自分, 皆装飾, 皆適用, 皿を, 盲と, 相談の, 真個に, 真面目な, 眠ってる間, 眠つてゐる, 着て, 知つてゐる, 知らないから, 知らなければ, 知るよう, 私から, 私をもって, 種々な, 積立てて, 立ちさ, 立ち上る気配, 立ち去って, 笑いながら, 笑うと, 笑うもの, 笑ってるの, 笑つた時には, 笑つてゐた, 笑ふと, 第二世君, 答へ, 篠懸の, 純粋社会党員というか, 結婚する, 統一を, 繰りこんだが, 羊仙と, 考えかねて, 考えてること, 耳を, 聞きかへ, 聞き耳を, 肩を, 胸を, 腹を, 自殺か, 興に, 色めく, 苦しんで, 草を, 落ちて, 蓮根市場というくらい, 血統だ, 行つた道では, 要らなくなって, 見たという, 見てる通り, 見守って, 見当違ひなことを, 見返る見物, 言い合った, 言うん, 言ったこと, 言つた, 評判し, 話してる劇, 誇張し, 請願に, 貧しくて, 貴様を, 買うもの, 賛成であった, 賞める, 走って, 起きぬうち, 起き上ったのに, 踊り始めると, 踊る場所, 身寄りも, 輪に, 迷信である, 退散する, 途方に, 這入って, 遊びを, 遊んで, 違った模様, 遠慮し, 選んで, 酒の, 酔って, 酔へる, 鉄ごうしに, 鏡餠の, 開けかねて, 附き切り, 陰気に, 集まりお茶, 集中する, 離さんしのう, 面白がっ, 面白く歌っ, 頼りに, 顏を, 顔色を, 食い食糧委員長, 食う間外, 食ひ, 食事を, 飲み食い饒舌って, 餘り, 馬橇の, 駈出すのに, 騒がせられたよう, 騒ぐので, 騷ぐを, 驚いたが, 驚くよう, 高を, 鶏卵を, 黙つて, 黙り込んで

▼ 皆~ (1326, 6.6%)

45 顔を 35 前で 32 者は 31 前に 2521 者に 17 者が 16 心に 12 ために 11 ものに, 間に 10 眼が, 話を 9 ものが 8 ところへ, 後から, 心が, 方を, 注意を, 眼を 7 ためにも, 中に, 前へ, 意見は, 者を, 顔が, 顔に 6 中で, 心の, 所へ, 者, 者の, 者よく, 見て 5 人が, 人に, 口が, 姿が, 者も, 視線が, 視線は

4 [20件] うちで, 人にも, 仕事を, 健康を, 口から, 意見に, 手を, 方に, 方へ, 注目を, 眼に, 眼は, 胸を, 衆が, 衆に, 衆の, 話に, 頭に, 頭の, 顔には

3 [17件] ものを, 上に, 人のけ, 寝て, 心は, 心を, 手前も, 様子を, 者と, 者に対して, 耳に, 視線を, 話が, 間で, 間を, 頭を, 顔合せを

2 [74件] うちに, ことを, ためじゃ, ものは, ものも, やうに, ゐる前, 一致した, 働いて, 先に, 出て, 分を, 前では, 同意を, 姿は, 帰るの, 影を, 影法師が, 影法師を, 後へ, 後ろの, 後を, 心には, 心持に, 心持を, 思って, 恥に, 意見が, 所に, 手が, 手に, 散歩に, 死骸を, 気が, 気持が, 氣持を, 注意が, 注意は, 無言の, 生活の, 画を, 疑いも, 目の, 真中に, 眼の, 考えて, 者この, 耳には, 胸が, 胸に, 胸の, 衆お, 衆これあ, 衆と, 衆も, 衆もう, 衆今日は, 衆俺は, 裡に, 言うの, 言って, 言ふ, 話すところ, 話も, 調子が, 起きないうち, 身に, 邪魔に, 集まって, 顔の, 顔は, 顔合せの, 食事が, 驚きの

1 [588件 抜粋] あつまる会, あとに, あとへ, あわてかた, いいという, いうこと, いそがしくない, いつも起きる, いない間, いへりしが, いるところ, いる所, いる部屋, いる間, いる階下, うしろから, うしろに, うしろへ, うらやみ草, おかげで, おもしろい影法師, お喋りの, お土産, お弁当, お方も, お経, きいて, ことよ, しうち, しやべ, しんがりに, しんがりにな, するとおり, する事, する様, その遠い, そばへ, ためだ, つき合いの, つとめること, ときは, と一致, なかで, はたらきは, びっくりし, ふところ工合も, ほうへ, ほうを, もう一度彼, ものいろ, ものから, ものことごとく, ものである, ものどもよ, ものへ, ものよう, もの予が, もの迷惑ながら, やうな, よいよう, よれ短い, よろこびを, よろこぶの, らくら者だ, りきです, ゐるところ, んだら死ぬ, セリフを, ドカドカッと, 一倍親しみを, 一番後から, 一番後の, 下り終る, 下手さその間の, 不平は, 不幸であろう, 不快を, 世話に, 世間話を, 両唇, 中から, 中では, 中へ, 乞うまま, 云うの, 云う通り, 交遊の, 人から, 人たちよ, 人はけは, 人はけはいで, 人も, 人悪口いう, 人気者, 仕度が, 代わりに, 仲間には, 仲間の, 仲間入りが, 仲間入りも, 仲間外れを, 似顔なども, 体が, 体に, 停めるの, 働いてる表, 先生に, 先頭に, 入つて, 入ろうと, 公認の, 凋落の, 処へ, 出かけようと, 出す金, 出たあと, 出ようが, 出払った後, 分かり切った常識, 別れの, 前には, 前や, 力を, 動きを, 動くよう, 勘定を, 十九が, 単純な, 反対を, 反對, 反感を, 取り締りに, 取れば, 受が, 口を, 召使同様でした, 合唱である, 同じ様子, 名刺を, 名前を, 呼吸を, 命が, 哄笑の, 唇は, 喉へ, 嘲笑の, 噂です, 噂に, 噺を, 団欒を, 国から, 坐って, 声で, 声の, 夕刻までの, 外には, 外の, 夜具は, 夢を, 大声で, 大水に, 大笑いする, 大笑いの, 天壽の, 失望した, 奧底に, 好きな, 好みに, 姓名を, 姿を, 嫌って, 子を, 子供の, 学童が, 宝で, 客とは, 家から, 寐静まった, 寝しずまるの, 寝姿, 寝室だった, 寝息を, 寢て, 対象と, 尊敬を, 居る中, 居合は, 希望だろ, 希望と, 帰つて了つた後に, 年齢を, 座って, 座を, 引張り凧に, 弛みなるぞ, 影が, 役に立つもの, 役に立とうと, 役目であろう, 後に, 御機嫌, 心からの, 心も, 心もちに, 心をも, 心持が, 心持ちを, 心配の, 忙しい時期, 思いが, 思いも, 思うとおり, 思うよう, 性交が, 息づかいばかり, 悪意が, 想いとは, 想像とは, 愉快らしい, 意志で, 意気込が, 意見だった, 意見で, 感心する, 感情も, 態度が, 態度を, 懐中電灯が, 懸命の, 戻って, 手で, 手や, 手助けを, 手当を, 承諾を, 掃除を, 文庫や, 方から, 方が, 方で, 方には, 方も, 昼飯の, 晴やかな, 暑がる, 有であり, 服に, 望んで, 本には, 来るの, 来る方, 杯へ, 枕の, 枯れて, 棚下しを, 楽しい話声, 楽しむこと, 楽み, 様に, 歌ふ, 歓びの, 歓び戯れる, 歓声を, 残為した, 殺された問題, 母親という, 気に, 気にいらぬの, 気に入らなかったらしくやがて, 気もちが, 気分が, 気持だつた, 気持ちが, 気持ちを, 気持は, 気焔も, 氣分が, 氣持の, 水兵出た, 汁椀に, 沈んで, 泣声を, 泥酔と, 注意に, 注目の, 注視圏外へ, 淋しさ, 為じゃ, 為に, 無事を, 無視的な, 熱誠を, 爆笑が, 物を, 物笑いに, 犠牲に, 狼が, 玩具の, 甘そう, 生活に, 生涯を, 用事は, 男の, 留守の, 畜生は, 畜生を, 疑って, 疾走した, 盃を, 目ざはりになつてゐるせゐではなからうかとお傍の, 目を, 眞中頃に, 真似を, 眸が, 眼おどろき見, 瞼に, 知ってること, 知つてを, 知らないよう, 知るところ, 神経が, 神經を, 私心無き, 空想の, 立ち働くところ, 立ち騒ぐ, 立って, 笑いこけるの, 笑い出す, 笑い声と共に, 笑い声の, 笑い顔を, 笑うところ, 笑が, 笑って, 笑を, 納得ゆく, 結束がが, 給金を, 練習に, 練習を, 罪を, 署名を, 群から, 考へたり, 者あの, 者いっさい一様に, 者から, 者そこな, 者とも, 者にも, 者へ, 者まア, 者もう, 者をも, 者今宵は, 者前へ, 者加減悪く, 者大儀じゃ, 者彼の, 者御, 者気を, 者無用な, 者聴衆大, 者許せ, 者銭は, 者馬に, 耳を, 聞きの, 聡明な, 職工達に, 聽覺の, 肌に, 肩幅を, 肺臓を, 背から, 背の, 胸は, 胸中は, 脳裡から, 腕前は, 腰かけて, 腹中に, 膳の, 興奮を, 船客たちに, 芝居を, 荒れたの, 薦めで, 虐待と, 衆いつたい, 衆おらたちは, 衆から, 衆これほど, 衆さあ, 衆すみ, 衆ずいぶん沢山, 衆ちっと, 衆で, 衆という, 衆どなたも, 衆にも, 衆は, 衆やってくん, 衆よ, 衆わけが, 衆を, 衆元気を, 衆出, 衆又七は, 衆合点か, 衆妨げ無用じゃ, 衆持っ, 衆毛を, 衆決して, 衆甚だ, 衆私は, 衆聞い, 衆聽い, 衆頼んだ, 衆騷ぐことはない主人も, 行き先き, 行くごと, 行けと, 表情が, 裾を, 要求と, 見えるところ, 見る前, 言うとおり, 言った事, 言ふところと, 言葉が, 言葉も, 証明が, 評判を, 話からも, 話し声が, 話の, 話題に, 話題は, 読むもの, 談論を, 買ひ, 賑やかな, 起ち上がった十間, 足は, 跫音が, 身代りに, 身体, 身装を, 輪廓を, 途切れ勝ち, 這入るの, 造つてすゝめた, 連中の, 遊びたは, 遊びに, 部屋の, 部屋は, 部屋へ, 部屋割を, 都合わるく, 酌を, 間には, 関心が, 降りて, 集って, 集合室みたいに, 面に, 面前で, 面前へ, 頭は, 顏が, 顏は, 顏色から, 顔なぞを, 顔へ, 顔まで, 顔合せだけを, 顔色が, 顔色は, 顔色を, 願いが, 風が, 食い残しを, 食堂と, 食物の, 飯を, 飯米ぐれ, 首根つこ, 馬橇は, 馳け, 騒いで, 騒ぐの, 驚きは, 驚く顔, 魂が, 黒い頭, 鼻孔を

▼ 皆~ (1250, 6.2%)

10 の顔 9 自分の 8 私の 7 一緒に 6 此の, 私が 5 の前, 夫 4 お前の, を笑, 私に 3 が待つ, そこに, の居る, の心, の意見, 之を, 私を, 非なり

2 [69件] あたしが, から囃された, から思われ, から近所, がそれ, が何となく, が笑い出した, ここへ, これなり, そう言っ, その必要, その通り, でいっしょ, で写真, で順々, の出, の口, の後, の方, の為, の見, の話, は, を招, を款待, 一時に, 不孝の, 不思議が, 他の, 仮面を, 僕に, 別の, 勇気あり, 同じやう, 同じよう, 同じ事, 同じ行き方, 君の, 吾, 嘘の, 失敗のみ, 好い児, 安らかに, 小桃の, 席に, 平気で, 我に, 手の, 手を, 斯んな, 来ると, 気が, 温順し, 物が, 皆な, 知つてゐる, 空に, 立派な, 罰だ, 自ら欺き, 自宅で, 若いよ, 言つ, 雨に, 面を, 首を, 驚愕の, 鵜呑みに, 默つて了つた

1 [1020件 抜粋] あたしに, あなたの, あの樽野, あの野郎, あれが, あんな偏屈, いい人たち, いやア, うちに, おとなしい人, お前が, お祖父さん村上松五郎お, から冷たい, から尊, から眼, から詰問, が, があちこち, がおじけず, がおとなしいおとなしい, がかはる, がしばらく, がそれで, がつれ, がゐる, が一つ所, が上り框, が事, が他, が元気, が先生, が利己主義, が去つ, が口, が呆れ, が喜ん, が好き, が彼, が拝む, が暫く, が棄てる, が毛, が水着ひとつ, が海, が然, が皆, が色々, が蔭, が見, が言う, が言合った, が誉め, が遊ん, が酔, が青ざめてゐるところだといふのに, が騒ぎ, が騒ぎ出す, が鼻緒, ぐうたらに, こうして流します, ここにて, この事, この土地, この理, この精気, この通り, これに, これ卓上の, こんなもの, さうだつ, さうなる, しばしばスマちゃん, そういう風, そうして育っ, そう云っ, そこで車, そぞろ歩きでも, そのチヨン, その人, その加減, その原理, その心, その職分, その距離, それぞれ忙し, それぞれ然るべき, それに向, そわそわし, そんなよう, ちよつと, つまらなさうに, でいち時, でこれから, でやつ, で今日, で偽薬, で可愛, で天狗, で思はず, で正体, で轡, で雲行, どうか成っ, のゐる, の丹精一つ, の今, の側を, の凝視, の土地, の夕飯, の帰り, の後ろ, の手前, の気分, の注目, の留める, の盃, の着, の総代, の背中, の言う, の話声, の身許, の頭, はあの, はさすが, はだしで, はてんでに, は一生, は下りた, は俺, は即座, は唖然, は息, は森, は気, は流ちやん, は突然, は道, ひっそりと, びしよぬれなるのを何う, まあ一時引, まだ片付かず, もうそれ, もう厭, もちっと, も出かけよう, も知っ, よく分る, よく解つて, わが学問, を喜ばせました, を待受け, を押しのけ, を振捨て, を殺し, を笑わせた, を興がらせた, を誘ひ, んだ, インデイフアレントで, コボし, ゴロ, ソハソハし, テントの, ブチまけ, ペンで, ホテルの, 一人, 一個の, 一度小屋へ, 一昨日の, 一秒に, 丈よりも, 三吉の, 上滑りの, 下手つ, 不思議な思ひ, 不良な, 世話を, 並んで, 丹念に, 主人の, 二十代より, 二階へ, 井戸へ, 人に, 人家に, 今そこへ, 今日は, 休みにな, 伯父様の, 佐藤の, 体内の, 何処かで, 何時湯に, 佳い眺め, 來て, 信者で, 俺の, 借金ばかり, 僅かな, 元を, 兄弟です, 先づ卓子, 先生を, 共々に, 其の賤蔑, 其方に, 其方へ, 其處此處から, 冷汗に, 出拂つて居る, 刀へ, 切り捨て, 初代勘兵衞が, 前世からの, 創業の, 助平連で, 勉強家で, 千代さんが, 博物館に, 叔母に, 口先ばかし, 古河の, 可哀相な, 各, 同じだ, 同じ不満, 同感で, 同様な, 名前が, 君からの, 咳払いを, 唐末五代の, 善人さ, 喋舌つてやらう, 喜んで, 嘘っ, 器によ, 因果法の, 国禁を, 土くれ, 坊ちやんの, 墓場へ, 変つた, 変りは, 外の, 夢なら, 夢中でした, 大きくなりましたろう, 大きな聲一つ, 大原学士の, 大悦び, 大阪で, 大騒ぎを, 天使の, 天国に, 失戀に, 失敗だつた, 奇妙に, 奥で, 女で, 妻子を, 妾を, 嫌が, 嫌ひだ, 孝助に, 守成の, 実なる, 家毎に, 寄って, 寐て, 寝言を, 實力を以て, 小さな包, 小倉さんが, 小説たるの, 少尉候補生から, 居なく, 屋外へ, 山水清絶の, 川に, 左樣する, 己の, 平民社界の, 年の, 引取らなき, 彼の, 彼様な, 往來を, 後で, 御主人さま, 御免蒙っ, 御庭, 心を, 心配した, 心配する, 怖い足, 怪訝さうに私を, 恥知らずだ, 悉くシーン, 悉く衛生上, 悪い方面, 悪意の, 愉快と, 意志の, 感傷的に, 感心し, 憲法とは, 我々と, 我儘で, 我夫が, 戸が, 手前えん, 手頸まで, 押入の, 持た, 揃つて早朝に, 揃ひました, 損で御座います, 支那人だ, 整つてと, 料理熱心なる, 断行論であった, 斯様に, 斷わ, 旅行免状だ, 旧い家, 昔も, 星の, 是れ, 暇を, 暢気そうに, 最後に, 有つて, 有頂天に, 望んで, 来て, 来るぞ, 来るでしょう, 東京の, 東京や, 柔らかい何かしら樂, 棒を, 楽しそう, 欺され, 止めに, 正確な, 此処に, 此処を以て, 此方が, 此方へ, 此解釈に, 歩き廻る, 殿様方も, 毛色が, 気を, 気狂ひ, 氣が, 氷だ, 汝から, 池部の, 法学または, 泥海に, 洪水を, 活動館の, 流れ去る, 海辺の, 淋しいのよ, 済んで, 漢書に, 潮の, 火星の, 灰さ, 烏に, 無学文盲に, 無言である, 然うである, 然うなつ, 熱心に, 爐邊に, 狸に, 玄関で, 生れなす, 生真面目な, 申上げ, 申上げます, 画です, 畏こまっ, 異って, 病に, 白く埋もれ, 皆夫, 盃と, 盆踊を, 盛処, 相当に, 眉毛に, 真実の, 眸を, 知つてまさア, 知つて居る, 知ツて, 石が, 社会の, 禿山にな, 私と, 私ほど, 私ゆえに, 穢い商売人, 窒息させ, 笑い出した, 笑ひ転げ, 管な, 篠田長二の, 粉の, 約束を, 素人が, 總立ちにな, 美味い, 老人を, 職方へ, 肚の, 背を, 脚並みそろへて, 腰を, 腹を, 自分から, 自分に, 自分一人の, 自己の, 自己流で, 船縁の, 花村家に, 芸術家だ, 芽を, 若かった, 苦慮致し居りまする, 英語の, 草の, 草鞋穿で, 蕾の, 蘇枋という, 虚偽なり, 蚊帳の, 行つて見た, 表へ, 裸で, 覆滅せん, 親が, 親ゆずりの, 角力を, 解つて居る, 言つて了つ, 言つて見る, 言わないうち, 読う, 警官に, 豪傑然, 貢士を, 貴方の, 買ひ占める, 賞めていらしった, 質物と, 赤い脚半, 赤坂の, 跡形も, 身体は, 軽蔑に, 近村の, 逆に, 遊びに, 運んで, 達者じゃ, 遠い上代, 還俗し, 重さうに荷物, 銃を, 長くならなけれ, 陸上に, 障子を, 集つた時に, 集つて来い, 雪に, 零落し, 露西亜と, 静かな, 面白い話, 面白さうに, 音楽家らしい, 頭に, 食われて, 飯の, 飲んで, 馬鹿な, 駄目, 駢體で, 鰍に, 黙り勝ちに

▼ 皆~ (785, 3.9%)

11 呆気に 9 一度に 7 それに, 口を, 声を, 手を 6 口々に, 急に, 顔を 5 それを, 言ひ合せた, 鬘を 4 眼を, 私を 3 そこで, そこに, その方, びっくりし, 一緒に, 彼が, 彼女の, 正体も, 気が

2 [35件] いって, いつもの, この時, すぐに, それで, それとなく此人, ぞろぞろ藪, だまった, どうした, ギヨツとして, 一時に, 一様に, 他の, 何う, 何を, 前と, 又も, 喜んで, 変な, 姉の, 子供の, 庭へ, 彼を, 思いました, 感心した, 打伴, 揃って, 正體, 笑った, 肩の, 自分の, 舞台の, 遠くから, 高野山の, 黙々として

1 [599件 抜粋] あいたの, あきれ顔, あっけに, あっ気に, あの子, あの小僧, あの隅, あらん限り, あわてて, いうけれど, いうこと, いうよう, いっしょに, いつかそれを, いつかセエラが, いつに, いつまでも, いつもと, いやな, いろんな姿, いわばさわらぬ, うろた, おきて, お案じ, かう思つて感心, かえって帆村, かえって羨し, かたく目, がっかりしました, きいた, ぎくりとした, くすくす笑, くすくす笑い出す, こうし, こつそり知つて, この堅い, この客席, この家, この老人, この自分, これを, こんな美しい, ごろごろ転がっ, さっさと室, さやかなら, して, しなかった, しばらく店, しんと静まった, すこし黙し, すこぶる愉快そう, すっかりへたばっ, すっかり引き入れられ, すっかり手間どった, ずるいから, そういう言葉, そう信じ, そう思い, そこへ, そつち, そのため, そのまぶしい, そのまわり, その中, その態度, その時, その晩麓, その暑, その権幕, その男, その留置場, その私, その篠懸, その解釈, その重み, その音楽家, それぞれ部屋の, そろって, そんなつまらない, ぞろぞろ二等, たいへん縁起, たえず立ち止まっ, ただ呆気, たち以上, てんから呆気, とうとう, とても陰気, どうしたい, どうする, どうにも, どうも致し方, どっと笑い, どっと笑った, どっと騒ぎ出した, どれ, なおも興奮, なかなか話, はやし立てた, ばらばらと, びつくりし, ほっとした, ほっと安心, ほっと息, ほんとに誰一人目, またしばし, またその, またストーヴ, また一勢, また一緒, また声, また楽しく, また沈黙がち, また笑った, また笑つた, まだ先刻, まだ笑っ, まだ麻雀, まわりによって, めい, もう物, もう私, もっともらしくうなずいた, もと来た, ものも, やつと, やや安心, ようやく疑い, よく分った, よく炉, よろこぶであろう, わたしを, イヨイヨ固唾を, ウキウキと, カドリイルを, コップを, シインと, シンと, ストーヴの, セエラが, ゾロゾロ堤, タチの, ッは, デッキから, ドッと, ナポレオンに, ハッキリした, バブルを, パチパチと, パッと, フーフー吹き, ブル, ホクホクし, ミンチン先生が, ムクムクと, モウ一度ゾッと, 一人, 一寸緊張, 一層不安, 一度にど, 一度室の, 一旦解散, 一時ひる, 一言も, 一言一言に, 一齊に, 三々五々芸者買い, 三艘の, 不安に, 不審さうな, 不平な, 不注意に, 並んで, 中将の, 丸く成っ, 主義者や, 二時の, 云いよう, 云い合したよう, 云い合せたよう, 云って, 互に見, 互に蹂, 五分ずつ, 五合目の, 人も, 人知れず娘, 今さら帆村, 今の, 今度の, 今日思わず, 仕事場から, 仕方なく, 伍長の, 会堂の, 伝わって, 何し, 何だか急, 何とも, 何んな, 何んにも, 何事も, 何処に, 何度も, 例の, 便所へ, 僕の, 僕を, 元の, 先を, 兩腕をは, 兵隊の, 其処此処を, 其家に, 其後へ, 其故に, 内心悦んだ, 円く坐っ, 冷えて, 出かけること, 出発の, 列の, 初めっ, 初めて気づきました, 初号の, 到頭この, 力を, 勝手なる, 千鶴子を, 半信半疑に, 半分食べ, 卓子の, 又それ, 又ハッ, 又一しきり, 又少時默, 口も, 口吟み, 可笑しがっ, 可笑しそう, 吃驚し, 向うの, 吾を, 和蘭経由で, 唯だ黙っ, 喜んだと, 囚人の, 四方の, 固って, 土地を, 地面に, 堤の, 変梃な, 夕飯が, 外套の, 夜の, 夜明け近く迄, 大きな渦, 大きな紙袋, 大ッぴら, 大喜び, 大抵今夜帰京, 大賛成, 大騒ぎを, 太いコンクリート, 妙に, 始めの, 学校の, 孫の, 安心した, 家の, 家中を, 寄, 寝床に, 寢起き, 小さな卓子, 小首を, 少時默し, 山下に, 巡査と, 工夫達の, 市長の, 平次に, 幾度か, 店先から, 座に, 座敷から, 影うつし, 影法師の, 彼女を, 待ち構, 待った, 後を, 御飯が, 御馳走で, 心からうなづいたらし, 心より, 忘れて, 応接間の, 快活に, 怒つたやう, 思いの, 思い合わせたよう, 思い思い, 思い思いの, 思って, 思はず息, 思わず顔, 急いで, 恐縮し, 息を, 愁眉を, 愕いた, 愕然と, 感心したらしく, 慌てて, 成る程, 我々の, 我を, 手と, 手拭を, 指ざされた, 振返って, 掘出しにか, 掛けてない, 掛声を, 故意に, 敵同志か, 斯う, 日頃ラランの, 早く帰りたかった, 明らかに, 時の, 時代を, 暇さうにデッキの, 暗い顔, 最早自分達, 朝は, 期せずして, 木片の, 本当に向, 本当に毒茸, 材木や, 東京と, 松の, 松茸を, 柏原氏が, 森の, 楽しい晩餐, 機械の, 欠伸を, 次々に, 次の, 歌うのに, 歌も, 此の, 此上も, 此処を, 歪むだ顔, 歯噛みを, 死ぬこと, 死ぬほど, 死人の, 気を, 気楽に, 氣が, 水の, 水を, 沈黙し, 泥の, 洋服の, 滅茶苦茶に, 演武場の, 漸く安心, 火星人の, 火鉢の, 灰色の, 無電室に, 照彦様の, 熱心に, 熱病を, 燃えるやう, 獣の, 玄関の, 王子の, 王子を, 理窟より, 用心を, 申して, 申合せた, 留めた, 疲れて, 疲勞し, 皆熱心に, 目尻に, 直ぐに, 相談し, 看守に, 真青に, 矢も, 矢代を, 禿さんと, 私の, 窓の, 窓掛けの, 立ち上つた, 立ち止ったまま, 笑いを, 笑つた, 節約に, 籠から, 米を, 紹鴎が, 絶えず足ぶみ, 緊張し, 緊張した, 緊張の, 考えて, 耳を, 聲を, 肩を, 脂肪肉の, 腑抜の, 腹を, 腹をか, 自分たちの, 自分に, 自分等まで, 良沢の, 色々な, 苗字を, 若い将校, 苦しみましたからね, 荷を, 落付く, 蓆を, 虚っ, 蚕の, 蠶の, 行儀よく, 表面こそ, 襟を, 襟巻で, 見た, 見合結婚で, 見当を, 解らなかつたから, 言ったが, 証言し, 詩人の, 話して, 話の, 読み, 警視庁に, 變な, 豆腐を, 豊吉を, 豐吉を, 貴方の, 赤星家の, 起き出して, 起ち上つてダンテ, 跳ね上りぶッ, 踊り上がっ, 身体ぢゆう, 辞退した, 近所の, 退屈し, 逃げ出して, 避暑に, 酒に, 酒を, 鈴なりに, 鉄が, 鎮守の, 鏡の, 鑑定家らしい, 雁の, 雛つ, 霊岸橋のよ, 静かに, 靜かに, 面白がっ, 頭だけを, 頭株の, 顎と, 食物に, 駐在所の, 騒々しく囃したて, 驚いた, 驚き慌てて, 高速度写真の, 鬨と, 鯉口を, 鴉の, 鶉が, 黒塀の, 黙々とそれ, 黙って, 黙つて, 黙りこんで

▼ 皆~ (568, 2.8%)

8 挨拶を 7 分けて 6 向って 5 見せた 4 笑われて, 見せて, 話して 3 きいて, わけて, 挨拶し, 知られて, 聞えるよう, 背を, 茶を

2 [35件] お土産, お辞儀を, かくれて, して, そういっ, とりまかれて, ないの, 一礼し, 与えた, 何か, 別れて, 別れを, 取り巻かれて, 報告しよう, 好かれて, 嫌がられて, 心配を, 怠惰られる, 揶揄れ, 暇乞いし, 機会均等だ, 歌はれる, 注意し, 笑はれ, 笑われながら, 紹介し, 紹介し合った, 聞かして, 見えるよう, 言って, 読んで, 買って, 迷惑がられ, 頼んだ, 顔を

1 [439件] あいさつの, あいそが, あいたかったろうと, あおいで, あった, あまり好かれ, あやまるん, あわれな老人, いうよ, いじめられた新兵, いたわれながら, いっちゃ, いつでも, いふの, おさえさせる, おつき合ひ下され, お前が, お呼び出し, お浪、揃ひも揃つて, お茶菓子代, お道化, お飲ませ, かういふこと, かえしながら, かけた, かこまれて, かつさい, かぶれて, からかわれた, からかわれて, からかわれながら, からみ中, きいた, きいても, きくと, きけば, きこえたので, きた, くって, こう叫びたかった, ここへ, この事, この話, こんな心配, ごく尊敬, させられ皆, すこしずつ, すこしずつの, すすめた, すすめられて, すまない, すまないこと, する, せしかと, そう云う, そう思わせる, その価値, その晩自分, それとなく自分, それを, たずねられて, たのんで, たべさせ自分, たよられて, つかまって, つかまりながら, つきかかって, どう言われる, なって, なりたれば, なるべくこっち, のませはじめたの, はきはきした, はぐれ海, はっきりした, ばかに, ひき合, ひけらかして, ひと踊り, ひやかされた, ひらめかした, ふるま, ふれ, へんな, ぺこぺこ頭, まじって, また口汚, みせびらかして, みつとも, むかいながら, めいめいの, やったらよろこぶだろうか, やらして, よくお礼, よくされ, よくつたえましょう, よく受ける, よく礼, よく飲み込ませる, よろこばれたとの, よろしくいっ, よろしくと, よろしくを, わかって, わからせて, わかりやすから, わかる一定, わるいこと, オヤジと, ナダメられ, ノートを, ハッキリ見せ, ヘイヘイされ, リンゴ酒を, 一人一人年長順に, 一枚, 一枚ずつ, 一礼した, 一種の, 一言挨拶を, 一部ず, 一部ずつ, 不愉快の, 丼や, 了解出来た, 云いたかった, 云いつけて, 云うて, 云われて, 交って, 享受せられる, 今後も, 仕事を, 代って, 代つて, 代りて, 休むよう, 会釈した, 会釈を, 伝えたいこういう, 伝えたり, 伝えて, 伝えます, 伝った, 伝わったの, 伝染し, 何を, 何んとか, 使わして, 信用される, 信頼され, 倣って, 傳つてきた, 兄貴は, 先だたれましたあと, 先駆けて, 共通だった, 共通である, 其の事, 内緒に, 冷かされて, 冷かされますもの, 出かけて, 出むかえを, 出るが, 分ける, 分けるのに, 分け取りに, 分つの, 分らずに, 分らせて, 分らせること, 分配し, 分配した, 判った与えられたもの, 判らないのよ, 別れた, 別れると, 別れるの, 劣らず警句, 勘づかれて, 勧めた, 勧める, 勸められ, 厄介かける, 反対し, 反応した, 取つて思惑, 取り巻かれ気分, 受け入れられ喜ばれた, 口笛を, 叮嚀に, 可愛がられたく思う, 可愛がられて, 合わせる顔, 同情され, 同意させ, 向つて云, 向つて言, 吹聴した, 告げる事, 味を, 呼ばれて, 品物を, 問われて, 喜ばれました, 喜んで, 嘲笑された, 囲まれて, 売りつけて, 夢中で愛されたら, 大きに可愛がられ, 大切に, 好意を, 委せて, 嫌がられる, 嫌われながらも, 嫌われるの, 嬲られて, 子守唄で, 安心させよう, 宜しく云っ, 宣伝する, 寄附した, 寛いで, 対抗し, 尊敬される, 尋ねて, 對し, 對する, 少しでも, 崇拝され, 平なり, 廻すが, 引き合せて, 引き合わした一安心, 当てた遺書, 御酒肴, 心こめ切に, 忘れられすべて, 思いこませようと, 思い出させながら, 怨みの, 怪しがられる, 恐怖病にと, 意味が, 意志を, 愛想よく, 感ぜられて, 感心せられ, 感謝され, 感謝された, 憎まれた, 憎まれたもの, 憎まれて, 手招きし, 打たれて, 打つて, 打明けて, 披露し, 披露しよう, 披露する, 抱えて, 抱き止められて, 押し出されて, 拳固を, 指錠を, 挨拶いたし, 挨拶した, 挨拶も, 揶揄された, 教えて, 教へて, 敬愛せられ, 敬遠せられ, 断って, 明かさないの, 會釋した, 構わないで, 欺かされて, 歌かるたを, 止められて, 殊更に, 気がねを, 気づかせたいと, 気づかれないやう, 気を, 注いで, 注意した, 注意を, 浮き立って, 混つ, 渡しながら, 渡す三益, 渡らぬ位, 渦巻の, 爾云, 爾云え, 特に通知, 特賞ロッパ賞の, 犠牲に, 理由を, 申残し, 異存の, 発見され, 盛つて出した, 目当に, 直接な, 眼が, 眼配した, 知らせた上, 知らせようか, 知らせようや, 知られてる事実, 知れ渡って, 知れ渡ってる筈, 示した, 示しながら, 示そうと, 私が, 立合った蒲団, 笑って, 笑はれるだらう, 笑われた, 笑われたもの, 笑われたり, 笑われてばかり, 笑われるの, 答礼した, 米兵たちからと, 精一ぱいの, 紹介した, 紹介する, 聞いた, 聞いて, 聞えたに, 聞えたらしく, 聞えるやう, 聞くと, 聞こえたところ, 自分が, 蕎麦でも, 蕎麦を, 虐待された, 要求され, 見えるやう, 見せしめなければ, 見せしめられて, 見せたり, 見せつける事, 見せながら, 見せびらかした, 見せびらかしたいの, 見せびらかした銀時計, 見せびらかしでも, 見せびらかしました, 見せびらかす者, 見せました, 見せられるから, 見せる, 見せるが, 見せること, 見せると, 見られても, 見られるの, 見破られ呆れられ笑われて, 見舞ひ, 覚えて, 覚えられて, 言いつけた, 言いつけて, 言いふらして, 言い渡した, 言うと, 言うよう, 言った, 言った時, 言はれた, 言ふ, 言葉を, 訊ねた, 訊ねたが, 訣る, 証明してやろう, 詫まる, 話しかけたり, 話した, 話したら妹, 話したり, 話しました, 話しますと, 話し聞かせる時, 話を, 説明した, 説明する, 説明できる, 説明を, 説破され, 読ませたい読ませなければ, 護られて, 負うたよう, 責められるので, 貸すの, 軽く一礼, 軽蔑され, 辛くあたられた, 迎えられたの, 迷惑かけるらしい, 迷惑を, 追いつき簡単, 追懐の, 追駈けられ, 送られた所, 通知する, 遊びに, 運ばれ遂に, 遣って, 遣るうち, 遭遇した, 配って, 配る, 酒を, 金を, 附けて, 随い, 随分煙たがられ, 隠れて, 雑記帳を, 静まるよう合図, 面白く思われた, 頭を, 顰蹙され切っ, 食はせる, 食事を, 飯倉の, 飲ませる, 馬鹿に, 騒がれること, 驚ろかれた

▼ 皆~ (520, 2.6%)

6 一緒に 4 寄って, 来て, 賑やかに, 顔を 3 いっしょに, その山, それを, 何か, 揃って, 気を, 相談の, 笑って, 集って, 集まって

2 [25件] お談話, からかいに, そこに, たべて, なにを, よって, 三十軒足らずで, 仲よく飛ん, 分けて, 十種しか, 寄つてたかつ, 往って, 心配し, 愉快に, 笑ふ, 色々な, 行く, 行って, 袋だたきに, 見て, 酒を, 金を, 青山の, 風呂には, 飲みながら

1 [418件] あずかろう, あたるん, あとやらん, いびってから, いびつてから, いろいろ申し上げまし, いろいろ相談, うわさを, ええと十五円, おいなり, おでんを, おなかさんの, お嬢さんの, お屠蘇, お父さんに, お詣り, お金を, お金出し合っ, かかえて, かばい合うよう, かぶって, からかっては, きいてるとこ, ぐるぐる巻き, こいつに, これから椎の木, こわす, ごろ寝を, さっきから, しばらくとりまい, しんぱいし, そう言っ, そう話し合った, そっと往, その, その中, その二銭, その侍從, その男, その遊び, そろって, そろつて, そんなこと, たのしむという, たべてから, たべでも, たべ大変, ちょうど三十頭, つけ回しなさるの, つめよって, とった写真, とっつかめいて, とめた, とりそれから, どっさり猿, なお詳しく, なぶって, なんとかすら, ねお, のみませうと, のむこと, みんなで, やって, やって来るに, やろうやろう, ゆっくり東京, よくいたわっ, よくかわいがっ, よく今後, よぶと, よみあと, わあわあさも初, アイスケーキを, ウィンブルドンへでも, ウラーを, カントクを, グリルへ, ゴタゴタもん, ゾシマ長老の, テーブルを, パンを, ブチ割つ, モンパルナスへ, 一しょに, 一つ, 一つそこへ, 一つ室に, 一丁散財に, 一二反も, 一休庵といふ, 一円の, 一処にな, 一寸世間話, 一度に, 一時間ずつ, 一時間ばかり, 一緒にと, 七十何番とか, 万世橋の, 三メートルあった, 三丈の, 三件あります, 三十二本も, 三本抜かれ, 三百何十名酒なし, 三間なり, 世話し, 九人いた, 九人居た, 九州に, 九州へ, 九頭ほど, 二万一千円の, 二三十分も, 二十七円だ, 二十五隻か, 二十冊位しか, 二十匹です, 二升位飲んだ, 五つ六つある, 五つ六つと, 五人, 五六人の, 五匹で, 交り, 交る, 仁王丸の, 今あなたの, 介抱し, 伊勢佐木町を, 住んで, 余所の, 作りたかったら自分, 倒れてる男, 働いた, 働く初歩形, 僕の, 優, 入って, 入浴, 其奴を, 其跡始末を, 円山公園の, 写しとき, 写真を, 出かけたら浴衣がけ, 出かけて, 出かけよう, 出かけるビール, 出かけ雪, 出しあって, 出し合って, 出ようと, 出掛け其處, 分けろと, 分担する, 列挙し, 別けあうとともに, 助け出した, 勝手に, 勧めた入院, 十一人, 十七八足あつ, 十二人である, 十二機から, 千人風呂へ, 千日前へ, 博士の, 厠が, 又入浴, 反対したで, 取っちめて, 取押えるッ, 受付を, 叩き殺し, 可哀, 合唱し, 同じに, 向うの, 向島に, 呑むと, 哄と, 唄なぞを, 唱歌などを, 喋って, 喋りながら, 喜劇でも, 喰えと, 喰べ, 喰べた, 喰べたらさぞ, 四つ, 四五十円も, 四人, 四人の, 四人学生らしい, 四十八文かかった, 四部屋に, 団欒いたしました, 坊ちゃんを, 墓参に, 墨で, 夕飯, 夕飯たべ, 夕飯を, 多摩墓地へ, 大いに酒席, 大笑, 大騒ぎを, 大骨折, 天文学者谷村博士邸を, 好いよう, 孔生を, 存分に, 定めた, 宜しからぬ, 寄つて集つて水の, 寄つて集つて胴上げに, 寝たところ, 寫眞を, 小僧を, 小銭を, 山の, 山の寺へ, 山へ, 山や, 山を, 山水楼の, 幾頭は, 座って, 建てよまいか, 廿八人である, 引かえす, 引き受けます, 引上げて, 彼を, 彼女の, 御噂, 御飯たべ, 忘年会を, 恁う, 悠々と, 愛想を, 感想を, 懸れ警官隊, 手いつ, 手わけを, 手を, 手分けを, 手足を, 押して, 押懸け, 担いで, 持ち寄って, 放笑, 斉唱する, 晩飯の, 智慧を, 最も美しい, 朝の, 来いとの, 来るだ, 東の, 楽しく遊んでる, 楽しむよう, 樂しむ, 横浜の, 次の, 歌を, 歓迎し, 此方へ, 歩かうかなど, 死のう, 死守しよう, 毎日申し, 決定しなけれ, 泣きながら, 注意する, 注意を, 海岸へ, 湯へ, 溜池の, 潮干狩に, 熱心に, 父の, 父を, 物語の, 猿股の, 玉川へ, 瓦を, 生かそうと, 田圃に, 申しあげたが, 申し合わせました, 疑って, 登って, 百三十何円は, 百十一枚に, 相寄って, 相談し, 相談した, 相談しつ, 相談する, 相談ば, 真似た, 着物を, 私に, 私窩子買いに, 秘すん, 笑いどよめい, 笑いました, 笑い出した, 笑った, 笑つたものだ, 笑つて歸つた, 笑われて, 籤に, 紙競馬を, 給仕を, 老人の, 考へ, 聞いて, 背負って, 自分の, 自動車の, 自動車へ, 自笑軒, 舞え舞え歌え歌え, 色んなもの, 花火を, 花見に, 苦しんで, 苦勞し, 苦生苦生だ, 茶の間に, 草の, 菓子や, 落付い, 葬式の, 蝉を, 蟹田の, 血みどろに, 行かうか, 行くかな, 行くこと, 行くわ, 行く京名物鯛, 行ぐのか, 街に, 西寮では, 西洋間に, 見に, 見届けて, 見送った時, 言い合った, 言い合ったであろうが, 言い合わせて, 試験を, 話して, 話し合, 話を, 語り合, 読む, 読んで, 諜し合した, 諸国行脚の, 買って, 贈物が, 踊らせたらどんなに, 軍人将棋を, 軍法会議に, 軒下に, 這入るん, 遊ぶからよ, 遊ぶの, 野の, 金出し合う, 金春館へ, 銀行へ, 鍬を, 長く音楽, 開かれること, 陰で, 隊を, 集った, 集った楡, 集まったとき, 電灯の, 面白がった, 面白く歌っ, 面白く遊んでる, 頂いて, 頂くこと, 食ったが, 食ってるって, 食ひ, 食べた, 食べて, 食べようね, 食べる, 食べれば, 食べ終ると, 食事, 食事し, 食事する, 食卓に, 食堂へ, 飯を, 飲まなければ, 飲もうや, 飲んだり, 飲んで, 飼うよう, 養って, 饂飩でも, 首を, 騙して, 鶏鍋を

▼ 皆~ (313, 1.6%)

8 連れて 7 集めて 6 笑は, 笑わせた, 笑わせて 4 殺したの 3 促して, 喜ばせて, 殺して

2 [21件] あっと, なだめた, アッと, クサらせる, 代表し, 制した, 助けて, 呼んで, 引きつけて, 支配する, 残して, 笑わした, 笑わせたり, 笑わせながら, 笑わせる, 笑わせること, 見下ろして, 見廻した, 見渡した, 誘って, 驚かした

1 [225件] あっと言わし, あぶながらせた, いじめて, いじめるん, えて伏しき, おいてきぼりに, おだてて, おどかすの, お帰, お連れ, かえしゆっくり, かしいばかり, かしさ, かついで, くずそうと, けしかけたつて白状, けしかけたろツ, ことにも, こわがらせたり, さえぎった, さなくて, さらにおどろかせ, しっかりと, だまして, つきとばして, つれて, てこずらせたが, どうにでも, どりと, ながめて, なだめる筈, はらはらさせた, ばかに, ひっぱって, びっくりさし, びっくりさせ, びっくりさせた, ふり返っ, また笑わせ, また食卓, みま, やたらに, やったん, やや不安, よく感心, よび立てたん, よろこばせた, よろこばせる, よんで, アヤフヤに, ウツソリと, カフェーの, グルリと, ドナリつけた, ビックリさせる, 一つに, 一度に, 一様に, 一眼に, 一緒に, 三島に, 不思議がらせた, 不機嫌に, 並ばせた前, 並ばせセエラ, 中将から, 休ませますよ, 傍若無人に, 優しく同じ, 入れて, 六一爺さんの, 其処に, 冬木の, 制したので, 前に, 励まし賑わしてな, 動した, 包み込んだり, 卑怯者だ, 口先で, 吃驚させ, 向こうに, 呼びあげた, 呼びそれ, 呼ぶ, 呼べっ, 呼んどいで, 喜こ, 喜ばした, 喜ばして, 喜ばせた, 喜ばせるやう, 嘲り笑って, 四散から, 困らし途方, 困らせた, 困らせたが, 困らせる, 塚穴の, 外に, 大笑いさせました, 好い様, 妙に, 守って, 客間に, 尻目に, 席に, 幸福に, 広大な, 座に, 庭の, 引き取れば, 引き連れどうやら, 引き連れエジプト脱出, 引つ浚つて, 引摺っ, 引連れて, 待たせてから, 待たせないで, 待つふり, 御一しょ, 怒らせて, 怨む者, 怨んで, 恐怖し, 悩まして, 愛して, 愛してるので, 愛しなされて, 感心させた, 慈しみ, 慰めさせた, 慶ばせた, 憎む心持, 抑えた, 押へ, 押退け, 担いでる人, 招くよう, 指図し, 控え目に, 掻きわけて, 支配し, 放縦な, 暗闇から, 枕頭に, 案内しました, 極度に, 楽に, 次の, 欺くこと, 款待そうと, 款待顔な, 歓喜せし, 歩かせるため, 殺さなければ, 殺した下手人, 殺した人間, 満足させた, 満足させる, 煙に, 片つ, 玄関まで, 疑って, 眠らせない, 眺めて, 睨み附けいきなり, 空地に, 立たせろ, 笑せた, 笑はせ, 笑わして, 笑わせたね, 笑わせた滑稽, 笑わせては, 笑わせる長い, 笑わせ友だち, 縮み上らせたの, 置いてきぼりに, 聞こうと, 自分自身を, 苦しめなくなった頃, 菓子屋へ, 裸に, 見, 見たり, 見て, 見る, 見下した, 見廻して, 見捨てた以上, 見据えた, 見渡して, 見返して, 観察できた, 言い宥めたの, 誘つて其の, 説得し, 調べた所, 赤子の, 迎えるの, 返り見て, 追いだした, 追っ払って, 追ひ, 追ひ退ける, 送りに, 遊ばして, 部長先生の, 重苦しくさせ, 釣ったの, 除く三人, 面喰は, 面白がらせ, 食べさせた, 饗応した, 香として, 馬鹿に, 騒がせて, 驚かしたの, 驚かして, 驚かすの, 驚した, 驚倒さし, 高所から

▼ 皆この~ (299, 1.5%)

4 中に 3 ように, 曇天に

2 [21件] お爺さんに, ばばの, やうに, 中津河畔の, 人に, 仕事に, 児どもが, 名を, 国にて, 島から, 悪魔道, 時に, 本能の, 歌の, 独自の, 種の, 要求充足の, 辺の, 頃の, 類である, 類の

1 [247件] あたりの, あやしき凹騎, お仲間, くらいの才能, ことを, まれな, ような, アバタの, カヤキを, クロマツである, チャイナ号に, ナイル河畔の, ペンが, 一つを, 一ブロックの, 一人当たり一円六十八銭弱の, 一匹の, 一木に, 三半規管を, 三月の, 三次郎の, 上も, 不可思議なる, 不思議な, 不謹慎な, 両面を, 丸ビルに, 主観的態度によって, 予想の, 事を, 事件からは, 事実の, 事実を, 二人の, 互性活眞に, 五官の, 五帝六甲の, 人が, 人の, 人へ, 人を, 人参畑に, 人形が, 人生へ, 仕方に, 代官所で, 侍に, 俺の, 俺を, 傾向に, 傾向を, 先の, 先生, 先生の, 前後いわゆる, 加爾幾なりとの, 医者の, 區別が, 単純なる, 印が, 原理から, 原理を, 口上一式で, 古帽に, 命令によつ, 問題に, 国の, 國の, 土の, 土地の, 地下に, 地球と, 垂死の, 型式を, 城中に, 埼玉山梨群馬長野にわたる, 外道精神の, 夢の, 大思想, 大男に, 大発明家, 天使を通じて, 奇怪な, 奥秩父を, 娘は, 実践的活動の, 宮へ, 宮滝村の, 小屋住居を, 小帳面, 小説に, 局外中立の, 山中より, 山岡一族の, 山稜の, 市長の, 師の, 幻像に, 廷尉の, 弊に, 式を, 待合室に, 恆信風を, 悪魔の, 情ぶ, 意味に, 意味の, 意見だ, 意識した, 感受性を, 慶喜の, 戦争に, 手に, 手を, 政策の, 故である, 文字を, 文献学主義の, 新たなる, 方式に, 方法で, 方面の, 日の, 時代の, 景気で, 暗い内密, 書物を, 有様に, 村には, 村山口を, 校へ, 根本の, 椎の, 様な, 橋の, 歌に, 歌程, 死よりも, 気の, 気運を, 水を, 水門を, 水陸両棲的な, 法を, 洋燈の, 消息を, 深くて, 清冽な, 点に, 点において, 無辺際空の, 熱の, 牡蠣を, 物理学より, 犬が, 状態を, 玄白の, 理学会に, 理由である, 生きた風琴, 生の, 甲割りへ, 男の, 男を, 町へ, 番号簿の, 病を, 白髪小僧を, 目的に, 直方に, 真の, 真葛原, 矛盾の, 短所に, 研究所の, 磧まで, 神の, 禹に, 私が, 私めが, 種属である, 第二次以上, 第六意識, 第六感の, 筆法を, 筐に, 答案であります, 範囲から, 範疇に, 紋付を, 紙に, 絵本に, 經驗を, 罪ある, 美しい若い青年, 美しい詞, 老人の, 老和尚, 職業に, 能力を, 臆病者を, 自由の, 自証を, 般若の, 草を, 草山へ, 菅の, 葉越に, 蜀に, 行衣に, 街で, 規準に従って, 言に, 詞の, 誤りを, 説に, 読みよい, 警察の, 谷中の, 資格を, 越種族で, 足の, 足食を以て, 路面から, 身を, 辺ビュービュー飛ばす, 近所の, 通りであっただろう, 通りでは, 遍歴の, 道理を, 道義心微かなる, 郷社で, 重さ, 重要な, 銀の, 關係に, 際やっ, 音韻によ, 頃どうか, 顔の, 顔を, 類にてや, 體裁で, 高場乱子女史と, 鬢を, 鼓の

▼ 皆その~ (266, 1.3%)

5 人の 4 方へ 3 方に, 方を, 時の, 話を 2 下に, 声の, 心を, 日の, 木なり, 男に, 通りである

1 [231件] あたりを, あるごとくなるに, ある如くなる, お方が, お書付, お膳, お葬式, くらいな, ことを, しるしなく, たけは, ためだ, つもりで, つもりに, とおりで, とおり長い, ときに, ほうの, ほうへな, まわりに, ような, ように, テエブルの, 一種の, 一穂を, 三条の, 上に, 中では, 中へ, 中庭に, 乳首に, 事の, 人が, 人たちの, 人と, 人として, 人に, 人柄相当の, 人生を, 人間を, 以後の, 仲間に, 位です, 位な, 位置を, 住み慣れた祖先墳墓, 余波である, 作者の, 例である, 偉人たるを, 側を, 像を, 光線の, 光輝を, 内だ, 内証は, 冷ややかさを, 処々に, 凸く, 出発点は, 別嬪の, 利用価値の, 前に, 前へ, 前後に, 力が, 卦名を, 原は, 台地の, 周囲に, 周囲を, 味方に, 國, 地位に, 地質の, 場に, 場を, 多額の, 大きい花魁, 大きく開いた, 大げさな, 大黒柱で, 奥様を, 女に, 女を, 妙な, 娘の, 婚礼の, 子に, 子供の, 宝を, 実行を, 家の, 小さい部分部分, 小屋に, 局に, 居所, 岡の, 峠を, 崇拝者を, 席の, 平を, 年の, 幼時に, 床屋の, 引込線の, 強風に, 当時の, 形に, 彩筆に, 影を, 役である, 御世話, 御眷属, 御簾ぎわへ, 御遺蹟, 心の, 情操に, 感じが, 感覚を, 態度に, 所属を, 手下で, 才を, 打撃を, 拙劣な, 接待に, 方の, 方親族の, 日に, 日暮しの, 時代に, 時分の, 期を, 本源なる, 板縁の, 枕詞の, 検校の, 業を, 概念に, 様に, 権利を, 権威に, 欣びを, 死骸に, 毒気に, 気に, 気持が, 法名に, 流儀である, 漢名の, 熟した, 独特な, 狭い田舎道, 獣の, 用意を, 疑から, 療治法を, 発見の, 白い葉裏, 白味の, 盒を, 目的なる, 目的の, 眷属の, 眼の, 知識と, 突然な, 窓を, 第一原因, 粉塗し, 精神に, 系統です, 結果で, 結果であっ, 結果であった, 絵を, 線の, 羽根の, 胸に, 能力を, 脂臭を, 腹に, 膜を, 自らの, 自由意思に, 與ふる, 色調を, 花に, 花色の, 薩摩の, 行く処, 表面において, 袋へ, 裏二階に, 要員である, 観察力の, 言ふところを, 訪れを, 設備に, 話に, 誘惑に対する, 誠直の, 調味を, 請求の, 論の, 贅沢さに, 足には, 辛勤の, 辺を, 通りで, 通りです, 郷里や, 配下に, 重要な, 長門の, 間道間道には, 雲と, 頃八重が, 頃大陸から, 頭の, 頭を, 頭髪の, 顔付の, 風を, 馬車から, 騒ぎの, 驚くべき男, 高座に, 魔女の, 麾下に

▼ 皆~ (212, 1.1%)

78 一緒に 11 同じよう 9 いっしょに 6 別れて 4 一しょに, 相談し 3 一しよ, 旗を 2 いつしよ, 一処に, 一所に, 同じに, 同じやう, 喋って, 顔を, 食べた

1 [78件] いつて, いふので, おち会うこと, おんなじよう, お別れ, お経, かたまりすぎて, くつろいで, ここに, すこし違っ, する外, その話, たべて, つるんで, どやどや梯子段, ひとしなみに, ふざけて, ぼとぼと登つて, わかれて, わかれる時, カツフエへなんぞ, 一つ食卓に, 一時に, 一緒だ, 一緒で, 争い結婚以来七年, 云う中, 云っても, 云ひたい, 仕事を, 代わる代わる話した, 仲よくしたい, 共々に, 共に喰う, 共に行こう, 共通の, 出たが, 分れて, 別に簡単, 別を, 別荘を, 単なる偶然, 同じこと, 同じで, 同じ様, 同様だった, 喋る, 喜び合いたいだれ, 家に, 年は, 心配を, 日本橋の, 智慧を, 會ふ, 格子戸越しに, 異った, 目くばせし, 相談しなけれ, 相談します, 相談の, 相談を, 知り合いだった, 花など, 茶の間で, 落ち合い電車, 親しくし, 親む, 話しこんでしも, 話し運動ズボン, 話を, 調子を, 談笑し, 賭を, 關係の, 食事を, 馬鹿話を, 高崎で, 魚を

▼ 皆同じ~ (147, 0.7%)

18 ように 8 である 7 ような 6 やうに 5 様に 4 ことだ, 様な 3 やうな 2 ことであろう, ことを, ものを, 方向へ, 色, 音を

1 [80件] ことでしょう, ことです, ことに, だ, だわネ, で, であった, であつ, であります, である曰く進行近視眼, でいずれ, でした, で五五, で其間, なりを, にし, に見え, に見えた, の人という, ほど大人に, ものである, よ, オの, パンを, ホテルに, 事だ, 事で, 事でありまし, 人の, 人種であった, 価に, 傾向を, 処を, 制服を, 剃髪式を, 堅忍な, 大きさ, 大浴場, 女だ, 屋根同じ, 平面図に, 年月の, 形式で, 心すなわち, 感じに, 手口でした, 手跡では, 方向に, 服装を, 材料から, 構えであった, 樹である, 気風だ, 水の, 法の, 法則の, 物だ, 生年月, 病で, 発音を, 眼色を, 程度において, 種類の, 系統の, 結果に, 結果を, 老大家の, 考えを, 興味に, 蛙だ, 表情の, 趣意が, 道の, 道を, 階段に, 雛形に, 音だ, 顔を, 類が, 食卓に

▼ 皆から~ (139, 0.7%)

3 大事に, 嫌われて, 離れて, 馬鹿に 2 よろしく, 三十間も, 言われて

1 [121件] あざけられまた, あまり喜ばれなかった, あやされても, いろいろの, いわれそれでは, お千代さん, お笑い草, かなりよく思われ, かまって, かわいがられあらゆる, きらわれるから, くりかえしよまれて, じろ, たいへん親切, ただほめられ, だまされてばかり, だんだん厄介者扱, ちやほやされ, てめえが, どうかし, なお勧められる, のけ者に, ひとしきり嘲笑, よけいに, パーヴェル・イヴァーヌィチと, ビラを, 一二歩後れがちに, 一本二本と, 云われて, 何を, 信用の, 催促される, 僕に, 冷やかされる事, 別れて, 助けられて, 勧められて, 勧められても, 取り巻かれ肩, 受けるが, 口を, 可愛がられた, 可愛がられて, 可笑しがられ, 呼ばれてるお上さん, 呼ばれる高声, 問題に, 変化され, 奥様と, 嫌われるの, 子どもとして, 宙に, 寄って, 尋ねられたの, 小松さん小松さんと, 少し離れた, 強いられぬ先, 忘れられて, 快活な, 怒られ何遍, 怖れられ出した, 恐れられて, 惜まれて, 愚者と, 愛されて, 愛し敬われて, 慕はれ, 憎まれずまた, 憎まれて, 憎まれ殊に, 憎まれ苛められ仲間, 憎まれ苛められ仲間はずれ, 扱われるの, 振りむかれた, 揉み消されるであろうと, 敬われるよう, 敬遠され, 旦那さんとは, 望みを, 来て, 査問を, 沢山の, 洟も, 温情を, 無理に, 無視され, 爪は, 相手に, 知られて, 礼を, 稍は, 笑い草に, 笑われたとの, 笑われながら, 罵声を, 美しいと, 羨望の, 聞いた, 聞かれるだろうと, 見える高い, 見守られてるの, 見離されて, 親しまれて, 観察され, 責められたか, 貰うお, 転じて, 追い出される, 遠ざかって, 遠ざかってるやり方, 醵金した, 重宝がられ, 重宝がられます, 集めるので, 離れたがらんどう, 離れひとり出発, 離別を, 非常に, 非難された, 顔を, 食物の

▼ 皆~ (122, 0.6%)

4 知つてようが 3 口々に 2 心配する, 来て

1 [111件] あとから, あのとおり, いうし, いさぎよく揃っ, いささか安心, いつとは, うあの, おるか, お休みなさい, お坐り, お相伴, お説, この子, さう, しばらく顔, すすめて, すつかり, すでに存じ上げ, すでに学ん, そうだった, そう云っ, その覚悟, その通り, その重味, たせて, ただ不思議, ちょっと手持無沙汰, ついには, ついぷっと, つづけ, つと下, なにかこの世, まず眉, みぢ袋, よく知っ, シーンと, ドキッとした, ドッと, ボケてる, 一緒だ, 一緒に, 今日以後変らず, 何とかし, 來いと, 全然気に入っ, 其人が, 其後二階や, 分らずに, 参れ, 同様に, 向うに, 唄え, 嘸悦ぶ, 困って, 堪えさせようと, 大切に, 大喜び, 少し同情, 帰って, 待たず三島, 待ちかねて, 御苦労でした, 御覧よ, 思はず笑, 思はず顔, 悦ぶこと, 早く帰っ, 来いと, 来るが, 止めた, 気を, 気丈夫で, 氣が, 決して悪気, 沖の, 無事息災に, 申して, 申合せを, 疲れたろうね, 眞似, 真赤な, 眠い目, 知って, 知ってようが, 知ってるとおりあたしばか, 知ってる通り, 私と, 笑い出した, 笑った, 笑は, 縫いさ, 耳を, 聞いたか, 自分と, 薄々は, 見て, 言うこと, 言うて, 賛成だった, 賛成で, 跣足で, 近年に, 釣り込まれたよう, 静かに, 非常に, 飛んで, 食べたん, 飮みなよ, 鶴吉夫婦も, 黙ったまま, 黙つて

▼ 皆まで~ (118, 0.6%)

16 聞かずに 8 言は 7 云は 3 いわせず, 言ふ 2 云わずと, 聞かなかった, 聴かずに, 言わずに

1 [73件] いわさず, いわせずに, いわせませんでした, きかず, きかずあ, きかずエヘ, きかずエヘヘ, きかず幾子, こうだ, しんみり聞きしめず, そうで, そんな勘, でなくとも, のたまうな, 事の, 云わせず, 云わせず源太, 云わせなかった, 云わない内, 仰有, 健ちゃば, 分らぬと, 匹敵できる, 博士の, 呑まずに, 嘗めないうち, 嘘でなかろう, 引いた単語, 引絞らずに, 徹底的に, 恥を, 悲痛の, 承わら, 東人の, 正しいと, 母親には, 玉の輿に, 終局的な, 聞いて, 聞かず, 聞かずお勝手, 聞かずついと, 聞かずと, 聞かずめ組, 聞かず上, 聞かず亀井, 聞かず大江山課長, 聞かず英吉, 聞かず藤吉, 聞かず道庵, 聞かず陳大夫, 聞かず驚き, 聞かないうち, 聞かないで, 聞かぬうち, 聞こえなかった程, 聴かずとも, 聴かず私, 言うな, 言わさずノズドゥリョフ, 言わせず, 言わせずに, 言わせず事も無げ, 言わせず左手奥, 言わせず手, 言わせず礼子, 言わせない先, 言わぬうち, 言わぬに, 言わぬ中, 訊かずに, 読まずに, 阿房でないらしい

▼ 皆そう~ (115, 0.6%)

76 思って 4 して, であった, である, なの 3 であるよう, です, なん, 考えて, 言って 2 いって, だと, だよ, であるが, なって, なので, 云って

1 [57件] いうが, いってよ, おなり, かなあ, した, します, じゃ, するん, だからと, だが, だったらしいですよ, だろうと, であったが, であったの, であったわけ, であって, であります, であるという, であるとは, であるはず, である学生, であろう, であろうが, でございました, でした, でその, とは言えん, なった, なるの, ね, やっちゃ, やって, よ, らしい, 云うけれど, 云うとる, 云うの, 云う傾向, 云う風, 云つ, 他国へ, 呼ぶゆえ, 思い立ち止まって, 意識し, 感じたと, 成って, 書いて, 申して, 申します, 考えそう, 言い合った, 言い合って, 言うじゃ, 言うて, 言うでね, 言うと, 言ったの

▼ 皆~ (115, 0.6%)

4 の顔 3 のもの, の心 2 が悪い, が悪かっ, に同情, のこと, の勤, の姿, の家

1 [91件] からはなれる, が, がお前, がわるい, が一人, が三年近く, が云った, が側, が元, が到らぬ, が及ばない, が惡, が手伝い, が手縫, が払った, が拵えた, が数年前, が町, が絵, が老骨, が見なけれ, が遣る, が雲, とお母様, とは口, と似, と同じ, にある, におっかぶせ, にはこの, には忘れられない, には敵, には遠い遠い, に似, に向, に唾, に愛想, に預け, に馴れ, のうち, のなくなった, のなよやか, のふだん, のまわり, のよう, のノート, の作った, の先達, の友達, の反対, の同級生, の周囲, の命数, の善良, の声, の妹たち, の家来, の年, の幼友達, の心柄, の心肉, の思いなし, の意見, の我儘, の手, の方, の朋輩, の机, の決定, の為, の症状, の荷物, の行届かぬ, の訳例, の顏, の駄法螺, はしない, は体, は否定, へ下さる, より偉い, より若, を, を同類, を変人, を子供, を引止め, を待つ, を捨て, を見, 故これ

▼ 皆これ~ (101, 0.5%)

3 だ, である

2 [11件] かの淫蕩, で猫, に同じ, に和, に從, より出, を栽, を知っ, を知る, を難し, 楽しんだ糟

1 [73件] お互に, があの, がため, が一萬年, が嘘, が教えた, だからな, であった, であったの, でしょう, でないもの, で助, で金鉱, で間, と同じ, と同一, と同様, なり, にし, には笑い出した, によりて量らる, に他, に似た, に依つた, に依拠, に倣, に倣い, に倣う, に入れ, に基かざる, に属する, に屬せり, に感染, に模倣, に渇く, に罹った, に靡ざる, はお前, は滝之助, までの約束ごと, まで非道, をうけ, をもって共同, をソロモン王, を一, を京都, を信ずる, を分けた, を各, を基, を孔子, を宥, を心, を智高, を期待, を模傚, を用, を真似る, を知り, を笑った, を襲倣, を記し, を認むる, を誤用, を調査, を載せ, を過去, を道家, を遠く, を鍛錬, を養う, 同じく社会, 我が心

▼ 皆それ~ (94, 0.5%)

5 である 3 を見た 2 であった, に賛成, を其校歌, を持っ, を知っ, を知った, を言, を遣る

1 [70件] から, がかつて, がくやしい, がためです, が出来る, が狐, が甞, が美妙, くらいは見, こそ後, じゃ, じゃで是非, てしまった, であるから, で説明, とも分らない, なの, なん, にそれ, にも答える, によってであり, に一致, に乘, に傚, に同意, に向かった, に向った, に固有, に対して頭, に往, に従っ, に混つて, に笑い出し, に続い, に近い, のインタープレテーション, はそれ, は友だち, は戦争, は村民, は稀少, へ向っ, をかぶっ, をすでに, をもっ, を一生懸命, を分け, を割い, を受信, を実在, を当然, を心, を手, を掛け, を沢山, を異人, を目撃, を笑った, を笑つて, を習性, を聞き知っ, を胸中, を見, を言っ, を追, を食った, を飲ん, を高声, を黙っ, 求めながら

▼ 皆それぞれ~ (86, 0.4%)

2 に美しい, の画趣, の運命, の音

1 [78件] きまった音, さっぱりした, にうまい, におもしろい, に人生, に他, に会釈, に伝統, に何らかの, に分, に名家, に工夫, に忠奮, に思い出, に息, に意匠, に憎悪, に正体, に漱石, に特徴, に特有, に盛粧, に緊張, に繁昌, に美人, に肝胆, に自分, に舞台, に葡萄酒, に訛, に註文, に諸方, に足拵え, に輝かしい美し, に離散, に面白い, に驚愕, の, のつて, のテムペラメント, の人物, の個性, の分配, の嗜好, の国史, の地方色, の塒, の変死, の好み, の専門, の山, の形, の役割, の後ろだて, の性格, の指導的位置, の方角, の時代, の根拠, の注意, の生活, の異, の美, の自分, の過去, の部署, の金権, の隠語, の面, はなはだよく似合った, ふさわしいの, 全く変わった, 熱した顔, 異なる形, 違う, 違ったこと, 違った役目, 面白い

▼ 皆~ (83, 0.4%)

2 定に, 忘れに, 父様が, 獨で, 變り

1 [73件] あや様お, かへ上った, ききなさいこの, そばに, つかげ, ぬしに, ふさを, もちや, もひお, やおやという, やめに, よろこびの, ッたまげ, ベッカを, 下りを, 世辞だ, 主の, 互から, 互にこうした, 互に相談, 互に謙譲, 兄様や, 光の, 入れに, 八重の, 分りでしょう, 化粧が, 友だちでした, 友達で, 台所の, 味方に, 大事にという, 嫌い, 子柄が, 富には, 寒いので, 島婆さんにゃ, 島婆さんの, 帰りに, 床を, 役人衆の, 心安だてに, 恨めしくて, 掛御馳走が, 揃いと, 早くお, 歸り, 気の毒だって, 汝が, 犬様の, 留守だ, 知りに, 破りに, 祝の, 祭礼の, 稲ちゃんが, 繼が, 花見さ俺独りお, 蔵へ, 行列の, 親しくし, 貞さんの, 跡から, 身たちの, 通の, 遣りよ, 邸へ, 金子が, 鉄の, 長屋の, 関の, 馨さんの, 馴染に

▼ 皆~ (82, 0.4%)

4 て, て語つて 3 てゐる 2 て御, て色々

1 [67件] づまれツ, てある, ていうもの, ていっそ, ていつ, ている, てえっ, てお, ておく, てお茶, てお茶飮, てから, てくれ, てしずか, てしまう, てその, てそれ, てつきとめた, てまた, てまわっ, てやっつける, て上げます, て二たび, て今, て佐藤, て其処, て出かける, て力, て十月, て参っ, て参った, て取止め, て合理化, て命, て喋っ, て国王, て大, て大声, て妾, て引っぱっ, て彼奴, て手伝わし, て押え付けよう, て木沢さん, て水戸さま, て活動写真, て漸く, て猫, て申居候此節, て留め, て私, て笑う, て笑った, て腰, て自分, て褒め, て見とどけ, て覚一, て語っ, て語り合っ, て賑, て車, て食べた, て飲む, て飲もう, て骨牌, をへ

▼ 皆~ (81, 0.4%)

4 れの 2 のため, の創作, の跡, は発狂, れが, を以て首相, を愛し, を非常

1 [61件] からすべり落ち, が夜, が手, が此直線的, が海軍, が義務, が謹直, との結婚後更生, と共にゆく, と反対, に一致, に勝たせたい, に服します, に賛成, に遣しました, のあと, のこと, のす, の不運, の俘虜, の前身, の名義, の周囲, の家, の幻覚, の弟子, の張り, の徳, の思う, の感化, の挙止, の方, の残忍, の泥棒出身, の深交, の為め, の熱力, の父, の目, の知識, の考え, の蜃氣, の詩中, の説, の貧窮, の逃げた, の頤使, は順序, を, をますます, を喜ばせたらしかったけれ, を尊敬, を尊重, を憎み, を推し, を敬愛, を特殊, を知っ, を繞, を見る, を馬鹿

▼ 皆~ (78, 0.4%)

7 の知る 6 の得 3 の仰せら, を馬鹿 2 の熟知, の疑, の腹

1 [53件] ありて, がぞろぞろ, がはいっ, がほか, が乘つて, が悪い, が病気, が病氣, が知る, じゃない, となる, と車馬, によつて言, に取らせつ, に告ぐべけんやと, に嫁, に詰め, に遣る, に難儀, の, のおりし, のため, の乞う, の問題, の寿, の心, の智恵, の智慧, の欲, の歩む, の物, の申候ニハ, の直感, の知るごとく, の言ふところ, の詣る, の頭, の顏, の願う, はわが身, は花, もなげなる, をし, を乗せ, を出し, を呼び寄せる, を殺し, を磔, を食っ, 之太忌, 恐れ入りて, 知り悉, 誠に物

▼ 皆自分~ (72, 0.4%)

2 が手, と同じ, の嘗て, の手, よりまし

1 [62件] から去っ, がいつか, がつれ, がよい, がオバーメジュア, が悪い, が悪かっ, が接した, が残し, が病気, が種, が納屋, が若い, だけは日本人, でも気づかない, で入れた, で食う, にできない, にとって忘れ, に向, に用, のこの, のこやし, のため, のところ, の不徳, の仕事場, の同類, の嚮, の土地, の地獄, の妻, の子孫, の居る, の影, の意志, の愛情, の手足, の方, の死, の民族, の生活, の祈祷, の空想, の経営, の考案, の臣下扱, の親, の財産, の買われる, の迷い, の金, の頑固, ほど不運, も生涯, より下位, より目上, より親切, を尊信, を愛し, を拒む, を遇

▼ 皆~ (61, 0.3%)

135 らざるは 4 らざるなし, らず, りである 3 らざる, りと 2 うだ, りであるが, りといふ

1 [19件] うする, うだと, うであったから, うで平生, なり, りこれ, りであった, りでなくて, りで独西鶴, りというは, りといふは, りとは, りプリアモス, り然るに, るので, るべく云いふくめて, る以上, 樣いふ, 樣で

▼ 皆よく~ (57, 0.3%)

6 知って 3 聞け 2 見えたり

1 [46件] いって, お馴れし, この三人, て兵部卿, て喪服姿, できた, できて, とれて, ないこと, ない女学院, やって, わかった人たち, わかりました, 一家を, 世話を, 予習し, 似たもの, 似て, 似寄ってるもの, 前の, 団結し, 寝て, 寢て, 東京人の, 歩いて, 発生した, 相和, 眠って, 眠つてゐた, 知つ, 知つてゐた, 知りぬいて, 磨いて, 笑って, 笑ふ, 聞いて, 聞け拙者, 育つ, 蕪村の, 見えた, 見える程度, 覚えて, 財産は, 適中し, 響き渡った名, 食ったし

▼ 皆~ (52, 0.3%)

3 れを 2 を聞い, を蹈襲

1 [45件] から出来上っ, が嘘, が尸, が死, である, に倣, に従, に從, に放ち置く, に沒頭, に籠つて, に苦慮焦心, に贊成, に遵っ, より出入, れこ, れ小説, れ重, を卻, を厭, を否定, を天災, を好む, を寫し, を尊重, を整理, を氣, を町村費, を略し, を相伴, を真, を知る, を神, を能くせず, を試みざりし, を質す, を載せ, ヲ取, ヲ園ニ栽テ之, ヲ滅ス, ヲ神明ノ, ヲ神明作為, 也, 卦を以て, 天下の

▼ 皆知っ~ (49, 0.2%)

21 ている 8 ていた 6 て居る 3 ています 2 てい 1 ていらっしゃる, ておしまい, ておられるらしい, ております, てしまった, てます, てら, て了うた, て疑わぬ

▼ 皆~ (41, 0.2%)

7 に手 6 も足 2 にし, に因んだ, を拍, を貸せ

1 [20件] がつけられない, と手, に, に入った, に持っ, に返る, の届く, の行き, をこまねい, を下した, を休め, を伸ばし, を打ちたたい, を拍つて肩, を束ね, を水盤, を空しく, を貸し, を額, 入よく

▼ 皆ここ~ (39, 0.2%)

1 [39件] から出, から出発, から生じる, から遠慮, では獄吏, で今, で聴く, で遣ろう, にある, におられる, によい, に一緒, に並べ, に並ん, に劃, に居る, に居列ん, に帖佐, に棲んでる, に源, に空, に蔵, に還るべき, に陳列, に集っ, に駈け集まった, のひと, の内, の店, の清江一人, へやってきます, へ呼び集めろ, へ掛ります, へ立寄っ, へ置きます, まで来られない, を切る, を抜けで, を立ち去り

▼ 皆悉く~ (38, 0.2%)

4 理に

1 [34件] おれの, この聖, この迷信, ふみちがえた, まむじゆさげ, 一面の, 互性活眞の, 亡びんや, 切れるよう, 取り去らむ, 同じ日, 呼び集め, 往生の, 愁眉泣粧墮馬髻折要, 成すを, 打ち取りぬ, 招かしむ, 断めよ, 昇天する, 暗誦し, 滅し, 無差別, 疲れはて淋漓, 白つ, 統ぶべし, 聞き及んで, 自分と, 花を, 討つべしと, 蹣跚と, 返すべく更に, 銘じ知る, 閉鎖花の, 頒たれぬ

▼ 皆~ (36, 0.2%)

3 喜びで 2 くさり

1 [31件] いばり, さわぎ, なりともいふべく, なる菅笠, に人, に驚き, みなか, よろこびすっかり, よろこびで, よろこびです, クサリ, 事件だ, 人物です, 册の, 厄難が, 喜びを, 喜び数ならぬ, 國主の, 姫君付きに, 學に, 家族的に, 廊下に, 掾国香や, 旦那の, 汗で, 満足で, 笑に, 變偉い, 迷惑おかげで, 酒である, 體に

▼ 皆一様~ (35, 0.2%)

3

1 [32件] であったので, でないこと, で何処, な単純, な速度, におそろしく, にそれら, ににつこり, にぼかされ, にマア坊みたい, に乾い, に二類, に刎, に吹きつける, に夜業, に妙, に少し, に彼, に愛し, に感じられる, に死ぬ, に無, に真黒, に絶対, に老人, に自分, に蒼空, に警戒, に身, に長い長い, に青く, に鞘

▼ 皆~ (34, 0.2%)

4 て来 2 て来い来い来い, て来ました, て行け, て行った

1 [22件] ていた, ていっ, ていました, ている, ておいで, てこい, てしまう, てはたらき, て來, て凱旋将士, て居た, て居らし, て居ります, て来た, て来る, て来るです, て美しい, て行きまし, て見る, て踊る, て鼠穴, でまして

▼ 皆忘れ~ (34, 0.2%)

5 てしまっ 4 てしまった 2 て, ていた, て了

1 [19件] ていました, ています, てしまい, てしまいました, てしまいましょう, てしまう, てしまひたい, てしまわない, てた, てはならぬ, てもいい, ても和尚, てゐた, て一途, て居た, て聞き, て魂, 今日の, 難い恩人

▼ 皆~ (32, 0.2%)

4 の御 2 の前

1 [26件] お揃, お聞辛い, から信用, から御, がいらつ, がさう仰, が五反五畝五歩, にお, にぢ, にはお詫び, にも御, によろしく, に一言申上げ度, に何ん, に可愛がられる, に宜しく, に引取つて, のお, の安心, の祭, の行屆, は其樣, は大, も御, よく出, を銘々

▼ 皆そこ~ (31, 0.2%)

3 に集まっ 2 にある

1 [26件] からだ, から明石, から来る, から起っ, から通学, でまごまご, で戦死, にいた, にいる, に溜っ, に置い, に走り込んだ, に身, に集った, の部屋, へ出した, へ捨て去れ, へ来る, へ立ち会いまし, へ集まっ, までハッキリ, まで現実, より購, を東京, を訪問, を離れた

▼ 皆あの~ (30, 0.1%)

4 あたりで 3 鬼めが 2 人の, 男が

1 [19件] ように, 不恰好な, 二人の, 人から, 人に, 夢の, 女が, 女との, 女の, 少将さんの, 怪しい物, 挙動や, 時の, 灯の, 王蒙, 男だ, 男です, 辺りで, 顔に

▼ 皆~ (30, 0.1%)

3 なり皆, れなり 2 れ禿首

1 [22件] が見, であった, であるかも, ではない, と同一, なり, なるに, なる衆理想, も己, れ予, れ前例, れ御, れ我有, れ或, れ時勢, れ聞怯, れ脩辞上, れ自ら解釈, れ重, を過去, 新出獄者, 皆非

▼ 皆其の~ (29, 0.1%)

2 人の

1 [27件] 下に, 両方の, 人が, 例で, 働きです, 儘に, 光輝を, 初を, 努力に, 動物自身の, 境遇の, 子の, 學の, 家へ, 得るところ, 心得違ひから起つた, 戰に, 折の, 時の, 晩一晩だけの, 當時大層, 知恵者より, 祠あれ, 罰で, 苦行を, 選擇の, 頃の

▼ 皆~ (28, 0.1%)

1 [28件] から出る, が悦ん, である, と自然, と道徳, なので, によりて求むる, に仕, に仕へ, に導かれ, に歸, に集まる, の与えた, の光, の力, の子, の定め給, の攝理, の救, の業, の玉座, の眼, の自叙伝, の顯, より出, を対象, を慕, 或は精霊

▼ 皆~ (28, 0.1%)

5 の毛, をさげ 2 から茶化し, を上げ

1 [14件] から布団, から石油, のいい, の上, の悪い, へでも上っ, もたげぬ, を上げた, を下る, を剃り, を抱え, を捻った, を擧げ, を集め

▼ 皆どこ~ (26, 0.1%)

3 かへ行っ 2 かへ逃げ, へか行っ

1 [19件] かでこの, かで此, かで見た, かで鮮血, かにこの, かに日本人, かへか消え失せ, かへ逃げ出し, かへ駈け散っ, か変っ, か遠い, でも一つ事, にいる, にか隠れ, へか消え失せ, へひっこむ, へ引っ, へ行かれた, へ行つた

▼ 皆なで~ (25, 0.1%)

4 一緒に 2 はなし, 合唱しよう

1 [17件] お前が, お房, こいつの, ごろ, そつと, 一処に, 一処にな, 一所に, 一風呂浴びようぢやないか, 外の, 工夫した, 御茶, 歌つてる, 深呼吸を, 行列を, 踊りに, 追つかけた

▼ 皆なと~ (25, 0.1%)

10 一緒に 8 一処に 1 つてあります, 一処にな, 一緒にな, 別れると, 忍苦を, 花見に, 鬼ごつ

▼ 皆多少~ (25, 0.1%)

2 にもせよ, 憂愁の

1 [21件] その見知らぬ音楽家, とも, とも共通, とも此気味, なりと, なりと具え, なり水戸藩, の, の忙, の料理法, の相違, の矛盾, の縁故, の芸術通, の血の気, は驚いた, 描きつ, 狂人じみた, 狂気じみた, 自惚, 風邪の

▼ 皆~ (25, 0.1%)

3 暗い影

1 [22件] かけあひ, の, のうち, の亢, の努力, の如く, の広大, の広間, の得手勝手, の手紙, の村, の様, の法, の海外交通, の潰れ, の男, の目的, の範囲, の見, の通り三星, の重, の関所前

▼ 皆~ (25, 0.1%)

5 の前 2 を以てじろじろ, を聳

1 [16件] がくらくら, が覚めてるなら聞い, でうなずく, に見え, のさめる, の盲剣術, の眩む思ひ, を, をきょとん, をみはっ, を伏せた, を側め, を回し, を欹てた, を留め, を見合っ

▼ 皆~ (24, 0.1%)

1 [24件] かえら, かがほし, かしら目的, かしら腹, かの大事, かの後ろ, かの思い出, かの芸, かを期待, かを気味悪く, かヘルン, か不平, か不足, か其の, か失敗, か相談, か芸, か読ん, がなし, してるだか, とちがうでしょう, のため, の意味, をやつ

▼ 皆~ (24, 0.1%)

5 の中 2 へ入っ, をもっ

1 [15件] から外, で洗い, にいなけれ, に妻子, に帰った, のもの, の為, の鶏, へ帰った, へ閉じこもり, も人, を出, を焼かれ, を空しく, を空しゅう

▼ 皆死ん~ (24, 0.1%)

7 でしまった 2 でゐる

1 [15件] でいた, でいる, でしまう, でしまうであろう, でしまっ, でしまふ, では第, でゆくで, で了つたん, で了つて, で儲け, で浮き, で行かね, で行く, で行った

▼ 皆一つ~ (23, 0.1%)

2 であろうと

1 [21件] ずつの怪談, ずつの燭台, だ, でも古い, で神, になっ, に固め, のわずらい, の中心物体, の作例, の共通, の卓子, の宗教的, の寝室, の平和, の戦場, の極, の生活背景, の異, の調子, 残らず常識

▼ 皆~ (23, 0.1%)

5 てくれ 2 ていた

1 [16件] ていられる, ている, ておる, てくれた, てくれる, てしまはなく, てしまへ, ては悔み, て乃公, て何, て寝る, て居た, て手伝, て見ない, て誤れ, 聚しき

▼ 皆~ (23, 0.1%)

8 なりと 2 なり, なりとは

1 [11件] であ, なりといはむ, なりといふ, なりといふや, なりとのみ, なり今, なり旅すれ, なるが, なるに, なる衆理想, 左氏之

▼ 皆~ (22, 0.1%)

3 うした 2 う思つて, う言つて

1 [15件] あれ文も, ういふ, うお云, うだつた, う云, う云つて, う信じ, う言, う謂, う金持, かさま, なりと, へゐなけれ, わいで, 計って

▼ 皆~ (22, 0.1%)

1 [22件] 三の, 丹誠下すった, 史の, 同道申しあげよう, 命令によって, 奉公がいの, 寺の, 当人の, 恩だ, 恩に, 意見が, 手傳が, 採用に, 栄転で, 機嫌が, 浪人の, 無事だろう, 眼に, 自身の, 親切に, 返しする, 隠居の

▼ 皆驚い~ (22, 0.1%)

4 てゐる 2 ていました

1 [16件] て, てありゃ, ていた, てささやき合った, てしまいました, てしまっ, てしまったです, て商君, て少, て彼, て感心, て目, て眼, て神奈川, て見舞い, て起き上った

▼ 皆そんな~ (21, 0.1%)

3 もので

1 [18件] ものか, ものかね, ものな, ものに, ものを, もんぢや, よい心, んかと, ンでしょう, 了簡を, 所へ, 掟が, 気持で, 練習を, 處でない, 風だ, 風に, 馬鹿気た

▼ 皆一度~ (21, 0.1%)

5 はこの 2 に口

1 [14件] ずつ死ぬる, にぴょんと, に吹き出した, に戻っ, に放, に矢, に笑う, に言, に起き上った, に顔, に馬, はかけられる, はそこ, は浮き

▼ 皆~ (21, 0.1%)

3 です, のよう 2

1 [13件] だよ, であった, であって, である, であると, でご, と云っ, と決め, と考え, になっ, の学者, ばかりじゃありゃあ小, また一つ

▼ 皆彼女~ (21, 0.1%)

2 ではない

1 [19件] が物, と同様, にとっては敵, にはふさわしく, には聖め, に悲しい, のため, のどこ, の内, の吐き散らかした, の手管, の旅立ち, の智恵, の破滅, の考え, の胸三寸, の腹癒せ, の邪推, の驚くべき

▼ 皆~ (21, 0.1%)

2 に依る, の至らぬ, を合わせ

1 [15件] から惜しみ, から水底, から驚い, にゆるした, に添うた, のうち, のおけない, の裡, の迷, の隅ッこ, は竹, やすき人也, を合せ, を許せる, 織筆耕

▼ 皆相当~ (21, 0.1%)

1 [21件] あは, なところ, なもの, な年齢, な教育, な気魄, な相手, な贈り物, にきれい, に昂奮, に満足, に読ませられ, のおぼえ, の商売, の大家, の年配, の店持, 当って, 日本の, 楽に, 酔って

▼ 皆集まっ~ (21, 0.1%)

3 て来 2 ていた, ている

1 [14件] てい, ております, てき, てくる, てくれ, てそこ, てやれた, て参っ, て大きな, て大変, て来た, て正月, て正覚坊, て賑

▼ 皆黙っ~ (21, 0.1%)

6 てしまった 5 ていた 3 ている 1 てあるいた, てにやにや, てぼんやり, てサエ, て歩行, て見, て送っ

▼ 皆お前~ (20, 0.1%)

2 のせい

1 [18件] がさう思ふ, がそう, にあげる, にこれ, にやる, に吸われ, に言ってる, に遣る, のため, のもの, の傍, の戦利品, の物, の罰, の親爺, は俺, を忘れ, 故じゃ

▼ 皆立派~ (20, 0.1%)

2 な美徳

1 [18件] で眉, なお, なもの, なる人たち, なる武士, な人, な人間, な器械, な日本人, な日本民族, な檀那, な研究, な科学者, な身體, な麥畠, に成功, に育て上げ, に解決

▼ 皆~ (20, 0.1%)

3 を見合せ

1 [17件] いろが, いろを, から飛び出し, は漆, をあげた, をそむけた, をみ合わせる, を包ん, を挙げ, を振った, を背, を背けた, を見合わし, を見合わせ, を見合わせた, を青く, 知らぬ人々

▼ 皆~ (19, 0.1%)

1 [19件] がしきりに, では無, には欲しく, に与, に訊ねた, に逢つた晩, のいふ, の性格, の憤怒, の母親, の生活, の祖父, の超然たる, の身, はとても, は水産講習所, を努めて, を外, を思ひ

▼ 皆~ (19, 0.1%)

1 [19件] 一任務の, 一平面上に, 一意相, 一意義の, 一理由から, 一種類で, 一系統という, 一系統の, 一色いわゆる, 一規である, 一語原から, 一轍ニテ之ニ附与スルニ動カス可, 一音調だ, 意見であった, 意見である, 教授の, 方向に, 樣で, 階級の

▼ 皆~ (19, 0.1%)

4 へ出 2 の方, へ出た

1 [11件] から入っ, から来る, に戦っ, に避け, の暗闇, へ出し, へ出てる, へ見物, へ走っ, へ逃げ出す, をにらん

▼ 皆揃っ~ (19, 0.1%)

2 ていた, ている

1 [15件] てあんな, てい, てのそういう, てよく, てゐ, てゐる, て乙類, て朝食, て来ました, て正月, て浦和近く, て配役, て食, て食事, て食堂

▼ 皆あなた~ (18, 0.1%)

1 [18件] お一人, でございますか, に殺されました, のうぬぼれ, のおかげ, のお力, のお蔭, の召使, の御, の思, の思ってる, の思召, の日記, の物, の言葉, を信じました, を指さし, を覚え

▼ 皆ことごとく~ (18, 0.1%)

1 [18件] が十人なみ, この四句, 分業的仕事に, 均一の, 揃えの, 敵の, 水上の, 濫波底と, 疲れと, 相対的な, 空なる, 賤民であるべき, 身構えた, 通達す, 釈門に, 関聯し, 阿弥陀さまによって, 高山峻峰だ

▼ 皆こんな~ (18, 0.1%)

3 ものだ 2 有様であった

1 [13件] ふうに, ものだろう, ものである, ものです, ものな, もんだ, 事に, 心に, 眼に, 者だ, 詰らない事, 説の, 風に

▼ 皆より~ (18, 0.1%)

3 一足さきに 2 あひ, 先に

1 [11件] 一人さきに, 一歩おくれ, 一足先に, 二つ年が, 先へ, 少し遅れ, 早く起きた, 真実だった, 遅くなり, 遅れて, 集つて彫刻した

▼ 皆~ (18, 0.1%)

2 を見

1 [16件] と一緒, と同様, と所見, には悦ばしく望ましい, に注意, に集つた, のこと, の前提, の大作, の字, の心, の意力, の智恵, の野暮った, へ來, を怖がっ

▼ 皆~ (18, 0.1%)

1 [18件] なりともいふべけれ, にし, 事件也, 供が, 供だましの, 供の, 問題小問題と, 官吏や, 序が, 格子で, 格子であった, 樹である, 櫻姫の, 狗の, 祿薄俸の, 穴一遊亭に, 蛇に, 農夫或

▼ 皆無事~ (18, 0.1%)

2

1 [16件] だったな, であった, です, ですから, で暮して, で暮らしてるよう, で都, とある, に助, に助かる, に揃う, に森, に瀑, に起上り候, に通る, のよし

▼ 皆逃げ~ (18, 0.1%)

2 てし

1 [16件] ていきます, てける, てしまい, てしまいました, てしまいます, てしまう, てしまっ, てしまった, てしまひます, てしまふ, て帰り, て帰りました, て抗する, て畳, て行きました, 所を

▼ 皆ある~ (17, 0.1%)

4 種の

1 [13件] から, が色彩, ことで, ことは, ことを, のでありまし, のでし, のは, 一人の, 人生を, 妻子まで, 意味の, 重苦しい圧迫

▼ 皆もう~ (16, 0.1%)

1 [16件] コンナに, プラットフォームに, プラツトフオームに, 働き盛り, 前に, 半ば自棄に, 夢中に, 大抵は, 寝沈まって, 帰ったのに, 後生大切に, 用意を, 眠っちゃったのね, 綿の, 茫然と, 血痕の

▼ 皆~ (16, 0.1%)

1 [16件] から數年以前, の世, の世の中, の歯医者, の状態, の鳥沢, はとりとめ, は大木, は彼等自身, は枕詞, までは僕, まで全く, まで束縛, も念仏者, アレースを, 迄の日本

▼ 皆元気~ (16, 0.1%)

1 [16件] がいい, がない, が好かっ, が無い, が良い, だ, だった, づく, です, で家, なので, な若い, よく春, を得, 付いて, 付いてるよう

▼ 皆~ (16, 0.1%)

4 の中 2 にすぎない, のよう 1 だ邪推, であったの, である, でございまして, ですよ, でも見, になった, の如し

▼ 皆~ (16, 0.1%)

1 [16件] がいらつ, が弱い, が抜け, が狂, が立ち, が立っ, に食, の付く, の荒い, の附かない, やすに, を付けない, を焦ち, を附け, 遣ワシゲニ予, 障でならなかったが

▼ 皆~ (16, 0.1%)

2 をこぼした, を流し, を流した 1 が流れ, だの歎, で僕, にくれ, になっ, をこぼし, をそそられた, を出し, を揮っ, を浮べ

▼ 皆自然~ (16, 0.1%)

2 に湧きし

1 [14件] が獨, である, に向, に対する感謝, に微笑, に於ける, に曲線, に栓, に知, の手, の法則, の符, より大, より小

▼ 皆~ (15, 0.1%)

1 [15件] から来る, が祀る, で十三四, で末ツ児, とお, にて市, には忌まれじ, のため, の仇, の仕事, の児, の道, ばかりいる, 主人の, 兒で

▼ 皆~ (15, 0.1%)

3 れの

1 [12件] が左右, が視る, が買, が飲ん, のご, のもん, の心, の物, の胸, れと, れのみ, れ一家

▼ 皆そういう~ (14, 0.1%)

1 [14件] ことに, たのしみは, ふうに, ような, 人々の, 人たちである, 傾向に, 十字架を, 場所に, 小次郎に, 巻物に, 排列表を, 概念に, 風に

▼ 皆一時~ (14, 0.1%)

2 に失笑

1 [12件] にあたり, にひれ伏しました, にドッ, にドンドン, にバラバラ, にピタリ, に入り乱れ, に叫び, に娘, に手, に表, の戯

▼ 皆帰っ~ (14, 0.1%)

2 てしまっ, てしまった, て来た, て行った 1 ていった, てくる, てしまう, てしまふ, て来たらしく, て行かね

▼ 皆~ (14, 0.1%)

3 の様 2 の樣 1 ある日, からの鬼, と云, なり, のお, のまま, の型通り, の新, の苦しい

▼ 皆由無~ (14, 0.1%)

14 始貪

▼ 皆~ (14, 0.1%)

3 を丸く 2 のさめる 1 が見えない, にも見, に一杯, をつぶっ, をみはる, を光らし, を瞠, を見張っ, を覚し

▼ 皆~ (14, 0.1%)

2 ていた, てしまった, てゐる 1 ていました, てしまっ, てしもたら, ては泣く, て廻った, て悉く, て通る, 覺え

▼ 皆起き~ (14, 0.1%)

1 [14件] ていよう, ております, てここ, てゐる, て下さい, て出発, て外, て居ら, て居る, て来, て騒い, なよと仰し, 出で, 女の

▼ 皆~ (13, 0.1%)

5 うした 1 あっとのぼせ, いたいもの, うして, なぐり棄てて, ならず前者, はりました, ように, 然ら

▼ 皆こういう~ (13, 0.1%)

1 [13件] おれの, こつを, 事に, 人間である, 場合こう, 姿に, 常識では, 性質を, 気持に, 父の, 立場に, 要領な, 身体に

▼ 皆そうした~ (13, 0.1%)

1 [13件] ことに, もので, ものに, 使命を, 優しい平和, 光栄に, 御遺跡, 心細い思い, 意味が, 根本条件の, 生神様, 疑惑の, 風を

▼ 皆なに~ (13, 0.1%)

1 [13件] はぐれる, 休んで, 会わせようと, 告げた, 圧し出されて, 御詫, 知れて, 笑われたり, 見せました, 訊いたが, 起されて, 遣るうち, 飽きられて

▼ 皆には~ (13, 0.1%)

1 [13件] それぞれの, よく分らなかった, 不本意, 云えない, 何かすまない, 先へ, 出来なかったん, 夜の, 宮浜が, 気味が悪かった, 然し不思議, 面白くなかった, 黙って

▼ 皆わが~ (13, 0.1%)

1 [13件] ために, ものと, 世の, 井師の, 師長であった, 年ごろの, 心の, 怪しき夢, 憂愁を, 構へ, 洋の, 生命を, 謂うところ

▼ 皆各自~ (13, 0.1%)

4 の卓子 1 に有っ, に確信, の力, の国, の天職, の室, の家, の生活, の笑顔

▼ 皆同一~ (13, 0.1%)

2 にし

1 [11件] だというの, ならむ, のつくり様, の人間, の党類, の大き, の心, の標準, の生命, の質量, らしく思われるであろうが

▼ 皆~ (13, 0.1%)

3 をあげ 2 をそろえ 1 も立てず, をかけ, をしずめた, をそろ, をひそめ, を低めた, を立て, を限り

▼ 皆我が~ (13, 0.1%)

2 軍の

1 [11件] ほしいまま, 前身又, 友たらざる, 平生の, 折れて, 故郷上州前橋市に, 敬する, 日記中彼邊にて, 為に, 見慣れたるもの, 食客たるを

▼ 皆持っ~ (13, 0.1%)

4 て行っ 2 ている 1 ていた, ていや, ているでしょう, てゆかれ, て上れ, て往, て往こう

▼ 皆目見当~ (13, 0.1%)

4 がつかない 2 がつかなかった, のつかない 1 がつかず, がつかなかつた, が付かなかった, が付かなかつた, つかず

▼ 皆知る~ (13, 0.1%)

4 所である 2 ところである 1 とおり討入の, ところいづ, と知らぬ, 地震の, 所で, 所なれ, 所也

▼ 皆自己~ (13, 0.1%)

2 の境涯

1 [11件] に対する満足, の妻妾, の幕内, の意志, の栄華, の氣質, の罪, の財産, の資財, を本位, を試さう

▼ 皆~ (13, 0.1%)

5 ひ合せたやう 3 ひ合 1 はせて, ひ合した様, ひ合せた様, ひ合せて, ふ

▼ 皆きれい~ (12, 0.1%)

2 なもの 1 だとか, であったが, でほか, な公子たち, な字, な方, にいろいろ, にさせ, に着飾る, に食べ

▼ 皆一斉~ (12, 0.1%)

2 に暴れ出しぬ 1 に, にそっち, にドルエリ, に咲き, に手, に潮, に話, に走出す, に転載, に鯨波

▼ 皆~ (12, 0.1%)

1 [12件] が上, が手, が雑誌経営上, の, のおかげ, のよう, のコーチ, の所謂無礼, の禄, の自由, をながめぬ, を尊敬

▼ 皆死んだ~ (12, 0.1%)

2 青年の 1 とある, といふこと, とは断定, のでかかる, ので衆人綽号, のは, ほうが, よ, ように, 二人の

▼ 皆美しく~ (12, 0.1%)

2 ないまでも, 見えた 1 きれいであった, なるよう, よそおい夜, 感じの, 着飾って, 稍, 粧つた少女のみ, 負けまじく

▼ 皆馬鹿~ (12, 0.1%)

2 だと, にした 1 だ, で刺客, と見えまっし, な事, にならない, に見え, に見えだし, に見える

▼ 皆不思議~ (11, 0.1%)

3 がって 2 に思っ 1 がった, がつた, がつて, だ不思議, に思った, に生き

▼ 皆~ (11, 0.1%)

1 [11件] のした, の一面, の人, の光栄, の光榮, の句, の家, の手, の神社, の鼻, 区から

▼ 皆別々~ (11, 0.1%)

1 [11件] にし, にすべきなれ, になっ, になる, に出かけた, に巡る, に発生, に題, の事, の家, の筋

▼ 皆大きな~ (11, 0.1%)

1 [11件] 勾玉の, 口を, 各省団隊救護班の, 声で, 炉の, 爪折笠を, 穴の, 花やかな, 蛆が, 蛞蝓が, 陰鬱な

▼ 皆新しい~ (11, 0.1%)

1 [11件] ことである, のです, 下駄だ, 事と, 妻である, 物で, 現象です, 腹帯である, 草鞋を, 説を, 説新しい

▼ 皆早く~ (11, 0.1%)

1 [11件] 向うへ, 寝させて, 寝て, 来い, 此家へ, 死んで, 消しに, 甲板へ, 自動車に, 起き自分最後, 逃げろ

▼ 皆殺され~ (11, 0.1%)

2 てしまった 1 ている, てしまいます, てしまえ, てしまっ, てしまひます, てはしまはない, てもいい, て根絶やし, にちかい

▼ 皆~ (11, 0.1%)

2 に落ちた, に関係 1 です, によつて漂ひついた事, に交渉, に映っ, の威力, を打った, を湛

▼ 皆泣い~ (11, 0.1%)

2 ていた 1 て, ています, ている, てしまっ, てよろこん, て同情, て喜んだ, て心配, て頭

▼ 皆白い~ (11, 0.1%)

1 [11件] ものを, んです, 帽子を, 旗を, 歯を, 毛皮を, 石であった, 腹だし, 葉裏を, 裃を, 馬を

▼ 皆知つて~ (11, 0.1%)

2 やはりまツ, 居る, 居る筈 1 ゐること, ゐるの, ゐる筈, 居らを, 居るぜ

▼ 皆~ (11, 0.1%)

2 なり, なりと照 1 すなわち一切, で実は, という理論, になっ, の碧さ, を切っ, を身

▼ 皆立つ~ (11, 0.1%)

2 て見る 1 こと有り, ていつ, て僕たち, て居る, て屏風, て手, て行きます, というもの, といふ

▼ 皆~ (11, 0.1%)

2 を失った 1 が白く, なく見え, の濃い鋭い, も干乾び, をなし, を吸収, を変ず, を失ふ, を衒

▼ 皆若い~ (11, 0.1%)

1 [11件] サラリーマンや, 人たちで, 人で, 人間の, 仏達であった, 信仰を, 夫人が, 娘さん達の, 時分からの, 男で, 私の

▼ 皆~ (11, 0.1%)

1 [11件] あり炙れば, が丈夫, が達者, しげく通っ, の下, の軽い, をとどめ, を持ち, を早め, を気, を痛め

▼ 皆違っ~ (11, 0.1%)

4 ている 2 ていた, ております, て居る 1 ておっ

▼ 皆おなじ~ (10, 0.0%)

2 ものか 1 だった, です, 事で, 事に, 学習を, 結果で, 船に, 言葉の

▼ 皆にも~ (10, 0.0%)

2 挨拶し 1 お濱, たらせるよう, 分け自ら, 役割を, 済まねえ, 聞いて, 聽える, 要らぬ苦労

▼ 皆まだ~ (10, 0.0%)

1 ねたれ, 上がり切らないうち, 伸びて, 何も, 僕らが, 動かない雲, 大学生であった, 小さくて, 小さくは, 若々しい人たち

▼ 皆一緒~ (10, 0.0%)

1 に, にうたう, にここ, に学校, に手, に来, に行っ, に豚油, に遊びましょう, の所

▼ 皆人間~ (10, 0.0%)

1 が御, じゃない, だよ, で僅, にしてやった, の声, の心, の性欲関係, の悪心, の虚偽

▼ 皆今日~ (10, 0.0%)

2 は困ったでしょう 1 あって, こそ斯く, のみゆき, の心, の所謂氣象學的現象, の野蛮人, は下拙, を忘れ

▼ 皆~ (10, 0.0%)

1 から想像, に見た, に言つた家族, のうち, の川, の続き, の舟, へ肴, ナル源因ナル作用ト次, 朝廷の

▼ 皆口々~ (10, 0.0%)

21 にいっ, に可愛い, に問い寄る, に問うた, に安らか, に悪口, に笑, に罵った

▼ 皆~ (10, 0.0%)

1 ていやがっ, ている, てしまう, てしまった, てしまったらしい, て了, て了うたあと, て了つた様, て夜, 鎮りたる

▼ 皆~ (10, 0.0%)

1 から下り, じさりを, じゃ, の刊本, の祭り, へ下りました, へ向っ, へ走つ, を振りむい, 指さして

▼ 皆悪い~ (10, 0.0%)

1 から小言, ことばかりを, といふ, とする, のだ, のよ, ものばかり, 形に, 本と, 者に

▼ 皆~ (10, 0.0%)

2 を忘れ 1 に, に食わる, もひと, を慰むる, を我と, を狂女, を知れり, を祝する如し

▼ 皆死ぬ~ (10, 0.0%)

2 のだ, んだ 1 が汝一人, という由, と述べた, もので, よ, 事と

▼ 皆~ (10, 0.0%)

2 の神, の種, を焚い 1 なり, になっ, に赴き, 炙に

▼ 皆~ (10, 0.0%)

1 が流れた, が鋪, である, で積み上げられ, となつ, なり, のよう, もて築き立てたるもの, を投げ, を爪

▼ 皆美しい~ (10, 0.0%)

2 着物を 1 とか面白い, とはいえない, ものであった, わけである, 女であった, 女の, 女ばかり, 結構な

▼ 皆~ (10, 0.0%)

1 あり, から降り, で運びます, などを後ろ, に乗り, に跨った, の祈祷, へ乘, へ載け, を走らせ

▼ 皆あんな~ (9, 0.0%)

1 お氣樂, ものだ, もので, ものでしょう, 工合いの, 工合ひ, 有様に, 服装を, 顔を

▼ 皆いい~ (9, 0.0%)

1 お友達, ね, のだ, 人な, 人達ばかり, 品だ, 気に, 点を, 訳で

▼ 皆いっしょ~ (9, 0.0%)

3 になっ 1 にうなされた, にし, に住み, に暮らし, に死ぬ, に用事

▼ 皆おれ~ (9, 0.0%)

2 と同じ 1 がいっしょ, が配下同然, の愛, の法螺, の職業, はどういう, は何

▼ 皆こう~ (9, 0.0%)

2 いって 1 して, だが, なって, なるでは, やって, 云う僕, 思った

▼ 皆そのまま~ (9, 0.0%)

2 に独立 1 であったが, になっ, に世話, に信じ消えうせ, に打捨て, に消え, 芥溜め

▼ 皆わたし~ (9, 0.0%)

2 の物, の門前 1 そんな仕事, と同じ, に附い, の分内, の心

▼ 皆一人~ (9, 0.0%)

1 か二人, で勤め, で来, で蛇, の人間, の大和守, の妻, の思付き, の母親

▼ 皆一種~ (9, 0.0%)

1 の囚獄, の宗教心, の求道者, の盲, の碧色, の笑い, の精神的ナルチスムス, の興奮, の騙

▼ 皆一齊~ (9, 0.0%)

1 におなじ, にゆらめきぬ, に下すべし, に寄せ, に染められぬ, に歡呼, に立留つて, に集まれ, に飽き足りぬ

▼ 皆云っ~ (9, 0.0%)

2 てやる 1 ていた, ている, ておる, てくれます, てます, て了, て居た

▼ 皆~ (9, 0.0%)

2 のよう, 氣よく 1 のところ, の場所, へかへる, 氣か, 氣だつた

▼ 皆出し~ (9, 0.0%)

1 ておくれよ, てから, てきやした, てくれ, てしまいました, てやっ, て卓子, て源氏, て貰っ

▼ 皆~ (9, 0.0%)

1 への筮, をしのぶ, 來の, 來系統が, 刻旧, 玩と, 言を, 鞄の, 香馥郁たる

▼ 皆完全~ (9, 0.0%)

2 にアリバイ 1 なるべし, な円形軌道, な貴女, に包括, に発達, に神, に近い

▼ 皆~ (9, 0.0%)

2 てゐた 1 てしまつて, て了つた, て了つた樣, て居る, みました, みませうつて, るべき時

▼ 皆心配~ (9, 0.0%)

4 して 2 をし 1 したり, 致して, 致しましたが

▼ 皆恐ろしい~ (9, 0.0%)

1 ほど大きく, 人ぢや, 勢を以て, 呪詛に, 孤独に, 容赦な, 話で, 誓約の, 顔を

▼ 皆此方~ (9, 0.0%)

2 を見た, を見る 1 でやっ, に栽ゑて枕元, に牽かれ, の蔵, へ来

▼ 皆~ (9, 0.0%)

1 し諸, ぬるの, ねばい, をもっ, を恐れ, を欲する, を賜う, 在回, 絶えたり

▼ 皆聞い~ (9, 0.0%)

2 ていた 1 ちやつた祕事まで, ています, ている, てくれ, て呉れ, て皆, て知っ

▼ 皆~ (9, 0.0%)

1 から出, にのっ, に乘, に強い, の上, の絵馬, は大丈夫, を見上げ, を雇

▼ 皆駄目~ (9, 0.0%)

2 だ, だと 1 でありました, でしたから, でしたわ, なこと, になる

▼ 皆ああ~ (8, 0.0%)

2 したもの 1 いう工合, して, であって, でも, やって, 疲れたとか

▼ 皆あれ~ (8, 0.0%)

1 が夜績, にたれ, のおかげ, の仲間, もそう, をする, を料理, を読ん

▼ 皆どう~ (8, 0.0%)

2 云ふ 1 した, したの, なったかな, なるだろう, 処置し, 沙汰し

▼ 皆なお~ (8, 0.0%)

2 前に 1 前さんが, 孃樣, 登和さんの, 花見の, 行儀よく, 這入んなすって

▼ 皆~ (8, 0.0%)

1 が悪い, のした, の前, の所, の異名, の腹の中, の食慾, を変

▼ 皆同様~ (8, 0.0%)

2 である 1 であって, であるから, なり, に御座候右些細, の己惚れ, の観察

▼ 皆喜ん~ (8, 0.0%)

1 でいた, でおくれ, で之, で奔, で拍手, で日本人, で生業, で賛成

▼ 皆多く~ (8, 0.0%)

1 の美徳, は浜辺, は漁猟, は福, は老者, は読書, 武家を, 虐殺され

▼ 皆小さい~ (8, 0.0%)

1 ものです, ように, 商売を, 大宮人の, 姿で, 庭木で, 活字や, 結晶の

▼ 皆~ (8, 0.0%)

2 を締め, を閉ぢ 1 がおろされ, をたて, を締める, を降ろし

▼ 皆~ (8, 0.0%)

2 だから 1 である, と見る, になった, のよう, へ向っ, を取る

▼ 皆日本~ (8, 0.0%)

2 のそれ 1 から輸入, のこと, の名前, の天子様, の文明, をよく

▼ 皆東京~ (8, 0.0%)

2 で受けた 1 にうつされ, に行つて, の下町, の政治結社, の方, へ出ちゃっ

▼ 皆殺し~ (8, 0.0%)

3 てしまう 2 て仕舞 1 てしまえ, てもこれ, ても守らね

▼ 皆消え~ (8, 0.0%)

2 てしまっ 1 つつやがて, ている, てしまった, て居る, て真黒, て行く

▼ 皆~ (8, 0.0%)

1 ですよ, でそれ, で今, に親切, の子供さん, の殺人狂, の殿上役人, は新聞

▼ 皆留守~ (8, 0.0%)

2 だらうと, である 1 でございますなどと, で静か, なの, よ

▼ 皆~ (8, 0.0%)

2 率いて 1 すみやっとさっぱり, 変らず穴掘り, 肖たり, 近し, 通ずるの, 顧みて

▼ 皆笑っ~ (8, 0.0%)

3 てしまった 2 ていた 1 てそして, て仕舞った, て居ります

▼ 皆~ (8, 0.0%)

1 で上甲板一杯, で冬, で昼食後, で松, にさせられる, にし, にて生れ, になつて

▼ 皆~ (8, 0.0%)

1 かの女婿, だつて, でもがキリスト, でも考え, の耳, も帽子, も感, も疲れ

▼ 皆赤い~ (8, 0.0%)

1 トルコ帽を, 松の, 煉瓦で, 爪を, 着物を, 色を, 蛇に, 表紙の

▼ 皆~ (8, 0.0%)

1 にし, に関する巫女, の酔い, や杯, を沢山, を飲ませ, を飲む, 飲むの

▼ 皆集め~ (8, 0.0%)

1 ていつ, てやらし, てダメ, て念ず, て柔, て端座, て食べ, 今日は

▼ 皆~ (8, 0.0%)

2 にぬれ, に悩ん 1 に悄, のため, の中, を待ち焦れた

▼ 皆非常~ (8, 0.0%)

1 な権勢, におもしろかっ, にかわいく, に元気, に刺戟, に同情, に自信家, に興味

▼ 皆食べ~ (8, 0.0%)

1 さしちゃった, てしまいました, てしまった, てしまわなけれ, て仕舞う, て叱られた, て終, て行っ

▼ 皆~ (7, 0.0%)

2 つけに 1 さは, されたやう, ざれたよう, たつたこと, 呼んで

▼ 皆かく~ (7, 0.0%)

1 のごとき, のごとく, の如き, の如けん, の如し, の如し物, もすみやか

▼ 皆ただ~ (7, 0.0%)

1 の事務上, 一人流された, 一州の, 呼吸を, 枚数が, 蠅の, 闇の

▼ 皆ちゃんと~ (7, 0.0%)

1 あたって, した各, した風, 今でも, 仕掛けが, 掛って, 誰れ

▼ 皆なし~ (7, 0.0%)

1 ていっ, てか, てこの, てやらす, て自分達, て遺骸, やべつ

▼ 皆やっ~ (7, 0.0%)

1 ていた, ている, てみよ, てもらう, て了, て居ります, て馬

▼ 皆やる~ (7, 0.0%)

1 からどうか, がいい, けれども十日廿日, つもりだ, という, 所で, 水浴であった

▼ 皆わかっ~ (7, 0.0%)

3 てしまった 2 ている 1 ておいで, てはいる

▼ 皆われ~ (7, 0.0%)

2 をはらだたしむ 1 おくれじと, に映りたる, の如く, を忘れ, 安かれと

▼ 皆一樣~ (7, 0.0%)

1 であるが, にこの, に吹きつける, に死ぬ, に温かい, に筑紫, に菅

▼ 皆丈夫~ (7, 0.0%)

1 かい, で, でいるかね, です, で医者, で好く, の由

▼ 皆~ (7, 0.0%)

1 きを, だて, に死ん, へのばします, へ行つて, を争, を争っ

▼ 皆~ (7, 0.0%)

1 なしこの, の足りぬ, をここ, を入れ, を合わせ, を失う, を尽し

▼ 皆~ (7, 0.0%)

1 スタンバイした, 其体質アリ, 其大威力大慈力によりて, 其起りし, 其道術を以て, 勢を, 名を

▼ 皆~ (7, 0.0%)

1 ある学者, があるで, こそ変っ, も顏, をいはる, を忘れた, 陶色鍋島を

▼ 皆少し~ (7, 0.0%)

1 けだるくなっ, ずつは行ける, ずつふざけ, ちがって, 煙に, 芝居を, 遠くへ

▼ 皆~ (7, 0.0%)

2 へ出 1 から取り次ぎ, に筵, へ出た, へ向かっ, へ飛び出し

▼ 皆~ (7, 0.0%)

5 濃くあざやか 1 の中, をひそめ

▼ 皆~ (7, 0.0%)

1 がつい, の字, 作家の, 嘉坡に, 夕張炭鉱の, 時代の, 詩社を

▼ 皆~ (7, 0.0%)

3 解らねえ 2 わからねえ 1 から正月, 解らない

▼ 皆~ (7, 0.0%)

3 の儘 1 定例迎獅子神者必斎戒茹素格誠格敬無, 才, 權者と, 理想と

▼ 皆活き~ (7, 0.0%)

4 て青 1 てくる, て聞える, て青かっ

▼ 皆生き~ (7, 0.0%)

1 ていた, てそれ, てゐる, て働いた, て動き出ずる, て遥か, 度い

▼ 皆真実~ (7, 0.0%)

1 のもの, の熱火, をもっ, を崇拝, を材料, を知った, を虚偽

▼ 皆立っ~ (7, 0.0%)

1 てい, ていっ, てき, て手, て笑談半分, て行く, て行っ

▼ 皆等しく~ (7, 0.0%)

1 吾, 定評の, 明かに, 注意を, 筆紙に, 自己性に, 重要な

▼ 皆自身~ (7, 0.0%)

4 の耳 1 で耕作, で裁決, の一家族

▼ 皆落ち~ (7, 0.0%)

1 ていた, てしまう, てしまった, て真黒, て秋, て蓄, でしまった

▼ 皆覚え~ (7, 0.0%)

3 ている 1 あの段もの, たりする, てゐ, のある

▼ 皆~ (7, 0.0%)

1 に珠数, に縄, の棒, をのばし, をひねっ, をズーッ, を出し

▼ 皆あまり~ (6, 0.0%)

1 むずかしくて, 仲間づきあひ, 働かないで, 古びない鯣, 早く効果, 進まぬが

▼ 皆いつ~ (6, 0.0%)

1 からともない, でもその, はりか, はれる上面, ぱいに, までも覚え

▼ 皆おろし~ (6, 0.0%)

1 てあっ, てある, てしまう, てしまった, てもらいましょう, て夜居

▼ 皆こうした~ (6, 0.0%)

1 推理を, 犬田博士の, 病的趣味に, 私の, 観念運動として, 詩情に

▼ 皆そろっ~ (6, 0.0%)

1 て出, て居ります, て居る, て店, て深呼吸, て笑っ

▼ 皆ちりぢ~ (6, 0.0%)

5 りに 1 りばらばら

▼ 皆~ (6, 0.0%)

2 ッと 1 つと笑, つと笑つた, ないして, ふ致し候

▼ 皆ほとんど~ (6, 0.0%)

1 一人の, 円形軌道を, 同一平面, 異端者ばかり, 真ッ裸, 見分けの

▼ 皆~ (6, 0.0%)

3 ことの 1 つたうの, づい, づ天照大神を

▼ 皆よい~ (6, 0.0%)

1 というわけ, 子で, 家庭の, 年配だ, 機会を, 知らせ

▼ 皆わたくし~ (6, 0.0%)

1 に借, の不心得, の口上, の恐ろしい, の負担, を不幸

▼ 皆~ (6, 0.0%)

1 なが, ながいわ, なで, なで用, な大, な揃

▼ 皆一々~ (6, 0.0%)

1 子供の, 手に, 祝詞や, 精細に, 調べた, 違った音

▼ 皆~ (6, 0.0%)

1 つておいでにな, に下ろし, に垂れ, の会堂, の方, の日本座敷

▼ 皆~ (6, 0.0%)

1 にお, に出, に忘, のなか, の字, を去り

▼ 皆二人~ (6, 0.0%)

1 ずつでくつろい, ずつ食事, のほう, の姿, の手, の美しい

▼ 皆互いに~ (6, 0.0%)

1 力に, 必要を, 戦って, 接吻し合っ, 見知らぬ風, 通用する

▼ 皆互に~ (6, 0.0%)

2 顔を 1 泣いて, 特徴を, 相食む, 自分獨り

▼ 皆健康~ (6, 0.0%)

21 で暮らして, な状態, に暮らし, を助ける

▼ 皆先生~ (6, 0.0%)

2 のお蔭 1 との座談的, のお, の死, を敬愛

▼ 皆分る~ (6, 0.0%)

4 んだ 1 のです, ように

▼ 皆動い~ (6, 0.0%)

2 て居る 1 てしまいます, て了, て出た, て来なけれ

▼ 皆~ (6, 0.0%)

2 をそろえ 1 のまわり, をつぐん, を拭い, を揃え

▼ 皆大きく~ (6, 0.0%)

1 なり, なりおまけ, なり学費等, なり盛える, 口を, 成ったわねえ

▼ 皆学校~ (6, 0.0%)

1 に出席, に行っ, へ行っ, まで駈出し, を出, を卒業

▼ 皆当時~ (6, 0.0%)

1 として最, に崛起, のあらゆる, の名文家, の実社会, の経験

▼ 皆~ (6, 0.0%)

1 が変つて, こそ変っ, こそ変つて, を変えました, を失つてしまつたの, を見

▼ 皆必ず~ (6, 0.0%)

1 その木額, 弁当を, 手を, 昔の, 書いて, 辮髮

▼ 皆想像~ (6, 0.0%)

2 して, もつかぬ 1 したもの, のみを事

▼ 皆~ (6, 0.0%)

1 る年数, る種, る過渡期, 境界線を, 程度まで, 程度より

▼ 皆~ (6, 0.0%)

1 あけて, 仰ぐ涼舟, 壞すさうだ, 寄りて, 揃って, 驚き匆々差配人差添え

▼ 皆持つ~ (6, 0.0%)

1 てゐ, てゐました, て來, て居る, て来る, て行つて終

▼ 皆捨て~ (6, 0.0%)

1 ておしまい, てし, てしまいたくなった, てしまうでしょう, て来, て来た

▼ 皆~ (6, 0.0%)

5 に置く 1 はひとりでに

▼ 皆新しく~ (6, 0.0%)

1 て庭, ない, なったの, なって, 京へ, 美くし

▼ 皆普通~ (6, 0.0%)

2 の人 1 の店, の意味, の方向, の西洋人程度

▼ 皆暴動~ (6, 0.0%)

4 である 1 であり不, に隣せる

▼ 皆本当~ (6, 0.0%)

1 だ, だと, だわ, のよう, の犯人, の赤外線男

▼ 皆来る~ (6, 0.0%)

1 とは言つて, のだ, のでそれ, ように, 事に, 方は

▼ 皆~ (6, 0.0%)

1 のよう, の店, の春, は二つ三つ續, は先, は精一杯

▼ 皆~ (6, 0.0%)

2 の詞 1 ひ帰ると, ふなり, へる唇, を成す

▼ 皆満足~ (6, 0.0%)

1 させるの, して, しませんでした, にゆかない, に思うです, に思ふです

▼ 皆無言~ (6, 0.0%)

2 である, で足 1 で毛虫, の裡

▼ 皆~ (6, 0.0%)

2 と稱 1 が高価, の人民, の前身舌二枚, の鶉

▼ 皆短い~ (6, 0.0%)

2 土手の, 足に 1 時間に, 格言めいた

▼ 皆~ (6, 0.0%)

2 の中 1 と苔, に埋れ, の山, ばかりである

▼ 皆行っ~ (6, 0.0%)

2 てしまった 1 てしまおう, てしまっ, て休息, て居る

▼ 皆親切~ (6, 0.0%)

1 だと, で優し, な神様, な神樣, に教え, に話しかけ

▼ 皆言っ~ (6, 0.0%)

1 ていた, ておしまい, てくる, てます, て口ずさんだ, て庭上

▼ 皆連れ~ (6, 0.0%)

1 てまいれ, てニュウキャスル, て往, て後妻, て来た, て行っ

▼ 皆違った~ (6, 0.0%)

1 字で, 形である, 形を, 発音であった, 窓から, 類の

▼ 皆間違っ~ (6, 0.0%)

4 ている 1 てい, て来

▼ 皆~ (6, 0.0%)

2 繊を 1 母が, 母さんが, 母さんは, 父さんの

▼ 皆いつも~ (5, 0.0%)

1 ある種, のよう, 楽書きする, 笑わせられた, 羊の

▼ 皆いや~ (5, 0.0%)

2 な顔 1 な様子, に黙っ, 諸君

▼ 皆うまい~ (5, 0.0%)

1 なかでもルミ, のでせう, ので驚いた, のに, 物とは

▼ 皆かれ~ (5, 0.0%)

1 が傑作中, が手, の末技, を仰ぎ, を崇む

▼ 皆きちんと~ (5, 0.0%)

1 かかって, した服装, した服裝, 書かれて, 片付いて

▼ 皆それ相応~ (5, 0.0%)

1 にこじつけた, にし, に居場所, に立派, に選定

▼ 皆~ (5, 0.0%)

2 がいに 1 ががはずれ, ふとく覺, わけが

▼ 皆たっしゃ~ (5, 0.0%)

1 か, かね, か気, か重子, で

▼ 皆という~ (5, 0.0%)

1 のでしょう, のは, わけで, わけに, 娘が

▼ 皆とは~ (5, 0.0%)

1 一足先に, 言わぬが, 話さずその, 遊ばずひとり, 離れて

▼ 皆どっと~ (5, 0.0%)

2 笑った 1 一歩ずつ, 吹き出した, 笑いたり

▼ 皆な寝~ (5, 0.0%)

1 ている, てしま, てゐた, て了つて, て居る

▼ 皆な疲れ~ (5, 0.0%)

1 てぐったり, てし, て居た, て居る, て横

▼ 皆~ (5, 0.0%)

1 たくそ也, 云っといて, 向って, 挨拶する, 頒った

▼ 皆よろこん~ (5, 0.0%)

1 でい, でいる, で居りました, で感謝, で笑う

▼ 皆りっぱ~ (5, 0.0%)

1 な方, な男, な紳士, な音楽家, な顕官

▼ 皆一所~ (5, 0.0%)

1 で寝, に寄り添う, に開い, に食べる, に飲食歓楽

▼ 皆~ (5, 0.0%)

1 以臆次刪定一字, 同等なる, 機嫌の, 用品だ, 義理を

▼ 皆~ (5, 0.0%)

2 へ入れ 1 から厳重, に留る, 臣の

▼ 皆~ (5, 0.0%)

3 たり寄っ 1 ています, ている

▼ 皆使っ~ (5, 0.0%)

2 てしまった 1 てしまっ, てもこの, てよろしゅう

▼ 皆倒れ~ (5, 0.0%)

1 そうでございます, てしまう, てしまった, てほか, て居た

▼ 皆共に~ (5, 0.0%)

3 仏道を 1 です, 来よ

▼ 皆~ (5, 0.0%)

2 の橋 1 には齷齪, にゐる, に潜み

▼ 皆~ (5, 0.0%)

1 って来ます, な人, に天, に機軸, に氣

▼ 皆北支那~ (5, 0.0%)

2 の人, の産 1 殊に齊

▼ 皆~ (5, 0.0%)

1 な人, な顏, にな, に真面目, らしく穢

▼ 皆同時に~ (5, 0.0%)

1 きまりの, なつて表, 声を, 貴婦人は, 起き上がりました

▼ 皆~ (5, 0.0%)

1 はざるもの, ひて, ふべき者, べてしまいましたら, べなくっ

▼ 皆~ (5, 0.0%)

1 だから, に在り, の文明, は大, を誤った

▼ 皆大いに~ (5, 0.0%)

2 喜んで 1 恐懼を, 誇張し, 驚いて

▼ 皆~ (5, 0.0%)

1 つ祝詞, にある, には霧, の岩戸, ヲ敬シ

▼ 皆~ (5, 0.0%)

1 の同類, の陰相, や父, れ夫, を埃だらけ

▼ 皆好い~ (5, 0.0%)

1 やうに, 事である, 人であった, 児だ, 顔に

▼ 皆実際~ (5, 0.0%)

1 にあった, にまた, よりも遙, 上か, 彼は

▼ 皆居る~ (5, 0.0%)

1 かい, かア, とも, 妙も, 寂しくは

▼ 皆~ (5, 0.0%)

2 に繋がれ 1 にさ, に飛び上っ, へ寄せられ

▼ 皆~ (5, 0.0%)

2 の調 1 だ, に叛, の御

▼ 皆~ (5, 0.0%)

1 についた, にはいっ, に坐る, の上, を敷い

▼ 皆強い~ (5, 0.0%)

2 衝動を 1 でまあまあ, とお母様, 動物に

▼ 皆彼等~ (5, 0.0%)

1 が船, が詩, の各, の手, の職

▼ 皆思っ~ (5, 0.0%)

3 ていた 1 ていたらしかった, ている

▼ 皆恐ろし~ (5, 0.0%)

2 がって 1 がるその, さう, さに

▼ 皆悲しい~ (5, 0.0%)

1 きわみの, 中にも, 事には, 色彩を, 遺品に

▼ 皆我々~ (5, 0.0%)

1 が十五年前, の地球上, の気安, の生活, の真似

▼ 皆抜け~ (5, 0.0%)

2 ている 1 てしまった, 次に歯, 買いの

▼ 皆揃った~ (5, 0.0%)

1 かい, が肝要, ところで, わけ, 舞踏場へ

▼ 皆~ (5, 0.0%)

4 知らぬ喜び 1 國の

▼ 皆~ (5, 0.0%)

1 あり至, の賜物, の運, を定め, 尚を

▼ 皆書い~ (5, 0.0%)

1 てあります, てある, てくれはり, て居ります, て索引

▼ 皆焼い~ (5, 0.0%)

1 てし, てしまいました, てしまった, てしもうた, て終っ

▼ 皆熱心~ (5, 0.0%)

1 な眼, にそれ, にトムちやん, に耳, に蟇口

▼ 皆片目~ (5, 0.0%)

1 だと, であった, であると, であるという, で食べる

▼ 皆~ (5, 0.0%)

1 がある, に狂, の淡き, を書い, 足らぬよう

▼ 皆~ (5, 0.0%)

1 った色彩, って居るべきである, 国産の, 種類の, 邦人の

▼ 皆疲れ~ (5, 0.0%)

2 ている 1 てしばらく, て一人, て黙りこん

▼ 皆眠っ~ (5, 0.0%)

2 てい 1 ていた, ている, て月

▼ 皆~ (5, 0.0%)

2 をあげ 1 めでたく歌, を揃, を放つ

▼ 皆~ (5, 0.0%)

1 にさした, の処, の曲ッ, を下し, を掛けてる

▼ 皆~ (5, 0.0%)

2 と泥 1 が上っ, になる, 烟りの

▼ 皆見る~ (5, 0.0%)

2 のも 1 が好い, に慣れ, ような見ない

▼ 皆認め~ (5, 0.0%)

2 ていた 1 てゐ, て居ります, て居る

▼ 皆貧乏~ (5, 0.0%)

1 からだ, じゃない, だが, だその, であった

▼ 皆貴方~ (5, 0.0%)

1 から来た, が何處, が美津さん, の無, はもっ

▼ 皆跣足~ (5, 0.0%)

1 である, で歩い, で逃出, で這入った, になった

▼ 皆過去~ (5, 0.0%)

2 のこと 1 の十一箇月, の感じ, の記念

▼ 皆~ (5, 0.0%)

2 を求める 1 に迷っ, に違わ, の為

▼ 皆酔っ~ (5, 0.0%)

1 ていた, ていたらしく, ているらしい, てもいる, て炬燵

▼ 皆~ (5, 0.0%)

1 のある, の心配, も何, をとられた, を持っ

▼ 皆~ (5, 0.0%)

1 の中, の外, をひらい, を控え, を閉ぢ

▼ 皆降り~ (5, 0.0%)

1 てきた, てしまっ, て北見富士, て行っ, 北軍の

▼ 皆集っ~ (5, 0.0%)

1 てそれ, てゐる, て来, て泣い, て見る

▼ 皆~ (5, 0.0%)

1 に微笑, の全部, 上げて, 喰った顔, 喰って

▼ 皆面白く~ (5, 0.0%)

1 ない, ない当年, なって, 俳句会衰ふる, 候

▼ 皆驚く~ (5, 0.0%)

2 ばかり古語 1 ほどでした, んです, 事ばかりで

▼ 皆~ (5, 0.0%)

1 が魂, の抜けた, の拔けたやう, の象徴, を持つ

▼ 皆黒い~ (5, 0.0%)

1 のに一ツ鮮麗, 上衣を, 中に, 板塀に, 色だった

▼ 皆黒く~ (5, 0.0%)

2 染まって, 見えて 1 熟したり

▼ 皆あんなに~ (4, 0.0%)

1 元気が, 子供を, 愉快さうな, 愉快そうな

▼ 皆いづれ~ (4, 0.0%)

1 の岸, も其の, も同じ, も普通

▼ 皆いろいろ~ (4, 0.0%)

1 な場合, のつきもの, の色, 心くばりし

▼ 皆おとなしく~ (4, 0.0%)

1 勉強し, 翼を, 行列を, 話し込んだり

▼ 皆おどろい~ (4, 0.0%)

1 ています, てここ, て逃げ戻った, て顔色

▼ 皆おんなじ~ (4, 0.0%)

1 だん, 動物だ, 動物だって, 夢を

▼ 皆かう~ (4, 0.0%)

1 いふ風に, であ, でそれ, 云ふ

▼ 皆かかる~ (4, 0.0%)

1 對峙を, 無力な, 発見を, 眷属共の

▼ 皆くたびれ~ (4, 0.0%)

1 ている, てその, て居るだらう, て居るだろう

▼ 皆こっち~ (4, 0.0%)

1 へよっ, へ戻れ, へ集っ, を向いた

▼ 皆さう~ (4, 0.0%)

3 であらう 1 と云

▼ 皆しっかり~ (4, 0.0%)

1 した男, して, 手を, 者だ

▼ 皆しまっ~ (4, 0.0%)

2 ている 1 ていたで, ておいた

▼ 皆じっと~ (4, 0.0%)

2 して 1 動かずに, 寝て

▼ 皆すっかり~ (4, 0.0%)

1 固くなっちゃっ, 恐しがっ, 感服したらしい, 酔って

▼ 皆つい~ (4, 0.0%)

1 ていた, て居, て来い, 涙を

▼ 皆どうか~ (4, 0.0%)

2 して 1 なって, 信じて

▼ 皆なっ~ (4, 0.0%)

1 ていた, ていない, ている, てしまいました

▼ 皆ばらばら~ (4, 0.0%)

1 と逃げ去っ, と飛び込ん, と駈け寄っ, の距離

▼ 皆ひどい~ (4, 0.0%)

1 のね, 内股である, 目に, 貧乏である

▼ 皆ひどく~ (4, 0.0%)

1 しんみりし, 太つてゐ, 疲れた容貌, 疲れた頃

▼ 皆への~ (4, 0.0%)

1 おみやげものは, お詫びとして, 健康を, 馳走に

▼ 皆ほんとう~ (4, 0.0%)

1 なの, に美しい, の法, の生まれ年

▼ 皆まじめ~ (4, 0.0%)

2 な顔 1 なもの, になっ

▼ 皆めいめい~ (4, 0.0%)

1 に上向, の家, の帰り, の手製

▼ 皆よう~ (4, 0.0%)

1 がす, 似合うの, 来て, 知っとると

▼ 皆よかっ~ (4, 0.0%)

31 たよかっ

▼ 皆よん~ (4, 0.0%)

1 でいる, できい, で見ました, で頂けない

▼ 皆~ (4, 0.0%)

1 かつて居りません, ざおぎの所作では, びにわびたりける頃めづらし, ーツと

▼ 皆~ (4, 0.0%)

21 が探す, などうかし

▼ 皆クリストフ~ (4, 0.0%)

1 に同情, の批判, の方, を黙らせよう

▼ 皆ホッ~ (4, 0.0%)

2 とし 1 と愁眉, と緩やか

▼ 皆一応~ (4, 0.0%)

1 この教学, これに, 入りのい, 母達が

▼ 皆一生懸命~ (4, 0.0%)

31 でやる

▼ 皆一纏め~ (4, 0.0%)

3 にし 1 に下宿屋

▼ 皆丁寧~ (4, 0.0%)

1 にお辞儀, に彼女, に自, に頭

▼ 皆下り~ (4, 0.0%)

1 てくれ, てひっそり, て仕舞, て行く

▼ 皆不快~ (4, 0.0%)

1 な記憶, に思, に思った, を感じ

▼ 皆世界~ (4, 0.0%)

1 と云, の歴史, を偽る, を革新

▼ 皆仕事~ (4, 0.0%)

1 に出, に出る, をする, を怠け

▼ 皆他人~ (4, 0.0%)

1 なれば, なん, のもの, らしい顔つき

▼ 皆任地~ (4, 0.0%)

3 へつい 1 へついて行った

▼ 皆~ (4, 0.0%)

2 の工合 1 で打っつかっ, で打つ

▼ 皆何処~ (4, 0.0%)

1 かに失, にその, へ行く, へ行った

▼ 皆何等~ (4, 0.0%)

2 かの意味 1 かの, かの使命

▼ 皆兄弟~ (4, 0.0%)

1 だ, で一人, のよう, の如く

▼ 皆入れ~ (4, 0.0%)

1 てあります, てある, てしまう, といふこと

▼ 皆~ (4, 0.0%)

1 であつ, にあやからう, に憧れた, れを

▼ 皆其処~ (4, 0.0%)

1 え往, で帽, に寄り, へ稼ぎ

▼ 皆前生~ (4, 0.0%)

1 での悲しい, の因縁, の約束事, の縁

▼ 皆~ (4, 0.0%)

1 徹夜で, 病人で, 空に, 農半

▼ 皆単に~ (4, 0.0%)

1 一人で, 宗淳伝助等の, 影絵に, 譲原さんは

▼ 皆危険~ (4, 0.0%)

1 だった, だったの, だった愚か, な人物

▼ 皆古い~ (4, 0.0%)

1 ものに, 中でも, 時には, 時代に

▼ 皆可愛~ (4, 0.0%)

3 がって 1 がりながら

▼ 皆同じく~ (4, 0.0%)

1 かついづれ, 朝廷の, 未知の, 裏切るだろうという

▼ 皆同情~ (4, 0.0%)

3 して 1 のあまり自然

▼ 皆向う~ (4, 0.0%)

1 からこっち, から来る, の云う, の賑

▼ 皆~ (4, 0.0%)

1 がひつ, って居る, の深い, も卒気

▼ 皆善く~ (4, 0.0%)

1 浩然の, 産を, 福を, 蕪村の

▼ 皆喜び~ (4, 0.0%)

1 て之, て皇室万福, と不安, に滿

▼ 皆四十~ (4, 0.0%)

1 から下, にも近い, を越し, を越した

▼ 皆因縁~ (4, 0.0%)

1 じゃからそれ, だ泣くなと, に押, の悪い

▼ 皆大いなる~ (4, 0.0%)

1 ものの, 信仰の, 大理石の, 神の

▼ 皆好き~ (4, 0.0%)

1 だ, であった其時, である, な遊び

▼ 皆嬉し~ (4, 0.0%)

2 相に 1 さの, そうだ

▼ 皆~ (4, 0.0%)

2 の諡 1 で押し通した, を以て萬善

▼ 皆~ (4, 0.0%)

1 さに, さを, そうであった, そうな

▼ 皆小さく~ (4, 0.0%)

2 蔦かつらに 1 て稀, なって

▼ 皆~ (4, 0.0%)

1 につい, についてよろしい, を立っ, を起つた

▼ 皆平等~ (4, 0.0%)

1 であ, な洗礼名, に造られず, に飽き足りぬ

▼ 皆幸福~ (4, 0.0%)

1 だと, であって, なる結婚, になつ

▼ 皆当然~ (4, 0.0%)

1 あって, だと, の休場, 出るべき抗議

▼ 皆彼ら~ (4, 0.0%)

1 に先行, の喪, の歓喜, を取り巻い

▼ 皆待っ~ (4, 0.0%)

1 たり, てい, てます, てゐる

▼ 皆後世~ (4, 0.0%)

1 この百姓, に到っ, に遺り, の説

▼ 皆心がら~ (4, 0.0%)

2 の淺 1 とはいい, の浅ましい

▼ 皆思わず~ (4, 0.0%)

1 いぶかしげ, はつと, 由三を, 襟を

▼ 皆急い~ (4, 0.0%)

1 で力, で天幕, で空, で蜆坂

▼ 皆恐れ~ (4, 0.0%)

1 ている, てゐ, て某, を懐い

▼ 皆持つた~ (4, 0.0%)

3 心を 1 誇りに

▼ 皆~ (4, 0.0%)

1 つたもの, ひの, ひウイ, ふ

▼ 皆揃つて~ (4, 0.0%)

1 こつそり, ゐたもの, 美しいですが, 遊んで

▼ 皆支那~ (4, 0.0%)

1 からの輸入, の兵隊, の東北地方, の歸化人

▼ 皆~ (4, 0.0%)

1 かに此等, かに生命, かに觀, にイソップ種

▼ 皆明了~ (4, 0.0%)

4 ならしめよ

▼ 皆本当に~ (4, 0.0%)

1 可愛がった, 民衆の, 自分の, 致して

▼ 皆~ (4, 0.0%)

1 もわすれ, を下, を手, を挙げ

▼ 皆枯れ~ (4, 0.0%)

1 てしまった, て了つた, て展望, て見えた

▼ 皆正直~ (4, 0.0%)

1 すぎる, でさ, にいっちまいます, の心

▼ 皆残らず~ (4, 0.0%)

2 一緒に 1 それを, 研が

▼ 皆永く~ (4, 0.0%)

1 ひけなかって, 培養せられた, 樂土の, 残り候に

▼ 皆~ (4, 0.0%)

1 に投, に生ずる, の彼方, へ入れ

▼ 皆特別~ (4, 0.0%)

1 に織らせた, に馬鞍, の名, の意味

▼ 皆生命~ (4, 0.0%)

1 の, の火焔, を完了, を持っ

▼ 皆~ (4, 0.0%)

1 上げて, 合せたよう, 合わしたよう, 合わせたよう

▼ 皆申し合せた~ (4, 0.0%)

3 ように 1 やうに

▼ 皆異様~ (4, 0.0%)

1 な番人, な眼, の人間, の形相

▼ 皆相応~ (4, 0.0%)

1 な地位, にくらし, に学問, の功力

▼ 皆真に~ (4, 0.0%)

1 光りいづべき縁, 向うて, 智仁の, 科学を

▼ 皆知ってる~ (4, 0.0%)

1 ぜおい, のだ, ものが, 筈である

▼ 皆神人~ (4, 0.0%)

1 だから, となる, になる, の大きな

▼ 皆神様~ (4, 0.0%)

1 が来, のお, のお世話, の為事

▼ 皆空足~ (4, 0.0%)

4 を踏ん

▼ 皆~ (4, 0.0%)

1 上った, 上って, 停つて, 留る位

▼ 皆~ (4, 0.0%)

1 一に, 一種に, 七の, 二位であります

▼ 皆~ (4, 0.0%)

2 の扇 1 ないの, に燃え

▼ 皆~ (4, 0.0%)

1 だ一念, ではない, で両人, と思っ

▼ 皆~ (4, 0.0%)

1 も多少, を抱, を抱え, を立てた

▼ 皆~ (4, 0.0%)

1 から主たる, 國の, 稱大夫夏后少, 稱王

▼ 皆自由詩~ (4, 0.0%)

1 が旋律本位, である, に行き, のみである

▼ 皆~ (4, 0.0%)

1 え者, かつた, さを, 盛りで

▼ 皆~ (4, 0.0%)

1 から神, で悪く, で惡, のこと

▼ 皆~ (4, 0.0%)

1 なり, 小豆色を, 白い灰, 青い覆輪

▼ 皆見せ~ (4, 0.0%)

1 たりした, ていた, てやる, て笑う

▼ 皆~ (4, 0.0%)

1 が, のお, の恩, 覽といふ

▼ 皆許す~ (4, 0.0%)

4 所なり

▼ 皆詩人~ (4, 0.0%)

1 ならざるなし, の厳定, の古手, の明白

▼ 皆話し~ (4, 0.0%)

2 をし 1 て下さい, て仕舞おう

▼ 皆赤く~ (4, 0.0%)

1 して, すれば, なりました, 苔などは

▼ 皆軍人~ (4, 0.0%)

2 になりたがる, に成りたい

▼ 皆追出し~ (4, 0.0%)

2 て遣つた 1 てしまっ, てしまつ

▼ 皆逃げ出し~ (4, 0.0%)

1 てしまい, てしまった, てしまふ, てすべて

▼ 皆遊び~ (4, 0.0%)

1 である, に来ない, に来り, に来れ

▼ 皆遠く~ (4, 0.0%)

1 この少女, に退い, の廊下, 西の

▼ 皆隠れ~ (4, 0.0%)

2 てしまう 1 てエデン, 指の

▼ 皆~ (4, 0.0%)

2 をのばし 1 のまわり, を垂れた

▼ 皆顔色~ (4, 0.0%)

2 を失っ 1 を失い, を柔らげ

▼ 皆飛ん~ (4, 0.0%)

1 でしまった, でもない, で往, で行った

▼ 皆飲ん~ (4, 0.0%)

1 でしまったらしい, でしもうた, でみた, で終うた人間

▼ 皆驚き~ (4, 0.0%)

1 て防ぐ能わず, と感心, の目, の評

▼ 皆黙りこん~ (4, 0.0%)

2 でしまった 1 でうとうと, でこつ

▼ 皆いずれ~ (3, 0.0%)

1 も当時, も火の玉, 劣らぬ拝物教徒

▼ 皆うち~ (3, 0.0%)

1 とほし, にまだ, へ帰っ

▼ 皆おとなしい~ (3, 0.0%)

1 もので, 奴らだ, 文官ばかり

▼ 皆からも~ (3, 0.0%)

1 よろしく, 好かれた, 比呂志君からも

▼ 皆~ (3, 0.0%)

1 てえ, てくれ, ょろりきょろりと視めた

▼ 皆くすくす~ (3, 0.0%)

1 と笑い出した, と笑った, やり出した

▼ 皆ごろ~ (3, 0.0%)

3 しに

▼ 皆すぐ~ (3, 0.0%)

1 あそこへ, に寝入った, 立った

▼ 皆すぐれ~ (3, 0.0%)

1 てい, ていた, て美しい

▼ 皆すぐれた~ (3, 0.0%)

1 人である, 情熱を, 頭脳の

▼ 皆すこし~ (3, 0.0%)

1 きれいに, 変って, 神経過敏に

▼ 皆そこで~ (3, 0.0%)

1 ストップだ, 殺害し, 目が

▼ 皆ぞろぞろ~ (3, 0.0%)

2 と繋がっ 1 次の

▼ 皆だまっ~ (3, 0.0%)

2 ていた 1 て引下

▼ 皆だれ~ (3, 0.0%)

1 でもそう, でも黙っ, もそれ

▼ 皆ちょっと~ (3, 0.0%)

1 の間季和, 待って, 静かに

▼ 皆つれ~ (3, 0.0%)

1 て来る, て泊り, て華々しく

▼ 皆との~ (3, 0.0%)

2 一般の 1 ジャンケンに

▼ 皆ともに~ (3, 0.0%)

1 我が忠良, 死せざること, 笑みを

▼ 皆と共に~ (3, 0.0%)

1 八月一杯滞在する, 嘲笑って, 建物の

▼ 皆なそろつ~ (3, 0.0%)

1 てさあ, て写真, て鯨飲

▼ 皆なつかしい~ (3, 0.0%)

2 ことばかり 1 というの

▼ 皆な忘れ~ (3, 0.0%)

2 て裸島 1 てしまふ

▼ 皆な持っ~ (3, 0.0%)

1 て来, て生れ, て行く

▼ 皆な黙っ~ (3, 0.0%)

1 てしまった, て働い, て働く

▼ 皆に対して~ (3, 0.0%)

1 あなたの, 厳重に, 如何にも巧み

▼ 皆はじめて~ (3, 0.0%)

1 の経験, 愕然たり, 画竜点睛ポッカリ

▼ 皆はっきり~ (3, 0.0%)

1 させて, したこと, した履歴

▼ 皆ひと~ (3, 0.0%)

2 かどの 1

▼ 皆ひとしく~ (3, 0.0%)

1 一致し, 同様の, 自然主義者な

▼ 皆びっくり~ (3, 0.0%)

1 した, したよく, して

▼ 皆ぼく~ (3, 0.0%)

1 が喜ん, のきらい, を精

▼ 皆また~ (3, 0.0%)

1 いふめでたし, かれら, 山へ

▼ 皆みこ~ (3, 0.0%)

3 ともち

▼ 皆もっ~ (3, 0.0%)

1 ています, て居ります, て来

▼ 皆もっと~ (3, 0.0%)

1 もと同意, 元気を, 勉強しなけれ

▼ 皆~ (3, 0.0%)

1 つてゐた, つて居ります, 一同に

▼ 皆やがて~ (3, 0.0%)

1 その上, 教えを, 町中の

▼ 皆わけ~ (3, 0.0%)

1 しらずの, てしまいました, も分らないで引つ張られ

▼ 皆われら~ (3, 0.0%)

1 の中, の同胞, の悲し

▼ 皆セリフ~ (3, 0.0%)

2 が入ってない 1 が入っ

▼ 皆~ (3, 0.0%)

1 寄リ, 相談ノ, 踊ルノダト云ウ

▼ 皆ハリキ~ (3, 0.0%)

1 った, って, って稽古

▼ 皆ブツブツ~ (3, 0.0%)

1 いいながら, よ, 云い云い帰って

▼ 皆~ (3, 0.0%)

1 かどの, しよに, の眞

▼ 皆一同~ (3, 0.0%)

1 に声, の嘆称, の贈物

▼ 皆一寸~ (3, 0.0%)

1 ばかりずつ水, 許り, 鋭い才

▼ 皆一致~ (3, 0.0%)

1 して, してる, する

▼ 皆~ (3, 0.0%)

1 の人, へ上, 走つて

▼ 皆上げ~ (3, 0.0%)

1 て下さい, て後ろ, て脇息

▼ 皆上等~ (3, 0.0%)

1 と云っ, と心得, の物

▼ 皆世間~ (3, 0.0%)

1 では, で知っ, へ向

▼ 皆丸く~ (3, 0.0%)

1 して, なって, 座った時千世子

▼ 皆主人~ (3, 0.0%)

1 のため, の前, の家

▼ 皆~ (3, 0.0%)

1 が一身一箇, が心, の前面

▼ 皆事実~ (3, 0.0%)

1 としか思われぬ, と首肯, の様

▼ 皆二階~ (3, 0.0%)

1 に上がっ, へ上げ, を持つ

▼ 皆云い合せた~ (3, 0.0%)

3 ように

▼ 皆京都~ (3, 0.0%)

1 から輸入, に敵対, の人

▼ 皆人々~ (3, 0.0%)

2 の望み 1 が彼

▼ 皆人生~ (3, 0.0%)

1 の必要品, の眞, を底

▼ 皆~ (3, 0.0%)

2 入仏道也 1 を犯した

▼ 皆~ (3, 0.0%)

2 の不思議 1 を棄て去った

▼ 皆何となく~ (3, 0.0%)

2 土地の 1 今度の

▼ 皆何れ~ (3, 0.0%)

2 へか消え 1 もその

▼ 皆何事~ (3, 0.0%)

1 かと思っ, か呪文, も知らず

▼ 皆何年~ (3, 0.0%)

2 か前 1 か実際

▼ 皆~ (3, 0.0%)

1 の周囲, の朋友, は患者

▼ 皆余り~ (3, 0.0%)

1 に出来過ぎ, に基督教, 遅いので

▼ 皆~ (3, 0.0%)

1 い, り集る, るだらうと

▼ 皆~ (3, 0.0%)

1 の卵, の如く避暑, の小説家

▼ 皆信じ~ (3, 0.0%)

2 ていた 1 てゐる

▼ 皆信長~ (3, 0.0%)

1 が不徳, が真実, の一面

▼ 皆借り~ (3, 0.0%)

1 て写した, て寫した, て終おうか

▼ 皆~ (3, 0.0%)

1 いたし申候, といふやう, はりませぬから

▼ 皆傾い~ (3, 0.0%)

2 て居る 1 て見える

▼ 皆僕等~ (3, 0.0%)

1 のカルマ, の中, の顔馴染ぢ

▼ 皆~ (3, 0.0%)

1 の方, の許, まかせにて

▼ 皆~ (3, 0.0%)

2 く雨 1 く天

▼ 皆~ (3, 0.0%)

1 つた中位な, 智恵を, 會を

▼ 皆入る~ (3, 0.0%)

1 ことの, と云われた, のであります

▼ 皆入口~ (3, 0.0%)

1 と出口, のところ, の間近

▼ 皆~ (3, 0.0%)

2 の入閣 1 の役に立ち得る

▼ 皆出払っ~ (3, 0.0%)

1 ていた, ております, てしまっ

▼ 皆出払った~ (3, 0.0%)

1 が私一人, 事に, 跡で

▼ 皆出来る~ (3, 0.0%)

1 ことしか, んだ, 丈け

▼ 皆~ (3, 0.0%)

2 を褒めた 1 を抜いた

▼ 皆初めて~ (3, 0.0%)

1 お目, の者, 気付いた

▼ 皆~ (3, 0.0%)

1 に生きる, のよう, ヲ帯ビ士官ト

▼ 皆化物~ (3, 0.0%)

1 だと, だろう, のよう

▼ 皆~ (3, 0.0%)

2 の方 1 に厚く

▼ 皆博士~ (3, 0.0%)

1 が人, が自分, のこの

▼ 皆友達~ (3, 0.0%)

1 が案じ, のよう, を見よう見

▼ 皆~ (3, 0.0%)

1 つて以て, 拂はれました, 片附けられ

▼ 皆叫び~ (3, 0.0%)

1 てアンフィアラーオ, てフィリッポ・アルゼンティ, てマラコダ

▼ 皆~ (3, 0.0%)

1 が長, に代え, を軽石

▼ 皆善人~ (3, 0.0%)

2 なの 1 ではあり

▼ 皆善良~ (3, 0.0%)

1 なこと, なる市井人, な老人

▼ 皆~ (3, 0.0%)

2 が渇き切っ 1 がカラカラ

▼ 皆国士~ (3, 0.0%)

1 の悪夢, を標的, を理想

▼ 皆~ (3, 0.0%)

1 を出, を後, を空

▼ 皆墨子~ (3, 0.0%)

1 に道, の學, の弟子

▼ 皆売っ~ (3, 0.0%)

1 てしまいなさい, てしまった, てそうして

▼ 皆~ (3, 0.0%)

1 だとは, な顔, に感じ

▼ 皆~ (3, 0.0%)

1 の夜, の節物, ばかりなれ

▼ 皆~ (3, 0.0%)

1 なり, の世界, の天使

▼ 皆夜風~ (3, 0.0%)

2 に靡く 1 の空

▼ 皆大切~ (3, 0.0%)

1 であった, な節日, に細君

▼ 皆大小~ (3, 0.0%)

1 は挟, を佩びていた, を質

▼ 皆失敗~ (3, 0.0%)

1 したぢ, して, に終った

▼ 皆~ (3, 0.0%)

1 で湯, に蹲ん, へ引込んだ

▼ 皆女子~ (3, 0.0%)

1 へ, や, を戒めた

▼ 皆奴隷~ (3, 0.0%)

1 である, にする, のよう

▼ 皆~ (3, 0.0%)

1 な形, に上ずった, に不安

▼ 皆姿~ (3, 0.0%)

1 を消し, を見ず, を隠した

▼ 皆婦人~ (3, 0.0%)

1 でありました, で綺麗, の作

▼ 皆子供~ (3, 0.0%)

1 のよう, の教育, の時分

▼ 皆季節~ (3, 0.0%)

2 の替り目 1 により

▼ 皆学者~ (3, 0.0%)

1 かといえ, ではない, で文章

▼ 皆~ (3, 0.0%)

1 の中, の隅, を出られました

▼ 皆宮中~ (3, 0.0%)

2 より賜 1 に留っ

▼ 皆寝る~ (3, 0.0%)

1 から労力, ことに, のだろう

▼ 皆~ (3, 0.0%)

1 でも延ばし, 小の, 於余十数歳

▼ 皆巫女~ (3, 0.0%)

1 であ, の上, の仮装

▼ 皆帰った~ (3, 0.0%)

1 あと栄介は, かどう, 時に

▼ 皆帰り~ (3, 0.0%)

1 には欣々, に行く, 尽し鳥

▼ 皆~ (3, 0.0%)

1 をぬぎ, を脱ぎ, を脱ぎました

▼ 皆~ (3, 0.0%)

1 に一度, を取っ, 久しく住みたれ

▼ 皆~ (3, 0.0%)

1 で食事, の上, を開い

▼ 皆~ (3, 0.0%)

1 にあれ, に着く, の商人

▼ 皆~ (3, 0.0%)

2 揚げて 1 たくる様

▼ 皆往来~ (3, 0.0%)

1 に向け, に山, を見物

▼ 皆徒歩~ (3, 0.0%)

1 である, でそれ, で立退いた

▼ 皆怖がっ~ (3, 0.0%)

1 て仕方, て何所, て引退

▼ 皆思ひ思ひ~ (3, 0.0%)

1 に好む, に洋服, の絵

▼ 皆~ (3, 0.0%)

1 にがやがや, に緊張, はしげに

▼ 皆恋し~ (3, 0.0%)

1 がって, がる, ている

▼ 皆悲しく~ (3, 0.0%)

1 て心, なって, 生きることそれ自体

▼ 皆愉快~ (3, 0.0%)

1 がった, だった, に研究

▼ 皆意味~ (3, 0.0%)

1 して, のある, 有り気

▼ 皆意外~ (3, 0.0%)

2 な顔 1 に思っ

▼ 皆~ (3, 0.0%)

1 と熱, の使, の分弁

▼ 皆感心~ (3, 0.0%)

1 した, して, をし

▼ 皆懺悔~ (3, 0.0%)

1 しつかりしろ, すべきである, そして私

▼ 皆戦い~ (3, 0.0%)

1 だ, つかれて, を躊躇

▼ 皆戦争~ (3, 0.0%)

1 に行かなけれ, の為, を嫌い

▼ 皆戦場~ (3, 0.0%)

1 かせぎの, において神, に於

▼ 皆承知~ (3, 0.0%)

1 した, して, するが

▼ 皆揃い~ (3, 0.0%)

2 も揃った 1 の衣裳

▼ 皆故人~ (3, 0.0%)

1 だ, となった, を尊敬

▼ 皆~ (3, 0.0%)

2 つた後である 1 け失せぬ

▼ 皆断っ~ (3, 0.0%)

1 てしまう, て一人冷然, て了うの

▼ 皆~ (3, 0.0%)

1 ういう, ういふ人, かる事実

▼ 皆日本人~ (3, 0.0%)

1 として耳, なん, のため

▼ 皆晴れ~ (3, 0.0%)

1 がましく思っ, と思う, のもの

▼ 皆暗く~ (3, 0.0%)

1 葦原の, 葦原中つ, 葦原中国ことごとに

▼ 皆書物~ (3, 0.0%)

1 にし, をよむ, を手

▼ 皆書生~ (3, 0.0%)

2 の名前 1 でございますから

▼ 皆有用~ (3, 0.0%)

1 なこと, なる知識, の文字

▼ 皆~ (3, 0.0%)

1 完成の, 甞出於吾道之外, 經驗と

▼ 皆~ (3, 0.0%)

1 の者, の農夫, の青年

▼ 皆~ (3, 0.0%)

1 に見えた, に風, の中

▼ 皆楽し~ (3, 0.0%)

2 そうに 1 そうな

▼ 皆楽しく~ (3, 0.0%)

1 にぎやかに, 今生の, 思って

▼ 皆様子~ (3, 0.0%)

1 が違っ, を知つて, を知らない

▼ 皆此処~ (3, 0.0%)

1 で後, に基準, に居るだ

▼ 皆武蔵~ (3, 0.0%)

1 に対して敵意, の手, の胸

▼ 皆殆ど~ (3, 0.0%)

1 同じ姿勢, 同一で, 眠りませんので

▼ 皆残し~ (3, 0.0%)

1 て済みません, て行く, て這入りましょう

▼ 皆殺される~ (3, 0.0%)

2 やらわたし 1 前までは

▼ 皆~ (3, 0.0%)

1 が付く, の共鳴作用, の凝り

▼ 皆汚れ~ (3, 0.0%)

1 ており, てしまった, て居る

▼ 皆~ (3, 0.0%)

2 の善根福種 1 の願

▼ 皆流され~ (3, 0.0%)

1 てしまっ, てしまった, てまだ

▼ 皆流れ~ (3, 0.0%)

1 て了, て毒水一滴, て行っ

▼ 皆海岸~ (3, 0.0%)

1 であります, になびんづうと稱, に近い

▼ 皆~ (3, 0.0%)

1 ゆるに, 失せて, 殄せしめ

▼ 皆深い~ (3, 0.0%)

1 感情を, 眼に, 訳が

▼ 皆源氏~ (3, 0.0%)

1 が親, の君, を見

▼ 皆濡れ~ (3, 0.0%)

1 てゐ, て油断, て見えた

▼ 皆濡れた~ (3, 0.0%)

2 のに薄く 1 体から

▼ 皆無く~ (3, 0.0%)

2 なつて 1 なつた

▼ 皆焼けた~ (3, 0.0%)

1 そうです, のである, ので塗物問屋

▼ 皆~ (3, 0.0%)

1 唾を, 附けて, 附けました

▼ 皆~ (3, 0.0%)

1 っか, のよう, を大して

▼ 皆~ (3, 0.0%)

21 だからなのよ

▼ 皆~ (3, 0.0%)

1 やうと, らる, 大恩焉

▼ 皆玄関~ (3, 0.0%)

1 に出, に立併びて, に行っ

▼ 皆~ (3, 0.0%)

2 らしがって 1 らしがったと

▼ 皆~ (3, 0.0%)

1 と云, の分明, を論じたる

▼ 皆申し~ (3, 0.0%)

2 ております 1 ておりました

▼ 皆~ (3, 0.0%)

1 つてるが, り前, るヂュウスすべて

▼ 皆病人~ (3, 0.0%)

2 や百姓共 1 になっ

▼ 皆白く~ (3, 0.0%)

1 てつやつや, 塗られ塀, 峰という

▼ 皆百姓~ (3, 0.0%)

1 がします, と共に寄つて, なり

▼ 皆直ちに~ (3, 0.0%)

1 その存在, 友造と, 首肯し

▼ 皆相手~ (3, 0.0%)

1 がわからない, の友人, を予想

▼ 皆~ (3, 0.0%)

1 のあいだ, を顰め, を顰めた

▼ 皆~ (3, 0.0%)

1 の鶏, 淵訓には, 蒼に

▼ 皆真直~ (3, 0.0%)

1 にその, に上, に天国

▼ 皆真赤~ (3, 0.0%)

1 でさあ, なランニング襯衣, に枯れ

▼ 皆知ら~ (3, 0.0%)

1 ざらむ, ば, む

▼ 皆知らぬ~ (3, 0.0%)

1 といったそう, 沢である, 間に

▼ 皆知れ~ (3, 0.0%)

1 て土, て貴方, 候て

▼ 皆神事~ (3, 0.0%)

1 に与った, に与つた, に与る

▼ 皆~ (3, 0.0%)

1 があい, で手がかり, の中

▼ 皆~ (3, 0.0%)

1 から捨てる, から首, の戸

▼ 皆~ (3, 0.0%)

21 を含む

▼ 皆笑い~ (3, 0.0%)

1 くずれ, くずれたという, まくるぞ

▼ 皆笑つて~ (3, 0.0%)

1 そんな事, ゐる, 見て

▼ 皆~ (3, 0.0%)

1 なり投ずる, の内, の飯

▼ 皆~ (3, 0.0%)

1 ならずして, の一字, を落し

▼ 皆~ (3, 0.0%)

2 するまで 1 ってしまった

▼ 皆~ (3, 0.0%)

1 ナリ, 中国流に, 氣の

▼ 皆結婚~ (3, 0.0%)

1 しなければ, する, を希望

▼ 皆緊張~ (3, 0.0%)

3 して

▼ 皆~ (3, 0.0%)

1 あるもの, をなすりつけました, を伴う

▼ 皆~ (3, 0.0%)

1 い身装, けれども尽く, の価値

▼ 皆美しかっ~ (3, 0.0%)

21 たが

▼ 皆~ (3, 0.0%)

1 から斜, と肩, を聳

▼ 皆~ (3, 0.0%)

1 にある, にたたみ込み, を痛めた

▼ 皆脱い~ (3, 0.0%)

2 でここ 1 でしまふ

▼ 皆興味~ (3, 0.0%)

1 で早速, をもっ, を持ったらしかった

▼ 皆船底~ (3, 0.0%)

1 につ, に集っ, に集まっ

▼ 皆若かっ~ (3, 0.0%)

21 たね

▼ 皆~ (3, 0.0%)

1 の奥, へ入れ, 込むから

▼ 皆虚偽~ (3, 0.0%)

1 であった, である, の聖書

▼ 皆西洋~ (3, 0.0%)

1 の制度, の文明, 人臭いふん装

▼ 皆見え~ (3, 0.0%)

1 ております, てしまう, て大いに

▼ 皆見た~ (3, 0.0%)

1 か, 所どっちかと, 顔な

▼ 皆規則正しい~ (3, 0.0%)

1 二列縦隊を, 二列縱隊を, 円盤の

▼ 皆言い合わせた~ (3, 0.0%)

3 ように

▼ 皆誤り~ (3, 0.0%)

1 であった, です, といふ譯

▼ 皆読む~ (3, 0.0%)

1 ことが, とね母様, 者を

▼ 皆読ん~ (3, 0.0%)

1 で人並み, で来, で見なく

▼ 皆~ (3, 0.0%)

1 えらく泰皇考, ふ所, ゆる押出し

▼ 皆謙遜~ (3, 0.0%)

1 であった, なもの, の念

▼ 皆~ (3, 0.0%)

1 て仕舞, ひませうそこ, ふ馬

▼ 皆買う~ (3, 0.0%)

1 かね, が如何, と云

▼ 皆賢く~ (3, 0.0%)

1 おとなしかりし, なっちゃったね, なるという

▼ 皆起き出し~ (3, 0.0%)

1 て夜, て面白, 神燈を

▼ 皆足音~ (3, 0.0%)

1 も立てず, をしのばせ, を忍ばせ

▼ 皆輝き~ (3, 0.0%)

2 てその 1 たり

▼ 皆輿~ (3, 0.0%)

2 を避け 1 に乘

▼ 皆辮髮~ (3, 0.0%)

1 したの, で赤い, をし

▼ 皆返し~ (3, 0.0%)

2 て了ふし 1 て近所

▼ 皆逃げ出した~ (3, 0.0%)

1 それを, のか, ものである

▼ 皆這入つ~ (3, 0.0%)

1 てる, てゐる, て来

▼ 皆違う~ (3, 0.0%)

1 のである, ものだ, 寝物語の

▼ 皆遣っ~ (3, 0.0%)

1 てくれる, てしまおう, ても満足

▼ 皆選ばれ~ (3, 0.0%)

2 て来た 1 て伴奏

▼ 皆金色~ (3, 0.0%)

2 の光 1 の髪

▼ 皆長く~ (3, 0.0%)

1 なった, 侍し, 外国へ

▼ 皆~ (3, 0.0%)

1 きって, ってい, 切って

▼ 皆開かれ~ (3, 0.0%)

3 ていた

▼ 皆間違い~ (3, 0.0%)

1 で一つ, なくその, のない

▼ 皆附い~ (3, 0.0%)

1 て来る, て行, て行っ

▼ 皆隠し~ (3, 0.0%)

1 ていらっしゃる, てお, て僕

▼ 皆~ (3, 0.0%)

1 に候, を食, 蕋の

▼ 皆青く~ (3, 0.0%)

3 なって

▼ 皆静か~ (3, 0.0%)

1 だ, なひと, に黙っ

▼ 皆面白い~ (3, 0.0%)

1 か, が中でも, と言っ

▼ 皆~ (3, 0.0%)

1 に吹き倒される, に吹き落とされ, のさす

▼ 皆馬車~ (3, 0.0%)

2 から跳 1 に乗り

▼ 皆驚いた~ (3, 0.0%)

1 そうです, のに, 顔を

▼ 皆~ (3, 0.0%)

1 が囀ってる, が囀つてる, に食わせる

▼ 皆~ (3, 0.0%)

1 つてゐた, つて歩い, つて火事を

▼ 皆あい~ (2, 0.0%)

1 てい, ている

▼ 皆あきれ~ (2, 0.0%)

1 てあと, ていた

▼ 皆あげます~ (2, 0.0%)

1 からそれ, から私

▼ 皆あせっ~ (2, 0.0%)

1 てはならぬ, て仲介者

▼ 皆あたかも~ (2, 0.0%)

1 ただ一つ, 機械仕掛の

▼ 皆あちら~ (2, 0.0%)

1 へ参り, へ参れ

▼ 皆あちらこちら~ (2, 0.0%)

2 の溝渠

▼ 皆あっと~ (2, 0.0%)

1 息を, 驚いた

▼ 皆あと~ (2, 0.0%)

1 には同じ, を追って

▼ 皆あらゆる~ (2, 0.0%)

1 人間の, 古き画風

▼ 皆いう~ (2, 0.0%)

1 てです, のじゃがの

▼ 皆いくら~ (2, 0.0%)

1 いっても, かずつかく

▼ 皆いそぎ~ (2, 0.0%)

1 て改悔, 立つめる

▼ 皆いちいち~ (2, 0.0%)

1 帰りの, 指図を

▼ 皆いっ~ (2, 0.0%)

1 ています, てみましょう

▼ 皆いっせいに~ (2, 0.0%)

1 左の, 頭上を

▼ 皆いと~ (2, 0.0%)

1 厳めしし, 強く輝き

▼ 皆いなくなっ~ (2, 0.0%)

1 てしまっ, て近年

▼ 皆うまく~ (2, 0.0%)

1 なったな, 大いに食った

▼ 皆えらい~ (2, 0.0%)

1 なあって云いました, 方が

▼ 皆おかし~ (2, 0.0%)

1 がりて, さに

▼ 皆おかしな~ (2, 0.0%)

1 ことだ, 名が

▼ 皆おこっ~ (2, 0.0%)

1 てきみ, て来

▼ 皆おち~ (2, 0.0%)

1 たり裏, つきを

▼ 皆おのれ~ (2, 0.0%)

1 と同じ, を捨て

▼ 皆おぼえ~ (2, 0.0%)

1 がある, てをる

▼ 皆おめでたい~ (2, 0.0%)

1 と思っ, 子供を

▼ 皆おもしろ~ (2, 0.0%)

1 がって, そうだ

▼ 皆おろされ~ (2, 0.0%)

1 てあっ, てだれ

▼ 皆おん身~ (2, 0.0%)

1 に語るべき, を羨むべし

▼ 皆お嬢様~ (2, 0.0%)

1 の方, をめがけ

▼ 皆かかっ~ (2, 0.0%)

1 ていました, ておりました

▼ 皆かけ出し~ (2, 0.0%)

2 て来た

▼ 皆からは~ (2, 0.0%)

1 ひどく扱われました, 音楽が

▼ 皆かわいく~ (2, 0.0%)

1 思われるの, 院は

▼ 皆がかり~ (2, 0.0%)

1 でレエヌ, で姫君

▼ 皆がっかり~ (2, 0.0%)

1 してるだらう, だった

▼ 皆きっと~ (2, 0.0%)

1 意気銷沈し, 感心する

▼ 皆けろりと~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 皆こうして~ (2, 0.0%)

1 仕込むので, 流しますで

▼ 皆こぞって~ (2, 0.0%)

1 将門を, 火を

▼ 皆こたま~ (2, 0.0%)

2 だこたま

▼ 皆このごろ~ (2, 0.0%)

1 の景色, はここ

▼ 皆こり~ (2, 0.0%)

1 ている, や宜しい

▼ 皆これから~ (2, 0.0%)

1 お前の, やろうと

▼ 皆これ人類活力~ (2, 0.0%)

2 の一現象

▼ 皆これ等~ (2, 0.0%)

2 の石塔

▼ 皆こんど~ (2, 0.0%)

1 が始め, は幸福感

▼ 皆~ (2, 0.0%)

1 きげん, 親切に

▼ 皆ごく~ (2, 0.0%)

1 善良な, 小声で

▼ 皆さうでございます~ (2, 0.0%)

1 がわたくし, が隠れた

▼ 皆さうな~ (2, 0.0%)

1 ので, んだ

▼ 皆さほど~ (2, 0.0%)

1 分りも, 大きな声

▼ 皆しからざる~ (2, 0.0%)

1 なし, はなかっ

▼ 皆した~ (2, 0.0%)

1 のである, んだ

▼ 皆しっとり~ (2, 0.0%)

2 濡れて

▼ 皆しばらく~ (2, 0.0%)

1 ことばを, もてあました後

▼ 皆しゃがん~ (2, 0.0%)

1 で取っ, で肩

▼ 皆しりごみ~ (2, 0.0%)

1 した, しまして

▼ 皆じいっと~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 皆すでに~ (2, 0.0%)

1 代が, 集まりて

▼ 皆すべて~ (2, 0.0%)

1 つまらぬもの, 移り変わるもの

▼ 皆すらすら~ (2, 0.0%)

1 と読める, 書いて

▼ 皆する~ (2, 0.0%)

1 ことを, 様に

▼ 皆ずっと~ (2, 0.0%)

1 以前の, 向うの

▼ 皆せっせと~ (2, 0.0%)

1 やる, 故郷や

▼ 皆そいつ~ (2, 0.0%)

1 がモダンガール, がモダンガールさ

▼ 皆その間~ (2, 0.0%)

2 に秩序

▼ 皆それぞれ男女~ (2, 0.0%)

2 違って

▼ 皆それぞれ相当~ (2, 0.0%)

1 の境界, の士

▼ 皆それでも~ (2, 0.0%)

1 きげん, 泣いて

▼ 皆それら~ (2, 0.0%)

1 の秀才, は純粋小説論

▼ 皆そろった~ (2, 0.0%)

1 ね, 時に

▼ 皆そんなに~ (2, 0.0%)

2 女の

▼ 皆たしかに~ (2, 0.0%)

1 この小父さん, 受け取った

▼ 皆~ (2, 0.0%)

1 ぢ, んだ

▼ 皆だめ~ (2, 0.0%)

1 だと, であった

▼ 皆だんだん~ (2, 0.0%)

1 文壇的に, 早起きに

▼ 皆ちがう~ (2, 0.0%)

1 からである, のかしら

▼ 皆ちがっ~ (2, 0.0%)

2 ている

▼ 皆って~ (2, 0.0%)

1 誰が, 誰の

▼ 皆つぶれ~ (2, 0.0%)

1 てしまった, 形も

▼ 皆つまらぬ~ (2, 0.0%)

1 もののみ, 事ばかり

▼ 皆でき~ (2, 0.0%)

1 ています, ゃっきゃっと遊び初めた

▼ 皆では~ (2, 0.0%)

1 ありませぬ, ありません

▼ 皆といふ~ (2, 0.0%)

1 のが, 蛇心の

▼ 皆とっ~ (2, 0.0%)

1 つらまった, てしまう

▼ 皆とても~ (2, 0.0%)

1 うまい, 面白がった

▼ 皆とともに~ (2, 0.0%)

1 帰りたり, 続いた

▼ 皆どっか~ (2, 0.0%)

1 へすっぽかし, へ飛ん

▼ 皆どの~ (2, 0.0%)

1 ひとも, 国でも

▼ 皆なあぐね~ (2, 0.0%)

2 て困

▼ 皆ない~ (2, 0.0%)

1 と見た, のだ

▼ 皆なかなか~ (2, 0.0%)

1 元気で, 落着い

▼ 皆なす~ (2, 0.0%)

1 ことを, ところであろう

▼ 皆なでそろつ~ (2, 0.0%)

1 てトラベラス, て出かける

▼ 皆なに馬鹿~ (2, 0.0%)

1 にされ, にされる

▼ 皆なめ~ (2, 0.0%)

1 づらしかつ, てしまう

▼ 皆なんじ~ (2, 0.0%)

2 らに

▼ 皆な上げ~ (2, 0.0%)

1 てしまいました, て下さい

▼ 皆な出~ (2, 0.0%)

1 てまいっ, て来

▼ 皆な出せ~ (2, 0.0%)

1 といへ, と言

▼ 皆な変る~ (2, 0.0%)

1 ことは, つて言ひます

▼ 皆な帰った~ (2, 0.0%)

1 からまア, のか

▼ 皆な歩い~ (2, 0.0%)

1 ている, て渡りました

▼ 皆な死ん~ (2, 0.0%)

1 でしまった, で了

▼ 皆な焼い~ (2, 0.0%)

1 てきました, て了

▼ 皆な知っ~ (2, 0.0%)

1 て了, て居ら

▼ 皆な笑っ~ (2, 0.0%)

1 ている, てしまいました

▼ 皆な行っ~ (2, 0.0%)

1 てお, て寝ましょう

▼ 皆な話し~ (2, 0.0%)

1 てくれない, てしまった

▼ 皆な誉め~ (2, 0.0%)

1 ている, て居る

▼ 皆な起き~ (2, 0.0%)

1 てお出で, て来

▼ 皆な集っ~ (2, 0.0%)

1 ていた, てお

▼ 皆な驚い~ (2, 0.0%)

1 て彼, て石

▼ 皆にたいして~ (2, 0.0%)

1 やさしかった, 首領らしい

▼ 皆について~ (2, 0.0%)

1 出て, 起きる

▼ 皆にとっては~ (2, 0.0%)

1 厄介者だった, 決答が

▼ 皆のぞい~ (2, 0.0%)

2 ていた

▼ 皆はっと~ (2, 0.0%)

1 自分に, 顔を

▼ 皆はも~ (2, 0.0%)

1 うい, 一度

▼ 皆ひとしい~ (2, 0.0%)

1 幸福に, 病人としか

▼ 皆ひとつ~ (2, 0.0%)

1 のある, の型

▼ 皆ひとり~ (2, 0.0%)

1 残らず所有者, 残らず自決

▼ 皆びくびく~ (2, 0.0%)

1 して, しながら

▼ 皆ふかく~ (2, 0.0%)

1 理解し, 頭を

▼ 皆へとへと~ (2, 0.0%)

1 になる, に疲れ

▼ 皆ほか~ (2, 0.0%)

1 へ取られ, へ行き

▼ 皆ほっと~ (2, 0.0%)

1 息を, 胸を

▼ 皆ほろび~ (2, 0.0%)

2 てしまった

▼ 皆ほんと~ (2, 0.0%)

1 でもありますまい, のよう

▼ 皆ぼんやり~ (2, 0.0%)

1 して, 黒く見える

▼ 皆ぽかんと~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 皆みずから~ (2, 0.0%)

1 同じ事件, 当り臣天命

▼ 皆みづか~ (2, 0.0%)

2 らの

▼ 皆めざましい~ (2, 0.0%)

2 花を

▼ 皆もと~ (2, 0.0%)

1 のよう, は巫女

▼ 皆もの~ (2, 0.0%)

1 の尖端, を言った

▼ 皆やけ~ (2, 0.0%)

1 てしまった, て居る

▼ 皆やっつけ~ (2, 0.0%)

1 てしまえ, てしまった

▼ 皆~ (2, 0.0%)

1 どうか泣かず, 何ゆゑに

▼ 皆よき~ (2, 0.0%)

1 弟子を, 意味での

▼ 皆よろしい~ (2, 0.0%)

1 ようでございます, ように

▼ 皆よろしく~ (2, 0.0%)

1 つたえますから, と申しました

▼ 皆よわい者~ (2, 0.0%)

2 ばかり大人

▼ 皆わき~ (2, 0.0%)

2 万の

▼ 皆われわれ~ (2, 0.0%)

1 が汚穢, の善徳

▼ 皆アメリカ~ (2, 0.0%)

1 から英国, の飛行機

▼ 皆インド~ (2, 0.0%)

1 のガンジス川, の儀式

▼ 皆キチン~ (2, 0.0%)

1 とした, と集まる

▼ 皆グラツドストン~ (2, 0.0%)

2 の指導

▼ 皆ゴロゴロ~ (2, 0.0%)

2 眠って

▼ 皆シン~ (2, 0.0%)

1 となっ, となった

▼ 皆ドッ~ (2, 0.0%)

1 と笑い出した, と笑った

▼ 皆~ (2, 0.0%)

1 心得違イシテ親類父母妻子ニ迄, 笑フ

▼ 皆ハッ~ (2, 0.0%)

1 とした, と顔色

▼ 皆ヒューメーン~ (2, 0.0%)

2 である

▼ 皆ビクビク~ (2, 0.0%)

1 して, ものだ

▼ 皆フランス~ (2, 0.0%)

1 から駆逐, へ帰っ

▼ 皆ペピユブリツク~ (2, 0.0%)

2 で降りた

▼ 皆マスク~ (2, 0.0%)

1 がない, を被れ

▼ 皆ロシヤ~ (2, 0.0%)

2 の怠惰者

▼ 皆ヴァレンチーノ~ (2, 0.0%)

1 とし, として了

▼ 皆一つ所~ (2, 0.0%)

1 に集った, に駈けよっ

▼ 皆一人一人~ (2, 0.0%)

1 に本当, の月給年給

▼ 皆一堂~ (2, 0.0%)

1 に会し, に會

▼ 皆一山いくら~ (2, 0.0%)

2 に品

▼ 皆一方~ (2, 0.0%)

1 から考えれ, へねじまげられ

▼ 皆一日~ (2, 0.0%)

1 で上下, のうち何時間

▼ 皆一旦~ (2, 0.0%)

1 の好意, は養子

▼ 皆一枚~ (2, 0.0%)

1 ずつ薄, の板木

▼ 皆一歩~ (2, 0.0%)

2 たじろきぬ

▼ 皆一気に~ (2, 0.0%)

1 流動性を, 読み通したよ

▼ 皆一纒め~ (2, 0.0%)

2 にし

▼ 皆一通り~ (2, 0.0%)

1 ならぬ文学, 成り立たないもの

▼ 皆三方~ (2, 0.0%)

2 から三ツ

▼ 皆上がっ~ (2, 0.0%)

1 ている, て来

▼ 皆上品~ (2, 0.0%)

1 で慎み, にし

▼ 皆上機嫌~ (2, 0.0%)

1 で互に, で自分

▼ 皆不在~ (2, 0.0%)

1 だと, とよく

▼ 皆不完全~ (2, 0.0%)

1 なもの, なる武器

▼ 皆不平~ (2, 0.0%)

1 の情, を云い

▼ 皆不幸~ (2, 0.0%)

1 な旅, な者

▼ 皆不正~ (2, 0.0%)

1 でないか, な事

▼ 皆不自然~ (2, 0.0%)

1 のよう, の夭死

▼ 皆~ (2, 0.0%)

1 へ世界, 実相不

▼ 皆中央~ (2, 0.0%)

1 に集められ, の坎

▼ 皆主として~ (2, 0.0%)

2 藩閥を

▼ 皆~ (2, 0.0%)

1 の近因, を知る

▼ 皆二つ~ (2, 0.0%)

1 に分け, の目

▼ 皆二葉亭~ (2, 0.0%)

1 が一度, の仕官

▼ 皆~ (2, 0.0%)

1 ひ合, ふ事

▼ 皆~ (2, 0.0%)

1 の癖, の知らない

▼ 皆亡くし~ (2, 0.0%)

1 てしまいました, て行李

▼ 皆亡び~ (2, 0.0%)

1 てゐる, 失はるに

▼ 皆~ (2, 0.0%)

1 かくの, フアキルと

▼ 皆人民~ (2, 0.0%)

1 の物品, の犠牲

▼ 皆仄か~ (2, 0.0%)

2 な哀感

▼ 皆今夜~ (2, 0.0%)

1 だけは, 帰って

▼ 皆~ (2, 0.0%)

1 であるの, なの

▼ 皆仏祖~ (2, 0.0%)

1 の暖か, の道

▼ 皆~ (2, 0.0%)

1 て吾, て身

▼ 皆仲良く~ (2, 0.0%)

1 して, 助けあつ

▼ 皆仲間~ (2, 0.0%)

1 の者, の間

▼ 皆伏し~ (2, 0.0%)

1 てをつたの, 四望の

▼ 皆伐られ~ (2, 0.0%)

2 楢樫

▼ 皆休ん~ (2, 0.0%)

1 じゃいけない, で仕舞

▼ 皆伯父~ (2, 0.0%)

1 に御家人, に渡した

▼ 皆~ (2, 0.0%)

2 の高い

▼ 皆低き~ (2, 0.0%)

1 につき, 平家なれ

▼ 皆何かしら立見君~ (2, 0.0%)

2 の一生

▼ 皆何物~ (2, 0.0%)

2 をか期待

▼ 皆使~ (2, 0.0%)

1 つて, に遣った

▼ 皆~ (2, 0.0%)

2 に杭州舟

▼ 皆保姆~ (2, 0.0%)

1 が教, をつけられる

▼ 皆信ずる~ (2, 0.0%)

1 ことに, ことの

▼ 皆信用~ (2, 0.0%)

2 がおけます

▼ 皆俳句~ (2, 0.0%)

1 である, であるよう

▼ 皆個人~ (2, 0.0%)

2 としては悪人

▼ 皆~ (2, 0.0%)

1 そうから, 字な

▼ 皆倭種~ (2, 0.0%)

1 なりと雖, 又有

▼ 皆~ (2, 0.0%)

1 へ寄せ, を離れ

▼ 皆偶然~ (2, 0.0%)

1 に非, の暗合

▼ 皆偽物~ (2, 0.0%)

1 だった, だつた

▼ 皆~ (2, 0.0%)

1 にうち捨てた, の人物

▼ 皆~ (2, 0.0%)

1 をさし, をつぼめ

▼ 皆備え~ (2, 0.0%)

1 ている, てお

▼ 皆~ (2, 0.0%)

1 く, しい懺悔者

▼ 皆働い~ (2, 0.0%)

1 ていた, ている

▼ 皆僕等凡人~ (2, 0.0%)

2 の意想外

▼ 皆~ (2, 0.0%)

1 と大いなる, なの

▼ 皆優しく~ (2, 0.0%)

1 きれいに, 我を

▼ 皆元首~ (2, 0.0%)

2 の自由意思

▼ 皆光り~ (2, 0.0%)

1 が差し, に蘇つて行楽

▼ 皆~ (2, 0.0%)

1 を着, を被る

▼ 皆全然~ (2, 0.0%)

1 メリーの, 相反せる

▼ 皆六条院~ (2, 0.0%)

1 の新年宴会, へ持っ

▼ 皆~ (2, 0.0%)

1 に泣いた, 稼で

▼ 皆共通~ (2, 0.0%)

1 であります, な音楽的要素

▼ 皆其意外~ (2, 0.0%)

2 に驚かざる

▼ 皆其方~ (2, 0.0%)

1 に行き, のやう

▼ 皆其時~ (2, 0.0%)

1 に判然, に某

▼ 皆~ (2, 0.0%)

1 う大, 取鎧うて

▼ 皆内側~ (2, 0.0%)

1 からネジ, から錠

▼ 皆円満~ (2, 0.0%)

1 にくらし, に遣っとる

▼ 皆冷汗~ (2, 0.0%)

2 をかきける

▼ 皆出す~ (2, 0.0%)

1 と約しとる, 気です

▼ 皆出た~ (2, 0.0%)

1 われも, 後で

▼ 皆出來~ (2, 0.0%)

1 たわ, るかと

▼ 皆出入~ (2, 0.0%)

1 して, です

▼ 皆出席簿~ (2, 0.0%)

2 に或

▼ 皆出鱈目~ (2, 0.0%)

1 だ, ですよ

▼ 皆分相応~ (2, 0.0%)

1 にする, に美しい

▼ 皆切り滅~ (2, 0.0%)

1 しす, し火

▼ 皆~ (2, 0.0%)

1 に加わっ, 伏し度

▼ 皆初め~ (2, 0.0%)

1 は同じ, は此

▼ 皆判らん~ (2, 0.0%)

2 かよくもこんなに

▼ 皆前世~ (2, 0.0%)

1 の因縁事, の悪報

▼ 皆前方~ (2, 0.0%)

1 へ向かっ, を睨みつける

▼ 皆~ (2, 0.0%)

1 かつた, ったん

▼ 皆動く~ (2, 0.0%)

1 がごとき, のだ

▼ 皆動揺~ (2, 0.0%)

1 して, めく

▼ 皆勝つ~ (2, 0.0%)

1 ことばかり, ことを

▼ 皆~ (2, 0.0%)

1 揃えしたところ, 遣富・世高富

▼ 皆勿体ない~ (2, 0.0%)

2 程立派

▼ 皆北海~ (2, 0.0%)

2 の荒波

▼ 皆十分~ (2, 0.0%)

1 な注意, に満足

▼ 皆十字架~ (2, 0.0%)

1 につけられた, を背負つて

▼ 皆千秋万歳~ (2, 0.0%)

1 の徒, の翁ぶり

▼ 皆半信半疑~ (2, 0.0%)

2 の眼

▼ 皆卑しい~ (2, 0.0%)

2 身分の

▼ 皆南支那~ (2, 0.0%)

1 に人, の産

▼ 皆南方~ (2, 0.0%)

1 に流去, の風

▼ 皆印度~ (2, 0.0%)

1 から来た, が元

▼ 皆原因~ (2, 0.0%)

2 の一部

▼ 皆去っ~ (2, 0.0%)

1 ていた, てしまった

▼ 皆友情以上~ (2, 0.0%)

2 に自分

▼ 皆取っ~ (2, 0.0%)

1 てしまった, て先

▼ 皆~ (2, 0.0%)

1 なりもう, ナリ

▼ 皆可笑し~ (2, 0.0%)

1 がった, がつて笑つた

▼ 皆~ (2, 0.0%)

1 の品, の持腐れ

▼ 皆各々~ (2, 0.0%)

1 自分の, 言わねど

▼ 皆同等~ (2, 0.0%)

1 である, の権利

▼ 皆同胞~ (2, 0.0%)

1 だ, なり

▼ 皆吐い~ (2, 0.0%)

1 てしまった, てしまひます

▼ 皆~ (2, 0.0%)

1 が書いた, 点

▼ 皆含ん~ (2, 0.0%)

1 でいる, で居ります

▼ 皆吹き出し~ (2, 0.0%)

1 てし, て了つた

▼ 皆吾人~ (2, 0.0%)

1 には尊, の物

▼ 皆呆れ~ (2, 0.0%)

1 てしまった, て志免警視

▼ 皆呆れた~ (2, 0.0%)

1 ね, ほど驚い

▼ 皆告げぬ思はぬ~ (2, 0.0%)

2 ことも

▼ 皆呑気~ (2, 0.0%)

1 な話, に夜

▼ 皆味方~ (2, 0.0%)

1 になっ, の銃弾

▼ 皆呼ん~ (2, 0.0%)

1 でくれ, で来い

▼ 皆呼吸~ (2, 0.0%)

1 すべきもの, を呑みました

▼ 皆和服~ (2, 0.0%)

1 でかつ, を着

▼ 皆~ (2, 0.0%)

1 なり, をブシ色

▼ 皆唱門師~ (2, 0.0%)

1 であらう, の住みついた

▼ 皆商売~ (2, 0.0%)

1 にやる, をし

▼ 皆善い~ (2, 0.0%)

1 方だ, 魔物か

▼ 皆喋った~ (2, 0.0%)

1 かということ, ぞってそれ

▼ 皆喝采~ (2, 0.0%)

2 した

▼ 皆嘘つき~ (2, 0.0%)

2 だから

▼ 皆四つ~ (2, 0.0%)

1 の国々, 這いに

▼ 皆四五婦下戸~ (2, 0.0%)

2 或二三婦

▼ 皆困っ~ (2, 0.0%)

1 ている, て居る

▼ 皆~ (2, 0.0%)

1 って妙, て仕舞

▼ 皆固く~ (2, 0.0%)

1 口を, 閉されて

▼ 皆固唾~ (2, 0.0%)

1 をのん, を呑ん

▼ 皆国民性~ (2, 0.0%)

1 の一部, を描きつ

▼ 皆~ (2, 0.0%)

1 いきれに, のよう

▼ 皆土中~ (2, 0.0%)

1 に入, に入っ

▼ 皆~ (2, 0.0%)

1 左右といふは, 焉

▼ 皆~ (2, 0.0%)

1 だん, を這つて発動機

▼ 皆地方~ (2, 0.0%)

1 の特状, へ出稼ぎ

▼ 皆坊さん~ (2, 0.0%)

1 を置い, 及び俗人

▼ 皆坊主~ (2, 0.0%)

1 になつ, の姿

▼ 皆堅く~ (2, 0.0%)

1 なって, 鎖して

▼ 皆塗り~ (2, 0.0%)

1 が古い, 込めの

▼ 皆塞がっ~ (2, 0.0%)

1 ていた, ている

▼ 皆墨摺~ (2, 0.0%)

1 にし, の板行絵

▼ 皆~ (2, 0.0%)

1 であった, に囲まれ

▼ 皆~ (2, 0.0%)

1 つちまつたよ, て仕舞いたい

▼ 皆変り~ (2, 0.0%)

2 はない

▼ 皆多年~ (2, 0.0%)

1 の実験, の薪生活

▼ 皆大き~ (2, 0.0%)

1 うな, すぎる

▼ 皆大体~ (2, 0.0%)

1 においては利休, に於

▼ 皆大名~ (2, 0.0%)

1 の自弁, の邸宅

▼ 皆大変~ (2, 0.0%)

1 な金持, に驚きました

▼ 皆大抵~ (2, 0.0%)

1 夕食後の, 春末の

▼ 皆大隈伯~ (2, 0.0%)

2 と政治上

▼ 皆大隈伯爵~ (2, 0.0%)

1 の写声機, の寫聲機

▼ 皆大騒ぎ~ (2, 0.0%)

1 して, します百合子

▼ 皆天井~ (2, 0.0%)

1 でつかへ, につるし

▼ 皆天地~ (2, 0.0%)

1 の恩, への奉公

▼ 皆天子~ (2, 0.0%)

1 の代理, の国

▼ 皆天火明命~ (2, 0.0%)

1 の末孫, を祀つ

▼ 皆天皇~ (2, 0.0%)

1 の公民, を主

▼ 皆太夫様~ (2, 0.0%)

2 の御

▼ 皆夫人~ (2, 0.0%)

1 に似, の挨拶

▼ 皆~ (2, 0.0%)

1 はれて, られて

▼ 皆女房~ (2, 0.0%)

1 と言, の言いなり

▼ 皆好意~ (2, 0.0%)

1 に価しない, を表する

▼ 皆始めて~ (2, 0.0%)

1 気が, 知つて驚いた

▼ 皆嬉々~ (2, 0.0%)

1 として引下がった, として活溌

▼ 皆~ (2, 0.0%)

1 あるに, があり

▼ 皆存分~ (2, 0.0%)

1 に休めやい, に咲い

▼ 皆~ (2, 0.0%)

2 の景物

▼ 皆学生籍~ (2, 0.0%)

1 にあった, の若旦那株

▼ 皆學校~ (2, 0.0%)

1 で專門, に行つて

▼ 皆學者~ (2, 0.0%)

1 になる, の參考

▼ 皆安らか~ (2, 0.0%)

2 に眠っ

▼ 皆宏才博覽~ (2, 0.0%)

1 で文學, な方

▼ 皆~ (2, 0.0%)

1 処あり, 律詩に

▼ 皆定まる~ (2, 0.0%)

1 約束と, 約束事だろう

▼ 皆実に~ (2, 0.0%)

1 ひどくやられ, 自然主義文学以前の

▼ 皆~ (2, 0.0%)

2 を帰し

▼ 皆宦官~ (2, 0.0%)

1 に限る, のこと

▼ 皆家内~ (2, 0.0%)

2 がくれた

▼ 皆家庭~ (2, 0.0%)

1 というもの, へ下宿

▼ 皆容易~ (2, 0.0%)

1 に一, に予

▼ 皆寂しい~ (2, 0.0%)

1 だろう実家, 貧弱な

▼ 皆寄っ~ (2, 0.0%)

1 て来, て飲み

▼ 皆富江~ (2, 0.0%)

2 の敏捷

▼ 皆寝ず~ (2, 0.0%)

1 にいた, にいる

▼ 皆寝静ま~ (2, 0.0%)

1 つてから, ッたる

▼ 皆寝静まっ~ (2, 0.0%)

1 ていた, ている

▼ 皆尊敬~ (2, 0.0%)

1 して, する

▼ 皆小さな~ (2, 0.0%)

1 ものにな, ショウマンが

▼ 皆小ざっぱり~ (2, 0.0%)

1 した支度, した装

▼ 皆屋外~ (2, 0.0%)

1 へ遊び, へ飛び出した

▼ 皆屋根~ (2, 0.0%)

2 の上

▼ 皆~ (2, 0.0%)

1 である, や野

▼ 皆島々~ (2, 0.0%)

2 から岩魚止

▼ 皆工合~ (2, 0.0%)

1 がはっきり, がわるく

▼ 皆左右~ (2, 0.0%)

1 に分かれ, に散

▼ 皆巧み~ (2, 0.0%)

2 に吹き鳴らし

▼ 皆常に~ (2, 0.0%)

1 も増し, 彼君の

▼ 皆~ (2, 0.0%)

1 氣で, 洲に

▼ 皆平凡~ (2, 0.0%)

1 な品, な物

▼ 皆平家~ (2, 0.0%)

1 に窓, の係累

▼ 皆幸福そう~ (2, 0.0%)

1 だったから, に見えた

▼ 皆幼い~ (2, 0.0%)

1 時から, 生徒らに

▼ 皆幼少~ (2, 0.0%)

1 の体験, の頃

▼ 皆引き上げ~ (2, 0.0%)

1 て行く, て貰う

▼ 皆引込ん~ (2, 0.0%)

1 でしまった, で行った

▼ 皆張る~ (2, 0.0%)

2 氣の

▼ 皆強み~ (2, 0.0%)

2 を覚える

▼ 皆形而下~ (2, 0.0%)

1 の学, の神仙道

▼ 皆役人~ (2, 0.0%)

1 になった, になりたい

▼ 皆彼奴~ (2, 0.0%)

1 のお蔭, の餌食

▼ 皆後人~ (2, 0.0%)

1 の僞作, の命ずる

▼ 皆後方~ (2, 0.0%)

1 の廻廊, へ冠

▼ 皆徒労~ (2, 0.0%)

1 であった, に属せり

▼ 皆従来~ (2, 0.0%)

1 の物理学, はその

▼ 皆御家~ (2, 0.0%)

1 のため, の賜

▼ 皆御所~ (2, 0.0%)

1 へまいった, へまいる

▼ 皆微笑~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 皆心する~ (2, 0.0%)

2 ともなく

▼ 皆心得~ (2, 0.0%)

1 てい, てゐた

▼ 皆必ずしも~ (2, 0.0%)

1 きまつた體裁, 梵鐘の

▼ 皆忌々し~ (2, 0.0%)

1 がる中, そうに

▼ 皆忙し~ (2, 0.0%)

1 げな, そうに

▼ 皆~ (2, 0.0%)

1 なり, 川長老であった

▼ 皆快く~ (2, 0.0%)

2 余を

▼ 皆~ (2, 0.0%)

1 れわななきさすが, ろしき危難を

▼ 皆思い思い~ (2, 0.0%)

1 の皿, の雪支度

▼ 皆思う~ (2, 0.0%)

1 ことあっ, ように

▼ 皆怪しい~ (2, 0.0%)

1 ことに, と思う

▼ 皆~ (2, 0.0%)

2 がさせた

▼ 皆恋愛~ (2, 0.0%)

1 におかれ, の感情

▼ 皆恐らく~ (2, 0.0%)

1 おとづれる戸の, 今此所

▼ 皆恐怖~ (2, 0.0%)

1 して, のあまり

▼ 皆恥じ~ (2, 0.0%)

1 て取り次ぐ, て小さく

▼ 皆~ (2, 0.0%)

1 をひそめ, を呑ん

▼ 皆息災~ (2, 0.0%)

1 に暮らしおります, や

▼ 皆患者~ (2, 0.0%)

2 の病室

▼ 皆悲しん~ (2, 0.0%)

1 でいた, でいる

▼ 皆悲鳴~ (2, 0.0%)

1 をあげ, を挙げ

▼ 皆愉快そう~ (2, 0.0%)

1 でこの, にナフキン

▼ 皆意志~ (2, 0.0%)

1 ありて, に対抗

▼ 皆愚痴~ (2, 0.0%)

1 ばかり言ってる, を言ったら

▼ 皆感動~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 皆感嘆~ (2, 0.0%)

1 したそう, する

▼ 皆慰め~ (2, 0.0%)

1 てくれました, にし

▼ 皆憂愁~ (2, 0.0%)

1 に包まれた, に鎖されてる

▼ 皆懐しい~ (2, 0.0%)

1 女房であった, 山の

▼ 皆懺悔私~ (2, 0.0%)

1 はお, は跪い

▼ 皆我が身~ (2, 0.0%)

2 の至らぬ

▼ 皆我心~ (2, 0.0%)

1 に本, を苦むるものなりき

▼ 皆戦死~ (2, 0.0%)

1 しその, を遂げた

▼ 皆戸外~ (2, 0.0%)

1 に立っ, へ出

▼ 皆手紙~ (2, 0.0%)

1 で私, を書い

▼ 皆手細工~ (2, 0.0%)

1 であった, で小さい

▼ 皆打ち~ (2, 0.0%)

1 壞し, 碎き剛弓

▼ 皆打っ~ (2, 0.0%)

2 てしまっ

▼ 皆投げ出し~ (2, 0.0%)

1 てもかまいません, ても宜

▼ 皆抜き取り~ (2, 0.0%)

2 ながら

▼ 皆挙り~ (2, 0.0%)

2 て見

▼ 皆~ (2, 0.0%)

1 はない, 顧った

▼ 皆振り返っ~ (2, 0.0%)

1 て眼, て見る

▼ 皆捕っ~ (2, 0.0%)

1 て殺し, て行った

▼ 皆捨てた~ (2, 0.0%)

1 のである, 体だ

▼ 皆掛茶屋~ (2, 0.0%)

1 の縁, ばかりで

▼ 皆~ (2, 0.0%)

1 秘要, 韵を

▼ 皆探し~ (2, 0.0%)

1 ている, てゐる

▼ 皆探偵~ (2, 0.0%)

1 かと思はれる, かと思われる

▼ 皆~ (2, 0.0%)

2 消えて

▼ 皆揃う~ (2, 0.0%)

1 て成功者, て親

▼ 皆揃うた~ (2, 0.0%)

1 な, 言うこと

▼ 皆揃え~ (2, 0.0%)

1 てあります, てしばっ

▼ 皆支払うべく~ (2, 0.0%)

2

▼ 皆支那人~ (2, 0.0%)

1 の墨蹟, の店

▼ 皆教室~ (2, 0.0%)

1 で一度, につまっ

▼ 皆散った~ (2, 0.0%)

1 あとで, 春の

▼ 皆文壇的~ (2, 0.0%)

2 に有名

▼ 皆文学~ (2, 0.0%)

1 に奔, に志

▼ 皆~ (2, 0.0%)

1 しくお, しく小石川

▼ 皆~ (2, 0.0%)

1 はって帰る, はる

▼ 皆斯く~ (2, 0.0%)

1 いひゐたり, の如し

▼ 皆新宅~ (2, 0.0%)

2 へ荷物

▼ 皆新聞~ (2, 0.0%)

1 で余, の美しい

▼ 皆~ (2, 0.0%)

1 に来, を思うた

▼ 皆~ (2, 0.0%)

1 のあやまれる, の中

▼ 皆日沒~ (2, 0.0%)

2 を見よ

▼ 皆日没~ (2, 0.0%)

2 を見よ

▼ 皆明るい~ (2, 0.0%)

1 のだろう, 顔を

▼ 皆明るく~ (2, 0.0%)

1 心も, 滿足し

▼ 皆~ (2, 0.0%)

1 からの引, を出す

▼ 皆智恵~ (2, 0.0%)

1 の少ない, を失

▼ 皆暗然~ (2, 0.0%)

1 としておいで, として半ば瞳

▼ 皆暫く~ (2, 0.0%)

1 は何, 遠慮致せ

▼ 皆暮れ~ (2, 0.0%)

1 知ること, 見當

▼ 皆曲舞~ (2, 0.0%)

1 と言, の分派

▼ 皆~ (2, 0.0%)

1 之正, 込んで

▼ 皆書かれ~ (2, 0.0%)

1 てゐる, て在る

▼ 皆有名~ (2, 0.0%)

1 な人, な東端

▼ 皆有益~ (2, 0.0%)

1 なもの, な著述

▼ 皆~ (2, 0.0%)

1 から弁当, になっ

▼ 皆朝廷~ (2, 0.0%)

1 に仕へ, を担ぎ

▼ 皆朝日~ (2, 0.0%)

1 を一ぱい, を受けた

▼ 皆朝鮮~ (2, 0.0%)

1 および支那, の品

▼ 皆未だ~ (2, 0.0%)

1 肯て, 醒覚せざる

▼ 皆~ (2, 0.0%)

2 や石盤

▼ 皆本堂~ (2, 0.0%)

1 ですけれども, に詰

▼ 皆杜九如~ (2, 0.0%)

2 の手

▼ 皆来い~ (2, 0.0%)

1 お夏, 乃公が

▼ 皆来ない~ (2, 0.0%)

1 僕, 初対面の

▼ 皆東洋~ (2, 0.0%)

1 の故郷, の詩人

▼ 皆~ (2, 0.0%)

2 や葉

▼ 皆染める~ (2, 0.0%)

1 の意, 意を

▼ 皆棄て~ (2, 0.0%)

1 てしまえ, て将棋盤

▼ 皆検事~ (2, 0.0%)

1 と同じ, の巧妙さ

▼ 皆~ (2, 0.0%)

1 平易な, 精良とでも

▼ 皆極めて~ (2, 0.0%)

1 一般の, 春の

▼ 皆極度~ (2, 0.0%)

1 に損害, の亢奮

▼ 皆楽しい~ (2, 0.0%)

1 光の, 聖降誕祭の

▼ 皆樗牛~ (2, 0.0%)

1 のやう, のよう

▼ 皆樣御存じ~ (2, 0.0%)

1 だから, だつた

▼ 皆横浜~ (2, 0.0%)

1 のメール, までとも見ゆる

▼ 皆~ (2, 0.0%)

1 の上, の下

▼ 皆次さん~ (2, 0.0%)

1 と, に雨戸

▼ 皆~ (2, 0.0%)

1 より變, 玄氏を

▼ 皆正しく~ (2, 0.0%)

1 生きたい本願, 行儀よく

▼ 皆正気~ (2, 0.0%)

1 だから, に復した

▼ 皆正義~ (2, 0.0%)

2 のため

▼ 皆此考~ (2, 0.0%)

1 へに基い, を以て起つ

▼ 皆此處~ (2, 0.0%)

1 に殘つて, に集まり

▼ 皆武器~ (2, 0.0%)

1 を執, を持っ

▼ 皆歩く~ (2, 0.0%)

1 ことや, 芸で

▼ 皆歩行~ (2, 0.0%)

2 いても

▼ 皆歯ぎれがよくて下町人~ (2, 0.0%)

1 らしい, らしい人達

▼ 皆歴史的~ (2, 0.0%)

1 な由来, に縁故

▼ 皆死なれ~ (2, 0.0%)

1 て村役場, デ村役場ガラ米

▼ 皆殺された~ (2, 0.0%)

1 という事件, 男に

▼ 皆~ (2, 0.0%)

1 として奉仕, の胎内

▼ 皆氏郷~ (2, 0.0%)

1 の立場, の返辞

▼ 皆気に入らぬ~ (2, 0.0%)

1 からといっ, 就中その

▼ 皆気味~ (2, 0.0%)

1 がわるく, の悪い

▼ 皆氣息~ (2, 0.0%)

1 に關, の義

▼ 皆水盃~ (2, 0.0%)

1 だ, の生

▼ 皆氷つて~ (2, 0.0%)

2 居る

▼ 皆氷柱~ (2, 0.0%)

1 になっ, の形

▼ 皆決して~ (2, 0.0%)

1 むき出しの, 尋常で

▼ 皆沈沒取~ (2, 0.0%)

1 之, 之東南陸行五百里

▼ 皆沢山~ (2, 0.0%)

1 の枝, の赤

▼ 皆~ (2, 0.0%)

1 の如く, を屈し

▼ 皆法王~ (2, 0.0%)

1 に聞かるる, の冠

▼ 皆洋服~ (2, 0.0%)

1 でまだ, で日本服

▼ 皆派手~ (2, 0.0%)

1 な色彩, な装

▼ 皆浅はか~ (2, 0.0%)

1 なもの, なるわたくし

▼ 皆浮い~ (2, 0.0%)

1 て出, て来る

▼ 皆消えはてぬ~ (2, 0.0%)

2 さは

▼ 皆消える~ (2, 0.0%)

1 と夜あらし, 蕗の薹が

▼ 皆消し~ (2, 0.0%)

1 てしまいました, 三個の

▼ 皆消し止め~ (2, 0.0%)

1 てほとんど, て殆ど

▼ 皆淋しい~ (2, 0.0%)

2 お山の

▼ 皆渡し~ (2, 0.0%)

1 て, てある

▼ 皆湖水~ (2, 0.0%)

1 の中, の方

▼ 皆満点~ (2, 0.0%)

2 だった

▼ 皆~ (2, 0.0%)

1 して, 之

▼ 皆滿~ (2, 0.0%)

1 たむ, ち萬

▼ 皆滿員~ (2, 0.0%)

2 だつた

▼ 皆漢音~ (2, 0.0%)

1 で讀ん, を用

▼ 皆漸く~ (2, 0.0%)

1 来り, 来る

▼ 皆濁れり~ (2, 0.0%)

1 我独り清めり, 我獨り清めり

▼ 皆~ (2, 0.0%)

1 がくる, になつ

▼ 皆燃し~ (2, 0.0%)

2 てしまった

▼ 皆~ (2, 0.0%)

1 人界の, 目前に

▼ 皆玄關~ (2, 0.0%)

1 に出, に行つて

▼ 皆王妃~ (2, 0.0%)

1 となれり, の賜物

▼ 皆甚内~ (2, 0.0%)

1 とすれ, の御蔭

▼ 皆生きかえっ~ (2, 0.0%)

1 て今, て水の上

▼ 皆生れた~ (2, 0.0%)

1 のである, 日が

▼ 皆用意~ (2, 0.0%)

1 させたの, はよい

▼ 皆田畑~ (2, 0.0%)

1 に出かけ, に出た

▼ 皆田舎~ (2, 0.0%)

1 の人, の田舎

▼ 皆~ (2, 0.0%)

1 せしめ燕府, や下着

▼ 皆申し合わせた~ (2, 0.0%)

2 ように

▼ 皆男許~ (2, 0.0%)

2 りな

▼ 皆町内~ (2, 0.0%)

1 から町内, の衆

▼ 皆~ (2, 0.0%)

1 って, みて

▼ 皆畜生~ (2, 0.0%)

2 でこの

▼ 皆異なった~ (2, 0.0%)

1 時代, 瞬間に

▼ 皆異なる~ (2, 0.0%)

1 として, 犬数疋出た

▼ 皆疲労~ (2, 0.0%)

1 し居眠り, れて

▼ 皆疾く~ (2, 0.0%)

2 室を

▼ 皆~ (2, 0.0%)

1 への関心, まざりし日

▼ 皆病気~ (2, 0.0%)

1 と称し, に罹らせ

▼ 皆痩せ~ (2, 0.0%)

1 てしもうて, て一様

▼ 皆瘋癲患者~ (2, 0.0%)

2 なの

▼ 皆~ (2, 0.0%)

1 ると, 無等々

▼ 皆登っ~ (2, 0.0%)

1 ておこう, て見たい

▼ 皆登られ~ (2, 0.0%)

1 ていました, ている

▼ 皆白状~ (2, 0.0%)

1 して, する何

▼ 皆白髮~ (2, 0.0%)

1 にし, に變

▼ 皆百合~ (2, 0.0%)

1 の花びら, を摘んでる

▼ 皆~ (2, 0.0%)

1 もう, よい知らせ

▼ 皆皆我が身~ (2, 0.0%)

2 の至らぬ

▼ 皆目目当~ (2, 0.0%)

2 のない

▼ 皆目録~ (2, 0.0%)

1 に記し, の體

▼ 皆相似~ (2, 0.0%)

2 たり

▼ 皆相當~ (2, 0.0%)

1 えらい人, の意味

▼ 皆眞實~ (2, 0.0%)

1 である, である其代り古人

▼ 皆真似る~ (2, 0.0%)

2 ことの

▼ 皆真理~ (2, 0.0%)

1 の啓発, の開拓者

▼ 皆真青~ (2, 0.0%)

1 になっ, になりまし

▼ 皆真面目~ (2, 0.0%)

1 な教訓, になっ

▼ 皆眠り~ (2, 0.0%)

1 て彌, て知れる

▼ 皆眼鏡~ (2, 0.0%)

2 を掛け

▼ 皆~ (2, 0.0%)

2 気を

▼ 皆睡っ~ (2, 0.0%)

1 ていた, てしまった

▼ 皆知らなかった~ (2, 0.0%)

1 もの, ように

▼ 皆知らん~ (2, 0.0%)

1 人許りで, 顏を

▼ 皆知れり~ (2, 0.0%)

1 出家は, 述ぶる

▼ 皆矮小~ (2, 0.0%)

1 で風雨氷雪, なの

▼ 皆破れく~ (2, 0.0%)

1 づるる音は, づる九重の

▼ 皆破れた~ (2, 0.0%)

1 タイヤーの, 暗号表の

▼ 皆破壊~ (2, 0.0%)

1 し人類, であって

▼ 皆碎け~ (2, 0.0%)

1 て塵, 森は

▼ 皆祖先~ (2, 0.0%)

1 の廟, を同じ

▼ 皆祝詞~ (2, 0.0%)

1 がさうさせた, の力

▼ 皆神仏~ (2, 0.0%)

1 のお, のよう

▼ 皆神女~ (2, 0.0%)

2 の聖職

▼ 皆神経~ (2, 0.0%)

2 を鋭

▼ 皆神道~ (2, 0.0%)

1 の敵, の本質

▼ 皆~ (2, 0.0%)

1 であつ, の物忌

▼ 皆福間先生~ (2, 0.0%)

1 に或, の柩

▼ 皆私自身~ (2, 0.0%)

1 と他, の軽率

▼ 皆私達~ (2, 0.0%)

1 が前, が悪かっ

▼ 皆~ (2, 0.0%)

1 の祭, の部

▼ 皆秋田ブキ~ (2, 0.0%)

1 その者, の種

▼ 皆種々~ (2, 0.0%)

1 な世話, の原則

▼ 皆空しい~ (2, 0.0%)

1 ことだ, 事だ

▼ 皆空家~ (2, 0.0%)

1 であった, になりまし

▼ 皆突然~ (2, 0.0%)

1 にシン, に色

▼ 皆窮乏~ (2, 0.0%)

1 して, の物凄い

▼ 皆窮境~ (2, 0.0%)

1 にゐる, に陥つ

▼ 皆立ち~ (2, 0.0%)

1 それ迄に, てあり

▼ 皆立ち上っ~ (2, 0.0%)

1 て挙手, て部屋

▼ 皆立ち上り~ (2, 0.0%)

1 て塘, もう一つ

▼ 皆立ち去っ~ (2, 0.0%)

1 てゆく, て了

▼ 皆竹籠~ (2, 0.0%)

1 だの瀬戸物, を臂

▼ 皆笑い出し~ (2, 0.0%)

1 てお父さん, てしまった

▼ 皆笑い出した~ (2, 0.0%)

1 が, が爺さん

▼ 皆笑顔~ (2, 0.0%)

1 でわたくし, を以て迎え

▼ 皆第一義~ (2, 0.0%)

1 で活動, の花

▼ 皆~ (2, 0.0%)

1 にあたる, に中る

▼ 皆粗末~ (2, 0.0%)

1 な板屋, な歌

▼ 皆精進~ (2, 0.0%)

1 して, にし

▼ 皆~ (2, 0.0%)

2 に書い

▼ 皆素性~ (2, 0.0%)

1 が悪, が悪く

▼ 皆終に~ (2, 0.0%)

2 彼れ

▼ 皆結局~ (2, 0.0%)

1 がつい, は

▼ 皆結構~ (2, 0.0%)

2 なもの

▼ 皆続い~ (2, 0.0%)

1 てその, て身

▼ 皆~ (2, 0.0%)

1 おどしの, をどし

▼ 皆縁側~ (2, 0.0%)

1 に出で, に席

▼ 皆置い~ (2, 0.0%)

1 てありました, て行け

▼ 皆美くし~ (2, 0.0%)

1 き, くうるおおされ

▼ 皆美人~ (2, 0.0%)

1 だと, であると

▼ 皆~ (2, 0.0%)

1 の役, や風流

▼ 皆翕然~ (2, 0.0%)

1 としてこれ, としてその

▼ 皆考え~ (2, 0.0%)

1 ていた, ておった

▼ 皆考へ~ (2, 0.0%)

1 てゐた, てゐぬ

▼ 皆考索~ (2, 0.0%)

2 の用

▼ 皆~ (2, 0.0%)

1 をふさい, を欹てた

▼ 皆聖人~ (2, 0.0%)

2 の教也

▼ 皆聖書~ (2, 0.0%)

1 より出, を読む

▼ 皆聞け~ (2, 0.0%)

1 よ, よろしいか

▼ 皆育っ~ (2, 0.0%)

1 て少し, て静か

▼ 皆~ (2, 0.0%)

1 が低い, が低く

▼ 皆~ (2, 0.0%)

1 く小室, く見

▼ 皆脂肪ぎりて肌~ (2, 0.0%)

2 白く血液

▼ 皆脱し~ (2, 0.0%)

2 て蟇

▼ 皆腐敗~ (2, 0.0%)

1 した空気, して

▼ 皆~ (2, 0.0%)

1 こきの, をさすっ

▼ 皆腕白盛り~ (2, 0.0%)

2 の百姓子

▼ 皆腰かけ~ (2, 0.0%)

1 です, 卓の

▼ 皆~ (2, 0.0%)

1 につけ, に向った

▼ 皆自ら~ (2, 0.0%)

1 の心がら, 耕した所

▼ 皆自ら知らず~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 皆自由~ (2, 0.0%)

1 だった, なん

▼ 皆至極~ (2, 0.0%)

1 好い, 簡単じゃ

▼ 皆~ (2, 0.0%)

1 ありげ, に乗じ

▼ 皆舟綱橋~ (2, 0.0%)

2 に伴

▼ 皆良い~ (2, 0.0%)

1 方法に, 道具が

▼ 皆苦い~ (2, 0.0%)

2 顔を

▼ 皆苦しい~ (2, 0.0%)

1 のであった, 夢恐ろしい

▼ 皆茶讌~ (2, 0.0%)

2 を喜んだ

▼ 皆荷物~ (2, 0.0%)

1 を上げ, を片づけ

▼ 皆落口~ (2, 0.0%)

2 が小さく

▼ 皆落第~ (2, 0.0%)

1 する, ですね

▼ 皆落葉~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 皆葺い~ (2, 0.0%)

2 てある

▼ 皆蒼白い~ (2, 0.0%)

1 ように, 月の

▼ 皆蓑笠~ (2, 0.0%)

1 で凌いだ, を彼所

▼ 皆薄情~ (2, 0.0%)

2 です

▼ 皆~ (2, 0.0%)

1 が贈った, の計

▼ 皆虚構~ (2, 0.0%)

1 だった, であらう

▼ 皆行き~ (2, 0.0%)

1 通しの, 集つてゐる

▼ 皆行つて~ (2, 0.0%)

1 しまつ, ゐますから

▼ 皆~ (2, 0.0%)

1 に出された, に立っ

▼ 皆~ (2, 0.0%)

1 の股立, をくくりあげ

▼ 皆裸体~ (2, 0.0%)

1 です, で黒く

▼ 皆褪めたる如く~ (2, 0.0%)

2 淡くし

▼ 皆西洋人~ (2, 0.0%)

1 から借りた, である

▼ 皆見事~ (2, 0.0%)

1 で就中, に大きく

▼ 皆見知~ (2, 0.0%)

2 越の

▼ 皆親しい~ (2, 0.0%)

1 感じだ, 顔つきを

▼ 皆親しく~ (2, 0.0%)

1 往来する, 挨拶を

▼ 皆言い合っ~ (2, 0.0%)

1 ておりました, て来た

▼ 皆言つて了~ (2, 0.0%)

2 ひたくなる

▼ 皆詩的~ (2, 0.0%)

1 であり実に, なもの

▼ 皆詰り~ (2, 0.0%)

2 無用の

▼ 皆誠実~ (2, 0.0%)

1 なうそ, な人たち

▼ 皆誤解~ (2, 0.0%)

2 なり

▼ 皆財産~ (2, 0.0%)

1 があつ, を没収

▼ 皆貧弱~ (2, 0.0%)

1 だね, なつまらない

▼ 皆貴下~ (2, 0.0%)

1 の名誉, の阿

▼ 皆買っ~ (2, 0.0%)

1 て下さる, て来

▼ 皆買物~ (2, 0.0%)

1 に行きまし, や見物

▼ 皆賞め~ (2, 0.0%)

1 るなど, 立てます

▼ 皆贋物~ (2, 0.0%)

1 だったの, だつたの

▼ 皆起出し~ (2, 0.0%)

1 て掛蒲団, て話した

▼ 皆趣向~ (2, 0.0%)

1 の意, の珍しき

▼ 皆趣味~ (2, 0.0%)

1 の人, の過剰

▼ 皆~ (2, 0.0%)

1 にしみ, に着け

▼ 皆~ (2, 0.0%)

1 から降り, に乗った

▼ 皆軍夫~ (2, 0.0%)

2 なり

▼ 皆軍籍~ (2, 0.0%)

2 に身

▼ 皆載せられ~ (2, 0.0%)

2 てあつ

▼ 皆輝く~ (2, 0.0%)

2 魚として

▼ 皆辞し~ (2, 0.0%)

1 て帰つた日, て終った

▼ 皆~ (2, 0.0%)

1 書き終りません, 言わせやせん

▼ 皆近年~ (2, 0.0%)

1 の佳作, 住みついた人たち

▼ 皆近所~ (2, 0.0%)

1 に住ん, の人達

▼ 皆近江屋~ (2, 0.0%)

2 の所有地

▼ 皆迷惑~ (2, 0.0%)

1 したと, を蒙った

▼ 皆追い出し~ (2, 0.0%)

1 てくれ, てしまえ

▼ 皆退出~ (2, 0.0%)

1 させて, して

▼ 皆退屈~ (2, 0.0%)

1 な凡歌凡句, に思はれた

▼ 皆送っ~ (2, 0.0%)

2 てくれ

▼ 皆逃げ出す~ (2, 0.0%)

1 ことに, クロニオーン

▼ 皆逆境~ (2, 0.0%)

1 に陥る, に陷

▼ 皆途方~ (2, 0.0%)

2 に暮れ

▼ 皆造丁稚小僧~ (2, 0.0%)

1 までなか, までなかなか

▼ 皆連立っ~ (2, 0.0%)

1 て出, て去った

▼ 皆連絡~ (2, 0.0%)

1 あり, のある

▼ 皆道路~ (2, 0.0%)

1 に向っ, の傍

▼ 皆~ (2, 0.0%)

1 ふといふ, ふの

▼ 皆~ (2, 0.0%)

1 漕から, 過ぎて

▼ 皆遠い~ (2, 0.0%)

1 昔の, 空を

▼ 皆遠ざけ~ (2, 0.0%)

1 て戴きとう存じます, て若い

▼ 皆遣る~ (2, 0.0%)

1 からソックリ買取, と云い出しました

▼ 皆遺憾~ (2, 0.0%)

1 とした, ない心持

▼ 皆邪魔~ (2, 0.0%)

1 がられて, になつ

▼ 皆部屋~ (2, 0.0%)

1 のほう, へ下がっ

▼ 皆酔い~ (2, 0.0%)

1 が出, 我独り醒め

▼ 皆酔っぱらっ~ (2, 0.0%)

1 て居りました, て居る

▼ 皆醜い~ (2, 0.0%)

1 と笑います, 顔を

▼ 皆野暮~ (2, 0.0%)

1 である, なお客

▼ 皆~ (2, 0.0%)

1 ででき上がっ, なの

▼ 皆長い~ (2, 0.0%)

1 間信仰の, 雪渓が

▼ 皆長崎~ (2, 0.0%)

1 から来た, の港

▼ 皆閉ざされ~ (2, 0.0%)

1 て, ていた

▼ 皆開い~ (2, 0.0%)

1 ている, て了

▼ 皆閑人~ (2, 0.0%)

2 ばかりである

▼ 皆防寨~ (2, 0.0%)

1 に沿っ, の一端

▼ 皆~ (2, 0.0%)

1 の御, の御所

▼ 皆陰鬱~ (2, 0.0%)

1 なるに, な顔

▼ 皆~ (2, 0.0%)

1 の方, へ引き揚げ

▼ 皆~ (2, 0.0%)

1 つた, まつて

▼ 皆集った~ (2, 0.0%)

1 時に, 時一家の

▼ 皆集つて~ (2, 0.0%)

1 居た, 来るの

▼ 皆集る~ (2, 0.0%)

1 ような, 加藤伯父上の

▼ 皆離れ~ (2, 0.0%)

1 たりとも云, て座っ

▼ 皆~ (2, 0.0%)

1 という雪中, の上

▼ 皆震え上がっ~ (2, 0.0%)

1 ていた, て目

▼ 皆~ (2, 0.0%)

1 あり聖なる, がある

▼ 皆青年~ (2, 0.0%)

2 なり

▼ 皆青白く~ (2, 0.0%)

1 冴えきった面, 唇を

▼ 皆青色~ (2, 0.0%)

1 の下, を濃淡

▼ 皆青銅~ (2, 0.0%)

1 の時代, の音

▼ 皆静まり返っ~ (2, 0.0%)

1 て, て耳

▼ 皆~ (2, 0.0%)

1 かだ, のもの

▼ 皆靡く~ (2, 0.0%)

2 抗ふ

▼ 皆面白~ (2, 0.0%)

1 がって, がる

▼ 皆~ (2, 0.0%)

1 なりというた, に聞えた

▼ 皆音楽~ (2, 0.0%)

1 である, に拍子

▼ 皆韻文~ (2, 0.0%)

1 がある, でありまた

▼ 皆順序~ (2, 0.0%)

1 だってすこしも, だって思い出される

▼ 皆順当~ (2, 0.0%)

1 なる遂行, に官位

▼ 皆頭巾~ (2, 0.0%)

1 で顔, を被っ

▼ 皆~ (2, 0.0%)

1 に手, を土

▼ 皆~ (2, 0.0%)

1 せずと, にわかたれ

▼ 皆風呂~ (2, 0.0%)

1 に出, に出た

▼ 皆風流~ (2, 0.0%)

1 な構え, の才子

▼ 皆~ (2, 0.0%)

1 た, つて

▼ 皆食物~ (2, 0.0%)

1 の神さん, をきれい

▼ 皆馬鹿者~ (2, 0.0%)

1 だと, の揃

▼ 皆馴染~ (2, 0.0%)

1 でのうては, で無う

▼ 皆驚嘆~ (2, 0.0%)

1 した, もし

▼ 皆高い~ (2, 0.0%)

1 所から, 貴族の

▼ 皆魔法~ (2, 0.0%)

2 の問屋

▼ 皆~ (2, 0.0%)

1 かな色, かに望まれる

▼ 皆鶴姫~ (2, 0.0%)

1 に扮, の遺跡

▼ 皆黄金~ (2, 0.0%)

2 の色

▼ 皆黒人~ (2, 0.0%)

1 に荷車, の奴隷

▼ 皆黙々~ (2, 0.0%)

1 として寄り添う, として思い

▼ 皆黙々と~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 皆黙った~ (2, 0.0%)

1 っけ, ものだ

▼ 皆黙り込ん~ (2, 0.0%)

1 でうとうと, でしまった

▼ 皆鼠賊~ (2, 0.0%)

2 の養成所

▼ 皆~ (2, 0.0%)

1 しく靜, しく默

▼1* [5044件]

あいつの自惚れ, 皆あえない最後を, 皆あおぎて見つ, 皆あがらず本を, 皆あがり舞妓たちは, 皆あきらめてしまつ, 皆あげてしまいまし, 皆あさましで代表, 皆あざやかに映し出された, 皆あしきこころを, 皆あせりにあせっ, 皆あたしを忘れる, 皆あたらしく珍らしく, 皆あだなる時, 皆あちこちへ引越した, 皆あぢきなきことを, 皆あっけに取られる, 皆あっちです, 皆あつまって賑やか, 皆あつまることも, 皆あとかたもない, 皆あなたさんところのばかりです, 皆あなた達を嫉, 皆あぶない目に, 皆あぶら汗に, 皆あべこべに巻き上げられ, 皆あやしげな, 皆あやぶんで居る, 皆あらいざらいの, 皆あらくれの山男, 皆あらしのよう, 皆あらたまりてた, 皆あらん限りの, 皆ありをつけれ, 皆ありがたがりながらその, 皆ありしかれどもその, 皆ありのままを述べ, 皆ありますよ, 皆ある程度まで出られる, 皆あれあれと立ち騒い, 皆あれだすうちの, 皆あわててしまいました, 皆あわてたような, 皆あわてふためいて鳥, 皆あんたはんにいただいた, 皆あんまり活気が, 皆あんまりよく出来ないよう, 皆あゝいつた風, 皆は根, 皆いいあわせたように, 皆いいかげんに考え, 皆いいますから, 皆いい加減疲れきった頭, 皆いい気なもの, 皆いかとのみ言, 皆いかにして, 皆いかにもくだらない幼稚, 皆いかぬとしてそれ, 皆いかめしい甲冑や, 皆いきいきとし, 皆いきおいのセイ, 皆いぎたなく居眠って, 皆いけず凡作だ, 皆いけないポタージュだけ, 皆いけなくなりやすがそれ, 皆いさみて路, 皆いざの用意, 皆いずまいを直し, 皆いそがしげにその, 皆いそがしいのでまちがえた, 皆いたしております, 皆いたずらそうな目つき, 皆いだく一種本能的な, 皆いちめんの泥湖, 皆いちようにそう, 皆いったよ, 皆いつか起り出した風, 皆いつのまにか憎めない人間みたい, 皆いつの間にかその気持, 皆いつわりのたくみ, 皆いとお小さい少年たち, 皆いのちがナイもの, 皆いひ合は, 皆いふめでたしと, 皆いぶせくも面, 皆いへればしるしつ, 皆いまいましいことに, 皆いまいましく思って, 皆いまだ眠らでありや, 皆いやいや引っ張り出されて, 皆いよいよ不思議な, 皆いるかなあ, 皆いわく果して相, 皆いわくこれ驚くに, 皆いわゆる卓抜なる, 皆すじめり, 皆うえ死しなければ, 皆うごかされている, 皆うす笑いし, 皆うすうす知って, 皆うすくなるうすく, 皆うそではない, 皆うたい出しこの皆一緒, 皆うたがわしく見えて, 皆うだつの上らない, 皆うちすてても楽しく, 皆うっとりと聴き惚れ, 皆うつくしとのみ見し, 皆うつつの血相, 皆うとうととしてる, 皆うなずいていた, 皆うなだれている, 皆うやうやし聞きの, 皆うり切れてしまい, 皆うるさがり困りも, 皆うれはしく思はぬ, 皆うれしそうな光った, 皆うろたえて走り, 皆うんざりした, 皆あらで, 皆えっちらおっちらと先ず, 皆おいしがったから, 皆おいしい摺り餌で, 皆おおいなる田舎町の, 皆おかしいばかりやっぱり, 皆おきて居た, 皆おごそかな陰気, 皆おさえて知らぬ, 皆おさえきれず泣かされたものです, 皆おさまって来た, 皆おさめられてある, 皆おじけづいてね動産ホケン, 皆おすがの家, 皆おそれ入って聴く, 皆おそろしい我慾の, 皆おぞけをふるう, 皆おちつくんだ, 皆おっかなびっくりでおります, 皆おっとりした少年, 皆おとなだった, 皆おとなしく早く寝ちまうの, 皆おのが一念, 皆おのおのおのが, 皆おのがじしにここ, 皆おのずから解脱し, 皆おぼれ死んでしまわなけれ, 皆おまえのした, 皆おもちゃを持っ, 皆おやしき内に, 皆おらの独りよがり, 皆おらぬ丁度そこ, 皆おりてしまう, 皆おりんの指金, 皆おれたちの肩, 皆おれ達三名が親, 皆おろさせるのであった, 皆お人好しであったが, 皆お伽話の人, 皆お初穂に上げた, 皆お前さんの立身, 皆お前故だねえ, 皆お前様の深き, 皆お可久に, 皆お変りもなし, 皆お奪りに, 皆お婆さんの仕事, 皆お婆さん許り, 皆お客様の御, 皆お母さまとあなた, 皆お目にかかって申します, 皆お祖父さんがした, 皆お立ちで, 皆お節にあずけ, 皆お話が上手, 皆お辞儀はしない, 皆お送りに来た, 皆お預けになっ, 皆かえってしまった, 皆かえるという, 皆かき消えて進ん, 皆かくして実隆に, 皆かしこまったふうで, 皆かずの子を以てかずの子鍍金, 皆かたらって命令, 皆かっぽれさん, 皆かついでいる, 皆かつがつ我筆に, 皆かつてこれを, 皆かなたを見, 皆かならず遠くへ, 皆かなり長い, 皆かの国の, 皆かへつた後で, 皆かもめへ呼び, 皆かような虫, 皆からになって, 皆からの返礼だって, 皆かりに繕いたれば, 皆かり出されて並ぶ, 皆かれはてて茶色, 皆かわいい宮様を, 皆がかはるが, 皆がどつと笑つた, 皆がねた, 皆がのんでる, 皆がもすこししっかりし, 皆がらかたむけて, 皆がら哀れとぞ思ふ, 皆がら憐れとぞ見る, 皆がら朽ちはてて白く, 皆がら龕をこぼたれ, 皆がをかしな, 皆がんばってくれ, 皆きいてくれ, 皆きたないなりをし, 皆きちがいのやる, 皆きっさきを, 皆きばって出品, 皆きまり悪く上気, 皆きまり切った縁を, 皆きみのところ, 皆きょう腹を切っ, 皆きらいなん, 皆きらってるのだった, 皆きらびやかに風采, 皆きりひらいて学校, 皆きわめて縁の, 皆きんが悪い, 皆ぎしやばつた形式, 皆ぎょっとして, 皆くさってゐる, 皆くさりかけてめし粒, 皆くそ焼けに, 皆くたばるのだ, 皆くだかれて恐ろしい厭わしい, 皆くだらなすぎて, 皆くつがへる, 皆くるまで歸, 皆くれてやった, 皆ぐずぐずして, 皆ぐったりして, 皆ぐつすりと郎党たちが熟睡, 皆ぐるぐる回った, 皆おさるるは, 皆けし飛んでしまった, 皆げらげら笑ってる, 皆こいつの子分, 皆ここのは仕事場, 皆ここらまで知れ渡っ, 皆こしらえものである, 皆こしらえ出していた, 皆こすうなり居つた, 皆こそこそと布団, 皆こちら向く山, 皆ことだま, 皆ことごとく正しく機械的に, 皆この世に生れた, 皆この荒涼たる遠賀川の, 皆この間っから, 皆この間答に無, 皆こぼしてあり, 皆こぼれて了うた, 皆こもって居る, 皆こりゃアノ児の, 皆これらの言葉, 皆これ仏教から来, 皆これ以後のこと, 皆これ出羽守お気に入りの家臣, 皆これ和主に進らせんため, 皆これ大盗の象徴, 皆これ天下の英傑, 皆これ学者の任務, 皆これ日本左衛門のさしがね, 皆これ月の如く, 皆これ狂歌の吟咏, 皆これ白馬城主の金魚, 皆これ陶土であって, 皆これ青貝摺の器, 皆ころがし, 皆ころころと落ち, 皆こわい顔を, 皆こわくてたまるまい, 皆こわしてしまい, 皆こんなにさっぱりしたいい, 皆ごろつきや地廻り, 皆さうではない, 皆さうであるといふわけ, 皆さかしくなって, 皆さきへ行っ, 皆さげてくれ, 皆さざめきながら入る, 皆さしうつ向いて, 皆さすがに都, 皆さっきのまま, 皆さっさと過ぎて, 皆さっぱりとした, 皆さては最前の, 皆さびしい雪の, 皆さまざまな空想, 皆さむらいである, 皆さむいような, 皆さようには解し, 皆さらけ出したいと思う, 皆さらにその弟子たち, 皆ざっとした物, 皆しいんと黙りこくった, 皆しかく信じて, 皆しかなせり, 皆しかりとかやアア, 皆しかりで白石長忠閲岩井重遠編の, 皆しかるべき需要者が, 皆しくしくとそれぞれ, 皆しっくり他に, 皆しつかりしておいで, 皆しめてしまった, 皆しめて置くから, 皆しめり山風颯然として, 皆しめ切ってあった, 皆しゃべっている, 皆しょんぼり空手で, 皆しんと黙った, 皆じめじめと所帯染み, 皆すきなもの, 皆すこぶる富裕だった, 皆すさまじげなる, 皆すじを引いた, 皆すすんで働く, 皆すつちまつてね, 皆すてて借家生活, 皆すばらしいクリスマス, 皆すべて整理したら此處, 皆すべて植物の生理的必然, 皆すべて相対依存の関係, 皆すべて續くと, 皆すやすやと寝息, 皆するどい剣の, 皆すんで退出, 皆すんだやうです, 皆すんなりどちらかと, 皆ずぶずぶに濡れ, 皆ずらかっちまわあ, 皆ずんぐりですから, 皆ツぱつまつてゐた, 皆せいを出し, 皆せいぜい奇麗な, 皆せき立てられた鶏の, 皆せち辛い現代の, 皆いって, 皆そうして成立する, 皆そしらぬ身振, 皆そそけ立った顔つきを, 皆そちの目, 皆そちらへうつす, 皆そちら側に竿, 皆そっちのけになっ, 皆そっと寝込んじま, 皆そっぽを向いた, 皆そなわってい, 皆そのかみ横死を遂げし, 皆その他にまだ, 皆その後につい, 皆その後数年の間, 皆その後發達して, 皆そばへ呼び集め, 皆そよぐなり, 皆そよ風に動い, 皆そらさず取入れてそれぞれ, 皆そりかえって笑った, 皆そりゃ熱のせい, 皆それそれの寿命, 皆それぞれ一つの教訓, 皆それぞれ一国一城の主, 皆それぞれ一國一城の主, 皆それぞれ一座を組ん, 皆それぞれ不幸をきたす, 皆それぞれ伝説があります, 皆それぞれ別なよ, 皆それぞれ前の三つ, 皆それぞれ寝床にはいった, 皆それぞれ専門の神様, 皆それぞれ帽子をき, 皆それぞれ得物に身, 皆それぞれ快活なあるいは, 皆それぞれ挨拶をする, 皆それぞれ書付を手, 皆それぞれ栄耀をし, 皆それぞれ法然の往生, 皆それぞれ洞穴を持っ, 皆それぞれ漢学の塾, 皆それぞれ特殊な相貌, 皆それぞれ獲物を連れ, 皆それぞれ盤に向かひ, 皆それぞれ矢代と前後, 皆それぞれ紅白の幟, 皆それぞれ納っている, 皆それぞれ膳箱を一つ, 皆それぞれ自国語で左翼, 皆それぞれ艱苦を嘗めた, 皆それぞれ荷作りされて, 皆それぞれ虚構がある, 皆それぞれ親子のつどいでした, 皆それぞれ誰も親, 皆それぞれ趣きを異に, 皆それぞれ隠語がある, 皆それぞれ高尚な資格, 皆それだけの頭, 皆それであつて, 皆それほどに思っ, 皆それ相当におもしろい, 皆それ程高くなく, 皆それ等の病名, 皆そろへ, 皆そろいましたので胸, 皆そろうてか, 皆そろえて持った, 皆そろつて静か, 皆そわそわ立ち騒ぐよう, 皆そんなふうに恐ろしく不安, 皆そッくり奥村さんにお, 皆ろ, 皆たいした病気も, 皆たいていは徒刑場, 皆たくさんの宝石, 皆たけを高める, 皆たすかるんだ, 皆たずさわった仕事その, 皆たたき毀したさう, 皆たちまわりがうまい, 皆たっしゃである様に, 皆たまげると訳し, 皆たよりない女, 皆たわいもない, 皆たわいないものだ, 皆だいぶ年が, 皆だまり込んでしまった, 皆だらしがない, 皆だらしない二本棒を, 皆だらしなく寝そべって蜜豆, 皆ちがいましょうけれど私達, 皆ちがえば波全体, 皆ちやうど特別, 皆ちょいと来, 皆ちょっとした傷あとで, 皆ちよぼくれと, 皆ちりちりになった, 皆つかれて大抵九時半, 皆つくして来た, 皆つっこんだ処なく, 皆つつましくお次の, 皆つづまるところ餓鬼の, 皆つづらの中, 皆つとめて低声, 皆つぶされてしまひまし, 皆つまらないことです, 皆つまらない無きに等しい, 皆つまらなかった, 皆つまらなく見えるから, 皆つまりは馬琴側, 皆つるト訓スヘシ, 皆つんと澄まして, 皆てれてし, 皆てんでんの, 皆てんでの行先, 皆てんでに溜息を, 皆でどつさり猿, 皆でなくても出された, 皆とうの昔, 皆ところ得がほ, 皆とじょうだん口を, 皆とたんに棒立ちに, 皆とっくからもう, 皆とっくにその唄, 皆ととのった人である, 皆とどまって宮中, 皆とむらいに集っ, 皆とも充分に, 皆ともかくも人, 皆とられて為, 皆とりすまし自分を, 皆とりためた虱である, 皆とりどりに面白い, 皆とり殺したこれからおのれ, 皆とを距つる深い, 皆どういう飯を, 皆どうして笑うんで, 皆どうにかやってるじゃ, 皆どうも怪しいと, 皆どこさかぶっ, 皆どことなく物質的で, 皆どこのも日本製, 皆どの人も中国, 皆どもが集っ, 皆どやどやと椅子, 皆どよめき立って勇みぬ, 皆どんどん経過し, 皆どんな事が, 皆なああなんだよ, 皆なうっちゃって仕舞う, 皆なおしまひは, 皆なかの女, 皆なからは非常, 皆なかれの常に, 皆ながいよ, 皆なきつちり廿四時間, 皆なきいて知つて, 皆なくなつて了つた, 皆なくしていった, 皆なくってね, 皆なくなってしまっ, 皆なくなるまで剛情, 皆なこしらえごとであった, 皆なこつちにかくして, 皆なさう云つた, 皆なさうであるやうに, 皆なさうでござるが中でも, 皆なさうですがさ, 皆なさう仰しやいます, 皆なしてるように, 皆なすったのだ, 皆なぜともなし, 皆なそは, 皆なぞろ, 皆なだめだぞ碌, 皆なだらかなでこぼこ, 皆なだれこんで来た, 皆なでついています, 皆なでやるんだ, 皆なで働くように, 皆なで出かけませうか, 皆なで出かけようか銀座, 皆なで寄って群, 皆なで肩を組ん, 皆などつさり落合つて, 皆なになつたらう, 皆なに介抱されて, 皆なに会はない, 皆なに勸められて, 皆なに厭がられて, 皆なに安心さして, 皆なに御馳走するかナ, 皆なに心配させて, 皆なに欺されたの, 皆なに等分に分け, 皆なに西洋料理でも御馳走, 皆なに迷惑をかけ, 皆なに逢へるから, 皆なまくらで鏡, 皆なみだを, 皆なやられて裕福, 皆なやり過してしまった, 皆なよなよとした, 皆なり行だ, 皆なりにける, 皆なるものであれ, 皆なんでも一切, 皆なんか小蟻, 皆なんとなく恐ろしい気, 皆なんまいだぶなんまいだ, 皆なんらの意味, 皆なんらかの縁故や, 皆な下してしまっ, 皆な下れ上等兵も, 皆な亡くして了, 皆な傾いて心配, 皆な儲けようという人達, 皆な凍って噛め, 皆な凍つて噛め, 皆な出たら目を, 皆な分けてくれ, 皆な切れてし, 皆な助け合って働く, 皆な動いて来た, 皆な動かされて梅, 皆な動かないのだ, 皆な取り除けて下, 皆な合せても百戸位, 皆な吐き出してしまふ, 皆な吹き飛ばされて積, 皆な吹出してしまいました, 皆な喋ったじゃア, 皆な困った末の, 皆な困る者に, 皆な在らず夜半雨作り尚, 皆な売ってしまった, 皆な存じて居る, 皆な定まる事だ, 皆な寄って講釈, 皆な寄りつかなくなっちゃったくらいだ, 皆な寝た頃お, 皆な布く雪の, 皆な帰って来ました, 皆な帰らないでもい, 皆な帰るぞなし, 皆な引き取つて貰つた, 皆な引っぱり出されてあか, 皆な役に立たないが阿, 皆な待つてゐる, 皆な忘れたやうに, 皆な怖がって, 皆な思いあたる節なりと, 皆な急いで焚き火, 皆な懲りちやつたかなあ, 皆な戻してもらわね, 皆な打ち明けて貴, 皆な打明けて下さい, 皆な持つて居るで, 皆な捨てた上鍋まで, 皆な掻き消すやうな, 皆な掻き混ぜて火, 皆な揃うて大将, 皆な揃って押出, 皆な揃った服装を, 皆な明けても暮, 皆な曲ります眞達という, 皆な書いちまって困らし, 皆な来り報じて惟, 皆な枯れて是, 皆な死んだだろうと思います, 皆な残さずに使っ, 皆な泊ること, 皆な泣き出しさうな顏付, 皆な泣く子の, 皆な消え失せて山上, 皆な焼けてし, 皆な焼け死んでゐました, 皆な熔けた玉な, 皆な疑はなけれ, 皆な疑はれてもお, 皆な白けて黙つ, 皆な真似てうたつて, 皆な知ってるのよ, 皆な知らぬ人が, 皆な知る人である, 皆な立って眺め, 皆な立去ってしまった, 皆な笑うじゃない, 皆な続いて飛ん, 皆な縛られましたがな美風団, 皆な縛り上げて來い, 皆な聞いたが泡, 皆な聞けあいつは, 皆な聴かして戴きたい, 皆な腐つて跡方も, 皆な草臥れて規則, 皆な草臥れたのか, 皆な見ゆ, 皆な見えたわよ, 皆な見せておくれ, 皆な覚えています, 皆な言うことを, 皆な試みてみました, 皆な貰って仕舞っ, 皆な転がり出てほんに, 皆な送つて行く, 皆な逃げてしまつ, 皆な遣方が, 皆な集まる許りで無い, 皆な集めても百頁, 皆な集めたが一體何, 皆な集ることも, 皆な食べてい, 皆な食べたよ, 皆な駈け出したものであった, 皆な騙されている, 皆な驚いちゃって, 皆にからかはれて, 皆にがりきった顔つきである, 皆にげだすによりてきづか, 皆にこにこして, 皆にている, 皆にとってそれが, 皆にとっても自然な, 皆にやりと悪意の, 皆ぬいて仕舞え, 皆ている, 皆ねえさんのほう, 皆ねじけくねって如何にも, 皆ねじれてるよ天地, 皆ねたんでいる, 皆ねむくなったん, 皆のうはさは, 皆のせたのは, 皆のぶツぶツ, 皆のろい沈鬱な, 皆のろのろと大儀そう, 皆のんきに笑い, 皆はしゃぎきって居る, 皆はずされて居, 皆はたいて粉, 皆はったりの形, 皆はどつと声, 皆はなはだしく失望を, 皆はなやかな服装, 皆はにかみやばかりで, 皆はねてしまった, 皆はねかえり足を, 皆はやく部屋を, 皆はやすといふ語, 皆はるばる海を, 皆はわーっと, 皆はをかしさ, 皆裸に, 皆ばかな奴ら, 皆ばたばたと射殺, 皆ばれて仕舞う, 皆ぱのらまの風景の中, 皆ひきずっている, 皆ひき上げたところ, 皆ひき上げますぜ, 皆ひしひしと真夜中, 皆ひそかに言い合っ, 皆ひそひそ笑って, 皆ひそやかに静まっ, 皆ひっかき廻して口, 皆ひっくるめて衣套, 皆ひっそりして, 皆ひとえに師匠が, 皆ひとかたまりになっ, 皆ひときわ美しくなった, 皆ひとつ憂いに囚われ, 皆ひとつ焦点へ銃口, 皆ひとときはフォイエルバッハ, 皆ひとりでに逃げ道を, 皆ひとりのこらず長靴を, 皆ひと通りの答弁, 皆ひと通り自然科学の知識, 皆ひどすぎると, 皆ひなたへ, 皆ひらいた月夜, 皆ひれ伏してお辞儀, 皆びつくりさせるやう, 皆ぴかぴか光って, 皆ぴったりと閉め, 皆ふんといった, 皆ふかふかした新しい, 皆ふくれまいことか, 皆ふさいでいった, 皆ふさがって途方, 皆ふざけすぎるので叱る, 皆ふしぎに東海岸, 皆ふたごって面白く, 皆ふだんの心, 皆ふっ飛んでしまうちゅうぞや, 皆ふり向いて行く, 皆ふるえている, 皆ふるへながら押入れ, 皆ぶちまけてしまい, 皆ぶつぶつ云ってるだけ, 皆ぷんとむれ臭い, 皆ぷんぷん膨れ返って, 皆へこたれています, 皆へも告げ知らせる, 皆べつに邸を, 皆と, 皆ほぐれた女の, 皆ほしたところです, 皆ほとほと閉口し, 皆ほど強大な, 皆ほどほどに源氏は, 皆ほんとに生きて, 皆ほんの僅かずつ, 皆ほんのりと時代, 皆ぼくたちのだから, 皆ぼくのにし, 皆ぼろぼろの服, 皆ぼんがまの結集, 皆ぽっとりとして, 皆まいりますから, 皆まがいもない, 皆まごついて腑, 皆まずほっとしたそう, 皆まぜて仕舞った, 皆まだひどく幼い, 皆まちまちでばらばら, 皆まっすぐを向い, 皆までとは行かぬに, 皆までには及ぶまい, 皆までもいわずに, 皆まとめて芝居, 皆まるで違つてゐる, 皆まん中に置いた, 皆みいらになっ, 皆みずから知らずして, 皆みだらなもの, 皆みな抱き合って, 皆みな内密に愚楽老人, 皆みんなめっこだあ, 皆むかむかして, 皆むき出しになっ, 皆むこうで宇宙服, 皆むせ返っていた, 皆むだなこと, 皆むつかしい顔を, 皆むつまじくたのしくありました, 皆でくつ, 皆めいめい勝手な心理遺伝, 皆めいめい自分の個性, 皆めしはすんだ, 皆めすであったのです, 皆めちゃめちゃになっ, 皆もうこツちでは, 皆もう二度と来ないあの, 皆もう疾くに閉つて了つて, 皆もぞもぞうしろ, 皆もちつもたれつ, 皆もって明るく水気, 皆もつともだもつとも, 皆もて囃すわけだ, 皆もとの通りで, 皆もとは味方の, 皆もともと同じ物, 皆もとより無政府主義者, 皆もどってくる, 皆もな申上げます, 皆やうやう寢床に, 皆やけどをし, 皆やけましたか, 皆やさしいもの堅さう, 皆やって来た時には, 皆やつがしらみたい, 皆やはり愛すべき人達, 皆やまとの万歳, 皆やめておしまい, 皆やらあ, 皆やられて胴, 皆やられたんじゃ, 皆やりにけり, 皆やりましょうそして心残り, 皆ゆくのでお, 皆ゆめだったよう, 皆ゆるく歩きを, 皆よくさっさと書けるもの, 皆よごれて黒く, 皆よせあつめて, 皆よそゆきでとりすまし, 皆よっての暮は, 皆よばれボーナスが, 皆よみがえって再び, 皆よりは一段と奮発, 皆よれよれになつ, 皆よろこびゆっくりゆっくりと, 皆よろこびてよばはり, 皆らくらくと上, 皆わいわい冗談を, 皆わかければ此, 皆わかちあたへ終りぬ, 皆わかったか, 皆わかってるよ, 皆わからずやばかりだ, 皆わかり切ったお説教, 皆わかり切つたお説教したがる, 皆わかるのだ, 皆わが子だと, 皆わしの短所, 皆わてからやと, 皆わなないて箸, 皆わらってござる, 皆わりに食へる, 皆わるくはない, 皆われら自身でやる, 皆われ等の咎, 皆ゐるので行く, 皆と読ん, 皆アイスレーベンの町, 皆アッと驚かされた, 皆アテられたり怒っ, 皆アフォリズムを書いてる, 皆アフリカ産で虎様, 皆イエス樣の御, 皆イギリスの共同便所, 皆イヌタデ或ハ河原タデト呼ミナ馬蓼ナリ, 皆イラン人の製作, 皆インド政府の処置, 皆ウソなり小生, 皆ウバであった, 皆ウヘーとなっ, 皆ウ列音が使, 皆エスキモー人の帽子, 皆エスペラントで話し, 皆エタ仲間に見, 皆エミル・ゾラを宗と, 皆エラくなって, 皆オコかオーコ, 皆オジサンオジサンと云っ, 皆オドオドと震え, 皆オリーブ油を顔, 皆カタ一つと幾分, 皆カフェーの友達, 皆カラであ, 皆カリラグから出た, 皆カンカンになっ, 皆カーツとなります, 皆ガツガツ飢ゑてゐるやうでした, 皆ガヤガヤ騒いで, 皆ガンモモといっ, 皆キュウキュウいって, 皆キライで食わなかった, 皆キラキラと眩, 皆ギヤマン細工だと, 皆ギリシアのもの, 皆ギリシア系統の文化, 皆ギルドの組織, 皆クスクス笑った, 皆クスッと笑った, 皆クツクツと失笑, 皆クリュシフィクシオン長老において祝福, 皆クルミではがア, 皆グエルフィ黨なりけれ, 皆グラマンに食われ, 皆ケチな兇状, 皆ケロとし, 皆ケンペルがその, 皆ケーベル博士の弟子, 皆ゲラゲラ笑い出し気味, 皆コタツ時代の新た, 皆コメになっ, 皆コレージュと呼ばれ, 皆コータンの地名, 皆ゴシックで書い, 皆ゴソゴソ起きあがって, 皆ゴボゴボと飲ん, 皆ゴマカシかアユ, 皆ゴミでも撒く, 皆サイレントである, 皆サロンデッキに並ん, 皆サンお買物, 皆サンガ支度ニモ百両トシテモシモ支配ヘ引越シデモスルト百両半モカカル, 皆サンゴゾンジナイカモ分リマセンガジヤガイモサンハ大ヘンナオ寝坊サンデシタカラ, 皆サンスクリツトが用, 皆サンニ与エテ居ルノデアリマスカラ, 皆サーランスロツトを推尊, 皆ザンギリ坊主にし, 皆シインとなった, 皆シキミの事, 皆シャッポや, 皆シャンヴルリー街に一瞥, 皆シルヴァーと反対, 皆シヴィリアンだという, 皆ジャン・ヴァルジャンと呼ん, 皆スカンディナヴィアふうかカレドニアふう, 皆スクスクと健全, 皆スケッチをそっちのけ, 皆スティヴンスンの身体, 皆ストライキで休み, 皆ストーヴをとりまい, 皆スバラシク気が乗っ, 皆スパイになり得る, 皆スフィンクスに呪われ, 皆スメルジャコフもマルファ, 皆スーッと何処, 皆ズックの覆い, 皆セルギウスには好く, 皆セルフサクリファイスの美徳, 皆センチメンタリストに過ぎぬ, 皆ソクラテスの思想, 皆ソレであったその, 皆ソヴェトに属す, 皆ゾッとさせられた, 皆タイプとテーマ, 皆タキシード振袖背広舞踏服なんどの五色七彩, 皆タタキ殺して, 皆タッタ一つの存在, 皆ダイヤだつたらなあ, 皆ダンテの創意, 皆ダンビラをひっさげ, 皆ダースになっ, 皆チブスに違い, 皆チベット人である, 皆チベット政府の属領, 皆チベット服を着け, 皆チベット風あるいはネパール風, 皆チリヂリに逃げ, 皆チーキャブが法王, 皆ツバキ持ち前の花, 皆とよん, 皆テラテラした紙, 皆テラテラ妙に光っ, 皆テーブルの上, 皆トタン葺またはコケラ葺, 皆トランクやスーツ, 皆トルコ人やアラビア人, 皆ドイツへ行く, 皆ドツと笑つた, 皆ニイチェから影響, 皆ニコレットという名前, 皆ニッポンのもの, 皆ネパールに預け, 皆上座ヲシタガ藤川近, 皆ノルプー・チェリンの幕下, 皆ハイネすなわち, 皆ハイデルベルグ人よりも餘程進歩, 皆ハイヒールをはい, 皆ハシマと考える, 皆ハネ竿で倫糸, 皆ハルトマンが審美學, 皆ハートから書かれ, 皆バタで上げる, 皆バタバタと落伍, 皆バラバラになった, 皆バルザックフローベルそういう所謂, 皆パチパチと手, 皆パッパと, 皆パリに向, 皆パリーにもある, 皆パンコフが新しく, 皆パンパンと言っ, 皆パータリセの譫言, 皆ヒソヒソと耳打ち, 皆ビックリして, 皆ビーヤホールと呼ばれ, 皆ピッタリ符合します, 皆ピレートンであり得る, 皆ピンと来ぬ, 皆ファンティジストに過ぎず, 皆フォアピークへ入れる, 皆フリに歩く, 皆ブータン国の王様, 皆プロフェッサーだとか, 皆ヘンな顔, 皆ペエタアの言, 皆ペタペタと座った, 皆ペリイのよう, 皆ホルモンの働き, 皆ボチセリイの, 皆ボックスばかりで, 皆ボナパルトと言っ, 皆ボヤいてばかりいる, 皆ボーシュレーの指図, 皆ポエジイの本質, 皆ポカーンとしてし, 皆ポチのせいみたい, 皆マターファの選出, 皆マドロスばかりで, 皆マホメットに似る, 皆マリアのよう, 皆マリユスのまわり, 皆ムキ出しの人間, 皆ムク犬の前後左右, 皆メスメルの桶, 皆モンタージュ的であるが, 皆ヤクに載せ, 皆ヤッコとして天皇直属, 皆ユダヤ人であって, 皆ユツグサといっ, 皆ユニホームを着, 皆ユーイング地震計である, 皆ライラックの一枝, 皆ラサ府の天和堂, 皆ラム・ダスが好き, 皆ラム・ダスさんが持っ, 皆リズムの觀念, 皆ルナ・アミーバーの一隊, 皆ルルとミミ, 皆レカバリイが少ない, 皆ロスコー氏の父君, 皆ロマンテイケルとかナトウラリスト, 皆ローマが征服, 皆ローマニアの名族, 皆ワイワイいいながら, 皆ワラタは, 皆ワリドンで胡麻化, 皆手古摺ラシタガ, 皆ンナ遣ッテ仕舞ッタガ二月バカリデ知ッテ, 皆ンナオレガ悪イカラ起ッタコトダト気ガツイタカラ, 皆ンナガ尋ネテ来テ兵庫ガウチノ様子ヲイロイロ, 皆ンナガ悦ンデ諸所, 皆ンナガ逃ゲ出シタソレカラ兵庫ガ勝手ノ方, 皆ンナ連レテ帰ッタソウスルト多クノ者ガツカイヲ云ッテアヤマルカラ, 皆ヴエヌスの神, 皆一かたならない, 皆一しょに帰っ, 皆一たんは暗い, 皆一つづゝ一つがひ, 皆一つらに赤, 皆一つ一つに目録, 皆一つ宣命から分化, 皆一つ心で笑い, 皆一とこで採, 皆一どきに満たされ潤されるの, 皆一まとめになっ, 皆一タビ跡ヲ湖上ニ寄ス, 皆一トシテ財ヲ要, 皆一ヶ月四円五十銭で高等師範部, 皆一丈もあろう, 皆一人づつ床を嘗めない, 皆一人一人象の背, 皆一代のその道, 皆一体どうしたん, 皆一個の位地, 皆一先づ家に帰, 皆一円取って, 皆一凝りも二凝り, 皆一列になまぬるい, 皆一力の婢, 皆一升の小豆, 皆一同師匠の病気平癒, 皆一同羅拝なされたという, 皆一同講堂にあつまっ, 皆一向記を, 皆一向に口も, 皆一味のもの, 皆一塊になり, 皆一字名であるところ, 皆一安心しましたが, 皆一定の拍節, 皆一家の著述, 皆一家族の風, 皆一寸一箇所を撮ん, 皆一層注意し, 皆一帯の丘阜, 皆一張羅の晴着, 皆一心に自分を, 皆一戦も交えぬ, 皆一所懸命に働い, 皆一挙が近づく, 皆一掃されて, 皆一揆や騒擾, 皆一族ではなやか, 皆一日いくらの土, 皆一時性で持續性, 皆一時繁栄したところ, 皆一望の下, 皆一本宛差して, 皆一杯に裝飾, 皆一松樹の如き, 皆一氣で一氣百變, 皆一流の上手, 皆一流一派に傑出, 皆一点に凝視, 皆一燈を備える, 皆一王朝となる, 皆一生の中, 皆一番しゃん, 皆一番さんのよう, 皆一眼見て, 皆一瞬の前, 皆一種異様な表情, 皆一稽古も出来き, 皆一端に川, 皆一等下つた王といふ稱號, 皆一等食堂に行き, 皆一緒くたになってる, 皆一行の人, 皆一言一句極めて重要, 皆一道と心得ます, 皆一部の尤も, 皆一面に西洋, 皆一類の語, 皆一風変った名前, 皆一高出であったが, 皆丁度人間の, 皆七人を驚かさざる, 皆七八人の男, 皆七八歳より十三, 皆七月の太陽, 皆七条に向っ, 皆七絶である, 皆万全の策, 皆万巻の経文, 皆万歳と言っ, 皆万歳万歳を唱え合い, 皆万葉集によつて, 皆三つ四つ宛傍聽人に擲, 皆三一の神, 皆三代を並べ, 皆三十四になる, 皆三十四十の汚らしい, 皆三君の方, 皆三字名だ, 皆三山の主神, 皆三日三夜の眠り, 皆三条の若, 皆三河から来た, 皆三菱研究所で行った, 皆三藏を見る, 皆三須氏と我々, 皆三鷹へ来, 皆上げられてあっ, 皆上げ渡されていた, 皆上ってゐる, 皆上ったので元気, 皆上り給ひ候, 皆上天の賜也, 皆上方に伸び出, 皆上方勢を十万, 皆上方見物夫れは, 皆上甲板へ整列, 皆上衣の襟, 皆上部ばかりの技巧, 皆上長の機嫌, 皆上陸後の希望, 皆下げて物忌, 皆下されて更に, 皆下りろ早く, 皆下るはずだ, 皆下ろしたかネ, 皆下品でなくあっさり, 皆下地っ子に売っちまっ, 皆下宿人らしかった, 皆下屋のほう, 皆下層民の武断政略, 皆下男です, 皆下町に足, 皆下痢を起し, 皆下郎の足元, 皆下馬して, 皆下駄を穿い, 皆不倶戴天の仇, 皆不具者だと, 皆不可なけりゃ気, 皆不可変更のポーランド分割調書, 皆不可能ならもはや, 皆不吉な予感, 皆不孝の部類, 皆不安さうな顔, 皆不審がつて, 皆不屈な面構え, 皆不平顔をし, 皆不当になります, 皆不忠である, 皆不思議そうに私, 皆不恰好な女, 皆不愉快の種, 皆不意であったの, 皆不明である, 皆不明瞭でとても, 皆不正直もので律義, 皆不知不識, 皆不純なる根源, 皆不親切である, 皆与えられるのである, 皆与えることが, 皆与次郎の前, 皆世々生々の父母兄弟, 皆世の中の酸い, 皆世上の有様, 皆世界一です, 皆と丘, 皆丘陵を負う, 皆両側の住居, 皆両刃である, 皆両手を土, 皆両氏の俊寛, 皆並べてごらん, 皆並行して, 皆中どころの看板, 皆中位で満足, 皆中古から起つた, 皆中学同期の出身, 皆中将の曹司付き, 皆中座の前, 皆中洲を伺い, 皆中途で立, 皆中野さんに似, 皆中風である, 皆丸い微粒子に, 皆丸き盾を, 皆丸の内に集まっ, 皆丸髷で黒縮緬, 皆丹念に出来上っ, 皆丹波の片田舎, 皆丹生の名, 皆の復活, 皆主観から出る, 皆主観主義の文学, 皆主観的であるべきで客観主義, 皆主観的態度で話し, 皆久しく遠國に, 皆久し振りで顏, 皆久保田氏の注文, 皆つたか, 皆乗らないといい出す, 皆乗り方は, 皆乗り出して艪, 皆乗り込んでしまう, 皆乙類の仮名, 皆九州の療養所, 皆九月のうち, 皆乞胸の方, 皆乞食だぜ, 皆乱暴だったらありゃしない, 皆乳首が四つ, 皆乾いていた, 皆乾き輝く川の, 皆乾板に映ぜしめた, 皆乾燥し光, 皆亂雜な假名, 皆予想外である, 皆争うてこれ, 皆争つて籠城戦死しようと, 皆事務室の方, 皆事務所に貸し, 皆事実ぢやありません, 皆事實なりと, 皆事實なりと取る, 皆と三, 皆二つ違いに生れ, 皆二の足を踏ん, 皆二代また孫, 皆二個の辮髮, 皆二匹ずつタンデム式, 皆二十五六で早世, 皆二十代であった, 皆二十四年も以前, 皆二十年前に移植, 皆二千年以前のと殆ど, 皆二千米以下の山許, 皆二抱三抱の樹, 皆二時間ほどをその, 皆二時頃まで居た, 皆二本の脛, 皆二条のほう, 皆二百三高地が流行れ, 皆二錢づゝ持つて, 皆二階家なるに, 皆二階建にて上口, 皆于吉仙人の信者, 皆云いあわせたように, 皆云いますがこれ, 皆云い合したように, 皆云い合わせたように, 皆云い御座るげな, 皆云うから, 皆云つて仕舞ふこと, 皆云わずには居られません, 皆互いを助ける, 皆互性活眞である, 皆互生せる茎生葉, 皆五体をそなえた, 皆五階から墜落, 皆井上家時代の重臣, 皆亡き父上始め兄上母上樣に, 皆亡くなられてお, 皆亡び去る時や, 皆亡んでしまつて新しい, 皆亡君のため, 皆交渉の薄い, 皆の人, 皆京八流の理論, 皆京都あたりの攘夷家, 皆京都奈良等の人, 皆亭主の不心得, 皆亭主持ちなんだぜ, 皆人並を脱, 皆人事に關, 皆人心の改革, 皆人情は同じ, 皆人手に渡す, 皆人數を頼み不意討, 皆人是を見, 皆人柱なん, 皆人横井の識鑑, 皆人欲を主張, 皆人沙汰シアヘリ隼人正ハ力ナク唯二人, 皆人物画の制作以外, 皆人申候銅物屋の事故大釜二つ, 皆人童までにくれたれ, 皆人肉を食, 皆人足で食糧, 皆人達に食べさせたい, 皆人間シューベルトの良き, 皆人間以上の恐るべき, 皆人間恐怖をたとい, 皆人間終極の幸福, 皆人類各個お互い同志に共通, 皆人類學教室の藏品, 皆人麿のこの, 皆か今, 皆今に存し, 皆今川一族のなにがし, 皆今川家の軍役, 皆今度のお, 皆今度新らしく二人, 皆今日現在して, 皆今更のよう, 皆今朝の出来事, 皆仏子にて, 皆仏性がある, 皆仏教信者ですから, 皆仏桑華や印度素馨, 皆仏様が見えた, 皆仕様がありません, 皆仕舞うたんじゃ, 皆他人様の力, 皆他国の土, 皆他家へ嫁い, 皆他愛なく眠って, 皆他生の縁と聞い, 皆他界の人, 皆付近の藩, 皆仙女のやう, 皆代わる交わるながめてみたくなる, 皆代役でやり, 皆以下や, 皆以世間之妨候間上下共其心得可有之事, 皆以前は逆さ, 皆托之, 皆仮装をし, 皆仮装行列へ出る, 皆仮面を多く, 皆仰いで其光彩, 皆仰向いてその大きな, 皆仰向くような, 皆仲よく暮して, 皆仲よしでした, 皆仲間同士の正直, 皆伏せたが年来, 皆伐らせて梅, 皆伐り払われて山, 皆休ませてございます, 皆休みであるが, 皆休みぬ彼は, 皆休んだのは, 皆会って来る, 皆会社と里方関係, 皆伝承の含む, 皆伝統的作品に止まる, 皆伯父さん達の足跡, 皆估らん哉の人間ども, 皆伴田氏のお蔭, 皆伸び過ぎてゐる, 皆似よっている, 皆似合いの帽子, 皆似寄ったもので, 皆の方, 皆但馬出雲より出でし, 皆佇立てまじりまじり視, 皆位置あり権威, 皆声にもの, 皆低い下駄で, 皆低くてそして, 皆低地でする, 皆住み込みのひと, 皆住民は土着民族, 皆住込みなので, 皆佐々木巌流の門人, 皆佐吉の方, 皆佐川の統治者深尾家, 皆何かしら満たされない慾望, 皆何とか言って, 皆何とも言いようがねえ, 皆何もかも過ぎて, 皆何故水から, 皆何時も顏を, 皆何杯もお, 皆何百日目で広い, 皆何處へか消え, 皆余白の儘, 皆余計なおめかし, 皆して, 皆佛性がある, 皆佛教に無, 皆佛桑華や印度素馨, 皆の諸君, 皆作りますから種類, 皆作中の人物, 皆作巫と言, 皆作物の安全, 皆作者のさだか, 皆佳いのである, 皆使つて仕舞つてゐる, 皆例外の逸品, 皆供奉をし, 皆依然として渠を, 皆依託の詞, 皆便宜上の仮定, 皆係明清両朝重修, 皆俗中の俗, 皆保さんが蔵, 皆保守的であった, 皆信じ切っていた, 皆信効あり沙門ため, 皆俳優の家, 皆俳優部屋に蒲団, 皆俺こいつから聞い, 皆倉庫に山, 皆個々の心, 皆個人主義になつ, 皆個人主義時代に生れた, 皆倒れたのも, 皆倒れますし, 皆借りたので羽織, 皆借り物だ, 皆借るんじ, 皆値段がある, 皆倫理的になる, 皆假令上手下手に拘らず, 皆偉いッて, 皆偏に南瓜を, 皆健在らし, 皆側妾の所出, 皆偽りであるけれど, 皆偽書である, 皆備えいると, 皆備わる妙齢に, 皆備中国連島の人, 皆ひて, 皆傳統的に受授, 皆傷ついて倒, 皆傷つき死せり, 皆傷んで仕舞, 皆傾聴すべき説, 皆働人の装い, 皆僕たちのもの, 皆僧院に引き渡し, 皆僻言わけ知らずの言葉, 皆優しい両手で, 皆優れたものだつたらう, 皆優美であった, 皆儲けてるやない, 皆元気いっぱいだ, 皆元気そうになった, 皆兄さんの自殺, 皆兄弟分で喧嘩, 皆充分考慮に, 皆先ず経死す, 皆先づ蘇我氏の爲, 皆先方さまへ申し上げ, 皆先業を能くし, 皆先聖の術, 皆先身瞋恚心曲り端大ならずして, 皆先頃からの経緯, 皆を曇らせた, 皆光ったり翳っ, 皆光大たまたま人, 皆光明の網, 皆光秀様に心服, 皆免れなかつたが二人, 皆児童心理を専攻, 皆児茶筅である, 皆兒童心理學の大家, 皆の運動資金, 皆入りぬ, 皆入り口の壁, 皆入れさせてある, 皆入れたらしいので七十名位, 皆入れるさ, 皆入浴するという, 皆入道のせい, 皆入選すその他種々, 皆軍の, 皆八也といふ, 皆八戸住である, 皆八方へ飛, 皆公家達の家々, 皆公平になつ, 皆公民の意味, 皆公然と聖書, 皆公爵家です, 皆六十度の角度, 皆六方晶系の主軸, 皆六藝略に載せられた, 皆共々に猜疑心, 皆共同の一つ, 皆共同湯に行っ, 皆兵士であると, 皆其の物より發, 皆其一隊を養っ, 皆其上に坐つ, 皆其下に来る, 皆其不仁なるを, 皆其与党である, 皆其中を歩いた, 皆其働きの結果, 皆其刀を礪, 皆其初頭を證, 皆其商品を此, 皆其地の名産, 皆其幹の片端, 皆其後に続く, 皆其所在の記註, 皆其方便に従うた, 皆其族人であつ, 皆其既往の失策, 皆其時代に應, 皆其本能ニ依テ知ラズ識ラズ其本分, 皆其机の抽斗, 皆其様な薄情, 皆其現はし, 皆其男と大差, 皆其種其奴たるのみ但し, 皆其端を神語発生以後, 皆其筆に上りぬ, 皆其等の實, 皆其等古人の目, 皆其證ニテ此自動力一轉シテ稍深ク少シク頭腦, 皆其足下に平伏, 皆其門人で中, 皆其険阻なのに, 皆其麓也然黒沢独奉祀, 皆具わり後足なく, 皆具わるかつて因っ, 皆具佛生といつ, 皆具相円満の自分, 皆内心では異常, 皆内部へ曲っ, 皆内面的な意味, 皆円く太つた賢い, 皆円陣をつくっ, 皆冊子といふ事, 皆再び私の, 皆冗談を云った, 皆写してし, 皆写しましたが年号月日, 皆写すことは, 皆写本で徳富蘇峰さん, 皆写生に遠し, 皆るもの, 皆冬山の猛者, 皆冬枯の薄紫, 皆侮を, 皆冷やかな光, 皆冷静に賢い, 皆冷靜の理路, 皆凄惨な気, 皆つたのである, 皆凍って水晶, 皆凍りついたかと思われる, 皆凍りつくような, 皆凝りに凝つた, 皆凝凍收縮の, 皆凡人の常態, 皆凡句でありそれ, 皆の吹く, 皆出かけている, 皆出させ村の, 皆出たら目だった, 皆出ちまったのです, 皆出でて礼拝, 皆出ないではいられまい, 皆出はうだい云つてゐる, 皆出られず大ダレ, 皆出ることを, 皆出世して, 皆出処があっ, 皆出切っております, 皆出征して, 皆出所を書い, 皆出払うのを, 皆出払つて了つてゐた, 皆出払つて処女或は主婦, 皆出掛けなくても可, 皆出来て多分, 皆出稼ぎに行つて, 皆出稽古で稽古場, 皆出精であったぞ, 皆出老人之意匠, 皆を取, 皆分って了, 皆分りません一家遠国へ, 皆分れ散る時令史が, 皆分別臭い問答無用で, 皆分家伊沢より出でた, 皆分福の學ぶ, 皆分類法の效能, 皆切って, 皆切らんといふ方, 皆切り仆されて, 皆切り捨つるに如かず, 皆切れていた, 皆切れるもしその, 皆切れ字であり閉鎖, 皆切利支丹の文句, 皆切取つたる敵兵の, 皆切字になる, 皆刈り上げ祭りの夜, 皆刈取られていず, 皆刈込んだような, 皆の執行前, 皆刑罰の絵, 皆列侯と爲, 皆列挙した, 皆初春の行事, 皆で捺した, 皆判っている, 皆判ったろうこれだけ, 皆判らない判らないと言つて, 皆判断の支柱, 皆別に探索する, 皆別嬪で贅澤, 皆別本にのみ出, 皆利口者になり過ぎ, 皆利己主義的生活または個人主義的生活, 皆到底現状の, 皆刺し殺してしまっ, 皆つて仕舞ひます, 皆剃り去つたものと, 皆削りたつた大きな巖, 皆削り成せる斷崖に, 皆前人の植福, 皆前例によって刑罰, 皆前年の歳末, 皆前線の戦地, 皆前衛後衛となっ, 皆前部にい, 皆剣劇だった, 皆剣術の甲冑, 皆剥いで聖書会社, 皆食物なき, 皆割ったような, 皆割りで引かれち, 皆割れるような, 皆創られた通りに, 皆創造的精神の大火, 皆のため, 皆劇場でいわゆる, 皆劇通であったから, 皆劉善經の四聲指歸, 皆劉家に託し, 皆助からないぜ, 皆助かりましたし飾, 皆助かる筈だった, 皆助長の作用, 皆努力である, 皆労働者でございます, 皆無かりけり, 皆勅命を奉戴, 皆勇ましく荒々しいものだ, 皆勇むのである, 皆勇士でもなかろう, 皆勇敢であること, 皆勉強させろと, 皆勉強部屋での深い, 皆勝ちたい勝ちたいの, 皆勝ち戦の報, 皆勝利者側の歴史, 皆勝家がさせ, 皆勝手に掘っ, 皆勝者とともに去り, 皆勝頼の一門, 皆勢いに畏れ, 皆勤まらなかつたさうである, 皆勤労大衆の中, 皆勤労者として仕事, 皆包まずお話し致しましょう, 皆包み込んでいた, 皆包んでやれ, 皆匆々に立ち戻り, 皆して, 皆化け物だと, 皆の岸, 皆北国の生れ, 皆北支那人である, 皆北斉の例, 皆北方へ出, 皆北海道の問題, 皆区役所へ行け, 皆であらう, 皆医師ばかりであった, 皆医者だから, 皆医術研究のため, 皆十一二位に見える, 皆十二の偉勲, 皆十二代清常の近親, 皆十二使徒なり, 皆十五六歳の年恰好, 皆十五日の分, 皆十分の力あるを, 皆十分笑つて又痘痕, 皆十四歳以下の子供, 皆十四番の黒さん, 皆十圓なり, 皆十日を用い, 皆十歳くらいの子供, 皆十津川の人, 皆破矢, 皆千世子にはうれしく, 皆千八百年代であるし, 皆千年も年, 皆千葉山より低い, 皆午睡の夢, 皆半ば畳まれて, 皆半分グロッキーになっ, 皆半死半生の体, 皆半途で流れ, 皆卑しく見えた, 皆卑小な浅薄, 皆卑屈になつ, 皆卑怯者だ, 皆卒業して, 皆越せる戦争準備, 皆協定して, 皆南向きの日当たり, 皆南郷の人, 皆綴語の, 皆単純な伝説, 皆博奕に打込む, 皆占領して, 皆印税になっ, 皆印象派の画, 皆て有害, 皆原典に根拠, 皆原書を用い, 皆に猴, 皆厭気がさして, 皆厳かに装束引き, 皆厳重に締, 皆つてし, 皆去ったあとの, 皆去らんとする, 皆去り尽して二人, 皆去勢されたので, 皆去年より太く, 皆去年あたり迄のこと, 皆参っていた, 皆参っちまひます, 皆参加して, 皆参勤交代といっ, 皆参詣の人, 皆男の, 皆友引きを防ぐ, 皆双子同志のよう, 皆反対なの, 皆反抗の火, 皆反故同様だ, 皆反覆して, 皆収められている, 皆叔父の長閑斎, 皆取つて殺し, 皆取らずに置く, 皆取り上げて一束, 皆取り上げられ家の, 皆取り寄せて色, 皆取り払われてある, 皆取り捨ててし, 皆取り捨てぬ昨日に, 皆取り換えさせたそうです, 皆取り用いていた, 皆取る物も, 皆取崩されるのです, 皆取片付けられて了つて, 皆取込んで大凡京都, 皆受けず冠帯し, 皆受け入れてくださる, 皆受け取ってしまい, 皆受取れないが一体, 皆受持の神様, 皆叙事詩の題材, 皆叙事詩的である, 皆叙情詩人なり, 皆口ずさんだりし, 皆口中に唾, 皆口惜しがって, 皆口止めされて, 皆口頭詞章として諳誦, 皆古き喜劇の, 皆古く壁に, 皆古びて何処, 皆古今の糟粕, 皆古典になっちまう, 皆古典的のもの, 皆古書に文字, 皆圓先生の, 皆召し捕られることに, 皆可哀想だつて餘計, 皆可愛い子分達の, 皆可愛らしい支那美人に, 皆可憐の趣, 皆可能性に乏しい, 皆なしと, 皆台ラムプを机, 皆台所に集まっ, 皆叱られて居ります, 皆史書に見る, 皆史類に入る, 皆右回りでその, 皆右大弁が御, 皆右脚から先, 皆して, 皆吃驚した, 皆各人が助, 皆各所の山, 皆はせると, 皆合して五人, 皆合歓のよう, 皆合理的にばかりなっ, 皆合羽を着, 皆吉兵衛めを動かぬ, 皆吊懸谷で, 皆吊懸け谷と, 皆同じくぼたぼたした, 皆同姓で一家, 皆同年兵である, 皆同志小林のプロレタリア作家, 皆同族の叛乱, 皆同格である, 皆同胞間の戦い, 皆同郷の先輩, 皆同類で圖書, 皆名さへ聞いた, 皆名人で小, 皆名作の集, 皆名刺の配達, 皆名前だけ雅號樣, 皆名医なりと思ひ, 皆名士たちだから, 皆名所繪の風情, 皆名文家である, 皆名残りの柳, 皆名立たる馬, 皆名義ばかりの妻, 皆向上前進の大敵, 皆君家のご, 皆君等が賜, 皆否定の方, 皆吸いとったように, 皆吸い込んで濡れた, 皆吹いて歌, 皆吹き払つてし, 皆吹倒内外官舎人民居廬罕有全者, 皆と息, 皆に従え, 皆呂昇の聴者, 皆呆れるよりもその, 皆呆ッ気にとられ, 皆呆然とし, 皆呈供されたの, 皆呉れるから生命, 皆呉服橋劇場の支配人, 皆呑みし時, 皆呑み込まれてしまった, 皆呑み込んでしまっ, 皆呑むつもりな, 皆周作人君の訳, 皆周公に關係, 皆周章てて盆踊り, 皆呪文にしばられ, 皆呪詞の研究, 皆味わいつくすことを, 皆呼びずてでございます, 皆呼び捨てだ, 皆呼び集められて病室, 皆命令に従って放送機, 皆命懸けの商買, 皆咄嗟の間, 皆和泉屋の側, 皆和蘭人が飜訳, 皆和蘭流に就, 皆哀しい女ばかり, 皆哀切でやるせない, 皆いながら, 皆唄って居ります, 皆の人, 皆唐以前の如き, 皆唐制に拠つたの, 皆唐律に依つ, 皆唯々として彼, 皆唯立停って, 皆へてしまつ, 皆商人ていの男, 皆である, 皆善ちゃんの意見, 皆善事を行おう, 皆善美を尽した, 皆こんで, 皆喜ばしい様子で, 皆喜んだわの今年, 皆喜劇である, 皆喪服しいた, 皆喪章をつけた, 皆に意見, 皆單獨には考へられない, 皆喰い殺されてもっとも, 皆喰うてもよい, 皆喰らふ敵, 皆嘆きである, 皆嘆けども, 皆嘆息して, 皆尚す, 皆嘗て能く, 皆嘲って驢, 皆器械のよう, 皆噴出の際, 皆噴火山の岩, 皆囁き合ってクスクス, 皆囈語にすぎない, 皆四周はしっかり, 皆四季の勢力威力, 皆四方八方から体, 皆四時雪を戴く, 皆回教徒であるが, 皆回顧して, 皆因縁ごとだよ, 皆団扇くらいな大, 皆困ったことでしょう, 皆困っただろうと今, 皆困つたものです, 皆困るのは, 皆固まつて歩い, 皆固まってい, 皆国家の大事, 皆国家社会のため相当, 皆国難であるか, 皆國有の土地, 皆國體を身, 皆圍むやうにして, 皆圓塚でありまして, 皆土井家の地所, 皆土井英一さんのやう, 皆土人にて立っ, 皆土佐特産の小, 皆土地の者, 皆土寇の来る, 皆土屋庄八郎であった, 皆土浦から出る, 皆土田さんらしいよ, 皆土色をし, 皆土蔵の中, 皆え控えた, 皆圧力を及ぼす, 皆在らざるは無し, 皆圭さんを見習う, 皆地上数百ないし数千メートル, 皆地上生活中に信奉, 皆地主ばかりだ, 皆地名に準じ, 皆地味に見えた, 皆地平線下に這入つ, 皆地球自身の熱, 皆地質学の初歩, 皆地頭領主に取られ, 皆の上, 皆坂井の名宛, 皆均一の顔, 皆に直, 皆坐った旧の, 皆坐つて居る, 皆坐るものと, 皆流しなり然, 皆にはまつ, 皆垢まみれで側, 皆が石, 皆埋葬場や洞窟, 皆城内から出され, 皆城壁の真下, 皆城門の役所, 皆えらる, 皆執えられ屈せずして死す, 皆執政内閣時代の兵士, 皆堀君の抱い, 皆堂上方に屈伏, 皆堂堂として大, 皆堅実芳香之レヲ叩ケバ声アリ, 皆堕落して, 皆報らせるん, 皆場所も持主, 皆場所柄を忘れ, 皆を変え, 皆塞がってて貸し, 皆塩原の風景, 皆境内の隅々, 皆境界のない, 皆へ持っ, 皆墓参りを済ませ, 皆増額の歳費, 皆墜ち逃げ帰ってまた, 皆墮落して, 皆へしまっ, 皆壕掘りに使役, 皆壮健で居ります, 皆壮士の前, 皆壮年期に俳句精神, 皆声楽的に異, 皆壱州の三つ浦, 皆売ったがそれでも, 皆売つた所で五銭, 皆売りましたという, 皆売り出すのだ, 皆売り尽して相当, 皆売れましたね, 皆売切れている, 皆売払つて米代に為, 皆の骨, 皆変じて如意珠, 皆変っていた, 皆変りはてて稀, 皆変る事もござりません, 皆変槓な意味, 皆夏目さんの後, 皆夏秋の交, 皆の空, 皆夕飯後は二時間, 皆外されたので武士, 皆外し古川緑波の, 皆外れてしまった, 皆外国からの貢, 皆外国語に疎, 皆外國人である, 皆外套の襟, 皆外套襟巻すがた, 皆外形の事柄, 皆外敵と戦った, 皆外部に向, 皆外面的な常套, 皆多かれ少かれここの, 皆多分にこの, 皆多少なりとも私と, 皆多数の枝, 皆多種多様な小説, 皆夜中の間のコタツ, 皆夜分に帰っ, 皆夜半過から, 皆夜寒に怖, 皆夢中になっ, 皆夢遊病の特徴, 皆大きい家を, 皆大きく美しく床間も, 皆大した事じゃ, 皆大人ばかりだった, 皆大使一行が留守中, 皆大刀を鞘, 皆大同小異なりき, 皆大同小異一身の為め, 皆大和国や野州, 皆大和守のした, 皆大和平原に於ける, 皆大城を中心, 皆大声に笑った, 皆大変色が黒い, 皆大学様の御, 皆大将からよこされた, 皆大尉の行, 皆大方はあまり, 皆大正十一年中裁判所に提出, 皆大河のため, 皆大海に散らし浮け, 皆大目に見, 皆大老の気, 皆大臣の夢, 皆大豆畑である, 皆大阪で生れた, 皆大阪言葉で中津, 皆大雪と思っ, 皆大風のやう, 皆天下に雷名, 皆天命で素より, 皆天幕の中, 皆天朝さんのかかり, 皆天然の色彩, 皆天然自然のしからしめる, 皆天王寺の蕪, 皆天球上のある, 皆天理に背く, 皆天罰と思え, 皆太からぬ幹, 皆太刀をおい, 皆太政官の人形, 皆太郎さんの顔, 皆太陽の光, 皆太陽熱より起る, 皆太鼓太鼓と呼ぶ, 皆夫婦そろって, 皆夭死して, 皆失せて四年, 皆失ってしまった, 皆失ったように, 皆失つてさうし, 皆失われたものであろう, 皆失恋すること, 皆失戀に終つた, 皆失望して, 皆奇体にドイツ婦人, 皆奇怪なもの, 皆奇異なる鬘, 皆奇蹟や豫言, 皆奈何したら衆星, 皆奈良の南, 皆奈良原少年の失策, 皆奈良朝に生き, 皆奥様なども寝, 皆奥深く仕舞い込んで, 皆奪われてしまう, 皆奪われた者である, 皆奮って雑誌, 皆女すがたし, 皆女の子で住ん, 皆女の子母も亦たった, 皆女三の宮, 皆女中にやらせた, 皆女仙なり, 皆女王を愛し, 皆女王さんの室, 皆女篇であります, 皆女郎屋なの, 皆女院をお, 皆奴婢雑人の如く, 皆奴隷宗教家の口舌, 皆畫料とぞ, 皆好く寐て, 皆好ましい魔境の, 皆好んで蛇, 皆好奇の目, 皆如上の根底, 皆如何にも尤もな, 皆如意を得せしむ, 皆だ, 皆妄想である, 皆妙蓮華の莟, 皆妬ましく感じたらしい, 皆のため, 皆妻子を離別, 皆の愚痴, 皆妾春の腹, 皆の所持品, 皆姉さんがし, 皆と曰, 皆始めしエロスの, 皆始終云って, 皆姫君の物, 皆婆さんには満足, 皆婚姻のある, 皆く人, 皆嫁いて居, 皆嫁女のな, 皆な奴, 皆嫌いだ, 皆嫌ひな温泉ばかりで, 皆嫌悪の情, 皆嫡出である, 皆嬉しく人の, 皆子どもに見える, 皆子供たちにも話, 皆子供等の物, 皆子分を出し, 皆子福者であつ, 皆孔明とともに自己, 皆孕むあり生まるるところの, 皆を以て現, 皆孜々として労役, 皆孝次さんの御蔭, 皆孟子の著書, 皆孤児になるべき, 皆学ばずとも鑑賞, 皆学ブヲ要, 皆学問上には憂うべき, 皆学士を釣る, 皆学校時代から国士, 皆学生であった, 皆学者学者と綽名, 皆学術のため, 皆学資給せざるがため, 皆学頭を置く, 皆の作った, 皆孫権の深慮, 皆孫等に譲り与え, 皆學問が出, 皆宇佐美の家, 皆宇宙艇に残っ, 皆宇治川網代木その物, 皆守るは易き, 皆守銭奴となっ, 皆安いつまらない物ばかり, 皆安かれと祈り, 皆安堵して, 皆安斉先生の反対, 皆安直でギドギド, 皆安積から帰る, 皆宗とす, 皆宗教的専門の事, 皆宗良親王のお歌, 皆に出, 皆官位が進ん, 皆官師から出た, 皆官有地であるよう, 皆定数ありて, 皆いの其の, 皆宜しく都下第, 皆の入れ物, 皆宝石を一粒宛, 皆実務の才, 皆実戦への参加, 皆実母としてこれ, 皆実物から忠実, 皆客観主義の文学, 皆客観的である, 皆客體性に固有, 皆宣教師ではありません, 皆宮本の所為, 皆宮社に籠り, 皆家中の者, 皆家學であ, 皆家屋の奥, 皆家屋敷を持つ, 皆家畜のよう, 皆宿根草であるが, 皆たる一つ, 皆寂然と鳴し, 皆寃罪のため, 皆て拈, 皆寄せ集めそれ, 皆寄ったが持てぬ, 皆寄り集って, 皆寄りつかなくなって従って, 皆密かに国元, 皆密接に関係, 皆密閉されて, 皆を失う, 皆をいのる, 皆富みて深き, 皆富士川氏が蔵, 皆富貴の家, 皆富貴延命を獲させ給え, 皆静まってから, 皆寐鎮りぬ, 皆寒い寒いとつぶやく, 皆寛大に理解, 皆寝かさないでいる, 皆寝かして置い, 皆寝かせてから, 皆寝しずまってしまう, 皆寝しずまりたるに, 皆寝たか, 皆寝ちゃったね, 皆寝みますから, 皆寝坊して, 皆寝込んでひっそり, 皆寝鎮まっていた, 皆寝静まったころに, 皆寝静まつてゐる, 皆實地を檢分, 皆實用に適しませぬ, 皆ります, 皆寫すことは, 皆にも足らず, 皆ではあります, 皆寺井でつくった, 皆寺奴・社奴出自でないもの, 皆対岸の人, 皆対岸地より近き, 皆専門の学術, 皆損じつ憑むところは矢一筋, 皆将来の事, 皆将棋だおし, 皆将軍の名, 皆将軍家を怨む, 皆將軍磊嚴盡く貔貅, 皆尊むべきでは, 皆尊公の浅慮, 皆尊君様の御, 皆尊王に趨, 皆尊重すべきもの, 皆尋ね廻り三月前から, 皆尋常煙突掃除人の使用, 皆導かれて浴する, 皆小さい円い木の, 皆小さき神の, 皆小人どものみなり, 皆小作に入れ, 皆小倉の袴, 皆小僧を神様, 皆小六さんに仕込まれた, 皆小前の者, 皆小唄踊りを写し, 皆小器を用, 皆小学校にも通われぬ, 皆小尾老人の骨折, 皆小屋の中, 皆小島成斎の書, 皆小形であるという, 皆小手しらべは, 皆小林監督の同志, 皆小柄の色白, 皆小石を積ん, 皆小規模である, 皆小説家の提調, 皆小身者ばかりでございます, 皆小野蘭山の, 皆小馬鹿にし, 皆少なからず吃驚, 皆少なくとも世間の, 皆少年らしく思はれる, 皆少時の休憩時間, 皆少納言殿の御内, 皆幼かつ, 皆尚侍に決定, 皆尚書や左傳, 皆からず, 皆尤もな事, 皆尺八的浪花節的哀傷を帯びてる, 皆つ尾, 皆尼さんの様, 皆尽くナザレ村の, 皆尾張清洲の織田家中, 皆尾根を南, 皆居つくことにも, 皆居なくて庭, 皆居住いを直した, 皆居眠っていた, 皆居間へ呼ん, 皆屈強な若者たち, 皆の棟, 皆屋内に眠らしむ, 皆屋根裏の窓, 皆なり, 皆屍体の容器, 皆屏息して, 皆者である, 皆山人としての祝言職, 皆山伏の末えい, 皆山内氏五百の出, 皆山地へ遁, 皆山林でその間, 皆山田へお預け, 皆山荘へ薫, 皆山賊だ, 皆岡崎氏の説通り, 皆岩壁にし, 皆岩見重太郎や宮本武藏, 皆と呼ばれ, 皆島田の家, 皆崇拝する, 皆崩れて垣, 皆巍然として天, 皆工藝に潜む, 皆左大将家からもたらした, 皆左手の拇指, 皆左様云って, 皆左腕が重い, 皆巨萬の富, 皆巫覡の恍惚時, 皆差し許す, 皆差し迫る妻子との, 皆差別に注意, 皆已に験が, 皆を張つたやう, 皆帆村の直接手, 皆希望に満ち, 皆帝国ホテルに放棄, 皆帝室が基, 皆師匠の最後, 皆師子に勝る, 皆師走に入っ, 皆席上で詩, 皆帰さないぞたった, 皆帰つて僕等と主人夫婦, 皆帰られたがまだ, 皆帰るじゃあない, 皆帰化人将来の祇園信仰, 皆帰思頻りなる時, 皆帰船したか, 皆帰艦して, 皆帳元の方, 皆ニ座右ニ在, 皆常陸の下妻附近, 皆幕外です, 皆幕府が傭っ, 皆幕府方の人々, 皆平げてしまっ, 皆平伏して真, 皆平和自由を好む, 皆平定して, 皆平屋である, 皆平性而不書諱又其廣, 皆平気でとり合おう, 皆平生おとなしき人, 皆平等随って相互, 皆平野神社に詣らなけれ, 皆平静な気持ち, 皆年下の女たち, 皆年二十歳時代のこと, 皆年代順に並ん, 皆年十六七から二十四五, 皆年取った兵ばかり, 皆年数物その証拠, 皆年期小僧でごわす, 皆年若なるには, 皆年齢の若い, 皆幼く栄次郎六歳安三歳五百二歳の, 皆幼児のよう, 皆幼帝をさしはさん, 皆幼時からそれぞれ寺, 皆幾らかずつ公卿, 皆幾分か其の, 皆海氏な, 皆広い意味の, 皆庄司から出させ, 皆庄吉の方, 皆店頭洋燈を点し, 皆のある, 皆座って居る, 皆康頼に伐られ, 皆之助, 皆廃紙となっ, 皆かった, 皆廓大さるる, 皆して, 皆廢案せざるを, 皆かつた, 皆建武南北の治乱, 皆建白を出した, 皆弁解だ, 皆に依り, 皆式場に会したる, 皆引いてあつ, 皆引きにけり, 皆引きつけられる様に, 皆引き上げるし同時に, 皆引き出してしまった, 皆引き受けてした, 皆引き揚げてしまった, 皆引き放されてしまう, 皆引き止めてその, 皆引き連れて行っ, 皆引くりかへる, 皆引くり返つてしまふ, 皆引っぱり凧に, 皆引っ張り出してウム, 皆引っ越したのよ, 皆引上げそうな事, 皆引出して書物, 皆引受候て商法云云, 皆引張って電車通り, 皆引掴んで頬張る, 皆引摺ってら, 皆弘徽殿の楽音, 皆弟子だから, 皆弱くて働けない, 皆張り膨らみて, 皆張角の帷幕, 皆て咎む可, 皆強いて名づけたるにて, 皆強く生きて, 皆強情だ, 皆に中った, 皆弾かれたように, 皆当ったけれども今, 皆当り前になりました, 皆当世的の男, 皆当代の歌人, 皆当地にて売払い, 皆当年の彼, 皆当時俳優の肖像, 皆当時流行の猟虎, 皆当面の事件, 皆形式内容の交渉分離, 皆形式的では, 皆形式論理学的範疇として取り上げられる, 皆彦根に居つた, 皆だ将軍真, 皆にも立たぬ, 皆彼処では腹, 皆彼岸ザクラの正しい, 皆彼才覚に伏, 皆彼方へ往, 皆彼法螺丸一流の悪魔, 皆彼者の智慧, 皆往復共に四等客車, 皆往来止めになった, 皆征伏して, 皆徃年普魯斯人某ガ神戸ニテ買ヒ, 皆待ち焦れて, 皆待ちあぐんでいた, 皆待ち受けていた, 皆待ち待ちです, 皆待ち構へて, 皆待ち構えている, 皆待合室にいすくまった, 皆後世人の附会, 皆後姿だけ美人, 皆後年世界にその, 皆後悔して, 皆徒事であった, 皆徒立となり, 皆徒跣有屋室父母兄弟臥息異處, 皆ふなり, 皆従って行った, 皆従五位を授けられた, 皆三に, 皆得られぬのは, 皆得意や失意, 皆得意顔に見えた, 皆得物を把, 皆はむ, 皆御存知よりのお方, 皆御家人等に仰せ, 皆御嶽に属し, 皆御念の入った, 皆御簾の外, 皆御苦労ね, 皆御覧になった, 皆御許し下さい, 皆御飯を食べさせた, 皆御高恩による, 皆微塵に砕けます, 皆微笑める唇なり, 皆徳川の方, 皆徴兵の制, 皆徴發されたの, 皆心安く出入りし, 皆心持がいい, 皆心服した, 皆心私かに我, 皆心細そうに, 皆心細く思って, 皆心苦しそうに, 皆必然性を帶びて何等誤り, 皆必要欠ぐ可からざるもの, 皆必要缺ぐ可からざるもの, 皆忌み嫌って居ります, 皆忍びの者, 皆忍ぶる恋の, 皆忍んでいこう, 皆忍従して, 皆忘れたように, 皆忘れたいと思う, 皆忘れることが, 皆忘れ得ば嬉しから, 皆忘れ果てた顔付で, 皆忠義の士, 皆忠義者ばかりでした, 皆忠臣とあります, 皆快速力で動い, 皆つた様な, 皆怒った顔を, 皆怜悧なので, 皆思いのほか, 皆思いがけないのですっかり, 皆思い出してしまう, 皆思い当ったような, 皆思い起こしては恥ずかしく, 皆思うだろうから, 皆思うらしいね, 皆思はしからで, 皆思ひ切りたる形容を, 皆思ひ合した様に, 皆思ふところなりけり, 皆思想より無い, 皆思索の困難, 皆がわるい, 皆性欲の発揮, 皆性欲的な歌, 皆怨みや憎しみ, 皆怨霊の餌食, 皆み衆眸之, 皆怪しげな人相, 皆怪しむことが, 皆怪しんでいろんな, 皆怪しんだが罪過, 皆怪物になる, 皆怪訝するとともに, 皆怯み渡ってしまった, 皆へかね, 皆に活動, 皆恋する事の, 皆恐らくは親類会議や, 皆恐る恐る近寄って, 皆恐れてるんだ, 皆恐れ入って止め, 皆恐れ入りましたものでございます, 皆恐ろしく短命だった, 皆恐ろしく大きい物ばかり, 皆恐懼の眼付, 皆なし, 皆恥ずべきかな, 皆恨めしいほうにばかり, 皆になってるだ, 皆息の根を止め, 皆れて, 皆悉本於田何以上口耳之學也, 皆悟ってしまいます, 皆悠々と小春, 皆悦ばるる夫を, 皆悦んだといふ, 皆悩中一種の構造, 皆悪かったのよ, 皆悪くなって, 皆悪人こちらは大納言以下皆善人, 皆悪党に思われ, 皆悪徳の人物, 皆悪戯ごとのよう, 皆悪戯半分に瞽女, 皆悪神の怒, 皆悲しがって, 皆悲しかった, 皆悲しき墓に, 皆悲しみと怖, 皆悲嘆に暮れ, 皆悲壮を極めた, 皆悶死するだろうが, 皆に依, 皆情人にし, 皆情欲の方, 皆情調の姿, 皆情象であり単なる, 皆惜しがって, 皆惜しむものの, 皆惜しんで尼, 皆惣次郎が情深, 皆にし, 皆愁い顔です苗代, 皆愉快げに甲板, 皆意向を他, 皆意義あるもの, 皆意見を同じ, 皆意識の過ぎた, 皆意銭のあと, 皆愕然と日吉, 皆愚言だ世迷言, 皆愛されて幸福, 皆愛すべき人である, 皆愛人と呼ぶ, 皆愛国の民, 皆感じてゐた, 皆感じ入ったという通信, 皆感じ合ったまま粛と, 皆感情的で昔, 皆感覚物を通じてその, 皆感覺に偏重, 皆感覺以上精神内部に屬, 皆感覺思想の二種, 皆感銘して, 皆慈覚大師の経営, 皆慌てたな, 皆慘忍ぢやない, 皆慰められる気が, 皆憎らしげにわたし, 皆憐れみ合ひ, 皆憑らる, 皆憤っていた, 皆憤懣はした, 皆憲ちやんと呼び馴れ, 皆憶えるまで何度, 皆應仁の亂以後, 皆應仁以後元龜天正, 皆懐いている, 皆懐中から十手, 皆懐中電灯を消す, 皆懐手でブラブラ, 皆懷中に唐辛一包づつ用意, 皆懸崖なり浜田, 皆る, 皆戀人の上, 皆戊辰ノ変, 皆成らずと見切っ, 皆成ろう事なら, 皆成功して, 皆成善は医, 皆成聖式に行きぬ, 皆我々蛙の為, 皆我いふ所の客観的, 皆我と同じくうくべきもの, 皆我ものなり, 皆我一人を愛し, 皆我傍に集, 皆我国の紡績工場, 皆我地狭き国, 皆我愛と結び合, 皆我慢の出来ない, 皆我我自身を恥じ, 皆我日本に傚, 皆我用となしたる, 皆我當時の心頭, 皆我等の前, 皆我裡に感じる, 皆我詩中のもの, 皆我身の仇, 皆我閲歴なりしなり, 皆戦慄て家業, 皆戦隊外の庶務, 皆戯れ事であったという, 皆戯作者の残党, 皆の習, 皆戰國に備, 皆戰鬪の術, 皆戰鬪意識で端, 皆戻って来た, 皆房主頭で地蔵様, 皆房房として居る, 皆所謂よい家庭, 皆所謂大井党の支流, 皆所謂沒理想なりしならん, 皆手ぐすねひいて, 皆手めえが, 皆手もとへ取り寄せ, 皆手下あつかいに, 皆手伝いましたか, 皆手伝えりただ佐太郎, 皆手元に残る, 皆手前の為め, 皆手厚い看護を, 皆手堅いのは, 皆手当たりしだいに弁じ立て, 皆手拭いを姐さん, 皆手描でありまして, 皆手本にすべき, 皆手真似をし, 皆手籠にしまう, 皆手続が一つ, 皆手荷物を持っ, 皆手足の生えた, 皆手違ひに, 皆手隙と見え, 皆打たれたので亭主, 皆打ち破ってしまっ, 皆打切らなかったと見え, 皆打捨て申候, 皆打撃であった, 皆打棒せられ地, 皆打殺す日本では, 皆打砕けた気風で, 皆打者の球, 皆払ってやる, 皆承認して, 皆承諾したが, 皆の上手, 皆技術家乃至専門家, 皆投げ竭され, 皆投げこんで咲かせた, 皆投げ込んでみ, 皆投槍に打ち破り, 皆折られてしまっ, 皆折りて捨てし, 皆折合いがついた, 皆抜いてある, 皆抜けた顔を, 皆抜羣の功, 皆抱いていた, 皆抱きおろして休ませた, 皆抱腹絶倒した, 皆抹殺して, 皆押し黙っている, 皆押入れへ積ん, 皆抽出して, 皆抽象的にし, 皆拂つてやつて, 皆拉し来て右, 皆拍子ぬけが, 皆拍手した, 皆拒絶した, 皆謹身を, 皆であつ, 皆拙劣きわまる演技, 皆拙者になつい, 皆招かれないこのお客, 皆招待して, 皆括り合は, 皆よりも大きかっ, 皆へた, 皆拾わせてもいい, 皆去つたま, 皆持ちましたよ, 皆持ち出して踏台, 皆持ち寄りそのころ, 皆持ち込んで來, 皆持った心おどり, 皆持っといでと言いたかった, 皆持てあまして愛想, 皆持て行くことに, 皆持前の香気, 皆持餘して, 皆を揃, 皆指紋がある, 皆挙げられてゐる, 皆挙って邪悪, 皆振ったものであった, 皆振子のよう, 皆振返って見, 皆捕われることに, 皆捕虜にさす, 皆捨てさせて心, 皆捨てるほかは, 皆捻じ戻して解いた, 皆掃き集めてくれ, 皆せざるべからず, 皆排日の為, 皆掘り出してちゃんと, 皆掛けて立て喰う, 皆掛りでも引け, 皆採つてゐる, 皆採るに足らぬ, 皆接待係の案内, 皆へ目, 皆推之以爲商禮此便是沒理會處と言つて, 皆揃つて一緒に出掛ける, 皆揃つて笑つてゐました, 皆揃つて銃殺せられたつて, 皆描写の精確, 皆提灯を借り, 皆提灯その他いろいろな意匠, 皆揚州を通過, 皆拳で, 皆破する故, 皆り戻しに, 皆搖れ出すのに自分, 皆携えて行, 皆播いて了つた, 皆撰択を経た, 皆擧げて居ります, 皆けられて, 皆攫ってゆき, 皆支度が出来, 皆支那輸入の絹帛, 皆改まって仕舞う, 皆改めて居る, 皆攻め苦しめられたので, 皆縱で, 皆放擲して, 皆政宗の指図, 皆政府嘱託の軍事探偵, 皆政治上の意味, 皆政治的な機会, 皆政治的色彩を帯び, 皆政治経済社会学法律等が専攻, 皆故郷に歸つて祖先, 皆救け船に, 皆教場に持っ, 皆教義を実行, 皆教育である, 皆教育家にし, 皆て変わる, 皆散々に逃げ失せ, 皆散ってしまっ, 皆散らばる形に, 皆散りたれども灰色, 皆散りはてし四月の, 皆散り失せてしまった, 皆散佚して, 皆散文の形式, 皆散歩に出た, 皆散生している, 皆散逸して, 皆散髪であったから, 皆敬い懐いていた, 皆あり, 皆数ヵ所広博の恩, 皆数十間あとじさりを, 皆数学のかかわらざる, 皆数学思想が薄弱, 皆数年の間刻苦勉強, 皆数日を出でずし, 皆ふべきを, 皆整えて用意, 皆整然と列を, 皆敵国であるの, 皆敵討ものに引きずられ, 皆敷いてある, 皆敷かれてその, 皆敷妙の玉, 皆文三の疑心, 皆文人対文人の問題, 皆文字異ニシテ唱ヘハ, 皆文学意識は持たれ, 皆文学的に亡び, 皆文学者だったから, 皆文明開化と言われ, 皆文時に請い, 皆文武の才, 皆文章博士であり維時, 皆文筆的に才能, 皆文芸的理解に富ん, 皆文芸部の先輩, 皆文部省が制定, 皆の木, 皆斜面に沿う, 皆と云, 皆斬ってい, 皆斬られるに至った, 皆斬りまくられてしまう, 皆斬り倒すと云, 皆斬り死するか自害, 皆斬るのかっ, 皆断ったので大, 皆断わってすべて棄権, 皆斯夕日に寂しく, 皆斯様な脅迫的謡曲家, 皆新しう張, 皆新しい白い色を, 皆新たに徴発, 皆新吉さんが教えた, 皆新年に暇, 皆新年官民懇親会に行く, 皆新式な犯罪, 皆新橋へ来る, 皆新築の小さい, 皆新調の服, 皆方便的な事, 皆方喜作に聞く, 皆旅中感銘したこと, 皆旅人の泊る, 皆旅人以後で旅人, 皆旗本の子弟, 皆既に好く知り尽し, 皆日々特種な一系列, 皆日ごろ巌流と, 皆日常公務のあいだ, 皆日本兵の庇護, 皆日本服を着, 皆日本民族のブル思想, 皆日本海海戦の勝敗, 皆日本紙で紙, 皆日本美の淵源, 皆日本語のわかる, 皆日陰の意味, 皆日頃いつのまにか彼, 皆旦那の隱, 皆の位置, 皆旧くからの習慣, 皆早うどこぞへ, 皆早おきでそこ, 皆早くから遊芸の, 皆早世し後妻寿慶, 皆早寝でことに, 皆早暁に帰っ, 皆早稲田の文科生, 皆昂奮しきって, 皆明けろッ, 皆明け放ちし座敷の, 皆明らかに聞かされ, 皆明哲保身の事, 皆明治四十一年の句, 皆明白となるであろう, 皆昏暈疲憊して, 皆昔ながらであるだけに, 皆昔人のため, 皆昔時の東山道, 皆昔神の訪れた, 皆昔話になっ, 皆映し出すという, 皆映画のよう, 皆春画を並べ, 皆春秋に見はれた, 皆昨日の朝刊, 皆是吾子深着世楽, 皆是家母の不, 皆是封内の事, 皆是所謂天の數, 皆是氣を, 皆是清淡蕭灑, 皆是皆非なり, 皆昼寝をします, 皆昼間から準備, 皆昼飯をたべ, 皆昼餉に急げり, 皆時代錯誤とすべき, 皆時利あらずの, 皆時間を無視, 皆時間前に集り, 皆時間通りに集まっ, 皆景帝の同, 皆景教碑は長安, 皆景色がよい, 皆晴装して, 皆智力思想に關, 皆智識上の判斷, 皆暑中休暇で帰っ, 皆暖簾口から見, 皆ク満目冥冥タラバ眼ナキト別ツベキナク万物尽静ニシテ千里蕭条タラバ耳ナキト別ツベキナシ, 皆暗い色を, 皆暗かった土地, 皆暗に別録, 皆暗涙にむせ, 皆暗記を容易, 皆暗誦して, 皆暢気な顔, 皆暮見当も付かない, 皆暴露して, 皆暴風の災害, 皆暴風雨の下, 皆曇りたる色なり, 皆曇天で寒い, 皆曖昧な所, 皆曲りくねってひねこび, 皆曲尺形の大, 皆曲直瀬の所蔵, 皆曲線より成る, 皆書きかへて原形, 皆書きつけてたのみました, 皆書き上を出さし, 皆書くことは, 皆書つけにし, 皆書中に在り, 皆書付けて置くです, 皆書割りなので, 皆書卷に印し, 皆曹洪のため, 皆曼公の遺, 皆が宰相, 皆最も実際的な, 皆最前まで生き, 皆最善の人, 皆最近に買ったらしい, 皆最高のもの, 皆の地中, 皆月夜の庭, 皆月給十円の等外一等出仕, 皆有している, 皆有徳の人物, 皆有情の人心, 皆有村の自殺, 皆有罪の判決, 皆有頂天になり, 皆朋友の方, 皆を釈き, 皆を君, 皆望んで出掛ける, 皆望月が如戦死, 皆朝夕この門, 皆朝起をし, 皆朝鮮明南海諸地, 皆木の根や葉, 皆木戸銭の御, 皆木挽や石工, 皆木蔭やそこら, 皆未だ全くは成り, 皆未見の人, 皆本庁関係の者, 皆本文と光, 皆本栖の馬, 皆本物の曲馬師, 皆本箱にしまっ, 皆本陣とは相当, 皆李家を出した, 皆村人にてしかも, 皆村道に出, 皆杓子貝を佩, 皆を用, 皆来うと呼ば, 皆来たがつて, 皆来たら母さんが, 皆来りて教, 皆来り悲しみしに蚯蚓, 皆来れどもアルサンクタン, 皆来歴がある, 皆流して, 皆東京行をする, 皆東北戦争当時の輝かしい, 皆東南側ばかりだった, 皆東國の制, 皆東山道を通行, 皆東野たちの無事帰朝, 皆東韻にし, 皆松山人でまた, 皆松明とりたる先供, 皆松枝青葉を束, 皆松澤が庇護, 皆板張りこの辺, 皆枕付でいる, 皆枕元にいた, 皆枕附といいまし, 皆枕頭に集まりました, 皆林檎を描いた, 皆林邑楽の陵王, 皆果てのない, 皆果実の為, 皆枝ぶりの面白い美しい, 皆枯れはてたものばかりの, 皆枯れ木ばかり, 皆柴漬です, 皆栖人もなく, 皆校庭に出, 皆として士分, 皆の方, 皆根から梢へ, 皆根づいて生長, 皆根本に近い, 皆案じている, 皆桐壺の更衣, 皆梅毒と結核, 皆梅鉢寺と覚え, 皆梯子伝いに船, 皆梳いたるに今, 皆にし, 皆の際, 皆森勿と云, 皆に入れ, 皆椅子を持つ, 皆を休み, 皆極端なる, 皆楽しく明るく幸福で, 皆楽天主義者の詩人, 皆楽屋から出, 皆榛軒が江戸, 皆榛門にゐた, 皆や合歓, 皆しい夢, 皆だが, 皆標準になります, 皆模様風なる布置構図, 皆樣お上手よ, 皆樣御使の小菊, 皆樣御承知のこと, 皆樣昨年十月一寸東京へ參つて, 皆権勢利禄を得むこ, 皆権十郎を引き立てる, 皆に打ちつけた, 皆横井が兄, 皆横井平四郎を知つて, 皆横列になっ, 皆横撫での袖, 皆横死ししかして, 皆で暖炉, 皆機会さえあれ, 皆機嫌がよかっ, 皆機關砲でやられ, 皆檀家あり檀家, 皆檜皮葺神官も大, 皆權勢利祿を得むこ, 皆次々に崩壊, 皆次兄がなさいます, 皆次回から通っ, 皆欣々喜々と, 皆欣び合って, 皆欲しゅうてそれ, 皆欲情である, 皆歌いつくすとクリストフ, 皆歌つて氣持ちの好い, 皆歌女の上, 皆歌舞妓芝居にあ, 皆歌詞を主眼, 皆歌道に携はる, 皆くべし歎, 皆歓ばしい不可思議な, 皆歓んで生命, 皆歔欷とある, 皆歡喜の聲, 皆止ってもチョコチョコロボー, 皆止まれッ, 皆止めてしまひ, 皆正しあゝヘクトール皆, 皆正しいとは思わぬ, 皆正しき往還の, 皆正午までに最, 皆正反對なる, 皆正学と好事, 皆正当な合理的, 皆正月を正月, 皆正札附きにて, 皆正直ものでなし, 皆正装の袍, 皆正面は強く, 皆此いはひ, 皆此の方へ来なけれ, 皆此らは初穂, 皆此二條の原理, 皆此仲間の占むる所, 皆此依代で同時に, 皆此内である, 皆此即位又は元旦, 皆此反問中に入る, 皆此噂を仕合った, 皆此國なり景行帝, 皆此壺ヲ懐ロニシ, 皆此室にとりつける, 皆此市へ持っ, 皆此幽屏の前後, 皆此感じのこと, 皆此書の遭厄, 皆此様な風, 皆此様なかえ, 皆此樣式で極めて, 皆此機密を与かり知り, 皆此点に, 皆此無意味な馬鹿気, 皆此理に外, 皆此理性ヲ練熟スルニ外ナラズ, 皆此男には赤い, 皆此等青紅幇の手, 皆此精霊の舞, 皆此系統である, 皆此美徳を持つ, 皆此良忠一派の化導, 皆此花より生れ, 皆此言葉が使, 皆此語の用例, 皆此説により, 皆此諸氏のたまもの, 皆此資格を得た, 皆此路君と再び, 皆此身の不覚, 皆此銀地を土臺, 皆此銭ヨリ軽シ, 皆此鎮詞である, 皆此関を通過, 皆此頃からポツポツ所謂, 皆此類である, 皆此黄紫の花, 皆である, 皆武人の家, 皆武力を持った, 皆武士ばかりだ, 皆武将の子, 皆武帝の親, 皆武部先生のため, 皆武門の正義, 皆武骨な軍学書生, 皆歩いて行く, 皆歩いてたもので, 皆歩むやうな, 皆歩廊の上, 皆歯切を貴様, 皆歴々と指呼, 皆歸つたあとなの, 皆歸一する所, 皆歸國せずに, 皆死す翌朝使人樹より, 皆死ななければならぬ, 皆死にかかつ, 皆死にかかつた様に, 皆死にたいという願い, 皆死に絶えて残っ, 皆死ぬべきものと, 皆死んでしまつた今日と, 皆死体だつたので, 皆死刑に処す, 皆死盜者計贓酬物, 皆歿して, 皆んど, 皆殉教の覚悟, 皆残したのである, 皆残ってるのである, 皆殖民地戦争のため, 皆殲滅戦略に基づく, 皆殺す脅迫し, 皆殺人者であったと, 皆殺気立ちましたね, 皆殺気立った形相を, 皆殺気立つて, 皆になつて, 皆殿のお蔭, 皆殿上後宮の娘子軍, 皆殿下の御, 皆毀れて了, 皆母屋へ退がっ, 皆母親に味方, 皆母親さんにはコレ, 皆母音であって, 皆比較的清潔である, 皆毛利家の水軍, 皆毛皮をそこら中, 皆毛皮裏の外套, 皆毬栗に短く, 皆を称讃, 皆民謡的なもの, 皆民謡風の軽, 皆民間の年中行事, 皆気の毒そうな眼, 皆気まずい沈黙と, 皆気まり悪そう, 皆気味が悪くなったん, 皆気味悪そうに, 皆気持がよく, 皆気狂いばかりだ, 皆気育に属す, 皆気軽ニ注射シテ貰イ直グ良クナッテ大喜ビデ帰ッテ行ク, 皆気違にしなさいます, 皆気違いや, 皆気随気侭に押し, 皆気高くお美しい, 皆氣障でならなかつた, 皆水夫上りの様, 皆水干の袖, 皆水戸の話, 皆水晶でそれ, 皆水神の娘, 皆水葬の古風, 皆水蔭の書, 皆水虎の業, 皆水面に集ま, 皆水面上に出で, 皆におりたち, 皆求むる所少き, 皆汐溜から出, 皆る猪汝, 皆汚し猪汝が, 皆汚れてるんだ, 皆汝たちに与えられる, 皆汝らこれを食うべし, 皆汝ら之を食うべし, 皆汝等の父, 皆江戸で懇意, 皆江戸住をあまり, 皆江戸城に集まっ, 皆江戸平民の考案, 皆江戸河越甲府秩父などの諸, 皆江戸演劇を基礎, 皆決死の色, 皆汽笛がぴい, 皆沈みこんで泣い, 皆沈む誰彼の, 皆沈鬱な様子, 皆沒理想になりたれ, 皆沖縄のもの, 皆没落せざるを, 皆治るといふこと, 皆治者と被治者, 皆泉州に輻輳, 皆泊ってい, 皆泊りも多う, 皆泊ることに, 皆法令緩弛の, 皆法然上人の余流, 皆法界悋気で善く, 皆法螺の貝の口, 皆法螺丸に一身上, 皆のよう, 皆波蘭の風習, 皆泣いたのである, 皆泣きたり, 皆泣き騒いでいる, 皆泣くばかりで返事, 皆泣く泣くそれぞれの, 皆泣キ能ク仰ギ視ルモノ莫シ, 皆注いで了, 皆洋館まが, 皆洗いさらわれてしまう, 皆洗って岩, 皆洗われて行く, 皆洞穴の中, 皆津和野の人, 皆洩れざるが高山, 皆洪水に押し流され, 皆活きてるではありません, 皆活けるは連なる, 皆活力の濫用, 皆活動して, 皆活溌有為の人物, 皆流してしまった, 皆流れ出して丁寧, 皆流れ落ちた処まだ少し, 皆流れ込んでいる, 皆流石にぎよつとしたやうでした, 皆流行女優の似顔, 皆浄化し美化, 皆浅手じゃで, 皆浅葱か藤色, 皆浅間神社を勧請, 皆に上っ, 皆浩さんが余, 皆浪花節に出かけ, 皆浮かぬ顔し, 皆浮きうきしながら, 皆海中に没し, 皆海図を捜す, 皆海外に居る, 皆消え失せてしまう, 皆消せるか, 皆涙ぐんでいた, 皆涙ぐんだことだろう, 皆液体になっ, 皆液化されるよう, 皆涼しい顔を, 皆涼しくそして憂鬱, 皆淡い黄色に, 皆深く頭を, 皆深し萬象の, 皆深切でニコニコ, 皆深刻な食糧危機, 皆深山の仕業, 皆深手に息, 皆深良屋敷深良屋敷と云っ, 皆深邃の域, 皆淳朴で休んだ大黒屋旅館, 皆り合い彼女, 皆添え自身の, 皆清い寒気をさえ, 皆清らかで沢, 皆清浄の戒法, 皆清音の仮名, 皆済ましてちょうど, 皆済ましたいと願った, 皆済まなさう, 皆済んでしまっ, 皆済んだのかい, 皆をふき込んだ, 皆減俸に甘んじ, 皆を称し, 皆渡せよ, 皆渡來物だが, 皆温室の蔭, 皆温柔しくし, 皆温良貞淑そうだった, 皆湧き熱し竜王懼れ, 皆湯銭並の客人, 皆湿って居ります, 皆湿れていた, 皆洲の, 皆満たしてやる, 皆満月に買う, 皆満腔の同情, 皆源右衞門の擧, 皆源流を論じ, 皆戦時体制の, 皆準備的要件で重大, 皆の中, 皆溺れるのにノア, 皆滅ぶ空劫の, 皆滅んでいる, 皆滞りなく受取られるのを, 皆滿場一致で選定, 皆に出, 皆漁夫の船, 皆演ぜられていた, 皆演劇の型, 皆漕ぎながら合唱, 皆漠然として了, 皆漢人の加, 皆漢字のもの, 皆漢学者であったので, 皆漢籍一方で堅め, 皆漢語なり, 皆潮沫の凝り, 皆激し切つて居る, 皆激しい意気込を, 皆激しく顰んだ, 皆激怒して, 皆ツて, 皆濁りし世の中に, 皆濁るに独り, 皆濁れる黄色に, 皆に乘, 皆たる可, 皆濡れしずくの麦稈帽, 皆濫交だ, 皆の方, 皆瀟洒たる風流才人, 皆瀦留せる沼澤, 皆火事場の方, 皆火山性で削, 皆火成岩類の谷, 皆火星へ行きたがった, 皆火星人が見える, 皆火鉢にあたったら, 皆灰一色となり, 皆灰色に薄, 皆炎熱の太陽, 皆になる, 皆為されし事, 皆為つて御覧遊ばしました, 皆為事を置い, 皆烈しい日の, 皆烏天狗のよう, 皆烙印の跡, 皆を避け, 皆棄てたり, 皆焚きつけの木, 皆無くなしてしまった, 皆無くなって煙草, 皆無事平穏なの, 皆無口になった, 皆無害な健胃剤, 皆無意識に物理的力学的, 皆無理をし, 皆無用な精力, 皆無礼な音楽家, 皆無聊でいたが, 皆無謀行為の自業自得, 皆無遠慮に聲, 皆無限なり, 皆無頼なり神僧, 皆無頼漢だ, 皆然るべき位置の, 皆焼いてるんだ, 皆焼かせておしまい, 皆焼かれてしまう, 皆焼き捨ててそこ, 皆焼けて了, 皆焼けちまったよ, 皆焼けましたらうな, 皆焼け死んだろうと思っ, 皆焼け跡に帰り来, 皆煉瓦を積み上げ, 皆煎餅にする, 皆煙草をぷかぷか, 皆煙草入れを腰, 皆黒き手, 皆煤けて泥まみれ, 皆し合せ, 皆の爲め, 皆熱き愛より, 皆熱したので中, 皆熱帯産のもの, 皆熱演だ, 皆燃えてあ, 皆燃えるような, 皆燃え上がっていた, 皆燃え上がり天国の, 皆燃え立つような, 皆燈籠を点け, 皆いたの, 皆の獲る, 皆燕人で東北方, 皆燕王の兄, 皆爆薬の元締, 皆爪折笠である, 皆ひて, 皆をうまい, 皆父帝のほう, 皆父親か二人, 皆の前, 皆片っぱしから壊し始めた, 皆片づいている, 皆片づけられてあった, 皆片手に鋭利, 皆片隅の机, 皆が, 皆牝馬であつ, 皆にいた, 皆牢屋のよう, 皆牧場と丘陵, 皆物々しい装いで, 皆物の数にはいりません, 皆物凄い睨みつけるよう, 皆物力の法則, 皆物好きなるわが, 皆物質万能主義の反動, 皆特種の勤め, 皆特色がある, 皆犯している, 皆犯罪者として検挙, 皆狂人ばかりだ, 皆狂気火が熱い, 皆狂言が長い, 皆の判断, 皆狐色になつてしまつて, 皆狩野の規矩, 皆独り独りに違っ, 皆独り神成りまして, 皆独人と血, 皆独創家で自分, 皆独帝の剣, 皆独断論である, 皆独特の観察, 皆独自の仕事, 皆狭いのにここ, 皆狭かったが, 皆狭苦しい教室の, 皆の法印, 皆き横道, 皆の様, 皆みつつも, 皆猟師であったこと, 皆献身的な志願者, 皆の予言どおり, 皆獨善の人, 皆獨樂の如く, 皆獲物なしという, 皆玄斎が遺愛, 皆玄関横のコークス置き場, 皆率直さを欠いてる, 皆のごと, 皆玉川の白露, 皆玉揃ひの, 皆王党になった, 皆王土であり愚僧, 皆王様の広い, 皆王羲之以來の正統, 皆王臣人民は皆王, 皆玩具類を売る, 皆珊瑚のとばっちり, 皆珍しいものばかり, 皆珍しくおもしろく思われた, 皆珍書であったそう, 皆之, 皆現に徳さんの, 皆現今用ゐら, 皆現代人ではない, 皆現代式のハネッ, 皆現在なり諸, 皆現存未開人民の行爲, 皆現実の表現, 皆理屈に負け, 皆理性の作用, 皆理想をあら, 皆理想的な人間, 皆理科大學人類學教室, 皆瓢箪を攜, 皆瓦葺で石, 皆を頭, 皆甘い男たちが, 皆甚だ狭くし, 皆甜めてしまいました, 皆甜瓜を二つ, 皆生きあり両三日, 皆生きた心地が, 皆生きねばならぬ, 皆生き上がって楽, 皆生き還るを得ぬ, 皆生ける父を, 皆生れつきが違っ, 皆生唾をのん, 皆生御魂の, 皆生活に疲れた, 皆生理的である, 皆生真面目な顔, 皆生首と同じ, 皆産土の社, 皆のなく, 皆用いず腹と, 皆由緒の正しい, 皆甲信の国境, 皆甲信武三州の境, 皆甲斐あった本当に, 皆甲板に載せられる, 皆申し分のない, 皆男の子たちで大きくつよく, 皆男子でございました, 皆男性の手, 皆の息子親, 皆ヲ能クス, 皆画いてやる, 皆画餠になっ, 皆畏き境界に, 皆畏れて服す, 皆なん, 皆留まるべき道理のみ, 皆や牧場, 皆畢竟するに時にか, 皆分つたいづれも, 皆略すことに, 皆番兵が置かれ, 皆畫餠なるべし包, 皆異なつた形で, 皆異なり認識が, 皆異なれば火, 皆異人見物の方, 皆異口同音に姜維, 皆異域の鬼, 皆異常な緊張, 皆異端に陥る, 皆畳み寄せてあった, 皆畳んであっ, 皆畳二枚以上の巨, 皆當らないね, 皆當惑して, 皆當時の僧侶, 皆當時世に知られし, 皆な蒲, 皆へり, 皆疑い深い目付を, 皆疑う可らざる, 皆疑問をもっ, 皆る, 皆疲れきった眠りに, 皆疲れた体を, 皆つくに, 皆病める人の, 皆病中の消, 皆病児童健可識無心勝有心, 皆病室を追い立てられた, 皆病気一つせずに, 皆病海鵝揚然去, 皆病的では, 皆病院に入れちまっ, 皆痛ましく離れてぞ, 皆こけた落葉木, 皆痩犬の遠吠え, 皆痴人の妄語, 皆痴呆に似た, 皆痴情のため, 皆痴者の揃い, 皆瘠せてしまう, 皆癩病になっ, 皆発音して, 皆登り切って風呂, 皆登るからそれでも, 皆登山を断念, 皆登山記念品を買う, 皆登校し自学自習, 皆發育好き身形に適, 皆發見物中に在り, 皆白き莖さむく, 皆白けて控えた, 皆白し霊銑後の, 皆白壁なれど, 皆白晝でも門戸, 皆白無垢なり, 皆白紙である, 皆白色だったが, 皆白菊の花さき, 皆白装束白の脚絆, 皆白銀の鎧, 皆白雪を戴い, 皆白露系で今, 皆白馬のもの, 皆白骨の焚木, 皆白髪にし, 皆百五十石二百石取りの上士, 皆百円紙幣にし, 皆百合子様お姉様, 皆百合若に習合, 皆百歳以上だらう尤も, 皆的屋の医, 皆皆大海に散らし浮け, 皆皆彼才覚に伏, 皆皇女の御, 皆皇子の御歌, 皆皮肉な一面, 皆皮膚のざらざら, 皆が出来た, 皆に積ん, 皆盆灯をつけた, 皆盗んでしまいましょう, 皆盗人のよう, 皆に賛成, 皆盛りを失っ, 皆盛年の身, 皆んで了, 皆盜人のやう, 皆く歡喜, 皆監獄の中, 皆目まぐるしく廻って, 皆目めがつかぬ, 皆目わけのわからぬ, 皆目先の派手, 皆目新しきもの, 皆目新しくそして興味, 皆目的に依, 皆盲目になりました, 皆盲目的な深い, 皆胤の, 皆直接行動ではない, 皆直接間接に不幸, 皆直立して, 皆直線に走る, 皆相互に利益, 皆相対的である, 皆相次いで取り, 皆相率ゐて, 皆相談にあづか, 皆相賀するの, 皆相類したもの, 皆省略する, 皆看馴れないものばかり, 皆真っ白な磁器, 皆真っ黒な墨, 皆真偽のわからない, 皆真宗に代えたら, 皆真心を尽くし, 皆真暗にし, 皆真物に候, 皆真珠であった, 皆真理原則の敵, 皆真白に輝い, 皆真紅になっ, 皆真鍮のもの, 皆真鍮色をし, 皆真黒な喪服姿, 皆の足り, 皆眠た気な, 皆眠ってるんだ, 皆眠つたであらう, 皆眠つてしまつ, 皆眠れる都, 皆をつりあげ, 皆眩しそうに, 皆眩むばかりの力, 皆眩惑されたの, 皆を凝らした, 皆眼下に頭, 皆眼光が鋭く, 皆眼眸の裡, 皆着るように, 皆着物を着た, 皆着色画でその, 皆着込を脱い, 皆睡くなって散り散り, 皆睡りに行った, 皆矢代の方, 皆知った男の, 皆知ってたことな, 皆知らずにゐた, 皆知らず識らずに, 皆知らせるのが, 皆知りぬ我が恋妻, 皆知り合いである, 皆知り合ってい, 皆知るべきことを, 皆知る如く幾多の, 皆知れる話なれ, 皆知名の士, 皆知識の実, 皆知足坊北の坊, 皆短くその軽快, 皆短命でございますから, 皆短尺のう, 皆石滝から迷う, 皆石灰樽の横, 皆石造でその, 皆ででき, 皆砒素を服せる, 皆研ぎ減したやうな, 皆研究して, 皆砕くと云う, 皆に群がりつ, 皆廉耻と, 皆破いちゃったのだ, 皆破られてしまう, 皆破壊者に会っ, 皆破船の憂, 皆でもない, 皆碧色なる, 皆確かな考, 皆確実なもの, 皆確知する能わざるなり, 皆磨かれたように, 皆磨滅し覆刻, 皆礼儀正しく静か, 皆社会の諸, 皆社会本能の退化, 皆社会的の不, 皆社寺の奴隷, 皆社會の一員, 皆社會組織の必要, 皆祀らばや, 皆ルコトヲ知リタレドモ祈, 皆祈っている, 皆祖国の運命, 皆祖師の死, 皆祖母自身から聞かされた, 皆祖父の遺物, 皆神さんのおっしゃる, 皆神也とした, 皆神代からあつ, 皆神天降を, 皆神棚へ上げ, 皆神異的と宗教的, 皆神経病におっつけ, 皆神聖なり身, 皆祭りの見物, 皆祭会には重い, 皆祭葬の事, 皆祿を貰, 皆禁制新しい事, 皆禁止せられて, 皆禁物だだから, 皆を修めた, 皆を植, 皆福太郎の見慣れた, 皆禪定に入らん, 皆禿首というの状態, 皆秀ちやんのお, 皆秀でた階級の, 皆秀吉はいま, 皆秀子の為, 皆秀子自身だった, 皆秀才だという, 皆秀雄様としてある, 皆私お世話して, 皆私たち妹の分, 皆私どものお腹, 皆私のです, 皆私党を率い, 皆私共の方, 皆私同様骨と皮, 皆私嫌いの物, 皆私次第なの, 皆私知音之人金輪へ参候時何, 皆私達親子のよう, 皆私黨を率, 皆秋涼の意, 皆科学者でなければ, 皆科戸の風, 皆の版圖, 皆秦漢の世, 皆称して, 皆移してしまった, 皆移ってしまった, 皆移つたナこの, 皆移り気なふう, 皆移動して, 皆移転の用意, 皆移轉して, 皆程を過ぎて, 皆種痘した, 皆種類をわけ, 皆の取り入れ, 皆稲葉家の名, 皆稲葉山から廻された, 皆積みて一冊, 皆積上げまして皆近辺, 皆穢い姿を, 皆穢れたるよ, 皆穢多である, 皆空々無色の透明体, 皆空しといふことに, 皆空しくなりぬ, 皆空想に属す, 皆空気と温度, 皆空腹を抱え, 皆空色の着物, 皆空虚のよう, 皆空論を以て事, 皆突っ立って, 皆窃かに国家, 皆かに國家, 皆立ちあがってやんや, 皆立ち上つて窓外を, 皆立ち去ったすぐ跡, 皆立ち去らせるので島内, 皆立ち居る様子その, 皆立ったまま顔を, 皆立て拝しますので, 皆立上つた, 皆立去ってしまった, 皆立去りて怪し, 皆立退き老夫婦一對, 皆立退くということ, 皆と化, 皆竜神さんの受持, 皆竜骨ありとは, 皆章學誠の系統, 皆競いて国政, 皆競うてさし物, 皆競ツテ美人ヲ蓄フト, 皆競争のよう, 皆の釜, 皆笑いだしたけれどぼく, 皆笑うんでがす, 皆笑った自分でも, 皆笑つて揶揄ふの, 皆笑わせる面白そう, 皆ち懲, 皆の如き, 皆符牒を使う, 皆符節を合わせた, 皆第一人称の自伝, 皆笹色に光る, 皆筆硯忙しく今日, 皆の通った, 皆筋書であった, 皆筑波を背, 皆筑紫のうち, 皆筒袖の着物, 皆へて曰, 皆の得, 皆算木を使用, 皆管弦楽団に加わる, 皆より速, 皆箱崎まで迎, 皆箱詰で上, 皆を着, 皆簑笠で凌いだ, 皆簑笠姿を原則, 皆を着, 皆簡単に興味, 皆の玉, 皆が載, 皆の鳥, 皆米友を以て兇暴性, 皆になつて灰, 皆粒選りの農奴, 皆粗雑につくっ, 皆粟田口忠綱位の目利, 皆精工堅緻にし, 皆精巧を極めたる, 皆精気に溢れた, 皆精神の欠陥, 皆精神力がしつかりし, 皆精霊の義, 皆糧食を背負い, 皆糸状を成し, 皆系譜を重んじ, 皆紅矢の命令, 皆納められたのであろう, 皆納得しながら, 皆純粋の農家, 皆紙上より飛躍, 皆紙絵であるから, 皆紛れてしまっ, 皆紛れない真実でござる, 皆素人素人してるん, 皆素味だつた, 皆素朴なる山家人, 皆素直に山間僻地, 皆素足のまま, 皆素顔の女, 皆つぽい, 皆紫夫人が調製, 皆細かい商いばかり, 皆紳士なので, 皆紳士貴婦人とも云う, 皆の筒袖, 皆紺麻の法衣, 皆終るまで決して, 皆終わったころに, 皆終わりがある, 皆へ行っ, 皆組合の手, 皆経験して, 皆結束して, 皆結髪のうしろ, 皆罪に, 皆の中, 皆絶えるまたいかな, 皆絶やすべし一片の, 皆絶対に善い, 皆絶滅して, 皆を誦する, 皆維新前の蛮風, 皆綺麗な女, 皆綿の如く, 皆綿密な観察, 皆綿衣を重ねた, 皆総て人々に温き, 皆総立ちになっ, 皆緑色になっ, 皆緒方の家, 皆線路の上, 皆線香の一本, 皆緞子が張つて, 皆締めてあった, 皆締めるようエビス駅長へ, 皆締め切ってあった, 皆編年と云, 皆縁語または言語, 皆縁類でありながら, 皆を蛇, 皆と横, 皆縮める榾火は, 皆て人々, 皆繁華街に出かけ, 皆繪聲に非, 皆繰返して読味, 皆繼續して, 皆かず, 皆罪悪に汚されるであろう, 皆罪過なくん, 皆捨てる思い, 皆置かれてました, 皆署名して, 皆羅漢果を証し, 皆の群, 皆美々しく着飾って, 皆美しく苦しき猛く, 皆美文だが, 皆美津さんのため, 皆美濃路を擇ん, 皆美術的だった, 皆を抜いた, 皆群衆による運動, 皆を此木, 皆義侠心から出た, 皆義理も深く, 皆義雄に多少, 皆羽織姿ながら美しい, 皆翌日各々の大名, 皆翻訳物に過ぎない, 皆老いて而, 皆老いた僧顔の, 皆老人ではある, 皆老境に入, 皆老師の恩, 皆老木ばかり, 皆耳新らしく其上, 皆聖賢となる, 皆聞えるよ, 皆聞かっし初手はな, 皆聞かつし初手, 皆聞きました何しろ相手, 皆聞き慣れた祈祷の, 皆聞き知って居る, 皆れ為すこと, 皆聴きに来い, 皆を帯び, 皆職場がある, 皆職業婦人でもタイプ, 皆肇国しろす天皇, 皆肉眼でやり, 皆肌寒さが, 皆となつて, 皆を消し, 皆肝腎の點, 皆肩幅の広い, 皆育たなかったのでとうとう, 皆育たなかつたので私, 皆育ち切らない作文の, 皆育つて行きます, 皆がわるく, 皆肺結核患者であった, 皆胃袋の中, 皆を潰し, 皆背中に鱗, 皆背伸びをし, 皆背負って立っ, 皆胎児の間, 皆胡散臭い眼を, 皆胴の間へもぐ, 皆能くするところなるべし, 皆能勢の口, 皆が乗りかかっ, 皆脂粉を傅, 皆脇差ばかりになつ, 皆が低い, 皆脚袢草鞋の出立ち, 皆脱ぎ切つて居ない, 皆脱落れて, 皆脳骨をくだき, 皆脳髄で物, 皆腕まくりをした, 皆腕枕をかっ, 皆腰拔の歌, 皆腹形を悪く, 皆腹掛をかけ, 皆に手, 皆っ面, 皆を寒, 皆臨機応変の処置, 皆臨津搜露傳送文書, 皆自らそれと知らない, 皆自ら之を経験発明, 皆自ら光を放つ, 皆自ら夫を択んだ, 皆自ら寄つて来て, 皆自ら擇ぶ眞, 皆自ら浮世の物, 皆自ら無二の眞理, 皆自ら能く知つて, 皆自ら薦むるに急, 皆自信を持っ, 皆自刃したり, 皆自分たちの仕事, 皆自分等とはずっと, 皆自分自分の司曹, 皆自分達より良い, 皆自動車で旅, 皆自国の旧, 皆自家の仕事, 皆自己崇拝者であった, 皆自炊だった, 皆自然法則に従う, 皆自然療法であった, 皆自由党の初志, 皆自由時間なの, 皆自由黨の初志, 皆自腹ア切ッて編ん, 皆自負心のつまらない, 皆自転車に乗つ, 皆の上, 皆舁いたものらしい, 皆興覺めなほど, 皆ひめぐりつゝこれを繰返し歌, 皆舞い下って来る, 皆舞ったが暗く, 皆舞台を向い, 皆舞楽をたしなみ, 皆からこの, 皆を揃, 皆舶来の煙草, 皆舶来蝋燭を使用, 皆船中に横はり, 皆船室へもぐり込ん, 皆船頭に立っ, 皆船首に集まっ, 皆の中, 皆良くない, 皆良人と長谷部さん, 皆良質の品, 皆色々と彼, 皆色彩を異に, 皆芋粥をつくる, 皆に腰たんぽぽ黄, 皆芝居の稽古, 皆芝生に平伏した, 皆に心, 皆花屋敷へ入れます, 皆花崗片麻岩だ, 皆芸者が入る, 皆芸術の趣味, 皆芸術的にうまい, 皆芸術談をなす, 皆芸術鑑賞の紋付袴, 皆若き日と, 皆若くそして健康, 皆若く美しくさながら繪, 皆若し私の, 皆若槻のおかげ, 皆若死をした, 皆若死にをした, 皆苦き睡眠に, 皆苦しみに追われ, 皆苦しみ惱み默, 皆苦しゅうございましょう, 皆苦心する, 皆苦手の由, 皆英人であつ, 皆英仏の所領, 皆英国仏蘭西白耳義の人々, 皆英文の課題, 皆英語の世の中, 皆英領インド政府に納まる, 皆茂丸珍聞と呼ん, 皆茄子の蔓, 皆茅葺であったが, 皆茫々の裡, 皆の正性, 皆茶の間に集っ, 皆茶人によって設計, 皆茶博士たちが始末, 皆茶山が蘭軒, 皆に作つて, 皆ったよう, 皆荀卿を經, 皆草双紙を大変, 皆草屋であった, 皆草履かはだ, 皆草履袋を下げ, 皆草津にて交代, 皆荊楚の一騎当千, 皆荒削りの木材, 皆荘園の女, 皆荘田を持っ, 皆荷駄にし, 皆莊園になつて, 皆莞爾して, 皆の畦, 皆菓子は欲しい, 皆菖蒲杜若を植え, 皆華奢な服装, 皆の香, 皆落ちかかるよ, 皆落ちのびて行った, 皆落ち切ったのに愕, 皆落ち口に滝, 皆落ち着き払ってあらゆる, 皆落ち込む所へは, 皆落涙をし, 皆葉柄がすこぶる, 皆のみ著, 皆著しく諮詢, 皆著名な教科書, 皆葛西家の所有, 皆古語に, 皆蒲団を剥ぎとられ, 皆蒼ざめて真面目臭い, 皆蒼白な顔, 皆蒼白かった, 皆蒼白く思われたの, 皆蓄音機を具, 皆蓄髮した, 皆や, 皆蓮池にて花, 皆蔬菜とします, 皆蕗屋がこの, 皆蕪村の研究, 皆薄い顎髯を, 皆薄命の人, 皆薄暗い建て方で, 皆薄暗く荒々しくほの, 皆薄葬である今に, 皆薙髮即ち辮髮, 皆薩摩飛白を着る, 皆のま, 皆藁帽子を冠, 皆を入れた, 皆藍面赤髪背中に何本, 皆藤井春洋さんがとつ, 皆藤六の戸籍謄本, 皆藤沢をまわり, 皆を以てやらう, 皆の儒員, 皆藩主の認可, 皆蘭軒に向, 皆となり, 皆虎ごぜと同じく, 皆虚空に放散, 皆虚言つき大嫌いと云っ, 皆虚誕であるとしても, 皆號泣して, 皆の蝕, 皆虫除け薬を施し, 皆蚊帳の中, 皆を食う, 皆蜂須賀彦右衛門に渡せ, 皆蝋燭を立てた, 皆血まなこになっとる, 皆血気壮んな人たち, 皆血氣の若者, 皆血眼になっ, 皆血縁の者, 皆血色のイイ, 皆血走ツて, 皆衆生に由る, 皆行々子が鳴い, 皆行うことで, 皆行かはりましたんだす, 皆行きたがっている, 皆行きぬ吾子よ, 皆行く先々で, 皆行くべき海の, 皆行ったか, 皆行儀よく折り曲げ, 皆行方知れずに, 皆術窮し詐得らる, 皆街道に出, 皆など更, 皆衣物で, 皆衣食だに給, 皆衣食住に事, 皆表戸をしめ, 皆表裏二面の意義, 皆表面は景色, 皆衰えてしまっ, 皆造物としての, 皆被りものに近づいた, 皆裁決し了, 皆裂けて秋, 皆ひを, 皆補充兵である, 皆が天井, 皆複雑した動機, 皆褌一つで働い, 皆褐衣の人, 皆褒め我才を, 皆襖地であります, 皆襟袖を掻, 皆襤褸を身, 皆ふ, 皆西の丸に集っ, 皆西向きに向けるだろう, 皆西域より齎す, 皆西洋工學以前の代物, 皆西洋文明の元素, 皆西洋音楽のもの, 皆西軍に加担, 皆見えますが近所, 皆見える見たその容子, 皆見たく思召すとの, 皆見つけて千世子, 皆見はると云つて, 皆見世ものの立幟, 皆見尽したが遂に, 皆見当違いあるいは枝葉末梢, 皆見慣れた街並だった, 皆見知り越しでしょうから, 皆見知るように, 皆見覚えのない, 皆見送人と, 皆見送りをする, 皆見馴れぬもの許りで, 皆規則は共通, 皆覚えあるものと, 皆覚えず笑ってしまった, 皆覚えときどや, 皆覚えるはずである, 皆親がかりのもの, 皆親しまれてい, 皆親しみの深い, 皆親友で皆此, 皆親指に針金, 皆親族関係にある, 皆親父が頑迷, 皆親王で実際, 皆観瀾亭の床下, 皆観照によってのみ成立, 皆観音の眷属, 皆えて, 皆解きあへぬ謎なるべし, 皆解放して, 皆解釋した, 皆触れば折れ, 皆言いあわせどんなにし, 皆言いましたよ, 皆言う事でした, 皆言ったつもりであった, 皆言つて居る, 皆言わないことが, 皆言わば稀薄である, 皆討斬つて仕舞つたといふ, 皆記されている, 皆記者の観察, 皆訛つてゐる, 皆訪い集いここより, 皆訪い来たれり父は, 皆訪ねたけれどもどこ, 皆許してくれ, 皆許すべき範圍の, 皆許せる見ないで居れる, 皆註文の品, 皆ならん, 皆試みに失敗, 皆試驗の答案, 皆を賦, 皆詩歌を善く, 皆詰めてすでに, 皆話しましたの, 皆話し終えてから矢代, 皆話せないな, 皆誇らかに汗, 皆誇りと満足, 皆誉めて居つた, 皆認めると思う, 皆誓いに背いた, 皆誘い合わして胸, 皆誘えという御, 皆語り得む, 皆語学の範囲, 皆誤謬を承け襲い, 皆誦す可し, 皆説明が出, 皆説龍至説到乾, 皆読みぬ姫が, 皆読経に一致, 皆読者には眼, 皆課題の作, 皆調えてある, 皆調べて夏帽子, 皆諧謔風刺に富んだ, 皆諫めしも, 皆諸侯の従属, 皆諸共さ, 皆諸共一度にぐし, 皆諸家の蘭軒榛軒父子等, 皆諸王を削る, 皆謀反人だ, 皆謀叛であり単純, 皆謀叛人であった時代, 皆です, 皆講堂に集まれ集まれ, 皆の弟子, 皆の一字, 皆謹厚な人物, 皆謹慎を命ぜられた, 皆警官の手, 皆警察からお家, 皆護衛の士, 皆讀み學問の, 皆讀んでいい, 皆な顏, 皆變化し得るので, 皆讎敵のやう, 皆讖緯と小, 皆の外, 皆谷中村の工事費, 皆豊志賀さんのお蔭, 皆象形文字らしく想, 皆象徴でなければ, 皆豪い者に, 皆豪勇な者ら, 皆負けてしまった, 皆負けた原因を, 皆負って行っ, 皆負わされている, 皆負傷者が寝, 皆を捧げ, 皆貧乏そうで空腹, 皆貧窮人である, 皆貧血はしない, 皆責任感が強い, 皆貰うて行け, 皆貰って了うの, 皆関ヨリ密輸セラレタルコト判明セリ, 皆貴女を知っ, 皆貴族の出身, 皆貴族階級の中, 皆貴様がたくらんだ, 皆貴重ス可, 皆貴重品にする, 皆買いもどす, 皆買い集めてしまった, 皆買收する方, 皆貸してくれない, 皆賊世なり, 皆賑やかに喋っ, 皆賛成だと, 皆賞讃の曲, 皆賢いよ, 皆賢善女賛成と一決, 皆賢明になりました, 皆つた所で, 皆に置, 皆賭博に失敗, 皆賽の河原の子供, 皆すれど, 皆赤うなりて, 皆赤しと云, 皆赤三角研究団とよびならわし, 皆赤味が, 皆赤絵であります, 皆赤蜂のため, 皆赭ちゃけた土器の肌, 皆走り集まって, 皆走出す中で, 皆起きいでて合羽, 皆起きましたから, 皆起す事は, 皆起って突かかり, 皆起立させられたが, 皆超人ではない, 皆足下に踏みつけ, 皆足早に燕, 皆足袋跣足で半蔵, 皆跡かたもなく, 皆跡方のない, 皆跨いで船, 皆跪いて東, 皆に行く, 皆踊りに目, 皆踏みにじられ焼き枯らされてしまひました, 皆踴躍した, 皆が地, 皆蹶起して, 皆身体の工合, 皆身分不相應, 皆身分不相応に見える, 皆身動きも碌, 皆身命に関する事, 皆身構えて固唾, 皆は自分ひとり, 皆軍人許りヒヨウ, 皆転任せしめられたの, 皆軽い直衣姿であった, 皆軽蔑と反感, 皆載する所である, 皆載せてある, 皆載っている, 皆載つて居る, 皆く考, 皆輝いてゐる, 皆が喰い込ん, 皆に伏す, 皆辞し去つたと, 皆辟易するを, 皆でなくては, 皆農基本から出直さなけれ, 皆農夫や人夫, 皆農家であって, 皆迎いに出ます, 皆処の, 皆近くに土木建築, 皆近く参上して, 皆近づいて来ない, 皆近づきと見える, 皆近世に関係, 皆近寄る事が, 皆近辺の貧, 皆迫持になっ, 皆だが, 皆迷信を要素, 皆追いのけてしまいたい, 皆追い払ってしまった, 皆追い越されて後, 皆追い越して行く, 皆追っ払いますの, 皆追越して行く, 皆退けられてしまった, 皆退れっ遠慮致せ, 皆退却して, 皆退場いたしましたね, 皆退座した, 皆退散した, 皆退治てしまえ, 皆退隠後の, 皆送り度えと思えまし, 皆逃げおくれてしまう, 皆逃げっちめえ, 皆逃げ出されるので猫, 皆逃げ出しやがっただよ, 皆逃げ去った事京極の, 皆逃げ散ってしまっ, 皆逃支度をいたします, 皆透き通る位に, 皆透明なガラス障子, 皆途中で遅れ, 皆這入って来た, 皆這入ったよ, 皆通してこの, 皆通じて具, 皆通ひで給金制度になつて, 皆通り抜けた一番奥まった, 皆通天の路, 皆通用するもの, 皆逞しい身体を, 皆速しされども, 皆連れ立って船後, 皆逮捕せらる, 皆進化の道理, 皆進歩の大勢, 皆遁走し同時に, 皆遁辞だ, 皆遂に底深く, 皆遅いさかい屹度大漁, 皆遅れないように, 皆遊んでいる, 皆遊女を用いた, 皆遊歴して, 皆遊猟に行っ, 皆運び寄せて, 皆運んで貰いまし, 皆運動場へ出る, 皆まつた, 皆過ぎていた, 皆過ぎたか, 皆過ぎ去ってしまった, 皆過ちはある, 皆過去無数劫の間不文, 皆遒美である, 皆道三の臣, 皆道三方の与党, 皆道也のよう, 皆道具を誉めたろう, 皆道具係という, 皆道徳性を含ん, 皆道教の本山たる, 皆道草を喰っ, 皆道釈人物画にある, 皆達ちゃんや他, 皆達磨を南天竺, 皆達者でゐる, 皆達觀者ではない, 皆違ってるね, 皆違ふんだらうが, 皆遠き国に, 皆人法無我の, 皆遣られた丸坊主の, 皆適した地位に, 皆適度に歌以上, 皆遺物ノ比較研究ニ由リテ知ルヲ得ベキナリ, 皆避けるのが, 皆避難したとき, 皆つたに, 皆還したとあり, 皆還って自ら, 皆還幸を望ん, 皆那奴のお蔭, 皆部下の者, 皆部類となつ, 皆郵便にかつえ, 皆都人じゃ, 皆都会人とみえ, 皆鄭樵に反感, 皆配達に行く, 皆酒気を帯び, 皆酒豪ばかりと言っ, 皆酔い仆れたらしい, 皆酔うの最中独り自ら醒め, 皆酔中に筆, 皆酷く窶れて, 皆も興, 皆怪な, 皆醜婦揃ひである, 皆醜男だなんて, 皆醫藥として效能, 皆釈氏である, 皆から盗ん, 皆重きに從つて處分, 皆重なり合ふ, 皆重なりあって此方, 皆重なり合ってい, 皆重なり合ってたわ, 皆重三に自分, 皆野試合に気, 皆金偏にし, 皆金品を遺っ, 皆金子のせい, 皆金属か骨, 皆金屬ノ名, 皆金持で番太郎, 皆金満家ですから, 皆金蒔絵で大した, 皆金銭を欲, 皆金鵄勲章でも貰うた, 皆で茹で, 皆を飛ばし, 皆針箱の引出し, 皆釣り込まれて笑い出す, 皆釣瓶が屆, 皆釣込まれて田地, 皆鈍って来た, 皆鉄橋に架け替えられ, 皆鉄砲でか, 皆鉄青だ, 皆でこまかく, 皆銀河の平均平面, 皆銀行員に遣る, 皆を提げ, 皆銃弾を受けた, 皆の戸, 皆銘々の銃眼, 皆銘文の終り, 皆を欲し, 皆はくれ, 皆錯誤と脱落, 皆鍛冶屋のお爺さん, 皆鎌倉には服し, 皆で繋い, 皆鎮台と警察, 皆鎮西に帰し, 皆鎮西八郎為朝がはめ, 皆鎮魂式の祭儀, 皆の歌, 皆の鍬, 皆鐵鍬を使, 皆やかな刀, 皆長八尺の奴, 皆長命寺の中, 皆長年の知合, 皆長提灯を透間, 皆長方形であるが, 皆長髪だ, 皆門下生じゃない, 皆門人録に見え, 皆門先に立つ, 皆門外に追い払う, 皆門弟等や孫弟子共, 皆閉さるる苦しさ, 皆閉されその中, 皆閉じてしまっ, 皆閉ぢん, 皆閉まってい, 皆閉口して, 皆元天寶聖文神武皇帝, 皆開けてある, 皆開け放されている, 皆開け放して二, 皆開成山です寿江子一人留守, 皆開閉鍵を持, 皆間もなく事実に, 皆間抜けで馬鹿揃い, 皆間違つて, 皆間違えている, 皆間違つて居るの, 皆関さんを恐れ, 皆関五郎の後, 皆関係者本人の実演, 皆関東流である, 皆関西風だった, 皆に包まれ, 皆闇黒の中, 皆關はずに吸いこむ, 皆防寒具に酸素吸入器, 皆阻まれてしまった, 皆阿久津附近の鬼怒川, 皆阿房の同類, 皆附燒の方, 皆しい者, 皆降らないなぞと, 皆降るを聞き, 皆陛下へ差し上げる, 皆を布い, 皆陣中の出来事, 皆陣羽織を着用, 皆陰々と灯, 皆陰惨な存在, 皆陰気な蓴菜, 皆老五, 皆陳烈在前, 皆の家, 皆陸軍軍人に仕立てる, 皆陽明学者なりし, 皆の方, 皆階壇を下りた, 皆随分早く走, 皆医本, 皆隠したように, 皆隠れるように, 皆隠居主義でヤマ仏法, 皆隠語である, 皆雄論博議あるに, 皆雅号である, 皆集まったような, 皆集まり月給を, 皆集まるところを, 皆集められて祈っ, 皆集らぬので対州, 皆集ろうじゃあない, 皆雑巾を被せ, 皆雑草の波, 皆難渋の際, 皆難船した, 皆雨傘の下, 皆雨具を着けた, 皆雨戸が締まっ, 皆雪山をもっ, 皆雪江先生に学んだ, 皆雪白地蔵鳳凰の兀立, 皆雪駄を穿い, 皆の中, 皆電燈の光, 皆電車の前, 皆上って, 皆震う予黄山の, 皆震えながらぼんやり, 皆震りぬとあり, 皆震慄して, 皆霊妙不可思議な神秘的存在, 皆霊山である筈, 皆霊魂を斎鎮, 皆霞んで見える, 皆霞亭が書屋雑詠中, 皆に似, 皆露骨裸体の人物, 皆露骨裸體の人物, 皆芝で, 皆青い顔を, 皆青瓢箪のよう, 皆青田で, 皆静力学的のもの, 皆静粛な沈黙, 皆非人だつたやう, 皆面喰ふ, 皆面白相に聞い, 皆面部を包み, 皆革新家であるという, 皆がほしいほしい, 皆へ納, 皆の善行寺, 皆を払った, 皆韓信の怯懦, 皆韓地の山, 皆音楽堂に出, 皆音楽家だった, 皆音痴的に病疾, 皆韻律の原則, 皆に詰め, 皆順々に顔, 皆順序よく静かに, 皆順次に幾世紀, 皆順繰りに掃除, 皆順順に集つて, 皆頑丈を旨, 皆頤指に従, 皆に紅, 皆頭山満を首領, 皆頭脳優秀とは限らぬ, 皆頼もしいものじゃ, 皆頼んできました, 皆頼んでありますから網, 皆頼朝のため, 皆頼氏の門, 皆を空, 皆をあげた, 皆顏色が眞, 皆顏見合はさず, 皆顕微鏡の中, 皆願いおり申し候, 皆願っている, 皆顯正之卷となつ, 皆顯貴の地位, 皆風下に積, 皆風媒花に属する, 皆風采がきれい, 皆風雲の世, 皆飛び下りてビンドゥング, 皆飛び出してしまう, 皆飛び出せッ, 皆飛び飛びに離れ, 皆飛ぶが如く, 皆飛ぶべし山河よ, 皆飛行機に乗りたがる, 皆飜作である, 皆食いつぶしていた, 皆食い終って, 皆食うかと云った, 皆食えぬとでも申す, 皆食べたら食べ過ぎてお腹, 皆食べちまうわ, 皆食べられて餅, 皆食われてしもうた, 皆食厨の柱側, 皆食堂へ出, 皆で仕舞, 皆飲むなよ, 皆飲んだのだ, 皆養子であった, 皆に飽い, 皆餓狼のごとく, 皆餘所から救つて貰, 皆餞別の贈り物, 皆に帰れる, 皆饒舌った, 皆饒舌つて仕舞ふ, 皆首里の玉陵, 皆のい, 皆馬上の主人, 皆馬上叱咤號呼の雄, 皆馬券を買, 皆馬教練所の卒業生, 皆馬琴にとつ, 皆馬皇后の死したまえる, 皆馬糞に化, 皆馬鹿げたる名なり, 皆馬鹿気た事, 皆駆けつけてき, 皆駆け出してきいきい, 皆駆出すがああ, 皆駈けだした音ドオラが, 皆駈けつけて来た, 皆駈け去った後から, 皆いた, 皆駿三から林田, 皆騎馬に限, 皆騒ぎ出したらしくどかんどかんばりばりと, 皆騒ぎ回ってるのでそれ, 皆騒ぐものという, 皆べたら, 皆驚いたらしかったが何事, 皆驚いたろう乱暴狼藉だ, 皆驚きしと見え, 皆驚きましていいます, 皆驚くべき奢侈の, 皆驚異の眼, 皆體裁が同じ, 皆高きを思ひ, 皆高く買は, 皆高価な材料, 皆高妙なる理, 皆高嶺にて信州, 皆高平太と同様, 皆高座の方, 皆高田殿へ駈込んだ, 皆高知新聞で承知, 皆高笑いした, 皆になっ, 皆鬱いだ顔を, 皆鬱蒼たる橄欖, 皆にやられた, 皆鮮やかな色彩, 皆があった, 皆鳳尾蕉軒に棲ん, 皆鳴かぬから病み付いた, 皆鳴り雲霧溟濠たり, 皆鵜呑みであ, 皆が食べ, 皆鹿児島風にそだてあげられた, 皆の方, 皆麾下の一兵, 皆黄いろな頭巾, 皆黄いろい蝋燭の, 皆黄ばんだ弾力の, 皆黄巾を著, 皆黄昏の袖, 皆黄昏ごろから忍び忍び, 皆黄色となる, 皆黄色い歯を, 皆黄道の平面, 皆黄金色の笹縁, 皆か赤, 皆黒かった, 皆黒し而し, 皆黒服和人は皆白無垢, 皆黒白二酒に擬す, 皆黒縁だ, 皆黒船騒ぎで品物, 皆默つて歩行いて, 皆默想に心, 皆默默としてプラットフォーム, 皆黙ってるんだ, 皆黙りこくッて, 皆黙黙として何人, 皆黥面文身自古以來, 皆を生かし, 皆鼠色か黒色, 皆をかむ, 皆だと