青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「河~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

沈黙~ ~沖 沖~ 沙~ ~沙汰 沙汰~ 沢~ ~沢山 沢山~ ~河
河~
河内~ 河原~ 河岸~ 河童~ ~油 油~ ~油断 油断~ 治~ 治療~

「河~」 5674, 54ppm, 2134位

▼ 河~ (1737, 30.6%)

57 中へ 41 中に 32 水を 31 水は 29 ほとりに 26 岸に 18 ように 15 方へ, 水が, 水の, 流れに 13 なかへ, 中を, 流れを 12 ほとりの, 上に, 両岸, 中の, 面を 11 岸へ 10 ほとりで, 河原に 9 流れは, 面に 8 上を, 中から, 岸を, 流れが, 流れの, 邊に 7 岸で, 方から, 河上の 6 ほうへ, やうに, 右岸に, 流域に, 瀬に, 瀬の, 音が

5 [13件] やうな, ような, 上流に, 上流の, 向うの, 岸の, 方に, 方を, 景色を, 河口に, 瀬を, 石を, 辺に

4 [18件] ところまで, なかで, 一週間, 上の, 下流に, 中で, 中ほどまで, 中洲に, 岸には, 支流の, 水に, 水も, 河岸の, 流れて, 流れも, 畔に, 縁を, 船に

3 [34件] ことを, そばで, ほとりには, ほとりへ, ほとりを, 上にも, 下流の, 両方の, 中も, 名は, 向うには, 向ふ, 堤の, 堤を, 堤防が, 婆様の, 岸まで, 崖に, 左岸に, 底から, 底に, 東に, 水源は, 水面は, 水面を, 水音が, 河口を, 河岸で, 河岸に, 河底を, 沿岸に, 流が, 真中に, 葦の

2 [86件] あまり近くに, ある方, ある村, おもて, お爺さん, かすかな, かなたへ, すがた, そばの, ほとりである, まん中に, むこうから, バンクには, ボートの, 上が, 上で, 上には, 上は, 上流で, 上流を, 中からは, 中では, 中には, 中へでも, 中流に, 中流へ, 入口まで, 出口に, 北に, 北へ, 南岸に, 合する, 名, 囁きが, 堤から, 堤防の, 大会戦で, 奪衣婆, 如き美麗, 小波が, 岸, 岸は, 彼方に, 怒りを, 方へと, 景色が, 本流が, 東岸に, 柳に, 水, 水源を, 水源地から, 水源地なる, 水源地を, 水面の, 水音を, 氷の, 河上に, 河島の, 河底に, 沿岸には, 波を, 流に, 流は, 流れや, 流れ一樹, 浅瀬で, 源は, 漣, 瀬毎に, 畔の, 畔まで, 畔り, 真ん中で, 真唯中, 神, 神また, 網代木に, 縁で, 縁へ, 表面が, 邊で, 間に, 靈, 面は, 音は

1 [773件 抜粋] あたりで, あっち側へ, あなたに, ある事, ある風景, いちばん上流だ, うえの, うちの, うねりくねった流れ, お軍, かたに, かなたの, けしきを, こちらは, こっちは, こっち側が, こと, ことが, こと此の, ごとき形, ごとくわが, ごとく濁流脚下, さえぎるもの, ずっと上流, せ, その夜, そばに, そばを, たゆみない, とある場所, ところから, どれにも, どん底まで, なかでは, なかばを, なかほどまで, ながれに, ながれにも, ならはしか, はしうちいでし, はやいひろい音, はるか海口尼ヶ崎の, ひろや, ふちで, ふちは, ふちを, ほうから, ほとり, ほとりでの, ほとりという, ほとりにて, ほとり菩提樹の, ままに, まん中まで, まッただ中, みなとで, むこう岸, もと釣り得, ようだった, ようである, ウォータールー橋に, オペラを, ショオ・ボートに, ニジェール河の, フェリー, ベンゲラン岬から, メアンダーに関する, 一向宗, 一向宗一揆, 一支流を, 一色へ, 一部を, 一銭蒸気に, 三角州の, 三角洲, 上も, 上下へ, 上方の, 上流であった, 上流である, 上流などは, 上流には, 上流シグハ川に, 上流シグハ川について, 上流地から, 上流地方に, 上空に, 下に, 下にて, 下流から, 下流で, 下流は, 下流へ, 両側には, 両側約, 中からも, 中が, 中にまで, 中へなど, 中へなんぞ, 中ほどから, 中ほどにも, 中より, 中央には, 中島は, 中島フルール河岸に, 中洲にも, 中洲まで, 中流クマオ地区に, 主流に, 乱闘, 亂暴な, 二年分の, 伊良湖岬へ, 会戦で, 俤を, 停車場河岸と, 傍でも, 傍へ, 光景, 入日の, 全流域, 凍結も, 出店かと, 分流なり, 前, 前線遼陽の, 力が, 勢いが, 勢も, 北から, 北の方へ, 北上河なる, 北方側の, 北設楽郡でも, 半ばまで, 南とか, 南の, 南を, 南二七〇レガより, 南北から, 口に, 古城巡りの, 古本屋五階下の, 右岸なる, 合流点まで, 名が, 名です, 名とかを, 名の, 名を, 名前ぐらいは, 名物と, 向うが, 向うだ, 向うに, 向うは, 向う側から, 向う側に, 向う岸では, 向う岸に, 向う岸へ, 向こうに, 向こうへ, 向こう岸を, 向に, 吹雪と, 周辺に, 唄, 国が, 国の, 土手で, 土手の, 土手を, 地の, 埃及に, 埼に, 堤に, 堤や, 堤防へ, 堤防まで, 堰を, 場合を, 声が, 夕暮を, 大きく横たわっ, 大修羅場, 大街, 天地ばかり, 女房お, 如く, 如くに, 姥, 姥だ, 姿に, 威勢で, 婆さんが, 婆アだ, 婆アだって, 婆様は, 字と, 字を, 存在を, 安礼, 宝田村, 対岸で, 対岸へ, 小流れ, 屈曲が, 山中にて, 山東方面に, 岩に, 岸あたりに, 岸が, 岸なる, 岸にでも, 岸べ, 岸三本木に, 岸辺には, 岸近くを, 岸頭に, 川べりに, 川淀に, 左岸と, 左岸リュクサンブゥル公園の, 帆掛船の, 常滑の, 平らな, 平原及び, 広い見晴, 広さ, 広狭長短に, 底なる, 底にでも, 底へ, 底まで, 底泥土へ, 底深く, 彎曲部に, 彼方の, 徳を, 念ほ, 急流に, 悠々たる, 悲歌, 悲歌の, 悲歌を, 戦は, 戦ひ, 戦場と, 手前から, 掘割の, 支流が, 支流だ, 支流といふ, 数ある, 方へまで, 方向が, 方向も, 方面に, 明るい水の上, 春にも, 景色に, 暗々たる, 曲り目などで, 曲折などを, 最も繁華, 末だ, 本流に, 材木置場から, 東の, 東北隅佐太に, 柳みじかく, 柳數多き, 楊柳の, 槍使いは, 橋さえも, 橋の, 橋数ヶ間朽ち損ず, 橋畔に, 歌や, 歌よりも, 殆ど中央に, 水いたく, 水かさが, 水ぎわで, 水さへ, 水です, 水ばかり, 水上という, 水上といふ, 水上の, 水即ち, 水底では, 水流や, 水浴に, 水温と, 水源, 水源では, 水源と, 水源の, 水源へと, 水源地ヴィクトリア湖が, 水源地方の, 水源池に, 水瀬が, 水神様の, 水脈に, 水辺パレスチンに, 水量は, 水際に, 水面にまで, 水音と, 水音ばかりが, 水音木々の, 氷が, 氷も, 氷解する, 氾濫が, 氾濫でも, 氾濫によって, 氾濫の, 氾濫期が, 江といふ, 江の, 汽船の, 沢山の, 河の, 河上から, 河原には, 河原の, 河口で, 河口とか, 河口へ, 河口左岸に, 河岸よりに, 河幅が, 河港に, 河盂, 河縁に, 河面の, 沼地の, 沿岸が, 沿岸森林地帯や, 泥から, 泥に, 泥水ばかり, 洪水も, 洲に, 流で, 流の, 流れから, 流れとや, 流れへ, 流れる巨大, 流れ袖, 流域だけ, 流域では, 流域を, 流濁水に, 浅きに, 浅瀬に, 浅瀬を, 海岸で, 海賊では, 涅槃に, 淡水を, 深い所, 深さ, 深みで, 淵で, 淵や, 淵をも, 淺いところへ, 清水を, 渡しも, 渡し守で, 渡河を, 渡船場を, 渦卷ける, 源まで, 源泉, 漆黒な, 漣が, 漣を, 漫々たる, 激戦を, 激流が, 濁水を, 濁流は, 瀬で, 瀬なり, 燈心草の, 牧草地の, 物語は, 現地で, 生活, 畔で, 畔でを, 畔は, 畔オクソンヌといふ, 畜生中, 発見者ヘンリックホドソンは, 眞ん, 真っ黒な, 真ん中へ, 真上附近にまで, 真中で, 真中ほどまで, 真中を, 眺めを, 眼に, 石昇り, 石畳み, 砂原ほのかにも, 磧に, 礫が, 神たちに, 神たちまでに, 神の, 神を, 秋雨を, 秘密といふ, 紅き花, 細川村には, 統御と, 絶景が, 線まで, 縁から, 縁じゃと, 縁に, 縁まで, 美景が, 胴の, 舟筏と, 舟遊びの, 船つき場や, 船客は, 船頭の, 色を, 荒れて, 落差が, 蘆の, 蛇行, 表に, 西から, 西を, 西岸に, 西岸は, 西方に, 見える四帖半, 見える家, 見える方, 見える櫺子窓, 話を, 誉れの, 誤写と, 諸教授, 諸部, 豊川上流の, 貫流し, 跡が, 路を, 辺で, 辺の, 近い所, 近くで, 近くの, 退屈な, 速き流れ, 道連の, 邊りで, 都ツール市へ, 釈迦に, 金時計を, 釣は, 鉄橋まで, 長い帯, 長篠地方で, 間を, 附近を, 雪を, 雪深い, 霧に, 靄に, 靈更に一層, 面が, 面には, 面にを, 面へ, 音に, 音の, 頸をば, 類皆彼の, 高い空, 高度差の, 魚に, 鯰乾野の, 鰐魚を, 鰻食は

▼ 河~ (507, 8.9%)

29 渡って 9 下って, 隔てて 8 越えて 6 越して 5 へだてて, 見て 4 はさんで, わたって, 挟んで, 泳いで, 渉り, 渡った, 渡ろうと, 見ながら

3 [11件] さかの, 利用し, 往復する, 挾んで, 横断し, 渉る, 渡りました, 渡ると, 眺めて, 通って, 遡って

2 [26件] こえて, さか, なして, のぼって, わたるでも, ボートで, 上下する, 中に, 前に, 尋ねて, 徒渉し, 横ぎる鉄橋の, 流して, 流れて, 渡ったという, 渡ったところ, 渡らなければ, 渡らんには, 渡る, 登って, 眺めたり, 神聖視し, 空を, 見た, 見晴す, 越したが

1 [319件] あっちこち泳い, お渡り, かよう蒸汽船, きかされたり, くだって, くだつて彼が, くだりそこ, こえたこと, こえてまで, こえる, こさんと, さかのぼったこと, さかのぼりトルストイ, さかのぼりペリー, さかのぼること六十キロ, さまよい行く, その堺, つくって, ながめた, なくしては, なし, なした, なす, ぬけると, のぞいては, はじめるもの, はじめ所, ひとが, ひとつに, ふみわたり秋風, へだてた反対側, へだてた対岸, へだてた彼方, へだてた敗敵, みるよろこび, むこう岸, めがけて, めぐり, より狭い, よろめき足して, わたった, わたり, わたる, クイーン・メリー号が, クロンダイクまで, サヰ河という, スターリングラードまで, ニージュニ・ノヴゴロドから, ボートが, ポン, 一つ隔てた, 一歩も, 一泊河と, 一里半, 三分の一あたりまで, 上つた, 上つていつた, 上つて行つた, 上り下りし, 上下し, 下った, 下った時, 下つた, 下つて, 下つて港, 下つて行, 下つて行つたの, 下りて, 下りダニューブ河, 下り対岸, 下り帆, 下り湯浅, 下り町, 下り豊前, 下るか, 下るに, 中心として, 丹念に, 乗り起して, 九〇キロ下航し, 二三レガ遡江し, 二三十分間ほど, 二分し, 五つ六つ越した, 仏蘭西の, 伝う路, 佐韋河といふ, 作った, 作り流れたい方, 修理し, 八一〇〇〇〇馬力の, 出だす流れ注ぎて, 助けるため, 北へ, 半ば帆を, 半分まで, 南山巫に, 取られ五十年, 取り包んで, 受とめた, 右に, 名と, 向うへ, 向う岸に, 向う岸まで, 向こうへ, 向へ, 吸い寄せる, 埋めて, 堰き止める工事, 堰止める, 境と, 壊さうと, 夏とおる船は, 大刀提げ, 妬婦津と, 始め千島禮三眞葛周玄までも, 姓と, 対して, 小さなボート, 小蒸汽, 巡洋艦, 左に, 席巻し, 帯に, 幾つも, 廻りて, 彼方に, 彼方岸へ, 往来する, 征服する, 徒渉しなく, 御覧なさい, 恐れず大砲, 憑, 成せるその, 打渡っ, 抱擁する, 掩う, 擁し谷, 斜めに, 東から, 染めて, 横切った該撒, 横切って, 横切つた, 横切らなければ, 欠き湖底湧泉, 欺かして, 歌つてゐる, 歩きまわって, 歩渉し, 汽船にて, 河口まで, 泳いでまで, 泳ぎ渡って, 泳ぎ渡るもの, 泳ぎ赤裸同様, 流れけり, 流れる一隻, 流れる筏, 浚う人夫ら, 済り, 渉って, 渉っても, 渡して, 渡すな, 渡ったとき, 渡ったの, 渡ったん, 渡った事件, 渡った彼, 渡った者, 渡つてムウドンの, 渡つて来る, 渡つて東する, 渡つて東漸しはじめた, 渡つて芹澤と, 渡つて行かなけれ, 渡つて買つて來なけれ, 渡つて郊外の, 渡らしむること能, 渡らせましょう, 渡らんと, 渡らんとして, 渡りある, 渡りかかるや, 渡りつくして, 渡りて, 渡りどうして, 渡りぬ, 渡りま, 渡りやがて, 渡りやがるの, 渡りパッシー, 渡り云い知れぬ尊い, 渡り切ると, 渡り国外, 渡り地, 渡り夕, 渡り平坦, 渡り悠々, 渡り東南, 渡り氷, 渡り流, 渡り漢水, 渡り翌朝シリグリ, 渡り超えた, 渡り野原, 渡ること, 渡るしぐさ, 渡るであろうという, 渡るとき, 渡る地点, 渡る時, 渡る権利, 渡る英雄, 渡る要, 渡る間じゅう身動き, 渡れ, 渡船で, 渫ふ, 渫へ, 渫へて, 溯って, 溯つて, 溯らないの, 溯ること, 溯江し, 濟り終り, 濟る, 濠として, 火中に, 父として, 現出した, 産みその, 発し谷口, 登るフィリッピン材, 百浬ほど, 眺めた, 眺めたの, 眺めてる, 眼に, 知つてゐる, 突破し, 築くとも, 篷船に, 統制する, 羨むこと, 背なかに, 背景に, 航行する, 船で, 荒し人家, 荒すこと, 薪を, 見たこと, 見ても, 見ないうち, 見に, 見るまで, 見ろ, 見んため, 見下して, 見卸した, 見張りする, 見晴らしつつ, 見空, 見降した, 見降ろした, 訪うて, 訪れに, 誰にも, 走つて, 越え, 越えさせて, 越えたという, 越えたらしく見られるも, 越えた城太郎, 越えオペラ, 越えグランブルヴァール, 越え渡るには, 越さなければ, 越した彼, 越し町, 越す人, 越す可, 越せ, 距てた寝, 距てて, 跨ぎ越えた, 跳び越す途端, 踊りなさいよ, 蹴って, 辷って, 逃げ渡つて, 逆さに, 造りぬ, 過ぎて, 過ぎ共に, 過ぎ小山, 過ぐる, 道に, 遡った, 遡ること一里, 遡れるの, 遡上せしめたの, 開く, 防ぎすなわち, 降つた夜, 隔て, 隔てたジャーセー市, 隔てた十日市, 隔てた洋上, 隔て堀割, 離れたとも, 静かに, 鴨緑江を, 鵜河と

▼ 河~ (437, 7.7%)

20 沿うて 12 沿って 6 身を 5 なって, 添って 4 流して, 臨んだ旅館, 落ちて 3 かかって, かげ見えて, 向って, 浮んで, 添うて, 突き出て, 臨んで

2 [17件] いたる一週間, かかった橋, して, なるかと, 向いて, 墜ちて, 天上の, 投げること, 投身し, 沿ひ, 泳いで, 流されてるよう, 流れし桃, 流れ込むの, 漬けて, 煙花の, 近づきたるなるべし

1 [322件] あつまりぬ, あらず月, ありき, いったり, いのりました, いるし, いるの, いる或, お遊び, かかった, かかった仕掛花火, かかった小橋, かかった模型, かかった鉄橋, かかる, かけた長い, かけられた細い, かけられて, かける橋, ぎっしりもやってる, こだまし, これを, ござる, しろそれ, するには, すんで, そうて, つづく一面, とどめその, とびこんだ, とび込み舟, とび込む覚悟, どの位, どぶん, なったら面白い, なつた, なつて, なりました, なると, なるの, のぞみて, のぞんだ造船場, のぞんで, ぴたりと, またがり, むかつた讀書室, やってきて, わたしの, 上る如く次第に, 下りたそして, 下りて, 下りては, 下り立つてからの, 下る幅員, 世は, 並行した, 以下ニニギの, 似て, 住み水, 住むも, 何か, 作られん, 併行させ, 入つた, 入らむとする処, 入りて, 入りびたって, 入りまそした, 入りメイヨ川, 入り手榴弾, 入り新城町, 入るため, 入る為, 入れて, 出して, 出る広い, 出る道, 別れ行く, 到りませる時, 包まれた島, 匹敵する, 十数艘入港つた鯡が, 反映し, 合して, 名づけて, 向うそう, 向かった土手, 向けて, 向った公園, 向った南, 呑まれて, 呪われて, 命を, 喩えた時, 囲まれた中島, 圧して, 圧迫し, 在り, 在りては, 在事, 埋めよ彼ら, 埋めよ彼等, 埋めるばかり, 堤防を, 堰を, 墜入って, 変え水, 変じて, 大きな汽船, 寝転んで, 巨大な, 布団を, 帆を, 幾つも, 建設された, 張りつめた氷, 影を, 彼女に, 循い, 投げ入れ命, 投げ込まれたの, 投げ込むだが, 投じその, 投じたかは, 投じて, 投入る, 投入れ命を, 投身しよう, 投身する, 投込む, 拠り巌嶮, 拳固を, 挟まれたツウル市, 挨拶する, 捨てた, 捨てられて, 掛かって, 接する地方, 放したの, 放流し, 散る, 於て, 昔から, 映える金色, 映して, 映って, 曝す手作さら, 村に, 林に, 枝を, 架かる石橋, 架せる, 架って, 架つた長い, 棄てねば, 棲む水蛇, 横はる橋, 橋を, 橋断つかため, 次す, 残して, 水浴を, 水涸れて, 汽船が, 沈めさせたの, 沈めましたが, 沐しき, 河浪が, 沿いて, 沿うた古い, 沿うた興味, 沿うた道, 沿うよう, 沿うフランスカナダ人, 沿う広い, 沿ったところ, 沿ったり, 沿った町, 沿った美しい広い, 沿った街道, 沿ふ, 泝る, 注いで, 注ぐ河, 泳いでるところ, 洗われずば, 活動の, 流したの, 流したり, 流すの, 流す風習, 流れた月, 流れ入るその, 浅瀬は, 浮きあがるの, 浮きき, 浮きました, 浮き沈む, 浸した手拭, 浸って, 添う家屋, 添った横通り, 添つた遊歩道には, 添つてなまめかしい, 添つて昼顔が, 溺死したがっ, 漁どりすべ, 潮が, 瀕する平野, 現じ, 生ふる, 生れて, 由て, 発電所と, 破り平安, 祓へ, 突き出したり, 突き墜された, 竹の, 筌を, 築城は, 糸を, 絶たれては, 網を, 翩, 臨みて, 臨み後, 臨む旧, 臨む水門, 臨んだの, 臨んだ大きな, 臨んだ小, 臨んだ岩, 臨んだ廊, 臨んだ旧, 臨んだ王宮, 臨んだ窓口, 臨んだ絶壁, 自分の, 至り東, 至るの, 至るまでの, 至る事, 興味を, 舟を, 船を, 船遊びを, 落して, 落ちたり, 落ちた彼, 落ちた者, 落っこちるよう, 落て行衞不明, 蚕食され, 行きました時, 行こうか, 行幸せられた, 見る時, 討つべく武蔵, 譬える, 譬へて, 議り, 踏みこんで, 踏み入ると, 較ぶべき, 近いある, 近いの, 近い下町, 近い山荘, 近い日和山, 近い牧場, 近い砂丘, 近きイモラ, 近く住む, 近く行っ, 近づくに従って, 近よって, 迫り出したかけ, 追い下ろされる, 這入つたの, 通じて, 造られたボルダー, 運ばれてるよう, 運ぶよう, 運んで, 運河を, 過ぎない, 達したが, 達したの, 達したトゥリスタン, 達した頃, 達する所, 達せし, 遮られ往還, 金色の, 鉄橋を, 錨を, 長い木橋, 陥ちて, 陥ち込んだの, 面したところ, 面したサロン, 面した住宅風, 面した兩側, 面した厨, 面した古い, 面した座敷, 面した方, 面した部屋, 面して, 響かして, 飛びこんだり, 飛び込む水, 飛び込んで, 飛込みあたら, 飛込み可, 飛込んで, 食い止め一方, 養はれ, 駐まり, 魚を, 鮭鱒を

▼ 河~ (253, 4.5%)

42 流れて 9 あって, ある 6 あった 4 見えませんでした 3 あつて, 左に, 幾筋も, 荒れて

2 [13件] あつた, ありまして, あります, 二股に, 出来て, 合流する, 春日大明神の, 河の, 海へ, 溢れて, 町の, 見えた, 見えないよう

1 [145件] あさいとか, あたりの, あったッ, あった河, あなたの, あやを, ありました, ありますが, ありませんよ, あると, あるの, いかにも武装, うねりくねって, うららかな, きらりと, ぐるりと, ここでは, この三角洲, この荒蕪, するやう, ずうっと, その上流, その水, それである, ぞっとする, できました, ところどころに, なく従って, のたりと, ひろびろと, みんなさうな, ものを, バヒア・ブランカ湾に, ヴェツェンツァの, 一度びこ, 一望の, 九十九曲り, 乳白色に, 二分する, 二筋流れ出, 他に, 億劫の, 先刻より, 全身に, 凍って, 凍り其上, 凍り汽船, 出来るので, 右に, 右下, 同類でござる, 吼えるよう, 哈爾賓から, 地上楽園から, 塔下を, 境に, 多く名, 大いに広く, 大きな淵, 大きな音, 大小三筋あり, 嬌え, 密林の, 少い, 少し開け, 尾を, 屋敷の, 屍体の, 山を, 左手の, 強烈な, 急に, 或はナイル河, 日光を, 春に, 曲りくねつて, 月光を, 有まし, 有り堀, 望まれ紫色, 木挽山の, 来た, 東に, 森をめぐって, 氷結する, 汽車と共に, 沢山あっ, 流て, 流れこの, 流れこむ孤独, 流れたからこそ, 流れては, 流れる, 流れ出る魂, 流れ去つた, 流れ河, 流れ田圃, 浅いから, 海に, 涸れて, 深山の, 渓間に, 湖水へ, 源を, 生きて, 生物の, 町に, 白く光り, 皆河上で, 真っ黒であった, 真下で, 真直ぐに, 穏かな, 突然地面, 細い流れ, 續い, 舗道を, 荒れ, 荒れたと, 荒れなくなるだから, 荒れますと, 荒れると, 落ち合って, 落花で, 蚕食し, 血にな, 見えだして, 見えない, 見えないので, 見えないやう, 見えます市川, 見えるだろう, 見えるはず, 見たいなと, 見晴らせた, 谿に, 貫いて, 賊寨では, 赤水, 違ふんです, 野を, 銀の, 銀色に, 音を, 麓を

▼ 河~ (236, 4.2%)

4 流れて 3 私の, 見えない 2 またとない, みんな海に, 千載に, 氾濫し, 海に, 町の

1 [214件] あのミシシピ, あふれて, あるとき, いくつも, いくつもの, いつもこうした, いよいよ明るく, うしろに, おそろしく濁っ, おほどかに, おもしろい, お好き, くねって, この都会, これを, さけびこの, すぐ又, その夜, その海, その町はずれ, その石橋, その間を, それを, たうとう, ときどき増水, とっぷり暮れ, どうな, どうなった, なくなって, なみなみとたたえ, にせものの, ばを, ふだんは, ほとんど人間, ほとんど埋っ, まさしくタンガニイカ湖, まだ山川, まだ野性, みんないっしょに, みんなまつ, もう二度と見まい, もちろん淀, ゆるやかに, ようやく京, より大きな, アフリカの, カタニアへは, ゴウゴウと, タンガニイカ湖に, ハリハ, モンタナ州の, 一ヶ月の, 一年を通じて, 一面に, 上総の, 丘の, 両側に, 中央アジアの, 伝馬やら, 低い呻き, 何, 何処へ, 依然としてその, 先ず驚きまし, 全長二千五百マイルの, 其の強い, 其処へ, 其方へ, 内蒙, 再び暗く, 凍って, 出水に, 割に少ない, 力強い平安, 勿論サクラメント河, 北米合衆国の, 十年か, 十日も, 古城の, 古外ガルリアと, 古雅な, 右に, 呼びかけて, 土色に, 地上楽園から, 地下を, 地下水と, 堤を, 夏は, 多いが, 大きくう, 大和磯城郡纏向村に, 大江でも, 大王の, 大雨でも, 奇っ怪千万な, 如何にもクープリン, 始めて, 定良, 家の, 寒いと, 山から, 山の, 川幅と, 常よりも, 広い深い谷, 必要の, 思いますまいから, 思い存分, 急に, 恒河の, 息切れ歯軋りし, 慚愧に, 懲され, 我々の, 扇形に, 支流を, 数千年来層一層, 文字通り尾根を, 新川初, 昔ガルリア・チサルピーナ, 春夏秋冬それぞれの, 暫しこ, 木々の, 末流の, 橋も, 此の, 死の, 殆ん, 比較的に, 水が, 水で, 水は, 水嵩も, 水清く, 水脈を, 氷に, 氷も, 氷河とは, 沙の, 泣く勢い, 流れが, 流れぬ, 流れる, 浅そう, 海を, 海峡よりは, 消え失せて, 涸れて, 淀瀬無からし, 深いん, 深く深くと, 湖水の, 源を, 漾, 激しい音, 濁って, 濁つて, 濁る善悪, 瀕死の, 火に, 火山の, 無くて, 無神経である, 燐光の, 珍らしく, 甘南備山が, 目ば, 直ぐと, 直ぐ前, 瞬間くろい, 神の, 神恩の, 禹貢の, 私たちをも, 秋では, 稍や, 稍右に, 素より遊山半分信心, 絶えずはやく, 縦横無尽と, 美しい清らか, 胸を, 膨れて, 著しい蛇行, 薔薇色と, 蚕食し, 行き詰った, 西南独逸の, 西方へも, 見えないが, 見る間, 見違, 誰の, 谷に従い, 迂回し, 遅緩で, 過程の, 重慶政府の, 銀鼠の, 長く流れ, 陽気な, 雛芥子とともに, 青銅の, 非常に, 面色を, 音も, 音を, 飛沫と, 高さ, 鳳山亭より, 黄濁し, 黄金河, 黒かった

▼ 河~ (171, 3.0%)

4 出て, 向って, 流して, 身を 3 捨てて 2 はいって, 下りる路, 入って, 捨てた, 水を, 落ちて, 逃がして, 飛びこんで, 飛込んだ親分

1 [134件] いくこと, いくと, いって, おりて, さらう愁ひも, さらに剣槍, その脚, つかわして, つりに, どんぶり飛び込ん, はいったまま与平, はいらないの, はいる者, はまりこんだに, ひきかえし南, ふみこんで, ほうりこんだ泰軒, ほうり投げた, ほうり込まれて, まつさ, むざともぐり込む, ボオト旅行に, 下って, 下りて, 下り立たれた, 体を, 入るもの, 出かけて, 出かけるの, 出たが, 出るよう, 北する, 叩き落し, 叩っ込め, 向つて, 吸い込まれて, 墜ちて, 墜つる者首を, 奔ってる, 小便を, 廣い, 引っかえし, 抄いに, 投げこまれる前, 投げこむこと, 投げた, 投げたとき, 投げ捨てさせて, 投げ捨てた, 投げ落としたの, 投げ込まれたの, 投げ込もうと, 投げ込んだり, 投ぜられたと, 投り, 投身し, 投身自殺した, 投込んだ, 抛りこめ, 押入れられた豚, 持って, 捨てたはず, 捨てたん, 捨てたんで, 捨てた蛇, 捨ててしも, 捨てようと, 捨てるん, 捨て大将, 放すこと, 放流した, 散歩に, 来た, 来て, 橋の, 橋を, 死体を, 死骸を, 水汲み, 水浴びに, 沈めたり, 沈め骨, 沿つてゐる, 泳ぎに, 流すこと, 流れこんで, 滑り込み溺死, 眼を, 石を, 移すこと, 突き落されたの, 突き落し, 突き落す, 縁付ける橋渡し, 置いて, 臨んで, 落ちた, 落ちた所, 落ちると, 落ち込むので, 落つこつて了つたん, 行きあわせた事, 行き吉良氏, 行くと, 行こう, 行って, 行つたといふ, 行つて來ない, 赤ん坊が, 赤ん坊を, 跳り込んだ, 追い込まれてからは, 這入って, 這入つたの, 這入り岸, 通じた, 連れて, 連れ込もうと, 遊びに, 釣りに, 降りて, 集まって, 飛びゆき睡り象, 飛び込みや, 飛び込む, 飛び込むか, 飛び込むという, 飛び込むより, 飛び込もうと, 飛び込んだ, 飛込んだが, 飛込んだの, 食い込んで, 馳せ下って

▼ 河~ (92, 1.6%)

4 なって, メリマック河の 3 なつて, なる 2 堀と, 樹と, 水の, 関係ある

1 [70件] いいます, いうが, いうより, いうよりも, いえば, いえるよう, いって, いふ, おなじよう, この地方, その黄色, なく草, なした, なった, なり修羅, なり得ないとは, なるの, なる岩間, イタリアの, コリマ河との, コロンビア河との, ダニュウブ河の, ハドソン市とを, ピンチヨオ山との, 一緒に, 並び称される巨大, 云いながら, 云い天, 云つたユヱ河に, 倶に, 冬枯れの, 出合を, 化した, 化し泥田, 号し晩年, 同じ河, 同名, 名づけた, 名づけたり, 名づけて, 名づけられて, 墨水と, 大会堂との, 大岩とが, 山とが, 山脈, 平原ばかりの, 成程という, 故郷の, 書いて, 此れ, 死海の, 池との, 沂水河に, 河の, 海とで, 海の, 湖水を, 申しそこばく, 申す大河, 直接に, 睡蓮と, 称せず, 空とに, 突兀峨々として, 聞くと, 見えし光, 見立る, 遼河の, 魚類の

▼ 河~ (88, 1.6%)

3 の広告マン, の石, の砂, 埋塞 2 に, の人生

1 [72件] あるひ, からこんな, から一つ, から大きい, から湧き出る, から立ちのぼる, から饐えた, が一面, が干潟, が浅く, が露出, が饂飩粉, である, で誰, となっ, にある, にそれぞれ, につく, になっ, にはトロッコ, には一脈, にゐた, に埋もれ, に墜ち, に寝転ん, に張り, に栖ん, に沈ん, に沈澱, に泥, に流し埋める, に白骨, に鉄鎖, のトンネル, の一点, の乾いた, の冥府, の勾配, の奥深い, の岩石, の暗, の水草, の沼土, の泥土ン中, の深い, の軟泥, の轟音, の露, の骸, は一面, は浅く, へほうりこみ, へ沈澱, へ潜っ, へ生埋め, めがけてと, より掬い纏めた, をさらえる, をさらっ, をしきならべ, をたづ, をなし, を彼, を掘り得た, を洪水, を浚っ, を浚渫, を深く, を潜り, を覗き込む, を覗き込ん, を貫く

▼ 河~ (84, 1.5%)

4 に吹かれ

2 [13件] がふいた, が寒く, が頬, にふかれ, にチラ, に傘, に吹, に桜, の寒い, の湿, は股, よ, をさいぎつて

1 [54件] あがれよ簾, おほはむ, がいけなかった, がいっそう, がきびし, がはなやか, がもう, がをり, が一しきり, が冷える, が吹きぬけ, が吹きぬけた, が吹き上げ, が寒い, が寒気, が涼しく, が爽, が襟元, だ, に, にあたる, にあたろう, にさらし, にそよがせ, にでも吹かれ, にふかれた, にみのげ, にヒラヒラ, に乗っ, に動い, に吹かれたなら, に吹き, に揺れ, に涼み, に翻る, に裾, のきびし, の冷めた, の刺激, の吹く, の激し, の音, はそよそよ, はまだ, は涼しい, は胸, も冷たく, も当代, を入れ, を朝, を金屏, を顔, 上れよ簾, 寒く身

▼ 河~ (82, 1.4%)

2 たる隅田川, と運河, を閉塞, 及び江湾, 第三

1 [72件] ありて, から考察, が一人, が出, が完成, が拡がっ, が放水路, が流れ出し, が流れ込ん, が眞直ぐ, だと, であるなら之, で観察, として作者ロマン, となる, と上汐, と荒れた, なら見当, にそっ, に因り, に沿っ, に浴すべく馴れたる, に身, に近く, のうち, の交錯, の他, の分岐, の半ば, の印可, の多い, の岸, の所, の改修, の方向, の映像, の樹枝状系統, の水勢, の神, の蛇行径路, の転位, の速い, はその, は予, は其の, は各, は始終, は深い, は牧場, は百八十尺, へせき落され, または海, も今, も同じく, をきめ, をさかのぼる, をへだて, をもっ, を下り, を出, を切り, を堰い, を御, を枯渇, を横ぎりはじめていた, を清めず, を渉, を禦ぐべし, を越え, を遙, を都合, 又は海

▼ 河から~ (69, 1.2%)

3 水を 2 メリマック河に, 一緒に, 這い上がって, 金時計が

1 [58件] きたいな, こっちへ, さつと風, しぶきを, だいぶ退いた, だんだんと, へびの, まずお, みもち, やって, シェラ・レオネの, スターリングラードへ, 三十フィート高い, 上がった珍しい, 上がろうと, 上つた徳次が, 上つてゐる, 上つてヤマトタケルの, 入りこむ, 半哩ばかり, 吹き上がった, 吹く微風さ, 夜霧が, 岸へ, 市川へ, 帰って, 引いた水車溝, 引揚げ, 彼の, 揚げようと, 来たが, 来るらしい音, 段々陸, 水道を, 汲み上げて, 汲むもの, 河へ, 流れて, 浮かび出して, 照りかえす西陽, 田用水を, 由比ヶ浜方面へ, 発見された, 直角に, 立ちのぼって, 立上り蟋蟀が, 繞らされ, 藁屑の, 蘆を, 逐一承り, 通ずる, 遠くない, 陜西四川にわたる, 陜西甘粛四川雲南を, 離れる気, 靄が, 風が, 鳥羽への

▼ 河~ (59, 1.0%)

3 が出る, が棲ん, のよう 2 か, であった, にもならなかった, の住居, の皮

1 [40件] がい, が出た, が十右衛門, が棲む, が死ん, が水, が猫, じゃあねえ, だ, であろうと, です, ですね, でその, でないこと, ではない, でもまぎれ込ん, ともみえる, と大差, なんぞが出, について何, に似, に似た, に話し, のお話, のたぐい, の仕業, の出, の喉, の奴, の姿, の毛皮, の衿つき外套, の襟, の頸, の首, は年, もこの, も出る, も出れ, よ

▼ 河~ (53, 0.9%)

3 海の 2 池が

1 [48件] あるいは古跡, その支流, たいがいの, ただそれ, なぎほつれてなげく, なぎ木橋, なぎ白き, また珍しい, ガンジス河よりも, ドン, バルト海や, 丘や, 小さな流れ, 岸や, 平野や, 森や, 樹木や, 橋や, 池, 沼や, 沼やを距てた, 沼を, 海などは, 海に, 海は, 海や, 海を, 海浜や, 湖から, 湖と, 湖や, 湖水を, 湖泉に, 溝の, 溝川で, 潟の, 火は, 田に, 田畑の, 空や, 背景を, 自然が, 運河を, 野や, 野原を, 針の, 隅田川へは, 雪を

▼ 河~ (52, 0.9%)

2 に船出, へ出

1 [48件] から一里半, から神, であった, である, であること, で橘, などという歴乎, などの反対組, に, にある, にて候う, にもしばらく, に出, に出た, に宮居, に引き去った, に或は, に群臣, のある, のカール一つ, の使い, の出合, の右岸, の合流点, の国, の土地, の在る, の大坂, の奥, の山, の山野, の橋, の狭い, の谷, の赤坂, の金剛寺, ばかりで, へと達した, へ入る, へ帰すべき, へ帰っ, へ旅だつた, へ立った, へ落ち, を作った, を経, を統御, を遡る

▼ 河~ (48, 0.8%)

3 は広く 2 いつぱい, の広い, は広い, は狭く

1 [37件] おおよそ二町, がせばめられ, がひろがり, が一米, が三里, が広まる, が最も, が狭, が狭い, が狭まる, こそ広く, こそ広けれ, だ遠矢, として残される, のもっとも, はおそろしく, はこの, はずっと, はまだ, は二五〇〇呎, は二百間, は光り, は六, は千米, は展, は怖, は約, もずっと, もひろく, も余程, も四十間, も廣い, も脛, わずか十米あまり, を右, を増し, を狭めん

▼ 河~ (47, 0.8%)

2 亦火, 泣き涸らすと, 野も

1 [41件] あったの, あるので, あるんで, いったんボルダー, これ以上小さな, しばし流, しばし流れ, その泳ぎ場所, それにつれて, たださびしかっ, ないで, なにも, まるで箱庭, みな武者にて, みんな絶え間なし, ダニューブ河も, 下れなかった頃, 凍り土, 向う岸も, 哭いた, 娘も, 山も, 岸も, 平生の, 悉く雪, 悶絶す, 柳も, 水も, 泉も, 流れるだろう, 消える, 燃え筏, 町も, 知らないが, 美くしい, 膨る, 見えなくなる頃, 賑やかな, 遠くは, 雪の, 非常に

▼ 河~ (43, 0.8%)

1 [43件] あつて, いったん氾濫, お蘭, なんべん, はっきりわかった, よんだ, シャツを, パンツを, ロシヤの, 下々の, 十分に, 取れるのに, 小舟に, 岩から, 廿萬石都合五十萬石上野國佐位郡厩橋の, 彼等が, 我々は, 戦死しました, 捕れた鰍, 昼食を, 時々鋭い, 最も深い, 有望な, 此処のは, 死ぬ, 死ぬちゅうてな, 泳いだい, 泳いだり, 洗い流されて, 洗ふ, 溺死した, 畳まり畳まり犇, 眼の, 禊ぎをしてゐる処も, 船乗りの, 菜っ葉を, 見いだされるもの, 見つかった死体, 金色の, 釣りあげた自慢, 釣れるキス, 長百二十フィート, 魚を

▼ 河向う~ (39, 0.7%)

2 にある, の女, の家並

1 [33件] からの銃砲撃, からはゲリラ, から声, だった, だと, で待っ, とちがっ, にあった, にしばらく, には相違, に約, の, のフランス租界, の八方館, の六馬路, の厚木, の大きい, の工場地帶, の或, の火事, の町家, の療養所, の篠, の遠い, の鋳物工場, の隅田, の麦酒会社, は当時, は砂, へ生産, へ行こう, まで渡し, を見る

▼ 河には~ (38, 0.7%)

2 水が, 漣が

1 [34件] いっぱいに, いつもその, それからという, どうしてこんなにどっさり水, まだ幾條, やけた舟, サンパンが, 人を, 冬の, 動きまわる一艘, 各国の, 小舟を, 山から, 後向きに, 春の, 木履型の, 橋が, 橋を, 橋谷には, 氷が, 河童どもが, 油を, 波の, 無限の, 真沙魚, 石油が, 神が, 秋に, 職業組合の, 船が, 逆茂木を, 金時計が, 雪や, 静かな

▼ 河沿い~ (35, 0.6%)

8 の家 4 の部屋 2 の街

1 [21件] から大小, にウェルバ, に大きく, に残る, の二階, の仕事部屋, の土, の地面, の堤, の室, の料理屋, の方, の段丘, の溜水池, の町, の空地, の道, の道路, の長い, の間道, の青白い

▼ 河圖書~ (33, 0.6%)

2 で傍, と云う

1 [29件] がお, が在俗, が悪, が改心, だから, でございます此の度, でずーっと, で金森家, という人, という宝暦八年, と決闘, の傍, の女房, の居ります, の様子, の眼, はお, はとても, は丁寧, は大賊, は山三郎, は年齢二十六七, は来る, は横着者, は真, は短, を始め, 御面会後立, 思うに

▼ 河べり~ (28, 0.5%)

1 [28件] から浜町, でご, で眼, にある, に七, に並ん, に怪しげ, に新た, に沿っ, に白藻苔, に県, に近い, に陣, の散歩, の方, の昔, の枯柳, の樹蔭, の水明り, の洲, の蘆, へ乗り出し, へ出, へ来, まで来る, まで這い出し, をさがし, を覗い

▼ 河~ (27, 0.5%)

1 [27件] だけは戰爭, ではあたり, では皆河水, で評判, にある, について研究, にも使った, にも関所, にゆとり, にゆれ, に死人, に沿う, の吉野村, の景色, の水蒸気, はますます, は遠く白く, へはいつ, も変っ, を伝つて北, を流れる, を潮, を監視, を眺め, を示す, を見渡す, を通さね

▼ 河~ (27, 0.5%)

1 [27件] がぶち, が甚, であったから, とが相当, に下っ, に沿っ, の中, の小, の屈曲, の改良, の見える, の通行, はその, は鋭く, を人, を修築, を埋め, を掩, を浅く, を盛り上げ, を縦観, を見れ, を超越, を辿る, を遡っ, を遡る, ヲ修築シテ其天然

▼ 河~ (25, 0.4%)

2 を照らし

1 [23件] から舳, にまで出, に出た, に出る, に吼, に止まっ, に泳ぎ, に赤い, の一銭蒸汽, の丘, の島根, の水底, の砂, は流れ, へ乗ってる, へ乗出し, へ出た, へ向け, へ向っ, へ漂い出した, へ漂い出る, へ返させ, を探っ

▼ 河沿~ (25, 0.4%)

15 ひの 3 ひに 2 の途 1 にバタシー, の宿, の河原, の菰, の通り

▼ 河~ (25, 0.4%)

2 の音, は窓, よ, 暗く瀬, 高く泳ぎ行き

1 [15件] あまた海, が咽ん, さわぎたち, に臨ん, のいざよふ, の上, の打寄せる, の響き, はひたひた, は横ざま, へ躍りこんだ, をあげ, をのぞい, を掬, を渡っ

▼ 河~ (22, 0.4%)

1 [22件] がよく, が降灰, と山岳, なきとき, により, に出る, に因り, に浜, に狩漁, に落滅, の区別, の影, の微, の氣象, の水, の行潦, はことごと, は悉, より小, を悉く, を泣き乾す, を遊弋

▼ 河~ (20, 0.4%)

2 に出る, の桜

1 [16件] から橋, で一騎打ち, で漸く, になっ, に出た, に集つた, の上, の事, の古本屋, の松林, の蛇籠, も山径, をまっしぐら, を一散, を急, を指し

▼ 河~ (18, 0.3%)

4 にある 2 でその

1 [12件] とも池, には急ご, には楢, に電気, の方, の畑, の鳥屋, へ出, へ水, を伝っ, を捜し, を逍遙

▼ 河蒸汽~ (18, 0.3%)

3 に乗っ

1 [15件] が音波, でセーヌ河, で吾妻橋, にも種々, に乗る, に乗後れまい, ののどか, の乗場, の出る, の着く, の笛, や電車, を待つ, を棧橋, を通

▼ 河~ (18, 0.3%)

2 の串, の精

1 [14件] ぐらいに限られ, で一杯, で小さな, といえ, といへ, のごとく躍っ, のよう, の味, の手ざはりと匂, は朝間詰夕間詰, は身, は醉, も捕れません, や新鮮

▼ 河という~ (14, 0.2%)

2 のは

1 [12件] ものだ, わけは, 存在では, 川の, 意義が, 支流が, 河です, 河の, 河は, 言葉なども, 説と, 非常に

▼ 河との~ (14, 0.2%)

2 あいだには, 神, 間に 1 上流では, 合流する, 合流点の, 水運により, 流域の, 途中に, 間の, 高度差の

▼ 河まで~ (14, 0.2%)

2 行くと, 行けば, 行ったが 1 出たが, 南下した, 水を, 水色が, 見送っての, 通じて, 運んで, 達して

▼ 河内山宗俊~ (13, 0.2%)

1 [13件] がやって来た, が啖呵, が立っ, たァ, だつて, て坊主, でおなじみ, でも, のごとく慌て, の四役, の碑, の釣り, はほか

▼ 河~ (13, 0.2%)

4 ふの 2 ひの 1 に奇特, に聳えた, ひから, ふから汽車が, ふまでと, へ繰り出した, 一里の

▼ 河~ (13, 0.2%)

3 のお 1 が法談, でご, でしょう, とやらへ何, と一緒, と仰し, になっ, へお, へ紹介, を見る

▼ 河~ (13, 0.2%)

2 をこえ

1 [11件] である, では前代未聞, という貧民窟, に住み, のメクラ女, の一筋, の崖, の貧民窟, は万年町, をふみ渡れ, を踏まえ

▼ 河~ (13, 0.2%)

1 [13件] が来, についてこんな, に身, の姿, の子, の白刃, の白歯, の石像, の舅さま, の若い, は変装, は猶予, は肘

▼ 河では~ (12, 0.2%)

1 [12件] ある, あるが, ないかと, ないよ, なかった, なかつた, なくなって, モーターボートの, 先頃の, 水揚げ帳を, 水泳ぎがはじまつてゐた, 沙魚を

▼ 河より~ (11, 0.2%)

1 [11件] まづ, ピサ及び, 上りて, 他に, 北インドの, 幅が, 更に西, 海に, 海より, 自分汲み来れる, 西に

▼ 河~ (11, 0.2%)

1 [11件] が世人, であると, と桃太郎, には壺, にひき較べ, に似, に附会, の壺, の対治, の手柄, は伝説的

▼ 河~ (11, 0.2%)

2 の根 1 が痩せ, だろう細かく, などのこんもり, のかげ, の並木, の枝, の空しい, の絮白, も見

▼ 河~ (11, 0.2%)

1 [11件] いったいにわたる, いったいの, の三好, の山野, の平野, の底, の村, の石, の糧道, の街道, の農民

▼ 河~ (11, 0.2%)

4 之舍 2 の舍, 之圖 1 となつて, の恋する, の陸

▼ 河一つ~ (10, 0.2%)

2 隔てて 1 が何, だけぢ, はルーアン, は越さなけれ, 渡して, 隔てた小城, 隔てた広場, 隔てた町はずれ

▼ 河~ (10, 0.2%)

1 がゐ, その璧, と結びつけ, に祷る, の像, の妻, また大, もよくよく, も気の毒, を崇める

▼ 河づら~ (9, 0.2%)

2 に細紋 1 にもや, に響い, の宿, の白雪, をたたき, を撫でる, を覗いた

▼ 河~ (9, 0.2%)

1 に敗残兵, に断り, のほか, の好意, の巡視時刻, の説明, よりの頼み, を訪れ, 何ともどうもお

▼ 河~ (9, 0.2%)

1 が河原, には鎖, による交通, の中, の別, の小さな, の底, の数二千五百艘, はこい

▼ 河くん~ (8, 0.1%)

1 からいこう, がすばやく, が云った, は湯豆腐, は自分, もしゅんと, も浮き腰, や松井くん

▼ 河~ (8, 0.1%)

2 童の 1 ぷちでタラヒに, ぷちより旧, 童, 童あ, 童そのまま, 童に

▼ 河内国~ (8, 0.1%)

2 は昇格 1 に住ん, に住居, に百済郷, の先鋒藤堂高虎兵五千, の藤井寺, へ出張

▼ 河~ (8, 0.1%)

1 などが参会, にもこの, に入る, の洲, の驛, へ出かけ, まで行きました, よ

▼ 河~ (8, 0.1%)

2 の板 1 からあやしい, で組み, と打ち劈かれた, のところ, のりんどう, の花

▼ 河~ (8, 0.1%)

2 と言うた, の渡し 1 といふ町長, の雷音, をお, を定めた

▼ 河~ (8, 0.1%)

1 がふる, がふるえ上がる, たちそいて, にうっすり, に揺られ, のため, の白い白い, 次第に遠ざかっ

▼ 河~ (8, 0.1%)

1 がそうそう, とともに多く, にいじけ切った, にぞ知る, はうれしい, も平素, を耳, 寒き初更過ぎ

▼ 河~ (7, 0.1%)

1 から一面, が水, という, と考えた, なあ, ねそれ, のの

▼ 河でも~ (7, 0.1%)

1 あれば, かかる美しい, その水, 太平洋岸でも, 流れて, 海でも, 越えられるの

▼ 河~ (7, 0.1%)

1 のかしら, のだろう, のであった, のである, ので水, ものか, んです

▼ 河枝比~ (7, 0.1%)

31 賣が, 賣に, 賣の, 賣委曲

▼ 河流域~ (7, 0.1%)

1 であります, との兩文化, に拡がった, のクラスノヤルスク地方, の踏査団, の開発, やコロムビア河流域

▼ 河~ (7, 0.1%)

7 の命

▼ 河~ (7, 0.1%)

2 に生 1 のところ, のやつかいな道連れ, の一塔中, の妻, の家

▼ 河~ (7, 0.1%)

2 の裔 1 の子, は怒, は猛, は衆, を呼び

▼ 河あり~ (6, 0.1%)

2 丘あり 1 アンガラ河, 大海に, 湖沼あり, 谷ありで

▼ 河とは~ (6, 0.1%)

1 わたしが, カーライルの, 反対耕地の, 名ばかりの, 堤防工事の, 東京市の

▼ 河~ (6, 0.1%)

2 たに, たの 1 たでさわぎが, たを

▼ 河向い~ (6, 0.1%)

1 から池, にウィルヘルム一世記念碑, の塀, の武蔵, の郷士, の高い

▼ 河尻肥前守~ (6, 0.1%)

1 が叱咤, だった, と織田九郎次, なども席, には甲斐, は中将信忠

▼ 河沙魚~ (6, 0.1%)

2 のよう 1 だぜ, の空揚げ, はする, を釣る

▼ 河~ (6, 0.1%)

1 が強く, のうち, のこゑ, の靄, は怒, 立ちぬ巻目

▼ 河附近~ (6, 0.1%)

3 の地方 1 の戦, の望小山, の町

▼ 河~ (5, 0.1%)

1 とにかく水, 兎に, 入江か, 深い谷, 湖と

▼ 河からは~ (5, 0.1%)

1 すっかり消えうせ, 図も, 水を, 羽蟲や, 鯉鮎鰻赤魚山女魚等々が

▼ 河すじ~ (5, 0.1%)

1 の上流, の船, へさし, を辿っ, を避け

▼ 河~ (5, 0.1%)

2 ひの, ひを 1 今濁る

▼ 河~ (5, 0.1%)

2 縁に 1 縁で, 縁の, 縁を

▼ 河ぶち~ (5, 0.1%)

1 だった, のしも, の暗い, まで運ん, を歩き

▼ 河内職~ (5, 0.1%)

2 の太夫, をおかれた 1 の長官

▼ 河~ (5, 0.1%)

3 の命 1 その父, とに征伐

▼ 河~ (5, 0.1%)

1 からこ, からやつ, からわざわざ, と云, の一介

▼ 河嶽英靈集~ (5, 0.1%)

1 と云, には二百七十五, の事, の序文, は殘缺

▼ 河~ (5, 0.1%)

4 の間 1 に飮

▼ 河~ (5, 0.1%)

4 好蔵 1 好蔵氏

▼ 河遊び~ (5, 0.1%)

2 ができる 1 にお出まし, に逃げ出した, の手練

▼ 河さん~ (4, 0.1%)

1 がお, の細君, はねあれ, は余程

▼ 河といふ~ (4, 0.1%)

1 ともかくひろがれる, 所だ, 河が, 河の

▼ 河とも~ (4, 0.1%)

1 云えよう, 区別の, 書いて, 湖とも

▼ 河とを~ (4, 0.1%)

1 かこんで, 一方に, 思うさま見晴らそう, 超えなければ

▼ 河にて~ (4, 0.1%)

1 あらはせるなり, 作れる歌二首, 古外ガルリアと, 拾

▼ 河までは~ (4, 0.1%)

4 二千尺から

▼ 河むこう~ (4, 0.1%)

1 に大量, に棲ん, の銀町, はあの

▼ 河会戦~ (4, 0.1%)

2 の新しい, の続報

▼ 河内通~ (4, 0.1%)

2 ひの, ひや

▼ 河~ (4, 0.1%)

1 にしおう, のつい, は定, は彭

▼ 河~ (4, 0.1%)

4 の松五郎

▼ 河図洛書~ (4, 0.1%)

1 のこと, の思想, の説, を引い

▼ 河地方~ (4, 0.1%)

2 に旅行 1 では埃及, を宣撫

▼ 河~ (4, 0.1%)

2 と金沢 1 とも一緒, を捜し

▼ 河~ (4, 0.1%)

1 というもの, としての生涯, の職, の話

▼ 河~ (4, 0.1%)

2 の小春 1 では芝三松, は明治時代

▼ 河明り~ (4, 0.1%)

1 が障子, にも私, の反射, を力

▼ 河枝媛~ (4, 0.1%)

1 が奉る, と申します, のお, を後

▼ 河~ (4, 0.1%)

2 ちらと 1 の叢, を見まわし

▼ 河止め~ (4, 0.1%)

1 か, というよう, なぞの故障, に遭った

▼ 河武士~ (4, 0.1%)

1 だ, ならず, の典型, の末

▼ 河~ (4, 0.1%)

21 賣に, 賣の

▼ 河~ (4, 0.1%)

2 の緩い 1 の砂上, を埋立

▼ 河~ (4, 0.1%)

2 に横 1 の澤, へ出た

▼ 河~ (4, 0.1%)

1 のうえ, のごとく, の上, ほどもなお

▼ 河~ (4, 0.1%)

1 がやって来たら, が何十人敢, が出る, に襲われた

▼ 河身改良~ (4, 0.1%)

1 として國會, をし, をする, を行

▼ 河近く~ (4, 0.1%)

1 のこの, は, 下りて, 寄らしめず

▼ 河~ (4, 0.1%)

1 の延長三十五キロ, の開鑿, をふさぐ, を廃物

▼ 河~ (4, 0.1%)

2 がうっすり 1 が立ち, のなか

▼ 河しもに~ (3, 0.1%)

2 梁誇りする 1 茂る芒

▼ 河である~ (3, 0.1%)

1 かその, から知れた, がそれ

▼ 河です~ (3, 0.1%)

1 かそれとも, から高, が其河

▼ 河にも~ (3, 0.1%)

1 二三ヶ所とくに, 花が, 近いらしい

▼ 河によって~ (3, 0.1%)

1 えぐられその, できた峡谷, 切り込まれて

▼ 河ぷち~ (3, 0.1%)

1 に在り, へ戻り, を行く

▼ 河ッ童穴~ (3, 0.1%)

1 のどこ, の奥, を飛び出そう

▼ 河~ (3, 0.1%)

1 が出発, に横町, の台所

▼ 河以南~ (3, 0.1%)

1 には何物, の租界, の租界地域

▼ 河以西~ (3, 0.1%)

1 に名残り, に進め, より大

▼ 河~ (3, 0.1%)

1 といった気, の気, の私

▼ 河~ (3, 0.1%)

1 という料亭, という料理屋, の二階

▼ 河~ (3, 0.1%)

1 で生れ, の埼, の郡司妻二人

▼ 河堀口~ (3, 0.1%)

2 の米屋 1 へ帰っ

▼ 河~ (3, 0.1%)

2 の鉱山 1 の沙

▼ 河~ (3, 0.1%)

1 というの, をりっぱ, を買う

▼ 河景色~ (3, 0.1%)

2 を眺め 1 や船

▼ 河流れ~ (3, 0.1%)

1 のやう, の広告マン, 千象万景得

▼ 河添い~ (3, 0.1%)

1 に一丁, に掛け, 柳も

▼ 河番所~ (3, 0.1%)

1 の柵, も常, を通る

▼ 河神たち~ (3, 0.1%)

1 が八人, の姿, の若い

▼ 河~ (3, 0.1%)

2 の内 1 の社

▼ 河耳命~ (3, 0.1%)

1 がその, と申す, は中

▼ 河~ (3, 0.1%)

1 の諸, もきょう明日, より平知盛

▼ 河通い~ (3, 0.1%)

1 の汽船, の船, の蒸汽船

▼ 河部さん~ (3, 0.1%)

1 がゐる, のこと, は詩吟

▼ 河開き~ (3, 0.1%)

1 にはポンポン, には一頃毎年, の気分

▼ 河からの~ (2, 0.0%)

2

▼ 河この~ (2, 0.0%)

1 影は, 水と

▼ 河じり~ (2, 0.0%)

1 に, の

▼ 河ぞい~ (2, 0.0%)

1 の公園, の宿

▼ 河だろう~ (2, 0.0%)

1 か, があまり苦

▼ 河って~ (2, 0.0%)

1 うたったもん, ものが

▼ 河づたいに~ (2, 0.0%)

1 新しい県道, 滑って

▼ 河とか~ (2, 0.0%)

1 奉天とか, 瀬戸とか

▼ 河とて~ (2, 0.0%)

2 幅三町ばかりの

▼ 河などの~ (2, 0.0%)

1 支那に対する, 深いところ

▼ 河などは~ (2, 0.0%)

1 千四百リイグ, 日本の

▼ 河なる~ (2, 0.0%)

1 事は, 二見の

▼ 河における~ (2, 0.0%)

1 ように, 二十年の

▼ 河にでも~ (2, 0.0%)

1 入って, 墜った

▼ 河にな~ (2, 0.0%)

1 つてゐ, つて一直線に

▼ 河にまで~ (2, 0.0%)

1 はまり込まなかつた幸福感, 射し込んで

▼ 河に対する~ (2, 0.0%)

1 とき水に対する, 神秘感が

▼ 河のむ~ (2, 0.0%)

2 こうに

▼ 河ばかり~ (2, 0.0%)

1 ぢや, 視て

▼ 河ばかりの~ (2, 0.0%)

1 果てなき, 越中路を

▼ 河ふち~ (2, 0.0%)

1 に人, へ這っ

▼ 河への~ (2, 0.0%)

1 見晴し, 道も

▼ 河へは~ (2, 0.0%)

1 いつたもの, まつちやつたン

▼ 河べに~ (2, 0.0%)

1 ささやかながら, 立てるけ

▼ 河また~ (2, 0.0%)

1 河谷また, 涙の

▼ 河みたい~ (2, 0.0%)

1 だわ, な小さな

▼ 河よりも~ (2, 0.0%)

1 そっと立派, 何倍も

▼ 河をも~ (2, 0.0%)

1 挟んで, 見た

▼ 河ッ童~ (2, 0.0%)

2 あたま

▼ 河一帯~ (2, 0.0%)

1 の地, の青い

▼ 河上部~ (2, 0.0%)

1 をお, を定めた

▼ 河並博義~ (2, 0.0%)

1 が三年, の口添え

▼ 河以東~ (2, 0.0%)

1 には何物, に隻騎

▼ 河伝い~ (2, 0.0%)

1 に此処, に遅く

▼ 河~ (2, 0.0%)

2 を斬り倒した

▼ 河~ (2, 0.0%)

1 に温泉, の和草の

▼ 河~ (2, 0.0%)

1 という知合い, と云う

▼ 河内国志紀郡田井中村~ (2, 0.0%)

1 である, で切腹

▼ 河千鳥~ (2, 0.0%)

1 が汀, の声

▼ 河~ (2, 0.0%)

1 に比すべき, を出さず

▼ 河土堤~ (2, 0.0%)

1 のどの, の上

▼ 河土手~ (2, 0.0%)

1 になった, に蛍

▼ 河~ (2, 0.0%)

1 の唱和, の結婚形式

▼ 河~ (2, 0.0%)

1 とはまるで, の一部

▼ 河尻殿~ (2, 0.0%)

1 のお, へ沙汰

▼ 河尻秀隆~ (2, 0.0%)

1 も毛利秀頼, を従え

▼ 河~ (2, 0.0%)

2 はいよいよ

▼ 河幅一里~ (2, 0.0%)

1 にも近い, に余る

▼ 河平原~ (2, 0.0%)

1 と称せられ, に山腹

▼ 河彼方~ (2, 0.0%)

1 にある, へ飛ばし

▼ 河成段丘~ (2, 0.0%)

1 であるらしいバラ平, のよう

▼ 河~ (2, 0.0%)

1 とどろけば, 張り裂けて

▼ 河氷るべきな~ (2, 0.0%)

2 がめかな

▼ 河~ (2, 0.0%)

1 の数, の諸

▼ 河河口~ (2, 0.0%)

1 と営口, 同國當勝郡勇洞村

▼ 河流工事~ (2, 0.0%)

1 のトロッコ, の強制労働

▼ 河海抄~ (2, 0.0%)

1 に昔, は此

▼ 河~ (2, 0.0%)

1 ひの, をする

▼ 河盛先生~ (2, 0.0%)

1 の結論, はそういう

▼ 河美濃守~ (2, 0.0%)

1 がもらい受け, という建物

▼ 河~ (2, 0.0%)

2

▼ 河育ち~ (2, 0.0%)

1 はやっぱり, は河

▼ 河自身~ (2, 0.0%)

1 と同じく, の速力

▼ 河蒸気~ (2, 0.0%)

1 が岸, の笛

▼ 河蒸汽船~ (2, 0.0%)

2 の汽笛

▼ 河~ (2, 0.0%)

1 の羽, は黐

▼ 河見る~ (2, 0.0%)

2 たかどのに

▼ 河遠白し~ (2, 0.0%)

2 朝の

▼ 河邊亮太郎~ (2, 0.0%)

1 が尋ね, と云

▼ 河邊長流~ (2, 0.0%)

1 といふもの, や契沖

▼ 河~ (2, 0.0%)

2 に沿う

▼ 河~ (2, 0.0%)

1 に館, へ来る

▼1* [419件]

あたりの渡船, 河あはれとし, 河あるをみ, 河いずこの流れ, 河いつか忘れむ, 河かと思うよう, 河かに投棄し, 河きよし昨日の, 河ぎしの暗がり, 河こえて皷, 河こそはナイル河の, 河こめて遙, 河これらに私, 河しに小手, 河ごしは濟, 河さまは男, 河さ流さんでおまえさん, 河ざらいみたいな騒ぎ, 河絶えずは, 河しも遠し河, 河しもの瀬瀬に, 河じゅうみんな泳げら, 河すそをな, 河その河身を, 河そのものの石, 河その他の河, 河その他淡水のあり, 河それをしまっ, 河それらの間, 河たけくして船, 河ただの水, 河だけでは, 河だったが二人, 河だってかまや, 河だの谷の, 河づたいに恐竜の巣, 河づたひの細道清水の槽, 河どんな河, 河であったがディアス, 河であり遠州, 河であれ街であれ, 河でしょうか海, 河ででもやれば, 河ところで二つ, 河として観察する, 河としては殆ん, 河としても味う, 河とで分擔, 河とでも云ひたいね, 河とどろく滝飛ぶ, 河とやらの渡し守に, 河どうぞ縄に, 河なかへ帽子, 河などを渡るとき, 河なら河を, 河なれどゴンドラ, 河なんてうたったもん, 河について田舎の, 河にては鱒を, 河によを更かさじと, 河のさざなみ, 河のべ原の, 河のみ見れど, 河のみが往来の, 河はずつと先の, 河はたそがれて, 河はてしの, 河はばひろき嵯峨の, 河はをやみなき, 河ばかりで泳いだもの, 河ぱの様にした, 河ひとつ隔てて, 河ひとつ沙に光れり, 河ひとつ距てた城, 河ぶちなんかいけない, 河ぷちのうちという家あり, 河へでも蹴込んで, 河へも附かぬ中ぶらりん, 河二つに, 河まああげえに, 河まさに氾濫せん, 河までが十八町そこから, 河づの, 河やら区別が, 河流れ下りき, 河いかなれ, 河よりの右に, 河の一行, 河つぱ, 河わたしの内方, 河わらは, 河をわたつて, 河中へ, 河ん中にひつぱりこまれかゝつたりした, 河スティックスの源, 河セネガル河その他の河, 河ッぷしにも善哉やうきふ, 河ッぷちを暫く, 河ッ縁の綺麗, 河ツぷちに干し, 河ツ縁をぶら, 河ハナイカ, 河浸リテ死セル人, 河ニ額ヲヌラシテヰルノダ, 河ハ其渡渉ヲ厭ハズ, 河落チルナ, 河ワロの俗伝, 河オ歯黒溝ノヨウニシチマッタノハミンナ奴等デ, 河ンなかへ落としちまう, 河ン中へ叩, 河一すじ向うに行く, 河一面に火, 河一體が大, 河七面鳥だの人喰亀, 河万歳や町内, 河三角島の沼沢, 河には浮かぶ, 河上方を破談, 河である, 河下りの大, 河岸に, 河中の島でも桑摘み, 河事件には実に, 河他国の性, 河以北の者, 河会戦中には農家, 河会社長の署名, 河伯女が夫, 河何というの, 河修奉行という役所, 河に木賊, 河先生ですたい, 河入り出る諸, 河全体として湖水, 河内一領を保ちえたら, 河内二山の間, 河内国若江郡に都留美嶋神社, 河内国茨田郡意賀美ノ神社, 河内国衣摺村の庄屋, 河内山旧邸, 河内山ゆすりの場, 河内山一代の行状録, 河内山宗俊屋敷に誕生, 河内山宗春の墓, 河内山遺愛の娘, 河内山邸宅に居し, 河出馬圖とある, 河刑部六郎兼守といふ人, 河別命を東山道, 河院長は, 河勝同然水に漂流, 河はアペンニノ山脈, 河と書く, 河原毛ありそれ, 河に住ん, 河吉田の松平伊豆守信古, 河同月中にひどい, 河向う三粁ほどのところ, 河の肖像, 河君等三人と余, 河商売で今泉, 河喜多八助がした, 河喜多石見等は門, 河図幽鬼神霊の説, 河国上和田森崎にあり, 河国加茂郡挙母に福尾荘右衛門, 河国苅屋の人, 河圖書一人で参っ, 河圖書事に依ったら, 河圖書感涙を流し, 河圖書此の場, 河圖書身に取りまし, 河土堤一めんの木槿, 河在国一同の切, 河だ, 河域其昔聖者フエネロンを出し, 河堤竹林下築村塾, 河場一帯はむろん, 河場中の尊敬, 河場者他所者といふ一瞥, 河大いなる国原に, 河大きい河白い, 河大小各種の船舶, 河天神の向側, 河奥地というの, 河子駅に下り, 河宮松がある, 河尻与兵衛はという, 河尻肥前守織田九郎次関十郎数千の兵, 河局花山院右大臣家の青侍江内, 河屋義平と言はる, 河の文字, 河岳前にあり, 河島立歸り二條殿, 河の陰, 河を詠じたる, 河州富田林の近在, 河工事調査委員を致し, 河左岸に冬営中, 河に河, 河も広い, 河幅一杯に満々, 河幅三四町に及ぶ, 河幅二百六十間といわれ, 河幅急に広まりぬ, 河幅濶くなれ, 河幅至てひろく, 河ゆゑ大網を, 河庄茶屋場となる, 河底一面しっきり, 河底部に現れ, 河役人という判, 河役前四ツ谷前など数里, 河往来の船子たち, 河心あたりに魚, 河心のはそう, 河恒河の濁流, 河や巨勢金岡, 河成宮中である人, 河ひは, 河三州, 河攻撃の計画, 河敬軒の二人, 河といふ料亭, 河断海之浮雲, 河方面へ落ちのびさせた, 河を数時間, 河賣いまだ, 河普請場へ案内, 河暮れて灯, 河あかくし, 河のあいだ, 河漕ぎしつつ, 河というもの, 河の間, 河森様おいでになった, 河棲人かに馴らされ, 河植村士明下条寿仙春泰の兄弟, 河楊不意にうごかす, 河極みなき, 河槐庵の事, 河様方へ縁, 河橋三人組だが, 河橋南町という四ヶ町, 河橋畔の一亭, 河橋鮫河橋南町という四ヶ町, 河歌三首あり, 河に逢, 河は後, 河此女ア芸者だ一人, 河殿といふ觸, 河比羅三井天尻屋羽禮須多院, 河氏かお早うござる, 河といひ, 河水中に帰っ, 河で小児, 河汎濫鉄道不通米価いよいよ騰貴致, 河は自害, 河沙人は必, 河沙数の如くきらめく, 河沙數倍ゑらい學者が集まり, 河沙魚鮒それに鱸, 河河ニ額ヲヌラシテヰルノダ, 河河河童ですか, 河河浪立ちぬ巻目, 河河童ですか, 河河靈の裔, 河沿い海沿いの段丘, 河沿岸の村, 河沿線の伊太利兵, 河泉すべての守護地頭, 河泉和の四州, 河に混ぜ, 河泥水泛溢し其色青黒, 河流トノ関係デ北上, 河流一帯を守っ, 河流地方のごとく, 河流屍體に因, 河流庭園海浜等の風景, 河流洪水をなし, 河流渓谷緑野森林ことごとく鮮明, 河流直角に曲る, 河海外を繞, 河海湖沼平原断崖絶壁白沙青松飛瀑湧泉と種々, 河涜親家翁乃ち河神の舅さま, 河涸れて雲, 河の近き, 河淀一口のあたり, 河淵湖沼の主, 河が遠ざかった, 河渡しに鞍, 河渡すな, 河渡るこなたは深草, 河に住む, 河湖沼のもの, 河湖泉井までもすこぶる, 河湖淵泉の主, 河湖神とし, 河に蒋武, 河源流の一つ, 河るれど, 河溢れて堤坡崩, 河滅多には寄れませぬ, 河をやつ, 河の落つる, 河漢沍れども, 河漲りて流, 河澄号京水一号酔醒又号生酔道人, 河澄瑞英と称す, 河澄通称は瑞英, 河は岸, 河の上, 河烏水食む赤き, 河燦々の星河, 河狩りの人達, 河の鰻, 河田畑まろい山, 河白い雪の, 河になつて, 河省一帯地区の支那軍隊, 河省境一帯地区の支那軍隊, 河省進出事件などは全く, 河の雪, 河真菰薄かすめて, 河石天盤の半月, 河神アバルバレアが一点, 河神アルフェウスに追, 河神ペネウスの女, 河竹里は既に, 河一の, 河筋ピラカプト同フシコタン, 河筋伝いに霞ヶ浦, 河築くその中, 河のトカチン, 河終日のたりのたり哉, 河えむ日, 河絶えぬ涙の, 河や, 河をめぐる, 河自殺者の森, 河舟遊案内記の一節, 河航汽船に積まれ, 河船唄で世界, 河良佐池希白である, 河芒ここに寝, 河のわかれ, 河の匂, 河か何, 河草木池都会ごみ溜ビルディングの窓, 河漠たるサハラ, 河落処長洲路あわれじゃ, 河蝶々がひらり, 河がぞろぞろ, 河に變, 河行幸従駕の作, 河と申處迄, 河被官人薬師寺備後の寄子, 河に擲げ, 河西より東, 河また谷, 河を含ん, 河越えて煙, 河越なんどの平家方, 河越三右衛門が召使, 河越三河入道をニラメ, 河越喜翁千村民部奈良井主水, 河越太郎重頼江戸太郎重長などの平家勢, 河越工藤なども陣, 河越権兵衛倉橋剣助などの腕きき, 河越次郎重時, 河越殿のほか, 河越甚兵衛しつぱらひを, 河越甲府秩父などの諸, 河越重頼の娘, 河越高重など手負い, 河越黒余りに黒い, 河身変ジテ洪水頻ニ臻リ, 河身改修によりて下, 河身改修安井道頓の運河開鑿等, 河身改良費と云, 河近ければなり, 河近み河風家に, 河に流れ, 河道屋というそば, 河邊さんのをぢさん云つて, 河郡大蓮寺隠居杉山の伯父, 河は我々, 河釧雲泉今川槐庵があつ, 河釧雲泉今川槐庵及蘭軒が来り, 河釧雲泉川槐庵同賦, 河と云, 河長し山みな円し, 河長梅川亀清柳屋柏屋青柏大中村と庇, 河見れど, 河門外に住ん, 河門水かれて, 河開中止となりし, 河開拓団二千名の人々, 河でなくては, 河附近一昨年の秋南, 河の道雍, 河をつつみ, 河霧たち添ひて, 河霧夢のごとく, 河靈又ポセードーンに一頭, 河靈怒りて激浪, 河靈程なく靜, 河風家に吹き入り, 河風木の葉の散る, 河風身に染みわたる, 河高い空廣, 河魚料理で晝食, 河魚類すし吸物さしみ, 河と河鱒, 河へ落ち行く, 河鰺網でも押板, 河を釣る, 河鱒北海道から姫鱒, 河が遠く