青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「百姓~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

白き~ ~白く 白く~ ~白状 白状~ 白粉~ 白雲~ 白髪~ 百~ ~百姓
百姓~
~的 的~ ~皆 皆~ 皆さん~ 皆んな~ 皇~ 皇帝~ ~皮 皮~

「百姓~」 6498, 70ppm, 1618位

▼ 百姓~ (1186, 18.3%)

15 家へ 14 家に 11 家の 10 子だ 9 おかみさん, ような, 子で 7 ように, 中に, 仕事を, 娘が, 子が, 子でも, 子に, 生活を 6 姿も, 家には, 家は, 生活は 5 やうな, 娘で, 手に, 生活が 4 くせに, ために, 中から, 中には, 娘に, 子の, 方を, 生活に, 身に, 間を

3 [30件] 一人が, 一人は, 出で, 分際で, 力を, 女が, 女の, 女は, 女房が, 姿が, 姿を, 娘の, 子であった, 子供を, 家から, 家が, 息子が, 手で, 手を, 方が, 方に, 生活である, 真似を, 老夫, 金を, 鍬の, 間に, 間には, 隠居も, 顔を

2 [79件] あいだにも, あとについて, うちから, ことが, ことは, ことを, このよ, しごと, すること, ずるさ, ところへ, なりだしそれ, ほうへ, もとへ, やうに, わなに, 上に, 中で, 中の, 事は, 事業の, 二男坊や足軽の, 仕事が, 仕事は, 仲間には, 凡てを, 出現の, 労苦を, 勉強し, 合間に, 名は, 多い土地, 夫婦が, 女たちが, 女房でも, 姿は, 娘では, 娘でも, 娘らしい, 子として, 子は, 子や, 子を, 子供として, 子供に, 子供の, 家, 家で, 彼は, 息子で, 悲しさ, 或者, 手から, 手が, 手もとが, 手伝いを, 手伝ひ, 手傳いを, 方は, 業を, 次男で, 片手間に, 片脚, 男女が, 目を, 米を, 群れを, 育ちで, 膏血を, 苦しみを, 言い分が, 言葉で, 豊かな, 財を, 足では, 足は, 難儀を, 頭の, 風を

1 [721件 抜粋] あとを, あらかたは, いそがしいとき, いつたやう, うたうの, うちで, うちに, うちへ, おかみさんに, おこした百姓一揆, おじいさんは, おとうさんと, おとうさんは, おやじであった, おやじは, お婆さん達が, お嫁さん, お家が, お神さん, お祭なんて, お膳, かけ声が, かたわら剣法に, かっこうを, くそ力いっぱいに, ことで, ことなど, ことばで, こと何分る, こどもたちも, この労役, して, すがた, するやう, せがれと, ぜいたくの, それを, たがやして, ためには, ためにも, ためまた, ため宸襟を, だれにも, つかうくわなどを, つらい一生, ところか, ところに, なれの, のどが, ほうが, ほか満載しない, まじりかつ, まねなんど止した, まねを, まね事ばかり, むさ苦しい煤けた, もって, ものだ, やうには, やさしいまるで, やりかた, よいところ, ようだ, よく言う, わざ商人には, ウシを, オの, バラライカの, パジョオルは, マレイだった, ヨメは, ヴィジョンの, 一人に, 一人を, 一人息子を, 一団が, 一戸主みたいな, 一揆を, 一群は, 三分の一を, 上へ, 与次郎太夫と, 両腕, 中へ, 中浦に, 事で, 事とて, 事を, 二三人は, 二分の一を, 亥の, 人の, 人員点呼を, 仕事と, 仕事として, 仕事などは, 仕事なら, 仕事も, 仕事等は, 仕事誰に, 仕業だろう, 仲間入を, 伜で, 伜に, 伜力松が, 位置を, 作ったもの, 使うただ, 使う鎌, 倅から, 倅に, 倅の, 傍に, 働き振を, 働くところ, 兄さ, 兄弟が, 児と, 児どもなぞが, 八百物市に, 兼吉や, 兼吉らと共に, 内儀さんらしい, 凡ては, 出であっ, 出でした, 出世時という, 分らん奴, 利得に, 利益を, 前に, 劉玄徳という, 力が, 労働生活に, 労苦甚しく, 勤勉貯蓄は, 十袈裟といふ, 半額を, 去った方, 友の, 反抗を, 収穫の, 口から, 口にも, 古家か, 古着でも, 名の, 名を, 名前や, 向ふ, 周囲に, 咽喉を, 哀れな, 喜びは, 喰えない苦しみ, 嚊が, 嚊と, 嚊は, 困窮する, 困苦一方では, 土小屋か, 土小屋が, 地所に, 基本業が, 塗炭は, 墓地及び, 壮丁を, 声では, 多くは, 夜なべ為事に, 夜長かな, 大地主, 天職なりと, 天職なりとして, 夫婦は, 夫婦らしい, 女に, 女も, 女らしいの, 女わらべ, 女房たちに, 女房たちや, 女房であった, 女房としては, 女房に, 女房も, 女房大蛇に, 好きな, 如き精神, 妻の, 妻は, 妻女を, 姿で, 姿なども, 姿にも, 姿や, 娘さんで, 娘さんは, 娘たちが, 娘だ, 娘だけに, 娘だろう, 娘であった, 娘でき, 娘といふ, 娘にも, 娘は, 娘も, 娘子でも, 娘殿樣に, 子ぞ, 子でありました, 子です, 子どもじゃあ, 子には, 子も, 子らしい, 子供が, 子供たちを, 子供と, 子供とは, 子供やなんぞが, 子供らは, 子供達が, 子供達と, 子弟が, 子沢山という, 害である, 家さへ, 家だ, 家どす, 家にでも, 家を, 家庭は, 家数も, 家族たちを, 家族だ, 家族ばかり, 家族山際の, 尊きこと, 尋ねて, 小伜, 尤も忙しい, 尾も, 常道で, 帽子を, 年貢を, 広庭, 張って, 強壮な, 影が, 影も, 役に, 後について, 後ろから, 後家に, 御話, 心に, 心には, 心の, 心得を, 心持ちを, 心理を, 忙しさ, 思いの, 思うこと, 思ったこと, 性質が, 怨を, 恋も, 息子ずら, 息子でも, 情を, 懷中物を, 所に, 手, 手だった, 手つきが, 手の, 手傳ひなん, 手足に, 持ち物にも, 持つ利鎌, 持つ鍬, 掌に, 描写に, 援けを, 方で, 方には, 智恵に, 暇々に, 暮しが, 暮しは, 書入時といふ, 有様を, 服を, 朝食の, 木蔭に, 末子である, 本分を, 村の, 松藏といふ, 株を, 桑作は, 椅子とを, 業も, 様な, 様子で, 模範たるべき, 横着か, 横顔を, 欠落一件などが, 次三男, 次男では, 正直な, 武器と, 母が, 母じゃがの, 気にいるくわを, 気分と, 気分は, 活動を, 涙です, 漁夫, 漁業を, 爺が, 爺さんの, 爺や, 片手間では, 片手間な, 猟師が, 猪突き槍らしく, 甚吉に, 生きて, 生活だ, 生活であり, 生活には, 生活に対して, 生活の, 生活や, 生活向きまで, 生血しぼっ, 生資, 甲高い声, 男で, 男と, 男も, 男女の, 畑を, 異名で, 疾苦を, 病気を, 癖に, 盆踊と, 目が, 目には, 真似も, 真似事ばかり, 真味, 眼に, 眼を, 短い姿, 礼儀を, 社会的地位経済的地位が, 稽古を, 穀を, 穴小屋を, 窮乏を, 立ち倚り, 立つ瀬が, 竹槍に, 笑顔を, 笠の, 答えが, 答えを, 糞意地である, 納屋は, 細工だ, 絶望的な喚き, 群だの, 群であろう, 群と, 群へ, 群も, 老人などは, 老夫婦, 老幼は, 老幼や, 老爺と, 考が, 考は, 聟に, 聲を, 肌膚に, 肝脳, 背を, 脳味噌だ, 腕に, 腹の, 自然の, 芋くらゐ, 苗字, 若人みたいな, 若者共, 苦悶の, 草刈子供や, 荷馬車が, 菊次さんは, 菊次といふ, 蓑笠を, 藁を, 衣類が, 衣類の, 見せしめに, 親友な, 親方とも, 親爺と, 言うよう, 言葉が, 言葉だ, 言葉や, 言葉を, 証人, 話を, 誠実と, 豊作と, 負担を, 貧しさ, 貧乏なほる, 費公家の, 資格が, 賦役も, 赤い頭巾, 足, 足を, 足取りは, 路用の, 身分から, 車が, 車の, 軒下明日は, 輩は, 辛労を, 農業を, 迷信を, 逃げ去った, 通る道ばた, 道, 道で, 道であった, 道具調べぢや, 道徳を, 郷土における, 酔い方, 重次郎や, 野火か, 鉢, 銀髪と, 鋤鍬ばかり, 長を, 長男として, 長男伊之助は, 閑な, 間より, 隙間には, 集まりが, 集まりでしょう, 集會らしい, 難渋を, 雨戸を, 青春も, 面々は, 面影を, 靴を, 頑固な, 頬へ, 頬を, 顏は, 顏を, 顔いろ, 顔であり, 顔へ, 類である, 類には, 食えない事, 食事らしく, 飼つてゐる, 餓鬼だに, 馬の背を, 馬を, 馬車に, 騒いだ様子, 騒ぎ出したこと, 驚き騒ぐ, 骨休め, 體が, 體力の, 鳴らす鳴子, 麦こき, 鼻ツマミとは

▼ 百姓~ (704, 10.8%)

6 いいました, 私の, 言った 5 それを, 夜は 4 いって, 百姓として 3 田の, 畑を, 自分の

2 [38件] あちらへ, お時, これを, そのこと, その日, それに, そんなこと, ふしぎに, もそもそと, 仙太郎の, 内心恥ずかしく, 割に合はん仕事, 国の, 天狗に, 天皇の, 女給たちに, 当時から, 思いました, 急に, 恐れ入って, 振り向いて, 末の, 此の, 物を, 生かしも, 田を, 町へ, 矢玉の, 税金の, 稼ぐところ, 腰を, 自分から, 自分が, 自己以外には, 道の, 道を, 金を, 驚いて

1 [583件 抜粋] あいかわらず母親, あきまへん, あっちからも, あわて, いいといふ, いい残し, いくつも, いくらでも自分ら, いくら殺した, いざといふ, いつた, いつて, いつでも, いつまでも, いつも白地, いない, いま受取った, いろいろ考えた, うけ口, うれしさうに馬, うんと肥料, おかあさんに, おじいさんの, おどろいて, おののきながら, おめ, お世辞, お人好しの, お客に, お帰り, お米, お辞儀を, かういふ工場, かざりけの, かわいそうでござんした, きのうも, きまった人, くるしい思い, ぐるりへ, こういう目, こう思っ, こう言っ, ことに福島正則以来, この両者, この前, この十年来, こぼしながら, これが, これは, こんどこそ, こんどは, こんなもの, さう, さっそくくす, しかし山国, しかたなし, しきりに念, しつこく言いたてた, しようち, じつに脊, すかさず, すぐ答えた, すなわちその, すべて自国の, ずんずん行つて了つた, せぬ, せめて牛, そう聞く, そこに, そっと黒い, そのわか, その人, その前, その天狗, その子, その巣, その持高, その晩, その町, その義務, その質問, その間家から, それだけを, それだけ損, それと, それにとうから, そろそろ庭, そんな事, たいへんに, たうとう, たくさん通ります, たださえ, ただちに捕えられた, ただ往年, たった一人, たびたび入った, たまげて, たまに軍人, ためしに, だからどんな, つらいつらい, とうとう腹, とにかく子供たち, どういう風, どうしたら, どうしてもこらえ, どうだ, どこの, どの百姓, どれだけ, どんなに瞞着, どんな慘め, なにか良から, なにも, なれぬ, にわかに後ろ, はじめて生きた, はつきりは, ひどく喜ん, ひょいと首, びっくりし, びっくりします, ぴしぴしと, ふたたびぬかるみ, ふと振向い, ぶつぶつ口の, へんな, ほおか, ほとんどみんな, ほんの自分, また店, また牛, また穴倉, まだしも, まだまだ色々こういう, まだ布団, まったく身軽, みじめな, みなこれに, みなよろこん, みな家に, みな木の, みんなそれを, みんな五町歩乃至, みんな虫に, もう絞る, もう長い, もちろん聖フランシスコ寺院前, もとより豆腐屋, ものを, やって, やってきました, やってきませんでした, やっと村, やはり百姓, わかって, わざと兵士ら, わざと顔, わざわざ馬, わたくしの, んだ, イノチガケの, ウヨウヨと, キャーと, クリストフを, シの, タンボだ, タンボを, ツマらんぞ, テキ面に, ファゼーロの, ブルトンの, マルコを, モンペに, 一つの, 一ぴきの, 一人の, 一人も, 一日に, 一生がかりで, 一生懸命な, 一致団結し, 一般に, 一軒の, 下手らしい, 不思議でならなかつた, 不思議に, 世上の, 両手を, 乘地にな, 二百八十フランまで, 五十歳すぎの, 五合庵の, 人が, 人の, 人間で, 今も, 今年の, 今朝顏を, 仕方が, 仙十郎の, 代表の, 仰天し, 会釈し, 何うかと, 何と, 何にも, 何やらぶつぶつ言い, 何処か, 何十人か, 何度きい, 何時でも, 依然として蒼い, 便所に, 僅かに, 働けども, 其型を, 冠って, 冬出稼ぎに, 冷汗を, 出来ぬ, 分捕品, 分析学も, 刈取った麦, 別に悪い, 別に金, 割合に, 勿論朝野, 勿論炭, 十フランまけた, 十分その, 十分早く, 単純そうに, 博労に, 即ち万民, 去って, 又何, 只管に, 叫んだ, 叫んで, 各国の, 吉左衛門の, 同様です, 名残り惜し, 喜んで, 嘆き限れまい, 四方から, 国法により, 土の, 土地を, 地主とは, 堅いから, 堅い仕事, 夢中で, 大きな手, 大きに腹, 大に, 大悦び, 大抵きつ, 大抵控, 大病の, 大砲の, 天地か, 好きだ, 好きで, 好きな, 好人物で, 如何に, 始めて, 嫌ひだから, 嫌ひだ今更, 子也, 孔明の, 学問を, 学校の, 実際に, 家の, 家五軒とは, 家畜に, 容易に, 寄ると, 少しばかりの, 居ない, 山の神だ, 巡査には, 工人よりも, 巧者だ, 帰つていつた, 帰りに, 帰りました, 帽子を, 干死んで, 平常は, 年々戦争には, 年じゅう汐風に, 年とった, 年の, 年中増産増産だ, 年齢四十四五で, 幾らか貪, 幾度も, 底の, 店さきに, 庭へ, 廟を, 弱え, 彼に, 彼の, 彼らに, 彼様する, 後へ, 心の, 忙が, 忙しい田植, 忙しくなつた, 忙しそう, 怒って, 思った, 思わず耳, 怠け者で, 恐怖した, 恥かしい, 恩に, 悉く畑, 感心し, 感心じゃ, 態度を, 憚りながらビーチアル先生, 憤つて, 懸念らしく聞いた, 扇屋の, 手形を, 手討ち, 折角仕付け, 掌で, 政治なんて, 政治も, 教えられなければ, 日は, 日本が, 明日一緒に, 昨夜の, 是国の, 晝は, 暫く笑つた, 更にお, 曾て, 朝夕の, 木臼に, 本陣の, 村に, 東京の, 果して水戸在, 此前地主の, 殆ど意識を, 殆ん, 毎日そればっかり, 毎日干した, 毎月何程の, 気持ちが, 気楽に, 気狂いの, 決して裕福, 泣きだして, 泣き声に, 活かさず殺さずその, 流離し, 浅黄股引姿で, 深い所, 滅多に, 烈しく働き出し, 無理だ, 無理よ, 然し今, 片手を, 牛だつた, 牛に, 理窟ぬきで, 生かさず殺さずに, 生かすべからず殺すべからずはっきり, 生れながらに, 生命より, 生命よりも, 生薑を, 田畑を, 田畝で, 申す迄も, 男も, 病気で, 百姓で, 百姓なみに, 百姓なりの, 百姓の, 百姓を, 百姓兵隊は, 百姓山子は, 百姓自分等は, 百姓駕籠かきは, 皆ひどい, 皆平, 皆此の, 皆自分の, 皆貧乏そうで, 目が, 眞面目に, 真青に, 眺め眺め答えた, 眼の, 眼を, 着物を, 知らない事, 砂が, 稲を, 穴倉へ, 穿いて, 立ち上って, 立つて, 立派な, 笠の, 篠木村三十六人の, 簑を, 籬を, 米を, 米村八右衛門と, 素っ裸体で, 絞れば, 翌る, 聞いて, 肩身狭く, 腹が, 腹這いに, 自ら自然の, 自分たちと, 自分にも, 自分らの, 自分達の, 自然と, 苗の, 若い者, 苦しそう, 茫然泣き悲しん, 茶屋の, 草の, 草莽の, 荷を, 落ちついて, 落葉でも, 藪蚊の, 蜀麦や, 言うに, 言って, 話に, 誰も, 警察に, 谷の, 豊臣でも, 負傷者に, 貧に, 起きあがらずに, 趣味の, 趣味を, 農学士を, 農舎の, 近年なみなみ, 迷惑らしい, 逃げ口が, 通り過ぎるとき, 道に, 違うの, 違うよ, 邦の, 邪心を, 重い役目, 鍬を, 雀が, 震えた, 頼んで, 顔を, 食ふ, 飲んだくれでしょうさ, 餘りせぬ, 馬や, 馬籠へも, 馬籠本陣を, 馬鹿だ, 駈けて, 騒ぎ乱れ, 騒ぎ始めた, 驚きました, 驚きまして, 驚きません, 骨が, 骨肉の, 高利貸の, 高見の, 鶏の, 鶏をも, 鶏代の, 黒か, 黙って

▼ 百姓~ (535, 8.2%)

9 住んで 7 ありました 4 働いて 3 あった, あって, やってきました, 自分の, 飛び出して, 麦を

2 [32件] いやにな, いよいよ増長, さむらい, そこらの, どうした, もし足り, 一人でも, 二人峠の, 何か, 何かの, 何を, 作物を, 俄かに, 入口に, 冗談に, 冬の, 土地を, 塗炭の, 売りに, 子供を, 小さく動い, 教えて, 物置に, 税金を, 米の, 荷馬車に, 車を, 通って, 金を, 門の, 集って, 鶏の

1 [433件] あったと, あったろうと, あつた, あつて, ありまして, あり町人, ある, あるもの, あれば, いいと, いいました, いいましたので, いじめられる百姓, いった, いつもの, いて, いふと, いまは, いるから, いる故, うちで, え, おおぜ, おれたちを, お客様な, かけだして, かさを, かつて自らこれ, こういいました, このごろ手に, この館, これ直ちに, これ等に, こわそう, ございます崖, さうで所謂水呑百姓, さびしかろう, しきりと, しきりに薪, したいなら楼桑村, したくなつ, しますの, すること, そいつの, そこへ, その廻り, その時, その橋, その耕地, その鉄, それぞれ家の子郎党を, それを, そろそろもの, たいへん好ん, たが, たちあがりなかには, たったひとり, たつた一人, だいぶある, だん, ちらほらと, ついて, つまらない百姓, つれて, つツ, どうしたとっ, どうして貴様達, どうなろう, どうやら解けた, どれほど汗, どんだけ, どんなに困窮, なまけて, ねむり牛, はいって, はじめから, ばかばかしいて, ぼろぼろの, まいりましたよ, まず三分の二, まるで相場師みたい, みんないったん, みんな総理大臣の, もうかる小説, もの, ものの, ものを, もの売りに, やおら野良, やって来た, やって来て, やつて, ゆきました, よわって, わかれて, わざ, わたくしどもの, われわれに, ゐた間, イモヴィルの, イヤに, オカズに, クワや, コナカラ酒にくらい, サトやああい, ジャガタラいもを, ジュピターの, タンボしねえ, チリヂリバラバラ, ノドを, バタバタと, フンフンフンと, ベンチから, 一七八三年に, 一人子供を, 一人祖国の, 一人這入っ, 一人通りか, 一時に, 一杯黒山, 一梃の, 一流の, 一番だ, 一番むずかしい, 一番先に, 一種の, 一車二ルーブルと, 丁度一緒くた, 三人ありゃしませんでした, 三人も, 三千人あまり集まっ, 上つた, 上流の, 下らぬ低級, 中間と, 乗っかって, 乗ってるきり, 乾草を, 二三人来, 二三名と, 二人がかりで, 二人ぼそぼそ, 二人西軍の, 二度集団的に, 二頭の, 云いました, 云ひました, 五人と, 五十両懐中致し, 人夫と, 人殺し, 人通りの, 今でも, 今は, 仰向いて, 企んだ仕事ぢ, 住んでるし, 住んどるん, 何だか氣まり惡げ, 何だっ, 何人あの, 作って, 作者としての, 俄に, 個人的に, 停車場の, 僕に, 元の, 六人がかりで, 内職に, 出て, 出来なくなったら工場, 出来なくなっても, 出来るか, 出来るの, 出来るもの, 出来上った, 利に, 前こごみ, 労働に, 勝手に, 匿まっ, 十三人も, 十二人も, 卑しい百姓, 又身體, 取って, 右往左往或いは, 同じ場所, 名字を, 呶鳴つて居る, 命を, 唯の, 喚きながら, 喜んで, 困って, 困りそれ, 困り拔, 地主の, 夕方野良から, 夕闇に, 多かった, 大よ, 大勢居る, 大勢詰めかける, 大勢集り, 大変に, 大根を, 天地の, 天狗に, 女に, 好きな, 妙な, 婚礼の, 嫌いで, 嫌いといった, 嫌いな, 完成し, 宣教師の, 家ん, 少な過ぎる, 居て, 居り私, 居る, 屋根梁の, 山上に, 帽子も, 平民にな, 年貢を, 役として, 彼らの, 彼岸に, 往来で, 得物を, 御料地の, 復た, 怖わ, 急に, 愉快そうに, 慄え, 成り立つよう, 或いは源氏, 戦争の, 戻って, 手に, 手の, 手織りの, 承知しまい, 投網を, 折々植附, 折角蒔いた, 掘り返し田畑, 改まった顔つき, 教へて, 教壇に, 教育の, 数名本社に, 敵として, 斬ったもの, 斯う, 新年の, 旅人が, 旅人に, 日本の, 時々とんび岩, 普通いふ, 暮して, 書いたもの, 朝四時か, 村から, 村はずれまで, 来あわせなかったら彼, 来た時, 来て, 来ての, 来まして, 板舟を, 棒キレを, 歌を, 正直者で, 歩いて, 死んで, 死骸を, 残らずパルチザン, 殺された人間, 毎日手に, 氷水を, 江戸へ, 江戸屋敷へ, 池の, 泣き寝入りする, 泥だらけの, 泥を, 清水へ, 湯の, 火を, 無限に, 煙草を, 片手に, 片足を, 牢舎御免という, 生活の, 田を, 田圃で, 田地に, 町に, 町の, 町へ, 畑へも, 畑を, 畠を, 略奪を, 疝痛を, 疲れないよう, 発見し, 百姓に, 百姓の, 皇子の, 目黒の, 直ぐその, 相変らず, 着るという, 知ってるもの, 知ること, 礼を, 神棚に, 神田一パイに, 私たちに, 私たちの, 私の, 突然拘引, 竹竿の, 笑いながら, 笑ひ, 笠を, 答えた, 米や, 米を, 粟畑の, 結婚した, 総出で, 繋縄を, 置いて, 群集した, 考へたやう, 耳から, 聞いて, 聞えるよう, 肥料を, 胼胝だらけの, 腐った大根, 自ら怠っ, 良かろぞい, 苦むという, 草を, 薪や, 被って, 裏で, 裏の, 裕福だ, 見たかったね, 見つけたならきっと, 見つけて, 親方から, 言つたあの, 言ふ, 誠に丁寧, 貉を, 貧乏する, 踊れば, 躍り出して, 車の, 軒下に, 軽桟, 農事の, 農村問題を, 農業の, 農閑を, 述べるには, 追かけ, 途中に, 通ったが, 通つた, 通りか, 通り掛って, 通常の, 遊び人である, 道中奉行の, 選挙場まで, 都会の, 都会人士との, 酒を, 野外にて, 釘に, 鉢巻きを, 銃の, 鍬や, 鍬を, 長柄の, 長閑気に, 関所に, 閣下を, 降りて, 集りはじめた, 難渋するだろう, 雨乞いを, 雹に, 露西亜から, 革むちを, 革命の, 韃靼人に, 頓狂な, 頻に, 頻りに草, 頼みますので, 顏を, 顔を, 飛び出した, 食えなくなりゃ何とか, 飼い犬は, 飼ってる犬, 首を, 馬の, 馬を, 馬市から, 馬鹿でも, 駈けつけ口々, 高価い, 鯨波の声を, 麓の, 麦穂一束を, 黙り込んで, 鼻糞を

▼ 百姓~ (404, 6.2%)

7 の前 5 の方 4 にし, の窓, の裏

3 [11件] が, があっ, があった, だと, であった, です, の中, の屋根, の庭, の納屋, の離れ

2 [30件] かお寺, からはいく, が数軒, が立っ, が見え, だった, だもの, でしたが, ですが, にある, に間借り, のなか, の一間, の人たち, の入口, の台所, の土間, の壁, の物置, の背戸, の蔭, の角, の軒下, の門, の門口, の間, の障子, へはいっ, らしいが, を半分劃つて

1 [287件] か, から, からお婆さん, からでも來, から乳, から仕事, から兵隊上り, か何処, か木樵, がありました, がある, があれ, がいくら, がおますやろ, がごちゃごちゃ, がべた一面, がまばら, が一軒二軒, が不規則, が二三軒黒, が何軒, が向い合っ, が多い, が建ちならん, が散らば, が方々, が昼寝, が点々, が点在, が窪み, が立つ, が見えるでしょう, が見つ, が近い, くらいの小さ, さえ近所, じゃ一日, すら見当らない, その門口, だ, だって野良仕事, だつたけれど, であったこと, であっても, であまり, である, でその, での穏, ではおいしい, ではたいへん, でははねつる, ではよく, では垣, では洋燈, では牧場, では用いた, では薄汚い, では足袋, でもさうする, でもさうだつ, でもそう, でもない, でもらつたお, でも同様, でも見つけ, でも買っ, でわけ, でパン, で一生, で人, で何, で使つた物置, で剃刀, で夜, で幾たび, で挽割, で泊め, で泊る, で牛, で牧師さん, で畑, で育つ, で葱, で行燈, で近所, で道, で鶏, というもの, とかの商家, としてできる, とても數, とのみ思い込ん, とはちょっと, ともつかない, とも付かず, と二カ所, と変り, と思う, と植木屋, と違, と違わない, ながらその, などではよく, などは山, なの, なので, なんかの方, に, にいた, にいつ, にお, におさまっ, にしばらく, にしろ, にその, についてもかれ, にでも泊め, にとても, にとまった, にはどこ, には一人, には不釣合, には五色, には相違, には邪魔もの, にもある, に並ん, に交っ, に声, に娘, に嫁い, に宿, に床几, に引きとられ, に手当, に桃, に泊め, に泊りこん, に火, に育った, に腰, に蛭, に行き着いた, に通善, に連れ込んだ, に避難, に附属, に隠れ, に隱, に飛び込む, に飛込ん, に馬, に駕籠, の, のある, のいろり, のお, のおばはん, のお上さん, のお婆さん, のこと, のひと間, のへや, のまわり, のやぶれ, のゐろり, のボツ, の万年床, の上, の主人, の主婦, の乾草小屋, の二三軒, の二男, の人, の仏壇, の仕事, の勝手口, の厨, の右手, の呑氣さ, の外, の夜, の奥座敷, の娘, の婆さん, の小, の小汚い, の左, の常, の庭先, の戸, の戸口前, の断, の暗い, の暮し, の構え, の歪んだ, の段々畑, の爺, の牛, の狭い, の現場, の畑, の畠, の第, の納戸, の若い, の茅屋根, の藁屋根, の裏手, の裏藪, の軒, の軒続き, の長男, の離家, の頭, の風呂, の鶏小舎, はいったい, はそれ, は前, は土間, は外人部落, は恐ろしく, は所々ポツ, は沢山, は牧場, は荒畑, へこっそり, へたずね, へでも行っ, へは手当て, へもどっ, へ一時母親, へ不意, へ井戸水, へ入っ, へ入るらしい, へ参り, へ奉公, へ帰っ, へ泊め, へ泊らし, へ泣きこん, へ移つた, へ行っ, へ行つて, へ走っ, へ預ける, へ頼ん, へ飛ん, へ馳, もない, もみんな冬, も植木師, やらが車, や南瓜, や商工, や堂々, らしい唯, らしい土間, らしい感じ, らしくなく和漢, らしく造作, を, をあさり, をいん, をおとずれた, をたずね, をみじめ, をモウ一つ, を一, を一軒, を借りう, を写生, を出る, を取り, を彼, を戸毎, を改造, を見る, を訪れた, を起し, を飛びまわっ, ヘ参リ合力, 多し

▼ 百姓~ (311, 4.8%)

8 なって 5 なろう, 聞いて 4 しては, なろうと 3 いたるまでが, なるの, 準じて, 身を

2 [17件] ききました, して, たのんで, なったところ, なつて, なり今, なるか, なると, なるん, 仲間入りする, 判るもん, 別れて, 別れてから, 化けて, 及ばぬかも, 扮した, 生れて

1 [239件] あった, あらず商人, いたるまで, おなり, くわしく語っ, こしらえて, この稲, これを, したぐねえ, したぐねえと, したぐはねえと, したり, した結果, しようと, しろザディライロヴォ, しろ事実上, すぎないこと, すぎない御方, すっかり拭わせよう, せんこと, そこから, その雌牛, それが, そんな高級, たくさんの, たくさん御, つくらす野菜, ていねいに, とつて, なったが, なったり, なったん, なった内, なった時, なってから, ならなきゃならないわけもないじゃないかねえ, ならねば, なりきっちゃ, なりきれない自分, なりすました, なりすましたの, なりてえん, なりやした, なりやして, なり一人, なり大工, なる, なるさ, なるただ, なるつもり, なるより, なる事, なる当て, なる気, なる者, なれねえぞ, なれよ, なれるかしら, なれるだけの, なれるの, なろうて, なろうという, なろうとは, なろう百姓, はい, はねえだ, ひかれて, もうすこし統制, もどって, よくある, よく分る, よく響い, よく響け, わかる事, キツト何か, コロコロやられ, 一時も, 一瞥を, 三人の, 不当な, 与えて, 乗馬を, 了解させる, 交じつて, 交って, 介抱され, 代って, 会うたもの, 会うと, 会つてあれが, 伝授を, 似げ, 似ず間数, 似合わずなかなか, 何の, 使はれ, 使われて, 俺あ, 傍へ, 入れさせればい, 入用な, 出あったの, 出あつ, 出会ったは, 刀は, 分けて, 分け与える心得, 別荘づくりは, 剣を, 剣術が, 助けられる, 化けたり, 化けること, 化けるので, 十八人も, 十分了解させる, 取って, 取り懸かる時, 取り立てられる道, 同化しうる, 同情し, 向って, 向ても, 告げた, 告げて, 告げ渡しわれら, 命じて, 嘲られる事, 声を, 売りつけるが, 売与して, 多かつ, 大きな声, 大道で, 対立した, 専心し, 尋ねると, 導かれて, 小腰を, 属して, 帰し武士, 帰服され, 平均一人二反歩づゝ呉れる, 建てられる寺, 復った, 復讐し, 心から腹, 心當り, 怒鳴りつけられた, 恤んだこと, 成つて了ふ, 成るだから, 手を, 手織木綿の, 担がせても, 拭わせようと, 持たせて, 持つて, 掛合つ, 接したとき, 教えられて, 教へに, 於きて, 施し半ば, 日頃に, 旦那が, 村の, 殺されかけた時, 比して, 水を, 水利を, 求めは, 洋服を, 渡す, 渡すと, 準じたるもの, 準じ幾分, 特有な, 珍らしい, 甘んじて, 生れついたの, 生れ針, 生活の, 町へ, 百姓の, 盗を, 相当な, 相違あるまい, 相違ございませぬ, 知られないはず, 秘かに, 立ちかえれば, 立ちまじって, 立ち戻った者, 筒井は, 米を, 経験の, 罪が, 聞いた, 聞いたらあれ, 聞いても, 聞くと, 肥料が, 肥料の, 育って, 至つては, 至りては, 船頭殿は, 苛酷なる, 苦しみを, 葡萄酒を, 見つかって, 見つかるて, 見るよう, 見付けられて, 訊いた, 話しかけると, 誘はれたやう, 負はれ, 跪いて, 踏台を, 返す, 追われて, 過ぎないこの, 過ぎなかったの, 道を, 違いない, 限つて総理大臣の, 限らア, 限るって, 限ると, 限るよ, 預けられたいうさかい, 預けるなど, 頼んで, 飛びかかりその, 飛羽を, 食うもの, 餓死する

▼ 百姓~ (310, 4.8%)

50 して 6 やめて 5 相手に 4 見ると 3 したり, すると, つかまえて, 廃めて, 斬って

2 [19件] いじめたいから, しながら, するの, つれて, やつて, 呪い水戸, 強くし, 抑えて, 搾ろうとして, 柔順に, 犠牲に, 突転ばし, 続けて, 脅迫し, 虐待した, 見て, 見ても, 連れて, 骨抜きに

1 [192件] あつめて, いたすが, おさえたの, おだてちゃ, おだてるやう, おどして, おどろかした, かく増長, からかう, きらって, さして一家, させば, させられたら, させるつもり, したがって, したこと, した事, しても, してる息子, してれば, してを, しなくちゃ, しに, しばりつけて, しぼって, しやう, しろと, し始めて, すべて徴兵し, すべて手ぎわよく, する, するなら慣れぬところ, するもの, するわけ, する彼, すれあいいん, せいでも, せめはたり, そこに, たらし込んで, つかったり, どうかする, どう思ふ, なかなか放そう, なさる私ども, なずけ, はじめ宿方としては, ば呼び捨てに, ひきとめたが, ぶつこと, ほとんど自分, みんな干乾しに, むりやり上, やって, やつたり, やつても, やり通して, やるだけの, やるなら何, やる体質, ギリギリに, タヤと, 一人連れ, 一番憎がった, 上へ, 乗せて, 介抱する, 代る代る手伝, 使役する, 侮辱する, 侵擾し, 侵犯した, 初めた, 制するならん, 加役に, 助けに, 助けると, 励まして, 十万ルーブリから, 取りまいて, 召集数百の, 叱る声, 呼びとめた, 呼んで, 営みながら, 嚇して, 土下座させ, 増長させ, 増長させた, 売る筈, 大御宝と, 失った軍隊, 好きな, 妖惑した, 妖惑する, 威かし不法, 宣撫するなら, 宥って, 寧く恵ませ, 川へ, 差配し, 引き立てた, 引き連れて, 役はず一身の, 征服し, 待ち受けて, 忌み嫌い呪うという, 忌み嫌い悪, 忘れて, 怠ると, 恤み宥, 悲しませる出来事, 愛し堂上, 憎むところ, 憐れんで, 戦禍へ, 手つだって, 手なず, 手伝ひ, 抑えたの, 抑へ, 振り返ると, 振返ると, 撫し国家, 擧げて, 救いましょう, 救うこと, 救うため, 教えて, 教えること, 斬ると, 有姓の, 有難いこと, 案内と, 止めないか, 止めました, 武家言葉で, 残らず集めて, 殷富に, 殺さうと, 殺さず活かさずに, 殺す訳, 殺そうと, 気狂いに, 治める, 泣かすな, 泣かせた疳癖, 満載した, 無理押しつけに, 牢に, 物の, 理解する, 生かしたかと, 皆そこで, 相手の, 眼の, 知らないかなあ, 移住させる, 突きとばすの, 突き転ばすよう, 突転ばす, 続けるだあ, 育て, 脅かすの, 致して, 苛めさ, 苦しめたの, 苦しめましたしかも, 苦しめるよう, 虐げいささか, 虫けら同様に, 蛆虫とも, 見くらべて, 見せられ池, 見た, 見るので, 見る時, 見付けると, 見迎えて, 軽蔑する, 追いかけ驚かさぬよう, 追い詰めるの, 送り出して, 造り出そうという, 金の, 雇うて, 頼んで, 頼んでナ, 顧みて, 食う, 饗応した, 魅惑した

▼ 百姓たち~ (235, 3.6%)

3 が, がその, の心, はそれ 2 が叫んだ, が大いに, が山刀, が朝, の常食, の顔, は, は周章者, は彼, は驚いた

1 [203件] いけないねえ, おなじ歸, からは事, から前後, がいる, がいろいろ, がお, がおのおの, がお金, がげらげら, がここ, がこの, がさかん, がずらりと, がそこ, がよごさない, がプリューシキン, が一列, が一升二升, が一同, が二人, が仕事, が件, が何, が全部, が出, が剃刀, が召使, が店, が彼女ら, が教会, が桃畑, が検地, が気, が水争い, が田, が素晴らしい, が訓, が話し, が踊っ, が遥か, が長閑そう, が集まっ, が鞭, が領主, が食べる, でありました, である, であろう, ですよ, でね, でもし, とが手, とちがっ, とも違い, と交じっ, と力, と邸, に, にこの, にとってはこう, にとってはその, にはあの, にはその, には伐木, には目, に出あいました, に向っ, に告げる, に売っ, に恐怖, に教, に熱心, に簡便, に討たれた, に買っ, のあいだ, のあけすけ, のこと, のたべ, のひとみ, のひどく, のむさくるしい, の不能, の世話, の事, の仲間, の信念, の冗談, の利かない, の前, の労働, の取った, の口, の只事, の名前, の噂, の大, の奇妙, の始末, の安全, の屯, の差図, の影, の怨嗟, の所謂実験談其儘, の手, の抑え, の期待, の村, の生れ, の眼, の笑い声, の見る, の言草, の評判, の謳歌, の逃散, の金, の陰口, の顔色, の食べ物, はあまり, はあらかじめ, はいく, はがつがつ, はこれ, はささやきあった, はすっかり, はただ, はたびたび, はどう, はどうしても, はふたたび, はほとんど, はまた, はまるで, はみな, はやれ, はやれやれ, は五人, は何, は何ん, は俄然, は元気そう, は北海道, は取っ, は口, は号泣, は四斤砲一発, は土, は声, は多勢, は大抵, は家士, は家畜, は小屋, は幾度, は廬, は御, は急, は恐れ, は早く, は有卦, は根, は棗, は死骸, は泥酔, は熱病, は田, は疫病神, は皆, は石舟斎, は蹄, は長, は長い, は集まっ, は食えない, は馬方, は麦, は鼎, へ火薬, もいき, もそして, もその, もそれぞれ, も利かない, も夢, も安んぜぬ, も幾らか, も村, も見物, をおどしつけました, をどう, を呼びあつめ, を呼び留め, を導い, を徒ら, を本陣, を無, を狡い, を羨ませ, を見殺し

▼ 百姓~ (169, 2.6%)

43 の方, はそれ

2 [14件] が物, とこの, に取っ, の多く, の生活, の胸, の足音, はこの, はその, は今, は俺, は床板, は皆笑つた, は誰

1 [131件] から悪罵, があちこち, がお前達, がそんな, がやう, がハツキリ, が働い, が前, が勝手, が土地, が弁当, が待つ, が御, が手車, が殺気立っ, が絶望的, が連枷, が鎌, が馬車, でありましょう, と共にこの, と同じ, にいわせる, にその, になる, にはさ, にはそれ, には妙, には少し, には變, には馬, にまじっ, に叱られ, に言わすれ, に説教, のおそるべき, のくく, のこと, の人情, の反感, の夜, の姿, の幸福, の惨め, の最後, の氣持, の為, の無器用さ, の生きる, の群, の羨望, の臭い, の話, の足, の身分, の額, の顔, はあれ, はいくら, はきいた, はこれ, はさ, はそれでも, はたいそう, はちっとも, はちつ, はどんな, はまだ, はみんな, はみんな我等二人, はみんな麦刈, はもう, はもうちやん, はもう一度, はをしまず, はガヤガヤ, はソロ, はビク, は一日, は一本松, は一銭, は不平, は丘, は二人三人一緒, は何れ, は何十日, は依然として, は冬圍, は厚い, は坊さん, は夕方, は大変, は少し, は布団, は当然, は押え, は提燈, は救, は昔, は晩くま, は暢気そう, は本, は水, は為吉, は田畑, は粟, は聞き慣れない, は腰, は自分達, は雪, は食物, は驚い, は驚ろ, は麦, へ金, までが鳥籠, もこれ, も今, も業, も石器, をさそつ, を呼びまし, を得意, を心から, を惨苦, を指揮, を救済, を睨めまわし, を苦しめる, を遠く, を鴨

▼ 百姓~ (128, 2.0%)

4 町人も 3 ある, あれば, して, 少しは 2 士も, 頬かむりの

1 [108件] あった, あったもん, あつた, ありいわゆる, あり旅, い, いい, いたし, いない, いよいよ双方得心, おどろいて, このこと, これやっ, さむらい, しないで, しますが, し腕, すべて現実派であるらしい, するの, せぬよう, そういっ, その中, そろそろ帰りかける, ちょうど酒宴, できないので, でけん女, どの百姓, ないただ, なるほどと, ぼつぼつあつ, ぼつぼつ陣門, ぽつぽつ木曾街道, またこの, また農法研究, また酔いどれ, また醉, みんな自分の, むずかしいからね, もはや動かなくなっ, やっぱり赤, やれば, ゐた, エタも, モンドリを, 一人として, 一寸盗む, 亦農法研究, 人なり, 以来まったく, 会得する, 住んで, 住んどるらしいん, 入つて, 兵卒も, 出来た筈, 厘毛の, 口少な, 同じ様, 哀れな, 商家も, 土を, 多かれ少なかれあんまり, 大分困っ, 大勢見える, 大変だ, 大抵さうし, 大臣も, 太公望の, 子の, 少しはやつて, 居て, 居る代り, 年々貧乏に, 役に立つ, 往っ, 往来の, 恟りし, 戒めて, 戸口に, 断わりかねた, 春が, 有らん限り, 村民の, 橇曳も, 歓迎しましょう, 正成も, 死ぬまして, 殺せば, 気が, 無い, 物売りたちも, 現實, 男も, 百姓としては, 皆青豌豆, 相場を, 私たちの, 立ちどまつて, 耕作し, 船夫も, 言うこと, 許された皮肉, 連れて, 長い苦しい生活, 長期對應の, 顏から, 麦を, 黯い

▼ 百姓~ (108, 1.7%)

4 いう 3 いえども 2 同じやう, 呼んだ, 娘の, 町人出の

1 [93件] あるの, いいたがる気, いって, いつて, いへば, いわず関所, うしろに, きめて, くると, それから夫人, つき合うには, なったの, なって, なりあるいは, なり無事, なる場合, なんの, エタとの, エタとを, トラクトセントル, 一しょに, 一人の, 云い或いは, 云ったの, 云ふも, 交る, 人を, 伍し, 僧侶と, 区別された, 区別し, 区別した, 区別の, 取りくんで, 口論を, 同じよう, 同じ心持, 同列に, 同格で, 同率の, 呼びこれ, 呼ぶ, 呼ぶこと, 商ひ, 噺を, 変らない手足, 変りの, 変りは, 女について, 宿場の, 宿役人仲間との, 小地主, 少しも, 工場の, 思って, 成り終, 朝の, 木樵で, 校長先生とは, 洗濯もんは, 狐との, 申しても, 町人との, 百姓との, 真物の, 私共の, 穢多との, 笑って, 結婚し, 縁組する, 羊を, 義民とを, 職工さんが, 職工だけ, 職工といふ, 致しましては, 行き交, 見えて, 見て, 見りゃ踏みつけに, 言ったん, 言わず宿内, 話を, 語ります, 謂ふ, 譜代の, 違って, 間人百姓との, 間脇との, 隣村の, 青年の, 領主という, 馬方と

▼ 百姓~ (90, 1.4%)

3 町人の, 町人は 2 女や, 女子供, 女房や, 小商人許, 樵夫の

1 [74件] えッさ, おかみさんたち, お家にとっては, つてゐる, なおそれ以下, ばかばかしいから, ばくろうに, また草木, ジプシイも, 下男の, 人夫を, 何かには, 億衆の, 労働する, 労働者の, 動物などを, 勞働者の, 博徒の, 又者, 友人や, 商人など, 商人に, 商人や, 地主らしい, 城兵の, 女の, 子供の, 子供を, 家族へ, 工女や, 左雪だらけの, 年よりが, 役人たちが, 手伝いの, 旅人が, 旅人そういう, 旅人たちは, 村の, 杣夫として, 柴売り, 橇曳の, 武士までが, 武家に, 武家の, 毛むぢやらのや頭が, 漁夫の, 漁夫や, 漁師たちが, 漁師たち顔を, 漁師の, 漁師や, 物売りや, 猟師に, 田舎娘が, 町の, 町人が, 町人しか, 町人どもは, 町人まで, 町人めが, 町人めらなかなか, 町人を, 町人風は, 痢病に, 紡績など, 繭買などの, 見舞人やを, 貧乏な, 車夫たちが, 近所の, 郷の, 野菜売り, 附近の, 馬車屋に

▼ 百姓ども~ (87, 1.3%)

2 の名前, はぎょっと

1 [83件] あれよあれよと, からいろいろ, から利息, から搾り取った, がわんさ, がビックリ, が五人, が人間, が吐息, が壁, が死ん, が珍奇, が発掘中, が道, が門, が集った, が集まっ, が顔, です, ですからね, とき, とごて, と打ち交じり, にあの, にそれ, に与える, に教え, に渡り, に監視, に逐われ, のうち, のこと, の不穏, の乗り来れる, の仕事, の列, の力, の命, の喋り, の喧嘩, の寄合い, の小屋, の必要, の慈善, の新, の生命, の申立て, の群, の群れ, の老幼, の骸骨, の鼻ツマミ, は, はぎく, はこの, はつい, ははあ, ははっ, はまだ, は喜ん, は大, は彼, は武蔵塚, は殆, は気, は水, は涙, は玄徳さま, は皆, は眼, は神財配分, は私, は飲めや歌え, は魏, へ伝達, へ対し, も近村, よりも内地人, をその, をはげました, をはたい, を見, 召寄せられ馬

▼ 百姓さん~ (85, 1.3%)

3 のところ 2 が何, でせう, のよう, の姿, は, は一郎

1 [70件] からハガキ, から買っ, がおにぎり, が云っ, が何と, が可哀そう, が本町, が泣き濡れた, が稲, が純朴, だか, だという, って何時, ですから, では, でも, で何, で本妻, で結構, で苦労, とも思われねえ, と源三郎君, と約束, と馬, にきいた, につれられ, にはそれ, にはちんぷんかんぷん, にスフ, に生き, のため, のやう, のビク, の一家五人, の壁掛, の居候, の御, の心理, の方, の畑, の裏庭, の足許, の顔, はおどろい, はき, はしばらく, はしんぱい, はその, はふとい, はほん, はまた, はまだ, はもぐら, は一等, は岡部一郎, は懐中電灯, は昼ごはん, は木, は空, は納屋, は自分, は足, ほど恐ろしい, もある, もこんな, やらが都会人, やら校長先生, を放し, を見, 何だえ

▼ 百姓一揆~ (78, 1.2%)

3 に加わっ 2 が押して, だ, というもの, のあった, は, はその, もおなじ, を起され

1 [59件] がある, がおこった, がおこり, がねフーム, がブスブス, が此処, が生じ, が起きかけ, が起きた, が起つた, てやつ, てん, でございます, でござんすから, でござんすな, で翌日, というわけ, とか検地騒動, とちがっ, とは異なり, とも見れ, と稱, なぞを書く, などの心配, なん, によって生じた, に加わり, に加わる, に加担, に関する写本, のあと始末なぞ, のうわさなぞ, のやう, のよう, の事実, の処罰, の動静, の大勢, の怨霊, の恐ろし, の指導者, の渦, の研究, の結末, の颱風, の騒ぎ, はこの, はざっと, は二万人, は千五百件, は政府, は維新前, は革命的, も知らず, も起こり, より始末, を, を起そう, 見たいに

▼ 百姓町人~ (74, 1.1%)

2 との間, の家

1 [70件] からビシビシ, から武士, がその, が世, が武士, が直ぐ, が莚旗, が飛出し, であった, であったところ, でしょう, でなくば, でもなく, といえ, との区別, との差別, との身分, とエタ非人, と雖, などの捕縛, に, には百姓町人, に利, に口, に向っ, に土下座, に対しては実に, に対しても一切頭, に対しても色々, に貸, に貸出す, のあ, のあいだ, の中, の困難, の土藏, の少, の巡礼, の擲, の生活, の男女共, の男女老幼, の群, の群れ, の裕福, の見境, の賤しき, の道徳, の間, の隔てなく, の類, はその, はどや, はみな今日, は権威, は無論, は男子, は絹, は織田家, は老い, は難儀, まで力み返っ, もあまねく, も僧侶, も草, をゲス, を圧迫, を引見, を斬棄てる, を泣かせる

▼ 百姓~ (70, 1.1%)

5 あつた 2 いながら, ござります, ごぜます, 終るつもり

1 [57件] いいと, これを, ござりました, ござりまする, なあ毎日タンボさ, ふだんは, みんなと, 一杯だ, 一生くらしたい, 仁兵衞さんといふ, 仁左衛門と, 仙太の, 佐渡屋の, 先代より, 力が, 力は, 四天王も, 壇に, 多くの, 寒さ, 小使を, 店の, 彼の, 惣領の, 成立つて, 文學は, 暮すよう, 来る, 歌人でも, 殘る, 水右衞門といふ, 漁師の, 父の, 父も, 片田舎の, 牛を, 甚さんと, 生活の, 療治の, 百姓の, 私の, 終りたいという, 終るとか, 結構だ, 置くこと, 耕作の, 與八郎と, 薄ぼんやり, 行つたのだ, 親仁の, 親孝行で, 貧乏だった, 通すが, 酒屋から, 重そう, 針の, 高利の

▼ 百姓仕事~ (62, 1.0%)

7 をし 2 を手伝っ

1 [53件] がきり, が好き, が少し, が忙しく, さえ出来ない, で風呂敷, というの, なんか, にいそしん, にかえりました, にはたしか, には人並, には馴れ, にも馴れ, に使う, に実, に引っ張り出され, に忙しい, に打ち込ん, に甘んじ, に身, のため, のみならず, の出來, の手傳い, はたいへん, はとても, はなん, は並大抵ぢ, は俺, は初め, は若い, は行, ばかりさせ, もする, も出, も繁栄, や町, や飯爨, より辛い, をしました, をしませんで, をする, をなさる, をはじめ, をやっ, をコツコツ, を二人前, を働いた, を始めた, を嫌い, を手伝, を教わりました

▼ 百姓~ (56, 0.9%)

3 である 2 だ, のよう, の醉

1 [47件] がてんびん, がひょっこり, がクリストフ, がレモン, が二人, が二人がかり, が仕事, が出, が年, が来, が毬, が絵, が覗い, が通っ, が駈け出し, でありますが, です, としてのこの世, なぞは中, などに実によく, ならどんな, には珍, に変装, に恋, に特別, に返ろう, のこわい, のカカト, の叫び声, の右, の姿, の性質, の恰好, の熱した, の髪の毛, はそう突然, はよう, はホッ, は手先, は答えた, ふぜ, まで勞働用, や労働者, や眼鏡, をだました, を一人蹄, を装っ

▼ 百姓~ (52, 0.8%)

2 が安穏, が年貢, だから, をば

1 [44件] が, がほしく, がわざと, がガツガツ, が兄, が囲み置く, が大勢, が掃く, が証人, じゃと怒鳴り散らし, だ, だって酔興, だ誰か, と多人數打合双方即死手負人出來田中勢土師村放火家數二十軒及燒失, にとく, には詮議, に勘づかれる, に口, に逐, のうち, の容子, の小, の強訴, の殺気, の為め, の申し分, の苦悩, は何ん, は圧制, は毎度, までがそんな, も顔, をすぐ, をとり, を使嗾, を制し, を呼び集め, を威壓, を悦ばす, を救っ, を救つて下, を皆, を集め, 駈集り

▼ 百姓~ (50, 0.8%)

3 と思っ 2 ぞ, のと, 百姓だ

1 [41件] おつた, からお, からこの, からただ, からって道路, からといっ, からばか, からドン百姓, から何, から百姓, から驚きまし, か侍, がきのう, がさすが, がしかし, がア, が旅, けど以前, けど兄さん, しかつまた, それが, ちの目には, つてそれの, つて気を, でそんな, とか職工, とか自分, としか聞かない, とていつ, と米, と言, と頑張りなさる, な, なんて, ね, のが, よ, わな, わねえ, ナ此, 百姓が

▼ 百姓弥之助~ (50, 0.8%)

3 の話 2 と名乗る, の植民地, はこの, はその, は東京

1 [37件] がどうして, がまだ, が少々, が持つ, が植民地, と申します, には思われない, の唯一無二, の少年時代つまり小学校卒業, の建物, の現実, の農業, はある, はいつも, はうどん, はそれ, はどこ, はニュース映画, は今年, は十二月初め, は変, は山林, は或, は昔, は書道, は有畜農業, は植民, は植民地, は武蔵野, は毎月数十種, は燃え, は考え, は考えた, は荻窪, は電燈会社, も以前, も大いに

▼ 百姓~ (44, 0.7%)

1 [44件] から思う, がそこら, がどんな, が中津川辺, が二百十日, が待ち, が納め, で御, とごくゆっくり, とできうる, とともにその, と同じ, にもよく, にも手伝わせる, に向かっ, のまん中, の上, の住居, の信仰, の恐怖, はいずれ, はいつ, はこの, はさりげ, は兵士ら, は叫び, は喚いた, は大声, は山家, は本気, は棒, は激昂, は相変わらず, は眼, は総出, は陣地, は黙り込ん, も賛成, をよろこばせた, を憎悪, を無遠慮, を相手, を脚下, を見すえ

▼ 百姓には~ (43, 0.7%)

2 まだ子供, 不似合い, 惜しい

1 [37件] うつかり, かなり思ひ, こぼれて, したくな, それを, そんな人, どうも難解, なれぬと, めづらしいはつ, 三人の, 兵隊の, 分らねえや, 剣法は, 土地を, 寒霞渓が, 寢て, 少なくて, 強いの, 惜しいもん, 憚られ, 成れそう, 牛や, 珍らしく, 甚七も, 生神様, 百姓の, 眼も, 私が, 稽古を, 言挙げという, 足りなかつた, 違いない, 違ひない, 野心は, 限りませんけれど, 雇へ, 馬鹿に

▼ 百姓でも~ (36, 0.6%)

3 町人でも 2 夏秋は, 自分の

1 [29件] これ式です, して, しない限り, しようかと, しろ馬鹿, するか, するしか, それが, ちゃんとお, ないどっち, なか, なかった, なし行者, なんでも, ようござん, 一人, 何もかもが, 出来ます, 刃あたりが, 商売を, 大百姓, 時には斯様, 無知な, 理合に, 生れた村, 知らぬはず, 立派な, 貴族の, 身分は

▼ 百姓~ (34, 0.5%)

2 とお

1 [32件] が各, が商, が大勢, が救える, が泊りがけ, が言つて來, が集っ, にはお, に与えた取り替え, に代っ, に棕櫚縄, のうち, のこと, の中, の事, の事ゆえ, の休所, の窮状, の財袋, の鍬, の長閑, はこわもて, は愚か, は手, は此方, まで一緒, もお, も來, も大勢, も気の毒, も色々, を励まされる

▼ 百姓から~ (30, 0.5%)

2 ウンと

1 [28件] では, はじめなけれ, 上納した, 代価として, 出た者達, 出て, 出来た八重山, 区別すべく, 又者, 商人に, 教えられること, 牛まで, 田地召上げる, 私が, 納めました玄麥, 老幼までが, 耳よりの, 聞いて, 聞かされて, 聞きましたので, 能く, 自分勝手に, 買って, 身を, 重いみつぎ, 野良着を, 頭ごなしに, 食を

▼ 百姓らしい~ (27, 0.4%)

5 男が 3 大きな手

1 [19件] のが, もっさりと, ものが, 上に, 中年の, 声で, 夢を, 大な, 女が, 手で, 手を, 涙が, 男は, 男や, 言葉の, 話を, 鈍重な, 頬骨の, 風体の

▼ 百姓~ (25, 0.4%)

3 である 2 の土間

1 [20件] が先祖代々, だ, であった, でした, とそれ, などは漬物桶, なの, にただ, の一軒, の壁, の庭, の物置小屋, の納屋, の背戸, の背景, の軒, の軒毎, へ来, まで運ん, めいた萱屋

▼ 百姓とは~ (23, 0.4%)

1 [23件] いいながら, いうものの, ちがうぞう, ちがう人, まったく縁, 何だ, 全く別, 判らず屋, 別室即ち, 反りが, 同じ服装, 名ばかり昨年夏ごろよりどっ, 差別され, 当然区別, 彼を, 思わぬ, 思われない, 挨拶を, 有様を, 縁組等も, 脛を, 違う者, 違つて気恥しい

▼ 百姓~ (22, 0.3%)

1 [22件] が嗤, が平次, が現われた, が近づい, が酔いつぶれたらしく, だった, であるから, とに見られる, と道づれ, はよく, はキョトン, は感, は慇懃, は村長, は棒立ち, は漸く, は牛, は耀蔵, は言いました, をウィリアム, を呼び留め, を相手

▼ 百姓仲間~ (21, 0.3%)

2 が難渋

1 [19件] から目の敵, がある, が騒ぐ, だ, である, なり, には受, には非常, に示した, のため, のもの, のカアペンタア, の兼吉, の裏切者みたい, の言う, は中津川, ばかりとがめられません, もあの, も追い追い

▼ 百姓にも~ (20, 0.3%)

1 [20件] あった, せよ自, そのほか, たえした起き轉びがあるのよなあ, なれまいし, なれやしない, なろうと, よりけりで, わびました, 一期の, 不安の, 五分の魂なかなか, 似合わないこと, 悶躁い, 楽を, 概してそれ, 気を, 町人にも, 租税以外の, 譜第の

▼ 百姓では~ (19, 0.3%)

3 なかった 2 食って

1 [14件] ありません, いくら骨を, こうは, ござらぬぞ, そんなにチョイチョイ, どうしても生活, ないこと, ないらしい, ない半, ない筈, 到底食っ, 無い, 駄目だ, 駄目である

▼ 百姓という~ (18, 0.3%)

8 ものは 3 やつは 1 ものが, もんは, んだ, 仕事は, 名前の, 百姓を, 言葉は

▼ 百姓~ (18, 0.3%)

1 [18件] からよこした, があった, があんた, が坐っ, が美顔用, が西瓜, ではなかっ, と同じ, と結婚, なんか戸籍, に無心, に贈っ, のよう, のジャンヌ・ダルク, の自分, や農家, らしく静か, をまごつかせ

▼ 百姓生活~ (18, 0.3%)

3 の最も

1 [15件] にかえって, にはいっ, に立ちかえる, に興味, の日々, はほんの, ほど私, もよく, も出来ない, をし, をしたい, を営ん, を始めた, を見廻る, を長く

▼ 百姓姿~ (17, 0.3%)

2 の男

1 [15件] であった, である, でウチ, となり, にかえ, にし, に描い, に着替え, の一人, の写真, の口々, の蟹, をし, をまだ, を見

▼ 百姓~ (16, 0.2%)

3 が多く

1 [13件] だ, でこの, で田畑, で荒れ, に住む, の方, の田圃, はなかなか, へ逃, まで溢れた, もまじっ, を五六萬坪買つて, を前

▼ 百姓であった~ (15, 0.2%)

2

1 [13件] かどう, からむずかしい, が二人, が今, が公証人書記, が新村家, が縁, こと当時何不足なく, のを, 事が, 初代惣右衛門が, 地主たちの, 者と

▼ 百姓である~ (15, 0.2%)

3 ことは

1 [12件] からインテリ, が家柄, が少し, ことが, ことを, ご当家, と, と話した, 上に, 元右衞門, 初世, 彼は

▼ 百姓~ (15, 0.2%)

1 [15件] がこそ, が教育, が病氣, である, と一所, などもいる, の作つた, の肌膚, の面前, はさらに, は忙しく, は悉く, は競う, は義務, を低く

▼ 百姓する~ (14, 0.2%)

3 と言った 21 さ, なあもう, なんて言, に不思議, のは, ものは, ものも, 男だ, 第一要件

▼ 百姓小屋~ (14, 0.2%)

1 [14件] が散らばっ, が点々, が申し合わせた, で取っ, にしつらえ, にも等しい, のある, のつながり, のなか, へ馬車, や通り, を少し, を思ひうかべた, を見下ろし

▼ 百姓として~ (13, 0.2%)

2 分を

1 [11件] いろんな仕事, 住んで, 働きそれで, 彼は, 惣領には, 死んで, 生きるん, 生れ小学, 立って, 立派な, 藁を

▼ 百姓~ (13, 0.2%)

3 のだ 2 んだ, んです 1 の, のか, ので武士道, んざ左傾が, んつ, んつうもんは

▼ 百姓~ (12, 0.2%)

1 [12件] それとも木樵, 漁夫に, 漁師の, 牛飼い, 町人か, 町人の, 知れないが, 職人か, 職人だ, 職人の, 肥取りかも, 見当の

▼ 百姓~ (11, 0.2%)

1 [11件] たりし, ていた, ていたがる, ている, ておりまする, てこんな, てゐる, て来た, て生活, て穀, ながらやる

▼ 百姓です~ (11, 0.2%)

21 か, が和助, が然し, が立派, し田舎, と嘘, もの, 寧ろ其心ばせ, 純然たる

▼ 百姓ほど~ (11, 0.2%)

1 [11件] みじめな, 哀れな, 天を, 強いもの, 強い者, 楽しいもの, 正しい仕事, 苦しいもの, 貴いもの, 貴い仕事, 野菜を

▼ 百姓剣法~ (11, 0.2%)

1 [11件] がここ, が始まる, だろうなぞと, とはいえ, と云う, なぞとは大, などと他流, に見える, をからかっ, をひやかし, をもっ

▼ 百姓などが~ (10, 0.2%)

1 あちこちに, あるの, 家で, 彼に, 拾って, 木具の, 殊更に, 殿様御前などと, 道を, 驚いて

▼ 百姓ばかり~ (10, 0.2%)

2 して 1 いるそんな, でした, ですぜ, でな, で無い町野左近将監, で眼色, 乗ってるよう, 食うや

▼ 百姓~ (10, 0.2%)

1 が今度, が今日絶対, でございます, とどういう, の代り, も, を体得, を作興, を唱, を唱えた

▼ 百姓~ (10, 0.2%)

2 の男 1 な樣子, な水晶, に扮, に納まった, の, のぢ, の大きい, や商人体

▼ 百姓だった~ (9, 0.1%)

2 そうです 1 が親爺さん, しずいぶん, の, のか, 人たちです, 人達は, 祖父や

▼ 百姓との~ (9, 0.1%)

1 あいだの, いきさつその, ほかに, 二階級が, 四人連で, 宿命を, 話の, 資格の, 間には

▼ 百姓とも~ (9, 0.1%)

1 一緒に, 交際を, 小栗栖の, 思われないので, 思われません, 思われる若い, 浪士とも, 町人とも, 見えず堅気

▼ 百姓なら~ (9, 0.1%)

1 これで, ば本業, ば汗, ば苦, べつの, 何を, 見込みで, 話を, 逃亡も

▼ 百姓まで~ (9, 0.1%)

1 この行幸, そう云う, もう聞き伝え, 固唾を, 心耳を, 犬侍の, 皆汝, 聴聞に, 金銀を

▼ 百姓~ (9, 0.1%)

2 の悲さ 1 が一里おき二里おき, でもずいぶん, とは少し, にのみ育った, に生れ, の単調, の單調

▼ 百姓~ (8, 0.1%)

5 の男 1 の五十男, の若い, の親仁

▼ 百姓でございます~ (7, 0.1%)

1 から當, が, がこの, が親分さん, けれど百姓, ものちょいちょい, よ

▼ 百姓よりも~ (7, 0.1%)

2 車夫よりも 1 お坊さん, 年を, 町人よりも, 貧乏な, 身分の

▼ 百姓以外~ (7, 0.1%)

3 のもの 1 の何者, の天地, の者, の衣食

▼ 百姓~ (7, 0.1%)

2 になっ 1 であつ, などに, などを面倒く, の笠太郎, の首

▼ 百姓総代~ (7, 0.1%)

1 という格, として町人気質, ともいうべき, とも言うべき, の庄助, の組頭庄兵衛, は峠村

▼ 百姓老幼~ (7, 0.1%)

1 から多く, が歓呼, が箪食壺漿, であった, の一群, の足手, までが正成

▼ 百姓すなわち~ (6, 0.1%)

1 ただちに農民, 人民の, 名主として, 姓氏を, 農民であった, 農民は

▼ 百姓だち~ (6, 0.1%)

1 から許され, が会場, が筒井, は垣根越し, は痛感, は筵

▼ 百姓だの~ (6, 0.1%)

1 パンパンだの, 八百屋だの, 小児を, 小学校の, 店主だの, 獣の

▼ 百姓といふ~ (6, 0.1%)

2 ものは, 名は 1 ものが, 名稱

▼ 百姓とが~ (6, 0.1%)

1 かっきりと, しきりに何, 痛さ, 睨み合いに, 睨み合ひ, 通婚する

▼ 百姓ばら~ (6, 0.1%)

1 だから, に召捕られ, に担がせ, の手, をそれ, を財宝

▼ 百姓~ (6, 0.1%)

1 お孃さん, かたずけて, よく諭, 指圖した, 送りその, 遣わし速

▼ 百姓上り~ (6, 0.1%)

1 だ, だという, のよぼよぼ, のバクチ打ち, の無頼, らしい父親

▼ 百姓~ (6, 0.1%)

1 盡の, 腹なれ, 腹ナレバ国富ミテ兵強ク百姓空腹ナラバ国貧ニシテ兵弱シツトメザル可, 腹帳, 腹帳という, 間抜けおれの

▼ 百姓~ (6, 0.1%)

1 が入り乱れ, に着換え, や頭巾, を持っ, を着, を着け

▼ 百姓町人ら~ (6, 0.1%)

1 が一向, と同じく, の生活, はそれ, は生活, は祖先

▼ 百姓~ (6, 0.1%)

1 に乗られ, に曳かれた, や大原女, をつけ, を借り, を飛ばせ

▼ 百姓馬子~ (6, 0.1%)

1 から青物, だ, と露店, に出, の八百屋, は青物

▼ 百姓さんたち~ (5, 0.1%)

1 である, にくらべる, にたよらず, はみんな, も

▼ 百姓だけ~ (5, 0.1%)

2 では 1 たあ, でよい, 買って

▼ 百姓であり~ (5, 0.1%)

1 かたがた動物性の, ながら始め, ながら自分, 一店員であり, 小郡町の

▼ 百姓としては~ (5, 0.1%)

1 富裕の, 御通行, 格別の, 珍しく書, 皆うだつの

▼ 百姓など~ (5, 0.1%)

1 させたくなかった, しねえげ, しねえでも, です, とりまぜて

▼ 百姓または~ (5, 0.1%)

2 百姓と, 百姓の 1 百姓に

▼ 百姓みたい~ (5, 0.1%)

2 なもの 1 な男, な農業機械, な顔

▼ 百姓~ (5, 0.1%)

21 がとつと, なかなかどうして急所, ほくほくもの

▼ 百姓仁兵衞~ (5, 0.1%)

1 からも聞きました, が一緒, が縁側, は八五郎, を連れ

▼ 百姓呼ばわり~ (5, 0.1%)

2 をした 1 であれ, の悪態, を充分

▼ 百姓大尽~ (5, 0.1%)

2 の家 1 のところ, の女中, の娘

▼ 百姓夫婦~ (5, 0.1%)

1 にこの, のむつまじく, のよう, の眠っ, を眺め

▼ 百姓自身~ (5, 0.1%)

2 の卑下 1 の觀念, へも又, も笑っ

▼ 百姓鍛冶~ (5, 0.1%)

1 だけの男, ということ, に化ける, に落ちぶれ, の梅軒

▼ 百姓した~ (4, 0.1%)

1 そうだ, つて詰らねえ, 後こんな, 風体が

▼ 百姓じゃ~ (4, 0.1%)

1 ござんせんぜ, ないぞ, ねえもの, 軽蔑し

▼ 百姓たる~ (4, 0.1%)

2 公民は 1 と女子供たる, ものは

▼ 百姓~ (4, 0.1%)

1 や, やお, やない, やなし

▼ 百姓でした~ (4, 0.1%)

1 から鶏, か私, が自分, 大橋門蔵という

▼ 百姓でない~ (4, 0.1%)

1 から地味, ことは, ことを, とおっしゃる

▼ 百姓とともに~ (4, 0.1%)

1 せんとの, 打って出て, 枯れ草を, 耕すこそ

▼ 百姓などは~ (4, 0.1%)

1 まるで動物扱, 土下座でも, 腰を, 身分重く

▼ 百姓なんか~ (4, 0.1%)

1 しかたが, やめて, 収穫時だ, 止めっちまって

▼ 百姓より~ (4, 0.1%)

1 宜き, 軽き者, 進んで, 閹鶏数羽を

▼ 百姓一同~ (4, 0.1%)

1 が異口同音, でその, に言い渡しましょう, 御高恩

▼ 百姓万民~ (4, 0.1%)

1 のため, の塗炭, の幸福, また神前

▼ 百姓~ (4, 0.1%)

2 になった 1 やになった, やになつたん

▼ 百姓源兵衛~ (4, 0.1%)

1 という男, と申す, に名主, のせがれ源蔵

▼ 百姓相手~ (4, 0.1%)

1 に地方, に暮す, のお, の仕事

▼ 百姓角右衞門~ (4, 0.1%)

1 が多, に五十両貰い, の子, は私用

▼ 百姓~ (4, 0.1%)

1 に両方の, に造作, の小, を鏡

▼ 百姓あり~ (3, 0.0%)

2 この辺土人 1 て欠びかな

▼ 百姓いや~ (3, 0.0%)

1 んなった, ドン芸人じゃ, 仙太さんとやら

▼ 百姓さえ~ (3, 0.0%)

1 あった, あるいは義経, あるん

▼ 百姓って~ (3, 0.0%)

1 やつが, 可哀相な, 良え

▼ 百姓であっ~ (3, 0.0%)

1 て父, て百姓以外, て素朴

▼ 百姓といった~ (3, 0.0%)

1 ので, のです, 構えである

▼ 百姓とを~ (3, 0.0%)

1 主業として, 兼ねたよう, 兼ねた素朴

▼ 百姓と共に~ (3, 0.0%)

1 これを, 寄つて来た, 此処い

▼ 百姓などの~ (3, 0.0%)

1 人々と, 秋と, 非戦闘員

▼ 百姓などを~ (3, 0.0%)

1 微笑で, 捉えて, 督励し

▼ 百姓なる~ (3, 0.0%)

1 が故に, もの, ものに

▼ 百姓なんて~ (3, 0.0%)

1 ものは, 人間じゃ, 辛いもん

▼ 百姓にでも~ (3, 0.0%)

1 なって, なりたい, 怪しまれて

▼ 百姓によって~ (3, 0.0%)

1 呼び覚まされたその, 埋葬され, 季節外れと

▼ 百姓に対して~ (3, 0.0%)

1 こんな言葉, 彼は, 田屋の

▼ 百姓に対する~ (3, 0.0%)

1 のと, 斬りすてご, 苛斂などを

▼ 百姓ばかりの~ (3, 0.0%)

1 寄合いば, 村では, 村には

▼ 百姓一統~ (3, 0.0%)

1 が仕合せ, でええ, 引いては

▼ 百姓~ (3, 0.0%)

1 に取扱, の者, の飯位

▼ 百姓~ (3, 0.0%)

1 から他, より立置, を廻りおわる

▼ 百姓二人~ (3, 0.0%)

2 だけであった 1 話しもて出

▼ 百姓~ (3, 0.0%)

1 で持つ, と計っ, にも見せ

▼ 百姓先生~ (3, 0.0%)

1 ではありません, の煩悶, の百姓

▼ 百姓~ (3, 0.0%)

1 の娘, の怠け者, を

▼ 百姓商人~ (3, 0.0%)

1 に似, の子弟, は商人

▼ 百姓外套~ (3, 0.0%)

1 を着, を着け, を著

▼ 百姓夫妻~ (3, 0.0%)

1 がちょうど, はその, を説き伏せ

▼ 百姓~ (3, 0.0%)

1 あだ, あの乞食婆, がお

▼ 百姓婆さん~ (3, 0.0%)

1 が電車, でボロ雑巾, もこうして

▼ 百姓息子~ (3, 0.0%)

1 にすぎなかつた, の如く扮装, はこの

▼ 百姓文吉~ (3, 0.0%)

1 と申します, に山, の処

▼ 百姓~ (3, 0.0%)

1 の組頭, の負け公事, もどなた様

▼ 百姓~ (3, 0.0%)

1 はとても, は出来やすめえ, も出

▼ 百姓~ (3, 0.0%)

1 になる, のよう, の食客同様

▼ 百姓気質~ (3, 0.0%)

1 からいつ, が勿体ない, にある

▼ 百姓水右衞門~ (3, 0.0%)

1 と名, は本, を女房

▼ 百姓爺さん~ (3, 0.0%)

1 が偽札, が鷄, も婆さん

▼ 百姓町民~ (3, 0.0%)

1 はその, は万世, へ向っ

▼ 百姓百姓~ (3, 0.0%)

1 した風体, という, と人

▼ 百姓~ (3, 0.0%)

2 な粗野 1 な頑固

▼ 百姓神楽~ (3, 0.0%)

2 の連中 1 の者ども

▼ 百姓老爺~ (3, 0.0%)

1 が七十, に伺ひ, の履いた

▼ 百姓育ち~ (3, 0.0%)

1 でないまた, の為, を羞ぢ

▼ 百姓言葉~ (3, 0.0%)

1 でまくし立てる, といはれ, 乃至田舎言葉

▼ 百姓~ (3, 0.0%)

1 の木, の行進曲, の軍勢

▼ 百姓~ (3, 0.0%)

1 が多く, が得物, が農事

▼ 百姓連中~ (3, 0.0%)

1 がワイワイ, である夫婦連れ, でしょう

▼ 百姓道具~ (3, 0.0%)

1 が一式, を入れ, を入れた

▼ 百姓馬子等~ (3, 0.0%)

1 の呼び賣り, の影, は速

▼ 百姓いじめ~ (2, 0.0%)

1 や野盗, を一生懸命

▼ 百姓おやじ~ (2, 0.0%)

1 に同じ, に訪問

▼ 百姓からは~ (2, 0.0%)

1 そう思われない, 出来るだけ

▼ 百姓ぐらし~ (2, 0.0%)

1 をし, を嫌

▼ 百姓こそは~ (2, 0.0%)

1 土を, 真の

▼ 百姓これ~ (2, 0.0%)

1 や元々, を熱愛

▼ 百姓しか~ (2, 0.0%)

1 いねえはず, 通らぬ桃畑

▼ 百姓したい~ (2, 0.0%)

1 から東京, と言う

▼ 百姓しよう~ (2, 0.0%)

1 と思ふとる, と思わなかった

▼ 百姓その~ (2, 0.0%)

1 後姿を, 者に

▼ 百姓そのもの~ (2, 0.0%)

1 についてどれ, の可笑し

▼ 百姓~ (2, 0.0%)

2 あ何

▼ 百姓だけが~ (2, 0.0%)

1 ゐる村, 湯治に

▼ 百姓だけで~ (2, 0.0%)

1 国を, 甘んじて

▼ 百姓だけに~ (2, 0.0%)

1 すぐ気, 仇花は

▼ 百姓だけは~ (2, 0.0%)

1 まだまごまご, 寧ろ機会

▼ 百姓ちう~ (2, 0.0%)

1 てよかつ, ものは

▼ 百姓てい~ (2, 0.0%)

1 の男, の男ふたり

▼ 百姓でなけれ~ (2, 0.0%)

1 ば, ば人足

▼ 百姓とか~ (2, 0.0%)

1 その他小泉の, 輕侮の

▼ 百姓としての~ (2, 0.0%)

1 固定資本や, 弥之助は

▼ 百姓なども~ (2, 0.0%)

1 混って, 見えた

▼ 百姓なみ~ (2, 0.0%)

1 に町人, のルバーシカ

▼ 百姓にても~ (2, 0.0%)

2 重に

▼ 百姓にと~ (2, 0.0%)

1 つては, つて此の

▼ 百姓にまで~ (2, 0.0%)

1 嘲り笑わるる道理, 落ちこむ気

▼ 百姓にゃ~ (2, 0.0%)

1 その反対, 政友会さ

▼ 百姓にや~ (2, 0.0%)

1 もつたい, 大事な

▼ 百姓はが~ (2, 0.0%)

1 つかりした様子, つかりして

▼ 百姓~ (2, 0.0%)

1 する外, ジッと

▼ 百姓ほめ~ (2, 0.0%)

1 言葉に, 言葉を

▼ 百姓みた~ (2, 0.0%)

1 ような, ように

▼ 百姓よりは~ (2, 0.0%)

1 穢多, 身分よろしき

▼ 百姓らしく~ (2, 0.0%)

1 おまえは, もない

▼ 百姓らしくなく~ (2, 0.0%)

1 ブッキラ棒に, 気持の

▼ 百姓を以て~ (2, 0.0%)

1 これに, 両大神宮辺

▼ 百姓~ (2, 0.0%)

2 てもの

▼ 百姓バルザ~ (2, 0.0%)

1 の精力, の野心大

▼ 百姓~ (2, 0.0%)

1 以テ本, 呼ビ出シテ家作モ直

▼ 百姓一揆みたい~ (2, 0.0%)

1 な地謡, に竹槍

▼ 百姓七兵衛~ (2, 0.0%)

1 とどこ, をこうして

▼ 百姓三十一か村後~ (2, 0.0%)

1 には六十五か村, には百十九か村

▼ 百姓上がり~ (2, 0.0%)

1 で懇意, の炭薪商人

▼ 百姓二三人~ (2, 0.0%)

1 が鴨, とで村中

▼ 百姓仙右衛門~ (2, 0.0%)

1 の弟仙太郎, は真壁全村

▼ 百姓~ (2, 0.0%)

1 のべつ暇, の者

▼ 百姓全体~ (2, 0.0%)

1 のわが身, の学問

▼ 百姓共に~ (2, 0.0%)

1 取捲かれては, 手厚い賃銀

▼ 百姓~ (2, 0.0%)

1 の為す, の芋侍

▼ 百姓兼吉~ (2, 0.0%)

1 に引かせ, のおふくろ

▼ 百姓同士~ (2, 0.0%)

1 がこれ, というもん

▼ 百姓同志~ (2, 0.0%)

1 のよう, の争い

▼ 百姓大勢申合せ候~ (2, 0.0%)

2 をとたう

▼ 百姓女みたい~ (2, 0.0%)

1 にゴテゴテ, に頭

▼ 百姓女房~ (2, 0.0%)

1 そのままな, のよう

▼ 百姓子中~ (2, 0.0%)

1 には腦天, に脳天

▼ 百姓小舎~ (2, 0.0%)

1 に似, のくすぶった

▼ 百姓平七~ (2, 0.0%)

2 と徳兵衛

▼ 百姓幸七~ (2, 0.0%)

1 の女房, の妹

▼ 百姓庶民~ (2, 0.0%)

1 が魏軍, は自分たち

▼ 百姓~ (2, 0.0%)

1 一統ばかり, 府外多摩郡阿佐ヶ谷村の

▼ 百姓心理~ (2, 0.0%)

1 のこり, をゆくりなく

▼ 百姓惣兵衛~ (2, 0.0%)

1 が娘はつ十七歳, の三女

▼ 百姓染み~ (2, 0.0%)

1 て, て頤鬚

▼ 百姓泣かせ~ (2, 0.0%)

1 がいちどきに, の厄病神

▼ 百姓~ (2, 0.0%)

1 に預け, へも参籠

▼ 百姓生き過ぎ~ (2, 0.0%)

2 はしない

▼ 百姓生れ~ (2, 0.0%)

1 なので, にも似ず

▼ 百姓町人たち~ (2, 0.0%)

1 がきょう, は

▼ 百姓真壁~ (2, 0.0%)

2 の仙太郎

▼ 百姓~ (2, 0.0%)

1 がかぶせ, に古い

▼ 百姓茂左衛門~ (2, 0.0%)

1 であった, は絵

▼ 百姓親子~ (2, 0.0%)

1 のごとき, は眼

▼ 百姓親爺~ (2, 0.0%)

1 として余生, のほか

▼ 百姓議員~ (2, 0.0%)

1 だという, で押し通し

▼ 百姓議論地方問題~ (2, 0.0%)

2 を以て終始

▼ 百姓達仙太~ (2, 0.0%)

2 の血相

▼ 百姓長兵衛~ (2, 0.0%)

1 という者, と称え

▼ 百姓~ (2, 0.0%)

1 蔵が, 蔵は

▼ 百姓青年~ (2, 0.0%)

1 のカッコウ, を道案内

▼ 百姓風俗~ (2, 0.0%)

1 である, の変

▼ 百姓風情~ (2, 0.0%)

1 が兎, で何

▼1* [397件]

百姓また籘, 百姓あがりといふ, 百姓ありけるがかの, 百姓あんまりはつきりする, 百姓いじめなさるとか苛税, 百姓ええと確か真壁, 百姓おやぢたちの, 百姓おやじレイニンがゴッホ, 百姓かときいた, 百姓かな八幡聞かまじき, 百姓かなんぞであったらわし, 百姓からばかし兵隊とりや, 百姓がかぶつて, 百姓がぞろ, 百姓がにょこりと出た, 百姓がよ一年働いたら, 百姓がわたつて, 百姓がわらすべをおり, 百姓ぎらいそれに子供, 百姓くさい財布を, 百姓ぐらい我利我利亡者で, 百姓こそいい面, 百姓この男も, 百姓さえもいつの間にかまた, 百姓させておく, 百姓させられべいか, 百姓さん達はそれ, 百姓しねいでどう, 百姓しねえたって役場さ勤, 百姓しねえなんちあるもん, 百姓じみて感じ, 百姓じゃあないと, 百姓じゃあねえ大違えだ, 百姓するなら先生の, 百姓そだちの成上がり者, 百姓そんなものに, 百姓そッくりに変装, 百姓たちいずれも正則以来, 百姓たち自身の正しい, 百姓だけの役徳だ, 百姓だってそれ位な, 百姓だっても徳川様の, 百姓だつたら大喜び, 百姓だろう収穫は, 百姓ってなんてばかな, 百姓つまり兵農の分離, 百姓づれだ, 百姓であったろうことを, 百姓でありましても大名, 百姓でありましたがこの, 百姓であるべき筈である, 百姓であれ天下に, 百姓でさえ食う物, 百姓でして共同, 百姓でしか無いの, 百姓でしょうかね, 百姓でだけはない, 百姓でなく黄門様の, 百姓でなくなりましたから祖先以来, 百姓といつても巣鴨一番, 百姓とかの人達まで, 百姓としてもまた立派, 百姓とでも言うべき人物, 百姓とばかりあしらって, 百姓ども五六里も歩ん, 百姓ども仕来りの古, 百姓ども馬車の下, 百姓なくして, 百姓なぞが飲みに, 百姓なぞは能の, 百姓などで東京の, 百姓などといふものは, 百姓などとは身分の, 百姓などに滅多に, 百姓などよりも下位に, 百姓なほ乏し, 百姓なりが何の, 百姓なりの方式で, 百姓なれば石灰, 百姓なんかよりもモットモットつまらない, 百姓なんずてめえん, 百姓なんぞになりたがらねえもん, 百姓なんぞの味方と, 百姓なんぞは幾人斬っ, 百姓なんどつまらないって, 百姓なんどザラにゃいねえ, 百姓なんど一人もいる, 百姓におけるがよう, 百姓にだってああいう, 百姓について云った, 百姓についても知識を, 百姓にて宮角力の, 百姓にとって雌牛の, 百姓にとっては花より, 百姓になつても, 百姓に対してもその屋内, 百姓のみ唯飲む, 百姓はもののわからない奴, 百姓はやアだ, 百姓ばかりがその辺, 百姓ばかりを集めて, 百姓ばばじゃ今, 百姓ばら自分の米, 百姓ぶつ倒れるべよ, 百姓への慈悲なり, 百姓までがひと口に, 百姓までも荒々しいと, 百姓みつしら仕込むべと, 百姓みな香をたい, 百姓めいた温泉言はば, 百姓めどこからこんな, 百姓め推参な, 百姓め羚羊がどう, 百姓やって田地, 百姓やなんぞを見て, 百姓やめて何, 百姓やりながらおこさま, 百姓よりやちつたあ, 百姓よろしくの恰好, 百姓らしきに出, 百姓らしくまぬけで, 百姓わけても子の, 百姓わざも出来ない, 百姓をというので, 百姓オヤさまだちに, 百姓オヤジで三宅先生, 百姓ジイサンをつかまえ, 百姓タイプの眼, 百姓チョイチョイと叩き, 百姓ツ子だよ, 百姓パンコフや漁師イゾート, 百姓マデ入レタラ, 百姓モキモヲツブシテ私共二三年諸方ヘ頼, 百姓レスコフの畑, 百姓一まきの家, 百姓一人に逢う, 百姓一人きりほか目に入らぬ, 百姓一同神のごとく拝んだ, 百姓一揆その他の形, 百姓一揆ぢやあるまい, 百姓一揆なんどに引張出される, 百姓一揆のですか, 百姓一揆何程の事, 百姓一揆共がドノ方面, 百姓一揆勃発の気運, 百姓一揆騒動いたし候砌, 百姓一統どれ位え難儀, 百姓一統不景気で, 百姓一統死なにゃなんねでせんめて新田, 百姓一統誰彼なしに, 百姓三吉と共に熱烈, 百姓上田孝太郎河内門真三番村の百姓高橋九右衛門, 百姓下々の食えねえ, 百姓下民の分際, 百姓与作後家篠と申す, 百姓を愁, 百姓れ町人乘, 百姓や虚無党, 百姓乳呑兒を抱, 百姓亀四郎は癩病, 百姓二十人許りおやま, 百姓二千五百余人を陸奥国伊治城, 百姓云わねえかよ, 百姓五六十人が得物, 百姓井戸を掘りし, 百姓人足職人穢多非人なんどのホント, 百姓仙太郎のなれ, 百姓代組頭等これに捺印, 百姓代表の密告, 百姓以上ではなかっ, 百姓仲間千百五十余人その主, 百姓之松, 百姓会所の定使, 百姓の罪, 百姓何万人を地獄, 百姓何千何万と申す, 百姓修業して, 百姓修行して, 百姓働きに行っ, 百姓全部で両, 百姓共ハ農事ヲ怠, 百姓共三四百人まるで腹, 百姓共欠落其元へ参候, 百姓共鐵砲槍を持ち, 百姓兵共何事かあらん, 百姓兵隊は兵隊, 百姓兼カツギ屋になつ, 百姓の人, 百姓というもの, 百姓剣法馬庭念流はいわば, 百姓助右衛門が何, 百姓助蔵のせがれ伊兵衛, 百姓十七人が代官所, 百姓午吉の子, 百姓午吉夫妻に預けられ, 百姓半分と運転手, 百姓卯兵衛は死罪, 百姓即ちおとなしい人民階級, 百姓及び下作人は, 百姓が津々と, 百姓商人老幼男女領下のもの, 百姓問題を笑い, 百姓善助五十余歳鍬を持ち, 百姓喜兵衞の娘, 百姓喜左衞門は土地, 百姓四半軒の肩書, 百姓土民のよう, 百姓地だらけの田舍, 百姓堀井儀三郎近江小川村の医師志村力之助, 百姓塗炭の苦しみ, 百姓多くうせたりしかば, 百姓多分百姓の, 百姓夜逃げした百姓, 百姓大いに喜ぶ, 百姓大きな欅の, 百姓大勢申し合, 百姓大勢集り大宮彌三郎, 百姓太右衛門という人, 百姓太郎左衛門が五十八年間手塩, 百姓奉公ばかりさせられた, 百姓女たちが葱, 百姓女めが, 百姓女房二三人をひ, 百姓女線路工夫など殆ど, 百姓奴びっくりしやぁ, 百姓奴等は干ぼし, 百姓如き一ひねりだ, 百姓婆さんだつた, 百姓子守娘旅人行商人托鉢僧などがその, 百姓実は己ア小平という, 百姓などをうるさ, 百姓家ただの田舎家, 百姓家プランシノアに陣取りまし, 百姓家一家を十間, 百姓家丁寧な人々, 百姓家二三軒でもう, 百姓家同然で若しも, 百姓家造りですが, 百姓家風の明り採り窓, 百姓宿屋軍港小作争議病院の研究材料, 百姓富右衛門の家, 百姓小さな商人など, 百姓小兵衞等々何んの不思議, 百姓小前のもの, 百姓小家をつくらせた, 百姓小屋いずれも駱駝色, 百姓小母さんの出し, 百姓に被, 百姓山子は山子, 百姓工人苦るしめる, 百姓工場の平, 百姓市兵衛の伜, 百姓平次郎に鉈, 百姓幾万の命, 百姓庄右衛門同じく磐梯山, 百姓延平方え為立, 百姓弥右衛門の子, 百姓兵次宅へ, 百姓忠七が江戸, 百姓忠右衛門と無宿, 百姓れて, 百姓思いでも百姓, 百姓怨嗟の的, 百姓怨氣無しといへる怨氣, 百姓恒蔵は野口村, 百姓に長老, 百姓の大男, 百姓手袋をはめた, 百姓持ちの様, 百姓振りだ, 百姓政治家は帝都, 百姓数千人が日光東照宮法会, 百姓數千人を捕, 百姓料理の鹽, 百姓早出の旅, 百姓時代の出発点, 百姓暮しで結構, 百姓暴動のうわさ, 百姓木曾駒をひき連れた, 百姓百姓と, 百姓本来の要求, 百姓柏岡源右衛門同倅伝七, 百姓柳沢金吾同じく長野県農事指導員川合壮六, 百姓柴草を採る, 百姓の事, 百姓根生の染み込んだ, 百姓植木屋掃除夫等々その上, 百姓えて役使, 百姓權藏であります, 百姓次男は司法官, 百姓死体はその, 百姓段六入って, 百姓池上權藏といふ男, 百姓没落組の地主, 百姓法律に背い, 百姓のもの, 百姓深尾才次郎播磨西村の百姓堀井儀三郎, 百姓清左衛門という者, 百姓清左衞門という人, 百姓為心念五気之或, 百姓無頼窮民に至る, 百姓片手で三味線, 百姓ね羊, 百姓牢女牢と棟, 百姓甚五兵衛とその, 百姓甚五兵衞はその, 百姓甚右衛門のせがれ甚吉, 百姓甚右衛門四十二歳で去年, 百姓生意氣になつ, 百姓のもの, 百姓にか, 百姓町人ならず者都合その勢四千人, 百姓町人下々の貧乏人, 百姓町人乗馬勝手次第誰が馬, 百姓町人以下を呼ぶ, 百姓町人体に紛らし, 百姓町人僧侶神官誰でもかまわぬ, 百姓町人同船ならん, 百姓町人女まで斬られた, 百姓町人猟師がみんなそう, 百姓町人等はさらに一層, 百姓町人總て苗字, 百姓町人貧乏な人間, 百姓町人達はそれ, 百姓の中, 百姓画家のミレエ, 百姓百松に相違, 百姓相當な不味い, 百姓石川理紀之助翁の小, 百姓蒔く畑中, 百姓を刈らぬ, 百姓稼穡を楽しまず, 百姓空籠荷うて行, 百姓空腹ならば, 百姓空腹ナラバ国貧ニシテ兵弱シツトメザル可ケンヤ, 百姓納屋に障子, 百姓素人衆をもっと, 百姓総代らと共に峠, 百姓の下, 百姓總代なり組頭, 百姓の上, 百姓老幼みな声をそろえ, 百姓老幼数万のもの, 百姓考妣を喪, 百姓職人この一戦, 百姓職工の芸術, 百姓自分等は自分等, 百姓自然人などの役割, 百姓であったと, 百姓色気のない, 百姓芸人でも白足袋, 百姓苅り終る時また, 百姓茂左衞門であつ, 百姓茨田郡次の八人, 百姓生みな, 百姓藤十郎という猛者, 百姓虚無僧乞食鮓箱をかついだ, 百姓衆みんなの身, 百姓衆わたくしとてもこんな, 百姓衆一統があんた様, 百姓衆皆様のうえ, 百姓街道になっ, 百姓西村利三郎河内尊延寺村の百姓深尾才次郎, 百姓見たやうな, 百姓見たいなことを, 百姓課役を逃れ, 百姓論法と同, 百姓議員百姓は百姓, 百姓貧シキハ則チ朕ノ貧シキナリ, 百姓貧乏人のこと, 百姓足軽を加えれ, 百姓が全滅, 百姓軒別持高を五等, 百姓輕侮の風, 百姓近所に叔母, 百姓途上にたおれ, 百姓道場を設ける, 百姓道庵が出来上っ, 百姓道者僧侶芸人など一般, 百姓達明日の米, 百姓郷士農事の片手間, 百姓金作は針, 百姓鍛冶屋の女房, 百姓右衛門という, 百姓長左衛門という者, 百姓にはベースボール, 百姓静かにしろ, 百姓面してやがらア, 百姓をつけ, 百姓領民は当, 百姓だけ喰えんだ, 百姓馬鎧は色あせ, 百姓駕籠かきは駕籠, 百姓高橋九右衛門河内弓削村の百姓西村利三郎, 百姓高沢町の人, 百姓鳴き立てる豚, 百姓鹽原角右衞門の忰多助