青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「百~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~白い 白い~ 白き~ ~白く 白く~ ~白状 白状~ 白粉~ 白雲~ 白髪~
百~
~百姓 百姓~ ~的 的~ ~皆 皆~ 皆さん~ 皆んな~ 皇~ 皇帝~

「百~」 35548, 384ppm, 253位

▼ 百~ (1948, 5.5%)

80 の間 66 の後 49 も前 48 の昔 29 ほど前 23 ばかり前 21 の計 17 の歴史 16 を経た 14 にし, も昔 13 の星霜, も以前 12 に一人 11 に一度, のあいだ, も千年 10 の太平, の歳月, を経 8 か前, たつても, になる, の古, の眠り, の知己 7 このかた, の久しき, の長い, もまえ, も後, を經 6 かの間, の友, の大計, もたった, も二百年, 程前 5 か二百年, とも知れぬ, にもなる, に及ぶ, のこと, ののち, の前, の年月, を経過, 寂しい道場

4 [23件] かかって, ぐらい前, たっても, である, に亙る, のうち, の伝統, の夢, の恋, の愁, の月日, の過去, ばかりの間, ばかり以前, ばかり昔, ほどの歴史, も, もおくれ, も三百年, も経つ, も經, を隔て, 経って

3 [53件] かの星霜, かの歴史, か以前, この方, たったか, たった後, たって, つづけて, であると, という長い, という間, といえ, となく, にもわたる, にわたつ, に亙つ, のころ, のその間, のむかし, の命, の基礎, の大, の寿命, の悔い, の方針, の生, の社稷, の老樹, の運, の鎖国, の長き, の齢, は, ばかり後, ほどの昔, ほどの間, まえに, まえの, もかかる, もたっ, も我, も生き, も経た, も経て, も続いた, をへた, を経たる, を記念, を距, を閲した, 生きて, 生きても, 程以前

2 [107件] おくれて, か, かの昔, か後, か百五十年, が一年, ぐらいたっ, たてば, では, でも二百年, といい, という, というよう, といふ, と云, と言う, と雨, なるも, にあたる, にいたり, にいっぺん, にしかなりません, にわたる武家, に当る, に當, に當つて, のお, のため, のちぎり, のよう, の中程, の五月, の仇敵, の今, の初め, の古い, の土, の地理, の埃, の基, の変化, の契, の契り, の安泰, の寿, の将来, の幕府, の御, の悶, の戦, の文化, の文明, の日本, の旧知, の時, の時間, の末, の江戸, の治世, の沿革, の泰平, の物, の生命, の精, の習癖, の脚本, の苔, の落葉, の間隔, の雪, の風流, の風雨, はかかる, ほど昔, ほど経っ, まえには, もおくれた, もか, もかかっ, もしくは數千年以前, もたって, もたつた, もたつたら, もの前, もの昔, もむかし, ももつ, も先, も我慢, も晩, も生きる, も経っ, も続け, も辛棒出來, も長命, も長生き, より古い, を期する, を生き, を要した, を要する, を費し, 待って, 待っても, 旧いもの, 経ったって, 経ても

1 [829件 抜粋] ああ遂に, あまりになる, ありますから, あるいはなん千年, あるいは千年, あるひ, いたづら, おかしなこと, かあるいはまた, かかつて, かすぎさりました, かその, かたちました, かたつ, かだ, かにわたって裸体, かの後, かの窯, かの長い, からの歴史, からの物, から五六百年ぐらゐ, かわること, か三百年, か何千年, か八百年, か千年, か場合, か昔, か知れない, か色, か解らない, が, がはじまった, がまだ, が経ち, くらいかかるだろう, くらいのやつ, くらいまでは, くらいも後, くらい前, ぐらいで, ぐらい昔, ぐれえは, この一室, ごの, しかたっ, しか覚える, して, すぎても, そのあと, その発展, その頃おい飯貝村, たたないうち, たたねば, たったら改名主, たってから, たり, だ, だが, だと, ちかくの, つづいて, つれそうの, てそう, であります, であり日本, であろうが, でもい, でもう, でもこの, でもちょっと, でも保つ, でも宝石, でも立っ, でゴマ化, で葬られる, というはなはだ, という声, という松の木, という長, といふこと, といふ国家的祭典, といふ説, といふ長い, とかさき, とか何千年, とか千年, とたちます, とつづい, とつて, とのみ言, とはたたない, とはならない, とは王世貞, とまっ, とまで永く, とも知れず, とも經つて, と云え, と傳はる豪族, と定め, と待ちました, と昼, と溯る, と申し, と経った, と経つた, と見る, と言つて, と長く, ないし百五十年二百年, なり三百年, なんかほんの, に, にあまる, にある, において比丘縦逸, にさかのぼり得る, にでき, になり, にのこす, にのこすであろう, にのこすまい, にはかう, にはならない, にはわが, には多聞読誦, には大, には白法, にひとり, にもなっ, にもなります, にも当るであろう, にも活ける, にも足らぬ, にも近い, にわたって国, にテーベス, に一とせ, に一度世, に一度大海, に一箇, に三十一音, に五百, に亘っ, に亘る, に仏教国, に余れり, に充たない, に及びまし, に四部, に垂んとし, に尽きる, に彌, に当り, に是非出版, に渉, に滿, に終了, に袈裟, に該当, に諸, に足らず, に踰ゆ, に近づき, に達し, に遺そう, のご, のすべて, のとき, のへだたり, のわが, のハンディキャップ, のマイナス, の上, の不平, の中, の二重, の人間, の仇, の仕来り, の余命幾何, の光輝, の其の, の冬二月, の冴え, の冷凍文化崩壊後, の剣, の劫, の古し, の各, の名声, の呪, の国粋的伝統, の地上, の堂宇松杉苔滑らか, の変遷, の夏木, の夢幻, の大患, の大樟樹数本, の天下, の太平逸楽, の姥, の宿村, の封建社会, の屋台骨, の山王, の差違, の帝業, の平和期, の年, の幽, の弔鐘, の弾圧, の後南方, の後退, の後銀杏, の徳川幕府, の思い, の怠惰安佚, の怪物たる, の悔, の患い, の愉しいなつかしい, の感慨, の感覚, の憂, の戀, の戦争, の招来, の政府, の政権, の教育上, の文学的伝統, の日本海, の旧習, の昔朱印船, の星移り物, の時世, の最も, の未来, の松, の桐琴, の桜, の樹, の毒賊北条, の氷室, の永き, の江戸文化, の治世中, の泰平治下, の洪業, の深山生活, の潜伏信仰, の濠水, の焦土, の現実, の理論, の睡り, の短い, の短歌史, の研究立案, の禁令, の禍乱, の積もり, の空間, の空隙, の紀念劇, の経策, の経験, の緑, の習慣, の脱皮, の艸木, の苦心, の苦楽, の虚偽, の覇, の親友, の記念日, の誓い, の謀, の貴族政治, の身, の身命, の週期, の道, の遠, の都, の都会, の鎖国政策, の長, の長い長い, の間一定, の間人類, の間僅, の間同一, の間待ち, の間掛, の間歩一歩踏, の闘諍堅固, の雄志, の雨風, の青史, の響, の風俗, の齢い, はおろか, はこの, はたっ, はちやう, はどうにも, はもう, は一年, は個人, は十分, は受合っ, は多聞堅固, は大, は大体, は必ずしも, は正法, は永い, は白人, は禅定, は禅定堅固, は解脱堅固, は読誦多聞, は闘諍堅固, ばかし前, ばかりすぎ, ばかりであります, ばかりのあいだ海鳥, ばかりの以前, ばかりまえ, ばかりも延長, ばかりも頭, ばかり遅れ, ほとんど絶え間, ほどに過ぎなかった, ほどむかし, ほども前, ほども続いた, ほど以前, またはそれ以上必要, または千餘年, までに完成, まで残る, まで生きられます, もあの, もかからなけれ, もかかるだろう, もここ, もた, もたたぬ, もたて, もつづくであろう, もともかく, もの古い, もの後, もの長い, もの風雨, もひきつづい, もま, もまつり, もヨオロツパ中, も七百年, も二世紀, も交, も以後, も住めない, も使い馴らした, も元, も凍らせ, も古い, も埋れ, も大昔, も大藩, も守らう, も年, も幾千年, も待つ, も戦争, も技巧, も数千年, も日本, も早く, も毎日毎日人形, も漢室, も生きてる, も生きながらえた, も生きるでしょう, も百五十年, も立っ, も経たらしい, も経った, も経過, も經つて, も継続, も続く, も荒れ, も見張っ, も連綿, も過ぎ, も遺伝, も間違つて, も雄々しく, も食っ, も麻酔, や三百年, や千年, よい行いのち, よくこの, よりも若い, を, をどれ, を一, を中, を今日いっとき, を光輝, を刹那, を区分, を巧み, を待たね, を所在, を期し, を溯っ, を生きた, を祝賀, を経たであろう, を経たらしい, を經過, を興した, を要しない, を越す, を通じて一貫, を通じて五刑, を通じて我が国, を通じて日本国民性, を過ぎた, を隔つるの, を隔てた, を面白く, ヲ出, 乃至七百年, 乃至千年万年, 乃至四百年, 亦死, 化けて, 即ち末法最初, 即ち解脱, 否千年前, 坐して, 埋もれた英魂, 変らざる伝統, 奉讃, 引き続いて, 或いは三年, 或いは二百年以上, 或は二三百年, 或は數千年, 或八九十年, 持つ, 持てば, 早や, 暮らすうち, 最好時, 活き延びたが, 生きたと, 生きられるでしょう, 生きること, 生きるもの, 畢竟一春秋, 相容れぬ, 短いの, 程の間, 程昔, 程経, 稼いだって, 立つて, 立てば, 経たぬ位, 経ったかも, 経った今日, 経ってから, 経っても, 経つたら改名主, 経て, 続いたあと, 続いたよ, 続いてると, 置いても, 考えても, 近い歳月, 近き歳月, 遅れた状況描写, 遅れようとも, 遠諱記念

▼ 百~ (1768, 5.0%)

77 の金 21 もする 10 の月給 9 あれば, では, のもの, の小切手 8 か, だ, である 7 の収入, ばかりの金, 持って 6 だと, であった 5 です, ということ, と云う

4 [16件] だが, でいい, でもいい, になっ, の保証金, の借金, の大金, の恩給, の損害, の現金, の苦痛, の証書, は代, は大金, 出して, 貸して

3 [22件] から十万円, か三百円, か五百円, というもの, になった, になり, になる, に負け, の利益, の新, の月収, の札束, の紙幣, の罰金, ほどの金, もあれ, もって, も千円, よ, を出し, を自分, 借りて

2 [114件] あげるから, ある, おいて, かし, からの借金, から三百円, から千円, か千円, がもの, しか持ち, ずつで, ずつとる, だか, だけで, だして, だぞ, だったね, だつた, で, ですから, ですが, でも二百円, でも安, で売った, で売る, で大仏全体, で立派, で見た, で買, で買っ, というよう, という大金, といふ大金, とかを入れる, とか二百円, とか五百円, とか千円, とする, とって, と小銭, と少し, と言え, なら買手, になりおる, になりました, になります, にはなる, に上っ, に近い, に限定, のうち, のお, のお金, のこと, の中, の元, の原稿料, の咒文, の品, の売上げ, の大穴, の家賃, の悪霊, の懸賞, の指輪, の損, の本, の為替, の無心, の着物, の竹, の紙包, の補助, の見積り, の賞金, の配給, の金剛石, の香水, の高利, はあんた, はかかる, はどんな, は丁度, は亀田, は最低, ばかりで, ばかり損, ばかり貸し, ほどになっ, までの月給, もし, もらって, も持っ, やると, やるよう, や二百円, や五百円, をそのまま, を懐, を投じ, を調達, を請求, を返し, 乃至五百円, 借りる, 儲けた話, 入れて, 出しても, 出すこと, 盗んで, 程借り, 程払っ, 近い収入, 送って

1 [1194件 抜粋] あげよう, あそんで, あっても, あまして, あるそう, あるひ, あるん, あれア可ん, いや拾円紙幣二十枚, いるの, かかるという, かけねなし, かそこら, かで売れる, かのお金, かの端金, かよく, からの小遣, から二千円ぐらゐの金, から千五百円, から四百円, から百五十円, かりにきた, かを私, か二百円, か六百円位, か数千円, か私, がいる, がとこ, がにせ, が五十円, が失せた, が懸, が汚らしく, が精いっぱい, が雑作, が馬, くらいからどうやら, くらいで暮し, くらいになる, くらいのもの, くらいの売行き, くらいの相場, くらいは引き受け, くらい損, ぐらいあっ, ぐらいしか平均, ぐらいで, ぐらいでも外泊, ぐらいな, ぐらいに五十三円, ぐらいのよう, ぐらいの整理, ぐらいの金, ぐらいは出そう, ぐらいを立作者, ぐらい取るだろう, ぐらい貰わんで, さつや十円だま, しかしない, しかなかっ, しか上げ, しか入らず, しか表, しか貰, じゃお, すっちまって, ずつたまるだろう, ずつで都合五枚, ずつの月賦販売, ずつ二回, ずつ使え, ずつ取る, ずつ引出せる, ずつ払, ずつ貰っ, そのうち日三円, その晩, それでも三号雑誌, ただし月賦十円払込, たまった, だあ, だけ, だけはかうし, だけを与え, だけ借りる, だけ取っ, だけ引かした, だけ残し, だけ蝶子, だけ貰った, だしたぜ, だった, だったから, だったの, だって勿体ない, だな, だよ, だろうが, ちかい小遣銭, ちゃんとあります, ってする, つかつ, であったかと, であなた方なみ, であらわしきれない, である事, でお, できなければ, でしめつけられ, ですぜ, ですな, でたりる, でね, でもこれ, でも健康, でも出来れ, でも売れる, でも当座, でも無理, でも買, でも高, でハイヤー, でボーナス, で一切いざこざ無し, で二十五俵, で仕入れ, で出しとる, で制限, で古い, で売ります, で売れました, で売買, で女, で姉, で当地, で悪けりゃ, で拵へた, で暮, で梅田会館, で病床, で米, で結構, で譲り受けた, で買いたい, で買う, で買収, で身請, で雑誌, で食べるだけでも, というところ, という借金, という処, という大枚, という小切手, という暮し, という言葉, という類稀, という高価, といきましょう, といふい, といへ, とかいわれ, とかその, とかで二十五町, とかで売っ, とかとる, とかのハンコ, とか三百円, とか云う, とか何千円, とか四千三百円, とか葡萄酒三本位, ときめた, として自分, とちょっと, となれ, とはどういう, とふつ, ともかくさしあげました, とられや, とれると, とを貰っ, とフッ, と云い, と値, と出れ, と切り出したかつた, と去年, と定, と広告料, と時計, と纏つた金, と纒, と限定, と頭, どころか十円, などと云う, なの, ならば, なら三千六百円, なら何年, なら次, なりと, なり四千円也, なんてこと, なんて今日, にある, にさした, にしたい, にすれ, について七円五十銭, にてお, にならない, になるまい, には恐れ入った, にまけろ, にもならなかった, にもなります, にも三百円, にも足らぬ, に上がった, に代える, に均しい, に売る, に売買, に対する二十円, に昇り出した, に減った, に負けさし, に足らない, に過ぎず, に達した, のあり, のお召, のお通し, のという罰金, のところ, のほう, のわけ, のサラリーマン, のダイヤモンド, のテンプラ, の丸帯, の事件, の二種, の代償, の余, の価格表記郵便, の保険料, の値, の内職, の初給, の前借, の割, の半分, の句集, の商い, の増加, の壷, の大, の大損, の宿泊料, の帯, の強制献金, の慰労金, の所有権, の手附金, の握り, の時間, の月俸, の札, の権利, の汽車賃, の清, の煙草, の玉露, の由, の百倍, の移転料, の紙幣束, の絵, の芝居, の融通, の観念, の話し, の負債, の費用, の資本, の贅沢物, の身受け相談, の配当, の金剛石ぢ, の金時計, の金銭, の風太郎, の飼育料, は, はあと十日以内, はある, はいった, はいりますから, はおろか五円, はお返し, はかかります, はちょっと, はとれる, はない, はなく, はよほど, はトム公, は下らない, は他日, は俺, は入りましょう, は切符, は外, は実に, は少し, は戦前, は掛かっ, は死後, は瀬戸さん, は缺, は見くびりすぎ, は蹈め, は高い, ばかし差上げ, ばかりか, ばかりかかる, ばかりございました, ばかりですむ, ばかりと云った, ばかりなら, ばかりの勘定, ばかりの惣高, ばかりの貯金, ばかりはいってる, ばかりポケット, ばかり取られた, ばかり御, ばかり攫徒, ばかり残った, ばかり給料, ばかり造れ, ばかり飛ん, ほしん, ほどと一時金八千円, ほどのもの, ほどは工面, ほどもっ, ほど使った, ほど借銭, ほど出させる, ほど融通, ほど集った, ぽっちりの, まけて, まで, までの貯金, ま一日五千円程度, もあったら, もいっしょ, もうかる, もお, もかかる, もしさう, もしました, もするです, もただ下, もなく, もの俸給, もの遊び, もらいまた, も三百円, も二百円, も借金, も小切手, も持つ, も盗ん, も解釈, も貰っ, も金, やそこら, やらうと, やること, や三百円, や六百円, や四百円はか, よりかえって少し, よりもっと, よりも支那料理, より五百円, をあんた, をおまえ, をこし, をさし, をとる, をふい, をもって開店, をわれら, を一緒, を三, を下, を下るまい, を亀田, を今, を余す, を俺, を借り受けた, を僕, を入れた, を出だ, を前, を千円, を取り戻さね, を受け取る, を口, を呉れた, を売っ, を奪, を好意的, を寄付, を得, を得る, を手, を投げ出し, を投ずる, を持ち去り, を握っ, を施す, を欲し, を求めた, を渡し, を渡辺均君, を無言, を目的, を算当, を納めた, を給す, を若様, を融通, を貰, を費やさざれ, を贈与, を醵出, を集めた, を預ける, を魯迅先生, 下さる, 乃至何千円, 位するそう, 余った金, 余計稼い, 借して, 借りること, 儲かったらなあ, 出さして, 出すから, 出せとは, 出せるか, 出る約束, 出来ると, 及び家財家具, 取って, 取れるから, 受けとったの, 受取れあと, 合わせて, 呉れたその他祝儀沢山, 呉れました, 少ないの, 差し上げるという, 引き出せる勘定, 悪くいっ, 持ち出して, 掛った, 有れば, 残ってる, 渡した, 程入用, 程頂きたい, 立て替えて, 落すよう, 貰えなかったこと, 貰ったこと, 貰って, 買えば, 貸しとけと, 貸すわけ, 迄で製作販売, 迄のボーナス, 近い俸給, 返してさ, 送つたが, 送られて, 這入りました重たい, 遣り示談, 高いの

▼ 百~ (1633, 4.6%)

25 の人 19 に一人 15 が百人, の中 14 に近い 12 の人間 10 のうち 9 の者 8 か, の兵, の女, の子供, 斬 7 の敵 6 だ, となく, の人々, の男女, もって 5 という人, という人間, の学生, の客, の生徒, の美姫, もある, もいる

4 [12件] からの人足, から成る, でも千人, にあまる, のうち九十九人, の労働者, の患者, の眼, の臨時工, ほどな, や二百人, を越す

3 [30件] あるいは何千人, か二百人, だか, とある, という少年, といる, と云, になる, に余る, に及ぶ, に百人, の, のいのち, のわれ, の人夫, の人足, の僧侶, の僧俗, の勇士, の家来, の美人, の職工, の賊, ばかりもう, もの敵, も二百人, をつれ, を率い, 出て, 来て

2 [108件] あり, ある, いるか, かの女学生, からあった, からある, からいた, からの人間, からの仲仕, か幾千人, が九十九人, が定員, といい, という日本人, といっ, となっ, となる, と云う, と持っ, と聞えし, と見, なも, なり, にちかい, についてその, になり, にも足らぬ, に知らるべき, に読まれる, に近かっ, のあ, のひと, のもの, のスパルタ人, のモーツァルト, の一人, の仲間, の余, の内, の凡人, の力士, の口, の同勢, の命, の唇, の善知識, の囚人, の士卒, の多き, の支那人, の文学衝撃隊, の武士, の死者, の水夫, の浪人, の生命, の男, の町人, の白拍子, の目, の群集, の職人, の職員, の若い, の蒙, の見物人, の高僧貴僧, はあるだろう, はことごとく, は百人, ばかりその, ばかりの伊那, ばかりの勢, ばかりの子供, ばかり八丁堀, ほどの軍隊, めして, もあろう, もい, ものうち, もの人間, もの声, もの臨時工, も住ん, も持っ, も集まっ, や七百人, や四百人, をし, を下らざるべし, を収容, を招い, を殺す, を用意, を超え, を越, を選び, を鏖殺, を限っ, を集め, 傭って, 居れば, 斬りの, 斬りは, 斬りを, 近い非人, 集って, 集めて

1 [1043件 抜粋] あったもの, あっても, あつまったところ, あまりと, ありと, あるいは三百人, あるかと, あるとして, あろうが, いや何千人, いろいろの, かあるいは, かかっても, かのそれら, かの人達, かの女學生, かの患者, かの特攻隊員, かの被告, かは梃子, からいよう, からになる, からの一組, からの人数, からの同勢, からの団体, からの大, からの婦人労働者, からの尾張, からの異教徒, からの農奴, から二, から出張っ, から千人, から居た, から百二十人, から盗賊, から集りました, か人目, か働い, か数え切れない, があっ, がこれら, がすでに, がせい, がもう再び, がアラビア, が一緒, が九十人, が二百人, が代るがわる, が僅か, が北向, が女, が描け, が機械工場, が殺され, が港, が猛進, が略, が百人それ, が着, が自刃, が騎馬, くらいあわせ, くらいの会員, くらいの奴隷, くらいも泊, くらい就席, ぐらいしか屑, ぐらいな部下, ぐらいに見える, ぐらいのこと, ぐらいの宴会, ぐらいは立ちどころに, ぐらい少く, ぐらい席, こそはいわゆる, この乞食ども, しか無, ずつこの, ずつのタクミ, ずつの女工, ずつの若い, ずつを借用, ずつ議員, そのうち三分の二, その大, たらずを, だが, だけ選抜, だってあります, ちかくの, つかい朝, つちはこぶらし, で, であった, であつ, であろうと, でこれ, でもいい, でもわたし, でも後詰, でも手伝わせ, でも来い, でコーラス, で守らせ, で曹操, で正徳, で蜿蜒, といいます, ということ, というたいへん, というピオニェールたち, という人々, という侍, という写真, という勢い, という奴隷, という文明人, という登山者, という自分, という顔ぶれ, といふ人間, とかいう患者, とか云った, とか十五, とこの, として一々, とだんだん, となく遠い, となり, とは居ない, ともしれぬ, とも知れません, と一, と二百人づゝ朝晩賑, と云ふ頭数, と交わらん, と入れ, と告げ, と好い, と数えられ, と殺され, と注せられた, と言う, と集る, ながら大, なり二百人, に, にしろ, につき一カ寺, につき僧侶一人, になっ, には過ぎませぬ, にもあまる, にものぼる, にも余る, にも当たったろう, にも足らなかっただろう, に一人位真摯, に上っ, に二倍, に代, に剣槍, に及び, に取りまかれ, に向き, に対して女, に對, に当る, に快, に減じました, に減らし, に許さなけれ, に警護, に近く, に近し, に逢, に過ぎない, に達した, に頒けた, のあなた, のうち一人, のうち九十, のうち九十人, のうち六十九人, のお客樣達, のそれぞれ定, のつ, のなか, のやくざ, のコック, のナッソー, のピオニェールたち, の一族, の三分の二, の中一人, の中十五人三分, の乗り手, の乗船, の九十九人, の二分の一, の人だかり, の仕立屋, の伊賀衆, の会員全部, の低能者, の侍女, の健康, の僧尼, の兵士, の内九十五人, の列聖者, の力, の労働者達, の印度人, の司教, の同年衛生兵, の名, の四百人, の困った, の土人, の土方, の坑夫, の堕落, の多く, の大司教, の大工, の天才, の女工, の妖魔, の子, の學者, の実業家, の宴会, の将卒, の岡, の左慈, の弟子, の後世, の従業員, の徳川兵, の恋人, の惨苦, の成人, の戦死者, の手下, の拍手, の捕り, の掠奪事件, の敵兵, の新助, の旅客, の日雇, の本, の楽人, の歐米人, の武者, の死傷者, の気狂い, の洋服屋, の準, の漁夫たち, の狂人, の男たち, の男女工, の番兵, の疑問, の百姓老幼, の真先ニ進ミ, の私娼, の笑う, の細君, の総勢, の美しい, の聖賢, の聴講生, の舞妓, の蛇形陣, の被るべき, の視線, の解放, の警衛, の賓客, の軍隊, の輪, の農奴, の通り, の避難, の野武士, の釣り客, の銃手, の門弟, の闇屋, の需用, の顔, の首切, の鬼, の鼓兵, はあった, はあるだらう, はいるらしい, はこの, はたてこもっ, はゆっくり, は一身, は今, は加勢, は大, は大須賀康高, は完全, は平気, は来, は殺される, は現, は甲府, は眼前, は霞浦, ばかりあっ, ばかりいる, ばかりが横山城, ばかりずつ太竹, ばかりと船二十余艘, ばかりになつ, ばかりのもの, ばかりの人々, ばかりの人足, ばかりの僧侶, ばかりの同勢, ばかりの坊主, ばかりの妖僧, ばかりの尾州兵, ばかりの従臣, ばかりの武芝, ばかりの歩行武者, ばかりの白い, ばかりの聴衆, ばかりの連中, ばかりの騎兵隊, ばかりも参り, ばかりも日本, ばかりを召しつれ, ばかりを相手, ばかり居, ばかり山越え, ばかり歩卒, ばかり長柄付, ばかり集まっ, へ訊ねた, ほど, ほどが首, ほどのダンナ, ほどの乗客, ほどの原地人たち, ほどの寮生, ほどの手下, ほどの禅僧, ほどの膳, ほどの薩摩, ほどは尊氏, ほども集った, ほどをあと, ほど一度, ほど囚人, ほど残れる, ほど町, まず将軍, までの男の子, までは普通, まで恐らく, まるで腹, もあつまっ, もあるらしく, もいたでしょう, もいるでしょう, もうろつい, もおり, もが同じ, もございましょう, もつれた久下弥三郎時, ものれる, もの乗客たち, もの人々, もの命, もの弥次馬, もの患者, もの生命, もの職, もの輩下, もはいる, も一緒, も人, も人数, も会場, も入っ, も入り込みおる, も凍死餓死, も出た, も取っ, も唐崎, も堵列, も小具足術, も居りまし, も徒党, も手, も有る, も来, も桟敷ヶ岳, も殺したら, も無茶苦茶, も申込, も自軍, も越えたでしょう, も連れ, も隠し, も集つて, や二百五十人位, や五百人, よりない, よりももっと, より二百人, より四百人, をあつめ, をうけいれました, をくだっ, をこえ, をはぶき, を一ヵ所, を一大隊, を下らない, を二大砲隊十六小隊, を伴, を俗物, を出し, を分け, を加え, を募り, を包容, を増し, を宦官, を容れる, を将, を左右, を庭上, を招請, を支えうる, を数える, を櫓, を殲, を率, を益, を突破, を算する, を糾合, を讓, を超し, を路頭, を載せた, を選び出し, を選抜, を限つて施餓鬼, を養う, 乃至六百人, 付いて, 入って, 入れてさ, 出ました群馬縣地方, 叩き斬ったか, 名太子爲利歌, 売切れと, 実際は, 小市街, 居なくなるか, 居るです, 御繰出, 悪ければ, 或は屈せずし, 押しかけたところ, 押し掛けたので, 斬った上, 斬るおれ, 来ようと, 楚々と軽やか, 死んだと, 殺されたって, 皆立身出世, 程の信者, 程はひ, 程焼死云々, 美しい局, 近い使用人, 近い命, 近い女王, 近い學舍, 近い死傷者, 附いて, 集まっても, 集まろうとも, 飲まれる泉

▼ 百~ (990, 2.8%)

21 兵を 12 野郎が 10 兵は 8 兵が, 金は, 頭を 6 生徒の, 野郎は, 銭を, 馬の 5 金を 4 万年の, 人々は, 生命を, 野郎の 3 ために, 兵と, 兵馬は, 前に, 方は, 聴衆は, 野郎と, 金が, 首に, 高度

2 [65件] うち九十九までは, 人々, 人数が, 他の, 例の, 侯伯を, 僧俗が, 兄広瀬栄次郎が, 兄栄次郎が, 兵と共に, 兵も, 内省も, 凡庸芸術家が, 前へ, 労働者が, 勝, 千の, 印籠から, 口調態度が, 図書館が, 声や, 姓氏が, 将士は, 小人数, 小勢を, 巨体が, 帰った後, 広瀬中佐も, 廻船入江に, 手から, 手に, 手勢と, 手勢を, 教訓以上の, 敵を, 欠点を, 歸つた後で, 泉という, 涙, 游泳者や, 烏が, 牛, 玉子を, 男女が, 眼は, 眼を, 瞳が, 碍子に, 窓, 若い狐達, 虫が, 見物が, 諸侯を, 議論よりも, 軍勢を, 部下が, 部下は, 野郎も, 金ぢや, 金で, 鉤を, 面の, 頭の, 頭顱中其伎倆彼れ, 黄泉軍を

1 [718件 抜粋] あとを, あぶく銭, いうこと, いたずらだ, うち七百だった, うち九十余までは, お喋りを, お嫁さん, お布施で, かたにとって, かつら四天の, ことが, ことを, しもどを打, その中, たましいだった, ちぎれた雲, という人数, はいたずら, ぼく達も, やうな, わが姿, エキストラが, エマソンが, ガス燈の, コミを, ツルベを, ハシタ金で, ハーレムにおける, マグネシウムが, マグネシウムを, ラスプウチンが, ロベスピエールは, 一つを, 一八分一九秒は, 一手が, 上にも, 上飯台の, 不満が, 不滿, 不良を, 世界が, 中から, 中一つも, 中二三十人の, 乗客の, 乗組員と, 乘組人をば, 九十九までは, 乞児あり, 乾児共から, 予約は, 事千の, 事實を, 二百のという, 云うなりに, 云ふ, 人, 人々が, 人々より, 人々を, 人の, 人は, 人を, 人命と, 人声推合えり, 人家の, 人形, 人数で, 人数入り乱れ, 人間が, 人間に, 人間は, 介抱を, 仏弟子を, 代りに, 代議士続々, 会葬者が, 位は, 体躯が, 作品中の, 作曲を, 例証を, 俸給と, 健児との, 健康状態は, 僧を, 元金あれ, 兄弟よ, 兄栄次郎と, 兄栄次郎の, 兄栄次郎も, 先に, 児童を, 公民の, 兵, 兵しか, 兵でも, 兵列を, 兵力しか, 兵力を, 兵員の, 兵営を, 兵数には, 兵船は, 凄まじい死骸, 凡才が, 出である, 力が, 力は, 力を, 労と, 勇士の, 勇気をも, 化菩薩あり, 匪が, 卒は, 単位を, 博士も, 卵を, 厳い, 司の, 同勢は, 名に, 名札の, 吟味詮索は, 味方を, 呵責も, 命乞いであった, 啓沃も, 喊声だった, 喫茶店酒の, 四分の一だ, 因子を, 坑夫の, 城下において, 城下は, 執行金を, 堂宇が, 塔の都, 壺を, 変わり品, 外に, 夜の, 大名が, 大工場, 大徳は, 大田洋子が, 大馬飼, 大鯛, 太鼓を, 女の, 女横綱, 姉は, 姉壻長尾宗右衛門が, 姉夫塗物問屋会津屋宗右衛門方の, 姉安が, 姉安を, 委員会よりも, 委託によって, 婚嫁は, 婢妾を, 媚は, 媚を, 子供たちの, 子供に, 子分を, 字面の, 宇宙線が, 官また, 官人気質の, 客を, 宣伝よりも, 宣言よりも, 家といふ, 家は, 家庭の, 家臣と, 寡兵なりと, 将士に, 将士軍夫は, 小勢であった, 小勢です, 小勢は, 小片からは, 小説の, 小説本は, 小銃を, 小隊も, 小駅, 小龍, 少くとも, 少年の, 少年は, 尼が, 屍が, 山林事件さ, 岬が, 島民児童の, 工場に, 巨, 師として, 帰った時, 平手打ちを, 幹が, 座席も, 弁舌より, 弟子あら, 形に, 影を, 役目に, 心理試験も, 忠勇な, 恒の, 悔も, 悪獣, 悲鳴を, 意中を, 意志は, 感情を, 憐愍を, 戦友が, 戦車の, 房屋二百九十五號筒, 所まで, 手あり, 手下を, 手勢は, 手負が, 抜刀隊は, 抽斎に, 捕り方, 捨身の, 支那ジヤンクを, 放免, 教会, 数を, 数字が, 斯道の, 新しい大, 新聞之を, 方が, 日本の, 春秋を, 晩年に, 書物と, 最初の, 會衆も, 月が, 木戸大久保西郷でも, 本丸を, 本資, 村, 村民が, 来り嫁, 東京に, 椅子の, 植木師が, 検事局の, 権利金で, 橈こぐ, 歓喜と, 歓喜丸に, 武士は, 武装民が, 死とは, 死傷は, 死傷を, 殺されて, 民が, 水俣の, 水平飛行である, 汲出櫓が, 決死組が, 決死隊が, 泉から, 洞を, 海岬いま明け, 深慮遠謀に, 渋江へ, 演技指導も, 煙突が, 照姫従へて, 煮え切らない変, 燈明千の, 燈火で, 燈籠が, 爆弾を, 父忠兵衛の, 牡丹の, 牧の, 物質を, 犠牲です, 独り言を, 猛者幾十人の, 猴に, 猴食時ここに, 王相續き, 理由も, 理窟以上です, 生む所, 生れた文化十三年, 生れる前八年, 生んだの, 生命と, 生命は, 生徒にとって, 生徒も, 生徒中尤も, 生死, 生玉子, 生霊を, 産屋を, 男女の, 町が, 異る, 疑問際限ある, 病院を, 白い鉢, 皿も, 目が, 目くされ, 目に, 目を, 目六百の, 目腐れ金は, 相識の, 眼あり, 眼ある, 眼に, 眼玉の, 眼病が, 知友学生の, 知行に, 碁は, 祖母が, 神, 神輿を, 禍も, 種を, 種子, 童児を, 童謠を, 笞その, 笞に, 笞を, 精兵を, 精鋭が, 約束で, 紳商百の, 組合を, 結晶が, 総指揮, 總ある, 總垂れ, 罰金を, 羅漢が, 羊の, 羊を, 群より, 群衆が, 者も, 耳の, 聴衆の, 聽衆に, 肖像画のみを, 背ぼね, 胡兵は, 胸をば, 腕百の, 自分の, 船は, 船員が, 艦隊千の, 艨艟すべてを, 芥川は, 花の, 花火筒が, 若い声, 若い工女, 苦難に, 英霊の, 華族百の, 蒸気船相来たり, 薬を, 處分を, 蛇に, 蜘蛛が, 蜘蛛については, 蜘蛛も, 蝦夷これを, 蝦夷は, 螢が, 衆を, 街路が, 衣類に, 複雑が, 襟が, 見物の, 覚書に, 親元へ, 観衆を, 言に, 言を, 言葉が, 言葉を, 討手の, 記入の, 許に, 許へ, 話に, 話によるに, 語るを, 語る馬市, 調子で, 調子を, 論争より, 諸侯期せずし, 證かしも, 議員の, 讀者では, 谷, 谷が, 豚の, 負け午前七時に, 負で, 貯へも, 足に, 踊り子達は, 身に, 軍なる, 輪を, 辨證の, 近衛竜騎兵を, 通信員を, 道士これを, 遺骸は, 邦土, 部下と, 部下の, 部下をも, 部屋といふ, 部隊果然, 都城の, 釈種童子を, 里方では, 里方山内の, 里親神田紺屋町の, 重みで, 野郎じゃ, 野郎だ, 野郎なんぞに, 野郎にやにや, 野郎を, 金, 金じゃ, 金なんか, 金位に, 鉄砲を, 鉱山主は, 銀蛇が, 銅鑼が, 銭, 銭で, 銭の, 錢にも, 鎌首を, 長軍伊知地正治野津七左衛門の, 門あり, 門人に, 関門兵は, 院の, 随行という, 難ん, 電燈を, 電車は, 霹靂火が, 青少年から, 青年男女によ, 面は, 面を, 頒け, 領主あり, 顔, 顔を, 願を, 食物にだけ, 首の, 駈足, 騎兵は, 騎士は, 騒がしい宣伝, 骸骨は, 髑髏を, 鳥越と, 鴎が, 鶏が, 麾下を, 黄泉軍と, 黒法師の

▼ 百~ (970, 2.7%)

240 の花 20 のよう 10 のやう, の芽 9 の根, の花束 8 の父さん 7 の匂, の香 6 のにおい, の中, の谷, 之助 4 がある, の花弁, の話

3 [14件] が咲い, ちやん, というの, の, の事, の園, の精, の絵, の花びら, の花形, の花香, の造花, や薔薇, を見る

2 [55件] がおも, が咲いた, である, です, というもの, とお, となり, と云う, などの花, にかぎる, のかをり, のこと, のその, のなか, の匂い, の叢, の名, の大輪, の如き, の姿, の床, の店, の形, の方, の束, の椀, の様, の死骸, の潮ざゐどよむ, の白き, の粉, の美し, の肩, の茎, の蕊, の赤い, の露, はさすが, はもう, は一名, は下手人, は日, は追風, もいろいろ, や萱草, をいきなり, をしばらく, を主君, を和名由里, を愛し, を見, を見よ, 咲けば, 若伝説, 若説経

1 [462件] あお前, あどこ, あやめ下女, ありこ, お若, か, かお, かと漂つて, からす羽, から顔, か兎, か我, がいい, がいかっ, がいくら, がうなだれ, がお, がお姫様, がぎつしりと花, がこんなに, がたくさん, がない, がなか, がゐた, が一人, が一番, が下手人, が二十四, が云, が仲間, が伝へた, が何ん, が入りました, が凋んだ, が咲いてる, が咲いてるだろう, が咲き乱れ, が咲く, が多い, が富山, が幾株, が手際, が斯樣, が案じ, が次々, が歸, が沢山, が湯, が狂人, が私, が良い, が街路, が逢引, が里帰り, が風, が鼻, こそさ, こそなつかしけれ, さう, さきぬ, さく小, しかとその, じゃない, その床, その袖, それから城跡, だ, だと, だの撫子, だ百合, ちゃんとどっち, ちゃんと仲, ちゃんと仲よくし, つむ君, であり空, であるかと, でしょう, でないだろうか, では, でも香, で覆われ, という, というもん, という一種, という名, という小娘, という組, といえ, といふの, といふ可愛らしい, といふ大変, といふ娘, といふ百合, とかいう女の子, とかいふ娘, とかチュリップ, とか言, とくる, として願済, としものたま, とする, とでもいいたい, とで掩, となせり, となった, となる, との束, との花束, との花粉, とはその, とは中国, とは今, とみづか, とも, とをとり, とを両, とを床, とスウヰトピー, とユリ, と三種類, と二人, と互に, と名, と呼ばれ, と呼び, と峠, と手代, と書い, と比べました, と濃い, と称する, と考え, と薔薇, と蝦夷菊, と見, と逢引, と野撫子, と雲, なぞの自分, なと菊, などが誇り気, などが黄, などである, などの咲い, などの草花, ならむ, なりしが, なれば, にあらずし, にかこまれる, にさめぬ, にした, にたとえた, にはそれ以上, にはぼく, には五つ花, には十花, には卓子, には種類, には赤い, にも, にもぼく, にも及ば, にやる, に乘, に云, に似た, に及ばなく, に向, に夜, に夢中, に宛てられた, に当たる, に恥づ, に意識, に染め, に比べ, に淡い, に移つて, に聽, に譬えた, に頼んだ, に額, のある, のいか, のいづみのひとしづく, のうろこ, のお父さん, のくちびる, のここ, のご, のしろき, のそれ, のため, のない, のひそや, のひと, のび上って, のぷんぷん, のみと思はぬ, のよそ, のドア, の一つ, の二花紅白粧, の五つ紋, の伏せた, の俤, の努力, の匂ひがし, の匂やか, の原, の口, の句, の可愛らし, の唇, の国, の国上埃及, の園生, の夢, の天麩羅, の女給薫子, の如く, の字面, の宿座, の小, の山野, の影, の怨み, の息, の感じ, の折枝, の斑点, の枯れた, の根かた, の梅干和, の樹, の死んだ, の涼し, の爲, の球, の球根, の生え, の畑, の疲れし, の紅白, の紋章, の背後, の胸, の膝, の船, の花のど, の花ひとつ, の花アラーニア, の花持添, の花月, の花朱, の花模様, の花環, の花瓣, の花盛リーイ, の花籠, の花粉, の花聖書, の花誰, の花非常, の芽出むと, の草ぶか, の葉, の葉末, の蕾, の蕾ひそか, の薫, の薫り, の蜜, の親爺, の親許, の言葉, の記章, の調子, の長い, の間, の陰翳, の雄蕊, の雫, の類, の香いが, の香ばしい, の香り, の香料, の香気, の香花, の高, の魔精, はあかく, はあっ, はあまりに, はいい, はうつくしい, はお嬢さん, はきのう, はくづれぬ, はこの, はさき, はさながら, はそれ, はそれでも, はそんな, はちら, はなそこ, はにほひ, はね谷間, はひどく, はまた, はアネモネ, はキラキラ, はササユリ, はサツ, はソロモン王, は下, は世界中, は何ん, は僕, は北海道辺, は咲くまい, は喘ぎうなだれ, は固唾, は如何, は床, は悲しく美しい, は憂ひ, は未だ, は潔く, は独り, は真, は知る, は私, は笊, は美しい, は花びら, は薔薇, は血, は衝, は谷間百合, は赤い, は野, は野原, は露, は顏, は顔色, は飛んだ, は飽くまでも, は首, は默, ばかりで, ふむ神, ぶかし, まだ十八, まで勝負, まで戟, みたよう, めいた萱草, もある, もこの, もそんな, もよし, もアカシヤ, もチュウリップ, も冬子, も岩, も情けな, も水底, も相手, も相槌, も稀, も精気, も胸, も蕾, も薔薇, も違い, も食い切れない, や, やオレンヂ, やカアネーション, やカーネイション, やカーネーション, やミヤマオダマキ, や其他, や其他大抵, や四葉塩釜, や白菖, や菖蒲, や蜜柑, や谷間, や鳶尾, ゆすれて, よと思う, よりは遙, よりもジャム, よりも清く, よりも甘し, よりも芳しく, よりも野趣, より名, らしくも, を, をうかべ, をつむ, をば見, をもって船, をヤマユリ, をユリ, を一つ, を何とか, を側, を公, を刺繍, を剪, を取り, を嗅ぐ, を埋め, を手, を折っ, を折らう, を抱く, を採り尽し, を探し出した, を摘んでる, を攫む, を日本, を枝, を栽培, を桔梗, を活ける, を照らし, を煮, を眺め, を眺めました, を見つけ, を見よう, を見るであろう, を買っ, を買つて, を賞め, を贈られた, を通じて無理, を邦産, を飽くまで, を養女, ノ五塊, 可愛さ, 大虎杖, 悩ましや, 折れぬ, 振上げたる晃, 掘って, 掘り, 掘ると, 省みな, 稚子百合, 若大臣, 若大臣以来, 若大臣軍

▼ 百~ (948, 2.7%)

110 の金 14 という大金 12 のお金 11 の金子 9 という金, 持って 8 の大金, の小判 6 もする 5 といえ 4 くれろと, だ, では, といへ, 借りて

3 [12件] あれば, か, と云, なり, にもなる, の富, の封金, の現金, の金包, ばかりの金, も, を持っ

2 [55件] からの金, か五百両, か千両, がもの, が程, だけ御, で, でも一ぺん, でも三百両, で取引, で買っ, で身請け, というところ, というの, とか二百両, とか五百両, とか千両, と一分, と百八十両, なんてえ, にし, にでも三百両, になった, になったら, になる, になれ, に買, のお, のお宝, のお礼, の借用証書, の内, の利, の包, の懸賞, の支度金, の穴, の端唄, の調達, の賭, の黄金, は何, ばかりで, やるから, や五百両, を受取っ, を盗ん, を越え, 取ったが, 受取って, 持出そうと, 盗って, 盗んで, 置いて, 貸して

1 [590件 抜粋] あったらちょい, あっても, あまりよろしから, ありますよ, ありゃア二十両己, ありゃ角, あるか, あるから, あるぞ, あわせて, おいそらと, おくれ私ゃア別, おくんなさい, お出し, かえ, かかったそう, かかるの, かけたと, からの包み金, からの小判, から一分, から上, から下, から五十両, から有る, がで, がとこの, がなく, がびた一文, が上田城主松平伊賀守, が千両, が欲し, が欲しけりゃ, が残り惜しくっ, が牧野伊勢守, が紛失, が芸妓, くださると, くらいなお, くれて, ぐらいお礼, ぐらいお金, ぐらいでどうにか, ぐらいの価値, ぐらいの価格, ぐらいはある, ぐらい掛ろう, ぐれえの, こしらえて, こりゃ如何, ございましょうそっくり, ございますから, ござりまする, さ, さしあげやっぱりおこもりにつかわしましたのでござります, しか下げ, しか手, じゃ, じゃあ出来ねえ, じゃない, するん, する所, ずつである, ずつの内済金, ずつの金, ずつを下し置かれる, ずつを二か年度, ずつを貸し渡される, ずつ三人, ずつ与え, ずつ分け, せしめる気, そうだった, その上, たしかにこれ, だが, だけでも御, だけの始末, だけは見付け出しました, だけは預かっ, だけ丈助, だけ取る, だけ国, だけ明日, だけ負けましょう, だけ都合, だしても, だったばっかりに, だと, だな, だの, だの二百両, であった, であったら売っても, である, でいい, でこれ, でしたが, でなくとも, でみんな, でも, でもお, でも七十両, でも二百両, でも出します, でも千両, でも宜いと, でも御, でも悦ん, でも用心, でも譲れる, でも金子, でわが輩, でヒイ, で二十両, で人ひとり, で仕上げ, で仕上ります, で仕切れ, で内済, で埒, で堅気, で売た福澤, で売っ, で売れる, で大, で引, で役者, で折り合っ, で片, で縁, で若, で話, で諸方, で譲っ, で買, で買い上げられる, で金, ということ, というご, というなかなか, というものハ, という仕あわせで, という大, という女房, という法外, という相場, という耳, という運動費, という金星, という金額, といっ, といったよう, といや, といわれた, とえそんな, とお, とかいう金, とかになれ, とか懸賞, とか相当, として千両, とすくなくも, とそれ, となにがし, とはしねえだろう, とは豪勢, とめいめい, とものし, とらせようか, と一口, と主人, と交換, と仰し, と多く, と娘, と彦四郎貞宗, と悉, と教会, と施, と申しました, と積つて, と纏まった, と表向き, と言え, と言った, と負け, どころかしだい, なければ, なげだした大事, なぞという, などいう, なら本役, なら百両其処, なりの纏まった, なり三百両, なんて大金, にあたった, にでもた, にでも五百両, にでも頂戴, にならねえ, にはなるだろう, にまとめ, にもならない, にもなるだろう, にも二百両, にも五百両, にゃ売れるだろう, に別に, に売った, に売り払いたい, に対して百両, に成る, に減っ, に減らす, に熨斗, に目, に纏めた, に買い, に近い, のうち, のかた, のご, のため, のにせ, のまとまった, のやけ費いも, のゆくえ, の一件, の一番札, の不足, の中, の中九十両, の仕事, の代, の余, の値打ち, の儲け, の内済金, の出所, の分配, の利得, の割り, の包み, の包み金, の半額, の唄, の売上げ, の家作料, の封, の意味, の才覚, の持合せ, の損, の有金, の無心, の祝儀, の竿, の紛失, の纏まった, の花籤, の褒美, の要り, の費用, の軍用金, の通番頭二人, の違約金, の金僅か, の金包み, の金持, の金無駄, の金銀, の釣竿, の鎧, の隠し場所, の頼母子講, の養育料, の香奠, の鼈甲, はあと, はお前, はかかっ, はこたえます, はさし上げる, はそっくり, はそっくりそのまま, はちと, はぼろい, はまだ, はみんな, はもし, は一時, は三百石, は与し, は二百両, は今, は其方様, は堀の内, は堅い, は夢おろか, は大金, は安い, は寺, は少ない, は帳消し, は建築, は惜しい, は慥, は按摩, は掛った, は朝, は残念, は無論, は矢張り, は綺麗, は貰っ, は迚, は郡兵衛, は飛騨, ばかりのお金, ばかりの御, ばかりの証文, ばかり盗め, ばかり貰, ばかり貸した, ほどある, ほどくすね, ほどだ, ほどな, ほどのお, ほどの立て替え, ほどの金, ほども買っ, ほどをお, ほど借り, ほど江戸, まき上げさせようと, までに相場, まで其処, みすみす損, もあったら, もあれ, もかかる, もかけ, もかけりゃ, もかけれ, もくれ, もするだろう, もとうに, もの大金, もはい, もはずんだ, も与えたら, も二百両, も借り込ん, も儲けさせる, も出した, も千両, も左太松, も強請っ, も持っ, も持ってる, も掛けた, も稼いだ, も積ん, も突き戻され, も若旦那, やった, やるが, やるとかいう, やる積り, や二百両, や和蘭陀カルタ, や四百両, や百五十両, よこせさもなければ, よこせと, よこせなどと, より後で, をあなた様, をあり, をお, をおまえ, をくだる, をこしらえよう, をさらっ, をつかまし, をつくり, をとりそろえ, をどう, をならべ, をぽんぽん, をまき上げました, をもって孔生, をわが身, を一人占め, を三つ, を乗, を二十年, を借り, を借る, を儲け得, を入れた, を出す, を包み, を半分, を取っ, を取り, を取戻し, を受け取っ, を寄附, を封金, を少し, を巻き上げ, を年造, を得た, を得る, を懐, を懐中, を手金, を投げ出す, を投じ, を持出した, を挙げ, を捜し出し, を提供, を携, を添え, を渡した, を肌身, を要した, を見せ, を見せびらかし, を見覚え, を貰い, を貸し, を賭場, を贈る, を運び込んだらしい, を附け, を附ける, ノ持参, ボロ葛籠, 上げるから, 乃至五百両, 使って, 借りが, 儲かりゃあ, 入ったなり, 入ると, 入れて, 出して, 出す, 出すか, 出すという, 出すなに大丈夫, 出すなら呉れても, 出すの, 出そう, 取ったなんぞと, 取ったん, 取っても, 取らそう, 取るよ, 取れたら半分, 取れたら百両礼, 取ろう, 受け取るべく喜び, 呉れ, 埋めて, 奪られち, 引出して, 張り二百両, 御差し向け下され, 恵んで, 持ち出して, 持っては, 持ってるが, 持出して, 捲き上げられたが, 有りましたから, 有るこれ, 渡すある, 盗まれましたから, 盗みました位, 盗み取ったる金子, 程, 程の金, 程取り寄せ, 程懐中, 積んだ傍ら, 立て替えて, 背負って, 貯めてから, 貰って, 貸した処, 這入って, 重いけれど, 預けて

▼ 百~ (655, 1.8%)

16 の人 15 の味方 12 の人間 10 の人々 9 の神 8 の金 7 の同胞 6 の兵 5 の人口, の大軍, の失業者, の婦人, の市民, の生霊 4 という数, となり, に近い, の人民, の敵, の軍

3 [20件] そろえて, となる, にし, に増加, に達する, の, のブルジョワ, の住民, の兵士, の兵隊, の勤労者, の契約金, の女, の民草, の紙幣, の血, の読者, の財, の雷, を養う

2 [42件] あるか, からの借金, が租税, が辻子, だか, であるとして, という人間, という大金, という財産, といえ, としてその, となく, と云う, と号, ならば, に一, に下落, に減少, のうち, のお, の中, の人みな, の人類, の価値, の内, の半ば以上, の卵, の妻たち, の婦人賃金労働者, の子供, の富, の屋根屋根, の御, の物音, の現金, の生活, の軍勢, の軍隊, の都市, の鋳, べん, もかけ

1 [374件] ありと, あるに, いわゆるエタ, かがそれ, かさないかな, かののろい, かの人々, かの男女両性, かもしれぬ, からのそれら, からの寺院, からの金, からまた, から二千二百万, から五千七八百万, から五百万, かわからぬ, か三百万, か四百万, が一切, が南下, が単位, が同数, が呉, が政府, が流通, が用いられるであろう, が用いられるなら, が精一パイ, が食うべき, ぐらいかも知れねえ, ぐらい都合, しかいなかった, しかない, ずつで, ずつで二人, ずつもふえ, せしめたあの, その半分, その数, そろえれば, だ, だけよ, だけ下落, だけ減少, だします, だしますから, だすかい, だら並べたところ, だら並べたんで, だろうが, ちかい未亡人, であったという, であったよう, ですか, でなく二千五百万以下, ではなく, でもあり, でもあろう, でも一億, でも三百万, でも五百万, でも多い, で人手, で売れるなら, で契約, で戦前, で身売り, で身売り先, というすべて, というつみ, というばら, という人々, という値, という児童, という内訳, という同胞, という増加, という大きな, という契約金, という幼魚, という弾薬筒, という新聞読者, という程群, という菌, という読者, という資金, という金額, といっ, とかの生命, とか一億, とか四千万, とか途方, とか集った, とし, としてもその, として一戸, として四百分の一, として約, とつみかさね, ととなえ, とない, とは号す, とまとまった, とよばれ, と二百万, と云われた, と印刷, と号す, と握りやがった, と申しあげた, と知れない, と称され, と称す, と称する, と見る見る, と見積られ, と還っ, ないし一千万, なら五十万, なら百万, につき三千二百九十, になる, になれ, にまた, にもあまる, にも余る, にも将, に一つ, に一人, に値する, に対してなされ, に対する一, に当り, に当る, に比, に満たない, に近し, のあたりまえ, のうちこれ, のお前, のかえらぬ, のかかる, のばけ, のほか, のソヴェト市民, のマルコ, の一, の一割, の一律, の世界, の人いきれ, の人出, の人家簇擁, の人柱, の仏, の会員, の住民たち, の信徒, の信者, の俳人, の俺等, の倍数, の値うち, の値打, の値打ち, の先鋒, の児童, の党員, の全, の兵士たち, の兵戈, の兵馬唯意, の利用, の労働者, の労力, の勇士, の勢, の勤労大衆, の化物, の半分以上, の南征, の同志, の同胞姉妹皆, の国家, の国民, の国民学校, の土竜丘, の在郷軍人, の増加, の大, の大衆, の天軍, の夫婦, の失業, の女子, の女性, の女性たち, の妖鯨濤, の婦人たち, の婦女子, の家々, の富者, の富農, の小, の小説, の居所, の差, の帝都人, の年齢, の店子, の強兵, の強襲, の彼女たち, の心, の悪鬼, の悲惨, の愛読者, の戟, の戦争未亡人, の援兵, の損失, の敵中, の新, の日本, の日本人, の日本人民, の時計, の曹軍, の未亡人, の歳, の民, の民衆之, の火箭, の無名, の燭光, の生, の生命, の産, の男, の白い, の知己, の票, の私, の空文, の精兵, の純, の組合員, の羽ばたき, の聖衆たち, の胎児, の良質, の苦悩, の蒼生草, の蚊群, の蚊軍, の蛍, の衆生, の語, の財力, の財産, の貧民, の貨幣, の資産, の身代, の軍中, の軍兵, の軍旅, の農民, の過剰人口, の選挙人, の部数, の都会, の都合, の都民, の鈎, の鉾刃, の銭, の鋭鋒, の間, の陸兵, の電線, の青年, の青年子女, はあります, はある, はあるでしょう, はおろか, は事, は使ったでしょう, は労働, は動くまい, は単に, は売り切ったろう, は奥さん, は蜀軍, は農民, ばかり残し, ばかり男子人口, ふんだくって, へである, へは下落, べん頭, ほど, ほどの不案内, または一千五百万, または五百万, まですなわち, までね, までのぼっ, も, もある, もあろう, もいる, もうけたそう, ものダイヤモンド, もらっても, もを犠牲, もランプ, も予約者, も何百万, も例外, も信者, も候, も少なかっ, も秋風, も高, やって, や三百万, や二百万, よりはるか以上, より五千万, をもお金, をもっ, をもって廬山使者, をも失う, をやや, を一掃, を亡ぼす, を僅か, を助くる, を受取り得よう, を地代, を失う, を奪った, を引く, を拒ぎ敗軍, を擁した, を支払う, を数える, を焚く, を生産, を発行, を突破, を計上, を貯蓄, を貸, を超え, を越え, を養った, ノ貔貅ハ紫, 乃至二千万, 乃至八十万, 乃至数千万円, 乃至百五十万人, 乃至百五十万円, 出そう, 大きい人口, 払うという, 払える, 押し寄せて, 挙げて, 渡して, 焼けたの

▼ 百~ (472, 1.3%)

34 取の 25 の旗本 19 のお 12 の大, の大身 7 の御 6 の女, の殿様, の殿樣 5 といえ, の知行 4 の加増, の田地持 3 のお家, の侍, の側役, の家柄, も取った, を頂戴, を領, を食み, を食んだ

2 [31件] いただいて, である, では, にお, になり, になる, にも踏め, に足らぬ, のもの, の大森摂津守, の奥方, の家, の小身, の屋敷, の御朱印, の扶持, の旗本根津民次郎, の知行取り, の蔭扶持, の高禄, ほどあった, もお, も持っ, や五百石, をもらっ, を上地, を給わっ, を領する, を食ん, 取が, 御足百石

1 [238件] お取り遊ばした, お旗本鈴川源十郎様方, かがやしき, かりそめ, か千石, がもの, が何ん, が来, ぐらいだ, ぐらいで, ぐらいであった, ぐらいの仕送り, ぐらい油, しかお納め, ずつと改めて, ずつの糠, ずつをもらった, たらずである, だ, だからの, だけのお, だって, だという, だらうが, であった, であったの, であったのに, であつ, であり乍ら, であるから, でございますから, ですぐ, での, での五百石, でも何分, でも別, でも千石, でも大名, でも御前試合, で一色宮内様, で伊東新左衛門, で召し抱えられた, で召抱える, で召還, で大, で大した, で家名, で御座るが, で求められる, で買った, というの, というよう, という旗本, という貧乏知行, といっ, といふ, とか五百石, とか取っ, とか相応, とし, とって, とっても, となる, とはいかねえ, とは格段, と二十五人扶持, と二百石, と云う, と五人口, と五十石, と出ない, と唄, と申す, と百五十石, と見, と言, と言っ, どころか元, なら貴殿, なり五十石, にすぎない, について一石, につき, につき二両, につき人足, につき十七人二分餘, につき金五両, にて召し出されし, にはなっ, には取立て, に上りまする, に六百両, に加増, に対して大, に御, に惚れ込んだ, に添え物, に準ず, に着いた, に至, に過ぎません, のあるじ, のえらい, のおじいさん, のこぼれ米, のご, のガタピシ, の一色宮内, の代官, の側者頭高見権右衛門重政, の内藤常太郎さん, の処, の十, の千場作兵衛, の合力米, の名, の城主, の士分, の大船, の安祥旗本, の家督, の家祿, の家禄, の小, の小野家, の岡野家, の島津家, の役高, の後室, の御家, の御朱印地, の微々たる, の思召料, の旗本根来氏, の旗本鈴木長頼, の板屋家, の格式, の格式通り, の楽隠居, の武家屋敷, の歩行頭, の殿, の殿様ぶり, の殿樣ぢ, の油, の炭, の無, の物頭, の由緒, の痩御家人, の直, の相場, の禄, の禄高, の米, の糧米, の腕, の補足, の身過ぎ, の面目, の音, の馬廻り役, の馬廻り某氏, の高祿, は, はむかし, は五千石, は優, は譲られない, は貯えね, は頂戴, ばかりの侍大将, ばかりの小身, ばかり加増, ほどの家督, ほどの館主, まるつぶれ, もくれ, もらう, も取ってた, も取る, も田地, や七百石, や三百石, や二百石, や千石, より数千石, をおとり遊ばし, をその, をたい, をたまわり, を三郡, を下しおかれた, を下し置かれた, を下し置かれれ, を出, を割い, を加えられた, を加増, を取っ, を取った, を取らせる, を受け, を喰む旗本, を完全, を忘れない, を拝領, を標準, を相違, を私, を積ん, を給, を給せられた, を給わる, を補, を賜わっ, を賜わる, を附した, を頂い, を領せし, デ道具ガ一ツ, ノ高位ニハ, 取ったお方, 取ったとか, 取った奴, 取て, 取に, 取ゆえ, 取り三品流, 取以上, 合せて, 御上納, 御旗本, 或は二百五十石, 新影流, 程獻, 被下置, 遣って

▼ 百~ (331, 0.9%)

47 の金 22 の小判 11 の褒美 10 の大金 8 といふ金 7 といふ大金 5 の支度金 4 といふ小判 3 ですよ, の禮金, は大金, ばかり

2 [15件] が千兩, といふ巨額, と纒まつ, と言, になつて, の持參金, の茶碗, の資本, の餌, は欲しい, もする, を持つ, 持つて, 持出して, 無くな

1 [175件] ありや, あると, あるん, いや千兩, か, かの入費, からもかけた, から千兩以上, から吐き出させられ, か何千兩, か千五百兩, か千兩, が, が今朝, が何處, が欲しく, が無く, が目腐れ金, が紛失, ございませうか, すられたと, するもの, する所, だけ分け, でい, でも取れた, でも宜しい, で宜いと, で月足らず, で澤山, で爲五郎, で聟, で買, で賣り, で身請け話, といふの, といふ借金, といふ利息, といふ妾, といふ黄金, とかの手切れ, とか二百兩, とか千兩, とか吃驚, とか吹掛け, とか言ふん, とはえらい, とは纒ら, とも知れぬ, とも言, と二度目, と吹かけ, と奪, と寄進, と昔, と纒つて, と聞, と聽, と貢いだ, と費, と鰻上り, なりの纒まつ, なり三百兩, にあり着く, にでも賣れる, になつ, になる, にはなる, にもなる, にもなるだらう, にも上るでせう, にも二百兩, にも五百兩, にも餘ら, に引, に變, に負けさせ, のうち二百兩, の不足, の仕事, の代, の値打, の半分, の品, の寄附, の工面, の御, の念, の手ざはりには, の手間, の搜, の有金, の現金, の細工, の行方さ, の見張り, の金包, の金箱, の預り, はあるでせう, はおろか, はお上, はそれ, は下らなかつた, は今朝清松, は何處, は大した, は小粒, は後で, は確, は要ります, は通用價値, ばかりの小金, ばかりの金, ばかり氣, ばかり盜, ほどでございます, ほど持出し, まで出さう, まで持ち出し, もあんまり, もかけた, も二分, も五百兩, も呉れなくつ, も投, も持つ, も持つてる, も持出させた, も握らせる, も盜, も積まなけれ, も隱, やらうと, やり度, や二百兩ぢ, をお, をとつ, をとりあげた, をほどけ, を何處, を出させた, を勘定, を取出し, を叩き返し, を奪, を平次, を懷中, を持逃げ, を最, を月當番二人, を獨, を盜つた覺, を盜ら, を盜ん, を買, を費, を返せ, 借りて, 入れました, 出すの, 出せと, 出せば, 出たといふ, 分けて, 包みました, 取出したに, 小通詞三級銀三百兩, 或は三千兩, 欲しさ, 溜めるわけ, 稼ぐか, 要るから, 近い金, 返すやうぢ

▼ 百~ (326, 0.9%)

4 これを 3 貞固

2 [16件] この支度, やむこと, プンと, 人の, 女の, 姉を, 後に, 応ぜなかった, 念を, 手を, 斯う, 早くも, 膝を, 藤堂家に, 金を, 針へ

1 [287件] あたま, あったろう, あの時, あまりに苦しかっ, あらい動悸, あるでしょうと, あんまりばかばかしい, いかに目下, いきなりそこ, いそいそと, いっこう口を, いっぱしの, いつか懐に, いま一方だけの, いよいよどぎまぎ, うすうす承知, うんと一つ息, おそらく口留め, かう云つて, かごの, かつて薙刀, からだを, きょとんと, ぎょっとした, こういった, こう言っ, こえまい, ここで, ここへ, この子, この家, この時, これからまた, これに, こんがらかった気持, さばさばと, しきりに勇み, しに, すぐに, すこしも手, せせら笑ったが, そのあら鉄みたい, その前, その壺皿, その妹, その手, その紐, その鍛冶職, それを, たしかに小田原, ただ学問, ために, ちょっと暗い, ていねいに, とうとう帰る, どうしても御, どきっと, にっこり笑った, ひとりぼんやり, ふいに, ふとい腕, ふところの, ふり顧って, べつな, また息, また長尾一族, まだ十五歳, まだ里方, もう四十七歳, ようよう弘前, よろこんだ, キ二十二円も, 一人で, 一時当惑した, 一間へ, 七兵衛から, 丈夫だ, 丈夫で, 三銭かい, 世話を, 中へ, 久しく消息, 二十九歳である, 二月四日に, 五十六歳に, 五月二十日に, 代用品拝借, 仲間や, 何でも, 何ぼ, 何事です, 使を, 例の, 供の, 保が, 傍から, 僅に, 優善を, 入学の, 全くの, 全字数, 六七歳に, 六十八歳保は, 凍ったよう, 初から, 包みを, 十一二歳の, 十六歳で, 卒に, 危み, 即時に, 口を, 叫んで, 台所町の, 呼びとめて, 呼名は, 咽せた, 喜んだ, 四十一歳であった, 四十歳に, 四行目, 城中で, 場末の, 声を, 大きい本箱三つ, 大津と, 夫が, 女中に, 女子中で, 姉小路という, 子どもが, 子供の, 子女に, 宥る, 家に, 容易に, 専六が, 小桶, 少しく精神, 少ないと, 居る, 左手に, 己が, 帯を, 常に, 平生病む, 幼くて, 幾たびか, 床を, 度々清助という, 弘前の, 強請れる, 当時柏軒が, 当時眼病に, 彼が, 後でどんなにで, 後ろの, 後生大事に, 徐に詫言, 得意の, 微笑した, 徳が, 徳の, 心で, 思の, 思わずふとく, 思出し, 急に, 怨に, 怪ん, 息を, 悉く原城, 情として, 感じたが, 懐中に, 成善に, 戯に, 戸沢の, 手が, 抗争した, 折々箒, 抽斎に, 持って, 敬に, 数遍読過した, 文一郎の, 文化十三年に, 旦暮周密に, 明治十七年まで, 時々そつ, 本所で, 杉浦の, 杉浦喜左衛門の, 東京に, 案外だった, 次の間へ, 歌を, 止めようと, 此の, 残しといて, 殺されて, 母の, 比良野の, 水木と, 氷を, 沐浴し, 洗いで, 流鏑馬の, 漢訳和訳の, 潔くこの, 火鉢の, 烟草を, 無情にも, 煙草を, 熱湯から, 爪を, 父忠兵衛を, 片腕が, 片頬, 物の数じゃ, 独り脩の, 狭山に, 狭山の, 生卵, 用人河野六郎の, 田無の, 男子と, 異った, 畳から, 百として, 目の, 直ちにこれ, 真面目に, 真顔に, 眼を, 瞬く間, 矢島優善に, 石塚氏に, 破門された, 神尾の, 私が, 穉く, 突然黙った, 笑ったが, 箪笥長持から, 終に豊芥子, 終日応接し, 聞きとれて, 聴いて, 背後から, 脩の, 自作の, 自分の, 藤堂家で, 藤堂家を, 袂を, 裏から, 要る, 要るん, 見まわして, 覚えず咽び泣いた, 覚悟を, 角兵衛獅子を, 訝かしげに, 貞白の, 起きて, 超えるの, 躍起と, 転ぶよう, 轎を, 逃げますぜ, 逞しい情夫, 遂にこれ, 遂に十四日, 遂に汐湯, 違ふ, 違ふんだ, 里方の, 集まって, 面の, 頗る早く, 顔を, 飛び附いて, 飛んで, 飲まないうち, 髪飾から, 鼎斎を

▼ 百メートル~ (322, 0.9%)

19 のところ 4 も向こう 3 ぐらいのところ, の高度, もある, もはなれ, も先

2 [29件] いっても, ぐらいの高, ぐらいの高度, ぐらい先, しかない, の地底, の坑道, の塔, の最少距離, の橋, の海, の滑走路, の穴, の距離, の近く, はなれた, ばかりの所, ばかり先, ばかり向う, ばかり行く, ほどはなれた, ほどむこう, ほど先, ほど向こう, ほど歩く, ほど沖, もあった, もあろう, もへだたっ

1 [226件] あった, あるか, いじょう, か, から一千七百メートル位, から七, から三, から二千メートル, か高く, が関の山, くだったの, くらいしかない, くらいです, くらいの山, くらいの山脈, くらいの高, ぐらいある, ぐらいかな, ぐらいがせいぜい, ぐらいしかない, ぐらいだ, ぐらいにつっこん, ぐらいになった, ぐらいの, ぐらいの所, ぐらいの近い, ぐらいまでのもの, ぐらいまでもぐれる, ぐらいも上, ぐらい距, ことによる, ずつ出る, ずつ高度, そして五百メートル, だ, です, ですから, ですよ, でキカイ, で東京, で母, で開いた, で顔, で首, といいます, という範囲, という近距離, という高, とか千メートル, とだんだん, となっ, となった, とは逃げられない, とは離れない, とも測量, と低空, と地図, と申します, と見る見る, と距, と離れ, ないし七百メートル, などのワイア, なら使いもの, にある, にこの, にさがっ, にした, にちかい, にとびあがった, になった, にまで短縮, にまで達する, にも足りない, にわたるカキツバタ, に艦載機, に設けられたる, のこの, のこの辺, のゴール, のチヤムピオン, の一騎打ち, の上空, の下水道, の低空, の地点, の寂寥, の川端, の御, の所, の探さ, の氷河, の深, の深海, の渓谷, の程度, の空気, の競技, の競走, の範囲, の見当, の辺, の近距離, の逢, の道, の選手, の間, の間隔, の陽画映写フィルム, の高, の高原, の高地, の麻ひ, はある, はあるだろう, はあろう, はこの, はむちゃくちゃ, は優, は半, は歩いたでしょう, は約, ばかりいく, ばかりのところ, ばかりもあっ, ばかりも飛び上っ, ばかりをへだてた, ばかり上, ばかり右, ばかり向, ばかり向こう, ばかり奥, ばかり引きかえす, ばかり歩いた, ほどいく, ほどいった, ほどうしろ, ほどさき, ほどてまえ, ほどである, ほどのあいだ, ほどのさびしい, ほどのところ, ほどのなまなましい, ほどの低空, ほどの大穴, ほどの山, ほどの山峡, ほどの岩, ほどの空, ほどの空中, ほどもある, ほども先, ほども歩いた, ほども離れた, ほどを沈下, ほど人かげ, ほど北, ほど山, ほど後方, ほど手前, ほど東, ほど歩い, ほど登っ, ほど行った, ほど走り, ほど走る, ほど進んだ, ほど離れた, もあっ, もあり, もあるい, もいく, もすすむ, もずれ動いた, もつづい, もつづく, もてまえで, もない, ものびた, ものぼった, もの下, もはしりつづけ, もはなれた, もへだたった, もむこう, も上空, も下った, も向う, も四百メートル, も川, も歩いた, も歩いたでしょう, も無い, も用意, も翅, も行かなけれ, も行く, も行った, も走った, も走る, も逃げ, も進む, も進んだ, も遠く, も長, も間近, も離れ, をさしつらぬく, をへだてた, を歩く, を越えない, を距, を踏破, を間, を飛び, 下った地底, 作った, 大念仏, 恐らくもうそろそろ森, 歩いて, 深さ, 落ちるのに, 近いところ, 離れた駅, 高さ十二メートル

▼ 百~ (319, 0.9%)

18 の道 8 も遠い 7 の間 6 もある 5 のあいだ, も離れた 4 にし, の外, の山河, 離れて 3 という, という早, の先, の海, はなれた, も二百里, も先, も離れ, や二百里, を隔てた

2 [20件] あるの, あろうが, でも千里, というもの, と云, のかなた, のこなた, の余, の半ば, の旅, の波, の遠き, の遠く, の長き, もへだたっ, も北, を隔, 到伊都國, 多竹木叢林, 歩いた事

1 [184件] あっちゃ, ある, か離れた, か飛ん, この流, しか走れない, その次, だと, っていう道のり, で, であると, ではない, とある, というたいへん, というの, という途, といふこと, といふ道, といふ里數, とせず, とちりちり, となす, となり, との間, とへだたっ, ともに七十余日, とも知らぬ, とも知れ, と云う, と小声, と興, と行軍, と遠い, なるを, なれば, には及ばね, にも余らん, にわたる旅路, にわたる陣線, に一つ, に亙り, に余る, に及ぶ, に及べ, に最大難関, に足らない, に足らぬ, に近い, に近く, に迷, に連なり, の, のうねり, のほか, の先きの, の全, の前, の区域, の周囲, の命, の困難, の大, の差, の幅, の平原眼, の平野, の底, の彼方, の思, の思い, の思ひ, の旅人, の春, の江山掌握, の流刑, の海上, の深, の眺め, の石穴, の舞台, の距離, の路, の近く, の遠征, の遠方, の里程, の針金, の鉄路, の関柵, の闇, の陣, の隔たり, の隔て, の難, の風, の風景, の高原, はあるまい, はなれ, は大丈夫, は飛びます, ばかりもある, ばかり往, ばかり離れ, へだてて, ほどは那, ほど奥, ほど歩いた, ほど退陣, また数百里, また百里, まで来た, もあっち, もあて, もあります, もあるべし, もございましょう, もしその, もの遠い, もはなれ, もへだたった, ももっと, も乗ったら, も先きの町, も千里, も奥, も後, も敵, も歩行, も突破, も西, も走る, も距, も遠い遠い, も遠く幽, も隔, も隔つた地点, やら五十里, をあえ, をつつむ, をとおし, を下らざるべし, を不, を五昼夜, を以て封ぜん, を出でざる, を此様, を歩んだ, を水路, を没収, を流るる, を無人, を疾駆, を行き, を行く, を距, を蹴破り来りし, を逃げつづけ, を進む, を隔つる杭州府, を隔て, を飛ん, 余程, 去蝦夷界一百二十里, 向西倫, 往けねえと, 我が四十里餘, 最も近い, 望めば, 歩いたか, 約二ヵ月, 経て, 行くところ, 行く駿駒, 見るものみな, 通うたという, 遠い此処, 隔てて, 離れたところ, 離れた地, 離れた故郷, 離れた東京, 離れた長崎, 飛んで

▼ 百~ (318, 0.9%)

41 承知し 28 承知の 19 二百も 18 承知で 10 承知だ 7 千も 6 承知です 5 承知である, 承知な, 持つて 4 千もの, 御承知, 持つちや 3 ご承知

2 [11件] しょうち, それを, つくらんならん, 五百も, 心得て, 承知さ, 承知二百も, 持って, 持つては, 知って, 知りぬいて

1 [137件] あらうと, ありましたらうか, あります, ありますまい, ありませんよ, ある, あるこの, あるという, あるとの, あるの, あるフレーム, ある千兩箱, ある口, あれば, あろうかという, いい気持, いた, うなりては, おネンネ, お蝶, かからずに, くれて, この柳, この追撃, じぶん, すぐ風呂, そろって, ちりばめた眼, ついて, つかんの, はいってる大, ふとると, わかって, 七十五も, 万も, 三百も, 並べて, 並べては, 並んで, 亦同じ, 何かしら勇み出し, 余り棠, 儲かりゃあしませんからね, 儲かる話, 先ずその, 入って, 入つちや, 全国に, 共に数十間ケシ, 兵を, 出しゃしめえ, 出すもの, 出せない, 出る, 出るうち, 列を, 列挙し, 千もの目を, 取ろうけん, 叩く時分, 合力しなかつた, 合点し, 合点で, 合点である, 合点むしろ, 吊るした人, 喰らわせて, 四百も, 声が, 売れてたころ, 小僧の, 居りますやろ, 居るの, 幾千も, 後ろを, 御尤, 怪しい, 怪談を, 成善も, 承知, 承知しとる, 承知だらう, 承知だろう, 承知でしょう, 承知では, 承知と, 承知に, 承知を, 承知金龍寺を, 持っちゃ, 挙げること, 握ったが, 損じたよう, 数えぬうち, 數へる, 明いて, 欲しくねえ, 残って, 比良野貞固, 涙を, 無い有, 無し宿, 獲つたさうだ, 生えて, 生きる気, 産屋を, 男だ, 目刺しまがいに, 相当の, 知っての, 知り抜いて, 祝儀を, 積んで, 笠を, 終始一貫ただ, 続いたという, 続け様に, 論陣を, 負けた, 負けて, 負ける, 貰って, 買えるだろう君, 買えると, 買って, 貸さない, 起きて, 身に, 遣つたといふ, 遣りゃあ, 部屋の, 配置されました, 閉塞し, 閉鎖したなら, 頭が, 頭でのの, 食った後

▼ 百年前~ (307, 0.9%)

5 のもの 4 の人 3 にこの, に実行, に實行, の, のこと, の昔, の遺跡, も今日

2 [15件] から今日, に出来た, に死んだ, に比叡山, のアメリカ, の中国, の大, の建築, の弘安, の日本, の日本人, の時代, の老人, までは巫女従軍, よりすでに

1 [244件] からその, からとなく, からの仕来り, からの歴史, からはじまっ, からわたし, から中央, から段々, から繰返した, から越後国, ぐらいに製造, この像, この山, すでに古瀬戸, すでに同様, その儘, その先祖, だ, だね, である, でさえも袖, ですか, ではない, といふ説, といふ過去, とそれぞれ, と今, と同じ, と比べ, なくなられて, に, にある, にいた, においてすでに, において初めて, におこなわれた, にご, にその, にちゃんと, にはある, にはこの, にはじめました, にはそれ, にはラウール・ド・フォー, には一人, には印度, には夜中短剣, には専門化, には溯らないであろう, にもあつ, にもう, にも新, にソクラテス, にユトピヤ社会主義者, に九州豐後水道, に人, に人類, に伝来, に作つた, に其の, に初めて, に則天武后, に匈奴, に在, に城, に存在, に学者, に完成, に建った, に建てられた, に成った, に戻す, に捲, に描かれた, に支那大陸, に新田義貞, に於, に既に, に日本, に書いた, に書かれた, に有名, に槭樹, に権力者, に死, に渡来, に焼, に現われたる, に生れ, に生れた, に生活, に痩ッ, に相当, に眠った, に研究済み, に私達, に絹, に織物都市, に菅江真澄翁, に蓮如, に西洋, に見た, に見立てられた, に起っ, に身投げ, に造った, に遡り得る, に高宗, に魯, のある, のもの也, のイソップ, のイタリー, のギリシア人, のセメン, のバッハ, のユトピヤ社会主義者, のワルシャウ, の不破, の中国人, の中国食器, の中央アジア, の事, の井原西鶴, の人間, の人間たち, の人間社会, の佛教傳道者, の作, の元正天皇, の先祖, の先輩, の創建, の十字架, の取扱い, の古い, の古代, の古典, の古物, の可, の同じ, の和蘭版万国地図, の地名, の地図, の大事, の大昔, の大水, の天平びと, の女性, の姿, の婦人, の子供等, の宮本武蔵, の専制王室, の小野篁, の工芸, の幽か, の感情, の憂い, の我々, の支那, の政治上, の政治地図, の政論, の故紙, の教区登記簿, の文学, の文政七, の方, の春秋時代, の最大, の朱子, の楠木正成, の槍一筋, の機構, の欧州社会, の歌, の歌謡, の武人, の死語, の民たち, の江戸, の漁村, の無知, の無線光波通信機, の物ニモ, の物理学, の状勢, の生活, の生活者, の用例, の甲冑, の異なる, の真, の石碑, の社會, の祖先, の神代時代, の紙, の自作農, の蝋燭, の西欧, の西洋, の諸事不便, の謂わ, の過去, の道徳箇條, の酒飲みたち, の重, の野武士, の金属製, の銭形平次, の鎌倉人種, の階級制度, の隠語, の面白い, の音, の風致, の飛行機, の鬱勃, の黄玉, の黒手組, は三百年前, は五百年前, は劣る, ほどの地図, ほどより二百年前, までの日本語, まではところどころ, までは御, までは毎年顔見世, まで因, も苦し, を回顧, 一向宗, 乃至千年二千年前, 亡んだ尚徳王, 大ピアニスト, 尚真, 成った班, 或は計算, 既にバビロン, 既に數學, 第十八世紀

▼ 百万円~ (304, 0.9%)

8 の金 4 を奪った 3 です, の信用, の借金, の首飾り, もする

2 [17件] がもの, つくって, で出来る, で買おう, になる, に上っ, のダイヤモンド, の問題, の宝くじ, はおろか, ばかり現金, もって, よ, を奪い去った, を得られる, を損, を突然

1 [243件] あたるという, あったらああ, あの, あるかな, あるだろうと, いただいたから, うけとった, お入用, お出し, かかけ, かかる, かし, かの詐欺, から二百万円, から五百万円, か私, が奪われ, が想い浮ぶ, が紛失, くらいの石炭, くらいの資本, くらいの金, くらい出させたかった, ぐらいずつ穴, ぐらいと推定, ぐらいには代えられません, ぐらいには売れるだろう, ぐらいに取り引き, ぐらいは片手, ぐらいわが, ぐらい稼い, じゃお話, じゃ安, ずつを義捐, だけうけとる, だけはらっ, だけを区別, だけ事業, だして, だせと, だったり, だって高く, だという, だの, だまされて, だよ, だろう, つくらせて, つんだとて, てい, であったが, でいい, では, でもいい, でも貸与, でも賭ける, で出来るでしょう, で売れ, で苦労, で買, で身売り, とある, というお金, というところ, という値うち, という財産, という貴重, という金, という高価, といえ, といわれ, といわれます, とかの賞金, として, とは, とはこの, とは使用, とひきかえた, と云, と兇器, と実物, と聞いた, と血だらけ, と計算, ないし百五十万円, なら大, なら百万円, ならOK, なりと, に, にしてやる, にする, については聞く, になります, にのぼった, にのぼる, には手, には間違い, にも或は, にも積, にも附かない, に上る, に代えられた, に売れ, に売れた, に相当, に近い, に達した, に達する, のお金, のた, のもの, のタメ息, のダイヤ, のドロン, の予算, の価格, の値打, の償金, の元金, の全部, の公債証書, の別荘, の取引, の基金, の外債募集, の多額, の夢, の大, の大金, の契約, の宝石, の寄付, の富, の富豪, の小切手, の巨額, の新, の日本唯一, の札, の火災保険, の珍夫婦, の現金, の紙幣, の花火, の花火一発, の財産, の資金, の赤字, の身代金, の退職手当, の金塊, の香水, の鯖, の鶏, はいっ, はよかっ, はコーヒー, はフイ, は一文, は内務省, は安い, は当然, は無くなっ, は煙山, は瞬く, は紛失, は高い, ばかりの中, ばかりの大小, ほどに達する, ほどの札束, ほどの高価, まきあげるため, までは出します, までは同じ, もいや, もうける, もかけ, ものお金, もの大, もらえること, もらって, もアジト, も何百万円, も入っ, やりました, よりも五十銭, をある, をお前, をかけ, をくだらない, をトリック代, をフイ, を一時, を下, を借りた, を克服, を取り返し, を取り返す, を奪い去ったであろう, を奪い返すべき, を奪う, を寄付, を得ない, を投じ, を投ずる, を持っ, を捨てる, を支出, を減ずる, を渡し, を無い, を積んだ, を罹災者, を要, を超え, を超える, を超過, イヤイヤどうかしたら, 出させた君, 出したとか, 出したん, 出して, 出しとるさ, 出来るまでより, 受取ったらしいが, 失うぐらい, 奪うつもり, 届けては, 払えないもの, 持って, 掴んだとき, 欲しかった, 渡した, 渡したこと, 渡すこと, 程になる, 程のもの, 貰ったらという, 足して, 近い金, 遣ろうソコ

▼ 百~ (303, 0.9%)

12 した 11 して 10 も千倍 7 にし 65 もある, も強く 3 しました, になる, の力, も, もする, もひどい, も大きく

2 [17件] しても, するに, である, にした, になっ, になつ, にもする, にも二百倍, のおもい, の勇気, の卑屈, の報い, もの力, もよく, も大きい, も幸福, も悪人

1 [192件] あるいは千万倍, あるいは数千倍, ある大, あれば, いたしました, かも知れない, かネ, か何千倍, か大きい, くらいはあろう, ぐらいあります, ぐらいじゃまだ, ぐらいたくさん, ぐらいに大きく, ぐらいのタックル, ぐらいの食料, ぐらいまでです, ぐらい読ん, これから近隣, させて, さ斬っ, しさほど, しそれから, したが, したこと, したほどな, した攻囲軍, した明治, しました私, しやがて, し半身裸体, すぐれた仕合せ, すてふ鎖陽, する, するけれど, するといふ, するの, するほど, するもの, する叙勲, する多数, する大兵, する科学力, だから, だったが, であること, でした, でない千倍, でもと追いすがる, でやる, で殺す, というペルシャ, という噴火山的, という心持ち, という高価, といふの, といふやつ, といふ奴, として税, とはこの, とはなっ, ともしれない, とやいはむ, とモ, と云います, と査定, なん, にさせた, になった, にも, にもし, にもした, にもなっ, にもなつ, にも何千倍, にも増し, にも大きく, にも当るだらう, にも擴大, にも数, に上るであろう, に売っ, に延ばす, に当る, に拡がった, に等しい, のでしらべ, ので陰, のまた, のもの, のエネルギー, のクーリー, の上等, の人々, の値段, の儲, の困難さ, の大, の大き, の大石, の奇麗, の実, の微温湯, の思い, の悪事, の損, の望遠鏡, の狂暴力, の理性, の生活材料, の繁華, の荷物, の血, の誇張, の質量, の重, の電力, の顕微鏡, の顕微鏡下, はあります, ほどになっ, まして北風, まづ戦, までかかっ, もあった, もあろう, もえらい, もかしこく, もしおれる, もしくは数万倍, もすぐれた, もすべて, もそれ以上, もでかく, もにし, もになっ, もの持久力, もの水分, もの熱心さ, もの苦しい, もの苦労, もの辛, もの金剛力, もひどかっ, もむずかしい, もむつかしい, もより, もよろこばしい, も三百倍, も不幸, も不思議, も与えなけれ, も二百倍, も値打, も効果, も勝れた, も収入, も善良, も困難, も増し, も多額, も威張りかえった, も威張り返った, も感心, も楽, も泣い, も浅間, も海千山千, も熱烈, も美しい, も美しく, も苦しまね, も薄弱, も貴女, も貴方, も長く, も難しい, も面, も面白い, も驚いた, も高かっ, も魅力, よ, ノ有害ナリ, 乃至八百倍, 勝って, 多い, 強くなっ, 或は六十倍, 甘い薬品, 稼ぎうるのに, 被待て見せよう

▼ 百~ (283, 0.8%)

7 の小説 5 の長篇, もある 4 となく 3 くらいの見当, である, ですよ, の羽織, や二百枚

2 [17件] か百五十枚, ぐらい, ちかくの, となり, にちぢめ, にのぼる, に及ぶ, の大作, の方, の油絵, ばかりです, ばかりの小説, ばかりの長篇, ほどの草稿, もかいた, を御, を書いた

1 [213件] あった, あるいは五百枚, ある筈, かいて, かの小説, かの絵葉書, からあと, から五百枚, から書い, から百五十枚, か二百枚, か何千枚, があった, がいつ, くらいで完成, くらいに達し, くらいの小説, ぐらいあった, ぐらいずつに章, ぐらいだ, ぐらいにし, ぐらいのもの, ぐらいの答案, ぐらいはスケッチ, ぐらい買う, ずつせっせと, ずつを版木, ずつ竹, ずつ誂えまし, その眞ん中, だ, だけ暗誦, だしても, だってね大事, ちかい作品, ちかくなっ, ちかくは, ちかくも, ちかく書きすすめ, でそれ, でふうふう, でも複製, で二貫匁是, で五百匁, というなら, というもの, という信じられない, という比率, という量, といふ高, とか売れた, となつ, とはひどい, とると, と五百フランの, と入場券五千枚, と寄附, と承り, と書く, どころか四百三十五頁, なくば, にあまる駈け, にしなけれ, にちかい, にちぢめた, になった, になりぬ, にのぼるであろう, にもなっ, にも伸ばし, にわたってマニ教潜入記, に余る, に縮めろ, に縮小, に自分, に至る, に近い, に達した, に達するでしょう, の, のはがき, のもの, のガラス板, のレター, の中, の予定, の事, の交換比率, の保金小判, の光り輝く, の写真, の切れ地, の創作, の千両, の原稿紙, の古銭, の名刺, の図, の大, の大き, の小, の小判, の差, の御, の扉, の曲線, の最後, の未, の油紙包み, の短篇, の紙数, の絵, の翻訳料, の色紙, の蒟蒻版, の試験, の論文, の重い, の金蓋, の長編, の飜訳料, の黄金, はこの, はじき, はマア三ヵ月, は定まりたる, は引き受け, ばかりある, ばかりのもの, ばかりの處女作, ばかりも書き上げた, ばかりも書き進ん, ばかり戦地, ばかり書いた, ばかり李, ばかり貰いたい, ほどすべっ, ほどでしょう, ほどに書いた, ほどの, ほどのもの連載, ほどの原稿紙, ほどの叙事詩, ほどの小説, ほどの栗板, ほどの綴本, ほどは足, ほども吹き落とされた, ほど一ヶ月, ほど出来上り, ほど持てあましたる, ほど書き, ほど購, もうち, もの寫眞, もよろしい, も入, も出来てる, も刷らせました, も売れ, も小説, も敷けるだろう, も書いた, も書き直し, も朝飯前, も累ねたよう, も貰, やそこら, より多く, をあつめ, をお, をとじた, を准三宮聖護院道澄, を准三宮藤原晴子, を印刷, を女御藤原, を寄附, を将軍家, を式部卿智仁親王, を張る, を御所, を持っ, を放ち, を書く, を第, を細かく, を贈らせた, を越し, を金博士, ノ精進ニ, 刷って, 同十, 売れたの, 売れたら切符, 御入れ, 御入手, 持って, 持つて, 書いた, 書いた原稿, 書きあげられて, 書きあげるとして, 書くに, 書くも, 程この, 程入った, 見ても, 見當, 買った, 越して, 越すでしょうね, 辛うじてこの, 近い文学

▼ 百~ (251, 0.7%)

13 の間 7 のあいだ 5 の期間, の期限 4 の後 3 でも千日, のうち, の参籠

2 [20件] かずら, である, というの, と日, なれば, に近い, のご, の余, の日限, の旱, の精進, の説法, の遠慮, ばかりの間, ほど前, もかかる, も日参, も経たぬ, も聞き慣れた, 経っても

1 [168件] あけくれに, あればと, いや何十年何百年, お寝み, お通い, かであった, かへらぬ, から四百日, か続いた, がほど休養, が老中, くらいから眼, くらいしか経っ, くらいまえ, ぐらいな, ぐらいにしかならない, しも行かぬ, すでに手, たたいて, たったばかりの, たつと, たらずにしか, たらずの, だ私, ってハンドレッド・デイ, でも半年, でも続く, で六法, という言葉, といふの, とおい, とたたな, となした, とは支え, と六日, と計算, にし, にて全滅, にて百兩, になる, にもなる, にも余つて, に亙りまし, に及んだ, に垂, に当る, に成る, に満たなかった, に足らぬ, に近いとうとい, に近かっ, の, のあいだ延期, のあいだ洛陽, のうち拝顔, のお, のおん供養, の上, の内, の凍原, の別れ, の夏, の寂し, の富士, の幻想, の延期, の後彼, の忌, の悪行, の情, の慎み, の戦, の播き, の断食, の日参, の期日, の滞在, の留置場生活, の異, の稼ぎ, の籠居, の紅無し, の苅り, の苦, の苦役, の苦闘, の萱, の行, の行ひと, の説法何, の鐘, の間大原, の間蟄居, の間謹慎, の間辛抱, の間閉門, の間願かけ, の願, はかかる, はもう, は何, は足もと, は魚, ばかりいた, ばかりで赦された, ばかりの拘禁生活, ばかり西, ばけもの, ほどつづいた, ほどな, ほどの長期間, ほどは山小屋, ほども八橋, ほども同居, ほども母, ほども遊ん, ほど以前, ほど辛抱, ほど過ぎ, ほど静養, もあと一晩, もかかっ, もかかるだろう, もたって, もわるかっ, も前, も恵まれ, も櫛, も病院, も百五十日, も立っ, も経たねえだ, も経っ, も経った, も経つ, も經, も見ねえ, も踏みしめた, ゆく浜, ゆく遠, ゐるか, をかさね, をこえた, をなぐさめ居ら, をのろう, を出, を出でますまい, を夢, を暢心静居, を通して喜劇, を過ぎれ, を限っ, を限つて, ノ閉門, ヲ経ルニアラザレバ刑, 両軍, 保てば, 嬉しい程, 戦ふ間, 欠かさず連綿, 生きて, 程たっ, 経たない内, 続け用, 蒸して, 近いある, 過ぎても, 開かずの

▼ 百~ (228, 0.6%)

10 の人間 3 では, に近い, の者, ばかり居る

2 [12件] からの旅客, だ, という数, にのぼる, の人夫, の将兵, の美姫, の聴衆, の見学者, の警官, を収容, を越え

1 [182件] ありみな下等, ある, あるのみ, ある事, いよいよ屋上, おり建物, かその, かの人馬, からなる, からの党員, からの警官隊, からの集団的訓練, か二百名, か百五十名, か連中, か階下, がマニラ, が三年間地下, が例, が入門, が内務省, が加わった, が引, が群臣, が頭, くらいが四列縦隊, ぐらいのもの, ぐらいはあったろう, ぐらいは来, しか居らぬ, ずらりと居並ん, その前, たらずです, ちかく集っ, つづいて, であります, でした, で五年, で成立っ, で都合五千名, とありました, といいます, という見込み, とかに電気局, との事, とはいう, と揃わなく, にしろ, にちかい, にものぼった, にも及ぶ, にも及んだ, にも達し, に及ぶ, に取り囲まれ, に垂んとする, に対し一人, に書き改め, に足らない, に達し, に達した, に達しましたる, の, のうち, のく, のほか, のもの, のエキストラ, のドイツ軍人, の乘組員, の五月, の人々, の人民, の代表者, の代議員, の体温, の供廻り, の修了生, の僧侶, の党, の共産党員, の兵, の兵士, の出席者, の出迎い, の労働者, の参加者, の同年衛生兵, の囚人, の土民, の士籍, の大成会員, の学生, の学生中, の家中, の家臣, の強健, の従業員, の応募者, の悲壮, の新生会員, の朝鮮虎手, の村, の武裝陸戰隊, の死骸, の浪士, の満州国官吏, の生徒, の生死, の男女, の監獄役人, の知己門人, の組合員, の聴講者, の職工, の薩摩隼人, の衛兵, の記者, の警官隊, の賛成署名, の農兵役, の農民, の邦人労働者, の門下生, の青年男女, のPW, は列, は到頭, は刻々, は少い, は汽車, は直接間接, は遺憾, ばかりであった, ばかりの腮紐, ばかりのPW, ばかりは頑なにあと, ばかり続い, ばかり貸そう, ほどが集まった, ほどの助力, ほどの生徒, ほどまとまり, ほども一鼓六足, ほど乗っ, ほど居ります, までは欠食児童, まで居る, もあった, もいる, もこの, もの者, もゐました, も借り, も討死, も連れ, や二百名, より成る, をこえる, をひとかたまり, を付せられ, を先頭, を加え, を国賓, を失った, を常盤橋際, を徴兵忌避, を数える, を率い, を用い, を算, を組織, を超える, を超した, を越し, を金銭, 乃至二百名, 今や隊伍, 合せて, 程住ん, 近い人間, 随分盛会

▼ 百~ (228, 0.6%)

12 を超え 7 の高 5 を超えた 4 に近い, の圏, もある 3 に過ぎない, も下, を少し

2 [22件] くらいの高, でも千米, に及ん, のところ, のスピード, の地点, の奥の手, の小, の山, の峰, の嵐, の巨大, の走者, の速力, の高度, の高所, まで下り, もあろう, も低い, も登る, も高い, 昇る毎

1 [139件] あるかな, いよいよ第, かの切り, からじり, からふっとばす, からマラソン, から三千米, から二百米ぐらゐの, から六, から喫茶店, か或は, が其限度, くらいだろう, ぐらいの上空, ぐらいの山, ぐらいの見晴しし, ぐらいまでの彼方此方, ぐらい垂れ, だし, であると, であるよう, でそれ, では勝った, では日本, でもうそ, でグイ, で百米専門, で長, となっ, と庭, と棒杭, なん, にすぎず, にも余る, にも足りない, にも達しない, に余る, に及ぶ, に減じ, に足らない, に近い高, に近き, に達し, の, のアナウンス, のインドアレース, のタイム, の上空, の世界記録, の丘上, の丘陵地帯, の低空, の十秒三, の坑内, の大きな, の小さな, の山上, の山脈, の川幅, の差, の所, の断崖, の標高線, の池, の深海, の満, の無理, の直線コオス, の短距離レエス, の絶崖, の西側, の距離, の追, の選手, の選手みたい, の鎔岩塔, の間, の附近, の鞍部, の頭, の高空, は, はあっ, は下るまい, は登らなけれ, ばかりある, ばかりも落下, ばかり上, ばかり低い, ばかり横, ばかり漕ぎ去った, ばかり隔たった, ばかり離れた, ほどの丘陵, ほどはなれた, ほどむこう, ほど上, ほど下流, ほど歩いた, ほど行った, ほど走った, もひた, も上る, も下っ, も下ったろう, も下る, も傑出, も後方, も攀じ登っ, も深く, も空, も続く, も離れ, よりももっと, をひた, をやらなきゃ, を一瞬間, を下った, を下らない, を下りたる, を今, を何十歩, を僅, を全速力, を抜い, を疾走, を超, を駆け下り, 乃至二千八百米以上, 乃至二千六百米, 低い部分, 放り投げること, 泳げるか, 登って, 程の間, 程上った, 突か低く, 離れた地区, 高いから

▼ 百~ (211, 0.6%)

8 の高 6 の下, もある 4 の上, の地底 3 のところ, の断崖, もあろう 2 だと, であること, の地, の大, の山, の楼, の楼台, の櫓, の高い

1 [156件] あつて, ありと, あるいは二百尺, あるか, かの空気, かの距離, かの間, かの高, から三千五百尺, から三百尺, から五百尺, から四千五百尺位, か眼づもりもつかない, くらいな深, くらいのところ, くらいもあろう, ぐらいの滝, ぐらい岩, ぐらい私, だか, だけあるい, であるから, であるが, とある, というの, という地獄, といふとともに青黒き, とだ, との区別, とも知れぬ, と九百尺, と数字, と書いた, と測られ, と違, なり熔岩流, なるも, なるを, にし, にも近い, に上る, に下り, に及ん, に掘り下げた, に比し, に減じ, に百五十尺, に築造, に近い, に過ぎず, の, のあたり, のその, のほか, のエジプト, のシャフト, のマスト, の一孤邱, の七層街, の上空, の丘, の中ヶ岳, の九天, の代わり, の位置, の切り崖, の台上, の各層, の地下水, の坑道, の埠頭, の塔, の壁, の大空, の女中, の宙, の崖底, の巌, の巴蛇, の底, の弥陀ヶ原高原, の懸崖, の斜坑, の普通, の暗い, の松梢, の枯龍斧鉞, の梯子, の楼閣, の樓, の標高, の横坑, の水力, の水層, の海, の深, の深い, の溜息, の火葬, の火葬臺, の相違, の矢岳, の神山, の神河内, の竿頭, の絶頂, の老樹, の蘆, の赤土, の金博士, の鉄塔, の鉄槍, の長距離, の雪峰, の青龍, の静かさ, の飛瀑, の駒ヶ岳, の高地, の高所, の鯨, はあった, はある, ばかりも屹立, ばかりも進みます, ばかり登る, へ, へ這い上っ, ほどあがった, ほどの水, ほどの高, ほど下る, まで追いかけ, もあらう, もあり, もあります, もあるべく亙り, もさがる, もやあらん, も下, も四百尺, も掘ったら, も降りた, も顔, ゆけば, をもって最高点, をケージ, を上っ, を少し, 程で, 程の高, 誠に高燥, 近い天井, 近い屋上庭園, 高いと, 高き斷崖

▼ 百~ (210, 0.6%)

6 なるも, にし 5 である, に近い, の人 4 が巡査, だかの, になる, のお爺さん 3 の下, の後, の老翁

2 [24件] が浦島, だか, というの, とは長生き, ならしめん, になつたの, になつて, にもなり, に近く, の寿, の祠, の老人, の高齢, の齢, はその, は始め, までは生きられます, までは生きる, までも三百歳, までも長生き, まで生き, まで生きる, をも超え, を經

1 [110件] いや百九歳, かくて, か三百歳, がもう, が制服制帽, が愈々, が試験, が部落, くらいとも見える, くらい生きる, ぐらいだろう, ぐらいまでしか生き, この獅, ずつを一区画, だ万々歳, でお, でございましたから, でございますが, です, で方, で死す, で死なう, で死ぬだろう, という尼, という未だ, という老大, と定まった, なり百歳, なれば, にすぎず, になった, にならない, になります, にはなつ, には此, にもなる, にも感ぜられ, に一人, に及ぶ, に変化, に尚道, に強い, に満, に變化, に達した, に達すれ, のお婆さん, の事業, の人間, の古, の女, の姥久田, の家, の家族, の年齢, の後合, の御, の志願者, の時釈迦牟尼仏, の比丘尼等, の眼, の老婆, の老爺, の若, の車僧, の長寿, の間, は, はよく, はわけなく, はポケット, は何時, は凱旋将軍, は次, は翌日, は自分, は行く, は見事, は警察, ばかりの女, まで, までこの, までともいう, までの諺通り, までは屹度, までもお, までも寧子, までも添, までも生, まで生きなく, まで賜れ, まで長生き, も草木, も長寿, をさい, をはるか, を巡査, を疎しく, を経たるなり, を越した, を越せない, を通して, を過ぎ, を過ごした, 今や聖朝, 坐枯蓬, 濁悪, 経ても, 過ぎたお, 過ぎた古

▼ 百~ (195, 0.5%)

3 すれば, なく踏舞, 十と

2 [16件] いうほど, いうほども, なく並ん, なく宙, なく飴チョコ, なって, なり千, みて, 二十五と, 二十文十枚以上お, 二百と, 云ふ, 嫁の, 数しれず, 百とを, 記されて

1 [154件] あったそう, あれば, いうが, いうと, いうのに, いえば, いって, いふから, いふの, いるん, うしやうまで, おなじく数多い, きこえた小判形, さずけては, したらこの, したら動物, しれず四方, すると, たせば, たたいて, たまって, つみ重ねて, ないちいさな, ないほた, ない噴水, ない塔, ない星, ない色がわり, ない花火, なき放牧, なくある, なくいる, なくすきとおる, なくつづい, なくぶら下っ, なく一定, なく下り, なく仏像, なく何千, なく作られます, なく作る, なく器械, なく在りましょう, なく壁上, なく存在, なく建て連ら, なく或いは, なく映り, なく本物, なく浮かびあがっ, なく燦, なく現われ, なく発見, なく県, なく眸, なく私, なく自宅, なく蟻, なく路, なく迫っ, なく雲集, なく頭, なく飛行船, ならざるさき, なら旁, なれば, のろまの, ふえて, まとまったもの, まとまった物, まとまった金, まとめて, ゐる馬, 一しょに, 一つ年上の, 一度に, 一身に, 三百と, 並べて, 二十五, 二十文十巻以上お, 二百では, 二百は, 云い千, 云う人間, 云う彼, 云う氷柱, 云う騎士, 云ひ, 五十いただきます, 五百の, 何歳に, 保とが, 保とは, 倶に, 傳へられ, 入り揚げたトド, 六十が, 六百と, 出て, 出来合って, 別れて, 十文大銭で, 千余の, 合して, 同じく藤堂家, 吹っかけたとしても, 子供が, 安とを, 定めた, 定めて, 小銃の, 市中から, 張飛を, 懐ろが, 成善とは, 按司の, 掴み合, 描くその, 数えその, 数えられた, 昔を, 材料に, 殺して, 毎日釣っ, 水杯を, 注せられぬ川舟二艘, 清次は, 減って, 祖先を, 秀吉に, 積むけだし, 算えられる, 算するこの, 算へられた, 糶上げるのに, 纏ったお, 纏った金, 纏まった金, 纏まった銭, 纒まった, 纒まつた, 置き二, 見積ったが, 解せられる, 語りつつ, 貞固, 載せたもの, 道を, 限りますて, 霞が, 預って, 願って, 食ったり

▼ 百~ (194, 0.5%)

11 の銭 3 あれば, の酒手, の鳥目, はわたくし, をでも, を島

2 [13件] から一朱二朱, か三百文, ずつの礼銭, ずつを与える, でも二百文, と云, なり, になる, に付五合, に相, の切山椒, を戴きました, を財産

1 [139件] あつた, か二百文, が下りました, が関の山, くださるってんで, くらいのもの, くれえ, ぐらいな年賀税, ぐらいのお, ぐらい置いた, この他, しか取らなかった, しか残らぬ, するところ, ずつ, ずつになれ, ずつの祝儀, ずつ罰金, それで向う, だけ買っ, だった, だつて只, だとも, つかんで, であった, であるから, でございます, でした, でそれ, でもお, でもやる, でも余分, でも貰っ, でチヨツト, で冷たい, で売り渡せ, で売る, で或, で書生, で月利十三文, で湯札, というお足, というの, という博士, という店, とも少なく, と同様, と米蔵, と酒一升, になったです, になつて, にはねあがっ, にもなる, にも売上げる, に二合八勺, に二文, に五合五勺, に付三升, に付三合五勺, に付二合, に付二合五勺, に付四合, に付四合九勺, に値上げ, に当たり, に急騰, に換算, に相当, に至れ, に酒一升, のあご, のお, のビタ銭, の出入, の利息, の勘定, の安, の定, の小, の時, の模造物, の比例, の由, の税, の質, の賽銭, の遺産, の金, の鏡, の雑器, の香奠, はらって, は前, は金, は銭五百文, ばかりくれた, ばかりの金, ばかりの銭, ばかり恵ん, ばかり礼, ばかり紙, ほどになる, ほど仕入れ, または二百文, まで位, もあらん, も余計, も借りたる, も入つ, も出す, も持つ, も無い, も貸す, やったり, や七百文, より安い, をいただきました, をもらった, をパラリ, を七蔵, を争っ, を全部, を擲出, を論ずる, を貰, 乃至一枚百文, 之公事物, 出すの, 出せ手形, 堆く載せ, 多い時, 大どんぶり, 大極上酒代百十六文, 新諸白, 盗っても, 盗んだこと, 貰って, 買って, 高いの

▼ 百万人~ (183, 0.5%)

12 の文学 8 の失業者 6 の数学 3 の一人, の中 2 いること, が襲来, に下らざるなり, のため, の失業, の婦人, の小説, の敵, を越え

1 [133件] あっても, ありと, あります, あるか, かの日本人, かの犠牲者, かの陸軍, からの失業者, から三千万人, から出発, から四百万人, がそろっ, が一千万人, が五月一日, が八時間, が必要, が惨死, が押しかけ, が用いられる, が結集, が聴く, が職, が負傷, ぐらいはいる, ぐらいは死ぬ, その中, その使用人一戸平均二人半, だかが, だったの, ちかいもの, です, という婦人, といえ, といる, とかいう無辜, となく, とも言われ得る, なり, なれども, にたいして千人以上, にたっし, にちかい, にてさらに, になった, になろう, に一人ぐらひは非常, に上つて, に分たなけれ, に及べり, に対して仏教, に対する五千人, に対する食物, に形, に減つて, に読まれる, に足る, のひとたち, のトルコ人住, のファン, のヤーフ, のラマ教徒, の一部分, の世界各地, の人, の人々, の人口, の人民, の人間, の住民, の労働, の労働者, の合唱, の命, の哄笑, の国, の国民, の太陽, の女子人口, の女子人口過剰, の子供, の市民, の幾人, の心, の憎しみ, の戦争未亡人たち, の文盲, の日本, の有産階級, の東京市民, の死傷者, の気にいる, の狂人, の生命, の生涯, の男, の目撃者, の繰返した, の聴取者, の足, の通った, の食欲, の食物, の餓死, の馘首, はお, は人民, は恋愛, ばかりの失業者, ばかりの戦争未亡人, まず三千万人以内, もあった, もおり, もの大人子供, もの失業者, もの死人, もの者, も人, も千万人, も多い, も婦人, も殺された, も近き, をささやか, をすくう, を包容, を改宗, を睨め返した, を越える, 亦各, 合して, 増し都市発展, 多かった, 多くなりました

▼ 百~ (182, 0.5%)

5 であります 4 であること 3 でございます, というやくざ者

2 [12件] が, でありました, です, というやくざ野郎, という奴, といっ, なるもの, の方, は前, は正面, もいよいよ, を見る

1 [143件] から頼まれた, があります, がいた, がお, がおとなしく, がこう, がしきりに, がほとんど, が七兵衛, が代っ, が口走っ, が只今, が向き直る, が大, が差出す, が思いきった, が急, が所望, が早く, が現われる, が石, が米友, が茂太郎, が風, だ, だこれ, だと, で, でしたから, でもなし, で作者, で噂, で後の, という, というならず者, というやくざ野郎そのもの, という名代, という役割, という男, という腕, という野郎, といえ, といったよう, とてもこうして, とてもこの, とてもまた, とても今, とやらいうし, と七兵衛, と名, と宇治山田, と洛北岩倉村, と清澄, と睦まじ, と言っ, ならば, なりに頼むべき, なるならず者, に勤めさせた, に向っ, に書き下した, に生き写し, に相違, のあいた, のよう, の与四郎, の加藤, の口, の声, の声色, の変形, の如きで, の宗清, の室これ, の手, の政右衛門, の日本駄右衛門, の日蓮, の権次, の清正, の清盛, の清盛入道, の網干左母次郎, の胸倉, の身体, の邪推, の重忠, の釣鐘庄兵衛, は, はいささか, はいつのまにか, はおろか, はここ, はこのごろ, はこんな, はそこ, はそれ, はなあんだ, はほくそ笑みし, はまるきり, はむしろ, はもう, はやさしく, はわざとらしく, は今ごろ, は充分, は唐桟, は堂の前, は委細, は急, は木蔭, は未練気, は案内, は洒唖, は無駄話, は田山白雲, は真黒, は空とぼけた, は立ち上っ, は立派, は笠, は脚絆, は茂太郎, は行燈, は見, は身なり, は道中差, もう一丁融通, もこの, もその, もまた, もギョッ, も江戸, や高麗蔵, をし, をひとかたならず, を促し, を前, を地上, を引き立て, を発見, を端, を胆吹山

▼ 百~ (174, 0.5%)

8 一つも 3 して, なって, 一つを 2 ひとつも, まわして, 一ツも, 及んだ, 押かけられない, 聞いて, 處せらる, 説いて, 達して

1 [139件] あまり申候, あまる大小焼夷弾, あまる飼育函, いくらだ, こういう話, こういった, してからが, すぎないの, たらなかった, ださなかったね, ちかい青蛙, ちが, どうして御, なされて, なった, なったこと, なりても, なり九千, なり百二十, なるの, なる頃, なれば, 一つか, 一つくらゐ, 一つぐらいの, 一つそんな, 一つなから, 一つの, 一つは, 一つもしや, 一つ位に, 一つ位の, 一つ見込みが, 一の, 一を, 一人も, 一謬無く, 下らず, 中納言は, 予備軍一万を, 二十匹位する, 似した, 何千何百何十加えれ, 余り候人の, 余ること, 余ると, 余るシンフォニー, 余る成年, 余る源助町無形一刀流, 余る窩人, 余る老幼男女, 充たない小さい, 先頭し, 出さずに, 出して, 勉強するです, 勧めて, 十の, 十を, 半分で, 古橋が, 告げた, 命を, 問い質すと, 垂ん, 増すこと, 壻を, 多く余る, 学んだ, 宛て一, 對し, 己を, 抱かれて, 招致せられ, 捉えられたの, 揃いまする, 明かし母, 是非食え, 武家奉公を, 殖えて, 毒を, 池田信輝の, 減らして, 満たなかったの, 満たぬ人, 炊かせた粥, 物々しく護衛, 當らんと, 白塗立て, 盧植から, 砂糖を, 私語した, 罷業が, 聞いたが, 聞いた所, 聞き後, 至れば, 處す, 處する, 言わせると, 説いた, 説くに, 請うので, 謂つた, 議って, 贈った石燈籠, 赤穂塩なら, 足らず, 足らずしかも, 足らない小, 足らない有様, 足らなかった, 足らぬ一筋町, 足らぬ兵, 足らぬ銭, 足りない銭, 足りぬ中, 足りませぬ, 近いとの, 近いカンタータ, 近い光, 近い土地, 近い大名, 近い大小, 近い屍體, 近い掛小屋, 近い数, 近い負傷兵, 近い部屋, 近かった, 過ぎますまい, 過ぎるという, 達したと, 達しまた, 達する, 酒一升間が, 重ぬる, 附いて, 頼んで

▼ 百~ (157, 0.4%)

17 を踏ん 6 を踏み, を踏む 5 を踏んだ 4 をふん, 詣りを 3 となく, も考へ直し, 踏んで 2 に近い, の中, の熱, を越え, 投じた時, 詣, 踏んでも

1 [92件] あたる, か知らない, くらいにもなっ, くりかえしても, ぐらいのもん, ぐらいの火熱, ぐらいは話しました, けがされよう, たたきて, だ, だから, ですよ, でも千度, でも彼女, で燒, として表現, と無く, と見る, と読まされた, と門前案内, なぞを踏みはじめ, にちかい, になる, にも達する, に一度, に一度ぐらゐである, に上り, のお参り, のミサ, の事, の嘆息, の御利益, の戦, の歩く, の気温, の済む, の湯, の熔岩, の熱度, の猛火, の籤, の線, の足, の道, の鉄, の高温, の高熱, はただ, ひらいたって, ふむ竹ぎれ, まいり, まで上げ, まで踏んだ, もくり返され, もくり返す, もその, もなほ昨日, もね, もまた, も千度, も聞いた, も誓っ, や二百度, をあげ, をあげる, をはじめる, をふみ, をふんだ, を上げ, を上げた, を上げよう, を突破, を越す, を踏みだした, を踏みはじめ, を踏み居る, を踏み直す, を踏むでゐた, を踏んだ帰り, を踏んどる, 出そう, 噛めば, 投じて, 放って, 狙ううち, 詣りだ, 詣りも, 詣を, 踏ましといて, 踏む男, 踏んだの, 近い暑さ

▼ 百五十円~ (148, 0.4%)

3 の金 2 か二百円, だと, だね, でやれる, と五十九歳, の家賃

1 [133件] あります, あれば, あゝ有難い, お酒一合二百円, お銚子二百円, かそれだけ, から二百円, から五百円, から千円, がきめられた, ぐらいしかなく, ぐらいでしょう, ぐらいになる, ぐらいに売れた, ぐらいに負けとこう, この差別, しか貰えない, ずつくれねえ, ずつ仕送り, ずつ送っ, だけ拵えよう, だけ握っ, だという, だなどと, だの五百円, で, であった, である, であるとか, でしょう, です, でその, では, でも高い, でソツクリ, で売られ, で座元, で手, で盆暮, で譲っ, で買い取った, というの, という価格, という破格, といえ, といわれ, とか手切金, とか補助金, とか請求, ときい, とせり上げ, と二百円, と云う, と云った, と五百円, と定めた, と決められた, と男, と発表, と称す, と言, ないし二百円どまり, なら一俵, なりと, にすぎない, になった, になります, になる, にをさめる, に十円, のうち, のお, のお金, のねうち, の乳牛一頭, の人, の使道, の売価, の意味, の月手当, の月給, の札束, の純益金, の紙幣, の間違い, の隠居建築費, の鮎, はある, はどんなに, は手取り, は払わなくっ, は持っ, は無, は越さない, ばかりは必要, ばかりもまい, ばかりを一時, ばかり不足, ばかり借りた, ほどいる, ほどである, ほどになっ, ほど黄いろ, まで, まで奮発, まで漕ぎ付けた, もらったところ, も二百円, も出し, も取った, やそこ, や五百円程度, より下, をわが, を一同, を一文, を何人, を出し, を出した, を支給, を数えた, を百二十人, を貰っ, 乃至二百五十円程度, 但し向う三年間, 入って, 取って, 後に又, 払いて, 持って, 貰えば, 貸すか, 迄ならい

▼ 百~ (145, 0.4%)

3 抽斎に 2 ここへ, 屋敷から, 来て, 来り嫁, 格子外から, 藤堂家に

1 [130件] あたかも好し, ある, あれでは, いったこと, いつのまにか落伍, おぼえて, お待ちし, くっついて, この有様, これも, さしだした小柄, ざぶざぶと桂川を, しきりに憤慨, すっかり拍子抜け, そのまま諸に肩, ためにも, つまり位負け, とこも, とこ買い出しに, どの位親切, ふとこの, また躍起, やって来るよう, やつて, やられた, わかったから, サルで, 一にも, 一の, 一分三秒いくらかぐらい, 一錢と, 一錢十錢が, 三十七歳の, 三十二に, 三十六歳の, 三百だろう, 中に, 乱暴な, 亂暴な, 事なく, 二つの, 二十五の, 五十八歳保が, 五歳の, 井戸側の, 仕えようと, 何げなく, 來て, 六十歳を, 内弟子に, 別に懐中, 十五歳に, 南条力の, 単位の, 危なく体, 取り上げて, 咽喉から, 商業を, 問うと, 四十一の, 四十九の, 四十二の, 四十四の, 地から, 垣根越しに, 変な, 姿を, 家へ, 寂しい生活, 専六を, 尋常の, 小指を, 少しの, 尺を, 山内家を, 平生青眼を以て, 弓箭戟光を, 弘前を, 強いて帰ろう, 復習させる, 心得たもの, 急に, 意を, 手にとって, 才名を, 抽斎の, 攻め向っ, 教えた, 斯様に, 早く本丸, 書状を, 本丸に, 来なくては, 来ること, 来る間, 歎息した, 此の, 烏森の, 無けなし, 煎じて, 狐に, 玄関の, 玄關の, 甞める, 男装した, 町内の, 盗ったよう, 相変らず, 真っ先に, 立ち迷ったと, 老尼, 耳から, 臨書だけは, 自らこれに, 自ら句読を, 藤堂家から, 藤堂家を, 蜿蜒と, 衣類や, 見当外れで, 話した, 調停に, 近衛予楽院の, 酒を, 銭を, 鍛冶橋内の, 長めで, 陣し, 雨戸を, 餓死に

▼ 百~ (143, 0.4%)

4 率いて 3 さずけて, して, ひきいて 2 つれて, ひきつれて, ひッ, 割いて, 害するの

1 [120件] あずけて, あまして, かぞえられた, きかされ嚇, こえて, さずけ機, した時, すぐって, それに, つれ途中, ところの, ひいて, ひきつれ即日, ひきつれ率先, まとめ大江山, みくびりっこなし, 一しょに, 一分二秒ぐらいで, 三度目に, 上陸させ, 与えられた, 乗せ鎌倉, 二つに, 二手に, 併せて, 供につれて, 出しその他, 出し兼ねたもの, 分けて, 加えても, 加勢に, 十九分七秒で, 十歳の, 受けしなるべし然, 叩き出すもの, 叱りも, 叱咤し, 各, 向け宇治川, 呼出して, 啻抽斎の, 四分四十三秒ぐらいで, 埋伏させ, 大いにむずがゆ, 奉じて, 奢る, 姉と, 始として, 娶ってから, 娶らんとして, 家に, 密集させ, 尊崇する, 左右に, 引繰り返す, 従えて, 従える程度, 得るは, 我家に, 手先として, 択びたるは, 招いて, 拜す, 持つ一流, 持てば, 携え蔓菁, 救うため, 数うる, 数えて, 数えられて, 数える知名, 数え千万, 数ふる, 数へ, 數へ, 新少納言, 朝鮮へ, 棄権した, 欠けたこと, 殺した毒, 求めこれ, 泳がせて, 焼いただけ, 焼失した, 狩りあつめて, 率いいささか, 率いた, 率い小荷駄千二百駄, 率い馳せ来って, 率ゐ, 理解し, 生んだが, 畜い, 相手に, 知つたのも, 立たせて, 答えるといった, 算する, 算へ, 考うる, 袋の, 見る, 見出して, 訪ふ, 説明しきれる, 識って, 識らぬ, 越えた, 越えて, 越えよう, 越える人数, 越したの, 踰える, 迎える, 追いかけて, 道, 長瀬川堤上に, 集め炬, 駕の, 魚鱗に

▼ 百~ (138, 0.4%)

6 の矢 3 の煙草, もある 2 のミクジ竹, の杉, の材木, の腕, の蝋燭, の足, も筍, や二百本, 買って

1 [108件] あるいは数千本用意, あるか, いります, かの大, かの弁当, からの竹藪, から二百二十本, くらいは伐り倒す, くらいを納めた, くらい出した, くれる, ぐらい一度, こしらえて, ずつ大きい, ずつ携えた, ずつ集め, であろうと, でもすく, でも二百本, でも急拵え, でも書きたい, とある, というよう, とか並べ, となく, とも判らぬ, とも知れぬ, とも知れぬだろう, と数, と數, と次ぎ次ぎに, と見, ながら違っ, について幾値, になる, にもなる, に対する重量, のみごと, のウィスク, のウイスキー, のムラサキ, の万年筆, の力漕, の厳重, の吸い殻, の夥しき, の大, の年, の手, の日章旗, の杖, の松明, の桑, の棒, の植え付け, の皺, の石柱, の空中魚雷, の調べ革, の酒, の釘, の針, の鋒, の長柄槍, の長脇差, の革綱, の髪, はただ, ばかりそれから, ばかりの石, ばかりの竹, ばかりの藪柑子, ばかり射かけ, ばかり植ゑた, ばかり買, ほどになつ, ほどの桜, ほどやらなけれ, ほど数える, までの日本映画買つけ, もあった, もあるだろう, もいも, もの力づよい, もの材木, もの百目蝋燭, も出る, も売れる, も森, も立てたい, も買っ, も集まっ, や五百本, よりとかと称し, を一ト搦げ, を寄附, を恃, を自費, を調えさせ, 入って, 入れ煌々, 射る, 持ち帰つたからと, 持って, 植えた, 程もあります, 立てて, 納められて

▼ 百~ (135, 0.4%)

6 の金 5 と云 4 で拂 3 の國庫收入 2 になる, の働, の前借, の宅地

1 [109件] あげよう, あつた, あり一, あれば, あれア可ん, か, からとる, からの借金, から四百圓, かを所有, がせき, が出, が參百圓, しか掛らない, する去年, そのう, たらずの, だけある, だけは出す, だけ送, だつて都合, であつ, である一萬千三百町, ですから, でも出せる, で住み替, で何時, で半年, で地所, で戰爭, で此兩人, で素晴らしい, といふところ, といふ揚り, といふ金, となる, ないと, などといふ馬, なの, なりし品, にて十分, にふえ, にふえた, に通用, に頼まれ, のはした金, のやっ, のコッテエヂ, の三人会, の取引, の周旋, の圓太郎, の地面, の堤防, の家賃, の所, の手金, の支出, の收入, の生活, の稼ぎ, の紙幣, の貨幣, の資本, の通貨, の餘, の香奠, はあ, は一時, は七ヶ月, は僕, は入りませう, は大きい, は必要, ばかりだ, ばかりとなつ, ばかり持つ, ばかり殘つて, ほどになつたの, ほどの借金, ほど借, ほど出させる, ほど取つ, まで我慢, もかか, もかかつた, も渠, も貯め, も貰つて, ゆで釜, よこせの, より七代目圓太郎, をくれ, を入れ, を受取, を受取つて, を改造高, を時價, を無言, を生命保險, を給, を贈らる, を越し, 掛けて, 溜めたあたし, 程盜, 若くは, 貸しては, 送つて

▼ 百~ (133, 0.4%)

7 を隔て 5 ばかり離れた 4 の所, も行かない 3 にし, の彼方, ばかり進んだ 2 であつ, のところ, の外, の間, をゆずっ, を譲っ, を譲る, を進め

1 [88件] あったから, あの樟, あること, いまだ世事, がほどなり, がほどなりと聞きし, ずつ後退, だと, であらう, でない外交機密, では, でもそれ, で一尺, で絶頂, ということ, といふ, ときっちり, とならない, との相違, とも駈けない, なり二百歩, なり歩かね, にある, に大, に至らざる, に足らぬ, の中, の処, の処方, の地, の宙, の才, の楽, の田地, の紋切型, の距離, はなれ, は大変, ばかりにすぎなかった, ばかりの処, ばかりの庭園, ばかりも歩いた, ばかりも行く, ばかり一直線, ばかり前進, ばかり向こう, ばかり引き返す, ばかり往, ばかり歩いた, ばかり行っ, ばかり行った, ばかり隔, へだ, ほどのところ, ほどの所, ほどの沖合, ほども進ん, ほどゆく, ほど先, ほど歩く, ほど近づいた, ほど退いた, ほど退かせた, ほど離れ, ほど駈け出した, もあった, もあつ, も二百歩, も先, も千歩, も彼方, も歩きかけた, も謙っ, をこれ, をへだて, をもって五十歩, を以て五十歩, を仰ぐ, を射る, を精神論者, を進めた, ヲ進メタルモノナリキ, 往かば, 往けば, 忽ち茅葺, 置きかに, 離れて, 駈け下りて

▼ 百~ (129, 0.4%)

4 の土地 3 ばかりの空地, ほどの空地, もある

2 [15件] ぐらいもある, にあまっ, にも足りない, の借地料, の地所ぐるみ手, の地面, の草原, ばかりある, ほどある, ほどな, ほどのひろ, ほどの古池, ほどの空き地, ほどもあった, もあろう

1 [86件] ありて, ある, あるから, あるの, からありました, からある, からござんす, からの廣さ, ぐらいあっ, ぐらいだった, ぐらいの中庭, ぐらいの深い, ぐらいホコラ, である, ですか, でまとめ, で五十円, とかの大, と致しまし, なくて, になっ, になる, にも上ります, にも足らぬ, に亘る, に余る, に区切っ, に及ぶ, に家作, に改め, に算, のところ, の原, の地内, の天井, の普請, の植木, の狐小舎, の空間, はない, は優, は無い, ばかりさ, ばかりの地, ばかりの地所, ばかりの地面, ばかりの広場, ばかりの池, ばかりの畠, ばかりの細長い, ばかりの緑, ばかりは一円, ばかりを木槿垣, ばかり拓かれ, ばかり梅林, ほどあった, ほどな広, ほどの四角い, ほどの地所, ほどの地面, ほどの山芝, ほどの畑, ほどの空壕, ほどは野菜畑, ほどもあらう, ほどもあろう, ほども伸び拡, ほども拡がり, ほども枝葉, ほど地面, もあっ, もあり, や四百坪, を一升蒔, を今度, を加えます, を加えまする, 乃至二百坪, 乃至二百坪トヲ併セテ, 切り開いて, 及び家, 或いは二百四十坪, 程の前庭, 程の東西, 程もひろげられ, 近いど

▼ 百余人~ (122, 0.3%)

3 をつれ 2 となった, の剣士, の多き, の手下, の生命, をひきつれ

1 [107件] あり春秋, かかったところ, から成る, がいのち, がいま上陸中, がつづい, が一体, が八組, が刑場, が平野, が捕えられた, が籠城, が肩, が蓄えられ, が車, が郡内, が陣, しかいなかった, そしてこれら不幸, だ, だけは命, ちゃんとそこ, である, で同国高取, といわれ, とかぞえられ, となつ, とられ野菜作物, と伝えられる, と想像, にすぎなかった, になっ, に上った, に前後, に及ぶ, に対して味方, に謁, に護られ, に追いつく, のあぶれ者, のうち, のお嬢さん, の人員, の仮装行列, の供廻り, の僧, の僧兵部隊, の先頭, の入船者, の兵, の同勢, の堂衆, の士卒, の声, の多人数, の大勢, の大衆, の姿, の定員, の将士, の小勢, の手, の操縦, の武者, の毛利兵, の決死隊, の男女, の番衆, の者, の脱走者, の董荼奴, の蛮卒, の近侍, の部将, の部隊, の醜業婦, の長州兵, の長州藩, の降参者, の集団死, はいる, はおそらく, はまず, はみな舟暈い, は倉兼川, は出家, は殲滅, は無事, は犬射, は都, また吉良, も出家, をあわせ, をかぞうる, をひきい, を加担人, を城中, を殉葬, を率い, を続, を遠巻き, を選ん, を陸奥国伊治城, 常に参籠, 撃たれて, 残らず一つ邸, 誅せら

▼ 百~ (122, 0.3%)

74 はじっと 3 の前, の顔 2 の眼, はこう, は左手, は手, は片, は紙, は自分

1 [91件] か, から反, が京, が何, が前, が四ツ本, が墨, が廊下, が手, が払った, が抜, が歩きかける, が現れた, が立, が立っ, が襖, が赤い, が返事, が馬上, という名, とお, とか申される, として気, とて片手落, と愛欲, と綱手, と自分, と逢った, に命じた, に女, に悪い, に見せたく, に逢う, のいい, のクレーテー, の同情, の差出した, の微笑, の忍び姿, の戻っ, の手, の脚, の言葉, の身体, の躱す, の頼もし, は, はいつ, はこの, はちらっと, は俯向, は坐っ, は大人気, は女二人, は小太郎, は床の間, は床柱, は微笑, は思いがけぬ, は恥, は懐中, は手荒く, は旅姿, は書き終っ, は最後, は立, は聞き, は腕組, は薩摩飛白, は言葉, は足, は足早, は障子, は鞘ぐるみ, は頷いた, は顔, は黙っ, もすすめる, も可愛かろ, も暫く, も鳥目, を, を一太刀, を信じ, を正面, を牧, を睨みつけ, を見, を見た, を連れ, 困ったこと

▼ 百合子~ (112, 0.3%)

4 の手, 来る 2 が書いた, と相, の影

1 [98件] から店, が, があの, がこの, がまた, が一人留守番, が云, が何, が左, が教, が熱射病, が現れるだらう, が生活, が白状, が素晴, が見舞, が読ん, が誰, が踊っ, ぐらいであった, だつた, で, で華美, とともに暮した, と一緒, などの方, にあて, にかけて永久, には無駄, にも決して, に対して涯, に気づかれなかつた, に笑, に紹介, に遇い, に食べさせ, の, のため, の五体, の入籍手続, の動作, の声, の姿, の実家, の家, の小, の幻像, の復命, の愛称, の手紙, の死体, の気色, の気転, の特徴, の結婚, の臥したる, の芸, の言葉, の許, の部屋ぢ, はとても, はキヤツプ, はソヴェト同盟, は一体, は不, は凝, は声, は夕やけ, は夕暮時, は姉さん, は思ひ出したら, は急, は気づい, は画家, は笑, は網, は象牙, は足許, は靴, へ, へともつかず, も婦警, やローラ, をつれ, を中心, を保護, を同時に, を廊下, を此処, を残し, を相手, を見た, を見つけ出す, を訪れる, を誘つて, を負, を責める, を追

▼ 百万石~ (105, 0.3%)

5 のお, の御 4 の殿様 3 の城下, の大 2 じゃ, の加賀守, の城下町, の大名, の将軍家

1 [75件] おひざもと, かの田地, から呼びだし, から那賀, が自慢, が金無垢, だろうと, だ殿様, でも買われない, で御座ったのう, で間, という大量, という米, なりを人, になれ, には請合いなる, にも代えられん, に近い, のあの, のおつむ, のお膝下, のご, のやう, の主, の主君, の伊達武士, の光琳雛, の前田家, の力, の加賀, の加賀様, の勢力, の収穫, の台所, の名, の名物, の大名衆, の大名行列, の大納言, の大藩, の天下取り, の奥女中, の奥方, の威勢, の寺格, の御用商人, の御用染め屋, の昔, の知行, の聘, の藩士, の雄藩, の領地, は今日, は坊主丸儲け, もあり, も剣菱, も有り, や十万石, より宇都宮十八万石, をうち, をかさ, をのけ反らした, を没収, を禄高, を積まれ, を賜わっ, を超え, を越える, を領する, 御威光, 御威光そのもの, 御威勢, 御寵愛, 必ずしも大

▼ 百年間~ (102, 0.3%)

5 の歴史 3 の変遷 2 この事, に於ける, に日本, の, 空しく瓦礫, 老いる事

1 [82件] ぐらいの短期間, ずッ, その怨霊, その風格, ついぞ安定, というもの, といふもの, において欧州, におけるイギリス, にこの, にたつた, にだってそんなに, にも夥しい, にわたって王朝, にわたって蒐集, に三日, に二〇七, に亘っ, に亙る, に人口, に何回, に僅か, に儒教, に六つ, に出, に山頂近く, に發生, に複雑, に跨つ, のその, のハンデキヤツプ, のヨーロッパ, の中期頃, の人, の人口増加, の人文, の人間, の出来事, の因縁, の封建日本, の常, の文芸, の眠, の眠り, の秘密, の空白, の經濟機構, の繁文縟礼, の衆生, の計画, の長い, はその後, はそれほど, は一般性, は大体, は我が, は支那, は猶, は続いた, まずこれ, もあった, もこの, も使われた, も戦乱, も泳ぎ続け, も行われた, も閉じこめられ, をはたして, を失意, を平安朝, ノ半, 全国民, 寝る瀬, 尽く揃っ, 押し付けられ小さく, 概して言, 眠った黄金, 眠り続けた後, 築き上げたる文明, 続いただけ, 行われなかったの, 送つて來

▼ 百パーセント~ (98, 0.3%)

3 に利用, の媚, は間違い 2 だと, に, に都合, の安全率, の犠牲

1 [79件] か四百パーセント, が足先, そのままの, その代り, それでさ, だつた, だね, であった, である, であること, であるべきだが, です, といいたい, というところ, という特選爆弾, として聞い, なの, なんという, にその, につかう, になる, に上げる, に人間らし, に充す, に占領, に印銘, に夢中遊行者特有, に正確, に死んだ, に活用, に満足, に発揮, に的中, に確定的, に見込み, に身構え, に重なり合っ, に阻止, に階級的利益, の, のアルコール, の世界, の人物, の働き, の共産主義者, の利用, の剰余価値, の効果, の印象, の危険, の売女, の好意, の実効, の成功, の技術, の満腹, の生活, の瞳, の砲弾, の確信, の税, の讃辭, の金魚, の闇値段, の風刺, の骨, の魅惑そのもの, まちがって, まで引っかかっ, まで調和, も, 但しノンチツプ, 勝つという, 受けて, 受ける, 喜ぶ傾向, 正しくって, 死ぬなんて, 負けた

▼ 百~ (98, 0.3%)

4 をひきい 2 であった, の中, の供, の兵, ばかりで, ばかりを以て天界橋

1 [82件] あったもの, あまりと, ある, いちどに水, が到着, が悉く, が木の間木の間, が横, ぐらいしか見えなかった, ぐらいだ, ぐらいな敵, しかし再起, しか余し, ずつその間, たらずの, だ, だけは使者, だけを従え, で十万騎, で奉迎, で後陣, で秀吉, というふう, という荒武者, とか, となっ, ともある, と共に駐, に, にすぎず, にて取って返し, にも向い申す, にも見えよう, に突破, に討ちなされ, に足らなかった, のうち, の侍, の侍大将, の宇都宮勢, の小勢, の敵陣, はあった, はいた, はこれ, は例, は逃げる, ばかりにて吉川元春, ばかりに見ゆる, ばかり引い, ばかり見る, ひたすら山, ほどが夕陽, ほどな, ほどに過ぎなかった, ほどの味方, ほどの従者, ほどは息, ほどをさずけ, ほどをつれ, ほどを連れ, ほど守護, ほど連れ, また五百騎, もお供, もて十余戦, をあるくぼ, をこえ, をさずけた, をすべてここ, をつけ, をつれ, をつれた, をひきつれ, をもっ, をもつ, を後陣, を従え, を提げ, を率い, を連れ, 来るとも

▼ 百フラン~ (93, 0.3%)

4 もする 3 の紙幣 2 の罰金, 送って

1 [82件] あげる, いただきたいん, お渡し, かかるの, かした, くらいのはした金, ぐらいで, ぐらいにはなるでしょう, しか借料, しか持つ, せしめて, そしてまたルイ王, だけで暮らし, だけになそう, だけを自分, だった, でも持っ, で償われた, で大事, で置い, で買い取り, で買う, というの, という具合, といふ相場, とか何千フラン, とが室, として現今, となに, と三月, と千フラン, と商用, なるほど結構, になる, にはなり, にはなる, に当る, に旦那, のこと, のテーブル, の上, の借り, の古い, の増加, の多少, の定収入, の定期納金, の工事, の終身年金, の覚え書き, の貨幣, の賞金, はきまって, はする, は真実, ばかりある, ばかりお, ばかりの債務, ほどの借り, まづ, もあれ, もかかる, もくれ, もの借り, も御座いましたら, も払わなけれ, を働き出す, を千フラン, を得た, を持っ, を見せた, を費した, を返そう, 儲かった, 儲けたと, 出したところ, 受け取って, 払おうと, 払って, 持って, 送るよう, 遣るから

▼ 百~ (90, 0.3%)

5 のもの 2 ぐらいのもの, のたい, の中鯛, ばかりの石, もある

1 [75件] あまりになる, あるかなし, あるかを, あれば, いくら位する, から一貫五, から一貫匁, から一貫目前後, から二貫五百匁, から二貫目, から二貫目前後, から六, から四, から尺七八寸, がき, がとこ, が五貫文, が六貫文, が歯力, が足りなくなる, くらいが上乗, くらいずつ竹, くらいのいわな, くらいのすずき, くらいのもの, くらいの二歳, ぐらいずつ買っ, ぐらいの体, ぐらいまでのもの, しか扛げ, しか甘藷, だから, だけ届け, だつたか, ちかく太っ, でもいい, で三十七銭, というところ, とかあっ, とする, とすれ, とまぜる, とイワシ, に育った, に近い, のところ, のまだ, の大物, の物, の荷物, の野がん, の魚肉, はあるであろう, ばかり減っ, ばかり目方, ほどあります, ほどに育った, ほどの包み, ほどの大き, ほど買, まで売っ, もあったろう, もあり, より大きい, を五分間, を最大, を超える, 割る十匁, 大きいの, 掘れば, 程都合一貫五百十四匁, 買った, 近いもの, 近い大きな, 運ばないと

▼ 百十日~ (89, 0.3%)

4 の風 3 の前日, の嵐 2 のなし崩し, の前, の厄日, の大, の辻

1 [69件] かも知れない, からこの, から二十日, から二百二十日ころ, から廿日, が, がひと, が來, が来る, が翌日, が襲, が近い, が近く, が近づい, が近づいた, そして関東震災記念日, だ, だったから, だつた, だもの, だよ, つひに, です, でふっとん, でも近づいた, で来た, で走り, という厄日, と二度, と云, と大雨, と言, なの, には上海辺, に当る, に颱風, のあと, のころ, の先ぶれ, の夜, の明る, の暴風, の朝, の海, の由, の翌日, の荒れ, の落水, の蒸暑い, の雨, の雨風, の頃, の風雨, の颱風, の鴉, はたしか, は案外, は無事, もおなじ, もかうし, もかかります, もすでに, も岬, も意味, も来ない, も節分, や八朔, を眼, 近づきたるにや

▼ 百~ (87, 0.2%)

5 は夙く, を越えた, を過ぎ 3 の声 2 の印税, の聲

1 [65件] かは日本, がよい, が完成, が瞬く, くらいで, ぐらいだったでしょう, しか売れなかった, ずつ版, だけは刷り上げ, だけは読ん, だけを印刷, だけ拵え, だけ贈呈, では, でも十分, で以後五百部, で断念, といえ, となっ, と第, なりのもの, なり百部, にきめた, に切り刻ん, の出版, の小, の小説, の小説本, の書, の限定版, の雑誌, はうれました, は世間, ばかりで, ばかりも賣れた, ばかり得た, ほどしか刷らなかつた, ほど刷り上り, ほど印刷, ほど売れ, ほど市場, ほど残りたる, ほど私版本, まで行, もあまり, も二百部, も仕上げね, も刷, も持っ, も畳まぬ, も賣れなかつた, を一版, を刷り, を調製, を限った, を限り, を限る, 乃至五百部, 出た, 刷って, 売れたら日本, 売れば, 売れるなら収支, 残った, 畳むと

▼ 百分の一~ (85, 0.2%)

2 にも足りない, の短, よりも小さい

1 [79件] かに過ぎない, か縮小, が時に, くらいが用いられる, くらいの目方, くらい空気, くれたらいい, ぐらいの悪, ぐらいまで読み, しか黴菌, だけが最も, だも, である, であること, でも, でもそれ, でも千分の一, でも口, でも知ったら, でも身, とかいう程度, とか二, と考へ, なる八十余方里, にあたる五百万円, になっ, になり, にもあたらない, にもたらぬ, にもならない, にも届かなかった, にも当らない, にも当らないで, にも当らぬ, にも足らぬ, にも過ぎない, に当る, に当るでしょう, に短縮, に答える, に縮める, に負けろ, に足らぬ, に過ぎない, の価値, の天賦, の思い, の成果, の手, の税銀, の緊張, の美, の苦労, はおろか, ほどで, ほどの家屋敷財産, もうたえない, もしてやられない, も仕遂げる, も使わぬ, も利用, も功, も名前, も圓朝, も想起, も神, も美しく, も表現, も読まず, も農業, も達せさせない, よりない, より千分の一, をも償う, をも占領, を五十年, を授かり, を醵出, 乃至二粍

▼ 百~ (82, 0.2%)

4 の死骸 3 の死 2 はそれ

1 [73件] いまいましそう, があの, がまた, がブラ下, が三年, が手, が梅, が自分, が駈け, それだけの, だけで, であつ, である, でしたが, です, でなければ, といい, というの, というよう, という男, とにかけてすぐ, とを疑う, と久米一, と先代, と四郎兵衛, と山目付, と若党, と鈴木さん, に扱帶, のところ, のやつ, の冴えた, の後ろ, の方, の横丁, の横戀慕, の死に, の殺された, の腰, の首, の首筋, はお, はおそらく, はその, はなさんざん, は不服, は云った, は何ん, は元, は嚇ッ, は後難, は必死, は梅, は無論, は熊, は癪, は白河口, は私, は自分, は虫酸, まさかいたずらごと, まだ四十臺, も殺した, も腹立ちまぎれ, をここ, を引き戻そう, を斃, を締め殺した, を足蹴, を蹴落した, 一歳, 横丁別に, 自身を

▼ 百八町~ (80, 0.2%)

2 にはその, のうち, のべたらにね, の人気, を支配

1 [70件] あるん, から成る, がこぞってどっと, がご, がたった, が只, とすれ, と言つて, なら上, において竹光, にかくれ, につづい, にはびこれ, にも二人, にバラ, に加え, に名, に大, に家, に散らばる, に消え, に起つた, に起る, に鳴らした, ね, のどこ, のべたら, のべたらといったまで, のべたらに, の人, の人々, の人民, の八百屋, の名折れ, の埃, の大, の家, の寺, の御用, の恐怖, の潮, の無韻, の男女, の町, の繁昌, の老若男女, の落武者狩, の隅々, の雑音, は二寸厚み, は今, は広い, は真, は花, へひろがっ, へ飛火, をあばれ歩い, をあばれ歩く, を叩い, を引っ繰り返し, を押しつけ, を横ぎろうと, を毎日風, を流し歩いた, を火, を真っ白, を股, を荒しまわった, を訪れつくし, を足

▼ 百年後~ (80, 0.2%)

12 の今日 3 の世界, の今 2 であるかも, となっ, のこと, の文禄, の日本

1 [52件] かね千年後, であろうと, でなければ, でも千年後, にこの世, にどうして, には天下, には東京平和, には誰, にも旧, にトーマス・マツケラー, に出現, に延びる, に於, に生, に生き, に私, に至り, に読む, に起った, の○○村, のわれわれ, の事, の人, の今日只今, の元, の光景, の其の, の北宋, の十二世紀, の南宋時代, の大正, の奈良朝, の子孫, の孝成帝時代, の心配, の我ら, の政治地図, の新, の日本武尊, の東京, の民俗学者, の生理学, の社会, の米国, の精神物理学者, はおろか, は三百年四百年後, は四百年五百年後, まで形, 少クモ二億四五千萬人, 或いは千年後

▼ 百年来~ (80, 0.2%)

3 の徳川 2 の伝統, の弊習, の江戸, の習慣, 手広く取引

1 [67件] あったの, いかばかりの, いつも活火山, この山国, この社, ころがって, ささえて, その常識, どんな国家, のこの, のこんた, のよき, のわが家, の主人, の古い, の古巣, の否三千年来, の変化, の変遷, の大藪, の宝探し, の家, の島津家, の建物, の役者似顔絵並, の御, の徳川政権, の悪, の悪政, の所蔵, の方法, の昔, の暑, の武家政治, の江戸趣味, の沖縄, の泰平, の独自, の狸, の由緒, の発達, の皇恩, の神歌, の秘密, の秘密窯, の系図, の習俗, の蔦衣, の記録, の貧乏ぐらし, の通商, の道徳教育, の鎖国, はじめて行われた, も武事, わが国体, 事欠かなん, 住み慣れた墳墓, 全然子, 同じ鯨音, 培われた親子, 未だ曾, 淀んだ空気, 秘められた財宝, 諸藩, 諸蛮, 鍛えられて

▼ 百~ (80, 0.2%)

2 に近い, を中間, を承奉, を提供, を積まなけれ, 積んでも

1 [68件] お恵み, ずつの金, そのあと, で一俗人, で何, で手放し, というお, という小判, という高慢税, といふ高慢税, と云う, と称され, と称せられ, などというの, にても用意, にて買い入れ, にもなり, にも向う, にも当り, にも達する, に代えられた, に値する, に売れよう, に売れる, に買, に買いたる, のお宝, のもの, の価, の出來, の大枚, の手当, の盛装, の金, はついに, は尋常一様, は式部, ほどご, ほどを包ん, まだな, をあたえ, を七郎, を以て建, を包ん, を取らせる, を可立, を吝し, を唱, を尊者, を差し出す, を得まく, を抛たる, を支出, を散じた, を有する, を盗み取っ, を要す, を調達, を費す, を迷信, 受取って, 届いて, 戴き首, 現に三百金, 程あります, 貰おうじゃ, 返辨, 集まったので

▼ 百という~ (78, 0.2%)

3 水晶の 2 数の, 金色の

1 [71件] お辞儀に, こっちゃないぜ, ことは, この独立, すじを, ねずみが, のが, もんで, やくざ者の, やくざ野郎が, やくざ野郎である, カブトムシが, ガラスを, サイレンが, タコ入道が, ヒツジの, 一つ一つの, 一寸ばかりの, 下っ引, 乾児が, 人たちの, 人数である, 人猿どもが, 人間が, 位だ, 名の, 大役を, 官私大学卒業生が, 家の子郎党は, 小さな太った, 小紙片, 市民が, 影を, 役者が, 御同勢, 愉快な, 戦死者とを, 数で, 数字を, 朱欒を, 死骸がのう, 火星人に, 烏が, 無数の, 牛の, 特許を, 男は, 登山客が, 百姓が, 眼とを, 石曳き, 種類が, 種類で, 紙鳶が, 細い草, 表題の, 見当だ, 見物人が, 見知越し, 論文が, 部屋が, 野次馬が, 野象に, 野郎が, 針葉を, 鍵が, 雑兵が, 風に, 飛行機が, 飢死が, 魚が

▼ 百~ (78, 0.2%)

3 の機械, の言 2 に上るであろう, のもの, の機關

1 [66件] あった, あったところ, ある, あるうち, あるそう, あるの, あるを, くらいの仕掛花火, くらい現れ, ぐらいあります, ぐらいもまじっ, こしらえたか, であろう, で展覽會, とあります, という位, と名, にあまる, にさ, にさえ及ぶであろう, になり, にも上る, に上る, に近い, に過ぎん, に露小袖, のうち, の一冊, の上, の中, の出版元, の勿, の壱号, の多き, の夢, の挿絵, の新聞雑誌, の新聞雜誌, の末頃, の樹木, の物語, の異なる, の編輯上, の花, の薬, の蘭, の野花, の食物, の香料, の魚, ばかりかいた, ばかりの結晶, ほど, ほどつん, ほど借り, もあつ, も前菜, も数千種, も集め, や二百種, を作つた, を採れる, を携, 新述, 程ある, 第五卷

▼ 百~ (76, 0.2%)

11 二百の 4 三百の, 五百の, 六百の, 千の 3 二百は 2 三百は, 二百じゃ, 十の, 千では, 四百の, 店も, 弐百の

1 [32件] が露店, ずいぶんおまえ, そこらは, だそれ何, だって, とトーフ, への使い, へは高村光太郎先生, ザル十ヶの, 一貫は, 一貫費ひ込ん, 三百持っ, 三百通っ, 二百で, 二百やの, 二百四五十あっ, 五十に, 五百は, 五百アツと, 八百は, 六百という, 六百ねえ, 六百は, 六百石の, 千あ, 千は, 千または, 千両の, 半兵衛が, 四百で, 米友の, 魚や

▼ 百五十人~ (75, 0.2%)

4 及び許多 2 の係員, の新入生

1 [67件] ありて, あります, いやもっと, からの人間, からの子供, からの死罪, からの職員, から二百人, がみんな, がやや, が守備, くらいの学校, くらいの学生, ぐらい不足, ずつ入れる, だ, であった, である, で包囲, で私, という新, とか三百人, とか二百人, とサバ, と積, ないし三百人, に上った, に余る, に近かろ, のみと云, のトルコ, の一隊, の中, の人, の人間, の備え, の兵士, の刑事探偵, の列席, の寡兵, の審判員, の建築師たち, の探検隊, の死人, の治療看護婦, の負傷者, は少なくとも, は榊原康政, ばかりなら, ばかりの人, ばかりの兵, ばかりの蕃人, への一度分, ほどの人, ほどの半, ほどの者, ほどを特に, までその, までは確か, もいた, もの名, も来たろう, をいるるべき, をのこし, を三組, を入れる, を百人

▼ 百~ (75, 0.2%)

2 の大石, の恩地, の石, の禄, の金, 近い唐櫃, 近い重さ

1 [61件] からの重荷, から数百貫, くらい毎年, するもん, ずつ運ん, だけ苦悩, であったが, でよい, で度, というの, という方, という無数, という計算, という諺, という鉄, とでもいっ, とでもいわれた, にて女, に取り立て, のよう, の大, の恩賞, の杖, の熊, の獅子, の知行, の禄地, の荷, の虎, の貫禄, の鉄, の鉄棒, の鞍, の領, の高値, の高禄, はあつ, ほどもある, ほど不足, まで歩い, もある, も入る, も入れる, やそこら, をいただい, を与えよう, を出し, を出しました, を剰, を引物, を越え, を車, を銭, を領す, ヲ呼ブモアリ, 時に千貫, 見つけて, 賣つたさうだ何處其處, 近いその, 近い石, 近からう

▼ 百合さん~ (74, 0.2%)

2 とお, に頼ん, の方, の毛糸, の眼, の肩, の話, はどんな, は私

1 [56件] かうして, からの手紙, かローラ, がおま, がかはいさうだ, が二階, が傍, が朝十一時頃来, その時, たとへ, だ, だけが相, で歌, とはたつた, とは同じ, と海, と過す, どうかあなた, にこつ, にそれ, に倚, に度々, に托し, に訊く, に読ん, の, の万年筆, の傍, の勧め, の告げた, の好き, の姿, の居る, の後, の手, の手紙, の機嫌, の滑走, の眸, の脚, の響き, はお, はおま, はひとり, はひどい, はもう, は別, は本, は氣分, は無事, は紙, は貴様, もう左樣, も力, をしつこく, をひどく可愛らしい

▼ 百~ (73, 0.2%)

3 となく 2 も繰り返し, 来ても

1 [66件] あったとして, かう言, かわからない, くらいにも達した, ぐらいになる, ぐらいまでには一応, しかも毎回, した所, するの, ずつコンポ河, ちかい引越し, です, で三万五千法, で三百五十万法, と, という記録, とか百二十回, とした, となる, とはもたなかった, と繰り返し, なるを, にちかい, にもなる, にも及び, に及び, に同君, のスコップ, の会食, の余震, の地震, の契約, の宴会, の強意見, の改竄, の独唱会, の説諭, はおっしゃっ, は回転, は清, ほどもおじぎ, ほども頭, ほど釜, まわれば, もそれ, も乗り, も二百回, も人中, も地震, も対した, も演ぜられる, も百五十回, も神田邸, も続く, も走らせられる, も通いなれた, をかぞえる, をこえた, を重ね, 出るよう, 噛むこと, 書いても, 書けば, 考えても, 聴いたという, 違うの

▼ 百五十年~ (69, 0.2%)

3 の間, ほど前, も前 2 の昔, も以前, を隔てた

1 [54件] か, かはた, くらいは経っ, ぐらいになります, さきんじフランス, であります, である, であるこの, です, と言っ, なり貴重, にし, にはじまる, にわたった, にロンドン, に亙, に或, に當, に至り, に近い, の久しき, の伝統, の初め, の大, の奈良時代, の年月, の後, の恩, の木, の栄華, の武家機構, の歳月, の治世, の祝賀, の立後れ, の耐久力, ばかり前, ばかり飛ん, ほどあと, ほどの昔, ほど以前, ほど昔, もさき, もたつ, も生き, も經, も続き, より起つ, を経た, を要する, を記念, 御神祭, 生きつづけないところ, 程の間

▼ 百五十石~ (69, 0.2%)

5 の旗本 4 取の 2 でげす, を取った, を食んだ

1 [54件] お取りなさる, から六十四万石, か取, では, で旗本, で藤枝, で鉄砲組三十挺, とか聞いた, とはばか, と唱え, と船一艘, なんてえな, になつ, に加増, に召し出された, に嫁入, に御, に新た, のお, のお家, の中納言様, の側詰, の公卿, の小普請組, の小身, の山岡, の扶持, の政義, の旗本杉浦中務, の武家ぢ, の武家屋敷, の當主多良井藏人, の縁組, の藤堂和泉守高猷, の馬廻格, の高祿, の高禄, はぶり, は最高, ほどの家柄, も木葉微塵, や百八十石, を喰ん, を給わった, を頂戴, を食みました, を食ん, 取った深見, 取って, 取て, 取に, 御馬廻り, 新恩, 賜わり候者

▼ 百円札~ (68, 0.2%)

5 を一枚 3 を二枚, を出し 2 の束, をもっ, を五枚, を何枚

1 [49件] か知つて, が一枚, が一枚下, が三枚バラ, が二枚, が入っ, が十束, が単位, が大変, が届いた, が幾枚, が広告, で, であったり, でね, でタクサン, で一万円白紙, で三千円, で八割, で四枚, で山頭火, で百二十万, と銀貨, なの, なんかみせびらかす, に化けちゃうでしょう, に未練, の二, の五六枚, の土用干, の札束, ほど重み, をたくさん, をだした, を一枚紙, を二十枚, を出した, を十字, を念入り, を惜し, を手, を投りこ, を横合, を突っこん, を細かく, を置い, を見せつける, を重ね, 出して

▼ 百~ (66, 0.2%)

8 の兵 2 に及んだ, の手兵

1 [54件] あった, が城内, というの, という兵数, と共に物々しい, と四つ, にすぎなかった, に及ん, に幡, に過ぎなかった, の人々, の人命, の代議士, の兵馬, の各種トリック, の味方, の命, の大砲, の室数, の山車, の州, の手勢, の提灯, の敵, の方々, の旗指物, の有為, の死体, の猿股, の生命, の県, の眸, の聴衆, の艦艇, の論文, の郷兵, の門弟, の関門兵, の頭数, はただ, も損じ, をし, をつれ, をひっさげ, をもっ, を各, を城内, を失った, を実検, を従え, を数えた, を数えられた, を率, 忽ち討たれ

▼ 百~ (66, 0.2%)

4 の金子 2 から一貫目, が三ぼん

1 [58件] あるならば, あるなら玉子, あるん, かかります, かかる鳥, が二十銭, さ, しかない, ずつ体量, ずつ増える, でございました, です, では, で何人前, といいます, というよう, とみなされば, ないし一貫目, なら上等ザラメ, になりぬ, に下り, に相応, に落ちた, に達する, のもの, のルックサック, の体, の体量, の品, の綿, の金, の金子慥, の釜, の鉄砲, の鳥, の鶏, の黒ダイ, はたしかに, はわかつ, ばかりしか不足, ばかり買っ, へつて, ほどの銀, ほどの雄鶏, ほど増し, まで云う, もあらう, もある, もあれ, も増, より少なく, を超え, 入れて, 振かけて, 買うて, 買ったし, 買ったとか, 長さ五尺二寸

▼ 百キロ~ (65, 0.2%)

3 の距離 2 の大, の快, の海上, の速力, の電気会社

1 [52件] ある分銅, かずっと, くらいのところ, ぐらいです, ぐらいな, ぐらいの大, ぐらい宇宙, しかで, だ, である, です, ですか, でまっすぐ, で動い, で航続距離, で飛ん, というおも, というところ, という近, ないし四百キロ, にある, に余る, に及ぶ, のあいだ, のかなた, のところ, のなら, のリンガイエン湾, の地点, の小笠原諸島, の平地, の方面, の暖かい, の棚, の沖, の波濤, の爆弾, の目盛, の空, の速度, の高空, はある, ばかりの海上, ばかり間, ほどいった, ほど離れた, もある, も離れた, をだしうる, を歩ん, を突破, 翔んで

▼ 百~ (63, 0.2%)

2 と一緒, の話

1 [59件] から右, から言問, があり, がお松殺し, が三輪, が可哀相, が変, が手當, が灯籠流し, が無実, が縛られた, が自分, じゃあるまい, だけこれ, です, でその, で催した, という上等, とお, とお松, と小僧, にかかる, に催した, に新, に相違, のやう, の一徹, の両, の外, の奥座敷, の娘, の渋紙色, の眼, の純情, の許される, は, はお松, はそう, は何, は平次, は心, は毎晩小屋, は真, は縮こまっ, は萬筋, は見世物小屋, は門口, へ午後四時, へ晩餐, もたいがい, も両国, も八軒町, をどこ, を下手人, を先, を取, を取つ, を縛った, 殊に水神

▼ 百花園~ (63, 0.2%)

2 にゆく, に一休み, に遊ぶ, へ行っ

1 [55件] あり, かと門内, から堀切, で休む, で見た, とあんまり, という事, と昔, と染抜いた, などの名, などへ行っ, にあつ, にある, には秋草, には花, に休み木母寺, に憩, に立ち寄, に紫, に行く, に行っ, に行った, に遊ん, のお, の主人, の佐原平兵衛君, の創業者佐原菊塢, の床几, の春色, の末枯れた, の秋草, の秋草見物, の荒廃, の萩, はまだずっと, は世人, は尚, は梅, は白鬚神社, へと赴きぬ, への道, への道札, へま, へ乗込んだ, へ行く, へ行け, へ行こう, も大した, も遠く, や入金, を出た, を多賀屋敷址, を訪う, を逍遙, を遁げ

▼ 百本杭~ (62, 0.2%)

2 から揚つた, は, は大川, へ散歩, や永代, を覚え

1 [50件] から吾妻橋, から揚つたこと, から揚つたの, から揚つた死骸, から淺, で, で上, で揚がつた, で見付, といつ, といひ, とかこんな, とはいふ, と代地, にあ, には鯉, に女, に引つ, に引掛つて, に殘つた八五郎, に浮い, に浮いた, に鯉, のところ, の下浅草側, の側, の向う, の方, の柵, の死骸, の河岸, の浅い, の角, の辺, の近く, の釘, はつまらない, は人, は抜き去られ, は河水, は渡船場, へ投, へ死骸, へ行, へ行き着いた, へ飛ん, まで手, もあつ, より石原, を望む

▼ 百~ (62, 0.2%)

4 捕って 2 とある, の子供, の年, の馬, も二百疋

1 [48件] あるです, かのご, かみつぶしながら, からの青虫, がいか, ことごとく死んだ, ずつというの, でこれ, ですねえ, で中, で全部, で肴, とつて, とも知れず, と千疋, と種々, ないし二百疋, の, の中, の収入, の年貢, の折紙持参, の時代, の猴, の礼, の群, は立処, ばかりある, ばかりの百舌, ばかりみんな, ばかり来た, ばかり東北, もきちんと, もノソノソ, も一, も三百疋, も出します, も残らず, も殺し, も荷馬, も谷間, を土産, を布施, を賜, を賜わった, を贈っ, 捉えたの, 遣る

▼ 百~ (58, 0.2%)

4 の本 2 かそこら

1 [52件] あって, あるの, かが必要, からの長篇, から三百頁, から百五十頁一冊, かを空しく, がんばれると, が勉強, ぐらいまで成功, ちかくの, で三十五銭, にも印刷, にも足りない, にわたる日記, に余る, に及ぶ, に満たぬ, に相, に近い, の, のあの, のところあたり, のスピード, のノート, の大冊, の大団円, の小説集, の書物, の最後, の本約, の重い, の雑誌, の雰囲気, ばかり読んだ, ほどある, までの本, むさぼれますし, もあっ, もある読み, もの本, もよんだ, も校正, を占める, を少し, を満, を読む, 程だ, 程のうすい, 読むと, 讀んで, 近きもの

▼ 百人一首~ (57, 0.2%)

5 の歌 3 にある, に出, の絵 2 にあれ, の, のいろんな, のこと, の中

1 [33件] から例, が始まった, だけがお, ってセリフ, でも有名, でも見とうござんす, で人, というの, というよう, には, にも選ばれた, によつて命名, に十種, に書い, に萬葉歌人, に載っ, に選ばれた, のお姫様たち, のとこ, のカルタ會, の一人, の取り, の如き, の定家卿, の挿画, の歌留多, の絵札, の綴ぢ本, の表紙, の額, を一首宛, を暗誦, を読む

▼ 百五十両~ (56, 0.2%)

5 の金 2 といえ, と云う, を給

1 [45件] お払いくだされたく, からとなる, か二百両, がこの, が小笠原石見守, くれて, その残り, だと, であつ, である, でその, という額, とまとまります, とを胴巻, ならば, にし, にねがいました, に売り込め, に売り込もう, に棒, のとり, の一割, の件, の借り, の台, の用金, の買い物, の質, はわたし, は右, は高く, ばかりあらあ, ほどの持金, ほど持っ, までに買いあげ, も衣裳, をお, を取り立て, を強盗, を払わせよう, を持っ, を掠め去る, を河内屋, を稼いだ, 持て居たから

▼ 百~ (56, 0.2%)

3 ないし二百個 2 の氷, の茄子, 選ぶと

1 [47件] が測定, が金百両, くらいあるいは, くらいしかない, くらいだった, くらいである, くらいはあり, くれるなら敵, ぐらいの棚, ですぞ, という, と言, と貰っ, ないし千個, にちかい, にもどる, に興味, に過ぎない, のはやり語, のタバコ, のプレパラート, の中, の壺, の提灯, の文字, の減少, の点, の蒐集, の電池, はあった, はあり, ばかりの小さな, ばかり買入れた, ほどあった, ほど組合せ, までにした, も煌々, を加, を増加, を点ずる, を調べ上げた, 作っても, 売れたと, 売れるん, 持っても, 集めて, 集める

▼ 百余名~ (55, 0.2%)

2 の人々, の警官, を加えた

1 [49件] および巡査, が会合, が枕, が清十郎, が跡, さすが警固, そのころ, その十分の九, で他, で押しかけ, という十分の一, という多数, とかぞえられ, と共に殉教, と註せられた, なのに, になった, にのぼり, に上り, のうち, の世界中, の会員, の兵, の切支丹, の勤番, の婦人達, の官人たち, の州郡, の旧, の暴漢, の犠牲者, の甲府勤番, の被害民, の野武士, の降, はいた, はまたたく間, は三等船客, は天川, は常陸下野地方, は悦び, は連署, をのせた, を乗せ, を使役, を合せ, を捕縛, を相手, 残らず威儀

▼ 百~ (55, 0.2%)

2 とも知れない, の河童たち, はゐる

1 [49件] いづれも, かのスパァニッシュ・フライ, か知れない, がめいめい, が檻, くらいの蜜蜂, ぐらいずつの牝, ずつ位, ずつ群れ, だか, つくる事, というウサギ, という猟犬, という鼠, とか連れ, となく, ともなれ, とも数, ないし数千匹, にちかい, に螫, のカミナリ, の南京鼠, の同類, の大蛇, の狼, の百足, の蚊, の野獣, の野生猿, の鼠, ばかりの軍馬, ばかりの鼠, ばかり手, ぶら下がって, ほどもいる, もくっつい, もしくは数千匹, もの猿, も一, も一度, も殺した, も狂い出, をひい, をひかえ, を受けた, を貸し与えよう, 並んで, 釣って

▼ 百~ (55, 0.2%)

6 の神 4 の人 3 のブルジユワ, の富

1 [39件] ああ當來, からの人間, か二百萬, しかゐなかつた, といふ女, といふ數字, といふ神, といふ讀者層, に充たず, に達した, のお, のマルコ, のマルコ樣, の人民, の人間, の全, の利足, の勞働者, の味方, の唐船, の大御, の大軍, の婦人, の巨艦, の敵, の歳, の漢人, の火箭, の無名, の物音, の神共, の神等議, の羽ばたき, の蚊軍, の讀者, は農民, を引き, を引く, 遍同じ

▼ 百年以上~ (54, 0.2%)

4 も前 2 の苦, も昔

1 [46件] この目的, たった今日, たってから, という人類史上, といふ, にさかのぼる, につくられ, にもなる, にわたる長い, に及べ, に當, のもの, の年月, の昔, の時代, の木, の樹齢, の歳, の歴史, の百日紅, の経過, の老木, の茶園, の長寿, の間, の間ヨオロッパ, は経っ, もこの, もし, もつづいた, もの古木, も古び, も女子, も経った, も経過, も続いた, も進歩, を経た, 奉崇, 我が國, 生きる大, 生き延びる人, 経た後, 経った今, 経て, 開かれなかったこと

▼ 百萬圓~ (54, 0.2%)

3 のもの 2 を出し

1 [49件] からの價, が千萬圓, きづきあげるよりも, だけが六十億圓, であつ, でも千萬圓, で出, といふ値段, とした, となつて一億七千萬圓, と云, と計上, にも當, のどちら, の不足, の借金, の値踏み, の償金, の利子, の國債, の外債募集, の大, の抵當, の整理緊縮, の物, の節約額, の蓄財, の貸, の金, の開き, はありますまい, ははいる, は今日, は入手, は鷺宮, よりか千萬圓, よりもまだ, を以て賣, を寄附, を掛け, を貸, を費さずし, ヲ所有シ得ルノミナリ, ヲ投ジテ猫眼石ヲ買ッテヤルナンテ事件ガアッタラ, ヲ有, ヲ貯蓄シタル結果ヨリ, 守るの, 掛けると, 程節約

▼ 百万遍~ (52, 0.1%)

3 の声 2 のよう, の念仏, の数珠

1 [43件] からたのみ, から来た, があっ, くりかえしても, さえ止みますれ, しわん棒, だ, でも私, で電車, という名刹, にもなつ, に朝日, の念仏会, の念珠, の数取り, の景物, の苦行, の迷い言何, の道理, の道義, の鉦, も否, も接吻, も教, も繰り返す, も言っ, や幼遊び, や賑やか, をどう, をならべたてた, をやっ, を並べる, を唱え, を唱えました, を尽し, を持込みました, を気, を繰返した, を聞かされた, 各方面代表者, 同じ方向, 説いたに, 迄の舗道

▼ 百マイル~ (51, 0.1%)

5 の所 3 にし, の旅, を隔て 2 も先, も離れた

1 [33件] あり, ありて, くらい平気, となせり, なり, にわたってこの, のかなた, のところ, の大河, の海上, の道, の遠距離, の間, はある, はなれた, は寄り道, ばかりに亙っ, もの北の方, も北, も南, も向う, も旅, も来た, も沖, も続い, も航海, も行く, も遠い, も離れ, や二百マイル北, を隔, を離れ, 離れた丈

▼ 百~ (51, 0.1%)

3 の短歌 2 に庶, の歌, の題, を詠んだ

1 [40件] かの病中吟, くらいずつも選ん, である, で院, というの, といふ, と相, と餘, に, になる, にも選まれ, に上つて, に匹敵, に満たなかつた, のうち, のごとき, の一つ, の内九十首, の和歌, の發表, はこの, は二条家, は殊に, ばかり詠みける, も切り棄てた, や他, をえらん, をお召, を作った, を作つた, を作る, を叡感, を得べく, を献じ, を発表, を發表, を詠じ, を詠み出し, を選んだ, 催しけるに

▼ 百余年~ (50, 0.1%)

5 の昔 3 の間, を経過 2 の今日, の基

1 [35件] この方, すぎて, では, という数, になる, に及んだ, に過ぎない, の, の久しい, の光輝, の前, の古寺, の封建的, の後, の時間, の末, の治, の潜伏信仰, の生命, の社稷, の秘密, の遺伝, の長き, の雲霧, の静か, は彼自身, ばかり前, もすぎ, もむかし, も前, も昔, を経, を通じて連続, 今や結縁, 後れて

▼ 百人長~ (48, 0.1%)

4 は大

2 [14件] なり, の娘, の手, は向, は太き, は応揚, は憤然, は毛脛, は決意, は猿臂, は色激, は若い, は面, は頷きぬ

1 [16件] が住ん, でお目見得, というの, には一人, にロマーシ, のところ, のル, の二輪馬車, の第, の紋十郎, はいう, はいふ, はもう, は訝, は訝かしげ, は途中

▼ 百円紙幣~ (48, 0.1%)

3 がア, を一枚 2 です, の束, を五枚

1 [36件] がうすい, がお金, がない, が一枚, が二枚, が服, が銀行, しかも偽造, でそれ, でも呉れる, とが出, と問答, と話, にし, に釣られ, の証紙, は現, は畳一枚, も海軍ナイフ, やら千円紙幣, をくずす, をちょっと, を二枚一緒, を何, を使っ, を出し, を取り出し, を取り出す, を巻き上げた, を彼, を抜き出す, を指, を攫った, を無, を稼ぐ, を節子

▼ 百万両~ (47, 0.1%)

3 の金 2 になる, の非常準備金, 溜めて

1 [38件] か, かさねえかな, からの背負い切れない, がころげ込む, がもの, ずつの軍用金, ずつの金, だって煙草, だつて煙草, だの, で事足りるか, で売つたらドウ, で幕府, というお金, という巨額, とも知れず, にあたっ, の仕事, の村, の軍用金, の金銀, は愚か, ばかり一夏, もうけたとて, も儲かったら, も貸, やら八千万両, より尊といお礼, より尊とい返礼, をすっかり, を以て一朝, を借りる, を国, を帳消し同様, を積立てた, を超えるだろう, 使って, 積んだ和蘭船

▼ 百太夫~ (47, 0.1%)

2 が道薫坊, と云, の女房, はお, を殺した

1 [37件] かお前, か萬之助, がその, が口, が案内, が現, が紅, が西宮, だ, である, であると, といふの, との社殿, との關係, とは緑町, と一寸法師, と共に合祀, と言, に擬せられる, に逢, の家, の智慧, の死骸, の社, の辯解, は主人, は大袈裟, は平次, は昔, は極り惡さうに首筋, は死物狂, は死骸, までが變, より半, を伴, を祖神, 或は才

▼ 百~ (47, 0.1%)

2 に満たない, に足らぬ, のうち

1 [41件] あるよう, かの家族, かの苦しい, ぐらい在る, すなわち封戸, たらずを, であるが, でこれ, といふ巣窟, となり, にすぎない, に充たぬ, に及んだ, に坊さん, に満たぬ, に終った, の, の中, の人家, の余, の富家, の知行, は場内, ばかりあつ, ばかりで, ばかりの一寒村, ばかりの水村, ばかりの牢番, ばかりの町, ばかり建つ, ほど, ほどの村, ほどカラフト移住, ほど散らばっ, までがことごとく, までの食封, もあろう, より従三位百戸, より従四位八十戸, を八十町, を給

▼ 百目蝋燭~ (47, 0.1%)

3 の灯 2 の灯影, を一本, を惜し, を立てつらね

1 [36件] が, がともされ, が二十本, が二本共, が地下, が掛け, が晝, が火, が燃え, が聴衆, さえ使え, でお, にも使え, に左右, の光, の半分, の太い, の数, の火, の灯かげ, の燃え, は一本百匁以上, をつけ, をつけた, をともし, を二つ, を二挺, を幾つ, を持っ, を火, を点けた, を点し立てた, を買っ, を買入れる, を露出, 程の土

▼ 百ポンド~ (46, 0.1%)

2 の金

1 [44件] から七百ポンド, が千ポンド余り, ぐらいだせる, ぐらい出した, せびり取ること, だけ隠し, でも賭けよう, で今, で仕込み, で売り払いました, という, と入ってる, と室, と書かれ, などと馬鹿, なりき, にもつかなかった, にも近い, に吊りあげた, に手, のフレッシュ, の保険金, の俸給, の値段, の巨体, の年金, の損, の牛肉, の生命保険, の目方, の費用, の資金, の重み, はどう, ほど掛かる, もある, もあれ, もかかった, もした, も使った, をもらった, を握らせた, を相続, 貯めフリント

▼ 百~ (46, 0.1%)

2 の米, ばかりの米

1 [42件] あったと, あるから, ずつ下されました, だけ徴収, であったそう, である, というの, について金壹分, に五百俵, に減ぜられた, に附き, のお, の代官, の収入, の奥医師, の御, の栽培, の献上, の餅, の高, はたちまち, は飯米, ばかり注文, ほど取っ, も要る, も買っ, も頂い, より七百九十九俵, より二百四十九俵, を受けた, を大上土, を給せられ, を給せられた, を表記買入れ, を詐欺横領, を買い入れ, を食ん, 両国元矢, 付けあったって, 元誓願寺, 拵えて, 貰うて

▼ 百~ (46, 0.1%)

5 を排し 3 の中 2 に屈せぬ, をこえ, を克服

1 [32件] あつた, おのずから憂いなし, が次々, ことごとく排し, と鬪, に剋, に屈せず, に当っ, のあいだ, の前, の城中, の苦, の谷そこ, の道, の風雪, は四散, また百難, もあろう, も四隣, をここ, をこの, をふみこえられ, をわれ, を乗り, を免, を共に, を排, ヲ与, ヲ排シテ勇往猛進シ以テ國威, 克服挙藩一致の, 苦戦を, 苦闘を

▼ 百まで~ (45, 0.1%)

4 生きて 2 生きたいと, 躍りやまず

1 [37件] あるスイッチ, おどりを, だそれ, だと, でも, わしゃ九十九まで, 五つ通にな, 千まで, 唱えると, 大丈夫です, 承知し, 数えきったサモイレンコ, 死せずも, 生きたい亡者, 生きても, 生きてるつもり, 生きなければ, 生きられる筈, 生きるでしょうし, 生きると, 生きるの, 生きるよ, 生きる工夫, 生きる禁呪, 生きる藥, 生き度い話, 痩せたの, 腹立たしい世間, 読みましたね, 踊りを, 踊り忘れずでさ, 踊り忘れずとは, 踊るつもり, 踊忘れず, 踊忘れずである, 躍るとかいう, 集まらずとも

▼ 百フィート~ (45, 0.1%)

2 あって

1 [43件] あるいはそれ以上, あるいはそれ以上後方, あるいは千フィート, あればい, から三百フィート, くらいのもの, くらいまではほぼ, しかない, です, で殆ど, というの, なり, に近い, に近く, のところ, のマウナ・ケア, のマッキンレイ, の山頂, の怪蛇, の所, の撮影, の木造建築, の滑走路, の玄武岩, の距離, の遠く, の間隔, の高, までの高, もある, もそびえ立っ, も吹きあがる, も昇り切らない, も行く, も離れ, も高い, を越え, を越えぬ, 乃至二千フィート, 進んで, 長い綱, 離れた所, 高さ二百フィート以上

▼ 百年目~ (45, 0.1%)

83 である 2 だこんな

1 [32件] いきなりバッサリやられる, さ, さあ野郎観念, じゃ望み, たとえ腰ッ骨, だから, だぞ, だと, だろう, だッ, だ般若丸, ですぜ, というやつ, とかねて, ととっ捕まえ, とはこちら, とばかりにそろそろ, と度胸, と観念, どうでも, にいよいよ, にちょうど, には世の中, に当る, に此那, に違い, の俺, の命日, ひょいと立っ, よ, 若し此一件, 誘われるまま

▼ 百ルーブリ~ (44, 0.1%)

2 の金, は貸し

1 [40件] か, から二百五十ルーブリ見当, から入れ, から六百ルーブリ, がある, が相場, ぐらいで筒元, ぐらい差上げない, ずつで, ずつで女中, ずつも財布, だ, だけ追, だし, だとしても, ですな, ではなかなか, で手放す, で綺麗, という巨額, なんかありません, になる, に対して中, の余, の借り, の借金, の扶助料不払い, は借り, ほど貸し, もある, も払おう, も買い込ん, も金, をくれ給え, をやり給え, 借りが, 出したもの, 積んで, 第五グループ, 賭けるん

▼ 百余騎~ (44, 0.1%)

3 をひきい 2 こそ流れ

1 [39件] おめき渡っ, しかいなかった, そろえて, だけを残し, である, で行き, で馳せ降っ, となった, にて二千余騎, になりまし, にふえ, に対して味方, に射手百人, の供揃い, の先鋒, の大将, の奇襲部隊, の家人, の将, の将兵, の影, の敵, の旗本たち, の残兵, は初陣, は前, ばかりを従え, をさずけ, をつれ, をひ, をもって対峙, をもって関門, を引率, を枯葉, を率, を追いかけ, を鳥雲, 既にし, 見る見る鎖

▼ 百~ (44, 0.1%)

3 の句 2 とも知れぬ, の人, の彫刻, の敵, の語

1 [31件] という, となく, と坂, と沢山, なるべきに, に及ぶ, の, のこと, の僧侶, の分身, の功建て來, の勇將中, の參詣者, の味方, の恋ゆゑに百千, の折助, の新, の汽笛, の煙突煙, の猛獣, の申し出, の男女, の空, の群牧場, の群衆, の葉, の蝗, の観衆, の赤い, の鼓, もしや濱島

▼ 百~ (44, 0.1%)

2 とも知れぬ, も持ち

1 [40件] あったか, かある, から一萬兩盜む大願, から八万七百軒, から切一ツづゝ, くらい共同, ぐらいの家, でも建て, とある, とあるであろう, とある家, という家, という繁昌, とはない, とはなかっ, と限られ, になる, にふえる, にも上るであらう, にも足りない, に一軒, に増加, に整備, に達した, に配布, のお, の中, の人々, の小さい, の支店, の貧農, ばかりある, ばかりこの, ばかりの家々, ばかり在る, ほど建っ, もでき, を全部, を越え, 建ったわけ

▼ 百兵衞~ (43, 0.1%)

5 のところ 2 といふ男

1 [36件] から見る, が丁度, が先達, が楢井家, が歸つて來, が言ふん, とは性, と力, と喜之助, と申します, に始末, に往來, に提灯, に逢, の乾し, の外, の大きい, の面喰, はいそ, はこの, はさ, はまだ, はブリブリ, は主人, は兎, は八五郎, は腑, は自分, は見えない, は謎々, は錢形, もなか, も見, を物, を縛り, を見送る

▼ 百人以上~ (41, 0.1%)

2 ののろく, の客, はいる, もいる

1 [33件] あるから, であった, であつ, で予期以上, と称されました, な大, にもなっ, にもなった, にものぼる, に上った, のところ, の不正乗客, の乘組, の助, の女, の家臣従僕, の巡礼, の日本人, の者, の農奴, の部下, もありました, もすぐ, もビッシリ, も会合, も使っ, も働い, も子供, も登る, も首, を使用, 長い列, 集めること

▼ 百円以上~ (41, 0.1%)

2 の由, もする

1 [37件] あった金額, くらいと見積れ, ぐらいに計算, で日本, なること, になっ, になる, には売れた, にもなった, にも相当, に達する, のお金, のねうち, のもの, の余裕, の割あて, の反物, の家賃, の暮し, の月収, の査定, の現金, の能力, の製作, の負担, はどうしても, もした, もカケ, も仕, も投じ, も相続税, も貯, も送っ, を掛けた, 取りながら, 無格社二百円以上, 約五十名

▼ 百~ (41, 0.1%)

5 の牛 4 の馬 2 かの牛, に余る

1 [28件] が群れ, ぐらいのホンモノ, ぐらいの鯨, ことごとくを, だそう, とたくさん, とは話, どころか一千頭, のもぐら, のカウ, の成牝, の猛, の羊, の肉, の背, の象, の闘牛, の集団, の馬の背, の馬輛, はいよう, は無論, もの牛, もの牛馬, も奪われ, も曳い, を撲殺, を鹵獲

▼ 百~ (40, 0.1%)

3 何千か, 千の 2 日を, 知らぬ

1 [30件] ありッたけ, あるいはもっと, それとも二千, である, ひっぱたいて, ゐると, 三百あれ, 三百文も, 並むで, 並んで, 二百か, 二百かぞえ, 二百ぐらいしか, 二百で, 二百米に, 二百遣る, 五百, 五百で, 五百の, 八百か, 六百, 六百の, 列を, 只で, 唯で, 日が, 日に, 日も, 書いて, 知れなかった

▼ 百之進~ (39, 0.1%)

4 の娘

1 [35件] が仰天, が前, が帰った, が改めて, が正式, であった, です, という人物, とは刎頸, とは心, とは誰, どのわし, などはその, には非常, に同情, のす, の不在, の墓標, の愛娘, の肩, の邸, の顔, はそう, はその, はつぶやき, はよろよろ, はわれ, は俯, は潔癖, は脇差, は自刃, は花世, は血みどろ, も胸, も顔

▼ 百~ (39, 0.1%)

7 の數字 6 の数字 2 から千位, だ, だが, と十位, の, の二つ, の数, の數, は9 1 と思召, のものサ, の予定, まであります, までの怠けもの, 使われるし, 有るか, 産みます

▼ 百~ (39, 0.1%)

14 の國 2 の池, の王

1 [21件] から瓦博士, では大, では都慕, で國, といふもの, になつたの, にもある, の國主照, の國王照, の王仁, の王家, の白村江, の神, の第, の聖明王, の阿佐太子, を入れなかつた, を助け, を起した, を除い, 新羅

▼ 百~ (39, 0.1%)

2 の木樋

1 [37件] かに亘る, から二百間, から引つ張る, この反別, さ, であるが, とある, という大河, となる, と位置, なるもの, の, の作品, の修復, の土手, の堤, の堤防, の外, の外囲, の大, の大き, の廊下, の改修, の石, の許可距離, の随筆, の餘, は松平忠之兄弟, ばかり奔, ほど先, までは有効, もあらん, を五十, を立てた, 出でて, 太き堤防, 高さ十八間許

▼ 百トン~ (38, 0.1%)

2 の貨物船, ばかりの貨物船

1 [34件] あれば, からの大船, くらいの小, くらいの帆船, くらいの汽船, ぐらい, ぐらいの小, です, で名, という巨船, にも足らぬ, のインド丸, のクリッパー, のシップ型, のセメント, のロケット航空船, の二本マスト, の十二ノット半, の小, の小艇, の帆船, の引きあげ, の汽船, の艦, の荷物, ばかりの小舟, ばかりの白い, ばかりの船, まさに一時間十一, もある, もない, もの多量, も共, 積込み荷役

▼ 百ルーブル~ (38, 0.1%)

3 の金 2 の年金

1 [33件] あっても, ありますから, お払い, お渡し, から百五ルーブル, があれ, だけくれた, だけれど, だすという, です, ですね, でも千ルーブル, というお金, という大金, という金, とはよこすまい, なくなされたん, にはなっ, のお金, のこと, の俸給, の収入, の札, はやはり, は葬儀萬端, またはほぼ, も出し, も百カペイカ, やった, を持っ, を着物, 出すぜ, 痩せたり

▼ 百五十~ (38, 0.1%)

2 の仕上げ

1 [36件] か, か其処辺, しかも總, で一萬五千囘, という現状, とかで赴任, と言われ, どころかただ, に, に伝, に次, のきまり, のタイム, の問題, の回転速力, の奇蹟, の手勢, の病人, の石段, の軍勢, の軽, の部落, ばかり言いました, まいるにわたり, もある, も塩分, も討ち, を奪った, を子息権, を率い, を越え, 乃至三百フラン, 傷つく者三百, 刷らせて, 故宮, 迄は生きられる

▼ 百~ (38, 0.1%)

4 の本 2 ぐらいの書物, ずつ売れた, とも知れぬ, の題目

1 [26件] あったはず, かの本, ぐらい, ぐらいやっつけなく, という厄介物, となり, と云, と妻, に一冊, に垂, のノートブック, の古書, の良書, の雑書, ばかりの本, ばかりまとめ, ばかりもあっ, ほどの古風, ほど手放した, もの本, も並べたて, も書物, や二百冊位, をもって一文庫, を刊行, 売れたわけ

▼ 百~ (38, 0.1%)

4 となく 2 の念仏, 聞かないうち

1 [30件] あつた, かになっ, か通った, くりかえしても, しながら, ずつ息, ずつ紅雀, つぶさに見たる, でもい, でもいう, でも云う, でも千遍, となくした, と際限, にし, もいっ, もお辞儀, もし, も云つて, も出ましたろう, も叩頭, も改正, も繰返した, も良正, も読ん, も雌雄相, 乃至万遍, 知らずに, 繰りかえして, 繰り返されたかを

▼ 百万年~ (37, 0.1%)

3 の後 2 か何千万年, たってるぞ

1 [30件] かの長い, かもしくは, か知らん, と云う, に亘っ, に亙っ, の壁画, の旅, の時間, の未来, の生い立ち, の間, の間地下, の間生命, はおろか僅, もあの, もかかっ, もくさらない, もこうして, もとり残された, もまえ, も前, も固有, も没し, も生きる, を数, を数える, 整然たる秩序, 生きながらえるとしても, 経つと

▼ 百~ (37, 0.1%)

2 となく, の烏, の鳥

1 [31件] か殺した, ぐらいは入りみだれ, とも知れず, とも知れぬ, と云う, と知れず下りた, と群, と飼っ, なるを, になっ, に一羽, に近い, の仲間, の小鳥, の小鳥群, の小鳥翼, の小鴨, の白鳩, の鴉, の鶏, はいっ, ばかりの雁, ほどの鳩, ほど君, を贈っ, を越える, 打連れ歸, 捕ったの, 集ると, 飛んで, 食べただろう

▼ 百ヤード~ (36, 0.1%)

2 とない, と行かない, ばかりはなれた

1 [30件] あった, あります, ぐらいのところ, とも離れない, と離れ, にし, の先, の海峡, の瓦, の距離, の遠い, の間軌道, は分, ばかりの高い, ばかりひっこん, ばかり歩い, ばかり離れた, ほどある, ほどのあたり, ほどのところ, ほども息せききっ, ほども行き過ぎた, ほど行く, もある, も後, も離れ, も駈け込ん, を八十六秒, を十秒以下, 進むと

▼ 百以上~ (36, 0.1%)

2 もある

1 [34件] あったの, あって, からの上り高, ございます, だ, にも及ぶ, にも及んだ, に達す, に達せり, の両目, の労働者倶楽部, の参衆, の寄生火山, の小説, の屋台店, の数, の数字, の死傷, の死者, の異なった, の種類, の虎, もあつ, もあり, も打ちすえた, も打つ, も覚, らしいのよ, を打っ, 住んで, 入って, 出るとき, 叩かれた, 貰って

▼ 百六十五日~ (36, 0.1%)

3 の間 2

1 [31件] あるの, が御, この工合, こんな好い, その三百日余, その負けじ魂, だ, つづけたと, てやっぱし, ですか, でも七百五十日, と六時間, に分け, のうち, のとき, のべつそんな, の一年, の年中行事, の日, の日附, の最終, の死, の生活, の長い, を一番生産, を生き, を調節, 働いて, 浚って, 繰りかえされるわけ, 過ぐる

▼ 百五十枚~ (35, 0.1%)

5 の小説 2 の長篇

1 [28件] が下谷, ぐらいでしょう, ぐらいのもの, ぐらいの由, ぐらいは買, で終る, と恰度洋服屋, にて御座候, のもの, の原稿, の短篇, の銅貨, は今日, は自分, ばかり, ばかりのもの, ばかりの勉強, ばかりの短篇, ほどだ, ほどにし, ほどに圧縮, ほどに整理, ほどのちょうど, ほどわたし, まで書いた, チョットと, 或いはもつ, 書けば

▼ 百円位~ (35, 0.1%)

1 [35件] あったかと, あつたら, ありました, きわめて景気, であったろうと, でおい, で先祖, で出来る, で未墾地, で買, で買おう, で買っ, で飲む, とれる仕事, と云った, どうじゃ, なもの, なン, にし, になっ, になつ, のお金, のもの, のよし, のアガリ, の予算, の収入, の月給, の欠損, の金, の金子, は要るでしょう, ひの, までとる, 出るには

▼ 百~ (35, 0.1%)

3 の重

1 [32件] あるもの, が一銭, それから豚, で青瓷, として之, と材木置場, ならば, なりしも項, なれば, につき四百五十ドル, のうち十五斤, のもの, のナマコ, のラスク, の四色, の外, の如意金箍棒, の帯, の桜, の横濱相場, の油, の貨物, はある, ほど買, までの貨物, より増す, を斤三十一円五十銭, を用, を負い, を越す, 乃至千斤, 買い入れたい

▼ 百ドル~ (34, 0.1%)

1 [34件] から七十ドル, がそっくり, が米金貨二百三十ドル二六余, くらいとられる, くらいになる, せいぜいの, だと, でさらり, でひきとった, で喜ん, で承知, で買います, とす, と交換, なら五十万円以上, にし, につき三百十一個, につき五割, にガタ落ち, に適応, の価, の割合, の小切手, の月給, の金貨, はもらう, は米貨, まで値上, をていする, をふところ, をもらう, 入れ車夫只一人, 出すと, 貰えたので

▼ 百~ (34, 0.1%)

8 の後 3 の下

1 [23件] といえ, にのこす, に伝えたい, に保存, に名, に残しましょう, に炳焉, に買っ, の国民, の憂, の模範, の武門, の汚名, の王, の語, の賞罰, までの心外, までも手, まで消え去るまい, を蓋, を貫, 之後, 変ること

▼ 百年祭~ (33, 0.1%)

1 [33件] がどういう, が明年, が祝われ, が行われた, であの, で町, とかをした, にパリ, に出来た, に弘法, に際会, のため, のとき, の事, の伊達政宗, の前, の固き, の招待, の根本精神, の準備, の祝賀, はレーリー総長, は昭和十九年, も来, やら驚目, をする, を催さぬ, を催し, を機會, を祝う, を祝っ, を祝わせる, を見る

▼ 百人近く~ (32, 0.1%)

2 いた, はあつ, もあらう, も集った

1 [24件] あつまった志願者, いる女工, のいろいろ, のもの等, の人数, の人間, の会員, の兵隊, の刑事ども, の合唱, の土方, の大勢, の密偵, の生徒, の私服ども, の職工, もいた, もつい, も押しかけた, も死ん, ゐたの, 捕まったの, 込合ったそう, 集った

▼ 百~ (32, 0.1%)

6 の金 2 の収入

1 [24件] くれるだけ, だけ改めて, です, と等しい, にてフランス中部鉄器株式会社営業支配人, になっ, には証人, のお金, の小切手, の恩給, の株券, の罰金, は同時に, は愚か, は直ちに, またはそれ以上, をポケット, を取り返したいなら, を夫, を強請, を確か, を返し, 送って, 預けたという

▼ 百~ (32, 0.1%)

3 にあまる 2 の泰西詩, の詩, もある, を超える, 固より

1 [19件] であったと, とか千篇, とした, に上り, に及んだ, に垂んとする, のうち, の今日, の傑作, の捕物小説, の歌, の註, の銭形平次, は越し, ばかり作っ, もあらう, も捕物, も書き続け得た, をこえる

▼ 百~ (31, 0.1%)

3 買える物 2 割ると

1 [26件] あつた, おくれた分, お譲り, はじめて日本, よいの, ハミルトンは, 一貫と, 中味は, 会員に, 六杯の, 其一部分が, 凡人より, 割って, 十米ちかく, 四分三十三秒という, 売ると, 守って, 念願の, 最も憤った, 沢山だ, 祝儀が, 親分, 買った馬みたい, 買ツた, 踏みやぶれるわけ, 躓いたばかりに

▼ 百~ (31, 0.1%)

3 の船 2 の巨船, の機関長, の重油, や千噸

1 [20件] だよ, ないし五百噸以下, に近い, のブイアンシー, の上, の大, の大戦艦, の大艦, の巡洋艦操縱自在, の巨体, の弦月丸, の汽船, の煙り, の独逸巡洋艦エムデン, の量, の鉱石, ばかりのもの, ばかりの帆船, ばかりの沿岸艇, を一度

▼ 百比丘尼~ (31, 0.1%)

2 になった, の信仰

1 [27件] この地, という長生, となっ, とはいわぬ, と同, と結びついた, などもやはり, なども念仏比丘尼, なること, にも一个処懺悔, のごとき, のごとく, の事, の年, の徒, の持ち物, の物語, の石塔, の長生, はこの, はよく, は末, は本国小浜, もその, も恐らく, を中心, を採つた

▼ 百~ (31, 0.1%)

2 の三十五倍

1 [29件] から四百法, ずつ, ずつ下さるなら, だけを今日, でしょう, ですナ, でで, でやっ, で買った, とつまり, なの, の, の儲け, の懸賞つき, の模擬貨幣, の補助, の補助金, の青札, は嫌う, は当時, は確か, までを限度, やっても, をちょうだい, をルーレット係, を拠金, 儲かるなんて, 差上げます, 抛り出して

▼ 百~ (30, 0.1%)

2 ある, の暗号文, を覚える

1 [24件] から引い, がどうやら, が完成, ぐらいでは何, ぐらいの短文, この繍文, だ, だという, となる, になる, に足りぬ, の文句, の春山和尚, の暗号, の漢字, は, はかなり, は書けます, を分類, を同じ, を連ねた, ヲ駢列スルモ, 書ければ, 認めた金沢市長宛

▼ 百年以前~ (30, 0.1%)

2 と異, のこと

1 [26件] からあった, からやつ, から今, から信濃桜, に, には溯らない, には疑い, には馬車, にわが国, にギユテンベルグ, に出, に出来, に天山山脈, に御存知ゆゑ, に既に, に早く, に開けた, の, の作品, の我々, の日本, の旧, の物, の鎌倉時代, まではなかなか, より五十年前

▼ 百ばかり~ (29, 0.1%)

1 [29件] あるそう, くれて, こもって, だが, だけど, つらなり一甲, で主将, で潁川, なり, はねたとき, 一団と, 並んでる広間, 乗せ取る物, 二本烟筒の, 云いましょう大きに, 併列した, 利を, 取り入れそれ, 幾段かに, 急須造りて, 教うる, 書きました, 有りましたろう, 殘し, 著くから, 貰った, 買って, 造らなければ, 黄という

▼ 百万ドル~ (29, 0.1%)

1 [29件] かかったという, かけて, からの錫, から十八億ドル近く, すなわち百三十七億円, という高, と云え, に達した, の三分一, の予算, の名馬, の女優, の巨額, の投資, の融通, の財産, の賞金, の金, は既に, は約, ばかりでありました, をあげる, をくだるまい, をもって買い集めました, を寄附, を積んだ, を賠償金, を醵金, 出した所

▼ 百万弗~ (29, 0.1%)

5 の金貨

1 [24件] くらいを家族, くれる人, すなわち四千万円, だけは婦人, にのぼる, の代償, の財産, の財産家, の金, の銀貨, はどう, は持っ, は正に, もの機械, も出した, をある, を出し, を奪っ, を持ち, を握り, を正金銀行, 大放送, 少くな, 貸さう

▼ 百~ (29, 0.1%)

5 進殿の 3 進殿は 2 助, 進殿, 進殿も

1 [15件] 丞が, 介, 介だ, 介の, 介様, 進どのに, 進どのの, 進殿お願いし, 進殿から, 進殿が, 進殿と, 進殿に対して, 進殿へ, 進殿勘弁し, 進殿郁次

▼ 百五十万~ (29, 0.1%)

2 ほどだ

1 [27件] から二千八百万, でありまして, でよろしい, という現実, という金, と称し, と見積っ, と見積ったなら, ないし三百万タン, ないし二百万クヲタア, に下らざりしか, に分たれなけれ, に過ぎなかった, のロシア, の人口, の仕事, の個人, の増加, の女子, の市民, の希望, の遺産, ほどと鉱山, もあろう, も減少, を超え, 乃至三百万人

▼ 百~ (29, 0.1%)

2 もある, 離れた主人

1 [25件] あるか, から千二百哩, くらいまで響い, にし, の送電能力, の遠隔, の鉄道, はなれ, ばかりのテングリ海, ばかりド, ばかり距, ほど沙漠, までは五仙, もさき, も進んだ, も遠ざかっ, も離れた, を巡航, を歩く, を隔てた, 広々と, 程隔, 行っても, 走ること, 離れたところ

▼ 百石取り~ (29, 0.1%)

2 の侍

1 [27件] か三百石取り, か相当, が百人, ぐらいになる, で, であり乍ら, である, と申します, のお, のお歴々, の上士, の与力, の先, の大身, の小さい, の屋敷, の御家人, の旗本, の旗本屋敷, の旗本真柄権, の旗本福田左京, の曲者, の武士, の殿樣, の知行, の資産, の身柄

▼ 百~ (29, 0.1%)

4 の船 2 となく

1 [23件] ありと, かかったって, がさかのぼっ, さながら大鳥, で一本マスト, なるを, になろう, のうち, の兵船, の川舟, の艦隊, の軍船, ばかりの戎克, ばかり見えた, ばかり附, もの船団, も船, や二百艘, をさし向けました, を仕立て, 出る船, 近い大和船, 集っても

▼ 百~ (28, 0.1%)

2 の谷底, の高

1 [24件] あろうとも, かにわたるざらざら, か何千丈, が, が一人, が尋ねる, だな, という, となる, と見挙る, なり卜部宿禰大亀, の上, の大智, の岩壁, の怪天魔, の所, の精神, の語, の距離, もある, もあろう, もの断崖, 其の上, 崩れた

▼ 百二十日~ (28, 0.1%)

1 [28件] から九月, か二十一日, があぶない, がひかえとります, さすがに, だ, だからね, だが, だそう, だよ, と仕切っ, なり千曲, におよび, になったら, に当る, の厄日, の夕, の夕空, の少し, の山草, の御祝い, の拘留, の烈風, の荒れそこねた, の雨, の頃, を控え, を眼

▼ 百万坪~ (27, 0.1%)

3 の荒地 2 の端

1 [22件] から眺める, で会った, で狸, というけしき, にある, に向っ, に続い, の, のうち, のとば口, のほぼ, の地はずれ, の満, へいっ, へスケッチ, までいっ, も石灰工場, や町筋, をまっすぐ, をまわり, を歩い, 白い煙霧

▼ 百二十円~ (27, 0.1%)

2 の月給

1 [25件] か, かそこら, から百四十円, くらいに輪, だと, でこの, で二千四百カロリー, で買い集め, とあった, と合わせ, と聞いた, になりました, に競り, に話した, の掛金, の栗饅頭, の水準, の貯金全部, の通帳, の金, はかかり, ばかりか, ばかり余分, も有れ, を銀行

▼ 百人あまり~ (27, 0.1%)

4 の同勢 2 の人数

1 [21件] だった, の乾児, の人達, の人間, の信者達, の匪賊, の同窓生, の大, の小人, の弟子, の枯れた, の牛方, の琉球, の男女, の男娼パンパン, の若い, の衆僧, の鉄砲疵鎗疵, もいる, もくる, も並ん

▼ 百余年前~ (27, 0.1%)

2 に丹波康頼, に撰ばれた, の立派, も今

1 [19件] この国, であること, にも椎の木, に因幡国, に支那, に於, に注意, の人, の俳人, の出来事, の天平勝宝年間, の弘安年中, の支那人, の文化三年, の法令, までだ, より日本, 即ち西暦一八三二年, 大唐

▼ 百八十兩~ (27, 0.1%)

5 の金 4 の大金 2 の小判

1 [16件] が懷中, だの, では半端, といふ額, のこと, の手土産, は大金, は安い, は巾着切, は愚か, は結納, は見事, もお, をこの, を取り返した, を拔

▼ 百~ (27, 0.1%)

2 となく, に近い, の飛行機

1 [21件] からのロケット, が五つ六つ, です, というたいへん, と宇宙艇五台, と数えられる, の偵察機, の大, の攻撃ロケット艇, の機械, の爆撃機, の組立中, の集電器, は火星兵団, は自動車, ばかりが飛ん, ばかりの新しい, ほどあるし, も並ん, も空, 引き請けて

▼ 百~ (27, 0.1%)

2 の不

1 [25件] からなる, から成る, がキンギン国, だ, でもって約, と二百隻, にぶっつかる, に江兵五千人, に石材, の勝負, の大敵, の大艦, の大艦相集り候云々, の敵艦隊, の石船, の艦艇, の艨艟, の軍艦, の駆逐艦隊, ばかりこしらえる, もあった, をもってヤーネル艦隊, をもって三百隻, 作って, 揃って

▼ 百円ベース~ (26, 0.1%)

2 というもの

1 [24件] あるいは二千四百円ベース, がある, が公称二千九百円, この窮乏, でしぼられ, ではやっ, では支えきれない, でやっ, になる, には今日, に家族手当, の人々, の今日, の問題, の困難, の家計, の底, の日々, の配給生活, は保ちきれなくなっ, は四・二人世帯, は現実, をきめ, を公表

▼ 百~ (26, 0.1%)

3 を記念 2 とどれ位, に及んだ, のカンヴァス, への大作

1 [15件] ぐらいの人物, で廃刊, で画布, と番号札, の, の入選画, の記念, の記念号限り雑誌, ほどのもの, まではどうしても, や百五十号, をことほぎ, を手古摺っ, を春, を迎へた雑誌

▼ 百~ (26, 0.1%)

6 の書

1 [20件] が各, が撩乱, といえ, といふ風, に亙っ, に出, に馳聘, の学, の学問, の學者, の教え, の流派, の間, の雜説, は諸子百家, を斥け, を荒し尽した, を観た, 窺わざるは, 老荘

▼ 百米突~ (26, 0.1%)

2 の所, の高

1 [22件] であって, ではそんなに, とは距, にも及ん, のムスタアグ・アー夕山, の円, の処, の広, の鉄, の間, の高い, ばかりの深い, ばかりの距離, ばかり隔, ばかり離れ, ほど落ち, まで深々, もあろう, も下, も下る, も高く, を示す

▼ 百地三太夫~ (25, 0.1%)

2 というもの, と才蔵

1 [21件] がかつて, が鳰鳥, この老人, であった, とは御嶽山中, と云います, と若殿, と鳰鳥, に逢い損ね, のお, の話, はこう, はそれ, はノソノソ, は何ん, は呼ばわった, は微笑, は礼, よ, よく我が, を挙げなけれ

▼ 百~ (25, 0.1%)

6 の家 3 の店

1 [16件] などといっ, にあて, に差入れ, の一家, の主人, の啓司, の奥座敷, の息子, の新五郎氏, の本家, の狸, の繁司, の老, は資力合鞣, もその, を名乗る

▼ 百観音~ (25, 0.1%)

4 の中 2 のお, の蠑螺堂

1 [17件] が, が今, が灰, が祭っ, が納まっ, の焼かれる, の運命, はいずれ, はもう少し, は下金屋, は真に, は羅漢寺建立当時, は買われました, を二束三文, を拝んだ, を納め, を買い取った

▼ 百でも~ (24, 0.1%)

4 三百でも

1 [20件] ある, いいだ, きかないくらい, くれて, 一貫でも, 世帯は, 二百でも, 五百でも, 何千でも, 六百でも, 出つこ, 出来て, 出来るだけ, 刈って, 利かないやう, 利かないよう, 口銭が, 泥棒から, 金に, 銭を

▼ 百五十名~ (24, 0.1%)

2 に達し

1 [22件] が連署, その内, という主張, となっ, と触れおいた, に対する一人, のもの, の一隊, の人民, の整理, の男女, の発明家, はいまトラック, は二隊, は午前七時半, は遠島, ばかりの同志, ばかりの武装隊, もつれて, を三班, を呼寄せた, 程の警官

▼ 百年近く~ (24, 0.1%)

5 も前 2 も昔, 古い書

1 [15件] か, たってから, なるが, になっ, にもなっ, にもなろう, の昔, まで続い, も共に, も多数, も常に, も後, も新しい, も本, 経て

▼ 百万クヲタア~ (23, 0.1%)

2 か百五十万クヲタア, であると, の穀物

1 [17件] から二百万クヲタア, だけ不足, であったならば, でありそして, であるから, であるならば, ではなく, となる, となるであろう, にも及ぶ, に増加, の価格, の小麦, は四, を消費, を無理, を生産

▼ 百~ (23, 0.1%)

6 の後 5 の過客

1 [12件] が生まれる, という踊り, にも残る, に一人, に尸祝, に聞いた, の人間, の耳, は首, までの恥辱, を経る, 続けて

▼ 百何千~ (23, 0.1%)

2 となく

1 [21件] でも貸したっち, というご, という兄公爵, という少年, という金, といふ人, ともしれない, とも知れぬ, と多, と艇, と製造, のひと, のショップ, の中, の動物, の女, の奴隷, の無恥, の花, の都, 居るか

▼ 百城様~ (23, 0.1%)

2 から, が, がそんな, のよう

1 [15件] がそれ, が四ツ本, が妾, とばかり信じ, と京, ならお母様, に悪い, のお, の罪, は, はお母様, は夫, も本当に, を御覧, 又は牧様

▼ 百日目~ (23, 0.1%)

2 というの, の夜, の晩, は九月十二日

1 [15件] があたかも, がちかく, が恰も, ぐらいから進ん, であった私, で広い, といっ, といふの, に三つ, に三穂, に札幌, に百題, の暁方, の朝, の食い初め

▼ 百餘里~ (23, 0.1%)

4 に過ぎず 2 とある

1 [17件] が即ち, となる, と知られたれ, と計上, なること, なるを, なれば, にては大和, に及び, に當, は大約, は我が, を差し引き, を此書, を算, を行く, を距

▼ 百ヶ日~ (22, 0.1%)

1 [22件] がき, がきた, が済む, が済んだ, だと, と過, の時, の時みたい, の法要, の頃, はもう, までになれ, までにはほんとう, もすぎない, もたって, もまだ, も明けない, も果てし頃, も済まない, も營, も過ぎ, を過ぎ

▼ 百二十人~ (22, 0.1%)

2 の同心, の級友

1 [18件] からになります, が到着, で働い, に過ぎなかつた, の人間, の名, の多く, の死人, の連署, は古式, ばかりでも, ほどで, ほどの人数, も, もある, もの人間, をそえ, 猶中

▼ 百代子~ (22, 0.1%)

2 から聞いた, が云った

1 [18件] から彼, が剣呑, が御, が日, が薄笑い, であった, であったならたとい, である事, に見せた, の予言通り, の年寄二人, の連名, は仲裁, は母, は顔, も傍, も驚ろ, を顧みた

▼ 百余里~ (22, 0.1%)

1 [22件] が間, その損害, という道中, と云, につづく, にわたる大軍, にわたる要塞, にわたる陣, に及ぶ, のあいだ, のあいだ一滴, のところ, の大, の山川, の彼方, の郊外, の間, もある, をつらね, を走りつづけ, を隔て, 大石門

▼ 百億円~ (22, 0.1%)

4 の金

1 [18件] あれば, ぐらいは在るらしい, だか, だけについて話, という, というおそろしい, というの, という額, に達し, の予算, の使い方, の国費, の夢, の御蔭, の砂金, の開発費, を待っ, 刷るに

▼ 百兵衛~ (22, 0.1%)

5 のところ

1 [17件] が丁度, が先達, が言う, だって遠く, と力, に始末, に往来, に逢いました, の腰, はまだ, は兎, は八五郎, は平楽山, は脾腹, は銭形, もなかなか, を慰めた

▼ 百~ (22, 0.1%)

2 と新, の国, の聖明王, の観音

1 [14件] から, から海, には大木岳, の使者, の僧蓮城, の媛善妙, の民, の池津媛, の王, の男女二千余人, の韓音, もわが国, より渡った, をもご

▼ 百~ (22, 0.1%)

7 の電燈 2 のあかり近く寄せ, の青

1 [11件] ぐらいの蒼白い, つけて, の光, の光り, の光明, の明るい, の電光, の電灯, の電球, ほどの電灯, をつけ

▼ 百五十年前~ (21, 0.1%)

2 のこと

1 [19件] からの戸籍, から厳重, に, にすっかり, に久しく, に建てた, に於, に書かれ, に死んだ, に當, のもの, のハンス王時代, の嘉永三年, の山崩れ, の建築, の歌, の片目, まで位, 尚貞王

▼ 百八十円~ (21, 0.1%)

3 で買った

1 [18件] からの金, ずつの保証人, ずつの地代, だ, だから, でしたね, でどう, では, で売つてるから, という大, とは, の品, の安値, の時価, の配当, をもうけ, を限度, 出て

▼ 百~ (21, 0.1%)

2 の下り

1 [19件] から千三百呎, である, というか数百丈, に亘る, に達し, のした, の標高, の氷, の縄, の長, の馬の背, の高, ばかりのところ, ばかり使っ, もあろう, も水, をあまし, 切った長, 高い夜空

▼ 百~ (21, 0.1%)

3 の料理

1 [18件] があつ, がある, が実家, だ, でも浸しもの, という派手, とか新橋, などでお目にかかっ, にせよ, にてと態, に行き, の名, の女将, の娘, の料理徃時, は太田南畝, は妹, へ行った

▼ 百~ (21, 0.1%)

4 の毒薬, の毒藥 2 の毒, の肉, の行方 1 ずつ用意, のうじ虫, のパン, の酒, をここ, を持ち帰った, を此處

▼ 百畳敷~ (21, 0.1%)

2 の大広間, もあろう

1 [17件] ぐらいで, その頂上, でこっそり, というよう, という広, などがある, には赤松一族, の会館, の前, の新築, の菊, ばかりの真青, ほどの楕円形, もあり, もある, も幾日, らしいところ

▼ 百~ (21, 0.1%)

3 を嘗め 2 の譜

1 [16件] たらいうて, だと, だの, といふ藥, と言います, にしたがう, の中, の卸問屋, の松蓮寺, の金看板, はあの, は下, もあれ, も千草, を睥睨, を薬

▼ 百幾千~ (20, 0.1%)

2 となく, の事

1 [16件] という爆弾, という青年, となくなら, とも判らない, と数限り, と殖え, なれども, のトリック, の中国, の人々, の手, の男女, の見, の論説, の馬, の鶫

▼ 百~ (20, 0.1%)

3 もある

1 [17件] いや三百畳敷位, いや二百畳, からの大広間, では, といふ大広間, にも近き, に余ろう, のはて, の広間, の竹, の間いっぱい, は十分, ばかりの部屋, も敷けよう, を一夜, 敷きぐらいの, 敷きばかり

▼ 百萬兩~ (20, 0.1%)

2 が物, で以, のもの

1 [14件] である此七百萬兩, では引合, で政府, で濟, で賣つたら, で賣れ, とあの, といふ分限, の嫁, の富, は唯今, 掛けたら七百五十萬兩, 掛けた甲, 掛けて

▼ 百餘年~ (20, 0.1%)

3 を經 2 の後, の間, を經過

1 [11件] が距, に一日, に亙る, に亙るかずかず, のあ, の日本, の歳月, の歴史, の長い, の長き, 多少の

▼ 百といふ~ (19, 0.1%)

2 代言の

1 [17件] やうに, 下女は, 勝, 口數でございます, 召集漏れの, 多くの, 夫婦が, 彌次馬が, 投書家の, 指針に, 数での, 数を, 敵の, 毛むくじ, 焼死体が, 雀の, 馬小屋が

▼ 百とも~ (19, 0.1%)

1 [19件] あるべきもの, おりませぬ, しれぬ最上, しれぬ骸骨, ない烏, なく屍, なく群, ゆかぬ, わからぬ全, 千とも数を, 知れないろうそく, 知れない民衆, 知れぬほど, 知れぬ墓處, 知れぬ海ひょう, 知れぬ火星, 知れぬ狼此方, 知れぬ猿, 知れぬ講談

▼ 百ぺん~ (19, 0.1%)

4 灼いても 2 となく

1 [13件] かかき, したの, でもくりかえす, でも君, でも死にます, もいいます, もくりかえし, もつづけ, も接吻, 上げたり, 言ってや, 言われるもの, 読んでも

▼ 百ページ~ (19, 0.1%)

1 [19件] か三百ページ, くらいの堂々たる, にのぼる, にも印刷, にわたる反対意見, に余る, に及び, のうち, の大, の本, は愛, ばかりの, ばかりよこしました, もありましょう, もある, をことごとく, を満たす, を費やす, 読んで

▼ 百万ポンド~ (19, 0.1%)

2 といえ, の借金, の巨費

1 [13件] が配給, ずつ買上げ, そのうち現実, だが, であったが, という, の割合, の半金, の大半, の抵当, はい貸しましょう, 借りたいと, 貸して

▼ 百九十九人~ (19, 0.1%)

2 を武蔵

1 [17件] が武蔵, が瘋癲人, が誤, そしてこの, である, であろう, と弟子, に皮肉, の内, の垢, の憎悪, の方, は全然, は現状, は自分, までその, までの垢

▼ 百何十人~ (19, 0.1%)

1 [19件] かの人, かの生命, かの男女, かはここ, かを無視, がここ, が総出, このほか, という士分, という泊まり, という男女老幼, といふこと, とちゃんと, もあった, もの命, もの老, もまわり, も取りそろえ, 約五百名

▼ 百右衛門~ (19, 0.1%)

2 の屋敷

1 [17件] が武蔵, こそ世に, すこしもひるまず, たまらず仰向け, とて父親, のかずかず, のため, の思い, の意地悪, の痩せた, の首級, は相手, をののしり, を一刀, を心置き, を誅した, 蒼い顔

▼ 百枚以上~ (19, 0.1%)

6 の小説 2 といふこと, のもの 1 ありました, かくの, になった, の原稿, の新作, の重量, もの写真, をよむ, 書いては

▼ 百~ (19, 0.1%)

2 に螫, のよう

1 [15件] かと見ゆるむ, が幾千疋, でもふみつけた, でも怯え, という規定, など姿, になる, に至っ, の名, の草鞋, の鞘, は殺された, もいる, も瀬虫, 作って

▼ 百~ (18, 0.1%)

7 の九十九 2 に一 1 するといふ, だつた, である, とは病氣, には僅, に一二, の九十, の九十七, は必ず

▼ 百五十メートル~ (18, 0.1%)

3 の高 2 ほどもあり

1 [13件] が人類, くらいの地点, ぐらいのもの, ぐらいの変テツ, ぐらい全身, のなか, の一点, の距離, ばかりもはなれた, まで実に, もある, もひくく, 作られたこと

▼ 百人余り~ (18, 0.1%)

1 [18件] が長々, であつ, となっ, になっ, の一団, の人, の人数, の労働者, の子供たち, の小学校, の盗賊, の聴衆, は今, も其所, も居る, キリキリと, 居りました, 悉く与力

▼ 百何十年~ (18, 0.1%)

2 の泰平

1 [16件] かにまた, かまえの, か前, か経った, この方, という長い, にもわたっ, の歴史, の長い, まえに, もうこの, もつづけ, もまえ, も以前, も前, も距

▼ 百余艘~ (18, 0.1%)

4 の兵船 2 の軍船

1 [12件] が父孫堅, が魚住, で島, なり, の大小船, の早舟, の舟, の船中, の船影, の艨艟, はもう, もありましょう

▼ 百八十年~ (18, 0.1%)

2 の間, ほど前

1 [14件] おいで, でコーペンヘーゲン, といつた, においてさえ古風, においてさえ諸君, にモンセーニュール, に独逸, に羅馬, の夏, の建物, の昔, ほどの歴史, 生き延びた鬼王丸, 程前

▼ 百~ (18, 0.1%)

1 [18件] があかつき, がフル, が入れ, が幾つ, が東京, が飛び上った, が飛び出せ, だ, だの, だの五百機, に近い, の, の大, の爆撃機, の碧緑, はいる, ぽつち, 立てて

▼ 百町歩~ (18, 0.1%)

2 も渠等

1 [16件] かの草地, から作っ, ずつ払下げ, とかの水田, に渡る, の保, の土地, の檜山杉山, の田畑, の耕地, の農場, ほどの貸, まで無償, もある, も持っ, を当時郡長

▼ 百~ (18, 0.1%)

1 [18件] が常, すなわち百句, であったか, とかの付合, となる, とまとまり, と称し, なり五十韻, に及び, に興じ明かした, の仲間入り, の席, の成らぬ, の連歌, を以て終る, を催し, を催した, を結んだ

▼ 百合ちゃん~ (17, 0.0%)

2 お百合ちゃん

1 [15件] がつい, がつかっ, と云っ, のところ, の云った, の仕事, の書く, の番, の病気, の緩慢状態, の金, も幸福, をおんぶ, 大ヘバリ, 見せようと

▼ 百年千年~ (17, 0.0%)

4 の後

1 [13件] と功労, と次第, と経つ, のため, のやう, のよう, の昔, の計, の遠い, の間, も二千年, 待たうとも, 棲んで

▼ 百穗氏~ (17, 0.0%)

2 の未亡人

1 [15件] が枕元, が鴨, とは親交, にとつて, の來状, の問題作, の屏風, の平常, の死後, の畫譜, の秋海棠, は生前保險, は郷里, まで確め, も故人

▼ 百~ (17, 0.0%)

3 の本

1 [14件] くらいの詩, とはありません, にも足りない, のもと, の基, の文, の詩, は読み得た, ばかりの詩, も書く, も読まね, よりも一行, を費し, 依ルトコロ孝ト忠

▼ 百~ (17, 0.0%)

1 [17件] が奥, なす心, なす浜木綿, なす蘇鉄, なす襞, につもる, にも不二, のなか, の大波, の山, の嶺, の春がすみ, の綾, の遠, の雲, の霞, も千重

▼ 百から~ (16, 0.0%)

2 あると

1 [14件] こう脂, 一を, 三百ばかり, 九百カロリーが, 二千の, 五百メートルです, 八千カロリー, 八百までの, 八百位までの, 千四五百に, 四百を, 四百フランの, 精, 見た同じ

▼ 百七十人~ (16, 0.0%)

2 この人数, に余る

1 [12件] からの人数, が憲兵隊, ぐらいの子供, のもの, の人, の多勢, は現在獄中, ほどの人数, ほども店員, より成っ, を殺した, 御香

▼ 百二十~ (16, 0.0%)

2 もある

1 [14件] いやどうか, ですって, になり, の暗号, の砲門, の自然温泉, の高齢, ほどに上がる, ほどを使い, までは受け合う, までは生きる, や千二百, を平らげ, 迄生きない

▼ 百二十年~ (16, 0.0%)

2 ほど前

1 [14件] から二十三年, ぐらいのもの, じゃによって今, たらずの, ですから, で金剛智三藏, にし, に來, に大西洋, の後, の昔, の春, ばかり過ぎた, 古く後

▼ 百五十圓~ (16, 0.0%)

1 [16件] では何で, で賣られた, といふ雜作, とか手切金, となつ, なら賣ると, にて拂, になつた, にふえた, の所, は大阪屋, ほどになつて, を取り戻さね, を受取, 出すから, 迄に負け

▼ 百代言~ (16, 0.0%)

1 [16件] だ, でもなけれ, にすぎない, についてさまざま, になられた, にも劣つた陰険, に仕立てさせ, に仕立てられた, に育てた, のやう, のよう, みて, をし, をやっ, を知り, を頼む

▼ 百千年~ (16, 0.0%)

3 の後 2 の未来

1 [11件] ありこしこと, でもつ, に亘る, の前, の時, の落葉つもり, を経る, を經, 生き延びても, 経っても, 養い得たる我日本武士

▼ 百壽園~ (16, 0.0%)

2 の事件

1 [14件] から下女, で主人, と船板, には良い, に引, のもと, の主人, の先代, の忍, の看板, の看板娘, の神農樣, は唯, をそつくり横領

▼ 百燭光~ (16, 0.0%)

4 の電燈 2 のスイッチ, の電球 1 かと思つた煌々, が輝い, だつた, と云, に照らされた, の照明, の燦, までの灰白光

▼ 百物語~ (16, 0.0%)

2 の催し

1 [14件] か化物合戦記, が行われ, だの, でもし, で幽霊, に人, に白装束, の徒, の徒輩, へ出, も済んだ, をはじめる, をやっ, を完了

▼ 百~ (16, 0.0%)

1 [16件] あっても, かの案内状, ちかく集った, なるを, にも上っ, に及ばん, の問い合わせ, の手紙, は出, ほどの手紙, もある, もの手紙, も其処, も幾千通, や三百通, 出した中

▼ 百ばかりの~ (15, 0.0%)

2 問題は

1 [13件] 兵しか, 兵で, 兵馬が, 墓燈籠と, 手勢を, 燈籠を, 狼追い来, 短篇小説を, 空虚の, 端銭で, 蝦夷の, 銭がねえとは, 魔衆が

▼ 百までも~ (15, 0.0%)

5 生きて 1 借り倒されちや, 出すなんて, 此の, 生きちや, 生きますよ, 生きようといふ, 生きられる, 生きるよう, 生きる工夫, 長生きを

▼ 百三十人~ (15, 0.0%)

2 の人足

1 [13件] で博士, と対談, なり, なれば, のうち, のこの, の女, の日本人, もつ, も妾, を支配, を買入れ, 翌四十三年

▼ 百人千人~ (15, 0.0%)

2 が千人

1 [13件] いか程, と一緒, と次第に, のお, の凡人, の前衛婦人, の力, の為る, の見物, の階級人, はブン, は千人, をころす

▼ 百~ (15, 0.0%)

3 の観音様

1 [12件] という人形共, となく, と半日, の人造人間, の人骨, の左慈, の己, の御, の機械人間, の観音像, もズラリ, より一杯

▼ 百余り~ (15, 0.0%)

2 の瓢箪

1 [13件] が退路, にご, の人数, の兵, の変奏曲, の客, の数, の松火, の精兵, の論文, は倒れ, もあっ, も持

▼ 百~ (15, 0.0%)

1 [15件] あると, か知れない, じゃ利け, つぎこむよりも, であると, という数値, という狂気, の下, の人々, の俊寛, の宝楼閣, の恒星, の財力, や二百億, 毎秒センチ

▼ 百六十年~ (15, 0.0%)

1 [15件] そろそろ交替, ですから, になっ, に當, の北京條, の基, の後, の恩誼, の歴史, の永, の間, ほど後, ほど昔, もつづいた, も前

▼ 百~ (15, 0.0%)

2 の書

1 [13件] という大物, に黄帝明堂鍼灸経, の事, の兵書, の真髄, の著述, を写す, を成し, を撰ばしめた, を著した, を遺し, を遺した, 捲かれても

▼ 百~ (15, 0.0%)

8 の主人 2 の根本, まで廻っ 1 でキヤベツ, の大本, の源

▼ 百~ (15, 0.0%)

1 [15件] からの出品, がつく, でしょう, で英語, とさながら, になっ, に至る, に近く, に達しなく, の器物, の日本画, ばかりもあったろう, を取る, を陳列, 貰ったこと

▼ 百~ (15, 0.0%)

2 も打った

1 [13件] のねらい撃ち, の低速砲弾, の大砲, の弾丸, の早打, の砲声, の砲弾, の礼砲, の重, ばかりの弾薬ケース, ばかり在った, もあった, を乞い

▼ 百~ (15, 0.0%)

3 の料理

1 [12件] あり, ありて, だか, で我慢, といふ心搆, などでも茄子, の仕出, の御, まで遠から, もいま, も亀清, も用

▼ 百諸侯~ (15, 0.0%)

1 [15件] から養子, がおのおの, が供, が大小, それから老中側御用人, つづいて, に開港, の中, の大, の家, の総, の領分, をひとりひとり, を洗う, を相手

▼ 百あまり~ (14, 0.0%)

2 の骨片

1 [12件] この事実, なむありける, のトリック, の人, の戸數, の湖, の白骨, の鰹, も書きとどめられた, も殖えた, も詰まった, をひきつれ

▼ 百~ (14, 0.0%)

2

1 [12件] あ, からという, ということ, とか蟒蛇, と云いやんした, と思う, ね, のといふ, よ野暮, 五百両が, 欲しくば, 欲しくば買ひな

▼ 百三十~ (14, 0.0%)

1 [14件] から二百五十個, だったよ, でお, でこれ, の太, の小銃, の弦四重奏曲, の數, の時, の楼主達, の遊郭, ばかりの問題, を数え, を越し

▼ 百三十年~ (14, 0.0%)

2 の間

1 [12件] から六百六十八年, なのに, に日本, に生れ, に韓, の昔, の期間, の歳月, の私, ほどの昔, ほど前, も前

▼ 百二十度~ (14, 0.0%)

1 [14件] ぐらいだった, ずつ開いた, であった, という暑, ないし九十度, などさまざま, にも上る, にも下っ, に對比, に相, の宇宙的, の工場, の温泉, の高き

▼ 百二十米~ (14, 0.0%)

3 の圏, の峰 1 に及ん, の八十三山, の地点, の大日岳, の社山, の等高線, の長大, を超え

▼ 百五十キロ~ (14, 0.0%)

2 ばかりのところ, もある 1 というところ, にあげろ, のランビァン, の所, の高, ばかりくだった, ばかりだ, まで出る, 出せと, 走つた

▼ 百五十万人~ (14, 0.0%)

1 [14件] か, から五万円余り, が学齢以前, が百四十万, という人数, という勤労動員, に上つて, のうち, の労務員, の失業者, の糞, ばかりであるらしい, を失った, を失業

▼ 百五十文~ (14, 0.0%)

1 [14件] お子供衆, か二百文あたり, が得分, ぐらいでは泊め, ぐれえには, ずつ払っ, だてぇますから, のメリ, ばかりで, ばかりの駄賃, まであり, 出して, 張ったぞ, 高いところ

▼ 百余日~ (14, 0.0%)

1 [14件] さまよいある, だ, にわたる牢獄生活, にわたる遠征, にわたる関東遠征, のあいだ, のヒゲ, の八寒, の後, の期間, の長い, も打ち通そう, も水, を累

▼ 百~ (14, 0.0%)

4 の鐘 1 というの, のアイルシチュー, の妖星, の念珠, の患, の松明, の煩悩, の谷, の魔君, は旧

▼ 百~ (14, 0.0%)

2 を選んだ

1 [12件] と限った, などという多作, に達する, に限った, の連句, の連歌, を一日一夜, を吐いた, を李堂, を次ぐ, を示すべし, を示せとなら

▼ 百~ (14, 0.0%)

3 と云

1 [11件] のもの, の中, の中百町, の二割, の地面, の官林, の田, は古川, は隅, もある, も植

▼ 百~ (13, 0.0%)

1 [13件] が交った, が夕方, の一行, の乗った, の座敷, はわざと, は上山, は土手町, は少し, は少しく, は百方調停, は覚えず, は路用

▼ 百キロメートル~ (13, 0.0%)

1 [13件] という近く, という長い, どころかその, に短縮, のところ, の向う, の地点, の遠方, の高空, ばかりいった, も隔つたドルドオニ河, を観測, を隔てた

▼ 百七十年~ (13, 0.0%)

1 [13件] であ, に作つた一幕劇, のフランス, の倶利伽羅法要, の大, の年月, はたしかに, ばかりの間, ほどの昔, ほど昔, を通じて百姓一揆, 程遲, 経つて

▼ 百五十万円~ (13, 0.0%)

1 [13件] か, が, ぐらいの仕事, ずつ四ヵ月間, で家, にも達し, の, の出資, の救護資金, の費用, はする, を全部寄付, を浮かし

▼ 百五十騎~ (13, 0.0%)

1 [13件] か, が乗り込み, が追, ことごとく一騎当千, だけが夜, という小勢, とは案外, にございまする, にみな笠印, ほどの士頭, を提げ, を率, を追

▼ 百何十円~ (13, 0.0%)

1 [13件] か, かで買い取りました, かをせびった, か彼女, というの, といふ巍然, とかする, とは殆, は百倍, を支払っ, を納め, 出して, 出せ

▼ 百~ (13, 0.0%)

2 あった

1 [11件] か捨てね, が普通, が自分, でもこっち, とはべら棒, とは高い, にはね上った, もする, よりやすい, を放っ, を送り

▼ 百八十度~ (13, 0.0%)

1 [13件] ぐらい回転, であるという, なりその, にひろまり, にグラリ, の大, の展開, の廻転, の転回, ばかりまわった, よりも二十度, 廻して, 転じて

▼ 百円近く~ (13, 0.0%)

3 の金 1 になっ, になってる, になる, にもなっ, の利子, もズル, 取られたらしいけど, 残って, 納めて, 集まった金

▼ 百叩き~ (13, 0.0%)

2 は終ったらしく

1 [11件] だて, ですか, で押ッ, にこそされなかった, にされた, にし, に会った, の責苦, も終ったらしく, よ, 御所払い

▼ 百~ (13, 0.0%)

4 の小切手 1 から三百弗, する鳥渡高価, の報酬, の大金, の賞金, までは出し, もかかる, 程の負債出来奮闘真最中, 貸すから

▼ 百~ (13, 0.0%)

1 [13件] か何千挺, が一度, でも一つ物, といわるる, の剃刀, の弓, の数, の鉄砲, の鉄砲組, も打ちおろした, も持っ, を持つ, 打ち放し候ところ

▼ 百数十年~ (13, 0.0%)

2 の昔, も前, も昔 1 たって, たつて, の天下, を経た, を要する, を隔て, 其の人

▼ 百~ (13, 0.0%)

2 の石段

1 [11件] あるから, ある高い, かの石段, とも知れず, とも知れぬ, ほど登った, もある, もすぐれた, も降りた, をのぼっ, を木履

▼ 百~ (13, 0.0%)

1 [13件] が三原山, が投げこまれ, しか飲めなく, とはあるまい, の入った, の容器, の蛋白質, をも右側大腿, 乃至千九百瓦, 即ち二十五匁, 即ち五十匁, 即ち百二十匁, 飲め

▼ 百米以上~ (13, 0.0%)

2 の山

1 [11件] という針木, に達し, の平均高度, の落差, の高山, の高度, はたしかに, もあろう, を降り, 掘出されそこで, 高いから

▼ 百萬遍~ (13, 0.0%)

1 [13件] が始まる, が濟, のお寺, の内, の声, の念仏, の講中, ほどお, もくり返す, も稱, をやつ, を稱, を繰返す

▼ 百にも~ (12, 0.0%)

1 [12件] あまる朱, おしげにも, ならぬ無駄話, まさむ, 今まで, 余る女出入, 欠けて, 為切っ, 足らないの, 足らぬ小勢, 足りない兵, 達するであろうか

▼ 百万倍~ (12, 0.0%)

2 の百万倍 1 ある, あるから, ぐらいはあります, のその, の放射能, もはやく, も下劣, も大きかっ, も大きな, も遠く

▼ 百三十両~ (12, 0.0%)

2 という大穴 1 という大金, と年賦, に売れた, の大穴, はこの, は鈴文さん, までに負け, 使いこみ, 使い込みただし, 使い込んだに

▼ 百余合~ (12, 0.0%)

2 のうち, のうち六十二合, のお, ほどございました, 巻かずに 1 も戦った, をかぞえた

▼ 百八人~ (12, 0.0%)

2 の殉死, の豪傑 1 が挙げ, とある, について調べた, のその, の代表, の男女, も個々討死, を三年間

▼ 百六十~ (12, 0.0%)

2 や三千六百 1 あります, だらう, という絶対多数, とか覗い, に及ぶ, のひとつ, の命, の旧, の骨, 第一辰

▼ 百六十円~ (12, 0.0%)

1 [12件] くらい貰っ, である, でお, ということ, と云, になつ, の大穴, の赤字, の配当, は承認, もかけ, 払って

▼ 百四十年~ (12, 0.0%)

2 ほど前 1 たまたま世界未曾有, にポルトガル, のあいだ, の末, の頃, ばかり前, ばかり徳川中期, ほど早く, 全世界, 再び仏国協和論

▼ 百年二百年~ (12, 0.0%)

1 [12件] とたちます, と生きられる, の月日, もたっ, もつづくであろう, を経た, を要する, 乃至千年万年, 或いは三百年前, 経って, 経つたつて, 続いてると

▼ 百年以来~ (12, 0.0%)

1 [12件] おなじ病人, といつ, のこと, のよう, の思ひ, の旧慣, の模倣, の習慣, 住んで, 動かぬ五十年, 徐々に醸され, 続いて

▼ 百~ (12, 0.0%)

1 [12件] かの持主, でも実は, と申します, の古梅, の持主, の桜, ばかりそれ, ばかりの薔薇, ほどまとまっ, を補植, を買, 買うこと

▼ 百~ (12, 0.0%)

2 ばかりの間隔 1 くらいのところ, で又, と云う, の全校一, の有, ばかりも先んじ, ばかり沖合い, ばかり無理, もない, も泳いだ

▼ 百~ (12, 0.0%)

3 の大群, の車 1 とも数, とも數, になっ, のライオン戦車, の馬車, 作らせた

▼ 百~ (12, 0.0%)

1 [12件] であるという, にし, に過ぎない, の財, はそう, をあたえ, をつかん, をとり出す, をも戻さず, を与え, を再び, を受け

▼ 百~ (12, 0.0%)

1 [12件] あやんわり, あ他行, という青物担売, といふ料理屋, と字, と焼印, と読める, の仕事, の提灯, の物, へ行っ, を白眼

▼ 百~ (12, 0.0%)

1 [12件] うごめく夜景, が深夜, が跳梁跋扈, に簡閲, のうち, のおのずから, のウゴメキ, の中, の図, は跳梁, を相手, を簡閲

▼ 百ほど~ (11, 0.0%)

1 [11件] でそこ, な人数, な小勢, な用意, 仕切りが, 借りが, 嬬弱い, 屯し, 掛かり下, 蓄め込んだ, 野陣を

▼ 百カロリー~ (11, 0.0%)

2 の熱量 1 かずつ儲けさせ, から五千カロリー, がせいぜい, で済む, としてある, の営養価, はとれない, を要する, 優って

▼ 百七十円~ (11, 0.0%)

1 [11件] から五百五十円, で買っ, と言, の利, の間違い, は先方, は高, ばかりそれから, ほど傷め, まさか払わない, まで負けましょう

▼ 百万以上~ (11, 0.0%)

2 の人間 1 おそらく百三四十万, すなわち三分の一以上増加, だと, に受取る, に達したら, の人口, の大きな, の朝鮮人, はあった

▼ 百九十年~ (11, 0.0%)

1 [11件] から七百十五年, で一章づゝ, にし, に上海, の, の二月, の代, の命数, ばかり前, まで彼, も前

▼ 百五十兩~ (11, 0.0%)

1 [11件] だ, といふ大金, とかだ, と云, になる, の代り, の外, の手當, の金, は高く, より鐚一文

▼ 百五十日~ (11, 0.0%)

1 [11件] でもわるい, となる, の間, は降る, ほどになる, も水行, や, を経, 打ち続けて, 生きのびる勘定, 計三十二石八斗五升

▼ 百五十米~ (11, 0.0%)

1 [11件] ぐらいの姿, ぐらい先, だけ高く, にも及び, の峰, の浅間山, の登り, の絶壁, もある, も下る, も登ったろう

▼ 百人何千人~ (11, 0.0%)

1 [11件] がいっしょ, という人, となく, とも知れない, なりとも, の人々, の力, の壽命, の大人たち, の難儀, もの優れた

▼ 百人足らず~ (11, 0.0%)

1 [11件] である, でしたがね, なんで破れぬ, にすぎなかった, のスキャップ, の一小隊, の人足, の小勢, の若い, やがて会津, 集まった勤番

▼ 百十年~ (11, 0.0%)

1 [11件] でしたあれ, ですからねえ, とすべきだ, に此, に私, に過ぎぬ, の星霜, の春, の調査, ほどにしかならない, を一期

▼ 百~ (11, 0.0%)

1 [11件] だよ, といふの, に絞められる, の肩, は, はお, はそれ, は少し, は打ちのめされた, は親許, は默

▼ 百四十円~ (11, 0.0%)

1 [11件] がとこ, だそう, で円タク, で飛車, という算盤, という金, なりに辿りつきたい, になる, のモウケ, は光井, ばかりの勘定

▼ 百~ (11, 0.0%)

2 の榻 1 にかけてしぼらせ, の路, ほど必ず, もお, も通っ, をひとり, 詣りに, 通ったという, 通っても

▼ 百~ (11, 0.0%)

2 もある 1 か分りません, たつ沖, のやう, の渓谷, ばかり束ね上げた, ほどになった, ほど沈む, もの本, 近くのばし

▼ 百層倍~ (11, 0.0%)

1 [11件] もこの, もまし, も人, も千層倍, も可愛らしかっ, も大きい, も尊い, も居心地, も綺麗, も阿呆もの, 恐ろしいはず

▼ 百~ (11, 0.0%)

2 の立ち, の総領, の跡取り息子, の近く 1 に託した, の法, は復

▼ 百~ (11, 0.0%)

2 を吸う 1 だつた, などの諸君, の一時, の安, の海, の赤心, はそれ, は陰, を説かん

▼ 百年代~ (11, 0.0%)

2 の人, の初頭 1 からローマン主義時代, であるし, にシャレマアニュ, に作った, のこと, のマザラン宮殿宝什目録, の新型自転車

▼ 百年位~ (11, 0.0%)

1 [11件] かかるもの, であります, で終り, と見積られ, には溯り得る, の時間, はかかる, はわけなく生きる, も後で, 堂々たる大木, 生きて

▼ 百年余~ (11, 0.0%)

1 [11件] といふ伝, と末一世紀半, にわたる南北両朝, にわたる長い, のむかし, の余, の月日, の栗, も生きた, も経った, を生き

▼ 百年忌~ (11, 0.0%)

2 に當 1 としてお, に, にいろ, に相当, に箱根, のため上洛, もほど近い, をかねた, を指示

▼ 百~ (11, 0.0%)

2 ずつ刈れ, 持って 1 かの廐肥, ずつの松明, たきぎ, とあっ, に二十二三把, の論, 払うや

▼ 百~ (11, 0.0%)

5 して 1 した, し霧, すべし, するを, の詫び言, を終っ

▼ 百数十名~ (11, 0.0%)

1 [11件] にのぼる, にものぼるらしく察しられた, のこれら, のケン挙, の中, の住所番地, の婦女子, の殉教, の集団, を総, を郡役所楼上

▼ 百日紅~ (11, 0.0%)

2 のちら, の花 1 といふ題, と云, の枝, の落葉雨, は蛇, もあり, を見

▼ 百~ (11, 0.0%)

1 [11件] といったよう, と題せし, にこれ, の中, の中廓中東雲, の内, の如き, は惜しい, や隅田川, をさながら, を並べた

▼ 百~ (11, 0.0%)

1 [11件] か配給所, すなわち度量衡, だ, とか銭何貫文, と注し, に対して十五束, の薪, は流れよりました, ばかりあった, ほども焚いた, を給

▼ 百~ (11, 0.0%)

1 [11件] となり, とも知れない, と走っ, に至り, の水, の泉, の火, の簾, の脈, の赤い, 書くところ

▼ 百歳以上~ (11, 0.0%)

2 の老人 1 だらう尤も, ではあるまい, に五人, に延長, の婆さん, の沈鬱, の老婆, の長寿, まで生きた

▼ 百~ (11, 0.0%)

1 [11件] で医師, というの, という八百屋, など出せず, には上総生れ, の子守, の家, は一人, もする, も出せ, を全

▼ 百~ (11, 0.0%)

2 に上りました 1 という題, などを画く, にも有ります, のはし, の詰将棋, は見た, を了, を出し, を本箱

▼ 百しか~ (10, 0.0%)

2 ない, 出て 1 ない図書館, なかった, なくそれ, ねえぜ, ねえの, みえなかった

▼ 百たび~ (10, 0.0%)

1 おしやるとも, となく, はずすこと, ぶちますと, も牙, 打った時, 投ずれば, 攻めても, 発して, 見たとて

▼ 百グラム~ (10, 0.0%)

2 と交換 1 で六十カペイキ, という夥しい, に等しい, のラジウム, の吐血, の牛肉, までは致死的, 買うのに

▼ 百メートル以上~ (10, 0.0%)

2 もある 1 にはもう, の山, の高丘上, の高山性裸地帯, はなれ, もつづい, も下流, 離れたところ

▼ 百万キロ~ (10, 0.0%)

2 の発電 1 がたった, だと, である, として航路, の電力, ばかりのところ, ほどになっ, 運ぶだけの

▼ 百万フラン~ (10, 0.0%)

1 に当たる, の価格, の裏, の金, はテーブル, は持ち出す, も財産, を控え, を救済, を示し

▼ 百万ルーブリ~ (10, 0.0%)

1 からの贋造紙幣, という価格, という利益, という取引, という金, という金塊, とかつんだ, の工業生産予定, まで高めた, も買いこんだ

▼ 百~ (10, 0.0%)

1 から八百三位, か寺, が可愛い, という人, に永く, に菩薩菩提樹下, の大, の嫁さん, の時分, は十

▼ 百三十円~ (10, 0.0%)

1 ある, こんな放蕩息子, だから, である, に年金, に当たる, の実費, の餞別, ほどありました, 貰えば

▼ 百二十五年~ (10, 0.0%)

1 から推し, であります, である, と逐次, に公刊, に支那在住, に遼, の五月, の割合, の衣魚

▼ 百二十四号~ (10, 0.0%)

1 が低い, が呼びとめた, が長い, の口, の耳, は, はマスク, は聞きおわる, は起ち上がっ, もランプ

▼ 百五十歳~ (10, 0.0%)

1 というの, という言葉, なり, になる, の壽, の老, の隠居さん, ほどに当る, までお前, までと申した

▼ 百五十里~ (10, 0.0%)

1 にも及ぶ, の瀘水, の道程, はあろう, はなれれ, もある, もの遠い, も離れた, を来, を隔て

▼ 百人位~ (10, 0.0%)

2 しかはひれない 1 あります, だった, のお客さん, の壮士, は入れる, は泊, 入つた様, 入つた樣

▼ 百人分~ (10, 0.0%)

1 ぐらいの茶碗, のキャラクター, の昼食, の生命, の米, の註文, ばかりがこの, も戦え, を道勝, 合せたぐらゐ馬鹿

▼ 百八十人~ (10, 0.0%)

1 が控え, だかが, という多勢, と御, にのぼった, にも上った, の人, の候補者, の隊, 並べて

▼ 百六十米~ (10, 0.0%)

3 の圏, の小圏 2 を超え 1 の地点, を超えた

▼ 百円也~ (10, 0.0%)

2 ではあんまり 1 が寄附, となった, と記入, の血, を呈上, を寄贈, を滝村, を請求

▼ 百十九年~ (10, 0.0%)

2 の七月 1 かまたは, という年, にオークランド市, に吐火羅, に潮州, に英国東印度会社, の, 第一次大戦

▼ 百千万~ (10, 0.0%)

1 のま, の同類, の大衆, の存在, の家庭, の想像, の猿, の詩, の警告, の金銀

▼ 百千人~ (10, 0.0%)

1 とも知れぬ, にずっと, に相, の信徒, の力, の多き, の家臣, の生血, の若い, の門人

▼ 百~ (10, 0.0%)

2 の白絹 1 が一尺四五寸, の中二反, の獣皮織物, の織, 帆は, 注文乞ふ, 渡して, 置いて

▼ 百合姫~ (10, 0.0%)

1 か夏, と訳し, に附, のこと, の夏, の朝廷, の音, は三年前, は道, をその

▼ 百合枝~ (10, 0.0%)

1 がどう, と小間使, のさめ, の全身, の口, の手先, の方, は涙声, は着, を中

▼ 百合花~ (10, 0.0%)

2 やトマト 1 そのままな, とや言, のうへ, のよう, の色, の花粉, も薔薇, をあらわす

▼ 百四十人~ (10, 0.0%)

1 いるという, からの群れ, が所属, その配下, である, に過ぎず, の上演料, の信徒相会, の僧侶, の最も

▼ 百日間~ (10, 0.0%)

2 は彼 1 でスッカリ, に國綱, に東儀殿, のアンジュルジャンス, の断食, の水行, の謹しみ, 養うこと

▼ 百~ (10, 0.0%)

2 の中, 自歌合 1 の物語, の舞, までの旗, までの目録, まで入った, も実演

▼ 百石以上~ (10, 0.0%)

4 の大船 1 でしょう, となれ, の船, の諸, の軍船, は旗本

▼ 百米前後~ (10, 0.0%)

2 のもの, の高 1 であって, の丘陵, の山, の榛名山, の部分, の隆起

▼ 百~ (10, 0.0%)

1 ついやせ, にまさる, にも, に勝る, に噛みくだい, よりもすぐ, よりもはるか, を刪つて此, を費やさなけれ, 御指摘

▼ 百金銭~ (10, 0.0%)

3 を与え 1 を受け, を屍, を懸賞, を持ち来り, を持っ, を渡せ, を獲た

▼ 百露里~ (10, 0.0%)

1 からの道, でございます, というところ, のこの, のレール, の此, ばかり距, もござります, も離れた, 歩いても

▼ 百~ (10, 0.0%)

2 ずつの檜 1 ずつの檜木, に近い, の半分以上, の蓮茎, の輸送隊, を守っ, を軍, 入れるん

▼ 百ある~ (9, 0.0%)

1 かわからない, が彼奴, として味方, とも見当, と云, と聞いた, のか, 危険を, 話の

▼ 百には~ (9, 0.0%)

1 いつもの, なりますわね, なるん, 三位と, 半分も, 咄嗟の, 満たない, 経学などを, 足りますまいが

▼ 百ほどの~ (9, 0.0%)

1 人数が, 兵しか, 兵を, 客が, 旗下の, 村落で, 軍隊が, 騎兵隊な, 騎馬の

▼ 百ボルト~ (9, 0.0%)

2 の電気, の電流 1 の交流, の灯火用, の電池, の高圧線, まであげろ

▼ 百万ボルト~ (9, 0.0%)

2 の電流, の高圧変圧器 1 ぐらいで動きだした, では, のイオン加速度装置, の電源, の高圧電流

▼ 百万円以上~ (9, 0.0%)

1 ありと, かかるでせうね, が物, そして一致, ですらも, にのぼっ, の予算, の資産家, 入って

▼ 百万部~ (9, 0.0%)

2 の本 1 というの, とす, と称す, の雑誌, は出版, も売れる, よまれて

▼ 百五十マイル~ (9, 0.0%)

1 くらいしか離れ, というところ, の航, の距離, ほどのあたり, も行く, を離れたる, を馬, 走り続け得

▼ 百五十萬圓~ (9, 0.0%)

2 と云 1 であるが, と開墾, の價, の金, 合せて, 掛けて, 掛る其外田畑宅地立木容易

▼ 百何円~ (9, 0.0%)

1 かの通帳, しか金額, って大金, で女, にもなる, の現金, の金, を静岡大火, アガった由

▼ 百何十兩~ (9, 0.0%)

2 の金 1 といふ大金, と絞られた, は何處, は大金, は變, も絞られる, を吐き出させた

▼ 百余円~ (9, 0.0%)

1 あった, が支出, の寄附金, の責, はそのまま, を元, を剰し, を奪い取っ, 出し社殿

▼ 百八十~ (9, 0.0%)

1 であったとの, と國, のお年, の戦死体, の橋, の物, の神, の銅貨, 一方マイル

▼ 百八十米~ (9, 0.0%)

5 の圏 1 であるから, の小在, の峰, の等高線

▼ 百十一個~ (9, 0.0%)

1 で右, となる, の一分銀, の量目, をもって新, をもって米ドル, をもって米銀百ドル, を以て新, を百円

▼ 百城月丸~ (9, 0.0%)

1 か, との恋, とは蔵屋敷, と改めて, と申しまする, と申す, なる者, を埋め, を殺し

▼ 百尺以上~ (9, 0.0%)

1 にある, の山中, の深い, の煙筒, の高山, の高度, もある, も掘らなけれ, 掘らなけれや

▼ 百~ (9, 0.0%)

2 と霞沢山, の麓 1 と霞沢岳, の夕日, の裾, はなかなか, 之木郷

▼ 百年先~ (9, 0.0%)

2 の事 1 きで死んで, に出来上る, のこと, の文化人, は知らぬ, へも生かす, よりも千年先

▼ 百年記念~ (9, 0.0%)

1 として上梓, として初めて, として明治神宮, として最近, として藩祖, に出版, に際して出版, の大博覽會, の大赦

▼ 百度石~ (9, 0.0%)

2 に倚, の下, の側 1 だの灯籠, という石, の前

▼ 百数千~ (9, 0.0%)

3 の人 1 ありとあらゆる町奴, の犠牲, の細流, の雀, の顔, の魚人

▼ 百枚近く~ (9, 0.0%)

1 なつたぢ, の小説, も一度, も入っ, も生顔, 届いたの, 散らばつて, 書いて, 書きあげたが

▼ 百~ (9, 0.0%)

6 の御 1 の眞賢木, の軍, 真賢木

▼ 百目位~ (9, 0.0%)

3 の雛鶏 2 の雛鳥 1 な雄鶏, の新しい, の砂糖, の鶏

▼ 百近く~ (9, 0.0%)

1 あります, ありますので, あり其過半, である, なった時, の町, まだ一つ, もある, 集まりました

▼ 百あっ~ (8, 0.0%)

2 ても足りない 1 ても学問, ても小さい, ても足り, ても足りねえ, てやっと, て描け

▼ 百ずつ~ (8, 0.0%)

1 くれる, くれると, 一所に, 息を, 打たれた, 笞たれ, 置いては, 進上する

▼ 百ぴき~ (8, 0.0%)

1 いたって, こようと, というへび, というホタル, ともしれぬ, の怪魚たち, ほど放す, や千びき

▼ 百までの~ (8, 0.0%)

1 タトエで, 喩えの, 愚を, 数を, 数字を, 虫を, 計算だの, 諺ど

▼ 百ヱルスト~ (8, 0.0%)

3 の道 1 といふ遠道, の幅, ばかりも遠ざかつたら, も行く, も送つ

▼ 百七十五年~ (8, 0.0%)

2 の十一月 1 から千二百九十二年, とその, にはマドリッド, のこと, の万聖節, はその

▼ 百万冊~ (8, 0.0%)

4 の本 1 である其三百万冊, と多けれ, のうち, を小車

▼ 百三十万~ (8, 0.0%)

1 ぐらいのもの, になっ, のクラブ員, の人口, の未, の民, はあるであろう, 近い人間

▼ 百三十四番~ (8, 0.0%)

3 の札 1 が一番札, だぞ, はない, を呼び出し, を当り

▼ 百九十兩~ (8, 0.0%)

2 の盜人 1 といふより, といへ, と纒まつ, の小判, の片ら, 溜める人間

▼ 百二三十~ (8, 0.0%)

2 迄は生きる 1 が二度, しか持ち得なかった, ずつ袋, の捕物小説, も取れまし, 迄生き

▼ 百二十五歳~ (8, 0.0%)

1 の長寿説, までの寿命, までは衰, までも寝, まで生きられる, まで生きられるだろう, まで生きる, まで生き得べし

▼ 百五十フラン~ (8, 0.0%)

1 であった, でマリユス, になる, にまけ, に訂正, も取る, を出なかった, 集まるわけ

▼ 百五十倍~ (8, 0.0%)

1 にまで変化, に達しました, に達する, の複雑さ, の鏡, の難儀さ, も騰っ, 或は二千四百倍

▼ 百五十坪~ (8, 0.0%)

1 だけを借り受けた, で高い, に対する設定金額, の一画, はそれぞれ設定, も普請, を年賦, 程の患者

▼ 百五十目~ (8, 0.0%)

1 あったと, あったの, といっ, にふえ, の綿, の鶏, 増えて, 殖え十日

▼ 百五十石取り~ (8, 0.0%)

5 の旗本 1 でお側, の上士, の横目役

▼ 百人余~ (8, 0.0%)

1 であった, と思われた, になり, ののろく, の健児, の長州勢, はいたろう, は中軍

▼ 百人目~ (8, 0.0%)

2 の女 1 かもしれない, か知れなかった, だけは自分自身, に血潮, の唇, の満願

▼ 百何人~ (8, 0.0%)

2 が皆, の生徒 1 かの文芸家, か説諭, がことごとく, という大

▼ 百余種~ (8, 0.0%)

1 あり, に達し, の妖怪事項, の文芸雑誌, の雑誌, もあった, を収集, を所蔵

▼ 百余頭~ (8, 0.0%)

2 がこの, の馬匹 1 さらに進撃, もあった, を張飛, を焼かしむ

▼ 百八街~ (8, 0.0%)

1 には火消し, によって昔, の幌自動車, の辻, は夜中, を巡邏, を引き廻される, を残り

▼ 百六十度~ (8, 0.0%)

1 から千百七十度, すなわち一廻転, であるという, というむしろ反対, に分ける, を, をぐるっと, 乃至二百七十度ニ

▼ 百円内外~ (8, 0.0%)

2 の収入 1 かければ, から二百三四十円, でウッカリ, と, の手当, も伐り出しました

▼ 百分一~ (8, 0.0%)

2 にも當ら 1 とか千分一, とも謂, にも足らなかつた, の, の差, の等閑

▼ 百十五年~ (8, 0.0%)

1 から七百十七年, だが, でありちやう, に亙, に支那學, に柳州, の後, 即ち今

▼ 百合江~ (8, 0.0%)

1 がうち, でありましたから, と名, と申す, に対する恋ゆえ, の恋, は右門たち三人, を殺し

▼ 百四十米~ (8, 0.0%)

2 の圏 1 という音, としても, の一峰, の線以下, をいくら, を下らない

▼ 百年來~ (8, 0.0%)

1 のこと, の溜飮, の老樹, の蔦衣, の詩學, やつて, 同じ鯨音, 成り來つた村

▼ 百年餘~ (8, 0.0%)

4 の間 1 なりきといふ, に及び, に及べる, の間アルバ

▼ 百~ (8, 0.0%)

2 して, の功 1 によって得た, の中, の老巧, を経た

▼ 百~ (8, 0.0%)

2 の罰 1 の刑, の刑打, の閃く如く, を下された, を打っ, 敲かれて

▼ 百~ (8, 0.0%)

2 でも汲みました 1 かのカレーライス, で一円五十銭, の酒, もかぶった, もかぶつ, よりも明日

▼ 百~ (8, 0.0%)

1 すなわち十五頃, となる, のこと, の田, の良田, も作る, を以て数へた, を日本式

▼ 百種類~ (8, 0.0%)

1 くらいマカロニ, と持っ, のもの, の蛇, の蜘蛛, の貝, も数, をかぞへられる

▼ 百~ (8, 0.0%)

2 の環 1 ずつ纏めれ, であった, であつ, に近い, の中, の首

▼ 百~ (8, 0.0%)

1 お米, か数え切れない, せめて千粒, ってはじめ, の実, も口, やった内, ボリボリかみ

▼ 百~ (8, 0.0%)

1 と云, と多量, の製作, は何うに, や五百臺, を右, を目標, を製作

▼ 百草園~ (8, 0.0%)

1 と呼ばれ, に来た, に行く, に遊びたる, のお, の築地垣, を捨て, を覗い

▼ 百萬年~ (8, 0.0%)

1 と云, の後, の日附, の舊國, の間, も千萬年, を經, 生きながら

▼ 百貫目~ (8, 0.0%)

1 のもの, の石, の糠, の鉄槌, ばかり各所, も引っ担い, を要する, 掛ける十

▼ 百餘人~ (8, 0.0%)

1 が墨子, が鐵砲二百挺, の乘組, の入園患者, の大勢, の生徒, の訪問, を捕

▼ 百馬力~ (8, 0.0%)

2 の船 1 だという, で三四トン, というところ, になっ, の釜, の電動機

▼ 百~ (8, 0.0%)

1 だの, といふ處, になつ, に對, の歌, は少々, は後者, をつける

▼ 百〇一版~ (7, 0.0%)

2 を出す 1 から, から始まる, から福永書店, の巻首, の序

▼ 百マイル以上~ (7, 0.0%)

1 の地点, の旅行, もある, もはなれ, も北, も遠い, も離れ

▼ 百マルク~ (7, 0.0%)

1 かからない位, でございます, でまったく, になる, の割, の懸賞, を給

▼ 百ルピー~ (7, 0.0%)

1 あれば, だけ送っ, の金, は私, ほど持っ, 与える, 戴きました

▼ 百七十~ (7, 0.0%)

1 だつた, だつたよ, ですつて, といふ数, の噴行艇, の大小会社, 一方マイル

▼ 百万台~ (7, 0.0%)

1 のトラツク, の修理, の受信機, の間, より六百万台, をまた, ノ

▼ 百万塔~ (7, 0.0%)

2 を作られた 1 のひと, の図, の如き, の版経, は百家説林

▼ 百万磅~ (7, 0.0%)

2 という 1 が流通, と見積られ, の増加額, の時, または平均

▼ 百三百~ (7, 0.0%)

1 あるいは百, ずつ一所, という下っ, と懐ろ, と秀吉, と預っ, の損

▼ 百九十円~ (7, 0.0%)

2 ならよそ 1 かねそれ, にする, の全, をといううなぎ上り, を持参

▼ 百二三十人~ (7, 0.0%)

2 に及ん 1 にも上った, に分配, の証人, もあつ, 死にました

▼ 百二十五両~ (7, 0.0%)

1 お持ちなすっ, になった, になる, の儲け, の金, を掻き集めよう, を請け取った

▼ 百二十兩~ (7, 0.0%)

2 の小判 1 が惜しく, の惜し, ほどせしめ, を元, を奪

▼ 百二十目~ (7, 0.0%)

1 お砂糖, ですから, という同じ, に砂糖一斤, の事, 即ち英一斤, 親属故旧

▼ 百五六十~ (7, 0.0%)

1 と答え, と見れ, になり, にも及ぶ, に過ぎなかった, のテント, も張っ

▼ 百五六十円~ (7, 0.0%)

1 しかしこの, にもなつて, の人たち, の生活, はかかる, までぐらいの社員達, を一ヵ月

▼ 百五十ルーブリ~ (7, 0.0%)

2 から五百ルーブリ 1 かかります, だそう, である, とる労働者, の余

▼ 百五十一年~ (7, 0.0%)

1 から七百九十一二年, に當, に當つて, のこと, の七月二十七日, の六月三十日, の初

▼ 百五十万ドル~ (7, 0.0%)

1 という, という遺産, という金, と見積った, に相当, の鉱業権, は出す

▼ 百五十余人~ (7, 0.0%)

1 からのもの, からの百姓, すくない, その主, の参詣者, の百姓一揆, を斬った

▼ 百五十町歩~ (7, 0.0%)

2 近い蔬菜栽培 1 だから, の地積, の畑地, 近い, 近い面積

▼ 百五百~ (7, 0.0%)

1 あれ, から精, とつみ重ね, と入り揚げた, ないし千以上, の乾児共, の客

▼ 百人中~ (7, 0.0%)

5 の一人 1 で九十人, の一

▼ 百人前~ (7, 0.0%)

3 の仕事 1 という弁当, の膳飯, の食物, を越える

▼ 百何十~ (7, 0.0%)

2 加えれば 1 という所, とやらにのぼった, と並ん, になる, の到来

▼ 百余枚~ (7, 0.0%)

21 にわたる, ほどご, ほど書い, を嵌めさせた, を描きぬ

▼ 百余首~ (7, 0.0%)

2 あり千首 1 の作品, の新作, もその後半期, を得, を貫ける

▼ 百倍千倍~ (7, 0.0%)

2 にし 1 と加, にもし, にもふえ, にも値い, の大きな

▼ 百八十名~ (7, 0.0%)

1 と云いふらす, と報道, の連署, の鎮台内, の雑兵歩人ら, ばかり, への割当

▼ 百円私~ (7, 0.0%)

2 が出します 1 があげよう, が百円, にち, の年棒, の持ち

▼ 百匁以上~ (7, 0.0%)

1 でよかっ, に育った, に育つ, のもの, の大物, の鮎, もある

▼ 百匁蝋燭~ (7, 0.0%)

1 が一本, が燐寸, が白晝, のつけ残り, の光り, の炎, の燭台

▼ 百四十七年~ (7, 0.0%)

1 とある, と云う, なりと, にはシュレスウィッヒ, には女王狗奴國, にヨーロッパ, の大

▼ 百城先生~ (7, 0.0%)

2 の門 1 の奥さん, の巣, の膝下, の遺文詩集, はその

▼ 百~ (7, 0.0%)

1 とか野村望東尼, などを覚えた, に三河家荒二郎合同, のヴァレー姿, の噂, は私, をそのものたち

▼ 百年三百年~ (7, 0.0%)

3 たった後 1 にいっぺん, の仕来り, 引き続いて, 或は數百年前

▼ 百年以後~ (7, 0.0%)

1 にはじめて, には低級, に出来ました, に始め, のこと, の記述, 甚だしきは

▼ 百年昔~ (7, 0.0%)

1 と同じ, に描かれた, のもの, の程朱, の逆賊, の酒飲み, へ行く

▼ 百年頃~ (7, 0.0%)

1 には人, には印度, に印度, に王位, のヱジプト王セテイ一世, までに出来た, 元龜

▼ 百数十人~ (7, 0.0%)

1 の列, の労働者家族, の大小, の精霊, の選手, も共に, も見出し

▼ 百~ (7, 0.0%)

2 へ進上 1 がうようよ, の人間像, の犬, の花鳥, の顔つき

▼ 百~ (7, 0.0%)

3 のところ 1 でもう, ほど西, もあります, も離れた

▼ 百石積~ (7, 0.0%)

2 の金毘羅船 1 の玄海丸, の船, の藩船, を家, を駈け

▼ 百石船~ (7, 0.0%)

2 の胴の間 1 がそこ, で運ん, といえ, の舳, ほどもあろう

▼ 百米附近~ (7, 0.0%)

1 から伊吹麝香草, から姿, から急, から東, で休んだ, と思われる, までは確

▼ 百蔵さん~ (7, 0.0%)

1 お入り, このお方, でしたが, とおっしゃいました, とおっしゃいます, とかおっしゃいました, と呼ぶ

▼ 百間先生~ (7, 0.0%)

1 が来た, だろう, になる, にはじめて, は法政大学, もビール, を随筆家

▼ 百首歌~ (7, 0.0%)

1 しける折, などを詠んだらしい, の中, の稽古, や歌合せ, を詠じた, を詠ん

▼ 百~ (7, 0.0%)

1 が, が囀り, の, のつ, の中, の仙境, の羽掻絶間

▼ 百かの~ (6, 0.0%)

1 世界観や, 分身の, 家族だ, 種類が, 聴衆を, 足は

▼ 百そう~ (6, 0.0%)

1 の兵, の兵船群, の帆, の用意, の船, の船列

▼ 百ないし~ (6, 0.0%)

1 七八百に, 千以上も, 四百どまりである, 幾千本どれほど, 数千メートルの, 数千個集まった

▼ 百~ (6, 0.0%)

5 んだら 1 んだらあやまられた

▼ 百カ日~ (6, 0.0%)

1 になりたれ, のすんだ, の供養, の参籠, の法事, ほど打たれ

▼ 百ヵ日~ (6, 0.0%)

1 が過ぎ, にあたる, にあまる, には等持院, まではこれ, 経つと

▼ 百七十二年~ (6, 0.0%)

1 にし, には更に, にノールウェー, に有名, の噴火, 即ち明治五年

▼ 百万分の一~ (6, 0.0%)

1 という想像, という極微, の大き, の長, を超える, 及び第

▼ 百三十七年~ (6, 0.0%)

1 にはチュカロフ, に住ん, に澳門, に首, のこと, の歳

▼ 百三十樽~ (6, 0.0%)

2 だけで, の毒薬, の毒藥

▼ 百三高地~ (6, 0.0%)

1 が流行れ, といふ洋髮, の上, の方, へ行く, を攻撃

▼ 百両包~ (6, 0.0%)

2 と覚しい 1 を一つ, を三つ, を二つ, を投げ出し

▼ 百乃至~ (6, 0.0%)

1 七百フィートで, 三百米前後の, 二千と, 五百なほ友軍の, 五百中には, 六百米も

▼ 百九十九年~ (6, 0.0%)

1 である, でマホメッド, にはウイン, の年の瀬今, の春, も六百年

▼ 百二三十円~ (6, 0.0%)

1 に売ります, の月収, の由, もする, 有りましたが, 若くは

▼ 百二十一~ (6, 0.0%)

1 か二, それからどこ, です, という記録, の坑夫, は死んだ

▼ 百二十万石~ (6, 0.0%)

1 にのぼった, の大, の大国, の番頭, の雄藩, を治める

▼ 百二十三年~ (6, 0.0%)

2 の七月 1 という年紀, に世, の, の春

▼ 百二十余名~ (6, 0.0%)

1 に上った, に達した, の同志, の者, は立派, への賞賜

▼ 百二十八年~ (6, 0.0%)

2 に西安 1 でありまして, に生れ, のこと, の五月

▼ 百二十四文~ (6, 0.0%)

1 から百三十二文, とは少し, の大, もした, もする, 溜めて

▼ 百二十尺~ (6, 0.0%)

2 の七重高塔 1 の下部, の屏風, の王岳山, の高

▼ 百二十石~ (6, 0.0%)

1 お禮, であつ, の祿, の高, を二十石減少, 貰ったが

▼ 百五六十年~ (6, 0.0%)

2 の間 1 この方, にしかなりません, の昔, はたっ

▼ 百五十ポンド~ (6, 0.0%)

1 が年俸千ポンド, に妥協, ばかりの現金, を支払い, を支払う, を超え

▼ 百五十五両~ (6, 0.0%)

2 を半価 1 その時, の物, の約束, の金

▼ 百五十六字~ (6, 0.0%)

4 の文章 1 という文章, といふ文章

▼ 百五十年間~ (6, 0.0%)

1 における減少, にフランス, に亙っ, に大いに, の居城, よりもこの

▼ 百五十部~ (6, 0.0%)

1 か二百部, で宣, の多き, ほど売つた, を刷つて知友, 乃至二百五十部

▼ 百五十隻~ (6, 0.0%)

2 の大 1 なり, の艨艟, の駆逐艦, ノ駆逐艦

▼ 百五号~ (6, 0.0%)

2 の船室 1 だ, です, の寝台, の扉

▼ 百人中九十九人~ (6, 0.0%)

2 の夢, までは 1 は字, までは月

▼ 百何年~ (6, 0.0%)

1 かに千万人, かの革命党員, という年月, の法規, まで, をもう一度

▼ 百余歳~ (6, 0.0%)

1 とある文等, という福禄寿, になる, の寿, の高齢, を経

▼ 百倍以上~ (6, 0.0%)

2 のもの 1 になった, のひらき, の価, もひどい

▼ 百八十九年~ (6, 0.0%)

1 で同年六月七日, に於, の抑, の昔, の詩集, 更に新進

▼ 百八十五条~ (6, 0.0%)

2 のこと, をお, を検

▼ 百八十八年~ (6, 0.0%)

1 とあります, になっ, には初めて, に及び, に巴里, の出版

▼ 百八間~ (6, 0.0%)

1 というその, とかいわれ, のあいだ一定間隔, の大橋, の橋, の矢作

▼ 百六七十人~ (6, 0.0%)

2 の死傷者 1 という数, の兵力, の軍兵, ばかりの通信員

▼ 百六十五~ (6, 0.0%)

1 だけ傷, で割っ, の急所, の提灯, もある, 小教区

▼ 百六十五倍~ (6, 0.0%)

2 もおれ 1 すると, するの, ですから, は

▼ 百六十人~ (6, 0.0%)

1 あり, くらいはあった, と共に無残, なり, の孤児, の篤胤

▼ 百六十六年~ (6, 0.0%)

1 にザンジバル, に英國, に露國, の二月, の墺普戰爭, を滿

▼ 百六十坪~ (6, 0.0%)

2 の権利 1 あるといふ, であり一坪, のうち吹上, ほど家ぐるみ

▼ 百六十枚~ (6, 0.0%)

2 で全 1 に過ぎなかった, の質札, ほどに成り, 出来る

▼ 百分の一ミリ~ (6, 0.0%)

2 の小さい 1 から十分の三ミリ, で風速, というの, ないし百分の五ミリ程度

▼ 百匁位~ (6, 0.0%)

1 なら差しあげますわ, な軍鷄雜種一羽, になる, に育つ, までの小物, より大きく

▼ 百化け十吉~ (6, 0.0%)

1 と仇名, の目, の耳, らしい奴, らしい者, をおびきよせる

▼ 百十三年~ (6, 0.0%)

1 でありますが, にイギリス, のプロシア, の秋, の間, 迄は同じ

▼ 百十五円~ (6, 0.0%)

1 ぐらいかな, で登記, とした, の地所, の負債, の頼母子

▼ 百十八番~ (6, 0.0%)

3 が千兩 1 が富突き, にあたるあたり, の席

▼ 百十日前後~ (6, 0.0%)

2 の天候不穏 1 にあり, に有, は稲穂, らしい天候

▼ 百千倍~ (6, 0.0%)

2 も強く 1 なるを, の打撃, むっくり起き上り, も身

▼ 百~ (6, 0.0%)

5 の机代 1 の机代物

▼ 百合根~ (6, 0.0%)

1 いただくわ, の味噌汁, の球, をたずさえる, を持っ, を持った

▼ 百合香~ (6, 0.0%)

1 がつい, が居る, に可愛い, に頬ずり, はグレイ, は息

▼ 百名以上~ (6, 0.0%)

1 であります, の人々, の壮者, の応援隊, の検挙, の職工これ

▼ 百四五十年前~ (6, 0.0%)

2 のもの 1 にもなれ, に京都, に利根川, に芭蕉一派

▼ 百四十一年~ (6, 0.0%)

1 から七百八十一年, で最初, になさった, にマドリッド, に唐, に既に

▼ 百回以上~ (6, 0.0%)

1 がダイダイ色, になる, に上っ, は堪えられない, やったが, 書かせたの

▼ 百尺位~ (6, 0.0%)

1 に達する, のところ, のもの, の牡丹台, の石崖, の高

▼ 百年先生~ (6, 0.0%)

1 と全然, の古画, の塾, の実子, は私, もその

▼ 百幾つ~ (6, 0.0%)

1 かの活火山, というもの, といふん, と数, の火山, も溜つて

▼ 百度以上~ (6, 0.0%)

1 と思はれる, に上がり, に昇っ, の温泉, の熱, もくりかえし

▼ 百数十年前~ (6, 0.0%)

1 のもの, の状態, の盲人, の袋中上人, の記録, よりも更に

▼ 百日余~ (6, 0.0%)

1 である, のヒゲ, の遠巻き, の雛, はただ, 掛かるが

▼ 百~ (6, 0.0%)

1 となく, のうち, の多き, の生産, を直す, 近いカンタータ

▼ 百有余年~ (6, 0.0%)

2 の今 1 ありと, と見, の旧習, の昔

▼ 百~ (6, 0.0%)

1 がさし, が鶴松, と末弟, の嫁入り先, 剥き垂れ天, 将左衛門

▼ 百済人~ (6, 0.0%)

1 が其故郷, が多かっ, が居住, が甲斐, の居住地, や高

▼ 百~ (6, 0.0%)

31 という, の日, の銘

▼ 百~ (6, 0.0%)

1 という呼び声, と云, になる, まで売り弘めた, を重ねた, を重ねました

▼ 百~ (6, 0.0%)

2 乃至劫 1 の内, の長, ヲカチ得タルヲ, 生き代わり死

▼ 百~ (6, 0.0%)

1 というもの, と同音, などが, などが入れ, のよう, 掛けたる人

▼ 百~ (6, 0.0%)

1 が絶対, にすぎない, ばかりで惨敗, ばかりで敗れた, もとれれ, よりも三百票

▼ 百~ (6, 0.0%)

3 の水穗 1 だの, に, に榮

▼ 百~ (6, 0.0%)

1 が王樣, といふもの, と鴨, の繪, の鴨つたら君, ばかりぢ

▼ 百~ (6, 0.0%)

1 と, とも申すべき, の心術, を引きあて, 動いて, 未だ世間

▼ 百~ (6, 0.0%)

1 その引渡し, の兵糧, の收, を五十駄積, を五十駄積み, を買い取り

▼ 百米近く~ (6, 0.0%)

1 も低い, も削, も続け, 下った所, 下って, 高いが

▼ 百萬坪~ (6, 0.0%)

1 が許可, とし, にし, の件, の地面, はどう

▼ 百萬石~ (6, 0.0%)

1 だらうが, の加賀樣, ほど南支那, も劍菱, を與, 元

▼ 百~ (6, 0.0%)

1 二万二千四百十三社あり, 失敗に, 尽き力乏しく, 尽き果てた, 盡た, 避声誉

▼ 百~ (6, 0.0%)

2 だけを纏めた, の中 1 とつけたい, までの

▼ 百~ (6, 0.0%)

1 にし, の下, の後, の昔, を加え, 復合運會所乘惟聖賢能見其微孔子序五篇於書之

▼ 百里外~ (6, 0.0%)

1 にあ, に王, のこの, の土地, の故郷, 豈意其人既亡

▼ 百~ (6, 0.0%)

1 あり, ずつ連用, のん, の間, を受け, 一気にやった

▼ 百~ (6, 0.0%)

1 の乘客, の代議士, の村民, の鐡鉤, の靈坐せり, を陳

▼ 百餘年前~ (6, 0.0%)

1 にこの, に露西亞, の建築, の猶, 大學頭林述齋, 尚貞王

▼ 百あるいは~ (5, 0.0%)

1 五百なぐられる, 千と, 千二千, 数千の, 百ぐらいな

▼ 百お前~ (5, 0.0%)

1 がそういう, が気, が色男, にも似ない, の言う

▼ 百さん~ (5, 0.0%)

2 じゃない 1 が一番, どうおし, 飲む

▼ 百とか~ (5, 0.0%)

1 せいぜい何千, それ以上に, 云えば, 打つた事, 殺し蠅

▼ 百ばかりも~ (5, 0.0%)

1 さまざまな, ちりとりに, 一時に, 怒鳴られて, 畳の

▼ 百もの~ (5, 0.0%)

1 はたおり, ホタルが, 卵を, 団体が, 松明が

▼ 百より~ (5, 0.0%)

1 〇に, 七百位まで, 二つ上である, 安くは, 長ずること七歳

▼ 百メートル四方~ (5, 0.0%)

3 もある 1 ぐらいの大き, につき百二十キログラム

▼ 百七八十~ (5, 0.0%)

2 しか無い 1 の兵, もあらう, もあろう

▼ 百七十隻~ (5, 0.0%)

1 だったが, の噴行艇, は一隻, もあった, を撃滅

▼ 百万神~ (5, 0.0%)

1 が, の協議, をはじめ, 皆目勝ち, 諸咲

▼ 百万里~ (5, 0.0%)

1 となく, へだたってる空, も距つて, も離れた, 離れて

▼ 百三十二~ (5, 0.0%)

1 そっくり同じ, という外形, の四重奏曲, まで, 及び

▼ 百三十二人~ (5, 0.0%)

1 ことごとく枕, という夥しい, のうち一割強, の俗名, を有す

▼ 百三十五年~ (5, 0.0%)

1 から七百八十一年, のあ, の南米チリ地震, の秋, 同州

▼ 百三十五番~ (5, 0.0%)

1 だと, でございます, と思いました, の花籤, は両

▼ 百三十四年~ (5, 0.0%)

1 で彼, に先, に當, のチェルシー, の六月十日

▼ 百三十本~ (5, 0.0%)

1 に及ぶ, ほどつまっ, ほどつめこん, ほどの大小, 吸ったこと

▼ 百両二百両~ (5, 0.0%)

1 というの, と云, と纏まった, のまとまった, を巻き上げ

▼ 百両包み~ (5, 0.0%)

1 が三つ, であった, をふところ, を出し, を河内山

▼ 百両百貫~ (5, 0.0%)

1 するもん, という計算, とでもいっ, とでもいわれた, のよう

▼ 百九十九枚~ (5, 0.0%)

1 だ, といふ統計, の年始状, の葉書, 若しくは二千三百四十五萬六千七百八十九枚

▼ 百九十九部~ (5, 0.0%)

2 を写し, を寫し 1 を写し終え

▼ 百九十人~ (5, 0.0%)

1 で最も, といわれ, の囚人, の大, を家

▼ 百二十七年~ (5, 0.0%)

1 になくなる, に北宋, に始めて, に宋, に於

▼ 百二十万~ (5, 0.0%)

1 ないし百三十万, なれば, にも達し, の金, を超える

▼ 百二十両~ (5, 0.0%)

1 と云う, に身, の金, もなけれ, を希望

▼ 百二十五人~ (5, 0.0%)

1 が五十人, で百二十年間僅か, の女工, の子供, の少

▼ 百二十五名~ (5, 0.0%)

1 だという, というよう, の労働者, の多き, の移民

▼ 百二十四年~ (5, 0.0%)

1 すなわち大正十三年, であるから, にはチュクノフスキー, に作られた, に當

▼ 百二十萬圓~ (5, 0.0%)

1 こんな馬鹿, と云, 掛けなければ, 掛ければ, 掛ると

▼ 百五六十枚~ (5, 0.0%)

2 にはならう 1 ですね, でまとめること, もあった

▼ 百五十かい~ (5, 0.0%)

1 の上, までかけ, までし, までできました, までのぼつ

▼ 百五十トン~ (5, 0.0%)

1 でみな, の主力艦, の新茶, の橘丸, の汽船

▼ 百五十ドル~ (5, 0.0%)

1 くれれば, なら大, の米貨, の高値, をあんた

▼ 百五十ルーブル~ (5, 0.0%)

1 だって, はそのまま, はたっぷり, は即刻トルーソツキイ氏, まで折れ

▼ 百五十五年~ (5, 0.0%)

1 にヨーロッパ, に派遣, に當, のリスボン地震, の刊行

▼ 百五十俵~ (5, 0.0%)

1 からの増収, に八百俵以上, の旗本格, より四百九十九俵, を少

▼ 百五十匁~ (5, 0.0%)

1 でまことに, になつ, の大, 替, 替国分

▼ 百五十戸~ (5, 0.0%)

1 ある, ある四百五十戸, ある村, の中, の村

▼ 百五年~ (5, 0.0%)

1 になる, に歐洲, に永州, の, より以前

▼ 百~ (5, 0.0%)

1 あるならん, ちかい数, もあった, を下らぬ, 多い割

▼ 百余万円~ (5, 0.0%)

1 に上り, の巨額, の浪費, を投じ, を浪費

▼ 百余坪~ (5, 0.0%)

1 に上る, に大小, に拡大, の地所, を所有

▼ 百余年間~ (5, 0.0%)

1 そのあいだ, その統治, に取り扱われた, の平泉, も継続

▼ 百八つ~ (5, 0.0%)

2 の鐘 1 でしたね, の影, の梵鐘

▼ 百八十両~ (5, 0.0%)

1 の金, は自分, もお, やって, を二度

▼ 百八十余人~ (5, 0.0%)

1 の多き, の尾州兵, の彰義隊, はすべて, も養成

▼ 百八十日~ (5, 0.0%)

1 という日数, と云っ, はおなか, をどこ, を逆

▼ 百六十万人~ (5, 0.0%)

1 のうち, の人口, の計画, の講習生, を目指し

▼ 百六十五年~ (5, 0.0%)

1 から實行, の七月, の間, の頃, を以て政権朝廷

▼ 百六年~ (5, 0.0%)

2 のヴェスヴィオ噴火, の大 1 に上演

▼ 百六番~ (5, 0.0%)

2 の奏鳴曲 1 および, についてのロラン, のピアノ

▼ 百円二百円~ (5, 0.0%)

1 ってこと, とまとまった, と広告料, と日増しに, にある

▼ 百円余り~ (5, 0.0%)

1 と権利, になった, の現金, の紙幣, を持っ

▼ 百円足らず~ (5, 0.0%)

1 だ, だった, で種吉, の月給, の金

▼ 百分の一秒~ (5, 0.0%)

1 ぐらいの時, で凍っ, とか百分の二秒, の程度, まで利く

▼ 百分の三ミリ~ (5, 0.0%)

1 くらいの直径, というよう, という普通, のもの, の普通

▼ 百十二年~ (5, 0.0%)

1 とすれ, になる, の, の三月十八日, まえの

▼ 百千種~ (5, 0.0%)

1 とも数, とも數, の不祥事, の薬草霊草, の藥草靈草

▼ 百~ (5, 0.0%)

2 の料理 1 あつた, と云う, の番頭だい

▼ 百合子女史~ (5, 0.0%)

1 が背, の洋行譚, の顔, は大事, は見上げる

▼ 百名余り~ (5, 0.0%)

1 ありました, の人間, の信徒達, の少年少女, の店員中

▼ 百名近く~ (5, 0.0%)

1 あつて, の男子, の社員, も散らばっ, を算

▼ 百~ (5, 0.0%)

2 づりより優に, をし 1 が耳朶

▼ 百四十~ (5, 0.0%)

1 も買った, を十二倍, を数え, を食った, 若くは

▼ 百四十五年~ (5, 0.0%)

1 ぐらいのところ, でなくて, で昌造ら, にヨーロッパ, のセクサゲジマ日曜日

▼ 百四十度~ (5, 0.0%)

1 という極寒, と百六十度, の線, は本当に, を航行中

▼ 百圓札~ (5, 0.0%)

1 でお, の十枚, をだし, を一枚, を二枚

▼ 百大夫~ (5, 0.0%)

1 と云った, などと同じ, に付会, を氏神, を祖神

▼ 百字以上~ (5, 0.0%)

2 になる 1 となる, の仮名交, を以てでなければ

▼ 百字詰~ (5, 0.0%)

3 の原稿用紙 1 に直し, の用紙

▼ 百~ (5, 0.0%)

2 の銀狐 1 は冬, もいた, を売りさばく

▼ 百年余り~ (5, 0.0%)

2 も前 1 かかつ, でさして, の鉄漿

▼ 百年其~ (5, 0.0%)

4 短いと 1 短い時間

▼ 百年戦争~ (5, 0.0%)

1 ということ, といふこと, に当, に当っ, までの間

▼ 百年荒野~ (5, 0.0%)

5 の道場

▼ 百~ (5, 0.0%)

2 の笞 1 の刑杖, を加える, を喰らわせ

▼ 百枚位~ (5, 0.0%)

1 でしょう, の中篇, の小説, まで時々, 書いて

▼ 百~ (5, 0.0%)

4 の鐵砲 1 は平次

▼ 百海里~ (5, 0.0%)

1 にもわたる, にわたり深, の円, ほど西方, を照らす

▼ 百由旬~ (5, 0.0%)

1 ずつ翔け, ということ, のところ, の内, を飛ん

▼ 百石八人扶持~ (5, 0.0%)

1 なので, の家, の矢島, の矢島玄碩, を受ける

▼ 百石頂戴~ (5, 0.0%)

1 の天下, の直参旗本, 致した小栗上野介, 致して, 致す身の上

▼ 百~ (5, 0.0%)

1 すなわち従前数, の内, を六百社, 参り千社参り, 祈って

▼ 百~ (5, 0.0%)

1 などいふ, のお父さん, の美しい, は, も来し

▼ 百~ (5, 0.0%)

1 ありき, に乱れ, の箭, も赫, を押立

▼ 百米余~ (5, 0.0%)

1 が終り, これぞ秩父山脈, も下, も低く, も直立

▼ 百米突以上~ (5, 0.0%)

1 という事, に及び, はある, も抜い, 利く凄い

▼ 百~ (5, 0.0%)

1 か幾千組, ほど諸方, も百五十組, も都会, を越えた

▼ 百羅漢~ (5, 0.0%)

1 でこれ, に次い, のうち, の話, もその

▼ 百色眼鏡~ (5, 0.0%)

2 のよう 1 か, でも覗い, の鮮かさ

▼ 百~ (5, 0.0%)

2 を落す 1 に及ん, の軽, の輕舟

▼ 百足らず~ (5, 0.0%)

1 あるとして, という貧弱さ, の人口, の兵, の敗兵

▼ 百~ (5, 0.0%)

2 を分, を遣す 1 をつかわす

▼ 百~ (4, 0.0%)

2 つても 1 たまの, つて西には

▼ 百あれ~ (4, 0.0%)

2 ばまあ 1 ば無事, ば芽

▼ 百いくつ~ (4, 0.0%)

2 の石 1 とかのお化け, になる

▼ 百じゃ~ (4, 0.0%)

2 ないか 1 お前さん, 承知しない

▼ 百たたき~ (4, 0.0%)

1 のおしおき, の上, の目, の罰

▼ 百~ (4, 0.0%)

1 かい手下, かくあつ, やない, や少し

▼ 百~ (4, 0.0%)

1 御統, 真椿, 綱は, 綱延ふ

▼ 百つぶ~ (4, 0.0%)

1 ずついや, ではすくない, ならよかっ, にしかならない

▼ 百として~ (4, 0.0%)

1 まあ四千円, やや輕くし, 例の, 昨年六月には

▼ 百~ (4, 0.0%)

1 のよつまり百五十六円, ひと, もんか, んです

▼ 百までは~ (4, 0.0%)

1 まだいくつ, 生きたいですね, 生きないでしょう, 覚えて

▼ 百~ (4, 0.0%)

3 えとる 1 ほどあて

▼ 百をもって~ (4, 0.0%)

1 数う, 数うる, 数えること, 数えるであろう

▼ 百を以て~ (4, 0.0%)

1 するの義, 数える枚数, 数え而, 数へる

▼ 百カラット~ (4, 0.0%)

1 のダイヤ, の宝石, はございましょう, もあろう

▼ 百スー~ (4, 0.0%)

1 でももうけられる, もらった, やるぜ, をゆっくり

▼ 百パア~ (4, 0.0%)

1 だ, である, というところ, の小説

▼ 百パアセント~ (4, 0.0%)

1 のヒルミ博士, の人妻, の希臘人, の虚構

▼ 百一人~ (4, 0.0%)

1 とある, になつ, に対して鰥夫, 少し開き

▼ 百一頁~ (4, 0.0%)

1 あると, に渡っ, を開い, 迄漸く

▼ 百七十七箇村~ (4, 0.0%)

1 に検地, に檢地, の民, の百姓たち

▼ 百七十九年~ (4, 0.0%)

1 すなは, に擧行, のカルネワレ, 即三十歳

▼ 百七十六年~ (4, 0.0%)

1 にし, に南宋, のこと, 第七月四日亜米利加十三州

▼ 百七十名~ (4, 0.0%)

1 の報告, の従業員, の選良, の食事

▼ 百七十度~ (4, 0.0%)

1 といふ氷海, のあたり, の中, の範囲内

▼ 百七十日~ (4, 0.0%)

1 いらい寄手, たつと, のたたかい, ものあいだ

▼ 百七呎~ (4, 0.0%)

3 の高 1 の上空

▼ 百万二百万~ (4, 0.0%)

1 と見る見る, の軍兵, の金, 挙げて

▼ 百万何千万~ (4, 0.0%)

1 とも知れない, と無数, の人々, を相手

▼ 百万円入~ (4, 0.0%)

3 のトランク 1 の大

▼ 百万年後~ (4, 0.0%)

1 には矢張今, のこと, の人たち, の地球

▼ 百万本~ (4, 0.0%)

1 という護謨, とも知れない, の, の檜

▼ 百万法~ (4, 0.0%)

1 くらいは出し, の負債, を以てグラン・ギニョール座専属パオロ・オデロイン夫人, を勝つ

▼ 百万疋~ (4, 0.0%)

1 とか聞く, と千万疋, の鰯, の鼠

▼ 百万票~ (4, 0.0%)

2 を得た 1 を得ました, 減るの

▼ 百万貫~ (4, 0.0%)

1 といふ塩, の塵芥, の物, の石

▼ 百万遍雲文寺~ (4, 0.0%)

2 のかた, をはじめ

▼ 百万麻克~ (4, 0.0%)

1 おいて, だと, である, の手金

▼ 百三人~ (4, 0.0%)

2 を死罪 1 に給, は十六日

▼ 百三十七歳御陵~ (4, 0.0%)

2 は山 1 は畝傍山, は畝火山

▼ 百三十二年~ (4, 0.0%)

1 か三年頃, となせる, の暮, 即ち天保三年

▼ 百三十五~ (4, 0.0%)

1 と改めて, などがそれ, にも見え, に対し学校

▼ 百三十余人~ (4, 0.0%)

1 からの武装, が西向, のうち, の中

▼ 百三十個~ (4, 0.0%)

1 のわな, の反射鏡, も飛び飛び, 集めそれ

▼ 百三十兩~ (4, 0.0%)

1 だが, で一年, ほど出, までに負け

▼ 百三十四~ (4, 0.0%)

1 この女, と云々, の支店, 即ち九票

▼ 百三十枚~ (4, 0.0%)

1 だつた, であつ, になつたの, の原稿

▼ 百三十里~ (4, 0.0%)

1 あわただしの, の小, ばかりの処, を帰り

▼ 百両あまり~ (4, 0.0%)

2 の金 1 を伏見, 何しろ意地

▼ 百両三百両~ (4, 0.0%)

1 じゃあ出来ねえ, と主人, などいう, の纏まった

▼ 百九十~ (4, 0.0%)

1 の割合, の坐睡す, の多き, の寺

▼ 百九十一年~ (4, 0.0%)

1 に出, の一月五日, 即ちこの, 若くば

▼ 百九十七人~ (4, 0.0%)

1 および近衛槍騎兵八百八十人, というの, という尨大, という文盲者中

▼ 百九十八人~ (4, 0.0%)

1 か九人位, という数, の人間, 第二十二回目弘化三年

▼ 百九十八年~ (4, 0.0%)

1 なり, に於, の異様, はタメルラン西部波斯

▼ 百九十六年~ (4, 0.0%)

1 に牢, の七月, の始, 病みて

▼ 百九年~ (4, 0.0%)

1 に在り, に彼, の文書, 乃至千九百十一年

▼ 百二三十万~ (4, 0.0%)

2 にも達する 1 という人口, の多き

▼ 百二十一年~ (4, 0.0%)

2 生る 1 に最後, の序

▼ 百二十七名~ (4, 0.0%)

1 とお, と称し, に対する不当, の馘首反対

▼ 百二十万年~ (4, 0.0%)

4 ぐらい前

▼ 百二十五~ (4, 0.0%)

1 ついにこの, の寿命, まで生き, を上下

▼ 百二十五マイル~ (4, 0.0%)

1 あり, と算, を離れ, 下って

▼ 百二十八号室~ (4, 0.0%)

1 に宿, の扉, は五階, をお尋ね

▼ 百二十六米~ (4, 0.0%)

1 の三角点, の天ヶ立, の峰, もある

▼ 百二十回~ (4, 0.0%)

1 でやっと, とか明暗, の角力, ばかりコツンコツン

▼ 百二十年前~ (4, 0.0%)

1 です, にこの方, の歴史, の著述

▼ 百二十時間~ (4, 0.0%)

1 たてば, の夜, の間, はけっして

▼ 百二十枚~ (4, 0.0%)

1 で自然, の力作, ばかり, ばかりの

▼ 百二十歳~ (4, 0.0%)

1 では, の寿, の老体, まで生きた

▼ 百二十里~ (4, 0.0%)

1 のこと, は遠から, をそぞろ, 去常陸国界四百十二里

▼ 百二十間~ (4, 0.0%)

3 の廻廊 1 その幅十八間

▼ 百二百~ (4, 0.0%)

1 となれ, と減っ, と纏まった, は違

▼ 百五十フィート~ (4, 0.0%)

1 である, と記載, の高, ばかり入った

▼ 百五十三年~ (4, 0.0%)

2 の十二月 1 で千二百五十五年, にその

▼ 百五十二~ (4, 0.0%)

1 に, に対する断行説賛成者百七, の原稿, 無格社五万千五百六十六

▼ 百五十個~ (4, 0.0%)

1 が残され, ぐらいの卵, を使う, を獲た

▼ 百五十八年~ (4, 0.0%)

1 になつて, にはまた, にはスタンフォド, に當

▼ 百五十円也~ (4, 0.0%)

1 というもの, と示し, の上, 入って

▼ 百五十円以上~ (4, 0.0%)

1 にまで飛び上っ, の人々, の値, の金

▼ 百五十回~ (4, 0.0%)

1 で七十五万法, の割, も繰り返される, を終る

▼ 百五十尺~ (4, 0.0%)

2 もある 1 の高い, 長く低い竈

▼ 百五十斤~ (4, 0.0%)

1 の味噌, の小判, の慾心, の重

▼ 百五十本~ (4, 0.0%)

1 のうち, を白髭神社, を的, 紡いだといふ

▼ 百五十法~ (4, 0.0%)

1 で借り, のうち, はかかる, は今日以来八人

▼ 百五十目位~ (4, 0.0%)

1 でも老, なもの, な雛鶏, な鶏

▼ 百五十間~ (4, 0.0%)

1 としてある, にし, ほど切っ, もある

▼ 百五歳~ (4, 0.0%)

1 の長生, は多き, までも生き延びた, まで長生

▼ 百五番地~ (4, 0.0%)

1 だって, というの, ならこの, に徙

▼ 百人それ~ (4, 0.0%)

1 から十歳, から四, に乗り, に眼前

▼ 百人二百人~ (4, 0.0%)

1 くらいの侍女, と殺され, の賓客, 縛め捕るにも

▼ 百人町~ (4, 0.0%)

1 の百兵衛, の百兵衞, まで人車, まで行つた

▼ 百~ (4, 0.0%)

1 にさ, にハレヤ, の下, の背後

▼ 百~ (4, 0.0%)

1 うして, しに, に何千何百何十, 万何億

▼ 百何十万円~ (4, 0.0%)

1 かはいってる, という声, とかを投じ, もかかつて

▼ 百何十名~ (4, 0.0%)

1 かの工人, の大, の相手, の総見

▼ 百何十本~ (4, 0.0%)

1 とかいう一列, と一本, も恋文, 買って

▼ 百何年間~ (4, 0.0%)

1 には千万, に一千万人以上, 同じ本, 生きて

▼ 百余万~ (4, 0.0%)

1 とそれ, のお金, の失業, も多い

▼ 百余町~ (4, 0.0%)

1 に及び, に害, に飴, を一

▼ 百俵取り~ (4, 0.0%)

1 でおまけ, ではもとより, で夫婦, の御家人

▼ 百億人~ (4, 0.0%)

2 に一人 1 ぐらいはあるです, だ

▼ 百億何千億~ (4, 0.0%)

1 というねうち, というばくだい, といふやう, ともしれない

▼ 百兩それ~ (4, 0.0%)

1 から五年, だけでございます, は番頭, を取られ

▼ 百兩二百兩~ (4, 0.0%)

1 から千兩以上, といふ金, はおろか, も盜

▼ 百八十一年~ (4, 0.0%)

1 にコペンハーゲン, に亘り, 乃至六百年, 即ち大師

▼ 百八十七米~ (4, 0.0%)

1 の三角点, の低い, の白兀, も高い

▼ 百八十八~ (4, 0.0%)

1 です, で第, と御, まで

▼ 百八十八人~ (4, 0.0%)

1 あり, が続々, であった, なり

▼ 百八十八町歩~ (4, 0.0%)

1 にみなぎらした, にみなぎる, にわたる渺茫, に漲り湛えられ

▼ 百八十六人~ (4, 0.0%)

2 とある 1 の同勢, の土州勢

▼ 百八十四年~ (4, 0.0%)

2 罷められて 1 と云う, に無名氏

▼ 百八十間~ (4, 0.0%)

1 の橋, ばかりの堀川, もあっ, 双欄

▼ 百八島~ (4, 0.0%)

1 あると, つらなれる風景画, と言, を巡り

▼ 百六人~ (4, 0.0%)

1 ありと, あるを, に対して穢多, の仲間

▼ 百六十九年~ (4, 0.0%)

1 の夏, の彼, の春, 生きたと

▼ 百六十五名~ (4, 0.0%)

1 ありまして, ある, の僧侶, もある

▼ 百六十八年~ (4, 0.0%)

1 にカシュガル地方, に伊太利, に公, まで王位

▼ 百円以下~ (4, 0.0%)

1 だってある, には値切れ, の罰金, の罰金刑

▼ 百円余~ (4, 0.0%)

1 か随分, の借用証文, の支払, は店

▼ 百円銀貨~ (4, 0.0%)

3 のよう 1 ほどの大き

▼ 百刀会~ (4, 0.0%)

2 の刀 1 の加入者たち, の百口鍛

▼ 百分の二~ (4, 0.0%)

1 にすぎない, にも足りない, の所, を有する

▼ 百分の二粍~ (4, 0.0%)

1 くらいの円形部分, では, などという値, の相

▼ 百~ (4, 0.0%)

2 にもなっ, にも二百列

▼ 百~ (4, 0.0%)

1 するに, の大, の英雄, を信念

▼ 百十フラン~ (4, 0.0%)

1 で買おう, の手形, はわたしたち, までき

▼ 百十ヵ村~ (4, 0.0%)

1 でお祭り, で吹きたたく, の救い, の百姓衆

▼ 百十一~ (4, 0.0%)

1 になる, の貴族的聖者, を数えられた, を置き

▼ 百十二~ (4, 0.0%)

1 の中等学校, の高い, を数え終わった, を置く

▼ 百十五年前~ (4, 0.0%)

2 の享保十三年 1 に七十三, 後堀川天皇

▼ 百十五度~ (4, 0.0%)

2 の方向 1 という数値, になった

▼ 百十四年~ (4, 0.0%)

1 になる, にはロシヤ, に到る, に遼

▼ 百十年頃~ (4, 0.0%)

2 から二十何年頃 1 であるから, の

▼ 百十日前~ (4, 0.0%)

1 だ, に荒れた, の帳尻, の曇天

▼ 百合ちやん~ (4, 0.0%)

1 が今, が既に, に聞い, の店

▼ 百合殿~ (4, 0.0%)

1 と許婚, の小, を失つた春日邦之助, を見染め

▼ 百合若~ (4, 0.0%)

1 と名乗っ, に習合, の矢, の譚

▼ 百~ (4, 0.0%)

4 の譜

▼ 百四五十人~ (4, 0.0%)

1 の泊まり客, は集まる, ばかり, も遊ん

▼ 百四十三萬六千圓~ (4, 0.0%)

1 となる, と云, の國庫及地方, を失つた

▼ 百四十九年~ (4, 0.0%)

1 にはカラハリ, にバーガンデ, に生れた, のウラニウム

▼ 百四十二人~ (4, 0.0%)

3 の女 1 は多

▼ 百四十二年~ (4, 0.0%)

1 という, に書いた, に死ん, の変り型

▼ 百四十年前~ (4, 0.0%)

1 それから基衡, に非常, の古戦場, の正月

▼ 百夜通い~ (4, 0.0%)

1 と云え, は深草, をし, をする

▼ 百太夫社~ (4, 0.0%)

1 がある, がその, の開扉, は夷社

▼ 百~ (4, 0.0%)

1 がゐ, の清助, をやっ, を犯す

▼ 百封度~ (4, 0.0%)

1 なら二百封度, の価値, の目盛り, を突破

▼ 百~ (4, 0.0%)

1 が終る, とはまだき, の弓, をつづける

▼ 百~ (4, 0.0%)

1 で将棋, にきい, にただし, の家族

▼ 百~ (4, 0.0%)

1 という絵, の幽霊, もある, 程御

▼ 百年もの間~ (4, 0.0%)

1 いつも同じ, には落雷, に世界中, ひとりぼっち

▼ 百年一日~ (4, 0.0%)

2 の如く 1 のごとく動かない, の如し

▼ 百年書力~ (4, 0.0%)

2 は五百年, は八百年

▼ 百年河清~ (4, 0.0%)

3 を待つ 1 をまつ

▼ 百年經つて~ (4, 0.0%)

1 から神佛混淆, もわかりつこ, 初めて暴露, 居ると

▼ 百~ (4, 0.0%)

2 の会, の茶

▼ 百戸足らず~ (4, 0.0%)

2 の家並 1 の家, の民家

▼ 百~ (4, 0.0%)

2 撓まざるの 1 屈せざるの, 撓まず対毛利家

▼ 百数十万~ (4, 0.0%)

3 の同胞 1 の日本

▼ 百数十里~ (4, 0.0%)

2 を隔てた 1 なり, も西

▼ 百~ (4, 0.0%)

2 の油 1 の水, をわが

▼ 百日あまり~ (4, 0.0%)

1 のあいだ, の入牢, の留守, も釈迦ヶ岳

▼ 百日千日~ (4, 0.0%)

2 の断食 1 を欲し, 祈ればとて

▼ 百日芝居~ (4, 0.0%)

1 でもあるまい, で覚え, と甚だ, の女形

▼ 百有余~ (4, 0.0%)

1 に及び, の巡回文庫, もあり, を算

▼ 百枚二百枚~ (4, 0.0%)

1 というもの, という信じられない, と寄附, と書く

▼ 百枚余~ (4, 0.0%)

1 の採点, の長篇小説, を敷き詰め, を製

▼ 百済観音~ (4, 0.0%)

1 についてすでに, には似, のほのぼの, は中央

▼ 百~ (4, 0.0%)

2 の王 1 の主, の批判者

▼ 百~ (4, 0.0%)

2 立ちどころに癒える 1 の根本, を除き

▼ 百石直参旗本~ (4, 0.0%)

1 の格式通り供揃いせい, の気品, の犯し, の貫禄

▼ 百硯箪笥~ (4, 0.0%)

2 から飛び出し, といつ

▼ 百種以上~ (4, 0.0%)

1 あるが, にものぼるであろう, の学名, もある

▼ 百~ (4, 0.0%)

2 といふの 1 に人間, の中

▼ 百米位~ (4, 0.0%)

2 に過ぎない 1 から喬木, にすぎない

▼ 百米足らず~ (4, 0.0%)

2 の登り 1 の三峠山, の山

▼ 百米選手~ (4, 0.0%)

1 がマラソン, のやう, のよう, の体格

▼ 百~ (4, 0.0%)

1 といふ程度, の球, の見事, ほど隔てる

▼ 百~ (4, 0.0%)

1 と吹っかける, に負けさせた, の銭, を以て樹下

▼ 百~ (4, 0.0%)

1 の技, の絹, の鏡, をへた

▼ 百~ (4, 0.0%)

2 を扇ぐ 1 次第に爛漫, 開き一氣千轉

▼ 百~ (4, 0.0%)

1 にも当る, の荷, も二百荷, も捨て去り

▼ 百萬圓以上~ (4, 0.0%)

1 が物, になるでせう, の仕事, ノ富ハ國有タルベキガ

▼ 百萬長者~ (4, 0.0%)

1 でもなん, になる, の後嗣, もしくは未來

▼ 百行位~ (4, 0.0%)

2 になる, も書きこなす

▼ 百~ (4, 0.0%)

1 の六十五分, ぽつ, より少, を費す

▼ 百貫文~ (4, 0.0%)

2 と申すで 1 を背負, を背負い込んだ

▼ 百~ (4, 0.0%)

1 ですが, 數へる, 生きる藥, 生き延びた処

▼ 百近い~ (4, 0.0%)

2 男女の 1 待合とに, 生徒は

▼ 百~ (4, 0.0%)

1 ですね, の紙代, ほどの紙, ほど持つ

▼ 百里先~ (4, 0.0%)

1 でも直ぐ, の事, へ往, へ行こう

▼ 百里雨雲~ (4, 0.0%)

4 よせぬ牡丹

▼ 百~ (4, 0.0%)

1 ずらりと砲門, の内, の大砲, の砲

▼ 百~ (4, 0.0%)

1 ある石段, かの岩, も石段, を散り

▼ 百頁余~ (4, 0.0%)

1 で, のもの, の長篇, もある

▼ 百~ (4, 0.0%)

1 の實, の果實, ほど分け, よりも私

▼ 百餘國~ (4, 0.0%)

1 が漢, とある, とする, と云

▼ 百いくら~ (3, 0.0%)

1 かで緑地, かの簡易保険, といふ勝越し

▼ 百すじ~ (3, 0.0%)

1 の燈心, もすいすい, を入れ

▼ 百たらず~ (3, 0.0%)

1 の小勢, の山村, の蒸気機関

▼ 百だい~ (3, 0.0%)

1 その車, の車, をとりあつめ

▼ 百といら~ (3, 0.0%)

2 へをすれ 1 へて云

▼ 百とは~ (3, 0.0%)

1 なかつたやう, 何者にか, 例が

▼ 百なぞ~ (3, 0.0%)

1 には給料, の事情, も屋敷住い

▼ 百なにがし~ (3, 0.0%)

1 の化粧代, の給料, の頁

▼ 百ばかりは~ (3, 0.0%)

1 あらう, あろう, 敵の

▼ 百ひろ~ (3, 0.0%)

1 の底, はねえずら, までどかり

▼ 百~ (3, 0.0%)

1 うしろ指を, 至るという, 連想を

▼ 百ほども~ (3, 0.0%)

1 あるん, ある惡癖, 並んで

▼ 百また~ (3, 0.0%)

1 二百虎群を, 節が, 足を

▼ 百やの~ (3, 0.0%)

1 キャベジ籠の, 眼くされ, 配給が

▼ 百~ (3, 0.0%)

1 いったいお, ここに, どこへでも

▼ 百エエカア~ (3, 0.0%)

1 に就, の小, の植林

▼ 百カイリ~ (3, 0.0%)

1 のところ, もはなれ, も東

▼ 百ガルヴァル~ (3, 0.0%)

1 だけ糧食, てふ, は日本

▼ 百キロ爆弾~ (3, 0.0%)

1 が一つ, のウンコ, の餌食

▼ 百ターレル~ (3, 0.0%)

1 ずつ定収入, の値, の債務者

▼ 百トン以上~ (3, 0.0%)

2 の船 1 は積める

▼ 百パーセント発揮~ (3, 0.0%)

1 されて, するため, せしめなければ

▼ 百フィート以上~ (3, 0.0%)

3 もある

▼ 百フラン余り~ (3, 0.0%)

1 の借り, の明らか, の薬代

▼ 百ポンド以上~ (3, 0.0%)

1 のもの, の水分, をかけれ

▼ 百メエトル~ (3, 0.0%)

1 に日本選手, に至る, ばかり行く

▼ 百メートル先~ (3, 0.0%)

1 に例, の向こう, の草原

▼ 百ヤード許~ (3, 0.0%)

1 の距離, 離れたる日當, 離れた森

▼ 百ルーブリ紙幣~ (3, 0.0%)

1 を出した, を四枚, を抛り出した

▼ 百ルーブル札~ (3, 0.0%)

1 が二枚, を払った, を投げ出した

▼ 百ヵ所~ (3, 0.0%)

1 で見る, となく, にまで殖えた

▼ 百一漬~ (3, 0.0%)

1 といっ, には及びません, をお

▼ 百七八十年~ (3, 0.0%)

1 の間, も前, 程も前

▼ 百七十一人~ (3, 0.0%)

1 なり, の生命, の許

▼ 百七十一年~ (3, 0.0%)

1 から九十五年, で歐洲, の普佛戰爭媾和

▼ 百七十七年~ (3, 0.0%)

1 と, というの, は日本

▼ 百七十万冊~ (3, 0.0%)

2 の本 1 は名実とも

▼ 百七十三人~ (3, 0.0%)

1 ございましたの, という夥しい, 遠謫配流

▼ 百七十五~ (3, 0.0%)

1 の戸数, の測定値, を二百三十五

▼ 百七十五首~ (3, 0.0%)

1 あるとして, となるなり, と云

▼ 百七十六名~ (3, 0.0%)

1 という数, という竊盗事件, のもの

▼ 百七十石~ (3, 0.0%)

1 に加増, のうち, の禄

▼ 百七十種~ (3, 0.0%)

1 ある, ほどであった, を集めし

▼ 百七名~ (3, 0.0%)

1 からの従者留学生, の中, の友

▼ 百七百~ (3, 0.0%)

2 あるいは千 1 とさずけ

▼ 百万キロメートル~ (3, 0.0%)

1 の往復, の距離, をへだてた

▼ 百万トン~ (3, 0.0%)

1 すなわち二億トン, などという計算, になった

▼ 百万個~ (3, 0.0%)

1 くらいまで測れる, でありその, にも達する

▼ 百万円位~ (3, 0.0%)

1 の不, の賞金, はあったでしょう

▼ 百万哩~ (3, 0.0%)

1 の向, もある, を航続

▼ 百万増加~ (3, 0.0%)

1 したと, には三年一ヵ月, には僅か

▼ 百万年前~ (3, 0.0%)

1 の恐竜, の竜, の象

▼ 百万年昔~ (3, 0.0%)

2 の海 1 までの流星

▼ 百万銭~ (3, 0.0%)

3 を出し

▼ 百万頭~ (3, 0.0%)

1 そしてそれ, の馬, 其の次

▼ 百万騎~ (3, 0.0%)

1 なら一, に勝る, の加勢

▼ 百三さん~ (3, 0.0%)

1 が家族, のああ, 言ったが

▼ 百三十キロ~ (3, 0.0%)

1 という, のところ, の大

▼ 百三十三~ (3, 0.0%)

1 あるの, であるという, の松

▼ 百三十二文~ (3, 0.0%)

1 さらに百四十八文, とある, より下価

▼ 百三十五名~ (3, 0.0%)

1 の信徒, の発明官, を算

▼ 百三十余年~ (3, 0.0%)

1 にしかならぬ, に過ぎぬ, の米国人

▼ 百三十八ポンド~ (3, 0.0%)

1 である, というもの, は百三十八ポンド

▼ 百三十八年~ (3, 0.0%)

1 なり, に大宗, の七月

▼ 百三十名~ (3, 0.0%)

1 であるのに, で作っ, ほどで守っ

▼ 百三十四人~ (3, 0.0%)

1 そのほか名古屋百七十九人, は十五日, 死んだ

▼ 百三十四名~ (3, 0.0%)

1 から昭和二年五十万, が無, と数

▼ 百三十四年前~ (3, 0.0%)

1 のもの, の宝永六年, の寛永六年

▼ 百三十年前~ (3, 0.0%)

1 に, の宝永四年, 既にあった

▼ 百三十段~ (3, 0.0%)

1 の階子, もこれ, を見る

▼ 百三歳~ (3, 0.0%)

1 とは首肯, なの, のあなた

▼ 百両余~ (3, 0.0%)

1 あれど是, の金, を費すべし

▼ 百両余り~ (3, 0.0%)

1 と少し, の借り, の現金

▼ 百両千両~ (3, 0.0%)

1 という大, のかね, は別

▼ 百両紛失事件~ (3, 0.0%)

1 が降っ, はこれ, も人さらい事件

▼ 百中十首~ (3, 0.0%)

1 が出はじまつた, が出る, の時期

▼ 百~ (3, 0.0%)

1 です, に, の母君

▼ 百九十一二年~ (3, 0.0%)

1 にかけて約, の交, の頃

▼ 百九十三年~ (3, 0.0%)

1 その稀書, に出, の大

▼ 百九十九~ (3, 0.0%)

1 に見, の文献, の電燈

▼ 百九十九円~ (3, 0.0%)

1 を差し, を御礼, を除き去ら

▼ 百九十九名~ (3, 0.0%)

1 だけがなぜ, というもの, をここ

▼ 百九十二人~ (3, 0.0%)

1 すなわち約, で五組, といふ比例

▼ 百九十二兩~ (3, 0.0%)

1 で御座いました, になつ, を盜つた曲者

▼ 百九十二米~ (3, 0.0%)

1 であるが, の佐武流山, の北岳

▼ 百九十五年~ (3, 0.0%)

1 であります, の八月, の大

▼ 百九歳~ (3, 0.0%)

1 いや百八歳, くらいまでなんと, まで生きる

▼ 百九町~ (3, 0.0%)

1 ある, の静まり, はやはら

▼ 百九石余~ (3, 0.0%)

1 かの高取り, の御朱印, の高

▼ 百二三十名~ (3, 0.0%)

1 がどっと, のいわゆる, もおりましたろう

▼ 百二三十米~ (3, 0.0%)

1 の脚下, も下る, を登る

▼ 百二十パーセント~ (3, 0.0%)

1 にやりました, に妄信, に的中

▼ 百二十マイル~ (3, 0.0%)

2 あり 1 の距離

▼ 百二十一年前~ (3, 0.0%)

3 の文政四年

▼ 百二十七人~ (3, 0.0%)

1 この二藩, の増加, を殺し

▼ 百二十七番~ (3, 0.0%)

1 で表二階, に住ん, の事件

▼ 百二十万人~ (3, 0.0%)

1 と同じ, の労働組合員, の溌溂

▼ 百二十万年前~ (3, 0.0%)

3 第三紀

▼ 百二十九年~ (3, 0.0%)

2 の春 1 に發布

▼ 百二十二年~ (3, 0.0%)

1 に對比, の八月, ものあいだ

▼ 百二十余人~ (3, 0.0%)

3 の同勢

▼ 百二十個~ (3, 0.0%)

2 の灯籠 1 ずつ二包み

▼ 百二十億キロワット時~ (3, 0.0%)

2 の電力 1

▼ 百二十八フラン~ (3, 0.0%)

1 なん, に加えれ, はいっ

▼ 百二十円以上~ (3, 0.0%)

2 無格社 1 それからごく

▼ 百二十匹~ (3, 0.0%)

1 さ, にも上った, の蚊

▼ 百二十号~ (3, 0.0%)

1 へ走り出した, へ返し, まで出す

▼ 百二十四隻~ (3, 0.0%)

1 だったが, の大, の恐しい

▼ 百二十圓~ (3, 0.0%)

1 であ, の相場, の處分

▼ 百二十文~ (3, 0.0%)

1 あんまり安い, しかない, もかたり取られた

▼ 百二十本~ (3, 0.0%)

1 のアイスクリーム, の糸, も杉苗

▼ 百二十篇~ (3, 0.0%)

1 くらいにはなっ, その翌々年, にはなるだろう

▼ 百二十頁~ (3, 0.0%)

1 できました, ですつて, のちっぽけ

▼ 百~ (3, 0.0%)

2 というところ 1 載記

▼ 百五マイル~ (3, 0.0%)

3 あり

▼ 百五六十回~ (3, 0.0%)

1 にし, に至っ, はかかろう

▼ 百五六十年前~ (3, 0.0%)

1 にも能登, に始まった, に沢山

▼ 百五十一人~ (3, 0.0%)

1 が農村居住者, なり, もある

▼ 百五十七人~ (3, 0.0%)

1 という様, にのぼっ, に達しました

▼ 百五十七穴~ (3, 0.0%)

1 そのうち命取り, の内, の外

▼ 百五十七米~ (3, 0.0%)

3 の三角点

▼ 百五十万両~ (3, 0.0%)

1 と計上, にほぼ, もかけ

▼ 百五十以上~ (3, 0.0%)

1 あるかも, ではない, の

▼ 百五十余年~ (3, 0.0%)

1 の泰平, はそこ, を経過

▼ 百五十六~ (3, 0.0%)

1 かないや, だ, といふやう

▼ 百五十六萬七千八百九十九枚~ (3, 0.0%)

1 といふ統計, の葉書, 若しくは二千三百四十五萬六千七百八十九枚

▼ 百五十句~ (3, 0.0%)

1 などと随分, を選, を選んだ

▼ 百五十哩~ (3, 0.0%)

2 の行程 1 を七時間

▼ 百五十四年~ (3, 0.0%)

2 の八月 1 にはザンベジ河

▼ 百五十年以上~ (3, 0.0%)

1 の老木, も後, 経つた材木

▼ 百五十年後~ (3, 0.0%)

2 の今日 1 の元

▼ 百五十年忌~ (3, 0.0%)

1 がいとなまれ, に当る, を機会

▼ 百五十年頃~ (3, 0.0%)

1 から西暦紀元後二百二十六年, の出來事, は正しく

▼ 百五十弗~ (3, 0.0%)

1 の賞, は当時, ばかりを入れた

▼ 百五十石頂戴~ (3, 0.0%)

1 致した稻垣小左衞門, 致した黒川孝藏, 致すよう

▼ 百五十金~ (3, 0.0%)

1 でもとめられた, はまあ, をはずみ

▼ 百五十頁~ (3, 0.0%)

1 のこの, ばかり, までかいた

▼ 百五十點~ (3, 0.0%)

1 がせいぜい, といふ球突, にまでせり登つて

▼ 百五号室~ (3, 0.0%)

1 における第, の戸口, へはいる

▼ 百五号船室~ (3, 0.0%)

1 でお, に寝た, に関して聞いた

▼ 百人内外~ (3, 0.0%)

1 だという, のもの, の人

▼ 百人組~ (3, 0.0%)

1 の同心, の者たち, の頭

▼ 百~ (3, 0.0%)

1 の死骸, も駒吉, を連れ

▼ 百~ (3, 0.0%)

1 ふ, ふ八十, ふ磐余

▼ 百何十年前~ (3, 0.0%)

1 にこの, の神功皇后時代, の話

▼ 百何十枚~ (3, 0.0%)

1 かあった, か入った, という小説

▼ 百何十里~ (3, 0.0%)

1 かの遠い, の道, も運ん

▼ 百何某~ (3, 0.0%)

1 であつ, になつ, の金

▼ 百余そう~ (3, 0.0%)

1 がいた, の船影, をくだっ

▼ 百余年来~ (3, 0.0%)

1 かもしなされ, の慣習, の江戸人

▼ 百余歩~ (3, 0.0%)

1 に大樹, の所, 行くと

▼ 百俵三十人扶持~ (3, 0.0%)

1 である, の奥医師, を給せられた

▼ 百俵高~ (3, 0.0%)

2 御役料二百俵 1 御役料三十人扶持

▼ 百億ドル~ (3, 0.0%)

1 から六百億ドル貧乏, といわれ, に価する

▼ 百億萬年~ (3, 0.0%)

1 にし, に相, の歴史

▼ 百~ (3, 0.0%)

1 の靫, の靱, 塗タルゴトクニシテ

▼ 百兩あまり~ (3, 0.0%)

3 の金

▼ 百兩入つて~ (3, 0.0%)

1 ゐると, ゐるの, 居た筈

▼ 百兩持~ (3, 0.0%)

2 出さうと 1 出させた晩

▼ 百八丁~ (3, 0.0%)

1 がたつた, の中央, の砂ほこり

▼ 百八十万円~ (3, 0.0%)

1 で法本, と内定, の仕事

▼ 百八十万石~ (3, 0.0%)

1 というもの, とのこと, を棒

▼ 百八十三万人~ (3, 0.0%)

1 と云われた, と出, の失業者

▼ 百八十三編~ (3, 0.0%)

1 に達した, は二百編, も第

▼ 百八十九円~ (3, 0.0%)

1 といふ事, といふ値, を納めました

▼ 百八十九枚~ (3, 0.0%)

1 が舞い込む, と算出, の選擧權要求書

▼ 百八十五円~ (3, 0.0%)

1 が何, ですね, まさに拝借

▼ 百八十五年~ (3, 0.0%)

1 に生れ, に當, に羅馬

▼ 百八十尺~ (3, 0.0%)

1 に達する, の高, 長さ一千尺コンクリート

▼ 百八十年代~ (3, 0.0%)

1 に歿しき, の半頃奈良, の知識階級

▼ 百八十度転換~ (3, 0.0%)

1 して, というやつ, をなさった

▼ 百八十石~ (3, 0.0%)

1 のきり, の御家人ぢ, の館主

▼ 百八町どこ~ (3, 0.0%)

1 からも薄, へ参る, を見

▼ 百八谷~ (3, 0.0%)

1 という鈴鹿, と称され, の線

▼ 百六七十年~ (3, 0.0%)

1 の頃, ほど時代, も経った

▼ 百六七十年前~ (3, 0.0%)

1 に書いた, のイタリー, の安永年間

▼ 百六十トン~ (3, 0.0%)

1 から四百トン, の大船, の石炭

▼ 百六十一人~ (3, 0.0%)

2 は女学生 1 に比する

▼ 百六十万石~ (3, 0.0%)

1 といわれ, に及び, を増加

▼ 百六十三年~ (3, 0.0%)

1 であると, に中, に中学

▼ 百六十九日~ (3, 0.0%)

1 だけこの, の誤差, もおそかっ

▼ 百六十五円~ (3, 0.0%)

1 あるから, だ, をお返し

▼ 百六十五日物いふ事~ (3, 0.0%)

3 も無く

▼ 百六十何本~ (3, 0.0%)

1 とか受取った, の色文, も書いた

▼ 百六十八尋以上~ (3, 0.0%)

1 だと, の水道, の深

▼ 百六十八米~ (3, 0.0%)

1 と測られた, の峰頭, の車坂

▼ 百六十六人~ (3, 0.0%)

1 を数, を有せり, 多く死ぬ

▼ 百六十名~ (3, 0.0%)

1 の中, の老幼男女, ほど来ました

▼ 百六十哩~ (3, 0.0%)

1 の遠隔, ばかりです, も離れ

▼ 百六十四文~ (3, 0.0%)

2 になる 1 から二百文

▼ 百六十四頁~ (3, 0.0%)

1 から百七十五頁, の四折判, を手ずから

▼ 百六十回~ (3, 0.0%)

1 にわたって連載, の回転, の多数

▼ 百六十戸~ (3, 0.0%)

1 の食封, ははなはだ, ほどを焼いた

▼ 百六十餘人~ (3, 0.0%)

1 の檢擧, の諸, を咸陽

▼ 百円あまり~ (3, 0.0%)

1 が記入, の金, 残って

▼ 百円くら~ (3, 0.0%)

1 ゐなりまつけど, ゐは, ゐもらつて

▼ 百円そこそこ~ (3, 0.0%)

1 だったから, の零砕, の零細

▼ 百円それ~ (3, 0.0%)

1 つぱつち, に月給, に此

▼ 百円五百円~ (3, 0.0%)

1 などと云う, の代物, の金

▼ 百円宛~ (3, 0.0%)

1 を贈呈, 出すこと, 呉れて

▼ 百円平均~ (3, 0.0%)

1 ぐらいずつ券, と定, も稼ぐなら

▼ 百円損~ (3, 0.0%)

1 したから, をした, をする

▼ 百円生活~ (3, 0.0%)

1 だと, をし, をしろ

▼ 百円程度~ (3, 0.0%)

1 になる, の配当, を国防費

▼ 百円都合~ (3, 0.0%)

3 して

▼ 百~ (3, 0.0%)

1 が一, さるる, にも千分

▼ 百分の一位~ (3, 0.0%)

1 なこと, に当ります, の金

▼ 百分の五~ (3, 0.0%)

1 の, の減損, を毎月強制積み立て

▼ 百分の六十五~ (3, 0.0%)

1 に当たる, の所, はロシア国教宗

▼ 百分一私~ (3, 0.0%)

2 は其頃 1 はその

▼ 百分中~ (3, 0.0%)

1 の一分三厘, の一割四分三厘, の六十八九人

▼ 百~ (3, 0.0%)

1 で女中, にてその, に往く

▼ 百化け~ (3, 0.0%)

1 のお, の匂い, 致しおっても

▼ 百~ (3, 0.0%)

1 だね, の微粒分子, の頓兵衛

▼ 百十一年~ (3, 0.0%)

1 に死んだ, の十回, の星霜

▼ 百十七尋~ (3, 0.0%)

1 だぞ, の所, を四フラン五十スー

▼ 百十九か村~ (3, 0.0%)

1 のもの, の村民, 中三宿

▼ 百十九兩~ (3, 0.0%)

1 で澤山, で濟, の金

▼ 百十二人~ (3, 0.0%)

1 で揃ひも揃つてやくざ, とある, の兵卒

▼ 百十二度~ (3, 0.0%)

1 が沸騰点, だ, の熱

▼ 百十二里~ (3, 0.0%)

1 はヨタ, は飛ばし過ぎる, 去下野国界二百七十四里

▼ 百十五人~ (3, 0.0%)

1 ということ, の婦人客, の搭乘

▼ 百十余年~ (3, 0.0%)

1 にし, の時, の間

▼ 百十八年~ (3, 0.0%)

1 に瞿摩悉達, の秋, よ

▼ 百十六丁目~ (3, 0.0%)

1 というところ, に違い, の地下電車

▼ 百十円~ (3, 0.0%)

1 ぐらいのもの, だの, という

▼ 百十四人~ (3, 0.0%)

1 なり, の同, の工場

▼ 百十年代~ (3, 0.0%)

2 の麒麟児 1

▼ 百十枚~ (3, 0.0%)

1 ある, ほどの作品, もかきました

▼ 百千家~ (3, 0.0%)

1 ぞ, はその, は小家數

▼ 百千萬~ (3, 0.0%)

1 の富, の鳥, をば連ね得

▼ 百千鳥~ (3, 0.0%)

1 をかくす, 囀る春, 聴くに

▼ 百~ (3, 0.0%)

1 あつた, の浩瀚, は容易

▼ 百~ (3, 0.0%)

3 の君

▼ 百右衛門殿~ (3, 0.0%)

1 という, の事, はいい

▼ 百合組~ (3, 0.0%)

1 といわれる, のひと, よ新人

▼ 百合谷~ (3, 0.0%)

1 と呼ぶべき, の中腹, の百合

▼ 百合餅~ (3, 0.0%)

1 ですが, の重箱, 程にうまい

▼ 百名位~ (3, 0.0%)

1 しか居らない, だという, という軟論

▼ 百和堂~ (3, 0.0%)

1 といふ店, のこと, へ立ち寄る

▼ 百商人~ (3, 0.0%)

1 その国, を尾, を救うた

▼ 百噸以下~ (3, 0.0%)

1 の汽船, の蒸汽船, を恐れない

▼ 百噸足らず~ (3, 0.0%)

1 のチッポケ, のノルウェー式捕鯨船, の襤褸船

▼ 百~ (3, 0.0%)

1 に対する断行説賛成者六十二, の刑法志三, の柱時計

▼ 百四十マイル~ (3, 0.0%)

1 あり, にし, 離れた長崎

▼ 百四十メートル~ (3, 0.0%)

1 だ, のかなた, 走るもの

▼ 百四十万両~ (3, 0.0%)

3 というもの

▼ 百四十三名~ (3, 0.0%)

1 から一挙, だと, を獲得

▼ 百四十両~ (3, 0.0%)

3 の一万人

▼ 百四十五萬六千七百八十九枚~ (3, 0.0%)

1 が舞い込む, と算出, の選擧權要求書

▼ 百四十余人~ (3, 0.0%)

1 に及ぶ, も江戸, を出した

▼ 百四十八文~ (3, 0.0%)

1 あれば, から百六十四文, に成ります

▼ 百四十六年~ (3, 0.0%)

2 ノ八月 1 に長安

▼ 百四十四夜~ (3, 0.0%)

1 だの, という文句, と書いた

▼ 百四十四日目~ (3, 0.0%)

2 という 1 は八十八夜

▼ 百四十里~ (3, 0.0%)

1 に及ぶ, に當, ばかりにて候

▼ 百回何千回~ (3, 0.0%)

1 くりかえした事, となく, 繰りかえしたこと

▼ 百~ (3, 0.0%)

2 あつめ 1 を盈

▼ 百尺下~ (3, 0.0%)

1 に下り, の大地, の水

▼ 百~ (3, 0.0%)

1 の興隆, を奨め, を奬め

▼ 百年あまり~ (3, 0.0%)

1 の杉, の間, 若くなった

▼ 百年その間~ (3, 0.0%)

1 の治乱, 出づるところの俳人, 出づる所

▼ 百年ぶり~ (3, 0.0%)

1 と云ふか千年振り, に主権, に大奥

▼ 百年め~ (3, 0.0%)

2 にある 1

▼ 百年三百年後~ (3, 0.0%)

1 はおろか, は三百年四百年後, は四百年五百年後

▼ 百年五百年~ (3, 0.0%)

1 とかかっ, にも当るであろう, の間一定

▼ 百年以來~ (3, 0.0%)

1 のこと, のもの也, の昇平

▼ 百年前後~ (3, 0.0%)

1 このあたり, に僞作, 迄もま

▼ 百年太平~ (3, 0.0%)

1 のもと, の後, の結果

▼ 百年幾万~ (3, 0.0%)

3 の貴い

▼ 百年幾千年~ (3, 0.0%)

1 の因襲的法則, の後, の逆戻り

▼ 百年毎~ (3, 0.0%)

2 に約 1 に人壽一年

▼ 百年祝典~ (3, 0.0%)

1 に際しかの, の今日, の日

▼ 百年記念博覧会~ (3, 0.0%)

1 に出したら, の時みたい, を思い浮べた

▼ 百年間續~ (3, 0.0%)

1 いた, いて, きました

▼ 百幾人~ (3, 0.0%)

1 あるという, かの漁師, と集まった

▼ 百~ (3, 0.0%)

1 あつて一利, ありて, の基

▼ 百弐拾円~ (3, 0.0%)

1 と少し, ほどになれり, 儲けられたら夜店商人

▼ 百~ (3, 0.0%)

3 の中

▼ 百~ (3, 0.0%)

1 とは大, をことかかなかった, 鎗五百筋矢一千本ずつを

▼ 百数十日~ (3, 0.0%)

1 というもの, のあいだ, は只

▼ 百數十年前~ (3, 0.0%)

1 この同じ長崎, に孔子, の人

▼ 百斤入~ (3, 0.0%)

1 と見える, の桶, の蓋附桶

▼ 百日交代~ (3, 0.0%)

1 で休ませる, の制, の規約

▼ 百日以上~ (3, 0.0%)

2 である上 1 も入牢

▼ 百~ (3, 0.0%)

21 に至っ

▼ 百本あまり~ (3, 0.0%)

1 どの枝, の大根, の見事

▼ 百本入~ (3, 0.0%)

1 の卷煙草, の巻煙草, を一函頂戴

▼ 百本目~ (3, 0.0%)

1 かの割り箸, の灯心, の蝋燭

▼ 百~ (3, 0.0%)

1 の尤, の長, は夏

▼ 百~ (3, 0.0%)

1 となり, とも知れず, の烟

▼ 百~ (3, 0.0%)

1 をふる, を加え, を振る

▼ 百~ (3, 0.0%)

1 が下, のこと, は五百槻

▼ 百歳老人~ (3, 0.0%)

2 の話 1 を迎

▼ 百濟王~ (3, 0.0%)

1 に封じ, の獻, は日本

▼ 百瀬家~ (3, 0.0%)

1 とその, のみならず, の家臣筋

▼ 百~ (3, 0.0%)

2 の一毛 1 の値

▼ 百~ (3, 0.0%)

1 に害, の上, 生る

▼ 百~ (3, 0.0%)

1 の咆哮, の王, 震え恐ると

▼ 百~ (3, 0.0%)

2 の王 1 の王樣

▼ 百番目~ (3, 0.0%)

1 に捺した, のところ, の唇形

▼ 百發百中~ (3, 0.0%)

1 するといふ, だつた, である

▼ 百目ろうそく~ (3, 0.0%)

1 が何本, が立て廻され, が赤く

▼ 百目筒~ (3, 0.0%)

1 が一挺, が二挺, を一挺宛

▼ 百石これ~ (3, 0.0%)

2 は因幡 1 は浅井因幡守

▼ 百石積み~ (3, 0.0%)

2 の船 1 で船頭儀右衛門以下十二人

▼ 百~ (3, 0.0%)

1 とも, の君, の術

▼ 百種百様~ (3, 0.0%)

1 がうようよ, の花鳥, の顔つき

▼ 百箇所~ (3, 0.0%)

1 に火災, の隅々, も火

▼ 百箇条~ (3, 0.0%)

1 の話, の項目, を揃えなけれ

▼ 百~ (3, 0.0%)

1 ありますか, でとまった, で終った

▼ 百美人~ (3, 0.0%)

3 の写真

▼ 百~ (3, 0.0%)

1 のうち, のよう, を巻かし

▼ 百~ (3, 0.0%)

1 の声, も又, 啼く

▼ 百~ (3, 0.0%)

1 の, の港口, も呑み去るであろう

▼ 百萬人~ (3, 0.0%)

1 の人間, の曾, の糞

▼ 百~ (3, 0.0%)

1 にも儒臣, の一, を分つ

▼ 百~ (3, 0.0%)

1 に勝り, の相, の譜

▼ 百~ (3, 0.0%)

1 なぞも愛読書目, を好ん, を読み

▼ 百~ (3, 0.0%)

1 が年十五, が精, は一代

▼ 百貫位~ (3, 0.0%)

2 の石 1 のこれら

▼ 百軒足らず~ (3, 0.0%)

1 のこの, の一寒村, の此

▼ 百軒長屋~ (3, 0.0%)

1 から挙げられた, と町, もあった

▼ 百~ (3, 0.0%)

1 でも云つて, も言わし, 聞かされたこと

▼ 百迄も~ (3, 0.0%)

1 生きさうな, 生きますよ, 生き度

▼ 百通り~ (3, 0.0%)

2 もある 1 もあるで

▼ 百部印刷~ (3, 0.0%)

1 したので, して, をし

▼ 百部限定~ (3, 0.0%)

1 であるから, で刊行, の贅沢版

▼ 百里以上~ (3, 0.0%)

1 の海陸, も呉, を経

▼ 百里近く~ (3, 0.0%)

1 もある, も隔て, も離れ

▼ 百重原~ (3, 0.0%)

1 に葬, は帝, も其附近

▼ 百~ (3, 0.0%)

1 から持っ, には百鉢, の玄耳

▼ 百錬鉄~ (3, 0.0%)

2 の剣 1 ほど鍛えた

▼ 百間あまり~ (3, 0.0%)

1 の岸壁, もありましょう, もかけ隔てた

▼ 百間以上~ (3, 0.0%)

1 の桟橋二カ所, はなれ, も崩れ落ちた

▼ 百~ (3, 0.0%)

1 が一時, の, の一時

▼ 百餘萬圓~ (3, 0.0%)

1 その復舊費二千四百餘萬圓, といふ計算, を入れる

▼ 百~ (3, 0.0%)

1 と宝, を伴, を駆っ

▼ 百~ (3, 0.0%)

1 ことごとく除く, はわが, もあと

▼ 百〇八版~ (2, 0.0%)

1 であります, は五号四六版

▼ 百〇六年~ (2, 0.0%)

1 すなわち昨年, の最近

▼ 百〇四年~ (2, 0.0%)

1 更にまた, 迄には約

▼ 百あった~ (2, 0.0%)

1 から出し, わ

▼ 百あろう~ (2, 0.0%)

1 か, とも私たち

▼ 百いじ~ (2, 0.0%)

1 ょうの, ょうもこうていへおちたのです

▼ 百いや~ (2, 0.0%)

1 何千里かな, 西暦千七百千九百笑いなさい

▼ 百~ (2, 0.0%)

1 ありに, 気の毒だ

▼ 百からの~ (2, 0.0%)

1 棄権です, 行軍に

▼ 百~ (2, 0.0%)

1 ない報, 余州を

▼ 百くら~ (2, 0.0%)

1 ゐの, ゐ木造

▼ 百くらい~ (2, 0.0%)

1 だったら例外的, 持って

▼ 百ぐらい~ (2, 0.0%)

1 あるの, だよ

▼ 百ぐらいな~ (2, 0.0%)

1 侍によって, 小勢でしか

▼ 百ぐらいに~ (2, 0.0%)

1 しないと, 過ぎなかった

▼ 百ぐらいの~ (2, 0.0%)

1 手並で, 部屋を

▼ 百じゃァ~ (2, 0.0%)

2 ない

▼ 百ずつで~ (2, 0.0%)

1 売って, 買うか

▼ 百その~ (2, 0.0%)

1 うちに, ほか非人雑種の

▼ 百それ~ (2, 0.0%)

1 に三間半, より背

▼ 百だけ~ (2, 0.0%)

1 呼ぶ, 打つて

▼ 百ちかい~ (2, 0.0%)

1 年の, 隊員が

▼ 百つい~ (2, 0.0%)

1 て帰そう, て渡いた

▼ 百てえ~ (2, 0.0%)

1 人間が, 野郎が

▼ 百である~ (2, 0.0%)

1 のにある, 限りあいつの

▼ 百でござんす~ (2, 0.0%)

1 ぜ, よ

▼ 百です~ (2, 0.0%)

1 かい, よ

▼ 百でなけれ~ (2, 0.0%)

1 ばならない, ば通用

▼ 百とかいう~ (2, 0.0%)

1 ような, 位である

▼ 百とも数~ (2, 0.0%)

1 知れぬ大, 知れぬ猿共

▼ 百とを~ (2, 0.0%)

1 たすと, 加へる

▼ 百などは~ (2, 0.0%)

1 あまり食いつけまい, 腰切半

▼ 百なん千~ (2, 0.0%)

1 という自分, とかさなっ

▼ 百にな~ (2, 0.0%)

2 つても

▼ 百に対する~ (2, 0.0%)

1 雄が, 電燈数は

▼ 百ばい~ (2, 0.0%)

1 もある, も大きく

▼ 百ばかりに~ (2, 0.0%)

1 震えて, 高く波

▼ 百ほどを~ (2, 0.0%)

1 おあずけ下され, 引きつれお迎え

▼ 百までには~ (2, 0.0%)

1 まだ六十年, 及ばぬ

▼ 百ものがたり~ (2, 0.0%)

1 という以上, をしろ

▼ 百よろ~ (2, 0.0%)

2 づ神も

▼ 百よろず~ (2, 0.0%)

2 の神

▼ 百カラット以下~ (2, 0.0%)

1 では有り得ない, のダイヤ

▼ 百キログラム~ (2, 0.0%)

1 いやもっと, ぐらいの大きな

▼ 百キロ以上~ (2, 0.0%)

1 は離れ, も離れ

▼ 百ギニー~ (2, 0.0%)

1 くらい入っ, で雇い

▼ 百スプラグ入り~ (2, 0.0%)

2 の金袋

▼ 百デナリ~ (2, 0.0%)

1 もするで, 儲けて

▼ 百トン余~ (2, 0.0%)

1 にし, のタービン船

▼ 百トン足らず~ (2, 0.0%)

1 の蒸汽船, の襤褸船

▼ 百~ (2, 0.0%)

1 美シサ一モ言イ得ズ高円寺ウロウロ, 貨車

▼ 百ノット~ (2, 0.0%)

2 の風

▼ 百フィート四方~ (2, 0.0%)

1 にわたって深, もあり

▼ 百フィート平方~ (2, 0.0%)

1 で約, 深さ一フィート以上

▼ 百フィート近く~ (2, 0.0%)

1 まで矢, も高く

▼ 百フローリン~ (2, 0.0%)

1 の年金, 投げ出して

▼ 百プロセント~ (2, 0.0%)

1 の器械, 死ぬという

▼ 百ベェスター~ (2, 0.0%)

1 だねえ, と書い

▼ 百マイル以内~ (2, 0.0%)

2 に外国人

▼ 百マイル北~ (2, 0.0%)

1 の家屋, へ行こう

▼ 百マイル近く~ (2, 0.0%)

1 も歩い, も行かなけれ

▼ 百ミリ~ (2, 0.0%)

1 から千ミリ, だかの

▼ 百メートル下~ (2, 0.0%)

1 の氷原, まで掘り下げ

▼ 百メートル二百メートル~ (2, 0.0%)

1 などのワイア, の程度

▼ 百メートル位~ (2, 0.0%)

1 くだるん, までに錦

▼ 百メートル台~ (2, 0.0%)

1 くらいまで開墾, まで下がった

▼ 百メートル競走~ (2, 0.0%)

1 だった, の勝利者

▼ 百メートル足らず~ (2, 0.0%)

1 だ, のなだらか

▼ 百メートル道路~ (2, 0.0%)

1 など道路, やテレビ塔

▼ 百リラ~ (2, 0.0%)

1 とられました, もとる

▼ 百ルウブル~ (2, 0.0%)

1 の増俸, 出しても

▼ 百レース~ (2, 0.0%)

1 でいつも, のつもり

▼ 百ヴェルスタ~ (2, 0.0%)

1 の道, も飛ばせ

▼ 百ヴエルスタ~ (2, 0.0%)

1 の道, も飛ばせ

▼ 百~ (2, 0.0%)

1 さえあっ, の物語

▼ 百一億円~ (2, 0.0%)

1 と計上, の損害

▼ 百一条~ (2, 0.0%)

1 から第, 第八百十三条

▼ 百一歳~ (2, 0.0%)

1 の時, の棚橋先生

▼ 百一番地~ (2, 0.0%)

1 から出, とある

▼ 百~ (2, 0.0%)

1 の巴, ほどの半弓

▼ 百~ (2, 0.0%)

1 で延期法案, を加

▼ 百七万八千七百五十封度~ (2, 0.0%)

1 の代価, の値上げ代価

▼ 百七万石~ (2, 0.0%)

1 の封, をうけ

▼ 百七八十回~ (2, 0.0%)

1 の地震, の大小

▼ 百七八十年前~ (2, 0.0%)

1 である, の採集

▼ 百七十グレーン~ (2, 0.0%)

1 という日本一, という真珠

▼ 百七十フラン~ (2, 0.0%)

1 はいっ, まで値切った

▼ 百七十マイル~ (2, 0.0%)

1 の所, の洋中

▼ 百七十ミリ~ (2, 0.0%)

1 を指し, を示し

▼ 百七十一名~ (2, 0.0%)

1 という絶対多数, の生命

▼ 百七十七~ (2, 0.0%)

1 ありて, に蒲壽庚

▼ 百七十七個村~ (2, 0.0%)

1 の民, の百姓たち

▼ 百七十七回~ (2, 0.0%)

1 の中途, の中音音

▼ 百七十三~ (2, 0.0%)

1 その中, という数

▼ 百七十三年~ (2, 0.0%)

1 か四年, の四道将軍

▼ 百七十三度~ (2, 0.0%)

1 という絶対温度, の疑惑

▼ 百七十三米七~ (2, 0.0%)

1 の峰, の頂

▼ 百七十三行~ (2, 0.0%)

2 を御覧

▼ 百七十五フラン~ (2, 0.0%)

1 ですつて, と書い

▼ 百七十五ルーブル~ (2, 0.0%)

1 と吹っかけ, よりお

▼ 百七十五号~ (2, 0.0%)

1 さう, といふたつた

▼ 百七十何通~ (2, 0.0%)

1 といっ, の手紙

▼ 百七十余人~ (2, 0.0%)

1 の前衛労働者, の学者

▼ 百七十八米~ (2, 0.0%)

1 であるが, の蟻ヶ峠

▼ 百七十六年女王エリサベス~ (2, 0.0%)

2 の時代

▼ 百七十円なにがし~ (2, 0.0%)

1 あつた, という額

▼ 百七十円政府~ (2, 0.0%)

1 へ上納, へ納める

▼ 百七十四トン~ (2, 0.0%)

1 でもし, の巨舶

▼ 百七十四年~ (2, 0.0%)

1 に彼, に死した

▼ 百七十四里~ (2, 0.0%)

1 もいけない, 去靺鞨国三千里

▼ 百七十年代~ (2, 0.0%)

1 にはいる, の半頃

▼ 百七十年前後~ (2, 0.0%)

1 から景教碑, の激しい

▼ 百七十度北緯三十度~ (2, 0.0%)

1 の辺, の附近

▼ 百七十頭~ (2, 0.0%)

1 の巨鯨, を飼養

▼ 百七州~ (2, 0.0%)

1 あるべきもの, とした

▼ 百万マルク~ (2, 0.0%)

1 の支出, を必要

▼ 百万五千~ (2, 0.0%)

1 と, の

▼ 百万何千万両~ (2, 0.0%)

1 かの大財産, とも知れない

▼ 百万何千万年~ (2, 0.0%)

1 かの長い, の後

▼ 百万余~ (2, 0.0%)

1 になっ, の人民

▼ 百万円持参~ (2, 0.0%)

1 せえ, で押し付け

▼ 百万円損~ (2, 0.0%)

1 したから, をすれ

▼ 百万分の一程度~ (2, 0.0%)

1 であって, という恐ろしく

▼ 百万千万年千五百~ (2, 0.0%)

2 の万年

▼ 百万単位~ (2, 0.0%)

1 ずつうっ, と考え得る

▼ 百万名~ (2, 0.0%)

1 に達する, の手勢

▼ 百万噸~ (2, 0.0%)

1 と測定, の軍艦

▼ 百万平方キロ~ (2, 0.0%)

2 の大洋

▼ 百万年光~ (2, 0.0%)

1 というもの, といふもの

▼ 百万戦死者~ (2, 0.0%)

1 がある, を犬死

▼ 百万枚~ (2, 0.0%)

1 にも及んだ, に達する

▼ 百万民衆~ (2, 0.0%)

1 が足下, の不断

▼ 百万減少~ (2, 0.0%)

1 したと, すること

▼ 百万町歩~ (2, 0.0%)

1 とかを開墾, の麦畑

▼ 百万石以上~ (2, 0.0%)

1 もある, を輸入

▼ 百万石加賀様~ (2, 0.0%)

1 だけは別, の御

▼ 百万耳~ (2, 0.0%)

1 がそろわなく, をそろえよう

▼ 百万衆~ (2, 0.0%)

1 であったが, は見

▼ 百万足らず~ (2, 0.0%)

1 に過ぎない, の会社

▼ 百万都合~ (2, 0.0%)

1 して, するから

▼ 百万金~ (2, 0.0%)

1 も購, を出し

▼ 百丈清規~ (2, 0.0%)

2 を衆徒

▼ 百丈禅師~ (2, 0.0%)

1 とかいう和尚さん, のよう

▼ 百三もん~ (2, 0.0%)

1 がほどの価値, に買う

▼ 百三匁ほか~ (2, 0.0%)

2 の二つ

▼ 百三十メートル~ (2, 0.0%)

1 の全姿, ほどの高

▼ 百三十一年~ (2, 0.0%)

1 に開かれた, のこと

▼ 百三十七~ (2, 0.0%)

2 でお

▼ 百三十七段~ (2, 0.0%)

1 の前半, までを見た

▼ 百三十万人~ (2, 0.0%)

1 の人間, の女

▼ 百三十三万三千三百三十三人三分の一~ (2, 0.0%)

1 につい, に増加

▼ 百三十三人~ (2, 0.0%)

1 と御, の

▼ 百三十三人三分の一~ (2, 0.0%)

1 につい, に増加

▼ 百三十三匹~ (2, 0.0%)

1 がお, をぜんぶ

▼ 百三十三尺~ (2, 0.0%)

1 という不思議, 高さ

▼ 百三十三體~ (2, 0.0%)

1 あると, の觀音樣

▼ 百三十九両~ (2, 0.0%)

1 である, を払っ

▼ 百三十九人~ (2, 0.0%)

1 となる, なり

▼ 百三十九俵~ (2, 0.0%)

1 あり, を売り

▼ 百三十二名~ (2, 0.0%)

1 なん, は三千一名

▼ 百三十二番地~ (2, 0.0%)

1 の貸家, を忌む

▼ 百三十二箇~ (2, 0.0%)

2 の問題

▼ 百三十人伊那~ (2, 0.0%)

2 の助

▼ 百三十何円~ (2, 0.0%)

1 とかだ, は安し

▼ 百三十余人伴類二百人~ (2, 0.0%)

1 ことごとく召しとられ, に及ぶ

▼ 百三十余尺~ (2, 0.0%)

1 というその, の七重塔

▼ 百三十八号文書~ (2, 0.0%)

1 にあります, は実に

▼ 百三十八歳~ (2, 0.0%)

1 の時, まで長生

▼ 百三十六人~ (2, 0.0%)

1 の処刑, 内男三百二十五人

▼ 百三十六個~ (2, 0.0%)

1 の麻雀牌, もある

▼ 百三十六名~ (2, 0.0%)

1 である, で未曾有

▼ 百三十六年~ (2, 0.0%)

1 なり, の制科

▼ 百三十度~ (2, 0.0%)

1 ぐらいだ, と百四十度

▼ 百三十日~ (2, 0.0%)

1 もすぎた, もま

▼ 百三十石~ (2, 0.0%)

1 大宰帥, 被下置

▼ 百三十米~ (2, 0.0%)

1 を超え, 高い所

▼ 百三十萬坪~ (2, 0.0%)

1 ほど, ほどが天鹽

▼ 百三十隻~ (2, 0.0%)

1 の潜水艦, をもって遊撃艦隊

▼ 百三四十年~ (2, 0.0%)

1 の後, も前

▼ 百三四十里~ (2, 0.0%)

1 にて之, の距離

▼ 百三旌表節孝~ (2, 0.0%)

2 の條

▼ 百三番~ (2, 0.0%)

1 でいらっしゃいますか, ですか

▼ 百両これ~ (2, 0.0%)

1 がお, でも不足

▼ 百両下~ (2, 0.0%)

1 で埒, のお

▼ 百両事件~ (2, 0.0%)

1 を先, を切り出しました

▼ 百両切餅~ (2, 0.0%)

1 の封, を十二

▼ 百両紛失~ (2, 0.0%)

1 して, の場合

▼ 百両胴~ (2, 0.0%)

1 のチョボ一, は潰れる

▼ 百中九十九~ (2, 0.0%)

1 までむずかしい, 迄助からない

▼ 百~ (2, 0.0%)

1 の大将, の料理番

▼ 百~ (2, 0.0%)

1 の国, の家

▼ 百九フラン十五スー~ (2, 0.0%)

1 です, の額

▼ 百九人~ (2, 0.0%)

1 に対して徳川方, の子供

▼ 百九十マイル~ (2, 0.0%)

2 あり

▼ 百九十一マイル~ (2, 0.0%)

1 の地点, を航

▼ 百九十七年~ (2, 0.0%)

1 にジェミエ, に至る

▼ 百九十万円~ (2, 0.0%)

1 がいくら, ふんだくろうという

▼ 百九十三人強~ (2, 0.0%)

2 の人口

▼ 百九十三号室~ (2, 0.0%)

2 の女

▼ 百九十三年後~ (2, 0.0%)

2 の明治四十年

▼ 百九十三米~ (2, 0.0%)

1 の三角点, の地点

▼ 百九十九俵~ (2, 0.0%)

1 までを百五十俵, までを百俵

▼ 百九十九割り~ (2, 0.0%)

2 て死なまし

▼ 百九十九本~ (2, 0.0%)

1 ありました, あるの

▼ 百九十九足~ (2, 0.0%)

1 でたった, の草履

▼ 百九十二年~ (2, 0.0%)

1 に露国, まで十八年

▼ 百九十五~ (2, 0.0%)

2 の孝友傳

▼ 百九十八疋~ (2, 0.0%)

2 まで蟻

▼ 百九十匹~ (2, 0.0%)

2 の悪魔

▼ 百九十名~ (2, 0.0%)

1 の代表, の生命

▼ 百九十哩~ (2, 0.0%)

1 の西南, ばかり歩い

▼ 百九十四人~ (2, 0.0%)

1 につき一カ寺, に終り

▼ 百九十四段~ (2, 0.0%)

1 の中, 及び第

▼ 百九十度~ (2, 0.0%)

1 という冷寒, に冷凍

▼ 百九十米~ (2, 0.0%)

1 の上, を下る

▼ 百九十餘里~ (2, 0.0%)

1 に過ぎざれ, の短距離

▼ 百九号~ (2, 0.0%)

1 だね, です

▼ 百九年サラゴサ~ (2, 0.0%)

1 の戦, の戰

▼ 百九枚~ (2, 0.0%)

1 あてがうと, あてがっても

▼ 百二三十尋~ (2, 0.0%)

1 の海底, の深い

▼ 百二三十年~ (2, 0.0%)

1 の昔, の違い

▼ 百二三十年前~ (2, 0.0%)

1 に書いた, のこと

▼ 百二三十戸~ (2, 0.0%)

2 も有らう

▼ 百二三十本~ (2, 0.0%)

1 も堂塔, も立つ

▼ 百二三十篇~ (2, 0.0%)

1 の捕物小説, は書い

▼ 百二俵~ (2, 0.0%)

1 を受けた, を給せられた

▼ 百二十いくつ~ (2, 0.0%)

1 じっさい奇蹟, の一風宗匠

▼ 百二十キロ~ (2, 0.0%)

1 からある, ないし百八十キロ

▼ 百二十キログラム~ (2, 0.0%)

1 ぐらいもあった, です

▼ 百二十フィート~ (2, 0.0%)

1 の蛇, もある

▼ 百二十メートル~ (2, 0.0%)

1 ものびた, 果たして博士一行

▼ 百二十一人~ (2, 0.0%)

1 および一八三〇年, の者

▼ 百二十一号室~ (2, 0.0%)

1 の娘, へそれ

▼ 百二十一歳~ (2, 0.0%)

1 のおじいさん, らしい

▼ 百二十丁目~ (2, 0.0%)

1 にあった, までさかのぼれ

▼ 百二十万年ぐらゐ前~ (2, 0.0%)

1 にできた, のくるみ

▼ 百二十三人~ (2, 0.0%)

1 だけしか生き残らなかった, の俘虜

▼ 百二十三歳御陵~ (2, 0.0%)

2 は玉手

▼ 百二十九人~ (2, 0.0%)

1 ありて, となっとる

▼ 百二十二人~ (2, 0.0%)

1 のモルモン信徒, 居た事

▼ 百二十二年四月二十四日~ (2, 0.0%)

2 を思い出せ

▼ 百二十五ミリ~ (2, 0.0%)

1 くらいしかない, で

▼ 百二十五メートル~ (2, 0.0%)

1 に過ぎない, の岩木山

▼ 百二十五円~ (2, 0.0%)

1 しか入っ, といふ高価

▼ 百二十俵~ (2, 0.0%)

1 だと, べい

▼ 百二十八人~ (2, 0.0%)

1 あります, は文字

▼ 百二十八度~ (2, 0.0%)

1 に当ります, の場合

▼ 百二十八米~ (2, 0.0%)

1 であるが, でいずれ

▼ 百二十八聯隊~ (2, 0.0%)

2 の伝令

▼ 百二十六人~ (2, 0.0%)

1 になる, はこの

▼ 百二十六倍~ (2, 0.0%)

1 になっ, 払わなければ

▼ 百二十六年~ (2, 0.0%)

1 に程樹徳, までつ

▼ 百二十匁入り~ (2, 0.0%)

2 のブリキ

▼ 百二十卷~ (2, 0.0%)

1 とした, の本

▼ 百二十四人~ (2, 0.0%)

1 という数, を率

▼ 百二十四回連載~ (2, 0.0%)

1 された, された小説

▼ 百二十四度~ (2, 0.0%)

1 でなければ, となり

▼ 百二十四番~ (2, 0.0%)

2 の室

▼ 百二十坪~ (2, 0.0%)

1 とかある, ばかりを借りる

▼ 百二十尋~ (2, 0.0%)

1 がたちまち, の測深線

▼ 百二十巻~ (2, 0.0%)

1 であるの, の大作

▼ 百二十年代~ (2, 0.0%)

1 の, の人心

▼ 百二十年後~ (2, 0.0%)

1 の今日, の女性

▼ 百二十幾人~ (2, 0.0%)

1 あった, とその

▼ 百二十把~ (2, 0.0%)

1 からかかりました, からの萱

▼ 百二十日目~ (2, 0.0%)

1 に大がかり, に当っ

▼ 百二十歩~ (2, 0.0%)

1 ずつを受ける, ずつ老幼

▼ 百二十点~ (2, 0.0%)

1 と認める, 貰ったこと

▼ 百二十番地~ (2, 0.0%)

1 であります, をさがします

▼ 百二十畳~ (2, 0.0%)

1 の籐, 敷けるという

▼ 百二十艘許~ (2, 0.0%)

2 りの

▼ 百二十萬~ (2, 0.0%)

1 と云, の金

▼ 百二十萬年ぐらゐ前~ (2, 0.0%)

1 にできた, のくるみ

▼ 百二十金~ (2, 0.0%)

1 でちょっと, で一寸

▼ 百二名~ (2, 0.0%)

1 です, ヲ以テ上陸シタル一行ハ三ヶ月ニシテ五十名ヲ余スノミ

▼ 百二名死亡者二十五名全癒者四十一名~ (2, 0.0%)

2 現患者三十六名

▼ 百二年~ (2, 0.0%)

1 なり而, の間

▼ 百二歳~ (2, 0.0%)

1 という, の時

▼ 百二間~ (2, 0.0%)

1 というの, の火屋霊堂

▼ 百五六十囘~ (2, 0.0%)

2 に至つて

▼ 百五六十坪~ (2, 0.0%)

1 のところ, ほどのひろ

▼ 百五六十度~ (2, 0.0%)

1 という温度, の湯

▼ 百五六十日~ (2, 0.0%)

1 でなおるだろう, の日數

▼ 百五六十疋~ (2, 0.0%)

1 それからヤク, に羊

▼ 百五六十米~ (2, 0.0%)

1 もある, もあろう

▼ 百五十ヤード~ (2, 0.0%)

1 ほど進む, を筆頭

▼ 百五十ヤール~ (2, 0.0%)

2 の絹

▼ 百五十ルピー~ (2, 0.0%)

1 もする, を還し

▼ 百五十一号~ (2, 0.0%)

2 に臨時調査会

▼ 百五十一枚~ (2, 0.0%)

1 というところ, を書き上げた

▼ 百五十万クヲタア~ (2, 0.0%)

1 だけ不足, を獲得

▼ 百五十万石~ (2, 0.0%)

1 の増産, を計画

▼ 百五十万磅~ (2, 0.0%)

1 だけ余計, の

▼ 百五十三名~ (2, 0.0%)

1 が前後五日, の共産党代議士

▼ 百五十三歳御陵~ (2, 0.0%)

2 は菅原

▼ 百五十三石~ (2, 0.0%)

1 より三千八百石, を食んだ

▼ 百五十九人~ (2, 0.0%)

1 とある, と見え

▼ 百五十二人~ (2, 0.0%)

1 と応援隊四百人, にも達し

▼ 百五十五マイル~ (2, 0.0%)

2 あり

▼ 百五十五人~ (2, 0.0%)

1 で無害地, という少年少女

▼ 百五十五年十一月一日~ (2, 0.0%)

2 のリスボン

▼ 百五十人二百人~ (2, 0.0%)

1 となった, もいる

▼ 百五十人位~ (2, 0.0%)

1 と登録, の会員

▼ 百五十人分~ (2, 0.0%)

1 の寝台, の食堂

▼ 百五十億ドル~ (2, 0.0%)

1 の損失, もの罐詰

▼ 百五十億円~ (2, 0.0%)

1 で北海道開発費, ほどになる

▼ 百五十六人~ (2, 0.0%)

1 とある, の大

▼ 百五十六平方キロ~ (2, 0.0%)

1 といっ, の地域

▼ 百五十円位~ (2, 0.0%)

1 にあたります, の賃金

▼ 百五十円程度~ (2, 0.0%)

1 で年一回村, の作男

▼ 百五十号~ (2, 0.0%)

1 になった, の大作

▼ 百五十名ばかり~ (2, 0.0%)

1 が後, に増えた

▼ 百五十四マイル~ (2, 0.0%)

1 あり, なり

▼ 百五十回忌~ (2, 0.0%)

1 の大, を期

▼ 百五十封度~ (2, 0.0%)

1 の代価, の値上げ代価

▼ 百五十年以前~ (2, 0.0%)

1 です爾, に癇癪坊主

▼ 百五十年祭~ (2, 0.0%)

1 でもやろう, の京都

▼ 百五十度附近~ (2, 0.0%)

1 と決った, の海上

▼ 百五十戸分~ (2, 0.0%)

2 の溺死者

▼ 百五十日間~ (2, 0.0%)

1 ときまっ, に竣工

▼ 百五十杯~ (2, 0.0%)

1 つながって, の脂

▼ 百五十株~ (2, 0.0%)

1 ほどを長命寺, を植えさせた

▼ 百五十機~ (2, 0.0%)

1 ぐらいはいる, の怪飛行隊

▼ 百五十歩~ (2, 0.0%)

1 の距離, ばかり遠のいた

▼ 百五十浬~ (2, 0.0%)

1 ばかりのところ, もあります

▼ 百五十瓦~ (2, 0.0%)

1 とクリーム五十瓦, にクリーム五十瓦

▼ 百五十疋~ (2, 0.0%)

1 くらい一か年一貫七百文納入, で買い入れた

▼ 百五十種~ (2, 0.0%)

1 もです, 入って

▼ 百五十米位~ (2, 0.0%)

1 で止り, で湖

▼ 百五十米突~ (2, 0.0%)

1 と下っ, の大菩薩嶺

▼ 百五十組~ (2, 0.0%)

1 の食卓, もの人達

▼ 百五十銭~ (2, 0.0%)

1 に負け, ばかりの銭

▼ 百五十頭~ (2, 0.0%)

1 の大, も殺された

▼ 百五十首~ (2, 0.0%)

1 ばかり読めない, 載り

▼ 百五十馬力~ (2, 0.0%)

1 のブリストルジュピタア発動機, の発動機

▼ 百五回~ (2, 0.0%)

1 ずつ平和, という火災数

▼ 百五度以東~ (2, 0.0%)

1 においてこの, において捲き込まれ

▼ 百五条~ (2, 0.0%)

1 の犯罪, 及び第

▼ 百五連隊~ (2, 0.0%)

2 の軍旗

▼ 百人これ~ (2, 0.0%)

1 でちょうど, でも嚴選

▼ 百人ぢ~ (2, 0.0%)

1 や桟敷, や棧敷

▼ 百人一首中~ (2, 0.0%)

1 なる大宮人, の約

▼ 百人三百人~ (2, 0.0%)

1 の人足, をかぞえる

▼ 百人並~ (2, 0.0%)

1 に優れた, の不

▼ 百人中九十五人~ (2, 0.0%)

1 ぐらいは読ん, まで生き返らせる

▼ 百人中間~ (2, 0.0%)

2 に有

▼ 百人以下~ (2, 0.0%)

1 に止め, の村落

▼ 百人六百人~ (2, 0.0%)

2 に読まれる

▼ 百人分あまり~ (2, 0.0%)

2 の食事

▼ 百人前後~ (2, 0.0%)

1 のロシヤ人, の日本人

▼ 百人女~ (2, 0.0%)

1 が居れ, を五百人

▼ 百人感嘆~ (2, 0.0%)

1 の声, の聲

▼ 百人扶持~ (2, 0.0%)

1 をうけた, を給

▼ 百人新聞流~ (2, 0.0%)

1 でいえ, でいへ

▼ 百人番~ (2, 0.0%)

1 で三十分, というところ

▼ 百人百五十人二百人~ (2, 0.0%)

1 となった, もいる

▼ 百人神泉苑~ (2, 0.0%)

2 の池

▼ 百人自分~ (2, 0.0%)

1 のため, の家来殆ど全部

▼ 百代言たち~ (2, 0.0%)

1 のこと, の上

▼ 百以下~ (2, 0.0%)

1 たるべし, の差

▼ 百伊尺~ (2, 0.0%)

1 ありとぞ, の深

▼ 百何十万~ (2, 0.0%)

1 という人, の空虚

▼ 百何十万年~ (2, 0.0%)

1 かはしらぬ, 秘められて

▼ 百何十圓~ (2, 0.0%)

1 かの金, といふ巍然

▼ 百何十年来~ (2, 0.0%)

1 この木曾地方, の旧

▼ 百何十日~ (2, 0.0%)

1 のあいだ, もお便り

▼ 百何十畳~ (2, 0.0%)

1 では, の中

▼ 百何十種~ (2, 0.0%)

1 と出来, 収められて

▼ 百何十通~ (2, 0.0%)

1 と云う, の手紙

▼ 百何千人~ (2, 0.0%)

1 あるか, の難儀

▼ 百何千倍~ (2, 0.0%)

1 のムダ, もある

▼ 百何千艘物資~ (2, 0.0%)

2 の豊富

▼ 百何千語~ (2, 0.0%)

2 の註釈

▼ 百何番~ (2, 0.0%)

1 だったかなあ, とある

▼ 百余両~ (2, 0.0%)

1 ところで此金, の無尽

▼ 百余口~ (2, 0.0%)

1 あって, 過ぐる所

▼ 百余国~ (2, 0.0%)

1 となる, を為し

▼ 百余宇~ (2, 0.0%)

1 とある, の多き

▼ 百余家~ (2, 0.0%)

1 を緯, ヲ一変シテ華族ト改称ス

▼ 百余年以前~ (2, 0.0%)

1 には村, にバビロン

▼ 百余年来未曾有~ (2, 0.0%)

2 の珍事

▼ 百余町歩~ (2, 0.0%)

1 でなお, の開墾

▼ 百余篇~ (2, 0.0%)

1 の作品, も集まった

▼ 百余輛~ (2, 0.0%)

1 の財物, の車

▼ 百余頁~ (2, 0.0%)

1 だから, の美しい

▼ 百~ (2, 0.0%)

2 の母子

▼ 百俵付け~ (2, 0.0%)

1 がなん, を括りつけた

▼ 百俵宛三季~ (2, 0.0%)

1 に, に享保年中

▼ 百俵銀五十枚~ (2, 0.0%)

2 の御

▼ 百個以上~ (2, 0.0%)

1 の円盤, の玉子

▼ 百倍何千倍~ (2, 0.0%)

1 に達し, も悪い

▼ 百~ (2, 0.0%)

1 の三本, を誦む

▼ 百~ (2, 0.0%)

2

▼ 百億トン~ (2, 0.0%)

1 と言われ, の石炭

▼ 百億個以上~ (2, 0.0%)

2 の恒星

▼ 百億八百萬年~ (2, 0.0%)

1 の舊國, の間

▼ 百億圓~ (2, 0.0%)

1 という金, に達する

▼ 百億年~ (2, 0.0%)

1 とか千億年, に亘るであろう

▼ 百億年後~ (2, 0.0%)

1 のこと, の人間

▼ 百億粒~ (2, 0.0%)

2 だとかいふ

▼ 百~ (2, 0.0%)

2 大カロリー

▼ 百兩ぢ~ (2, 0.0%)

1 やない, や無え

▼ 百兩位~ (2, 0.0%)

1 の金, 取られたさうです

▼ 百兩出~ (2, 0.0%)

1 して, しても

▼ 百兩切餅~ (2, 0.0%)

1 の封, を十二

▼ 百兩外~ (2, 0.0%)

1 に地所, に貸金

▼ 百兩持つて~ (2, 0.0%)

1 居たん, 逃げたんぢ

▼ 百兩盜~ (2, 0.0%)

1 んで五兩十兩, んで十兩惠む程度

▼ 百兩貰~ (2, 0.0%)

1 つたん, ひそこねて

▼ 百兩餘~ (2, 0.0%)

1 り入, り寺

▼ 百八十七匁~ (2, 0.0%)

1 と云, は一両

▼ 百八十七年~ (2, 0.0%)

1 に, 即ち明治十八年

▼ 百八十万~ (2, 0.0%)

1 の人口, を得

▼ 百八十万冊~ (2, 0.0%)

1 の図書館資料, の書籍

▼ 百八十万斤~ (2, 0.0%)

1 という工合, を産

▼ 百八十三~ (2, 0.0%)

1 というわれ, と解す

▼ 百八十三両二分~ (2, 0.0%)

1 だと, だという

▼ 百八十三人~ (2, 0.0%)

1 のうち, までは女子

▼ 百八十三円~ (2, 0.0%)

1 と記し, 頂きます

▼ 百八十三年~ (2, 0.0%)

1 に大, は旱災

▼ 百八十三歳~ (2, 0.0%)

2 なり

▼ 百八十九人~ (2, 0.0%)

1 ありしと, は百九十三年後

▼ 百八十二メートル~ (2, 0.0%)

1 のエベレスト峯頂上, もの穴

▼ 百八十二両~ (2, 0.0%)

2 はどこ

▼ 百八十二年~ (2, 0.0%)

1 といへ, の三月頃

▼ 百八十五兩~ (2, 0.0%)

1 あつた, あつたさうです

▼ 百八十余年~ (2, 0.0%)

1 に亙る, の昔

▼ 百八十八マイル~ (2, 0.0%)

1 あり, なり

▼ 百八十六年~ (2, 0.0%)

1 に有名, を起點

▼ 百八十六年ラネツサン氏~ (2, 0.0%)

1 は議会, は議會

▼ 百八十六条~ (2, 0.0%)

1 から第, という豊富さ

▼ 百八十六部~ (2, 0.0%)

2

▼ 百八十四人~ (2, 0.0%)

1 ありしも, とある

▼ 百八十年前~ (2, 0.0%)

1 に出来た, の人

▼ 百八十度廻転~ (2, 0.0%)

1 して, せられよ

▼ 百八十文~ (2, 0.0%)

1 なり, 出して

▼ 百八十本~ (2, 0.0%)

1 の毛髪, 立て間口二十間

▼ 百八十枚~ (2, 0.0%)

1 ぐらいあります, ばかりの写真

▼ 百八年目~ (2, 0.0%)

2 になつ

▼ 百八後家~ (2, 0.0%)

1 お辻, の因縁

▼ 百八拾円~ (2, 0.0%)

1 ほどなり, ノ豪華版

▼ 百八歳~ (2, 0.0%)

1 でも, も生き延びた

▼ 百八狸~ (2, 0.0%)

1 って有名, も名物

▼ 百八町百万~ (2, 0.0%)

2 の人みな

▼ 百八番~ (2, 0.0%)

1 が當, でせう

▼ 百八矢倉~ (2, 0.0%)

1 という史跡, に行っ

▼ 百八萬圓~ (2, 0.0%)

1 と云, の借金

▼ 百八萬圓借金~ (2, 0.0%)

1 をし, をした

▼ 百八遍~ (2, 0.0%)

2 の礼拝

▼ 百八高地~ (2, 0.0%)

1 というの, というもの

▼ 百六七十~ (2, 0.0%)

1 の死火山, まだその

▼ 百六十キロ~ (2, 0.0%)

1 を少し, 即ち日本橋

▼ 百六十マイル~ (2, 0.0%)

1 あり, とす

▼ 百六十メートル~ (2, 0.0%)

1 がのびた, までのびました

▼ 百六十七人~ (2, 0.0%)

1 とある, に戯れた

▼ 百六十万~ (2, 0.0%)

1 の増加, の民草

▼ 百六十三マイル~ (2, 0.0%)

1 ありて, の間

▼ 百六十三人~ (2, 0.0%)

1 の青年同盟員, はどう

▼ 百六十三名~ (2, 0.0%)

1 の中, の有する

▼ 百六十九匹~ (2, 0.0%)

2 の職工

▼ 百六十九条~ (2, 0.0%)

1 よりなり, を定めた

▼ 百六十二人~ (2, 0.0%)

1 につき寺院一棟, は女王

▼ 百六十二頁~ (2, 0.0%)

1 ありましたから, に

▼ 百六十五回~ (2, 0.0%)

1 になる, 廻るの

▼ 百六十五席~ (2, 0.0%)

1 あつて, をこなし得る

▼ 百六十五日打~ (2, 0.0%)

1 通して, 通しての

▼ 百六十五日目~ (2, 0.0%)

1 に三百六十五, に當つて

▼ 百六十五日間~ (2, 0.0%)

1 における日々, に四百回

▼ 百六十五行~ (2, 0.0%)

2 から四百七十三行

▼ 百六十何円~ (2, 0.0%)

1 に当る, の税

▼ 百六十余人~ (2, 0.0%)

1 という家士, の平泉

▼ 百六十余年~ (2, 0.0%)

1 の太平, もつづいた

▼ 百六十余日~ (2, 0.0%)

2 の歳月

▼ 百六十余町~ (2, 0.0%)

1 から出す, は仕事

▼ 百六十八万人~ (2, 0.0%)

1 あって, の婦人

▼ 百六十八万四千九百六人~ (2, 0.0%)

1 ありと, あるを

▼ 百六十六~ (2, 0.0%)

1 といふ数, 計五万七千二百三十八社

▼ 百六十六編~ (2, 0.0%)

1 がどんなに, まで続

▼ 百六十四日~ (2, 0.0%)

1 とは無関係, はむっつり

▼ 百六十尺~ (2, 0.0%)

1 にも達する, の小山

▼ 百六十文~ (2, 0.0%)

1 になる, また文金一歩

▼ 百六十日~ (2, 0.0%)

1 しか無, の間

▼ 百六十歳~ (2, 0.0%)

2 近い長寿者

▼ 百六十種~ (2, 0.0%)

1 の暗号, 温かいの

▼ 百六十耗前後~ (2, 0.0%)

1 なるに, にし

▼ 百六十軒~ (2, 0.0%)

1 の人家, の村じゅう

▼ 百六十里~ (2, 0.0%)

1 あり, も手繰られ

▼ 百六十間~ (2, 0.0%)

1 ありまして, といわれ

▼ 百六歳~ (2, 0.0%)

1 の長寿, ほどになる

▼ 百六歳御陵~ (2, 0.0%)

2 は片岡

▼ 百六部~ (2, 0.0%)

1 となつ, に分かれ

▼ 百内外~ (2, 0.0%)

2 の中

▼ 百円がた~ (2, 0.0%)

1 悪いと, 悪いという

▼ 百円これ~ (2, 0.0%)

1 はマル公, を百レン

▼ 百円づつ~ (2, 0.0%)

1 も取つ, 負けても

▼ 百円なにがし~ (2, 0.0%)

1 に相当, の金

▼ 百円の~ (2, 0.0%)

1 を取る, を持っ

▼ 百円三十五歳~ (2, 0.0%)

1 から百五十円, になったなら

▼ 百円三百円~ (2, 0.0%)

1 と纏まった, と纒

▼ 百円何千円~ (2, 0.0%)

1 という鯉, 買って

▼ 百円何拾円~ (2, 0.0%)

2 たった一人

▼ 百円入り~ (2, 0.0%)

1 の価格表記, の紙入れ

▼ 百円分~ (2, 0.0%)

1 の薬, を買った

▼ 百円前後~ (2, 0.0%)

1 といふ思はぬ, もする

▼ 百円封入~ (2, 0.0%)

1 されそれ, する明日道子

▼ 百円札一枚~ (2, 0.0%)

1 を外套, 返すと

▼ 百円札五枚~ (2, 0.0%)

1 で支配人, を投出す

▼ 百円玉~ (2, 0.0%)

1 を三つ, を少年

▼ 百円許~ (2, 0.0%)

1 り受取りました, り貸して

▼ 百円貰~ (2, 0.0%)

1 ひそく, ふきりだ

▼ 百円頂戴~ (2, 0.0%)

2 する身分

▼ 百分の一以上~ (2, 0.0%)

1 の軍兵, の軍隊

▼ 百分の一以下~ (2, 0.0%)

1 が適当, の家賃

▼ 百分の一千分の一~ (2, 0.0%)

1 でもをお伝え, と価値

▼ 百分の一秒時~ (2, 0.0%)

2 忽ち又

▼ 百分の一秒毎~ (2, 0.0%)

2 に密接

▼ 百分の一秒程度~ (2, 0.0%)

1 の短い, まで短く

▼ 百分の七十~ (2, 0.0%)

1 に, にオベッカリウム百分の三十

▼ 百分の三~ (2, 0.0%)

1 を一同, を今後六カ月

▼ 百分の三十~ (2, 0.0%)

2 という人物

▼ 百分の五ミリ~ (2, 0.0%)

1 であること, という大きい

▼ 百分の五ミリ程度~ (2, 0.0%)

1 のもの, の小さ

▼ 百分の六~ (2, 0.0%)

1 となり, に減じました

▼ 百分の六十四旧教信者~ (2, 0.0%)

2 は百分の三十四

▼ 百分の十八~ (2, 0.0%)

1 となっ, は自転車

▼ 百分の四~ (2, 0.0%)

2 に増加

▼ 百分の四・四~ (2, 0.0%)

1 という, との説

▼ 百刷つて~ (2, 0.0%)

2 居て

▼ 百勇士~ (2, 0.0%)

1 はことごとく, を自分

▼ 百匁五十五円~ (2, 0.0%)

1 と書いた, のマグロ

▼ 百匁四円五十銭~ (2, 0.0%)

1 だ, とられたには

▼ 百匁百円~ (2, 0.0%)

1 から百二, で売った

▼ 百匁程度~ (2, 0.0%)

1 でそれ, の風呂敷

▼ 百匁買つて~ (2, 0.0%)

1 来たと, 来て

▼ 百匁近く~ (2, 0.0%)

1 なつて, まで育っ

▼ 百匹位~ (2, 0.0%)

1 の獲物, ゐ螢

▼ 百十ルーブリ~ (2, 0.0%)

1 しか出来ん, にしかならん

▼ 百十一万~ (2, 0.0%)

1 と言われ, の統計

▼ 百十一頁~ (2, 0.0%)

1 に, の所

▼ 百十七~ (2, 0.0%)

1 の, を失う

▼ 百十七回~ (2, 0.0%)

1 の中ごろ, の地震

▼ 百十七年~ (2, 0.0%)

1 の, まで位

▼ 百十七年前~ (2, 0.0%)

1 すなわち清, であるが

▼ 百十七度~ (2, 0.0%)

1 である, 決して秀抜

▼ 百十万余人~ (2, 0.0%)

1 の軍勢, の軍隊

▼ 百十万円~ (2, 0.0%)

1 が浮き, なり

▼ 百十三~ (2, 0.0%)

1 の一章, まで年齢

▼ 百十三名~ (2, 0.0%)

1 の児童, の多き

▼ 百十三条~ (2, 0.0%)

1 の離婚, 最も注意

▼ 百十三歳~ (2, 0.0%)

1 であつ, の翁

▼ 百十九名~ (2, 0.0%)

1 の従業員, の者

▼ 百十九米~ (2, 0.0%)

1 の三角点, の高

▼ 百十二三万人~ (2, 0.0%)

1 しばらくこれ, としたなら

▼ 百十二段~ (2, 0.0%)

1 に大事, 第二百十一段

▼ 百十五~ (2, 0.0%)

1 にも及んだ, の數

▼ 百十五六~ (2, 0.0%)

2 にはなる

▼ 百十五枚~ (2, 0.0%)

1 ほどの文学史, 大鱗

▼ 百十五條~ (2, 0.0%)

1 に依り, の規定

▼ 百十人~ (2, 0.0%)

1 に及び, の人夫

▼ 百十余~ (2, 0.0%)

1 の歩卒, もある

▼ 百十余ヵ村~ (2, 0.0%)

1 から二千名近く, へ対し

▼ 百十余年前~ (2, 0.0%)

1 の宝永ごろ, 遠き異国

▼ 百十八~ (2, 0.0%)

1 にある, 送り返せと

▼ 百十八年前~ (2, 0.0%)

1 すなわち元正天皇, に当る

▼ 百十六世~ (2, 0.0%)

1 の天台座主, まだかつてこんな

▼ 百十六年~ (2, 0.0%)

1 で大和, ばかり以前

▼ 百十六間~ (2, 0.0%)

1 なり, もある

▼ 百十号~ (2, 0.0%)

2 の紙上

▼ 百十四トン~ (2, 0.0%)

1 という巨大船, の

▼ 百十四両~ (2, 0.0%)

2 の余

▼ 百十四五名~ (2, 0.0%)

1 なおその, のラマ

▼ 百十回~ (2, 0.0%)

1 の誕生日, を書かせ

▼ 百十字~ (2, 0.0%)

1 で全体三百十字, の三分の一

▼ 百十尺~ (2, 0.0%)

1 の鯨, を間数

▼ 百十年前~ (2, 0.0%)

1 すなわち文政七年, の推古天皇十八年庚午

▼ 百十時間~ (2, 0.0%)

1 というレコード, ぶっ通し

▼ 百十歳~ (2, 0.0%)

1 だ, なり

▼ 百十踏揚姫~ (2, 0.0%)

1 などを以てし, は私達

▼ 百十間~ (2, 0.0%)

1 がくずれ落ち, と書い

▼ 百千代~ (2, 0.0%)

1 と祝ぎてとどろく大砲, を貫き

▼ 百千年来~ (2, 0.0%)

1 の余弊, の蟄状鬱憂

▼ 百千萬人~ (2, 0.0%)

1 を殺し, を論じよう

▼ 百千里~ (2, 0.0%)

1 なれば, 遠いか

▼ 百単位~ (2, 0.0%)

1 によんだ, ヲ三日カ四日オキニ注射シテイル

▼ 百~ (2, 0.0%)

1 として酒井家, の申込み

▼ 百句位~ (2, 0.0%)

1 は作る, 作れますか

▼ 百号ダイヤ~ (2, 0.0%)

1 のこと, もそのまま

▼ 百号三百号~ (2, 0.0%)

2 とどれ位

▼ 百号二百号三百号~ (2, 0.0%)

2 とどれ位

▼ 百号大~ (2, 0.0%)

1 の, のカンヴァス

▼ 百~ (2, 0.0%)

1 の守衛, の門

▼ 百合ちや~ (2, 0.0%)

1 んあんた, んお父さん

▼ 百合圃~ (2, 0.0%)

1 にたった, に一本

▼ 百合峰~ (2, 0.0%)

2 のさくら

▼ 百合座~ (2, 0.0%)

1 に在り, に直った

▼ 百合形~ (2, 0.0%)

1 の皿, の紫

▼ 百合木~ (2, 0.0%)

2 と猫

▼ 百合枝夫人~ (2, 0.0%)

1 こそ恐しい, は継母

▼ 百名あまり~ (2, 0.0%)

1 の一団, の児童

▼ 百名ばかり~ (2, 0.0%)

1 が弁士たち, になった

▼ 百名余~ (2, 0.0%)

1 の盛宴, をつれ

▼ 百名足らず~ (2, 0.0%)

1 である, の寒々

▼ 百~ (2, 0.0%)

1 あるか, もあるであろう

▼ 百善料理~ (2, 0.0%)

1 の今, の粋

▼ 百喩経~ (2, 0.0%)

1 は仏典, より

▼ 百噸級~ (2, 0.0%)

1 の汽船, の駆逐艦八隻

▼ 百~ (2, 0.0%)

1 の戦闘, の音

▼ 百四五十~ (2, 0.0%)

1 あっても, はあるだらう

▼ 百四五十圓~ (2, 0.0%)

2 から二百圓

▼ 百四五十年~ (2, 0.0%)

1 ばかり昔, を経る

▼ 百四十一年前~ (2, 0.0%)

1 と限定, にマリア

▼ 百四十七トン~ (2, 0.0%)

1 という大船, にし

▼ 百四十七人~ (2, 0.0%)

1 なりと, に爵位

▼ 百四十万~ (2, 0.0%)

1 に減っ, の地球

▼ 百四十万人~ (2, 0.0%)

1 になる, ばかりに対して女

▼ 百四十万坪~ (2, 0.0%)

1 ありこれ, の中

▼ 百四十五人~ (2, 0.0%)

1 いる, に対して溺死者千三十六人

▼ 百四十五年間~ (2, 0.0%)

1 に出た, に十一家

▼ 百四十何年~ (2, 0.0%)

2 と云

▼ 百四十何枚~ (2, 0.0%)

1 を書き, を書了

▼ 百四十八兩~ (2, 0.0%)

1 と書い, ピタリと

▼ 百四十八年~ (2, 0.0%)

1 といふ年, の革命

▼ 百四十六人~ (2, 0.0%)

1 の中, の定員

▼ 百四十六年七月~ (2, 0.0%)

2 から十一月

▼ 百四十冊~ (2, 0.0%)

1 を官, を選択

▼ 百四十函~ (2, 0.0%)

1 がこんなに, は授業料

▼ 百四十分の内~ (2, 0.0%)

2 最も得意

▼ 百四十匹~ (2, 0.0%)

1 からの蛭, の継立て

▼ 百四十哩~ (2, 0.0%)

1 の彼方, もある

▼ 百四十四~ (2, 0.0%)

1 にある, の號舍鱗

▼ 百四十四人~ (2, 0.0%)

1 という, なん

▼ 百四十四本~ (2, 0.0%)

1 の上, の支柱

▼ 百四十四米~ (2, 0.0%)

2 の峰

▼ 百四十四首~ (2, 0.0%)

2 及び二三

▼ 百四十尺~ (2, 0.0%)

1 深さ三十五尺, 行く

▼ 百四十年代~ (2, 0.0%)

1 の事, の浪漫主義

▼ 百四十日~ (2, 0.0%)

1 ちかくいつも, の余

▼ 百四十点~ (2, 0.0%)

1 と手紙類, もあった

▼ 百四十番~ (2, 0.0%)

1 のカンタータ, よ

▼ 百四十米突~ (2, 0.0%)

1 の山脊, の辺

▼ 百四十貫~ (2, 0.0%)

1 ぐらいのミコシ, つまり当時

▼ 百四十門~ (2, 0.0%)

1 を携え, を有し

▼ 百四十餘年~ (2, 0.0%)

1 ほど前, を經

▼ 百四回~ (2, 0.0%)

1 で掲載, のところ

▼ 百四年~ (2, 0.0%)

1 にはインド, 遂に三山統一

▼ 百四年前~ (2, 0.0%)

1 の天保六年, の正徳五年調査

▼ 百回目~ (2, 0.0%)

1 で話し, とかまたは

▼ 百回近く~ (2, 0.0%)

1 までがそれ, も転宅

▼ 百圓づつ~ (2, 0.0%)

1 を此, 送らなければ

▼ 百圓位~ (2, 0.0%)

1 はかかり, もら

▼ 百圓千圓~ (2, 0.0%)

1 とまとま, もらふより

▼ 百圓臺~ (2, 0.0%)

1 となつ, となり

▼ 百圓足らず~ (2, 0.0%)

1 の金, もつぎ込ませ

▼ 百地有隣斎~ (2, 0.0%)

1 であるだろうか, であるだろうかとの

▼ 百坪あまり~ (2, 0.0%)

1 の建て, の草原

▼ 百坪余り~ (2, 0.0%)

1 を管理, 刈り取って

▼ 百~ (2, 0.0%)

1 の墓石, ほどしか遺つ

▼ 百多い~ (2, 0.0%)

1 といふ話, 時は

▼ 百女郎~ (2, 0.0%)

1 としか踏めねえ, にしか踏めない

▼ 百~ (2, 0.0%)

1 悉く影, 生ずと

▼ 百学徒~ (2, 0.0%)

1 の伸びゆく, の総意

▼ 百安が物~ (2, 0.0%)

2 は何時も

▼ 百宋一廛~ (2, 0.0%)

1 と號, については當時古書

▼ 百~ (2, 0.0%)

1 その一室, の大

▼ 百尋くら~ (2, 0.0%)

2 ゐみんな一緒

▼ 百尋以上~ (2, 0.0%)

1 になる, も深く

▼ 百尺あまり~ (2, 0.0%)

1 のさっき, の絶壁

▼ 百尺上~ (2, 0.0%)

1 から落ち, で千円

▼ 百尺内外~ (2, 0.0%)

1 であるけれど, なり

▼ 百尺台波上茫茫~ (2, 0.0%)

2 看不

▼ 百尺程度~ (2, 0.0%)

1 のもの, の大きな

▼ 百尺近く~ (2, 0.0%)

1 もあった, もある

▼ 百~ (2, 0.0%)

1 といふ料理屋, など日々

▼ 百岳梓川~ (2, 0.0%)

2 と触

▼ 百~ (2, 0.0%)

1 の賊軍, の首府

▼ 百~ (2, 0.0%)

1 が私, にひつ

▼ 百師子~ (2, 0.0%)

1 の主, は諸

▼ 百幅幽霊~ (2, 0.0%)

2 の掛物

▼ 百年ころ~ (2, 0.0%)

2 にはたいてい

▼ 百年ごと~ (2, 0.0%)

1 に一年, の変革

▼ 百年じゅう~ (2, 0.0%)

1 縛られて, 見なれて

▼ 百年のち~ (2, 0.0%)

1 まで, まで嘘つき

▼ 百年一度~ (2, 0.0%)

2 の好い

▼ 百年三月アントワアヌ座~ (2, 0.0%)

1 でこれ, で上演

▼ 百年位前~ (2, 0.0%)

1 の創設, は海

▼ 百年何千年~ (2, 0.0%)

1 の後, 経っても

▼ 百年像法一千年末法一万年~ (2, 0.0%)

1 には衆生, の説

▼ 百年前紀州~ (2, 0.0%)

1 の大名, の漁師

▼ 百年千年ひとり~ (2, 0.0%)

1 でゐた, でゐたつ

▼ 百年千年万年~ (2, 0.0%)

1 あやしきは, の後

▼ 百年千年末世~ (2, 0.0%)

1 に残っ, に残つて云

▼ 百年幾萬~ (2, 0.0%)

2 の貴い

▼ 百年文章~ (2, 0.0%)

2 の力

▼ 百年百二十五年~ (2, 0.0%)

1 から推し, の割合

▼ 百年稀~ (2, 0.0%)

2 に見る

▼ 百年經~ (2, 0.0%)

1 つか, てば河

▼ 百年西洋~ (2, 0.0%)

1 から後れた, の八世紀

▼ 百年計画~ (2, 0.0%)

1 なら大丈夫誰, にあらためました

▼ 百年記念式~ (2, 0.0%)

1 にはトーマス, のおこなわれる

▼ 百年越~ (2, 0.0%)

2 の怨

▼ 百年足らず~ (2, 0.0%)

1 の間, を除く

▼ 百年連綿~ (2, 0.0%)

1 と続い, の旧家

▼ 百年遠忌~ (2, 0.0%)

1 だかを, の記念

▼ 百年間元禄~ (2, 0.0%)

2 と天明

▼ 百年間政治~ (2, 0.0%)

1 の中心, の任

▼ 百幾円~ (2, 0.0%)

1 しか呉れない, を資本

▼ 百幾十年~ (2, 0.0%)

1 にこれ, 某帝

▼ 百幾十幾年~ (2, 0.0%)

1 だか, より通例概算

▼ 百幾十日~ (2, 0.0%)

1 の間, もいっしょ

▼ 百幾十本~ (2, 0.0%)

2 となり

▼ 百幾千万~ (2, 0.0%)

1 の人間, の人類

▼ 百幾名~ (2, 0.0%)

1 かの患者中, の住所姓名

▼ 百度千度~ (2, 0.0%)

1 まはるなら, 清い心

▼ 百建命~ (2, 0.0%)

1 と健磐龍命, を崇神天皇

▼ 百引っ~ (2, 0.0%)

1 叩いて, 叩きましょうか

▼ 百~ (2, 0.0%)

1 の弓, の弩

▼ 百~ (2, 0.0%)

1 を要する, 自ラ

▼ 百~ (2, 0.0%)

1 もなお, 湧く時

▼ 百~ (2, 0.0%)

1 が, は麦

▼ 百性家~ (2, 0.0%)

1 が, の

▼ 百怪談~ (2, 0.0%)

1 といふもの, を作る

▼ 百~ (2, 0.0%)

1 にも殖える, の絵図

▼ 百戸以上~ (2, 0.0%)

1 の烏山, をかぞえた

▼ 百戸全戸~ (2, 0.0%)

1 に二百五十, に病人

▼ 百~ (2, 0.0%)

1 なら百手, の怪物

▼ 百拾七円~ (2, 0.0%)

1 とこの, とは

▼ 百持っ~ (2, 0.0%)

1 てい, て行っ

▼ 百掻い~ (2, 0.0%)

1 ている, ても人

▼ 百~ (2, 0.0%)

1 といふ, に同じ

▼ 百~ (2, 0.0%)

1 といえ, 干の

▼ 百数十キロ~ (2, 0.0%)

2 の道程

▼ 百数十元~ (2, 0.0%)

1 より高い, を進物

▼ 百数十哩~ (2, 0.0%)

1 の地, を一日

▼ 百数十回~ (2, 0.0%)

1 にのぼっ, に上っ

▼ 百数十年間~ (2, 0.0%)

1 にさえ大小二十余隻, の事

▼ 百數十~ (2, 0.0%)

1 の船員等, をもつ

▼ 百數十人~ (2, 0.0%)

1 の人間, の日本人

▼ 百文位~ (2, 0.0%)

1 で買った, になつ

▼ 百文式~ (2, 0.0%)

2 の我楽

▼ 百~ (2, 0.0%)

2 に分裂

▼ 百方手~ (2, 0.0%)

1 をつくし, を尽し

▼ 百日ぢ~ (2, 0.0%)

2

▼ 百日咳~ (2, 0.0%)

1 が出る, になつて

▼ 百日祭~ (2, 0.0%)

1 がつゆ, までに伯爵

▼ 百日紅花~ (2, 0.0%)

2 いち早し眼

▼ 百日課~ (2, 0.0%)

1 の制, は四年間

▼ 百日過ぎ~ (2, 0.0%)

2 に殺された

▼ 百~ (2, 0.0%)

1 の後, へ奉公

▼ 百時間~ (2, 0.0%)

1 に近い, の由

▼ 百有二十鬼~ (2, 0.0%)

1 の寿, 之寿

▼ 百有余円~ (2, 0.0%)

1 を掏, を馴染

▼ 百本二百本~ (2, 0.0%)

1 というよう, の長脇差

▼ 百本以上~ (2, 0.0%)

1 の矢, は定まっ

▼ 百本位~ (2, 0.0%)

1 は必ず, 出るそう

▼ 百本余~ (2, 0.0%)

1 の締金, はことごとく

▼ 百本入り~ (2, 0.0%)

1 の鑵, の靱

▼ 百本千本~ (2, 0.0%)

1 というたいそう, の十手

▼ 百松さん~ (2, 0.0%)

1 と一緒, は怖い

▼ 百枚あまり~ (2, 0.0%)

1 が百円, を書きあげ

▼ 百枚それ~ (2, 0.0%)

1 に加え, もただ

▼ 百枚五百枚~ (2, 0.0%)

1 ぐらい買う, というなら

▼ 百枚以内~ (2, 0.0%)

1 の短篇, 書いて

▼ 百枚目~ (2, 0.0%)

1 ぐらいからつかみはじめ, の紙

▼ 百枝槻~ (2, 0.0%)

1 の葉, もとべ

▼ 百~ (2, 0.0%)

1 の古毛, を植

▼ 百~ (2, 0.0%)

1 ありと, の土蔵

▼ 百~ (2, 0.0%)

1 の人々, の基

▼ 百機来襲~ (2, 0.0%)

2 を報じ

▼ 百~ (2, 0.0%)

1 というよう, は四百

▼ 百欲しい~ (2, 0.0%)

2 と思ふ

▼ 百歩以上~ (2, 0.0%)

1 に及ぶ, のところ

▼ 百歩目~ (2, 0.0%)

1 でにらみつけよう, でにらんだ

▼ 百歳近く~ (2, 0.0%)

1 の老人, まで生きながらえた

▼ 百~ (2, 0.0%)

1 が最も, と書し

▼ 百活矣~ (2, 0.0%)

2 は如何

▼ 百浦添~ (2, 0.0%)

1 の大, の祭神

▼ 百海里余~ (2, 0.0%)

1 ありと, にし

▼ 百済貞連~ (2, 0.0%)

1 といふもの, を始め

▼ 百濟緒琴~ (2, 0.0%)

2 に齋

▼ 百~ (2, 0.0%)

1 格社一万八千九百計, 衣外道に

▼ 百~ (2, 0.0%)

1 が點, をな

▼ 百~ (2, 0.0%)

1 に王, の王

▼ 百~ (2, 0.0%)

1 などと称し, にあらざる

▼ 百生二百生~ (2, 0.0%)

2 乃至劫

▼ 百町あまり公家武家~ (2, 0.0%)

2 の邸

▼ 百町余~ (2, 0.0%)

1 に及ん, もある

▼ 百画会~ (2, 0.0%)

1 が無名, は当時

▼ 百疊敷~ (2, 0.0%)

1 などがある, ほどの大

▼ 百~ (2, 0.0%)

1 の服, もドレス

▼ 百石以下~ (2, 0.0%)

1 の勤番, の未決囚

▼ 百石位~ (2, 0.0%)

1 でもあった, の荒木

▼ 百石余~ (2, 0.0%)

1 という大, の身分

▼ 百石十人扶持~ (2, 0.0%)

1 の世禄, の渋江

▼ 百石千石~ (2, 0.0%)

1 で引っ張りだこ, も望み

▼ 百石同士~ (2, 0.0%)

1 が, の腕

▼ 百石持~ (2, 0.0%)

1 の主人, の旦那様

▼ 百~ (2, 0.0%)

2 に対抗

▼ 百磅出~ (2, 0.0%)

1 して, しますから

▼ 百礒城~ (2, 0.0%)

1 の, の大宮人

▼ 百~ (2, 0.0%)

1 の基, を求むる

▼ 百~ (2, 0.0%)

1 の声, 集まるで自然

▼ 百穂画伯~ (2, 0.0%)

1 から嘱, の装幀

▼ 百穂評~ (2, 0.0%)

2 も誠に

▼ 百穗さん~ (2, 0.0%)

1 の出世作, は寡作家

▼ 百穗君~ (2, 0.0%)

1 から訊い, と共に雨

▼ 百立方尺~ (2, 0.0%)

1 になる, の空気

▼ 百~ (2, 0.0%)

1 の字, までありとあらゆる

▼ 百筋気~ (2, 0.0%)

2 は乱

▼ 百~ (2, 0.0%)

1 が出現, が現れよう

▼ 百篇以上~ (2, 0.0%)

1 も書い, も書いた

▼ 百~ (2, 0.0%)

2 である

▼ 百米ぐらゐの~ (2, 0.0%)

1 低さ, 大クリーク

▼ 百米以下~ (2, 0.0%)

1 に於, は霧氷

▼ 百米以内~ (2, 0.0%)

1 なら岩, に敵

▼ 百米四方~ (2, 0.0%)

1 にとび散った, ほどの平ら

▼ 百練千磨~ (2, 0.0%)

1 の大軍, の麾下

▼ 百練千練~ (2, 0.0%)

1 すると, の精妙

▼ 百~ (2, 0.0%)

2 を成す

▼ 百~ (2, 0.0%)

1 の茶会, はもっと

▼ 百艘以上~ (2, 0.0%)

2 の船

▼ 百色眼鏡式~ (2, 0.0%)

1 に変化, の時勢

▼ 百花園さん~ (2, 0.0%)

1 もさぞ, も喜ん

▼ 百~ (2, 0.0%)

1 に重ね, の身上

▼ 百萬分~ (2, 0.0%)

2 の一

▼ 百萬戸~ (2, 0.0%)

1 に對, に過

▼ 百蔵一人~ (2, 0.0%)

1 がエライわけ, のため

▼ 百蔵後~ (2, 0.0%)

2 の中車

▼ 百蔵高麗蔵~ (2, 0.0%)

1 でかれら, などの歌舞伎座幹部俳優みな招待

▼ 百號記念~ (2, 0.0%)

1 に約束, を最初

▼ 百號記念號~ (2, 0.0%)

1 に約束, へ載せる

▼ 百~ (2, 0.0%)

1 の図, はおぼつかない

▼ 百~ (2, 0.0%)

1 元矢, 向柳原

▼ 百~ (2, 0.0%)

1 とも一晩, も配られた

▼ 百襲媛~ (2, 0.0%)

1 と言つた方, は事実皇族出

▼ 百~ (2, 0.0%)

1 りある眞言, りの

▼ 百貫デーブ~ (2, 0.0%)

1 のタコ入道, 大きいな

▼ 百貫以上~ (2, 0.0%)

1 も取れました, 取る利国

▼ 百貫目以上~ (2, 0.0%)

2 の石

▼ 百貫近く~ (2, 0.0%)

1 あって, もあろう

▼ 百~ (2, 0.0%)

1 の沖津波, を漕ぎ

▼ 百~ (2, 0.0%)

1 だけの馬, に積ん

▼ 百軒あまり~ (2, 0.0%)

1 から集った, がまばら

▼ 百軒一萬兩~ (2, 0.0%)

1 の仕事, の大願

▼ 百軒以上~ (2, 0.0%)

1 あること, となれり

▼ 百軒店~ (2, 0.0%)

1 のウーロン茶, の或

▼ 百~ (2, 0.0%)

1 の疋夫, 満城奔波如湧

▼ 百通以上~ (2, 0.0%)

1 にもなる, も集まった

▼ 百遍云つて~ (2, 0.0%)

2 見ろ

▼ 百遍以上~ (2, 0.0%)

1 となえたこと, も醜い

▼ 百~ (2, 0.0%)

2

▼ 百選会~ (2, 0.0%)

1 とか三越, の帰る

▼ 百里二百里~ (2, 0.0%)

1 とちりちり, の道

▼ 百里位~ (2, 0.0%)

2 は離れ

▼ 百里官曰多模~ (2, 0.0%)

2 副曰卑奴母離

▼ 百里旅~ (2, 0.0%)

2 の蚊

▼ 百里舟中~ (2, 0.0%)

2 に我月

▼ 百里裸~ (2, 0.0%)

2 で道中

▼ 百里西~ (2, 0.0%)

1 なる人, のロンドン

▼ 百重娘~ (2, 0.0%)

1 がいる, で新

▼ 百金四百金~ (2, 0.0%)

2 を承奉

▼ 百銅二百銅~ (2, 0.0%)

2 を分

▼ 百間四方~ (2, 0.0%)

1 に及ぶ, 規則正しく並ん

▼ 百間堀~ (2, 0.0%)

1 あるいは薩摩堀, という池

▼ 百間許~ (2, 0.0%)

1 りの, り波

▼ 百零三頁~ (2, 0.0%)

1 の一巻, の半紙本

▼ 百~ (2, 0.0%)

1 の痛恨, の籠

▼ 百面以上~ (2, 0.0%)

2 も集め

▼ 百頁位~ (2, 0.0%)

1 な美濃四ツ折, の作品

▼ 百頁足らず~ (2, 0.0%)

1 と思はれる, の書物

▼ 百頭あまり~ (2, 0.0%)

1 の豚, もゐた

▼ 百頭千頭~ (2, 0.0%)

1 と飼養, の馬

▼ 百頭顱~ (2, 0.0%)

2 に近

▼ 百餘州~ (2, 0.0%)

1 を擧, を蹂躪

▼ 百餘枚~ (2, 0.0%)

1 のレコオド, もあり

▼ 百餘里とい~ (2, 0.0%)

2 へるは

▼ 百鬼園~ (2, 0.0%)

1 が二冊, はあなた

▼ 百鬼園氏~ (2, 0.0%)

1 の机上, は

▼ 百鬼昼行~ (2, 0.0%)

1 でそこ, の時代

▼ 百鳥栖め~ (2, 0.0%)

1 りと, り雑木

▼1* [5821件]

○参号そこが僕, 百〇一の歌, 百〇一年に完成, 百〇七人女二百九十七人合計五百〇四人なり, 百〇七十万余部を出し, 百〇七年のアジア條例, 百〇七拾余万部を売り尽し, 百〇七版復活が百〇八版, 百〇三円四十銭三十銭やすと, 百〇三尺奥穂高の登山小屋, 百〇三年における, 百〇三年以来ローマの人々, 百〇九枚の所, 百〇二人で二割八分強, 百〇二年の, 百〇五万ないし六万, 百〇五年ゼノアに生る, 百〇五年即永楽三年二月の十七日, 百〇八号に至る, 百〇八年九月二十一日心臓を病み, 百〇八年英国北部ノ一寒村タル, 百〇八版みみずのた, 百〇六ページ練習題のところ, 百〇六人である, 百〇六八に達し, 百〇十〇年の春, 百〇四人なり, 百〇四度の温度, 百〇弐円四拾銭の巨額, 百あげるつもりだ, 百あつたの, 百あまり男もいれ, 百あまり華の慶, 百あまり蒐集して, 百あまり軍奉行は天野三郎兵衛康景, 百ありましたぜ, 百ありゃお前の, 百あわせたって足りやしねえ, 百いきいきあるあやめ, 百いく千のちがったにおい, 百いざ下り行かん, 百いま帰った, 百おとした氣持, 百おぼえようとそんな, 百かぞえそれからさがし, 百かぞえろという格言, 百かつ千千瓢向ふところ商敵, 百かになると, 百か所に火災, 百がいようとも女, 百くらいに区別する, 百くらいの銭を, 百くらいはたまって, 百くれて黙ってろ, 百くれたといふこと, 百くわ店が, 百ぐらいしか違わないのに, 百ぐらいずつの電燈が, 百ぐらいは集めて, 百ぐらいまでありますんで, 百ぐらいを四百レースの, 百ぐらゐあり女給の給料, 百けたぐらいの六, 百この子を, 百へづり聞, 百さるほどに爺, 百さんきょうは早仕舞, 百さん今日はやれ, 百さん気のどくだ, 百しっかりしろ, 百しょうがひとり教会へいっ, 百しょうさんたちがたいへん, 百じゃのてて, 百ぢ寄せ集め, 百すぐ掃き捨てたが, 百ずつになれば, 百ずつの立前に, 百ずつもさばく書店, 百そうばいもきれい, 百そこいら, 百そして繰りあげに, 百です, 百ただ取りでもなかっ, 百たった五銭, 百たてこもっている, 百たとへば十と, 百たびいろいろな古い, 百たび千たびも起りました, 百たび地に落つ, 百たび胸を焦, 百たらずあわせて五百騎, 百だけは缺けて, 百だけを訳出した, 百ださうですけど二千四百, 百だして勝つ, 百だったという, 百だったらどうだ, 百だってありゃしませんよ, 百だろうと兄, 百ちゃんのこと, 百ちゆうぴたりと, 百ちょっと覗いても, 百って人が, 百つくって前後五回, 百つめてやう, 百ふ数, 百であったが彼, 百であり稀に, 百でないだけチョロリ人, 百でなきは八百屋, 百でなくてはならぬ, 百ではきくまい, 百といったような, 百とうしょうまで, 百とおりもあります, 百とかの金を, 百とが窓の, 百とせをかはらぬ, 百とだけ言つて圓とは, 百との間の, 百とやら相当啖呵, 百とやらからキザな, 百とやらの小盗人め, 百とやらもだまっちゃ, 百と共に月下の, 百どごさ植ぇらぃ, 百どうでも, 百どうして幾千と, 百どまりである, 百どんとも言わず, 百なぐられる者であります, 百などいふ類音から, 百なにがし, 百なほ友軍の損害, 百ならば圓滿, 百なり飼いやがて, 百なり五百なり極めただけの, 百なり極めただけの数, 百なるものの, 百なんぞもこんなところ, 百につき十二を, 百にでも向けようもの, 百にまで漕ぎつけようとして, 百に対し雄が, 百に対して一二であろう, 百に当たるの戦いであっ, 百ねえことは, 百はいたはずである, 百はたしかのよう, 百はたらいている, 百はやむをえずして水木を, 百ばかりずつ上って, 百ばかりと司馬師司馬昭の, 百よりももっと, 百ぱつ百ちゆうぴたり, 百ごの, 百ふた手に, 百ふとると我, 百ふみうづたかくのせて人丸, 百ふり降して, 百ぶんなぐってやる, 百ぺん世界戦争があっ, 百ぺん失業した方, 百ぺん頭を下げ, 百ぺん鯱っちょこ立ち, 百ぺージもある, 百ほかの諸派, 百ほどになる, 百または数千の, 百まだその残り, 百までとやらそういう性質, 百までもの譬えで, 百まなこひとり茶番阿呆陀羅経には犬猫, 百まなこ精神からは邪道, 百ツつう二百むツつう, 百めあまりのあめ鱒, 百めーとる登るたび, 百もしくは数千という, 百もつれておれ, 百もねエんだ, 百もはや逃げ隠れるすべ, 百もらって来た, 百もらつて勝てない, 百やるから材木, 百よりは内気な, 百をも加えて, 百アスペルを遺産, 百アツと言, 百エーカーばかりの土地, 百カペイカもなん, 百カラット以上のダイヤモンド, 百カラツトあるか, 百カ寺あり, 百カ日忌のとき, 百ガロンの油, 百キロぐらゐ出しても, 百キロのもある, 百キロ一トンなどという人間, 百キロ三百キロ五百キロ二千キロというよう, 百キロ二千キロというよう, 百キロ五百キロ二千キロというよう, 百キロ以内の他, 百キロ伊豆七島の八丈島, 百キロ何千キロという遠方, 百キロ先の横浜, 百キロ北方に進んだ, 百キロ向うの海, 百キロ敵の高度, 百キロ東京との距離, 百キロ次は五百, 百キロ焼夷弾か, 百キロ足らずしか出, 百キロ足らず捨て値で売りとばし, 百キロ飛行時間七十一時間その長い, 百キロ馬力は六十, 百クロウネで夏, 百クヲタアの穀物, 百グラムづつ食べても, 百グラム何銭にいくら, 百グルデンの俸給, 百グレンぐらいずつ木綿, 百グレーンの世界, 百ケンで十両, 百ジンの功, 百スタンザから成る, 百ソコソコしか辺り, 百タレンツ今の約, 百タンガーも納める, 百ダース所蔵するの, 百て云, 百トンくらゐの, 百トン位の鉄屑, 百トン十四哩から十六哩, 百トン戦車かと思う, 百トン程度のもの, 百トン積みの小船, 百トン船尾に, 百ドルづつ船員が一ヶ月, 百ドル二人の船長, 百ドル千ドルの賭け, 百ドル相場にかえる, 百ドル黒貝は千ドル, 百パアセットですよ, 百パアセント成功するとは, 百パア私も食気百パア, 百パセントあって, 百パーセントこれ位が丁度, 百パーセントどころじゃなく, 百パーセント今日的なもの, 百パーセント以上の入りでした, 百パーセント信頼して, 百パーセント値打がわからない, 百パーセント光として使っ, 百パーセント前者でしょう, 百パーセント日本人富岡鉄斎は九十歳近く, 百パーセント武装化した試衛館独裁下, 百パーセント決定的勝利が得られる, 百パーセント満足とは云え, 百パーセント理知的な娯楽品, 百パーセント白で百パーセント黒, 百パーセント確信した, 百パーセント社会主義生産に活用, 百パーセント見込みは無い, 百パーセント閲覧者を容れ, 百パーセント黒の生活, 百ヒロで鶏, 百ピヤストルも捲き上げち, 百ファージングの代り, 百フィートどまりである, 百フィートのを美しい, 百フィート周二十フィート牛豕羊を食い, 百フィート四方位であろうが, 百フィート幅五十フィート深さ八フィート, 百フィート所々河によって切り込まれ, 百フイート長さ七マイル, 百フランお金をくれた, 百フランそれも無造作, 百フランのが百六十八枚, 百フランよけいに受け取っ, 百フランシャツが五十フラン, 百フランポンメルシー男爵夫人が八百屋, 百フラン一寸二十円程かかる, 百フラン位なもの, 百フラン受け取り候と書きつけた, 百フラン貸し与えた, 百フロリンを払っ, 百ベェスター南極に至る, 百ベスターというよう, 百ペエジが読める, 百ペンも製紙會社, 百ページあまりの築城書, 百ページ中で, 百ページ以上にわたる, 百ページ余あるの, 百ページ餘の四六二倍大, 百ボルト以上の電圧, 百ボルト位のもの, 百ポンドそれに室, 百ポンド以下をでも, 百ポンド余りの火薬, 百ポンド拝借いたしたし, 百ポンド頂戴した, 百マイルリーズ市近在バルレー村に転寓, 百マイル以上ドライヴしたり, 百マイル余なりという, 百マイル余ポートサイドよりマルセイユ, 百マイル前後なるに, 百マイル西方にあり, 百りだか, 百メイトルの小山, 百メエトル位の高, 百メエトル幅も同じ, 百メガサイクルの振動電流, 百メートルあまりもどって, 百メートルくらゐの, 百メートルモ彎曲シアレヨアレヨトオドロクウチ口ヨリ火ヲフキ, 百メートル一の氷ノ山, 百メートル三百メートルそして五百メートル, 百メートル下降いたしましょう, 百メートル二人がお互い, 百メートル二十秒の組, 百メートル二百メートル百メートルと見る見る, 百メートル五秒間ぐらいである, 百メートル付近を下降中, 百メートル以下の高, 百メートル余ということ, 百メートル前方ともハッキリ, 百メートル千二百メートルとだんだん, 百メートル幅二十五メートル落差五メートルという恐ろしい, 百メートル幅十二メートルの平ら, 百メートル平方ほどの地面, 百メートル彼方の路, 百メートル施先生もつい, 百メートル日本北アルプスの唯一, 百メートル百メートルと見る見る, 百メートル程度のもの, 百メートル競争は終わっ, 百メートル角のメッシュ, 百メートル走者の疾走中, 百メートル近くありその, 百ヤソコラハ出スダロウト教エテヤッタラキモヲツブシタ顔ヲシテ, 百ヤード以内に近づいた, 百ヤード前後のコース, 百ヤード四方は私, 百ヤード東の方, 百ヤード海の中, 百ヤールより耕地, 百リイグ四方の広大, 百ルピー位のもの, 百ルピー寄附して, 百ルーブリ一挺は八百ルーブリ, 百ルーブリ以上は出し, 百ルーブリ寄附するん, 百ルーブルあまり損をしなけれ, 百ルーブル紙幣を博士, 百レン買って, 百ロシア数万の由, 百ワットの電球, 百ヱルスト許の所, 百ヴォルトに下降, 百ヵ日当日の新聞広告, 百ヵ日彼は家, 百ヵ日頃まで家, 百だけ担保, 百ヶ日今日がすぎれ, 百ヶ村を毛見, 百・千・万と数, 百一マイルの間, 百一万八千に増大, 百一万六千百五十ポンド十一ペンスてふ, 百一人店を並べ, 百一人目の新人, 百一十載, 百一号これはまことに, 百一回となった, 百一尺の周囲, 百一年にはリウベック, 百一年ヴォオトヴィル座に於ける, 百一年中のお仕着せ, 百一戸ばかりの横浜, 百一朝にし, 百一本の鞭, 百一本目を思いっきり, 百一束にし, 百一枚に当る, 百一物のやう, 百一町ずつ捜した, 百一番目の石蓋, 百一米の峰, 百一群の赤蜻蛉, 百一號歐文のもの二十六號, 百一言以って之, 百一貫の品, 百一連隊第二大隊第三中隊第四小隊のパイ分隊, 百一里半あるな, 百一陣になっ, 百七つまで長命, 百七トンの的矢丸, 百七マイルにし, 百七万八千余人は婦人労働者, 百七両持つて, 百七中隊と算上, 百七人を一組, 百七八十両ですから, 百七八十人徒党して, 百七八十円まで騰貴, 百七八十円ボーナス入れて, 百七八十句になった, 百七八十名ばかりの知人, 百七八十字であって, 百七八十年後のもの, 百七八十戸もあっ, 百七八十目よりありません, 百七八十篇の銭形平次, 百七八十貫もあり, 百七八十通にのぼる, 百七八十里隔った処, 百七八年の頃, 百七円という額, 百七十〇年の夏, 百七十エエカアの林, 百七十センチの体, 百七十トン一千馬力というの, 百七十トン百二十馬力の汽船, 百七十パーセント多いもの, 百七十ミリ内外で体, 百七十メートル程度とする, 百七十一も変名, 百七十一フランには上るであろう, 百七十一・九四となり, 百七十一万余坪で前掲, 百七十一円よ, 百七十一回の八犬具足, 百七十一年一月にアフリカ東海岸, 百七十一日生きて, 百七十一条に, 百七十一米六の三角点, 百七十一米六富士見の南, 百七十一軒という有様, 百七十七マイルあり, 百七十七万余という勢, 百七十七人です, 百七十七人マイナス四千四百四十四人イコール三千三百三十三人と御, 百七十七八年の交, 百七十七回一顆の智玉, 百七十七尺化雲岳が六千三百四十九尺也, 百七十七年前後のあたり, 百七十七段ありますと, 百七十七留なりをうけとり, 百七十七盧鈞傳に, 百七十七首の歌, 百七十万トンに比べ, 百七十万人を数えられた, 百七十万字悪金子, 百七十丈朝日の影, 百七十三万人役で費用, 百七十三人中死亡が三千二百五十五人, 百七十三件の事実, 百七十三分です, 百七十三名の政友会席, 百七十三尺黒岳が六千五百四十九尺, 百七十三年一月十日でムネ・シユリイ, 百七十三年五月一日の夜明け, 百七十三棟僧侶の数, 百七十三首で断然群, 百七十三首長歌二百六十二首旋頭歌六十一首という数, 百七十世帯ばかりの労働者, 百七十両という大穴, 百七十両三歩という嫌, 百七十両余が宿方, 百七十九人について調べた, 百七十九人津百人金沢五百二十五人和歌山二百五十六人郡山八十八人大聖寺八十三人であります, 百七十九哩も歩い, 百七十九市町村に達し申し, 百七十九年出版アンダアソンの著, 百七十九年十二月二十一日のこと, 百七十九年十二月四日コーペンヘーゲンでである, 百七十九年四月イブセンはデンマルク, 百七十九年木星に接近, 百七十九石を有し, 百七十九米の地点, 百七十九里半四国の讃州高松, 百七十九頁までには全快写真, 百七十二マイルあり, 百七十二三米を下る, 百七十二人の多, 百七十二人大垣勢千八百二十七人この二藩, 百七十二匁余ずつ毎日, 百七十二石を食み, 百七十二箇所のトンネル, 百七十二米約五千二百尺, 百七十二頁に於, 百七十二首を献げ, 百七十五万トン輸入しようと, 百七十五両勤メト入用ガ急ニ林町ニテ出来タトテ, 百七十五両銭三貫二百四十二文が不足, 百七十五人あり, 百七十五円それだけが必要, 百七十五号何だかい, 百七十五女子挺身隊は四十七万二千五百七十三, 百七十五年三月一日午後十時同所で死ん, 百七十五役だったと, 百七十五所を罷, 百七十五文の稼, 百七十五斤に相, 百七十五條に推定家督相續人, 百七十五歩の長方形, 百七十五段も面白い, 百七十五番地へ住む, 百七十五石所持有之候得共江戸表年々日増しに御, 百七十五艘に激増, 百七十五萬人が餓死, 百七十五頁までを見, 百七十五馬力の発動機, 百七十何円二百円前借してるから, 百七十何年だかに, 百七十何年前かの忠臣蔵, 百七十余万斤という産銅額, 百七十余万斤二十四年には一千二百七十余万斤, 百七十余万石動員兵力量四万四五千にすぎない, 百七十余人負傷者は炎日, 百七十余体の死骸, 百七十余区を没した, 百七十余名我ら同僚一同当地市民の会葬, 百七十余日とある, 百七十余日敵数万の包囲, 百七十余日西鳥来ツテ東魚ヲ食ラフ, 百七十余通の手紙葉書, 百七十余頁の大冊, 百七十個ぐらいの卵, 百七十兩横瀬忠右衛門の二百兩等等, 百七十八万余円のうち, 百七十八人を収容, 百七十八年に國内, 百七十八年チャールス・ピアスによつて, 百七十八年十月といふ日附, 百七十八年十月十九日ローマにてとしてま, 百七十八戸が災, 百七十八米突という抜群, 百七十八間その横三百八十五間, 百七十六に三八, 百七十六マイルに達す, 百七十六メートル男體よりも六メートル, 百七十六・三一であ, 百七十六人だといふ, 百七十六分使つてゐる, 百七十六回前後のところ, 百七十六坊僧二万八千九百九十一人尼一万四千百八十四人ありしも, 百七十六城を将, 百七十六大隊騎兵四十二中隊砲兵六十八中隊を敷い, 百七十六年五月二十七日タンガニイカ湖畔のウヂヂ, 百七十六米の峰名, 百七十六頁から百七十九頁, 百七十円今では百八十円, 百七十円位で約束, 百七十円余り残って, 百七十円八十銭ふた十銭, 百七十円六人分で千七百七十円也, 百七十匁に過ぎない, 百七十匁一銭残菜一人一度分一厘残汁同上二厘だいたい残飯生活, 百七十匹ぐらいしかおらない, 百七十号に載する, 百七十名院内絶対過半数を穫, 百七十呎だが, 百七十四ゲレインである, 百七十四メートルは山, 百七十四万二千五百四十九円なり, 百七十四万五千九百二十六匹あり, 百七十四名か, 百七十四回に及んだ, 百七十四年九百年九百九年の文書, 百七十四年十一月十三日彼はザンジバル港, 百七十四年四月十八日盛大な国葬, 百七十四度に向っ, 百七十四米の烏帽子山, 百七十四米二と測られ, 百七十四頁ほどある, 百七十尺の高い, 百七十尺余り距離は直径, 百七十年以前島原始まって, 百七十年以後に當, 百七十年前の薄命, 百七十年来の統治権, 百七十年正月七日越後の国塩沢, 百七十年祭にあたり先ごろ下関, 百七十年間にわたって江戸城, 百七十幾カ国を数え, 百七十度ニ在リテ酸素, 百七十度北緯は三十何度, 百七十日ぶりで降り, 百七十日分と外, 百七十日目にころり, 百七十日目約束どおりこれから先, 百七十本の余, 百七十条その他, 百七十枚だ, 百七十海里でとれた, 百七十石以上この畠, 百七十艘を率い, 百七十萬噸水準下のを合, 百七十萬戸を算する, 百七十行からもある, 百七十里京都へ二百四十八里, 百七十間に定め, 百七十頁ばかりの本, 百七十餘年間南北兩つに, 百七十首を抜き出した, 百七句ばかりの長篇, 百七呎此の観望台, 百七図入って, 百七年に至り, 百七年歌麿につき, 百七拾五円なり, 百七枚の原稿, 百七歳で死んだ, 百七等の諸, 百七米の三角点, 百七萬坪に達せり, 百七頁にこの, 百万づの神, 百万どまりにきま, 百万もの金が年々貧民, 百万イギリス四百万日本四十七万であった, 百万エイカアの沃土, 百万エーカーの緑林, 百万ガロンのガソリン, 百万キロメートルづゝの遠ざかり, 百万タアレル出すと, 百万タンの不足, 百万トン外国から買え, 百万ドル中には百人, 百万ドル映画だそういう, 百万ドル行方不明となる, 百万フランスで六百万, 百万フランス二千万英国は九百五十万, 百万フラン以上を使っ, 百万フロリンを支出, 百万ボルト阪大には六百万ボルト, 百万ボンドかし, 百万ポンド邦貨換算四百七十八万余円のうち, 百万マイルを八分間, 百万マイル足らずが六百万余, 百万マルク千万マルクとなり, 百万リットルの水, 百万ルウブル以上に及ぶ, 百万一人ぐらいは百五十万, 百万一千四百万または一千五百万, 百万一心こうと, 百万三百万の信徒, 百万世のオール, 百万世界第一, 百万両これを二百五十年賦, 百万両日本中を敵, 百万両神のため, 百万中一人も非, 百万中四十万猶太人, 百万人これらを合計, 百万人アメリカ七百万人です, 百万人シナの港, 百万人ドイツは六百万人, 百万人一瞬にた, 百万人中の一人, 百万人以上の日本人, 百万人位の由, 百万人内外の選挙有権者, 百万人前後に減り, 百万人力にぞんじまする, 百万人最低その三倍, 百万人茶を嗜む, 百万人見当の都市, 百万人計上して, 百万人集まつて, 百万以下となる, 百万何千万人の兄弟, 百万余人が職業組合員, 百万余円の大, 百万余名はその, 百万俵であったに, 百万億土にゆかなけれ, 百万億阿僧祇の世界, 百万元だったし, 百万兆哩でしょうが, 百万光年の空間, 百万円あてさせて, 百万円あとから二百万円, 百万円お返しになるだろう, 百万円ぜんぶを明智先生, 百万円はさのみ騒ぎたてる, 百万円ダイヤ取りもどしの, 百万円ハ諸君ニ応ジ分割スベシ諸君冀クバ協力同心シテ共ニ洪益ヲ謀ランコトヲ, 百万円一回の舞台出演料, 百万円事件というの, 百万円以内で製作, 百万円余を取りこん, 百万円免租の方, 百万円入りのリュックサック, 百万円君に貸す, 百万円回収出来ると, 百万円寄付したので, 百万円強奪した, 百万円献金したという, 百万円耳をそろえ, 百万円自身である, 百万円近くの金, 百万円金塊事件などを迷宮, 百万円電力自給によって二百四十五万円, 百万分の一以下でもある, 百万分の一地図で樺太, 百万分の一秒位だから, 百万分の二に二人, 百万分一ぐらいの短時間, 百万前借させて, 百万力の味方, 百万匹として毎日一万匹宛, 百万千万の視線, 百万半年くらひこんで, 百万反余を産し, 百万四百万または五百万, 百万回以上も積重ねられ, 百万回六七十年つづけて, 百万地下鉄道網はこれら, 百万坪どころでは, 百万坪七十鉱区の鉱業権, 百万坪余の貸付許可, 百万多くなって, 百万大将千員むかうところ, 百万大衆を目安, 百万家々の昔, 百万富財山をなし, 百万山くらゐ積み重ねると, 百万年以前にも檀那, 百万年我制統に光, 百万年来の荒んだ, 百万年経過する間, 百万年肉の落ちた, 百万幾千万という大, 百万広野に群がり, 百万度管区第十三区, 百万弗損をした, 百万必要だから, 百万戸とある農民, 百万戸一様の有様, 百万戸数五六百万の内, 百万打その原価, 百万斤の大, 百万斤十七年には三百八十万斤, 百万日本四十七万であった, 百万昂然として天下, 百万有余の失業者, 百万歩と歩く, 百万法近くやられて, 百万燭光とも譬え様, 百万町歩開墾計画とかいっ, 百万留の支出, 百万畝の青い, 百万真珠瑪瑙の類数百斛, 百万石おかかえの, 百万石お上が御, 百万石三百諸侯旗本八万騎のご, 百万石二百万石の領地, 百万石東海道から関西, 百万石足らずの家督, 百万磅以上に相当, 百万神たちもろともに聞し召せ, 百万神天安之河原, 百万票近く投票されて, 百万粒ほど入っ, 百万緡は門前, 百万罐の註文, 百万罐蟹工船に七百八十万罐, 百万艦船数百隻三江の嶮, 百万萬の人間, 百万葉子への前貸し二百万, 百万証拠の紙幣, 百万路に満つれ, 百万軍も呑む, 百万辺を言, 百万近くの支那人, 百万通ドイツでさえ八十万通, 百万遍お辞儀をし, 百万遍丑の時参, 百万遍問答を繰返し, 百万遍智恩寺境内に在り, 百万遍真言宗の東寺, 百万遍知恩寺にある, 百万遍舎利無二斎, 百万遍黒谷永観堂辺ニ杖ヲ曳イテ, 百万選手ができる, 百万里程なるべきか, 百万陀羅并べ立てた, 百万雄将千員天下を一, 百万頃蒼波風花雪月望中転春夏秋冬夢裏, 百万頓の石炭, 百万頓増大した採掘量, 百万騎百万騎なら一, 百万鼓声地を撼, 百丈シナの赤壁, 百丈千丈の大, 百丈和尚凡ソ参ズルツイデ一老人アリ常ニ衆ニシタガッテ法, 百丈底の知れない, 百丈懐海は, 百丈白雲は搖曵, 百丈西七十五丈南北もまた, 百三ひとり連れて, 百三フィートの長, 百三万二千トンそのうち八百三十万トン, 百三位まである, 百三十いくつあったという, 百三十いく歳の時, 百三十カ所四国大のもの, 百三十キログラムから二百二十キログラム, 百三十キロメートルの間, 百三十タアレル取れたの, 百三十ドル二六余となっ, 百三十ページの本, 百三十ミリメーターの颱風中心, 百三十ミリ内外尾の長, 百三十ヤード即ち町, 百三十ルピー送って, 百三十一キロメートルにし, 百三十一メートルと書い, 百三十一両三分銀十匁五分ずつ毎年谷中, 百三十一回の八犬具足, 百三十一年仲秋揮毫す, 百三十一年前二十六歳の年, 百三十一年間の長い, 百三十一枚になった, 百三十一語を書き込ん, 百三十一門軍旗五十五旒を失い, 百三十七万両正字金九万両合計一四二一万両と推定, 百三十七万人余であった, 百三十七万人失業者が出るであろう, 百三十七億六千四百万ルーブリまで高めた, 百三十七億円であった, 百三十七円の, 百三十七年仏国にて証明, 百三十七年間にわたって主権者, 百三十七度十六分北緯三十六度九分のところ, 百三十七条に該当, 百三十七条中段に該当, 百三十七条前段に該当, 百三十七番地であった, 百三十万トンすなわち九一・九%, 百三十万ドイツ六百万イギリス四百万日本四十七万であった, 百三十万人余のクラブ員, 百三十万人分の公衆食事, 百三十万個だそう, 百三十万留を算出, 百三十万石の地, 百三十三マイルなり, 百三十三万余円の損害, 百三十三万石の富強, 百三十三両いや悪くない, 百三十三体と唱え, 百三十三億三千三百三十三万余円の損害, 百三十三号室への伝信, 百三十三名から引く, 百三十三尺一町に付, 百三十三尺八溝山の絶頂, 百三十三年の十二月, 百三十三年十二月の末, 百三十三年後に今日, 百三十三度四分北緯三十二度六分桑港ヲ隔タル海上八百三哩, 百三十三日である, 百三十三本あり百尺以上, 百三十三歳まで生きた, 百三十三狸になっ, 百三十三米最高点は長野県北安曇郡, 百三十三里はあらう, 百三十三里十四丁ということ, 百三十両私から心持, 百三十九になります, 百三十九キログラムになる, 百三十九万三千三百六十三人の青年同盟員, 百三十九万石に課し, 百三十九歳陸八歳水木二歳専六生れて, 百三十九番の席, 百三十九種知れてるさ, 百三十九米の前, 百三十九米六の平ヶ岳, 百三十九頭の鹿, 百三十二万二千二百二十二円七十二銭なりか, 百三十二万人は女子, 百三十二万戸一つの戸口, 百三十二億に, 百三十二円いるから, 百三十二号という米, 百三十二回の会議, 百三十二年三月四日ちやうど金曜, 百三十二年十一月二十九日出生場所は米国ペンシルバニア州, 百三十二座の中, 百三十二文上酒一斗二百十八文下酒二斗三升, 百三十二文豆腐一丁四十二文もした, 百三十二枚目の額, 百三十二條には結婚, 百三十二番の弦四重奏曲, 百三十二相も揃い, 百三十二米の峰, 百三十五ドルであった, 百三十五フランになる, 百三十五メートルあったの, 百三十五万二千平方粁の上, 百三十五万町歩の土地, 百三十五万町歩有価証券現金三億三千六百万円以上そして一致, 百三十五人の片, 百三十五人乗馬は百十五頭, 百三十五円を必要, 百三十五匁ちっと木綿, 百三十五匁余で拙, 百三十五区に分つ, 百三十五回にひろがったら, 百三十五圓そのうち, 百三十五年二月六日即今東京府知事職ニ在ル大久保一翁, 百三十五年前なり斯く, 百三十五戸人口二萬一千九百六十六人を有せり, 百三十五枚の額, 百三十五畳あつた, 百三十五貫文ばかりになる, 百三十五部あった, 百三十五里三十一町一十九間半とあれ, 百三十五里薩摩へ九十七里, 百三十五頁ある, 百三十人いずれも皆, 百三十人余七八歳より十三, 百三十何円ショッパイうちだ, 百三十余万人の戦災者, 百三十余名といわれ, 百三十余回までの構造, 百三十余年間はめざましい, 百三十余戸あり, 百三十余方里幹川の流路, 百三十余頁の尨大号, 百三十例が, 百三十俵の収入, 百三十俵士族どもに到っ, 百三十億円のガソリン, 百三十億金ルーブリの耕地, 百三十億馬力となっ, 百三十兩米千二百三十升小通詞二級銀三百兩, 百三十八メートルの距離, 百三十八万七千四百五十八石三斗の力, 百三十八人の附添, 百三十八人中婦人サークル員は百四十五人, 百三十八人試運転の平均速度二十六浬三, 百三十八円弱である, 百三十八名異状なし, 百三十八大名の旗頭, 百三十八大隊騎兵二百十九中隊砲兵二百七中隊と算上, 百三十八年唐の長安, 百三十八枚ある, 百三十八番で十人, 百三十八石余とみえ, 百三十八社を合併, 百三十六の印刷工場, 百三十六フィートあり, 百三十六万五千余人が完全, 百三十六万里世界中の民, 百三十六両の借金, 百三十六号こちらは中村警部, 百三十六号百三十六号こちらは中村警部, 百三十六号車は近道, 百三十六地獄から西方, 百三十六年華嚴宗を始め, 百三十六日十三時間二十分をもって東京, 百三十六日間であつ, 百三十六條第一號に皇帝, 百三十六番右定家の歌, 百三十六種従って二つ, 百三十六通と欠席, 百三十円なにがしというもの, 百三十円前後の収入, 百三十匁云々なり, 百三十匁十年目で一尺九寸余八百五十匁, 百三十升小通詞二級銀三百兩, 百三十名女僧が七十二名, 百三十呎の煙突, 百三十呎全面雪白の電光艇, 百三十呎六吋幅員は中部横斷面, 百三十哩の, 百三十哩沖でとうとう, 百三十四ゲレイントロイで則, 百三十四万〇五十八ドルになる, 百三十四円になります, 百三十四名本島人二名の多き, 百三十四字之を私たち, 百三十四師団の優勢, 百三十四年アメリカのデヴイツド・ブルース, 百三十四年ドレスデンに生れた, 百三十四年三月六日の事, 百三十四年四月二編は同年六月発兌, 百三十四年埃及はナイル河, 百三十四方マイルにし, 百三十四歳長男恒善二十四歳次男優善十五歳四女陸三歳五女癸巳一歳の六人, 百三十四段から第, 百三十四種ありその間, 百三十四篇を書い, 百三十四米で直ぐ, 百三十四米七の峰, 百三十四軒の代理店, 百三十四黒球百二十五ついにこの, 百三十回その道にあたるすべて, 百三十尋其樣な深い, 百三十尺もある, 百三十尺八菱形十三層の磚身白堊, 百三十尾にあまり, 百三十巻五十二万六千五百字が完成, 百三十師建設記念碑と銘, 百三十年クリスマスにちかき, 百三十年ブルボン朝の最後, 百三十年代の浪漫主義, 百三十年前貞享四年に出版, 百三十年後の東洋, 百三十年祭が行われ, 百三十年見当という見解, 百三十年近くも後, 百三十幾日の間, 百三十幾日目とかで生む, 百三十度七分の洋上であったと, 百三十度五分の海上を彷徨, 百三十文上白餅米三斗六升で一分, 百三十文位の値段, 百三十日あまり前に東山道軍, 百三十日厄日を無事平穏, 百三十本以上櫻の名所十五箇所, 百三十本山王公園の櫻, 百三十本植物園の櫻, 百三十枚隱して, 百三十條にかう, 百三十歳甲午の九月九日, 百三十点総品目三千何種, 百三十番の第, 百三十疋ほかには六条坊門, 百三十百三十二の四重奏曲, 百三十石味噌十樽鰯十俵薪五十六束という記録, 百三十章である, 百三十米余り低く二千二百二十八米, 百三十米許り東側, 百三十粍です, 百三十萬圓を新, 百三十貫ばかりの重量, 百三十軒全焼と電光ニュース, 百三十部あったの, 百三十部四百六十巻其他を将, 百三十部限定の豪華版, 百三十金で買った, 百三十間六万六千六百余坪南北西の三方, 百三十間南北九百二間というの, 百三十間面積三萬六千六百餘歩と記され, 百三十頁その装幀, 百三十項を得, 百三十頭を献上, 百三升芋地獄から読本, 百三四十産みます, 百三四十万にもなっ, 百三四十人は入ります, 百三四十人みな内外の官吏紳士, 百三四十円と云う, 百三四十圓邦人百圓内外の相場, 百三四十年間である, 百三四十点にも及ん, 百三四十米の高, 百三回までのところ, 百三回日の誕生, 百三年或いは四年前, 百三年コンスタンチノポリスを征, 百三年仏国政府より公然, 百三年後の寛延元年, 百三日だ, 百三條まであります, 百三番地に住ん, 百三百忽にし, 百三石一斗五升とある, 百三等この一, 百三米の山巓, 百三艘大船は五百八十余艘, 百三高地どころでない, 百三高地七三が流行れ, 百三高地巻白いリボン, 百上げるよ, 百上りたりと, 百の黄巣傳, 百不幸の源たる, 百世万民のため, 百世中常に乞食, 百世帯加入数辛うじて六以下, 百世末代愚鈍の名, 百世稀に出, 百世紀かかっても, 百世身を終る, 百世通行の道, 百両あてお下げ渡しくださるならわし, 百両あとの奉公人, 百両あれをいったいどう, 百両お金は惜しい, 百両くださらば一生口, 百両ざらっと往来, 百両それに建前, 百両ぢやからな, 百両づつみ二包みずつ掏, 百両みんな隠して, 百両みんな封金でそいつ, 百両トシテモシモ支配ヘ引越シデモスルト百両半モカカル, 百両ハ竹行の為ニ, 百両バカリ借ガアル, 百両ホド勝ッタ故オレガ, 百両一分になった, 百両不足して, 百両也メリヤス上下共十五通その代金二十四両一歩二朱也, 百両也端唄と書け, 百両二度目は百八十両, 百両二百三十両と年賦, 百両二百両三百両などいう, 百両五百両をならべ, 百両五百両八百両とめいめい, 百両以上の所得, 百両以下は死刑, 百両位の手切れ, 百両何千両の金, 百両何家かで家尻, 百両借金があります, 百両入用に付い, 百両八百両とめいめい, 百両其処へ金子, 百両分け前をやる, 百両前後の月給, 百両半モイルシ皆サンガ支度ニモ百両トシテモシモ支配ヘ引越シデモスルト百両半モカカル, 百両半モカカル故弐千両, 百両南蛮縄簾の水指三百両, 百両四百両というの, 百両夏の夜, 百両封のまま, 百両帷子五十を祝儀, 百両強請たと, 百両投出て七蔵, 百両敷金が済んでる, 百両棺桶の中, 百両牧渓が一幀五百両, 百両物の見事, 百両王姫を御す, 百両瓶に入れ, 百両町役人に預け, 百両百枚の千両, 百両盲目に在っ, 百両礼をする, 百両祥瑞の香盒二百両, 百両私におくれ, 百両給料は二十両, 百両綱七の棺, 百両耳をそろえ, 百両融通して, 百両説に大, 百両誰に渡し, 百両講を取り立て, 百両貰たその, 百両貴殿にお, 百両貸しあたえた, 百両越後屋へ夏冬, 百両近くになる, 百両進上しようじゃ, 百両金があったら, 百両金ガ出来タカラ家ヲ立テタガ今ハ三十俵三人扶持ダカラ, 百両長兵衛に貸し与え, 百両顔役のひとり, 百両騙り取られた源右衛門, 百中一二の例外, 百中仙道と北国街道, 百中傷寒論なども名, 百中美事に指定, 百丸さまの御, 百之助と云, 百之進花世郁次郎の三人, 百乗千乗の王侯, 百九〇年サガレンに出かける, 百九フランとか言いました, 百九ページを三角, 百九マイルあり, 百九メートルの距離, 百九メートルシャール十世は一万八百三十六メートル, 百九人福岡二百三十四人そのほか名古屋百七十九人, 百九人衆の筆頭, 百九人鳥取百五十五人津和野九十三人福山に六十六人, 百九匹鹿児島あずけ百十匹備前岡山, 百九十キロという素晴らしい, 百九十ミリあると, 百九十一万六百五十一人が農村居住者, 百九十一両という莫大, 百九十一人であったもの, 百九十一人尼一万四千百八十四人ありしも, 百九十一尺即ち一町, 百九十一年六月自由劇場でその, 百九十一年州の事業, 百九十一米の広河内岳, 百九十一米八の三角点, 百九十一貫六百四十八匁の食物, 百九十七万四千五百八十一方マイル, 百九十七万四千四百三十九人なり, 百九十七両はどこ, 百九十七人合計五百〇四人なり, 百九十七個のすばらしい, 百九十七八人まではか, 百九十七年三月エコリエ社で上演, 百九十七年版以後のもの, 百九十七年葡萄牙の船, 百九十七日間に五万七十五マイル, 百九十七通計五百八十八首である, 百九十七首後記中に九首, 百九十万もある, 百九十万七千六百二十五人で百二十年間僅か, 百九十三人とされ, 百九十三名が斃, 百九十三年ニユーヨーク州において始めて, 百九十三票強ちゅうことになる, 百九十三篇が擧げ, 百九十三間佐賀藩次四十間唐津藩次三百間は松平忠之兄弟, 百九十両余がほどを三回, 百九十九キロを平均時速八百キロ, 百九十九人皆此処で後, 百九十九兩三分三朱くらゐは, 百九十九円九十九銭九厘の損害, 百九十九円九十九銭余の損害, 百九十九区の防空劃, 百九十九年五月十八日から和蘭, 百九十九年創立当時の計画, 百九十九年国民が三十三カ条, 百九十九年夥伴を率, 百九十九日九分九厘であります, 百九十九条に照, 百九十九疋までは手, 百九十九章中本書に引用, 百九十九貫九百匁運ばないと, 百九十九身を捨てたれ, 百九十九頭のとき, 百九十二マイルあり, 百九十二万七千三百七十五女子挺身隊は四十七万二千五百七十三, 百九十二万八千八百八十三マルクローマ宗百二十九万七千三百六マルクなり, 百九十二人男女の割合, 百九十二兩それに明日, 百九十二兩八枚足りない分, 百九十二圓空鑵並びにハンダ, 百九十二年三月十二日の夜, 百九十二年以来学校補助費三万ドルに対し公立図書館, 百九十二年六月七日西インド諸島の中, 百九十二年目のもの, 百九十二法と六十サンチーム, 百九十二米突を有し, 百九十二萬町で實, 百九十五カラットのこと, 百九十五ポンドと言われ, 百九十五億二千一百六十二萬五千七百七十六人だといふ, 百九十五匹かな九十四匹, 百九十五号をもっ, 百九十五年前の物, 百九十五年十二月即明治二十八年, 百九十五町堤防決潰五カ所破損二十四カ所橋の流失十六個, 百九十五語でその, 百九十五里とある, 百九十人上表して, 百九十人言フ己等ノ先祖ハ, 百九十何メートルとある, 百九十何円献金する, 百九十何番目かで始めて, 百九十余人手負いは数百名, 百九十余支里の間, 百九十余頁に亙る, 百九十兩入つたのを盜まれ, 百九十兩小判を入れた, 百九十兩盜つた野郎を搜, 百九十兩誰かに盜まれ, 百九十八の大数, 百九十八万余円というもの, 百九十八住職を有す, 百九十八年三月巴里フィガロの小, 百九十八年五月二十六日クリスチアニアのノールウェー女權同盟, 百九十八年葡萄牙の有名, 百九十八米即ち三千米, 百九十八首の自筆, 百九十六マルクだから, 百九十六人という統計, 百九十六円七十銭一ヶ月七十四円七十二銭ということ, 百九十六分に対して塚田, 百九十六家の書, 百九十六年一月發行の, 百九十六年北斎伝出でしが, 百九十六年歐羅巴ハンガリーの都ブタペスト, 百九十六年編纂の目録, 百九十六度で沸騰, 百九十六校あったの, 百九十円払ふ訳, 百九十号というもの, 百九十四万とある, 百九十四五本當てる人, 百九十四年作者三十一歳の時, 百九十四年四月二十日ジムナーズで女優レジャーン, 百九十四方里の孤島, 百九十四日に銀一貫五百八十七匁六分, 百九十四米の高, 百九十四米湯ノ湖に較べ, 百九十回です, 百九十坪家屋つきで三万五千円, 百九十尺もある, 百九十年代である, 百九十年以来東京においては, 百九十年余も継続, 百九十年前は仁明天皇, 百九十年戀人みまかりぬ, 百九十年正嫡わづか, 百九十年目があたかも, 百九十方のみ御, 百九十日に過, 百九十日ぶりのこと, 百九十曲までは十三人, 百九十枚ほどに書いたけれ, 百九十目あったと, 百九十米四の三角点, 百九十米最低二千百八十米平均高度は二千六百二十米, 百九十米気温は平時二十二度, 百九十米清水からは八百五十米, 百九十語で書き上げ, 百九十里からの旅, 百九年前に当る, 百九年四月アメリカのピヤリー大佐, 百九年後である, 百九年間にわたって日本, 百九拾尺福島県と群馬県, 百九枚目まで書きちらすだろう, 百九沢に見, 百九石七斗七升の高, 百九米一の唐松尾, 百九首連歌が九首, 百事情が御座いまし, 百二万一千余円を鋳造, 百二万八千であったモスクワ, 百二万石の加賀様, 百二三十カラットもあろう, 百二三十キロも走った, 百二三十メートルほどもある, 百二三十人あとに駈けつづい, 百二三十人仲間二百五十人ないし三百人, 百二三十円つてとこなン, 百二三十匁までであっ, 百二三十坪の野菜畑, 百二三十字前後というふう, 百二三十年今なおここ, 百二三十年以前のこと, 百二三十度ぐらいだろう, 百二三十手頃の終番, 百二三十文もらって, 百二三十目違います, 百二三十目位の割り, 百二三十箱ほど詰めれ, 百二三十米ぐらゐしかないのだが以前から登らう登らう, 百二三十藩くらいはある, 百二三十貫はあろう, 百二人これまたいずれ, 百二人徳島に百十二人, 百二十エーカー作って, 百二十カロリー砂糖が二匁五分, 百二十トンもあろう, 百二十トン軽快な船, 百二十パアセントだよ, 百二十パーセント以上の含有量, 百二十フラン借りに, 百二十フラン君に借り, 百二十ポンドをこさぬ痩せた, 百二十マイル氷冠上を行った, 百二十ルーブル払った, 百二十一ヶ所の多き, 百二十一万でございます, 百二十一万八千余だ, 百二十一代の至尊, 百二十一円信徒の寄付, 百二十一名のうち, 百二十一名藤原氏が五百八十名, 百二十一年ラヱンナにて歿, 百二十一年六月二十二日ムウニッヒの市, 百二十一年版のバイロン, 百二十一日の間毎日, 百二十一段の全文, 百二十一米の峰, 百二十七と書い, 百二十七個買ったが, 百二十七円何銭チップ帳場へ二十円, 百二十七号室を占める, 百二十七呎あの塔, 百二十七回の会議, 百二十七字の御, 百二十七年アヰニヨンにてラウラ, 百二十七度という結果, 百二十七町を段, 百二十七町四段二畝歩にする, 百二十七町四段二畝歩也です, 百二十七百三十百三十二の四重奏曲, 百二十七米九の三角点, 百二十七縣の人口, 百二十万ドル程あった, 百二十万五千トンのうち六一・九%, 百二十万人勤労婦人がいます, 百二十万以上の人, 百二十万六千四百枚余を製, 百二十万字正続を, 百二十万町歩というの, 百二十三の一人, 百二十三マイルに過ぎず, 百二十三メートルに減じ, 百二十三万人になっ, 百二十三万八千人あって, 百二十三万八千百八十四円神会の資本, 百二十三万六千九百四十四円都合総計三千二百七十四万二千五百四十九円なり, 百二十三万頭アルゼンチンから二百六十万頭分, 百二十三個所になっ, 百二十三円五十三セントを, 百二十三名といふ大, 百二十三巻十四帙を千疋, 百二十三年九月東京の大震災, 百二十三年六月アラスカから北極, 百二十三年前から専ら, 百二十三年国立劇場コメディイ・フランセエズが特に, 百二十三年間一度も冒涜, 百二十三断行を可, 百二十三番地二階建ての二軒長屋, 百二十三米の低い, 百二十三語強一日に三語, 百二十三頌あり重複, 百二十九万七千三百六マルクなり, 百二十九名の賛成者, 百二十九条とかにさえそれ, 百二十九番だ, 百二十九票という勘定, 百二十九篇にのぼり, 百二十九軒の間脇階級有, 百二十九里二十八町というところ, 百二十二マイルの流れ, 百二十二万五千頭ニュージーランドから三百二十三万頭, 百二十二万円ばかり売っ, 百二十二人日英同盟の勇士達, 百二十二個が鏤め, 百二十二円七十二銭なりか, 百二十二年七月廿八日ベルリンに著い, 百二十二年前でありまして, 百二十二年目にあたる初春, 百二十二隻の大, 百二十二頌なりこの, 百二十五センチで, 百二十五丁目までいらっしゃらない, 百二十五丁目辺は下等, 百二十五万ポンドすなわちわが, 百二十五万四千人ありかりに, 百二十五人和歌山二百五十六人郡山八十八人大聖寺八十三人であります, 百二十五円二分引に而金百円受取候事, 百二十五哩の太平洋, 百二十五対百三十四即ち九票, 百二十五尺あるの, 百二十五尺四寸もあつ, 百二十五年前の人, 百二十五度南緯三十六度七分の線にまで逐い詰め, 百二十五戸という大, 百二十五日掛り八人, 百二十五歳位にし, 百二十五留だ, 百二十五章外に附録一卷, 百二十五米の頂上, 百二十五萬圓なり, 百二十五頁ばかりの小, 百二十五頭の牛, 百二十人あまりからの同勢, 百二十人これは女, 百二十人十隊に分かれ, 百二十何人か新入学, 百二十何歳という伝奇的, 百二十余の代議士, 百二十余万人の女, 百二十余年前枕流王の元年, 百二十余年前羅馬の貴族ピオ, 百二十余年前蜂須賀三代の国主, 百二十余日の間, 百二十余日予はついに, 百二十余頁の小, 百二十億に相当, 百二十兩あとの金, 百二十八人女は廿九億九萬四千八百三十人, 百二十八人招に応じ, 百二十八円と四十六銭, 百二十八円五十三銭あった, 百二十八匁を下るまい, 百二十八名です, 百二十八噸甲板の延長五哩, 百二十八大名全部が将軍家, 百二十八大隊砲兵四十八中隊騎兵十二中隊を公主嶺方面, 百二十八尋だった, 百二十八年三月二十日ノールウェーのスキーン, 百二十八戸を支配, 百二十八本大正十三年には六百本ぐらゐはあつたらうとのこと, 百二十八条により五十法以上五百法以下, 百二十八番地だな, 百二十八米一にしか達し, 百二十八部が印刷發行, 百二十八頁に大審院, 百二十八首しかなかつた, 百二十六カ町というもの, 百二十六ポンド掛つた, 百二十六ヵ町という大火, 百二十六七年らしい, 百二十六万七千四百二十一円信徒の寄付, 百二十六万四千米ばかりも喰い, 百二十六人去年の九月一目, 百二十六匹あり, 百二十六名の増加, 百二十六呎樹齢はごく, 百二十六年のだな, 百二十六年五月七日に到着, 百二十六年五月十一日午前八時五十分ノルゲ号は静か, 百二十六年目にエステルライヒ, 百二十六枚の百円紙幣, 百二十六間を熊本藩, 百二十円一対で二百四十円, 百二十円七尺あれば, 百二十円余りの金, 百二十円合計一万七千三十七円であって, 百二十円結局合計千二百円が実際, 百二十冊ばかりです, 百二十切等の區別, 百二十匁にその, 百二十匁一銭お焦, 百二十匁余に当たる, 百二十匁玉之御, 百二十匁衣服の価百二十目, 百二十反絹八疋唐錦九尺紗一疋青摺衣二領鞋十足などもあげられ, 百二十名はことごとく, 百二十名巡査十五名を従え, 百二十哩という前古未曾有, 百二十哩位でした, 百二十噸の大船, 百二十四もの金鉱会社, 百二十四マイルリバプールより諸, 百二十四万人である, 百二十四万六千五百三十二人を有す, 百二十四万石とあった, 百二十四人分の食料, 百二十四億七千六百万ルーブリの工業生産予定, 百二十四名になっ, 百二十四回というよう, 百二十四回目の原稿, 百二十四年刊行の, 百二十四度南北は百十七度, 百二十四文十二文てんでん, 百二十四文榧の油五合, 百二十四歳でお, 百二十四歳己巳の年, 百二十四票をかき集め, 百二十四米の高所, 百二十四貫八百五十九匁の鉛, 百二十圓以上な値段, 百二十字五行ならば, 百二十字分を聞かせ, 百二十尋以上もある, 百二十巻位の巻数, 百二十年ごろであって, 百二十年もの間にわたった, 百二十年エルボヨフ公の掘らせし, 百二十年七月ぶるうす, 百二十年三月の出版, 百二十年以前に見たる, 百二十年初秋五十六歳の時ヨルダン河, 百二十年前一七九八年に匿名, 百二十年前夫に死に別れ, 百二十年日本でいう, 百二十年来営業を続け, 百二十年間僅かに三十五万八千六百二十七人, 百二十年頃の事, 百二十年頃東ローマのレオ・イソーリアン, 百二十幾つかです, 百二十幾枚書きなおして, 百二十幾篇を通じて侍, 百二十度以上に達する, 百二十戸ばかりの部落, 百二十斤を得, 百二十斤元装の連発砲, 百二十日がらみの人, 百二十日ころまで昔, 百二十日以上のもの, 百二十日前の風, 百二十日前後にやつ, 百二十時間五日間ですね, 百二十有余間の電線, 百二十本清水谷公園の櫻, 百二十束だのう, 百二十束田租十五束の場合, 百二十枚昨夜女隱居が盜, 百二十歳以上になる, 百二十氣を一紀, 百二十浬の付近, 百二十点ぐらゐとらないと乙にはならぬ, 百二十片ちょうど六斤, 百二十班の治療班, 百二十番戸棚田氏宅から夫人光子, 百二十目一斤だの, 百二十石大弐は九十石, 百二十磅も勝った, 百二十節航続距離二万海里と云ったら, 百二十米平均二千六百米以上の高度, 百二十米突の天上, 百二十粒得らるる, 百二十組の娘盆踊, 百二十萬兩の金銀, 百二十萬圓掛け放しでは, 百二十萬年前第三紀, 百二十行以上けずりました, 百二十説も少々, 百二十軒の工場, 百二十間あまりの柵矢来, 百二十間東北百三十間面積三萬六千六百餘歩と記され, 百二十間東西一百三十間六万六千六百余坪南北西の三方, 百二十頭タイマイ二百頭とたくさん, 百二十餘の代議士, 百二十餘人凡そ全, 百二十馬力の汽船, 百二十騎と数えられた, 百二十騎柴田権六が手, 百二十點もつけ, 百二名ノウチニハ僧侶ト名ノルモノ一人モコレ有ラザリキ, 百二回から百三回, 百二坪の広, 百二室という途方, 百二巻の写経, 百二巻一巻平均六万字で, 百二年五月八日の噴火, 百二年五月八日マルチニック島プレー山の噴火, 百二年以後浮世絵の競売目録, 百二年以来の事, 百二年前の天保六年, 百二年巴里において林忠正, 百二本たつや, 百二条を適用, 百二杯目でございますが, 百二段近村の寺塔, 百二番というすばらしい, 百二百十噸というすばらしい, 百二百簇がる騎士, 百二都城の健児, 百二頁あって, 百二頁四百七十万字悪金子, 百五〇メートルに參加, 百五〇封度の重, 百五〇頁ばかりの, 百五つの豪壮, 百五ヶ所の地所, 百五人だが, 百五人喧嘩九十六件内負傷者六人, 百五個を食った, 百五倍の我執, 百五六中枚も有る, 百五六十アル上ト下トノ差ガ少イノガ, 百五六十キロもある, 百五六十ルピー入って, 百五六十万もあり, 百五六十両の金, 百五六十人の小勢, 百五六十人許り商人体, 百五六十名以上はあったろう, 百五六十家あったと, 百五六十文這入って, 百五六十歳の老人, 百五六十畳と云う, 百五六十票ありゃあ当選圏内, 百五六十程度を刷り上げ, 百五六十種の標本, 百五六十貫づゝも食ひ取るん, 百五六十輛のライオン戦車, 百五六十部の製本, 百五十あたりを指し, 百五十これがオデオン座, 百五十ぴきぐらいいる, 百五十めーとるから, 百五十エスクウド分或いは黒, 百五十カロリー焼パン, 百五十キロメートルに達した, 百五十キロ以上でしたから, 百五十クヲタアはもし, 百五十ドル余りになる, 百五十フィート壁は巨大, 百五十フロリン貸して, 百五十ページに及ぶ, 百五十ポンド十一ペンスてふ, 百五十マイル余夜暗くし, 百五十マイル向うの富士山, 百五十マルクでへい, 百五十ミリを指す, 百五十ミリ程度という, 百五十メートルほかなかった, 百五十メートル以上もはいった, 百五十ワットだ, 百五十ヶ年賦で返す, 百五十一メートルの深, 百五十一万人の婦人労働者, 百五十一人海より詣する, 百五十一箇の雪華, 百五十一首を抜き, 百五十一首之等がその, 百五十七分つかつて, 百五十七万一千四百六十一人に比する, 百五十七万六千百二十八人は文字, 百五十七号を二千部, 百五十七回を書いた, 百五十七尺戸村牛岳が七千六十五尺, 百五十七尺石狩岳が六千五百七十三尺, 百五十七戸が引きうつっ, 百五十七曲の歌曲, 百五十七条第一項, 百五十七歳これくらい辻褄, 百五十七番地なる私宅, 百五十七疋取った, 百五十万ドル十二億六千万円で買っ, 百五十万ルーブリを投じた, 百五十万中八十万は水上生活, 百五十万二百万選手ができる, 百五十万人弱の中, 百五十万以上の人口, 百五十万個という大きな, 百五十万倍である所, 百五十万僕のが百十万, 百五十万円十一年度以降は約, 百五十万円寄附しなければ, 百五十万坪という莫大, 百五十万年の間, 百五十万弗といふ米国, 百五十万法なん, 百五十万里の近, 百五十丈ぐらいも使っ, 百五十三の大, 百五十三ルピーばかりありました, 百五十三万里に比し, 百五十三人気のおけない, 百五十三偈ありと, 百五十三円丁度ふた, 百五十三号室の信吉, 百五十三回則ち閏年, 百五十三年九月十二日ところはクロワッセ, 百五十三年前咸享二年三十七歳でインド, 百五十三年間繼續した, 百五十三度にあった, 百五十三条に基き始め, 百五十三歳陸二十二歳水木十六歳専六十五歳矢島優善三十四歳の六人, 百五十三萬人の老人中, 百五十三首を録す, 百五十両それをこれから, 百五十両丈けの御, 百五十両半アルカラ女郎ヲ買ッタト思ッテ金ノハイル度々段々トウチコンダカラ, 百五十両四百両で話, 百五十九個のベッド, 百五十九円なり, 百五十九匁の鉛, 百五十九回敵の損害, 百五十九家のため, 百五十九年に死する, 百五十九年七月二十三日巴里で死んだ, 百五十九日と七百六十五日目, 百五十九番地に移った, 百五十九門の火砲, 百五十九頭ラビツト十三頭であつ, 百五十二メートルさして高い, 百五十二件を計上, 百五十二分です, 百五十二回に上っ, 百五十二年に米國, 百五十二年十月に同, 百五十二文であった, 百五十二番地のキャンベル氏, 百五十二米の峰, 百五十二級この日, 百五十五ポンド九シリングに減じ, 百五十五万円二十市で総額一千二百六十七万円, 百五十五両得をし, 百五十五両損をした, 百五十五人津和野九十三人福山に六十六人, 百五十五個食えるよう, 百五十五個半の安政二分判, 百五十五円持って, 百五十五分を使, 百五十五哩ほどあります, 百五十五回と書き続けた, 百五十五年以前のこと, 百五十五日に過ぎぬ, 百五十五日だんまりでいなく, 百五十五条によるの, 百五十五米の僧ヶ岳, 百五十五間南北百六間という広, 百五十五隻をひきい, 百五十人それは大方, 百五十人中実に四百八十三人, 百五十人以上の紳士淑女, 百五十人以上隊を組む, 百五十人余で伏見, 百五十人余高須勢百人とある, 百五十人工場倉庫関係約五百五十人, 百五十人市兵衞の一行, 百五十人歩兵七百余旌旗から輜重駄馬, 百五十人水野勝成が後詰, 百五十人男女相半ばす, 百五十人許りであつ, 百五十位は居るだらう, 百五十体なお幾多, 百五十何人と上等, 百五十余万方英里の面積, 百五十余体の死者, 百五十余名の多き, 百五十余年一定不変と名, 百五十余石玄米百十六石一斗とあっ, 百五十余種を翻刻, 百五十俵三十人扶持小島春庵で和泉橋通, 百五十俵正味百俵ばかりの米, 百五十倍近くの光, 百五十兩三年間の利, 百五十兩下では落札, 百五十兩隱して, 百五十八で種々, 百五十八マイルを過, 百五十八億に, 百五十八円で売買, 百五十八回にし, 百五十八尺ただに北海道, 百五十八尺北鎮岳は七千四百十尺, 百五十八平方キロのうち, 百五十八年安政六年に送った, 百五十八段であった, 百五十八点はことごとく, 百五十八町三反歩といふの, 百五十八町余里見氏より以来, 百五十八番の折田兼助, 百五十八石三斗の力, 百五十八米の地点, 百五十八米三の武尊山, 百五十八隊ありと, 百五十六カロリーバターが八匁, 百五十六フランは特別大切, 百五十六マイルの内訳, 百五十六人郡山八十八人大聖寺八十三人であります, 百五十六倍の高熱, 百五十六円だったという, 百五十六呎の高, 百五十六年に波斯譯, 百五十六年前まであった, 百五十六年東海岸のキリマネ, 百五十六文女は三朱, 百五十六羽兎百五十九頭ラビツト十三頭であつ, 百五十六部屋これにガエン, 百五十六頁に来, 百五十円くらゐは, 百五十円そつくりとは行かない, 百五十円とりよった, 百五十円カストリ一杯三十五円ぢやねえか, 百五十円ハレムで三百円, 百五十円二百円というもの, 百五十円今度親類から出し, 百五十円以上場合によっては三百円, 百五十円位普通の人, 百五十円余り使ったけれど, 百五十円余国許の少し, 百五十円前後になる, 百五十円外に印刷費, 百五十円女子は百五十円, 百五十円女子百五十円と発表, 百五十円払つたのに芸者, 百五十円日本酒二百円ビール三百円にしろ, 百五十円末が百円, 百五十円次が二百円, 百五十円畑百五十円ないし二百円どまり, 百五十円行方不明石磴石燈籠手水鉢等はことごとく, 百五十分すなわち四時間以上, 百五十分の一となっ, 百五十前後の僧坊, 百五十匁十五年目で二尺三寸余一貫四百匁, 百五十卷を増した, 百五十台作られたきり, 百五十名みんな一かどの, 百五十名ジャンボリー連盟の二百名, 百五十名以上二百名まで居る, 百五十名天皇前後の, 百五十名未決囚で三〇・三パーセント, 百五十名金曜会の主催, 百五十呎がスルスル, 百五十呎乾ける湖, 百五十呎人口二千左右の小, 百五十呎幅百二十七呎あの塔, 百五十哩ぢや, 百五十哩彼は通過, 百五十哩航続時間二十五時間の優秀機, 百五十噸の石炭, 百五十噸渺たる一駆逐艦, 百五十四万八千九百九十八人第二十二回目弘化三年, 百五十四人総人数二百六十九人, 百五十四人中男子百十五人女子百三十九人となる, 百五十四文づつ被成下, 百五十四方マイルあり, 百五十四日の内, 百五十四日閏年でも三百五十五日, 百五十四石の一所持, 百五十四種イタリア語の分, 百五十回位は舞台, 百五十回腹を立てた, 百五十図書残しおいて, 百五十圓二百圓と云, 百五十坪ぐらゐの穴で深, 百五十字ぐらいを含む, 百五十室もある, 百五十家の住所, 百五十尺周囲半マイルの塚, 百五十尺堂の高, 百五十屯のスクウナー, 百五十年くらゐ経つて, 百五十年ぐらゐ前に住ん, 百五十年ぐらゐ經つて近代活字が全, 百五十年ごろの人類, 百五十年一月十四日ロテイはロシユフオオル, 百五十年二百年を要した, 百五十年余のほどに変移, 百五十年修法の機, 百五十年前モリエールの発した, 百五十年前元禄年間に大, 百五十年前明和七年の開版, 百五十年前熊沢の国防論, 百五十年前英国に生まれた, 百五十年前豊公攻め入りの節, 百五十年創立の商店, 百五十年地下の南谿, 百五十年年賦ということ, 百五十年忌法会執行についての相談, 百五十年忌追善会を上野清水寺客殿, 百五十年掛かつて居る, 百五十年明治四年迄に全, 百五十年来の名所, 百五十年来日本を治め, 百五十年来腐敗したる人心, 百五十年海外の日本, 百五十年目にあ, 百五十年賦にされたら, 百五十年遠忌によせ, 百五十年鎌倉の府, 百五十年間倭人の事, 百五十年間横須賀村は門戸, 百五十年餘經て興つた國, 百五十度南緯四十五度より五十五度, 百五十弗十仙に相, 百五十弟子の中, 百五十戒を受け, 百五十戸人口千五百人イタリア人過半を占め, 百五十戸浸水四百十六戸田畑の流没二十一町, 百五十戸破損三百五十戸浸水四百十六戸田畑の流没二十一町, 百五十把の籾, 百五十数隻の軍艦, 百五十文そいつがまた, 百五十文二百文下に至り, 百五十方マイルために耕作, 百五十方マイル人口二千五十人なれば, 百五十日めでここ, 百五十日ラッサにつぐ, 百五十日四人にて彫, 百五十曲もうたった, 百五十有余年嬌名今に高し, 百五十本幾んど, 百五十本淺草公園の櫻, 百五十本睡眠時間や食事其他, 百五十本英國大使館前の櫻, 百五十束もした, 百五十枚上官二十六人に白銀二百枚, 百五十枚許かいて, 百五十枚都合四円五十銭という金, 百五十柱涙がとめど, 百五十校にし, 百五十機戦車が五十輛, 百五十機高崎と熊谷, 百五十段の石段, 百五十法一興業期間なら一晩三十法, 百五十法百回で三万五千法, 百五十海里なり, 百五十海里余なりという, 百五十点ぐらゐ貰つたこと, 百五十版重ねさせた, 百五十瓦飴十五瓦でその, 百五十由旬ありこの, 百五十町南組が二百六十一町, 百五十町歩足らずなの, 百五十疋二百疋等さまざまであり正月七月十二月, 百五十疋分だ, 百五十疋小荷駄馬二百余疋人足三百余人を続, 百五十目以内ならば, 百五十目減つた, 百五十目玉之御, 百五十石それ以来知行が上った, 百五十石二百石取りの上士, 百五十石何不足のねえ, 百五十石六人扶持の医者, 百五十石十九ヶ村の多き, 百五十石小普請入りの旗本土屋多門方, 百五十石現職は京都留守役, 百五十石積廻船一艘の資産, 百五十石荻田甚五兵衛寄合五百石平左衛門使番大番頭五百石多賀一学, 百五十石馬廻りの小禄, 百五十票取って, 百五十種岩波文庫は約, 百五十等の数, 百五十箇所程に數, 百五十米四と測られた, 百五十米寒暖計六十二度ここで大宮口, 百五十米突乃至四百米突の谷間, 百五十米立方と推算, 百五十粁で一万八千粁, 百五十粍午前二時は七百三十粍, 百五十粒が二十五円, 百五十級の首級, 百五十羽ぐらいの雁, 百五十萬もあれ, 百五十萬人が餓死, 百五十萬兩の物, 百五十萬兩斯樣な譯, 百五十萬兩銀五千萬兩他物之に副, 百五十萬圓支出する此金額, 百五十萬戸に對, 百五十萬戸明の隆慶時代, 百五十萬蜀の口數, 百五十號の中外醫事新報, 百五十貫だ, 百五十貫以上はあるであろう, 百五十貫金子八百余枚ほどご, 百五十貫金子八百枚余りありまする, 百五十足になる, 百五十踰膳那内の鳥獣皆死, 百五十躰別に集め得た, 百五十軒に過ぎ, 百五十里大阪から鳥取, 百五十里旅行日数二週間内外なるべく人, 百五十里風のない, 百五十間余ノ場所, 百五十間幅が三十間, 百五十間幅三十間全島第三紀, 百五十間幅二十間の埋立地, 百五十面二百面近くの面, 百五十頁一冊の単行本, 百五十頁許り讀んで, 百五十頭それにたくさん, 百五十餘名埼玉あたりより應援, 百五十首四箇づつを用うれば, 百五対四百三の大, 百五尺といふ, 百五年以来ちやんとワイマアル, 百五年始皇帝の秦, 百五年巴里のアンドレエ・アレエ, 百五度以東南緯五十度以南の地, 百五拾円あったらナムアミダブツ, 百五拾号を記念, 百五拾四円余ちと高い, 百五拾坪の土地, 百五日である, 百五日目にあたる寒食, 百五條同第百六條參照, 百五磅から百五磅四分ノ一, 百五磅四分ノ一まで, 百五米の隆起, 百五貫だが, 百人あての二十七列, 百人あまり娘の君江, 百人あまり銃剣ものものしくとりかこん, 百人いずれも高々, 百人かしらないが, 百人かばねを並べ, 百人ぐらゐの知人を相手, 百人すべての興行物, 百人そこで立っ, 百人どまりであった, 百人のりのすごい, 百人ぶんばかりほしい, 百人ほかに妻籠泊まり, 百人みんなが, 百人イタリア人過半を占め, 百人サッポロ村は二十二戸, 百人ジャップということ, 百人ニナッタ全クオレガ御陰ダカラ当年ハ十月亥, 百人マエ・ターサンには二千五百人, 百人ンガクバ・ターサンには五百人, 百人一人残さず眠らせて, 百人一人四五万から五十万, 百人一時に棄教, 百人一様の引受け, 百人一首これを本, 百人一首一夕話に夫人在原氏, 百人一首上代の部, 百人一首伊勢物語など望み, 百人一首和蘭語訳付など外, 百人万人と多く, 百人万助の小, 百人三百人日雇志願に押しかけ, 百人三間半の長い, 百人与力二十騎同心百人支配は四五千石, 百人中三十の死者, 百人中九十九人半まではお, 百人中九十番ぐらいのところ, 百人乾児もある, 百人二十五の各, 百人二十代目には一億六千六百八万五千余人, 百人二百人乾児もある, 百人五歳ぐらいの小さい, 百人人見勝太郎等の大, 百人以上嘘のよう, 百人以上浦上から避難, 百人以外の読者, 百人伊那の助, 百人会の一人, 百人会議員立会の上, 百人位一固まりになった, 百人位扱つてみては, 百人位関係したと, 百人何万人の妻, 百人余り勝家の供侍三百余, 百人余り山を囲ん, 百人余り意気天を衝い, 百人余り意気颯爽として進ん, 百人余り組織は東西南北, 百人共通的に最後, 百人内外忠別川を溯り, 百人凡そ半ヶ年も長, 百人前千人前の米, 百人力の力量, 百人加賀藩の手, 百人千人万人とは単に, 百人千人万人透明人間の大, 百人千人讃へてもわが, 百人只今城下まで参っ, 百人各自罵り叫びながら, 百人同一ではない, 百人同心に細い, 百人向きで染井, 百人四角な陣, 百人大坂を立っ, 百人大挙して, 百人大矢野の甚兵衛, 百人夫長が陣中, 百人女房を持つ, 百人威儀を正し, 百人官舎寺院にいたる, 百人宛の死者, 百人家や船, 百人寄つても到底, 百人寄留すと, 百人寮から庭, 百人帝大出が何百人, 百人幾万人また無窮, 百人幾千人とても数え尽くさ, 百人座を圧し, 百人弓矢を帯び, 百人弱なり, 百人当選者の氏名, 百人彦根勢七百五十人余高須勢百人とある, 百人徒歩もあり, 百人御物参といっ, 百人恋愛観性道徳の不安, 百人手続きを踏む, 百人持ぐらいな一将校, 百人支配は四五千石, 百人数千数万人の誠, 百人數千人の人, 百人斗ハ私し預候得バ, 百人日本人は三十人内外, 百人日雇志願に押しかけ, 百人有司の鋭い, 百人有家の監物, 百人未満にし, 百人本渡の但馬, 百人来集し英宗, 百人東軍の軍威隆々, 百人枕を並べ, 百人樣と申込み, 百人此御殿を取卷い, 百人武家の秘蔵娘, 百人氷屋やしるこ屋おでん屋, 百人池田清左衛門千々岩の五郎左衛門, 百人淫樂ヲ極, 百人牛が五百頭, 百人現在人の葬式, 百人甲浦には三百五十余人, 百人番所まで要, 百人百年千年と経つ, 百人百様の人間像, 百人百義千人千義で義, 百人百題という題, 百人祿に離れた, 百人組その他の組, 百人組同心の組屋敷, 百人蜂屋頼隆の一千人, 百人衆と唱え, 百人行倒れになる, 百人設儀仗鳴鼓角來迎, 百人許り鬨, 百人議会にいたした, 百人赤旗を中心, 百人輸送されたという, 百人近く年産額二千四五百万円といわれます, 百人近く東京へ行った, 百人過日の勝ち, 百人選びようがない, 百人部将皆郷士豪農, 百人金剛千早の日, 百人金沢五百二十五人和歌山二百五十六人郡山八十八人大聖寺八十三人であります, 百人鉄砲足軽を真っ先, 百人鉄砲足軽七十人残りが小者, 百人長千人長一萬人長といふ風, 百人長紋十郎が一味, 百人隊長のブブリウス・アクヴールス, 百人音楽家は集り来る, 百人頭は性来齦, 百人首ならあたし好き, 百人馬やら徒歩, 百人黄なる馬, 百介並木の駒吉, 百を開眼, 百仕方げたに教育, 百も高く, 百代下の悌, 百代小田にうつろ, 百代言人であつ, 百代言共がその, 百代言式な横槍, 百代言式分析はこの, 百代言的ポイントをつかまえ, 百代言的新聞屋的田舎議員的では, 百以上下も百五六十アル, 百の谷底, 百件余の奉仕, 百伝うイワレの, 百伝度会県の析鈴五十鈴宮, 百はパィク, 百体六百体と半日, 百体分ばかり人形師, 百体千体と申す, 百何メートルと註し, 百何人ひとかたまりの若い衆, 百何倍あるから, 百何円何十何銭かになっ, 百何十カロリーという莫大, 百何十メートル登らなければ, 百何十ヵ所にもわたっ, 百何十ヵ村の不平, 百何十ヶ所で, 百何十万両の調達, 百何十両が盗まれ, 百何十何年七月十日の事, 百何十俵の半紙, 百何十俵代金千両余りの品, 百何十個も鏤め, 百何十円在中の一個, 百何十分かがムダ, 百何十口という古来, 百何十号という部屋番号, 百何十名水兵が千何百名救助, 百何十名酒なしの, 百何十呎という大, 百何十回めかの沈下, 百何十図の写真, 百何十坪は一坪一円, 百何十度という恐ろしい, 百何十張りも野鼠, 百何十戸を数える, 百何十時間居すわって, 百何十番というの, 百何十石大麦が二千何百石, 百何十石餅米が百何十石, 百何十粒入りの袋, 百何十編を書いた, 百何十頁か, 百何千万と云う, 百何千何万の娘たち, 百何千兩といふ名, 百何千足も貯え, 百何号かに達し, 百何圓とかで, 百何字か多い, 百何尺とかと云う, 百何年前に死んだ, 百何年後に千万人, 百何年間道をつくらず, 百何条にこう, 百何枚かの自叙伝体小説, 百何機も来, 百何歳という中, 百何点という美術品, 百何町歩これは直接, 百何種とかという話, 百何米と記入, 百何艘もアメ, 百何號かに達し, 百何部と云う, 百何里という, 百何隻の捕鯨帆船, 百余り鶴翼に展開, 百余コをたずさえ, 百余メートルの山道, 百余ヶ所に及ん, 百余丁となりし, 百余万人の苦しい, 百余万戸を超し, 百余万斤二十三年には九百七十余万斤, 百余万銭を供える, 百余人いずれも日ごろ, 百余人すべて血の池の中, 百余人会津藩の千余人, 百余人各々肌に腹巻, 百余人合囲して, 百余人大垣藩の千余人, 百余人屯田兵六百余巡査隊一万千余人軍艦十四隻海軍兵員およそ二千百余人, 百余人戯作の口, 百余人旅客は千人以上差支, 百余人来援し大いに, 百余人正成がそれぞれ, 百余人熊山の自邸, 百余人舶長さ四十四丈広さ十八丈, 百余人負傷二千余名と数えられた, 百余人隊列を整え, 百余人高力与左衛門の三百五十人, 百余人高槻の永井飛騨守, 百余体の悪像, 百余侯がそれぞれ蟠踞, 百余個所をノート無し, 百余元を送った, 百余冊にのぼっ, 百余匁であると, 百余反もはいっ, 百余反播州杉原紙二百束鞍置物十疋明石干し鯛千籠, 百余台の飛行機, 百余合双方とも馬, 百余合流汗は馬背, 百余名いずれも正造, 百余名一手となっ, 百余名天川とマニラ, 百余名本願寺出張所長今村恵猛氏の主催, 百余名等からも断行意見書, 百余名議長の卓上, 百余名負傷を加えれ, 百余哩を徒, 百余坪南北西の三方, 百余坪現在の回向院, 百余字の漢文体, 百余尋の絹, 百余尺の柳, 百余巡査隊一万千余人軍艦十四隻海軍兵員およそ二千百余人, 百余巻の一切, 百余年以来の事, 百余年前コロンブスの脳中, 百余年前唐の玄宗皇帝, 百余年前天明年間に日向国, 百余年前渡天した法顕, 百余年平和をつづけ, 百余年延暦三年二荒山の山腹, 百余年後の昭和現代, 百余年昔に, 百余年来我国の人貴国留居, 百余年来日本国をし, 百余年来郷国を隣, 百余年清盛にしろ, 百余年私の境涯, 百余年繁栄して, 百余年近時に至り, 百余年釈尊は生まれ, 百余年間京都大阪の市民, 百余年間本州の蝦夷, 百余座の筏, 百余張の半紙本, 百余戸あったもの, 百余戸一番少ないの, 百余手負いは数, 百余旌旗から輜重駄馬, 百余日管絃のざわめき, 百余景を五巻, 百余枚虫干の時, 百余橋梁六十坊街八百を焼失, 百余点と十幾個, 百余町歩それが幕府全盛, 百余畳海一面に鮮血, 百余疋人足三百余人を続, 百余石のご, 百余箇度まで功, 百余籠城方の死傷二百二十五名, 百余米の落差, 百余米突群峰の中央, 百余級の多き, 百余級雑兵に至っ, 百余艘三江の岸, 百余艘舳艫をそろえ, 百余言を学び得, 百余貫の巨牛, 百余軒の醜業窟六百余人, 百余里中間あまねき地, 百余里塵をもおそれ, 百余間に余る, 百余頭家屋倒壊百五十戸破損三百五十戸浸水四百十六戸田畑の流没二十一町, 百余頭平均して, 百余首長歌十余首あり, 百余駄の木租, 百余騎わしの麾下, 百余騎奮戦して, 百余騎志を合わせ, 百作ったって亡国, 百作ったって二百, 百作られ二百二十班の, 百にもおよぶ, 百例これを大きく, 百例中の百三十例, 百供へた者は六百文, 百保水木の三人, 百保矢島優陸水木比良野貞固飯田良政ら, 百俵づつ三季に渡され, 百俵なんど私などのところ, 百俵三人扶持を給, 百俵二人扶持ですから, 百俵五十石内外の米穀, 百俵以上を二百俵, 百俵以下は一分, 百俵内外の旗本, 百俵合計四百俵の収入, 百俵宛貢納シ人夫労役ノ要, 百俵寄合医師から出, 百俵役料二百俵合計四百俵の収入, 百俵役金三千両という高い, 百俵役高を加え, 百俵有之百俵, 百俵父安元として載せ, 百俵父楽春院として載せ, 百俵物交すること, 百俵献納すべき旨申聞, 百俵百十五両小売百文に付二合五勺, 百俵砂糖千斤隠匿されて, 百俵若年寄直轄で法印, 百俵蔵前取りの御, 百俵見習い五十俵で決して, 百個ぐらゐづつは採れたらう, 百個ぐらゐも貰ひましたかねえ, 百個ペケにし, 百個三銭五厘当時に比べ, 百個中隊何十個大隊が横隊, 百個以下は無理, 百個余りの漢代, 百個内外の, 百個千個と電球, 百個大根を百本, 百個曳網で採集, 百個条によって決まっ, 百個條を見まし, 百個程度の, 百個篁の如く, 百個計り有れど, 百個近くもあるであろう, 百倍お前の帰り, 百倍こちらより上, 百倍ものたのもしい一味, 百倍もの間今なお戦い, 百倍グワラリといふ品, 百倍スル如ク屡バ他人, 百倍ッてネこれ, 百倍一念力をふるっ, 百倍加されて, 百倍増であったるぞ, 百倍増しなの, 百倍嫁に行く, 百倍嫌いになる, 百倍幸福になる, 百倍心のたけり, 百倍息をもつかせず, 百倍数千倍に増加, 百倍普通農家の基本収入, 百倍狂喜乱舞いたしますよ, 百倍縦横無尽にその, 百倍阿佐ヶ谷の省線踏切, 百借金も勘定, 百偈七百偈九百偈の三本, 百偈九百偈の三本, 百偈本に更に, 百を率い, 百僚有司のその, 百に茶, 百億キロワット時以上の発電, 百億ドル貧乏になり, 百億ルクルの金, 百億円以上に達する, 百億円来年度は二千五百億, 百億弗の支出案, 百億色の電灯, 百億萬と世界, 百元位の収入, 百を浴び, 百兩あまり詰には寛永錢, 百兩づつ入れて, 百兩づつ男手で拵, 百兩三百兩は今朝清松, 百兩三百兩五百兩と鰻上り, 百兩下で落札, 百兩不足して, 百兩之場に數十年, 百兩五木田利兵衛の二百七十兩, 百兩五百兩と鰻上り, 百兩五萬兩と積んだ, 百兩人橋を架け, 百兩何千兩あるやら, 百兩八百兩と奪, 百兩出しや表, 百兩包みが十箇, 百兩受取つたに違, 百兩受取つて急に金, 百兩抵當流れになつ, 百兩持つて行つちや濟, 百兩支出されたと, 百兩盜つた内から十兩惠, 百兩盜つて十兩か五兩, 百兩盜むよりも五十兩胡麻, 百兩等等山南山北凡そ名ある豪農富商, 百兩箱ごとでは十貫目, 百兩米千九百六十升小通詞一級銀五百三十兩, 百兩紛失の責任, 百兩貸して, 百兩隱してあつ, 百八〇年その新年, 百八シリングであった, 百八マイルの位置, 百八ルーブリの月給, 百八ヵ所で焚きあかし, 百八万九百九十人といわれ, 百八万五千余人三十代四十代となりまし, 百八九十時間ぐらいよまる, 百八個媒が負う, 百八冊を手がけ, 百八匁二分かどう, 百八十ぢや, 百八十キロの空間, 百八十キロ略西方に向け, 百八十センチもあっ, 百八十トンの機帆船昇龍丸, 百八十フィートは増す, 百八十フィート幅八十二フィート一万八千九百十四トンという巨大船, 百八十フランまでまけた, 百八十一の工場主, 百八十一マイルあり, 百八十一メートル現政府, 百八十一万七千戸最後に一つ, 百八十一万四千五百七十一人なり, 百八十一年九月はじめて演ぜられた, 百八十一年十一月ペテルスブルグでまた, 百八十一年度ヴインナ大學病院最近處方, 百八十一所引東晉の王隱, 百八十一枚と粒百六十, 百八十一町村といふもの, 百八十一號に掲載, 百八十一門軍旗五十流朝鮮兵の生命二百五十, 百八十七万余人五十代も八十代, 百八十七下張巡傳に當時, 百八十七人に減じた, 百八十七兩といつた, 百八十七匁六分なり, 百八十七年三月二日ナポリにてとある, 百八十七年買つた場所はストランド, 百八十七年頃から佛國生れ, 百八十七度の所, 百八十七日弱にてその, 百八十七日目だった, 百八十七条に至る, 百八十万人の未亡人, 百八十万弱が七百十万余, 百八十万罐千島北海道樺太に九百八十万罐移出, 百八十万罐移出して, 百八十万通という投書, 百八十三カ所ありしと, 百八十三マルクローマ宗百二十九万七千三百六マルクなり, 百八十三ミリから三百二十五ミリ, 百八十三メートルのエベレスト山, 百八十三万といっ, 百八十三万三千ドル死者四十名であったそう, 百八十三万九千六十二人を数え, 百八十三万千八百十五人ということ, 百八十三人みな差し違えたり, 百八十三億ルーブリから四百三十二億, 百八十三呎幅員九十二呎半龍骨から船橋, 百八十三年イタリー國カラブリヤに起つた, 百八十三年ペテルブルグの師範学校, 百八十三年二月に南イタリイ, 百八十三年十二月かの女優モッヂェスカ, 百八十三所の祠, 百八十三条に規定, 百八十三条等に就い, 百八十三頁の第, 百八十両江戸時代では大金, 百八十九に対する断行説賛成者六十七, 百八十九年チューリン市で初めて, 百八十九年三名の委員, 百八十九年初演オランダのアムステルダム, 百八十九年東羅馬帝の命, 百八十九条八百一条第八百十三条, 百八十九番だった筈, 百八十九番地庄司見新吉, 百八十九種のうち, 百八十九米二の絶巓, 百八十九米突の高, 百八十九軒一万二千五百七十八戸が災, 百八十二エスクウドで最高位, 百八十二グルデン三十七クロイツァーを超えなかった, 百八十二マイルの内地, 百八十二メートル半ですね, 百八十二万八千株ありて, 百八十二人を汚す, 百八十二回は勝ち角力, 百八十二島の中, 百八十二年イギリスのロード, 百八十二年伯林工芸美術館においてその, 百八十二年信長が殺された, 百八十二年刊行の本書, 百八十二弗四十五仙であるが, 百八十二戸一万二千四百五十二人にも達し, 百八十二条の法規, 百八十二浬の航路, 百八十二種の奇事異聞, 百八十二軒の家庭, 百八十二里の遠き, 百八十五の補助礼拝堂, 百八十五ミリになりました, 百八十五万人を死なせた, 百八十五万円見当である, 百八十五両溜つてゐたさ, 百八十五人ヒラギシには士族平民取り, 百八十五円頂戴いたします, 百八十五區に分かれ, 百八十五年ボストンにて再刊, 百八十五年ユーゴーの逝ける, 百八十五年三月ロンドンの一素人劇クラブ, 百八十五間その殿内, 百八十五隻だ, 百八十人位の人数, 百八十人先生が十四人, 百八十人皆火に赴き, 百八十人皮作等雑種七万九千〇九十五人合計三十八万二千八百八十六人とある, 百八十人皮作等雑種七万九千九十五人とあります, 百八十人皮作雑種七万九千九十五人合計三十八万二千八百八十六人とある, 百八十人馬百八十疋という触れ込み, 百八十何円とやらいった, 百八十何篇五十巻始め池田大助十巻外幾つかの捕物小説, 百八十余だったと, 百八十余万人の失業者, 百八十余名の整理, 百八十余尺という円い, 百八十余年以前かの三蔵法師, 百八十余年前に大化, 百八十余年前今年よりは千六百十余年前, 百八十余年寸土尺地といへ, 百八十余戸死者三千人負傷者は数, 百八十余本を飲み, 百八十余篇の, 百八十余艘もあった, 百八十余里隔った国, 百八十俵取りでお, 百八十個産みます, 百八十元を強奪, 百八十兩事と次第に, 百八十兩小判で受取つたの, 百八十兩拔いたの, 百八十兩返しや徳之助, 百八十八万人の未亡人, 百八十八兩の小判, 百八十八名という言語道断, 百八十八年三月六日五十五歳で父, 百八十八戸であった京都, 百八十八条には証言, 百八十八条七百八十九条八百一条第八百十三条, 百八十八枚が贋物, 百八十八株半持って, 百八十八軒七百八十九人は百九十三年後, 百八十八里九州肥後熊本五十四万石細川侯の行列, 百八十八首である, 百八十六の竜王, 百八十六丁五号活字二段組でぎっしり, 百八十六年七月の二十日, 百八十六年九月の, 百八十六年六月十三日の夕, 百八十六號別刷の薄, 百八十六軒二千六十四人が明治四十年, 百八十六首は割書, 百八十円世話人その他の費用百五十円, 百八十円年にし, 百八十匹だったと, 百八十匹馬方百八十人にも上った, 百八十名平氏が百十三名, 百八十名盛会であったが, 百八十周を年數, 百八十哩を経た, 百八十噸の小船, 百八十囘己が獅子, 百八十四マイルあり, 百八十四円神会の資本, 百八十四函上層子集部は三千六百函, 百八十四号ヲ以テ勲等簿冊ニ記入ス, 百八十四名漸次増加, 百八十四図を載す, 百八十四年三月三日ロンドンの王子座, 百八十四年前のこと, 百八十四年英国倫敦発刊の某, 百八十回こらえねば, 百八十家のうち, 百八十寺甍青苔にうるおえ, 百八十常までの特別給与, 百八十平方マイルの地域内, 百八十年一月八日戲曲座で開演, 百八十年二月に初めて, 百八十年二月十七日ミュンヘンにて, 百八十年二月十八日ミュンヘンにて, 百八十年五月何日かの日暮れ方, 百八十年以後の日本, 百八十年後の今, 百八十年風の強い, 百八十幾つ書いたこと, 百八十幾年かの物, 百八十幾篇枚数にすれ, 百八十度角の方向転換, 百八十所の領地, 百八十文平塚より大磯, 百八十斤くらいの収穫, 百八十日余りになっ, 百八十本以上百九十四五本當てる人, 百八十本日比谷公園の櫻, 百八十本芝公園の櫻, 百八十歳になります, 百八十段上ったり, 百八十海里くらいというもの, 百八十疋という触れ込み, 百八十盒でトンズル一文半, 百八十目に量っ, 百八十目伏見屋の井戸, 百八十目毛色黒く光沢, 百八十石六人扶持の表, 百八十石取りの相当, 百八十石家扶阿部小重郎, 百八十石積みで三本帆檣, 百八十神は八重事代主, 百八十秒が立った, 百八十米コースの柔, 百八十米上州方面の称呼, 百八十米余も高く, 百八十米平均高度は二千六百二十米, 百八十粁距ったところ, 百八十糎の長身, 百八十貫あつたさうである, 百八十貫巻煙草が二十五万本, 百八十部くらい残っ, 百八十部並に公民等, 百八十里の大き, 百八十里女の足, 百八十里百十四次の長い, 百八十間一瞬に破壊, 百八十間余の所, 百八十隻がたがい, 百八十隻家の流れ, 百八十餘人の人, 百八十餘里ある對馬島, 百八十騎はその, 百八号をもっ, 百八名を収容, 百八圓の金刑處分, 百八塚などいう, 百八屍の死骸, 百八屍将軍と綽名, 百八年チェイン・ロウが出来, 百八年三月先生の巴里, 百八年前の文政十二年, 百八年十一月廿九日霜白き曉, 百八拾歳ましましき, 百八文難屋代七十二文, 百八本の護摩木, 百八業中これにまし, 百八煩惱自から消え, 百八燈籠の行事, 百八狐付添て己, 百八狸佐渡の団三郎狸, 百八町ところどころの盛り場, 百八町ひとわたり一円, 百八町只の一軒, 百八町吝嗇漢のお, 百八町高まくらってえ, 百八病の外, 百八百やがて五百メートル, 百八程縦横三万余里鶏鳴狗吠白日も聞え, 百八種もの民族語, 百八米の丹後山, 百八萬圓借財をし, 百八萬圓六十八萬圓九萬六千圓六百五十萬圓合せて, 百八萬圓拂ふて河, 百八衙万歳の響, 百八郎宮崎車之助武井忍助なぞ, 百八門を立てた, 百第百三十五, 百六〇米の圏, 百六フィートなり, 百六マイルに達す, 百六マルクなり, 百六七十両は確か, 百六七十匁ほどあっ, 百六七十台に及べり, 百六七十國戰國時代には十國内外, 百六七十字前後あるいは三百二, 百六七十年後の今, 百六万人がこの, 百六人それに用物人足五十四人, 百六人溺死す野根浦, 百六人近衛軽騎兵千百九十七人, 百六円七十二銭は今日, 百六冊の多き, 百六十か村の余, 百六十これに最少四人二分, 百六十とおりの臭気, 百六十ほかにマニラ, 百六十カ所水面を使っ, 百六十キログラムの牛肉, 百六十フィート幅が八十八フィート, 百六十フィート幅八十八フィート高さ, 百六十フロリンで引き受け, 百六十ミリになっ, 百六十ルピーずつ貰っ, 百六十ルーブリ稼いだこと, 百六十ルーブルくらいのもの, 百六十一ある, 百六十一トンの, 百六十一人三等千百三十八人試運転の平均速度二十六浬三, 百六十一劃であるが, 百六十一号になっ, 百六十一尺南七巨厳駢立シ下ニ七石社アリ甲斐丹波山村之ヲ七石山ト称ス, 百六十一年の新年, 百六十一年十一月二十日わが手, 百六十一年女史の三十歳, 百六十一度でございました, 百六十一町天満組が百九町, 百六十一頁もある, 百六十七万円の欠損額, 百六十七人合計九十万四千四百十二人とある, 百六十七円を盗, 百六十七図が納め, 百六十七師団に対し連合側, 百六十七年実に十九世紀, 百六十七年ビスマークの力, 百六十七文であった, 百六十七日だったが, 百六十七番という由緒, 百六十七石あったのに, 百六十七節に, 百六十七篇しか書かれなかった, 百六十七米も低い, 百六十万トンに増加, 百六十三メートル八八のあたり, 百六十三万両古二朱金八百十二万両, 百六十三人二等四百六十一人三等千百三十八人試運転の平均速度二十六浬三, 百六十三代を経る, 百六十三代目の法王, 百六十三分であつ, 百六十三尺なり, 百六十三年ニユウヨオクのハアバア書肆, 百六十三年ペテルブルグで生まれた, 百六十三年前のこと, 百六十三日で暮す, 百六十三棟僧侶の数七万六千五百六十人, 百六十三点の中, 百六十三米余と測られ, 百六十三首であるが, 百六十両に大小, 百六十九マイルずつを急行, 百六十九人であった, 百六十九件に比する, 百六十九倍ある, 百六十九卷といふ卷數, 百六十九呎だそう, 百六十九家の中, 百六十九年五月三十日に出された, 百六十九年十月アメリカのニューヨーク・ヘラルド新聞, 百六十九戸となり, 百六十九戸五千三百六十六人を数, 百六十九戸六百二十六人はこの, 百六十九日目になっ, 百六十九番です, 百六十九米の小蓮華山, 百六十九輛今は則, 百六十九隻が固まっ, 百六十二と, 百六十二マイルなり, 百六十二メートルだ, 百六十二・九九となり, 百六十二人受付の次の間, 百六十二人合計四百二十六人になる, 百六十二哩ほど走つた, 百六十二字となります, 百六十二尺と註せられ, 百六十二年の昔, 百六十二年私は日本, 百六十二年頃までに少く, 百六十二萬五千七百七十六人だといふ, 百六十二軒の内, 百六十二首のうち, 百六十二首旋頭歌六十一首という数, 百六十五エーカーを買入れ, 百六十五カロリージャガ芋が十二匁, 百六十五フランとなった, 百六十五万円なり, 百六十五万町歩とふくれ上っ, 百六十五号室に泊る, 百六十五回踵でグル, 百六十五年フイレンチエに生れぬ, 百六十五年三月九日だと, 百六十五年前に記録係, 百六十五度のあたり, 百六十五度東経三十二度の附近, 百六十五日すべて記念日たらしめなければ, 百六十五日みな凶日となる, 百六十五日みな吉と思っ, 百六十五日ハムエッグスがつきもの, 百六十五日一日も欠かさず, 百六十五日五時餘を以て太陽, 百六十五日何の心配, 百六十五日出演して, 百六十五日分繰り返しそれ, 百六十五日分毎日その日, 百六十五日己が住居, 百六十五日帯い解いて, 百六十五日平均して, 百六十五日広小路へ売卜, 百六十五日投網打の帰途, 百六十五日札を手, 百六十五日機嫌のいい, 百六十五日毎日毎日が大売出し, 百六十五日毎日毎晩やつた, 百六十五日汽車に乗っ, 百六十五日洗濯ばかりし, 百六十五日浚つて見たところ, 百六十五日無病ですごす, 百六十五日皆んな親の命日, 百六十五日貰ひが, 百六十五日野良着で働く, 百六十五日雨の日, 百六十五日飯を食, 百六十五本なくなる, 百六十五本算盤は確か, 百六十五町を占め, 百六十五種蒐めた奴, 百六十五米日光の中禅寺湖, 百六十人一朝事あった場合, 百六十人以上の妾, 百六十人里見太田方は五千三百二十餘人, 百六十何名に減っ, 百六十何名同様予想を絶, 百六十何枚を選ん, 百六十何版とあった, 百六十何軒の寄席, 百六十余万円だが, 百六十余円を使う, 百六十余名は数千, 百六十余哩の間, 百六十余字の, 百六十余巻これを誦す, 百六十余頁の大, 百六十余頁巻頭の, 百六十個片足だけお, 百六十倍の収穫, 百六十元四六仙これが填補, 百六十八という, 百六十八フィートの処, 百六十八万四千五百十四人なり, 百六十八万四千人の勤労者, 百六十八人を就職, 百六十八人逐電したもの, 百六十八函中層史部は一千五百八十四函, 百六十八号の件, 百六十八名を商工奨励館, 百六十八尋まで這い込んだ, 百六十八年二月大坂において, 百六十八年幕府瓦解して, 百六十八文になり, 百六十八時間の間, 百六十八枚はいっ, 百六十八歳戊寅の年, 百六十八点に達し, 百六十八種もの動物, 百六十八種牛や馬その他家畜動物, 百六十八米六の木賊山, 百六十八首である, 百六十六マイルを航, 百六十六万六千三百二十二人居た事, 百六十六万四千八百五人だが, 百六十六両余である, 百六十六五千まで数えれ, 百六十六人参議院のほう, 百六十六億から二百五十八億, 百六十六坪ほかに皮張場五百十一坪, 百六十六年フランスに生まれ, 百六十六年ボオドレエルの狂疾, 百六十六年三月末のこと, 百六十六年以来諸外国政府, 百六十六年四月亞歴山二世がサムマア・ガアデン, 百六十六年彼はまた, 百六十六日のとき, 百六十六日目にこの, 百六十六本の通し矢, 百六十六石一斗二合七勺九秒を給せられた, 百六十六米を最高, 百六十六粒の種子, 百六十六貫強ですね, 百六十六里の道, 百六十六間の山, 百六十六頁柳田泉氏の解題, 百六十六首の補遺, 百六十円也の買い物, 百六十分の一秒まで利く, 百六十升小通詞一級銀五百三十兩, 百六十口より従八位, 百六十呎という数字, 百六十呎東方に傾斜, 百六十四カロリー犢のカツレツ, 百六十四フィート幅三百十五フィートにし, 百六十四万となっ, 百六十四人大番百六十二人合計四百二十六人になる, 百六十四名主に少, 百六十四年の詩集, 百六十四文二百文に急騰, 百六十四段南無身延様, 百六十四石の領主, 百六十回転一年には勿驚, 百六十大名は皆参勤交代, 百六十大隊砲兵四十七中隊騎兵八十四中隊をもつ, 百六十字しかありません, 百六十巻其他を将, 百六十常より従五位, 百六十年ぶりという大, 百六十年二月一日に死にました, 百六十年何の時, 百六十年六月二十五日仏国中部の古都ツウル, 百六十年前の寛文頃, 百六十年前たるにすぎない, 百六十年生れでこれ, 百六十年間に百七十余人, 百六十年頃生きて, 百六十幾倍が一年, 百六十幾円かを給, 百六十度どこを見まわし, 百六十度南緯二度半ビスマルク諸島の東端, 百六十斤等をもっ, 百六十日一日として我が, 百六十日生計の為め, 百六十日脩学半日の閑, 百六十日逢へども可, 百六十日饒舌り続けに, 百六十有余年四民鼓腹して, 百六十有余頭の大名, 百六十有餘年の時, 百六十朝しののめ時のつめたいすがすがしい, 百六十本の通し矢, 百六十本之を向島, 百六十歩のところ, 百六十浬の彼方, 百六十海里の沖, 百六十目で菓物, 百六十目一斤だの百二十目一斤, 百六十目桝田屋の井戸, 百六十石であって, 百六十石それもきっちり, 百六十石頂戴致しました大野惣兵衞, 百六十種位の暗号, 百六十米突の白岩山, 百六十米突ここに長, 百六十粁即ち約, 百六十粍あります, 百六十萬の住民, 百六十萬圓程しかなかつた, 百六十藩もあつ, 百六十號において拜, 百六十通従来通りでよし, 百六十里七町四十九間半とあり, 百六十門の重砲, 百六十音がある, 百六十頁に満たない, 百六十頭の訴え, 百六十餘年の世, 百六十餘年間廢墟となつたの, 百六十餘日間四十三萬八千七百餘時間を經, 百六十首の中, 百六号を注射, 百六尺のユンクフラウヨッホ, 百六尼坊八百七十六坊僧二万八千九百九十一人尼一万四千百八十四人ありしも, 百六年五月二十三日七十九歳で同, 百六年和銅元年始, 百六年大佐になつ, 百六年拿破里に斬首, 百六拾参円を送り来る, 百六拾金ばかり有ります, 百六歳からだはまことに, 百六番船の試運転, 百六部朝日が八十七部, 百六間という広, 百六間三ツの郭, 百六首といふこと, 百兵衛親分がいつ, 百兵衞のだ, 百兵衞親分がいつ, 百其間天下の勝, 百内藤清成の手勢五百, 百円あすここへ届け, 百円あまり損をしたです, 百円あんたが千円, 百円お下げになった, 百円お送り申上げます, 百円お金を出せ, 百円ぐらゐのお金に売れる, 百円ぐらゐは要りますので, 百円ぐらゐはかからうと思ひますが, 百円ぐらゐ使ふ人, 百円その他に出演料, 百円つていふこと, 百円づつみ抛出さ, 百円づゝ分けて, 百円づゝこれにカストリ, 百円づゝチップをふんぱつ, 百円と金をかけ, 百円どまりであった, 百円ぱっちじゃまず話, 百円ほかに一晩, 百円オシロコ屋で二百円, 百円サツを一枚, 百円シナリオを年, 百円タダにしろ, 百円ニテ衣服ト袴ト白足袋ト一揃イ御新調, 百円ヒンドバッドにくれました, 百円ビール三百円にしろ, 百円ベース案を政府, 百円ベース決定以後購買力は著しく, 百円ポンと渡し, 百円一ヶ月五拾円の予算, 百円一人ます毎に一〇〇円, 百円一家自殺を図った, 百円一寸と玄人, 百円一枚着換えるごと, 百円一銭銅貨一万枚はこれ等, 百円丈都合して, 百円三十貫のもの, 百円三百五十円とせり上げ, 百円三百円五百円の代物, 百円三間ならば, 百円下さり裾模様, 百円丸損となっ, 百円二千円ぐらいか, 百円二時間講義をする, 百円二百円五百円などと云う, 百円云々は空文, 百円今日受取る, 百円代筆ならぬ謝状, 百円以上三百円位するそう, 百円以上償還して, 百円以内でないと, 百円以外に残念, 百円位のもある, 百円位仕方がない, 百円何十円たった一人, 百円余り手がついた, 百円余り旅行の準備, 百円余分の金, 百円余外に大阪, 百円使つてゐる, 百円係累なし本人来談, 百円出しのわりに, 百円出入りの呉服屋, 百円削減は日常生活, 百円前借してるから, 百円前借りをした, 百円包のよし, 百円原価にすれ, 百円四人居なければ, 百円四粒で千円, 百円四間ならば, 百円坂野が払おう, 百円基準の生計費, 百円外に女, 百円多数の医師, 百円大島紬氏は卒業前, 百円天刎ねて, 百円女人達は九百円づゝ, 百円宛二人礼をする, 百円客次第で三千円, 百円寄附した由, 百円島田一千四百円ということ, 百円幕一帳男女名取中葡萄鼠縮緬幕女名取中大額並黒絽夢想袷羽織勝久門弟中十三年忌が三世, 百円弱の金, 百円強となる, 百円思いもかけず, 百円懸賞の偉力, 百円手につかむ, 百円才覚をし, 百円持参す, 百円持逃げしたので, 百円支給して, 百円数千円の豪華品, 百円文藝春秋の倶楽部, 百円旅費を下げ渡され, 百円普通百円の割, 百円札みたいなネットリ, 百円札八枚とりだした, 百円札無頼漢渦のよう, 百円束が一個, 百円束都合三百円の金高, 百円樋口に貸す, 百円次が百五十円, 百円殖へたと, 百円毛皮類買って, 百円無疵なるは, 百円玉垣外庭石代九十二円庭造り四十八円九十銭維持費積立金一百円除幕式費用約百五十円, 百円相手により場合, 百円着換えが二百円, 百円福井に返す, 百円私のは五百円, 百円程度外に賞与, 百円紙幣三四枚というの, 百円紙幣手も切れぬべし, 百円級の理想, 百円級文化生活が三百円級, 百円紛失の一件, 百円結婚に費, 百円薬が二千百円, 百円表から無理, 百円袋のま, 百円見当の月給, 百円貯金して, 百円貰つて他所へ引越し, 百円買つてピース四個をもらつた, 百円賄賂を贈りまし, 百円賭けという, 百円足らず是はと驚き, 百円足らず溜つてゐる, 百円近く着服したと, 百円追加の話, 百円送付候に付, 百円送金すべし, 百円進上しおき候間, 百円違つたのだがと, 百円野呂が千八百円, 百円金を出し, 百円除幕式費用約百五十円, 百円青年団に五十円寄附, 百円黒字になる, 百冊あまりも書物, 百冊位はなけれ, 百冊前後の書籍, 百冊書籍棚に挙げ, 百書いたつて, 百册かになつて, 百を撥, 百写しと云う, 百凌霜雪春色異他妖艶叢, 百出しゃ気儘か, 百出す故に仏教, 百出ますぜ, 百出藍は紺屋町, 百あり, 百を加へた, 百分の一つばかりに見る, 百分の一チェホフの, 百分の一ミリ風速毎秒三〇メートル, 百分の一二なり, 百分の一何千分の一何万分の一である, 百分の一八百分の一位の金, 百分の一内外の傾斜線路, 百分の一度くらいの精度, 百分の一瓱程度の恐ろしく, 百分の一秒ぐらゐまでのシヤツタア裝置のある, 百分の一秒間にまっ, 百分の一粍程度を論ずる, 百分の一近辺のもの, 百分の七より出ずる, 百分の七十三を占め, 百分の三ミリ程度のもの, 百分の三・五と定められた, 百分の三以上を要す, 百分の三以下で自分, 百分の三十五旧教は百分の二十五, 百分の三十八はインデアン人種, 百分の三十四なり, 百分の三十四ユダヤ教徒は百分の一, 百分の三秒で凍る, 百分の三粍程度にすぎず, 百分の二・五であったの, 百分の二七・一〇となり, 百分の二十の小作料, 百分の二十五の割合, 百分の二秒とかです, 百分の五以上でありその, 百分の六これでは米国百貨店, 百分の六七は砕け, 百分の十九は白人種, 百分の嘲笑に価すべき, 百分の四・三一般百貨店百分の四・四という, 百分の四以上を超えないらしい, 百分の四十ほかの新教諸派, 百分の四十三は混血人種, 百分ノ一でもが俺, 百分値はやはり, 百分比例にて水田玄米, 百分比率からその, 百にした, 百れるはず, 百刈るという, 百刈ればわたし, 百初号から三号, 百利アリト假想スルモ存置セシムベキ除外例ニ非ズ, 百利百福を求むる, 百刷った筈で, 百から海, 百前後ありて, 百剣林立のあい, 百加賀爪甲斐守の一隊六百余人, 百助さん私は元, 百助捨てぜりふを残し, 百助歯を食いしばっ, 百助母は同, 百助氏と同じ, 百助額を抑え, 百勘定してから, 百勘湖月帝国ホテル精養軒抔といふ所, 百勝将軍の名誉, 百勝疑いなしと, 百勝絶対に負け, 百匁がきを久助君, 百匁ローソクを何百本, 百匁一両は前代未聞, 百匁七十円だったと, 百匁七十銭程度に取引, 百匁三十年目で三尺二貫七百余匁, 百匁九十圓でこの, 百匁二十年目で二尺五寸余一貫八百匁, 百匁五十匁それから十匁, 百匁五百匁というところ, 百匁以上一貫五百匁ぐらいまでのもの, 百匁位づゝ竹の皮包, 百匁位一度に召, 百匁六個位の, 百匁六十円見当という類, 百匁前後七年目一尺七寸余六百三十匁十年目で一尺九寸余八百五十匁, 百匁前後五年目で一尺三寸余三百匁前後, 百匁前後六年目で一尺五寸余四百匁前後, 百匁前後鰺科に属し, 百匁十五円から二十円, 百匁十五銭のトマト, 百匁十八円ぐらいだ, 百匁四五本のもの, 百匁強健にし, 百匁御所といろ, 百匁百匁割る十匁, 百匁秤にかけて眼, 百匁竹の皮, 百匁蝋燭一本を立て, 百匁袋を二本, 百化け中のうち, 百化け十吉めが安心, 百匹いずれもプログラム, 百匹ぐらゐは居るかね, 百匹なん千匹という犬, 百匹以上も群れ, 百匹東から西, 百匹案内の男, 百匹武器二十駄を分捕っ, 百匹絹糸四百卷金鍬一萬挺下さると, 百匹綿三百把米千五百俵の献上, 百匹群を成し, 百匹野生して, 百匹金銀一万両緞子千匹を贈るであろう, 百匹錦繍五十匹金銀の器物, 百匹闘牛師が三百人, 百十カロリーになる, 百十トンの重み, 百十フィートくらいの深, 百十ポンドより一三〇ポンド, 百十メートルすなわち六十里, 百十メートル二百五十馬力の発動機, 百十一マイル馬車十二マイルあり, 百十一万〇七百九十六人という統計, 百十一人の中, 百十一人非人の数, 百十一人非人二万三千四百八十人皮作等雑種七万九千〇九十五人合計三十八万二千八百八十六人とある, 百十一人非人二万三千四百八十人皮作等雑種七万九千九十五人とあります, 百十一代霊元天皇, 百十一個対百枚という比率, 百十一円受取った, 百十一句ある, 百十一号には突発事故, 百十一号三百十八号というもの, 百十一坪合せて, 百十一年十二月彼によつて, 百十一戸の市街地, 百十一日の阿蘇, 百十一枚になる, 百十一柱の爲め, 百十一段などのよう, 百十一石六斗ほどに見積もり, 百十一遍続けさま, 百十一首を録す, 百十七万フランばかりの在高, 百十七万四千六百五十九円なり, 百十七万石余に及んだ, 百十七件と言う, 百十七八人の小作, 百十七円強それと合し, 百十七円清潔法施行に依る, 百十七坪六合とあり, 百十七尺の高, 百十七年九月二十三日のまだ, 百十七年九月二十三日父はた, 百十七年十一月二日の正午, 百十七文とある, 百十七段で蓄財者, 百十七番と覚え, 百十七篇を書かれ, 百十七米の茶臼岳, 百十七艘高麗船三十三艘蘭船三艘である, 百十七里を行くべし, 百十万○三千八百四十回転をやる, 百十万人もあった, 百十万余になり, 百十万票は現代, 百十三フランを数え, 百十三万三千人が職場, 百十三万何千人はソヴェト国内, 百十三人という狂気, 百十三人中で二杯三杯, 百十三千二百十四と数珠, 百十三年モスコーの一敗, 百十三年前に死せし, 百十三度一分東経二十三度六分の地点において楊博士, 百十三度東経二十三度附近にあり, 百十三日に彫, 百十三日目にカルカッタ, 百十三町七反歩而かもなほ寺, 百十三町歩あり中, 百十三社あり, 百十三里です, 百十三里伊賀国柳生の里, 百十三里剣術大名柳生対馬守の弟, 百十三里十六町京へ二十二里六丁, 百十九に見, 百十九マイルの内訳, 百十九メートルといわれる, 百十九中隊砲兵二百七中隊と算上, 百十九人の店員, 百十九兩さへ納めれ, 百十九名濠洲の港, 百十九尺しか無い, 百十九年オークランド市の所有, 百十九年前である, 百十九年印度から途, 百十九番地の小さな, 百十九種の燻製, 百十九貫三百二十八匁を下るまい, 百十二ポンドの総, 百十二マイルメルボルンよりここ, 百十二万両安政二分判二百三十七万両正字金九万両合計一四二一万両と推定, 百十二万人ありと, 百十二万円よりも三千万円, 百十二万四千人として正徳, 百十二万字一時間に千字, 百十二三歳のとき, 百十二人中国の松江, 百十二人二十代前の祖先, 百十二代霊元天皇, 百十二兩主人に渡し, 百十二号に左, 百十二呎と書い, 百十二回の原稿, 百十二字乃至百二十字, 百十二年アピウス・クラウヂウスの築く, 百十二年代の不幸, 百十二年大日本帝国の白瀬中尉, 百十二年間の長期, 百十二戸人口男二百〇七人女二百九十七人合計五百〇四人なり, 百十二条に夫婦, 百十二頁に十行, 百十二首あると, 百十五センチね, 百十五トンの捕鯨帆船, 百十五フィートにし, 百十五ルピー掛けて, 百十五万円であるから, 百十五両小売百文に付二合五勺, 百十五人女子百三十九人となる, 百十五六歳の高, 百十五六浬を駛, 百十五六貫ばかりの大筒, 百十五哩です, 百十五喪中産子の項參看, 百十五年正月十六日の事, 百十五曲百七十五役だったと, 百十五歩南北十五里百七十五歩の長方形, 百十五石ほどである, 百十五米の三角点, 百十五通の手紙, 百十五頁の, 百十五頭で天地開闢以来曾, 百十人乗の爆撃飛行艇三台, 百十位の所, 百十何年かの話, 百十何歳だか, 百十何段の石段, 百十何番というの, 百十余人其愛する北国, 百十余年前一七〇五年もとオランダ, 百十余年前唐の李肇, 百十余年前英国に帰化, 百十余里に及ん, 百十個あり小さい, 百十個これはみな, 百十傷であった, 百十八キログラムから三百三十九キログラム, 百十八九年の西班牙風邪, 百十八円となっ, 百十八分であつ, 百十八号というもの, 百十八大名をかたっぱし, 百十八尺の円筒形白色, 百十八戸の三百九十九人, 百十八文下酒二斗三升, 百十八斤で最小, 百十八校まで焼け, 百十八歳なの, 百十八段にもある, 百十八瓦即ちおよそ, 百十八番ぢやありません, 百十八頁の間, 百十八首計百四十七首, 百十六の学校, 百十六人救われ百九人, 百十六代桃園天皇の御, 百十六切小判で四万九千五百両, 百十六年一月十日の, 百十六年同地で客死, 百十六年金剛智三藏は開, 百十六戸田畑の流没二十一町, 百十六文大極上, 百十六条の, 百十六番の席, 百十六疋の分, 百十六石の大名, 百十六石一斗とあっ, 百十六米の小, 百十六輛二十年の末, 百十六銭でござんさあ, 百十六間中央左右の長, 百十匹備前岡山あずけと, 百十名の中, 百十呎の点, 百十呼吸二十六であった, 百十噸というすばらしい, 百十四と数珠, 百十四万余の大金, 百十四万千五百円也となった, 百十四万平方キロで現在, 百十四五年に死んだ, 百十四人姫路に四十五人, 百十四人松山に六十九人, 百十四匁ばかりを費し, 百十四号の少女, 百十四名を捕らえ, 百十四噸の石炭, 百十四回のトルナドー, 百十四回以上そのつぎ, 百十四年六月二十八日墺国皇嗣フランツ・フェルディナンドが妃, 百十四年間にわたって権力, 百十四戯曲六篇という尨大, 百十四校あり, 百十四條同三百十五條, 百十四次の長い, 百十坊と二市, 百十尺旭岳の方, 百十尺次が長, 百十年位におの, 百十年余が二十六歳, 百十年武周の延, 百十年間朝鮮の官吏, 百十数通にも及ん, 百十日あたりになろう, 百十日二十日前後の暴風雨, 百十日二百二十日を眼, 百十日大震災記念日昨日の今日, 百十日後は変りました, 百十条の問ふところ, 百十町歩放牧區域七十二區各區, 百十番地だよ, 百十米の峰, 百十米突従来最高峰と認められ, 百十粍を下っ, 百十艘ある, 百十近くにのぼった, 百千々の, 百千とも数知れぬ蜘蛛, 百千万キロワットの水力, 百千万両何のその岩崎三井にも少々, 百千万億恒河沙劫無限の時間, 百千万億那由他劫, 百千万劫にも遇, 百千万劫難遭遇の法, 百千万千一億万丈の滝, 百千万度も使われた, 百千万言を披瀝, 百千万金の声, 百千丈の谷底, 百千九百笑いなさいうんと, 百千人中摂津一人を特異, 百千人烟をながめ, 百千余の視線, 百千倍郵便局まで歩く, 百千億万年あるか, 百千億萬年あるか, 百千円の資本, 百千分の一にも過ぎず, 百千回するも, 百千回体験したとき, 百千年來積り積つて恰も小山, 百千年来圧制の下, 百千年来形式の習慣, 百千年来蛮勇狼藉の遺風, 百千度の接吻, 百千度眼を釣りあげ, 百千戸の人, 百千明珠相照し, 百千段に刻ん, 百千秋までもお, 百千群をなし, 百千舳艫を並べ, 百千艘あるかも, 百千萬億張の密羅繁網, 百千言詞は巧み, 百千頭も馬, 百千首となく, 百千鳥千鳥は来れ, 百卅七田山花袋とある, 百卅二番地の貸家, 百卅間ござります, 百のあと, 百卉千花を栽培, 百卵中に生れ, 百卷九十二册あるべきところ, 百卷金鍬一萬挺下さると, 百原高水の七所, 百参十尺最も厚い, 百の女房, 百の側足, 百反以上町に持っ, 百反歩の雑木林, 百取りの机代物, 百口絹千匹を贈っ, 百口鍛ち上げ, 百句あまりそれをさらに, 百句五十句と鏈, 百句十篇を一度, 百句唐辛子百五十句などと随分, 百叩く斯う, 百台トラックポンプエレヴェイター起重機各五千, 百台余の重, 百台分を超える, 百台博士の握る, 百台浚泥機百台トラックポンプエレヴェイター起重機各五千, 百台用意しこれ, 百台近くもあろう, 百右衛門らをかえりみた, 百右衛門立膝になっ, 百右衛門長瀬小三次, 百号位のもの, 百号分のため総計, 百号沖縄記念号のため, 百号記念号に梶井, 百号限りお廃, 百でも五十叺, 百合いきを切っ, 百合さんあなたが大事, 百合さんあんたが鍵, 百合さん俺が代らう, 百合そのものではなく, 百合その他季節の花, 百合たちは歓ばし, 百合ちゃんあんたが泣い, 百合ちゃんこれお上り, 百合ちゃんキットあれはなくさず, 百合ちゃん丈は自由, 百合ちゃん奈良漬がすき, 百合なさけのくちづけ, 百合なにかはくちづけ, 百合ひまはり金盞花, 百合みたいに垂れ, 百合わせて千四百カ寺, 百合ッぺに追い出された, 百合ッペの方, 百合ドウダンなどが栂, 百合一つ萎んだりと, 百合一本の花, 百合二十四になる, 百合二本これは去年信州, 百合二朶の花筒, 百合五月十日頃より留守, 百合余り戦っては, 百合十句忽ち成る, 百合千島桔梗などが現われ, 百合向日葵百日草晝顏亦花, 百合君は我, 百合唯一つ真白きが, 百合夏菊などの鉢物, 百合天竺葵の球根, 百合妻冬子達は私達, 百合姫萩姫紫苑姫菊の, 百合子一人あとはとき, 百合子宛に打った, 百合子訪ひ来りしかば, 百合子鶴見の旅亭, 百合少女燃えに, 百合山といふ名前, 百合形更紗の派出, 百合撫子などの造花, 百合撫子石竹桔梗矢車草風露草金魚草月見草おいらん草孔雀草黄蜀葵女郎花男郎花秋海棠水引鶏頭葉鶏頭白粉鳳仙花紫苑萩芒日まわり姫日まわり夏菊と秋, 百合撫子花日おうぎ, 百合撫子萩桔梗紫苑女郎花を吹く, 百合数株惜気もなく, 百合晃の手, 百合本物の女性美, 百合根もち米あずきあられとち餅, 百合殺しは一向, 百合母さんを呼ん, 百合気がつよい, 百合氣がつよい, 百合渚づたひの翼の常夏, 百合熊福原三蔵外要路の人山田宇右衛門, 百合牡丹犠の花姫なほ, 百合王の御座所, 百合白百合こそなつかしけれ, 百合白花蛇イチゴコケモモゴゼンタチバナヤマオダマキなどが陰森, 百合百合にかこまれる, 百合科や龍胆科, 百合等の顕著, 百合紅百合鳶尾草の花, 百合紫蘇山椒枸杞の類時, 百合耳付一輪挿にマーガレツト, 百合背を捻じ, 百合色丹草など素人目, 百合花二十の夏, 百合花後も逢, 百合花模様の肱掛椅子, 百合花葩にアイ, 百合葉の, 百合薄紫の刷毛, 百合藤の花, 百合處女で死んだ, 百合豆などの種類, 百合身の潔白, 百合遁げ迷う, 百合野茨を除け, 百合除虫菊がいい, 百合鳶尾草の花, 百吉どんだけ, 百という世界一, 百吋以上の巨大, 百名ここに上陸, 百名すべてで五百名, 百名それに加え, 百名づつの足軽, 百名シカチェに五百名, 百名ダムに五百名, 百名テンリーにも五百名, 百名ピンビタンには百名, 百名マンカム地方に五百名, 百名中の約, 百名中先日の大火, 百名以上十円という苦肉の策, 百名以上所せましと, 百名以下の人間, 百名全体へ一応, 百名内出札の婦人四〇名, 百名内外である, 百名分の座席, 百名前後について行った, 百名北方二里ほど先, 百名参与三十名は対外部的, 百名壮丁だけでも三百名, 百名屋上に体操場, 百名救助されたって, 百名有がたいこと, 百名毎に一人, 百名無数の事務員, 百名生死不明者約千名, 百名盛会であった, 百名翁に面會, 百名自由行動だってさ晴れたら歩くだろう, 百名許を得た, 百名賛成者二百名あるのみ, 百呎シトロンやたこの木, 百呎座敷へかつぎ込んだ, 百和香を燻らせぬ, 百品以上に及び, 百哩それより橄欖島, 百哩位なもの, 百哩半径の円, 百哩弱されば, 百哩自動車を飛ばし, 百の中, 百善位のもの, 百善吉原の兼子, 百善平清川長青柳等の料理屋, 百善病院へつれ, 百喋って一つ, 百嘔吐をもよおす, 百噸あまりの汽船, 百噸グレンの柱, 百噸位の帆前船, 百噸内外の帆船, 百噸前に言った, 百噸武装は十五糎砲十五門, 百囘あくびをする, 百囘何千囘をくり, 百囘出てゐる, 百囘距離にする, 百四〇枚ばかり一つ, 百四ポンドの小切手, 百四メートル作りルイ十八世は五千七百九メートル, 百四万以上の生命, 百四五十トンはあったであろう, 百四五十マイルぐらいずつ進み, 百四五十ヤードも進む, 百四五十ルピーばかりあった, 百四五十万と数えたなら, 百四五十人これに住, 百四五十人検挙された争議団, 百四五十兩入つて居る財布, 百四五十円も行, 百四五十匁だね, 百四五十名中等下等を合, 百四五十回の地震, 百四五十回掃除して, 百四五十尺幅は三十尺以上四十尺, 百四五十斤位あるけに, 百四五十本もあるであろう, 百四五十杯も入っ, 百四五十歩に石, 百四五十篇というところ, 百四五十軒をこえ, 百四五十部しかない, 百四人に組更, 百四人船員二百一人とある, 百四分の一里の前面, 百四十フランも金, 百四十ポンドを投げ出し, 百四十ミリから三百九十ミリ, 百四十メートル程度である, 百四十ルーブルである, 百四十一とにしてやろう, 百四十一カ村のうち一つ, 百四十一ポンドすなわちおよそ, 百四十一人その女子, 百四十一住職を有し, 百四十一句である, 百四十一名遺骨二柱と新聞, 百四十一年イギリスのウェールズ, 百四十一年代の新聞, 百四十一頁をたった, 百四十七を擁し, 百四十七こま九十九世帯あること, 百四十七ポンドなり, 百四十七メートルの深, 百四十七人中で男, 百四十七人尼一千九百七十五人あり, 百四十七年前のこと, 百四十七社を減じ, 百四十七銀行に勤め, 百四十七首である, 百四十七首中六十二首あるのみ, 百四十万キロメートルの火の玉, 百四十万倍もある, 百四十万六千石であつ, 百四十万弗を支出, 百四十万損害八億一千五百万円に上っ, 百四十万法その三分の二, 百四十万粒要る勘定, 百四十三の場合, 百四十三人の男, 百四十三分の一である, 百四十三回ハンケチを指, 百四十三日ないし二百六十七日, 百四十三校が工芸技術学校, 百四十三海に投げ棄てよ, 百四十三牛景先の伝, 百四十三票とわずか, 百四十三種ありて, 百四十三萬六千圓此外まだ埼玉縣, 百四十三萬圓ではどうしても, 百四十三軒の一坪館, 百四十九の文献, 百四十九人ぐらいで, 百四十九俵までを八十俵, 百四十九円なり, 百四十九冊計二千五百四十冊, 百四十九尺忠別岳が六千四百七十七尺, 百四十九度も地震, 百四十九弗貰ふといふ, 百四十九斤である, 百四十九番地に転籍, 百四十九米の附近, 百四十九米三の三角点, 百四十九米四の三角点, 百四十九頁の大冊, 百四十二両と二貫文, 百四十二人女百四十一人その女子, 百四十二年間の歴史, 百四十二弗四十仙を貰つて, 百四十二弗四十仙位は手, 百四十二戸であ, 百四十二文が不足, 百四十二本の矢, 百四十二杯で八十五銭五厘, 百四十二社すなわち在, 百四十五もある, 百四十五カ所僧侶三百四十人に過ぎず, 百四十五両余の相, 百四十五人部落外居住者人口総数六万九千六百六十七人合計九十万四千四百十二人とある, 百四十五個の製造家, 百四十五円である, 百四十五匁だそれ, 百四十五尺の上り, 百四十五年めにあたり近年, 百四十五年七月十九日午前八時モルレーに於, 百四十五戸の七百九十余人, 百四十五日を費した, 百四十五条迄書き記し, 百四十五疋最も少ない, 百四十五箇条よりなる, 百四十五米三と測られ, 百四十五首一纏りの, 百四十以上あり然し, 百四十何円の呵責, 百四十余もあった, 百四十余万石兵数六万姉川に来りし, 百四十余年前に世に, 百四十億円である, 百四十元紙幣三百八十元を強奪, 百四十八万九千二十三人の五分の一, 百四十八兩貸金が三千五百兩, 百四十八匁の食物, 百四十八名が三十七年中, 百四十八噸の貨物, 百四十八年ロンバルトの暴徒蜂起, 百四十八年一農夫の偶然, 百四十八文上々醤油一樽が四百四十八文, 百四十八文上酒五升で四百三十文, 百四十八条だけである, 百四十八里大阪へ二百三十五里, 百四十八頁の一頁ごと, 百四十六にも記載, 百四十六トンの巨船, 百四十六フランになる, 百四十六ペソにし, 百四十六マイルを航進, 百四十六万余円これにたいして百九十八万余円, 百四十六年バアゼルの出版, 百四十六法も経済, 百四十六票対百四十三票とわずか, 百四十六米であるが, 百四十六米山群の最高峰火打山, 百四十六部彼れが, 百四十円一丈あったら二百円, 百四十円十日くらい前, 百四十円百五十円に十円, 百四十匁の飲料, 百四十名二十三日に京都郊外壬生, 百四十呎これは前者, 百四十噸である, 百四十噸昨年の十月, 百四十四か村を指定, 百四十四キロほどの湖, 百四十四ドル二五となっ, 百四十四万円すると, 百四十四万四千四百四十四貫四十四匁に近い, 百四十四両一分二朱ほど払わね, 百四十四両余を払わね, 百四十四人イコール三千三百三十三人と御, 百四十四円都合総計三千二百七十四万二千五百四十九円なり, 百四十四回ひねり変へた, 百四十四回演壇に立った, 百四十四年パリの商家, 百四十四年十一月○日午前二時大統領私室に於, 百四十四年十月十二日有名なる詩人テニソン, 百四十四度にある, 百四十四度白骨島と思われる, 百四十四日と書かず, 百四十四点となっ, 百四十四種中に鼠, 百四十四米笠ヶ岳と共に牛ヶ岳, 百四十四貫四十四匁に近い, 百四十回転をやる, 百四十圓を増す, 百四十坪だという, 百四十字乃至百五十字, 百四十年前自己利益是認の教義, 百四十年前邪視は今, 百四十年後の元, 百四十年波斯に生れ, 百四十年間奥羽の中央, 百四十年頃のガルリア, 百四十幾日というの, 百四十文さ, 百四十斤に近い, 百四十日あまり血筆をとっ, 百四十本江戸川の櫻, 百四十枚の大きな, 百四十枚こいつを小判, 百四十枚それに御家流, 百四十枚以上の仕事, 百四十機翼をはっ, 百四十歩を行き, 百四十歳ばかりになる, 百四十氣凡べて六十歳, 百四十石家中の士, 百四十石領りました松蔭大之進, 百四十箇刀剣三百振鎗五百筋, 百四十萬の人, 百四十萬戸に對, 百四十間あったと, 百四十頭牡馬まで合せ, 百四十餘もあつ, 百四十餘通の孝明天皇, 百四十馬力の蒸, 百四呎八階の鋼鉄甲板, 百四年パリーの春, 百四年七月二十日アレツツオに生れき, 百四年以来順次に, 百四年傳來説も普通, 百四年十二月東京に生れた, 百四年東京ニ歿シ雜司ヶ谷ニ葬ル先生ヲ景仰セル土井英一, 百四年頃にはパリ, 百四拾何円である, 百四本薬味箪笥の抽斗数, 百四条に至る, 百四歳と答える, 百四段も見た, 百四点といふ結果, 百四百も握った, 百四百五百あれ, 百四皇帝養老於太學の項, 百四貫六百四十匁の飲料, 百四鄭和伝には成祖, 百回ぐらゐな新聞小説にかい, 百回ここで歓迎会, 百回どころでは, 百回一二円の出費, 百回三百回と繰り返し, 百回以上同一進路に当った, 百回以上回転する即ち, 百回前後で一きり, 百回幾千回斯うした, 百回往復した, 百回忌の法事, 百回打撃の練習, 百回行の熟達, 百回説クモ益無ク終日聴クモ利, 百回転まで油圧, 百因縁集には, 百という者, 百の春秋, 百圓あまりの借金, 百圓くらゐ用意, 百圓ぐらゐで賣買, 百圓ぐらゐの利を見, 百圓ぐらゐは入れないと, 百圓そこそこしか殘つて, 百圓フノリ並びにギンナン草二三十圓, 百圓フノリ並にギンナン草二三十圓, 百圓一と間, 百圓九百圓と云, 百圓二百圓の金, 百圓以上に上りし, 百圓僅に二千九百圓掛つた, 百圓内外の相場, 百圓前借りして, 百圓前後ならぜひ, 百圓君が言っ, 百圓君たちも帰る, 百圓君夫妻とその, 百圓四千圓一萬五千百圓の收入, 百圓外套二千五百圓と云, 百圓宛で買, 百圓引出し得べき筈, 百圓懷中に入れた, 百圓拂つて, 百圓掛つた尤も埼玉縣, 百圓文藝春秋から五拾圓, 百圓私が百圓, 百圓頂戴するより, 百よし, 百在ったって足りねえ, 百地三太夫平然と云う, 百地三太夫殿にお, 百地三太夫霧隠才蔵, 百地先生いかがでご, 百地底で生き埋め, 百地殿かよい, 百地殿是非ともおいで, 百地老人はすでに, 百地蔵といっ, 百が伽藍, 百坊東北の高野, 百坪あまり豪壮とは云, 百坪トヲ併セテソノ完全ナ法的名義人トナリ得ル, 百坪一括しては, 百坪二反歩はなけれ, 百坪以上あった, 百坪前後の野菜, 百坪本邸の方, 百坪池あり山, 百坪道路にされた, 百坪長屋が一棟, 百城さんの日光, 百城文哉についた, 百城月丸からの, 百城月丸様では, 百城様兄様っ, 百城様貴下はこちら, 百城殿の膝, 百城氏とでご, 百城異国方槍組へ廃止, 百基あまりより塊, 百堂伽藍にとりかこまれ, 百堅甲を, 百の嶮, 百を法王, 百を励まし, 百声万音は律呂, 百声千声にさながら, 百売ると五貫余, 百壽園壽齋はこの, 百変わりではござりませぬ, 百夜夜ごもりされた, 百夜継ぎこそ, 百夜通ひも物かはと中, 百を得たるなり, 百銭の, 百大名が武辺者, 百大小を問わず, 百太夫以前にこの, 百太夫像は見られず, 百太夫合祀の夷神社, 百太夫四人目はその, 百太夫夫婦も傳六, 百太夫定着の年代, 百太夫社産所の傀儡子, 百の長, 百夫婦にもいろ, 百夫長戰に臨み, 百失いとでもいう, 百失ひといふやつ, 百好く其の氣, 百を招き, 百妖洞窟の, 百姓女の身の上, 百姓姿を見, 百姓娘のよう, 百姓家を病的, 百姓枯木に雀, 百姓氏は海上, 百姓爺など, 百姓生活を始め, 百姓等は勘次, 百姓達は, 百姿の中, 百姿百態を通じてまつたく, 百子市川荒次郎合同の歌舞伎劇, 百字中に二十九字, 百字以下の文字, 百字位までの文字, 百字原稿で百枚, 百字目のン, 百字詰三枚ぐらいのもの, 百字詰九枚程の長, 百字詰原稿十五枚前後内容はリアル, 百字詰青罫のを用い, 百季間六百月間一萬八千二百六十餘日間四十三萬八千七百餘時間を經, 百の師, 百の姉妹, 百宋一廛賦といふもの, 百の帽子, 百室八階で八百室, 百室婢僕五百余人旅客は千人以上差支, 百宮刑が三百, 百家古今の興廃, 百家姓に書い, 百家屋の損失数万, 百家詩選のこと, 百家説林のよう, 百寓圓を外資, 百寮仏眼を開はし, 百も遠く, 百に詣る, 百寺沢の営, 百対一といえる, 百対零よ, 百寿図のかた, 百封度ぐらゐの小型よ, 百射百振を, 百将伝かのうち, 百尋みたいな, 百尋杉に包まへる, 百尋用意した縄, 百尋石船か, 百尋鱸も十尋以上七八十尋, 百竹の, 百小竹が上, 百弐頼尚, 百少々近郡, 百少くて百, 百尺あたりのところ, 百尺これが房總, 百尺ごとに横坑, 百尺一直湖月亀清柳光亭といった一流二流, 百尺七百尺とだ, 百尺二百尺の各層, 百尺以下の平地, 百尺余の高地, 百尺余天然の奇岩兀, 百尺六百尺七百尺とだ, 百尺前後であろうから, 百尺埔里盆地の中央, 百尺宛も滑り下りた, 百尺山塊全體, 百尺岩頭燈台の白堊日, 百尺左なるは, 百尺左右の長, 百尺平方の囲い, 百尺日本第二, 百尺昔貴き聖, 百尺東西四千二百尺の埠頭, 百尺楼上に立つ, 百尺樺太の日本領地, 百尺波状の黒線, 百尺温度の一度, 百尺温泉宿の裏山, 百尺火山の如き, 百尺股沢山ノ東脈ニシテ支脈南荒川北中津川間諸山トナル以上同村ニ属ス, 百尺西ハ同上北ハ上野南甘楽郡楢原村ニ界ス三州ニ, 百尺許なるところ, 百尺餘だつた, 百尺麓に精進湖, 百尾以上も釣る, 百を圍む, 百居るか, 百のうち淡水, 百を驕りよぶ, 百層倍仰天をした, 百層倍千層倍も気に入りました, 百層倍増した悪漢中, 百ばかりのスクゥナー型, 百峰宮原節庵が江戸, 百峰牧善助とを証人, 百島勾当の家, 百州千村万落荊杞を生ずる, 百州地底猶埋, 百の兵船, 百の紙, 百師達や小僧, 百幅中ニ九十九幅贋物ナリト思ヘバ過失少ナシ, 百幅広く面積も, 百平方ヤードの帆布, 百平氏から必要, 百年あとにはしち, 百年あまりこの方例がない, 百年あまり以前の筆写, 百年あまり前の人, 百年お待ちになっ, 百年くらゐは, 百年ぐらゐ生きて, 百年ぐらゐの間平均十一年目に活動, 百年ぐらゐもつゞいたことは確らしいの, 百年ぐらゐ昔のもの, 百年ことし京都阿弥陀峯なる奥津城どころ, 百年こよみなどという名, 百年ごろの楽聖セント, 百年さんの塾, 百年そこそこより古い, 百年づつ生きる人, 百年どころでは, 百年むかしの話, 百年めロシヤは漸く, 百年ものいはぬ靜, 百年もの間一人の人殺し, 百年もの間不断に悩まされ, 百年らい稼業をつづけ, 百年われわれに至る, 百年アショカ出世の伝説, 百年ゴルチーン法は紀元前五〇〇年代, 百年ジュフールの説, 百年ソロンの法律, 百年ハ一人ノ百日ニ等シ, 百年バルザックを語るべし, 百年マクシム・ゴリキイが六十年記念, 百年モ亦古, 百年ヲ歴タル物ハ多ク朽腐シ, 百年一家三千口と云, 百年一貫して, 百年三万六千日乾坤を提げ, 百年不作をまぬがれないでしょう, 百年不安の種, 百年不純の物, 百年中にこれ, 百年中東海道に鳴りひびいた, 百年九百九年の文書, 百年乱を知らず, 百年二月十七日是日大淵之源潰, 百年二百年以前に既に, 百年二百年後の精神物理学者, 百年二百年毛嫌ひを, 百年五十年日月の築いた, 百年五百年前の異なる, 百年五百年後であるかも, 百年人は逝く, 百年今尚ひそか, 百年仙臺に定住, 百年代位までで, 百年代型のボンネツト, 百年代英国において民権説, 百年以上存在すと, 百年以上經つてから出た, 百年以下は末法, 百年以來姿を見せなく, 百年以内までは貯蔵, 百年以前ゴオゴルは其の, 百年以前非常に流行, 百年以後英國人で支那學, 百年以来今日に至, 百年以来天守に棲む, 百年以来明治政府の要人ら, 百年以来繁盛して, 百年伝統の風流, 百年何人も恐れ, 百年何千年今夜のよう, 百年何千年来の圧迫, 百年余り以前に金森家, 百年余り後に流行, 百年余以前といふ, 百年余前の人, 百年來今代に通じ, 百年來弘法大師が支那, 百年來腐敗したあらゆる, 百年像法一千年の後, 百年像法五百年といい, 百年像法千年といい, 百年全国に三百余侯, 百年分を一万円, 百年初頭即ち天正, 百年前お前さんのお祖父さん, 百年前かなりの貸し, 百年前ごろから発展, 百年前アルキメデスは入浴, 百年前キリシタン宗に混じ, 百年前ゴート人やヴァンダル人, 百年前世界政策に乗り出し, 百年前中央集権を行った, 百年前二十歳から三十代, 百年前五百年前は五百年前, 百年前以往には溯れないだらう, 百年前位に和蘭人, 百年前信仰生活の自由, 百年前信長か秀吉時代, 百年前其大學に於, 百年前南宋の費袞, 百年前安藤昌益なる人, 百年前封建の残余, 百年前彼女の守護霊, 百年前御国においてホルトガル人, 百年前慶長十八年八月十五日に亡くなった, 百年前支那より唐手, 百年前文化五年の辰年, 百年前日本には既に, 百年前朝鮮において数多く, 百年前本邦へ渡った, 百年前歸朝僧の船, 百年前比叡山でをれ, 百年前清盛が二十歳, 百年前肥前長崎から逐, 百年前英国は中国, 百年前西洋に親鸞上人, 百年前親鸞聖人の娘, 百年前鎌倉時代の実, 百年前黒船がきた, 百年勤続の小作人, 百年十七代桀王に及ん, 百年千年むかしの人, 百年千年先の文化, 百年千歳失せず枯れず次第に, 百年南蛮との交通, 百年史なんか二銭五厘, 百年同一の状態, 百年否三千年を滝壺, 百年否二千年を経, 百年周期で世, 百年四百年と溯る, 百年四百年後であるかも, 百年四粒飲むと, 百年回社会の事情, 百年土気と金気, 百年士を養う, 百年夜じゅう起きて, 百年天高し, 百年奉祀し来った官知社, 百年奉祝日で賑, 百年奉祝演劇といふ与へられた, 百年始皇帝の反, 百年安泰の大計, 百年富士川の流れ, 百年封建制度の膝下, 百年専制の政治, 百年小大名より僅か, 百年尭舜の時, 百年年を重ねた, 百年幾百年と待ちました, 百年式典に参列, 百年後それが再び, 百年後マホメット世に出, 百年後文明の分子, 百年後英国のある, 百年忌供養の五輪石塔, 百年念仏すべしと, 百年恩讐両つながら, 百年悔いをあと, 百年悲劇的な運命, 百年我に負かざる, 百年戦争これなきは, 百年持久の計, 百年据ゑおいても零でせう, 百年教権の広大, 百年数千年を通じて絶えず, 百年数千年位の短時日, 百年斧の入れた, 百年明の三百年足らず, 百年時代の英人, 百年有効であったし, 百年期に, 百年来そこにおい, 百年来それで間に合っ, 百年来フランス民族を今日, 百年来一時中絶して, 百年来万世不易なるべしと, 百年来交通せし国, 百年来人跡未踏の大, 百年来代々漢室の大, 百年来何千人の人, 百年来例がない, 百年来儒者の道, 百年来凡庸と雖, 百年来周公孔子の徳教, 百年来地方人心の中点, 百年来外国の交際, 百年来安住して, 百年来富ヲ恣ニシ, 百年来封鎖して, 百年来我我の見慣れた, 百年来有名なマルサス人口論, 百年来朝夕を知らせ, 百年来未曾有の吉野流離, 百年来桃源の夢, 百年来歌舞伎や講談, 百年来此の才学, 百年来武を卑し, 百年来残存せるもの, 百年来水戸人士のこれ, 百年来江戸の禄, 百年来河上から流れ, 百年来漢室の禄, 百年来特別の関係, 百年来発達し過ぎる位発達, 百年来直接に徳川, 百年来礼儀三千威儀三百の中, 百年来英魂を埋めた, 百年来薩南の地, 百年来誰ひとり考え, 百年来養成されて, 百年松年幸野楳嶺岸竹堂今尾景年森寛斎森川曾文等諸先生, 百年歓喜の寃家, 百年此の底, 百年此方誰もその, 百年殉教の血, 百年毛嫌ひを, 百年民国今日の健児たち, 百年泰平のく, 百年淵のそこ, 百年激流に洗われ, 百年無数の鮮血, 百年無駄飯を食う, 百年生くるも, 百年生存し大師, 百年百五十年の耐久力, 百年百五十年前の建築, 百年皇祖皇太神宮, 百年目それまでの運命, 百年目此の粗末, 百年目毎に例, 百年短かくて, 百年碧血の恨, 百年祝賀大博覧会, 百年祝賀記念大図書館建設運動, 百年祭そのものは公使館, 百年祭二月はアレクシス・トルストイ, 百年祭当日アメリカの共産党, 百年祭紀念会の補助, 百年私の墓, 百年程度の週期, 百年穩和なる所, 百年織田豊臣氏が五十年, 百年繼續して, 百年續いた町名主, 百年習慣的な不動, 百年老子の思想, 百年肇国以来の皇謨, 百年西暦千九百四十年全世界, 百年西紀前一世紀頃, 百年記念大赦令が出る, 百年記念式典に上京, 百年記念法要にもむろん, 百年記念祭が一九二八年, 百年許り前, 百年説に依る, 百年議論しても, 百年豊麗な腰, 百年足らず前までは下水道, 百年近く前の話, 百年近く太平の世, 百年近く孟子の師, 百年近く後である, 百年逆賊とよばれ, 百年造立するところ, 百年鍛錬の道業, 百年間あまりが危険, 百年間その間に数え切れぬ, 百年間わし一人じゃ, 百年間ギリシア系のプトレマイオス王朝, 百年間ロシヤ側の執拗, 百年間一人も抱かなかった, 百年間一定不変の感情, 百年間一斉に肩, 百年間一歩も外, 百年間中原と江南, 百年間人手を離れ, 百年間今に至っ, 百年間仏徒の横肆, 百年間僅かに似たる, 百年間優勝者の權力, 百年間勤王一途の忠勤, 百年間噴火山上の泰平, 百年間國詩の經歴, 百年間土中したもの, 百年間大地に沁みとおる, 百年間大繁昌をし, 百年間奨励金の援助, 百年間形造られて, 百年間掛つて段々と, 百年間数千の人, 百年間日本人が孟子, 百年間日本婦人の可能, 百年間明治十八年迄用, 百年間朝鮮は日本政府, 百年間歌をよむ, 百年間武士道を以て一般国民道徳, 百年間殺伐野蠻な塞外諸族, 百年間特殊な血統, 百年間独立を全う, 百年間英国の歴史, 百年間親戚としての往来, 百年間運搬に困る, 百年間鎖国して, 百年間随一の大, 百年間雋異の才, 百年限りもない, 百年頃波斯の王, 百年頌として日本文化中央聯盟, 百年馬の疾走, 百年黄河の澄む, 百年默して, 百幾らといふ奴, 百幾個の室, 百幾億万里に及んだ, 百幾十という数, 百幾十万と誇っ, 百幾十人の従業員, 百幾十尺を数, 百幾十年来数億の人, 百幾千万とも数の知れぬ, 百幾千円の不足, 百幾千騎あろうとも, 百幾字か失つて, 百幾年に何処, 百幾年ていよく栄華, 百幾文五百に足りない, 百幾日とにかく始め, 百幾本の矢, 百幾種とかある, 百幾通りもある, 百幾顆の皆真珠, 百店貨に対して真剣, 百度ここを通った, 百度七百度の鉄, 百度二百度のお参り, 百度千度繰返し候ても是非, 百度手紙を出す, 百度接吻して, 百度散歩なら三十度, 百度服を着せ, 百度泣たか, 百度百万遍丑の時参, 百度目なの, 百度秋子秋子と引きつけ, 百度程度の高熱患者, 百度近くだつたらう, 百度過失を新た, 百度饑饉来るとも, 百座成就し給, 百座敷のうち三十, 百を初めて, 百いといへる諺, 百建ったって仕様, 百廻轉の速力, 百廿三匁二分だからな, 百廿三年前に出た, 百廿八になり, 百廿壱篇を撰ん, 百廿年の, 百廿日も無事平穏, 百廿日前の荒れ, 百廿日行程三里日奈久温泉織屋, 百廿石御附奥家老, 百廿里とある, 百弐十尺埋蔵量拾億噸その砿区, 百弐拾五円を返済, 百の弦, 百の石, 百引つ叩きませうか, 百引石を其室屋, 百弗何千弗と正札つき, 百弗市民は眼, 百弗足らずの負債, 百弟子を供養, 百が一時, 百張長柄五百本槍三百本具足二百領其他とある, 百でいい, 百の錦, 百役高を加, 百徒三年と改めて, 百徒士の郎党, 百本人も, 百御用立てしても, 百徳本の山々, 百にし, 百怜千悧みずから幇間者流をもっ, 百思い邪無しとかいう, 百沙汰の, 百千悶を, 百憂者真天公, 百の戒相, 百或はそれ以上で, 百戦いはまず, 百戦功を経た, 百戦生命ある身, 百戦百勝の英雄, 百戦百勝疑いなしと, 百戦練磨の人, 百戦車一万二千騎卒ありと, 百戯芸妓と共に歌舞伎, 百戸あまりの小さなその, 百戸すべて灰燼に帰した, 百戸一万六千人にも達し, 百戸三千七百余人の人員, 百戸人畜の死傷, 百戸位しか無い, 百戸倪諒というもの変, 百戸六千人以上に達した, 百戸溺死怪我人算なし, 百戸製薬者は八百人近く, 百戸許りの, 百戸近く旅館の三軒料理屋, 百と, 百房八千五百房と, 百に相, 百手前の腕, 百手祭または御, 百打たれ慶童は, 百打ちの鞭打, 百打詰の木箱, 百把あとで返す, 百把湯舟沢村三千五百把とあっ, 百把米千五百俵の献上, 百把銀五百枚を将軍家, 百折れ千折れ, 百の全曲, 百拝千拝その城太郎, 百拝憐愍を乞うた, 百拝辞色諂佞をきわめた, 百をし, 百持たぬとて身, 百按司の墓, 百振りを出なかった, 百挺いずれもしかるべき, 百挺一遍に火點けたん, 百挺位の鐵砲, 百挺何千挺の鉄砲, 百挺六匁玉筒千挺弓百張長柄五百本槍三百本具足二百領其他とある, 百挺十匁玉より二十目玉, 百挺弓百挺槍百筋を押立, 百挺槍百筋を押立, 百挺用ひたの, 百挺米五百俵である, 百挺足らずか百二, 百捩じ集めた様に, 百握力七十八竿飛は一丈三尺, 百き背中, 百支國次有伊邪國, 百支那里である, 百の灯, 百数えてこれ, 百数えるうちに, 百数十の人馬, 百数十メートルの高, 百数十万人の近親者, 百数十万方マイルはイギリス領, 百数十両に及んだ, 百数十句に過ぎなかった, 百数十家所領の分布, 百数十幅以上を蒐集, 百数十年ごろ門人の門人たち, 百数十年らいの六波羅政庁, 百数十年封建の諸, 百数十年後の今日, 百数十年泰平を誇った, 百数十日ぶりの明る, 百数十日天雨を注がぬ, 百数十枚の衣類寝具, 百数十枚切手が四十何銭, 百数十町歩を小作人, 百数十社を数える, 百数十行に亙る, 百数十通おくった, 百数十部即ち凡そ二千冊, 百数十頁本文以外に海図, 百数十騎の兵, 百数年前の紀行, 百数頭を捕殺した, 百數十名を捕虜, 百數十年ベーリング大佐がベーリング海峽, 百數十年海の日本, 百數十村を埋め, 百數十篇の校歌團歌, 百數十金を投じ, 百文あたりであったと, 百文いかがでご, 百文おまけに草鞋一足, 百文こちら岸の高い, 百文これを皆, 百文それに宿銭, 百文づつ褒美を出す, 百文なみに扱い, 百文一匁は六十文, 百文下に至り, 百文久銭一つが四文, 百文也記録所ノ頭人, 百文二百文の安, 百文以上であった, 百文余計で御座いますよ, 百文先さき金に奥様, 百文口よ喃, 百文天麩羅蕎麦が三十二文, 百文子供は五十文, 百文字の中, 百文宛を権利, 百文宛金持ちの祝儀, 百文岩と呼び, 百文岩こちらの岩, 百文岩槻霜降木綿一反が四百文, 百文戸棚にある, 百文替えに相談, 百文此処らは只今, 百文白木綿一反で三百文, 百文白豆四升六合で一百文, 百文米一升与う, 百文納入になった, 百なりしよし, 百料全書派のころ, 百斛幕簾榻類これまた数千事, 百斛王嘉福を錫, 百斤ごとに一箱, 百斤一箱で二千箱, 百斤三十二円で非常, 百斤二百七十円今では百八十円, 百斤入りのふ, 百斤八畳釣りの蚊帳, 百斤四百五十ドルの高値, 百斤宛の重量, 百斤布帛十匹を贈り, 百斤樽から缶, 百斤百八十円の安値, 百斤蜜蝋百斤の四色, 百斤近くを支持, 百斤銭五干万, 百方心力を尽くし, 百方策が盡, 百方言を尽し, 百方里が湖水, 百方里内外の面積, 百旌旗天を蔽い, 百を越す, 百日ぐらゐの値打がある, 百日これを労し, 百日ごとに二軍日月, 百日その間親しく天山山脈, 百日どころじゃない, 百日めになっ, 百日カズラに髯ボーボー, 百日以上朝夕二食を算, 百日以内とはっきり, 百日位の雛, 百日位誰とも, 百日何千日の間, 百日余り命を賭け, 百日俟たず九十九日め, 百日内に開くべからず, 百日前の死, 百日千里歩いても, 百日半田稲荷ヘモ百日参シタ水行ハ神前ニ桶ヲ置イテ百五十日三時ズツ行ヲシタ, 百日参シタ水行ハ神前ニ桶ヲ置イテ百五十日三時ズツ行ヲシタ, 百日参籠には何ら, 百日夜々参詣シ又ハ王子ノイナリヘモ百日, 百日御座あっても, 百日振りくらいで, 百日掛り申候二人にて彫り, 百日日はあり, 百日旱りに, 百日春日や稲荷, 百日流言などはどこ, 百日海洋を流される, 百日滯在して, 百日男ともいう, 百日百夜をひとり, 百日百題凡書成る書, 百日目今日からかぞえ, 百日目佐良井の邸, 百日程行脚を共に, 百日稼穡の労, 百日紅花明らけし声ありて, 百日經つたか, 百日織田の大軍, 百日肩骨張って, 百日苦使せよと, 百日薪を積み, 百日蝋燭を點けた大燭臺, 百日記念佐々伸子と父, 百日足らずの山住居, 百日近くも病院, 百日逗留して, 百日遠慮を仰付けられ, 百日間凄惨な環境, 百日間如水は叫んだ, 百日間家を出, 百日間神社参詣を遠慮, 百日間虎の門, 百日間飢餓感に堪へ, 百日風邪吉野平吉一家一同と書い, 百日餘り懸り可, 百日鬘を冠, 百早梅ぞ雪, 百星霜一夢の間, 百時間飛行でジャビー, 百景九十九島うつくしいといふ, 百景当選の巨大, 百景江戸近郊八景東都名所江都勝景江戸高名会亭尽名所江戸坂尽なぞ題されたる, 百曲り口井之口坂の, 百曲内外を以て普通, 百曲水の手の要害堅固, 百曼陀羅なん, 百にハレヤ, 百月間一萬八千二百六十餘日間四十三萬八千七百餘時間を經, 百有一年間において外国, 百有七年支那では光緒三十三年, 百有二十五世して, 百有余人なり, 百有余年前神武天皇大和国御討伐, 百有余年国の形, 百有余年墨水の風月, 百有余年時勢の変, 百有余年邦国の体裁, 百有余所の大藩有林, 百有余歳以前の武士, 百有余頁を記し, 百有餘年前即ち第, 百有餘年前宗祖弘法大師が支那海, 百有餘年間一人で護持, 百の末年, 百の長, 百木長故呼梓為木王, 百末年の出版本, 百本串が一人前, 百本五六円するだろう, 百本何千本何の誰, 百本具足二百領其他とある, 百本内外は必ず, 百本在中という紙包, 百本幾千本とも数, 百本弓と鉄炮五百挺, 百本杙の側, 百本杭あたりで降ろし, 百本杭代地の料理屋, 百本槍三百本具足二百領其他とある, 百本比較すれば, 百本玉葱を百個, 百本百本でもすく, 百本糠袋に入れ, 百本薩摩芋を百斤, 百本青野へ杉苗百本, 百本高知校友會に送つた, 百杉山はした, 百杉村を木深み, 百杉田玄白の女, 百束鞍置物十疋明石干し鯛千籠, 百条何千条というたくさん, 百条網の目, 百杯万杯に値する, 百杯千浴千杯万浴万杯八万四千浴八万四千杯の元気, 百松それに死んだ, 百松生れは川越, 百松老爺とお, 百枚あれはどう, 百枚いちどに単行本, 百枚ぐらゐの長編にしたい, 百枚これで私, 百枚づつせつせと束にこし, 百枚づつ配布されるの, 百枚一寸です, 百枚三円迄, 百枚三百枚五百枚ぐらい買う, 百枚中官以下に鳥目五百貫, 百枚二百枚三百枚五百枚ぐらい買う, 百枚五十銭銀貨で六百枚, 百枚以上五六百枚以下それから商売, 百枚以下それから商売, 百枚余りありまする, 百枚來ようと見向き, 百枚八百枚甚しきは千枚, 百枚内外だろうと, 百枚北浜の, 百枚千五百枚という量, 百枚千八百フランもする, 百枚大判二百三十枚隱して, 百枚小説をのせる, 百枚岡崎の, 百枚嵐に吹き散らした, 百枚木津新町の, 百枚束千円という大金, 百枚橋という橋, 百枚次の三人金僉知ら, 百枚注文した, 百枚流通して, 百枚甚しきは千枚, 百枚程度に縮め, 百枚絹二百匹綿三百把米千五百俵の献上, 百枚耳が七十三対, 百枚脱退声明取消文を書かした, 百枚袂懐中こいつは持てない, 百枚計画の長篇小説, 百枚許りの, 百枚調製の件, 百枚足らずの中篇, 百果報のあん, 百枝ひろごり, 百枝大楠立ちならぶし, 百枝様のお, 百枝槻千葉の大野, 百枝樣と仰, 百なれば, 百株薄田十五頃がある, 百株送附し来る都合, 百桝洗いといっ, 百梃三千兩でさる, 百へ城, 百楼千閣は一時, 百槍千甲の敵, 百槍戟の歩兵八百余, 百機乃ち我れと, 百機以上の重, 百機腕をさすっ, 百機頭上に姿, 百次郎と申す, 百歩余往ってまた, 百歩余東南に行った, 百歩千歩の差, 百歩娑婆に音, 百歩手前で平伏し, 百歩神部要助という伯母, 百歩蛇が鶏, 百歩行いては, 百歩計りの處, 百歩許熟視すれば, 百歩香がたかれ, 百歩駒をすすめ, 百歳あまりの一風宗匠, 百歳ハ風前短焔, 百歳フラツトまでのほ, 百歳位の高, 百歳先過二十九年身, 百歳堂といっ, 百死刑に處, 百殊死して, 百段余りしかない, 百段目ぐらいを数える, 百の長, 百比丘尼妙椿を出す, 百汚穢を容れ, 百池等の弟子達, 百決死して, 百という所, 百法五百法は嫌う, 百法以下の罰金, 百法小切手をやった, 百法未満で済む, 百法赤帽代二十法座席の予約料, 百暫し遊ぶ, 百がある, 百派剣は皆一道, 百浬以上もあった, 百浬鳥島の北二百浬, 百浴百杯千浴千杯万浴万杯八万四千浴八万四千杯の元気, 百海中に群立, 百海浬の海上, 百海里前後の大, 百済人らの間, 百済人等の用いた, 百済伝来の推古仏, 百済伯済又は百残, 百済氏の出, 百済河成や巨勢金岡, 百済王が任那, 百済観音像や夢殿, 百湧きのぼる滿潮の, 百満つすなわち蛟これ, 百会員四千そのうち, 百吸ったらなくなるでしょう, 百漢羅も, 百漱石全集の第, 百潮千潮の寄せ, 百澁峠の如き, 百濟人に盜まれ, 百濟援助の目的, 百濟裝治船舫而句驪無道圖欲見呑, 百濟高句麗などが上つた表, 百瀬会というの, 百炬火千束柴を持っ, 百点以上もある, 百点以外の点数, 百点千点黒い鴉, 百点大変の前景気, 百点近くを決して, 百無数の各, 百焼けたってあんな, 百煩悩の繁擁, 百熙榮慶及び湖廣總督張, 百之記, 百片延び尽して, 百版不如帰の巻首, 百版大正三年十二月から大正九年九月, 百版近くも刊行, 百牡竜来って, 百牧牛人供養発願して, 百物屋や雑貨店, 百物市に赴く, 百物意のごとくならざる, 百牲原に侍衆そこ, 百を率い, 百率い殿致し, 百王治天の安危, 百瓦ブランデー十瓦を一日, 百瓦二・四〇の中, 百生なぞといった感情, 百生まれたもうという, 百生れたまふ, 百生一念無量劫とは申し, 百生中常に手足, 百生私は転々悶々, 百産屋立てなと詔, 百男子と歓愛, 百町之は表, 百町此代價が何程, 百町歩三万町歩以上のもの, 百町歩放牧區域七十二區各區, 百留日本大使館へかえす, 百畝半は黍, 百に樹, 百番ミス・アビロックの用事, 百番内外にまで減少, 百番地ということ, 百番本による, 百番歌合せにもさ, 百番歌合百三十六番右定家の歌, 百番目のと次, 百番目以下になっ, 百番足らずの曲目, 百畳三重が六百畳, 百畳五重が百畳敷, 百畳余りの広間, 百畳四重が四百畳, 百畳敷一ぱいの人, 百畳敷位もあろう, 百も敷, 百疋あまり入つて, 百疋づつの御, 百疋づつ頂戴被仰, 百疋以上五六百疋田地はヤク二疋, 百疋位来た, 百疋分ですねえ, 百疋前後入つて, 百疋御祝ひ被下, 百疋成程よい遊女, 百疋持た弟子入, 百疋来たの, 百疋田地はヤク二疋, 百疋百五十疋二百疋等さまざまであり正月七月十二月, 百疋等さまざまであり正月七月十二月, 百疋綿六千屯布千二百端を引きあて, 百疋道中の路用, 百並び生じ, 百を癒し, 百病断えざる, 百発一昼夜にすれ, 百発三百発の早打, 百の彈丸以上, 百發百中美事に指定, 百の解釈, 百目このごろ郵便局でかかっ, 百目その他沢山である, 百目ロウソクが見事, 百目三人扶持小通詞並, 百目三十五銭は高く, 百目二百目ずつ増える, 百目五百目の品, 百目以上ずつ殖える, 百目以上七八百目から一貫目, 百目以内位のもの, 百目十二銭としてざつと一円, 百目十銭十四尾あつた, 百目四日の減食, 百目四百目の黒ダイ, 百目壱円三十銭だつた, 百目柿には大きな, 百目玉の御, 百目玉筒二挺小銃五十挺ほどだ, 百目玉筒二挺百目玉筒二挺西洋流十一寸半も来た, 百目玉筒二挺西洋流十一寸半も来た, 百目砲を引き上げさせ, 百目筒三挺を買, 百目筒三挺車台付木筒二挺内一挺車台付小筒三挺其外鑓旗太鼓火薬葛籠具足櫃長持等であつ, 百目紛失いたしましたあの, 百目荻生さんは十三貫三百目, 百目蘭書植字判一式右四人名前にて借, 百目蝋燭芯切る高座, 百目蝋燭裸火を煽らし立てた, 百目許りなるを, 百目近く違います, 百に別れ, 百に及ぶべし, 百眼一滴の涙, 百も浴びるで, 百知らずと笑いののしった, 百石あたごの下, 百石きじはし, 百石くらゐは, 百石ぐらゐ油をつかふだらう, 百石とりの武士, 百石どころから上, 百石のはした, 百石わしも二百石, 百石三人とし, 百石三千円と見, 百石三百石の侍, 百石二百石或は二百五十石, 百石二百石のはした, 百石五町歩の百石, 百石京弥をつれ, 百石以上二百人与力二十騎同心百人支配は四五千石, 百石以下二百石以上二百人与力二十騎同心百人支配は四五千石, 百石以下家格にし, 百石佐野政美六百石大沢康哲二千六百石であつ, 百石何千石の高禄, 百石侍は蛆, 百石八人扶持近習医者の首位, 百石六十二歳の大身, 百石内分千五百石客分として迎えましょう, 百石内外大蔵大臣が麦三百六十石, 百石剣の奥義, 百石加々見様でごぜ, 百石千場作兵衛野村庄兵衛は各, 百石千石積から小さい, 百石取り以上なれば, 百石取り天下のお, 百石取り小普請入りの旗本鈴川源十郎方, 百石取り疵の早乙女主水, 百石取り直参お旗本, 百石城即ち多く, 百石多賀一学などが暇乞い, 百石大平無事に悠々, 百石大沢康哲二千六百石であつ, 百石奥詰御医師, 百石宛の知行, 百石客分として迎えましょう, 百石小ぶしん入り, 百石小姓佐野竹之助なぞはあくまでさよう, 百石小野道秀の末期養子, 百石小麦が何百石, 百石岩田十大夫女百合として願済, 百石平左衛門使番大番頭五百石多賀一学, 百石当時小普請入りのお, 百石役高五百石合せて, 百石後藤縫之介, 百石戸川安清五百石佐野政美六百石大沢康哲二千六百石であつ, 百石持ちということ, 百石旗本の身, 百石日置流の弓, 百石森枳園の家, 百石殿樣と言, 百石比良野文蔵の女, 百石比較にならない, 百石永井和泉守樣の御, 百石池田信濃守様の御, 百石班中老に列す, 百石申し分ない, 百石百両という相場, 百石百石とっても, 百石目付役を勤め, 百石直参お旗本, 百石程度の旗本, 百石稲葉丹下の次男房之助, 百石究竟の勇士, 百石粟が, 百石讃歎の歌, 百石豚百頭鶏千疋を望みし, 百石足らずの家, 百石金百貫を車, 百石餘りもの水, 百石高の知行所, 百磅さし上げること, 百磅一年に, 百磅以上の収入, 百磅入りの鑵, 百磅入要なの, 百磅請求してから, 百神利生之道, 百神本地薬師如来にてお, 百福州の條參看, 百福盈門貨如輪転其門如市五福臨門客似雲来, 百秋月将日進不曾休, 百秋瑞穂の国, 百秋瑞穗の國, 百科学者ダランベールの挙げ, 百に割當, 百程度であった, 百種アリ茲ニ止ダ其十分ノ三ヲ録シ以テ山林高隠, 百種位ですかな, 百種何千種あるか, 百種内外の品種数, 百種千態の音, 百種肉筆画四千種板画類一万種に達す, 百種買出して見たい, 百種類以上の職業分野, 百稲千稲にひき, 百が七十, 百穀大に登る, 百穀豊稔に帰した, 百穀錦繍の部, 百穗あたりが芥川, 百穗作といふ, 百穗氏自身に問, 百穗溪仙劉生御舟麥僊弘光武二などの洋畫日本畫家, 百穗畫伯は日本, 百穗竹久夢二などいふ, 百て渡, 百の草分, 百立方フィートしか空気, 百立花忠茂の五千, 百端千差万別十人に十人, 百端千緒であるが, 百端千般のこと, 百端書也月や残んの, 百端朝出暮改政刑情実に成り, 百端遭逢纏綿の限り, 百笑いなさいうんと笑いなさい, 百等のと虚号, 百等分して, 百筋力なき力拂, 百筋矢一千本ずつを作り, 百箇つどひの, 百箇づつ纏めれば, 百箇入り梅干二樽を食っ, 百箇条的思想で人, 百箇焼豚二頭鱶一尾及び大海亀一匹, 百箇磐群に草, 百箇篁生ひ出, 百の矢かぜ, 百箱千箱こうと, 百箱四千八百鑵に附き, 百篇あまりあつた, 百篇中の一, 百篇中篇長篇を加えたら, 百篇今なほ存す, 百篇自ら称す臣, 百篇趣く所, 百篇餘を暗記, 百がる騎士, 百米あまりもあろう, 百米リレーでもマクレン, 百米レースで一秒, 百米下二百米の間, 百米二百米の短距離レエス, 百米以上三千米以下六座三千米以上六座総計六十三座を数, 百米以上九座二千四百米以上五座二千五百米以上四座二千六百米以上三千米以下六座三千米以上六座総計六十三座を数, 百米以上五座二千五百米以上四座二千六百米以上三千米以下六座三千米以上六座総計六十三座を数, 百米以上八座二千三百米以上九座二千四百米以上五座二千五百米以上四座二千六百米以上三千米以下六座三千米以上六座総計六十三座を数, 百米以上十一座二千二百米以上八座二千三百米以上九座二千四百米以上五座二千五百米以上四座二千六百米以上三千米以下六座三千米以上六座総計六十三座を数, 百米以上四座二千六百米以上三千米以下六座三千米以上六座総計六十三座を数, 百米余りを上っ, 百米先の工場, 百米北方の上空, 百米十秒一どころかもっと, 百米千米足らずのもの, 百米四五百米の小さな, 百米四六秒という独逸, 百米専門の浜口, 百米平均して, 百米平泳を三分十秒台, 百米得意満面ゴールに飛び込み, 百米戸数十五戸の山腹, 百米登り一方である, 百米突あまり高過ぎるから, 百米突以下はぼつぼつ, 百米突以内に接, 百米突位な深, 百米突内外その向う, 百米突百五十米突と下っ, 百米突許りの, 百米突高地の南, 百米立方即ち百萬立方米, 百米競争ではなかっ, 百米許の峠, 百米近く屹立して, 百米道路を何十本, 百粒クリームとなっ, 百粛々として附い, 百糎位になり, 百紅顔の少年, 百の石磴, 百結衣の袖, 百続いて午後, 百綟ぢ集めた樣, 百を虹, 百総勢は三千六百騎, 百編位であったと, 百練日置流の一派, 百成り, 百織田は何時の間にか, 百千練の, 百という大量注文, 百置いて来たら, 百としてコウカサス, 百羅漢様の御, 百にし, 百美人一等当選だったの, 百群賊盗みし来って, 百義千人千義で義, 百羽一度に聲, 百羽二百羽一度に聲, 百羽掻也僕にあり, 百羽烏として有名, 百考千考すべき所, 百の差, 百臂相聯なる, 百自己であったという, 百自身が牧, 百舟人も, 百船八十船の明石, 百艘八万人と伝わり, 百艘搭載量二万七千四百石と唄, 百艘日本国の周囲, 百艘船の一つ, 百艘飛報は早く, 百にも千色, 百色箪笥の何処, 百艸居翁の研究, 百花乱るる荒漠千里, 百花咲き競ふ春, 百花園あたりへ行つた時, 百花園のだつて, 百花園三五年この方, 百花園中のそ, 百花園千歳の, 百花園晩秋の景, 百花園菊塢の伝, 百花園行を拒む, 百花披けり, 百花燎爛の盛観, 百花醒雲睡万壑寂, 百の長, 百苦千患の間, 百英国の子供達, 百草パントポンアドソルピン腸詰め卓上電気その他いろいろ, 百草問屋の大蔵, 百萬グライハドウニカナルガソレ以上ハ目下ノトコロ工合ガ悪イ, 百萬マルクの利子, 百萬両になろう, 百萬二百萬といふ讀者層, 百萬兩殘る之, 百萬兵はあり, 百萬圓くらゐならお, 百萬圓これを癩, 百萬圓づゝを拂, 百萬圓ダッタラ日本ヘ持ッテ来レバ倍以上ニナルデショウ, 百萬圓ハソノ金ノ一部ナノデアル, 百萬圓也と胸, 百萬圓以下ノ株券, 百萬圓位物價の比例, 百萬圓使つて今の谷中村丈, 百萬圓元利共に償却, 百萬圓餘りであ, 百萬圓餘朝鮮及臺灣等の分, 百萬塔の中, 百萬塔中の陀羅尼, 百萬封度を超, 百萬山くらゐ積み重ねると, 百萬市民の讀書眼, 百萬年正月元日の日附, 百萬町歩とかを開墾, 百萬百億萬と世界, 百萬石宋代には約, 百萬磅を要すべく, 百萬神も代々日本, 百萬神達は天安河原, 百萬立方米の程度, 百萬義聲感激方欲大擧, 百萬言を弄, 百萬里四方の摩天樓, 百萬長者フオン・シイドウ男爵へ繋, 百萬餘圓の大, 百落したよりは今, 百蔵あたりがかなり, 百蔵お前はまた, 百蔵お前さんの前, 百蔵さんお前の手, 百蔵大へいこ, 百蔵女寅染五郎などに女形, 百蔵女寅染五郎新蔵舛蔵などの青年俳優, 百蔵宇治山田の米友, 百蔵市川寿美蔵市川新蔵中村伝五郎嵐和三郎中村勘五郎中村鶴蔵岩井松之助などという顔触れ, 百蔵新蔵勘五郎で在来, 百蔵染五郎などを加え, 百蔵桐の谷門蔵, 百蔵羽左衛門市蔵高麗蔵女寅梅幸吉右衛門松助菊五郎などという顔ぶれ, 百に勝る, 百に長, 百の長, 百藥父子南北史は李大師, 百藩外に国, 百虎群を成し, 百へ書く, 百號以上續いたが, 百號關東大地震調査報文火災篇, 百虫活動の夏, 百の逶, 百哮え猛, 百の譜, 百行づつ克明に書き込むだ, 百行五百行も読まね, 百行以上の大, 百行内外が最適, 百は一清, 百裏口から廻っ, 百襲姫を祀る, 百襲姫命の薨ぜ, 百一聞にしか, 百観音中にも一二, 百言即座に発する, 百言竹永は我が, 百計りは居る, 百の歌, 百誓って師, 百読む間に, 百読んで二ツ, 百読一見にしかず, 百読千読して, 百諸侯それにつらなっ, 百諸侯みな幕府の豪奢, 百諸侯みな現状維持の下, 百諸侯三百年間わし一人じゃ, 百諸侯八万騎の直参旗本共, 百諸侯旗本八万騎のご, 百講一講にし, 百警官の制止, 百議員を以て其開会, 百して, 百などの画人, 百貫あまりの御影石, 百貫その他の肥料三十貫, 百貫めの借銭, 百貫前後の牛, 百貫千貫の熊, 百貫塩が百八十貫, 百貫歴乎とした, 百貫男一匹だ, 百貫目九百貫目掛ける十, 百貫目十圓の相場, 百貫目石をひっぱっ, 百貫鶏卵が先, 百貳拾圓になつ, 百貸店の支配人, 百を省き, 百を討つ, 百賊王の馬五百疋, 百留らず況して, 百と呼ばれ, 百越地帯などを捜しまわったら, 百足しなんと呼ん, 百足らず伊予路を見れ, 百足らず八十のちまた, 百足黄金虫蟹などで何, 百踏揚やけさ, 百を捕捉, 百軒あまり人家の密集, 百軒以下となる, 百軒余り人数にし, 百軒屋ぐらいの一つ, 百軒数千軒の家, 百軒浄土宗関東十八檀林中の随一, 百軒甍を並べ, 百軒目の大願成就, 百軒神社仏閣三百余橋梁六十坊街八百を焼失, 百転びの方, 百輛以上水牛四百頭を鹵獲, 百輛近くも失っ, 百も開花, 百辺云はうと, 百迄といふ譬も, 百迄にはして, 百クモ打ッテイル, 百近い黒い袋に, 百近く列挙して, 百近く着服したと, 百通ったって君, 百通知人という知人, 百連買ふ約束, 百遊女三百中仙道と北国街道, 百運べばいい, 百遍それを繰り, 百遍一人は三百遍書き, 百遍三百遍と際限, 百遍二百遍三百遍と際限, 百遍何千遍も浴びせられた, 百遍反覆して, 百遍息をふきかけ, 百遍書きうつすか, 百遍目千遍目と続い, 百遍礼拝して, 百遍竟に一辞, 百遍紅雀の毛, 百遍高島屋からもの, 百道士と涕泣, 百遣って下せえ, 百遣ると当人, 百選會秋の染織何何會, 百邦里に及ぶ, 百部世間に流布, 百部二百部では, 百部内高は二百五六十程度, 百部再版したこと, 百部刊行しただけ, 百部刷つて三百五十部ほど売つた, 百部千部を印刷, 百部正味二百五六十部の製本, 百部繪島殿とある, 百部転読でよかろ, 百釋女出家し乍ら, 百釋女己れを, 百里あまりも悠々, 百里あまり雪路を歩い, 百里ここはお, 百里シャンハイ河口なる呉淞, 百里マナサロワールという大, 百里三千里の三種, 百里今は空しく, 百里以外のこと, 百里余も隔つた田舎, 百里余四面海水皆濁るに, 百里傷いました, 百里八重山島群からは北, 百里内外なるに, 百里十三州は三倍, 百里千里を隔つる遠方, 百里南のかた, 百里南北七百里十三州は三倍, 百里名の知れない, 百里吹流されましたか, 百里四方あったに, 百里地が走れる, 百里埴土肥厚かならず百年, 百里外心にまかせ, 百里奇蹟の多い, 百里奚孟明視等が捕虜, 百里奴國より不, 百里子之謀, 百里年々の往還, 百里我はきぬ, 百里故郷までも東京, 百里望郷の情, 百里東行百里水行二十日及十日陸行一日ニシテ少クトモ水陸三十餘日ハ費シタルニ, 百里樹木鬱蒼たりと, 百里毎に鶴唳雁語, 百里水行二十日及十日陸行一日ニシテ少クトモ水陸三十餘日ハ費シタルニ, 百里深山の古い, 百里移動して, 百里程塁壁の間, 百里程度の速度, 百里筑紫の海, 百里花ふらしめよ, 百里薩摩に近い, 百里薪を鬻ぎ, 百里足らずの遠路, 百里途に偵騎, 百里郷里を去り, 百里長江を溯っ, 百里隔たりたる郷里, 百里隔たりたる所の変事, 百里飛鳥の翼, 百里鹽澤の外, 百重むら雲とこやみにお, 百重山朝霧深み旅人の小笠, 百重山霧深からし, 百重波波だちたぎつ夜, 百金そちの礼, 百金丈只利息, 百金十ヶ月の期限ニ, 百金千金に価しないだろう, 百金結納としてお父さん, 百金臨時の入費, 百の供養, 百鉄砲の数, 百を作り, 百銀行の本庄重俊氏, 百が第, 百銭目にし, 百錠入を一箱, 百錠服毒す, 百に附き, 百長くづれ, 百間こと内田栄造君が先程, 百間その間にほ, 百間フアンの一人, 百間三百間貴下のお, 百間余横百五十間余ノ場所, 百間出版界に随筆時代, 百間十四五尋のところ, 百間平から眺めた, 百間平上河内岳の南, 百間廊下ですよ, 百間洞へ下り, 百間洞ここまでは一帯, 百間瀧などといふ邊, 百間無数の商船, 百間西の海, 百間貴下のお, 百間近くに及ん, 百間遠き處に, 百間鍬打ち込まぬ方寸, 百間長屋に居る, 百間随筆がいま私, 百間随筆二冊読んじまったから, 百阿羅漢三千の仏弟子, 百陸水木専六翠暫嗣子成善と矢島氏, 百の道, 百階級とはよくも, 百隻あまりもいる, 百隻三江の嶮, 百隻以上もあろう, 百を過, 百難何かあらんです, 百難前に迫っ, 百難千死をおかし, 百難千苦を排し, 百難百戦生命ある身, 百難道をさえぎる, 百の山路, 百雪駄の音, 百零三五絶十九七絶三百九十七通計五百八十八首である, 百零三日である, 百零二歳であつ, 百零何年というよう, 百雷一時に落ちる, 百雷鳴り轟き, 百霊廟の町, 百露里先へ行っ, 百露里足らずの地点, 百皆遣, 百面態がいくら, 百面百五十面二百面近くの面, 百面近くの面, 百を加えた, 百韻三十六吟の連続, 百韻中で調べ, 百韻五十韻歌仙の圧縮, 百韻千句のはたらき, 百頁三巻の大著, 百頁以上初校, 百頁前後の探偵小説十数冊, 百頁前後僕等流の數, 百頁近くもある, 百頁餘りの, 百に散ず, 百頃御殿のよう, 百の多き, 百領其他とある, 百頭それくらいは集まり, 百頭三百頭の集団, 百頭以上の逸物, 百頭余を所有, 百頭入用だらうし, 百頭分にすぎなかった, 百頭千頭もの放馬, 百頭幾千頭と知らず, 百頭斃した, 百頭羊三百頭の肉, 百頭鶏二千疋等を賜わらしめ, 百頭鶏千疋を望みし, 百題その他何十題何五十題といふ, 百題凡書成る書, 百題犬百題その他何十題何五十題といふ, 百顔色なし, 百食ったって学生, 百飯千飯ほどあり, 百餘人顏色青ざめて, 百餘卷に上る, 百餘反の白絹, 百餘名と註せられた, 百餘噸の巨艦, 百餘宇の學寮, 百餘年前北山王の末裔, 百餘年前神武の御, 百餘年後の今日, 百餘年昌造時代ももちろん, 百餘年間は白人種, 百餘年間長崎港の花形, 百餘廟もあ, 百餘日の後, 百餘時間を經, 百餘曲の現行, 百餘棟田畑の荒された, 百餘町を一, 百餘種を得, 百餘軒に達した, 百餘軸及大悲胎藏金剛界等大曼荼羅尊容, 百餘輩也然者企謀反事, 百餘里土地山險多深林, 百餘里土地山險多深林道路如禽鹿徑有千餘戸無良田, 百餘頁の美しい, 百餘騎の騎武者, 百首あまり切り棄てられた, 百首ニ云フ大青山下, 百首上は天皇, 百首中の歌, 百首争でか, 百首以上同じく長歌, 百首位新作である, 百首何千首となく, 百首小池安右衛門君が採集, 百首撮影した写真, 百馬力ヒュルプマシーネと申し, 百馬力ヒユルプマシーネと申し, 百駄以上ある, 百駄内外でラターク, 百駄近くの大した, 百駿府甲府上州と仲間, 百騎一丸火の玉となっ, 百騎一団となっ, 百騎三百騎の敵陣, 百騎三百騎果は空, 百騎三百騎騎馬武者の姿, 百騎二百騎ぐらいな敵, 百騎二百騎三百騎騎馬武者の姿, 百騎五十騎とちりぢ, 百騎余は数えられよう, 百騎余り兵卒若干を従え, 百騎四番には中院, 百騎大島峠にも三, 百騎大谷村の塚谷, 百騎差越三郎殿ヘ加勢也, 百騎弔華放鳥贄の羊, 百騎果は空, 百騎町を通っ, 百騎船六艘と云々, 百騎足らずとなり終っ, 百騎路頭前後ヲ囲ム, 百騎馬けむりを, 百騎騎馬武者の姿, 百を喫せざる, 百あるが, 百體三百體以上の骨, 百體以上の骨, 百體十一貫と稱, 百體從令心爲形役乃獸乃禽という二本, 百を冠つた, 百鬼これを畏, 百鬼園的酔を発揮, 百鬼昼行ぶりはさる, 百鬼朝行が本, 百鬼来たりと急, 百鬼跳梁の海, 百の長川, 百が五百なり, 百鳥大地はシットリ, 百鳥百虫に勝り, 百點ぐらゐには今でもなれる, 百點滿點しかるべし, 百のごとく, 百の効果, 百%カルシュームで結核患者, 百%安全なるステッキ