青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「白雲~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~白 白~ ~白い 白い~ 白き~ ~白く 白く~ ~白状 白状~ 白粉~
白雲~
白髪~ 百~ ~百姓 百姓~ ~的 的~ ~皆 皆~ 皆さん~ 皆んな~

「白雲~」 1540, 17ppm, 6833位

▼ 白雲~ (369, 24.0%)

9 それを 5 ここで 3 そんなこと, 自分の, 興に, 駒井の, 麓にて

2 [11件] こういっ, こう言っ, これを, その翌日, それより, また一種, 二人の, 何か, 例の, 尽くる, 胸を

1 [318件] ああし, あいた口, あきらめたよう, あたりを, あの狂女, あの額面, いいかげんの, いささかどぎまぎ, いそがわ, いっこう平気, いつかその, いつもこの, いまさらその, いよいよ以, いよいよ考えさせられる, いよいよ驚い, うつろ心で, お茶を, お角, お銀様, かえってそれ, かく芭蕉, がらにも, こいつ生意気に, こういう瞬間, こういう空想, ここに, こちらで, このまま店, このよう, この女, この少年, この機会, この蛇足, この青年, こんなよう, さのみ, さりげなく漂うてる, しきりに当惑, すぐれて, そうし, そう思いました, そこで, そこでまた写生帖, そこに, そのうま, そのすぐれ, そのまま取って返し, その去り行く, その場, その数, その時, その書物, その望楼, その根塊, その絵図, その者, その金椎, その間から, その風采, それから, それが, それに, そればかりは, それをも, そろそろ共鳴, ただ蒼茫, ついにたまりかね, ついに道祖神, でたらめの, ともかくその, どうしてもお松, どうしてもこれ, どこかで, どっこいしょと, なお手招き, なまじい関東弁, なんとなく胸, ひとりこの, ふいと, ふかい, まあどこ, まざまざと, まじめに, まず慷慨, またし, またも, また一層, また行李, まだジャガタラいも, まだ青空, まだ風馬牛, もうこれ, もはやこの, やはり広く, やはり言葉, やはり金椎少年, ゆるかに, ようやくそれ, ようやく不服, よほどこの, ガラに, キリシタンバテレンに対しては, タカを, ナゼか, ピストルを, ホッと, マストの, マドロスと, 一応あらためてみ, 一息入れる, 一枚一枚と, 一石三鳥の, 一種の, 一肩の, 世に珍しい, 両の, 中田大の, 事柄を, 二十枚綴ばかりの, 二度まで, 二日間を, 今の, 今までに, 仙台に, 以前のとは, 会議の, 伝馬町の, 低く飛び, 何かしら感歎しました, 何の, 依然として居る, 保田から, 保田を, 傍若無人に, 全く別様, 全く呆れ, 再び小, 再び気, 再三浅草観音, 冷笑し, 凝視し, 別に一枚, 別段この, 前こごみ, 力説しました, 勃然として, 化け物の, 北上川の, 半分起き直っ, 即座に, 右の, 同行の, 名取川の, 向う岸から, 呆れながらも, 呆れるばかり, 呆気に, 呼びかけて, 喜んで, 喧嘩が, 図抜けた道祖神, 地図を, 大の, 大波の, 大男であり, 天馬の, 始終描写, 宗教には, 室の, 家屋樹木と共に, 小癪な, 少々押し, 少しも, 屏風の, 山腹を, 岡本兵部の, 峯頭に, 川原道で, 左の, 当代の, 当然行く, 後ろから, 徒らに, 心得たりという, 忽ち取っ, 怖いもの, 急いで, 悠々と, 想う, 愕然と, 愛惜が, 感心し, 慨然として, 慰め顔に, 戸外へ, 房州に, 手の, 手を, 押隔たる, 拍子抜けの, 搖曵として, 支那の, 改めていう, 改めて柳田平治, 放胆に, 放胆的に, 料理場へ, 旅に, 旅心濛々として, 旅情おさえ, 日頃この, 日頃念頭に, 早くも, 晩餐の, 暫くし, 暫く考え, 曾て, 最初から, 有力なる, 有王島に, 朗々たる, 村役の, 杯を, 東洋の, 松林の, 板橋志村の, 枕許の, 柄に, 柳田に, 柳田平治が, 柳田平治を, 極めて気軽, 様々の, 横目に, 次第につり込まれ, 気の, 気の毒で, 決して名, 決然として, 沈黙し, 油断の, 波濤洶涌の, 洲崎の, 浦島太郎が, 浮いて, 海に, 海を, 漫然と結束, 烈火の, 無残に, 焦ったがりながら, 熱心な, 物珍しい一行, 物珍しそう, 特に夜, 画家に, 画帖の, 画框を, 番頭を, 白雲なみに, 白雲の, 直ちに, 直ちに受取っ, 直ちに同意, 直ちに絵筆, 真に受け, 眼の, 眼前を, 着物の, 立ちながら, 立ち止って, 笑止に, 筆も, 筆を, 絵を, 絵師たるべく, 腰を, 腹を, 膝を, 自分が, 舌を, 茂太郎と, 茂太郎には, 茂太郎を, 莞爾として, 行李の, 行李を, 要石, 観瀾亭, 言葉を, 認めました, 語りついで, 谷べに, 豪壮なる, 豪放で, 豪放磊落を以て, 身を, 辞退も, 追究しない, 逆襲気味に, 適当の, 酒を, 鈍重な, 銃を, 長老の, 雪か, 頭から, 頷きました, 額を, 額面の, 風呂へ, 馬を, 馬上から, 駒井を, 駒井甚三郎に, 鬣を, 鯉の

▼ 白雲~ (307, 19.9%)

11 ように 6 中に, 棚引く山 5 ために 4 ような 3 前に, 向伏す, 影を, 方へ, 頭に

2 [16件] うちに, おのづか, やうな, 下に, 中を, 心が, 方に, 武勇の, 照返しで, 眼に, 眼には, 空を, 絶間に, 門より, 頭は, 風に

1 [228件] あとを, ある壮大, ある男, ある空, いうところ, いゆきしづけ松むら, いわゆるイカモノ, うえに, かからぬ峰, かかれば, くれた杯, こと, ことを, このたび, ごとき湯, ごとき絶対平和, ごとくわきだしたところ, ごとく東, ごとく身, たえま, たつとこたへよ, たなびく山, ためにも, ための, たよた, ちぎれが, ちぎれでも, つい足許, なかへ, ほかには, ほと, ほとりに, まま流水の, ものと, ゆききも, ようでした, 一つあり, 一つ二つが, 一喝に, 一浮きが, 一片とを, 一片の, 一片を, 一群に, 一行を, 三岳に, 上に, 上まで, 下で, 不満と, 世界は, 中から, 中で, 中へ, 中より, 予想した, 人と, 今度の, 仕事が, 会話を, 低く懸崖, 作物や, 俄ご, 光りや, 出ばなを, 刀も, 前へ, 前途を, 助言によって, 匂, 北上の, 即興の, 去來, 去来する, 去来烈しく, 取り出した小さな, 口頭に, 吟懐を, 周囲に, 咽喉の, 噴き騰る国, 地金が, 場合にも, 塊り, 奥から, 如き羊, 如く行くも, 姿に, 姿の, 姿も, 姿を, 専用慣用語な, 巻, 希望に対しては, 帯は, 帰ったのに, 形は, 影が, 影のみを, 影ひとつ見あたらぬ澄みきつた, 彼方に, 往き来する, 微吟の, 心を, 心持が, 心胸が, 心臓に, 応対ぶりに, 恰好は, 悠然たる動き, 意気の, 憤慨を, 憧れの, 房, 手並を, 手元を, 手許を, 抛り出した画帖, 描いた, 描いた海, 揮毫の, 揺曳する, 断定には, 断片を, 方を, 暴力に, 月夜に, 机の, 来って, 棚びけるところもありぬすずしくなりて, 棚曳く, 様だった, 模写ぶりを, 気焔を, 求むるところのものとは違っ, 流るる行く手, 流れに, 浮いて, 浮き出た空, 浮べるを, 浮んだ空, 浮遊する, 海の, 消息です, 淡泊極まる, 深き所, 湧く, 湧く空, 漂浪性が, 瀧かさ, 瀧と, 瀧を, 片々が, 生の, 画帳を, 皚々たるを, 眞珠船つい, 真下の, 眼からは, 眼と, 眼の, 眼は, 眼を, 眼光を以て, 研究心を, 磊落に, 竜田の, 築地の, 給仕役は, 群それから, 群れが, 翳を, 耳に, 耳には, 耳にまで, 耳を, 肩に, 胸を, 自然に, 興味が, 茫漠に, 落着きを, 蒼天に, 蓬勃たるを, 蔭の, 行きか, 行衞に, 衣を, 衾被, 裏越す, 裡の, 見るところ, 設計図により, 詩吟が, 認識では, 語るだけの, 豊大な, 豪壮な, 豪快な, 財産, 足どりが, 足も, 跡を, 身の, 退き去る, 逸る心, 遠眼鏡を以て, 郷, 郷あらむとは, 野は, 間から, 間より, 間を, 隊列とを, 面に, 面には, 面は, 面を, 頭の, 頭へは, 頭巾を, 顔を, 飛び交うその, 飛ぶ山, 餅の, 首から, 驚き方も, 黒い影

▼ 白雲~ (285, 18.5%)

3 来て, 流れて, 船を

2 [11件] この二人, 今度は, 右の, 悠々と, 泰然自若として, 流れた, 膝を, 舌を, 茂太郎の, 見ると, 言いますと

1 [254件] あらわれそれ, あるだらう, いう, いきなり猿臂, いたく恐縮, いま求める, いよいよ手, おもはゆく思いました, おりさえ, お角, かなりまじめ, ぎょっとし, こう問いかける, こう説明, こざかしい振舞, こちらへ, この毛唐, この被害品, この邸, この部屋, この青年, これは, これを, こんなところ, さいぜんから, さんざんに, しつこくからみついた, しょうこと, すっかり気, ぜひとも自分, そう言った, そこでなんと, その一点, その時, その笛, その翌日お松, その老爺, その辺, その頃, それに, それについて, たずねる, ちょうど中天, ちょっと手がかり, ちらばったの, ついに望蜀, つぎつぎと, とざして, なるほどと, なんとなく一抹, のどかに, のろのろと, はじめていぶかし, はじめて大口, はっしとばかり, ふえて, ふき出して, ふと歩み, ふはり, まずその, まず口, まず唱え, まず眼, またここ, また乗, また勃然, また少し, また白まされ, また興, まだその, むく, もうこの, もう争っ, やがて今や登場, やはり如才, ゆらぎ出すと, ゆるゆるとして, ようやく筑水, よけいな, わく時, わけも, キッパリと, ジャガタラいもを, タジタジと, ドンドン空, ハッと, マドロスに, 一団彫出された, 一團彫出された, 一室に, 一方ならず悶え出した, 一時眼を, 一杯にな, 一様に, 今日は, 仙台城下で, 伊達政宗を, 何かとからかう, 光の, 全く恐れ入った, 再び遠眼鏡, 再び駒井甚三郎, 出て, 出れば, 出入りする, 出現しよう, 前途の, 動いて, 動くとも, 勿来の, 即座に, 去つて仕舞, 去るたび, 取って, 叱るけれども, 同行し, 吟声に, 吹き流れて, 呆れ返って, 呼び立てて, 和服の, 囁くと, 圏点を, 多い, 多かった, 夜中に, 大事に, 大兵の, 太い線, 太陽を, 夫婦を, 好意を, 如才なく, 威丈高に, 存在する, 存在すれ, 家族の, 寝ること, 対岸の, 少しあわて, 少しおくれ, 少しやり過ぎる, 幾条もの, 強奪に, 影を, 微に, 微笑し, 心長閑に, 忙しさうに其間, 忙しそう, 思い返しました, 思わずこちら, 思わず写生, 思わず舌, 急がぬよう, 悠然として, 意気込みました, 憧れて, 懸つて, 戻って, 打立つ, 挨拶に, 搖曳し, 改めてマドロス, 斜に, 日頃から, 昂然として, 暫く二の句, 最初から, 最初に, 最初七兵衛おやじの, 望蜀を, 机の, 来たほとんど, 東の, 柄に, 横の, 次第, 歌い出したの, 正銘の, 歯が, 水墨を, 泛んで, 流れる東南, 浮いて, 浮いてる, 浮く, 深々と, 漂うて, 漂つてゐた, 特にこの, 画室に, 画家と, 痛快に, 白日に, 盛に, 直ちに覚りました, 眦を, 眩惑せる, 眼を, 瞼を, 知識の, 立って, 答えました, 絶叫した, 続けました, 綺麗に, 罵ったの, 美しく流れ, 考えて, 考えました, 聞いて, 聞き咎めて, 腰を, 膠なく, 自分という, 自分の, 興に, 船へ, 船頭に, 若干の, 苦笑いしました, 見て, 見て取りました, 見直すと, 覚束なく, 言うと, 言って, 話題の, 調子を, 躍起と, 身近く, 軽く受け, 追いかけて, 追剥泥棒の, 途方に, 通って, 通りかかると, 遥か下界の, 酒杯を, 釣鐘の, 長く唸りました, 随って, 雪峰の, 青い穂先, 青空に, 頷きました, 顔を, 風呂場へ, 飛んで, 駒井の, 駒井甚三郎に, 駒井船長に, 高く笑いました

▼ 白雲~ (82, 5.3%)

2 自分の

1 [80件] あまり手, あらはれず蝦夷, あれで, いいかげんに, いゆき, いゆき憚り, い行憚り時, おしてたずねよう, がっかりした, ここでは, ここに, ここへ, こちらで, この女, この書物, この邊, この青年, これは, ずいぶん飲む, そこまでは, そのあまり, それが, それ以上は, ちょっとバツ, ちょっと手, ついに少し癇癪玉, なるほどあの, なんだか夢, ほとんど革命的, またいかに, また充分, また古, また固唾, また最初, また芭蕉, まだ人間並み, やっぱり天上, マドロス君も, 一時は, 三船の, 主人役の, 久しぶりで, 元来が, 内弟子の, 同情し, 同様の, 外夷を, 夙に認め, 多少おどかされざる, 妙な, 実際対岸, 少々居合, 少し気味が悪い, 少し考え, 店へ, 当世流行の, 思いやりました, 思わずたじたじ, 更にその, 最初から, 次第に上, 毎日島めぐり, 気を, 無名丸, 特に注意, 玉蕉女史も, 知らず識ら, 筆を, 緩和され, 胸を, 膝の, 芸術家並みに, 行くに, 行った通り, 見届けて, 覚束ない, 身に, 雨の, 面白いこと, 面負けが

▼ 白雲~ (71, 4.6%)

6 して 2 映して, 見上げて, 見出して, 降りこめられた旅籠屋

1 [57件] あやどる山脉, おしろい取り, かけし四月初め, かなとこ雲といふ, ここまで, とりそれで, ながめて, ねぎらいました, 一直線に, 仰いで, 仰ぎ合って, 出合ひ, 分け青苔, 友と, 呼びかけるほどに, 囚え, 天に, 尊敬し, 帯びて, 待ちきれないうち, 待って, 心に, 恨むこと, 打ち倒したもの, 掴むよう, 望むが, 望む清澄, 束ねて, 柳橋北の, 案内させ, 棚曳かせた, 款待しました, 泛かべ, 浮かべて, 海上の, 無下に, 眺めながら, 破って, 破るよう, 突き飛ばして, 突進させよう, 苦心煩悶せしめる, 苦手と, 褥に, 見たのみ, 見て, 見ながら, 趁ふて, 踏み砕きて, 踏み草花, 静かに, 静めて, 飽くまで仰ぎながめ, 駆って, 驚かしたこと, 驚かすには, 驚かせました

▼ 白雲~ (47, 3.1%)

7 向って 2 化したと

1 [38件] すすめ自分, つつまれたまま, つつまれたり, つつまれて, とじこめられて, はいり黒い, まが, 乗りて, 似た旅, 似合わしからぬ深い, 取っつかまって, 同行を, 埋れて, 引っぱられて, 想像され, 打たせました, 教えられた通り, 於て, 浮き出した, 涙は, 相談する, 相違ありません, 眼を, 紛れぬ濃い, 蔽はれた, 蝕まれ居る峨, 表紙だけを, 見られたと, 話して, 認められて, 諮って, 跨がり藍水, 送られて, 遭うては, 限る, 頼み, 駕し, 駕て

▼ 白雲~ (42, 2.7%)

2 が河豚, の二階, の屋根

1 [36件] から嚇, がたった今, が死にました, が死ん, が自分, です, ですよ, とも前, と知り合い, と魚八, にたのん, にでもうらなっ, には近所, に気, に知られ, に知恵, の売卜者, の幸斎, の店, の看板, の筆, の近所, はこの, はそろそろ, はどう, は世間, は前, は玉太郎, へたずね, へは占い, へ寄っ, へ連れ込みました, へ駈けつけ, へ駈け込ん, も一旦, を殺す

▼ 白雲~ (36, 2.3%)

2 にい, の主人, の女, の持主

1 [28件] で悪者, で見かけた, というところ, という女, という看板, とは方角, と相場, のこと, のアルジ, の別館, の怪, の連中, の門前, は実在, は表面的, へつれこん, へつれだし, へ乗りこんだ, へ行ける, へ誘いこんだ, へ連れこん, も住田, も実は, よ, よりももっと, を探し, を監視, を知らない

▼ 白雲~ (31, 2.0%)

4 いえども 2 宇治山田の

1 [25件] いって, なって, みねの, マドロスとは, 一面に, 伴ひ, 例の, 冬木と, 同じそうして, 同じやう, 山陰に, 柳田平治は, 氷を, 淡い青空, 湖のに, 潮の, 素性を, 見ちがえたり, 見ちがえるという, 見ゆるに, 金椎とは, 雲井なにがしとは, 霧らひただ, 青空とを, 黒雲とが

▼ 白雲先生~ (21, 1.4%)

2

1 [19件] から頼まれまし, が, がやって来る, が一緒, でございましょう, ではいらっしゃいません, ではない, とつい, なぞはかまいません, に見せ, のお, の直伝, はもう, は美, は豪傑, へという名題, もおいで, も今日, よ

▼ 白雲~ (16, 1.0%)

3 の頃

1 [13件] からの奉公人, から奉公, から育てた, が茂兵衞, でひどく, で青瓢箪, の何ん, の小僧, の惡戯盛り, の時分, の田口七郎兵衛, の研究論文, を振り立て

▼ 白雲には~ (10, 0.6%)

1 いよいよ心胆, その内容, その色, それを, はっきりと, ひり黒い, よくわかっ, わからない, 目新しいもの, 駒井の

▼ 白雲ほどの~ (7, 0.5%)

3 ものが 1 内容ある, 男が, 男でも, 豪傑が

▼ 白雲という~ (6, 0.4%)

1 ことを, ものです, 峰に, 田舎絵師です, 絵かきが, 貧乏絵師だ

▼ 白雲から~ (5, 0.3%)

1 一喝を, 尋ねられて, 素気なく, 言いつけられた通り, 酌を

▼ 白雲とは~ (5, 0.3%)

1 このこと, 房州南端の, 未だ相識, 種の, 食堂の

▼ 白雲~ (5, 0.3%)

1 奇妙な, 時には, 気儘気随に, 汽車や, 青葉若葉の

▼ 白雲師匠~ (4, 0.3%)

1 の教訓, の秘伝, は気づいたであろう, への尊敬

▼ 白雲画伯~ (4, 0.3%)

1 がウスノロ, とに申し出で, のため, を紹介

▼ 白雲~ (3, 0.2%)

1 くわ, 下界は, 綿の

▼ 白雲では~ (3, 0.2%)

1 ありません, そういう数字, なく盛り返して

▼ 白雲とが~ (3, 0.2%)

1 九十九里の, 二人の, 急に

▼ 白雲としては~ (3, 0.2%)

1 かなり苦しい, もはや遠眼鏡, 当然な

▼ 白雲悠々~ (3, 0.2%)

1 の境地, の旅, の旅心

▼ 白雲~ (3, 0.2%)

1 があります, がしきりに, に対しては一見

▼ 白雲飛ぶ~ (3, 0.2%)

1 ところ鶴舞い遊ぶ, と云, のを

▼ 白雲~ (2, 0.1%)

1 たま, たまの

▼ 白雲そのもの~ (2, 0.1%)

1 のよう, の人品骨柄

▼ 白雲でした~ (2, 0.1%)

1 から, がさっと

▼ 白雲でも~ (2, 0.1%)

1 ながめながら, なければ

▼ 白雲との~ (2, 0.1%)

1 うちとけた談話, 間から

▼ 白雲にとっては~ (2, 0.1%)

1 その犬吠, 由々しき謎

▼ 白雲によって~ (2, 0.1%)

1 悪い方, 茂太郎に

▼ 白雲に対しては~ (2, 0.1%)

1 どうも苦手, 一も

▼ 白雲らしい~ (2, 0.1%)

1 人の, 姿も

▼ 白雲を以て~ (2, 0.1%)

1 天女と, 海中に

▼ 白雲一人~ (2, 0.1%)

1 では, に使命

▼ 白雲万里~ (2, 0.1%)

1 が何, だ

▼ 白雲去来~ (2, 0.1%)

1 するをさえ, そして常

▼ 白雲~ (2, 0.1%)

1 が第, を目ざし

▼ 白雲~ (2, 0.1%)

2 の花

▼ 白雲~ (2, 0.1%)

1 から白雲牧場, は美しい

▼ 白雲~ (2, 0.1%)

1 の口碑, の床

▼ 白雲荘ッ~ (2, 0.1%)

1 てどなた, て誰

▼ 白雲見れ~ (2, 0.1%)

2 ど飽かぬ

▼ 白雲青山~ (2, 0.1%)

1 の歌, ほどにきかぬ

▼ 白雲黒雲~ (2, 0.1%)

2 の帳

▼1* [124件]

白雲あたりが見た, 白雲かかるうごくがごとし, 白雲かの秋の, 白雲からの手紙を, 白雲がははあ, 白雲すらがその深い, 白雲たちこめて沛然, 白雲たなびき渡り村も, 白雲からこれ, 白雲だって今まで, 白雲つつむ秘密の, 白雲つま木こる人, 白雲であり雪と, 白雲として自分ながら, 白雲としてもこの際, 白雲とのみ見つる, 白雲とも一面の, 白雲とを興に, 白雲びくなどと, 白雲などと古人の, 白雲なみに断定, 白雲なりとし独り印度欧羅巴民族, 白雲なること疑, 白雲にだけは親しみを, 白雲について旅愁を, 白雲にも解しきれなかったくらい, 白雲に対して客懐を, 白雲のむかふす, 白雲はさのみは追究, 白雲ばかり見て, 白雲ひとりだけの興味, 白雲ふみわけて, 白雲飛び乗つて, 白雲ほどに深刻には, 白雲また下より涌き, 白雲けど, 白雲ようやく迫る, 白雲よどみか, 白雲よりもいっそう肥大, 白雲びしきかなやとびとびに涌く, 白雲わが懶きに, 白雲をと思って, 白雲一片去つて, 白雲一行の小舟, 白雲へ旅, 白雲丘陵の頂, 白雲の人となり, 白雲自箱出而常世辺, 白雲以外の舟, 白雲低き足柄の, 白雲に, 白雲先生一人旅であったが, 白雲内ニ消ユ, 白雲つて大地を, 白雲つて悠々たり, 白雲去つて悠々, 白雲同様にかね, 白雲四方に起こり, 白雲堂それらの糸, 白雲堂幸斎は台所, 白雲の前, 白雲に垂, 白雲去路, 白雲石を, 白雲といふところ, 白雲庵発行の精進料理, 白雲後ろを顧みる, 白雲思うよう今まで, 白雲に気がついた, 白雲急峻な裏山, 白雲房あたりの名, 白雲新緑相對照して, 白雲映して織れる, 白雲時には飛行機が, 白雲の前, 白雲にけに常に, 白雲から東今出川, 白雲来ると見, 白雲棚引きて犬山, 白雲棚引く濱の, 白雲を渡っ, 白雲油然として孔, 白雲は朗, 白雲流水の身, 白雲浮ぶ空の, 白雲海神の沖, 白雲処隠, 白雲深き鄙の, 白雲満山夢不迷, 白雲点頭すべきや, 白雲牧場の方, 白雲立つあたりに, 白雲立てるカヲの, 白雲紅火の円柱, 白雲紅葉の色彩, 白雲群鶴裡の読経, 白雲去来私は, 白雲自身が今夜いま, 白雲茂太郎金椎柳田平治お松その他の乗組, 白雲草堂を環, 白雲荘的な伏魔殿, 白雲落日の山, 白雲行交ひ紫緑, 白雲におとずれる, 白雲に一頭地, 白雲も永楽大鐘, 白雲より谷, 白雲豊かに立ち騰, 白雲を埋んで, 白雲を埋, 白雲をのせ, 白雲途すがら思うよう, 白雲遠き境までも, 白雲還似望雲人といへる, 白雲と云, 白雲へに青く, 白雲院道屋外空居士か, 白雲青々と繁った, 白雲飄々の旅, 白雲去青山在, 白雲飛び來て, 白雲飛び去り青山ありだ, 白雲高く飛んで, 白雲黒雲積雪潰雪閃電猛雷