青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「白粉~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

發~ ~白 白~ ~白い 白い~ 白き~ ~白く 白く~ ~白状 白状~
白粉~
白雲~ 白髪~ 百~ ~百姓 百姓~ ~的 的~ ~皆 皆~ 皆さん~

「白粉~」 1418, 15ppm, 7344位

▼ 白粉~ (475, 33.5%)

46 つけて 22 塗って 6 ぬつて 5 つけたり, 刷いた, 塗った女 4 つけた娘, 塗ったり, 真白に 3 こて, つけた女, ぬって, 塗った顔, 塗つてゐる

2 [29件] こてこてと, こてこて塗っ, して, つけた事, つけた顔, つけないやう, つけぬがめつけ物, つけ直したり, つけ紅, つけ紅い, なすりつけて, ぬるなんて, ふりかけて, べた, 付けて, 付けるとか, 付ける時, 入れて, 叩いた, 塗った一つ, 塗つた, 塗つて赤い, 塗りこくっ, 流して, 濃くし, 濃くつけた, 足で, 顔に, 鼻に

1 [301件] あっちこっち拭い, あつく塗り立てた, うすく塗った, おつけに, おとして, おとしはじめて, かけて, こくぬった, こってりと, こつて, こつてりつけて, こてこて塗つた女, こツてり, ごって, ごて, ごてごてと, さっと顔, さつと, すっかり洗い落し, そこだけ, つけかけたまま皆, つけたお, つけたさすが, つけたま, つけたよう, つけた一太, つけた十七, つけた大きな, つけた女の子達, つけた女共, つけた女漁り, つけた彼女, つけた怪しい, つけた新しい, つけた眼, つけた瞽女, つけた色若衆, つけた骨, つけだしたり, つけない, つけない事, つけない敏子, つけない日, つけなかった, つけは, つけられたり, つける, つけるからの, つけるなど, つけるの, つけるもの, つけるん, つける婦人, つける婦人たち, つけ光り輝く紅唇, つけ初める, つけ始めたの, つけ濃いめ, つけ直しながら, つけ紅を, つけ胸, つけ長い, つけ頬紅, とって, とりだすと, どんなに濃く, なすりつけた平凡, なすり着けた瞬間, ぬぐい終わると, ぬったあどけない, ぬったし, ぬったの, ぬったよう, ぬったり, ぬった半玉, ぬった女, ぬった娘, ぬった法界節屋, ぬった額, ぬつた頬骨, ぬりこくっ, ぬりこみ唇, ぬりそれ, ぬりたくった娘達, ぬりたくった顔, ぬりたてた大きな, ぬりたてた女, ぬりたてた嫌, ぬりたてて, ぬりべにを, ぬり時折, ぬること, はいて, はげちよろ, はたいて, はたきはじめる, びっくりする, ふいて, ふりかけられて, べたべたと, べたべたなすっ, べた塗りする, べったりと, べったり顔, べっとりつけた, ほどこした面, まだら, もって, やめると, コテと, コテコテと, コテコテぬっ, コテコテ塗っ, ゴテゴテと, 一刷毛真白く, 三文方台なし, 下手に, 二つ買っ, 二本の, 付けたり, 付けた時, 付けた滑稽, 使うらしい, 使った場合, 俄に, 傅けた談を, 入れた小さな, 出して, 利助に, 刷い, 剥がし撥, 包んだよう, 厚くつけ, 厚くつけた, 厚く塗っ, 厚く塗った, 厚く塗り, 厚く塗りたて, 取って, 取られるとばかり, 叩いたかと, 叩いても, 叩きつけて, 吹いたよう, 均す長い, 塗けたのよ, 塗けて, 塗ったが, 塗ったと, 塗ったにやけた男, 塗ったもの, 塗ったムチムチ, 塗ったメッセンヂャアボーイ, 塗った妙, 塗った寝顔, 塗った手, 塗った淪落, 塗った肩, 塗った若い, 塗った荒れた顔, 塗った赤前垂, 塗ってさ, 塗っては, 塗つ, 塗つたのか, 塗つたのや, 塗つたの塗らない, 塗つたら, 塗つた三十男が, 塗つた女たちが, 塗つた少女の, 塗つた給仕の, 塗つた若い, 塗つて, 塗つてあつ, 塗つて三田を, 塗つて引眉毛眼張りまで, 塗らせて, 塗らないよう, 塗られて, 塗りこむ, 塗りたくった顔, 塗りたくって, 塗りつつ, 塗ります, 塗り一刷, 塗り唇, 塗り派出, 塗り着物, 塗り紅, 塗り過ぎる, 塗り青く, 塗り額へ, 塗り鬘, 塗り鼻, 塗る, 塗るに, 塗るやう, 塗るよりも, 塗る時, 塗れるか, 塗立てつらん, 壁の, 嫌つた, 寄せて, 小菊紙で, 少し濃, 帯びたよう, 帯びる, 平べつたい顔, 引いて, 彼女の, 得ること, 慕って, 払った, 拔り, 拭い取って, 持って, 挽き始める手軽, 掃いた顔, 掃き直しに, 掌で, 摘み上げた, 摘み取り自宅, 斑に, 施けたとこは, 施けて, 施した, 施して, 施し紅, 残して, 水にも, 汗ばませ, 汚し支離滅裂, 汲替える, 洋服の, 洗い落した皮膚, 洗われたらしくハッキリ, 溶きそれとも, 溶きまだ, 濃くする, 濃くはいた, 濃く刷, 濃く塗つて, 濃く塗りました, 煙に, 牡丹刷毛で, 用いずただ, 用ひた, 皆播い, 直したり, 直しながら, 真っ白に, 真ツ白, 着けて, 着けないでも, 着ければ, 知って, 知らないの, 神像の, 粧けて, 粧ったお, 緑青色に, 耳の, 脂で, 脂に, 腐らせるよう, 落さうと, 落さなくては, 落した處, 落し鼻, 落すと, 薄くし, 薄くつけよう, 行燈の, 袖や, 装ったよう, 製しこれ, 製し別に, 襟に, 襟長く, 豊富に, 買いに, 買おうと, 買つたので, 軽く指さき, 近々好, 透して, 造り出すこと, 附けた馬, 附けてから, 附け顔, 面に, 頸筋にまで, 顔から, 顔へ, 餞別し, 餞別しよう, 首筋に, 鼻先き, 齎らし入る

▼ 白粉~ (322, 22.7%)

7 下に, 香が 6 匂いが, 匂いを, 濃い女 5 匂いと, 女が, 顔を 4 ような, 上に, 下から, 斑に, 花の 3 痕が, 粉が, 香に, 香の

2 [24件] あとを, たぐいが, ついて, においが, ぬりかた, はげかかった, ように, 上を, 匂いの, 匂いや, 女たちが, 女と, 女も, 女を, 性質が, 残って, 気が, 濃い顔, 濃い首筋, 瓶を, 研究に, 顏を, 顔の, 香を

1 [195件] あきびんへ, あつい顔, あとまでが, あとも, ある瞼, ある顔, うすい顔, かおりと, かおりや, かわりに, きれいな, こぼれるよう, すこしもない, せいで, その頸, その顏, その顔, たまつてゐる, ために, ついた冷, ついた黒い, つきの, つきのわるい, つけそこねであったかも, つもりであろう, なかばはげた, においの, においも, においを, にほひ, のりぐあいを害する, のりとか, のり紅, はいった袋, はげた彼女, はげた頸, はげた顔, はげないよう, まじった匂い, むらに, よくのらない, ゑりがさむしかろ, カクテルで, ムッと, 上塗を, 下で, 下の, 中には, 丸ポチャちら, 乗りが, 人込の, 仮面の, 余裕は, 優劣を, 光らない, 凄まじい大, 処班らな, 刷かれ, 刷毛を, 剥げかかったの, 剥げた女給, 匂いかん, 匂いだ, 匂いだった, 匂いとが, 匂いは, 匂い口紅, 匂い色んな, 匂が, 匂と, 匂ひ, 匂ひがした, 匂ひだつたかも, 匂ひで長い, 匂も, 匂を, 包紙に, 化け物, 厚い彼女, 厚さ, 原料の, 場合に, 塗られた顏, 塗られた顔, 塗り方, 塗り方に, 塗り直し黛, 壜が, 大柄の, 女たちである, 女たちは, 女の, 女安, 媚い, 子等よ, 宿場へ, 少しむら, 性質さえ, 性質も, 性質を, 恐ろしさ, 方が, 方も, 時めく匂, 月かげも, 極彩色工手間のか, 権化であり, 残った顔, 残りを, 残滓, 殘つたのが, 殘つた女が, 氣の, 水も, 汚れが, 淵に, 溶けて, 溶けるばかり, 濃いの, 濃い下女, 濃い大, 濃い彼女, 濃い手, 濃い皺, 濃い笑顔, 濃い綺麗, 濃い襟, 濃い襟足, 濃い金縁, 濃い顏, 濃い首, 濃くつい, 濃淡や, 特性は, 瓶に, 瓶の, 瓶や, 瓶紅はけ, 痕は, 白けた顔, 着いた懐紙, 着くよう, 研究までは, 禿げた霜げた姉さん, 移って, 筋道に, 箱が, 箱一つにも, 粉でありました, 粒子の, 粧を, 紙包みと, 罎と, 胸に, 臭の, 色々, 色々な, 色が, 花ありがたい, 花に, 花は, 花越しに, 薄剥げたるあり, 薄化粧を, 薫が, 薫りと, 薫り思い出さず, 薫を, 薫櫛の, 街だ, 街の, 裏町である, 見当が, 話でも, 跡も, 重大な, 銘仙牡丹に, 際立たぬ色白, 頤や, 顏にて, 顔が, 顔も, 類花瓶まじり, 首を, 香いに, 香のに, 香は, 香ひ, 香も, 香りが, 香りは, 香気が, 香髪の, 香鼻を, 鬱陶しい香

▼ 白粉~ (83, 5.9%)

3 剥げて 2 ついて, むらに, 剥げたやう, 塗られた

1 [72件] あった, あるだけ, いつもはげ, かたまって, こってり塗られ, この幼い, ごたごた包まれ, とけて, とけるの, ないと, におって, ぬられて, のべられその, はかれて, はげて, はげ落ちたり, ひどく山野, ぶちに, もしも地面, よごれるから, オークルすぎ, 一番いい, 一直線に, 一筋塀裾へ, 上気し, 並べられたり, 何んの, 停滞しない, 光って, 入って, 剥げたと, 剥げたの, 匂うこと, 四散し, 地肌を, 塗って, 塗られて, 夜会服の, 好きで, 嫌ひで茶碗酒が, 引いて, 引かれて, 強いので, 徒に, 怪しいもの, 戸外の, 手首の, 斑づく, 斑な, 施され私, 欲しくて, 滾れて, 濃かった, 濃くて, 濃くなった, 濃過ぎた, 生毛, 白いから, 白すぎた, 着いてるわ, 石楠花の, 肌理の, 茴香剤に, 落ちて, 薄くな, 要らなかつたの, 蹴散らされて, 這入って, 金一郎様殺害に, 額から, 高くなった, 黒ずんで

▼ 白粉~ (69, 4.9%)

11 紅も 2 うすい, つけて, 榮え

1 [52件] ありましたよ, さして濃く, その大槻, そんなには, つけずお客, つけずふだん着, つけたい故, つけるし, つけ踵, ない裸, なくて, まだつけぬ, ろくに落さず, わざと淡く, クッキリ虚無僧ごろの, 何も, 光線の, 刷い, 剥ぎすてた雅びて, 匂ふ, 唇一パイに, 塗つてゐなかつた, 塗らずぼくぼく, 塗らず仮, 塗らず身装, 塗る, 塗れば, 女とは, 好きだ, 娘の, 嫌つて紅だけ, 嬉しいけれど, 心持だけ, 拔きの痛々しい, 持って, 有んだつて云つけ, 栄えなく見ゆる天然, 栄なく, 水の, 汗にと, 洗ひ落し, 溶く薄化粧, 濃く粧, 知らぬ肌, 素顔自慢の, 縁の, 見よきほどに, 観成という, 貰って, 貰つて行きませう, 買わなければ, 黛も

▼ 白粉~ (37, 2.6%)

3 香水の 2 女の, 紅と, 紅とを, 髪油の

1 [26件] お酒, しょうえんじがお皿, よく調和, ゴチャゴチャに, 丸髷で, 交って, 口紅を, 女と, 安油の, 手鏡帶上げと, 湯垢との, 生地の, 紅との, 紅の, 紅丈では, 耳掻き爪切り紅筆など, 脂が, 脂の, 舞台油の, 萬能膏の, 薬の, 虚慢な, 違って, 金とに, 香水との, 髪の

▼ 白粉~ (32, 2.3%)

4 紅を 2 口紅を, 油の

1 [24件] けしながら, アイシェドウに, クリームの, クレイムを, パフを, 何で, 口紅が, 小指の, 捲髪紙, 朝鮮朝顔や, 櫛や, 歯磨の, 産院の, 胡粉を, 臙脂や, 臙脂を, 軟らかい着物, 鍋墨を, 靴下への, 頬紅で, 香水などは, 香水の, 香水も, 香水を

▼ 白粉~ (28, 2.0%)

3 ほふ 2 疲れ

1 [23件] いくらか荒性, かくれては, ござ候, つき厳重, とかされた涙, ぬり隠して, よごれた蓆囲い, 冷たく塗られ, 包まれて, 咽せ, 唐縮緬の, 塗られて, 扱帯は, 歯磨粉か, 汚なくまみれ, 汚れた赤い, 流して, 淀むと, 玉虫色の, 紅に, 薄墨を, 過ぎない, 顔は

▼ 白粉~ (27, 1.9%)

12 のない 2 のある, もなく

1 [11件] がなく, が少く, さえ嫌った, なき耳, なくて, などはなく, のない若い, の少い, の無い, の無い白い, も何

▼ 白粉~ (26, 1.8%)

2 皮膚が

1 [24件] そこ, まっ白, まっ白だ, よごれた平常衣, よごれて, ギラギラした, 上手に, 入れたやつ, 刺青を, 叩きながら, 塗りつぶされ血色, 塗り潰した女, 塗り隱した荒んだ, 大切な, 実際に, 消した顔, 筆太に, 粧つた綺麗な, 部厚く, 隠すの, 面上を, 額の, 顔を, 骸骨の

▼ 白粉~ (21, 1.5%)

1 [21件] いつもより, ついて, つけて, ぬつて, はげ付け髷は, 三升許り, 二三日借りる, 塗られなかった, 変質し, 夜の, 屋敷だ, 格別に, 殆ん, 殊に濃く, 汚れて, 滲み出る汗, 濃いが, 白, 石膏や, 襟に, 通常の

▼ 白粉~ (18, 1.3%)

9 氣の 5 氣も 2 氣なし 1 氣が, 氣無しの

▼ 白粉臭い~ (12, 0.8%)

1 [12件] のに慊, のを, 女が, 女たちが, 女の, 彼女たちの, 母の, 汗くさい, 生きた屏風, 美人に, 話下らない, 雌であっ

▼ 白粉刷毛~ (8, 0.6%)

1 が側, でくるくる, でさつと, で鼻先, の夢, まで御, を手, を持った

▼ 白粉~ (8, 0.6%)

4 けのした 1 けで, でもした, で何方, のした

▼ 白粉くさい~ (7, 0.5%)

2 貴婦人です 1 みたいで, 匂いが, 年増女を, 張り氣を, 手に

▼ 白粉まで~ (7, 0.5%)

3 つけて 1 つけ鼻唄, 丁寧に, 持って, 揃って

▼ 白粉~ (6, 0.4%)

1 がこれ, が云う, とか舶来, とてわざわざ, のが, 口紅といふ

▼ 白粉つけ~ (6, 0.4%)

3 て美 1 てどう, て住ん, て美し

▼ 白粉でも~ (6, 0.4%)

1 つけましょう牡丹亭, ふりかけたよう, 私の, 紅でも, 買えと, 買って

▼ 白粉やけ~ (6, 0.4%)

5 のした 1 の素顔

▼ 白粉~ (6, 0.4%)

3 のない 1 のない青白い, の無い, はなかつた

▼ 白粉~ (5, 0.4%)

2 気の, 気も 1 気は

▼ 白粉などを~ (5, 0.4%)

2 塗って 1 おつけなさる, なすって, 用いぬの

▼ 白粉という~ (4, 0.3%)

2 ものを 1 やつさね, 妙な

▼ 白粉との~ (4, 0.3%)

1 匂いが, 悪臭を, 老夫人, 関係の

▼ 白粉べつ~ (4, 0.3%)

4 たりと

▼ 白粉やら~ (4, 0.3%)

2 油やら 1 有る程, 衣裳に

▼ 白粉剥げ~ (4, 0.3%)

2 のした 1 の下, の女

▼ 白粉なんか~ (3, 0.2%)

2 つけや 1 持って

▼ 白粉にも~ (3, 0.2%)

2 及ぶめ 1 紅にも

▼ 白粉一つ~ (3, 0.2%)

1 つけたこと, 付けても, 塗らずに

▼ 白粉~ (3, 0.2%)

1 を出し, を引出し, を買う

▼ 白粉入れ~ (3, 0.2%)

1 をとり出した, をフタ, を伸子

▼ 白粉~ (3, 0.2%)

1 に冷た, の冷た, の着いた

▼ 白粉~ (3, 0.2%)

1 が見つかり, に小さい, をよく

▼ 白粉~ (3, 0.2%)

2 のした 1 がし

▼ 白粉~ (3, 0.2%)

1 によせかけ, や古手紙, をおき

▼ 白粉から~ (2, 0.1%)

1 一切の, 口紅行き届いた

▼ 白粉かん~ (2, 0.1%)

1 ざし桜香, ざし櫻香

▼ 白粉けの~ (2, 0.1%)

1 ない, ないさばさば

▼ 白粉こそ~ (2, 0.1%)

1 刷かれ, 濃く六年前

▼ 白粉さえ~ (2, 0.1%)

1 付けかねぬ程, 付けたお

▼ 白粉だらけ~ (2, 0.1%)

1 になった, の大きな

▼ 白粉つけた~ (2, 0.1%)

1 呆けが, 瞽女等に

▼ 白粉~ (2, 0.1%)

1 んざ塗る, んです

▼ 白粉なぞを~ (2, 0.1%)

1 代る代る取上げ, 塗って

▼ 白粉などは~ (2, 0.1%)

1 更につけず, 濃くも

▼ 白粉なども~ (2, 0.1%)

1 刷い, 用意する

▼ 白粉まだ~ (2, 0.1%)

2 らで

▼ 白粉よう~ (2, 0.1%)

1 なる白粉, なる純白

▼ 白粉ツ氣~ (2, 0.1%)

1 が無くなる, はありません

▼ 白粉~ (2, 0.1%)

1 塗ッテ貰イタイ, 塗抹セルガ如キ趣アリ長三四寸許新

▼ 白粉厚塗り~ (2, 0.1%)

1 の女實盛, の顏

▼ 白粉地獄~ (2, 0.1%)

1 で安価, といっ

▼ 白粉売り~ (2, 0.1%)

1 か, 麹売り

▼ 白粉工場~ (2, 0.1%)

1 で働い, に永年

▼ 白粉~ (2, 0.1%)

2 けのした

▼ 白粉~ (2, 0.1%)

1 に指, を拾うた

▼ 白粉~ (2, 0.1%)

2 の蜘蛛

▼ 白粉~ (2, 0.1%)

2 が垣根

▼ 白粉~ (2, 0.1%)

1 の頬, もかえって

▼ 白粉~ (2, 0.1%)

1 が五つ六つ火鉢, にも桜木町

▼ 白粉鳳仙花紫苑萩芒日まわり姫日まわり夏菊~ (2, 0.1%)

2 と秋

▼1* [99件]

白粉あぶらぎった面で, 白粉いれがピカピカ, 白粉何かの, 白粉かと胸戦かし, 白粉きわ立って赤く, 白粉ぎたない女達が鏡台, 白粉ぎたない雑然とした, 白粉ぎらいな彼女のこと, 白粉そうなっとる, 白粉ぐらゐ知つてらあ, 白粉けが移る気, 白粉こってりの女ども, 白粉これがデリカ, 白粉へ付けかねぬ, 白粉した殆ど血, 白粉じゃいろの, 白粉だけであった, 白粉だけはなすくつ, 白粉だしてもろうと, 白粉だの赤い油, 白粉っけなしの, 白粉っけのない顔, 白粉って何, 白粉っぽい物が, 白粉つけぬ顔に, 白粉つぼ釘に, 白粉でありましたから証拠, 白粉である所に, 白粉でございましょうか, 白粉ではなくて, 白粉とか何だかそン, 白粉とだけだ, 白粉とでべたべたに, 白粉とは縁の, 白粉とよりはわかりさ, 白粉なぞ塗って, 白粉なぞはちっともつけない, 白粉など撩乱の, 白粉などで薄く刷, 白粉などといふ皮膚の, 白粉なら肌色の, 白粉なんかは酸化亜鉛の, 白粉なんかをいやに, 白粉なんぞつけませんでしたよ, 白粉にはあるまじき色, 白粉ぬることも, 白粉はげのした, 白粉べたべたの洋装婦人, 白粉ほどそう云う, 白粉だらな, 白粉までも洗い落して, 白粉みたいに剥げかかっ, 白粉もてぬられたる女, 白粉よくお送りくだされた, 白粉よごれのした, 白粉らしかつた, 白粉らしい痕が, 白粉を以て我来也の, 白粉ッ気が多く, 白粉ッ気ひとつない顔, 白粉ツボへ指, 白粉ツ氣無しの疣尻卷, 白粉一トつ付, 白粉一壜買うにも, 白粉京紅で濃い, 白粉を渡し, 白粉以上なん, 白粉は塗りこくる, 白粉厚き皺づら, 白粉唐織珠釵子欲しい物, 白粉塗っちゃいまいも, 白粉塗らはつて, 白粉多く塗れる女等, 白粉嫌いの殿様, 白粉の主人, 白粉気さへない, 白粉汚れのした, 白粉淡く施したれば, 白粉濃い口紅公卿様の, 白粉と鍋墨, 白粉に毒薬, 白粉窶れをのぞかせ, 白粉笹紅の御, 白粉箱香水箱新聞古手紙毛糸の黒坊人形, 白粉細い手, 白粉紅まゆずみだらり帯, 白粉に紫光, 白粉臭く川柳の, 白粉臭アポツポドするエンタ物, 白粉落してギルビイ, 白粉落すと又, 白粉薄いが顔, 白粉襟垢の香, 白粉襷がけなるが, 白粉解くや掌, 白粉銀燭が長い, 白粉附けて來ん, 白粉附けんだんべかと, 白粉香料それからうたげ