青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「玄関~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~猶 猶~ ~猿 猿~ 獅子~ ~獣 獣~ 獨~ 玄~ ~玄関
玄関~
率~ 率直~ ~玉 玉~ 玉子~ ~王 王~ 王子~ 王様~ 玩具~

「玄関~」 6034, 62ppm, 1831位

▼ 玄関~ (1662, 27.5%)

98 方へ 50 戸を 39 前に, 扉を 25 ほうへ 22 方に 21 戸が 20 方から, 障子を 18 ベルが 16 ところで, ベルを, 方で, 格子が 15 呼鈴が, 式台に, 扉が, 格子を 13 扉の, 方を, 横の, 石段を 12 ドアを 11 間へ 10 前へ 9 ところに, 前で, 呼鈴を, 外に, 外へ, 格子戸を 8 ほうから, 前の, 土間に, 戸の, 扉は, 格子戸が, 間に, 間の 7 ほうに, 敷石の 6 わきの, ドアの, 中へ, 前まで, 外で, 式台を, 戸に, 扉に, 松

5 [14件] ほうで, ドアが, 中に, 傍に, 傍の, 土間へ, 式台へ, 戸も, 松の, 石の, 突き当りの, 間を, 障子に, 障子の

4 [21件] ところには, ところへ, ような, 三畳で, 三畳に, 三畳の, 処へ, 前を, 土間の, 式台の, 戸は, 方の, 柱に, 横に, 次の, 硝子戸の, 脇に, 脇窓から, 茶の間に, 間で, 障子が

3 [34件] あがり口, たたきに, つきあたり, ほうを, 三和土の, 上に, 上の, 下駄を, 両側に, 二畳から, 入口の, 入口は, 処で, 壁に, 外の, 大扉, 左の, 敷台に, 方が, 方へと, 書生が, 格子戸に, 横手に, 次の間に, 正面に, 石段に, 石段の, 衝立の, 鍵を, 間から, 間には, 隅に, 階段を, 隣の

2 [86件] あく音, あたりで, あたりに, ある方, こうし, そとに, ところから, とびら, ない家, わきに, タタキを, テーブルに, ドアは, ホールに, ホールへ, 三和土に, 上り口に, 上り框に, 二畳が, 二畳ぐらいの, 二畳に, 人声に, 側の, 傍なる, 入口に, 内側に, 円柱に, 前から, 前には, 向って, 呼鈴, 呼鈴の, 土間から, 壁へ, 声を, 外には, 大時計, 奥に, 女は, 室に, 左側には, 左右に, 広間から, 広間の, 広間は, 廂の, 式台には, 敷台へ, 方は, 方まで, 書生の, 書生は, 東側には, 板の間に, 板の間の, 板戸が, 板敷に, 柱の, 格子の, 植込の, 横手の, 次が, 正面の, 沓脱ぎの, 沓脱には, 火鉢の, 真中に, 窓から, 継目の, 締りを, 襖の, 近くまで, 重い扉, 開く音, 間が, 間と, 間は, 閾を, 隅々を, 階段に, 障子から, 隣に, 隣りの, 電燈の, 靴脱ぎ, 馬鹿気て

1 [487件] あいだの, あいだを, あかり窓を, あく音が, あく音に, あたりを, あるいわば, ある別, ある家, ある白い, うす明り, うす暗い灯, かきがねを, かぎを, かたえ, かんぬきは, くつぬぎ, くもり硝子, くらがりでお母さん, けたたましい叫び, ことか, さまは, しまり, すぐ側, すみに, そで垣の, そとで, そとへ, そとまで, そばの, たたきの, ぢき, つきあたりに, つづきは, とこの, ところかいたら, ところの, ところまで, ところ廊下等順に, なかでさえ, なかへ, なげしの, はうへとと, ふみ段まで, ほうからは, ほうへと, ほうも, まえに, まえには, まえの, まへで, まへに, まへの, まわりを, まん中に, やうな, ようであった, ような青ざめた, ように, わきから, わきでした, わきには, わきのだ, わき枝折戸を, わき間を, をはがし, カマチと, ガラス戸が, ガラス戸を, ゴシック風の, スリガラスを, スリガラス戸の, スリッパに, タタキに, テラスから, テーブルの, ドアに, ドアも, ドアーを, ブザーが, ヘドでも, ベルの, ホールから, ホールの, ホールを, ホール迄, ボーイが, ボーイどもが, ポーチまで, マットの, 一室に, 一寸角の, 丁度右寒竹が, 三畳から, 三畳それに, 三畳での, 三畳まで, 三畳を, 三畳間であった, 三畳間を, 上がり口の, 上り口で, 上り口では, 上り口へ, 上り框の, 上り框へ, 上り鼻に, 上段には, 下駄箱が, 両わき, 両側には, 両方へ, 中から, 中では, 中の, 中間に, 丸の内一帯は, 事だ, 事情を, 二畳の, 二畳へ, 二畳勝手に, 人かげの, 仕切りに, 代りに, 侍が, 供へ, 供待ち部屋へ, 側に, 側を, 側部屋で, 傍には, 傘戸棚の, 傘立ての, 先に, 先は, 光景が, 入り口が, 入口で, 入口まで, 入口右側に, 八畳で, 六畳の, 内が, 内で, 内に, 内へ, 内部, 内部を, 処まで, 出入りにも, 出入りの, 出入口と, 出口で, 出窓へ, 前において, 前庭へ, 半ばまで, 卓子に, 厚いドア, 厚い扉, 厚い硝子戸, 取りつき, 取次を, 取次番に, 受付へ, 口に, 古い馬車, 古ぼけた格子扉, 右に, 右傍に, 右手が, 右手に, 右手の, 右手は, 右手扉を, 号鈴が, 合鍵は, 合鍵を, 名前の, 呼びりん, 呼び鈴が, 喫煙場で, 噴井戸へ, 四帖に, 土間からは, 土間が, 土間で, 土間は, 土間らしい, 土間を, 土間近くにまでも, 場は, 壁にも, 壁の, 壁越に, 壁際に, 声に, 夕暗, 外, 外から, 外まで, 外までも, 外套かけの, 大きい下駄, 大きい硝子戸, 大戸が, 大戸は, 大火鉢, 大鏡, 大障子, 天井から, 天井が, 太い黒光り, 夾竹桃も, 奥, 奥の, 奥へ, 子供, 客は, 室が, 室との, 室の, 寄付きが, 小侍, 小廊下, 屋根の, 屋根を, 左に, 左には, 左側に, 左右から, 左右には, 左右の, 左手が, 帳面には, 帽子の, 広い前, 広場に, 広間に, 庇に, 庇は, 床は, 座敷に, 座敷周囲には, 廂に, 廊下から, 廊下の, 廊下へ, 式台でも, 式台と, 式台らしい, 式台前で, 式台玄関脇には, 引戸を, 張札を, 彼らの, 往来を, 御箱壇, 応答に, 戸口で, 戸口に, 戸締まりする, 戸締りも, 戸締りを, 所で, 所に, 所を, 扉がば, 扉と, 扉へ, 扉口に, 手入れを, 手紙受け, 折釘に, 掲示場の, 揚板の, 敲土に, 敷台が, 敷台の, 敷台まで, 敷台を, 敷居の, 敷居を, 方からの, 方でし, 方でした, 方なんぞも, 方にて, 方には, 方へでも, 方へは, 方向から, 方角じゃ, 方角に, 方角らしい, 日当りの, 昇降口まで, 明くベル, 明りに, 時計の, 時計は, 暗い土間, 暗い灯, 暗闇の, 書生さんに, 書生さんは, 書生さんや, 書生に, 書生も, 本物の, 来客の, 来客を, 松で, 松な, 松に, 松も, 松飾と, 板敷へ, 板間に, 柱列には, 柱列や, 柱時計が, 柱時計は, 格子という, 格子には, 格子は, 格子へ, 格子口へ, 格子戸から, 格子戸さえ, 格子戸の, 格子戸へ, 框に, 框の, 棚の, 椅子の, 植込に, 植込みへ, 構とが, 構へを, 様子が, 様子で, 様子も, 様子を, 横から, 横手あたりまで, 横手から, 欄間まで, 次ぎの, 次には, 次の間から, 次の間の, 次第に, 正反対側, 正面には, 正面は, 死人の, 死体が, 死体を, 段々を, 段で, 段に, 気持, 沓脱, 沓脱の, 泥だらけの, 泥の, 火に, 灯火が, 燈に, 燈を, 片隅切っ, 物置棚の, 状況が, 玉砂利を, 瓦斯の, 用人部屋の, 用心棒連が, 畳が, 畳の, 畳へ, 直ぐ右, 看板で, 石段と, 石段は, 石畳に, 石畳には, 石畳の, 石階を, 砂利の, 破れ障子が, 硝子戸に, 硝子戸には, 硝子戸を, 硝子格子に, 硝子格子を, 硝子障子の, 空気の, 空気は, 突き当りで, 突当りが, 突当りに, 窓へ, 窓までの, 窓掛が, 端に, 籐イスに, 緋の, 締りが, 縁側を, 者でございます, 脇にあたる, 脇の, 脇間から, 脇間の, 自動開閉ドアの, 若ざむらい, 茶の間で, 茶の間の, 落ち葉の, 薄暗い所, 薄暗がりの, 蛇腹は, 表に, 襖が, 襖を, 襖紙に, 見えるところ, 見附き庭, 角の, 話を, 豪華を, 踏石の, 踏石へ, 蹈段の, 車寄せの, 軒下に, 軒灯を, 辺りに, 近くに, 遠あかり, 鋪石の, 錠を, 鍵は, 鍵一つで, 鍵穴に, 長い廊下, 長四畳, 開いてた障子, 間では, 間といった, 間にだけ, 間へと, 間まで, 間突き当っ, 間越しに, 関所その, 関所を, 閾際に, 隅で, 隅には, 隅の, 階段の, 階段は, 隣りに, 隣りは, 雨戸に, 雲壁に, 電灯が, 電灯は, 電燈が, 電燈ともし, 電燈は, 電燈を, 電鈴が, 電鈴処置に, 露台に, 静かに, 靴ぬぎ, 額も, 食卓には, 馬車まわし, 騒ぎが, 騒ぎに, 騒ぎを, 黒くよごれた

▼ 玄関~ (992, 16.4%)

69 出て 53 立って 25 出た 13 立った 10 出る 9 立つて 7 出ると, 来て, 立つと 6 横づけ, 立った時, 置いて 5 かかると, 人が, 出迎えた, 待って, 現れて, 立ったまま, 腰を 4 なって, 着いた, 行って

3 [19件] がんばって, もどって, 佇んで, 入って, 入ると, 出で, 出迎, 出迎えて, 女が, 姿を, 当って, 来た, 案内の, 現れた, 着くと, 立ちました, 膝を, 走り出た, 送り出して

2 [59件] あらわれて, いた, かかりました, かけあがつた, ついた, つっ立ったまま, つっ立って, 一人の, 上がって, 上って, 並んだ召使達, 乗りつけた, 人の, 佇んだまま, 入った時, 入つて, 出たの, 出た時, 向って, 女の, 寝て, 居た頃, 居るの, 引返して, 待たして, 投げ込まれた, 抛り込んで, 持って, 揃えて, 於いて, 来たとき, 来ると, 桐の, 横付に, 横着に, 残って, 比べて, 灯が, 着いて, 私は, 私を, 立ったの, 立つた, 立つた時, 脱ぎ棄てた下駄, 行き庫裡, 見送った, 誠太郎の, 足を, 足音が, 車が, 車を, 辿りついた, 迎えた, 這入ると, 通じて, 錠を, 鍵を, 飛び込むと

1 [552件 抜粋] あかりが, あがると, あった地下足袋, あった車, あつた, あらわして, あらわれた, ある大きな, あんな足袋, いたところ, いたん, いた書記たち, いなかった, いらっしゃる時分, いるの, いる勘三, いる大きな, いる年, いる時, いる給使, うずくまって, うずくまり言葉つき, うなだれて, うろついて, おいでな, おとなう声, おりますの, おろしければ, お出迎え, お坊さん, お客が, お待ちでございます, お着き, お立ちに, お酒, かかった, かかった時, かかった老人, かかって, かかりましたが, かかる, かかる右側, かかれる山木, かけだして, かなり立っ, きたない薩摩下駄, くらべると, ころがって, さしかかったとき, さしかかった時, しばしばウォルタア・スコット, しばらく立つ, しゃがんで, すぎないかも, すすみ入口, すてたまま, すわって, そなえつけて, たちベル, たち現, たった一つ, たって, たどりついて, だれか, ちゃんと切符, ちゃんと討入, ちょこなんとすわりこみ, ついて, つくまで, つく妻, つく迄の, つけて, つけられないの, つっ立ってる私, つつましく腰, つづいて, つづく並木道, つづく広, つながした, つるして, でて, とびだして, とび出した時, とび出して, とまりました, ともして, どこか, どなたかいらした, どやどやと, なぜだ, ならんで, なります, ぬッ, のっそりと, のぼりました, のめり込んだ, はいった, はいりその, はり紙を, ひとりの, ひょっくりその, ぶら下った夢, へたばり婆, へた張った, ほんのりと, ぼんやり屈ん, ぼんやり立っ, まはり, まばらな, まわって, まわつたと, まわりて, もう田舎出, やって来た, ゆかずしをり戸, ゆき靴, ゆく中途, ゆく間, よく小, よし子が, よろけこむと, スーツケースを, ニュッと, ファラデーの, ベルの, ボーイが, ランプの, 一台の, 一杯湛え, 一足踏み込む, 上がっても, 上がる時, 上ったが, 上つてゐた, 上つて居た, 上て, 上りかけたとき, 上りかけて, 上りこむなり, 上り物蔭, 上る時, 下駄が, 下駄の, 下駄を, 不気味な, 両手を, 並べて, 並べられた下駄, 並べられてる下駄, 並んで, 乗り着けたんで, 二人女が, 五六人ずつ, 五六人の, 人声が, 伝はらない, 佇めば, 住込ん, 何用あっ, 例の, 俥夫の, 倒れた屋敷, 倒れると共に, 停った, 停って, 備えて, 入った, 入ったときヴェール, 入った五十年配, 入りしに, 入り来る人々, 入るが, 出かかると, 出した行李, 出して, 出たお, 出たが, 出たら, 出た妻, 出た様子, 出た賀来子, 出づれば, 出ながら, 出るので, 出候, 出揃った廊下, 出迎い, 出迎えたの, 出迎えた女中, 出迎えぬので, 出迎える筈, 出迎え直ちに, 刑事さんが, 列べられたは, 到ると, 到るに, 到着しました, 厠で, 又右衛門が, 友人夫婦と, 叔母の, 取って返した, 取り次ぎに, 取次が, 向いて, 向った正面, 向つて忍び, 吸ひ込まれました, 呼出すから, 呼声, 呼鈴は, 和一郎の, 唐沢氏の, 地下足袋を, 坐って, 墨絵の, 壇を, 夕刊の, 夢にさえまで, 大きい金庫, 夫を, 女下駄, 女中たちの, 女房清を, 妙な, 学生の, 寄つた, 寄りぬ, 小さい古びた, 少女の, 居ただけ, 居たままきもの, 居る書生, 屍骸が, 山を, 岡田禎子が, 平伏した田崎, 廻って, 式台作りで, 引きかえした, 引きかえし入り口, 引きずるよう, 引きも, 引返した, 彼等を, 待たされる, 待たせて, 待ちあわせて, 待ちうけて, 待ち合わして, 待つて, 待つ野明さん, 御免なさい, 御出迎え, 御返事お待ち申し, 忍び寄つたの, 急が, 意外の, 打ち違えた国旗, 投げ込まれた数多い, 投入し, 押しかけるという, 担ぎ卸されるの, 持込んで, 捨てて, 掛かると, 掛りまして, 控えて, 掲げた看板, 改まって, 敬, 新しいエナメル, 新聞を, 旅の, 日章旗を, 書生さんが, 書生を, 最大の, 木剣刺叉袖がらみを, 条約励行論者が, 来たが, 来た三人, 来た人, 来りて, 来客が, 来訪を, 枯れ木の, 案内を, 槍が, 横たえて, 横づけされた, 止った二台, 止まった, 止まって, 正三, 歩いて, 残ったが, 段々の, 母と, 母の, 泣き伏し, 泣き伏して, 注がせた, 浴衣の, 消ゆる, 淀君さんが, 灯りが, 片岡八郎と, 物音が, 狗を, 現はれ, 現れ, 現れた時, 現わし, 現われた, 現われたその, 現われて, 現われると, 現われるや, 男下駄と, 畳んで, 畳表の, 百号の, 真っ赤な, 着いたとき, 着いたので, 着きました, 着きました時, 着き半蔵, 着こうと, 着座し, 私の, 積み重ね来訪, 突かれて, 突ったった, 突っ立っ, 突っ立った, 突つ立つた, 突ツ立つ, 突ツ立てば, 突立って, 立たされて, 立ちさっき, 立ちし主人, 立ちすくみます, 立ちはだかったまま, 立ちはだかって, 立ちはだかりさっき, 立ち出, 立ち塞がったり, 立ち止まって, 立ち現れたところ, 立ち落ちついて, 立ったため, 立ったまま細君, 立ったまま袴, 立ったり, 立った彼女, 立った時私, 立った若い, 立つたが, 立つた人, 立つた頃, 立つ人, 立併びていずれも, 立出た, 立向い戸を, 立番し, 続いた応接間, 続く六畳, 続く座敷, 置いた弓張提灯, 置いた靴, 置かうと, 置かれて, 置きっ放し, 置く壺, 美緒の, 聞いて, 聞えた, 聞こえた時, 背の, 脱いで, 腰うちかけ, 自動車で, 自転車を, 至るまで, 舁ぎ据ゑた駕籠の, 草鞋を, 荷物を, 行きたちまち, 行きなさい, 行きました, 行きまた, 行き得るよう, 行き復玄関, 行く, 行った, 行ったの, 行て, 見えられましたので, 見せ部屋, 見て, 見送った後, 見送らせたまひ, 見送りました, 訪う人, 訪う声, 訪なう, 訪ふ, 訪れた人, 訪れて, 訪問客が, 訪問客を, 設えられた桟敷, 詰めて, 誰も, 警視庁の, 貼つてあつ, 走せ出, 走り寄っ, 躍り出した, 車の, 転げ込んで, 辿りついた時, 辿りつく, 辿り着くと, 迎えたところ, 迎えに, 迎えるの, 迎えるよう, 迎へた私は, 迎へに, 近いので, 近い一方, 近い三畳, 近い中廊下, 近い事務室, 近い小座敷, 近い廊下, 近い応接間, 近い溜り, 近い石, 近い部屋, 近づいて, 近寄った勘定, 送って, 送り出した, 送り出したその, 送り出した時, 送り出しながら, 送り出すと, 送り出でし宮, 送り届けるという, 送り込むまで, 這入った瞬間, 這入って, 通じる石畳, 通じ西, 通ずるコンクリイト, 通ずる広い, 通った, 通り御礼申, 進んで, 運ばせて, 運んだ, 配りました, 関を, 関所が, 降りんとして, 降ると, 降ろされるまで, 隣つた職員室の, 雨止みを, 面したドア, 面した木戸, 靴音が, 音が, 音ずれる, 音なう, 響くと, 頭を, 顔を, 飛び上がった, 飛び出したり, 飛び出して, 飛び出そうと, 飛び込んで, 飛んで, 飛込んで, 飾って, 首の, 馬車が, 馬車の, 駈けあがるの, 駈け付けて, 駈け寄って, 駈け込んで, 駕籠が, 鳴雪翁が

▼ 玄関~ (719, 11.9%)

129 出て 28 出た 14 出ると 10 はいって, 来て 9 入って 8 飛び出して 6 出る 5 かかった, かけて, 来ると, 立って, 行って, 送って 4 あがって, かかって, とびだして, 往って, 横付に, 歩いて, 顔を, 飛び込んで

3 [11件] いって, かかると, 下りて, 入るなり, 来たとき, 着くと, 立つて, 立つと, 降りて, 飛び出した, 飛んで

2 [33件] おりた, おりると, かからずに, かかりました, かけだして, かけるの, でて, はいった, まわった, 上るや, 下りた時, 入った, 入ると, 再び降り, 出かけて, 出ながら, 出ました, 出ようと, 出るの, 向って, 廻って, 引っ返して, 戻って, 掛り, 立ち現れた, 行きつくまでに, 行った, 足を, 送つて, 降りた, 飛び出しました, 馳け, 駈け込んで

1 [344件] あが, あがった, あがりかけたの, あがると, あげて, あつまるよう, ある夜西瓜, いき履物, うつしだすと, おきっぱなし, おで, おみやげを, おりて, おり立ち七十郎, お出, お出迎い, お吐き, お抱え然, かかったところ, かかったの, かかった時, かかり一封, かかり丁寧, かかり中, かかり茅野雄, かかるの, かかろうと, かけあがって, かけだしました, きたばっかりの, きたよう, きた時, きて, こう喚きこんだ, こう訪, さしかかった時, その姿, その若い, それは, たどりつくと, だれか, ついた, つかつか行っ, つっ立ったまま妹達, つづいて, つづく砂利, つひぞ見知らぬ, でた, とびだした, とび出して, のぼって, はいっただけ, はいったばかり, はいった時, はいると, はいろうと, へんな, まいり, まはつ, まわった方, まわって, まわつて, まわれば, むかった, もし生徒, もって, やってきました, やって来ると, ゆきさらに, サッと茶の間, ソッとおい, 一人の, 一団の, 上がって, 上がらうと, 上がりそこで, 上がろうと, 上った, 上って, 上つて行つた, 上りかけると, 上り外, 上ると, 上る石段, 上る階段, 下りたが, 下立つと, 両手を, 乗りつけた, 乗りつけるらしい馬車, 乗りつける必要, 乗り込んで, 今しも, 今云った, 何か, 例の, 保子が, 保管を, 俥が, 入ったの, 入らうと, 入りその, 入れずお前, 入ろうと, 円卓子を, 出かかると, 出して, 出たとき, 出たの, 出たら四人, 出たら背, 出た北原ミユキ, 出た取次, 出た時, 出た時分, 出た私ども家内, 出ますが, 出ますと, 出ますわ, 出むかえて, 出られますもの, 出られませんでしたの, 出られるの, 出るドア, 出る戸, 出る扉, 出る訳, 出張する, 出御あっ, 出迎えさせた, 出迎えた小間使, 出迎えて, 出迎えるの, 出迎える細君, 勅使を, 医者を, 去らせた, 参ってから, 参りますとね, 取って返した, 取って返して, 取って返そうと, 取次いで, 受け取りに, 同心の, 同様な, 向つて, 呶鳴り込みました, 回って, 執こく, 堂々と, 声が, 外套を, 大きなトランク, 姿を, 寝かすわけ, 寝た, 導かれて, 小田島が, 小走る, 履物を, 差かかると, 差しかかった, 差しかかったの, 差しかかった時, 帰ったの, 廻させるから, 廻して, 廻らずに, 廻ると, 廻れ, 廻れと, 廻れ玄関, 式台へ, 引きずり出して, 引きよせて, 引き返した, 引き返しながら, 引っかえし, 引込んだ時, 張つたのです, 往きましたが, 御礼の, 忍び込み光子, 忙中謝客の, 応対に, 怪しげな, 懐手し, 戻ると, 手を, 打ち倒れるの, 打水し, 投り込む, 押し出て, 招じ入れた, 持って, 挨拶に, 据えつけた, 掛って, 掛つて, 掛つて甚, 揃ったらしく騒がしい, 書生が, 来たよう, 来た三人, 来た人, 来てから, 来てからの, 来る, 来る道, 案内し, 槍を, 横に, 横附け, 歩み入ると, 殺到しました, 消えたに, 滑り込むと, 父の, 片足下しかけた, 現れた, 現れたの, 現れる前, 瓢箪を, 着きました, 知らせに, 石を, 禿頭を, 私が, 私を, 突っ立っ, 立ち, 立ちかけた, 立ち出で, 立ち出でた, 立ち切れなかった, 立ち尽したもの, 立った, 立ったの, 立った者, 立つこと, 立てるだろうか, 立出で, 米友さんと, 続いて, 続く薄暗い, 繰り出した, 置いて, 置きばなし, 背を, 脱いで, 腰を, 自慢で, 舁ぎ出された, 行かれました, 行きついて, 行くと, 行くまでに, 行くまでの, 行ったが, 行ったら出て, 行つ, 行つた, 行つて北村さんに, 行李を, 見に, 見送って, 訪れると, 誰か, 貼ったり, 貼り出した, 走って, 走りこんだ, 走りだしたが, 走り出して, 走り出て, 走り見るからに, 踏み込んだ, 躍り出た, 車を, 転げ込んだ大, 辿りついた, 迎えた京野等志, 迎えに, 迎へる, 近くの, 送つて出, 送つて行, 送り出したの, 送り出したばかり, 送り出して, 送り出すと, 送り出るも, 送出し, 逃げた, 逃げ出し腹, 這入り階段, 通されるか, 通じる扉, 通じる階段, 通すと, 通った, 通りゃいい, 連れ込んで, 進んだ, 運ばれて, 運び込むと, 運んだ, 釘つけ, 鉄砲玉の, 降りた時, 降りる, 集まって, 雪駄を, 頭を, 頼む, 顕れた女中, 飛びこんだの, 飛びだして, 飛び上, 飛び上がった, 飛び出した先生, 飛び出した迷亭, 飛び出し半, 飛び降りて, 飛出しました, 飛込んで, 馬車を, 馳せつけました, 駆けて, 駆け込んだの, 駈けこもうと, 駈けこんだ気配, 駈けこんで, 駈けつけて, 駈け上, 駈け上った, 駈け出しそこ, 駈け出しました, 駈け出て, 駈け出ると, 駈込み下駄, 黒い背広, 龍然

▼ 玄関~ (425, 7.0%)

24 出て 20 出た 11 はいって, 入ると 9 出ると 8 上ると, 出ようと 7 上がって 6 上った 5 はいると, 上って, 入って 4 あがって, 下りて, 這入ると, 通って

3 [11件] あけた, あけて, はいれば, ガラリと, 入るとき, 出たの, 出る時, 訪れた, 通り抜けて, 開けて, 開けると

2 [24件] あがった, あがると, あがるなり, あける音, おりて, ちらと, はなれると, 下りた時, 入った, 出がけ, 出たが, 出た途端, 出てから, 出るとき, 右に, 張って, 抜けて, 構えて, 横切って, 知つてゐる, 見ると, 通らないで, 降りて, 飛び降りると

1 [209件] あが, あがりそこ, あがりそろそろ, あがり書斎, あけさせまつ, あけたら厚い, あけたら赤ちゃけた胴, あけても, あけようと, あけると, あけ無我夢中, あずかる下っぱ, おとずれて, おとずれ口々, お上り, お出ましに, かけて, かこんで, がちゃがちゃと, がっしりと, がらっとあける, くぐった, くぐるなり, こしらえるよう, さがして, さわがして, さわがせたあの, しめて, しめてから, しめること, そっとあけ, それ暗い, たかだか蠅, つき合せて, つけたの, でたとき正午, でると, とり巻いて, どうぞお, ぬけて, のぞいた, のぞいただけでも, のぞいて, のぞき庭, のぞき込むと, のぼって, はいった, はいったの, はいった時, はいってから, はいり戯, はいるころ, はいるや, はぎ合わせたり, はだしの, はなれる音, はり出して, ひきずり歩, ふさいで, ガラッと, ドンドンと, ピッタリと, 一段ずつ, 一足は, 丁寧に, 三人が, 上が, 上がった, 上がる, 上がると, 上がるところ, 上がるまで, 上ったところ, 上った処, 上つ, 上つた処は, 上つて奥へ, 上つて左手が, 上つて左手すなわち, 上るか, 上るが, 上るや, 上る時, 上ッて, 下りようとして, 下りると, 中心に, 乗り切つて, 乱暴に, 作ったの, 作れるの, 光の, 入ったところ, 入った廊下, 入った所, 入つた, 入つたとき, 入つて, 入つて左, 入り右手, 入るなり, 入るの, 入ろうと, 兼ねた撞球場, 出かかった時, 出すぐ, 出たあと, 出たり, 出た時, 出た智恵子, 出ました, 出るなり, 出るまで, 出るシーグフリード父娘, 出る時急, 出れば, 午後十一時頃に, 外から, 夜に, 大きく描いた, 奥には, 奥へ, 始めすっかり, 広大に, 引くるめ, 引開ける, 張ツて, 往復し, 待機所に, 感歎し, 抜け叔父, 挾んだ左右, 掃除し, 探して, 控えて, 敲いた, 明ける方法, 案内を, 構えてる医者, 構へ, 構わずに, 横に, 横過つ, 泥靴の, 清掃し, 激しくノック, 眺めて, 眼の, 磨いた医師, 空けッ, 突っ切ると, 窺って, 立ちいでました, 立出で, 継ぎ建てて, 綺麗に, 締めそれから, 締めて, 見つけた, 見まわして, 見張って, 覗いて, 覗かれるよう, 覗き込んだ, 訪れて, 訪れるでございましょう, 訪れる者, 警戒し, 越え校長室, 距て, 距てて, 跨ぐと, 跨ぐべき次, 踏みだして, 辞したるもの, 辞去した, 辱しめる, 這入って, 這入り飛び立つ鵜図, 通して, 通りすぎた, 通りながら, 通りぬける, 通り抜けたその, 通り越して, 通ると, 通過し, 通過する, 造ること, 鎖し臨検, 閉めに, 開けずに, 開けた, 開けた時, 開けっぱなしに, 開けるから, 開け拡げて, 降りぎわ, 隔てた向側, 隠して, 頻りに出, 飛び交うサヴォイ, 飛び出したの, 飛び出した後, 飛び出して, 飛出した, 馳け, 駈け上つて中, 騒がせるもの

▼ 玄関から~ (367, 6.1%)

20 出て 7 外へ 6 入って, 案内を 5 座敷へ, 表へ, 門の 4 奥へ 3 はいって, 一人の, 上って, 大きな声, 門までの

2 [22件] あがって, きこえた, でなし, はいった, はいらず庭先, まっすぐに, 一直線に, 上に, 下駄を, 台所まで, 土間へ, 堂々と, 声を, 外に, 帰って, 座敷に, 直ぐに, 私の, 訪れて, 迂回し, 門への, 門野に

1 [250件] あが, あがると, あがれないと, あきらかに, あわてて, おいでに, おくへ, おとなう, お入り下さい, お帰り, お座敷台所雪隠まで, お部屋, かかって, ぐるりと, ここまで, この人の, この声, ころげ込むよう, こんな対話, さっきの, しのび込むよう, じゃ大業, すぐに, すべりだした, すべり出すと, するりと脱, ずっと不浄筵, そっとあがっ, その部屋, それを, でなくとも, では, でようと, とび出した, どかどか二階, なかへ, なだら上り, のこのこ家, はいったらその, はとの, ひきかえすと, また内部, また同じ, まつすぐ, まる見え, もう貰い泣き, やってくる足音, やって来た, ジュウタンを, ズカズカと, ズカズカ中へ, チヨビひ, ドンドン出, ホールを, ヴヴノワ一人の, 一と, 一歩踏み出し, 一種慨然たる, 一間置いた, 丁度五間程の, 七瀬と, 丈の, 上がって, 上がりこんで, 上ったから, 上ったので, 上つて奥の, 上つて来た, 上つて来る, 上つて行く, 上へ, 上りたがる彼女, 上りながら, 上りも, 上り具合と, 上ること, 上ると, 下男が, 下駄ば, 中の間に, 中へ, 二た, 二十歩ほどの, 二部屋と, 五六人の, 人の, 俥に, 俥を, 借金取りが, 入らなかったと, 入り直して, 六畳の, 冬の, 出し最後, 出た, 出なかったと, 出ようと, 出ると, 出掛けたあと, 前庭へと, 勝手の, 勝手馴れた, 匂って, 匍匐し, 又二階, 取って返したお, 受付の, 台所の, 右へ, 名刹の, 呼ばれたので, 回るべきの, 図書館わきの, 坐敷, 声かける, 夕暗, 外を, 夜霧の, 大勢の, 大広間は, 大跨, 奥の, 奥へは, 女中が, 客間へ, 家の, 家材道具が, 居間へ, 屋敷の, 左へ, 左手の, 帰つて来ました, 帰りの, 座敷まで, 庭に, 庭の, 庭前かけ, 庭木戸を, 廊下が, 廊下へ, 建物に, 建物の, 廻って, 引っぱり込まれた, 引張り出したまま, 引返した千種十次郎, 引返しました, 引返すと, 影法師の, 御門までの, 応接を, 怒鳴りました, 怒鳴り込む奴, 怒鳴り込んだの, 怒鳴り込んだもの, 急に, 怯めず臆, 戻って, 戻つて, 手を, 押し入ったもの, 掃除に, 接待そして, 控室を, 故人の, 教員室へ, 新子は, 新市街, 旅行鞄と, 暗い門, 朝日の, 来た, 来るという, 来る人, 来る筈, 次ぎの, 次の, 次の間を, 欺し, 正当に, 正面に, 此処まで, 歩道までと, 流れ込んで, 物々しく武者修行, 狭い廊下, 用人に, 畳廊下を, 畳敷き, 病室へ, 真っ直ぐに, 真つ, 真直ぐに, 真直に, 真直食堂に, 知らせて, 立ちもどる, 竹村は, 続きの, 縁側まで, 聞えて, 自分の, 自動車が, 若い女, 茶の, 茶の間へ, 茶の間を, 荒々しく戻っ, 街へ, 表に, 表の, 裏の, 裏庭の, 見舞人の, 訪れた若き, 訪れないこと, 誰か, 講堂書斎へ, 走り出して, 走り出しました, 走り出て, 足音が, 追い返す, 送りだして, 逃がしたという, 這入って, 這入ると, 逞しいロシア婦人, 道場へ, 部屋部屋の, 長い廊下, 長廊下, 門にかけての, 門まで, 門口へ, 闇の, 障子を, 靴で, 音なう, 響いた, 顔を, 飛び出した, 飛出しました, 飛込んで, 食堂へ, 馬車に, 駆け出して, 駈け込んで, 高い窓, 黙つて

▼ 玄関~ (322, 5.3%)

11 靴を 6 呼鈴が 5 待って 4 案内を 3 ベルが, 声が, 彼は

2 [23件] さう, わしの, 一人の, 下駄を, 二度目の, 卒倒なすった, 取次の, 呶鳴っ, 大きな声, 山の, 帰って, 暫くラジオ, 殺した死体, 紳士に, 給仕に, 自分の, 自動車を, 草履を, 草鞋を, 貴君に, 車を, 門野が, 靴の

1 [241件] いいから, いい入れた, いい劇団, うんと声, お尋ねなさい, お帰り, お待ちに, お目, お酒, がたっと自転車, げた箱から, こっそり口止め, こんなこと, ごめんなさいという, さういふ注意, しょんぼりし, じっと姉, すぐに, そう申し, その光景, その左奥, その帛紗づつみを手首, たって, ちょっと, ちょっとためらっ, ちょっと儀礼, どんな真似, なにか言っ, なにやらいい, ぬぎながら, はっきりいわっし, ひそひそ話してる, ひろ子は, ぽかんとし, またおとなう, また中年, みた彼, やはり薬, よく見た, ウララ夫人を, オートバイの, オーヴァシューズを, カチ合った, ガチャ, キョロキョロし, シンケン, ター坊に, チラリと, ニキタに, パーヴァに, ベルの, ベルトルトに, 一壮漢の, 一寸お目にかかり, 一寸物を, 一目見た, 一瞬間立止っ, 中井夫人に, 中腰で, 丸山さんに, 主人公と, 争って, 二三人の, 二三度叫んだ, 二重廻しを, 亭主に, 人の, 人声が, 令嬢と, 休んで, 会ったよそよそし, 会った女, 会った時, 何やら低, 何度御免と, 何者にか, 何辺も, 先生は, 全部の, 出口の, 刀を, 刀自も, 別れぎわに, 別れたの, 別れる時, 勉強を, 千本格子の, 千種に, 博士を, 取交された, 受付を, 古びたよれよれ, 叩頭を, 右端が, 同じやう, 呼ぶ声, 呼んで, 呼鈴を, 問いあわせて, 喰いとめて, 塞がれて, 塾長と, 外套へ, 外套を, 大分呼んだ, 大声に, 失礼すれ, 女の, 妙齢の, 妻が, 姉千登世の, 始めて, 帰らうと, 帰りかけて, 帰るつもり, 帰ろうと, 帳簿の, 帽子と, 平突, 引っくり, 引っ返し河岸, 張の, 彼女が, 彼女は, 彼等が, 待たされるかを, 待たせた俥, 待たせないよう, 待ち構えて, 待った, 待つて, 御待ち兼ねで御座んす, 忘れ物を, 応対する, 怒ったなり, 怒鳴ても, 急に, 懇請した, 我鳴り立ておった, 手と, 手塚と, 押問答の, 拭き掃除を, 挨拶し, 挨拶だけ, 揉み合って, 断られて, 早口に, 是公が, 最後には, 朝刊を, 来たこと, 来訪者と, 来賓の, 柴田外記と, 案内嬢から, 次の, 次郎が, 止められた, 殺ったの, 母の, 母親が, 母親と, 毛皮の, 泣き崩れた, 洋傘の, 渡すだろうじゃ, 演奏させ, 激しい喧嘩, 犬の, 用事を, 甲斐は, 留った, 病室附の, 睨み合って, 私が, 私たちが, 私に, 私の, 私は, 立ち話だけに, 立ったまま, 立ったまま来意, 立停り, 竹草履に, 笹島先生と, 籐の, 絵葉書などを, 緋娑子さんを, 編上げの, 聞える, 聞けば, 聞こえた, 脱いたの, 脱いで, 脱ぎすてて, 膝を, 自転車の, 致します, 若い女, 若い白ヘルメット, 若先生, 藁草履を, 見たの, 見た三足, 見た女みたい, 見掛けた世話人, 見送って, 言ったが, 訊いた, 訪う声, 話して, 誰か, 誰かが, 誰やらが, 豹吉たち青蛇団を, 賑わって, 追いかえすなどは, 追い帰したので, 追い返されて, 追つ, 追ひ, 追付いて, 送り出して, 逢った彼, 逢つた彼の, 過失で, 配達者から, 酒の, 酒を, 長々と, 門番が, 開いた千歳, 降ろされると, 陽子を, 面会の, 頼むと, 顔を, 馬を, 駒を, 黒襟の

▼ 玄関まで~ (266, 4.4%)

41 送って 14 出て 5 送つて 4 つづいて, 出た, 見送って, 迎えに 3 来て, 来ると, 歩いて, 見送つて, 送り出して

2 [17件] でも, 二十間ばかりの, 出迎え, 出迎えに, 彼を, 来た時, 歩きながら, 行って, 見送った, 見送りに, 追っかけて, 送られた, 送りだした, 送りに, 送り出した, 飛び出した, 駈けて

1 [141件] あたりを, あって, あるは荘厳, いきなりお, いそいそとして, おいでに, おくりました, およそ愛宕山, お送りし, お送りしよう, お送りに, すべて閉じ, ずっと見事, そのひと, たどりつきそのまま, だらだら下り, ちょっとお, ちよつと, ついて, つれまして, で庭, とび出しました, のこのこ出, のぞいて, やっては, よく通っ, わが子を, タクシーを, 一と, 丁寧に, 三歩です, 下りて, 主馬, 乗りつけた, 乗りつけたの, 乗り付けて, 二キロ以上ある, 二間ほど, 侵入し, 八間は, 出さしましたが, 出たが, 出たところ, 出でたる身, 出ました, 出張って, 出待って, 出迎, 出迎えた, 出迎えた寿女, 出迎えた部下, 出迎えて, 出迎えること, 出迎える亭主, 向ひ, 呼び出された, 呼び出して, 大また, 客を, 尋ねた時, 導け, 山が, 岩井の, 庭の, 引ッ立て, 引摺っ, 従いて, 御出掛けなされ, 御案内, 御見送り, 御送り申, 或は荘厳, 打ち水さえもが, 押しかけて, 挨拶に, 暇乞ひ, 曳込む, 来たが, 来てるつて云, 案内し, 煌々と, 男の, 皆, 相当遠い, 着きましたから, 石を, 砂利が, 程よい通路, 立寄って, 罰金を, 罷り出て, 罷り出ましたから, 義雄を, 自動車できた, 行くの, 行く間, 行ける, 行ったとき, 行ったガルスワーシー夫人, 行つたが, 行燈を, 見おくって, 見おくりました, 見送ったという, 見送った時, 見送ってから, 見送られて, 見送られる途中, 見送りも, 見送ると, 走って, 足数を, 跟い, 踏み出して, 迎へに, 追掛, 送った娘, 送つて行, 送らせて, 送らせまして, 送られて, 送り出した後母, 送り出し余, 送り出し圭子, 送り出すと, 送り出そうと, 送り出た, 送り出たり, 送り出られたるぞ, 送り来り, 送る時, 送迎し, 通る間, 連れ戻された大小, 連立って, 運べないよ, 附いて, 飛び込んで, 馳け, 駈出して, 騒動の

▼ 玄関~ (162, 2.7%)

3 きに, に立っ, へ出

2 [11件] きまで, にきいた, には次兄, に品物, に現れた, に立った, に立つ, の快, へ一人, まで出, も後

1 [131件] からすぐ, から古い, から囲炉裏ば, から地上, から大手, から座敷, から門前, から隠したい, が展開, きから, きで別れて, きで話して, きの, きへか, きまたは, じゃ話, だけのこと, でこういう, でし, でそっと, でわい, でステツキ, で倉市, で十五分, で失礼, で女, で客待ち, で尋常, で帽子, で彼女, で待たされた, で待っ, で応対, で怒鳴る, で憚, で暫く, で暴れ回っ, で案内, で祝っ, で見かけた, で貫太, で迷った, で金, で銀貨, で鍬, ということ, にある, につけよ, にて立話, にのけぞっ, には人間, には誰, にも警官隊, に不行儀そのもの, に二人びき, に出, に堂々, に声, に引捕, に待たせ, に待たせた, に御, に抛り込ん, に放った, に放つた, に泥酔, に注連, に現われた, に着いた, に突ッ, に突立, に突立つて, に立つた, に聞える, に背, に脱ぎすて, に転げ落ちました, に近在, のあたり, のこわれた, のたたき, の寒竹, の広い, の悽愴, の石, の石疊, の老樹, の雪, の雪駄, の電灯, の馬車, は昨日, は西, へ, へいっ, へでも持っ, へぼんやり, へピタリ, へ上らない, へ下り, へ主, へ侵入, へ全く, へ半, へ回され, へ廻っ, へ忍び入り, へ投げつけました, へ来, へ来る, へ止まったらしい, へ正気, へ飛ん, へ駕籠, までお越し, までつ, まで一緒, まで戻っ, まで来た, まで来られたでしょう, まで案内, まで艶姿, まで送っ, まで長く, まで間もなく, より往来, を去らなかった, を控え, を本, を血, を見る

▼ 玄関~ (145, 2.4%)

6 の方 3 に立っ, を訪れた 2 である, でなくとも, で皮膚, にまで肉迫, に女, へ出た, を出

1 [119件] からくり返し, からすぐ, からは二三十間, から中の間, から入ったら, から出, から大声, から座敷, から案内, から近い, から這入っ, から飛び込む, から首, がガヤガヤ, だけは相当, でも酒場, でやっ, でパッパッ, で二人, で奥さん, で小さな, で彼女, で御免, で押しあった, で焼け死ん, で理事長, で用向, で見送る, で訪れ, で迎え見る, で雇入れ, とする, との間, と思はれる, と思われる, と白塗り, と釣合った, なぞは一つ, にある, にそっと, になまめかしい, にはバルナバス, に出, に出し, に寄せかけた, に廻っ, に待たせ, に据える, に横, に無, に番, に積まれ, に突っ, に立ちはだかっ, に立つ, に葉子, に見る, に足音, に近づい, に近づいた, に錠, に面し, に頑張っ, のたたき, のところ, の一方, の使丁, の受付, の向側, の奥, の扉, の敷居, の敷石, の案内, の真ん中, の闇, の障子, の電話, はある程度, はその, は大変, へと出た, へと往, へべったり, へまわった, へよびだし, へスック, へ一さん, へ乗付け, へ出, へ出る, へ廻る, へ戻る, へ消えました, へ現われた, へ走り込ん, へ通う, へ顔, までの守り, までもど, まで一言, まで伸子, まで来た, まで続いた, まで追詰め, まで送っ, まで送つ, より引き摺りだし, をぬけ, を二歩, を入っ, を抜けた, を抜ける, を指さした, を覗い, を通る, を閉め, を開けた, を飛び出した

▼ 玄関には~ (113, 1.9%)

4 いって, いると 2 誰も, 銅鑼が, 靴が

1 [99件] いつでも, いつのまに相手, いる, いる時, いろいろの, おそ咲き, この前目, その美しい, たつ女, だしで, だれも, ちやんと, ひつた, まだ妻, まだ灯, まだ靴, もう灯, りんどうの, アカンザス模様を, テーブルを, 一人の, 一台の, 一畳ほどの, 一足の, 三太夫の, 下の, 事あり, 二三人の, 二人の, 二輌の, 何処かの, 何処にか, 入口の, 具足などが, 出迎えなかった, 十四五人の, 十足ばかりの, 半切幾価屏風いくらと, 只野内膳が, 四旒の, 売物, 大きい姿見, 大きい鈴, 大きな姿見, 大きな男, 大きな衝立, 婢に, 専属の, 小ツル, 居ませんでした, 履物の, 山の, 島村が, 帽子を, 弔に, 弟の, 支度を, 支那の, 新しい靴, 昧爽より, 書生が, 書生や, 最前の, 有名な, 村山喜兵衛が, 松原十右衛門岡本次郎兵衛中黒達弥の, 格子戸が, 母の, 毎日の, 泉タクシーから, 洋燈の, 浅草座美人座御, 深け行く寒き, 灯影一つ洩れ, 無論あったでしょう, 父を, 犬の, 瓦で, 登山用の, 盥に, 磨硝子の, 神獣鏡の, 美禰子の, 腰掛けたの, 草履を, 草履取と, 薬を, 西洋擬いの, 車夫の, 鉾を, 錠が, 錠を, 鏡が, 開扉が, 電球が, 青白い顔, 非常に, 馬や, 麗人達が

▼ 玄関~ (89, 1.5%)

7 開く 5 あって, 見えて 4 開いて 3 しまって 2 あつて, ある, 三畳茶の間が, 気に, 遠くの

1 [55件] あいて, あきました, あき夫, あった, あつた, ありその, あります, あり狭い, あり西洋応接間, あるん, あわただしく開いた, いらないわけ, いろいろな, がらがらと, がらっとあく, ついて, なければ, まだしまっ, 一方に, 三畳お, 下の, 中から, 二つある, 二畳で, 内から, 冷淡に, 出そこねたコモ包み, 別に, 勢いよくガラリと, 四畳半座敷が, 夕方の, 大変よ, 御覧あんなに, 意気揚々と, 整然と真四角, 文学談で, 暗くて, 正面に, 目に, 眼に, 突き出して, 立って, 立派で, 等しくツメオ, 締つてゐ, 繁昌する, 見えその, 見えた, 見える, 賑かに, 贅沢にも, 軒燈の, 開きやしなかったかって, 開き持山六郎, 霧の

▼ 玄関~ (88, 1.5%)

5 の広場 2 の庭, の緩い, へ出

1 [77件] から掻, でとる, でひょいひょい, でヤス子, で加世子たち, で文部大臣, で紫雲英, で見かけた, で踊った, とか大徳寺真珠庵, にかたまっ, にこの間引越, にさ, にさしかかり, につけられ, にとまっ, には二人, には明治頃, にぴたり, にぺたりと, にも勝手元, にピタリ, に一丈, に人影, に佇みました, に佇立ん, に停る, に投, に整列, に横たわっ, に此間引越, に焚火, に現われ, に立て, に見出した, に集まり, のタヽキ, の両側, の喪主, の噴水池, の大, の大きい丸, の巨, の広, の広い, の掲示場, の敷石, の景色, の杉戸, の棗, の瓦斯, の舗道, の花壇, の草原, の萩, の踏み石, の軒下, の雰囲気, の駒寄, へも練, へスルスル, へタッタッタッ, へ内閣総理大臣推薦, へ吉平, へ張り出した, へ行っ, へ見張り, へ集っ, へ集まろう, までたどりつき, までは御影石, もところせき, も勝手元, や裏手, を持ち, 広土間, 車寄せには

▼ 玄関~ (74, 1.2%)

2 おれが, 口を, 白い瀬戸

1 [68件] あつて, ある, いろいろで, おれだ, がらんと, この間と, ごく小さい, すぐ開かれた, それほどにぎやか, ちゃんとしめ, ついて, どこだいという, どのくらい, ひっそりし, まだ戸閉, まだ暗かっ, まだ灯り, まっ暗です, まるで明治, わざとの, ピッタリ釘付け, 人間で, 余り狭, 入院し, 内から, 北向きで, 向側に, 外来の, 夜半まで, 大丈夫大庭も, 大騒ぎである, 家の, 寺院などに, 小さくする, 巽の, 弱り果てます, 張物板で, 忘れたい気, 手数が, 打ち破られ書院, 日本人の, 日本建の, 明け放しに, 板敷で, 母の, 火葬炉の, 田舎の, 真暗で, 真暗な, 矢張り暗い, 石張りである, 礼拝堂の, 立派応接室には, 細いきれい, 締りは, 舞踏会の, 裏の, 警官が, 足跡で, 踏板の, 避けて, 門と, 開かず中庭, 開放され, 陰気であった, 静かでした, 館内へ, 黒塗りの

▼ 玄関わき~ (58, 1.0%)

7 の六畳 5 の小 4 の部屋 3 の帳場 2 の書生部屋

1 [37件] から, から小, でべつ, で彼女, にある, には三人, にひろい, の, のもと, のガレージ, のサロン, のドウダンツツジ, の七畳, の三畳, の事務所, の二, の五畳, の八つ手, の客室, の客間, の室, の小座敷, の小間, の居間, の左手, の廊下, の応接室, の戸, の扉, の暗い, の枝折戸, の植え込み, の楓, の狭い, の長, の障子, の電話

▼ 玄関~ (53, 0.9%)

6 の部屋 3 の四畳半, の薬局 2 に置い, の三畳, の六畳, の応接間

1 [33件] から伴, と離れ, にあった, にある, には士, によせた, に何だか, に狭い, に立っ, のお, の一室, の三畳間, の二畳, の仏間, の供待, の切戸, の勉強室, の四畳, の塀, の大きな, の小, の押し釦, の昇降口, の書生部屋, の木戸, の机, の松の木, の板木, の番部屋, の自分, の電話室, へ, へ集つて

▼ 玄関~ (48, 0.8%)

2 勝手口の, 反対の, 書いて

1 [42件] いい他, いい横手, いうべき入口, いえば, いおうより, いっても, おぼしき一間, お勝手の, こう九間, ならぶ茶席風, ほとんどすれすれ, まるで関係, 一坪ほどの, 三畳の, 上段の, 中の間の, 以前人力車を, 便所とが, 勝手口が, 台所と, 向きあったと, 奥の, 庖厨の, 座敷の, 思いの, 思われるあたり, 書斎とは, 来たらいつ, 正反対の, 湯殿と, 申せば, 称えて, 茶の間と, 茶の間との, 裏口から, 裏口が, 裏口と, 覚しい入口, 門との, 門とを, 門の, 雪の

▼ 玄関~ (28, 0.5%)

2 何も, 廊下も

1 [24件] あいて, あけっぱなし, ある, ある幽邃, い, どうした, ないし, ほかの, またひどく, ものものしく庭園, 中津川では, 二階も, 何にも, 兼ねて, 勝手口も, 大した相違, 家の, 殆ど充満にな, 真暗であった, 窓も, 蜘蛛の, 閉つた, 閉まって, 開きませんが

▼ 玄関さき~ (23, 0.4%)

2 で靴, に来, まで挽き込ん

1 [17件] である, で断られる, で死ん, におり立っ, には夜稼ぎ, に停, に姿, の前栽, の座敷, の石, へ度々, へ牽き出された, へ着い, まで夏草, も前庭, より広大, を出で

▼ 玄関にも~ (21, 0.3%)

2 廊下にも

1 [19件] かからず下, ない, 内側から, 出て, 多勢の, 夥しい人間, 客間にも, 屋外の, 庭先にも, 焼夷弾の, 筒抜けに, 脇玄関にも, 血の, 表札らしい, 表門にも, 距離が, 遠来の, 靴と, 食堂にも

▼ 玄関までの~ (20, 0.3%)

2 十間に, 間に

1 [16件] 上りから, 十数間が, 小砂利, 小砂利道, 敷石を, 暗い数歩, 玉砂利も, 石畳が, 石畳を, 笹むらには, 細くて, 距離が, 距離は, 通路と, 道の, 道を

▼ 玄関~ (16, 0.3%)

1 [16件] そのほか, シャドウの, シャンセリゼーや, 勝手で, 勝手の, 勝手口でも, 台所の, 台所への, 子供の, 客間の, 庭には, 廊下などに, 編集室で, 裏口などからも, 通路は, 門などは

▼ 玄関~ (15, 0.2%)

2 の三畳敷

1 [13件] きの, に始めて, のつ, のヴェランダ, の三畳, の壁, の小, の帳場, の応接所, の格子戸, の火鉢, の窓, の電話室

▼ 玄関~ (11, 0.2%)

2 の四畳半 1 から鈴江, なる格子口, にあつ, にてお, に匍, の室, の自分, の高い, へ姿

▼ 玄関~ (11, 0.2%)

1 [11件] から登る, に二階, に六畳, のコークス置き場, の四畳半, の客間, の往来, の応接間, の板じき, の柴折戸, の薬局

▼ 玄関~ (11, 0.2%)

3 出た 2 出て, 送つて 1 行き神田教育会館, 見送つた時, 飛び出した, 馳け

▼ 玄関より~ (10, 0.2%)

1 上りたるに, 上り案内, 参殿孝経を, 外科室外科室より, 座敷に, 御上り, 書き得なくとも, 突き返されつ, 訪れたまえ, 語らひながら

▼ 玄関では~ (9, 0.1%)

1 そんな話, なく朱判, 丁度太, 女中より, 彼の, 満八十二, 犯人が, 田沼先生が, 細君が

▼ 玄関でも~ (8, 0.1%)

1 あるよう, い, また廊下, 一度広田, 争ったの, 台所でも, 起さない処, 逼って

▼ 玄関との~ (8, 0.1%)

2 間の 1 中程で, 中間に, 裏が, 間, 間に, 間は

▼ 玄関とも~ (8, 0.1%)

2 五間の 1 つかない所, 三間で, 云う可, 云え, 言わず迎えられたまま, 露台とも

▼ 玄関への~ (8, 0.1%)

2 道の, 青い芝生 1 出口へ, 廊下で, 途中に, 道を

▼ 玄関へは~ (8, 0.1%)

1 いるなり, いる新子, かからず裏口, ひつた, 安井自身が, 廻らずに, 訪わず家, 賑やかな

▼ 玄関からは~ (7, 0.1%)

1 どこよりも, どなたも, 上がられませんよ, 右へも, 清が, 酔客達の, 間もなくにぎやか

▼ 玄関へと~ (7, 0.1%)

1 さしかかりました, さしかかる, 人の, 出て, 導いて, 歩いた, 走り出た

▼ 玄関での~ (5, 0.1%)

2 立ち話では 1 卒倒事件も, 布巾は, 立ち話しでした

▼ 玄関までは~ (5, 0.1%)

1 からりと, なお相当, 御影石で, 橡の, 馬車道も

▼ 玄関をは~ (5, 0.1%)

4 いつた 1 ひつて

▼ 玄関正面~ (5, 0.1%)

1 にかかっ, には鞘形, のところ, の大きな, へ来

▼ 玄関とは~ (4, 0.1%)

1 いくらも, 別の, 反対の, 当分物置き

▼ 玄関などに~ (4, 0.1%)

1 うろついてを, おいて, 転々として, 飾って

▼ 玄関~ (4, 0.1%)

4 らいを

▼ 玄関構え~ (4, 0.1%)

1 じゃ, に, のご, の朽ちつくした

▼ 玄関~ (4, 0.1%)

1 に分かれ, の真価, は伯爵, は無産党

▼ 玄関その~ (3, 0.0%)

1 上に, 左の, 横の

▼ 玄関だけで~ (3, 0.0%)

1 口上を, 帰った, 辞し去った

▼ 玄関~ (3, 0.0%)

1 のである, のでほつ, ので冷

▼ 玄関において~ (3, 0.0%)

1 ある自分, ある青銅, 一杯水

▼ 玄関について~ (3, 0.0%)

1 そこに, ベルを, 御しまいに

▼ 玄関にて~ (3, 0.0%)

1 仲間どもを, 再び領主万歳, 生酔本性違

▼ 玄関~ (3, 0.0%)

2 の使命 1 を喰った

▼ 玄関~ (3, 0.0%)

1 のベンチ, の壁, の詰所

▼ 玄関い出~ (2, 0.0%)

1 て来た, て行こ

▼ 玄関からの~ (2, 0.0%)

1 人の, 入口を

▼ 玄関からも~ (2, 0.0%)

1 出れば, 雨戸からも

▼ 玄関~ (2, 0.0%)

1 し板塀, つて一種の

▼ 玄関だけを~ (2, 0.0%)

1 巨大に, 石造に

▼ 玄関である~ (2, 0.0%)

1 が藤吉郎, 坑内広場は

▼ 玄関という~ (2, 0.0%)

1 ものが, 洋館でした

▼ 玄関など~ (2, 0.0%)

1 えらい受け方, 設けたこと

▼ 玄関などには~ (2, 0.0%)

1 からだを, 白いか

▼ 玄関などの~ (2, 0.0%)

1 必要は, 様子を

▼ 玄関にかけて~ (2, 0.0%)

1 この邸, 待って

▼ 玄関にでも~ (2, 0.0%)

1 なって, ねかせて

▼ 玄関にまで~ (2, 0.0%)

1 あふれホール, 飛びこんで

▼ 玄関まえ~ (2, 0.0%)

1 の庭, の美しい

▼ 玄関付近~ (2, 0.0%)

1 に落ちた, の絵はがき

▼ 玄関寄り~ (2, 0.0%)

1 に松, の部屋

▼ 玄関式台上~ (2, 0.0%)

1 にてお, へ差し置き候う

▼ 玄関~ (2, 0.0%)

1 で踏込, という奇抜

▼ 玄関近く~ (2, 0.0%)

1 にあ, まで行っ

▼ 玄関~ (2, 0.0%)

1 そういった武家風, だから

▼1* [118件]

玄関あたりはばたばた, 玄関いきなり階段, 玄関いも出て, 玄関い降りて行きまし, 玄関その次の間, 玄関かちサッと現れた, 玄関からがすでに教場, 玄関しに, 玄関さえも見えなかった, 玄関さきで祝いの, 玄関ざむらいに, 玄関そこからすぐ, 玄関その他へ走り出, 玄関だけでなく家全体, 玄関だけが昔茶人の, 玄関だけでも見舞って, 玄関だけになって, 玄関だけは繧繝でなく, 玄関だったのです, 玄関だの門の, 玄関つきとは似, 玄関であっても玄関, 玄関であったが玄関, 玄関でございまして此処, 玄関でしていた, 玄関でしたのでしまった, 玄関ですから雪駄, 玄関でないような, 玄関でなく横へ, 玄関といつて室も無, 玄関といふわけにも, 玄関としてそれから左翼, 玄関とを妙に, 玄関たんば, 玄関などは宮内省より, 玄関ならそれを, 玄関なり茶の間なり, 玄関なるものは, 玄関においても余の, 玄関にかかつた, 玄関にかけての掃除を, 玄関にと出た, 玄関にをり青々, 玄関に対して東京市の, 玄関に当たって人声が, 玄関ひとつ体裁造るにも, 玄関へも行ったでしょうし, 玄関までが飛び石づたいで左右には, 玄関までずつと石が, 玄関までも明るくした, 玄関までよほどの距離の, 玄関までを入れて, 玄関めいた上り口を, 玄関めく方へ, 玄関らしくないアパートの, 玄関をでもかまわず正面, 玄関をへい御免, 玄関をよけて裏へ, 玄関ニウロウロシテイタヨウデアッタガ僕ラト入レ違イニ, 玄関ニ七草ヲ活ケル, 玄関マデ迎イニ出タモノダガ此頃ハ物ガ乱レテ知ラヌ顔デカマワヌガイロイロ, 玄関レッキとした, 玄関ワキのパーラー, 玄関一パイに溢れた, 玄関一メートル四方にも足りない, 玄関一杯に点し, 玄関下足番の好男子, 玄関二畳六畳に四畳, 玄関の家, 玄関付きの家, 玄関以外は凡そ, 玄関便所の嫌い, 玄関傍生垣の前, 玄関先きの植込みのうえ, 玄関六畳の居間, 玄関兼居間の四畳半, 玄関兼茶の間といった四畳半, 玄関の光景, 玄関出入り口の構え, 玄関前庭下駄のま, 玄関勝手口を廻っ, 玄関又は勝手元へ, 玄関及び郷校の, 玄関右手が台所, 玄関土間に足, 玄関が顔, 玄関の上, 玄関とでもいう, 玄関売薬の看板, 玄関女中部屋仏間だな, 玄関客間寝室別館大書院亭廻廊控えの間, 玄関宿屋の風呂場, 玄関座敷その他芸妓を入れる, 玄関庭園表門等にどうしても, 玄関廊下翼家の欄間, 玄関式台の拭き掃除, 玄関応接間に隣る, 玄関の電鈴装置, 玄関掃除門口に箒目, 玄関つめた大粒, 玄関敷台を構え, 玄関の先生, 玄関漸く手に, 玄関玄関と称え, 玄関稼ぎの盗人, 玄関まで出, 玄関笛師らしい住居, 玄関続きの部屋, 玄関芍薬と松, 玄関芦田牧ほかに七八名, 玄関荒削りに砂岩, 玄関衝立代りとして漆塗り大船型, 玄関と覚しき, 玄関車寄せに群がっ, 玄関迄は四間位ありました, 玄関にし, 玄関が妙, 玄関風呂場はカベ