青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「源吉~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~湧い 湧い~ ~湯 湯~ 湯気~ 満~ 満ち~ ~満足 満足~ 源~
源吉~
~源氏 源氏~ ~準備 準備~ ~溜息 溜息~ ~溝 溝~ 溢れ~ ~滅多

「源吉~」 1008, 10ppm, 10695位

▼ 源吉~ (514, 51.0%)

10 さう 5 お芳, それを, だまつてゐた, 何度も, 自分の 4 耳を 3 さすがに, 勝を, 大きな聲, 氣が, 頭を, 齒を

2 [43件] あの見る, いくらか心持, いや味, お越, こみ上げる激動, しかしこんど, すつかり, その剃刀, その寅吉, ものも, イヤな, 一寸身體, 一言も, 不審した, 井戸端に, 何か, 八五郎を, 兼松を, 勝に, 口の, 口を, 大急ぎで, 女の, 小さい時, 少しずつ, 少し取りのぼせ, 平次の, 引揚げました, 後から, 息を, 敢然と, 新しい論理, 母親の, 照れ臭く額, 物蔭に, 獨り, 目白の, 自分が, 自分で, 親類縁者, 銚子を, 面目の, 驚いて

1 [371件] あいまいな, あくる日それを, あの通り一本調子, あると, いきなり, いつでも, いよ, うしろを, うなだれて, かう思ひながら, かまはずに, きいた, ぐいと心, このお, この事, この二つ, この惨澹, こはい, こんなに澤山, さういふ事, さう云った, さつきから, しかしだまっ, しきりに山本, したり, したり顔でした, しっとりと, しばらくの, しや, じっとし, じっと目, すぐ押入れ, すぐ道, すっかり平次, すっかり恐れ入っ, すっかり投げ, すつかり恐れ, すつかり投げ, すました顔, すまして, ずいぶん喜平, そういい, そうだ, そう云っ, そう言い, そこに, そこの, そっと囁きました, そつと, そのこと, そのまま素直, その前, その夜, その子供達, その建築, その後から, その手, その方, その時, その時父, その松, その男, その言葉, その顔色, それから京子, それと反, それには, それ等の, そんなの, そんなケチ, そんな事, ただひとり宿舎, だいぶ好い, だまつて腰の, だまつて裏の, だまつて身體を, だまりこんで, ちょっと驚いた, ちらと, ぢつと, つんのめされた人, どうなる, どつ, なお三十里, なか, なかなか承知, なるほどと, なんとなくこの, のろのろとある, ひとたまり, ひと休みし, ひどくムツシリ, ひよい, びっくりし, びつくりし, ふりかえって, ふり向いて, ぺろりと, ほんとうに, また当惑, まだす, まだひしやく, まだ何処, まだ勤め, まだ子供, まだ眼, まだ自分, まるで文字通り仁王立ち, むしゃくしゃした, むすっと, むっとした, もうしばらくしたら, もう今, やつと, やつぱり天井ばかり, よろけながら, よろよろっと, わざと, イマ, エヘエヘ, ガラツ八などを, ズブ濡れの, ドタン端で, ドロツプスの, ニヤツと, ヌケヌケと, ハツキリ自分たちの, フト思ひ出した, ムツと, モツキリを, 一つかみに, 一匹なぐり殺す, 一匹一匹棍棒で, 一寸振返つ, 一層無口, 一心に, 七三に, 三十そこ, 三十そこそこ歌舞伎役者にも, 上に, 上り端に, 不承, 不承不承に, 争議の, 人の, 人を, 今度の, 今更氣, 仰向けに, 何かしら亂暴に, 何かに, 何やら叫ぶ, 何んか, 何んにも, 何故か力, 何時も, 何處か, 何處にも, 倒れたまま, 側に, 元氣, 先に, 先生に, 先生の, 兩手で, 八五郎の, 出たの, 出るだけの, 分けの, 分つて, 列車が, 別にお, 到頭そこで, 前に, 前方に, 助手から, 十一二の, 半分顏を, 半分顔を, 又ひ, 又新らた, 又歩い, 又歩き出した, 又轢死人, 又頭, 反動で, 反射的に, 口輪を, 叱り飛ばすやう, 叱り飛ばすよう, 吉住求馬の, 吸ひ寄せられる, 周章て久吉, 咽喉が, 固唾を, 外の, 大きく兩腕, 大きな呼吸, 大きな圖體, 大事な, 大分好い, 女を, 始めて, 安心した, 家に, 寒さ, 寢ころんだ, 寢ながら, 小さな声, 小走りに, 少しわけ, 少し不機嫌, 尚も少しずつ, 山本と, 岸に, 常連らしく, 平べ, 平べつ, 平気であった, 年こそ, 年寄つた母親の, 床に, 弁護がましく, 引取って, 引取つて説明します, 引取りました, 心で, 心分量で, 志津に, 志津を, 怒りましたよ, 怕く, 思い切ったよう, 思う存分の, 思はず言葉, 思ふ存分, 思わず言葉, 急に, 恐ろしが, 息が, 憎いじゃ, 憎いぢ, 懐かしさうに云つてまとも, 懐中時計を, 懷に, 扉に, 扉の, 手眞似, 手真似を, 手紙を, 振りかへ, 敷居の, 昨年の, 普通の, 最初の, 本当にしたり顔, 本當, 村に, 村の, 枕を, 桑と, 機嫌よく, 櫂を, 櫓を, 歩きながら, 死ぬ前, 死んだ恋女房, 死んだ戀女房, 母親が, 気が, 気がついたの, 気が付きました, 水の, 水を, 求馬の, 治左衛門の, 注意深く歩い, 浜防風の, 深い未練, 漕ぎながら, 漸く吾, 激しく狼狽, 火も, 為作の, 焚火を, 然しやつぱり外, 然し母親, 煙管を, 煙草を, 熱っぽい頬, 爐の, 片手を, 物馴れた, 犬の, 独り言を, 狭い庭, 狹い, 獨言の, 獨言を, 甚九郎が, 生れて, 生湿り, 生濕, 用心深く本通り, 目を, 眉を, 眼光が, 礼も, 祠の, 窓から, 立ちどまると, 立ち上つた, 立ち止つた, 立ち止つて, 笑つた, 絶望の, 縛られたまま, 考へ, 耳元に, 聞いた, 聞いて, 聲を, 肩に, 肩を, 胃の, 胸が, 胸の, 胸算用を, 腕で, 腹這いに, 自分でも, 自分なら, 芋を, 苦笑し, 茫然と, 荒い潮風, 薄青い, 裏の, 裏口に, 見た, 覗き込む, 訊いた, 語り進みます, 説明した, 誰からと, 誰に, 誰にも, 身体を, 身體が, 辯護が, 近頃列車, 返事も, 途中で, 道を, 酢つ, 酸っぱい顔, 鐵の, 限りなき, 限りなく, 雨工合を, 青い顔, 静に, 面白が, 面白くない, 頭の, 顏を, 風の, 風の音を, 馬を, 鼻唄でも, 龍夫の

▼ 源吉~ (170, 16.9%)

6 母親は 3 前へ, 方を, 顏を

2 [23件] ところへ, 側に, 働きが, 唇を, 声が, 女房お, 後ろから, 想像は, 手から, 手を, 方へ, 父親が, 片頬, 眼に, 膝に, 表情を, 調子は, 足は, 身體が, 躰は, 頬の, 顔の, 鼻を

1 [109件] いうこと, いふ證據は, いる独房, くらし向きの, ことで, ことには, その又, ところから, ところでは, はだけられた胸, もど, やつです, ゐる獨房, 上に, 上にばかり, 不服さうな, 不服そうな, 乗って, 乗出して, 二人は, 仕業と, 体は, 傘が, 先例が, 列車が, 前の, 前を, 危惧では, 叔父に, 右手は, 名を, 向側に, 問には, 場合とは, 塩辛声を, 女房が, 女房と, 女房は, 姿が, 姿を, 嫌味を, 子分の, 守を, 家に, 後から, 後姿を, 心は, 心尽しでしょう, 心盡し, 心臟も, 思い及ばなかったところ, 思ひ及ばなかつたところ, 性格は, 意見は, 感覚に, 手つきを, 手に, 手柄の, 持出した, 指を, 最初の, 枕もとに, 横へ, 横顔を, 死が, 死骸を, 氣持としては, 父が, 父もさ, 父親と, 父親達が, 疵に, 目に, 知恵を, 立つて, 耳に, 胸から, 胸に, 胸の, 胸を, 胸一杯は, 自惚れでも, 萎れた顔, 袖を, 言うの, 言ふ, 計画を, 詞と, 話に, 調べと, 調べとを, 足に, 足の, 足を, 身體を, 轢殺鬼という, 關係を, 頭の, 顏に, 顏にも, 顔に, 顔にも, 顔を, 風体を, 馬などは, 馬は, 馬橇だけは, 鹽辛聲を, 鼻に

▼ 源吉~ (84, 8.3%)

2 云った, 何が, 子分の

1 [78件] あのお, あの棍棒, いろ, おもわず息, お文, きつと, こういう, せっせと通い出した, せつせと, そうして一心, その家, ひょいと庭前, ほんの出, ほんの出来心, やがて帰っ, やがて歸, フト見た, 一寸來, 上がって, 上り端で, 不思議な, 久し振りで, 久し振りに, 乗りこむ鰊汲舟, 二日前の, 云つたのは, 人三化七の, 今でも, 何か, 偶然に, 入つて, 力一杯に, 勝に, 台風を, 喰らひつい, 地主の, 如何にも真面目, 宵から, 家に, 帰り儀八, 役人と, 彼の, 悪魔的な, 感じた, 振りかへ, 来て, 歩きだしたので, 歸らう, 漸っと, 潔よく, 為作に, 無事に, 爐邊に, 独りの, 畑から, 目の, 立ちその, 笑つた, 箸を, 網の, 聞いたこと, 腕を, 自分の, 自害として, 自害に, 臺所で, 苑雪次郎と, 行き過ぎかけると, 行く手の, 表に, 言うの, 言ふ, 重兵衛, 野良犬の, 金持の, 集會の, 飾り屋の, 飾屋の

▼ 源吉~ (39, 3.9%)

2 グイと, 云つた, 案内させ, 案内され, 死骸の, 白い眼, 訊ねました

1 [25件] あずけた, いわせれば, きいた, くらがりで言葉, 冷たいそぶり, 囲われること, 圍は, 宛てたもの, 寄りそつ, 急ぎ足で, 抑へられ, 投げつけました, 是非遊ん, 會つた, 眞向に, 稼がして, 言葉を, 訴える眼差, 訴へる, 話しかける機会, 話して, 詳しい説明, 跟い, 頼んで, 食いついた

▼ 源吉~ (31, 3.1%)

2 加えて, 平次は, 見た, 見やりました, 頼んで

1 [21件] けつたり, つかまへて, なぐりつけた, ふりかえって, まるで子供, 世にもなつかしく, 加へて, 動かしさ, 動かしそう, 囲炉裏の, 庇う心持, 恐ろしい轢殺鬼, 斬って, 殺したり, 求むる顏, 求める顔, 見て, 蹴った, 迎えますと, 追って庭木戸, 離れて

▼ 源吉~ (29, 2.9%)

4 子分の 2 それから, 花嫁の, 越後屋の

1 [19件] いい犯罪, いっしょに, いひ犯罪, お次に, お次へ, 一緒に, 云うの, 云う独身者, 云った小, 大した変り, 大した變, 大旦那, 母親は, 犬は, 田中純とは, 申します, 聞いて, 顔を, 龍夫の

▼ 源吉~ (27, 2.7%)

2 その事, ひどくあわてました, 一句も, 小姑の, 見廻り同心

1 [17件] おどろいた, その原因, ひよい, もう一遍こっち, 三之助も, 云つた, 來て, 坐って, 子供の, 思はずその, 思はず緊張, 時々そんな, 次を, 残念ながら, 独りで, 知って, 遠ざけてから

▼ 源吉爺さん~ (26, 2.6%)

2 であった

1 [24件] がふと, が家鴨, が早速, が水中眼鏡, が独り椋, と一緒, に握られ, に黙っ, の頓狂, の魂, はいつも, はふっと, は三太, は仕事, は家鴨, は性, は息せき切っ, は泣きだし, も死んだら, も若い, を先達, を呼びつけた, を思いきり, を手こずらした

▼ 源吉さん~ (11, 1.1%)

2 のお 1 が不具, が気象, が病気, が纏まった, じゃありません, と言え, はこの, はみんな, もシベリア戦役

▼ 源吉には~ (10, 1.0%)

1 そのどてら, その老婆, それが, もうそれ以上, イヤな, 何か, 思はれた, 綺麗に, 見えると, 變に

▼ 源吉という~ (7, 0.7%)

1 ポンポンした, 十八歳の, 弟が, 綱渡りの, 若者が, 親分です, 顔の

▼ 源吉といふ~ (5, 0.5%)

1 のは, ポンポンした, 中年者です, 親分です, 顏の

▼ 源吉~ (4, 0.4%)

1 その百姓, どうした, どうする, 分るかい

▼ 源吉との~ (3, 0.3%)

1 恋の, 戀の, 距離を

▼ 源吉~ (2, 0.2%)

1 今日から, 何処へ

▼ 源吉だけ~ (2, 0.2%)

1 こ, で

▼ 源吉とか~ (2, 0.2%)

2 申したな

▼ 源吉とは~ (2, 0.2%)

2 どう折合

▼ 源吉事もなげ~ (2, 0.2%)

2 ですが

▼ 源吉~ (2, 0.2%)

2 猛高

▼ 源吉~ (2, 0.2%)

1 っから, つから

▼1* [34件]

源吉ゆるしが, 源吉このお小夜殺し, 源吉さあこれからお, 源吉さんツケツケ物を訊い, 源吉それに大月玄蕃, 源吉そんな浪人の, 源吉たちの家, 源吉やない, 源吉さへ, 源吉であることを, 源吉としてはその皆んな, 源吉とやらみずからは, 源吉どんに頼ん, 源吉ならなお悪い, 源吉について堀の, 源吉にとってはすべてが, 源吉やってくれ, 源吉らしい考えだ, 源吉ガラッ八と, 源吉ガラツ八と二人, 源吉以下十一名はすぐ, 源吉兄哥に, 源吉其処におった, 源吉君殘つて一つ相談に乘, 源吉君百姓がたつた, 源吉四方はもうすつかり暮れ, 源吉始め行がかりで立合つた, 源吉始め行きがかりで立会った見廻り, 源吉庭田駒吉永沼政吉麦倉亀太郎原福太郎井汲幸蔵原弥太郎川島民八漆原慶治小野熊次郎横塚治三久小曽根信吉, 源吉殿にやらし, 源吉の, 源吉の詰所, 源吉自身の經驗, 源吉はもう