青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「玄~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~猫 猫~ ~猶 猶~ ~猿 猿~ 獅子~ ~獣 獣~ 獨~
玄~
~玄関 玄関~ 率~ 率直~ ~玉 玉~ 玉子~ ~王 王~ 王子~

「玄~」 5749, 60ppm, 1929位

▼ 玄~ (2195, 38.2%)

2719 は彼 16 はその 13 の前 12 は孔明 11 のため, はそれ 10 の手, の軍, はまた, もまた 9 のほう, は関羽, は驚い 8 のうしろ, のす, の命, はすぐ, も 7 のそば, の一行, の面, はここ, はこの, はそう, はなお, は馬, へいった 6 のもと, の書簡, はやがて, は思わず, へ向っ

5 [13件] と孔明, に向っ, のことば, の人物, の兵, の心, の母, の陣, の顔, はうなずい, はうなずいた, は新野, は直ちに

4 [33件] から曹操, が, である, と夫人, のところ, の側, の名, の夫人, の妻子, の帷幕, の眼, の義弟, の耳, の行方, の身, の部下, の首, はいま, はさらに, はそこ, はまず, は今, は微笑, は心, は急, は耳, は諸, もその, も関羽, や孔明, や関羽, を殺す, を生

3 [55件] が徐州, が蜀, であった, です, といえ, と関羽, にいった, に会う, に会っ, のあと, のいる, のお, のよろこび, の一書, の使い, の姿, の客館, の旗, の胸, の臣, の運命, の遺, はかえって, はこれ, はすでに, はただ, はどう, はなだめ, ははっと, はふたたび, はふと, はもとより, はわが, は二人, は何, は使者, は即日, は小, は張飛, は恩, は次, は独り, は色, は蜀, は身, は車, もすぐ, もようやく, も共に, も張飛, を先, を慕っ, を扶, を見, を見る

2 [134件] か, がいう, がこう, がこの, がその, がふと, がまず, がやさしく, が世, が出, が初めて, が帰る, が放し, が曹操, が眉, が義弟, が荊州, ごときに, だった, ではない, というもの, という人, とその, との対面, と徐庶, と自分, などに仕えた, にこう, にその, にはその, にはよく, に仕え, に会い, に協力, に告げる, に追いつい, に随身, に饗, のこと, のごとき, のまえ, の仁愛, の君, の境遇, の如き, の室, の家族たち, の容子, の小, の弟, の後ろ, の徳, の心労, の怒り, の恩, の本軍, の死, の決意, の消息, の留守, の相手, の義弟関羽, の舎弟関羽, の養子, の麾下, はあくまで, はある, はあわて, はいう, はおどろい, はこう, はしばし, はそのまま, はつい, はついに, はなん, はにこ, はひとまず, はまだ, はもう, は一時, は依然として, は初めて, は劉表, は厠, は大, は天子, は失望, は左右, は彼ら, は徐州, は思い出し, は愕, は正直, は沈痛, は漢室, は異議, は眉, は眼, は瞑目, は義, は老, は肚, は自分, は荊州, は襟, は見, は見る, は謹ん, は階下, は頭, は顔, は馬上, は駒, は驚いた, は黙々と, は黙然, は黙然と, へ使い, もいつか, もかえって, も孔明, も馬, を中心, を座上, を招い, を生かし, を目がけ, を荊州, を討つ, を誘っ, を迎え, を追いかけ, を追撃

1 [1256件 抜粋] あなどり難し, あり臣, からうけた遺, からの直, から仔細, から託された, から遠来, がい, がいたします, がかく, がここ, がさけぶ, がす, がたずねる, がつつまず, がよく, がわが, が一生, が不審顔, が今, が任地, が入る, が初め, が労苦, が参った, が呂範, が城中, が媒人, が実状, が常に, が引っ返し, が彼, が急い, が打ち笑っ, が敬愛, が旗, が来た, が死, が江陵, が河北, が泊った, が理, が祖先, が箋葉, が義弟ども, が自身, が見えなかった, が設け, が賞め, が車, が逃げた, が還す, が関, が領, が魏, こそ義, だ, だけの懐疑, でありまする, であろう, ですが, ですら, でも閉じ籠っ, といい, という人物, という者, とお, とがいつのまにか, としてはまだ, としては助けたく, とてここ, との交わり, との抗争, との距離, とはなし, とは今日, とは同じ, とは水龍二つ, とむすびたい, とも知っ, とやらは年, とを比較, と共にこの, と共に扈従, と劉璋, と呉妹君, と天下, と対面中, と彼, と結んだ, と縁, と誓う, と講和, どうか助け, などが留守, なにとてわが, なるぞ, にあわせる, におかれ, にし, にそう, についてい, につき従う, になだめられ, には, にはご, にはそう, には一種, には冷淡, には忍びきれぬ, には正室, には通じない, にまみえる, にも分っ, にも経済的, にゆるし, に一ぱい, に一策, に上座, に主, に云った, に会えるなら, に何, に促され, に先んじられ, に出会っ, に力, に勝った, に向い, に呈した, に好意, に寄せ, に対しては絶対, に対して戟, に対する誼, に対面, に帰り, に従った, に打たれた, に敵意, に杯, に歓び, に汚名, に献げた, に目通り, に示し, に訴えた, に負ける, に酒食, に重用, のいのち, のきょう, のさし, のそれ, のふせぎ得る, のやすん, の一命, の一将, の三人, の三枚続き, の両親, の乗っ, の二夫人, の仰せ, の体, の使い孫乾, の信, の側面, の先鋒, の出迎え, の勢い, の厩, の収穫, の向背, の和やか, の営, の地盤, の大, の奨意, の妻, の威, の守備, の将来, の少ない, の左右, の廻し者, の後, の御内方, の徳望, の急使, の性質, の悲痛, の感傷, の懇望, の手ぎわ, の才力, の推察, の文, の旅舎, の書, の横顔, の武功, の歿後, の気色, の泥沓, の無力化, の特長, の生涯, の眉, の積極性, の筆蹟, の結髪, の義軍, の考え, の背後, の膝, の英明, の蜀軍, の袖, の親書, の証文, の説, の身辺, の軍五百余騎, の軍馬, の返, の追手, の逃げた, の道, の野心, の陣門, の随員, の霊, の面目, の領分, の頼み, の高徳, の麾下張飛, はあっさり, はあの, はあやしん, はいか, はいくら, はいずれ, はいま家庭的, はいる, はうなずき, はお, はかかる, はかさね, はかろく笑い, はくわっと, はさておい, はしみじみ, はすこし, はそういう, はそっと, はたえず, はだまっ, はどれ, はなんと, はひき止めた, はひとり想像, はびっくり, はふかく, はふり向い, はまさしく, はみずから西門, はむげにも座, はもちろん, はやや, はよく, はよろこばない, は一世, は一日, は一読, は一軍, は上, は不, は世, は中央, は予, は云った, は仁人, は仁者, は仰視, は会心, は侮れません, は倦まず動かず, は入, は六十一, は別, は劉, は勅拝, は即座, は参戦, は叱っ, は右, は名残り, は呉, は周瑜, は呼ん, は唇, は唯々, は嘆かわしい, は国, は城, は城外, は堂上, は声, は夢中, は大きな, は天下, は奥, は姿, は孔明以下腹心, は室, は寛仁大度, は将軍, は小耳, は峡門, は左将軍関羽, は師, は張翼, は徐州城, は御身, は必死, は怒, は思いやっ, は恐懼, は愁い, は愚鈍, は慇懃, は所期, は抱き止めた, は振り向い, は敬礼, は断乎, は早, は早馬, は明瞭, は曠野, は最初, は朝廷, は杯, は横, は次に, は歩み寄っ, は母, は永安宮, は沈黙, は深い, は温良高潔, は無事, は独り言, は生れつき耳, は疑った, は百姓, は矢倉, は空とぼけ, は立っ, は笑顔, は糜竺, は終始, は繰り返し繰り返し, は考え, は聞えぬ, は肚ぐろく曹操, は胸, は臣下, は自ら心, は苦笑, は落ち, は落胆, は蜀境, は袁兄弟, は見向き, は計らず, は詩声, は賊将, は軍, は辺り, は近日, は迷った, は逝く, は道, は遺, は鄒靖, は野良着, は長坂橋, は関羽以下二十余人, は陸, は雲箋, は非常, は鞍, は顔色, は騎, は驚倒, は魏, は鳳眼, は黄忠, は黙考, へこんな, へそう, へはよろしく, へもおもむろに, へ会った, へ使いすべきであった, へ嫁いだ, へ宛て, へ戦書, へ推薦, へ注意, へ直言, へ訴え, へ迫っ, また北上, もおれ, もかわしきれなくなった, もすっかり, もそれ, もともに, もなんで, もむしろ, もよく, も云い返した, も凡夫, も取急い, も同席, も大丈夫, も安心, も微酔, も心ならずも, も手勢五千, も旗, も機, も決心, も無頼漢, も直観, も胸, も舟, も西蜀, も趙雲, も遠方此方, も鞭, も驚かされた, やその, わずかな, をお, をからめ捕る, をこの, をさし, をすこし, をたのみ, をのがす, をふり向いた, をもてなした, をわが国, を上座, を亡き, を仰い, を伐ち, を促し, を先手, を刺す, を厳罰, を呼べ, を囲む, を城門, を婿, を尊ん, を平げ, を当, を忌み嫌う, を思慕, を慕う, を抱きとめた, を招待, を援助, を攻めれ, を殺さない, を殺さん, を殺したら, を比較, を生捕り, を盟主, を祀る, を蜀, を見捨て給わぬ, を討たん, を誘い, を請, を迎えた, を追いかけた, を逃がし, を通し申さん, を防ぐ, を除かなけれ, を頼っ, 常に民

▼ 玄~ (418, 7.3%)

11 に出 8 の方 7 に立つ 6 のがら, の戸, の障子 5 の前, の扉, の間, へ出, を出た 4 から出, の側 3 にか, に出た, に立つた, の格子, の次の間, の脇, へ來

2 [28件] で, で靴, におろしけれ, に人, に居た, に待つ, のところ, の三疊, の上, の上り口, の小, の廣間, の板敷, の格子戸, へ, への戸, へ入, へ出た, へ出る, へ差し, へ行く, までを入れ, まで來, まで出, を上る, を入る, を開け, を離れ

1 [264件] から, からお, からし, からの入口, からはいつ, からは上られません, からも縁側, からも裏庭, からも雨戸, から上つて, から上る, から下駄, から入, から入らなく, から入れ, から出た, から四十八間, から外, から奧, から廊下, から案内, から無遠慮, から疊, から病室, から直ぐ書齋, から細長い, から續, から聲, から臺所, から裏, から追, から通す, から遣, から飛び出し, が六疊, が目, が突き出し, が開い, が開け放し, だけで挨拶, だと, だの門, である, でおとづれる聲, でニキタ, で人, で仁義, で塞がれ, で大きい, で感じた, で掛け, で毛皮, で燒芋, で父子, で睨み合, で睨み競べ, で私, で私たち友達, で美し, で芥川夫人, で薙刀, で起つた, で魚, とお勝手, と云つて, と來, と勝手口, と向, と田舍風, に, にあつ, にいそぐ, にかかる, にころがし, にせかせか, につ, にでもま, にとほつた, にどこ, になげ出したなり, には, にはいつた, にはどの, にはまだ, には人氣, には召使たち, には大きい, には洋燈, には澁, には腰掛けた, には薄暗い, にふう, にへた, にま, にも今, にも夥しい, にも裏口, にも通し兼ねる, に上, に上つて, に上る, に來, に入る, に入れ, に出る, に取次, に名刺, に呼出す, に寄つた, に廣, に掛つて, に机, に案内, に横, に止まつた, に歸, に燈, に現, に百合, に立, に立たせ, に立ちはだかる, に立てた, に置かれた, に脱がれ, に舁ぎ, に行つて, に見え, に見えた, に見えなかつた, に解い, に誰, に赤い, に踞, に轉げ, に近い, に送り出し, に送り出した, に運んだ, に達した, に達する, に隣, に隣つた職員室, に面會御, に響いた, に頑張, に高き, の, のおり口, のがらす, のくぐり, のほの暗い, のタタキ, のドア, の一つ, の三和土, の二疊, の仕切り, の先, の出口, の呼鈴, の土間, の宏大さ, の廊下, の廣, の建て, の張札, の所, の折釘, の摺りがらす入り, の敷居, の敷臺, の方角, の桁, の構, の横, の欄間, の次, の次ぎ, の次第, の沓, の沓脱, の状差し, の直ぐ, の破れた, の突當, の立て, の襖, の軒, の開いてた, の階段, はありません, はさすが, はしん, は北向, は大名, は嬉しい, は張物板, は洗濯物, は茶の間, は重々しく, は開け放され, へか, へは女房, へは安井自身, へほうり込ん, へも現れた, へ上つた, へ上る, へ乘, へ入る, へ取つ, へ廻つて貰, へ急いだ, へ投, へ拔, へ掛る, へ現, へ現れ, へ瓢箪, へ着く, へ逃げた, へ通り, へ通拔, へ酒, へ飛び出す, までの前庭, まで筒拔, まで聞える, まで行, まで行く, まで見送つた, まで送, まで運べない, まで飛び出し, めいた上り口, も家, も居間, も廣, や破風, よりも窓, より絹足袋, をあがる, をそこそこ, をはいる, を上つて, を出, を出かけ, を出よう, を出る, を取付け, を張り, を持ち, を毎日, を無, を眺め, を見た, を見る, を覗い, を辭, を這入つた, を通り越し, を通る, 及び鳴りわたる

▼ 玄四郎~ (177, 3.1%)

5 は云った 4 は静か 3 が云った, はその, は六郎兵衛, は刀, は心, は思った, は自分

2 [11件] が自分, が訊いた, のほう, はきっぱり, はそこ, は唾, は声, は眼, は答えた, は走り, を見た

1 [125件] がお, がそう, がそこ, がその, が即ち, が叫んだ, が役机, が念, が机, が来た, が立ちあがり, が立っ, が筆, が答えた, っていう人, という者, と覚え, にはあまりに, にはその, にはなに, には見当, に助けられた, に好意, に注意, に酌, のうしろ, のこと, のよろめく, の口, の口ぶり, の眼, の背中, の評判, の顔, はいと, はうんざり, はお, はおちつかなくなり, はかれ, はけげんそう, はこちら, はこれ, はさりげ, はす, はせきこむ, はそう, はそっち, はぞっと, はつとめ, はとりいる, はなだめる, はなるべく, はふるえ, はまた, はまっしぐら, はまっすぐ, は一人, は三冊, は不, は不明瞭, は云い, は五人, は会釈, は写し, は初めて, は別れ, は前のめり, は去っ, は口ごもった, は口ごもり, は唇, は女, は小者たち, は居間, は帳簿, は弥兵衛, は当惑, は忘れる, は思う, は急, は息苦し, は戻っ, は振返っ, は歩速, は毎日, は気がつかなかった, は洗った, は熱, は熱心, は畳廊下, は眩し, は窓, は立, は立ち, は立ちあがった, は算盤, は絶叫, は腋の下, は腑, は舌, は茶, は茶碗, は訊き返した, は証文, は話し終っ, は語った, は貴女, は迷った, は追っ, は長屋, は頭, は黙っ, は黙った, もまえ, も太田弥兵衛, も立, をせきたて, をひきたてる, をみつめ, を支え, を疑わし, を見あげ, を見あげた, を見る, を見返った

▼ 玄~ (138, 2.4%)

5 は急 4 はその 2 が, だと, だよ, の顔, はいかにも, はこういう, はそこ, はそれ, はもう, は又

1 [109件] がいる, がけらけら笑い, がごみごみ, がそれしき, がのっそり, が二三流, が大村, が天, が妙, が振り返っ, が最後, が桃, が現われ, が現われた, が白銅貨, こそ彼, それから下谷竹町, だってどこ, だ玄竜, であること, でさえもっと, という人, とだけは二人同志, とは, ともいうべき, と申します, にし, にとっては単なる, にひけ, にひょっくり再び, に一層, に会い, に会った, に気, に関する限り, のこと, のふてぶてし, の中, の傍, の受け寺, の喚き, の噂, の幻覚, の心, の怒る, の所, の顔附, はいつも, はいよいよ, はぎくりと, はけらけら, はこの, はじいっと, はじっと, はすっかり, ははっと, はばつ, はびっくり, はぶる, はへべれけ, はようやく, はわけ, は一人一人, は一寸, は一時, は云い, は体, は何時, は再び, は叫び, は如何にも, は彼, は彼女, は待っ, は慌てふためき, は懐手, は或, は打ち砕かれた, は林檎, は桃, は極度, は横合い, は殊に, は気, は気味, は洋服, は火, は田中, は痴者, は突然, は素早く, は続け出した, は纏わり, は考えた, は肩, は腰, は行列, は警戒, は電車路, は黙った, もさる者それ, も他, をこの, をそのまま, を指, を朝鮮, を睨み附ける, を睨んだ, を覚え

▼ 玄~ (117, 2.0%)

3 は陳 2 の所, の書斎, の身の上, は, は僮僕, は毫も

1 [102件] がこれ, がそれ, がため, がとうとう, が不具, が人, が刑せられる, が咸宜観, が女子, が客, が尋常, が手, が斬られ, が暫く, が李, が温, が詩, が采蘋, が長安人士, とが対面, とほとんど, と陳, にはそれ, に制馭, に嫌われ, に緑翹, に金, に飲ませよう, に魚家, の両親, の事, の刑せられた, の寂し, の態度, の挙措, の挙止, の林亭, の生れた, の目中, の緑翹, の美しい, の詩稿, はすでに, はそう, はそこ, はそれ, はまだ, は久しく, は人, は今年二十六歳, は例, は共に, は出, は初め意, は前夜, は咸宜観, は喜ん, は回避, は失望, は女, は女道士仲間, は始, は字, は安, は客, は将, は崇真観, は床, は度々, は彼, は必ずしも, は恰も, は才智, は求むる, は泣く, は甚だしく, は真に, は突然, は笑っ, は答えた, は紙, は色, は襟, は詩筒, は起っ, は跡, は送, は黙っ, よりは少い, より少い, をお, を一塊球, を城外, を怨ん, を斬, を知ったろう, を納, を脅し, を訪う, を識, を逐う, を逮捕

▼ 玄~ (84, 1.5%)

3 はまた 2 の藥箱, は氣がかり, は盃

1 [75件] が但馬守, が來, が出張, が好き, が岡部美濃守, が療治, が神, が脇差し, が見えたら, だいぶ頭, だけがひどく, とはそれら, と附け, に取, に盃, に與, に馳走, のところ, の前, の圓, の坊主頭, の手, の機智, の脇差し, の診察, の頭, の高い, は, はいつ, はこの, はぶら, はまだ, はもう, はペコ, は下男, は今日, は優しく, は剃り, は圓, は塔頭, は大きな, は天下, は少し, は得意氣, は心, は意氣揚, は本殿, は殆, は水道, は涙, は溜息, は無遠慮, は町醫, は當てこすり, は疊, は病家, は病家廻り, は眉, は知つて, は翌朝, は腐, は腰差し, は與力, は若い, は英堂和尚, は莞爾, は藥箱, は路, も少し, も無理, も矢張り醫者, を伴う, を愛した, を相手, 見えたか

▼ 玄心斎~ (83, 1.4%)

9 と大八 3 の白髪, はそう, 大八ら 2 が, がその, と谷大八, の大声, の言葉

1 [55件] がしきりに, がそこ, がそっと, がなんとか, がまいった, がニヤニヤ, が使者, が息, が敷居際, が暗く, が江戸屋敷, が申した, が緊張, が蔵, が躍起, が鞘ごと, こうして源三郎, さしひかえねば, すぐしたく, です, と大, と申す, なので, なるもの, のあいだ, のおやじ, の一団, の一行, の下知, の報告, の声, の手, の手の内, の汗ばんだ, の茶筅髪, の顔, はくちびる, はさて, はとうとう, はなおも, は一徹もの, は眉, は静か, は馬, へ向いた, へ対馬守, ぽうっと浮かん, も大, も大八, も柄, をはじめ一同, をはじめ谷大八, を先頭, を無視, 大八

▼ 玄~ (81, 1.4%)

4 云った 3 後の, 続けた 2 この通り名, 微笑した

1 [67件] おどろき呆れて, かなり横柄, これを, さらに静か, じっと耳, その子, その眺め, たちまち敗戦, なごり惜し, また劉表, もってのほかの, 一世の, 一人で, 中, 予章の, 事件を, 二十七個月と, 今では, 今日は, 冷や汗を, 別な, 劉表の, 加納邸の, 北海, 医を以て, 取るにも, 口の, 嘗て一たび柏, 女房に, 岡西である, 己巳に, 市長の, 帝の, 彼の, 後に, 快く会っ, 恐縮した, 恭しく足附, 愉快そうに, 感きわまっ, 憐れみの, 手を, 断わりを, 明治二年の, 易の, 来て, 案内に, 椀の, 樸直な, 正式の, 武運つたなく, 満足し, 琴を, 秘蔵の, 答えた, 結納を, 考え深, 耳を, 聞えぬふり, 自分の, 蘭軒の, 蘭門の, 蚤く, 辞儀し, 鄭重に, 門前まで, 駈付けて

▼ 玄~ (80, 1.4%)

2 の声, の方, はその, はそれ, は一人, は猫

1 [68件] からの消息, がお茶, が心細, が懐手, が気の毒, が駈け登つ, であらう, では妙, と紅子, と言, に向, のあと, のため, の動作, の奇矯, の好み, の妻君, の手, の様子, の洋服姿, の耳, の背中, の行, の言葉, の頭, の髪の毛, は, はこれ, はさ, はとつく, はなほ下手, はにわかに, はふくれ, はチャン, は与里, は余儀なく分別らしい, は再び, は凄い, は又, は困惑, は多少ムッ, は大, は少し, は尚, は度胸, は弟, は弱く, は急, は殆, は泣き出し, は泣き疲れた, は甚だ, は直ぐ, は素早く, は絶叫, は総, は自分, は見る見る, は言つて, は諦めた, は軈て, は間, は駄夫, も本当に, も立ち上つ, よりもむしろ, をも跳ねのける, を泣かせ

▼ 玄~ (74, 1.3%)

2 が泥棒, の手口

1 [70件] から謎, が尾州様, だと, でも二つ, というの, という兇賊, といえ, とかいう奴, とかいう泥棒, とかってお, とその, とを二人一緒, と思い込んだ, と成瀬九十郎, と申す, などという泥棒, にし, に千両箱, のお家流, のやり口, のよう, の二人, の増長, の姿, の宅, の寝息, の寮, の手紙, の活躍, の相手, の真似, の罪, の言葉, の跳梁, の述懐, の道楽, の野郎, の顔, の顔色, の鼾, はあきらか, はいつも, はこの, はそんな, はたぶん, はどんな, は上機嫌, は別に, は哄笑, は大師, は大物, は奥, は弟, は海, は独り茶, は相好, は神楽坂, は義賊, は誰憚ら, は高笑い, は黙りこくっ, を呼ぶ, を手, を捜し出し, を生簀, を縛ったら, を縛る, を隠れ家, を雁字がらめ, 盗った二千両

▼ 玄~ (63, 1.1%)

2 また玄, 介抱で, 又玄, 子で, 註を

1 [53件] 一便は, 上竜之介だ, 世界にまで, 二人が, 二字を, 令息として, 保護を, 兄で, 初七日, 前へ, 又玄摩訶不思議, 句を, 右傍に, 名望と, 問題等の, 天額を, 女徳, 妻は, 字の, 字は, 家の, 家は, 家を, 屍を, 弟の, 往来の, 後の, 手紙を, 殺された部屋, 注の, 注又, 玄妙の, 王, 王に, 王八柱, 王次に, 理法を, 礼記註疏に, 美を, 股肱の, 褊狭な, 解釋が, 註に, 説が, 調合で, 長男として, 門を, 関係でも, 関係ばかり, 隠居に, 顔が, 首を, 高い学徳

▼ 玄~ (58, 1.0%)

7 の開 4 と楊貴妃 2 の天寶三, の天寶元年, の天寶四, の時代

1 [39件] か, が御苑, が楊貴妃, が蜀, であった, に奉った, の, の先天二年, の天寶九, の天寶五, の天寶十, の天寶十二, の天寶時代, の奸相楊國忠, の孫, の尊號, の悲しみ, の時, の晩年, の末年, の末期, の目, の眷顧, の重定, の開元, の開元中, はいかにも, はそれ, は侍臣, は回廊, は庭, は李白, は自らこれ, は舞馬四百, は言った, は重, もまた, や肅宗, を語る

▼ 玄~ (57, 1.0%)

2 の事, の愁訴, は常陸

1 [51件] があたっ, がどういう, が先, が将門, が私, が職, だの藤原, であらう, では無い, という男, といっ, といふ者, とはわからない, と森, などがちょうど, などが国庁, などの幕僚, なる者, にし, には多少, のことば, のやう, の一族, の人物, の告げ口, の妻子, の尻, の手, の手引, の方, の無罪, の罪, の輩, の追, は, はよろめき, は冠, は彼, は気, は維幾, もそう, も左右, も常陸, やその, や文室, をかく, を従兵, を捕へ, を相手, を赦免, 不死人

▼ 玄宗皇帝~ (56, 1.0%)

3 の開 2 と楊貴妃, にも負けない, の御代, の淫蕩, や楊貴妃

1 [43件] が会いたい, が同じ, が含元殿, が天宝十三年, が是, が最初, が楊貴妃, が楊貴妃浴, が横, が神仙, が薨, が術者, だつた, という, というおやじ, とその, とよく, における楊貴妃, に献上, のこと, の代, の側, の先天二年, の勅使高力士, の取巻き, の命, の御宇, の方, の時代, の時開, の笛, の詔勅, の通名, は怒っ, は笛, は芸術ごと, は若き, は詔, は道教, は長安, は鳥, より代, を蔭

▼ 玄~ (55, 1.0%)

4 が云った 2 がどなった, は盃

1 [47件] から聞いた, がおり, がすばやく, が会釈, が宇乃, が次, が立ちあがる, が笑った, が答えた, が隠し, と共に望岳亭, にはまえ, に向かっ, に訊いた, の叫び声, の話し, は, はあっさり, はいかにも, はそこでまた, はそれ, はそんな, はまた, はゆっくり, はよく, は云った, は口, は彼, は恥じる, は戻っ, は昂, は殆, は深く, は独り言, は甲斐, は眼, は礼, は箸, は続けた, は肥えた, は話し, は逞しい, は重おもしく, は長い, は頷い, は首, ばかりで

▼ 玄~ (53, 0.9%)

3 の, の顔 2 につき, は, は悟空

1 [41件] から智勇, がある, がこの, がシナ, が云, が印度, が末伽, が答, が聞い, が訳した, だの玄證, でさえ十七年, と議論, に就い, に従う, に憎み, のそれと, のもたらした, の一行, の傳, の傳記, の劫比羅, の印度, の弟子, の支那, の眼, の紀行, の言葉, はたつた, は三人, は冷やか, は印度, は決然, は突如, は説き続けた, は道士等, もこの, も印度, やマルコ, や慈恩大師, より二百余年前渡天

▼ 玄~ (53, 0.9%)

3 を殺した 2 のもと, の娘, の家, の死骸

1 [42件] がこの, が出し, が少し, が聲, が自分, が酒, が養父, であった, ですよ, といふ薄情, と別れ, に疊, の一家, の仕業, の代脈, の内儀, の手, の方, の脇差, の裏口, の言, の辯解, の部屋, の門, の隱居, の首, はさすが, はす, はその, はまさに, は全く, は平次, は所用, は晝, は氣障, は眼, は苦笑, は襟卷, は評判, も口, をこの, 本當

▼ 玄~ (51, 0.9%)

3 はお 2 にはお, は, はいつか, は彼

1 [40件] がお, が公然, が彼女, とお, と云う, なり, につき添う, にもやはり, にも残っ, に相談, の一生, の婿, の家, の容態, の寝こまない, の心もち, の息, の枕もと, の秘蔵, の間, の顔, はこの, はそっと, はだんだん, はまだ, はやはり, は丁度, は今年, は仰向け, は何, は声, は夜着, は家族たち, は画家, は置き時計, は黙っ, も時々, よりも母, を見つめ, を見守った

▼ 玄~ (45, 0.8%)

4 のこと 3 のむす 2 のところ, の味方, の手下

1 [32件] が人質, が現われました, だったの, だと, というお方, という偉い, になつい, にひとり, に仕えてる, に仕える, のきず, のふい, のもと, の側, の元, の前, の国, の城, の娘, の部下たち, の部下達, はいま病気, はどう, はまず, は力, は匪賊, は打ち負けたらしい, は頭, をそまつ, をたずね, を人質, 御無事

▼ 玄鶯院~ (43, 0.7%)

2 に指

1 [41件] がいう, がお盆, がきいた, がこう, が呼ん, が幼児, が新, が無言, が草庵, と名乗る, と御, にした, の人柄, の咳払い, の嗜人草, の宅, の手, の気に入らなかった, の無言, の身内, の隠宅方来居, はこの, はさむざむ, はしばらく, はそば, はにっこり, はへらへら, はわが子, は何事, は受け取っ, は古い, は古風, は国賊, は新, は熊手, は珍しく, は石, は語, もいつしか, を中央, を囲ん

▼ 玄~ (40, 0.7%)

2 だった, の勝負, の姿, もかまきり

1 [32件] から教えられた, がある, が力み返る, が胞衣, が頻り, というの, といった, と伝九郎, と聞いた, に与える, のす, の声, の奴, の打った, の死体, の門, はかつて, はすぐ, は二階, は今夜, は夜着, は徐かに手, は成善, は支度, は晩くま, は杯, は父玄亭, は玄亭, は町内, は鮓, も金, をはじめ

▼ 玄~ (39, 0.7%)

3 が京都, の子

1 [33件] が世話, が京都車屋町, が錦橋初代瑞仙, であつ, である, という弟, とは何人, と其実子, と称した, に嫁, の三男祐二, の事蹟, の京都, の姉小路, の子京水, の師, の死後八十日, の称, の都, の長男, は京都, は六十歳, は名, は四十五歳, は天明二年壬寅四十五歳, は家, は恐く, は此人, は父京水, は独身, は痘科, は長男, も共に

▼ 玄~ (39, 0.7%)

2 の心, の顔, 子珍

1 [33件] が肉体的, が自分, が言うた, と名, には美しい, に劣, に君, に告げる, の左手, の才芸先生, の神経, の肺腑, の陰祐, の鼻, はこれ上聖, はちょっと, は家, は小さい, は心, は急, は毀れた, は気管支, は無言, は瞑想, は立ち上がっ, は答えなかった, は細君, は聖人, は茶の間, は邪悪, は鬼, を見, 誠に我

▼ 玄~ (38, 0.7%)

2 が訊ねた, の心, はまた

1 [32件] が, がこう, がなくなった, がニュニューッ, がピューッ, が自分, が通り, が闇雲, が頭, とがのこされ, とさし, としては本来, にはいくら, にもいい, に対しヘイコラ, の反対, の手許, の期せ, の説, はそのまま, はますます, は一瞬, は低く, は初, は目, は薄, は訊ねた, もみんな心配そう, も喜ぶだろう, も幾度, よこの, 坊も

▼ 玄洋社~ (33, 0.6%)

4 の連中 2 の諸

1 [27件] が板垣, が総出, が腕力, で一口, というもの, となる, と別行動, と愛国社, に伝わった, のこうした, の一派, の乱暴者, の事業, の二階, の前身, の力, の団中, の壮士, の小使, の旧式, の梁山泊連, の面, は潰れ, を尊敬, を提げ, を離脱, を飛出し

▼ 玄~ (31, 0.5%)

2 の面, の頭

1 [27件] がどうしても, がワツ, が棄て, が母親, が羨ましい, なんて, に構つて, の剽軽, の喜ぶ, の奴, の母親, の滑稽, の顔, の顔中, は, はす, はどうしても, はほんとに, はまた, は剽軽, は憎々しく, は我儘放題, は母親, は見物, へ遣り, をだました, 泣くんぢ

▼ 玄二郎~ (26, 0.5%)

2 に少年

1 [24件] が二度と, が暗示, が東京, こそ詩, と称ん, にいた, にとつ, に再会, に見せ, のみが唯一, の場合, の姿, の孤独, の学年試験, の心, はいつも, はその後教会, はただ, は全て, は幾分, は静か, へ挨拶, を子供扱, を彼

▼ 玄~ (26, 0.5%)

4 の屋敷

1 [22件] が怪しい, が製した, でござる, という人物, とはこれ, とはご, とは同業, と大, どんなもの, なる者, の家, の悪逆非道, の秘密, の邸, はする, は召し捕られ, は湯差し, は茶器, は頤, も相手, も知っ, をこれ

▼ 玄~ (24, 0.4%)

2 が歿

1 [22件] が当時喜, が抽斎, が書い, が相貌, が蘭軒門下, である, で此女, で皆門人録, と渋江抽斎, には二男一女, に似, の子, の家, の次男, の次男養玄, の父栄玄, の長男, の長男玄庵, は名, は渋江抽斎, を以て慰問, を以及

▼ 玄~ (24, 0.4%)

4 の家 2 の宅, の手

1 [16件] が父子, が見えた, とか老人連, などほんの, の一子玄達, の弟子, の病家先, はそれでも, は元禄十三年, は援兵, は白い, もそう, もその, も召, をよい, 解せんの

▼ 玄~ (23, 0.4%)

2 の小説

1 [21件] が神蔭流, が遺愛, が隠居, その人, という御家人, とかいう入道, と末座, に勝手, の堂々たる, の笑うた, の言葉, は甚八, は神蔭流, は納得, は維新, は雇われ, も狂六, よしその, をおだて, をよび, 同人妻お里

▼ 玄~ (21, 0.4%)

2 刺さんと

1 [19件] お訪ねなされ, はじめとして, まん中に, 亡い, 作り論語, 学んだもの, 引出そうという, 怨んで, 把らせ, 斬るべく奥, 斬る積り, 極むる者, 生んだので, 絞めに, 表出し, 訪ねて, 説けるなんど, 離れて, 頼って

▼ 玄~ (21, 0.4%)

2 の耳

1 [19件] がはいっ, が強いて, が監寺, が知識上, に立ち直る, の全身, の心, の胸, はあらあらしく, はおずおず, はまだ, は一見恐縮, は得意そう, は思わず, は来た, は法眼, は踊り, は道, もその

▼ 玄~ (20, 0.3%)

2 歿し

1 [18件] ある, ある折, いいました, いうの, ともかく警視総監, 云った, 側へ, 出て, 厨下の, 壬申八月二十八日の, 天岸和尚と, 妻梅を, 庶子苫を, 書簡を, 知って, 訊き返した, 饌に対して, 駈けて

▼ 玄~ (20, 0.3%)

2 の件, の死罪, を率, を遣らう

1 [12件] が江戸, である, という者, の寄宿, の父, の罪, の罪条, はその, は医者, は死罪, を寄宿, を簡

▼ 玄~ (20, 0.3%)

3 の方

1 [17件] から罵られ, だった, という三十歳, との喧嘩, と沼田英吉, と野口昌作, にとって第, の露わな胸元, はおとなしく, はじっと, はすっかり, はその, は二足三足, は先, は耳, は車掌, は鸚鵡返し

▼ 玄~ (17, 0.3%)

1 [17件] が帰る, が悲鳴, が母親, である, といふの, にかまつた, に同情, の滑稽, の面, の頭, は, は両手, は泣き喚き, は調子づい, は面, を好かない, を賞讚

▼ 玄徳様~ (16, 0.3%)

1 [16件] から騙し奪った, がこの, が出, が戦, では, とは義兄弟, とは黄匪, と芙蓉娘, には邸内, にもどれほど, にも大いに, に従っ, のご, のため, へお目にかかっ, を太守

▼ 玄文社~ (16, 0.3%)

2 の人, の小倉さん

1 [12件] から上木, から再版, から出た, から出版, から印税, から序, から送っ, では家庭小説, の結城礼一郎氏ら, より活字配置, 新冨座見物, 新演藝観劇合評会

▼ 玄~ (15, 0.3%)

1 [15件] が, がお, が云った, が去っ, が坐っ, が皮肉, であった, という者, に聞き, に話した, の言葉, は出, は皮肉, は脇玄関, 覚えて

▼ 玄~ (15, 0.3%)

1 [15件] が平伏しました, で, というお, と同様, のしかつめらしい, の宅, の居間, の治療, の落度, の門前, はおそるおそる, はその, も初め, を案内, 捨てては

▼ 玄冶店~ (14, 0.2%)

2 の与三もどき

1 [12件] とを見る, にいた, に住ん, のお, の与三郎もどき, の住居, の妾宅, の方, の芝居, の路次, の髪結い, へ切れ

▼ 玄浴主~ (14, 0.2%)

2 に顔, のところ, の新た, の眼, はいかさま, は深井坊 1 が言, が言う

▼ 玄龍先生~ (14, 0.2%)

1 [14件] お近, が手, と内儀, によく, のおっしゃられた, の内儀, の藥箱, の藥籠, は, はその, は先代, は豫, を娘, を拂

▼ 玄~ (13, 0.2%)

1 [13件] いったり, いって, いはれて, いひ無, 云う医者, 云う狂言, 云ひ, 夫人とは, 河北の, 申しました, 申すが, 申す医者, 申す至って

▼ 玄宗時代~ (13, 0.2%)

1 [13件] に一旦, に即ち, に大武軍, に改暦, に景教, に陳藏器, のこと, の古今書録, の宦官, の宦官揚思, の有名, の流風, の韋述

▼ 玄徳ら~ (13, 0.2%)

2 の一行

1 [11件] のため, の三将, の姿, の軍, はさっそく, はひとまず, はやがて, も協力, を召捕, を見下ろした, を誘い

▼ 玄~ (13, 0.2%)

2 であつ

1 [11件] が嘱, ださうである, である, と云, などはわりに, などもやがて, は出羽国山形, は寄寓, は此秀三, も討死, 仕来

▼ 玄~ (13, 0.2%)

2 はその

1 [11件] が出立, という名, といふ坊主, はけろりと, は一向, は叡山, は家, は腰, は花, は遽, を見送っ

▼ 玄~ (12, 0.2%)

1 [12件] だ, のひ, のようす, の刀, の四名, の好意, の左肩, の死骸, は二十代, やにわに, をあえて, を襲う

▼ 玄~ (12, 0.2%)

1 [12件] がグプタ朝美術, が中インド, が唐, が連れ帰った, に従って西域, の仕事, の力, の旅行, の時代, の立, は十七年, をもっ

▼ 玄斎先生~ (12, 0.2%)

1 [12件] がその端然たる, が七十, が口説いた, が夜更け, が現れる, であった, なぞにこんな, のほか, はこう, は花子夫人, をよん, を居住

▼ 玄~ (12, 0.2%)

1 [12件] あること, が小, が手裏劍, と云, の吹矢, の手裏剣, はすぐ, もそこ, も先, も小声, を呼ん, を連れ

▼ 玄~ (12, 0.2%)

1 [12件] があつ, である, とも言わず, の, の土間, の称, は三沢氏, は俗医, は御, は未だ, へ, へ出

▼ 玄關先~ (12, 0.2%)

1 [12件] うつくしく粧, からこの, きから, きで失禮, きへ, にどつか, に下した, に立たれたら, に自動車, の混雜, へみよ, を控え

▼ 玄徳孔明~ (11, 0.2%)

1 [11件] そのほか, と一戦, などいずれ, のところ, の叫び, の輩, の運命, の首, の鼠輩, はその, は轡

▼ 玄文社合評会~ (11, 0.2%)

3 に徃 2 あり, なり 1 のため, の為め, の為菊五郎, の由

▼ 玄斎坊主~ (11, 0.2%)

11 之助

▼ 玄~ (11, 0.2%)

2 で頭 1 か何, か石, で叩い, で天井, で打ち込む, で毆, やロープ, を見, 懸矢

▼ 玄關番~ (11, 0.2%)

2 同樣 1 から外套, から私, となり, なりしが, にうるさがられ, になつたの, の學僕, をし, をなし

▼ 玄~ (10, 0.2%)

1 お会いあっ, きいた, したがって, とりなして, 一日の, 嫁した, 嫁する, 度人經を, 身を, 長治と

▼ 玄十郎~ (10, 0.2%)

2 か, が大, の娘, の格子 1 の暮し向, の暮し向き

▼ 玄~ (10, 0.2%)

2 のなじまぬ, のほけ, の小田, は光 1 は眞土, は真土

▼ 玄~ (10, 0.2%)

1 たる自然, だの天地, という, とは老子, と云, に取る, の門, はそんな, 之門, 未重空門

▼ 玄~ (10, 0.2%)

2 の二女, の末期養子 1 が死し, といっ, に作るべきで, の仕, の初, の遺した

▼ 玄~ (10, 0.2%)

1 がこれ, が死んだ, と称し, と言つて, に取り入り, の伜, の死んだ, の粗野, の配偶, も良い

▼ 玄~ (9, 0.2%)

2 の行事 1 という能勢, などともいう, にも更に, の, のお祝い, の夜藁, の爪

▼ 玄~ (9, 0.2%)

1 などは以前, はこれ, は前, は官僚, は手, は自然教育会, は近頃, は頭, もまた

▼ 玄關前~ (9, 0.2%)

2 の庭 1 につけられ, に投, に椅子, に着けられた, のタヽキ, の小座敷, の往來

▼ 玄という~ (8, 0.1%)

1 俳人の, 僧が, 医者に, 医者立派な, 四十男エガ栗頭の, 大坊主, 無骨者で, 者である

▼ 玄~ (8, 0.1%)

1 が五百, が生れ, といっ, とをば先, の妻, は南部方面, は少い, も来た

▼ 玄さん~ (7, 0.1%)

1 が, この家, というお, と叫んだ, に遇, をお寺, 珍しいです

▼ 玄奘三藏~ (7, 0.1%)

1 からこの, が印度, が居つた, が渡天, と特別, の手, の碑文

▼ 玄~ (7, 0.1%)

7 である

▼ 玄~ (7, 0.1%)

2 に玄 1 な花粉ゆえ, に好ん, を捜, を探る, を搜

▼ 玄心斎谷大八~ (7, 0.1%)

2 の二人 1 とともに源三郎, などが迎い, の三人, も自分達, をはじめ

▼ 玄~ (7, 0.1%)

1 が消え, が詰った, でした, と申す, にかかる, に関, のひと泡

▼ 玄~ (7, 0.1%)

2 という人 1 がある, となり, となりし, と魯文, に化せ

▼ 玄~ (6, 0.1%)

1 だの桂川甫周, であるかは, と言, にし, の家, や前野良沢

▼ 玄~ (6, 0.1%)

1 であつ, で四条通東洞院西, と杏春, と相似, の生, 去後

▼ 玄奘法師~ (6, 0.1%)

1 とその, に値遇, の一行, の錦襴, はその, やマルコ

▼ 玄庵先生~ (6, 0.1%)

2 のお 1 から耳, だよ, の手, は気軽

▼ 玄徳さま~ (6, 0.1%)

1 が百姓, こそ漢, に仕え, は大, は帝室, を親

▼ 玄徳たち~ (6, 0.1%)

1 の義軍, の落ち, は危うい, は地, へ董卓, を

▼ 玄徳軍~ (6, 0.1%)

1 と猛戦, と蜀軍, の当るべからざる, の疲労困憊, の財務経理, は討たれ討たれ

▼ 玄恵法印~ (6, 0.1%)

1 と仰せある, の名, や河内, をたずね, を成輔, を通じ

▼ 玄惠法印~ (6, 0.1%)

1 が新, といふやう, といふ人, に新しい, に講釋, の御

▼ 玄~ (6, 0.1%)

1 がこの, がもう, が惚れ込ん, が泣い, と懇意, の長子

▼ 玄~ (6, 0.1%)

1 が来, でその後, に遣わした, のごとき, の弟子宗祇, は文亀二年実隆

▼ 玄~ (6, 0.1%)

2 にかな 1 と申, は唐, をあらわした, を談

▼ 玄~ (6, 0.1%)

1 か, が事, とは其歳相模国, も常陸, を上総守, 即玄明

▼ 玄~ (5, 0.1%)

1 波に, 肌には, 針葉樹林の, 雨雲が, 鬣が

▼ 玄~ (5, 0.1%)

1 があった, の家, も亦, や山形侯, よりも広く

▼ 玄~ (5, 0.1%)

1 も亦, 佐井聞庵竹中文輔の, 佐井聞庵竹中文輔奉祀右側には, 又玄, 猶子南都仲元

▼ 玄~ (5, 0.1%)

2 の妻 1 という医師, の女, は三十歳

▼ 玄庵さん~ (5, 0.1%)

1 とやれ, に持つ, に訊い, のところ, は申しました

▼ 玄徳どの~ (5, 0.1%)

1 がこれ, とあれ, なら四日, をお, を私

▼ 玄~ (5, 0.1%)

1 な存在, な暗合, 不可思議な, 不可思議に, 微妙な

▼ 玄海洋~ (5, 0.1%)

1 に乗り出す, に斗, の海岸, の颱風雲, をあ

▼ 玄~ (5, 0.1%)

1 と称した, なるもの, は席順, は此寧成, を襲いだ

▼ 玄菟郡~ (5, 0.1%)

1 の高句麗縣, は今, より丸都, より逃れ, 在遼東北

▼ 玄蕃様~ (5, 0.1%)

2 の一族 1 がご, のお, の殿様

▼ 玄象道人~ (5, 0.1%)

1 に男, の占い, はこう, はじろりと, は頭

▼ 玄關口~ (5, 0.1%)

1 から子供, で躑躅, に停まつ, に無造作, へ出

▼ 玄~ (4, 0.1%)

2 冬の 1 に, 根の

▼ 玄~ (4, 0.1%)

1 あつた, かなりに, はなかっ, 当時氏名を

▼ 玄~ (4, 0.1%)

1 といったの, に邂逅, の来る, は詩

▼ 玄~ (4, 0.1%)

1 にいと, に入り, に入る, の反応

▼ 玄太郎~ (4, 0.1%)

1 が五ツ六ツ, という御方, とかいう者, と晃二

▼ 玄宗注~ (4, 0.1%)

1 の所謂孔伝, を取つた, を取る, を用

▼ 玄徳以下~ (4, 0.1%)

1 の三傑, の全, の大軍, の者

▼ 玄~ (4, 0.1%)

1 が手もと, の答え, の養育, は彼ら

▼ 玄~ (4, 0.1%)

1 が玄吾, で麹町三軒家, の妹, の孫

▼ 玄~ (4, 0.1%)

1 の三男, は, はこれ, も亦

▼ 玄洋社代表~ (4, 0.1%)

1 が二人, の貫禄, は迷わなく, も腹

▼ 玄~ (4, 0.1%)

1 の孫, は書中, は良固, は長崎

▼ 玄~ (4, 0.1%)

1 と云, の傳, は其の, を印度

▼ 玄策先生~ (4, 0.1%)

1 が亡くな, が生き, の末子, の養子

▼ 玄長様~ (4, 0.1%)

1 が何, とのお, に乳房, のお

▼ 玄關脇~ (4, 0.1%)

2 の小 1 から, の藥局

▼ 玄~ (4, 0.1%)

1 で味噌, には常に, には謀叛, に於い

▼ 玄~ (3, 0.1%)

1 哲理が, 汎神論の, 生活を

▼ 玄なる~ (3, 0.1%)

1 ところまで, ゆえんを, 合理的の

▼ 玄~ (3, 0.1%)

1 また, 実心, 法言も

▼ 玄也さん~ (3, 0.1%)

1 がお, はきつ, も誤解

▼ 玄也夫妻~ (3, 0.1%)

1 が降り, の噂, は見当らぬ

▼ 玄俊信卿~ (3, 0.1%)

2 の子 1 の実子

▼ 玄~ (3, 0.1%)

1 とある, と書い, などとも名乗った

▼ 玄~ (3, 0.1%)

2 禅師が 1 禅師の

▼ 玄八郎~ (3, 0.1%)

1 がいぶかし, の家, は同名

▼ 玄卿め~ (3, 0.1%)

1 が用心, を敵, を討ち取る

▼ 玄和尚~ (3, 0.1%)

1 として知られ, はその, は言った

▼ 玄夫妻~ (3, 0.1%)

1 に挨拶, に甘えてる, は顔

▼ 玄~ (3, 0.1%)

1 が歿, で歿日, は信美

▼ 玄宗帝~ (3, 0.1%)

21 の時

▼ 玄弉三蔵~ (3, 0.1%)

1 が十八年, と関係, に学び

▼ 玄弉三藏~ (3, 0.1%)

1 などにサンスクリツト, の時, の飜譯

▼ 玄徳関羽張飛~ (3, 0.1%)

1 の三人, の三騎, の義兄弟

▼ 玄心斎谷大八等~ (3, 0.1%)

1 すこしもあわてません, の先生方, はいったい

▼ 玄心斎門~ (3, 0.1%)

3 之丞

▼ 玄洋社精神~ (3, 0.1%)

1 なぞいう, の精髄, は今日

▼ 玄渓殿~ (3, 0.1%)

1 の住居, は京都, へもお

▼ 玄~ (3, 0.1%)

1 は, は学才, を愛する

▼ 玄~ (3, 0.1%)

1 である, として道家, を主

▼ 玄~ (3, 0.1%)

1 で榛門, を襲いだ, を責め

▼ 玄長法師~ (3, 0.1%)

1 がもろく, じゃ, です

▼ 玄關さき~ (3, 0.1%)

1 で斷, へ出た, まで行

▼ 玄關わき~ (3, 0.1%)

2 の二疊 1 の茶の間

▼ 玄關横~ (3, 0.1%)

1 から起る, の應接間, の連子窓

▼ 玄~ (3, 0.1%)

2 の卵 1 の声朗

▼ 玄といふ~ (2, 0.0%)

1 のは, 四十男イガ栗頭の

▼ 玄とか~ (2, 0.0%)

1 何, 司馬光の

▼ 玄どの今あなた~ (2, 0.0%)

2 は眉

▼ 玄~ (2, 0.0%)

1 の玄, の玄曲

▼ 玄中星~ (2, 0.0%)

1 が輝い, を横切ろう

▼ 玄~ (2, 0.0%)

1 の裔, 同玄陳

▼ 玄俊信郷~ (2, 0.0%)

1 の車屋町, は兄瑞仙善郷

▼ 玄俊居士信卿瑞仙弟京水父~ (2, 0.0%)

2

▼ 玄内さま~ (2, 0.0%)

1 が付い, もああ

▼ 玄~ (2, 0.0%)

1 の候, の日

▼ 玄十郎父娘~ (2, 0.0%)

2 が引越し

▼ 玄卿殿~ (2, 0.0%)

1 の住居, は当代名誉

▼ 玄卿邸~ (2, 0.0%)

1 の茴香畑, の裏門

▼ 玄~ (2, 0.0%)

1 という漢名, はまさに

▼ 玄~ (2, 0.0%)

1 がかつて, をあれ

▼ 玄~ (2, 0.0%)

1 という人, の口癖

▼ 玄~ (2, 0.0%)

1 の如き, を賜

▼ 玄坊主~ (2, 0.0%)

1 の頼み, はいかめしく

▼ 玄~ (2, 0.0%)

1 と伊達三位房游雅, の首

▼ 玄宗本紀~ (2, 0.0%)

1 に, の天寶十

▼ 玄~ (2, 0.0%)

1 だった, はここ

▼ 玄川先祖~ (2, 0.0%)

1 より次第, より次第に

▼ 玄徳め~ (2, 0.0%)

1 に欺かれ, を引

▼ 玄徳主従~ (2, 0.0%)

1 とその, は歓ん

▼ 玄徳亡~ (2, 0.0%)

1 く後主, く遺孤劉禅

▼ 玄徳以来~ (2, 0.0%)

1 の中原進出, の功臣

▼ 玄徳同情者~ (2, 0.0%)

1 のうち, の裏切り

▼ 玄徳呂布~ (2, 0.0%)

1 などという敵, に対してはどこ

▼ 玄徳天子~ (2, 0.0%)

1 に奏し, の命

▼ 玄徳夫人~ (2, 0.0%)

1 のす, はいよいよ

▼ 玄心斎大八門~ (2, 0.0%)

2 之丞

▼ 玄心斎殿~ (2, 0.0%)

2 がお

▼ 玄心斎谷大八脇本門~ (2, 0.0%)

2 之丞

▼ 玄~ (2, 0.0%)

1 が音義, の書

▼ 玄応音義~ (2, 0.0%)

1 の下, の和刻本

▼ 玄~ (2, 0.0%)

1 の名, の柏軒

▼ 玄~ (2, 0.0%)

1 で花園, の作

▼ 玄~ (2, 0.0%)

1 に傾倒, の法名

▼ 玄~ (2, 0.0%)

1 などという勇士, 老功

▼ 玄~ (2, 0.0%)

1 で杏庵, は仮親

▼ 玄武門~ (2, 0.0%)

1 に火薬, 破り不評

▼ 玄~ (2, 0.0%)

1 がため, は書家星池

▼ 玄洋先生~ (2, 0.0%)

1 は余程, も初め

▼ 玄洋社一派~ (2, 0.0%)

1 とさえ相容れなく, の主義主張

▼ 玄洋社葬~ (2, 0.0%)

1 にしたい, をし

▼ 玄洋社連~ (2, 0.0%)

1 が大院君, の四百億円

▼ 玄洋社長~ (2, 0.0%)

1 の進藤喜平太氏, をやっとる

▼ 玄~ (2, 0.0%)

2 の名

▼ 玄~ (2, 0.0%)

1 に率, を以左之通及御達候

▼ 玄~ (2, 0.0%)

1 と改め, と称えさせ

▼ 玄~ (2, 0.0%)

1 の書いた, は

▼ 玄~ (2, 0.0%)

1 の, のいかにも

▼ 玄療院~ (2, 0.0%)

1 の屋敷, の玄関

▼ 玄益成美~ (2, 0.0%)

1 だと, である

▼ 玄石君~ (2, 0.0%)

1 いるかね, の

▼ 玄~ (2, 0.0%)

1 があり, を鎖攘

▼ 玄~ (2, 0.0%)

1 と申す, の時

▼ 玄~ (2, 0.0%)

1 だと, には蕃書取調所

▼ 玄~ (2, 0.0%)

1 をやり, を俗釋

▼ 玄義文句~ (2, 0.0%)

1 とあり, 各十巻

▼ 玄~ (2, 0.0%)

1 と称し, の註

▼ 玄~ (2, 0.0%)

2 の北千里

▼ 玄蕃さん~ (2, 0.0%)

1 をチョイ, をチョイト出し

▼ 玄賓僧都~ (2, 0.0%)

1 があり, が出

▼ 玄輝門院~ (2, 0.0%)

1 がお, の姉

▼ 玄~ (2, 0.0%)

1 の子, をし

▼ 玄通元~ (2, 0.0%)

1 から神寳君, である

▼ 玄~ (2, 0.0%)

2 を開き

▼ 玄関の戸~ (2, 0.0%)

1 ぶくろ, を引きあけ

▼ 玄關拂~ (2, 0.0%)

1 ひを, を喰つた事

▼ 玄~ (2, 0.0%)

1 の貽, を以

▼ 玄~ (2, 0.0%)

1 は公私略癸亥十一月七日, は門人

▼1* [416件]

縁談願之, 玄妙か, 玄かと呟いた, 玄くありぬらし聾兵, 玄これへ, 玄さえ遠く書を, 玄さんお前なんざア是迄さんざ, 玄ずんだ水溜りは, 玄と云い, 玄であって測り知れない, 玄とは何の, 玄どうです, 玄などの色めいたところ, 玄なども經書を, 玄などを加えても, 玄については幾多の, 玄のみ使ったので, 玄此の, 玄ませたると羽二重細工, 玄までも実に青菜, 玄その家族, 玄より特に託され, 玄が天眞皇人, 玄一眞人に授け, 玄丈殿青木文蔵殿など御用, 玄三はしようのない, 玄の女子, 玄とともに御徒町, 玄丹橋本玄録らがおり, 玄と申す, 玄破了和尚さん, 玄乗氏来訪あり, 玄二子を從, 玄五郎右衛門の名跡, 玄亭徳瑛が子, 玄亭椿庭の詩箋, 玄亭清川玄道山田椿庭である, 玄亭皆川順庵今川某児島某杉本望雲岡田徳夫河添原泉中耕斎玉置季吉があり, 玄に雑病, 玄伯南陽原等の蘭書釈刻, 玄伯殿など相変わらず, 玄伯殿前野良沢殿あの人達, 玄伯老にでも訊ね, 玄何晏等二三の学者, 玄俊京水父子の伝, 玄俊其伯父錦橋錦橋の妻沢, 玄俊十九歳の五男直吉, 玄俊小字桓三郎が摂津国伊丹, 玄信伝が写本, 玄信公伝というの, 玄信年つもりて, 玄修阿闍梨円隆阿闍梨円玄阿闍梨という顔触れ, 玄先生という斯, 玄八これでは際限, 玄八とっさに峰, 玄八以下三十名の剣星, 玄八即時左手を放し, 玄八岡崎兵衛藤堂粂三郎ら乾雲の一団, 玄八岡崎兵衛藤堂粂三郎山内外記夏目久馬等全十七人, 玄内宅へ一泊, 玄内様がだれだ, 玄内殿に期限, 玄内自身であった, 玄内親娘ですよ, 玄内警告の一条, 玄大居士, 玄則自身の心, 玄則見事じゃ, 玄勇隊はすでに, 玄十郎様立派な方, 玄十郎樣立派な方, 玄差出候, 玄博士のいくつ, 玄卿お礼を申します, 玄卿以外には少く, 玄卿氏が人工呼吸, 玄叔さんださうでございますと, 玄叔今の名, 玄叔名は良, 玄叔等で其他, 玄取扱にて昨日, 玄の三軍, 玄呂三手の軍勢, 玄和老のおかげ, 玄喜子は玄悦, 玄嘗有約, 玄四郎さんでしょ, 玄国師このかた, 玄坊主耳の穴, 玄基河野対馬守などの諸, 玄堂さんの家, 玄堂さん案内して, 玄堂めにご, 玄堂先生にてすか, 玄の氣, 玄奘三藏善旡畏等の諸, 玄奘三藏表啓の中, 玄な部分, 玄如節は非常, 玄の妙, 玄孫二者の結合, 玄へ参り, 玄安石元民, 玄宋皇帝の十六番目, 玄宗ニ献ズルニ因テノ故ニ, 玄宗不空三蔵をし, 玄宗南の方, 玄宗即位の初年, 玄宗皇帝時代に空閨, 玄宗等の王者, 玄宗開元は三十年, 玄宗雨を祈らしむ, 玄だの, 玄宣等はおりおり, 玄からも何, 玄家守某備中国松山の柳井柳仙, 玄家等の橘七屋敷, 玄察下津浦の次兵衛, 玄察大矢野三左衛門有馬の治右衛門始め六百人, 玄察年三十二布津の太右衛門年六十五, 玄察老ですか, 玄察金左衛門洞谷理安策恒三雄之介, 玄いけないさ, 玄寿があり, 玄寿名は義, 玄尊大衆へ物申せ, 玄尊赤松則祐木寺相模岡本三河房武蔵房村上彦四郎片岡八郎平賀三郎の人々, 玄という人, 玄岱初の名, 玄川子との四人連, 玄巣慶祥氏の報ずる, 玄殿嶺春泰殿桐山正哲殿鳥山松園殿中川淳庵殿そういう, 玄府鳥井零水若目田三郎, 玄庵さまはよく, 玄庵シテの出る, 玄庵次男は養玄, 玄庵養玄を生んだ, 玄弉以前にこの, 玄をも呼ん, 玄徳ここに黄匪, 玄徳こと河北にあり, 玄徳これへ出よ, 玄徳たち三名はにわかに, 玄徳どの縄目をゆるめ給え, 玄徳なんども各地, 玄徳みずから大軍を指揮, 玄徳みずから蜀の大軍, 玄徳一方は軍師孔明, 玄徳不才ではあります, 玄徳両方の実状, 玄徳今広陵にひそむ, 玄徳以上に目, 玄徳以下三人は, 玄徳以下何の怖, 玄徳以下列のあいだ, 玄徳以下張飛や関羽たち, 玄徳以下樊城へ入った, 玄徳以下積年のうらみ, 玄徳以下荊州軍をことごとく, 玄徳以下飢えつかれた姿, 玄徳以来蜀軍の戦争目標, 玄徳公からお, 玄徳冀州へ奔, 玄徳勢力はひそか, 玄徳十万の軍, 玄徳同族の者, 玄徳妻子にもはなれ, 玄徳孫権などの噂, 玄徳左右に関羽, 玄徳張飛それがし, 玄徳張飛関羽の三人, 玄徳槍が二本, 玄徳様ふたりの熱望, 玄徳殿が音頭, 玄徳気勢がたかまっ, 玄徳直属の義軍, 玄徳稲荷様は御, 玄徳脇備えとして趙雲, 玄徳自身すぐその後, 玄徳自身多大の危惧, 玄徳色にいろどられ, 玄徳討伐のこと, 玄徳誰だろう, 玄徳趙雲以下随行の兵五百人, 玄徳近ごろ天子に奏請, 玄徳追撃の道案内, 玄徳関羽のよろこび, 玄徳陣の警戒線, 玄徳青山を望ン, 玄徳麾下の簡雍, 玄である, 玄心斎その他があわてふためい, 玄心斎その他四五の面々, 玄心斎どのイヤ皆, 玄心斎はじめ供の者一同, 玄心斎めの白髪首, 玄心斎今日にも明日, 玄心斎先生高大之進, 玄心斎四に高大之進, 玄心斎柿いろ羽織, 玄心斎殿大八殿もご, 玄心斎老人谷大八とともに源三郎側近, 玄心斎胆をつぶし, 玄心斎脇本門之丞, 玄心斎谷大八等伊賀から婿入り道中, 玄心斎谷大八門之丞, 玄心斎障子を背, 玄心斎雪のよう, 玄応慧琳の音義, 玄応用の一天張り, 玄性寺の塀越し, 玄性寺わきのお, 玄性寺寄りに高い, 玄性院といっ, 玄恵法印さまより事, 玄といふ人, 玄慧同時与交, 玄慧法師始講之藤房玄慧同時, 玄に坐し, 玄の句, 玄放といい道号, 玄文社劇評会の諸子, 玄文社劇評家懇談会日本橋の若松屋, 玄文社懸賞脚本の選評, 玄文社歌舞伎座にて観劇, 玄文社観劇合評会あり, 玄斎先生七十になる, 玄斎狂六の二先生, 玄斎鶴の一声, 玄旨法印に世間, 玄昌玄高養竹養真養玄泰安菊庵立造玄察金左衛門洞谷理安策恒三雄之介, 玄明下総に入, 玄明等若しくは何人, 玄明等大敗して, 玄明自身うしろめたいもの, 玄明興世王なんどの遣, 玄の子, 玄を二世玄瑳, 玄昨夜物故今日葬送徳代参遣す, 玄昭律師に附し, 玄智氏等の仲間, 玄智瑞貞と云, 玄を識得, 玄朱子なども注意, 玄林森々たる所, 玄桂陽には趙範, 玄と云い, 玄と云う, 玄であらう, 玄の弟休甫, 玄機詩の校勘記の, 玄次郎氏は庭, 玄正にと変っ, 玄武神世俗これを子聖, 玄を鉅万, 玄との交渉, 玄法言に注, 玄泰安菊庵立造玄察金左衛門洞谷理安策恒三雄之介, 玄洋丸の荷物炭, 玄洋以外に一人, 玄洋新報社朝刊切抜抜萃再録, 玄洋氏が急性肺炎, 玄洋社一流の真, 玄洋社員は筆者, 玄洋社壮士連の大, 玄洋社式がつながっ, 玄洋社張りの酒豪, 玄洋社流にも共鳴, 玄洋社魂みたいなもの, 玄という人, 玄に学び, 玄清宗仲等を率い, 玄清宗碩等である, 玄清等の同宿, 玄渓様のお, 玄渓親子と奥, 玄は十三年, 玄の退いた, 玄澤らまた長崎, 玄牧流の隼鈎, 玄猪神に髣髴, 玄猪神稲荷神いずれも穀精, 玄王粛などの学者, 玄に嫁, 玄玖妻長女純岡西氏の出, 玄珠字は子, 玄理外の理, 玄琢老に寿詞, 玄瑞杉蔵なども吾, 玄瑞来島又兵衛入江九一の面々, 玄瑞田中河内介真木和泉梅田雲浜頼三樹三郎有馬新七松本奎堂河上弥市吉田稔麿藤田小四郎武田伊賀入江九一坂本龍馬中岡慎太郎その他無数である, 玄は, 玄番寮民部省主計寮大蔵省宮内省大膳職内膳司主膳監等式又見, 玄白斎殿が牧仲太郎, 玄益寧成二代が玄益順成, 玄益順成三代が玄益成美, 玄石サアこれだ我, 玄石君注射をしなく, 玄石白馬に乗り, 玄碩いずれも好評, 玄碩さんはわたくし, 玄碩井口栄春の類も官員様, 玄碩名を優, 玄磧後の渡辺崋山, 玄に至る, 玄祖父に当る, 玄祖父儀右衛門の四人, 玄私右四人丸山御殿え夜分一人づゝ, 玄の術, 玄程とで囃の, 玄空しと見つる, 玄竜さん今日は又, 玄竜一派の言説, 玄竜君はこの, 玄竜夫婦はどこ, 玄竜顔をしかめ, 玄端子が玄瑞, 玄端宇田川興齋木村軍太郎大鳥圭介松本弘庵など俊秀, 玄端父は玄瑞, 玄端章甫や宗廟, 玄端高畑五郎その三人, 玄竹さまはわたくし, 玄竹それより何, 玄竹のぶツきら棒, 玄竹今のは別盃ぢ, 玄竹其方に逢つたの, 玄竹多田院參詣の話, 玄竹檢案書を認めません, 玄竹辯ちやらが大, 玄竹返盃せい, 玄竹頭を押, 玄といふ醫者, 玄策名は, 玄策徴と云, 玄策樣のお, 玄策玄道と称した, 玄は策, 玄の如し天台, 玄至妙の境地, 玄を寓, 玄船橋宗禎坂尚安多紀安琢であつ, 玄は其父, 玄良坊佐久間お竹大日如来, 玄良岡西栄玄私右四人丸山御殿え夜分一人づゝ, 玄茂等は将門, 玄菟郡治は今, 玄蕃どのがお, 玄蕃殿の姿, 玄蕃殿君公のお召, 玄蕃殿浅香慶之助殿, 玄を正使, 玄に滞らん, 玄だの, 玄譽幽本居士, 玄という琵琶, 玄の字, 玄というもの, 玄軍一万五千はすでに, 玄輝門或は其正北, 玄という者, 玄通応用自在なり, 玄通称は源五兵衛, 玄達殿を江戸表, 玄録らがおり, 玄長五万石の寺格, 玄長坊でした, 玄へ出ました, 玄の後, 玄閑一周忌に付観音寺仏参, 玄間兄弟へ宜, 玄間学屈原候こといかなるわけ, 玄間控えまで入っ, 玄關くらゐ私, 玄關丈も覗, 玄關代りの縁側, 玄關側から木戸, 玄關先左樣ならばを, 玄關先水上瀧太郎さんにふと, 玄關境のふす, 玄關奧座敷二階などは天井, 玄關女中部屋を入れ, 玄關女中部屋湯殿が附い, 玄關座敷へ降り, 玄關拂いを喰った, 玄關正面の見事, 玄關牢藏などといふこと, 玄關迄駈出して, 玄關迄御影の敷石, 玄關造にし, 玄阿闍梨という顔触れ, 玄陰池といい, 玄同玄俊, 玄隆らがおり, 玄隆前田善二郎の妻, 玄順所贈云是立田種, 玄頭邸で能楽, 玄を迎, 玄だけをわざと, 玄高養竹養真養玄泰安菊庵立造玄察金左衛門洞谷理安策恒三雄之介, 玄を, 玄魚魯文の二人, 玄鳥墮卵の話, 玄鶯院両手を腰, 玄鶯院宅方来居へ乗り込んだ, 玄鶴山房といふ家, 玄鶴腰拔けの意地, 玄の趣, 玄が五斗, 玄黄八丈に黒縮緬, 玄齋居士が, 玄龍一家の三人殺し, 玄龍夫妻の寢部屋, 玄龍夫婦や奉公人, 玄龍將軍樣の御, 玄龍自分達を死ぬ, 玄龍親分も御存じ