青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「白き~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

登っ~ 登り~ ~登る 登る~ 登山~ 發~ ~白 白~ ~白い 白い~
白き~
~白く 白く~ ~白状 白状~ 白粉~ 白雲~ 白髪~ 百~ ~百姓 百姓~

「白き~」 1077, 12ppm, 9383位

▼ 白き~ (48, 4.5%)

8 見れば 3 交へて 2 常と, 撰び丁寧, 見て

1 [31件] うちまぜ, かれ船, とこへ, ばつたひ, みむ, みれば, めでし君, わざと避け, 上等と, 人は, 加えた四十余歳, 匂は, 喞つ, 好きそめぬ, 嫉んで, 履んで, 得んと, 憫み, 掘る, 硝子の, 罵るが, 美しと, 茜の, 要し目, 見る方, 誇りたるお力, 賞で, 越えて, 踏みつ, 踏めば, 透かす輕羅

▼ 白き~ (30, 2.8%)

2 昔, 神になど, 神の, 黄なり

1 [22件] 京阪に, 前世人たり, 啓前, 変えぬ, 大学の, 星の, 晴天, 枯蘆に, 止まらぬ雲, 水岸, 源氏, 男郎花なら, 町家の, 眞珠, 空を, 見つつ, 遠駆ける, 隠る夏, 隱る, 霞の, 霧を, 驤後

▼ 白き~ (21, 1.9%)

3 を二つ 2 をのべ

1 [16件] となり, と黒き, に各, に打ち揉む, に献げ, に獻げ, に裁判所, のインテリゲンチャ, の人々, より, を, をつき, をつなぎ, をや一座, を執り, を誇る

▼ 白き~ (19, 1.8%)

2 のみ咲く, 群れ

1 [15件] かも, つかぬ間, でも見ね, に, にうつくしき, に埋もれた, の咲き, の寒, を以て飾られ, を何ぞ, を吹き, を挿したら, を楽しむ, 大き夕顏, 大き夕顔

▼ 白き~ (13, 1.2%)

1 [13件] くにただよ, その紅, ひかれ, 変る時分, 帰すマーリン, 愛でて, 我は, 柘榴の, 流るる水, 漂ひ, 烏羽玉色の, 独り家を, 髪の

▼ 白きもの~ (10, 0.9%)

1 あり空, に前掛け, に限る, の一段, の影, はそれなり, は明るき, また白から, チラチラす, 湧けば

▼ 白きヘーレー~ (10, 0.9%)

21 の命, の神女ダナオイ軍兵, の神女言葉, の言, はその, は其時, を慰め, 聞きて

▼ 白き~ (10, 0.9%)

1 が靡き, とをいた, に乗り, の足, の部, の飛ぶ, ゆるかにわたり, をつけ, を舞, 起りて

▼ 白き~ (10, 0.9%)

2 にのり, に騎 1 に乗りたる, わが車, をつなが, を寄せられる, を牽きゆく, 見れば

▼ 白き~ (9, 0.8%)

1 一つ落ちに, 中へ, 先ず眼, 匂ふ, 如しと, 微に, 糸ほどに, 草色の, 落つも

▼ 白き~ (9, 0.8%)

1 あり融けて, その骨纖, まじり黒紬, 寂しくあなた, 葱に, 衣の, 見えず, 額の, 黒きも

▼ 白き~ (9, 0.8%)

2 となり, の翼, また翔ち, 飛びぬ 1 の喙

▼ 白き~ (8, 0.7%)

1 が小指, の, のたわむ, の風, も見ゆるおもむき, をはらむ, を鐘楼, 高く張る

▼ 白き~ (8, 0.7%)

2 ゐる 1 あまたゐたりけり, あまたゐね, ひそけ, ゐるひもじき, を見る, 泣かむばかりに春

▼ 白き~ (8, 0.7%)

2 に垂れたる, をうつぶし 1 うつぶすと, の眞珠, はかく, を平手

▼ 白き~ (8, 0.7%)

2 の父 1 の寛, の翁, を憐, を胸, 見ゆ, 飛ぶリア

▼ 白き~ (7, 0.6%)

1 あり, して, のまろ, のめぐれる, は佐保姫, を帯び, 射す総

▼ 白き~ (7, 0.6%)

1 いでぬ, ちら, の中, はその, は天使, を着けたる, 見え下

▼ 白き~ (7, 0.6%)

1 なりき, に具せられぬ, に刻まれぬ, に包まれぬ, はら, を二つ三つ, を枕

▼ 白き~ (7, 0.6%)

2 を着 1 きて, は, をかかげ, をつくろ, をつけた

▼ 白き~ (6, 0.6%)

2 のみ見せ 1 つけて, で軽く, よりし, をさしぬけり

▼ 白き~ (6, 0.6%)

2 のひかり子ら 1 の, のひかり, の山かげ, の洩すなる

▼ 白き~ (6, 0.6%)

1 に卷かれ, のし, のすらり, のヘーレー, をあら, を打つ

▼ 白き~ (6, 0.6%)

2 の舞う 1 の白き, の耀きてく, も黒き, 来るなり

▼ 白き~ (5, 0.5%)

1 いよよ我が, の月, の朝, の蝶, は来

▼ 白き~ (5, 0.5%)

1 かと見え, にて右, は下女, をかけ, を高野川

▼ 白き~ (5, 0.5%)

1 かな, とはこの, を肴売, 同じ町内, 赤き夕

▼ 白き~ (5, 0.5%)

1 がいつ, に掻い抱き, は搖かさ, を扇, を負

▼ 白き~ (5, 0.5%)

2 を掻 1 も赤らみたる, を枕, を鷲掴み

▼ 白き~ (4, 0.4%)

1 がちらちら, となる, を岬, 浮かぶ

▼ 白き文字~ (4, 0.4%)

2 のかすか, の淡青

▼ 白き~ (4, 0.4%)

2 を見せ 1 すごし我, 清き息

▼ 白き~ (4, 0.4%)

1 あれば, のつづく, を, を掛け

▼ 白き牡丹~ (4, 0.4%)

1 の大輪, の如き, の散るごとく, の花片

▼ 白き~ (4, 0.4%)

1 と共に, に布, ゆけり, を遣り

▼ 白き~ (4, 0.4%)

1 せし淫, の一人, の幾鳥, まじりたり

▼ 白き~ (4, 0.4%)

21 せる時計, と肌

▼ 白き薔薇~ (4, 0.4%)

1 が暗き, と赤き, を輪, 白き百合

▼ 白き~ (4, 0.4%)

1 かな, にありたる, はふっと, 少しはじらい

▼ 白き髯胸~ (4, 0.4%)

4 にかき

▼ 白き~ (4, 0.4%)

1 あさりさ, に我遇, の閑, ゐる背戸

▼ 白き鹿~ (4, 0.4%)

1 になり, に逢えり, を見, 立つ杣

▼ 白きこそ~ (3, 0.3%)

2 よけれ 1 優しけれ

▼ 白き~ (3, 0.3%)

1 あり黄, に無事, を照せり

▼ 白き大理石~ (3, 0.3%)

1 にていと, のうち, の柱

▼ 白き~ (3, 0.3%)

1 がその, の茶微塵, の顔

▼ 白き小菊~ (3, 0.3%)

1 の一二輪, の銭菊, の錢菊

▼ 白き~ (3, 0.3%)

3 あり

▼ 白き~ (3, 0.3%)

1 に, は王党, を愛国者ら

▼ 白き木槿~ (3, 0.3%)

2 の門 1 の花

▼ 白き~ (3, 0.3%)

1 と共に歌う, の一列, を真先

▼ 白き~ (3, 0.3%)

1 まじり二, をふく, を飛び散れ

▼ 白き浴衣~ (3, 0.3%)

1 きたりけること, の色, も涼しげ

▼ 白き白き~ (3, 0.3%)

1 光し, 渚の, 白粉の

▼ 白き~ (3, 0.3%)

1 のある, のいろ, をプラムネーオス

▼ 白き~ (3, 0.3%)

2 の群 1 を屠り去る

▼ 白き~ (3, 0.3%)

1 にさそはれ, の鳩, も

▼ 白き花さ~ (3, 0.3%)

21 へもよし

▼ 白き~ (3, 0.3%)

1 こそ哀し, に水, の紋

▼ 白き藻草~ (3, 0.3%)

3 を着せかけん

▼ 白き~ (3, 0.3%)

1 のあり, のごと雪乱, のほ

▼ 白き~ (3, 0.3%)

1 であると, のあり, ゆけば

▼ 白き露台~ (3, 0.3%)

1 に出で, のなつかしき, の矢ぐる

▼ 白き~ (3, 0.3%)

1 に紅, の妻, を露

▼ 白き~ (3, 0.3%)

1 ならむ, 久しくとらず, 食む春さき

▼ 白き~ (3, 0.3%)

2 すぐれて 1 控えたる少女

▼ 白き~ (2, 0.2%)

1 数あ, 赤きと

▼ 白き~ (2, 0.2%)

2 づなの

▼ 白きまで~ (2, 0.2%)

1 門を, 顔色を

▼ 白きわが~ (2, 0.2%)

1 友が, 庵の

▼ 白きザボン~ (2, 0.2%)

1 の花, の落花

▼ 白きペンキ~ (2, 0.2%)

1 の, の駅標

▼ 白きレエス~ (2, 0.2%)

1 を付けたる, を透す

▼ 白き世界~ (2, 0.2%)

1 の, のなか

▼ 白き~ (2, 0.2%)

1 に佇ん, に立

▼ 白き~ (2, 0.2%)

1 と別れぬ, の脇明

▼ 白き光り~ (2, 0.2%)

1 の表, をゆかしく

▼ 白き~ (2, 0.2%)

1 と挿毛, の八幡座

▼ 白き~ (2, 0.2%)

1 掛しみじみ, 艦橋に

▼ 白き南風~ (2, 0.2%)

2 を月

▼ 白き~ (2, 0.2%)

1 とをしばらく, とを暫く

▼ 白き~ (2, 0.2%)

1 に牡丹, を不規則

▼ 白き~ (2, 0.2%)

1 たちならぶ国, なれば

▼ 白き~ (2, 0.2%)

1 あはあはと, つづき

▼ 白き夕日~ (2, 0.2%)

2 や霾

▼ 白き~ (2, 0.2%)

1 麥裸麥噛みつ, 麥裸麥噛める

▼ 白き~ (2, 0.2%)

2 のうれし

▼ 白き孔雀~ (2, 0.2%)

1 の月昇りきぬ, の誇り

▼ 白き寒靄~ (2, 0.2%)

2 のいろ

▼ 白き寝台~ (2, 0.2%)

1 の下, の影

▼ 白き寢臺~ (2, 0.2%)

1 の下, の影

▼ 白き小夜~ (2, 0.2%)

2 ふけて

▼ 白き小波~ (2, 0.2%)

1 と化, を

▼ 白き小石~ (2, 0.2%)

2 なり

▼ 白き~ (2, 0.2%)

1 のかす, の白き

▼ 白き山茶花~ (2, 0.2%)

2 の蕊

▼ 白き~ (2, 0.2%)

1 をよぎりゆく, を疾く

▼ 白き~ (2, 0.2%)

1 のうち七面鳥, の秋風

▼ 白き~ (2, 0.2%)

1 横顔の, 胸を

▼ 白き手巾~ (2, 0.2%)

1 で目隠し, を草

▼ 白き~ (2, 0.2%)

1 の指, もて拭う真似せり

▼ 白き旗二三本~ (2, 0.2%)

2 その前

▼ 白き日射~ (2, 0.2%)

1 を, をう

▼ 白き~ (2, 0.2%)

1 の夕ぐれ, の曙

▼ 白き木綿~ (2, 0.2%)

2 白き

▼ 白き~ (2, 0.2%)

1 をどり越え, をどり越え来

▼ 白き毛布~ (2, 0.2%)

1 に包まれ, を打ち

▼ 白き水仙~ (2, 0.2%)

2 やや温く

▼ 白き~ (2, 0.2%)

1 と青き, をかけたるあり

▼ 白き~ (2, 0.2%)

1 たつ, をよす

▼ 白き~ (2, 0.2%)

1 に化, の横

▼ 白き猫繁み身動ぐ毛~ (2, 0.2%)

2 のつや

▼ 白き珊瑚~ (2, 0.2%)

1 ぞ, の玉

▼ 白き琉璃~ (2, 0.2%)

1 のごとく, の如く

▼ 白き~ (2, 0.2%)

1 の上, の場合

▼ 白き白樺~ (2, 0.2%)

2 ならむ

▼ 白き百合~ (2, 0.2%)

1 の花, を採り尽し

▼ 白き~ (2, 0.2%)

1 に載せ, を捧げ

▼ 白き~ (2, 0.2%)

1 に花, を疲らす

▼ 白き~ (2, 0.2%)

1 して, をひきあけ

▼ 白き石垣~ (2, 0.2%)

1 に沿, もて仕切りたる葡萄圃

▼ 白き~ (2, 0.2%)

1 をはるか, 白き思

▼ 白き砂糖~ (2, 0.2%)

1 のなか, をその

▼ 白き~ (2, 0.2%)

1 の午後, の館

▼ 白き~ (2, 0.2%)

1 のちら, を投げ

▼ 白き空穂~ (2, 0.2%)

1 のなか, を得ました

▼ 白き端嚴~ (2, 0.2%)

1 のヘーレー答, の神女ヘーレー高らか

▼ 白き~ (2, 0.2%)

1 の横縦, を引い

▼ 白き~ (2, 0.2%)

1 に半月, の尺

▼ 白き綿雲~ (2, 0.2%)

2 ちろちろと

▼ 白き~ (2, 0.2%)

1 を水ぎわ, 立て走りきたり

▼ 白き繃帯~ (2, 0.2%)

2 にわ

▼ 白き~ (2, 0.2%)

1 の魚, 求めて

▼ 白き胡蝶~ (2, 0.2%)

1 の忘れ, は薄き

▼ 白き~ (2, 0.2%)

1 に暖, の血

▼ 白き~ (2, 0.2%)

1 にて蹴出す, に流れた

▼ 白き花うばら~ (2, 0.2%)

2 出つは

▼ 白き花瓶~ (2, 0.2%)

1 に, よ

▼ 白き花見~ (2, 0.2%)

2 ゆる

▼ 白き~ (2, 0.2%)

2 と紫

▼ 白き~ (2, 0.2%)

2 ぞ咲きたる

▼ 白き~ (2, 0.2%)

2 にとどけり

▼ 白き~ (2, 0.2%)

2 絹巻きたる

▼ 白き虎の尾~ (2, 0.2%)

2 のはな

▼ 白き~ (2, 0.2%)

1 の如し, を穴毎

▼ 白き~ (2, 0.2%)

1 のごとく, ものおも

▼ 白き~ (2, 0.2%)

1 のごとく, の紅

▼ 白き衣服~ (2, 0.2%)

1 を着けたる, を着たる

▼ 白き衣着~ (2, 0.2%)

1 たるヱスタ, たる婦人

▼ 白き~ (2, 0.2%)

2 けぶかき雲

▼ 白き~ (2, 0.2%)

1 に松, をかさね

▼ 白き襟肩~ (2, 0.2%)

2 のあたり鬢

▼ 白き透き通る~ (2, 0.2%)

1 やうな, ような

▼ 白き~ (2, 0.2%)

1 のなか, をこえ

▼ 白き障子~ (2, 0.2%)

2 に燈

▼ 白き~ (2, 0.2%)

1 にはあらね, の山里

▼ 白き~ (2, 0.2%)

1 は青空, 立つ

▼ 白き霧雲~ (2, 0.2%)

1 もくもくとながれ, もくもくと流れ

▼ 白き~ (2, 0.2%)

1 のなか, の中

▼ 白き~ (2, 0.2%)

1 をもっ, を以て示し

▼ 白き~ (2, 0.2%)

1 とをあらわし, とを露

▼ 白き飯皿~ (2, 0.2%)

2 子鴉

▼ 白き~ (2, 0.2%)

1 と額, の白き

▼ 白き鵞鳥~ (2, 0.2%)

1 の片, を示せる

▼ 白き鶏日向~ (2, 0.2%)

2 あさる

▼ 白き鷺空~ (2, 0.2%)

1 に闘, に飛び

▼ 白き黒き~ (2, 0.2%)

2 雲の

▼ 白き~ (2, 0.2%)

1 すごし我, を碎き

▼1* [442件]

白きあやめの目, 白きあやめ草かも, 白きあり質滑に, 白きあるは薄黒き, 白きへにしづか, 白きうすものま, 白きうなじぞ, 白き指に, 白きおもてはいと, 白きかしらと白き髯, 白きかよわの藻, 白きからたちの花, 白きかをりを, 白きこと雪の如く, 白きこと雪片を欺き, 白きこの町の, 白きへやがて, 白きさえソレかと, 白きさるすべりのはな, 白きさ筵に竊, 白きようろ, 白きがし, 白きそらいと近く, 白きよけれ青き葉, 白きただし髪薄く, 白きただ中に押す, 白きたらの木の花, 白きたれぎぬを, 白きだけは異なるところ, 白きちりぬ紅, 白きつばさの撫づるごと, 白きつめたさに, 白きなかに溶, 白きなれども, 白きのみ我が足, 白きのみぞ見ゆる, 白きはずなり余, 白きはなのさかり, 白きひかり墓の如し, 白きひと時なり, 白きこにや, 白きほとり鳥啼き魚, 白きまでに冴えて, 白きままにて今日, 白きむく犬姿うつし, 白きめでたき雛の, 白きもの仄見ゆる前, 白きもの庭を走れり, 白きもの我を涼し, 白きもの施こせる額, 白きもの空を駈け, 白きゆふぐれ, 白きよねを水に, 白きより白衣の, 白きをこそ称すれ彼, 白きエナメル塗りでありそして, 白きエプロン糊硬く, 白きキリストの物語, 白きシャツに白き, 白きソースをかけ, 白きタイルの浪, 白きニーナと赤十字, 白きパンツ空色に近い, 白きフラネルの単, 白きヘレネーを今, 白きヘーレー我をさいなめり, 白きベランダたへま, 白きリボンもて結わえ, 白き一樹は, 白き万家の上, 白きへ垂, 白き上着はよそ, 白き上衣の腋の下早, 白きには小笹, 白き下枝の胸, 白き下着のある, 白き下祭の壇, 白き二見ゆ, 白きとのみ見, 白き丸顔の愛敬溢, 白き乘鞍を見し, 白き乙女の影, 白き乳液に無花果, 白き事脂の如し, 白き二つの石, 白き二の腕さえ明らさま, 白き二根の髯, 白き人列なし去んぬ, 白き人骨は沙, 白き人魚の肌, 白き仔猫が鈴, 白きのもの, 白き偏光の類, 白きの苺, 白き八月の太陽, 白き兵士の袴, 白き其胸を露, 白き出立の外, 白き前垂したるなり, 白き勇士に高く, 白き化け物が寝, 白き十字架の見え, 白きひら, 白き半島の千鳥ヶ浜以来, 白き卯の花の花片, 白き去勢者の母, 白き双翼はた, 白き右足を擡げ, 白きを見る, 白き吾が冬, 白きを啖裂かん, 白き四角の布切れ, 白き団扇を稀, 白き土塀の中, 白き地紙に人物, 白き地質の衣, 白き垣根のゆるぎ出たら, 白き見えたるが, 白きかな, 白き基督涙號を傾け, 白き堤子にいと, 白き場所を探る, 白きは曲り行く, 白き立つ, 白き墓穴より文, 白きして, 白きの衣, 白き夏衣の肩, 白き夕月夜かな, 白き外部世界なり, 白きよ, 白き大河彼岸は模糊, 白き天の川より降る, 白き天使のみえ, 白き天霧もくもくと流れ, 白き女王の住みた, 白きはその, 白き姉妹の姿, 白き姿の朦朧, 白き婦人が長, 白き宇宙を細く, 白きの月, 白きと緑, 白き家鴨五羽ばかり一列, 白き富士の嶺, 白き虫の, 白き小石さざれが見える, 白き小袋に空色, 白き小鳥のもの, 白き少女の影, 白き屋壁の緑樹, 白き山ふたつその谷間, 白き山岳の父, 白き山桜散る, 白き山梔の花, 白き山田博士が, 白き山百合の露, 白き巣立をねがふ, 白き帆木綿のかばん, 白きを覆ひ, 白き帯する浪華の, 白きの真昼, 白きに人相墨色白翁堂勇齋, 白きを懸けた, 白き平たき皿に, 白き建築の優雅, 白きの怪物, 白き影ほのかにさし, 白きの頭, 白き御衣どもうへに, 白きの星, 白き恐怖に, 白きの魚, 白き戦袍に白銀, 白き戸帳を見かえり, 白きのなづさへばあはれ水照, 白き手すがる戸の上, 白き手拭が黒き, 白き手絡の緋, 白き手舳をはなし, 白き指もろ共に指輪, 白き指先から月, 白き指觸れて, 白き挿毛に赤き, 白き提灯をつるし置きたる, 白き敷居際の立姿, 白き斎藤内蔵助の面, 白き斑文を有する, 白き斑點圓くして, 白きの刃, 白き方一脚なり, 白き日蓮上人辻説法跡の塚, 白きさては風冴, 白き早雲山の頂き, 白き明りのもと, 白きの風もの, 白き時釣舟草は窓, 白きの風もの, 白きを多少, 白き書類様の包み, 白き曹達の野, 白き指さす吾子, 白き月さへその, 白き月夜となり, 白き木綿糸を合せたる, 白き木造で聳え, 白きを携, 白きがまた, 白き東雲の陽, 白きに漂う, 白き枝珊瑚の椅子, 白き柔肌の, 白き柩車に乗り, 白き柳絮の明り, 白き桐箱に入っ, 白き桑はたの蓬, 白き桑実を売れり, 白き桔梗をた, 白きに針, 白きに懸り, 白き棒縞の単物金巾, 白き椅子の感触, 白きあり, 白き標札打ち見上げて, 白き残骸の完, 白き毛革を附けたる, 白きにす, 白き水烟は小暗き, 白き汗衫を鬆, 白きの股, 白き河原を歩きけり, 白きの接吻, 白きを, 白きをながしくる, 白き波立つらしも, 白き波際を階上, 白き洋人には能, 白き流れを武蔵野, 白きのかなた, 白きは縹渺, 白き海原さして歸, 白き海岸の邊, 白きを落すべし, 白きの, 白きけぶり, 白き溜息を吐けり, 白きひを, 白き激浪の寄, 白き濁りに渡したる, 白きの花, 白きの末, 白きを放てり, 白き煖炉の前, 白き煙草の煙, 白き照妙魂の聖なる, 白き凍え立ち, 白き熊岳河に見る, 白き熊幽かなり, 白き父親のみ, 白き山かげの, 白きをとぎすまし, 白きの荒々し, 白き物翼とみゆる, 白き犬つれ見にと, 白き犬水に飛び入る, 白きの一群, 白き狼煙もくもくと見れ, 白き猫枝にかがやき, 白き猫膝に抱け, 白きちひさなる獣, 白きははずみぬ, 白き球体との関係, 白き瑪瑙の棧敷, 白きの鰯, 白き生糸と知られける, 白き生絹の衣, 白き生絹其白き生絹, 白き生身を, 白きが滑り落ち, 白きの生首, 白き画布は再び, 白き畑欝蒼と茂, 白きを荷, 白き疾患のらぢうむ, 白き痩せたる女差俯向きて, 白き白壁に, 白き白粉の恐ろし, 白き白鳥が収めたる, 白き眼つどへもの, 白きにうつる, 白き石ごとに, 白き石炭酸の臭, 白き石竹又はかの, 白き石粉をうち, 白き石階をのぼり, 白き石鹸の泡つぶ, 白き砂名にあふ, 白き砂山の崕, 白き磯江蘇省より秋風, 白き神女ヘーレーかしこみて, 白き秋田をゆきすぎ, 白き踏まれて, 白き穂波蹈み, 白きの鏡, 白き空盲ひて, 白き立姿夫人は待, 白き立襟の洋服, 白きの群, 白き籐椅子をふたつ, 白きの物, 白きなる紫苑, 白き細き指に, 白き細袴皆發育好き身形に適, 白き絹糸買えば, 白き綿の玉, 白き与へ, 白き羚羊に見, 白きはシイプル, 白き羽二重の如く, 白き翅とらば, 白き老人と併せ, 白きをし, 白き肉体の末端, 白き肌浮出る如く活, 白きに亂, 白き肩掛をまとえる, 白き肩掛けを打ちき, 白きを此方, 白き胴体を横, 白き胸毛の百千鳥, 白き脂肪もて野犬, 白きには觸, 白きあり桃色, 白き船体に碧波, 白き船頭の漕ぐ, 白きに変じ, 白き色世にありし, 白き芝居裏河岸の病院, 白き芥子の花, 白き花一片手を辷った, 白き花一輪にさえほっと, 白き花房が気まま, 白き花紫雲英一株方五尺に蔓, 白き花見ゆ垣の隙, 白き芽生へよ, 白き苔幾百ともなく, 白き茶わんに白き, 白きの上, 白き荊棘の小さき, 白きさむく見, 白き菊綴なして, 白きの花, 白き落花の夕暮, 白きは, 白き葉裏を反す, 白きをひとつ, 白き蓮沼に咲くごとく, 白き蓮華となっ, 白き薔薇咲き満ちて, 白き浮かべて, 白きの花, 白き蝋燭の銀, 白き血潮は, 白き行衣を着た, 白きの木蓮, 白き衣切ようのもの, 白き衣紋を透かし, 白きの日, 白き被布を頭, 白き装束なるも, 白きが雪, 白き裏神保町の眼路, 白きを見る, 白き襦袢にえんえん, 白き西日にさ, 白き視線を投げ, 白き豊胸露はし, 白きの大, 白き贈り物音もなく, 白き赤き頬年ふけし, 白き秘めし音, 白きをながめ, 白きは天, 白き躑躅を, 白きをなかば, 白き身の上に, 白き身慄はぬけい, 白き辛夷はなさき, 白き透き影にし, 白き道化がひと, 白きを見る, 白き酔心地に蝶, 白き野火のけむり, 白き野猪の牙, 白き野菜も籠, 白き金屬のごとき, 白きの橋, 白き鋪石をぬらし, 白きにつつませ, 白き長き鬚を, 白き死なん心, 白きは彼, 白き隆起は其, 白き隻脚ぞ, 白きを求めな, 白きふるが, 白き雲汝が胸, 白き霊体燃ゆる汝, 白きの曉, 白き霜錻力のうへに見え, 白き置く, 白き靄騎者の首, 白き靴下とスカート, 白きいち早や, 白き領巾ふる, 白きがふたつ, 白き振りつ, 白き頭骨となり, 白き額月に現, 白き顔色の今, 白き冷たくありぬ, 白き飯粒ひとつひとつ取りて, 白きの跡, 白き香りの鼻, 白き駒控へたる少女, 白き骨勢猛くつ, 白き鬢髪を見, 白き鬣うちふるひ, 白きを用, 白き鳥一羽その間に息, 白き鴿のひと群, 白き鵝鳥は柳, 白き鶏あらはれて, 白き鶏罌粟の蕾, 白きゐる背戸, 白き鷺畑のなか, 白き鸚鵡の見え隠れ, 白き鹹湖の候鳥, 白き麻布もて髮, 白き黄昏に雨, 白き黒イチジクその二, 白き鼠色黒になりたる