青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「猫~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

独逸~ ~狭い 狭い~ 狸~ 狼~ ~狼狽 狼狽~ 猛烈~ 猪~ ~猫
猫~
~猶 猶~ ~猿 猿~ 獅子~ ~獣 獣~ 獨~ 玄~ ~玄関

「猫~」 7400, 77ppm, 1469位

▼ 猫~ (2098, 28.4%)

180 ように 81 ような 71 やうに 52 子の 33 やうな 30 子が 21 眼の, 額ほどの 18 子を 15 死骸を 13 子も 11 声が, 様に 10 ことを, 目の 9 啼き声, 方で, 頭を, 額の 8 児を, 子一匹も, 方が, 鬼 7 ために, 声を, 恋, 手も, 目, 眼が, 額程の, 顔を 6 子に, 耳の, 話を 5 姿が, 姿は, 子は, 方は, 死骸が, 死骸の, 肉を, 背中を, 額みたいな, 鳴声

4 [12件] かげだ, 先生, 児の, 前の, 名, 子でも, 子より, 様な, 毛は, 毛を, 眼を, 額ほどしか

3 [33件] たましい, なき声が, やつが, ようで, 中に, 中の, 事を, 仔でも, 仔を, 前へ, 名前を, 声の, 奴が, 姿も, 姿を, 子一疋, 子供らが, 子供らは, 尻尾の, 恋を, 手の, 方を, 死体を, 毛皮を, 災難, 背中の, 草紙, 足の, 頭の, 額ほど, 額を, 顔が, 魂が

2 [104件] あとを, いうこと, うたです, うちに, うぶご, か, からだを, ことが, ころぶす, ごとく, ごとく従順, せいに, それの, ねちねちと, ほうが, ようだ, ようである, オテクさんは, オルガン, トラが, ヒゲ, 乳, 事は, 今朝は, 仔みたいに, 児と, 児は, 其の聲, 内臓模型を, 出入口を, 前で, 化けたやう, 化けたよう, 十分の一秒が, 句に, 名を, 喉を, 喧嘩や, 声に, 声は, 好奇心を, 如くに, 妻, 子か, 子である, 子とでも, 子ほどの, 子みたいに, 子一匹の, 実験, 容貌が, 小母さん, 尻つ, 尻尾を, 居る方, 屍骸が, 形を, 心を, 性で, 手でも, 樣に, 死んだの, 毛の, 無智, 爪の, 爪は, 爪音が, 片眼, 物食む, 癖に, 皮は, 皮を, 目が, 目は, 目玉の, 真似を, 眼, 眼も, 眼玉の, 瞳の, 瞳孔が, 神経の, 耳と, 耳は, 聲に, 肉が, 背に, 背の, 背を, 虎と, 蚤を, 足が, 頭に, 顔付を, 食べのこしを, 飯食う, 首ったまに, 首に, 鳴き声, 鳴き声が, 鼠を, 鼻の, 鼻も, 鼻先へ

1 [974件 抜粋] あくびも, あたま, ある場合, いうまま, いずれでも, いたずらの, いつまで, いつわりなき, いやに, いる事, いる車屋, うちで, うちには, うち勇敢で, うろついて, おこつた, お嬢さんいかがです, お湯屋, お産じゃ, お産にも, お皿, お話が, からだの, からむよう, きらひも, こと, ことだけを, ことです, ことには, ことは, こと見物人たちは, こわいろ, こッた, ごとくねらって, ごとく慴伏, ごとく灰色, ごとく背中, ごとし, ごと首絞められ, さかる, じゃれるの, する様, そばに, それに, たたりよ, つくばひ, とらだけ, とらにだけは, と同じ, ないた, なきまね, に比べる, はいって, ひげ, ひたえ, ふかふかした, ふやけたの, ほうは, まねなど, まりと, もがきやう, ものに, やう, やうで, やう唸りを, やっとしがみつい, ゆくえを, ようすに, ようであった, ようなり, ようには, をら, オテクサンは, オルガン六つです, ゴロ, ゴロゴロの, シロを, ダンスなんて, チロと, トラは, トラ犬の, ヒゲは, ブルイスカが, マスコット持っ, ミイ公だけじゃ, ミミーを, 一件が, 一件だ, 一匹が, 一匹や, 一対を, 一生も, 三匹が, 三年飼ても, 不意にも, 世界に, 中で, 中にも, 丸くなる, 主人公たる, 乳を, 争奪に, 事で, 事なら, 二倍半あるいは, 二重唱が, 云うこと, 五徳を, 人語した, 仔が, 仔とも, 仔一匹いない, 仔一匹どころか, 仔一匹出, 仔一匹見つからなかった, 仕業だ, 他に, 仲間である, 企て及ぶべからざる, 会曰く杓子の, 伝に, 住家です, 侵入に, 個性だ, 像が, 像を, 先生という, 児かなんぞの, 児じゃ, 児じゃあねえ, 児へ, 入るほどの, 内臓模型とが, 写生画二つあり, 写真を, 出した弁当, 出産に, 初産を, 前に, 前足で, 助けを, 動作が, 勢いに, 包は, 化けたという, 化けたの, 化粧である, 午睡所を, 原簿で, 口が, 可愛ゆい, 名であった, 名前に, 味が, 命の, 命日には, 啼く声, 喉笛に, 喧嘩だ, 喧嘩まで, 噂を, 四足を, 土偶を, 執念とか, 場合, 場合は, 墓, 墓です, 墓へ, 声あかん, 声だけには, 声では, 声とを, 声も, 変貌した, 夜遊びを, 大きなやつ, 大経験者, 大黒猫の, 夫婦が, 女の子であります, 奴はいり込んだ, 奴狡猾こぼて, 奴隣屋敷から, 如きその, 如きは, 如く小さく, 如く杓子, 如く足音, 如しと, 妙に, 妙術の, 姿で, 姿とは, 嬉しがり, 子いつぴき居る, 子だ, 子だの, 子です, 子どもを, 子にさえも, 子よ, 子よりは, 子一つ, 子一匹, 子一匹いのち委ね, 子一匹おらず, 子一匹だって, 子一匹入る, 子一匹居ない, 子一匹眼に, 子一匹逃げた, 子一匹通りません, 子一匹隠れる, 子供は, 子十匹産み居つた, 子扱い, 子見た, 子鳴い, 孤をも, 孫にも, 寄り合ひ, 寝すがた, 寝顔に, 小さくかわいいの, 小噺, 少しけが, 尻っ, 尻尾から, 尻尾でさえ, 尻尾は, 尻尾論, 尾や, 居ないもの, 居眠りは, 屍とを, 屍体同様に, 干物と, 干物みたいな, 年と, 幸福まで, 幻を, 幻影などは, 幽霊という, 幽霊の, 幾疋かの, 弱虫, 形に, 形代に, 影の, 影を, 役者の, 後裔め, 御馳走は, 心の, 心理と, 忠義を, 思い入った, 性, 性情の, 性格と, 性質としか, 怪物と, 怪談, 恋とか, 恋に, 恋は, 恋路とき, 悪いこと, 悲歎は, 愛らしさ, 感じの, 態を, 態度が, 戀の, 所有に, 手で, 手まで, 手足の, 持つ野性, 搦む處は, 数が, 数の, 敵と, 方です, 方も, 春一日という, 晝の, 暗く悪, 本尊, 材料が, 来たとき, 来るの, 柔かな, 柔毛と, 案内で, 梵名オツを, 楽土でも, 様子が, 様子と, 様子は, 樣なお, 欠ほどの, 欲する上, 歩いて, 歴史と, 死, 死の, 死んだほどにも, 死躰などが, 死骸でも, 死骸とか, 死骸に, 死骸や, 母は, 母子は, 毒手を, 毛で, 毛に, 毛並の, 毛皮つめたし, 氣に, 沽券にも, 活動する, 滑稽な, 熟視むる赤トマトわが, 爪で, 爪にでも, 爪を, 片割れも, 物真似, 狼狽と, 猫の, 猾鼠を, 玉乗りです, 玩具には, 玩弄品と, 現われる時間, 生れたては, 生殖腺が, 生活さ, 生活だ, 生皮を, 産月が, 用心で, 異状を, 病気は, 登場等々であります, 皮から, 皮と, 皮剥ぎ, 皿を, 目みたいに, 目を, 目玉であるらしく思われる, 目鬘, 眞似, 眠って, 眸に, 眼は, 眼玉じゃ, 眼玉で, 眼老婆の, 瞳, 知恵の, 祖先が, 神に, 神通力でも, 祟り, 祟等と, 種類は, 立場から, 籠の, 精霊ばかりの, 糞です, 糞と, 糞他室へ, 糞癪にぞ, 終りという, 絵馬が, 綱は, 縹緻の, 繪は, 罪を, 美くし, 美と, 群れて, 群衆の, 習性を, 老いたる, 耳という, 耳ほどの, 聲だ, 肉だけで, 肉なら, 肉に, 背なかから, 背筋を, 胸の, 脚を, 脳天を, 腦味噌半殺しの, 腹との, 膨れた死骸, 自主的精神という, 自由恋愛に, 舌に, 舌みたいな, 花が, 芸だ, 草紙を, 虎とも, 蚤でも, 蚤取, 蚤取りさえ, 血が, 血の, 行水は, 裁判は, 襟首を, 言葉が, 話が, 話それも, 話で, 話に, 説明である, 資格は, 足で, 足に, 足裏に, 足跡も, 足踏みと, 踊りは, 蹴られたよう, 身に, 身の, 身体が, 身分を, 近類, 逃げたるを, 逃げ出した下, 這入るべき隙間, 通路である, 遊び場所であった, 道化や, 野良猫ぶりが, 金茶の, 鋭い爪さき, 間の, 関心も, 防禦で, 陣取って, 隠れ場所の, 雄猫, 面で, 音楽家ら, 頭, 頭は, 頼み甲斐な, 額ぐらい, 額でも, 額に, 額ほどに, 額ほども, 額より, 顎に, 顏と, 顔, 顔をよ, 類でさえも, 類族又は, 風貌には, 飛出したの, 食ふこ, 食べ物を, 食物か, 食量にも, 飯と, 飯茶碗のみが, 餌に, 餌を, 餌食に, 首の, 首まきへ, 首環が, 首環は, 首環小さい, 驚きに, 骸骨を, 髯, 髯では, 髯なんか, 鬚の, 魂も, 鳩くわえし, 鳴き声だ, 鳴き声なんか, 鳴き声の, 鳴き声を, 鼻先には

▼ 猫~ (918, 12.4%)

26 鼠を 7 云ひました, 来て 6 自分の 5 ある, 顔を 4 どこから, ゐる, 居る, 蝙蝠を

3 [18件] いた, いて, いるん, うろうろし, すきで, どこからか, 丸くなっ, 口を, 咽喉を, 垣の, 好きな, 子を, 寝て, 居眠りを, 屋根を, 彼女の, 背中を, 鳴いて

2 [55件] あった, あつた, あとから, いたが, いると, いるという, うづく, ねらって, はいって, びっくりし, またたびに, やつて, ゆっくりと, わたしを, ゐなくな, ゐるならば, 一匹いました, 一匹いる, 一匹ねそべつ, 一匹出, 云つて, 五つ子を, 人間の, 他には, 他の, 入って, 入つて, 出て, 化けるという, 啼いた, 坐って, 坐り込んで, 居て, 来た, 此の, 歩いても, 死んだと, 殺された, 物を, 生きて, 眠って, 眼を, 睡って, 私に, 私を, 老婆に, 聞いて, 背を, 見たら人間, 蹲って, 逃げだした, 食べて, 飼って, 鼠でも, 鼠に

1 [682件 抜粋] ああいふ, あちらこちらに, あつたら, あとを, あやまって, あらわれるという, ありません, あるか, ある之, いきなり臺所, いくら出し, いたずらを, いたづら, いっしょに, いつしよ, いつでも, いつまで, いつもねずみ, いないから, いないと, いないの, いなくなって, いなくなると, いやだ, いらあ, いる, いるか, いるし, いるだけで, いるわけ, うかれ出て, うごめいて, うずくまって, うようよし, うろ, おくらの, おけさ, おさきに, おもちゃに, おりました, お斷, お遊び, かかったこと, かくまで, かの妓, かま猫の, がんばって, きたらうんと, くわえ出したの, けんかを, げに尋常一樣, こっそりゲロ, この体, この女, これを, こんなに綺麗, さき程, しかも二匹, しきりに鳴い, しづかに, しなやかに, しゃくにさわると, じゃれかかって, じゃれて, すしを, するよう, ずぶ濡れな, そこここに, そちこち, そっと口, そっと起き出し, その事, その側, その旨, その爪弾き, その目, その遺産金, その間に, そばに, それぞれの, それを, たくさん飼っ, ただの, たった一つ, たべかけました, たわむれて, だるそう, だんだん瘠せ, ちゃんと目前, ちょいちょい来る, ちろちろと, つくばって, ですね, とても淋し, とびこんだらしいん, とるので, どうかした, どうかしました, どこかから, どこかで, どこかへ, どなりました, ないので, なお物欲しそう, なく子供, なにごとかと, なんだか私, ぬけぬけと茂太郎, ぬっと顔, のせて, のっかって, のっそりと, はいる鼬, はっきり私, ひどくあばれ騒ぐ, ひろって, びつくりする, ふらふらと, ふわりと, またたくさん, またチャン, また争, また五六疋, また唸った, まだ夢みる, まだ睡つ, まつって, まつ赤な, まるまつ, みんなたべちまった, むささびを, もぐりこんで, もしやもしやパン, もつれる, ものに, やってきますと, やって来て, やって来ました, やって来る, ゆく, ゆくと, よくこれ, よく見える, よく馴れ, よって, ゐるさ, ゐるだらう, ゐる鶏, インチキなる, オルガンを, コウバコを, セメント樽へ, トタンの, ニャゴウと, ニャンと泣い, ピストルを, マンの, マンドリンをか, 一ついた, 一つや, 一ぴきすん, 一ぴきの, 一匹, 一匹あたしの, 一匹おどおど, 一匹ずつ, 一匹ねそべっ, 一匹ひらり, 一匹よその, 一匹ノッソリと, 一匹人おじも, 一匹寝そべっ, 一匹戯れ, 一匹時, 一匹静かに, 一散に, 一日赤貝に, 一段高い, 一疋, 一疋いる, 一疋と, 一疋の, 一疋僕らの, 一緒に, 丈夫で居る, 三匹も, 三疋, 三疋赤手拭す, 三疋踊る, 上を, 下りたがって, 不意に, 不断と, 不良で, 両足を, 主に, 主人の, 久し振りに, 乗憑, 二ひきふえました, 二三匹ハヤテの, 二三匹屋根に, 二三日木精の, 二三日行く, 二匹つい, 二匹飛び出しました, 二疋, 云いました, 云ひ出しました, 云ふ, 五疋も, 交わるを, 人に, 人を, 人語を, 人間から, 今私の, 仔を, 仕事を, 何かに, 何んか, 何処かで, 何匹も, 何時の間にか翼, 例によって, 例のです, 傍に, 児を, 入りたがって, 入り込むの, 入院し, 冠りきれれ, 冷たい処, 出ても, 出なくなると, 切ない声, 切ながっ, 前にな, 前後も, 前後不覚に, 前足を, 匕首を, 化けたとか, 化けたん, 十分手に, 厨房の, 反射的に, 取りつく, 可愛いん, 可愛かった, 台所に, 台所の, 吼る, 咽も, 咽喉仏を, 啼かなければ, 喉を, 喰べ, 喰べても, 四五匹雪見燈籠の, 四肢を, 坐り込んですまして, 夕飯の, 大きらい, 大へん, 大便を, 大好きだった, 大好きであった, 大嫌いであった, 天鵞絨張りの, 失踪した, 女を, 好きだった, 好きであった, 好きに, 好くマタタビ, 始終齒, 娘の, 婦人の, 嫌いであった, 子の, 守っちょ, 室に, 室内に, 家に, 寝そべりながら, 寢て, 小森の, 小鳥へ, 屁を, 居ったげな, 居なかったかね, 居なくなった不思議, 居るだけ, 居ると, 居るならば, 屋根で, 屋根の, 崇った, 常に悠々, 幽かに, 庭の, 庭へ, 引いて, 弾定に, 彼の, 彼女に, 御雑煮, 忍び込んだという, 思い出されて, 急に, 怪しの, 悠歩し, 悩ましい白い毛, 悪者で, 懸命に, 手, 手を, 抱かれたい抱かれたいと, 抱かれて, 捕えた鼠, 捨てられて, 揉みに, 攫って, 散在し, 数匹ある, 斜な, 斯う, 日向ぼっこを, 昨今腹が, 昼寝し, 時々二葉亭, 暗い中, 書斎の, 最もきれい, 有ろう道理, 朝仕事を, 本堂から, 本当に牢屋, 李の, 来た猫, 来ました, 来ます, 来よったと, 来ると, 桑畑の, 棲息し, 横ぎりもう, 横合から, 樹の, 欠伸を, 止まって, 歩いて, 歸つ, 死ぬ時, 死んだとかいう, 死んでも, 死人を, 残らず御, 殺されたの, 母の, 毬を, 気に, 水を, 汽車に, 泣きもがくの, 泣き出しませんね, 泥竈の, 浮きつ沈みつして, 滑って, 無事に, 無数に, 焼けますよ, 片頬, 物干, 犬なら, 犬の, 犬よりも, 狂つてゐる, 狭い家いっぱい, 猫と, 献上された, 猿に, 獅子に, 現われて, 生きあが, 田中君について, 畠を, 病死し, 白の, 白髪の, 盗まれたん, 目立って, 眠つてゐました, 眠つて居る, 砂糖黍の, 破いたとか, 私たちには, 私たちの, 科学者に, 窓を, 竈の, 立って, 籠の, 紙を, 緋縮緬の, 縁の, 縁側に, 群がる鼠軍, 耳も, 耳を, 肉とともに, 育たないといふ, 肴を, 腹這っ, 自家の, 自由に, 苦しめるぞと, 茨を, 落ちます以前, 落としたもの, 葉っぱを, 虎に, 虎の, 蜥蜴などを, 行儀よく, 行方不明に, 行方知れず, 製造されたごとく考える, 見えなかったとき, 見つけて, 見つけられて, 覗つてゐ, 訊きました, 誓書を, 貴重な, 赤い首環, 赤色を, 走っても, 起き出して, 足を, 蹲まっ, 身うごき, 身がわりに, 軒端で, 轢かれたり, 近所に, 近頃食慾, 迷い込んで, 追っかけて, 逃げて, 逃げ出すよう, 這い入って, 這入って, 通ったん, 通るよう, 連れ去られると, 運動する, 遣って, 鈴を, 鋭い爪, 長い竿, 長い間, 隣りから, 集って, 集つて来, 雨に, 青い, 青い葉, 面を, 面白い猫, 鞠を, 頸ふりむけ, 頻りに尾, 風邪を, 飛びついた拍子, 飛び乗つて, 飛び掛かった人, 飛出した, 食いたいそれ, 食いちらしたの, 食べる, 飯を, 飼主に, 香箱を, 騒いだ時, 騒ぐの, 驚いて, 髷に, 魚の, 魚辰の, 鳩を, 鳴いた事, 鳴きました, 鳴くぞ, 鳴くという, 鶏の, 鶏殺す, 鸚鵡を, 齒を

▼ 猫~ (738, 10.0%)

26 抱いて 13 かぶって 11 飼って 10 見て 8 見ると 7 冠って 6 殺して 5 自分の, 被って, 連れて 4 だいて, 相手に 3 ここに, して, もらって, 可愛が, 噛むという, 抱きあげて, 捨てに, 膝に

2 [35件] しっぽで, そつと, つかまえて, つれて, でも叱咤, 中心に, 入れて, 受け取りに, 可愛がって, 可愛がること, 好かん奴, 屋根の, 抱えて, 抱き上げて, 持ち込んで, 持って, 探して, 殺さむと, 生かして, 私は, 紙袋に, 膝の, 被つて, 見に, 見るよう, 貰って, 足で, 追うよう, 食べるかしら, 食べるの, 飼うという, 飼うの, 飼ったこと, 飼ったり, 飼った経験

1 [540件 抜粋] あちこち擽っ, あまり好かない, あまり身動き, あわれむ, あんまり可愛, いじめたこと, いじめたり, いじめるという, いじめるもの, いじめる子供, いじめる怪しから, いぢめ, いとおしく思わせる, うちの, うらやみねたむ者, うらやみ賛嘆, おい回したり, おもちゃに, おろしよみさしの, かいつかんで, かかえた三人, かかえ出して, かぶった悪玉, かぶっても, かぶる, かぶるかしら, かむという, かむとは, かむ事, からかって, からめ取り他方, かりて, かわいがりいわゆる, きざむなぞ, きめこんで, くすぐりはじめた, くらった鼬, こしらえた, こしらえてるの, こっちに, ころさんと, さかさに, さし出して, さすりながら, しかるよう, しっかりと, しつか, しばらくの, じゃらして, じろ, すっかりフリーダ, すてて, すべて同じ, そっと抱き上げ, た, たいへんかわいがっ, たずぬる, たのんで, たびたび征伐, たべて, たらいの, だきとりました, だれが, つかまえたん, つかまえようと, つかまへたの, つかまへて, つかまへに, つかまへるん, つくって, つくらせられて, つないで, つまみ出しぬ, つまむよう, つれに, とじこめて, とつて, となえはじめました, とらえたの, とらえて, どうしてつかまへたら, どうして持っ, どやしつけて, ながめました, なくしたに, なくしたの, なだめながら, なだめました, なでさせるの, なでて, にらみます, のせて, ひざへ, ふせぐ相談, みすみす出し, みて, みんな追い出し, むさぼり食, むんずと掴まえた, めがけて, もつてると, もらうこと, やったとこたい, やって, やめた理由, ゆずり受けた, よんで, テーブルの, ト御新造の, マントの, モデルに, ヨモという, 一つ手に, 一匹ずつ, 一匹つかみ殺し, 一匹投げ殺し, 一匹犠牲に, 一匹識って, 一匹飼う, 一寸見, 一疋摘まみ下げ, 七匹も, 下げるよう, 下に, 乘せ, 二匹飼っ, 人に, 仇敵に, 仇視し, 何匹も, 何条主人と, 作った某氏, 作つて以來細君と, 作り贈物, 例外として, 借りて, 入れその, 入れたお, 入れたふろしき包み, 入れては, 入れまいと, 入れました, 入れられるほどの, 入れるだけの, 冠つても, 冠る, 出したり, 刺し殺したこと, 刻んで, 前だれの, 力一杯放つ, 劬つてゐた, 友に, 取って, 取っ捕えて, 取つて自分, 取下ろそうと, 可哀, 可愛がっても, 可愛がらぬの, 可愛がり出した, 可愛がり過ぎると, 可愛がるもん, 可愛がるよう, 叱りながら, 叱る言葉, 合せ葬ったもの, 向うに, 呑もうと, 呼びました, 呼ぶやう, 呼んで, 和紙半, 咬えて, 咬むの喩え, 哀れがって, 哀れに, 哀れむ女房, 唯の, 啣える, 嗅いで, 噛み殺し到頭, 噛むと, 噛むの勇, 噛むの窮鼠, 噛む有様, 噛もうと, 嚇すの, 地びたにおいてやりました, 埋めた時, 埋めて, 埋めるよう, 多く育てた, 大して好かない, 天水桶に, 太だ愛し, 奪い合う, 好かないこと, 好かないもの, 好くの, 好まざれども, 好んで, 婢たちの, 嫉むと, 嫌えば, 学ぶの便利, 宛てがって, 家の, 家へ, 家狸と, 寵愛し, 山の, 常食に, 弔おうという, 引き放そうと, 引っ捕えて, 引合に, 強いとして, 強く蹴り飛ばした, 従えながら, 得ること, 御寵愛, 心からかわいがる, 思ひ出させるやう, 思索する, 怪物とは, 恨まなくなった, 惧れ, 愛したと, 愛して, 愛するよう, 愛する夫人, 愛好する, 愛撫する, 慕う男猫, 戸外に, 手飼の, 打ったね, 打つけ, 打つことに, 打つの, 打つ掃木, 打つ理由, 抓み上げるやう, 投り出し, 抛りこんで, 抱いたまま, 抱いたり, 抱いた日本, 抱え込んでは, 抱きあげた様子, 抱きかかえる, 抱きとりました, 抱きとり折詰, 抱き取った, 抱けば, 抱上げ, 押しやって, 押しやり話しかける主婦さん, 押し上げて, 押放した, 拘禁し, 招き寄せて, 拾い上げると, 拾ったわけ, 持ち渡りインド, 持ったまま母親, 持つて, 持て遊んで, 指して, 指し示しました, 振り放して, 捉まえ, 捕えようと, 捕つて, 捕まえて, 捕らえて, 捕らせること, 捕りに, 捜して, 捨てた, 捨てたるもの, 捨てる海岸, 探しに, 探すべく不意, 控えさせさて, 掴まへて, 掻っ, 揉みくしゃに, 描いた画幅, 描いた白描, 描いて, 描き上げて, 描けとか, 撃って, 撫でたり, 撫でて, 撫でながら, 撫でやめると, 撲ち殺して, 擁えて, 擽って, 放して, 放しますと, 放たう, 救いに, 救った, 教師に, 斯うい, 書いた下絵, 木から, 木の, 椎の木に, 極めてたね, 概念的に, 残して, 殺さねば, 殺さむとせられたり, 殺した, 殺したと, 殺したところ, 殺したの, 殺したり, 殺した始末, 殺した祟りだと, 殺しむくいし事, 殺し奪い合って, 殺す, 殺すこと, 殺すの, 殺すよう, 殺す手段, 殺せるさま, 気味悪がっ, 求めて, 江戸まで, 沈めた所, 沈められてから, 洗って, 渡した以上, 無闇に, 煩わすが, 片はし, 牛は, 犠牲に, 狙ひ, 猫と, 猫とも, 玩具に, 産す, 用い広東, 用心し, 用心する, 由吉は, 畜って, 番わせや, 疎遠に, 発見けた事は, 発見した, 発見する, 盗まれたの, 盗み出したいと, 盗み出してでも, 盗んだの, 盗んでしまつた, 盜んだ, 真二つ, 眺めて, 眺めなおした, 知って, 私に, 空腹がらさんやうに, 突いたり, 突くと, 窓の, 竹箒の, 笑わせるに, 紐で, 絞めるやう, 絞め殺して, 絞殺し, 縛ろうと, 織り交ぜる途端, 置いて, 置きに, 置くとき, 羨ましく思ッ, 羨み讃歎, 聯想する, 背負うとて, 膝から, 至って不仁, 船員が, 荷厄介に, 葬った寺, 葬つた壬寅, 葬ること, 蒸し殺すと, 虎に, 虐待する, 袂で, 被つた穩, 被るとか, 被るの, 裁判する, 見たの, 見たよう, 見た前, 見た時, 見つけた, 見つけました, 見つけると, 見つめて, 見てよ, 見な, 見ないで, 見ながら, 見る, 見る時, 見下して, 見出せなかった如くフランボー, 見門, 覗った, 誘い括って, 貰来りし, 買い占めるとか, 買い占めるん, 買った, 買って, 買つて来られた, 踏みつぶさないよう, 蹴とばしたこと, 蹴飛ばすの混乱, 軽蔑した, 轢き殺したの, 迎うる, 迎えに, 追いだすよう, 追いのけようと, 追いはらえば, 追いました事, 追いまわして, 追いやりながら, 追い出して, 追い籠, 追い駆けて, 追い駈けたり, 追っかけて, 追っかけまわしはじめ, 追っかけるふり, 追った, 追ったが, 追ったよう, 追って, 追つかけた, 追つかける, 追ひかけた, 追わむとて, 退治する, 逃がしたと, 邪険に, 釣って, 閉じ籠め, 隠して, 隠し置き音楽, 集めたこと, 集めて, 頭に, 頭の, 食うと, 食うよう, 食う会, 食ったの, 食べれば, 食むの勢い, 食むの譬え, 飼いました, 飼い一方, 飼うべく出来て, 飼う人, 飼う初め, 飼う趣味, 飼った事, 飼った人, 飼っても, 飼つて見ました, 飼つて鼠を, 飼はば, 飼ひし, 飼ひ出し, 飼ふ, 飼わないの, 飼わないよ, 飼養する, 餓ゑさせることにした, 馬鹿に, 馴つけ, 馴らした, 魔物と, 鼠皆

▼ 猫~ (726, 9.8%)

7 鼠を 6 眼を 5 彼女の, 言ひました 4 それを, 人の, 赤色を 3 すぐに, 家に, 木精の, 猫で

2 [31件] あたりま, いひました, ごろごろ喉, さう, しばらく考へ, そつと, そのドア, ひとりごとを, ふり返っ, ほ, また右手, ニャーニャーと, マンの, 中に, 主人の, 今に, 嘉ッコの, 太郎の, 居た事, 愛ちやんを, 我々の, 日吉の, 物を, 犬に, 猫は, 申しました, 立つて, 耳を, 自分の, 蝙蝠を, 遊ばんなんぢ

1 [617件 抜粋] あきらめて, あたかも何事, あちこちへ, あまり好き, ありませんよ, あるけれども, あわてて, あんまり乗り出し過ぎ, いかめしいもつたいらしい, いかよう, いきなり樹, いくらかずつ, いそいそと, いそいで, いたって, いつのまにか納戸, いつの間にか帰っ, いつまで, いつもと, いつもの, いつも犬, いづこ, いな, いなかった, いなづまを一, いまだ裸体, いよいよ其の, いろ, うたがいぶかいよう, おかしななき声, おりません, おりませんよ, お先に来, かぎまわって, かけて, かま猫を, からだを, き, きっと御飯, きて, ぎやつと叫ぶ, ぐったりし, ぐったりと, ぐる, こういう事情, こがね虫を, ことばを, このかま猫, この声, この女御主人, この間死にました, この間窓枠から, これは, これらの, こんなこと, ごろごろ咽喉, さあこれ, さうい, さつ, ざらに, しきりにおしやれ, しくしく泣きはじめました, しばらくは, しばらく旅行, しばらく首, じっさい喧嘩, じっとし, じつにつらい, すきな, すぐ死ん, すぐ立て, すぐ近く, すぐ鼻, すこし眼, すっかりと, すべてマンクス種である, すまして, するすると, するりと逃げのび, ずいぶん大きく, そう見ないだろう, そこに, そつち, そのあたり, そのま, そのままころり, そのまま身, そのよう, その外, その夜じゅう姿, その年, その後大きく, その時偶然, その晩, その死, その熱い, その真中, その筋, その網糸, その習性, その辺, その青黒い, その音, それでも鼠, それに, それほどの, そんな世評, そ知らぬ顔で, た, だいたい喧嘩, だまつてうつむい, だまつて考へ, だまつて腰かけ, ちゃんと持っ, ちらちらと, とうとうテーブル, とうとう眠つたの, とつぜん大きな, とびつきました, どいつだい, どういう猫, どうしても離れない, どうである, どうでも, どうなる, どうなるだろう, どうも体力, どこへ, どれも, どんな暗やみ, ないた, なお彼, なか, なかなか立ち去らない, なぜか, なんらの, ねむいところ, はっきり眼, ばかに, ひそやかに, ひとたまり, ひと月もかへ, ひらりと, びっくりし, ふさわしいよう, ふすま, ぶるっと, ほかの, まじめくさつて, またどこ, またない, また小, まだあまり人, まだ四, まだ子供, まったくその, まるで知らない, まるで風車, みかけしだい虐待, みんな芝浦の, むざんにも何度かに, もうかなしく, もうぐつ, もうぐづ, もうしめた, もうゐない, もう北面, もう啼きませんでした, もう大, もう婢たち, もう帰っ, もう決して人, もつと, もと天竺の, やがてまる, やがて塀, やせた鼠, やつと, やはり背中, やはり身動き, ゆうべの, ゆくえ知れず, よくやってき, よく三郎, よく食事, よろこんで, ゐなかつたが, アングレー伯爵からは, カンガルーみたいに, ガッカリし, コソコソ忍び足, チロッと, ニャーとも, ニヤオ, パリーの, マンドリンを, ワイトマンの, ワンと, 一つの, 一二度途中まで, 一人淋し, 一体で, 一匹も, 一生けん命帳面を, 一番正直だつた, 一番長く, 一種の, 丁度雀, 三味線を, 三年飼われ, 三年養われ, 三日飼われ, 三毛を, 三郎さんの, 上の, 不思議に, 世なれぬ, 丸ぼ, 二人の, 二匹と, 二匹子を, 二日も, 二月初, 云つて, 五六日で, 人に, 人を, 人間とは, 今しも, 今でも, 今度は, 今度徐々消え失せました, 今日の, 何かに, 何かの, 何とかみんな, 何処へ, 何時の間にか棚, 余にな, 依然として屋根, 停って, 充分に, 先頃子を, 兎の, 入用である, 全く平気, 其, 其右の, 其式の, 再び消え失せました, 再び蓋, 出て, 出は, 出刃庖丁を, 初めて見た, 別にそれ, 別に怒る, 利口で, 前に, 力なく, 助けて, 動物である, 勿論死刑人, 化けるからな, 化けると, 化けるまで, 化け猫では, 即座に, 口だけ, 口もとに, 口を, 古くから, 可厭, 叱られた事, 吃驚した, 吉田の, 名を, 吐気が, 哀れつ, 哲学と, 唯物主義だ, 喉を, 営養が, 固より, 土地の, 声も, 外套を, 多かった, 多くの, 大嫌, 大嫌いな, 大胆に, 大胆にも, 天竺の, 好きで, 如何なる染色, 姿を, 字が, 宜しゅうござい, 客間の, 家の, 家人の, 寝て, 小さな犬, 小さな袋, 小兎, 少女の, 尾が, 尾の, 居ないの, 居ないよう, 居なかったやう, 居なかったよう, 屋根づたひをして窓を, 屋根の, 崖の, 常に飽食, 平安朝に, 平常吉田, 幾つかの, 床の, 庭に, 庭の, 形こそ, 彼の, 彼等が, 彼等ほど, 御部屋, 心舞蝶に, 心配さう, 必ず赤色, 忽ち背, 怖しい, 怜悧な, 思慮深い, 急に, 恭三の, 悪いこと, 愈不安さうに, 愕いた, 懐裡に, 我国に, 或る, 戸口に, 手早く子, 手足を, 折々唸っ, 拾つてやらう, 持つて, 放されました, 放った絵絹, 斜か, 新来の, 旨うご, 早速追い出します, 時々無心, 時折うっすら, 智慧の, 暫くし, 最も快適, 最も清潔, 最早障子, 本来立派だ, 来ない夜, 来ない若し, 来ませんが, 校長の, 椅子を, 此度は, 此等の, 殊にせい, 殺され損, 母と, 毎日毎日外へ, 気が, 決して暑, 油断の, 泣きながら, 清潔ずきだ, 渡らないと, 温良な, 灰色だ, 烏円とて, 焼いた魚, 煩らう, 爪を, 牙を, 特に水, 犬と, 犬の, 猫だ, 猫でしか, 猫として, 猫の, 猫を, 猫丈の, 率直に, 珍らしい, 生きあが, 生きかへ, 生存し, 生後一年とは, 生物だ, 男の, 病死の, 病苦の, 痙攣る, 益々ヒステリー的, 盗まれたらしくそこ, 目覚めて, 直ぐに, 直ぐ死ん, 眠った振り, 神獣だった, 禁物だ, 私にも, 私の, 空地の, 立ちあがって, 立ちあがりから, 立ちどまって, 立ちむかつ, 第二回, 答えた, 箱の, 箱を, 素敵に, 續けて, 考へて, 考へました, 肩を, 育ちにくい, 肺でも, 背中を, 脚で, 腕を, 膝の, 膳の, 至って不仁, 苦しがっ, 苦沙彌先生の, 茶碗をからに, 草の, 落ちつき払っ, 蘭軒歿後にも, 虫を, 虫下しの, 蝙蝠梟は, 血だらけにな, 袋の, 西林院に, 見られなかった, 見向きも, 言葉を, 訝しそう, 買いたし, 赤にも, 走つて, 起き上って, 起したくなし, 蹲まつ, 身がるに, 辛い鹽鮭, 近所の, 逃げだす, 逃げも, 進退の, 運わるく, 邪気多き, 金魚を, 鉄鍋を, 鋭い目, 鐘と, 長泉寺に, 開け放った戸棚, 階段に, 随分間抜け, 静まった, 面白が, 額を, 風呂場に, 食いたいん, 飲食的動物人間は, 飼つても, 飼わなかった, 飼主に, 馬追ひ, 駄目です, 驚きました, 驟雨の, 魚の, 鯰が, 鳴きも, 麝香の, 黒花崗岩の, 黙つて下駄, 鼠と, 鼠の, 鼻の, 鼻を

▼ 猫~ (349, 4.7%)

9 似て 4 なって, やって 3 しては, しても, なったよう, 向かって, 小判, 小判と, 相違ない

2 [22件] するよう, たのむ猫, なった, なったの, なったん, また, カツオ節の, 何か, 化けて, 小判な, 小判ならわかる, 異なるところ, 睨まれた鼠, 紙袋を, 綱を, 見えたん, 話しかけた, 追われた鼠, 頬冠を, 食われて, 鰹節で, 鰹節を

1 [267件] あてがう食事, あてがわれるよう, あてても, あばれこまれたらしい話, あやまらさうと, あやまらなくちや, あやまれなんて, あらされないよう, あらねば, あるまじきほどの, いきあたったら, いたるまでの, おびえて, おわびを, お手, かえって貞之進, かかられぬよう, かきたい, かけちゃあ, かけはじめたの, かつぶし, かなうもの, かまいつづけて, かまわず器用, くいつかれた鼠, くわれべ, けがを, さらわれて, さわったので, さわった者, さわった連中, しくもの, したらよく, しようと, すぎなくて, すぐに, そういっ, それを, たべられた話, たまは, つきて, できるの, とびつかれて, とびつきました, とられたること, とられるより, とり囲まれて, なぞらへて, なつた, なつちやうのです, ならうと, ならないこと, ならないん, なりきつ, なりたい, なりたがり杓子, なりました, なり杓子, なり私, なるかな, なるから, なるくらい, なること, なると, なるよう, なるより, なる筈, なる頃, なんの, にらまれたねずみ, にらまれた鼠, ねずみの, ねらわれた鼠みたい, のどを, のどをか, はむかって, ひいきした, ひっかかれたん, またたびの, みいられた鼠, みえたという, やっても, やつて, やりました, やり両側, やるの, よく似た, よりては, わかるやう, わかろうはず, わたくしどもを, ミミって, 一心に, 一番美味しい, 与えた, 与えるの, 与えるよう, 与へるもの, 二匹の, 云う, 云ひました, 伝わる, 似たる謗りを, 似た声, 似た女, 似た孫兵衛, 似た顔, 似てないやな, 似寄って, 何の, 使われちゃ, 例えられるまことに, 供えた茶碗, 供養した, 優るところ, 先生である, 入り混, 出くわさないかと, 出逢うと, 劣ります, 劣る仕向, 劣る獣, 劣る眼, 勝るとある, 勝るとは, 化けたり, 化つて逃げ出さう, 卵酒を, 取っては, 取られずして, 取られたって, 取られた泥鰌, 取られるよう, 古狐だ, 合う, 同じき, 同情します, 名なんか, 向って, 向ってさえ, 向っての, 向つて, 向日葵が, 呉れて, 啖い殺された, 喰ひ殺され, 喰ひ殺されよう, 喰べ, 噛ませようと, 四五匹の, 四斗俵一つは, 因んで, 地理だの, 塗つて試に, 変って, 天蓼ほど, 好意を, 嫌疑を, 小判じゃ, 小判です, 小判では, 小判という, 小判の, 小判みたいな, 小判を, 小判寧ろ, 帰り得る見込, 干鰯で, 御馳走してやろう, 御馳走を, 恐れて, 悪戯を, 情を, 拳固を, 持って, 捕えられた鼠, 捕られたといふ, 捕られたの, 捕られた雄, 捕られるよう, 掛かって, 擬らへて, 教えて, 散々手こずらされ, 晩めしを, 書物を, 植えて, 残忍な, 気の, 水を, 渡す猫, 渡す猫がた, 爪を, 物を, 狙ひ, 異ならず, 疑いを, 盗られるの, 目を, 相違ありません, 眼の, 着物を, 石を, 石油を, 祈れば, 祟られたり, 祟られて, 粗, 紙袋が, 紙袋の, 紙袋よ, 聞かせ又, 自我を, 至るまで, 苦しめられると, 蚯蚓を, 蜜を, 行儀を, 袋をか, 襲ひか, 見えたの, 見えるであろうか, 見こまれたん, 見つからないよう, 見つからぬお守り, 見つけられては, 見恍, 見込まれたカナリヤ, 言って, 言つた, 言葉が, 話したところ, 話して, 話すよう, 謂つた, 近いため, 近い性分, 返ったよう, 追い詰められた鼠, 追はれ, 逃げる雖然魂, 通力が, 逢うて, 運動を, 違ひない, 遠ざかるだろうに, 鍵盤の, 預けた, 預けようと, 頬ずりを, 類して, 類するなぞ, 類する厚ぽ, 食べられて, 食わすと, 食わせたの, 食わせる, 食われるか, 食われる鼠, 食物を, 高価い, 魚を, 鰹節です, 鰹節といふ, 鰹節の, 鳶に, 鼠だ

▼ 猫~ (219, 3.0%)

63 杓子も 6 犬も 4 人間も 3 鼠も 2 いたし, つくば, シャクシも, 人の, 御膝, 杓子, 虎も

1 [129件] あたり前なら, あった, あつた, いたが, いっしょに, いつし, いない空台所, いました, うっとり目, おらぬ, かかる動物共進会, かわいがりました, かわいそうであった, きた鼠, きらいな, くは, けろりとし, このくらい, これと, さみしう, しよんぼり涙する, すつかり, そこへ, その後を, その急, そんな窮屈, たすけに, ちやうどべ, ついて, でなければ, どうやら斯, どれも, なく遍路宿, なし心から, びつくりし, ぼんやり立つ, まあこの, またすっかり, またその, また細心, みんな死に, もう再び浮かび上がれない, やって, やはり家庭, ゆくえ知れず, わがため, ゐるかしら, ゐる犬, アダムに, クルークルーと, ハア団子ア, 一しよだ, 一切衆生の, 一度二日も, 三毛も, 不思議そうに, 二三度飼った, 井戸が, 亦去りぬ, 人も, 仕方なく, 健在だ, 側へは, 兒女が, 其威に, 出た杓子, 前足と, 動物である, 勿論化ける, 匍ひめぐる, 化けるそう, 同じで, 同様さんざん, 君の, 喜び吾, 夜々を, 大へん感服, 大事に, 始めは, 嫌ひです, 少し首, 居さ, 居らず雀, 居る, 年を, 彼の, 心遣ひ, 忙が, 忠實な, 憎けれど, 抱かないで, 教師の, 斬れまいし, 時折は, 木ノ芽も, 本とは, 村井の, 杓子もという, 杓子もといふ, 杓子もの, 来い杓子, 気の, 気持よ, 狆も, 狸も, 異ならぬ金, 皆石油くさ, 眼を, 縛つ, 置かねえ, 自家固有の, 自由に, 衛門督には, 見えぬ, 親子, 赤いリボン, 跡から, 身がるし, 遊び疲れた, 随分ね, 青いものすき, 食わねえん, 飼ってないので, 飼はれ, 飼へ, 馬鹿に, 駄目な, 鳴いて, 鼬も

▼ 猫~ (182, 2.5%)

8 いえども 6 同じよう 5 いっしょに 4 一緒に, 鼠の 3 女の, 遊んで, 鼠 2 いえば, ねずみは, 云ふ, 人間の, 同じやう, 杓子が, 犬と, 犬とは, 鼠とは

1 [128件] あの騒ぎ, あんまりやせた, いい出したの, いうと, いって, いひ, おれは, おんなじ位, お隣の, けんかでも, さし向い, しある, する例, すれば, そのシッポ, その猫, たたかって, ちがって, なった, なり兎, なるもの, はいっても, まつ黒い, まつ黒な, ビールは, ポン公と, 一団に, 一所に, 一瞬に, 一緒の, 一羽の, 三つを, 三人, 三味線を, 三番の, 両者を, 乞食の, 二万三千五百匹の, 二三匹か, 二人で, 云うもの, 云う動物, 五十歩百歩だ, 人間との, 人間とは, 今度の, 仲よく遊べる, 仲悪の, 似たもの, 似て, 兎, 共に坐る, 前に, 化せざるべからず, 収縮した, 号づく, 号づけ, 同じこと, 同じさ, 同じである, 同じ眼つき, 同一ことで, 同様だった, 同様に, 同様の, 呼ばれた猫, 呼ぶお, 命じた, 土橋が, 大げんかを, 女は, 娘とが, 宅の, 寝るん, 寝るんだって, 尾の, 山羊とにより, 庄造と, 座席争いを, 庭に, 庭の, 思うて, 思うであろう, 思へば, 思われるから, 思われるん, 恋猫とが, 慈姑と, 戦って, 戯れて, 擇ぶなけん, 杓子と, 来て, 歩きまわらないよう, 河豚と, 添寝し, 為すと, 煙草盆を, 犬とが, 犬との, 犬の, 猫の, 生れた因果, 生れた甲斐, 生れて, 生涯を, 申すもの, 真宗寺との, 私との, 美猫の, 老祖母, 腹立たしそう, 若い牝猫, 蚊帳について, 血みどろの, 見えるよう, 言ったって, 變り, 豚とが, 遊ぶ, 長年の, 間違って, 隣の, 魔物が, 黒猫が, 鼠が, 鼠とを, 鼻突き合せ

▼ 猫さん~ (169, 2.3%)

37 とお 5 のお母さん, は 4 のお, は言 3 お手まり, がありました, が言, のお家, の毛 2 お黒さん, のお父さん, の家, はお, はそこで, はそれ, は大, もお, をお

1 [81件] がおこつて, がかはれ, がき, がこれ, がそれ, がやつ, が住ん, が横町, が着ました, が通り, が黒く, だと, でしたから, でも, とその, と本子奥さん以外, どうか, ならいざ, に, についてゆきました, にでも女御主人, になつ, になつて, には白い, には真白, に云, に引つかかれた, に言, のおと, のお父さんお母さん, のかたかけ, のため, のよう, の上衣, の家中, の帽子, の所, の椅子, の町中, はあひるさん, はあわて, はいひ, はいひました, はいや, はおかみさん, はおこる, はお母さん, はかう, はがつかりしました, はがまん, はこの, はその, はそんな, はとびあがる, はどなりました, はびつくり, はふところ, はぼんやり, はもう一度, はコロコロ, はシヤツ一枚, はトボトボ, は一丁四方, は二町四方位, は仕方, は動きません, は墨, は大変, は幸, は白猫さん, は腰, は遠慮なく, は鏡, ほんとにごめんなさい, や, やうさぎさん, やお, や今日, をお家, を写真, を真黒

▼ 猫~ (82, 1.1%)

9 犬の 4 犬が, 犬や, 犬を 2 なぎの, なぎ花, よそ心, 杓子までが, 犬は

1 [51件] からくれ, そういう絵, そして小さい薄汚い, それから桜, なぎ, なぎがほほけ, なぎなどが, なぎ咲き, なぎ薄紫, のら猫まで, カンガルーを, リンデンや, 何かが, 傘の, 兎の, 兎や, 大学教授の, 婆猫には, 孔雀や, 小犬に, 小犬を, 小猿, 小鳥の, 杓子は, 梅桜などの, 梟は, 梟同前, 犬じゃ, 犬にも, 犬も, 狆を, 狐が, 狗ころを, 狸の, 甲虫の, 白粉の, 芸術の, 虎豹獅米獅等の, 蛤や, 豚が, 豚を, 雀の, 鮑の, 鳥が, 鳥にも, 鴉なんか, 鶏は, 鹿でも, 黄鼬などが, 鼠を, 鼬その他の

▼ 猫~ (65, 0.9%)

42 か雀, と思っ, と思った, ね

1 [53件] あ, あまりおとなしい, からあの, からこの, からさ, からその, からそれほど, からどうせ, からまず, から多少, から無論, から猫, かわからぬ, かわからねえ, か判らない, か判然, か寝, か彼, か浅間, か鼬, がその, がへん, が飼猫なんど, けれどエピクテタス, この間で, さうなが, つた, つて, つて住めない, つて悪い, つて食べやしない, というもの, というよう, といっ, とて王樣, とはどうしても, とハツキリ, と思ってる, と意地, なあ, なあ今頃どこ, ねえ, のと, のの, のを, よ化猫, わい, わ先, ゼッテルベルグさんの, ッていや, ツて, ー, 猫だ

▼ 猫でも~ (65, 0.9%)

4 犬でも 3 杓子でも, 追うよう 2 なければ, 子供でも, 押し込んで, 相手に, 見るよう

1 [45件] あやすやう, あるまい, いいが, いいの, いいん, いるという, お飼い, かかったの, この通り, それは, ないと, ないらしい, なくまた, 一旦甕, 人間でも, 何でも, 出入できる, 同じこと, 坊さんの, 多少は, 大きいの, 対手に, 少し大きい, 平等に, 彼の, 怖れぬ, 来たの, 殺されて, 潜んで, 無いが, 熊でも, 猫を, 甞めに, 皆な, 自分は, 虎でも, 豚でも, 貰はう, 迷いこんで, 逐い出すよう, 飼は, 飼へば, 馬でも, 鳥でも, 鼠でも

▼ 猫~ (63, 0.9%)

32 は首領

1 [58件] あ, から取りもどした, がこの, がす, がなぜ, が入っ, が妙, が机博士, だった, だと, だよ, てすごい, という女, といやあ, とは貴様, と小男, と申す, に, にとられた, にまきあげられた, に奪われた, に奪われちまった, のいった, のこと, のはる, のもの, のピストル, の人がら, の仕業, の声, の姿, の手, の手ぎわのよいことはおどろくばかりだった, の押問答, の服, の腰, はいつか, はおそろしく, はおまえさん, はこたえなかった, はその, はたしかにまだ, はどしどし, はへん, は懐中電灯, は机博士, は猫, は目的物, は自分, は鋭い, もどこ, もにがした, も立花カツミ先生, も逃, や小男, よなぜ, を救いだし, 取り戻すの

▼ 猫~ (53, 0.7%)

1 [53件] あつた, あつて虎, ある日犬, あれだけ, あれと, いつもお爺さん, おとなしい猫, お伽の, からだの, しかも前, すらが鼠, すら時々, せう, そこの, そのす, それ井戸は, でも, ふとい尻, よく馴れ, アユーチアと, ケリが, 世の中は, 世間一般の, 中橋文相好物の, 二年ほど, 北から, 可哀, 名前が, 四足が, 大変に, 少しもうろく, 往来で, 曾ては, 木へも, 此の, 此黒い, 母を, 毛色が, 滅多に, 片方の, 猫の, 猫を, 生れて, 相変らず, 箒の, 終るつもり, 象徴される, 赤貝の, 躯も, 辛抱強く鼠, 近所から, 金目銀目だ, 長い尻尾

▼ 猫には~ (41, 0.6%)

2 不思議でなけれ, 何か, 名が

1 [35件] あぐね果てて, かなわないし, かなわないよ, それは, そんな知恵, とても飲み切れない, なりきって, のどかな, まあ便利, もう跳ぶ, よい薫香, わからないだろう, 一切近づけぬ, 一匹も, 他の, 体臭と, 先妻の, 効いたが, 夕飯まで, 好かれねえだ, 嫌はれ, 嫌はれます, 子が, 尾が, 当然の, 役立たざる也, 此両者一を, 白色又は, 相違ない, 社会的感覚の, 色の, 赤色の, 迷惑に, 首環でも, 鼠を

▼ 猫撫声~ (37, 0.5%)

3 で, を出し

1 [31件] がしました, が大, が油断, だ, である, でこんな, です, でもの, で云った, で出られる, で初対面, で制する, で呼び, で問いかける, で白痴, で膝小僧, で長, にし, にどうもある程度, になっ, に似, に変っ, は陰険, よりはまし, をし, を使, を出した, を出しました, を発した, を聞い, を逞しうし

▼ 猫~ (36, 0.5%)

2 のお, の南, の家, の死

1 [28件] がいる, がともかく, がまったく, が不意, が斃死, が死んだ, が猫, が生みの子, きめやがって, さ, される懼, だって生き, というの, というもの, という綽名, どころか資, なん, に談判, の一件, の味方, の屋根, の息子, の死骸, の綽名, の話, は飼猫, を極めさせよう, ァの

▼ 猫にも~ (33, 0.4%)

2 化かされるん, 杓子にも

1 [29件] さわらせないよう, せよ密事, だいぶ逢った, できなかった自分, なって, やはり愛着, 五徳あり, 人間にも, 免れ難い, 劣った見苦し, 劣った辱, 劣るであらう, 劣る無芸, 幽かな, 扮した, 気に入ると, 汁飯を, 汚させるの, 犬にも, 百弗, 私は, 等しいの, 覚悟が, 財布の, 追はれず, 非ず, 馴れて, 驚いたけれど, 鰯にも

▼ 猫みたい~ (33, 0.4%)

3 なもの

1 [30件] じゃない, だ, ないやしい, な人間, な侍, な動物, な奴, な奴ら, な妓, な氣, な眼つき, な親子, な陰性, にいつも, におどおど, にかざし, にブラ, に丸く, に全身緊張, に女房, に意久地, に打ち解けない, に抛り飛ばされ, に暇, に背, に荒い, に跫音, に門外, に音無, よ

▼ 猫~ (31, 0.4%)

2 何かの

1 [29件] あらず, いたち, なにかそうした, なんだろう, もっと適切, グレーの, 三番目ぐらゐなところかと私は, 中ぐらいの, 何か, 何かが, 何かを, 勝手口の, 子供の, 小犬か, 悪戯小僧が, 梟でない, 犬か, 犬かが, 犬かの, 犬に, 犬の, 犬を, 猫では, 白猫かを, 詳しく訊い, 鳩かの, 鸚鵡ほどにも, 鼠だろう, 鼠であった

▼ 猫~ (27, 0.4%)

2 の主人, はその, は王様

1 [21件] がいいかげん, がそういう, におどかされ, のいう, のおもった, は, はいつも, はおそるおそる, はお金, はきゅう, はこう, はこの, はこんど, はさっそくかえって, はしめた, はじ, はそれ, はそろそろ, はばん, は大, をもてなしました

▼ 猫間犬丸~ (25, 0.3%)

2 のす, の塙三郎丸

1 [21件] が又八郎, というの, というふしぎ, と名, のしぶと, のふたり, の足もと, はあい, はくやし, はたちはだかった, ははやく, はギョッ, は大地, は懐紙, は熱心, は穴, は道灌山, めがけて, も気がつかなかった, をさそいこん, 名まえ

▼ 猫じゃ~ (24, 0.3%)

4 猫じゃ 3 猫じゃと 2 ないか, 猫じゃを

1 [13件] あるまいし, でも, ない, ないたしかに, ないな, ないの, ないよ, ない吾輩, ない私, 無さそう, 猫じゃが, 猫じゃという, 猫じゃの

▼ 猫という~ (22, 0.3%)

4 ものは 2 のは, ものが, ものの, 奴は 1 お景物, ことは, ものに, ものも, 問題が, 奴が, 猫を, 短篇の, 美味い物屋, 言葉を

▼ 猫イラズ~ (20, 0.3%)

1 [20件] だよ, でも喰べた, で自殺, などよりはダイヤモンド, にし, のチューブ, は長生, も何, をのん, をのんだ, を仕込ん, を使う, を入れた, を前, を嚥, を塗りつけ, を服, を買い, を追手, を飲んだ

▼ 猫です~ (19, 0.3%)

5 か, ね 41 かい姐さん, からかう聞かれる, ばい, よあたし, よきっと

▼ 猫では~ (19, 0.3%)

2 あるが, ない, 間に合わない

1 [13件] ありません, あるまいに, あるまい化け物, ございませぬか, ないか, ないから, ないと, なかった, なかつたと, なくして, なくて, なく悪戯半分, なし何時

▼ 猫間川~ (19, 0.3%)

3 の岸 2 の堤, の水

1 [12件] じゃない, に兇刃, のほう, の土橋, の方, の淵, の眺め, の近く, の郵便局, はすぐ, をのぼっ, を中

▼ 猫~ (18, 0.2%)

2 のよう

1 [16件] です, ですが, で出演, と申す, などのいる, なら落ち, にさせよう, にはしたくない, にはその, にはバック, には今, には先, には変, には酒, の孤, の物真似

▼ 猫好き~ (18, 0.2%)

1 [18件] そうじゃ, たい, であったが, である以上, でその, で事務所, で多く, で有名, とか犬好き, なの, なので, な人, ね, のよう, の長谷川如是閑, は多い, も眉, を選ん

▼ 猫とは~ (17, 0.2%)

2 ちが

1 [15件] いかなるもの, 一見し, 啼き声, 大分工合が, 大小剛柔遥かに, 少しく撰, 常に居た, 怪しからん, 栖鳳氏の, 稱するなり, 聊かも, 親類すじだ, 違います, 違いますからね, 違うん

▼ 猫より~ (17, 0.2%)

1 [17件] ほかに, もっと不思議, 下劣だ, 下劣でした, 優って, 先まで, 劣って, 外に, 大きい, 大きな野鼠, 始末が, 安くつもっ, 尊敬を, 強いから, 縄縄より, 見て, 閑な

▼ 猫~ (16, 0.2%)

3 んです 2 のだ, んで御座います 1 の, のであった, ので人間, ので別, ので王様, ものかよ, もんです, んだ, んていう

▼ 猫だって~ (15, 0.2%)

2 主人の

1 [13件] そうだ, そう粗末簡便, たいしてこれ, 死んだ鼠, 獲もの, 相応に, 笑わないとは, 誰も, 鈴を, 頭の, 食べない肉, 飲めば, 鳩だって

▼ 猫である~ (14, 0.2%)

2 癖に

1 [12件] かもしれない, からであろう, が用心深い, が頭, ことが, だけの相違, という事, と云う, と言っ, ように, 事は, 名前は

▼ 猫一匹~ (14, 0.2%)

2 いなかった

1 [12件] いるよう, が一年中, さえもいなかった, でもお, でも男, は白猫, ひそんで, も描けない, も見えません, も通らない, も道庵先生, 居なかつたやう

▼ 猫大将~ (14, 0.2%)

2 でした, は 1 が帰っ, が手, が来, が言いました, の子供, はき, はその, はのそのそ, はニヤニヤ, は子供ら

▼ 猫ちゃん~ (13, 0.2%)

1 [13件] がからかっ, が毎日, では, にし, に恋, の騒がしい, は, はパパ, はピアノ, はママ, は答えた, や今日, をクラブ

▼ 猫~ (13, 0.2%)

2 でとんと, をし 1 がさて, です, などは変相, にし, に微笑ん, のところが, のよう, の恰好, を一層

▼ 猫なら~ (12, 0.2%)

1 [12件] こうまで, このくらい, でもだんだん, どんなに早く, ば, ばこの, ばともかく, ばはじめ, ば鼠, んか, 何色が, 秋谷中私ら知己だ

▼ 猫よりも~ (12, 0.2%)

1 [12件] おとなしい, ましじゃと, もっと人間, もつと, 一層地獄, 劣等な, 大きい狐猿, 怖ろ, 成長した, 虎の, 遥かに, 鋭くまた

▼ 猫~ (12, 0.2%)

1 [12件] が吃り, ではない, と主人, にみつかったら, のかれ, の主従, の内藤伊織, の屋敷, の耳, は内藤伊織, も小手, を押しやった

▼ 猫たち~ (11, 0.1%)

1 [11件] がこの, が入れ, が声, が彼女, で二匹, にとっては実に, にも詩的, のこと, はそんな, は炬燵, をおどろかさない

▼ 猫だの~ (11, 0.1%)

2 鼠だ 1 そうした獣, ほかの, みたいな, 山羊だ, 山羊だの, 犬だの, 狆だ, 番所だ, 馬だの

▼ 猫から~ (10, 0.1%)

1 一番遠い, 三代目の, 不思議さうにお, 出る火花, 大喧嘩, 牛馬の, 追かけられる, 追っかけられて, 連想した, 隔離する

▼ 猫~ (10, 0.1%)

2 やない 1 やありません, やある, やだめ, やとおつし, やなし, やらしの, や悪い, や猫ぢ

▼ 猫との~ (10, 0.1%)

1 取引は, 唯一の, 喧嘩の, 恋, 肖似, 血族関係に関しては, 親しみは, 話を, 間に, 間柄の

▼ 猫ども~ (10, 0.1%)

1 がすみました, の愕ろ, の無精, の爪, の通路, は気が付きませんでした, ももう, を三つ, を無体, を追いはらっ

▼ 猫捨坂~ (10, 0.1%)

1 で彼, と呼ぶ, にも体, の異臭, の病院側, は多少, は夜分, へ向う, を上りかけた, を通る

▼ 猫~ (10, 0.1%)

1 が親子, でなくて, で常に, に似た, に限った, のおんな, のもつ, の匂ひがし, の叫声, の特性

▼ 猫などは~ (9, 0.1%)

1 あたかも睡眠中, そこへ, 一疋だって, 十一月に, 十匹が, 年が, 折さえ, 澤山に, 生涯こんな

▼ 猫なんか~ (9, 0.1%)

2 いないよ 1 いたためし, だめだ, ちっともこわく, ひろつて, 好かんじゃった, 恩の, 飼っても

▼ 猫~ (9, 0.1%)

1 すなわち猫, とはなはだ, に入, に至る, の愛好心, の獣, の言語, の諸, の輩

▼ 猫~ (9, 0.1%)

1 が梓弓, というなら, というの, といっ, のほう, の五造, はとにかく, は御, デアル

▼ 猫として~ (8, 0.1%)

1 その下, 取り扱って, 正直に, 決して上乗, 甦生せしめる, 禁物の, 進化の, 適当の

▼ 猫ばかり~ (8, 0.1%)

1 だ, であったが, である, でした, でない確, なので, 住んでる町, 多いの

▼ 猫らしい~ (8, 0.1%)

1 と思っ, ものの啼き, 娘には, 格好を, 猫の, 用心深さ, 雌猫である, 鷹揚さと

▼ 猫一疋~ (8, 0.1%)

1 から大富, でした, に鼠二十疋, の発達, より大富, を出し, 居ぬ家, 淋しい忙しい生活

▼ 猫眼石~ (8, 0.1%)

3 のよう 1 から黒曜石, との嵌め込み, に敷きつめられた, の平原, ノ魔力

▼ 猫でない~ (7, 0.1%)

1 からそこで, ことは, と云う, ほどのもの, ものが, ような, 限りは

▼ 猫とも~ (7, 0.1%)

2 虎とも 1 つかぬ絵看板, なれば, 思うまい, 思われない, 犬とも

▼ 猫まで~ (7, 0.1%)

1 これも, みんな財産を, 浮れ, 犬化し, 疑うよう, 逃げ出す家庭争議, 飛び出して

▼ 猫万どん~ (7, 0.1%)

2 のところ 1 に語つて, の小, はなんとも, はひどく, も厩舎

▼ 猫入らず~ (7, 0.1%)

1 といふ殺鼠剤, の害, の製造所, は即, まで混ぜ, を防ぐ, を飲む

▼ 猫~ (7, 0.1%)

1 があっ, といっ, に恋草生, の噂, の所在, は釣道具, を築いた

▼ 猫撫聲~ (7, 0.1%)

1 で仰せられる, で仰向け, で戸, で話, を使, を出した, 出すもを

▼ 猫騒動~ (7, 0.1%)

1 と, などというよう, などという飛ん, のため, のヒーロー, の古, の小森半之丞

▼ 猫かの~ (6, 0.1%)

2 やうに 1 山海の, 死んで, 逃げるやう, 顔の

▼ 猫さんたち~ (6, 0.1%)

1 とお父さん, のお母さん, のこと, の方, やこの, 暑いです

▼ 猫とを~ (6, 0.1%)

1 かかえて, り, 放つたらかし, 比較し, 私は, 運んで

▼ 猫について~ (6, 0.1%)

1 その事実, 子供が, 座の, 書いたもの, 狐の, 見識の

▼ 猫に対する~ (6, 0.1%)

2 時だけ 1 冷酷は, 嫌悪の, 愛着は, 憎悪の

▼ 猫~ (6, 0.1%)

1 いった, 教えて, 注意を, 短銃を, 立ち帰る, 遣る御馳走

▼ 猫~ (6, 0.1%)

1 が, の方, の頭, は頗る, を単に, 二度とき

▼ 猫よりは~ (6, 0.1%)

2 ましだ 1 いつの間にか人間, すこし大きな, ずいぶん大きい, 少し胴

▼ 猫同然~ (6, 0.1%)

1 じゃな, で甚だ, ならん, にしか考へ, に文明人種, の国民平等

▼ 猫畜生~ (6, 0.1%)

1 っ, といったの, とは何, なる言葉, にも劣る, に劣る

▼ 猫目石~ (6, 0.1%)

1 がはめ, で象眼, のよう, のカフスボタン, のブローチ, の奢り

▼ 猫~ (6, 0.1%)

6 に河童

▼ 猫とか~ (5, 0.1%)

2 犬とか 1 松とか, 櫓下へ, 福助とかを

▼ 猫とが~ (5, 0.1%)

1 いたが, じつに仲, じゃれて, 独占し, 置いて

▼ 猫~ (5, 0.1%)

1 の取消, の大王, の材料, の東郷大将, 最上位

▼ 猫撫で~ (5, 0.1%)

1 ごえで, 手紙を, 聲が, 聲の, 聲を

▼ 猫~ (5, 0.1%)

1 じゃ, はその, は犬, は精気, を加え

▼ 猫かも~ (4, 0.1%)

1 しれない, しれませんよ, 分らなかつたので, 知れませんよ

▼ 猫がは~ (4, 0.1%)

2 ひつて 1 いつて, ひって

▼ 猫こそ~ (4, 0.1%)

1 地蔵なら, 地蔵よ, 朔太郎の, 軽蔑すべき

▼ 猫しか~ (4, 0.1%)

2 ゐなかつたのに 1 いなかったのに, なかった

▼ 猫~ (4, 0.1%)

2 やらし 1 やらしにい, やらし吹く

▼ 猫じゃと~ (4, 0.1%)

1 おしゃますが, おっしゃいますか, おっしゃりますな, 答えるの

▼ 猫だけが~ (4, 0.1%)

1 いけない, 泣くの, 知って, 麻の

▼ 猫だった~ (4, 0.1%)

1 から或は, が私たち, ことが, に行方不明

▼ 猫でなく~ (4, 0.1%)

1 ては分らぬ, イタチだった, 牛は, 鼠でない

▼ 猫ながら~ (4, 0.1%)

1 ちょっと鼻, 一の, 安閑として, 時々考える

▼ 猫なる~ (4, 0.1%)

1 が, ことを, こと耳の, を妨

▼ 猫にでも~ (4, 0.1%)

1 からかって, とっ捕った方, 出来ぬ事, 税を

▼ 猫ばば~ (4, 0.1%)

1 あの一件, あの死に, をきめる, をきめ込んだ

▼ 猫~ (4, 0.1%)

2 猫よ 1 おまへは, きっとそれ

▼ 猫をも~ (4, 0.1%)

1 ぎはなしざま床へ, その畸形, 狸と, 飼わなかった

▼ 猫~ (4, 0.1%)

2 かむりなん 1 可愛がりに, 被りは

▼ 猫~ (4, 0.1%)

1 となっ, とはこれ, と呼ぶ, の毛

▼ 猫吉親方~ (4, 0.1%)

1 はいつも, はここ, はさっそく, はひとりさき

▼ 猫~ (4, 0.1%)

1 から剪, の枝, の枝ぶり, の花

▼ 猫病院~ (4, 0.1%)

1 がある, のお, の札, へ行っ

▼ 猫~ (4, 0.1%)

1 でそれ猫, と一樣, と呼ぶ, を見る

▼ 猫~ (4, 0.1%)

2 にとり食み 1 といったもの, の穗

▼ 猫見たい~ (4, 0.1%)

1 なお染, な妓, な恰好, にすら

▼ 猫間堤~ (4, 0.1%)

1 でその, で四国屋, に腰, のかげ

▼ 猫かが~ (3, 0.0%)

1 来て, 殺されたとさえ, 物を

▼ 猫ぐらいの~ (3, 0.0%)

1 もんだ, 不仲では, 重さ

▼ 猫~ (3, 0.0%)

1 へゐなけりゃ, へをら, へ来

▼ 猫さえ~ (3, 0.0%)

1 いなけりゃ云々, 油断なく, 見れば

▼ 猫だけ~ (3, 0.0%)

1 です, はたうとう, 連れて

▼ 猫~ (3, 0.0%)

2 冠りで 1 冠りか腹の

▼ 猫であっ~ (3, 0.0%)

1 てその, てもその, て毛並

▼ 猫であった~ (3, 0.0%)

1 かも知れません, にし, 少々案外の

▼ 猫でございます~ (3, 0.0%)

1 が生憎, よ, よ飼猫

▼ 猫でさえも~ (3, 0.0%)

1 それが, そんなこと, 決して外部

▼ 猫なで~ (3, 0.0%)

2 聲し 1 ごえで

▼ 猫など~ (3, 0.0%)

1 しつら, その時これ, それから

▼ 猫などが~ (3, 0.0%)

1 うろついてる都会, しばしば捨てられ, 喜んで

▼ 猫などに~ (3, 0.0%)

1 かまつてを, してから, 襲は

▼ 猫なんて~ (3, 0.0%)

1 いふもの, さつぱり, 好かない人

▼ 猫にとっては~ (3, 0.0%)

1 おそらく不可思議, 恐らく不可思議, 手でなく

▼ 猫にな~ (3, 0.0%)

1 つてしまつたので, つて大きな, つて雨の

▼ 猫に対して~ (3, 0.0%)

1 可愛そう, 感ずるよう, 明治末年から

▼ 猫に関する~ (3, 0.0%)

1 常識の, 怪談が, 怪談は

▼ 猫はず~ (3, 0.0%)

3 ゐぶん

▼ 猫への~ (3, 0.0%)

1 ごちそうと, 叔父さんの, 奉仕と

▼ 猫ほども~ (3, 0.0%)

2 ございませうか 1 ある鼠

▼ 猫までが~ (3, 0.0%)

1 子供と, 炉火の, 眠る

▼ 猫トミー~ (3, 0.0%)

1 という女賊, に襲わる, 及びその

▼ 猫~ (3, 0.0%)

1 がまだ, は好意, も虎猫君

▼ 猫大いに~ (3, 0.0%)

1 力附い, 怒って, 驚き

▼ 猫婆さん~ (3, 0.0%)

1 とが入っ, なんかにぶつかっ, は真暗

▼ 猫~ (3, 0.0%)

2 や愛妻家 1 として聞え

▼ 猫~ (3, 0.0%)

2 き談 1 きという

▼ 猫~ (3, 0.0%)

2 なども居る 1 が自分

▼ 猫~ (3, 0.0%)

1 という感じ, の仲居頭, を光らし

▼ 猫真似~ (3, 0.0%)

3 の闇右衛門

▼ 猫~ (3, 0.0%)

2 のはな 1 というの

▼ 猫遊軒猫八~ (3, 0.0%)

1 とあっ, は実に, を僕

▼ 猫間ヶ淵~ (3, 0.0%)

1 で死んだ, に沈ん, の底

▼ 猫あまた~ (2, 0.0%)

1 ゐたりけり, ゐねむりわがやどの晩夏

▼ 猫ぉおれさ~ (2, 0.0%)

1 寄越せじゃ, 寄越せぢゃ

▼ 猫かを~ (2, 0.0%)

1 呼ぶやう, 抱きながら

▼ 猫くらいの~ (2, 0.0%)

1 大きさ, 資格は

▼ 猫ぐらい~ (2, 0.0%)

1 なもの, 人間に

▼ 猫こがね~ (2, 0.0%)

2 の蝶

▼ 猫これ~ (2, 0.0%)

1 を見付け, を預かり

▼ 猫じゃを~ (2, 0.0%)

1 踊りました, 躍って

▼ 猫その~ (2, 0.0%)

1 傍に, 誓書を

▼ 猫それ~ (2, 0.0%)

1 がすなわち, も父

▼ 猫~ (2, 0.0%)

1 あちがう, あ違う

▼ 猫たる~ (2, 0.0%)

1 ものは, 吾輩すら

▼ 猫だけに~ (2, 0.0%)

1 大分強そうだ, 忍びの

▼ 猫だけを~ (2, 0.0%)

1 すりかえたの, 残して

▼ 猫だらう~ (2, 0.0%)

1 ねお母さん, よ

▼ 猫だろう~ (2, 0.0%)

1 か, ねえ

▼ 猫~ (2, 0.0%)

2 かぶり

▼ 猫って~ (2, 0.0%)

1 なんです, のは

▼ 猫つき~ (2, 0.0%)

1 というもの, の迷信

▼ 猫といった~ (2, 0.0%)

1 意味だろう, 感じに

▼ 猫といふ~ (2, 0.0%)

1 ことにな, のは

▼ 猫とでも~ (2, 0.0%)

1 その間の, 仲よくし

▼ 猫とともに~ (2, 0.0%)

1 特に祭った, 笑って

▼ 猫などには~ (2, 0.0%)

1 到底分らない, 到底想像

▼ 猫などにも~ (2, 0.0%)

1 その良く, 不思議な

▼ 猫などの~ (2, 0.0%)

1 口に, 所為なるべし

▼ 猫などを~ (2, 0.0%)

1 彫った物, 飼った

▼ 猫なみ~ (2, 0.0%)

2 の人間

▼ 猫なり~ (2, 0.0%)

1 ければ, 居合は

▼ 猫については~ (2, 0.0%)

1 少しも, 曾て

▼ 猫にまで~ (2, 0.0%)

1 取着かれる, 孔の

▼ 猫はかま~ (2, 0.0%)

2 へぬ

▼ 猫ほど~ (2, 0.0%)

1 では, 大きく竹

▼ 猫ほどの~ (2, 0.0%)

1 大きさ, 気概も

▼ 猫らしく~ (2, 0.0%)

1 おめかしを, 咽を

▼ 猫ババ~ (2, 0.0%)

1 は極めない, を極めこむ

▼ 猫ミミー~ (2, 0.0%)

1 が現れた, につい

▼ 猫一ぴき~ (2, 0.0%)

1 だけしかありませんでした, をたすける

▼ 猫万どんと~ (2, 0.0%)

1 いふの, 呼ぶの

▼ 猫丸さん~ (2, 0.0%)

1 に, へ

▼ 猫二匹~ (2, 0.0%)

1 です, を見た

▼ 猫仔猫~ (2, 0.0%)

2 は飛べる

▼ 猫仲間~ (2, 0.0%)

1 では目上, のみんな

▼ 猫~ (2, 0.0%)

1 の講談, を二階

▼ 猫~ (2, 0.0%)

1 ていう名, をする

▼ 猫侍内藤伊織~ (2, 0.0%)

1 である, にやりと笑っ

▼ 猫~ (2, 0.0%)

1 を添うる, 或は敵

▼ 猫児妻~ (2, 0.0%)

1 を呼び, を呼妻

▼ 猫八はじめ芸術家達~ (2, 0.0%)

2 などもいろいろ

▼ 猫~ (2, 0.0%)

1 から見, が幻

▼ 猫~ (2, 0.0%)

1 でもっ, というやつ

▼ 猫化け~ (2, 0.0%)

1 か狸, の怪談

▼ 猫吊し~ (2, 0.0%)

1 にし, に吊し上げられ

▼ 猫同様~ (2, 0.0%)

1 に待遇, に思ふ

▼ 猫咬症~ (2, 0.0%)

1 なんてこと, なんという

▼ 猫回り~ (2, 0.0%)

1 に乗りかかっ, に舟縁

▼ 猫天蓼~ (2, 0.0%)

1 を, を好み

▼ 猫姿~ (2, 0.0%)

1 をあらわし, を白紙

▼ 猫嫌い~ (2, 0.0%)

1 で無かったなら徐々に, と来

▼ 猫~ (2, 0.0%)

1 の如く, は特に

▼ 猫往還~ (2, 0.0%)

2 の中央

▼ 猫~ (2, 0.0%)

1 となり, も近藤

▼ 猫~ (2, 0.0%)

1 の退歩, を指し

▼ 猫扱い~ (2, 0.0%)

1 するん, にいじめられる

▼ 猫捕り~ (2, 0.0%)

1 の名人, の秘法

▼ 猫殺し~ (2, 0.0%)

1 の手, の話

▼ 猫牛豚同様~ (2, 0.0%)

2 誠にハヤ

▼ 猫牛馬~ (2, 0.0%)

1 の輩, よりもトカゲ

▼ 猫狸形~ (2, 0.0%)

2 を作

▼ 猫~ (2, 0.0%)

1 と, より縄

▼ 猫~ (2, 0.0%)

1 に憑かれ, に憑かれた

▼ 猫~ (2, 0.0%)

1 とも毛竹, の音便

▼ 猫繁み身動ぐ毛~ (2, 0.0%)

2 のつや

▼ 猫~ (2, 0.0%)

2 立ててを

▼ 猫~ (2, 0.0%)

1 の大きい, をもらった

▼ 猫誉信女南無阿弥陀仏南無阿弥陀仏~ (2, 0.0%)

1 と今度, と御

▼ 猫貍橋~ (2, 0.0%)

1 とて無気味, は後

▼ 猫退治~ (2, 0.0%)

1 で二幕, の工夫

▼ 猫~ (2, 0.0%)

1 にし, に故障

▼ 猫~ (2, 0.0%)

1 の白旗云々, の落人

▼ 猫間黄門~ (2, 0.0%)

1 にすゝめ, の彼

▼ 猫頭巾~ (2, 0.0%)

1 で手, を冠

▼ 猫頭竹~ (2, 0.0%)

1 とも, を用いる

▼ 猫騷動~ (2, 0.0%)

1 などを映し, のやう

▼ 猫~ (2, 0.0%)

1 くわぬ顔, それから蛇

▼1* [400件]

ありしが, 猫あるいは蛙や, 猫たちを, 猫いけどりの大, 猫いまは冬菜畑, 猫いろは茶屋といった岡場所, 猫うちさやぎ, 猫つまや, 猫おろしし給ひたり, 猫お前にもわたし, 猫かいたちが喰, 猫かはいい小, 猫かわいがりにかわいがる, 猫がくはへ出し, 猫がぞろ, 猫がのッかり, 猫さまは, 猫きじ猫どろぼう猫, 猫ぎらいであった母が時々, 猫ぎらいと見える, 猫ぎらいなあたしはお婆さんの顔, 猫びわに, 猫くらい沈黙を, 猫ぐらいでその母親, 猫ぐらいに祟られて, 猫こかねの蝶, 猫このまず苅田さん, 猫さんさへ, 猫さん今日は寒い, 猫さん折角ですが, 猫さん矢張りこれはベルさん, 猫した横着な, 猫しづかに歩み, 猫じゃが踊りたくなる, 猫じゃというのが, 猫じゃの拍子を, 猫すらこのとおり, 猫そして尻尾の, 猫そっくりなん, 猫そつくりの声, 猫そのものの様子, 猫そばえといっ, 猫それから男妾には, 猫そんなものは, 猫や, 猫たちまち燭を, 猫たらんとすれ, 猫だけの為めだ, 猫だっちゃありゃ, 猫だったろうかね, 猫だつたらこんなとこ, 猫ちゃん何か一つ, 猫っ被りですよ, 猫つかぶりに, 猫つまり五段の猫, 猫つるしにつるす, 猫づかみにつるしあげた, 猫づたいに渡って, 猫であり杓子である, 猫であるらしいことを, 猫であれば非常, 猫であろうがあるまい, 猫でございましてこちら, 猫でさえ何んとか, 猫でしかないぞ, 猫でなきや子供, 猫でなければ為し能わない, 猫といったのかい, 猫とかいうような, 猫とかいふやうな, 猫とかはすでに国民, 猫とだけ密接に, 猫とで引越しました, 猫とでは犬の, 猫とと食は, 猫とに言ひかける, 猫とばかりでは, 猫ともに上手, 猫とんびにかっぱ, 猫と共に飢えと, 猫ろぼう猫や, 猫どうしてこう青いもの, 猫どころでないという, 猫どーこ, 猫ない土地へ, 猫なぞ飼は, 猫などと見下げたよう, 猫なにを見ました, 猫ならでられるかもしれない, 猫なら打つちやつて置け, 猫なら潜って出る, 猫なら見当り次第幾匹でも, 猫なりけりと猫, 猫なりしかば一時は, 猫なりとも打殺し度, 猫なりや泥棒なりや, 猫なんかにははじめから, 猫なんかは食うはず, 猫なんぞいはしなかった, 猫なんぞにちやほやされ, 猫なんぞのように, 猫なんぞは無論下, 猫なんぞを可愛がっ, 猫におけるや丁度若い, 猫にからかはれたんで, 猫にくはせな, 猫にこそ何の, 猫にさえ劣ったやつ, 猫にだってやはり同じ, 猫にとって何でも, 猫にとっても急所である, 猫にゃかみつく, 猫にや追はれけん, 猫に対するや人間の, 猫のせゐにし, 猫のみこれに, 猫のら猫がよく, 猫はくすぐったがってしばらくくしゃみをするような顔を, 猫はにゃあという, 猫はねこっちへ, 猫はもうくたぶれ, 猫はよつぽ, 猫ばあさんのいた, 猫ばかりが十五六匹一斉に, 猫ばかりの住んでる町, 猫ばっかりもらったって, 猫ひそけき見れ, 猫ひどい好人物的猫で, 猫ぶち猫きじ猫ど, 猫へも宜しく御, 猫の白き, 猫ほしや, 猫ほしいわ, 猫ほどしか重量の, 猫ほどに鼠を, 猫ほどにも心を, 猫ほめ立て, 猫ほんとにあなた踏みつぶしたです, 猫また來り, 猫まだこりないの, 猫まではまだ夜, 猫までをヨモノという, 猫みた様に, 猫むごい子供です, 猫めいた賑やかさ暮し上手の, 猫めそれぢや逃げた, 猫め彼方へ行け, 猫もつれて来, 猫もらい越後の, 猫やら捨て犬, 猫やを蹄で, 猫よろしくかねて, 猫らしくない重量的響きを, 猫らしくやって見た, 猫わけなしだ, 猫て何, 猫ゐるひもじきかもよ, 猫をくらい豚の, 猫をさえ激怒させる, 猫をでも見るよう, 猫をとつておくれ, 猫をとなへはじめました, 猫をば見たまいて, 猫ア馬鹿だぞ, 猫舐メタヨウニ食ベル, 猫ザメめがけて, 猫シロとクロ, 猫ジャを弾く, 猫ジャ猫ジャを弾く, 猫ッ子一疋いませんのさ, 猫アル, 猫トミーッてどんな, 猫ナデ声のミミッチイ, 猫ノカモコもしくは雁ノカモコ, 猫フク子もまた, 猫ミミー嬢の力, 猫モツの代り, 猫モツ鼠でも肉気, 猫リリーに何かと, 猫ヲカブッテイル時ノ彼女ハ, 猫ヶ瀬を渡った, 猫ヶ瀬等から川, 猫一たびも鳴かざりき, 猫一匹しづかなこと, 猫一匹そこにはいなかった, 猫一匹犬一匹殺しても, 猫万どんと俺は厩, 猫万どん方の厩舎, 猫万老は顔, 猫の記憶力, 猫ちゅう名, 猫下女の背後, 猫不入なんぞ飲むものなきにしもあらねど, 猫世間様は横目, 猫丸猫三ちゅう名, 猫圖, 猫二つの眼, 猫の存在, 猫以上の怖, 猫以下におく, 猫以外ではない, 猫伝書鳩が故郷, 猫何匹になった, 猫りて, 猫のごとく入らん, 猫侍これだけはちょっと, 猫侍女の身柄, 猫供養というもの, 猫先生を迎え, 猫兎贄のハダカ, 猫児一匹ゐさうに, 猫児三五箇して, 猫児竹とも猫竹, 猫児竹猫竹毛竹茅竹南竹をその, 猫や, 猫兒店の女房, 猫入らずでは天井裏, 猫りだとは, 猫出羽三などと書い, 猫勧請を付, 猫だ遣つけろと, 猫化け同様の話, 猫化郷士の妻, 猫医師の説, 猫の締ら, 猫という三毛, 猫同前な奴, 猫同士が見たら, 猫同家の芋畑, 猫君ロシアにはとにかく, 猫喪失の慰藉料, 猫四匹を相手, 猫四百六十頭の訴え, 猫だろうよ, 猫型木魚型鳥型帽子型真甲鯨型, 猫のやう, 猫塚の台石であったか, 猫多くして, 猫は狂, 猫大明神を如何, 猫大暑の照り, 猫女めに横, 猫女形ばかりであった, 猫がかの, 猫で些, 猫好きあんただちも, 猫好きおれは猫気, 猫好き外は春雨, 猫如きに侮られ, 猫妾宅の飼い, 猫婆さん危いばい, 猫の腥, 猫子猫あわせて, 猫学者である, 猫実にいろいろ近所の, 猫猫かは, 猫属間で御, 猫山猫の恐るべき, 猫の頭, 猫左側に二番, 猫に一二回妊娠, 猫と雑誌, 猫の木賊, 猫を現ずる, 猫と号, 猫往昔虎に黠智, 猫もうっかり, 猫恋犬鶏は出し, 猫懶くして, 猫招きして煽ぎ, 猫捜器で火門, 猫た所, 猫ごえで, 猫をのませた, 猫旅団を組織, 猫族余が屋敷内, 猫杓子共は自分, 猫て食みし, 猫果してか, 猫果して術中に, 猫にかがやき, 猫栗鼠木鼬羚羊犬鯨海狸熊穴熊猪土竜など内地, 猫案外唯物主義者でない, 猫様繁昌で紫, 猫次第でありいつ, 猫欲しや, 猫に小, 猫殿は小食, 猫毒グモ蜂蛭オウムなどあらゆる, 猫の帽, 猫ちがい狂人, 猫はも, 猫泣かむばかりに春ゆく, 猫海狸等の体, 猫は凄い, 猫滝芝河原長つ, 猫火テーブル一筋の光, 猫火鉢をかかえ, 猫犬小鳥豆猿とおおよそ, 猫犬爺さん蝉蝶々蜻蛉いろ, 猫犬鶏も同様, 猫ひや, 猫狐狸鼬鼠貂のたぐい, 猫狩りや犬狩り, 猫玉ちゃんがトラ十, 猫く子, 猫生かしてみせます, 猫の光景, 猫白無地ときてるん, 猫白猫ぶち猫, 猫白猫黒猫実にいろいろ近所, 猫とエボナイト天井, 猫目石ルビーサファイヤの類, 猫目石一つだけでも何十万円, 猫相応の敬意, 猫相戦い双方多数の負傷者, 猫眼梟眼というの, 猫眼猫眼といっ, 猫睛石いちめんのうめばちそう, 猫石木ぶりの面白い, 猫石眞の猫, 猫神猿神と名, 猫神猿神トウビョウ等は地方, 猫早く稍, 猫程しかないピン, 猫から向う, 猫空間をにらん, 猫竹毛竹茅竹南竹をその, 猫笑って, 猫の如き, 猫等色々の物, 猫置いて来る, 猫肉試食などに対する興味, 猫股橋というの, 猫背山多聞寺下の敵兵, 猫背山金胎寺などの峰々, 猫脊下向き加減の友人, 猫腸絃子どんさ何とぢゃ, 猫が減っ, 猫に抱け, 猫自身の心理, 猫草相撲取草などを急, 猫葉桜花吹雪毛虫そんな風物, 猫葉櫻花吹雪毛蟲そんな風物, 猫の茂る, 猫虎猫黒猫白猫ぶち猫, 猫虎猿の類, 猫蛇相搏つ妖, 猫蛇等に帰, 猫行火に噛着, 猫裁判だア, 猫見たいだね, 猫見送りて悲, 猫言葉であった, 猫誉信女の誉, 猫豕兎鹿綿羊山羊狐鼠鶏天鵞その他なおあるべし, 猫賢しゅうして, 猫り越えたり, 猫転んでにゃん, 猫の機能, 猫逃走して, 猫に見つけられ, 猫であるのに, 猫て尾, 猫釣りがうまく, 猫をもてあそぶ, 猫銀猫とか櫓下, 猫銀猫いろは茶屋といった岡場所, 猫の前, 猫間さまおまち, 猫間ヶ嶽の山稜, 猫間中納言を辱めたる, 猫間氏にまちがいあっ, 猫間氏ここにはもう, 猫間犬丸あきらかに負け, 猫間犬丸のはなった, 猫間犬丸道灌山の果し合い, 猫間障子の硝子越し, 猫い入る, 猫雄猫が狂い, 猫雉猫かま鼬粟が尻尾, 猫露人の犬, 猫青猫は, 猫にも血, 猫食いと思え, 猫飯皿とを与え, 猫と妙, 猫騒動なぞに出る, 猫體操をし, 猫鮫虎鮫が血の気, 猫鳥山綾戸の難, 猫鳩等がいたら, 猫鳩鷄鼠等より下等菌類, 猫鳴いて逢, 猫の幾頭幾羽, 猫鷹甲虫鰐紅鶴等の神, 猫黒猫実にいろいろ近所, 猫に与えました, 猫鼠以下に見馴れ, 猫鼠猿小鼠