青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「江~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~求める 求める~ ~汗 汗~ 汚~ 汚い~ 汚れ~ 汚れた~ ~汝 汝~
江~
~江戸 江戸~ ~池 池~ 池田~ ~決して 決して~ 決め~ ~決定 決定~

「江~」 3092, 30ppm, 3923位

▼ 江~ (594, 19.2%)

6 自分の 5 急に, 自分が 4 これを, 彼の 3 それを, 目を

2 [26件] いつまで, うなずいた, かさねて, ここに, この日, しずかに, しんみりした, それに, それも, ただちに, よろこんで, 二人の, 何も, 例の, 官の, 手を, 早や, 眞鍋の, 眼を, 素直に, 絹江の, 腹を, 言った, 話の, 静かに, 駄夫に

1 [512件 抜粋] あきらめて, あくまで軽く, あたま, あとに, あのよう, あわてて, いう, いくたび, いった, いったんこの, いつそう, いつに, いつの間にか遊廓, いつまでも, いつもの, いまなお, いま坐った, いま帰っ, いま預かっ, いやな, うつろな, うれしかった, おそろしい胸騒ぎ, おなじ同, おめでたうと, おもわず地獄, おりんと, おろか逢う, かえって心外そう, かたく辞した, かたく辞退, かっと蒲団, かなり強い, かねがね聞い, かりた刀, きゅうに, ぎょっとした, くれぐれ朱貴, ぐんぐん先, こういう, こう云い, こう云いかけ, こう大, こう笑いこぼれ, ここで, ここへは, ここまで, こちらの, こちらへ, このとき, このところ, この上, この深入り, この男, この途方, これただ, これの, こわごわと, こんなつもり, こんな時, さうい, さかしくも, さながら屍体, さらに銀二十両, しいて, しきりに懐中, しごく身まま, しばし頸, しまった, じっと思い, じっと渡井, じっと眸, すぐさま書記室, すぐに, すぐダイヤモンド, すぐ眞鍋, すぐ自身, すぐ言った, すぐ馬, すすんで, すっかり何, すっかり外貌, すでにこの, そういう, そういっ, そうした風景, そう云った, そう約束, そこで, そこで一同, そっと門番小屋, そのころ女學生, そのまま顔, その一つ, その二役, その呼延灼, その夜, その姿態, その川, その手, その支度, その日, その明り, その朝アツ子, その溌墨, その背, その背後, その表, それが, それでなく, それでもう, それへ, そわそわした, そんな風, ただちに二人, ただちに部下, ただ何, ただ笑っ, たちすくんで, たのしんで, たんなる肉慾, だめだ, ちょっと羞, ちらと, ついに涙, つい吹き出した, つい自然, つくづくそんな, つつましく頷いた, とうとう子供たち, とうとう脱出不可能, とっさに, とにかく戸沢, ともども一文字に, とりとめも, どうしても包みきれず, どうして姿, どうせ復一, どこへ, なお言った, なぜか, はっとした, はっとひれ伏した, ひだりに, ひとかたならず孫立たち, ひとかたならぬ, びっくりした, ふいに, ふかく謝, ふくれて, ふさふさした, ふと, ふとかつての, ふとこちら, ふと微笑, ふと思った, ふと気, ふと膝, べつに銀子, ほっと蘇生, ほとんど泥酔者, ぼろぼろに, まずまっ先にこう訊ねた, またさらに, またしたり顔, またの名を, また一つ, また不思議, また北京, また呉用, また彼, また思わず, まだ半信半疑, まだ泣きたら, まだ続け, まだ若, むべ大河, むろん綿帽子, もう内地, もう帰りかける, もう彼方, もう恐縮, もともと厭, やがて宏壮, よく察し, よく晁蓋, よく郊外, わざと例, われに, ガチャガチャ音やかまし, ガバと, ガンベを, キッパリと, サッと馬, シュミイズ一枚で, シュミイズ一枚にな, ダイヤモンドを, ツンツンと, ニヤニヤ笑, ハッと, バッタリ壺を, ホホ笑み, マッチを, ロンネの, 一そう沈んだ, 一つぶ種何より, 一丈青へ, 一人部屋に, 一同へ, 一団の, 一寸淋し, 一眄の, 七八月の, 三人の, 三人兄弟の, 下女に, 不意に, 不行儀に, 世が, 世界無二の, 世間の, 丘を, 両手で, 両手の, 之も, 事なく, 二人とは, 二人をか, 人を, 人波の, 今の, 今まで, 今夜の, 今度は, 今日しも, 今東渓村に, 今迄, 仲を, 伸び上がった, 低いこえ, 何か, 八王子の, 六ヶ月近くまで, 六畳の, 再び気, 冷静だった, 刎ね, 前から, 創成川っ, 勿論二人, 化粧を, 十日余りも, 半ば開いた, 単純に, 危なかった, 厳命した, 取り逃がした, 可哀そうと, 台所から, 叱って, 右門たち三人の, 司令部と, 同じ話, 向う側が, 君の, 呟いた, 囁いたが, 囁くよう, 国賊の, 坐り直した, 塀際の, 夕方ぢかく, 外見は, 夜学校の, 夜来の, 夢とも, 夢中で, 大いによろこん, 大いに後悔, 大いに悔やんだ, 大名の, 大変機嫌の, 大黒座を, 天の, 天を, 女の, 女らしく会釈, 始めた, 始めの, 子供の, 安心し, 宋江らしい, 官途へ, 宸筆を, 寢たま, 封を, 小李広, 少し機嫌, 少女の, 居るに, 屹と, 已むを, 帰るに, 常識の, 幕切れの, 年来望ん, 幾たびも, 座について, 弟を, 張乙に, 強いブランデー, 強って, 当惑した, 役署を, 彼が, 後ろめたさ, 微笑した, 心の, 心耳を, 忙しげ, 応じなかった, 忠義堂に, 怒ったものの, 思い返したよう, 思うところ, 思つてゐる, 思わずそれ, 急いで, 怪しむ人々, 怺え, 恐怖に, 恥ずかしそう, 息ぜわ, 息を, 悵然と, 惨として, 意中を, 慄然と, 慣れた, 憂鬱に, 憎い女讐, 懐った, 我に, 手指で, 手離した, 押司の, 持ち合せ, 持って, 振り分けの, 故郷の, 敵の, 文化十四年に, 斯う, 旅の, 旗の, 明治八年頃東京築地で, 星影を, 暫くその, 暫く前方, 最後に, 月を, 朋輩たちの, 服装や, 本当に恐ろし, 本当に恐ろしく, 東平府を, 松葉町の, 松谷から, 枕の, 柴進と, 楼台を, 橋の, 正直の, 武松の, 殆ん, 気持が, 気重い, 水あくまで, 江上を, 法水を, 泣きたいの, 泣くよう, 海嘯について, 消極的に, 涙を, 涼しい舟, 深く謝罪, 清風鎮へ, 満たされない感情, 満座を, 漕ぎ過ぎぬらし天づたふ日笠, 漸と, 激しく息, 無事一ト足先に, 無意識に, 無雑作, 父の, 狂乱の, 独りに, 独り暢びやかに病後の, 狼狽の, 琴の, 環帯を, 生ける心地, 異性よりも, 疑った, 疳高で, 白虎山の, 盧俊儀を, 目ざとくすぐ, 目に, 目敏く良人, 直ぐに, 直ぐに長い, 直感する, 相手が, 相手の, 眉を, 眩しく取り巻かれ, 眼まぐろしく, 知らん顔し, 碑に, 磯から, 礼を, 秦明の, 突然彼, 窓から, 窓際に, 竹窓に, 笑い出した, 笑うの, 笑った, 笑って, 終夜浮かない, 絶体絶命眼も, 絶海の, 継母に, 耳まで, 聖手書生の, 聞かされる側, 肩を, 膏梁の, 膝頭を, 自分で, 自分です, 自分と, 自分という, 自分を, 自問自答を, 自身その, 舌打ちを, 良人の, 花栄へ, 苦しげ, 苦笑した, 茣蓙の, 茶碗に, 茹で卵, 草叢に, 菊見, 薄汚い毛布, 衝動を, 表十組の, 裸で, 要心ぶ, 見た, 見るや, 見得, 覚った, 言ったの, 言って, 訝しさ, 負けた, 走りつつ, 起きて, 起って, 路傍の, 身を, 身体だけ, 軍師呉用や, 返事も, 退庁し, 途中で, 過去に, 部屋の, 部屋へ, 部屋近くの, 酌が, 重たい氣持ち, 間に, 降りると, 陣幕に, 面白さうに, 頭を, 頻りに反撥, 馬を, 馬麟欧鵬, 駄々に, 髮結ひ, 鼻面を

▼ 江~ (534, 17.3%)

5 水が 4 姿を, 手を

3 [12件] ほとりに, やうな, 上流の, 中へ, 前に, 口を, 幕舎へ, 書斎に, 水に, 水は, 身を, 躯を

2 [36件] あとを, ことは, この月, ために, ほとり, 三前の, 三尺に, 中の, 体を, 口から, 名は, 四大江に, 声が, 姿が, 姿も, 帯を, 彼方には, 心も, 支流で, 救出に, 日頃の, 春浅し, 母親は, 水を, 無事を, 片手が, 王, 王次に, 胸に, 腕に, 裾に, 足は, 身の, 身は, 軍は, 部屋へ

1 [413件] あたりから, あたりに, あだ名の, いきさつについて, いるところ, いる一閣, いる本陣, うしろへ, うしろ姿に, うちへ, うわさも, お幾, お里であった, がらでは, ことか, ことくれぐれ, ことな, ことばには, ことばも, こと一切知らん, こめかみに, さしずであった, すがた, せいに, それにも, ちかい所, つまらないといふ, どこまで, はいて, ふたつが, ふところを, ほうで, ほかに, ほとりには, まん中を, めがねでも, ものであった, やつが, やつめどう, やつもしや, やつを, ゆかりに, わけを, ウマ味だ, オペラバックの, 一人旅は, 一瞬の, 一節, 三名が, 三味線が, 上か, 上で, 上に, 上の, 上を, 上流, 上流さして, 下に, 下には, 下手人と, 両名, 中に, 中ほどに, 中三里, 中軍も, 乳母である, 予感が, 二人でありました, 二大将から, 人となりを, 人柄には, 人間を, 今にも何, 令たる, 令を, 仲を, 伝へにも, 住と, 体から, 体が, 体は, 体も, 供に, 係か, 側面へ, 兄, 兇悪さは, 全身には, 内へ, 冗談で, 処刑は, 前, 動作は, 北で, 北に, 北雨雲ひくき, 卑下と, 南の, 南岸に, 去ッ, 反問には, 口を通じて, 口書を, 口添えにも, 口論は, 同情者が, 名が, 名を, 向うの, 向う岸に, 向う浦へ, 咽喉を, 唄う子守唄, 問いに, 喚きが, 堤に, 堤防を, 場合は, 声, 大きな影法師, 大坂城, 奇禍を, 奥へ, 奴今ごろは, 如きが, 妹, 姿でも, 姿に, 姿は, 婚礼が, 婿に, 嫌いな濁す, 子島付近でしょう, 実家は, 実母では, 実母には, 家とは, 家は, 家へ, 容体は, 富池鎮であった, 小僕次郎, 就いて, 居室へ, 屋敷の, 岬の, 岸から, 岸には, 岸の, 岸へ, 岸へと, 岸まで, 岸を, 嶋も, 希いも, 帯や, 幅も, 幅を, 平常の, 幾たび来去した, 広い事, 底なき, 底にごり, 廬山の, 弟宋清と, 弟宋清は, 弱味に, 張順と, 彼方は, 彼方へ, 後ろ姿へ, 従妹, 徳望と, 心が, 心に, 心の, 心を, 心中に, 忘れない旧情, 思ひ出, 急を, 急流へ, 性情としては, 性格として, 恋に, 恋を, 意に, 態度が, 戸だ, 手の, 打身が, 持物を, 指に, 指南を, 指揮下では, 揶揄うに連れ, 撓りとどまらず, 文子さんが, 文字に, 方が, 方だって, 方で, 方に, 方には, 方にも, 方は, 方へ, 方を, 旅情に, 明るい顔, 智略によって, 暗い底, 曲といふ, 書斎は, 最奥の, 最期とは, 期待に, 本軍が, 村の, 来た年, 松二本榎高野山には, 枕もとに, 柳, 椅子を, 検死は, 様を, 様子です, 様子を, 横顔は, 歌にたいして, 死, 母暁子は, 水から, 水でも, 水にさえ, 水も, 水上に, 水上七里の, 水嵩は, 氷を, 汗ばんだ掌, 河原に, 沿岸の, 波は, 波光とが, 波暮れ, 泥の, 注意を, 流に, 流れが, 流れでも, 流れの, 流れは, 流れへ, 流を, 流域に, 浜に, 淑やかな, 渡口まで, 渡河を, 渡河戦に, 漁夫阮の, 潯陽湖に, 激しい熱情, 激水いずれも, 濱に, 為に, 熱気を, 父の, 片葉, 牢を, 犯した一身上, 生れで, 生れな, 生母が, 畔には, 畔の, 畔へ, 畔まで, 畔を, 畔先祖の, 略伝の, 病を, 病室には, 病気と, 病状が, 発言だった, 白い肉体, 白い脊, 白駒は, 白龍廟でも, 目的が, 眉に, 看板を, 真心には, 眼じり, 眼に, 眼の, 眼を, 瞳が, 短命を, 秘薬も, 笑いに, 筆禍を, 箏笛浦には, 節や, 素裸な, 緩慢なる, 罪に, 罪業に, 義の, 耳に, 耳にも, 肉を, 肉体の, 肩に, 胸ぐらつかん, 能弁に, 腰鎖を, 膝の, 臆病者めが, 自由には, 至誠を, 興奮に, 舞を, 舟の, 船着場などを, 艶の, 茶店で, 落ちた谷底, 落ちて, 葦べには, 蒲の, 蔭から, 血の, 術に, 街が, 街は, 街を, 衣裳に, 表情を, 襟が, 西岸江口を, 見上げる眼, 親思いは, 親戚が, 言は, 言葉であっ, 説である, 豪奢を, 賑やかな, 足さきを, 足どりに, 跋が, 跋は, 身に, 身の上話も, 身代りに, 身柄は, 身辺にも, 躯ぢゆうに, 軍を, 返辞が, 迷惑事と, 追及を, 追捕, 退路を, 逮捕は, 遊女に, 邑丞鞏徳蘇州府の, 部屋に, 部屋を, 郷里へ, 野郎が, 鉄橋と, 鉄橋上からの, 錯乱が, 錯覚が, 長談義を, 閑暇を, 間を, 陣からは, 陣は, 陣門へ, 陰口ばかり, 陸康を, 面に, 面を, 面皮を, 額に, 顔から, 顔が, 顔つきに, 顔に, 顔へ, 顔やら, 顔を, 顔色が, 風光との, 風態を, 首を, 首カセは, 首枷などは, 馬前へ, 駕わきに, 驚き顔に, 高い絶叫, 鳥に, 麾下に, 黄渓の, 黒い頭, 黒髪を, 鼻から

▼ 江~ (187, 6.0%)

26 渡って 7 下って 5 さかのぼって 2 ひきとめて, 下るの, 妻に, 溯って, 生け捕ること, 総大将, 越えて

1 [135件] あわれむ余り家, おさへた, おも, くれようと, ぐんぐん遡っ, これへ, ごらんなさい, さかのぼり北岸, さかのぼり平壌, さかのぼる, して, せきたてて, そこに, だき起した, つかまえて, とうとう起し, とりまいた人群れ, とりもつよう, とり逃がして, にらみつける, はじめ次郎半, はじめ泊中の, ひるがえし海, へだてて, まずわが, みて, もって, ゆく船, わたり北の方, わたる春雨, テネシー谿谷を, 一枚さしあげた, 下った, 下りようやく, 下り海, 下ること, 下るなど, 下る百帆, 不幸に, 二里以上溯り, 何度と, 信じたこと, 借りるん, 再拝した, 出で, 初めてみる, 刺殺する, 助けて, 励まして, 南に, 南へ, 即刻から, 口説きついに, 召して, 唄った, 嗤つた, 嚇す処, 圧して, 失ったこと, 失っては, 引き入れた時, 引取った, 弾けと, 彼は, 愛して, 慰めて, 截る, 押っ, 指差し, 捕えた者, 掘り墨江, 探して, 掲陽鎮の, 攻略し, 望む風光, 望んだ景色, 殺して, 殺す事, 水へ, 渉つて故郷を, 渉り, 渉る, 渡った, 渡った使者, 渡ってからは, 渡つて平壌の, 渡らせその, 渡りけり, 渡りこれ, 渡りて, 渡り糞, 渡る, 渡るにも, 渡る一段, 渡る日, 渡れ, 溯りて, 溯り同時に, 漕ぎ渡って, 生け捕る, 目し, 目指すもの, 真っ直ぐに, 真実の, 眺めて, 眼の, 知らない私, 突っ切って, 繞って, 罵倒し, 翻す弁才, 背に, 自分の, 行くこと, 見たが, 見つけて, 見ても, 見に, 見ますと, 見ると, 見るや, 訪ねそして, 誘って, 誘つた, 譲り受けたいといふ, 谷底へ, 賊名, 距て, 載せたまませり, 迎へた絹江の, 連れて, 遮ったの, 金で, 陽気に, 驚かせる心算

▼ 江~ (164, 5.3%)

2 いえば, 出て, 彼を, 次を, 次郎, 言った, 門に

1 [150件] いじらしくも, いつの, いま口に, いる, いる本陣, うしろを, うちうなずい, お詫びを, かい, かつて触れ, こういっ, こう叫ぶ, こう聞い, こう自作, ここで, ここに, ことばを, この家, しきり, せがんで, せつなに, そうそうに, そこらの, そのあ, その函, そばへ, たずねると, ただ一人, なぜか, なんの, にこやかな, ふと言い出した, ぷっつりと, ほしいか, また訊く, もしや気, もっとも嫌った, もらって, やがて打明けた, ゐないの, ソッと, ボイルの, 一名の, 一気に咽喉, 一番若く, 不幸に, 九十郎と, 云えなかっ, 仇し, 今の, 仲に, 会って, 体を, 何かと未だに立ち働い, 何かを, 僕と, 入所し, 再び至る, 函の, 初て, 刺された場所, 加えられれば, 卒倒し, 卒倒する, 危難を, 去ると, 又今度, 口を, 喚かぬこと, 喚きながら, 土地の, 地に, 報らせ, 壁に, 姿を, 婆惜を, 実際自分, 家の, 小仏, 屋敷に, 帰って, 座敷へ, 彼に, 彼の, 心ひかれた, 息を, 意外に, 憤然として, 戸外に, 戻つて, 折入っ, 抱きこんで, 持って, 接待役に, 控え目に, 春来と共に, 昨夜十時頃に, 来た, 来たと, 東北の, 案内した, 次の間に, 次郎おりんを, 毎夜会う, 気休めを, 洪水中だった, 流れて, 淡路君の, 潯陽江を, 熱海へ, 爪を, 父に, 現れたの, 産院に, 田舎へ, 登つ, 目を, 突つ立つ, 突然に, 立って, 立てさせた, 立とうと, 絹江から, 美しく育つ, 老父の, 胸を, 能弁に, 自分の, 若い間, 草履を, 落ちて, 見たの, 見てなかったもの, 訪れて, 身の, 迎えに, 近よって, 過って, 適して, 邸内の, 酒を, 野菊を, 鏡の, 雨除け, 霧の, 青白い不機嫌, 食ひつき, 首を, 首将と, 高らかに

▼ 江~ (160, 5.2%)

3 の長浜, へお

2 [12件] から来た, のもの, の三覇, の坂本, の小室, の戴院長, の方, の浅井, の者, へ入っ, へ帰る, へ来

1 [130件] および越後地方, からはたより, から上京, から僧, から外, から婿, から石山, から美濃, から美濃辺, くらいのもの, だったらどう, でい, でおこ, できりょうのすぐれた武将, での騒ぎ, ではこの, ではサ, では両院, で魚問屋, との国境, と保木, と摂, と美濃, なので, なる佐和山, にいる, において三十万石, にて候, には時々, には長く, に一畸人, に入り, に入れ, に出, に到らず, に名高い, に大, に大きな, に来, に着く, に移封, に行き, に遊ん, のお方, のすぐ, の一寺, の井上, の伊吹山さ, の伊岐, の信楽, の司馬白楽天, の各地, の噂, の囚地, の土山, の地方, の多賀社, の大津, の奉行, の奉行蔡九, の家, の小川村, の府城, の彦根, の御, の新, の新村はん, の方面, の柏原, の柘植村, の武家, の民衆, の水辺, の永源寺, の流人, の浅井長政, の浪人, の浪人者, の瀬田, の片田舎, の瓦屋根, の産, の空, の草津辺, の西, の西教寺, の豪家垣見左内公儀, の返事, の連山, の陣, の鴨, はなお, は漢中, は琵琶湖畔彦根町, は米どころ, は米所, は違った, は野洲川, へおい, へおいで, への中山越え, への道, への道すじ, へはお出で, へもどりつき, へも還れぬ, へ会い, へ出, へ推し出した, へ流され, へ発向, へ立ち, へ行く, へ行け, へ行ったら, へ越え, へ鴨, または京等, まで来る, もほど近い, や各地, より始めん, をいちえん, を出, を出た, を初め, を立っ, 大騒擾事件, 荒らしの, 遠州

▼ 江~ (103, 3.3%)

2 何か, 沈めて, 臨んで

1 [97件] あったこの, あて娘百合子, あり, いること, いるという, おまかせ下さるまい, かしずいて, しがみつく, しては, しろ, しろ戴宗, そのお, たづねられたことが, ちょっとないしょ, つづいて, つづくらし広き, とまった, のぞみ山に, ひきあわせた, ひきあわせたが, また戴宗, みせた, よく出来る, ゐるの, 三千の, 下船の, 与え一本, 主席と, 代って, 会うの, 住むはうれしきなかなれど, 侵入し, 候と, 入って, 入る沙河, 加えたの, 助言した, 千本の, 取り出させて, 叱られて, 同期の, 向って, 問われると, 喰ひつかう, 回りました, 女難の, 始めて, 尋ねた, 庵つくりなまり, 御簾内の, 心服し, 恋を, 打ち込む杭, 投じて, 接して, 敗北したる, 教へて, 於ける各種, 映った心, 曳摺られ, 構はず駄夫が, 横たふ, 横たわり水光天, 沿うて, 沿って, 沿ふて流る, 泊した, 泛べ, 流れ入るの, 添い山, 添って, 渡して, 溯江し, 溺れ死ぬもの, 漣さえ, 相談も, 羽ぞ, 腰を, 臨みて, 臨んだ南, 臨んだ水郷, 蛇を, 託して, 話しかけます, 話しかけようと, 追い付いた, 送った, 陣した, 面した東北一帯, 面した西北一帯, 面する永明寺, 頼まれたので, 頼んで, 飛び込むと, 飛び込んで, 首尾を, 鶴鳴きわたる

▼ 江~ (87, 2.8%)

5 おりんの 4 呉用とは 3 柴進とは 2 いふ所の, おりんは, 一緒に, 申す者, 花栄の

1 [65件] いって, おりんが, この三者, したこと, そしてその, その母親, なり, よく似た, よぶ女子, チャメロスの, 世に, 世間で, 争ひ, 二人考えこん, 云う人, 云う娘, 伎芸天女の, 会うよう, 会って, 兄の, 共通には, 同じ処, 名のった, 名乗り鏘, 呉用とが, 呉用の, 呼ばれた総領娘, 多次郎, 宋清に対しては, 密通し, 山が, 弟の, 戴宗が, 戴宗である, 戴宗とを, 戴宗の, 扈成の, 曰ふ, 書いた可愛い, 書くが, 染め出された字, 森村とが, 次郎が, 次郎を, 深い関係, 添わせて, 燕順が, 申すお, 申す浪人者, 盧俊儀の, 知ると, 私とが, 笑い合う声, 紋吉が, 結婚させる, 結婚しろ, 結婚する, 聞いたので, 聞けば, 花栄を, 話して, 軍師呉用とに, 金吾が, 金吾の, 韻許り書い

▼ 江~ (72, 2.3%)

4 呉用も

1 [68件] いまは, いわれて, おりんの, お名, くだらなくなっ, すぐ目, すっかりこれ, すでに微酔気分, すべてを, そこに, それを, たずね来りし, ついそこ, ついに譲った, つねに耳, とうに名前, また, またけたたましい, またそっと, またそれ, またふと, また下, また全, また呉用, また廊, また晁蓋, また身, めずらしく大酔, もちろん大臣, やがては, よくあちら, よほど今夜, よろこんで, チラと, ポッと, 一緒に, 一頭の, 三日月形の, 二十五だった, 今屋敷へ, 八木節も, 及びません, 否みかねて, 周囲の, 声を, 外へ, 婆惜も, 山も, 差越段々, 弓を, 思わず彼, 急に, 晁蓋も, 次郎も, 沢渡へ, 立って, 胸を, 苦笑の, 蒼白な, 西山も, 謡え, 軽症で, 近くこの, 酒は, 酔って, 金吾を, 顔見, 馬上から

▼ 江さん~ (68, 2.2%)

3 はあなた 2 が東京, の肉体, は福岡

1 [59件] からまで軽蔑, から云い出した, から受取った, から電報, が, がいない, が今夜, が恋愛関係, が愛子, が手, が来, が聞く, が見えた, が買つて, が金, すぐそこ, でなくちや, といふ先生, とのこと, とはへん, と婆さん, と母, と結婚, と金吾さん, にせよ, にはまだ, にひっかかっ, に対してへん, に惚れ, に渡す, のお, のお父さん, の事, の受取り, の幻覚論, の方, は, はそれ, はよく, は唇, は夜学校, は好い, は子供, は平賀さん, は幸福, は来ます, は無理, は結婚, もあの, もお, もおかしい, も変っ, や多, を, を僕, を叱つてるでし, を愛し, を手, 大變

▼ 江~ (68, 2.2%)

2 いたるところ, がな, にある, の兵, へと展開, へ出る

1 [56件] から十数艘, から大声, から舟, にたどり着い, につない, につながれ, に住ん, に姿, に沿っ, に着いた, に繋い, に集まる, の, のほう, の一酒店, の人々, の前線, の勢揃い, の哨戒隊, の坡, の守備, の守備兵, の客船, の小さい, の小舟, の山添い, の春, の枯れ, の波打ちぎわ, の畔, の磯, の肥沃, の舟, の草, の荊州, の要, の警備, の部隊, の酒店, の陣地, の陣屋, の風景, の魚, へあふれ, へ出, へ呼び, へ着け, へ迫った, まで使者, まで急い, まで馬, をのぼり, をめぐって魏軍営, を一巡, を見張っ, を馬

▼ 江~ (26, 0.8%)

1 [26件] がお, が入湯中, が十日, が又, が可愛い, が次郎, が熱海, が琴曲, じゃございません, で, という人, とか言いました, とが熱海, とは人目, どうぞ殺し, にこの, にもしも, に御, のお, の仕舞, の泣き顔, は, は御, もおりんさん, らしい人影, を知っ

▼ 江橋林助~ (24, 0.8%)

2 と渡辺悦之進

1 [22件] が, が加わり, が増井川, だった, ではなかっ, とか申した, とが正義, とともに空井戸, と与平, と近習, などの面々, にも犬死, のふたり, のほう, の夢, の筆, の面影, はいま, はすぐ, は二十歳がらみ, まで説い, を弟

▼ 江~ (23, 0.7%)

2 の師匠

1 [21件] がいい, が勢力, でも習っ, で吉原, となっ, に変っ, のお里, の上手, の指南, の流行らない, もやります, も一中, を劇中, を唄った, を女達, を寄席芸人, を弾い, を松廼家節, を流し, を流す, を聞き給え

▼ 江~ (21, 0.7%)

1 [21件] 万太郎を, 先づ, 呉用が, 呉用に, 呉用の, 山では, 山に, 帆も, 次郎, 次郎が, 次郎そして, 次郎も, 河の, 海や, 湖口と, 燕順が, 紋吉は, 花栄や, 軍師呉用すらが, 金吾に, 頭目どもが

▼ 江には~ (20, 0.6%)

1 [20件] かなり辛い, きゅうに, そぞろ哀れ, そのころ好き, その景色, ひどく不快, よく出来る, 人と, 全然無, 情けが, 数百艘の, 橋が, 無関係な, 片葉, 特に庭園ぞい, 自分の, 退屈だつた, 通じないの, 間抜けに, 頓着なく

▼ 江~ (20, 0.6%)

2 向って

1 [18件] その秘, 一案の, 入ったの, 入って, 囁いた, 帰ること, 愛想が, 投げこまれたの, 死を, 気の毒そうに, 注意した, 碇泊する, 舟を, 花栄は, 行くと, 言い払った, 身を, 食って

▼ 江~ (19, 0.6%)

3 の城

1 [16件] である, に入っ, に入る, に府, の三道, の太守樊城侯, の要害, の都督, へ, へさして, へ向っ, へ着くだろう, へ行き着い, より攻め来り, ヲ下, 去りて

▼ 江から~ (16, 0.5%)

1 [16件] ご一同, すぐ言った, ハイラルまでを, 一喝の, 一度マレイ作戦に, 前線へ, 堕胎を, 忽然と喊声, 怒られたが, 思いがけない慰藉料, 手紙を, 漢口までは, 耳打ちされ, 見ると, 説かれた通り, 迂回し

▼ 江という~ (15, 0.5%)

1 [15件] お女中, のが, のは, やつは, よその, 女と, 女は, 女を, 女中が, 女学生と, 女学生は, 東京の, 派出婦の, 腰元と, 風に

▼ 江~ (15, 0.5%)

1 [15件] がある, に寒し, に続き, の流れ, の濤, の縁, は中, は時々刻々, は絵, は虹, また山野, も画舫, を写し, を吹き捲いた, ノ流

▼ 江~ (14, 0.5%)

2 の沈沒

1 [12件] が無難, さへ, で本島, とは例, と外輪山, に搭載, の上, の甲板, の長, は運命, は長, へ出

▼ 江~ (14, 0.5%)

1 [14件] である, でも若し, に比し, に等し, のごとく, の如く, の朝, の水, の状, は朝, も音, を渡っ, ノ浸, 涸れしむべ

▼ 江さま~ (12, 0.4%)

2 のお 1 がばッ, じゃございません, だ, だご, にはすでに, に会いてえ, の経緯, はもう, へあらためて, を見

▼ 江州長浜~ (12, 0.4%)

2 で五万貫 1 で八ヶ国, という土地, に居住, の一夜, の前, の夜, へ鳥, を自ら, を通らなけれ, ヘ出陣云々

▼ 江~ (11, 0.4%)

2 なる品川, の審美的関係 1 だけでも凡て, と山岳, の中心, の兵船, の方, を口, を研究

▼ 江その~ (10, 0.3%)

2 ほかの, 人の 1 ほかも, 人が, 人に, 人を, 水のべ, 脊髄と

▼ 江~ (10, 0.3%)

1 に侠名嘖々, に召, に張っ, に数多き, に檻, の住人十兵衛これ, の住人十兵衞之, の詩人汪先生, を訛, 第一

▼ 江鞍馬~ (9, 0.3%)

1 がお力, が三五郎, が其辺, とお, に頼まれた, の世, の手, は分別, は狼

▼ 江~ (8, 0.3%)

1 おい, っ, などが闖入, などを相手, の句, はいま, もまた, 坐れよ

▼ 江お雪~ (7, 0.2%)

2 の死体 1 が生前, という女笛師, の家, の蝋細工, の門人たち

▼ 江~ (7, 0.2%)

2 あらう 1 捕へた, 敵の, 網を, 聞いた話, 降つたやう

▼ 江との~ (7, 0.2%)

2 関係を 1 あいだに, いる部屋, 交渉が, 思わぬ邂逅, 約束も

▼ 江先生~ (7, 0.2%)

1 からよしと, の奮起, の寿命, の御, の秘命, もおいで, や呉用軍師

▼ 江~ (7, 0.2%)

2 の倒れた 1 に向けられ, の方, はどう, は何, を面白

▼ 江~ (7, 0.2%)

1 両国境, 分二州, 地震, 地震とも, 尾勢の, 界, 軒相隣り

▼ 江~ (7, 0.2%)

1 から, が静岡, という人, の手紙, の方, は幕府, は当時

▼ 江とは~ (6, 0.2%)

1 お蝶, ほくそ笑みを, もつれあって, 一体だれ, 道, 騒ぎを

▼ 江州人~ (6, 0.2%)

1 だとて, で普通, には天, は地, は峠, は素質的

▼ 江戸屋清兵衞~ (6, 0.2%)

3 と云 1 と尋ねし, と申, に分れ

▼ 江源地~ (6, 0.2%)

1 からで, から流れ, とは三大河, と囈言, なる湖水, へゆく

▼ 江といふ~ (5, 0.2%)

2 人が 1 ところで, のは, 學者に

▼ 江~ (5, 0.2%)

1 という地, という寄席, の人気, の軒, は連夜木戸打止め

▼ 江~ (5, 0.2%)

1 に烏帽子, の深, の産土神, ノ秘孔, 両歳余

▼ 江家次第~ (5, 0.2%)

1 などの記述, には物吉, の平野祭, の追儺, の類

▼ 江州日野~ (5, 0.2%)

2 の城主 1 の外山, の産, の蒲生氏定

▼ 江州送り~ (5, 0.2%)

1 となった, の小役人, の流刑人, の罪人, の色

▼ 江柄三十郎~ (5, 0.2%)

1 の屋敷, は全く, は其の, は急, は武士姿

▼ 江殿~ (5, 0.2%)

1 が癆, には不治, の小間使い, の運命, をお

▼ 江~ (5, 0.2%)

1 あり, にそい, の五囃子, の涌き立つ, ゑんて

▼ 江~ (5, 0.2%)

2 の間 1 に追, の愚民, より迎

▼ 江知勝~ (5, 0.2%)

1 で三人, の牛肉, は戦災, は旧, を超越

▼ 江~ (5, 0.2%)

1 で碇泊, にも英国兵, の士人葛君, の虐殺, の郊外

▼ 江とも~ (4, 0.1%)

1 に異議, 一二度言葉を, 御相談, 沼とも

▼ 江まで~ (4, 0.1%)

1 渡して, 申し出た, 行くこと, 附けさせお

▼ 江州商人~ (4, 0.1%)

1 といふもの, と申す, の勤勉ぶり, ノ出

▼ 江州坂本~ (4, 0.1%)

1 に勢ぞろい, の地, の知行分, の者

▼ 江州奉行所~ (4, 0.1%)

1 からはこの, か蔡九, の差紙, への差立て

▼ 江州牢城~ (4, 0.1%)

2 の獄 1 の両, の戴院長

▼ 江州路~ (4, 0.1%)

1 から関ヶ原, には野武士, へ出る, へ出張

▼ 江曾原~ (4, 0.1%)

1 と申す, に小泉, へ着く, まで人

▼ 江清月~ (4, 0.1%)

4 近人

▼ 江金次郎~ (4, 0.1%)

1 と娶合せ, になる, に濟, に相

▼ 江陵一日~ (4, 0.1%)

2 に還る 1 にかえる, にかへる

▼ 江たち~ (3, 0.1%)

1 には一日, はやがて, も晝間

▼ 江~ (3, 0.1%)

1 からいま, から完全, な

▼ 江では~ (3, 0.1%)

1 ないか, 商人の, 煙草が

▼ 江でも~ (3, 0.1%)

1 ない, 招いて, 次郎

▼ 江とが~ (3, 0.1%)

1 その一歩, どういふ風, 衆目も

▼ 江と共に~ (3, 0.1%)

1 その夜, 八王子の, 玄関へ

▼ 江にとって~ (3, 0.1%)

1 有利な, 第一, 面白いもの

▼ 江にも~ (3, 0.1%)

1 おりんにも, 手を, 言われましたが

▼ 江~ (3, 0.1%)

1 の並び, の全, の義軍

▼ 江以下~ (3, 0.1%)

1 は麓, を迷路, 諸将

▼ 江伯兒~ (3, 0.1%)

1 といふ者, の行爲, を母

▼ 江岸一帯~ (3, 0.1%)

1 に眺められた, に舟, の陣容

▼ 江州その他~ (3, 0.1%)

1 に散在, の諸, へ延び

▼ 江州土山~ (3, 0.1%)

1 に陣, の田村神社, まで進ん

▼ 江州府~ (3, 0.1%)

1 の大, へまいります, を修羅

▼ 江州者~ (3, 0.1%)

1 だと, とき, には油断

▼ 江州草津~ (3, 0.1%)

1 と大津, へ, まで動いた

▼ 江州車~ (3, 0.1%)

1 が準備, を押し, を踏んまえ

▼ 江州鍛冶~ (3, 0.1%)

3 の名家

▼ 江州音頭~ (3, 0.1%)

1 とか海女, の女手踊り, や女

▼ 江波さん~ (3, 0.1%)

2 の窓 1 の家

▼ 江~ (3, 0.1%)

1 からは国, と言つてそれ, まで六日

▼ 江稼圃~ (3, 0.1%)

1 と大田南畝, に学んだ, の門人

▼ 江金次郎樣~ (3, 0.1%)

1 が乘込, が表向, が見え

▼ 江雪斎~ (3, 0.1%)

1 もそれ, も大, も陪席

▼ 江露友~ (3, 0.1%)

1 が手, といっ, を扱った

▼ 江お里~ (2, 0.1%)

1 という稽古所, はやっと

▼ 江しづ~ (2, 0.1%)

2 と呼ぶ

▼ 江ちゃん~ (2, 0.1%)

1 どっさりしょっ, にくっつい

▼ 江として~ (2, 0.1%)

1 日ごろの, 珍しいこと

▼ 江としては~ (2, 0.1%)

1 かういふ女, その折

▼ 江とやらの~ (2, 0.1%)

1 おからだ, お体

▼ 江~ (2, 0.1%)

2 のだ

▼ 江などの~ (2, 0.1%)

1 ほかふた, 学者に

▼ 江にと~ (2, 0.1%)

1 つては, つて面白く

▼ 江に対する~ (2, 0.1%)

1 恋ゆえで, 訊問を

▼ 江はちよ~ (2, 0.1%)

1 うどこ, つと迷

▼ 江までは~ (2, 0.1%)

1 南陽丸九江から, 概して両

▼ 江ゆき女~ (2, 0.1%)

1 という者, の死体

▼ 江ン戸~ (2, 0.1%)

1 にはこんな, は広

▼ 江~ (2, 0.1%)

1 が楚王, の語

▼ 江事務官~ (2, 0.1%)

1 が大きに, も煙

▼ 江~ (2, 0.1%)

1 の津, はえの

▼ 江~ (2, 0.1%)

1 であったこと, ともある

▼ 江~ (2, 0.1%)

2 に往く

▼ 江呉用~ (2, 0.1%)

1 の大物, はやがて

▼ 江大来~ (2, 0.1%)

1 に学び, 稼圃者至

▼ 江家文庫~ (2, 0.1%)

2 が仁平

▼ 江~ (2, 0.1%)

1 の人某, の小倉山下

▼ 江州一円~ (2, 0.1%)

1 に蜂起, の奉行閣下

▼ 江州伊吹山~ (2, 0.1%)

1 に五十町四方, の麓

▼ 江州地方~ (2, 0.1%)

1 で, でいわゆる

▼ 江州堅田~ (2, 0.1%)

1 の人, の民家

▼ 江州大城~ (2, 0.1%)

1 ご支配, へ出向い

▼ 江州山田~ (2, 0.1%)

2 の浦

▼ 江州彦根在~ (2, 0.1%)

2 の者

▼ 江州生れ~ (2, 0.1%)

1 だったかいのう, とかおっしゃった

▼ 江州甲賀~ (2, 0.1%)

1 の侍, の山奥木賊村庄屋家記

▼ 江州石川青森福井等~ (2, 0.1%)

2 の各地

▼ 江州粟津~ (2, 0.1%)

2 の義仲寺

▼ 江州膳所~ (2, 0.1%)

2 の別荘

▼ 江州車七輛~ (2, 0.1%)

1 にのせ, の布

▼ 江州辺~ (2, 0.1%)

1 から沢山, の買い手

▼ 江~ (2, 0.1%)

1 に影, の藻屑

▼ 江~ (2, 0.1%)

1 に秋月, 遠く漕ぎ行く

▼ 江教官~ (2, 0.1%)

1 が, の四元

▼ 江柄さん~ (2, 0.1%)

1 は一向に, も感づいたらしく

▼ 江~ (2, 0.1%)

1 に上り, に納涼

▼ 江次第二合延喜式日本紀文徳実録寛平~ (2, 0.1%)

2 御記

▼ 江此間~ (2, 0.1%)

2 の海岸

▼ 江洋次郎~ (2, 0.1%)

1 である, という葉子さん

▼ 江~ (2, 0.1%)

1 に使, の参政

▼ 江浙左丞相達~ (2, 0.1%)

2 織帖睦邇

▼ 江清うし~ (2, 0.1%)

2 て月人

▼ 江湾鎮~ (2, 0.1%)

2 の西

▼ 江~ (2, 0.1%)

2 起たず白蛇世

▼ 江~ (2, 0.1%)

1 唱後庭花の, 唱後庭花多恨な

▼ 江~ (2, 0.1%)

1 の事蹟, を遣り

▼ 江~ (2, 0.1%)

1 の令息, を通じて特別

▼ 江芸閣~ (2, 0.1%)

1 との応酬, も亦

▼ 江葉子~ (2, 0.1%)

1 であった, のよう

▼ 江~ (2, 0.1%)

1 の異名, の童猛

▼ 江貴様~ (2, 0.1%)

1 ははじめ, はローラン

▼ 江~ (2, 0.1%)

1 の総, もさんざん

▼ 江~ (2, 0.1%)

1 に在り, の露台上

▼ 江都評判~ (2, 0.1%)

2 の不知火銭

▼ 江~ (2, 0.1%)

1 という六十, は外

▼ 江附近~ (2, 0.1%)

1 の農民, よりし

▼ 江陵地方~ (2, 0.1%)

1 の民衆, へ向わせ

▼ 江陵城~ (2, 0.1%)

1 に蓄え, に趙雲子龍

▼ 江雪女~ (2, 0.1%)

1 と申す, の死骸

▼ 江露八~ (2, 0.1%)

1 でつき合っ, と名乗った

▼ 江~ (2, 0.1%)

1 はゆるやか, は温く

▼1* [367件]

組より, 江いもらの渡り, 江おまえか, 江今朝は, 江からの密書で, 江がたはむれ, 江さと殿とはご, 江さんこれを隠, 江さん一人でもってる, 江さん僕はこの, 江さん病気ですよと, 江じつにそこが, 江じゃあだいぶ間, 江すぐ計らいを, 江たち三人は手, 江だけはものの, 江だったのだ, 江外へ, 江って名まえな, 江つれて来た, 江であって右, 江であったせいにも, 江であったろうか, 江でありほか晁蓋呉用公孫勝なども, 江でありましたからすばやく, 江であるどんなところ, 江でしたか, 江でなく若者の, 江とてももとより木でも, 江とやらを疑って, 江とを一緒に, 江などでも寢具は, 江などにわかれては, 江ならぬ一丈青の, 江なる者は, 江なんぞも田舎新聞に, 江において馬を, 江にたいしてとかくな, 江にたいしてはみな愛相が, 江にとってはこの上, 江に対してもどかしさうに, 江ば姑, 江のけはい, 江のてまえ多少, 江のみが悟って, 江のみは彼に, 江はたうとう姙娠, 江ひねッて生捕り, 江への贈り物と, 江ほかあまたの領袖たち, 江またそのわき, 江まったく以て, 江までもそこの, 江みずから出て, 江みずから一軍をひきい, 江より南昌に, 江よりは端公ふたりが, 江らしい処分だ, 江をと考えて, 江コタツ板買って, 江タキ子その他に若い, 江ニ臨ミ槊ヲ横タヘテ詩, 江捉エン, 江ヶ崎都筑郡田奈村恩田等の堀之内, 江一中などの俗曲, 江一格子の柳, 江一行が, 江一面に蘆荻, 江三位に軍師呉用, 江起波, 江丸といへる一, 江丸山の彼方, 江丸山等を外輪山, 江乃ち兵を率い, 江以下どよめきを明るく, 江以下修羅という修羅, 江以北に撃退, 江伊勢町堀ともいう, 江伍長の出生地, 江保藏もこれ, 江に婦人, 江先生以下三千の泊兵, 江先輩自身がすでに, 江光り艦現実を, 江兵五千人をあずけ, 江冤罪を御被, 江でよ, 江出馬之事, 江分山可有之候, 江勲業あるに, 江北の方ではその, 江北木の本辺に着陣, 江千代作都千国菅野のん子等, 江取り手の来りし, 江台島にうつし, 江は承, 江君さっきの葉書, 江呉用らの顔, 江呉用公孫勝らの出迎え, 江呉用晁蓋らの賊首, 江呉用朱同李応, 江喜三郎の弟子, 江嘉氏であったと, 江嘉陵江などにわかれ, 江はいわん, 江国春風吹不起, 江城梅落鳥鳴時, 江城鎮護の石神, 江塘翠浪白砂花亦香, 江大人はもうこ, 江大人鹿都辺真顔大屋の裏住, 江大将のワスレガタミ, 江大島子と海岸ぞい, 江大捷の前触れ, 江にひ, 江天一色繊塵なし, 江天暮雪大名物瓢箪茶入, 江天暮雪洞庭秋月瀟湘夜雨煙寺晩鐘漁村夕照之を八景, 江嬢さまが私, 江孔雀までが彼, 江字楊字向字, 江宋清も日々, 江家次第春日祭使途中, 江家老使者前々年より再度, 江彌君, 江旋風の, 江におちつく, 江岸づたいに急ぎやはり孔明, 江岸一帯前代未聞の水寨, 江岸十里二十里おきに適当, 江岸江上をふさがれい, 江岸監視隊の一将, 江州あたりに身, 江州くんだりまで来, 江州下甲賀名馬の事, 江州両院の院長, 江州井伊家の藩, 江州京都へなだれ入り, 江州京都浪華そのほか, 江州人石田治部少輔, 江州以来伊勢松坂以来の一族縁類, 江州伊香郡の古橋村, 江州伊香郡古橋村の在所, 江州伊香郡坂口村の菅山寺, 江州佐々木の庄, 江州佐和山石田三成に仕え, 江州信楽の系統, 江州八幡の天正十四年, 江州刑場に大, 江州北陸諸国に蜂起, 江州口の野洲川あたり, 江州国友村に隠れ, 江州坂田郡勝村の人, 江州城内を暴れ廻り, 江州大津の宿, 江州奉行閣下蔡九の私邸, 江州女のこと, 江州小室一万二千石永代安堵の御墨付, 江州小室一萬二千石永代安堵の御, 江州小谷の浅井長政, 江州屋も今, 江州屋速見平吉の離座敷, 江州山王の祭り, 江州府送りの船積み, 江州弁も覚え, 江州彦根で結婚生活, 江州彭沢の丞, 江州文宮導人廻国時示之伝燈大阿闍梨重盛判授者雪下正家伝, 江州日野五千石ばかりから取上, 江州日野町の某, 江州春照村の原地, 江州柏原駅にあらかじめ, 江州梅津の本営, 江州椿坂までの山間, 江州水口の碩学中村栗園, 江州水口中村栗園先生の門前, 江州浅井の山里, 江州浅井家まで来, 江州浅井郡にし, 江州淺井郡の馬川, 江州瀬田の寒もろこ, 江州無為軍でも大, 江州犬上郡客中に聞いた, 江州琵琶湖に棲む, 江州産の銘酒, 江州甲州あるいは信州飯田あたり, 江州甲賀あたりの連峰, 江州甲賀郡信楽郷にて聞いた, 江州甲賀郡森尻村のエタ, 江州界隈で義, 江州番場の辻堂, 江州石田村と聞い, 江州穴生に居る, 江州立退きの, 江州筑摩神社の如き, 江州蒲生郡を領, 江州蒲生郡安土一帯の絵図, 江州行きなどはあるいは, 江州訛をただ, 江州郊外への刑場, 江州野洲川にい, 江州鉄砲鍛冶の家伝, 江州長光寺の城, 江州長浜ッコと受取った, 江州長浜六まん, 江州長浜方面へ一, 江州長浜町の某, 江州長浜街道へつづく, 江州関寺の住僧, 江州阪本に出陣, 江州附近の攻略, 江州雲州などというわし, 江州音頭海女の手踊, 江州風物などご, 江州高島郡から若狭, 江州高観音近松寺から出され, 江州鮒のよう, 江工兵伍長の生家, 江に和尚, 江左衛門矢野弥平治などで主人, 江平野が一眸, 江広々と真直, 江彦一氏の編輯, 江待てえっ, 江咄し, 江心一艇の闇, 江心白帆の一つ二つ, 江愁眉をひらき, 江戴宗ふたりはただちに, 江戸切ッての目明し, 江戸屋猫八なる自分, 江戸田安家に生れ, 江手出しをする, 江の嵯峨樵歌, 江方面へ落ち, 江智勝豐國あたりでした, 江更にそこを, 江のケードル, 江材何者ぞ, 江東子に獲物, 江のたたず, 江林冲などもみな眉, 江は元, 江柄三平はさし, 江柄様おなつかしゅう, 江柄氏を御, 江柴進戴宗を迎え, 江楓漁火対愁眠姑蘇城外寒山寺夜半鐘声到客船, 江楓漁火愁眠に対す, 江楼書感を岩波文庫本, 江様おりん小僕次郎, 江様ひとりをこの世, 江様何んと申, 江に満つ, 江橋さん坂の下の小川, 江橋嫌なら嫌, 江殿あなたまだほんとに処女, 江殿こちらへ, 江水ひとつをへだてた, 江水ニ入ツテ流ル, 江水三浦英蘭二女史之に乘, 江水天に漲り, 江水春を流し, 江水流春去欲尽, 江水誰が為, 江江畔においてある, 江沢渡と佐竹, 江流す筏は, 江浙行省に出願, 江海其物は日々夜, 江淮以南の地, 江清しと云, 江渚ノホトリニ漁樵シ魚鰕ヲ侶トシ, 江渡し以後長州ニ敵すべから, 江湾江湾紳士は降りた, 江湾紳士は降りた, 江滝子女史にきかれたら笑われるであろう, 江滝子等ゐた, 江漢口長沙, 江漢口岳州沙市の辺, 江漢漁史といっ, 江潭落月また西, 江を渡っ, 江の詩, 江照りひろびろしあきらか, 江熱海もよかろ, 江貴一柱, 江瑶柱なりほか, 江病気の由, 江盧俊儀呉用の順, 江知勝ときわとさしも, 江を祭り, 江秋津紋吉これ等の若い, 江秋蒼と共に句作, 江稼圃芸閣の兄弟, 江端公たちの声, 江五陸第, 江節ストトン節白頭山節と云, 江節教授の道路口, 江を守っ, 江納所僧の空闥, 江結核ヨボー会へやる, 江相前後, 江という者, 江美水蔭の, 江自身です, 江の奉行, 江艇興猶繁, 江良丹後守に預けた, 江花栄がその, 江花栄楊雄石秀などである, 江芸閣陸品三などは底, 江全南, 江華筵として知られ, 江藤村養庵という二人, 江傳と, 江西行省の參知政事, 江見るほどの者, 江親兵衛が美妙斎, 江親兵衛同様の神護, 江が岸, 江越喜三郎と云う, 江を右, 江路漢口路福州路広東路, 江のまわり, 江近く渾河や靉河, 江連加賀守と云う, 江連嶺中の一, 江にとって学校, 江遠くよりする, 江邊不繋の船, 江の司馬, 江都中に知られ, 江都侍医法眼杉本良仲温撰孝子池田晋直卿謹書併建, 江都公主を妻, 江都勝景と題せし, 江都勝景江戸高名会亭尽名所江戸坂尽なぞ題されたる, 江都小田原町辺の魚肆, 江都王に譲らざる, 江都県城楊州の周囲, 江都県楊州の警備隊本部, 江都耳寄草なる写本, 江都随一の花見場所, 江酔歌して, 江金之丞樣の御, 江釘勘次郎おりんこう五人, 江鉱山で坑夫信徒六十名, 江長津江近く渾河や靉河, 江へゆく, 江陰侯呉高を永平, 江陰侯呉高都督都指揮盛庸潘忠楊松顧成徐凱李文陳暉平安等に命じ, 江陵あたりへ仕入れ, 江陵屋んとこの, 江陵方面の守備, 江陵荊州地方から続々, 江隆平橋の畔, 江に落ち, 江雪ガ大病故ニ, 江雪ガ女郎ヲ引受ケ連レテ, 江雪ト改メテ剃髪シタソレカラ家来ノコトモミダラニナッテイルカラ家来ニ差図シテ取締方万事口入レシテ, 江雪斎自若として, 江雲流水雲のゆく如く, 江露助後に千中, 江鞍馬それ以上は申上げよう, 江鞍馬絵に描いた, 江風涼風水微波, 江鳥屋さんからは明日