青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「発し~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~痛み 痛み~ 痩せ~ 痩せた~ 癒~ ~癖 癖~ 癪~ 発~ ~発し
発し~
~発展 発展~ ~発揮 発揮~ ~発明 発明~ ~発生 発生~ ~発表 発表~

「発し~」 1466, 16ppm, 7124位

▼ 発し~ (962, 65.6%)

45 いるの 43 いる 31 いた 8 いること 7 いて, いると, ゐると, 来て 6 しまった, ゐる, ゐるの, 来た 5 いたが, いるという, ゐた 4 いるので, いるもの, いるよう, みた 3 いるから, いるに, おいて, それが, ゐるやう, 叫んだ, 居た, 居た時

2 [39件] いたこと, いたと, いたの, いった, いるが, いるところ, いる所, おります, くる, くること, しまう, しまつ, その調子, それを, ゐるので, 一つの, 一篇の, 前へ, 子供達の, 居る, 居るの, 彼を, 書き綴つた, 来たの, 来るの, 東京に, 死んだ, 死んで, 浄土へ, 海に, 発願した, 皆節に, 福山に, 私の, 空を, 跳ね起きると, 身を, 長五に, 馬鹿めと

1 [650件 抜粋] あなたの, あなたを, あやしい釜, あらわれました, ありますれば, あるし, あれから, あわてて, いいか, いきなり相手, いくら水, いたかも, いたその, いたであろう, いたもの, いた玄徳, いた私, いつしか僕, いないとは, いながらも, いましたが, いましたもの, いよいよ入, いるか, いるかと, いるかに, いるその, いるだけ, いるとしか, いるばかり, いるほか, いるらしい, いるらしく今, いるん, いる事, いる今日, いる十石街道, いる小川, いる心得, いる所作, いる支柱, いる水量豊富, いる諸, いる部分, いる鉄仮面, いる音楽, いろいろ御, いわくわが, うち重なった, うなずいて, おいた, おいたじゃ, おって, おって無一物, おどろくには, おのれ, おりますゆえ, おりまする, おる, お通, かう言つたの, かずかずの, かっと喀血, かつ嘔, かなりに, きた, きたこと, きたせい, きたもの, きて, きょうは, きわめて純潔清浄, くるもの, くる場合, くる機械的, くれる事, ぐっと頸, こう言います, こう言った, こない盃, この分析, この犯罪, これに, これまで, これを, さしも頑強, さっと空中, さばけて, さらに怪奇, しまい, しまうと, しまえば, しまひさうな, じっと廊下先, そうして意気揚々, そのため, そのままそこ, その一族, その下駄, その後は, その木簡, その無礼, その答, その骨肉, それから, それは, それへ, たくさんの, ただちに鎌倉, ちょうど孔明, ちよこんと, ついに本艇, とうとう自暴自棄, とび起きた, とめどなく笑い, どこへか, どさり, どっと床, なお云い重ねた, なにもかもかなぐり捨てる, にわかに目, はおらぬ, はやくも, はや蜀軍, はるか今日, ひる鵜沼, ぴかぴかッ, ぶったおれる, ぽっと熱した, まだ朝鮮, みせたの, みたいもの, みたけれど, みたらい, もう何, やるの, ゆく汽車, ゆふぐれ, よく軍民, より未だ幾, より菩提, よろめき仆, われわれが, ゐたぢ, ゐたので, ゐないらしい, ゐなかつた, ゐるだけ, ゐるとい, ゐるらしい, ゐるらしい低い, ゐるを, ゐる不完全の, ゐる事, ゐる様, アルベンガに, イキナリ新聞紙の, クラクラと, グニャグニャ倒れ, ジャン, スイスに, スノーの, ハラハラと, ハンドルを, フランス式の, ヨーロッパに, ヨーロッパの, ロス兄弟の, 一ノ谷へ, 一散に, 一朝の, 一町ばかり, 一種異様な, 一電また, 万華鏡の, 三原に, 三四人肩を, 三四十里相州の, 三島を, 三河に, 三浦郷を, 上がり口の, 上総の, 下さい, 下腹を, 両者殆ん, 中途で, 丹波街道の, 主人に, 九州の, 乱射した, 乾板の, 事が, 事の, 二人の, 互いに警告, 五ツの, 五合六合, 五大州を, 人の, 人を, 人殺しと, 人造人間は, 人間に, 今去った, 今次の, 他は, 他郷に, 他領, 以来の, 以来各所の, 以来毎日一二回の, 伊勢に, 会津へと, 佐々方は, 信濃に, 信長を, 倒れはじめて, 僕の, 光り輝く, 光を, 光秀の, 全くの, 全く賭博, 全焼した, 兵馬を, 其儘寝台に, 其快楽を, 処断せん, 前へと, 加けに, 動きつつ, 勾欄の, 包囲する, 北に, 北へ, 北備後を, 北平の, 北征の, 北流し, 十力を, 十字に, 十日ばかりも, 午餐に, 半ば眠りかけてる, 半月ばかりは, 厚顔無恥の, 去るもの, 参りました, 取り留めも, 叫びました, 召捕るより, 右の, 各介福, 各基, 名に, 吠えつづける, 否定した, 含むところ, 呼び戻したが, 呼び集めるの, 咆哮った, 喜田川三郎氏に, 喰ひつく, 困らせるもの, 国中の, 国禅り, 境を, 声荒ららかに, 大きな蜘蛛, 大に, 大人気なかった, 大刀の, 大挙北上の, 天の, 天下動乱に, 夫人の, 女給を, 好い気持, 始めて, 姫の, 子供らしい馬鹿げた, 孔明の, 存在を, 孫策が, 宗教の, 客観的段階を, 室内に, 家体は, 寛之助の, 寝こんだそう, 寝こんで, 少林寺を, 居たたまらず細君, 居たです, 居られましたさうで私ども, 居堪らず, 山の, 山脈の, 岩崎山へ, 岸破, 崩壊した, 已来道中第, 巴里の, 平田は, 年号を, 幾刻かは, 広島に, 広東の, 庶流に, 廬舎那仏の, 弁吉を, 弦を, 強行すれ, 当時国王が, 当県, 彼らを, 彼女の, 彼女は, 忽ちの, 思はずグッタリ, 思はず坊主頭, 急死した, 怪しからぬ, 怪我人が, 悩ますん, 情致ある, 想出する, 愛冠に, 成長せ, 我が面, 我ながら, 戸外の, 打ち打擲, 拍手喝采する, 拡がった, 播州へ, 政治上の, 教授会を, 数々の, 数千キロの, 敵ながら, 新政府, 日本に, 日本海へ, 早くも, 時の, 暗に慣れた, 曰く, 書き綴った, 朋友の, 朗々と, 未納税, 本年に, 本所の, 本統に, 本能寺方面の, 村中に, 来たお, 来たもの, 来た酔, 来る, 来る言葉, 東上した, 東京へ, 東南流し, 枕を, 林田の, 柏軒は, 梁父の, 検査処分を, 楊の, 横浜応接館以東二十許町海岸絶危し, 次に死する, 止まぬの, 正面に, 此旬に, 武蔵の, 歩行も, 死す六十八歳, 死に奥さん, 死ぬよう, 死んだところ, 死んだ真似, 死時に, 歿した, 殿宇も, 氏を, 民を, 気絶し, 水煙を, 江戸に, 河野家の, 法師温泉を, 法師湯の, 法水の, 泣きだしたの, 活動する, 浦賀に, 溜って, 火の玉が, 火口を, 炯眼なる, 無垢の, 無念らしい唸き, 無法なる, 煌煌たる, 燃える, 燃え続けたこと, 片田博士の, 牢死し, 物凄い矢風, 画面を, 異様な, 療養効なく, 百たびはずす, 目に, 目を, 相手の, 眼が, 眼病が, 破壊せられた, 神言を, 神通川を, 祟られる事, 私は, 秋の, 空が, 突然後ろ脚, 立ち上りまっ, 竪琴の, 笑いました, 笑ひ, 節に, 節を, 線路までは, 置きさえ, 置け, 翌朝神路山を, 聖地を, 聞かせた, 肺炎を, 胡地に, 腕を, 腹稿は, 自から苦もの, 自己の, 自発的に, 艪にも, 苦しんだ, 苦しんで, 草木の, 蘭丸の, 蚌珠益粲然, 行く, 行くだろう, 行進する, 被験者の, 西北漠外に, 見たり, 見ました, 見る見る火焔, 言い給うの, 言と, 言辞と, 許都へ, 讚岐象頭山に, 赤白の, 起き上ること, 踊り回る姿, 車内は, 軟泥の, 農夫を, 辺りの, 近世では, 追分を, 進行係の, 運動を, 遠き畑, 酒を, 酒田近くで, 長へに, 長駆追っ, 防ぎ戦い, 降を, 隊長テッド博士に, 雀海中に, 静岡に, 頭を, 顔を, 飛びかわす拳, 飛び歩いてる夜警ら, 飲食物に, 養子夫婦が, 首尾よく, 首府クリスチャニアに, 騒ぎだした, 高崎駅へ, 鯛網を, 鳴門の

▼ 発しながら~ (39, 2.7%)

2 一本の

1 [37件] あけに, あらゆる人家, ぐらぐらする, しかも沙汰やみ, それを, ひとりで, みなそこに, オドオドと, ザブーンと, プラグマチズムに, 一方いつ, 一角の, 一面には, 信長の, 全身の, 力一ぱい頭を, 呑捕した, 娘は, 室の, 小屋の, 帳簿の, 彼の, 彼傲慢なる, 扉の, 槍を, 熱心に, 相手の, 突棒を, 自分は, 萩の, 藤波の, 足を, 転がり落ちて, 酒席の, 静かな, 鞭を, 驀進した

▼ 発したり~ (17, 1.2%)

3 した 2 呂律の

1 [12件] したの, した結果, すること, すると, するとき, するの, 乃至は, 又男女, 各部屋, 昆虫の, 相手の, 自殺した

▼ 発しては~ (15, 1.0%)

1 [15件] いけない, いない, きっといい, そのまま燃料, ならない, ならぬ, 乃ち不可不, 困ります, 困る, 娘の, 屹度可いこ, 愛国の, 此方を, 社会交際の, 親子の

▼ 発しその~ (11, 0.8%)

1 [11件] 下なる, 夕甲州北都留郡上野原村に, 大軍は, 日やむなく, 横顔に, 清しさ, 火が, 炎も, 物凄い震動, 行動が, 響に

▼ 発しよう~ (8, 0.5%)

5 とする 1 とし, とした, としても発し得ないであろう

▼ 発しつつ~ (7, 0.5%)

1 がぶりと, たしかに葦毛, 中将は, 多分に, 廻転する, 走って, 軍備の

▼ 発しても~ (7, 0.5%)

1 もはや用, よいであろう, 吐きだすまいと, 声を, 威令は, 激する, 火星人の

▼ 発し~ (6, 0.4%)

3 なりまして 1 なったか, なり御, 来りテコ

▼ 発しそして~ (5, 0.3%)

1 不断に, 其結果が, 同じよう, 本来は, 返答を

▼ 発しまた~ (5, 0.3%)

1 命令した, 時世論を, 直ちに曹洪, 鎮静した, 鳴く声

▼ 発してから~ (4, 0.3%)

1 寸毫も, 現代においては, 答を, 親不孝な

▼ 発してからは~ (4, 0.3%)

1 人烟稀なる, 幾世紀もの, 興味さく然, 踏破し

▼ 発しついに~ (3, 0.2%)

1 商品へと, 紀州と, 防寨の

▼ 発し一つ~ (3, 0.2%)

2 は有 1 は潜勢力

▼ 発し二人~ (3, 0.2%)

2 は獣 1 の弟

▼ 発し~ (3, 0.2%)

3 閇した

▼ 発し淀川~ (3, 0.2%)

1 のみなみ, は舟行, を下り

▼ 発しかつ~ (2, 0.1%)

1 汽笛を, 種々の

▼ 発しこの~ (2, 0.1%)

1 地球でも, 年一月二十一日に

▼ 発しこれ~ (2, 0.1%)

1 よりインド洋, を意識的

▼ 発し~ (2, 0.1%)

1 したが, しなかった

▼ 発し人間~ (2, 0.1%)

1 の耳, の脳味噌

▼ 発し人類~ (2, 0.1%)

1 は, をし

▼ 発し~ (2, 0.1%)

1 しもこの, また正行以下

▼ 発し今日~ (2, 0.1%)

1 に及ん, は昨日

▼ 発し何処~ (2, 0.1%)

1 に流れ去る, へ流れ去る

▼ 発し同じ~ (2, 0.1%)

1 答を, 頃秀吉は

▼ 発し同時に~ (2, 0.1%)

1 内から, 城中の

▼ 発し~ (2, 0.1%)

2 を知る

▼ 発し後者~ (2, 0.1%)

1 の美, は一端

▼ 発し忿怒憎悪三ヶ年~ (2, 0.1%)

2 憎さ

▼ 発し支那~ (2, 0.1%)

1 を経, を越

▼ 発し~ (2, 0.1%)

1 は受動的, は比較的

▼ 発し~ (2, 0.1%)

1 に流れ, へ流れ

▼ 発し独本土~ (2, 0.1%)

1 へ上陸, へ兵

▼ 発し~ (2, 0.1%)

1 一王臣に, 二火薬庫も

▼ 発し~ (2, 0.1%)

1 は小田島, を窄める

▼ 発し~ (2, 0.1%)

1 なきに, に現

▼ 発し西北~ (2, 0.1%)

1 に向かい, 流して

▼ 発し~ (2, 0.1%)

1 に遇う, を吐く

▼1* [315件]

発しあたりの者, 発しあるいは起座し, 発しあッと彼, 発しいつも詩を, 発しいまにも頭の, 発しうっとりした眼つき, 発しがちであ, 発しこちらは江, 発し遺書を, 発しへすれ, 発しさあ今晩は, 発しさらに娘の, 発ししかも必ず仏性, 発しすでに信長自身も, 発しそうな気, 発しそういう疑いに, 発しその後一年は国許, 発しそれと結合, 発したちどころに救援隊ロケット九台を, 発したちまち役人に, 発したりなどされた, 発してしもうてな, 発してなどと白昼は, 発してを忘れては, 発しでもしたか, 発し記して, 発しどんと兵庫の, 発しなにがしの死したる, 発しにくかつた, 発しのこのこ生家に, 発しはては後世俳優を, 発しひいてはただちに幕府討つべし, 発しースティングズ, 発しみずからそれを, 発ししなかった理由, 発しもはや座に, 発しやうと懇切, 発しだれやら, 発しわけても延命術尺地術吸気術飛天術断食待饑術に, 発しわしのところ, 発しわずかな震動, 発しオヤと叫ぶ, 発しカピトールの殿堂, 発しガルダ湖畔に進出, 発しスエズに向かう, 発しネルソンバーネットフェアウェザー等々のメンバー, 発しハーグに至り, 発しヒマラヤの雪景, 発しマスキはキク, 発しユーストン駅より六時, 発しリンカーンシャー州グランサム駅に降り, 発しロンドンに向かい, 発し一つ一つ事実を確め, 発し一切罪を焚焼, 発し一時は激しく, 発し一時間交替の巡回, 発し一月とか二月, 発し一杓の酒, 発し一路の江山, 発し七日姫路着九日には尼ヶ崎, 発し七月の末, 発し七月六日に長崎, 発し七郎兵衛の設けた, 発し三原に向つた, 発し上井草の善福寺池, 発しすったなら明後日午後二時, 発し下品なこと, 発し且つその流, 発し世に認められて, 発しは震動, 発し両手を後ろ, 発し両者は清洲, 発しな実験, 発し久しく交わること兄弟, 発し九月に入る, 発しを起こし, 発し乱暴を働かない, 発し二十二日に桑名, 発し二十六日に福山, 発し二時半リバプール町に着す, 発し二条新館に大軍, 発し二歳なること, 発し二重まわしを, 発し五十歳以下の者, 発し五千年の歳月, 発し五日間の旅, 発しの善法, 発し人事不省に落ち入った, 発し人格の使命, 発し今なほ極東のエキゾチスム, 発しの姿, 発し仏僧を供養, 発し伝統の重畳性, 発しを念願, 発しを瞰下, 発し使を遣わし, 発し俗説を排する, 発し倉科の山越し, 発しは旧時, 発し候儀も計り, 発し先生が清超, 発し光明に返る, 発しに制条, 発し軍の, 発し全身を乳湯, 発し八海山と越後駒ヶ岳, 発し其の声を, 発しに練られ, 発し内国の秩序, 発し艶豊志賀の, 発し出家入道す臨終, 発し前線へ赴いた, 発し前者は, 発しけに風引き, 発し勝負は容易, 発し鋭く打ち込む, 発し十一月三日に松本町, 発し十三日に江戸, 発し十二月十八日に江戸, 発し十月九日ニ大坂, 発し午後七時ドイツ北部の一大都会, 発し午後五時寿都という港, 発し協皇子を立て, 発し印度洋太平洋の南端, 発し向けられた悔恨, 発し口角には泡, 発しの手, 発し村役場が, 発し合唱が始, 発し五時半桐ヶ谷火葬場に, 発し唖然となった, 発し嘔吐下痢する事, 発しの宮川橋十禅寺橋, 発し四国から九州海岸, 発し地大に震, 発し地震かと思われる, 発し城内の将兵, 発し城頭の余燼, 発し堅く民意の, 発しに反射, 発し夏中最も盛り, 発し多くのばてれ, 発しになっ, 発し夜中境内を通行, 発しをみる, 発し夢中になる, 発し氷嶺上で, 発し大半はいまだ, 発し大坂ニ来ル, 発し大堰川を渡り, 発し天平勝宝四年開眼供養の盛儀, 発し太陽面の住民, 発し奇怪なる宝蔵院衆, 発し如何にし, 発し如水や安国寺恵瓊, 発し委蛇として西海, 発し学校長会議の席上訓示, 発し宮駅に宿し, 発し寂然定に入り, 発し専制君主らはそこ, 発し小田原城の西南, 発し少しずつヨオロッパ人, 発し少女のおらざる, 発し居巣門から魏, 発し屍体を投げ棄て, 発し山崎方面へ向っ, 発し峻烈な辞句, 発し巡査と役員, 発し左眼も同様, 発し帰宅するので, 発しに応じ, 発し彼らによって完成, 発し征討府を建て, 発しにできる, 発し急行にてロンドン, 発し性来の兇暴性, 発し恐悦がったり, 発しに兵庫, 発し悪いことを, 発し悪たれをつい, 発し意識に活きる, 発し意識不明となる, 発し或いはまた意味不明なる, 発し戦車の中, 発しをもっ, 発し技巧から生れ, 発し支那事変で急, 発し救援艇の第, 発し数十里ほど先, 発し文一たび筆に上る, 発し文字通りささらのやう, 発しを挙げ, 発し日和見主義者の理論, 発し昏睡を続け, 発し易い型と, 発し易き物品報知無く, 発しの日長, 発し春雨蕭々のなか海峡, 発し智慧を増長, 発しるる頃函館, 発しに記す, 発し曹操の首, 発しをいただき, 発し朝霧はれん, 発し本義にかない, 発し東京鳥居坂の宗家, 発し東北の戦地, 発し東川村に後, 発し東海道を西上, 発しは恐ろしい, 発し果ては身もだえ, 発し柿崎村海浜の人家, 発し根府川の関所, 発し桑名に宿した, 発しは炭手前, 発し次に黒雲母花崗岩が, 発し正に非常の, 発し正体なく好く眠る, 発し武芝に代っ, 発し死亡に及ぶ, 発し毒弩雨の如く注げ, 発し比布駅に下り, 発し水守の兵, 発し江戸に向つた, 発し沈溺縊首の夢, 発し洲股を陣地, 発し流行病の疑, 発し海岸にそい, 発し淡紅色を呈し, 発し渦乱を捲き起し, 発し漢中へ進撃, 発しの如く, 発し火炎天をこがし, 発し火薬に燃え移る, 発し灰関東の野, 発し烈しく震動する, 発し無限の深み, 発し熱心に討究, 発しを点じ, 発し爆破墜落した事件, 発しして, 発し猿ヶ京を過ぎ, 発しへと我知らず地, 発し王妃に背負われ, 発し現に美の, 発し理想の最も, 発し琵琶湖に注い, 発し甚だ騒, 発し由緒ある百八十年, 発し登行者を苦しめる, 発し目口耳鼻皮膚の気孔, 発し真理に基く, 発しは一所, 発し筆耕を以て多, 発し米原で告別, 発し米国議会に於, 発しと蛋白, 発し紙帳へ走り, 発し細川氏にて休み, 発し終夜痛み苦しんだ, 発し絶えず何者かに, 発しを謝, 発し五月一日朝ドイツ, 発し老いの腕, 発し肉親なる一人一人, 発しに苦しい, 発し脈動を起す, 発しをたたい, 発しからに, 発し自ら批判し自ら確信, 発し自然はすべて純潔, 発し自身また街亭, 発し開くかと, 発し芸州より四国, 発し蒲公英の花, 発し装備された軍団, 発し西流して, 発し親王の卒, 発し言語粗野にし, 発し論戦若し危き, 発し警視庁帝劇三越白木屋東京駅帝国大学その他重要な建物全焼, 発し谷口から府中, 発し賓客を迎え, 発しを懸け, 発しを仰向け, 発し途上大英国, 発し途中チェスター町に休み, 発し途中中国四国の兵, 発し通行人を驚かす, 発し金沢表まで引, 発し銀座四丁目を起点, 発し鍛冶場のよう, 発し鎌倉へ着い, 発し長い間黙然と, 発し閏五月八日に福山, 発し間道をとっ, 発し陣中で, 発し陣法を厳重, 発しちて, 発し難波へいそいだ, 発し難波橋を渡り, 発し雨露これを湿し, 発し電光のひらめき, 発し霞亭が孥, 発しに不平, 発し須田房吉もまた, 発し頬杖突いて, 発しが瘡蓋だらけ, 発しを朱盆, 発し顔色も真, 発しを呼び, 発しをいづれ, 発し驀地九州に, 発し高く笑い遠方, 発し鸞輿を擁し