青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「発~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

痛い~ 痛く~ ~痛み 痛み~ 痩せ~ 痩せた~ 癒~ ~癖 癖~ 癪~
発~
~発し 発し~ ~発展 発展~ ~発揮 発揮~ ~発明 発明~ ~発生 発生~

「発~」 1806, 20ppm, 5884位

▼ 発~ (386, 21.4%)

27 銃声が 15 汽車に 14 弾丸が 12 汽車で 9 もとに 8 下に 7 銃声 5 弾丸を, 鉄砲が 4 大砲を, 弾が, 急行で, 砲弾が, 銃声を 3 契機, 弾で, 弾は, 弾を, 祝砲を

2 [26件] セットへ, ピストルの, 下り列車, 列車が, 列車に, 列車にて, 原子爆弾は, 墓や, 夜汽車で, 大砲の, 弾の, 急行に, 急行列車が, 散弾を, 汽車が, 汽車にて, 汽車の, 爆弾が, 石砲が, 砲声を, 礼砲が, 轟音が, 銃声とともに, 銃声は, 銃弾が, 音も

1 [197件] うち二発でも, がきょう, けむりが, この, さくらで, その弾丸, たま, だったの, にすれ, に十分, ねらい撃ちである, もので, ゆくえは, カラビン銃に, シベリア鉄道で, スタヂオは, セットおでんやの, セットで, ダイナマイトを, ツバメで, ニュースは, バスだ, バスで, ピストルで, ピストルにすら, プルトニウム原子爆弾が, ボンベイ丸に, ライフル銃の, ルーター電報を, 一・二等特急で, 一本しか, 一番普通の, 上りで, 上りに, 上り一番汽車に, 上り列車が, 上邸から, 中の, 乗り合い馬車あり, 乱れ撃ち, 事を, 二艘の, 低速砲弾を, 価陸軍兵員の, 偽砲から, 列車だけ, 列車で, 列車は, 列車へ, 勇を, 勢力再び, 十六吋を, 午砲が, 原子爆弾に, 原子爆弾によって, 号砲が, 号砲と, 号砲は, 号砲を, 吉敦鉄道の, 吉長線の, 命中弾の, 命中弾を, 地震後最初の, 墓マメリュクスの, 夜の, 夜汽車は, 夜行の, 夜行へ, 大きな図体, 大型飛行機が, 大砲が, 大砲で, 契機でありまし, 奥羽線まわり青森行きに, 実弾を, 小記事, 小銃弾が, 小鐘, 尖弾, 山砲が, 巨弾は, 弔砲を, 強力爆弾で, 強権力に, 弾に, 弾のみと, 弾丸で, 弾丸とを, 弾丸にでも, 弾丸によって, 弾丸の, 弾丸は, 弾丸も, 弾薬を, 弾音が, 弾音に, 彼宛ての, 後もう, 微小な, 急行にて, 急行列車で, 急行列車に, 意味だ, 成層圏航空株式会社の, 戦時状態だ, 手筈に, 拳銃の, 撫順支線の, 撮影所, 放たれしを, 散弾は, 敵弾を, 方で, 旅客機さえ, 早打電光万雷銀錦変花菊先錦群蝶青光残月等等等, 昂昂渓行の, 時間を, 時限爆弾が, 普通列車に, 書に, 書状が, 最初の, 本線廻りの, 朱く, 東京行以外に, 榴弾が, 機が, 機縁と, 水中榴弾, 水中榴弾を, 汽車は, 汽車へ, 準急で, 烽火を, 爆弾も, 爆弾を, 爆音とともに, 特急ツバメが, 狙撃弾に, 狼煙, 狼煙は, 玉は, 用意を, 白河行きに, 短銃でした, 短銃の, 砲声が, 砲声に, 砲声を以て, 砲弾は, 砲弾を, 空砲を, 第二報, 終列車の, 終発にも, 終発は, 絃の, 美しい流線型, 義で, 舞台で, 花火が, 華盛頓電報で, 要領で, 詩あり, 轟音と, 轟音を, 部屋で, 重爆弾, 鉄砲で, 鉄砲の, 鉄砲丸に, 銃が, 銃丸が, 銃声あり, 銃声こそは, 銃声と, 銃声も, 銃声ズドーンと, 銃声今度は, 銃声余の, 銃声続い, 銃声薄黒い, 銃弾, 銃弾を, 銃音が, 長い列車, 関が, 雷砲が, 電報が, 電文を, 電車は, 霰弾を, 青森行急行であります, 音, 音が, 馬車は

▼ 発~ (70, 3.9%)

7 の顔 5 の家 4 の姿 3 のお 2 のこと, のシロホン, の店

1 [45件] があの, がそれ, がネクタイ, が坐っ, が白木, が脱ぎ捨てたらしい, という男, とほとんど, に彼, のうつむいた, のぶち, の二軒, の動作, の向い側, の商売, の声, の小さい, の犬, の職業, の膝, の表情, の身, の身体, の隣, の青, の頬, の飼犬, はいつもきらり, はそれ, はつき合い, はなじっ, はへん, はますます, は中腰, は半ば, は子供, は惨め, は懸命, は朝, は終戦前, は身体, は青ぐろい顔, は顔色, は首, や発田

▼ 発~ (63, 3.5%)

2 これだけの

1 [61件] うちとめて, おしまいで, げしょう, これを, しとめられるの, しとめるの, とまらなければ, やられて, やんで, ガヴローシュを, クールフェーラックを, セットだ, 両名, 中るからな, 中華へ, 二人が, 人類は, 仕留めるの, 伊東へ, 何十万何百万という, 修善寺へ, 効果は, 即死との, 命もろとも, 大きな軍艦, 宇都宮へ, 射殺しました, 射留めねば, 尾栓が, 帰京, 帰京と, 帰京の, 帰京新橋で, 座員殆ん, 必ず弦, 成功しました, 打ち倒しました, 打ち止めると, 撃ち止めるか, 撃ち落して, 撃ち落とすと, 撃ったの, 木村さんを, 杉原勾当の, 来る由, 殺したの, 殺して, 殺しました, 殺られたもの, 沢山な, 点火しない, 熱海へ, 片づけるよ, 的の, 盛岡へ, 砧村へ, 突然無線電話, 見事に, 道子と, 陳に, 雀が

▼ 発~ (51, 2.8%)

2 と受け, と思い当った

1 [47件] とうけ, とかかえ, とかかへてガンガン, とかみ合っ, とこの, とそこ, とね万全, とばかりに思いだした, とばかりに躍りかか, とばかり極まった, とばかり解けました, とハタ, と三千子, と両刀, と元気, と切り落します, と受けとめた, と受け止めました, と唐紙, と女, と徳利, と思いついた, と打ちおろされた, と打ちおろせ, と打ちました, と打ち下ろした, と打った, と打つ, と打砕きました, と投げつくる, と投げつけよう, と投げつける, と投げ付ける, と掛かり, と杖, と来た, と物音, と突き, と突き上げた, と跳ね, と逆立てり, と鉢, と音, と頬, と頸骨, と飛びくる, と駈け抜け

▼ 発~ (48, 2.7%)

2 と打たれた, と許

1 [44件] そのまま斫, とうけた, とした, とつけられ, とばかりそこ, とばかりに投げ付けた, とばかり二本, とばかり打ちつけた, とむちうった, とやりました, とピストル, と上, と中る, と刀, と刃, と切りこん, と切ッ先, と刻み込んだ, と割れ, と右脇, と唸っ, と唸る, と尾, と左右, と当ります, と当る, と復笞, と打ち, と打ち合せ, と打った, と打つ, と投げつけ, と投げる, と放った, と激しい, と熱, と目, と睥, と軍扇, と道, と飛んだ, と飛散つて, の二三十, 祈ろうと

▼ 発~ (42, 2.3%)

3 の弾 2 の鉄砲

1 [37件] かの花火, が轟然, が飛ん, が鳴る, です, で貴方, とぶっつづけ, と修整, には実弾, には破裂, に中, に聞える, に裏山, に頭, のストキ, の原子バクダン, の大砲, の射撃, の狙い, の用意, の発射, の矢, の銛, はねらい, は市岡, までに操作, までに斬りこむ, も三発目, も同じ, も否, をしのい, をぶっ, を帆村, を発射, を紅子, を許さず, を防ぐ

▼ 発~ (39, 2.2%)

1 [39件] いま撃っ, おそろしく標準, すぐ取出せました, その旅館, たしかに命中, なしたろか, なすと, なった, わざとあてず, アメリカ人民自身の, コントレスカルプ街で, 一将校の, 上一発は, 下でした, 不発だった, 中二, 中隊長ショーレを, 五時な, 仇に, 何時かと, 八日差出す, 危うく主人, 命中せり, 実弾ただし, 岩窟の, 彼の, 手ごたえが, 敵の, 時を, 朝の, 生ぜり彼, 的を, 皇嗣と, 確かに, 空らに, 空砲二発は, 窓硝子を, 風呂も, 鯨の

▼ 発~ (38, 2.1%)

4 発射した 2 切って, 的に, 賊の

1 [28件] その右胸, その右額部, その額, はなった, もって, やはり同じ, 乞い内, 促す万一, 六フランと, 大連より, 射撃し, 射撃する, 待合室で, 後に, 恐れ告げざるをや, 打ち込んで, 撃って, 有する旧式五連発ニッケル鍍金小型拳銃, 期して, 準備された, 点火し, 発射しよう, 白雲に, 直射, 脇腹に, 足先に, 送る度, 防ごう

▼ 発~ (37, 2.0%)

7 して 6 する沢 2 すと, すとある, するよう

1 [18件] しないのみ, すること, するという, するので, するもの, するヌク沢, する不動沢, する南, する川, する御, する栃木沢, する棒小屋沢, する祖父谷, する藤原沢, する西ノ沢, としての感覚領域, と思わるる, を知らん

▼ 発~ (30, 1.7%)

2 うつて, 打ったよう

1 [26件] あった, うたないのに, うちませんが, うって, なくなったの, はいって, ブッ放し, 内へは, 効果は, 同じでした, 味方に, 命中し, 射つこと, 弾丸を, 当たりません, 撃たかと, 撃たれなかったので, 撃った形跡, 撃てれば, 無くなりました, 無効に, 発せられその他, 発射され, 発射し, 着弾いたしません, 見舞われなかったの

▼ 発~ (22, 1.2%)

3 である 2 に展開, の開化

1 [15件] であって, であると, ででも, でない外発的, でなければ, という, という意味, とは外, と云う, なの, な力, に変化, に経, に進ん, のもの

▼ 発~ (16, 0.9%)

2 打つたび

1 [14件] いえども, いえ鎮台, つづけて, なく弾, なってるが, なつた, なり又, 安い気, 打ち出した, 朱が, 紅中と, 続いて, 続けて, 虚偽を

▼ 発~ (15, 0.8%)

1 [15件] あわれ鶴菜どの, うまく点火, その弱点, たしかに心臓, まさに人形, 一ツの, 何千円も, 午後二時二十分なれ, 命中した, 天下の, 思いがけなく, 私の, 老砲術家, 響いた時, 鳴った

▼ 発~ (15, 0.8%)

2 なって

1 [13件] かかって, しとめられた鳥, なり陳, よる, 一発づつ当った, 乗せられて, 乗った京子さん, 乗ると, 仕とめて, 撃ち落さなけれは, 桑名の, 目算はずれで, 非ず

▼ 発~ (12, 0.7%)

1 [12件] あり廿一日石部, という日取り, と存候, になる, はいよいよ, も可, も廿一日, も御, 之日, 御延引, 被遊, 被遊候

▼ 発にて~ (11, 0.6%)

2 滅茶滅茶に, 神戸へ 1 タルカ町に, デンマークに, 小諸に, 斗満に, 牧塲に, 米原へ, 長野へ

▼ 発性痴呆~ (10, 0.6%)

1 かも知れない, という半分生れ付, とかいうん, となった, とはドコ, と云, と云う, に陥った, のあらわれ, の話

▼ 発~ (9, 0.5%)

1 とすぐ, と云い, と云う, と困る, と言う, に極, ようで, 五六日は, 時ニ福田扇馬殿印藤猪荻野隣羽仁常諸兄御

▼ 発源地~ (9, 0.5%)

1 というもの, とか対象, となっ, に出る, に到達, の最も, へ帰っ, らしい見当, をそこ

▼ 発~ (9, 0.5%)

1 して, す, ったの, んだ, 也, 事情利根河畔の, 栄が, 第十七日, 陸軍少将桐野利秋陸軍少将篠原国幹及旧兵隊の

▼ 発見る~ (9, 0.5%)

1 が早い, ことは, ために, とそろそろ, とにこにこもの, と都合, のが, ものな, 前に

▼ 発~ (9, 0.5%)

1 されたもの, したもの, すること, だと, であり, で単に, の訓練, を惜しん, を用い

▼ 発でも~ (8, 0.4%)

1 いいから, いいん, 一発でも, 二発でも, 何の, 命中すれ, 打つて, 敵に

▼ 発~ (8, 0.4%)

1 し一座, たり此一行, て其夜, て物, は蛭子, まさアね, 念を, 菩薩の

▼ 発~ (8, 0.4%)

1 されて, して, でかく保存, でみんな, で外套ナシ, にて来朝中, によって持彦, は駒井能登守

▼ 発~ (8, 0.4%)

1 という珍, といっ, といふ小, などはだめ, には二, は前, へいっ, へ着いた

▼ 発程の~ (8, 0.4%)

1 前には, 合図, 名地である, 岸に, 日には, 日を, 期日を, 記事の

▼ 発~ (8, 0.4%)

2 して 1 した, せしも, と義理, にこたへる, に当たっ, 之由申来

▼ 発ずつ~ (7, 0.4%)

2 だ, 打つ事 1 撃って, 正確な, 穴を

▼ 発せらるる~ (7, 0.4%)

1 にせよ, はず, は近来日本公債, 一方事, 一言に, 十年前の, 言葉を

▼ 発だけ~ (7, 0.4%)

1 するどい射撃音, であった, では, 小銃を, 撃って, 申し訳に, 発射し

▼ 発~ (7, 0.4%)

2 向ふ, 行く 1 えつとる, 引返し又, 電話し

▼ 発~ (7, 0.4%)

1 いて, きいわゆる, き初める, き吹き来る海風, き蘭花, けり, ば源叔父

▼ 発しか~ (6, 0.3%)

1 ないが, 与えられて, 使いものに, 使用できない, 射てないもの, 飛んで

▼ 発てる~ (6, 0.3%)

1 か発てない, な, やうに, ように, んだ, 準備が

▼ 発ばかり~ (6, 0.3%)

1 あったので, 在ったが, 弾が, 打って, 積み込んで, 軽い遠い銃声

▼ 発~ (6, 0.3%)

1 たるあし, たる人々, たる精神, とした, となり, にし

▼ 発弾丸~ (6, 0.3%)

1 が彼, は怪塔王, をおくっ, を打ち込ん, を撃ち込ん, を発射

▼ 発銃声~ (6, 0.3%)

2 がした 1 がし, がひびいたら, が後, が起った

▼ 発という~ (5, 0.3%)

1 ことあり, ところへ, 大資本, 船長の, 言葉に対して

▼ 発ズドン~ (5, 0.3%)

1 とやっ, とやりました, と喰わされた, と天井, と見舞われ

▼ 発~ (5, 0.3%)

2 ている 1 て, てます, てやア

▼ 発撃った~ (5, 0.3%)

2 んです 1 があたらない, くらいで, のです

▼ 発発射~ (5, 0.3%)

1 された, されたの, されて, した, して

▼ 発~ (5, 0.3%)

2 して 1 しマルゲシ, するよう, の日

▼ 発菩提心~ (5, 0.3%)

1 という訳, となる, に大, の, の善果

▼ 発跡司~ (5, 0.3%)

3 の判官 1 と書いた, の主神

▼ 発~ (5, 0.3%)

1 じゃ, するとき, するもの, するを, にほかならぬ

▼ 発ごと~ (4, 0.2%)

1 にオナラ, に方陣, に目隠し格子, に艦

▼ 発せる~ (4, 0.2%)

1 ものと, ものは, 旨太平記に, 間に

▼ 発やる~ (4, 0.2%)

1 か或は, ことについて, その人, と初め

▼ 発上り列車~ (4, 0.2%)

1 でした, の中等室, の発車間際, は買い出し客

▼ 発企者~ (4, 0.2%)

1 で且つ, の一名, の意見, は岡山屈指

▼ 発性痴呆症~ (4, 0.2%)

1 だと, ということ, と云, と妄想狂

▼ 発性痴呆症患者~ (4, 0.2%)

2 ではない, は

▼ 発毛剤~ (4, 0.2%)

2 のこと, の一罎

▼ 発田さん~ (4, 0.2%)

1 の家, の方, の犬, はなかなか

▼ 発~ (4, 0.2%)

1 するの, の間二十日, を記, を記し

▼ 発~ (4, 0.2%)

1 し展開, する, すること, するの

▼ 発お見舞~ (3, 0.2%)

1 まうしたらずゐぶん痛快, もうしたらずいぶん, 申して

▼ 発~ (3, 0.2%)

1 て居っ, て誰, 今日では

▼ 発せらるべき~ (3, 0.2%)

1 ことで, ものである, 事に

▼ 発である~ (3, 0.2%)

1 か, から飛行, とともに三週間

▼ 発でした~ (3, 0.2%)

2 ねえ 1

▼ 発ぶっ~ (3, 0.2%)

2 放した 1 放せ

▼ 発ほど~ (3, 0.2%)

1 打ち出し候様子, 来ましたか, 発砲いたし

▼ 発ドン~ (3, 0.2%)

1 とやれ, と射つ, と銛

▼ 発企人~ (3, 0.2%)

1 なん, のいすわり, の筆頭

▼ 発動機~ (3, 0.2%)

1 が止っ, をうならせ, を焼かれ

▼ 発~ (3, 0.2%)

1 一発, 一発と, 一発丹念に

▼ 発~ (3, 0.2%)

2 の群 1 によるもの

▼ 発~ (3, 0.2%)

1 である, は東京, をおくらす

▼ 発大砲~ (3, 0.2%)

1 が鳴ったら, のタマ, をうちました

▼ 発~ (3, 0.2%)

1 して, の境, の後

▼ 発打っ~ (3, 0.2%)

2 てしまう 1 てあと

▼ 発撃っ~ (3, 0.2%)

2 てみた 1 てみ

▼ 発~ (3, 0.2%)

1 で自棄腹, は滑走路, を観じ

▼ 発田夫妻~ (3, 0.2%)

1 とむすびつい, の動き, は意識的

▼ 発目三発目~ (3, 0.2%)

1 とぶっつづけ, と修整, の射撃

▼ 発~ (3, 0.2%)

1 から来た, という, ほど芭蕉

▼ 発石車~ (3, 0.2%)

1 とは何, を数百輛, を製し

▼ 発~ (3, 0.2%)

2 のお 1 に向っ

▼ 発続け~ (3, 0.2%)

1 さまに, て発砲, 打ちに

▼ 発~ (3, 0.2%)

1 した港, せしめた, の準備

▼ 発~ (3, 0.2%)

1 されたとも, して, の期

▼ 発~ (3, 0.2%)

3

▼ 発顕し~ (3, 0.2%)

1 いよいよ進ん, たりという, つるは

▼ 発あります~ (2, 0.1%)

1 から二発, から弾丸

▼ 発ある~ (2, 0.1%)

1 と敵, わ

▼ 発うっ~ (2, 0.1%)

1 ただげや, て怪物

▼ 発うった~ (2, 0.1%)

1 が弾, ぞ

▼ 発うつ~ (2, 0.1%)

1 たびに, てみせました

▼ 発きり~ (2, 0.1%)

1 だこれ, であと

▼ 発くら~ (2, 0.1%)

1 すけて, へば木葉微塵

▼ 発しない~ (2, 0.1%)

1 とはいえ, 冷淡さが

▼ 発しよう~ (2, 0.1%)

2 とする

▼ 発すれ~ (2, 0.1%)

1 ば一情衰, ば全て

▼ 発せり~ (2, 0.1%)

1 ヨブ神の, 白糸は

▼ 発その~ (2, 0.1%)

1 日の, 頭部に

▼ 発それ~ (2, 0.1%)

1 から再び, をダム

▼ 発つづい~ (2, 0.1%)

2 てまた

▼ 発つづけ~ (2, 0.1%)

1 ざまに, て聞こえた

▼ 発づつ~ (2, 0.1%)

1 の弾丸, 当ったとしても

▼ 発として~ (2, 0.1%)

1 ここに, 長州征伐に

▼ 発とも~ (2, 0.1%)

1 に不即不離, 残って

▼ 発ねぼけ~ (2, 0.1%)

2 声の

▼ 発ばかりの~ (2, 0.1%)

1 小銃弾麦粉一袋砂糖の, 弾薬ケース九十発ばかりの

▼ 発まで~ (2, 0.1%)

1 抵抗を, 浴せられて

▼ 発やっ~ (2, 0.1%)

1 てしまう, て殺し

▼ 発ブッ~ (2, 0.1%)

1 くらわして, 放した方

▼ 発ラツ~ (2, 0.1%)

2 たる動作

▼ 発一発~ (2, 0.1%)

2 と打つ

▼ 発三発~ (2, 0.1%)

1 と続い, どす黒い煙

▼ 発上り二等客車~ (2, 0.1%)

2 の隅

▼ 発京都~ (2, 0.1%)

1 では公卿, へ着き

▼ 発~ (2, 0.1%)

1 たる鮮鱗以外, と胸

▼ 発十一時~ (2, 0.1%)

1 の折尾行き, 着車中武者小路

▼ 発千中~ (2, 0.1%)

1 どころか万発万中, を得る

▼ 発~ (2, 0.1%)

1 というの, の背中

▼ 発命中~ (2, 0.1%)

1 です, というの

▼ 発唱者~ (2, 0.1%)

1 としていささか, と被

▼ 発四発~ (2, 0.1%)

1 と打ち出した, も同じ

▼ 発~ (2, 0.1%)

1 の工合, の美し

▼ 発威嚇~ (2, 0.1%)

1 に発射, に硝子窓越し

▼ 発実弾~ (2, 0.1%)

1 を放した, を発射

▼ 発~ (2, 0.1%)

1 に木魂, の峠

▼ 発打つ~ (2, 0.1%)

1 と二発目, と意外

▼ 発打つた~ (2, 0.1%)

1 のだ, のです

▼ 発拳銃~ (2, 0.1%)

1 の空砲, を打った

▼ 発撃て~ (2, 0.1%)

2 ばそれでも

▼ 発東京行~ (2, 0.1%)

2 の列車

▼ 発~ (2, 0.1%)

1 された一雑誌, し天保十二年七十五歳

▼ 発源点~ (2, 0.1%)

2 は此処

▼ 発痛い~ (2, 0.1%)

2 ところを

▼ 発発砲~ (2, 0.1%)

1 した, して

▼ 発矢法~ (2, 0.1%)

1 に関する紀要, を行い

▼ 発程に~ (2, 0.1%)

1 先つ, 大なる

▼ 発空気~ (2, 0.1%)

1 をはね返す, を反

▼ 発~ (2, 0.1%)

1 二こだまニ乗ル, 四〇二号

▼ 発続い~ (2, 0.1%)

1 てまた, て上る

▼ 発致し~ (2, 0.1%)

1 候時ビストールを, 長崎表へ

▼ 発~ (2, 0.1%)

1 だけを済したら, を終

▼ 発~ (2, 0.1%)

1 が恁, が気

▼ 発~ (2, 0.1%)

1 するもと, には参る

▼ 発見せられ~ (2, 0.1%)

1 て来た, わたくしが

▼ 発見せられた~ (2, 0.1%)

1 ということ, のである

▼ 発~ (2, 0.1%)

1 したという, して

▼ 発遠く~ (2, 0.1%)

1 で聞える, 二発近く三発命中

▼ 発~ (2, 0.1%)

1 くだんの, の日

▼ 発鉄砲~ (2, 0.1%)

1 の流丸, をうち

▼ 発~ (2, 0.1%)

1 くらいはするなるべし, を撃ちはなす

▼1* [436件]

あいつ奴を煙草, 発あたると何万人, 発あればあの, 発いくらという値, 発いずれも手, 発うけたとみえ, 発うたれたのだ, 発おき残して立去った, 発おどしてやろう, 発お返しをする, 発九発だった, 発かと云ったけれども, 発きりだし久兵衛が, 発くさいので三益, 発くらいの割合いで, 発くらったように, 発くらわしたので嬉しく, 発くわせたら危ねえ, 発ぐらいずつ大きな屁, 発さすべき象徴を, 発しうるあらゆる音響, 発した鉄砲玉の, 発し細に社会, 発すると同時に, 発ずつぐらいポケットに, 発ずつしか発砲されなかった, 発ずつという風な, 発せざるうちに, 発せしむる節の, 発せず自分の, 発せるならんと, 発むとす, 発たるや銀山摧, 発たれてニヤニヤ, 発からね, 発だけはその夜, 発だったが当時, 発つづけ撃ちに撃ちました, 発づつ一緒に弾, 発みっちゃくちゃ, 発でうちおとしてやる, 発でかい魚雷を, 発できまってしまう, 発ですね, 発ではジャズチンドン屋の, 発でもが積んで, 発でもって間違いなく, 発で仕止めるわけには, 発とばせば大きな, 発とも的に当てた, 発どすんとぶつかったな, 発どす黒い煙が, 発のに, 発ながら命中し, 発なぐってやった, 発などと書くと, 発なにとぞ虎に, 発ならびにかなたの, 発なるのです, 発にと的を, 発にはよく乗りおくれた, 発に際しよりいずれ, 発のみぎり自身台下へ, 発ひびかずにすん, 発ぴしゃんと殴ったであろう, 発ぶち込むよ, 発ぶつ放した, 発みごとでした, 発みずから自分の身, 発もの実弾を, 発二発で, 発やって来ますから, 発やられてしまっ, 発やられたあとで, 発やりたいなと署長, 発やりますよ, 発やればそれで, 発らくという立派さ, 発らくエゴノキ科のチサノキ, 発らしめ給ふ内外, 発らむと心は思へ, 発りましたのは, 発りませんね, 発るべきに只, 発て終った, 発れたのです, 発ぬ, 発ですッ, 発イダホー丸にて至急, 発オマルの派遣, 発カネバナラナイガ彼女ニハ彼女自身全ク気ガ付イテイナイトコロノ, 発カンでございます, 発グレーの言う, 発サチ子の喉, 発諸外国, 発シタル無線電信ヲ受信シタリ, 発シテ三峡ニ向フ, 発シ一文章ヲ綴レバ, 発シ上京と, 発シ性霊ヲ損ズ, 発シ来リ時々得意, 発シ水水銀ヲ湛フガ如シ, 発シ混沌ヲ鑿ル, 発シ片品川ニ入ル, 発シ草津水口ヲ経, 発スルコトヲ得ルヤ決シテ能クセザルナリ自ラ, 発スルハ是レ易シトスル所ナリ之ヲ自, 発ス此山ハ小楢峰ノ別称ナル可シ, 発ス苞中ノ細子ハ列ヲ成ス, 発セズ猶一日, 発セズ春間ニ子ヲ下, 発セラレ檜枝岐ニ御下リ, 発ッ止打ちこむよう, 発ッ止発ッ止打ちこむよう, 発ドドドドンと, 発ドドドーンと白煙, 発ドンドン打って, 発ハリコフに向う, 発ハルビンに向う, 発バルパライソへその, 発ピストルが火, 発ピストル口の中, 発ムイズの代官ガウハル将軍, 発ユーピー特電が突如, 発ヴァンテミイユ行きの, 発一万トンの効果, 発一夕に席屋二千五百間, 発一昼夜にすれ, 発一番列車夜明けの五時十分発, 発一迅三遠尾濃の諸州, 発七時頃宿の人, 発七月一日にマルセーユ, 発万中という完璧, 発三発ピストルが火, 発三発例の拳銃, 発三発四発と打ち出した, 発三百発の早打, 発上がった切りスッと, 発上り一二等特急富士号二等寝台車の上段, 発上り十時一分の終列車が通り過ぎた, 発上海行の急行, 発の関直行, 発下関行急行は欧亜連絡, 発丹念にうつ, 発之介, 発二十七日熱田丸横浜出帆諸先輩, 発二十五六日頃入府の予定, 発二番の旭川行, 発二発の鉄砲丸, 発二発三発ピストルが火, 発に比する, 発今度は明らか, 発今日は街, 発仙台行の列車, 発企人会へは出ませんでした, 発伊公の著名, 発会社の内務勤務, 発の拳銃, 発信濃へ信濃, 発候得バ自分もちてを, 発偽証をともないます, 発にいる, 発して, 発入りの盆, 発八月十八日福山著廿四日執政を罷め, 発こめて, 発凄い銃声が, 発ずつあった, 発切つて放した, 発列車が到着, 発列車番号第三号, 発蘇凍, 発剌性を打破り, 発前日石田生過訪予於宇氏寓館, 発創口碑として昔天, 発勝負だ, 発北京行の特急, 発十九時三十八分で帰る, 発十二時半佐賀駅にて高谷寛, 発十月十五日帰着二十七日ということ, 発千両と豪華, 発午前八時二十五分の伊東行の普通列車, 発午後一時小浜著柳川屋旅館に投ず, 発午後七時十分という神戸行, 発午後四時四十二分別府著別府には大正八年夏一たび, 発博多行急行にラッキーストライク, 発博多行急行発車の十分前, 発受けていました, 発受信のレヂスター係, 発古城辺従今深入, 発句集鑑賞その気品, 発叩きつけてやりましょう, 発十一時十分沓掛着同, 発名古屋へ二時, 発名古屋行の列車, 発せんと, 発呈する一種の, 発のよう, 発哺上林地獄谷熊の湯, 発哺温泉に浸り, 発はせました, 発喰ったのかな, 発喰らわしてやりたかった, 発四発いずれも手, 発と云う, 発の真実仏教, 発の, 発之沢福住, 発塚鬼だとか, 発外電で地獄, 発特急の, 発大きくドーンと, 発大正池附近川原にて道明らか, 発大空に鳴る, 発大阪へ向, 発大阪行の一二九号列車, 発天井へ向け, 発太郎生る, 発の梵天帯, 発如意なる自, 発姫路行に乗っ, 発宇野行き列車がゆうべ雨, 発室内に向け, 発宮腰駅到須原駅宿, 発家事よりは社交, 発て, 発射たれましたが僅か, 発射ち込んでそれから, 発射ってしまう, 発射撃した, 発小倉乗かへの別府行き, 発小銃の音, 発をつかん, 発の接合線, 発峡谷の間, 発巴里行の急行列車, 発帰京の途, 発平泉へ出発, 発幾百発の重, 発うなりの, 発当りで開いた, 発の顔, 発得せしめん御心, 発心してか今日, 発必殺の信念, 発応射した卑怯者, 発し, 発なる登り, 発急行列車富士号の方, 発何とか云, 発性期と食物, 発性痴ほうよだれ, 発性痴呆兼変態性慾とも名, 発性痴呆症みたいになつ, 発の社会的, 発揚げたの, 発打たせてみました, 発打ちあげてそれでも, 発打ちかけて置い, 発打ち上げたのの, 発打ち出す銃音に, 発打ち放されようとした, 発打ち放して花火, 発打ち込んでみた, 発打てばそれ, 発捕吏を整え, 発撃たせてください, 発撃ち出されている, 発撃ち出しましたがその, 発撃ち込んでやる, 発撃つとそれ, 発する大胆さ, 発撮影所へ急ぐ, 発放したが禽, 発放したうろたえ弾だ, 発放したらガードの, 発放しましたが中りませんでした, 発放そうか, 発放たれた銃声に, 発放ってみた, 発放った時は, 発放つとみごと, 発にさぐり, 発新橋行の急行列車, 発新潟行へ乗る, 発日野春に至り, 発何とも名状すべ, 発明石行の列車, 発春期には陰部, 発すべき者, 発村山社長素川君等見送られる三ノ宮, 発東京行き急行であります, 発東京行省線電車が新橋有楽町間, 発東京通過其処より, 発東北本線の上り, 発東北本線上野行に乗りこん, 発ノ一ニシテ珍草ト賞スベキ者ナリ, 発く近く, 発横びんたが飛んだ, 発横浜行きの列車, 発止ト牙に噬, 発止余は短銃, 発毎つまり車を五度, 発して, 発氏処士では色川圀士氏村岡良弼氏, 発水戸行の汽車, 発水陸通行同夜伏見表に止宿, 発汐風ふく暗い洋上, 発をのん, 発浦賀の夢, 発清洲迄, 発温鉄管は室内, 発満州旅行の途, 発溂さから多く, 発源すと, 発源ス山梨郡帯那山奥仙丈秩父郡界ノ雁坂等ニ綿亘セリ, 発源力をもつ, 発激昂みずから進んで, 発火蓋を切つて朝霧, 発炸然と鳴り, 発はその, 発点火いたそう, 発等々阿, 発無理心中だぜ, 発熊本泊翌三十一日熊本見物, 発したこと, 発熱海へ, 発物置の屋根, 発狂わぬ一発, 発独蘭国境に向, 発現象であって, 発生き出した毒虫の, 発甫行きは実現, 発発相及んで, 発発見された, 発白帝城の詩, 発及んで, 発矢なみだの顔, 発矢振り下ろした剣, 発矢昌仙が一太刀, 発矢発矢と左右, 発矢雲をよび, 発短距離列車ただいま到着, 発短銃の弾機, 発神戸行の直通, 発鋭なる, 発程が新涼の, 発程てお帰り, 発程は此予定より, 発程までにもう一遍, 発空砲を御馳走, 発立花貞二郎などという名, 発続けざまに撃てる, 発から形式, 発翼すれすれの高度, 発の苗床, 発耳近くから銃弾, 発聞こえて来た, 発に穴, 発自在の下段, 発致セしに, 発致命的な部分, 発船延期せしため, 発船日表を出した, 発船私の席, 発船頭も驚い, 発の合図, 発しからずと, 発菩提心いかがせん, 発菩提心善哉善哉と仰せられる, 発せしむる, 発萌し来るより, 発落さへも知らぬ, 発落下した, 発著所たる本所停車場, 発と云う, 発表せられてゐる, 発表せられたあいぬ, 発見せられる内反, 発見せるに因る, 発見舞ったとしたら, 発言ってやれ, 発語ナは滑り, 発語物語かうした物語, 発語者はま, 発し他, 発警報本隊は午前三時二十分, 発をポン, 発越えをし, 発越したる絶頂に, 発越筆をとれ, 発足らずの弾丸, 発足音止む, 発して, 発車中雑詠選に没頭, 発軽巡奴に御馳走, 発輿の電報, 発轟然とぶっ, 発込めてあった, 発込懐剣よりハ, 発近くの街道, 発透明人間のいるらしい, 発途後は何等, 発道標を見, 発遣して其の, 発遣せしめるといふ通告, 発遣せられたのを, 発金沢行で富山, 発銃殺されて, 発を撃ち込む, 発鋼鉄の上, 発は午前十時, 発して, 発限りとなり, 発陳氏ののろし, 発陽性が著しく, 発陽性フーテンというの, 発に於, 発響いて来た, 発響かせて一人, 発を覗, 発顕したる者なり, 発顕し尽くしたるものに, 発飛んでき, 発食堂の昼食, 発食堂じゃが芋のコロッケ, 発香映画が発明, 発馬機がはね上った, 発は高田馬場, 発駕奔喪の際, 発駕尤中山道御旅行, 発高く屁を, 発高崎過豊岡村, 発鳴せし音響より, 発鳴ったと思ったら, 発鳴り渡ろうとした