青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「求め~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

永い~ ~永く 永く~ ~永久 永久~ ~永遠 永遠~ ~汁 汁~ ~求め
求め~
~求めた ~求める 求める~ ~汗 汗~ 汚~ 汚い~ 汚れ~ 汚れた~ ~汝

「求め~」 4731, 45ppm, 2554位

▼ 求め~ (3124, 66.0%)

159 いるの 88 いる 84 いた 45 いるもの 41 いたの 36 ゐる 35 ゐるの 25 ゐるもの 20 いたもの, いるよう, ゐた 19 来た 17 います 14 きた, 来たの 13 いること 12 これを 11 それを, ゐるやう 10 いるという, 歩いて 9 いるん, みると, 之を, 行った 8 いたこと, いると, いるに, きたの, 来て 7 いたが, いながら, いるかという, いる男, ゐたの, ゐたもの, ゐること, 生きて 6 いる人, きて, やまないの, 居る 5 そこに, 仁を, 來た, 居るの, 山に, 旅に

4 [16件] いたから, いたと, いたに, いるか, いるところ, いるわけ, いる人々, いる気持, しまった, ゐたので, 之れ, 居るもの, 帰って, 来たこと, 私の, 進んで

3 [40件] いたか, いった, いて, いない, いなかった, いるうち, いるかの, いるとき, いるのに, いるものの, いる時, いる者, いる間, おいて, おくこと, お縫, きたが, これに, さまよ, それに, みよう, もがいて, ゐたが, ゐるか, ゐるが, ゐると, ゐるに, 叫ぼうとして, 居たもの, 彷徨する, 旅へ, 来る, 来るの, 止まない, 歩いたの, 歩く, 自分の, 自己の, 行くの, 行ったの

2 [143件] あちこちし, いたため, いたという, いたとき, いたところ, いたので, いたのに, いたよう, いた自分, いないの, いないよう, いました, いません, いらっしゃる, いらつし, いらッ, いるから, いるかを, いるが, いるその, いるだけ, いるだけの, いるだろう, いるので, いるふう, いるらしかったが, いる何, いる作者, いる声, いる女性, いる客観, いる幸福, いる彼, いる心, いる有様, おいた, おりそれ, おる, おるの, お友達, かからなければ, きたもの, きたよう, こい, ここに, ことさらにも, して, する旅, その中, その知見, つつしむ墓, どうかし, ぶらつきまた, みた, やって来たの, やまざる幸福, ゆくの, ゐたか, ゐたやう, ゐた時代, ゐた者, ゐない, ゐるから, ゐるかを, ゐるだけ, ゐるわけ, 三保から, 上流の, 世間に, 人々は, 人に, 人は, 人間の, 來る, 健全なる, 出て, 創造する, 北へ, 去つた, 友人に, 同じよう, 名を, 名節を, 哀泣し, 喚叫し, 地上に, 失敗した, 失望する, 奇を, 居たの, 居ります, 山毛欅の, 已ま, 幾度か, 弟の, 彼の, 得られない時, 支那に, 敵を, 旅を, 早速山, 時代から, 来い, 来たが, 来たので, 来たもの, 来た人, 来ました, 来ましたが, 来る者, 次の, 止まないの, 止まぬ, 歩いた, 死に, 死を, 求め兼ねた末, 泣きわめくの, 熄ま, 熱狂する, 現実の, 移動し, 空を, 筆を, 箱根から, 終に閑雅, 置いて, 船出した, 花子を, 苦しんで, 行く, 行くと, 行くに, 行った人, 行つ, 親しさ, 詩友と, 諸家を, 身悶えし, 追うて, 遡って, 難波の, 食した

1 [1764件 抜粋] あえいだ心, あすこここと, あたりを, あてがわねば, あの女, あらぬ方, あらゆる芸術, ある小さな, いいか, いかなかったから, いくこと, いこう, いたある, いたけれども, いたものの, いた一つ, いた人々, いた光りが, いた安息所, いた左馬介光春, いた忠義, いた恋愛, いた支那風, いた浅井, いた神, いた逃亡, いつまでも, いぬ, いらっしゃること, いらっしゃるの, いられたもの, いられるの, いるかも, いるここ, いるそれ, いるであろうか, いるとも, いるやせ細って, いるらしい事, いるらしくきょろきょろ, いるテムポ, いる一人, いる万人, いる人民, いる今日, いる例, いる傾向, いる医者, いる壺, いる女主人公朝子, いる学生, いる年, いる当時, いる愛, いる援助, いる方々, いる条件, いる気もち, いる爪, いる現れ, いる生活, いる神秘, いる積極, いる純潔, いる若い, いる証拠, いる資質, いる階級性, いろいろと, いわゆる木曾谷中, おいた処, おくの, おられるし, おりました, おります, おると, おる神仙, お志保, かからねば, きたけれども, きたらしく二人, きた茶, きましょう, くだるところ, くるという, くるまで, くる源氏, くれなずむ船のれん, ぐるりを, こっちから, この土地, この山, この旅, この老人, ころ, ござるところ, さて第, さまよって, しかも其, しきりに無電, しまったか, じゃ, すばしこく走つ, するよう, そこで必然, そこへ, そちらへ, そのたび, その二つ, その可能, その姓, その懸, その條件, その画布, その肉, その身分, その頃は, それでとにかく, そんな金力, ついに社会, つとめて世間, とりあえず信長, どう不安, なお得がたき, なら, はしって, ひかれるよう, ひたすら畏怖, ぶらぶら歩いた, まいりました, まいる, またすは, まだ神, みたい, みようかとも, みれば, もし逢えたなら, もらい受けた, やっと本, やまざる無礙自由, やまないか, やまないので, やまない古代的, やまない生きて, やまない青年, やまなかったもの, やまなかつた, やまなかつた懸案, やまぬ田舎, やらうと, やると, ゆくこと, ゆくところ, ゆく妨げ, ゆく道, らしった氣持は, わが船べり, わたつみの, ゐたけれど, ゐたものの, ゐた期間, ゐないもの, ゐますが, ゐるかが, ゐるであらうか, ゐるので, ゐるン, ゐる人間, ゐる卑し, ゐる夫人, ゐる心境, ゐる愛, ゐる方, ゐる時代, ゐる統一, ゐる者, ゐる觀察者, ゐる革命家等, アメリカに, オオと, ゴーリキイが, スペインへ, トランクと, ヘルマーが, ヨーロッパを, 一つ目入道の, 一国から, 一度求め得たる, 一條の, 万事を, 上八代州河岸の, 下さるならそりゃ, 与えられないの, 世上の, 主家の, 九州へ, 乱賊の, 事欠かじ彼, 交り, 人が, 人心本来の, 今さら田舍, 今日の, 仕舞ひ, 伊太利へ, 伝説を, 住むこと, 何れかの, 何様かし, 作手の, 來て, 侶と, 修学に, 倦まないもの, 働きたいにも, 元の, 先つ, 入り込み凄い, 全篇, 六十余州を, 其処から, 内地から, 再嫁する, 出かけ縁起, 出兵を, 出願する, 刻一刻と, 加州や, 勉め励むところ, 動きだした当時, 勾欄の, 千変万化する, 半封建的, 単独で, 厄坂の, 原稿料の, 去った家士, 参りました節, 友情という, 反抗し, 叫ぶであろう, 叫んで, 同時に掲載, 君去りゆか, 呉れた友, 呼んで, 唯ある, 問い合わせて, 喘ぐよう, 四方の, 国外の, 埋もれて, 塾内を, 外國の, 夜の, 大一座, 大将は, 大軍を, 奄美大島の, 奴隷的労働を, 孤独を, 安土の, 宗教的方法の, 室内を, 家屋倉廩を, 寛文七年の, 将来の, 小太刀の, 少くとも, 居た, 居た筈, 居りました, 居るある大きな, 居るよう, 居る姿, 届けて, 山を, 山野を, 差し上げ同志, 己を, 席上画を, 帰る旅, 幸福と, 広い野営地, 廣い, 弥陀に, 彷徨う, 彷徨ふ, 彼は, 彼女の, 往々墜ち, 後々まで, 後退りながら, 得ざるの, 得し玉, 得ず憤を, 得ず遂に, 得ないの, 得ぬ性慾, 得られざるが, 得られざる永久, 得られないシンセリテイ, 得られなかった, 得られぬ恋, 得られるか, 得られんで, 得可から, 御安心, 微かながら, 心も, 快楽を, 思いきり楽しもう, 恥を, 悔なき, 悲鳴を, 情知らぬ, 意気揚々と, 態, 成功し, 我が, 或る, 所々の, 手品の, 折々杖, 持ちかえった, 捜せば, 探しても, 提携する, 敏感に, 文学を, 文芸に, 新聞に, 日夜机に, 是非にも, 時々帰任, 暫くの, 暮耕朝耨かくて, 書き直したと, 朝太郎の, 未だ得ざる, 本郷の, 村, 来たあの, 来たか, 来たと, 来たら呉れて, 来た三人, 来た人々, 来た動物, 来た四党代表, 来た時, 来た絵葉書, 来なくても, 来まする, 来ると, 来るん, 来る神戸信孝, 来繩梯子, 東海岸方面に, 枕元へ, 果も, 梶は, 榛名山を, 機智を, 止まざる事, 止まない味覚, 止まなかったところ, 止まなくなった, 止まぬ己, 正覚坊が, 此心に, 歩いたので, 歩いた時代, 歩き, 歩きまわって, 歩き続けたが, 歩く間, 死んで, 毎日用も, 気軽に, 求め得んの, 汝等の, 河原に, 波の, 泣き叫びながら, 泣き苦しみ, 活動しはじめた, 浴びるよう, 深夜の, 渡る間道, 溜めて, 漂泊し, 災難を, 無限の, 煩悶する, 燒き付く, 牧場や, 物質概念に, 狼の, 理想の, 生きるの, 田舎を, 町へ, 異同を, 疾くこの, 登る, 盗人の, 直ぐに, 相接, 知らずしらず新しい, 石見地方の, 硫黄商人の, 社会悪に, 神仙に, 福岡へ, 私達は, 移り住むという, 種を, 立ち上がった, 立派な, 第一次大戦時代, 精しくかい, 紙飛行機幾度も, 組みし合い抱き合うばかりに, 絶えず前進, 網に, 置かねば, 美を, 而し, 職が, 背中へ, 自ら耕作も, 自分一人で, 自我の, 船出を, 苦しまなければ, 苦戦の, 草原を, 著しく印象, 虎口に, 血みどろに, 行かなければ, 行きたいもの, 行き僅か, 行くべきである, 行く冒険, 行ける人間, 行って, 街を, 製紙業に, 西は, 見たならば, 見まわしたが, 見るの, 親を, 解決しよう, 討ちに, 許りゐる, 話したが, 読んで, 諸国を, 谷川の, 贈った先, 走るやう, 跣足の, 車に, 転々しなけれ, 辛くも名跡, 返して, 追つて來, 追求する, 逍遙った, 逢いに, 進むもの, 進んだ結果, 遂にそれ, 遅かれ速かれふたたび, 遠い弘法, 遠山さんの, 酒をの, 鉈鉞手斧という, 長い旅行, 間に, 限りなく, 隠れても, 集った労働者, 雛祭りを, 霊肉の, 非常に, 韓国に, 頼みこんだ, 飛びまわって, 飛込んで, 食事を, 飲むよう, 首尾よく, 駆けるの, 騒いで, 魚を, 鳴って

▼ 求め~ (331, 7.0%)

16 来たの 14 応じて 10 なりました 7 なったの, なって, 行ったの 6 来るの, 行った 5 来た 4 來た, 出て 3 なつた, なりましたか, なるの, 来たので, 来た人, 来ました, 行く, 行くと, 行くよう

2 [16件] きたもの, なった, なったもの, なりましたもの, なるが, なると, なるよう, 伺った者, 出る, 参ったの, 応じるわけ, 来たもの, 来た者, 来て, 求めて, 行つた

1 [186件] ある医学博士, うごいたり, かかる, きたという, きたに, きたよう, きて, くること, くる羅馬, くる蛇, ここまで, こられたの, ついか, なったが, なったこと, なったとか, なったん, なったんで, なった代, なった十倍, なった品, なった唐桟, なった青い, なっちゃ, なっての, なつたそうじ, なつたつ, なつたり, ならないで, ならないやう, ならなかったそれ, ならなければ, なられたの, なられない品, なられる同じ, なりたいの, なりましたの, なりました時, なりますか, なりますの, なります切符, なりませんか, なり住居, なり幸福, なるお, なること, なるため, なるなどとは, なるならば, なるほう, なるやう, なるよりは, なる方, まいったの, まいられた, まいりましょう, やらせましょうか, やろうと, ゆくわけ, ゆく気, ゆく願望, よこしたくらい, よりて, シネマ, ハイチへ, 一二回蘆屋へ, 主人公が, 五里の, 人を, 兆すの, 先んず, 先んずること, 入ったもの, 出た動機, 出た男, 出向こう, 出張し, 出懸ける途上小川側, 印度に, 参りました, 参りましたか, 向ったもの, 回る, 因ると, 外出する, 寄るところ, 小形端艇に, 山の, 帰って, 往くに, 往った, 従ったほう, 応じたから, 応じた選択, 応じないで, 応じなかった, 応じなくなった, 応じられること, 応じるよう, 応じ候, 応ずる, 応ずるか, 応ずるため, 応ずるもの, 急いで, 愛されに, 應じ, 應じたいと, 應じたいといふ, 應じなかつた, 散った, 旅行を, 最も端的, 来たあなた, 来たか, 来たこと, 来たと, 来たという, 来たに, 来たらしいの, 来たらわれわれ, 来たら私, 来たり, 来たん, 来たビントヮン, 来た乞食, 来た失恋, 来た如く見せかけようと, 来た寂しい, 来た数騎, 来ても, 来ないとも, 来られた, 来られたが, 来る, 来るけれども, 来ること, 来るよう, 来る事, 来る事件, 来る小鳥, 来る少し, 来る新聞記者, 来る者, 東洋へ, 歩いたもの, 歩く男, 求め獲よう獲ようと, 熊が, 由りたるもの, 登って, 相成りましたか, 立ち寄ったに, 行かうと, 行かざるを, 行かなければ, 行き後世狐そば, 行くかを, 行くで, 行くところ, 行くの, 行くほど, 行くよりも, 行く時, 行く気持ち, 行く要, 行く話, 行ったころ, 行ったば, 行ったらよい, 行ったテウツシヤ, 行った時ゲリラ, 行った紛失物, 行って, 行つ, 街に, 言ひ越し, 走って, 走りつつ, 走るといふ, 起ちかけると, 逆らわず二つ, 道誉は, 遣られましたが, 降って, 駛って

▼ 求めても~ (94, 2.0%)

3 求めても 2 人は, 以前した, 容易に, 得られないもの

1 [83件] あり得ない, いつ追いつける, いないの, おりませんので, この山, そういう物, そう続け様, だのう, ないこれ, なかなか与え, なかなか見つからぬ, なかなか見付からない, なるべく名望, ほとんど得る, むりである, もうその, よかろう, ゐなくな, 一切むだな, 中途半端です, 亦ゐる, 今度は, 他に, 住みたい所, 作中の, 先生程, 全くそこ, 分らないもの, 分らない故人, 君が, 好い, 好からう, 宜しい, 容易く来ない, 少しも, 得がたい足らぬ, 得ぬ程薩張り, 得られずまた, 得られない, 得られないいい, 得られないであろう, 得られないという, 得られない孤獨, 得られない愛着, 得られない珍重, 得られない絶好, 得られない遠い, 得られなかったあの, 得られなかったので, 得られなかったもの, 得られぬ天恵, 得られぬ扶助, 必ずしも得られない, 必ずしも現象, 恐らくはこの, 拝見は, 明智は, 時が, 来ないから, 構わないもの, 求めなくても, 求められない無理, 求められまい, 汲めまい, 法を, 満たされず熱中, 無暗に, 無理であった, 無理であります, 無理である, 無理であろう, 王様の, 現在の, 自分の, 見た, 見ること, 見出すこと, 言葉を, 詩興更に, 詮ない, 遽かに, 飽きるという, 養って

▼ 求めたり~ (64, 1.4%)

7 して 5 するの 3 した, する説

1 [46件] あらゆる外交折衝, あるいは低き, あるいは階級闘争, さらに, しが, したこと, したの, してるの, しに, しは, しやしない, しようと, し優しき, するお客さん, すること, するもの, する人, する心持, する気, する気持, する程, すれば, せいぜい長, それから一般的法則, それ程に, またある, イヤらしい, 他人の, 光を, 又男, 味はつたり, 夜の, 契約に, 急に, 或ひ, 換えたり, 材料器具の, 生活を, 縄を, 美徳の, 老人が, 自分が, 規則的なる, 話しかけたり, 集めたり, 鼈四郎は

▼ 求めては~ (59, 1.2%)

4 いなかった, ならない 3 いけない 2 いけません, いたが, いない, ならぬ, ゐない, 呻いて

1 [36件] あるが, いけないいつか, いけない今, いないであろうし, いないの, いない初め, いなかったの, いません, かえって大成出来, かぎりが, かれら, なおさらない, ならないですが, ならない太陽, ならぬ現象自身, ひどい拘束, ふかの, みずから苦しんだ, やれない家計, ゐずただ, ゐなかつた, ゐるよ, 北へ, 夜を, 奇異な, 如何だらう, 果てしない太平洋, 泣いて, 移って, 終日歩き廻る, 美しい女, 羲之の, 老人に, 貧しき家, 身に, 食物を

▼ 求めながら~ (54, 1.1%)

2 こう心

1 [52件] いまだにはっきり分からない, お前の, しかもこれぞ, その僅か, その優しい, その過去, それが, なお数町, やがて路傍, わたしたちは, ジプシイの, 一人で, 一度読んだ, 一方には, 人気の, 同胞の, 喃々と, 声なら, 外記は, 子を, 実は甚だしい, 家に, 小さな叫び, 尚政治, 己れ, 常に悲哀, 庭へ, 急いで, 攀じ登った, 村の, 松葉杖を, 欷歔くっ, 歩きつづけると, 河岸に, 現実の, 生きた頭, 痛切な, 相手を, 眼ま, 空中を, 縊り合わず, 縦横に, 考えるとも, 職にも, 自分を, 行くうち, 言った, 路上に, 軽い言葉, 近寄って, 韋駄天と, 首を

▼ 求めつつ~ (53, 1.1%)

2 あり, あるの, あるもの, ある人物, 推移し

1 [43件] あちこちを, あったらしい, あったヨブ, あるかを, あること, あるごとくに, ある人類, ある善, ある教師, ある木喰上人, ある由, ある花, ある過程, かの河, この甲州路, して, それに, それを, ゆく二十一, ゴーリキイは, 一歩一歩と, 丘の, 人の, 他方において, 來るべき, 共生する, 出会う敵, 島の, 巍然たる, 御意の, 恋しつつ, 悩んで, 新旧の, 明らかに, 根源へ, 現在の, 目の, 自他ともに, 自分の, 街を, 遂に神, 道に, 雪の

▼ 求め~ (46, 1.0%)

8 るるまま 7 る, るべきもの 2 るべきであらうか, るるところ

1 [20件] るべきこと, るべきであらう, るべきである, るべきであるを, るべきでなく地上, るべき根拠, るべき根據, るる, るること, るると, るるなら, るるの, るるもの, るるや, るる事実, るる子女, るる客人, るる旨, るる次第, るる由

▼ 求め~ (28, 0.6%)

7 しない 2 しなかった

1 [19件] したが, しないか, しないこと, しないであろう, しなかったか, しなかったが, しません, するが, せぬ, ぢめる, 単に経済的打開, 容れられて, 島を, 必ず探し, 拒まれた, 男にとって, 皆滿た, 目覚めたもの, 秩序への

▼ 求めその~ (26, 0.5%)

4 ために 2 出現の

1 [20件] お声, サチ子に, 上にて, 不平を, 代りとして, 共に尽力, 力で, 字を, 宿屋からの, 少数の, 求むるや物体運動の, 求めて, 筋により, 結果によっては, 結果間違が, 肩に, 袈裟を, 解釈を, 言動までを, 重心をも

▼ 求め~ (21, 0.4%)

2 伯の, 吾人は, 子は

1 [15件] そは, また妾, わが汝, 則ち, 和冦固より, 天に, 帝みずから来れ, 我は, 我活水を, 獨都伯林を, 礼を, 英国の, 英國の, 象山に, 革命の

▼ 求め~ (20, 0.4%)

5 しないのに 3 姥たちにと 2 しなかった 1 あへぬ, おかず, しない敵, するが, せず期待, せぬが, せぬに, せぬ質子, 姥たちにとっては, 泣きしか

▼ 求めそれ~ (16, 0.3%)

1 [16件] からは一鞭, が満たされない, との聯關, は可能, をうち, を土台, を土産, を押しつける, を探した, を接合, を民族生活, を確かめ, を粉, を自分, を評価, を選ぶ

▼ 求めそして~ (11, 0.2%)

1 [11件] 一半を, 信じずには, 初めて大量観察, 初めて得られる, 名誉心は, 名譽心, 我々が, 歌つた, 此, 矛盾の, 自分の

▼ 求めまた~ (11, 0.2%)

1 [11件] その私徳, その要求, 享樂, 人格に対する, 別に人, 従来の, 新知識, 末広式の, 泉ある, 親しく震災地, 追うて

▼ 求めやう~ (10, 0.2%)

2 とした 1 とか心配, とし, として周圍, として究竟我々, と考へました, と試みる, にも聲, もない

▼ 求めよう~ (10, 0.2%)

2 がない, もない 1 ではない, として思わず, などという気持, にも叔孫, にも早朝, のなくなった

▼ 求め~ (10, 0.2%)

1 うけたの, して, 何かの, 受けましたの, 歌って, 突っ刎, 蹴れば, 願いたいと, 願います, 願ひます

▼ 求めこれ~ (9, 0.2%)

1 によって疑い, に加工, に望む, に照らし, をし, をスコラ哲學, を求め, を考え, を装飾

▼ 求め~ (8, 0.2%)

2 あると 1 てら二人, 今すべて, 今また, 俗悪に, 響いて, 願いたいんで

▼ 求めそこ~ (8, 0.2%)

1 に一本杭, に婆惜, に小さな, に本質的, に止っ, に流れる, に自分, へ錨

▼ 求め~ (8, 0.2%)

3 方には 1 天子, 尊いみ, 方は, 有之, 續き

▼ 求めずし~ (7, 0.1%)

1 てその道, てバイロン, て他人, て佐藤, て内, て展開, て身

▼ 求めてを~ (7, 0.1%)

2 ります 1 らぬ, られる一対, り見られること, る, 見よ

▼ 求め~ (7, 0.1%)

1 かそこ, に憧, を呼ぶ, を失ひ, を愛す, を研究, を職

▼ 求め~ (7, 0.1%)

1 があまり, が出, が間違っ, に付い, に応ずる, の方法, は現実的性質

▼ 求め難い~ (7, 0.1%)

1 けれども書中, としたら, ほど特異, ように, 安住の, 男に, 辺三索を

▼ 求め~ (6, 0.1%)

2 うな 1 うして, がし, がした, したり

▼ 求めさえ~ (6, 0.1%)

4 すれば 1 して, しないならば

▼ 求めによって~ (6, 0.1%)

1 その模造品, 主人が, 二人を, 五万円さげ, 揮毫依頼に, 最近に

▼ 求め~ (6, 0.1%)

1 されど草, はその, はふりたる, は文學, は無理, は百年

▼ 求め~ (6, 0.1%)

1 によつて, に就, を人類, を将来, を比較考察, を裝飾

▼ 求め~ (6, 0.1%)

1 に面し, の力強い, の手引, の誹謗, は強い, も何

▼ 求めがたい~ (5, 0.1%)

1 のだ, のである, 国へ, 恋に, 沼南の

▼ 求め~ (5, 0.1%)

2 のだ 1 さつた, のか, ので

▼ 求め~ (5, 0.1%)

1 ひしなり浪, ひしやと, ふ, ふならば, へり

▼ 求め~ (4, 0.1%)

2 と貴方がた 1 ともいえる, と思われます

▼ 求めての~ (4, 0.1%)

1 ことでしょう, 仕業でも, 平一郎の, 旅で

▼ 求めでは~ (4, 0.1%)

2 ない 1 ござらぬかな, 止まざるべし

▼ 求めにより~ (4, 0.1%)

1 その相, 二百二十両の, 策略を, 金二十両を

▼ 求め~ (4, 0.1%)

1 はば違事有, ひしは, よふでなけれ, 得ども

▼ 求め~ (4, 0.1%)

1 その欲求, 俳優を, 説明文中の, 隣人を

▼ 求め得可~ (4, 0.1%)

21 きのみには, く世界

▼ 求め自分~ (4, 0.1%)

1 の最も, の歌曲集, もまた, を百難

▼ 求め~ (4, 0.1%)

2 を求め 1 に奉仕, をとぶ

▼ 求めかつ~ (3, 0.1%)

1 なるべく広汎, 働きかけた点, 書簡を

▼ 求めこの~ (3, 0.1%)

1 娘との, 木を, 綜合の

▼ 求めてから~ (3, 0.1%)

1 もう九年, 云った, 他の

▼ 求め~ (3, 0.1%)

1 娘は, 已むを, 発表を

▼ 求めには~ (3, 0.1%)

1 どうしても応じられない, 何なり, 応じかねる

▼ 求めむと~ (3, 0.1%)

2 欲するの 1 思ほさば

▼ 求めもう~ (3, 0.1%)

1 一年踏み止まつ, 七分ど, 書くべき文言

▼ 求めもし~ (3, 0.1%)

1 同意を, 孔子が, 積極に

▼ 求め人間~ (3, 0.1%)

1 に忌み嫌われる, のため, をそのあらゆる

▼ 求め~ (3, 0.1%)

1 てその, て党勢, て黨勢

▼ 求め~ (3, 0.1%)

1 ひ, ひて, ふことは

▼ 求め~ (3, 0.1%)

1 の横, の隣, を作る

▼ 求め最も~ (3, 0.1%)

1 三国志を, 平凡なる, 耀や

▼ 求め~ (3, 0.1%)

1 がない, として居た, としなかった

▼ 求め真理~ (3, 0.1%)

3 のため

▼ 求め自ら~ (3, 0.1%)

2 試みるため 1 も鍬

▼ 求め自己~ (3, 0.1%)

1 が自己, の優越感, を表現

▼ 求めいま~ (2, 0.0%)

1 また聖書, ようやくつきとめた

▼ 求めいろいろ~ (2, 0.0%)

1 おかしい話, 尋ねたが

▼ 求めかた~ (2, 0.0%)

1 にも影響, も控えめ

▼ 求めがたき~ (2, 0.0%)

1 ものにて, 夫にも

▼ 求めけれども~ (2, 0.0%)

1 器量望の, 見えず

▼ 求めさらに~ (2, 0.0%)

1 上奏案を, 他日の

▼ 求めすべて~ (2, 0.0%)

1 の眼, を自分

▼ 求めそう~ (2, 0.0%)

1 して, な気

▼ 求めたりといふも~ (2, 0.0%)

2 閣下に

▼ 求めついに~ (2, 0.0%)

1 大佐を, 数代前その

▼ 求めてか~ (2, 0.0%)

1 デパート娘が, 生きんとすら

▼ 求めてや~ (2, 0.0%)

1 まざりしわかき, まず

▼ 求めでも~ (2, 0.0%)

1 するかの, する様

▼ 求めなど~ (2, 0.0%)

2 した

▼ 求めにおいては~ (2, 0.0%)

2 いつも一つ

▼ 求めにな~ (2, 0.0%)

1 つた品ぢや, つて居られる

▼ 求めにも~ (2, 0.0%)

1 巧みに, 応じて

▼ 求めまたは~ (2, 0.0%)

1 このよう, 二つの

▼ 求めむとせば之~ (2, 0.0%)

2 れを

▼ 求め~ (2, 0.0%)

1 を住み, を欺く

▼ 求め乍ら~ (2, 0.0%)

1 も地, バタバタと

▼ 求め同類相~ (2, 0.0%)

1 集まると, 集まるの

▼ 求め~ (2, 0.0%)

1 を求め, を肥前屋小兵衞

▼ 求め~ (2, 0.0%)

1 の次男, は私

▼ 求め営々~ (2, 0.0%)

2 来るべき日

▼ 求め基督~ (2, 0.0%)

1 にあり, の自己鍛錬

▼ 求め場合~ (2, 0.0%)

1 によっては尾州代官山村甚兵衛氏, に依

▼ 求め~ (2, 0.0%)

1 が男, はまた

▼ 求め帰り候事天晴~ (2, 0.0%)

2 なりただし

▼ 求め~ (2, 0.0%)

1 いの, いらしくズボン

▼ 求め~ (2, 0.0%)

1 へ出る, へ帰る

▼ 求め或いは~ (2, 0.0%)

1 いわゆる雑式浮宕, 測らずも

▼ 求め或は~ (2, 0.0%)

1 会いに, 自分の

▼ 求め昨朝庖丁~ (2, 0.0%)

2 した処腹の中

▼ 求め時代~ (2, 0.0%)

1 の流れ, の病根

▼ 求め~ (2, 0.0%)

2 に傲

▼ 求め極めて~ (2, 0.0%)

2 事務的な

▼ 求め殊に~ (2, 0.0%)

1 三十年来余が, 十歳くらいの

▼ 求め深く~ (2, 0.0%)

1 さぐって, 人を

▼ 求め用語~ (2, 0.0%)

2 を現代日常

▼ 求め~ (2, 0.0%)

1 が医者, の内

▼ 求め難き~ (2, 0.0%)

1 に至る, は求めざる

▼1* [453件]

求めあかした者は, 求めあくがるる, 求めあつてその, 求めあなたはあなた, 求めあのひとが, 求めあらゆる危険を, 求めある者は, 求めいったいそれは, 求めいつのまにか宗教を, 求めいよいよ出発にとりか, 求めいわゆる河原者の, 求めえらるの, 求めつさん, 求めかかる重大秘密を, 求めかしこに質し, 求めかつて千本水野両, 求めがたくお悩み, 求めきょうのうち, 求めこそすれこなごな, 求めこっちでガールス, 求めことさらにたわい, 求めごころの切なく, 求めさうさう留守, 求めさうな気が, 求めさまざまな人間, 求めざらんとする, 求めしかして進むべきなり汝, 求めしかもそれが, 求めしもことわりなり, 求めしわが寸志, 求めすぎはしない, 求めを鉢, 求めそうしてその二つ, 求めそのまま事務所へ, 求めそれから扉の, 求めそれでもいけなければ, 求めそれに一々地図, 求めそれらが生れる, 求めそれ以後父なく家, 求めそれ綿の花盛, 求めそんな駅は, 求め吾が, 求めたまへ彼, 求めためにサガリ者, 求めたりと申すでは, 求めたりなどして, 求めたりなんぞはしない, 求めてかの樂園より, 求めてからを知って, 求めてこそ芝居も, 求めてさえ行為する, 求めてでもいたもの, 求めてなほら一両, 求めてはをらんのだ, 求めてばかりいた, 求めてまで兄や, 求めであってこそ始め, 求めいえるであろう, 求めとうとう男を, 求めとが一つにな, 求めとにかくその男, 求めともかく連合軍の, 求めとをひとつに, 求め見えぬ故, 求めどういう傾きと, 求めどこまでも精神, 求めどちらも謙譲, 求めどんな不満を, 求めどんなにして, 求めながらもそこに, 求めならよい宿, 求めなりとして之を, 求めなるべく手厚く師匠, 求めにくいものである, 求めにくかった, 求めにさえ短冊の, 求めにたいして検討評議に, 求めにでも応じて, 求めによつて無電で, 求めに従って判断され, 求めぱっと飛びのきました, 求めひたすらこれだけに, 求めひろびろとした, 求めまずい弁当を, 求めまたまた御本家, 求めまったく恋の, 求めむが為めに之, 求めむとおぼすもしこと, 求めむとするは蓋し難い, 求めむとする意志に如何なる, 求めむとせばわれ唯これ, 求めむと欲したもの, 求めむには吾人, 求めむ事を恐る, 求めむ山路知らずも, 求めむ山道知らずも, 求めむ心の出, 求めやがて黙然と何か, 求めさらば与えられん, 求めようやく召入れらる, 求めぶるなる, 求めわが事を, 求めわざわざ配合の, 求めアントニウスとオクタヴィアヌス, 求めイシコリドメの命, 求めエスキモでビュティー, 求めカフェー女の本名, 求めサロンのデコレーション, 求めジョルジュ・サンドと比べ, 求めバベルに昇天, 求め一地に拠り, 求め一夜は辛うじて, 求め一家の利害, 求め一方でハープ, 求め一晩過ごしたかの, 求め一歩に一飮, 求め一生の間, 求め一節期一節期を愚図, 求め一般と特殊, 求め一般化を行なう, 求め七時十分発で修善寺, 求め万民の災害, 求め三ヵ月の間, 求め三人のほう, 求めつた, 求め上越線を利用, 求め且つその徳, 求め両々相犯さざる善隣, 求めて厄, 求めを二人, 求め主張をたずね, 求め久しくご心配, 求め乾杯を求めた, 求め事変を願ってる, 求め二人で京都, 求めが人間, 求め互いに誠実を, 求め互に倦むこと, 求め五十日をもって期限, 求めの親, 求め人々は皆神仏, 求め人情の根本, 求め人生に与ふる, 求め今どきはもう, 求め仕合を乞い, 求めを排斥, 求め他方は昂然天下, 求め他日復再び大道, 求め休養を求むる, 求め何とかマカロニ料理って, 求め使をし, 求め來らんお里は其中九郎兵衞殿, 求め例えば発電所・橋, 求め便宜や好都合, 求め信長に詫び, 求め俳優をし, 求め候処右も左, 求め候様仰含められ相役, 求め候香木畏くも, 求め優秀なる原稿, 求めは弟, 求め先生は釈明的, 求め森林地帯を, 求め全能者に祈り, 求め六七スーの金, 求め六人掛かりで, 求め兵部が拒絶, 求め其の結果として, 求め其中に存する, 求め其処に多少, 求め再び印刷, 求め出世の緒, 求め切望し要求, 求め刺激を強く, 求め助手を求め当てた, 求め労役し奔走, 求めなくし, 求め北村のため, 求め医薬を求め, 求め十年の交じ, 求め千疋屋でシャベット, 求め協和しがたい, 求め協団の生活, 求め単に彼が, 求め単純の中, 求め危険思想者潜入の疑い, 求め即ち何不足なく, 求め原子兵器使用の惨, 求め参差錯落の趣, 求め又は信ずるもの, 求め友人が人殺し, 求め収拾にも窮, 求め取材に憂, 求めを求め, 求め古松の立っ, 求め古瀬戸古赤絵, 求め可能な限り急速, 求め台所で用, 求めを求め, 求め各地旅行の度, 求め合つてゐるの, 求め同じこの加賀家に, 求め同時に栗原佑氏の, 求め否応なしにそれを, 求めも張蘊, 求め和比野より幸行, 求めを求め, 求め喜劇は希望, 求め嘗芸術を十年, 求めを護る, 求め国民の智徳, 求め国民自身が作り出し, 求めよりは最も, 求め埒内に止まらん, 求め培つて行くつもり, 求めの先進生, 求めには葉, 求め夕方宝塚へ帰る, 求めから与へられる, 求めは炉傍, 求め夜陰に乗じ, 求めを追いかける, 求め鍋を, 求め大いに皇基を, 求め天下の人衆, 求め天下経綸の実務, 求め天下經綸の實務, 求め太平の裏, 求め太陽を迎, 求め奇異なる物, 求め奔走いたしましたなれど, 求め女子は男子, 求め女子学生が文部省, 求め女性の美, 求め女達が盛装, 求め奸佞を駆逐, 求め好きな営業, 求め婦人もまた, 求めは親, 求め孤独の人生, 求め宇内の大勢, 求め定助郷が, 求め実にも華々しい, 求め実際に貞潔, 求め家庭生活をくりかえし, 求め宿を借る, 求め富貴を得よう, 求め寛斎の方, 求め小姓たちもあわて, 求め小鳥の寝, 求め少時何か話し, 求め尽力を申し越し, 求め工賃だけでもいい, 求めが家, 求め帝王に代り, 求め帰りの電車, 求め帰り道に頭上, 求め平生これを懐中, 求めを逐う, 求め幾人かの子を生み, 求め床几を借り, 求めにだけ心, 求め当分はなす事, 求め当時仔細を知らぬ, 求め彼等に與, 求めには興味, 求め後家に惚れられ, 求め徐々に経験を, 求め得がたいのであります, 求め得らるるの, 求めを慕う, 求め徳川三百年の太平, 求めいさましく軽井沢峠, 求め必ずうれること, 求め必然的に現れ, 求め必要とし, 求め恐ろしい姿を, 求め情緒の解放, 求めに飢ゑてゐるものはないのだ, 求め感官を護らず, 求め慈悲我を抑, 求め懐中薬をのんだ, 求めは默, 求めをたたく, 求め手段を写実, 求め手痛い反対を, 求め披瀝して, 求めがす, 求めけを強いる, 求め搜す事をせず, 求め播州室の津, 求め政府を支持, 求め散乱せし骨片, 求め数多き一間に, 求め数百人もの少年たち, 求めを防ぎ, 求め敵前のクリーク, 求め文化性たゆた, 求め文学の先駆的試み, 求め時代の, 求め新橋演舞場の五郎氏, 求め方ニ付て急, 求め旅行案内をくっ, 求め日暮里の高橋, 求めかるべき繁華, 求め暗々裡に自ら作中, 求め書肆は原稿, 求め最後の解決, 求めに野, 求め期待して, 求め村人もまた, 求め東京市中を所嫌はず乘廻, 求め東西の作, 求め枯淡のさび, 求め樂翁公も自, 求め権勢を求める, 求めに縋り, 求めのやう, 求め次々に出版, 求め次に之を, 求めけども更に, 求めを去, 求め死亡の原因, 求め残り一千円を子供, 求め殿の死後, 求めはまた, 求め毎夜祈祷し十字, 求めの流れ, 求め永井荷風へ一致, 求め江戸移住の官許, 求め法律上の不平, 求めの海, 求めさを, 求め清水に土産, 求め済活甚だ多し, 求めされんこと, 求め演劇自体の発展, 求め漸次かくの, 求め躾な, 求め煉瓦亭へ寄っ, 求め特に大に, 求め特色を生かし, 求め現に盛んに, 求め現状に甘んじよう, 求めと老, 求め生活に即させる, 求め留宿一日費金三両で此難, 求め疲労れた足, 求め白粉を得る, 求めの魂迎え, 求め盛んに経綸, 求め直感的にその, 求めたずさえて, 求め相反撥する, 求め相愛し合, 求め看護しつづけた, 求めを索, 求め真実を見, 求めに見る, 求め睡眠をむさぼった, 求め矢傷に薬, 求め知識をさがし, 求めに縋り, 求め石屋に刻ませ, 求め研究の自由, 求め神業一つを睨みつめ, 求め神田へ出る, 求め神経的に真白い, 求めあれば, 求め空気を求める, 求めには年, 求め立身出世の道, 求め二に, 求めを把, 求め篤く船中に, 求めねて, 求め終に国君を, 求め結婚した後, 求め絶えず憧れて, 求め縁故をたどり, 求めを求むる, 求め義政がこれ, 求め義理は古い, 求め翌年官廳の許可, 求め聖道を離れ, 求め自らその道にはひらう, 求め自分達は奧, 求め自然を科学的, 求め自身自身を裁き切らん, 求めへざれ, 求め舞台において発見, 求め苦み尋ね喘ぎて, 求めを打て, 求め荷造りをし, 求め荷鞍の上, 求めをくぐつ, 求め虎屋で十円, 求め虚浮の快, 求め血ぐさい一瞬を離れ, 求め行きずりの通行人, 求めを求め, 求め表現を欲, 求め下候え, 求め製造原価と営業経費, 求め親切や同情, 求め訴えに来る, 求め試みに彼, 求めの筋, 求め神の, 求め豊富な若い, 求め貿易の盛衰, 求め資本主義社会の発展, 求め資生堂で一円半, 求め賛美の光輝, 求めを氾濫, 求めひぬ, 求め趣味を向上, 求め踊り子を一人一人, 求めのあはれ, 求め軍屬になつ, 求め近代の方法, 求め通行券を得, 求めに己, 求め連歌小巻の合点, 求め遂に際限が, 求め遊びがてら見, 求め過去から脱却, 求め部屋に案内, 求め酒宴をこそは初め, 求め重くろしい, 求め野心はお, 求め銀座の松屋, 求めを歐米, 求めの裏, 求め阪急会館へ入り, 求め限りもなく, 求め陰慘の水, 求め雌雄相喚ぶもの, 求め難かった, 求め難からず, 求め難しと古人, 求め雲水の如く, 求め雲門和尚はまた, 求めに座禅工夫, 求め頼宣卿へ宥免状, 求めは又, 求めでいかにもう, 求めふ, 求めより少し, 求めをとろかす, 求め魏軍は, 求め鴛鴦の來, 求め興れば