青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「痩せ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~病院 病院~ ~痕 痕~ 痛~ ~痛い 痛い~ 痛く~ ~痛み 痛み~
痩せ~
痩せた~ 癒~ ~癖 癖~ 癪~ 発~ ~発し 発し~ ~発展 発展~

「痩せ~」 1284, 14ppm, 8016位

▼ 痩せ~ (721, 56.2%)

30 いて 24 いた 22 いる 14 背の 8 いるの, しまって 7 しまった, ゐた, ゐるの 6 いるので, しまう, ゐて 5 いること, いるし, ゐる, 尖って, 行った, 顔色が 4 いった, いても, しまつ, 小柄な, 来た, 見えた

3 [12件] いたが, いるから, いるが, いるよう, しまったが, ゐるから, 元気が, 小柄で, 手足が, 眼が, 衰えて, 顔の

2 [53件] あを, いたの, いたので, いました, いるくせ, いるせい, いるため, いるらしい, いる方, いる癖, おいでの, おそろしく老け, きた, きたよう, しまったこと, すらりと, ひねこびた猿, ひょろひょろした, ひよろ, ゆくの, ゐるやう, ゐる胸, 丈が, 來た, 千年の, 味が, 小さくなった, 尖つて, 枯れて, 江戸の, 焦いらして, 皺だらけで, 目の, 眼の, 眼ばかり, 立ちそびえ, 美くし, 背が, 脊の, 腹ばかり, 色が, 血走りし目, 行く, 行くばかり, 行くよう, 見える, 貧弱な, 長いヒョロヒョロ, 顔が, 顔色の, 骨立った, 骨立つた, 髪を

1 [380件] あたりの, あの夜, あんなに蒼い, いくどか, いくよう, いくらかでも, いじけて, いたか, いたから, いたころ登山, いたたまらぬ思い, いたものの, いたよう, いたり, いた千穂子, いた子供, いた方, いた父, いた頃, いつたが, いないで, いましたか, いましたけれども, いましたので, います, いますか, いますが, いますでしょう, いよいよ艶, いらっしゃるの, いらっしゃる方, いるくらい, いるだけ, いるでしょう, いるでは, いるでも, いると, いるという, いるにも, いるのに, いるのね, いる上, いる娘, いる灰屋紹由, いる犬, いる肩, いる蒼白い, いる身体, いる頬, い女, おいでに, おしまいに, おりからの, お若く, かつ鋭く, かぼそく白樺, きたなぜ, きますので, くぼんで, くる手, けわしい容貌, げっそりと, こはい, ささえること, さへ, しぼんだよう, しまいました, しまいましてね, しまい顏, しまい顔, しまうの, しまうばかり, しまうんで, しまったこんなに, しまったと, しまったの, しまひさうな心細い, しまふ, すくんでるので, すつかりやつれ果てた, すッきり, そうしてイキ, そして岩, そそり立ち, その上, その代り精力的, たとえば松籟, ちょっと東京, てちひさいわね, はりますもの, はれしまへんなと, ひからびた醜い, ひからびて, ひょろ, ひょろひょろと, ひょろ長い体, ひょろ長い大学生, ひらひらし, ひ弱で, ほとりの, ほんのちよ, ぼんやりと, みすぼらしい小男, みにくくならう, もとの, ゆきその, ゆく, ゆくだけ, ゆくよう, ゆく樣, ゆるびし指輪ぬき, よぼよぼした, よろ, よわき胡蝶, わが, ゐきと, ゐたが, ゐたけれども, ゐたの, ゐたので, ゐても, ゐますが, ゐるだけ, ゐるだけに, ゐるといふ, ゐるのに, ゐるん, ゐる上, ゐる枕元, ゐる楢雄, ゐる為, ゐる癖, カサカサに, ガナガナひからびた, ガラガラした, ゲッソリ窶れた, ゴミゴミし, スマートに, ヒョロヒョロしてる, ヒョロヒョロの, ヒヨロヒヨロで, 一倍の, 一様に, 不幸に, 両手の, 乾枯らびていた, 了つた赤犬が, 人は, 仙骨を, 以前よりずつと, 以前私を, 体の, 來る, 倒る, 候と, 其憔悴し, 冷めたさうな, 出で, 力が, 十一貫代に, 十八貫芥川夫人は, 半病人, 半白の, 口紅ほどの, 可憐さの, 器量も, 困苦労働し, 固まった彼, 土色の, 垢だらけに, 堅そう, 増すべからず肥えて, 大きい眼, 大きな岩, 大きな眼, 寒げであった, 寺田は, 小さい身なり, 小さい躯, 小さかった, 小さかつ, 小さくお, 小さくて, 小さくなっ, 小さく髪, 小さく髪の毛, 小さなからだ, 小兵な, 小形な, 小柄の, 少しし, 尖が, 尖ったしかも, 尖った顔, 尖つた肩つき, 尖りしかも, 尖り山体, 居た, 居たため, 居た處, 居つて, 居て, 居ります, 居るし, 居るので, 居る俵, 居る土地, 居れども, 岩が, 岩石の, 峻峭の, 崩さぬその, 左の, 帰った, 帰って, 引緊った, 弛みの, 弱々しいお, 弱くな, 弱そう, 弱って, 弱つて, 心の, 悪魔の, 悲しそう, 憂欝に, 憂欝にな, 手先が, 括れた俵, 拵えること, 支那から, 日に, 昔日の, 春早, 時々心動亢盛, 来たが, 来た面窶れ, 来ました, 来る, 来るし, 来るの, 枯木に, 枯木の, 栄養不良らし, 極りの, 此頃おも, 歩くの, 歩く元気, 歪んで, 歯は, 歸る, 死んで, 気高い聖賢, 気高く可憐, 水の, 浅黒い小さな, 淺ぐろい顏である, 清らかで, 澄んで, 火箸の, 無二の, 熱かった, 爪長く, 片頬肥, 物思いに, 特徴の, 病みついて, 病気にまで, 痛ましく岩骨, 皮膚の, 目は, 目鼻に, 眼玉ばかりが, 着た服, 瞳の, 石楠花が, 硬ばっ, 神経質な, 秋寒し, 稜立った, 穢い背, 立つて, 章魚突く, 筋張った生活, 筋張って, 筋肉質だった, 細いこと, 細かつた, 細くなり, 細れる, 美しき子, 肩が, 背丈が, 背中まで, 腕が, 膚の, 臆病らしく, 良い男, 色の, 色は, 色白き, 色艶が, 色蒼き, 荒れて, 菊之丞, 華奢らしく見える, 萎びきつて, 蒼い頬, 蒼い顔, 蒼白い見る, 蒼白い頬, 蒼白い顔, 蒼白く虚弱, 蒼黒く, 蝋の, 血の気の, 血色の, 行きながら, 行きますのに, 行き癌特有, 行くだけ, 行くの, 行くもん, 行く一方, 行く人, 行つた, 見えました, 見えるまで, 見えるわね, 見える一人, 見える三十前後, 見える敏捷, 見るからに, 角ばったいかにも, 貪婪な, 赤い實, 赤剥だらけな, 身すぼらしい, 身丈が, 身長の, 軽くて, 針の, 銀の, 鋭い顔, 鋭くなった, 長うございます, 長身の, 限りも, 陰惨で, 険しいムク犬, 雀斑だらけの, 霊的な, 露岩の, 青くなっ, 青ざめた顔, 青白い細長い顔, 青黒い隈, 非力で, 面長な, 頼み少き, 飛鳥の, 首を, 骨が, 骨だつ, 骨と, 骨に, 骨ばかり, 骨ばかりに, 骨張つてはを, 骨立っ, 骸骨の, 鳥の, 鶴の, 黄ばんだ皮膚, 黄色に, 黄色の, 黒ずんだ博士, 鼻のばす, 鼻眼鏡を, 鼻隆く

▼ 痩せても~ (64, 5.0%)

45 枯れても

1 [19件] いた, いたし, いない人物, いない連中, いなかった, いなかったこと, いませんでした, ゐた, ゐないと, 丸くふっくら, 二百ポンド以上の, 体面を, 子供や, 居なかった, 気早や, 目の, 薬一服呑ませません, 袴と, 身心の

▼ 痩せては~ (41, 3.2%)

16 いるが 4 いたが 2 ゐるが

1 [19件] あだに, いても, いない, いないが, いないだろう, いないで, いないん, いません, いられるが, いるけれど, いるもの, ゐたが, ゐないなどと, ゐないの, ゐますが, ゐられるが, ゐるもの, 居ずやさしい, 居るが

▼ 痩せ~ (41, 3.2%)

15 へた 2 へし, へてゐた, へ目

1 [20件] うるに, うるを, ふ, へけり, へつつも, へてある, へてこの, へても又, へて來, へて凄まじく, へて吹け, へて喉, へて思案, へて手首, へて畑仕事, へて行く, へぬ, へる画家, へ青總, へ頬肉

▼ 痩せ~ (32, 2.5%)

2 なったの, なったわね, なって, なりましたね, なりまして

1 [22件] き, けり, けるかな, けるかも, しすね, たれか, なったよう, なった宮, なつたせゐ, なつたんぢや, なりお, なりましたが, なりましたねえ, なりましたわ, なりましたわねえ, なるの, 成ったよう, 痩せこけて, 痩せし姿, 痩せた干瓢, 痩せて, 痩せ給

▼ 痩せ~ (30, 2.3%)

1 [30件] だったし, で丈, で上等, で眼, で神経質, で西洋人, ながら人並, な人, な人影, な人物, な頬, のどこ, のもの, の女, の姿, の子, の怜悧, の浅黒い, の熱狂者, の男, の真白い, の細君, の紳士, の美男子, の老人, の背, の長官某氏, の青年, の顔, の高い

▼ 痩せ~ (23, 1.8%)

5 見えて 3 目に, 目立って 2 見えまする心配 1 たで抜けるほど, みえた, 目だって, 目について, 目立つよう, 眼に, 見えた, 見えるの, 見えるのに, 見えるよう

▼ 痩せ~ (20, 1.6%)

2 つた自分は

1 [18件] つた, つたる手指, つたカサカサの, つたクリストフが, つた中年の, つた僕を, つた姿だけを, つた姿を, つた小さな, つた手足などには, つた手足には, つた死者を, つた毛臑の, つた溝鼠の, つた胸を, つた足に, つた顏も, つた顔は

▼ 痩せ~ (14, 1.1%)

2 で背

1 [12件] だった, で, で精力的, で至って, の中背, の方, の男, の端麗, の細, の綺麗, の顔, の顔色

▼ 痩せ~ (11, 0.9%)

2 見えて 1 したの, まだ回復, 目立って, 目立つよう, 目立つ手, 私である, 見える形, 見える細面, 見える顔

▼ 痩せ~ (11, 0.9%)

2 でしたが, に乘つて得意げ 1 が身, じゃとても, であった, の力, の平和, の首ったま, も痩せ

▼ 痩せがた~ (10, 0.8%)

2 の男 1 できりっと, のおとなしい, の婦人, の背の, の若者, の見知らぬ, の顔, の顔立も

▼ 痩せ~ (10, 0.8%)

1 した, したし, しなかったが, し苦労, せじ御覧, せず苦患, せぬとは, 思ひ知らるる悲し, 痩せたり, 窶れも

▼ 痩せ~ (10, 0.8%)

3 のよう 1 すらも目, であるやう, のごとし, の群れ, もものさびしい, よりもなお, を曳い

▼ 痩せ~ (9, 0.7%)

2 やお, を 1 が更に, が目立っ, で何, と人数, をする

▼ 痩せ細つて~ (9, 0.7%)

3 ゐて 1 ゐた, ゐるやう, 小さくなり, 死ぬ時, 老いぼれて, 考へられて

▼ 痩せさらば~ (8, 0.6%)

2 へて 1 うたその, うたやうな, うた身を, ひたるが, ひぬ, へた手が

▼ 痩せたり~ (8, 0.6%)

1 して, じきに, といへども, とても牝牛, ふとったり, 削ったり, 片靨, 肥つ

▼ 痩せ~ (8, 0.6%)

1 こけの, こつの, ぽち, ぽちで, ぽちであった, ぽちな, ぽちのくせ, ぽちの胸

▼ 痩せさら~ (7, 0.5%)

2 ぼひたる斃死 1 ぼい年紀六十, ぼえた馬, ぼひたるしも, ぼへる犬蓼, ぼへる身

▼ 痩せさらぼう~ (6, 0.5%)

2 て樹下岩窟 1 たよう, た一人, た肉体, て見る

▼ 痩せ~ (6, 0.5%)

1 かくすお, そのまま姿, 嘆ず, 見せ顔色, 見つめて, 身に

▼ 痩せ浪人~ (6, 0.5%)

1 ですッ, でで, と青白い, などを寄せつけ, に, の身分

▼ 痩せ~ (6, 0.5%)

1 のゐる, はこの, は苦笑, は頭, を締め殺す, を肥えし

▼ 痩せすぎ~ (5, 0.4%)

1 であったよう, で眼, な若い, の優しい, の細

▼ 痩せ~ (4, 0.3%)

2 が透い 1 の交った, の交つた

▼ 痩せ~ (4, 0.3%)

1 な眉, のせゐで, の男, の鼻下

▼ 痩せ長い~ (4, 0.3%)

1 円柱形で, 円柱形を, 形を, 茎の

▼ 痩せおとろ~ (3, 0.2%)

1 へた, へてゐる, へはては

▼ 痩せかた~ (3, 0.2%)

1 である, で顏, で顔

▼ 痩せてこそ~ (3, 0.2%)

1 いたが, いるけれども, ゐるが

▼ 痩せギス~ (3, 0.2%)

1 で背丈けが普通, の作, の青年

▼ 痩せ~ (3, 0.2%)

1 には米, を掘りかえし, を耕し

▼ 痩せ~ (3, 0.2%)

1 ふ, へば, へりや

▼ 痩せ~ (3, 0.2%)

1 の尖っ, は細く, 立ち色

▼ 痩せたりと~ (2, 0.2%)

1 いえども, 雖も

▼ 痩せ~ (2, 0.2%)

1 ただの, ひどくな

▼ 痩せ~ (2, 0.2%)

1 ちの老人は, ッち

▼ 痩せもしつと~ (2, 0.2%)

2 て姉上

▼ 痩せ~ (2, 0.2%)

1 こけた無生, こけた藝術

▼ 痩せ千々~ (2, 0.2%)

2 に乱れる

▼ 痩せ姿~ (2, 0.2%)

1 の面やうすご味, は完全

▼ 痩せ枯びた人~ (2, 0.2%)

1 ではあった, ではあつ

▼ 痩せ皺びたる顔~ (2, 0.2%)

2 に深く長く

▼ 痩せ~ (2, 0.2%)

2 は人世

▼ 痩せ老爺~ (2, 0.2%)

2 の破れ三味線

▼ 痩せ~ (2, 0.2%)

1 とバラバラ, のついた

▼ 痩せ~ (2, 0.2%)

1 に絡む, を寒肌

▼ 痩せ静脈~ (2, 0.2%)

2 のいくぶん

▼ 痩せ~ (2, 0.2%)

1 が蒼く, は窶れ

▼1* [105件]

痩せ乾鮭か, 痩せかねて青白い顏, 痩せこそまされ憂き, 痩せうもなかつたの, 痩せさらばい小さくなった, 痩せさらばった影に匍, 痩せさらばつた一人の男, 痩せすこし悲しさうになつ, 痩せずっと以前には, 痩せそれに沿う, 痩せそれから断食で, 痩せたりとも枯れたりとも, 痩せちやふで, 痩せちやふからね, 痩せちょろけて, 痩せっぽだ, 痩せつらい雪道を, 痩せてしもうてまだ, 痩せてとがつてゐた, 痩せてばかりゆくこの, 痩せてやがら, 痩せてをります, 痩せござりまする, 痩せ消えかかる雪, 痩せながら働かなければ, 痩せながらも更らに, 痩せにつつしづまる, 痩せになつて何だか, 痩せはてかつ脹れぼった, 痩せほそつたのが, 痩せまして壊血病に, 痩せまたいつもただ, 痩せむと茶を掛け, 痩せもうわずかに三寸角, 痩せりき梅の花心, 痩せッポチで弱虫, 痩せ一層厳しく美しく神々しくなった, 痩せの方, 痩せ且つ疲れた予, 痩せの吠え面, 痩せは氷, 痩せ医務監督も痩せ, 痩せうけた黒住, 痩せも眠られぬ, 痩せ大風の後, 痩せ甚だ長い, 痩せ工合など呼吸器, 痩せ曲りて, 痩せ形髪くろく色白, 痩せに疲れた, 痩せ意地はよせ, 痩せまん, 痩せに小鬢, 痩せ旗本の天下, 痩せ最も澄んで, 痩せにうずい, 痩せか風雪, 痩せは裸, 痩せた小さな, 痩せは骨, 痩せ検事も痩せ, 痩せ次にフィオレンツァは, 痩せの尖る, 痩せ気力は枯れ, 痩せ法師の半兵衛, 痩せ浪人金井一角を住み込ませ, 痩せれて, 痩せよく聴け, 痩せ牢人めが土民, 痩せ犬一匹何ほどのこと, 痩せ田作り米の代, 痩せ病魔に蝕まれ, 痩せ短いから迅, 痩せ秋すみぬ山, 痩せ細いものである, 痩せ細つて渋団扇のやう, 痩せ細つて皺に囲まれた, 痩せ細つて耳の背後, 痩せ細つて背はむしろ, 痩せ細つて頼りない有, 痩せ耕地は少く, 痩せでは羹, 痩せ肥馬は衰, 痩せを抱い, 痩せの痩せ, 痩せは小さく, 痩せも末枯れ, 痩せ落ち物音に敏感さ, 痩せ衰えたこじきが虫, 痩せ衰え今日明日も知れぬ, 痩せ衰え骸骨のよう, 痩せに苦しみ通し, 痩せに沓, 痩せ蹌踉と起ちあがる, 痩せ長くて容易, 痩せ長く高さおよそ, 痩せなどいふ, 痩せは小さく, 痩せを斬り, 痩せ馬なみに市, 痩せ馬の背のよう, 痩せ馬等も多く, 痩せ馬衰へ鼎, 痩せのよう, 痩せ鄙び魂