青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「犯人~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

特有~ ~特殊 特殊~ ~特色 特色~ ~犠牲 犠牲~ ~犬 犬~ ~犯人
犯人~
~犯罪 犯罪~ 状~ ~状態 状態~ 狂~ 狂人~ 狂言~ ~狐 狐~

「犯人~」 4846, 50ppm, 2309位

▼ 犯人~ (1159, 23.9%)

10 それを 9 誰だ 7 外から, 誰でしょう, 誰です 5 被害者の 4 ここに, その場, どこから, 分って, 誰か, 誰だろう, 誰な

3 [15件] いない, そこに, どうした, どこに, 一体誰, 何者か, 別に, 喜三郎と, 外に, 多くの, 少しも, 手袋を, 相当の, 窓から, 絶対に

2 [43件] ここから, ここで, この家, この部屋, これを, その死体, ただ一人, どこにも, もう解っ, わかって, ピストルを, 一体何者, 云うまでも, 何か, 何の, 俺だ, 変装し, 外部から, 女だ, 女である, 家の, 川手氏を, 彼の, 意外にも, 捕まって, 数人又は, 案外早く, 死体の, 殺人の, 永久に, 男だ, 確かに, 私です, 秋川家の, 笙の, 自分の, 被害者と, 裏の, 見つからず事件, 誰かと, 誰だい, 遠くへ, 鍵を

1 [955件 抜粋] あいつに, あすの, あなたより, あの俊敏, あの奇病, あの庭, あの指紋, あの有名, あの片盤, あの醜い, あまり遠く, あらかじめ充分知, あらかじめ弦, あらゆる人間, ある手段, あれだ, いきなり神社, いち早く逃げだした, いったいなん, いつでも, いつもそこ, いないの, いまだ不明, うたがわれないで, おそらく予告, おりかで, お前の, お槙, お源, かげに, かなり小柄, かねて壺, きっとあわて, きっと女, きっと私自身, きつと, こ, こういう事, このごく, このごろお, この七人, この中, この人, この前掛け, この大旆, この女, この指, この春ごろ一時ヒゲ, この状態, この道, この邸内, これから純粋, これだ, これについて, さだ子と, じつに変装, すぐさま図星, すぐに, すこしも, すなわち早川辰吉, せけん, そういう最も, そうし, そうでなく思わせる, そこから, そこまで, そっちから, そのとき室内, そのまま陸伝い, そのカゴ, その上, その兇器, その反対, その呪い, その夜, その女, その川, その昔, その時間, その暗号表, その樺, その裏口, その附近, それきり判らずじまいでした, それすら, それほど愚か, たえずその, たしかにあの, たしかにまだあの, たしかにわれわれ, ただの, ただ少年探偵団員, ただ通りがかり, だいじょうぶか, つかまったかね, つかまったの, つかまらない, つかまらんちゅう話, つかまりませんよ, つまりミミイ嬢, でて, ときどきそれ, とてもつかまりません, どうしてあんなに易々, どうしてもあの, どうしても外, どうしても女, どうしても邸内, どうして出, どうも今日, どうやら皇帝以外, どこかで, どんな人間, どんな手ぬかり, ないよう, なかなか捕まらなかった, なにを, なんという, はじめてです, ひそかに, ひどい猫背, ふたりで, ぶつぶつと, まさしく人形, まず化粧部屋, またもや安心, まだありませんでした, まだつかまっ, まだもう一人復讐, まだ一人, まだ判りません, まだ捕まらない, まだ決定, まだ近く, まんまとそれ, みんな笑い, もうこの, もう石川五郎, もう逃走, もう逮捕, もし自由人, もちろん奇怪, もっと別, やがて毒, やはり小男, やはり犬田博士, よほどの, よほど複雑, わかったの, わからずじまい, わが家に, わりに長い, アイビキ中に, アレだ, インド人じゃ, ウォーカーと, エラ物だ, オタツであった, カラスキー・ゴイゴロフと, グズ弁の, シンちゃんで, スタートから, スッカリ安心し, ダンネベルグ夫人と, ツイこの, ドウヤラこの, ドチラも, ヌキサシならぬ, ハンドバッグの, ヒサの, ピストルの, フランケンさ, プライベイトな, プラットを, マに, マリイ夫人が, メスメリズムを, ヤッパリ俺に, レッド老人の, レヴェズを, 一も, 一事狂者で, 一人で, 一人である, 一体どこ, 一体徳子, 一寸六ヶ敷い, 一度ならず斬りつけたらしい, 一応さだ子, 一羽の, 上告する, 不定期刑を, 不明であっ, 中村警部が, 久しい間検挙, 久吉, 予めその, 事件の, 二人でなく, 二十そこそこの, 云い渡し, 人々の, 人里離れた, 人間でなく, 今君が, 今晩か, 今暁三時五十分ロード, 他に, 伊之, 伊達正男でない, 何も, 何不自由ない, 何処から, 何故人形, 何者ぞ, 何者で, 余程の, 侍者であった, 信次郎に, 俺じゃという, 倉庫の, 倉田由之だ, 偶然最初の, 僕等の, 元々加代子殺し, 先づカロリイナを, 先生で, 全く気, 全身に, 六畳の, 内部で, 内部の, 出なかったらしい, 出来るだけ, 分かったかい, 分かりましたか, 分ってるが, 分らないん, 分りまさアね, 分りましたか, 分るまいと, 判った, 判って, 別々に, 前から, 力の, 加助か, 加十を, 勿論たった一つ, 勿論当該屍体, 区長と, 十中八九まで, 十分の研究を, 千代じゃ, 千代の, 危険を, 叔父さんだ, 台本作家では, 右手片腕の, 同じ人間, 同時に人殺し, 君勇な, 呪い屋か, 四匹の, 四本の, 土岐健助か, 外ならぬ, 外側から, 外来者平戸久作と, 外部の, 多分ロスコー氏, 夜の, 大きな手ぬかり, 大伴シノブ夫人でしょう, 大地に, 天才で, 奄見大島に, 奈々子に, 女だった, 女を, 女性という, 如何なる力, 妙な, 子供だろう, 学界の, 安彦兄さんでは, 安彦君と, 完全に, 実に天人倶, 実に短時間, 実子では, 室外から, 家庭内に, 家庭内の人すなわち, 宿屋などには, 宿所に, 寺内に, 射撃の, 小説の, 居ないもの, 居るもん, 山村なりと, 山雀の, 岸田氏より, 川に, 川田に, 工場内部の, 左利きな, 左利である, 市の, 常に心理, 強盗が, 当って, 当夜夜勤を, 当夜重立った, 当然その, 影も, 役場員だ, 彼が, 彼自身である, 待って, 復讐に, 必ず此, 必要に, 志村のぶ子と, 恐しい, 恐らく容易, 息を, 愈最後, 我々の, 手の, 手首で, 持ち去って, 挙って, 捕まらんと, 捕りません, 捕縛され, 捕縛せられ, 探偵小説の, 探偵小説を, 操縦技術を, 故意に, 料理場の, 新しい殺人事件, 新聞記者の, 既に一台, 日の, 日本人である, 日本人八千何百万人の, 日記帳を, 早坂君でない, 明かに, 明白以上に, 星尾を, 時に一日, 時計の, 暗さ, 更に三たび, 最初その, 有明荘の, 木の, 未だ縛, 未亡人が, 本田を, 東泉寺に, 松山に, 林な, 林田である, 根作です, 案外噂どおり, 梶原正二郎よ, 標的を, 歌川家の, 歎く, 正しく前二回, 此処へ, 此奴です, 残った二名, 毬栗頭, 毬栗頭の, 気違いだろう, 決してわたし, 決して逃げなかった, 決定し, 沢山の, 浮遊物を, 湯滝を, 灰の, 煙の, 牛であるらしい, 特別に, 犯人は, 犯罪にかけて, 犯罪史上に, 犯罪芸術家としての, 犯行が, 犯行後機関車を, 犯行時室内に, 猛烈に, 猫です, 玄関の, 王様じゃ, 珠緒さんだ, 現在どこに, 甚吉でない, 由之氏かね, 男で, 男らしく名乗っ, 発見者の, 白状致しまし, 皇帝をも, 目ぼし, 目付かった, 直ぐと, 相当インテリゲンチャ, 真実の, 着衣を, 石川五郎である, 確実な, 神をも, 秋森家の, 窓の, 立花秀子で, 笠松博士に, 第一回, 糸を, 細巻の, 組合から, 絶世の, 総一郎を, 繍仏の, 美人鷹匠即ち, 美貌の, 考案した, 背が, 自分が, 自分で無い, 自己の, 自転車を, 至極簡単, 色を, 芳男かお槙と, 英国であった, 茂を, 葛飾か, 藤枝と, 行員を, 表へ, 裏切ったどの, 見いだされなかった, 見つからず恐らく, 見つかるまいよ, 誰かという, 誰だって, 誰である, 誰とも, 警察の, 議事堂の, 貴方にも, 貴様だろう, 足利の, 踪跡を, 身の丈五尺一寸前後身体の, 身体ばかり, 車外から, 軌条の, 轟九蔵氏に, 逃げたの, 逃げ去ったもの, 逃亡し, 途, 逮捕されない, 進退きわま, 遂に捕われず, 遂に逮捕, 部屋の, 酔っ払いの, 鋭い兇器, 閉じたの, 間違いなく, 闇夜の, 陳列室へ, 隠微な, 雲を, 電話を, 霙の, 青銅の, 非常に, 順次に, 顔を, 風みたいに, 食堂から, 首を, 駒守, 駿太郎を, 高価な, 鬼神の, 鶴子を, 麻酔剤を, 黒いインド人

▼ 犯人~ (900, 18.6%)

17 顔を 12 名を 10 目星が 8 見当は 7 姿を, 目星は 6 名は, 姿が, 手から, 目星を, 見当が, 足跡を 4 ために, ように, 名前を, 逮捕に, 逮捕を, 顔が

3 [16件] ありかを, すがた, なんらかの形跡, 人間に関する, 使用した, 当てっ, 所在を, 指紋の, 捜索は, 正体を, 特徴を, 目ぼし, 真の, 眼の, 見当を, 身体に

2 [62件] ことで, ことです, ものと, やうに, ような, タイホが, 一人として, 一人の, 一人は, 一撃を, 中の, 仕業である, 仕業な, 作為が, 侵入した, 名が, 名前が, 名前は, 名前も, 圏内には, 外に, 存在は, 巣くつを, 引渡しを, 心当りです, 性格を, 意志が, 所在は, 手が, 手がかりが, 手がかりは, 手がかりを, 手懸りが, 手掛かりは, 手掛りを, 指紋を, 捕縛に, 捜索に, 推定の, 方じゃ, 方で, 正体が, 残した唯一, 為に, 疑いを, 目星さえ, 目星も, 目的は, 真実の, 着物の, 素性を, 自信が, 自白を, 行動が, 足跡が, 足跡と, 身の上に, 逃げた方角, 逃亡を, 通路は, 逮捕は, 顔は

1 [607件 抜粋] あがらんこと, あがる見込み, あくどいトリック, あとを, あの恐ろしい, いずれか, いたずら, いない殺人事件, おおよその, お心当り, お見込み, かくれが, ことだ, ことに, ことを, この奇妙, この空想力, すばらしさを, する気遣い, ずば抜けた空想, そうした執念深い, その日, それを, ただ一つ, たてたプラン, つかまるタメシ, でしょうか, です, ところへ, ところまで, と寸分, ないはず, ない反抗, なかま, なせる, なわじりを, ひとりでござる, ほうで, ほかには, まことに古今, まわし者に, めぼしが, もので, もの他の, もの銀行員の, ようである, わなに, アタリが, アタリを, アトを, カラクリを, ゴム靴の, トリックで, トリックです, トリックの, トリックを, ノンキさトンマさバカさに, ハンカチでしょう, フトコロに, ポケットに, 一人が, 一人であった, 一人と, 一人なら, 一人説を, 一生は, 一番むづかしい使用法が, 一貫した, 上に, 上着だけが, 不思議な, 世にも聡明, 両腕, 中から, 中に, 予定に, 予算に, 事を, 事情に, 二の舞を, 人数が, 人相が, 人相の, 人相書で, 人相書の, 人相風體を, 人間では, 仕業と, 代りに, 仮装だ, 仮面を, 仲間だった, 似顔絵の, 住家だ, 住居までも, 住所が, 住所氏名は, 体重が, 体重と, 作意によって, 作為と, 侵入不可能であった, 侵入路と, 保護司に, 個人鑑別を, 個性が, 偶像を, 入った証拠, 入り込む余地, 内心の, 冷笑癖が, 冷酷な, 出て, 出ないこと, 出ないと, 出入する, 出入りした, 判定や, 判明しない, 利益に, 前でも, 力で, 動きさえも, 動機は, 十兵衛に対する, 印刻だ, 危険は, 古典好みから, 右の, 同類に, 名, 名だけ, 名も, 名前から, 名前で, 名前とか, 名前なんぞ, 名前なんぞは, 呪いは, 呼吸脈搏の, 嘲弄に, 嘲笑癖が, 国籍と, 場合は, 声を, 変装だ, 多いこと, 多数説を, 大失敗, 大成功, 天才に, 天稟学だった, 奴が, 奸計が, 如くに, 如く心細く, 妹に, 姿, 姿も, 嫌疑を, 嫌疑候補者の, 嫌疑者は, 実話を, 実際的, 容易ならぬ, 容疑から, 容疑者として, 寿命も, 将来の, 小柴は, 小牧は, 就縛も, 就縛後一年半以上経過し, 尾行を, 居り場所, 居処, 居処を, 居所に, 左の, 巧なお, 常道である, 帽子と, 帽子を, 幻奇奇怪なる, 幻覚とのみ, 引っこし, 当った答案, 当てつこ, 当てッこ, 当るはず, 形象を, 影さえ, 影と, 影も, 心の, 心もちを, 心事だって, 心事はも, 心像を, 心当りでも, 心理が, 心理であろう, 心理に, 心理の, 心理や, 心理を, 心理状態が, 心算では, 志賀が, 怖ろ, 思惑だった, 急所に, 急所を, 恋人ででも, 悪事を, 悪企み, 悪戯だろう, 悪智慧, 意図である, 意外性, 意志で, 意志によって, 態度に, 戦闘状態が, 戦闘状態たるや, 戦闘状態を, 所持品を, 手がかりなぞを, 手に, 手にも, 手によって, 手ぬかりに, 手の, 手は, 手口に関する, 手口を, 手掛かりが, 手掛かりに, 手掛かりも, 手掛が, 手掛りが, 手掛りも, 手玉に, 手紙です, 手袋の, 手記に, 手際に, 手首に, 技巧が, 技巧には, 拇指な, 指紋が, 指紋です, 指紋でも, 指紋とが, 指紋は, 指紋足跡等の, 捕われること, 捕縛が, 捕縛だ, 捜査を, 捜査範囲が, 捜索が, 捜索ででも, 捜索を, 掌の, 探偵に, 探索が, 控訴権の, 推定を, 推定可能性の, 断定が, 方が, 方に, 方へ, 星が, 智慧の, 智的創造たるや, 智能検査な, 書いたもの, 書いた書面, 書斎が, 最後の, 有無は, 本当の, 条件が, 根本と, 検挙方法を, 権堂賛之, 機先を, 機械と, 武装を, 歩いたところ, 死命を, 残した品々, 殺人の, 殺人宣言と, 気持ちと, 気配が, 汚名を, 決行力を, 注文した, 活躍ぶりを, 準備は, 潜伏せる, 潜伏所にも, 潜伏所を, 無信仰, 爪印が, 父として, 片割, 特徴に, 特徴の, 狙いどころで, 狙いな, 狡智には, 狡猾な, 現実行動な, 生具的表現, 生命でも, 用意周到さに, 異常な, 異形な, 登場は, 皮帽子と, 目当でも, 目撃者に, 目星云々は, 目星容易に, 目的が, 直後に, 直筆である, 相棒とに, 相棒に, 真に目的, 真意は, 眼星は, 着想の, 着衣から, 着衣の, 知れぬの, 知れよう筈, 知れる時期, 知恵が, 破天荒な, 破滅を, 確実な, 神経病的天性を, 神経繊維の, 科学的逮捕を, 科學知識の, 秘密を, 立去った跡, 筆蹟が, 算出は, 範囲が, 範囲を, 精神的外傷, 素性が, 素性その他について, 素性も, 素晴らしい素質, 素質は, 絢爛たる, 絶好の, 絶讃的な, 罪名だ, 考えだすトリック, 耳に, 職業です, 肝を, 肩に, 背丈は, 脱出した, 脳裡に, 脳髄と, 腕は, 自供の, 自供を, 自供以外に, 自信を, 自白などで, 自白は, 自衛策な, 芝居気たっぷり, 若いユダヤ人, 落して, 蛭田博士だ, 血の, 血まみれ男は, 行動と, 行動を, 行動をも, 行動記録計の, 行方について, 行方を, 衣服は, 製造を, 襟首に, 襟首を, 見つからぬの, 見当ぐらいは, 見当などを, 見栄を, 見込が, 親達が, 言った言葉, 言葉, 計画が, 計画通りあまりに, 計算に, 訊問に, 訊問の, 記事などは, 訴訟記録を, 証拠さ, 証拠だ, 証拠には, 詭計が, 警告通り八月九日に, 護送車が, 財産をば, 贖罪を, 足あとは, 足あとを, 足が, 足どりは, 足どりを, 足跡, 足跡その他の, 足跡でも, 足跡なる, 足跡に, 足跡は, 足跡らしい, 足跡らしかった, 跡を, 身に, 身体から, 身元が, 身元を, 身内から, 身長から, 身長は, 車の, 車を, 迷信的表象と, 追跡と, 追跡に, 追跡には, 追跡の, 逃げた道筋, 逃げ出す道, 逃げ道を, 逃らかる, 逃亡が, 這入った形跡, 通り筋に, 通るの, 通路をさえ, 逮捕, 道徳的改善の, 道程標に, 遺した腕時計, 遺留品だ, 酒井は, 釈放言論出版集会の, 鑑別が, 鑑定が, 間に, 陰微, 陳述が, 陳述は, 陳述を, 隠れて, 隠れ場所は, 露出した, 面貌です, 面通し, 靴跡だ, 靴跡の, 靴跡へ, 靴跡も, 靴跡を, 領域に, 頭上に, 頭位は, 頭脳が, 頭脳と, 頭脳の, 顔か, 顔や, 風体が, 風体私は, 飛躍的な, 首に, 首にの, 首実検を, 高飛びを, 魔術とは

▼ 犯人~ (747, 15.4%)

6 いるの 5 分って, 誰だ 4 ここへ, 室内に, 手袋を, 被害者の, 誰である 3 あるから, いるもの, 何かの, 分ったの, 小窓, 持って, 捕まって, 最後に, 現場に, 逮捕される

2 [47件] あがるまでは, あるかも, あるよう, いて, いること, いるという, いるとでも, こちらへ, その場, それを, つかまって, つかまれば, どこに, なければ, ほかに, まだこの, わかって, わからないばかり, 一人だ, 何者である, 例の, 出て, 分かったと, 別な, 叔父さんだ, 同一人, 彼である, 捕まつた, 捕まつたそう, 捕まらないため, 握って, 死体を, 残して, 殺されて, 池の, 犯人自身の, 知って, 私に, 私の, 罪を, 背後から, 自分の, 裏口から, 違って, 邸内に, 部落の, 隠して

1 [587件 抜粋] あいつの, あが, あがらないそれで, あがりそう, あがるまで, あがる村議, あげられいっさい, あげられました, あって, あの小屋, あの怪指紋, あの扉, あの灯, あの窓, あまりに用意周到, ありとあらゆる証拠, あると, あるという, あるの, あるもん, ある場所, あろうとは, いかなる場所, いたんだ, いたんだよ, いた位置, いない, いないのに, いないん, いない筈, いなければ, いま云や, いるか, いるかも, いるからさ, いろいろと, うまくこの, おりますんで, きまらないの, ぐれん隊, けっして自分, ここで, ここに, この世の中, この家, この小門, この径, この意地わる, この方面, この石川五郎, この節穴, この自分, この路地, この邸内, この部屋, これを, こんな若造, すぐ旧, そういうもの, そこへ, そのとき, その家, その岩山伝い, その幻覚, その後どうしても, その日読み, その時, その犯罪, その隠れ家, それからどこ, それほど犯行, それらの, そ奴を, ただ迂闊, だね, ちがうよ, つかまったし, つかまったぞ, つかまらないの, つかまりも, できちゃ, でなければ, でるまで, とび降りた地点, どういう種類, どうしてわからなかった, どうして屍体, どうして逃げ去る, どこからか, どっかに, どれだけの, どんなに喜ぶ, どんな人間, どんな姿勢, どんな手ぬかり, どんな風, ないという, ないん, なお飽き足らず, なぜ猛犬, なわを, にげて, はっきりと, ひそかに, ひとりで, ほんとに姿, まえに, また天才的, まだあがらない, まだうろつい, まだわからぬ, まだ挙げられない, まだ握っ, まんまと捕らわれた, みごとに, もう一つ, もし人造人間, やす子の, やって, やつた, やつて, やはりこの世, やれば, よく知っ, わかったらその, わからないと, わからない江戸, わからなかった, わかりそう, わかりながら, わざと時計, わざわざつけた, わざわざ帰っ, わざわざ衣服, わざわざ警察官, わたしの, インテリだって, カーブの, クリヴォフ夫人を, スリ代っ, ソンナに, テーブルの, トラックで, トンマの, ハンガーだ, ヒステリー患者の, ピロカルピンを, ボストンバッグを, ボルジアの, メモや, ヤット口を, ロンドンの, 一人であった, 一向遁げ, 一日も, 一筋縄で, 三谷の, 上って, 上らないと, 世間の, 乃田家の, 久作とは, 事実友松であった, 二人いた, 二人の, 二個の, 五人の, 五尺ある, 亜太郎を, 人形の, 人見である, 今ここに, 今井君と, 今井君を, 他に, 他の, 仲間である, 何かを, 何となくドキンドキン, 何よりも, 何人である, 何故あの, 何故絲, 何者だ, 余り落着払っ, 余程複雑, 作った密室, 偶ま, 偶然その, 偶然残し, 僕でない, 兇行に, 兇行後逃げ出し, 先に, 入りこみさまざま, 全く秋川家, 全然居なかった, 写真に, 出ないと, 出れば, 出來心, 出入しなかった, 出来上るって, 分かったか, 分かったよ, 分ったと, 分らないせい, 分らなかったわけ, 分りますかい, 分るから, 分るの, 刑の, 判ったわけ, 判つ, 判りました, 判りましたか, 判るの, 別々に, 別の, 前もって獅子, 前夜被害者が, 前科者だ, 勝手の, 化けたもの, 医師である, 千代子と, 千里眼の, 南京虫の, 叔父さんの, 右利きなら, 同じ土地, 君勇だったら, 呉羽嬢に対して, 唯一つ気, 喜多公と, 執筆投函した, 堀見, 堂内に, 夏川さんなら, 外から, 外ならぬ, 外に, 外へ, 外部から, 外部に, 夢殿の, 大きな面, 大力である, 大天才, 大抵福岡県人, 天才の, 夫人の, 夫人や, 奈々子さんを, 奈落から, 奪ったもの, 女である, 女でなかつた, 女なんて, 女を, 女探偵, 女賊, 如何なる種類, 姿を, 婦人の, 子を, 学者なら, 宗像博士と, 室内へ, 家庭外に, 寝室に, 實際は, 審問に, 少くとも, 居た形跡, 居ない, 居るから, 居ると, 居るに, 屍体を, 川へ, 左利でない, 巧妙に, 己れ, 市さんだろう, 平凡な, 平生親日家を, 広告し, 弟の, 弾丸を, 当たるはず, 当るの, 当るよう, 彼だ, 彼の, 彼自身の, 後で附けた, 後日に, 後様に, 御丁寧, 御子息, 必ずそこ, 忍び込むには, 志村のぶ子と, 怖い, 思いも, 怪人二十面相と, 恩田さんの, 意外なる, 意外の, 感づいて, 或る, 手ずから小包, 手で, 手剛い, 手型を, 手拭が, 手裏剣を, 投げたの, 指摘され, 指摘される, 指紋よりも, 指紋を, 挙がるとは, 挙がるよ, 挙ったという, 挙った上, 挙らないうち, 挙らないばかりか, 捕えられるの, 捕った, 捕つた, 捕まったから, 捕まったって, 捕まったら最, 捕まらないみたい, 捕まらぬ時, 捕まりましたよ, 捕まるまでが, 捕まるまでも, 捕りますかな, 捕るの, 探偵を, 推定しうる, 掴まって, 掴まると, 擧がる, 放火の, 新しくそれ, 既にこの世, 既に警官, 早くつかまる, 早くも, 易々として, 昨夜駿太郎を, 暴露すれ, 書いて, 最初に, 最近北陸線の, 有能有徳の, 未知の, 札ビラを, 来なかったという, 林田だ, 案山子に, 機関車に, 檻禁され, 次々に, 武器を, 歩き続けたと, 死なないうち, 死んだこと, 死んで, 死人の, 死体の, 死体隠蔽の, 殺されると, 殺害を, 殺意を以て, 毒薬を, 気の毒だ, 気付きますよ, 決して兵士たち自身, 津多子を, 津多子夫人の, 浴槽に, 消したのに, 涙を, 渡英し, 烏啼である, 無事に, 無意味な, 犠牲者の, 犯人だけに, 犯行の, 犯行を, 犯行後に, 犯行後まもなく, 犯行後綱渡りその他の, 犯行後脱出した, 狼狽えるだろう, 猶太人, 現れた, 現れた場合, 生きて, 生きてさえ, 用心し, 由蔵の, 男か, 男で, 町かどを, 異つ, 白と, 白痴である, 皆目分りやしない, 皇帝を, 盗んだという, 目論んだ反対暗示, 直接に, 相当の, 真先き, 真夜中前に, 知れず所謂事件, 知れたの, 知れたよ, 知れぬという, 礼拝堂の, 窓を, 立ち去った直後, 築いた大, 素人探偵を, 網に, 総一郎を, 総監自身であろう, 老人と, 考えたこと, 職業的専門家なる, 腹話術師の, 臨終の, 自分で, 自首しなかったら, 舟を, 芸術家なれ, 若い女, 落したの, 血を, 街頭の, 被害者に対して, 被害者を, 裁判に, 見つかったかと, 見つからないと, 見つかるまでは, 見つけたい為, 見つけ出される経路, 見上げた眼付, 規律の, 解放される, 訪ねて, 証拠でも, 誰な, 警官に, 警察官である, 貼付した, 贓品を, 赤色の, 跳躍した, 迂回し, 近所で, 逃げださぬよう, 逃げだしますよ, 逃げだすと, 逃げだすまでの, 逃走した, 逃込んだ, 通りから, 通れば, 逢痴である, 逮捕され, 逮捕された, 邸内の, 部屋に, 部屋を, 部屋中を, 郵便配達や, 重大な, 金属, 鐘の, 鐘楼に, 限定される, 階上の, 隠れて, 非常に, 靴を, 風呂番の, 首を, 高飛びしなけれ, 高飛びを, 鳴らして, 鶴子を

▼ 犯人~ (578, 11.9%)

16 知って 7 捕えること, 発見する, 見て 5 あげて, つきとめて, 探して, 推定する, 見つけて, 逮捕する 4 当てるなどという, 探し出して, 検挙する, 決定する 3 お当て下さい, 指摘する, 捕えて, 探せという, 教えて, 見たという

2 [39件] かばうため, きめるの, して, つかまえて, つかまえなければ, つかまえます, つかまえるため, とらえたと, 取り押え, 告発し, 平次親分が, 当てて, 指して, 挙げるの, 捕まえて, 捜し出して, 捜し出そうと, 捜索する, 探させましたが, 探し出さなければ, 探すこと, 探すに, 探すの, 推定しうる, 推理する, 揚げて, 男と, 知ってると, 知らないと, 自白せしめる, 製造し, 見たかも, 見つけたの, 見つけだすこと, 見つけようと, 讃美する, 追跡し, 逃がして, 逮捕し

1 [399件] あげたいとは, あげたら足下, あげるため, あげる見込み, あて若し, あの骨, いい気持, おびき寄せて, おびき寄せるため帆村探偵, お当てなさいで, お探し, お知り, お考え, お考え下さい, かくすの, かばうこと, かばうと, かばう場合, かばう気持, かりにノロちゃん, きいて, きかせて, ききましょうよ, くらませる役, ここで, こしらえて, さがさなくちゃ, さがしても, さし出せとの, さとったの, しっかりと, しつて, すでに知っ, せんさくし出さなけれ, その逮捕前, それに, だんだん問いつめ, つかまえたこと, つかまえたって, つかまえてから, つかまえない, つかまえること, つかまえるよりも, つかまえる約束, つきとめその, つきとめたか, つきとめること, つきとめるため, つきとめ書類, つき止めたの, つくらないこと, つくりかえるん, とらえたとでも, とらえたよう, とらえて, とらえないからと, とらえようという, とらえるの, どう考え, どこかで, にがしたわけ, ひきわたすからね, ひきわたすの, ひっくくろうと, ひったてて, ひっとらえようと, ひッ, ほぼ察したらしく, まんなかに, まんまと逃し, めぐる神秘, ゆだんさせて, オイソレと, タタキ上げ, テストする, ナポレオンなり, ノメノメと, ヒネリ出し, ピタリと, フシギがる, 一人作る, 一刻も, 一種の, 乗せた車, 乗せて, 今本庁, 仕立てたところ, 仮定する, 伊達だ, 伯爵だ, 伴った人形, 何とかし, 作つて梅の, 保護し, 偽物だ, 充分に, 出すまいと, 分らせるため, 別に, 前へ, 博士であろう, 即刻捕らえろ, 即刻逮捕せよ, 却って分らせる, 収容し, 取って, 取りのがすよりは, 取り巻いて, 取り逃がすなどという, 取調べれば, 取逃がしたの, 取逃がすところ, 取逃しちゃったね, 召捕るの, 司令官に, 名ざし, 名差し, 名指すこと, 否定し, 吹き送る, 告げたもの, 告発しなかった, 告発する, 和尚単独に, 嗅ぎだして, 嗅ぎまわった, 国外に, 外に, 奪おうとして, 奪われて, 女と, 姉妹の, 定めるかも, 定めること, 実例として, 室内へ, 家の, 察したの, 尋ねるという, 少し買, 尾けたり, 尾ける, 山田と, 山田源之助だ, 岡田道彦と, 庇って, 庇護って, 弁護する, 引き出すの, 引つぱり, 引ッ捕え, 引出して, 引括る, 引渡して, 引渡すからと, 当てきる, 当てたら賞金, 当てようたって, 当てようという, 当てられたウラミ, 当てられた恨み, 当てられた方, 当てられた村田モト子さん, 当てると, 当てる率, 待つの, 御存知か, 御引渡し致します, 必罰する, 怖れ, 思い出したと, 思い出し二十人, 恐れるらしく秘術, 恐れ入らせる最良, 想像する, 意外な, 愕か, 慕ひなつかしむ, 憎いと, 手に, 承知の, 押えようと, 拈出する, 拷問する, 持ちだして, 指名する, 指摘した, 指摘し得られるであらう, 指示させる, 指示する, 挙げさえ, 挙げて, 挙げようと, 挙げるつもり, 捉えたって, 捉えに, 捉えること, 捉えるため, 捉える手掛り, 捉える際, 捉へる, 捉まえ, 捕えずには, 捕えたいもの, 捕えただろうという, 捕えたら一先ず, 捕えなければ, 捕えねば, 捕える, 捕えると, 捕えるまでに, 捕える無, 捕まえたい, 捕まえますよ, 捕まえるの, 捕まえるダケ, 捕らえたいと, 捕らえたの, 捕らえに, 捕縛し, 捜しだすばかり, 捜して, 捜し出しても, 捜し出すこと, 捜すつもり, 捜す便宜, 捜す方, 捜査し, 捜査した, 捜索中な, 探がせ犯人, 探しあてるつもり, 探しだそうと, 探しに, 探しまわつて, 探し出したに, 探し出す, 探し出すこと, 探し出すでしょう, 探し出すの, 探し出そうと, 探すぐらい, 探すため, 探すやう, 探そうと, 探り出す手段, 推定された, 推定し, 推定するなら, 掴まえたがね, 掴まへ, 搜し出さう, 擧げさ, 擧げた者, 擧げようと, 擧げるつもり, 擧げる口, 敢えて仮想, 数人白状せしめる, 断ずるよう, 早くつかまえる, 明かしてからに, 明らかに, 明るみへ, 明示し, 最後まで, 本当に知っ, 検挙し, 検挙しえぬなら, 検挙せ, 極刑に, 極力捜査, 正義の, 殺して, 殺しては, 気取って, 求めよう, 求めようと, 決めて, 決定したいです, 海老塚と, 犯罪を, 狩り出して, 生みつつ, 用心させる, 男である, 疑ること, 痣蟹の, 痴情の, 発見し, 発見しよう, 発見し得たなら, 発見し得たら, 監視し, 目撃した, 直覚し, 知っとるの, 知つ, 知つてる, 知らない規定, 知らない限り幽霊, 知らなければ, 知りながら, 知る代り, 破門する, 確める, 確定する, 私, 科学的な, 秤る, 突きと, 突きとめる必要, 突き留めたに, 突止めて, 突留めたい, 算出する, 精神的に, 終身拘禁しよう, 群衆へ, 群集の, 考える, 考えること, 脅迫し, 自分で, 自分の, 自滅させ, 自白せし, 自首さしたら, 苦しませて, 苦しませるには, 茲迄引き寄せ, 裁くもの, 製造する, 見いだして, 見うしなって, 見たから, 見たと, 見たの, 見た人, 見つけだすだろうと, 見つけだすつもり, 見つけなすッ, 見つけましたね, 見つける上, 見ながら, 見ぬいて, 見出さなければ, 見出す事, 見出す見当, 見分けるの, 見逃したの, 見逃すよう, 見遁す, 見附けました, 解く謎, 解説する, 言ひ, 訊問する, 許して, 評して, 誘き出しその, 誘き出して, 誘き出せるかが, 誘き寄せるには, 誰だ, 誰とも, 調べた, 論断する, 警察へ, 警視庁へ, 護送し, 護送しなけれ, 買い被って, 費用自弁で, 赦免する, 迎え入れた事実, 迎え入れた心理状態, 追いつめたかと, 追い込んで, 追っかけて, 追っかけ廻し, 追って, 追わぬわけ, 送って, 逃がしたかど, 逃がしたが, 逃がしてはと, 逃したこと, 逃して, 逮捕されたる, 逮捕せん, 逮捕に, 逸して, 適当に, 選びだすの, 金も, 閉込めて, 驚かしたか, 髣髴と

▼ 犯人~ (167, 3.4%)

5 睨んで 4 すれば

2 [15件] すること, 信じて, 做すは, 同一人, 犯行の, 目され, 目星を, 被害者と, 被害者とは, 見せるため, 見て, 言うの, 認めるの, 認める理由, 認める第

1 [128件] いうほどの, お認め, きまってるの, きまれば, きめて, きめられて, きめるの, この幼児, この犯人, さとらせては, されるに, されるわけ, しなければ, すると, するに, する証拠, どっちが, なった, なった者, なって, ひとりぎめにしていたのである, ふに, みる方, よび指, よび頭, クリヴォフ夫人との, コスモスと, ロス氏の, 一つ一騎打の, 一緒といふ, 二十日の, 云われたが, 交渉を, 何かの, 信じた場合, 信ずる人, 僕が, 全く関係, 共犯者の, 分ったとき, 分りましたか, 判ったん, 判つ, 判断し得べき, 判断する, 即時釈放の, 取組あいを, 同じ心持, 同一である, 同一の, 同一人物, 同様に, 名乗り出て, 呼ばむと, 噂し, 定まるまでは, 定められたの, 定められて, 少くとも, 屍体とを, 彼女の, 思いこまれたわし, 思い乍ら, 思い込んで, 思う, 思って, 思われるあの, 思われる人, 思われる者, 思惟し, 手紙の, 抽象ばかり, 指摘した, 推定する, 断じて発表, 断ずべき物的証拠, 断ずるだけの, 断ずるの, 断定する, 時間的に, 決まった訳, 決めるに, 決定し, 法水と, 犯人の, 珠緒の, 疑い得べき伊達正男, 疑られるの, 疑われて, 疑われる筈, 目される, 目ざす男, 目せられるの, 目指されて, 眼指され, 睨まれるに, 知ったでしょうか, 確定した, 考えて, 聞いて, 腕くらべを, 被害者が, 製氷会社と, 見せかけた着想, 見たの, 見たり, 見た目に, 見られても, 見られは, 見られる事, 見るの, 見る外, 見立てられたの, 見立てられるの, 覚しき怪物, 解ったか, 解りました, 認めて, 認めないで, 認めるという, 認めるに, 認める訳, 誤認された, 談笑し, 軍刑法に, 轟九蔵氏との, 追っかけるきみたち, 駿太郎を

▼ 犯人~ (147, 3.0%)

6 ということ, とすれ, と思う 4 というの, という事 3 という証拠, ときめ, と云っ, なんて 2 つたと, と云, と仮定, と信じ, と思った, と思われ, なんてそんな

1 [95件] かお, かさつ, かそれ, からさ, からと思い, からね, かを教え, か分らない, か極まらない, か見当, が畑中, つたという, つたのか, つても, てえ, というよう, というん, という万代不易, という意味, という直, という結論, という錯覚, という風, といえぬ, といったのかね, とおっしゃる, ときめつけられた, ときめられる, としたら, としていい, としてもまさか, としても脅迫状, とする, とはどうしても, とは云いきれない, とは信じられん, とは思えない, とは思わない, とは思わなかった, とは思われない, とは想像, とは書いてなかつた, とは気づかれぬ, とは知りませんでした, とは突飛, とは言われません, とは限らない, とは限るまい, とばかし思い込ん, とばかり思っ, とまだ, とも考えられない, とハッキリ, と世間, と云う, と云ってる, と仰, と仰有る, と信じきった, と口, と名指す, と心当り, と思いません, と思っ, と思わせ, と指定, と断定, と断言, と新聞, と極める, と正面, と気がついた, と気がつけ, と決して, と決定, と申した, と知っ, と知れる, と確信, と答える, と自白, と言う, と言った, と言ってやし, と言ってる, なぞとは誰, などといった覚え, などとはとても, なんてあんまり, なんてどうして, なんて極める, なんて誰, よ, ッ, 悪魔の

▼ 犯人~ (145, 3.0%)

3 相違ない, 違いない 2 あの筋書, きまって, ちがいない, とると, 会って, 外れは, 非ず

1 [125件] あの殺人, あらず, あらずと, あるかも, きまってるじゃ, きまってるの, きめられて, この人, これほど, こんな大胆, された所, されて, したって, して, しては, してやられたの, しようと, し度, するとは, そんな手ぬかり, たった一ヶ所頭, たのまれて, ちがいなく, ちがいなし, ちげえ, ついちゃ, ついで奇妙, でっち上げて, とびかかって, なお戦争, なさりゃしないでしょうね, なった恐怖, なつたり, なにか音, ならないという, なりましたが, なり得るの, なるか, なると, なるとは, なるの, ねらわれて, はちよつと, ふさわしいと, ふと出会, むかって, もう逃れる, やられたの, ウルリーケを, ナミ子は, バカされる, ピッタリ来る, 不利益な, 九分九厘違いない, 仕立てて, 仕立て裸体, 似て, 似合わないね, 便宜を, 先手を, 凝視され, 利用される, 十が, 危険が, 向わなくちや, 好意を, 如何なる口実, 就いて, 就いては, 就ての, 強く印象, 当てて, 御想像, 心当りの, 恨みを, 惨殺された, 想像される, 愚弄された, 感謝状を, 手錠を, 択ぶには, 持物まで, 指摘され, 指摘される, 指摘しよう, 擬したこと, 擬すると, 擬せられたの, 殴打され, 殴打された, 気付かれますよ, 決定したくなく, 注意を, 狙われて, 用が, 疑われる心配, 相当の, 相違ありません, 相違ありませんでした, 相違あるまい, 知られて, 私の, 考えつくこと, 自白させ, 花井を, 苦痛と, 苦痛を, 見えまいと, 言うよう, 訊くの, 話しかけるなど, 課した僕, 警告を, 警戒させない, 跟随い, 跳びつくよう, 近いと, 近づくこと, 追いつくこと, 通じたり, 過料銭を, 関係した, 關し, 附纏っ, 麻酔させられた

▼ 犯人では~ (67, 1.4%)

9 ありません 5 なくて 4 ない, ないかと 3 ございません, ないと, ないという 2 ありませんでした, あり得ない, ないの, なさそう, 有り得ない

1 [26件] ありえないという, ありますまいね, ありませんか, ありませんが, あり得ないよう, あるまいが, あるまいと, あるまいな, ございませんと, ないかという, ないかなと, ないかも, ないくせ, ないこと, ないそういう, ないであろう, ないな, ないらしい, ない犯人, ない理由, なかった, なかろうが, なくなる筈, なくむしろ, なく畑柳庄蔵, なく諸方

▼ 犯人~ (57, 1.2%)

2 たった一つ手ぬかり

1 [55件] あなたの, いまだに正体不明, さほど気, さるもの, そこを, その一つ, その三造, その辺, つかまらなければ, とらえて, ないこと, まるで活動写真, やがてわし, やす子の, やっぱり機械, わからずじまひ, ニセモノとは, 一と, 不必要, 事件発見者の, 亦彼, 何か, 何も, 兇器も, 兜を, 共に或, 出なければ, 出ますけれども, 分ったという, 分って, 判明する, 別な, 到底知ず, 同じ人間, 吸血鬼も, 姿を, 少ない, 御存知です, 必ず此処, 憎悪や, 捕まえず頬冠, 捕まるだろうに, 新十郎, 案外オメデタイ人物, 気付かずに, 知って, 知らなかったそれだけに, 突きとめ, 自分の, 被害者も, 被疑者も, 逃げるか, 遂に悪運尽, 重吉では, 駿太郎の

▼ 犯人である~ (55, 1.1%)

5 ことを 3 ことに 2 かない, かのよう, ことは, と云う, と考え

1 [37件] かも知れない, かも知れぬ, かを知る, か知っ, ことが, ために, ということ, というそこ, というの, という直接証拠, として被告人相互, とつきとめた, とは, とは信じなかつた, とは思われず, とは言いたくない, と判った, と思わせる, と断定, と考えた, と考えるべき, と見る, と論断, なしは, はずは, ばかりで, ような, 三谷君が, 事は, 事を, 人物が, 動機他人の, 場合も, 夫人は, 岡田は, 投書を, 確証が

▼ 犯人でない~ (54, 1.1%)

8 ことは 4 ことを 2 とする, とすれ, と信じ

1 [36件] かも知れない, かも知れぬ, ことが, ことだけは, ことと, というあかし, というの, というレッキ, という心証, という理由, という見込み, という証拠, という説, とおっしゃる, ときめる, としても少く, となっ, と主張, と云い張った, と分かった, と判明, と思う, と考える, と言う, なんて一体, のなら, のは, ものには, もの迄が, 事でございます, 事は, 事を, 場合に, 証拠は, 説と, 顔を

▼ 犯人として~ (53, 1.1%)

2 ここに

1 [51件] これほど, さきに, そこに, その場, どの位頭, グレニエという, 伝えられ新聞紙上, 兄を, 公判に, 処刑されました, 処刑する, 刑に, 刑の, 判定し, 告発し, 告発する, 妹秋川さだ子と, 始めは, 小林大内が, 引き出して, 彼が, 指して, 捕えられて, 捕へられたの, 捕まえようとは, 捕まったとしても, 捕縛され, 捜査される, 摘発する, 新撰組の, 日本警察に, 早速警察, 星田は, 検挙する, 死刑の, 画き出すほか, 疑うべき人物, 疑って, 疑わるべき場合, 眼指さるるべき, 秀蓮尼だ, 考えても, 見るさ, 警察へ, 警察署へ, 貴方を, 起訴した, 逮捕され, 逮捕した, 逮捕に, 遠く東京へ

▼ 犯人という~ (22, 0.5%)

8 のは 2 ことに, のが, のを, ものは 1 ものが, わけだ, ワケか, 問題な, 男が, 称号は

▼ 犯人~ (21, 0.4%)

2 あり得ない

1 [19件] あつた, ありうるの, ありうるもの, ありうる多様, あり得なかったか, でも, どう考え, 在獄中, 執行猶予に, 彼の, 恰も僕, 悪かったら, 有りうるかって, 有り得ないという, 服役中の, 法水の, 珍らしい, 疑問の, 良心の

▼ 犯人~ (21, 0.4%)

5 のだ 4 んです 2 のです, もんけ, んだ 1 のでございます, のでしょう, のでその, もんか, んじゃ, んでございます

▼ 犯人なら~ (21, 0.4%)

1 [21件] いくら何ん, いざ知らず, お前を, こういう条件, その逸脱, ばできただろう, ばもっと, ば上請, まずこの, もうダメ, 先刻引き揚げ, 始めから, 山口を, 当然ここ, 手が, 既に今頃, 昨日の, 犯人と, 砂袋を, 神様が, 電灯の

▼ 犯人らしい~ (21, 0.4%)

2 男が

1 [19件] ため真犯人は, ところも, と各, のが, のは, ものが, ものの, ものは, ものを, 人影は, 人物を, 多くの, 奴が, 怪しい者, 有力者でも, 条件が, 男の, 者が, 者を

▼ 犯人自身~ (19, 0.4%)

1 [19件] がそこ, が匿名, が探偵, が斬り取っ, が知っ, が知識階級, が自ら名告ら, が飲みこん, が鳩舎, ではない, で犯人, の安全, の秘密, の罪, の識別, の購読, はあくまで, もやす子, も教会

▼ 犯人逮捕~ (18, 0.4%)

2 の端緒

1 [16件] で第, に一千弗, に努力, のこと, のビラ, の可能性, の懸賞金, の手はず, の指令, の日限, の欣び, の段取り, の現場, の緒, の通知, はむずかしかろ

▼ 犯人でも~ (16, 0.3%)

4 ないもの

1 [12件] いいけどね, かまわないよう, さがした方, ない男, やらないよう, ダイヤルで, 同じよう, 尻尾を, 挙げたよう, 自分の, 追いこんで, 追いつめるよう

▼ 犯人とは~ (16, 0.3%)

1 [16件] なんの, ひと組ずつ, まつたく別, わしも, 信じて, 切り離すこと, 思いも, 思って, 思ひも, 思わないが, 意外な, 決して, 決って, 見えない, 連絡が, 非常に

▼ 犯人たる~ (14, 0.3%)

2 ことを

1 [12件] ことは, のみで, の嫌疑, の証拠, やいかにも, ベディッグトン以外の, 事實を, 二人の, 仮想の, 怪魔人は, 第四者, 院長の

▼ 犯人だった~ (14, 0.3%)

2 というトリック, のか 1 からでしょう, ということ, という長編, としたら, とすれ, とは, と信ぜられよう, のだ, のでしょう, のです

▼ 犯人には~ (14, 0.3%)

1 [14件] そこに, その手真似, その程度, もともと戸籍帳外, ニヒリストを, 事実を, 仮象を, 判るまいと, 同行者の, 困ったこと, 妖犬馬獅子の, 毒物の, 精神異常者が, 逃げられたけれども

▼ 犯人嫌疑者~ (13, 0.3%)

1 [13件] が拘束, が警察, としてこちら, として一人, として捕らえられた, として逮捕, と考えられた, になった, の一人, の信次郎, を引張っ, を濫, を片っ端

▼ 犯人捜査~ (13, 0.3%)

2 を依頼

1 [11件] でこんなに, にあたっ, にしたがっ, につとめたる, に夢中, に手, のため, の令, の依頼, の為わざ, は言わずもがな

▼ 犯人捜索~ (13, 0.3%)

1 [13件] には警視庁管下, に就い, に来, に狂奔, に着手, の回状, の手, の手段, の目標, の責任, の顛末, を依頼, を担当

▼ 犯人~ (12, 0.2%)

3 否かを 1 それは, どうか, どうかという, どうかは, 又は第三者, 少くとも, 或は偶然, 犯人の, 自然に

▼ 犯人じゃ~ (12, 0.2%)

2 ありません, ないか 1 ない, ないかと, ないかね, ないから, ないと, ないよ, アない, ア手当の

▼ 犯人であった~ (12, 0.2%)

2 ことが 1 かも知れません, ことを, というトリック, という場合, という意外性, という着想, としたなら, としてもそれ, とすれ, 事を

▼ 犯人です~ (11, 0.2%)

21 あの人, からその, からつかまえよう, から何, から僕, が如何, って何, と白状, まだ遠く

▼ 犯人から~ (9, 0.2%)

1 出たもの, 審問され, 彼が, 掠めて, 特別つよく, 第二, 紳士の, 脅迫状はきました, 興奮曲線を

▼ 犯人~ (9, 0.2%)

1 が街, と同じ, にとって彼, の自決, の間, の顔, はある, は男らしく, は転向

▼ 犯人たち~ (7, 0.1%)

1 が博士, が昨晩, の口, はどんな, はまんまと, は高飛び, を守っ

▼ 犯人だって~ (7, 0.1%)

1 たまらなくなっ, ちょッと, やっぱり苦しむ, 一同が, 事を, 云うん, 油断を

▼ 犯人としての~ (7, 0.1%)

1 ある人物, のっぴきならぬ, 動機が, 容疑は, 疑いは, 自分の, 自己意識が

▼ 犯人に対する~ (7, 0.1%)

1 その人間, 予審判事として, 先入観を, 刑の, 宿命の, 気持は, 目星を

▼ 犯人探し~ (7, 0.1%)

1 などといかにも, にうつります, の会, の当日, をし, をやろう, を言いだした

▼ 犯人でなかった~ (6, 0.1%)

1 ことは, という空想, としても判事, にも拘わらず, ばかりでなく, 二人が

▼ 犯人にとって~ (6, 0.1%)

1 とうてい避け, はなはだ有利, 女中が, 子供は, 最も危険, 法律的に

▼ 犯人によって~ (6, 0.1%)

1 何か, 各々バラバラに, 暴力的に, 本能的に, 発見された, 行われて

▼ 犯人推定~ (6, 0.1%)

1 が決して, の引算, の根拠, を流行らせた, を行う, を試みた

▼ 犯人との~ (5, 0.1%)

1 しかも遠い, 一人二役を, 心理闘争に, 間柄は, 関係を

▼ 犯人について~ (5, 0.1%)

1 大江春泥から, 未曾有の, 毬栗頭で, 疑って, 知って

▼ 犯人にとっては~ (5, 0.1%)

1 この上屍体, はなはだ遺憾, わずか冷笑, 何とやら, 可なりに

▼ 犯人にも~ (5, 0.1%)

1 会わなくちゃ, 出会ったが, 影響を, 盲点という, 護衛を

▼ 犯人~ (5, 0.1%)

1 二重結婚者で, 反社会思想, 堂々たる国事犯人, 悪計, 被害者は

▼ 犯人よりも~ (5, 0.1%)

1 すぐに, なによりも, もっと怖, 耳が, 遙かに

▼ 犯人容疑者~ (5, 0.1%)

1 が逮捕, として引かれ, として本式, まで用意, をからかう

▼ 犯人かも~ (4, 0.1%)

1 しれんという, 知れないし, 知れぬという, 知れません

▼ 犯人だろう~ (4, 0.1%)

1 か, とは誰, と推定, と推理

▼ 犯人でなけれ~ (4, 0.1%)

2 ばならぬ 1 ば手, ば絶対

▼ 犯人とか~ (4, 0.1%)

1 嫌疑者とかいう, 真実は, 腑に, 自白とか

▼ 犯人に関する~ (4, 0.1%)

1 意見を, 推断が, 証跡が, 証跡を

▼ 犯人以外~ (4, 0.1%)

1 には機関車, にもすでに, に一人, はみな私

▼ 犯人~ (4, 0.1%)

1 と同一犯人, には僕, のたしか, はこの

▼ 犯人すなわち~ (3, 0.1%)

1 伊達又は, 皇帝誘拐の, 秋川駿太郎の

▼ 犯人だったら~ (3, 0.1%)

1 どうする, 是非隠さなけれ, 決して

▼ 犯人であり~ (3, 0.1%)

1 うるかという, それを, 犯行を

▼ 犯人であろう~ (3, 0.1%)

1 とは気がつかなかった, と推定, と疑っ

▼ 犯人でなく~ (3, 0.1%)

1 ても誰, ともその, 誰かの

▼ 犯人としては~ (3, 0.1%)

2 車夫仲間へ 1 天下に

▼ 犯人としても~ (3, 0.1%)

1 いったいこの, また優れた, 成立する

▼ 犯人ども~ (3, 0.1%)

1 がともかく, はいま, はたぶん

▼ 犯人なる~ (3, 0.1%)

1 にもかかわらず, ものの, 勘当宗助はたして

▼ 犯人なんか~ (3, 0.1%)

1 なかなか分りゃいたしません, 必要ない, 追放する

▼ 犯人によ~ (3, 0.1%)

1 つて最初の, つて発見された, つて行われた

▼ 犯人ばかり~ (3, 0.1%)

2 探して 1 では

▼ 犯人~ (3, 0.1%)

1 たまらなくなっ, と千鳥波, 御婦人

▼ 犯人らしくない~ (3, 0.1%)

1 ときまる, となる, 条件も

▼ 犯人宋江~ (3, 0.1%)

1 なる者, の兇悪さ, を即刻

▼ 犯人御両~ (3, 0.1%)

2 名の 1 名は

▼ 犯人捕縛~ (3, 0.1%)

1 である, と五百万円ダイヤ取り, の最も

▼ 犯人~ (3, 0.1%)

1 などがアッパレ, なら手荒, はテクニシャン

▼ 犯人からの~ (2, 0.0%)

1 脅迫状を, 通信に

▼ 犯人さえ~ (2, 0.0%)

1 わかれば, 来て

▼ 犯人さがし~ (2, 0.0%)

1 に内輪もめ, の競争

▼ 犯人そのもの~ (2, 0.0%)

1 の影, を見つける

▼ 犯人だけ~ (2, 0.0%)

1 です, では

▼ 犯人であっ~ (2, 0.0%)

1 てお, てもフシギ

▼ 犯人であれ~ (2, 0.0%)

1 ばその, ば以上二ツ

▼ 犯人でしょう~ (2, 0.0%)

2

▼ 犯人とも~ (2, 0.0%)

1 思われません, 見当を

▼ 犯人など~ (2, 0.0%)

1 どうで, ないん

▼ 犯人なんて~ (2, 0.0%)

1 モノじゃ, 誰だって

▼ 犯人についての~ (2, 0.0%)

1 不可能, 意見

▼ 犯人にと~ (2, 0.0%)

1 つては, つても

▼ 犯人にとっても~ (2, 0.0%)

1 危急存亡の, 思いがけない出来事

▼ 犯人による~ (2, 0.0%)

1 一貫した, 犯罪現場の

▼ 犯人に対して~ (2, 0.0%)

1 或る, 確証が

▼ 犯人らしき~ (2, 0.0%)

1 人物が, 者が

▼ 犯人をも~ (2, 0.0%)

1 くらます役に立つもの, 探しだすこと

▼ 犯人ジャック~ (2, 0.0%)

1 がそれほど, はこの

▼ 犯人ソレイラン~ (2, 0.0%)

1 の妻, は今

▼ 犯人並びに~ (2, 0.0%)

1 前科者の, 皇帝誘拐犯人としての

▼ 犯人厳探中~ (2, 0.0%)

1 である, の由

▼ 犯人及び~ (2, 0.0%)

1 殺害の, 犯行の

▼ 犯人当て~ (2, 0.0%)

1 の投票遊び, の第

▼ 犯人扱い~ (2, 0.0%)

1 してるん, にしよう

▼ 犯人無き~ (2, 0.0%)

1 犯罪, 犯罪事件

▼ 犯人犯人~ (2, 0.0%)

1 と云われた, と抽象

▼ 犯人自白~ (2, 0.0%)

1 の場面, の心理

▼ 犯人追跡~ (2, 0.0%)

1 につかう, をやる

▼ 犯人隠匿~ (2, 0.0%)

1 か或いは, と云う

▼1* [160件]

犯人玄人だせ, 犯人あの眼帯の, 犯人あやか夫人は, 犯人あらための, 犯人いや有力な, 犯人かとも思ったん, 犯人かは判らないん, 犯人からは煤の, 犯人こそ当年五歳の, 犯人この明智に, 犯人がしたい, 犯人さあね辰, 犯人さんにのりうつ, 犯人しかなかった, 犯人やない, 犯人じゃろうと思っ, 犯人すらも予期せざる, 犯人え挙げりゃ, 犯人たちまちばれて, 犯人たり得る, 犯人たるべき人物は, 犯人だけが一寸無事, 犯人だけに多少訊問方法, 犯人だの知事の, 犯人ってやつは, 犯人ついせきの, 犯人云うの, 犯人てえことは, 犯人であったならなにも, 犯人であったら復誦する, 犯人であるらしく思われたので半, 犯人でさえこの図, 犯人でしたよ, 犯人でなかったら彼に対する, 犯人でなくなってしまう, 犯人といふ嫌疑で, 犯人とが全く別, 犯人とばかり思って, 犯人とまで堕して, 犯人なぞいう物凄い, 犯人なぞに用は, 犯人などからお礼の, 犯人などが潜伏する, 犯人などということには, 犯人などにも同様な, 犯人などはゴマシオ頭の, 犯人ならずと結論, 犯人ならぬ人間は, 犯人なりと信じてからは, 犯人なんぞこちと, 犯人なんぞをふんづかまえても, 犯人にだけ課せられる慣わし, 犯人にだけは通じた筈, 犯人にまで続いて, 犯人によっては殺された本人, 犯人によるか別の, 犯人に対していうことで, 犯人に対してもつとめて, 犯人のこらず縛め捕れとの, 犯人はね緑ちゃんを, 犯人ほど冷血な, 犯人または共犯者が, 犯人みたいに気味悪く, 犯人め巨勢博士を嘗め, 犯人ゃその両国, 犯人より他に, 犯人よりは五万円が, 犯人を発見, 犯人らしい冴え返った顔色を, 犯人らしく仕組まれている, 犯人らしく見えるのは, 犯人らしく見せて五里霧中, 犯人をかばつたことに, 犯人アレサンドロ氏自身の手, 犯人クリヴォフを俎上, 犯人クリヴォフ夫人だったの, 犯人トリックはその後, 犯人ホテリングが移送, 犯人マイクル・ペンディーンが獄中, 犯人モルチュリューの犯人, 犯人ヤーロが待ち, 犯人レッドが至極, 犯人検挙スル事ガ目下ノトコロ殆ンド不可能ナルガタメニ実例トシテ列挙シ難キノミ, 犯人一也さんは捕えなけれ, 犯人一平はこれ, 犯人一平が考案した現場不在証明, 犯人七名とは何者, 犯人久五郎とハマ子, 犯人と確信, 犯人二人説をとる, 犯人以上に奇々怪々的, 犯人伸子の窮境, 犯人位悪魔のよう, 犯人先生もわが, 犯人全部を挙げ, 犯人出ず怒りっぱなし引込みつかず, 犯人即時釈放を要求, 犯人否定説や石塀, 犯人問題に比べれ, 犯人坂下鶴吉は, 犯人執拗な兇器, 犯人夏子を取押えた, 犯人外部に在り, 犯人成功, 犯人を産ん, 犯人子爵は相手, 犯人南国皇帝宗竜王に対する, 犯人寺内説を有力, 犯人小平某なる者, 犯人少くともあの, 犯人就縛前東京ではこの, 犯人山辺音槌とかいう男, 犯人川上の数, 犯人平将門及び真樹等召, 犯人引渡しの形式的, 犯人てっこの, 犯人意識という言葉, 犯人投票といったよう, 犯人わる, 犯人捕縛以上の骨折, 犯人捕縛現場の赤前垂, 犯人捜査上手懸りとなるべき, 犯人捜索上に就, 犯人捜索中なん, 犯人探査法と思はれる, 犯人村尾某の供述, 犯人林田英三の死顔, 犯人と会った, 犯人極めて有りうること, 犯人武松の足蹟, 犯人残忍非道のイタズラ者, 犯人溺死の模様, 犯人わる, 犯人男女を送っ, 犯人発覚の径路, 犯人矢島五郎君を紹介, 犯人石川が住職, 犯人社会に知れ渡り, 犯人に自らアピア, 犯人等千里向うで昼寝, 犯人素質者のフレーム, 犯人美人鷹匠のため, 犯人職業的習性の章, 犯人脱出後に起っ, 犯人自体です, 犯人自殺否定論には深い, 犯人被疑者として残っ, 犯人製造は日常, 犯人製造会社じゃありません, 犯人見たいじゃありません, 犯人見物の人出, 犯人赤井の手, 犯人捕などの, 犯人逢痴は無残, 犯人逮捕令公文書叱咤の伝令, 犯人逮捕用ラジオ自動車が消防自動車, 犯人遂に捕縛せられる, 犯人兵衛を, 犯人鑑別が中心テーマ, 犯人鑑定法はミュンスターベルヒ