青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「犬~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~特徴 特徴~ 特有~ ~特殊 特殊~ ~特色 特色~ ~犠牲 犠牲~ ~犬
犬~
~犯人 犯人~ ~犯罪 犯罪~ 状~ ~状態 状態~ 狂~ 狂人~ 狂言~

「犬~」 13762, 142ppm, 747位

▼ 犬~ (3030, 22.0%)

209 ように 59 ような 56 やうに 39 吠える声 29 吠え声 28 頭を 25 ことを 24 声が, 首を 23 遠吠 19 ために, やうな, 方が 17 子の 16 声は, 声も 15 名を, 子を, 真似を 14 吠えるの, 声を 13 声に, 姿は, 子は 12 八公は, 吠ゆる, 鳴声 10 医者は, 方へ, 毛皮の, 毛皮を, 皮を 9 あとを, 姿が, 子が, 遠吠えが 8 仔の, 前に, 名, 如くに, 死骸を, 糞を 7 なき声が, ほえる声, 啼き声, 声, 姿を, 方を, 背中を 6 代りに, 方に, 死骸が, 遠ぼ, 頭の

5 [14件] ようだ, 仔が, 先生, 八公と, 声さえ, 子に, 後を, 様に, 糞が, 群れに, 血が, 遠吠え, 顔を, 首に

4 [21件] ほうが, ほえ声, 世話を, 傍へ, 八公の, 吠声が, 如くかく, 年の, 悲鳴が, 数が, 方は, 眼が, 糞の, 群が, 群は, 背に, 血を, 話を, 足に, 足を, 足跡が

3 [71件] いるの, からだを, ことで, そばに, ほうを, ようにも, パトラッシュだけ, プールぢや, 一頭が, 中の, 主人の, 事を, 仔を, 他小便, 出入口の, 口から, 口の, 名は, 吠えるよう, 吠声を, 啼声が, 喧嘩の, 声で, 声では, 声の, 声や, 子と, 尾を, 屍を, 形を, 方でも, 方にて, 横腹を, 歯の, 毛を, 為に, 生活, 皮の, 眼は, 糞で, 糞でも, 群れが, 群れは, 群を, 耳の, 耳を, 肉が, 肉を, 背を, 背中に, 背中へ, 蚤が, 話が, 話は, 足の, 足跡に, 遠吠えの, 遠吠えも, 関所を, 面倒を, 頭に, 顔に, 顔の, 飯皿, 首から, 首と, 首輪に, 首輪を, 鼻が, 鼻の, 鼻は

2 [178件] うなる声, おかげで, お医者, お尻, けたたましく吠える, ことが, ことは, ことをも, ごときもの, ごとし, すがた, せなか, それの, ためには, とおりに, なく声, ほうに, ほえる真似, ほかに, やうだ, やうで, やうによつ, ようであった, ようである, ような濡れた, オークションを, シッポの, ジョンが, ダニ, デカが, デカと, デカも, ハニワを, 三郎党を, 中では, 人に, 仔犬を, 傍を, 像を, 八公が, 八公も, 前へ, 前脚, 動きを, 勢は, 口へ, 口中へ, 吉田が, 名の, 名前だの, 吠えて, 吠え方, 吠る, 吠声, 吠近き, 唸り声は, 喧嘩に, 喧嘩を, 嗅覚は, 場合でも, 声でありました, 声と, 声によって, 声ばかり, 声鶏の, 夢を, 夫人に, 奴が, 姿に, 姿も, 子, 子あはれ, 子か, 子だ, 子みたいに, 子よ, 子孫に, 子正月, 寝たると, 尻つ, 尻尾を, 屍骸を, 幽霊が, 強敵たり, 形に, 形は, 影が, 影は, 影を, 後に, 後姿を, 心持を, 心理を, 心臓を, 意志が, 感じにまで, 抜け穴から, 撲殺を, 数を, 方で, 方強, 樣に, 正直が, 死んだ前, 死骸は, 段は, 毛が, 毛の, 汚物, 流行廃りという, 牙を, 物語を, 玩具を, 生活を, 病気を, 瘠せて, 皮か, 目に, 眠りと, 眼, 眼ぶたを, 眼も, 眼を, 種類を, 糞です, 糞どんぐりなどの, 糞などが, 糞は, 紐を, 経立は, 繩を, 群に, 耳が, 聲が, 聲に, 聴覚の, 肉の, 肉は, 育て方, 胴は, 脚の, 脚を, 臥床も, 血と, 血に, 血の, 行く方, 言葉が, 言葉を, 記, 許に, 足は, 足跡は, 足音が, 身に, 身体は, 遠吠えを, 遠吼え, 鈴鷹の, 鎖を, 雄姿を, 頭が, 頭突きに, 頸に, 頸を, 額に, 顔が, 顔は, 食を, 首が, 首には, 首は, 首へ, 首ッ玉を, 鳴き声が, 鳴き声で, 鳴く声, 鼻を

1 [1324件 抜粋] あいだ, あとから, あの図体, ある処, いたずらである, いとしさ, いる所, うしろから, うしろには, うなり声, おけいこ, おとなしい時, おもちゃでも, お墓, お正月, お腹は, お陰で, かたちを, かみ合いは, きゃんきゃん, くそを, くわえて, こころは, ことさ, ことです, ことなどをばかり, ことも, こと兎の, ごときあるいは, ごとくなにか, ごとく室中, ごとく従わせて, ごとく棒, ごとく毳白兎, ごとく衣冠, ごと彼ら震ひ, しあわせに, しきりに吠える, すぐ鼻さき, すべてが, せいで, その進む, そばを, たよるところ, ついたブックエンド, つるむを, ないて, なかには, なきがら, に似, のどの, はげしくほえた, ふざけて, ほうで, ほうはまる, ほえるの, ほかにも, まねを, もって, やうにが, やつが, ようなとおった, ようについて, アルフア, オヤジと, クロを, ダニくらい, ダニみたいな, デカは, ドクトルが, ノドを, バッジも, パトラッシュとが, ピンが, フラテは, プーリを, ベンは, ポチに, ミロールドまで, 一つであった, 一匹と, 一匹もしくは, 一方に, 一疋は, 一節は, 一群農夫らと, 一軍が, 一類で, 上顎と, 不幸に, 不気味さを, 世話は, 中で, 中には, 主人が, 主家の, 乳房に, 事で, 事ばかりに, 事件が, 二三匹を, 亡骸とを, 人を, 仔と, 仔なんかと, 仔一匹いません, 仕業だろう, 他, 代りを, 仲間だけの, 仲間にまで, 佇ち冬日黄, 体には, 体形書には, 余り物の, 使者を, 係として, 値としては, 側へ, 働きと, 兄貴の, 兄貴達が, 先生が, 先生の, 先祖は, 児や, 兒でも, 入り来て, 八ツ房に, 八公といふ, 共同便所も, 内もっとも, 写生を, 写真の, 出て, 出現を, 刺戟が, 前後左右に, 力士の, 勇猛なる, 動作にも, 動作を, 勢いが, 医者との, 医者今夜は, 協会から, 友達とも, 口, 口に, 口先き, 口輪を, 合図を, 吉は, 吉婆やを, 名か, 名であっ, 名と, 名も, 名前, 名前な, 吠えが, 吠えたてる聲, 吠える時, 吠える許, 吠えを, 吠え集りし, 呆けて, 周圍を, 咬み合, 唸り低く, 唸り声や, 唸る声, 唾液から, 商売人て, 啼く声, 啼声楽し, 喧々に, 喧嘩と, 喧嘩まで, 嗅覚が, 嗅覚を, 嚏の, 土左衛門の, 執念が, 執拗い, 場合のみは, 塚の, 墓の, 声々と共に, 声か, 声さえも, 声だ, 声であります, 声でなく, 声なぞも, 声には, 声ラヂオの, 声愛すべき, 声漸く, 声音を, 変り種とで, 変種を, 外トラと, 大か, 大きくなる, 大好きな, 大敵ジステンパーという, 天職と, 太夫と, 太郎を, 奴もよけて, 好きな, 如き哀訴歎願, 如くなりき, 如くむしゃ, 如く初め, 如く啣, 如く彷徨く楽, 如く生活し, 如く這, 姿, 姿そんな, 威厳, 娘じゃ, 嫌いな, 子さえも, 子だって, 子なし, 子にも, 子ばかり, 子や, 子一ぴきいなかった, 子一匹も, 子一匹見えず, 子孫だ, 子孫日本は, 字に, 孤牝を, 定命を, 実験を通して, 家族は, 宿じゃ, 寝場所, 寝床の, 導いて, 小便したたれり, 小屋を, 尻を, 尻尾し, 尻尾とか, 尻尾は, 尾にも, 尾振り, 居ない国, 屍骸は, 屎が, 展覧会で, 島, 巣に, 己に, 巻などが, 常食という, 弁護を, 引く小さい, 形ええ, 影さえも, 影すらも, 役目で, 後に従い, 後裔と, 御飯胡瓜と, 心に, 心も, 心理は, 心理試験は, 心配の, 忠義を, 忽ち口, 思い子と, 性能を, 性質を, 恥ぢて, 息すべてが, 悪口を, 悲しい様子, 悲哀ばかりを, 悲鳴する, 意だろ, 愚鈍そうな, 愛情を, 懐き具合, 戲弄と, 所作を, 手を, 投げ出された四肢, 持つ秘密, 挙動かな, 捨てられた場所, 敏捷な, 散歩, 数よりも, 文明も, 方から, 方だ, 旋風である, 日本語だ, 映像だ, 智脳向上改良など, 有難いこと, 本場である, 来て, 格巧を, 格闘に, 概念は, 様子と, 様子を, 権太という, 横取りを, 檻を, 欲しい方, 歌らしく, 此時折よく, 歩くは, 歯は, 歴史から, 死を, 死体は, 死骸さえ, 死骸です, 死骸なら, 死骸川に, 母だ, 毒牙に, 毛も, 毛皮には, 気が, 沙汰などは, 泣き声も, 泳ぐの, 消費料は, 滑稽さは, 激しく吠える, 為には, 無能が, 牙に, 状態を, 猛き, 猛烈な吠え, 王様の, 玩具が, 生処, 生血にて, 由来や, 畜生共の, 番いを, 癇に, 発祥地である, 白きは, 皮むけ, 皮着てた, 目の, 相好を, 看護を, 真似し, 眠りの, 眼の, 睡れるなど, 睿智を, 知るところ, 社会と, 祟だ, 祟猫の, 種やら, 競走だ, 競走という, 箱みたいな, 糞, 糞だの, 糞と, 糞みたいな, 糞尿や, 糞踏んづけた, 素質として, 経立ちに, 絵に, 綱に, 美少年を, 群れ, 群れでは, 群牧人ともに, 習性に, 考えを, 耳へ, 聲でありました, 聲小路一つ隔て, 肉だった, 肉でございます, 肉でも, 胆を, 胴を, 胴体を, 胸を, 脇腹に, 脚に, 脾腹を, 腰に, 腸それから, 腹から, 腹わた, 臭いと, 臭気水浴を, 舌は, 芸当や, 菓子を, 虚に, 蚤寒き, 血だろう, 血ねこの, 血統から, 行方を, 表情で, 襲撃を, 見世物でも, 視覚及び, 言葉は, 訓練が, 詮議が, 話から, 話に, 調査や, 警告が, 走って, 走力, 足なき, 足跡ぐらい, 足跡であった, 足跡とが, 足跡の, 足跡梅の, 足音は, 踊りは, 蹲ったよう, 身にとっては, 身体が, 身体には, 身骸が, 轡を, 通だ, 通路に, 運動を, 達し得る極度, 遠吠えすら, 遠吠えという, 遠吠えばかり, 遠吠え一つきこえず, 遠吠え聞ゆる, 遠声, 野蛮の, 野郎は, 銅像が, 鋭い牙, 鎮静する, 長吠, 間に, 間違いは, 附いて, 集まって, 雌は, 面とを, 頭くらい, 頭蓋骨を, 頸には, 頸輪を, 顎に, 顏まで, 顔と, 顔にも, 顔や, 飛んで, 食事を, 食堂じゃ, 飯詰めた, 飼ひ, 飼主な, 飼育販売は, 餌でした, 首でも, 首玉に, 首輪と, 駈けるの, 骨な, 骨やら, 體を, 鳴き声, 鳴き声は, 鳴くを, 黙答, 鼻づら, 鼻へ, 鼻先を

▼ 犬~ (1696, 12.3%)

27 吠えて 9 ついて, 出て, 吠えた, 吠える 8 くわえて, 主人の, 尾を 7 自分の 6 ほえて, 急に, 来て, 私の, 走って 5 いました, いる, いると, 人の

4 [15件] あった, いた, いて, するよう, それを, やってきて, 人を, 人間の, 吠えたり, 吠えだした, 吠えると, 好きで, 子を, 現れて, 自動車に

3 [25件] いるの, いるよ, それに, どうした, のそのそと, はいって, ほえる, わたしの, ステツキを, 人に, 何か, 何を, 吠えても, 吠えるの, 吠え出した, 啼いて, 啼く, 居る, 彼の, 此方を, 火の, 牙を, 自分に, 見て, 非常に

2 [109件] あの世から, ある, います, いるか, いるが, いるため, うずくまって, うらやましい, かれの, きたので, きて, この時, すぐそば, そこらの, とび出して, どこかで, なくなって, ねて, ひどく吠えます, ほえるよう, ぼうぼうと, やつて, ゐるよ, ポチに, 一匹その, 一匹も, 一匹何か, 一斉に, 一疋その, 一頭うしろ向に, 七兵衛の, 不意に, 二疋扉を, 五六匹も, 今度は, 何に, 何故出来た, 何故新聞, 來る, 例の, 入って, 前後し, 匕首を, 十頭近く豚も, 吠えたて, 吠えました, 吠えます, 吠えるん, 啣え, 嗅ぎつけて, 大きな口, 大嫌いだった, 女を, 好きだ, 寄って, 寝そべり, 寝て, 小便を, 尻尾を, 庭に, 庭の, 恐いので, 戸口に, 文字を, 斬られましたよ, 新聞を, 来たから, 来たの, 欲しい, 欲しいん, 歩いて, 牛の, 物に, 猫に, 畳の, 盛に, 私たちに, 私を, 耳を, 自由に, 芝生に, 菓子を, 裾の, 西向きや, 見つけて, 走っても, 走る, 足を, 足許に, 跟い, 蹲って, 追いかけて, 追っかけて, 逃出した, 通る, 遊んで, 道案内を, 邪魔を, 門の, 門を, 雀躍する, 集まって, 飛び出して, 飛んで, 飛出して, 飼って, 首を, 駈けて, 鳴いた

1 [1199件 抜粋] あいつの, あって, あとから, あのへん, あの若い, あらわれた, あります, あるもの, ある都, あんなに大きく, あんまり騷ぐので, いくら向っ, いたそして, いたづら, いたり, いたんだよ, いつくの, いつまでも, いつも十数頭, いないの, いないん, いなかったため, いままで, いやに, いるから, いるって, いるという, いるよう, ううううぐうぐうと, うなるよう, うようよ居やがる, うろうろし, うろ付いとる, おあづけ, おびえて, おります拙者, お前を, お堂, お客さまの, お濠, お銀様, かくれて, かみころして, かみ合つて, かわいそうじゃ, きっと遠吠え, きみを, くいつくと, くやしがっ, くわえ出して, ぐるりと, けたたましく血, ここに, こちらを, このお金, この人だかり, この怪しい, こは, これも, ころげても, こんなに大きな, こんな悪戯, ごろごろし, さも肉体, しきりと, しきりに啼く, じっと見, すきな, すぐうしろ, すぐ傍, すたすたと, すつと, せっせと曳く, そこで, そこらに, その主人, その使, その前, その場, その子, その後から, その日, その紳士, その足もと, その逞, その鼻, それについて, そろって, そんなに騒いだ, たいてい罹る, ただ犬, だるそう, ちっとも動かない, ちょいと, ちょっと吠える, ついて行った, つかまって, つがい合って, つるんだんぢ, とおりかかると, とてもなつかしく, とびだして, どうかした, どうしてこんなに敏捷, どうして吠えます, どこかの, どこから, どんどんひっくくられ, ながい舌, なげこまれたり, なにを, なんであんな, ぬいと, ねそべって, のそのそつい, はげしく革紐, はらばいに, ひきだされたしゃも, ひとりで, ひよつこりと, びしょぬれになっての, ぴたりと, ふうとうなっ, ふざけて, ふゆかいな目に, ほえた, ほえたやう, ほえようと, ほえる秋雨, ほえる鳥, ぼくを, またのこり, またわたし, また喞, また気味, また追っ, まだとぼとぼあと, みんなダシぬかれ, むやみに, もとの, やかましくほえ, やたらに, やっと自分, やはりなにかくわえ, やるよう, よくあります, よろめきながら, わたしは, わらの, ゐたの, ゐますよ, ゐる, ゐるやう, アンリールーソーの, ウーウー唸りつづけ, キャン, グック, ザブザブ泳い, バタ壺に, フオツクステリヤといふ, レースが, ワンワン吠えだす, 一かたまり, 一ぴき, 一ぴきつい, 一ぴき寝, 一匹いきなり, 一匹しか, 一匹わんと, 一匹一行の, 一匹出, 一匹吠え出した, 一匹尻を, 一匹淡い, 一匹稲妻の, 一匹網の, 一匹船の, 一匹飼われ, 一声高く, 一定の, 一散に, 一様に, 一疋嗅ぎ出し, 一疋汀へ, 一見し, 一頭ぐたりと寝, 一頭生き残っ, 三匹とも, 三疋じゃれ, 三頭, 不平と, 不満らしい, 世界に, 丸くなっ, 主人を, 二ひきとも, 二三匹垣根の, 二人を, 二匹ばかり, 二匹出, 二匹駈け, 二疋いっしょに, 二疋つれ立っ, 二百アスペルを, 五六疋も, 人々の, 人混の, 人間に, 今ごろ田の, 今夜に, 代わって, 低く唸る, 体を, 何疋も, 余処から, 俥に, 偶然に, 傷を, 先刻けた, 入口の, 六七頭, 兵馬の, 其島の, 内の, 冬の, 出やがった, 別に少しも, 前には, 前足を, 労働争議を, 勝つと, 勢ひ込ん, 匕首なんか, 十二匹という, 十六頭, 千頭の, 卒中や, 又八, 反射的に, 取返せるか, 可愛らしく思われ, 向うで, 吠え, 吠えこうまた, 吠えたっけ, 吠えたねえ, 吠えたん, 吠えだして, 吠えつくとき, 吠えつづけた, 吠えないの, 吠えなかった少く, 吠えはじめピー, 吠えるので, 吠えるパリー, 吠える声, 吠え人, 吠え伸子たち, 吠え出しまして, 吠え出す, 吠え庭木戸, 吠え立った, 吠え立てる中, 吠ない, 呻ぎ呻ぎ逃げ込ん, 咥え, 唸るが, 啣える, 啼き出しど, 啼き居り乾草, 喜ぶ, 噛じれる, 噛みつく動作, 噛んだの, 四五疋取巻い, 固い骨, 土を, 土間に, 地上を, 声を, 外を, 多いな, 多い多すぎる, 多くなり, 夢中で, 大きいの, 大きな螺線状, 大口開い, 大嫌, 大嫌いで, 大蛇を, 奥様の, 好きじゃ, 好きだって, 好きです, 好きな, 妙な, 始終お松, 威壓する, 嫌いだった, 嫌いな, 子供に, 存すること, 寄つて來て, 寐転ん, 寝そべつて, 寢そべつて, 封号を, 少ないので, 尽く合の子, 居た, 居てよ, 居なくなったと, 居りまして, 居ると, 居るので, 山の, 川を, 巫山戯て, 帰らず, 幾つも, 幾匹も, 店の, 庭先へ, 強いもん, 影の, 往来に, 待って, 後ろを, 徑ばた, 御主人, 忍んで, 怖いの, 怪しんで, 恐いのよ, 恐げ, 恩など, 悉く天, 悪くない, 慾しい, 憤怒した, 戯れて, 戸口の, 折れたの, 招かれた慢心和尚, 挨拶を, 掃き溜めの, 控えて, 改めて周囲, 教えて, 敵前上陸し, 断じてただ, 旅人な, 日向で, 早くも, 星を, 時々思い出した, 最も多い, 月に, 本を, 村は, 来たという, 来って, 来やがって, 果してプーリ, 柔和に, 桟橋を, 森を, 榛の木の, 欲しいの, 此方へ, 歩く, 歩を, 死にました, 死んだり, 死んで, 殊に墓碑, 毀さないうち, 母子で, 気違ひ, 水を, 沈黙し, 沢山吠え出した, 沢山居る, 泥足で, 泳いで, 減って, 濡れたよう, 無関心, 片足を, 牝犬を, 物悲しげ, 犬に, 犬小屋に, 狂い出したと, 狂って, 狂犬病に, 猛然として, 猟主に, 獲物を, 現われて, 現われること, 用意し, 病みついたの, 痩せて, 盛んに, 真向いの, 眼の, 知る, 私たちの, 稀薄である, 空腹に, 窓下に, 立ち止まって, 立つて, 竜之, 笑ったり, 米友には, 粗, 絡んで, 綱から, 縄を, 羊の, 老いた鶏, 聽耳を, 肺病の, 自分自身の, 自首でも, 色盲だ, 芸を, 莫迦に, 虚弱に, 蠅取り紙に, 血迷って, 行つ, 西へ, 見えるかい, 見つけさうな, 見るからに, 見当らず青森県境, 言った, 説教を, 豊吉の, 負傷し, 走つて, 走りマアガレット, 走る所, 足に, 路上で, 跳びこんで, 蹲った位, 躍り上ると, 近づいて, 近所の, 追い込まれて, 追つて行つて, 退く, 逃げるメリー, 逃げ吠えするよう, 這ひ, 這入つて, 通つても, 連り, 遊戯と, 遠い物音, 遠吠えを, 野兎の, 鎖で, 長吠, 離さない, 雪中橇車を, 霜解けの, 頭に, 頻りに吠える, 顔の, 風呂敷包みを, 飛びかかるの, 飛びつく血だらけ, 飛び出した初め, 飛出しました, 食いかかったという, 食うて, 食べて, 飼い主を, 飼育され, 首環の, 馳け, 馳出し, 駈けた, 騒がなかったという, 騒ぎ出すという, 骨を, 魚を, 鳴いたとさえ, 鳴きなお, 鳴き出したので, 鳴く, 鶏を, 黄いろに, 鼻を

▼ 犬~ (1489, 10.8%)

10 それを 8 尾を 7 主人の, 彼の, 急に 6 私の, 自分の 5 すぐに, どうした, なぜ新聞 4 なぜ尻尾, 二人の, 人間の, 喜んで, 悲鳴を, 気が, 爪を, 自分が, 首を

3 [15件] なんの, わたしの, 人の, 何を, 何故片足, 僕の, 吠え立て, 尻尾を, 悲しげ, 火の, 遠くから, 静かに, 馬に, 驚いて, 黙って

2 [84件] いいました, いつでも, おとなしくし, おびえたよう, お君, お角, こうであった, この響き, これと, その意, その日, その間を, それが, それより, ただ犬, たるの, どうしました, どこに, どこの, どこへ, どんな犬, なにを, ねむって, ひとむら, またし, まだ低く, もう死ん, よろこんで, わたしたちの, ステツキを, ヒラリと, 一匹も, 不思議そうに, 二疋とも, 人々の, 人に, 人を, 仔犬を, 体を, 何とかいう, 兵馬の, 吠えながら, 吠ゆこれ悲しむべし, 四度も, 声を, 外で, 多い, 容易に, 少しも, 山を, 廊下を, 彼が, 思ふさま, 提灯の, 日本の, 森の, 横へ, 次から, 歯を, 毎日の, 毛の, 犬だ, 犬好きの, 狂うよう, 狂犬では, 猛然として, 猪を, 猫の, 病んで, 眼を, 私が, 私に, 竜之, 耳を, 肉屋の, 腹を, 裏の, 要次郎, 親分の, 誰の, 鎖に, 鎖を, 鼻が, 鼻を

1 [1174件 抜粋] あいかわらずそれ, あえて追い迫らない, あたしだ, あとから, あまり役に, あれっきりどこへ, あんな細い, いかにほ, いけない, いっかな身動き, いっそう烈しく, いつの間にか誰, いつも止る, いない, いないだろうな, いませんの, いま不遇の, いやだ, いよいよ勘弁, うつったでしょうが, うるささうにちらりと, うんよかろ, おとなしいから, おとなしく明智, お前さんと, お好き, お膝, かうした夕方毎, かえって知己, かけ出して, かならず鎖, かれに, かわいい子供たち, きちがいの, きっと狂犬, きふに, きょとんと, きりりと尾, ぐったりと, こうして近づい, ここへ, このあいだ, この世にも, この家, この時急, この芝生, この頃, この黒虎毛, これを, こんどは, ごみためばかり, さっと後足, しかたなし, しきりに地面, しばらく強情, じっと年ちゃん, じっと私, すぐ牙, すこぶる妙, すっかり脅え, せいづる時, そう沢山, そこらに, そのすき, そのたんび, そのよく, その中, その二つ, その前, その子供たち, その庭, その後を, その後姿, その時, その生存, その空地, その習性, その行くべき, その路, その間まわりを, その面積, その顔, それからまた一日中, それなりとうとうかえって来ませんでした, それにでも, たいがい利巧で, たしかにポチ, たずねたの, ただ一, ただ鈴, たちまち悲鳴, たまに肉, たんかに, だれの, ちゃんと心得, ちょっと尾, ついに兵馬, つづけて, つるんで, ていねいに, とうとう癇癪玉, ときどき格闘, とてもよく吠えました, どういう習性, どうかと, どうしてもモチ竿, どうなすつた, どうなる, どこだ, どこを, どろぼう, どんな見しらない, ないだろうが, なおなおはげしく, なかなか動かない, なかなか鎮まり, なぜ片足, なる程, なんです, なんとも, においで, ねえけれど, ねこを, はげしくほえ, はじめて僕, はなしたが, ぱつと駈けだし, ひときわ高く, ひどい空腹, びくびくした, ふたたび吠え, ぶち殺し, ほかに, ほとんど小, ぼうきれ, ます, ますます吠え狂った, またせまった, またひどい, またスヤ, また熊笹, また耳, また黒い, まだ待っ, まっさきに飛びかかっ, まって, みすぼらしいもの, みなねむっ, みょうな, むなしく次郎, めったにない, もうけろりとして, もうたいへん年, もうとく, もう十五哩, もう大, もう憤怒, もつれあって, もと山野, ものが, やがてしずか, やがて往きかけた, やさしいいい犬, やっぱり犬, やはり夕方, よい潮時, よくお前, よく仕込まれ, よく慣らした, よっぽどお, よろよろと, わけても, わたしたちと, わんと, わんわんと, アントニーと, ウウッーと, キャンキャンと, クビを, クンクン悲し, グウグウと, コンリンザイもらっ, ジャレながら, スウッと, セントバーナードと, チヨン, ドウした, ナイフを, パンと, ピストルの, ペスと, ボンで, ムックと, 一つの, 一体に, 一匹であります, 一台の, 一声高く, 一層に, 一層元, 一散に, 一日毎に, 一気にバッ, 一足飛びに, 一頭いる, 七日の, 三四百円も, 三日飼う, 三月四月五月六七八そろそろ, 上を, 不埒にも, 不潔だ, 中, 主を, 主人に, 二人し, 二歳位でしょう, 二里先の, 五助の, 人影を, 人間よりも, 今に飼主, 今は, 今も, 今夜は, 今度は, 今起きあがっ, 仔もちです, 仕合わせで, 以後一切繋い, 伊藤氏に, 何か, 何も, 何やらむ口, 何度ゼルビノの, 何處に, 使命を, 例の, 倒れた長太, 先を, 入り口で, 全く無事, 全色盲, 全身まっ黒な, 八方の, 其あとは, 再び寝台, 写真機が, 凭れるよう, 初めて心付いたらしく, 別に何処, 利口な, 力任せに, 動かない, 動物なる, 勢ひこん, 十六より, 半七ら, 原の, 去りません, 口中を, 可厭, 台所の, 同情なぞ, 吠えたけりながら, 吠えて, 吠えも, 吠えやまないの, 吠えるし, 吠え例, 吠え続けた, 命令を, 和尚に, 唯穩, 善いと, 喜べる色, 喰らいつく, 噛み付かない, 囚はれ, 四肢を, 土を, 垣について, 執拗にも, 売って, 多く仏縁, 夜は, 夜中の, 大きなたらい, 大丈夫かい, 大好, 大抵飼い犬, 大方無筆, 天下に, 太郎が, 奥より, 奥深く進み, 女中さんが, 好きです, 婆さんに, 嫌いで, 嬉しくて, 学校の, 宏子を, 害の, 家外猫は, 寂しく飛びゆけり火, 小さな尾, 小股に, 少しずつ, 居ず埋めるは, 山へも, 山野が, 岸の, 左の, 左右の, 帰り次第, 平気な, 年来主人, 広い世間, 床の, 弱虫で, 弾丸の, 彼にと, 彼即ち, 彼等が, 後ろへ, 後脚, 従いて, 微傷さえ, 必ずしもとびかかる, 忘れない放した人, 忠実だ, 忽ち鎮, 怜悧な, 性来温厚という, 恐く何, 恐ろしく行儀, 悄然として, 意気地の, 感心な, 懸命の, 戯れて, 戻って, 房一が, 払いのけきれない程, 折から, 持って, 探り出す, 故あるらしく, 教えられた通り, 新しい主人, 新聞を, 旅人を, 早くも, 昔から, 時計から, 暗いなか, 更に大地, 村に, 条件反射を, 林の, 案外柔和, 極めて謙遜, 横町へ, 機関車の, 正直だ, 正直にも, 歩いて, 死んだ, 残酷です, 殺して, 母ちゃんに, 毎日御堂の, 毛色が, 気でも, 汝を, 決して噛, 決して狂犬, 泡食て, 泥棒犬に, 浅井について, 無かろう, 無事に, 無理に, 熟睡した, 爐の, 牙を, 犬でも, 犬としての, 犬の, 犬同志で, 犬獅子の, 狂ったよう, 独楽の, 猛獣である, 猟犬です, 猶更, 獲物の, 生の, 生涯喧嘩に, 畜犬票を, 疲れきって, 疲れ切って, 痛ましい斷末魔, 白い歯, 白衣の, 益, 盛装した, 目も, 目敏くも, 直ぐ何処, 直驀地, 相手に, 真向を, 眠ったまま後脚, 矢庭に, 知りませんが, 砂を, 神妙に, 穀食動物であっ, 空へ, 立ち止まって, 第一面, 笹の, 答へ, 精力あくまで, 素早く畑, 続いて, 練兵場の, 群れを, 考えて, 聲の, 肉屋たちが, 背中で, 腐った肉, 臆病犬だ, 自転車で, 臺所の, 船を, 茶褐色立耳巻尾の, 薄明に, 藻西の, 血の, 行くまいとして, 裏門の, 要するに犬, 見えますし, 見る見るうち, 見違える程, 親子代々一生はげしいむごたらしい, 言われたこと, 訓練を, 訴うる, 護身用にも, 豚よりも, 貧乏人に, 赤い眼, 足の, 足を, 身震いを, 逃げたかも, 逃げては, 逃げんも, 透かさずその, 途中で, 遊びたくて, 遠い昔, 遠吠えを, 都合よく, 野犬と, 金持ちに, 銀の, 長椅子の, 間の, 闖入者を, 随時随所に, 雨で, 雲中に, 静まったが, 靴を, 項の, 頭の, 風俗壊乱の, 飛上がっ, 食い物より, 食えるそう, 食物に, 飢ゑてゐるのですよ, 飼うもの, 飼主を, 首に, 馬の, 馳せ歸, 駈け上がって, 駒井の, 驚きて, 魔が, 鷹にも, 黍団子と, 黙々として

▼ 犬~ (1398, 10.2%)

49 連れて 42 つれて 28 飼って 10 抱いて 9 相手に 8 見ると 7 呼んで 6 見て, 連れた奥さん 5 使って, 手に, 曳いて, 殺して, 自分の 4 かわいがって, ひいて, 嫌うよう, 撫でて, 見ても, 見るの, 見れば

3 [21件] けしかけて, 伴れ, 借りて, 先に, 入れて, 前に, 嗾かけ, 嗾けて, 引張つて, 愛し犬, 持って, 擲る, 殺すの, 眺めて, 見つけると, 見ながら, 見に, 追い払って, 追って, 飼うには, 飼つ

2 [87件] あやして, お買い, くれて, けしかけたり, けしかけるよ, だいて, だきしめて, だして, つかったの, つかって, つかまえて, つれた男, どこへ, なだめて, なだめながら, トテムと, 一匹つれ, 一匹連れ, 乗せて, 二ひきとも, 二疋つれ, 伴れた, 何匹もつれ, 出せ, 刺そうと, 動かして, 可愛がった, 可愛がって, 叱りながら, 呼ぶ, 呼ぶの, 呼べ, 呼んだ, 嗾しかける, 売って, 大事に, 嫌って, 子供らに, 小脇に, 引きつれて, 引っ張って, 後ろに, 愛するという, 愛玩した, 憎んで, 抱えて, 抱き上げて, 拝見に, 描いても, 放して, 散らして, 斬って, 殺しその, 用いて, 私は, 縛つてある, 繋いで, 置いた, 見た, 見たこと, 見つめて, 見る, 見るため, 貰って, 足蹴に, 蹴飛ばしたこと, 蹴飛ばして, 車の, 載せて, 迎えて, 返せ, 追い散らして, 追い立てて, 追うよう, 追う牡犬, 追ひ出せ, 連て, 連れ鉄砲, 非常に, 飼うこと, 飼うよう, 飼おうと, 飼ったこと, 飼は, 飼ふ, 飼育し, 驚し

1 [943件 抜粋] あたかも風呂敷包, あなたに, あやす, いきなり轢く, いじめたり, いじめないこと, いじめると, いたわりながら, いぢ, いれて, うでの, おくれよ, おだてて, おどかして, おどして, お使い, お手本に, お求め, お連れ下さいました, お飼いです, かけあわせて, かして, かって, かむよう, からかって, かりだして, かわいがるの, きのう見た, くれる人, けしかけたりも, けしかける者, けとばした, ここへ, こづいた, この犬, こわがって, ごらんよ, しかたの, しかるばかり, しきりに鎮め, しこもうと, しずめろと, しっしっと, しまい込む家人, じつによく訓練, すべて同じ, そこに, その仲間, その鉄, そばへ, たいへんかわいがっ, たたきのめした, たった一本, だきしめたまま, だまして, ぢやら, つかみあげて, つかんで, つき放して, つけて, つないで, つり出すため, つれた女, つれた猟師体, つれだすため家, つれないペンダア君, つれ出して, つれ近, できるだけたくさん, とっさに, どうしてじっとさせ, どうにかすれ, どしの, どんなに愛し, ながめました, なげこみました, なだめますから, なだめるよう, なにか悪事, ならすには, にらみました, はずしたあと, ひきずって, ひけり, ひざに, ひっぱって, ひもで, ふりむく人, ぶちのめそうと, ほしがりました, またほしい, また呼び出そう, みんな呼び寄せた, むごく殺した, めがけて, もらうところ, やさしく叩い, やったので, やめて, やる, やるの, やる約束, よく殺した, よび返すため, よんで, カメと, コジらか, セッターポインターテリヤーグレーハウンド等に, ベナビデスから, ポケットに, ポチなどと, 一ぴきつかまえ, 一匹くれ, 一匹でも, 一匹友達に, 一匹引きながら, 一匹残らず打ち殺し, 一匹膝に, 一匹買っ, 一声叱り付けます, 一日監禁した, 一頭所持致し, 一頭連れ, 三四匹も, 下に, 世の中に, 主人の, 乗せながら, 二ひきしこもう, 二十日あまりも, 二階へ, 人同様裁判の, 今日は, 仕立てること, 仕込むとき鼻先, 付けるが, 伴い家, 伴れ行った, 作って, 作るの, 使うの, 使ったそう, 使ったり, 使はずに, 促し立てて, 保存しよう, 信用せね, 傷け, 入らしむるがよいといふ等, 入れる奴, 六載, 凶物と, 出したの, 切り捨てた, 切ること, 刈込んで, 制した, 制し得るという, 制止する, 剣で, 勇美子は, 卓子掛の, 友達に, 取り囲んで, 叩き出せ, 可哀そうがる, 可愛がりすぎるので, 可愛がること, 叱った, 叱りつけたりなど, 叱り付けた, 叱り道草, 叱り飛ばして, 叱る低, 合はせ, 吠えさせて, 呼びたてた, 呼びました, 呼び出し殺して, 呼び畑, 呼ぶに, 呼ぶ口笛, 呼ぶ時, 呼んだの, 咬み伏せて, 啼かせた, 喰うて, 喰わぬかと, 嗾かけられ, 嗾かけられる, 嗾けたり, 嗾ける, 噛み殺して, 土中に, 埋めた桑, 売り捌く犬商, 売るだけが, 外に, 大切に, 大学や, 好かない, 好きだろう, 好まなかった, 好む, 婦人が, 嫌う性質, 子供が, 學ぶの, 実験しない, 寝台車, 寝室の, 寵愛し, 寺へ, 射るつもり, 射殺した, 射殺す, 尋ねて, 小さな私, 少しも, 居間に, 屠りて, 左右において, 幾らも, 床の, 座敷に, 弄んだという, 引いて, 引き締めた, 引っぱって, 引っ捕えたと, 引寄せた, 引率し, 強奪する, 当分預, 彼は, 従えたが, 従え歩いたに, 御自分, 心から愛する, 忍ばして, 怒らし一方, 怒らせ又は, 怖がって, 怖がるから, 怖れしめよう, 怖ろ, 思い出すが, 急がせながら, 恐るるもの, 恐れるよう, 恐れる彼, 恐怖する, 悪いこと, 想像した, 愛しけり, 愛したが, 愛するの, 愛するよう, 愛する我々, 愛する風, 愛育する, 慣らして, 憚った, 懐けるため, 懼れる, 戦わさんと, 手なず, 手懐けようと, 手放すの, 手馴ずける, 打ち団扇, 打つたもの, 打つな, 打つ童, 打殺しは, 扱うので, 抑えて, 抓み出した, 折檻する, 抛り込み, 抱いたまま, 抱えるよう, 抱きしめた, 抱きしめて, 抱きとった, 抱き上げたそう, 抱き上げては, 抱き寄せて, 抱くよう, 押えて, 拾う時, 拾つてそれを, 持ち主人, 指さし獣医, 指した, 指しながら, 振るい落とすよう, 捕えて, 捕まえに, 捕獲し, 捨てたもの, 捨てた主人, 探さなければ, 探して, 探ったか, 描いたといふ, 描くの, 搜すよりも, 撃ち殺したからには, 撃つ, 撫でながら, 撰択し, 撲りつけたが, 撲殺し, 擁した子供ら, 放さないん, 放しに, 放つて, 救え, 教育する, 散歩させ, 料理そうな, 斬ったと, 斬ったの, 斬りきざむ音, 斬りました, 斬り殺し, 斬るの, 斬る刃, 断髪令嬢の, 晒者に, 曳いた甲比丹, 曳かせられるとは, 枕元へ, 柱に, 椅子の, 欲しいが, 歌笑が, 残して, 殘した, 殺したか, 殺したという, 殺したほど, 殺しつけて, 殺しましたか, 殺し以前, 殺すという, 殺られたので, 求めて, 洗つてやる, 深す, 渡せまた, 溝から, 滅多打ちに, 無理に, 片手に, 牧人を, 牽いて, 牽き来り別室, 牽き薬, 犬と, 狂犬とは, 狙って, 献上に, 率いて, 王様に, 珍重する, 生じたの, 畏愛する, 発明した, 発見者である, 皆で, 皮屋に, 盗むもの, 目がけて, 真似た, 眺めながら, 睨む, 知ってたの, 知りも, 知り猫, 石で, 確に, 祈らせ犬, 私の, 粗末に, 結核に, 縄にて, 縛りあげた, 繋いだ紐, 置いた十二, 置くと, 育てて, 能く, 自分たちの, 自由に, 莫迦に, 薄気味わるい, 装備した, 見かけると, 見たが, 見たとき, 見たら何處, 見つけて, 見てから, 見なかったかい, 見ましょうや, 見やりながら, 見やれば, 見るたび, 見るに, 見る喜んで, 見一方, 見付けて, 見出した, 見守るの, 見虎, 覗きこんだ, 訪ねて, 詰りました, 誘い寄せ縄, 負かした, 買いに, 買いませんから, 買い給え, 買う買わぬも, 買ったこと, 買ったろう, 買った時, 賜ひ入れ, 走らしめつつ, 起し犬, 蹴った, 蹴とばし小川, 迎えたよう, 近よらせない, 追いかけて, 追いこんで, 追いはらった, 追いまわしたり, 追い入れた時, 追い慕って, 追い込んで, 追かける, 追っかけるのよ, 追って外, 追って近所, 追っぱらわにゃ, 追つかけ, 追つてしま, 追ふ, 追廻すの, 追懐し, 追掛け遙, 退くる法, 逃がして, 逐い出して, 逐い犬, 連れその, 連れたからとて, 連れたその, 連れたシャルロッタ, 連れた牛乳車, 連れた通行人, 連れては, 連れ出すと, 連れ込んだの, 運動させる, 運転手に, 選ぶと, 選ぶ必要, 避けて, 郷中へ, 鎖に, 闘わしむることを, 随が, 革帯で, 顧みて, 食つた, 食つたのは, 飼いはじめたの, 飼い出したため山猫, 飼うて, 飼うなり, 飼うも, 飼う時, 飼えと, 飼おうとは, 飼ったらいい, 飼ったん, 飼つてを, 飼ひ, 飼わなかった, 飼わなくなったん, 養うて, 養は, 養ふこ, 馴らすこと, 髣髴する, 鳴かせる

▼ 犬~ (828, 6.0%)

15 なって 10 食われて 9 似て, 追われて 8 しては, 向って 7 向かって 6 して, 投げて, 石を 5 吠えられたり, 追われながら 4 むかって, やって, ナイフを, 吠えられて, 導かれて, 食物を 3 なった, なっても, なりたい, 吠えられるの, 咬まれて, 曳かせて, 目を, 食われるの

2 [64件] かまれて, からかって, たのむ犬, ちがいない, とり囲まれて, なげて, なったと, なつた, なりました, なる, なるという, なるの, ほえられて, むかつて, 事よせ, 人間の, 代って, 会うと, 会つてみたいといふ, 何か, 出逢うと, 助けられて, 化けて, 取りまかれて, 口輪を, 向うて, 吠えられた事, 吠えられながら, 吠えられるよう, 吠えられる奴, 吠え付かれるには, 吼えられて, 咬まれたの, 咬み殺されたという, 喰はれ, 喰わせる餌, 喰われて, 喰殺された, 嗅がせれば, 噛まれたの, 噛み殺されて, 土足を, 布を, 引き裂かした暴君, 引張られて, 愛人の, 於てを, 渡す犬, 縁が, 自転車を, 襲はれた, 身を, 車を, 追いかけられた夢, 追はれた, 追われかれら, 追われた女, 違いない, 食べさせて, 食べものを, 食わす料理, 食わせるの, 餌を, 骨を

1 [558件 抜粋] あうと, あきて, あたった, あなたから, あやかるよう, あらわされてでも, あわれな挨拶, あわれみを, あんな恐ろしい, いいそれから, いじめられて, いひながら, おとるところ, おやり, お目にかかった, かえった, かじりついて, かずけて, かなふべき, かませて, かまるべきか, かまれこの, かみついたよう, かみつかれて, かみつかれるかも, からかったりなんか, がぶりと, きせた, きびしく言いつけた, くい殺されたもの, くらはせる, くれただけ, くれたらやっぱし, くれました, くれるよう, くわれろだ, けしかけた, けしかけたれど, けしを, さへ, したって, したつて食べもの, したの, しちゃあ, しても, しゃぶられた遺骸, しゃぶられて, しろその, じれったそう, すぎないの, するとは, するには, たちかかった赤, たとえて, だも, だれも, ちがいありません, ついて行って, つけつ廻しつされて, つけて, つまずきそう, とっちゃ, とびかかって, とびこまれた鶏, とりかこまれて, なげつけた, なったこと, なったの, なったジョン, なった日ごろ, なった自分, なってしも, なっての, なつたら, なめさせた, なめさせるよう, ならないか, なりたいもの, なりたい仲間, なりましたぞ, なりましたよ, なりますよ, なり可愛がられもし, なり変わったある, なり無邪気, なるか, なるかと, なること, なると, なるなら大所, なるには, なるん, なる犬, なれとは, なれなに, にらまれても, のぼせ上がって, ひかされて, ひかせて, ひかれて, ふまれて, ほえられた家, ほえられちゃあ, ほえられどうし, ほえられないよう, ほえられながら, ほかならぬと, まかせて, みつけられては, むちをふりまわしてみせた, もう何, もどして, もので, ものを, やあらむ, やったとて, やっても, やられたん, やりました, やりますから, やるつもり, やるとか, やるん, やる食事, やろうという, よく似, アルコール性の, シェパードや, タノンダゾヨと, パンでも, ワン, ワンワン吠えさせ, 一定の, 三度三度めしを, 与えたの, 与えるくらい, 与える残, 乘つた猿や, 二匹分の, 云いつけました, 云つて泣き, 交った帰り, 人間同様の, 仏性が, 仕え秋田犬, 仕立てたところ, 付けて, 代りて, 会えば, 会った時, 似たり, 作る, 使うの, 例を, 信用される, 傾注する, 先達され, 兎を, 冷淡に, 凝って, 出会った娘, 出來, 出喰わしたので, 出遇った猫, 利用する, 勝れ性質, 化しわれ, 化せられた人間, 十分与へて, 及ばないから, 取られるたび, 取りますれば, 取り巻かるるは, 取り巻かれて, 取り巻かれるの, 取り巻かれ人, 取り巻かれ野良犬ども, 同情した, 同情しました, 名を, 向いて, 向かい, 向かつて, 向こうず, 向っても, 向つて, 向つて言, 吠えかけて, 吠えたて, 吠えつかれた, 吠えつかれたとき, 吠えら, 吠えられし, 吠えられた, 吠えられたこと, 吠えられたそれでも, 吠えられたと, 吠えられたという, 吠えられたとき, 吠えられたの, 吠えられた時, 吠えられた歓迎, 吠えられつつ, 吠えられなかった犬, 吠えられに, 吠えられる, 吠えられる子供, 吠えられる者, 吠えられ短銃, 吠え付かれて, 吠え出されたこと, 吠え立てられつつ, 吠え訴えて, 吠付かれ, 呉れて, 呉れるは, 呼びかけたしかし, 呼ぶ, 咆えられた, 咥えられた, 咬まれたという, 咬まれたわけ, 咬まれた怖, 咬まれるくらい, 咬まれるよう, 咬みつかれたシヤレ, 咬みつかれて, 咬み殺された, 啖い殺された, 喧嘩を, 喰い残された者, 喰は, 喰はせ, 喰はれる, 喰ひ殺された, 喰べ, 喰わせたいか, 喰わせて, 喰わせる一日料, 喰われそう, 喰われたの, 喰われろだ, 嗅いで, 嗅がして, 嗅がせたらその, 嗅がせて, 嗅がせると, 嗅がせるなら嗅がして, 嗅がせるん, 嗅がれたの, 嗅がれたもの, 嗅ぎつけられること, 嗅ぎ付けら, 嗅ぎ出された上, 嗅ぎ出されて, 嘗めさせること, 噛ましめ, 噛まれたと, 噛まれた時, 噛まれた歯形, 噛まれた神尾主膳, 噛まれて, 噛まれ剣, 噛みつかれたの, 噛みつかれたまま, 噛みつかれたやう, 噛みつかれた創, 噛みつきとうとう, 噛みつくよう, 噛み殺させる手筈, 噛み裂かる, 噬まる, 四万五千円の, 囲まれて, 圍まれて, 声を, 変り降雪, 変る, 大部分, 好かれて, 如かざるもの, 子供を, 宗教の, 宛てたの, 寝よとの, 小便を, 少し遠慮, 就いて, 就いての, 尾けられた, 左様十頭以上, 年に, 床まで, 弄ばれて, 引かせた橇, 引かれるという, 強いの, 当てがった食物, 御飯を, 復讐いなけれ, 復讐される, 怒りを, 怨みを, 怪まれて, 怪まれね, 怪我を, 恨みを, 悩まされたなどという, 悲哀という, 悲哀なんて, 情け厚かっ, 慕われながら, 憑かれて, 懇望され, 成長する, 手を, 手綱を, 手術を, 打って, 扮するため, 扮するの, 扱われて, 投げあたえた, 抛つてよ, 掘りぞ, 掘りぞべ, 接吻した, 擬し読書, 教えたから, 文句を, 斑犬を, 於ても, 曳かせた低い, 曳かれて, 木の実を, 本を, 来い来いした, 業を, 槍を, 横っちょに, 横綱の, 正義を, 死なれて, 殺させようと, 殺されずに, 殺されたと, 殺されないよう, 殺されるもの, 殺され終日, 毒饅頭を, 比へたり, 比較された, 比較した, 永い間, 汚されたごとき妻, 決まったとこ, 注意し, 注意を, 牛肉猫に, 物を, 物言うて, 特殊なる, 獲物を, 番木鼈を, 相違ない, 真珠を, 石でも, 税金が, 立ちむかった瞬間, 等しいの, 等しいもの, 紙袋が, 紙袋を, 細君は, 続いた一人, 縁の, 置き換えたん, 美を, 肖て, 背かれたの, 背を, 腿を, 自分から, 至るまで, 草の, 荷担し, 衣を, 襲われて, 襲われようとも, 西洋の, 要心しなけれ, 見える, 見せると, 見られない多く, 見られると, 見るよう, 見入った, 見習つて, 視べ, 言うよう, 言った, 試みました, 話かけました, 話しかけた, 話しかけて, 話しかける, 話して, 譲ったと, 譲り与えおわる犬二疋死後領家, 護られて, 變形し, 負けずに, 負けない大声, 貪り食われて, 買った八つ頭, 超出した, 足を, 跨って, 跨りて, 較べるこの, 辛かった, 迎えられて, 近いた, 近いの, 近づけて, 近づけるだけで, 近寄った, 追いつめられたあげく, 追いつめられた猫, 追いつめられた鹿, 追いまわされて, 追い出されながら, 追い駆けられて, 追っ飛ばされたもの, 追っ飛ばされた図, 追ひかけられ, 追われたとき, 追われても, 追究され, 送られて, 送りつけられて, 逐いかけられて, 逐はれ, 逐わせるの, 逐われて, 逐われるの, 通じない, 逢うたならば, 逢うと, 逢う機会, 逢ったら手の平, 逢ひたいといふ, 連れて, 連れられ来たの, 連添って, 遇った時分, 遇わば, 道具を, 違いござらぬ, 遺産を, 邪魔される, 配達させたい, 野菜の, 鉄砲は, 関係し, 関連し, 附けられた, 附つい, 降らんや, 限って, 非ざる, 靴を, 預け置いた, 頼む者, 顔なめられる, 飛着かれ, 食いつかれたほう, 食いつかれて, 食いつかれてさえ, 食は, 食はれ, 食ひつかれ, 食わしちまいますぜ, 食わしてるん, 食わせた豪家, 食わせるよう, 食わせるわけ, 食わせる犬ビスケット, 食わせろ, 食われたか, 食われたって, 食われたなんて, 食われたの, 食われに, 食われましたと, 食われる, 食われんうち, 飽きて, 餌えば, 鼻を

▼ 犬~ (460, 3.3%)

19 一緒に 12 猿の 10 遊んで 9 一しょに 5 いっしょに, 猿だ 4 同じよう, 話を, 遊ぶ, 鴉 3 いえば, なって, ふざけて, 人とは, 噬み, 戯れて, 違って

2 [34件] さるを, ちがって, なすもの, なった, なりて, ジョリクールを, 並んで, 人とを, 人の, 人間との, 人間の, 反対に, 喧嘩し, 喧嘩を, 噛み合いを, 女中, 子供が, 小供, 少女, 比較し, 犬との, 犬の, 狼とが, 猫, 猫が, 猫の, 猿で, 猿と, 猿とは, 称して, 称するもの, 竪町の, 羊の, 謎々の

1 [295件] あっては, あとさき, あの盲乞食, あるく, いいお, いうから, いうても, いうと, いうので, いうべきだ, いうべきでは, いうよりは, いうよりも, いえども, いったが, いって, いっても, いるなんて, いるの, おさる, おなじよう, お人形, お喋舌, かけっこし, きては, けんかし, けんかも, この子熊, さると, さるとを, さるの, しいえば, したらクロ, すっかり仲よし, するツモリ, すれ, そしてそれ, その男, それから, それからこの, それからその, つれて, とまったこと, どの人間, どの猫, なつた, なつて, ならば, ならん, なりけり, なりなば, なり踏絵, なるに, なる前, なれど, のきの, ばつたり, ふたり, ふたりし, まるで違う, みんないつしよ, ゆき合ふと, よぶからには, わかると, わたしに, わたしの, わたしは, ゐて, ゐない犬, アダ名の, オバコという, ケンカする, ケンカを, ゴッチャに, ジョリクールの, デンスケの, ナイフと, ハープを, 一しよ, 一人の, 一体鉄砲, 一処に, 一所に, 一緒にだけ, 一緒にな, 争し, 争ひ, 二人きりで, 二人で, 二匹の, 二番犬が, 云うの, 云うもの, 云う一個, 云う名前, 云う大敵, 云う断案, 云えば, 交って, 交る, 人とが, 人とに, 人との, 人形を, 人間とが, 人間とは, 人間を, 仔犬とが, 仲よく, 何か, 何かの, 何から, 何ぞ對揚, 何でも, 來た, 先を, 共に走つた, 共存共栄し, 初めて近づき, 別れること, 勇士を, 化し去ったなどと, 反対の, 同じぐらい, 同じぐらいに, 同じだ, 同じに, 同じもの, 同じやう, 同じ方向, 同じ毛色, 同じ良心, 同じ観, 同一だ, 同居生活し, 同様だ, 同様な, 名を, 向いあって, 呼ばるるを, 呼ばれて, 呼びならわし今さら, 呼び捨てに, 呼んだり, 命令する, 咄家と, 咄家とは, 咬み合, 品物とを, 問答する, 喧嘩せず, 噛みつかない犬, 外套を, 大そうな, 大の, 妻とが, 妾を, 婆とを, 子供, 子供と, 子供の, 子犬とが, 存じたれ, 小さな犬, 小犬が, 小男とが, 小男とは, 少年, 崇められ人, 強い牝犬, 微風とが, 戦いながら, 戦ったあれ, 戯る, 戯れつつ, 戯れながら, 持主に, 支那美人とを, 教育した, 斑犬との, 斑犬とを, 斑犬は, 明記されぬ, 書かれて, 書く, 木と, 来た日, 格闘した, 橇とによる, 橇によ, 欧羅巴種の, 歩む, 比較された, 比較すべき, 気の, 決まったぞ, 漁師の, 牛乳車を, 犬が, 犬とが, 犬とを, 狂うた, 狐とが, 狸と, 狼とどつち, 狼との, 狼とは, 猛獣, 猫ぐらいの, 猫で, 猫であった, 猫でない, 猫と, 猫とが, 猫とでは, 猫とに, 猫との, 猫とを, 猫を, 猫猫と, 猿が, 猿じゃ, 猿だつたさう, 猿であった, 猿です, 猿では, 猿ながら, 猿を, 猿世の中良かれ, 猿同然の, 生かはりて, 生れ変つた, 生酔いとで, 相場が, 眼を, 知ったれば, 知らずに, 知らず他, 短銃, 私と, 秋田犬との, 称えられた, 称する犬, 立てこれ, 等しい第, 約束した, 組討ち, 羊と, 羊とについて, 羽衣との, 老女の, 耳の, 聞いて, 腐肉を, 蟇の, 見くらべざるを, 見た, 親しければ, 言うこと, 言った訳, 言はれる, 言われた途端, 訂正し, 認めたの, 諸共に, 象に, 連れて, 遊び座へ, 遊ぶこと, 遊ぶの, 遊ぶ老人, 遊べない, 遊ぼうが, 道づれに, 関係の, 隔りは, 離れた後, 離れて, 青大将ぐらいで, 顏を, 食い合って, 食事を, 馬とにかけては, 駕籠が, 骨を, 高声に, 鳥との, 鶏と, 鶏とが, 鶏とに, 鷹を, 麻とを, 黒い毛深いむく, 黒犬と, 鼻を

▼ 犬~ (410, 3.0%)

24 歩けば 10 猫も 7 あるけば 6 いない 5 喰は 4 ついて行くよ, 馬も 3 いる, ついて, 人間の, 尾を, 連れて

2 [22件] ある, そのあと, それから熊, それを, つづいて, ない, またこの, わたしも, 一緒に, 出て, 吠えては, 喰わないと, 喰わぬうさぎ屋, 声を, 居る, 朋輩鷹も, 私の, 私も, 草も, 見えない, 食は, 鶏も

1 [291件] あった, あなたの, あり, あるけばの, いいが, いい犬, いた, いっしょに, いないし, いないよう, いなくなって, いねえし, いるでしょうですから, いるわが家, いれば, おとなしくし, おとなしく付い, おとなしければ, おどろいて, おなかが, おのずから懐い, お姫さまのね, お気を, お経, かわいがりました, きょうは, こうし, こうなる, ここを, ことごとく昇天, この世から, この家, この山, この犬, この男, この第, これほど, さるも, しぐれつ, すぐその, すこし飽きた, すっかりしょげかえっ, ずいぶんの, そこへ, その中, その場, その食物, それについて, だいぶ年, だんだん子供, ついにこの世, とう, とうとう嘆息, とうとう追い散らされ, とどまりムク, どこかへ, なかった, なく, なくあんな, ねこも, はげしくくしゃみ, はじめの, ひょいと駈け, ふだんは, へとへとに, ほえなかった, ぼくは, またかわいがる, またほか, またキャンキャン, また主人, また吠え止む, また姿, また子供, また竜, また米友, また自分, みんな死に絶えた, みんな行っ, みんな首を, ものさびしい, やっぱり尾, やはりすっかりしょげきっ, やはり我々, ようよう落ち着いたらしく, ゐたもの, ゐないの, ゐなくな, ゐます, ゐるのよ, ゐる鶏, エミイの, オザイルの, オルフォイスの, オレの, サテハ敵ニ計, ヘクトーと, ボンヤリ眺め, ムクの, 一匹横に, 一匹横にな, 一年間二頭が, 一驚したらしい, 三尺許り離れ, 上りムク, 上物で, 世を, 人の, 人も, 人間なんかよりは, 何で知らぬ顔, 何にも, 何の, 何処かで, 來り, 倒れるや, 兎も, 共に闇, 其御利益は, 出すん, 前の, 力が, 加わって, 午睡を, 博士に, 博士の, 去って, 去る日村童, 口を, 可愛いもの, 吉兆と, 同じこと, 同じところ, 同様だった, 同然じゃ, 同然な, 吠えず, 吠えず鼠, 吠えたが, 吠え声, 吠え立て, 含めて, 吼えてる, 唸る新, 喰わないの, 喰わない水掛論, 喰わぬと, 喰わねえ, 四匹ほど, 国に, 土佐犬も, 坊ちゃんも, 売った相手, 変りは, 夢中に, 女と, 好きである, 婆の, 嬉しくて, 子供を, 子馬も, 寝にくい, 尊い, 尻尾を, 尾い, 居ないの, 居なかったので, 居らぬ, 居らぬに, 居らぬ私一人, 居ります久しぶり, 居るその, 居るぞよ, 居る鼬, 屹度然, 帰りに, 彼と, 後から, 後ろに, 後を, 御姫様, 御飯を, 心配せず, 忠義の, 思うよう, 悪かった, 悪くない, 悲しげ, 愛想を, 慥かに, 手品だった, 打たれれば, 拵え交ぜて, 持つて, 持斎すべく育てられた, 掘り返せなくなって, 掛らなかったらしいが, 散歩いたします, 暫くは, 暫く後, 月も, 来る, 来るん, 桃太郎の, 欠伸を, 武者足軽の, 殺されて, 殺されるの, 毛の, 気が, 気がついたらしく慌てて, 気がつかないだろうッ, 淋しそう, 港の, 澤山は, 澤山ゐた, 無事に, 然る, 煩悩を, 物価騰貴で, 犬でなくなる, 犬嫌いな, 狆も, 狐も, 猿も, 番木敞か, 番木鼈か, 盛大に, 相当いる, 眠るとも, 睡中, 矢張印度を, 知って, 知らざるべしみずから風, 祀られたらしい, 私たちの, 立ち止って, 笹子峠を, 糞の, 紳士も, 続いて, 老いぼれて, 考えました, 耳を, 自分が, 街上に, 表芸一通りは, 見えなければ, 見事に, 角で, 訓練次第で, 調子を, 買って, 走る, 走る貴様, 跟きやす, 蹄の, 迅い, 返答に, 逃げると, 通りませい, 通りません医者, 道理, 遠くの, 鋏で, 鐵砲も, 雛つ, 頑丈な, 頭を, 頻に, 頼めば, 食うまい, 食に, 食わない, 食わないこと, 食わないちうからな, 食わないと, 食わないよう, 食わない大, 食わない夫婦喧嘩, 食わない立廻り, 食わない自慢, 食わぬ, 食わぬと, 食わねえいや, 食わねえこと, 食わねえと, 飯を, 飼って, 黒犬も, 鼠どもも

▼ 犬~ (207, 1.5%)

15 猫が, 猫の 8 猫を 7 猫は, 猫や 5 猫と 3 ねこが, ねこを, 狐の, 猫とは, 猫に, 馬や, 鶏の

2 [15件] さるたちを, さるの, さるは, ねこの, ひつじ飼い, 不吉な, 兎の, 新しい狂人, 烏と, 狼の, 猫も, 猫より, 羊の, 豚の, 馬を

1 [99件] あまに, いろんなおもちゃ, お前何でも, こんな畑, さるから, さると, さるに, さるも, さるや, そこに, ないか, に対するには却って, ねこは, ねこや, またほか, もう一度投げる, わたしに, トナカイの, ナイフの, ネコじゃ, ネコや, マリで, ユダヤ女を, 三毛猫まで, 人が, 人や, 人造人間を, 仏性は, 仏生会, 兎や, 厳しいコサツク兵, 嚴しい, 坊さんや, 子供や, 小鳥あるいは, 小鳥が, 小鳥の, 小鳥や, 時には村人, 橇の, 浮世の, 熊も, 牛が, 犬や, 犬飼いや, 狐じゃ, 狐や, 狸が, 狼や, 狼を, 猛禽は, 猫から, 猫じゃ, 猫た, 猫でない, 猫などが, 猫なら, 猫には, 猫に対するや, 猫ばかり, 猫へ, 猫をさえ, 猫等の, 猿の, 猿も, 猿や, 獅子や, 病犬では, 盗賊の, 盲人の, 石ころの, 神鳴, 老猫形, 蛙の, 蛙や, 豚だった, 豚と, 豚などより, 豚や, 豚よりも, 野良猫が, 馬が, 馬でござれ, 馬と, 馬の, 馬は, 馬までも, 駱駝や, 鳥と, 鳥とさえ, 鳥なんかを, 鶏が, 鶏さえ, 鶏や, 鶏を, 鷹の, 鹿よりは, 鼠の, 鼻糞の

▼ 犬千代~ (152, 1.1%)

3 か, は, は彼 2 であった, のこと, のほう, はその

1 [135件] から, から主筋, から口, から頼み, が, ががばと, がしかも, がその後, がにやりと, が側, が力戦, が好き, が小鼓, が帰りかける, が帰る, が床几, が手, が木下殿, が来, が槍, が知ったろう, が立ち寄りませんでした, が起つ, が駒, じゃ, だった, だったから, でご, ですら, では, とあっ, という強敵, という青年, といずれ, といつも, といわれた, とか藤吉郎, との結婚, と出会う, と呼び, と聞いた, と自分, と藤吉郎, と顔, どの家がら, どの御, などと共によく, など四, にかわっ, にその, には傾倒, には分っ, にふい, に対してその, に対して合わせる, に従い, に斬りつけられた, に譲っ, に譲らせ, のうわさ, のことば, のすぐれた, のせめたてる, のむかし, の作り阿呆, の友誼, の右, の声, の姿, の実弟, の小鼓, の手, の涙, の真価, の筆, の耳, の茫然, の訪れ, の鎧, の駒, はいう, はいっ, はいつも, はかえって, はことば, はさすが, はそういう, はそれ, はとび降り, はにことし, はもう, はやがて, は何, は例, は信長, は再び, は叫んだ, は問題, は坐りこん, は垣, は声, は小首, は意外, は感情, は疑わない, は相手, は矢, は突っ込む, は立ち退きました, は耳, は膝, は藤吉郎, は談論風発, は謡いかけた, は貴女, は身, は鞍上, は頭, は黙々と, へ向っ, へ酌, もいつの間にか, もうれしゅう, も何, も快活, も祈った, も腰, も藤吉郎, も蹌, やら知れない, や惡友ども, や池田勝三郎, をなぜ, をまじまじ, を真実

▼ 犬~ (148, 1.1%)

1375 から 3 か猫, と思う, と言っ 2 か人, そうだ, ということ, な, なあ, もの

1 [102件] あまりにつつましくおとなしい, あれに, か, からとて賤, からな, からね, からみんな, からよ, からカア, から一ヶ月, から其奴, から或は, から漸く, から細引, から總, から食物, かわかつ, かわからない, か人間, か探偵, か狼, か知っとる, か知らねえ, が, がうまく, が人間, が八百万石, ことなにに, ことわたしよりも, こんどきたら, し何だか, ぜ, そうで, そのきたない, ぞ, つた, つたので, つてこの, つて二百円ぐらゐはするだらう, つて居りません, つて毛嫌ひつて, つて自分の, つて見境が, という思い, といったん, とかみすぼらしい, とか俺, とか家, とか鼠, とくわしく, とぐらゐしか思つて, として臀, とすれ, とそれ, とつれ, とも思いました, とわかった, とわかる, と大きくっ, と小父さん, と思い, と思った, と思つて, と思はう, と思わない, と思われた, と感心, と教え, と書い, と罵った, と聞い, と自転車, と言われる, どうも不幸, どこを, なと思ってる, なんぞと正体, なんて, なア, な今日, の, のと, もの此の, もんだ, よあんな, よと云われ, わ, わたしの, わね, ッ, 何も, 余所の, 厭な, 外を, 未だ子供, 犬が, 犬だ, 神尾の, 誰か行っ, 近頃の, 鈍に, 頭だ

▼ 犬~ (123, 0.9%)

7 の娘, の家 3 というもの, の伝説, の屋敷, の祟, の迷信 2 たちまちその, だア, に憑かれ, のこと, のごとき, の祈祷所, の話

1 [80件] ありしを, がかの, がとり, がのりうつる, が平民, が離れ, じゃどこ, だった, だったの, だのとっつきだ, である, ではお, となり, ともいいます, と同様, と呼ばれ, と天狗, と称し, と称する, なるもの, にし, に両足, に似, に同, に帰, に悩まされ, に憑かれた, に憑かれたら, に苦しめられ, の, のお, のご, のごとく, のたたり, のほか, のやう, の人, の入りたる, の名, の実況, の巣, の後ろ, の所作, の手, の本場, の本家本元, の法力, の濫觴, の牙, の由来, の種類, の系統, の者, の血族中, はうしろ, はおかし, はぎゅっと, はこの, はたちまち, はまるで, は一つ, は一種, は人狐, は大, は怒った, は来ん, は水平線, は無学, は目的, もある, もこんな, もまた, や出雲, や外道, をとりつかせる, を使う, を有する, を現ずる, を追いだす, 使い外法使い

▼ 犬ども~ (114, 0.8%)

3 は彼等 2 の主人, の群れ, はうう

1 [105件] かの免状, が, がありとあらゆる, がいそいそ, がこの, がぢ, がどれほど, がひっぱり出され, がやって来やがった, が一列, が主人, が何百, が取り, が吠える, が怒りだした, が怖, が林中, が禁裏, が自分, が諸方, が起き上がった, が駈け出し, だ, だけの話, であるの, と見える, ならずとも, にせがまれ, にとってノズドゥリョフ, には身の毛, によって一カ月, によって掠奪, に一つ敬意, に何, に口輪, に吠えられ, に吼, に殺され, に犬, に見ゆる, に警戒, に追われ, に食, のその, のほう, の便所, の名, の嗅覚, の威勢, の意見, の方, の無, の繋がれ, の耳, の軽蔑, の頭, の食欲, は, はここ, はそんな, はたちまち, はみな, はわが, はわれわれ, は一匹づつ, は一層, は主人, は二疋, は五町, は吸, は吸い込まれる, は喜ん, は声, は小首, は彼, は悄然, は手巾, は毛, は直, は絶えず, は繋がれ, は見る, は訝しげ, は軍隊, も眠っ, よりもロック, よりもロツク, をからかった, をぜんぶ, をその, をみな, を一網打尽, を叩きのけ, を呼ん, を引つ, を撃滅, を木, を繋い, を襲撃, を踏みつぶそう, を追っ払っ, を遊ばせる, を鎖, を鞭, を頗る

▼ 犬~ (112, 0.8%)

10 のよう 5 のやう 2 と同様, にも劣った, に対する時, の影, の死骸, も御, をでも

1 [83件] から牛馬, がすき, がゆく, が死ん, が踏ん, それから男妾, だってそう, でさえ何ん, ではあるまい, でもこの, とは違います, ともに上手, と思う, と擇, と變, などと見下げた, などはあたかも, ならこう, ならでも, なら潜って, なりしかば一時, なりとも打殺し, なんかにははじめ, にあてがわれる, にあらされない, にお, にさえ劣った, について子供, には効いた, に使われ, に劣る, に同, に近い, のお爺さん, のご, のふざける, の仔, の喧嘩, の外, の大, の如き, の如きで, の如く, の子, の小便, の屍体同様, の心理, の死んだ, の毛, の爺さん, の物真似, の狼狽, の産科病院, の皮, の血, の身, の類, はみかけ, は勿論, は猫, ばかりであった, まで飛び出し, も人, も同じ, も斬れまい, も木ノ芽, も見えぬ, や傘, や梅桜, よりも大きい, をあわれむ, をいじめる, をくらい豚, を可愛がらぬ, を埋める, を拘禁, を殺し奪い合っ, を殺す, を見れ, を貰っ, を蹴飛ばす, を追う, を飼っ

▼ 犬殺し~ (106, 0.8%)

4 の手 3 が来た, につれられ, はその 2 が歩, が犬潜り, の棒

1 [87件] かの種類, がきたら引き渡し, がソロソロ, が一人, が何処, が僕, が入っ, が入り込む, が出来る, が近づい, が釣, が隣, であるとに, でない, で帯, とは気, と此人, と言わず, などではありません, にかかる, にさえ進ん, にはある, にやられた, にやられる, に仕立てた, に反抗, に引き渡し, に懐く, に捕えられた, に殺され, に殺された, に狙われ, に目, に見えた, に追われ, に遇いました, のよう, の反対, の名人, の噺, の姿, の後姿, の徘徊, の投げ, の来る, の獲物, の目, の箱車, の考え, の苦心, の足もと, の針金, の面, の馬車, はいよいよ, はじろりと, はムク犬, は二人とも, は商売, は太, は太い, は安心, は尋常, は巡査, は手際, は拍子抜け, は日頃, は毒, は胸, は自棄, は遠く, は頭, もやれ, も用い, や猫, よりも少し, をし, を働く, を呼び留めました, を家業, を廃, を御存じ, を振り飛ばした, を見た, を識, 不当な, 皮剥ぎをやったかという相違から

▼ 犬小屋~ (105, 0.8%)

7 の中 6 の前 5 のよう 3 がある, につない, のやう 2 があった, のある, の一件, の方, 荒しの

1 [68件] からさえも追い出された, からへん, から出る, から大分, かガード下, が, があります, があるでしょう, が映っ, くらいはちょっと, そっくりの, だけで, だったの, だの大久保, だろうと, でありました, できゆう, というの, となり, と犬, に, にあつめ, にねえ, には何百匹, には小さく, には居なかつた, には泊めない, には高時, にもはいりました, に入る, に再び, に居た, に縛られ, のうち, のお, のなか, の側, の傍, の如き, の屋根, の犬, の犬ども, の狂い, の跡, の錠, の非, は, は大久保, は最初庭, は樹明君, へおいた, へ持っ, へ繋い, も火, も羽目板, よりもひどい, をいれる, をうかがい, をしつらえ, をひ, を畫, を瞶め, を見, ノ前, 若しくは糞, 荒しが, 荒しだって, 荒しに

▼ 犬でも~ (93, 0.7%)

8 猫でも 2 ねこでも, 上から, 人間でも, 見るよう, 追うよう

1 [75件] あり殊に, あるかと, あるまいし, あろうから, いいし, いたずらした, けしかけるやう, こわがらずに, しめるよう, それでも人間, とらの, ない, ないだろう, なくもとより, はいったの, やはり苦しく, よい, ゐて, イノシシよりは, トテモ西洋までは, ドブ鼠でも, 一匹ゐ, 三日飼われりゃ, 上つたのかしら, 入りそう, 出れば, 出入りしたらしい, 分る, 助けたと, 叩くよう, 叩く様, 叱るよう, 名も, 呼ぶやう, 呼ぶよう, 和尚が, 咥え, 咥へて, 喰ったじゃ, 喰つたぢや, 喰はせる, 婆でも, 射殺する, 居ないもの, 居るよう, 御入用, 怒るが, 悲しい, 持主の, 死んだやう, 気味が悪いと, 火焔を, 犬でも, 犬の, 生き物さえ, 男女同権だってさ, 畜生でも, 病んだらものものしい, 自由に, 菊でも, 行われること, 訓練が, 豚でも, 起きるよう, 蹴そう, 追い払うよう, 銜へて, 食って, 食べやしないよ, 飼いたい心, 飼いたき心地, 飼うて, 飼主を, 馬でも, 駆け下りないよう

▼ 犬ころ~ (81, 0.6%)

17 のよう 8 のやう 2 が雪, と人形, の方

1 [50件] かい, か何, がうなり合い, がお腹, がなつく, が三つ, が何, が大きな, が走り, が逆, が遊ん, が馬車馬, じゃこの, だつて, だつて素通り, だッ, でした, でもいい, でもける, でも棄てる, とふた, とまちがえ, とまちがえてる, などと異, にサービス, に大根, のおもちゃ, のとき, の如き, の子, の白茶, の素性, の薄き, の遠, の頭脳, はもう, はモ一度枝, は其枝, は直ちに, は紙, も見えなくなった, をいじくり, をふりつづけた, をよ, を一匹, を友だち, を座敷, を押せえ, を持つ, を斬っ

▼ 犬~ (73, 0.5%)

6 あつた 5 さへ 3 家の

1 [59件] あた, あらう, いつか郵便屋さんが, いねえと, うす赤, おどおどし, がすよ, げすけ, さへも, すらそう, すら自分, せう, そつくりかへ, そのまま歩い, その中, それが, それで怜悧, そればかり, ただれた眼, でも, どこからか, なにかの, なんでも, りこう, クリストフが, ポチと, 一杯で, 三四疋位の, 三度々々の, 主人の, 今やイギリス軍, 何の, 何処から, 何方が, 可哀そうな, 和尚さまの, 嗅覚が, 噛みつかんばかりの, 大變役, 広い野山谷, 急ぎ足で, 慢心の, 有名な, 滅多に, 滑稽た, 狩り立てたん, 眼の, 私の, 結局家の, 縁代の, 耳の, 西洋的な, 見慣れない人間, 試験する, 赤い舌, 身體は, 連勝式一二着と, 食べるもの, 鼠を

▼ 犬畜生~ (73, 0.5%)

6 にも劣る 5 っ, のよう 2 と同じ, にする, にも劣った, に死ぬ, のやう, の言草

1 [45件] あんまりだ, ええ若さま, じゃあるまい, だけ情, だつて, だと, だな, だよ, だペチェネーグ人, である虫, でさえ仔, です, でも, でも見る, というべき, というもなお, といっ, とはお前, とはよくも, とみ, ともいっ, ともお, とも人間, にでも頭, にはキット天道様, にもおとる, にも劣つた奴, にも劣つた折檻, にも劣つた精神陋劣佞奸邪智, にも劣つた雌, にも劣ッ, に未練, に生れ, の世話, の人でなし, の寄合, の性根, の恩, の末, の様, も同じ, も同然, をこれ, をし, を先生

▼ 犬には~ (60, 0.4%)

3 足を 2 わからなかった, 人間の

1 [53件] あたらなかったらしい, かなわない, こたえませんでした, この間死なれ, その芸当, ないもの, なれねえぞ, やさしくしてやる, わかったの, わかるらしいね, ウルフ・ハウンドも, ベットリと, 一度に, 主人の, 信吉の, 出来ない芸当, 判断が, 別に何, 別れ宿, 前から, 各自の, 喧嘩の, 噛み切れないよう, 嫌われますが, 実に豊, 寒さ, 幾度泣かされた, 弱らされたもの, 恐ろしい病気, 手が, 振り向くこと, 暖かすぎる, 更に苦痛, 歩けて, 死別れを, 毎日小豆を, 無いこと, 狂った道具, 猛犬が, 生別れを, 聴こえるん, 荒繩が, 薬など, 蚤が, 見えますかな, 親しみも, 親しみを, 誰も, 運河の, 違いない, 鎖が, 非ざりし, 驚いたと

▼ 犬~ (58, 0.4%)

6 猫の 4 何かの 3 猫か, 猫かが, 猫でも 2 狼へ, 猫が, 猫に

1 [33件] そうでない, なんだか珍しい, ネコでも, 一本脚の, 人間か, 人間のけ, 何か, 何かが, 兵か, 影法師か, 木か, 狐の, 狼か, 猫かの, 猫かを, 猫だ, 猫で, 猫なんぞの, 猫を, 猫をでも, 猿の, 畜生か, 畜生の, 盗人猫か, 競走馬を, 豚だ, 青大将が, 青大将と, 馬か, 馬かの, 馬を, 鴉の, 鷲に

▼ 犬たち~ (58, 0.4%)

3 はわたし 2 とジョリクール, よ

1 [51件] がうれし, がお, がこの, がそんな, が出, が十日, が秋, が立っ, が絶望, が顔, といっしょ, とともに又八, と別れる, と散歩, と遊ばせ, なんて思う, にはなん, にやる, に会得, に着物, のけたたましい, のそば, のよう, の中, の彼, の群, の間, は, はうれし, はうんと, はお, はおお, はくたびれ, はたのむ, はなにか, はユダヤ, は初め主人, は哀願, は外, は帰っ, は捨てられた, は有益, は楽しい, は頭, もくたびれた, ももう, もジョリクール, も目, やジョリクール氏, をおどろかし, を起こし

▼ 犬です~ (56, 0.4%)

9 か, よ 62 からその

1 [30件] あの黒犬, かとお, かね, からな, からひとり, からわざわざ, からムク, からレース犬, から僕, から犬, から現在, から見附け, から身, から連れ, が, けれどぼく, けれども田山白雲, こと, ぞ, って, と自慢, ねあれ, ねいつもこんなに, ね何, ね狆, の, よ夫, よ親分, 犬に, 犬の

▼ 犬にも~ (56, 0.4%)

2 徳育豚にも

1 [54件] あらずまた, いまだ生れぬ, お愛嬌, かなわないという, くれじとて, これほどの, これを, それぞれ個性の, ならずに, なり時に, なれるもの, なんにも, まさりぬべし, チヤンと, 不自由を, 今晩の, 値して, 分てり, 劣った畜生め, 劣った重太郎, 劣つた廃人の, 劣りしとは, 劣りやさ, 劣る, 劣るわ, 及ばないの, 受け取れる顔つき, 吠えられなかったの, 吠えられなかつたの, 吠え付かれねえ, 噛まれず帰って, 噛み付かれず障子, 威張って, 小型中型大型と, 幸であった, 幽霊ある, 憎まれ者, 気がつかぬくら, 流行り廃りが, 無限の, 牙が, 特別な, 狐にも, 猫にも, 蚤や, 蝮にも, 見つからなかつた筈, 足が, 通じる言葉, 遊びと, 酒を, 非ず, 駕籠にも, 魚の

▼ 犬神人~ (50, 0.4%)

3 の事 2 のよう

1 [45件] があり, が同時に, が唱門師, が弓弦, が絃指, すなわち弦召, たる坂, たる弦差, だの山番, で彼ら, で後, とかエタ, として著名, として類似, となっ, となった, ともツルメソ, とも犬法師, と云った, などの徒, などを考え合わせ, に対してサカノモノ, に役せられ, のそれ, の元旦日華門前, の名, の如き, の如く, の如く解せられ, の子孫, の專業, の方, の観察, の間, はいわゆる, は五条坂, は甲冑, は祇園所属, は非人法師, は靴作, または夙, も下司法師原, も唱門師, や散, や東寺

▼ 犬という~ (45, 0.3%)

14 ものは 4 ものを, 字を 2 のを, ものが, ものも, 字が

1 [15件] ことを, のは, のも, ものぐらい, 動物の, 図抜けて, 形態以外には, 愛すべき家畜, 犬が, 犬の, 犬を, 言葉が, 言葉を, 語から, 語と

▼ 犬~ (40, 0.3%)

3 や丑紅 2

1 [35件] あつかいの, がお, が病め, だと, で名高い, と丑紅, と同じ, と牛, にかぶれ, には分るでしょう, には白米, に吠えられた, に就い, に雑鬧, に馴, のお蔭, のため, の下, の世, の扱い, の横行, の源氏太郎様, は其家, は火防盗難, や牛, を, をお, をはじめ, を借り受け, を取締, を崇め奉っ, を愛撫, を憚, を畜生, を足蹴

▼ 犬では~ (38, 0.3%)

7 ありません 5 ない 3 なかった 2 ないはず, なかつた, なくて

1 [17件] あったが, ありませんよ, ある, ござらぬか, ないからこそ, ないと, ないとか, ない止む, ない牛, ない確か, ない雄, なくって, なく形, 不可ぬ, 何と, 死後十分間以内に, 美人の

▼ 犬みたい~ (38, 0.3%)

32 な女, な根性, に人

1 [29件] だったがな, だね, なもん, な咥, な声, な奴, な心, な気, な浪人, な男の子, な真似, な眼付, にいきなり, につく這った, にはあはあ, にぶちのめし, に今日, に半信半疑, に噛みつく, に水泳ぎ, に狂暴, に眼, に身, に追いまわし, に追いまわしやがっ, に酔っ払っ, に険しい, に鼻, よ

▼ 犬~ (36, 0.3%)

7 ころの 3 ころが 2 ころと, ころみたいに

1 [22件] ころ, ころじ, ころじゃあ, ころだ, ころだって, ころだの, ころです, ころに, ころは, ころみたいな, ころや, ころを, ころ一匹も, ころ一匹居ねえ, ころ一匹居る, ころ一匹見付かりません, ころ一匹逃さない, ころ一匹飛出さない, ころ十二匹を, ころ投げ, ころ見たい, 犬っ

▼ 犬~ (36, 0.3%)

4 のオヤジ 2 が輕井澤ホテル, の店

1 [28件] か, から見れ, がやってき, が犬, だろう, であった, で売っ, で日本犬, というもの, としては現在かなり, とグル, にあずけ, にいる, になっ, にまで頭, に出羽号, のよう, のオヤジ風情, のカンバン, の主人, の店先, の手許, の若者, は, はまだ, は純粋種, へも跟, を営み

▼ 犬よりも~ (34, 0.2%)

3 人間の 2 猫よりも

1 [29件] すでに大きい, なおほっそり, ひどくやつ, みじめである, もっと大きな, 一般に, 下に, 下の, 不潔に, 人に, 人の, 余計なよごれ, 可愛いと, 可愛くなった, 大きい物, 大きくなった, 大きく糞, 小さい, 少し大きく, 少ないよう, 敏いの, 最う一倍酷, 段違いである, 無能である, 犬の, 目に, 若い犬, 黒が, 鼻曲りの

▼ 犬~ (32, 0.2%)

6 んだ, んです 43 のよ 2 のだ, のであった, のです 1 のか, のだった, のである, のでございます, のでだれ, ので前足, のね

▼ 犬養氏~ (32, 0.2%)

2 は剣術使, は狼

1 [28件] が口, が秘蔵, が長年, が鼠, に, にも私, に出入, のところ, の考, の膝さき, の蟠, の邸, はすぐ, はそれ, は刀剣, は国民党本部, は声, は夜着, は夫人, は最近和田維四郎氏, は獣, は腹, は苦笑, は返書, も内藤氏, も時々, を引合, を頭

▼ 犬好き~ (30, 0.2%)

4 の人, の家 2 な人

1 [20件] から武家, でない, で多い, で諸国, とかいわれる, と犬, なお, なところ, ならだれ, なマダム, な北条, な執権, にも呆れる, のファニー, の少年, の従弟, の極致, は自分, も実に, らしい

▼ 犬じゃ~ (29, 0.2%)

3 ないか 2 あるまいし, ない, 犬じゃ

1 [20件] ありませんね, ありませんよ, いくら城太郎さん, この犬, ございませんぶった切って, ございません斬って, それは, ないし, ない山犬, ない起きてから, なしそれに, ねえか, ねえよう, アあるまい, 大事に, 時によっては, 烏じゃと, 犬でも, 畜生じゃ, 詰らないと

▼ 犬とは~ (28, 0.2%)

2 狼の

1 [26件] いずれが, いつもパン, いつも彼女, この人間たち, これです, こんな背景, どうした, ねらわれて, 一本の, 他人に, 似ても, 何ぞや, 何の, 初めて曲り角, 同じやう, 嬉し欣, 存じませんで檜木山, 思われないこと, 昔から, 異って, 私共の, 迚も, 遊べない, 違うの, 違う餌, 違って

▼ 犬~ (28, 0.2%)

2 復六が

1 [26件] が例, が語りだす, が驚かされ, さんの, というの, に云った, に訊ねた, に軽く, の声, の間, の雅号, の顔, の顔色, の驚き, はときおり, は感慨, は混乱, は美しい, は言葉, 事務長ヴィデ砲手石割一等運転手の, 復六か, 復六だった, 復六と, 復六の, 復六は, 復六を

▼ 犬との~ (27, 0.2%)

2 真似を

1 [25件] こうした和解, 三つの, 交配種が, 交際には, 例を, 声が, 差と, 差別を, 影が, 影法師が, 後ろ影を, 性格の, 格闘の, 混血児を, 経験を, 親身な, 足跡の, 違いは, 配合が, 間に, 間の, 間柄の, 関係が, 関係だ, 鼻を

▼ 犬~ (27, 0.2%)

2 と一緒

1 [25件] が並ん, が二三匹集つて臆病さうに, が朝, が遊び相手, です, とがをれ, とのこと, との食べ物, とはもう, に見せる, に見付, の仕業, はその, はなほ得意, は喧騒, は腹, もまたし, も彼, も腹, をひどく, をみんな, を叱り, を押しのけ, を村全体, を相手

▼ 犬さん~ (26, 0.2%)

2 の家, は

1 [22件] がそう, がやつ, がゐ, が学校, が私達, が窓, が言, が通り, が骨, にいじわる, に会, のいつた, のお父さん, のところ, はあわて, はこの, はつまらない, は毎日, は申しました, は言, もう帰る, やお

▼ 犬なら~ (26, 0.2%)

2 犬除の

1 [24件] すぐに, そうは, のら犬だ, ばいかに, ばいくら, ばこれ, ばそこ, ばともかく, ばオヤジ, ば吠える, ば尻尾, ば打ちやった, ば搬び, ば知らぬ, ば確か, ば追, よかった, チンチンオアズケなど, 君の, 犬全体に, 直ぐに, 血の, 赤犬の, 鼻づら

▼ 犬とを~ (25, 0.2%)

3 連れて

1 [22件] さも莫迦, しっかりと, つれて, ひきつれて, むすびつけて, 一瞥し, 一緒に, 両方の, 伴って, 合わせて, 喧嘩させた, 変えるだけの, 娘の, 用意し, 相手に, 見い出しました, 見くらべながら, 見ること, 解雇した, 送り届けて, 遣して, 食い殺した

▼ 犬~ (25, 0.2%)

62

1 [17件] がおれ, がきた, がのろい参り, が何, が出, が幾度, が悪戯, この場, すっかり頭, っ, に傷, のウードレー, も, わが夫, を飼っ, 出て, 許す訳

▼ 犬から~ (24, 0.2%)

2 教わって, 餅の

1 [20件] うばい返せ, お貰いした, すぐに, そんな芸当, のがれて, よく言われ, 促し立てられて, 判断する, 思ひついたの, 慕い寄られたこと, 物を, 狼に, 言われて, 譲り受けたの, 貰ふ, 起った事, 転じて, 遠ざかった, 離れて, 頂戴する

▼ 犬である~ (22, 0.2%)

2 ということ

1 [20件] かいまぼく, かのよう, かの見, からこれ, からむやみ, か日本人, くらいであったなら, けれども日本人, ことが, ことの, ことは, だけに食物, とかジレット, と云っ, と罵る, もんか, やうに, ような, 事が, 事を

▼ 犬にでも~ (22, 0.2%)

2 喰われろ

1 [20件] いうよう, かまれれば, するよう, なったもの, なった気, なりなさい, 会ったの, 何でも, 吠えられそう, 呉れて, 喰いつかれたよう, 喰われろと, 噛まれたの, 追われたの, 遣るよう, 飛びかかって, 食われた方, 食われて, 食われなければ, 食われろと

▼ 犬一匹~ (22, 0.2%)

1 [22件] いなかったそう, いれば, が問題, くらい金, でも殺す, にこの, に留守, のこと, の生命, も置かぬ, も通らなかった, も鶏, を大丈夫, ノ処置, 吠え付くわけ, 居なかつたの, 描いて, 殺しても, 生きて, 走って, 飼うん, 飼えば

▼ 犬~ (20, 0.1%)

12 ころの 1 ころくらゐ, ころをからか, ころ一匹側へ, ころ一匹出ません, ころ一匹居ねえ, ころ一匹居る, ころ一匹飛出さない, ころ投げ

▼ 犬だった~ (19, 0.1%)

2 のです

1 [17件] からまだ, から人, がどうやら, が主人, そうで, とすれ, とのこと, と思っ, な, なあ, なあいい, なあ昔, のか, のかい, のに可, のに街中, よ

▼ 犬とが~ (19, 0.1%)

2 従った

1 [17件] あつて, いる, いると, ようやく親密, アントワープからの, 一しょの, 一つに, 一度に, 住んで, 尋ねて, 往来の, 現れた, 相携え, 群がりたかった, 親しい仲, 遊んで, 顔を

▼ 犬ばかり~ (19, 0.1%)

2

1 [17件] たくさん歩い, だ犬, であった, である, である私, です, ですが, でない日本犬, でない猫, でなく, でなく近所, でなく鶏ども, では, 可愛がっ, 夫に, 見て, 集めたもん

▼ 犬~ (19, 0.1%)

1 [19件] がいつもどんなに, がおし, がつい, が先後, が新聞, が眼, ではある, にとっての強敵, にまじれ, にもまた, の御, はお雪ちゃん, はひっつい, は人間, は塔, は幼, は血迷い尽し, もし, も一度

▼ 犬~ (18, 0.1%)

2 がやられた, の原稿

1 [14件] が辞表, だのカラ犬, なの, のよう, のオヤジさん, の善嗣, の真意, はそういう, は指揮権, は此, は貧乏, は首相, をとつ, を殺し

▼ 犬さま~ (17, 0.1%)

2 の姿

1 [15件] が墜ち, である, との関係, とは何かと, とは可, に供える, に当てた, のお守, の始, の本家, の足, は一本, は見た, は諸, を借り

▼ 犬~ (17, 0.1%)

2 に乗っ

1 [15件] があっ, があります, が氷原, で物, なんかおかしく, について九十日, に物, に荷物, の一隊, の先頭犬, の犬たち, を乗り入れた, を仕立て, を飛ばし, を駆っ

▼ 犬養木堂~ (17, 0.1%)

2 の硯

1 [15件] がそれ, が外交調査会, で寺内首相, などはよく, に振落され, のやう, の両, の刀剣談, の家来, の邸, は憲政擁護, は星, は自分, は議会, も書物

▼ 犬だって~ (16, 0.1%)

1 [16件] おりませんから, これじゃ, そんな一人, チラつくもの, 人間だって, 同じさ, 困るだろうと, 困るよ, 寝言に, 少しも, 山の, 楽じゃ, 浮かれて, 猫だって, 猿だって, 美女は

▼ 犬なんか~ (16, 0.1%)

2 分りませんもの

1 [14件] あまりいなかったのに, いないの, こわくない, ゐないの, 一匹も, 何処にも, 入って, 勝手に, 可恐く, 問題じゃ, 居ませんよ, 拾つてき, 捕まろうと, 見て

▼ 犬公方~ (16, 0.1%)

2 の悪政

1 [14件] がそれ, といわれた, と下々, と民間, と綽名, の下, の令, の名, の殿中, の眷族, の膝下, はすでに, も戌年, や犬役人ども

▼ 犬まで~ (14, 0.1%)

1 [14件] そばへ, つれてと, やって来て, わらわらと, 大きく見える, 引き連れて, 弱虫だ, 後足を, 揃って, 普通の, 歓待し, 殺して, 生意気に, 痩せやが

▼ 犬神憑~ (14, 0.1%)

3 きの 2 き, きか, きは 1 きじゃと, きです, きとは, きとも, きには

▼ 犬だの~ (13, 0.1%)

2 猫だの, 野蛮人の 1 ひつじだの, モルモットだ, 小さい妹, 猫だ, 猿は, 箱屋だの, 花だの, 豚だ, 黴菌だの

▼ 犬であった~ (13, 0.1%)

1 [13件] か, かということ, から友達, から家族, か思いだせない, か昼, が他, が宿無し犬, が成育, のだ, のだろう, のみならず, 為に

▼ 犬でない~ (13, 0.1%)

1 [13件] ことによって, ことを, という自信, とする, とどうして, と思ったら, と最初, のが, 事も, 全くの, 犬が, 畜生じゃ, 非凡の

▼ 犬に対して~ (13, 0.1%)

1 [13件] あくまでも深く, あまり冷淡, しんぼうの, であった, 一見なんとなく控え目, 好意の, 彼の, 意地の, 特別なる, 純粋で, 自分の, 至上権を, 面目ない

▼ 犬より~ (13, 0.1%)

1 [13件] つよいの, まだ大きい, 一銭でも, 下に, 五十銭余計に, 僕の, 出世は, 劣って, 君の, 大きく村内, 強いの, 強い虎, 早いオヤジ

▼ 犬さえ~ (12, 0.1%)

2 歩いて 1 すきな, びっくりする, よく狩り出し, 吠えず時計, 噛みつかないん, 居ない, 手に, 歩いては, 見れば, 見付かれや

▼ 犬らしい~ (12, 0.1%)

1 [12件] ところが, な, ね, ものは, 人間が, 何物かを以て, 其とも, 動物の, 奴の, 恰好を, 犬が, 腹の

▼ 犬小舎~ (12, 0.1%)

2 が置い 1 がある, が置かれ, でキャン, で首, のよう, の周囲, の屋根, の底, の隅, を置い

▼ 犬~ (12, 0.1%)

6 仁平の 2 の方 1 に売込み, に往き, のところ, 仁平に

▼ 犬~ (12, 0.1%)

2 のなか 1 で雌, につない, のあつ, の前, へつない, も点々, を新設, を開け放った, を飛び出し, ノ方

▼ 犬~ (11, 0.1%)

1 [11件] くれました, ころげる木の実, 向つて, 和殿が, 投げ与えた, 春の, 残り物を, 肉を, 行った, 西日, 蹴つまずきそう

▼ 犬までが~ (11, 0.1%)

1 [11件] その声, はかなく鳴い, コンビーフの, 働いて, 吠え出した, 大勢の, 子供達の, 尾を, 木戸の, 本當, 来て

▼ 犬千代どの~ (11, 0.1%)

1 [11件] か, から因幡守様, がいっ, では, ならよい, にももとより, にも御, に会っ, へ伝えた, もご, を騙し

▼ 犬~ (11, 0.1%)

1 [11件] からこういう, ともなれ, になった, のフリオ, の売る売らぬ, の店, の態度, の桁外れ, を始め, を始めた, を教え

▼ 犬~ (11, 0.1%)

1 [11件] が芳流閣上, この金, にめ, の功, の名, の活躍, の流された, の物語, の邂逅, は役割, をこの

▼ 犬~ (9, 0.1%)

1 やあるまい, やない, やね, やらし, やわし, や烏ぢ, や食, らし, らしは

▼ 犬でした~ (9, 0.1%)

1 から或は, から畜生, がいよいよ, が他人, が残念, が犬, ので放し飼い, ので綱, わ

▼ 犬とも~ (9, 0.1%)

1 つかず何, よべ畜生, 分らぬもの, 別物でない, 心得んで, 思うが, 思えない凄, 思はれず頼み少なき, 狼とも

▼ 犬奉行~ (9, 0.1%)

1 お犬目付, などの新しい, なる者, の人数, の勝名のり, の配下, はすでに, や犬目付, をこれ

▼ 犬だけ~ (8, 0.1%)

1 あって, だが, では, で女気, ならば, なら恐れる事, みんなから, 宿を

▼ 犬だろう~ (8, 0.1%)

1 あの犬, か人, がいっさい御免, と思い, と思う, と米友, な, よ

▼ 犬などを~ (8, 0.1%)

1 けしかけるとは, 前に, 庭園に, 捕り啖, 殘らず, 洗ったり, 見て, 飼ったこと

▼ 犬なんて~ (8, 0.1%)

1 え, はじめてだ, みたこと, めったにいなかった, ものは, 人工的に, 金持か, 馬鹿ね

▼ 犬に対する~ (8, 0.1%)

1 お君, 先天的な, 夜中の, 射撃は, 愛情から, 燃えるよう, 特殊の, 質問の

▼ 犬~ (8, 0.1%)

2 犬よ 1 その真紅, われも, マントに, 何といふ, 御前の, 王の

▼ 犬以上~ (8, 0.1%)

2 のもの 1 だ, で一寸まあ, にはあしらわなかった, にも驚いた, にケンカ, の眼

▼ 犬殺しども~ (8, 0.1%)

1 に, にもまた, にもまだ, の挙動, の胆, の頭, は何, は恐れ入っ

▼ 犬~ (8, 0.1%)

2 ではありません, との交配 1 でありまた, にはそれぞれ, をトロエス・アピエラド, を創る

▼ 犬養さん~ (8, 0.1%)

2 が殺された 1 にかぎっ, のやう, の別, は來, は総理大臣, も吹き出したさうだ

▼ 犬養健~ (8, 0.1%)

1 がある, が岡山, と話す, の, の態度, の部分的, は今日, も

▼ 犬~ (8, 0.1%)

1 てふ, に与うる, の木偶, の真似, の鳴く, は出し, は必ず, も同様

▼ 犬ころし~ (7, 0.1%)

2 に見つかったら 1 がはいっ, がやってきた, にはならぬ, に見える, は止す

▼ 犬~ (7, 0.1%)

1 ういふ魚, どこに, へ, へゐなけれ, へ愛し, へ梁, へ歩い

▼ 犬~ (7, 0.1%)

4 らみを 2 もの 1 もの我の

▼ 犬だけは~ (7, 0.1%)

1 いつでも, おれに, この世の, 大したもの, 帯びているのだということがおわかりになったであろうと思います, 自分で, 雑種までが

▼ 犬と共に~ (7, 0.1%)

1 ぜひ白雲先生, 散在し, 肉を, 藤原家を, 見えなくなつ, 近在の, 長き日

▼ 犬など~ (7, 0.1%)

1 だった, ならまだしも, 呼んで, 嫌いな, 完全に, 自由に, 飼ひたくない

▼ 犬なり~ (7, 0.1%)

1 ければ, せば, そして人, 不能の, 女医の, 猫なる, 豕なり

▼ 犬同志~ (7, 0.1%)

1 だと, でむやみ, で出会う, で喧嘩, で盛大, のケンカ, をけしかけ

▼ 犬養君~ (7, 0.1%)

3 の作品 1 が暴露記事, に会った, の顔, を思い出す

▼ 犬養毅~ (7, 0.1%)

2 にし 1 の写真, の老, は生前, を射殺, を推薦

▼ 犬養総裁~ (7, 0.1%)

1 が首相官邸, に就い, の五・一五事件, は今ごろ, を一撃, を射殺, を選んだ

▼ 犬養首相~ (7, 0.1%)

2 を射殺 1 の兇変, の兇變, の息子, の暗殺事件, を

▼ 犬くぐり~ (6, 0.0%)

1 から外濠, から忍べ, の穴, ほどの穴, よりもやや, を抜け

▼ 犬ころ一匹~ (6, 0.0%)

2 出て 1 いなかった, の影, もいなくなり, 通って

▼ 犬その~ (6, 0.0%)

1 別墅に, 巻物を, 犬が, 約束を, 足音にも, 面魂ちっとも

▼ 犬でさえ~ (6, 0.0%)

1 うろつき廻る道筋, 土を, 彼に, 行き悩む様子, 逃げ出す女達, 骨一つで

▼ 犬とか~ (6, 0.0%)

1 いったよう, 猫とか, 猫とかいう, 猫とかいふ, 青大将か, 鷄とか

▼ 犬とに~ (6, 0.0%)

1 とりかこまれて, 乗って, 信用せられた, 四方を, 番され, 追われながら

▼ 犬なれ~ (6, 0.0%)

1 ども猟, ばかかる, ばそのまま, ばほえ, ば悪性, ば鷲白

▼ 犬ナハト~ (6, 0.0%)

2 の銅像 1 がどんな, のため, は一つ, や強盗

▼ 犬医者~ (6, 0.0%)

1 あんまりい, と犬目附, に奉公, のかんばん, をむかえ, を迎え

▼ 犬殿~ (6, 0.0%)

1 かな, にて渡らせ, の家来, は, への供御, も

▼ 犬~ (6, 0.0%)

3 な人 1 であった, と云っ, なところ

▼ 犬~ (6, 0.0%)

3 を吠え 2 に吠え 1 を伝えれ

▼ 犬がの~ (5, 0.0%)

2 そりと 1 そりの, んだ, 狂気に

▼ 犬ころみたい~ (5, 0.0%)

1 な若造, な象, に二人, に捨てられたかつ, に自分

▼ 犬~ (5, 0.0%)

2 やへ 1 のみ田楽, やに, やの

▼ 犬そのもの~ (5, 0.0%)

1 が厭, が影, について深い, に特別, は麻薬

▼ 犬だけが~ (5, 0.0%)

1 ぼんやりそれ, よく見え, 主人の, 厭な, 私に

▼ 犬って~ (5, 0.0%)

2 みんなり 1 ありゃしない, いえば, 東京だけに

▼ 犬でございます~ (5, 0.0%)

21 かい, からな, ねえ

▼ 犬として~ (5, 0.0%)

1 それに, 一きわ頭ぬけた, 当然の, 買い上げるため, 飢じい目を

▼ 犬なぞは~ (5, 0.0%)

1 ない, 僕の, 眼中に, 近くをと, 連れて

▼ 犬などが~ (5, 0.0%)

1 まっ先に寝, 声を, 忙しそう, 来ても, 肉屋の

▼ 犬なる~ (5, 0.0%)

2 ことを 1 ものが, ナハトであります, 事

▼ 犬について~ (5, 0.0%)

1 ゆっくり走る, よちよちと, 人工心臓を, 景色を, 説明を

▼ 犬ほど~ (5, 0.0%)

1 では, ケンカしたがる, 人を, 気の毒な, 長く人間

▼ 犬~ (5, 0.0%)

1 愛スルノ信ナカルベカラズト, 掴マサレタモノラシク間モナクフィラリアデ水ガ溜ッテ死ンダ, 繋ギ犬ニ仕, 飼ウヨウニナッタノハ浄吉ガ嫁ヲ, 飼ッタコトハアル

▼ 犬合せ~ (5, 0.0%)

1 が催さるる, には直々, のあった, の番組, 何十番

▼ 犬~ (5, 0.0%)

1 が気紛れ, だ, は犬, キノ人デ, キノ方ナノデ

▼ 犬~ (5, 0.0%)

4 を伝うる 1 を伝う

▼ 犬山城~ (5, 0.0%)

1 が左岸, の下野守信清, の勝入, の城下, の石川備前

▼ 犬山道節~ (5, 0.0%)

1 が森鴎外, が足尾庚申山, が野州足尾, だの他人, をつとめ

▼ 犬~ (5, 0.0%)

1 としては珍しく, の優等, の先祖たる, は敢, も多分

▼ 犬~ (5, 0.0%)

1 のステツキ, は, はそう, はやがて, は両方

▼ 犬~ (5, 0.0%)

2 のよう 1 にもなる, の荒武者, は白く

▼ 犬猫同然~ (5, 0.0%)

1 で甚だ, ならん, にしか考へ, に文明人種, の国民平等

▼ 犬走り~ (5, 0.0%)

1 だ, という中段, に植えた, を先, 国家の

▼ 犬~ (5, 0.0%)

1 のシイズン, はつまり, をいきなり, を一尾, を掴ん

▼ 犬あり~ (4, 0.0%)

1 かたがた動物に, て従い走り行く, 軍用鼠あり, 颯と退きつ

▼ 犬ぐらいの~ (4, 0.0%)

2 大きさ 1 ものだろう, ものです

▼ 犬これ~ (4, 0.0%)

1 に次ぎ, を尋ね廻れ, を踏ん, を食うべからず

▼ 犬すなわち~ (4, 0.0%)

1 不思議に, 往きて, 極めて猛勢, 退き伏すと

▼ 犬といふ~ (4, 0.0%)

3 奴は 1 ものは

▼ 犬どう~ (4, 0.0%)

2 なるん 1 した, するん

▼ 犬なぞ~ (4, 0.0%)

1 お置き, どうする, の見いださるる, 怖がるおまえ

▼ 犬なども~ (4, 0.0%)

1 同じよう, 大なる, 居ること, 居ることぢゃ

▼ 犬にげ~ (4, 0.0%)

4

▼ 犬にとっては~ (4, 0.0%)

1 いよいよ有利, どんなにか, なんでも, 人間以上に

▼ 犬~ (4, 0.0%)

2 つれて 1 しり程の, 見なれないんで

▼ 犬~ (4, 0.0%)

2 てえ, てえな声

▼ 犬をも~ (4, 0.0%)

1 なでて, 乗組に, 挫し, 見逃さないの

▼ 犬一疋~ (4, 0.0%)

1 と紋章旗, のため, の食い料, 残る事

▼ 犬以下~ (4, 0.0%)

1 であるこの, でなくなったと, ではない, におかれた

▼ 犬~ (4, 0.0%)

2 なもの 1 ある奴, は撲殺

▼ 犬使い~ (4, 0.0%)

1 にし, の下手人, の見世物師, らしい男

▼ 犬保存会長~ (4, 0.0%)

1 という名誉職, には相, の平泉さん, はこういう

▼ 犬~ (4, 0.0%)

1 にあきたら, にあの, にしるし, により

▼ 犬具足~ (4, 0.0%)

1 で終っ, で終わっ, で終わってる, を以て終結

▼ 犬冢印南~ (4, 0.0%)

2 の家 1 と茶山, は此年十一月十二日

▼ 犬吠え~ (4, 0.0%)

21 てやまず, 近く五位鷺啼く

▼ 犬~ (4, 0.0%)

1 が土中, の仕置, は彼等, 引込んで

▼ 犬~ (4, 0.0%)

1 が建てられた, の伝記, の話, は当所

▼ 犬小屋一件~ (4, 0.0%)

1 からはこッちの身一つ, が祟ッ, の下手人, の御用風

▼ 犬小舍~ (4, 0.0%)

1 の前, の外, の寢藁, も柏原

▼ 犬山猫助~ (4, 0.0%)

1 がかい, というその, は今朝, は画板

▼ 犬~ (4, 0.0%)

1 が世, なるべし手, に打たれ, に襲

▼ 犬~ (4, 0.0%)

2 でな, の石門

▼ 犬捕り~ (4, 0.0%)

2 低く唄 1 が針金, の人夫

▼ 犬様以下~ (4, 0.0%)

1 さ, という値段, におかれ, に置かれ

▼ 犬猫病院~ (4, 0.0%)

1 がある, のお, の札, へ行っ

▼ 犬~ (4, 0.0%)

1 によって実験, のごとく視合う, のゆらめき, は皆屋根

▼ 犬~ (4, 0.0%)

1 いづれの, に斉, に附す, をケシ

▼ 犬~ (3, 0.0%)

1 斬ったから, 斬ったさ, 見たよう

▼ 犬~ (3, 0.0%)

1 つかねえでえ, 犬と, 飼いですか

▼ 犬かと~ (3, 0.0%)

1 思った, 思ったい, 思ったの

▼ 犬じゃあ~ (3, 0.0%)

1 ない, ないんでね, なく恐らく

▼ 犬ずき~ (3, 0.0%)

1 の見知らぬ, は気, 動物ずき

▼ 犬そっくり~ (3, 0.0%)

1 だわ, に玄関, の口元

▼ 犬だけを~ (3, 0.0%)

1 つれて, 帰して, 特別に

▼ 犬であろう~ (3, 0.0%)

1 それが, とも近代的, な

▼ 犬でなく~ (3, 0.0%)

1 いかにも惨め, て良い, 猫でなく

▼ 犬とともに~ (3, 0.0%)

1 グアンディシスモンディランフランキを, 月夜を, 臥して

▼ 犬なぞを~ (3, 0.0%)

1 居間に, 自分の, 通って

▼ 犬などの~ (3, 0.0%)

1 あとを, 姿が, 記憶という

▼ 犬などは~ (3, 0.0%)

1 まるで踏みつぶし, 実によく犬, 憎さげ

▼ 犬なりと~ (3, 0.0%)

1 いうを, 云ふ, 断じます

▼ 犬にとって~ (3, 0.0%)

1 たとえ苦痛, 致命的です, 雀は

▼ 犬にな~ (3, 0.0%)

1 つてそれが, つてゐよう, つて幕外で

▼ 犬にゃ~ (3, 0.0%)

1 あ病犬, 眠り病も, 野垂死にが

▼ 犬に対しても~ (3, 0.0%)

1 同じ感情, 多少の, 是非腹の

▼ 犬のみ~ (3, 0.0%)

1 あったから, 尾し, 覚めたる冬

▼ 犬ばかりは~ (3, 0.0%)

1 三和土から, 人間に, 小十郎

▼ 犬ほどの~ (3, 0.0%)

2 大きさ 1 蜥蜴が

▼ 犬までも~ (3, 0.0%)

1 みな斃れ, 引っぱり出したり, 逆立ちせしめた

▼ 犬みた~ (3, 0.0%)

1 やうに, ような, ように

▼ 犬よりは~ (3, 0.0%)

1 むしろ猛獣, 狼が, 痩せて

▼ 犬コロ~ (3, 0.0%)

1 の口, までさっと, をタタキ

▼ 犬シャーロック~ (3, 0.0%)

1 の鋭敏, は地面, を自動車

▼ 犬ツころ~ (3, 0.0%)

1 の如く生活力, の樣, の淡泊

▼ 犬ビスケット~ (3, 0.0%)

1 にし, を圧倒, を製造

▼ 犬ボーイ~ (3, 0.0%)

2 の口 1 とは恐入った

▼ 犬ラキム~ (3, 0.0%)

1 の名, は前肢, は当時一切

▼ 犬一ぴき~ (3, 0.0%)

1 が彼等, その姿, 通って

▼ 犬仲間~ (3, 0.0%)

1 が諸所, との交, の犬

▼ 犬係り~ (3, 0.0%)

1 はおいら, を免職, を用意

▼ 犬~ (3, 0.0%)

1 が吠え, が愚, を棄てた

▼ 犬~ (3, 0.0%)

1 となっ, には立居振舞い, に喧嘩

▼ 犬同心~ (3, 0.0%)

1 などの役職, も何, や組子

▼ 犬様令~ (3, 0.0%)

1 では地方, の違犯, は国法

▼ 犬権兵衛~ (3, 0.0%)

1 の家, や放, 放駒四郎兵衛

▼ 犬狩り~ (3, 0.0%)

1 がおっ, につかまっ, をすらやった

▼ 犬猿雉~ (3, 0.0%)

2 の三匹 1 のお供

▼ 犬生かし~ (3, 0.0%)

1 ておかないだろう, 事業は, 業です

▼ 犬~ (3, 0.0%)

1 がつい, の先祖, や短気

▼ 犬~ (3, 0.0%)

2 なん 1 はたしか

▼ 犬~ (3, 0.0%)

1 が大, が甚だ, だが

▼ 犬神筋~ (3, 0.0%)

1 などという特定, などと言われる, や狐持

▼ 犬羊歯~ (3, 0.0%)

2 が下 1 を打て

▼ 犬~ (3, 0.0%)

1 が世, よりもトルーフル, を生ずる

▼ 犬~ (3, 0.0%)

1 を抜い, を持っ, を振り廻し

▼ 犬養善嗣~ (3, 0.0%)

1 は眼, をたずね, を訪ね

▼ 犬黄楊~ (3, 0.0%)

1 などの密叢, の籬, らしかつ

▼ 犬~ (2, 0.0%)

1 どこから, 今夜癇が

▼ 犬うずくまり~ (2, 0.0%)

2 てあり

▼ 犬おどし~ (2, 0.0%)

1 にてお, の木刀

▼ 犬かが~ (2, 0.0%)

1 寝たよう, 来て

▼ 犬かの~ (2, 0.0%)

1 やうに, 形に

▼ 犬がと~ (2, 0.0%)

1 がつた口, 不思議に

▼ 犬~ (2, 0.0%)

2 奴の

▼ 犬こそ~ (2, 0.0%)

1 いい面, 白だった

▼ 犬さんお前~ (2, 0.0%)

1 の持っ, は少し

▼ 犬すべて~ (2, 0.0%)

1 に挨拶, の前生

▼ 犬そり~ (2, 0.0%)

1 では到底, による北極

▼ 犬それから~ (2, 0.0%)

1 羊驢馬牛獅子象熊羚羊その他いろんな, 雨に

▼ 犬たちまち~ (2, 0.0%)

1 吠えて, 聚まり食事しおわり

▼ 犬ため~ (2, 0.0%)

1 に身憊, に食わず

▼ 犬だけで~ (2, 0.0%)

1 得意顔を, 言えば

▼ 犬だけには~ (2, 0.0%)

1 がんりきも, 一番最初に

▼ 犬だったら~ (2, 0.0%)

1 そんなに大きな, 戌年生れの

▼ 犬だつたら~ (2, 0.0%)

1 兎に, 詩人は

▼ 犬だらう~ (2, 0.0%)

1 が見, 上品で

▼ 犬だらけ~ (2, 0.0%)

1 になつて, になり

▼ 犬でさえも~ (2, 0.0%)

1 なにげなくまたは, 尻尾を

▼ 犬とさえ~ (2, 0.0%)

1 云うじゃ, 見れば

▼ 犬としか~ (2, 0.0%)

1 思われません, 私を

▼ 犬としても~ (2, 0.0%)

1 よほど声量, 優れた名犬

▼ 犬とで~ (2, 0.0%)

1 ありました, 咬み殺したもの

▼ 犬とのみ~ (2, 0.0%)

2

▼ 犬どもめ~ (2, 0.0%)

1 が, がつべこべ

▼ 犬ならね~ (2, 0.0%)

1 ばさしも, ば無

▼ 犬なんぞは~ (2, 0.0%)

1 ここには, 朝飯前の

▼ 犬なんぞを~ (2, 0.0%)

1 このすこし, 使って

▼ 犬にく~ (2, 0.0%)

1 はえて, はれた

▼ 犬にしか~ (2, 0.0%)

1 やれないよう, 出して

▼ 犬については~ (2, 0.0%)

1 一旦死んだ, 自信が

▼ 犬にのみ~ (2, 0.0%)

1 執着し, 限ったもの

▼ 犬によって~ (2, 0.0%)

1 ケン及び, 行い条件反射

▼ 犬に対しては~ (2, 0.0%)

1 ただ大きな, 黒黒と

▼ 犬はと~ (2, 0.0%)

1 しの, 訊くと

▼ 犬はなんて~ (2, 0.0%)

1 いったっけね, 泣くか

▼ 犬ばかりが~ (2, 0.0%)

1 ふえて, 災難かと

▼ 犬ほども~ (2, 0.0%)

1 利かぬ, 顧みて

▼ 犬また~ (2, 0.0%)

1 猫の, 銃を

▼ 犬むく~ (2, 0.0%)

2 犬の

▼ 犬もろ~ (2, 0.0%)

1 とも一発, とも撃ち殺す

▼ 犬よと~ (2, 0.0%)

1 よばれふた, 思ひし獣

▼ 犬をからか~ (2, 0.0%)

1 ひながら, ふ烏

▼ 犬をば~ (2, 0.0%)

1 追い返した, 追ひ返した

▼ 犬ウロウロ~ (2, 0.0%)

1 して, しウロウロ

▼ 犬コロ一匹~ (2, 0.0%)

1 居なかった, 通って

▼ 犬~ (2, 0.0%)

2 て云う

▼ 犬ッ仔~ (2, 0.0%)

1 にでも生れれ, はまだ

▼ 犬マル~ (2, 0.0%)

1 は一生けんめい, も電気鳩

▼ 犬一つ~ (2, 0.0%)

1 啼いて, 飼いけるが

▼ 犬二匹~ (2, 0.0%)

1 とを連れ, は厄介

▼ 犬伝説~ (2, 0.0%)

1 にはおよそ, の一形式

▼ 犬公方様~ (2, 0.0%)

1 の事ゆえ, またなき

▼ 犬冢吉人~ (2, 0.0%)

1 は印南, 有泛舟

▼ 犬~ (2, 0.0%)

1 などの発売, を買う

▼ 犬~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 犬同士~ (2, 0.0%)

1 で自分, の組打ち

▼ 犬同様~ (2, 0.0%)

2 のもの

▼ 犬~ (2, 0.0%)

1 がこれ, が逃がし

▼ 犬商ベナビデス~ (2, 0.0%)

1 のごとき, の店

▼ 犬声相聞民至老死~ (2, 0.0%)

2 不相往来

▼ 犬~ (2, 0.0%)

1 羊歯, 羊齒

▼ 犬~ (2, 0.0%)

1 の父, ひの

▼ 犬嫌い~ (2, 0.0%)

1 な人間, の父

▼ 犬~ (2, 0.0%)

1 でもなく, を生む

▼ 犬~ (2, 0.0%)

1 へみちびき, もある

▼ 犬射さん~ (2, 0.0%)

1 いろいろあります, は立ち上がっ

▼ 犬小屋みたい~ (2, 0.0%)

1 なところ, な感じ

▼ 犬小屋世間一體~ (2, 0.0%)

2 から馬鹿

▼ 犬~ (2, 0.0%)

1 を垂れ, を捲い

▼ 犬尾社~ (2, 0.0%)

1 は下和田, まで設けた

▼ 犬山口~ (2, 0.0%)

2 から分岐

▼ 犬~ (2, 0.0%)

1 から折れ曲っ, が私達

▼ 犬役人~ (2, 0.0%)

1 は言った, や犬仲間

▼ 犬~ (2, 0.0%)

2

▼ 犬~ (2, 0.0%)

1 の家, ヶ谷の

▼ 犬扱い~ (2, 0.0%)

1 にする, に手当

▼ 犬法師~ (2, 0.0%)

1 とも云った, とも呼ばれ

▼ 犬牙相~ (2, 0.0%)

1 接するが, 接する場合

▼ 犬~ (2, 0.0%)

2 そして二人

▼ 犬牽く~ (2, 0.0%)

2 と墓地

▼ 犬~ (2, 0.0%)

1 に嗅ぎ出された, を目

▼ 犬~ (2, 0.0%)

1 のやう, のよう

▼ 犬猫なみ~ (2, 0.0%)

2 の人間

▼ 犬猫牛豚同様~ (2, 0.0%)

2 誠にハヤ

▼ 犬猫牛馬~ (2, 0.0%)

1 の輩, よりもトカゲ

▼ 犬猫畜生~ (2, 0.0%)

1 っ, とは何

▼ 犬~ (2, 0.0%)

1 だね, とは

▼ 犬目付~ (2, 0.0%)

1 お犬中間, は随所

▼ 犬盲導犬愛玩犬~ (2, 0.0%)

1 のどの, の優良種

▼ 犬社会~ (2, 0.0%)

1 では毛唐種, に通じた

▼ 犬神九州~ (2, 0.0%)

2 の蛇神

▼ 犬神使い~ (2, 0.0%)

1 だなどという, というの

▼ 犬神先生~ (2, 0.0%)

1 といわれた, と呼んだ

▼ 犬神出雲~ (2, 0.0%)

2 の人狐

▼ 犬神等~ (2, 0.0%)

1 その名, は第

▼ 犬~ (2, 0.0%)

1 に属し, の動物

▼ 犬種協会~ (2, 0.0%)

1 の規定, よりも副賞

▼ 犬~ (2, 0.0%)

1 が日向, の中

▼ 犬~ (2, 0.0%)

1 に似たる, を想わし

▼ 犬~ (2, 0.0%)

2 や夢組

▼ 犬継地区~ (2, 0.0%)

1 の治療, を全部

▼ 犬~ (2, 0.0%)

1 だと, を喫

▼ 犬自身~ (2, 0.0%)

1 には不, の方

▼ 犬芝居~ (2, 0.0%)

1 であらう, ややまがら

▼ 犬芸当~ (2, 0.0%)

1 はなんにも, をさせよう

▼ 犬茶屋~ (2, 0.0%)

1 の内儀さん, の土間

▼ 犬説話~ (2, 0.0%)

1 に就, の本源地

▼ 犬警察犬盲導犬愛玩犬~ (2, 0.0%)

1 のどの, の優良種

▼ 犬~ (2, 0.0%)

1 になっ, に成つて

▼ 犬~ (2, 0.0%)

1 というもの, の前

▼ 犬野郎~ (2, 0.0%)

1 って俺, は

▼ 犬~ (2, 0.0%)

2 の呪

▼ 犬~ (2, 0.0%)

1 という風装, の伊達

▼ 犬~ (2, 0.0%)

1 せず崩ずるに, 与ゆ者

▼ 犬飼う~ (2, 0.0%)

1 わ, 事をの

▼ 犬養健氏~ (2, 0.0%)

1 の文学, の諸

▼ 犬養内閣~ (2, 0.0%)

1 が成立, の辭表捧呈

▼ 犬養夫人~ (2, 0.0%)

1 が眼頭, であつ

▼ 犬養春枝~ (2, 0.0%)

1 の女, は蓋し

▼ 犬養毅尾崎行雄~ (2, 0.0%)

1 の四氏旧, の四氏舊

▼ 犬養毅氏~ (2, 0.0%)

1 が一度, が訪ね

▼ 犬鴉牛~ (2, 0.0%)

2 などの言葉

▼ 犬~ (2, 0.0%)

2 などの句

▼1* [662件]

あきの字, 犬あって軍用鼠, 犬あっち行けって, 犬あらば出で, 犬あるいは吠えかかる犬, 犬あればにや, 犬いかなれば, 犬いわく汝の事, 犬おどかしのやう, 犬および殺人者は, 犬お前も長い, 犬かく定時に, 犬かけ出てすき, 犬かしかないと, 犬かならず凄惨に, 犬かなんかのように, 犬かなんかを呼ぶよう, 犬かなんぞのように, 犬かね此奴家へ, 犬かも知れないぞと, 犬からも姿を, 犬がくはへ, 犬がさつさと歩つて, 犬がわりに二人, 犬つと強, 犬ぎらいなので少し私共, 犬ぐりからおいでをまちあげます, 犬ぐらいあって, 犬ぐらいに見えるので, 犬けんかならどの, 犬こそはタダモノでは, 犬ころめ尻尾を捲い, 犬ころ以上には扱っ, 犬ころ初夏の風, 犬ころ投に投げ出しました, 犬ころ草がやたら, 犬ころ草秋はお, 犬さふらんと云, 犬さま以外に例, 犬さんあなたのお家, 犬さんあひるさん羊さん牛さんたちは腹, 犬さん仔豚さんをつれた, 犬さん大そうよろこん, 犬さん浜べで, 犬さん私たち汽車の通る, 犬さん酒にほろ, 犬さ西洋の犬, 犬しきりに枕頭に, 犬じゃと指さして, 犬じゃなつまり, 犬じゃねえ腹で, 犬すこぶるよく馴る, 犬すらそうだ, 犬すらも目を, 犬ずきで狩猟ずき, 犬そう犬の, 犬そつくりだぜ, 犬そのままだった, 犬それにおとなしそう, 犬ただ一匹なるが, 犬たちのりこうを, 犬たる四郎にも, 犬だけでも二十匹も, 犬だけに無情な, 犬だったりする, 犬だった聞けば粕谷, 犬だ起きたら君に, 犬ゅうたのはど, 犬ちやうどあの, 犬ったらイヤシンボで, 犬つくばいにようす, 犬つげの巨木, 犬つて奴は何, 犬つれ見にと, 犬え奴, 犬であってそれ, 犬であったらそういう念慮, 犬であったらしいこの犬, 犬であり猫である, 犬でありたくない気持から, 犬であり痩せた鶏であり, 犬であればある, 犬でがさあ, 犬でございましたから決して, 犬でございます見たところは, 犬でござったのかな, 犬でござるよ, 犬でござればお気, 犬でしょうか, 犬でなかったけれどおれ, 犬でなかったらこの場合, 犬でなきや人間, 犬でなくなるのは, 犬というはポインターと, 犬といった感じだった, 犬とかは生きたもの, 犬とから斯うし, 犬ときどきお宅, 犬としての社会的地位と, 犬としてはかなり大きな, 犬とでも花とでも, 犬となつては, 犬とばかり遊んで, 犬狼ど, 犬どうしのけんか, 犬どうも素振りが, 犬どっかから逃げ, 犬ども有罪と決した, 犬ども皆恐れて, 犬ども集り来て, 犬どろぼうの, 犬ながながと, 犬なしとさえ言う, 犬なぞがよくする, 犬なぞにそう特別, 犬なぞも御覧の, 犬などと気持よ, 犬などに吠えられながら, 犬などには人に, 犬などにも眼を, 犬ならざるいくばくぞ, 犬なりというのは, 犬なりの叙述を, 犬なんかが僕に, 犬なんかに負けは, 犬なんかの餌に, 犬なんかを呼ぶやう, 犬なんぞ一匹も, 犬なんぞと一しょに, 犬にかけての天才であっ, 犬にからかつて居た, 犬にすら尾を, 犬にたいしてはただ一つ, 犬にたいする世間の, 犬にだって負けない犬, 犬についてもいわれる, 犬につけまは, 犬にとつても, 犬にとっても忘れられないもの, 犬にとり巻かれて, 犬になと食わせて, 犬にばっかり弄って, 犬にまで丁重に, 犬ねこはもとより, 犬ねこ馬と同じ, 犬のくびの所を, 犬のちえは, 犬のと呟いて, 犬のぶざまな歩み, 犬のよだれは, 犬はいぢらしく, 犬はねバウワウってな, 犬はりこうな, 犬はり子さまざまの手遊, 犬ばかりには見えるもの, 犬ばかりの実験だった, 犬ひとたび吼えてか, 犬びたいが声をかけた, 犬びたいとほうろく頭巾のほか, 犬びたいのひと群れが最初, 犬びたいをうららかな日の光, 犬ふぐり星のまたたく如くなり, 犬ふせぎしぶきの, 犬ぶりに由, 犬ぶるひに振つた, 犬への無礼, 犬ほえながら追っかけ, 犬ほえると人, 犬ほどになると, 犬ぼくたちを見る, 犬ぽくかってたのよ, 犬までやつて來て, 犬めがけて投げた, 犬めそれと見る, 犬めったにほえない犬, 犬めらよ, 犬めわれは犬, 犬め気が違った, 犬やら白い犬, 犬やをも労わり愛した, 犬よおまへも宿, 犬よけのサクを, 犬よのそりと, 犬よばわりのハムレット, 犬よりか山羊の, 犬よんか弱い, 犬の青草, 犬われは狐, 犬ゐる赤硝子戸うちたたき, 犬をからかつたり, 犬をこそ最も恐れ, 犬をさ店番が, 犬をのう黒犬や, 犬エスもその他, 犬エディソン工場前の撒水, 犬オスとメス, 犬クーパーの伜一匹貰, 犬グレルトの話, 犬ケルベロスのよう, 犬コモゴモ逆上熱戦を展開, 犬ジャックを連れ, 犬ゾリで町, 犬ダービーの優勝犬, 犬ッころのよう, 犬ての, 犬スガ年ヲトリマシタノデ一人デクラスノハサミシウゴザイマス, 犬仕へ, 犬ニ喰ワレテ気ガ違ッタト云イオッタ位ダガトウトウキズモ直リ, 犬ニ蹈ミ殺サレルノデハ, 犬父ハロンドン生レデレスリート云ウ名ダッタノデソノ仔モ同, 犬最モ愛スベキ忠犬ナレバ, 犬ハヨク夜ヲ守ル, 犬ハンケチいろいろの, 犬ハ予ヲ倒シテカラ次ニ佐々木ニ戯レカヽッタ, 犬ハ顔立ガ貴族的デ一種ノーブルナ感ジガスル, 犬パイロットは通路, 犬パトラッシュの頸, 犬ビョウビョウと吠える, 犬ペンクリッジ寺の修繕一年, 犬メスの, 犬メドールとミルザ, 犬モツ猫モツ鼠でも肉気, 犬モ朋輩鷹モ朋輩ダカラソウハ切レ升マイトテオレモ脇差ヲ取, 犬レオナルド足織れば, 犬ヲクーパート名付ケテ寵愛スルコト一方ナラズ, 犬一つ見えなくって, 犬一匹われ一矢にて射, 犬一匹人一人見えなかった山の上, 犬一匹何ほどのこと, 犬一匹出で来, 犬一匹小鳥一羽も飼っ, 犬一匹屋敷うちからは姿, 犬一匹松の木ひとつ噺の中, 犬一匹飼つたこと, 犬一匹鶏一羽みなかった, 犬一挙一動よく主婦, 犬一疋一日の供食, 犬一疋人一人に逢, 犬一疋匂の高い, 犬一皿を供え, 犬一般に対する義憤, 犬一騎に当るべし, 犬一鶏タリト盗ム者ハ斬, 犬一鶏一蛇一猿と共に皮袋, 犬の記憶力, 犬与力犬同心などの役職, 犬篇を, 犬中間お犬医師, 犬を喚ん, 犬主死犬の睿智, 犬二三頭高く吠え, 犬二疋死後領家の計, 犬二頭に食, 犬実を, 犬に戒むる, 犬人ともに現に, 犬人間は士, 犬仲間百余名を使役, 犬伏せと申し, 犬が書斎, 犬使ひが, 犬供養塔は概して, 犬便犬のおしっこ, 犬を志願, 犬保存会に種犬, 犬保存会長平泉栄吉氏宛の紹介状, 犬保存会長平泉氏の龍号, 犬俯仰して, 犬健闘して, 犬にあり, 犬傳三國志水滸傳などを又, 犬兎等のごとき, 犬入るべからずと書いた, 犬全体に通じ, 犬公娼の如き, 犬公方初め場内一統のもの, 犬公方徳川綱吉がその, 犬公方綱吉の人間失格時代, 犬公方綱吉公のけわしい, 犬載ならず白鶏白犬これ, 犬其肉を食, 犬の家, 犬冢印南今川槐庵の亡くなつた, 犬冢印南今川槐庵及恬同陪先生, 犬冢印南先生遺稿之韻, 犬出家に狎れ近づく, 犬出歯の猫, 犬切支丹と言, 犬別村鶏前川鯉各々先生, 犬別荘へ, 犬前主人が居, 犬勇気なき犬, 犬勤行の時堂, 犬医師など大名, 犬医者犬目付犬奉行などの新しい, 犬十匹と麻数十斤, 犬十頭麻数十斤を用意, 犬千代めにご, 犬千代一人しかなかっ, 犬千代公ならびに家中衆, 犬千代柴田勝家に佐久間信盛, 犬千代様の, 犬千代様付きの藩士, 犬千代殿といっ, 犬千代池田勝三郎佐脇藤八郎そのほか, 犬千代藤吉郎などが君前, 犬又は豚瑞典で, 犬可哀い犬, 犬合わせといっ, 犬樣な, 犬同士密告したん, 犬同然珠を頂いた, 犬同類だと, 犬吠えかかり咬み付かんとする, 犬吠えない犬の, 犬吠えるの類に, 犬告げてわれ門前, 犬呼ばわり紳士面が呆れ, 犬へ来し, 犬商ベナビデス自身はすでに, 犬商自身の鑑識, 犬喧嘩のよう, 犬噛み合ふ, 犬土佐犬の産地, 犬坂伴五郎という御家人, 犬の囲い, 犬場番人黒奴のアラン, 犬は却って, 犬多く追えば, 犬多忙となり, 犬大した気合だ, 犬大名たちとつきあう, 犬大小のタンク, 犬大明神様何もございません, 犬大黒小黒二疋かの郎従, 犬天下無敵の雷霆, 犬女郎に四十フラン, 犬奴らを片付け, 犬好き遊宴好き田楽狂の執権, 犬姦事件の万朝報署名人, 犬姿うつし口, 犬威しのやう, 犬婆さんが由紀, 犬の罪, 犬嫌ひであつた, 犬子仇讐を拝する無かるべし, 犬子供たちばかの乞食, 犬などという訳語, 犬宰相や犬大名たち, 犬家来どもか, 犬寄峠を越える, 犬小屋世間一体から馬鹿, 犬小屋同様で四方, 犬小屋式の横穴, 犬小鳥豆猿とおおよそ, 犬居村百四十九番地に転籍, 犬屋ズレが全然, 犬屋君が死んじゃった, 犬屋敷などが出来, 犬にあらざる, 犬人を, 犬山姥を殺し, 犬山道節家橘の犬川荘介, 犬山道節石川五右衛門天竺徳兵衛自来也以上, 犬などと名づけ, 犬巻峠の嶮, 犬巻物を落す, 犬の正, 犬の方, 犬に来し, 犬庭さんの姪, 犬に足, 犬強い犬暴い, 犬強き壯士を, 犬にした, 犬役人どもに泡, 犬の肉喰, 犬後談で切り離すべきである, 犬を通じ, 犬必ず來り, 犬忠義ということ, 犬れて, 犬恐れてにぐること奇妙, 犬意地悪い犬, 犬の熱血, 犬愛好者の医師, 犬愛玩犬の変り種, 犬と言, 犬我々の兄弟分, 犬戸惑いしやあがって, 犬打峠から杣田, 犬ひに, 犬扶持を課し, 犬抱くなんて私, 犬拾いが新興日本, 犬振りで情, 犬掻泳ぎをする, 犬擁護のため, 犬のルンペン, 犬数疋出たので, 犬うして, 犬族一統の中, 犬と名, 犬星座から遠ざかり, 犬暫く渚に, 犬暴い犬意地悪い, 犬曳き後は, 犬最も食を, 犬などをもっ, 犬本当に舐めてよ, 犬本来の性格, 犬東京へ連れ, 犬に滿, 犬梅雪であるだけに, 犬などが多い, 犬様政治以来の久しい, 犬様時代人間が人間, 犬様的時弊にたいする自己, 犬様自体は何, 犬権兵衛夢の市郎兵衛, 犬権兵衛等の待伏せ, 犬権門衆の賄賂番人, 犬横さまに通る, 犬止まらむ, 犬此処に棲みてん, 犬武士どもの旗差物, 犬武士風情のくせ, 犬死なされてどう, 犬死なされるよりは屋根裏, 犬殺がまざまざと, 犬殺し君に頼ん, 犬殺し家業がありませんでした, 犬殺し局のこと, 犬殺し屋であったの, 犬殺し稼業の保護, 犬気違いだ, 犬に飛び入る, 犬水中に飛び入り, 犬江親兵衛が美妙斎, 犬江親兵衛同様の神護, 犬の請願人, 犬泳ぎで陸, 犬烏聚り, 犬無数の人間, 犬煩悩で入らつ, 犬爺さん蝉蝶々蜻蛉いろ, 犬片目つぶれて, 犬牙状を爲, 犬牙錯綜させて, 犬牛馬の形, 犬だつた, 犬牧師と言われ, 犬物語がほうぼう, 犬物語お家騒動というやつ, 犬牽きは只今, 犬牽きではない, 犬狐猯猫兎贄のハダカ, 犬独り来った, 犬に施捨供養, 犬狼んか弱い, 犬猫ぢやなし, 犬猫のと同じ, 犬猫以上の怖, 犬猫以下におく, 犬猫伝書鳩が故郷, 犬猫先生を迎え, 犬猫同前な奴, 犬猫同様に思ふ, 犬猫四百六十頭の訴え, 犬猫狐狸鼬鼠貂のたぐい, 犬猫相戦い双方多数の負傷者, 犬猫虎猿の類, 犬猫豕兎鹿綿羊山羊狐鼠鶏天鵞その他なおあるべし, 犬猫體操をし, 犬猫魚それから蛇, 犬猫鳩等がいたら, 犬猫鳩鷄鼠等より下等菌類, 犬猫鶏の幾頭幾羽, 犬猫鷹甲虫鰐紅鶴等の神, 犬猫鼠に与えました, 犬猫鼠猿小鼠, 犬猿きじをとも, 犬猿キジをひきつれ, 犬猿等のごとき, 犬猿雉子の家来, 犬獅子のはか, 犬獅子のはがみ, 犬玄道と云, 犬玉子食うかい, 犬現れて去る, 犬生前臨終ともいかに, 犬田楽は関東, 犬に犯されたらしい, 犬畜生みたいな奴, 犬畜生めよくもわし, 犬畜生め只一人の兄妹, 犬畜生以下ではない, 犬畜生同様の致方, 犬畜生同様名も知れぬ, 犬畜生同然道に落ちた, 犬畜生奴自分達の悪い, 犬畜生虫ケラに生れ代りましょう, 犬痩せて眼, 犬痴性がこの, 犬發見である, 犬百題などを画く, 犬百題その他何十題何五十題といふ, 犬実事として, 犬より退き, 犬へ向け, 犬盲人ピュー大地主トゥリローニー, 犬直ちにこれを, 犬相手である, 犬相聞う隣藩, 犬真似が上手, 犬眠り夜駕籠客を待つ, 犬眠る深雪に, 犬を凝らす, 犬知らず前へ行っ, 犬研究のお, 犬神こいつが隠密, 犬神つきがたくさん, 犬神みたいなもの, 犬神オサキのごとくであった, 犬神トウビョウ等はこれ, 犬神人加茂の放免, 犬神人狐同様の取りつき, 犬神付きが犬神, 犬神天狗鬼火妖星その他諸外界, 犬神奴飢え死にしてしも, 犬神憑きがあなた様へもうつります, 犬神憑きの真似おしやれと, 犬神憑等憑き物に関する迷信, 犬神持だと, 犬神日御崎トウビョウもみな, 犬神日御碕トウビョウもみな, 犬神祟その他諸怪異, 犬神筋等各地その名称, 犬神蛇を飼う, 犬神説大いに行われ, 犬祭りといっ, 犬秋田犬と大そう, 犬可愛いもの, 犬種ダラクで向上, 犬種中の最大種アイリッシ・ウルフ・ハウンド, 犬種向上にはなりません, 犬種向上改良などと美名, 犬童子と言, 犬等浅野長晟の兵, 犬節操を解, 犬れる巣, 犬籬笆の間, 犬紅銀の四種, 犬結核はドウ, 犬をさげ, 犬羊馬豕斉しく人, 犬美談で甲新聞, 犬の頼もしく勇ましい, 犬群臣のま, 犬を結び, 犬へからどんな, 犬考えたのよでも, 犬肉料理の一つ一つ, 犬胡麻の花, 犬脅かし見たいな脇差, 犬脱走して, 犬を干した, 犬臨終に尊者, 犬物の, 犬自体の存在, 犬至って智あり, 犬舎ニ入レテアル筈ノコリーガドウシタ間違イカ飛ビ出シテ来テ, 犬芥苦痛にほほ, 犬若くは猫, 犬は後, 犬萬三男萬吉の三人, 犬萬十七年には三男萬吉, 犬萬萬吉の三人, 犬しぬに, 犬しほん, 犬行きあう犬すべてに, 犬西比利亜犬我々の兄弟分, 犬見たいですね, 犬見ゆるに名馬, 犬訓練所で一年以上, 犬といったとある, 犬語るやう此処を, 犬豕等の畜類, 犬の如き, 犬象竜の如き, 犬起き犬なども, 犬身魚尾などという怪物ども, 犬迄が人の, 犬ふ霜田, 犬追い棒という, 犬追う物の, 犬這いになっ, 犬の話, 犬逢う犬かならず, 犬連れてたのし, 犬進み入りて今, 犬遠くより来会, 犬還って蛇, 犬野猪を或は, 犬などを書いた, 犬の三犬士, 犬阪毛野を思わせ, 犬防ぎが燦々, 犬除けの杖, 犬雁皮とある, 犬電信柱なん, 犬震い上りそんなに, 犬露野行く, 犬はい, 犬をあげ, 犬頭三ありて, 犬頭痛甚だしくほとんど, 犬または猿類, 犬飼いであったがあやまっ, 犬飼っておく, 犬養め一番好いの, 犬養健氏水上瀧太郎氏等の文学, 犬養始め皆の首根, 犬養宿禰真老, 犬養岡麻呂の, 犬養岡麿が詔, 犬養暗殺のニュース, 犬養木堂尾崎学堂を隈門, 犬養木堂尾崎學堂を隈門, 犬養木堂氏のところ, 犬養木堂翁の額, 犬養木堂翁のも出来上った, 犬養毅さんの外, 犬養毅以上の面, 犬養毅君尾崎行雄君等がおった, 犬養毅寺尾亨内田良平佃信夫中村弼杉山茂丸等数十名の同志, 犬養毅等数年来暴力の犠牲, 犬養毅箕浦勝人加藤政之助森下岩楠などいう, 犬養氏同様手蹟が巧, 犬養浄人の裔, 犬養総理大臣が白昼, 犬養翁また私, 犬養老人でも丈夫, 犬養連三千代と云い, 犬養首相その他が暗殺, 犬養首相暗殺のニユース, 犬首岩からいが栗, 犬駄犬ほどには主人, 犬を折っ, 犬骨折って鷹, 犬高くほえしかば, 犬高家となる, 犬鬚龍等を編, 犬鬱憤を生じ, 犬鯨海狸熊穴熊猪土竜など内地, 犬鳴き入りぬ遠, 犬鳴き鶏歌い権兵衛, 犬鳴き鶏歌ひ權兵衞, 犬鷹朋輩の間柄, 犬黄楊楢米躑躅七竈の類, 犬ひると, 犬の發達