青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「病院~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~疲労 疲労~ ~病 病~ ~病人 病人~ 病室~ ~病気 病気~ ~病院
病院~
~痕 痕~ 痛~ ~痛い 痛い~ 痛く~ ~痛み 痛み~ 痩せ~ 痩せた~

「病院~」 5309, 57ppm, 2014位

▼ 病院~ (1337, 25.2%)

30 門を 29 方へ 17 一室に 12 方は 10 中で, 方で 9 一室で, 廊下を 8 ような, ベッドの 7 前に, 名を, 帰りに, 庭の, 看護婦に 6 副院長, 寝台の, 庭を, 方の, 玄関に 5 ベッドに, 中に, 前で, 医者を, 患者の, 方に

4 [14件] ことを, 中へ, 二階の, 前へ, 前を, 助手に, 庭に, 廊下で, 廊下に, 玄関を, 窓が, 窓の, 院長に, 院長は

3 [24件] ことだ, ほかに, ベッドで, 一室へ, 中から, 中である, 中では, 中を, 仕事が, 先生が, 入口で, 医者に, 庭には, 建物は, 方が, 方を, 玄関で, 玄関の, 病室へ, 看護婦を, 窓, 窓に, 背後に, 都合で

2 [109件] あったところ, あはい匂, あるの, お医者, お医者さん, ことなんぞ, ことは, それの, ために, どこかで, ほうから, ほうで, ほうは, ほうへ, やうな, やうに, アルコールを, ヤッカイに, 一室だ, 一時間は, 三階から, 中の, 中庭で, 中庭には, 事が, 事業は, 二階に, 二階へ, 他の, 会計の, 入口は, 入院患者は, 内部に, 前の, 医師が, 医者が, 十五号室で, 受付に, 名は, 名も, 名前騙っ, 向うの, 塀から, 外の, 外へ, 外まで, 外科の, 外科室に, 大切な, 大廊下, 大玄関, 官宅を, 室, 小使い, 帰り道に, 底の, 庭で, 廊下の, 建物が, 建築師は, 待合室で, 患者, 手術室に, 手術室の, 放射線科の, 新院長, 方も, 構内から, 様々な, 横と, 焼跡の, 玄関から, 玄関まで, 玄関先に, 玄関先には, 産婦人科の, 産室で, 病床に, 直ぐ前, 看護婦が, 看護婦の, 看護婦は, 石垣の, 窓から, 窓は, 維持され, 薬局で, 裏の, 裏側の, 裏手に, 西端に, 設立られた, 設立られる, 話を, 近くで, 近くの, 金庫に, 鉄格子の, 長い廊下, 門に, 院長として, 院長を, 院長先生が, 隅から, 階段を, 隣りの, 面会室は, 食堂で, 飯は

1 [754件 抜粋] あかりが, あの四角, あの男, ある事, ある所, いかめしい建物, うしろの, うちなら, うちの, お兄様, お医者様, かのこと, きたならしい畳, くすりの, こくめい, ことだけは, ことだろう, ことや, こと考えつかなかった, この診察場, こんな有様, さまざまの, しかも二等室, そのなか, そばだ, そばの, そばまで, ため獻身的に, ちやうど, どこにも, どっちを, なかでも, なかに, なかを, においと, はうは, は一種特別, ほうが, まわりには, まん中を, もっとも進歩, わが部屋, インチキ治療の, カアテンから, ガレージの, サクラ女史とに, ジョン・マクレオだ, ソフアに, テントを, トリック, ハイェク教授の, プランだつた, ベットに, ベッドから, ペンキ塗りの, メーンストリートで, レントゲンに, 一つであった, 一人の, 一室では, 一室を, 一流という, 一等室を, 三等に, 三等室へ, 三階の, 不潔不衛生粗食に, 世話に, 中でも, 中とは, 中央は, 中川君が, 中庭を, 主意は, 乾燥せる, 亂脈は, 事です, 事とて, 事務室から, 事務室の, 二等室である, 二等室な, 二階から, 人々に, 人々は, 人ごみの, 人と, 人に, 人工流産部に, 人達を, 仕事だの, 仕事に, 仕事へ, 仕事も, 付添婦, 付近の, 代診なぞには, 代診を, 会計に, 伝染病棟へ, 何とか教室, 何より良い, 使で, 係に, 側を, 傍から, 傷病兵へは, 働きに, 先生たちを, 先生の, 先生方に, 入り口から, 入口から, 入口が, 入口の, 入聟, 入院患者では, 入院患者ほど, 全廃された, 全廢, 公費患者である, 兵が, 内外で, 内外に, 内科へ, 内科医ジョン, 内部を, 出口まで, 出張診療も, 分病室, 別室で, 制度や, 前から, 前も, 前迄, 創立當時の, 創立記念日ゆゑ昼食は, 助手で, 助手や, 助手を, 動物小屋が, 医務局で, 医員たちの, 医員と, 医員商人官庁筋の, 医師沼間氏は, 医療品の, 医者の, 医者も, 十七号病室に, 十時の, 厄介に, 原さんを, 収容自動車を, 受け附けに, 受付は, 古い石, 台所の, 司祭に, 各病棟, 同義語では, 名で, 名と, 名前を, 向うなんか, 味気ない, 呼吸器専門の, 回診を, 図書室, 在り場所, 地下室に, 坂口博士の, 堂々たる大, 塔の, 墓地が, 壁は, 外から, 外に, 外側の, 外来室との, 外来室とは, 外来患者の, 外科室で, 外科長であった, 多いの, 夜半の, 夢も, 大きな建物, 大権威熊本先生, 大浦博士の, 大角院長いずれも, 奥さまに, 奴は, 如き篤志家, 姫草さんと, 姫草ユリ子から, 娘さんで, 婦人科へ, 安静の, 官僚的な, 実例に, 実習も, 実験室で, 客と, 室よりも, 宿泊代を, 宿直で, 宿舎内で, 寝台に, 寝衣, 小さい病室, 小さな鉄門, 小使看護婦その, 小使看護婦其の, 尹医師を, 屋上から, 屋根の, 屠蘇牛乳少し, 岡埜博士の, 工事と共に, 帯は, 帯びて, 帰りにね, 帷は, 広い庭, 広告を, 庭から, 庭が, 廊下から, 廊下は, 廊下各科の, 廣い, 建物, 建物と, 建物について, 建物の, 建築物を, 建設へ, 当時を, 彼方かどを, 待合室には, 後まで, 御厄介, 御飯を, 志願助手が, 忘年会が, 応接室へ, 性質が, 患者たちも, 患者として, 患者などとは, 患者は, 患者をも, 患者達の, 慰安の, 所づけ, 所と, 手伝いとして, 手厚い治療, 手術台にでも, 手術室である, 払いに, 払いには, 拘禁室の, 支払など, 支配者と, 放射線科に, 数を, 整形科へ, 文学であろう, 料理場と, 新米の, 新聞広告を, 方から, 方さえ, 方へは, 方へも, 施療室へ, 施療患者で, 施設を, 景気は, 書生に, 最も北寄り, 最後へ, 月日が, 有様では, 有樣, 本館から, 札が, 朽ちかけた板塀, 東門前の, 枕元に, 某教授, 柵に, 桜, 梯子段を, 棟続きの, 構へにも, 構内に, 標本に, 標本室, 標本室へ, 模範看護婦で, 横に, 横は, 横を, 横手で, 檻の, 正門を, 歸途近, 歸途驛前に, 死体貯蔵場の, 殘飯を, 河岸が, 洗濯婦と, 派手な, 清ちやんを, 温室で, 灯を, 灰色の, 無聊をば, 焼跡に, 熟睡を, 燈火が, 特徴は, 特殊病棟で, 特等室に, 玄関には, 玄関付近に, 玄関前に, 玄關には, 玄關を, 現在患者は, 現状から, 生垣が, 生徒と, 生活が, 生活も, 生活を, 産婆養成所の, 産室では, 用が, 用事が, 用事だ, 畑先生が, 留守番を, 病室である, 病室にて, 病室を, 病棟も, 療法は, 療養所へ, 白い分, 白い大きな, 白い病衣, 白い門, 皮華科には, 監守が, 監禁室の, 看板である, 看護婦さんだ, 看護婦その他は, 看護婦で, 看護婦と, 看護婦などが, 看護婦みたいな, 看護婦募集の, 看護婦長の, 着物を, 石の, 研究室に, 研究材料, 禿山を, 秋の, 移動か, 種類に, 空気を, 窓そこに, 窓であった, 窓を, 窓掛は, 筋向いの, 精神病者に対する, 糞だの, 紙を, 組織の, 経営に, 経営は, 維持も, 義兄は, 習慣と, 者は, 者や, 職員看護手看護婦などが, 背後の, 臨床学科の, 自動車が, 舟は, 芝生の, 花壇に, 若い助手, 若きマクレオ博士, 苦痛の, 蒸気ストーブは, 薄暗い廊下, 薬剤師だ, 薬局であった, 薬局長に, 薬局長を, 血に, 裏, 裏口の, 裏口を, 裏庭に, 裏庭へ, 裏手まで, 裏門が, 裏門も, 西側には, 見立てで, 見舞客の, 規定から, 規模について, 視察に, 解剖室に, 記憶も, 訪問記であった, 診察に, 診察台の, 診断治療を, 評判が, 誰かに, 誰にも, 諸設備, 負傷者と, 費用にな, 資産に対する, 資金窮乏の, 赤煉瓦の, 赤茶けた畳, 軍医達や, 軍艦の, 近くださうで御座います, 近くである, 近所で, 近所に, 途中です, 這麼有樣を, 通訳を, 遅ざくら春, 避難所に, 避雷針だけが, 都合上とても, 配給料理は, 醫員に, 醫師として, 金庫の, 鉄さくに, 錠を, 鍵を, 鐵門の, 長いさ, 長であっ, 長廊下, 門から, 門である, 門内に, 門内へ, 門前に, 門口まで, 開設要員な, 間を, 院長が, 院長さんだけ, 院長という, 院長とか, 院長の, 院長ホール博士と, 院長浜野健一郎博士も, 院長青木寛を, 隔離室に, 隔離病室の, 雑役夫に, 雑役夫を, 雨の, 電話で, 電話室まで, 青年医を, 静かな, 非常門から, 風景を, 風紀を, 食事は, 食事を, 食物だ, 食物を, 養子だ, 養子で, 高き天井, 鷲尾老人は

▼ 病院~ (907, 17.1%)

43 入院し 16 入院した 15 入れて 13 入って 10 入院する, 連れて 9 来て, 行って 8 勤めて 6 入つた, 通って, 電話を 5 つれて, 入院中の, 収容され 4 いた間, 入れなければ, 入れられて, 収容された, 居た時, 徃く, 着いて, 這入って

3 [19件] いた時, いて, いると, いるん, して, つとめて, 入ること, 入ると, 入れられた, 入院させ, 入院させた, 奉職し, 寝て, 居ると, 徃き, 於て, 送られた, 這入つて, 運ばれた

2 [50件] あるよう, いた, いたこと, いって, いる, いるという, いる時, お母さんは, かつぎこまれて, はいった, ゆく, ゆくと, ゐると, ゐるの, 二度イワンデミトリチを, 入ったの, 入ってから, 入られた方, 入る前, 入れた, 入れられ梅毒病患者, 入れること, 入れるため, 入れるとか, 入院, 入院一切を, 入院中だ, 入院昭和十三年十月其処で, 入院退院後十月十日に, 出入する, 到着した, 勤めた, 収容せられ, 居残って, 戻る, 持つて, 泊まること, 移された, 行くか, 行くと, 行ったの, 補助金として, 詰めたり, 誕生, 通った, 通つた, 運ばれそこで, 運ばれたが, 運んで, 駈けつけて

1 [552件 抜粋] あった, あって, ある子, ある由, いたあいだ, いたころ伸子, いたとき, いたの, いたもの, いたわけ, いたんだ, いた例, いた時通り, いた頃, いては, いなかったそう, いなくては, いなければ, いましたが, いましたの, いますのに, いま十九に, いらっしゃらないの, いらっしゃる間, いらっしゃる頃, いられては, いりゃ大丈夫さ, いるうち, いること, いるとき, いるの, いるよう, いる一, いる人, いる健造, いる奴等, いる決心, いる為, いる間, いる頃, いれなけれやあ, いれば, いれられた者, いれられるやう, おいでに, おくられ二ヵ月, おって, おとの, おもむき入院, お住いの, お礼奉公を, かかってからは, かけこんだ, かけつけて, かけつけました, かつぎこまれた, かつぎこまれたが, かつぎこまれたこと, かつぎこまれたとき, かつぎこまれました, かつぎこまれ一週間, かつぎ込まれて, かつぎ込まれてから, かつぎ込み加療中, かよって, きて, こうした治療法, こそこそと, しばらく入っ, しばらく勤め, しましょう, しようという, ずっとい, そんな患者, たつた一人絶命, ついた, つとめてるの, とにかく診察, どうしてあんな, なったり, なりそう, のこって, はいりそして, はいりたくないと, はいりました, はいりましたが, はいり手あつい, はこばれました, はてつきり千恵, ひびかせその, ぶちこまれた, ぶちこみしかも, やって, やってきた, やつて, やらされました, ゆくこと, ゐた頃, ゐること, ゐるとだけ, ゐるとの, ゐる五百人, ゐる千あまり, ゐる幻覚, ゐる決心, ゐる爲, ゐる白衣, ロダンさんの, 一切の, 一年ちかく, 一月も, 三七二十一日間通わなけれ, 三月下旬から, 両方で, 二つの, 二十二日居, 二十年余り暮し, 二日い, 二週間入院し, 人れ, 人体解剖を, 伴はれ, 伴れ, 伺わせますから, 住んで, 使って, 來た, 來て, 來馴れた, 依嘱, 健康道場などという, 働いて, 充ち満ちて, 入たる後, 入った, 入ったが, 入ったこと, 入ったという, 入ったん, 入った間, 入つて, 入つてこまそ, 入らなければ, 入らねば, 入りたるもの, 入りて, 入り療養, 入り間もなく, 入り養生, 入る, 入るの, 入る也, 入れたが, 入れたらどう, 入れたり, 入れちまって, 入れてから, 入れてでも, 入れと, 入れよ, 入れようと, 入れられそして, 入れられたが, 入れられた時, 入れられてから, 入れられるに, 入れられ家, 入れるは, 入れるやう, 入れ折, 入れ自分, 入ろうか, 入切, 入院いたしました, 入院さされ, 入院させる, 入院された, 入院してるいう, 入院す, 入院せしめたる, 入院せる, 入院を, 入院中であった, 入院中に, 入院中福岡県出身の, 入院中私の, 入院加療中の, 入院大, 入院致しまし, 入院致します, 凡そひとつき, 出かけた, 出た, 出たこと, 出て, 出勤する, 出向いて, 出掛ける, 分析を, 割愛した, 助手を, 勤めるよう, 勤める身, 勤務し, 勤務した, 勤務その, 勤務中そこで, 参りませんで床, 収容されました, 収容される, 収容し, 収容した, 収容したる, 収容する, 収容すれ, 取り上げられて, 向った, 呻吟し, 呼び戻される, 問い合せた時, 問ひ合せた, 在り, 在りし後明治三十九年十二月二十一日彼, 在勤した, 在院, 在院中も, 変りさ, 変りそう, 外科手術が, 夜を, 夫を, 奉公しろ, 妻小婢, 嫌疑が, 寄った時, 寄宿を, 寄附せしめる, 寄食し, 寝たきり, 寝泊まりする, 寝泊りした, 寝泊りを, 対い合った, 尋ねて, 小萩, 就職を, 居たという, 居たの, 居た時分, 居た男, 居て, 居ながら, 居りたいと, 居りました患者, 居りました間, 居ります, 居ること, 居る奴等, 居る妹, 居る様, 居る積り, 居る間, 岩本という, 帰ったらジョンストン大尉, 帰って, 帰らせた, 帰り着いた十一日, 平野を, 廻るよう, 引き渡すという, 引取, 強制入院させられるでしょう, 当てられて, 当時の, 彼を, 往くの, 御入院, 復つた, 急いだ, 急ぎました, 怪人が, 慣れないもの, 慣れ病気, 戻って, 手入れを, 投げ込んで, 投資した, 押し込みやがって, 押し込んだの, 担ぎこまれそこで, 担ぎこまれたの, 担ぎこまれたん, 担ぎこまれ意識, 担ぎ込まれた, 担ぎ込まれるまでには, 担ぎ込まれる事, 担ぎ込んだ, 担ぎ込んで, 持ちこむには, 挑戦でも, 挨拶に, 搬び込まれた, 携帯用の, 收容され, 收容せられぬ, 敬意を, 数個月を, 於いて, 於いてかの, 於けるそれ, 於ける七十日余, 於ける最後, 於ける気持, 暮した, 暮して, 暮らすもの, 書生として, 望みは, 来さして, 来た, 来たの, 来た晩, 来てから, 来ては, 来なかったが, 来ると, 来る特志看護婦, 横わろう, 此の, 歸つたと, 残して, 残留せしめる, 河野氏を, 沿うて, 泊って, 泊まらなかったという, 泊まるもの, 泊ること, 泊れと, 洗濯所ある, 派して, 渡すか, 特志看護婦として, 甚五は, 産婆の, 病人を, 癩肺二つに, 白衣の, 百円とかで, 着いた, 着いた我々, 着きました, 着くと, 神保孝太郎博士を, 移されここ, 移されて, 移されました, 移して, 移った, 移った翌日, 移ってからは, 移つた, 移らなければ, 移りたり, 移ろう, 移ろうと, 移住し, 程近き, 立ち寄って, 立戻る, 約二カ月, 編成され, 置いて, 置かない, 置き忘れて, 翌年三月迄, 而御進撃之, 職を, 胃を, 腕車を, 自働電話, 舁ぎ込まれ, 落ちつく運命, 落着い, 血痕の, 行かうと, 行かして, 行きたいの, 行きなさい, 行き橋健行君, 行くこと, 行くたび, 行くの, 行く時, 行けと, 行けないので, 行けば, 行けますよう, 行けるの, 行こう, 行ったよう, 行った時, 行ってるから, 行ってるの, 行つた, 行つてから, 行つて診, 行つて診察の, 袋だたきされた, 見切, 見舞いに, 見舞うため, 見舞うて, 見舞って, 見舞に, 見舞ふ, 訪ねたの, 訪ねて, 訪ふ, 診察を, 負傷した, 買い取られた無縁, 赴き健康診断, 赴任し, 赴任の, 起居し, 足どめされ, 身を, 転勤する, 転属の, 転属を, 転院, 轉じ, 退いて, 送った, 送って, 送られしが, 送られたる事, 送られつ, 送られて, 送られました, 送りました, 送るの, 送るやう, 送還される, 逃げ帰ったよう, 這入ったなり, 這入ったの, 這入つた事, 這入らうか, 這入ること, 這入ると, 這入るの, 通いこんな, 通いその, 通いはじめてから, 通い始めたん, 通うため, 通う事, 通う患者, 通う翁, 通う路上, 通う途中, 通ずる一つ, 通つてゐた, 通ひはじめ, 通わして, 通わせると, 通わなければ, 通勤する, 連絡病状報告の, 連行し, 運ばせた, 運ばれそして, 運ばれたといふ, 運ばれて, 運ばれ佐太郎, 運ばれ偶然城介, 運びこまれた, 運び終わり身軽, 運び詩子, 運び込まれた, 運び込まれた時, 運び込まれて, 運び込んだの, 配布される, 長年看護婦長を, 閉じこもり, 關係が, 集まりその, 雇われてから, 離れ離れに, 雪崩れ込んだ, 電話し, 非ずや, 頼んで, 馳け, 駆けつけました, 駈け込んで, 高橋医院なり

▼ 病院~ (854, 16.1%)

32 行って 17 連れて 14 入院し 13 入院した 12 見舞に, 通って 10 来て, 行く 9 つれて, 行った, 電話を 8 入れる事 7 行くと, 送られて 6 いって, 入れて, 行くの, 通ふ 5 來て, 入院する, 出掛けて, 持って, 行くん, 通つた

4 [11件] やって, 伴れ, 入って, 入れられた, 慰問に, 来たの, 行くこと, 行つた, 訪ねて, 診て, 送られた

3 [16件] はいって, やって来た, やつて, 入ってから, 入る時, 入れること, 入院しました, 向った, 帰って, 担ぎ込まれた, 行きました, 行くつもり, 行く途中, 行けば, 診察を, 運んで

2 [44件] お入りなさい, お見舞, かけつけると, かつぎこまれて, くるの, はいること, 入った由, 入っても, 入つた, 入る事, 入れさせること, 入れた, 入れたの, 入れたん, 入れられたの, 入院させ, 入院させる, 出かけること, 出かける時間, 帰った, 担ぎこまれて, 日参し, 曲る横町, 来てから, 歸つた, 泊りこんで, 着いた時, 著いた, 行かなければ, 行く日, 行こうと, 行った時, 行ってから, 行つ, 行つてからも, 見舞いに, 足を, 通うのに, 通つてゐる, 遊びに, 運ばれた, 運ばれた時, 運ばれて, 飛んで

1 [451件] あがって, いきました, いくの, いた時, いっしょに, いった, いったよ, いってるの, いらしたところ, うちの, うつすこと, お世話願えません, お入んなさる, お出で願えますまい, お出掛け, お前の, お来, お鳥, かえって来た, かけつけた, かけつけ二階, かつがれて, かつぎこませる, かつぎこまれたが, かつぎこまれた娘, かつぎこまれた弟分, かつぎこまれるまで, かつぎこまれる途中, かつぎこむ, かつぎ込まれました, かつぎ込まれるし, かつぎ込んだが, かつぎ込んで, かまわず運んで, かよって, これから行きたい, すぐ入る, そっと横, それから温泉, たたき込まれるよりは, たたき込んだん, たたき込んで, たどり着いたもの, ちょっと寄った, ついて, ついて行って, つききり, つめきりだそうですね, とじこめられた文士, とびこんだの, はいったの, はいった当座, はいった後, はいらせる始末, はいらなければ, はいります, はこばれました, はやらずに, ぶちこめなどと, ぶちこめなんて, もえうつるわけ, もどつた, やって来たこと, やって来た時, やって来ました, やらず附, やられるかも, やられれば, やること, ゆきます, ゆくそういう, ゆくと, ゆくの, ゆく支度, ゆく気, ゆこか, よった, エフィームの, カンキンする, ガンの, タクシイを, タネとりに, ブチこむ, ブチこんどい, 一度来た, 一通の, 三人之, 三益の, 上りこんだ, 中禪寺, 乗りつけた, 二三度見学に, 二人で, 二十七八の, 五年間通い続け, 交渉に, 京子を, 伝って, 伝わった, 伴れ行く, 何十世帯も, 使いに, 便利屋の, 借り度いもの, 傷痍軍人たちを, 先生が, 入いっ, 入ったあと, 入ったが, 入ったの, 入りました, 入りまして, 入ります前, 入るので, 入る方, 入れたり, 入れた後, 入れた程, 入れとく方, 入れな, 入れなけあいけないと, 入れなければ, 入れはるか, 入れました, 入れようと, 入れられたと, 入れられたという, 入れられてから, 入れられては, 入れられとったのに, 入れられるとき, 入れるため, 入れるなんて, 入れるに, 入れるほか, 入れるより, 入れるわけ, 入れる評定, 入れろと, 入院, 入院が, 入院させた, 入院させなさい, 入院させられ, 入院させられる, 入院されん, 入院したい, 入院すれ, 入院の, 入院中の, 入院気管支炎も, 内所で, 凍った丘, 出かけたの, 出かけて, 出かける, 出て, 出入りする, 出勤し, 出向いて, 出張した, 出張する, 出掛ける, 務めるにも, 半之丞の, 収容され, 収容された, 収容されます, 収容した, 収容しなけれ, 収容せられた, 取って返して, 古田中, 向いたとき, 向かった, 向かって, 向ふ, 呉服屋が, 呼びに, 呼び寄せる工夫, 呼吸も, 呼寄せられた, 問い合せると, 問い合せを, 回送され, 報告し, 売り渡した以上, 奉職した, 奉職は, 妻の, 嫂を, 安福軒が, 寄, 寄った, 寄らずに, 寄りオリムピック, 寄り帰る, 寄り座, 寄り清, 寄る, 寄るどうもまだ, 寄るまだハッキリ, 尋ねて, 帰りすぐ, 帰ると, 帰る途, 帰ろう, 廻って, 廻る, 引っかえせ, 強制的に, 彼女を, 往っ, 後送する, 御入り, 御預, 徳山を, 急ぐ彼, 息せききって, 患者を, 意地づくで, 慰問を, 戻つて, 戻り夜, 戻ると, 打ち込まれるに, 打電し, 投げこまれるの, 担ぎこまれた染福, 担ぎこんだのよ, 担ぎこんだ方, 担ぎこんで, 担ぎ込まなければ, 担ぎ込まれて, 担ぎ込まれるの, 担ぎ込んだが, 担ぎ込んだ所, 拉し去られた, 持つて, 挨拶に, 揮毫慰問に, 旅行すべきである, 旅行する, 春雄を, 時政の, 暫時の, 来たまえ, 来たん, 来た奴, 来た当座, 来た最初, 来ては, 来るなり, 来るの, 来る前, 来る道, 林長二郎の, 根気よく, 検診に, 歸る, 歸るなら, 殺到し, 母が, 泊った, 泊つた, 泊つてあげ, 泊らして, 泊るか, 洗い物縫物などの, 清を, 渡辺はま子の, 滝は, 現れて, 病人を, 療治を, 直ぐ來, 看護婦見習に, 着いた, 着いたの, 着きましたよ, 着くまでの, 着くや, 矢代の, 移さねば, 移されて, 移した, 移しましょう, 移すこと, 移ったという, 移ること, 立寄って, 立寄一宿, 等入っ, 紹介し, 終身患者として, 續けて, 聞き合せに, 落ち着いたので, 著きました, 薬を, 行, 行かうといふまでは, 行かず新宿, 行かない日, 行かなきゃ成るまい, 行かなけりゃ, 行かれお, 行きかえりに, 行きしかも, 行きましたがね, 行きましょう, 行きますよ, 行きやしないよ, 行き同じ, 行き手当, 行き検査, 行き歯形, 行き着くつもり, 行き着こうという, 行き院長, 行くって, 行くとて, 行くならこれ, 行くに, 行くには, 行くひま, 行くほど, 行くよ, 行くより, 行くネロ, 行く事, 行く所, 行く楽しみ, 行く浪郎今夜, 行く病人快方, 行く積り, 行く荷馬車, 行く途, 行く道, 行けるじゃ, 行けると, 行けるという, 行こうかい, 行こうとも, 行ったけれども, 行ったでしょう, 行ったの, 行ったよ, 行ったらそこ, 行った意味, 行った晩, 行った詫, 行っても, 行つたところが, 行つたのは, 行つた日偶然来てた, 行つた歸りで, 行つてる, 行つて石川博士に, 行つて見よう, 行つて院長さんの, 行つて靴を, 行日暮帰寓, 見舞って, 見舞物を, 言ひ, 訪れ得ること, 訴えに, 診察だけに, 診察受けに, 詰めきらせ, 負われてなど, 走った, 走って, 車を, 辰夫という, 辰夫といふ, 退き込もうかな, 送った, 送ったろうね, 送ったん, 送って, 送らる, 送られずに, 送られる, 送られると, 送られるところ, 送られる前夜新宿, 送り, 送りこんでからの, 送りつけないと, 送る, 送ると, 送るところ, 送れと, 送込まれてから, 逆戻りせざる, 逆戻りといふ, 這入った, 這入つた, 這入つたの, 這入つたはじめ, 這入つた者, 這入つて, 這入らねば, 這入るまでの, 這入る一カ月前, 通うと, 通うよう, 通う博士, 通った, 通ったか, 通ったの, 通ったり, 通つてゐた, 通つてゐました, 通つて来れ, 連られ, 連れ戻されて, 連れ込むという, 連れ込んだでは, 連絡し, 運ばるるを, 運ばれお気に入り, 運ばれたが, 運ばれたまでは, 運ばれましたの, 運びこんだときはすでに完全に, 運び去られたこと, 運び回されついに, 運んだって, 運んだ一人, 遙, 遣ろうにも, 還されそこで, 鋭五氏, 附添つて行く, 随い, 電話, 電話が, 電話した, 面会に, 顔を, 馳け, 馳らす, 駆けつけようという, 駈けこむに, 駈けつけた時分, 駈けつけまして, 駈けつけると, 麻薬を

▼ 病院~ (324, 6.1%)

16 出て 9 開いて 8 出た 6 建てて 5 経営し, 退院し 4 出る時, 見舞った, 訪ねて, 訪れた, 訪れると, 退院した 3 でた, 出た時, 出ると, 脱け

2 [18件] お出, で, やめて, 出たが, 出てから, 出ました, 尋ねて, 抜け出して, 捜して, 経営する, 維持する, 見舞つた, 訪うて, 訪れぬ日, 訪れること, 訪問し, 辞して, 開業し

1 [203件] あげて, いっしょに, おとずれた, おもち, お潰しなさい, かぶせられて, きいたら教えて, きくの, こしらえたり, さがしました, さがす必要, さして出掛けた, さして急いだ, しらべられると, たえず廻った, たずね回ったので, たて, たてベッド, つくりあげた土人協会, つくること, つぐ財産, つれ歩いて, でても, でない, でること, どっさり御存知, ぬけ出した二人, のぞいて, はやての, ひいきに, ひどくきらった, まごつかせるが, まちがえたん, まるで陰惨, みんなの, もうけて, やめると, 一人で, 一歩も, 一歩外に, 一歩外へ, 三つならべ, 世話し, 中心に, 乗取るなど, 乗取る魂胆, 仕舞った私, 休む, 休息所と, 使うこと, 傷つけること, 全国に, 兼ねさせられ忽ち, 兼ねたもの, 出すと, 出たかも, 出たきり六日, 出たと, 出たの, 出たら礼, 出たら私, 出たら訊いて, 出たり, 出た後, 出た當時十分彼, 出づ, 出てからの, 出ては, 出ても, 出ようと, 出られた時間, 出られる時, 出ること, 出るには, 出るまで, 出るよう, 出る場合, 出ろと, 初め多くの, 去った, 去った長き, 去つて了, 去り小さな, 去るの, 参観す, 同志の, 吹き倒して, 呪い病気, 呼び出して, 変へる, 夜中に, 大小とりまぜ, 娯楽場の, 寄そうして, 尋ねては, 庇護し, 建てたが, 建てたの, 建てた人, 建てようの, 建てるという, 建てるとか, 建てるの, 建て学校, 建設し, 廻り始めた, 引きあげた, 引きあげたの, 引きあげた吉岡司法主任, 引き払うこと, 引き拂, 引き揚げた, 引上げて, 引摺り出される, 御退院, 思いくらべて, 思いだした, 思い出して, 思ひ出させた, 思ひ切り醜悪, 怨んで, 憶い起す, 手伝つてゐる, 手玉に, 抜けだして, 択んで, 拵えて, 持って, 持つて, 改造し, 改造した, 教えて, 教わって, 整理し, 斜めに, 書いたの, 案内された, 死場所に, 焼いたら家, 移転しよう, 空ける事, 立ち去ったが, 立ち去つたが, 第二, 紹介し, 経営なさる, 脱けだし, 脱出い, 脱走し, 脱走した, 脱走しよう, 自力で, 見た, 見たいと, 見に, 見まわした, 見る, 見捨てたので, 見舞うよう, 見舞う気, 解放する, 解雇された, 訪ねた事, 訪ねた時, 訪ねると, 訪ねるべく特急, 訪ね主治医, 訪ひ, 訪ふ, 訪れたこと, 訪れたと, 訪れるには, 訪れ果物, 訪問した, 設立した, 設計する, 調べたこと, 起したらどう, 起てまた, 足場に, 辞した, 辞した博士, 辞し去れり, 辞去した, 退くと, 退けてから, 退ける場合, 退出ぬ, 退職する, 退院する, 逃れ来し患者, 閉鎖し, 開きましたもの, 開くといふ, 開れた, 開業さっし, 開業する, 開設する, 除くの外大概, 離れないよう, 頂いた漁場, 飛び出して, 飛出して

▼ 病院~ (284, 5.3%)

6 死んだ, 死んで, 看護婦を 4 働いて, 息を 3 診察し

2 [14件] この善光寺助七, チブスに, 世話に, 勤めて, 医者に, 手術した, 手術を, 暮して, 私に, 血を, 診て, 評判の, 調査した, 過した

1 [227件] あっちへ, あつた, あなたを, あのとき, あの脚気, あまりに頭, いた間, いつまで, いろんな女, うんうん唸つ, おきき, お亡, お亡くなり, お手当て, お書き, お産した, お産を, お秀, か, かち得て, くれる五十円, この, この掛合, こんな悲喜劇, ごらんに, しばしば見る, すると, その晩重大, それを, そんなふうによぶ, そんなアヤフヤ, たべて, とった写真, どこかの, なお語り続ける, ねんねする, はたうとう, もう十本, ゆっくり治療, よんで, インターンを, オルガンを, カルテへ, グズグズし, チフスの, マタ・アリは, レントゲンを, ロスコー氏に, 一と, 一人として, 一回三円かかる, 三度目の, 三沢から, 三谷氏が, 不思議な, 予防注射を, 二月以上煩った, 云はれた, 亡った, 人手が, 仕上げ今, 他人の, 会えたら篤く, 会った昔, 何かの, 何を, 借りたの, 借りること, 働らき, 僕は, 入雲洞君, 全身麻痺の, 六箇月の, 其長は, 内科でも, 内科の, 出すの, 出会ったらだね, 出来るだけの, 出遇った時僕, 分析し, 初枝, 制定された, 加養の, 助産婦見習兼看護婦を, 勤務し, 医員を, 医局の, 受け取った秋本, 君の, 堂々と, 夜を, 大和魂の, 大場連斎の, 大手術, 失せられた枕もと, 妻が, 安らかに, 完子さんに, 客死した, 寝て, 寝とって, 寝る為め私, 左へ, 左胸部の, 強制的な, 彼の, 彼も, 彼女は, 待って, 御なくなりなすった, 心やすい, 患者に, 患部を, 悲しそう, 悶死した, 感じたと, 我々は, 扁桃腺の, 手当を, 手術し, 手術後の, 捨てたらしい汚物, 掛合いました時, 数回手術を, 斃れた, 明智に, 昼食を, 暮した, 暮したいと, 暮したが, 暮らしたと, 暮らしたの, 書いて, 書記を, 最初に, 月給を, 果てなければ, 横山に, 正月する, 死に翌日, 死ぬ刹那, 死んだこと, 死んだという, 死んだん, 死んだ患者, 死んでから, 死んでからも, 死亡し, 死去した, 死期を, 母の, 毎日耳の, 気が, 気違いの, 永眠した, 治療する, 治療を, 流産させ, 湖の, 熱の, 王子君五郎氏の, 生まれ落ちた赤, 生むこと, 生れたの, 生れた事, 病人の, 病気と, 痔の, 療養さし, 発見せられ, 監視人としての, 目の, 目を, 盲腸の, 直して, 看護婦が, 看護婦として, 看護婦の, 知った看護婦長, 研究した, 研究する, 研究を, 祈祷また, 精神病受け持ちの, 細菌学及内科を, 終ったの, 考えやがったん, 聴いたの, 聴かされて, 胃癌の, 腸窒扶斯で, 自殺した, 花見を, 見かけたぜ, 見受けるの, 覚えて, 診察された, 診察と, 診察を, 詠まれた歌, 貰った帯, 貸して, 起った不幸, 起った波瀾, 足を, 躯の, 輝ちゃんが, 辛棒し, 迎へる, 退屈を, 送って, 逝去された, 遂に死んでしまつた, 酒を, 重態であった, 重症患者が, 鈴木と, 長いあいだ, 阿母さん, 附切り同様, 院長によって, 雇つた看護婦さんだけの, 雑役婦を, 電気ショックを, 飯を, 飼殺しに

▼ 病院から~ (187, 3.5%)

12 帰って 11 出て 3 出して, 電話で

2 [11件] かえって来た, さらって, 一歩も, 帰ると, 引取る, 抜け出して, 来た, 火葬場の, 知らせて, 追はれ, 飛び出して

1 [136件] おれが, お棺, かえった女, かえって間もなくの, かえる日, かけつけました, くれたもの, くれる湯, ここまで, この娘, つかれて, ひきつづいて, ひろびろと, また帰っただ, まだ帰っ, まもって, サイソクが, 一と, 一度キャンザス市へ, 一里とは, 中間報告が, 五六町西へ, 何処へとも, 使いが, 光子さんの, 全快退院されまし, 凶悪な, 出したん, 出た, 出たら最後, 出た時, 出られた, 出られて, 出ること, 出る貧弱, 出勤し, 千代が, 外へ, 大学へ, 奥様に, 姉と, 実家へ, 家へ, 対面許可の, 小使が, 小諸の, 帝大, 帰えっ, 帰ったお, 帰つてから, 帰つて四五ヶ月も, 帰りかける途中, 帰る時, 帰る途中, 引かせて, 引き取って, 引取って, 当家へ, 彼女の, 後送される, 急いで, 急の, 戻った, 戻って, 手紙あげる, 手紙が, 手紙を, 打って, 抜け出した二人, 拂ひもどし, 担ぎ出すという, 招聘された, 招聘される, 持って, 放りだされた, 放射線治療班の, 救い出して, 時子が, 木挽町の, 来た者, 来て, 林町へ, 歸つてゐない, 歸つて來た, 死骸で, 死骸を, 永久に, 直ぐお出で, 直次の, 看護人の, 看護卒が, 看護婦を, 程近かっ, 種則の, 精神病患者との, 締めだしを, 聞えて, 脱走し, 脱走する, 自宅へ, 解放され, 解放される, 解放し, 解雇された, 訪ねて, 警察に, 警察へ, 貰って, 辛うじて逃げ帰った, 辞職の, 辭職の, 逃げだしたん, 逃げ出して, 逃げ出すこと, 通ってると, 連れだされると, 連れだされ研究所, 連れだしたの, 連れ戻ったかたち, 遠い物置, 重病人の, 野戦病院へ, 釣臺が, 鉄嶺に, 離れて, 電報が, 電報を, 電話, 電話かかった, 電話が, 電話だ, 青眠洞まで, 頸に, 頼まれましたさかい, 馬に, 黙って

▼ 病院~ (135, 2.5%)

2 この事件, どこです, ない, 依然として町, 彼女の, 患者に, 確に, 非常に

1 [119件] あった, ありますって, いつもの, いまも, いろんな種類, お訪ねしたい, ことさらに, この功徳, この私娼窟專有, この魚, すぐに, すぐわかりました, すぐ向, その後箱崎川に, その村, ちやうど, とうに出, とてもいそがしい, どうやら海辺, どこでしょう, どの部屋, ないもの, なかなかいいでせう, ひっそりと, ひどいところ, まだ建たぬ, まだ新築, まだ比較的食物, もう出ました, やはり金持, やめて, ドクトルが, ブルジョア慈善病院らしく, 一つ残らず, 一体何時までか, 一昨日山を, 一躍世界的, 万事到れりだ, 今ごろから, 今夜から, 何時行っ, 何時行つても, 六十八度から, 初伊藤屋, 前にも, 割と, 助手から, 土地が, 大きいの, 妾が, 婦人科専門で, 子供達の, 小松島と, 小松川に, 小田原病院という, 工場と, 工場の, 市では, 常に満員, 度々の, 庭続きだ, 廃され, 廢され, 建築中だ, 弱味に, 役所の, 後ろに, 患者が, 患者で, 愈よ, 抜いて, 放射線科で, 既に立派, 日本に, 明朝に, 明治十二年の, 普通の, 暴風に, 月曜日で, 有ると, 未だ比較的食物, 松林に, 横浜と, 治療所である, 無人同様に, 焼けましたが, 父が, 申すに, 町の, 町はずれの, 病室の, 病院くさい, 監置主義を, 私の, 精神衛生上よろしく, 素晴らしいね, 繁昌する, 脇本陣広島屋太兵衛へ, 表面そ知らん, 規模こそ, 設備が, 負傷者を, 費用が, 辞職しなけれ, 都合の, 野らも, 鉄道の, 長いがらん, 長く続かなかった, 閉鎖された, 閉鎖に, 関西の, 随分ひどい, 随分患者, 震災に, 震災前より, 静かに, 面白くない, 香港の

▼ 病院~ (100, 1.9%)

6 あって 3 あった 2 あつた, あるでは, いくつも, 焼けて, 要るし, 見え片側

1 [79件] あたりまえの, あったの, あつて下宿, ありました, あります, ありますか, ありますから, あり学校, ある, あるうち, あるから, あるが, あること, あるの, あるので, あるのに, あるよ, ある丘, ある学校, ある筈, あんまり暑い, いいだろう, いふには, こわいなんて, こわかった, ございまして, そのま, つい近く, できた, できるまで, どこな, どんなところ, ほしいという, まつたく寝静つた後, もう少し遠く, やられたと, よいの間, インフレ街道の, 一哩ばかり, 一番樂だらう, 三つや, 仰がれた, 休暇に, 倒れさ, 健康な, 全部アパリに, 出来れば, 出来上ると, 医科大学に, 合併した, 困りますよ, 夜では, 大迷惑, 姫草ユリ子諸共に, 実験用に, 建って, 建てこんで, 建てて, 必要な, 急いてたかて, 恨めしいよりも, 手狭と, 最も印象, 武蔵野特有の, 泌尿科専門な, 流されて, 温かく家庭的, 潰れようと, 直接奥様に, 移動するらしいです, 立つて, 立派に, 終ると, 結局彼女の, 舞ひ, 違います, 開設された, 開院当時に, 面倒なら

▼ 病院には~ (72, 1.4%)

14 いって 3 いること, いるの 2 いつて, いるが, ひつて, 一週に

1 [44件] ありませんよ, いっては, いってるという, いっとるという, いつた, いつても, いる, いると, いるより, いる決心, お嬢さんは, さすがに, ないでしょう, ないの, ひること, 一等二等三等という, 上顎腫瘍の, 予算が, 人間の, 今も, 今俺と, 今百名あまりの, 他にも, 似合は, 傷病兵が, 僕の, 六百人の, 半兵衛も, 多くの, 大学の, 女が, 女や, 当時, 持続睡眠療法という, 来られなかった, 母が, 深夜の, 看護婦が, 看護婦養成所が, 知合いの, 紫外線治療室が, 誰か家の, 距離が, 這入って

▼ 病院~ (70, 1.3%)

3 いえば 2 まちがえましたって, 少しも, 監獄とにのみ

1 [61件] いいスカンジナヴィア, いうほどの, いって, いっても, いへば, この学校, なし負傷者, なったそう, なった料理場, なってる料理場, ならび称される病院, なりし古城, なりました, なるに, はいふが, もう一つ時, ベルリンの, ベルリン未決監獄の, 三個の, 云うの, 云うもの, 云うよう, 云えば, 云つても, 云ふ, 同じ性質, 同じ方角, 名を, 呼ばれ十四世紀, 大学と, 婦女子の, 学校である, 学校と, 学校事業と, 安カフエー, 寺とに, 寺との, 往来との, 恐らくその, 憲兵隊この, 来るべき春, 様子が, 淫売宿の, 父親の, 申すほどの, 異ふ, 相談し, 祖先から, 結核療養所の, 血痕の, 言ったって, 言っても, 貧民窟とで, 貧窮とから, 赤十字病院に, 通信を, 運命を, 違つて清潔と, 違ひ, 間違えられるよう, 院長の

▼ 病院では~ (56, 1.1%)

2 看護婦たちに, 私の

1 [52件] ありません, あり産婆, あるけれど, あるし, いけません, お島, かつてこの, きっと誰, その人, その本, それが, それほど大した, できま, なかった, なくな, アンも, ギプス型を, 一向うごく, 一流である, 一階に, 三階の, 今でも, 何か, 何でも, 俳句や, 其れ, 労働法によって, 各日の, 外來患者が, 外来患者が, 外部からの, 当番の, 整形外科の, 朝晩熱湯を, 死人も, 死骸など, 殊に之, 毎月患者の, 気管複管ナンバーは, 温浴療法という, 病院なりに, 着物に, 結節注射と, 腹膜炎で, 許されて, 軍医の, 軽症患者は, 都合が, 重症者の, 附添に, 院長よりも, 電気や

▼ 病院~ (50, 0.9%)

4 のサクラ女史 2 である, の揶揄, をし, を紹介

1 [38件] からとどいた, が一人, が全, が招待, が留める, が見えたでしょう, であられた, ですか, で東京大学, として熱心, として白老, となっ, と仰, と友人, と喧嘩, と思っ, などが出, に任じられ, に前記二つ, の噂, の奥様, の式場隆三郎博士, の浜野博士, の生活, の若尾氏, の邸, はそう, は三輪博士, は余, は先ず, は患者, は整形外科, は果たして, は検診, は鼻梁, も来, をすぐさま, を呼ん

▼ 病院~ (40, 0.8%)

2 やめて, 出来て

1 [36件] あつて, ありますから, ありますし, あり仏教, あると, あれば, とにかく甲府, なかった, なかつた, もう全然見えなくなっ, もう建て前, やけました, 上等へ, 中央から, 九州帝国大学では, 亦この, 休業し, 伝染病院を, 依然としてマスコット, 出来たけれど, 到着した, 半分閉鎖手術も, 多いだろう, 学校も, 家も, 少くなかった, 建たなければ, 彼の, 患者も, 正月で, 此処ばかりは, 泰山院長の, 焼け落ち十一時半, 見つけた, 見舞って, 解散され

▼ 病院まで~ (38, 0.7%)

3 来て 2 通って

1 [33件] おっかさんを, たずねて, ついて行って, ほんのちょっと, まっすぐ歩い, やってきて, ゆくの, わざわざ出, オシャベリ姫を, スピート, 付き添って, 帰って, 建てて, 御足労願えない, 手紙を, 持つて, 搬んで, 来る道, 注射を, 父の, 登って, 私は, 行って, 行つて濕布を, 見舞いに, 見舞に, 負って, 走った夜, 足を, 送り届けて, 連れて, 遠いところ, 頼まれた

▼ 病院~ (34, 0.6%)

1 [34件] い号, でなか, で一番, で多少, で採れた, で死亡, で起つた, にはせいた, に一個, に於, に於ける, に転室, のどこ, のなんと, の一人, の一切, の交際, の仕事, の愛嬌者, の折合, の理髪屋, の生活, の看護婦慰安会, の者, の職務, の誰彼, の騒ぎ, の麻酔薬, へ持越し, より支那兵, を一巡り, を明るく, を歩い, を飛び廻っ

▼ 病院~ (32, 0.6%)

42 とかの存在, と絶望

1 [24件] え, かで捨子公認所, からその, からそんなに, から一切金, から勝手, から明日午後一時省線澁谷驛, から酒, か知らん, が倭文子, けれども凶暴, つたと, つて愚劣な, という, という方, といつ, とか云う, とも思はれない, とわかれ, と夜中, と思う, どの天井, な, なんて何處

▼ 病院生活~ (32, 0.6%)

2 の後半期, は私, をし, を始め

1 [24件] がまざ, が始まる, だね, で色, にもだれ, にも癒つて, に倦, に入, のあいだ, のすぐ後で, のなか, の倦怠, の後, の終わり, の間, の間中, はあきあきした, はこの, は牢獄生活, は足掛六年, も半, をする, を樂しみ, を送つ

▼ 病院でも~ (31, 0.6%)

2 我々の

1 [29件] あるからナ, いいこ, お心任せ, そうです, まず相当, みんなに, コンナ無作法な, レントゲン写真を, 今は, 代用品, 医者は, 古い患者, 困って, 学校でも, 年寄の, 幾人も, 思ったこと, 態と川手さん, 持って, 文学青年が, 服んで, 欹目の, 無闇に, 牢獄でも, 産院でも, 病室の, 看護婦は, 立てようと, 造った方

▼ 病院という~ (27, 0.5%)

3 ところは, ものは 2 のが, のに

1 [17件] その病院, のは, のや, のを, ものが, ものを, ような, んだ, 位だ, 名は, 名前は, 名題の, 外科専門の, 婦人科の, 看板が, 看板は, 看板を

▼ 病院~ (25, 0.5%)

8 の前 4 を着 2 の裾, も全く 1 だらうが, だろうが, に着, に着換え, のまま, の儘, ぼろぼろの, もシャツ, もシヤツ

▼ 病院にも~ (22, 0.4%)

2 毎日は

1 [20件] あてられた, きつと, サナトリウムにも, 之を, 入れて, 入れられず足, 入院し, 内科外科婦人科の, 同じ年ごろ, 呈上した, 居ないで, 戦線の, 是れ, 由は, 穴が, 行かなければ, 負けないくら, 這入れないに, 配給され, 鉄砲の

▼ 病院へは~ (17, 0.3%)

1 [17件] いったって, いってるけどね, いる間際, ひつた, ひつて, むろん連絡, サヨが, 三円以上の, 來ない, 僕が, 毎日行かなけりゃ, 行かないで, 行つ, 親子兄妹で, 返つて都合, 送って, 通はずに

▼ 病院~ (16, 0.3%)

1 [16件] インチキ興行を, サナトリウムが, 仮収容所, 保護観察所へ, 停車場中島遊園狸小路薄野遊廓などが, 公会堂なぞの, 厳粛に, 収容所からは, 図書館を, 施療所を, 狂人どもに対しては, 癩病院に, 看護婦に, 経堂の, 解剖学教室などの, 銅山や

▼ 病院です~ (15, 0.3%)

42 ね, もう疾, よ 1 からお, から礼拝堂, が, しその, のよ

▼ 病院横町~ (13, 0.2%)

2 の人, の殺人犯 1 に住せり, に到着, の一家屋, の悲劇, の殺人事件, の犯罪, の裏, は狭き, へ出向いた

▼ 病院通い~ (13, 0.2%)

2 をし, をする 1 がパタリ, で書生さん寧日, に差支, の身の上, はまだ, もやめ, も張合い, をしなけれ, を止める

▼ 病院~ (12, 0.2%)

1 [12件] がヒッソリ, が森閑, でも二番目, に大きな, に捲き起した, の人気者, の人間, の噂, の植物, の篤信者, は地, へ響

▼ 病院~ (11, 0.2%)

1 [11件] から移動, が僕, が終る, では看護人, でコンニャク, の一帯, の不埒, の中段, の崖, の旅館, や芳川家がらみ

▼ 病院での~ (9, 0.2%)

2 睡眠不足を 1 ことが, 仕事を, 僕の, 手紙は, 生活の, 看視, 衛生兵の

▼ 病院といふ~ (9, 0.2%)

2 のは, 海の 1 ところの, ところは, のが, ものに, 字を

▼ 病院~ (9, 0.2%)

2 のだ 1 のか, のかさ, のである, のです, のでその, んでしょう, んです

▼ 病院にでも~ (9, 0.2%)

1 お入り, お勤め, つれて, はいって, ゐるやう, 入れて, 入れるべき代物, 節子を, 連れて

▼ 病院へも~ (9, 0.2%)

1 二三度来, 入るでしょう, 入れたり, 入れるよう, 出て, 同日は, 御入れ, 秘密に, 高町病院

▼ 病院より~ (8, 0.2%)

1 おっ母さん, 一家の, 旅宿と, 武男が, 温泉宿へと, 逃奔さす, 須磨保養院に, 駈着けたり

▼ 病院~ (8, 0.2%)

2 の下宿 1 で車, の並木街, の歯科医, の背後, まで御, を南

▼ 病院~ (8, 0.2%)

1 でせう, で海防, といふことに, の, のかたち, の軟らかい, は, や運送船

▼ 病院~ (8, 0.2%)

3 ひを 2 ひの 1 ひだけを, ひに, ひにへと

▼ 病院からの~ (7, 0.1%)

1 呼び出しを, 帰り自動車, 帰り途往来を, 手紙の, 電報を, 電話で, 電話です

▼ 病院へでも~ (7, 0.1%)

2 入れて 1 いったよう, 入った様, 入ってる場合, 入れてからの, 入れますかという

▼ 病院らしい~ (7, 0.1%)

1 がお, のにコットリ, 事実は, 室の, 建物は, 美しさ, 重い空氣

▼ 病院~ (6, 0.1%)

1 さもなければいつも, どこか, サナトリウムに, 会社などに, 何かの, 家庭の

▼ 病院じゃ~ (6, 0.1%)

1 ありませんか, ないが, ないの, なくってよ, みんな寝てるだろう, ゆうべの

▼ 病院~ (6, 0.1%)

3 やない 1 やみんな, や明るい, ゆうに

▼ 病院とは~ (6, 0.1%)

1 いかにもデカダン, いへ千五百名, 充実した, 反対側の, 向う合せ, 違って

▼ 病院だった~ (5, 0.1%)

1 か, がその, が父母, と思え, 由目下は

▼ 病院への~ (5, 0.1%)

1 あらゆる必需品, 寄付者であったろう, 送り迎へを, 途中であります, 面倒までは

▼ 病院行き~ (5, 0.1%)

1 のよう, の代物, の爲め, も思う, を意味

▼ 病院~ (5, 0.1%)

1 がやつ, で北野病院, は寝, をつけ, を呼べ

▼ 病院にて~ (4, 0.1%)

1 突然の, 見し女, 飼養され, 飼養し

▼ 病院へと~ (4, 0.1%)

1 かけ出しました, 移動させた, 立ち戻って, 走る

▼ 病院みたい~ (4, 0.1%)

1 なところ, なもの, な安物, に清潔

▼ 病院よりは~ (4, 0.1%)

1 せかへ, まだまし, 一歩進んだ, 田舎の

▼ 病院らしく~ (4, 0.1%)

1 もない, ろくな手当て, レントゲン室の, 一様に

▼ 病院入り~ (4, 0.1%)

1 がなぜ, になつて, に賛成, を勧告

▼ 病院~ (3, 0.1%)

1 入院しなさったいうたら, 行て, 電話かけた

▼ 病院だけの~ (3, 0.1%)

1 ことで, 問題でも, 話では

▼ 病院って~ (3, 0.1%)

1 どこの, どれな, 遠いん

▼ 病院とか~ (3, 0.1%)

1 いろいろな, 人の, 兵站部とか

▼ 病院との~ (3, 0.1%)

1 契約が, 連絡場所は, 電話の

▼ 病院などに~ (3, 0.1%)

2 入るもの 1 入れられるよう

▼ 病院なる~ (3, 0.1%)

1 智恵子と, 智惠子と, 楠目氏を

▼ 病院なんて~ (3, 0.1%)

1 あの恐ろしい, どんな有様, まるっきり奴等

▼ 病院について~ (3, 0.1%)

1 いて, 病室には, 見たく思う

▼ 病院~ (3, 0.1%)

1 レントゲンヲ, 断層写真ヲ, 頸椎

▼ 病院列車~ (3, 0.1%)

1 で後送, に乗っ, も待機

▼ 病院勤務~ (3, 0.1%)

1 は廃業, を命じられた, を命ぜられ

▼ 病院自動車~ (3, 0.1%)

1 で大学, で聖路加病院, を六

▼ 病院長先生~ (3, 0.1%)

1 がしきりに, はいよいよ, も母

▼ 病院あたり~ (2, 0.0%)

1 じゃそんな, へ身

▼ 病院からは~ (2, 0.0%)

1 再度の, 谷間の

▼ 病院がよ~ (2, 0.0%)

1 ひが, ひに

▼ 病院くさい~ (2, 0.0%)

1 それで, のでな

▼ 病院~ (2, 0.0%)

1 入れたんで, 入れて

▼ 病院それ~ (2, 0.0%)

2 について曲る

▼ 病院だけ~ (2, 0.0%)

1 でなく学校, では

▼ 病院だって~ (2, 0.0%)

1 その位, 叔母さんだけが

▼ 病院~ (2, 0.0%)

1 いふの, のが

▼ 病院であっ~ (2, 0.0%)

1 たり買物, て宿屋

▼ 病院である~ (2, 0.0%)

1 からそこ, ことも

▼ 病院とかいう~ (2, 0.0%)

2 のへ

▼ 病院として~ (2, 0.0%)

1 その状況, 使われて

▼ 病院など~ (2, 0.0%)

1 いふ所は, ならば

▼ 病院などには~ (2, 0.0%)

1 入らずに, 入らないと

▼ 病院などへ~ (2, 0.0%)

1 寄り道しない, 燻らせるの

▼ 病院なども~ (2, 0.0%)

1 うまくやり, お調べ

▼ 病院なら~ (2, 0.0%)

1 そう遠く, 遠いとは

▼ 病院なんか~ (2, 0.0%)

1 行かないから, 這入って

▼ 病院にさえ~ (2, 0.0%)

1 入った, 入れること

▼ 病院にまで~ (2, 0.0%)

1 こんな名, 入て

▼ 病院に関する~ (2, 0.0%)

1 簡単な, 覚書

▼ 病院までが~ (2, 0.0%)

1 出来たのに, 皆な

▼ 病院までの~ (2, 0.0%)

2 距離と

▼ 病院やったら~ (2, 0.0%)

1 いつまでも, 院長さん知ってる

▼ 病院~ (2, 0.0%)

2 祝福あれ

▼ 病院よりも~ (2, 0.0%)

1 他に, 良く治る

▼ 病院~ (2, 0.0%)

1 整形科ニ勤務シテイラッシャル先生デ, 整形科ノ

▼ 病院~ (2, 0.0%)

1 入院ス, 行キ博士ニ会ッテ委シク聞イテ来テクレル

▼ 病院~ (2, 0.0%)

1 で下り, の三ツ角

▼ 病院~ (2, 0.0%)

1 は嵩んだ, も要る

▼ 病院~ (2, 0.0%)

1 じゃ, つたち

▼ 病院入院中~ (2, 0.0%)

1 の, の日記

▼ 病院勤め~ (2, 0.0%)

1 その弟, をし

▼ 病院地獄~ (2, 0.0%)

1 と野山, は

▼ 病院孤児院~ (2, 0.0%)

1 などの沿革, ばかりで

▼ 病院建てる~ (2, 0.0%)

1 が第, 時に

▼ 病院建築~ (2, 0.0%)

1 にし, の予定

▼ 病院時代~ (2, 0.0%)

1 のアイネ・リィド, の物語り

▼ 病院~ (2, 0.0%)

1 の器具, の蒲團

▼ 病院~ (2, 0.0%)

1 といわれる, と呼ばれる

▼ 病院~ (2, 0.0%)

1 の池, へ来い

▼ 病院訪問~ (2, 0.0%)

2 と同時に

▼ 病院~ (2, 0.0%)

1 の為, は別に

▼ 病院長山井博士~ (2, 0.0%)

1 の診断, の説

▼ 病院関係~ (2, 0.0%)

1 の人間, の諸

▼ 病院関係者~ (2, 0.0%)

1 と通訳, ならば

▼ 病院~ (2, 0.0%)

1 の廊下, の部屋

▼1* [251件]

病院あるのみだ, 病院あるいは患者などという, 病院いきをなさり, 病院いや帰る帰る, 病院い担ぎ込まれたん違うやろ, 病院い這入ってん, 病院かいそれは, 病院かで産まして, 病院かというと, 病院かというような, 病院からでも来たの, 病院からも早く書い, 病院きいたということ, 病院くさくならないよう, 病院ぐらしのいま, 病院こちらが三高, 病院しかなかった, 病院ゃないっていつかおっしゃったじゃないの, 病院じゅうに, 病院その前の, 病院そのものから溢ラン, 病院その他で夥しく, 病院たるの性質, 病院だけじゃわからないよ, 病院だけは素敵だ, 病院だったらとても助からない, 病院だの湯治に, 病院っていうのは, 病院つきの附添, 病院つづきの女学校, 病院づとめの生活で房一, 病院であったし, 病院であり入室は, 病院でして医者, 病院でした経験は, 病院でなくては, 病院で御座いますから病気, 病院とおせいぼや, 病院とが更に更に殖える, 病院としては非常識も, 病院とで暮して, 病院とに復讎した, 病院とのにほひを, 病院とも話合っ, 病院とやらを見せて, 病院とを訪問した, 病院どこだか, 病院ないのけ, 病院なぞへ入る, 病院なぞと申しまして, 病院なぞとは病院が, 病院などでたくさん喘息の, 病院などでは大神経幹, 病院などでも書いて, 病院などの地帯に, 病院などはないの, 病院ならいつ迄入院, 病院なら直き分ります早くいらっしゃい, 病院なりにまた独立, 病院なれば一心, 病院なんかに入れられたか, 病院なんかにもがまんし, 病院なんかへはひるより, 病院なんぞに入れること, 病院において渠が, 病院にかけて呉れたらよ, 病院にかよふ, 病院にとかけつけた, 病院になんかあなたを, 病院にばかり引っこもっ, 病院にゃチャント宿舎が, 病院に対する同情も, 病院のみで定められた特殊, 病院のみは厳として, 病院のやいれとけいれとけ, 病院ばかりでなく聯隊, 病院へかよひゐけるが, 病院へさえ来れば, 病院へへえると, 病院へまで行って, 病院ほど住みたい思ひを, 病院まだ生むか, 病院までもはいて, 病院みたようで, 病院めぐりをし, 病院もどきのお, 病院ものかも知れない, 病院ゆえあらゆる手段, 病院ゆきだぞ, 病院よしたん, 病院よりの手紙元気らしく, 病院よりはというので, 病院わかったの, 病院をも建てる, 病院全ク同一ナル由, 病院ニ勤務シテイタコトガアッタガ昨日午後一時間ノオ暇ヲ戴イテ歯, 病院ノベッドナンカニ運バレテドンナニ偉イ博士タチカハ知ラナイガ, 病院ハ誰レノ所有ニ属スルモノデアルカ, 病院守ッテイルダケデアル, 病院一つ当り毎年どのくらい亡者, 病院一ヵ年半の生活, 病院一室で警察, 病院一昨年はホテル, 病院三ツ四ツを設, 病院下あたりだらう, 病院下宿和島屋某へ著, 病院不正事件若戸渡船建造入札問題, 病院に孤児院, 病院九州療養所に於ける, 病院事務所に集まり, 病院事務所応接室なぞは洋館, 病院京都では岩倉病院, 病院代りにし, 病院以来めっきり気分, 病院以来懇意になった, 病院会社銀行大商店, 病院作って, 病院備え付の白木, 病院働男年三十六職務に忠実, 病院がやめたら成立ちゃしないだろう, 病院のこと, 病院入りいつかニュース映画で兵隊, 病院入れて癒したる, 病院入院の年, 病院全体がふと, 病院内なんのなにがし, 病院内清風会発行の, 病院出勤の入, 病院分室のある, 病院切っての愛嬌者, 病院刑務所及び育児院, 病院初め心当りは皆, 病院院長, 病院劇場が多数倒壊, 病院を父, 病院及び帝国ホテル前, 病院同じく無料病院婦人及乳児の, 病院在住のモンド氏, 病院境いの鉄柵, 病院の事柄, 病院外科元木蔵之助氏です, 病院外科医員花輪盛とし, 病院大きなひろや, 病院大工棟梁越後屋新兵衛, 病院婦人及乳児のため, 病院孤児院等が熱烈, 病院学校などを建設, 病院学校会社銀行商店カフェーバーは云う, 病院学校等の完全, 病院寄りの電車道, 病院小児科の隔離室, 病院居住氏の一人, 病院工場博物館図書館止宿所孤児院等を巡見せり, 病院座員十何名が余興, 病院当局の意, 病院入院, 病院御用自動車が爆鳴, 病院応接室で何者, 病院患者の行列, 病院患者行列の方, 病院所在地の横田, 病院撰定は, 病院支那人のため, 病院教会など開化, 病院整形外科医員の手, 病院整形外科病室第N号室, 病院兵衛方より, 病院施療の先達, 病院暮しで独り, 病院暮らしをせね, 病院曼陀羅先生の病室, 病院服下着上靴など小, 病院服下着上靴抔小腋, 病院本館外来診察室の二階, 病院構えて, 病院構内に打込む, 病院正門の西南方, 病院気分になっ, 病院泌尿科に入院, 病院並びに精神病者看護法改正, 病院泥棒が怖い, 病院湯屋クラブその他建設のため, 病院無産者病院をみんな, 病院特別な匂い, 病院特有の薬, 病院独特の言葉, 病院玄関にも焼夷弾, 病院に現, 病院生活その間に起った, 病院生活一ヶ月東京では六・一自粛, 病院生活一ヶ月私は東京, 病院産院或は健康相談所, 病院用寝台であった, 病院疏水養蚕等の施設, 病院的光景です吸入器, 病院監督となった, 病院直属の看護婦, 病院看護婦学校の病室, 病院神経治療じゃ, 病院神経電気などという言葉, 病院等四ヶ所に集ま, 病院経営を救う, 病院続きの研究室, 病院罪人解体に付, 病院脱出のこと, 病院自動車眼がけて投, 病院臭く手術台か, 病院船十字丸三千二百噸の機関長, 病院船給油船が臆病, 病院行くんだ, 病院行路病者収容所又ハ街頭, 病院街冬の薄日, 病院裏地獄などの釣り場, 病院に飽食暖衣, 病院見学記を書く, 病院見当り次第に, 病院見舞ひの, 病院覗いて御覧, 病院託児所診療所母子健康相談所共同食堂の経営, 病院設備の必要, 病院設置候補地であった平取, 病院の若い, 病院警視庁神奈川県警察部臼杵病院を手玉, 病院負傷者救護の図, 病院貧民収容所の状態, 病院貧院等へ寄付, 病院費用から死後, 病院近くへ, 病院送りの相談, 病院通ひで經過して, 病院通ひもやめて, 病院造幣局市場市庁等は外部, 病院遠からざれば, 病院郵便局購買組合などの建物, 病院長さんに見, 病院長わたしは婦長, 病院長ジョウジ・スティブンス博士がルウス, 病院長内藤教授の姿, 病院長医学士の内室, 病院長坪倉大佐へ, 病院長婦人会関係の知名婦人等, 病院長押鐘博士の夫人, 病院長澄川といふもの, 病院長白昼殺害さる, 病院長軍醫中佐川北伊勢吉氏は一昨年, 病院長高町氏を呼び入れた, 病院開設は急, 病院の若い, 病院附属医学校から転じ, 病院電車が馳, 病院須磨保養院道灌山に至る