青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「特別~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

物置~ ~物語 物語~ ~物質 物質~ ~物音 物音~ ~特に 特に~ ~特別
特別~
~特徴 特徴~ 特有~ ~特殊 特殊~ ~特色 特色~ ~犠牲 犠牲~ ~犬

「特別~」 5615, 58ppm, 1981位

▼ 特別~ (1601, 28.5%)

23 興味を 21 ものが 18 もので, 意味を 13 注意を 12 関心を 11 ものを, 意味が 10 事情の 9 ことを, ものの, 理由が 8 ものは 7 ことは, ものである, 事情が, 関係が 6 ものに, 好意を, 心持で, 感情を, 関係を 5 ことで, ところが, 雰囲気を

4 [11件] んです, 人を, 位置を, 場合を, 心持が, 性質を, 意味は, 愛情を, 感じを, 条件が, 言葉を

3 [29件] のが, ものだ, ものと, んだ, 世界に, 事が, 事情を, 保護を, 利益を, 印象を, 同情と, 場合, 場合として, 場合に, 場合には, 場合の, 女の, 形で, 形を, 待遇を, 心持を, 意味で, 方法を, 条件の, 相貌を, 眼を, 約束が, 興味と, 関係に

2 [75件] ことが, ことと, ことの, のよ, ものであった, ものとして, ような, 一つの, 事に, 事情, 事情に, 交際を, 人の, 人間だ, 仕事に, 仕掛が, 任務を, 価値を, 個々の, 優しさ, 力を, 原因が, 命令を, 品物の, 因縁が, 地位に, 境遇に, 女では, 小龕, 弟子達を, 形態を, 彼の, 心で, 心持に, 性質の, 意味に, 意義を, 意見を, 愛も, 愛着を, 感じであった, 感情で, 感想を, 感覚内容が, 感覺を, 手腕を, 技が, 技術が, 方法で, 日が, 条件を, 武器で, 注意と, 注意も, 深さ, 点に, 理由で, 眼で, 眼識が, 秘密が, 立場に, 笑い方を, 組織が, 美しさ, 考えが, 考慮を, 臭気が, 興味が, 親しみを, 訳が, 語学的教養の, 資格を, 門人で, 香りを, 點を

1 [1075件 抜粋] いいえ悪気取り, いろいろの, おもしろい名前, おもてなしとして, お志, お料理, お気持ち, お祝いを, お頼み, きっかけの, ことだけは, こと聞い, この才能, さも小気味よ, ざわめきが, しぐさとか, しるしが, つくりに, つながりと, ところで, どこか, の, のだ, のでそう, ひとつの, ふんどしでない, めがねなどを, ものであっ, ものであります, ものとしての, もの知り, やり方が, よさ, わけは, んでしょう, アシ, アトラクシヨンが, ショックを, セットの, ダラリの, ニュアンスを, ブルツクスフアンといふ, ラジオ学校見たいな, ワケが, 一大事の, 一契機, 一族が, 一時代であった, 一種の, 一部の, 不快感を, 不明病という, 世界の, 主観性として, 主観性之は, 事について, 事を, 事情から, 事情でも, 事柄でない, 二人である, 二十三日に, 交流を, 交誼を, 人だけに, 人であった, 人に, 人格などは, 人気が, 人生を, 人間であり, 人間にだけ, 人間ばかりが, 仁慈は, 仔細が, 仕掛けで, 他処行き顔, 任務も, 体臭濡れた, 何かが, 作り方の, 使を, 使者として, 例である, 例外でない, 例外の, 便宜が, 便法が, 保護が, 信念を, 個所を, 催しが, 催し物が, 價値を, 優品で, 先入観で, 光の, 光線を, 公民的とも, 兵法を, 内容の, 内心の, 冥護を, 冬景色では, 凧である, 分野が, 切符を, 利点は, 刺激が, 割合乏しい, 加護を, 勉強を, 動物に, 匂いが, 印象である, 原因で, 取引が, 取締りなどは, 可視的形態を, 名が, 名前が, 味いの, 味である, 味も, 呼名を, 命によって, 命令の, 品物より, 哲学史上の, 哲学的用語などでは, 商売に, 問題に, 喜びだった, 営養は, 器は, 因襲が, 国語である, 國體だ, 土壌で, 地盤を, 城として, 報告の, 場合だ, 場合でない, 場合とは, 場合についてのみ, 場合は, 場合以外には, 境遇が, 変化が, 変圧器に, 大人だ, 天候という, 天災が, 太い聲, 奇声を, 契約以上に, 好みの, 好奇心を, 好意さへ, 好晴, 委員会が, 姿態に, 娘だ, 子供だ, 存在で, 季節以外の, 学校の, 学生諸君にも, 学者でなけれ, 宗教思想が, 客を, 家を, 家風が, 宿命に, 實行は, 対自然の, 専門雑誌による, 尊敬を, 展覧会が, 層だ, 崇敬と, 工場学校の, 市庁の, 年末です, 幼年時代から, 建物に, 引け目を, 強風地帯を, 形である, 形に, 形態だった, 形態の, 役人を, 役柄といふ, 待ち心地で, 御好意, 御後見, 御用を, 御通行, 徴候は, 心が, 心がけでなく, 心づかいを, 心境に, 心理作用が, 必要が, 応接室でも, 快さ, 思いで, 思いを, 思慕と, 性格が, 性格についても, 性格を, 性癖や, 性質が, 性質は, 恩典を, 恩寵なく, 恩愛を, 恰好で, 悦びを, 悪行を, 情愛を, 情誼を, 想念だ, 意向も, 意味でも, 意味の, 意味をもって, 意地悪さを, 意義ある, 意義や, 意識で, 愛寵を, 愛情に, 感じが, 感じで, 感じです, 感動は, 感応コイルを, 感情なんか, 感情は, 感覚も, 慈悲に, 慣例などを, 憂鬱の, 憐憫を, 成層圏に, 手の, 手術道具で, 才能でも, 技能では, 技術を, 招待によって, 拷問といふまで, 捜索を, 接合点が, 支障が, 政治テロリストであった, 敏感さを, 教育と, 敬意は, 数寄が, 文化の, 文通関係についても, 料理法が, 新しい世界, 新らしがり, 方です, 方法それは, 日だ, 日に, 昂奮が, 時に, 時代の, 時間だけに, 書体を, 服装である, 望みが, 期待を, 本棚が, 条件で, 染料で, 根拠を, 桟敷から, 植民地利益が, 楽器を, 構造にな, 権利を, 樹は, 機会に, 機械に, 機能を, 欄に, 歩き振りにも, 死の, 民族たる, 気が, 気分の, 気圧層を, 気持, 気持である, 求道心から, 河川の, 注意が, 注意の, 注文の, 注目に, 派手な似合わし, 深い印象, 清い感情, 演技である, 炉だの, 点についてのみ, 為事, 片隅に, 物だ, 特殊の, 状況と, 独殊な, 猛烈な, 現実を, 現象として, 理由から, 理由も, 琵琶である, 生々しい実感, 生きかたを, 生理について, 産物な, 用じゃ, 用事でも, 用事ば, 用意が, 男として, 画家といふ, 疲れかた故, 病人でし, 病棟へ, 発声器が, 發見を, 目で, 目的も, 直接関係に, 相談を, 眠けと, 着物を, 知人が, 石鹸とか, 研究とを, 社会の, 社会機能の, 社會的意義が, 神聖な, 禅宗風な, 科学的研究機関も, 種族の, 種類が, 種類の, 空気が, 空気を, 立場と, 筋が, 箱入りの, 精神上の, 精神高揚の, 約束さ, 約束を, 細かい粉, 紹介の, 組み合わせの, 経験も, 結婚難の, 線が, 縁で, 縁故の, 織物の, 置場所を, 美しいもの, 羽ブリの, 習慣を, 考えの, 考えを, 考察に, 考案の, 者に, 職業舞踊家の, 肉体によ, 能力, 能力に, 自分の, 臭いを, 興味も, 良いお茶, 色彩を, 苦情については, 菓子とか, 著述も, 蔑視感を, 蔭を, 藝術を, 號令を, 術を, 衣裳などという, 表情さえ, 袋な, 装置で, 要害地域であったろう, 要素が, 見世物が, 見方を, 規定が, 覚悟を, 親しさ, 親み, 親愛の, 観念にでも, 解釈が, 言葉が, 言葉の, 計らひであつ, 計画を, 訓話が, 訪問客が, 設計を, 試験方法を, 話を, 認識によって, 語法が, 調味料で, 調子だった, 調子に, 論文を, 謙虚な, 講義を, 譯が, 豪華な, 負荷を, 貴族階級に, 賢婦人なら, 贅沢の, 趣を, 趣味を, 躊躇だ, 車では, 轢音を, 近代化の, 追憶を, 週期が, 道徳上の, 選択を, 部分を, 部屋に, 都市であり, 配慮が, 重厚さと, 金であるらしく思われる, 金次郎の, 鋭い響, 鍵で, 長所も, 間柄な, 間隔に, 関係, 関係から, 関係で, 関係については, 関係は, 関心で, 関聯性を, 關心を, 限定が, 陳列台が, 階級が, 階級人を, 際だった, 雑沓は, 雰囲気から, 需要が, 靈物で, 面でしか, 音を, 響きが, 響の, 順序に, 題材と, 題目を, 顔は, 風情が, 食物を, 餘分の, 香りと, 香気が, 高いよう, 高笑ひ, 髭という, 魅力が, 鳴き方を

▼ 特別~ (1524, 27.1%)

27 注意を 24 興味を 18 事情が 11 意味が, 理由が 10 事情の 9 場合の 8 ものを, 場合に, 場合を, 関係が 7 ものが, 待遇を, 親しみを 6 好意を, 意味は, 意味を, 意義を, 扱いを, 関心を 5 お恵み, 保護を, 場合には, 感情が, 関係を 4 お慈悲, ものである, ものと, わけが, 仕事を, 意味の, 注意が, 理由ある, 理由も, 關係ある

3 [31件] ことで, ことは, ものに, 事情で, 事情なき, 仮名の, 位置に, 使命が, 使命を, 原因が, 名で, 場合で, 場合である, 思召し, 思召で, 性質を, 意義が, 愛情を, 憐憫を, 才能を, 扱ひ, 敬意を, 状態に, 理由を, 目的が, 知識を, 興味を以て, 許可を, 趣味を, 関係で, 関係でも

2 [91件] お方と, ことが, もの, ものの, ウヌボレ屋の, ニュアンスを, 一章を, 不利益が, 世界に, 世話に, 事が, 事情ある, 事情も, 人が, 人の, 人生的深, 人間でない, 仕掛けを, 任務に, 例外でしか, 便宜が, 利害を, 力を, 匂ひ, 取り扱いを, 取扱いを, 台に, 地位を, 執心が, 場合は, 奨励を, 好意から, 客を, 寵愛を, 尊敬を, 底深い, 形を, 形式を, 待遇である, 恩寵だ, 恩恵を, 意味も, 感情を, 慈悲を, 手当を, 技能を, 挨拶も, 教育を, 方法が, 方法で, 方法を, 時間を, 書物を, 権利を, 注意に, 注文は, 注目を, 照明が, 理由でも, 理由の, 理由は, 用が, 用に, 用事が, 用事でも, 發達を, 目を, 目的の, 祝儀を, 織の, 美味さ, 能力を, 興味が, 興味も, 装束を, 親しみが, 言葉が, 言葉も, 言葉を, 語における, 講読を, 警戒を, 酷暑を, 関係ある, 関係に, 関心で, 關係が, 需要増加が, 音を, 響を, 風趣を

1 [985件 抜粋] ある期間, いきさつが, おぼしめしで, おゆるし, お世話に, お声がかり, お客な, お引立て, お料理, お許しで, かぎが, かんたん, こしらえだった, こと, ことばを, ことよ, これに, ご愛子, ご関係, しるしと, そして適宜, つくりで, できだ, どぎつさ, においが, はからいだから, はからいを, はたらきを, もてなしの, もので, ものでない, ものは, ようです, よそ行きの, をな, イデオロギーが, ウ割引イで, ガラスは, サイレン風の, シーズンは, ジャベを, スイッチを, スープに, ダニ, ツキアイという, ネリ薬を, ハリが, パン粥を, マイクを, モノイリが, モンスーンの, リズムが, 一卓が, 一科たるべき, 一車を, 上客に, 上等室, 下好物, 不審の, 不思議は, 世話を, 主義が, 乞いにより, 了知事項を, 事と, 事件が, 事件も, 事情から, 事情と, 事情に関する, 事情を, 事柄につき, 事柄を, 二重底に, 交渉が, 交際に関しては, 人たちしか, 人では, 人として, 人以外には, 人種である, 人間が, 人間であります, 人間を, 人間苦を, 仕掛を, 仕込み方, 仲の, 任務も, 伎倆尋常以上の, 位を, 体質と, 何も, 余波を, 作法が, 作用を, 使命を以て, 使者を, 例外を, 依頼と, 依頼を, 便乗な, 便宜も, 保護と, 信仰を, 個人生活は, 個性を, 偉さ, 傳も, 働が, 儀が, 優遇を, 光明が, 党指導部が, 入費を, 処置が, 出し風を, 出來事が, 出張をも, 切支丹地帯で, 別れの, 利害とか, 利益も, 制度は, 制限は, 刺戟を, 割引きで, 努力と, 努力を, 効能が, 勉強は, 動きかたを, 勤務について, 博士号, 印象の, 危険思想を, 厚意で, 友情を, 取扱いで, 受信機じゃ, 同情を以て, 名に, 名を, 名称が, 名称も, 名辞, 味が, 命令を, 問題が, 問題とも, 善人待遇である, 喜びが, 嗜好を, 器能を, 国だ, 國には, 土台で, 地位が, 地方を, 執着が, 報酬を, 場合から, 場合だ, 場合であり, 場合です, 場合でも, 場合以外永久に, 場所に, 境地では, 境遇と, 境遇は, 境遇を, 声色で, 変死である, 大声で, 大金持ち須和康人の, 天命が, 天才が, 天職を, 天賦を, 奇妙な, 奉仕として, 女である, 好みと, 好奇心で, 好意, 好意で, 妙味ある, 威儀ある, 嫌疑を, 字を, 学問技芸を, 定めが, 客が, 客だけしか, 客観描写の, 室でございます, 室へ, 宸翰を, 専門家は, 小舟で, 少数或いは, 属性を, 工夫を, 市場に, 希望は, 席を, 年に, 年貢などの, 幹部以外は, 弾力の, 影響を, 役者で, 待遇に, 御取扱, 御寛典, 御思召, 御恩, 御情け, 御方に, 御用件, 御用金, 御註文, 御賞美, 御馳走は, 微笑が, 心得で, 心得方が, 心理的な, 心願が, 必要で, 思し召しから, 思ひ出, 思召を, 恍惚を, 恩典を, 恩寵として, 恩寵に, 恩寵を, 恩沢を, 恩賞に, 患者の, 情を, 意味で, 意味でも, 意味を以て, 意義の, 愛や, 愛情とが, 愛着が, 愛顧を, 感じなら, 感化を, 感情の, 感覚的状態に, 慈悲により, 憐愍によって, 憧憬や, 戦闘意識は, 戸棚や, 所望だ, 手入を, 手当は, 手落ちが, 才人でなけれ, 才能が, 扱いする, 扱い方は, 扱を, 技倆が, 技巧も, 技能の, 技術, 技量の, 抱負が, 指定以外どの, 指示は, 振動音によ, 掛員さえ, 接待でも, 推挙を, 支出でも, 支持を, 改良を, 放浪者だ, 救助を, 教えらしい, 教室を, 教養踊りや, 文化的政治的関心を, 文字を, 料理を, 料理屋を, 料理法に, 新しい徴候, 新らしい, 日だ, 時代で, 時期, 時計かと, 晩飯が, 暗然たる, 最高級, 服装を, 期待と, 期待を, 本色を, 村の, 条件を, 条規が, 来歴と, 栄誉と, 棒を, 椅子へ, 楽しみを, 構造に, 樣子を, 樹木の, 機構, 歓迎法を, 歪力を, 段が, 気持で, 法が, 法律で, 注射を, 注意すべき, 注意と, 注文さへ, 注文による, 深い交渉, 湯槽を, 滋養物なども, 潮路の, 瀬踏みの, 点であっ, 熟練が, 熱意を, 物は, 物質である, 特別, 状態が, 理由から, 理由などは, 理論を, 生気を, 生物であった, 生産性を, 用も, 用件を, 用務は, 用意が, 用紙を, 由緒を, 申入れの, 画風を, 異状が, 病型つまり, 病気の, 療法では, 発見も, 皿を, 目的では, 目的を, 相違らしい, 着物は, 瞬間にだけ, 知り合, 知識の, 研究が, 礼拝所を, 祝福を, 祭に, 禍いを, 称号なんかを, 種族では, 稼ぎ方, 稽古を, 穏便を以て, 空気妙に, 笑顔を, 筋と, 算段を, 箱に, 節調が, 精彩を, 約束で, 細い階段, 結論を, 縁故でも, 缺陷が, 美人術を, 義理は, 習慣にて, 翳の, 考案を, 者なれ, 職業に, 胸に, 能力も, 腺その, 自由主義に, 臭いを, 興味の, 興趣を, 色が, 色を, 色容を, 芸を, 苛立たしい憤りと, 茶椀で, 華客先も, 著述として, 處置を, 血を, 行事が, 行場でございました, 行政機関を, 術と, 表情が, 表情や, 装置に, 要求は, 見識を, 親しい間, 親し味, 親友だ, 親友扱いに, 親近の, 観点つまり, 解釈を, 言葉では, 言語が, 計画が, 訓練を, 設備を, 設計を, 許可により, 詮議が, 話が, 誂えだと, 語だ, 語の, 読み方が, 調子が, 調査が, 諒解が, 謂わば, 警戒な, 賃銀を, 資料は, 資格といふ, 賓客を, 贈物として, 超越的満員である, 趣を, 趣味という, 足跡も, 軒庇から, 逆上性動物である, 連れが, 道では, 道路を, 遺愛の, 部屋だった, 部屋の, 配慮が, 配給が, 重みが, 金, 長所で, 間隔に, 関係から, 関係なんか, 関係の, 関心と, 關係あつ, 關係の, 關心を, 限界の, 陳列の, 階級が, 集まりな, 雰囲気を, 電熱が, 面白みが, 音響が, 頼みで, 顔つきを, 願望を以て, 風味を, 食べ物は, 食物を, 飲み物は, 骨折りなんか, 高価な, 高笑いを, 魅力と, 魔女みたいな, 鳴声

▼ 特別~ (1208, 21.5%)

10 作られた女 7 目を 6 興味を, 親しくし 5 私の 4 して, 何か, 懇意に, 注意を, 頼んで

3 [11件] おはからい, お目, ていねいに, ゆるして, 好きな, 好意を, 安くし, 心を, 気を, 私を, 許して

2 [50件] ありがたいお, いって, オフィシャルな, 丁寧に, 世間から, 人の, 先験的に, 可愛がっ, 国家に, 変ったの, 大事な, 大事に, 大切な, 天の, 夫人が, 娯楽を, 彼女の, 忙しいこと, 念を, 恩恵を, 意味の, 感傷的である, 慈悲を, 擧げて, 教養の, 日本の, 有利な, 気は, 氣は, 注意する, 注文し, 研究し, 研究した, 私に, 穢れたもの, 緊張し, 緊張した, 自分に, 自分の, 自分達の, 船を, 親しい友達, 許されて, 註文したらしい, 貴女と, 賤しまれた, 賤ま, 都合の, 金を, 骨を

1 [1021件 抜粋] あたためられると, あつらえて, あなたが, あなたの, あのお蘭さん, あるの, あんたの, いいよう, いい生活, いった, いろいろと, いろいろの, うまいもの, うれしく思う, えらい非常, おいしいの, おれの, お好き, お手, お拵え, お泊めする, お選び, お金を, お骨, かくまで, かばって, かわいくて, きれいだ, こういう慾, こしらえて, このアタヴィズム, この世界, この人たち, この子供ら, この尼宮, この水準, この飛び切り, こらえて, これを, ごほうび, さう, しっかりし, しませう, すきな, すぐれた能力, ずばぬけて, そうした人物, そう思う, その仕掛け, その後ろ, その時代, その矛盾, それだけの, それ適当に, そんなムッ, たのみ家, つくつて, つくられた容器, つけて, でけえ, とりあげて, どう表現, どこと, なされた他, なでふさ, なにかご, なにやらお, なんの, のろわれたる破門者, はげしい勉強, はしやぎ, はじめから, ひどかった, またきれい, めずらしい話題, もう一度, やりくりの, よいこと, よう利く, よく働く, よく売れる, よく懐い, よく染まった, よく発達, よく鳴る, りっぱな, わしを, わたしに対して, ガニマール探偵が, ゴーリキイ歓迎の, サン, シーンと, ソンナ感じが, テーマの, ハッキリと, フランソア・マリ・アルウェ・ド・ヴォルテエルの, ルナチャルスキーも, 一人約, 一円負け, 一圓負け, 一皿作つ, 一艘仕立てさせ, 丁部の, 七兵衛の, 三十円も, 上品な, 上等だ, 下宿人の, 不愉快だった, 不離な, 主観的である, 乗組んで, 二十ルピーの, 云わなくったって, 人でも, 人口原理から, 人眼を, 仏蘭西を, 仕立てて, 代表的な, 仲よく交際, 仲良くし, 伸子の, 何かの, 何主義を, 作ったもの, 作らせたコルセット様, 作らせようと, 作られた舞台, 使を, 保護する, 保護待遇せざるべからず, 信用と, 偉いところ, 傍聴に, 働かなくても, 優れた人たち, 優れて, 優待せられ, 優遇され, 優遇しなけれ, 光つてゐる, 入れさせて, 入念の, 公平だ, 公羊の, 六畜に, 内見, 冷い, 冷たかつた, 分解し, 別科生として, 力を, 労って, 効力が, 勉強した, 匂いに, 区別した, 卑しいとか, 協議会を, 印象深い情景, 厄介な, 厚く切っ, 厭味ったらしい, 厳重だった, 又特有, 取り入れた寝台, 取り扱ったらしくその, 取上げて, 取扱い難い, 受けた花, 古い葡萄酒, 召集されました, 可愛がられて, 可愛がるから, 台輿または, 同情し, 同情の, 君の, 味が, 呼ばれたとき, 品の, 喧伝される, 四階に, 固陋であり, 園に, 執拗く, 堅牢に, 売笑的な, 変ったもの, 変な, 変わったわけ, 変名を, 外務大臣から, 多かった, 多くは, 大きいコップ, 大きい額, 大きく書い, 大きな高い, 大切に, 大王から, 天地の, 奥さんから, 女の子に, 好い日, 好くと, 好む花魁衆, 好意的購読を, 娘っぽい, 嫌がるため, 嬉しかつ, 子供の, 学問も, 学生たちを, 宜い, 容貌も, 密接で, 寝台車に, 封建風な, 尊崇された, 尊敬せられ, 尊重し, 小さいお座敷, 小さい蒲團, 少尉の, 屠者, 工夫した, 差遣わされた, 巾着ナスと, 幅を, 幸運だった, 庇い立てする, 引き上げるという, 弱くなっ, 強硬だった, 彼の, 彼女に, 彼女を, 待遇され, 待遇する, 御座候, 御用が, 御縁日, 御親切, 御除外, 心からの, 心安くなりました, 心掛の, 必要だ, 必要と, 応援する, 念入りに, 怖れた, 思ひだしでも, 急ぐよう, 性を, 恐れて, 恵まれたる人, 恵まれた業, 悠々と, 悪いと, 悪い女, 悪く取入る, 悲しいとき, 愉快に, 意味を, 愛して, 愛着し, 感じ入りも, 感情生活の, 感謝する, 慎重なる, 懇意な, 成績が, 手を, 打明けて, 扱うこと, 扱ふこ, 抜き出して, 拔き出され, 拙者だけを, 拵えて, 指導理論を, 指彈を, 描いて, 攻撃を, 教えこんで, 教授し, 教育すれ, 敬意を, 数奇な, 断った個所, 新しくは, 新調した, 施しさえ, 日当を, 旨いの, 早く出る, 早く起きね, 早引けで, 時間を, 暑いお, 暑くなった, 暗いもん, 書いた部分, 最もしばしば言及, 最前文楽師匠いっ, 有徳の, 木立が, 本気です, 柔らかい草, 検察当局が, 楽しみに, 歌人等の, 正確な, 歴史的だった, 残して, 毛色の, 民衆に, 気の, 水沢さんを, 沢山ティップ, 注意され, 注意し, 注文した, 活きてるだろう, 涙っぽい, 深い行き届いた, 清掃され, 温められると, 滑稽な, 濃い良い茶, 濃厚に, 為掛も, 無愛想な, 無遠慮と, 煩さい, 熱心に, 物凄い鼾, 犬は, 王室を, 理屈を, 生れた女, 用事を, 用意する, 異状が, 疑られて, 病人に, 発達した, 發達した, 百姓と, 皆すぐれた, 目指して, 目立つそれ, 直接である, 眩しいため, 眼に, 眼耳抔の, 知能, 研究される, 社機を, 祝福され, 神様に, 禁められてる, 秀れた, 秋は, 秘密を, 穢れたの, 立派な, 第一審, 箱を, 精神文化の, 約束された, 紹介され, 紹興の, 経蔵を, 結構でございました, 絵が, 縁故の, 繁華に, 罎入りの, 置かれた小さな, 美しい笑顏, 美しくなります, 美しくやや, 美しく感ずる, 美味いよ, 義理堅くしなけれ, 習練を, 考えられて, 考慮されなけれ, 肖像畫が, 能力を, 自分が, 自分にとっては, 自己なる, 自重用心なさる, 舞踏の, 良いの, 色気が, 若々しく見えた, 苦しい様子, 苦役を, 苦痛の, 英国人の, 荒い境遇, 落度も, 落胆なさっ, 葬つて, 薄化粧を, 蜜を, 蟹田地方だけの, 行う祭事, 行儀が, 製造された, 複雑な, 見直されしかも, 覗くわけ, 親しいところ, 親しい犬養君, 親しい者, 親しくなった, 親しみが, 親としての, 親切に, 観られる様, 言いつ, 言ふ, 訓練される, 記憶に, 設けそこ, 設けて, 設計された, 許されたもの, 診察に, 詳細な, 誂えると, 誘引する, 説明しなけれ, 調達された, 講釈が, 貰いが, 賄賂を, 賞むべ, 賤しかった, 賤しんだ, 贅沢を, 贔屓に, 赤い色, 赤くそめられ, 赦す, 身体が, 輝いたもの, 農村の, 述べて, 造らせた豪華, 進歩という, 運動が, 道徳という, 違った所, 選び取るのに, 選んで, 部厚, 酒が, 醜悪だった, 重い荷, 重んじ科学, 重味, 重大に, 重要である, 金の, 針葉樹を, 鋭敏な, 長いよう, 長い脚, 長くやつ, 關係が, 陛下の, 隠された物件, 雇って, 雇われて, 雷の, 霊能を, 面会を, 面白いよう, 響く声, 頭が, 頼まれた一品, 風俗壊乱である, 飛移られた, 飲ませる家, 餓死せん, 館外員講義相設け, 馭者から, 骨折ったの, 高い何層楼, 高くひびい, 高まつ, 鼓吹する

▼ 特別なる~ (41, 0.7%)

3 一種の 2 事情の, 時勢の

1 [34件] ご慈悲, デマには, 一部族について, 事情ある, 事情が, 交際が, 便利を, 保護の, 刺戟, 化身の, 問題として, 場合たとえば, 場合における, 場合の, 変人だ, 恩寵を, 惡徳である, 或場合, 技量を, 様式の, 注意の, 生活の, 画家を, 盡力が, 睡眠法を, 社会の, 社會の, 職業に, 自己なる, 装飾品に, 許しある, 贔屓を, 軍事占領が, 部分についての

▼ 特別~ (36, 0.6%)

4 がある 2 と呼ん

1 [30件] があっ, があれ, がきみ, であった, ですね, では思い付き, でやっ, で今日, で毎日, というの, とせられ, との間, にがんばっ, にはフリント君, に余, に於, に灯, に通れ, に集める, の入口, の患者さん, の戸, の方, の湯, の顏馴染, へ案内, へ運ばれこまれた, へ雇, を借用, を通り

▼ 特別~ (33, 0.6%)

2 がずっと, のうしろ, の前, をとっ

1 [25件] からの活劇, から消えた, だけで, で, とでもいった, と追, なん, にあたるテーブル, につけ參ら, には大, に寝, に陣取っ, のあやしい, のおく, のしきり, のそ, のはじ, のほう, の中, の中央, の横, の骸骨紳士, も消えた, を指さし, を見つめた

▼ 特別~ (23, 0.4%)

4

1 [19件] から, からおく, からむろん, からサア, から御, から時々, から東京, から私, がこれから, が果して, けど, けれども, と, という, というこれ, と云ふか, のう, 彼は, 深入

▼ 特別~ (23, 0.4%)

2 なんでも

1 [21件] あつた, あやかさんの, うわごと, お金を, かわきで, けいやつを, けえ, さすがの, はづなを六十スー, もはや数尺, 俳人芭蕉などと, 口を, 大体労働者出身の, 娘と, 川魚や, 平安朝に, 恕し, 普通は, 犬モツ猫モツ鼠でも, 終戦後その, 隙さえ

▼ 特別扱い~ (23, 0.4%)

5 にする 2 を受け

1 [16件] されて, して, だ此, でこの, ですが, ということ, なの, にし, にした, になっ, に価する, のお触れ, の一家, は集まっ, よ, をしてる

▼ 特別出演~ (18, 0.3%)

1 [18件] あきれたぼう, が皆, し之, し藤山, する竜宮劇場, だって今後, で二階, としたい, なども無し, に江戸川, のあきれた, のミス・コロ, の僕, の堤, の松平, は上々, は大辻, も案外

▼ 特別~ (17, 0.3%)

3 の発行, を発行

1 [11件] が出来, として編集, として詩集勿忘草, などに発表, なるもの, にも簡単, に載せる, のため, へ出し, を出します, を発表

▼ 特別~ (15, 0.3%)

2 のよう, の馬車

1 [11件] ですから, でで, のもの, のインキ, のビスケット, の圧搾空気, の大, の大きな, の太い, の威厳, の素材

▼ 特別待遇~ (12, 0.2%)

3 をうけ 2 を受け 1 だぞ, です, ですね, の場所, は著しかっ, をうけた, をこうむる

▼ 特別列車~ (11, 0.2%)

1 [11件] が私達, にのっかっ, に乗り, に乗る, の為め, の経験, は出発, は長春, も甲斐, を仕立, を仕立て

▼ 特別誂え~ (11, 0.2%)

1 [11件] に出来, の一代分限式ブル思想, の一例, の善人, の大きな, の天下無敵, の奴, の好男子, の日本, の標本, の着物

▼ 特別手当~ (10, 0.2%)

1 がある, が出た, だっていくら, とか実際, として支給, の出る, の増額, もなく, も出る, をいくら

▼ 特別上等~ (9, 0.2%)

2 の奉書 1 の居所, の智慧, の洋装美人, の澄んだ, の特種, の美男, の餡蜜

▼ 特別~ (9, 0.2%)

1 の大阪錠, 傷らしく, 創らしく, 好物な, 懸賞考へ, 演習が, 演習には, 演習御, 規模の

▼ 特別研究室~ (9, 0.2%)

1 だ, に入る, に入れ, に置い, に連れこん, に駆けつけた, のうち, の札, は博士

▼ 特別保護建造物~ (8, 0.1%)

1 たる社殿, で一年余, として今や, として指定, となっ, になっ, になつ, の指定

▼ 特別~ (8, 0.1%)

2 を労 1 づけて, にかかる, に刻まれた, をみだす, を惹く, 懸けて

▼ 特別念入り~ (8, 0.1%)

1 にその, に御, に殺りよる, に目ざまし太鼓, に鏝, の大急ぎ, の手品, の波

▼ 特別~ (8, 0.1%)

2 ひを 1 にされます, のもの, ひの, をしない, をする, を受ける

▼ 特別~ (8, 0.1%)

2 が忘れない, におごる 1 とレンラク, の方, の目, をヒイキ

▼ 特別記事~ (8, 0.1%)

1 が書けなけれ, だった, にしたら, になり, に提供, の材料, は転がっ, をとる

▼ 特別です~ (7, 0.1%)

41 からね, ね, よとこの間

▼ 特別会議~ (7, 0.1%)

1 が, が流会, に対する威嚇, の夜, の日, を召集, を開い

▼ 特別委員会~ (7, 0.1%)

1 が作られた, で三島通陽子爵, なるもの, においてもこの, の手, はなるべく, 非日委員会

▼ 特別学生~ (7, 0.1%)

4 の一人 1 が今や, として私, も病気

▼ 特別注意~ (7, 0.1%)

1 した美人, しなければ, ぶかい目つき, ぶかく, をひきました, を惹いた, を払った

▼ 特別~ (6, 0.1%)

1 おまけで, めえ, やかましいという, 心がかりに, 手当と, 誂への

▼ 特別~ (6, 0.1%)

5 もって 1 以って

▼ 特別深い~ (6, 0.1%)

2 人生である, 人生の 1 繋りが, 関係を

▼ 特別興行~ (6, 0.1%)

1 したり, だな, という意味合, といふ, のある, をし

▼ 特別~ (6, 0.1%)

1 に掲載, に發表, はこの世, を以て宛て, を出さう, を發刊

▼ 特別講演~ (6, 0.1%)

1 があっ, があった, と書かれ, の要, をした, をはじめ

▼ 特別賞与~ (6, 0.1%)

1 がおりる, がもらえる, が年四十五か月分, の意味, は請けあいだ, を恭

▼ 特別である~ (5, 0.1%)

1 が単独, ことは, そういう独身婦人, と考える, と自ら義

▼ 特別~ (5, 0.1%)

1 いうと, いうほど, おそくまで, 変な, 安次とこと

▼ 特別ひどい~ (5, 0.1%)

1 ところだった, と私, のは, 目に, 逆境の

▼ 特別を以て~ (5, 0.1%)

2 三週間の 1 何卒お許し, 庄右衛門従来の, 引受けて

▼ 特別~ (5, 0.1%)

2 のため 1 にだけ彼, の注意, を立ちどまらせる

▼ 特別急行列車~ (5, 0.1%)

2 が出ます 1 はこの間, は名古屋, は満員

▼ 特別料理~ (5, 0.1%)

1 と称する, は実は, は棄権, をつくる, を僕ら

▼ 特別この~ (4, 0.1%)

2 ことばに 1 一二年に, 点が

▼ 特別として~ (4, 0.1%)

1 やれば, 一般の, 凡人には, 高等師範へでも

▼ 特別ひどく~ (4, 0.1%)

1 揺れる度, 撲ること, 泥が, 病人らしい

▼ 特別よい~ (4, 0.1%)

1 ことは, 二日です, 待遇を, 機関士ばかりを

▼ 特別丁寧~ (4, 0.1%)

2 なお辞儀 1 におきよ, に云った

▼ 特別仕立~ (4, 0.1%)

1 の上, の列車, の服, の湖船

▼ 特別仕立て~ (4, 0.1%)

1 ではない, の人間, の明知, の貨車

▼ 特別出品~ (4, 0.1%)

2 があり 1 されて, の一人

▼ 特別刑事調査隊~ (4, 0.1%)

4 の七人組

▼ 特別~ (4, 0.1%)

1 であるため, の心, の方, の日常

▼ 特別~ (4, 0.1%)

1 愛嬌である, 氣に, 贔屓に, 贔負に

▼ 特別意識~ (4, 0.1%)

2 して, する必要

▼ 特別會計~ (4, 0.1%)

1 では國債, の一億三千四百萬圓, の國債, を合せ

▼ 特別~ (4, 0.1%)

1 が晴れ, をくばり, をつかっ, を配っ

▼ 特別~ (4, 0.1%)

1 と叫び, の作者, の第, の見出し

▼ 特別調査委員会~ (4, 0.1%)

1 が出来た, における速記録, をホーフツ, を設置

▼ 特別議会~ (4, 0.1%)

1 が済む, が終った, でも問題, に提出

▼ 特別附録~ (4, 0.1%)

1 として, として小説, の時, は当時

▼ 特別~ (3, 0.1%)

1 がまざまざ, とその, 淋しいよう

▼ 特別そう~ (3, 0.1%)

1 で自分, というん, なるもの

▼ 特別その~ (3, 0.1%)

1 ように, 上に, 数ヵ月は

▼ 特別それ~ (3, 0.1%)

1 が珍重, を着, を着つ

▼ 特別だった~ (3, 0.1%)

1 から, のよお, ような

▼ 特別つよく~ (3, 0.1%)

1 あらわれて, 感じさせられるの, 特徴が

▼ 特別という~ (3, 0.1%)

1 ことで, 廉は, 自分免許を

▼ 特別には~ (3, 0.1%)

1 しませんでしたが, それを, 肝臓と

▼ 特別~ (3, 0.1%)

1 あつた, 特別として, 特別に

▼ 特別~ (3, 0.1%)

1 休息期間ヲ, 衆理ヲ, 觀念ヲ作リ得レドモ組織ナル觀念ヲ

▼ 特別一等~ (3, 0.1%)

2 の船客 1 の名誉

▼ 特別任務~ (3, 0.1%)

1 をまず, を帯び, を帯びた

▼ 特別刑事部~ (3, 0.1%)

2 の公判 1 に於

▼ 特別~ (3, 0.1%)

1 になっ, をこめ, を入れ

▼ 特別勉強~ (3, 0.1%)

1 して, をする, 致します

▼ 特別~ (3, 0.1%)

1 がある, であった, の領域

▼ 特別国会~ (3, 0.1%)

1 では衆院議長, に於, を解散

▼ 特別多い~ (3, 0.1%)

1 が全国的, ようであった, んでございます

▼ 特別大きい~ (3, 0.1%)

1 燃えるよう, 額と, 黒ねこが

▼ 特別大きな~ (3, 0.1%)

1 イボの, 帽子を, 皿に

▼ 特別市場~ (3, 0.1%)

3 でこの

▼ 特別弁護人~ (3, 0.1%)

1 たる海軍大尉朝田某, として木藤救世軍士官, の発言

▼ 特別彼女~ (3, 0.1%)

2 に注意 1 に愛

▼ 特別応接室~ (3, 0.1%)

1 そこでお待ち, でもい, というの

▼ 特別意義~ (3, 0.1%)

1 あるもの, がふかい, も無き

▼ 特別權限~ (3, 0.1%)

1 として之, に屬, に據

▼ 特別注目~ (3, 0.1%)

1 され記憶, し又, をひく

▼ 特別税戸数割~ (3, 0.1%)

1 だ村農会費, でこれ, など殆

▼ 特別親しく~ (3, 0.1%)

1 して, してるもん, 扱われた

▼ 特別読物~ (3, 0.1%)

1 が次々, などにブルジョア文化, を連載

▼ 特別~ (3, 0.1%)

1 かと打ち合わせ, に向かっ, の目

▼ 特別警備隊~ (3, 0.1%)

1 としての役割, の仕事, も二日

▼ 特別陳列室~ (3, 0.1%)

1 でその, に出陳, の壁

▼ 特別階級~ (3, 0.1%)

1 のやう, の意識, の為

▼ 特別あつらえ~ (2, 0.0%)

1 の書斎, の踵

▼ 特別いい~ (2, 0.0%)

1 装を, 部屋として

▼ 特別いや~ (2, 0.0%)

1 でして, な釣り堀

▼ 特別うれしい~ (2, 0.0%)

1 とは思われず, のでした

▼ 特別おいしい~ (2, 0.0%)

1 のん, わ

▼ 特別かわいがっ~ (2, 0.0%)

1 ていた, てくれる

▼ 特別~ (2, 0.0%)

1 十銭です, 百円

▼ 特別きれい~ (2, 0.0%)

1 に着飾っ, ね

▼ 特別であった~ (2, 0.0%)

1 ように, 由

▼ 特別でも~ (2, 0.0%)

1 ないでしょう, 矢張り配当年六分は

▼ 特別なし~ (2, 0.0%)

1 かけで, ずけさ

▼ 特別なすぐれた~ (2, 0.0%)

1 存在として, 木の

▼ 特別な光り~ (2, 0.0%)

1 をもつ, を帯び

▼ 特別ひど~ (2, 0.0%)

2 かつた

▼ 特別むずかしい~ (2, 0.0%)

1 ことを, 問題に

▼ 特別やさしい~ (2, 0.0%)

1 テストを, 感情を

▼ 特別~ (2, 0.0%)

1 あんたは, だって玉子

▼ 特別よく~ (2, 0.0%)

1 出来る学科, 発言する

▼ 特別を以てね~ (2, 0.0%)

2 例外と

▼ 特別スイッチ~ (2, 0.0%)

1 というの, を入れろ

▼ 特別マチネー~ (2, 0.0%)

1 で, で十二時開演

▼ 特別ロマンティック~ (2, 0.0%)

1 な点, な雰囲気

▼ 特別三等~ (2, 0.0%)

1 の寝床, の連中

▼ 特別~ (2, 0.0%)

1 あつかいで, の口

▼ 特別仕掛け~ (2, 0.0%)

1 の住宅, の錠前

▼ 特別会員~ (2, 0.0%)

1 であろうとも, にはなっ

▼ 特別保護住民~ (2, 0.0%)

1 だった僕, だつた僕

▼ 特別優秀~ (2, 0.0%)

2 なのよ

▼ 特別刑事調査隊長~ (2, 0.0%)

1 の室戸博士, を室戸博士

▼ 特別力みだした~ (2, 0.0%)

2 のは

▼ 特別収入~ (2, 0.0%)

1 といった方, の一つ

▼ 特別命令~ (2, 0.0%)

1 を与えた, を受け

▼ 特別因縁~ (2, 0.0%)

1 で特別尊崇, のある

▼ 特別土産~ (2, 0.0%)

1 のこと, の御

▼ 特別地帯~ (2, 0.0%)

1 で鉄橋, とされ

▼ 特別変った~ (2, 0.0%)

1 ことでない, 気持ちも

▼ 特別天分~ (2, 0.0%)

2 を要する

▼ 特別好意~ (2, 0.0%)

1 ある見方, を持っ

▼ 特別学校~ (2, 0.0%)

1 のあの, を開く

▼ 特別学生達~ (2, 0.0%)

1 はここ, を日本料理屋

▼ 特別~ (2, 0.0%)

1 というわけ, の仲間

▼ 特別展覧会~ (2, 0.0%)

1 が開かれ, を開きぬ

▼ 特別市制~ (2, 0.0%)

1 がしかれ, を廃

▼ 特別必要~ (2, 0.0%)

2 なもの

▼ 特別~ (2, 0.0%)

1 れ呪, れ呪わねば

▼ 特別恐ろしい~ (2, 0.0%)

2 女神です

▼ 特別扱ひと~ (2, 0.0%)

1 いつても, 見えて

▼ 特別捜査隊~ (2, 0.0%)

1 にその, を編成

▼ 特別汚く~ (2, 0.0%)

1 飼いなんでも, 飼ひ

▼ 特別~ (2, 0.0%)

1 との関係, に規定

▼ 特別法文~ (2, 0.0%)

1 があり, がなかっ

▼ 特別注文~ (2, 0.0%)

1 でよい, の熊胆

▼ 特別清潔~ (2, 0.0%)

1 にし, に掃除

▼ 特別~ (2, 0.0%)

1 であるが, な隔離

▼ 特別~ (2, 0.0%)

1 に立った, をかけてる

▼ 特別研究会~ (2, 0.0%)

1 も盛大, を組織

▼ 特別社員~ (2, 0.0%)

1 にも推薦, に成つたの

▼ 特別組織~ (2, 0.0%)

1 せる者, の下

▼ 特別給与~ (2, 0.0%)

1 がある, は同じく

▼ 特別緊急電報~ (2, 0.0%)

1 である, ばかりである

▼ 特別考慮~ (2, 0.0%)

1 して, の必要

▼ 特別考査委員会~ (2, 0.0%)

2 というもの

▼ 特別自嘲的~ (2, 0.0%)

2 になる

▼ 特別裁判~ (2, 0.0%)

1 であつ, の公判進行中

▼ 特別装置~ (2, 0.0%)

1 のない, まで自慢さうに説明

▼ 特別親しい~ (2, 0.0%)

1 お友だち, 者が

▼ 特別許可~ (2, 0.0%)

1 で八日, をもらった

▼ 特別~ (2, 0.0%)

1 などはあまりに, の一般

▼ 特別講義~ (2, 0.0%)

1 がある, として随時

▼ 特別警察隊~ (2, 0.0%)

1 の腕きき警官, はラジオ

▼ 特別財産~ (2, 0.0%)

1 を引き出す, を見込む

▼ 特別貸切室~ (2, 0.0%)

1 に這入った, の扉

▼ 特別関係~ (2, 0.0%)

1 がある, もあり

▼ 特別関心~ (2, 0.0%)

1 をお, をはらっ

▼ 特別陰鬱~ (2, 0.0%)

2 な建築

▼ 特別陳列~ (2, 0.0%)

1 としてならべられた, などはあっ

▼ 特別面白く~ (2, 0.0%)

1 思います雄山閣, 感ぜられます

▼ 特別~ (2, 0.0%)

1 ぬけて, の悪い

▼ 特別魅力~ (2, 0.0%)

2 の少い

▼1* [490件]

特別あかりの強い, 特別あざやかなお辞儀, 特別あすこは軍人, 特別あたりちらすが学務委員, 特別あつかいにされ, 特別あつかいしていた, 特別あなたにどう, 特別あやしい見足りない取り返し, 特別ありがたく頂きました, 特別いかつい目で, 特別うまそうに, 特別うれしそうに, 特別おいしく頂きました, 特別おしゃべりな女, 特別お話しいたさなくとも, 特別お願いいたして, 特別人が, 特別かつぎ屋でございます, 特別かわいく思う女の子, 特別きのうは咲枝, 特別きやしやに拵, 特別きらわれていた, 特別だはる, 特別こういう注意を, 特別ここへかけさせ, 特別これといつ, 特別これらの人物, 特別まりの, 特別じゃねえか, 特別すきな筈, 特別すごいので評判, 特別するどい目つきで, 特別ずるい女という, 特別せまくて普通, 特別そういう作家グループは, 特別そんなレッテルが, 特別ちがいがひどく, 特別ていねいにさん, 特別であったらしく新十郎, 特別でこぼれるような, 特別でございますけれども家, 特別でしたろうけれど, 特別で心得てるんで誰, 特別どうという, 特別どっさりはあり, 特別なおくりものとして, 特別なかがやきを此処, 特別なくふうを, 特別なこみかたで, 特別なしつらえがある, 特別なとっときの, 特別なひゅうひゅうと微かに, 特別なみいらに, 特別なら課業も, 特別なるべき場合が, 特別なんてことは, 特別な下され物が, 特別な変わっておる, 特別な繋りをもつ, 特別な自惚れを与へぬ, 特別な見かたは, 特別な観方感じ, 特別な訴えるような, 特別な遊ぶ方法が, 特別な選ばれた教養を, 特別な限られた狭いジャーナリズム, 特別にこやかな, 特別にでも自分だけは, 特別にも靜かな, 特別のねうちを, 特別のみこころに, 特別はり札が出, 特別ひどかったし, 特別へんなふう, 特別づかつたが, 特別まざまざと世間一般, 特別みすぼらしい薄汚い湿地で, 特別むつかしそうな, 特別めざましく谷村の, 特別もん, 特別やって見たい, 特別ゆかりの深い, 特別よりぬきの, 特別わが心理の, 特別をもちまして一刀流の, 特別をもって庄三郎も, 特別アプレ的だったと, 特別イヤなので, 特別エコヒイキはしない, 特別エゼントとでも云う, 特別オセッカイまことに敗戦, 特別カッコの別, 特別キライという人種, 特別ゴトンゴトンという貨物列車, 特別サービスで却つて日常サービス, 特別サーヴィスよ, 特別ジェラルド公が何, 特別ダメなん, 特別チャチな生れつき, 特別言葉デ, 特別ナル事状ナキ限リハ妻ニ於テ一家ノ生活, 特別ニュース放送が日, 特別ニ手紙ヲカク, 特別ニ眼ヲカケタト云フ訳デモナイノニ士官学校又ハ兵学校ニ入学シテカラモズツト遊ビニ来ルシ, 特別バスの時刻表, 特別バターや牛乳, 特別フランスでというの, 特別フランス語が多く, 特別ポンプがつい, 特別ポーランドからソヴェト同盟, 特別マチネー入りは七分位, 特別ヤーシャ一人が凄腕, 特別ロハで泊め, 特別一個の物, 特別一等室だけが塞がらず, 特別一等船客から下, 特別一等賞てな, 特別三合の配給, 特別三合配給して, 特別三等みたいなもの, 特別三等船室に納まっ, 特別上手は三錢, 特別上機嫌の美和子, 特別不快であり三成, 特別不思議でね, 特別不機嫌な時, 特別不気味な音響, 特別不自由なからだ, 特別丹念に黒い, 特別乗車賃の割合, 特別予算を取った, 特別事情に明るい, 特別二等もしくは一等車, 特別五ヵ年計画として意義, 特別五ヵ月月賦でいい, 特別人間離れして, 特別今年のメーデー, 特別今私は自分, 特別かけの, 特別仕度の子, 特別仕掛のにせ, 特別仕舞に巧者, 特別以外の航路, 特別が良, 特別任用で警部, 特別休憩室に入り, 特別休暇がありました, 特別の会期, 特別伝染病をこ, 特別伸子の気に入っ, 特別低利で, 特別にこたえる, 特別もたのまず出かけます, 特別何ごとをも云っ, 特別何年祭とかいうの, 特別何病にきく, 特別余興場今日は東宝, 特別作曲された音楽, 特別価格でもあった, 特別便で私, 特別保護の下, 特別保護建築物であるとか, 特別倉庫へ安置, 特別個人的に書け, 特別借切りの一室, 特別傍聴人のうち, 特別傍聴席が出来た, 特別優しかったわけ, 特別優れた創意という, 特別光りがよい, 特別免租によって公権, 特別入念の仏頂面, 特別公示事項の放送, 特別冷えるから真夏, 特別出品十点を見せ, 特別出来な頭, 特別出演扱ひに, 特別出演扱ひとして, 特別出演連の小笠原, 特別分配した, 特別分離の運動, 特別刊行の書目, 特別別製に編ました, 特別利潤は二シリング, 特別を買つた事, 特別を買っ, 特別割引値段で売っ, 特別加入の閲歴, 特別勇気づけてくれた, 特別勤労の五割増, 特別区域外で一町十八円, 特別半額とあっ, 特別危険手当とか年金, 特別反省すべきこと, 特別取締法とが大きい, 特別口数少く冷淡, 特別叮嚀なお辞儀, 特別可愛がって, 特別可愛がらなければならない, 特別叱るかい, 特別名指しの金乞い, 特別名歌手と評判, 特別味方して, 特別哺育費が国庫, 特別喧しく耳に, 特別器用な女, 特別器量が好い, 特別地下室のため, 特別報告が次, 特別報道隊を編成, 特別場所だと, 特別壮健では, 特別を潜め, 特別売れたときなど, 特別売場の飾窓, 特別変わったことも, 特別多量のアルコール, 特別大いに望むところ, 特別大きかつた, 特別大きなこの二つの, 特別大事というよう, 特別大切に使う, 特別大書して, 特別大祭のバス, 特別大笑いをし, 特別天下の政治, 特別天然の境遇, 特別太平楽なの, 特別も変, 特別奇怪な行動, 特別契約でよこした, 特別好きな男, 特別好戦的な男, 特別好物な旅客, 特別妖しい香が, 特別委員となっ, 特別委員會附托となり, 特別婦人デーのため, 特別嫉妬に苦しんだ, 特別学生二人と共に出発, 特別安価ニ販売仕候, 特別安川に会う, 特別定食ての, 特別室等雪の入っ, 特別家主店子の関係, 特別家探しを受けない, 特別寄書家として毎号寄稿, 特別寄稿料として三十万円片山氏, 特別密接な関係, 特別寒い夜更けで, 特別寛大であつ, 特別寵愛のこもった, 特別專門の知識, 特別尊崇をした, 特別小さかつた, 特別小さいのだろう, 特別を一部, 特別展覧がどんなに, 特別巧みな東野, 特別平時と違っ, 特別幹部候補生の試験, 特別広い空胴の, 特別広告はそのまま, 特別延長を主張, 特別弱い風を, 特別弱虫泣き虫小僧であったの, 特別強う匂うて, 特別強く感ぜられた日, 特別当座預金でもあろう, 特別彼用のニッケル製手拭掛, 特別待遇地だなどとは, 特別御馳走はしなく, 特別思案にあまる, 特別怠慢で投げやり, 特別急行でそんな, 特別急行列車全体が, 特別急行券を買つて來よう, 特別を固定, 特別恐れ入りやしたわけで, 特別悪いところを, 特別情報機関であったとも, 特別惹きつけられるのだ, 特別意味あり気, 特別感情はある, 特別感興をそそられた, 特別慇懃に挨拶, 特別憎悪すべきもの, 特別懇意でよく, 特別戒厳令のなか, 特別戦争がどう, 特別戦利品というよう, 特別手がけて肥育, 特別打ちこむような, 特別技能者なの, 特別投書欄の鈴木桂子, 特別投資を必要, 特別折合いが悪い, 特別捜索をする, 特別探偵に凝っ, 特別措置をとっ, 特別支出即ち年二回, 特別攻撃隊の卵, 特別教室がある, 特別教授などの時間, 特別教育は極めて, 特別が多い, 特別文学的に書かれ, 特別料金を払っ, 特別新しい考えを, 特別新鮮に深い, 特別旅行をする, 特別日光がたまる, 特別日本の文学者批評家, 特別早く運んだの, 特別普通は男, 特別普通名詞であるに, 特別景品つきの大, 特別い日, 特別暗く身ぶるひした, 特別有用であるという, 特別条件のよい, 特別条例を発し, 特別柔かい温味の, 特別柔軟で透視的, 特別の女郎屋, 特別構造の糞尿船, 特別がある, 特別残酷な笑い事, 特別と子, 特別気に入つたのは, 特別気に入ったと見え, 特別沢山いて, 特別法例と称する, 特別洟汁がでる, 特別深く心に, 特別深遠なもの, 特別混雑して, 特別滑稽な場所, 特別演劇興業の為め, 特別演劇興行の為め, 特別激しいものを, 特別無上な地位, 特別う大きく, 特別の留守, 特別牧場に放し, 特別物騒でございますよ, 特別特攻隊の若者たち, 特別特製でございます, 特別と親しけれ, 特別犯罪を除き, 特別献金を申し合せた, 特別珍しいことや, 特別珍しくもない, 特別甚大なの, 特別生命の危険, 特別用心するべきですね, 特別番外ぢやない, 特別番組があった, 特別異常な待遇, 特別痛むわけで, 特別にさはります, 特別發現なるわが, 特別的保護即ち資本主義, 特別目立つた大阪の, 特別相対性理論に耳, 特別眠れないのである, 特別をつけた, 特別研究員だったから, 特別研究生として映画, 特別神経過敏で警官, 特別神聖な最高, 特別秀吉の神経, 特別私たちの注意, 特別科学教育を行っ, 特別秘書というわけ, 特別移動的なゴーリキイ展覧会, 特別ての, 特別税なんどというオッカネエ, 特別立居振舞の投げやり, 特別競走では1, 特別符号をおくった, 特別精製のアメリカ名産バイソン, 特別納税会議が市政会館, 特別純情派ですよ, 特別細心の注意, 特別給与四十石余位田四十石合計百十五石ほどである, 特別綺麗な顔, 特別緊急な捜しもの, 特別緊急信の大群, 特別繊細になっ, 特別美しいものに, 特別美しく響いて, 特別美且大なる把柄, 特別職工が言明, 特別脆弱で酒, 特別脚線のすばらしさ, 特別自分の心持, 特別興味を唆, 特別舞踊を上演, 特別の仕度, 特別苦しそうだ, 特別華やかだっただけに, 特別落付きない, 特別蕎麦粉の良質, 特別薄暗く寒かつた, 特別行動である, 特別行政の必要, 特別裁判所を構成, 特別裁判所長総組合長, 特別裁判進行中其裁判手續及び公判, 特別製のを作っ, 特別製老酒のな, 特別して, 特別親しかったので, 特別親しんだものでなけれ, 特別親切に自ら, 特別觀覽の木札, 特別言葉すくなだった, 特別記事入りの十二月号, 特別記号の一つ星, 特別註文の品, 特別試写を見, 特別試写会でそれ, 特別話したい要件を, 特別へだ, 特別ではない, 特別語彙は追加語彙, 特別課業を受ける, 特別調査室で航空庁, 特別謁見の間, 特別講座が開かれ, 特別講演会が持たれた, 特別講習をうけ, 特別警察の拡張費, 特別警察隊員が集合, 特別豪勢な場面, 特別貴重品取扱い注意と来た, 特別を心がけ, 特別資格審査委員会一つを見, 特別賑やかに過したい, 特別をやら, 特別賞与ものだよ, 特別賞状を持っ, 特別賞金をかけ, 特別にかざる, 特別輸出港の栄誉, 特別近い近親関係を, 特別通信です, 特別通信申込が殺到, 特別造詣のある, 特別過ぎるため奇は, 特別避難所の国民学校, 特別郵便6厘であったもの, 特別都合さえ付け, 特別都合さへ付け, 特別がしみる, 特別醸造になる, 特別重大な風俗壊乱現象, 特別鋭い観察や, 特別開墾はもちろん, 特別関税をかけよう, 特別閣議に於, 特別閲覧室でみなけれ, 特別閲覽室は夏はま, 特別陰気で唇, 特別陸戰隊と共に, 特別難解な点, 特別雰囲気を空想, 特別霊妙なもの, 特別静かでおとなしかっ, 特別面会を願っ, 特別面白いのでした, 特別のいい, 特別音楽に力, 特別預金にし, 特別預金帳とその, 特別風当りのきつい, 特別食い栄耀のお, 特別食堂てのでスパゲティ, 特別養生費を支出, 特別館賓伊藤長次郎氏を訪問, 特別を折っ, 特別骨董屋が立ち並ん, 特別高くちゃらつかせて, 特別高圧電流を使う, 特別高等係という肩書, 特別高等課に顔, 特別高貴なもの, 特別に見えるでしょう, 特別麻雀室の入口