青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「水~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

気楽~ 気色~ 気質~ ~気配 気配~ ~氣 氣~ ~氣持 氣持~ ~水
水~
水夫~ 水戸~ ~水面 水面~ ~氷 氷~ 永~ ~永い 永い~ ~永く

「水~」 44434, 427ppm, 227位

▼ 水~ (9936, 22.4%)

287 汲んで 135 飲んで 101 入れて 97 汲みに 90 持って 73 打ったよう 65 切って 63 かけて 54 見て 51 飲みに 49 くんで, 浴びたよう 48 浴びて 38 呑んで, 飲んだ 35 のんで 33 汲んだり 31 引いて, 注いで, 眺めて 28 かけられたよう, 渡って 25 持つて 24 やって 23 掬って 22 飲む 21 流して, 湛えて, 運んで 20 打って 19 くれ, 取って, 撒いて, 浴びせられたよう, 飲むこと, 飲もうと 18 うったよう 17 かぶって, やったり, 汲むの, 浴びた, 飲まして, 飲ませて 16 まいて, 出して, 加えて, 含んで, 打つたやう 15 ふくんで, ぶっかけ, もって, 口に, 見た, 見ると 14 あびて, くみに, 一杯, 吸って, 掛けて, 水を, 汲み上げて, 隔てて 13 つけて, 求めて, 集めて 12 いれて, くれと, そそいで, もらって, 湛へて, 眺めながら, 貰って, 飮んで 11 た, のんだ, わたって, 向けました, 張って, 飲むよう 10 かいて, すくって, たたえて, 取りに, 呑んだ, 手に, 飲んだり, 飲んでは 9 かける, くぐって, のませて, 落して, 貰ひ, 離れて, 頭から, 飮んだ, 飲むため

8 [19件] あげて, あびたよう, かけた, ぶッ, へだてて, やった, やつて, 一と, 使って, 前に, 向けて, 向けると, 掻いて, 潜って, 貰いに, 透して, 飲みました, 飲むと, 飲んでも

7 [28件] あびせられたよう, かけたり, かけられるよう, くれて, ながめて, やること, 一息に, 一杯くれ, 一杯入れ, 割って, 吐いて, 吹いて, 呑んだの, 得て, 打つ, 汲み出して, 汲んだ, 汲んでは, 流すよう, 流す音, 浴びるの, 渉って, 湛へ, 腹いつ, 蹴って, 飮み, 飲むの, 飲めば

6 [30件] あけて, かけても, かけると, くむ, とって, まく, みつめて, わたる, 入れたの, 入れると, 出て, 刎ね, 利用し, 取つて, 向けます, 呑みに, 嚥んで, 掬んで, 欲しがる, 汲み入れて, 汲み込んで, 流したよう, 浴びたやう, 浴びたり, 浴びる, 渉り, 渡りて, 眺めた, 頭に, 飲もうとして

5 [49件] かけては, くみあげる, くれい, さすよう, しぼって, すかして, そ, のむと, はこんで, ひくこと, ぶっかけた, ぶっかけられて, ほしがっ, みたして, やる, グッと, コップに, ザブリと, 一杯に, 一杯持っ, 一杯飲ませ, 両手で, 入れそれ, 出した, 分けて, 吐かせて, 向けても, 呑ませて, 味ふ, 差して, 恐れて, 掻くよう, 撒いた, 撒くの, 欲しがっ, 汲みあげて, 汲みこんで, 汲もうと, 沸かして, 浴びせられて, 浴びせられるよう, 浴びるよう, 満たして, 越えて, 越して, 踏んで, 過冷却, 飲ませたり, 飲みながら

4 [75件] かけられたやう, かけられて, がぶがぶと, きって, く, くれ水, けって, こぼして, して, たして, つぎました, のみました, ひいて, ぶつかけ, まいたり, もつて, もらいに, やりに, やるの, ブッかけられた, 一口飲ん, 一杯飲ん, 下さい, 使うこと, 切りながら, 含ませて, 吸い上げて, 吸ひあげる, 呑む, 呑んでから, 呑んでも, 堰き入れた庭, 大きなコップ, 導いて, 干して, 引くよう, 従て, 打った, 打ったり, 打つて, 採って, 換えて, 撒いたり, 撒くと, 柄杓で, 汲みて, 汲み上げるの, 汲む音, 注いだ, 流すやう, 浴せられたよう, 浴せる, 浴びたの, 浴びながら, 浴びに, 海に, 混ぜて, 渉る, 溜めて, 濁して, 用ひ, 用ゐた, 背に, 茶碗に, 見つめて, 見ては, 見ないで, 貰ふ, 避けて, 隔て, 飲みそれ, 飲むか, 飲むに, 飲んだと, 飲んだの

3 [175件] あびた様, いっぱい入れ, うまさうに, えた魚, おくれ, かけさせて, かぶった, かぶったよう, かぶる, がぶがぶ飲み, くみて, くみ上げて, くむこと, くれたり, ごくごくと, ごくり, さす, しゃくって, すすった, そそぎかけて, そそぐ, たくわえて, たらして, つくって, つめて, とおして, とりに, のぞきし事三四度, のむこと, のむところ, のむに, のもうと, はねかしたり, はねとばしながら, ほして, もとめた, やつたり, やれば, ストローで, ブツかける, ブツ掛けられた, 一ぱい持っ, 一杯くん, 一杯ずつ, 一杯所望, 一杯持つ, 一杯汲ん, 上げて, 与えること, 中心と, 交ぜて, 代えて, 何度も, 使うて, 入れたり, 入れられると, 入れる, 入れるところ, 入れるの, 全身に, 出で, 切るごと, 切る音, 割つて, 加へ, 十分に, 半分ばかり, 受けて, 司る神, 吐いた, 吐かされて, 吐き出して, 吸ひ込む, 吹きあげて, 呑まして, 呑むの, 呑んだが, 啜った, 噴いて, 堰き止めて, 大和国中残る, 容れて, 射て, 少しずつ, 少しも, 少し入れ, 差すよう, 床に, 庭へ, 引くこと, 引くため, 引くと, 得たよう, 得ること, 手で, 打った様, 打つ音, 担いで, 持て水, 指さして, 振り向いて, 捨てて, 掛けた, 掠めて, 掻き分けて, 搾り出す手振り, 撥ね返して, 撥ね返す音, 施して, 日に, 易え, 柄杓に, 桶に, 樽詰に, 止めて, 水をと, 求めに, 汲むため, 汲む時, 汲んだ時, 沸かしたり, 治むるが, 注ぎ込むこと, 注ぐ, 泳いで, 流すが, 流すの, 浴せられたやう, 浴た, 浴びせて, 浴びせるよう, 浴びると, 混じて, 湛えその, 満々と, 溢す, 潜ること, 灌いで, 火に, 照らして, 用いて, 用意し, 盛って, 眺めたり, 空に, 筆に, 紅に, 絞って, 自由に, 與へ, 表して, 見に, 見ろ, 説いた時, 貯へ, 蹴つて, 運ぶの, 運んだり, 酌んで, 頂戴, 飛ばして, 飮まう, 飮める, 飲まずに, 飲ませる, 飲ませるから, 飲ませるの, 飲まんとして, 飲みそれから, 飲みたいと, 飲み終ると, 飲むばかり, 飲む人, 飲んだが, 飼って

2 [584件 抜粋] あけた, あける音, あぢ, あびせざま莞爾, あびながら, あびる, いた, いただいて, いっぱい, いつぱい, いで, いれその, いれた, うつたやう, うまそう, お飮, お飲み, かい出した池, かえて, かえるの, かきながら, かけずに, かけたよう, かけたらよかろ, かけに, かけようと, かけるが, かけるその, かけるの, かける者, かければ, かけろ, かけ出した, かすめて, かぶったところ, かぶったまま, かぶったり, かぶるの, がぶがぶ飲ん, がぶりと, くぐったらしい銚子縮, くぐり獣, くぐるの, くませて, くみ込んで, くもうと, くれた, くんだり, くんろ, けりました, こいで, こぼす, こぼすこと, これへ, ごぼ, さかのぼる, さがしに, さした, さしたり, さして, ざあと流しへ, ざぶりとあの男の, したが, しめして, すくうよう, すくふ, すすりながら, すって, そこへ, そそぎ入れた, そそぐこと, その中, たくさん呑み, たたえた小さな, たづねて茶, たまへ, ためて, たよりに, だきしめて, つかう音, つぎこんで, とつて, とりかえて, とります, ながめたり, ながめながら, なみなみと注ぎ入れ, のまう, のまうと, のまして, のませると, のみながら, のむ, のんだよう, のんでも, はなれた魚, はなれるの, はねかして, はねて, ひっかけたの, ひと息に, ひどく呑んだ, ふいて, ふきかけた, ふりかけながら, ぶっかけるぞ, ぶっかけるよう, ぶっ掛ける, ぶつかける, ぶツ, へだててをと, まくの, まけ, まぜて, まづ, みた, もぐって, もて, もらうて, もらひに, やつた, やらなくては, やらなくても, やりました, やると, やるのに, やるん, やる事, わたるなど, わった, わって, ガブ, コップの, ジャーボコボコと, ピチャピチャ嘗めました, ブッかけた, ブッ掛け, ブッ掛けられた, ブツかけられ, ブツ掛け, 一ぱいくれ, 一パイ, 一口, 一口飲んだ, 一息飲み, 一手桶持出し, 一杯下さい, 一杯半分は, 一杯手を, 一杯頂戴, 一滴も, 三角形に, 上げ香花, 上に, 下から, 下さいな, 下流へ, 与えたの, 与えよ, 与えると, 両手に, 並べて, 乞うて, 乾さんとて, 五百杯でも, 他へ, 代へたり, 以前の, 何処へ, 使うよう, 供給し, 供給した, 供給する, 僅に, 充した, 入れ, 入れたもの, 入れたコップ, 入れた大きな, 入れた深い, 入れなければ, 入れんと, 入れ馬, 八分目程, 出しっぱなし, 切った, 切ってね, 切つて先づ源太郎に, 切る, 切れば, 刎ねかし, 加えたり, 半年も, 参詣人の, 取った時, 取ると, 受くる, 口から, 口へ, 叩きつけて, 同じ高, 吐かせた, 吐かせる, 吐く, 向けた, 向けたこと, 向けられて, 向けるの, 向けるよう, 含ませた鬢出し, 含むこと, 吸いあげて, 吸は, 吸ひ込ん, 吸ふ, 吹き上げて, 吹出して, 呑まうと, 呑ませたの, 呑ませませんか, 呑ませるとか, 呑まんとて, 呑みながら, 呑むと, 呑む場合, 呑む時, 呑む隙, 呑んだと, 呑んだらしく町内, 呑んだり, 呼んで, 咽喉の, 唇に, 啜つて, 喉へ, 器に, 噴き出すあの, 噴くよう, 垂らして, 堰いて, 塗つた, 売って, 大和國中殘る, 失くし, 嫌って, 導き入れて, 導びき矢人は, 少し, 差さないでよ, 差したり, 差そうと, 干そうと, 幾杯も, 引く, 引くの, 張った小, 当座は, 彼の, 徒渉し, 得ずして, 得たやう, 得たるが, 得た魚, 得ようと, 得られたの, 得るに, 得んと, 忘れて, 意味する, 愛す, 慕う, 憂いずには, 截る, 手拭に, 打たせ二階, 打たれたよう, 打ちその, 打つた樣, 打つ勇気, 打つ橈, 打懸け, 抜いて, 担い薪, 持てと, 指さした, 指差した, 挟んで, 振りかけて, 振りまいた, 挿さうと, 捌いて, 掌に, 掛けたので, 掛けたり, 掛けたわし, 掛けられたよう, 掛けると, 掛けるの, 探した, 探して, 掬ってのみ, 掻きわけても, 掻き海底, 掻く音, 描いて, 換へ, 換へて, 撒いたやう, 撒いたよう, 撒いた三和土, 撒いた許, 撒く, 撒くよう, 敲いて, 春の, 更えた, 替えて, 望めば, 枕に, 染めて, 柔かに, 棄てて, 欲し, 欲しいとよ, 欲しが, 歩き廻る気配, 水筒に, 求めた時, 求めては, 求めるよう, 汲まうと, 汲まずして, 汲みあげた, 汲みあげては, 汲みこんだり, 汲みましょうか, 汲み上げては, 汲み出すこと, 汲み出すの, 汲み取りて, 汲み水, 汲み火, 汲み込んだり, 汲むだらうと, 汲むでも, 汲むとか, 汲むなど, 汲むには, 汲むにも, 汲む女, 汲む為事, 汲めば, 汲もうとして, 汲んじゃ, 汲んだが, 汲んでないぢ, 汲入れる, 汲出し, 汲込ん, 注ぎかけました, 注ぎて, 注ぎ込まれちや, 注ぎ込んで, 注ぐが, 注ぐよう, 注して, 注入する, 泳ぐこと, 洗面器に, 流した様, 流しては, 流しへ, 流し込んで, 浚乾し, 浴せられた, 浴つた, 浴びせかけられたよう, 浴びせられたやう, 浴びた処, 浴びた想い, 浴びてから, 浴びること, 浴びるので, 浴び又, 浴み, 浴千垢離し, 浸して, 液量器の, 淡水に, 渉つて行つた, 渡りながら, 渡り闇, 渡ること, 渡るとき, 渡るは, 渡れば, 湛ふる, 湛へながら, 湯に, 満し, 満した, 満たした手桶, 溜めない方, 溢らせ, 溢れさせて, 滴らして, 滿, 漲らして, 潜るよう, 潜る魚, 濺いだ, 灌ぐ役を, 照し, 煽って, 用意した, 田に, 白娘子の, 盛りて, 盛り上げてる天神川, 目に, 眺め乍ら, 眼に, 眼下に, 睨む, 睨んで, 石油缶に, 第一, 細君の, 給び候, 綿に, 繞らした, 置いて, 聚めて, 背景に, 腹いっぱい呑ん, 舐めて, 蓄えて, 被ったり, 被りて, 見きわめようと, 見つけること, 見つめながら, 見ても, 見ながら, 見るに, 見詰めながら, 覗いた, 覗いて, 覗くと, 親のか, 詰めさ, 詰めたの, 詰めて, 論ずるに, 讃める, 豊かに, 足で, 跳ねて, 蹴りながら, 蹴立てて, 辞れ, 追うて, 送るため, 逆に, 運び人, 鉢に, 防ぎましたが, 隔てた人家, 離れる, 非常に, 頂いて, 飮まざる, 飮ました, 飮む, 飮ん, 飲まう, 飲まされて, 飲ました, 飲ましたところ, 飲ましたり, 飲ませた, 飲ませるため, 飲まなかった, 飲みかねて, 飲みそれからまた, 飲みたがって, 飲みまた, 飲み夜逃げ, 飲み針ノ木, 飲むやう, 飲むん, 飲む者, 飲んじゃ, 飲んだだけ, 飲んだであろう, 飲んだよう, 飲んだ時, 飲んでから, 養って, 鳴らして

1 [4660件 抜粋] 〇・二三五度だけ, あけるの, あげようでも, あたえただけ, あつめる間, あびせられたやう, あびようか, あまり沢山でなく入れ, あんまり前, いっぱいいれた, いっぱい注, いれたバケツ, うけてのみ, うちさけ, うつと, おあげした, おとす奥, およいで, お掛け下さいませ, かいだしたが, かえす音, かき水, かけず炎, かけたら消える火, かけた鋳物土, かけます, かけられた鶏娘, かけるよう, かけ始めた, かすめるの, かぶりあわてて, かぶる平地, がぶがぶ呑みました, きり火, くぐったらしい萎びかた, くぐッ, くませられたり, くみこんだり, くみ飯, くむ時, くれなかったので, くんだ者, ぐっと呑んだ, こちらへと, こぼさないで, こぼすまいとして, ごく微量, さぐるよう, さされること, さし上げたのよ, さすため, さっとこぼす, ざぶざぶかけられたのでは輝やい, しずかに, しばい, しめしに, じっと見詰めた, すくいがつがつ, すぐに, すすりあいそして, すつかり堰きとめ, すゝめた, そこらに, そそぎました, そそげ, その死骸, たくは, たたえた一基, たたえた硝子, たたえ石, ただ堰き止める, たのみやたら, ださないの, ついでのみました, つかむよう, つぎこんだので, つぐと, つなぐ長い, ときどき取り替えない, とめて, とり水田, どこへか, ながめる, なみなみと汲ん, にらんで, のまし, のませる布団, のみ土, のむん, はかせて, はじきたちまち, はなれるので, はねかす金魚, はね飛ばして, ぱちゃぱちゃこぼしながら戻っ, ひくとき, ひっかけると, ひつかける, びちや, ふき上げて, ふくめ水, ふりまきながら, ふんで, ぶっかけられとうとう, ぶっこんで, へだてた日差山その他, ほの, まいたか, まくこと, まともに, みだして, みるに, めぐらして, もぐる決心, もらいちょっと, やあびせられむかと泣叫びてふりもぎるにお, やったサマリヤ, やらないもの, やりなさい, やり虫, やる栄養, ゆみづと云ひ, よこさないよう, わざわざ凧糸, わたる荊軻, インキの, コツプに, ザブザブさせ, ジッと, ダムによって, パッと, ブッかけられ, ブツかけられた, ポンプで, ワカワッカと, 一ぱい, 一ぱい下さい, 一ぱい飲んだ, 一口と, 一年中いつでも, 一掬び, 一杯くれろ, 一杯ほしい, 一杯張った, 一杯燃え, 一杯飲んだ, 一雫一滴で, 三度とり替え, 上げませう, 上手に, 不潔に, 与えるな, 与え過ぎて, 与へる水, 乞ひ, 二三杯手に, 二拝し, 五勺注し, 人さし指の, 付けては, 体に, 何杯飲んだ, 使いながら, 使うワケ, 使つて後を, 保つため, 傾け尽そうとして, 充満させ, 入れかへたり, 入れたら靴, 入れた四斗桶, 入れた真中, 入れは, 入れるびん, 入れる箱, 入れ木, 其手に, 冷い, 凝視した, 出しまた, 出そう, 出てから, 出水の, 切ったかき, 切つて小さな, 切ります, 切るやう, 切れなかった, 削るが, 割つたウイスキー, 割るよう, 加味しぬる, 勧めたその, 厳然と, 取ったという, 取りかえること, 取り替えて, 取上げて, 受けるさっぱり, 叩いたと, 召し上がったという, 合剤に, 吐かして, 吐かせ磧, 吐き出したり, 向うに, 向けた本人, 向けるやう, 含ませ, 含み花, 含んだやう, 含んだ砂, 吸いあげる音, 吸い出して, 吸うの, 吸つたすると, 吸ッて, 吹きかけたり, 吹きだして, 吹き捲いた龍巻, 吹つかけ, 呑まずには, 呑まなかったり, 呑みました, 呑むこと, 呑もうと, 呑んだよう, 呑吐する, 呼び出すの, 唯飲みしよう, 喰ってよう, 嘗れ, 噴き出しあたり, 嚥む, 四方八方へ, 垂らす刑, 堰き止め築山, 塞ぎとめるだけの, 売りつけて, 多く含み, 大匙五杯, 失った鮒, 奪つてしまつた, 好んで, 守りと, 容れたコップ, 小屋の, 少しや, 少年は, 差したであろう, 差すの, 常態と, 幸内の, 底の, 引いたもの, 引き, 引きません, 引き草木, 引く人たち, 引けりと, 引張って, 張つた手桶を, 張るん, 彼は, 従僕に, 得た河童, 得るため, 得んとて, 快さそう, 怠らねば, 恐れると, 想わす静寂, 愛するの, 懷しく思ひ出した, 戸外へ, 手の平の, 打すく, 打ちつけて, 打ち清掃, 打ったらしい青草, 打つたとは, 打つので, 打懸けろい, 払つたから, 投げ捨てて, 押さえて, 担ぎ薪, 持たせたりは, 持ったので, 持来り, 挾んで, 捨てに, 授け申さうずる, 排除せ, 掛けるよう, 掠めながら, 探ねた, 掬うて, 掬ばむと, 掬んだか, 掻きまぜると, 掻き水, 掻廻す, 揚げる長い, 搏って, 撃つ, 撒きました, 撒く時, 攪き, 数え空, 斬る気, 日本海へ, 易えさし, 暖めて, 替える時, 杓んで, 柴に, 検査し, 機械的に, 欲しない, 此瓶に, 毎時も, 水甕に, 求めたが, 求めるやう, 求めんと, 汲に, 汲ませて, 汲ませ以, 汲まんとて, 汲みおわって, 汲みては, 汲みますから, 汲み上げるもの, 汲み出し手足, 汲み始めた, 汲み畑, 汲むこと, 汲むはねつるべの, 汲む手助け, 汲んだとき, 汲んでの, 沢山に, 沸かしはじめた, 泡立たしめ人類, 注がれる思い, 注ぎながら, 注ぎ入れること, 注ぎ込み餌, 注ぐやう, 注しつ, 注文された, 泳ぐの, 活かせる, 流しながら, 流し込んだ奴, 流せるという, 浚って, 浴せもう一度, 浴びし如く心, 浴びせられたかの, 浴びせるやう, 浴びたまひ, 浴びつつ, 浴びるから, 浴び体, 浴ぶ, 浸み出させり, 深く狭く研究, 清潔に, 渉て, 渡つた, 渡つて茶室へ, 渡り來, 渡るを, 渡る風, 測っては, 湛えたり, 湛えた川べり, 湛えてる八十平方キロ, 湛へた池の, 満たした桶, 溜めるべきであ, 溯って, 滴らしたよう, 滿た, 漕ぎわたり, 潜ったか, 潜らせる音, 潜る魚鱗, 濃く塗, 灌が, 灌せられぬれ, 無闇に, 煮詰めて, 物陰に, 珍重し, 生んで, 用る, 番し, 盛たる, 盛つた丼とを, 目がけて, 真赤に, 眺めること, 睨みつけた, 瞻る, 確信あり, 移して, 穿つて, 立続け, 節約せよ, 細い谷川, 緬羊も, 置きますからね, 聴き月, 臆せず, 與へる, 荷って, 落し込んで, 葡萄酒に, 藉らざれ, 血に, 被ふて居た, 要す, 見くらべながら, 見たいわ, 見つめたり, 見るやう, 見る自ら, 見斑ら, 見送り柳, 覗いたり, 訪い山, 語つた時と, 調節し, 豚の, 貰うとき, 貰つて来る, 賜ふ, 越え部下, 距てて, 踏まへて, 蹴る, 躍らせるの, 追及しました, 透かさぬ用心, 通さぬ, 通ずる為, 連想する, 運び上げなければ, 運ぶ仕事, 運んだの, 遣っても, 遣る女中, 酌んでは, 野に, 釣り上げると, 鑽って, 隔てたタンヂヱー, 隣人に, 離れた夕炊, 離れては, 震うので, 頂いたを, 頭へ, 飛ばせたかと, 食らえば, 飮ませたら, 飮むと云ふ, 飮む丈で, 飮食すれ, 飲まされながら, 飲まし抱き起しましたが, 飲ませさえ, 飲ませに, 飲ませるにも, 飲ませ頻りと, 飲まぬ方, 飲みさえ, 飲みたがり彼, 飲みてえと, 飲みほす特権, 飲みわけ山の端, 飲み喉, 飲み干せと, 飲み清浄高潔無為恬淡, 飲み行灯, 飲むその, 飲むのさ, 飲むコップ, 飲む柄杓, 飲む麦桿, 飲もうという, 飲んだそして, 飲んだらしいの, 飲んだ後, 飲んですます, 飼ったり, 驚かしたの

▼ 水~ (9459, 21.3%)

499 中に 323 中へ 274 ように 168 音が 148 中を 139 中で 132 上に 127 ような 97 面に 89 やうに 87 中から, 底に 8579 面を 64 中の 58 なかに, やうな 55 音を 45 流れを 40 なかへ 37 おもて, 色が 36 中には, 底の 33 ほとりに, 音は 30 色を 29 深さ, 音に 27 上を, 底へ, 流れに, 流れる音 26 ために, 底を, 流れが 25 うまさ, 流れて 24 流れの, 色は, 色も 23 底から 22 下に 20 底で 19 面は 18 あるところ, うえに, 中では, 流れは, 面の 17 なかから, なかで, 音も 16 冷たさ, 流れるやう, 神の, 面が, 面へ, 音と, 顔を 15 中にも, 様な, 流れと, 滴るよう, 面には, 音の 14 流る, 流れも 13 なかの, ほとりの, 中だ, 代りに, 如し, 色の 12 ほとりで, 垂れるよう, 色, 表面に 11 きれいな, 中でも, 様に, 神に 10 なかを, 下へ, 中は, 低きに, 垂れそう, 方が, 流れるよう, 美しさ

9 [11件] ある所, うえを, つめたさ, んで, 上で, 上には, 方へ, 色と, 表面を, 面, 顔に

8 ことを, 上が, 味を, 落ちて, 面から, 音や

7 [15件] ある処, いろ, ないところ, 中へでも, 中へは, 女, 底には, 引くよう, 流が, 流れる所, 滴りが, 男は, 眼は, 眼を, 面も

6 [27件] すがた, なかには, はねる音, 中層を, 事を, 光を, 力で, 力を, 味は, 如くに, 如く冷たく, 姿が, 岸に, 底が, 底まで, 流れるところ, 流を, 湧き口, 田, 田に, 綺麗な, 谷の, 辺の, 量は, 音だけが, 顔には, 香と

5 [38件] うえには, か, したたるよう, しぶきを, せ, ようだ, 上, 上だ, 世界の, 中まで, 出て, 反射が, 取入口, 垂る, 垂れる音, 外に, 女の, 方に, 方を, 流に, 流れるの, 流れる方, 温度は, 滴りそう, 男の, 眼に, 神が, 神と, 精の, 精霊の, 色に, 行衛を, 記に, 輪の, 音だ, 音でも, 音のみ, 魂を

4 [73件] いろも, かれた古, かわりに, ごとし, さま, しずくが, しずくを, した, しぶきが, そこへ, そばに, そばの, ないこと, ながれに, ながれは, ながれを, ほかに, ほとりを, まに, やうだ, よいところ, よろしさ, 上は, 中での, 光が, 出る奴, 勢いが, 勢を, 匂いが, 匂いを, 味も, 声が, 姿は, 底, 底にでも, 底は, 底へでも, 影が, 影に, 様子を, 樣な, 樣に, 流るるよう, 流るる音, 流れた跡, 浅いところ, 深いところ, 淺い, 清さ, 温度を, 湧くやう, 溜って, 澄んで, 瀬が, 為に, 田ちかく, 眼が, 眼には, 神, 神は, 粉や, 聲, 輪に, 辺に, 速さ, 都の, 量も, 雫の, 青さ, 面にも, 音で, 顔は, 飛沫の

3 [122件] ありがたさ, ある沢, あわと, いきおいは, いろが, かがよ, ごとあり, ごときもの, したたる音, しぶきの, せせらぎが, せせらぎに, ところに, ないそのまま, ない井戸, ない河床, ながれくる, ながれの, においが, にほひ, はいって, ほかには, ほとりへ, ようであった, ようである, ようです, わくところ, コップを, コツプを, 一筋を, 上では, 下から, 不自由な, 不足を, 中からでも, 中が, 中へも, 中も, 供給が, 光に, 光は, 入ったバケツ, 凍結の, 出が, 出た時, 力に, 力は, 勢で, 匂ひ, 北上に, 垂り, 墓の, 姿を, 子が, 子と, 尾村の, 尾村へ, 層を, 幅は, 底からは, 底でも, 底にも, 形を, 心を, 必要な, 性の, 愕き, 抵抗の, 推定が, 時の, 東京の, 横顔を, 氷れる, 河の, 波紋が, 流の, 流れ, 深みを, 清いの, 湧くよう, 湧く音, 滴る音, 滴を, 漏れる穴, 澄みやう, 状態を, 瓶を, 用意が, 畔に, 痛さ, 神で, 神として, 神を, 精, 系統の, 線に, 美の, 美を, 背後から, 色や, 落ちるの, 落ちる音, 表面には, 表面の, 補給を, 見えるところ, 言葉を, 豊富な, 質も, 輪が, 透き徹る, 運動の, 量が, 雫が, 面と, 面や, 音か, 音にも, 音ばかり, 音ばかりが, 音より, 香が

2 [431件] あたり花菖蒲色の, あとが, あとへ, あふるれば, あること, あるほう, ある谷, あわじゃ, あわでは, あわに, いっぱいはいった, いや復元に, いろ昨夜, うえは, うえへ, うちよりも, うつくしさ, うねりかな, おと, かかりの, かげが, かげと, かた, きよらかさ, きらめきが, こ, ことだ, ことで, ことは, こぼれを, こゑ, ごとく, ごとくなりぬ, ごとくに, ごとく人, ごとく澄んで, ごと白き, ごと空へ, ごと見, さ, ささやきを, したたりは, したたりを, したたるばかり, しらべを, すぐれ覚ゆる, すさびに, せせらぎは, せせらぎも, せせらぐ, そこに, そこを, たれるよう, たれる音, たわむれの, ちかくを, ちりあくた, ついて, つめたいこと, と, ところで, ところまで, とばり, ない場所, ない池, ない河原, ない瓶, なか, なかでは, なかでも, ながれ, ながれて, ながれるやう, ながれるよう, ながれる音, ながれ薄荷莢, にほ, ぬくさ, ぬるみ初めた頃, はいったコップ, はいった小さい, はじめは, ばち, ひ, ひとすぢ, ひびきは, ほうへ, ほとり, ほとりには, ほんとうの, まにまに夜, まにまに流れ, ままで, ままに, まんなかの, やや浅い, よう, ようだった, ようでした, ようにも, よく光る, よに, をり, んだ, コップに, ストローを, タンクから, 一ぱい入, 一族の, 一杯に, 七男全, 上であった, 上とも, 上飛ぶかげろふ, 下, 下には, 不斷, 世界から, 世界に, 世話を, 中さ, 中ぢや, 中である, 中ででも, 中にては, 中にでも, 中にばかり, 中へと, 中央に, 中層に, 乾れた, 事が, 云うとおり, 井戸を, 使ひ, 信仰から, 傍です, 傍に, 充満した, 光も, 光り何, 入ったコップ, 入った水差し, 入って, 入口が, 入用な, 冷たいの, 冷暖は, 処に, 出ないこと, 出も, 出るたんび, 出るの, 出る所, 出口を, 出花で, 分子の, 分子は, 切れた生花, 前に, 剣法を, 劇の, 加減を, 動いて, 動かないところ, 勢いで, 勢いは, 勢に, 勢は, 勢ひ, 匂が, 半分も, 反射と, 右折し, 名と, 向の, 問題は, 善惡を, 噴出を, 國その, 圧力と, 垂るる, 垂れる傘, 墓は, 墓誌は, 増すたんび, 声には, 声も, 変化が, 多い加茂, 夢想に, 大なる, 大部分, 天龍と, 女が, 女としての, 女らしい貴女, 如き光, 如き冷た, 如き自然, 如く, 如く仄めいて, 如く冴え, 如く流れ, 如く流れ込んだ, 如く淡々, 如く澄み渡って, 如く澄んで, 如く無, 如く盛つて, 如く透き, 如く静か, 如往きしかど, 姿山の, 子全, 季節も, 害を, 宴とも, 家にも, 家へ, 容積の, 尊さ, 尾という, 層の, 層は, 層を通して, 巌窟の, 川が, 帯が, 底だ, 底では, 底へも, 底までも, 廣野四方から, 引くが, 形が, 形も, 影の, 微冷, 心の, 心得が, 心配は, 心配を, 悪いの, 意味に, 意外な, 感が, 戯れ, 手ざわりを, 抵抗を, 推理が, 推薦と, 支流に, 数滴を, 文に, 方へと, 早さ, 月, 月を, 末は, 果てに, 桶を, 様だ, 様子が, 正体を, 死を, 水より, 氷をを, 汀に, 江の浦に, 汲みかた, 汲んで, 沸騰する, 波紋の, 流は, 流も, 流るるが, 流るると, 流れか, 流れから, 流れた痕, 流れで, 流ればかり, 流れる響き, 流れ一草一木, 流れ出す音, 流れ勢が, 流れ山, 流出を, 流通を, 浅さ, 涌くところ, 涸れた谷川, 涸れて, 涼しさ, 清しさ, 清らかな, 清冽なる, 清浄作用の, 渓谷に, 渦に, 渦巻きの, 渦巻の, 温度が, 湧く泉水, 溜つてゐる, 溜りが, 溢るる, 滴たる, 滴りの, 滴りを, 滴れる, 潔い事, 激し, 濁つて, 濁り水で, 瀬, 瀬の, 無い自然, 爲に, 片側には, 状態で, 状態は, 甘さ, 生活の, 田の, 由来を, 男が, 男女の, 畔から, 畔を, 相を, 碧く, 磐に, 神から, 神女としての, 神女に, 神技である, 神様から, 穂を, 空, 精から, 精が, 精や, 精を, 糸を, 系統から, 紋, 網, 縁が, 縁の, 縁を, 美しい山川, 美に関しては, 美味さ, 膜で, 自記に, 舌が, 色さへ, 色まで, 芝居が, 落ちる, 落ちるところ, 落口の, 薄氷, 蛙には, 行衛が, 表面からの, 表面張力から, 補給は, 詩を, 話, 話しを, 話も, 調査は, 超人的, 足りない時, 跡を, 跳ね返る処, 輝き堤の, 辺で, 辺りに, 迸しる, 迸る様, 退いた川, 邊に, 都, 都で, 都と, 配下で, 重さ, 重みで, 重みに, 間に, 間を, 間前, 降って, 降りて, 際の, 集りが, 難を, 雫を, 面あかるき, 面まで, 面見る, 音ある, 音きけ, 音この, 音それは, 音ただに, 音です, 音なら, 音また, 音よ, 音よりも, 音涼し, 音雷鳴は, 響きを, 響くを, 響は, 響も, 頑強な, 風呂が, 風呂に, 飲み方, 飽くまでも澄ん, 香, 香に, 香の, 驚きを, 點滴能く

1 [3368件 抜粋] あおりを, あたりまで, あとの, あふれる, あまり動かぬ, あるうち, あるリンネ, ある方, ある濠, ある頃, あわだ, いと青く, いろは薄墨色で, うえにて, うちにおける, うわべのみを, おどろきであったろう, おもひで, お達しが, かくれてのみ, かすかな, からさ加減, きわに, けじめさへ, ことなどは, こぼこぼ鳴る, こぼれて, ごとき列, ごとき顔, ごとくなるを, ごとく後ろ, ごとく澄んだ空気, ごとしという, ご三家, さされた跡, さらめき, しかも不慮, したたる二本, しづかなる, しぶきは, しゃあしゃあながれる, すごいいきおい, せせらぎにも, せせらぐ音, そそいで, そばより, たぎちぞ, たたえられたよう, たまったその, たまつた溝の, ためである, だぶだぶ流れ, ついた地面, つめたいの, とくとくと, とどく限り, どこからが, ないから, ない堀割り, ない広々, ない洞窟, ない空間, なかだ, なかにも, ながれか, ながれる, なくなるの, においも, ぬるんだため, はいった硝子, はいらないよう, はたで, は凹形, ひたひたと, ひびきも, びんを, ふちへ, ほか四五人の, ほとばしるやう, ほとりにての, まかれた日光, まだ切れない, まにまに流れる, まぼろし, みちが, ものは, もれるよう, やや幅, ゆふ, ようで困る, よう信者たちも, わき出, カアテンは, コップ一杯を, タンクだの, ブッかけ, 一つに, 一子と, 一滴が, 一滴一滴の, 一部分が, 三男生田玄俊小字桓三郎が, 上なる, 上ゆく, 下き, 下へも, 下手人っていう, 不可解な, 不自由は, 世話にさえ, 中そこで, 中であろう, 中でもが, 中にだけ, 中や, 中をわ, 中深く, 主人は, 乏しくなった, 乾か, 予測が, 事羅甸語でも, 云ったの, 井戸が, 交通を, 仙女が, 仰山さあの, 低きへ, 作であった, 佳景に, 使用の, 來り, 価しか, 倹約だ, 傍らに, 光くらゐ, 光るの, 入った手桶, 入つた瓶, 入れ方, 全部が, 具合を, 冷たいうち, 冷たい梓川, 凄まじい推理力, 凍結時の, 出たこと, 出た時間, 出ようの, 出る具合, 出來ない, 出盛りである, 出端や, 分れしこと, 分解される, 切り下した, 利が, 到着以前に, 割りかたを, 加減にて, 動きにつれ, 動く浪畔, 動搖と, 勢が, 匂の, 区で, 厚さ, 双眼には, 古さ, 名を以て, 向うまで, 吹き出るホース, 味に, 命名に, 唐突な, 問題である, 器を, 噴霧が, 四方を, 國なる, 土手の, 在処を, 地名が, 垂れるほど, 城孤立の, 報らせだった, 塊的が, 墓と, 墓誌に, 増減が, 壮士を, 声な, 壺とを, 変化を, 外から, 多い南部支那, 多い首都, 夢の, 大江に, 天に, 奇言に, 奥氷室尋る, 女房は, 如きは, 如き心鏡, 如くこの, 如くなる白雲, 如く入, 如く地上, 如く晴れぬ, 如く流去り, 如く潜入し, 如く繞, 如く針端, 如しです, 妖精が, 姿で, 威力に, 婚礼かね, 子瑞長, 孫全安さんを, 実父なりや, 家に, 寂寞を, 小さな孤洲, 小流の, 小粒を, 少ない季節, 尽きると, 尾村が, 尾村字亀瀬という, 層が, 岩に, 峰の, 巧妙な, 常態は, 干上がるとき, 平野の, 幽霊って, 底からでも, 底ふたたび, 底深く深く, 弁舌で, 引き方, 張りつめて, 彎曲した, 影, 影を, 彼方は, 後裔と, 御馳走が, 心や, 心配が, 忽ち河中, 急に, 性格が, 怪あり, 息の, 悪い土地, 意外にも, 感じがね, 憲政党内閣突如, 戦闘状態は, 所を, 折れ曲る角, 持ち出した奇矯転倒, 振動が, 捜査法は, 推断が, 推理の, 撒いて, 数十キロを, 文集の, 方にでも, 族人でなかつたら, 明りと, 春では, 晩に, 曲折鮮やかな, 最も豊富, 朗読を, 本舗の, 来ない所, 来る心配, 東京やと, 枯れた堀, 栓も, 楽が, 槍が, 模様のを, 欠乏の, 歌を, 歴史的退, 殘り, 比重よりも, 氣盡き, 水管車が, 氾濫, 池を, 沈澱物粉食の, 沸騰点と, 泡だつよう, 注ぐ水, 洩る機械, 流るありさま, 流るるも, 流る如く, 流れさ, 流れであった, 流れと共に, 流れにも, 流れるごとく素直, 流れる小, 流れる運河, 流れ出て, 流れ早き, 流れ落ちた沢, 流れ込む海, 流路を, 浅ければ, 海に, 浸み出して, 浸透する, 涸れたひろい, 涸れた河床, 涸れやすい, 淀みでも, 淀んで, 深い小川, 深さ三十五ノツト, 深み見おろし, 混った, 清いところ, 清くし, 渓流が, 渦動こう, 温か味という, 温度よりは, 湧きだすその, 湧くが, 湧く寺, 満々と, 源に, 溜った溝, 溜まった苅田, 溜りは, 溝を, 滞在を, 滴と, 滴り落つるを, 滴る自分, 滿ちた, 漏れて, 潤沢である, 澄みきつて, 澄むよう, 澄んだ沼, 激流に, 濁り曇り工合, 瀬で, 灯美しき, 烱眼が, 無い急, 無い石, 無為な, 父子で, 物に, 狂言を, 玉が, 瓶なぞが, 用意までを, 畝る, 発祥地なる, 皺が, 相であった, 真中といふ, 眺めを, 瞳が, 碧り, 神であり, 神サマである, 神様が, 神経に, 私宅を, 稀少よりは, 空を, 筋が, 粋人的な, 精でも, 精また, 精神が, 精霊には, 紅に, 細った秋, 給与を, 絶海の, 総領除願済の, 線ばかりが, 縁に, 繼母に, 美くし, 美しき誘惑, 美貌は, 考への, 耳を, 肝入りで, 脳裡に, 自然性に, 興味を, 色あなたを, 色とが, 色に関する, 色峰続きの, 芳香が, 華は, 落ち口あたりに, 落口で, 蓮, 薫が, 虻の, 行くところ, 行状の, 衢に, 表面だ, 裏屋に, 覇者と, 見える場所, 解析神経が, 言葉に, 許に, 詮議も, 説明は, 調査が, 謝辞を, 豊なる, 責任を, 贋物は, 趣味は, 跳ねた音, 身上に, 軋るよう, 輪は, 轟き落ちる井戸, 辺のう, 近所へ, 退いたよう, 退軍, 透明度は, 通ずるが, 通路北利根川に, 速度を, 過ぎに, 道路であり, 邊はずゐき積み, 都では, 都成程さ, 酒を, 里本所は, 量, 量目を, 鏡の, 長江に, 間よりも, 闊くして, 隅に, 障として, 集まりは, 雲水姿が, 電波楽器の, 霧を, 青きと, 静かな, 静寂へ, 面さえ, 面はた, 面影と, 面黄金色の, 音しずかに, 音だけ, 音など, 音なんぞが, 音スポーン, 音只管事なかれ, 音新聞紙を, 音水煙り, 音聴き, 音飯ばかりの, 響きであった, 響を, 額には, 顔色を, 風味が, 飛沫く, 養父錦橋が, 香を, 驚きと共に, 高く上る, 魔魅は, 鮮かさと, 麓を

▼ 水~ (4505, 10.1%)

107 流れて 40 出て 22 湧いて 20 溢れて 19 ない, 溜って, 落ちて 17 入って 16 涸れて 14 ある, はいって 13 あふれて, なかった, 飲みたい 12 たまって, 氷に 11 凍って 10 あって, あると, 出た, 溜まって 9 あるの, いっぱいに, 光って, 出ると, 渦を, 静かに 8 あれば, さらさらと, ながれて, なくなって, なければ, 増して, 急に, 欲しい, 見えて

7 [11件] あつた, たまつて, ないと, ないので, なくて, ふえて, 一杯に, 動いて, 湧き出して, 滝の, 見える

6 よどんで, 来て, 残って, 流れる, 濁って, 非常に, 音も

5 [11件] しみこんで, ひたひたと, ほしい, 低きに, 引いて, 流れこんで, 澄んで, 走って, 這入つて, 音を, 鳴って

4 [41件] あった, いっぱいで, こぼれて, したたって, たたへ, ついて, つきました, どんよりと, なくなると, ほしいと, ほしいの, わいて, 一滴も, 下から, 下へ, 入れて, 凍るの, 出そう, 出ない, 出る, 出るの, 垂る, 声を, 廻って, 来た, 欲しいと, 汲んで, 流れだして, 流れるよう, 流れ込んで, 深いほど, 深くて, 減って, 温んで, 濁つて, 無い, 生きて, 自然に, 顎の, 飲みたいと, 騒いで

3 [82件] あつて, あるばかり, いつぱい, おいて, かかって, かなりの, きれいな, ぎらっと光っ, しら, じめじめし, たまつた, たれて, ついてる, ないから, ないの, ながれこんで, ほんとうに, 乾いて, 低いところ, 入つて, 凍ったもの, 凍つて, 出たので, 出たん, 出るに, 出れば, 動く, 口の, 口を, 呑みたい, 垂り, 垂れて, 少しずつ, 少しも, 少なくなる, 岩に, 彼女の, 性に, 打って, 撒かれて, 春の, 月の, 枯れて, 欲しいの, 欲しかった, 氷の, 池の, 泌みこん, 洩れて, 活きて, 流れた, 流れるの, 流れ出して, 流れ出て, 流れ落ちて, 海に, 海へ, 湛えて, 満々と, 溢れるよう, 滴って, 滾, 漫々と, 澄明で, 澱んで, 火に, 真っ赤に, 米つく, 膝の, 落ちると, 蒸発し, 血の, 見えた, 豊かに, 身体の, 退いて, 這って, 這入って, 颯々と, 飲みたいな, 飲みたいの, 飲みたくなって

2 [299件] あのよう, あふれると, あふれ一気に, ありました, あります, ありません, あり男, あるか, あるかと, あるから, あること, あればこそ, あんまり綺麗, いきおい込ん, いっぱいたまっ, いっぱいだ, いっぱいには, いつもきれい, いやに, いるわ, うっすらと, うねうねと, うまくて, おごっちょ, かかった, かかると, かすんだ眼, かれても, がりがり擦った, きれいに, くれに, くれの, こう流れる, ここで, ここに, この上, この瀑, こんなに冷たい, ごぼ, さあさあ云っ, したたり, しみ出して, しみ込んで, すくない, すくなく, すぐ目, すっかりなくなっ, するする急い, そう云った, そこへ, そのあと, そのま, そのまま氷結, その広い, その間を, それに, それらの, たたえられて, だぶだぶ流れ, だらだらと, だん, ちっとも来ない, ちょろちょろ流れ, ちろ, ついてるから, つめたくて, ないため, なかったら, なかに, なくって, なくては, ぬるんで, のぼって, はねますか, ひいて, ぴちゃぴちゃはねる, ぴちや, ふき出して, ぶっつかるため, ほしいので, ぽた, ぽたぽた垂れ, ぽとぽとと, もう暗く, もっと退いたら, もらないよう, やけに飲みたかった, ゆったりと, ゆるゆると, よくない, わき出て, わたしの, ゴウと, ジャーッと, チョロ, チロチロと, ドブンと, ドンドン流れ, バラバラと, 一ぱいに, 一ぱい溢れ, 一度に, 一時に, 一杯欲しい, 一筋うねっ, 一面に, 丁度大きな, 上ったかも, 不自由な, 不足し, 中に, 乏しい, 乳の, 乾いた磧, 人の, 人形の, 低い方, 佐野松を, 僅かに, 充分に, 入つた, 入りましたと, 入ると, 入るとは, 冬に, 冷えれば, 冷たくて, 凍るとき, 凍る時, 出たこと, 出たとて, 出たの, 出たもの, 出た時, 出ない水, 出ます, 出るか, 出るので, 出るやう, 出るよう, 切り出すと, 切れて, 利根川の, 動揺する, 勢よく, 半分残っ, 口まで, 吉野の, 名古屋全, 喉を, 噴き出して, 噴水と, 噴水の, 四方から, 垂れた, 塩からかっ, 増しも, 増すと, 多くなる, 大きく廻り, 大きな岩, 大きな渦, 大沼に, 好きに, 妙に, 宗十郎白糸が, 小石に, 少いの, 少くなる, 少なかった, 尽きて, 岩を, 崖の, 干て, 干上ると, 幾何でも, 引いてから, 張って, 張りきって, 後戻りする, 必要だ, 必要で, 怖いの, 怪訝そうに, 恐ろしい, 恐ろしく泥臭い, 悪い, 悪いから, 悪いの, 或る, 手足を, 拡がって, 指の, 撒いて, 暗うなる, 来るよう, 枝ぶりの, 染みて, 欠乏し, 欲しいといふ, 欲しう候, 殖えたので, 段々と, 毛細管現象で, 水の, 水を, 汚され自然, 池に, 沁み込んで, 沸いて, 油の, 油を, 沼の, 注がれて, 流れそれ, 流れてるこれ, 流れるでも, 流れる流れる, 浅くなる, 浸みて, 涌き立って, 淀んで, 淙々と, 深いので, 深く流れ, 淺いと, 清くて, 湛えられて, 湧いたと, 湧き出て, 満ちて, 溜った, 溜つて居る, 溢れた, 溢れた往来, 滴るよう, 漏ったの, 漏るよう, 漫々として, 漲つて, 潮の, 潺湲と, 瀬を, 点々と, 無いか, 無くなる, 無くなると, 玲瓏として, 生きてる, 異様に, 白い柵, 白く光っ, 白く流れ, 直ぐ出た, 眼の, 眼を, 窓から, 笛の, 筧から, 結び衝突, 絶えず流れ, 続きその, 綺麗だ, 綺麗に, 線路を, 腐って, 茫と, 落ちた, 落ちる, 蒸発する, 蛇足なり, 被さって, 要るん, 見え出して, 見ゆ, 越地に, 足の, 跳ねて, 迸って, 迸り出た, 退いた, 退きところどころ, 這入つて作物, 酒に, 銀の, 錦橋の, 鐘を, 長崎水品の, 集まって, 静まると, 音たて, 頭の, 飮みたく, 飲みたあい, 飲みたくて, 飲みたくなったので, 騒ぐ騒ぐと, 麗な, 黒く濁っ

1 [2776件 抜粋] あいかわらず単調, あがるから, あたりに, あったとて, あっちこっちに, あふれる, あふれ出るという, あらわれて, ありましたから, ありませんかね, あるいや, あるぞ, あるところ, あるまいとの, ある川, あんなにあふれ, あんまり澄ん, いかなる艱苦, いたるところ, いちめんに, いっぱいたたえ, いつもたくさん, いよいよ天井, うす白く光つて, うねりと, うまくなる, えぐれたよう, おごるよう, おどり狂い走りぬける廊下, お銀様, かくまで, かたわらウルリーケを, かわききった縁側板, きらいで, きれて, くるかなと, ぐんと減っ, ここまで, ことさらに, この穴, こばやしくんの, こぼれただけ, こぼれるすずしく, これから洗濯, こわいので, こんなに増した, ございましたから, ごろごろ鳴っ, さざ波を, さっと頭, ざあっと傾いだ, ざぶうりざぶり, した, したたるの, しみこむこと, しみる, しみ込む迄は, じくじくわき出し, すうい, すこしずつ, すっかりもと, すつかり涸れ, すんで, せせらぎの, そこから, そして友, そのまんま, その小さな川, その時渦, その言葉, そんなこと, たきの, ただ勢ひよく流れ, たちまち湧きあがり, たまっとる, たまりだしたから, たまると, だぶりだぶりと, だんだん痩せる, ちょっと躊躇ぎ, ちょろちょろ潜っ, ちよろちよろ流れ出す, つがれて, つく幇間, つめたい火, でるので, とけ切らない雪, とまっても, とろりとな, どうどうと, どし, どっと入っ, どむよりして, どんどん流れ, ないからと, ないとき, ない枯田汗, なかつたん, ながれだして, なくちや, なくなったの, なげくよ, なみなみと岸, にごるの, にぶくへ, ぬるみ稲, ねえや, のみたいなあ, のみたそう, はいりこんで, はいるの, はがね色, はつて, はりだ, ぱつとこぼれる, ひくと, ひたひた入りこん, ひろがって, ぴたぴたにたまっている, ふえるの, ふたたびひざまずく, ほしいたって, ほそぼそと, ほとばしり出て, ほのかな, ぼたぼた落ちた, ぽたりと, まじって, また凍結, まだ其処此処, まるで出ない, みなぎって, もうこばやしくん, もう怖く, もらなかったらもう, やけに濁つ, ゆたかで, ゆるく流れ, ゆれると, よろしいです, わきだすの, わくよう, カンの, クリヴォフ夫人に, ゴーゴーと, ジミジミと, スープの, ツツウと, ドツサリ這入, バシャバシャ散る, ピチャピチャと, マナサルワ湖へ, 一つの, 一ぱい入ってる, 一寸くらい, 一斉に, 一杯だ, 一枚の, 一番大切故, 一緒には, 一面廣くた, 上がったん, 上へ, 上野下谷の, 不意に, 不足で, 両手に, 中へ, 丸沼に, 乱れた汚, 二丈や, 二口許残つてゐた, 五十一歳で, 交流し, 今また, 伸子の, 低く成つた, 何にも, 何処か, 使えないので, 供給され, 俯瞰される, 僅かなる, 充分でない, 光り縦, 入ったかナ, 入りよったで, 入る程, 入用の, 全部干上る, 其の壁面, 其処らの, 冷えきって, 冷たかったり, 冷めたく痛い, 凍った時, 凍り朝方, 凍結した, 出たから, 出たという, 出たらしく落葉, 出てからは, 出ないそれでも, 出なかったらどこ, 出ねえん, 出ますから, 出るが, 出るでも, 出る以上, 出来るの, 切れたからと, 切れません, 初めて口, 刻々に, 動いたの, 動物化した, 勢強く, 十二宮から, 半ば干からび, 半濁り, 原始物質と, 参ったるぞ, 古くなる, 右から, 向う側に, 吹きあげでも, 呑みたいと, 呑めなければ, 咽喉に, 問い返そうと, 噴き出て, 地に, 地中深く, 垂れます, 垢離部屋一杯に, 塩水でない, 増したという, 増し無数, 変って, 外海から, 多かったり, 多すぎた, 夜間の, 大きな渓, 大層気に入ったらしかった, 天龍川に, 奔下し, 好いので, 好きな, 威勢よく, 存し, 室外に, 富士川へ, 小さい水音, 小さな滝, 小首を, 少しで, 少し引いた, 少し見える, 尽きると, 届かない, 岩間に, 崩れ落ち, 川の, 川床の, 布を, 干上って, 平靜の, 広く見え, 底を, 廣く見えた, 引いたよう, 引きたいと, 引くや, 張つてあつ, 強い執着, 当らなくなって, 彼方に, 徐ろに, 得られる, 心の, 忽然と赤く, 恋しくって, 恐ろしかつ, 悪いので, 悪くな, 懸って, 戦後初度の, 手伝ったもの, 押し寄せた, 拡がり膨らみ盛, 指先に, 排水孔の, 揚がらず据風呂, 揺れるか, 放蕩であった, 数年ひかなかっ, 新しく噴き上った, 早いで, 昨夜は, 暖かくて, 暗く光っ, 曲る又, 最初から, 有ります, 朗らかに, 来そう, 来なかったの, 来るが, 松の, 林が, 染物に, 梓さんを, 極めて豊か, 橋の, 次第に濁っ, 欲しいなら, 欲しくて, 止まった, 止まりましたか, 歯に, 殖えて, 気味わるく, 水晶の, 水蒸気に, 汚くても, 池田玄俊の, 決して突然そこ, 沒まれた, 沢山溜つて, 沸き立って, 治って, 波紋一つ立てない, 注ぎ込む近海, 洩るほどの, 流し場, 流れこまなくなるし, 流れこれ, 流れてる河, 流れはじめたらすなわち, 流れるとき底, 流れる音, 流れ出すので, 流れ出るという, 流れ朱塗, 流れ蘇苔類, 流れ込んだと, 浅いとかいふ, 浅く流れ, 浸いたの, 浸みる, 涌き出したやう, 涸れたの, 淙々たる, 深いそう, 深く私, 淺瀬に, 清らかだった, 減じて, 減つて, 渡れなかったの, 渦巻くよう, 温むよう, 湛へ, 湧いてるのにね, 湧き上る, 湧き出し走り出すよう, 湧くと, 湯と, 溜ったところ, 溜ってるの, 溜つてゐる, 溜つて濡れ, 溜り其の, 溜るよう, 溢れだし家, 溢れんばかりの, 滝と, 滲み込み, 滴るかと, 滾れ落ちて, 漂渺と, 漏るほどの, 漏れたり, 漏斗形に, 澄みかえり八ヶ嶽, 澄んだか, 激しい水路, 濁ったよう, 濁り桜, 濁るので, 瀧の, 点滴っ, 無いさわぎ, 無い瓶, 焼太刀の, 熱海真, 牛馬に, 狂的な, 珠に, 現在人待ち顔に, 甚だ好く, 田へ, 畑の, 白々し気, 白く凄じ, 白く音, 盛れあがって, 目の, 真っ青に, 眸に, 石でも, 石場の, 硬水なら, 私を, 空を, 竈の, 管中に, 糸の, 紫を, 細く出る, 絶えそう, 綺麗だつた, 緑を, 練絹を, 繰り拡げて, 美しく透明, 耳を, 股まで, 脚に, 腥い血潮, 自ら全快届の, 自然と, 船底に, 苦に, 草稿を, 落ちたから, 落ち合い曠野, 落葉松の, 蒼く澄むで, 薄明り, 藤六さんの, 蜂の, 行く, 表の, 見えず両, 見えはじめたから, 見える又, 見たくなつ, 視野を, 試みに, 読み終ると, 豊富で, 赤くなるだろう, 赴いた頃, 足らなかったら水, 足りやしない, 跳ね込んだから, 身に, 軒, 辷り落ちて, 近づいた, 迸り出て, 退かないの, 退けたこと, 逆まい, 透き徹って, 這入る是, 通ったと, 通るの, 過ぎて, 遠く行く手, 重い大きな, 鉛色に, 鋭どく走, 闇の, 降りかかって, 限りない, 陽炎に, 隨分盛に, 雲や, 電車の, 霧雲雨雪霞露霜と, 青い火, 青く淵, 静かな, 面喰らっ, 頬を, 顕われた, 飛んで, 食道を, 飲みたいって, 飲みたかつた, 飲みてえか, 飲用に, 騒がないのに, 高い河, 鳴る, 黒くなる, 黒死館の

▼ 水~ (4001, 9.0%)

56 流して 42 浸して 35 浸って 32 落ちて 31 つかって, 映って 27 浮いて 24 して 23 濡れて 22 つけて 18 臨んで 16 おぼれて, なって, 手を, 漬けて 15 影を, 洗われて 14 入って, 入れて, 浸されて, 足を, 飛び込んで 13 ぬれて 12 映つて, 沈んで, 身を 11 そうて, ひたして, 縁の, 響いて 10 沿うて, 浸つて, 溺れて 9 ひびいて, 浸けて, 縁が 8 浮んで 7 ながして, なる, ひたつて, 向って, 映して, 泳いで, 流れて, 浮かんで, 漬って, 落ちたの 6 うつって, もぐって, 洗はれ, 浴し, 漬かって, 潜って, 落ちた, 谺し

5 [16件] かこまれて, ぬれると, ひたされて, 入るの, 向けた, 姿を, 映じて, 映つた, 没して, 流されて, 浮かべて, 溶かして, 溶けて, 濡れたよう, 落して, 関係ある

4 [31件] あたるかと, さし入, なること, のぞんで, ひたって, まかせて, 不自由な, 似て, 入った, 入る, 投げて, 投じた, 接して, 掩はれ, 映った自分, 映る, 映るの, 沿って, 流すと, 浮かして, 漬けたゼラチン四枚, 漬でた, 濡らして, 眼を, 縁ある, 落した, 落ちました, 身体を, 近いところ, 顔を, 飛込んで

3 [59件] うかびて, うつして, うつり, すぎない, つかつて, つかること, なつて, なりて, なるの, ひたったとこ, ひたりて, ふやけて, われは, 不自由が, 不足し, 乗って, 云った, 住む人, 入ったり, 入つた, 入ると, 入れると, 割つて, 口を, 向けて, 投げる, 投げ込むと, 投じて, 押されて, 晒して, 杯を, 水に, 沒した, 油を, 洗われるよう, 流そう, 浮べて, 浸した, 浸しながら, 浸すと, 涵され, 混ぜて, 添うて, 添ふ, 溺れた人, 溺れようと, 漬った, 漬る, 濡れたまま, 落ちた石, 落ちもう, 落ち込んで, 解けて, 逆つて, 過ぎない, 関聯した, 響いた, 頭を, 馴れて

2 [253件] あてて, あり, ある, あるが, いる魚, うすめて, うたれて, うつつて, うつりて, うつる, うつるは, うつる影, うつる灯, おわれて, かけ込むやつ, こまって, ささやかな, さしあたるらし, さへ, しずんで, した, すべって, すれすれに, ただよ, ちがいない, ちらつく桐, つかっては, つかりながら, つかる, つきそう, つきつつ, つけたり, つけては, つけながら, つけると, つづる氷, とかして, とどけり, なき名, なった, なっても, なつた, ならすため, なりたいと, なると, なれば, ぬらして, ぬれ, ぬれても, のぞみて, はいらせて, はいりも, はさまれて, はまって, ひたしおきたるに, ひたした野生, ひたりながら, ひやして, まだもとろみぬ, もぐつて, もぐりました, もぐる, もぐること, もんどり打つ, ウイスキーを, 不自由した, 不自由を, 乏しいここら一帯, 乏しいこと, 乏しいので, 乏しい国アメリカ, 乏しい所, 二人の, 交り, 任せて, 住む魚, 住んで, 例の, 入ったの, 入らんと, 入りお, 入りけん, 入りて, 入り変, 入る不快, 入れては, 入れども, 動くとき, 反響する, 口づけ, 向かうと, 向かって, 吸い込まれて, 呑まれて, 咽せ, 因つて体を, 垂れて, 声なき, 声を, 変らないの, 射す灯, 就いて, 属して, 座蒲団を, 引かれて, 張出した, 影ある, 彼の, 従ふ, 心を, 投げた, 投げ込まれたこと, 投り込まれたらしく, 押流され, 持って, 散る, 散浮花, 数画く, 星の, 映えて, 映った, 映った影, 映った月, 映るを, 映る姿, 映る山, 映る影, 映る月, 映る顔, 映ろふ赤松, 晒されて, 枕める, 染みて, 根を, 根深流る, 根深流るる, 棲んで, 棹さして, 毒茸の, 氷が, 沈む, 沈める春, 沈んだ, 沈んだよう, 沒し, 没入し, 泛んで, 洗淨し, 流した, 流したの, 流し込む計略, 流すこと, 流そうと, 浮いたよう, 浮いた御幣, 浮いた灰色, 浮かせて, 浮かぶ鯉, 浮ぶこれ子, 浮ぶと, 浸けた, 浸したもの, 浸したよう, 浸った柳, 浸つたの, 浸れば, 涙の, 渇して, 湿れた棒杭, 溶いたもの, 溶かしそれ, 溶かす, 溶けるから, 溶け込んで, 溺る, 溺れる人, 溺れんと, 漂うて, 漂って, 漂流した, 漬からずに, 漬し, 漬り, 潜い, 潜ると, 濡らしては, 濡れた家具, 濡れた御手洗, 濡れても, 灯が, 生えて, 画しめ, 目を, 石を, 石橋を, 突っ込んで, 窮した, 竝みゆく, 美しく流れた, 耽の, 脚を, 臨む, 臨んだ部屋, 舟を, 茅萱うつりゐ, 落したと, 落したの, 落ちこんで, 落ちそう, 落ちたとき, 落ちては, 落ちると, 落ちる家々, 落ち苦しみ, 落つる声, 落つる音, 落込む, 薄きを, 藉る, 蝦を, 螢の, 見えて, 見入った, 見入って, 親しんだ, 親しんで, 触れて, 趣味を, 跳びこんで, 跳び込んだ女, 輪を, 近い初夏, 近い楊, 近い空, 近き草原, 追われて, 遊び秋冬は, 過ぎなかったが, 違いなかった, 遮られて, 銭踏む, 関した為事, 関係が, 關する, 陥って, 隠れて, 集注した, 青い蘆, 顎まで, 飛びこんで, 飛び込むの, 飛び込んだ, 飛入り泳ぎよりて

1 [2333件 抜粋] あおられ運, あたらその, あつて水, あらず, ありついたが, あるもの, いっぱいの, うかぶ木の葉, うきながら, うつすこと, うつってるの, うつらない, うつりまた, うつる人々, うつる火影, うつれる己, うつッ, おさるる井出, おぼ, おぼれたの, おぼれんこと, おる諸, お流し, かう言, かかると, かけ込んだり, かわいて, きと, くるくると, ぐっしょりと, こと欠く, こんなに深い, さから, さし入った月, されて, しずめて, してからが, しぶかせて, しめされながら, しろた, じっと少時, すぎません, すること, せかる, そう云われ, その影, たたかれるよう, たとえた人, ちかい空, ちらちら写っ, ついて, つかった瞬間, つかつた糸, つかりました, つかるだろうって, つかるまでも, つけさせて, つけたよう, つけるが, つけ頭, つれて, とかすと, とびこめば, とぼしくそれでいて, ながすはず, なげ込んだ時手, なった日, なりその, なりました, なり更に, なるわ, なる沼, にじんで, ぬれおのずと, ぬれたので, ぬれたズボン, ぬれた少年, ぬれた紙, ぬれないよう, のぞみ, のまれて, はいらない, はたと困った, はや遠い, ひたされる, ひたした手ぬぐい, ひたし次に, ひたせど, ひたりさうに, ひとしい, ひびきはじめた, ひびけり, びつしより浸染んだ, ふらつきながら, ぽかり, まかせた一葉, まじった油, まったく圧倒, むかひ目, もぐった, もぐつたり, もぐりましよう, もまれて, ゆらぐを, ゆられて, よき君, よりて, わったの, アブサンが, クロロフィルという, ショボ湿れ, バ, モルヒネの, 一ト晩さらしとい, 一夜漬け, 三つの, 三杯の, 不自由したらう, 不足する, 与へて, 乏しい, 乏しい土地柄, 乏しくいつ, 乗つて, 二三発の, 五体を, 仕掛けた袋網, 伏す芝塘, 会す, 住み人形, 住む漁夫, 住む魚鼈, 來寄る, 侵され兵馬, 偶然落ち, 充満た, 光り躍る朝日, 入たりと, 入つて, 入り一緒, 入り森サキ, 入り謙信, 入るるに, 入る者九人, 入れてない, 入れます, 入ろうと, 兵を, 冷く, 凄愴, 出づるものを, 切り出す機会, 刺されて, 動くの, 化けて, 十日月の, 半陸, 反映した, 取られる時, 口つけに, 合せて, 合ふまい, 合流し, 向う奥, 向つて店, 吻を, 呑まれた机竜, 呼びかけた, 咽を, 喘ぎながら, 嘆声を, 因んだもの, 困る節, 囲まれた高松, 垂らしたま, 埃が, 埋める鬼共, 塗らして, 変った, 夏侯惇曹仁の, 夢見るよう, 女君の, 嫁菜の, 学んだこと, 宿る月, 富んで, 導いたもの, 小石でも, 居て, 嵌ったの, 巻き込まれて, 帰りし心地, 幽かな, 引かれ纐纈城, 弱いといふ, 弾かれる油, 影あれ, 影や, 従いて, 心得たもの, 恵まれた国, 惑わされて, 成つてお, 戯れるよう, 打たれて, 投げ, 投げた石, 投げ入れられたやがて, 投げ込んだ, 投じないで, 投ずれば, 投込み, 抱込んだの, 押し倒された竜, 押し流されながら, 拡がる油, 捨てられて, 接する処, 掩われ, 換えて, 揺れ出ぬ, 撫子の, 放すわい, 放つと, 放り込まれたもの, 散りかかって, 斜に, 日光が, 映さしたり, 映じた夕陽, 映すごとく, 映ずる日, 映った主税, 映った己, 映つたその, 映つた月, 映つる柳, 映り四辺, 映るちぎれ雲, 映る夢, 映る火影, 映れば, 昼間の, 曳いて, 月ひとり澄む, 望める座敷, 材木が, 枕なぞ, 枕重ね, 架し, 染まっては, 柳に, 棄てたもの, 棲む, 棲むらしい夏蟲, 棲めるかって, 横だ, 歓びを, 死んだ蛇, 比べると, 水である, 水郷と, 汚れた茶碗, 沁み渡って, 沈みたりしかば, 沈み勝ちでなけれ, 沈むとか, 沈む日, 沈めずとも, 沈めては, 沈める花洋燈, 沈んだが, 沈んだ硝子函, 油だ, 沿い俥, 沿った古い, 泛ば, 泡が, 注目された, 泳ぐ, 洗い日に, 洗ひ去られ, 洗われたよう, 洗われた静か, 洗濯物を, 流さじと, 流された梨子, 流した木れん, 流し改めて, 流すつもり, 流す事, 流そうじゃ, 流れお, 流れる提灯, 流れ落ちる, 浮いたすい, 浮かびながら, 浮かんだ大船, 浮きパッ, 浮くわけ, 浮し, 浮び舟, 浮ぶもの, 浮ぶ睡蓮, 浮めて, 浮んだ家屋, 浮んだ魚, 浴するし, 浸かって, 浸けた処, 浸けるため, 浸さなければ, 浸されたり, 浸される, 浸し, 浸したらさぞ, 浸したスパーヂ, 浸した手拭ひで顏, 浸してから, 浸し切り上げた根もと, 浸すこと, 浸せば, 浸ったもの, 浸った家, 浸った雪田, 浸つたといふ, 浸つた繋船場, 浸りなど, 浸り漲るな, 浸るまで, 浸蝕され, 消え泡影無常, 混じた微粒, 添い野茨, 添ふて, 渇したよう, 渡してから, 湧く湧く玉, 溶いたゼラチン, 溶かしたもの, 溶き交ぜられた正気, 溶く幾年月, 溶けなければ, 溶け去った少年, 溶解する, 溺れかけた人間, 溺れしめん, 溺れその他, 溺れた五歳位, 溺れないで, 溺れるかと, 溺れ様, 滌いで, 漂いながら, 漣, 漬からずには, 漬けたセーゴ, 漬けられ甘く辛く, 漬け置ける綸巻, 漬つた三段の, 漬られ, 漾ふ, 潜っても, 潜らせること, 潜り羽, 潜ツた, 潰でた, 濃い水, 濡た, 濡らしたよう, 濡れしおった顔, 濡れたまま大急ぎ, 濡れた布片, 濡れた砂, 濡れた自然, 濡れること, 濡れるん, 濯げる男, 灯かげが, 点々と, 熟ぬ, 瓶を, 生え入ったの, 生気を, 画を, 白い脚, 直接容器なり, 着きました, 瞳を, 砂糖や, 碇を, 秋風が, 穿たれて, 突き衝る, 突つ込ん, 窮し, 立つ石垣, 端居の, 篏まり込ん, 素足を, 絶えずこう囁く, 縁なく, 翼を, 聞きたいこと, 育ったので, 背いて, 腐蝕浸透せられざる, 臨み一宇, 臨むが, 臨むの月, 臨めるもの, 臨める青楼, 臨んだ一方, 臨んだ岩壁, 臨んだ紅葉, 臨んでは, 至るまでが, 色ある, 芦, 苦しめられて, 落した石, 落すと, 落ちたあの, 落ちたばかりの, 落ちたらすぐ, 落ちた物音, 落ちても, 落ちましてから, 落ちるだけ, 落ちる事, 落ちる有, 落ちわたし, 落ち更に, 落つる幅二間, 落とせば, 葛の, 蓮の, 薄濁る, 蛙の, 融けて, 衣を, 裳を, 襲われるという, 見し二十日月, 親しむ夏, 解かして, 觸れなかつた, 誘はれたの, 譬える鉋, 赤い色, 起る, 足下を, 踊り木の葉, 軽々と浮かん, 近いので, 近い崖, 近い雨戸, 近き楼台, 近く勾欄を, 近く立つ, 近づきまた, 迫って, 追いついた, 追われた人, 逆らふなりけり, 這入って, 逢った, 連れられて, 運ばれるのに, 違いない, 邂逅する, 配された石橋, 酒を, 醸みなし, 鉛の, 銭蹈む渡し舟, 関係あり, 附き流, 限りますぞ, 陥った, 陽が, 隠したまま, 離れた魚, 雪なれ, 電話を, 青みどろが, 響いたの, 響く, 響けて, 飛びこみました, 飛び入る, 飛び込む男女, 飛入りつ, 飲む, 馴れずいま大江, 馴れると, 魚で, 鱗波を, 鳴つた, 鴛鴦の

▼ 水~ (3694, 8.3%)

21 静かに 14 流れて 12 澄んで 11 それを 8 一滴も, 云った 6 ない, ないか, 呑んで, 彼の, 無雑作, 自分の, 音を 5 何の, 少しも, 岩肌を, 検事の, 氷の, 満足そうに, 皮肉に, 相手の, 続けて, 音も

4 [23件] そう云っ, それには, それらの, ちらちら小さな, ないが, なかった, ガラスよりも, 一日に, 冷然と, 凍って, 前の, 力を, 山の, 新しい莨, 最後の, 水素よりも, 清く, 満々と, 濁って, 私が, 続いて, 見えなくなり大きな, 音なく

3 [58件] いつでも, きれいだ, この時, その根, それに, どこに, どこへ, ひたひたと, むくっと, よく澄ん, 一つの, 一面に, 不味くて, 乾き, 云い続けた, 人の, 側の, 冷く, 動いて, 唖然と, 増して, 声も, 夜でも, 屍体の, 山から, 岩に, 彼が, 微かに, 思ひの, 急に, 指先を, 方円の, 日に, 極陰, 次の, 水と, 水の, 水渋臭く, 油の, 流れず, 海に, 滾, 澄み切って, 濁つて, 濁りて, 異様な, 皮肉な, 眼を, 腹に, 苔の, 落ちて, 衣袋から, 道化た, 酸素と, 鏡の, 零度で, 青々と, 非常に

2 [239件] あとから, あらぬを, いかにし, いたりて, いっぱいに, うれしげ, おもむろに莨, きたない, きらきらと, ここに, これを, さう, さすがに, さながら水晶, さらに急追, したたる, しばらく相手, しばらく黙考, すぐに, すつかりなくな, そこで, そこを, その一度, その中, その方, それは, たたへ, だんだん, ちょっと驚いた, つめたく陽, どうした, どうする, どうです, どこから, どこまで, どんよりと, なくても, なくとも, なしすこし, なほも, ねえか, ひどく濁っ, ふり散らす, まだほんとう, みな瀧と, むかしの, もう胸, もつと, もとの, もんどり打っ, ゆたかに, ゆるやかに, よく澄み, よどみて, よどめる, りうりうたり, わたくしの, ゴングの, サラサラ鳴り, 七分に, 上へ, 主水, 乳に, 乳まで, 事務的に, 二間ぐらゐの幅で, 仄白く, 今は, 今までに, 今も, 伸子の, 低きに, 何か, 何から, 何と, 何を, 何事かを, 何物にも, 俄然厳粛, 俯向い, 僅に, 僕が, 元より, 六分にも, 其ま, 其等の, 其蔭に, 冷たかった, 冷やかに, 冷笑を, 冷静そのものの, 凍りつめて, 几帳面に, 割合に, 割合浅く, 力の, 勢いを, 即ち, 即ち日本海, 吉野の, 告白書に, 和やかな, 器に, 地平線に, 増すばかり, 墨の, 夕闇を, 大分に, 大階段, 失望した, 始めて, 学校の, 容易に, 小屋の, 小川の, 小躍りし, 岩礁を, 岸に, 岸を, 崖の, 川の, 巨大な, 干され魚, 平次の, 底に, 度, 彼女の, 後に, 徐ろに, 微陽, 必死の, 忍ぶ跫音, 思った, 恐ろしい音, 惜しげも, 手に, 手を, 指が, 振り向きも, 日が, 早や, 昔ながらに, 暗澹と, 曖昧な, 月の, 月光に, 朝に, 枕元に, 椅子を, 検事が, 検事に, 検事を, 極めて多い, 此処では, 此処は, 段, 水だ, 水澁臭く, 氷って, 氷と, 氷に, 汚れて, 江戸時代より, 池尻の, 汲むの, 流れた, 流れたの, 浅い, 海の, 涸れたが, 涸れ人, 淀んだよう, 淀んで, 清く流れ, 清く澄ん, 清らかに, 清冽で, 渓を, 渦を, 湍ち, 湯に, 満潮の, 源が, 漏り風, 漫々として, 澄みわたるいもりいもり, 灰色に, 烟を, 無類の, 熊城の, 爆笑を, 独美の, 玉の, 玉よりも, 玉幡の, 白, 皆な凍り着く, 皆黒い, 目に, 相変らず, 相手を, 真蒼, 眠ったよう, 眼の, 空と, 第一, 細く土色, 絶えず流れてる, 肌に, 胸の, 膝の, 良いので, 薄らに, 薄濁り, 蛇の, 血に, 見て, 近いし, 酒屋の, 鉛色に, 錦橋の, 鎮子の, 陣十郎の, 階段の, 隣室に, 電燈の, 霧の, 面白そう, 頭を, 顎を, 顔を, 風より, 飛沫を, 飲めなかった, 飲んで, 高まって, 黄いろに, 黒か, 黒の

1 [2784件 抜粋] ああまい, あたかも入江, あだ, あの妖冶, あふれて, あまりに軽い, ありて, ありやしねえ, ある限り, いいあんばい, いくらか, いくら防い, いったんかすか, いったん芝居, いつの間にか蒸発, いつも冷たく, いと清けれ, いやです, いよいよ平伏し, いらないん, うす暗く流れ, うまいな, おあがり, おとろしいも, およそうつくしい, お安, かえって検事, かならず正成, かれ畑, きみには, ぎらぎら白く, ぐむ, けっして口, ここでも, ことごとくその, このほら穴, この巌石, この水槽, この館, これくらいに, こんなに黄色い, ごくん, ささやかな, さながら吐竜, さも芝居気, ざあっと一ぺんに, しきりになにやら沈思げ, しばらく口, しらせて, すかさず皮肉, すぐ円廊, すこしも, すっかりすき, すっかり断念, すでに秋冷, すべりて, ずっと向う, ぜひなげ, そう聴く, そこにも, そのあたり, そのままに, その上, その冷やか, その場合最上, その後に, その木の下, その爪先, その盃, その腰, その調査書, その陰惨, それだけ厚く, それ本来の, た, たしかに呑まされ, ただ前後, たちまち赤く, たとい五月雨, だぶだぶと, だんだんふえ, だんだん私, ちょっと一息, ちょっと目, ついにくれなかった, つかなかつた, つめたいのに, とうてい聴く, とくとくと, ともかくビール, どうかする, どう仕様, どこでも, どんどんあふれ出し, ないかしら, ないん, なかなか咽, なき人, なにやら云いたげな, なるべく流す, なんにも, にわかに暗, のまないけれど, はじめ白い, はなはだ透明, ひさしく退かない, ひっそりと, ひどく濁つ, ふたたびジナイーダ, ほとんど夢中, ほどなく耳, まことに生命, まずそこ, まず後者, また一面, また爾来, まだあと, まだ半分, まだ澄みきらず, まっ青に, まばゆいばかり, まんまんと, みな紺青色に, みんな海へ, むろん凍結, もうない, もう一二間, もう二人, もう濁った, もう膝, もちろんの, ものを, やっと大, やつれぬは, やや駒, ゆつ, よいの, よかった, よく浮かし, わき出して, アッサリ, インクの, キッパリ云い切っ, グッと, コップから, セーヌ川に, ツイて, ヒヤリと, プウと, ポンプに, ムスッとして, レヴェズに, 一ぱいに, 一合した, 一向減る, 一層広く, 一息莨の, 一旦噴き上っ, 一気に語り続けた, 一種の, 丁寧に, 万作が, 三十五六の, 上と下とから, 上流から, 下唇, 不審げに, 不意動作を, 並木の, 乳色に, 二寸ぐらゐしかありませんでしたからハーシュは, 二百十二度だ, 二階の, 五六月ごろから, 井上君の, 亡き周防, 人いまだ, 今の, 他からも, 仰天し, 会社が, 低いところ, 体にとっても, 何やら割り切れない, 何処へ, 何故に, 何時も赤い, 余りに長い, 依然として水, 俳優術を, 傾斜体文字の, 元へ, 充分に, 先日来の, 兎に, 八方から, 六歳の, 其の時, 其中を, 再び事務的, 再び異説, 冴, 冷たいだから, 冷たくなった, 冷たそう, 冷笑で, 凍ったまま, 凸に, 出るよ, 刈込垣の, 別にこれ, 刻々に, 前二句などよりも, 加茂川淺瀬を, 動ぜずに, 十二月から, 十分に, 半信半疑だった, 卓上の, 南方に, 危く横様に, 却つて燃え, 又低い, 口を, 叩しなかった, 台所より, 右岸の, 同時に空気, 呆れ顔, 呑んぢ, 呼気を, 唯風, 嘲ら笑うよう, 噴井に, 四日の, 國道の, 土砂を, 地面まで, 堪らなくなったよう, 塩水でなく, 墨汁の, 夕闇へ, 多く中禅寺湖, 夜目にも, 大きく眼, 大きな滝, 大事に, 大方腰, 大渦小渦, 大食國殊に, 天明六年の, 奇矯に, 如何なる場所, 姓名から, 宋の, 宛然其の, 室の, 寒い空気, 尊い井戸, 小揺ぎ, 少しづつ蒸発, 少し硫黄, 少なかった, 尽きて, 山間の, 岩面に, 峰を, 川に, 巴に, 常にその, 平らかで, 年中涸れぬ, 幾日前に, 床上へまで, 底深, 庭先の, 引き入れられるよう, 強く否定, 彼に, 待ちきれぬよう, 御手洗川であった, 微笑みながら, 心中決する, 忽ち日下部, 思いの, 思ったより, 思わず陣十郎, 怪訝そうに, 息を, 悠々として, 悪し運搬, 意外な, 慌てて, 懐中電燈を, 戸も, 抵抗せず, 押上げたほど, 持って, 振り返った, 摩擦を, 故周防定元, 文字盤の, 方々から, 日も, 日高川へ, 早し川幅, 昔から, 春水満, 時々刻々に, 晴れ渡った空, 暗くとろんと, 暫く明るい, 更に岐, 最初伝説学に, 月影を, 朝一度汲みかえ, 木靴に, 本館に, 来なかったけれども, 松江を, 染粉を, 根を, 椅子から, 極めて低い, 樹の, 次第に増し, 次第に深く, 歓声に, 正門際で, 歪んだ笑, 死屍で, 毎年これを, 毒でしょう, 気抜けした, 水で, 水成岩の, 水蒸気と, 汗を, 池の, 汲む御, 決心の, 沈黙を, 沸え, 油時計を, 泡を, 洩れる, 流れませんが, 流れるま, 流れ去るもの, 浅いほど, 浅く川, 浅し拾う, 海水の, 涸れて, 涸れ込んで, 淙々として, 深い水, 深くは, 深夜こっそり, 清く山河, 清く魚, 渇かなかった, 温かいとの, 温み春園, 湖沼の, 満足気に, 滄波万頃なり, 滲み込んで, 漸く膝, 潺, 澄み何, 激せず, 濁りてぞ, 濁り又は, 濃い赤土色, 火を, 無い, 無自性, 無限の, 照り続く八月, 熱病患者の, 燻した銀, 物好きに, 犯人クリヴォフを, 猛烈に, 瓶に, 甘かった, 生年十八歳元服の, 生温くなり, 申訳ばかりに, 画的である, 疲労しきった, 白い底砂, 白樺や, 白粉と, 皆両側の, 盃を, 目っ, 直ぐ地下, 眉の, 眞夏の, 真の, 真白な, 眠りから, 眼に, 矢張り尤もらしい, 石を, 砂を, 碧くして, 神田川の, 私と, 私達の, 穏かで, 空中に, 突如ウルリーケ, 突然奇異, 突然窓際, 立ち上り障子, 笑って, 算哲の, 糸を, 素直に, 細く五つ色, 細君女中によって, 絶えずも, 続きに, 緑いろ, 置洋燈の, 群舞に, 考証気味な, 背文字を, 能役者とは, 腋まで, 膝に, 膠の, 自慢の, 舷から, 色を以て, 苦くなりぬ, 苦笑し, 茶に, 荒立って, 菅野から, 蒙古人, 蒼黒く, 薄黒く, 虹に, 行き悩み空, 表面が, 西岸の, 見る, 角壜の, 訊いた, 試みに, 説明を, 調子を, 谿河の, 貰ふ, 赤く濁り, 越えた, 踝まで, 軽く口, 輪なりに, 追求した, 透明だ, 途中幾つかの, 遂に逸せり, 遠くから, 遺憾に, 都会の, 重たげ, 金銀の, 鉄の, 銀の, 銅盤に, 鎮子に, 長閑に, 関わず立ち上って, 陣十郎へ, 障子の, 雨の, 零度に, 青いぬらで, 青く浮標, 青黒く濁ってる, 靜かで, 音響病理学者の, 頼山陽を, 風に, 飮まず, 飲まんじゃったか, 飲めないと, 飽まで, 駭く, 驚くほど, 高まつ, 髪の毛から, 鳥渡皮肉な, 黄色く濁った, 黒く輝き空

▼ 水~ (959, 2.2%)

9 ない 8 空も 6 汲んで 5 山も 4 これに, したたるよう, 垂れそう

3 [14件] きれいだ, なかった, むだに, 何も, 出て, 洩らさぬよう, 流れて, 溺らすこと, 漏らさじと, 漏らしません, 濁って, 草も, 食物も, 飲まずに

2 [61件] あり, あります, あるの, おもしろ, これ以上は, さすがに, しずまりかえって, そのとき, それに, たちまちぬるむ, たまらず島田, たまらず首, ないし, ないとは, ながれて, なんにもなく, はいって, ひたひたと, まさりし川面, まだ新しい, ろくに引かない, 一片の, 一面に, 冷えと, 出ないの, 十分に, 呑まずに, 呑ませずに, 呑めやしねエ, 堪ま, 少しばかり, 微動だ, 恵んで, 林も, 棹に, 汲めば, 波も, 洗面用の, 洩らさぬ警戒, 洩らさぬ警戒陣, 湯も, 溢れるまで, 滴るよう, 滴るらしき, 漏らさぬ布陣, 漏らさぬ調子, 漏らさぬ警戒振り, 澄んで, 無いの, 田に, 痩せたり, 空気も, 絶えて, 船も, 艸木も, 芦も, 茶も, 足らふや, 遊ぶか, 青く底, 飲まなければ

1 [755件 抜粋] あげないし, あたたまりますよ, あやなる, ありますこと, ありませんでした, あり又, あり日当り, あり燃せば, ある, あること, あるし, あるので, あるまた, あれば, いくらか, いさぎよい, いつの間にか元, いらぬ食べ物, うつくしくながれ, うまかつ, うめ水, おしよせて, おぼろおぼろと, かかりかね足ずり, かけました, かぶらなかったくらい, からき世, かわった趣, かわれ, きれいで泳げる, くむいろいろ, くれなかったため, くれませんでしたから, この衝撃, この頃, こぼさぬという, これのみと, さすが二の句, さつぱり, しかし人, した, したたるヤマさん, したたる島田娘, したたる美貌, したたる脚線美, したたる麗人, しつとりと, しみこまないほど, しみこまぬよう, すきとおり淵, すっかり新鮮, すべて海から, せ, せんせん, そう云っ, そそがれねば, その一つ, その中, その刺戟, その味これ, その意, その日, それだけ減らし, それほどつめたく, ぞんぶんに, たくさんある, ただこの, ただ一面の, たっぷり用意, たつぷりしてゐるがあんまり, たまって, たまらず捨て斬りに, たまらぬ太刀, たまらぬ方々, たれさ, たれそう, だんだんと, だんだんに, ちっともない, ちょっと面, つめたいこと, つめたいです, つめたくなっ, とうめい, とぼしいくらし, とまらず影, とりに, どろりと, ないから, ないと, ないばかりか, ないひどいところ, ない世界, ない小机, ない有様, ない死んだ, ない涸れ, ない炎熱, ながい道, ながれる, なき消火器, なくどうして, なくなると, なく一体, なく一歩一歩, なく埃, なく斑, なければ, なし, なし北方, なにも, にび色に, ぬるいくらい, ぬるんで, のませずに, のんどりとして, はるかに, ひかない姿, ひからびて, ひとしく我が, ひとしく注ぎこまれた, ほとんどかぶらなかった, ほとんど地平線, ほんとに引き始めるでしょう, ぼくを, またこれ, またちゃんと, また既に, また最も, また泣く, また鋼鉄, まだ乾い, まだ増し, まっかに, まっ蒼, まるで硝子, みえないほどの, みずからとっ, みなインキ色を, みな透明に, めぐらぬ巌, もうすっかり去った, もらえなかったと, もらさない見張り, もらさぬよう, もらさぬ仲, もらさぬ包囲陣, もらさぬ構え, もらさぬ皇軍, もらさぬ趣き, もらさぬ鉄桶, もらわなかったから, もろうて, やがて相, やっぱり火, やの, やみも, やや亢奮, やらずに, やらず空氣, ゆたかに, よい湯, よくきく, よくて, よし糧食, わいて, わるいけれども, ウルミが, ハタと, ポトポトと, 一ツを, 一切召上らず, 一枚の, 一様に, 一滴残さず飲干し, 一箇所山の, 三峡の, 下の, 与えは, 与えられた, 乏しい, 云って, 亦赤し, 人も, 今日の, 仏の, 代えた, 低くなった, 何の, 何もかもキラキラした, 何者かを, 余って, 佳い地方, 併せて, 側へ, 充分吟味する, 全く濁っ, 共々あの, 冷たい, 冷たく云い返した, 凍ったよう, 凍り板廂, 凍るよう, 出なくなつ, 出なくなりましたが, 出るやう, 出来空気, 切れない手, 切れ俵, 動かず浮子, 動かない, 十分だらう, 千反の, 単衣, 又漆, 只では, 合して, 同じよう, 同時に立ち上った, 呉れないので, 呑まず絞め殺された跡, 呑み夜, 呑めない, 呑んだ強か者, 呑んぢ, 唯真暗, 喉に, 噴き上がっては, 四澤に, 地質が, 垂り, 垂れさうな良い, 垂れるやう, 堪らぬきりかた, 堪らぬほど, 声を, 外面では, 夜具も, 大して呑ん, 大へん, 大変減っ, 天上の, 奇麗に, 妙な, 妙に, 存在し得ない, 実に千金万金, 寂しそう, 小紋に, 少く芦, 少しは, 尽きた, 岩の, 島へ, 工業用水も, 幹線の, 底を, 彼自身の, 得られる, 微かに, 思ふやう, 怪訝そうに, 恐らく昔, 悉く干, 悪くない, 感じたこと, 慄毛立った, 慄然として, 手桶に, 持って, 掘井戸, 揚子江の, 断って, 新しくなっ, 新らしく, 日に, 易え, 易えず, 春の, 昼の, 暖房も, 暗く秋, 曇天の, 更に清い, 朝の, 期待できない, 松虫も, 枯れて, 森も, 次第に少なく, 止まり歩行, 此の, 殆ん, 残雪も, 毎朝かえ, 気づかなかったの, 水道ので, 氷と, 氷も, 氷りつめて, 汚なし, 池の, 汲まれない, 汲む, 汲むと, 汲めます, 汲んだ, 沸き返りそう, 沸した, 波止場も, 泥も, 洩らさじと, 洩らさず固め, 洩らさず計った仕事さ, 洩らさない, 洩らさぬほどに, 洩らさぬほどの, 洩らさぬ器械, 洩らさぬ夫婦生活, 洩らさぬ手配, 洩らさぬ挙国一体, 洩らさぬ政治, 洩らさぬ活躍ぶり, 洩らさぬ用意, 洩らさぬ筋書, 洩らさぬ警察, 洩らさぬ警衛振り, 洩らさぬ魔力, 洩らさぬ鮮やかさ, 洩らしは, 洩らぬあざやか, 流れない珍, 流れ風, 浮かぬ顔, 浴びさせて, 海の, 涸い, 涸れに, 淀め, 深く塵俗, 深く大石, 清かれ西, 清く周囲, 清く澄みわたっ, 清冽だ, 渇れ, 渇れ渇れに, 渡らず自分, 温水も, 湧く水, 湯の, 溜って, 溜まらず斬つて, 溜まらぬと, 溶かさぬ液体, 滴たらん, 滴らんず無反, 滴る, 滾滾と尽きぬ, 漏さ, 漏らさずと, 漏らさない連絡, 漏らさぬほど, 漏らさぬよう, 漏らさぬ包囲, 漏らさぬ大, 漏らさぬ愛情, 漏らさぬ整然たる, 漏らさぬ警備, 漏らさぬ警衛網, 漏らしませんが, 漏れては, 澄みきった好, 澄みきってるって, 澄み切つて, 澄み醉月, 濁ったわい, 濁った水, 濁り早川, 濁ろう, 瀞の, 火もと思つた, 炭坑にとっては, 無いまま, 無かった, 無く炎熱, 煮え立って, 熔岩の, 燃えるという, 燃え海, 燃料も, 燻す火, 牡丹色に, 物かはと, 率直に, 珍しからぬ, 生きたという, 生きて, 用なし, 用意し, 画舫も, 異り, 痕なく, 白い帆前船, 白く凍っ, 白けて, 白粉の, 目が, 真ん中で, 真白な, 真面目の, 眼を, 着いた, 砂原も, 碌に, 私が, 私の, 穩であり, 空の, 空氣も, 立ち上り云われるまま, 節約, 節約出來る, 紅と, 細く幽け, 綺麗だ, 緑に, 胎児の, 腕を, 舟も, 船の, 苦笑し, 草木の, 荒く軽い土, 華氏の, 落ちては, 落とさない仕事, 藪も, 行くに, 要ろうで何, 見えざるほど, 見えない, 見えないよう, 見えない朝霧, 見えない程群, 見えぬほど, 見えぬまで, 見ること, 見るし, 覗いて, 観音さまの, 詩に, 谿流の, 赤い, 赤っ, 近間に, 追う風, 逃げて, 途絶え勝, 通らねえッ, 通りません, 運びましょうその, 遣る日, 都会の, 酒も, 野も, 金盥の, 金色に, 長い時間太陽, 開墾役所の, 間もなく盡, 陣十郎も, 雑用の, 雪崩の, 雲母の, 電導体である, 霞むらん蛙, 青く天, 静か, 静まって, 音澄み, 頷いたが, 飮ま, 飮ん, 飲まないので, 飲まなかった, 飲まなかつた, 飲まなん, 飲みに, 飲めない, 飲めること, 飲んじゃ, 飲料に, 駕籠から, 高慢の, 髪油も, 鮮やかに, 鳥の, 鹿子の, 黄海に

▼ 水~ (861, 1.9%)

41 顔を 21 洗って 9 あつた, いっぱいに 8 手を 7 それを, 口を, 頭を 6 眼を 5 ぬれて, 溶いて, 絞って, 足を

4 [13件] あらう, ね, もつて, 一杯に, 冷して, 冷やして, 捏ねて, 洗うと, 洗われて, 濡らして, 炊いたの, 身體を, 顏を

3 [12件] あらうと, こねて, しぼって, 体を, 含嗽を, 手拭を, 洗ったよう, 洗ふ, 濡れて, 生きて, 解いて, 身体を

2 [50件] あらって, いたしましょうか, いまも, お茶を, しめって, ぬかるみに, びっくりした, ふいて, もどして, よい, よくあらっ, ザブリと, シャアシャアと, ジャーッと, 一面に, 両手を, 仕込んだか, 元気を, 冷したり, 剥がされて, 医者の, 如何に無頓着, 扉を, 晒して, 歯を, 水の, 洗うこと, 洗った, 洗ったばかりの, 洗っても, 洗ひあげた, 洗面に, 演習行軍に, 濡し, 濡らした長い, 火を, 磨いて, 絞った手拭, 練って, 茶を, 菊が, 葛を, 足の, 身動きも, 量ると, 顔と, 顔の, 顔や, 飯を, 麦焦しを

1 [538件 抜粋] あつたらう, あつて, あらうけれど, ありそう, いけなければ, いたんだ晴着, いっぱいだ, うすめたよう, うすめて, うまく身體, おとされたやつ, おぼれさせれしまうわよ, おん行き先など, お洗, お洗い, お薬, お酌, お銀, かたくしぼった, かためただけの, からだを, きらきら光つて, ぐっぐっと, ぐっしょりぬれた, ぐっとのんだ, こころを, こすったり, こっちの, ことごとく無駄, ござります, ごしごしこすった, ざっと手, ざぶ, しぼった手拭, しめして, じゃぶじゃぶやる, じゃぶじゃぶ洗い落す, すむ筈, すり磨され, ずぶぬれ, せっせと黒江氏, そこまで, その山姥, その水, その疵口, その眼, その血, それが, それは, たくさんです, ただ煮た, だぶついて, だまって, ちょっと口, つくったココア, できた人間, できて, といた濃, といた蕎麦粉, とめる, とりとめも, なしに, ぬかるみと, ぬらしたきれで固く, ぬらしただけ, ぬらしただけで, ぬらして, ぬれたため, のまされて, のむ, はげたの, ひたされその, ひたして, ひと苦労, ひやしたの, ひやして, びしゃびしゃにし寒, びしゃびしゃになりやけた, びしよびしよに濡れた, びたびたして来た, ふさがって, ふやけた太い, ふやけた手, ほかにも, ぼそぼその, また苦労, みがきあげたすがすがし, みがきあげた灰汁, みたされて, もうおしまい, もござりましょうゆえ, もって, もどしたほう, もどしたもの, やりますか, ゆすいで, ゆすがなくつちや駄目, ゆすぎ上げて, ゆっくり顔, ゆるすぎない様, よくうがいした, よくアク出し, よく創, よく晒, よく晒し, よく洗いました, よく洗います, よく洗う, よく顔, よろしいの, わさびを, アク出しを, グショグショに, ゴクゴク咽喉へ, サアと, サイダや, サラシた, シミジミと, シャボンで, ジュウジュウ口を, チャポンチャポン鳴らし, ドロを, ドロドロに, ネバネバに, パシャパシャと, ヒモを, ブロバリン二百錠一気に, マッサージを, マンデーを, 一と, 一二度パシヤパシヤやる, 一度洗っ, 一時間くらい, 一杯だ, 一杯にな, 一漉し漉した, 丁寧に, 万策を, 三十分間湯煎に, 下火に, 中を, 丹念に, 事足るの, 二三度洗っ, 二十分間煮, 二時間煮ます, 五六人目高を, 亡くなった勘十夫婦, 人形を, 人間が, 何かが, 何が, 修行を, 傷手を, 充ちて, 充ち車軸, 充分洗濯, 先づ主僧が, 入れちくれい, 全部の, 兩足を, 其家に, 冷えたの, 冷え切った身体, 冷した, 冷した方, 冷しな, 冷すの, 冷やした, 冷やしてばかり, 冷やすよう, 凍えないため, 初めて會, 剥がすの, 割って, 割つたウイスキイ, 割つて, 割る, 割るべきである, 割るん, 割れば, 勇気が, 化粧する, 南北の, 印されて, 印した跡, 危いからとか, 友吉の, 取り囲まれて, 取り巻かれたこれ, 口でも, 召上がって, 同じく流, 含嗽し, 咽喉を, 唇を, 喉を, 嚥むとふしぎに, 嚥下す勢目を, 四時間煮ます, 囲まれた粗末, 囲われて, 固くなっ, 固めたもの, 土の, 土まみれの, 地面が, 増量し, 外を, 大きな泉池, 大変だろう, 失くす, 奇麗に, 女の, 好ましくは, 妨げるか, 字を, 守られた第, 完全に, 小池が, 少し捏ね, 尖ン, 岸が, 帽子を, 幾百年埋もれた, 床を, 弟子たちの, 彼の, 彼を, 往時秀吉が, 徒渉は, 復形させ, 快くおどろき, 思いがけず一本, 恐しくきたならしく, 悉く無駄, 手と, 手足の, 打たれると, 扱き取ろう, 押撫で, 拭いて, 拭かれ色々, 拭きとるか, 拭つた, 持って, 捏ねますが, 捏ねられますけれども, 掘られた深, 掘り崩れて, 掻いて, 描いたやう, 描いたよう, 描いた小さな, 描いた画, 揺れるよう, 搗いたから, 擦って, 散った, 敵は, 文芸の, 旱魃は, 昼飯を, 暖を, 曇った眼鏡, 曝した蕎麥, 曝して, 書いた文字, 書いて, 書かれた文句, 有りますから, 服用さした, 朝夕鍋釜を, 木かげ人かげ, 本が, 本流へ, 柔に, 止まるはず, 死にましたよ, 死ぬと, 死ぬとの, 死ぬの, 死ぬやう, 死ぬ方, 死ぬ気, 死ねなければ, 死んだ, 死んだもの特有, 死んだ人, 死んでから, 殊に泥, 殺すより, 毀れたの, 毒でも, 水が, 水垢離を, 水飼はれる, 汗の, 沢山の, 泥に, 泥手を, 泳ぎ遊んで, 洗いあげられた彼女, 洗いあげること, 洗いおとさせるという, 洗いこれ, 洗いそれ, 洗いまさあ, 洗いました, 洗いまっ, 洗い上げれば, 洗い器用, 洗い流した, 洗い紙に, 洗い髪では, 洗うだろうと, 洗うて, 洗うとき, 洗うの, 洗えと, 洗ったため, 洗っただけ, 洗ったと, 洗ったもの, 洗ったら早速, 洗ったセーゴ, 洗った顔, 洗ってから, 洗ってるの, 洗つた, 洗つて, 洗つてそれから, 洗つて一息に, 洗つて召しあがれ, 洗つて己が, 洗つて洗ひぬいた, 洗つて荒物屋の, 洗つて食べ, 洗つて鹽氣を, 洗は, 洗ひ, 洗ひます, 洗ひ上げられた, 洗ふために, 洗わずに, 洗わせすっかり, 洗わせた, 洗われいま, 洗われたり, 洗われた怪物, 洗われた肌, 洗わんと, 洗浄される, 洗浄する, 洗浴し, 洗濯し, 洗濯した, 洗面した, 洟を, 流しながら, 流し込んだ, 流れたな, 流れを, 浄めたり, 浄めに, 浄水としては, 海底の, 消さずに, 清冽無比一分間と, 済まして, 湿し手相, 湿った部分, 湿って, 湿つた着物, 湿らせる意味, 満たされた用水, 満たされるよう, 溶かしたよう, 溶かして, 溶かずに, 溶て, 溶解し, 滌いで, 滌ぐのも気休めに, 滑って, 漁を, 漬けたよう, 漱ぎ終った斉興, 濡らしてから, 濡れた手, 濡れる機会, 濯いだよう, 濯ぎその, 濯ぐの, 炊いたもの, 無残に, 無理に, 煉って, 煮たという, 煮て, 煮てから, 煮ると, 玉葱四つを, 生活を, 産ぶ, 産湯を, 用を, 用水でも, 甲斐の, 申し訳の, 発生した, 白粉の, 皆んなが, 皮が, 盃を, 真似許り, 真赤な, 砕けなかった, 磨きを, 磨き上げた眉目清秀, 禊ぎには, 私は, 私達は, 突ん, 突風の, 立ち廻り, 立廻りは, 竹内さんの, 箔を, 籠城四十日以来の, 米とぐ, 米を, 粉ミルクを, 精, 終始する, 結構お, 結構です, 絞ったパン, 絞つて, 練ったものの, 練った生, 肛門を, 育った鮎, 育てると, 背を, 腐ったお, 腹まで, 膨らせ用, 自分の, 舌が, 苦勞した, 茄子を, 落ちないかと, 葡萄は, 薄めてから, 薄めること, 薪車の, 虚線を, 蚊針を, 融けば, 血に, 襯衣を, 覆はれた尽きる事, 覆われて, 責めた斯樣, 貼りその, 貼りつき綿, 賄うこと, 起抜け, 足どめされた, 身を, 身禊ぎを, 車力や, 遊ばして, 邪慳に, 重くした, 重くなった, 鍋や, 間に, 降りては, 陽気に, 青髯の, 面を, 靴を, 頓服剤を, 頬辺を, 頭でも, 顏でも, 顔でも, 顔も, 食後の, 飲むの, 飼うべし馬, 馬を, 驚いて, 髭を, 魂から, 魚は, 鯉の, 鳴る空

▼ 水~ (764, 1.7%)

19 一緒に 9 油の 8 なって 7 空との 6 いっしょに, 空と 5 地を, 水とが 4 いう, いって, なつて, ならばや, なる, 空の, 陸との

3 [11件] すれすれに, なり, のむ水, 云ふ, 同じよう, 流れゆくなり, 火と, 火との, 砂から, 空とを, 陸とに

2 [61件] いえば, いおうか, いつしよ, かや, しあふれる, すれ, すれすれの, その水, それに, なり同じ, なり汲水場, なるが, サイダーと, 一所に, 下男の, 並んで, 倶に, 別れて, 同行十人小千谷を, 名づく, 名づけて, 呼んで, 土とで, 塩を, 天との, 山, 山と, 山の, 思って, 撃ち力, 救助区域の, 日の, 油と, 流れゆく, 涙とを, 淀んで, 清い空気, 澄江と, 澄江とは, 澄江とを, 濃きなだれ, 火の, 申して, 相目し, 相顧, 石と, 穀物と, 空, 空気かい, 空気との, 空気の, 窓との, 自分の, 花が, 花と, 草の, 酒と, 間違えて, 雲の, 餌とを, 魚との

1 [516件 抜粋] あひ, あまたの, ある, いいましょうか, いい伝えて, いうが, いうけど, いうけれども, いうものの, いうより, いうよりも, いえども, いったって, いつか夕づい, いつたやう, いつてる, いろいろの, うけたの, おちあった, おんなじ位, お妻, お思い, お砂糖, お茶が, こしへに, この空気, しいえば, したさうな, しますと, し堺, すべし, すれすれだった, すれすれでした, せむ, そうして澄江, そこの, そしてこの, そして塩, その妹, その実, その川, それから, それから空, それを, そんなにちがわない, たわむれ遊んで, ちがうじゃ, であって, なおコップ, ながれたり, なった, なったもの, なってる所, なつた, ならずこの, なりうしろ, なりこの, なりせせらぎ, なりとも, なりまた, なり彼, なり後底, なり此乳頭, なり田, なり雨, なるだろう, なると, なるとね, なるなら土, なれば, なれるもの, のみ, ひかりを, まざって, やがてまた, ゆくゆくは, よばひて, よりほか, インキとはは, ウェルダンの, ウスターシイヤ・ソースの, オールとに, ガラスは, シャボンで, セリー酒と, タオルだ, ハイ摺, ビタミンさえ, ムスビを, メロンと, ヤカンを, リンゴと, 一しょに, 一つに, 一匹の, 一壜の, 一望薄の, 一本の, 一諸に, 丈で, 丘との, 両様の, 争う港, 云うほどの, 云うよう, 云う言葉, 云えば, 云って, 云つて小室翠雲さんの, 云ふも, 人とは, 人手が, 人間が, 仄暗い, 他の, 会し北, 会し桜橋東, 低い古い建物, 住まなくては, 何ともいえない, 使用水に, 光圀の, 共にある, 共に下る, 共に青い, 其近戚遠族との, 冷たい石垣, 冷ゆる, 出会った山中, 分れて, 別れた, 助けを, 化して, 化する, 友達だった, 友達だつ, 号した, 号し府, 合して, 合し夕日山の, 合せて, 同じくその, 同じく何, 同じだろう, 同じで, 同じところ, 同じな温, 同じやう, 同じ動作, 同じ旋律, 同じ比重, 同じ立場, 同じ結果, 同なじもんだ, 同一量の, 同化し去らん, 同様に, 同様三七八がらみ血色の, 同様近くで, 名づける諸国, 吐息の, 呼ばれるの, 呼びまた, 呼ぶの, 呼ぶ實, 呼ぶ清泉, 唱える清水, 囲炉裏の, 土とに, 土との, 土とを以て, 地中海に, 堤とを, 塩と, 塩とで, 塩類との, 墨の, 墨紙と, 変ずまた, 変って, 変わり豆, 夜の, 大匙三杯, 大匙五杯, 大匙四杯, 大水盤, 大阪屋の, 天と, 天とが, 天とは, 天の, 天上の, 太陽とに, 女の, 好い仲, 姿の, 子供の, 字を, 宝丹を, 寂寞として, 小さな船燈, 小匙一杯, 小豆と, 少しの, 屍, 山とで, 山との, 山とを, 山羊の, 岩との, 岩塩でも, 岩石ぐらいを, 岸とが, 岸とに, 岸との, 川の, 工と, 工という, 左右の, 巨大な, 市街と, 帰る帆, 平行し, 年号の, 庄八郎とは, 建築とは, 往来し, 後を, 微風とは, 思うまにまに, 思ったの, 思つて飲み干し, 怪しい生物, 懐から, 成る由, 押し返す波, 掛り人の, 接する空, 数粒の, 新しい御, 新橋の, 映り人物, 更にその, 更に恐らくは流石, 月とを, 有形物の, 木々の, 木の, 木の間に, 木葉の, 来りゃ俺, 来るか, 松が, 松明とを, 松虫の, 林の, 枯れ柳, 柄の, 柳の, 柿とが, 栓の, 格闘した, 森林との, 検事は, 楊子とを, 樒とを, 欄とを, 歯楊枝の, 死の, 殆ど一枚板だ, 比較すれ, 毛髪とが, 気つけ薬を, 水と, 水とに, 水とは, 水白粉とだけを, 水蒸気とに, 水路とを, 水風と, 氷が, 氷とが, 氷とでは, 氷との, 氷は, 河原と, 河川の, 油が, 油であった, 油といふ, 波との, 泥とに, 泥との, 泥の, 洒落て, 派手作りの, 流され風, 流す息子, 浅い水, 浪花屋と, 海の, 海藻と, 海面を, 涙を, 淡く希はく, 深い森林, 混じる様, 清き水, 渾沌とが, 湖との, 湖尻の, 湯との, 湯呑を, 湿った土, 滴りに, 潮水との, 潮水の, 澄江とが, 澄江との, 澄江の, 濁流に, 濃い褐色, 火が, 火だった, 火です, 火に, 火を, 火万物の, 火噫相遇へり, 灰の, 炎の, 炭酸瓦斯とに, 為すらん, 煙に, 照り映えて, 熱に対する, 燃料の, 燃料不足の, 燈の, 牛乳と, 牛乳の, 玉子の, 生命との, 田舎との, 申し妹儀, 申者の, 發光, 白い砂地, 白島村の, 白砂の, 皮膜との, 相対し, 石との, 石炭とで, 石焼の, 石燒の, 石鹸と, 砂が, 砂とが, 砂に, 砂糖で, 硬いタオル, 磯との, 称して, 称し菓子師, 種を, 空が, 空とに, 空とは, 空なる, 空のみが, 空ゆく, 空を, 空気この, 空気とが, 空気に, 空間の, 空骸に, 米とに, 米との, 米ベリンスキイが, 粉と, 紙の, 続いて, 線香が, 線香とが, 線香を, 縁の, 繊維とに, 聞きまち, 聞くと, 肉と, 肥料を, 肩を, 致しました, 舷側の, 船と, 船との, 船とは, 芦の, 花で, 花とが, 苔と, 苔の, 苛性加里液と, 茶色の, 草との, 荒川の, 荘厳なる, 菓物を, 萎えきって, 落合うあたり, 落款が, 葉柳の, 葡萄酒の, 蒸気を, 蒼黒く, 薪は, 薪以外は, 薬を, 薬箱と, 藥品の, 蠅の, 血とを, 行って, 見て, 言えば, 言ったよう, 言って, 言ふこ, 言へば, 読ませたの, 謂つた風に, 謬る, 讀める, 豊穣な, 豚の, 貴方の, 質素な, 赤水との, 走って, 路地と, 輝いた空, 這入らない水, 通うと, 通ず, 逢った, 連なりて, 遂に一つ, 選ぶ所, 配妻わす, 酒が, 酒とが, 酒とを, 野菜と, 野菜とを, 錢形平次は, 鐘の, 鑛毒の, 関係ある, 関係が, 関係の, 闘うので, 限らずどんな, 陣十郎が, 陣十郎と, 陣十郎とが, 陣十郎との, 陸と, 陸地とを, 雑草との, 雨水との, 雪に, 雲とが, 雲とを, 電気とに, 霧に, 霧の, 露と, 青々と, 青い光, 青という, 鞭とに, 頷ずき合っ, 顔は, 風の, 食塩だけ, 食塩とだけ, 飯である, 餅と, 馬鹿に, 高野川の, 魚とを, 魚の, 鹹い, 鹽と, 鹽水の, 黄ばんだポプラ, 黒い土手, 龍と

▼ 水~ (361, 0.8%)

31 漬けて 9 入れて 6 向って 5 浸して 4 はいって, 入った, 手を, 落ちたん 3 くぐると, つけて, もぐって, 入って, 砂糖を

2 [25件] くぐるの, はいると, ザンブと, 入っては, 入つて, 入れると, 冷して, 半分顔を, 手拭を, 投げた, 投げて, 放した, 次から, 漬けると, 石を, 突っ込んだ, 落した, 落して, 落ちた, 落ちた者, 落ちる音, 落っこったろう, 蚕の, 飛び込んで, 飛込んで

1 [229件] うつって, おしつこする, おりるん, おろして, お米, かえして, かけて, くぐらっしゃい, ただよい出した, ぢう, つくころ, つけると, つける度, つけ水ぎわ, つづく秋, どぶん, はいったよう, はいられました, はいりました, はいるの, はまってから, はまるには, ばちやり, ひたした, ひびいた, びんを, ぽた, ぽたりと, ぽちゃり, むかって, めざましく紅葉, もぐったり, もぐらせる拷問, もぐりたくて, もぐり必死, もぐろうと, よい音, ウイスキーの, カンフル注射を, ギリギリまで, ザブン, パッと, パツと, 三四回も, 並々ならぬ, 二三寸落ちかけ, 二三時間漬け, 交ぜて, 伸びて, 入ったとき正体, 入ったよう, 入ったろう色, 入ってから, 入つた時正體, 入らずとも, 入らずに, 入ると, 入るの, 入るの嫌, 入るよう, 入れずに, 入れても, 入れる, 入れるったって, 入れるの, 入れるん, 入れ冷して, 写って, 出させますから, 出て, 出る, 十分間漬け, 南天の, 叩き込むと, 向いた室, 向っては, 呵責と, 命からがら逃げのび, 咲けるは, 問題の, 垂れ姿鏡, 塩か, 塩を, 夕栄えが, 大匙一杯, 大匙三杯, 大匙二杯, 大匙山盛二杯半, 夾竹桃, 奉公を, 対して, 届きそう, 布を, 引っ張り出し一刀, 影も, 往って, 御神符, 打ち込むと, 投げこまれた醜態, 投げこもうという, 投げつけた, 投げ入れさせなど, 投げ入れる, 投げ込むこと, 投げ込むと, 投り込まう, 投り込まれた, 投り込もう, 投る, 折れ込んで, 抛り込んだ, 捨てに, 揺さぶり落し地面に, 放したが, 放せば, 散っても, 映る影, 曇った常磐木, 月が, 来て, 枝を, 桜の, 水の, 水へと, 沈めた, 沈んだの, 没するよりは, 波動する, 注して, 洗濯物の, 流せば, 流れたり, 浸し彼女, 浸ったよう, 浸る癖, 混ぜて, 溺れる, 溺れるとき, 滑り込んで, 滑るは, 漬けます, 漬けられると, 漬ける世話, 漬け息絶, 真黒な, 眼を, 着いたので, 石油を, 砂金を, 移つた時は, 突き落されること, 突き落し, 突き落しでも, 突き落す, 突っこみチョコチョコ, 突っ込まれたり, 突つ込まれ, 突込みそうに, 突込ん, 立ち込むと, 背を, 脚を, 脛を, 臨ませた, 臨んで, 色々な, 落すなよ, 落ちこみ裾, 落ちさうになつ, 落ちそう, 落ちたが, 落ちたので, 落ちた時お前, 落ちて, 落ちても, 落ちなかったし, 落ちなかつたし, 落ちました, 落ちる覚悟, 落ちる覺悟, 落ち甲斐, 落ち込む, 落っこったらう, 落つこちた, 落とさないよう, 落としました, 蔽うところ, 行くと, 觸つた時にや, 跳び込む人, 蹴落とした栄三郎, 躍った, 身を, 躰を, 転げ落ちる, 転げ込んだの, 辷った柄杓, 近づけなかつた爲, 近寄った, 返つた果, 追い立てられるお, 追撃の, 逃げずに, 逆に, 這入ると, 這入るの, 連れて, 醤油を, 降りねば, 降りる段, 陥れたまま, 雄大な, 離せば, 響いた, 響いて, 飛びこむよう, 飛び込む, 飛び込むと, 飛び込むとき, 飛び込むの, 飛び込むもの, 飛び込んだ, 飛び込んだらいよいよ, 飛び込んだり, 飛び込んだ刻限, 飛び込んでしまつたんで, 飛込み兼ねない勢, 首を, 鮎を

▼ 水~ (333, 0.7%)

82 介の 37 介は 31 介が 15 介も 14 介を 12 介に 7 介と 6 介じゃ 5 介, 介です 3 介とて, 介よ

2 [12件] 介か, 介しかと, 介でした, 介では, 介どの, 介には, 介また, 介わざわざ, 介天譴を, 介松平の, 介賞めつかわす, 趣味

1 [89件] に滿, 介あまりぞっと, 介いかに, 介いち人は, 介お, 介じきじきに, 介そちにも, 介それ以上に, 介ぞよ, 介たち譜代直参の, 介だった, 介ちと, 介つづい, 介で, 介とは, 介なかなか, 介なら, 介ならぬ, 介にとっては, 介はに, 介ふたりの, 介へ, 介ほどの, 介までが, 介もし, 介ゆえに, 介ゆるゆる, 介よのう, 介よろこばしき, 介わざと, 介キッ, 介上への, 介不審あっ, 介京弥老, 介今宵の, 介何より, 介傷に, 介傷にかけても, 介冥土から, 介同じ, 介夢の, 介天地に, 介当, 介恋には, 介恐れながら, 介旗本一統に, 介時おり, 介様御宿, 介様御宿と, 介死にとうない, 介殿とやら, 介殿御, 介江戸に, 介無手勝流の, 介申しましょう, 介目にかけまして, 介直参旗本の, 介眉間に, 介眉間傷御, 介知らず知らず, 介程, 介程の, 介約束通り土産一匹つかわす, 介罷りかえる, 介罷り帰る, 介自ら手を, 介至極, 介苦労が, 介菊路京弥の, 介薫陶の, 介身の, 介近頃いちだんと, 介道, 介道中半ばに, 介達三人が, 介颯然として, 変発也, 手が, 手へ, 手や, 手を, 手奇襲の, 手番の, 手被, 正, 江滝子女史に, 江滝子等ゐた, 趣味社の, 趣味社竹内氏の

▼ 水溜り~ (262, 0.6%)

10 の中 6 が出来 5 のなか, のよう 4 があっ, が出 3 なの, になっ, のある, を拵え

2 [18件] かな, があった, があり, がある, ができ, が残っ, でもいたる, でもこちら, に石油, のすぐ, のほとり, の多い, の星, の水, は夕方, もある, を踏, を避け

1 [180件] かなんぞのよう, からあがっ, から追, があつ, があれ, がいっぱい, がいや, がきらきら, がございます, がただ, がだんだん, がちらちら, が光, が光っ, が出来た, が出来る, が出来上った, が地面, が多い, が多く, が彼, が黄視症, さえある, だけで, だつたので, だね, だの凍っ, だの家, だよ, であった, であること, でおおわれる, でしかも, でしたいやう, ですよ, では雨蛙, でもあった, でもぬかるみ, でも泥路, でザッ, で何, で忙し, で水浴び, で泥, で釣れた, で陰鬱, と, とか蛇籠, とよぶ, と井戸, と毒々しい, などが非常, などのある, にあやまっ, にうつった, にくる, になつ, になつて, になり, にはならなかつた, にはまっちゃった, にひとり, にひとりづつ誰か, にもう, によって最も, にヂヤブヂヤブ, に入る, に十匹, に半身, に取られまい, に嘴, に宵, に投, に敷き込んだ, に早, に映え, に映っ, に映つ, に月光, に桜, に流れ合っ, に海, に湧いた, に無数, に稲草, に立つ, に落ちこん, に落っこちた, に薄氷, に踏みこみ, に踏み込み, に過ぎない, に鉄, に陥落, に顔, に鳩, のいびつ, のかすか, のそば, のでき, のふち, のほう, のもの, のやう, のわき, の上, の出来, の在所, の大きな, の孑孑ども, の幾つ, の底, の形, の所, の泡, の田, の縁, の義, の葦, の蘆, の近く, の間, はそれぞれ, はのち, は地味, は川流, は焼け, は焼け残った, は碑文, ばかりだった, ばかりでとても, へはひつ, へ水, へ泥水, へ米, へ糸, へ落ちこんだ, へ踏込んだ, ほどな, やぬかるみ, や大木, や泥濘, を, をあっち, をいくつ, をうまく, をこい, をさし覗け, をつくる, をつくれる, をぼち, をまた, をもつた, をよけながら右, をヒョイヒョイヒョイヒョイ, を作つて, を作る, を傳つて, を幾つ, を廻っ, を弄り, を拵えるでねえだ, を掬っ, を眺めた, を置き去り, を蛙, を見つけ, を見る, を赤く, を越さした, を越した, を跳びこえ, を跳び跳び, を踏む, を通る, を飛, を飛び越え, を飛び越えた, 四五日前に, 窪地また

▼ 水から~ (261, 0.6%)

15 出て 8 出して 4 顔を 3 上がって, 凍った氷, 揚げて, 離れて, 頭を

2 [15件] くりの, そむけたが, よほどはなれた, 上げて, 上って, 上つた, 上に, 堰を, 姿を, 引き上げて, 揚げられた古い, 揚ったばかりの, 湧いて, 飛び出して, 首を

1 [189件] あがったとき, あがったよう, あがって, あがると, あげたばかり, あげたばかりの, あげたよう, あげでも, あげる, あの, いもりいつぴきくみあげた, この温泉, して, じかに四十フィート, すぐ生えた, すっと出, だが, つくられるので, でて, ではござりませぬか, とられて, とり出し小さい, ぬく快, ぬけて, のぼって, はい上がった, はねあがる, ひそかに, ふぜ, ぽあん, また一個這, もぐり出る様, やっと這い上った, ゆでて, よく湯, わが娘, バケツを, ワラビの, 一寸ぐらい, 一日煮ます, 一時間も, 三時間ほど, 上が, 上がったよう, 上がった人魚, 上がらなければ, 上がりガアガア鳴き立てる, 上がる, 上がると, 上げたなり, 上げたばかりと, 上げれば, 上げろ, 上ったばかりの, 上ったよう, 上った鳥, 上へ, 上半身を, 丘を, 九代一鐵まで, 二尺ほど, 二時間湯煮, 五〇〇カロリーの, 人影だけ, 光の, 再び頭, 凍ること, 出されたばかりの, 出しまるで, 出すと, 出すやう, 出たいと, 出たこと, 出た名, 出た部分, 出た魚, 出てるの, 出ようとしては, 出ること, 出るの, 出現し, 出頭を, 分ち精微, 分れ出たこと, 助けあげたふたり, 化生した, 半ば身を, 半分ぬい, 取らうと, 取り上げること, 取り出して, 取り去ると, 取るので, 口を, 四五時間煮出して, 四時間ほど, 四時間湯煮, 土へ, 垂直に, 小舟を, 岸へ, 引き上げた網, 引き上げない中, 引き上げようと, 引き上げられた犬みたい, 引き出さなければ, 引き抜いて, 引上げられた, 急に, 怪しい光, 手を, 抜かれ河原, 抜き上げる手際, 抜き出し二町あまり, 抜けない, 抽でたり, 揚がったばかりの, 揚がるの, 揚げてから, 揚げんたん, 揚って, 揚るところ, 揚ッた, 救い上げると, 救い出した人々, 斜に, 明らさまに, 映える青い, 更に我が, 本草学を, 来る神, 此方写真を, 気長に, 水へ, 汲んで, 浮かびあがり水, 湧いたか, 湧いた影, 湧き上, 湧き上って, 漁ったもの, 漁師に, 灘門の, 無限定者, 煮て, 現われて, 生じたもの, 生まれる黒蜻蛉, 生れたよう, 生れた人, 申し渡すという, 発生する, 直ぐ家, 直接ふきあげ, 眞直に, 矢を, 短い青草, 突出て, 立ち昇る, 立つよう, 米其他燈臺守たちの, 絶たれて, 網が, 縁までは, 脱すること, 舟を, 茶道具酒道具寢道具を, 裁決を, 西の, 視線を, 起ります, 這い上がったところ, 這い上がったばかりの, 這ひ, 這上った, 造られた, 逼い出し, 金を, 関東へ, 離さなかつた, 離して, 離れると, 静, 飛びあがるよう, 飛び上った鶺鴒, 飛び出しかけた, 飛び出ようと, 飛込む魚, 首だけを

▼ 水でも~ (210, 0.5%)

9 汲んで 8 浴びたよう 4 飲まして, 飲んで 3 ぶッ, 呑んで, 引くよう, 浴びせられたよう, 浴びて

2 [20件] おあがり, かけられたよう, こぼすよう, ない, はねたらどう, ぶっかけ, ブツ掛け, 一時に, 一杯持っ, 呑みに, 塗るん, 復りませな, 持って, 汲むが, 流したよう, 湯でも, 滴らしたよう, 醗酵性の, 飲ませて, 飲みに

1 [130件] あった, あびるし, あぴたように長国, ある, あれば, いいのに, いい湯, いけぬ色, おくれ, お前の, お氷, かきくぐりそして, かけたらしく濛々, かけて, かけられてるやう, かけられるやう, かぶったみたい, かぶって, くらえ, くんで, こういう時, こうひっきりなしに落ち, すくって, その量, ちっと汲ん, とても見過ごし, ない同じ, ない空, なかった, なかつた, なく土, なく河川, なければ, なめるやう, なんでも, のむかね, はいって, はじき込まれたよう, はねるやう, ぶつかけ, ほしいと, やって, よい, よければ, ガソリンでも, コツプを, チョコレートでも, ドンと, 一たらし, 一つ上げましょう, 一口お, 一口飲もう, 一度しぼり直し, 一杯, 一杯人に, 一滴得られたら, 一荷頼まれた, 上げようかい, 下さい, 与えて, 人を, 出て, 可い, 吐した, 呑ませば, 呑ませるとか, 呑みしもの, 呷るよう, 喰らえ, 増えると, 増せば, 好い湯, 好ければ, 如何とも, 小川でも, 平気で, 彼を, 御玉杓子の, 打ちあけるよう, 打ちましょう, 打っかけとけ, 打つかけて, 打つて, 打ッ, 探してから, 栓を, 構いません, 構はん女房の, 洗うこと, 流しこむよう, 流れる所, 浴せられたよう, 浴びせるよう, 浴びせろ, 浴びたここち, 浴びたやう, 浴びた心地, 渇くに, 湛えたよう, 潮水でございます, 灌ぐとこかも知れない, 無いらしかった, 眺めて, 良い酒, 落ちて, 落ち込まぬよう, 見たならば, 詰めたよう, 貰いたいと, 貰おうかと, 貰おうと, 貰は, 走って, 足へ, 輕業でも, 進げナ, 酌み合って, 電気でも, 飮みたいが, 飮むかい, 飲みとうは, 飲むか, 飲むつもり, 飲むよう, 飲む覚悟, 飲め, 飲めと, 飲めば, 飲もうかしら, 飲もうと

▼ 水~ (185, 0.4%)

62 のほう, の前, の居間, の若党儀作, はまた, 正清の

1 [167件] あわてふためいて, いかにもありがた, から使い, がうやうやしく, がただ, がひきとった, がびっくり, がほんもの, が上, が二人, が何より, が前, が受け, が大, が平伏, が早業, が殿様, が答えた, ことごとく飽き, このあいだ妻恋坂, じゃ, すこしもさわがず, せいぜい一藩, そのほか, その発願奇特帳, その白髪頭, そんなこと, ただ一人, だ, だんだん下卑た, ちょっとここ, であと, でご, という人物, とそろ, とただ, とのあいだ, とは何, と佐分利五郎次, と大, と対馬守, なかなかどうして芝居気, などの姿, などはなかでも, なにしろわが国, にきい, にもすぐ, に近づき, のあと, のおっしゃる, のどなり声, のはからい, のまえ, のもと, の主従, の二人, の低, の命令, の声, の姿, の家, の必死, の案内, の独悟剣, の空い, の言う, の言った, の言葉, の鉢, は, はあわて, はうれし, はおどろいた, はお株, はかしこまっ, はかたわら, はこう, はこけ, はここ作爺さん, はしばし, はじっと, はすぐ, はすっかり, はそう, はそこ, はそっぽ, はその, はそろ, はそんな, はにこにこ, ははじめて, はひ, はまだ, はまっ, はまるで, はイヤ, はギョッ, はケロリ, はソッ, はツルリ, はホット, は中途, は主君対馬守, は余, は化けの皮, は即刻, は口, は口説き, は叱咤, は喜び, は図星, は声, は夢中, は大声, は必死, は指, は操り人形, は横手, は機, は決然, は知らない, は立ち木, は笑っ, は答えません, は袴, は言いよどんだ, は記入係, は象, は顔, は首, は首筋, は鼈甲縁, ひどくいい気もちそう, ふるえる手, へ斬っ, へ膝, またぽんぽん, また始めた, まだやってる, まだ早, もうまるで従者, もたちまち, も横, も答えません, や庵原将監, より言いつかった, をおしのける, をかえりみ, をひと, を兄対馬守, を呼び出し, を水野隼人正, を目がけ, を見やる, 主従には, 大きな欠伸, 大之進, 政成である, 早々林念寺, 正清じゃ, 正清拵えは, 気に入りの, 目ざして, 老人である, 聞きあきて, 自分の, 首を

▼ 水には~ (169, 0.4%)

6 いって 4 いるの 3 いったり, 大きなぶち, 馴れて 2 いること, いると, 上下の, 何も, 入らず紫雲英田, 妙に, 水車が, 舟陸には, 菖蒲が

1 [132件] あらず, あらずかし, いっこうに引き上げる, いっても, いつたから, いつて, いつでも, いまどきまったくたいした, いられると, いる, いる仕事, いる場合, おくれがち, かつて彼, ことごとく毒, すなは, そう思われ, そう思われなかった, それが, それだけの, そんなよう, ぢらふ, ない, ひり菊子, ひると, ひれば, まだ学者, まつて, みぞかくし, やはり都会, わからない, アケロンテの, ボウトと, レモンが, 一片の, 一種の, 一見莫迦気, 不自由を, 乏しくとも, 二人の, 仄かな, 何か, 何故か生気, 何時でも, 使いがたい, 光る水, 再び落着き, 前もって三本, 勾配が, 及ばないけれど, 同じく黒い, 城市の, 夥しく鋸屑, 大丈夫だ, 天意ある, 孑, 宿って, 寒い風, 帆の, 年中苦労し, 弱い, 強いが, 心残りの, 思われるの, 恵まれない国, 意味が, 意気地が, 慣れぬ君, 抑揚さえも, 新式の, 新舞踊, 星が, 木の, 桜花の, 棲みつけぬであろう出て, 此れ, 死んだの, 残念でならなかった, 毒を, 気を, 水の, 泳ぐべき少し, 流して, 浮かないの, 浮かんで, 溺れなければ, 澄江の, 濡れて, 火かげも, 無数の, 瓜の, 生気の, 痛々しい疲労, 白い小犬, 白い建物, 破船の, 秋の, 稜無けれ, 紅白の, 罪を, 腐えた物, 臨まず却つて空, 船唄駅路には, 船唄驛路には, 良く解ける, 色が, 落ちたけれども, 落ちなかったそう, 落ちなかつたさ, 落下の, 落葉が, 蘆の, 蘆萩の, 蠑, 蠣船も, 見るからに, 親しみを, 話して, 足は, 逆わ, 達者な, 酸素や, 雲の, 青空が, 音あり, 頗る強い, 馴れ切って, 魍魎が, 鮎が, 鮎の, 鵜が, 黒い青い苔

▼ 水~ (165, 0.4%)

4 森や, 空なる, 薬を 3 がらんと, 三角点の, 空気の, 空気や

2 [16件] その他の, みちたる, 入江の, 土や, 天なる, 寒気などにも, 曇れ空, 水の, 水や, 火の, 牛乳や, 空気が, 空気は, 薬の, 長沙, 食料を

1 [109件] ありや, えさを, お茶を, お茶ジュースなどの, お酒, からい水, こいみんなぼく, その上, それから先, な来, またたびを, ものの, スリッパや, ハンモックなども, パンなどを, 三田村さんも, 三角標の, 不透明の, 京の, 人魚その, 何か, 何かに, 倒さま, 僞り, 冷し水, 刈萱道心の, 古い蓆, 台所の, 同じよう, 君の, 固体の, 土を, 壁の, 季節に, 小川の, 山腹を, 岩と, 干板, 広々した, 御札や, 手拭を, 方正や, 日光について, 木を, 村千鳥, 松田元長などと, 植木の, 死の, 水なる, 水を, 水化物, 氷の, 氷も, 氷を, 河という, 河原の, 泥などの, 洗い流しで, 湯が, 滝の, 瀬に, 火に, 火よりも, 火消ぢや, 炭酸瓦斯は, 燃料の, 燃料は, 牛乳へ, 田野や, 白砂と共に, 百雷臍を, 石鹸や, 秋の, 空, 空という, 空を, 空氣や, 簡単な, 糧食を, 綿の, 線香を, 肥料の, 自然の, 舟が, 芭蕉雪見の, 花で, 花見船, 草は, 草叢に, 蒸気の, 薪丸太を, 薬などを, 薬品を, 蘆を, 處處の, 道には, 酒で, 雨雪を, 雲といった, 雲や, 青い山脈, 風に, 風の, 風や, 食中たり, 食料が, 食糧品でも, 飯を, 鳩渓平賀源内などが

▼ 水~ (149, 0.3%)

20 水だ 54 いい茶, まりの 3 か石, のを 2 から高, が附近, つて, といふ, な, まりが, もの, 彼は, 朝早く

1 [92件] あの赤壁, お前の, からころべ, からせっかく, からミズ, から使えない, から冷, から召, から大変, から拝ん, から濁っ, から飲め, か分らねえ, か涎, か湯, か路, か酒, がいよいよ, がう, がしまいに, がねえ, がアレ, が川, が生温, が竜, が終戦, が背中, ぐっと飲ん, けれど酒, この洞穴, これや, しあぶりだし, そうでございます, ぞ, つたからな, つたさうな, つたのは, つた山の, つて大が, つて西の, でねえ, で介抱, という, という一事, という伝説, という部分, といえ, とさとる, とは気がつかず, とよ, と云っ, と千グラム, と喚いた, と彼, と思え, と思っ, と思ふ, と思ふだらう, と水, と無駄, と知れ, と答えたら, と言, と鉛毒, なあ, などといずれ, なんて偉さうな, なア, のが, のと, のの, まりには, まりをよけながら, みんな逃げろ, ものね, もの何が, よ湯灌, らいを, わ, アヽ旨え, ヨーッ, 何でも古, 信玄は, 喃, 指を, 滑りや, 皆手を, 空っ風だ, 竜吐水だ, 腹いつ, 近いところ筋違橋外, 飯よりも

▼ 水汲み~ (128, 0.3%)

6 に来た, に行く 4 をし 2 などとは縁, に, にゆき, に出た, に出掛けた, の難行苦行, 場に, 場の, 隊の

1 [94件] から帰っ, から帰つて, から稽古, から草履取, が主, が初, が厄介, が手桶, ぐらいで, だけに使用, ては流す, て急ぎ, て笊, でもし, で一頻り, と出かけた, と呼ぶ, と朝食, などをやった, にいった, においで, にでも出, にでも雇っ, にと谷川, になつ, にはやらされなかつた, にぼい使われ, にも行, にやって来ました, にゆく, に井戸, に來, に出かけた, に出かけます, に出した, に出よう, に出掛ける, に川, に当る, に往く, に往来, に来る, に行, に行け, に行った, に行つた裏, に谷川, に追い使われ, に降り, に降りた, に集る, に駈けだした, のついで, の主, の人夫, の人達, の仕事, の労力, の手伝い, の文, の決死隊, の石油鑵, は僕, は疲れ, は足袋, または片付け物, までさせ, までをやっ, もやれ, もやろう, やら家, や柴刈り, をさせられました, をした, をしてやった, をする, をやっ, をやらせ, を御, を見つけ, 何でも, 使い走り身の, 凧, 場から, 場を, 場水使い場の, 妻は, 小僧であった, 或は火焼き, 拭き掃除便所の, 薪割り絵本の, 車を, 隊が, 隊は

▼ 水~ (121, 0.3%)

7 をさげ 5 の水, をおろし 4 の中 3 の底, を提げ 2 の柳絮, をかつぎ, を背負っ

1 [88件] ありて, から杓, から水, から汲み出し, があっ, がかかり, が二つ, が体, が動かなくなった, さえも定か, さげて, じゃ, だとか, だのお鉢, だの蠅帳, でこれ, では狭く, でもひつくり, で何度, で家, とが用意, とを持ち出し, と三つ, なぞ持った, などをかつい, にあけ, にうなづき, には厚氷, には新しい, にひしゃく, に手足, に柄杓子, に水, に真新しい, に眼, に移す, に縛りつけ, のうしろ, のところ, のなか, のまわり, の下, の代わり, の側, の支度, の柄, の竹柄杓, の裏, はいただい, は本陣, は煙筒みたい, へ汐水, もかつげ, やさまざま, やはんぶん, や如露, や楫柄, や瓜, をおい, をおろした, をこしらえ, をとりあげる, をど, をになつて汐水, をのぞき, をひつくり返し, を倒し, を備, を備えつけ, を引き摺っ, を担つて, を担つて坂, を持たせ, を持っ, を持った, を提げず, を提げた, を携つて会堂, を携つて會堂, を結いつけ, を置, を脊負つて, を荷担, を言いつけた, を造らせ, を運ぶ, を重, 倒れ水

▼ 水にも~ (110, 0.2%)

2 ぐったりする, 似て, 何の, 自在の, 鼠色の

1 [100件] あたらず安之助, ありつけないが, いっちょうらです, おかされずいま, ぐつたりして大きな, ぐる者おお, こまるだろうし, しみひとたび, しようか, せよ金銀, そこに, それが, それは, それを, ならねえあの, ぬれずにおいて, ほとんど気, もはやあの, われなけなく, 一寸味が, 一息つける, 一粒の, 上り下りの, 事欠くこと, 事欠くであろうと, 其の証拠, 南蛮渡来の, 南蠻渡來の, 又毒, 同じく新春, 吾無, 囀づる小鳥, 困りだした, 困りぬいた, 困るやう, 土手にも, 地にも, 如かぬ場合, 嫌われ火, 岩にも, 強くなっ, 役立つたの, 彼の, 感謝し, 数多の, 明るく届い, 映って, 映つてる, 映らず山, 映る, 春の, 樹にも, 残って, 没り, 泳がず赤蛙, 浮べず, 浸るので, 満つる時, 溶かさないで, 溺れずピン, 溺れず爪, 溺れまい, 潜み居ると, 濡れず火, 濡れて, 濡れなかったの, 火にも, 犬の, 痩せが, 真心が, 眼大事は, 知らせません, 石にも, 確かめましたが, 秋色は, 空にも, 等しい, 等しい血液, 紙の, 色が, 花の, 花は, 藪にも, 親しんだ, 言葉にも, 言訳が, 詩を, 路面にも, 躍り入るべきは, 遠くなる, 錯乱した, 鐘を, 陽ざしにも, 雲が, 電撃にも, 飛びこもう牢屋, 飛び込んで, 飛んで, 飛込める, 食べるもの

▼ 水~ (82, 0.2%)

5 の種 2 のよう, を食べた

1 [73件] か何, がある, がいります, がいりますち, がよい, が少ない, が食いたくなった, くらいはあります, ごろりと垣, した, したたる, たべさせて, だけでなく, だね, だ誰, である, ではなく, などない, などは殆, などを買っ, なら食え, にあたらない, のえら, の底, の意, の意味, の汗, の湯槽, の皮, の腹, はあるまい, はごろりと, は九月彼岸前, は名物, は未熟, は話しこん, ばたけ, もあります, もいただけます, をか, をかついだ, をことごとく, をさがし, をたべ, をたべた, をどっさり, をはじめて, をもっ, を一つ, を一つ無心, を上げ, を並べ, を二つき, を二人, を冷やし, を分け, を割った, を売り, を山盛り, を截, を打, を持っ, を持つ, を探した, を畑, を白い, を窃, を約束, を買う, を買っ, を食い, を食べる, を食わせず

▼ 水という~ (74, 0.2%)

8 ものは 5 のは, ものが 3 字を 2 水が, 水は

1 [49件] お侍, ことであった, さむらい, のが, のこそ, のよ, のを, ものから, ものの, ものを, やつだ, やつは, ような, 二人が, 何かの, 侍, 冷たい泉, 匿名で, 号を, 名前も, 坊さんが, 士は, 奴危険至極の, 字が, 存在者が, 小さな池, 層から, 敵が, 敵に, 文字の, 易者がよ, 有様で, 本体そのものの, 武士が, 武士は, 河へ, 浪人者で, 清水が, 清水によって, 牛屋の, 物質が, 眼薬を, 禅話が, 薬で, 見さだめにくい, 認識作用さえ, 鏡の, 頭の, 題まで

▼ 水いろ~ (66, 0.1%)

3 の, のそら 2 ぎぬの, なせる, のペンキ塗り, の上着, の着もの, の薄明穹, 川の

1 [46件] あはき, ちり緬の, とか, にあかるん, にあけ, にかわいた, になっ, によこた, に光る, に塗られた, に明け, に明るく, に残す, に煙る, のうすい, のみぞ名残, のみぞ名残り, のも, のやや, のタイト, のワイシヤツ, の乳熟すぎ, の哀愁, の夢, の天, の宵風, の封筒, の小さな, の影, の水, の波蘭婦人服, の湯巻, の湯文字, の空虚, の籾, の絽, の繻子, の莢, の葉筒, の蒼空, の袴, の過去, をし, 紗の, 縮緬の, 駅

▼ 水との~ (66, 0.1%)

7 間に 3 中に 2 審美的関係を, 混合物から, 縁が, 闘いが

1 [48件] さわがしい混淆, なまめきに, ほかには, まつしろ, まんまんたる, コンクリートは, 一行な, 中で, 中間に, 争闘である, 代りに, 公園日光が, 割で, 医すべき, 反映を, 合流点から, 四囲の, 境を, 大なる, 奇遇を, 如く清潔, 実物が, 恋は, 接吻を, 支那風の, 旅を, 沈黙によって, 混合物が, 温度の, 爭鬪である, 相違だ, 眺望あり, 系統の, 約束を, 細路で, 缺乏と, 美しい河原, 融合した, 親属関係, 豊かなる, 賭に, 距離が, 間には, 間を, 関係である, 関係の, 闇が, 黙劇を

▼ 水ばかり~ (65, 0.1%)

18 飲んで 3 だ, であった, では, 見て 2 である

1 [33件] がぶ, じゃぶじゃぶかけ, じやぶじや, すなわち木曽川, だつた, であると, であろう, でただ生, でなく清澄, でなし, で島影一つ, で掻くと, で生きて, で生きられる魚類, で白い, で空気, で胃の腑, で駄目, なんで, な広い, のむ風, 何の, 冠つ, 出て, 出るの, 召し上がって, 呑んで, 浴びて, 眺めて, 飲みたがると, 飲みて, 飲むもの, 飲むよう

▼ 水~ (62, 0.1%)

6 ひ場 3 何か 2 ひば, ふ岸, ぶりで, 何かの, 湯か, 霧か

1 [41件] あるいは他, あるいは白湯, いやそれ, え, えを, がらんと, こぼれ落ちた, ざっと鳴る, そこまでは, そら水, とにかく来るべき, ひも, へる, よどむ, わが文章, アーッ, トプン, 何かで, 何ぞの, 冷水を, 土か, 才磨か, 枯れし木, 水か, 水よりも, 汗の, 油か, 湧き水か, 湯かが, 湯に, 火か, 真白な, 知らずごうごうと, 硝子の, 自分が, 芝生か, 薬の, 酒かを, 非ず, 願えたら茶, 飲む水

▼ 水~ (62, 0.1%)

7 の中 4 より 3 に歸, のそば, の傍, をさして 2 のかた, のほとり, のほとりアカイア, めざして

1 [31件] とに勇士, とを訪, とヘルレースポントス, になだれ, に到る, に向, に急ぎ, に敗れ, に沿, に送らしむ, のほとりヘクト, のほとり一切, のほとり戰, のほとり控, のほとり斃, のほとり涙, のほとり足速, のもと, の前, の卦, の左翼めあて, ほど近く攻撃, めぐりて, よりパトロクロス, より攘はん術, より敵, より退く, を痛く, を立ち出で, 防ぐこと, 離れて

▼ 水~ (61, 0.1%)

7632 さして行かん, のほとり, の傍

1 [39件] いかに退くべき, さしてプリアモス王, さして使者, さして歸, さして立ち, さして行き, さして訪, さして走らしめ, さして退くべし, さして退けり, さして逃げ走り, さして進ましむ, と陸營, に偉大, に勇士, に君, に持ち去る, に搬び, に追, に退く, に集, に飽く迄, の一帖, の中, の偵察, の図, の壘壁, の線, は凄き, へ退いた, めがけ馳, をさし, をさして, を据, を立ち出で, を訪, を防ぐ, 指して, 過ぎて

▼ 水より~ (55, 0.1%)

2 冷たかった, 出で, 前に, 外には, 温いと

1 [45件] あげぬ, いづる, いでたり, かこの, さしの, しづかな, つめたくなか, よいと, 一層すみやか, 一度だけ, 上り來りし, 低いん, 其鳳雛を, 冷たけれ支那, 出して, 地より, 大亀, 寒く庇廂, 差別すべき, 強くどしどしどしどし, 得たるは, 成りたえず, 成ると, 日向が, 暖かかった, 木を, 来って, 比重が, 淡き, 淡き空気, 湧きし水の泡, 湧く匂, 現われて, 發し, 白雲と, 稠密で, 舟舟より, 袖海に, 躍り出で, 軽いから, 速に, 遁れ出でし, 遠距離なる, 鉄砲の, 高きこと僅

▼ 水司又市~ (53, 0.1%)

5 と云う 3 と申す 2 でございますから, と申します, を敵

1 [39件] あーア何, がぶらり, が又, が悪念, が深川, じゃア, だが, でお山, でございますか, でございますそれから, という人, と仰しゃいます, と出遇いまする, と惠梅比丘尼, と私, と聞きました, に一刀, に似た, に出遇っ, に逢わんけれ, の二人, の横っ面, の永禪和尚, はぐう, は一人, は中, は今, は以前高田藩, は十三歳, は十方でぶ, は恋, も眼, も驚い, も驚いた, を取押えよう, を捜し, を捜し出し, を捜す, を討たんけれ

▼ 水とを~ (52, 0.1%)

2 伴ひ, 加えて, 有する頗変化, 服用する, 運んで

1 [42件] あわせて, したたらして, たべて, もって, もつて, 一処に, 与えて, 供給する, 入れるのに, 別々に, 劃する一線, 劃する力強く, 加え大きな, 合せて, 呑めり, 哀願した, 嫌ふ, 小屋の, 少し入れ, 得るため, 思い起させた, 承知し, 持って, 持つて, 接触させ, 携えて, 携へて, 楽しまんため, 樵人が, 注しますし, 混合せしめる, 用意し, 絞って, 蜘蛛の, 見つめて, 見ました, 観た, 農夫に, 配合した, 間違えでも, 集めて, 食ひ

▼ 水~ (50, 0.1%)

19 下サイ 2 求ム

1 [29件] クム, クムニユクノ, クレイ, ナガメテヰル, ビール瓶ニ汲ミ, 乾カシタノデ池ノ, 供エル穴トヲ穿ッテアルアノ形式アレハイカニモ平凡デ, 割リ微温湯ヲ, 加フルガ如ク彰, 含マセ碑面ニ白イ紙ヲ, 呑マサレタ気ガシタヾケダッタ, 呑ム, 得タル幸運ニ際会スルコトヲ得テ本誌ハ為メニ蘇生シ今後続々, 断レバ水更ニ流レ杯ヲ, 求メテウメク, 注ギ, 浴シテ先, 浴ビセルヨウナ皮肉ナモノガアッタ, 浴ビテ金比羅ヘ, 渡リ又, 渡ル, 澆ゲバ能ク活スルコトヲ知ラザレバナリ, 盛ルニ方圓, 睨ンデ, 睨ンデイタ, 見ツメテオリマス, 逐フテ流ル, 運ンデ, 隔テテコレヲ聴ク

▼ 水滸伝~ (48, 0.1%)

3 のよう 2 がある, だとか, の一節, を前, を開い

1 [35件] それから御家騒動, だった, だつた, だとさ, である, とは思いきっ, ともいわれる, と云, と商売, にある, には槍, に出, に思え, に近く, の, のごとき, のだんまり, のやう, の中, の向う, の如き, の引き, の引写しぢ, の翻訳, の花和尚, の花和尚魯智, の話, の麻痺薬, は一名, は以上, を作つて, を描き, を読ん, 平妖伝等, 第一章

▼ 水蒸氣~ (48, 0.1%)

2 が立つ, の中, の尾

1 [42件] がさかん, がたてこめ, がちら, がぼう, が丁度, が小田原口, が忍び足, が流れ出した, が立ち, が立つた, が纏う, が見渡す, が鍋, が風, たてこめる中空, でも風, となつ, と天ぷら, にぬれ, に包まれ, に峯, に與, に飽滿, のない, の多い, の幕, の樣, の湧く, の白煙濛々, の立つ, の美觀, の變換, は一郷, は冷, は勿論, は森, は疾風, より成れる, をもっ, を含んだ, を多く, を拂拭

▼ 水かけ~ (45, 0.1%)

12 論に 5 論で, 論の 3 論だ 2 て雫, まん

1 [16件] てすすぎし, てをる, てー, て消した, て白牡丹, て紅き, の口, 祝ひ, 祝ひと, 論が, 論さ, 論じゃあねえ, 論とち, 論は, 論を, 論説を以て

▼ 水さん~ (45, 0.1%)

2 その障壁, に渡し, に留められ, やっとこれ

1 [37件] あのあのラジウム, あの鎖, いったい本, から聞かせられ, が一緒, が恋しい, この夢殿, この方, その司教, その幻, その空気, それでは人違い, たしかあれ, たしかに父, つくづく今度, であって, とにかく見え透いた, にああ, に吟味, の, のご, の婚礼, の弟, の御, の新釈ハムレット, の方, は奥さん, は行燈, まだ現われ, やせなに, を知, 下らん妖言浮説, 与えられたもの, 困まり, 実は艇内, 永い間費, 聴けば

▼ 水では~ (45, 0.1%)

7 ない 4 ないか 3 あるが, なかった, なくて 2 ない心

1 [23件] ありましたが, ありません, あるけれど, いくら蹴, だめだ, どうにも, ないぞ, ないので, ないよ, ない小, ない酒, なく一時, なく或, なく深淵, なく陣十郎, 一人や, 吾妻川の, 無かった, 睦じからず, 石鹸も, 美味うない, 足らぬと, 近処

▼ 水~ (45, 0.1%)

2 により, のいと, の立つ, を含んだ, を帶びて

1 [35件] がこもつ, がない, が乾いた, が來, が充ち, が沁み, が注ぎ込まれる, が玉, でぐっしょり, でしつとりして, にふくらん, に和らげ, に濡れ, に逢, に隔て, の厚薄, の幕, の曇り, の薄らぎはじむるころ, の補, の類, はいと, は四方, もしみ出さない, をと, をとる, をふくん, をふくんだ, をもつた, を一ぱい, を取つ, を含ん, を好む, を病める, を衷

▼ 水狐族~ (45, 0.1%)

5 の部落 2 と呼ばれる, の群, の長久田

1 [34件] が四人, が深, が祟るなら, こそは祖先以来, だか, であろう, との闘争, と信者, なら祟る筈, なるもの, に対して敵対, に対する敵対, に相違, に祟られた, のこれ, の呪詛妾, の咽喉, の女, の妖術, の娘, の巫女, の怪殿, の手合, の男女, の祖先, の祟り, の秘密, の胸, の遺訓, の長, は四人塊, も恐ろしい, も死骸, を深

▼ 水明り~ (43, 0.1%)

2 で結構

1 [41件] から明け, がうごい, が尖っ, が薄れ, が見えはじめた, が閃, でいよいよ, で内部, とが呉劉二夫人, とに照らされた, ともつかず, にお, にちょうど, にまた, に先刻, に吹かれる, に湖, に近い, に透かし, に透し, のする, のせい, のみでなく, のみ射し入れ, のよう, の中, の加減, の宵闇, の映る, の洩れる, の船岸, は提灯, も眼, も美しかっ, も足元, や空明り, をたより, をみる, をボッ, を凝視, を探っ

▼ 水よりも~ (40, 0.1%)

2 濃い, 濃し

1 [36件] あた, あらしに, きたない, これこそ, はるかに, まだまだ広大, まだ真っ青, もつと, 一寸の, 一層鮮, 其下に, 好きで, 季節の, 山が, 強く, 更に冽, 淡き二日, 清い, 濃いと, 濃いという, 濃いといふ, 濃いとか, 濃しという, 濃しとか, 烈しい曠初以来, 熱湯には, 甘き二つ, 直接で, 空虚な, 軽いから, 軽いもん, 速く沸, 速やかに, 青くすらすら, 青くにごった, 高くなった

▼ 水~ (40, 0.1%)

2 のよう, の群れ

1 [36件] うかべる水隱, かなぞでもゐる, がつう, がツイツイ, がニンプ, が二, が小さな, が小皺, が水流, が細波, が群, が走っ, さえ達者, で渡った, で疲れた, ともに人, に小石, に自信, に遊び, に長け, に馴れない, のとき, の刎, の影さ, の心得, の技, の技術, の競技, の術, の遊戯なぞ, の錬成, の馬陣, も日に日に, や川海老, や水泳, をやった

▼ 水~ (38, 0.1%)

7 のだ 6 んだ 3 のです, んです 2 の, のか, んでそれ

1 [13件] がせまろき, のじゃ, のだろう, のであつ, のである, ので一度, ので水勢, ので肥料分, のは, ぶりが, んだらう, ンか, ンて

▼ 水~ (38, 0.1%)

4 のやう, の美し 3 の女, よ蜿 2 のよう

1 [22件] がおそらく, が火精, でできた, でニクジー, と性別転換, と扉, と水魔, と男性, などとは似, など怖く, のお宮, の居処, の珠数, の群れ, の蕊, は, みんつちと, やばら色, や風精, を描いた, を提示, を男性

▼ 水さえ~ (36, 0.1%)

7 あれば 3 十分に

1 [26件] あらば, くさって, て, なくって, なければ, はいらねば, 動かなかった, 取りに, 呑めば, 引いて, 救の, 来るならきっと, 死ぬ頃, 流れて, 浅かれと, 浪立っ, 深くない, 湯の, 漏らなければという, 盛って, 看破る事, 自由に, 良質であれ, 蒸発し, 近頃は, 飲まず未明

▼ 水だらけ~ (35, 0.1%)

6 にし, になっ 3 になった 2 の圓朝

1 [18件] だ, だつた, でおよそ, と相成り, なので, な袖, になつ, になつて, になる, の世界, の人間, の傘一本, の子供, の寝台, の敷石, の湿っぽい, の肉, の鳥

▼ 水とが~ (35, 0.1%)

2 見る限り

1 [33件] ある, あると, うまく融け, おたがいにふくみあう, すっかり冷たく, なくては, はいつて, ますますうつくしく, もつれて, ギシギシ摩擦, 一切の, 一度に, 一椀置い, 両立し, 供給し, 備えられて, 出合つてゐる, 分かれる分水嶺, 叫ぶよう, 同じ色, 同人では, 噛みあって, 広重の, 押合う, 流れ込んで, 激しくぶつかり合う, 私を, 置いて, 自然に, 見えて, 触れて, 触れ合ったよう, 触れ合っても

▼ 水~ (35, 0.1%)

3 の内 2 を構え

1 [30件] からその, では水軍, にむすぶ, に矢たけびな, に近づい, のあたり, のほとり, のやぐら, の外, の岸, の弩, の方, の構築, の水軍, の畔, の番兵, の辺, の門, は阮, へ臨ん, へ近づい, へ近づいた, へ迫っ, や望楼台, を挟んだ, を振向い, を構築, を窺ッ, を築い, を連ね

▼ 水とは~ (34, 0.1%)

2 このこと, まだ暮れ

1 [30件] いえない一種, このなに, ちがって, つんつれ, ねえ, まさにこの, 云われない, 保護者であり, 全く縁, 全部だしました, 其最大なる, 別人でなく, 取りも, 同語, 天外の, 御飯を, 思われません, 悪くない, 成分が, 旧知の, 暫く關係, 東洋画の, 白い冷, 相性の, 相接し, 真にこの, 藍を, 話が, 附いて, 音を

▼ 水浅黄~ (34, 0.1%)

2 の帷子, の襦袢

1 [30件] だ, ちらめかいて, っぽい小紋, でしたってね, と白, などの似合い, に冴え, に冴えた, に晴れ渡っ, に沢瀉, に澄んだ, に黒, のゴリゴリ, の下, の丸い, の小袖, の手柄, の服, の橙, の水干, の油屋さん, の空, の羽織, の袍, の褄, の襟, の蹴出し, の音楽家, の鹿の子, も見よ

▼ 水~ (34, 0.1%)

3 のついた 2 の匂い, の床, も生え

1 [25件] から青竹箆, がうす, がつい, が滑, が生え, が生じ, くさい田, さびたその, でお, で美しく, で足, とだけが鉢, に魚, のもくもく, のやう, のよう, の底, の水, の生えた, の青い, をしきりに, をつけた, を味噌汁, を挾ん, を縫う

▼ 水~ (33, 0.1%)

6 の花 2 のよう, の咲い, の葉

1 [21件] がある, が枯れ, が水面, が花, が蕾, とあはれ, などという当て字, などは一種, のこと, の事, の白い, の茂った, の蕾, は今年, は晩秋, は真夏, は若葉, も浮い, や錦魚, を浮かせた, を細く

▼ 水~ (33, 0.1%)

2 ありと

1 [31件] から生じた, か蛸, があつ, がのたうっ, が実在, が少なくとも, が日本, が鱧, と話, と陸上, については一言, について種々, に掘られたであろう, に根拠, の事, の噛める, の如き, の征伐, の被害屍, の話, は人, は尾, は評判, は陸, もバエイエ人, や響尾蛇, より出たろう, らしいもの, を帶, を指した, を退治

▼ 水街道~ (31, 0.1%)

12 の麹屋 3 の方 2 から戸頭, へ参っ

1 [12件] から来た, から此方, へいらっしゃいまし, へか, へ先生, へ来, へ行, へ行かなけりゃ, へ行っ, を經, を通り, 或は大生郷

▼ 水です~ (29, 0.1%)

532 から逃げる, よこの

1 [17件] からこの, からのう, からやっぱり, から全体, から冬, から土台, か一杯, か幽, がおよそ, がねあそこ, けれど血, って, な, ねえ, ね水の手, よ, 一歩海辺へ

▼ 水~ (28, 0.1%)

3 を張っ 2 で岸, を取り上げ

1 [21件] がとぼん, でぐっと, で払われ, で掻き探る, とれ土橋, にて探り, のしずく屋根板, の遠く, は淺, をだし, を以て横, を取っ, を執っ, を張つて, を手さぐり, を押し, を押す, を捨て, を立て, を置き, を貸し

▼ 水~ (28, 0.1%)

4 の音 2 切れて

1 [22件] からし, がいつの間にか, が早く, が是処, が色, が落ちる, が退がっ, と一人, と侍女, と申す, に彼, の石, の辞, の関係, の難, はくちな, はもう, は同じく, は早く, や女中ども, や用事, を見た

▼ 水~ (27, 0.1%)

4 洟を 2 ぽい眼, ぽくて

1 [19件] ぽい, ぽいけれど, ぽいもの, ぽい南画, ぽい吸物, ぽい味, ぽい物, ぽい藥, ぽい青年, ぽくな, ぽくなり, ぽく口ひげ, ぽく甘たるく, ぽく褪めかけ, ぽつく, 氣が, 洟が, 洟も, 臭いこと

▼ 水~ (27, 0.1%)

2 しい情熱, や空

1 [23件] が, が来れ, が飲みたい, しい光, しい木星, しい耳隠し, しい青空, しい鶸色, しさ, して, ではない, という, と思っ, の流れる, はうまい, はまことに, ほどうまい, より舟, をくれい, を一ぺえ, を持っ, を早く, を飲ん

▼ 水ぶくれ~ (26, 0.1%)

4 になった 2 がし, ができ, のよう

1 [16件] がある, が痛ん, となっ, となり, にし, になっ, にふくらみ, のした, の三十郎, の不, の北六, の坊主枕, の坊主様, の按摩, の足, 二個出来

▼ 水~ (26, 0.1%)

9 の寨 2 の大, の泊

1 [13件] で, のお, の一人智多星呉用, の周辺, の宛子城, の平和郷, の草賊, の草賊ども, の蕭条, の要, の要害, の賊, りの

▼ 水である~ (25, 0.1%)

1 [25件] あゝ水, からここ, からこれ, から海, から真夏, かを一掬, か藪, がさて, が碧, ことを, ために, だいたい川棚, といふ, といふこと, とか, とは豫, と彼, と思う, と思ふ, と父母, 以上地面は, 左様と, 短汀曲浦, 等々, 電車に

▼ 水~ (25, 0.1%)

1 [25件] があっ, が渋, て置かなくつ, とし, には二つ, には粟, に在る, に届いた, の中, の水, の直径, の真中, の縁, の銀瓶, は底, は焼付, も中, も餌壺, を出し, を提げ, リヲシタ, 吟眸客身已在天涯外遮, 器に, 引分で, 引分を

▼ 水引き~ (25, 0.1%)

4

1 [21件] がかかっ, が結ん, たでの, といふの, と當番總代, のかかった, の一番, の端, の紅, の責任, は, は丁寧, は結び, は結び切り, は躍起, をかけ, をかけた, をかけられ, をし, を先, を掛け

▼ 水~ (25, 0.1%)

3 をし

1 [22件] が交された, が厭, だ, だわね, でもし, で三三九度, などをし, に毒, のみづか, の必要, の生, は済まし, は無量, も仕兼ねない, をなし, をも仕兼ねない, を交わす, を取り交した, を挙げ, を汲み合う, を百尺竿頭, を酌み

▼ 水だけ~ (24, 0.1%)

4 飲んで 2 だ, では, 汲んで

1 [14件] あつて, いただくわ, だったと, だと, であったが, である, でさえ, ですね, でないこと, でなく雨水, 供へて, 喰うので, 外側へ, 崖の

▼ 水なき~ (24, 0.1%)

2 ように, 花の

1 [20件] ためかほど, に舌鼓, の地, もの多し, を以て更に, を患うる, を欠点, バッキリオネの, 井戸の, 処に, 小谷斑岩の, 広原に, 所を, 故なり, 沢を, 河中に, 河原を, 消防は, 畑に, 處に

▼ 水まで~ (24, 0.1%)

1 [24件] そろえて, ちょいと, なくな, 一寸, 借りて, 兵を, 分解作用を, 取って, 同じ厚, 呑ませやが, 届かないで, 引き入れて, 打つて, 来ると, 汲みに, 汲み込んだ樽, 涸れて, 減らして, 澄んで, 熱くなっちゃった, 燃えて, 紅くした, 腐りかけたと, 迫って

▼ 水~ (24, 0.1%)

2 は占領

1 [22件] に残し, に逃げ帰っ, のほう, の下, の大, の守り, の守備, の攻撃, の救護, の敵, の方面, の正面, の第, の鎮国寺, へと進発, へは孫堅軍, へひとまず兵, へ下っ, へ向っ, を占領, を固め, 御溝

▼ 水くさい~ (23, 0.1%)

3 じゃない 2 ことを, と思う, 方ね

1 [14件] かすが, こといいなさん, ことは, こと仰っしゃ, しうち, ぞよ, な, なア, のは, もので, んじゃ, 態度を, 社と, 秘し

▼ 水といふ~ (23, 0.1%)

3 のは 2 ものを, 侍は

1 [16件] ともみな, のが, のも, ものが, ものは, やうな, 事も, 人が, 人にも, 人は, 処を, 坊さんが, 有りとい, 水を, 立派な, 隠れた俳人

▼ 水なら~ (22, 0.0%)

1 [22件] あたいいいえ, きっと凍っ, この水差し, こんなに早く, そのヤカン, それそこに, ながいあいだ, ばうち, ぼくが, まきどころが, まだしも炭, わしが, んこれ, 二階の, 井戸へ, 厩舎に, 大丈夫です, 好きだ, 客には, 決して浸る, 苦は, 踵まで

▼ 水~ (22, 0.0%)

1 [22件] から湯呑, が空, といふ, として使, として酒器, と支那, と漱茶碗, と硝子杯, には何千, によく, に何, のなか, の中, の水, はたいして, もこ, や花瓶, や茶わん, をそっと, を取っ, を取るべく起き, を稽古用

▼ 水泳ぎ~ (22, 0.0%)

4 をする 2 をし

1 [16件] ができる, など一度, にさえ出かける, にふけった, に出かけた, に行, に行った, はご, はせず, はできないだろう, もできた, も非常, や水潜り, をさせる, をすれ, を致し

▼ 水~ (22, 0.0%)

1 [22件] がぱらっと, がもうもうと, がビーカー, がポタリ, が夕立降り, が浮ん, が湖面, が空, が笠, が透け, だ, でありそして, となる, と夕陽, にふさがれ, の怒, の疾風, は一度, は早く, は睫毛, を同質, を次ぎ

▼ 水だけは~ (21, 0.0%)

2 他に

1 [19件] この娘, しじゅう変っ, じつにたくさん, すこしずつ, つてある, やっと出口, 今も, 千里を, 及ぶかぎり, 地球から, 案内の, 殘し, 水屋の, 決して乾かぬ, 筧から, 自然が, 飲まうと, 飲まずに, 飲めるそう

▼ 水と共に~ (21, 0.0%)

2 流れて

1 [19件] ゴックリの, テームズを, 三度これに, 下って, 吹いて, 尾瀬ヶ原の, 延びたり, 毒も, 流れきたった, 流れねば, 湯気を, 田畑へ, 碧し, 神楽坂演芸場へ, 蕭々と, 谷間も, 送られて, 里近い, 鉄橋を

▼ 水~ (21, 0.0%)

1 [21件] では宋江, で古風, で盛大, といふ, とかいう二階造り, に, にて, になさいませ, に住まん, に在りし, に坐し, に訪れける, の感じ, の欄干, の灯, へはもどった, へもどった, へゆき, へ押し出そう, へ招いた, を出た

▼ 水とも~ (20, 0.0%)

2 知らず地平, 見えない

1 [16件] いえない土地, つかない薫り, なろう, に擂鉢, まじらずまた, 余り変っ, 充分熟知の, 光琳水とも, 取れるし, 川とも, 思わぬこの, 捌けない液, 若水とも, 見分け難き, 譬えかたなく, 霧とも

▼ 水など~ (20, 0.0%)

2 汲んで

1 [18件] あっという, ありッこ, あるもの, いろいろに, さしあげて, ほしくない, やりたる秋さんさ, やる, 供えて, 入れて, 割って, 呑まして, 少しも, 打ちそそぎて, 運ばせましょうわいな, 飮まつせ, 飲ませて, 飲まなくても

▼ 水一杯~ (20, 0.0%)

1 [20件] ぐらい平気, ささげる者, ですむ, といっ, と一切れ, と牛乳一杯, の御用, もあたえられず, も口, やりは, を持つ, を白, を誰, を飲め, 下んせねえ, 呑ませで, 持つて, 振舞われずに, 飲まないで, 飲めなくなるから

▼ 水下駄~ (20, 0.0%)

9 を突 4 を突っ 2 を穿い 1 だ誰, で現に, の跡, の齒, を履い

▼ 水入れ~ (20, 0.0%)

2 て深く

1 [18件] その経, だの巻紙, て, と壺, と洗面器, に付いてる, に差し, に赤墨汁, のやう, のよう, の中, の水, の水鏡, の石油缶, も昔, や金, を肩, 柄目釘の

▼ 水~ (20, 0.0%)

2 から五六間, すれ, に何やら

1 [14件] からちょっと, から一寸下, で主人, とのちょうど, にすれすれ, に赤い, へすれすれ, までは四間あまり, まで桃, まで高, をいま, を慕, を慕う, を見入つて

▼ 水~ (20, 0.0%)

2 をわたり行く

1 [18件] がすき, で今夜, にいたる, には珠數草, に居る, に相, に立つ, に立てられた, に立て連ね, に親しむ, に近寄らず, に迫り, に長, の宿, の都市, の重い黒い, を歩む, を迷

▼ 水ある~ (19, 0.0%)

2 所を

1 [17件] がため, が如し, ことに, ことを, ところ湿気無き能わず, のみ, のみである, の理, ように, 上には, 処ありき, 処に, 所に, 橋の, 泥地に, 處には, 谷の

▼ 水いらず~ (19, 0.0%)

3 の生活

1 [16件] で仲よく, で働け, で向きあっ, で暮し, で雑誌, で飮ん, という趣向, な話, にし, にすむ, に暮したい, に楽しん, の方, の楽しい, の楽土, の気持

▼ 水ムシ~ (19, 0.0%)

2 だね

1 [17件] がさ, というもの, ともなれ, と同じ, によく, に悩む, に悩んだ, に於, のこと, の域, の如く, の妙薬, の張本人, の御, は時に, よりも先, を退治

▼ 水出し~ (19, 0.0%)

3 のこと

1 [16件] が二人, が奉行所, が最も, が証拠品, などは甚, は煙管, は物置, は買いました, をくれた, をどう, をね今, をもてあそぶ, をもてあそんだ, を他人, を作った, を買っ

▼ 水~ (19, 0.0%)

2 である, の門

1 [15件] での作, で聞かれ, に一夕, に出, に宿る, に淹留, のサロン, の嫦娥, は洋風, は降る, へ出, へ同行, へ私達, へ著い, を辞し

▼ 水あり~ (18, 0.0%)

2 て四方

1 [16件] て下流, て京染, て人, て流, て空気, て緑, と疑う, どこにでも, 北に, 水中に, 油堀と, 紅紫と, 草深に, 藪の, 隱家の, 飯あり

▼ 水とに~ (18, 0.0%)

1 [18件] ありつくこと, たとえて, とらへ, ほひと, 借るべきであると, 分離し, 別れたり, 向かわねば, 執しない生活, 恵まれた細長い, 挾まれたる一帶, 浮き遊ぶ, 潤されて, 濡れて, 照り明, 照り明つて, 祟られたので, 響き合いも

▼ 水にて~ (18, 0.0%)

2 洗えば

1 [16件] ときのむべし, よく泥, 冷やさば, 守護を, 手足を, 殺せしに, 洗い去れば, 洗い清めたり, 洗う, 洗ひ落せ, 清め第, 臨風子に, 茶を, 谷崎氏辰野氏及び, 迎ひ, 銭を

▼ 水~ (18, 0.0%)

1 [18件] からやはり, がある, だった, であるじ, にのみゆだぬべき, に入れ, に出, に坐りきれぬ, に帯, に集まった, の一卓, の一室, の別, の夜, の景, の玉池, の簾, へもどっ

▼ 水~ (18, 0.0%)

1 [18件] が見当, この事件, この奇妙, この局面, この結論, この胡桃形, この自殺, この超, そういった種類, そうなる, そのとうてい, どの場面, なんという, 仮令ば, 元来僕, 分ったやっと, 実はさっき, 高さ

▼ 水独楽~ (18, 0.0%)

1 [18件] かれの, がまわらない, がブン, だ, というの, という珍しい, とか何とか, にあらぬ, の持主蛾次郎, の曲廻し, はすなわち, まわしの, をあたえ, をふところ, をまわし, をめいめい, を愛する, を空

▼ 水~ (18, 0.0%)

9 の六蔵 2 と云 1 がいまし, というの, などにも同じ, に雇われ, の六蔵ともども大野木村, の六蔵どん, の小者

▼ 水~ (18, 0.0%)

1 [18件] から始まり, が暗中摸索, が網龕灯, なり, に不利, に後見, のため, の意見, の殺菌消毒, の諸氏, は伸子, は何人, は墓地, は広間, は階下, より強い, を担い, を極刑

▼ 水西荘~ (18, 0.0%)

1 [18件] が安藤, ともいった, と称す, にあ, にゐた, に住み, に寓, に山紫水明処, に来り宿した, に生れた, に遷, に馳せ, の地, の水仙花, の玄関, は後, へ逢い, を安藤

▼ 水調子~ (18, 0.0%)

2 の玉菊, を弾く

1 [14件] から意味, が植えこみ, が聞えた, この玉菊, で揚屋町, の三味, の音, の音色, もどこ, も聞こえ, を持っ, を洩らし, を聞き惚れ, を聞く

▼ 水とで~ (17, 0.0%)

2 生命を

1 [15件] いっぱいだった, これに, すまして, 一切万人に, 一杯に, 出来た自分, 捏ね固めて, 暮らすの, 水気が, 煮て, 營養物を, 生きて, 練り固めるので, 美味しく煮, 饂飩位な

▼ 水なんか~ (17, 0.0%)

2 いくらでも

1 [15件] あっては, あなた会場では, いいけれど, いっぱい汲ん, いらないよ, どうでも, ひどい水, ブッ掛けた, ブツかけた, ブツ掛けやが, 呑ませじゃ, 捨てちや, 決して呑みたくない, 流れて, 眺めて

▼ 水右衛門~ (17, 0.0%)

3 の人形 2 と石井兵助

1 [12件] というこれ, という名題, との人形, と兵助, などもさせ, の方, の真向, は石井兵助, は額, もこの, も当麻三郎右衛門, を打った

▼ 水~ (17, 0.0%)

2

1 [15件] からの急, がいらっしゃいました, であるが, であるはず, とかいうお, とご, ともある, と云う, と陣十郎殿, ならこの, にお, にもご, に瞬間, やシモン遠藤様, 申す迄も

▼ 水~ (17, 0.0%)

1 [17件] があり, がすぐ, が変った, が立つ, である文出, にあ, に船, の変化, の屈曲, の緩む, の跡, の高く, も, を一つ, を変じ, を軽く, を這い廻る

▼ 水~ (17, 0.0%)

2 と断食, 之会心也

1 [13件] したり, せざりしならん, というその, といっ, などをやらなけれ, の処, の草稿, はサンコウスイコウ, はサンコウスヰコウ, をする, をとっ, を修する, を済し

▼ 水くみ~ (16, 0.0%)

2 の女ども

1 [14件] だけでもなかなか, て兎, でもなん, などし, に, にきた, にけり, にゆく, に出, に集まる, の仕事, もしました, をした, を職業

▼ 水ぐる~ (16, 0.0%)

92 まや, ま廻れる見れ 1 まの, ま春, ま春めく聴け

▼ 水~ (16, 0.0%)

7 の翁 1 が引きあげる, とを, に掬ぶ, の勝, の歌, はいま眼, はまた, またいふ, 頼り紙

▼ 水~ (16, 0.0%)

3 などの大木 2 の枝

1 [11件] か何, の大木, の明るい, の林, の柔, の深林, の老木, の若木, の若葉ほたほた, や橡, や白樺

▼ 水煙り~ (16, 0.0%)

1 [16件] が上がっ, が上った, が砕け, が立つ, にけぶっ, にぼかされた, に似た, のなか, の中, の尾, の底, の雨, ひとつあがる, も白く, 姿は, 私は

▼ 水~ (16, 0.0%)

1 [16件] が早く, が立った, が迅, ではコレ, に引い, のまま, のよう, の早い, の迅, も非常, をはやめ, を入れた, を切っ, を引い, を引いた, 泳ぎ出したの

▼ 水~ (15, 0.0%)

2 へなく

1 [13件] かづきし, へかれはて, へも凍り, へも割つ, へやつ, へ今日, へ死ぬ, へ盛り, へ眠つたやう, やうなら, 入つたら, 入りたくね, 落ちたんで

▼ 水~ (15, 0.0%)

10 めに 1 め, めだっ, めって, めで, めです

▼ 水その~ (15, 0.0%)

2 下を, 水の

1 [11件] あたりいちめんに, どろ, 上に, 上を, 人であった, 人も, 呪われた運命, 水も, 物が, 物には, 頬を

▼ 水なし~ (15, 0.0%)

2 畑に

1 [13件] で一体どう, で我慢, と知った, にお, には育たない, の消防, の消防法, の谷, 困じて, 村, 谷宮川の, 雨を, 飴を

▼ 水などを~ (15, 0.0%)

2 零すと

1 [13件] かぶりは, へちまの, よく見よう, 何杯浴びた, 入れて, 呑ませたり, 呑ませて, 売って, 平靖号が, 庭へ, 引懸け, 持って, 時々瞼

▼ 水みたい~ (15, 0.0%)

3 なもの

1 [12件] なところ, な痕, な眼, な粥, になる, にのれんみたい, に刃, に吸収, に彼, に盲目的, に飲める, や

▼ 水~ (15, 0.0%)

2 は少し

1 [13件] が増し, が増そう, が温い, とがあり, に影響, に鰭, はいよいよ, は愈, まし巌浪, を思ひ, を貫徹, を蹴, 多く林

▼ 水~ (15, 0.0%)

3 は空

1 [12件] がある, では, で埋っ, で身動き, とビスケット, にしっかり, につかまっ, に縛り付け, のところ, の繩, の虚, は船

▼ 水清く~ (15, 0.0%)

1 [15件] いづこの, 南に, 尤も浄念, 山緑に, 山麗わ, 底見え, 最も海水浴, 松茸が, 樹林の, 波穏かに, 色青く, 野の, 関翁が, 霧は, 魚健やかに

▼ 水~ (15, 0.0%)

1 [15件] が焔室, と云った, にミル, に頬, の中, の先端, の味, の抜き出し, の水, の組合っ, の肉, の通った, を入れる, を叩いた, を掻いた

▼ 水なる~ (14, 0.0%)

4 かな水 1 かさらず, かな, かなヨハネ, ことは, ものが, も飾れる, 少しどろ, 海山の上にも, 者が, 者は

▼ 水をも~ (14, 0.0%)

2 祝福し

1 [12件] かまわずぐいぐい, 一つ上げましょう, 口に, 吸は, 呑まで打, 売って, 大きな水瓶, 注文した, 清めて, 火と, 火をも, 齎し壺

▼ 水を以て~ (14, 0.0%)

2 これを, 実子と 1 する禊ぎ, す雷, 劫火に, 嗣子と, 天子の, 孤絶され, 居と, 洗うの, 錦橋の, 養父錦橋の

▼ 水一滴~ (14, 0.0%)

1 [14件] あれば, かかったが, こそは実に, こぼれたあと, すらも注いだ, ない, なくて, に過ぎなかった, のんで, の雨水, もそれ, もむだ, も口, も置かず

▼ 水~ (14, 0.0%)

2 を忘, 微茫, 見るが 1 が遠く, とが微妙, との饒舌, と変幻, のわが, を湛え, 見む, 連なる広大

▼ 水明かり~ (14, 0.0%)

1 [14件] すらも見えなかった, でそこら, でぼんやり, で早く, で薄, とほのか, と雪あかり, と雪明かり, に透かし, のしない, のする, は見当らなかった, も見えなかった, をのぞん

▼ 水汲む~ (14, 0.0%)

2 と我が, 役を 1 というあたり, と來, と来る, のだ, ギリシヤ少女, 井の, 女が, 音, 音が, 類の

▼ 水紅色~ (14, 0.0%)

2 の半

1 [12件] と薄紫, なるが, に絞りで, の常夏, の手綱染, の扱帯, の紐, の絹半, の羽二重, の裾, を扱った, 映る瞼

▼ 水とか~ (13, 0.0%)

1 [13件] キレイ水とかいう, 云う俳友, 云ったっけ, 土とか, 天や, 泥とかの, 湯とかいう, 火焔とかを, 艶出し油とか, 茶とか, 言ふ, 酒とかを, 風とかの

▼ 水とともに~ (13, 0.0%)

2 はしりいりて, 武生は 1 きらめいた, その膚, ちらちらと, 優雅な, 床に, 攻めかかれ, 潔からざる, 胸が, 鍋へ

▼ 水~ (13, 0.0%)

3 き下駄 2 しらを 1 しょう牛, しら, しらの, しりが, せうの, 五合ばっかり, 切り落しとかねえじゃと, 飲んだこと

▼ 水~ (13, 0.0%)

3 水よ, 薬よと, 開け 1 わたくしの, 偉なる, 引け夜の, 石津川の

▼ 水恋鳥~ (13, 0.0%)

1 [13件] という名, になった, に数倍, のこと, のヒョロロンヒョロロン, の話, の馬, はヒョロローン, は前, は前生馬, は親, を, を親不孝鳥

▼ 水~ (13, 0.0%)

2 のある

1 [11件] あり, でお, で一つ, で水, なければ, の中, の附元, の音, や, をつけなけれ, ん廻せ

▼ 水~ (13, 0.0%)

7 の國 3 の眞若 2 の五百依比賣 1 の神靈

▼ 水自筆~ (13, 0.0%)

11 の巻物 1 の巻物中, の巻物中参

▼ 水だった~ (12, 0.0%)

5 のです 2 かもしれない 1 がけれど, が彼, ことまっ暗な, のである, ものは

▼ 水だの~ (12, 0.0%)

2 流れだ, 遠山だの 1 いろいろある, いろいろな, お米, ここらの, アイスクリームだ, 岡だの, 石井常右衛門だの, 花だ

▼ 水であった~ (12, 0.0%)

1 [12件] か, から即日, が両, という, というの, とすれ, とは驚いた, とみえ, とわかっ, のである, のでございます, 旅籠を

▼ 水~ (12, 0.0%)

2 ぽいよう 1 ての, て云うでしょう, ぽいところ, ぽいもの, ぽいもん, ぽいわけ, ぽいん, ぽい匂い, ぽい米, ぽくて

▼ 水君君~ (12, 0.0%)

2 の意見 1 が持ち出した, は, はあれ, はいったい, はなんと, はまた, はもっと, はトムセン, は捜査, は旗太郎

▼ 水~ (12, 0.0%)

1 [12件] のごとき, の功, の如き, の工事, の昼間, の美, や船上, よろしきゆえ, よろしきゆゑ, を平, を平げ, を開いた

▼ 水落ち~ (12, 0.0%)

2 のあたり 1 が一番, て間もなく, て魚梁, に相当, のきわ, のところ, もあ, を, を殴る, を覘

▼ 水飲ん~ (12, 0.0%)

32 で去る, で尿 1 でくる, でぐ, でゐた, でルンペン, で来

▼ 水として~ (11, 0.0%)

1 [11件] あるいはまたアカデミック, 回収される, 地下に, 尊重された, 持って, 最後の, 残った, 残って, 盛んに, 論ずるも, 雨水を

▼ 水のみ~ (11, 0.0%)

1 [11件] である, ならずその, グラスが, 場の, 所などの, 所の, 漏出で, 百姓とか, 見入れるは, 護謨管水銀蝋燭硝子瓶護謨毬各種の, 飲みて

▼ 水らしい~ (11, 0.0%)

2 ものは 1 が滝, のにと一つ一つ, ものが, ものを, 伸びも, 様子も, 水だ, 水とも, 色に

▼ 水をば~ (11, 0.0%)

2 お司りなされます, ちゃば 1 今は, 大半ゴボゴボと, 湛えつ, 湛へ, 覗くこと, 飮まさずし, 飲み尽くさんと

▼ 水一升~ (11, 0.0%)

2 に酒一合, の中 1 で溶い, とされた, に玉胡椒十粒, に酒一合味淋一合位, の割, をまず, を平らげた

▼ 水~ (11, 0.0%)

1 [11件] がまた, がわが子, が長子木々彦, であった, には木々彦, のところ, の娘, は木々彦殺し, は次兄, は生れた, を好かなかった

▼ 水~ (11, 0.0%)

1 [11件] が傳馬役以外, とのあつ, とは檜職人, と言, の家, の性質, の水, は一, は老生, より高, を問題

▼ 水~ (11, 0.0%)

1 [11件] が客, だと, だのまた, っていうの, に用い, の価, の口, への執着, を, を取り, を無事

▼ 水~ (11, 0.0%)

2 を揚げ 1 がパッ, と共に消え失せぬ, に對, に遮られ, のよう, の薄く, は小暗き, を立て, を馬蹄

▼ 水~ (11, 0.0%)

1 [11件] から献つた, である, と陸界, に在, に在っ, に多く, に生, の信太妻, の女, の景観, の物

▼ 水~ (11, 0.0%)

2 に於 1 が率先勤王倒幕, のうち, の三家, の名義, の志士, の有志, の業, の毒むし, は滅亡

▼ 水~ (11, 0.0%)

4 の咬み 1 が多く, にて釣らせ, のやう, の付き, の歯形, の群れ, はあちらこちら

▼ 水資源~ (11, 0.0%)

1 [11件] である雪, というの, といえ, としてヒマラヤ, なの, に乏しい, に恵まれ, のうち, の調査, も非常, を論ずる

▼ 水除け~ (11, 0.0%)

2 か橋桁, でこれ 1 か何, に引, に引っ掛った, に引つ, に引掛つた死骸, の前掛け, 堤へ

▼ 水~ (11, 0.0%)

2 の堰堤 1 だったな, だったね, で尾瀬, のドラフト, の導水路, の小屋, の工事, を成就, 取入口

▼ 水あかり~ (10, 0.0%)

4 に十日 1 とに透かし, にぼんやり, のよう, の中, よりも果敢なき, を頼り

▼ 水いたずら~ (10, 0.0%)

2 をし 1 されながら, の罪, はてまえ, までもやった, をした, をする, をするた, をやった

▼ 水うち~ (10, 0.0%)

2 て月 1 くぐるかいつぶり, そ, たる煉瓦, てそこら, て残ん, て赤き, ともいう, 汲める

▼ 水だけが~ (10, 0.0%)

1 こんなにどん, もとの, 動いた, 敵は, 流れる, 生きて, 知って, 蒸発し, 薄氷でも, 通過する

▼ 水をの~ (10, 0.0%)

4 んで 2 んだ 1 むほがらかな空, んだって, んだり, んだりも

▼ 水をのみに~ (10, 0.0%)

1 いって, きたの, くるフリ, でかけたり, とんで, ふら, 山の, 来た時, 行ったり, 行って

▼ 水~ (10, 0.0%)

2 を満たす 1 がわずか, とホー, の中, の傍, の明り取り, の水, は先, を与えられ

▼ 水殿~ (10, 0.0%)

21 か, と澄江殿, に勝目, のあの, は學問好き, もお, をあれ, 如何なされた

▼ 水深く~ (10, 0.0%)

2 して 1 且奔湍激流を, 岸も, 崖高く, 波穏やか吾妻浜の, 浪平に, 海湾遠く, 艦隊を, 落ちて

▼ 水~ (10, 0.0%)

2 の飯, りに 1 なりと進ぜよう, になっ, りと, りの, り泥まびれ, を進ぜる

▼ 水~ (10, 0.0%)

2 それから側, を避け 1 が幾個所, が赤い, が路, で悪魔, に何, 紅き紐

▼ 水~ (10, 0.0%)

2 にする 1 と雖, と食糧金融, にされる, にし, に及ん, の上, の後, や火責

▼ 水雑炊~ (10, 0.0%)

2 と来 1 おたしなみなさる, でも喰, と薺粥, ならぬ湯雑炊, にされちまった, は湯沢山, を喰, を喰わす

▼ 水馴棹~ (10, 0.0%)

1 が水, に, の形, はたちまち, をつかっ, をとっ, を取落さぬ, を把, を持っ, を立てる

▼ 水~ (10, 0.0%)

2 を啜っ, を垂らし 1 がうるん, がしきりに, だった, をすすり, をたらし, を半分クッ垂

▼ 水~ (9, 0.0%)

1 さを, てある, てゐ, て彼, て測定, ょうばいとなるとにんきが大切だ, ょうばいをしていたらしいじゃないかよけれ, わざ澄み, 日比谷門下の

▼ 水にでも~ (9, 0.0%)

2 浮いて 1 ぶっ込ん, ハマろうと, 浸されたかの, 浸って, 漬けた様, 濡れて, 行っただらうか

▼ 水によって~ (9, 0.0%)

1 それに, 占領され, 命の, 囲まれた, 大陸から, 生活する, 福を, 見ようと, 途方に

▼ 水に対する~ (9, 0.0%)

2 光の, 呪力から 1 剣の, 憎悪の, 現在の, 私の, 諷刺では

▼ 水ほど~ (9, 0.0%)

1 うまいもの, な揺らぎ, 人の, 力の, 好い気持, 気に入った水, 淡いもの, 清潔な, 領野を

▼ 水をと~ (9, 0.0%)

3 狼藉は 1 このみしは, その神経, 云いたいが, 仰有ったので, 唯云つたの, 士卒に

▼ 水タンク~ (9, 0.0%)

1 が三つ, である石油缶, の大き, の大きい, の石油缶, はこわれ, もやぶれ, をいっぱい, を修理

▼ 水交社~ (9, 0.0%)

1 から来た, が見え, です, で婚礼, と競っ, に國風家懇親會, は七階, への出入, までは火

▼ 水~ (9, 0.0%)

1 あり, がすばらしい, だけにいろいろ, だつたが, で沼, のせい, の本所, の貧家, の道

▼ 水師提督~ (9, 0.0%)

1 に対面, のエリオット, の方, の身分經歴門地, はお, はクーパー, は艦隊, も血戦奮闘, を横浜

▼ 水~ (9, 0.0%)

1 した生, せざる所, といふ, の折ふし, の荷物, の都度, はわた, は誰, 散を

▼ 水~ (9, 0.0%)

2 と云 1 から南方, から此尾根, それから醫師, ではこれ, の東南, の頂上, を築い

▼ 水~ (9, 0.0%)

2 を洲 1 も氷り, やの句, を出した, を啜り, を垂, を垂らし, 打ちかめば

▼ 水~ (9, 0.0%)

2 に姓名 1 から遠く, ことごとく桑園茶圃, なりしゆえ, なる第, の湿地, は嶮, を渡せ

▼ 水潜り~ (9, 0.0%)

2 が上手 1 ができます, にかけては村一番, の上手, の名人, も上手, をします, をする

▼ 水麟太郎~ (9, 0.0%)

2 と支倉検事 1 が渡っ, に散光, の作, はそれ, は従来, は招かれた, は眼前

▼ 水あび~ (8, 0.0%)

2 をし 1 によく, のよう, を, をさせ, を申すべき, 御定

▼ 水じゃ~ (8, 0.0%)

1 ないか, なか, ねえん, よ, 助かるか, 救われないッ, 水じゃ, 水を

▼ 水そのもの~ (8, 0.0%)

2 のよう 1 が性, が発光体, の明, は浅い, を味わい飲む, を考える

▼ 水ばかりを~ (8, 0.0%)

1 さして, 呑んだり, 残して, 湛えて, 見つめて, 見て, 飲んだ, 飲んで

▼ 水まさりけり~ (8, 0.0%)

8 五月雨

▼ 水また~ (8, 0.0%)

4 水の 1 はかの, 一水を, 山野から, 水である

▼ 水をか~ (8, 0.0%)

4 ぶつた 2 ぶつて 1 ひ出したので, ひ夕

▼ 水を通して~ (8, 0.0%)

2 冷して 1 おかない, 温泉と, 煙突の, 珊瑚礁が, 見たという, 見るよう

▼ 水光り~ (8, 0.0%)

2 のする 1 に光っ, のし, の上, をさせた, を乱す, 荒神の

▼ 水右衞門~ (8, 0.0%)

1 たつた一人, といふこれ, といふの, といふ日本一, と名, の事, は本, を女房

▼ 水~ (8, 0.0%)

5 賣の 1 賣が, 賣などの, 賣を

▼ 水柄杓~ (8, 0.0%)

1 からガブガブ, か何, へ一, をある, をはこばせる, を取っ, を投げつけた, を持っ

▼ 水~ (8, 0.0%)

1 といふの, との仲, と直々, の仰, の御, は, もそり, 御隱居

▼ 水~ (8, 0.0%)

2 のよう 1 がそこ, が円形, の日光, は夕立, を寄せた, を飛ばし

▼ 水~ (8, 0.0%)

2 はここ 1 には杉, に初めて, の囃子, の行事, ふけし夜, また御覧

▼ 水~ (8, 0.0%)

1 が一杯, であり睡蓮, と睡蓮, と称する, と蒲, の花, や草芙蓉, をわけ

▼ 水~ (8, 0.0%)

6 の術 1 の秘法, を主

▼ 水~ (8, 0.0%)

5 のおじさん 1 という水菓子屋, の主人, の親方

▼ 水~ (7, 0.0%)

2 ほひの 1 この上, さぎ, びもさせないのね, ほひすら, 田でった

▼ 水あさ~ (7, 0.0%)

2 ぎ, ぎ黄は 1 ぎと白の, ぎなまめくまゝに夏や, ぎ空ひろびろし

▼ 水ぎは~ (7, 0.0%)

2 に女もの 1 に, に枯木一本, の岩, の波, へ吹きなびかせ

▼ 水こそ~ (7, 0.0%)

1 いい面, つきよるが, ないが, 地面を, 少ないが, 賢者の, 黄色に

▼ 水さん貴方~ (7, 0.0%)

1 が探し求め, が童謡, はあの, はこの, はクリヴォフ様, は津多子, ほどの方

▼ 水しい~ (7, 0.0%)

2 情熱の 1 光を, 木星の, 耳隠しの, 青空を, 鶸色です

▼ 水だけで~ (7, 0.0%)

1 すまして, といたとは, 歩けるけ, 沢山です, 結構でございます, 露命を, 飯を

▼ 水づく~ (7, 0.0%)

31 かばね, その毛, 屍は, 屍もとより

▼ 水とから~ (7, 0.0%)

2 澱粉を 1 どんどん澱粉, 出来たもの, 出来た澱粉, 殆ん, 砂糖を

▼ 水なく~ (7, 0.0%)

1 して, とも足りるであろう, ば幸, 右は, 暑気激しく, 水を, 谷川あれども山よりは

▼ 水なり~ (7, 0.0%)

1 と称し, ムチンの, 彼は, 欠け椀, 祠へ, 雲なり, 雲は

▼ 水なれ~ (7, 0.0%)

31 ばくぐる, ばまことに, ば子等, ば水

▼ 水について~ (7, 0.0%)

2 居るでも 1 ひろ子は, 下流へ, 来ること, 流れ去る力, 脚に

▼ 水一つ~ (7, 0.0%)

1 が敵, の哲理, は口, やられん心, 汲まぬ者, 汲もうにも, 隔てた高い

▼ 水到り~ (7, 0.0%)

4 て渠 2 て渠自ら 1 渠成る

▼ 水~ (7, 0.0%)

1 といふもの, とは, とは建築, と心得, に字地, の間, はこれら

▼ 水打つ~ (7, 0.0%)

2 て居る, 姿 1 ところが, や明らさま, 白き布

▼ 水撒き~ (7, 0.0%)

1 が上手, などもし, のホース, の如露, の手伝, もひと通り, をし

▼ 水~ (7, 0.0%)

3 を行き 1 の明り, の水の手, の水脈, の葦むら

▼ 水~ (7, 0.0%)

1 に冴え, に拠っ, の対岸, の巣, の草寇, の賊徒, ヲ填

▼ 水~ (7, 0.0%)

2 の役, の水 1 がある, と並ん, 等々

▼ 水流れ~ (7, 0.0%)

1 たり, て足, とともに大海, ながらに凍りけり, 夢の, 気清く, 煙

▼ 水浅黄色~ (7, 0.0%)

2 の暖簾 1 に降り埋, のカアテン, の空, の縮緬, の薄闇

▼ 水清けれ~ (7, 0.0%)

5 ば魚 1 ば魚住, ば魚棲

▼ 水~ (7, 0.0%)

1 けだしはげしき, しづけき四つ, の夏, の影, の影ゆらぎ, まぢかきひと, 凹むか

▼ 水~ (7, 0.0%)

1 のお, の台所, の台所口, の女, の板前善三郎, の横手, の洗い

▼ 水瑞英~ (7, 0.0%)

1 が往事, が自記, との事蹟, には帰るべき, の学術, の家, は五十歳

▼ 水~ (7, 0.0%)

2 寄る沼, 寄る見ゆ 1 の立ち, の立ち渡つた沼, 立ち霧

▼ 水~ (7, 0.0%)

1 からはね出し, からは異様, からは確か, で洗, にでも入れ, もちゃんと, をそろえる

▼ 水稼業~ (7, 0.0%)

1 にはいった, に近い, に通じる, の女, の女性, の者, は何

▼ 水~ (7, 0.0%)

1 が一つ, にうつっ, の動き光, の揺, の間隔, を見る, 落ちて

▼ 水腫れ~ (7, 0.0%)

3 のした 1 がし, でも出来る, になる, のよう

▼ 水~ (7, 0.0%)

1 と杵, に取付, に朝鮮金魚, に水, のまま, を拾うべく, 囲いそのうえ

▼ 水莽草~ (7, 0.0%)

2 を食っ 1 だ, とは違っ, の多い, の毒, を飲まされた

▼ 水~ (7, 0.0%)

1 たりとい, てえな白粉, にも廻れ, 八方へ, 張が, 櫓, 櫓の

▼ 水~ (7, 0.0%)

1 かな, が残る, のかげ, のひろ, また火風, を描い, を画き

▼ 水~ (7, 0.0%)

2 の面 1 が水面, の意, の方, の浮いた, の香

▼ 水飼場~ (7, 0.0%)

1 から曳き出され, から百メートル以上, になっ, に来る, のおり口, の岩, の近く

▼ 水くぐり~ (6, 0.0%)

2 うちひそみ 1 の達人, をし, を夜店, 水の

▼ 水くん~ (6, 0.0%)

2 でおく 1 であ, できて, でくる, でをく

▼ 水この~ (6, 0.0%)

1 あたりに, きらびやかな, 人柱は, 枕その, 水の, 水を

▼ 水~ (6, 0.0%)

3 りを 1 り, りでも, りとっては

▼ 水しか~ (6, 0.0%)

1 ないが, なくても, 与えません, 出ないかも, 湧いて, 溜つてゐなかつた

▼ 水そこ~ (6, 0.0%)

1 で望ん, にひそむ, に浮い, に淺, に父, へと翩翻

▼ 水それ~ (6, 0.0%)

1 お薬, が閑枝, だけであった, でよろしい, を彩る, を飲み

▼ 水だって~ (6, 0.0%)

1 ちょっとや, ないだろう, 子供だって, 掬って, 流れりゃ返って, 飲まなきゃいけない

▼ 水にな~ (6, 0.0%)

1 つたのは, つてし, つてゐた, つてゐます, つて一方, つて居た

▼ 水のべ~ (6, 0.0%)

2 に洗 1 にいまだ, に心しづか, に飲む, は柳しだ

▼ 水のむ~ (6, 0.0%)

1 と夕, と白, 山の端に, 蜂の, 蜂や, 音で

▼ 水までが~ (6, 0.0%)

1 どうと, 土工の, 日に日に少なく, 用意され, 笑い声を, 美しく底

▼ 水やら~ (6, 0.0%)

1 はなやら, ザッと, ラムネの, 崩れた石垣, 用意し, 薬やらの

▼ 水よりは~ (6, 0.0%)

2 空や 1 大して軽く, 色の, 蘆の, 解熱鎮咳の

▼ 水~ (6, 0.0%)

2 中へ 1 なかの, 中だ, 中へでも, 中をなあ

▼ 水ッ洟~ (6, 0.0%)

2 をすすり 1 が出, はすすっ, をチュチュ, を啜った

▼ 水~ (6, 0.0%)

1 て御, 入ツテ流ル, 入レリト, 浸シ三杯酢, 浸セバ便チ緑ニ, 近カラン

▼ 水~ (6, 0.0%)

1 中ニハイツテヰルト, 中ニムヤミト長クツカツテヰタトミヘテ, 家ヨリ本社ニ至ルノ間既ニ五臓モ凍, 流ナクテ, 流ルル如ク決シテ, 観アル

▼ 水ン中~ (6, 0.0%)

2 に居 1 だと, にちら, にゃ, へうつし

▼ 水兄妹~ (6, 0.0%)

1 によって探し出される, に切りかかった, に器用, を幹越し, を探し出し, を討ち取らせよう

▼ 水入り~ (6, 0.0%)

2 の助 1 の丼みたい, の助六, の地, の石油缶

▼ 水区域~ (6, 0.0%)

2 に積 1 というの, について測定, にわたって三回, の航空写真

▼ 水~ (6, 0.0%)

1 である, のため, の中, の水, はどんな, を手

▼ 水屍体~ (6, 0.0%)

1 と大漁, に対する気分, のデスマスク, は全然, をあげる, を鄭重

▼ 水~ (6, 0.0%)

1 があらわれ, が三町半, のある, は五十間足らず, よりも広く長い, 明るむ

▼ 水汲ん~ (6, 0.0%)

2 で米 1 でおく, でやろ, で來, で来

▼ 水~ (6, 0.0%)

1 になっ, になつて, に成つた家さ, の田, 毒に, 液を

▼ 水浸り~ (6, 0.0%)

3 になっ 1 となる, になり, の癖

▼ 水~ (6, 0.0%)

1 がした, がたまる, しかはいらない, はそのまま, をふりかぶった, を混入

▼ 水淺葱~ (6, 0.0%)

1 が夏, が思ふ, でなくつて, に白, に金茶, の羽織

▼ 水温む~ (6, 0.0%)

1 それも, ということ, とか凍てる, と申します, の時, 春が

▼ 水滸傳~ (6, 0.0%)

1 だとか, などああ, などを又, の中心舞臺, の魔窟, は小説

▼ 水漬け~ (6, 0.0%)

2 にし 1 にされた, のよう, の飯, を食べる

▼ 水煮き~ (6, 0.0%)

2 にし, にした, にしときました

▼ 水眼鏡~ (6, 0.0%)

1 だけである, で湖水, とを持っ, とを持つ, などでは幾丈, の眼

▼ 水老人~ (6, 0.0%)

1 だった, という年, と再会, の傘, はそのうち, は調子づい

▼ 水~ (6, 0.0%)

1 が聞え, の淙々たる, の潔き, は中, は聞え, は近く枕

▼ 水膨れ~ (6, 0.0%)

1 ができ, になつ, に気味悪く, のした, のやう, のよう

▼ 水~ (6, 0.0%)

1 が水, に同じ, の前, の姿, の肩先, や水

▼ 水~ (6, 0.0%)

4 をおくん 1 をくれろ, を達引

▼ 水青鷺~ (6, 0.0%)

6 の脛

▼ 水飢饉~ (6, 0.0%)

2 のため 1 が救, で洗, のニューヨーク, の折柄

▼ 水~ (6, 0.0%)

1 し二十五個月以後, ましよ, ませて, ませり, ませりや, み土百姓

▼ 水飲む~ (6, 0.0%)

1 から, のか, やうに, 事を, 新樹の, 犬よ

▼ 水~ (6, 0.0%)

1 であったこと, の姿, の箒, の難, は命, は誰

▼ 水~ (5, 0.0%)

2 さら小川の 1 ぢりで, と細く, 水い

▼ 水かげ~ (5, 0.0%)

2 に彼, に慵げなり 1 も野苺

▼ 水かと~ (5, 0.0%)

1 いわれたほどの, 思うと, 思えば, 思つたら, 聞くと

▼ 水からの~ (5, 0.0%)

1 伝染病その他, 吉報を, 密書を, 恐怖が, 蒸気が

▼ 水くぐる~ (5, 0.0%)

1 とは, とはこの, とはとあるで, のが, 音と

▼ 水さん私~ (5, 0.0%)

1 あの, がもし, の陳述, は見ました, まさかとは

▼ 水たた~ (5, 0.0%)

3 へたれ 1 へて, へ濡れ

▼ 水だけを~ (5, 0.0%)

2 求めて 1 周囲の, 藩主の, 静かに

▼ 水だま~ (5, 0.0%)

2 の早, はねて 1 のまた

▼ 水~ (5, 0.0%)

1 ぷちでうつ伏せに, 気が, 玉が, 玉を, 端の

▼ 水づかり~ (5, 0.0%)

1 となっ, になっ, のよう, のジム水兵, の原

▼ 水であろう~ (5, 0.0%)

1 か, と思われた, と泥水, 大小七八つの, 寒気が

▼ 水でなく~ (5, 0.0%)

2 数滴の 1 リモオジュを, 火でない, 釣瓶で

▼ 水などの~ (5, 0.0%)

1 ために, 名前を, 描き方, 物體を, 状態の

▼ 水などは~ (5, 0.0%)

1 一滴も, 何だか風, 埋没し, 少しも, 清冽珠の

▼ 水なんて~ (5, 0.0%)

2 ものは 1 ちっともこわく, 存外とおつ, 戒名は

▼ 水にか~ (5, 0.0%)

2 ぎろふ夕光の 1 あらし芽楊の, へり萬泡億泡, へること

▼ 水に関する~ (5, 0.0%)

2 夢を 1 ニュース, 研究の, 研究は

▼ 水びたり~ (5, 0.0%)

4 になっ 1 になった

▼ 水へは~ (5, 0.0%)

1 いるまでは, 出て, 落ちたが, 達か, 飛び込んで

▼ 水または~ (5, 0.0%)

1 墨江の, 尋常の, 弘法水と, 海の, 鏡に

▼ 水ん中~ (5, 0.0%)

1 に入れる, に居, に頭, の船底, の草

▼ 水一ぱい~ (5, 0.0%)

2 でする 1 の大きな, もらえない, も饗応

▼ 水一合~ (5, 0.0%)

2 を加え 1 の中, へ大, へ枸櫞酸

▼ 水争い~ (5, 0.0%)

1 があっ, がはじまっ, である, の公事, をする

▼ 水~ (5, 0.0%)

2 に捨てられ 1 の心, の情, 好沈沒捕魚蛤

▼ 水~ (5, 0.0%)

1 が嵩張る, ふ, へてやりぬ, へるたび, を拂

▼ 水~ (5, 0.0%)

1 で威張, で現在水谷さん, の内部, の頭株, も多分

▼ 水喧嘩~ (5, 0.0%)

1 があっ, のお, の例, は時々, 追剥ぎ

▼ 水~ (5, 0.0%)

1 にあふれ, におい, に白鷺, へ寄つて, へ目がけ

▼ 水当り~ (5, 0.0%)

1 ででも五日, で五日, に, のため, 悪人足

▼ 水~ (5, 0.0%)

1 が悉く, はまちがい, は明媚争, を美, 淡装

▼ 水~ (5, 0.0%)

1 にくらい魏軍, に長ず, は展開, を操, を用い

▼ 水~ (5, 0.0%)

1 とては經驗, にあり, には非常, のため, は弱い

▼ 水手拭~ (5, 0.0%)

1 で冷し, で冷やし, で額, をしぼっ, を当て

▼ 水~ (5, 0.0%)

1 の心配, の爲, の起こる, の難, の難儀

▼ 水~ (5, 0.0%)

1 あり, の図, の考証, はひとり, は中国

▼ 水~ (5, 0.0%)

2 さすこ 1 に花, の筏, 照る汀

▼ 水歯別王~ (5, 0.0%)

1 がお, がその, は, は大急ぎ, は曾婆加里

▼ 水~ (5, 0.0%)

1 である, の土手, の塔, の白塔, より出

▼ 水~ (5, 0.0%)

2 へし 1 として窪み, ふる溪, 然として

▼ 水~ (5, 0.0%)

2 に浮きつ, 臭く土濁り 1 に浸り

▼ 水~ (5, 0.0%)

2 の岸 1 の前, はすっぽん, やカラ濠以上

▼ 水~ (5, 0.0%)

1 にあい, のたび, を恐れ, を虞, を避

▼ 水~ (5, 0.0%)

1 とかまた, に明るい, や水温, をきわめ, を検討

▼ 水花火~ (5, 0.0%)

1 というもの, といふもの, はし, を見, を見物

▼ 水~ (5, 0.0%)

2 だった 1 があっ, がある, を酢

▼ 水落つ~ (5, 0.0%)

5 たたと

▼ 水蝋樹~ (5, 0.0%)

1 が芽, の反映, はなに, もえ, 蕾みて

▼ 水装束~ (5, 0.0%)

1 の台, もまだ, も間にあわぬ, を取り, を取寄せたい

▼ 水遠く~ (5, 0.0%)

2 望めば, 東に 1 して

▼ 水~ (5, 0.0%)

1 とお見舞, にしてようございます, の三日, の二日, はうんと

▼ 水~ (5, 0.0%)

1 が茜色, にくもる, の深い, の面, も薫ら

▼ 水鐵砲~ (5, 0.0%)

1 のやう, を出し, を拵, を袂, を見付ける

▼ 水~ (5, 0.0%)

1 がたち, に裹まれ, のなか, の果て, を吹く

▼ 水齒別~ (5, 0.0%)

5 の命

▼ 水あの~ (4, 0.0%)

3 水の 1 小川も

▼ 水あれ~ (4, 0.0%)

1 ばおの, ばすなわち, ば御意, ば朱欄

▼ 水いじり~ (4, 0.0%)

1 で爪先, の出来ない, は勿論, をなすっ

▼ 水~ (4, 0.0%)

2 はぬるむ 1 しろなる山, 引っかきまわし

▼ 水おち~ (4, 0.0%)

1 て, て流がれ, のへん, の下

▼ 水およぎ~ (4, 0.0%)

3 の折 1 ができる

▼ 水~ (4, 0.0%)

3 まりの 1 そうございます

▼ 水くせ~ (4, 0.0%)

1 えこと, えや, え真似, え野郎

▼ 水けむり~ (4, 0.0%)

1 と共に女, と共に跳び上がった, 不意を, 土煙が

▼ 水こえ~ (4, 0.0%)

2 山こえ 1 て, て薄

▼ 水さん儂~ (4, 0.0%)

1 ならあの, にはどうしても, はこの, は元来

▼ 水すら~ (4, 0.0%)

1 ない, 十分に, 口に, 遠くに

▼ 水だけに~ (4, 0.0%)

2 なって 1 なったこと, ほとんど怯懦

▼ 水つく~ (4, 0.0%)

1 かばね, や稻, 屍に, 稻の

▼ 水でさえ~ (4, 0.0%)

1 どうにも防ぎ, 傍観する, 皆目その, 陽には

▼ 水とかいう~ (4, 0.0%)

1 お侍さん, 人は, 侍の, 物が

▼ 水としては~ (4, 0.0%)

1 なすべき事, 地面に, 当然である, 敵の

▼ 水どの~ (4, 0.0%)

1 がいっしょだ, が訪ね, に云っ, はお

▼ 水なと~ (4, 0.0%)

1 ひと口お, 掛けたが, 汲んだり, 浴びて

▼ 水などが~ (4, 0.0%)

2 見られぬだらうなど 1 いつの間にか氷, 用意され

▼ 水などと~ (4, 0.0%)

1 いうと, 云ふも, 同じよう, 同様その

▼ 水まき~ (4, 0.0%)

1 したん, して, の時, をなす

▼ 水みずした~ (4, 0.0%)

1 女の, 月の, 眼が, 眼を

▼ 水もよ~ (4, 0.0%)

4 かつた

▼ 水ゆく~ (4, 0.0%)

1 あづま屋に, 川の, 欄に, 里は

▼ 水をのみ~ (4, 0.0%)

2 死にゆく少女蝉, 水を

▼ 水~ (4, 0.0%)

1 てき, てき飲まずに, の泉, 落して

▼ 水一斗~ (4, 0.0%)

1 が五貫, につき泥六升, の薄, も毎日攝取

▼ 水一行~ (4, 0.0%)

1 が着いた, の松明, は最後, は黒死館

▼ 水刷毛~ (4, 0.0%)

1 でさっと, で十字, をする, を刷

▼ 水墓誌~ (4, 0.0%)

2 の全文 1 の一段, を疑う

▼ 水~ (4, 0.0%)

2 て光りし, て川

▼ 水売り~ (4, 0.0%)

2 のよう, の声

▼ 水多く~ (4, 0.0%)

2 して 1 の礦分, 山多き

▼ 水~ (4, 0.0%)

1 に當, の祥, を以て帝, を得

▼ 水打った~ (4, 0.0%)

1 地に, 格子さきへ, 跡を, 鉢の

▼ 水持つ~ (4, 0.0%)

4 て来い

▼ 水~ (4, 0.0%)

1 つまりおっ, の長, の鳥類, は嘗むべ

▼ 水旱風雷~ (4, 0.0%)

2 の天変しば, の異変

▼ 水横町~ (4, 0.0%)

1 その横町, との間, の提灯, の金物屋

▼ 水~ (4, 0.0%)

1 にはちらほら, の方, の灯, の辺

▼ 水~ (4, 0.0%)

21 の一文, は

▼ 水~ (4, 0.0%)

1 と地, の効, の善政, の難

▼ 水~ (4, 0.0%)

2 ひの 1 ひに, ひは

▼ 水~ (4, 0.0%)

1 でした, です, で姿, のいる

▼ 水浸く~ (4, 0.0%)

2 屍山行かば 1 屍の, 屍云々

▼ 水~ (4, 0.0%)

2 ると 1 るとかいふ, るれば

▼ 水淺黄~ (4, 0.0%)

2 も見よ 1 の奉書紬, の波模樣

▼ 水清き~ (4, 0.0%)

1 こと水晶の, を悦ぶ, セルレーイスの, 日本に

▼ 水漿~ (4, 0.0%)

2 を断っ 1 に代, 迸り

▼ 水澄み~ (4, 0.0%)

1 たり藻, て, て大いなる, にけり

▼ 水濁り~ (4, 0.0%)

1 てその, て古し, て風致, また涸れ尽せる

▼ 水火夫~ (4, 0.0%)

1 が雪, の代表, の諸君, を取り囲ん

▼ 水~ (4, 0.0%)

1 で人, 或ハアブリテ皮, 氣が, 茶

▼ 水狐族め~ (4, 0.0%)

1 と戦う, の復讐, の紋章, もさすらい

▼ 水瓜頭~ (4, 0.0%)

1 がむっくり, の五六, もみんなあいつ, を十

▼ 水~ (4, 0.0%)

2 をなし 1 の一枚, の額

▼ 水番小屋~ (4, 0.0%)

1 の, の前, よりここ, をのぞい

▼ 水白く~ (4, 0.0%)

2 麦黄ばみ 1 橋下の, 泡立って

▼ 水~ (4, 0.0%)

1 また天象, 合して, 通ずるに, 遇は

▼ 水~ (4, 0.0%)

1 に二字切, の手突矢, の鏑, をよく

▼ 水~ (4, 0.0%)

1 を守りし, を設, を造り, 飛ぶが

▼ 水竿~ (4, 0.0%)

1 で岸, にて水面, を手, を控え

▼ 水~ (4, 0.0%)

1 の羅, は大蒜, より淡い, を頬

▼ 水絶えず~ (4, 0.0%)

2 だなって 1 だね, でいくら

▼ 水~ (4, 0.0%)

1 というところ, の愚行, は対抗競技, は記録好き

▼ 水~ (4, 0.0%)

1 が浅い, が狂つたの, と火脉, は九分火脉

▼ 水~ (4, 0.0%)

1 などという名称, なり, の業, の話

▼ 水蛭子~ (4, 0.0%)

1 と淡島, の神話, をお, を生みた

▼ 水~ (4, 0.0%)

1 と人, の列, よ, ヲ極

▼ 水行末雲来末~ (4, 0.0%)

3 の風来末 1 に風来末

▼ 水~ (4, 0.0%)

1 だ, に眩惑, の印, を宿し

▼ 水見舞~ (4, 0.0%)

1 だと, と間違えられるでしょう, のつもり, の空

▼ 水調子玉菊~ (4, 0.0%)

1 の調べ, の音, を弾い, を誰

▼ 水~ (4, 0.0%)

1 して, するどく口笛, と変じ, をよん

▼ 水豊か~ (4, 0.0%)

1 なる柳かげ葦笛, なる関東, に草木, に遠く

▼ 水~ (4, 0.0%)

1 する童幼, とは違つて, と云つて, をし

▼ 水陣中~ (4, 0.0%)

1 にたてこもり, に休むべく, に身, に返すべし

▼ 水隠れ~ (4, 0.0%)

3 て見えぬ 1 に生

▼ 水電工事~ (4, 0.0%)

1 の中心, はこの, も出来, や鉄道工事

▼ 水~ (4, 0.0%)

1 とかの, にぼやけた, にまぎれ, の中

▼ 水飛沫~ (4, 0.0%)

2 をあげ 1 が硝子戸, で三メートル先

▼ 水~ (4, 0.0%)

1 が饗応, などを若い, に味噌, を召しあがった

▼ 水饑饉~ (4, 0.0%)

1 のいたまし, の場合, の時, も助

▼ 水香先生~ (4, 0.0%)

1 でその, に就い, に漢学, の漢学塾

▼ 水馬演習~ (4, 0.0%)

21 でしょう, でせう

▼ 水~ (4, 0.0%)

1 のホーム, の発達, は人, へ出よう

▼ 水あびせ~ (3, 0.0%)

1 があった, の事, を御覧

▼ 水あら~ (3, 0.0%)

1 ば, ばいなむ, ばいなん

▼ 水あわ~ (3, 0.0%)

1 を吹い, を吹いた, を吹き

▼ 水いた~ (3, 0.0%)

1 づらそれ, づらに, づらを

▼ 水いれ~ (3, 0.0%)

1 て放ちおきける, の水, 小き

▼ 水および~ (3, 0.0%)

1 睡蓮の, 酒の, 雪は

▼ 水がわり~ (3, 0.0%)

1 に, に浅く, に葡萄酒

▼ 水くさ~ (3, 0.0%)

1 さが, さ信仰の, 咋ひ

▼ 水くさき~ (3, 0.0%)

1 土の, 土のに, 有様なり

▼ 水くさく~ (3, 0.0%)

1 てかへつて失禮, ともいい, 酔はずと

▼ 水ぐらい~ (3, 0.0%)

1 あるなあ, かかっても, 洩ったって

▼ 水~ (3, 0.0%)

1 ぼこぼとながれたる, ぼこぼと鳴る, をろこ

▼ 水ここ~ (3, 0.0%)

1 にあり, にし, に頂戴

▼ 水ことごとく~ (3, 0.0%)

1 を桔梗, 彼の, 火の

▼ 水ごころ~ (3, 0.0%)

2 がある 1 と言う

▼ 水さんそれ~ (3, 0.0%)

1 にはいったい, は僕, は地獄

▼ 水すなわち~ (3, 0.0%)

1 五十八度ないし, 最低七十度以上に, 食料としての

▼ 水そして~ (3, 0.0%)

1 左にや, 広い藤棚, 彼女と

▼ 水~ (3, 0.0%)

2 はふれ 1 がいの

▼ 水たまる~ (3, 0.0%)

1 よさみの池, 池田の, 道に

▼ 水たる~ (3, 0.0%)

1 ことは, や貴重, 可く

▼ 水だけでも~ (3, 0.0%)

1 よい, よいの, 辛抱出来る

▼ 水だろう~ (3, 0.0%)

21 細い流れ

▼ 水つくり~ (3, 0.0%)

1 にかかっ, ばかりには使えない, まきわり

▼ 水であっ~ (3, 0.0%)

1 て, てなおかつ, て高山

▼ 水であり~ (3, 0.0%)

1 七十郎を, 底は, 産湯でも

▼ 水でなけれ~ (3, 0.0%)

1 ばこの, ばならない, ばイケナイよう

▼ 水~ (3, 0.0%)

1 つと, つとと, ろが

▼ 水ながら~ (3, 0.0%)

1 それは, 湖に, 紅の

▼ 水なけれ~ (3, 0.0%)

1 ばゐざり, ば即ち, ば天

▼ 水なども~ (3, 0.0%)

1 ざっと捨てず, 気を, 落ちては

▼ 水なりと~ (3, 0.0%)

1 いい水, する彼, 召し上れ

▼ 水にさえ~ (3, 0.0%)

1 ほのかな, 抑えようとしても, 波濤を

▼ 水については~ (3, 0.0%)

1 どれほど神經, 正岡子規が, 進めなくなり幾度

▼ 水にても~ (3, 0.0%)

1 そそぐを, 一ツ貰ひ, 一椀戴き

▼ 水にとっては~ (3, 0.0%)

1 この空気, その真相, そんな余裕

▼ 水によ~ (3, 0.0%)

1 つて漂ひついた事に, つて穢を, つて遠く

▼ 水による~ (3, 0.0%)

2 ゆゑなり 1 水は

▼ 水に対し~ (3, 0.0%)

1 お妻, はじめてうっ, 上衣を

▼ 水に対して~ (3, 0.0%)

1 いつも同じ, 澄江の, 石の

▼ 水のね~ (3, 0.0%)

1 えつてこと, え空井戸, え訳

▼ 水のる~ (3, 0.0%)

2 春の 1 や鋤き

▼ 水ばかりが~ (3, 0.0%)

1 ちょうど大, ひろくはやく流れ, 鼕

▼ 水ばかりの~ (3, 0.0%)

1 もので, ような, 液に

▼ 水ひき幕~ (3, 0.0%)

1 が其上, と手摺, の書いてない

▼ 水ひとつ~ (3, 0.0%)

1 にうっすら, をへだてた, 撒くにも

▼ 水へと~ (3, 0.0%)

1 下って, 慕って, 飛込んだ処

▼ 水ほどの~ (3, 0.0%)

1 ぬくもりしか, ものじゃ, 生命を

▼ 水までは~ (3, 0.0%)

1 何百尺ある, 屆か, 届かず霧

▼ 水もて~ (3, 0.0%)

1 囲まれたる, 洗ふ, 繞されたる

▼ 水をでも~ (3, 0.0%)

1 押し分けるよう, 浴びせかけられたよう, 浴びせられたよう

▼ 水をは~ (3, 0.0%)

1 なるれば, ねかせた, ねこゆる

▼ 水をわ~ (3, 0.0%)

2 たつて 1 つたジンを

▼ 水コガ~ (3, 0.0%)

1 から飛び上がっ, に駆けこむ, のなか

▼ 水タキ~ (3, 0.0%)

1 が運ばれ, やフグチリ, を食う

▼ 水ッ子~ (3, 0.0%)

1 と云っ, の初, の親

▼ 水ッ涕~ (3, 0.0%)

1 をすすり, を啜っ, を啜り

▼ 水一グラム~ (3, 0.0%)

1 が零度, は零度, を温度八〇度

▼ 水一碗~ (3, 0.0%)

1 でも施す, の飯, をふるまう

▼ 水一面~ (3, 0.0%)

2 に眩しく 1 に広

▼ 水一類~ (3, 0.0%)

1 と四十万石, は旧主加藤明成, を誅し終っ

▼ 水五合~ (3, 0.0%)

1 とともに塩胡椒, の中, を加え

▼ 水~ (3, 0.0%)

1 なお竜骨, は飲む, 猶市民これ

▼ 水以外~ (3, 0.0%)

1 に何, のもの, の飲みもの

▼ 水~ (3, 0.0%)

2 ならざれば 1 なれば

▼ 水使~ (3, 0.0%)

1 の淵, ひの, ひを

▼ 水使い場~ (3, 0.0%)

1 のこと, を意味, を指し

▼ 水~ (3, 0.0%)

2 にあり 1 あるいは沢

▼ 水~ (3, 0.0%)

1 に遇う, は書物, 亦自

▼ 水即ち~ (3, 0.0%)

1 沙漠地帯に, 重水が, 零度以下でも

▼ 水去り~ (3, 0.0%)

1 て, 歸り, 歸る

▼ 水又は~ (3, 0.0%)

1 クリーニング用の, 菜蔬より, 鹽酸にて

▼ 水及び~ (3, 0.0%)

1 同村字浜児水駿河志太郡東益津村大字岡当目及び, 水力の, 浜児水の

▼ 水取り~ (3, 0.0%)

1 がすんだ, の日, の本

▼ 水君僕~ (3, 0.0%)

1 の心像鏡的証明法, の毒物類例集, はホッ

▼ 水君問題~ (3, 0.0%)

1 はこれ, は空想, を童話

▼ 水和尚~ (3, 0.0%)

2 を訪ね 1 と京都

▼ 水哉居~ (3, 0.0%)

1 でよばれた, を襲う, を訪ねる

▼ 水~ (3, 0.0%)

1 にで, には阿, を下し

▼ 水四合~ (3, 0.0%)

2 を加え 1 と小

▼ 水~ (3, 0.0%)

1 ならし, に柳しだ, 陸少

▼ 水~ (3, 0.0%)

1 の囚われ, の為, はあ

▼ 水姓氏~ (3, 0.0%)

1 には酒, は四, 先んじて

▼ 水寒し~ (3, 0.0%)

1 ですか, と通りぬける, 壮士一たび去つ

▼ 水弄り~ (3, 0.0%)

2 をし 1 も何

▼ 水~ (3, 0.0%)

1 の号故, の多く, 多し

▼ 水恋し~ (3, 0.0%)

1 と告げられたら, と啼い, と啼く

▼ 水想観~ (3, 0.0%)

1 にはた, にはただ, を念じた

▼ 水想觀~ (3, 0.0%)

2 にはた 1 でも風想觀

▼ 水手桶~ (3, 0.0%)

1 は積ん, を畑, を積ん

▼ 水打て~ (3, 0.0%)

1 ば夏蝶そこ, ば青鬼灯, 露こし

▼ 水打際~ (3, 0.0%)

1 には木, の砂, まで落ち

▼ 水持っ~ (3, 0.0%)

1 て来, て来した, て来よう

▼ 水揚ポンプ~ (3, 0.0%)

1 のわき, の傍, の柄

▼ 水揚料~ (3, 0.0%)

1 になる, はひでえな, は出します

▼ 水~ (3, 0.0%)

1 なども気散じ, の車, をしてやろう

▼ 水撒車~ (3, 0.0%)

1 の綱, の通った, を引張っ

▼ 水~ (3, 0.0%)

1 にされる, も無駄, をやっ

▼ 水文学協会~ (3, 0.0%)

1 において水文学, もまた, よりの正式

▼ 水~ (3, 0.0%)

2 は照る 1 は照れ

▼ 水~ (3, 0.0%)

1 で茶の湯, の金具, を外した

▼ 水~ (3, 0.0%)

1 もおいし, をささげもち, を捧げん

▼ 水案内~ (3, 0.0%)

1 にはここ, をしよう, を勤め

▼ 水~ (3, 0.0%)

1 があっ, の上, へ行っ

▼ 水楢松~ (3, 0.0%)

3 にまじらふ

▼ 水~ (3, 0.0%)

1 が空, を表した, を設ける

▼ 水~ (3, 0.0%)

1 のあつ, のただ, の屋根

▼ 水~ (3, 0.0%)

2 の鬢 1 で髪

▼ 水氏康~ (3, 0.0%)

1 でそうして, とである, と娘松虫

▼ 水水水~ (3, 0.0%)

1 が, はうまい, ほどうまい

▼ 水池田瑞英~ (3, 0.0%)

3 の事蹟

▼ 水~ (3, 0.0%)

1 なく古宮, 無迹, 起らず

▼ 水~ (3, 0.0%)

1 流の, 縹色の, 騅能逝一片義心不可東とは

▼ 水~ (3, 0.0%)

1 き浦, くして, けれど勇ましく清く

▼ 水~ (3, 0.0%)

3 臭く土濁り

▼ 水満々~ (3, 0.0%)

1 とある, と湛え, の洞庭

▼ 水漏れ~ (3, 0.0%)

1 がした, などは経験, になやまされ

▼ 水漫々~ (3, 0.0%)

1 たる湖, として飛ぶ, の月湖

▼ 水~ (3, 0.0%)

2 兮可 1 つて影を

▼ 水火空気~ (3, 0.0%)

1 のその, はその, は人生

▼ 水無く~ (3, 0.0%)

1 して, て凍り, 海水波浪一如なる

▼ 水照り~ (3, 0.0%)

1 うち眺めたる, して, のかすみ夕

▼ 水狐部落~ (3, 0.0%)

1 の巫女ども, の様子, を抜け出し

▼ 水瑞英居士~ (3, 0.0%)

1 である, という, と歿年月日

▼ 水瓜畑~ (3, 0.0%)

1 に働い, の間, やイモ畑

▼ 水~ (3, 0.0%)

1 の, の宿, を彩り

▼ 水癲癇~ (3, 0.0%)

1 とやらいう, とやら奇病, と申し

▼ 水白粉~ (3, 0.0%)

1 か何, なぞ塗っ, をなすりつけ

▼ 水~ (3, 0.0%)

1 という矢, という鏑矢, 無頼の

▼ 水~ (3, 0.0%)

1 石灰で, 石灰である, 石灰の

▼ 水~ (3, 0.0%)

1 という題, といふ題, を忌避

▼ 水祝ひ~ (3, 0.0%)

1 によせ, も實, を受け

▼ 水~ (3, 0.0%)

1 がある, と私, を訪れ

▼ 水~ (3, 0.0%)

1 がひろがる, が凍れ, で蔽われ

▼ 水自身~ (3, 0.0%)

1 が水底, ではなく, には素より

▼ 水~ (3, 0.0%)

3 半丘

▼ 水~ (3, 0.0%)

1 のあと, の跡, の跡鮮やか

▼ 水莽鬼~ (3, 0.0%)

1 だ僕, というの, の伝説

▼ 水~ (3, 0.0%)

1 が少し, に根, はかすか

▼ 水~ (3, 0.0%)

1 で其苦痛, と散, を持つ

▼ 水~ (3, 0.0%)

1 からその, に消毒, のよう

▼ 水襦袢~ (3, 0.0%)

2 に馬乗袴 1 をつけ

▼ 水~ (3, 0.0%)

1 を修めた, を初めて, を成じた

▼ 水~ (3, 0.0%)

1 か何, である, ですね

▼ 水~ (3, 0.0%)

2 れば 1 りて

▼ 水~ (3, 0.0%)

2 にあたる 1 の身

▼ 水~ (3, 0.0%)

1 があり, と喞子, の大き

▼ 水~ (3, 0.0%)

1 というの, の奥儀, の指南番

▼ 水~ (3, 0.0%)

1 に游び, の一欄, を開い

▼ 水陽炎~ (3, 0.0%)

2 のそれさ 1 を投げ

▼ 水~ (3, 0.0%)

1 だけ見え, には今度三角, に點在

▼ 水際だつ~ (3, 0.0%)

2 て美しい 1 ていい

▼ 水~ (3, 0.0%)

2 れて 1

▼ 水離れ~ (3, 0.0%)

1 した鮒, のした, のしない眠ったい

▼ 水青く~ (3, 0.0%)

1 山の, 月清し, 神秘な

▼ 水静か~ (3, 0.0%)

1 なる江戸川, なれば, にて

▼ 水~ (3, 0.0%)

1 で飯, という部落, とは如何

▼ 水~ (3, 0.0%)

1 が鐵棒, のた, の里

▼ 水あがり~ (2, 0.0%)

1 の懼, 也とく

▼ 水あそびする~ (2, 0.0%)

1 子供らの, 気には

▼ 水あっ~ (2, 0.0%)

1 てよ, て一寸

▼ 水あらばい~ (2, 0.0%)

2 なんとぞ

▼ 水あるいは~ (2, 0.0%)

1 大洋との, 重水で

▼ 水いかに~ (2, 0.0%)

1 清潔なる, 秋の

▼ 水いっぱい~ (2, 0.0%)

1 くれませんでした, 飲まして

▼ 水いま~ (2, 0.0%)

1 が一ばん, に逃げ場

▼ 水いらずで~ (2, 0.0%)

1 とっくりと, 話も

▼ 水うたせたる~ (2, 0.0%)

2 おしろいの

▼ 水うち際~ (2, 0.0%)

1 にふわふわ, の適当

▼ 水うつ~ (2, 0.0%)

1 あひだ, てある

▼ 水~ (2, 0.0%)

1 三家の, 飲みよ

▼ 水おけ~ (2, 0.0%)

1 に入れた, に浮い

▼ 水おと~ (2, 0.0%)

1 が聞える, と共に聽

▼ 水おの~ (2, 0.0%)

2 づから

▼ 水かがみ~ (2, 0.0%)

1 にはっと, の上

▼ 水からでも~ (2, 0.0%)

1 あがったよう, 陸からでも

▼ 水からは~ (2, 0.0%)

1 かなりつよく, すがすがしい香り

▼ 水かれ~ (2, 0.0%)

1 ある水, て

▼ 水がかり~ (2, 0.0%)

1 のよい, の良い

▼ 水がに~ (2, 0.0%)

2 ごつて

▼ 水がの~ (2, 0.0%)

1 みたい, みたいな

▼ 水がれ~ (2, 0.0%)

1 のお, はござるまい

▼ 水きよき~ (2, 0.0%)

2 多摩の

▼ 水くき~ (2, 0.0%)

1 のあと, の水城

▼ 水くむ~ (2, 0.0%)

1 と, 草の

▼ 水くめ~ (2, 0.0%)

1 ばそこら, ば水

▼ 水くらい~ (2, 0.0%)

1 ならタント, 大切な

▼ 水ぐすり~ (2, 0.0%)

1 とを入れ, の少し

▼ 水ぐち~ (2, 0.0%)

1 からあがりこん, にしゃがん

▼ 水ぐらいは~ (2, 0.0%)

1 お供し, ここにも

▼ 水ぐるまま~ (2, 0.0%)

2 はる樋口

▼ 水ぐるままはるか~ (2, 0.0%)

2 たへの

▼ 水こそは~ (2, 0.0%)

1 大都会, 親の

▼ 水これ~ (2, 0.0%)

1 が為, に激

▼ 水さえが~ (2, 0.0%)

1 火と, 紅を

▼ 水さえも~ (2, 0.0%)

1 冬において, 濁り出したくらい

▼ 水さかずき~ (2, 0.0%)

1 をし, を一室

▼ 水さん僕~ (2, 0.0%)

1 にはその, もやはり

▼ 水しずく~ (2, 0.0%)

1 が降る, を横

▼ 水しょう~ (2, 0.0%)

1 ばい, ばいの

▼ 水じゃあ~ (2, 0.0%)

1 ないの, ないよ

▼ 水すすり~ (2, 0.0%)

2 をる

▼ 水すらも~ (2, 0.0%)

1 ないと, 使用する

▼ 水それら~ (2, 0.0%)

1 から来る, のもの

▼ 水~ (2, 0.0%)

1 こは, 市中には

▼ 水たま~ (2, 0.0%)

2 ふ大臣

▼ 水たまらね~ (2, 0.0%)

2 ば月

▼ 水たり~ (2, 0.0%)

1 がたく巫山, 湯は

▼ 水だけしか~ (2, 0.0%)

1 ほしくなかった, 使わなかった

▼ 水だけの~ (2, 0.0%)

1 ようだった, 晝食を

▼ 水だに~ (2, 0.0%)

1 手向る, 見あたらない

▼ 水つづき~ (2, 0.0%)

1 しかも彼方, 筏に

▼ 水づかいし~ (2, 0.0%)

1 ている, てこさえた

▼ 水でありました~ (2, 0.0%)

1 からさすが, しそれ

▼ 水でございます~ (2, 0.0%)

1 そこに, ね

▼ 水でさえも~ (2, 0.0%)

1 その, 原型を

▼ 水ですつくりやられ~ (2, 0.0%)

2 てしもてん

▼ 水ででも~ (2, 0.0%)

1 沾した, 洗ったらどう

▼ 水でない~ (2, 0.0%)

1 なんて誰, 雲な

▼ 水といった~ (2, 0.0%)

1 ような, 方が

▼ 水とう~ (2, 0.0%)

1 のほか, 魚カゴを

▼ 水としても~ (2, 0.0%)

1 うまかつ, 拒絶は

▼ 水とて~ (2, 0.0%)

1 北国に, 名水あり

▼ 水とによって~ (2, 0.0%)

1 彼は, 画面の

▼ 水とやら~ (2, 0.0%)

1 十段目で, 申す化粧水

▼ 水どころ~ (2, 0.0%)

1 じゃありません, の話ぢ

▼ 水どり~ (2, 0.0%)

1 と, と黒い

▼ 水なか~ (2, 0.0%)

1 にゐる, の島

▼ 水ながし~ (2, 0.0%)

1 けり, さても

▼ 水ながれ~ (2, 0.0%)

1 てくる, てゐる

▼ 水などという~ (2, 0.0%)

1 とんでもない, はじめから

▼ 水なりに~ (2, 0.0%)

1 溶ける珈琲, 透き通るの

▼ 水にかけて~ (2, 0.0%)

1 言う習慣, 言ふ

▼ 水にかも~ (2, 0.0%)

1 あらむ, 似る

▼ 水にだけ~ (2, 0.0%)

2 流されながら

▼ 水につき~ (2, 0.0%)

1 立てる息栖, 纏う伝説

▼ 水にや~ (2, 0.0%)

1 はらかき, はらかき少

▼ 水に従って~ (2, 0.0%)

1 下って, 逃げ落ちよ

▼ 水に関して~ (2, 0.0%)

2 最後に

▼ 水ぬるむ~ (2, 0.0%)

1 ころ, 春の

▼ 水のうへを~ (2, 0.0%)

1 ゆく, 白い鳥

▼ 水のみが~ (2, 0.0%)

1 悠久に, 活物の

▼ 水のみに~ (2, 0.0%)

1 きた, けり

▼ 水のみは~ (2, 0.0%)

1 正面の, 鉄の

▼ 水のめ~ (2, 0.0%)

1 ば手桶, ば葱の

▼ 水のり~ (2, 0.0%)

2 にける

▼ 水はいちめん~ (2, 0.0%)

1 に暗く, に煮

▼ 水はよ~ (2, 0.0%)

2 かつた

▼ 水ひかずひたりつくし~ (2, 0.0%)

2 て冬

▼ 水ひき~ (2, 0.0%)

1 ていな, を掛けた

▼ 水ひと~ (2, 0.0%)

1 すぢ, たまり

▼ 水ふち~ (2, 0.0%)

1 にのめり, の隠花植物の

▼ 水への~ (2, 0.0%)

2 面當てに

▼ 水へび~ (2, 0.0%)

1 がくねくね, を魔女

▼ 水へも~ (2, 0.0%)

2 火へも

▼ 水~ (2, 0.0%)

1 とと落ちたる, の白き

▼ 水ほども~ (2, 0.0%)

1 心によ, 性格の

▼ 水みち~ (2, 0.0%)

1 が広い, と

▼ 水むくむく~ (2, 0.0%)

2 と湧き

▼ 水むし~ (2, 0.0%)

1 の陣地, を病む

▼ 水もぐり~ (2, 0.0%)

1 にゃ慣れ, の達者

▼ 水やせ~ (2, 0.0%)

2

▼ 水やの~ (2, 0.0%)

1 ことは, 方に

▼ 水よく~ (2, 0.0%)

1 川海を, 火を

▼ 水よけに~ (2, 0.0%)

2 緋縮緬の

▼ 水よと~ (2, 0.0%)

1 よびかけずに, 後に

▼ 水よりか~ (2, 0.0%)

1 ぽつ, よっぽど美味しい

▼ 水をかへて~ (2, 0.0%)

1 やる, 竜胆の

▼ 水をよけて~ (2, 0.0%)

1 歩きながら, 通るだけの

▼ 水カケ論~ (2, 0.0%)

1 でただ, になっ

▼ 水カサ~ (2, 0.0%)

1 が増す, のひかない

▼ 水ゾル~ (2, 0.0%)

1 ですよ, と

▼ 水ッ鼻~ (2, 0.0%)

1 をすすり, をすする

▼ 水ハケ~ (2, 0.0%)

1 が惡, を付け

▼ 水ブラシ~ (2, 0.0%)

1 と気味, を髪

▼ 水一味~ (2, 0.0%)

1 の刑死以來, の刑死以来

▼ 水一草一木~ (2, 0.0%)

2 を写し

▼ 水~ (2, 0.0%)

1 残面へ, 生動

▼ 水~ (2, 0.0%)

1 水の, 水鴫澤主水汝に対しても

▼ 水乏しき~ (2, 0.0%)

1 島であり, 草地

▼ 水二人~ (2, 0.0%)

1 が弥陀堂, の構え

▼ 水五勺~ (2, 0.0%)

1 とを入れ, を加え

▼ 水京水~ (2, 0.0%)

2 の子

▼ 水付く~ (2, 0.0%)

1 や一本柳人, 柳

▼ 水~ (2, 0.0%)

2 ひに

▼ 水使い~ (2, 0.0%)

1 になろう, のあらい

▼ 水~ (2, 0.0%)

2 比賣

▼ 水~ (2, 0.0%)

2 ひに

▼ 水先生~ (2, 0.0%)

1 がしかも, のお気に入り

▼ 水光天~ (2, 0.0%)

1 に接す, に接する

▼ 水~ (2, 0.0%)

1 が或, に材木船

▼ 水~ (2, 0.0%)

2 渠成る

▼ 水動悸~ (2, 0.0%)

2 の血

▼ 水化合物~ (2, 0.0%)

1 や酸化炭素, 及び無機成分

▼ 水~ (2, 0.0%)

1 当時の, 食料としての

▼ 水叔父さん~ (2, 0.0%)

1 がどんなに, も云う

▼ 水受け~ (2, 0.0%)

1 になっ, 盤の

▼ 水~ (2, 0.0%)

1 と, の強い

▼ 水右衞門老人~ (2, 0.0%)

1 は事もなげ, は思はず

▼ 水合戦~ (2, 0.0%)

1 の裁きぶり, をする

▼ 水君これ~ (2, 0.0%)

1 が易介, が発見当時

▼ 水君それ~ (2, 0.0%)

1 が降矢木家, を心理学的

▼ 水呑む~ (2, 0.0%)

2 のか

▼ 水咫衝石~ (2, 0.0%)

1 などと書いた, の字

▼ 水~ (2, 0.0%)

1 の乙女, の雪景色

▼ 水~ (2, 0.0%)

1 と題し, の板

▼ 水~ (2, 0.0%)

1 がいつも, ばかり本

▼ 水~ (2, 0.0%)

1 が底, はごうごうと

▼ 水~ (2, 0.0%)

1 の力, は水壓計

▼ 水~ (2, 0.0%)

1 が名高かっ, で処々

▼ 水多き~ (2, 0.0%)

1 ように, 所を

▼ 水夜禮花~ (2, 0.0%)

2 の神

▼ 水天傾~ (2, 0.0%)

2 ぶけ

▼ 水奉行~ (2, 0.0%)

1 たりし, はその

▼ 水~ (2, 0.0%)

1 ニ双美, 伝である

▼ 水少し~ (2, 0.0%)

1 干したほう, 干した方

▼ 水尽き~ (2, 0.0%)

1 て舟, にけり

▼ 水尽く~ (2, 0.0%)

2 れば

▼ 水師提督エリオット~ (2, 0.0%)

1 はこの, を一二度

▼ 水師提督ペリイ~ (2, 0.0%)

1 が四艘, の座乗

▼ 水~ (2, 0.0%)

1 の中, の反目

▼ 水~ (2, 0.0%)

1 とはひときわ, の民

▼ 水廻り~ (2, 0.0%)

1 に出かける, や草

▼ 水弘會~ (2, 0.0%)

1 とか云, と稱

▼ 水~ (2, 0.0%)

2 つとくだけや

▼ 水張れり~ (2, 0.0%)

1 いまだしも, 紫の

▼ 水彦土彦~ (2, 0.0%)

1 という三名, の兄弟

▼ 水~ (2, 0.0%)

1 て泥濁り, へり

▼ 水従方円器~ (2, 0.0%)

2 と申します

▼ 水~ (2, 0.0%)

1 なり, 潮と

▼ 水~ (2, 0.0%)

1 を止め, を鎮むるには鉄

▼ 水悪戯~ (2, 0.0%)

1 に掻き廻す, をする

▼ 水慈姑~ (2, 0.0%)

1 が真赤, 青々と

▼ 水手楫~ (2, 0.0%)

1 取ども, 取の

▼ 水手等~ (2, 0.0%)

1 をいましめ, を迷

▼ 水抜き穴~ (2, 0.0%)

1 でこれ, とも云うべき

▼ 水拭き~ (2, 0.0%)

1 にし, もした

▼ 水挽き~ (2, 0.0%)

1 の茶碗, の跡

▼ 水揚人足~ (2, 0.0%)

1 に命じ, や砂利場

▼ 水換え~ (2, 0.0%)

1 で急がしい, ばかり能

▼ 水文飲咒~ (2, 0.0%)

2 の術

▼ 水方面~ (2, 0.0%)

1 にひき退いた, の大戦

▼ 水更ニ流レ杯~ (2, 0.0%)

1 ヲ挙ゲテ愁, ヲ擧ゲテ愁

▼ 水~ (2, 0.0%)

1 といふ, へした

▼ 水會雜誌~ (2, 0.0%)

1 に原稿, の第

▼ 水村山郭~ (2, 0.0%)

1 の此処其処, の絶風光

▼ 水~ (2, 0.0%)

1 のほっそり, の一つ

▼ 水枝小枝~ (2, 0.0%)

2 にみち

▼ 水~ (2, 0.0%)

2 ずとぞ

▼ 水枯れ~ (2, 0.0%)

1 で酒場, とともにすっかり

▼ 水機関~ (2, 0.0%)

1 の性質上, の機械力

▼ 水次第に~ (2, 0.0%)

1 地より, 多し

▼ 水欲し~ (2, 0.0%)

1 さに, やに

▼ 水正その他~ (2, 0.0%)

2 の郎党

▼ 水正今~ (2, 0.0%)

1 は騎馬, まで気どり

▼ 水正佐分利五郎次~ (2, 0.0%)

1 そしてその, などを先手

▼ 水氣片~ (2, 0.0%)

1 をなし, を成し

▼ 水~ (2, 0.0%)

1 つたん, をかけ

▼ 水求め~ (2, 0.0%)

1 て飲みた, の天子

▼ 水~ (2, 0.0%)

1 のくだり, の制定

▼ 水流れ船動き橋~ (2, 0.0%)

1 か, かかる処

▼ 水浅く~ (2, 0.0%)

1 濁って, 端然と立つ

▼ 水浅し~ (2, 0.0%)

1 といえり, と雖

▼ 水浴びる~ (2, 0.0%)

1 を覗い, 朝日影

▼ 水減り~ (2, 0.0%)

1 にけり, 方舟は

▼ 水湧き~ (2, 0.0%)

1 あつきわが, て溜る

▼ 水湧き出~ (2, 0.0%)

1 で, で野犬

▼ 水~ (2, 0.0%)

1 の力, の如し

▼ 水湿~ (2, 0.0%)

1 に耐, の地

▼ 水満ち~ (2, 0.0%)

1 たり, て小姓二人舁ぎ出し

▼ 水~ (2, 0.0%)

1 に流れ, の水雨水

▼ 水溢れ~ (2, 0.0%)

1 てば君, て天

▼ 水滸伝中~ (2, 0.0%)

1 の人, の豪傑

▼ 水滿~ (2, 0.0%)

1 ちた, てるかも

▼ 水~ (2, 0.0%)

1 の用, を重ね

▼ 水~ (2, 0.0%)

2 ゆゑ夜中俄に

▼ 水漬屋~ (2, 0.0%)

2 に常に

▼ 水~ (2, 0.0%)

1 る, るもの

▼ 水~ (2, 0.0%)

1 をしい, をしいしい

▼ 水~ (2, 0.0%)

1 けになっ, りに

▼ 水澄ん~ (2, 0.0%)

1 でさまざま, で霞

▼ 水激ち~ (2, 0.0%)

1 けむ因縁, 流れけむ

▼ 水~ (2, 0.0%)

2 が深い

▼ 水~ (2, 0.0%)

1 にて屡, 未春長有

▼ 水濾し~ (2, 0.0%)

1 が使用, では原生動物

▼ 水~ (2, 0.0%)

1 して, に映る

▼ 水~ (2, 0.0%)

1 として鳥, の手段

▼ 水火風~ (2, 0.0%)

1 の四つ, の四大

▼ 水火風空~ (2, 0.0%)

2 の五巻

▼ 水災風災~ (2, 0.0%)

1 は土木工事, 相ついで

▼ 水無し~ (2, 0.0%)

1 で生きられる, に消防

▼ 水~ (2, 0.0%)

2

▼ 水独特~ (2, 0.0%)

1 の反語逆説, の微妙

▼ 水~ (2, 0.0%)

2 や獺

▼ 水瑞英居士五十一歳初代瑞仙長男~ (2, 0.0%)

2 実玄俊信卿男

▼ 水瓦斯~ (2, 0.0%)

1 と, のよう

▼ 水生命~ (2, 0.0%)

2 を取られぬ

▼ 水~ (2, 0.0%)

1 を失ふ, を弁ず

▼ 水病者~ (2, 0.0%)

1 のこと, の例

▼ 水發根~ (2, 0.0%)

1 といふもの, より出

▼ 水皺風~ (2, 0.0%)

2 吹けば

▼ 水~ (2, 0.0%)

1 に浮, に載せ

▼ 水~ (2, 0.0%)

1 く砂, に気

▼ 水~ (2, 0.0%)

1 と火密, の部

▼ 水竜哭言~ (2, 0.0%)

2 探湖底

▼ 水~ (2, 0.0%)

1 から駆け出し, で洗濯

▼ 水等三人~ (2, 0.0%)

1 はさっそく, はそれ

▼ 水等四十七名~ (2, 0.0%)

2 の切支丹

▼ 水管車~ (2, 0.0%)

1 がここ, が鉄砲玉

▼ 水~ (2, 0.0%)

1 があった, は三日おき

▼ 水精以上~ (2, 0.0%)

1 合せて, 合わせて

▼ 水~ (2, 0.0%)

2 でゆわえ

▼ 水紅色の~ (2, 0.0%)

1 と西洋, より少し

▼ 水綿~ (2, 0.0%)

1 のよう, ゆらぐ川

▼ 水練り~ (2, 0.0%)

1 ならば, の粉

▼ 水~ (2, 0.0%)

1 などに端居, に臨む

▼ 水~ (2, 0.0%)

1 と稱, を繰り

▼ 水~ (2, 0.0%)

1 に当る, に日光

▼ 水~ (2, 0.0%)

1 はしきクサントス, はしく

▼ 水~ (2, 0.0%)

2 の運命

▼ 水~ (2, 0.0%)

1 がある, が出来

▼ 水腐れ~ (2, 0.0%)

1 がした, のした

▼ 水自慢~ (2, 0.0%)

1 の古い, は縹緻自慢

▼ 水~ (2, 0.0%)

1 て浅し, 今迢逓

▼ 水良い~ (2, 0.0%)

1 心持は, 男で

▼ 水~ (2, 0.0%)

1 の林, の白い

▼ 水~ (2, 0.0%)

1 は多摩川べり, を訪うた

▼ 水莖山~ (2, 0.0%)

1 といひ, の最

▼ 水~ (2, 0.0%)

1 という草, の毒

▼ 水~ (2, 0.0%)

2 稚之出居神

▼ 水~ (2, 0.0%)

1 は無情, もつと

▼ 水薫る~ (2, 0.0%)

2 淡海ひらけ

▼ 水~ (2, 0.0%)

1 や小手先, をする

▼ 水藩高橋一派~ (2, 0.0%)

1 の会合, の秘密会合

▼ 水蝋木犀~ (2, 0.0%)

1 の七本, の四本

▼ 水行く~ (2, 0.0%)

1 なべに, ほかに

▼ 水行三十日陸行一日總~ (2, 0.0%)

1 て三十一日, べて三十一日

▼ 水行二十日~ (2, 0.0%)

1 にし, は筑後河

▼ 水行二十日官曰彌~ (2, 0.0%)

2 彌副

▼ 水行十日~ (2, 0.0%)

1 せば, はさも

▼ 水~ (2, 0.0%)

1 に包まれ, を脱がせ

▼ 水~ (2, 0.0%)

1 の衣ずれ, をつけた

▼ 水製造~ (2, 0.0%)

1 にはびっくり, は小笠原

▼ 水製造器~ (2, 0.0%)

1 に拇指, は石油缶

▼ 水~ (2, 0.0%)

1 の結目, をかし

▼ 水見物~ (2, 0.0%)

1 に出かけ, をし

▼ 水~ (2, 0.0%)

1 が為, もおらぬ

▼ 水~ (2, 0.0%)

1 なる, なる處

▼ 水貰ろ~ (2, 0.0%)

2

▼ 水近い~ (2, 0.0%)

2 礫の

▼ 水通し~ (2, 0.0%)

2 の本

▼ 水遁木遁金遁~ (2, 0.0%)

2 さては土遁

▼ 水遁木遁金遁土遁~ (2, 0.0%)

1 の五遁, の忍術

▼ 水~ (2, 0.0%)

2 に遠く

▼ 水~ (2, 0.0%)

1 にまさる, の一種特別

▼ 水重き~ (2, 0.0%)

2 潮の

▼ 水錆び~ (2, 0.0%)

2 てし

▼ 水錆沼~ (2, 0.0%)

2

▼ 水~ (2, 0.0%)

1 の清境, やまた

▼ 水~ (2, 0.0%)

1 にながく, に生

▼ 水~ (2, 0.0%)

1 飲み居りあふるる水, 飲み居りかがやく水

▼ 水~ (2, 0.0%)

2 り空

▼ 水雨後~ (2, 0.0%)

1 の濁, の濁っ

▼ 水電会社~ (2, 0.0%)

2 への課税

▼ 水~ (2, 0.0%)

1 の清らか, の狩衣

▼ 水~ (2, 0.0%)

1 かなる, にて

▼ 水飲場~ (2, 0.0%)

1 がある, の水道栓

▼ 水馬隊~ (2, 0.0%)

1 と共に遠く, を編成

▼ 水~ (2, 0.0%)

1 く忍耐, し

▼ 水騒ぎ~ (2, 0.0%)

1 でマッチ, の最中

▼ 水騒動~ (2, 0.0%)

1 があった, が今

▼ 水騷動~ (2, 0.0%)

1 などであつ, を農村

▼ 水~ (2, 0.0%)

1 の刷毛先, の鬢

▼ 水~ (2, 0.0%)

1 の細髷, の陰

▼ 水鳴る~ (2, 0.0%)

1 は滝, は瀧

▼ 水~ (2, 0.0%)

2 をや

▼ 水黒く~ (2, 0.0%)

1 して, 渦巻き返える

▼ 水~ (2, 0.0%)

1 またはカハネズミ, も猫

▼1* [1653件]

あくまて澄めり, 水あくまで碧く, 水あげましょうか, 水あさりするたぐひならまし, 水あし急に, 水あせぬとも, 水あそびがしたかつた, 水あっさりと清い, 水あつて鴛鴦, 水あとの青々, 水あびしていた, 水あびたーットテコーヨーこん畜生, 水あふひが浮い, 水あふるれど少し, 水あふれ出づさくもてくみとらるべき, 水あぶ心地日ぐらしの, 水あぶらの撥さき, 水あまねくことごとく海, 水あみにけり, 水あらし風かとも聴く, 水ありありと喜声, 水あり飲めばおいしく, 水あるごとき言うべからざる科学の, 水あるべし而も, 水いかを食べ, 水いかでかこれ, 水いざり勝五郎の, 水いずれも雨, 水いたく痩せて, 水いただいて置きましょう, 水いたって渠, 水いったものである, 水いつしか青き苔, 水いなりかも, 水いまだ損は, 水いま祁山と渭水, 水いま街裏を逆, 水いろなのは, 水うごくま, 水うまい水水は, 水うら濁る島の, 水もいわれぬ, 水おい鴫澤主水, 水おしろいを襟足, 水おとす位の, 水おとすんかい, 水おまえは退がれ, 水お前ではない, 水かいお通さん, 水かえるんです, 水かかずしてよく, 水かけますねん, 水かけ合いに終わっ, 水かげろうの文, 水かげわたくしのかげ, 水かげんをする, 水かで拭いて, 水かとも深くて, 水かなんかのように, 水かぶるなり, 水からも土地からも, 水がかかつた, 水がずつと擴が, 水がぞつとしみ, 水がやに光る, 水ねだった, 水ききつつ吾, 水きよく美しいが手足, 水きわの崖, 水ぎはだつた姿すつきり, 水ぎはであきなひが出來るの, 水ぎはにはいろんな美しい貝がら, 水ぎはに名の知れない, 水ぎはの家へ行, 水ぎはほそりこはふたり, 水ぎはを伝へば, 水ぎぼうしの株を, 水ぎぼうしの紫の花, 水ぎらひとか恐怖とかいふの, 水ぎれに都合, 水ぎれもよく実に具合, 水ぎれもよく絡みもしない, 水くぐり遊ぶさま, 水くぐれと示唆, 水くさしと思うであろう, 水くさりかけています, 水くしや, 水くだものの, 水くねり流るる邑や, 水くみあげてのむ, 水くみけさは雪かき, 水くみ桶の天秤, 水くみ爺さんのシー・フール, 水くらわしや, 水くれむ, 水ぐあいの説は栄三郎, 水ぐみて, 水ぐものよう, 水ぐらいの重たさ, 水ぐらゐつけて板塀などへ書く, 水ぐらゐな時差と無縁, 水こい鳥, 水こけの惡, 水こないように, 水こんろを持っ, 水ごと残して, 水さうに似て, 水さかしまに, 水させてみた, 水さそ思て, 水さそいう気や, 水さては石垣の, 水さばきの鉢前, 水さびし池に, 水さびしらに降る, 水さびた石垣の, 水さむき阿武隈越え, 水さようなら左様なら, 水さんあれは他, 水さんいつかは貴方, 水さんこれでいつぞや, 水さん機智や飄逸, 水さん此処に見逃し, 水さん糸之助さん, 水さん血みどろの推摩居士, 水さん証言に考慮, 水さん達と一緒, 水さ誰が好き好ん, 水しかはいつて, 水しかも坑と, 水しきりに堤を, 水しじまに返っ, 水しずかな千代田, 水した火口原湖に, 水しづかにも, 水しみがあたかも, 水しやくひの娘, 水ゆうわうに柳は, 水じたくをご, 水じゃが久しい埋, 水だれの, 水すこしを唇, 水すこしもさわがず, 水すじのよい, 水すすぐ私の, 水すてにけり, 水すでに満つる, 水すまば利生, 水すみて, 水すみよかりけり歌, 水ずいた跡, 水せき込みて覗, 水せばまりて峡, 水よ, 水そうじ雪, 水そうして冬季餌の, 水そそがれし心地せし, 水その他同音別字を用いた, 水その間に整然と, 水そばの苹果緑, 水それにそのま, 水ぞっこん心が, 水たえずと申やう, 水たぎって一面, 水たぎつ音さらさら, 水ただちに海に, 水ただ一人へ二人, 水ただ緩やかに流れ, 水たちの敵, 水たっぷりの実は, 水たびず井, 水ために清水, 水たよりの清し, 水たらたら水の, 水だい水を一杯, 水だけはよかつた, 水だったらどうする, 水だつたけどもう, 水だつたら何う, 水だらうがく, 水だらけ花がうつくしい, 水だ助かるのは, 水ゅうもんは早うひく, 水ちひさな流それを, 水ちょうだいよ, 水ちょうど花時の, 水ちらりちらりほの, 水やねえか, 水ってほんとに悲しい, 水っていう位でしょう, 水っ子だったのにね, 水ついて来る, 水つかぬ浴衣だに, 水つきのよう, 水つぎ孰りて, 水つくるそこに, 水つけばほ, 水つけたら再生える, 水つて誰なの, 水づいていた, 水づいた低地を, 水づかひなぞ, 水づかいをし, 水づき稀薄に, 水づけ水ぶくれ, 水づける所あり, 水てえものは, 水であったらしく警視庁でも, 水でうがいを, 水でからだが, 水でくの字, 水でこそ眠る前, 水でございましょうか, 水でしょうか, 水ですます事にも, 水でたツぷり顏を, 水でなかったのは, 水でなかつたのは, 水でなけりゃいけません湯では, 水でもかぶつて, 水でもが吹きあげて, 水でやしなひ置く, 水というなどとありも, 水とうに水を, 水とかが足りないの, 水とかの眼は, 水とだけでは, 水とだけから出来るもの, 水とだけで生きて, 水とては河から, 水とても一様には, 水とでもいうよう, 水とどろきたぎち昨日にも, 水とに対する親しみの, 水とばかりがひつそりと, 水とばかりを歌ひ得る, 水とめないのだ, 水ともども二太刀で為, 水とやらはヤツトウの, 水とよばる, 水とより外には, 水とりの, 水とりらもその, 水とり夜を寒, 水と共にがぼっ, 水どこに異端, 水どっさりやらなくちゃあ, 水ながれいでて靴, 水ながれたる沢越え, 水ながれるところまで, 水ながれ見ゆ, 水なぞ飲むか, 水なぞで生かして, 水なぞは一滴も, 水などで灌いでは, 水などといふものが, 水などとはちがって, 水などに喉を, 水などにもよく気, 水などへは舟で, 水などやつてゐた, 水なまぬるい水ぞっこん, 水ならあるが蜜水, 水ならあるでえ, 水ならぬ灰にさえ, 水ならゆるしてやれ, 水なら懸樋から, 水なら落ちる訳じゃ, 水なりき歌うて過, 水なれた怪船の, 水なんかさう云, 水なんぞが何に, 水にあたって急に, 水にあたり易いという, 水にあたる陽の, 水においては遠州洋, 水におけるは流水におけるの, 水におけるを勝れりと, 水にしも恋や, 水にすら若して, 水にだって冴えた調子, 水についての御相談, 水についても考えねば, 水につけやさしく馬, 水につれて千本の, 水にとってもはじめての, 水にとりのが, 水にへえらんこと, 水にまで反かれた, 水にゃ及ばねえよ, 水にをどれども, 水に対しては木材を, 水に関し板垣氏は, 水ぬくいよ, 水ぬるませて日, 水ぬるみ多くの, 水冷蔵庫から, 水のうの二つの, 水のうへではお魚, 水のうへの月を, 水のがれ行く彼の, 水のきぎょ西竹林, 水のけはいな, 水のせゐか氣候, 水のちゃらちゃらという声がする, 水のばしゃばしゃいう音髪ブラシを, 水のべの天満の, 水のみて行く, 水のみの字も, 水のみを求めて, 水のもうとすれ, 水はかあらいぞ, 水はごうと鳴る, 水はじめ五十名芝で火あぶり, 水はたうたうと, 水はだかんぼうな, 水はちよろちよろ喘ぎ喘ぎ通うて, 水はつかはぬ, 水はつぎに小さい, 水はつらつとしていもり, 水はというと, 水はにはかに暗, 水はへへんラインの, 水はほどもなくたった, 水はめつたに飲めない, 水はやいばわたし, 水はよけて来い, 水ばかりしかない, 水ばかりでがまんする, 水ばかりでも構いません, 水ばかりという詰りきった暮し, 水ばけが惡, 水ぱなが流れだした, 水て惱みわ, 水ひたしの毛, 水ひとしくいづる本, 水ひとたび溢るれば, 水ひとり活きて, 水ひと流れ舟にし, 水ひびきすなはち見ゆる, 水ひろい水面を, 水ひろくして, 水びしゃびしゃで特高室のドア, 水びたり真黒な海坊主め, 水びん等あり, 水ふくとはいはない, 水ふけとりなどの卸問屋, 水ぶっかけて, 水ぶねをおい, 水ぶるいした, 水ぶるひをし, 水へがぼが, 水へでももぐったみたい, 水べりを避け, 水ほしと眼, 水ほしさに上陸, 水ほどには決してあたたかく, 水ほんの少しばかり, 水ぼつたいじめじめ, 水ぽい絵描きです, 水ぽくてちと, 水づ其面を, 水まきやらで忙しかった, 水まき用に造っ, 水ましていずれ, 水まぜてねえだ, 水までかはった, 水までの間あたりに, 水までもちゃんと供え, 水まんまん, 水て, 水みずしい外面を, 水みなしずかにそれ, 水みなアペンニノを洗, 水みんなしみて, 水みんな面へ打つけろ, 水むやくたるべくの, 水の首, 水めぐらしぬ咲く花蓮, 水めして水飯やう, 水め心が変わり, 水もう一度やろうか, 水もかはず只, 水もさつきのわい, 水もたるるような, 水もちて汝, 水もっと修行せい, 水もつて来ませう, 水もらっていきましょう, 水もろとも穴, 水やかはるところ, 水やがて里の, 水やったのん, 水やって来たぞ, 水やつたらよろし, 水やと戦う有様, 水やりて縁, 水やろうか, 水けり立つ子われ, 水ゆえ深いとも, 水ゆかず潟は, 水ゆたかに空氣, 水ゆらゆらと流るる, 水ようかんの缶詰, 水よけの堤を, 水よも濃くそして, 水よろしゅうございますうち, 水しかつた, 水らしい戯れを父, 水らしい流れるばかり雫, 水らしくぞくぞくと, 水りょうあれを, 水わいな, 水わかれ見ゆ, 水わきあがりいはほわれ, 水わくところまで, 水わけば水, 水わすれ草などという物, 水をかへさせて, 水をがぼが, 水をけ上げぬ, 水をけの下から, 水をさえこれに, 水をじゃあと注ぎ込んだ, 水をすらもどし続けた父, 水をぞろ, 水をって申しますと, 水をね飲みに, 水をのみにはいると, 水をや他人を, 水をよけるため横, 水を通してのように, 水を通じてゐるのみ, 水あまいぞ, 水ァまづいぞ, 水アイスクリームなどを売り, 水アカすくひ, 水アメを入れる, 水アーキシオスのほとり, 水イスメノスとアソポス, 水イラズの食卓, 水エビアンの瓶, 水オケをさげ, 水カマキリやヤゴ, 水ガツメタ過ギテ泳ゲナイカラ, 水ガモのよう, 水ガ飛ビ散ッテ濡レテイル, 水ギワ立った手のうち, 水クリームや大判, 水クロラールは, 水クローヴァをムシャムシャ, 水ゴケかモミガラ, 水ゴボゴボと湧き上がり, 水ゴリまでとっ, 水ゴリとりにき, 水シャン化酸瓦斯の微量, 水シリヤに夏, 水スデガフーは大いなる, 水スマシまで飼っ, 水タキシで市内, 水タキ屋をきいた, 水タマリの中, 水ダケ張ッテオイテ帰リ瓦斯ニ火ヲ付ケルノハワレワレノウチノ誰カナノダガ今夜ハ時分ヲ見, 水ッパナの方, 水ッ気が少し, 水ッ調子で, 水ぽい, 水ドロの木, 水ナキガ如シ蓋シ天下第一, 水ナラ榛の木栗白樺古カンバ等, 水ニシモ非ズ, 水ニトケヤガテ海ニ入リ, 水ニナイ桶の備えられ, 水ニ一宿仕候所, 水ニ下り明朝上京と存付候間, 水ニ下ル二時過ル頃, 水ニ影ヲ沈ムノ心, 水ニ溺レタル婦女ハ必ズ救ヒクレタル人ヲ一生嫌フモノニ候, 水ニ相待と申, 水ヌーをかたどっ, 水バクの被害, 水バショウの白花, 水ヒアシンスの花, 水ビシャにしなかった, 水ピアノであった, 水ピストルを枕元, 水ブッ掛けるから, 水ブロに入れ, 水ホテルに行く, 水ボール氷さへない, 水ポンプのついた, 水ミヨの方, 水ムシ菌も参るだろう, 水ヤソ会のアンゼリス, 水レモン水冷やし飴, 水一つ供へず, 水一パイ下さいな, 水一リツトルの中, 水一人に捧げる, 水一冊は澄太其人, 水一処に落ち合っ, 水一升塩一合あは, 水一号酔醒又号生酔道人, 水一斗五升を盛る, 水一斗野菜二貫匁林檎三十個をボート, 水一方に高けれ, 水一時に覆る, 水一杯水づかりの, 水一渓青絶無人跡渾蕭颯唯有, 水一滴口に入れず, 水一滴浸透して, 水一生閑朱門不管渠痴絶, 水一発の弾丸, 水一筋の銀, 水一荷を汲, 水一里蓮の香, 水一面金の帯, 水丁度花時の, 水七八道相湊リ南流シテ北原ヨリ牧平ニ出ヅ上流ヲ漆川ト云, 水三十六歳の時, 水三升で解き, 水三家の次, 水三条に断れ, 水三浦英蘭二女史之に乘, 水三筋に別れ, 水下村非文, 水不入でシカモ, 水不出さん瓦を二三枚, 水不能漂とかいた, 水且遣使者往至諸郡諸島而飲神水於庶民永守君臣之義, 水にながれ, 水両者の化合醗酵, 水中流では下, 水主従が棄て, 水に我友, 水久世但馬などの隊, 水久旱雨無ければ, 水乏きことなし, 水乏しくして, 水載無, 水の如く, 水二三杯のむ, 水二十四景を携え, 水二条影も見えない, 水五升に酒一合, 水井戸から水, 水亭閣廊四門の造り, 水今居というよう, 水ではない, 水代りの淡味, 水て汝, 水以下五十名の切支丹宗徒, 水以來の熱心, 水以来の熱心, 水以来一二遍しかお, 水以来彼は殆ど, 水以西の地方, 水仰ぎてぞ待つ, 水伝いに川千鳥, 水伯耆の方, 水藍, 水重矩, 水佑六番には寄合, 水何ぞ清き, 水何ひとつ思い出の種, 水何もかもありがたかった, 水何千ガロンを買入れる, 水の家, 水の稗史, 水使用てんで舞台, 水信士と法諡, 水両監督, 水倒しにされ, 水倹約の布告, 水側ニ生ズ陸地ニ生ズ和名サワアザミ葉ハ小薊葉ニ似テ岐叉, 水傾けて田植, 水に涸, 水兄弟三人はうつつ責, 水兄於書無敢不読既通泰西文字, 水充分用心しろ, 水先生鐘ですか, 水先頭与之助帆係下一番猪三八同上一番清蔵楫取弥之助, 水先頭場にも綱, 水光ななめにぞなる, 水光ほのかなり, 水光りしている, 水光圀それから君尾, 水光天色次第に金色, 水光日を浮べ出, 水入って井, 水入り電球でうけ, 水入れたコップに, 水入絹の切, 水安系との, 水全く盡き, 水全体が押し寄せ, 水八分とを混合, 水八升の割, 水の亭主, 水共飲蓬莱客粒米同餐羽士家, 水其の中に, 水其上を蓋, 水其間を求むる, 水内弟子の杵太郎, 水冷えきらば当分, 水冷たい水又, 水冷ややかにし, 水冷海水温淡水冷淡水普通の淡水, 水凍りて瓢, 水凍る夜半に, 水凍結して, 水凡てに原始的, 水凪丸の二回目, 水の蔭, 水出自の事, 水分かれをさして, 水分れに何, 水分子までがより, 水分析せらる, 水切物の刃, 水の名, 水初穂取りに流し元, 水到って渠, 水剋火とは水, 水に聳える, 水を按ずる, 水の温蒸, 水剪紅羅すこし不格好, 水剪紅羅龍膽赤熊百合本物の女性美, 水包囲下のまたは, 水化合物これにカルシウム, 水区域三百五十八平方キロのうち, 水区域全体について行なう, 水匿女も永く, 水十七杯をあおった, 水十五石積だ, 水十里ゆふべの, 水千両の飲み, 水千山胸底に収む, 水千頃の池, 水扶花影上鞦韆と, 水卷き歸る, 水去来頻, 水ゐら, 水川の, 水に紹介, 水双六の賽, 水取りましょうで, 水取る玉, 水成りの, 水右衞門さんに返す, 水のいる, 水司あれほど云う, 水司はん生憎今日, 水司はん私の大事, 水司何うした, 水司内裏に奉れ, 水司又市一刀を抜い, 水司又市様と仰しゃいました, 水同然に候間, 水名城も保つべからず, 水の青じろい, 水吐けの小, 水向け文句やいのやいのと, 水君あれは稀病中, 水君だいたいの薬量, 水君ダマスクスへの道, 水君ディグスビイという不可解, 水君不幸にし, 水君今の証言, 水君今夜の法医学的意義, 水君仏様ならあの, 水君令状があろう, 水君奇蹟は自然, 水君奈落へ下りる, 水君捜査官が猟奇的, 水君昨日朔郎の室, 水君曰く最初が旗太郎さ, 水君洒落はよし, 水君算哲の心臓異変, 水君結局君の智能, 水君結局犯人の意志, 水君虹の下, 水君鍵が内側, 水君風が烈しかっ, 水君鳥渡考えただけ, 水吟社で催し, 水ひて, 水をかけた, 水吹きを打ち上げ, 水吹きいでたり冬, 水吹く管を, 水吹石と云う, 水を論ずる, 水などである, 水哉冬村二君も来, 水哉君の此, 水哲人の喉頭, 水開川口店, 水商人めが, 水問題にならぬ, 水善直の廃せられた, 水喧嘩秣刈場の境界争, 水喰らわせるぞオ, 水嗚咽して, 水噴かぬ錆びたる噴水の, 水四升ほどを注ぎ込ん, 水四幸という人, 水四桶を供, 水四條に流る, 水団子外には菊, 水のあき, 水国卑湿の地, 水の母, 水團扇に幽, 水土四大の厄, 水土考天文和歌注町人嚢長崎夜話草水土解弁ええとそれから, 水土解弁ええとそれから, 水地電流地磁気土地の傾斜, 水坊主でもが出, 水を超え得ない, 水場注連縄張の事, 水の七種, 水であ, 水増す川と, 水増今など出, 水増雲の義, 水壓打鋲機あり工作塲, 水壓計が示す, 水売りで売子は, 水売舟といふの, 水または内, 水多しと告げ, 水とも知らで流るるある, 水は洗浄, 水大作を役者, 水大変です沢山, 水大最後に地大, 水大火大風大空大これであります, 水と相, 水天下に名, 水天地無始終, 水天女は心, 水太鼓や古い, 水奈良の春日野, 水る白蛇, 水の裸, 水姓氏右手の直径二十町, 水姓氏頷ずき嘉助氏, 水を誰, 水の前, 水すれば, 水ンゾ能ク薪車ノ, 水に告ぐる, 水家すべてが好まし, 水宿場の屋根, 水寒ウシテ魚喰ハズ滿船空シク月明ヲ載, 水寨港門や大小, 水寰区が多い, 水専門次はあらゆる, 水尅火火尅金これが相, 水小便うんこの言葉, 水シ物多, 水少なかりしかば, 水少なく風勁く, 水少量を加え, 水層中に落ち込み, 水層岩に身, 水のよう, 水山々が松, 水山水を用, 水峨々たる山道, 水島岩松白樺子供葦を渡る, 水に藤, 水の全幅, 水工夫であった, 水已三年と, 水を破壊, 水布団そのまま空, 水師並に長壁, 水師営会見奉天入城など日露戦争, 水師学堂はその, 水師學堂など西洋, 水師提督アームストロングは憤っ, 水師提督ペルリが来朝, 水師提督ペルリ氏ガ吾ガ幕府ナル井戸石見守浦賀奉行戸田伊豆守等ガ衝ニ当ツテ応接セル所ナリ, 水師提督ペルリ軍艦四隻を帥, 水師襲ひ討ち, 水帯下水股通水股下通水膝上通水膝通水と分れ, 水帯通水帯下水股通水股下通水膝上通水膝通水と分れ, 水常磐香の鬢附, 水平らかにし, 水廃嫡の顛末, 水廃嫡一件である, 水廃水に対する生石灰分, 水いては, 水引きたちは果して, 水引きとんぼが, 水引き地蔵は田, 水引き小言を言いおる, 水引き水引き申し出づれば痩せ皺びたる顔, 水引き猫じゃらし山ごぼうの房実, 水引き申し出づれば痩せ皺びたる顔, 水引き達はがやがや, 水引く阿曲の, 水の正也, 水弥陀堂迄送, 水張った蒼白い手, 水弾きや槍, 水当たりもありやせん, 水当時初代瑞仙の養嗣子杏春, 水に上羽, 水形模様を見せ, 水彦はじめ木々彦も一枝, 水彦一枝の父子, 水彦土彦両名の子供, 水彦様が特に, 水彫りにされた, 水役何軒と記しあり, 水徃復の一得, 水徒らに激しをり, 水と云, 水得婦と云, 水坐候, 水御三家をのぞい, 水御嶽と言, 水御膳米の用意, 水復渡水看花, 水忍術疑うは, 水応挙も絵, 水忠行はどう, 水忽ち条々と, 水思案した, 水急湍を成し, 水に着ます, 水恰も鍋中の, 水悪ければ即ち, 水悪天候に遭, 水悪戯ぢや, 水情緒の輝, 水想觀寶地觀寶樹觀寶池觀寶樓觀と言, 水あれど, 水態心に飽き, 水慣れぬ気候に, 水憤慨の状, 水戀鳥といふの, 水成しが一人, 水成ガスの混合, 水成火成または変成, 水我ものと思へ, 水る僧, 水或は山の, 水戦幾度と無く畏, 水戦箱館の籠城, 水戰五卷數册を仕立て, 水戸田武蔵守など参会, 水にて虎, 水手たちの口, 水手共がよって, 水手水までつかっ, 水手相応の手軽き, 水手舵手らが, 水打たせて尚, 水打ちそ, 水打ちました三蔵が, 水打つた石疊に, 水にたけ, 水抜きの用, 水抱巌洲松孑立雲竜石窟仏孤栖といへるは, 水が立っ, 水拙者を討て, 水の肌, 水持ちだ, 水持とて水, 水指しの水, 水指は種壺でさえあった, 水指三百両祥瑞の香盒二百両, 水指皿等は先, 水指等々として現在, 水廻, 水挽きした際手に, 水にした, 水掃きを手伝っ, 水掃礼を受けた, 水排けがどう云う, 水掛けて青草燻, 水掛け議論たるに過ぎない, 水探しに出しました, 水掬いあげて顔, 水掬めば凛烈, 水提灯が一つ, 水揚場と称し, 水揚帳馬琴の玉装伝, 水揚水車を拵え, 水揚物も御, 水揺りうごく揺曳は, 水搖りうごく搖曳, 水撒きだあね, 水撒人夫がありました, 水撒人足の車, 水撒夫がその, 水の行状, 水政治は器, 水深いとも, 水故郷の人, 水をなす, 水文学に近, 水文学会会員の外, 水断ちの苦計, 水鑿費増加, 水族箱に入れ, 水日夜に流れ, 水に依り, 水早くも凍りぬ, 水旱毎に救恤, 水昆炉を真中, 水の, 水昌季であった, 水明りそれには及ばん, 水明り星明りに何処, 水映えを来るべき, 水を流し, 水時代の静粛, 水普通の湯, 水景色を見よう, 水暗示的にいった, 水暴長七八尺水流迅激直衝城下, 水書きというやり方, 水替えした井戸の, 水有らん限は, 水有り水有れ, 水有れば必ず, 水有田松太郎井田寒三藤井弥之助坂田半五郎中村鶴若市川かほる高山吉雄嵐璃昇などと呼ぶ, 水服せしも効験灼然, 水朝日にきらつく, 水と三日, 水木器は雲峰, 水木曾川といふ名, 水本舗の看板, 水杏仁水と馬鹿, 水村山郭酒旗の風, 水の干潟, 水条はひめやかに, 水の根, 水流す限り, 水へだてて, 水枯れし小川の, 水柔らかなる所, 水に打寄せ, 水校尉をし, 水案内舟で急いだ, 水の紅花, 水桜甚助久世但馬などの佐々方, 水桜花の美, 水桶内に於ける, 水桶夜間警備の高張, 水桶柄杓血穴を掘る, 水桶盥僵掛り座敷, 水桶食料品厨の諸, 水桶鬢盥など毎朝, 水梅川忠兵衞なんぞの傳説, 水を吹く, 水を出でたる如くなり, 水棹さし江の, 水棹一つ取れないよう, 水棹水揚げ鈎思い思いな, 水椰子酒の採, 水楢桂の灰色, 水楢橡椈などの大木, 水楢等の闊葉樹, 水だっていた, 水楼台先得月と中井桜洲山人, 水楼星の屋, 水楼煙火を見し, 水様いつまでも私, 水様この世の名残り, 水様それには訳, 水様どちらへ, 水様北イタリー特有の南風, 水様葵のご, 水の壁, 水標棹もその, 水横町これという名, 水櫛當て筈長, 水欲しき時管の, 水止まるものも, 水止めて見ろ, 水止め工作がはじまった, 水正いま前に進み出, 水正しまッたと, 水正すべてが明らか, 水正に迎いの, 水正ひそかににせ, 水正ドサリ敷き台, 水正不破萬作雑賀虎山田三十郎山本主殿助, 水正二度見なおして, 水正佐分利五郎次その他の者, 水正大人気もなく, 水正大声をあげた, 水正平伏したきり, 水正庵原将監斎藤掃部助などもひとしく, 水正急に懸命, 水正様が今, 水正様捜索隊長の高大, 水正武人ではない, 水正膝できざみ寄っ, 水正蒼白な顔, 水正貴様ももう, 水正道場のはし, 水正面の絶壁, 水正駕籠の揺れ, 水歩きながら泣く, 水歯別若子宿禰のお, 水歯磨の瓶, 水歿して, 水の刑, 水毎夏漲り色, 水じゃあないのおかあさま, 水气也とある, 水気づいた小砂利, 水気温なるゆゑ雪, 水氣これを汝, 水氣火氣の本, 水氣熱の爲, 水氣空に籠り, 水氣立つたとよりは汗, 水氣立つてすつきり, 水氣等のもの, 水水水水ほどうまい, 水水蒸気と三つ, 水水銀ヲ湛フガ如シ, 水水阻始通灘猶駛, 水水飯などを若い, 水氷りそしてついに, 水氷りたるに石投ぐる者案外, 水氷柱となり, 水永遠餓すること, 水を少し, 水に対しても云い, 水江河の源, 水汲まんとてまだ, 水汲みかくしてぞ得し, 水汲みしておる, 水汲みならわしが, 水汲みはこばする事も, 水汲み仕へてぞ得し, 水汲み絶えて流れ, 水汲めば水, 水にこもり湧く, 水沢瀉えご夜這蔓山牛蒡つる草蓬蛇苺あけびの蔓, 水河岸の称, 水河川の岸, 水泉温なり, 水泉温かである千頃, 水泉迸出す於是寛政十二年閏四月, 水泡銭の事, 水波びょうびょうとして天, 水波渺茫と霞ん, 水波紋ヲ生, 水波静梅龕俎堂等の名, 水波静虚子らの顔, 水注しの方, 水注流し元食器の類, 水注片口鉢類日常雜器のもの, 水洛陽のお茶, 水がある, 水洩らぬ契りの, 水洩れの出来た, 水洩れだからなあ, 水のほとり湯氣, 水流れはじむれば, 水流れ入りペーネーオスに注げ, 水流れ出で胎内, 水流れ散りて, 水流れ溢る, 水流れ草もえて, 水流れ落ちて月, 水流出に異常, 水浅黄ちりめんの扱帯, 水浅黄格子木綿服の女, 水浅黄縮緬の半襟, 水浅黄誰も知った, 水浚渫費の増加, 水浪華の街, 水浸けの法, 水涌かむとは, 水を流し, 水涼しく動きどうしかな, 水淀みて可, 水淙々風蕭々夕闇とともにひどく, 水深い泥田の, 水深き處に, 水深く幽寥で, 水淺くして而, 水淺黄色の袷, 水清からぬ名, 水清けし墨磨れ, 水清し風なく, 水清まばもっ, 水清冽なり, 水清水の花あかり, 水清淺暗香浮動月黄昏, 水清秀は, 水るため脛, 水渋いざよふ, 水減じて恒, 水る, 水から丸木船, 水渦まいて流れる, 水温き運河の, 水に浮かべる, 水游ぎを戒むるとて, 水游ぐ児の, 水游みな酒中のこと, 水湖北の岸, 水湧かず椿の, 水湧きいでて春, 水湧き出るを指す, 水湧けば鳴く, 水湯茶のたぐい, 水湿った土パラピンでは, 水満々たるのみで, 水満てし白き, 水溜りできたり, 水溜りみてえな池, 水溜り位は飛び越せます, 水溜り此處には石, 水溜り等に来かかる, 水溜り許多小蝦の影, 水溜り黙りこくつて片隅の, 水て低, 水溯らん溯らん千里の, 水滑洗凝脂と云う, 水滔々たり, 水滝壺をのぞい, 水滴り落つる網の, 水滸三国諸書に勝る, 水滸伝三国志関羽の青龍刀, 水滸伝中笹川方の鬼剣士, 水滸伝式の渾名, 水滸伝物語はその, 水滸伝的豪傑が寄っ, 水滸画伝の, 水滸討伐の勅命, 水漂草の譬喩, 水漉しへ逃, 水漏りのする, 水演劇と名乗り, 水漬かりこそ正に, 水一丈堤上泥深, 水漲りて不測, 水漲る間を通して, 水漸く西岸に, 水潜りめいた動作を, 水を得, 水に漲り, 水に變, 水澄まぬ心の, 水澄む大川の, 水澄めばなんぼ, 水澱むアルリまたは, 水る滝の宮処, 水濁っている, 水濁らばもっ, 水濁り過たれば小, 水濠ひと重廻らした大きな, 水濡其尾といひ, 水き墻結ひな, 水躍る碧潭, 水の水, 水瀬侍女の懐剣, 水瀬様か取り乱し, 水灑ぎ清めしむ, 水灑ぎ洗ひて, 水火夫等が立った, 水のよう, 水灰野六郎右衛門時山勘兵衛以上四名の老臣, 水災抔惨状こは追, 水災火災風災のため, 水災義捐金を募集, 水災風災火災疫病飢饉等その種類, 水炭酸の入った, 水為掛も好い, 水烏賊一尾五銭生卵弐個五銭, 水烟山の端白く閉罩め, 水烟枝に潤, 水烟模糊として露, 水烟渺漫の裡, 水烟盛に登り, 水焚きを食べ, 水無ければ絢爛, 水無し井戸の一刀, 水無限大と無限小, 水焼酎まだ何やらが, 水煙りで濛々として, 水煙る君きませ, 水照りゆきつめて寒き, 水照り船入り進む音, 水照穏に焼け, 水熊女主人の部屋, 水熊横丁と荒川堤, 水すれば, 水熱せられた水が, 水ゆる土, 水に歸, 水營中に近き, 水父子の伝, 水爽やかに迸り, 水片里と号する, 水特に深くし, 水狐族どもと戦わね, 水狐族部落を見事, 水狩川などは昔, 水独り者らしい貧乏, 水独楽どっちもなにか, 水独楽双方の持ち主, 水独楽虹渡りの曲, 水狭くして, 水狹くして深く, 水猊下御導師, 水猪口とが入れ, 水なし, 水猿ヶ石川となり, 水と名づけた, 水る, 水たる大, 水玲瓏の粋, 水理すべて地方の事, 水瑞長系と京水, 水る環, 水瓜みたいなもの, 水瓜シーズンだ川棚水瓜, 水瓜位の形, 水瓜入手のいきさつ, 水瓜唯一個かついで, 水瓜好きの私共, 水瓜梨リンゴオレンジブドー等いいの, 水瓜玉蜀黍茄子夏大根馬鈴薯などを牛車十一台, 水瓜甘蔗など標本的, 水瓜甘藍球葱球葱は此辺, 水甚だ美味し, 水生徒達の慘め, 水生木の理, 水田用水に利用, 水甲処に於, 水画酔桃館蔵沢の墨竹, 水画雪の林, 水界中に於, 水番小舎の付近, 水番所の方, 水番水を頂戴, 水り食中り, 水き風情, 水という奇妙, 水癲癇人癲癇と癲癇, 水白毛水の清泉, 水的意味に於ける, 水湧き熱し竜王懼, 水皆さん方も知, 水皺幽かに青木立神, 水から湯気, 水皿燈明台供物台等は多く, 水の中, 水盈ち稲茂り, 水盛んなる貌, 水きに, 水盡人疲海長陸遠, 水のかぎり, 水目掛けて躍りかかった, 水相会するところ, 水相合ふかなた, 水相銜白影波間泛近看, 水相隔つれども一片の至情ここ, 水花還看, 水に一種, 水白い砂, 水真白い砂と, 水真砂のつら, 水知心人心を探る, 水石崖の壮重, 水砂糖の溶液, 水研究は且, 水破れるか, 水碧山青に至る, 水を横眼, 水磨仕立てで六十二斤, 水磨作りの錫杖, 水礬気ありと, 水をほどこす, 水社大山から東北, 水をなさいまし, 水祝いというの, 水の西, 水祭りの行事, 水の空, 水三里の, 水稻荷落合村中里村中目黒境公園駒込などにあり, 水穗さんの紹介, 水穗君教育家の岡村千馬太君, 水空気等から絶えず, 水空氣光線地物等に關, 水穿きをつっかけ, 水までも開け, 水竇中から出た, 水哭す, 水竜哭などと云っ, 水竜毛水白毛水の清泉, 水竜氏宅にてタイ国, 水竜氏指導作品の三角藺, 水竜骨科の隠花植物, 水くと, 水笑ましげに我が, 水等今の新, 水やもやい, 水管それを受ける, 水築山雪見燈籠瀬戸物の鶴, 水はすむ, 水簸せず荒地の, 水籠りをする, 水籠りしている, 水粉ミルクなど, 水精たちやアヘロオス河, 水精ニンフの性, 水精二幕目が風精, 水精姑く人, 水精手幡以下の品物, 水精達の居る, 水糊猿又の, 水糧食等の用意, 水紅色水浅葱ちらちらと, 水紅色水浅葱莟の数, 水細く流, 水の百川, 水絞りの白布, 水へず, 水絶え庭の, 水經注は東南, 水經注裴松之三國志注, 水新雨山頭茘枝熟, 水緑青といへるもの, 水かに鷄犬, 水縄取りの専門家, 水繪具で記入, 水けかたぶき, 水羊歯や蘆, 水羊羹をつめ, 水美しくこがれて, 水老人楽屋中に響き渡る, 水老人正月いっぱい大阪で稼い, 水耕栽培がこの, 水と申します, 水聞くことなかれ, 水聯流に云え, 水聲おのづから兩袖, 水聲雷の如し坂, 水聴くや心冴ゆ, 水肉薬と書い, 水股下通水膝上通水膝通水と分れ, 水に及ぶ, 水背戸に田, 水胸腔に透徹, 水場に, 水腐りした藁は, 水腐臭をたてる, 水に及ばず, 水のすいてる, 水膝上通水膝通水と分れ, 水膝通水と分れ, 水膨んだよ, 水清灯台聳処是葡京星移物換人何去, 水自らも探, 水自分にあっ, 水自分自身の飛行, 水自家の履歴, 水自己は只, 水自記の文, 水自証院の和尚, 水自転車で彼, 水自転車香港そこで彼女, 水至って清く今, 水が土地, 水舎宗匠及び市助, 水舒びて福島町に至る, 水舟遊而遂不果, 水色っぽくきらめかせた, 水芙蓉とも草芙蓉, 水苔一つ生えない, 水目田三郎和気律次郎田中早苗松村博三長谷川次郎水田銀之助吉田両, 水若くは薪, 水苦實との花, 水茂盛した松, 水はこまる, 水草叢の間, 水草木土四種あり, 水荒れのした, 水莎草にあてる, 水莖山松川浦長洲の磯, 水菖蒲ともいわれる, 水黒く石垣, 水萩原又兵衛大妻三河, 水落ちれば石, 水著すがたの, 水葵芙蓉の花, 水蒸すがごとく, 水蒸汽で引上げ, 水蒼々として永遠, 水蒼く早瀬亂れ, 水蒼茫として舟, 水をし, 水を取り集め, 水蕈黄色蕈が樹, 水蕎麦蓼など一番, 水などがとりわけ, 水薩密約覚書中, 水薩密約にいう, 水を灌漑, 水藍色の漁人, 水藩以下への, 水藩史料や櫻田事變, 水藩建白によって下った, 水藩志士の面々, 水いたく丈, 水蘆いとうたけのびて, 水蘆むらにわかれ, 水蘇浙小観北清見聞録長江十年観光紀游征塵録満洲, 水虎大明神といふ事, 水虎芥川の河童, 水蛇江戸近処, 水蛇能く人, 水蛇野蛟は野蛇, 水蛙眼目深秘抄, 水蜘蛛のよう, 水蜥蜴と通称, 水蜿蜒と天際, 水の虫箱根山山椒, 水蟲ヨリ大ナル禽獸ニ至ルマデ, 水蟷螂があめんぼ, 水に変じ, 水行かないように, 水行きかひ, 水行ハ神前ニ桶ヲ置イテ百五十日三時ズツ行ヲシタ, 水行ヲシテ食ヲスクナクシテ祈ッタガ, 水行三十日の道程, 水行二十日及十日陸行一日ニシテ少クトモ水陸三十餘日ハ費シタルニ, 水行二十日投馬國より邪馬臺國, 水行十日陸行一日と爲, 水行十日陸行一月とあり, 水行十日陸行一月といへる水行十日, 水行十日陸行一月トイヘルニツキテ思フニ兒湯郡アタリヨリ贈於郡ニ至ランニ, 水行十日陸行一月官有伊支馬次曰彌馬升, 水行十月陸行一月は既に, 水行場のつづきの, 水行歴韓國乍南乍東到其北岸狗邪韓國, 水行水を致しました, 水行陸行奔走寧日無く營, 水街道あたりでは皆枕附, 水街道辺で一二度, 水衝撃滾混, 水衞所より小金井村境橋, 水裃水色の袴, 水装置は迅速, 水補給の停車以外, 水の時間, 水かの岸, 水西に渡れ, 水西北に入るあり, 水西荘一昨年の冬至, 水見えねど急湍, 水見たいなものが, 水見る夕, 水見廻りに出, 水見番の詰所, 水の敵, 水観花の碑, 水と云う, 水訪問したが, 水りの, 水試みたるにわが家, 水詩巻対岳堂詩巻を展覧, 水誇張の水, 水調子二階から聞こえ, 水論理と巧妙, 水護摩となる, 水谿間の奧, 水の畑, 水の皮, 水だ, 水責兵糧攻にし, 水責梯子責の拷問, 水責火責海老責に成, 水責鐵砲責海老熊手背割木馬しほから火の玉四十八具, 水ひの, 水赤く濁る, 水越えて連翹, 水越しに私, 水越薩将に襲い, 水を没す, 水足りぬらむ, 水足煖炉日章旗蓄音機マンドリン熊の胆お百草, 水踊瀬の四地区, 水踏み行けばかじ, 水踏切りなどのハルビン郊外, 水身上の疑, 水にし, 水軽くか, 水輪なりにキャキャ, 水輪ガ下ノ方デ細, 水輪峠空輪峠といふの, 水ふる山, 水近く垂れた空, 水返しのあたり, 水退きて後, 水退くやこの, 水退けの昏, 水逆流す, 水透かしをる, 水透ける玻璃の, 水へ水, 水速しといえ, 水運ばせ苔を, 水運びを商売, 水運搬の車, 水はいかに, 水村遥鉄路長露北荒原闊於海宛然陸上太平洋, 水遠し嵯峨に, 水遠望無辺平原一色青如染不是麦田渾牧田, 水遠藤又七郎がいた, 水遥かなり蓮, 水部屋になっ, 水都祭が催され, 水まむとする時, 水酌まんが為めに井, 水酌んで来, 水酌役即ち雜役, 水でした, 水酒友秋物みなよろし, 水酸二素はいかん, 水重昌は慶長十九年大阪冬, 水野菜果実ノ分譲, 水金銀瑠璃玻璃をちりばめたる, 水釜戸や火桶, 水鋳物に良し, 水錆江に羽, 水錬でカミシモを, 水をせめて, 水鎭附近で道, 水鐡砲の水, 水長二藩の提携, 水長藩士の丙辰丸会盟, 水門松は東山三十六峰, 水間違ひもなくその, 水の唸り声, 水関係の行政事務, 水関近くまで攻め上っ, 水阻始通灘猶駛, 水を, 水院無量光院などを朱, 水陣さし逃げて, 水陣図のおぼえ, 水陣近く追ひ詰め, 水か何, 水陰君より遠く, 水陰草の, 水陸空どこでも自由, 水陸軍へわたっ, 水隔て鼠茅花の花投ぐる事許, 水障子を開け, 水障子引窓の綱, 水隠る螢飛び, 水集まりて池, 水雑水をとこのみし, 水雨水の溜り, 水雨葉しげる湘海岫雲みづほ霜山今更たけし, 水の解け, 水雪代ふ, 水雪椀高間画本水雲郷, 水雪白のあごひげ, 水などからとった, 水雹霜の天災, 水電水源地工事の折, 水電飯場村の体たらく, 水と話し合っ, 水霞ヶ浦の水郷, 水霞関並各天, 水露頭の分布, 水青い水が, 水青うして, 水青き溝いまだの, 水青楼へ出かける, 水怨の, 水のする, 水のよう, 水頭上の三角帆, 水と風, 水風太陽草木そして土石, 水風暮涼といへる事, 水風火の原, 水風琴の遠隔演奏, 水風神と倍音演奏, 水風輪は云はず, 水飯やうのもの, 水飲ましときながらまだ, 水飲ます嘴の, 水飲む如く一人に, 水飲めばルンペン, 水飲谷にある, 水はれるといふ, 水飼うという意味, 水飼イ呉会ニ兵ヲ観, 水飽くほど飲むべし, 水という旅館, 水饑ゑたときの食物のやう, 水饗応に及んだ, 水馬一つ処を上りけり, 水馬戦の注意, 水馬歯を刻ん, 水馬水泳のお, 水馬水泳浜ではさかん, 水馴れた者を, 水馴れぬ葛や, 水馴竿を繰っ, 水駿河志太郡東益津村大字岡当目及び浜当目, 水驚いて倒, 水驚こうぞ恐れよう, 水驚倒して, 水を始め, 水を指示, 水高き岩より, 水高く迸り出, 水鬢ツケ中挿し髷形, 水の棲めない, 水と称え, 水の活きたる, 水矼, 水鳴りて, 水鴉等の田園, 水鴫澤主水汝に対しても云い, 水鷄巣くひし, 水くなる, 水鹿親分は一本, 水黒い空静かだ, 水黒み静に河, 水黒画を, 水黙りこくった剥げちょろの, 水き, 水鼻汁をたらし, 水鼻洟を啜つ, 水と云, 水が泡, 水龍二つの如く, 水龍相搏たせ二者, 水龍符を袈裟, 水龍隠れの術