青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「病人~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~疑問 疑問~ ~疲れ 疲れ~ 疲れた~ ~疲労 疲労~ ~病 病~ ~病人
病人~
病室~ ~病気 病気~ ~病院 病院~ ~痕 痕~ 痛~ ~痛い 痛い~

「病人~」 4333, 47ppm, 2499位

▼ 病人~ (1319, 30.4%)

111 食物調理法の 54 ように 25 ような 17 ために 16 やうに, 顔を 12 様子を 10 枕元に 9 くせに 8 ことを 7 やうな, 世話を, 枕元で, 枕元へ 6 ところへ, 上に, 側に, 手を, 枕もとに, 気を, 眼は 5 ことで, 前で, 枕もとで, 生活を, 看護も, 頭の

4 [12件] ある家, 介抱に, 側を, 容体は, 容体を, 寝顔を, 方へ, 枕頭に, 臍の, 見舞に, 顔に, 食物に

3 [24件] そばに, やうだ, ようだ, ようで, 介抱を, 体に, 口から, 多市, 容態を, 寝て, 心を, 所へ, 方は, 枕頭へ, 癖に, 看護を, 脈を, 苦痛を, 額に, 顔が, 顔の, 顔は, 食物を, 鼾が

2 [79件] あること, うち比較的, お料理, そばで, ための, やうには, ゆき子の, サイミン薬です, 三十番が, 中へ, 事も, 伯父に, 体で, 体は, 体を, 側で, 側にばかり, 傍に, 傍へ, 傍を, 入浴する, 唇が, 如くにも, 姿で, 子どもが, 子どもと, 子どもを, 室に, 室の, 家に, 容態の, 容態は, 左右の, 引取人に, 往診を, 御様子, 悦ぶもの, 感じは, 手当てを, 枕もとへ, 枕もとを, 枕元でも, 枕元を, 枕許に, 様な, 様に, 樣子を, 死を, 浴客が, 潜在意識を, 為めに, 熱は, 目に, 目を, 眼から, 眼の, 眼を, 着物も, 私の, 経過は, 絶えない家, 脳から, 腕を, 苦痛に, 苦痛の, 血を, 言ふ, 話に, 話を, 足の, 足利義栄を, 身体に, 頭から, 頭に, 食物, 食物と, 食物は, 食物調理法, 鼾ごえ

1 [663件 抜粋] あげる悲鳴, あたりまえの, あるとき, いうの, いじらしい気持, いたづら, いのちが, いや女, いる部屋, うめくが, おあんなさる, おかあさんは, おとうさんは, おられる所, お世話を, お前と, お前は, お友達, お客人, お幾, お祈りの, お米, お菜の, お見舞, お通, お食事, お鳥, ぐずり泣き, ことが, ことじゃ, ことです, ことに, ことばかり, ごとく, さしず, しゅじゅつをするところをみせてくれました, じれる声, すが, すこし嗄れた, せいかも, せめてもの, そういう悩み, そなた, そばでは, そばへ, それよりも, ためか, ためすつ, ためにも, ため国家の, ため女房は, ときは, ところから, ところへは, はずじゃ, はずだ, ふところで, ほうにも, ほうも, ほかには, まくらもとには, まくらもとの, むくんだ顔, やうでした, やつれた顔, ようであった, ようでした, ようです, ようなりし, ような骨ばった, わりに, アヤや, ウミの, ゴキゲン偵察に, ベッドの, マルグリットの, 一人な, 一念に, 上へ, 不時の, 不謹慎さを, 世話が, 世話ぐらゐは手傳つてやる, 世話で, 世話にも, 世話や, 世話事までも, 世話位は, 中を, 主人の, 主人フト窓から, 主張だ, 乞食を, 乳房であった, 事で, 事を, 云って, 人間が, 今かく健, 介抱か, 仰向けに, 仲間入りを, 伯爵の, 住所姓名を, 体であった, 体も, 体温を, 体温表を, 使ったもの, 便器を, 個性という, 側について, 傍において, 傷が, 兄と, 兄は, 入る処, 全癒を, 具合が, 処置を, 出た場所, 出た家, 出来が, 列が, 初枝, 制止も, 前に, 力になんぞ, 勝豊である, 勝豊には, 半兵衛が, 半身を, 危篤を, 収容所へ, 取扱い方, 口からも, 口でも, 口の, 口を, 口毎に, 名を, 周囲の, 呻り, 呻吟が, 呻吟き, 呼吸は, 呼息の, 命は, 命を, 唸り声が, 唸り声に, 唸るよう, 喰べ, 噂話は, 噺に, 墓地へ, 声であった, 外は, 多い国, 多きは, 夢の, 大原が, 夫の, 夫を, 奥さんの, 女に, 女房お, 女房の, 好きさうな重詰ものと, 好きな, 如きも, 如く蒼ざめ, 妻グラフイラ・イワノフナである, 始末だ, 姿が, 姿であった, 姿に, 娘が, 娘を, 婆さんの, 子では, 子どもに, 子どもの, 孫右衞門は, 守るべき戒条, 安静を, 客でも, 客とやらへ, 室へ, 家では, 家の, 家へ, 容態でも, 容態に対する, 容態書きに, 寐息を, 寝台です, 寝台の, 寝床が, 寝床は, 寝床へ, 寝汗や, 寝衣, 寝間に, 寢臺の, 対策や, 寿命を, 小屋の, 小幡勘兵衛が, 小部屋, 居たあと, 屍骸を, 巣, 巫女が, 布の, 平次は, 幸福に, 幻覚の, 床には, 延びた頭髪, 弁護士には, 弟, 弟だけは, 彼女が, 彼女の, 待ちかねた眼付, 御参考, 御息所は, 微睡んで, 心に, 心の, 心持が, 心持は, 心理という, 快くなり, 性格が, 恢復期や, 息たえだ, 息の根が, 息は, 息子に, 悪いと, 悪者は, 意に, 意見などに, 意識界を, 愚かな, 感情に, 慎ましさ, 慰藉に, 慶娘であった, 我儘話なども, 戸板を, 手あてなど, 手の, 手当の, 手当を, 手術とは, 扱いに, 扱い方, 持扱ひ, 指の, 挙動が, 支えです, 数が, 数や, 断種を, 方から, 方が, 方な, 方には, 方を, 日常には, 日常生活に対する, 昼食は, 有樣, 望むよう, 本当の, 枕もとが, 枕もとへは, 枕もとまで, 枕元には, 枕元の, 枕許で, 枕辺に, 枕辺は, 枕頭などで, 柄にも, 様子も, 様子次第で, 模様次第で, 樣にな, 樣子が, 樣子は, 横に, 機嫌は, 機嫌を, 歓びかも, 死が, 死ぬ時, 死生を, 死際には, 母と共に, 母も, 母親とが, 気が, 気保養させる, 気持だけで, 気持を, 汚れものと, 決心である, 治療の, 治療等一切が, 注文である, 涙を, 湯呑なり, 湿布と, 滋養に, 為だ, 為めには, 為め出来る, 爪は, 爪先を, 父母である, 爺さんは, 爺さん婆さんの, 特配を, 状態に, 狡猾な, 玉子では, 生命の, 生命は, 生活する, 生活も, 甥丸部道九郎です, 番を, 疲れて, 病院に, 癇だ, 発作は, 発熱は, 發作は, 白地の, 直つた最初, 看病ぐらいに, 看病でございます, 看病は, 看病ばかり, 看護お寺ビラ撒き, 看護という, 看護に, 看護は, 看護人の, 看護等一切の, 看護者の, 真実溢れた, 眠りを, 眸に, 眼とは, 眼に, 眼や, 眼前に, 着て, 瞼を, 知らせを, 神経に, 神経の, 私から, 私が, 私に, 突然の, 箇々体質病状など, 精神の, 糞便の, 経過を, 絶えない花, 絶望した, 続出と, 続出とに, 続出は, 群である, 老婆だった, 耳で, 耳に, 耳へ, 耳もとに, 耳許で, 聲が, 聲を, 肉體を, 肌襦袢に, 胃と, 胃を, 胃腸を, 背中じゅうを, 胸に, 胸の, 脇の下に, 脈は, 脈も, 脈搏みたいな, 腹を, 腹痛を, 腹部に, 臨終を, 自主的な, 自分が, 臭い寝所, 臭気やらが, 臭氣やらが, 舍營あり, 舎から, 色沢の, 苦しみを, 苦しむの, 苦しむ時刻, 苦悩は, 苦悶の, 苦痛は, 著て, 蒼い顔, 蒼白い顏, 薬代に, 薬代は, 處に, 衰へ, 衰弱を, 見舞いを, 見舞にと, 見舞ひ, 見舞ひとし, 見苦しいの, 視線を, 親に, 親分が, 言葉に, 記載が, 許へ, 診察と, 診察に, 診療を, 請うまま, 證據を, 護身の, 贅沢に, 起きるまで, 足もとを, 身は, 身体の, 身内の, 身體の, 身體は, 躯に, 軽い気息, 迎えを, 近親者友人なども, 逃げこむ病院, 運命を, 達成する, 邪魔に, 部屋が, 部屋に, 都築明を, 金さんばかり, 金六には, 釜六には, 鎮痛薬の, 長々の, 間で, 間食や, 陳珪老人は, 隣へ, 雰囲気も, 頬や, 頭が, 頭は, 頭や, 頭を, 頼みだ, 頼みを, 頼み少ない有様, 顎ひ, 顏から, 顏を, 顔だろう, 顔つきこちらも, 顔でも, 顔へ, 顔色を, 飛脚を, 食べるよう, 食べる分量, 食べ物を, 食事は, 食物が, 食物には, 食物調理法を, 飲食物を, 駄々を, 黒い頭

▼ 病人~ (545, 12.6%)

7 あって, あると 6 死んで 5 ある 4 あるから, あるん, 多いの, 寝て 3 あるの, あるので, あれば, いて, 何か, 出來, 口を

2 [38件] あったり, あっても, あつて, あるからと, あるさ, あるそう, あるのに, いのちを, いるとか, いるの, その晩, それを, できた, できたとき, ゐて, 亡くなったの, 何を, 出て, 出来た, 出来たから, 出来たと, 出来たんで, 出来て, 出来ると, 味噌汁を, 待って, 急に, 息を, 悦んで, 施療院に, 最後の, 来ても, 死んだ時, 病名を, 眼を, 自分の, 都合よく, 鼾を

1 [407件] あった, あったから, あったの, あったら見て, あった時, あっては, あつたで, あつて死, あなたやっぱり, あのやさしい, あらうと, あり, ありこちら, ありその, ありましたのでね, ありましたり, ありまして, ありましてな, ありますから, ありやすから, あり三戸郡猿辺村, あり医者, あり得るもの, あり盲腸, あるが, あるて, あるといふの, あるとか, あるとでも, あるもの, あるらしい, あるらしく若い, ある上, ある場合, ある時, あろうか, あんなにしゃべり続け, いう, いた, いたって, いつもの, いますか, いよいよ駄目, いる, いるきり, いるとの, いるなら止しましょう, いるらしいで, いるん, うずくまり十二ひとえ, うと, うなされて, うめいたといふ, うろついて, おやすみに, お籠り, かえってよくなる, かえって助からなくなるまい, かすかに, この人, この夜更け, この帳面, この次ぎ, ございません, さぞかし待ち, さわいで, しきりに事, しきりに担ぎ込まれ, しきりに糞, すっかり癒, すべてを, することぢ, そういうなら, そう言う, その日, その熱, その病気, その瞬間, その頬, それまで, たえない, たかい金, たくさんで, たくさん出れ, たった一晩, だんだん興奮, つかね髪, つて, つめかけて, できたと, できたとか, できたの, できて, できまして, できましてね, できれば, でき母, でたとき, でなかったから, でまして, でますと, でるとか, とても回復, ともかくも, どういう手落ち, どういう種類, どういう風, どうした, どうして歩い, どうにか自殺, どしどしやって来る, どんなに奮発, どんな顔, ないという, なければ, なすの, なんだ, にわかに死する, ねて, はたの, ひじょうに少い, ひとりも, また掻く, まだひどく, まり度が, めっきりふえ, もう駄目, もじもじし, やっと眼, やつて, やや昂奮, ようやく元気, よく見せる, よる夜中, ゐては, ゐないので, ゐる, ゐるか, アルコールを, ケロリと, スズリを, ハツキリしない, バタ, バタバタと, ベッドから, ポリモス上人さまの, 一人も, 一時も, 一時非常に, 万一なおったら, 不意に, 二人ある, 二人ゐた, 云った, 云ったよう, 亡くなつて後, 人に, 人殺しを, 人間に, 今少し, 今生の, 仕樣事, 付き纏って, 休もうと, 伝えて, 体が, 何でめずらしい, 何も, 何事も, 何故か一倍氣分, 例に, 例の, 健康で, 健康な, 健康感に, 光を, 全力を, 再び安眠, 冷えちまうよ, 冷く, 出た, 出たり, 出はいりしますのでな, 出る, 出るかも, 出るとか, 出来たため, 出来たなどと, 出来たので, 出来たもん, 出来たらどう, 出来たん, 出来た時, 出来の, 出来ました, 出来るし, 出来れば, 出来一度蚕, 出来医者, 別に, 刺撃物を, 助からないの, 助からぬという, 医者の, 医薬を, 十七の, 即刻に, 又ぼつぼつ, 口走ったと, 可哀, 吃驚し, 向うの, 君子の, 呻り出した, 呼吸してる, 唇を, 喚き出して, 喜んで, 坐り直して, 塵埃で, 増えるだろう, 壁に, 変な, 多いが, 多いこと, 多いよう, 多い昨日, 多くいかなる, 多くなる, 多く中, 多く健康, 多く混じつ, 夢に, 夢中で, 大ぐらい, 大事じゃ程に, 大儀だ, 大分薄れた, 大変淋し, 女の, 好い博士, 始終黒髪, 家へ, 寐て, 寐床の, 寒いじゃ, 寝かして, 寝床から, 寝床を, 寝返りを, 寢臺の, 尋ねて, 尋ねる, 居たり, 居ては, 居なくなったか, 居ると, 屏風の, 川那子薬で, 工合が, 床の, 彼の, 微かな, 微かながらも, 必ずカーライル, 必ず発熱, 快くなった, 息苦しいという, 悪くな, 悲鳴を, 惡く, 懊れる, 手を, 押し寄せて, 日光浴を, 日増しに悪く, 明るい聲, 昏睡から, 昼寝る, 昼食を, 暗い聲, 最早や, 有った, 有って, 有ると, 有るとか, 本復した, 来たと, 来て, 枕を, 案外早く, 次第に衰弱, 歎息する, 死なば, 死ぬと, 死ぬよう, 死ぬ二三日前, 死んだだ, 殆ど疵口の, 殖えた, 母に, 気どらないよう, 気に, 気の毒で, 気を, 治るです, 泊って, 洩聞, 消えて, 湯治に, 溜まって, 無心な, 熱は, 牛乳を, 犠牲に, 狂うの, 現れるなんて, 生きるか, 生き返るという, 生じたので, 生徒の, 病人を, 病気に, 病気を, 痩せよろぼひて, 癒せて, 癒った, 癒って, 癒れ, 皆そうである, 皆セルギウス, 益々多く, 目を, 目下絶望状態である, 相ついで, 相闘う, 看護婦を, 真っ先に, 眠ったの, 眠り付かねえで困るだから, 眺められるよう, 着て, 短檠の, 祖先伝来の, 神仏に, 福澤先生に, 私に, 私の, 突然やつ, 立ち上つた, 立って, 笑つた, 第二回目, 粗末な, 紙幣を, 絶えないの, 続出しました, 脱出しました, 腹の, 臥て, 自ら眼を, 自分に, 自分を, 自身で, 自身に, 苦しみ悶え, 苦しむ時, 苦しんで, 茶の間の, 莫大な, 葡萄糖の, 蒐集品と, 薬を, 行くと, 衰弱しません, 袖口の, 見えた, 見たという, 見て, 見放されたの, 言うに, 言った, 起こり拙者, 起こるので, 路に, 跳ッ返える, 身体を, 軽かろう, 途方も, 這入る隔離病室, 遠慮か, 適して, 重態だ, 重態に, 附き纒つて, 雪の下なる, 非常に, 頼むと, 顔色を, 食べても, 食斷ちした, 飲むに, 飽きて, 餓を, 駈足, 高価な, 鯛の

▼ 病人~ (540, 12.5%)

6 寝て 5 それを 4 ベッドの 3 何か, 死ぬといふ, 自分の, 誰が

2 [32件] しずかに, そこの, それから, どうだ, もとより手, キシキシと, 一層難儀, 七顛八倒し, 二日も, 云ふ, 何も, 口を, 口早に, 呟いた, 嬉しそう, 寝台の, 常に少ししか, 床の, 息を, 普通の, 正気に, 死んだ, 熱の, 病人の, 相変らず, 眼を, 私の, 続出する, 言った, 言葉を, 退院し, 頭を

1 [449件] あたりま, あの言葉, あまりそれ, あまり好まなかった, ありました松永町, ありません, あるかな, いくらも, いけないもの, いじめるだけ, いった, いつもに, いつも寝くたびれた, いとしや, いないかと, いま急に, いよ, いら立って, いるし, いろいろと, うつむいて, うつらうつらし, うつらうつらと, うとうとし, うめいた, うわごと, お家内, かの時, からだを, がばと起き, きっと二十四時間以内, きらいだ, くっつけたよう, けっして慰藉, この子等, これです, さっきから, しばらくの, しまひ, しようがない, すぐ体, すでに意識, すやすやと, すやすや寝入った, ずっと元気, ずっと眠りつづけ, そこに, そのとき微か, そのまま小屋, そのまま気息, そのやせた, その奥座敷, その看護婦, その眼, それきりも, それぞれ手当てを, それだけやっと答えた, たいへん元, たいへん悪かっ, たうとう, たかがさる, ただ, ただううんと, ただそれ, たちまちに, たちまち静か, だいぶ悪い, だめでございます, ちょっと向き直っ, ついて行かれぬ気持, ついに一度, ついに叔父, つねに意, とうと, とうとう死んだ, とかく喉, とても仕方, どうした, どうしてもみんな, どうしても僕, どうじゃ, どうだい, どうな, どう思ふ, どこでも, どこな, どちらで, どちらも, どんなで, どんなに幸福, ない, ない程, なおさら安眠, なおの, なくなるでしょう, なって, にわかに本復, にわかに顔色, ねえあなた, はげしい赤痢, はじめて大きく, はた目には, ひとの, ふいに, ふえる, ふえるし, ふと涙ぐん, ふらふらと, ほとんどなかっ, また, またうなされ出した, またうなった, またこないだ, またガラス障子越し, またパーヴェル・パーヴロヴィチ, またボソボソ, また八郎, また叫んだ, また微笑, また病人, また頬冠, まだおやすみ, まだすやすや眠っ, まだ寝, まだ意識, まだ昂奮, まだ眼尻, まったくこの, まもなく死ん, まるで長い, みんな一度は, みんな居, みんな腹わ, むずかしいと, もうとうに, もう一日, もう死ぬ, もう死ん, もう直りました, もう表情, もちろんの, もっと早く, やはり病人, よごれて, わざ, わざわざ起き, わずかに, わるくなる, ウトウトし, オルゴールを, コンコンと, ドシドシ本復する, パッと, ヒステリーに, フトンを, マスクの, 一人で, 一人の, 一人も, 一寸眼, 一寸頭, 一度も, 一緒に, 一面狂人である, 三度目に, 上の, 不安な, 乾魚の, 二三日の, 二人とも, 二人に, 二十三日の, 云つた, 人を, 今までよりも, 今年二十五生れは, 仕方が, 仰向きに, 仰向けに, 休んだきり, 何うし, 何だか初め, 何という, 何人いる, 何人ゐる, 何処で御座る, 何処に, 何処の, 何号室の, 何者, 何處な, 余程その, 依然として目, 依然安らか, 傍屋の, 元気に, 先達てから, 入院大した, 全く素直, 全身に, 八郎に, 其度に, 冷かに, 出ないとしても, 出来るだけ, 力ない, 力を, 加代子さん, 助かる, 勿論お, 医者と, 医者の, 十七に, 十二三の, 午前中は, 半身不随で, 南枕に, 却っていつもより, 及ばぬまでも, 只大きく女らしく, 叫んだ, 呉服屋なんか, 呉服屋なんかじゃ, 呻きながら, 咳嗽を, 唯今手当を, 嘔気が, 嘔氣が, 困つたらしく, 困るだらうと, 堪らない, 変な, 夏の, 多少とも, 夜着の, 大丈夫かい, 大丈夫だ, 大事に, 大事の, 大切に, 大勢死ぬる, 大袈裟な, 天下の, 天井に, 天気によって, 夫と, 如何で, 如何です, 嫌えだあの, 嫌悪の, 嬉しげ, 子供が, 子供に対して, 子供の, 存外よろしく候, 安ん, 安心し, 定基の, 宵から, 家族や, 家来の, 家臣の, 寝入って, 寝返りさえ, 寢て, 小康を, 小池さんよりも, 少しづつ苦痛, 少しも, 少し落ち, 少なくなり, 居ないか, 居ない方, 居るし, 屹度あの, 市長が, 干し鰈, 平生から, 平癒する, 度々, 張詰めたる気, 強い信念, 彼の, 彼女の, 彼等の, 御家内, 復た, 微かに, 心から喜ん, 心が, 心持ち好, 心細くばかり, 必死の, 必要に, 怒って, 急に, 恐ろしい大量, 恩地様で, 意識を, 感謝する, 或朝日, 手輕に, 払ひ退け, 扱えないもの, 承知しない, 散薬を, 新らた, 日中睡った, 日本の, 日毎に, 明け方に, 明日の, 昏睡状態に, 昔の, 昨夜初めて特に, 時々眼, 時として理性, 暫くうつうつと, 暮方から, 朝の, 朝は, 本服すべし, 杜洩, 枯芝の, 格別の, 案外に, 案外早く, 楽しんで, 横に, 次第に悪く, 歪んだ顔, 死という, 死期が, 死骸に, 殖えた, 殺したといふ, 母として, 母に, 気が, 気息奄々として, 水の, 決して聖ルカ, 治せるって, 海に, 淋しそう, 減少し, 無体に, 熱なら, 爪ばかり, 父君の, 獨り, 生命を, 男だ, 疲れて, 疲れ切って, 病人で, 病人である, 病人に, 病人らしい, 病室から, 病気の, 病状が, 病苦に, 癒りかけ, 癒りません, 癒る, 癩の, 発熱し, 白骨で, 皆蒲団を, 目も, 目を, 直ぐ, 看病が, 真面目です, 眸に, 石崎爺さんの, 破けた風琴, 私では, 私に, 突然烈しい, 立腹し, 笑つて, 粥を, 細かい地名, 細君に, 綺麗に, 繰り返し私, 聞くも, 肌をを, 肝臓が, 肩輿に, 膝を, 臨終の, 臨終を, 自然の, 至って無表情, 良薬ほどにも, 苦しさ, 苦しそう, 苦を, 苦痛を, 落着いたやうだつた, 蒲団を, 薬が, 薬は, 薬より, 薬よりも, 行方不明に, 見た, 見て, 覺えず, 言いました, 言うそうして, 言つた, 言つてあとは, 言はばもう, 言ふ, 語り出した, 貴方の, 起ち直った, 起上ろう, 足掛四年目に, 蹲ったらしい, 身体の, 転地先で, 近在の, 近頃どうじゃの, 遂に烈火, 避病院へ, 醫者の, 里流れに, 重い掻巻, 重態に, 釣り上げた鯉, 長い溜息, 附きもの, 静かな, 静かに, 靜かな, 音楽などを, 飛び付くよう, 飛立つばかり, 駕の, 骨張つた顔を, 高価な, 高齢の, 鶴が, 鼾を

▼ 病人~ (386, 8.9%)

8 見て 6 置いて, 診て 5 抱えて 4 介抱し, 連れて 3 つかまえて, つれて, 救って, 看護し, 診察し, 診察する

2 [23件] かかえて, ここへ, こんなところ, そこへ, 一人置い, 助けて, 君に, 宿せる, 床から, 扶けて, 持って, 案じて, 治して, 看病し, 聖餐の, 装って, 見ると, 見る時, 見舞の, 診るの, 起して, 運ぶ看護人たち, 預けて

1 [289件] あずかるとき, あつめて, あつめようだの, あわれんだであろうしかし, いたわった, いたわりそう, いたわるという, いたわるよう, いよいよ病人, いれる半病監, お大事, お持ちだ, お預けした, お預り, かつぎ込んでから, からかいに, からかうなよ, からかったり, ことごとく蛇, さすこと, すくうと, そつと, その縁, それまで, そんなに運び出せる, たたみへ, たのんで, だまして, ちょいちょい見る, つくりあげて, とりまいて, どうする, なおしたり, なおして, ねかせて, のせ大津, のぞいても, のぞきこんで, ひかえて, ひきとめること, ひとりで, ひどく退屈, ほったらかしちゃ, ほつぽ, ほとんどかかえる, ぼうぜんと見まもる, まん, みつめながら, むごたらしい松葉, もう一度深海, ものよし, よく救う, よろこばせた, よろしく頼む, ガンジガラメに, ビセートル療養院へ, 一と, 一人で, 一人も, 一人取残して, 一人遺し, 下着だけに, 世話し, 中へ, 中心と, 中心に, 二人見まわなけれ, 二度ほど, 交番まで, 任せ夜歩行, 伴って, 佃の, 住ますに, 使う法, 便所へ, 俺とこへ, 傍へ, 働かせて, 優先的に, 元気づけるショック, 入れるバラック, 再び健康, 出した事, 出して, 出しては, 前に, 前へ, 助けたでは, 助けたばかりに, 励まし乳, 労って, 労る, 動かしたこと, 動かしたん, 動かせるもの, 勵ましつ, 包みくるんだ幾重, 包み込み病人, 包んだ空気, 取り扱うこと, 取り扱つて, 取捉, 哀れに, 囘復させ, 大事に, 大八車に, 大阪まで, 婦人科の, 安心さして, 安臥させる, 容れる養生所, 寝かせて, 寢かす, 寢さした, 寢せる, 専門の, 小池さんに, 引き取って, 引受けてるで, 待たせどうして, 御覧, 忘れて, 恢復させる, 悩まそうと, 悲しみ傷んだ, 想像し, 愛して, 慰めて, 慰めること, 慰めるため, 慰めるという, 慰めるには, 慰める言葉, 憚る, 扇いで, 手中に, 手掛けて, 手荒らく取扱い, 打ち敗, 扱う心持, 扱う心掛, 扱う経験, 扱う設備, 扱つた心當り, 扱ふ, 扱わないよう, 扶け, 抛つて置いて, 抱えた家, 抱えての, 抱えるよう, 抱へ, 抱へて, 担ぎ入れたが, 拵えて, 拾つた, 捉まえ, 捜しにか, 捨てて, 控えて, 揉む事, 救いに, 救うの, 救うべし, 教会へ, 敷蒲団ごとその, 斬って, 斬り殺すなんて, 昂奮させ, 暗示する, 更に苦しめる, 材料に, 板か, 棄ても, 楽に, 死から, 残したまま方々, 残して, 殖し, 殘し, 殺さねば, 殺しせめて, 殺したので, 殺した短剣, 殺人罪に, 毎年造り出す, 治すため, 治すと, 治すという, 治すには, 治すもの, 治す役に立つからと, 治す積り, 治療し, 治療する, 治癒し, 火事の, 無暗に, 無理に, 無理矢理に, 焦立たせるのみと, 片端から, 生かしてこそ, 生ずるよう, 甲府の, 町の, 番して, 疲らしたり, 疲らしては, 疲れさせること, 療す, 癒した事, 癒した時西小寺, 目の, 目守っ, 直さうの, 直したので, 相手に, 看護した, 看護する, 看護婦に, 眺めて, 眺めながら, 眺めるやう, 眼中に, 眼前に, 精神的に, 納得させた, 置き去りに, 背負った惨め, 興奮させる, 苛めるもの, 苦しめる趣意, 袈裟で, 見つけて, 見つめて, 見ては, 見ても, 見に, 見やった, 見るくらいの, 見るに, 見る女王, 見る方, 見る機会, 見下し出て, 見出したの, 見届けない限り, 見捨てて, 見捨てては, 見据えたの, 見棄て, 見殺しに, 見舞いに, 見舞い娘, 見舞うこと, 見舞うため, 見舞ったこと, 見送つて落葉, 見過して, 規定しまし, 覗いた, 診たり, 診ては, 護って, 豚の, 負った者, 負って, 起こさぬ方, 車に, 載せたリヤカー, 迎えた, 迎えに, 送って, 送るため, 逐い出すの, 連れ出したり, 運ぶまで, 運んで, 達引い, 遠くまで, 長椅子に, 除く以外, 雇う者, 電波の, 非常に, 預かり深い, 預かる病院, 養い恋

▼ 病人~ (333, 7.7%)

17 なって 6 向って 4 して 3 なった, スープを, 与えます, 薬を, 遠慮する

2 [16件] ちがいない, なつて, なる, なること, 不適当, 催眠術を, 元気を, 向かって, 對し, 對する, 接して, 読んで, 逆らうの, 附きつきり, 食べさせる, 食べさせると

1 [259件] あたらない方, ある奇蹟, いいでしょう, いいとか, いいました, いいもの, おさわり, おなりに, お前もう, お祈りも, お粥, かかる金, かぎって, かまけて, こんなに早く, さからっちゃ, さからって, さはる, されるぬけること, したところ, してやるよう, するばかりの, せよ会えば, その気, それが, それと, そんなこと, たとえれば, たべさせるため, ちやんと, できる仕事, どうしてこんな, どなりつけられたので, なったからと, なったの, なったら自分達, なった由良, なついて, なつた, ならせるの, なりさ, なりたいと, なりますからね, なると, なるの, なるほどの, なるまたは, なるわ, なれる人間, なろうとは, のます薬, のませた, のませました, はっきり肺病, ひとしい, ひびかないはず, またにわかに, やった, やるが, よいと, よい時季, よくある, よく効く, よく見える, よろこばれぬ, わざと注射, ウィスキーか, 一度逢わせ, 万一の, 上げて, 下らない売薬, 不安を, 不消化物, 不親切と, 与えても, 与えられたら看護, 与える, 与えるか, 与えるくらい, 与えるため, 与えると, 与える青い, 人参を, 仕上げて, 仕立て大澤家, 付きッきり, 付き添うて, 代って, 会いに, 会って, 会釈し, 似て, 似合わない精力, 何が, 何だって, 何とも, 何の, 使うの, 促されて, 候, 働きかけたか, 優しい見舞い, 優しくしてやる, 光線が, 出られないやう, 出会した木沢氏, 利いたよう, 利くはず, 勧めて, 勧めても, 医者の, 卓効を, 取り憑, 口を, 同情され, 同情した, 向うを, 向かうたび, 向きませんが, 含ませるん, 呑ますとか, 呼びつけられた, 呼び起されるお, 喋舌らせる, 営養を, 大きい打撃, 大毒, 好い時季, 好かれます, 好さそう, 害に, 對するさげすみ, 小言を, 少しこう圧迫, 少しも, 就いて, 屍体を, 引合わせられるに, 当然の, 心残りが, 心配させる, 必要な, 応用する, 忤う, 急変が, 恐ろしい煉薬, 恐怖を, 悪いので, 悪いもの, 悪い訳, 悪かろう, 慣れた青眼先生, 戻って, 戻ること, 手拭で, 打ち込む手鉤, 指さされし時, 捕まっちゃ, 掬って, 教えなければ, 斟酌を, 明りが, 書かさなくたって, 最後迄, 有勝, 服させようと, 服ませる, 朝食を, 来て, 来られちゃあ, 棄てられたる医者, 構つて居る, 歌を, 比較すべき, 気を, 気力を, 氣を, 水も, 水を, 水服せ, 浣腸などを, 湯ざましを, 湯を, 灸点を, 煎薬の, 用いられます, 異状は, 白痴に, 百万遍の, 目を, 相違ない, 看護婦が, 着せて, 知らせて, 知れねえ様, 秘して, 結うて, 結構です, 綽名は, 聞えさうな, 舞込まれても, 良くありません, 荷物を, 薬も, 見えたかと, 見えるでしょうか, 見える理由, 見せて, 見せる, 見る顫, 触らないよう, 言いたいん, 話しかけては, 語らせたり, 読み聞かせて, 議論でも, 負け勝ちの, 起される, 返って, 逆ふ, 逢えないのに, 逢った, 逢わせて, 逢わせねえな, 過激な, 違いない, 違ひない, 遣ります, 適しませんから, 適するよう, 適当な, 配給の, 酸素吸入を, 野分の, 針を, 附き物, 限って, 障ること, 霊魂の, 面会人が, 頂かせるほどの, 食べさせたらいよいよ, 食べさせたらさぞ, 食べさせられないけれども, 食べさせるより, 食べさせる時, 食べられないけれども, 食を, 食慾が, 食物ほど, 食物を, 飲まして, 飲ませて, 飲ませても, 飲ませないと, 飲ませます, 飲ませますもっとも, 飲ませるスープ, 鱈は

▼ 病人~ (95, 2.2%)

5 なって 3 一般に 2 いっても, 医者と, 同じやう, 小池さんの, 看護婦との, 限ったわけ

1 [75件] あつて, いうと, いうので, いうのに, おめえと, だ, なったあれ, なったと, なってからは, なりました, なり叔父さん, なるか, なること, みえ書院庭, よく似, アザラシの, チヨ子とは, 一つ家に, 不具者と, 並べて寝かされた, 争おうとは, 二人ぎりで伸子は, 二人へ, 介抱人が, 何ら異, 別れるよう, 十字架像とを, 半日睨めっ, 半日睨めつ, 口を, 向かい合っては, 呼ぶこと, 呼んで, 女づれの, 婦女子と, 婦女子は, 婦女子を, 小児と, 小声で, 彼の, 思うの, 思えないほど, 思って, 思ふこと, 慌て者, 撞木に, 最初から, 物心の, 病気の, 病院とに, 痩せッ, 百姓の, 相対し, 相對, 看護する, 看護婦と, 看護婦の, 知れるので, 称する彼ら, 老いはてた, 聞いて, 自分と, 若い女, 蜀山人とは, 見えましたが, 見ると, 見る者, 言ふ, 赤子を, 足弱の, 足跛え, 踊れるもん, 達者な, 長く起居, 頑是ない

▼ 病人~ (91, 2.1%)

2 ありました, かかる天候激変, これで, ない, 御覧の

1 [81件] あのお, ありましたソレ, あり相当繁昌, ある, あること, あると, あるのに, ある有様, あろう, いないのに, お欣びになるであろう, けさは, このころ, すてて, それから, できると, どの病人, なかつたんぢ, なきが, なくまず, なく十分, なく藥取り, ねえもん, ふえ軍器, まだ寝つかれず, みな必ず, やはり自分, よくありません, よくなつい, よく使います, 世の中には, 二度と海, 伸子も, 何でしょう, 何にも, 八郎を, 出で, 出なかった, 出るので, 出来たこと, 口を, 同然の, 嘸アクビ, 困るだろうから, 多くはやり, 多く流行り, 夜長の, 大いに安心, 家の, 少くなかつた, 少しずつ, 少しづゝよくなる, 少のうございました, 屹度よく, 年を, 心さびしき, 快くなった, 意を, 捨てて, 明くる, 来るの, 来れば, 極つて蛇, 死ぬる, 死人同様に, 気に, 氣が, 氣の, 特に病気, 病人だ, 痛む腹, 痰を, 笑って, 袖, 誠に真実, 贅沢薬を, 起床し, 重い病人, 長くは, 附き添う家族, 飽きるからね

▼ 病人~ (70, 1.6%)

2 [13件] お前が, から, からです, からといっ, からといつて, からな, から静か, と思う, と思っ, なと思った, ね, まりに, よ

1 [44件] からお前さん, からこれ, からである, からという理由, からと叱りつける, からね, からね様子, からはじめて, からむりをしないでおくれ, から今, から室, から少し, から牛乳, から自分, から責任, が互に, しする, し家族, そのうえ見張られ, つた身心共に, という悪い, といふ, とかさ, とていつ, とばかり思っ, と思った, と思わせられます, と思われ, と恥じる, と長野, などと敵党, なんて, なんて言う, のう, のに, もんだ, よお前, よ元気, よ病人, 医者と, 悚然と, 悪い奉公人, 生きのこつた, 病人だ

▼ 病人には~ (60, 1.4%)

3 薬を 2 極くいい, 毎日顔を, 病人を

1 [51件] ありがち, おもにお, かまわず一時間, こういうスープ, こういう料理法, この裾野, これでも, これ位の, とくべつに, どんなにいい, ないん, まつたく無, よっぽど美味しい, ココアを, 上製の, 二種類が, 云い含めて, 今日の, 何も, 出会ったこと, 医者が, 口を, 向いて, 塩気を, 多く麦, 好かれましょう, 寄りつかないよう, 寒く感ぜられる, 尚お, 恐ろしい魅惑, 恢復する, 悪いさ, 我慢は, 極く, 水で, 満足を, 牛肉よりも, 特に必要, 珈琲の, 病気でない, 相違なかっ, 睡眠剤である, 絶対安静を, 継子にでも, 聞かせてないん, 苦いゲンチアナ根末, 菓物の, 言わぬよう, 調法です, 迚も, 鶏肉エキスが

▼ 病人~ (59, 1.4%)

4 あつた 2 ねて, 一と, 嘘も, 居ながら

1 [47件] あつて, いらっしゃいます, いるさえ, いろいろの, お気が, これからの, これまで, ごたついて, せうか, そつとして, それは, たった一人, たつた一人, だいぶよくなっ, でも, とりこんで, どうせ老病, どの医者, な, むさ苦しいところ, ゆるやかに, カヤを, ドイツ, 一歩も, 又猫, 取込んで, 威勢を, 寢て, 寿江子は, 小供, 居るの, 時間の, 暮す日, 毎日寝, 氣が, 水夫の, 満ちた空間, 生来の, 留学中に, 盲目で, 私も, 翌日も, 老婆だ, 腰が, 近頃は, 長く臥蓐, 飛び出した由造

▼ 病人らしい~ (45, 1.0%)

2 ところが

1 [43件] おかみさん, お顔, のが, のよ, 俳句が, 其と, 処は, 可傷, 大きな息, 女を, 姉妹の, 婦人が, 容子も, 恰好を, 悪い顔貌, 我儘を, 所の, 数人の, 様子が, 様子などは, 様子を, 様子家庭の, 樣子家庭の, 死骸である, 気味悪さ, 気持が, 気持に, 漢を, 父親を, 男が, 老母を, 者は, 者を, 色つやで, 若い侍, 苦惱に, 苦脳の, 蒼ざめた顔を, 調子で, 陰気な, 青い顔, 静かに, 顔には

▼ 病人~ (41, 0.9%)

2 女や, 死亡者を, 百姓共だ

1 [35件] あつしくなりに, けが人ばかりを, なんかの, または臨終, まだ眠っ, ダートムアの, 不運な, 傷害者を, 傷負も, 半ば腐ち果てた, 奇形児から, 婦女子にとっては, 子供達ばかりを, 小児の, 小児向きの, 年よりや, 怪我人と, 我々以外は, 敏子に, 死体が, 片輪者, 生きながら, 病家の, 病気の, 眼病の, 老人だった, 老人は, 色の, 落伍者が, 葬式は, 虚弱者にとって, 酔漢では, 阿片患者が, 順礼が, 飢餓の

▼ 病人たち~ (34, 0.8%)

2 のなか, はそれ

1 [30件] が呻い, が慰め合ってる, にとっては新, に便器, に注い, に訊い, に送った, のうち, のこと, の口, の滋養品, の状ざま, の生活, の生涯, の繃帯, は, はこの, はその, はびくつと, はみな, はみな有頂天, は医療, は大, は尻, は死の, は泣きだした, をいたわっ, をはね越え, を見, を観察

▼ 病人では~ (28, 0.6%)

2 ありませんよ, ないかと, ないと, 無いの

1 [20件] ありません, あるに, あるまいかと, ございませんが, どうにも, ない, ないこうして, ないこの, ないで, ないの, ないもう, ない生活, なかった, なかつた, なかつたの, なくて, なく家族たち, なし久しい間, 何う, 困るな

▼ 病人である~ (25, 0.6%)

4 ことを 2 か女づれ, ことは

1 [17件] いまの, からその, から自動車, から迷惑, ことこの, その根本, それから美人, という例, とは信ぜられなかったろう, のを, はずの, 上に, 伸子の, 少数の, 彼に対しての, 母君も, 私を

▼ 病人~ (25, 0.6%)

2 の蠢, は絶えず, を介抱

1 [19件] がぎつしり, が古, が唄っ, だから, でございます, と一口, にとつて, には皮華科, に取り囲まれ, に言い残し, のなんと, の口, の枕許, の食事姿, はこの, はそれ, は尻, もみなそれぞれ, を慰め

▼ 病人~ (23, 0.5%)

5 んだ 4 のだ, のです 1 の, のかな, のである, のであろう, のでしょう, のは, んだろう, んでございます, んで骨, 養生が

▼ 病人でも~ (22, 0.5%)

2 あるん, 出来たの, 死ぬまでに

1 [16件] ありそう, ありません, あるまいし, あるよう, その方法書, なくて, ゐると, 出たの, 出ようもの, 出来たか, 出来たん, 出来て, 悪くなった, 昼身体を, 生れた儘, 譫言や

▼ 病人とは~ (21, 0.5%)

2 思えない位, 思われないほど

1 [17件] いうが, 何者か, 分って, 勝手がちが, 思えない, 思えないほどに, 思えないよう, 思えぬ程慥, 思はれざるの, 思はれない, 思へなかつたが, 思われない, 知らずに, 見えぬほど, 見えねえな, 見なかった, 違うぞい

▼ 病人です~ (19, 0.4%)

32 から

1 [14件] か, かねへエー, からどうも, からねえ, から何処, から揺れない, がもう, が万事, が末期, しかし面白い, のよ, もの, よ精神的, 然し面白い

▼ 病人という~ (19, 0.4%)

8 ものは 5 のは 2 のが 1 ことを, ものを, んで, 普通名詞で

▼ 病人なら~ (14, 0.3%)

2 俺だ

1 [12件] ここへ, すぐ発狂気味, ともかく自分, どんどん戸, ば仕方, ば何故, 仕方も, 医者に, 病人と, 病人らしく, 病人らしくしろ, 病人らしく死んじまえ

▼ 病人から~ (12, 0.3%)

1 [12件] あぶら汗, それを, わけを, 慰められた, 房一へ, 手離せますまい, 明日は, 来て, 涙を, 狐を, 譲渡し, 離れた片隅

▼ 病人にも~ (12, 0.3%)

2 死の 1 それが, ならず死なない方法, わかって, わかるほど, 似かよ, 嗜好が, 変ること, 移り行く時勢, 食べられる, 食べられるね

▼ 病人~ (11, 0.3%)

2 何ぞの, 怪我人であるらしい 1 何か, 分なく, 女の, 小児が, 狂人かと, 男であろ, 盲目か

▼ 病人~ (11, 0.3%)

2 行つてゐた 1 こう押しかけ, どうぞよろしく, 一部は, 与えるが, 帰ったよう, 投打ち, 言いふくめてでも, 陽気な, 頒けて

▼ 病人でない~ (9, 0.2%)

2 ことを, と山 1 ことは, と与えられません, ほかの, 私の, 限り必ず

▼ 病人扱い~ (9, 0.2%)

3 にする 2 にされる, にし 1 にしたくなく尋ねた, にしない

▼ 病人ある~ (7, 0.2%)

1 のみ, ものか, ものここに, ものは, も勤め, も医師, 爲め來たる

▼ 病人とも~ (7, 0.2%)

3 思ひ寄るまじき美 1 思はずして, 思われないが, 思われなかった, 見えぬ身躰

▼ 病人に対する~ (7, 0.2%)

1 お医者, さげすみは, 仕打とかについては, 医者の, 寛大さから, 深い理解, 金之助の

▼ 病人一人~ (7, 0.2%)

1 でおれ, では, につき二人, になる, を抱え, を置い, 置いて

▼ 病人として~ (6, 0.1%)

1 いつもあり, 或る, 横わっ, 片づけず生活, 病舎に, 身動きも

▼ 病人にとっては~ (6, 0.1%)

1 医薬よりも, 必死な, 懐かしい思い出, 渡りに, 男性の, 苦い薬

▼ 病人みたい~ (6, 0.1%)

1 なもの, な容体, な生活, な顔, になる, に扱われない

▼ 病人らしく~ (6, 0.1%)

1 もある, もない, 弱は, 横に, 神妙に, 蒼白いが

▼ 病人~ (6, 0.1%)

1 ですが, として学校, のねいす, の豆ランプ, の買い物, ノ運搬車ニ乗セラレテコンクリートノ長イ廊下

▼ 病人自身~ (6, 0.1%)

2 も影 1 が承諾, が聖餐, にし, のため

▼ 病人こそ~ (5, 0.1%)

1 可哀想でありません, 哀れなれ, 実に気の毒, 災難だ, 玄王だった

▼ 病人じゃ~ (5, 0.1%)

1 あるまい, ないから, ないぞ, ないもの, ないわ

▼ 病人だった~ (5, 0.1%)

1 という, に違い, のだ, のでただ, 私は

▼ 病人であり~ (5, 0.1%)

1 何時どの, 怪我人である, 発熱し, 盲者である, 第一線的な

▼ 病人といふ~ (5, 0.1%)

1 のが, ので, のは, ものは, 言葉を

▼ 病人などを~ (5, 0.1%)

1 引合に, 担って, 救う施療所, 見かけると, 見て

▼ 病人に対して~ (5, 0.1%)

1 二十の, 何かの, 幾分の, 禍を, 非常に

▼ 病人不具者~ (5, 0.1%)

2 でない限り 1 などはおるまい, など自活, はその

▼ 病人料理~ (5, 0.1%)

1 というもの, などというもの, には牛肉, に用いられます, の話し

▼ 病人あり~ (4, 0.1%)

1 て医者, て御, と聞い, 災難あり

▼ 病人さん~ (4, 0.1%)

1 がえらい悪う, が用事, にもちっと, は子供

▼ 病人だけ~ (4, 0.1%)

1 いて, では, なん, 遺言の

▼ 病人などが~ (4, 0.1%)

1 いる時, 乗せられて, 祈祷を, 蜿蜒と

▼ 病人ばかり~ (4, 0.1%)

2 片手に 1 でなく次に, 出る

▼ 病人特有~ (4, 0.1%)

1 な癇, な眼, のわがままさ, のイヤ

▼ 病人~ (4, 0.1%)

1 ありて, に愛好, に関する事務, の断種

▼ 病人見舞~ (4, 0.1%)

1 にする, によく, に一足, に何

▼ 病人あつかい~ (3, 0.1%)

2 にし 1 になさるる

▼ 病人くさい~ (3, 0.1%)

1 な, よ眼, 句は

▼ 病人じみた~ (3, 0.1%)

1 顔は, 顔を, 黄色味を

▼ 病人たまり~ (3, 0.1%)

1 にいた, に若造, のこう

▼ 病人でございます~ (3, 0.1%)

1 か, がちょっと, その病人

▼ 病人との~ (3, 0.1%)

1 差を, 弱い肩, 間に

▼ 病人と共に~ (3, 0.1%)

1 して, 愉しむようにして, 苦しみ共に

▼ 病人など~ (3, 0.1%)

1 ありて, 恃り, 捨てて

▼ 病人なれ~ (3, 0.1%)

1 ば天地, ば宿め, ば望

▼ 病人にと~ (3, 0.1%)

2 つても 1 つては

▼ 病人によっては~ (3, 0.1%)

1 大層美味し, 飲み物ばかり, 香料を

▼ 病人まで~ (3, 0.1%)

1 人殺しに, 引っぱりださにゃならんとこみると, 殺して

▼ 病人らしくない~ (3, 0.1%)

1 といつて樹明君に, のは, 病人である

▼ 病人~ (3, 0.1%)

1 コトヲ, 加持, 看護ヲシテイマスト答エタラソンナコトカラ旦那様ノ

▼ 病人~ (3, 0.1%)

2 ひに 1 ひを

▼ 病人臭い~ (3, 0.1%)

1 所は, 老人と, 青オい

▼ 病人あれ~ (2, 0.0%)

1 ばこの, ば家

▼ 病人かと~ (2, 0.0%)

1 思う程, 思って

▼ 病人かも~ (2, 0.0%)

1 知れない, 知れないそう

▼ 病人からの~ (2, 0.0%)

1 迎えを, 頼まれで

▼ 病人くさく~ (2, 0.0%)

1 おなりに, ていけない

▼ 病人それ~ (2, 0.0%)

1 に程, も薬

▼ 病人たり~ (2, 0.0%)

1 とも捨て, と差上げよ

▼ 病人たる~ (2, 0.0%)

1 と健康人たる, の故

▼ 病人だって~ (2, 0.0%)

1 なにも, 大切に

▼ 病人~ (2, 0.0%)

1 やない, や無い

▼ 病人つど~ (2, 0.0%)

2 ひ揉めりその

▼ 病人づら~ (2, 0.0%)

1 をし, をしよう

▼ 病人でなく~ (2, 0.0%)

1 ちゃあここ, とも梅

▼ 病人としか~ (2, 0.0%)

1 受取れなかった, 思えぬが

▼ 病人ども~ (2, 0.0%)

1 を手厚う, を救

▼ 病人などに~ (2, 0.0%)

1 もさういふもの, 与えて

▼ 病人などに対しては~ (2, 0.0%)

2 容体を

▼ 病人などの~ (2, 0.0%)

1 ためばかり, 心配が

▼ 病人なんか~ (2, 0.0%)

1 相手に, 華岡先生じゃ

▼ 病人にだけ~ (2, 0.0%)

1 信仰を, 許される食物

▼ 病人につき~ (2, 0.0%)

1 きりの, 添って

▼ 病人にでも~ (2, 0.0%)

1 なったん, 向かったよう

▼ 病人にとって~ (2, 0.0%)

1 もっとも不, 楽でない

▼ 病人にまで~ (2, 0.0%)

1 及んで, 鎖が

▼ 病人に対するが~ (2, 0.0%)

1 ごとき感, 如き感

▼ 病人への~ (2, 0.0%)

1 心づかいなどは, 見舞いの

▼ 病人までも~ (2, 0.0%)

1 其仲間に, 時々やつ

▼ 病人~ (2, 0.0%)

1 さえ棒, の間

▼ 病人らし~ (2, 0.0%)

1 かつた, さと

▼ 病人以外~ (2, 0.0%)

1 には有害, には用

▼ 病人~ (2, 0.0%)

1 樣で, 樣です

▼ 病人多く~ (2, 0.0%)

1 世間騒擾する, 僅

▼ 病人相手~ (2, 0.0%)

1 であるだけに, の商売

▼ 病人負傷者~ (2, 0.0%)

1 だけには極めて, をのぞけ

▼1* [198件]

病人あしらひに, 病人あつかひに邸, 病人あらずなるべきに医, 病人ぢり, 病人かこつけによし, 病人がとちょっと妙, 病人がにやり気味, 病人がめつきりふえ, 病人がや四年越間がな, 病人くさい臭いなどなくなっ, 病人この二人の, 病人さえ愉快を以て, 病人さながらの竜, 病人しかし何百人と, 病人じみてはいた, 病人じゃァねえん, 病人その頃は, 病人そのものの命, 病人それ自身も寝, 病人まりへ, 病人ためらおうものなら, 病人だけしか救われないの, 病人だけを置いて, 病人ださうですよ, 病人だつていうこと, 病人だつたのでた, 病人だらけだ, 病人ってどうしてこんなに執拗もの, 病人づれの下の客, 病人であったお嬢さま, 病人でありましてその, 病人であるなればその, 病人であろうとの暗示, 病人でしたよ, 病人でしょう先生の, 病人ででもあるらしいたどたどしい, 病人でなかった日には, 病人でなくっては乗っからない, 病人でもかの医者にも, 病人とかいそがしさ, 病人とかに恵んだもの, 病人とが動いて, 病人としての参加で, 病人とてはなし, 病人とよりは子供の, 病人とを中へ, 病人どうような, 病人どころじゃないや, 病人ながらも腹が, 病人なぞには極くいいようです, 病人などでなしに, 病人などでもないっ, 病人などにはしばしばその, 病人なみに扱わない, 病人ならぬものが, 病人なりしなるべし, 病人なる自分を, 病人なんかじゃない, 病人なんぞに滋養物を, 病人なんどに水, 病人にたいして悔悟し, 病人について考えて, 病人については初めから, 病人にとっても欣しかろう, 病人になつたのである, 病人にばかり構って, 病人によって斟酌しなけれ, 病人に対し最も有効, 病人に対しての万事は, 病人に対しては気の毒だ, 病人に従って彼は, 病人ののたれ死にの, 病人はいふのみである, 病人はなはだあやふし, 病人はめつたに来ない, 病人はをりません, 病人やりだな, 病人ばかりかこの俺, 病人ばかりがゐる病舎, 病人ばっかりの中に, 病人ばらが, 病人ひとり余さず客, 病人ぶりを研究, 病人へだけはいつて, 病人ほど大きな夢想, 病人ぽかったって, 病人また三千余の, 病人みたような, 病人がケロリ, 病人めいた人道主義は, 病人めかして寝台, 病人めくほど深刻, 病人やなんぞの好みも, 病人やの平均値では, 病人やら黒沼家の, 病人ゆえに私, 病人よりむしろ健全, 病人よりは一層の, 病人よりもやつれを, 病人らしいむくみがあった, 病人らしくしている, 病人らしくしろという眼付, 病人らしくなくむしろ精悍, 病人らしくなった顔に, 病人らしく書いてある, 病人らしく無く成ったが娘さん, 病人らしく痩せ細って少し, 病人らしく聞えるが實, 病人らしく見えたが別に, 病人らしく見えただろうと思います, 病人らしく見えるまでにやつれ衰え, 病人らしく黙つて寝てろ, 病人をば俎の, 病人アル, 病人ニナッテシマッタノダカラ残念デタマラナイノダガ君ノ手紙, 病人一条米国より帰来, 病人世界の楽園, 病人久しく一の, 病人二人ありて, 病人の世話, 病人がしである, 病人が養生, 病人其頃は未だ, 病人出かけて, 病人助からずという, 病人された姑, 病人半身不随で身動き, 病人厭言を言う, 病人同士かたまるという, 病人同志ならちょうど, 病人同様の状態, 病人同様自分の部屋, 病人同然の早苗さん, 病人向きとして珍重, 病人は心しづか, 病人問答の事, 病人に出, 病人之処, 病人多しという, 病人によし, 病人姿で人前, 病人娘ごころ気の弱い, 病人室中周視一巡以祓除不祥初生小児将渠含至獅子口中, 病人邪に, 病人対手なの, 病人から載せ, 病人引っ張って来さらし, 病人心配に食事, 病人快からず, 病人悪くなったの, 病人手厚可致旨, 病人扱イニシテ真面目ニ相手ニシテクレナイコンナ有様デ生, 病人捨兒は街路, 病人揃いで国男さん, 病人揃ひだつたので, 病人予防に, 病人旅立の吉凶, 病人早う片付いた方, 病人本間の様子, 病人とばあやさん, 病人様いかが御左右, 病人次第で火, 病人死人はなはだ多いよし, 病人殿が身, 病人気分になる, 病人というの, 病人の間, 病人溺死者は続出, 病人無き大西洋定期船に, 病人とし, 病人然し何百人と, 病人っぽに, 病人独特の気味, 病人甘味からう筈, 病人産婦の呻吟, 病人用ベッドのカバア, 病人病馬は続出, 病人等申越候はば駕籠, 病人絶えずとて熊野, 病人続出でね, 病人臭くはし, 病人臭クテ却テ効果的ナンダガ接吻ノ場合, 病人が埠頭場, 病人芥川の腦神經, 病人衰旄は其所也, 病人見たいな笑い声, 病人見舞いに行った, 病人親父の源太郎, 病人赤ん坊まで戦禍, 病人迷人ソノホカ加持祈祷ヲシ, 病人連れて秋雨, 病人連中も劇, 病人運搬車をよびました, 病人達医者のいい悪い, 病人にせきこん, 病人が用意, 病人食物の第, 病人食物セーゴのプデン