青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「病~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

疑い~ 疑う~ ~疑問 疑問~ ~疲れ 疲れ~ 疲れた~ ~疲労 疲労~ ~病
病~
~病人 病人~ 病室~ ~病気 病気~ ~病院 病院~ ~痕 痕~ 痛~

「病~」 6465, 70ppm, 1629位

▼ 病~ (874, 13.5%)

20 になつ 19 になつて 10 だと, なの, なん, のこと, のため 8 で寢, になる, をし 7 で死んだ, に罹つた 6 だから, であつ, になり, の時 5 がある, にか, の事, の場合, の爲め, を直し, を直せ 4 だ, に罹つ, のやう, の一つ, の所爲, をする

3 [13件] があつ, が重く, して, で, で死ん, と云, に罹, のもと, の人間, の爲, の父親, の觀念, は

2 [61件] か, がよく, が何, が惡, が直る, だけは直し, だつた, だつたの, だつて, だらう, であること, です, ですが, ですね, でその, でね, ではござんせぬ, でもある, で仆, で働けなく, で死ぬ, で祝言, で自宅, といふもの, といふ事, と稱, と言, なんかする, にでもなる, になっ, になつた後, になります, になれ, に對, に罹り, に罹る, のひと, の世話, の乞食, の人, の平癒, の御, の性質, の結果, の經過, の起る, の身, の體驗, はどんな, はまだ, はもう, は大した, は大して, は直る, をいたした, をした, をしてる, を心配, を持つ, を癒す, を診

1 [503件 抜粋] いよいよつのる, かそれとも, かといふの, かね, かも知れない, から離れられない, か何, か知りません, か頭髪, があり, があるらしい, がいつ直る, がお前, がかうし, がかなり, がこ, がこの, がさう, がそれ, がそんな, がとツ, がどう, がどうしても, がはやる, が何ん, が其處, が再, が出, が出まし, が原因, が厭, が屡, が恢復, が慢性, が昨夜自分, が治つて, が治らなく, が治りませう, が流行る, が消滅, が深い, が無く, が父, が病氣, が癒つて, が癒ら, が發明, が直, が直らない, が知られ, が移る, が蔓, が起つ, が起つた, が起て, が輕, が逆戻り, が重い, が非常, が餘, さね此, したら看護婦, した幼, しない人間, するの, する事, だか, だが, だけは不思議, だつたので, だつて言, だという, だとか, だもの, だツ, つ, であ, であらう, である, であるお蔭, であるかは, であるとか, であるの, であるらしく思われた, でいま此處, でいらいら, でぐツすり眠つて, でこ, でこの, でございましたので, でしかも, でしてなあ, ですか, ですからねえ, でそれどころ, でつとまらない, でで, ででも, でなかつたならば, でなきや, でなきア, ではあるまい, ではない, でふるへ, でもあつ, でもし, でもする, でもちび, でもない, でも何, でも出さう, でも忽ち, でも無い, でも直す, で一年, で三年, で三日, で三日前, で上, で亡くなっ, で仕事, で何, で倒れた, で入院, で出られなかつた, で動けない, で咯血, で困つ, で夜なか, で學校, で寢込, で弱, で急, で惱む時, で手, で捨てられた, で斃, で暫く, で會, で會えん, で歐羅巴, で歸つて, で淋しく, で片足, で痛む, で習慣, で臆病, で臥せ, で親許, で貧乏, で逝く, で過ごす, で遲, で部屋, で長い, で面, といつ, といふ, といふこと, といふ病氣, とかいふ言葉, ときく, としてさ, として體驗, との差異, との理由, とは知らず, とも何とも, と且, と伏, と僞つて大澤家, と勞苦, と同じ, と同時, と悔恨, と拘禁生活, と災難, と無能, と言つて, と言つて滅多, と言つて祝言, と違つて藥, と醫者, と鬪, ながら何時癒, なし, などは, などは中, などをかける, などをも含め, など一體, なら少し, なるに, なれば, なんかに負, なんか出やしない, なんぞにや負, にいと, にかかつて, にかかり, にかまけ, にすべて, にする, についてのみで, について相談, にて引籠, にて感情, にでもかかつて, にでもな, にでもなつ, にでもなつた日, にとりつかれ, になぞ, になつて以來今朝, になつて田舍, になつて病監, になつて秋風, になつて足, になら, になりかけ, になりかけた, になりました, になるで, にはならない, には其酒, には歩い, には海岸がい, には病氣, には誰, にもならず, にもなる, にも依り, にも平癒, にも等しき, によつて, に依る, に傳染, に勝たなく, に反, に取つかれ, に取り憑かれ, に取附かれた, に同情, に害, に就い, に岡, に心付い, に惡, に惱, に成つた, に成つたつて餘程, に母親, に氣, に疲れ, に罹りなすつた, に脅かされ, に良く, に苦しみ, に虐げ, に蝕まれ, に親切, に過ぎない, に醜く, に關, に關聯, に附屬, に障る, に飮, のあと, のある, のお父さん, のお蔭, のし, のせい, のせゐか, のせゐだよ, のせゐで, のせゐであるに, のせゐも, のため牢死, のため謁見, のとき, のところ, のなほりがけ, のふくれあが, のわるく, の一寸, の上, の中, の事等, の介抱, の元, の凌ぎ, の初め, の前兆, の前提, の力, の原因, の同僚, の問屋, の問題, の在る, の外, の巣, の工合, の工合さ, の床, の心, の快復, の恐ろし, の恢復, の息子, の惱, の憂慮, の所行, の故, の故に, の數, の方, の母, の氣, の治療, の治癒, の洗禮, の流行る, の測量, の烈し, の熱, の爲め同衾, の爲め當市, の牡鷄, の由, の痛み, の療治, の直, の看病, の神經, の福音, の結果す, の結核菌, の絶えた, の肉體, の自分, の良人, の苦痛, の診, の診察, の話, の足, の進行, の野村英夫君, の雄, の靜養者, の類別法, の體, はいや, はかなり, はげしくなり, はこつちで, はしない, はす, はずつと重く, はその, はその後上京, はそれほど, はそれ以上, はちつ, はちやん, はどう, はどんどん, はない, はなかなか, はなほ生, ははびこる, はま, はますます, はニセ, は三年, は不思議, は不調和ぢ, は中風, は二ヶ月あまり, は今度, は何, は何だい, は何ん, は何物, は何病氣, は健康, は元, は加速度, は卒中, は大, は妾, は實際, は急激性肺勞, は恐らく, は持病, は日, は日増しに, は暫く, は比較的, は治, は治らぬ, は癒つて, は皆, は矢張り疝癪, は絶えずある程度, は經驗, は考へる, は肺結核, は腎臟炎, は腹, は若い, は赤痢, は遂に, は非常, は鼻汁, は齒痛, ばかりし, ばかりでなく, もけそり, もこんなに, もさうで, もだ, もなほらず, ももう, も大, も惡, も治し, も病氣, も直る, も重り, やら苦勞, や健康, や靜子, よ私, をお, をしない, をします, をせられ, をなほさなけれ, をば之, をほとんど, をもあまり, をもつ, をよくも, を一處, を以て之, を何より, を作つて, を共有, を受け, を呪, を尊重, を得た, を忘れる, を急激, を惡, を惡化, を惹き起し, を感じ, を抱いてる, を救, を早く, を案ずる, を氣, を治し, を治した, を申し立て, を癒し, を癒せ, を發, を直ぐ, を直さない, を直す, を看護る, を眺めた, を移し, を聞き, を苦, を苦慮, を見舞ふため, を親切, を言, を訴, を負かし, を起し, を起したさうで, を醫, を醫者, を重く, を隱蔽, を驅逐, ん時, ネ罹れ, 少々氣, 御隱居樣, 極めて重態, 除けの

▼ 病~ (709, 11.0%)

52 ために 27 床に 14 ように 9 爲に 7 為に, 牀に 5 ような, 方は 4 床から, 新療法, 為めに, 爲めに

3 [12件] ことを, やうな, やうに, 一つだ, 中で, 事が, 人が, 人を, 原因を, 床の, 方が, 治療を

2 [46件] ある人, うちうむ, おそろしい毒, かげが, こと, ことも, ごときは, せいか, ほかに, 一種です, 中に, 中の, 予防の, 事である, 事のみ, 人に, 初期です, 原因な, 外の, 多いの, 妙薬金用丸よろず, 娘が, 将軍は, 床で, 床について, 床にも, 床を, 後の, 患者が, 患者に, 患者の, 故で, 方に, 枕から, 根を, 様に, 模型を, 流行る時, 発作が, 篤いの, 篤きを, 苦痛より, 薬いただく, 薬が, 醜さ, 重いこと

1 [439件] あったという, あらたまった石舟斎, あるところ, あるもの, あるよう, ある少年, ある年, ある手, ある時, ある者, ある胸, ある身, ある部分, ある限り, ある骨盤, あれば, いちばん悪い, いとま, いまだ, うちでも, うち無, おこり始めた時, おりに, おりには, お見舞, かさぶただらけとも, きまりで, くせに, ことである, こと即ち, こと肝の, これを, こんなふう, ごと, ごとくなれども, ごとく感染, さま一時は, すでに篤き, せいだ, せいだって, せいだろう, せいで, せいに, たぐいかも, たちまち癒, ためお, ためか, ためしばらく, ためずっと, ためとて, ためとのみ, ためばかり, ためひどく, ため一には, ため兵庫から, ため剃る, ため同じ, ため執権職を, ため引込保養を, ため後れ, ため心ならずも, ため更に, ため柳ヶ瀬表へも, ため母の, ため滅多に, ため静養し, でございますかい, どこに, どれにも, ない仕事, なおるという, なかでも, はじめな, ばいきんだ, ばいきんを, ひどさ, ひまを, ほうは, まさに至らん, まじないに, もとで, もとらしかった, やうな老けた, やの字も, ゆえなら, よき汐, よく治, よしで, よるに, キザシも, ロシア人親子の, ヴェールを通して, 一つだったら, 一つな, 一つは, 一つまたは, 一因と, 一因には, 一大要素ならずん, 一種だ, 一種だろう, 一種である, 一種として, 一種に, 一種の, 一藥と, 上に, 下劑, 不治と, 不治なる, 世界である, 両大関, 中間期における, 主が, 主な, 予防なんかの, 予防施設が, 予防注射の, 事を, 事名生の, 人などは, 人には, 人の, 人も, 人物で, 人生におけるよりも, 今朝や, 仕上げは, 伝染し, 伝説などにも, 体温ロシア女の, 何である, 作業が, 侵略たるや, 催す不, 元に, 元は, 元看護婦長ペラーゲア・スチェパーノヴァ, 入れ墨男が, 全快した, 典型的な, 処女は, 処方を, 処方箋を, 分野な, 初期だ, 前兆が, 前後であるらしい, 効果が, 医者として, 博奕酒, 危篤なる, 危篤を, 原因が, 原因は, 原因はと, 叔父は, 句が, 名すらも, 名で, 吐血の, 周期の, 呪い, 呪縛から, 回復期が, 因と, 在り処, 在る所, 地方に, 型が, 基である, 基礎と, 場合は, 場合逆行性健忘症の, 多くなる, 大家だった, 大家である, 大都市に, 太平ならん, 女だ, 女の, 女の子と, 女の子の, 如きも, 如き悲哀, 如くに, 如く全国, 如むくみぬ, 妙薬とかいう, 妙薬を, 妻と, 娘の, 子が, 存在ひいては, 実績が, 害を, 将軍が, 将軍も, 少し楽, 少なからぬ, 少女は, 少年が, 峠であったろう, 峠を, 巣でも, 巣なり, 巣窟では, 常として, 平癒を, 年に関する, 年の, 年を, 床ででも, 床へ, 床より, 床をは, 床頬は, 弊害, 形で, 影を, 影響, 後に, 徴候が, 徴候としての, 心配だけは, 必ず平癒, 性質が, 性質について, 性質上死期の, 怪談にて, 患者たちが, 患者だった, 患者であった, 患者である, 患者でも, 患者と, 患者とは, 悪化で, 悪魔に, 悲しみを, 悲み, 惨禍を, 感情を, 持主として, 持病が, 攻めから, 故に人, 故のみ, 数に, 新注射薬, 方だけ, 既に去り, 日常の, 時にも, 書物などを, 有無などの, 有無を, 服薬は, 末か, 本復した, 枕を, 根で, 根は, 根本たる, 根本なりと, 根本性質は, 根源でありましょう, 根絶やしする, 検診を, 様子が, 様子にて, 機会と, 正体だ, 武略によって, 歴史書は, 死都と, 毒と, 気味が, 気味で, 汎称です, 治した翌年, 治療に, 治療剤として, 治癒の, 治術を, 流行した, 流行だった, 流行に, 流行によって, 消毒に, 深くむしばめる, 源に, 漸次的除去などから, 為でも, 為には, 為よりも, 煩いから, 熱の, 爲又, 牀には, 牀の, 牀を, 特効薬だ, 特徴で, 特性が, 特異な, 特色です, 犠牲に, 状を, 狂人が, 猫を, 由を, 男は, 男も, 疑さえも, 疑を, 疲れ知らぬ, 病原体って, 病原菌を, 病源地と, 病理学を, 病菌の, 症状が, 症状であった, 症状は, 痊ゆる, 痛みや, 療法において, 癒えがてに, 癒えた今日, 癒えた時, 癒えた頃, 癒えるの, 癒えるまで, 癒しを, 癖な, 発って, 発作だ, 発作で, 発作に, 発生に関する, 発生を, 発病を, 發作です, 白痴が, 研究にとって, 祈祷だ, 神は, 種子としての, 窓を, 節は, 篤いとき, 篤い日, 篤い由, 紅い小, 素因が, 細菌や, 紹介者にも, 経歴が, 経過を, 絶望の, 翌年に, 翌年もう一度, 老爺が, 能力を, 脅威は, 脱け, 膏盲に, 臭気こもり, 臭気などが, 興って, 花盛りなりし, 苦しさ, 苦しみか, 苦しみが, 苦痛は, 蔓延は, 薬と, 薬には, 薬の, 薬を, 虚病を, 虫が, 蠅毒蚋ナイフの, 血清注射の, 行きとどいた親切さ, 行われて, 裸体の, 襲來を, 襲来を, 見とり, 觀念から, 診断にのみ, 証拠です, 話さ, 話で, 話でも, 話なぞも, 話を, 説明を, 謎を, 資格における, 赤児みたいに, 足もと覚束なく, 身に, 身には, 軽くなり, 進まざるを, 進むに, 遠ざかるに, 遺伝は, 部下として, 都度大方, 酒癖とで, 重い間, 重かった, 重さ, 重った為, 重患者に, 閑を, 間々に, 間なる, 間を, 障りに, 難, 青年たちは, 青膨れの, 静止不能症男には, 靴下などが, 頓死と, 食物, 養生を, 餌だった, 餌食として, 鬱血が, 鬼と, 魔と, 魔の, 黴菌が

▼ 病~ (616, 9.5%)

36 得て 17 養って 10 押して 8 治する 7 わずらって 6 力めて, 治して 5 冒して, 受けて, 起して 4 して, 問はる, 問ふ, 発して, 看護し, 祷るため, 聞いて, 養ふ 3 つとめて, なおすこと, もって, 得た, 忘れて, 患って, 病んで, 療した, 養いつつ

2 [38件] いだいて, えて, つかって, 仲介し, 問ひ来る, 多くする, 得たり, 得るに, 忘れがち, 忘れ死, 患つてゐた, 持って, 持てる女, 擧げて, 未発に, 治療する, 煩うもの, 煩って, 獲て, 病と, 療する, 癒して, 癒しに, 癒すこと, 癒す事, 癒や, 発した, 發し, 知らず, 祈ると, 見舞ひ, 訪ふ, 起すこと, 重くする, 養いこの, 養いに, 養えるなりき, 養つてゐた

1 [376件] あとに, いいたてたり, いくらかでも, いたわる事, いたんで, いやす役目, うつしたくないから, うつすという, うれうるの, えて死す, おかしてでも, おして出かけた, おして支那, おして長野, おして馬, おもへれ, お病み, かくした, きめ私, ここに, こさえ後半身, こすらせる如く, こは, こわがる女中共, さへ, した後, しまして, し忘れて, するよりは, すれば, それに, つかひ二天門, となえて, なおしいま, なおした上, なおすという, なおすばかり, なおす薬, なげうち終日, ねんごろ, はやらせたもの, はらつて, ば先き, ひろげること, ますます昂じさせた, み病, もたらさずには, もちはじめたの, もつて, やしないすこし, やしなって, やり昨年, わずらいだした, わずらったこと, 一遍に, 与へ, 之に, 予防する, 云云した, 介抱せし, 仮定し, 伝うる奴, 伝染され, 伝染された, 佐渡目と, 併発し, 併発した, 使い二人, 使わせそう, 促進する, 俄かに, 傳染され, 免れず, 内に, 再発させる, 冒してまで, 利用した, 加護する, 勅問された, 募らした, 募らして, 医し歯痛, 医すべき適切, 医するに, 占わせた, 厭し, 受く, 受けつけずそして, 君から, 吹き飛ばして, 呈して, 告げて, 問い不幸, 問うた, 問うたが, 問うて, 問は, 問はう, 問ひし, 問ふと, 問わしめたその, 問わせ喪家, 嗤って, 嘆いてばかり, 嘆き悲しむ, 噛みて, 大王から, 宣告せられた, 宥る, 宥わられ, 察するありて, 審に, 幸いにも, 引き出したの, 引出しました, 引受けたんで, 引受けて, 引受けませんよう, 征服し, 征服した, 待ちし浪子, 得ざるは, 得しより, 得たもの, 得たらそれ, 得たる身, 得た工匠, 得た者, 得ては, 得よう, 得る時, 得囲み, 得沮洳, 得郷, 必ずしも肉体的, 忌みかつ, 忘るれ, 忘れそして, 忘れたちまち, 忘れるの, 忘れるほど, 怖れる, 思ひ煩つて, 恐るること, 恐れて, 恐れ雷, 患いましたこの, 患い給うた折, 患うたこと, 患えざる, 患つてゐる, 患つてゐるなら, 患て, 患ひ, 悲しんだ, 悲しんで, 惹き起したの, 惹き起し最後, 惹き起す, 惹くお, 愛撫し, 慰めたもの, 慰めたる牡丹去年, 慰めるため, 慰める為め, 慰める爲, 憂う, 憂うるに, 憂えた, 憂へるやう, 懷き, 成さんと, 成す, 払うという, 扶け, 批判する, 抱く諸, 押してでも, 押してまで, 押し老衰, 招くこと, 招くは, 持つて, 持てり, 推して, 故郷の, 救い得ないばかりか, 救い長く, 救うを, 救ひ, 日本へ, 昂進させた, 有ツて, 未然に, 東大久保西向天神の, 案じて, 楽しみと, 構え一橋中納言, 歌ひ治しき, 気づかって, 求めて, 求める人, 治したいと, 治したいという, 治した事, 治した者, 治し度, 治すの, 治すより, 治す力, 治す藥, 治せむがためなり, 治せむとす, 治そうと, 治めまつりき, 治療し, 治癒する, 流行らせに, 深く知らない, 清算し, 煩った, 獲二年, 生じさ, 生ぜしむる力, 疑わぬは, 疾んで, 病って, 療ずる法を, 療治しよう, 療治する, 癌で, 癒さんため, 癒したと, 癒したる医者, 癒しては, 癒し易, 癒す, 癒すこと神, 癒すため, 癒すの, 癒すべき智慧, 癒すも, 癒す先生, 癒そうため, 癒やす, 発したの, 発したるとき, 発した一番, 発し人間, 発せしそ, 発生させる, 直すには, 直すより, 看て, 看護す, 瞻むがために東京に, 瞻るべき, 瞻んが, 瞻其葬を, 知って, 知らざるもの, 知らず一たび病, 知られて, 祈って, 祈りよって, 祈り氏子, 祈るしるし, 祈るという, 祈るに, 祈祷し, 祷りに, 祷るためここ, 私が, 称えて, 称して, 移さない為, 移さない限り, 移し去る, 篤うさせた, 約す, 絶好の, 縁として, 義雄は, 老博士, 耐え忍べと, 聞きける時, 聞きて, 聞き上京, 聞き往, 胸底深く, 自分手に, 自覺, 苦に, 苦治しなけれ, 装おうと, 見たよう, 見て, 見にも, 見舞うべく去る, 見舞った, 見舞って, 見舞はう, 見送って, 親しく見舞った, 解し得ぬ可憐, 触れて, 訪ひ, 訪ひ来るなり, 訪わんと, 診し, 診した, 診し或は, 診す, 診せむがためなりや否や, 診た診斷, 診て, 診る爲め, 診察す, 診断し, 誘発する, 誘起したらしい, 語る, 護るわれら, 起こさしむ, 起こして, 起したの, 起すなり, 起すの, 起す時, 身に, 軽く済ます, 軽蔑し, 退くるの, 通つた, 避く, 避けたつもり, 酷く心配, 醫や, 重うさせられ, 重くし, 重くした, 重らすだけの, 長ぜしに, 防がんと, 防ぐため, 降して, 除いて, 除かせたまえ, 除き熱, 除けるという, 頭に, 養いたいという, 養いながら, 養うこと, 養うたところ, 養うため, 養うという, 養うところ, 養うに, 養うの, 養うべき離家, 養うもの, 養うイギリス, 養う客, 養う為, 養う閑枝, 養おうと, 養ったが, 養ったと, 養つてゐ, 養つてゐたかつた, 養つてゐる, 養つて伊豆に, 養はう, 養ひつ, 養へ

▼ 病~ (565, 8.7%)

49 かかって 23 罹って 9 なって 7 罹つて, 臥して 6 罹ったの 5 伏して 4 托して, 罹りて 3 かかったよう, ひがんだ男, 斃れ, 罹ったり, 罹る

2 [36件] おかかり, かかった, して, とりつかれて, なったの, なつた, なる, なると, むしばまれた彼, よく利く, 俤窶れ, 取付かれた, 取憑, 因って, 塵に, 對する, 弱って, 悩まされて, 犯されて, 疲れて, 罹った, 罹ったこと, 罹つた時, 罹らざるを, 罹りながら, 罹ると, 臥した, 臥したり, 臥してから, 臥す, 臥すもの, 苦しんで, 襲はれ, 負けて, 負けるから, 飲む一杯

1 [364件] あたりて, あつて, あらざる証拠, あらず, あらず全国人民, あるかも, あれ痼疾, おかされる者, おっつけて, おなやみ, おなりに, かかったが, かかったこと, かかったたとえば, かかったと, かかったの, かかったもの, かかったん, かかった事, かかった時筆, かかってでも, かかってるん, かかってる者, かかつて間, かからせて, かからない根本的素質, かからぬと, かからぬとか, かからぬよう, かからぬ前, かかられた, かかられた夢, かかられて, かかられる, かかりたるとき, かかりたる人, かかりて, かかりやすい, かかりやすく, かかり油壺, かかり腕, かかり退心, かかること, かかるそう, かかるもの, かかるを, かかる事, かかる心地せり, かかる者, かかろう, かこつけて, かぶれかかって, きくお, きくという, きくといふ, きくもの, きく温泉, きゅうきゅうと, こんなに血, さし当り申候, さへ, さわりは, し, したよう, しろこうした, しろ慢性病, しろ若し, する, それぞれ二三の, そんな気, たおれて, ちがいございません, とっつかれて, とりつかれたの, なった, なったさ, なったと, なったり, なった時, なった者, なつて, なやむと, なやんだので, なりさ, なりしとて, なりて, なりも, なり易い, なり禄, なり転地療養, なり食, なるは, なる虞, なれば, はい, はか, もがき死すよりはと, もっとも大切, やせ果てし躯, やられたか, やられちゃった, よいとは, よからざる, よく信心, よろしいかと, ウイスキーよく, 中れり, 丹渓が, 仆れた, 仏へ, 付名代山田玄升差出, 伏したりと, 伏した時, 伏してから, 何の, 余儀なくせられ, 依つて二本氏, 依つて致仕, 依て, 侵された彼, 侵された者, 侵されなかった, 倒れたという, 倒れた多, 倒れた鶴見, 倒れて, 倒れ六月, 倒れ新聞記者, 公の, 冒されその, 冒された犬, 冒されて, 利くそう, 利くと, 利くとか, 利くの, 利くや, 加わるを, 効験ある, 効験いちじるしいさうな, 勝たれんさかい, 勝たんの, 医を, 原因し, 原因しない, 原因する, 取つかれその, 取つ憑, 取つ憑かれた, 取りつかれた, 取りつかれたの, 取りつかれまして, 取り憑かれたの, 取付かれ, 取憑かれて, 名無く, 呻吟し, 命を, 困しむもの, 困んだ時, 均しく腑抜け, 執着する, 変わり諸方, 外科と, 多く襲われた, 奇効が, 女らしい嫌悪, 好く利く, 娘ざかりの, 媚びず横浜, 媚る, 宜しく肺病, 実の, 寐て, 寝て, 寿命を, 少しでも, 就いてだけ, 居ても, 帰して, 平気に, 弱つた彼, 彼様し, 彼樣し, 心を, 応じて, 応ずる薬, 悩されず, 悩まされたこと, 悩まされ出したので, 悩む女, 悩む浪人, 悪かろう, 感じて, 慊ぬ, 成ったか, 成ってから, 打ち克つもの, 打ち臥し已に, 托け, 托し情景相, 抗すべき力, 抗する力, 抵抗する, 斃るる, 斃れたるや, 於けるが, 於ける無, 早くも, 本性を, 果て終ること, 染まつたこと, 染まない勤勉忍苦, 染まり候, 栄光あれ, 死した, 死せざりき, 殪れる, 比べれば, 満ちた世界, 特効が, 特効を, 犯された, 犯されたため, 犯される率, 犯され易い, 生き還ると共に, 用いまた, 用る, 異ならず病毒, 痩せた牧, 痩せて, 相応せる, 相成り御, 真珠を, 籠りて, 籠り陣頭, 籠るとの, 精根つき果てた, 紛れ無く, 罹ったから, 罹ったが, 罹ったと, 罹ったとしても, 罹ったはず, 罹ったよう, 罹ったわたし, 罹ったん, 罹った余, 罹った同胞, 罹った哀れ, 罹った牛肉, 罹ってから, 罹っては, 罹ってるうち, 罹ってるん, 罹ってる方, 罹つた, 罹つたの, 罹つたので, 罹つたらこんな, 罹つた林檎畑, 罹つてるうち, 罹つてる方, 罹つて厠, 罹つて崩御, 罹つて引き籠つて, 罹つて起居, 罹つて鹽湯, 罹て, 罹らざること, 罹らせたまひ, 罹られた, 罹りこの, 罹りたるとき妻, 罹りたるなり彼ら, 罹りたるやを, 罹りたる先人, 罹りゃすぐ, 罹り一時, 罹り七月七日, 罹り人工流産, 罹り全体奇態, 罹り呵梨勒果一, 罹り大学病院, 罹り居りしか, 罹り抽斎, 罹り時々, 罹り生れた子, 罹り貧血, 罹るとき, 罹るな, 罹るも, 罹るもの, 罹るやう, 罹るを, 罹る事, 罹る恐れ, 罹る者, 罹ればこそ, 罹ツ, 聯繋した, 臥さしめしとは, 臥したが, 臥したこと, 臥したらしい, 臥したる年寄り, 臥した折, 臥しぬ, 臥し給ひき, 臥す弥生, 自分は, 自分も, 至って, 至ては, 至りては, 苦しまなくっても, 苦しみ歩く事, 苦しむもの, 苦しむ人々, 苦しむ老幼, 苦しんだ人達, 苦しんだ女, 苦しんでる子供, 苦むものも必ずしも, 落ちこみ夫, 落ちて, 虫ば, 蝕まれそれと, 衰えきって, 衰えて, 衰え果てた骨, 衰弱しきった, 衰弱甚しく, 襲われて, 襲われやすい, 襲われ怠惰, 触れる事, 託して, 謝した, 負けていう, 負けぬこと, 較べてずつと, 近い人, 錐を, 限らず虫歯, 限るけれども, 陥って, 陥っては, 陥つたの, 陥らざるを, 陥りたりと, 陷り, 障りあらすなと, 障りあらん, 障るから, 障るからと, 障るよ, 障る様, 霊験あらたかだ, 非ず, 頬の, 願掛けを, 飽きはて

▼ 病~ (279, 4.3%)

3 必ずその, 革に

2 [12件] いつか怠りぬ, いよいよ重く, されること, なお重り, もう左肺, 全く癒えぬ, 幻でございます, 急に, 日に, 母の, 気から, 癪に

1 [249件] あった方, あつた, あるもの, いえざること, いかに成り行くべき, いと重く, いまや胸, いよいよ発作, いわばあ, かかる恐し, かなり篤い, このわし, この最後, これとは, これを, さぬ限り, されさ, されちや, されて, されはじめて, されるなんて, されるもの, され方, しい夜昼, したか, したり, すこしいゆる, すこしも恐しく, すこし重い, すでに恢復, すべて膏肓に, その力, その情熱, それなりふきとった, それほどでなく, たしかな, ただちに烈しい, たちまち平癒, だれが, ちょうどモヒ患者, どうした, どの病気, ないが, ないつもり, ないはず, なかなか癒ら, なくそして, なくまた, なにほど, なほるとおつし, まさにそこ, まだ痊, まだ軽い, まぬがれたが, みんな祓い清め, むしろ愛, もうそろ, もう快い, もはや我々, やがてすっかりとまっ, やはり軽く, ようやく危篤, よくならないばかりか, よく知り, クリストフの, 一世紀に, 一向さめきらず, 一日一日ひどく, 一般に, 三カ月以来人心を, 上肢にも, 不和不順なる, 不治の, 世界の, 丘の, 二十歳前後に, 今これを, 今なお, 仕方の, 他を, 仮令何人, 仮病でしょう, 伝染した, 伝染致命の, 何のやまい, 例の, 例外だ, 侍医の, 俗に, 偏です, 僂麻質斯に, 僕よりも, 先妻の, 其日の, 内より, 再び不良, 再發, 別あつらえ, 別段服薬, 到底助からない, 募りて後, 医家の, 十一月後に, 十人に, 単独に, 去りて, 口からと, 口より, 古来より, 吉平に, 和ぎ順ざる, 啻に南方, 地主荒神の, 外から, 多くある, 多く技巧, 多く癒, 大に, 大概飲用水から, 大衆の, 天下の, 天文に, 天然痘であり, 子供の, 実は是, 家へ, 家族百病の, 山代の, 山國の, 嵩じて, 嵩じるばかり, 常に自ら, 平常の, 平癒と, 幸にも, 当時の, 当時猶未だ, 彼女の, 必ずしも政府, 必ず他方, 必ず平癒, 快方に, 急劇, 恐くは, 恐らく癒えたらう, 愈えた, 感冒で, 慢性であった, 或は此無理, 手当が, 捕鯨船の, 敗血症と, 数年前に, 既に愈えてゐた, 既に治したる, 日一日と, 日増しに快方, 明らかに, 春ごろから, 智能を, 暫時静養を, 最悪という, 最早彼女, 有るも, 未だ快から, 未だ癒えざる, 村医が, 東京に, 次第に膏肓, 此鬱懐の, 歯根骨膜炎と, 段々付揚る, 段々重く, 気からと, 気だ, 気を, 気一つぢや, 決して心配, 沢山ある, 治して, 治すべくして, 治ったが, 治ったに, 治ったの, 治らぬそれゆえ, 洋医方の, 洪武三十一年五月に, 無いもの, 無きも, 片眼, 猴また, 甚だ重く, 疾として, 症に, 癌で, 癒えしか, 癒えたが, 癒えても, 癒えぬかく, 癒えゆ, 癒たる, 癒つた, 癒らなかっ, 癒りません, 癒る, 癒るまい, 皆この, 皆悪神の, 益人目に, 益膏肓に, 直せないの, 科学の, 程なく増悪, 稍退い, 稍重かつ, 突然彼, 篤い, 篤くなった, 篤くなる, 終りに, 終始柏軒, 結核性関節炎で, 老衰を, 肉体の, 脚気衝心であった, 腰疾, 自分で, 自然の, 苦悩の, 薬よりも, 虎列拉であった, 虚弱者や, 表全体, 見せられません, 見る見る重り, 診て, 質的に, 身体の, 遅々として, 重くなった, 重くなる, 重りに, 重るばかり, 重体に, 重態と, 重態に, 長かった, 革まりました, 頻々と

▼ 病~ (255, 3.9%)

6 あると 4 起って, 重って 3 あるの, 流行し, 癒えて

2 [21件] あって, ある, あるだけ, あるとか, あるので, あるん, ございますが, はやって, 出來, 出生死亡及び, 急に, 死亡記録簿に, 流行した, 流行って, 流行り出したの, 癒る, 発生し, 絶やされるもの, 進んで, 重くなり, 非常に

1 [190件] あったこと, あったと, あった所, あなたを, あり相, あるから, あるため, あると共に, あるやう, あるレルグ, あればこそ, いくらでもひろがる, いよいよ重く, おこるの, お染, きざして, こうまで, この国, これである, しきりに気, すくなかった, すすみもう, それで, それを, たくさんある, とかく佳候, ともに残った, どうした, どっと重く, なおった, なおりうるか, なおり重けれ, なおるよう, はげしかった, はじまったの, はやっても, はやりだして, はやりました, ひとたび彼ら, ひとたび発生, ひどくなっ, ひどくはびこっ, ひどく悪くなった, ふえました, また発し, まだほんとう, まだ完全, むら, ようやく怠っ, よくなった, わたしの, ムラムラと, 一家の, 一度も, 不治だ, 不治である, 世界の, 今にわかに, 俄に, 信じられないと, 信じられぬほどの, 催して, 全く癒える, 公に, 再発し, 出たという, 出たとか, 出た故, 出て, 出ること, 出るだろうと, 出ると, 出る久しく, 出る又, 出始めた, 出来るんだい, 分つたとき, 到底起つ, 募つて, 募るばかり, 含まれて, 吾, 吾人を, 四年来の, 多いよう, 多くなった, 大流行, 大猖獗, 始まった, 始まったらしいぜ, 存在する, 孤独の, 少しく重く, 嵩じて, 平いだら, 平癒し, 復したいと, 必ず治, 快くなっ, 急激に, 惡くもならず, 感じられふと, 有るからと, 次第に篤く, 死んでから, 殆ど皆自然療法, 殖えるでしょう肉, 段々に, 段々重る, 江戸時代には, 治したさ, 治したさの, 治ったり, 治りそう, 治るか, 治るといふ, 治るよう, 治る事, 治る筈, 治癒し, 流行する, 流行ってちゃ, 流行り出すと, 漸う癒え, 漸く重く, 潜在意識によるか, 独り此消食管の, 猛烈に, 現われた, 現代の, 生じて, 生じる, 生命を, 痊えた, 癒えたため, 癒えたと, 癒えますよう, 癒えるの, 癒ったら, 癒らない, 癒らねえ, 癒り, 癒れ, 発する時節, 発作を, 發生する, 盛んに, 直るん, 確に, 穀物の, 絶えないそう, 肉体的で, 苦しいから, 荏苒として, 落ちたとの, 衰えて, 襲うて, 起こったとて, 起こってからは, 起こりしとのみ, 起ったの, 起つたの, 起りそして, 起り真鶴, 起るの, 近代に, 進むにつれて, 過剰なる, 遺伝したなら, 遺傳, 邪魔を, 重いから, 重くな, 重くなっ, 重くなりまし, 重りて, 重りました, 重り視力衰弱, 重るだろうと, 重患と, 重態を, 革かに, 革だ, 革まったの, 革まつ, 頻々と, 養えないから, 首を, 高じたか, 高じると

▼ 病~ (231, 3.6%)

4 の余, の君 3 だった, では, なので, のお, の身

2 [12件] だと, であるから, ながら, ながらその, にある, のため, のつれづれ, の稀病, の諸, の費用, も母親, を押し

1 [184件] あんなに世話, いささか新年, お高声, この人, この寒気, この書, さらに一句, さらに空中征服, その薬, だった彼, だった皇后, であったため, であるにも, である家, でい, でかうして, でこの, でご, でございますから, でまとまつた, でもあり, でも少年, でも欠席, で上覧桟敷, で二三, で動けない, とあっ, とあれ, といえ, といっ, といふ老, とかを, とて疲労, とのみで, とはいえ, と仰せあっ, と申し, と称し, と聞きました, ながらかね, ながら以ての外, ながら何卒, ながら師匠, ながら月代, ながら淨瑠璃, ながら筆取り, なのに, なれば, なればとて, に, にあった, にあり, にありました, にお, における述懐, にきいた, にござれ, にて面会, にでき上った, にはい, には候得共, には固, には彼, にもこんなに, にもたびたび, にも一度, にも度々, にも父, にも私, にゐた, にサビエル, に人肉, に作り得た, に失礼, に奉公人ども, に岸本, に弥一右衛門, に強い, に彼女, に得た, に憤死, に枕元, に無理, に父子連署, に看護, に碁, に空漠, に細君, に縊, に行方, に黝, のいためる, のこと, のよう, の一日私, の一楽, の主, の主人, の主君良徳公, の事, の些細, の人, の伜, の作, の入費薬礼, の兵馬, の周瑜, の善蔵さん, の奉仕, の奔走, の奥さん, の奥方様, の実感, の山野, の徒然, の御, の患者, の悶, の慰み, の所, の手記, の摂生法, の日記, の本人, の松雲和尚, の根気仕事, の根氣仕事, の森武蔵守長可, の母親, の消, の為, の無聊, の父, の父親, の状況, の王様, の用事, の看病, の空想, の竹中半兵衛, の自分, の苦痛, の苦言, の薬代, の衰弱, の補助, の話, の譫言, の躁暴状態, の食事, はその, は何もかも, は其の, は同室, は括, は接客, は知る, は誠に, ほどあさましく, もそう, もそれ以前, よくした, よりも顔, をしのん, をふり回した, を寝床, を推し, を楽天地, 一方ならぬ, 不奉, 何かと世話, 何かと御, 其の日, 又新しい, 御病中, 打ちやられて, 散らかしたまんま, 書いて, 最も多く, 最も重き, 眠って, 眠られぬまま, 親しく見, 驚いて

▼ 病~ (189, 2.9%)

12 の床 4 がある, のため 3 はいよいよ, を得

2 [19件] である, であるから, ではない, にある, にさいなまるる, になっ, に悩ん, に罹る, のこと, の基, は働く, は許され, をなおす, を努め, を癒す, を発し, を養い, を養う, 膏肓に

1 [125件] から安らか, から救った, から来た, がいよいよ, がお, がだんだん, がちな, がなおる, がはやり出した, が付き纏っ, が入る, が出た, が出る, が大分, が流行る, が現れる, が癒え, が見え, が起こる, さえなかっ, じきに癒ろう, それで御, だ, だの, であるが, でもした, で亡くなった, で失った, で寝た, で死んだ, とか怒り, におさえ付けられ, におとろえた, にかかられた, にかかる, にでもかかる, にはそれ, には勇士, にもこれ, によって官, に倒れ, に倒れた, に入る, に冒され, に取り憑かれ, に垂れ, に対して特に, に弱りおとろえ, に母, に犯され, に由ろう, に罹った, に罹りました, に臥す, に襲われた, に近づき, に遠い, に陥り, のある, のなす業, のもと, のよう, の全癒, の厄神, の原因, の始め, の折, の様子, の熱, の種子, の美術収集, の虫, の黴菌, はおのれ, はすぐ, はそこ, はそれ, はコリャ, は取り去る, は和丹両家, は多く, は宿る, は小, は気, は癒, は草津, は重る, をおして, をこしらえ, をし, をした, をなおし, をはやらせる, をもっ, をやった, を何十年, を嘲りつけ, を堂々, を大いに, を心配, を救う, を植えつけ, を植えつけられ, を正す, を獲, を癒さん, を癒したい, を癒すべく, を発した, を知っ, を秘め, を起させるであろう, を養ってる, 一つは, 中年の, 娘な, 必ずなおし, 挙げ句の, 田の, 神送りの, 篤き時, 老衰いまわの, 膏盲に, 重しと, 鉢巻を

▼ 病~ (157, 2.4%)

14 称して 5 いって 3 云うもの, 稱し 2 いいたるは, いえば, なる, 云って, 申して, 貧と, 闘って

1 [118件] いいそれ, いうか, いうからには, いうほど, いうほどの, いはれても, いはれる痛風, いふに, いわれる, きまりでも, すべけむ, する, するに, その苦しみ, たたかう人たち, であると, となえて, なったか, なった程, なって, なりまして, なると, なるに, なるを, みえて, よんで, チンバは, チンバを, 予防医学の, 云うよう, 云う病気, 云っても, 云ふ, 云われて, 云われるに, 伝染性疾患とは, 伝染病は, 伯林青, 分った, 労働の, 同じく一種, 同じ病, 同時に変態性慾, 同時に男, 同様であっ, 同系統, 名づくる, 呼ばれ女, 呼んでも, 寒気とに, 封建的地主親方の, 屈しがたき, 幼児の, 強調された, 心の, 心病です, 心臟の, 恐怖症が, 戦う若者, 戦おうと, 戦ひつ, 戰つた揚句に, 戰ふこ, 承候, 断定し, 暴力沙汰, 更年期に, 死と, 死とに関する, 死とは, 為う, 為る, 父の, 申します, 皮膚病とに, 相成ったから, 相関する如く, 神経病に, 神経衰弱に, 称えて, 称されしもので, 称したとは, 称したの, 称し飄然熱海, 稱へて, 結びついて, 美しき若き狂女, 考えた, 考え得る天然痘, 聞いたので, 聞いたもの, 肺病で, 肺病とが, 臥せる我, 自覚し, 苦戦する, 虎豹と, 血の道は, 見えてか, 視做, 言つた古風な, 言ふ, 言へば, 言われるよう, 許せるは, 詐りその, 認むるが, 貧とに, 貧との, 違って, 醫者も, 長い回復期, 関係が, 闘いつつ, 闘いながら, 闘い抑圧と, 關聯する, 食物

▼ 病~ (154, 2.4%)

5 あつた 3 入院し, 寝て, 死んだ, 死んだの 2 手術を, 次第に弱る, 死にかけたん, 死にました, 雑誌を, 頓死した

1 [125件] あつて, あらうか, あらうかなどと, あらうと, おざりまする, お亡, この齢, ごわし, すって, てっきり死ぬ, なしに, ねえ, はてました, ほとんど半, まだ大食, めっきりおとろえた, インソリンを, キチガイなぞ, シの, ネ, ハッと, ビタミン, ホータイしてる, ポッコリと, 一刻も, 一日この, 一生を, 三分の一結核で, 世を, 両親が, 両親を, 久しく寢, 亡くなった, 亡くなったと, 亡くなったの, 亡くなったので, 亡くなった友人, 亡くなつた, 亡くなつた私, 人に, 伯父が, 何となく塞い, 倒れずに, 倒れたらしい, 倒れて, 倒れるか, 入院中に, 入院中を, 全滅した, 其の頃脱疽, 別れた美しい, 十年前の, 厶ります, 去年の, 同時に仆, 命を, 困つて, 嫁入りできない, 将に, 少し痩せた, 幼児より, 廃学した, 快復の, 性質は, 手も, 手榴弾の, 有る兎, 村で, 榛軒は, 横に, 死なれましたかだって, 死にかけて, 死にそう, 死にます時, 死ぬこと, 死ぬとな, 死ぬ者, 死は, 死んだから, 死んだが, 死んだも, 死んだよう, 死んだん, 死んだ方, 死んで, 死ィとげた, 死期の, 歿く, 歿した, 殆ど同時に死んだ, 永年患い, 没し其妻, 治らなかった余り, 狂って, 目が, 真夜中の, 研究させられ, 社会全体に, 神経系統に, 稼業を, 突然に, 立居が, 第二, 終ったの, 聟の, 脚気の, 腫んだ, 臥て, 臥込ん, 致し方の, 船の, 若死した, 苦しむ女, 苦しんだ昔, 薨去せられた, 薬なき, 薬なく, 血下る, 衰弱しきっ, 衰死を, 間もなく御, 難渋し, 静かに, 顔が, 鶏冠の

▼ 病~ (92, 1.4%)

5 の床 4 の故 3 にふしたる, のさする, の俄 2 が出た, になつ, のつのる, の為, は夫, をなほさう

1 [62件] あつく成り, が, がある, がいろいろ, がちな, が出たらしく, が収まり, が救, が治るだらう, が激しく, なんて収まるだらう, にか, にし, にせめられ, にとりつかれ, にとりつかれる, になげい, にならなけれ, になる, に捕はれ, に死し, に煩ひで, に移化, に臥し, に臥す, に苦しん, に襲, に近い, に飢ゑのうめきに, のこと, の俊徳丸, の初め, の募る, の噂さ, の女郎, の恢復, の悪臭, の爲, の発作, の篤く, の部屋, はそれでは, はなか, はなかなか, はなく, は個人, は単なる, は弥, は種別, は鎮静, や厭世観, をした, を一代きり, を治し, を治した, を療, を繰り返し, を養つて, 漸く快方, 父の, 篤かつ, 頭に

▼ 病~ (84, 1.3%)

3 癒る 2 忘れて, 癒えて

1 [77件] あり事件, いつか, いますでに, うまいが, おいて, きまり生死, すっかりよくなった, すっかり癒, そこまでは, その頃, それ故と, たいていわかっ, ないらしい, なおして, なくまた, なく一晩, なく時々, また人間, また神様, また退き, まだ全くは, やはりさう, よくならず余りに, わすれて, わるくする, 一きわ重っ, 不治に, 二旬三旬たた, 内地へ, 出来て, 到底治る, 卑怯である, 困るが, 大きに全快, 大学に, 少しは, 忘れたよう, 快く成っ, 快方に, 急に, 悪化し, 懶くなお, 手当し, 日々昂進する, 日々重く, 日ましに, 早く治せ, 次第, 此の, 死も, 治する, 治らん事, 流行らず近在, 病原菌が, 病源を, 痼疾と, 癒えその, 癒えはや, 癒えましたれば, 癒えると, 癒えるという, 癒え山野, 癒え幻覚, 癒え胃, 癒し退院後, 癒すこと, 癒ろうかと, 知らず冗談, 私が, 経験した, 老年の, 覚えませんが, 起らぬそれ, 逆に, 遠からずなおる, 長くは, 随分多い

▼ 病~ (74, 1.1%)

3 の床下 2 のなぐさめ, のほう, へ入っ, へ通る

1 [63件] あらば, あるとき, かな, からこちら, から出, から出し, この稿, この随筆, でありました, でお, でさしつかえない, では, では半兵衛, でもいい, で一, といふ, といふの, とし, にあてた, にて取り散らし, になずみ出した, にのこし, にはいった, にはちょうど, に来た, に訳した, のこと, の孤独, の方, の窓, の隣, は, は入側, は病間, へ, へお, へそっと, へ両手, へ伺候, へ入, へ入る, へ入ろう, へ参ります, へ参りまする, へ向っ, へ案内, へ窃, へ親分, へ退っ, へ通っ, へ連れ, までおはこびを, まで招き入れ, むさ苦しいところ, も肉親たち, らしくない木ぐち, を出, を出たい, を出る, を慰める, を見舞, を辞した, 窶れの

▼ 病患者~ (59, 0.9%)

4 のよう 2 と同室, になつて

1 [51件] がワンワン, が一人, が殖えたら, が殺され, だから, だった, である, であるところ, で気むずかし, として世田谷区, として倒れね, と同じ, と書い, と附, なん, にし, にとって甚だ, になっちまった, になる, には男, に匙, に堕する, に見られる, のやう, のユダヤ, の名, の歌, の死体, の消耗性, の父, の特徴, の独り路, の眼, の私, の行列, の診察, の青銅鬼, はこういう, はこんな, はよく, はヒド, は近頃, を中心, を亢奮状態, を内証, を出した, を惹きつけ, を探しだした, を救いたい, を救う, を装いました

▼ 病~ (54, 0.8%)

3 から子細 2 そうだ, と云う, よ

1 [45件] あね, うるさいという, からね, からインチキ, からチト神妙, から仕方, から構はず, から段々数, から蓮太郎, かわからない, かを直感, か葡萄, がねちよ, がほうっ, ごく最近, という, ということ, という診断, といえ, とかおしまい, とかに取っつかれた, とか云った, とここ, とこの, としたら, とつまらなく, とでも思, とは気づかない, とまで断言, とも聞い, と云った, と仰っし, と思っ, と考える, と解し, と言われ, と頑張っ, な, なと僕, なんていう, なんて知つてん, な今, ね, ねえ, のが

▼ 病~ (47, 0.7%)

2 の顔

1 [45件] がともすれば, がチブス, が先立った, で私, とは思えぬ, と共に入院, と枕, と過した, にだけは感じない, にどれ位母親, に向け, のうめき声, のごとく, の不知哉丸, の傍, の処置, の声, の如く微笑ん, の如く泣く, の寝付かぬ, の愛, の扱い, の枕頭, の温かい, の看護, の腹, の部屋, の髪, は病児, は遂に, も笑顔, をいたわる, をば人, をも跡, を主, を慰めよう, を托す, を抱え, を控え, を産み, を背負っ, を養い, を養う, 啼きゆめ, 生る

▼ 病という~ (38, 0.6%)

3 のに 2 ものが, ものだ, ものは

1 [29件] ことに, ことを, のは, のはね, のを, ものであるまい, ものです, ものも, ものを, やつが, やつは, ような, 一或, 判定を, 効能の, 名前から, 大さい, 奇妙な, 奇病で, 奴に, 弱味が, 病が, 病に, 病の, 病は, 病気を, 精神病患者であり, 言葉を, 高級な

▼ 病~ (37, 0.6%)

1 [37件] がまだ, がもう, でもなく, で三半規管, とは思われません, ともいえる, ならば, にかかり, に加えられる, に対して最も, に悩まされ, に愛憐, に癈, の癒, の精神, の避け, はなん, はもとより, は人生最大, は実に, は肉体上, は身部, もともに, も例え, を人, を免れん, を医する, を引き起こす, を得, を恐れ, を治, を癒すべき, を結び, を貽, を起こし, を醫, を重症

▼ 病~ (36, 0.6%)

2 の生涯, はまた

1 [32件] がいかに, がいった, がこういう, が一期, が憎く, が要求, との間, と病友, に差図, に手紙, に痛み, に私, のなか, の屍体, の病, の顔, はいった, はここ, はこの, はこれ等, はそう, はそれら, はつまらぬ, は上機嫌, は努め, は口, は朦々, は死んだ, は許さなくなった, は鼈四郎, をいつくしみ憐れむ, を慰め

▼ 病~ (35, 0.5%)

3 の寝室 2 の看護

1 [30件] が側, が在り, が寝, が床, であった, とそれから, とに託さね, と病児, にもたらし帰りし, に托し, に語った, のお, のこと, のため, の事, の側, の容態, の寝床, の心, の感じ, の枕元, の死後, の良人, の顔, は予, は挨拶, もやがて, や両親, を思う, を生涯

▼ 病には~ (32, 0.5%)

2 燕の

1 [30件] あらじと, あらねども, いろいろ区別, とりつけないで, よく性交不能, エンシュリン電気或いは, 二つある, 克てない, 剋てん, 勝てず散々, 勝てず酒, 勝てないで, 勝てないらしい, 勝てなかった, 勝てぬと, 勝てません, 命換ふや, 子たる者, 換えられねえから, 日本一だ, 日本酒と, 漢文を, 熟練した, 直接の, 糖分を, 縁が, 肉食を, 若くて, 薬も, 違いない

▼ 病~ (29, 0.4%)

1 [29件] が日, に同じ, に腕, に血, のその, のスカート, の上, の人, の兵士たち, の男, の白, の間, の隙, は外, は身体, や毛布, をじっと, をつけた, をはだけ, をまとった, を二枚, を汚しくさっ, を片手, を着, を着せかけ, を着た, を脱ぎすてた, を見, を見た

▼ 病~ (28, 0.4%)

3 にはいっ, の前 2 にゐる, に移され

1 [18件] での日常事, で自分, で送つた, におくり, にはいらなけれ, にはいりたい, にはいる, には机, に移された, に粥, に行きました, のなぞ, の庭, の扉, は僕等, は精神病患者の, へ入れられ, みたよう

▼ 病では~ (26, 0.4%)

3 ない 2 ないの, なくて, 仕方が, 死ぬ者

1 [15件] ございませぬ, ないかと, ないかという, ないし, ないそれ, ない役目, ない死者, なかった, なくやや, なくアルバジール連用, なくテンカン, なく過去, ねえやつ, 無い, 迚も

▼ 病~ (26, 0.4%)

2 のう, 胃腸病の

1 [22件] さかい大変弱つて, しなふ寂し, なあ早う, 不節制, 伝染病の, 又は死, 実にこれ味方敗北, 悪い影響, 戦争の, 流行病や, 疫病が, 病人の, 痛風などに, 破壊的な, 社会や, 移民は, 粋人癖から, 花柳病の, 薬で, 須磨の, 飢饉や, 鬱病には

▼ 病~ (26, 0.4%)

4 に收容 3 の庭 2 に入

1 [17件] では三年, で癩病患者, にだけはどう, には別に, には食事時間, にほど近い, に來, に着く, に詰め, の二棟, の擔當, の方, の長い, は狹隘, までは長い, を出, を建築

▼ 病~ (24, 0.4%)

2 が宿る, は不明

1 [20件] があるらし, が判らず, が潜ん, であると, である黴毒, といったところ, と云う, の地, の由っ, はシヨウチユウ, は僕, をあきらか, をこそきわめたい, をたずね, をつきとめる, を云, を承知, を探る, を知る, を見つけた

▼ 病~ (22, 0.3%)

8 んだ 2 のである, んです 1 からむか, のか, のかも, のさ, のじゃ, のだ, のよ, んざ気で, ンです, 事も

▼ 病~ (20, 0.3%)

2 から舎

1 [18件] があり, が三棟, でありまた, で暮さなけれ, といふの, といふ特別, にいる, に入院加療中, に収容, のベッド, の三号, の前, の医長, の扉, の日々, の無気味, の硝子越し, へ転室

▼ 病~ (18, 0.3%)

1 [18件] がその, がたまりかね, がぼく, と幼い, にその, に引かれ, のため, の恢復, の枕許, の藥, の體, はお, もいたく, も何, も幼い, や弟妹, を抱, を抱え

▼ 病である~ (17, 0.3%)

2 ことは, ことを

1 [13件] か, かそれ, かという臨症上, かどう, が一兵卒, が學, が留守, といえよう, と云, と云う, と認むる病者, ほどである, 自分は

▼ 病~ (17, 0.3%)

1 [17件] が今, とはいえ, にはなお, に鎧具足, の体, の子, の山中人, の背なか, はなお, は真に, へ, へ度々, もその, をさびしく, をのせた, を進ぜよう, を運ん

▼ 病~ (16, 0.2%)

2 さを, の戀びとよ, の花 1 からみた, が発します, ではなやか, と衰弱, になやまされてる, に輝い, のあらゆる, よりも高く, を帯びた, を感じ

▼ 病から~ (15, 0.2%)

1 [15件] のがれしめたいと, 何とかし, 免れうるという, 劇しい, 恢復した, 救はれた, 病へ, 癒えたフランシス, 皮膚病を, 肺エソに, 脱しよう, 自分の, 視力に, 超越出来なかつた, 高齢で

▼ 病~ (15, 0.2%)

2 の顔, を預りました

1 [11件] がことに, にもスープ, の喰, の寝具類, の耳, の言葉, はタオル, をのぞく, を殺したがった, を蝋燭, を餓死

▼ 病でも~ (14, 0.2%)

2 なければ

1 [12件] ありは, ありません, あるやう, なんでもねえ, みんな肝臓炎だ, 併発した, 出ると, 受けて, 待受けるよう, 時と, 求めなければ, 流行りだしたよう

▼ 病とは~ (14, 0.2%)

1 [14件] いえ好奇, きくが, して, ほかでも, また, 不思議だ, 云いながら, 人生に, 助からぬこと, 平均人口に対しては, 思わなかった, 明かに, 表向き云々で, 言いながら

▼ 病にも~ (14, 0.2%)

1 [14件] きくと, この症, こんなの, その母, また外科, 利くという, 困つたもの, 塗れば, 死なずさりとて, 気を, 用いて, 秀吉の, 罹る筈, 色あら

▼ 病~ (14, 0.2%)

2 を捨てた

1 [12件] あらば, あり此上, かと言う, に薬, の手当, の背, は続出, を見捨てかねる, 全く無き, 多く既に, 多く有数, 無く且つ

▼ 病とも~ (12, 0.2%)

2 申されるそう 1 いふべき類型, せざるなり, ただ瘧とも, また違う, みとめかねたるに, 別に, 思居り, 申すそう, 瘋癲とも, 知れない病人同様

▼ 病を以て~ (12, 0.2%)

2 人生の, 後に 1 参与の, 昌平黌の, 没す, 罷められ次男, 観劇の, 辞した, 辞し事, 防ぎ得べきもの

▼ 病~ (12, 0.2%)

2 の思ひ 1 だとか, だとは, の事, の五箇年間, の人, の影響, の明智, の父, の私, の身

▼ 病ある~ (11, 0.2%)

3 人の 1 が如き, を聞く, を自, 人いく, 人を, 歯に, 獣の, 身の

▼ 病~ (11, 0.2%)

2 が我, の 1 なの, に似たる, のため, の怨めし, の顔, は誰, を取り

▼ 病少年~ (11, 0.2%)

1 [11件] が保養, と葛子, に頬ずり, の姿, の感覚, の習, の腹, の膿, をこ, を森, を置き

▼ 病研究所~ (11, 0.2%)

1 [11件] に梅野博士, に通っ, の手術室, の病室, へ入院, へ血清製造法, へ行つて, へ通っ, も永遠, や癌研究所, や衛生試験所

▼ 病~ (11, 0.2%)

2 のやう 1 がドッカ, が來, が来た, にでも出会った, に変り, のこと, のよう, の宿, の御

▼ 病~ (11, 0.2%)

1 [11件] があり, がある, ができ, がどれ, が拡がっ, のある, はひとりでに, は不明, や胃下垂, を消毒, を自覚

▼ 病~ (11, 0.2%)

2 を三 1 が主, と小雨, と梅, と置くべし, なるべし, の如し, は一首, や小雨, や梅

▼ 病~ (10, 0.2%)

2 の始末 1 がふい, が織っ, の夫, は他人, を捉, を捉え, を見る, を診

▼ 病って~ (9, 0.1%)

1 いるの, そのまま死ん, パリで, 今思い出す, 入院し, 六度あっちこっちの, 寮住居年頃だ, 死ぬの, 死んだって

▼ 病にでも~ (9, 0.1%)

2 よく利きます 1 かかったの, かかって, とりつかれた人, なりそう, 取りつかれて, 感染する, 罹ったかの

▼ 病~ (9, 0.1%)

1 との生活, と自分, にかしずい, に取つ, に呑ませるなら, に抱かせる, のごとく, の口もと, 実に清らか

▼ 病~ (9, 0.1%)

1 あるとき, が床, ならず又, なるべきをと, の体中, も亦, も皆, をし, を診する

▼ 病~ (9, 0.1%)

1 と弟, のもと, の加護, の危急, の薬貰い, は枕, をはるか, を見舞う, を養う

▼ 病源候論~ (9, 0.1%)

2 を写し 1 が伊沢氏, が何処, とを五六行, は隋, も亦, を写した, を写す

▼ 病いと~ (8, 0.1%)

1 いえば, にさいなまれ, に呪われ, のため, 急に, 性病患者が, 称して, 闘って

▼ 病いに~ (8, 0.1%)

3 八石五斗の 2 よいもの 1 か, 内乱に, 飢えの

▼ 病とか~ (8, 0.1%)

1 で嫋々, で遅く, 何とか云, 申すこと, 脳髄とかいう, 腎臓病とかいふ, 邪気とかいう, 霍乱とかいう

▼ 病上り~ (8, 0.1%)

1 てったあの, で居る, とは言え, のよう, の権八, の蒼, の身, の身体

▼ 病~ (8, 0.1%)

1 にはござれ, のつれづれ, の今, の体, の疾憊, の神経, の衰弱, の身

▼ 病女王~ (8, 0.1%)

1 のこと, のそば, の心, はそれ, はながめ, は残念, もそれ, をお

▼ 病~ (8, 0.1%)

2 の一つ 1 からけたたましい, から昼餉, に落着, の奥, の患者, へぶらりと

▼ 病重く~ (8, 0.1%)

1 てとうてい, なり常, 十二月近江宮に, 憂も, 既に終ら, 皇家重らせたまえ, 自分の, 近頃の

▼ 病です~ (7, 0.1%)

21 からあたしゃ, から避病院, しあまり, ししかも, よ

▼ 病といふ~ (7, 0.1%)

2 わけで 1 のに, ものが, ものらし, ものを, 一種の

▼ 病なき~ (7, 0.1%)

1 はもちろん, ものさへも, 人にとっては, 人の, 人も, 国抱ける, 身の

▼ 病なく~ (7, 0.1%)

5 して 1 二十の, 薬石尽く

▼ 病なり~ (7, 0.1%)

2 しを 1 之れ, 故に天下全快, 死の, 肉体の, 蘊は

▼ 病にて~ (7, 0.1%)

1 うせしとき, 医師にも, 國内傳染の, 死去致し, 没く, 義理人情は, 非常の

▼ 病~ (7, 0.1%)

1 ったあの, っている, っても須磨子, って一間, はされ, ひに, ひ給

▼ 病傷兵~ (7, 0.1%)

2 のある, の方, を救護 1 が寝

▼ 病~ (7, 0.1%)

2 の看護 1 の俥, の無理, の身の上, は遂に, をもつた

▼ 病~ (7, 0.1%)

1 であるが, と欠点, につける, の有無, へさわる, や缺陷, を匡正

▼ 病~ (7, 0.1%)

1 した樹木, して, してるもの, のうち, の老人日, の身, や早老性

▼ 病~ (7, 0.1%)

1 であつ, なるが, なるとき, なるに, なるを, りて, ると

▼ 病~ (7, 0.1%)

2 の匂, は柳 1 の醫者, はおそらく, や生活

▼ 病じゃ~ (6, 0.1%)

1 あるまいね, ないかと, ないかなどと, ない世の中, よ, 六ずかしいでしょう

▼ 病として~ (6, 0.1%)

2 何時の間にか日本 1 取り扱, 指, 諦らめられ, 驚くべき大

▼ 病なども~ (6, 0.1%)

41 このへん, 或は彼

▼ 病~ (6, 0.1%)

2 がある 1 つまり喉頭, のみでなく, は斑紋, は湿性

▼ 病夫人~ (6, 0.1%)

1 として寝させ, と二条, の容体, の衰弱, を他, を気づかわしく

▼ 病少女~ (6, 0.1%)

1 がけろりと, のくせ, の凍っ, はその, はもはや, を訪問

▼ 病平癒~ (6, 0.1%)

1 された故に, すれば, の祈り, の祈祷, を祈願, を記念

▼ 病~ (6, 0.1%)

2 は軽し 1 の正, は人間, は眼, を去つ

▼ 病癒え~ (6, 0.1%)

1 たりと云, つつ, て, て塵労, なとおも, むと告ぐ

▼ 病~ (6, 0.1%)

1 では, で医学上, で恥づかしい, で神経的, の厭世感, ナ慾求ニ幾分ノ制御

▼ 病~ (6, 0.1%)

6 かりき

▼ 病膏肓~ (6, 0.1%)

3 に入った 2 の時 1 に入

▼ 病~ (5, 0.1%)

5 つかりき

▼ 病あり~ (5, 0.1%)

1 とも見えぬ, と言, と雖, 漸く蔓延, 皇弟皇子等豊国法師を

▼ 病かも~ (5, 0.1%)

2 知れないと 1 知れない, 知れない気味, 知れませんよ

▼ 病なら~ (5, 0.1%)

1 あんな風, ばとにかく, ば癒し, 私が, 陣に

▼ 病にか~ (5, 0.1%)

2 かつてこの 1 かつてどの, かつてゐる, かつて世間

▼ 病について~ (5, 0.1%)

1 いろいろと, お話いたしました, たちまち奇々怪々, 卜え, 私の

▼ 病ひで~ (5, 0.1%)

1 あつた, お引, もない, 御座いました, 死にかけて

▼ 病~ (5, 0.1%)

1 で其の, となつ, となり, にけり, に成つて

▼ 病~ (5, 0.1%)

1 この五人, の容体, は母, をしっかり, を見る

▼ 病~ (5, 0.1%)

1 のため帝位, の児, の坊ちゃん, の易介, の身

▼ 病~ (5, 0.1%)

1 に耐えず, のうち, はおさまった, を祈れ, 頗る其恃

▼ 病~ (5, 0.1%)

1 されたもの, ではない, にかかり, には誰, に罹れる

▼ 病篤し~ (5, 0.1%)

1 という報, と知っ, と稱, と聞き, 命旦夕に

▼ 病~ (5, 0.1%)

1 がほのか, が灯かげ, のよう, は義助, を語つて

▼ 病~ (5, 0.1%)

1 か出家, の慰め, の日, を命じおく, を続け

▼ 病いが~ (4, 0.1%)

1 どんな煩い, 多いか, 多いかを, 多くかえって

▼ 病いで~ (4, 0.1%)

1 も秘め, 入院し, 急に, 殪れた

▼ 病~ (4, 0.1%)

1 そうして遂に, そうでない, でしょう, 變質者等の

▼ 病さえ~ (4, 0.1%)

2 なければ 1 併発し, 静に

▼ 病たる~ (4, 0.1%)

2 ことを 1 の惨状, の觀

▼ 病だった~ (4, 0.1%)

1 か知らない, という事, んです, 人物に

▼ 病であり~ (4, 0.1%)

1 又鬱病, 家庭社会及び, 富と, 治療法を

▼ 病とでも~ (4, 0.1%)

1 いうの, いうべき皮膚病, いうン, 申しますか

▼ 病との~ (4, 0.1%)

1 ために, 相互関係の, 関係までは, 闘いの

▼ 病とを~ (4, 0.1%)

2 結び付けて 1 一続きに, 荷う

▼ 病ひある~ (4, 0.1%)

2 のみならず 1 ものぞや, 人を

▼ 病ましげ~ (4, 0.1%)

1 で半分健康, に, にとろろぎめぐる, に落日

▼ 病より~ (4, 0.1%)

1 はるかに, 余病の, 免るる, 貧より

▼ 病よりも~ (4, 0.1%)

1 この人, 思いに, 甚しい, 肺の

▼ 病らしい~ (4, 0.1%)

1 ぞ, ものを, 人は, 躄の

▼ 病~ (4, 0.1%)

1 材人, 果, 果口占, 求薬無

▼ 病中吟~ (4, 0.1%)

1 がめづらし, として, の外, を見せ

▼ 病既に~ (4, 0.1%)

2 膏肓に 1 よし, 身に

▼ 病氣がち~ (4, 0.1%)

1 だつた事, であ, でひどく, の寡婦

▼ 病氣其物~ (4, 0.1%)

1 に關係, の上, を忘, を忘却

▼ 病流行~ (4, 0.1%)

1 の三箇年間, の兆, の年, の死亡率

▼ 病流行年~ (4, 0.1%)

1 があった, すなわち疫病, の極めて, は云う

▼ 病~ (4, 0.1%)

1 が無病息災, を発し, を禳, を除く

▼ 病~ (4, 0.1%)

1 だと, と気付かず, の, を見たる

▼ 病~ (4, 0.1%)

1 と羇旅, の賚賜, は私, を背景

▼ 病~ (4, 0.1%)

1 て退院, ゆるを, ゆる能, れば

▼ 病~ (4, 0.1%)

1 に呻吟, の六代目, の風, を大磯

▼ 病篤き~ (4, 0.1%)

1 とき次の, 一貧窮青年の, 姉を, 由さぞ

▼ 病~ (4, 0.1%)

1 とを対比, に対する何ら, や石, をじっと

▼ 病~ (4, 0.1%)

1 と肉, にさえ見えた, もなけれ, を遺し

▼ 病~ (4, 0.1%)

1 で亡くなった, で其明くる日, ということ, の急

▼ 病~ (4, 0.1%)

1 ではあるしよ, に手, を壓迫, を驚かせ

▼ 病~ (4, 0.1%)

1 が多い, です, を料理, を殺し

▼ 病いある~ (3, 0.0%)

1 ものが, を厚く, 身を

▼ 病がち~ (3, 0.0%)

1 でそろそろ, で余命, に弱げ

▼ 病~ (3, 0.0%)

1 へも得つ, へ流行らせれ, へ癒え

▼ 病だけは~ (3, 0.0%)

1 いかにも真実, とてもとてもいけない, 免れたこと

▼ 病だろう~ (3, 0.0%)

1 が同じ, って冗談, ね

▼ 病でございます~ (3, 0.0%)

2 口に 1 から新吉

▼ 病などという~ (3, 0.0%)

2 ものの 1 ものを

▼ 病なる~ (3, 0.0%)

1 ものは, を知る, 不思議なる

▼ 病なれ~ (3, 0.0%)

2 ば治癒 1 ど全身

▼ 病にな~ (3, 0.0%)

2 つてゐた 1 つて歸郷し

▼ 病に対する~ (3, 0.0%)

1 まん, 対症療法の, 知識が

▼ 病ばかりは~ (3, 0.0%)

2 お医者 1 恐ろしいもん

▼ 病ひと~ (3, 0.0%)

1 いふの, なつて, なると

▼ 病~ (3, 0.0%)

2 なきかと 1 やうに

▼ 病をば~ (3, 0.0%)

1 わが手ぬかり, 癒すべし, 養えるなり

▼ 病をも~ (3, 0.0%)

1 あらゆる困難, おして馬上都, ふくめて

▼ 病~ (3, 0.0%)

1 悉除シ給ヒ眷属ニ仰, 扶ケラレテ時務ヲ, 防グニ足リ兼テ博覧

▼ 病主人~ (3, 0.0%)

1 が苦悶, に苦悶, は罪障消滅

▼ 病以上~ (3, 0.0%)

1 の問題, の怖, の憂悶

▼ 病及び~ (3, 0.0%)

1 乱交が, 疫病等にも, 飢饉は

▼ 病~ (3, 0.0%)

1 で云う, と薬理学, の泰斗

▼ 病~ (3, 0.0%)

1 なる醫學, の對象, は富者

▼ 病手当~ (3, 0.0%)

1 の三つ, の規定, の規約

▼ 病~ (3, 0.0%)

1 とかいう停滞, の安定, の様

▼ 病~ (3, 0.0%)

1 の下, の乱立, を留むるばかりとなった

▼ 病~ (3, 0.0%)

2 とする 1 と書い

▼ 病氣ぢ~ (3, 0.0%)

2 やない 1 やに因つて

▼ 病氣屆~ (3, 0.0%)

2 を出し 1 を出しとる

▼ 病氣見舞~ (3, 0.0%)

2 に來 1 として其の

▼ 病~ (3, 0.0%)

1 から此かた, したの, した或

▼ 病源体~ (3, 0.0%)

1 のねばり, はまだ, をヤッツケ

▼ 病父母~ (3, 0.0%)

1 との接触等, をし, 幼い弟妹

▼ 病~ (3, 0.0%)

1 が, の遠, や斃死

▼ 病癒ゆ~ (3, 0.0%)

1 とも添われず, の, べしと

▼ 病~ (3, 0.0%)

1 患は, 患も, 薬針灸癒す能わざる

▼ 病~ (3, 0.0%)

1 かただ, が有る, らしいもの

▼ 病~ (3, 0.0%)

1 がある, のお, も見える

▼ 病青年~ (3, 0.0%)

1 から出た, は注意, は言葉

▼ 病革まる~ (3, 0.0%)

1 に及び, や日昭, 少し以前

▼ 病~ (3, 0.0%)

1 の人, の神經, の身

▼ 病~ (3, 0.0%)

1 かぎろひなやむ日, のささ身, やまず

▼ 病あら~ (2, 0.0%)

1 ば去る, ば竜

▼ 病あれ~ (2, 0.0%)

1 ばその, ば従駕

▼ 病いが癒~ (2, 0.0%)

1 ったらお前, ってから其の

▼ 病いにかかっ~ (2, 0.0%)

1 て危うく, て物

▼ 病いにかかり~ (2, 0.0%)

1 休学入院中で, 体温の

▼ 病いも~ (2, 0.0%)

1 なおせば, 犯しにくい

▼ 病~ (2, 0.0%)

1 だからハア, だな

▼ 病~ (2, 0.0%)

1 て妹背, 汗顔至極の

▼ 病した~ (2, 0.0%)

1 ので附き, 仲間を

▼ 病そのもの~ (2, 0.0%)

1 に対する反対, の悲しむべき

▼ 病った~ (2, 0.0%)

1 と同じ, なり死ん

▼ 病つき~ (2, 0.0%)

1 で課業, になり

▼ 病つて~ (2, 0.0%)

1 ゐましたが, 居り当時

▼ 病であっ~ (2, 0.0%)

1 てコロール, て日本

▼ 病であった~ (2, 0.0%)

1 かも知れない, がどう

▼ 病でございまし~ (2, 0.0%)

1 てな, て捗々しく

▼ 病とが~ (2, 0.0%)

1 ヨオロッパの, 私に

▼ 病としての~ (2, 0.0%)

1 価値が, 神経痛

▼ 病とみに~ (2, 0.0%)

2 重く萬景

▼ 病とやら~ (2, 0.0%)

1 で突然, むを

▼ 病と共に~ (2, 0.0%)

1 失恋も, 精神が

▼ 病などで~ (2, 0.0%)

1 どうでも, 斃れたく

▼ 病などの~ (2, 0.0%)

1 忽ち癒えけん, 盛んな

▼ 病なんて~ (2, 0.0%)

2 のは

▼ 病において~ (2, 0.0%)

1 起るごとく或, 起る如く或

▼ 病にだけは~ (2, 0.0%)

1 なりたくないと, 勝てないの

▼ 病にと~ (2, 0.0%)

1 ツつかれ, ツつかれない

▼ 病により~ (2, 0.0%)

1 低く保たれ, 生じたに

▼ 病による~ (2, 0.0%)

1 あせもの, 運動だ

▼ 病に対して~ (2, 0.0%)

1 特にお, 防疫の

▼ 病ばかりを~ (2, 0.0%)

1 ば, 治して

▼ 病ひと言~ (2, 0.0%)

1 ふこと, ふ位

▼ 病まで~ (2, 0.0%)

1 うつされたかも, 常人でない

▼ 病やう~ (2, 0.0%)

1 やく癒えて, やく癒えぬとお

▼ 病やや間~ (2, 0.0%)

1 になり, に二月

▼ 病よから~ (2, 0.0%)

2

▼ 病をさえ~ (2, 0.0%)

1 完全に, 生ずる第

▼ 病をわ~ (2, 0.0%)

1 ずろうて, づらつて

▼ 病中わたし~ (2, 0.0%)

2 に取っ

▼ 病中僕~ (2, 0.0%)

1 に知らせよう, の幻覚

▼ 病~ (2, 0.0%)

1 時之所極, 良薬とかいふ

▼ 病予防~ (2, 0.0%)

1 の効能, の宣伝ポスター等

▼ 病付い~ (2, 0.0%)

1 てからはそれでも, て来

▼ 病~ (2, 0.0%)

1 といろ, と思ひし

▼ 病~ (2, 0.0%)

1 には消長, を質し

▼ 病~ (2, 0.0%)

1 が出, よりも一層

▼ 病兒達~ (2, 0.0%)

2 の家

▼ 病~ (2, 0.0%)

1 のある, を衝いた

▼ 病~ (2, 0.0%)

1 より死, 痊

▼ 病~ (2, 0.0%)

1 よりも一層, 亦不能

▼ 病~ (2, 0.0%)

1 れし兩親, れても

▼ 病囚人~ (2, 0.0%)

1 がぐる, が死骸

▼ 病女兒達~ (2, 0.0%)

2 は園内

▼ 病~ (2, 0.0%)

1 の介抱, の枕元

▼ 病~ (2, 0.0%)

1 があり, が翳し

▼ 病心理研究~ (2, 0.0%)

2 の材料

▼ 病患災害~ (2, 0.0%)

1 を免れ得る, を除い

▼ 病~ (2, 0.0%)

1 えずという, え事

▼ 病感的~ (2, 0.0%)

2 なもの

▼ 病持ち~ (2, 0.0%)

1 だという, であった

▼ 病掻き~ (2, 0.0%)

2 淫る

▼ 病時代~ (2, 0.0%)

1 で致し方, にあっ

▼ 病~ (2, 0.0%)

1 甚しからず, 痊えず

▼ 病~ (2, 0.0%)

1 久しく世間, 久しく筆硯

▼ 病殊に~ (2, 0.0%)

1 狼瘡などを, 疥癬は

▼ 病殿~ (2, 0.0%)

1 に関する限り, の内外

▼ 病氣上り~ (2, 0.0%)

1 のやう, の氣

▼ 病氣以來~ (2, 0.0%)

1 の並並, はお金

▼ 病氣特有~ (2, 0.0%)

1 のスッパイよう, の一種

▼ 病災不幸~ (2, 0.0%)

2 などでつい

▼ 病煩い~ (2, 0.0%)

1 なんぞ俺, の時

▼ 病特有~ (2, 0.0%)

1 な熱発的元気, の輪状感覚

▼ 病~ (2, 0.0%)

2 を吐く

▼ 病男病女~ (2, 0.0%)

2 が我

▼ 病癒えた~ (2, 0.0%)

1 ばかりの新婦, 源次郎が

▼ 病秋兎死君~ (2, 0.0%)

1 から, から最初

▼ 病立ちどころに~ (2, 0.0%)

2 癒えると

▼ 病童兒童女~ (2, 0.0%)

2 の罩衣

▼ 病篤く~ (2, 0.0%)

1 医巫手を, 尾道にて

▼ 病美人顏~ (2, 0.0%)

2 にも手足

▼ 病~ (2, 0.0%)

1 ばかりでなく, ばかり沢山

▼ 病~ (2, 0.0%)

1 に苦しまされ, の事

▼ 病能力~ (2, 0.0%)

1 がある, が特に

▼ 病蘭軒~ (2, 0.0%)

1 の詩たる, を乗せた

▼ 病~ (2, 0.0%)

1 に似, 不耐奔

▼ 病~ (2, 0.0%)

1 がある, を感じ

▼ 病詩人~ (2, 0.0%)

1 の詩也, を慰める

▼ 病軍師竹中半兵衛~ (2, 0.0%)

1 が京地, は死ん

▼ 病軽から~ (2, 0.0%)

2 ずと

▼ 病輿~ (2, 0.0%)

1 はどんどん, を命じ

▼ 病重き~ (2, 0.0%)

1 に堪えかね, 事と

▼ 病~ (2, 0.0%)

1 にぶら下げた, のまじないだそうだ

▼ 病~ (2, 0.0%)

2 の夜寒

▼ 病~ (2, 0.0%)

2

▼ 病~ (2, 0.0%)

1 の写生図, をたるる

▼1* [569件]

あがりの青ざめた, 病あっての薬, 病あつき為欠席の, 病あつく閣老阿部も, 病あらせず速やけく, 病あらたまって死, 病ありしが為め, 病ありでこの一癖, 病あるいは心労症と, 病いあり女は, 病いえてここ, 病いえなばうれし, 病いかな, 病いが世界中に蔓延, 病いが業病なりしこと, 病いが父の心, 病いが突発したの, 病いさりとは珍しい, 病いじゃねえ, 病いそのもの, 病いついて最初, 病いつき岩穴の, 病いなくして死ぬ, 病いなんてもの, 病いにかかったという騒ぎ, 病いに倒れるとともに政治的, 病いのごときに至っ, 病いまだ癒えず, 病いもそれと同時に, 病いも癒るに, 病いやまさるべき時の, 病いゆるを願, 病い慰めようと一途, 病気持が, 病おのづから逃, 病おもりぬと, 病および発狂の, 病かというに, 病かに利くという, 病かの名残りとも, 病からとなるが, 病からのアセモが, 病もなく, 病きつかれわが行け, 病きの人を思いやる, 病きほひ起りはなはだ堪へ, 病くらいに思って, 病ぐらいどうなろう, 病ぐらいに考えて, 病こうこうに入っ, 病こうもうに入ってる, 病この脚気たとい, 病これなりしこう, 病これ等は吾, 病しあれば日繼, 病なは, 病すでに二月に, 病すなわち今の, 病すべてそれらの事変, 病するとて同じく, 病せし事の, 病せぬ日にて, 病そこひのたぐい, 病その他二三の慢性病, 病そんなことが, 病たりとも即時, 病だけには灸を, 病だって云うから, 病だの悋氣病だ, 病ゅう御, 病ちょうど肺病などが, 病ちょう者なかりせ, 病やない, 病っていうんだ, 病ってなおるでしょうか, 病ってもいいから, 病ついて三月目, 病ついたといふ, 病つて入院した折, 病つて夭折したが, 病つて言ふの, 病づかせるのは, 病歿りたれ, 病でありましたかこの, 病であろうかなどという, 病でしてね, 病でない限り覚え, 病というかなそうし, 病というばかりでなくその, 病といったような, 病とかいう奴に, 病とかいふやうな, 病とかの治療に, 病とだけであった, 病とにかかって, 病とに対して闘って, 病とのみあって, 病とより他は, 病どんなですか, 病なしと見える, 病なぞばかばかしいと, 病などなきやと, 病などでもあるいは自覚的, 病などと比較にも, 病などに罹るもの, 病などによって斃死した, 病などは親の, 病などを問題と, 病ならねば起きゐる, 病なりしかば数ば, 病なんか汽車に, 病なんかになるよりは, 病なんぞに罹っちゃ, 病なんど行わるる折, 病についてから死ぬまでの, 病についても予防の, 病にては無之, 病にとり憑かれて, 病にまで昂じさせない予防薬, 病によつて間が, 病によって命を, 病に迄罹る人間, 病に関して種々の, 病に関する観察から, 病ねこものはれ, 病のみ宜しとも, 病のよふニ京, 病はと被仰し, 病はほどもなく癒えけり, 病ばかりに祈るよう, 病ひおこらんとせし, 病ひされて未だ, 病ひされたかの如き, 病ひであるかのやう, 病ひでうかうかして, 病ひで酒といふもの, 病ひで食物さへ咽喉, 病ひで鼻も頬, 病ひとさへ思はれる, 病ひと血の道は患つた覺, 病ひなんぢ, 病ひなんての, 病ひのせゐであるすな, 病ひらしかつた, 病ひ癒えざる枕べに, 病びょうやく病, 病苦しみ續けて, 病への関心から, 病しきにや, 病まざらんことを, 病まざりし日に, 病ましさに, 病ましさのかぎり, 病ましたのです, 病ますます重くなる, 病まず元気一杯です, 病までも見抜いて, 病みそ街のどよみ, 病みたいなもの, 病みぬふたりが, 病みの万年床に臥す, 病みの様になっ, 病むうぐひすの戸にき, 病むしはぶきの, 病むのかわからないでいるその自慢が少し, 病むらしの時, 病やらも知らない度々, 病ゆえにこんなに, 病ようやく入りきたり, 病よし悲しみ苦しみそれも, 病よりはむしろ心, 病らいのブラブラ病い, 病らしいですね, 病らしく明日より, 病らつてゐる人, 病らひごとなん, 病らひもなく夢, 病らッて盲, 病ぬ舌, 病われたそうです, 病をなほすといふ, 病アリ依而養生, 病カンに入っ, 病テ薬ナク老幼ハ溝壑ニ転ジ壮者ハ去テ他国ニ流離セリ, 病トロツキイが死都ポンペイ, 病ミ命数ナキヲ知リ自ラ特製, 病ムナシ何故ニ, 病一名ヒステリアと呼ん, 病一薬主義の正統派, 病に無, 病中ゆえかえって失礼, 病中バアスにおいて巡, 病中メルジイ夫人は一ツ, 病中万事不如意のこと, 病中下女の不人情, 病中不眠勝のわたし, 病中不眠勝ちのわたし, 病中世話になった, 病中乍臥書す, 病中乱筆の失礼, 病中代筆なる旨, 病中作デアル, 病中俺は奇妙, 病中偶作の詩, 病中出精相勤候に付, 病中唯一の慰め, 病中唯一度母君に対してや, 病中国老になつて, 病中夜分もおち, 病中大儀であったの, 病中奉公人どもの飼い, 病中室生さんから, 病中帯も解かない, 病中引籠の機会, 病中心得の事, 病中拝礼して, 病中斯様な処, 病中晋に告げた, 病中李は親切, 病中母を罵しった, 病中熱未去らざる, 病中独居の生涯, 病中生活の吟詠, 病中病中といっ, 病中筆をとっ, 病中精神錯乱したといふ, 病中閑なるを, 病久しぶりでちと, 病予防費というの, 病五七の雨, 病人あしらいにされる, 病付いたと見えまし, 病付きで又, 病以外の疾病, 病以来の癖, 病しける折日々看護, 病休七人もあり, 病休中の外遊, 病休仕方のない, 病余失意の一生, 病使うてくさる, 病はまれ, 病保身の法, 病倒れたのを, 病先生のお, 病は前, 病児幽かに照らされ, 病児童健可識無心勝有心, 病全く愈えて, 病共通の良劑, 病兵収容のため, 病兵負傷兵が十五人, 病内膜炎珍らしくは, 病依然たり, 病前数年に亘る, 病加於小愈, 病効果を持っ, 病可畏, 病に痩衰, 病勝ちな母, 病半兵衛もまた, 病半兵衛重治である, 病危うければ本, 病即ち癒えんと, 病のため, 病天狗に, 病友光岡良二来る, 病友松永の爲, 病友達を眺め, 病喜而賦一絶昔年余亦従二君, 病環屏, 病に窶れた, 病に起り, 病多く気力乏しきわが身, 病夢中の犯罪, 病によし, 病大いに流行したる, 病大夫は殺した, 病天才の名, 病天狗が手, 病夫浪之助, 病夫貞氏と共にまったく, 病奴婢を路傍, 病をつかまえ, 病婦久の夫, 病婦人めいた形, 病嫌惡の小説みたい, 病子規は私, 病をだに留めぬ, 病孫子半兵衛は門, 病客いかんともすべ, 病家貲頗乏数人為結義社, 病封じにすえ, 病痊今年七十一皇天又, 病專門の, 病小せんの襟首冷や, 病小児病と強調, 病少しく愈ゆるを以て, 病少年少女を見直した, 病を抜け出, 病のうち, 病巌石も凍, 病をなぐさめ, 病帝陛下がバグナア海岸, 病を開け, 病平癒祈願のため, 病平癒長寿安泰なるよう, 病年来活得幾多人, 病へ唸りこん, 病を正し, 病弱い人であった, 病弱気な塚越, 病八郎枕も, 病往々如此詩則妙, 病後赤十字社の醫者, 病後靜養に釜石鑛山所長横山氏家, 病て旅, 病必らずや, 病を散ずる, 病念鬱患を解散, 病なりと, 病急性躁狂その他の精神病, 病よからずし, 病怯懦からも來, 病息者のよう, 病患之に依, 病患等の事情, 病患者政権利権の脾胃虚, 病患者死せし頃, 病患者的なる文学, 病患者通有の荒々し, 病患者達は後学, 病悩吊治す, 病悩平治せんと, 病悩諸人奔走す但し, 病をいやせん, 病がじわじわ, 病れたるやう, 病依然御, 病戦争悪疫及び飢饉, 病戦争飢饉及び極貧, 病所弱点缺陥を剔抉, 病揚句で歩ける, 病故に強烈であった, 病を得た, 病えざる, 病最も多き時, 病最中船に乗, 病来意気銷沈筆を秉, 病来散策する事稀, 病樹荒草に対していた, 病欝陰惨の凸凹, 病などは窓外, 病殆ど癒え油画具, 病母弟妹を養う, 病毎日発らしめ給ふ内外, 病気づいたという騒ぎ, 病気付きましたによって八右衞門, 病気味になっ, 病気欝にとりつかれ, 病氣さへ直れ, 病氣その他に就い, 病氣どころぢやない, 病氣ツてな甚, 病氣中數ヶ月間渠はただ, 病氣介抱やらで, 病氣以來顏には表, 病氣以前のやう, 病氣位に負, 病氣保養の目的, 病氣入院中の事, 病氣全快してから, 病氣其他の事, 病氣又幼少より指, 病氣平癒になりませう, 病氣御順調の由, 病氣恢復期の健康, 病氣感から出, 病氣憂氣驕氣, 病氣擧句だと, 病氣故だと, 病氣柄の發熱, 病氣次第で早かれ, 病氣治療的手段にばかり落ちた, 病氣治癒の保證, 病氣療養の爲逗子, 病氣癇癪怒罵, 病氣若殿も馬, 病氣見たいになつ, 病氣重態との事, 病は二十八日, 病況書を閲し, 病は概ね, 病法五様なりしもの, 病流行る時村に, 病流行当時の都市, 病流行期は, 病海鵝揚然去, 病源ガアルヨウナ気ガシテ行クノガ恐クモアル, 病源不明の者, 病源候論跋元板, 病源地と認められる, 病源病状は先, 病源菌はまだ, 病災等あるもの, 病災重きは家, 病烈しき時も, 病無き昔の, 病焼けのした, 病煩ふよし聞きて, 病熱的なキリスト教, 病牛馬がその, 病特に伝染性の, 病状態が乙, 病の診療, 病のやう, 病に与え, 病に薦めた, 病し他人, 病甚だ重くまた, 病甚だしたちまち口, 病生じたれば我, 病之節, 病用さへなけれ, 病用相省き專ら書生, 病用相勤候儀難相成者勿論又, 病畜入院の求め, 病畜診察所兼薬局らしい, 病であったが, 病疲れし上に, 病疾その他の原因, 病疾其他の原因, 病疾形ない悪業, 病症状についてはこの, 病えたる, 病の紛らかし, 病痛風はリウマチス, 病痩眼闇諸師子前, 病痾礼讃物みな我れに, 病ともなりがち, 病癒えざる限り如来の, 病癒えしめたまへ, 病癒えたる後は, 病癒えつることを, 病癒えぬと申し給え, 病発作や催眠誘示, 病発作的神経病だ, 病発生の噂, 病發生の噂, 病的ニ絶倫ナ妻ニ対抗シテイル次第ダガ, 病的場面を極度, 病的天性を探る, 病的情熱の無産派文学, 病的熱情が民衆, 病的算術は理, 病的雰囲気などについて信頼, 病を剥ぎ取る, 病重る, 病監医員がもともと, 病監獄にいた, 病に茶, 病の弱々しい淋しい, 病眠り病で研究, 病で, 病知らずだが, 病研究の万国会議, 病研究所みたいなもん, 病研究所勤務醫學博士近藤奎三氏を伴來, 病研究所東京外國語學校獨逸語學科に學んだ, 病研究所航空研究所金属材料研究所地震研究所化学研究所温泉治療学研究所癌研究所地球物理研究所火山研究所その他が次々, 病禁酒不飲, 病いする村, 病から行きました, 病の有名, 病眠るに, 病篤い時だつた, 病篤かった時天武天皇, 病篤からざるを, 病なの, 病細菌の附着, 病終に医する能わず末子千秋, 病や佛説, 病の御礼, 病のやう, 病美し衣が, 病美人顔にも手足, 病に如何, 病けて居る, 病耄けた姿でこう, 病而不死亦良苦, 病而遂不起, 病聊か快きを, 病不趨官路険, 病脚在家未嘗面謁, 病脚数年不復得, 病脚連旬堪自, 病腕これきりにやめ, 病腹手足の病気, 病膏盲に入, 病膏薬を貼っ, 病自暴から自暴, 病舍生活のなか, 病芸術といわね, 病がにわかに, 病若武者は翌日, 病草紙など鎌倉期, 病荏苒たり, 病の如し, 病蚕といへる言葉, 病衆人慾病共通の良劑, 病行ってしまいました, 病過, 病の鏡, 病に對, 病託治於福山侍医伊沢一安久矣今聞其訃音, 病診たまひしか, 病であらう, 病詮方なし, 病變がまゐりいよ, 病の一部分, 病豫防の效能, 病の状態, 病起りていたく惱む, 病軍師であり一方, 病軍師竹中重治は初陣, 病からざる, 病軽し安心せよ, 病修禅寺, 病に至る, 病遍路おとなしい老人, 病遍路さんは腎臓脚気, 病都督の身, 病酌婦と失職坑夫, 病重うして, 病重ければとて大阪, 病重しの報, 病重り気息を, 病現れるや, 病鉢巻をし, 病長高人情という, 病をえ, 病間夜詰ときまった, 病間録に収められた, 病を閉じ, 病が即座, 病附いて來, 病隔離室だから, 病隠遁者も一朝, 病雀籠樊に在り, 病難剣難のほか, 病難危難もしや, 病難貧苦を救う, 病難除のため, 病は貴, 病革命的神経衰弱とでも名, 病革書牘数十通猶在, 病防法, 病にも見えた, 病は二十三日, 病飢饉に関する表, 病骨支離歩に耐, 病を撫で, 病鬱のにほひ, 病鬱陰惨だったので, 病生きて, 病鵲夜半人を驚かす, 病鶴離群似鏃, 病麻疹而没年纔二十五府下識与不識, 病を拔