青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「疑問~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~當 當~ 當時~ 疊~ ~疑 疑~ ~疑い 疑い~ 疑う~ ~疑問
疑問~
~疲れ 疲れ~ 疲れた~ ~疲労 疲労~ ~病 病~ ~病人 病人~ 病室~

「疑問~」 2742, 30ppm, 3959位

▼ 疑問~ (602, 22.0%)

15 抱いて, 持って 10 もって 8 提出し 7 起して 5 残して, 発して, 起した 4 おこした, といて, もつ, 感じた, 提出した, 提出する, 解いて, 解くこと, 解決する 3 いだいて, もつて, 感じて, 抱いた, 抱きながら, 抱くこと, 解くため, 起こして

2 [33件] おこして, かけたの, かけて, ここで, のこして, もちだした, もった人, 出して, 呈出した, 心に, 心の, 感じたこと, 感じました, 抱きながらも, 抱きはじめて, 持たなかった, 持ちながら, 持つて, 持つの, 持てば, 提出し得る, 明かに, 晴らそうと, 有するのみ, 深からしめる, 私に, 解かうと, 解くに, 解こうと, 解決した, 起したの, 起し其後, 髣髴した

1 [406件] いくらか解く, いだいた, いだいたという, いだかせられて, いだきはじめた, いだく, いだくよ, いだこうでは, いって, いっぱいに, いつか藤子に, おこさない四代目クラブ, おこすだけの, お訊きしましょう, お話しし, かき立てて, かけながら, くり返した, くり返して, くり返してる, くり返しながら, くり返すこと, こ, この著者, さしはさむこと, さしはさむ人, さしはさんでも, そそる点, そっくりさらけ出した, そのまま持ち越し, それぞれの, たいへん面白く, たぐって, たぐりました, たずさえて, ただして, たづね, だした, つきつけた, つけないの, つらまえて, とくため, とりあえず一番簡単, とりあげた, どうかし, どこから, どこまでも, なげかけた, なすもの, はさむの余地, はさんだ, はじめて私, はっきり出し, ひき出すの, ひとしく提出, ひとつ解いた, ひとり口の, ひと口に, ほのめかして, めざまされた, もたざるを, もたない人間, もたない叫び, もたれる人, もちかけるの, もちつづけた伸子, もちはじめたの, もちはじめて, もち侵略行為, もち充分, もち又, もち始め, もち懐疑し, もったこと, もってるん, もつた, もつと, もつもの, もつ人, やがてやっとの, やや解き得た, よく考え, よびおこした, よびさまされました, よびさますもの, われとわが身, われと自問自答, ゴーリキイの, ダンテの, テーマとして, ブチまけた, 一つ, 一つ持っ, 一つ残した, 一層作品, 一掃し得る, 一種の, 一般的に, 下すも, 与えた, 与える, 与える点, 世界に, 予想し, 人々に, 今だに, 今頃に, 他の, 保留し, 僕が, 僕も, 先づ国民は, 先方が, 克子に, 全く氷釈, 出しいつ, 出しそれでも, 出した, 出したこと, 出した時, 出しました通り, 出し理智, 出し霜柱, 取りのぞいて, 受けて, 叩きつけたの, 叩きつけました, 叩きつける外, 叱られても, 合理的に, 君子に, 呈出し, 告白の, 周さんの, 問ひ, 喋りかけて, 喚びさ, 喚び返した, 回避する, 土岐善麿氏に, 圭介は, 増したもの, 多くの, 多く持ち出す, 大利根博士に, 大正十三年ロンドン発行, 大衆の, 存した, 存する余地, 学問的の, 学者たちに, 宗兵衛に, 容れ得るところ, 容れ得るもの, 封じたその, 封鎖する, 山本に, 常に抱かせ, 平田師に, 年来いだい, 座敷牢の, 引出すばかり, 彼は, 彼女の, 征服する, 徐々に解き, 徐々に解決, 必ず発するだろう, 忘れては, 思い出した, 感じたと, 感じたの, 感じたらしく, 感じます, 感じます十六年, 感じるが, 感じること, 感じるの, 感じるよう, 感じる折, 感じ且つ, 感じ始めて, 懐いて, 懐かれた方, 懐きまして, 懐こうかと, 懷い, 懷く, 扇風機の, 投げかけたもの, 投げかけて, 投げかけられるの, 投げました, 投げ出したの, 投出しました, 抛げ, 抱いた証拠, 抱いてを, 抱かされたの, 抱かずに, 抱かずには, 抱かせずに, 抱かせた, 抱かせ日本, 抱かぬよう, 抱かれるでありましょう, 抱き, 抱きたがる心, 抱きは, 抱きはじめた, 抱きはじめるの, 抱き始めた, 抱き手控え, 抱き自身, 抱く, 抱くだけの, 抱くと, 抱くよう, 抱く人, 抱く余裕, 持たせて, 持たせる様, 持たせる社会, 持たせる緒口, 持たぬという, 持たれたの, 持たれたり, 持たれても, 持たれるであろう, 持たれるに, 持ちつづけて, 持ち出して, 持ち初めて, 持ち合ったまま, 持ち報道, 持ち憤慨, 持った, 持ったオーバー, 持つし, 持つに, 持つよう, 持つ者たち, 持出しましたが, 挙げその, 挟まなかったが, 挟む余地, 挟もうとは, 挟んだの, 振切ること, 挾みました, 挾み臆説, 挾むこと, 挾むの風, 挾むもの, 挾むやう, 挾むを, 挾む人, 挾む余地, 挾む可, 挾む餘地, 挾んだので, 挾んだ點, 挾んで, 挿ま, 挿まれは, 挿み得よう, 捨てること, 推論し, 掲げて, 掻きたてたところ, 提供する, 提出したい, 提起し, 提起する, 插むものである, 摘出する, 明らかに, 晴らして, 晴らすべく書庫, 書く, 最もなまなましく, 有た, 有って, 有つ, 植えるべきでは, 次から, 止めた原因, 残さないだろう, 残した, 残したまま, 氷釈する, 決定し, 深くする, 深めたであろうこと, 渠が, 満足に, 溢らせる, 父親に, 特定の, 率直に, 現実が, 生じて, 生じどう, 生じ若し, 生ず, 生ぜしめて, 生み疑問, 生むこと, 生む点, 生んで, 疊み, 発した, 発しも, 發する, 益々はっきりさせられた, 目ざめさせたの, 直ぐ起し, 研究し, 確かめるため, 確定的な, 示したり, 私は, 突込む, 經書の, 織り出して, 繰り返さなければ, 繰り返した, 置かずには, 肯定し, 脳裡へ, 自分に, 自国民, 自然に, 若い夫, 融かした, 要約すれ, 見いだすとき, 見出した, 覚えられるであろうが, 解きたいばかりに, 解きたかった, 解き終らずに, 解くべき緒, 解く可, 解く手懸り, 解く緒口, 解く重要, 解こうかとも, 解こうとして, 解剖する, 解決し, 解決したい, 解決し得た, 解決し得る, 解釈し得られる, 解釋し得べし, 試みようと, 詮議する, 話題に, 誌上で, 誘う機縁, 説き伏せるやう, 説明せざるべからず, 起こさざるを, 起こさせました, 起こさないでは, 起こしたこと, 起こし始めると, 起こすこと, 起さしめて, 起さずには, 起させそう, 起させた, 起さなかつた, 起さなければ, 起さねば, 起したこと, 起したとき, 起したところ, 起したもの, 起したり, 起した事, 起しながら, 起しましたもの, 起し又は, 起し如何, 起し当夜三人, 起し易い, 起し果ては, 起す, 起すこと, 起すで, 起すに, 起すの, 起す余裕, 超越したる, 述べその, 追求した, 追究する, 遙, 都会で, 釈こう, 重ぬる, 重ね合わせた最後, 附して, 飮食店の

▼ 疑問~ (460, 16.8%)

24 ある 14 起って 9 生じて 8 残されて, 起る 7 わいて 6 出て, 湧いて, 起った 5 あった, あると, あるの, 起るかも, 起るの 4 おこった, ないでも 3 あつた, あつて, 起こる, 起つて

2 [18件] あって, あるん, あろう, それから, のこされた, ふと彼, 一時に, 含まれて, 擡頭し, 残って, 残る, 湧いた, 生じたの, 私の, 解けて, 解決される, 起きるの, 起こって

1 [291件] あたま, あったから, あったの, ありその, ありそれ, ありどの, ありは, ありました, あり歴史家, あり詠歎, あるかも, あるから, あるけれども, あるだけに, あるって, あるなら私, あるに, あるので, あるよう, ある凡て進化, ある点, ある解約, いい表, いかにも簡素, いくつも, いくら胸中, いつも私, いま明らかに, おこって, おこるほど, おさな心, かなり明瞭, きざすたび, この数秒間, この日本, この神通力広大, この話, こんな時, ございますが, さらに深められる, しじゅう起き, じきに, すぐに, すすんで, すっかり晴れたです, すっかり解けた, その情景, その第, たえず残っ, ちらちらと, ちらと, つき上げて, つよくくりかえし, とけて, とけない, どういう訳, どうしても解けない, ないかという, ないの, ない訳, なくは, のこされて, ひそんで, ひつきりなしに, ひろがりはじめて, ふくまれて, ふと心, まず頭, またまた首, また一寸, まだある, まだ容易, むくむくと, もたれて, もたれはじめた, ようやく私, わいた, わいても, わく, わずかに, われわれ一行の, ジャヴェルの, 一つある, 一つぴょんと, 一つ残つ, 一ペンに, 一層深められます, 一般常識の, 一遍に, 不可解の, 不自然に, 久美子の, 事に, 交互に, 今一度誰の, 今迄, 伏さっ, 伏在し, 伸子の, 何だか可笑しく, 何人の, 何度も, 俺を, 先ず浮ぶ, 先頃偶然自分の, 入りみだれて, 公然と, 再び胸, 出た, 出たという, 出ようが, 出るの, 出る以上, 初めて解けた, 別の, 動きおりし事, 動きます, 卒然として, 君自身で, 増すばかり, 大きくなりました, 存する訳, 宛ら窒息, 導きのこされたの, 局外者間に, 幾らでも, 当然おこる, 当然起き, 彼の, 彼女の, 往復し, 御座いますわ, 忽ち, 恐ろしい赤裸, 感じられたに, 感ぜられるの, 成瀬に, 或る, 投じられて, 折々提出, 抱かれて, 挾み得るであろうが, 推究すれ, 提出され, 提出される, 数千年過ぎた, 新たに, 新八郎, 既に横, 早くも, 映じた, 晴れるまではと, 暗々裡に, 暫時視線の, 曇ったよう, 最後まで, 来ます, 果てしも, 某の, 横たわって, 櫛の, 次から, 残されました, 残される, 残されるであろう, 残ったが, 残らぬわけ, 残るかも, 残ると, 残るの, 殘され, 段々心, 氷った雲, 氷解した, 決して馬鹿, 沸いて, 泉の, 浮かぶ, 浮かぶと, 浮かぶはず, 浮かんだであろうが, 浮かんで, 浮びました, 浮んで, 消えたわけ, 涌く, 淡雪の, 深まるだけ, 湧いたの, 湧き自分, 湧くよう, 湧こうという, 滋, 漸く解けかかっ, 漸層的, 潜んで, 無くは, 片付いた形容, 生きて, 生じた, 生じたとき, 生じたよう, 生じたら切実, 生じは, 生じるだろうと, 生ずると, 生ずるの, 生ぜざるを, 生れる, 生れ出した, 生起し, 発せられ得よう, 発止とばかり, 益々深まっ, 直ぐに, 破られて, 私を, 科学の, 積極的に, 突然周さん, 第一, 結局理論的には, 続出し, 纏わって, 群起する, 考え疲れたあげく, 胸に, 胸の, 自ずから起らぬ, 若い読書子間, 苦しく心, 苦しく起る, 解かるるならば, 解けずに, 解けた, 解けたため, 解けたと, 解けたの, 解けたので, 解けたら工藝, 解けた訳, 解けた譯, 解けない内, 解けるとともに, 解けるよう, 解ければ, 解決されない, 解決した, 解決せられる, 説明される, 誰にも, 起きて, 起きるかも, 起きる拓務省, 起こった, 起こったり, 起こらなければ, 起こるかも, 起こるが, 起こること, 起こると, 起こるの, 起されたかも, 起ったの, 起った場合, 起つた, 起つたと, 起つたので, 起つたり, 起らざるを, 起りさ, 起りすこし, 起りそう, 起りそれ, 起りました, 起り得るであろう, 起り研究, 起るであろう, 起ると, 起るに, 近来境遇の, 遂にジイド, 重大な, 長い潜伏期, 閃き過ぎるの, 雲の, 電子に, 頭に, 頭の, 頻りに起こった, 飛び出して

▼ 疑問~ (387, 14.1%)

22 余地が 7 余地なき 6 黒枠 4 あること, ままに, 中に, 解決を 3 スキーの, 人物が, 余地の, 女は, 形を, 数々が, 点を

2 [30件] あだ, うちに, ふた品, まなこを, ままで, ようです, ように, スキーは, 中の, 中心と, 人物を, 余地を, 儘に, 出し方, 前に, 唐人飴屋が, 存する, 已然條件法, 形で, 死, 死体を, 波を, 点が, 種に, 種を, 背後に, 解釈を, 言葉を, 起るの, 髪の毛を

1 [255件] あやしい船, あり得ぬ所, あるところ, ある方, いぼを, うどん掛けは, おふくろを, かげが, かずかずが, かたちぢや, こけ猿, しかけ方, すべてが, すべては, すべてを, そして夢, ちらしに, つもりで, てんを, ないぴったり, ないもの, なかには, はれること, ひ, まなざしを, ままその, まま成行に, もてないいい, やり場も, ようである, ような, わいた権右衛門, ジョルジョの, ジョルジョを, スキーを, 一つに, 一人の, 一句, 一問題たり, 一大事件と, 一書を, 一点という, 一筋を, 三名は, 下に, 中から, 中だった, 中について, 中を, 中心である, 中心でなけれ, 中心な, 中心の, 中心は, 中心点である, 主題を, 事, 二品を, 人として, 人も, 人物, 人物で, 人物であった, 人物であろう, 人物と, 人物について, 人物の, 人物グレンジル伯は, 人物ゴーの, 人物頼遷が, 住持熊仲和尚は, 何時までも, 余地ある, 余地なく, 余地は, 出し方解決方法, 出るの, 判定は, 前触, 助詞だ, 名将に, 呟きの, 唐人飴屋の, 問答, 圏内に, 声が, 声であった, 変死人の, 多いの, 多いもの, 大将であった, 女, 女から, 女が, 女すらも, 女と, 女に, 女については, 女の, 女へ, 女性に, 客であった, 少女エラ子だ, 少女エラ子を, 屍体, 岐路に, 帯は, 帯を, 幸福感, 建築が, 形すらも, 形において, 影が, 怪しい男, 怪人, 怪死を, 怪物支倉の, 意では, 感情を, 慓悍児秀の, 憤死を, 或る, 提出が, 提灯が, 提灯とを, 提灯に対する, 提灯の, 提灯を, 数々も, 数々を, 旗本の, 旗本小田切久之進において, 旗本小田切久之進の, 書物が, 書物では, 書状は, 最後の, 月人を, 林に, 根本が, 槍傷でも, 歯型, 歴史でも, 死を, 死骸が, 死骸に, 殺人鬼, 民族の, 氷塊に, 氷解した, 氷解せられた, 洋装の, 深い傾向, 渡欧費は, 湧き起こった瞬間, 激情が, 火口が, 点なぞは, 点について, 点は, 烏爪の, 焦点である, 焦点と, 焦点とでも, 焦點, 爆発する, 犯人から, 理由を, 生じる表現, 生ずるの, 生血が, 男とが, 男の, 町を, 番頭の, 疊を, 発生点を, 發生する, 的と, 皇后に, 目で, 真暗がり, 眼が, 眼は, 眼を, 矢を, 短銃自殺を, 石は, 禁じえないもの, 秘密室の, 種が, 種です, 種子と, 積聚のみ, 積聚也人は, 究明に, 空襲, 第一歩が, 第三, 第二, 答えにも, 答えを, 答解は, 箇処, 箇所に, 組織の, 組織を, 絵の, 総譜表, 編笠の, 美少女エラ子の, 群れは, 義眼が, 老人, 老女は, 老翁の, 色が, 花を, 藩士の, 表情で, 裏に, 西瓜を, 要点な, 要点に, 見當, 解けた気分, 解決が, 解決と, 解決の, 解答が, 解答は, 解釈が, 言葉に, 記号, 詩を, 調子に, 調子は, 謎は, 豆大黒をての, 赤白黄に, 起って, 起つたこと, 起ること, 起るよう, 逆胴名人, 部分です, 重大さを, 鍵を, 闇を, 雲が, 雲に, 雲を, 靴跡が, 風で, 黒幕が

▼ 疑問~ (276, 10.1%)

4 疑問として 3 いよいよ深く, 容易に 2 これで, そこに, 彼の, 次の, 残る, 第一, 解けた, 解決され, 誰の

1 [248件] あきらかに, あとで, あの枯れ, あの記事, ありませんが, あり乍ら, あり得ない, あり得ないの, あるけれども, あるにも, あるの, あろう, いくつも, いくらでも起つ, いっそう拡大, いつまでも, いまだに疑問, おこらなかった, おのずから冰釈, かくして解かれた, かけられて, こういう事, この一見不可解, この上, この委員選出法, これが, これは, これまでにも, これらの, これを, さらに深められる, しかしおそらく, すぐには, その一点, その不自然, その二つ, その単行本, その殺人事件, その男, その頃, そもそも一人前, それから, それが, それだ, それだけ, それです, それに関して, それのみには, そんな程度, ただその, ただに, ただ単に, たちどころに氷解, たまたま私, ちっとも起りません, ちょっと尤も, ちょっと穿った, ついに嬰児, であるから, でたが, どうで, どう解き, どこまでも, ない, ないこと, ないよう, なお大声, なお解決, なか, なかなか突っ込みます, ふしぎに, まず消え, まず熊城, また彼, まだなかなか解決, まだまだ画家, まだ後, まだ断定, まもなく氷解, みな氷解する, むしろ外縁, もうこれ, もうたしかに時局的疑問, もう今, もとより好奇心, やがて周さん, やがて本文書翰, やつと, よびさまされると, コゼットにとっては, ピタリピタリと, ラジオ一つを通じてさえ, 一ペンに, 一体経済哲学, 一個の, 一応尤も, 一応当然の, 一番急所に, 一種の, 一足ごとに, 与えながら, 主として所謂透察的学問性, 二つある, 井上安治の, 人々の, 人の, 人一人ぐらいは, 人間の, 人間性の, 今からでも, 今でも, 今平和運動, 今度の, 今日に, 仮にミカワリ, 何でした, 何処までも, 何故に, 依然として取残され, 依然として残る, 僕が, 僧尼の, 兇行の, 先ず韻律, 全く事実上, 其図が, 凡て六爻から, 前に, 十五歳の, 南洋における, 又激しく, 叔父の, 古くは, 史料の, 右に, 同時に博士夫婦, 君自身で, 呉一郎の, 夏川左近が, 大人に, 大槻博士にでも, 天主堂から, 姉にも, 定規として, 専らその, 少くとも, 尚書の, 尤もであった, 尤もでした, 尼と, 岸本の, 左肺の, 常にそこ, 平造が, 幼稚な, 庭下駄と, 彼を, 徂落といふ, 後に, 必ず起こる, 必生ずべし, 忽ち恐怖, 恐らく多く, 意地わるい, 拡がり殖えて, 持つて, 持てないこと, 提出せらるべし, 数々ある, 断乎退け, 日が, 日本の, 早くも, 昔から, 更に大きく, 有る, 本草の, 次から, 此の, 此所から, 残った, 残りながらも, 残るの, 比較研究の, 比較神話学によるに, 氷解した, 氷解する, 決して解決, 決せられ得べし, 消えない, 深くなる, 演技に関して, 激しくなっ, 物に, 疑問の, 疾うに解決され, 目の, 直き, 真に演劇, 矢張り残っ, 神祇志又は, 私に, 私を, 科学教育について, 立所に, 第三条, 箕島の, 結婚について, 絶えず彼女, 絶え間なく, 綺麗に, 自ずから解決, 自ら解釈せらるべし, 自分が, 自分に対する, 興味を, 藤村が, 表面に, 被告人の, 解けそう, 解けっこない, 解けますが, 解けようとも, 解決された, 解決されない, 解決し得られる, 解決できない, 解釋出來ぬ, 誤って, 誰にも, 起きるかも, 起きる筈, 起こるもの, 起さなかった, 近ごろ解けた, 避けたの, 都心に, 釈けて, 釈ける様, 釈然として, 釋詁篇が, 重なる一方, 重大な, 長山に, 随分古い, 預かりと, 頷けたよう, 飛んで

▼ 疑問~ (253, 9.2%)

16 して 12 なって 9 思って 8 ぶつかった 6 なる 5 なるの, 思つてゐる, 答へ 4 答えて, 答えんこと 3 なつて, 答えるため 2 ならざるを, なると, ぶつかつ, 就いて, 属す, 思われて, 思われるの, 苦しみ人気

1 [157件] あらずや, いたして, うたれた, うたれないだろうか, うつるべし, おされて, おどろいた, お答えする, きっとハッキリした, こう結論, されたこと, されて, される程, した, したくらい, したその, したの, しっかり胸, しながら, するやう, とび矢杉, とらはれ, とらわれた, とらわれだした, なった, なったくらい, ならないでは, ならない唯一, なりうると, なり仮名遣, なるから, なること, なる言葉, なろうも, ひっかかり, ぶつかったという, ぶつかって, ぶつかつて, ぶつかる, ぶつつかると, みたされながら, みちて, ハタと, 一直線に, 云って, 今日はじめて, 会って, 似たもの, 何から, 充たされて, 充ち満ちた顔, 全的解決を, 公衆は, 出会い自分, 包まれた恐ろしき, 十分に, 占領され, 取りつきました, 取巻かれて, 向ッ, 囚えられた, 在る如く言, 堪へられなくな, 奇妙な, 存すれども, 対応もしくは, 對し, 就いては, 属するの, 屬した, 形容の, 応えるよう, 思い当った, 思うの, 思うよう, 思う人, 思う必要, 思えて, 思った, 思つてを, 思はれること, 思はれるほど, 思ふの, 思われます, 悩まされて, 悩まされました, 悩みあった, 悩みある時, 悩んで, 悲しみ亂れ, 惱まされ, 感じた, 感じたこと, 感じたこの, 成つた, 打たれたこと, 打れた, 打突かった, 拘泥し, 推し移ると, 措かねば, 明瞭な, 明答を, 根ざして, 格別深入りは, 比べると, 現は, 疑問を, 直接お答えする, 直面し, 相違ありません, 立ち向う前, 答う, 答うべく, 答えたところ, 答えたまえ, 答えまた, 答えるが, 答えるには, 答えるもの, 答える共通, 答える前, 答える浜屋, 答え得る人, 答へて, 答へる, 縦横の, 考えられた, 胸の, 至りいちいち, 苦しめられて, 行当りその, 襲われたの, 解答を, 触れたい, 起因する, 返りました, 返事を, 迷うもの, 逆手を, 通じて, 逢着いたしました, 逢着した, 逢着する, 逢着するだろう, 逢着せざる, 連関が, 過ぎませぬけれども, 達する, 違いない, 違ひない, 還る精神, 閉された, 附されても, 附するほか, 陥った感想, 陥って

▼ 疑問~ (125, 4.6%)

7 されて, なって 5 して, しなければ 3 すべきは, するところ, せざるを, なつて 2 いえば, したこと, しましても, するに, せられ得よう, なった, なるの, なるを, 云うの, 思ふ

1 [69件] いうべきであるが, いうべきもの, いはねば, いふに, これより, されし藤原家, されねば, したいの, した所, した点, しないわけ, すべきこと, すべき所, するの, するやう, する人, する必要, する所, すれば, せずには, せなければ, せらる, せられたの, せられたもの, せられるでありましょう, その解決, なぞを, ならずんば, ならねば, なりますが, なるまでの, なれ, にらんだあの, より進ん, 一致し, 不安とに, 不審の, 云うほど, 云う他, 云へ, 云われる次, 今までに, 何故, 反撥を, 同じく妻, 宿題とが, 少し似た, 思う, 思うが, 思ふの, 慾求とに, 批判とを, 抗議と, 探究心とは, 断定とが, 新しい不審, 本能的な, 清子の, 為って, 無関係に, 申さねば, 申しますか, 答えとを, 算哲の, 考へたこと, 警戒の, 面接する, 驚愕とを, 驚異とが

▼ 疑問~ (72, 2.6%)

2 あつた, ありません, なく, 強く心

1 [64件] あります, あり得る, あるかも, いだかなかった, おこった, おこるが, お粂, こめた心, すぐ過ぎ去っ, すこしわかった, その一つ, とりのけられては, ないとは, ないやう, ないよう, なかった, なくすぐ, なく現代, なく美化, なく習慣, なく谺, また挟まず, もし精密, わくが, 与えて, 人間完成の, 伸子の, 出たの, 出た私, 別にご, 多くの, 尤もだ, 当然その, 当然向く, 感じた, 所詮は, 抱いた敏感, 持たないの, 持って, 晴らして, 晴れるに, 暫く忘れる, 有た, 有たぬ, 格別重大な, 氷解し, 漸, 生じます, 結ぼれて, 結局答えられる, 老番頭, 自然そういう, 解けないこと, 起きる, 起こして, 起こり延, 起さないの, 起らないで, 起らない訳, 起りは, 起るかも, 起るであらう, 起ろうが, 頭の

▼ 疑問として~ (56, 2.0%)

8 残されて 6 残って 3 残して 2 政界に, 残ること, 残るの

1 [33件] あきらめる外, これは, さて日下り, そんな考, では, とにかく天井裏, もう一つ, シナで, 保留しおくべし, 保留する, 博士の, 存し, 居る点, 岸本の, 彼は, 措いても, 提出した, 提出せず, 提出は, 残った, 残ったに, 殘る, 浪化の, 浮き出して, 片づけて, 私には, 置いて, 置くとして, 胸に, 自分の, 葬られた, 諸君の, 起る訳

▼ 疑問である~ (52, 1.9%)

4 がそれ 2 がしかし, がとにかく, がともかく, と思う

1 [40件] かも知れない, からしばらく, が, があるいはまた, がその, がた, が一説, が事, が何となく, が併, が假, が大意, が少く, が少なくとも, が彼, が故に, が是, が更に, が漢一代, が謠曲, けれども, けれども思う, けれども短歌, し三浦半島, し記代子, といわね, ときお, としてもそれでも, としても四谷, と云う, と同, と思つて, と言わなけれ, のである, ので素, のにましてや, のに不肖, ように, 故に正面, 足跡が

▼ 疑問~ (49, 1.8%)

7 と思う 43 と思います 2 が兎, と思っ, わ

1 [29件] おそらく何処, からかう書い, からじゃない, から稍余裕, が, があれ, がこの, がどうも, がね, がひとつ, がネ梅子さん, が三峰, が友人達, が有難い, が私, けれどもごまかし, けれどもほか, けれどもよい, けれども余事, そうである, つたのである, と云わね, と思いました, と思うだろう, と思つて, な, ななどと思い, なんてお父さん, ね

▼ 疑問~ (38, 1.4%)

10 のである 5 のだ, のは 2 のであります, のです, んです

1 [12件] の, のじゃ, のだった, のであった, のでありまし, のよ, ものが, んか, んだ, 土地でございましょう, 点が, 点さえも

▼ 疑問~ (36, 1.3%)

12 あつた 4 はある 2 はない

1 [18件] あつて, ことによる, さえある, しかあるまい, それが, それについても, ただのそのそ, はありません, はなかったろう, ひょっとする, 大軍を, 弁信の, 数年前にも, 現に三階, 相手を, 蔽われて, 要するに実際的, 雄鳩

▼ 疑問です~ (26, 0.9%)

842 が兎

1 [12件] が, がここ, がたとえ, がね, が今度, が先生, が平安朝, が彼, が東京, けれども月夜, けれども玉屋, ナ

▼ 疑問に対して~ (20, 0.7%)

2 私は

1 [18件] であった, なんらの, ふに, まず誰, もっと突込, 一つの, 何かしら答えなけれ, 何等の, 全く自信, 到底正確, 合理的解釈を, 回答を, 断案を, 案外早く, 深い興味, 聞き得たこと, 自分の, 解決の

▼ 疑問~ (16, 0.6%)

1 [16件] おどろきを, おどろき或は, または直接あなた, 不可解が, 何かが, 又私, 反問が, 反駁は, 思いつきが, 感激や, 批判も, 異種な, 考えが, 苦痛に, 読みにくい, 運命とか

▼ 疑問に対する~ (13, 0.5%)

1 [13件] 他の, 多くの, 彼の, 明白なる, 正しい解答, 理智的な, 答えを, 答は, 答を, 答解として, 組織的な, 解決と, 説明の

▼ 疑問から~ (10, 0.4%)

2 出発した 1 して, のがれること, 今の, 保険金一万円が, 先に, 出発し, 大きな真理, 学校に

▼ 疑問だった~ (10, 0.4%)

1 が恐らく, けれどもぼくたち, ことが, しそれ, ところこの間新しい, と思う, のである, のでさっそく, のは, ばかりで

▼ 疑問について~ (10, 0.4%)

2 答へ 1 みなさまに, わたくしは, 知ること, 知る事, 考えた, 考えて, 話し合って, 述べるうち

▼ 疑問をも~ (9, 0.3%)

1 ふくめて, マリユスは, 僕の, 引おこした, 抱くところ, 活, 生じ又, 生ぜられるの, 解決いたしたい

▼ 疑問には~ (7, 0.3%)

1 なるが, 直ちに解答, 神より, 答えずそれ, 答へる, 誰も, 誰れで

▼ 疑問であった~ (6, 0.2%)

1 がこの, がちょうど, がともかく, しお, しね, 多くの

▼ 疑問であり~ (6, 0.2%)

1 したがってはっきり, ただ一つ, また自然物, 一度も, 之に, 芸術の

▼ 疑問とを~ (6, 0.2%)

1 とり出しつつ, 封鎖しなけれ, 感じたの, 感じない人, 結びつけて, 綜合する

▼ 疑問に対しては~ (6, 0.2%)

1 たぶん彼, 吾人は, 寡聞未だ, 然り, 現代の, 警察医は

▼ 疑問~ (6, 0.2%)

2 されて 1 された, して, する傾向, せられて

▼ 疑問じゃ~ (5, 0.2%)

2 ないか 1 て, ないかと, よしよし明晩

▼ 疑問たる~ (5, 0.2%)

2 に於 1 に過ぎず, を免れぬ, 万有引力なる

▼ 疑問であります~ (5, 0.2%)

1 がこれ, がそれ, が巧, が隨分澤山蓄, けれども恐らく

▼ 疑問でした~ (5, 0.2%)

21 からコツピイ, がお, が蟹江

▼ 疑問でなけれ~ (5, 0.2%)

3 ばならない 1 ばならぬ, ばなりません

▼ 疑問という~ (5, 0.2%)

4 のは 1 ような

▼ 疑問なれ~ (5, 0.2%)

2 ども兎, ども其の 1 どもともかく

▼ 疑問にも~ (5, 0.2%)

1 さらされた, ならなかった, 僕は, 延長せらるる, 答へ

▼ 疑問記号~ (5, 0.2%)

3 である 1 なき問い, を失っ

▼ 疑問さえ~ (4, 0.1%)

1 なかったら, なかなか説明, 湧いた, 解けなかった

▼ 疑問とは~ (4, 0.1%)

1 むしろ急, 何ぞや, 何である, 総ての

▼ 疑問なき~ (4, 0.1%)

1 を得ない, ソシアル・エボリューショニストだ, 簡明な, 能はず

▼ 疑問については~ (4, 0.1%)

1 ここに, それが, どちらからも, 私の

▼ 疑問~ (4, 0.1%)

1 という二つ, の到来方向, の力, を当てる

▼ 疑問としても~ (3, 0.1%)

1 その上, まるきり無視, 實に

▼ 疑問~ (3, 0.1%)

1 もっと具体的, 立ち戻ると, 自分を

▼ 疑問一覧表~ (3, 0.1%)

1 の中, を作っ, を基礎

▼ 疑問~ (3, 0.1%)

1 でない場合, に於い, は語位

▼ 疑問~ (3, 0.1%)

1 なの, に対して正直, をこの

▼ 疑問かも~ (2, 0.1%)

2 知れない

▼ 疑問~ (2, 0.1%)

1 共に解釈, 去る謎

▼ 疑問それ~ (2, 0.1%)

1 を深めかね, を突き

▼ 疑問だらけ~ (2, 0.1%)

1 である, の時

▼ 疑問であっ~ (2, 0.1%)

1 て今日, て私

▼ 疑問でありました~ (2, 0.1%)

1 が計らず, けれどここ

▼ 疑問でなく~ (2, 0.1%)

1 てはならぬ, てはなるまい

▼ 疑問とかいう~ (2, 0.1%)

1 意味が, 言葉が

▼ 疑問とな~ (2, 0.1%)

1 つてを, つて居つた

▼ 疑問なし~ (2, 0.1%)

1 にはすまされなかった, に諒解

▼ 疑問なんか~ (2, 0.1%)

1 棄てて, 残らんじゃ

▼ 疑問に関しては~ (2, 0.1%)

1 何等の, 極めて単純

▼ 疑問~ (2, 0.1%)

1 そうお, 人間の

▼ 疑問より~ (2, 0.1%)

1 先づ檢討を, 出發

▼ 疑問よりも~ (2, 0.1%)

2 此の

▼ 疑問~ (2, 0.1%)

1 决定討究スルハ我邦人類學上重要ノ, 抱イテ死ヌノダ

▼ 疑問及び~ (2, 0.1%)

1 その解決法, 古典的とも

▼ 疑問百出~ (2, 0.1%)

1 するだろう処, の態

▼1* [69件]

疑問ああ云う調子, 疑問あることは, 疑問からはいかなる事実, 疑問ことごとくがなぞ, 疑問へ夫, 疑問し来り永劫の, 疑問すなわちどうして黄金, 疑問だけは本当な, 疑問だったではない, 疑問だの迷いだの, 疑問剛さん, 疑問であらねばならなかつた, 疑問でありまして文字通り, 疑問である思い切って谷, 疑問でございましたがきのう, 疑問でも考へるやう, 疑問でもって押し通して, 疑問というは支那道教の, 疑問とが彼を, 疑問とに圧倒される, 疑問とによって夫人の, 疑問とも間投詞とも, 疑問と共に一概に軽蔑, 疑問どころぢやない, 疑問など感じたが, 疑問などは私に, 疑問なりしをいふ, 疑問なるも仮に, 疑問にさえ逢着した, 疑問についてすら数々の, 疑問につき十分の研究を, 疑問にぶッつかった, 疑問にまで到着した, 疑問に対しても判然たる, 疑問のみで何一つ, 疑問へとかわって, 疑問ほど無意味な, 疑問また三月十九日の, 疑問やらがぬけ出して, 疑問一方の, 疑問を以て見ると, 疑問ダガ僕ハ白状スルトコノ間カラ心身ニ或ル種, 疑問一理あるに, 疑問人物と共に研究中, 疑問以上に立ち入る, 疑問で止め, 疑問でも持ち出し, 疑問嫌疑指紋を分け, 疑問少なくない, 疑問悩みを択, 疑問憤怒探索をルパン一人, 疑問我が意を, 疑問或は質疑が, 疑問抗議は当時, 疑問新しい方程式新しい, 疑問次いで生ずべし, 疑問氷解し楽, 疑問にく, 疑問的存在としなけれ, 疑問的特徴を作りし, 疑問確信の欠如, 疑問社会の矛盾, 疑問は何, 疑問肯定のつよ, 疑問自分の探求心, 疑問解決す明朝, 疑問がある, 疑問際限ある可ら, 疑問を字